JP5121054B2 - COMMUNICATION METHOD, COMMUNICATION DEVICE, AND COMMUNICATION SYSTEM - Google Patents

COMMUNICATION METHOD, COMMUNICATION DEVICE, AND COMMUNICATION SYSTEM Download PDF

Info

Publication number
JP5121054B2
JP5121054B2 JP2008034332A JP2008034332A JP5121054B2 JP 5121054 B2 JP5121054 B2 JP 5121054B2 JP 2008034332 A JP2008034332 A JP 2008034332A JP 2008034332 A JP2008034332 A JP 2008034332A JP 5121054 B2 JP5121054 B2 JP 5121054B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
communication
id
access id
transmission
individual access
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008034332A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2009010918A (en )
Inventor
愼一郎 近江
嘉夫 浦部
Original Assignee
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B3/00Line transmission systems
    • H04B3/54Systems for transmission via power distribution lines
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L12/00Data switching networks
    • H04L12/28Data switching networks characterised by path configuration, e.g. local area networks [LAN], wide area networks [WAN]
    • H04L12/40Bus networks
    • H04L12/403Bus networks with centralised control, e.g. polling
    • H04L12/4035Bus networks with centralised control, e.g. polling in which slots of a TDMA packet structure are assigned based on a contention resolution carried out at a master unit
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L12/00Data switching networks
    • H04L12/28Data switching networks characterised by path configuration, e.g. local area networks [LAN], wide area networks [WAN]
    • H04L12/40Bus networks
    • H04L12/407Bus networks with decentralised control
    • H04L12/413Bus networks with decentralised control with random access, e.g. carrier-sense multiple-access with collision detection (CSMA-CD)
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B2203/00Indexing scheme relating to line transmission systems
    • H04B2203/54Aspects of powerline communications not already covered by H04B3/54 and its subgroups
    • H04B2203/5404Methods of transmitting or receiving signals via power distribution lines
    • H04B2203/5408Methods of transmitting or receiving signals via power distribution lines using protocols
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B2203/00Indexing scheme relating to line transmission systems
    • H04B2203/54Aspects of powerline communications not already covered by H04B3/54 and its subgroups
    • H04B2203/5429Applications for powerline communications
    • H04B2203/5445Local network
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/0001Arrangements for dividing the transmission path
    • H04L5/0003Two-dimensional division
    • H04L5/0005Time-frequency
    • H04L5/0007Time-frequency the frequencies being orthogonal, e.g. OFDM(A), DMT
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/003Arrangements for allocating sub-channels of the transmission path
    • H04L5/0044Arrangements for allocating sub-channels of the transmission path allocation of payload

Description

本発明は、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信方法、通信システム、及びそのための通信装置に関する。 The present invention relates to a communication method for performing communication between a plurality of communication devices sharing a communication band, the communication system, and a communication device therefor.

電力線通信、無線LAN(Local Area Network)等、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信システムにおいては、複数の通信装置が1つの伝送路を使用して通信を行うので、複数の通信装置からのアクセスの競合を回避する必要がある。 Power line communication, a wireless LAN (Local Area Network), etc., in a communication system for performing communication between a plurality of communication devices sharing a communication band, a plurality of communication devices to communicate using one of the transmission lines, a plurality there is a need to avoid conflicts of access from the communication device.

その1つの方法が、CSMA/CA(Carrier Sense Multiple Acess/Collision Avoidance)方式である。 One method is a CSMA / CA (Carrier Sense Multiple Acess / Collision Avoidance) scheme. この方式は、各通信装置が伝送路の使用状況を監視し、他の通信装置が伝送路を使用していないときに伝送を行うものであり、他の通信装置が伝送路を使用していないことを検出した時、ランダムな待ち時間(バックオフ時間)経過後に伝送を開始する。 This method, each communication device will monitor the use of the transmission channel, which the other communication apparatus performs transmission when not using the transmission path, the other communication device is not using the transmission channel when it is detected that a random waiting time (backoff time) starts transmitting after the lapse.

図25に、CSMA/CA方式によりデータを送信する場合のタイミングの一例を示す。 Figure 25 shows an example of a timing when data is transmitted by CSMA / CA scheme. 時刻t1で通信装置AがパケットPA1を送信すると、同じ伝送路(ネットワーク)に接続された通信装置Bは、キャリア検出時間Ct後の時刻t2でパケットPA1を検出し、伝送路が使用されていることを検出する。 Communication apparatus A when sending a packet PA1 at time t1, the same path communication connected to (network) device B detects the packet PA1 at time t2 after carrier detection time Ct, the transmission path is used it detected. 通信装置Bが伝送路を介して送信しようとしている場合、通信装置Bは、通信装置AからのパケットPA1が終了するのを待つ。 If the communication device B is trying to send via the transmission path, the communication device B waits for packet PA1 from the communication device A to finish.

時刻t3で通信装置AのパケットPA1の送信終了を検出すると、通信装置Bは、単位バックオフ時間(スロット時間)Stのランダム数倍の時間(ランダムバックオフ時間)だけ待機する。 Upon detecting the end of transmission of packet PA1 communication device A at time t3, the communication apparatus B waits unit back-off time (slot time) St random number times the (random back-off time). 具体的には、スロット時間St経過毎にカウントし、カウント値がその時の発生したランダム値に達したとき、パケットPB1を送信する。 Specifically, it counts per slot time St elapsed, when the count value reaches a random value generated at that time, and transmits the packet PB1. 図25の例は、ランダム値が8の場合であり、St×8だけ待機した時刻t4に、パケットPB1を送信している。 Example of FIG. 25 shows a case the random value is 8, the time t4 which waits St × 8, and transmits the packet PB1. なお、スロット時間Stは、キャリア検出時間Ct以上の値に設定されるので、発生したランダム値が小さい他の通信装置が送信を開始した場合、スロットのカウント前に確実に他の通信装置の送信開始を検出することができる。 Incidentally, slot time St is because it is set to a value greater than the carrier detection time Ct, if other communication device the random value is less generated has started transmission, transmission of reliably another communication device before the count of the slot it is possible to detect the start.

図25の例では、ランダム値8をカウントするまで、キャリア検出がされないので、通信装置BがパケットPB1を送信できているが、8より小さいランダム値を発生した他の通信装置が存在する場合、時刻t4になる前にキャリア検出がされ、カウントが停止され、その他の通信装置のパケットが終了するのを待つ。 In the example of FIG. 25, until counts the random value 8, if because they are not the carrier detection, the communication device B is able to transmit a packet PB1, there are other communication device that generated the 8 less random value, is carrier detection before the time t4, the count is stopped, the packet of the other communication apparatus waits for the end. ランダム値の発生方法は、一定である必要はなく、プライオリティに応じて発生するランダム値の最大値を変化させてもよい。 Method of generating the random value need not be constant, it may be changed maximum value of the random values ​​generated in accordance with the priority. 例えば、再送時に最大値を増加させたり(再送成功時には元の最大値に復帰)、待機中に他の通信装置のキャリアを検出してカウントを停止した場合に、最大値を減少(送信成功時には元の最大値に復帰)したりすると、1つの通信装置がいつまでも通信できない状態が続くのを避けることができる。 For example, increasing the maximum value at the time of retransmission (returning to the retransmission maximum original on success), when the count stops by detecting the carrier of another communication device while waiting, reducing the maximum value (at the time of transmission success with or return) to the original maximum value, it is possible to avoid a state where one communication device can not indefinitely be communication Following. また、伝送路のトラフィック状態に応じて、発生するランダム値の最大値を変化させてもよい。 Also, depending on the traffic conditions of the transmission path may be changed maximum value of the random value generated.

このように、CSMA/CA方式を採用すると、同一の伝送路を介して複数の通信装置が送信しようとしても、ランダムバックオフ時間経過後に、送信開始可能としているので、衝突の発生を減少させることができる。 Thus, when employing the CSMA / CA scheme, via the same transmission path as a plurality of communication devices trying to send, after the passage random back-off time, since the possible start of transmission, to reduce the occurrence of a collision can. しかし、ランダム値の上限を一定にした場合、アクセス台数(ネットワーク接続させた通信装置の数)が増加すると衝突が発生しやすくなり、パフォーマンス低下が避けられない。 However, when the upper limit of the random value constant, collide with the access number (the number of communication device with a network connection) increases is likely to occur, performance degradation is inevitable. 接続台数の増加に応じてランダム値を増加させると、衝突の確率は減少するが、バックオフ時間の平均値が長くなり、やはりパフォーマンスが低下する。 Increasing the random value according to an increase in the number of connected units, but the probability of collision is reduced, the average value of the back-off time increases, also degrade performance. さらに、基本的にランダムバックオフ時間の経過後にアクセスする方式であるので、最大遅延量が規定できない Further, since a manner that access after essentially random backoff time, the maximum delay amount can not be specified

複数の通信装置からのアクセスの競合を回避する他の方法は、スロット毎にアクセス権を設定するものである(例えば、特許文献1参照)。 Another way to avoid contention for access from a plurality of communication devices is configured to set an access right for each slot (e.g., see Patent Document 1). この方式は、伝送路(ネットワーク)に接続された全ての通信装置に、固有のID番号を割り当て(通常、ネットワークの通信を管理する親機が行う。)、一定時間経過(スロット時間St)毎に暗示的なスロット番号を全ノード(全通信装置)がカウントし、ノードに割り当てられたID番号とスロット番号が一致したとき、送信権を獲得するものである。 This method is, to all the communication devices connected to the transmission line (network), assigns a unique ID number (typically, base unit that manages communication network does.), Every elapse of a predetermined time (slot time St) implicit all nodes slot number (total communication device) is counted, when the ID number and the slot number assigned to the node matches the one in which the transmission right is acquired. なお、この場合も、スロット時間Stは、キャリア検出時間Ct以上の値に設定される。 Also in this case, slot time St is set to a value greater than the carrier detection time Ct.

図26に、スロットアクセス方式によりデータを送信する場合のタイミングの一例を示す。 26 shows an example of a timing when data is transmitted according to a time slot access method. 図26の例では、ネットワークのノード数が7(例えば、7つの通信装置が接続されている。)が接続され、それぞれのノードにID番号0〜6が割り当てられている。 In the example of FIG. 26, the number of nodes of the network 7 (e.g., seven communication device is connected.) Is connected and the ID number 0-6 is assigned to each node. したがって、スロット番号は、6までカウントすると0に戻る。 Therefore, the slot number is reset to 0 when it counts up to six.

今、時刻t1でID番号0のノードがパケットP01を送信し、時刻t2でパケットP01が終了すると、各ノードは、計時を開始し、スロット時間St経過毎にスロット番号をカウントする。 Now, the node ID number 0 at time t1 transmits a packet P01, the packets P01 at time t2 is completed, each node starts timing, counting the slot number for each slot time St elapsed. 時刻t2の前はノード番号0のノードのパケットである(すなわち、スロット番号0である)ので、スロット番号は、時刻t2で1とし、スロット時間St経過毎にカウントする。 Prior to time t2 is a packet of a node in the node number 0 (i.e., the slot number is 0), so the slot number is set to 1 at time t2, counting every slot time St elapsed. この時点で、ID番号4のノードのみが送信しようとしているとすると、ID番号4のノードは、スロット番号が4にカウントされ、スロット時間St経過した時刻t3に、ノード番号4のノードは送信権を獲得し、パケットP41を送信する。 At this point, when only the node ID number 4 is attempting to transmit, the node ID number 4, is counted in slot number 4, at time t3 which is slot time St elapsed, nodes of the node number 4 transmission right It won, and transmits a packet P41.

同様に、パケットP41が時刻t4で終了すると、スロット番号をカウントし、時刻t5でノード番号3のノードがパケットP31を送信し、パケットP31が時刻t6で終了すると、スロット番号をカウントし、時刻t7でノード番号4のノードがパケットP42を送信する。 Similarly, when a packet P41 is completed at time t4, counts the slot number, the node of the node number 3 transmits a packet P31 at time t5, a packet P31 is completed at time t6, it counts the slot number, time t7 in node node number 4 transmits a packet P42.

このように、スロット毎に送信権を有する通信装置(ノード)を設定するので、衝突が発生することなく、各通信装置は送信を行うことができる。 Thus, since setting a communication apparatus having a transmission right for each slot (node), without a collision occurs, the communication apparatus can transmit. しかし、接続された通信装置の数が多くなる(設定ノード数が多くなる)と、オーバヘッドが増加してパフォーマンス低下する。 However, the number of connected communication devices increases (becomes large number setting node), the overhead is decreased performance increased. また、スロット番号が一周する毎に送信権を獲得するものであるので、送信のプライオリティを設定することができない。 Further, since it is intended to acquire the transmission right each time slot number is round, it is impossible to set the priority of transmission.

特開2004−320422号公報 JP 2004-320422 JP

本発明は、上記事情に鑑みなされたもので、通信装置の接続台数を増加しても衝突の発生を抑制してパフォーマンスの低下を防ぎ、かつ、送信の最大遅延量を規定でき、プライオリティを設定することができる通信方法、通信システム、及びそのための通信装置を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above circumstances, prevent performance degradation even by increasing the number of connected communication device to suppress the occurrence of a collision, and can define the maximum delay amount of the transmission, the priority communication method capable of, and an object thereof is to provide a communication apparatus of the communication system, and therefore.

本発明の通信方法は、伝送路に接続され、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信方法であって、前記複数の通信装置の内の特定の通信装置に個別アクセスIDを割り当てて、当該割り当てられた通信装置のみが当該個別アクセスIDに対応する特定のタイミングにおいて送信可能とする個別アクセスID割当てを、前記複数の通信装置の1つで行う個別ID割当てステップと、前記個別ID割当てステップで割り当てた個別アクセスIDの割当て情報を含む制御情報を、前記割当てを行った通信装置以外の通信装置に報知する制御情報報知ステップと、前記伝送路の通信状態を調べ、前記通信装置の全てが送信可能な共通タイミング、又は前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングで、他の通信装置に対してデータ Communication method of the present invention is connected to the transmission line, a communication method for communicating between a plurality of communication devices sharing a communication band, the individual access ID to the specific communication device of the plurality of communication devices assign the individual access ID allocation to be transmitted in a particular time only the allocated communication apparatus corresponding to the individual access ID, and the individual ID assignment step carried out in one of the plurality of communication devices, the individual control information including allocation information of individual access ID assigned by the ID assignment step, a control information notifying step of notifying the communication device other than the communication apparatus that has performed the assignment, examine the communication state of the transmission line, said communication device data common timing all the possible transmission, or the in particular timing corresponding to the individual access ID, to the other communication devices 送信を行う送信制御ステップと、を備え、前記個別ID割当てステップは、予め定めた数以下の前記個別アクセスIDを割り当てるものである。 And a transmission control step of performing transmission, the individual ID assignment step is to assign the individual access ID number below a predetermined.

本発明によれば、特定の通信装置のみに、占有して送信可能となるタイミングを割り当て、他の通信装置は、共通して利用可能なタイミングで送信を行うため、アイドル期間の周期を短くでき、通信装置の接続台数が増加してもパフォーマンスを低下させることなく、衝突の発生を抑制することができる。 According to the present invention, only a specific communication device, allocates a timing that enables transmission occupies, the other communication devices, for transmission in a common available in timing, can be shortened period of idle period without the number of connected communication devices reduces performance be increased, it is possible to suppress the occurrence of a collision. また、通信装置、特に子機である通信装置に対して割り当てられる個別アクセスIDは任意であり、通信装置との対応が固定的なものではない。 The communication device, the individual access ID assigned to the communication device is usually incorporates machine is optional and corresponds to the communication device not fixed. 親機には、固定的な個別アクセスIDを割り当てるのが好ましいが、親機がもっぱら管理のみを行う場合、個別アクセスIDを固定的に割り当てなくてもよい。 The master unit, it is preferred to assign a fixed individual access ID, and you master unit performs exclusively managed only may not fixedly assigned individual access ID.

本発明の通信方法は、前記個別アクセスID割り当てステップが、予め定めた数より多くの個別アクセスIDを割り当てないものを含む。 Communication method of the present invention, the individual access ID allocation step, including those that do not allocate more individual access ID number than predetermined. 本発明によれば、特定の通信装置のみに、占有して送信可能となるタイミングを、予め定めた数より多く割り当てないので、アイドル期間の周期を短くでき、通信装置の接続台数が増加してもパフォーマンスを低下させることなく、衝突の発生を抑制することができる。 According to the present invention, only a specific communication device, the timing at which the transmittable to occupy, because not allocate more than the number of predetermined, period of idle time can be shortened, the number of connected communication device is increased can also without lowering the performance, to suppress the occurrence of a collision.

本発明の通信方法は、前記個別ID割当てステップが、前記共通タイミングで他の通信装置に対する送信を行っている前記通信装置に対して、前記個別アクセスIDを割り当てるものを含む。 Communication method of the present invention, the individual ID assignment step, to the communication device is transmitting to the other communication device in the common time, including those assigned to the individual access ID. 本発明によれば、新たに送信を開始した通信装置に個別アクセスIDが割り当てられるので、継続して送信をしようとする通信装置が、効率よく送信を行うことができる。 According to the present invention, since the individual access ID to the communication device that initiated the new transmission is assigned, it can be performed by the communication device to be a transmission continues the transmission efficiently.

本発明の通信方法は、前記制御情報報知ステップが、新規に割り当てられた前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知するものを含む。 Communication method of the present invention, the control information notification step, effective new to the individual access ID and the identification information for identifying the individual access information is assigned a communication device assigned, and of the individual access ID information on the number of individual access ID, and those that broadcast as the control information. 本発明によれば、個別アクセスIDの割当て等の制御情報を、全ての通信装置が迅速かつ確実に取得することができる。 According to the present invention, control information such as allocation of the dedicated access ID, it is possible that all of the communication devices to obtain quickly and reliably.

本発明の通信方法は、さらに、前記割り当てた個別アクセスIDの管理を行う個別ID管理ステップを備え、前記個別ID管理ステップは、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングでの送信時刻をモニターし、当該特定のタイミングでの送信が一定時間されていない場合、当該個別アクセスIDの割当てを削除するものを含む。 Communication method of the present invention further includes an individual ID management step for managing the assigned individual access ID, the individual ID management step, monitors the transmission time at a particular timing corresponding to the individual access ID If the transmission in the specific timing is not a predetermined time, including those to delete the allocation of the individual access ID. 本発明によれば、送信を終了した通信装置に対する個別アクセスIDの割当てを確実に削除することができ、送信スロットの有効利用が可能となる。 According to the present invention, it is possible to remove reliably the assignment of individual access ID for finished communication device transmits, it is possible to effectively utilize the transmission slot.

本発明の通信方法は、前記制御情報報知ステップが、前記個別ID管理ステップが前記個別アクセスIDの割当てを削除したとき、割り当てられる通信装置が変更された前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知するものを含む。 Communication method of the present invention, the control information notification step, when said individual ID management step deletes the allocation of the individual access ID, the individual access ID communication device is assigned and changed its individual access information assigned is identification information for identifying the communication device, and information on the number of valid individual access ID of the individual access ID, including those that broadcast as the control information. 本発明によれば、最も番号が大きい個別アクセスIDが削除された場合は、他の個別アクセスIDの割当ては変更されないので、個別アクセスIDの数に関する情報のみが変更されることになる。 According to the present invention, if the highest number is larger individual access ID is deleted, since not changed assignment of another dedicated access ID, and only the information about the number of individual access ID is changed.

本発明の通信方法は、前記送信制御ステップが、前記他の通信装置が送信を行っていない場合、所定の期間経過毎にカウントし、そのカウント値に基づいて前記個別アクセスIDに対応するタイミング、及び前記共通タイミングを認識して、他の通信装置に対する送信を制御するものを含む。 Timing communication method of the present invention, the transmission control step, when the other communication apparatus is not performing transmission, which is counted for each predetermined period of time has elapsed, corresponding to the individual access ID on the basis of the count value, and recognizing the common timing, including those that control the transmission to another communication device. 本発明によれば、自動的にアクセスIDに基づいて送信タイミングの管理が可能となる。 According to the present invention, it becomes possible to automatically manage the transmission timing based on the access ID.

本発明の通信方法は、前記送信制御ステップが、前記共通タイミングで行う送信が他の通信装置の送信と競合した場合、ランダムな時間経過後の前記共通タイミングで再送信するものを含む。 Communication method of the present invention, the transmission control step, when the transmission performed at the common timing conflicts with transmission of other communication devices, including those that re-transmitted at the common timing after a random time. 本発明によれば、共通タイミングで送信しようとして衝突が生じた場合も、再送により、衝突を回避した送信を行うことができる。 According to the present invention, even if a collision trying to send a common timing caused by retransmission, it is possible to perform transmission to avoid collision.

本発明の通信方法は、前記送信制御ステップが、前記個別アクセスIDに対応するタイミングで送信を行う場合、ランダムな時間経過後の、前記カウント値に基づく前記個別アクセスIDに対応するタイミングで送信するものを含む。 Communication method of the present invention, the transmission control step, when performing transmission at a timing corresponding to the individual access ID, and transmits at a timing corresponding to the after random time, the individual access ID based on the count value including things. 本発明によれば、複数の通信装置が送信できる割合をより平均化することができる。 According to the present invention, it is possible to average the rate at which a plurality of communication devices can transmit.

本発明の通信方法は、さらに、前記送信制御ステップで送信されたデータを受信し、前記データに対して応答フレームを返信する応答フレーム送信ステップを備え、前記応答フレーム送信ステップが、前記受信したデータが送信されたタイミングは、前記共通タイミングであることを示す情報、又は前記特定のタイミングに対応する前記個別アクセスIDに関する情報を前記応答フレームに含ませるものを含む。 Data communication method of the present invention is further operable to receive data transmitted in the transmission control step includes a response frame transmitting step of returning a response frame to the data, the response frame transmitting step, said received There timing sent include those that contain information indicating that the said common timing, or information relating to the individual access ID corresponding to the specific timing in the response frame. 本発明によれば、応答フレームに個別アクセスIDに関する情報を含ませることで、データを直接受信できない端末(隠れ端末)に対しても、前記共通タイミングまたは、特定のタイミングを通知することが可能となる。 According to the present invention, by including information on individual access ID in the response frame, even for terminals which can not receive data directly (hidden terminal), the common timing or is possible to notify a specific timing Become.

本発明の通信方法は、前記共通タイミング、又は、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングに従わずに送信される特殊フレームを送信する特殊フレーム送信ステップを備え、前記特殊フレーム送信ステップは、前記送信制御ステップで送信されたデータのうち、直前に受信した前記データが送信されたタイミングに対応する前記個別アクセスIDを前記特殊フレームに含ませるものを含む。 Communication method of the present invention, the common timing, or, with the special frame transmitting step of transmitting a special frame transmitted without following the specific timing corresponding to the individual access ID, the special frame transmitting step, the of the sent transmission control step data, including those that contain the individual access ID which the data received corresponds to the transmission timing immediately before said special frames. 本発明によれば、上記した方式とは異なる方式によって確保した帯域(例、ビーコン領域、ビーコン領域、VoIP Reservation領域)にて送信されるフレーム(ビーコンフレーム等)に、直前に受信したデータフレームに対応する個別アクセスIDに関する情報を含ませることで、再び、本発明の方式に従って通信を再開する場合に、以前使用していた送信タイミング(共通タイミングまたは、特定のタイミング)を持ち越すことが可能になる。 According to the present invention, the bandwidth reserved by a different method than the method described above (e.g., a beacon region, the beacon region, VoIP Reservation area) in a frame to be transmitted in (a beacon frame or the like), the data frame received immediately before by including information about the corresponding individual access ID, again, when resuming the communication in accordance with the method of the present invention, previously used have transmission timing (common timing or specific timing) it is possible to carry over the .

本発明の通信方法は、電力線を伝送経路として通信を行う通信方法を含む。 Communication method of the present invention includes a communication method for performing communication as a transmission path of power lines.

本発明の通信装置は、伝送路に接続され、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信システムに利用される通信装置であって、前記複数の通信装置の内の特定の通信装置に個別アクセスIDを割り当てて、当該割り当てられた通信装置のみが当該個別アクセスIDに対応する特定のタイミングにおいて送信可能とする個別アクセスID割当てを行うアクセスID管理部と、前記アクセスID管理部で割り当てた個別アクセスIDの割当て情報を含む制御情報を、他の通信装置に報知する報知部と、を備え、前記アクセスID管理部は、予め定めた数以下の前記個別アクセスIDを割り当てるとともに、前記通信装置の全てが送信可能な共通タイミングで送信した送信データを検出したとき、共通タイミングで送信した前記通信装 Communication device of the present invention is connected to the transmission path, a communication device used in a communication system for performing communication between a plurality of communication devices sharing a communication band, a particular communication of the plurality of communication devices device to assign separate access ID, the access ID management unit only the allocated communication apparatus performs individual access ID allocation to be transmitted in a particular timing corresponding to the individual access ID, in the access ID management unit control information including assignment information for the assigned individual access ID, and a notification unit for notifying the other communication apparatus, the access ID management unit allocates the dedicated access ID number following a predetermined, wherein when all of the communication device detects the transmission data transmitted by the common timing can be transmitted, the communication instrumentation transmitted in common timing に対して、前記個別アクセスIDの割当てを行うものである。 Respect, and it performs assignment of the individual access ID.

本発明の通信装置は、前記アクセスID管理部が、予め定めた数より多くの個別アクセスIDを割り当てないものを含む。 Communication apparatus of the present invention, the access ID management unit, including those that do not allocate more individual access ID number than predetermined.

本発明の通信装置は、前記報知部が、前記アクセスID管理部が新規に割り当てた前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知するものを含む。 Communication apparatus of the present invention, the notification unit, wherein the individual access ID and the identification information for identifying the communication device to which the individual access information is assigned to the access ID management unit assigned to the new, and of the individual access ID information about the number of valid individual access ID of the, including those that broadcast as the control information.

本発明の通信装置は、前記アクセスID管理部が、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングでの送信時刻をモニターし、当該特定のタイミングでの送信が一定時間されていない場合、当該個別アクセスIDの割当てを削除するものを含む。 Communication device of the present invention, when the access ID management unit monitors the transmission time at a particular timing corresponding to the individual access ID, transmitted in the specific timing is not a predetermined time, the individual access including those that you want to delete the assignment of ID.

本発明の通信装置は、前記報知部が、前記アクセスID管理部が前記個別アクセスIDの割当てを削除したとき、割り当てられる通信装置が変更された前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知するものを含む。 Communication apparatus of the present invention, the notification unit, when the access ID management unit deletes the allocation of the individual access ID, the individual access ID communication device is assigned and changed its dedicated access information is assigned identification information for identifying the communication device, and information on the number of valid individual access ID of the individual access ID, including those that broadcast as the control information.

本発明の通信装置は、伝送路に接続され、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信システムに利用される通信装置であって、特定の送信タイミングと対応つけられた個別アクセスIDであって、当該個別アクセスIDが割り当てられた通信装置のみが前記特定の送信タイミングにおいて送信可能となる個別アクセスIDの取得又は放棄を管理するアクセスID管理部と、前記個別アクセスIDが取得されている場合は、前記個別アクセスIDを用いて他の通信装置に対する送信を制御し、前記個別アクセスIDが放棄されている場合は、前記通信装置の全てが送信可能な共通タイミングで、他の通信装置に対する送信を制御する送信制御部を備え、前記送信制御部は、前記他の通信装置が送信を行っていない場合、所定の期間 Communication device of the present invention is connected to the transmission path, a communication device used in a communication system for performing communication between a plurality of communication devices sharing a communication band, dedicated access that is to correspond with a particular transmission timing a ID, and the access ID management unit only communication device to which the individual access ID is assigned to manage the acquisition or abandonment of individual access ID to be transmittable in the specified transmission timing, the individual access ID is acquired If it has, the using individual access ID to control the transmission to another communication device, wherein when the individual access ID is abandoned, with the common timing all possible transmission of the communication apparatus, other communication a transmission controller for controlling transmission to the device, the transmission control section, when the other communication apparatus is not performing transmission, a predetermined time period 過毎にカウントし、そのカウント値に基づいて前記個別アクセスIDに対応するタイミング、及び前記共通タイミングを認識して、他の通信装置に対する送信を制御するものである。 Counted for each over, the timing corresponding to the individual access ID on the basis of the count value, and recognizes the common timing, and controls the transmission to another communication device.

本発明の通信装置は、前記送信制御部が、前記共通タイミングで行う送信が他の通信装置の送信と競合した場合、ランダムな時間経過後の前記共通タイミングで再送信するものを含む。 Communication apparatus of the present invention, the transmission control unit, if the transmission performed at the common timing conflicts with transmission of other communication devices, including those that re-transmitted at the common timing after a random time.

本発明の通信装置は、前記送信制御部が、前記個別アクセスIDに対応したタイミングで送信を行う場合、ランダムな時間経過後の、前記カウント値に基づく前記個別アクセスIDに対応するタイミングで送信するものを含む。 Communication apparatus of the present invention, the transmission control unit, when performing the transmission at the timing corresponding to the individual access ID, and transmits at a timing corresponding to the after random time, the individual access ID based on the count value including things.

本発明の通信装置は、前記アクセスID管理部が、取得した個別アクセスIDに対応するタイミングで送信していない期間が、所定の時間以上である場合に、その個別アクセスIDを放棄するものを含む。 Communication apparatus of the present invention, the access ID management unit, a period of non-transmission at a timing corresponding to the individual access ID acquired is, when it is more than a predetermined time, including those that give up their individual access ID .

本発明の通信装置は、さらに、他の通信装置の前記送信制御部で送信されたデータを受信し、前記データに対して応答フレームを返信する応答フレーム送信制御部を備え、前記応答フレーム送信制御部は、前記受信したデータが送信されたタイミングが、前記共通タイミングであることを示す情報、又は前記特定のタイミングに対応する前記個別アクセスIDに関する情報を前記応答フレームに含ませるものを含む。 Communication apparatus of the present invention, further, the transmitted by the transmission control unit which has received the data, including the response frame transmission control section returns a response frame to the data, the response frame transmission control of another communication device parts are timing at which the received data is transmitted, including those to include information indicating that the said common timing, or information relating to the individual access ID corresponding to the specific timing in the response frame.

本発明の通信装置は、前記共通タイミング、又は、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングに従わずに送信される特殊フレームを送信する特殊フレーム送信制御部を備え、前記特殊フレーム送信制御部は、直前に受信したデータが送信されたタイミングに対応する前記個別アクセスIDを前記特殊フレームに含ませるものを含む。 Communication apparatus of the present invention, the common timing, or, with the special frame transmission control unit that transmits a special frame transmitted without following the specific timing corresponding to the individual access ID, the special frame transmission control unit , including those which contain the individual access ID data received immediately before corresponds to the transmission timing to said special frames.

本発明の通信装置は、電力線を伝送経路として電力線通信を行うものを含む。 Communication device of the present invention include those for performing power line communication as a transmission path of power lines.

本発明の通信システムは、上記した通信装置を複数備える通信システムであって、少なくとも、上記した個別アクセスID割当てを行うアクセスID管理部を備える通信装置を1台備えるものである。 Communication system of the present invention is a communication system including a plurality of communication apparatus described above, at least, those having one communication apparatus including an access ID management unit for performing an individual access ID allocation described above.

本発明の通信システムは、前記通信装置が、電力線を伝送経路として電力線通信を行うものを含む。 Communication system of the present invention, the communication apparatus, including those for power line communication as a transmission path of power lines.

以上の説明から明らかなように、本発明によれば、通信装置の接続台数を増加しても衝突の発生を抑制してパフォーマンスの低下を防ぎ、かつ、送信の最大遅延量を規定でき、プライオリティを設定することができる通信方法、通信システム、及びそのための通信装置を提供することができる。 As apparent from the above description, according to the present invention prevents the decrease in performance even by increasing the number of connected communication device to suppress the occurrence of a collision, and can define the maximum delay amount of the transmission, priority communication method can be set, it is possible to provide a communication system, and a communication device therefor.

以下、本発明の実施の形態について、図面を用いて説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings.

図1は、本発明の通信方法、通信システムを実現する電力線通信システムの一例の概略構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing the schematic structure of an example of a communication method, power line communication system for realizing the communication system of the present invention. 図1の電力線通信システムは、電力線900に接続された複数台のPLC(Power Line Communication)モデム100M、100T1、100T2、100T3、100T4を備える。 Power line communication system of FIG. 1 includes connected to the power line 900 a plurality of PLC (Power Line Communication) modem 100M, the 100T1,100T2,100T3,100T4. 図1には、5台のPLCモデムが示されているが、接続台数は任意である。 Although FIG. 1 is five PLC modems are illustrated, the number of connected is arbitrary. PLCモデム100Mは、親機として機能するものであり、子機として機能する他のPLCモデム100T1、・・100T4の接続状態(リンク状態)の管理を行うものである。 PLC modem 100M, which functions as a master unit, another PLC modem 100T1 functioning as a slave unit, and performs management of connection states of ·· 100T4 (link state).

なお、以降の説明において、親機及び特定の子機について言及する場合は、PLCモデム100M、100T1、100T2、100T3、100T4のように記述し、子機一般に言及する場合は、PLCモデム100Tと記述する。 In the following description, when referring to the master unit and a particular slave unit is PLC modem 100M, described as 100T1,100T2,100T3,100T4, when referring to the child device generally includes a PLC modem 100T Description to. また、親機、子機の限定がないPLCモデムに言及する場合は、単に、PLCモデム100と記述する。 Also, when referring to the master unit, the PLC modem is not limited handset is simply described as a PLC modem 100.

電力線900は、図1では1本の線で示されているが、実際には2本以上の導線であり、PLCモデム100は、それらの導線に接続されている。 Power line 900 is shown by lines in Figure 1, one is the actual conductor of two or more in, PLC modem 100 is connected to those wires.

PLCモデム100は、詳細は後述するように、RJ45等のLAN(Local Area Network)用モジュラージャックを有しており、モジュラージャックには、テレビ(TV)51、パーソナルコンピュータ(PC)52、IP電話53、レコーダ54、ブロードバンドルータ55が接続され、ブロードバンドルータ55はインターネットに接続されている。 PLC modem 100, as in detail later, has a modular jack RJ45, etc. LAN (Local Area Network), the modular jack, a TV (TV) 51, a personal computer (PC) 52, IP telephone 53, the recorder 54, the broadband router 55 is connected, broadband router 55 is connected to the Internet. なお、電力線通信システムは、本発明の通信方法を実現する通信システムの一例であり、無線LAN等、他の通信システムであってもよい。 The power line communication system is an example of a communication system for implementing the communication method of the present invention, a wireless LAN, etc., it may be another communication system.

図2は、PLCモデム100の概観を示す図であり、図2(a)は前面を示す外観斜視図、図2(b)は前面図、図2(c)は背面図である。 Figure 2 is a diagram showing an overview of the PLC modem 100, FIG. 2 (a) is an external perspective view showing the front, FIG. 2 (b) front view, FIG. 2 (c) is a rear view. 図2に示すPLCモデム100は、筐体101を有しており、筐体101の前面には、図2(a)(b)に示すようにLED(Light Emitting Diode)105A、105B、105Cからなる表示部105が設けられている。 PLC modem 100 shown in FIG. 2 includes a housing 101, the front surface of the housing 101, LED as shown in FIG. 2 (a) (b) (Light Emitting Diode) 105A, 105B, from 105C display unit 105 is provided comprising. また、筐体101の背面には、図2(c)に示すように電源コネクタ102、及びRJ45等のLAN(Local Area Network)用モジュラージャック103、及び動作モード等の切換えのための切換えスイッチ104が設けられている。 Further, on a rear surface of the housing 101, FIG. 2 power connector 102 as shown in (c) and RJ45 etc. LAN, (Local Area Network) modular jack 103 changeover switch 104 and for switching the operation mode or the like, It is provided. 電源コネクタ102には、電源ケーブル(図2では図示せず)が接続され、モジュラージャック103には、LANケーブル(図2では図示せず)が接続される。 The power connector 102, power cable (not shown in FIG. 2) is connected to the modular jack 103, LAN cable (not shown in FIG. 2) is connected. なお、PLCモデム100には、さらにDsub(D−subminiature)コネクタを設け、Dsubケーブルを接続するようにしてもよい。 Note that the PLC modem 100, further provided with a Dsub (D-subminiature) connector may be connected to Dsub cable.

図3は、PLCモデム100のハードウェアの一例を示すブロック図である。 Figure 3 is a block diagram showing an example of the hardware of the PLC modem 100. PLCモデム100は、図3に示すように、回路モジュール200及びスイッチング電源300を有している。 PLC modem 100, as shown in FIG. 3, has a circuit module 200 and a switching power supply 300. スイッチング電源300は、各種(例えば、+1.2V、+3.3V、+12V)の電圧を回路モジュール200に供給するものであり、例えば、スイッチングトランス、DC−DCコンバータ(いずれも図示せず)を含んで構成される。 Switching power supply 300, various (e.g., + 1.2V, + 3.3V, + 12V) and supplies a voltage to the circuit module 200, for example, comprise a switching transformer, DC-DC converter (both not shown) in constructed.

回路モジュール200には、メインIC(Integrated Circuit)210、AFE・IC(Analog Front END・Integrated Circuit)220、イーサネットPHY・IC(Physic layer・Integrated Circuit)230、メモリ240、ローパスフィルタ(LPF)251、ドライバIC252、バンドパスフィルタ(BPF)260、及びカプラ270が設けられている。 The circuit module 200, a main IC (Integrated Circuit) 210, AFE · IC (Analog Front END · Integrated Circuit) 220, an Ethernet PHY · IC (Physic layer · Integrated Circuit) 230, a memory 240, a low pass filter (LPF) 251, driver IC 252, a bandpass filter (BPF) 260, and the coupler 270 is provided. スイッチング電源300及びカプラ270は、電源コネクタ102に接続され、さらに電源ケーブル600、電源プラグ400、コンセント500を介して電力線900に接続される。 Switching power supply 300 and the coupler 270 are connected to the power connector 102, further power cable 600, power plug 400 is connected to power line 900 through the outlet 500. なお、メインIC2100は電力線通信を行う制御回路として機能する。 The main IC2100 serves as a control circuit for performing power line communication.

メインIC210は、CPU(Central Processing Unit)211、PLC・MAC(Power Line Communication・Media Access Control layer)ブロック212、及びPLC・PHY(Power Line Communication・Physical layer)ブロック213で構成されている。 The main IC210 is composed of CPU (Central Processing Unit) 211, PLC · MAC (Power Line Communication · Media Access Control layer) block 212, and PLC · PHY (Power Line Communication · Physical layer) block 213. CPU211は、32ビットのRISC(Reduced Instruction Set Computer)プロセッサを実装している。 CPU211 is a 32-bit RISC (Reduced Instruction Set Computer) implements the processor. PLC・MACブロック212は、送受信信号のMAC層(Media Access Control layer)を管理し、PLC・PHYブロック213は、送受信信号のPHY層(Physical layer)を管理する。 PLC · MAC block 212 manages MAC layer of the transmitting and receiving signals (Media Access Control layer), PLC · PHY block 213 manages PHY layer of the transmitting and receiving signals (Physical layer). AFE・IC220は、DA変換器(DAC;D/A Converter)221、AD変換器(ADC;A/D Converter)222、及び可変増幅器(VGA;Variable Gain Amplifier)223で構成されている。 AFE · IC 220 is, DA converter is constituted by; (Variable Gain Amplifier VGA) 223 (DAC;; D / A Converter) 221, AD converter (ADC A / D Converter) 222 and the variable amplifier. カプラ270は、コイルトランス271、及びカップリング用コンデンサ272a、272bで構成されている。 Coupler 270 includes a coil transformer 271 and coupling capacitors 272a, is composed of 272b. なお、CPU211は、メモリ211に記憶されたデータを利用して、PLC・MACブロック212、及びPLC・PHYブロック213の動作を制御するとともに、PLCモデム100全体の制御も行う。 Incidentally, CPU 211 uses the data stored in the memory 211, PLC · MAC block 212, and controls the operation of the PLC · PHY block 213 also controls the entire PLC modem 100.

PLCモデム100による通信は、概略次のように行われる。 Communication by PLC modem 100 is performed as outlined below. モジュラージャック103から入力されたデータは、イーサネットPHY・IC230を介してメインIC210に送られ、デジタル信号処理を施すことによってデジタル送信信号が生成される。 Data input from the modular jack 103 is transmitted to the main IC210 via the Ethernet PHY · IC 230, a digital transmission signal is generated by performing a digital signal processing. 生成されたデジタル送信信号は、AFE・IC220のDA変換器(DAC)221によってアナログ信号に変換され、ローパスフィルタ251、ドライバIC252、カプラ270、電源コネクタ102、電源ケーブル600、電源プラグ400、コンセント500を介して電力線900に出力される。 Digital transmission signal generated is converted into an analog signal by the DA converter (DAC) 221 of AFE · IC 220, a low pass filter 251, driver IC 252, the coupler 270, power connector 102, power cable 600, power plug 400, the socket 500 through the output to the power line 900.

電力線900から受信された信号は、カプラ270を経由してバンドパスフィルタ260に送られ、AFE・IC220n可変増幅器(VGA)223でゲイン調整がされた後、AD変換器(ADC)222でデジタル信号に変換される。 Signal received from the power line 900 is sent to the band-pass filter 260 via a coupler 270, after the gain adjustment by the AFE · IC220n variable amplifier (VGA) 223, a digital signal at AD converter (ADC) 222 It is converted to. そして、変換されたデジタル信号は、メインIC210に送られ、デジタル信号処理を施すことによって、デジタルデータに変換される。 The converted digital signal is sent to the main IC 210, by performing a digital signal processing, it is converted into digital data. 変換されたデジタルデータは、イーサネットPHY・IC230を介してモジュラージャック103から出力される。 The converted digital data is output from the modular jack 103 via Ethernet PHY · IC 230.

メインIC210によって実現されるデジタル信号処理の一例を、説明する。 An example of a digital signal process performed by the main IC 210, will be described. PLCモデム100は、OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式等の複数のサブキャリアを用いたマルチキャリア通信を行うものであり、送信データをOFDM送信信号に変換するとともに、OFDM受信信号を受信データに変換するデジタル処理は、主としてPLC・PHYブロック213で行われる。 PLC modem 100 performs a multi-carrier communication using a plurality of sub-carriers such as OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing) scheme, converts the transmission data and converts the OFDM transmission signal, the OFDM received signal in the received data digital processing of is performed mainly by the PLC · PHY block 213.

図4は、PLC・PHYブロック213によって実現されるデジタル信号処理の一例を説明するための機能ブロック図であり、ウェーブレット変換を利用するOFDM伝送を行う場合のものである。 Figure 4 is a functional block diagram for explaining an example of a digital signal processing implemented by the PLC · PHY block 213, but in the case of performing OFDM transmission using wavelet transform. 図4に示すように、PLC・PHYブロック213は、変換制御部10、シンボルマッパ11、シリアル−パラレル変換器(S/P変換器)12、逆ウェーブレット変換器13、ウェーブレット変換器14、パラレル−シリアル変換器(P/S変換器)15、デマッパ16としての機能を有する。 As shown in FIG. 4, PLC · PHY block 213, the conversion control unit 10, a symbol mapper 11, a serial - parallel converter (S / P converter) 12, inverse wavelet transformer 13, a wavelet transformer 14, a parallel - serial converter (P / S converter) 15 has a function as a demapper 16.

シンボルマッパ14は、送信すべきビットデータをシンボルデータに変換し、各シンボルデータにしたがってシンボルマッピング(例えばPAM変調)を行うものである。 Symbol mapper 14 converts bit data to be transmitted into symbol data, and performs symbol mapping (e.g., PAM modulation) according to each symbol data. S/P変換器15は、マッピングされた直列データを並列データに変換するものである。 S / P converter 15 is for converting the mapped serial data into parallel data. 逆ウェーブレット変換器16は、並列データを逆ウェーブレット変換し、時間軸上のデータとするものであり、伝送シンボルを表すサンプル値系列を生成するものである。 Inverse wavelet transformer 16 performs an inverse wavelet transform parallel data, which the data on the time axis, and generates a series of sample values ​​representing the transmission symbol. このデータは、AFE・IC220のDA変換器(DAC)221に送られる。 This data is sent to the DA converter (DAC) 221 of AFE · IC 220.

ウェーブレット変換器14は、AFE・IC220のAD変換器(ADC)222から得られる受信デジタルデータ(送信時と同一のサンプルレートでサンプルされたサンプル値系列)を周波数軸上へ離散ウェーブレット変換するものである。 The wavelet transformer 14 is for discrete wavelet transform AD converter AFE · IC 220 a (ADC) receiving the digital data obtained from 222 (sample sample value series at the same sample rate and time of transmission) into the frequency domain is there. P/S変換器18は、周波数軸上の並列データを直列データに変換するものである。 P / S converter 18, converts the parallel data on the frequency axis into serial data. デマッパ19は、各サブキャリアの振幅値を計算し、受信信号の判定を行って受信データを求めるものである。 Demapper 19, the amplitude value of each subcarrier calculated, and requests received data by judgment of the received signal.

図1に示す電力線通信システムにおいて、データの伝送を行う場合、図5に示すように、送信元のPLCモデム100が、データフレームPt1〜Pt4、Pt0を送信し、送信先のPLCモデム100が正常に受信できたときに応答フレームAt1〜At4、At0を送信する。 In the power line communication system shown in FIG. 1, when performing transmission of data, as shown in FIG. 5, the source of the PLC modem 100, the data frame PT1 to PT4, sends Pt0, normal destination PLC modem 100 response frame At1~At4 when can be received in, and transmits the AT0. 各PLC間の通信を管理するための情報は、PLCモデム100Mから、報知フレーム(制御フレーム、ビーコン)B1、B2、B3、・・として一定間隔で送信される。 Information for managing the communication between the PLC from the PLC modem 100M, notification frame (control frame, a beacon) B1, B2, B3, is sent at regular intervals as .... ここで、Pt0とAt0は後述する共通タイミングで送受信されるデータフレームと応答フレームである。 Here, Pt0 the At0 is a response frame to the data frame to be transmitted and received in a common timing described later.

図5に示す例では、複数の送信装置からのデータフレームPt1〜Pt4、Pt0は、衝突することなく送信されているが、衝突を避けてデータ送信を行うために、PLCモデム100は、例えば、図6に示すタイミングでアクセスを行う。 In the example shown in FIG. 5, the data frame Pt1~Pt4 from a plurality of transmitting devices, Pt0, have been transmitted without colliding, in order to perform data transmission while avoiding collision, PLC modem 100, for example, performing access at the timing shown in FIG. 図6に、PLCモデム100からのデータの送信タイミングの一例を示す。 6 shows an example of the transmission timing of data from the PLC modem 100. 図6の例では、電力線900に、PLC100M(親機100M)、PLCモデム100T1〜100T9の10台のPLCモデムが接続されているものとするが、図6では、PLCモデム100T1〜100T3の3台の送信タイミングのみを示す。 In the example of FIG. 6, the power line 900, PLC100M (base unit 100M), it is assumed that ten PLC modem PLC modem 100T1~100T9 is connected, in FIG. 6, three PLC modem 100T1~100T3 showing the transmission timing of the only. このような送信タイミングを制御するための処理は、図3のメインIC210によって行なわれる。 Process for controlling such a transmission timing is performed by the main IC210 in FIG.

図7に、PLCモデム100Mが備える端末(PLCモデム)管理テーブルの概略構成を示す。 Figure 7 shows a schematic configuration of the terminal (PLC modem) management table provided in the PLC modem 100M. 親機が使用する端末管理テーブルは、電力線に接続されたPLCモデムの管理番号(便宜的に管理番号を図面の符号に合わせて0、T1、T2、・・とし、合わせてMACアドレス例を記載した。)に対応付けて、設定済(有効)の個別アクセスID、当該PLCモデムの最新の送信時刻を示すカウンター値が記憶されている。 Terminal management table base unit uses, 0 combined management number (conveniently management number of the PLC modem connected to the power line on the sign of the drawings, T1, T2, and ..., together describes the MAC address Example in association with the.), individual access ID already set (enabled), the counter value indicating the latest transmission time of the PLC modems is stored. カウンター値については後述する。 The counter value will be described later. なお、PLCモデムの管理番号は、単なる番号のみでもよいし、MACアドレスのみでもよい。 It should be noted that the management number of the PLC modem may be only a mere number, may be only in the MAC address. また、両方を記載してもよい。 Also, both may be described. この端末管理テーブルは、PLCモデムのメモリ(例えば、図3のメモリ240)に記憶される。 The terminal management table, the PLC modem memory (e.g., memory 240 in FIG. 3) is stored in. 個別アクセスIDは、割り当てられたPLCモデムのみがその個別アクセスIDに対応する特定のタイミングにおいて送信可能とするためのものである。 Individual access ID, only PLC modem assigned is for enabling transmission in a particular timing corresponding to the individual access ID.

個別アクセスID数は、接続されたPLCモデム100の数とは無関係に、予め定めた数だけ用意し、予め定めた数より多くの個別アクセスIDを割り当てない。 Individual access ID number, regardless of the number of connected PLC modem 100, and provided in the number of predetermined, not assign many individual access ID number than predetermined. この例では、最大4個割り当てられる。 In this example, it assigned up to four. その内、一例としてID=1は親機であるPLCモデム100Mに固定的に割り当てられ、他の個別アクセスIDは、PLCモデム100Mの制御によって、他のPLCモデムT1〜T9に割当てられる。 Of the, ID = 1 as an example fixedly assigned to the PLC modem 100M is the master unit, another individual access ID is under the control of the PLC modem 100M, assigned to other PLC modems T1-T9. なお、固定的に割り当てるIDは1に限定するものではなく他の値としてもよい。 Incidentally, ID that fixedly assigned may be other values ​​not limited to 1. また、親機に固定的に割り当てなくてもよい。 Moreover, it is not fixedly assigned to the master unit. 図7に示す時点では、ID=2、3、4が、それぞれPLCモデム100T2、PLCモデム100T1、PLCモデム100T3に割り当てられている。 At the time shown in FIG. 7, ID = 2, 3, 4 are respectively assigned to the PLC modem 100T2, PLC modems 100T1, PLC modem 100T3. なお、個別アクセスIDを、単に個別IDと記述する場合もある。 Incidentally, an individual access ID, sometimes simply described as individual ID. また、後述するように、全てのPLCモデムが送信可能なタイミングを特定するために、共通のアクセスID(共通IDと記述する場合もある。)をID=0とし、それぞれのID(個別アクセスIDと共通アクセスIDを合わせて、アクセスIDとする。)に対応した送信可能タイミングをスロットと記述する場合もある。 Further, as described later, to all of the PLC modem to identify the timing can be transmitted, (sometimes described as a common ID.) Common access ID to the ID = 0, each ID (individual access ID and the combined common access ID, in some cases to describe the transmission available timing corresponding to.) and the access ID and the slot. また、共通IDを0に限定するものでなく、例えば親機に固定的に割り当てるIDを0に共通IDを1にする等も可能である。 Moreover, not intended to limit the common ID to 0, the fixedly assigned ID for example the parent device are also possible, such as to 1 common ID to zero.

なお、PLCモデムが応答フレームを返信する際には、応答フレームにアクセスID(個別アクセスIDと共通アクセスID)の情報を含ませて返信してもよい。 Incidentally, when the PLC modem returns a response frame may respond by including the information in the response frame access ID (Common Access ID and individual access ID). 応答フレームにアクセスIDを含ませることで、データを直接受信できないPLCモデム(隠れ端末とも言う。)に対しても、送信タイミングを通知することが可能となる。 By including access ID in the response frame, data (also referred to as a hidden terminal.) PLC modems can not receive directly against, it is possible to notify the transmission timing.

図6において、時刻t1でPLCモデム100T1がパケットPT11を送信すると、PLCモデム100T2、100T3は、キャリア検出時間(例えば、25μsec)Ct後の時刻t2でパケットPT11を検出するので、伝送路が使用されていることを認識できる(図6には示していないが、電力線に接続されてネットワークを構成する他のPLCモデム100T4〜100T9も認識できる。)。 6, when the PLC modem 100T1 transmits a packet PT11 at time t1, the PLC modem 100T2,100T3 the carrier detection time (e.g., 25 .mu.sec) and detects the packet PT11 at time t2 after Ct, the transmission path is used can recognize that (although not shown in FIG. 6, another PLC modem 100T4~100T9 constituting the network is connected to the power line can also be recognized.). PLCモデム100T2、100T3が伝送路を介して送信しようとしている場合、PLCモデム100T2、100T3は、PLCモデム100T1からのパケットPT11が終了するのを待つ。 When the PLC modem 100T2,100T3 is going to transmit through the transmission path, the PLC modem 100T2,100T3 waits for the completion packet PT11 from PLC modem 100T1. このように、データの送信を行う場合、PLCモデム100は、伝送路の通信状態を調べ、伝送路が使用されているか否かを調べる。 Thus, when performing transmission of data, PLC modems 100 checks the communication state of the transmission path, it is checked whether the transmission path is being used.

図8に、PLCモデムにおけるデータのプライオリティ毎に設けたバッファの構成を模式的に示す。 8 shows a configuration of a buffer provided for each priority of data in PLC modem schematically. また図9に、送信データのキューサーチ期間とスロットの発生タイミングを示す。 Also in Figure 9 shows the generation timing of the queue search period and slot of the transmission data. 例えば図1の構成例のように、テレビ51、パーソナルコンピュータ52、IP電話53などで異なる種類のデータが送受信され、これらの複数種類のデータをPLCモデム100Mを介してブロードバンドルータ55で中継する場合を想定する。 For example, as the configuration example of FIG. 1, the television 51, different kinds of data such as a personal computer 52, IP telephone 53 is transmitted and received, when relaying these multiple types of data in broadband router 55 via the PLC modem 100M the assumed. この場合、PLCモデム100Mでは、図8のようにブロードバンドルータ55から音声データ、映像データ、制御データなどの異なるプライオリティ(プライオリティ0〜7)を持つデータを受信する。 In this case, the PLC modem 100M, receives data with voice data from the broadband router 55, the video data, different priorities, such as control data (priority 0-7) as shown in Figure 8. PLCモデムに入力されたデータは、各プライオリティ毎のキューに振り分けられ、それぞれのキューに対応するバッファに格納される。 Data input to the PLC modem is sorted into a queue for each priority, it is stored in the buffer corresponding to each queue. これらのデータを出力する際には、QoSを確保するため、キューサーチを行ってプライオリティの高い順でデータを取り出して出力する。 These when outputting the data, to ensure QoS, the output is taken out data at a higher order of priority carried out queue search. データのプライオリティは、当該データを取り扱うアプリケーションなどによって定められるものである。 Priority data is to be defined by an application for handling the data. 例えば、IP電話などのリアルタイムな音声系のアプリケーションでは、遅延を防止するために、プライオリティを高く設定する。 For example, in a real-time audio application program, such as IP telephone, in order to prevent the delay, set high priority. また、ウェブアクセスなどでは、遅延の影響が小さいため、プライオリティを低めに設定する。 In addition, such as in the web access, because the impact of the delay is small, to set the priority to low.

データ出力時には、図9に示すデータフレームの後、あるいはこのデータフレームに対応する応答フレーム(Ack)の後に、キューサーチ期間を設けており、このキューサーチ期間で送信データのキューサーチを行って最も高いプライオリティから順に選択してデータを出力する。 When data output, after the data frame shown in FIG. 9, or after the response frame (Ack) corresponding to the data frame, performing and providing a queue search period, the queue search of the transmission data in this queue search period most and it outputs the data by selecting from a high priority in the order. これによって、キューサーチ期間の直前に高いプライオリティ7のデータが入力された場合であっても、このプライオリティ7のデータを優先的に出力することができ、プライオリティ制御の精度を高めることが可能になる。 Thereby, even if the data of the higher priority 7 immediately before the queue search period is entered, it is possible to output the data of the priority 7 preferentially, it is possible to improve the accuracy of the priority control . キューサーチ期間の後は、スロット区間としてスロットを発生させ、以下に示すバックオフのための計時を開始する。 After the queue search period, to generate a slot as a slot interval, it starts counting for the backoff below.

図6に戻り、時刻t3で、パケットPT11の終了を検出すると、各PLCモデム100は、計時を開始し、スロット時間St(例えば、20μsec)経過毎にスロット番号をカウントする。 Returning to FIG. 6, at time t3, when detecting the end of the packet PT11, the PLC modem 100 starts counting, slot time St (e.g., 20 .mu.sec) counts the slot number for each course. そして、ランダムな時間(具体的には、スロット時間Stのランダム数(以下ランダムバックオフと記述する。)倍の時間(ランダムバックオフ時間と記述する。)、経過後、自己に割り当てられた個別IDに対応するスロットとなるまで、送信を待つ。この例では、PLCモデム100T2のランダムバックオフが「4」、PLCモデム100T3のランダムバックオフが「2」である。 Then, the random time (specifically, a random number of slot time St (hereinafter referred to as random backoff.) Times the time (referred to as a random backoff time.), After the individual assigned thereto until slot corresponding to ID, it waits for the transmission. in this example, "4" random backoff PLC modem 100T2 is a random backoff PLC modem 100T3 is "2".

図10にランダムバックオフの一例を示す。 Figure 10 shows an example of a random backoff. 図10において、オフセット(固定部)とランダム(ランダム部)の合計値が実際のバックオフ値になる。 10, the total value of the random (random portion) becomes the actual back-off value and the offset (fixed part). この場合、プライオリティが高い程オフセットを小さくしている。 In this case, it has a smaller offset the higher the priority. 音声データ、映像データ、制御データなどの種類によるプライオリティが3の場合には、固定部が4でランダム部が0〜3となるので、4,5,6,7の値がランダムに発生する値となる。 Audio data, video data, if the priority is 3 according to types, such as control data, because the fixing portion random portion is 0-3 with 4, the value that the value of 4, 5, 6, 7 are generated randomly to become. ランダム値はそれぞれのPLCモデム100がt3のタイミングで計算する。 Random values ​​each PLC modem 100 calculates the timing of t3.

パケットPT11は、ID番号が3のパケットであるので、時刻t3でスロット番号を「4」とし、順次サイクリックにカウントされる。 Packet PT11, since the ID number is three packets, the slot number is "4" at time t3, is counted sequentially cyclically. PLCモデム100T3の個別IDは「4」であるが、ランダムバックオフ時間(図6でBOと記述している。)が経過していないので、送信可能なタイミングと判断しない。 While individual ID of the PLC modem 100T3 is "4", the random backoff time (as described in FIG. 6 and BO.) Has not elapsed, is not determined that transmittable timing. 時刻t4でスロット番号2のスロットが経過したと認識され、かつランダムバックオフ時間が経過しているので、個別ID=2のPLCモデム100T2は、パケットPT21を送信する。 At time t4 it recognized the slot number 2 of the slot has elapsed, and since the random backoff time has elapsed, PLC modem 100T2 individual ID = 2 transmits the packet PT21. このパケットPT21は、キャリア検出時間Ct後の時刻t5で検出されるので、スロット番号はカウントされない。 The packet PT21 is because it is detected at time t5 after the carrier detection time Ct, slot number is not counted. したがって、他のアクセスIDに基づくパケットは送信されず、パケットの衝突は起こらない。 Thus, the packet based on other access ID is not transmitted, packet collision does not occur.

時刻t6で、パケットPT21の終了を検出すると、スロット番号を「3」として計時を開始し、ランダムバックオフ経過後の時刻t7でスロット番号4のスロットが経過したと認識されるので、パケットPT31を送信する。 At time t6, when detecting the end of the packet PT21, starts counting the slot number as "3", because they are recognized as a random back-off time t7 after the elapse of slot number 4 slot has elapsed, the packet PT31 Send. なお、ランダムバックオフ時間だけ待機することは、必須ではなく、省略も可能である。 It should be noted, that to wait a random back-off time is not essential, it is also possible to omit. また、このランダムバックオフ時間はプライオリティや割当てたIDの数、別のネットワークとの干渉といった条件に応じて変化させてもよい。 Further, the number of the random backoff time priority and allocated ID, may be changed depending on conditions such as interference with another network.

図11は、ランダムバックオフの他の例を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing another example of a random backoff. この図11に示すテーブルのように、自己に割り当てられたプライオリティと最大プライオリティとの差(プライオリティ差)と、アクティブID数とのマトリクスから、ランダムバックオフを計算してもよい。 This as a table shown in FIG. 11, the difference between the priority and the maximum priority assigned thereto (priority difference), from a matrix of the number of active ID, may be calculated random backoff. ランダムバックオフのバックオフ値としては、図11(a)に示すオフセットの固定部と図11(b)に示すランダム部とをそれぞれ求める。 The back-off value of the random back-off, obtaining respectively a random portion shown in the fixed part and 11 offset (b) of FIG. 11 (a). ここで、ランダム部は上限値を示しており、0から上限値までの乱数とする。 Here, the random portion denotes the upper limit value, a random number from 0 to the upper limit. この場合、プライオリティ差が小さい程、バックオフ値を小さくしている。 In this case, as the priority difference is small, which reduces the back-off value. また、アクティブID数(親機が割り当てたID数)によってもバックオフ値が異なっており、アクティブID数が少ない程バックオフ値を小さくしている。 Further, the active ID number and back-off value is different by (number of ID to the master unit is allocated), and reduce the back-off value the smaller the number of active ID. これにより、プライオリティ差が小さい場合はバックオフ時間を小さくすることができ、バックオフによるロスを小さくする効果がある。 Thus, when the priority difference is small, it is possible to reduce the back-off time, the effect of reducing the loss due to back-off. また、プライオリティ差が大きい場合には、バックオフ時間を大きくして優先制御の精度を高める効果がある。 Further, when the priority difference is large, an effect of increasing the accuracy of the priority control by increasing the back-off time. さらに、アクティブID数が少ない場合はバックオフ時間を小さくすることができ、必要以上にバックオフすることを抑止し、最小限のバックオフ時間で優先制御が実現できる。 Furthermore, if the active ID fewer can reduce the back-off time, to suppress to back off unnecessarily, priority control can be achieved with minimal back-off time. なお、図11の例において、プライオリティ差の代わりに、図10の例と同様にプライオリティ自体を用いてランダムバックオフを計算してもよい。 In the example of FIG. 11, in place of the priority difference may be calculated random backoff similarly using priority itself in the example of FIG. 10. また、アクティブID数によってバックオフ値を変更せずに固定としてもよい。 Further, it may be fixed without changing the back-off value by the active ID number.

以上のように、個別IDの割当て数の上限を予め定めた数としているので、スロットの周期が所定時間以上となることはなくなり、送信しようとするPLCモデム100からの送信タイミングを早めることができる。 As described above, since a number of predetermined upper limit of the number of allocation of the individual ID, no longer be the period of the slot is equal to or greater than a predetermined time, it is possible to advance the transmission timing from the PLC modem 100 to be transmitted . 一般に、ほとんど全てのPLCモデム100が同時間に送信しようとすることはまれであるので、一部のPLCモデム100にのみ、個別IDを割り当てても問題は生じない。 In general, since almost all of the PLC modem 100 is rarely to be transmitted at the same time, only a part of the PLC modem 100, no problem arises even assign separate ID. 図6には、個別IDが割り当てられたPLCモデム100T1〜100T3の送信タイミングを示したが、他のPLCモデム100で個別IDが割り当てられていないPLCモデム100が送信しようとするときは、スロット番号0のスロットで送信を行う。 Figure 6 showed a transmission timing of the PLC modem 100T1~100T3 the individual ID is assigned, when the PLC modem 100 that is not assigned a unique ID by the other PLC modem 100 attempts to send the slot number transmit at 0 of the slot.

なお、図7に示す親機の端末管理テーブルの情報は、各子機に割り当てた個別アクセスID(設定アクセスID)と、個別アクセスIDが割り当てられた通信装置を識別する識別情報(例えばMACアドレス)と、その通信装置が起動されたときから所定の時間ごとにカウントされ、該当通信装置から最後に送信されたときの時刻を表すカウンター値とで構成される。 The information in the terminal management table of the parent device shown in FIG. 7, the individual access ID assigned to each child machine (set access ID), identification information (e.g. MAC address identifying the communication device assigned a unique access ID ) and, the communication device is counted for each predetermined time when activated, and a counter value indicating the time when it is transmitted from the corresponding communication device last. 例えば、カウンター値は1μs毎にカウントされる。 For example, the counter value is counted for each 1 [mu] s.

親機であるPLCモデム100Mから他のPLCモデム100T1〜100T9に制御フレームを送信することにより、報知される。 By transmitting the control frame from the PLC modem 100M is the parent machine to another PLC modem 100T1~100T9, is informed. 制御フレームの構造の一例を図12(a)に示す。 An example of the structure of the control frame shown in Figure 12 (a). 制御フレームは、プリアンブル、ヘッダに続くデータに、個別アクセスIDの割当て情報を含む制御情報が含まれる。 Control frame includes a preamble, the data following the header contains control information including allocation information of individual access ID. 個別アクセスIDの割当て情報は、新規に割り当てられた個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報とすることにより、報知データを減少させることができる。 Assignment information of the individual access ID is information about the number of valid individual access ID of the identification information for identifying the newly allocated dedicated access ID and its individual access information is assigned communication device, and an individual access ID by, it is possible to reduce the notification data. また、後述するように、個別アクセスIDの割当てを削除したときには、割り当てられる通信装置が削除された個別アクセスIDとその個別アクセスIDが割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知する。 As described later, when you remove the assignment of individual access ID is the individual access ID communication device is deleted to be allocated to the identification information for identifying the individual access ID is assigned communication device, and individual access ID information on the number of valid individual access ID of the out, informing as the control information.

また、図13はビーコンにおける割当情報報知フォーマットの例を示す図である。 Further, FIG. 13 is a diagram showing an example of the assignment information report format in a beacon. 報知フレームとしてのビーコンには、図13のような割当て情報を報知するための割当情報報知フォーマットを含むようにしてもよい。 A beacon as the notification frame, may include assignment information notification format for notifying the allocation information as shown in FIG. 13. この割当情報報知フォーマットによって、最大プライオリティと、アクティブID数と、全通信装置のIDとMACアドレスの対応情報とを、定期的に送信することができる。 This assignment information notification format, the maximum priority, a number of active ID, and corresponding information of the ID and the MAC addresses of all communication devices, can be transmitted periodically. ここで、割当情報報知フォーマットは、更新カウンター値(Info Count)、最大プライオリティ(M.P.:Max Priority)、アクティブID数(A.N.:Active Num)、及びID番号順に並んだMACアドレス(MAC Addr)を含んで構成される。 Here, allocation information notification format, the update counter value (Info Count), the maximum priority (M.P.:Max Priority), the active ID number (A.N.:Active Num), and MAC address arranged in the order of ID number configured to include a (MAC Addr). また、他の情報を示すためのTag、Lengthなども設けられる。 Further, Tag to show other information, Length etc. are provided. アクティブID数によって、子機のPLCモデムはスロット周期を認識できる。 The active ID number, PLC modem handset can recognize slot period. スロット周期としては、アクティブID数に+1(共通ID分)を加算したものになる。 The slot period, becomes to the sum of +1 (common ID min) number of active ID. また、最大プライオリティは、1つ前のビーコン周期内で親機によって検出された最大のプライオリティ値である。 The maximum priority is the maximum priority value detected by the master unit in the beacon period of the previous. また、更新カウンター値は、ID割当情報を更新した場合にカウントアップさせるカウンター値である。 The update counter value is a counter value that is counted up when updating the ID assignment information. MACアドレスには、割当ID番号順に15個(ID=1からID=15まで)のMACアドレスを記載している。 The MAC address, describes the MAC address of 15 on the allocation order of ID number (from ID = 1 to ID = 15). ここでIDの割り当てが無い場合はNULL(=0)とする。 Here if there is no assignment of ID to NULL (= 0).

子機のPLCモデムは、メモリレジスタに記憶している更新カウンター値とビーコン上の更新カウンター値とを比較し、更新されていればID割当情報のチェックを行い、アクティブID数と最大プライオリティについては毎回取得する。 PLC modem handset compares the updated counter value of the update counter value and the beacon stored in the memory register, if it is updated checks the ID assignment information, the active ID and maximum priority to get every time. 受信時のチェックで自己へのID割り当てが無い場合は、即座に個別IDを開放する。 If the ID assigned to the self is not a check upon receipt, immediately to open the individual ID. 上述した制御フレームによる割り当て情報の報知では、変更したIDのみを通知するようにしたが、ビーコンによる割り当て情報の報知では、全てのID(全MACアドレス)について報知するようにしている。 The notification of the allocation information by the above-described control frame, but to notify only the ID has been changed, the notification of the assignment information by the beacon, so that to inform all of the ID (all MAC addresses). このようなビーコンを用いることによって、個別に制御フレームを用いて情報の到達確認をする必要がなくなり、効率化できる効果がある。 By using such a beacon, it is not necessary to the arrival acknowledgment information using an individually controlled frame, there is an effect that can be more efficient. また、常に最新の情報を報知することで、各端末間の情報相違があるような異常時においても早期に復帰できる効果がある。 Also, always possible to inform the latest information, there is an effect of returning to earlier in abnormality where there is information differences between the terminals. なお、ビーコンによる割り当て情報の報知は、ビーコン周期毎に毎回ではなく、所定の周期で報知するようにしてもよい。 Incidentally, notification of the assignment information by a beacon, rather than each time for each beacon period, may be notified in a predetermined cycle. また、MACアドレスを報知する代わりに、端末を識別できる情報であればどのような情報を用いてもよい。 Further, instead of notifying the MAC address may be used any information as long as information capable of identifying the terminal.

また、PLCモデム100から送信されるデータフレームは、そのデータフレームが送信しているスロット(個別IDあるいは共通IDに対応する送信タイミング)を示す情報を含んでいる。 Further, the data frame transmitted from the PLC modem 100 includes information indicating the slot (transmission timing corresponding to the individual ID or the common ID) of the data frame is transmitted. データフレームの構造の一例を図12(b)に示す。 An example of a structure of a data frame shown in Figure 12 (b). データフレームは、プリアンブル、ヘッダに続いて、通信すべきデータが含まれる。 Data frame includes a preamble, followed by the header contains data to be communicated is. 例えば、データフレームのヘッダには、個別IDあるいは共通IDのID番号、プライオリティ情報などが付加される。 For example, the header of the data frame, individual ID or the common ID of ID numbers, such as the priority information is added. したがって、伝送路を送信されるパケットのスロット番号を簡単に認識することができる。 Therefore, it is possible to easily recognize the slot number of packets sent to the transmission path. なお、個別IDあるいは共通IDのID番号を付加する部分は、ヘッダに限らず、データ部分であってもよいが、そのデータフレームの送信先以外の他のPLCモデム100Tがスキミングできる部分(変調方式、暗号等が既知である部分)に限られる。 The portion for adding the ID number of the individual ID or the common ID is not limited to the header, it may be a data portion, but the portion (modulation scheme other PLC modem 100T other than the transmission destination of the data frame can be skimming limited to encryption or the like is known moiety).

次に、親機であるPLCモデム100Mによる個別IDの割当て処理、及び割り当てた個別IDの削除処理について説明する。 Next, allocation processing of the individual ID by PLC modem 100M is the master unit, and assigned for the deletion of the individual ID is described.

図14に、個別アクセスIDの割当て処理の概略手順を示す。 14 shows a schematic procedure for allocation processing for individual access ID. 子PLCモデム100Txが、他の子PLCモデム100Tyにデータを送信しようとする場合、子PLCモデム100Txには個別アクセスIDが割り当てられていないので、全てのPLCモデムが送信可能な共通タイミングで送信を開始する(S11参照)。 Child PLC modem 100Tx is, when trying to send data to another slave PLC modem 100Ty, since the child PLC modem 100Tx not assigned individual access ID, and all of the PLC modems transmit at a common timing can be transmitted start (see S11). このときのデータフレームのヘッダには、共通IDのID番号である「0」が付加される。 The header of a data frame in this case, is added "0" which is the ID number of the common ID.

図15に、全てのPLCモデムが送信可能な共通タイミングを示す。 15, all the PLC modems showing the common timing can be transmitted. 図15はランダムバックオフを5とした例を示している。 Figure 15 shows an example in which 5 the random backoff. 共通ID(個別ID=0)の通信装置からは、時刻t3以降のスロットにおいて、ランダムバックオフ時間をとった時刻t11の後、ID「0」のタイミングである時刻t12でPT01のようにデータが送信される。 From the communication device of the common ID (individual ID = 0), after time t3 of the slot, after the time t11 taken a random backoff time, the data as at the time t12 is the timing of ID "0" PT01 is It is sent.

このデータフレームは、親PLCモデム100Mでも検出される(S12参照)。 The data frame is detected even parent PLC modem 100M (see S12). このように、親PLCモデム100Mは全通信を監視しており、共通IDによる通信を検知すると、そのデータフレームを送信した子PLCモデム100Txに対して個別IDを割り当てる。 Thus, the parent PLC modem 100M monitors the entire communication, when detecting a communication by the common ID, assign individual ID to the slave PLC modem 100Tx that transmitted the data frame. この割当ては、電力線に接続されたPLCモデム100の数より少ない数であって、予め定めた数より少ない数の個別IDが割り当てられている場合は、無条件に行われる。 This assignment is a number smaller than the number of the PLC modem 100 connected to the power line, if the individual ID number less than the number of predetermined is assigned is carried out unconditionally. 予め定めた数の個別IDが既に割り当てられている場合は、後述する条件で割当て済の個別IDが削除されるまで待った後に、割り当てられてもよいし、最後にデータフレームの送信に使用された個別IDを削除して、その個別IDを割り当てるようにしてもよい。 If a predetermined number of discrete ID is already assigned, after waiting until the individual ID of the allocated are removed under conditions which will be described later, it may be assigned last used to send the data frame remove the individual ID, it may be assigned to that individual ID.

個別IDが割り当てられると、図14(b)に示すように、親PLCモデム100Mから報知フレーム(制御フレーム、ビーコン等)が報知される(S30参照)。 When the individual ID is assigned, as shown in FIG. 14 (b), the notification frame (control frame, a beacon, etc.) from the master PLC modem 100M is notified (see S30). この時点での子PLCモデム100Txから子PLCモデム100Tyへのデータの送信は、共通IDのタイミングで行われている(S21参照)。 Transmission of data to the slave PLC modem 100Tx child PLC modem 100Ty at this point is performed at timing of the common ID (see S21). 制御フレームは、新規に割り当てられた個別アクセスIDと、その個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数を含む。 Control frame includes a dedicated access ID assigned to the new, the number of valid individual access ID of the identification information for identifying the individual access information is assigned communication device, and an individual access ID. 親PLCモデム100Mから制御フレームが報知されると、子PLCモデム100Txは、報知された個別IDを設定し、その後のデータフレームの送信は、報知された個別IDに対応するタイミングで行われる(S41参照)。 When the control frame from the master PLC modem 100M is informed, the child PLC modem 100Tx sets the broadcast by individual ID, transmission of subsequent data frame is performed at a timing corresponding to the notification by individual ID (S41 reference).

なお、制御フレームのように、上述した方式とは異なる方式に従って通信帯域を確保した場合(例えば、ビーコン領域、VoIP(Voice on Internet Protocol) Reservation、TDMA(Time Division Multiple Access)等)に送信される特殊なフレームには、直前に受信しているデータフレームのアクセスIDをコピーし、当該フレームにアクセスIDを格納するようにしてもよい。 Note that, as the control frame is transmitted when securing the communication band in accordance with a method different from the above-mentioned method (e.g., a beacon region, VoIP (Voice on Internet Protocol) Reservation, TDMA (Time Division Multiple Access), etc.) special frame, copies the access ID of the data frame has been received immediately before, it may be stored an access ID to the frame. この場合、当該フレームを受信する側も当該フレームに含まれるアクセスIDと自己の個別IDとの重複検査は行わない。 In this case, the duplication checker the access ID and the own individual ID included in the frame is also the side that receives the frame is not performed. こうすることで、次回有効なアクセスID番号によるタイミングが維持され個別ID割当ての不公平がなくなる。 In this way, timing of the next valid access ID number is maintained there is no injustice individual ID assigned. つまり確保された帯域に入る前の本方式で動作しているフレームのアクセスIDが持ち越される。 That access ID of the frame running in this manner before entering the bandwidth secured is carried over.

図16に、子PLCモデム100Tに割り当てた個別アクセスIDの削除処理、放棄処理の概略手順を示す。 16, deletion of individual access ID assigned to the child PLC modem 100T, showing a schematic procedure of abandonment process. 今、図16(a)に示すように、子PLCモデム100Txに個別ID「2」が割り当てられ、子PLCモデム100Tyに個別ID「4」が割り当てられ、アクセスID周期が「5」(共通IDを含めて5つのIDが割り当てられている状態)であるとする。 Now, as shown in FIG. 16 (a), the child assigned a unique ID "2" to the PLC modem 100Tx, child PLC modem 100Ty the assigned individual ID "4", the access ID period is "5" (common ID and a, including the five states where ID is assigned). 現在時刻を示すカウンター値から、親機で管理している管理テーブルの各個別アクセスIDに対応する最後に送信された時刻のカウンター値を引くことにより、最後に送信された時刻から現在までの時間に相当するカウンター値が求められる。 From the counter value indicating the current time, by pulling the end counter value of the transmitted time for each individual access ID management table managed by the master unit, the time up to the present from the last transmitted time counter value is obtained, which corresponds to.

この状態で、子PLCモデム100Txが所定時間(β)データ送信を行わなかったとすると、子PLCモデム100Txは、そのことを検出して、個別ID「2」を放棄する。 In this state, when a child PLC modem 100Tx is not performed for a predetermined time (beta) data transmission, the child PLC modem 100Tx detects that the relinquishes individual ID "2". 具体的には、子PLCモデム100Tx内のメモリ(例えば、図3のメモリ240等)に保持したID番号を消去し、共通ID番号「0」に書き換える(図16(b)参照)。 Specifically, the memory in the child PLC modem 100Tx (e.g., memory 240 or the like in FIG. 3) erases the retained ID number is rewritten to the common ID number "0" (see FIG. 16 (b)).

また、所定時間(α)データ送信を行わなかったとする(β>α)と、全通信を監視している親PLC100Mは、このことを認識できるので、端末管理テーブルのPLCモデム100Txに設定したアクセスID「2」を消去する。 Further, the not performed for a predetermined time (alpha) data transmission and (β> α), the access parent PLC100M monitoring the entire communication, it is possible to recognize this, which is set in the PLC modem 100Tx the terminal management table to clear the ID "2". 消去した個別IDは、アクセス周期=5に対応する個別IDの最大値「4」より小さいので、個別ID「4」が割り当てられたPLCモデム100Tに個別ID「2」を割り当て、アクセスID周期を、1だけ減算して、アクセスID周期=4とする。 Individual ID was deleted, since the maximum value of the individual ID corresponding to the access period = 5 smaller than "4", assigned an individual ID "2" to the PLC modem 100T assigned individual ID "4", the access ID period It subtracts by 1, and the access ID period = 4.

そして、個別ID「2」が割り当てられたPLCモデム100Tが変更されたこと、その変更されたPLCモデム100Tの個別アクセスIDと、その個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報と、個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数が「4」に変更されたこととを、報知フレームS50により、全ての子PLCモデム100Tに報知する(図16(b)参照)。 Then, the PLC modem 100T assigned individual ID "2" is changed, and individual access ID of the changed PLC modem 100T, and the identification information for identifying the communication device dedicated access information is assigned, and the number of valid individual access ID of the dedicated access ID is changed to "4", the frame indicating S50, the notification to all slave PLC modem 100T (see FIG. 16 (b)). その結果、図16(c)のような設定状態となる。 As a result, the setting state shown in FIG. 16 (c).

次に、図1に示す電力線通信システムを構成するPLCモデム100の動作を、図17〜図21を用いて説明する。 Next, the operation of the PLC modem 100 constituting a power line communication system shown in FIG. 1 will be described with reference to FIGS. 17 to 21. 図17は、親機として機能するPLCモデムの概略動作フロー図であり、図19は、子機として機能するPLCモデムの概略動作フロー図であり、図20及び図21は、子機として機能するPLCモデムの送受信動作を示すフロー図である。 Figure 17 is a schematic operational flow diagram of the PLC modem functioning as the master unit, FIG. 19 is a schematic operational flow diagram of the PLC modem functioning as a slave unit, FIGS. 20 and 21 functions as a slave unit it is a flow diagram illustrating a transmission and reception operation of the PLC modem.

親機としてのPLCモデムの概略動作フローについて説明する。 It described general operation flow of the PLC modem as a master unit.
図17のステップS101で、PLCモデム100Mは、データフレームの受信が有ったかどうかを判断する。 In step S101 of FIG. 17, PLC modem 100M determines whether the received data frame is there. データフレームの受信があると、端末管理テーブルから、そのデータフレームの送信元のPLCモデムの管理番号を検索する(ステップS102)。 If there is received data frame, from the terminal management table, it retrieves the source of the control number of the PLC modem of the data frame (step S102). 送信元のPLCモデムの管理番号が端末管理テーブルに登録されていない場合(ステップS103の判断)は、ステップS111に移行する。 If the management number of the transmission source of the PLC modem is not registered in the terminal management table (the determination in step S103), the process proceeds to step S111. ここで、登録とは、予め親機と子機とが通信できるように、お互いのMACアドレスなどを交換した認証を指す。 Here, registration and, as can communicate and pre-master unit and the slave unit, refers to authentication exchange such as a MAC address of each other. 親機は、全てのデータフレームを監視し、親機と子機間の通信、子機同士の通信のいずれの場合のデータフレームも検出する。 Master unit monitors all of the data frames, the communication between the master unit and the slave unit also detects data frames in the case of any communication between the slave unit.

登録されている場合(通常、ステップS103は、登録されていると判断される。)は、ステップS104で、端末管理テーブルのデータフレームを受信したタイムスタンプとしてカウンター値を記録する。 If registered (usually, step S103 is. To be determined to be registered), in step S104, it records the counter value as a time stamp that has received the data frame in the terminal management table. そして、データフレームのアクセスIDが共通IDである(すなわち、ID=0)かどうかを判断し(ステップS105)、共通IDでない場合は、ステップS111に移行する。 Then, the access ID is common ID data frame (i.e., ID = 0) or not was judged (step S105), if not common ID, the process proceeds to step S111.

アクセスIDが共通IDであることは、個別IDが割り当てられていないことを意味するので、個別IDの割当て処理を行う。 That the access ID is common ID, it means that not assigned individual ID, performs assignment processing of the individual ID. それに先立って、ステップS106で、そのPLCモデム100Tに既に個別IDを割当て済であるかを判断する。 Prior to this, in step S106, it is determined whether the allocated already individual ID to the PLC modem 100T. この判断は、既に個別IDを割り当て済であるものの、制御フレーム(報知フレーム)が未送信で、PLCモデム100Tがまだ認識していない状態であるときに、さらに新たな個別IDを割り当てることを防ぐためのステップである。 This decision, although already is already assigned an individual ID, the control frame (broadcast frame) sent un, when the PLC modem 100T is a state of not yet recognized, prevent further assign a new individual ID it is a step for. 既に個別IDが割当て済である場合、ステップS110で、割当て済の個別IDの割当てを報知する制御フレームを準備し、ステップS109で、その制御フレームを送信する。 If already individual ID has already been assigned, in step S110, and prepares a control frame for notifying the assignment of allocated individual ID, in step S109, it transmits the control frame.

ステップS106で、そのPLCモデム100Tに個別IDが割当てられていないと判断された場合、ステップS107で、新規の個別IDの割当てが可能かどうかを判断する。 In step S106, if it is determined that not assigned individual ID to the PLC modem 100T, at step S107, it is determined whether it is possible to assign a new individual ID. 予め定めた数の個別IDが既に割り当てられている場合は、新規個別IDの割当てが不可なので、ステップS111に移行する。 If a predetermined number of individual ID has already been assigned, the assignment of a new individual ID is so impossible, the process proceeds to step S111. 新規個別IDの割当てが可能である場合、割当て処理を行い、その結果を報知するための制御フレームを準備し、さらに、端末管理テーブルを更新する(ステップS108)。 If it is possible to assign a new individual ID, the allocation process, to prepare a control frame for notifying a result, further, it updates the terminal management table (step S108). そして、ステップS109で、準備した制御フレームを送信する。 Then, in step S109, and it transmits the prepared control frame.

データフレームの受信がない場合(ステップS101の判断)、送信元のPLCモデム100Tが端末管理テーブルに登録されていない場合(ステップS103の判断)、及び受信したデータフレームのアクセスIDが共通IDでない場合(ステップS105の判断)は、ステップS111で,端末管理テーブルの受信したタイムスタンプとして記憶された全てのPLCモデムに対応するカウンター値をチェックする。 If there is no reception of the data frame (the determination in step S101), If the source of the PLC modem 100T is not registered in the terminal management table (the determination in step S103), and if the access ID of the received data frame is not common ID (judgment in step S105), in step S111, checks the counter values ​​for all of the PLC modems is stored as the time stamp received in the terminal management table. すなわち、登録された全PLCモデムについて、現在時刻を示すカウンター値から親機で管理している管理テーブルの各個別アクセスIDに対応する最後に送信された時刻を示すカウンター値を引くことにより、最後に送信された時刻から現在までの時間に相当するカウンター値を求めて、経過時間をチェックする。 That is, for all the PLC modem registered, by subtracting the counter value indicating the last transmitted time for each individual access ID management table managed by the master unit from the counter value indicating the current time, last seeking a counter value corresponding to the time up to the present from the transmitted time in, to check the elapsed time.

最後に送信された時刻からの経過時間が、所定時間(α)以上である場合(ステップS112の判断)、ステップS113で、個別IDが割り当てられたPLCモデム(端末)の個別ID割当てを削除する。 Elapsed time since the last transmitted time, when the predetermined time (alpha) or (determination of step S112), in step S113, deletes the individual ID allocation of PLC modem individual ID is assigned (terminal) . そして、ステップS114で、削除処理後の個別ID割当て状態を報知するための制御フレームを準備するとともに、端末管理テーブルの更新を行う。 Then, in step S114, thereby preparing a control frame for notifying an individual ID assigned state after the deletion processing, and updates the terminal management table. そして、準備した制御フレームを送信する(ステップS109)。 Then transmits the prepared control frame (step S109).

最後に送信された時刻からの経過時間が所定時間(α)以上である個別ID割当て済のPLCモデムがない場合(ステップS112の判断)、ステップS109で、制御フレームの送信を行う。 If the end time elapsed from the transmitted time no PLC modem for a predetermined time (alpha) greater than or equal is the individual ID allocated (the determination in step S112), in step S109, and transmits the control frame. この場合の制御フレームは、個別IDの割当てに関する情報を含まない、制御フレームとなる。 Control frame in this case does not include information about the assignment of the individual ID, and a control frame.

親機であるPLCモデム100Mがこのような動作を行うので、共通IDを利用してデータを送信したPLCモデム100Tに対して個別IDが設定される。 Since a master unit PLC modem 100M performs such an operation, the individual ID is set for the PLC modem 100T which transmitted the data using the common ID. また、所定時間(α)データの送信がされない場合、割当てられた個別IDは削除される。 Moreover, if not a predetermined time (alpha) transmission of data, the individual ID assigned is deleted. そして、個別IDの割当てが変更された場合、その内容が制御フレームによって、全てのPLCモデム100Tに報知される。 When the assignment of the individual ID has been changed, by the contents of the control frame is broadcast to all of the PLC modem 100T.

子機としてのPLCモデムの概略動作フローについて説明する。 It is described general operation flow of the PLC modem as a slave unit.
図18は、子機のPLCモデムが備える端末管理テーブルの概略構成を示したものである。 Figure 18 is a diagram showing a schematic configuration of a terminal management table provided in the PLC modem handset. 子機は、図18に示すような管理テーブルにおいて、親機から報知されたビーコンによる割り当て情報(個別ID等の設定アクセスID、MACアドレスなど)をコピーして記憶する。 Slave unit, in the management table shown in FIG. 18, (setting access ID such individual ID, MAC address, etc.) assignment information by broadcast beacon from the master unit and stores the copy. また、端末割り当て情報と共に、自己の通信装置が最後に送信したときのカウンター値を記憶している。 Further, the terminal allocation information, and stores the counter value when the own communication device has sent last. なお、子機では、自己の端末割り当て情報と最終送信時のカウンター値のみを保持するようにしてもよい。 In the handset, it may be held only counter value at the time of its own terminal allocation information and the final transmission.

図19のステップS201で、子機であるPCモデム100Tは、個別IDを取得済であるかどうかを判断し、取得済であるときは、その個別IDをデータフレーム送信時のタイミング決定のためのアクセスIDとして設定する(ステップS203)。 In step S201 of FIG. 19, PC modem 100T is the slave unit determines whether the already acquired individual ID, when it is already acquired, for its individual ID timing determination at the time of transmission data frame It is set as the access ID (step S203). 個別IDが取得済でないときは、共通ID(ID=0)をデータフレーム送信時のタイミング決定のためのアクセスIDとして設定する(ステップS202)。 When the individual ID is not already obtained, it sets a common ID (ID = 0) as an access ID for the timing determination at the time of transmission data frame (step S202). そして、フレームの送受信処理を行う(ステップS204)。 Then, the process of transmitting and receiving a frame (step S204). フレームの送受信処理の詳細は後述する。 Details of reception processing of a frame will be described later.

フレームの送受信処理が終了すると、現在時刻を示すカウンター値から送信タイムスタンプとしてのPLCモデム100Tが最後に送信した時刻のカウンター値を引くことにより、最後に送信された時刻から現在までの時間に相当するカウンター値を求めて、所定時間(β)経過したかどうかを判断する(ステップS205)。 When reception processing of the frame is completed by subtracting the counter value of the time the PLC modem 100T has sent the last as the transmission time stamp from the counter value indicating the current time, it corresponds to the time up to the present from the last transmitted time the counter value to be seeking to determine whether the predetermined time (beta) has elapsed (step S205). 所定時間(β)経過しているときは、取得している個別IDを放棄して(ステップS206)、ステップS207に移行する。 When the predetermined time (beta) course is to abandon the individual ID has obtained (step S206), and proceeds to step S207. また、所定時間(β)経過していないときは、直接ステップS207に移行する。 Further, when the predetermined time has not (beta) has elapsed, the process proceeds directly to step S207.

ステップS207では、親機であるPLCモデム100Mから制御フレーム(ビーコンを含む)を受信したかどうかを判断し、制御フレームの受信がない場合は終了する。 In step S207, it is determined whether it has received a control frame (including a beacon) from the PLC modem 100M is the master unit, if there is no reception of the control frame is completed. 制御フレームを受信したときは、制御フレームに含まれる個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数を取得し(ステップS208)、さらに、自己に個別IDの割当てがあるかどうかを判断する(ステップS209)。 When receiving the control frame, obtains the number of valid individual access ID of the individual access ID included in the control frame (step S208), further determines whether there is allocation of the dedicated ID self ( step S209). そして、自己に個別IDの割当てがある場合は、その個別IDを取得して終了する(ステップS210)。 When the self is allocated with individual ID is terminated by obtaining the individual ID (step S210).

個別IDの割当てがない場合(ステップS209の判断)、保有している個別IDの値とアクセスID周期以上であるかどうかを判断し(ステップS211)、以上である場合は、保有している個別IDがエラーであると判断して、その個別IDを放棄して終了する(ステップS212)。 If there is no assignment of the individual ID (the determination in step S209), it determines whether it is held to have individual ID value and the access ID period or more (step S211), if it is more than the individual that owns ID is determined to be an error, and ends abandon the individual ID (step S212).

次に、ステップS204のフレーム送受信処理の詳細を、図20、図21を用いて説明する。 Next, the details of the frame transmission and reception processing in step S204, Fig. 20, will be described with reference to FIG. 21. 図20のステップS301で、データフレームを受信したかどうかを判断し、データフレームを受信していない場合は、ステップS307に移行する。 In step S301 of FIG. 20, it is determined whether the received data frame, if data is not received frame, the process proceeds to step S307. データフレームを受信すると、そのデータフレームが有するアクセスIDが自己の個別IDであるかどうかを判断する(ステップS302)。 Upon receiving the data frame, the access ID included in the data frame to determine whether the individual ID of the self (step S302). このアクセスIDが自己の個別IDである場合、エラーであると判断できるので、ステップS303で個別IDを放棄する。 If the access ID is separate own ID, it can be determined that an error, abandon the individual ID in step S303.

データフレームが有するアクセスIDが自己の個別IDでない場合、及び個別IDを放棄した場合、ステップS304で、受信したデータフレームが自己宛のデータフレームかどうかを判断する。 If access ID data frame has no individual ID of the self, and when abandoned individual ID, in step S304, the received data frame to determine whether the data frame addressed thereto. そして、自己宛のデータフレームでない場合は、ステップS307に移行する。 When not a data frame addressed to, the process proceeds to step S307.

受信したデータフレームが、自己宛のデータフレームである場合、ステップS305で、データフレームのアクセスIDを応答フレームに設定し、応答フレームを送信する(ステップS306)。 The received data frame, if a data frame addressed to, in step S305, sets the access ID of the data frame response frame, and transmits a response frame (step S306). そして、ステップS307に移行して、送信すべきデータを有しているかどうかを検出し、送信すべきデータがない場合はそのまま終了する。 Then, the process proceeds to step S307, and detects whether it has data to send, if there is no data to be transmitted is ended as it is. 送信すべきデータがある場合は、ステップS308で、輻輳バックオフが満了したかどうかを判断し、満了していない場合はそのまま終了する。 If there is data to be transmitted, in step S308, it is determined whether a congestion backoff has expired, if not expired immediately terminated.

輻輳バックオフは、送信フレームが連続して衝突する(特に、共通IDでアクセス際の衝突)ことを避けるためのものである。 Congestion backoff is for avoiding transmission frames collide continuously (in particular, collisions when accessing a common ID). 図22に輻輳バックオフの一例を示す。 Figure 22 shows an example of a congestion backoff. 図22に示すように、衝突の連続数(衝突は応答フレームが受信できないことにより検出する。)によって、ランダムバックオフの値の範囲が変化する。 As shown in FIG. 22, the number of consecutive collisions (collision detected by the inability received response frame.), The range of values ​​of the random backoff is changed.

輻輳制御においては、親機PLCモデムあるいは子機PLCモデムが、自端末がデータフレームを送信したのに、送信相手から応答フレームが返ってこないことを検知したとき、0から上限値までの間で乱数を発生させて、バックオフを設定する。 In congestion control, when the master unit PLC modem or handset PLC modem, the own terminal has detected that for transmitting the data frame, no response is returned frame from the transmission partner, between 0 and the upper limit value random number is generated, setting the back-off. 共通ID以外の場合の最初の上限値は0(バックオフ無し)からスタートする。 The first of the upper limit of the case other than the common ID will start from 0 (no back-off). また、共通IDの場合で応答フレームが返ってくるユニキャストデータを送信する場合の最初の上限値は7からスタートする。 Further, the first upper limit when transmitting unicast data returned response frames in the case of the common ID is started from 7. 一方、共通IDの場合で応答フレームが返ってこないマルチキャストデータやブロードキャストデータを送信する場合は最初の上限値に31の値を使用する。 On the other hand, using the 31 value of the first upper limit when transmitting the multicast data or broadcast data does not return a response frame in the case of a common ID. このように共通IDの場合は最初の上限値を0でない値とする。 The first upper limit in the case of such common ID and a non-zero value. なお、上記の上限値の7や31は一例である。 Incidentally, 7 and 31 of the above upper limit is one example. 衝突数が1以上の場合はIDの種別に関わらず同じ上限値を設定する。 Number of collisions is set the same upper limit value regardless of the type of ID in the case of one or more. そして、衝突連続数に応じてバックオフ値を増加させる。 Then, increasing the back-off value in accordance with the collision speed continuous. このような輻輳バックオフによって、共通IDを同時に使用するPLCモデムがある場合、衝突を削減する効果がある。 Such congestion backoff, if there is a PLC modem using common ID at the same time has the effect of reducing the collision. 特に、マルチキャストデータやブロードキャストデータは応答フレームがないため、輻輳が検知できず衝突数が0のままとなり、バックオフを0にすると衝突し続けてしまうが、上記のように大きなバックオフ値とすることによって衝突頻度を低減できる効果がある。 In particular, since the multicast data or broadcast data no response frame, congestion remains in the collision number 0 can not be detected, would continue to collide with the back-off to zero, and a large back-off value, as described above there is an effect of reducing the collision frequency by.

ステップS308で、輻輳バックオフが満了していると判断される場合、ステップS309で、ランダムバックオフ値を算出した後、他のPLCからの送信の有無を判断し(ステップS310)、他のPLCモデム100からの送信が有る場合、そのまま、終了する。 In step S308, if the congestion backoff is determined to be expired, at step S309, the after calculating the random backoff value, and determines the presence or absence of transmissions from other PLC (step S310), other PLC If the transmission from the modem 100 is present, as it is, to the end.

ランダムバックオフ値は、PLCモデム100に設定したプライオリティに応じて異なるバックオフ値を与えて、プライオリティに応じたランダムな送信頻度とするためのものである。 Random backoff value, given different backoff value in accordance with the priority set in the PLC modem 100 is provided to a random transmission frequency according to the priority.

他のPLCモデム100からの送信がない場合、ランダムバックオフの満了を待ち(ステップS311)、ランダムバックオフが満了すると、ステップS312に移行する。 If there is no transmission from another PLC modem 100 waits for the expiration of the random backoff (step S311), the random backoff expires, the process proceeds to step S312. そして、他のPLCモデム100からの送信を検出を判断し、検出した場合は、そのまま終了する。 Then, it is determined detect transmissions from other PLC modem 100, when it is detected, and exit. 他のPLCモデム100からの送信がない場合、自己スロット(設定された個別ID又は共通IDによってさだめられる送信可能期間)を検出するまで待つ(ステップS313)。 If there is no transmission from another PLC modem 100 waits until it detects its own slot (configured individual ID or transmission period which is defined by a common ID) (step S313).

ステップS313で、自己スロットを検出すると、そのスロットでデータフレームの送信を行う(ステップS314)。 In step S313, upon detecting a self-slots to transmit data frames in the slot (step S314). 次いで、応答フレームの受信を待ち(ステップS315)、応答フレームを受信した場合は、衝突連続数を0に設定し(ステップS316)、輻輳バックオフを設定し(ステップS318)、送信時刻を示すカウンター値を記録して終了する(ステップS319)。 Then, waits to receive a response frame (step S315), when receiving the response frame, set the number of collisions continuous to 0 (step S316), sets the congestion backoff (step S318), the counter indicating the transmission time record the value is completed (step S319).

応答フレームの検出ができない場合は、衝突連続数をインクリメントし、輻輳バックオフを設定し(ステップS318)、送信時刻を示すカウンター値を記録して終了する(ステップS319)。 If you can not detect a response frame, it increments the number of collisions continuous, and setting a congestion backoff (step S318), the recording and ends the counter value indicating the transmission time (step S319).

図23は、電力線通信システムの他の構成例として、複数のPLC通信システムを有するマルチセグメント構成を示す図である。 23, as another configuration example of a power line communication system, a diagram illustrating a multi-segment structure having a plurality of PLC communication system. ここでは、親機100M1と子機100T3と子機100T4とで通信可能なPLC通信システム1と、親機100M2と子機100T2とで通信可能なPLC通信システム2とが、同じ電力線900上に接続されている例を示す。 Here, the master unit 100M1 and the slave unit 100T3 and the slave device 100T4 can communicate between a PLC communication system 1, the master unit 100M2 and the child device 100T2 and PLC communication system 2 capable of communicating with the connection on the same power line 900 It shows an example that is. PLC通信システム1がパーソナルコンピュータ52を中心としたPC系のシステム、PLC通信システム2がテレビ51を中心としたTV系のシステムとなっている。 PLC communication system 1 of the PC system centered on the personal computer 52 system, PLC communication system 2 is a system of TV system centered on the television 51. マルチセグメント構成とは、複数のPLC通信システムが同じ電力線上に接続されている場合など、複数のシステムが近傍に位置している場合を示す。 Multisegment structure A, such as when a plurality of PLC communication system is connected on the same power line, showing a case where a plurality of systems is located in the vicinity.

このようなマルチセグメント構成の場合は、ランダムバックオフを図24のように設定する。 In such a multi-segment structure, it sets a random backoff as in Figure 24. この場合は、プライオリティのみで固定部とランダム部のバックオフ値を決定し、アクティブID数やプライオリティ差を用いない。 In this case, it determines a backoff value of the fixed portion and the random portion only priority, without using active ID number and priority differences. すなわち、自己のプライオリティに該当する固定部とランダム部を参照し、0からランダム部の値までの乱数を発生させて固定部の固定値と加算することで、ランダムバックオフとして待機するスロット数を算出する。 That is, by referring to the fixed portion and the random portion corresponding to its own priority, adding a fixed value of the fixed portion by generating a random number to the value of the random portion from 0, the number of slots to wait as a random backoff calculate. 各PLC通信システムの親機は、自己のシステムしか管理できないので、自己システムだけに最適化したバックオフ値にするとネットワーク間での偏りが生じ、衝突が頻発するなど、結果としてプライオリティによる優先制御が実現できなくなる。 Base unit of the PLC communication system can not only its own system management, when the backoff value that is optimized only for self-system occurs deviation between networks, such as a collision occurs frequently, priority control according to the priority as a result can not be realized. そこで、上記のようなランダムバックオフを用いることにより、複数のネットワークが混在しても優先制御を可能にできる。 Therefore, by using a random back-off as described above, even if a plurality of networks coexist can enable priority control.

本発明は、通信装置の接続台数を増加しても衝突の発生を抑制してパフォーマンスの低下を防ぎ、かつ、送信の最大遅延量を規定でき、プライオリティを設定することができる通信方法、通信システム、及びそのための通信装置等として有用である。 The present invention is to prevent performance degradation even by increasing the number of connected communication device to suppress the occurrence of a collision, and can define the maximum delay amount of the transmission, a communication method can set the priority, the communication system , and it is useful as such a communication apparatus therefor.

本発明の通信方法、通信システムを実現する電力線通信システムの一例の概略構成を示す図 The communication method invention, shows a schematic structure of an example of a power line communication system for realizing the communication system 本発明の実施の形態のPLCモデムの外観を示す図 It shows the appearance of the PLC modem according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態のPLCモデムのハードウェアの一例を示すブロック図 Block diagram showing an example of an embodiment of a PLC modem hardware of the present invention 本発明の実施の形態のPLCモデムにおけるデジタル信号処理の一例を説明する図 Diagram for explaining an example of a digital signal processing in PLC modem embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおけるデータ送信タイミングの一例を示す図 Diagram illustrating an example of a data transmission timing in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおけるデータの送信タイミングの一例を示す図 Diagram illustrating an example of a transmission timing of data in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける親機の端末管理テーブルの一例を示す図 Diagram illustrating an example of a terminal management table of the master unit in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態のPLCモデムにおけるデータのプライオリティ毎に設けたバッファの構成を模式的に示す図 Diagram schematically illustrating the configuration of a buffer provided for each priority of data in the PLC modem according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態における送信データのキューサーチ期間とスロットの発生タイミングを示す図 It shows the generation timing of the queue search period and slot of the transmission data in the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおけるランダムバックオフの一例を示す図 It illustrates an example of a random backoff in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおけるランダムバックオフの他の例を示す図 Diagram showing another example of a random backoff in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおけるデータフレーム及び制御フレームの概略構造を示す図 It shows a schematic structure of a data frame and control frame in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態のビーコンにおける割当情報報知フォーマットの例を示す図 Diagram illustrating an example of allocation information notification format in a beacon according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける個別アクセスIDの割当て手順を説明する図 Diagram illustrating the allocation procedure of the individual access ID in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける全てのPLCモデムが送信可能な共通タイミングを示す図 Shows a common timing can be transmitted all of the PLC modem in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける個別アクセスIDの削除手順を説明する図 Diagram for explaining the procedure for deleting individual access ID in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける親機として機能するPLCモデムの概略動作フローを示す図 It shows a schematic flow of operation of the PLC modem functioning as the master unit in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける子機の端末管理テーブルの一例を示す図 Diagram illustrating an example of a terminal management table of the slave unit in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける子機として機能するPLCモデムの概略動作フローを示す図 It shows a schematic flow of operation of the PLC modem functioning as a slave unit in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける子機として機能するPLCモデムの送受信動作フローを示す図 It shows a transmission and reception operation flow of the PLC modem functioning as a slave unit in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける子機として機能するPLCモデムの送受信動作フローを示す図 It shows a transmission and reception operation flow of the PLC modem functioning as a slave unit in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムにおける輻輳バックオフの一例を示す図 It illustrates an example of a congestion backoff in the power line communication system according to the embodiment of the present invention 本発明の実施の形態の電力線通信システムの他の構成例として、複数のPLC通信システムを有するマルチセグメント構成を示す図 As another configuration example of an embodiment of a power line communication system of the present invention, illustrates a multi-segment structure having a plurality of PLC communication system 図23のマルチセグメント構成におけるランダムバックオフの一例を示す図 Illustrates an example of a random back-off in a multi-segment structure of FIG. 23 CSMA方式によりデータを送信する場合のタイミングの一例を示す図 Diagram showing an example of a timing when data is transmitted by the CSMA system スロットアクセス方式によりデータを送信する場合のタイミングの一例を示す図 Diagram showing an example of a timing when data is transmitted according to a time slot access method

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100・・・PLCモデム 100M・・・PLCモデム(親機) 100 ··· PLC modem 100M ··· PLC modem (parent unit)
100T・・・PLCモデム(子機) 100T ··· PLC modem (slave device)
100T1−100TN・・・PLCモデム(子機) 100T1-100TN ··· PLC modem (slave device)
101・・・筐体 102・・・電源コネクタ 103・・・モジュラージャック 104・・・切換えスイッチ 105・・・表示部 200・・・回路モジュール200 101 ... housing 102 ... power connector 103 ... jack 104 ... changeover switch 105 ... display unit 200 ... circuit module 200
210・・・メインIC 210 ... the main IC
211・・・CPU 211 ··· CPU
212・・・PLC・MACブロック 213・・・PLC・PHYブロック 220・・・AFE・IC 212 ··· PLC · MAC block 213 ··· PLC · PHY block 220 ··· AFE · IC
221・・・DA変換器(DAC) 221 ··· DA converter (DAC)
222・・・AD変換器(ADC) 222 · · · AD converter (ADC)
223・・・可変増幅器(VGA) 223 ... variable gain amplifier (VGA)
230・・・イーサネットPHY・IC 230 ... Ethernet PHY · IC
251・・・ローパスフィルタ 252・・・ドライバIC 251 ... the low-pass filter 252 ... driver IC
260・・・バンドパスフィルタ 270・・・カプラ 271・・・コイルトランス 272a、272b・・・カップリング用コンデンサ 300・・・スイッチング電源 400・・・電源プラグ 500・・・コンセント 600・・・電源ケーブル 900・・・電力線 10・・・変換制御部 11・・・シンボルマッパ 12・・・シリアル−パラレル変換器 13・・・逆ウェーブレット変換器 14・・・ウェーブレット変換器 15・・・パラレル−シリアル変換器 16・・・デマッパ 51・・・TV 260 ... bandpass filter 270 ... coupler 271 ... coil transformer 272a, 272b ... coupling capacitors 300 ... switching power 400 ... power plug 500 ... outlet 600 ... Power cable 900 ... power line 10 ... conversion control unit 11 ... symbol mapper 12 ... serial - parallel converter 13 ... inverse wavelet transformer 14 ... wavelet transformer 15 ... parallel - serial converter 16 ... demapper 51 ··· TV
52・・・PC 52 ··· PC
53・・・IP電話 54・・・レコーダ 55・・・BBルータ 60・・・インターネット 53 ··· IP telephone 54 ... recorder 55 ··· BB router 60 ... the Internet

Claims (26)

  1. 伝送路に接続され、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信方法であって、 Is connected to the transmission line, a communication method for communicating between a plurality of communication devices sharing a communication band,
    前記複数の通信装置の内の特定の通信装置に個別アクセスIDを割り当てて、当該割り当てられた通信装置のみが当該個別アクセスIDに対応する特定のタイミングにおいて送信可能とする個別アクセスID割当てを、前記複数の通信装置の1つで行う個別ID割当てステップと、 Assign separate access ID to the specific communication device of the plurality of communication devices, the individual access ID allocation to be transmitted in a particular time only the allocated communication apparatus corresponding to the individual access ID, the and the individual ID assignment step performed by one of a plurality of communication devices,
    前記個別ID割当てステップで割り当てた個別アクセスIDの割当て情報を含む制御情報を、前記割当てを行った通信装置以外の通信装置に報知する制御情報報知ステップと、 前記伝送路の通信状態を調べ、前記個別アクセスIDが割り当てられている通信装置及び前記個別アクセスIDが割り当てられていない通信装置が送信可能な共通タイミング、又は前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングで、他の通信装置に対してデータの送信を行う送信制御ステップと、を備え、 It said control information including allocation information of individual access ID assigned by individual ID assignment step, a control information notifying step of notifying the communication device other than the communication apparatus that has performed the assignment, examine the communication state of the transmission path, wherein in particular timing corresponding to the communication apparatus and the a no dedicated access ID is assigned communications device can transmit common timing, or the individual access ID are assigned individual access ID, data to the other communication devices and a transmission control step of performing the transmission,
    前記個別ID割当てステップは、 前記通信帯域を共有する複数の通信装置の数とは無関係に予め定めた数以下の前記個別アクセスIDを割り当て Wherein in the individual ID assignment step assigns the individual access ID number following that regardless predetermined the number of the plurality of communication devices sharing the communication band,
    前記割り当てられている個別アクセスIDの各々に対応したスロットに、前記共通タイミングを示すスロットを加えて、これらを含む全スロットの時間をスロット周期とし、 The slot corresponding to each of the individual access ID that is the assignment, in addition to slot indicating the common timing, the time of all slots containing these as a slot period,
    前記個別アクセスIDが割り当てられている通信装置は、自己に割り当てられている前記個別アクセスIDに対応するスロットに送信を行い、 The communication apparatus individually access ID is assigned, performs transmission to the slot corresponding to the individual access ID assigned to the self,
    前記個別アクセスIDが割り当てられていない通信装置は、前記共通タイミングを示すスロットに送信を行う通信方法。 The communication device that is not dedicated access ID is assigned to a communication method for transmitting a slot indicating the common timing.
  2. 請求項1記載の通信方法であって、 The communication method of claim 1, wherein,
    前記個別I D割り当てステップは、予め定めた数より多くの個別アクセスIDを割り当てない通信方法。 The individual-specific I D allocation step to a communication method which does not allocate more individual access ID number than predetermined.
  3. 請求項1又は2記載の通信方法であって、 A claim 1 or 2 communication method according,
    前記個別ID割当てステップは、前記共通タイミングで他の通信装置に対する送信を行っている前記通信装置に対して、前記個別アクセスIDを割り当てる通信方法。 The individual ID assignment step, to the communication device is transmitting to the other communication device in the common time, the communication method of allocating the individual access ID.
  4. 請求項1ないし3のいずれか1項記載の通信方法であって、 A claims 1 to 3 communication method described in any one of
    前記制御情報報知ステップは、新規に割り当てられた前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知する通信方法。 The control information notification step, information about the number of valid individual access ID of the individual access ID and the identification information for identifying the communication device to which the individual access information is assigned to the newly allocated, and the individual access ID the communication method of notifying as the control information.
  5. 請求項1ないし4のいずれか1項記載の通信方法であって、さらに、 A claims 1 to communication method according to any one of 4, further
    前記割り当てた個別アクセスIDの管理を行う個別ID管理ステップを備え、 Includes an individual ID management step for managing the assigned individual access ID,
    前記個別ID管理ステップは、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングでの送信時刻をモニターし、当該特定のタイミングでの送信が一定時間されていない場合、当該個別アクセスIDの割当てを削除する通信方法。 The individual ID management step, monitors the transmission time at a particular timing corresponding to the individual access ID, if the transmission in the specific timing is not a predetermined time, it deletes the assignment of the individual access ID communication Method.
  6. 請求項5記載の通信方法であって、 The communication method of claim 5, wherein,
    前記制御情報報知ステップは、前記個別ID管理ステップが前記個別アクセスIDの割当てを削除したとき、割り当てられる通信装置が変更された前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知する通信方法。 The control information notification step, the individual when the ID management step deletes the allocation of the individual access ID, identifying the individual access ID communication device is changed to be allocated and their individual access information is assigned communication device communication method identification information, and information on the number of valid individual access ID of the individual access ID, notifies as the control information.
  7. 請求項1ないし6のいずれか1項記載の通信方法であって、 A claims 1 to 6 communication method described in any one of
    前記送信制御ステップは、前記他の通信装置が送信を行っていない場合、所定の期間経過毎にカウントし、そのカウント値に基づいて前記個別アクセスIDに対応するタイミング、及び前記共通タイミングを認識して、他の通信装置に対する送信を制御する通信方法。 The transmission control step, when the other communication apparatus is not performing transmission, and counted for each predetermined period of time has elapsed, the timing corresponding to the individual access ID, and recognizes the common timing based on the count value Te, a communication method of controlling the transmission to another communication device.
  8. 請求項7記載の通信方法であって、 The communication method of claim 7, wherein,
    前記送信制御ステップは、前記共通タイミングで行う送信が他の通信装置の送信と競合した場合、ランダムな時間経過後の前記共通タイミングで再送信する通信方法。 The transmission control step, when the transmission performed at the common timing conflicts with transmission of another communication apparatus, a communication method of retransmitting at the common timing after a random time.
  9. 請求項7又は8記載の通信方法であって、 A claim 7 or 8 communication method according,
    前記送信制御ステップは、前記個別アクセスIDに対応するタイミングで送信を行う場合、ランダムな時間経過後の、前記カウント値に基づく前記個別アクセスIDに対応するタイミングで送信する通信方法。 The transmission control step, the case of performing transmission at a timing corresponding to the individual access ID, after a lapse of random time, the communication method for transmitting at a timing corresponding to the individual access ID based on the count value.
  10. 請求項1ないし9のいずれか1項記載の通信方法であって、さらに、 A claims 1 to 9 communication method described in any one of further
    前記送信制御ステップで送信されたデータを受信し、前記データに対して応答フレームを返信する応答フレーム送信ステップを備え、 Receive data transmitted in the transmission control step includes a response frame transmitting step of returning a response frame to said data,
    前記応答フレーム送信ステップは、前記受信したデータが送信されたタイミングが、前記共通タイミングであることを示す情報、又は前記特定のタイミングに対応する前記個別アクセスIDに関する情報を前記応答フレームに含ませる通信方法。 The response frame transmitting step, the timing of the received data is transmitted, the communication to include information indicating that the said common timing, or information relating to the individual access ID corresponding to the specific timing in the response frame Method.
  11. 請求項1ないし10のいずれか1項記載の通信方法であって、 A claims 1 to 10 communication method described in any one of
    前記共通タイミング、又は、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングに従わずに送信される特殊フレームを送信する特殊フレーム送信ステップを備え、 Said common timing, or, provided with a special frame transmitting step of transmitting a special frame transmitted without following the specific timing corresponding to the individual access ID,
    前記特殊フレーム送信ステップは、前記送信制御ステップで送信されたデータのうち、直前に受信した前記データが送信されたタイミングに対応する前記個別アクセスIDを前記特殊フレームに含ませる通信方法。 The special frame transmission step, said one of the data transmitted in the transmission control step, a communication method to include the individual access ID which the data received immediately before corresponds to the transmission timing to said special frames.
  12. 請求項1ないし11のいずれか1項記載の通信方法であって、 A claims 1 to 11 communication method described in any one of
    電力線を伝送経路として通信を行う通信方法。 Communication method for communicating a transmission path of the power line.
  13. 伝送路に接続され、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信システムに利用される通信装置であって、 Is connected to the transmission line, a communication device used in a communication system for performing communication between a plurality of communication devices sharing a communication band,
    前記複数の通信装置の内の特定の通信装置に個別アクセスIDを割り当てて、当該割り当てられた通信装置のみが当該個別アクセスIDに対応する特定のタイミングにおいて送信可能とする個別アクセスID割当てを行うアクセスID管理部と、 Assign separate access ID to the specific communication device of the plurality of communication devices, access only the allocated communication apparatus performs individual access ID allocation to be transmitted in a particular timing corresponding to the individual access ID and ID management unit,
    前記アクセスID管理部で割り当てた個別アクセスIDの割当て情報を含む制御情報を、他の通信装置に報知する報知部と、を備え、 Control information including allocation information of individual access ID assigned by the access ID management unit, and a notification unit for notifying the other communication apparatus,
    前記アクセスID管理部は、 前記通信帯域を共有する複数の通信装置の数とは無関係に予め定めた数以下の前記個別アクセスIDを割り当て、前記割り当てられている個別アクセスIDの各々に対応したスロットに、前記個別アクセスIDが割り当てられている通信装置及び前記個別アクセスIDが割り当てられていない通信装置が送信可能な共通タイミングを示すスロットを加えて、これらを含む全スロットの時間をスロット周期とし、前記共通タイミングで送信した送信データを検出したとき、 前記共通タイミングで送信した前記通信装置に対して、前記個別アクセスIDの割当てを行う通信装置。 The access ID management unit, the allocated regardless the individual access ID number following a predetermined from the number of the plurality of communication devices sharing a communication band, the slot corresponding to each of the individual access ID that is the allocation to the individual communication access ID is assigned device and said no dedicated access ID is assigned communication device in addition to the slot indicating the common timing can be transmitted, the time of all slots containing these as a slot period, the common when detecting the transmission data transmitted at the timing, with respect to transmitted in the common timing the communication device, the communication allocates individual access ID device.
  14. 請求項13記載の通信装置であって、 A communication apparatus according to claim 13,
    前記アクセスID管理部は、予め定めた数より多くの個別アクセスIDを割り当てない通信装置。 The access ID management unit, a number of not assign individual access ID communication apparatus than the number determined in advance.
  15. 請求項13又は14記載の通信装置であって、 A communication apparatus according to claim 13 or 14, wherein,
    前記報知部は、前記アクセスID管理部が新規に割り当てた前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知する通信装置。 The notification unit, wherein the individual access ID and the identification information for identifying the communication device to which the individual access information is assigned to the access ID management unit assigned to the new, and the effective individual access ID of the individual access ID information about the number, the communication apparatus that notifies, as the control information.
  16. 請求項13ないし15のいずれか1項記載の通信装置であって、 A communications device according to any one of claims 13 to 15,
    前記アクセスID管理部は、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングでの送信時刻をモニターし、当該特定のタイミングでの送信が一定時間されていない場合、当該個別アクセスIDの割当てを削除する通信装置。 The access ID management unit, the monitors the transmission time at a particular timing corresponding to the individual access ID, if the transmission in the specific timing is not a predetermined time, deletes the assignment of the individual access ID communication apparatus.
  17. 請求項16記載の通信装置であって、 A communication apparatus according to claim 16,
    前記報知部は、前記アクセスID管理部が前記個別アクセスIDの割当てを削除したとき、割り当てられる通信装置が変更された前記個別アクセスIDとその個別アクセス情報が割り当てられた通信装置を識別する識別情報、及び前記個別アクセスIDのうちの有効な個別アクセスIDの数に関する情報を、前記制御情報として報知する通信装置。 The notification unit, wherein when the access ID management unit deletes the allocation of the individual access ID, the individual access ID communication device is changed to be assigned with identification information for identifying the communication device to which the individual access information is assigned , and the information on the number of valid individual access ID of the individual access ID, notifies the control information communication device.
  18. 伝送路に接続され、通信帯域を共有する複数の通信装置間で通信を行う通信システムに利用される通信装置であって、 Is connected to the transmission line, a communication device used in a communication system for performing communication between a plurality of communication devices sharing a communication band,
    特定の送信タイミングと対応つけられた個別アクセスIDであって、 前記通信帯域を共有する複数の通信装置の数とは無関係に予め定めた数以下の前記個別アクセスIDであり、当該個別アクセスIDが割り当てられた通信装置のみが前記特定の送信タイミングにおいて送信可能となる個別アクセスIDの取得又は放棄を管理するアクセスID管理部と、 A separate access ID assigned corresponding to a particular transmission timing is the individual access ID number following that regardless predetermined the number of the plurality of communication devices sharing the communication band, is the individual access ID and the access ID management unit only allocated communication device that manages the acquisition or abandonment of individual access ID to be transmittable in the specified transmission timing,
    前記個別アクセスIDが取得されている場合は、前記個別アクセスIDを用いて他の通信装置に対する送信を制御し、前記個別アクセスIDが放棄されている場合は、前記個別アクセスIDが割り当てられている通信装置及び前記個別アクセスIDが割り当てられていない通信装置が送信可能な共通タイミングで、他の通信装置に対する送信を制御する送信制御部を備え、 If the individual access ID is acquired, using the individual access ID to control the transmission to another communication device, when the individual access ID is abandoned, the have individual access ID is assigned in common timing capable of transmitting communication apparatus and said no dedicated access ID is assigned communication device, a transmission control unit for controlling the transmission to another communication device,
    前記送信制御部は、前記他の通信装置が送信を行っていない場合、所定の期間経過毎にカウントし、そのカウント値に基づいて前記個別アクセスIDに対応するタイミング、及び前記共通タイミングを認識して、他の通信装置に対する送信を制御する通信装置。 The transmission control section, when the other communication apparatus is not performing transmission, and counted for each predetermined period of time has elapsed, the timing corresponding to the individual access ID, and recognizes the common timing based on the count value Te, a communication device for controlling the transmission to another communication device.
  19. 請求項18記載の通信装置であって、 A communication apparatus according to claim 18,
    前記送信制御部は、前記共通タイミングで行う送信が他の通信装置の送信と競合した場合、ランダムな時間経過後の前記共通タイミングで再送信する通信装置。 The transmission control unit when said transmission performed by the common timing conflicts with transmission of another communication device, the communication device retransmits at the common timing after a random time.
  20. 請求項18又は19記載の通信装置であって、 A communication apparatus according to claim 18 or 19, wherein,
    前記送信制御部は、前記個別アクセスIDに対応したタイミングで送信を行う場合、ランダムな時間経過後の、前記カウント値に基づく前記個別アクセスIDに対応するタイミングで送信する通信装置。 The transmission control unit, the individual access if the ID to transmit at timing corresponding, after a lapse of random time, the communication device to transmit at a timing corresponding to the individual access ID based on the count value.
  21. 請求項18ないし20のいずれか1項記載の通信装置であって、 A communications device according to any one of claims 18 to 20,
    前記アクセスID管理部は、取得した個別アクセスIDに対応するタイミングで送信していない期間が、所定の時間以上である場合に、その個別アクセスIDを放棄する通信装置。 The access ID management unit, a period of non-transmitted at the timing corresponding to the acquired individual access ID is, when it is more than a predetermined time, the communication device to give the individual access ID.
  22. 請求項18ないし21のいずれか1項記載の通信装置であって、さらに、 A communications device according to any one of claims 18 to 21, further
    他の通信装置の前記送信制御部で送信されたデータを受信し、前記データに対して応答フレームを返信する応答フレーム送信制御部を備え、 Receives data to which the sent transmission control unit of the other communication devices, including a response frame transmission control section returns a response frame to said data,
    前記応答フレーム送信制御部は、前記受信したデータが送信されたタイミングが、前記共通タイミングであることを示す情報、又は前記特定のタイミングに対応する前記個別アクセスIDに関する情報を前記応答フレームに含ませる通信装置。 The response frame transmission control unit, the timing of the received data is transmitted, include information indicating that the said common timing, or information relating to the individual access ID corresponding to the specific timing in the response frame Communication device.
  23. 請求項13ないし22のいずれか1項記載の通信装置であって、 A communications device according to any one of claims 13 to 22,
    前記共通タイミング、又は、前記個別アクセスIDに対応する特定のタイミングに従わずに送信される特殊フレームを送信する特殊フレーム送信制御部を備え、 Said common timing, or, with the special frame transmission control unit that transmits a special frame transmitted without following the specific timing corresponding to the individual access ID,
    前記特殊フレーム送信制御部は、直前に受信したデータが送信されたタイミングに対応する前記個別アクセスIDを前記特殊フレームに含ませる通信装置 The special frame transmission control unit, a communication device to include the individual access ID data received immediately before corresponds to the transmission timing to said special frames.
  24. 電力線を伝送経路として電力線通信を行う請求項13ないし23のいずれか1項に記載された通信装置。 Communication apparatus according to any one of claims 13 to 23 performs power line communication as a transmission path of power lines.
  25. 請求項13ないし23のいずれか1項に記載された通信装置を複数備える通信システムであって、 A plurality comprises a communication system a communication apparatus according to any one of claims 13 to 23,
    少なくとも、請求項13ないし17のいずれか1項記載の通信装置を1台備える通信システム。 At least, the communication system comprising one communication device of any one of claims 13 to 17.
  26. 請求項 5記載の通信システムであって、 A second aspect 5 communication system according,
    前記複数の通信装置は、電力線を伝送経路として電力線通信を行う通信システム。 Wherein the plurality of communication devices, communication system for performing power line communication as a transmission path of power lines.
JP2008034332A 2007-06-01 2008-02-15 COMMUNICATION METHOD, COMMUNICATION DEVICE, AND COMMUNICATION SYSTEM Active JP5121054B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007147259 2007-06-01
JP2007147259 2007-06-01
JP2008034332A JP5121054B2 (en) 2007-06-01 2008-02-15 COMMUNICATION METHOD, COMMUNICATION DEVICE, AND COMMUNICATION SYSTEM

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008034332A JP5121054B2 (en) 2007-06-01 2008-02-15 COMMUNICATION METHOD, COMMUNICATION DEVICE, AND COMMUNICATION SYSTEM
EP20080765215 EP2165473B1 (en) 2007-06-01 2008-05-30 Communication method, communication apparatus, integrated circuit and circuit module
PCT/JP2008/060402 WO2008149958A3 (en) 2007-06-01 2008-05-30 Communication method, communication apparatus, integrated circuit and circuit module
US12130599 US20080301253A1 (en) 2007-06-01 2008-05-30 Communication method, communication apparatus, integrated circuit and circuit module
EP20120166934 EP2538616B1 (en) 2007-06-01 2008-05-30 Communication Method and Apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009010918A true JP2009010918A (en) 2009-01-15
JP5121054B2 true JP5121054B2 (en) 2013-01-16

Family

ID=40003015

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008034332A Active JP5121054B2 (en) 2007-06-01 2008-02-15 COMMUNICATION METHOD, COMMUNICATION DEVICE, AND COMMUNICATION SYSTEM

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20080301253A1 (en)
EP (2) EP2538616B1 (en)
JP (1) JP5121054B2 (en)
WO (1) WO2008149958A3 (en)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5537022B2 (en) * 2008-12-18 2014-07-02 パナソニック株式会社 Communication method and a communication device
JP5196573B2 (en) * 2009-01-05 2013-05-15 パナソニック株式会社 COMMUNICATION METHOD, COMMUNICATION DEVICE, AND COMMUNICATION SYSTEM
JP2010166269A (en) * 2009-01-15 2010-07-29 Avaya Inc Method and device for high-speed frame retransmission
US8718115B2 (en) * 2010-10-08 2014-05-06 Texas Instruments Incorporated Building, transmitting, and receiving frame structures in power line communications
US20120147899A1 (en) * 2010-12-13 2012-06-14 Texas Instruments Incorporated Media Access Control (MAC) Layer for Power Line Communications (PLC)
CN103260545B (en) * 2010-12-13 2016-04-13 皇家飞利浦电子股份有限公司 Having oral hygiene appliances malleable substrate
JP5653470B2 (en) * 2013-03-27 2015-01-14 アバイア インコーポレーテッド Method and apparatus for implementing a high-speed retransmission frame
JP5811141B2 (en) * 2013-05-30 2015-11-11 株式会社デンソー Communications system

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4377804A (en) * 1979-10-31 1983-03-22 Matsushita Electric Works, Ltd. Synchronous data transmission system utilizing AC power line
JPH082038B2 (en) * 1988-10-18 1996-01-10 大崎電気工業株式会社 Carrier signal receiving method
US6115429A (en) * 1995-08-04 2000-09-05 Huang; Shih-Wei Data receiving method for receiving data through predetermined clear zones of a powerline
US5828293A (en) * 1997-06-10 1998-10-27 Northern Telecom Limited Data transmission over a power line communications system
JP3704003B2 (en) * 1999-08-16 2005-10-05 株式会社東芝 The radio base station apparatus, wireless terminal and an information communication method
US7468972B2 (en) * 2000-07-26 2008-12-23 Hughes Network Systems, Llc Method and system for providing efficient data transmission based upon a contention protocol
US7352770B1 (en) * 2000-08-04 2008-04-01 Intellon Corporation Media access control protocol with priority and contention-free intervals
US7027462B2 (en) * 2001-01-02 2006-04-11 At&T Corp. Random medium access methods with backoff adaptation to traffic
US7307357B2 (en) * 2002-09-30 2007-12-11 Amperion, Inc. Method and system to increase the throughput of a communications system that uses an electrical power distribution system as a communications pathway
EP1554848A4 (en) * 2002-10-21 2010-03-03 Intellon Corp Contention-free access intervals on a csma network
JP4012851B2 (en) * 2003-04-16 2007-11-21 矢崎総業株式会社 The information processing terminal, the transmission right cyclic system, transmission right circulating method, and the transmission right acquisition program
US7423992B2 (en) * 2003-04-16 2008-09-09 Sony Corporation Time slot and carrier frequency allocation in a network
US20050249231A1 (en) * 2003-11-25 2005-11-10 Asif Khan Methods and systems for reliable distribution of media over a network
US7715425B2 (en) * 2004-02-26 2010-05-11 Atheros Communications, Inc. Channel adaptation synchronized to periodically varying channel
JP2007531353A (en) * 2004-04-01 2007-11-01 松下電器産業株式会社 Packet relay device
JP4531581B2 (en) * 2005-02-09 2010-08-25 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Receiving method control device and a wireless communication in a wireless communication transceiver device
US7729372B2 (en) * 2005-07-27 2010-06-01 Sharp Corporation Communicating in a network that includes a medium having varying transmission characteristics
JP2007074377A (en) * 2005-09-07 2007-03-22 Matsushita Electric Ind Co Ltd Transmission rate control device and communication system

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP2165473B1 (en) 2013-05-15 grant
US20080301253A1 (en) 2008-12-04 application
WO2008149958A3 (en) 2009-02-26 application
WO2008149958A2 (en) 2008-12-11 application
EP2538616B1 (en) 2014-03-19 grant
JP2009010918A (en) 2009-01-15 application
EP2165473A2 (en) 2010-03-24 application
EP2538616A1 (en) 2012-12-26 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7085284B1 (en) Prioritization scheme for CSMA/CA
US5659787A (en) Data communication network with highly efficient polling procedure
US7058074B2 (en) Unified channel access for supporting quality of service (QoS) in a local area network
US5940399A (en) Methods of collision control in CSMA local area network
US20110235656A1 (en) Method and device for allocating mac addresses in a carrier-current communication network
US5355375A (en) Hub controller for providing deterministic access to CSMA local area network
US20040075535A1 (en) Power line communication network
US20030198246A1 (en) Adaptive synchronous media access protocol for shared media networks
US20080279126A1 (en) Managing distributed access to a shared medium
US20050078682A1 (en) Method for transmitting real time multimedia datain ethernet network
US7301968B2 (en) Communication protocol for passive optical network topologies
US20030231621A1 (en) Dynamic communication channel switching for computer networks
US20070025384A1 (en) Synchronizing channel sharing with neighboring networks
US20100238932A1 (en) Method and apparatus for enhanced packet aggregation
US20020120740A1 (en) Shared communications channel access in an overlapping coverage environment
US6801537B1 (en) Adaptive contention algorithm based on truncated binary exponential back-off
US20090135848A1 (en) System and Method for Repeater in a Power Line Network
US20080298241A1 (en) Apparatus and methods for reduction of transmission delay in a communication network
US20090196306A1 (en) Contention access to a communication medium in a communications network
US20030117984A1 (en) Securing the channel for a QoS manager in a CSMA/CA ad hoc network
US7623542B2 (en) Contention-free access intervals on a CSMA network
US6459692B1 (en) Intermittent node resolution for voice and data communication system
US20070153815A1 (en) System and Method For Establishing And Maintaining Simultaneous Operation of Asynchronous and Isochronous Communications
US20080117919A1 (en) Systems and methods for aggregation of packets for transmission through a communications network
US20060092868A1 (en) Point-controlled contention arbitration in multiple access wireless LANs

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110208

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120628

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120703

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120830

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120925

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121022

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151102

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150