JP5090039B2 - Document management system and document management method - Google Patents

Document management system and document management method

Info

Publication number
JP5090039B2
JP5090039B2 JP2007083311A JP2007083311A JP5090039B2 JP 5090039 B2 JP5090039 B2 JP 5090039B2 JP 2007083311 A JP2007083311 A JP 2007083311A JP 2007083311 A JP2007083311 A JP 2007083311A JP 5090039 B2 JP5090039 B2 JP 5090039B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007083311A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008242877A (en )
Inventor
孝志 高木
昌明 細内
和彦 渡辺
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、電子的な文書を管理するためのコンピュータ技術に関する。 The present invention relates to computer technology for managing electronic documents.

例えば、複数の配布先(出力機器)の中から選択した配布先に文書を出力させる技術が知られている(例えば、特許文献1参照)。 For example, techniques to output the document to a distribution destination selected from a plurality of distribution destination (output device) is known (e.g., see Patent Document 1).

特開2006−259865号公報 JP 2006-259865 JP

特許文献1によれば、配布対象の文書と配布先指示を文書管理サーバに送ることで出力環境を変えることができるが、出力された文書に誤りがありその文書がどのジョブに対応しているのかを知りたくても、知ることは困難である。 According to Patent Document 1, it is possible to change the output environment by sending the distribution destination instruction and document distribution object to the document management server corresponds to which job is the document there is an error in the output document also I want to know whether, it is difficult to know. また、一つのジョブを実行することにより複数の文書が作成されることがあるが、作成された文書からだけでは、どのジョブに対応しているかがわからない。 Also, there are a plurality of documents are created by executing a single job, only from documents created, do not know what corresponds to which job.

従って、本発明の目的は、ジョブとジョブの実行によって作成された一以上の文書との対応を特定できるようにすることにある。 Accordingly, an object of the present invention is to be able to identify the correspondence between one or more documents created by the execution of the job and the job.

本発明の他の目的は、後の説明から明らかになるであろう。 Another object of the present invention will become clear from the following explanation.

サーバシステムが、ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け、そのジョブ定義情報が表すジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定する。 Server system receives the job definition information is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job from the client terminal, for identifying the job represented by the job definition information to determine the job identification information. そして、そのジョブに一意に対応付けた文書記憶領域を記憶資源内に確保し、決定されたジョブ識別情報とその文書記憶領域に格納される一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報とを対応付けて管理する。 Then, to ensure a document storage area uniquely correlated with the job in the storage resource, the document name of the determined job identification information and the one or more documents stored in the document storage area and the document storage location information in association with each other to manage.

一つの実施形態では、文書管理サーバシステムが、ジョブ制御部と、ジョブ識別情報決定部と、記憶領域確保部と、ジョブ/文書対応管理部とを備える。 In one embodiment, the document management server system comprises a job control unit, and the job identification information determining unit, a storage area allocating unit, and a job / document correspondence management unit. ジョブ制御部は、ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け付ける。 Job control unit receives a job definition information is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job from the client terminal. ジョブ識別情報決定部は、そのジョブ定義情報が表すジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定する。 Job identification information determination unit determines the job identification information for identifying a job represented by the job definition information. 記憶領域確保部は、そのジョブ定義情報が表すジョブに一意に対応付けた文書記憶領域を記憶資源内に確保する。 Storage area allocating unit, to secure a document storage area uniquely correlated with the job represented by the job definition information in the storage resources. ジョブ/文書対応管理部は、決定されたジョブ識別情報と確保された文書記憶領域に格納される一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報とをジョブ/文書対応管理情報に記録する。 Job / document correspondence management section records document name of one or more documents to be stored in the secured as determined job identification information document storage area and the document storage location information in the job / document corresponding management information.

ここでいう「文書」には、文字に限らず、静止画像、図形などの他種の情報が含まれても良い。 Here referred to "document" is not limited to a character, a still image, may be included other types of information, such as graphics. また、作成される文書は、電子的な文書である。 In addition, the document that is created is an electronic document.

一つの実施形態では、ジョブ/文書管理部が、ジョブ識別情報と一以上の文書名及び文書格納位置情報と共に、そのジョブ識別情報に対応したジョブが属する業務を識別するための業務識別情報もジョブ/文書対応管理情報に記録することができる。 In one embodiment, the job / document management unit, together with the job identification information and one or more document name and document storage location information, also the business identification information for the job corresponding to the job identification information to identify the belonging business job / to document correspondence management information can be recorded. 更に、この実施形態では、文書管理システムが、表示情報送信部も備えることができる。 Further, in this embodiment, the document management system may also include a display information transmitting unit. 表示情報送信部は、複数の業務の流れを表す業務フローと各業務に属するジョブのジョブ識別情報とを表示するための情報をジョブ/文書対応管理情報を基に準備してクライアント端末に送信することができる。 Display information transmitting unit transmits to prepare the information for displaying the business flow and job identification information of the job belonging to each business representing the flow of a plurality of operations based on the job / document corresponding management information to the client terminal be able to.

一つの実施形態では、文書管理システムが、ジョブ指定受付部と、表示情報送信部と、印刷指示受付部と、印刷送信部とを更に備えることができる。 In one embodiment, a document management system, a job specification receiving unit may further include a display information transmitting unit, a print instruction receiving unit and a printing transmitting unit. ジョブ指定受付部は、複数のジョブのうちのユーザ所望のジョブの指定をクライアント端末から受け付けることができる。 Job specification receiving unit can receive the specification of user-desired jobs of a plurality of jobs from the client terminal. 表示情報送信部は、指定されたジョブに対応付けられている一以上の文書の文書名をジョブ/文書対応管理情報から取得し、取得された一以上の文書名を選択可能に表示し且つ印刷の指示を受け付けるための画面を表示するための情報をクライアント端末に送信することができる。 Display information transmitting unit obtains the document name of one or more documents associated with the specified jobs from the job / document correspondence management information, and selectably displays one or more documents name obtained and printed it can transmit information for displaying a screen for receiving an instruction to the client terminal. 印刷指示受付部は、ユーザ所望の文書名を指定した印刷指示をクライアント端末から受け付けることができる。 Print instruction receiving unit can accept a print instruction specifying a user desired document name from the client terminal. 印刷送信部は、印刷指示に応答して、該印刷指示で指定されている文書名に対応した文書の格納位置情報をジョブ/文書対応管理情報から特定し、特定された文書格納位置情報が表す位置に存在する文書を取得し、該文書が表す情報を、複数の印刷先候補の中から選択した印刷先候補に印刷させることができる。 Print transmission unit, in response to the printing instruction, identifies the storage location information of the document corresponding to the document name specified by the print instruction from the job / document correspondence management information, indicating the document storing position information identified get the document at the position, the information represented by the document can be printed on the print destination candidate selected from among the plurality of print destination candidate. この実施形態では、文書管理システムは、更に、複数の業務のうちのユーザ所望の業務に属する一以上のジョブの中からユーザ所望のジョブの指定をクライアント端末から受け付けるジョブ指定受付部を備えても良い。 In this embodiment, the document management system also includes a job specification accepting section that accepts a designation of a user desired job from the client terminal from among one or more jobs belonging to the user desired operations of the plurality of business good. また、この実施形態では、印刷送信部は、複数の印刷先候補の中から所定の印刷条件に従って一部の印刷先候補を選択しても良いし、特定の一の印刷先候補を選択しても良い。 Further, in this embodiment, the printing transmitting unit, may be selected a portion of the print destination candidate according to a predetermined printing condition from among a plurality of print destination candidates, by selecting a particular one print destination candidate it may be. 例えば、印刷送信部は、各印刷先候補毎に、印刷をさせた用紙枚数(文書におけるページ数ではなく実際に印刷されて出力される用紙の数)をカウントし、その用紙枚数が複数の印刷先候補でなるべく均等になるように、今回印刷させる用紙枚数を基に印刷先候補を選択しても良い。 For example, printing transmitting unit, for each print destination candidates, to count the number of sheets obtained by printing (number of sheets to be output is actually printed instead of the number of pages in the document), print the number of sheets of a plurality so as to as evenly as possible in the previous candidate, it may select a print destination candidates based on the number of sheets to be printed this time.

一つの実施形態では、文書管理システムが、ジョブ定義情報が表すジョブについてのログファイルを準備するログファイル準備部と、ジョブ定義情報が表すジョブの実行結果に関するログであるジョブ実行ログをログファイルに記録するジョブ実行ログ記録部と、文書記憶領域の場所情報とジョブ実行ログとが記録されたログファイルに関する情報をクライアント端末に提供するログファイル提供部とを更に備えることができる。 In one embodiment, a document management system, and the log file preparation unit for preparing a log file for the job represented by the job definition information, the job execution log as the log entry is related to the execution result of the job represented by the job definition information to a log file a job execution log recording unit that records can further comprise a log file providing unit and the location information and job execution log of the document storage area provides information about the recorded log file to the client terminal. 「ログファイルに関する情報」とは、クライアント端末がログファイルの中身を知るための情報であり、具体的には、例えば、ログファイルそれ自体であっても良いし、ログファイルへのパス名であっても良い。 The "information about the log file", is the information for the client terminal to know the contents of the log file, specifically, for example, may be a log file itself, it was in the path name to the log file and it may be. 準備されたログファイルには、文書記憶領域の場所情報(例えば後述する文書格納先パス名)が記録されてもよい。 Preparing log file, the location information of the document storage area (e.g., a document storage destination path name to be described later) may be recorded. また、ログファイルは、用意された文書記憶領域(ジョブに対応した文書記憶領域)内に準備されてよい。 The log file may be prepared in a prepared document storage area (document storage area corresponding to the job).

一つの実施形態では、文書管理システムを、一以上の文書作成サーバと文書管理サーバとで構成することができる。 In one embodiment, the document management system can be configured in the one or more document creation server and the document management server. 文書作成サーバが、上記ジョブ制御部と、ジョブ定義情報が表すジョブを実行することにより一以上の文書を作成する文書作成部(例えばアプリケーションプログラム)とを備えることができる。 Document creation server may comprise the above-described job control section, a document creation unit that creates one or more documents by executing a job represented by the job definition information and (e.g. application programs). ジョブ制御部は、文書格納先パス名の要求であるパス名要求を文書管理サーバに送信するパス名要求部と、そのパス名要求に応答して受信した文書格納先パス名から特定される文書記憶領域に一以上の文書を格納するよう文書作成部に指示する文書格納制御部とを備えることができる。 Job control unit, the document specified path name request is a request of the document storage destination pathnames requesting unit that transmits to the document management server, a document storage destination path name received in response to the path name request the storage area can be provided with a document storage control section for instructing the document creation unit to store one or more documents. 文書管理サーバが、上記ジョブ識別情報決定部と、パス名作成部と、記憶領域確保部と、パス名送信部と、上記ジョブ/文書対応管理部とを備えることができる。 Document management server may comprise a said job identification information determining unit, and a path name creating unit, a storage area allocating unit, and a path name transmitting unit, and a said job / document correspondence management unit. パス名作成部は、文書作成サーバからのパス名要求に応答して、ジョブに一意に対応付けた文書記憶領域にパス名要求の送信元の文書作成サーバから文書を書くための文書格納先パス名を作成することができる。 The path name creation unit in response to the path name request from the document creation server, document storage destination path for writing a document in the document storage area uniquely correlated to the job from the document creation server of the transmission source path name request it is possible to create a name. 記憶領域確保部が、その文書格納先パス名を用いて上記送信元の文書作成サーバからアクセスできる場所に文書記憶領域を確保することができる。 Storage area allocating unit, it is possible to secure a document storage area in a location that is accessible from the document creation server of the transmission source by using the document storage destination path name. パス名送信部は、作成された文書格納先パス名を上記送信元の文書作成サーバに送信することができる。 Pathname transmitting unit can transmit a document storage destination path name created in the document creation server of the sender.

この実施形態では、パス名作成部が、パス名要求の受信の都度に、第一のパス名要素値(例えば番号)を更新し、予め用意された固定の第二のパス名要素値とその後ろに配した第一のパス名要素値とを含んだ文書格納先パス名(例えば後述するネットワークディレクトリパス名)を作成することができる。 In this embodiment, the path name creation portion, each time the reception of the path name request, and updates the first path name element value (for example, a number), previously prepared second pathname element value of the fixed and its it can be created first pathname element values ​​and laden document storage destination path name which arranged behind the (e.g. network directory path name to be described later). 固定の第二のパス名要素値が業務毎に用意されていてもよい。 The second pathname element value fixed may be prepared for each business.

また、この実施形態では、文書格納制御部が、受信した文書格納先パス名から特定される文書記憶領域内にダミーの一以上の文書を格納し、文書作成部に、作成される一以上の文書をダミーの一以上の文書に上書きさせてもよい。 Further, in this embodiment, the document storage control section stores one or more documents of the dummy in the document storage area specified from the document storage destination path name received, the document creation unit, one or more to be created document may be allowed to overwrite the one or more of the documents of the dummy.

さらに、この実施形態では、文書作成サーバにおけるジョブ制御部が、ジョブ定義情報が表すジョブの実行結果に関するジョブ実行ログを準備されたログファイルに記録するジョブ実行ログ記録部と、ジョブ実行ログが記録されたログファイルに関する情報をクライアント端末に提供するログ提供部とを更に備えてもよい。 Further, in this embodiment, the job control unit in the document creation server, a job execution log recording unit that records in a log file that is prepared job execution log of the execution result of the job represented by the job definition information, the job execution log the information about the log file may further comprise a log provider to provide the client terminal. また、文書管理サーバが、ログファイルを準備するログファイル準備部を更に備えてもよい。 The document management server may further include a log file preparation unit for preparing a log file. ジョブ実行ログ記録部が、ジョブ実行ログとして、文書格納先パス名に一以上の文書名をそれぞれ結合した一以上の文書格納位置情報を記録してもよい。 Job execution log recording unit, as a job execution log may record one or more document storage location information in which one or more document name were respectively coupled to the document storage destination path name.

また、この実施形態では、記憶資源が、文書管理サーバの外部に存在し一以上の文書作成サーバと文書管理サーバとの共有の記憶資源であってもよい。 Further, in this embodiment, storage resources may be shared storage resource with the document management server document creation server and document management server external to exist one or more. ジョブ/文書対応管理部が、ジョブ/文書対応管理情報をその記憶資源に格納してもよい。 Job / document correspondence management unit may store the job / document corresponding management information to the storage resource.

上述した各部は、各手段と言い換えてもよい。 Above units may translate into each unit. 各部は、ハードウェア(例えば回路)、コンピュータプログラム、或いはそれらの組み合わせ(例えば、一部をコンピュータプログラムで実行し一部をハードウェア回路で実行すること)によって実現することもできる。 Respective units, hardware (e.g. circuitry), a computer program, or a combination thereof (e.g., a part to perform some a computer program be implemented in hardware circuitry) may be implemented by. 各コンピュータプログラムは、コンピュータマシンに備えられる記憶資源(例えばメモリ)から読み込むことができる。 Each computer program can be read from a storage resource provided to the computer machine (e.g., memory). その記憶資源には、CD−ROMやDVD(Digital Versatile Disk)等の記録媒体を介してインストールすることもできるし、インターネットやLAN等の通信ネットワークを介してダウンロードすることもできる。 The storage resource can also be installed via a recording medium such as a CD-ROM or DVD (Digital Versatile Disk), or can be downloaded via a communication network such as the Internet or a LAN.

以下、図面を参照して、本発明の一実施形態に係る文書管理システムを備えたコンピュータシステムを詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, detailed description of the computer system including a document management system according to an embodiment of the present invention.

<コンピュータシステム全体の構成>。 <Configuration of the entire computer system>.

図1は、本発明の一実施形態に係るコンピュータシステムの構成例を示す。 Figure 1 shows a configuration example of a computer system according to an embodiment of the present invention.

第一の通信ネットワーク201に、telnet端末210と、自動スケジュール端末220と、複数の文書作成サーバ200と、複数の文書作成サーバ300と、文書管理サーバ100と、ネットワークファイルシステム400とが接続される。 The first communication network 201, a telnet terminal 210, the automatic scheduling terminal 220, a plurality of document creation server 200, a plurality of document creation server 300, a document management server 100 and a network file system 400 is connected . 第二の通信ネットワーク202に、文書管理サーバ100と、複数の出力サーバ500とが接続される。 The second communication network 202, a document management server 100 is connected to a plurality of output server 500. 各出力サーバ(例えばプリントサーバ)500には、一以上の出力装置(例えばプリンタ)510が接続されている。 Each output server (eg, print server) 500, one or more output devices (e.g., printer) 510 are connected. 第一及び第二の通信ネットワーク201及び202として、例えばLAN(Local Area Network)を採用できるが、それに限らず、他種の通信ネットワークが採用されても良い。 As the first and second communication networks 201 and 202, can be adopted, for example, LAN (Local Area Network), is not limited to, other types of communication networks may be employed. また、第一及び第二の通信ネットワーク201及び202は一つの通信ネットワークであっても良い。 Further, the first and second communication networks 201 and 202 may be one communication network.

複数の文書作成サーバ200及び300と文書管理サーバ100とにより文書管理システムが構築されている。 Document management systems have been constructed by a plurality of document creation server 200 and 300 and the document management server 100. 前述したtelnet端末210と自動スケジュール端末220は、それぞれ、そのサーバシステムに文書の作成を依頼する(つまりジョブを送信する)クライアント端末である。 telnet terminal 210 and automatic scheduling terminal 220 described above, respectively, (transmits the That job) to request the creation of a document on the server system is a client terminal. telnet端末210は、ユーザからの操作に応答してジョブを作成して文書作成サーバ200或いは300に送信する。 telnet terminal 210 transmits to the document creation server 200 or 300 to create a job in response to a user operation. 自動スケジュール端末220は、予め設定されたスケジュールに従い、所定の時刻になったことを契機に、ジョブを作成して文書作成サーバ200或いは300に送信する。 Automatic scheduling terminal 220, in accordance with a preset schedule, in response to that becomes a predetermined time, and transmits the document creation server 200 or 300 to create a job. 送信されるジョブは、図7に例示するジョブ制御言語(JCL:Job Control Language)700で定義されており、ジョブ制御言語700がtelnet端末210或いは自動スケジュール端末220から文書作成サーバ200或いは300に送信されることによって、そのジョブ制御言語700に従うジョブが実行される。 Job transmitted, the job control language illustrated in Figure 7: send to (JCL Job Control Language) 700 are defined in the document creation server 200 or 300 job control language 700 from telnet terminal 210 or automatically schedule terminal 220 by being, job is executed according to the job control language 700. これらのクライアント端末210及び220のうちの少なくとも一方が複数台存在して、文書作成のジョブが同時に文書作成サーバ200或いは300に投入されてもかまわない。 At least one of these client terminals 210 and 220 is present a plurality, job document created may be put into the document creation server 200 or 300 at the same time. 投入されたジョブは、ジョブの送信先の文書作成サーバ200或いは300で処理されるが、その文書作成サーバ200或いは300がクラスタシステムであれば、入出力となるファイルが共用されているため、送信先の文書作成サーバ200或いは300に限らず他のサーバ200或いは300で実行されてもかまわない。 Submitted job is processed in the document creation server 200 or 300 of the transmission destination of the job, if the document creation server 200 or 300 is a cluster system, since the file to be output is shared, transmitted running on another server 200 or 300 is not limited to the preceding document creation server 200 or 300 may be. 本実施形態では、このように複数の文書作成サーバ200及び300でそれぞれ作成される複数の文書ファイルを一元的に管理すべく、複数の文書作成サーバ200及び300と文書管理サーバ100とに共有されるネットワークファイルシステム400が用意される。 In the present embodiment, in order to centrally manage multiple document files created respectively thus a plurality of document creation server 200 and 300, are shared by a plurality of document creation server 200 and 300 and the document management server 100 network file system 400 is provided that. ネットワークファイルシステム400は、第一の通信ネットワーク201を介してデータをやり取りできる外部記憶装置に設けられたファイルシステムである。 Network file system 400 is a file system that is provided in the external storage device that can exchange data via the first communication network 201. ネットワークファイルシステム400には、文書管理領域410と、文書管理インデックス420とがある。 The network file system 400, a document management area 410, there is a document management index 420. 文書管理領域410は、ジョブの実行によって作成された文書ファイルが格納される領域である。 Document management area 410 is an area in which a document file created by the execution of the job is stored. 文書管理インデックス420は、後述の文書インデックステーブル910と同じ内容の情報であり、例えば、文書インデックステーブル910をファイル形式にしたものである。 Document management index 420 is the same information as the document index table 910 to be described later, for example, it is obtained by the document index table 910 in the file format. これにより、例えば文書管理サーバ100がダウンしても、文書管理インデックス420を用いて、文書インデックステーブル910を復元することができる。 Thus, for example, be the document management server 100 is down, using the document management index 420, it is possible to restore the document index table 910.

本実施形態では、サーバシステムはいわゆるマルチプラットフォームの環境となっている。 In this embodiment, the server system is a so-called multi-platform environment. 具体的には、文書作成サーバ200及び300の種類は異なっている。 Specifically, the type of document creation server 200 and 300 are different. 文書作成サーバ200は、クラスタ接続されたUNIX(登録商標)サーバで構成され、他の文書作成サーバ200でも文書を作成できるように、ファイルシステムを共有する。 Document creation server 200 is composed of a cluster-connected UNIX (registered trademark) server, so that it can create a document even another document creation server 200, to share a file system. 一方、文書作成サーバ300は、PC(Personal Computer)サーバであり、それ故、上記UNIXサーバと同じような扱いはできないが、ファイルシステムを共有するためのプロトコルはいくつか公開されており、NFS(Network File System)やCIFS(Common Internet File System)という形で標準的にどのOSでも扱えるファイルシステムを利用することで、入力データと出力文書を共有できる環境が提供されている。 On the other hand, the document creation server 300, PC (Personal Computer) is a server, and therefore, can not be treated as though the UNIX server, and the protocol for sharing a file system published several, NFS ( Network file system) and CIFS (Common Internet file system) that by using a file system that can be handled standardly in any OS in the form, the environment can share the output document and input data is provided. 文書作成サーバ200及び300については後に詳述する。 It will be described in detail later document creation server 200 and 300.

文書管理サーバ100は、CPUや記憶資源(例えばメモリ)を備えたコンピュータである。 The document management server 100 is a computer having a CPU and memory resources (e.g., memory). 記憶資源には、例えば、文書インデックステーブル910及び出力先管理テーブル940が記憶される。 The storage resource, for example, document index table 910 and the output destination management table 940 is stored. また、記憶資源には、CPUに実行されるコンピュータプログラムとして、例えば、ネットワーク名作成部110、文書管理領域確保部120、文書属性設定部130、ログ作成部140、ネットワーク名返却部150、Web処理部160、印刷指示受付部170、印刷送信部180、バックアップ部920及び負荷分散部930が記憶される。 The storage resource, as a computer program executed CPU, for example, the network name creating unit 110, the document management area securing section 120, document attribute setting unit 130, a log creation section 140, the network name return unit 0.99, Web processing part 160, the print instruction receiving unit 170, the printing transmitting unit 180, the backup unit 920 and the load distribution unit 930 is stored. また、ネットワーク名作成部110、文書管理領域確保部120、文書属性設定部130、ログ作成部140、ネットワーク名返却部150、Web処理部160、印刷指示受付部170、印刷送信部180、バックアップ部920及び負荷分散部930は、各処理を行う処理部として集積回路化するなどしてハードウェアで実現することもできる。 The network name creating unit 110, the document management area securing section 120, document attribute setting unit 130, a log creation section 140, the network name return unit 0.99, Web processing unit 160, the print instruction receiving unit 170, the printing transmitting unit 180, the backup unit 920 and load balancing unit 930 may be implemented in hardware, for example, by an integrated circuit as a processing unit for performing the processing. 以下の説明において、コンピュータプログラムが主語になる場合は、実際にはそのコンピュータプログラムを実行するCPUによって処理が行われるものとする。 In the following description, when a computer program is the subject, in fact, it is assumed that processing is performed by the CPU executing the computer program. なお、各処理部をハードウェアで実現した場合には、その各処理部が主体となって各処理を行う。 Incidentally, in the case of realizing the processing unit in the hardware performs the processes become the respective processing unit mainly.

文書管理サーバ100が利用できるファイルシステムとして、バックアップファイルシステム800がある。 As a file system that the document management server 100 is available, there is a backup file system 800. バックアップファイルシステム800は、文書管理サーバ100の外(或いは中)の記憶装置にあるファイルシステムであり、ネットワークファイルシステム400内の文書ファイルなどのバックアップ先として利用されるものである。 Backup file system 800 is a file system in the storage device of the external (or medium) of the document management server 100, is intended to be utilized as a backup destination, such as document files on network file system 400. バックアップの一方法として、例えば、文書作成サーバ200或いは300が、ネットワークファイルシステム400において作成中の文書ファイルをロックするようにし、バックアップ部920が、ネットワークファイルシステム400におけるロックされていない文書ファイル(更新が済んだ文書ファイル)をリードして、バックアップファイルシステム800にバックアップする方法を採用することができる。 One method for the backup, for example, a document creation server 200 or 300, so as to lock the document file being created in a network file system 400, the backup unit 920, a document not locked in a network file system 400 file (updated to lead the document file) that are done, it is possible to employ a method to backup to the backup file system 800. これにより、未完成の文書ファイルをバックアップしてしまうことを防ぐことができる。 As a result, it is possible to prevent the back up the unfinished document file.

<文書インデックステーブル910の構成及びそれに記録される値についての説明>。 <Description of structure and values ​​to be recorded in one of the document index table 910>.

図2は、文書インデックステーブル910の構成例を示す。 Figure 2 shows an example of the configuration of a document index table 910.

文書インデックステーブル910には、作成される一つの文書ファイルにつき、業務ID912、JOB ID901、DD名902、DDパラメータ(作成者903、配布先904、及び重要度905)、及びネットワーク名906が記録される。 The document index table 910, per one document file to be created, the business ID 912, JOB ID 901, DD name 902, DD parameters (author 903, the distribution destination 904, and importance 905), and the network name 906 are recorded that. ジョブ制御言語700(図7参照)にあるDD名701が、文書インデックステーブル910内のDD名902としてセットされ、DDパラメータ(作成者703(例えばUSER1)、配布先704(例えばA)及び重要度705(例えば1))が、903、904及び905として設定される。 DD name 701 in the job control language 700 (see FIG. 7) is set as the DD name 902 in the document index table 910, DD parameter (Author 703 (e.g. USER1), the distribution destination 704 (e.g., A) and importance 705 (e.g., 1)) is set as 903, 904 and 905. また、業務ID912は、ジョブ制御言語700に登録されていてジョブ制御言語700に記録されている業務IDが設定されたものであってもよい。 Also, business ID912 may be one business ID that have been registered in the job control language 700 is recorded in the job control language 700 is set.

JOB JOB
ID901としては、図3に示すジョブ識別番号907が記録される。 The ID 901, the job identification number 907 of FIG. 3 is recorded. ジョブ識別番号907は、実行されるジョブの数を表すカウント値に相当する。 Job identification number 907 corresponds to the count value representing the number of jobs to be executed. すなわち、ジョブ識別番号907が参照される都度に、番号が1インクリメントされる。 That is, every time a job identification number 907 is referred to, the number is incremented by one. 参照されたジョブ識別番号907(つまり参照時のジョブ識別番号907)が、JOB ID901として文書インデックステーブル910に登録され、その後、ジョブ識別番号907が1インクリメントされる。 Job identification number 907 is referred to (i.e. at reference job identification number 907) is registered in the document index table 910 as JOB ID 901, then, the job identification number 907 is incremented by one. すなわち、本実施形態では、複数の文書作成サーバ200及び300でジョブが実行されるが、ジョブ識別番号907は、それら複数の文書作成サーバ200及び300で実行される複数のジョブにおいてユニークな番号(重複することがない番号)となる。 That is, in this embodiment, although the job is executed in a plurality of document creation server 200 and 300, the job identification number 907 is a unique number in a plurality of jobs executed in the plurality of document creation server 200 and 300 ( duplicate it is that there is no number) that.

本実施形態でいう「ネットワーク名」とは、通信ネットワークの名称ではなく、作成される文書ファイルに一意に対応した名称であり、具体的には、文書管理サーバ200或いは300からのパス名(例えばURL)である。 The "network name" in the present embodiment, rather than the name of the communication network, a unique name corresponding to the document file created, specifically, the path name from the document management server 200 or 300 (e.g. it is a URL). ネットワーク名906は、図6に示す処理により取得されて本テーブル910に設定される。 Network name 906 is set to the table 910 is acquired by the process shown in FIG. ネットワーク名906は、先頭から最後尾にかけて、「カレントプレフィックス/JOB ID/ジョブ制御言語700に記録されているファイル名702」という構成になる。 The network name 906, from the beginning toward the end, as constituted of "file name 702, which is recorded in the current prefix / JOB ID / job control language 700". カレントプレフィックスとは、ネットワーク名906の作成に使用される固定値である。 The current prefix is ​​a fixed value that is used to create a network name 906. 例えば文書管理サーバ100の記憶資源において、図13に例示するような、カレントプレフィックス管理テーブル911が記憶されており、そのテーブル911では、複数の業務の各々につき、業務ID912及びカレントプレフィックス908が登録されている。 For example, in the storage resource of the document management server 100, as illustrated in FIG. 13, the current prefix management table 911 is stored, in the table 911, for each of the plurality of business, business ID912 and the current prefix 908 is registered ing. ジョブ制御言語700の解析結果に含まれている業務IDをキーに、ネットワーク名作成部110が、そのテーブル911を参照することにより、その業務IDに対応したカレントプレフィクス908を取得できる。 The application ID contained in the analysis result of the job control language 700 as a key, the network name creating unit 110, by referring to the table 911, can obtain the current prefix 908 corresponding to the business ID. また、図3のジョブ識別番号907が示す番号をJOB IDとして取得することができる。 Further, it is possible to acquire the number indicated by the job identification number 907 of FIG. 3 as JOB ID. ネットワーク作成部110は、取得したカレントプレフィックス908と、JOB IDと、ジョブ制御言語700に記録されているファイル名702とを結合することで、ファイルの格納先を表すネットワーク名906を作成することができる。 Network creation unit 110, a current prefix 908 acquired, and JOB ID, by combining the file name 702 stored in the job control language 700, to create a network name 906 representing the storage location of the file it can. 作成されたネットワーク名906が、図2の文書インデックステーブル910に登録される。 Network name 906 that are created is registered in the document index table 910 of FIG.

図2のテーブル910の例によれば、同一の業務(業務ID:489)につき、ジョブが2つ実行されていることがわかる。 According to the example of table 910 of FIG. 2, the same business (business ID: 489) per, it can be seen that the executed job is two. それぞれのジョブは、JOB ID901として、ジョブを識別するための情報1及び2が格納されている。 Each job as JOB ID 901, information 1 and 2 for identifying the job is stored. JOB ID:1であるジョブには、文書ファイルが3つあり、それぞれ“DATA1”,“DATA2”,“OUT3”という名称がジョブの定義として定義されていたことが分かる。 JOB ID: The job is 1, there are three document files, each "DATA1", "DATA2", it is understood that "OUT3" name has been defined as the definition of a job. また、この3つの文書の作成者は、“USER1”であり、“DATA1”に対応した文書ファイルの配布先は“A”であり、“DATA2”に対応した文書ファイルの配布先は“B”であり、“DATA3”に対応した文書ファイルの配布先は“C”であることがわかる。 In addition, the creator of the three documents, "USER1" is, "DATA1" distribution destination of the document file corresponding to is the "A", the distribution destination of the document file that corresponds to the "DATA2" is "B" , and the distribution destination of the document file that corresponds to the "DATA3" is understood to be a "C". 重要度は番号が若いほど優先して出力する必要があるものである。 Importance are those that must be preferentially outputted as number young. “DATA1”,“DATA2”にそれぞれ対応した文書ファイルは優先して配布したいが、“OUT3”に対応した文書ファイルは“DATA1”,“DATA2”にそれぞれ対応した文書ファイルよりも後に配布すべき情報であることがわかる。 "DATA1", "DATA2" document files, each of which corresponds to but want to distribute with priority, "OUT3" the document file corresponding to the "DATA1", should be distributed each later than the corresponding document file to the "DATA2" information It can be seen that it is. 本実施形態では、ジョブが増える度に、文書インデックステーブル910の行が増加する例であるが、或る行に対応した文書ファイルが出力装置510から出力された後、対応する文書ファイルの削除と共に、対応した行を削除することで、文書ファイル及び行(文書インデックステーブル910における行)が無限に増えることを防止することができる。 In the present embodiment, every time the job is increased, by way of example the line increases the document index table 910, after the document file corresponding to a certain row is outputted from the output device 510, along with deletion of the corresponding document file , by deleting the corresponding row, it is possible to prevent the document file and line (line in the document index table 910) increases indefinitely.

<出力先管理テーブル940の構成>。 <Configuration of the output destination management table 940>.

図8は、出力先管理テーブル940の構成例を示す。 Figure 8 shows a configuration example of an output destination management table 940.

本テーブル940には、予め、配布先の識別子である配布先941と、配布先941に対応した出力サーバ500のネットワーク上のアドレスを示す情報である出力サーバ942と、その出力サーバ500に接続されている出力装置510へのアドレスである出力装置943とが定義されている。 This table 940, in advance, a distribution destination 941 is an identifier of the distribution destination, the output server 942 is information indicating an address on the network of the output server 500 corresponding to the distribution destination 941, is connected to the output server 500 and an address to the output device 510 and output device 943 is defined. つまり、各配布先が定義されている。 In other words, each distribution destination has been defined. また、各配布先毎に、その配布先で印刷された用紙の枚数を表す情報であるページ数944が記録される。 Moreover, each distribution destination, number of pages 944 is information representing the number of sheets printed in the distribution destination is recorded.

図8の例は、配布先941が“A”,“B”,“C”とあり、ジョブ制御言語との対応をつけた例である。 Example of FIG. 8, the distribution destination 941 is "A", is with "B", "C", an example of wearing a correspondence between the job control language. 出力サーバ942の“server1”、“server2”、“server3”は、ネットワーク上のホスト名であるため、IPアドレスでも問題ない。 "Server1" of output server 942, "server2", "server3" is, because it is the host name on the network, there is no problem in the IP address. 出力装置943は、出力サーバ500上のポート名を示す識別子となり、実際の出力装置へのアドレスとなる。 The output device 943 is composed of an identifier that indicates the port name on the output server 500, the address of the actual output device. ページ数940は、印刷送信部180によって更新される。 Page number 940 is updated by the printing transmitting unit 180. 印刷送信部180は、印刷対象の文書ファイルについてのページ数と印刷条件とを基に、印刷枚数を特定してページ数940を更新することができる。 Print transmitting unit 180, based on the number of pages and print conditions for the document file to be printed, it is possible to update the page number 940 to identify the number of printed sheets. 例えば、印刷対象の文書ファイルのページ数が100であって、印刷条件として、1枚に2ページ分印刷し且つ片面印刷であれば、印刷枚数としてのページ数は、50である。 For example, a number of pages of a document file to be printed is 100, as the printing conditions, if two pages printed and single-sided printing on one sheet, the number of pages of the printed sheets is 50.

本実施形態では、ページ数が少ない出力装置510が優先的に選択されるようになっている。 In this embodiment, the output device 510 the number of pages is small is set to be preferentially selected. これにより、ページ数940をなるべく均等になるようにすることができる。 Thus, it is possible to be a possible even page number 940. これは、出力装置510がプリンタ装置であれば、一般的に、一定枚数を印刷すると紙切れが発生し、オペレータの介入が発生するため(例えば手動での用紙の補充が必要になるため)、なるべくオペレータの介入が発生しないようにすることと、同じ種類の出力装置510であれば、同時期に用紙を補充できるため、オペレータの作業効率が良くなる効果が期待できる。 This output device 510 if the printer apparatus, in general, predetermined number out of paper when printing occurs, and (because it is necessary to replenish the paper, for example manually) operator intervention for generating, as much as possible and the operator intervention to prevent occurrence, if the same type of output device 510, it is possible to replenish the paper at the same time, can be expected to work efficiency of the operator is improved. なお、ページ数940は、定期的に或いは不定期的にリセットされてもよい。 Incidentally, the page number 940 may be reset periodically or irregularly. 具体的には、例えば、もし、出力装置510が、低速で、用紙の補充よりも、出力を休止する時間を無くすような負荷分散をするのであれば、ページ数940のカウントを、例えば、10分程度でリセットするような処理が行われても良い。 Specifically, for example, if the output device 510, at a lower speed than the replenishment of paper, as long as the load distribution, such as to eliminate the time to pause an output, a count of the number of pages 940, for example, 10 processing such as reset, in minutes, the degree may be performed.

文書ファイルについて、図2を参照して説明したような重要度905といった属性がある場合、同じ出力装置510への出力は、重要度の高い文書がより先に出力される。 For document file, if there is attribute such importance 905 as described with reference to FIG. 2, the output to the same output device 510, high importance document is output more ahead. 例えば、図2において、JOB ID:2について言えば、配布先“B”でDD名“DATA1”と“DATA2”という2つの文書がある。 For example, in FIG. 2, JOB ID: As for 2, there are two documents that DD name "DATA1" and "DATA2" at the distribution destination "B". このとき、配布先について、図8では、“B”の配布先が一箇所という例であるため、2つの文書を同時に出力することができない。 In this case, the distribution destination, 8, for the distribution destination of "B" is an example of one place, can not output the two documents simultaneously. このとき、重要度が高い“DATA1”に対応した文書ファイルが先に出力され、次に、“DATA2”に対応した文書ファイルが出力される。 At this time, a document file corresponding to the high importance "DATA1" is output first, then the document file corresponding to the "DATA2" is output.

<文書作成サーバ200及び300の構成>。 <Configuration of the document creation server 200 and 300>.

図4は、文書作成サーバ200及び300の構成例を示す。 Figure 4 shows an example of the configuration of a document creation server 200 and 300. UNIXサーバ200とPCサーバ300とでは、処理が異なるが、構成としては、同じ構成を採用することができる。 In a UNIX server 200 and the PC server 300, the processing is different, as the structure, it is possible to adopt the same configuration. 以下、文書作成サーバ200を代表的に例に採り説明する。 Hereinafter, it is described as a typical example of document creation server 200.

第一の通信ネットワーク201を介した通信を行うための通信インタフェース(例えばLANコントローラ)231と、プロセッサ(CPU)232と、メモリ233とが備えられる。 A communication interface (e.g., LAN controller) 231 for performing communication via the first communication network 201, a processor (CPU) 232, a memory 233 is provided. メモリ233には、プロセッサ232に実行されるコンピュータプログラムとして、例えば、telnetプロセス260、スケジュールエージェント250、アプリケーションプログラム234及びジョブ管理プログラム240が記憶される。 The memory 233 as computer programs to be executed by the processor 232, for example, telnet process 260, the schedule agent 250, the application program 234 and the job management program 240 is stored.

telnetプロセス260は、telnet端末210からのジョブ制御言語700の入力を受ける。 telnet process 260 receives an input of job control language 700 from telnet terminal 210. スケジュールエージェント250は、自動スケジュール端末220からのジョブ制御言語700の入力を受ける。 Schedule Agent 250 receives an input of job control language 700 from automatic scheduling terminal 220. これらのコンピュータプログラムが受けたジョブ制御言語700は、ジョブ管理プログラム240に入力され、ジョブ管理プログラム240が、そのジョブ制御言語700に定義されているジョブを、アプリケーションプログラム234に実行させる。 Job control language 700 These computer programs are received are inputted to the job management program 240, the job management program 240, the job defined in the job control language 700 to execute the application program 234. つまり、ジョブ管理プログラム240が、telnetプロセス260及びスケジュールエージェント250とアプリケーションプログラム234との間に論理的に介在するフィルタ的な存在となる。 In other words, the job management program 240, a filter beings intervening logically between the telnet process 260 and scheduling agent 250 and the application program 234.

ジョブ管理プログラム240は、コンピュータプログラムモジュールとして、ジョブ制御言語解析部241、ネットワーク名取得部242、ファイル作成部243、アプリケーション管理部244、ファイル解放部245及びログ取得部246を有する。 Job management program 240 has as a computer program module, the job control language analysis unit 241, the network name acquisition unit 242, the file creating unit 243, the application management unit 244, a file release unit 245 and the log acquisition unit 246. これらのプログラムモジュールについては、後に詳述する。 These program modules, will be described in detail later. なお、ジョブ制御言語解析部241、ネットワーク名取得部242、ファイル作成部243、アプリケーション管理部244、ファイル解放部245及びログ取得部246は、各処理を行う処理部として集積回路化するなどしてハードウェアで実現することもできる。 The job control language analysis unit 241, the network name acquisition unit 242, the file creating unit 243, the application management unit 244, the file release unit 245 and the log acquisition unit 246, such as by an integrated circuit as a processing unit for performing the processing It can also be implemented in hardware. 各処理部をハードウェアで実現した場合には、その各処理部が主体となって各処理を行う。 When implemented in hardware each processing unit performs the processing is the processing units are mainly.

<本実施形態での文書管理システムで実行される処理の流れ>。 <The flow of the processing executed by the document management system of this embodiment>.

本実施形態において、文書管理システムでは、例えば、 In the present embodiment, the document management system, for example,
1:ジョブ制御言語解析処理、 1: job control language analysis processing,
2:ネットワーク名取得処理及び文書管理領域確保処理、 2: Network name acquisition processing and document management area allocation process,
3:ファイル作成処理、 3: file creation process,
4:アプリケーション管理処理、 4: application management,
5:ログ取得処理、 5: log acquisition process,
が実行される。 There is executed. 以下、各処理について説明する。 The following describes each process. この処理の説明の際に、前述した各コンピュータプログラムの動作を説明することにする。 In the description of this process, it will be explained the operation of each computer program described above.

(1:ジョブ制御言語解析処理)。 (1: job control language analysis processing).

ジョブ管理プログラム240にジョブ制御言語700が投入されたことに応答して、ジョブ制御言語解析部241が、そのジョブ制御言語700を解析し、解析の結果を表す情報(以下、解析結果情報)を、ネットワーク名取得部242に渡す。 In response to the job control language 700 is turned to the job management program 240, the job control language analysis unit 241 analyzes the job control language 700, information indicating the result of analysis (hereinafter, the analysis result information) , it passed to the network name acquisition unit 242. 解析結果情報には、ジョブ制御言語700から特定されるDD名701、DDパラメータ(作成者703、配布先704及び重要度705)、ファイル名702及び業務IDが含まれている。 The analysis result information, DD name 701, DD parameters specified from the job control language 700 (Author 703, the distribution destination 704 and importance 705) includes a file name 702 and business ID.

(2:ネットワーク名取得処理及び文書管理領域確保処理)。 (2: Network name acquisition processing and document management area securing process).

ジョブ制御言語700の解析の後、ネットワーク名取得処理が開始される。 After the analysis of the job control language 700, the network name acquisition process is started. ネットワーク名取得処理において文書管理サーバ100で実行されるネットワーク名作成処理を、図6に示している。 The network name creating process executed by the document management server 100 in the network name acquisition process is shown in FIG.

文書管理サーバ100が、ネットワーク名取得部242から、ネットワーク名取得要求を受信する(ステップ111)。 Document management server 100, the network name acquisition unit 242 receives the network name acquisition request (step 111). そのネットワーク名取得要求には、例えば、解析結果情報が含まれる。 Its network name acquisition request, for example, include the analysis result information. 具体的には、例えば、ジョブ管理プログラム400と文書管理サーバ100との通信がHTTP(HyperText Transfer Protocol)プロトコルであれば、例えば、<DD Specifically, for example, communicate with the job management program 400 and the document management server 100 if the HTTP (HyperText Transfer Protocol) protocol, for example, <DD
NAME=“DATA1”><DSN NAME=“DATAFILE1”><USER NAME=“USDER1”/><DEST NAME=“A”/><PRI NAME=“1”/></DD>とXMLで記述したようなタグで囲まれた文字列を生成し、その文字列を含んだネットワーク名取得要求が送信される。 NAME = "DATA1"> <DSN NAME = "DATAFILE1"> <USER NAME = "USDER1" /> <DEST NAME = "A" /> <described in PRI NAME = "1" /> </ DD> and XML generating a character string enclosed with tags like, the network name acquisition request including the character string is transmitted.

そのネットワーク名取得要求をHTTPプロトコルでWeb処理部160が受け取った場合、“<DD”という文字列を見つけた場合に、ネットワーク名作成部110にネットワーク名取得要求が入力され、ステップ112が開始される。 If the Web processing unit 160 is received in the network name acquisition request to the HTTP protocol, when it finds the string "<DD", the network name acquisition request to the network name creating unit 110 is input, step 112 is started that. すなわち、ネットワーク名作成部110が、ジョブ識別番号907(例えばファイル)を排他する目的でロックする。 That is, the network name creating unit 110, to lock in order to lock the job identification number 907 (such as files). これは、例えば、クラスタ構成の文書管理サーバ200が構成されている場合に有効である。 This, for example, the document management server 200 of the cluster configuration is effective when it is configured.

ステップ113で、ネットワーク名作成部110が、ロックされたジョブ識別番号907が表す番号を1インクリメントし、インクリメント後の番号を読み、メモリ233に書く。 In step 113, the network name creating unit 110, and increments the locked job identification number 907 represents number, read the number of the incremented, writing to the memory 233.

ステップ114で、ネットワーク名作成部110が、ネットワーク名取得要求に含まれている一つのパラメータである業務IDをキーに、カレントプレフィックス管理テーブル911を参照し、その業務IDに対応したカレントプレフィックスを取得する。 In step 114, obtains the network name creating unit 110, a business ID, which is one of parameters included in the network name acquisition request key, with reference to the current prefix management table 911, the current prefix corresponding to the application ID to. そして、ネットワーク名作成部110が、取得したカレントプレフィックスと、メモリ233に書かれた番号(JOB ID)と、ネットワーク名取得要求に含まれている一つのパラメータであるファイル名702とを結合したネットワーク名を作成する。 The network of the network name creating unit 110, a current prefix obtained, and written to the memory 233 ID (JOB ID), and combines the file name 702, which is one of parameters included in the network name acquisition request to create a name.

ステップ115で、ネットワーク名作成部110が、文書インデックステーブル910を参照し、ステップ114で作成したネットワーク名と同一のネットワーク名が存在する否かの判定を行う。 In step 115, the network name creating unit 110 refers to the document index table 910, it is determined whether there is a network name and the same network name created in step 114. もし、同一のネットワーク名が存在しているようであれば、再度ステップ114が実行され、そうでなければ、ステップ116に進む。 If long as the same network name exists, the step 114 is executed again, otherwise, the process proceeds to step 116.

ステップ116では、ネットワーク名作成部110が、ジョブ識別番号907のロックを解除する。 In step 116, the network name creating unit 110, to unlock the job identification number 907.

この結果として、ネットワーク名作成部110が、入力と同じ形式であるXML形式で、例えば、<URL NAME=“http://hostA/489/1/”/>という出力を作成する。 As a result, the network name creating unit 110, the XML format is the same format as the input, for example,: create an output that <URL NAME = "http // hostA / 489/1 /" />. すなわち、作成されたネットワーク名(ファイルへのパス名)に従う場所にファイルの格納を導くための情報として、ネットワーク名からファイル名を除いた、ネットワークファイルシステム400内の文書管理領域410に作成されるディレクトリへのパス名(以下、ネットワークディレクトリ名)が、出力として準備される。 That is created as information for directing the storage of the file in a location in accordance with the network name created (path name of the file), excluding the file name from the network name, the document management area 410 of the network file system 400 the path name to the directory (or less, network directory name) is prepared as an output.

図6に示した処理流れの後、文書管理領域確保部120が、ネットワークファイルシステム400に空きがあることを確認するため、ネットワーク名のうちのカレントプレフィックスとJOB IDとで構成されたディレクトリ名のディレクトリ(以下、「対象ディレクトリ」と呼ぶ)を作成する。 After the processing sequence shown in FIG. 6, the document management area securing section 120, to ensure that there is a vacancy in the network file system 400, the current prefix and JOB ID and directory configured with name of the network name directory (hereinafter, referred to as the "target directory") to create a. つまり、文書管理領域確保処理が実行される。 In other words, the document management area allocation processing is performed.

また、文書属性設定部130が、ネットワーク名取得要求の各パラメータ(業務ID、DD名、DDパラメタ)を、文書インデックステーブル910に登録する。 The document attribute setting unit 130, the parameters of the network name acquisition request (business ID, DD name, DD parameters) to be registered in the document index table 910. また、文書属性設定部130が、メモリ233に書かれている番号(インクリメント後のジョブ識別番号907が表す番号)を、JOB IDとして、文書インデックステーブル910に登録する。 The document attribute setting unit 130, the number written in the memory 233 (number job identification number 907 represents the incremented), as JOB ID, is registered in the document index table 910. また、ネットワーク名作成部110が、作成したネットワーク名を、文書インデックステーブル910に登録する。 The network name creating unit 110, a network name created, is registered in the document index table 910.

また、文書属性設定部130が、対象ディレクトリのプロパティとして、例えば、入力となったXMLのファイルを、その対象ディレクトリに格納してよい。 The document attribute setting unit 130, as a property of the object directory, for example, the XML file that serves as an input, may be stored in the object directory. 例えば、ネットワーク名取得要求に、<DSN NAME=“DATAFILE1”>が含まれていれば、文書属性設定部130は、“.DATAFILE1”などのドットをつけて非表示属性のファイルを作成し、対象ディレクトリに格納してもよい。 For example, the network name acquisition request, if it contains <DSN NAME = "DATAFILE1">, the document attribute setting unit 130, ". DATAFILE1" with a dot, such as to create a non-display attribute file, subject it may be stored in the directory. 実際は、文書作成サーバ200におけるアプリケーションプログラム234が、その作成されたディレクトリ内に“DATAFILE1”というファイル名の文書ファイルを格納する。 In fact, the application program 234 in the document creation server 200, to store the document file named "DATAFILE1" within the created directory.

また、ログ作成部140が、その作成された対象ディレクトリの中に、ファイル名“LOG”というログファイル(以下、「対象ログファイル」と呼ぶ)を作成し、格納してもよい。 In addition, the log creation section 140 is, in its created target directory, log file (hereinafter referred to as a "target log file") that the file name "LOG" to create a, may be stored. その対象ログファイルには、例えば、作成した日時などの情報が記録されて良い。 Its target log file, for example, information such as the date and time that you create may be recorded.

ネットワーク名返却部150が、上記作成された出力(例えば<URL NAME=“http://hostA/489/1/”/>)を、文書作成サーバ200に返却する。 Network Name return unit 150, the created output (e.g. <URL NAME = "http: // hostA / 489/1 /" />), and returns to the document creation server 200. 返却された出力(ネットワークディレクトリパス名)は、文書作成サーバ200において、ネットワーク名取得部242が受領し、ファイル作成部243に渡される。 Return output (network directory path name), in document creation server 200, the network name acquisition unit 242 receives, is passed to the file creating unit 243.

(3:ファイル作成処理)。 (3: file creation process).

ファイル作成部243が、ネットワークディレクトリパス名を用いてアクセスされる対象ディレクトリに、ジョブ制御言語700に記録されているファイル名を有するファイルを割り当てる(例えば所定サイズ(一例として0バイト)のダミーファイルを作成する)。 File creating unit 243, the target directory is accessed using a network directory path name, assign a file having a file name recorded in the job control language 700 a dummy file (for example, a predetermined size (0 bytes as an example) create). これは、ファイルを作成できるか否かのチェックになる。 This is to check whether or not able to create a file. ファイルを作成できることが確認されたならば、ファイル作成部243が、他のプログラム(例えばアプリケーションプログラム234以外のプログラム)から更新されないようにそのファイルをロックする。 If it is confirmed that can create a file, the file creating unit 243, to lock the file so that it is not updated from other programs (e.g., application programs 234 other program). 作成する文書ファイルのサイズが予めわかっているのであれば、事前にそのサイズの文書ファイルが作成されてもよい。 If the size of the document file to be created is known in advance, prior to the document file of that size may be created.

(4:アプリケーション管理処理)。 (4: application management).

アプリケーション管理部244にて、アプリケーションプログラム234が実行される。 In the application management unit 244, the application program 234 is executed. アプリケーションプログラム234は、対象ディレクトリ内の割り当てられたファイル(ダミーのファイル)に、自分が作成した文書ファイルを上書きして、終了となることができる。 Application program 234, the file that has been allocated within the target directory (dummy file), by overwriting the document file that you create, can be completed. プログラムが完了後、ファイル解放部245が、割り当てたファイル(ダミーのファイル)のロックや事前に割り当てたファイルサイズを文書ファイルに合わせることで、文書を印刷できるファイルとして確定してもよい。 After the program is complete, the file release portion 245, by matching the file size allocated to the lock and pre-allocated file (dummy file) in the document file, may be determined as a file that can print the document.

図5は、アプリケーション管理処理の流れの一例を示す。 Figure 5 shows an example of the flow of the application management.

ステップ251で、アプリケーション管理部244が、DDパラメータをアプリケーションプログラム234に渡すための情報として、作成ファイル情報を、子プロセス生成情報として作成する。 In step 251, the application management unit 244, as information for passing DD parameters to the application program 234, the created file information, to create a child process generates information. その子プロセス生成情報は、子プロセス生成時の環境変数としてアプリケーションプログラム234に渡される。 Its child generation information is passed to the application program 234 as the environment the child generation. 例えばUNIX系やPC系のOSでは、プログラムを実行するためのプロセスを子プロセスとして生成した場合、マルチプラットフォーム共通に親プロセスの環境変数を子プロセスに引き渡せる仕様を持っているため、環境変数を引き継いで子プロセスを実行できる機能を利用することができる。 In OS of example UNIX system or PC system, when generating a process for executing a program as a child process, because it has a specification Hikiwataseru environment variables of the parent process to the child in the multi-platform common environment variables it is possible to use a function that can run the child process take over.

例えば図4において、この親プロセスが、ジョブ管理プログラム240の動作となり、子プロセスが、アプリケーションプログラム234の動作となる。 In FIG. 4, for example, the parent process, become the operation of the job management program 240, the child process, the operation of the application program 234.

環境変数を利用する作成ファイル情報とは、例えば、DD名902を環境変数名とした、その変数値としてのネットワーク名906である。 The created file information utilizing environment variable, for example, a DD name 902 was environment variable name, a network name 906 as the variable value. 具体的には、例えば、図7のジョブ制御言語700を処理する場合、“DATA1”という環境変数に“http://hostA/489/1/DATAFILE1”という文字列からファイル名を生成し、代入した環境変数が親プロセスに設定される。 Specifically, for example, when processing a job control language 700 in FIG. 7, "DATA1" environment variable that: generates a file name with the string "http // hostA / 489/1 / DATAFILE1", substituting environment variables are set to the parent process. このネットワーク名906は、HTTPプロトコルでいえば、hostA上のファイルであるという記述である。 The network name 906, in terms of the HTTP protocol, is a description of a file on the hostA.

ジョブ管理プログラム240を実行するプラットフォームでこのファイル名にプログラムがアクセスできるのであれば、このままの値が環境変数に代入される。 If platform program to the file name to execute the job management program 240 can access the value of this state is assigned to an environment variable. もし、アクセスできないようであれば、そのプラットフォームの環境にあったネットワークファイル名に変換される。 If any inaccessible, it is converted to a network file name that matches the environment of the platform. 1つのアプリケーションプログラム234に複数のDDパラメータが渡され場合も、それぞれ環境変数が親プロセスに設定される。 If multiple DD parameters are passed to a single application program 234, the environment variable each is set to the parent process.

例えばジョブ制御言語700の仕様で、DD名902はファイルを識別する識別子のため、アプリケーションプログラム234から見た場合、重複した定義は無い。 For example, in the specification of the job control language 700, for DD name 902 of an identifier that identifies the file, when viewed from the application program 234, there is no duplicate definition. そのため、DDパラメータの数だけ環境変数を作成する処理が、ステップ251で行われる処理である。 Therefore, the process of creating only environment variables number of DD parameter is the processing performed in step 251.

ステップ252では、アプリケーションプログラム234を実行する子プロセスが生成される。 In step 252, the application program 234 executing child process is generated. この子プロセス生成によって、ステップ251で設定された環境変数が、子プロセスに引き渡されてアプリケーションプログラム234が実行できる環境が整う。 This child generation, environment variables set at step 251, it is passed to the child process the application program 234 environment ready to be executed.

ステップ253で、実際に、アプリケーションプログラム234が実行される。 In step 253, in fact, the application program 234 is executed. 子プロセスとして、アプリケーション実行プロセスが生成され、環境変数が引き渡された状態で実行が開始される。 As a child process, the application execution process is generated, execution in the state where the environment variables are delivered is started. アプリケーションプログラム234からファイルを参照したり更新したりする場合、プログラム内は、DDパラメータのDD名で記述する。 If you or update or reference the file from the application program 234, the program describes the DD name of the DD parameters. アプリケーションプログラム234が例えばシェルプログラムであれば、例えば、PCサーバならば、“COPY %DATA1% DATA1”と記述され、UNIXならば、“cp ${DATA1} DATA1”と記述すれば、DATA1というプラットフォーム上の文書にDDパラメータで指定したファイルをコピーすることができる。 If the application program 234 is, for example, a shell program, for example, if the PC server is "COPY% DATA1% DATA1" and description, UNIX if, if "cp $ {DATA1} DATA1" from the description on the platform that DATA1 it is possible to copy the file specified in the DD parameters of the document.

C言語、COBOL言語、或いはJava(登録商標)であれば、言語のライブラリとしてDD名をアプリケーションから利用することが可能である。 C language, COBOL language, or if the Java (registered trademark), it is possible to use the DD name as a library of language from the application. 例えば,C言語であれば、ファイルを使う場合、fopen()という関数を利用してファイルがオープンにされる。 For example, if the C language, if you use a file, the file is opened using a function named fopen (). 本実施形態では、ジョブ管理用のC言語ライブラリを提供し、ddopen()という関数が別に提供されてよい。 In the present embodiment provides a C language library for job management, a function called ddopen () may be provided separately. fopen()は、ファイル名を入力して,オープン後もファイル識別子という情報が出力される。 fopen (), enter the file name, information that later also open file identifier is output. 言語内では、オープン時だけ実体のファイル名が意識される。 Within the language, the file name of the entity only at open time is consciousness. そのため、ddopen()でも同じようにファイル識別名が出力となるように、その関数内で上記シェルプログラムと同じくDD名を入力し環境変数に変換することができる。 Therefore, as to the same even ddopen () is file-identifier as an output, can be converted to the environment variable type the same DD name and the shell program in the function.

例えば、大型計算機で利用されているジョブ制御言語を利用していた言語では、DD名をコンパイラ自身もサポートし、アプリケーションのソースはDD名を記述していたため,これらの大型計算機のコンパイラをオープン環境に移植する際にDD名処理に環境変数の置き換え処理を加えるだけでも良い。 For example, in a language that was using the job control language, which is used in large-scale computer, also supports compiler itself a DD name, because the source of the application was not describe the DD name, open environment the compiler of these large-scale computer It may be the DD name processing only the addition of the replacement process of environment variables when porting to. これにより、大型計算機のソースをリコンパイルするだけで、マルチプラットフォーム上のサーバで実行し,ネットワーク上のファイルを利用できるようにもできる。 Thus, by simply recompiling the source of large-scale computer, running on a server on multiple platforms, it is also available a file on the network.

ステップ254で、ジョブ管理プログラム240は、アプリケーションの終了を待つ。 In step 254, the job management program 240, and waits for the end of the application. 完了後、前述したファイル解放部245に、処理を渡すことができる。 After completion, the file releasing unit 245 described above, it is possible to pass the process.

(5:ログ取得処理)。 (5: log acquisition process).

ファイル解放部245により、対象ディレクトリ内のファイルが確定した後、ログ取得部246が、上記投入されたジョブ制御言語700に定義されているジョブの実行結果(例えば、アプリケーションプログラム234やジョブ管理プログラム240の実行結果)に関するログ(以下、便宜上「ジョブ実行ログ」と呼ぶ)を、対象ディレクトリ内の対象ログファイルに記録する。 The file release unit 245, after the file in the target directory is established, the log acquisition unit 246, the input job control language 700 defined by the job is the execution result (for example, an application program 234 and the job management program 240 execution result) about the log (hereinafter, for convenience referred to as a "job run log"), recorded in the target log files in the target directory. 対象ログファイルの中身(対象ログファイルに記録されている情報やジョブ実行ログ)は、クライアント端末210或いは220からのジョブ制御言語700の入力に対する応答として、ログ取得部246からそのクライアント端末210或いは220に送られる。 Target log file contents (information or job is recorded in the target log file execution log) as a response to the input job control language 700 from the client terminal 210 or 220, the client terminal 210 or 220 from the log acquisition unit 246 It is sent to. 対象ログファイルの中身は、クライアント端末210或いは220で表示されるが、その表示画面(以下、ログ表示画面)1250の例を、図9に示している。 The contents of the target log file is displayed in the client terminal 210 or 220, the display screen (hereinafter, a log display screen) an example of 1250 is shown in FIG.

図9のログ表示画面1250によれば、対象ログファイルの中身としては、インデックス部と、ジョブ実行ログ部とで構成されている。 According to the log display screen 1250 of FIG. 9, as the contents of the target log file, and an index portion, and a job execution log unit. インデックス部は、文書管理サーバ100によって対象ディレクトリ内に対象ログファイルが格納されるが、その格納された対象ログファイルに記録される部分である。 Index unit is the target log file is stored in the target directory by the document management server 100 is a portion to be recorded in the stored target log file. ジョブ実行ログ部は、ジョブ管理プログラム240によって記録される部分である。 Job execution log unit is a portion that is recorded by the job management program 240. ジョブ実行ログとしては、例えば、第一〜第三のログ要素で構成される。 The job execution log, for example, a first to third log element. 第一のログ要素は、一番目にある“文書作成サーバログ”から二番目にある“ジョブ制御言語”より一つの上の行までの内容であり、具体的には、アプリケーション234を起動及び終了した際の開始及び終了に関するイベントを示すログである。 The first log element is content from "document creation server log" in to a first to the line on one from "job control language" in the second, specifically, starting and ending the application 234 is a log indicating the start and events related to the end of the time you have. 第二のログ要素は、二番目にある“ジョブ制御言語”から三番目にある“文書作成サーバログ”より一つの上の行までの内容であり、具体的には、実行したジョブ制御言語700に定義されるジョブに関する情報である。 The second log element is content from "job control language" in the second to the line on one from "document creation server logs" in the third, specifically, the job control language and run 700 which is information about the job that is defined. 第三のログ要素は、三番目にある“文書作成サーバログ”から最後の行までの内容であり、具体的には、対象ディレクトリ内に作成されたファイルに関する情報である。 The third log element is the content of the "document creation server log" in the third until the end of the line, specifically, is information about the files that were created in the target directory. より具体的には、例えば、“DATA1”、“DATA2、”OUT3“といった文書ファイルが対象ディレクトリに格納されていることを表している。 More specifically, for example, "DATA1", "DATA2," OUT3 document file like "is indicates that stored in the target directory.

このログ表示画面1250において、インデックス部の表示エリアに、参照番号1251で表すパス名が表示され、ジョブ実行ログ部の表示エリアに、参照番号1252で表すパス名群が表示される。 In this log display screen 1250, the display area of ​​the index portion, the path name represented by reference numeral 1251 is displayed, the display area of ​​the job execution log unit, the pathname group represented by reference number 1252 is displayed.

ログ表示画面1250における、インデックス部の表示エリアにおけるパス名1251は、対象ディレクトリへのパス名(ネットワークディレクトリパス名)である。 In the log display screen 1250, the path name 1251 in the display area of ​​the index part is the path name to the target directory (network directory path name). このパス名が、例えばマウスでクリックされることにより(或いは、クリックができなくても、そのパス名であるURLをWEBブラウザに入力することにより)、図11に例示するように、対象ディレクトリウィンドウ161が表示される。 By this path name is clicked, for example, a mouse (or even impossible clicks, by entering the URL is the path name to the WEB browser), as illustrated in FIG. 11, the target directory window 161 is displayed. 対象ディレクトリウィンドウ161内には、ネットワークディレクトリパス名162と、対象ディレクトリ内に存在する複数のファイルのアイコン163が表示される。 The target directory window 161, a network directory path name 162, a plurality of files icons 163 existing in the target directory is displayed. 言い換えれば、ジョブに対応した文書ファイルや対象ログファイルのアイコンが表示される。 In other words, the icon of the document file and the target log file that corresponds to the job is displayed. つまり、そのジョブに関連する複数のファイルが対象ディレクトリ内にまとめて管理されていることになる。 In other words, the plurality of files associated with the job is managed collectively in the target directory. ユーザは、所望のファイルのアイコンを指定することで、そのファイルの中身を閲覧することができる。 The user can specify the icon of the desired file, it is possible to view the contents of the file.

ログ表示画面1250における、ジョブ実行ログ部の表示エリアにおけるパス名群1252は、対象ディレクトリ内に存在する複数のファイルにそれぞれ対応した複数のネットワーク名である。 In log display screen 1250, the pathname group 1252 in the display area of ​​the job execution log unit is a plurality of network name corresponding to a plurality of files that exist in the target directory. 例えば、パス名群1252の表示範囲の所定の位置がマウス等で指定された場合に、図12に例示する印刷指示画面164が表示される。 For example, when a predetermined position of the display range of pathname group 1252 is designated by a mouse or the like, the print instruction screen 164 illustrated in FIG. 12 is displayed.

印刷指示画面164は、例えば、WEBブラウザ上で表示される画面である。 Print instruction screen 164, for example, a screen displayed on the WEB browser. この印刷指示画面164には、第一の表示エリア「ジョブ情報」と、第二の表示エリア「出力ファイル情報」とが表示される。 The print instruction screen 164, a first display area "job information", and the second display area "Output File Information" is displayed.

第一の表示エリア「ジョブ情報」には、JOB ID表示欄165がある。 The first display area "job information", there is a JOB ID display column 165. 図12に例示の印刷指示画面164は、JOB ID“1”に対応した対象ログファイルの表示画面(図9参照)を介して表示されたものなので、JOB ID表示欄165には、“1”が表示される。 Print instruction screen 164 exemplified in FIG. 12, since what is displayed through the display screen of the target log file corresponding to the JOB ID "1" (see FIG. 9), to JOB ID display column 165, "1" There is displayed.

第二の表示エリア「出力ファイル情報」には、印刷対象として選択可能な文書ファイルのファイル名の表示エリア166と、印刷ボタン167と、キャンセルボタン168とが表示される。 The second display area "Output file information", a display area 166 of the file name of the document file that can be selected as a print target, the print button 167, is displayed and a cancel button 168. 表示エリア166には、選択可能な各文書ファイル毎にチェックボックスが表示される。 The display area 166, a check box is displayed for each document file that can be selected. また、選択可能な各文書ファイル毎に、配布先の識別子と重要度とが表示される(これらの情報は、前述した対象ログファイルの中身における第二のログ要素に含まれているため、第二のログ要素を用いて表示されても良いし、文書インデックステーブル910を用いて表示されても良い)。 Also, for each document file that can be selected, identifier and severity and is displayed (the information distribution destination, because it is contained in the second log element in the contents of the target log files mentioned above, the it may be displayed using the second log element may be displayed using the document index table 910). ユーザは、マウス等を用いて、所望の一又は複数の文書ファイルに対応したチェックボックスにチェックマークを入れて、印刷ボタン167を押せば、その所望の一又は複数の文書ファイルを、対応する配布先から出力(印刷)することができる。 The user distributes using a mouse or the like, put a check mark in the check box corresponding to a desired one or more document files, pressing the print button 167, which the desired one or more document files, the corresponding it can be output from the first (printing). また、キャンセルボタン168を押せば、印刷指示画面164を閉じることができる。 In addition, by pressing the cancel button 168, it is possible to close the print instruction screen 164. また、例えば、図9のログ表示画面1250において、既に印刷したいファイルが決まっていれば、パス名群1252における所望のファイル(例えば“DATA1”)に対応したネットワーク名を特に指定することで、図12に例示するように、“DATA1”に対応した文書ファイルが既に選択された状態で表示させることもできる。 Further, for example, in the log display screen 1250 of FIG. 9, if decided already want to print file, by particularly specifying the network name corresponding to the desired file (e.g., "DATA1") in the path name group 1252, Fig. as illustrated in 12, "DATA1" document file corresponding to the already can be displayed in the selected state.

以下、印刷に関する処理の流れの一例を、図10を参照して説明する。 Hereinafter, an example of the flow of processing relating to printing will be described with reference to FIG. 10.

ログ表示画面1250(図9参照)におけるパス名群1252のうちのいずれかのネットワーク名がマウスでクリックされることにより、文書管理サーバ100におけるWEB処理部160が、クリックされたネットワーク名を受け、それに応答して、印刷指示画面164を表示するための情報を準備してクライアント端末210或いは220に送信する(ステップ181)。 By any of the network name of the pathname group 1252 in the log display screen 1250 (see FIG. 9) is clicked with the mouse, WEB process section 160 of the document management server 100, clicked receives the network name, in response, to the client terminal 210 or 220 and prepare the information for displaying the print instruction screen 164 (step 181). 印刷指示画面164の情報を準備する際には、クリックされたネットワーク名中のJOB IDを表示欄165に埋め込み、そのJOB IDをキーとして文書インデックステーブル910から取得できるDD名、配布先及び重要度を、表示エリア166内にチェックボックスつきで表示する。 Printing in preparing information for instruction screen 164, embedding the JOB ID in the clicked network name display column 165, DD name that can be obtained from the document index table 910 that JOB ID as a key, distribution destination and importance , and displays in the check box with in the display area 166.

クライアント端末210での印刷指示画面164の操作の結果を、WEB処理部160が受信し、解析する(ステップ182)。 The result of the operation of the print instruction screen 164 of the client terminal 210 receives WEB process section 160 analyzes (step 182). WEB処理部160は、例えば、受信に失敗した或いはキャンセルボタン168がクリックされたと判断した場合は、終了とし、一方、一以上の印刷対象の文書ファイルが選択されて印刷ボタン167がクリックされたと判断した場合には、洗濯された文書ファイルのDD名と共に印刷指示を印刷指示受付部170に投入する。 WEB process section 160, for example, if it is determined that the or the cancel button 168 has failed to receive is clicked, the completion, whereas, determined that the print button 167 is clicked one or more print target document file is selected and If it is turning on the printing instruction along with the DD name of laundered document file to the print instruction receiving unit 170. これにより、ステップ183が開始される。 Thus, step 183 is started.

ステップ183で、印刷指示受付部170が、入力されたDD名(例えば“DATA1”)に対応する配布先904(例えば“A”)を、文書インデックステーブル910から取得する。 In step 183, the print instruction receiving unit 170, input DD name (e.g. "DATA1") distribution destination 904 corresponds to (e.g. "A"), obtained from the document index table 910.

ステップ184で、印刷指示受付部170が、取得した配布先(例えば“A”)に対応する構成状況(すなわち、その配布先が、どの出力サーバ500とどの出力装置510で構成されていて印刷用紙が何枚出力されているか)を、出力先管理テーブル940(図8参照)から取得する。 In step 184, the print instruction receiving unit 170, configuration status corresponding to the obtained distribution destination (e.g. "A") (i.e., the distribution destination, printing paper consists of any output device 510 and which output server 500 There acquires or) is many sheets output from the output destination management table 940 (see FIG. 8). 図8の例によれば、出力管理テーブル940に、配布先“A”に対応する構成状況が二つ存在する。 According to the example of FIG. 8, the output management table 940, configuration status corresponding to the distribution destination "A" is present twice. このように、二以上の構成状況が存在する場合は、印刷指示受付部170が、負荷分散部930を実行し、負荷分散部930により、それら二以上の構成状況についてのページ数944が平均化するように、構成状況を選択する(つまり、出力サーバ500と出力装置510の組み合わせを選択する)。 Thus, if two or more configurations situation exists, the print instruction receiving unit 170, executes the load balancing unit 930, the load distribution unit 930, a page number 944 is averaged for those two or more Configuration Status to way, to select the configuration status (that is, selecting a combination of output server 500 and output device 510).

ステップ185で、印刷送信部180が、上記選択された印刷対象の文書ファイルを印刷することの印刷指示(例えば、文書ファイルそれ自体或いはその文書ファイルへのパス名を含んだ印刷指示)を、上記選択した構成状況に対応する出力サーバ500に送信する。 In step 185, the printing transmitting unit 180, a print instruction to print a document file to be printed, which is the selected (e.g., print instruction including the pathname to a document file itself or the document file), the and it transmits to the output server 500 corresponding to the selected configuration status. 印刷指示では、例えば、選択された構成状況に対応した、出力管理テーブル940に記録されている出力サーバ942及び出力装置943が指定されている。 The print instruction, for example, corresponding to the configuration status of the selected and output server 942 and output device 943 are recorded are specified in the output management table 940. 印刷指示の送信先の出力サーバ500は、指定されている出力装置943に対応したポートのセッションを、その出力装置943に対応する出力装置500との間で確立し、印刷対象の文書ファイルの印刷データを出力する。 Destination output server 500 of the print instruction, the session of the port corresponding to the output device 943 specified, established between the output device 500 corresponding to the output device 943, printing of a document file to be printed and it outputs the data.

なお、文書管理サーバ100から出力サーバ500に送信される印刷指示には、更に、印刷対象の文書ファイルに対応した種々の情報要素(例えば文書インデックステーブル910から取得可能な種々の情報要素)が含まれていても良い。 Note that the print instruction transmitted to the output server 500 from the document management server 100, further, (various information elements that can be obtained from, for example, document index table 910) the various information elements corresponding to the document file to be printed contains it may be. 出力サーバ500は、出力装置510に送信する印刷データに、その種々の情報要素(例えばJOB ID及び業務IDの少なくとも一方)を含めても良い。 Output server 500, the print data to be transmitted to the output device 510 may include the various information elements (for example, at least one of JOB ID and business ID). 出力装置510は、文書ファイルの内容と共にその情報要素を印刷しても良い。 The output device 510 may print the information element with the contents of the document file. これにより、文書ファイルの印刷結果を見た人間は、どのジョブ或いはどの業務に対応する文書なのかを把握することができる。 As a result, the man who saw the printing result of the document file, it is possible to grasp whether the documents that the corresponding to any job or any business.

以上、本発明の実施形態を説明したが、この実施形態は本発明の説明のための例示にすぎず、本発明の範囲をその実施形態にのみ限定する趣旨ではない。 Having described the embodiments of the present invention, this embodiment is merely an example for explaining the present invention and are not intended to limit the scope of the present invention to that embodiment. 本発明は、その要旨を逸脱することなく、その他の様々な態様でも実施することができる。 The present invention, without departing from the gist thereof, can be implemented in various other aspects.

例えば、前述したコンピュータプログラム110、120、130、140及び150が文書作成サーバ200或いは300で実行されても良い。 For example, the computer program 110, 120, 130, 140 and 150 may be performed by the document creation server 200 or 300 described above.

また、例えば、ネットワークファイルシステム400に、各業務に対応した各ディレクトリ(業務用ディレクトリ)が作成され、業務用ディレクトリに、その業務に対応した複数のジョブにそれぞれ対応する複数のディレクトリ(ジョブ用ディレクトリ)が作成され、ジョブ用ディレクトリ内に、そのジョブに対応した文書が格納されても良い。 Further, for example, a network file system 400, each directory corresponding to each service (business directory) is created, the work directory, multiple directories (directory for job corresponding to a plurality of jobs corresponding to the business ) is created, in the job for the directory, the document corresponding to the job may be stored. つまり、ネットワークファイルシステム400が表すディレクトリツリーから、業務フロー、業務とジョブとの対応関係、及びジョブと文書とに対応関係がわかるようにされてもよい。 That is, the directory tree representing the network file system 400, the business flow, correspondence between the operations and jobs, and may be as seen correspondence to the job and document. 言い換えれば、ファイルシステム400でのディレクトリツリー構造の特性を利用した管理(業務、ジョブ及び文書の管理)が実行されてもよい。 In other words, management using the properties of a directory tree structure of the file system 400 (business, management of the job and document) may be performed.

また、例えば、所望のディレクトリウィンドウの表示や、印刷指示画面の表示は、対象ログファイルのログ表示画面の表示を介して行うことに加えて、図14に例示するジョブスケジュールウィンドウ951の表示を介して行われても良い。 Further, for example, display of the desired directory window display of the print instruction screen, in addition to be made via the display of the log display screen of the target log files, through the display of job schedule window 951 illustrated in FIG. 14 it may be performed Te. 例えば、クライアント端末210或いは220が、ジョブスケジュールの表示を文書管理サーバ100に依頼し、文書管理サーバ100の例えばWEB処理部160が、ジョブスケジュールウィンドウ951の情報を、クライアント端末210或いは220に送信する。 For example, the client terminal 210 or 220, to request the display of the job schedule to the document management server 100, WEB processor 160 for example of the document management server 100 transmits the information of the job schedule window 951, the client terminal 210 or 220 . その情報は、例えば、文書インデックステーブル910や、図示しない業務管理テーブル(例えば、複数の業務にそれぞれ対応した複数の業務IDと業務の流れが定義されたテーブル)を基に、作成することができる。 That information, for example, or a document index table 910, based on the business management table (not shown) (e.g., a plurality of streams of application ID and the business respectively corresponding to a plurality of operations is defined tables) can be created . ジョブスケジュールウィンドウ951には、例えば、業務の流れと、その流れの要素である各業務に対応したアイコンとが表示される。 The job scheduling window 951, for example, the flow of operations, and icons corresponding to each business that is a component of the stream is displayed. WEB処理部160は、例えば、そのジョブスケジュールウィンドウ951上で、業務ID“489”に対応したアイコン952がクリックされた場合、業務ID“489”の情報をクライアント端末210或いは220から受ける。 WEB process section 160, for example, on the job scheduling window 951, when the icon 952 corresponding to the business ID "489" has been clicked, receives the information of the business ID "489" from the client terminal 210 or 220. WEB処理部160は、その業務ID“489”に対応した全てのJOB IDを文書インデックステーブル910から取得し、取得したJOB ID(例えば“1”及び“2”)をクライアント端末210或いは220に送信することで、図14に示すように、業務ID“489”のアイコン952の近傍に、その業務ID“489”に対応するJOB IDの一覧が表示される。 WEB processing unit 160 acquires all the JOB ID corresponding to the business ID "489" from the document index table 910, transmits the acquired JOB ID (for example, "1" and "2") to the client terminal 210 or 220 by, as shown in FIG. 14, in the vicinity of the icon 952 of the business ID "489", a list of JOB ID corresponding to the business ID "489" is displayed. そのJOB ID一覧に対応したJOB IDの選択を受けた場合に、図11のようなディレクトリウィンドウ(選択されたJOB IDに対応するディレクトリのウィンドウ)、図14のような印刷指示画面(選択されたJOB IDに対応する一以上の文書ファイルを選択可能に表示した画面)、或いは、図9のようなログ表示画面(選択されたJOB IDに対応したディレクトリ内に存在するログファイルの中身を表示した画面)が表示されても良い。 When receiving a selection of JOB ID corresponding to the JOB ID list, a directory window (window of the directory corresponding to the selected JOB ID) as shown in FIG. 11, the printed instruction screen (selection as in FIG. 14 screen that selectably displays one or more of a document file corresponding to the JOB ID), or displaying the contents of the log file in the directory that corresponds to the log display screen (selected JOB ID as shown in FIG. 9 screen) may be displayed.

図1は、本発明の一実施形態に係るコンピュータシステムの構成例を示す。 Figure 1 shows a configuration example of a computer system according to an embodiment of the present invention. 図2は、文書インデックステーブルの構成例を示す。 Figure 2 shows an example of the configuration of a document index table. 図3は、ネットワーク名の作成の都度に更新されるジョブ識別番号を示す。 Figure 3 shows a job identification number is updated each time the creation of the network name. 図4は、文書作成サーバの構成例を示す。 Figure 4 shows an example of the configuration of a document creation server. 図5は、アプリケーション管理処理の流れの一例を示す。 Figure 5 shows an example of the flow of the application management. 図6は、ネットワーク名作成処理の流れの一例を示す。 Figure 6 shows an example of the flow of the network name creating process. 図7は、ジョブ制御言語の一例を示す。 Figure 7 shows an example of job control language. 図8は、出力先管理テーブルの構成例を示す。 Figure 8 shows a configuration example of an output destination management table. 図9は、クライアント端末で表示されるログ表示画面を示す。 Figure 9 illustrates a log display screen displayed in the client terminal. 図10は、印刷に関する一連の流れの一例を示す。 Figure 10 shows an example of a series of flows related to printing. 図11は、図9のログ表示画面でネットワークディレクトリパス名が指定された場合に表示される対象ディレクトリビューの一例を示す。 Figure 11 shows an example of a target directory view that is displayed when the network directory path name is specified in the log display screen of FIG. 図12は、図9のログ表示画面でパス名群が指定された場合に表示される印刷指示画面の一例を示す。 Figure 12 shows an example of a print instruction screen displayed when the path name group specified in the log display screen of FIG. 図13は、カレントプレフィックス管理テーブルの構成例を示す。 Figure 13 shows a configuration example of a current prefix management table. 図14は、ジョブスケジュール画面の一例を示す。 Figure 14 shows an example of a job schedule screen.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100…文書管理サーバ、200…文書作成サーバ(UNIXサーバ)、210…telnet端末、220…自動スケジュール端末、300…文書作成サーバ(PCサーバ)、400…ネットワークファイルシステム 100 ... document management server, 200 ... document creation server (UNIX server), 210 ... telnet terminal, 220 ... automatic schedule terminal, 300 ... document creation server (PC server), 400 ... network file system

Claims (15)

  1. ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け付けるジョブ制御部と、 A job control unit that receives the job definition information from the client terminal is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定するジョブ識別情報決定部と、 And job identification information determining section for determining a job identification information for identifying a job represented by the job definition information,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブに一意に対応付けた文書記憶領域を記憶資源内に確保する記憶領域確保部と、 A storage area securing unit to secure a unique document storage area associated with the job represented by the job definition information in the storage resources,
    前記決定されたジョブ識別情報と前記確保された文書記憶領域に格納される前記一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報と、前記ジョブが属する業務を識別するための業務識別情報とをジョブ/文書対応管理情報に記録するジョブ/文書対応管理部と、 And job identification information the determined, the document name and document storage location information of the one or more documents stored in the document storage area in which the secured, and a business identification information for the job to identify the belonging business a job / document correspondence management unit that records the job / document correspondence management information,
    複数の業務の流れを表す業務フローと各業務に属するジョブのジョブ識別情報とを表示するための情報を前記ジョブ/文書対応管理情報を基に準備して前記クライアント端末に送信する表示情報送信部と Display information transmitting unit that transmits to the client terminal to prepare the information for displaying the job identification information of the job that belongs to business flow and each business representing the flow of a plurality of operations on the basis of the job / document correspondence management information When
    を備える文書管理システム。 Document management system that includes a.
  2. ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け付けるジョブ制御部と、 A job control unit that receives the job definition information from the client terminal is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定するジョブ識別情報決定部と、 And job identification information determining section for determining a job identification information for identifying a job represented by the job definition information,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブに一意に対応付けた文書記憶領域を記憶資源内に確保する記憶領域確保部と、 A storage area securing unit to secure a unique document storage area associated with the job represented by the job definition information in the storage resources,
    前記決定されたジョブ識別情報と前記確保された文書記憶領域に格納される前記一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報とをジョブ/文書対応管理情報に記録するジョブ/文書対応管理部と、 A job / document correspondence management unit for recording the document name and document storage location information of the one or more documents to be stored and the determined job identification information to the reserved document storage regions to the job / document correspondence management information ,
    複数のジョブのうちのユーザ所望のジョブの指定を前記クライアント端末から受け付けるジョブ指定受付部と、 A job specification accepting section that accepts a designation of a user desired job from among the plurality of jobs from the client terminal,
    指定された前記ジョブに対応付けられている一以上の文書の文書名を前記ジョブ/文書対応管理情報から取得し、取得された一以上の文書名を選択可能に表示し且つ印刷の指示を受け付けるための画面を表示するための情報を前記クライアント端末に送信する表示情報送信部と、 Get document name of one or more documents associated with the specified the job from the job / document correspondence management information, receives instructions selectably displaying and printing one or more document name obtained a display information transmitting unit for transmitting the information for displaying the screen for the client terminal,
    ユーザ所望の文書名を指定した印刷指示を前記クライアント端末から受け付ける印刷指示受付部と、 A print instruction receiving unit that receives a print instruction specifying a user desired document name from the client terminal,
    前記印刷指示に応答して、該印刷指示で指定されている文書名に対応した文書の格納位置情報を前記ジョブ/文書対応管理情報から特定し、特定された文書格納位置情報が表す位置に存在する文書を取得し、該文書が表す情報を、複数の印刷先候補の中から選択した印刷先候補に印刷させる印刷送信部と In response to the printing instruction, it identifies the storage location information of the document corresponding to the document name specified by the print instruction from the job / document correspondence management information, present at the location indicated by the document storage location information identified Gets a document, the information represented by the document, and printing transmitting portion to be printed by the print destination candidate selected from among the plurality of print destination candidate
    を備える文書管理システム。 Document management system that includes a.
  3. 前記ジョブ定義情報が表すジョブについてのログファイルを準備するログファイル準備部と、 And log files preparation unit for preparing a log file for the job represented by the job definition information,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブの実行結果に関するログであるジョブ実行ログを前記ログファイルに記録するジョブ実行ログ記録部と、 A job execution log recording unit that records the job execution log to the log file is a log of the execution result of the job represented by the job definition information,
    前記ジョブ実行ログが記録されたログファイルに関する情報を前記クライアント端末に提供するログファイル提供部とを更に備える請求項1 又は2記載の文書管理システム。 Further comprising Claim 1 or 2 document management system according to the log file providing unit that provides information about the log files job execution log recorded in the client terminal.
  4. 一以上の文書作成サーバと、 And one or more document creation server,
    文書管理サーバとを備え、 And a document management server,
    前記一以上の文書作成サーバの各々が、 Each of said one or more document creation server is,
    前記ジョブ制御部と、 Said job control unit,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブを実行することにより一以上の文書を作成する文書作成部とを備え、 And a document creating section for creating one or more documents by executing a job represented by the job definition information,
    前記ジョブ制御部が、 The job control section,
    文書格納先パス名の要求であるパス名要求を前記文書管理サーバに送信するパス名要求部と、 And a path name request unit that transmits a path name request is a request of the document storage destination path name in the document management server,
    前記パス名要求に応答して受信した文書格納先パス名から特定される文書記憶領域に前記一以上の文書を格納するよう前記文書作成部に指示する文書格納制御部とを備え、 And a document storage control section for instructing the document creation unit to store the one or more documents in the document storage area specified from the document storage destination path name received in response to the path name request,
    前記文書管理サーバが、 The document management server,
    前記ジョブ識別情報決定部と、 Said job identification information decision unit,
    前記文書作成サーバからのパス名要求に応答して、前記ジョブ定義情報が表すジョブに一意に対応付けた文書記憶領域に前記パス名要求の送信元の文書作成サーバから文書を書くための文書格納先パス名を作成するパス名作成部と、 In response to the path name request from the document creation server, document storage for writing the document from the document creation server of the sender uniquely associates the path name request to the document storage area in the job the job definition information indicates and the path name creation unit to create a destination path name,
    前記文書格納先パス名を用いて前記送信元の文書作成サーバからアクセスできる場所に前記文書記憶領域を確保する前記記憶領域確保部と、 And the storage area allocating unit to secure the document storage area in a location that is accessible from the document creation server of the transmission source by using the document storage destination path name,
    前記作成された文書格納先パス名を前記送信元の文書作成サーバに送信するパス名送信部と、 And path name transmitting unit that transmits the document storage destination path name the created document creation server of the sender,
    前記ジョブ/文書対応管理部とを備える、 And a said job / document correspondence management unit,
    請求項1 又は2記載の文書管理システム。 Claim 1 or 2 document management system according.
  5. 前記パス名作成部が、前記パス名要求の受信の都度に、第一のパス名要素値を更新し、予め用意された固定の第二のパス名要素値とその後ろに配した前記第一のパス名要素値とを含んだ文書格納先パス名を作成する、 The path name creation portion, each time of reception of the path name request, and updates the first path name element value, the first decor previously prepared second pathname element value of the fixed and behind it to create a document storage destination path name that includes a path name element value of,
    請求項記載の文書管理システム。 Document management system according to claim 4.
  6. 前記固定の第二のパス名要素値が業務毎に用意されている、 The second pathname element values ​​of said fixed is prepared for each work,
    請求項記載の文書管理システム。 Document management system according to claim 5, wherein.
  7. 前記文書作成サーバにおける前記文書格納制御部が、前記受信した文書格納先パス名から特定される文書記憶領域内にダミーの前記一以上の文書を格納する、 Wherein the document storage control section in the document creation server, storing the one or more documents of the dummy in the document storage area specified from the document storage destination path name received;
    請求項記載の文書管理システム。 Document management system according to claim 4.
  8. 前記文書作成サーバにおける前記ジョブ制御部が、 The job control section in the document creation server,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブの実行結果に関するジョブ実行ログを準備されたログファイルに記録するジョブ実行ログ記録部と、 A job execution log recording unit that records in a log file that is prepared job execution log of the execution result of the job represented by the job definition information,
    前記ジョブ実行ログが記録されたログファイルに関する情報を前記クライアント端末に提供するログ提供部とを更に備え、 Anda log provider that provides information about the log files job execution log recorded in the client terminal,
    前記文書管理サーバが、 The document management server,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブについてのログファイルを準備するログファイル準備部、 Log file preparation unit for preparing a log file for the job represented by the job definition information,
    を更に備える、 Further comprising,
    請求項記載の文書管理システム。 Document management system according to claim 4.
  9. 前記ジョブ実行ログ記録部が、前記ジョブ実行ログとして、前記文書格納先パス名に前記一以上の文書名をそれぞれ結合した一以上の文書格納位置情報を記録する、 The job execution log recording unit, as the job execution log, records the one or more document storage location information in which the one or more document name was bound to each of the document storage destination path name,
    請求項記載の文書管理システム。 Document management system according to claim 8, wherein.
  10. 前記記憶資源が、前記文書管理サーバの外部に存在し前記一以上の文書作成サーバと前記文書管理サーバとの共有の記憶資源である、 The storage resource is a shared storage resource of the document management server the one or more document creation server located outside of the document management server,
    請求項記載の文書管理システム。 Document management system according to claim 4.
  11. 前記ジョブ/文書対応管理部が、前記ジョブ/文書対応管理情報を前記記憶資源に格納する、 The job / document correspondence management unit stores the job / document corresponding management information to the storage resource,
    請求項10記載の文書管理システム。 Document management system according to claim 10, wherein.
  12. ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け、 Receiving the job definition information is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job from the client terminal,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定し、 Determines the job identification information for identifying a job represented by the job definition information,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブに一意に対応付けた文書記憶領域を記憶資源内に確保し、 Ensuring unique document storage area associated with the job represented by the job definition information in the storage resources,
    前記決定されたジョブ識別情報と前記確保された文書記憶領域に格納される前記一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報と、前記ジョブが属する業務を識別するための業務識別情報とを対応付けて管理し、 And job identification information the determined, the document name and document storage location information of the one or more documents stored in the document storage area in which the secured, and a business identification information for the job to identify the belonging business association with the management,
    複数の業務の流れを表す業務フローと各業務に属するジョブのジョブ識別情報とを表示するための情報を前記ジョブ/文書対応管理情報を基に準備して前記クライアント端末に送信する、 Prepare information for displaying the job identification information of the job that belongs to business flow and each business representing the flow of a plurality of operations on the basis of the job / document corresponding management information transmitted to the client terminal,
    文書管理方法。 Document management method.
  13. ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け、 Receiving the job definition information is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job from the client terminal,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定し、 Determines the job identification information for identifying a job represented by the job definition information,
    前記ジョブ定義情報が表すジョブに一意に対応付けた文書記憶領域を記憶資源内に確保し、 Ensuring unique document storage area associated with the job represented by the job definition information in the storage resources,
    前記決定されたジョブ識別情報と前記確保された文書記憶領域に格納される前記一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報とを対応付けて管理し、 It manages in association with the document name and document storage location information of the one or more documents to be stored in the determined document storage area in which the reserved job identification information is,
    複数のジョブのうちのユーザ所望のジョブの指定を前記クライアント端末から受け付け、 Accepting designation of a user desired job from among the plurality of jobs from the client terminal,
    指定された前記ジョブに対応付けられている一以上の文書の文書名を前記ジョブ/文書対応管理情報から取得し、取得された一以上の文書名を選択可能に表示し且つ印刷の指示を受け付けるための画面を表示するための情報を前記クライアント端末に送信し、 Get document name of one or more documents associated with the specified the job from the job / document correspondence management information, receives instructions selectably displaying and printing one or more document name obtained information for displaying a screen for sending to said client terminal,
    ユーザ所望の文書名を指定した印刷指示を前記クライアント端末から受け付け、 Accepting a print instruction specifying a user desired document name from the client terminal,
    前記印刷指示に応答して、該印刷指示で指定されている文書名に対応した文書の格納位置情報を前記ジョブ/文書対応管理情報から特定し、特定された文書格納位置情報が表す位置に存在する文書を取得し、該文書が表す情報を、複数の印刷先候補の中から選択した印刷先候補に印刷する、 In response to the printing instruction, it identifies the storage location information of the document corresponding to the document name specified by the print instruction from the job / document correspondence management information, present at the location indicated by the document storage location information identified Gets a document, the information represented by the document, to print the print destination candidate selected from among the plurality of print destination candidates,
    文書管理方法。 Document management method.
  14. ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け付ける文書作成サーバから、文書格納先パス名の要求であるパス名要求を受け付けるパス名要求受付部と、 The job definition information is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job from the document creation server that accepts from the client terminal, the path name request is a request of the document storage destination path name and the path name request receiving unit that accepts,
    前記文書作成サーバからのパス名要求に応答して、ジョブに一意に対応付けた文書記憶領域に前記文書作成サーバから文書を書くための文書格納先パス名を作成するパス名作成部と、 In response to the path name request from the document creation server, and the path name creating unit that creates a document storage destination path name for writing a document from the document creation server in the document storage area uniquely correlated with the job,
    そのジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定するジョブ識別情報決定部と、 And job identification information determining section for determining a job identification information for identifying the job,
    前記文書格納先パス名を用いて前記文書作成サーバからアクセスできる場所に前記文書記憶領域を確保する前記記憶領域確保部と、 And the storage area allocating unit to secure the document storage area in a location that is accessible from the document creation server using said document storage destination path name,
    前記作成された文書格納先パス名を前記文書作成サーバに送信するパス名送信部と、 And path name transmitting unit that transmits the document storage destination path name the created the document creation server,
    前記決定されたジョブ識別情報と前記確保された文書記憶領域に格納される前記一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報と、前記ジョブが属する業務を識別するための業務識別情報とをジョブ/文書対応管理情報に記録するジョブ/文書対応管理部と、 And job identification information the determined, the document name and document storage location information of the one or more documents stored in the document storage area in which the secured, and a business identification information for the job to identify the belonging business a job / document correspondence management unit that records the job / document correspondence management information,
    複数の業務の流れを表す業務フローと各業務に属するジョブのジョブ識別情報とを表示するための情報を前記ジョブ/文書対応管理情報を基に準備して前記クライアント端末に送信する表示情報送信部と Display information transmitting unit that transmits to the client terminal to prepare the information for displaying the job identification information of the job that belongs to business flow and each business representing the flow of a plurality of operations on the basis of the job / document correspondence management information When
    を備える文書管理サーバ。 Document management server with a.
  15. ジョブの実行によって作成される一以上の文書の文書名を含み該ジョブの定義を表す情報であるジョブ定義情報をクライアント端末から受け付ける文書作成サーバから、文書格納先パス名の要求であるパス名要求を受け付けるパス名要求受付部と、 The job definition information is information representing definitions of said job includes a document name of one or more documents that are created by the execution of the job from the document creation server that accepts from the client terminal, the path name request is a request of the document storage destination path name and the path name request receiving unit that accepts,
    前記文書作成サーバからのパス名要求に応答して、ジョブに一意に対応付けた文書記憶領域に前記文書作成サーバから文書を書くための文書格納先パス名を作成するパス名作成部と、 In response to the path name request from the document creation server, and the path name creating unit that creates a document storage destination path name for writing a document from the document creation server in the document storage area uniquely correlated with the job,
    そのジョブを識別するためのジョブ識別情報を決定するジョブ識別情報決定部と、 And job identification information determining section for determining a job identification information for identifying the job,
    前記文書格納先パス名を用いて前記文書作成サーバからアクセスできる場所に前記文書記憶領域を確保する前記記憶領域確保部と、 And the storage area allocating unit to secure the document storage area in a location that is accessible from the document creation server using said document storage destination path name,
    前記作成された文書格納先パス名を前記文書作成サーバに送信するパス名送信部と、 And path name transmitting unit that transmits the document storage destination path name the created the document creation server,
    前記決定されたジョブ識別情報と前記確保された文書記憶領域に格納される前記一以上の文書の文書名及び文書格納位置情報とをジョブ/文書対応管理情報に記録するジョブ/文書対応管理部と、 A job / document correspondence management unit for recording the document name and document storage location information of the one or more documents to be stored and the determined job identification information to the reserved document storage regions to the job / document correspondence management information ,
    複数のジョブのうちのユーザ所望のジョブの指定を受け付け、指定された前記ジョブに対応付けられている一以上の文書の文書名を前記ジョブ/文書対応管理情報から取得し、取得された一以上の文書名を選択可能に表示し且つ印刷の指示を受け付けるための画面を表示するための情報を前記クライアント端末に送信する表示情報送信部と、 Accepting designation of a user desired job from among the plurality of jobs, and acquires the document name of one or more documents associated with the specified the job from the job / document correspondence management information, one or more acquired a display information transmitting unit that transmits information to the screen displaying the for accepting selectably displaying and instructing the print document name of the client terminal,
    ユーザ所望の文書名を指定した印刷指示を前記クライアント端末から受け付ける印刷指示受付部と、 A print instruction receiving unit that receives a print instruction specifying a user desired document name from the client terminal,
    前記印刷指示に応答して、該印刷指示で指定されている文書名に対応した文書の格納位置情報を前記ジョブ/文書対応管理情報から特定し、特定された文書格納位置情報が表す位置に存在する文書を取得し、該文書が表す情報を、複数の印刷先候補の中から選択した印刷先候補に印刷させる印刷送信部と In response to the printing instruction, it identifies the storage location information of the document corresponding to the document name specified by the print instruction from the job / document correspondence management information, present at the location indicated by the document storage location information identified Gets a document, the information represented by the document, and printing transmitting portion to be printed by the print destination candidate selected from among the plurality of print destination candidate
    を備える文書管理サーバ。 Document management server with a.
JP2007083311A 2007-03-28 2007-03-28 Document management system and document management method Active JP5090039B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007083311A JP5090039B2 (en) 2007-03-28 2007-03-28 Document management system and document management method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007083311A JP5090039B2 (en) 2007-03-28 2007-03-28 Document management system and document management method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008242877A true JP2008242877A (en) 2008-10-09
JP5090039B2 true JP5090039B2 (en) 2012-12-05

Family

ID=39914131

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007083311A Active JP5090039B2 (en) 2007-03-28 2007-03-28 Document management system and document management method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5090039B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5061086B2 (en) * 2008-11-21 2012-10-31 株式会社日立製作所 Job management method and execution apparatus and program

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1995033235A1 (en) * 1994-05-31 1995-12-07 Fujitsu Limited System and method for executing job between different operating systems
JP4238587B2 (en) * 2003-02-03 2009-03-18 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 Image file management apparatus and an image file management program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2008242877A (en) 2008-10-09 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6925586B1 (en) Methods and systems for centrally-controlled client-side filtering
US6466328B1 (en) System and method for remote printing in a distributed network environment
US20030233411A1 (en) E-mail addressing and document management
US7392522B2 (en) Architectures for and methods of providing network-based software extensions
US6742035B1 (en) Directory-based volume location service for a distributed file system
US20040049571A1 (en) Tracking document usage
US7779027B2 (en) Methods, systems, architectures and data structures for delivering software via a network
US6629127B1 (en) Methods and systems for processing HTTP requests
US20030149917A1 (en) Control of software via bundling
US7000230B1 (en) Network-based software extensions
US20050102429A1 (en) Portal cluster manager
US20060015573A1 (en) System and method for automatic redirection to stored web resources upon access failure
US20070097416A1 (en) Printing apparatus, print instruction apparatus, and printing system
US20110196957A1 (en) Real-Time Policy Visualization by Configuration Item to Demonstrate Real-Time and Historical Interaction of Policies
US20070239770A1 (en) Data Compilation Apparatus and Method
JP2004005491A (en) Pier-to-pier file sharing method and its device
Wright Design Goals for an Internet Printing Protocol
US20030076526A1 (en) Method and apparatus for printing documents using a document repository in a distributed data processing system
US20050216827A1 (en) Document management program and document management apparatus
JP2004280665A (en) Service processing system, service processing method, and service processing program
US20080133618A1 (en) Document providing system and computer-readable storage medium
US20040207868A1 (en) Printer based file revision databasing
US7904570B1 (en) Configurable file placement
JP2002373064A (en) Printer and information processor
US7171373B2 (en) Database driven workflow management system for generating output material based on customer input

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090813

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120528

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120703

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120823

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120911

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120912

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150921

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150