JP5110506B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP5110506B2
JP5110506B2 JP2007116960A JP2007116960A JP5110506B2 JP 5110506 B2 JP5110506 B2 JP 5110506B2 JP 2007116960 A JP2007116960 A JP 2007116960A JP 2007116960 A JP2007116960 A JP 2007116960A JP 5110506 B2 JP5110506 B2 JP 5110506B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
opening
game
normal
jackpot
closing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007116960A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008272066A (ja
Inventor
晶弘 加藤
Original Assignee
豊丸産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 豊丸産業株式会社 filed Critical 豊丸産業株式会社
Priority to JP2007116960A priority Critical patent/JP5110506B2/ja
Publication of JP2008272066A publication Critical patent/JP2008272066A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5110506B2 publication Critical patent/JP5110506B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は遊技機に関し、詳細には、大当たり遊技を連続させることで多数の遊技球を払い出すことが可能な遊技機に関する。

従来、大当たり判定により「大当たり」と判定されると、可変入賞口に設けられた開閉部材が開放され、当該可変入賞口への遊技球の入賞が可能となる遊技機が知られている。この遊技機では、始動口への遊技球の入賞を契機として大当たり判定が行われ、「大当たり」と判定された際に実行される大当たり遊技中は、可変入賞口へ遊技球が入賞することで所定個数の遊技球が払い出される。

そして、このような遊技機の中には、「大当たり」と判定される確率が通常よりも高い遊技状態である確率変動状態を大当たり遊技終了後に生起させるか否かの判定が、「大当たり」と判定された際に同時に行われる遊技機も多数提案されている(例えば、特許文献1参照)。この遊技機において確率変動状態が生起されると、通常よりも短い間隔で大当たり遊技が連続して行われて多数の遊技球が払い出される。

また、大当たり判定が行われる契機となる始動口にも開閉部材を設け、特定の通過口を遊技球が通過した際に行われる普通当たり判定で「普通当たり」と判定されなければ大当たり判定が行われない構成の遊技機も提案されている。開閉部材の閉鎖中はこの始動口への遊技球の入賞はできないが、「普通当たり」と判定されて普通当たり遊技が実行されると開閉部材が開放されるため、始動口への複数の遊技球の入賞が可能となる。また、この遊技機では、「普通当たり」と判定される確率が通常よりも高い時短遊技状態を生起させるか否かの判定が、「大当たり」と判定された際に同時に行われている。そして、時短遊技状態が生起されると、次に始動口の開閉部材が開放されるまでの時間が通常よりも短くなるため、普通当たり遊技及び大当たり遊技が連続して多数の遊技球が払い出される。
特開2007−7020号公報

しかしながら、このような従来の遊技機では、大当たり遊技中における可変入賞口の開放順序や、大当たり判定から大当たり遊技の終了に至る一連の動作等に変化を持たせることができなかった。従って、大当たり遊技中に関する一連の遊技内容を多様化させて遊技者の興趣を惹き付けることが困難であるという問題点があった。

本発明は上記課題を解決するためになされたものであり、大当たり遊技に関する一連の遊技内容を多様化させて遊技者の興趣を惹き付けることができる遊技機を提供することを目的とする。

上記目的を達成するために、請求項1に記載の遊技機は、遊技球が流下する遊技領域が形成された遊技盤と、当該遊技盤上に設けられ、遊技球が通過する通過口と、当該通過口への遊技球の通過を検出する通過口遊技球検出手段と、当該通過口遊技球検出手段によって遊技球が検出されたことに起因して、遊技者にとって有利な遊技である普通当たり遊技を実行するか否かを決定するための普通当たり乱数を取得する普通当たり乱数取得手段と、当該普通当たり乱数取得手段によって取得された前記普通当たり乱数が、あらかじめ普通当たりと決められた所定の乱数であるか否かの判定を行う普通当たり判定手段と、前記遊技盤上に設けられ、開閉部材を有し、当該開閉部材が開放されると遊技球の入賞が可能となる可変始動口と、当該可変始動口の開閉部材を開閉する可変始動口開閉手段と、前記普通当たり判定手段により普通当たりと判定された場合に、前記可変始動口開閉手段を制御して、前記可変始動口の開閉部材を所定時間開放させる可変始動口開閉制御手段と、当該可変始動口への遊技球の入賞を検出する始動口遊技球検出手段と、当該始動口遊技球検出手段によって遊技球が検出されたことに起因して、遊技者にとって有利な遊技である大当たり遊技を実行するか否かを決定するための大当たり乱数を取得する大当たり乱数取得手段と、当該大当たり乱数取得手段によって取得された前記大当たり乱数が、あらかじめ大当たりと決められた所定の乱数であるか否かの判定を行う大当たり判定手段と、前記遊技盤上に設けられ、開閉部材を有し、当該開閉部材が開放されると遊技球の入賞が可能となる大入賞口と、当該大入賞口の開閉部材を開閉する大入賞口開閉手段と、前記大当たり判定手段により大当たりと判定された際に、前記大入賞口開閉手段を制御することで前記大入賞口の所定の開閉動作を制御する大入賞口開閉制御手段と、前記遊技盤上に設けられ、開閉部材を有し、前記可変始動口へ遊技球が入賞することで開閉部材が開放されると共に、自身へ所定個数の遊技球が入賞することで開閉部材が閉鎖される第二種非電動役物と、前記普通当たり判定手段によって普通当たりと判定される確率が通常よりも高い普通当たり高確率遊技状態を含む複数の遊技状態のうちのいずれか1つを、前記大当たり遊技の終了後に生起する遊技状態制御手段とを備え、1回の前記大当たり遊技中に前記大入賞口開閉制御手段によって制御される前記大入賞口の開閉部材の開閉動作が終了してから、次に前記普通当たり判定手段による判定が行われるまでの間は、前記可変始動口の開閉部材は常に閉鎖しており、1回の前記普通当たり遊技中に前記可変始動口開閉制御手段によって制御される前記可変始動口の開閉部材の開閉動作が行われる時間の長さが、1回の前記大当たり遊技中に前記大入賞口開閉制御手段によって制御される前記大入賞口の開閉部材の開閉動作が行われる時間よりも短いことを特徴とする。

また、本発明の請求項に記載の遊技機は、請求項に記載の発明の構成に加え、前記大当たり乱数取得手段は、自身が前回取得した前記大当たり乱数についての前記大当たり判定手段による判定、及び当該大当たり判定手段により大当たりと判定された際に行われる前記大当たり遊技が全て終了している場合に前記大当たり乱数を取得することを特徴とする。

また、本発明の請求項に記載の遊技機は、請求項に記載の発明の構成に加え、前記大当たり判定手段により大当たりと判定されたことを契機として、その後に実行される前記大当たり遊技の終了後に前記遊技状態制御手段によって生起される前記遊技状態を決定する遊技状態決定手段と、当該遊技状態決定手段により前記普通当たり高確率遊技状態が連続して決定された回数を計数する高確率連続回数計数手段とを備え、前記遊技状態制御手段は、前記高確率連続回数計数手段によって計数された回数が所定数に達した場合、その後に実行される前記大当たり遊技の終了後には、前記普通当たり判定手段によって普通当たりと判定される確率が前記普通当たり高確率遊技状態よりも低い通常状態を生起させることを特徴とする。

請求項1に記載の遊技機によると、普通当たり判定手段により普通当たりと判定されて普通当たり遊技が実行されると、可変始動口の開閉部材が開放される。そして、この可変始動口に遊技球が入賞すると、第二種非電動役物の開閉部材が開放されると共に、大当たり乱数が取得されて大当たり判定が行われる。さらに、大当たり判定により大当たりと判定されると、大当たり遊技が実行されて大入賞口の開閉部材が開放される。従って、第二種非電動役物と大入賞口とを組み合わせることで大当たり遊技中の遊技内容を多様化させることができ、遊技者の興趣を惹き付けることができる。
また、普通当たりと判定される確率が通常よりも高い普通当たり高確率遊技状態が遊技状態制御手段によって生起されると、大当たり判定が行われるまでの時間が通常よりも短くなる。よって、遊技者は普通当たり高確率状態が生起されることを期待しながら遊技を行うことができる。
また、大入賞口の開閉部材の開閉動作が終了してから次に普通当たり判定手段による判定が行われるまでの間は、可変始動口の開閉部材は常に閉鎖しているため、大当たり遊技終了後に再び可変始動口へ遊技球が入賞することを防止することができる。よって、1回の普通当たり遊技に対して実行され得る大当たり遊技の最大回数が適切に制御されるため、1回普通当たりと判定される毎に払い出される遊技球の個数を安定させることができる。
また、普通当たり遊技中に可変始動口の開閉部材が開閉される時間の長さが、大当たり遊技中に大入賞口の開閉部材が開閉される時間よりも短いため、大入賞口の開閉部材の開閉動作終了時に可変始動口の開閉部材が開放していることがない。従って、1回の普通当たり遊技に対して実行され得る大当たり遊技の最大回数が適切に制御されるため、1回普通当たりと判定される毎に払い出される遊技球の個数を安定させることができる。

また、本発明の請求項に記載の遊技機は、請求項に記載の発明の効果に加え、大当たり判定及び大当たり遊技が終了している場合に大当たり乱数が取得される構成となっており、大当たり乱数が保留されることがないため、1回の普通当たりに対して最大で1回の大当たり遊技を実行することができる。よって、普通当たり遊技と大当たり遊技とが1つのセットとなって連続する新しい遊技性を遊技者に提供できると共に、1回普通当たりと判定される毎に払い出される遊技球の個数を安定させることができる。

また、本発明の請求項に記載の遊技機は、請求項に記載の発明の効果に加え、普通当たり高確率遊技状態が連続して決定された回数が所定数に達すると、その後に実行される大当たり遊技の終了後には、普通当たりと判定される確率が普通当たり高確率状態よりも低い通常状態が生起されるため、普通当たり遊技及び大当たり遊技の連続を適切に制御することができる。よって、遊技場側の利益と遊技者側の利益とを適切に調整することができる。

以下、本発明に係る遊技機の一実施の形態であるパチンコ機1について、図面を参照して説明する。まず、パチンコ機1の機械的構成について、図1乃至図3を参照して説明する。図1は、パチンコ機1の正面図であり、図2は、遊技盤2の正面図であり、図3は、図柄表示装置8の拡大図である。

図1に示すように、パチンコ機1の正面の上半分の部分には、発射ハンドル7の操作により図示外の発射機から発射された遊技媒体としての遊技球が流下する遊技盤2が設けられている。この遊技盤2は略正方形であり(図2参照)、透明なガラス板を保持した前面枠11で保護されている。遊技盤2の下方部には、発射機に遊技球を供給し、且つ賞品球を受ける上皿5が設けられている。そして、上皿5の直下には、賞品球を受ける下皿6が設けられ、下皿6の右横には遊技球の発射を調整する発射ハンドル7が設けられている。さらに、前面枠11の上部には、左右方向の略全長に亘って前側に膨出するように照明装置35が形成されており、前面枠11の上部の左右の角にはスピーカ48がそれぞれ設けられている。また、前面枠11の前面には演出用の電飾ランプが多数設けられている。

また、図2に示すように、遊技盤2の前面にはガイドレール3で囲まれた略円形の遊技領域4が設けられており、この遊技領域4の略中央には、LCDから構成された表示画面28、各種ランプ、LED等を備えた図柄表示装置8が設けられている。この図柄表示装置8の左方には普通図柄始動ゲート12が設けられており、普通図柄始動ゲート12の下方には第二種非電動役物14が設けられている。また、図柄表示装置8の下方には普通電動役物13が、さらに普通電動役物13の下方には大入賞口15が設けられている。

そして、普通電動役物13の左方には、遊技盤2を流下する遊技球を普通電動役物13及び大入賞口15へ向けて誘導する遊技球誘導部材22が設けられている。また、大入賞口15の左方には普通入賞口18,19,20が設けられており、右方には普通入賞口21が設けられている。尚、遊技盤2には上記以外に種々の電飾ランプやその他の電飾用LED、風車及び多数の遊技釘等が設けられている。

次に、普通電動役物13、第二種非電動役物14、及び大入賞口15について説明する。普通電動役物13、第二種非電動役物14、及び大入賞口15には開閉部材が設けられている。そして、開閉部材が開放された場合(普通電動役物13、第二種非電動役物14、及び大入賞口15が開放された場合)のみ遊技球の入賞が可能となっており、開閉部材の閉鎖時(普通電動役物13、第二種非電動役物14、及び大入賞口15の閉鎖時)には遊技球は入賞できない。

そして、普通電動役物13及び大入賞口15の開閉部材は、ソレノイドによって電気的に開閉される。詳細には、普通電動役物13の開閉部材には普通電動役物開放ソレノイド69(図4参照)が、大入賞口15の開閉部材には大入賞口開放ソレノイド70(図4参照)が接続されている。そして、遊技の主制御を司る主基板41(図4参照)から送信される信号により各ソレノイド69,70が制御されて、普通電動役物13及び大入賞口15の開閉動作が行われる。

一方で、第二種非電動役物14の開閉部材は、遊技球から受ける機械的な作用によって開閉される。詳細には、普通電動役物13へ遊技球が入賞することで、遊技球の流路に設けられた開放機構が作動して(例えば、フックが外れて)、開閉部材が開放される。そして、開放された第二種非電動役物14へ遊技球が入賞する毎に、第二種非電動役物14の内部に設けられたギアが回転し、2つ目の遊技球が入賞すると開閉部材が閉鎖される構成となっている。これにより、電気的な制御が不要となるため、全ての開閉部材をソレノイドによって開閉させる場合よりも製造コスト及び遊技中の消費電力を削減することができる。尚、普通電動役物13は、第二種非電動役物14を開放させる作動口と、大当たり判定を行うための特別図柄の変動を開始させる始動口とを兼ねている。従って、普通電動役物13へ遊技球が入賞すると、大当たり判定の結果が「大当たり」であるか否かに関わらず第二種非電動役物14は開放される。すなわち、普通当たりと判定されることによって遊技者は所定の特典を得ることができるため、普通当たりとなることを期待させながら遊技者に遊技を行わせることができる。

次に、図柄表示装置8について、図3を参照して説明する。図3に示すように、図柄表示装置8は中央に表示画面28を備えている。この表示画面28には動画やメッセージ等様々な映像が表示されるが、特に普通当たり判定の結果を報知するために、表示画面28に横並びに左、右、中央の順でデモ図柄表示部D1、デモ図柄表示部D2、デモ図柄表示部D3の3つの表示領域が設けられている。このデモ図柄表示部D1〜D3は、遊技者の目を惹くように後述の普通図柄表示部24及び特別図柄表示部25よりも広い領域を占めている。また、普通当たり遊技中には、次の普通当たり判定が確率変動時短状態中(普通当たり高確率状態中)に行われるか否か、すなわち、次の普通当たり遊技が通常状態中に比べて短い時間で連続して行われるか否かが、表示画面28、スピーカ48、及び照明装置35等により遊技者に報知される。

また、図柄表示装置8には、表示画面28の下方に4つのLEDからなる普通図柄記憶数表示LED59が設けられており、その右方には1つのLEDからなる普通図柄表示部24が設けられている。そして、普通図柄表示部24は点灯状態が普通当たりの当選を示し、消灯が普通当たりの落選を示しており、点滅状態がこれから普通当たり判定の判定結果を報知することを示す変動状態とされている。また、普通図柄記憶数表示LED59には、普通図柄始動ゲート12(図2参照)を通過し、普通図柄表示部24に普通当たり判定の結果がまだ表示されていない遊技球の個数、所謂普通図柄作動保留球数が、点灯するLEDの個数により表示される。

また、図柄表示装置8には、表示画面28の上方に2つの7セグメントから構成される特別図柄表示部25が設けられている。そして、特別図柄表示部25には7セグメントにより表示可能なアルファベットや数字、またはこれらの組み合わせからなる特別図柄が表示される。この特別図柄は、その組み合わせ毎に「大当たり特別図柄」及び「はずれ特別図柄」があらかじめ定められており、「大当たり特別図柄」にはさらに「確率変動図柄」及び「非確率変動図柄」が設けられている。

ここで、本実施の形態のパチンコ機1における遊技及び演出について説明する。パチンコ機1では、遊技球が普通図柄始動ゲート12を通過すると、普通当たり判定が行われる。本実施の形態では、普通当たり判定において「当たり」と判定される確率が5/719である普通当たり低確率状態(非時短遊技状態)、及び718/719である普通当たり高確率状態(時短遊技状態)を生起させることができる。この普通当たり判定の判定結果が「当たり」であれば、パチンコ機1が普通当たり状態となり、普通電動役物13が開放されて、普通電動役物13への遊技球の入賞が可能な状態となる。この普通電動役物13は、所定時間(C秒)が経過するか、遊技球が8個入賞するかのどちらかの条件が満たされると閉鎖される。

次いで、普通電動役物13へ遊技球が入賞すると、第二種非電動役物14が開放されると共に大当たり判定が行われる。本実施の形態では、大当たり判定において「大当たり」と判定される確率が2009/2011である大当たり低確率状態(通常状態)、及び2010/2011である大当たり高確率状態(確率変動状態)を生起させることができる。この大当たり判定の判定結果が「大当たり」であれば、パチンコ機1が大当たり遊技状態となって大入賞口15が2回開放される。開放された大入賞口15は所定時間(C/4秒)が経過するか、遊技球が1個入賞するかのどちらかの条件が満たされると閉鎖され、1回目の閉鎖と2回目の開放との間にはC秒の時間が設けられている。

そして、この大当たり判定は、普通電動役物13へ遊技球が入賞した際に取得される大当たり乱数によって行われるが、本実施の形態の大当たり判定では普通当たり判定とは異なり、大当たり乱数が複数記憶されることはない。そして、普通電動役物13の最大開放時間(C秒)は、1回の大当たり遊技に要する時間(1回目の閉鎖と2回目の開放との間のインターバルに大入賞口15の開放時間を加えた時間)よりも短くなるように設定されている。これにより、大入賞口15が2回開放される大当たり遊技が終了してから、次に普通当たり判定が行われるまでの間は、普通電動役物13は常に閉鎖している状態となる。また、先述したように、一旦開放された第二種非電動役物14は、遊技球が2個入賞すると遊技球から受ける機械的な作用により閉鎖される。

また、大当たり判定において「大当たり」と判定された場合には、選択された特別図柄により、その大当たりが確率変動大当たりであるか、非確率変動大当たりであるかが判定される。「大当たり」と判定された場合、「確率変動図柄」が選択されて確率変動大当たりと判定される確率は167/168である。そして、確率変動大当たりと判定された場合には、次回の特別図柄の変動後の停止表示時間が終了するまで継続する確率変動状態及び時短遊技状態を、大当たり遊技の終了後に同時に生起させる(この遊技状態を「確率変動時短状態」とする)。一方で、非確率変動大当たりと判定された場合には、先述した通常状態及び非時短遊技状態を生起させる(この遊技状態を「通常状態」とする)。

従って、普通当たり判定において「当たり」と判定され、普通電動役物13へ遊技球が入賞すると、2009/2011又は2010/2011の確率で「大当たり」と判定される。そして、この大当たりが167/168の確率で判定される確率変動大当たりであり、その後に生起される確率変動時短状態中に普通当たり判定が行われた場合には、718/719の確率ですぐに次の普通当たり遊技及び大当たり遊技が行われることになる。すなわち、普通当たり遊技及び大当たり遊技が連続する。また、一旦確率変動大当たりとなると、確率変動大当たりが連続した回数が計数され、計数された値が「50」に達すると、50回目の大当たり遊技終了後は必ず「通常状態」が生起されるように設定されている。(所謂リミッタが「50」に設定されている。)この詳細は、フローチャートを参照して後述する。

次に、本実施の形態のパチンコ機1の電気的構成について、図4を参照して説明する。図4は、パチンコ機1の電気的構成を示すブロック図である。図4に示すように、制御部40は、主基板41、電源基板42、演出制御基板43、払出制御基板45、電飾基板46、中継基板47及びサブ統合基板58から構成されている。この制御部40は、パチンコ機1(図1参照)の裏側(背面側)に設けられている。

はじめに、主基板41について説明する。パチンコ機1の主制御を司る主基板41には、プログラムに従って各種の処理を行う主基板CPUユニット50が設けられている。この主基板CPUユニット50には、各種の演算処理を行うCPU51と、演算処理中に発生するデータの値等を一時的に記憶するRAM52と、制御プログラム、各種データの初期値、他の基板への指示を行うコマンド等を記憶したROM53とが設けられており、これらは1つのLSIとして一体にモールディングされている。また、CPUユニット50には割込信号発生回路57が接続されており、CPU51は、この割込信号発生回路57から割込信号が入力される毎に、ROM53に記憶されている制御プログラムを実行する。

また、主基板41にはI/Oインタフェイス54が設けられており、サブ統合基板58、払出制御基板45、中継基板47等のサブ基板、及び普通電動役物13に入賞した遊技球を検出するための近接スイッチである始動口スイッチ72が接続されている。また、主基板41のI/Oインタフェイス54には、図示外の遊技場管理用コンピュータにパチンコ機1の情報を出力する出力ポート55が接続されている。

次いで、払出制御基板45及び中継基板47について説明する。払出制御基板45には、CPU45aや図示外の入力インタフェイス、RAM及びROMが内蔵されており、賞品球払出装置49に接続されている。そして、主基板41から送信されるコマンドに従って、賞品球払出装置49の制御を行う。また、中継基板47には、普通電動役物13の開閉部材を開放・閉鎖する普通電動役物開放ソレノイド69、大入賞口15の開閉部材を開放・閉鎖する大入賞口開放ソレノイド70、普通図柄始動ゲート12を通過した遊技球を検出する普通図柄作動スイッチ73、第二種非電動役物14に入賞した遊技球を検出する非電動役物スイッチ75、大入賞口15に入賞した遊技球を検出する大入賞口スイッチ76、普通入賞口18〜21に入賞した遊技球を検出する入賞口スイッチ77、普通図柄表示部24、及び特別図柄表示部25が接続されている。そして、中継基板47は、スイッチやソレノイドの配線の中継と、主基板41から直接制御される表示部等への中継とを行っている。尚、普通電動役物13、第二種非電動役物14、大入賞口15、及び普通入賞口18〜21に遊技球が入賞すると、所定数の遊技球が払い出される。

次いで、サブ統合基板58、演出制御基板43、及び電飾基板46について説明する。サブ統合基板58には、CPU581、RAM582、及びROM583が設けられており、演出制御基板43、電飾基板46、及びスピーカ48に接続されている。そして、主基板41から送信されるコマンドに従って、演出等の総合的な制御を行っている。また、演出制御基板43はCPU43aや図示外の入力インタフェイス、RAM及びROMを内蔵しており、表示画面28の制御を行っている。また、電飾基板46はCPU46aや図示外の入力インタフェイス、RAM及びROMを内蔵し、照明装置35及び普通図柄記憶数表示LED59の制御を行っている。

次いで、電源基板42について説明する。電源基板42は、主基板41及び遊技球発射装置37に接続されており、各基板及び遊技球発射装置37に直流の安定化した電力を供給している。遊技球発射装置37は、図示外の発射モータや、発射ハンドル7に設けられたタッチセンサ、発射装置停止スイッチ、及び発射強弱調整ボリューム等からなり、一定間隔(0.6秒)毎に1個ずつ遊技球を遊技領域へ発射する。

次に、主基板41のROM53の記憶エリアについて、図5を参照して説明する。図5は、主基板41のROM53の記憶エリアを示す概念図である。図5に示すように、ROM53には、パチンコ機1のリセットが行われる際に各記憶エリアに記憶される初期値等を記憶する初期設定記憶エリア5301、CPU51がパチンコ機1を制御するための各種制御プログラムを記憶する制御プログラム記憶エリア5302、主基板41からサブ統合基板58に出力される制御コマンドのテーブルを記憶する制御コマンドテーブル記憶エリア5303、特別図柄表示部25に表示する特別図柄の組み合わせを記憶する特別図柄組み合わせパターン記憶エリア5304、普通当たり判定の判定結果を報知する際の変動パターンに関するテーブル等の情報が記憶されている普通図柄変動パターン記憶エリア5305、普通当たり判定、大当たり判定、及び特別図柄の決定等が行われる際に参照される各種テーブルを記憶する判定テーブル記憶エリア5306等が設けられている。さらに、ROM53には、図示外の各種の記憶エリアが設けられている。

次に、主基板41のRAM52の記憶エリアについて、図6を参照して説明する。図6は、主基板41のRAM52の記憶エリアを示す概念図である。図6に示すように、RAM52には、各種のカウンタを記憶するカウンタ記憶エリア5201、普通図柄始動ゲート12や各入賞口に遊技球が入賞したか否かを示すフラグを記憶する入賞球フラグ記憶エリア5202、普通図柄始動ゲート12への遊技球の入賞時に取得される乱数を記憶する普通当たり関係情報記憶エリア5203、普通図柄作動保留球数を記憶する普通図柄作動保留球数記憶エリア5204、普通電動役物13への遊技球の入賞時に取得される乱数を記憶する大当たり関係情報記憶エリア5205、主基板41からサブ統合基板58、払出制御基板45、電飾基板46、中継基板47等へ出力される制御コマンドを記憶するコマンド関係記憶エリア5206、各種フラグを記憶するフラグ関係記憶エリア5207等が設けられている。さらに、RAM52には図示外の各種の記憶エリアが設けられている。

次に、RAM52のカウンタ記憶エリア5201に記憶される各カウンタについて説明する。RAM52に記憶されるカウンタには、乱数を取得するための乱数取得カウンタ、時間を計測するためのタイマカウンタ、入賞球数を計数するための入賞球数カウンタ、確率変動大当たりが連続して行われた回数を計数するリミッタ計数カウンタ等がある。

まず、乱数取得カウンタについて説明する。乱数取得カウンタとしては、普通当たり判定カウンタ、変動パターン決定カウンタ、大当たり判定カウンタ、当たり特別図柄作成カウンタ、はずれ特別図柄作成カウンタ等がある。これらのカウンタの値は、割込信号発生回路57(図4参照)からの割込信号に基づいて実行されるメイン処理のカウンタ更新処理(S12、図9参照)において、一定間隔の時間(例えば、割込信号発生の間隔である2ms)毎に所定量(例えば、「1」)ずつ加算される。また、各カウンタには最小値(下限値)及び最大値(上限値)が設けられており、最小値から最大値までの範囲の数値内を循環するように構成されている。つまり、更新の結果、カウンタの値が最大値と同じ値になると、次の更新でカウンタの値は最小値を取ることとなる。そして、各乱数取得カウンタには、パチンコ機1の起動時に初期値として「0」が記憶されており、更新により値が一巡して初期値「0」と同じ値となると、新たな初期値が取得され、その初期値に対して「1」ずつの加算が行われる。この新たな初期値は、CPU51がメイン処理(図9参照)を行わない間(メイン処理が終了し、割込信号により新たなメイン処理が開始されるまでの間)に繰り返し実行されている、図示外の初期値乱数処理(所定のアルゴリズムによって乱数を発生させる処理)によって生成された乱数が用いられる。

例えば、普通当たりを判定するために使用される普通当たり判定カウンタの最大値は「719」、最小値は「0」である。そして、1割込毎(2ms毎)に「1」加算され、「720」以上となった際に「0」へ戻る。また、初期値乱数処理によって前回生成された乱数が「18」であった場合には、「0」から「1」、「2」と加算されて、「18」となった時点でまた新たな初期値が取得され、その初期値に対して「1」ずつの加算が行われる。尚、これらの乱数取得カウンタは、後述するメイン処理の普通図柄処理(図10及び図11参照)及び特別図柄処理(図13及び図14参照)において使用される。

次いで、タイマカウンタについて説明する。タイマカウンタは時間を計測するために使用されるカウンタであり、時間の計測開始時に初期値として所定の値が記憶される。例えば、1秒を計測する場合には初期値として「500」が記憶される。そして、割込信号発生の間隔である2ms毎に行われるカウンタ更新処理(S12、図9参照)において「1」ずつ減算されて、値が「0」でなければ時間の計測中であると判断され、値が「0」となることで所定時間が経過したと判断される。また、タイマカウンタの値は、「0」となった後は更新されないようにプログラムされている。尚、本実施の形態では多数のタイマカウンタが使用されているが、個々のタイマカウンタについての説明は後述する。

次いで、入賞球数カウンタについて説明する。本実施の形態では、入賞球数カウンタとして普通電動役物入賞球数カウンタが用いられている。この普通電動役物入賞球数カウンタの値は、普通電動役物13に備えられた開閉部材が1回の開閉動作を行う間に、普通電動役物13へ入賞した遊技球の個数を計数するために使用される。そして、この普通電動役物入賞球数カウンタの値が「8」以上に達するか、若しくは所定時間(C秒)が経過すると、普通電動役物13は閉鎖される。この普通電動役物入賞球数カウンタの初期値は「0」であり、後述するメイン処理のスイッチ読込処理(S11、図9参照)において、普通電動役物13へ遊技球が入賞する毎に「1」加算される。

次いで、リミッタ計数カウンタについて説明する。本実施の形態では、一旦普通当たり遊技が実行されて普通電動役物13へ遊技球が入賞し、大当たり判定が行われると、99%以上の確率で「確率変動大当たり」となる。すると、次に普通当たり遊技が行われるまでの時間が通常状態中よりも短くなり、普通当たり遊技及び大当たり遊技が連続して行われる。そして、確率変動大当たりが連続して50回行われると、その50回目の大当たり遊技終了後は必ず「通常状態」が生起される。そして、リミッタ計数カウンタは確率変動大当たりの連続回数を計数するカウンタであり、後述するメイン処理の特別図柄処理(図13及び図14参照)において、確率変動大当たりと判定される毎に「1」加算される。そして、値が「50」に達するか、大当たり判定において「はずれ」若しくは「非確率変動大当たり」と判定されるかのいずれかの条件が満たされると、リミッタ計数カウンタの値は初期値である「0」とされる。

次に、普通当たり関係情報記憶エリア5203について、図7を参照して説明する。図7は、RAM52の普通当たり関係情報記憶エリア5203を示す概念図である。この普通当たり関係情報記憶エリア5203は、後述するメイン処理の普通図柄処理(図10及び図11参照)において使用される。図7に示すように、普通当たり関係情報記憶エリア5203には、判定エリア、第一記憶エリア、第二記憶エリア、第三記憶エリア、第四記憶エリアが設けられている。そして、第一〜第四記憶エリアには、普通図柄始動ゲート12を通過し、まだ普通当たり判定の判定結果の報知がなされていない遊技球(普通図柄作動保留球数)の取得した乱数が記憶される。また、判定エリアには、現在行われている普通当たり判定の結果報知や、普通当たり遊技の基になった乱数が記憶されている。この判定エリア及び第一〜第四記憶エリアのそれぞれには、普通当たり乱数欄及び変動パターン決定乱数欄が設けられており、普通当たり乱数欄には普通当たり判定カウンタの値が記憶され、変動パターン決定乱数欄には変動パターン決定カウンタの値が記憶される。

そして、普通図柄処理において普通図柄始動ゲート12を遊技球が通過したことが確認された場合には、第一記憶エリア〜第四記憶エリアの中で、普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値(普通図柄作動保留球数)に対応する番号の記憶エリアに2つの値が記憶される。例えば、普通図柄作動保留球数が「3」であれば、第三記憶エリアに記憶される。そして、判定エリアに記憶されている値に対する処理が終了したら、次の普通図柄作動保留球数の処理が行われる。そこで、第一記憶エリアに記憶されている値が判定エリアにシフトされ、判定エリアに記憶されている値に基づいて大当たりの判定結果の報知が実行される。また、第一記憶エリアが判定エリアにシフトされたことに伴い、第二〜第四記憶エリアの各値が1つ番号の若い記憶エリアへシフトされ、第四記憶エリアの値がクリアされる。ここで、記憶エリアの数は4つである。すなわち、普通図柄始動ゲート12を通過した遊技球に対して、乱数を記憶して作動を保留しておくことができる数は4つである。従って、普通図柄作動保留球数の上限は4つであり、普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値は「4」より大きい値を取ることはない。

次に、大当たり関係情報記憶エリア5205について、図8を参照して説明する。図8は、RAM52の大当たり関係情報記憶エリア5205を示す概念図である。この大当たり関係情報記憶エリア5205は、後述するメイン処理の特別図柄処理(図13及び図14参照)において使用される。図8に示すように、大当たり関係情報記憶エリア5205には、先述した普通当たり関係情報記憶エリア5203とは異なり判定エリアのみが設けられており、第一〜第四記憶エリアが設けられていない。よって、特別図柄の変動中、及び大当たり遊技中は判定エリアには既に乱数が記憶されているため、新たに乱数が取得されることはない。換言すると、普通電動役物13へ入賞した遊技球に対して、乱数を記憶して作動を保留しておくことができる数は「0」である。

この判定エリアには、大当たり判定カウンタの値が記憶される大当たり乱数欄、当たり特別図柄作成カウンタの値が記憶される当たり特別図柄決定乱数欄、及びはずれ特別図柄作成カウンタの値が記憶されるはずれ特別図柄決定乱数欄が設けられている。そして、普通電動役物13への遊技球の入賞が確認された場合、判定エリアに乱数が記憶されていなければそれぞれの欄に各値が記憶されて、この値に基づいて大当たり判定や特別図柄の決定が行われる。尚、決定された特別図柄により、大当たり判定終了後に生起する遊技状態を確率変動時短状態とするか、通常状態とするかが決定されるが、この詳細は後述する。

次に、本実施の形態のパチンコ機1の主基板41による動作の詳細について、図9乃至図15を参照して説明する。図9は、主基板41におけるメイン処理のフローチャートである。また、図10及び図11は、メイン処理の中で行われる普通図柄処理のサブルーチンのフローチャートであり、図12は、メイン処理の中で行われる普通電動役物処理のサブルーチンのフローチャートである。また、図13及び図14は、メイン処理の中で行われる特別図柄処理のサブルーチンのフローチャートであり、図15は、メイン処理の中で行われる特別電動役物処理のサブルーチンのフローチャートである。以下、フローチャートの各ステップについて「S」と略記する。

パチンコ機1の制御は、ROM53の制御プログラム記憶エリア5302に記憶されている制御プログラムにより行われる。制御プログラムのメイン処理は、割込信号発生回路57(図4参照)が発生する割込信号をCPU51が感知した際に、CPU51において実行される。割込信号は、一定の間隔(本実施の形態では2ms)毎に発生されるので、メイン処理は2ms毎に繰り返し実行されることになる。

まず、主基板41で行われるメイン処理について、図9を参照して説明する。図9に示すように、割込信号の感知によってメイン処理が開始されると、まずコマンド出力処理が行われる(S10)。このコマンド出力処理では、制御コマンドがI/Oインタフェイス54を介してサブ統合基板58や払出制御基板45、電飾基板46、中継基板47等に出力される。制御コマンドには、決定された普通図柄の変動パターンを指示するコマンド、普通図柄を停止させるタイミングを指示するコマンド、電動役物の開閉タイミングを指示するコマンド、大当たり判定の判定結果をサブ統合基板58に通知するコマンド等、多数のコマンドがあるが、これらの詳細は後述する。ここで出力される制御コマンドは、前回実施されたメイン処理においてコマンド関係記憶エリア5206に出力コマンドとして記憶された制御コマンドである。

次に、スイッチ読込処理が行われる(S11)。このスイッチ読込処理では、普通図柄始動ゲート12、普通電動役物13、第二種非電動役物14、大入賞口15、普通入賞口18〜21への遊技球の入賞を検知する処理が行われる。具体的には、普通図柄始動ゲート12に設けられている普通図柄作動スイッチ73、普通電動役物13に設けられている始動口スイッチ72、第二種非電動役物14に設けられている非電動役物スイッチ75、大入賞口15に設けられている大入賞口スイッチ76、普通入賞口18〜21に設けられている入賞口スイッチ77が用いられる。入賞と判断された場合には、RAM52の入賞球フラグ記憶エリア5202に記憶された各スイッチに対応したフラグがONとされる。尚、スイッチ読込処理の開始時には、入賞球フラグ記憶エリア5202の全てのフラグがリセットされる。

スイッチ読込処理が終了すると、次いで、カウンタ更新処理が行われる(S12)。先述したように、このカウンタ更新処理では、RAM52のカウンタ記憶エリア5201に記憶されている乱数取得カウンタの各値が所定量だけ加算され、タイマカウンタの各値が所定量だけ減算される。

カウンタ更新処理が終了すると、特別電動役物処理が行われる(S13)。この特別電動役物処理では、大当たり遊技の動作を制御するための処理や、大当たり遊技終了後に生起される遊技状態に関する処理等が行われるが、この詳細は、図15に示すフローチャートを参照して後述する。

特別電動役物処理が終了すると、特別図柄処理が行われる(S14)。この特別図柄処理では、大当たりの判定、特別図柄表示部25に表示される特別図柄の決定、大当たりの判定結果をサブ統合基板58に通知するためのコマンドの記憶、特別図柄の変動を制御するためのコマンドの記憶等の処理が行われる。この特別図柄処理については、図13及び図14に示すフローチャートを参照して後述する。

特別図柄処理が終了すると、普通電動役物処理が行われる(S15)。この普通電動役物処理では、普通当たりとなった場合に普通電動役物13を開閉する動作を制御するための処理が行われるが、この詳細は、図12に示すフローチャートを参照して後述する。

普通電動役物処理が終了すると、普通図柄処理が行われる(S16)。普通図柄処理では、スイッチ読込処理(S11)にて普通図柄作動スイッチ73に対応するフラグが「ON」となっている場合に普通当たり乱数が取得され、普通当たりの判定、表示画面28に表示されるデモ図柄の変動パターンの決定、デモ図柄及び普通図柄の変動を制御するためのコマンドの記憶、普通当たり遊技状態であるか否かを示す普通当たり遊技状態フラグを「ON」とする処理等が行われる。この普通図柄処理については、図10及び図11に示すフローチャートを参照して後述する。

普通図柄処理が終了すると、賞品球の払い出しを行う払出処理が行われ(S17)、次いで、エラーチェックが行われる(S18)。パチンコ機1にエラーが発生している場合には、表示画面28にエラー表示を行わせたり、照明装置35を点灯・点滅させたり、スピーカ48からエラー音を発音させたりする。そこで、S10のコマンド出力処理にてサブ統合基板58へ送信するためのエラーコマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される。次いで、情報出力処理が行われる(S19)。この情報出力処理では、図示外の遊技場管理用コンピュータにパチンコ機1の大当たり情報、始動情報等の各種の情報が出力ポート55を介して出力される。情報出力処理が終わるとメイン処理は終了する。そして、割込信号発生回路57から割込信号を受信すると、また最初からメイン処理が実行される。

ここで、ある遊技球が普通図柄始動ゲート12を通過して普通当たりと判定された場合のパチンコ機1の動作を例に挙げて、メイン処理の一連の流れを説明する。遊技者が、遊技盤2の下側に設けられた発射ハンドル7を操作して遊技球を遊技領域4に発射すると、遊技球は遊技領域4を流下する。その遊技球が普通図柄始動ゲート12を通過すると、スイッチ読込処理において遊技球の通過が検出され、入賞球フラグ記憶エリア5202の対応するフラグが「ON」とされる(S11)。そして、普通図柄及び表示画面28内のデモ図柄が停止し、普通当たりを示す図柄が表示される。普通当たり図柄の停止表示時間が経過すると、フラグ関係記憶エリア5207の普通当たり遊技状態フラグが「ON」とされる(S16)。すると、次に実施されるメイン処理の普通電動役物処理(S15)で、普通電動役物13を開放させるコマンドが記憶され、繰り返しメイン処理が実施される中で、普通電動役物13への8個の遊技球の入賞を検知するか、若しくは所定の開放時間(C秒)が経過すると、普通電動役物13を閉鎖させるコマンドが記憶される。

そして、普通電動役物13へ遊技球が入賞した際に第二種非電動役物14が閉鎖されている場合、この第二種非電動役物14は遊技球から受ける機械的な作用により開放される。尚、開放された第二種非電動役物14は、2個の遊技球が自身へ入賞することにより閉鎖する。

また、普通電動役物13への遊技球の入賞がスイッチ読込処理(S11)で検出され、対応するフラグが「ON」とされると、特別図柄処理(S14)において大当たり判定及び特別図柄の決定が行われ、特別図柄の変動に関する処理が行われる。この大当たり判定において「大当たり」と判定される確率は2009/2011若しくは2010/2011である。大当たりと判定されると、フラグ関係記憶エリア5207の大当たり遊技状態フラグが「ON」とされるので、次に実施されるメイン処理の特別電動役物処理(S13)において、大入賞口15を開閉させるコマンドが記憶される。そして、決定された特別図柄が確率変動図柄である場合、すなわち「確率変動大当たり」である場合には、大当たり遊技状態終了後に確率変動フラグ及び時短中フラグが共に「ON」とされる。時短中フラグが「ON」である際に次の普通当たり判定が行われると、718/719の確率で再び普通当たりとなるため(S16)、時短中フラグが「OFF」である場合(普通当たり確率5/719)よりも短い時間間隔で次の普通電動役物13の開放(S15)、及び大当たり判定が行われる機会の発生(S14)が見込まれる。すなわち、時短中フラグが「ON」である場合には、「OFF」である場合よりも短い時間間隔で普通当たりと大当たりとが連続して発生し、遊技者に多数の遊技球が払い出される。そして、この普通当たり及び大当たりの連続は、最大で50回連続する。

次に、メイン処理の普通図柄処理(S16)の詳細について、図10及び図11を参照して説明する。はじめに、普通図柄処理で使用されるフラグについて説明する。フラグ関係記憶エリア5207には、普通図柄表示状態フラグ、普通当たり遊技状態フラグ、時短中フラグ等が記憶されている。普通図柄表示状態フラグは普通図柄表示部24の状態を示すフラグであり、普通図柄表示部24が変動している場合(変動中)には「1」、停止表示されている場合(停止表示中)には「2」、変動中でも停止表示中でもない場合には「0」が記憶されている。また、普通当たり遊技状態フラグは、普通当たり遊技状態である場合には「1」が記憶されて「ON」となっており、そうでない場合には「0」が記憶されて「OFF」となっている。また、時短中フラグは、「確率変動時短状態」が生起される際に「1」が記憶されて「ON」となり、「通常状態」が生起される際に「0」が記憶されて「OFF」となる。尚、各フラグの初期値はいずれも「0」である。

図10に示すように、メイン処理の普通図柄処理が開始されると、普通図柄始動ゲート12への遊技球の通過に関する処理が行われる。まず、普通図柄始動ゲート12を遊技球が通過したか否かが判断される(S21)。メイン処理のスイッチ読込処理(S11、図9参照)において、普通図柄始動ゲート12に設けられている普通図柄作動スイッチ73が遊技球の通過を検出した場合には、入賞球フラグ記憶エリア5202の普通図柄作動スイッチ73に対応するフラグが「ON」となっている。そこで、S21ではこの普通図柄作動スイッチ73に対応するフラグが「ON」であるか否かの判断が行われ、「ON」でない場合には(S21:NO)、遊技球は普通図柄始動ゲート12を通過していないので、そのままS25の判断へ移行する。

普通図柄作動スイッチ73に対応するフラグが「ON」である場合には(S21:YES)、普通図柄始動ゲート12を遊技球が通過しているので、その遊技球についての乱数が取得されて普通当たり関係情報記憶エリア5203に記憶される。しかし、乱数を取得して記憶することができる普通図柄作動保留球の数は4個である。そこで、普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値が「4」であるか否かの判断が行われる(S22)。普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値が「4」である場合には(S22:YES)、この遊技球についての乱数は記憶できないので、そのままS25の判断へ移行する。

普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値が「4」でない場合、すなわち「0」〜「3」のいずれかである場合には(S22:NO)、普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値に「1」が加算される(S23)。そして、普通当たり関係情報記憶エリア5203(図7参照)のうち、普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値に対応する番号の記憶エリアに乱数が記憶される(S24)。具体的には、普通当たり乱数欄には普通当たり判定カウンタの値が記憶され、変動パターン決定乱数欄には変動パターン決定カウンタの値が記憶される。

次いで、普通当たり遊技状態フラグにより、普通当たり遊技状態であるか否かの判断が行われる(S25)。普通当たり遊技状態である場合には、普通当たり判定や判定結果の報知は行われない。そこで、普通当たり遊技状態フラグが「ON」であり、普通当たり遊技状態である場合には(S25:YES)、何もせずにメイン処理へ戻る。

普通当たり遊技状態フラグが「ON」でない場合には(S25:NO)、普通当たり遊技状態でないので、普通図柄表示部24の制御に関する処理が行われる。まず、普通図柄表示状態フラグにより、普通図柄表示部24が変動中であるか否かの判断が行われる(S26)。普通図柄表示状態フラグが「1」でなく、変動中でない場合には(S26:NO)、普通図柄表示状態フラグにより停止表示中であるか否かの判断が行われる(S27)。普通図柄表示状態フラグが「2」でなく、停止表示中でない場合には(S27:NO)、普通当たり判定が行われる。

そこで、図11のフローチャートに示すように、普通当たり判定を行うべき遊技球が存在するか否かの確認が行われる(S28)。普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値が「1」以上でなければ(S28:NO)、普通当たり判定を行うべき遊技球は存在しないので、そのままメイン処理へ戻る。「1」以上であれば(S28:YES)、普通当たり判定を行うべき遊技球が存在するので、普通図柄作動保留球数記憶エリア5204の値が「1」減算され(S29)、普通当たり関係情報記憶エリア5203に記憶されている値がシフトされる。すなわち、第一記憶エリアに記憶されている乱数が判定エリアへシフトされ、第二〜第四記憶エリアに記憶されている乱数が番号の1つ若い記憶エリアへシフトされ、第四記憶エリアの値がクリアされる(S30)。

次いで、普通当たり判定が行われる。普通当たり判定は、確率変動時短状態中であるか否か、すなわち、時短中であるか否かに応じて、判定エリアの普通当たり乱数欄に記憶されている値を用いて行われる。尚、時短中であるか否かを示す時短中フラグは、後述する特別電動役物処理及び特別図柄処理において「ON」・「OFF」の切り替えが行われている。時短中フラグに「1」が記憶されて「ON」となっており、時短中である場合には(S31:YES)、普通当たりとして決められている特定の値の数が非時短中のテーブルよりも多い高確率の普通当たり判定テーブル(図示外)が参照されて、普通当たり判定が行われる(S32)。

次いで、「普通当たり」と判定された場合には(S33:YES)、時短中に普通当たりと判定された際の変動パターン決定処理が行われる(S34)。具体的には、まず、時短中における普通当たり時の変動パターン決定テーブル(図示外)が参照されて、普通当たり関係情報記憶エリア5203の判定エリアに記憶されている変動パターン決定乱数により変動パターンが1つ決定される。そして、決定された変動パターンを示す変動パターン指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される。この変動パターン指定コマンドは、コマンド出力処理(S10、図9参照)においてサブ統合基板58及び中継基板47に送信され、決定された変動パターンを指定すると共に、表示画面28内のデモ図柄表示部D1〜D3及び普通図柄表示部24の変動開始の指示を行う。また、普通当たり判定において「普通当たり」と判定されなかった場合には(S33:NO)、時短中における普通当たり判定がはずれであった際の変動パターン決定テーブルが参照されて変動パターンが決定され、決定された変動パターンを示す変動パターン指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される(S35)。

一方で、時短中フラグに「0」が記憶されて「OFF」となっている非時短中、すなわち、普通当たり低確率状態中である場合には(S31:NO)、普通当たりとして決められている特定の値が時短中のテーブルよりも少ない低確率の普通当たり判定テーブル(図示外)が参照されて、普通当たり判定が行われる(S36)。次いで、「普通当たり」と判定された場合には(S37:YES)、非時短中における普通当たり時の変動パターン決定テーブルが参照されて変動パターンが決定され、決定された変動パターンを示す変動パターン指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される(S38)。また、「普通当たり」と判定されなかった場合には(S37:NO)、非時短中における普通当たり判定がはずれであった際の変動パターン決定テーブルが参照されて変動パターンが決定され、決定された変動パターン指定コマンドが記憶される(S39)。

次いで、決定された変動パターンにより決められている普通図柄の変動時間が、普通図柄変動時間カウンタTC1に記憶される(S40)。この変動時間は変動パターン毎にあらかじめ設定されている。本実施の形態では、時短中の変動パターンは全て変動時間が同じ時間(A秒)に設定されているのに対し、非時短中の変動パターンは複数の変動時間が変動パターン毎に割り当てられているが、変動時間の設定は適宜変更が可能である。そして、普通図柄表示部24が変動中であることを示す「1」が普通図柄表示状態フラグに記憶されて(S41)、普通図柄処理を終了し、メイン処理へ戻る。

また、図10のフローチャートに示すS26の判断において、普通図柄表示状態フラグに「1」が記憶されており、普通図柄表示部24が変動中であると判断された場合には(S26:YES)、変動時間が経過したか否かの判断が行われる(S47)。この判断は、普通図柄変動時間カウンタTC1の値により行われる。S40(図11参照)でセットされた普通図柄変動時間カウンタTC1の値が「0」となった場合には、普通図柄の変動時間が経過したので(S47:YES)、コマンド関係記憶エリア5206に普通図柄停止コマンドが記憶される(S48)。この普通図柄停止コマンドは、コマンド出力処理(S10、図9参照)においてサブ統合基板58及び中継基板47へ送信され、表示画面28内のデモ図柄表示部D1〜D3及び普通図柄表示部24の停止を指示する。そして、所定の停止表示時間(B秒)が普通図柄停止時間カウンタTC2に記憶され(S49)、普通図柄表示部24が停止表示中であることを示す「2」が普通図柄表示状態フラグに記憶される(S50)。そして、普通図柄処理を終了し、メイン処理へ戻る。一方、S47の判断において、普通図柄変動時間カウンタTC1の値が「0」でなく、変動時間がまだ経過していない場合には(S47:NO)、普通図柄表示部24の変動が継続される。そこで、そのままメイン処理へ戻る。

また、S27の判断において、普通図柄表示状態フラグに「2」が記憶されており、普通図柄表示部24が停止表示中であると判断された場合には(S27:YES)、停止表示時間が経過したか否かの判断が行われる(S51)。この判断は、普通図柄停止時間カウンタTC2の値により行われる。S49でセットされた普通図柄停止時間カウンタTC2の値が、カウンタ更新処理(S12、図9参照)において減算されて「0」となった場合には、停止表示時間が経過したので(S51:YES)、普通図柄表示部24が停止表示中でも変動中でもないことを示す「0」が普通図柄表示状態フラグに記憶される(S52)。

そして、普通当たり乱数があらかじめ「普通当たり」と決められた乱数である場合には(S53:YES)、RAM52のフラグ関係記憶エリア5207に記憶されている普通当たり遊技状態フラグに「1」が記憶されて「ON」とされ(S54)、表示画面28に普通当たり開始画面を表示させるための普通当たり開始画面表示コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶されて(S55)、普通図柄処理を終了し、メイン処理へ戻る。この普通当たり遊技状態フラグは、後述する普通電動役物処理(図12参照)において、普通電動役物13を開閉させる処理を行うか否かを判断する際に使用される。また、普通当たりでない場合には(S53:NO)、そのまま普通図柄処理を終了し、メイン処理へ戻る。また、S51の判断において、普通図柄停止時間カウンタTC2の値が「0」でなく、停止表示時間がまだ経過していないと判断された場合には(S51:NO)、普通図柄表示部24には引き続き図柄が停止表示される。そこで、そのままメイン処理へ戻る。

以上説明したように、遊技球が普通図柄始動ゲート12を通過すると(S21:YES)、乱数が取得され(S24)、時短中であるか否かに応じて普通当たり判定が行われて(S32,S36)、変動パターンが決定され、変動パターン指定コマンドが記憶される(S34,S35,S38,S39)。そして、繰り返しメイン処理が実行される中で、普通図柄処理も繰り返し実施され、変動時間が経過すると(S26:YES、S47:YES)、普通図柄停止コマンドが記憶される(S48)。さらに普通図柄処理が繰り返し実行され、停止表示時間が経過すると(S27:YES、S51:YES)、普通当たり判定の判定結果の報知を終了し、普通当たりであった場合には(S53:YES)、普通当たり遊技状態へ移行するために普通当たり遊技状態フラグが「ON」とされて(S54)、メイン処理へ戻る。

次に、メイン処理の普通電動役物処理(S15)の詳細について、図12を参照して説明する。まず、普通電動役物処理で使用されるフラグについて説明する。ここで使用される主なフラグとして、普通電動役物開放中フラグ及び普通図柄変動待機中フラグがある。普通電動役物開放中フラグは普通電動役物13が開放中であるか否かを示すフラグであり、普通電動役物13の開放中には「1」が記憶されて「ON」となり、閉鎖中には「0」が記憶されて「OFF」となる。また、普通図柄変動待機中フラグは、普通電動役物13が閉鎖されてから次の普通図柄の変動を可能とするまでの待機時間中であるか否かを示すフラグであり、変動待機中には「1」が記憶されて「ON」となり、変動待機中でなければ「0」が記憶されて「OFF」となる。尚、初期値は共に「0」である。

図12に示すように、メイン処理の普通電動役物処理が開始されると、普通当たり遊技状態フラグにより、普通当たり遊技状態であるか否かの判断が行われる(S61)。普通当たり遊技状態でない場合には、普通電動役物13の開放・閉鎖は行われない。そこで、普通当たり遊技状態フラグが「OFF」であり、普通当たり遊技状態でない場合には(S61:NO)、そのままメイン処理へ戻る。

一方で、普通当たり遊技状態フラグが「ON」であり、普通当たり遊技状態である場合には(S61:YES)、普通電動役物13の開放・閉鎖に関する処理が行われる。まず、普通図柄変動待機中フラグにより、普通図柄の変動待機中であるか否かの判断が行われる(S62)。普通図柄変動待機中フラグが「OFF」であり、変動待機中でない場合には(S62:NO)、普通電動役物開放中フラグにより普通電動役物13が開放中であるか否かの判断が行われる(S63)。普通電動役物開放中フラグが「OFF」であり、普通電動役物13がまだ開放されていなければ(S63:NO)、普通電動役物13を開放させるための普通電動役物開放コマンドがRAM52のコマンド関係記憶エリア5206に記憶される(S64)。そして、普通電動役物13の最大開放時間(C秒)が普通電動役物開放時間カウンタTC3に記憶され(S65)、普通電動役物13が開放中であることを示す「1」が普通電動役物開放中フラグに記憶されて「ON」とされる(S66)。

次いで、普通電動役物入賞球数カウンタの値が「8」であるか否かの判断が行われる(S67)。普通電動役物13へ遊技球が入賞する毎に、メイン処理のスイッチ読込処理(S11、図9参照)において、普通電動役物入賞球数カウンタの値に「1」が加算される。この普通電動役物入賞球数カウンタの値が8未満、すなわち「0」〜「7」であれば(S67:NO)、S65の処理でセットされた普通電動役物開放時間カウンタTC3により、普通電動役物13の最大開放時間が経過したか否かの判断が行われる(S68)。C秒の最大開放時間が経過していなければ(S68:NO)、そのままメイン処理へ戻る。

そして、その後に行われるメイン処理の普通電動役物処理で、普通当たり遊技状態であり(S61:YES)、普通図柄の変動待機中でなく(S62:NO)、普通電動役物13が開放中である場合には(S63:YES)、入賞球数が「8」となるか、若しくは普通電動役物13の最大開放時間が経過するまで、繰り返しこれらの判断が行われる(S67:NO、S68:NO)。そして、入賞球数が「8」となった場合(S67:YES)、若しくはC秒の開放時間が経過した場合には(S68:YES)、普通電動役物13を閉鎖させる処理が行われる。そこで、普通電動役物13を閉鎖させるための普通電動役物閉鎖コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される(S69)。次いで、次の普通図柄の変動を可能とするまでの待機時間(D秒)が普通図柄変動待機時間カウンタTC4に記憶され(S70)、普通電動役物入賞球数カウンタの値が初期値である「0」に初期化される(S71)。次いで、フラグ関係記憶エリア5207の普通電動役物開放中フラグに「0」が記憶されて「OFF」とされ(S72)、普通図柄の変動待機中であることを示す「1」が普通図柄変動待機中フラグに記憶されて「ON」とされる(S73)。そして、メイン処理へ戻る。

また、普通図柄変動待機中フラグが「ON」であり、普通図柄の変動待機中である場合には(S62:YES)、普通図柄変動待機時間カウンタTC4の値により、待機時間が経過したか否かの判断が行われる(S74)。普通図柄変動待機時間カウンタTC4の値が「0」でなく、待機時間の計測中であると判断された場合には(S74:NO)、そのままメイン処理へ戻る。そして、繰り返しメイン処理が行われる中で時間が経過し、普通図柄変動待機時間カウンタTC4の値が「0」となって待機時間が経過したと判断された場合には(S74:YES)、フラグ関係記憶エリア5207の普通当たり遊技状態フラグに「0」が記憶されて「OFF」とされ(S75)、普通図柄変動待機中フラグが変動待機中でないことを示す「OFF」とされて(S76)、普通電動役物処理を終了し、メイン処理へ戻る。

以上説明したように、普通当たり判定の判定結果が「普通当たり」であり、普通当たり遊技状態となると(S61:YES)、普通電動役物13が開放される(S64)。そして、8個の遊技球の入賞が検知されるか(S67:YES)、若しくはC秒の最大開放時間が経過すると(S68:YES)、普通電動役物13が閉鎖される(S69)。しかし、普通当たり遊技状態フラグは、その時点から計測されるD秒の待機時間が経過するまで引き続き「ON」とされ(S74:NO)、待機時間が経過した時点で「OFF」とされる(S74:YES、S75)。ここで、先述したように、普通当たり遊技状態フラグが「ON」となっている場合は普通当たり判定が行われないため、普通当たり関係情報記憶エリア5203(図7参照)の第一記憶エリアに乱数が記憶されている場合でも、普通電動役物13の閉鎖後D秒間は普通当たり判定が行われないこととなる。そして、このD秒間の待機時間の長さは、後述する特別図柄の変動・停止及び大当たり遊技が、最長の時間を要して全て終了する時間よりも後まで継続する長さに設定されている。従って、特別図柄の変動中や大当たり遊技中には普通当たり判定が行われることはない。この詳細は、図16を参照して後述する。

次に、メイン処理の特別図柄処理(S14)の詳細について、図13及び図14を参照して説明する。特別図柄処理で使用される主なフラグとして、大当たり遊技状態フラグ、確率変動フラグ、確率変動時短生起フラグ、特別図柄表示状態フラグ等がある。大当たり遊技状態フラグは、大当たり遊技状態である場合には「1」が記憶されて「ON」となっており、そうでない場合には「0」が記憶されて「OFF」となっている。また、確率変動フラグは、確率変動中である場合(「確率変動時短状態」が生起されている場合)に「1」が記憶されて「ON」となっており、そうでない場合(「通常状態」が生起されている場合)は「0」が記憶されて「OFF」となっている。また、確率変動時短生起フラグは、大当たり遊技終了後に確率変動時短状態を生起させる場合に「1」が記憶されて「ON」となっており、そうでない場合には「0」が記憶されて「OFF」となっている。そして、特別図柄表示状態フラグは特別図柄表示部25の状態を示すフラグであり、特別図柄表示部25の変動中には「1」、停止表示中には「2」、変動中でも停止表示中でもない場合(停止中)には「0」が記憶されている。尚、各フラグの初期値はいずれも「0」である。

図13に示すように、メイン処理の特別図柄処理が開始されると、普通電動役物13への遊技球の入賞に関する処理が行われる。まず、普通電動役物13へ遊技球が入賞したか否かが判断される(S81)。入賞球フラグ記憶エリア5202に記憶されているフラグのうち、普通電動役物13に設けられている始動口スイッチ72に対応するフラグが「OFF」となっている場合には(S81:NO)、遊技球は普通電動役物13へ入賞していない。この場合には、大当たり判定や判定結果の報知は行われずに、図14に示すS111の判断へそのまま移行する。

始動口スイッチ72に対応するフラグが「ON」であり、普通電動役物13へ遊技球が入賞している場合には(S81:YES)、大当たり遊技状態フラグにより、大当たり遊技状態であるか否かの判断が行われる(S82)。大当たり遊技状態である場合には、大当たり判定や判定結果の報知は行われない。そこで、大当たり遊技状態フラグが「ON」であり、大当たり遊技状態である場合には(S82:YES)、S111(図14参照)の判断へ移行する。

大当たり遊技状態フラグが「OFF」であり、大当たり遊技状態でない場合には(S82:NO)、特別図柄表示状態フラグにより、特別図柄表示部25が停止中であるか否かの判断が行われる(S85)。本実施の形態では、大当たり判定に用いる乱数を記憶して作動を保留しておくことができる数(特別図柄作動保留球数)は「0」である。よって、特別図柄の変動中及び停止表示中に普通電動役物13へ遊技球が入賞しても、新たに乱数が取得されることはない。そこで、特別図柄表示状態フラグが「1」及び「2」のいずれかであり、特別図柄が停止中でない場合には(S83:NO)、そのままS111(図14参照)の判断へ移行する。

特別図柄表示状態フラグが「0」であり、特別図柄が停止中である場合には(S83:YES)、大当たり判定及び判定結果の報知が行われる。まず、RAM52の大当たり関係情報記憶エリア5205(図8参照)の記憶エリアに乱数が記憶される(S84)。具体的には、大当たり乱数欄には大当たり判定カウンタの値が、当たり特別図柄決定乱数欄には当たり特別図柄作成カウンタの値が、はずれ特別図柄決定乱数欄にははずれ特別図柄作成カウンタの値がそれぞれ記憶される。

次いで、大当たり判定が行われる。大当たり判定は、確率変動中であるか否か、すなわち、大当たり高確率状態であるか否かに応じて、大当たり乱数欄に記憶されている値を用いて行われる。確率変動フラグに「1」が記憶されて「ON」となっている確率変動中の場合には(S85:YES)、大当たりとして決められている特定の値が通常状態の場合よりも多い高確率の大当たり判定テーブル(図示外)が参照されて、大当たり判定が行われる(S86)。一方で、確率変動フラグが「OFF」となっている非確率変動中の場合には(S85:NO)、大当たりとして決められている特定の値の数が高確率の判定テーブルよりも少ない低確率の大当たり判定テーブル(図示外)が参照されて、大当たり判定が行われる(S87)。

次いで、「大当たり」と判定された場合には(S88:YES)、当たり特別図柄決定処理(S89)において、複数の当たり特別図柄の中の1つが当たり特別図柄決定乱数欄に記憶されている値に基づいて決定され、決定された当たり特別図柄を示す特別図柄指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される。そして、大当たりが確率変動大当たりであるか否かの判断が行われる(S91)。S89で決定された特別図柄が確率変動図柄であり、確率変動大当たりであると判断された場合には(S91:YES)、確率変動大当たりの連続回数を計数するリミッタ計数カウンタに「1」が加算される(S92)。

そして、リミッタ計数カウンタの値により、確率変動大当たりの連続回数がリミットである50回に達したか否かの判断が行われる(S93)。リミッタ計数カウンタの値が「49」以下であり、リミットに達していない場合には(S93:NO)、大当たり遊技終了後に確率変動時短状態を生起することを示す「1」が確率変動時短生起フラグに記憶されて「ON」とされ(S94)、S97の処理へ移行する。一方で、リミッタ計数カウンタの値が「50」であり、リミットに達している場合には(S93:YES)、大当たりが確率変動大当たりであるか否かに関わらず、確率変動時短生起フラグはそのまま「OFF」の状態とされる。そして、リミッタ計数カウンタが初期化されて値が「0」とされ(S96)、S97の処理へ移行する。

また、S89で決定された特別図柄が非確率変動図柄であり、非確率変動大当たりであると判断された場合には(S91:NO)、確率変動大当たりは連続しないこととなる。そこで、リミッタ計数カウンタの値が「0」でない場合には(S95:NO)、初期化が行われて(S96)、S97の処理へ移行する。リミッタ計数カウンタの値が「0」である場合には(S95:YES)、そのままS97の処理へ移行する。また、大当たり判定の結果が「はずれ」であった場合には(S88:NO)、はずれ特別図柄決定処理(S90)において、複数のはずれ特別図柄の中の1つがはずれ特別図柄決定乱数欄に記憶されている値に基づいて決定され、決定されたはずれ特別図柄を示す特別図柄指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される。そして、リミッタが「0」でない場合に初期化する処理が行われて(S95及びS96)、S97の処理へ移行する。

次いで、特別図柄の変動時間(E秒)が特別図柄変動時間カウンタTC5に記憶されて(S97)、特別図柄表示部25の変動を開始させるための特別図柄変動開始コマンドが、コマンド関係記憶エリア5206に記憶される(S98)。そして、特別図柄表示部25が変動中であることを示す「1」が、特別図柄表示状態フラグに記憶されて(S99)、S111(図14参照)の判断へ移行する。

次いで、図14のフローチャートに示すように、特別図柄が変動中であるか否かの判断が行われる(S111)。特別図柄表状態フラグに「1」が記憶されており、特別図柄表示部25が変動中であると判断された場合には(S111:YES)、S97(図13参照)でセットされた特別図柄変動時間カウンタの値が「0」となったか否かにより、変動時間が経過したか否かの判断が行われる(S112)。特別図柄変動時間カウンタの値が「0」である場合には、特別図柄の変動時間が経過したので(S112:YES)、特別図柄表示部25の変動を停止させるための特別図柄停止コマンドが記憶される(S113)。そして、特別図柄の停止表示時間(F秒)が特別図柄停止時間カウンタTC6に記憶され(S114)、特別図柄表示部25が停止表示中であることを示す「2」が特別図柄表示状態フラグに記憶されて(S115)、メイン処理へ戻る。一方、S112の判断において、特別図柄変動時間カウンタの値が「0」でなく、変動時間がまだ経過していない場合には(S112:NO)、特別図柄表示部25の変動が継続される。そこで、そのままメイン処理へ戻る。

また、特別図柄が変動中でないと判断された場合には(S111:NO)、特別図柄が停止表示中であるか否かの判断が行われる(S116)。特別図柄表示状態フラグに「2」が記憶されておらず、特別図柄表示部25が停止表示中でないと判断された場合には(S116:NO)、そのままメイン処理へ戻る。一方で、特別図柄表示状態フラグに「2」が記憶されており、特別図柄表示部25が停止表示中であると判断された場合には(S116:YES)、S114でセットされた特別図柄停止時間カウンタTC6の値により、停止表示時間が経過したか否かの判断が行われる(S117)。特別図柄停止時間カウンタTC6の値が「0」である場合には、停止表示時間が経過したので(S117:YES)、特別図柄が停止中であることを示す「0」が特別図柄表示状態フラグに記憶される(S118)。そして、本実施の形態では、一旦生起された「確率変動時短状態」は、次の特別図柄の変動及び停止表示が完了した時点で終了し、その後の遊技状態は「通常状態」へ移行する。よって、フラグ関係記憶エリア5207の確率変動フラグ及び時短中フラグが「ON」となっている場合には、共に「OFF」へ切りかえる処理が行われる(S119)。

そして、先に行われた大当たり判定で「大当たり」と判定された場合には(S120:YES)、フラグ関係記憶エリア5207の大当たり遊技状態フラグに「1」が記憶されて「ON」とされ(S121)、特別図柄処理を終了してメイン処理へ戻る。この大当たり遊技状態フラグは、後述する特別電動役物処理(図15参照)において、大入賞口15を開閉させる処理を行うか否かを判断する際に使用される。また、大当たりでない場合には(S120:NO)、そのまま特別図柄処理を終了し、メイン処理へ戻る。また、S117の判断において、特別図柄停止時間カウンタTC6の値が「0」でなく、停止表示時間がまだ経過していないと判断された場合には(S117:NO)、特別図柄表示部25には引き続き図柄が停止表示される。そこで、そのままメイン処理へ戻る。

以上説明したように、遊技球が普通電動役物13へ入賞すると(S81:YES)、乱数が取得され(S83)、大当たり判定が行われる(S85〜S87)。そして、大当たり判定の結果が確率変動大当たりである場合には(S91:YES)、確率変動大当たりが連続した回数が計数されて(S92)、50回のリミットに達していなければ(S93:NO)、大当たり遊技終了後に確率変動時短状態を生起させることが記憶される(S94)。また、大当たり判定の結果がはずれであった場合(S88:NO)、非確率変動大当たりであった場合(S91:NO)、及び50回のリミットに達した場合(S93:YES)には、その後の遊技状態は通常状態とされる。尚、先述したように、普通電動役物13へ遊技球が入賞した際に第二種非電動役物14が閉鎖している場合には、この第二種非電動役物14は機械的な作用により開放される。

次に、メイン処理の特別電動役物処理(S13)の詳細について、図15を参照して説明する。まず、特別電動役物処理で使用されるフラグについて説明する。ここで使用される主なフラグとして、大入賞口開放中フラグ、大入賞口処理待機中フラグ、1回目開閉動作終了フラグ等があり、RAM52のフラグ関係記憶エリア5207に記憶されている。大入賞口開放中フラグは大入賞口15が開放されているか否かを示すフラグであり、開放されている場合に「1」が記憶されて「ON」となり、閉鎖されている場合に「0」が記憶されて「OFF」となる。また、大入賞口処理待機中フラグは、大入賞口15が閉鎖されてから次の処理が行われるまでの待機時間中であるか否かを示すフラグであり、待機時間中には「1」が記憶されて「ON」となり、待機時間中でなければ「0」が記憶されて「OFF」となる。また、1回目開閉動作終了フラグは、1回の大当たり遊技中に2回行われる大入賞口15の開閉動作(後述する待機時間の計測を含む)のうち、1回目の開閉動作が終了したか否かを示すフラグであり、終了している場合には「1」が記憶されて「ON」となり、終了していない場合には「0」が記憶されて「OFF」となる。尚、初期値はいずれも「0」である。

図15に示すように、メイン処理の特別電動役物処理が開始されると、大当たり遊技状態フラグにより、大当たり遊技状態であるか否かの判断が行われる(S131)。大当たり遊技状態でない場合には、大入賞口15の開放・閉鎖は行われない。そこで、大当たり遊技状態フラグが「OFF」であり、大当たり遊技状態でない場合には(S131:NO)、そのままメイン処理へ戻る。

一方で、大当たり遊技状態フラグが「ON」であり、大当たり遊技状態である場合には(S131:YES)、大入賞口15に関する処理が行われる。まず、大入賞口処理待機中フラグにより、大入賞口15に関する次の処理が行われるまでの待機時間中であるか否かの判断が行われる(S132)。大入賞口処理待機中フラグが「OFF」であり、待機時間中でない場合には(S132:NO)、大入賞口開放中フラグにより大入賞口15が開放されているか否かの判断が行われる(S133)。大入賞口開放中フラグが「OFF」であり、大入賞口15が閉鎖中である場合には(S133:NO)、大入賞口15を開放させるための大入賞口開放コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶される(S135)。このコマンドは、次に行われるメイン処理のコマンド出力処理(S10、図9参照)において、中継基板47に出力される。そして、大入賞口15の最大開放時間(本実施の形態では、普通電動役物13の最大開放時間C秒の4分の1、すなわちC/4秒)が大入賞口開放時間カウンタTC7に記憶され(S136)、大入賞口15が開放していることを示す「1」が大入賞口開放中フラグに記憶されて「ON」とされる(S137)。

次いで、大入賞口15へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S138)。入賞球フラグ記憶エリア5202のうち、大入賞口15に設けられた大入賞口スイッチ76に対応するフラグが「OFF」となっており、大入賞口15へ遊技球が入賞していないと判断された場合には(S138:NO)、S136でセットされた大入賞口開放時間カウンタTC7により、大入賞口15の最大開放時間が経過したか否かの判断が行われる(S139)。C/4秒の最大開放時間が経過していなければ(S139:NO)、そのままメイン処理へ戻る。

そして、その後に行われるメイン処理の特別電動役物処理で、大当たり遊技状態であり(S131:YES)、大入賞口15に関する次の処理が行われるまでの待機時間中でなく(S132:NO)、大入賞口15が開放中である場合には(S133:YES)、大入賞口15へ遊技球が入賞するか、若しくは大入賞口15の最大開放時間が経過するまで、繰り返しこれらの判断が行われる(S138:NO、S139:NO)。

そして、大入賞口15へ遊技球が入賞するか(S138:YES)、若しくはC/4秒の最大開放時間が経過した場合には(S139:YES)、大入賞口15を閉鎖させる処理が行われる。そこで、大入賞口15を閉鎖させるための大入賞口閉鎖コマンドがコマンド関係記憶エリア5206に記憶され(S140)、大入賞口開放中フラグが「OFF」とされる(S141)。次いで、1回目開閉動作終了フラグにより、1回の大当たり遊技中に2回行われる大入賞口15の開閉動作のうち、1回目の開閉動作が全て終了しているか否かの判断が行われる(S142)。この1回の開閉動作とは、大入賞口15の開放・閉鎖と、その後に待機時間を計測する動作とを含む。1回目開閉動作終了フラグが「OFF」となっており、大入賞口15の1回目の開閉動作が完全には終了していない場合には(S142:NO)、大入賞口15の1回目の閉鎖後に計測される待機時間である第一待機時間(本実施の形態では、普通電動役物13の開放時間と同じC秒)が第一待機時間カウンタTC8に記憶される(S143)。そして、待機時間中であることを示す「1」が大入賞口処理待機中フラグに記憶されて「ON」とされ(S144)、メイン処理へ戻る。

また、大入賞口処理待機中フラグが「ON」である場合には(S132:YES)、第一待機時間カウンタTC8の値により、待機時間が経過したか否かの判断が行われる(S145)。第一待機時間カウンタTC8の値が「0」でなく、待機時間の計測中であると判断された場合には(S145:NO)、そのままメイン処理へ戻る。そして、繰り返しメイン処理が行われる中で時間が経過し、第一待機時間カウンタTC8の値が「0」となって、待機時間が経過したと判断された場合には(S145:YES)、待機時間中でないことを示す「0」が大入賞口処理待機中フラグに記憶されて「OFF」とされる(S146)。

次いで、大入賞口15の1回目の開閉動作が終了しているか否かの判断が行われる(S147)。1回目開閉動作終了フラグが「OFF」となっている場合には(S147:NO)、このフラグが「ON」に切り替えられて(S148)、メイン処理へ戻り、次回以降に行われる特別電動役物処理にて2回目の開閉動作が行われることとなる。

そして、次に行われる特別電動役物処理では、大当たり遊技状態であり(S131:YES)、大入賞口15に関する次の処理が行われるまでの待機時間中でなく(S132:NO)、大入賞口15が閉鎖中であるため(S133:NO)、大入賞口15を開放させる大入賞口開放コマンドが記憶される(S135)。次いで、C/4秒の最大開放時間が大入賞口開放時間カウンタTC7に記憶され(S136)、大入賞口開放中フラグが「ON」とされる(S137)。そして、繰り返しメイン処理が行われる中で、大入賞口15へ遊技球が入賞するか(S138:YES)、若しくはC/4秒の最大開放時間が経過した場合には(S139:YES)、大入賞口閉鎖コマンドが記憶され(S140)、大入賞口開放中フラグが「OFF」とされる(S141)。次いで、1回目開閉動作終了フラグが「ON」となっており、大入賞口15の1回目の開閉動作が全て終了している場合には(S142:YES)、大入賞口15の2回目の閉鎖後に計測される待機時間である第二待機時間(本実施の形態では、特別図柄表示部25の変動時間と同じE秒)が第二待機時間カウンタTC9に記憶される(S149)。そして、大入賞口処理待機中フラグが「ON」とされて(S144)、メイン処理へ戻る。

そして、その後に繰り返し行われる特別電動役物処理では、S149でセットされたE秒の待機時間が経過すると(S131:YES、S132:YES、S145:YES)、大入賞口処理待機中フラグが「OFF」とされる(S146)。次いで、1回目開閉動作終了フラグが「ON」となっている場合には(S147:YES)、1回目開閉動作終了フラグが「OFF」とされ(S150)、大当たり遊技状態でないことを示す「0」が大当たり遊技状態フラグに記憶されて「OFF」とされる(S151)。

次いで、遊技状態に関するフラグの処理が行われる。先述した特別図柄処理におけるS94の処理(図13参照)において、大当たり遊技終了後に確率変動時短状態を生起することを示す「1」が確率変動時短生起フラグに記憶されて「ON」となっている場合には(S152:YES)、確率変動中であることを示す「1」が確率変動フラグに記憶されて「ON」とされ(S153)、さらに、時短中であることを示す「1」が時短中フラグに記憶されて「ON」とされる(S154)。これにより、「確率変動時短状態」が生起される。そして、確率変動時短生起フラグが「OFF」とされて(S155)、メイン処理へ戻る。一方で、確率変動時短生起フラグが「OFF」となっている場合には(S152:NO)、そのまま特別電動役物処理を終了してメイン処理へ戻り、遊技状態は「通常状態」となる。

以上説明したように、大当たり判定の結果が「大当たり」であり、大当たり遊技状態となると(S131:YES)、大入賞口15の1回目の開放・閉鎖が行われ(S135、S140)、C秒間の待機時間を経て大入賞口15の2回目の開放が行われる(S135)。そして、2回目の開閉動作が全て終了した際に(S147:YES)、確率変動時短生起フラグが「ON」となっていれば(S152:YES)、確率変動フラグ及び時短中フラグが共に「ON」とされる(S153,S154)。

このように、本実施の形態のパチンコ機1では、普通当たり遊技が1回行われる毎に大当たり判定が行われ、この大当たり判定と同時に第二種非電動役物14が開放される。そして、大当たり判定では99%以上の確率で「確率変動大当たり」と判定され、確率変動大当たりと判定された場合には、普通当たり判定で「当たり」と判定される確率が通常状態(5/719)の場合よりも高くなり(718/719)、普通当たり遊技及び大当たり遊技が連続する。そして、これらの当たり遊技の連続は、最大で50回行われるまで継続する。従って、一旦「普通当たり」と判定されると多数の遊技球の払い出しが行われる機会が得られるため、遊技者は「普通当たり」と判定されることを期待しながら遊技を楽しむことができる。

次に、本実施の形態のパチンコ機1の遊技内容について、図16のタイミングチャートを参照して説明する。図16は、パチンコ機1の各制御及び動作の一例を時間経過に対応させて表したタイミングチャートである。図16では、パチンコ機1の主基板41による各制御として、普通図柄作動SW(普通図柄作動スイッチ73)、普通図柄(普通図柄表示部24)、普通電動役物13、始動口SW(始動口スイッチ72)、第二種非電動役物14、非電動役物SW(非電動役物スイッチ75)、特別図柄(特別図柄表示部25)、大入賞口15、確率変動時短状態、及び時短当落演出を表している。ここで、時短当落演出とは、次の普通当たり判定が行われる際の遊技状態が「確率変動時短状態」に当選したか否かを遊技者に報知するための演出であり、表示画面28、スピーカ48、及び照明装置35によって行われる。尚、図16では、普通図柄始動ゲート12を通過した1つ目の遊技球に起因した普通当たり判定において「普通当たり」と判定され、その後に行われる大当たり判定で「確率変動大当たり」、さらにその後に行われる普通当たり判定も「普通当たり」と判定された場合の制御を例示している。

まず、遊技球が普通図柄始動ゲート12を通過したことが普通図柄作動スイッチ73により検知されると(S21)、確率変動時短状態が「停止」の状態となっている状態、すなわち通常状態であるため、その遊技球に関する低確率での普通当たり判定が行われる(S36)。そして、普通図柄が変動を開始する(S38)。ここで、通常状態中の普通図柄の変動時間は、決定された変動パターンによって異なる(S40)。

次いで、決定された変動パターンによって指定されている普通図柄の変動時間が経過すると(S47:YES)、普通図柄が停止し(S48)、B秒の停止表示時間を経て普通当たり遊技状態となる(S54)。普通当たり遊技状態では、まず普通電動役物13が開放され(S64)、遊技球の入賞が可能な状態となる。

そして、開放された普通電動役物13へ1つ目の遊技球が入賞すると、この遊技球による機械的な作用により第二種非電動役物14(図1参照)が開放される。開放された第二種非電動役物14は、自身へ2個の遊技球が入賞することで閉鎖するが、本実施の形態では普通電動役物13の最大開放時間であるC秒の約半分の時間で2個の遊技球が入賞するように構成されている。よって、第二種非電動役物14は、1回の普通当たり遊技中に概ね2回開放されることとなる。そして、第二種非電動役物14は2個の遊技球が入賞するまで閉鎖されることはないため、普通当たりと判定された際に払い出される遊技球数を安定させることができる。尚、第二種非電動役物14の開放中に普通電動役物13へ遊技球が入賞しても、その遊技球が第二種非電動役物14の動作に与える影響はない。

また、普通電動役物13へ1つ目の遊技球が入賞すると、第二種非電動役物14の開放と同時に大当たり判定が行われるが、遊技状態が通常状態であるため、低確率での大当たり判定が行われる(S87)。そして、特別図柄が変動を開始し(S98)、E秒の変動時間、及びF秒の停止表示時間が経過すると(S112:YES、S117:YES)、大当たり遊技状態となる。

大当たり遊技状態では、まず、1回目の大入賞口15の開放が行われる(S135)。そして、最大開放時間であるC/4秒が経過するか、若しくは遊技球が1つ入賞することで閉鎖され(S140)、C秒の第一待機時間が経過すると(S145:YES、S147:NO)、2回目の大入賞口15の開放が行われる(S135)。

ここで、大入賞口15の1回目の開放と2回目の開放との間の第一待機時間は、普通電動役物13の最大開放時間と同じC秒に設定されている。よって、1回の大当たり遊技中に行われる大入賞口15の開閉動作が終了した時点では、普通電動役物13は必ず閉鎖しており、次に普通当たり遊技が行われるまで大当たり判定及び大当たり遊技が行われることはない。これにより、1回の普通当たり遊技に対して実行され得る大当たり遊技の回数が制御されるため、普通当たりと1回判定される毎に払い出される遊技球の個数を安定させることができる。

また、1回の普通当たり遊技中に普通電動役物13の開閉動作が行われる時間の長さ(C秒)は、1回の大当たり遊技中に大入賞口15の開閉動作が行われる時間(最大でC/4秒とC秒とC/4秒との和)よりも短く設定されている。さらに、本実施の形態では大当たり乱数は保留されない。よって、1回の普通当たり遊技に対して最大で1回の大当たり遊技が実行されることとなり、普通当たり判定及び大当たり判定が共に「当たり」と判定されると、普通当たり遊技と大当たり遊技とが1つのセットとなって連続して行われる。これにより、新しい遊技性を遊技者に提供できると共に、1回普通当たりと判定される毎に払い出される遊技球の個数を安定させることができる。

次いで、2回目の大入賞口15の開放が終了し、E秒の第二待機時間が経過すると(S145:YES、S147:YES)、先に行われた大当たり判定の結果が「確率変動大当たり」であり、50回のリミットにも達していないため(S152:YES)、確率変動時短状態が生起される(S153、S154)。本実施の形態では、一旦生起された確率変動状態は、次の特別図柄の変動後の停止表示時間が経過した時点で終了するように設定されている。また、普通電動役物13が閉鎖された後のD秒の待機時間の長さは、特別図柄の変動・停止及び大当たり遊技が、最長の時間を要して全て終了する時間よりも後まで継続する長さに設定されている。従って、遊技状態が必ず「通常状態」となる大当たり遊技中には普通当たり判定が行われることはない。すなわち、普通当たり判定が行われる前の最も近い時間に行われた大当たり判定の結果が「確率変動大当たり」であれば、普通当たり判定は必ず確率変動時短状態中に行われる。よって、遊技状態が「通常状態」であるか「確率変動時短状態」であるかに応じた区分けが明確な遊技内容とすることができる。また、前回の普通当たり遊技に起因した大当たり遊技中に、さらに普通当たり遊技が実行されることがないため、遊技内容が複雑化することがない。

尚、次の普通当たり判定が行われる際の遊技状態が「確率変動時短状態」に当選したか否か、すなわち、普通当たり遊技及び大当たり遊技が連続して行われるか否かを遊技者に報知するための時短当落演出は、普通電動役物13へ遊技球が入賞すると同時に開始する。そして、この時短当落演出は、次に普通当たり判定が行われるまで継続する。一方で、1回の普通当たり遊技に対して複数回の大当たり遊技が実行され得る構成の遊技機では、次の普通当たり判定に最も近い時間に行われた大当たり判定の結果を用いて時短当落演出を行う必要があるため、普通電動役物13への遊技球の入賞時から時短当落演出を開始させることができない。よって、本実施の形態のパチンコ機1によると、1回の普通当たり遊技に対して複数回の大当たり遊技が実行され得る構成の遊技機よりも、時短当落演出を行う時間の割合を増やすことができ、遊技者を楽しませることができる。

また、1回の普通当たり遊技に対して複数回の大当たり遊技が実行され得る構成の遊技機の場合には、確率変動大当たりの連続を所定回数で終了させる機能である所謂リミッタを設けることができない。この理由を、具体的な例を挙げて説明する。一例として、1回の普通当たり遊技に対して最大5回の大当たり遊技が実行される構成の遊技機に、50回のリミッタを設ける場合を考える。この遊技機では、1回の普通当たりに対して常に5回の大当たり遊技が実行されると、10回目の普通当たり遊技に起因した大当たり遊技の内の最後の大当たり遊技が50回目の大当たり遊技となり、次の普通当たり判定が通常状態で行われるため、大当たり遊技の連続が終了する。しかし、10回目の普通当たり遊技に起因した大当たり遊技が4回しか行われなかった場合には、11回目の普通当たり遊技に起因した最初の大当たり遊技が50回目の大当たり遊技となる。すると、50回目の大当たり遊技終了後に一旦通常状態となった場合でも、その後に行われる大当たり判定では99%以上の確率で再び1回目の確率変動大当たりとなる。よって、次の普通当たり判定がほぼ確率変動時短状態で行われることとなり、50回のリミッタが意味を持たなくなる。そこで、本発明では1回の普通当たり遊技に対して1回の大当たり遊技をセットにすることで、リミッタを設けることを可能としている。

以上説明したように、本実施の形態のパチンコ機1によると、普通電動役物13へ遊技球が入賞すると、大当たり判定が行われると共に第二種非電動役物14が開放する。従って、大当たり判定によって「大当たり」と判定されると、第二種非電動役物14及び大入賞口15が開放する新しい遊技内容の大当たり遊技が実行される。そして、大当たり遊技終了後に「確率変動時短状態」が生起されると、通常よりも短い時間で再び普通当たり遊技が行われるため、新しい遊技内容の大当たり遊技と、普通当たり遊技とが連続して行われる。これにより、大当たり遊技に関する一連の遊技内容を多様化させて遊技者の興趣を惹き付けることができる。

尚、本実施の形態における普通図柄始動ゲート12が本発明の「通過口」に相当し、普通図柄作動スイッチ73が「通過口遊技球検出手段」に相当する。また、図10に示すS24で普通当たり乱数を取得する主基板41のCPU51が「普通当たり乱数取得手段」として機能し、図11に示すS32及びS36で普通当たり判定を行う主基板41のCPU51が「普通当たり判定手段」として機能する。また、普通電動役物13が「可変始動口」に相当し、普通電動役物開放ソレノイド69が「可変始動口開閉手段」に相当し、図12に示すS64及びS69で普通電動役物開放ソレノイド69の開閉を制御する主基板41のCPU51が「可変始動口開閉制御手段」として機能する。また、始動口スイッチ72が「始動口遊技球検出手段」に相当し、図13に示すS84で大当たり乱数を取得する主基板41のCPU51が「大当たり乱数取得手段」として機能し、S86及びS87で大当たり判定を行う主基板41のCPU51が「大当たり判定手段」として機能する。また、大入賞口開放ソレノイド70が「大入賞口開閉手段」に相当し、図15に示すS135及びS140で大入賞口開放ソレノイド70の開閉を制御する主基板41のCPU51が「大入賞口開閉制御手段」として機能する。

また、図14に示すS119、及び図15に示すS153及びS154において、確率変動フラグ及び時短中フラグの「ON」「OFF」の制御を行う主基板41のCPU51が「遊技状態制御手段」として機能する。また、図13に示すS93及びS94において、大当たり遊技終了後に生起される遊技状態を決定する主基板41のCPU51が「遊技状態決定手段」として機能し、S92で確率変動時短状態が連続して決定された回数を計数する主基板41のCPU51が「高確率連続回数計数手段」として機能する。また、主基板41におけるRAM52の大当たり関係情報記憶エリア5205が「大当たり乱数記憶手段」に相当する。

尚、本発明は、以上詳述した実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々の変更が可能であることは勿論である。以下、図17を参照して、本実施の形態の変形例であるパチンコ機について説明する。図17は、変形例であるパチンコ機の各制御及び動作の一例を時間経過に対応させて表したタイミングチャートである。尚、図17に示す変形例のパチンコ機では、図1に示す第二種非電動役物14がソレノイドによって開閉される第一大入賞口114に、大入賞口15が第二大入賞口115に変更されたのみである。すなわち、大当たりと判定されると、2つの大入賞口114,115が開放される。よって、パチンコ機1と共通する構成については同一の符号を付し、説明を省略又は簡略化する。

図17に示すように、この変形例では、普通電動役物13の開放時間(C秒)、普通図柄変動待機時間(D秒)、特別図柄の変動時間(E秒)等の動作は先述したパチンコ機1と同様である。しかし、普通電動役物13へ遊技球が入賞することで開放する第二種非電動役物14が設けられておらず、代わりに設けられた第一大入賞口114が最大C/4秒開放する。第一大入賞口114の開放時間は第二種非電動役物14の平均開放時間より短いが、その分、普通電動役物13への遊技球の流入が第一大入賞口114によって妨げられることがないため、この変形例においても、先述したパチンコ機1と略同数の遊技球が払い出されることとなる。そして、第一大入賞口114の閉鎖後C秒の待機時間が経過すると、普通電動役物13の下方に設けられた第二大入賞口115が開放されるが、その間に普通電動役物13は閉鎖する。このように、第二種非電動役物を使用せずにパチンコ機を構成すると、上述した実施の形態とは異なる遊技内容を有することとなり、遊技者の興趣を惹き付けることができる。

また、本実施の形態で生起される遊技状態としては、「通常状態」と、普通当たり判定の確率及び大当たり判定の確率が共に通常状態よりも高くなる「確率変動時短状態」とが設けられているが、これを変更することができる。例えば、普通当たり判定の確率のみが異なる時短遊技状態及び非時短遊技状態を生起させる構成の遊技機としても、時短遊技状態中に非時短遊技状態中よりも短い時間で大当たりが連続するパチンコ機1と同様の動作を行わせることが可能である。また、本実施の形態では、確率変動フラグのON・OFFと、時短中フラグのON・OFFとを同期させているが、必ずしも同期させる必要はない。

また、本実施の形態では、普通当たりと判定される確率が5/719(普通当たり低確率状態)若しくは718/719(普通当たり高確率状態)、大当たりと判定される確率が2009/2011(非確率変動状態)若しくは2010/2011(確率変動状態)となっているが、これらの数値を変更してもよい。例えば、先述したように、確率変動状態及び非確率変動状態を設けずに、大当たりと判定される確率が1種類のみである構成としてもよいし、確率変動状態及び非確率変動状態の大当たり確率の差を本実施の形態における差よりも大きく(例えば、10倍)してもよい。さらに、大当たり確率及び普通当たり確率をそれぞれ3種類以上設定することもできる。このように、大当たり確率を変更することで、遊技内容を多様化させることができる。

また、本発明に基づく遊技状態の制御は、上記実施の形態に例示したものに限定されることはなく、遊技機の仕様等に応じて様々な変更が可能である。例えば、大当たり遊技中に大入賞口15を開閉させる回数、特別図柄の変動時間等を変更することができる。また、第二種非電動役物14の開放時間は概ねC/2秒となっており、大入賞口15の最大開放時間はC/4秒に設定されているが、これを変更してもよい。ここで、本実施の形態では、普通電動役物13の開放時間であるC秒を基準として、第二種非電動役物14及び大入賞口15の開放時間を表現しているが、これらの開放時間は普通電動役物13の開放時間と一定の関係を有する必要はなく、任意に設定が可能である。

また、本実施の形態では、一旦生起された確率変動時短状態は、次の特別図柄の停止表示が終了した時点で非時短遊技状態に切り替えられるように設定されているため、大当たり判定で「はずれ」と判定された場合に時短遊技状態を終了させることができる。これにより、遊技者は大当たり判定の結果が「はずれ」とならないことを期待しながら遊技を行うことができる。しかし、次に「大当たり」と判定されるまで確率変動時短状態を継続させる構成としてもよい。この場合には、普通当たり遊技及び大当たり遊技の連続回数は、リミットである50回に達しやすくなるため、遊技者に安心感を持たせることができる。

また、本実施の形態ではリミッタが「50回」に設定されているが、この回数を変更できることは勿論であり、リミッタを設けない構成とすることもできる。リミッタを設けない場合、普通当たり高確率状態が継続する確率(本実施の形態では、大当たり判定の際に「確率変動大当たり」となる確率)は、100%未満であれば、賞球数等の仕様に併せて適宜変更することができる。また、リミッタを設ける場合には、普通当たり高確率状態が継続する確率を100%としてもよいし、100%未満の任意の確率に設定することもできる。

また、本実施の形態では、2回開放される大入賞口15の動作のうち、1回目の閉鎖が行われてから2回目の開放が行われるまでの間にはC秒間の第一待機時間が設けられているが、この時間の変更も可能である。さらに、1回の大当たり遊技中に行われる大入賞口15の開閉回数や開放時間等を変更してもよい。ここで、第一待機時間や大入賞口15の動作等を変更する場合には、大当たり遊技の時間が普通電動役物13の開放時間(C秒)よりも長くなるように設定することが望ましい。例えば、1回の大当たり遊技中の大入賞口15の開閉動作を1回とした場合には、大入賞口15の開放時間とその前後の待機時間との合計をC秒以上としてもよいし、大入賞口15が開放してから閉鎖するまでの時間が必ずC秒以上となるように設定してもよい。これにより、1回の普通当たり遊技と1回の大当たり遊技とが1つのセットとなって連続する新しい遊技性を実現することができる。

また、各入賞口へ遊技球が1つ入賞した際に払い出される遊技球の個数(以下、「賞球数」という。)は適宜設定することができるが、この場合、「第二種非電動役物14へ遊技球が1つ入賞した際に払い出される遊技球の個数が、大入賞口15へ遊技球が1つ入賞した際に払い出される遊技球の個数よりも多い」という条件で賞球数を設定することが望ましい(例えば、第二種非電動役物14の賞球数を5n個、大入賞口15の賞球数をn個)。第二種非電動役物14の賞球数を増やす程、大当たり判定において「はずれ」と判定された場合の賞球数と、「大当たり」と判定された場合の賞球数との差が少なくなる。よって、「はずれ」と判定された場合の遊技者の落胆を緩和することができる。

また、図17に示す変形例においても、賞球数は適宜設定することができる。ここで、「1回の普通当たり遊技中に普通電動役物13へ入賞する遊技球数と、普通電動役物13へ遊技球が1つ入賞した際に払い出される遊技球の個数との積が、1回の大当たり遊技中に2つの大入賞口へ入賞する遊技球数と、大入賞口へ遊技球が1つ入賞した際に払い出される遊技球の個数との積よりも多い」という条件で賞球数を設定することが望ましい。これにより、「はずれ」と判定された場合の遊技者の落胆を緩和することができる。一方で、「1回の普通当たり遊技中に普通電動役物13へ入賞する遊技球数と、普通電動役物13へ遊技球が1つ入賞した際に払い出される遊技球の個数との積が、1回の大当たり遊技中に2つの大入賞口へ入賞する遊技球数と、大入賞口へ遊技球が1つ入賞した際に払い出される遊技球の個数との積よりも少ない」という条件で賞球数を設定することもできる。この場合には、普通当たりと判定された後にさらに大当たりと判定されなければ、遊技者が多数の遊技球を獲得することができない。よって、大当たりと判定された際に遊技者をより楽しませることができ、遊技者は大当たりと判定されることを期待しながら遊技を行うことができる。ここで、「1回の大当たり遊技中に2つの大入賞口へ入賞する遊技球数」とは、ラウンド数と、ラウンド毎の最大入賞球数との積で表される。このラウンド数とは、大当たり遊技の1回の実行により2つの大入賞口が連続して作動する回数の合計であり、1回のラウンド中に大入賞口を1回開放させる場合や、1回のラウンド中に大入賞口を複数回開閉させる場合がある。

また、複数の大入賞口を設ける場合には、大入賞口毎に賞球数が異なるように設定してもよいし、3つ以上の大入賞口を設けることも可能である。3つ以上の大入賞口を設けた場合には、同時に複数の大入賞口が開放しないように順に開放させてもよいし、複数の大入賞口を同時に開放させる構成としてもよい。また、1回の大当たり遊技中に各大入賞口を開放させる回数を全て同じにする必要はなく、大入賞口毎に開放回数が異なるように設定することもできる。さらに、大入賞口の開閉順序の規則性を変更してもよいし、規則性を持たせずに開閉順序を制御してもよい。例えば、2つの大入賞口を用いた場合には、各大入賞口を1回ずつ交互に開放させる必要はなく、連続した複数回の開閉動作を交互に繰り返すように設定してもよいし、規則性を持たせずに開放順序を設定してもよい。このように、大入賞口の数や開閉態様を変更することで、遊技性を多様化させて、遊技者をより楽しませることができる。

また、大入賞口の開放時間は、全ての開放動作に共通した同一の開放時間とする必要はなく、開放動作毎に異なる開放時間を設定してもよい。また、複数の大入賞口を設けた場合でも同様に、各開放時間を同一の時間に設定する必要はない。大入賞口の開閉時間を複数設定することにより、大当たり遊技の遊技内容を多様化させて遊技者の興趣を惹き付けることができる。

本発明の遊技機はパチンコ機に限られず、パチコン機等の各種の遊技機に適用可能である。

パチンコ機1の正面図である。 遊技盤2の正面図である。 図柄表示装置8の拡大図である。 パチンコ機1の電気的構成を示すブロック図である。 主基板41のROM53の記憶エリアを示す概念図である。 主基板41のRAM52の記憶エリアを示す概念図である。 RAM52の普通当たり関係情報記憶エリア5203を示す概念図である。 RAM52の大当たり関係情報記憶エリア5205を示す概念図である。 主基板41におけるメイン処理のフローチャートである。 メイン処理の中で行われる普通図柄処理のサブルーチンのフローチャートである。 メイン処理の中で行われる普通図柄処理のサブルーチンのフローチャートである。 メイン処理の中で行われる普通電動役物処理のサブルーチンのフローチャートである。 メイン処理の中で行われる特別図柄処理のサブルーチンのフローチャートである。 メイン処理の中で行われる特別図柄処理のサブルーチンのフローチャートである。 メイン処理の中で行われる特別電動役物処理のサブルーチンのフローチャートである。 パチンコ機1の各制御及び動作の一例を時間経過に対応させて表したタイミングチャートである。 変形例であるパチンコ機の各制御及び動作の一例を時間経過に対応させて表したタイミングチャートである。

1 パチンコ機
2 遊技盤
12 普通図柄始動ゲート
13 普通電動役物
14 第二種非電動役物
15 大入賞口
24 普通図柄表示部
25 特別図柄表示部
41 主基板
51 CPU
52 RAM
53 ROM
69 普通電動役物開放ソレノイド
70 大入賞口開放ソレノイド
72 始動口スイッチ
73 普通図柄作動スイッチ
5203 普通当たり関係情報記憶エリア
5205 大当たり関係情報記憶エリア

Claims (3)

  1. 遊技球が流下する遊技領域が形成された遊技盤と、
    当該遊技盤上に設けられ、遊技球が通過する通過口と、
    当該通過口への遊技球の通過を検出する通過口遊技球検出手段と、
    当該通過口遊技球検出手段によって遊技球が検出されたことに起因して、遊技者にとって有利な遊技である普通当たり遊技を実行するか否かを決定するための普通当たり乱数を取得する普通当たり乱数取得手段と、
    当該普通当たり乱数取得手段によって取得された前記普通当たり乱数が、あらかじめ普通当たりと決められた所定の乱数であるか否かの判定を行う普通当たり判定手段と、
    前記遊技盤上に設けられ、開閉部材を有し、当該開閉部材が開放されると遊技球の入賞が可能となる可変始動口と、
    当該可変始動口の開閉部材を開閉する可変始動口開閉手段と、
    前記普通当たり判定手段により普通当たりと判定された場合に、前記可変始動口開閉手段を制御して、前記可変始動口の開閉部材を所定時間開放させる可変始動口開閉制御手段と、
    当該可変始動口への遊技球の入賞を検出する始動口遊技球検出手段と、
    当該始動口遊技球検出手段によって遊技球が検出されたことに起因して、遊技者にとって有利な遊技である大当たり遊技を実行するか否かを決定するための大当たり乱数を取得する大当たり乱数取得手段と、
    当該大当たり乱数取得手段によって取得された前記大当たり乱数が、あらかじめ大当たりと決められた所定の乱数であるか否かの判定を行う大当たり判定手段と、
    前記遊技盤上に設けられ、開閉部材を有し、当該開閉部材が開放されると遊技球の入賞が可能となる大入賞口と、
    当該大入賞口の開閉部材を開閉する大入賞口開閉手段と、
    前記大当たり判定手段により大当たりと判定された際に、前記大入賞口開閉手段を制御することで前記大入賞口の所定の開閉動作を制御する大入賞口開閉制御手段と、
    前記遊技盤上に設けられ、開閉部材を有し、前記可変始動口へ遊技球が入賞することで開閉部材が開放されると共に、自身へ所定個数の遊技球が入賞することで開閉部材が閉鎖される第二種非電動役物と
    前記普通当たり判定手段によって普通当たりと判定される確率が通常よりも高い普通当たり高確率遊技状態を含む複数の遊技状態のうちのいずれか1つを、前記大当たり遊技の終了後に生起する遊技状態制御手段とを備え、
    1回の前記大当たり遊技中に前記大入賞口開閉制御手段によって制御される前記大入賞口の開閉部材の開閉動作が終了してから、次に前記普通当たり判定手段による判定が行われるまでの間は、前記可変始動口の開閉部材は常に閉鎖しており、
    1回の前記普通当たり遊技中に前記可変始動口開閉制御手段によって制御される前記可変始動口の開閉部材の開閉動作が行われる時間の長さが、1回の前記大当たり遊技中に前記大入賞口開閉制御手段によって制御される前記大入賞口の開閉部材の開閉動作が行われる時間よりも短いことを特徴とする遊技機。
  2. 前記大当たり乱数取得手段は、自身が前回取得した前記大当たり乱数についての前記大当たり判定手段による判定、及び当該大当たり判定手段により大当たりと判定された際に行われる前記大当たり遊技が全て終了している場合に前記大当たり乱数を取得することを特徴とする請求項に記載の遊技機。
  3. 前記大当たり判定手段により大当たりと判定されたことを契機として、その後に実行される前記大当たり遊技の終了後に前記遊技状態制御手段によって生起される前記遊技状態を決定する遊技状態決定手段と、
    当該遊技状態決定手段により前記普通当たり高確率遊技状態が連続して決定された回数を計数する高確率連続回数計数手段とを備え、
    前記遊技状態制御手段は、前記高確率連続回数計数手段によって計数された回数が所定数に達した場合、その後に実行される前記大当たり遊技の終了後には、前記普通当たり判定手段によって普通当たりと判定される確率が前記普通当たり高確率遊技状態よりも低い通常状態を生起させることを特徴とする請求項に記載の遊技機。
JP2007116960A 2007-04-26 2007-04-26 遊技機 Active JP5110506B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007116960A JP5110506B2 (ja) 2007-04-26 2007-04-26 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007116960A JP5110506B2 (ja) 2007-04-26 2007-04-26 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008272066A JP2008272066A (ja) 2008-11-13
JP5110506B2 true JP5110506B2 (ja) 2012-12-26

Family

ID=40050812

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007116960A Active JP5110506B2 (ja) 2007-04-26 2007-04-26 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5110506B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015228879A (ja) * 2014-06-03 2015-12-21 株式会社高尾 弾球遊技機

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5245743B2 (ja) * 2008-11-17 2013-07-24 タイヨーエレック株式会社 弾球遊技機
JP5713169B2 (ja) * 2009-11-20 2015-05-07 豊丸産業株式会社 遊技機
JP5608887B2 (ja) * 2009-11-20 2014-10-22 豊丸産業株式会社 遊技機
JP5493765B2 (ja) * 2009-11-20 2014-05-14 豊丸産業株式会社 遊技機
JP2012100837A (ja) * 2010-11-09 2012-05-31 Daito Giken:Kk 遊技台
JP5847427B2 (ja) * 2011-04-22 2016-01-20 株式会社平和 遊技機
JP6038519B2 (ja) * 2012-07-23 2016-12-07 株式会社平和 遊技機
JP5953211B2 (ja) * 2012-11-22 2016-07-20 株式会社ニューギン 遊技機
JP5953210B2 (ja) * 2012-11-22 2016-07-20 株式会社ニューギン 遊技機
JP5945223B2 (ja) * 2012-12-20 2016-07-05 株式会社ニューギン 遊技機
JP6114024B2 (ja) * 2012-12-20 2017-04-12 株式会社ニューギン 遊技機
JP6035139B2 (ja) * 2012-12-20 2016-11-30 株式会社ニューギン 遊技機
JP5986915B2 (ja) * 2012-12-20 2016-09-06 株式会社ニューギン 遊技機
JP5736553B2 (ja) * 2013-04-26 2015-06-17 株式会社高尾 弾球遊技機
JP5980728B2 (ja) * 2013-06-19 2016-08-31 株式会社ニューギン 遊技機
JP5850034B2 (ja) * 2013-12-12 2016-02-03 タイヨーエレック株式会社 弾球遊技機

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004033424A (ja) * 2002-07-02 2004-02-05 Sankyo Kk 遊技機
JP2005230067A (ja) * 2004-02-17 2005-09-02 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP3677278B1 (ja) * 2004-07-15 2005-07-27 ダイコク電機株式会社 パチンコ遊技機
JP2007061169A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Sansei R & D:Kk 弾球遊技機
JP4737673B2 (ja) * 2005-08-31 2011-08-03 豊丸産業株式会社 遊技機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015228879A (ja) * 2014-06-03 2015-12-21 株式会社高尾 弾球遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2008272066A (ja) 2008-11-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5282226B2 (ja) 弾球遊技機
JP5489099B2 (ja) 遊技機
JP5250886B2 (ja) 遊技機
JP2012245172A (ja) 遊技機
JP4568829B2 (ja) 遊技機
JP2013208306A (ja) 遊技機
JP5941695B2 (ja) 遊技機
JP5250369B2 (ja) 遊技機
JP2005185393A (ja) 遊技機
JP2009261716A (ja) 遊技機
JP2009039239A (ja) 遊技機、プログラムおよび記憶媒体
JP5207035B2 (ja) 遊技機
JP2004073610A (ja) 遊技機
JP2009039147A (ja) 遊技機、プログラムおよび記憶媒体
JP2006280606A (ja) 弾球遊技機
JP5814955B2 (ja) 遊技機
JP4911776B2 (ja) 遊技機
JP5181163B2 (ja) 遊技機
JP2007195804A (ja) 遊技機
JP5283149B2 (ja) 遊技機
JP5152793B2 (ja) 遊技機
JP5205575B2 (ja) 遊技機
JP4390421B2 (ja) 遊技機
JP2010131277A (ja) 弾球遊技機
JP4906036B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100423

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120531

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120619

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120807

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120904

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20121002

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151019

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250