JP5066732B2 - 遊技台 - Google Patents

遊技台 Download PDF

Info

Publication number
JP5066732B2
JP5066732B2 JP2009123817A JP2009123817A JP5066732B2 JP 5066732 B2 JP5066732 B2 JP 5066732B2 JP 2009123817 A JP2009123817 A JP 2009123817A JP 2009123817 A JP2009123817 A JP 2009123817A JP 5066732 B2 JP5066732 B2 JP 5066732B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
control
reel
rotation
excitation
control unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009123817A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010268985A (ja
Inventor
恒 番場
Original Assignee
株式会社大都技研
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社大都技研 filed Critical 株式会社大都技研
Priority to JP2009123817A priority Critical patent/JP5066732B2/ja
Publication of JP2010268985A publication Critical patent/JP2010268985A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5066732B2 publication Critical patent/JP5066732B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、スロットマシン(パチスロ)、パチンコに代表される遊技台に関する。
近年、遊技が所定時間行なわれていない状態(例えば、遊技終了から40秒間、遊技の受付がない状態など)において、遊技台の消費電力を抑える目的から、リールの駆動源であるモータの励磁を止めることが考案されている。例えば、特許文献1には、複数の図柄を表示したリールの駆動源として2対の励磁相を有するステッピングモータを備え、ステッピングモータに対して2相励磁による停止制御を所定時間行ったのちにすべての励磁を止めるモータ停止制御装置が開示されている。
特開2005−52420号公報(図11)
しかしながら、永久磁石を有するロータと電磁石であるステータ(励磁相)で構成されているステッピングモータの特性により、2相励磁を行なっている状態下で無励磁状態とした場合は、ステータの極性がなくなるため、2相励磁を行なっていた際のロータ位置では留まれず、2つの相のうちのいずれか一方の相側へロータが回転して静止することとなる。ロータを再始動する場合は、励磁した際の励磁ずれによる脱調(例えば、励磁位置とロータ位置が離れていると、磁力吸引と励磁切替えのタイミングが合わず回転にバラつきが生じる現象)を考慮して、無励磁状態となる直前に行なっていた2相励磁を再度行なうこととなるが、回転方向とは逆の相側にロータが静止しているときは、回転方向のみの回転動作となるが、回転方向と同じ方向の相側にロータが静止しているときには、一度、2相励磁に対する逆回転動作を行ったのち、正規の回転方向へ回転動作してしまうことで生じる初期微動が常に起こってしまうこととなり、遊技を再開した遊技者に対して初期の回転動作の見栄えが悪いといった懸念点があった。
本発明は、上記の事情を鑑みてなされたものであり、消費電力を抑えつつ、ステッピングモータが接続されている可動部材の初期動作の見栄えを損なわない遊技台を提供することを目的とする。
上記目的を達成するため、本発明に係る遊技台は、次のように構成される。
本発明に係る遊技台は、その一態様として、遊技に関連して可動する可動部材と、前記可動部材が連結されるロータと、パルス状の励磁電流が供給される複数の相と、を有するステッピングモータと、前記励磁電流を供給する相および該励磁電流の流れ方向を切替えて前記ステッピングモータの回転制御を行う回転制御手段と、2つの相に対し、前記励磁電流の流れ方向を切替えずに該励磁電流を供給する状態を維持して、前記ステッピングモータの停止制御を行う停止制御手段と、前記励磁電流の供給を停止させる所定の条件が成立したか否かを判定する判定手段と、を備えた遊技台であって、前記判定手段により前記所定の条件が成立したと判定された場合には、前記停止制御手段により励磁電流が供給されている2つの相のうち、一方の相への励磁電流の供給を停止したのち、他方の相への励磁電流の供給を停止する無励磁制御手段をさらに備え、前記回転制御手段は、前記ステッピングモータの回転制御を再開する場合には、前記無励磁制御手段の励磁電流の供給停止順序に基づいて、前記ロータの初期の回転方向が予め定めた一方向となるように、前記ステッピングモータの回転制御を行うことを基本的構成とする。
本発明の一態様においては、ステッピングモータを無励磁としても、初期微動がなく円滑に回転始動を行うので、消費電力を抑えつつも、ステッピングモータが接続されている可動部材の初期動作の見栄えを損なうことはない。
また、前記回転制御手段は、ロータを前記予め定めた一方向に沿って回転制御を行い、前記一方の相への励磁電流の供給は、前記ロータの前記予め定めた一方向への回転を進める制御であり、前記他方の相への励磁電流の供給は、前記ロータの前記予め定めた一方向とは逆方向の回転を進める制御であることが好ましい。この場合には、停止制御した相に対して回転方向側の相の励磁を解除した後に逆回転方向側の相の励磁を解除するので、確実に回転方向とは逆側にロータを停止させることができる。
また、前記回転制御手段は、前記ステッピングモータの回転制御を再開する場合においては、前記停止制御手段が供給した励磁電流の相と同一の相、及び前記停止制御手段が供給した励磁電流の流れ方向と同一の流れ方向で、励磁電流を供給することが好ましい。この場合には、ステッピングモータを無励磁とした場合と無励磁としない場合の双方に対して、同一の励磁パターンを適用できるので、制御データの容量を抑えることができるとともに、開発工数を削減することができる。
また、前記停止制御手段により停止制御が行われている時間を計時する計時手段をさらに備え、前記判定手段は、前記計時手段により計時された時間が閾値以上であるか否かを判定し、前記計時手段により計時された時間が閾値以上である場合には、前記所定の条件が成立したと判定することが好ましい。この場合には、遊技が行われていない間に費やされる無駄な消費電力をなくすことができる。また、ステッピングモータの励磁を再開しても、ステッピングモータが接続されている可動部材の初期動作の見栄えを損なわない。
また、電源電圧の状況を監視する電源監視手段をさらに備え、前記判定手段は、前記電源監視手段により監視された電源電圧の状況が低電圧値である予め定めた閾値以下であるか否か判定し、前記電源監視手段により監視された電源電圧の状況が閾値以下である場合には、前記所定の条件が成立したと判定することが好ましい。この場合には、電源復帰時にステッピングモータの励磁を再開しても、ステッピングモータが接続されている可動部材の初期動作の見栄えを損なわない。
また、前記停止制御手段は、前記停止制御として前記励磁電流の供給を行う場合は、特定の2つの相に対し、該励磁電流を予め定めた流れ方向で供給する停止制御を行ない、前記回転制御手段は、電源が投入された後の初回の回転制御を行う場合には、前記特定の2つの相に対し、前記予め定めた流れ方向で励磁電流の供給を開始する回転制御を行うことが好ましい。この場合には、特定の固定化された2相で停止制御を行うとともに、電源投入時にはこの特定の固定化された2相から励磁を開始するので、RAMクリアが行われてもステッピングモータが接続されている可動部材の初期動作の見栄えを損なわない。
また、前記可動部材には、複数種類の図柄が施された複数のリールが含まれ、前記複数のリールは、各リールの外周が同一寸法であるとともに、各リールの回転軸は同一となるように配置されており、前記停止制御は、各リールに施された図柄をリールの配置方向へ直線状に並ばせる停止制御であることが好ましい。この場合には、リールの停止時や回転開始時において、複数のリールの動作に統一感を持たせることができる。
本発明によれば、消費電力を抑えつつ、ステッピングモータが接続されている可動部材の初期動作の見栄えを損なわない遊技台を提供することができる。
以下、本発明の実施の形態について図面を用いて説明する。
<全体構成>
図1は、本発明の一実施形態に係るスロットマシン100の外観斜視図である。スロットマシン100は、メダルの投入により遊技が開始され、遊技の結果によりメダルが払い出されるものである。
スロットマシン100は、本体101と、本体101の正面に取付けられ、本体101に対して開閉可能な前面扉102と、を備える。本体101の中央内部には、(図1において図示省略)外周面に複数種類の図柄が配置されたリールが3個(左リール110、中リール111、右リール112)収納され、スロットマシン100の内部で回転できるように構成されている。これらのリール110〜112はステッピングモータ等の駆動手段により回転駆動される。
本実施形態において、各図柄は帯状部材に等間隔で適当数印刷され、この帯状部材が所定の円形筒状の枠材に貼り付けられて各リール110〜112が構成されている。リール110〜112上の図柄は、遊技者から見ると、図柄表示窓113から縦方向に概ね3つ表示され、合計9つの図柄が見えるようになっている。そして、各リール110〜112を回転させることにより、遊技者から見える図柄の組み合せが変動することとなる。つまり、各リール110〜112は複数種類の図柄の組合せを変動可能に表示する表示手段として機能する。なお、このような表示手段としてはリール以外にも液晶表示装置等の電子画像表示装置も採用できる。また、本実施形態では、3個のリールをスロットマシン100の中央内部に備えているが、リールの数やリールの設置位置はこれに限定されるものではない。
各々のリール110〜112の背面には、図柄表示窓113に表示される個々の図柄を照明するためのバックライト(図示省略)が配置されている。バックライトは、各々の図柄ごとに遮蔽されて個々の図柄を均等に照射できるようにすることが望ましい。なお、スロットマシン100内部において各々のリール110〜112の近傍には、投光部と受光部から成る光学式センサ(図示省略)が設けられており、この光学式センサの投光部と受光部の間をリールに設けられた一定の長さの遮光片が通過するように構成されている。このセンサの検出結果に基づいてリール上の図柄の回転方向の位置を判断し、目的とする図柄が入賞ライン上に表示されるようにリール110〜112を停止させる。
入賞ライン表示ランプ120aは、有効となる入賞ラインを示すランプである。有効となる入賞ラインは、遊技媒体としてベットされたメダルの数によって予め定まっている。入賞ラインは5ラインあり、例えば、メダルが1枚ベットされた場合、中段の水平入賞ラインが有効となり、メダルが2枚ベットされた場合、上段水平入賞ラインと下段水平入賞ラインが追加された3本が有効となり、メダルが3枚ベットされた場合、右下り入賞ラインと右上り入賞ラインが追加された5ラインが入賞ラインとして有効になる。なお、入賞ラインの数については5ラインに限定されるものではなく、また、例えば、メダルが1枚ベットされた場合に、中段の水平入賞ライン、上段水平入賞ライン、下段水平入賞ライン、右下り入賞ラインおよび右上り入賞ラインの5ラインを入賞ラインとして有効としてもよい。
図2は、図柄表示窓113の9つの表示領域1〜9と、上述の5本の入賞ラインとの関係を示した図である。本実施形態では、表示領域1、4、7によって構成される上段水平入賞ライン(水平入賞ラインL2)、表示領域2、5、8によって構成される中段水平入賞ライン(水平入賞ラインL1)、表示領域3、6、9によって構成される下段水平入賞ライン(水平入賞ラインL3)、表示領域3、5、7によって構成される右上がり入賞ライン(対角入賞ラインL4)、表示領域1、5、9によって構成される右下がり入賞ライン(対角入賞ラインL5)の5本の入賞ラインがある。
告知ランプ123は、例えば、後述する内部抽選において特定の入賞役(具体的には、ボーナス)に内部当選していること、または、ボーナス遊技中であることを遊技者に知らせるランプである。遊技メダル投入可能ランプ124は、遊技者が遊技メダルを投入可能であることを知らせるためのランプである。再遊技ランプ122は、前回の遊技において入賞役の一つである再遊技に入賞した場合に、今回の遊技が再遊技可能であること(メダルの投入が不要であること)を遊技者に知らせるランプである。リールパネルランプ120bは演出用のランプである。
メダル投入ボタン130〜132は、スロットマシン100に電子的に貯留されているメダル(クレジットと言う)を所定の枚数分投入するためのボタンである。本実施形態においては、メダル投入ボタン130が押下される毎に1枚ずつ最大3枚まで投入され、メダル投入ボタン131が押下されると2枚投入され、メダル投入ボタン132が押下されると3枚投入されるようになっている。以下、メダル投入ボタン132はMAXメダル投入ボタン(または、演出用投入ボタン)とも言う。なお、遊技メダル投入ランプ129は、投入されたメダル数に応じた数のランプを点灯させ、規定枚数のメダルの投入があった場合、遊技の開始操作が可能な状態であることを知らせる遊技開始ランプ121が点灯する。
メダル投入口141は、遊技を開始するに当たって遊技者がメダルを投入するための投入口である。すなわち、メダルの投入は、メダル投入ボタン130〜132により電子的に投入することもできるし、メダル投入口141から実際のメダルを投入(投入操作)することもでき、投入とは両者を含む意味である。貯留枚数表示器125は、スロットマシン100に電子的に貯留されているメダルの枚数を表示するための表示器である。遊技情報表示器126は、各種の内部情報(例えば、ボーナス遊技中のメダル払出枚数)を数値で表示するための表示器である。払出枚数表示器127は、何らかの入賞役に入賞した結果、遊技者に払出されるメダルの枚数を表示するための表示器である。
スタートレバー135は、リール110〜112の回転を開始させるためのレバー型のスイッチである。即ち、メダル投入口141に所望するメダル枚数を投入するか、メダル投入ボタン130〜132を操作して、スタートレバー135を操作すると、リール110〜112が回転を開始することとなる。スタートレバー135に対する操作を遊技の開始操作と言う。
ストップボタンユニット136には、ストップボタン137〜139が設けられている。ストップボタン137〜139は、スタートレバー135の操作によって回転を開始したリール110〜112を個別に停止させるためのボタン型のスイッチであり、各リール110〜112に対応づけられている。以下、ストップボタン137〜139に対する操作を停止操作と言い、最初の停止操作を第1停止操作、次の停止操作を第2停止操作、最後の停止操作を第3停止操作という。なお、各ストップボタン137〜139の内部に発光体を設けてもよく、ストップボタン137〜139の操作が可能である場合、該発光体を点灯させて遊技者に知らせることもできる。
メダル返却ボタン133は、投入されたメダルが詰まった場合に押下してメダルを取り除くためのボタンである。精算ボタン134は、スロットマシン100に電子的に貯留されたメダル、ベットされたメダルを精算し、メダル払出口155から排出するためのボタンである。ドアキー孔140は、スロットマシン100の前面扉102のロックを解除するためのキーを挿入する孔である。メダル払出口155は、メダルを払出すための払出口である。
音孔160a〜cはスロットマシン100内部に設けられているスピーカの音を外部に出力するための孔である。全面扉102の下部に設けられたタイトルパネル162は、遊技台を装飾するためのものであり、前面扉102の左右各部に設けられたサイドランプ151は遊技を盛り上げるための装飾用のランプである。前面扉102の上部には演出装置200が配設されている。この演出装置200は、垂直方向に移動可能な垂直可動部材202と、水平方向に移動自在な水平可動部材204と、これらの可動部材202、204の奥側に配設された液晶表示装置157を備えており、液晶表示装置157が演出表示を行うと共に、垂直可動部材202および水平可動部材204が液晶表示装置157の手前で演出動作を行う構造となっている。また、垂直可動部材202および水平可動部材204の手前側には、液晶表示装置157、垂直可動部材202および水平可動部材204を覆うようにして透明なカバー部材205が配設されている。このカバー部材205の上部および下部には、半透明に着色された上部遮蔽領域206および下部遮蔽領域208がそれぞれ設けられており、液晶表示装置157、垂直可動部材202および水平可動部材204の一部を遮蔽している。
<リール回転装置>
次に、図3及び図4を用いて、スロットマシン100のリール110〜112を回転させるリール回転装置について詳細に説明する。図3は、スロットマシン100のリール回転装置の一例を示す外観斜視図で、リール回転装置10は、概略、リール駆動ユニット20〜40と、これらを収納するケース部材12とで構成されている。リール駆動ユニット20〜40は、リール帯730に印刷される図柄の配列が異なるだけで、構造的には、いずれも同一の部品で構成されている。各リール駆動ユニット20〜40は、それぞれ個別にケース部材12内に着脱可能に収納されている。
図4は、リール駆動ユニットの分解斜視図である。リール駆動ユニット20〜40は、図柄を移動表示させるための構成として、概略、取付ベース710、センサブラケット712、ステッピングモータ720、リール帯730、リール枠740、検知片(遮光片)750、補強リム770、インデックスセンサ325で構成される。その他、図柄を背後から照明するためのバックライトケース792と照明基板794とを備えている。
取付ベース710は、平板上に、センサブラケット712、ステッピングモータ720、バックライトケース792を装着するための取付部や、ケース部材12に装着するためのブラケット類が形成されている。センサブラケット712は、取付ベース710上に取り付けられ、先端に後述する検知片750の通過を検出するためのインデックスセンサ325が装着される。
ステッピングモータ720は、バイポーラ型ステッピングモータで、1回転252ステップの分解能を持ったものを1−2相励磁方式で駆動する。従って、1回転を504パルスで制御することができる。このステッピングモータ220の回転制御に関しては詳しくは後述する。また、ステッピングモータ720の回転軸には、回転軸と直交するようにピン720aが装着されている。ピン720aは、リール枠740を所定の回転角度に固定する。ピン720aには、リール停止時の衝撃を和らげるための緩衝部材722が装着されている。リール停止時の慣性力は、緩衝部材722を介してステッピングモータ720へ伝えられることになる。
ステッピングモータ720の回転軸には、リール枠740が装着される。リール枠740は、ステッピングモータ720の回転軸に取り付けられるボス部742とリール帯730が貼り付けられるリム部744と、ボス部742とリム部744とを連結するための4本の連結部743とで構成されている。このような構成にすることで、リール枠740は、軽量化が測られ、ステッピングモータ720への負荷を低減している。また、リール駆動ユニット20〜40では、リール枠740の連結部743の1本に検知片750がネジ760により取り付けられている。
リール枠740のリム部744の周囲には、リール帯730が接着される。同時にリール帯730の反対側端には、リール帯730の補強を目的として補強リム770が接着される。
バックライトケース792は、プラスチック製の枠体で3つに仕切られた区画を有している。各区画は図柄停止位置に対応させるもので、3つの図柄を個別に照明することができるようになっている。バックライトケース792の背面には照明基板794が取り付けられている。照明基板794は、複数のLED794aを実装した基板で、バックライトケース792に形成された区画単位でLED794aを点灯制御可能な回路に構成されている。バックライトケース792も、取付ベース710に装着される。
<演出装置>
次に、図5を用いて、演出装置200について詳細に説明する。
図5(a)は、演出装置200のカバー部材210の斜視図であり、同図(b)は、演出ユニット220の斜視図である。これらの図に示されるように、演出装置200は、液晶表示装置157、垂直可動部材202および水平可動部材204を備える演出ユニット220と、この演出ユニット220を前方(手前側)から覆うカバー部材210から構成されている。
カバー部材210は、正面が大きく開口した枠状の枠部材212と、透明な素材から構成された略平板状の化粧パネル214から構成されている。
枠部材212は、不透明な樹脂等から構成されており、正面の開口部212aを通して後方(奥側)の液晶表示装置157および各可動部材202、204を視認可能にすると共に、その他の遊技者には視認させたくない部分を隠蔽するためのものである。枠部材212は、背面の左右両端2箇所に係止舌片212bが形成されており、この係止舌片212bを係止させることによって前面扉102の上部に固定される。また、枠部材212の正面上部の左右両側2箇所には音孔160aが形成されており、この音孔160aの背後には、スピーカがそれぞれ配設される。
化粧パネル214は、枠部材212の正面外側に配設され、後方(奥側)の液晶表示装置157および各可動部材202、204に遊技者が直接触れないように保護するためのものである。化粧パネル214は、四隅のネジ216によって枠部材212に固定される。また、化粧パネル214の上部の左右両側2箇所には、枠部材212の音孔160aと対応する位置に音孔160aが形成されている。また、化粧パネル214の枠部材212の開口部212aに対応する部分の上部および下部には、半透明に着色された上部遮蔽領域206および下部遮蔽領域208がそれぞれ設けられており、液晶表示装置157、垂直可動部材202および水平可動部材204の一部を遮蔽するようになっている。
フレーム221は、左右両端に設けられたブラケット221aを介して前面扉102に固定される。そして、液晶表示装置157は、ブラケット221bを介してフレーム221の前方に固定され、各可動部材202、204は、液晶表示装置157の前方に位置することとなる。
フレーム221の左端部および右端部には、上下方向に直線移動可能に構成された左スライダ230、右スライダ232がそれぞれ配設されている。この左右スライダ230、232には、垂直可動部材202の左右両端が揺動自在にそれぞれ接続されており、垂直可動部材202は、左右スライダ230、232の移動に伴って動作するようになっている。さらに、フレーム221の上端部には、左右方向に直線移動可能に構成されると共に水平可動部材202が固定された上スライダ234が配設されている。従って、水平可動部材は、上スライダ234の移動に伴って動作するようになっている。なお、フレーム221の下端部には、左右方向に直線移動可能に構成された下スライダ236がオプションとして配設されているが、本実施形態ではこの下スライダ236を使用していない。
フレーム221の内部には、左スライダ230を駆動する左モータ240(図9参照)が内側面左下部に、右スライダ232を駆動する右モータ242(図9参照)が内側面右上部に、上スライダ234を駆動する上モータ244(図9参照)が内側面左上部に、下スライダ236を駆動する下モータ246(図9参照)が内側面右下部にそれぞれ配設されている。なお、本実施形態では、下モータは、下スライダ236と共にオプションとなっている。
図示は省略するが、各モータ240〜246の駆動軸は、フレーム221の内部から外側に向けてそれぞれ突出されており、各スライダ230〜236が固定された無端ベルトをプーリを介して駆動し、走行させるようになっている。すなわち、各スライダ230〜236は、無端ベルトの走行に伴って移動するように構成されている。また、各モータ240〜246は、本実施形態ではバイポーラ型ステッピングモータであり、各スライダ230〜236を任意の位置まで移動させて停止させることが可能である。このステッピングモータの回転制御に関しては詳しくは後述する。なお、無端ベルトの代わりに、ラックアンドピニオン機構やネジ伝動機構を採用してもよい。
垂直可動部材202は、宇宙船のコックピットにおける計器盤の模型であり、液晶表示装置157と略同じ幅に構成されている。垂直可動部材202は、左方に向けて突出した左ブラケット(図示せず)を介して左スライダ230に接続されると共に、右方に向けて突出した右ブラケット(図示せず)を介して右スライダ232に接続されている。また、垂直可動部材202の中央部には、略四角形状の開口部202cが形成されており、前方の遊技者がこの開口部202cを通して奥側の液晶表示装置157の表示を視認することができるようになっている。演出では、液晶表示装置157によって開口部202cの後方に遊技者に対するメッセージが表示される。
水平可動部材204は、宇宙船のコックピットにおける照準器の模型であり、液晶表示装置157の上部に配設されている。水平可動部材204は、上方に向けて突出した上ブラケット204aを介して上スライダ234に接続されている。水平可動部材204の中央部には、内部に2つの同心円および十字線が形成された円形状の開口部204bが形成されており、遊技者はこの開口部204bを通して奥側の液晶表示装置157の表示を視認することが可能となっている。
フレーム221の背面には、演出装置200を制御する回路基板が配設される基板固定部材250、および基板固定部材250に固定された回路基板を覆う基板カバー部材260が配設される。基板固定部材250には、液晶表示装置157を制御する副制御部500、および各可動部材202、204を制御する副制御部600(共に詳細は後述する)を構成する回路基板がそれぞれ配設される。
本実施形態では、このように各可動部材202、204を動作させるための各モータをフレーム221の内部に配設すると共に、演出装置200を制御する副制御部500、600を構成する回路基板をフレーム221の背面に配設することで、演出ユニット220をコンパクトに構成している。これにより、スロットマシン100内部の限られたスペースを効率的に活用し、液晶表示装置157および各可動部材202、204を備える演出装置200をスロットマシン100に設けることを可能としている。
<制御部>
次に、図6〜図9を用いて、スロットマシン100の制御部の構成について説明する。スロットマシン100の制御部は、大別すると、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300より送信されたコマンド(以下、制御コマンドともいう)に応じて各種機器を制御する副制御部400と、副制御部400より送信されたコマンドに応じて各種機器を制御する副制御部500と、副制御部500より送信されたコマンドに応じて各種機器を制御する副制御部600と、によって構成されている。
<主制御部300>
まず、図6を用いて、スロットマシン100の主制御部300について説明する。主制御部300は、主制御部300の全体を制御するための演算処理装置であるCPU310や、CPU310が各ICや各回路と信号の送受信を行うためのデータバス及びアドレスバスを備え、その他、以下に述べる構成を有する。
クロック補正回路314は、水晶発振器311から発振されたクロックを分周してCPU310に供給する回路である。例えば、水晶発振器311の周波数が16MHzの場合に、分周後のクロックは8MHzとなる。CPU310は、クロック補正回路314により分周されたクロックをシステムクロックとして受け入れて動作する。
また、CPU310には、後述するセンサやスイッチの状態を常時監視するための監視周期やモータの駆動パルスの送信周期を設定するためのタイマ回路315がバスを介して接続されている。CPU310は、電源が投入されると、データバスを介してROM312の所定エリアに格納された分周用のデータをタイマ回路315に送信する。
タイマ回路315は、受信した分周用のデータを基に割り込み時間を決定し、この割り込み時間ごとに、割り込み要求をCPU310に送信する。CPU310は、この割込み要求を契機に、各センサ等の監視や駆動パルスの送信を実行する。例えば、CPU310のシステムクロックを8MHz、タイマ回路315の分周値を1/256、ROM312の分周用のデータを47に設定した場合、この割り込みの基準時間は、256×47÷8MHz=1.504msとなる。
また、CPU310には、各ICを制御するためのプログラム、入賞役の内部抽選時に用いる抽選データ、リールの停止位置等を記憶しているROM312や、一時的なデータを保存するためのRAM313が接続されている。これらのROM312やRAM313については他の記憶手段を用いてもよく、この点は後述する各制御部においても同様である。
CPU310には、さらに、入力インタフェース360、361、出力インタフェース370、371がアドレスデコード回路350を介してアドレスバスに接続されている。CPU310は、これらのインタフェースを介して外部のデバイスと信号の送受信を行っている。
CPU310は、割込み時間ごとに入力インタフェース360を介して、メダル受付センサ320、スタートレバーセンサ321、ストップボタンセンサ322、メダル投入ボタンセンサ323、精算スイッチセンサ324の状態を検出し、各センサを監視している。
メダル受付センサ320は、メダル投入口141の内部の通路に2個設置されており、メダルの通過有無を検出する。スタートレバーセンサ321は、スタートレバー135に2個設置されており、遊技者によるスタート操作を検出する。ストップボタンセンサ322は、各々のストップボタン137〜139に設置されており、遊技者によるストップボタンの操作を検出する。
メダル投入ボタンセンサ323は、メダル投入ボタン130〜132のそれぞれに設置されており、RAM313に電子的に貯留されているメダルを遊技用のメダルとして投入する場合の投入操作を検出する。たとえば、CPU310は、メダル投入ボタン130に対応するメダル投入ボタンセンサ323がLレベルになった場合に、電子的に貯留メダルを1枚投入し、メダル投入ボタン131に対応するメダル投入ボタンセンサ323がLレベルになった場合に、電子的に貯留メダルを2枚投入し、メダル投入ボタン132に対応するメダル投入ボタンセンサ323がLレベルになった場合に、電子的に貯留メダルを3枚投入する。なお、メダル投入ボタン132が押された際、貯留されているメダル枚数が2枚の場合は2枚投入され、1枚の場合は1枚投入される。
精算スイッチセンサ324は、精算ボタン134に設けられている。精算ボタン134が一回押されると、貯留されているメダルを精算する。メダル払い出しセンサ326は、払い出されるメダルを検出するためのセンサである。なお、以上の各センサは、非接触式のセンサであっても接点式のセンサであってもよい。
入力インタフェース361には、インデックスセンサ325(詳しくは、左リールインデックスセンサ325a、中リールインデックスセンサ325b、右リールインデックスセンサ325c)が接続されている。インデックスセンサ325は、具体的には、各リール110〜112の取付台の所定位置に設置されており、リールに設けた遮光片750がこのインデックスセンサ325を通過するたびにLレベルになる。CPU310は、この信号を検出すると、リールが1回転したものと判断し、リールの回転位置情報をゼロにリセットする。
出力インタフェース370には、リールを駆動させるためのリールモータ駆動部330(詳しくは、左リールモータ駆動部330a、中リールモータ駆動部330b、右リールモータ駆動部330c)と、ホッパー(バケットにたまっているメダルをメダル払出口155から払出すための装置。)のモータを駆動するためのホッパーモータ駆動部331と、遊技ランプ340(具体的には、入賞ライン表示ランプ120a、遊技開始ランプ121、再遊技ランプ122、告知ランプ123、遊技メダル投入可能ランプ124、メダル投入ランプ129等)と、7セグメント表示器341(貯留枚数表示器125、遊技情報表示器126、払出枚数表示器127等)が接続されている。
また、CPU310には、乱数発生回路317がデータバスを介して接続されている。乱数発生回路317は、水晶発振器316から発振されるクロックに基づいて、一定の範囲内で値をインクリメントし、そのカウント値をCPU310に出力することのできるインクリメントカウンタであり、後述する入賞役の内部抽選をはじめ各種抽選処理に使用される。本発実施形態における乱数発生回路317は、水晶発振器316のクロック周波数を用いて0〜65535までの値をインクリメントする1つの乱数カウンタを備えている。
また、CPU310のデータバスには、副制御部400にコマンドを送信するための出力インタフェース371が接続されている。
尚、図6に示す一点鎖線内で囲まれた部分は、具体的には、ROM・RAM内蔵のワンチップCPUで構成されている。以下、この部分をROM・RAM内蔵ワンチップCPU301と称す。また、実線で囲まれた部分は、スロットマシン100のリールモータ制御に関連する部分であり、以下、この部分をリールモータ制御回路302と称す。リールモータ制御回路302に関しては、後述する回路図を用いて、詳しく説明する。
<副制御部400>
次に、図7を用いて、スロットマシン100の副制御部400について説明する。副制御部400は、主制御部300より送信された主制御コマンド等に基づいて副制御部400の全体を制御する演算処理装置であるCPU410や、CPU410が各IC、各回路と信号の送受信を行うためのデータバス及びアドレスバスを備え、以下に述べる構成を有する。
クロック補正回路414は、水晶発振器411から発振されたクロックを補正し、補正後のクロックをシステムクロックとしてCPU410に供給する回路である。
また、CPU410にはタイマ回路415がバスを介して接続されている。CPU410は、所定のタイミングでデータバスを介してROM412の所定エリアに格納された分周用のデータをタイマ回路415に送信する。タイマ回路415は、受信した分周用のデータを基に割り込み時間を決定し、この割り込み時間ごとに、割り込み要求をCPU410に送信する。CPU410は、この割込み要求のタイミングをもとに、各ICや各回路を制御する。
また、CPU410には、副制御部400の全体を制御するための命令及びデータ、バックライトの点灯パターンや各種表示器を制御するためのデータが記憶されたROM412や、データ等を一時的に保存するためのRAM413が各バスを介して接続されている。
また、CPU410には、外部の信号を送受信するための入出力インタフェース460が接続されており、入出力インタフェース460には、各リール110〜112の図柄を背面より照明するためのバックライト420、前面扉101の開閉を検出するための扉センサ421、RAM413のデータをクリアにするためのリセットスイッチ422が接続されている。
CPU410には、データバスを介して主制御部300から主制御コマンドを受信するための入力インタフェース461が接続されており、CPU410は、入力インタフェース461を介して受信したコマンドに基づいて、遊技全体を盛り上げる演出処理等を実行する。
また、CPU410のデータバスとアドレスバスには、音源IC480が接続されている。音源IC480は、CPU410からの命令に応じて音声の制御を行う。また、音源IC480には、音声データが記憶されたROM481が接続されており、音源IC480は、ROM481から取得した音声データをアンプ482で増幅させてスピーカ483から出力する。
CPU410には、主制御部300と同様に、外部ICを選択するためのアドレスデコード回路450が接続されており、アドレスデコード回路450には、主制御部300からのコマンドを受信するための入力インタフェース461、入出力インタフェース470、時計IC423、が接続されている。CPU410は、時計IC423が接続されていることで、現在時刻を取得することが可能である。
更に、入出力インタフェース470には、デマルチプレクサ419が接続されている。デマルチプレクサ419は、入出力インタフェース470から送信された信号を各表示部等に分配する。即ち、デマルチプレクサ419は、CPU410から受信されたデータに応じて演出ランプ430(上部ランプ、下部ランプ、サイドランプ151、リールパネルランプ120b、タイトルパネルランプ、受皿ランプなど)を制御する。なお、タイトルパネルランプは、タイトルパネル162を照明するランプである。
また、CPU410は、副制御部500への信号の送信や副制御部600からの信号の受信は、入出力インタフェース470を介して実施する。
<副制御部500>
次に、図8を用いて、スロットマシン100の副制御部500について説明する。副制御部500は、演算処理装置であるCPU510や、各IC、各回路と信号の送受信を行うためのデータバス及びアドレスバスを備え、以下に述べる構成を有する。
クロック補正回路514は、水晶発振器511から発振されたクロックを補正し、補正後のクロックをシステムクロックとしてCPU510に供給する回路である。このCPU510は、副制御部400のCPU410からの信号(制御コマンド)を入出力インタフェース520を介して受信し、副制御部500全体を制御する。
また、CPU510にはタイマ回路515がバスを介して接続されている。CPU510は、所定のタイミングでデータバスを介してROM512の所定エリアに格納された分周用のデータをタイマ回路515に送信する。タイマ回路515は、受信した分周用のデータを基に割り込み時間を決定し、この割り込み時間ごとに、割り込み要求をCPU510に送信する。CPU510は、この割込み要求のタイミングをもとに、各ICや各回路を制御する。
また、CPU510には、バスを介して、ROM512、RAM513、VDP(ビデオ・ディスプレイ・プロセッサー)534が接続されている。ROM512には、副制御部500全体を制御するための制御プログラムデータや演出用のデータが記憶されている。RAM513は、CPU510で処理されるプログラムのワークエリア等を有する。
VDP534には、水晶発信器533が接続され、さらに、バスを介して、画像データと、画像データ用のカラーパレットデータが記憶されているCG−ROM535、VRAM536が接続されている。VDP534は、CPU510からの信号をもとにCG−ROM535に記憶された画像データを読み出し、VRAM536のワークエリアを使用して画像信号を生成し、D/Aコンバータ537を介して液晶表示装置157の表示画面に画像を表示する。なお、液晶表示装置157には、CPU510によって液晶表示装置157の表示画面の輝度調整を可能とするため輝度調整信号が入力されている。
また、CPU510には、主制御部300および副制御部400と同様に、外部ICを選択するためのアドレスデコード回路550が接続されており、アドレスデコード回路550には、入出力インタフェース520が接続されている。入出力インタフェース520は、副制御部400から信号(コマンド)を受信すると共に副制御部600に信号(コマンド)を送信するためのインタフェースである。CPU510は、入出力インタフェース520を介して副制御部400から受信したコマンドに基づいて、液晶表示装置157の表示を制御する処理を実行すると共に、演出処理を実行させるためのコマンドを入出力インタフェース520を介して副制御部600に送信する。
<副制御部600>
次に、図9を用いて、スロットマシン100の副制御部600について説明する。副制御部600は、演算処理装置であるCPU610や、各IC、各回路と信号の送受信を行うためのデータバス及びアドレスバスを備え、以下に述べる構成を有する。
クロック補正回路614は、水晶発振器611から発振されたクロックを補正し、補正後のクロックをシステムクロックとしてCPU610に供給する回路である。
このCPU610は、副制御部500のCPU510からの信号(コマンド)を入出力インタフェース620を介して受信し、副制御部600全体を制御する。
また、CPU610にはタイマ回路615が外部バスを介して接続されている。CPU610は、所定のタイミングで外部データバスを介してROM612の所定エリアに格納された分周用のデータをタイマ回路615に送信する。タイマ回路615は、受信した分周用のデータを基に割り込み時間を決定し、この割り込み時間ごとに、割り込み要求をCPU610に送信する。CPU610は、この割込み要求のタイミングをもとに、各ICや各回路を制御する。
また、CPU610には、外部バスを介して、ROM612およびRAM613が接続されている。ROM612には、副制御部600全体を制御するための制御プログラムデータや演出用のデータが記憶されている。RAM613は、CPU610で処理されるプログラムのワークエリア等を有する。なお、ROM612およびRAM613は外部バスを介してCPU610に接続されている。
また、CPU610には、副制御部400および副制御部500と同様に、外部ICを選択するためのアドレスデコード回路650が接続されており、アドレスデコード回路650には、外部の機器から信号を受信するための入力インタフェース660、および外部の機器へ信号を送信するための出力インタフェース670が接続されている。入力インタフェース660には、演出装置200の各駆動機構が備える左センサA661、左センサB662、右センサA663、右センサB664、上センサA665および上センサB666が接続されている。なお、本実施形態の副制御部600は、オプションとしてさらに下センサA667、および下センサB668を接続可能に構成されている。
出力インタフェース670には、演出装置200の各駆動機構が備える各モータ240、242、244がドライバを介して接続されている。具体的には、左モータドライバ671を介して左モータ240、右モータドライバ672を介して右モータ242、上モータドライバ673を介して上モータ244が接続されている。なお、本実施形態の副制御部600は、オプションとしてさらに下モータドライバ674を介して下モータ246を接続可能に構成されている。
また、アドレスデコード回路650には、入出力インタフェース620が接続されている。この入出力インタフェース620は、副制御部500から信号(コマンド)を受信すると共に副制御部400に信号(コマンド)を送信するためのインタフェースである。CPU610は、入出力インタフェース620を介して副制御部500から受信したコマンドに基づいて、演出装置200の各駆動機構を制御する処理を実行すると共に、コマンドを入出力インタフェース620を介して副制御部400に送信する。
なお、主制御部300と副制御部400の間の情報通信は、一方向の通信となっており、逆方向の通信は不可能に構成されている。すなわち、主制御部300からはコマンド等の信号を副制御部400へ送信することができるが、副制御部400からはコマンド等の信号を主制御部300へ送信することはできない。
また、副制御部400と副制御部500、副制御部500と副制御部600、および副制御部600と副制御部400の間の直接的な情報通信は、一方向の通信となっており、逆方向の通信は不可能に構成されている。すなわち、副制御部400から副制御部500へ、副制御部500から副制御部600へ、および副制御部600から副制御部400へは、直接的にコマンド等の信号を送信することができるが、副制御部500から副制御部400へ、副制御部600から副制御部500へ、および副制御部400から副制御部600へは、直接的にコマンド等の信号を送信することができない。従って、副制御部500から副制御部400へ信号を送信する場合は、副制御部500から副制御部600を介して副制御部400へ信号を送信するようになっている。同様に、副制御部600から副制御部500へ信号を送信する場合は、副制御部600から副制御部400を介して副制御部500へ信号を送信し、副制御部400から副制御部600へ信号を送信する場合は、副制御部400から副制御部500を介して副制御部600へ信号を送信する。
<リールモータ制御回路>
次に、上述したリールモータ制御回路302の構成を図10〜図15を用いて、具体的に説明する。ここで、図10〜図15は、リールモータ制御回路302の回路図の一例を示すものである。
図10に示すように、ROM・RAM内蔵ワンチップCPU301から出力されるアドレス信号(具体的には、A0〜A15)は、アドレスバス303を介して、図11に示すようにアドレスデコード回路350に出力される。また、ROM・RAM内蔵ワンチップCPU301から出力される信号SG50(具体的には、XWR、XRD、XIORQ)は、データの読み書きを制御する信号であり、アドレスデコード回路350に出力される。この結果、信号の一つとして、リールの制御に用いるチップセレクト信号SG10(具体的には、XOCS_05、XOCS_06、XOCS_07)が、アドレスデコード回路350から、図12に示すように、出力インタフェース370に入力される。
また、図10及び図12に示すように、ROM・RAM内蔵ワンチップCPU301から出力されるデータ信号(具体的には、D0〜D7)は、データ出力側のデータバス305を介して、出力インタフェース370に入力される。この結果、図12に示すように、リール110〜112を制御するリール信号SG20(詳しくは、左リール110を制御する信号SG20L(具体的には、L-A Phase, L-B Phase, L-AI0,L-AI1,L-BI0, L-BI1)、中リール111を制御する信号SG20C(具体的には、C-A Phase,C-B Phase, C-AI0,C-AI1,C-BI0, C-BI1)、右リール112を制御する信号SG20R(具体的には、R-A Phase,R-B Phase, R-AI0,R-AI1,R-BI0, R-BI1))が、それぞれ、リールモータ駆動部330(詳しくは、左リールモータ駆動部330a、中リールモータ駆動部330b、右リールモータ駆動部330c)に入力される。
図13は、左リール110を駆動する左リール駆動部330aの回路構成、及び左リール駆動部330aにより駆動されるステッピングモータ720を示している。尚、中リール111及び右リール112に関しても同様の構成である。左リール駆動部330aは、具体的には、2つのモータドライバ306A及び306Bにより構成されている。即ち、1リールにつき2つのモータドライバを用いてステッピングモータ720を回転制御している。ここで、モータドライバ306(モータドライバ306a及び306bは、同一機能を有するモータドライバであるため、モータドライバの機能を説明するときはモータドライバ306として説明する。)は、ステッピングモータ720を駆動させるためのモータ電流を発生させる装置であり、CPU310から出力されたリール制御信号SG20Lに応じて、モータ電流を制御するようになっている。
ステッピングモータ720は、上述したようにバイポーラ型のステッピングモータであり、リール制御信号SG20Lに基づいて1−2相励磁で駆動制御されている。詳しくは、ステッピングモータ720は、回転軸に固定された磁石(ロータ)721と、その外側に付けられた巻き線コイル(ステータ)723で構成されており、コイル部分に電流が流れることで磁力が発生し(励磁)、ロータ721が引きつけられることで一定の角度だけ回転するようになっている。すなわち、ステータ723に電流を流す際には所定の順番があり、本実施形態においては、1−2相励磁に基づいて電流制御を行っている。
図14(a)は、モータドライバ306の具体的な回路図であり、図14(b)は、モータ電流の電流レベルを示す表である。図14(a)において、I0及びI1は、ロジック入力であり、図14(b)に示すようなI0及びI1の信号の組み合わせにより、モータ電流の大きさを制御するようになっている。尚、制御可能なレベルは、図14(b)に示すように、Hレベル100%、Mレベル60%、Lレベル20%及びゼロ電流0%である。また、Phaseは、モータ電流の方向を制御するようになっている。また、MA及びMBはモータ出力であり、PhaseがHレベルの信号のときは、MAからMBに電流が流れ、PhaseがLレベルの信号のときは、MBからMAに電流が流れるようになっている。本実施形態で使用されるモータドライバ306は、通常、ステッピングモータのマイクロステップ制御に使用されるものである。マイクロステップ制御は、ステッピングモータの1ステップ内で更に複数の停止位置で停止を行わせる制御で、この制御は、各相に流す電流のバランスを変化させることで実現される。例えば、互いの励磁コイルに流す電流値が同一であれば、1ステップの中間に停止させることができる。一方の励磁コイルに流す電流値が多くなればそちらの励磁コイルの方向に停止位置が移動する。このようにして1ステップ内の任意の位置に停止位置を設定することができる。本実施形態では、マイクロステップ制御に使用される電流可変機能を利用し、駆動電流を制御するように構成している。
また、図10及び図15に示すように、各種センサからの入力信号の一部として、インデックスセンサ325に関する入力信号SG30(具体的には、左リールインデックス入力信号REEL_INDEX_L、中リールインデックス入力信号REEL_INDEX_C、右リールインデックス入力信号REEL_INDEX_R)は、入力インタフェース361を介して、検出信号SG40がROM・RAM内蔵ワンチップCPU301に入力される。
<ステッピングモータ>
次に、本実施形態のスロットマシン100のステッピングモータ720の動かし方について説明する。本実施形態のステッピングモータ720は、1回転252ステップの分解能を持ったものを1−2相励磁方式で駆動するものである。即ち、1回転を504パルスで制御することができる。
図16は、ステッピングモータ720を回転制御するための回転制御データ及びそのときの励磁相を示しており、より詳しくは、回転制御データと、CPU310から出力されるリール制御信号SG20及びそのとき各モータコイルに流れるモータ電流との関係を示している。図16に示すように、回転制御データは、大別して、ステッピングモータ720を励磁しない無励磁データと、ステッピングモータ720を励磁する励磁データがあり、励磁データは、さらに、弱励磁回転を行う弱励磁データ(回転制御データAともいう)と強励磁回転を行う強励磁データ(回転制御データBともいう)とがある。ここで、弱励磁回転(回転状態Aともいう)とは、モータ電流の大きさが、図14(b)に示す20%であるときの回転状態をいい、また、強励磁回転(回転状態Bともいう)とは、モータ電流の大きさが、図14(b)に示す100%であるときの回転状態をいう。つまり、本実施形態においては、ステッピングモータ220に流れる2種類の電流(強電流、弱電流)を的確に制御することで、ステッピングモータ720に対する負荷を軽減するとともに、強力な加速及び減速、並びに正確な停止を実現するようになっている。尚、図16の表において、モータ電流値の+及び−は、電流の流れる方向を示しており、+の端子から−の端子に電流が流れることを意味している。
また、回転状態A及びBにおいては、駆動パルスごとに8つのパターン(リール制御信号SG20の各要素の組み合わせ)を順次繰り返して実行することにより、リールが回転するようになっている。例えば、回転状態Aにおいては、「A1(制御される相はA相及びB相:以下、励磁相はAB相という)→A2(制御される相はA相:以下、励磁相はA相という)→A3(制御される相はA相及びB−相:以下、励磁相はAB−相という)→A4(制御される相はB−相:以下、励磁相はB−相という)→A5(制御される相はA−相及びB−相:以下、励磁相はA−B−相という)→A6(制御される相はA−相:以下、励磁相はA−相という)→A7(制御される相はB相及びA−相:以下、励磁相はBA−相という)→A8(制御される相はB相:以下、励磁相はB相という)→A1(AB相)→A2(A相)→……」と8つのパターンを順次繰り返すことにより、弱励磁回転が実行され、リールは一定方向(本実施形態においては、図柄が上から下に移動する方向)に回転することとなる。同様に、回転状態Bにおいては、「B1(AB相)→B2(A相)→B3(AB−相)→B4(B−相)→B5(A−B−相)→B6(A−相)→B7(BA−相)→B8(B相)→B1(AB相)→B2(A相)→……」と8つのパターンを順次繰り返すことにより、強励磁回転が実行され、リールは一定方向(本実施形態においては、図柄が上から下に移動する方向)に回転することとなる。
さらに詳しくは、各パターン、即ち、リール制御信号SG20の各要素の組み合わせは、ROM312に回転制御データとして記憶されており、CPU310は、この回転制御データを順次モータドライバ306a及び306bにパルス信号として指示することにより、ステッピングモータ720のモータコイルにはモータ電流が流れ、ステッピングモータ720は回転駆動するようになっている。
図17は、上述した回転制御データの遷移をリールの動作とともに示した一例である。本実施形態では、スロットマシン100の消費電力を抑えるために、遊技を所定時間(例えば、遊技終了から40秒)行わないと、停止中のリールのステッピングモータ720を無励磁の状態とするようになっている。したがって、図17に示すように、リール制御状態が「無励磁制御中」であるときに、スタートレバー135による開始操作がされると、CPU310は、リール制御状態を「無励磁制御中」から「加速制御中」に更新して、強励磁回転の回転制御データである回転制御データBに切り替え、回転制御データBを順次更新していく。本実施形態においては、図17に示すように、リール制御状態が「加速制御中」においては、回転制御データB−1を4割込時間、次に、回転制御データB−2を3割込時間、次に、回転制御データB−3を2割込時間、次に、回転制御データB−4を2割込時間、次に、回転制御データB−5を1割込時間、次に、回転制御データB−6を1割込時間実行していき、順次設定される回転制御データBの設定時間を徐々に少なくしていくことにより、リールを加速させている。
次に、リールの回転速度が80rpm(Revolution Per Minute)になると、回転速度を一定に保つため、CPU310は、リール制御状態を「加速制御中」から「定速制御中」に更新して、回転制御データBを回転制御データAに切り替え、回転制御データAを各割込時間ごとに順次更新していく。本実施形態においては、図17に示すように、リール制御状態が「定速制御中」においては、回転制御データA−7を1割込時間、次に、回転制御データA−8を1割込時間実行した後、回転制御データA−1〜A−8のそれぞれを順次1割込時間ずつ実行するパターンを繰り返すことにより、リール回転を定速としている。
次に、ストップボタンによる停止操作がされると、CPU310は、リール制御状態を「定速制御中」から「引込制御中」に更新して、回転制御データAを回転制御データBに切り替え、リールの停止位置まで、回転制御データBを各割込時間ごとに順次更新していく。本実施形態においては、図17に示すように、リール制御状態が「引込制御中」においては、定速制御中における残分の回転制御データBを1割込時間ずつ実行した後、引き込みコマ数に相当する割込時間の間、回転制御データB−1〜B−8のそれぞれを順次1割込時間ずつ実行するパターンを繰り返す。なお、図17においては、引き込みコマ数が0の場合の例を示しており、定速制御中の回転制御データが回転制御データA−2で終了しているので、回転制御データB−3〜B8のそれぞれを1割込時間ずつ順次実行している。
次に、リールが停止位置に来ると、CPU310は、リール制御状態を「引込制御中」から「ブレーキ制御中」に更新して、数割込時間は、同一の回転制御データBを維持して、リールを停止させる。本実施形態においては、図17に示すように、リール制御状態が「ブレーキ制御中」においては、回転制御データB−1を4割込時間実行する。
その後、CPU310は、リール制御状態を「ブレーキ制御中」から「停止制御中」に更新して、回転制御データBを回転制御データAに切り替え、リールが停止してから所定時間(本実施形態においては40秒間)経過するまで、あるいはスタートレバー135による開始操作があるまで、同一の回転制御データAを維持する。本実施形態においては、図17に示すように、回転制御データA−1を実行し続ける。
そして、リールが停止してから所定時間(本実施形態においては40秒間)経過した場合には、CPU310は、リール制御状態を「停止制御中」から「逆励磁制御中」に更新し、無励磁となっても初期動作でリールが逆回転しない位置にステッピングモータ720のロータ721を停止させるべく、同一の回転制御データBを数割込時間実行する。本実施形態においては、図16及び図17に示すようにリールが回転するときはAB相から励磁されるので(回転制御データB−1から開始される)、リール制御状態が逆励磁制御中においては、B相に励磁しておく(回転制御データB−8)。この結果、ロータ721は、無励磁状態においてB相の位置に停止するので、ロータ721が再始動するときには、初期動作においてロータ721の逆回転が起らないようになっている。すなわち、本実施形態においては、図17に示すように、リール制御状態が「逆励磁制御中」においては、回転制御データB−8を3割込時間実行する。
その後、CPU310は、リール制御状態を「逆励磁制御中」から「無励磁制御中」に更新して、ステッピングモータ720の励磁を解除する。
このように、本実施形態においては、リール制御状態を、無励磁制御中→加速制御中→定速制御中→引込制御中→ブレーキ制御中→停止制御中→逆励磁制御中→無励磁制御中と変化させて、各リール制御状態に対応した回転制御データを選択することにより、スロットマシン100のリールの回転を制御している。
勿論、リールを無励磁とする条件が成立しない場合には、従来のように、リール制御状態を、停止制御中→加速制御中→定速制御中→引込制御中→ブレーキ制御中→停止制御中と変化させる。この場合においても、リール制御状態が「停止制御中」から「加速制御中」に更新されたとしても、回転制御データA―1から回転制御データB―1に更新されるので、遊技者に違和感を与えることなくリールは回転することができる。すなわち、本実施形態の加速制御中における回転制御データは、無励磁状態から回転開始するときであっても、停止制御中から回転開始するときであっても、遊技者に違和感を与えない回転制御データとなっている。
以上、本実施形態においては、リールを停止させるときには、ステッピングモータ720のロータ721を固定の2相(AB相)で停め、その後、無励磁とする場合には、まず、励磁再開時にロータ721が逆回転しない固定の一相(B相)で停止させた後に無励磁とするので、固定の2相(AB相)から励磁を再開する場合には、ロータ721の初期動作において逆回転した後に正規の回転方向に回転するようなことはない。すなわち、一旦、ステッピンブモータ720を無励磁の状態としても、リールの初期回転動作の見栄えが悪くなることはない。
なお、上述したステッピングモータ720はリール110〜112を回転させるためのステッピングモータであったが、本実施形態では、同様にして、水平可動部材204を動作させるのにもステッピングモータ244を用いている。以下、ステッピングモータ244の動かし方について説明する。
図18は、水平可動部材204を動作させるための駆動制御データ(回転制御データに相当するデータ)の励磁パターンを示す表である。水平可動部材204に連結されたステピングモータ244の駆動制御状態には、「加速制御中」、「定速制御中」、「ブレーキ制御中」、「停止制御中」、「逆励磁制御中」、及び「無励磁制御中」が存在し、各駆動制御状態に応じた駆動制御データがパターン化されてROM612上に記憶されている。すなわち、本実施形態においては、リールに接続されたステッピングモータ720だけでなく、水平可動部材204に接続されたステッピングモータ244に対しても励磁が解除された無励磁状態を実現して、スロットマシン100の消費電力を抑えている。
なお、水平可動部材204は左右方向に移動可能であるので、ステッピングモータ244は、回転方向が正と負の両方向を備えている。本実施形態では、図5(a)に示すA方向に水平可動部材204が移動する場合を正の回転方向、B方向に水平可動部材204が移動する場合を負の回転方向と定義して説明する。また、本実施形態では、水平可動部材204の原点位置は左端部であり、電源復帰時及び無励磁後の水平可動部材204の初期移動においては、現在停止している位置から一旦、原点位置に戻った後に、中央位置に移動して停止するようになっている。
ここで、図18に示す無励磁フラグは、ステッピングモータ244の駆動制御状態が無励磁状態になったか否かを示すフラグ情報であり、無励磁フラグがONである場合には、駆動制御状態が無励磁状態になった後に、ステッピングモータ244を加速制御(その後の定速制御も含む)することを示している。本実施形態では、上述したように駆動制御状態が無励磁状態になった後の初期動作では、水平可動部材204は一旦、原点位置に戻るので、無励磁フラグがONが適用されるのは、回転方向が負の場合のみである。したがって、回転方向が負の場合には、無励磁フラグに応じて異なる駆動制御データの励磁パターンが用意されている。
なお、図18に示す駆動制御データの励磁相は、図16に示す同一符号の回転制御データの励磁相に対応しており、例えば、駆動制御データB−1は、ステッピングモータ244をAB相で励磁する。
例えば、パターンデータNOが1の動作データが選択された場合には、まず、駆動制御データB−1を4割込時間、次に駆動制御データB−2を3割込時間、次に駆動制御データB−3を2割込時間、次に駆動制御データB−4を1割込時間実行して、水平可動部材204をA方向に加速する。同様にして、無励磁フラグがOFFでパターンデータNOが2の動作データが選択された場合には、まず、駆動制御データB−1を4割込時間、次に駆動制御データB−8を3割込時間、次に駆動制御データB−7を2割込時間、次に駆動制御データB−6を1割込時間実行して、水平可動部材204をB方向に加速する。
また、リールの場合と同様に、駆動制御状態が停止制御中においては、駆動制御データA−1が維持して実行されるとともに、駆動制御状態が逆励磁制御中においては、無励磁となっても初期動作で水平可動部材204が逆移動(具体的にはA方向の移動)しない位置にロータを停止させるべく、駆動制御データB−8が3割込時間実行される。この結果、無励磁後の移動再開時には、駆動制御データB−7から開始されるので(パターンデータNOが2、無励磁フラグがON)、水平可動部材204の初期動作の見栄えが悪くなることはない。
このように本実施形態においては、所定の条件が成立した場合には、遊技に関連して可動する可動部材(例えば、リール110〜112、水平可動部材204など)に連結されたステッピングモータを無励磁にしてスロットマシン100の省電力を図るとともに、ステッピングモータを無励磁にしても、当該ステッピングモータに連結されたリール110〜112及び水平可動部材204の初期動作の見栄えを損なわない制御を行っている。
<動作>
次に、上述したステッピングモータ220及び244を備えるスロットマシン100の動作について説明する。
<電源投入処理>
まず、図19を用いて、スロットマシン100の電源投入時に主制御部300のCPU310にて実行される電源投入処理について説明する。なお、同図は、電源投入処理の流れを示すフローチャートである。
スロットマシン100の電源スイッチがONされると、主制御部300のCPU310にて、以下に説明する電源投入処理が実行される。電源断時にリール制御状態が無励磁制御中であった場合には、電源投入時には、リール制御状態は、無励磁制御中に設定し、リールが実際に回転開始するまで、リール制御状態は、無励磁制御中に維持される。
ステップS101では、各種のイニシャル処理(初期化処理)を行う。
ステップS102では、RAM313の少なくとも一部に異常があるか否かを判定する。そして、RAM313に異常がある場合はステップS103に進み、異常が無い場合はステップS104に進む。なお、RAM313の異常を検出する方法は種々考えられるが、例えば、同一の情報を2つの第1の記憶領域及び第2の記録領域に記憶しておき、電源投入後に、第1の記憶領域に記憶された情報と、第2の記憶領域に記憶された情報を比較し、両者が異なる場合に異常と判定する方法が一例として挙げられる。
ステップS103では、RAMエラー処理を行う。このRAMエラー処理では、使用スタックエリアを除く全てのRAM313の記憶領域をクリアする準備を行ったり、副制御部400にエラー発生コマンドの送信準備等を行ったりする。
ステップS104では、設定キースイッチ(図示せず)がON状態か否かを判定する。そして、設定キースイッチがON状態の場合はステップS105に進み、OFF状態の場合はステップS106に進む。
ステップS105では、設定値変更処理を行う。設定値変更処理とは、入賞役の内部抽選に関する抽選データの設定を行う処理である。ここで、設定値とは、所定期間の遊技を行ったときに遊技者が賭け数として遊技台に使用した遊技媒体の総数に対して、遊技台が払い出した遊技媒体の総数の割合を調整するための値であり、複数段階の設定値、例えば、設定「1」〜設定「6」まで設定可能である。
ステップS106では、強制RAMクリアがON状態か否かを判定する。具体的には、電源が投入され、且つリセットスイッチのリセットボタンが長押し(例えば、5秒間の押下)されたことに基づき、強制RAMクリアのON状態とする。そして、強制RAMクリアがON状態の場合はステップS107に進み、OFF状態の場合はステップS109に進む。
ステップS107では、初期状態遊技開始処理を行う。この初期状態遊技開始処理では、「設定値の記憶領域」や「RAM313のクリア時に使用するスタック領域を除く記憶領域」のクリア、自動精算及び打ち止めの有無などの設定、内部当選の有無の設定、副制御部400に対する制御コマンドの送信などを行う。
ステップS108では、遊技実行処理(詳細は後述)を行う。
ステップS109では、復帰処理によりスロットシン100を電源が遮断された前の状態に復帰し、後述する遊技実行処理を再開する。
<遊技実行処理>
次に、図20を用いて、遊技実行処理について説明する。なお、同図は、図19のステップS108の遊技実行処理の流れを詳しく示すフローチャートである。CPU310は、電源断等を検知しないかぎり、以下に説明する遊技実行処理を繰り返し実行する。
ステップS201では、メダル投入に関する処理を行う。ここでは、メダルの投入の有無をチェックし、投入されたメダルの枚数に応じて入賞ライン表示ランプ120を点灯させる。なお、前回の遊技で再遊技役に入賞した場合はメダルの投入が不要である。
このとき、主制御部300のタイマ割込み処理においては、副制御部400にメダル投入コマンドを送信して、副制御部400にメダル投入を認識させる。副制御部400は、メダル投入コマンドに基づいてメダル投入音を発生させる演出等を行う。
また、このステップS201では、遊技のスタート操作に関する処理を行う。ここでは、スタートレバー135が操作されたか否かのチェックを行い、スタート操作されたと判断した場合は、当該遊技に使用するメダル枚数を確定する。
なお、このとき、主制御部300のタイマ割込み処理においては、スタートレバー受付コマンドを副制御部400に送信する。副制御部400は、スタートレバー受付コマンドに基づいて待機中である場合は、ウエイト音等を発生させる演出を行う。
ステップS202では、ステップS201で確定されたメダルの枚数に応じて有効な入賞ラインを確定する。
ステップS203では、スタート操作に基づいて、乱数発生回路317で発生させた乱数を取得する。
ステップS204では、ステップS203で取得した乱数値と、ROM312に格納されている入賞役抽選テーブルを用いて、入賞役の内部抽選を行う。内部抽選の結果、いずれかの入賞役に内部当選した場合、その入賞役のフラグを内部的にオンにする。また、このステップS204では、副制御部400に対して内部抽選の結果を示す内部抽選結果コマンドを送信する。副制御部400は、この内部抽選結果コマンドを受信することによって内部抽選の結果を把握し、内部抽選の結果に対応した演出を実行する。
ステップS205では、ステップS204の内部抽選結果等に基づき、各リール110〜112毎に規定された複数の停止位置データ選択テーブルを参照し、リール停止制御データを選択する。
ステップS206では、スタート操作に基づいて、全リール110〜112の回転を開始させるリール回転開始処理を実行する。また、主制御部300のタイマ割込処理においては、リール回転開始コマンドを副制御部400に送信して、副制御部400に全リールの回転開始を認識させる。副制御部400は、リール回転開始コマンドに基づいて各制御部での演出を開始する。なお、リール回転開始処理については詳しくは後述する。
ステップS207では、タイマ割込処理のリール回転制御処理に基づいて、全リールが停止したか否かを判定する。全リールが停止した場合には、ステップS208に進み、そうでない場合には、ステップS207に戻る。
ステップS208では、ストップボタン137〜139が押されることによって停止した図柄の入賞判定を行う。ここでは、有効化された入賞ライン上に、内部当選した入賞役又はフラグ持越し中の入賞役に対応する入賞図柄組合せが揃った(表示された)場合にその入賞役に入賞したと判定する。例えば、有効化された入賞ライン上に、「リプレイ−リプレイ−リプレイ」が揃っていたならばリプレイ入賞と判定する。また、このステップS208では、副制御部400に対して入賞判定の結果と、入賞した役の種類と、を示す表示判定結果コマンドを送信する。副制御部400は、この表示判定結果コマンドを受信することによって入賞判定の結果と入賞した役の種類を把握し、表示判定結果コマンドに応じた演出を実行する。
ステップS209では、払い出しのある何らかの入賞役に入賞していれば、その入賞役に対応する枚数のメダルを払い出す。
ステップS210では、遊技状態制御処理を行う。この遊技状態制御処理では、遊技状態を移行するための制御が行われ、例えば、BB(ビッグボーナス)入賞の場合に次回からBB(ビッグボーナス)ゲームを開始できるよう準備し、それらの最終遊技では、次回から通常遊技が開始できるよう準備する。
以上により1ゲームが終了し、以降、CPU310が遊技実行処理を繰り返すことにより遊技が進行することになる。
<リール回転開始処理>
図21は、図20のステップS206のリール回転開始処理の流れを詳しく示すフローチャートである。
ステップS301では、遊技時間監視タイマ値を取得し、ステップS302では、取得した遊技時間監視タイマ値が4.1秒以上を経過しているか否かを判定する。遊技時間監視タイマ値が4.1秒以上を経過しているときは、次遊技を開始してもよいので、ステップS303に進む。一方、遊技時間監視タイマ値が4.1秒を経過していないときは、ステップS302を繰り返す。
ステップS303では、遊技時間監視タイマ値を再設定し、次いで、ステップS304では、副制御部400に送信するリール回転開始コマンドを設定する。
ステップS305では、左リール110のリールの状態を「回転状態」に設定する。
ステップS306では、中リール111のリールの状態を「回転状態」に設定する。
ステップS307では、右リール112のリールの状態を「回転状態」に設定する。
ステップS308では、リール制御状態を「加速制御中」に設定する。また、加速開始要求フラグをONに設定する。
<タイマ割込み処理>
次に、図22を用いて、主制御部300のCPU310にて実行されるタイマ割込み処理について説明する。なお、図22はタイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。主制御部300は所定の周期(本実施形態では1.504msに1回)でタイマ割込みを発生するハードウェアタイマを備えており、このタイマ割込みを契機として、タイマ割込み処理を実行する。
ステップS401では、CPU310の各レジスタ値の退避等を行う。
ステップS402では、電源電圧を監視する電源電圧監視処理を行う。
ステップS403では、電源電圧監視処理に基づいて、電源断フラグがONであるか否かを判定する。そして、電源断フラグがONの場合にはステップS407に進み、電源断フラグがOFFの場合にはステップS404に進む。本実施形態における電源断フラグは、図示しない電源断割込み処理においてONに設定される。この電源断割込み処理は、CPU310のNMI(ノンマスカブル割り込み)に割り当てられており、スロットマシン100の電源電圧が所定の電圧値より低くなるとノンマスカブル割り込みが発生し、電源断フラグがONに設定されるようになっている。なお、電源断の検出方法はこれに限定されるものではなく、例えば、電源断を割り込みで検出する方法の他、所定の時間間隔で電圧値を監視する方法(いわゆるポーリング)も考えられる。
ステップS404では、ステップS401で退避した各レジスタの値を復帰する。
ステップS405では、リールの回転を制御するリール回転制御処理を実行する。なお、ステップS405のリール回転制御処理に関しては、詳しくは後述する。
ステップS406では、他の割込み処理を実行する。例えば、メダル払出を行うホッパーのモータ駆動、メダル投入の受付、パネルランプの更新、出力ポートデータの出力、各処理で準備されたコマンドの送信などを行う。
ステップS407では、現在のスタックポインタの値をRAM313に退避して、ステップS408に進む。
ステップS408では、RAM313における特定の領域のデータ(本実施形態では設定値)を3つの設定値記憶エリアにそれぞれ退避すると共に、それ以外の領域のデータ(例えば、遊技情報)を退避領域に退避する。
ステップS409では、左リール110、中リール111及び右リール112のそれぞれに対して、リール制御状態が逆励磁制御中に対応する回転制御データを取得し、次いで、ステップS410では、左リール110、中リール111及び右リール112のそれぞれに対して、取得した逆励磁制御中に対応する回転制御データを設定した後、電源断に備えて待ち状態(無限ループ)となる。すなわち、電源断の場合には、リール110〜112が連結されたステッピングモータ720は無励磁の状態となるので、次回の電源投入後のステッピングモータ720の励磁開始に備えて、リール制御状態を逆励磁状態とした後、無励磁状態とする。この結果、次回の電源投入後のステッピングモータ720の励磁開始時(リール制御状態が加速制御中となるとき)には、リール110〜112が初期動作で逆回転することなく、スムースに正規の回転方向に回転することができる。
<リール回転制御処理>
次に、図23を用いて、リール回転制御処理について詳細に説明する。なお、図23は、図22のステップS405のリール回転制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。
ステップS501では、ストップボタンの操作が有効か否かを判定する。これは、後述するステップS505の「リール制御判定処理」の中の「定速処理」において設定されるストップボタン有効情報がONになっていれば、ストップボタンの操作が有効であると判定するものである。ストップボタンが有効であるときは、ステップS502に進んで、ストップボタン受付処理を行い、次いで、ステップS503〜S510の処理を、左リール110、中リール111及び右リール112それぞれに対して行う。ストップボタン受付処理については、詳しくは後述する。一方、ストップボタンが有効でないときは、ステップS503〜S510の処理を、左リール110、中リール111及び右リール112それぞれに対して行う。
ステップS503では、リール制御情報を取得する。ここで、リール制御情報は、リールを制御するための情報全体を意味しており、上述したリールの状態に関する情報、及びリール制御状態に関する情報も含まれる。
ステップS504では、取得したリール制御情報のリール制御状態が「回転制御中」であるか否かを判定する。具体的には、リール制御状態が、加速制御中、定速制御中、引込み制御中、またはブレーキ制御中のいずれかである場合には、回転制御中であると判断する。リール制御状態が「回転制御中」である場合には、ステップS505に進み、そうでない場合には、ステップS506に進む。
ステップS505では、リール制御状態に関する情報をもとにリールの制御を判定するリール制御判定処理を行う。ここで、リール制御判定処理は、より詳しくは、図24に示すフローチャートで示されるので、図24を参照して説明する。
リール制御判定処理は、リールの回転制御を遊技の進行に応じて順次切り替え制御する処理である。具体的には、遊技者の遊技開始操作に伴い、リールの回転を開始してリールを加速させる加速処理及び一定回転速度までリールを加速させた後、その速度を維持する定速処理が行われる。その後の遊技者の停止操作に伴い、停止操作が行われた時のリールの図柄位置から遊技結果としてリール表示窓に表示させる図柄停止位置までリールの回転を維持する引込制御処理、及び図柄停止位置で停止状態を一定時間維持するブレーキ制御処理が順次行われる。
ステップS601では、リール制御状態に関する情報を取得する。
ステップS602では、取得したリール制御状態が「停止制御中」であるか否かを判定し、取得したリール制御状態が「停止制御中」であるときは、そのリールは停止しているので、リール制御判定処理を終了する。一方、取得したリール制御状態が「停止制御中」でないときは、S603に進む。
ステップS603では、取得したリール制御状態が「加速制御中」であるか否かを判定する。リール制御状態が「加速制御中」であるときは、ステップS604に進み、加速処理(リールの回転を加速するための処理;詳しくは後述する)を行う。一方、リール制御状態が「加速制御中」でないときは、ステップS605に進む。
ステップS605では、取得したリール制御状態が「定速制御中」であるか否かを判定する。リール制御状態が「定速制御中」であるときは、ステップS606に進み、定速処理(リールの回転を定速に維持するための処理;詳しくは後述する)を行う。一方、リール制御状態が「定速制御中」でないときは、ステップS607に進む。
ステップS607では、取得したリール制御状態が「ブレーキ制御中」であるか否かを判定する。リール制御状態が「ブレーキ制御中」であるときは、ステップS608に進み、ブレーキ制御処理(リールの回転を停止させるための処理;詳しくは後述する)を行う。一方、リール制御状態が「ブレーキ制御中」でないときは、ステップS609に進む。
ステップS609では、リール制御状態が「引込制御中」であるので、引込制御処理(リールを停止位置に引き込み制御する処理;詳しくは後述する)を行う。
図23に戻って、ステップS506では、リール制御状態が「無励磁制御中」であるか否かを判定する。リール制御状態が「無励磁制御中」でない場合には、ステップS507に進み、リール制御状態が無励磁制御中である場合には、ステップS510の終了後に進む。
ステップS507では、停止中のリールに対して逆励磁制御をした後、励磁を解除するリール停止中制御処理(詳しくは後述する)を行う。
ステップS508では、上述したそれぞれのリール制御状態に合った回転制御データを取得する。具体的には、図17に示したように、リール制御状態に合った回転制御データを選択する。
ステップS509では、ステップS508で取得した回転制御データを設定する。
ステップS510では、上述した処理に応じてリール制御情報の内容が変更されているので、リール制御情報を更新する。
<加速処理>
図25は、図24のステップS604の加速処理を詳しく示すフローチャートである。
ステップS701では、加速開始要求があるか否かを判定する。これは、加速開始要求フラグがONのときは、加速開始要求があると判断し、ステップS702に進み、加速カウンタオフセットに初期値を設定し、加速開始要求フラグをOFFに設定する(即ち、1回目の加速処理においてだけ、ステップS702が実行される)。尚、この加速開始要求フラグは、図21に示したリール回転開始処理のステップS308においてONに設定される。次いで、ステップS703に進み、設定された加速カウンタオフセット値に対応する初期値を取得し、加速カウンタに設定する。
ここで、加速カウンタオフセットに設定される初期値とは、リール制御状態が加速制御中において、設定される回転制御データのパターン数を意味している。これは、リール回転開始から一定回転速度に達するまでのパターン数でもあり、予め設定されているものである。例えば、図17に示す例においては、B−1〜6の回転制御データが設定されるので初期値として「6」が予め設定されている。
また、加速カウンタに設定される初期値とは、設定された回転制御データBを維持する割込時間(駆動パルス数)を意味している。これは、リールをいきなり定速で回転させることによるステッピングモータの脱調を防止するため、回転制御パターンの更新速度を段階的に速めるための時間を制御するカウンタである。加速カウンタは、加速カウンタオフセットに対応して予め設定されている。図17に示す例においては、加速カウンタオフセットの値が「6」「5」「4」「3」「2」「1」に対して、加速カウンタをそれぞれ「4」「3」「2」「2」「1」「1」と設定している。例えば、加速カウンタオフセットの値が6であるとき、即ち、設定された回転制御データが回転制御データB−1であるときは、4割込時間、回転制御データB−1が維持される。その後、加速カウンタの値は、3→2→1→1→1と段階的に減じられ、最終的には1割込時間、即ち定速制御時の回転制御パターンの更新サイクルとなる。
ステップS701において、加速開始要求がないときは、ステップS704に進み、加速カウンタ値を1減算して更新し、次いで、ステップS705に進み、リール駆動信号切替要求フラグをOFFに設定する。ここで、リール駆動信号切替要求フラグは、上述した図23のステップS508の回転制御データ取得において、次の回転制御データに切り替えるか、前回に設定された回転制御データを維持するかを決定するフラグであり、リール駆動信号切替要求フラグをOFFのときは、前回に設定された回転制御データを維持するものである。
ステップS706では、加速カウンタ値が0であるか否かを判定する。加速カウンタ値が0であるときは、回転制御データの切替を行う必要があるため、ステップS707に進み、リール駆動信号切替要求フラグをONに設定し、次いで、ステップS708に進み、加速カウンタオフセット値を1減算して、更新する。一方、加速カウンタ値が0でないときは、加速処理を終了する。
ステップS709では、加速カウンタオフセット値が0であるか否かを判定する。加速カウンタオフセットが0であるときは、「加速制御中」が終了したので、ステップS710に進み、リール制御状態を「加速制御中」から「定速制御中」に変更して、設定する。一方、加速カウンタオフセット値が0でないときは、ステップS703に進み、更新された加速カウンタオフセット値に対応する初期値を加速カウンタに設定する。
<定速処理>
図26は、図24のステップS606の定速処理を詳しく示すフローチャートである。定速処理は、主にリールの図柄位置を追跡する処理を行っている。リールの図柄位置を主制御部300が把握するために「図柄番号カウンタ」及び「図柄間隔カウンタ」という2つのカウンタを用いて図柄位置を監視している。ここで、定速処理を説明する前に、まず、「図柄番号カウンタ」及び「図柄間隔カウンタ」について説明する。
図27は、図柄番号カウンタと図柄間隔カウンタの関係を示す図である。図柄番号カウンタは、基準位置であるリール表示窓113の中段に位置する図柄を記憶保持するためのカウンタであり、例えば、左リール110に関しては、左リール110の図柄列の上端のチャンス図柄が基準位置となっており、インデックスセンサ325aが遮光片750を通過した時を起点としてカウントを開始する。各図柄とカウント値とは予め対応付けられており、主制御部300は、リール停止時の図柄番号カウンタ値からリール表示窓113に停止表示されている図柄を特定し、入賞判定を行うことができる。図柄間隔カウンタは、1図柄あたりの駆動パルス数(タイマ割込処理回数)であり、24となっている(合計で504駆動パルス数)。主制御部300は、1図柄あたりの駆動パルス数を図柄間隔カウンタに設定し、駆動パルスの出力ごとに減算し、図柄間隔カウンタの値が0になったときに図柄番号カウンタを1更新するようにしている。
ステップS801では、図柄間隔カウンタ値を1減算し、更新する。
ステップS802では、図柄間隔カウンタ値が0であるか否かを判定する。図柄間隔カウンタ値が0であるときは、次の図柄に代わるので、ステップS803に進み、図柄番号カウンタ値を1減算して、更新し、次いで、ステップS804に進み、図柄間隔カウンタに初期値24を設定する。一方、図柄間隔カウンタ値が0でないときは、ステップS805に進む。
ステップS805では、インデックスセンサ325の検出結果を取得する。ここで、インデックスセンサ325の検出結果は、図柄番号カウンタ値が0で図柄間隔カウンタ値が0の位置に設けられた遮光片750の通過を検出したときに、検出ありとされる。
ステップS806では、インデックスセンサ325の検出があったか否かを判定する。インデックスセンサ325の検出があったときは、リールの図柄位置がサーチできているので、ステップS807に進み、ストップボタン有効情報をONに設定し、次いで、ステップS808に進み、図柄番号カウンタに0、図柄間隔カウンタに24を設定して、定速処理を終了する。一方、インデックスセンサ325の検出がなかったときは、定速処理を終了する。
<引込み制御処理>
図28は、図24のステップS609の引込み制御処理を詳しく示すフローチャートである。ここで、引込み制御処理とは、内部抽選の結果に応じた停止制御を実現するため、リールを停止させる際に、ストップボタンの操作された図柄位置から、リールを所定のコマ数(本実施形態においては、0〜4コマ)滑らせて停止させる処理をいう。これにより、内部抽選で内部当選した入賞役か、又は、いわゆるフラグ持ち越し中の入賞役については、対応する図柄組合せが揃って表示されることが許容される一方、そうでない場合には各入賞役に対応する図柄組合せが揃って表示されないようになっている。
ステップS901では、引込カウンタの値を1減算する。ここで、引込カウンタには、後述する引込みカウンタ設定処理において、引込制御に要する割込時間が初期値として設定されている。例えば、図17に示す例においては、引込カウンタに設定される初期値は、6(駆動パルス数、割込時間)である。
ステップS902では、引込カウンタの値が0であるか否かを判定する。引込カウンタの値が0であるときは、引込制御が完了したので、ステップS903に進み、ブレーキングカウンタに初期値を設定し、次いで、ステップS905に進み、リール制御状態を「引込制御中」から「ブレーキ制御中」に変更して、設定する。ここで、ブレーキングカウンタには、ブレーキ制御に要する割込時間が初期値として設定される。例えば、図17に示す例においては、ブレーキングカウンタに設定される値は、4(駆動パルス数、割込時間)である。一方、ステップS902で、引込カウンタの値が0でないときは、引込制御処理を終了する。
<ブレーキ制御処理>
図29は、図24のステップS608のブレーキ制御処理を詳しく示すフローチャートである。
ステップS1001では、ブレーキングカウンタの値を1減算する。
ステップS1002では、ブレーキングカウンタの値が0であるか否かを判定する。ブレーキングカウンタの値が0であるときは、ブレーキングが完了したので、ステップS1003に進み、リール制御状態を「ブレーキ制御中」から「停止制御中」に変更して、設定する。一方、ブレーキングカウンタの値が0でないときは、ブレーキ制御処理を終了する。
<ストップボタン受付処理>
図30は、図23のステップS502のストップボタン受付処理を詳しく示すフローチャートである。尚、ストップボタン受付処理は、ストップボタンが受付可能になった状態、即ち、図26に示す定速処理において、ストップボタン有効情報がONに設定された後の図23のリール回転制御処理で実行されるものである。ストップボタン受付処理は、ストップボタンの操作に基づいてリールを停止させる位置を決定する処理である。
ステップS1101では、停止受付情報を取得する。ここで、停止受付情報は、リール制御情報の一部であり、停止受付の判定に必要な情報すべてを意味している。
ステップS1102では、取得した停止受付情報から、停止可能なリールを判断し、停止可能リール情報として設定する(例えば、左リール110が停止可能なリールであると判断されたときは、左リールを設定する)。
ステップS1103では、設定された停止可能リール情報に対応するリールのストップボタンの受付があったか否かを判定する。ストップボタンの受付があったときは、ステップS1104に進み、停止対象のリールに関するデータ(停止対象リールデータ)を取得し、次いで、ステップS1105に進み、引き込みカウンタ設定処理(詳しくは、後述する)を行う。ここで、停止対象リールデータは、具体的には、リールの停止位置に関するデータである。次いで、ステップS1106では、上述した一連のストップボタン受付処理において、リール制御情報のうち、リール停止に関する情報が変更されているので、リール制御情報を更新する。一方、ストップボタンの受付がなかったときは、ステップS1107に進む。
ステップS1107では、停止可能リール情報をクリアする。これは、ステップS1105の引込みカウンタ設定処理により、停止可能なリールが変更されるからである(例えば、停止可能な左リールに対して、引込みカウンタ設定処理が行われると、左リールは停止可能なリールではなくなる)。
ステップS1108では、ストップボタンLED情報を更新する。これは、各リールが停止可能か否かに応じて、ストップボタンのLED情報を更新するものであり、一例としては、停止可能なリールには、青色を設定し、ストップボタンが押下されると、赤色を設定するものである。
<引込みカウンタ設定処理>
図31は、図30のステップS1105の引込みカウンタ設定処理を詳しく説明するフローチャートである。
ステップS1201では、図柄番号カウンタの値を取得して、停止操作された位置を検出する。
ステップS1202では、選択されたリール停止制御データから、停止操作された位置に基づいて、引込みコマ数を取得する。
ステップS1203では、励磁テーブルを参照して、割込み残数を取得する。具体的には、前回の回転制御データ(定速制御中の最後の回転制御データ)からB−8のデータまでの割込時間数を取得する。例えば、図17に示す引込み制御においては、B−3からB−8までの6となる。
ステップS1204では、取得した引込コマ数及び割込み残数から、引込カウンタ値を算出し、算出した引込カウンタ値を引き込みカウンタに設定する。具体的には、引込コマ数に24を乗算した乗算値に割込み残数を加算した値が引き込みカウンタに設定される。例えば、図17に示す引込み制御においては、引き込みコマ数が0なので、6が引き込みカウンタに設定される。
ステップS1205では、リール制御状態を「定速制御中」から「引込制御中」に変更して、設定する。
<リール停止中制御処理>
次に、図32を用いて、リール停止中制御処理について詳しく説明する。図32は、図23のステップS507のリール停止中制御処理を詳しく示すフローチャートである。
ステップS1301では、再遊技役が作動中であるか、すなわち、当該遊技において再遊技役に入賞したか否かを判定する。再遊技役が作動中である場合には、リール制御状態を無励磁制御中にしないので、リール停止中制御処理を終了する。再遊技役が作動中でない場合には、ステップS1302に進む。
ステップS1302では、リール制御状態が「逆励磁制御中」であるか否かを判定する。リール制御状態が逆励磁制御中である場合には、ステップS1308に進み、逆励磁制御中でない場合には、ステップS1303に進む。
ステップS1303では、第1カウンタを更新する。ここで、第1カウンタとは、リール制御状態が停止制御中になってからの時間を計測するカウンタであり、割込時間ごとに1加算される。なお、初期値は1である。
ステップS1304では、第1カウンタの値が閾値より大きいか否かを判定する。ここで、閾値は具体的には27000であり、40sに相当する割込時間(1.504ms×27000)となっている。なお、本実施形態においては、リール制御状態が停止制御中になってから40s経過した場合には、デモ演出が実行されるようになっているので、これに合わせてリール110〜112のステッピングモータ720を無励磁とするものである。第1カウンタの値が閾値より大きい場合には、ステップS1306に進み、第1カウンタの値が閾値以下の場合には、ステップS1305に進む。
ステップS1305では、精算ボタン134の受付があったか否かを判定する。精算ボタン134の受付があった場合には、デモ演出が実行されるため、ステップS1306に進み、そうでない場合には、リール停止中制御処理を終了する。
ステップS1306では、リール制御状態を逆励磁制御中に設定する。すなわち、本実施形態においては、第1カウンタの値が閾値よりも大きい場合、または精算ボタン134の操作があった場合には、停止制御中であったリール制御状態を逆励磁制御中に設定する。
ステップS1307では、リール制御状態が逆励磁制御中であることを示すコマンド(以下、逆励磁制御中コマンドという)を副制御部400に送信する準備をする。なお、逆励磁制御中コマンドは、副制御部400及び500を介して副制御部600に送信される。
ステップS1308では、第2カウンタを更新する。ここで、第2カウンタとは、逆励磁制御を行う時間を測定するためのカウンタである。本実施形態では、具体的には、3割込時間の間、逆励磁制御を行うようになっている。
ステップS1309では、第2カウンタが3よりも大きいか否かを判定する。第2カウンタが3よりも大きい場合には、ステップS1310に進み、第2カウンタが3以下の場合には、リール停止中制御処理を終了する。
ステップS1310では、逆励磁制御を行う時間か経過したので、リール制御状態を無励磁制御中に設定する。
<副制御部400メイン処理>
次に、図33(a)を用いて、副制御部400におけるメイン処理について説明する。なお、同図は、副制御部400メイン処理の流れを示すフローチャートである。副制御部400メイン処理は、副制御部400のCPU410が中心になって行い、電源断等を検知しないかぎり、ステップS1402〜ステップS1407の処理を繰り返し実行する。
電源投入が行われると、まずステップS1401で初期化処理が実行される。この初期化処理では、電源が遮断された場合の復旧処理、入出力ポートの初期設定、RAM413内の記憶領域の初期化、データロード処理等を行う。また、主制御部300からのコマンドを受信できる状態にする。
ステップS1402では、副制御部400のコマンド入力処理を行う。詳細は後述するが、この副制御部400コマンド入力処理では、RAM413のコマンド格納エリアに未処理コマンドがあるか否かを判定し、未処理コマンドがある場合は、その未処理コマンド(例えば、内部抽選結果コマンド、表示判定結果コマンドなど)に応じた処理を実行する。
ステップS1403では、演出データの更新処理を行う。この演出データの更新処理では、演出を制御するための動作制御データの更新を行う。
ステップS1404では、ステップS1403で更新した演出データの中に副制御部400の各演出デバイスのドライバに出力するデータがあるか否かを判定する。該当する場合はS1405へ進み、該当しない場合はS1406へ進む。
ステップS1405では、副制御部400の演出デバイスのドライバにデータをセットする。データのセットにより演出デバイスがそのデータに応じた演出を実行する。
ステップS1406では、ステップS1403で更新した演出データの中に副制御部500に送信する制御コマンドがあるか否かを判定する。該当する場合はステップS1407へ進み、該当しない場合はステップS1402へ戻る。
ステップS1407では、副制御部500に制御コマンドを送信してS1402へ戻る。
<副制御部400コマンド入力処理>
次に、図33(b)を用いて、副制御部400のコマンド入力処理について説明する。なお、同図は、副制御部400コマンド入力処理の流れを示すフローチャートである。
ステップS1501では、コマンド格納エリアに少なくとも1つの制御コマンドが格納されているか否かを判定する。該当する場合はステップS1502へ進み、該当しない場合はコマンド入力処理を終了する。
ステップS1502では、コマンド格納エリアから制御コマンドを一つ取得し、制御コマンドに応じた処理を実行する。取得した制御コマンドはコマンド格納エリアから消去する。
<副制御部400ストローブ割込み処理>
次に、図33(c)を用いて、副制御部400のストローブ割込み処理について説明する。このストローブ割込み処理は、副制御部400が、主制御部300が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。
ストローブ割込み処理のステップS1601では、主制御部300が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM413に設けたコマンド記憶領域に記憶する。
<副制御部400タイマ割込み処理>
次に、図33(d)を用いて、副制御部400のタイマ割込み処理について説明する。副制御部400は所定の周期(本実施形態では2msに1回)でタイマ割込みを発生するハードウェアタイマを備えており、このタイマ割込みを契機として、副制御部400タイマ割込み処理を実行する。なお、副制御部400は汎用タイマの設定(10ms)としており、ステップS1701ではこの汎用タイマの更新を行う。
<副制御部500メイン処理>
次に、図34(a)を用いて、副制御部500のメイン処理について説明する。同図は、副制御部500のメイン処理のフローチャートである。
ステップS1801では、初期化処理が実行される。この初期化処理では、電源が遮断された場合の復旧処理、入出力ポートの初期設定、RAM内の記憶領域の初期化、データロード処理などを行う。また、副制御部400からのコマンドを受信できる状態にする。さらに、変数の初期化等、その他の初期化処理を行う。
ステップS1802では、副制御部500のコマンド入力処理を行う。この副制御部500コマンド入力処理では、RAM513のコマンド格納エリアに未処理コマンドがあるか否かを判定し、未処理コマンドがある場合は、その未処理コマンドに応じた処理を実行する。
ステップS1803では、副制御部500の演出データの更新処理を行う。この演出データの更新処理では、演出を制御するための動作制御データの更新を行う。
ステップS1804では、ステップS1803で更新した演出データの中に液晶表示装置157のドライバに出力するデータがある場合には、液晶演出処理を行う。
ステップS1805では、ステップS1803で更新した演出データの中に副制御部600に送信する制御コマンドがあるか否かを判定する。該当する場合はステップS1806へ進み、該当しない場合はステップS1802へ戻る。
ステップS1806では、副制御部600に制御コマンドを送信してS1802へ戻る。
<副制御部500タイマ割込み処理>
次に、図34(b)を用いて、副制御部500のタイマ割込み処理について説明する。なお、同図は、副制御部500タイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。
ステップS1901では、副制御部400から受信した制御コマンドがあるか否かを判定する。副制御部400から受信した制御コマンドがある場合には、ステップS1902に進み、副制御部400から受信した制御コマンドがない場合には、副制御部500タイマ割込み処理を終了する。
ステップS1902では、副制御部400が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM513に設けたコマンド記憶領域に記憶する。
<副制御部600メイン処理>
次に、図35(a)を用いて、副制御部600のメイン処理について説明する。同図は、副制御部600のメイン処理のフローチャートである。
ステップS2001では、初期化処理が実行される。この初期化処理では、電源が遮断された場合の復旧処理、入出力ポートの初期設定、RAM内の記憶領域の初期化、データロード処理などを行う。また、副制御部500からのコマンドを受信できる状態にする。さらに、変数の初期化等、その他の初期化処理を行う。例えば、演出ユニット220の水平可動部材204に対しては、電源投入後の初期化処理において、原点復帰する移動制御を行った後、中央位置に移動して停止させる制御を行う。
ステップS2002では、コマンド格納エリアに少なくとも1つの制御コマンドが格納されているか否かを判定する。該当する場合はステップS2003へ進み、該当しない場合はS2002へ戻る。
ステップS2003では、コマンド格納エリアから制御コマンドを一つ取得し、取得した制御コマンドの判定を行う。なお、取得した制御コマンドはコマンド格納エリアから消去する。
ステップS2004では、取得した制御コマンド(副制御部500から受信した制御コマンド)が逆励磁制御中コマンドであるか否かを判定する。取得した制御コマンドが逆励磁制御中コマンドである場合には、ステップS2005に進み、取得した制御コマンドが逆励磁制御中コマンドでない場合には、ステップS2006に進む。
ステップS2005では、逆励磁フラグをONに設定する。ここで、逆励磁フラグは、駆動制御状態を逆励磁制御中に設定するか否かを判別するためのフラグであり、逆励磁フラグがONの場合には、駆動制御状態を逆励磁制御中に設定する。すなわち、主制御部300においてリール110〜112に連結されたステッピングモータ720を無励磁状態とする場合には、副制御部600において水平可動部材204に連結されたステッピングモータ244も無励磁状態とするものである。
ステップS2006では、取得した制御コマンド(副制御部500から受信した制御コマンド)が水平可動部材204を動作させる動作コマンドであるか否かを判定する。取得した制御コマンドが動作コマンドである場合には、ステップS2007に進み、取得した制御コマンドが動作コマンドでない場合には、ステップS2009に進む。
ステップS2007では、駆動制御状態を「加速制御中」に設定する。
ステップS2008では、水平可動部材204を動作させる動作データを更新する動作データ更新処理を行う。
ステップS2009では、副制御部400に送信する制御コマンドがあるか否かを判定する。副制御部400に送信する制御コマンドがある場合には、ステップS2010に進み、副制御部400に送信する制御コマンドがない場合には、ステップS2002に戻る。
ステップS2010では、副制御部400へ制御コマンドを送信する。
<副制御部600割込み処理>
次に、図35(b)を用いて、副制御部600のタイマ割込み処理について説明する。なお、同図は、副制御部600タイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。
ステップS2101では、副制御部500から受信した制御コマンドがあるか否かを判定する。副制御部500から受信した制御コマンドがある場合には、ステップS2102に進み、副制御部500から受信した制御コマンドがない場合には、副制御部600タイマ割込み処理を終了する。
ステップS2102では、副制御部500が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM613に設けたコマンド記憶領域に記憶する。
<インターバルタイマ割込み処理>
次に、図36を用いて、副制御部600のインターバルタイマ割込み処理について説明する。なお、同図は、副制御部600インターバルタイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。副制御部600は、所定の周期(本実施形態では、0.3msに1回)でインターバルタイマ割込み処理を実行する。
ステップS2201では、駆動制御状態が駆動制御中であるか否かを判定する。駆動制御状態が駆動制御中であるとは、具体的には、加速制御中、定速制御中、またはブレーキ制御中であることをいう。駆動制御状態が駆動制御中である場合には、ステップS2202に進み、駆動制御状態が駆動制御中でない場合には、ステップS2203に進む。
ステップS2202では、駆動制御状態に関する情報をもとに水平可動部材204の制御を判定する駆動制御判定処理を行う。駆動制御判定処理は、水平可動部材204の駆動制御を演出状態に合わせて順次切り替えていく処理である。具体的には、水平可動部材204を加速させる加速制御処理、一定速度を維持する定速処理、停止位置で停止状態を一定時間維持するブレーキ制御処理が順次行われる。
ステップS2203では、駆動制御状態が無励磁制御中であるか否かを判定する。駆動制御状態が無励磁制御中である場合には、インターバルタイマ割込み処理を終了し、駆動制御状態が無励磁制御中でない場合には、ステップS2204に進む。
ステップS2204では、停止中の水平可動部材204に対して逆励磁制御をした後、励磁を解除する駆動中停止中制御処理(詳しくは後述する)を行う。
ステップS2205では、上述したそれぞれの駆動制御状態に合った駆動制御データを取得する。具体的には、図18に示したように、駆動制御状態及び無励磁フラグに応じた駆動制御データを選択する。この結果、無励磁フラグがONである場合には、加速時の初期動作において、ステッピングモータ244を逆回転させない回転制御が可能となる。なお、無励磁フラグがONである場合には、無励磁フラグをOFFに変更する。
ステップS2206では、ステップS2205で取得した駆動制御データを設定する。
<駆動停止中制御処理>
図37は、図36のステップS2204の駆動停止中制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。
ステップS2301では、逆励磁フラグがONであるか否かを判定する。逆励磁フラグがONである場合には、ステップS2302に進み、逆励磁フラグがOFFである場合には、駆動停止中制御処理を終了する。
ステップS2302では、停止制御中の駆動制御状態を逆励磁制御中に変更して、設定する。
ステップS2303では、逆励磁カウンタを更新する。ここで、逆励磁カウンタとは、逆励磁制御を行う時間を測定するためのカウンタである。本実施形態では、具体的には、3割込時間の間、逆励磁制御を行うようになっている。
ステップS2304では、逆励磁カウンタの値が3より大きいか否かを判定する。逆励磁カウンタの値が3より大きい場合には、ステップS2305に進み、逆励磁カウンタの値が3以下の場合には、駆動停止中制御処理を終了する。
ステップS2305では、逆励磁制御処理が終了したので、逆励磁フラグをOFFに設定する。
ステップS2306では、逆励磁制御中の駆動制御状態を無励磁制御中に変更して、設定する。
ステップS2307では、駆動制御状態を無励磁制御中になったので、無励磁フラグをONに設定する。
以上述べたように、本実施形態のスロットマシン100によれば、リールを停止させるときには、ステッピングモータ720のロータ721を固定の2相(AB相)で停め、その後、無励磁とする場合には、まず、励磁再開時にロータ721が逆回転しない固定の一相(B相)で停止させた後に無励磁とするので、固定の2相(AB相)から励磁を再開する場合には、ロータ721の初期動作において逆回転した後に正規の回転方向に回転するようなことはない。
また、本実施形態のスロットマシン100によれば、同様に、水平可動部材204に接続されたモータ244に対しても、同様の制御を行うので、モータ244を無励磁としても、ロータの初期動作において逆回転することはない。
この結果、本実施形態によれば、消費電力を抑えつつ、遊技に関連して可動する可動部材の初期動作の見栄えを損なわない遊技台を提供することができる。
また、本実施形態においては、電断時においても、リール制御状態を逆励磁制御中にした後に無励磁とするので、設定変更がされた後(設定変更は電断して行う)の最初のリール回転時であっても、リールの初期動作から設定変更をしたことが把握されることはない。従来のスロットマシンでは、電源断時にリール制御状態が停止中であった場合には、電源投入時に直ちにリール制御状態を停止中とするよう、リールに励磁をかけることになるが、電源投入時に設定変更処理を行った場合には、リールの制御中情報もクリアされ、リールが実際に回転開始するまで、リールは無励磁状態となる。このことにより、リール回転時の励磁によりいずれかの励磁相に引き付けられ、それが、微動作が生じさせてしまう。よって、この微動作により、設定変更が行われたことが遊技者に察知されてしまう懸念点があった。すなわち、従来においては、設定変更を行うと、最初のリール回転時の初期動作においてリールが微小に逆回転するので、このことから遊技者は設定変更があったことを把握できたが、本実施形態においてはこのようなことは生じないという遊技台特有の格別な効果を奏している。
なお、本実施形態においては、リール110〜112及び水平可動部材204に連結されたステッピングモータを例に挙げて説明したが、これ以外の可動部材に連結されたステッピングモータに対して同様の制御をしてよいのは勿論である。例えば、垂直可動部材202に対して同様の制御を行ってもよい。
また、本実施形態においては、リール110〜112及び水平可動部材204に連結されたステッピングモータをバイポーラ型のステッピングモータとしたが、ユニポーラ型のステッピングモータとしてもよい。
また、本実施形態においては、ステッピングモータのロータを固定の2相(AB相)で停めるようにしたが、これに限定されず、固定の励磁相に停めなくてもよい。例えば、所定の1相(固定でない)に停止させるようにしてもよい。ただし、この場合には、停止させた励磁相を記憶しておき、無励磁後にロータを再励磁させるときは、記憶した励磁相を参照して、逆回転しないような励磁相から励磁を行うようする。これにより、本実施形態と同様の効果を奏することができる。
また、本実施形態においては、スロットマシンの遊技に関連して可動する可動部材に連結されたステッピングモータに対して本発明を適用したが、本発明はこれに限定されるものではなく、パチンコなど他の遊技台に用いられるステッピングモータにも適用可能である。
例えば、本発明に係る遊技台は、図38に示す、「所定の遊技領域に球を発射する発射装置と、発射装置から発射された球を入球可能に構成された入賞口と、入賞口に入球した球を検知する検知手段と、検知手段が球を検知した場合に球を払出す払出手段と、所定の図柄(識別情報)を変動表示する可変表示装置を備え、入賞口に遊技球が入って入賞することを契機として、可変表示装置が図柄を変動させた後に停止表示させて、遊技状態の推移を告知するようなパチンコ機1000」でもよい。
この場合には、パチンコ機1000の可動演出部材(例えば、リールを回転させることで図柄を変動表示させる回胴式の可変表示装置など)を駆動させるステッピングモータ、パチンコ球を発射する発射装置やパチンコ球を払い出す払出装置を駆動させるステッピングモータに本発明の励磁制御を適用してもよい。
以上、本発明の実施の形態について説明してきたが、いずれの形態も遊技機特有の格別な効果を奏している。本発明は、上述した実施の形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において、本発明の実施の形態に対して種々の変形や変更を施すことができ、そのような変形や変更を伴うものもまた、本発明の技術的範囲に含まれるものである。また、発明の実施の形態に記載された、作用及び効果は、本発明から生じる最も好適な作用及び効果を列挙したに過ぎず、本発明による作用及び効果は、本発明の実施の形態に記載されたものに限定されるものではない。
本発明の実施形態に係るスロットマシンの外観を示す斜視図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの図柄表示窓の表示領域と入賞ラインとの関係を示した図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリール回転装置の外観を示す分解斜視図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリール回転装置を構成するリール駆動ユニットの分解斜視図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの演出装置のカバー部材及び演出ユニットの斜視図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの主制御部を示すブロック図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの副制御部を示すブロック図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの副制御部を示すブロック図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの副制御部を示すブロック図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリールモータ制御回路の回路図の一例である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリールモータ制御回路の回路図の一例である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリールモータ制御回路の回路図の一例である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリールモータ制御回路の回路図の一例である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのモータドライバの具体的な回路図、及びモータ電流の電流レベルを示す表である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリールモータ制御回路の回路図の一例である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリールに接続されたステッピングモータを回転制御するための回転制御データ及びそのときの励磁相を示す表である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンのリールに関する回転制御データの遷移をリールの動作とともに示した図である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの水平可動部材を動作させるための駆動制御データの励磁パターンを示す表である。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの電源投入時に主制御部のCPUにて実行される電源投入処理の流れを示すフローチャートである。 図19のステップS108の遊技実行処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図20のステップS206のリール回転開始処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの主制御部のCPUにて実行されるタイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。 図22のステップS405のリール回転制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図23のステップS505のリール制御判定処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図24のステップS604の加速処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図24のステップS606の定速処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンにおける図柄番号カウンタと図柄間隔カウンタの関係を示す図である。 図24のステップS609の引込み制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図24のステップS608のブレーキ制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図23のステップS502のストップボタン受付処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図30のステップS1105の引込みカウンタ設定処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 図23のステップS507のリール停止中制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの副制御部400のメイン処理、コマンド入力処理、ストローブ割込み処理、及びタイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの副制御部500のメイン処理、及びタイマ割込み処理の流れを示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの副制御部600のメイン処理、及び割込み処理の流れを示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るスロットマシンの副制御部600のインターバルタイマ処理の流れを示すフローチャートである。 ステップS2204の駆動停止中制御処理の流れを詳しく示すフローチャートである。 本発明の実施形態に係るパチンコ機の外観を示す図である。

Claims (4)

  1. 複数種類の図柄が施された複数のリールと、
    前記複数のリールの各々に対応させて設けられた複数のステッピングモータであって、各ステッピングモータが、対応した前記リールが連結されるロータと、パルス状の励磁電流が供給される複数の相と、を有する前記複数のステッピングモータと、
    前記励磁電流を供給する相および該励磁電流の流れ方向を切替えて前記複数のステッピングモータの回転制御を行う回転制御手段と、
    2つの相に対し、前記励磁電流の流れ方向を切替えずに該励磁電流を供給する状態を維持して、前記複数のステッピングモータの停止制御を行う停止制御手段と、
    を備えた遊技台であって、
    前記複数のリールは、
    各リールの外周が同一寸法であるとともに、各リールの回転軸は同一となるように配置されており、
    前記停止制御は、各リールに施された図柄をリールの配置方向へ直線状に並ばせる停止制御であり、
    前記励磁電流の供給を停止させる所定の条件が成立したか否かを判定する判定手段と、
    前記判定手段により前記所定の条件が成立したと判定された場合に、前記停止制御において励磁電流が供給されている前記2つの相のうち、一方の相への励磁電流の供給を停止させたのち、他方の相への励磁電流の供給を停止させて、いずれの相にも励磁電流を供給させない無励磁制御を行う無励磁制御手段と、
    をさらに備え、
    前記回転制御手段は、
    前記無励磁制御の状態において前記複数のステッピングモータの回転制御を行う場合には、前記停止制御において励磁電流が供給されていた前記2つの相と同一の相、及び前記停止制御において供給された励磁電流の流れ方向と同一の流れ方向で、励磁電流を供給することを特徴とする遊技台。
  2. 前記回転制御手段は、前記複数のロータの初期の回転方向が予め定めた一方向となるように、前記複数のステッピングモータの回転制御を行い、
    前記一方の相への励磁電流の供給は、前記複数のロータの前記予め定めた一方向への回転を進める制御であり、前記他方の相への励磁電流の供給は、前記複数のロータの前記予め定めた一方向とは逆方向の回転を進める制御であることを特徴とする請求項1記載の遊技台。
  3. 前記停止制御手段により停止制御が行われている時間を計時する計時手段をさらに備え、
    前記判定手段は、
    前記計時手段により計時された時間が閾値以上であるか否かを判定し、前記計時手段により計時された時間が閾値以上である場合には、前記所定の条件が成立したと判定することを特徴とする請求項1または2記載の遊技台。
  4. 電源電圧の状況を監視する電源監視手段をさらに備え、
    前記判定手段は、
    前記電源監視手段により監視された電源電圧の状況が低電圧値である予め定めた閾値以下であるか否か判定し、前記電源監視手段により監視された電源電圧の状況が閾値以下である場合には、前記所定の条件が成立したと判定することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の遊技台。
JP2009123817A 2009-05-22 2009-05-22 遊技台 Active JP5066732B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009123817A JP5066732B2 (ja) 2009-05-22 2009-05-22 遊技台

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009123817A JP5066732B2 (ja) 2009-05-22 2009-05-22 遊技台

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010268985A JP2010268985A (ja) 2010-12-02
JP5066732B2 true JP5066732B2 (ja) 2012-11-07

Family

ID=43417523

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009123817A Active JP5066732B2 (ja) 2009-05-22 2009-05-22 遊技台

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5066732B2 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013022236A (ja) * 2011-07-21 2013-02-04 Fujishoji Co Ltd 遊技機
JP5932423B2 (ja) * 2012-03-23 2016-06-08 株式会社藤商事 遊技機
JP6199012B2 (ja) * 2012-06-19 2017-09-20 株式会社藤商事 遊技機
JP6595164B2 (ja) * 2014-09-18 2019-10-23 株式会社三共 スロットマシン
JP6281772B2 (ja) * 2015-07-31 2018-02-21 株式会社大都技研 遊技台
JP6275779B2 (ja) * 2016-07-05 2018-02-07 京楽産業.株式会社 遊技機
JP6173544B2 (ja) * 2016-08-23 2017-08-02 株式会社藤商事 遊技機
JP2017047313A (ja) * 2016-12-13 2017-03-09 株式会社ソフイア 遊技機

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4098451B2 (ja) * 2000-01-31 2008-06-11 アルゼ株式会社 遊技機
JP2003189691A (ja) * 2001-12-11 2003-07-04 Alps Electric Co Ltd ステップモータの駆動方法
JP2004194991A (ja) * 2002-12-19 2004-07-15 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP5019718B2 (ja) * 2005-04-08 2012-09-05 株式会社三共 スロットマシン

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010268985A (ja) 2010-12-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5256549B2 (ja) 遊技台
EP1477946B1 (en) Gaming machine
US7220181B2 (en) Gaming machine having transparent LCD in front of variable display device, the LCD having a light-guiding plate and a reflective plate
JP5314742B2 (ja) 遊技機
JP4783856B2 (ja) 遊技台
JP5066695B2 (ja) 遊技台
JP5176165B2 (ja) 遊技台試験システム
JP5256471B2 (ja) 遊技台
JP5637541B2 (ja) 遊技台
JP2004166823A (ja) 遊技機
US20040207154A1 (en) Gaming machine
US20040209668A1 (en) Gaming machine
US20040192445A1 (en) Gaming machine
JP2008099945A (ja) 遊技台
JP3531646B1 (ja) 遊技機
JP2006204681A (ja) 遊技台及びスロットマシン
JP2008220713A (ja) 遊技台
JP5376174B2 (ja) 遊技台
JP2006006711A (ja) 遊技機
JP6136212B2 (ja) 遊技機
JP2012120662A (ja) 遊技台
JP2009232926A (ja) 遊技台
JP2013022237A (ja) 遊技機
JP5021569B2 (ja) 遊技台
JP5722693B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120330

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120410

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120605

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120703

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120723

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150824

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5066732

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250