JP5046212B2 - Golf club head - Google Patents

Golf club head Download PDF

Info

Publication number
JP5046212B2
JP5046212B2 JP2008333596A JP2008333596A JP5046212B2 JP 5046212 B2 JP5046212 B2 JP 5046212B2 JP 2008333596 A JP2008333596 A JP 2008333596A JP 2008333596 A JP2008333596 A JP 2008333596A JP 5046212 B2 JP5046212 B2 JP 5046212B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
layer
adherend
s1
double
head
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008333596A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010154887A (en
Inventor
聖史 松永
Original Assignee
ダンロップスポーツ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ダンロップスポーツ株式会社 filed Critical ダンロップスポーツ株式会社
Priority to JP2008333596A priority Critical patent/JP5046212B2/en
Priority claimed from US12/559,105 external-priority patent/US8333667B2/en
Publication of JP2010154887A publication Critical patent/JP2010154887A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5046212B2 publication Critical patent/JP5046212B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、ゴルフクラブヘッドに関する。 The present invention relates to a golf club head.

ゴルフクラブヘッドに、ウェイト部材、振動吸収部材、バッチ等の被着体が装着されることがある。 The golf club head, the weight member, the vibration absorbing member, which may adherend batch or the like is mounted. この装着には、例えば、両面粘着テープが使用されている。 The mounting, for example, double-sided adhesive tape is used.

特許公報第2792642号には、フェイスのバック面に薄板が両面粘着テープによって貼り付けられたゴルフクラブヘッドが開示されている。 Patent Publication No. 2792642, lamellae golf club head attached by a double-sided adhesive tape is disclosed in the back surface of the face. この両面粘着テープは、テープ基材と、その両面に設けられた粘着層とを有する。 The double-sided adhesive tape has a tape base, and an adhesive layer provided on both sides thereof.
特許第2792642号公報 Patent No. 2792642 Publication

打球時には、ゴルフクラブヘッドに強い衝撃が作用する。 The time of hitting the ball, strong shock is applied to the golf club head. この衝撃により、被着体が剥がれることがある。 This impact, which may adherend peels off. この剥がれを防止することが要求されている。 It is required to prevent this peeling.

一方、被着体は、振動吸収効果を有しうる。 On the other hand, the adherend may have a vibration absorbing effect. 被着体により、打球時の不快な振動が抑制されうる。 The adherends, unpleasant vibration of hitting a ball can be suppressed.

打球時の強い衝撃により、ヘッド本体は変形しうる。 The strong impact of hitting, the head body may be deformed. 被着体の全体が薄い場合、被着体がヘッド本体の変形に追従しやすいため、被着体が剥がれにくい。 If the entire adherend is thin, and is easily adherend following the deformation of the head body, hardly peel off the adherend. しかし、被着体の全体が薄い場合、貼り付け作業の際に被着体が変形しやすい。 However, if the whole of the adherend is thin, the adherend is likely to be deformed at the time of pasting. よってこの場合、貼り付けの作業性や貼り付け強度が低下しやすい。 Therefore, in this case, workability and pasting the strength of the paste tends to decrease.

また、被着体の全体が薄い場合、振動吸収効果が低下しやすい。 Also, if the entire adherend is thin, vibration absorbing effect tends to decrease.

一方、被着体の全体が厚い場合、被着体がヘッド本体の変形に追従しにくい傾向となる。 On the other hand, if the whole of the adherend is thick, it tends to hardly adherend following the deformation of the head body. この場合、被着体の剥がれが起こりやすい。 In this case, prone to peeling of the adherend.

本発明の目的は、被着体が剥がれにくく且つ振動吸収効果が高いゴルフクラブヘッドの提供にある。 An object of the present invention, and the vibration absorbing effect hardly peeled off the adherend to provide a high golf club head.

本発明に係るゴルフクラブヘッドは、ヘッド本体と被着体とを備えている。 The golf club head according to the present invention is provided with a head main body and the adherend. 上記ヘッド本体は、フェース面と、このフェース面の後方に位置するバック面とを有している。 The head body has a face surface and a back surface located behind the face. 上記被着体は上記バック面に接着されている。 The adherend is bonded to the back surface. 上記被着体のヒール部における平均厚さがt1とされ、上記被着体のトウ部における平均厚さがt2とされるとき、上記厚さt2が上記厚さt1よりも小さい。 The average thickness of the heel portion of the adherend is a t1, when the average thickness of the toe portion of the adherend is a t2, the thickness t2 is smaller than the thickness t1.

好ましくは、上記厚さt1の、上記厚さt2に対する比(t1/t2)が、1.1以上5以下である。 Preferably, the thickness t1, the ratio with respect to the thickness t2 (t1 / t2) is 1.1 or more and 5 or less.

好ましくは、被着体s1の上記ヒール部における最大厚さがt1 maxとされ、被着体s1の上記ヒール部における最小厚さがt1 minとされ、被着体s1の上記トウ部の最大厚さがt2 maxとされ、被着体s1の上記トウ部の最小厚さがt2 minとされるとき、t1 maxがt2 max以上であり、t1 minがt2 min以上であり、且つ、t1がt2 max以上である。 Preferably, the maximum thickness of the t1 max in the heel portion of the adherend s1 is the minimum thickness at the heel portion of the adherend s1 is the t1 min, the maximum thickness of the toe portion of the adherend s1 is a saga t2 max, when the minimum thickness of the toe portion of the adherend s1 is a t2 min, t1 max is not less t2 max or more, t1 min is t2 min or more, and, t1 is t2 it is max or more.

好ましくは、両面粘着テープによって上記被着体が上記ヘッド本体に接着されている。 Preferably, the adherend is bonded to the head body by a double-sided adhesive tape. 好ましくは、上記両面粘着テープは、第一粘着層と、第二粘着層と、上記第一粘着層及び上記第二粘着層の間に設けられた中間層とを有している。 Preferably, the double-sided pressure-sensitive adhesive tape includes a first adhesive layer, a second adhesive layer, and an intermediate layer provided between the first adhesive layer and the second adhesive layer. 好ましくは、この中間層が繊維層を含む。 Preferably, the intermediate layer comprises a fibrous layer.

好ましくは、上記両面粘着テープの厚さが、0.1mm以上0.4mm以下である。 Preferably, the thickness of the double-sided adhesive tape is 0.1mm or more 0.4mm or less.

トウ部厚さt2がヒール部厚さt1よりも小さくされることにより、被着体の剥がれにくさと振動吸収効果とが両立されうる。 By toe portion thickness t2 is smaller than the heel portion thickness t1, it may be compatible and a peeling difficulty and vibration absorbing effect of the adherend.

以下、適宜図面が参照されつつ、好ましい実施形態に基づいて本発明が詳細に説明される。 Hereinafter, with appropriate references to the accompanying drawings, the present invention based on preferred embodiments are described in detail.

図1は、本発明の第一実施形態に係るゴルフクラブヘッド2をバック面側から見た図である。 Figure 1 is a view of the golf club head 2 according to a first embodiment of the present invention from the back side. 図2は、図1のII−II線に沿った断面図である。 Figure 2 is a cross-sectional view taken along line II-II of Figure 1. 図3は、図1のIII−III線に沿った断面図である。 Figure 3 is a cross-sectional view taken along line III-III in FIG. 図4は、図1のVI−VI線に沿った断面図である。 Figure 4 is a sectional view taken along line VI-VI in FIG. ヘッド2は、アイアン型のゴルフクラブヘッドである。 Head 2 is a golf club head of an iron type. ヘッド2は、ヘッド本体h1と、被着体s1と、両面粘着テープw1とを有する。 Head 2 includes a head body h1, and the adherend s1, and a double-sided adhesive tape w1. 被着体s1は、薄板状の部材である。 The adherend s1 is a thin plate-like member. 典型的な被着体s1は、バッジである。 Typical adherend s1 is a badge. 被着体s1の材質として、金属及び樹脂が例示される。 As the material of the adherend s1, metals and resins. 被着体s1の材質は、粘弾性材料であってもよい。 The material of the adherend s1 may be a viscoelastic material. 典型的には、被着体s1には、製品名等を示すロゴマークや文字が表示される。 Typically, the adherend s1, logos and characters indicating the product name, etc. are displayed. 図1等には、被着体s1の輪郭線s11が示されている。 FIG 1 etc., have been shown outline s11 of the adherend s1.

両面粘着テープw1は、被着体s1とヘッド本体h1との間に介在する。 Double-sided adhesive tape w1 is interposed between the adherend s1 and the head body h1. 両面粘着テープw1により、被着体s1が、ヘッド本体h1に接着されている。 The double-sided adhesive tape w1, adherend s1 is bonded to the head main body h1. 両面粘着テープw1の輪郭形状と被着体s1の輪郭形状とは、実質的に等しい。 The contour shape of the contour shape and the adherend s1 of the double-sided adhesive tape w1, substantially equal.

両面粘着テープw1の形状は限定されない。 The shape of the double-sided adhesive tape w1 is not limited. 両面粘着テープw1の幅及び長さは限定されない。 The width and length of the double-sided adhesive tape w1 is not limited. 両面粘着テープw1は、その両面が粘着性を有するシートである。 Double-sided adhesive tape w1, the duplex is a sheet having an adhesive property.

なお、図2及び図3では、両面粘着テープw1が単一の層として示されている。 In FIG. 2 and FIG. 3, the double-sided adhesive tape w1 is shown as a single layer. しかし、実際には、後述されるように、両面粘着テープw1は複数の層からなる。 However, in practice, as will be described later, the double-sided adhesive tape w1 is composed of a plurality of layers.

接着手段は、両面粘着テープw1に限定されない。 Adhesive means is not limited to the double-sided adhesive tape w1. 例えば、両面粘着テープw1に代えて、接着剤が用いられてもよい。 For example, instead of the double-sided adhesive tape w1, adhesive may be used.

ヘッド本体h1は、フェース面4を備えたフェース部13と、トップ面6と、ソール面8と、バック面10と、ホーゼル部12とを有する。 Head body h1 has a face portion 13 having a face surface 4, a top face 6, a sole surface 8, a back surface 10, and a hosel portion 12. フェース部13は、フェース面4を外面とする部分である。 Face portion 13 is a part that the face surface 4 and the outer surface. フェース部13は、中実である。 Face portion 13 is solid. バック面10には、凹部14(以下、主凹部ともいう)が設けられている。 The back surface 10, recess 14 (hereinafter, primary recess also called) has been provided. 主凹部14は、フェース面4の裏側に設けられている。 The main recess 14 is provided on the back side of the face surface 4. 主凹部14を有するヘッド2は、一般に、キャビティバックアイアンと称される。 Head 2 having a main recess 14, commonly referred to as cavity back iron. 主凹部14は、いわゆるキャビティバックを形成している。 The main recess 14 forms a so-called cavity back. 主凹部14により、フェース部が薄くされている。 The main recess 14, the face portion is thin. 主凹部14により、薄肉部(第一薄肉部)18が形成されている。 The main recess 14, the thin portion (first thin part) 18 is formed. 薄肉部18は、フェース部13の一部である。 The thin portion 18 is a part of the face portion 13. 薄肉部18は、中実である。 The thin portion 18 is solid. 被着体s1は、ヘッド2のバック面10に貼られている。 The adherend s1 is affixed to the back surface 10 of the head 2. 被着体s1は、薄肉部18のバック面に貼られている。 The adherend s1 is affixed to the back surface of the thin portion 18. 換言すれば、被着体s1は、凹部(主凹部)14の底面20に貼られている。 In other words, the adherend s1 is affixed to the bottom surface 20 of the recess (main recess) 14. 薄肉部18の前面は、フェース面4である。 Front of the thin portion 18 is a face surface 4. 薄肉部18のバック面は、主凹部14の底面20である。 Back surface of the thin portion 18 is a bottom 20 of the main recess 14.

図1及び図3が示すように、ヘッド2のスイートスポットSS1は、薄肉部18に位置している。 As shown in FIGS. 1 and 3, the sweet spot SS1 of the head 2 is located in the thin portion 18. このスイートスポットSS1は、ヘッド2の重心(図示されず)を通りフェース面4に対して垂直な線と、フェース面4との交点である。 The sweet spot SS1 is a line perpendicular to the street face surface 4 of the head 2 centroid (not shown), which is the point of intersection between the face surface 4.

耐久性の観点から、被着体s1の前方に位置するフェース部13の厚みd1は、1.5mm以上が好ましく、1.8mm以上がより好ましく、2.0mm以上がより好ましい。 From the viewpoint of durability, the thickness d1 of the face portion 13 positioned in front of the adherend s1 is preferably at least 1.5 mm, more preferably at least 1.8 mm, more preferably not less than 2.0 mm. 厚みd1が小さい場合、打球時におけるフェース部の振動が大きい。 When the thickness d1 is small, a large vibration of the face portion at the time of hitting the ball. 厚みd1が小さい場合、両面粘着テープが貼り付けられた部分に大きな衝撃力が作用する。 When the thickness d1 is small, a large impact force to the double-sided pressure-sensitive adhesive tape is stuck portion acts. よってこの場合、本発明の効果が顕在化しうる。 Therefore, in this case, the effect of the present invention may be actualized. この観点から、厚みd1は、3.0mm以下が好ましく、2.7mm以下がより好ましく、2.4mm以下がより好ましい。 In this respect, the thickness d1 is preferably 3.0mm or less, more preferably 2.7 mm or less, more preferably 2.4 mm.

なお、図示は省略されているが、フェース面4には、インパクトエリアマーキングが設けられる。 Incidentally, although not shown, the face surface 4, the impact area marking is provided. 典型的なインパクトエリアマーキングは、フェースライン(フェース溝)である。 Typical impact area marking a face line (face groove).

主凹部14の内部に、更に、凹部16が設けられている。 Inside the main recess 14, further recesses 16 are provided. 凹部(第二凹部)16は、主凹部(第一凹部)14の底面20に設けられている。 Recesses (Second recess) 16 is provided in the main bottom surface of the recess 20 of the (first recess) 14. 第二凹部16は、主凹部14と比較して、浅い。 The second recess 16, as compared with the main recess 14, shallow. 第二凹部16の深さは、両面粘着テープw1の厚さよりも大きい。 The depth of the second recess 16 is greater than the thickness of the double-sided adhesive tape w1. 第二凹部16は、両面粘着テープw1の全部を収容している。 The second recess 16 houses all of the double-sided adhesive tape w1. 第二凹部16の輪郭形状と被着体s1の輪郭形状とは、実質的に等しい。 The contour shape of the contour shape and the adherend s1 of the second recess 16, substantially equal.

第二凹部16により、フェース部13が更に薄くされている。 The second recess 16, the face portion 13 is thinner. 第二凹部16により、第二薄肉部22が形成されている。 The second recess 16, the second thin portion 22 is formed. 第二薄肉部22は、第一薄肉部18の一部である。 The second thin portion 22 is a portion of the first thin portion 18. 第二薄肉部22は、中実である。 The second thin portion 22 is solid. 被着体s1は、第二薄肉部22のバック面に貼られている。 The adherend s1 is affixed to the back surface of the second thin portion 22. ヘッド2のスイートスポットSS1は、第二薄肉部22に位置している。 Sweet spot SS1 of the head 2 is located in the second thin portion 22. 第二薄肉部22の前面は、フェース面4である。 Front surface of the second thin portion 22 is a face surface 4. 第二薄肉部22のバック面は、第二凹部16の底面24である。 Back surface of the second thin portion 22, a bottom 24 of the second recess 16. 底面24は、底面20の一部である。 The bottom 24 is a part of the bottom surface 20.

なお、第二凹部16は設けられなくてもよい。 Incidentally, the second recess 16 may not be provided. 例えば、主凹部14の底面20の全体が平面であってもよい。 For example, the entire bottom surface 20 of the main recess 14 may be planar. 本発明において、ヘッド本体h1の接着面の形状は限定されない。 In the present invention, the shape of the bonding surface of the head body h1 is not limited.

被着体s1は、全体として略板状である。 The adherend s1 is a substantially plate shape as a whole. 被着体s1は、接着面26と、厚肉部27と、薄肉部29と、段差31とを有する。 The adherend s1 has an adhesive surface 26, a thick portion 27, and the thin portion 29, and a stepped portion 31. 接着面26は、平面である。 Adhesive surface 26 is a plane. 厚肉部27の接着面は、接着面26の一部である。 Adhesive surface of the thick portion 27 is a portion of the adhesive surface 26. 薄肉部29の接着面は、接着面26の一部である。 Adhesive surface of the thin portion 29 is a portion of the adhesive surface 26.

厚肉部27の厚さは、薄肉部29の厚さよりも大きい。 The thickness of the thick portion 27 is greater than the thickness of the thin portion 29. この厚さの差異により、段差31が形成されている。 By this difference in thickness, the step 31 is formed. 段差31は、厚肉部27と薄肉部29との境界である。 Step 31 is the boundary between the thick portion 27 and the thin portion 29.

本発明では、以下の文言が定義される。 In the present invention, the following words are defined. また本発明では、上記被着体s1のヒール部における平均厚さt1と、被着体s1のトウ部における平均厚さt2とが定義される。 In the present invention, the average thickness t1 of the heel portion of the adherend s1, and the average thickness t2 of the toe portion of the adherend s1 is defined.

[基準状態] [Reference state]
基準状態とは、所定のライ角及びリアルロフト角でヘッドが水平面h上に載置された状態である。 The reference state is a state in which the head is placed on a horizontal plane h at a predetermined lie angle and real loft angle. より詳細には、基準状態とは、ヘッドのシャフト孔の中心軸線zを任意の垂直面VP1内に配し、且つ中心軸線zを水平面hに対してそのライ角で傾けるとともに、フェース面を垂直面VP1に対してそのリアルロフト角で傾けて、水平面hに接地させた状態である。 More specifically, the reference state, arranged central axis z of the shaft hole of the head in any vertical plane VP1, and a central axis z with tilted at its lie angle relative to the horizontal plane h, a vertical face plane tilt in the real loft angle to the plane VP1, is a state of being ground in a horizontal plane h. 垂直面VP1は、鉛直線に対して平行な平面である。 Vertical plane VP1 is a plane parallel to the vertical line.

[被着体s1の輪郭重心c1] [Contour centroid c1 of the adherend s1]
被着体s1の輪郭線s11をフェース面4に対して平行な平面(投影面)に投影して投影像Tz1を得る。 Obtaining a projection image Tz1 by projecting parallel contours s11 of the adherend s1 against the face surface 4 flat (projection surface). この投影は、フェース面4に対して垂直な方向になされる。 This projection is made in a direction perpendicular to the face surface 4. この投影面において、上記投影像Tz1の重心(図心)Gc1が決定される。 In the projection plane, the center of gravity of the projected image Tz1 (centroid) Gc 1 is determined. この重心(図心)Gc1を、被着体s1の裏面(接着面26)に投影した点が、輪郭重心c1と定義される(図1及び図4参照)。 The center of gravity (see FIGS. 1 and 4) to (centroid) Gc 1, point obtained through projection of the rear surface of the adherend s1 (adhesive surface 26), which is defined as the contour centroid c1. この投影は、フェース面4に対して垂直な方向になされる。 This projection is made in a direction perpendicular to the face surface 4.

ヘッド2では、輪郭重心c1は、接着面26の図心に等しい。 In the head 2, the contour centroid c1 is equal to the centroid of the adhesive surface 26.

[基準線Lc] [Reference line Lc]
上記輪郭重心c1を通り且つフェース面4に対して垂直な直線が、基準線Lcとされる(図4参照)。 Line vertical with respect to street and face surface 4 of the contour centroid c1 is taken as the reference line Lc (see FIG. 4).

[縦ライン] [Vertical line]
上記基準状態のヘッドにおいて、ヘッド重心(図示されず)を通り、上記水平面hに対して垂直であり、且つ上記垂直面VP1に対して垂直な平面が、垂直面TPと定義される。 In the head of the reference state, through the center of gravity (not shown), it is perpendicular to the horizontal plane h, and a plane perpendicular to the vertical plane VP1 is defined as a vertical plane TP. この垂直面TPとフェース面4との交線が、縦ライン(図示されず)と定義される。 Intersection line between the vertical plane TP and the face surface 4 is defined as the vertical line (not shown).

[境界平面P1] [Boundary plane P1]
上記輪郭重心c1を通り、上記基準線Lcを含み、且つ上記縦ラインに対して平行である平面が、境界平面P1と定義される。 As the contour centroid c1, includes the reference line Lc, and a plane that is parallel to the vertical line is defined as a boundary plane P1. 図1及び図4において、境界平面P1は、一本の直線(一点鎖線)で示されている。 1 and 4, the boundary plane P1 is shown by a single straight line (dashed line). この平面P1は、上記水平面hに対して垂直である。 The plane P1 is perpendicular to the horizontal plane h.

本実施形態では、段差31が、平面P1内にある。 In the present embodiment, the step 31 lies in the plane P1. 本発明では、この段差と上記平面P1との位置関係は限定されない。 In the present invention, the positional relationship between the step and the plane P1 is not limited.

[被着体s1のヒール部における平均厚さt1] Average thickness at the heel portion of the adherend s1 t1]
基準状態のヘッドにおいて、上記境界平面P1よりもヒール側の部分が、被着体s1のヒール部とされ、このヒール部の平均厚さが、厚さtlとされる。 In the head of the reference state, the heel-side portion than the boundary plane P1 is set to the heel portion of the adherend s1, the average thickness of the heel portion is the thickness tl.

[被着体s1のトウ部における平均厚さt2] Average thickness at the toe portion of the adherend s1 t2]
基準状態のヘッドにおいて、上記境界平面P1よりもトウ側の部分が、被着体s1のトウ部とされ、このトウ部の平均厚さが、厚さt2とされる。 In the head of the reference state, the toe-side portion than the boundary plane P1 is set to toe portion of the adherend s1, the average thickness of the toe portion is a thickness t2.

[トウ−ヒール方向] [Toe - heel direction]
上記基準状態のヘッドにおいて、上記VP1と上記水平面hとの交線に対して平行な方向が、トウ−ヒール方向とされる。 In the head of the reference state, a direction parallel to the intersection line between the VP1 and the horizontal plane h is the toe - are heel direction.

打撃による強い衝撃力により、フェース部13は変形する。 The strong impact force by striking the face portion 13 is deformed. 特に、キャビティバックアイアンの場合、フェース部13が薄いので、この変形が大きい傾向がある。 In particular, if the cavity back irons, since the face portion 13 is thin, there is a tendency this deformation is large.

被着体s1の全体が薄い場合、被着体s1がフェース部13の変形に追従しやすいため、被着体s1が剥がれにくい。 If the entire adherend s1 is thin, the adherend s1 is for easily follow the deformation of the face part 13, hardly peel off the adherend s1. しかし、被着体s1の全体が薄い場合、貼り付け作業の際に被着体s1が変形しやすい。 However, if the whole of the adherend s1 is thin, the adherend s1 is likely to be deformed at the time of pasting. よってこの場合、貼り付けの作業性が低下しやすい。 Therefore, in this case, the workability of the paste tends to decrease. また、テープw1が貼り付けられた状態の被着体s1が変形すると、テープw1に皺や破れが発生することがある。 Further, when the adherend s1 states tape w1 is stuck is deformed, it may wrinkle and tear occurs in the tape w1. この皺や破れは、接着強度を低下させる。 The wrinkles and tear reduces the bonding strength.

被着体s1は、打球時に発生する振動を吸収する効果を有しうる。 The adherend s1 can have an effect of absorbing the vibrations generated during hitting. 被着体s1の全体が薄い場合、この振動吸収効果が低下しやすい。 If the entire adherend s1 is thin, the vibration absorbing effect tends to decrease.

一方、被着体s1の全体が厚い場合、被着体s1がフェース部13の変形に追従しにくい。 On the other hand, if the whole of the adherend s1 is thick, hard adherend s1 is following the deformation of the face portion 13. この場合、被着体s1の剥がれが起こりやすい。 In this case, prone to peeling of the adherend s1.

本発明では、上記厚さt2が上記厚さt1よりも小さい。 In the present invention, the thickness t2 is smaller than the thickness t1. 即ち、被着体s1のヒール部の平均厚さが、被着体s1のトウ部の平均厚さよりも大きい。 That is, the average thickness of the heel portion of the adherend s1 is greater than the average thickness of the toe portion of the adherend s1. この構成により、打球時における剥がれにくさ及び貼り付け作業性に優れ、振動吸収効果に優れた被着体s1が得られうる。 This structure is excellent in peeling difficulty and paste workability in hitting can adherend s1 is obtained having excellent vibration absorbing effect.

t2<t1とされることにより、ヘッドの重心距離Dgが短くなる。 By being a t2 <t1, the centroid distance Dg of the head is shortened. 短い重心距離Dgに起因して、インパクト時にヘッドが返りやすい。 Due to the short distance to the center of gravity Dg, the head is returned easily at the time of impact. このヘッドの返りにより、フェースが開いた状態でインパクトされることが抑制される。 The return of the head, it is impact with the face opened is suppressed. このヘッドの返りにより、ボールがつかまりやすい。 The return of the head, the ball is easy to grab. 短い重心距離Dgにより、インパクトにおいてフェースがスクエアになりやすい。 By a short distance to the center of gravity Dg, the face is likely to be square at impact. 短い重心距離Dgにより、スライスが抑制される。 By a short distance to the center of gravity Dg, slices can be suppressed. このスライスの抑制により、大きな飛距離が得られうる。 The suppression of the slice, may large flight distance is obtained. ヘッドの重心距離Dgとは、シャフト軸線zとヘッド重心との距離(最短距離)である。 The centroid distance Dg of the head, the distance between the shaft axis z and the center of gravity of the head (the shortest distance).

打球時の振動が手に伝達されるときの順序は、以下の(1)から(6)の順であると考えられる。 Order in which the vibration at the time of hitting is transmitted to the hand is considered the following (1) and in the order of (6).
(1)ヘッドがボールに衝突し、衝突箇所(打点)が振動する。 (1) head collides with the ball, the collision point (dot) vibrates.
(2)打点の振動が、フェース部のヒール部に伝達される。 (2) vibration of the weld point is transmitted to the heel portion of the face portion.
(3)フェース部のヒール部の振動がホーゼル部に伝達される。 (3) the vibration of the heel portion of the face portion is transmitted to the hosel section.
(4)ホーゼル部の振動がシャフトに伝達される。 (4) vibration of the hosel portion is transmitted to the shaft.
(5)シャフトの振動がグリップに伝達される。 (5) Vibration of the shaft is transmitted to the grip.
(6)グリップの振動が手に伝達される。 (6) the vibration of the grip is transmitted to the hand.
本発明では、ヒール部の厚さt1がトウ部の厚さt2よりも大きいので、ヒール部側の振動が効果的に抑制される。 In the present invention, the thickness t1 of the heel portion is larger than the thickness t2 of the toe portion, the vibration of the heel side is effectively suppressed. よって、上記(2)における振動が効果的に抑制され、上記(3)により伝達される振動が減少しうる。 Therefore, the vibration in the above (2) is effectively suppressed, vibration transmitted by the (3) may be reduced. 即ち本発明では、振動の伝達経路であるヒール部の振動が抑制されうる。 That is, in the present invention, the vibration of the heel portion is a transfer path of the vibrations can be suppressed. したがって、本発明では、手に伝達される振動(ゴルファーが感じる振動)が効果的に抑制されうる。 Accordingly, in the present invention, vibration transmitted to the hand (golfer feels vibration) can be effectively suppressed.

上記の効果を高める観点から、比(t1/t2)は、1.1以上が好ましく、1.2以上がより好ましく、1.5以上がより好ましい。 From the viewpoint of enhancing the effect of the ratio (t1 / t2) is preferably at least 1.1, more preferably 1.2 or more, more preferably 1.5 or more. 厚さt1が過度に大きい場合、被着体s1の重量が過大となる。 If the thickness t1 is excessively large, the weight of the adherend s1 becomes excessive. また厚さt1が過度に大きい場合、被着体s1がヘッドの変形に追従しにくなり、被着体s1の剥がれが生じうる。 Further if the thickness t1 is too large, it difficulty to follow the deformation of the adherend s1 is the head can occur peeling of the adherend s1. 平均厚さt2が過度に小さい場合、貼り付け時の作業性が低下しうる。 If the average thickness t2 is excessively small, workability in paste may be reduced. また平均厚さt2が過度に小さい場合、振動吸収効果が低下しうる。 Also when the average thickness t2 is excessively small, the vibration absorbing effect may be reduced. これらの観点から、比(t1/t2)は、5以下が好ましく、3以下がより好ましい。 From these viewpoints, the ratio (t1 / t2) is preferably 5 or less, 3 or less is more preferable.

このように、相対的に薄い部分と厚い部分とを設けることにより、上記のような相乗効果が達成されうる。 Thus, by providing a relatively thin portion and a thick portion, a synergistic effect as described above can be achieved. この相乗効果を一層高める観点から、被着体s1の上記ヒール部における最大厚さがt1 maxとされ、被着体s1の上記ヒール部における最小厚さがt1 minとされ、被着体s1の上記トウ部の最大厚さがt2 maxとされ、被着体s1の上記トウ部の最小厚さがt2 minとされるとき、t1 maxがt2 max以上であり、t1 minがt2 min以上であり、且つ、t1がt2 max以上であるのが好ましい。 From the viewpoint of enhancing the synergistic effect further, the maximum thickness of the t1 max in the heel portion of the adherend s1, minimum thickness in the heel portion of the adherend s1 is the t1 min, the adherend s1 the maximum thickness of the toe portion is a t2 max, when the minimum thickness of the toe portion of the adherend s1 is a t2 min, t1 max is not less t2 max above, t1 min is located at t2 min or more and, t1 is is preferably at t2 max or more.

上記相乗効果をより一層高める観点から、以下の関係1、関係2,関係3又は関係4が成立しているのがより好ましい。 From the viewpoint of further enhancing the synergistic effects, the following relationship 1, relation 2, that relationship 3 or relationship 4 is established more preferable. さらに好ましくは、以下の関係2及び関係4が成立しているのがよい。 More preferably, it is preferable following relation 2 and related 4 is established. さらに好ましくは、以下の関係1、関係2,関係3及び関係4が成立しているのがよい。 More preferably, the following relationship 1, relation 2, it is preferable relationship 3 and related 4 is established. さらに好ましくは、下記の関係5が成立しているのがよい。 More preferably, it is preferable relationship 5 below is satisfied. さらに好ましくは、下記の関係6が成立しているのがよい。 And more preferably in relation 6 below is satisfied.
(関係1)t1 maxがt2 maxよりも大きい。 (Relationship 1) t1 max is greater than t2 max.
(関係2)t1 minがt2 minよりも大きい。 (Relationship 2) t1 min is greater than t2 min.
(関係3)t1がt2 maxよりも大きい。 (Relationship 3) t1 is greater than t2 max.
(関係4)t1 minがt2よりも大きい。 (Relationship 4) t1 min is greater than t2.
(関係5)t1 minがt2 max以上である。 Is (relation 5) t1 min is t2 max or more.
(関係6)t1 minがt2 maxより大きい。 (Relationship 6) t1 min is greater than t2 max.

上記実施形態では、被着体s1の厚さは厚肉部27と薄肉部29との2段階であるが、別の態様も可能である。 In the above embodiment, the thickness of the adherend s1 is 2 stage and the thick portion 27 and the thin portion 29, it is also possible aspect. 被着体s1の厚さは、3段階以上で変化していてもよい。 The thickness of the adherend s1 may be changed in three or more stages. また被着体s1は、その厚さが連続的に(徐々に)変化していく連続部分部を有していてもよい。 The adherend s1 may have its thickness continuously (gradually) continuous portion unit will change. 連続変化部を有する場合、この連続変化部の厚みは、ヘッドのヒール側にいくほど大きいのが好ましい。 If having a continuous varying portion, the thickness of the continuous varying portion is preferably larger toward the heel side of the head. この構成により、厚さt1及び厚さt2が好ましい範囲となりやすい。 This configuration tends to thickness t1 and the thickness t2 is preferably in the range. 被着体s1の全体が連続変化部であってもよい。 Entire adherend s1 may be a continuous varying portion. 段差31は、存在していなくてもよい。 Step 31, it may not be present.

図1及び図3が示すように、本実施形態では、被着体s1の存在領域が、スイートスポットSS1のバック面点SS2を含む。 As shown in FIGS. 1 and 3, in the present embodiment, the presence area of ​​the adherend s1 includes a back surface point SS2 sweet spot SS1. 換言すれば、ヘッド2の重心とスイートスポットSS1とを通る直線L1が、被着体s1に交わる。 In other words, the straight line L1 passing through the center of gravity and the sweet spot SS1 of the head 2, intersects the adherend s1. スイートスポットSS1は、ヘッド2の重心からフェース面4に下ろした垂線とフェース4との交点である。 Sweet spot SS1 is an intersection of the perpendicular line and the face 4 drawn from the center of gravity of the head 2 to face surface 4. バック面点SS2は、上記直線L1とヘッド本体h1のバック面10との交点である。 Back surface point SS2 is the intersection of the back face 10 of the straight line L1 and the head body h1. 図3において直線L1が一点鎖線で示されている。 The straight line L1 is shown by one-dot chain line in FIG. 3. 直線L1と被着体s1との交点は、接着面26に存在している。 Intersection of the straight line L1 and the adherend s1 is present on the adhesive surface 26. この構成により、スイートスポットSS1又はその近傍にて打撃したときの振動が効果的に吸収されうる。 This configuration, vibrations can be effectively absorbed when struck by the sweet spot SS1 or near.

本実施形態では、上記直線L1が、厚肉部27に交わる。 In the present embodiment, the straight line L1 is, intersects the thick portion 27. スイートスポットSS1が打点である場合、ボールの初速は大きい。 If the sweet spot SS1 is RBI, the initial velocity of the ball is big. ゴルファーは、スイートスポットSS1にボールを当てようとする。 Golfer, and Win the ball on the sweet spot SS1. 打点(ボールの当たる位置)が、スイートスポットSS1又はその近傍である確率は、高い。 RBI (position corresponding with the ball) is the probability a sweet spot SS1 or near, high. また、厚肉部27は、薄肉部29よりも、振動吸収効果に優れうる。 Further, the thick portion 27, than the thin portion 29 may excellent vibration absorbing effect. 打球により発生する振動を効果的に吸収する観点から、スイートスポットSS1とヘッド重心とを結ぶ直線L1は、厚肉部27と交わるのが好ましい。 From the viewpoint of effectively absorbing vibration generated by hitting, straight line L1 connecting the sweet spot SS1 and the center of gravity of the head is preferably intersects the thick portion 27. 上記直線L1は、厚さがt2 minである部分と交わらないのが好ましい。 The straight line L1 is preferably not intersect with a thickness of t2 min moiety. 上記直線L1は、厚さがt1 maxである部分と交わるのがより好ましい。 The straight line L1, the intersecting a thickness of t1 max moiety is more preferred.

図5は、第二実施形態に係るヘッド40をバック面側から見た図である。 Figure 5 is a view of the head 40 according to the second embodiment from the back side. 図6は、図5のVI−VI線に沿った断面図である。 Figure 6 is a sectional view taken along the line VI-VI of FIG. 図7は、図5のVII−VII線に沿った断面図である。 Figure 7 is a sectional view taken along line VII-VII in FIG. 被着体s1の肉厚分布を除き、このヘッド40は、前述したヘッド2と同じである。 Except for the thickness distribution of the adherend s1, the head 40 is the same as the head 2 described above. このヘッド40は、厚肉部42と薄肉部44とを有する。 The head 40 includes a thick portion 42 and the thin portion 44. 段差46は、厚肉部42と薄肉部44との境界である。 Step 46 is the boundary between the thick portion 42 and the thin portion 44. 段差46は、ヒール側へいくほど上側となるように傾斜している。 Step 46 is inclined such that the upper toward the heel side. このヘッド40では、重心距離Dgが短くされつつ、重心高さが低くされうる。 In the head 40, while the center of gravity distance Dg is smaller, the height of the center of gravity can be lowered. 本発明では、例えば、このヘッド40のような形態も可能である。 In the present invention, for example, forms such as the head 40 is also possible. 前述の通り、厚肉部42と薄肉部44との境界に関し、その形状及び位置は限定されない。 As described above relates to the boundary between the thick portion 42 and the thin portion 44, the shape and position are not limited. 前述の通り、厚肉部と薄肉部との境界の段差は存在しなくてもよい。 As described above, the step at the boundary between the thick portion and the thin portion may not be present.

図8は、両面粘着テープw1近傍の拡大断面図である。 Figure 8 is an enlarged sectional view of the vicinity double-sided adhesive tape w1. 両面粘着テープw1は、4層構造の両面粘着テープw10である。 Double-sided adhesive tape w1 is a double-sided adhesive tape w10 having a four-layer structure. この4層は、ヘッド本体h1側から順に、第一層30、第二層32、第三層34及び第四層36である。 The four layers, in order from the head main body h1 side, a first layer 30, second layer 32, a third layer 34 and fourth layer 36. 第一層30は、両面粘着テープw10の最内層である。 The first layer 30 is an innermost layer of the double-sided adhesive tape w10. 第一層30は、粘着層である。 The first layer 30 is an adhesive layer. 第一層30は、第一粘着層である。 The first layer 30 is a first pressure-sensitive layer. 第二層32及び第三層34は、中間層である。 Second layer 32 and third layer 34 is an intermediate layer. 第四層36は、粘着層である。 The fourth layer 36 is an adhesive layer. 第四層36は、両面粘着テープw10の最外層である。 The fourth layer 36 is an outermost layer of double-sided adhesive tape w10. 第四層36は、第二粘着層である。 The fourth layer 36 is a second adhesive layer. なお図8では、各層の境界は平面状に示されているが、この境界には、凹凸が存在していてもよい。 In FIG. 8, although each of the boundary is shown in planar, this boundary may be present irregularities. 特に、後述される不織布層と他の層との境界は、通常、凹凸状である。 In particular, the boundary between the nonwoven layer and the other layers to be described later is usually uneven. また、各層の境界は、曲面であってもよい。 Further, each layer boundary may be a curved surface.

第一粘着層30は、ヘッド本体h1のバック面10に接している。 The first adhesive layer 30 is in contact with the back surface 10 of the head body h1. 第二粘着層36は、被着体s1の接着面26に接している。 The second adhesive layer 36 is in contact with the adhesive surface 26 of the adherend s1.

第一層30及び第四層36は、粘着剤の層である。 The first layer 30 and fourth layer 36 is a layer of adhesive. この粘着剤は限定されない。 The adhesive is not limited. 粘着剤として、アクリル系粘着剤、エポキシ系粘着剤、ウレタン系粘着剤等が例示される。 As adhesives, acrylic adhesives, epoxy adhesives, urethane pressure-sensitive adhesives and the like.

第二層32は、樹脂層である。 The second layer 32 is a resin layer. 第二層32は、気泡を有さない樹脂層である。 The second layer 32 is a resin layer having no bubble. 第二層32は、未発砲の樹脂フィルムである。 The second layer 32 is a resin film of non-fire. 第二層32は、樹脂フォーム層ではない。 The second layer 32 is not a foam layer. 第二層32を形成する樹脂の種類は限定されない。 Kind of resin forming the second layer 32 is not limited. この樹脂層の基材樹脂として、アクリル系樹脂及びポリエステル系樹脂が例示され、好ましくは、アクリル系樹脂である。 As the base resin of the resin layer, it is exemplified acrylic resins and polyester resins, preferably, an acrylic resin.

気泡の存在により、樹脂層は、変形しやすくなる。 The presence of air bubbles, the resin layer is easily deformed. 耐久性及び接着強度の観点から、気泡を有さない樹脂層が好ましい。 From the viewpoint of durability and bonding strength, the resin layer preferably has no bubbles.

第三層34は、繊維層である。 The third layer 34 is a fibrous layer. 第三層34は、不織布層である。 The third layer 34 is a nonwoven layer. 図示されないが、不織布には、隙間が存在する。 Although not shown, the nonwoven fabric, there is a gap. この隙間には、隣接する粘着層36の一部が入り込んでいる。 The gap intrudes part of the adjacent adhesive layer 36. 不織布層34には、隙間が存在する。 The nonwoven fabric layer 34, there is a gap. 図示されないが、この隙間には、隣接する樹脂層32の一部が入り込んでいる。 Although not shown, this gap intrudes part of the adjacent resin layer 32. 図示されないが、不織布層34の隙間には、隣接する粘着層36の一部が入り込んでいる。 Although not shown, the gap between the nonwoven fabric layer 34 intrudes part of the adjacent adhesive layer 36.

なお、上記実施形態とは異なり、第二層32が繊維層とされ且つ第三層34が樹脂層とされてもよい。 Unlike the above embodiment, and the second layer 32 is a fibrous layer third layer 34 may be a resin layer.

不織布層34は、両面粘着テープw10の支持体として機能する。 Nonwoven layer 34 serves as a support of the double-sided adhesive tape w10. 不織布層34により、両面粘着テープw10を貼り付ける際に、皺が発生しにくい。 The nonwoven fabric layer 34, when pasting a double-sided adhesive tape w10, wrinkles are less likely to occur. 不織布層34は、接着面26とテープw1との間の気泡を抑制しうる。 Nonwoven layer 34 can suppress the air bubbles between the adhesive surface 26 and the tape w1.

繊維層の一例は、上述の通り、不織布層である。 An example of a fibrous layer, as described above, a nonwoven layer. ただし、繊維層は、不織布層に限定されない。 However, the fiber layer is not limited to the nonwoven layer. 繊維層は、繊維を含む層である。 Fiber layer is a layer comprising fibers. 繊維層は、繊維が引っ張り強度の向上に寄与している。 Fibrous layer contributes to the improvement of the fiber tensile strength. 繊維層は、皺の発生を抑制しうる。 Fibrous layer can suppress the generation of wrinkles. 繊維層は、気泡の発生を抑制しうる。 Fibrous layer can suppress the generation of bubbles.

被着体s1をヘッド本体h1に貼り付ける工程は、例えば、被着体s1に両面粘着テープw1を貼り付ける第一工程と、両面粘着テープw1が貼り付けられた被着体s1をヘッド本体h1に貼り付ける第二工程とを含む。 Step of attaching the adherend s1 to the head body h1 is, for example, a first step of attaching a double-sided adhesive tape w1 on the adherend s1, double-sided adhesive tape w1 is pasted to be the adherend s1 head body h1 and a second step of attaching to. この第一工程又は第二工程においてテープw1に皺が発生することがある。 The wrinkles in the tape w1 in the first step or the second step may occur. この皺は、接着強度を低下させる。 The wrinkles will reduce the bonding strength. 繊維層を有する両面粘着テープw1により、上記皺の発生が抑制される。 The double-sided adhesive tape w1 having a fiber layer, the occurrence of the wrinkles is suppressed.

好ましい繊維層として、例えば、次の(a)、(b)、(c)及び(d)が例示される。 Preferred fibrous layer, for example, the following (a), (b), is exemplified (c) and (d).
(a)織られている繊維を含む層(b)繊維が織られておらず、繊維同士か絡み合っている層(c)繊維が織られておらず、繊維同士が融着している層(d)繊維が織られておらず、繊維同士が接着剤により接着されている層 (A) woven the layer (b) fibers comprising the fibers are not woven, the layer (c) fibers are intertwined or fibers not woven, fibers are fused layers ( d) fibers are not woven, the layer fibers are bonded by adhesive

繊維層に含まれる繊維は限定されない。 Fiber contained in the fiber layer is not limited. この繊維として、合成繊維、天然繊維及び再生繊維が例示される。 As the fiber, synthetic fiber, natural fiber and regenerated fiber are exemplified. 合成繊維として、ビニロン繊維、ポリエステル繊維、ポリプロピレン繊維、ポリエチレン繊維、ナイロン繊維等が挙げられる。 As synthetic fibers, vinylon fibers, polyester fibers, polypropylene fibers, polyethylene fibers, nylon fibers, and the like. 天然繊維として、パルプの繊維、麻の繊維等が例示される。 As natural fibers, fibers of pulp, fibers such hemp are exemplified. 再生繊維として、レーヨンが例示される。 As regenerated fibers, rayon and the like. 気泡の抑制の観点からは、合成繊維が好ましい。 From the viewpoint of bubble suppression, synthetic fibers are preferred.

この繊維層として、織布、不織布及び紙が例示される。 As the fiber layer, a woven fabric, a nonwoven fabric and paper are exemplified. なお本願において、「紙」とは、和紙又は洋紙を意味する。 Note herein, a "paper" refers to paper or foreign paper. 本願において「不織布」は、上記紙を含まない概念と定義される。 "Nonwoven" as used herein is defined as the concept that does not contain the paper.

上記和紙の原料として、楮(コウゾ)、雁皮(ガンピ)及び三椏(ミツマタ)が例示される。 As a raw material of the paper, paper mulberry (mulberry), Ganpi (Ganpi) and mitsumata (Edgeworthia) are exemplified. 強度の観点から、この和紙における繊維長は、3mm以上が好ましく、5mm以上がより好ましく、10mm以上がより好ましく、15mm以上がより好ましい。 From the viewpoint of strength, fiber length in the paper it is preferably at least 3 mm, more preferably at least 5 mm, more preferably at least 10 mm, more preferably not less than 15 mm. 和紙における繊維長は、通常、25mm以下である。 Fiber length in the Japanese paper, usually is 25mm or less. 和紙は、手漉きであってもよいし、機械漉きであってもよい。 Japanese paper may be a hand-made, may be like a machine.

上記洋紙の原料は、広葉樹又は針葉樹である。 Material of the foreign paper is hardwood or softwood. 洋紙における繊維長は、通常、0.8mm以上であり、5mm未満である。 Fiber length in the foreign paper is usually at 0.8mm or more and less than 5 mm. 洋紙は、機械漉きにより得られる。 Paper can be obtained by a machine like.

不織布として、湿式不織布及び乾式不織布が例示される。 As nonwoven, wet-laid nonwoven fabric and dry nonwoven fabric are exemplified.

不織布の製造方法は限定されない。 The method for producing non-woven fabric is not limited. この不織布の製造方法として、サーマルボンド法、ケミカルボンド法、ニードルパンチ法、スパンレース法(水流絡合法)、ステッチボンド法及びスチームジェット法が例示される。 As a method for producing the nonwoven fabric, a thermal bond method, a chemical bonding method, a needle punch method, spunlace method (hydroentangling method), stitch bond method and steam jet method are exemplified. 繊維としてポリエステル繊維又はナイロン繊維が用いられる場合、生産性及び強度の観点から、サーマルボンド法により製造された不織布が好ましい。 If polyester fibers or nylon fibers are used as fibers, from the viewpoint of productivity and strength, nonwoven fabric produced by thermal bonding method is preferred.

皺又は気泡の発生を抑制する観点から、繊維層は、不織布又は和紙が好ましい。 From the viewpoint of suppressing the generation of wrinkles or bubbles, fiber layer, nonwoven fabric or paper are preferred. 振動吸収性の観点からは、不織布がより好ましい。 From the viewpoint of the vibration absorbing property, nonwoven fabric is more preferred.

図9は、変形例における両面粘着テープw1を示す拡大断面図である。 Figure 9 is an enlarged sectional view showing a double-sided adhesive tape w1 in the variation. 図示しないが、ヘッド本体h1及び被着体s1に関しては、上記ヘッド2と同じである。 Although not shown, with respect to the head body h1 and adherend s1, which is the same as the head 2. この変形例において、両面粘着テープw1は、5層構造の両面粘着テープw11である。 In this variation, double-sided adhesive tape w1 is a double-sided adhesive tape w11 of 5-layer structure.

この5層は、ヘッド本体h1側から順に、第一層50、第二層52、第三層54、第四層56及び第五層58である。 The five layers, in order from the head main body h1 side, a first layer 50, second layer 52, third layer 54, a fourth layer 56 and fifth layer 58. 第一層50は、両面粘着テープw11の最内層である。 The first layer 50 is an innermost layer of the double-sided adhesive tape w11. 第一層50は、粘着層である。 The first layer 50 is an adhesive layer. 第一層50は、第一粘着層である。 The first layer 50 is a first pressure-sensitive layer. 第二層52、第三層54及び第四層56は、中間層である。 The second layer 52, third layer 54 and fourth layer 56 is an intermediate layer. 第五層58は、粘着層である。 Fifth layer 58 is a pressure-sensitive adhesive layer. 第五層58は、両面粘着テープw11の最外層である。 Fifth layer 58 is the outermost layer of the double-sided adhesive tape w11. 第五層58は、第二粘着層である。 Fifth layer 58 is a second adhesive layer. なお図9では、各層の境界は平面状に示されているが、この境界には、凹凸が存在していてもよい。 In FIG. 9, although each layer of the boundary is shown in planar, this boundary may be present irregularities.

第一粘着層50は、ヘッド本体h1に接着している。 The first adhesive layer 50 are adhered to the head body h1. 第二粘着層58は、被着体s1に接着している。 The second adhesive layer 58 is bonded to the adherend s1. 両面粘着テープw11により、被着体s1がヘッド本体h1に接着されている。 The double-sided adhesive tape w11, adherend s1 is bonded to the head main body h1.

第一層50及び第五層58は、粘着剤の層である。 The first layer 50 and fifth layer 58 is a layer of adhesive. この粘着剤は限定されない。 The adhesive is not limited. 粘着剤として、アクリル系粘着剤、エポキシ系粘着剤、ウレタン系粘着剤等が例示される。 As adhesives, acrylic adhesives, epoxy adhesives, urethane pressure-sensitive adhesives and the like.

第二層52及び第四層56は、樹脂層である。 The second layer 52 and fourth layer 56 is a resin layer. 第二層52及び第四層56は、未発砲の樹脂フィルムである。 The second layer 52 and fourth layer 56 is a resin film of non-fire.

第三層54は、繊維層である。 The third layer 54 is a fibrous layer. 好ましくは、この繊維層は、不織布又和紙である。 Preferably, the fiber layer is a nonwoven Also Japanese paper.

図10は、他の変形例における両面粘着テープw1を示す拡大断面図である。 Figure 10 is an enlarged sectional view showing a double-sided adhesive tape w1 in another modification. 図示しないが、ヘッド本体h1及び被着体s1に関しては、上記ヘッド2と同じである。 Although not shown, with respect to the head body h1 and adherend s1, which is the same as the head 2. この変形例において、両面粘着テープw1は、三層構造の両面粘着テープw12である。 In this variation, double-sided adhesive tape w1 is a double-sided adhesive tape w12 having a three-layer structure.

この三層は、ヘッド本体h1側から順に、第一層70、第二層72及び第三層74である。 The three layers, in order from the head main body h1 side, a first layer 70, a second layer 72 and third layer 74. 第一層70は、両面粘着テープw12の最内層である。 The first layer 70, which is the innermost layer of the double-sided adhesive tape w12. 第一層70は、粘着層である。 The first layer 70, an adhesive layer. 第一層70は、第一粘着層である。 The first layer 70, a first adhesive layer. 第二層72は、中間層である。 The second layer 72 is an intermediate layer. 第三層74は、粘着層である。 The third layer 74 is an adhesive layer. 第三層74は、両面粘着テープw12の最外層である。 The third layer 74 is an outermost layer of double-sided adhesive tape w12. 第三層74は、第二粘着層である。 The third layer 74 is a second adhesive layer.

第一粘着層70は、ヘッド本体h1に接着している。 The first adhesive layer 70 are adhered to the head body h1. 第二粘着層74は、被着体s1に接着している。 The second adhesive layer 74 is bonded to the adherend s1. 両面粘着テープw12により、被着体s1がヘッド本体h1に接着されている。 The double-sided adhesive tape w12, adherend s1 is bonded to the head main body h1.

第二層72は、樹脂層である。 The second layer 72 is a resin layer. 第二層72は、未発砲の樹脂フィルムである。 The second layer 72 is a resin film of non-fire.

このように、本発明では、繊維層を有さない両面粘着テープw1も使用可能である。 Thus, in the present invention, the double-sided adhesive tape w1 having no fibrous layer can be used. しかし、上述の如く、好ましくは、繊維層を有する両面粘着テープw1がよい。 However, as described above, preferably, it is double-sided adhesive tape w1 having a fiber layer.

図11は、他の変形例における両面粘着テープw1を示す拡大断面図である。 Figure 11 is an enlarged sectional view showing a double-sided adhesive tape w1 in another modification. 図示しないが、ヘッド本体h1及び被着体s1に関しては、上記ヘッド2と同じである。 Although not shown, with respect to the head body h1 and adherend s1, which is the same as the head 2. この変形例において、両面粘着テープw1は、三層構造の両面粘着テープw13である。 In this variation, double-sided adhesive tape w1 is a double-sided adhesive tape w13 having a three-layer structure.

この三層は、ヘッド本体h1側から順に、第一層90、第二層92及び第三層94である。 The three layers, in order from the head main body h1 side, a first layer 90, a second layer 92 and third layer 94. 第一層90は、両面粘着テープw13の最内層である。 The first layer 90 is an innermost layer of the double-sided adhesive tape w13. 第一層90は、粘着層である。 The first layer 90 is an adhesive layer. 第一層90は、第一粘着層である。 The first layer 90 is a first pressure-sensitive layer. 第二層92は、中間層である。 The second layer 92 is an intermediate layer. 第三層94は、粘着層である。 The third layer 94 is an adhesive layer.

第一粘着層90は、ヘッド本体h1に接着している。 The first adhesive layer 90 is bonded to the head main body h1. 第二粘着層94は、被着体s1に接着している。 The second adhesive layer 94 is bonded to the adherend s1. 両面粘着テープw11により、被着体s1がヘッド本体h1に接着されている。 The double-sided adhesive tape w11, adherend s1 is bonded to the head main body h1.

第一層90及び第三層94は、粘着剤の層である。 The first layer 90 and third layer 94 is a layer of adhesive. 第二層92は、繊維層である。 The second layer 92 is a fibrous layer. 好ましい繊維層は、不織布又は和紙である。 Preferred fibrous layer is a nonwoven fabric or paper. 本発明では、このような三層構造の両面粘着テープw1も好適に用いられうる。 In the present invention, it may suitably be used also double-sided adhesive tape w1 of such a three-layer structure.

本発明では、被着体s1の厚さが均一ではない。 In the present invention, is not uniform thickness of the adherend s1. 被着体s1には薄い部分と厚い部分とが混在する。 And a thin portion and a thick portion are mixed on the adherend s1. この混在に起因して、両面粘着テープをヘッド本体に貼り付ける際に、浮き(隙間)が生じやすい。 Due to this mix, when pasting a double-sided adhesive tape to the head main body, float (gaps) tend to occur. この浮き等に起因して、両面粘着テープに皺が発生することがある。 Due to this floating like, may creasing of double-sided adhesive tape. この皺は、接着強度を低下させる。 The wrinkles will reduce the bonding strength. 中間層に繊維層を有する両面粘着テープが用いられる場合、この皺の発生が抑制される。 If double-sided adhesive tape having a fibrous layer to the intermediate layer is used, the occurrence of the wrinkles is suppressed.

図8等において両矢印A1で示されるのは、両面粘着テープw1の厚さである。 8 such as it is shown by a double-pointed arrow A1, the thickness of the double-sided adhesive tape w1. 過度に薄い両面粘着テープw1の場合、両面粘着テープw1の剛性が不足し、皺や気泡が発生しやすい。 In the case of excessively thin double-sided adhesive tape w1, insufficient rigidity of the double-sided pressure-sensitive adhesive tape w1, wrinkles and bubbles are likely to occur. 皺及び気泡の発生を抑制する観点から、厚さA1は、0.1mm以上が好ましく、0.2mm以上がより好ましい。 From the viewpoint of suppressing the occurrence of wrinkles and bubbles, the thickness A1 is preferably at least 0.1 mm, more preferably not less than 0.2 mm. 厚さA1が過大である場合、両面粘着テープw1が変形量が大きくなりうる。 If the thickness A1 is excessive, double-sided adhesive tape w1 is the deformation may become large. よって、打球時の振動に伴う被着体s1の移動距離(振幅)が大きくなりうる。 Accordingly, the moving distance of the adherend s1 due to the vibration of hitting (amplitude) can be increased. この場合、被着体s1の剥がれが発生しやすい。 In this case, peeling is likely to occur of the adherend s1. この観点から、厚さA1は、0.4mm以下が好ましく、0.3mm以下がより好ましい。 In this respect, the thickness A1 is preferably 0.4mm or less, more preferably 0.3 mm. このように薄くされた場合であっても、中間層に繊維層が設けられることにより、皺の発生が効果的に抑制される。 Even when the thus thinned, by the fiber layer is provided on the intermediate layer, occurrence of wrinkles can be effectively suppressed.

被着体s1は、フェース面4のバック面10に配置される。 The adherend s1 is disposed on the back surface 10 of the face surface 4. 両面粘着テープw1は、フェース面4のバック面と被着体s1との間に配置される。 Double-sided adhesive tape w1 is disposed between the back surface and the adherend s1 of the face surface 4. フェース面4には、ボールが直接衝突する。 The face surface 4, balls collide directly. ボールの打撃によって、フェース面4には、大きな衝撃力が作用する。 By hitting the ball on the face surface 4, a large impact force acts. よって、両面粘着テープw1がフェース面4のバック面10に配置された場合に、振動吸収効果が顕著に発揮される。 Therefore, when the double-sided adhesive tape w1 is disposed on the back surface 10 of the face surface 4, the vibration absorbing effect is remarkably exhibited.

上記ヘッド2及びヘッド40では、フェース面4と両面粘着テープw1との間のヘッド本体h1は、中実である。 In the head 2 and the head 40, the head body h1 between the face surface 4 and the double-sided adhesive tape w1 is solid. 中実である場合、フェース面4の衝撃が両面粘着テープw1に伝達されやすい。 If it is solid, easy impact face surface 4 is transmitted to the double-sided adhesive tape w1. よってこの場合、振動吸収効果が顕著に発揮される。 Therefore, in this case, the vibration absorbing effect is remarkably exhibited. この観点から、フェース面4と両面粘着テープw1との間のヘッド本体h1は中実であるのが好ましい。 In this respect, the head body h1 between the face surface 4 and the double-sided adhesive tape w1 is preferably a solid.

粘着層の材質は限定されない。 The material of the adhesive layer is not limited. 被着体s1がヘッドの外面に取り付けられる場合、両面粘着テープw1が被着体s1の外縁からはみ出すことがある。 If adherend s1 is attached to the outer surface of the head, may be double-sided adhesive tape w1 protrudes from the outer edge of the adherend s1. はみ出した両面粘着テープw1は、外部に露出する。 Double-sided adhesive tape w1 protruding is exposed to the outside. はみだした両面粘着テープw1は、視認されうる。 Double-sided adhesive tape w1 protruding may be visually recognized. はみ出した両面粘着テープw1は、目立たないのが好ましい。 Double-sided adhesive tape w1 protruding is preferably inconspicuous. 露出される場合を考慮すると、粘着層は、透明性と耐候性とを備えるのが好ましい。 Considering the case where it is exposed, the adhesive layer preferably comprises a transparency and weather resistance. この観点から、粘着層の材質は、アクリル系粘着剤であるのが好ましい。 In this respect, the material of the adhesive layer is preferably an acrylic adhesive.

気泡を有さない樹脂層の材質は限定されない。 The material of the resin layer having no bubble is not limited. 前述の如く、両面粘着テープw1は外部に露出されうる。 As previously described, the double-sided adhesive tape w1 may be exposed to the outside. 露出される場合を考慮すると、気泡を有さない樹脂層は、透明性と耐候性とを備えるのが好ましい。 Considering the case where it is exposed, a resin layer having no bubble is preferably provided with transparency and weather resistance. この観点から、気泡を有さない樹脂層の基材樹脂は、アクリル系樹脂であるのが好ましい。 In this respect, the base resin of the resin layer having no bubble is preferably an acrylic resin.

繊維層が不織布層である場合、この不織布層を構成する不織布の材質は限定されない。 When the fiber layer is a nonwoven layer, the material of the nonwoven fabric constituting the nonwoven fabric layer is not limited. この不織布の材質として、天然繊維、合成繊維及び再生繊維が例示される。 As the material of the nonwoven fabric, natural fibers, synthetic fibers and regenerated fibers are exemplified. 合成繊維として、ビニロン、ポリエステル、ポリプロピレン、ポリエチレン及びナイロンが例示される。 As synthetic fibers, vinylon, polyester, polypropylene, polyethylene and nylon are exemplified. 天然繊維として、麻が例示される。 As natural fibers, hemp, and the like. 再生繊維として、レーヨンが例示される。 As regenerated fibers, rayon and the like. 耐候性及び強度の観点から、合成繊維が好ましく、ポリエステル及びナイロンがより好ましい。 From the viewpoint of weather resistance and strength, synthetic fibers are preferred, polyesters and nylons are preferred.

本発明に用いられうる両面粘着テープの具体例として、商品名「Y−4625」、商品名「VHX−802」、商品名「Y−9448HK」、商品名「4393」、商品名「Y−9448HK」、商品名「Y−9448HKB」及び商品名「Y−9448SK」が挙げられる。 Specific examples of the double-sided adhesive tape that can be used in the present invention, trade name "Y-4625", trade name "VHX-802", trade name "Y-9448HK", trade name "4393", trade name "Y-9448HK ", it includes the trade name" Y-9448HKB "and trade name" Y-9448SK ". これらは全て、住友スリーエム社製である。 All of which are manufactured by Sumitomo 3M Limited.

被着体s1の材質は限定されない。 The material of the adherend s1 is not limited. 被着体s1の材質として、金属、樹脂、粘弾性材料等が挙げられる。 As the material of the adherend s1, metal, resin, or the like viscoelastic materials. 複数の材質が組み合わされてもよい。 Multiple materials may be combined.

ヘッド本体h1の材質は限定されない。 The material of the head body h1 is not limited. ヘッド本体h1の材質として、軟鉄(炭素含有率が0.3wt%未満の低炭素鋼)、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)、マルエージング鋼、ステンレス鋼、チタン合金、アルミニウム合金及びマグネシウム合金が例示される。 As the material of the head body h1, soft iron (low carbon steel carbon content is less than 0.3 wt%), CFRP (carbon fiber reinforced plastics), maraging steel, stainless steel, titanium alloys, aluminum alloys and magnesium alloys are exemplified that. ヘッド本体h1は、その全体が一体成形されていてもよいし、複数の部材が接合されていてもよい。 Head body h1 is to its entirety may be integrally molded, the plurality of members may be joined. 例えば、板状のフェース部材とフェース開口部材とが組み合わされてなるヘッド本体であってもよい。 For example, it may be a head body formed by combining the plate-like face member and the face opening member. この場合、フェース部材としてはチタン合金が好適であり、フェース開口部材としてはステンレス鋼が好適である。 In this case, the face member is preferably titanium alloy, as the face opening member is suitable stainless steel. ヘッド本体又はその部品の成形方法として、鍛造及び鋳造が例示される。 As the head body or molding process of the part, forging and casting are exemplified.

フェース部13の材質は限定されない。 Material of the face portion 13 is not limited. フェース部13の材質として、軟鉄(炭素含有率が0.3wt%未満の低炭素鋼)、ステンレス鋼、チタン合金、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)、マルエージング鋼、アルミニウム合金及びマグネシウム合金が例示される。 As material of the face portion 13, soft iron (low carbon steel carbon content is less than 0.3 wt%), stainless steel, titanium alloy, CFRP (carbon fiber reinforced plastic), maraging steel, aluminum alloy and magnesium alloy are exemplified that.

被着体s1と両面粘着テープw1とは、複合体を形成する。 The adherend s1 and double-sided adhesive tape w1, to form a complex. この複合体は、振動吸収効果を発揮しうる。 This complex, capable of exhibiting vibration absorption effect. 両面粘着テープw1の重量が小さすぎると、この複合体の振動吸収効果が減少する。 If the weight of the double-sided adhesive tape w1 is too small, the vibration absorbing effect of the composite is reduced. この観点から、両面粘着テープw1の重量は、0.1g以上が好ましく、0.2g以上がより好ましい。 From this viewpoint, the weight of the double-sided adhesive tape w1 is preferably at least 0.1 g, more 0.2g is more preferable. 軽量化の観点から、両面粘着テープw1の重量は、2g以下が好ましく、1g以下がより好ましい。 From the viewpoint of weight reduction, the weight of the double-sided adhesive tape w1 is preferably 2g or less, more preferably 1g.

振動吸収性及び打球感の観点及び短い重心距離Dgを達成する観点から、厚さt1は、0.5mm以上が好ましく、0.8mm以上がより好ましく、1.1mm以上がより好ましい。 From the viewpoint of achieving the aspects and short distance to the center of gravity Dg of vibration absorption and shot feeling, the thickness t1 is preferably equal to or greater than 0.5 mm, more preferably at least 0.8 mm, more preferably not less than 1.1 mm. ヘッド本体の変形に対する追従性を高めて剥がれを抑制する観点から、厚さt1は、2.5mm以下が好ましく、2.2mm以下がより好ましく、1.9mm以下がより好ましい。 From the viewpoint of suppressing peeling to enhance the followability to deformation of the head body, the thickness t1 is preferably 2.5mm or less, more preferably less 2.2 mm, more preferably at most 1.9 mm.

振動吸収性及び打球感の観点から、厚さt2は、0.2mm以上が好ましく、0.3mm以上がより好ましく、0.5以上がより好ましい。 In view of vibration absorption and shot feeling, the thickness t2 is preferably more than 0.2 mm, more preferably at least 0.3 mm, more preferably 0.5 or more. 短い重心距離Dgを達成する観点から、厚さt2は、1.5mm以下が好ましく、1.2mm以下がより好ましく、0.9mm以下がより好ましい。 From the viewpoint of achieving a short distance to the center of gravity Dg, the thickness t2 is preferably 1.5mm or less, more preferably 1.2 mm or less, more preferably 0.9 mm.

被着体s1の上記投影像Tz1の面積Stは限定されない。 Area St of the projected image Tz1 of the adherend s1 is not limited. 打点がばらついた場合の振動吸収性を高める観点から、面積Stは、800mm 以上が好ましく、1000mm 以上がより好ましく、1200mm 以上がより好ましい。 In view of enhancing the vibration absorption when hitting point varies, area St is preferably 800 mm 2 or more, 1000 mm 2 or more, more preferably, 1200 mm 2 or more is more preferable. 面積Stが広すぎる場合、被着体s1がヘッド本体の変形に追従しにくくなり、剥がれが発生しやすい。 If area St is too large, it becomes difficult adherend s1 is following the deformation of the head body, peeling is likely to occur. この観点から、面積Stは、1900mm 以下が好ましく、1800mm 以下がより好ましく、1700mm 以下がより好ましい。 From this viewpoint, the area St is preferably 1900 mm 2 or less, more preferably 1800 mm 2 or less, 1700 mm 2 or less being more preferred.

ヘッドの重心距離Dgは限定されない。 The center of gravity distance Dg of the head is not limited. スライスを抑制する観点から、重心距離Dgは、45mm以下が好ましく、43mm以下がより好ましく、41mm以下がより好ましい。 From the viewpoint of suppressing slice, centroid distance Dg is preferably 45mm or less, more preferably 43 mm or less, more preferably 41mm. フックを抑制する観点から、重心距離Dgは、25mm以上が好ましく、30mm以上がより好ましく、35mm以上がより好ましい。 From the viewpoint of suppressing a hook, centroid distance Dg is preferably at least 25 mm, more preferably at least 30 mm, more 35mm is more preferable.

以下、実施例によって本発明の効果が明らかにされるが、この実施例の記載に基づいて本発明が限定的に解釈されるべきではない。 Following will show the effects of the examples the present invention, the present invention should not be construed to be restrictive based on the description of the examples.

[実施例1] [Example 1]
図1、図2、図3及び図4に示される形状を有するヘッドを作成した。 1, FIG. 2 to prepare a head having a shape shown in FIGS. ただし、ヘッド本体は、フェース開口部材と、板状のフェース部材とを接合して形成された。 However, the head body has a face opening member, formed by joining a plate-like face member. この接合は、圧入及びかしめによりなされた。 This junction was made by press-fitting and caulking. フェース開口部材の材質は、SUS630ステンレス鋼とされた。 Material of the face opening member was a SUS630 stainless steel. フェース部材の材質は、6−4チタン(Ti−6Al−4V)とされた。 The material of the face member was a 6-4 titanium (Ti-6Al-4V). フェース開口部材は、ロストワックス精密鋳造により製造された。 Face opening member was produced by a lost wax precision casting. フェース部材は、板材を打ち抜きし、更にNC加工を施して得た。 Face member, and punching a plate material, obtained by further subjecting the NC machining. フェース開口部材の重量は、175gであった。 Weight of the face opening member was 175 g. フェース部材の重量は、75gであった。 The weight of the face member was 75 g. 被着体s1として、バッチが用いられた。 As the adherend s1, batch were used. バッジの材質はSUS304ステンレス鋼であり、バッジの重量は4.5gであった。 The material of the badge are SUS304 stainless steel, the weight of the badge was 4.5 g. 両面粘着テープとして、住友スリーエム社製の商品名「Y−4625」が用いられた。 As double-sided adhesive tape, manufactured by Sumitomo 3M Ltd. under the trade name of "Y-4625" was used. バッチと同じ形状にされた両面粘着テープをバッチに貼り付けた後、このバッチをヘッド本体に貼り付けた。 After pasting a double-sided adhesive tape, which is the same shape as the batch to the batch and paste this batch to the head body. その後、バッチをヘッド本体に対して10秒間押圧して、バッチ付きのヘッドを得た。 Then, by pressing 10 seconds batches to the head main body, to obtain a batch with a head. この「Y−4625」の厚さは、0.25mmであった。 The thickness of the "Y-4625" was 0.25mm. このヘッドは、5番アイアンであった。 The head was a 5-iron. このヘッドを、CFRP製のシャフトの先端部に取り付けた。 The head was attached to the tip portion of the CFRP shaft. シャフトとして、SRIスポーツ株式会社製の商品名「MP−400」が用いられた。 As shaft, trade name of SRI Sports Ltd. "MP-400" was used. このシャフトの後端部にグリップを装着して、実施例1に係るゴルフクラブを得た。 Wearing the grip to the rear end of the shaft to obtain a golf club according to a first embodiment. この「Y−4625」は、5層構造である。 The "Y-4625" is a five-layer structure. この5層は、最内層から順に、アクリル系粘着層、気泡を有さないアクリル系樹脂層、不織布層、気泡を有さないアクリル系樹脂層及びアクリル系粘着層である。 The five layers, in order from the innermost layer, an acrylic adhesive layer, an acrylic resin layer having no bubble, nonwoven layer, an acrylic resin layer and an acrylic pressure-sensitive adhesive layer having no bubble.

実施例1において、厚さt1は1.1mmとされ、厚さt2は0.9mmとされた。 In Example 1, the thickness t1 is a 1.1 mm, the thickness t2 was set to 0.9 mm. また、厚肉部の厚みは1.1mmで一定とされ、薄肉部の厚みは0.9mmで一定とされた。 Further, the thick portion of the thickness is constant at 1.1 mm, the thickness of the thin portion has been fixed at 0.9 mm. この実施例1の仕様と評価結果が下記の表1に示される。 Specifications and evaluation results of Example 1 are shown in Table 1 below.

[実施例2及び3] [Examples 2 and 3]
厚肉部及び薄肉部の厚みが変更され、厚さt1及び厚さt2が表1に示される通りとされた他は実施例1と同様にして、各例のゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブを得た。 It changed the thickness of the thick portion and the thin portion, in addition to the thickness t1 and the thickness t2 is as shown in Table 1 in the same manner as in Example 1, to obtain a golf club head and golf club of each example It was. これらの例の仕様と評価結果が下記の表1に示される。 Specifications and evaluation results of these examples are shown in Table 1 below.

[比較例1] [Comparative Example 1]
バッチの厚さがバッチ全体に亘って一定(0.5mm)とされた他は実施例1と同様にして、比較例1のゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブを得た。 Except that the thickness of the batch is constant over the entire batch (0.5 mm) in the same manner as in Example 1 to obtain a golf club head and a golf club in Comparative Example 1. この比較例1の仕様と評価結果が下記の表1に示される。 Specifications and evaluation results of Comparative Example 1 are shown in Table 1 below.

[比較例2及び3] [Comparative Examples 2 and 3]
バッチの厚さ(バッチ全体に亘って一定である厚さ)が表1に示される通りとされた他は比較例1と同様にして、比較例2及び3のゴルフクラブヘッド及びゴルフクラブを得た。 Except that the thickness of the batch (the thickness is constant over the entire batch) is as shown in Table 1 in the same manner as in Comparative Example 1, to obtain a golf club head and golf club of Comparative Examples 2 and 3 It was. これらの仕様と評価結果が下記の表1に示される。 The evaluation results with these specifications are shown in Table 1 below.

[耐久性の評価] [Evaluation of Durability]
ミヤマエ社製のスイングロボットにクラブを取り付け、ヘッドスピードを54m/sに設定して、ゴルフボールを打撃させた。 Attach the club to Miyamae Co., Ltd. of the swing robot, and set the head speed of 54m / s, I was hitting the golf ball. ゴルフボールとして、SRIスポーツ社製の商品名「XXIO XD」が用いられた。 As a golf ball, SRI Sports Co., Ltd. under the trade name "XXIO XD" was used. 500回の打撃毎にヘッドの状態を目視により観察し、バッジの接合面の状態を確認した。 Was visually observed the state of the head every 500 strokes, to confirm the state of the bonding surface of the badge. 剥離が確認された時点で、打撃を終了した。 At the time of peeling it is confirmed to complete the blow. 5000回の打撃で、評価を終了した。 In 5000 strokes to complete the evaluation. この評価結果が下記の表1に示される。 The evaluation results are shown in Table 1 below. 比較例3を除き、耐久性は良好であった。 Except for Comparative Example 3, durability was good.

[フィーリング] [Feeling]
10名のテスターが打撃し、打球時の衝撃について評価した。 10 people testers hit, were evaluated for impact at the time of hitting. 下記の基準で5段階評価がなされた。 5-stage evaluation was made on the basis of the following criteria. この評価では、比較例2が基準とされた。 In this evaluation, comparative example 2 is a reference. 点数が高いほど、評価が高い。 The higher the score, the evaluation is high. 10名の点数の平均値が、下記の表1に示される。 The average value of ten points are shown in Table 1 below.
5点・・・比較例2よりも衝撃が小さく、打球フィーリングは良好である。 Smaller impact than 5 points.. Comparative Example 2, hitting feeling is good.
4点・・・比較例2よりも衝撃がやや小さく、打球フィーリングは若干良好である。 Impact is slightly smaller than the 4-point ... Comparative Example 2, hitting feeling is slightly better.
3点・・・比較例2と同等である。 3-point is equivalent to ... Comparative Example 2.
2点・・・比較例2よりも衝撃がやや大きく、打球フィーリングは若干悪い。 Impact is slightly greater than two points.. Comparative Example 2, hitting feeling slightly bad.
1点・・・比較例2よりも衝撃が大きく、打球フィーリングは悪い。 Greater impact than 1 point ... Comparative Example 2, hitting feeling bad.

[生産性] [productivity]
両面粘着テープが貼り付け済みのバッチを、ヘッド本体に貼り付ける工程を行った。 The batch pre-pasted double-sided adhesive tape was performed step of attaching to the head body. この工程を、10個のヘッドについて行い、貼り付けやすさ及び貼り付け時間に基づき、生産性を評価した。 This process is performed for 10 pieces of heads, based on ease and paste time paste was evaluated productivity. この評価結果が下記の表1に示される。 The evaluation results are shown in Table 1 below.

以上に示されるように、実施例は、比較例に比べて評価が高い。 As indicated above, embodiments are highly rated in comparison with the comparative example. この評価結果から、本発明の優位性は明らかである。 From the results of the evaluation, advantages of the present invention are apparent.

本発明は、あらゆるゴルフクラブヘッドに適用されうる。 The present invention can be applied to all golf club head.

図1は、本発明の第一実施形態のゴルフクラブヘッドをバック面側から見た図である。 Figure 1 is a view of the golf club head of the first embodiment of the present invention from the back side. 図2は、図1のII−II線に沿った断面図である。 Figure 2 is a cross-sectional view taken along line II-II of Figure 1. 図3は、図1のIII−III線に沿った断面図である。 Figure 3 is a cross-sectional view taken along line III-III in FIG. 図4は、図1のVI−VI線に沿った断面図である。 Figure 4 is a sectional view taken along line VI-VI in FIG. 図5は、第二実施形態のゴルフクラブヘッドをバック面側から見た図である。 Figure 5 is a view of the golf club head of the second embodiment from the back side. 図6は、図5のVI−VI線に沿った断面図である。 Figure 6 is a sectional view taken along the line VI-VI of FIG. 図7は、図5のVII−VII線に沿った断面図である。 Figure 7 is a sectional view taken along line VII-VII in FIG. 図8は、両面粘着テープ近傍の拡大断面図である。 Figure 8 is an enlarged sectional view of a double-sided adhesive tape vicinity. 図9は、変形例の両面粘着テープの拡大断面図である。 Figure 9 is an enlarged sectional view of a double-sided adhesive tape modification. 図10は、他の変形例の両面粘着テープの拡大断面図である。 Figure 10 is an enlarged sectional view of a double-sided adhesive tape of another modification. 図11は、他の変形例の両面粘着テープの拡大断面図である。 Figure 11 is an enlarged sectional view of a double-sided adhesive tape of another modification.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

2・・・ヘッド 4・・・フェース面 6・・・トップ面 8・・・ソール面 10・・・バック面 12・・・ホーゼル部 13・・・フェース部 14・・・凹部(主凹部) 2 ... head 4 ... face 6 ... top surface 8 ... sole surface 10 ... back face 12 ... hosel portion 13 ... face portion 14 ... recess (mainly concave portions)
16・・・凹部(第二凹部) 16 ... recess (second recess)
18・・・薄肉部(第一薄肉部) 18 ... the thin-walled portion (first thin portion)
20・・・凹部(主凹部)の底面 22・・・第二薄肉部 24・・・第二凹部の底面 26・・・被着体の接着面 31、46・・・段差 27、42・・・厚肉部 29、44・・・薄肉部 30、36、50、58、70、74、90、94・・・粘着層 34、54、92・・・繊維層(不織布層) 20 ... recess adhesive surface of the bottom 22 ... second thin-walled portion 24 ... bottom surface 26 ... adherend second recess (mainly concave portions) 31, 46 ... step 27 and 42 .. - the thick portion 29, 44 ... thin portion 30,36,50,58,70,74,90,94 ... adhesive layer 34,54,92 ... fiber layer (nonwoven layer)
32、52、56、72・・・樹脂層 c1・・・輪郭重心 w1・・・両面粘着テープ s1・・・被着体 h1・・・ヘッド本体 SS1・・・スイートスポット P1・・・境界平面(被着体のトウ部とヒール部とを区画する平面) 32,52,56,72 ... resin layer c1 ... contour centroid w1 ... double-sided adhesive tape s1 ... adherend h1 ... head body SS1 ... sweet spot P1 ... interface plane (plane partitioning the toe portion and the heel portion of the adherend)

Claims (4)

  1. ヘッド本体と被着体とを備え、 A head body and the adherend,
    上記ヘッド本体が、フェース面と、このフェース面の後方に位置するバック面とを有し、 It said head body has a face surface and a back surface located behind the face,
    上記被着体が上記バック面に接着されており、 The adherend is bonded to the back surface,
    上記被着体のヒール部における平均厚さがt1とされ、上記被着体のトウ部における平均厚さがt2とされるとき、上記厚さt2が上記厚さt1よりも小さく、 The average thickness of the heel portion of the adherend is a t1, when the average thickness of the toe portion of the adherend is a t2, the thickness t2 is smaller than the thickness t1,
    比(t1/t2)が、1.2以上3.0以下であり、 The ratio (t1 / t2) is, is 1.2 to 3.0,
    上記厚さt1が1.1mm以上1.5mm以下であり、上記厚さt2が0.5mm以上0.9mm以下であり、 The thickness t1 is at 1.1mm or 1.5mm or less, the thickness t2 is at 0.5mm or 0.9mm or less,
    両面粘着テープによって上記被着体が上記ヘッド本体に接着されており、 The adherend is bonded to the head main body by a double-sided adhesive tape,
    上記両面粘着テープが、第一粘着層と、第二粘着層と、上記第一粘着層及び上記第二粘着層の間に設けられた中間層とを有しており、この中間層が繊維層を含んでおり、 The double-sided adhesive tape, a first adhesive layer, second adhesive layer and has an intermediate layer provided between the first adhesive layer and the second adhesive layer, the intermediate layer is fiber layer the includes,
    上記繊維層が不織布層であり、 The fiber layer is a nonwoven layer,
    上記不織布層を構成する不織布の材質が合成繊維であるゴルフクラブヘッド。 The golf club head material of the nonwoven fabric constituting the nonwoven fabric layer is a synthetic fiber.
  2. 被着体s1の上記ヒール部における最大厚さがt1maxとされ、被着体s1の上記ヒール部における最小厚さがt1minとされ、被着体s1の上記トウ部の最大厚さがt2maxとされ、被着体s1の上記トウ部の最小厚さがt2minとされるとき、t1maxがt2max以上であり、t1minがt2min以上であり、且つ、t1がt2max以上である請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。 The maximum thickness is the t1max in the heel portion of the adherend s1, minimum thickness in the heel portion of the adherend s1 is a T1min, the maximum thickness of the toe portion of the adherend s1 is the t2max when the minimum thickness of the toe portion of the adherend s1 is a T2min, T1max is at least t2max, T1min is not less than T2min, and golf club according to claim 1 t1 is equal to or greater than t2max head.
  3. 上記t1minが上記t2maxより大きい請求項に記載のゴルフクラブヘッド。 The t1min golf club head according to the t2max larger claim 2.
  4. 上記両面粘着テープの厚さが、0.1mm以上0.4mm以下である請求項1から3のいずれかに記載のゴルフクラブヘッド。 The thickness of the double-sided adhesive tape, a golf club head according to any of claims 1 3 is 0.1mm or more 0.4mm or less.
JP2008333596A 2008-12-26 2008-12-26 Golf club head Active JP5046212B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008333596A JP5046212B2 (en) 2008-12-26 2008-12-26 Golf club head

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008333596A JP5046212B2 (en) 2008-12-26 2008-12-26 Golf club head
US12/559,105 US8333667B2 (en) 2008-12-03 2009-09-14 Golf club head

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010154887A JP2010154887A (en) 2010-07-15
JP5046212B2 true JP5046212B2 (en) 2012-10-10

Family

ID=42573263

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008333596A Active JP5046212B2 (en) 2008-12-26 2008-12-26 Golf club head

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5046212B2 (en)

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9795845B2 (en) 2009-01-20 2017-10-24 Karsten Manufacturing Corporation Golf club and golf club head structures
US9149693B2 (en) 2009-01-20 2015-10-06 Nike, Inc. Golf club and golf club head structures
US9192831B2 (en) 2009-01-20 2015-11-24 Nike, Inc. Golf club and golf club head structures
US9687705B2 (en) 2010-11-30 2017-06-27 Nike, Inc. Golf club head or other ball striking device having impact-influencing body features
JP6072696B2 (en) 2010-11-30 2017-02-01 ナイキ イノベイト セー. フェー. The golf club head or other ball striking devices impact resilience is dispersed
US9101808B2 (en) 2011-01-27 2015-08-11 Nike, Inc. Golf club head or other ball striking device having impact-influencing body features
CN107583254A (en) 2011-08-23 2018-01-16 耐克创新有限合伙公司 Golf club head with a void
US9409076B2 (en) 2011-04-28 2016-08-09 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9433845B2 (en) 2011-04-28 2016-09-06 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US8956238B2 (en) 2011-04-28 2015-02-17 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9409073B2 (en) 2011-04-28 2016-08-09 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9375624B2 (en) 2011-04-28 2016-06-28 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9433844B2 (en) 2011-04-28 2016-09-06 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9873028B2 (en) * 2011-11-30 2018-01-23 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9956463B2 (en) 2011-11-30 2018-05-01 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US10046211B2 (en) 2014-05-29 2018-08-14 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9943733B2 (en) 2011-11-30 2018-04-17 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9855477B2 (en) * 2011-11-30 2018-01-02 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9072948B2 (en) * 2011-11-30 2015-07-07 Nike, Inc. Golf club head or other ball striking device utilizing energy transfer
US9901792B2 (en) 2011-11-30 2018-02-27 Nike, Inc. Golf clubs and golf club heads
US9199141B2 (en) * 2013-03-13 2015-12-01 Nike, Inc. Ball striking device having a covering element
US9616299B2 (en) 2014-06-20 2017-04-11 Nike, Inc. Golf club head or other ball striking device having impact-influencing body features
JP6470434B1 (en) * 2018-01-15 2019-02-13 美津濃株式会社 Iron Golf Club Head and Iron Golf Club

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07100200B2 (en) * 1989-08-14 1995-11-01 日産自動車株式会社 Method of forming a flanged cylindrical workpiece
US5738596A (en) * 1996-02-12 1998-04-14 Prince Sports Group, Inc. Iron-type golf clubhead
JP2995407B1 (en) * 1998-08-27 1999-12-27 マルマンゴルフ株式会社 Golf club with plate

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010154887A (en) 2010-07-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7651414B2 (en) Golf club head having a displaced crown portion
AU2004211946B2 (en) Golf club head
US7540812B2 (en) Golf club head
KR101265396B1 (en) Iron type golf clubs and golf club heads having weight containing and/or vibration damping insert members
JP5937688B2 (en) Golf club head or other ball striking device having a slot with a face mask
JP5813805B2 (en) Golf club head
US6887165B2 (en) Golf club
US7066835B2 (en) Multiple material golf club head
JP4808990B2 (en) Golf club head
US20040097299A1 (en) Golf club head
JP2792642B2 (en) Golf club head to attenuate the audible vibration
US20050233830A1 (en) Golf club head with gasket
US20040192467A1 (en) Golf Club Head
JP5281844B2 (en) Golf club head
CN1701832B (en) The golf club head
JP4212616B2 (en) Multi-material golf club head
US8328660B2 (en) Muscle-back, with insert, iron type golf club head
US5626530A (en) Golf club head with sole bevel indicia
US7455597B2 (en) Golf club head
US7347795B2 (en) Golf club head
JP4729086B2 (en) Golf club
JP4410594B2 (en) Golf club head
US7462110B2 (en) Golf club head and golf club
US20030157995A1 (en) Explosion bonded laminated face inserts for golf clubs
KR100837773B1 (en) Multiple material golf club head

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101119

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110412

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110419

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110523

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110712

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110928

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20111006

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20111111

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120709

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150727

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250