JP5036018B2 - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン Download PDF

Info

Publication number
JP5036018B2
JP5036018B2 JP2005025936A JP2005025936A JP5036018B2 JP 5036018 B2 JP5036018 B2 JP 5036018B2 JP 2005025936 A JP2005025936 A JP 2005025936A JP 2005025936 A JP2005025936 A JP 2005025936A JP 5036018 B2 JP5036018 B2 JP 5036018B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
combination
lottery
winning
role
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005025936A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006212113A (ja
Inventor
達也 大平
Original Assignee
サミー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by サミー株式会社 filed Critical サミー株式会社
Priority to JP2005025936A priority Critical patent/JP5036018B2/ja
Publication of JP2006212113A publication Critical patent/JP2006212113A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5036018B2 publication Critical patent/JP5036018B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、1遊技で、複数の役に重複当選する機会を持たせたスロットマシンに関するものである。
従来のスロットマシンでは、役の抽選において特別役(例えば、BB又はRB)に当選した場合において、当該遊技で当選した特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しなかったとき(特別役が入賞しなかったとき)は、その当選を次遊技以降に持ち越すようにしている。
さらに、特別役に当選したときであっても、その当選をストックしておき(入賞しないように制御し)、所定の条件を満たしたときに、ストックした特別役を入賞可能に制御することが知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開2004−290596号公報(特に、段落「0061」〜「0065」)
しかし、前述の従来の技術において、特別役に当選し、その当選を入賞可能に持ち越す場合には、次遊技以降での役の非当選時には、特別役を入賞させることができる。したがって、特別役の当選後は、比較的早い段階で特別役を入賞させることができた。
一方、所定の条件を満たさない限り当選した特別役が入賞しないように制御する(特別役をストックする)ことは、その遊技者が当選させたにもかかわらず、その遊技者が入賞させることができないので、好ましくないという趨勢がある。
したがって、本発明が解決しようとする課題は、特別役に当選したときに、その当選を次遊技以降に持ち越しやすくするとともに、当選させた遊技者が確実に入賞できるようにすることである。
本発明は、以下の解決手段によって、上述の課題を解決する。
(請求項1)
請求項1の発明は、リールを始動させるためのスタートスイッチと、リールを停止させるためのストップスイッチと、抽選される役の種類と各役の当選確率とを定めたものであって、各役ごとの当選領域に分けられた抽選領域を有する役抽選テーブルと、前記スタートスイッチが操作されたときに、前記役抽選テーブルのいずれかの前記抽選領域に該当する乱数を抽出することにより、役の抽選を行う役抽選手段と、前記ストップスイッチが操作されたときに、前記役抽選手段による役の抽選結果に基づいて、前記リールの停止時における停止制御の範囲内でその操作された前記ストップスイッチに対応する前記リールを停止させるように制御するリール停止制御手段と、前記役抽選手段で特別役に当選し、前記リールの停止時に予め定められた特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したときは、特別遊技に移行する特別遊技制御手段とを備え、特別役は、当選後は、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するまでの遊技において、次遊技以降に当選を持ち越す役であり、特別役以外の役として、当選した遊技でのみ有効となり、次遊技以降に当選を持ち越さないリプレイを有し、前記役抽選テーブルは、特別役とリプレイとの重複当選領域を有し、かつ、特別役の当選領域の全てがリプレイの当選領域と重なるように設定され、さらに非当選領域よりもリプレイの当選領域の方が大きく設定された役抽選テーブルBと、非当選領域よりもリプレイの当選領域の方が大きく設定された役抽選テーブルDとを有し、前記リール停止制御手段は、前記役抽選テーブルBが用いられた遊技であって特別役とリプレイとに重複当選した遊技では、常に、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることで、当該遊技では特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように前記リールを停止制御し、前記役抽選手段は、前記役抽選テーブルBが用いられた遊技で特別役に当選し、特別役の当選を持ち越したときは、所定の終了条件を満たすまで、前記役抽選テーブルDを用いて役の抽選を行い、前記リール停止制御手段は、前記役抽選テーブルDを用いている遊技でリプレイに当選した遊技では、常に、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させ、特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように前記リールを停止制御することを特徴とする。
(請求項2)
請求項2の発明は、請求項1に記載のスロットマシンにおいて、前記役抽選テーブルは、特別役及びリプレイの各当選領域を有し、特別役とリプレイとの当選領域が重ならないように設定された役抽選テーブルAと、前記役抽選テーブルAの特別役の当選領域が非当選領域に設定された役抽選テーブルCとを有し、前記役抽選テーブルAが用いられている遊技で特別役に当選し、当該遊技で特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しなかったときは、次遊技以降は前記役抽選テーブルCを用いるように制御し、前記役抽選テーブルBの使用を終了するための条件を満たしたときは、次遊技以降は前記役抽選テーブルAを用いるように制御し、前記役抽選テーブルDの使用を終了するための条件を満たしたときは、次遊技以降は前記役抽選テーブルCを用いるように制御することを特徴とする。
(請求項3)
請求項3の発明は、請求項2に記載のスロットマシンにおいて、前記役抽選テーブルには、特定小役当選領域が設けられており、前記役抽選テーブルAが用いられている遊技で特定小役に当選し、かつ特定小役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したことを条件として、次遊技から前記役抽選テーブルBを用いることを特徴とする。
(請求項4)
請求項4の発明は、請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、前記役抽選テーブルB又は前記役抽選テーブルDを用いている遊技では、特別役の当選を持ち越しているか否かに応じて、特別役の当選を持ち越している期待度を示す演出を出力することを特徴とする。
(作用)
上記発明においては、役抽選テーブルとして、役抽選テーブルBと役抽選テーブルDとが設けられる。ここで、役抽選テーブルBは、特別役の当選領域の全てがリプレイの当選領域と重なるように設定されたものである。
そして、役抽選テーブルBが用いられているときに特別役に当選するときは、常にリプレイとの重複当選となり、さらに、常にリプレイが入賞するので、当該遊技では特別役は入賞しない。これにより、特別役に当選したとしても、特別役の当選を必ず次遊技以降に持ち越すことができる。
請求項1の発明によれば、役抽選テーブルBが用いられている遊技では、特別役に当選したとしても、常にリプレイが入賞するので、当該遊技では特別役の入賞を回避し、特別役の当選を確実に次遊技以降に持ち越すことができる。これにより、例えば特別役の当選後、特別役の当選を持ち越している遊技期間を長くし、その間に特別役の当選に関する演出(例えば、複数回の連続する遊技にわたる演出)等を出力しやすくすることができる。
また、請求項3の発明によれば、役抽選テーブルAから役抽選テーブルBへの切替え契機を、特定小役の入賞に設定することができる。
以下、図面等を参照して、本発明の一実施形態について説明する。図1は、本実施形態におけるスロットマシン10の制御の概略を示すブロック図である。
(遊技制御手段)
スロットマシン10の遊技制御手段60は、スロットマシン10の遊技の進行や演出等を含むスロットマシン10全体を統括制御する手段であり、役の抽選、リール31の駆動制御、及び入賞時の払出し等の遊技の進行や、演出の出力等を制御するものである。遊技制御手段60は、制御基板上に設けられており、演算等を行うCPU、遊技の進行等に必要なプログラムや演出用のデータ等を記憶しておくROM、CPUが各種の制御を行うときに取り込んだデータ等を一時的に記憶しておくRAM等を備える。
(ベットスイッチ、スタートスイッチ、ストップスイッチ)
図1に示すように、遊技制御手段60の入力側(図1中、左側)には、ベットスイッチ40、スタートスイッチ41、及びストップスイッチ42が電気的に接続されている。
ベットスイッチ40は、遊技者が貯留メダルを投入するときに操作するスイッチであって、その操作によって有効ラインが有効化されるスイッチである。なお、図1では、メダル投入口を図示していないが、メダル投入口は、ベットスイッチ40と同様に、有効ラインを有効化するために実際にメダルを投入する部分である。
また、スタートスイッチ41は、リール31を始動させるときに遊技者が操作するスイッチである。
さらにまた、ストップスイッチ42は、3つのリール31に対応して3つ設けられ、対応するリール31を停止させるときに遊技者が操作するスイッチである。
(モータ、リール)
遊技制御手段60の出力側(図1中、右側)には、以下に示すモータ32等の周辺機器が電気的に接続されている。
モータ32は、リール31を回転させるためのものであり、リール31の回転中心部に連結され、遊技制御手段60によって制御される。
リール31は、リング状のものであって、その外周面には複数種類の図柄(役に対応する図柄の組合せを構成している図柄等)を印刷したリールテープを貼付したものである。
リール31は、本実施形態では並列に3つ設けられている。また、各リール31は、スロットマシン10のフロントパネルに設けられた表示窓(図示せず)から、上下に連続する3図柄が見えるように配置されている。よって、スロットマシン10の表示窓から、合計9個の図柄が見えるように配置されている。
そして、スタートスイッチ41が操作されると、そのときに発生する信号が遊技制御手段60に入力される。遊技制御手段60は、この信号を受信すると、全てのモータ32を駆動制御して、全てのリール31を回転させるように制御する。このようにしてリール31がモータ32によって回転されることで、リール31上の図柄は、所定の速度で表示窓内で上下方向に移動表示される。
また、ストップスイッチ42が操作されると、そのときに発生する信号が遊技制御手段60に入力される。遊技制御手段60(具体的には、後述するリール停止制御手段65)は、この信号を受信すると、そのストップスイッチ42に対応するモータ32を駆動制御して、そのモータ32に係るリール31の停止制御を行う。
ここで本実施形態では、リール31は、上記のように3つ(左、中、右)が設けられており、これに対応して、ストップスイッチ42は、左、中、右の3つが設けられている。すなわち、左ストップスイッチ42に対応するリール31は左リール31であり、中ストップスイッチ42に対応するリール31は中リール31であり、右ストップスイッチ42に対応するリール31は右リール31である。
(ランプ、スピーカ、画像表示装置)
さらにまた、遊技制御手段60の出力側には、ランプ21、スピーカ22、及び画像表示装置23の演出出力機器が電気的に接続されている。なお、演出出力機器は、これらに限定されるものではない。
ランプ21は、スロットマシン10の演出用のランプであり、所定の条件を満たしたときに、それぞれ所定のパターンで点灯する。なお、ランプ21には、各リール31の内周側に配置されたバックランプ(図示せず)や、スロットマシン10の筐体前面に配置され、役の入賞時等に点滅する上部ランプ及びサイドランプ(図示せず)等が含まれる。
また、スピーカ22は、遊技中に各種の演出を行うべく、所定の条件を満たしたときに、所定のサウンドを出力するものである。
さらにまた、画像表示装置23は、液晶画像表示装置やドットディスプレイ等からなるものであり、遊技中に各種の演出画像や所定の情報等を表示するものである。
(図柄組合せライン、有効ライン)
図示しないが、スロットマシン10の表示窓を含む部分には、図柄組合せライン(有効ライン)が設けられている。
ここで、「図柄組合せライン」とは、リール31の停止時における図柄の並びラインであって図柄の組合せを形成させるラインである。本実施形態では、水平方向の中段、上段及び下段にそれぞれ設けられたラインと、右下がり及び左下がりの斜め方向の各ラインの合計5本から構成されている。そして、各リール31の上下に連続する3図柄は、それぞれ1以上の図柄組合せライン上に位置している。
さらに、5本の図柄組合せラインの中から、有効ラインと無効ラインとが設定される。
ここで、「有効ライン」とは、いずれかの役に対応する図柄の組合せがそのラインに停止したときに、その役の入賞となるラインである。
一方、「無効ライン」とは、図柄組合せラインのうち、有効ラインとして設定されないラインであって、いずれかの役に対応する図柄の組合せがそのラインに停止した場合であっても、その役に応じた利益の付与(メダルの払出し等)を行わないラインである。すなわち、無効ラインは、そもそも図柄の組合せの成立対象となっていないラインである。
ここで、本実施形態では、1遊技でのメダル投入枚数は、1枚〜3枚の場合があり、1枚のメダルが投入されたときは、水平方向中段の図柄組合せラインの1本が有効ラインに設定されるとともに残りの4本の図柄組合せラインが無効ラインに設定される。また、2枚のメダルが投入されたときは、水平方向上段、中段及び下段の図柄組合せラインの3本が有効ラインに設定されるとともに残りの2本の図柄組合せラインが無効ラインに設定される。
さらにまた、3枚のメダルが投入されたときは、5本の図柄組合せラインの全てが有効ラインに設定され、無効ラインは存在しない。
なお、メダルの投入枚数に応じた有効ライン数は、上記には限定されず、種々のパターンに設定することが可能である。
遊技制御手段60は、以下の役抽選手段61等を備える。なお、本実施形態における以下の各手段は例示であり、遊技制御手段60は、本実施形態で示した手段に限定されるものではない。
(役、役抽選手段)
役抽選手段61は、役の抽選を行うものである。図2は、抽選される役の種類と、その図柄の組合せを示す図である。ここで、本実施形態における役の種類としては、BB、RB、小役及びリプレイが設けられている。
BBは、本発明における特別役に相当する役であって、本発明における特別遊技に相当するBB遊技に移行させる役である。また、RBもBBと同様に本発明における特別役に相当する役であって、本発明における特別遊技に相当するRB遊技に移行させる役である。なお、これらのBB遊技及びRB遊技については後述する。
さらにまた、小役とは、予め定められた数の遊技媒体(本実施形態ではメダル)が払い出される役であり、本実施形態では、小役1、小役2、小役3及び小役4の4種類が設けられている。ここで、小役4は、本発明における特定小役に相当するものである。
さらに、リプレイとは、再遊技役であって、メダルの投入なしに次遊技(再遊技)が行える役である。なお、遊技状態に応じて、当該遊技で投入したメダル枚数を維持した再遊技が行える場合と、当該遊技で投入したメダル枚数と異なるメダル枚数による再遊技が行える場合との双方が挙げられる。
また、役は、遊技状態ごとに、それぞれ定められている。すなわち、遊技状態ごとに、後述する役抽選テーブル62が設けられている。
ここで、通常遊技には、非内部中及び内部中と称する概念が設けられている。非内部中とは、特別役に当選していない遊技状態をいう。これに対し、内部中とは、当該遊技又はそれ以前の遊技において特別役に当選しているが、当選した特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止していない(入賞していない)遊技状態をいう。
本実施形態では、通常遊技中(非内部中)の役として、特別役(BB及びRB)、4種類の小役、及びリプレイが設けられている。
一方、通常遊技中(内部中)の役は、上記の非内部中の役から、特別役を除いた役である。すなわち、通常遊技において、非内部中は特別役の抽選が行われるが、特別役に当選して内部中になったときは、特別役の抽選は行われない。
さらにまた、図2に示すように、以上の各種の役に対応するリール31の図柄の組合せが予め定められており、予め定められたいずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止し、その役の入賞となったときは、予め定められた枚数のメダルが払い出される。
役抽選手段61は、例えば、役抽選用の乱数発生手段(ハードウェア乱数等)と、この乱数発生手段が発生する乱数を抽出する乱数抽出手段と、乱数抽出手段が抽出した乱数値に基づいて、役の当選の有無及び当選役を判定する判定手段とを備えている。
役抽選手段61の乱数発生手段は、所定の領域(例えば10進法で0〜65535)の乱数を発生させる。乱数抽出手段は、乱数発生手段によって発生した乱数を、所定の時、本実施形態では遊技者によりスタートスイッチ41がオン(操作)された時に抽出する。判定手段は、乱数抽出手段により抽出された乱数値を、役抽選テーブル62と照合することにより、その乱数値が属する領域に対応する役を決定する。例えば、抽出した乱数値がBBの当選領域に属する場合は、BBの当選と判定し、非当選領域に属する場合は、非当選と判定する。
役抽選手段61は、例えば通常遊技中は、BB、RB、4種類の小役、リプレイ及び非当選の中から、抽出した乱数値に基づいて、当選の有無及び当選役を判定する。
(役抽選テーブル)
図3は、本実施形態における役抽選テーブル62を示す図である。役抽選テーブル62は、抽選される役の種類と各役の当選確率とを定めたものである。また、役抽選テーブル62は、図3に示すように、遊技状態ごとに、特有の役抽選テーブル62が設けられている。
各役抽選テーブル62は、それぞれ所定の範囲の抽選領域を有し、この抽選領域は、各役の当選領域及び非当選領域に分けられているとともに、抽選される役が、予め設定された当選確率となるように所定の割合に設定されている。
なお、図示しないが、各役の当選領域及び非当選領域は、出玉率の設定値(設定1〜設定6の6段階)ごとに定められており、図2に示す各役の当選領域及び非当選領域は、出玉率の設定値が定められたときの1つの例を挙げている。
本実施形態では、役抽選テーブル62として、役抽選テーブル62a、62b、62c、及び62dの4種類が設けられている。
先ず、役抽選テーブル62aは、本発明における役抽選テーブルAに相当するものであって、非内部中の非RT遊技中に用いられるものである。
役抽選テーブル62aでは、それぞれ、小役1〜小役4、リプレイ、BB、RB、非当選がそれぞれ所定の当選領域となるように定められいる。
また、役抽選テーブル62bは、本発明における役抽選テーブルBに相当するものであって、非内部中のRT遊技中に用いられるものである。ここで、本発明における「RT遊技」とは、リプレイの当選確率が非RT遊技中のリプレイの当選確率と異なる遊技を意味し、本実施形態では、非RT遊技中のリプレイの当選確率よりも高くなるように設定されている。
役抽選テーブル62bは、役抽選テーブル62aに対して、BB及びRB(特別役)の当選領域が、特別役とリプレイとの重複当選領域に設定されている。さらに、役抽選テーブル62aの非当選領域の一部がリプレイの当選領域に設定されている。すなわち、リプレイの当選領域が役抽選テーブル62aと比較して増加している。
さらにまた、役抽選テーブル62cは、本発明における役抽選テーブルCに相当するものであって、内部中の非RT遊技中に用いられるものである。
役抽選テーブル62cは、役抽選テーブル62aに対して、役抽選テーブル62aの特別役の当選領域が役抽選テーブル62cでは非当選領域に設定されたものである。
さらに、役抽選テーブル62dは、本発明における役抽選テーブルDに相当するものであって、内部中のRT遊技中に用いられるものである。
役抽選テーブル62dは、役抽選テーブル62bに対して、特別役とリプレイとの重複当選領域が、リプレイの単独当選領域に設定されたものである。
なお、役抽選テーブル62c及び役抽選テーブル62dは、特別役に当選した後(内部中)に用いられる役抽選テーブル62であるので、特別役の当選領域は存在しない。
以上の役抽選テーブル62は、いずれも通常遊技中に用いられる役抽選テーブル62である。そして、本実施形態では、役抽選テーブル62a〜62d以外に、特別遊技中に用いられる役抽選テーブルが設けられているが、その説明については省略する。
(役抽選テーブル切替え手段)
役抽選テーブル切替え手段63は、役抽選テーブル62の切替えを制御するものであり、当該遊技で用いる役抽選テーブル62を、上記役抽選テーブル62a〜62dの中からいずれか1つを選択するものである。
先ず、役抽選テーブル切替え手段63は、非内部中かつ非RT遊技中であるときは、役抽選テーブル62として、役抽選テーブル62aを選択する。
そして、役抽選テーブル62aが用いられている遊技中に、小役4(特定小役)に当選し、かつ小役4に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したとき(小役4の入賞時)は、次遊技以降、RT遊技を開始するように制御するとともに、役抽選テーブル切替え手段63は、役抽選テーブル62aから役抽選テーブル62bに切り替える。
すなわち、RT遊技の最初は、役抽選テーブル62bが用いられる。そして、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で、特別役に当選したとき(特別役とリプレイとに重複当選したとき)は、次遊技以降のRT遊技では、役抽選テーブル切替え手段63は、(役抽選テーブル62bから)役抽選テーブル62dに切り替える。
そして、そのRT遊技は、所定遊技回数(本実施形態では200遊技)を終了するまで継続される。RT遊技を開始してから遊技回数が200回に到達したときは、次遊技以降は、非RT遊技が実行される。RT遊技の最後の遊技で役抽選テーブル62bが用いられていたとき、すなわちRT遊技中に特別役に当選しなかったときは、次遊技以降の非RT遊技では、非内部中の非RT遊技が実行され、役抽選テーブル62bから役抽選テーブル62aに切り替えられる。
一方、RT遊技の最後の遊技で役抽選テーブル62dが用いられていたとき、すなわちRT遊技中に特別役に当選したときは、次遊技以降の非RT遊技では、内部中の非RT遊技が実行され、役抽選テーブル切替え手段63は、(役抽選テーブル62dから)役抽選テーブル62cに切り替える。
また、役抽選テーブル62aが用いられている遊技中(非RT遊技中)に、特別役に当選したときは、次遊技以降は内部中の遊技となり、役抽選テーブル切替え手段63は、(役抽選テーブル62aから)役抽選テーブル62cに切り替える。この役抽選テーブル62cは、特別役が入賞するまで用いられる。
なお、役抽選テーブル62cが用いられているとき(内部中かつ非RT遊技中)に、小役4に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したとき(小役4の入賞時)は、次遊技以降、RT遊技を開始するように制御し、役抽選テーブル切替え手段63は、役抽選テーブル62cから役抽選テーブル62bに切り替えても良い。あるいは、一旦内部中となったときは、それ以降に小役4が入賞したとしても、RT遊技を実行せずに、役抽選テーブル切替え手段63は、役抽選テーブル62cの使用を維持するようにしても良い。
(特別役当選持越し手段)
特別役当選持越し手段64は、BB又はRBに当選したときは、当選したBB又はRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するまで(当選したBB又はRBが入賞するまで)の遊技において、BB又はRBの当選を次遊技以降に持ち越すように制御するものである。
このように、本実施形態では、役に当選した遊技でその役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しなかったときは、次遊技以降に持ち越される役と、持ち越されない役とが定められている。
そして、持ち越される役としては、BB及びRBが挙げられる。BB又はRBに当選したときは、BB又はRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止し、それぞれBB又はRBの入賞となるまでの遊技において、BB又はRBの当選を次遊技以降に持ち越すように制御される。
これに対し、役抽選手段61による役の抽選において、BB又はRB以外の役(小役1〜小役4、及びリプレイ)に当選したときは、当該遊技でのみその当選役が有効となり、その当選は次遊技以降に持ち越されない。すなわち、これらの役が当選した遊技では、その当選した役が入賞可能にリール31が停止制御されるが、その当選役の入賞の有無にかかわらず、その遊技の終了時に、その当選役に係る権利は消滅する。
役抽選テーブル62aが用いられている遊技で特別役に当選し、当該遊技で特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しなかったときは、次遊技以降は、役抽選テーブル62cが用いられる内部中の遊技(かつ非RT遊技)となり、当選した特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するまで特別役の当選が持ち越される。
また、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で特別役に当選し、当該遊技で特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しなかったとき(なお、本実施形態では、後述するように、当該遊技では特別役は入賞しないように制御される)は、次遊技以降は、役抽選テーブル62dが用いられる内部中の遊技(かつRT遊技)となり、当選した特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するまで特別役の当選が持ち越される。さらにまた、役抽選テーブル62dが用いられている内部中の遊技で、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止することなくRT遊技が終了したときは、次遊技以降は、役抽選テーブル62cが用いられる遊技(内部中の非RT遊技)となり、当選した特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するまで特別役の当選が持ち越される。
(リール停止制御手段)
リール停止制御手段65は、ストップスイッチ42が操作されたときに、役抽選手段61による役の抽選結果と、ストップスイッチ42が操作されたときのタイミングとに基づいて、後述する停止位置決定テーブル66を参照してそのストップスイッチ42に対応するリール31の停止位置を決定するとともに、モータ32を駆動制御して、その決定した位置にそのリール31を停止させるように制御するものである。
(停止位置決定テーブル)
停止位置決定テーブル66は、ストップスイッチ42が操作された瞬間のリール31の位置に基づいて、リール31の停止位置(リール31の停止時における有効ライン上の図柄)を定めたものである。
停止位置決定テーブル66は、BBの当選時に用いられるBBテーブル、RBの当選時に用いられるRBテーブル、小役1〜小役4のそれぞれの当選時に用いられる小役1テーブル、小役2テーブル、小役3テーブル、及び小役4テーブル、リプレイの当選時に用いられるリプレイテーブル、非内部中において非当選時に用いられる非当選テーブルを備える。
さらに、本実施形態では、特別役とリプレイとの重複当選時、又は特別役の当選を持ち越しているときにリプレイに当選したときに用いられるリプレイ優先テーブルと、特別役の当選を持ち越しているときにいずれかの小役(小役1〜小役4)に当選したときに用いられる特別役優先テーブルとを備える。
BBテーブルは、当該遊技でBBに当選したこと、又は当該遊技以前の遊技でBBに当選し、かつ当該遊技では非当選であることを条件として用いられ、リール31の停止制御の範囲内においてBBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるとともに、BB以外の役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
ここで、停止位置決定テーブル66における「リール31の停止制御の範囲内」とは、ストップスイッチ42が操作された瞬間から実際にリール31が停止するまでのリール31の図柄の移動量(リールの回転量)を意味し、特に本実施形態では、ストップスイッチ42が操作された時(瞬間)からリール31を停止させるまでのリール31上の図柄の移動制御量がその図柄を含めて5図柄以内、又はストップスイッチ42が操作された時(瞬間)からリール31を停止させるまでの停止制御時間が190ms以内である。
さらに、RBテーブルは、当該遊技でRBに当選したこと、又は当該遊技以前の遊技でRBに当選し、かつ当該遊技では非当選であることを条件として用いられ、リール31の停止制御の範囲内においてRBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるとともに、RB以外の役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
また、小役1テーブル、小役2テーブル、小役3テーブル又は小役4テーブルは、それぞれ、当該遊技で小役1、小役2、小役3又は小役4に当選したこと(及び、特別役の当選を持ち越していないこと)を条件として用いられ、リール31の停止制御の範囲内においてそれぞれ小役1、小役2、小役3又は小役4に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるとともに、それぞれ小役1、小役2、小役3又は小役4以外の役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
さらにまた、リプレイテーブルは、当該遊技でリプレイに当選したこと(及び、特別役との重複当選でなく、特別役の当選を持ち越していないこと)を条件として用いられ、リール31の停止制御の範囲内においてリプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるとともに、リプレイ以外の役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
さらに、非当選テーブルは、特別役の当選を持ち越していない非当選時の遊技で用いられ、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しないように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
また、リプレイ優先テーブルは、(1)役抽選テーブル62bが用いられているときに特別役とリプレイとに重複当選したこと、又は(2)役抽選テーブル62c又は62dが用いられており、特別役の当選を持ち越しており、当該遊技でリプレイに当選したことを条件として用いられ、第1番目及び2番目に停止するリール31では、特別役及びリプレイに係る図柄の双方ができる限りいずれかの有効ラインに停止するように制御され、3番目に停止するリール31では、最初に、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先するとともに、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができない場合には、次に、特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるように制御される停止位置決定テーブル66である。
特に本実施形態では、後述するように、リプレイの当選時は、常に、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる(常に、リプレイを入賞させることができる)ように設定されている。したがって、本実施形態ではリプレイ優先テーブルが用いられたときは、常に、リプレイに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する。
なお、常に、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができないように設定されている場合において、特別役とリプレイとの重複当選、又は特別役の当選を持ち越している状態でリプレイに当選したときは、リプレイに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合の他、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合がある。
さらに、上記の場合において、特別役に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止させることができない場合には、特別役及びリプレイ以外の役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しないように制御される。すなわち、いずれの役に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止しないように制御される。
さらにまた、特別役優先テーブルは、役抽選テーブル62c又は62dが用いられており、特別役の当選を持ち越している場合において、いずれかの小役に当選したときに用いられ、第1番目及び2番目に停止するリール31では、特別役及び当選した小役に係る図柄の双方ができる限りいずれかの有効ラインに停止するように制御され、3番目に停止するリール31では、最初に、特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先するとともに、特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができない場合には、次に、当選した小役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるように制御される停止位置決定テーブル66である。
特に本実施形態では、後述するように、小役3又は小役4の当選時は、常に、当選した小役3又は小役4に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる(常に、小役3又は小役4を入賞させることができる)ように設定されている。したがって、本実施形態では小役3又は小役4の当選時に、特別役優先テーブルが用いられ、特別役が入賞しなかったときは、常に、当該遊技で当選した小役3又は小役4に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する。
これに対し、小役1及び小役2は、当選時に、常に、小役1又は小役2に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができないように設定されている。したがって、小役1又は小役2の当選時に、特別役優先テーブルが用いられ、特別役が入賞しなかったときは、当該遊技で当選した小役1又は小役2に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させる制御が行われ、その結果、小役1又は小役2についても入賞しない場合がある。
このように、特別役の当選を持ち越している場合において小役1又は小役2に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止させることができない場合には、特別役及び小役1又は小役2以外の役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しないように制御される。すなわち、いずれの役に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止しないように制御される。
以上のように、リール停止制御手段65は、いずれかの停止位置決定テーブル66を用いて、リール31の停止制御の範囲内において、いずれかの図柄を有効ラインに停止させるように制御する。
ここで、本実施形態におけるリール31上の図柄配列について説明する。
本実施形態では、全てのリール31について、5図柄以内の間隔で「ベル」の図柄が配置されている。さらに、全てのリール31について、5図柄以内の間隔で「RP」の図柄が配置されている。
これにより、小役3に当選したときは、いずれの位置でストップスイッチ42が操作されても、いずれかの有効ラインに、小役3に対応する図柄の組合せである「ベル」−「ベル」−「ベル」を停止させることができる。
同様に、小役4に当選したときは、いずれの位置でストップスイッチ42が操作されても、いずれかの有効ラインに、小役4に対応する図柄の組合せである「ベル」−「RP」−「RP」を停止させることができる。
さらに同様に、リプレイに当選したときは、いずれの位置でストップスイッチ42が操作されても、いずれかの有効ラインに、リプレイに対応する図柄の組合せである「RP」−「RP」−「RP」を停止させることができる。
(停止図柄判別手段)
停止図柄判別手段67は、リール31の停止時に、有効ラインに停止したリール31の図柄の組合せが、いずれかの役に対応する図柄の組合せと一致するか否かを判別するものである。停止図柄判別手段67は、例えばモータ32の停止時の角度やステップ数等を検知することにより、有効ライン上の図柄を判別する。
なお、停止図柄判別手段67は、リール31が実際に停止してから図柄の組合せを判別するのではなく、ストップスイッチ42が操作された瞬間のリール31の位置から、停止位置決定テーブル66によってリール31の停止位置が定められた時点で、有効ライン上の図柄の組合せを判別することも可能である。
(払出し手段)
払出し手段68は、停止図柄判別手段67により、リール31の停止時に有効ラインに停止した図柄の組合せがいずれかの役に対応する図柄の組合せと一致すると判別され、その役の入賞となったときに、その入賞役に応じた所定枚数のメダルを遊技者に対して払い出すか、又はクレジットの加算等の処理を行うものである。また、リプレイの入賞時は、メダルを払い出すことなく、メダルを自動投入するように制御する。
(特別遊技制御手段)
特別遊技制御手段69は、特別遊技(BB遊技又はRB遊技)の開始(通常遊技から特別遊技への移行)、特別遊技中の遊技の進行、及び特別遊技の終了(特別遊技から通常遊技への移行)等を制御するものである。
特別遊技制御手段69は、BBに対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止したときには、通常遊技からBB遊技に移行させる。また、RBに対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止したときには、通常遊技からRB遊技に移行させる。
さらにまた、特別遊技制御手段69は、特別遊技状態フラグ69aを備える。特別遊技状態フラグ69aは、BB遊技中において、遊技状態が特別遊技状態に設定されたときにオンとなり、特別遊技状態が終了したときにオフとなるフラグである。
先ず、通常遊技中に、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したときは、BBの入賞となり、次遊技からBB遊技が開始される。
このとき、特別遊技制御手段69は、BB遊技の最初の遊技の開始直前(遊技者からのメダルの受付けを開始する直前)に、特別遊技状態フラグ69aをオンにする。これにより、BB遊技の最初の遊技から、特別遊技状態に設定される。
また、特別遊技状態では、特別遊技制御手段69は、遊技を開始するときは、1枚のみメダルを受け付ける。そして、1枚のメダルが投入され、スタートスイッチ41が操作されると、水平方向中段の1本の図柄組合せラインを有効ラインに設定する。
さらにまた、特別遊技制御手段69は、特別遊技状態の終了条件を満たすか否かを判別し続ける。本実施形態において、特別遊技状態の終了条件は、役の入賞回数が8回に到達したこと、又は遊技回数が12回に到達したことの少なくとも一方を満たしたときである。
そして、役の入賞回数が8回に到達したとき、又は特別遊技状態での遊技回数が12回に到達したときは、特別遊技制御手段69は、特別遊技状態を終了させるため、その遊技の終了時に、特別遊技状態フラグ69aをオフにする。
さらに、特別遊技制御手段69は、その遊技の次遊技の開始直前(遊技者からのメダルの受付けを開始する直前)に、特別遊技状態フラグ69aをオンにする。これにより、特別遊技状態の終了条件を満たした遊技では、その遊技の終了時に特別遊技状態が終了するが、その次の遊技の開始直前に、再度、遊技状態が特別遊技状態に設定される。
これにより、スロットマシン10の制御上は、特別遊技状態の終了条件を満たした遊技の終了時から次の遊技の開始直前まで、遊技状態が特別遊技状態ではなくなる。しかし、遊技者から見れば、BB遊技中の全ての遊技の開始時には、特別遊技状態フラグ69aがオンとなり、特別遊技状態が設定されるので、特別遊技状態が切れ目なく続くように感じることとなる(遊技者は、遊技状態が特別遊技状態でない状態を認識することはない)。
なお、本実施形態のBB遊技は、上述した通りであるが、従来より周知のBB遊技であっても良い。
すなわち、BB遊技に移行すると、先ず、通常遊技と同様に所定枚数(例えば3枚)以内のメダルを投入して遊技を行う一般遊技を行い、この一般遊技でボーナスゲームに移行するための移行役の抽選を行う。一般遊技中に移行役が当選、入賞したときは、次遊技からボーナスゲームに移行させる。
そして、ボーナスゲームでは、1枚のメダルを投入するとともに、水平方向中段の1本の図柄組合せラインを有効ラインに設定した遊技を行う。ボーナスゲームでは、特定役の抽選が行われ、特定役の入賞回数又はボーナスゲームの遊技回数が規定回数に到達すると、ボーナスゲームを終了して一般遊技に戻る。このようにして、BB遊技の終了条件(例えば、一般遊技の遊技回数が規定回数に到達したときや、ボーナスゲームへの移行回数が規定回数に到達したとき)を満たすまで、一般遊技とボーナスゲームとの間の行き来を繰り返すものである。
また、本実施形態では、BB遊技の終了条件として、BB遊技中に払い出されたメダル枚数が上限値を超えたことに設定されている。ここで、本実施形態の上限値は、465枚に設定されている。
そこで、本実施形態では、特別遊技制御手段69は、BB遊技中に払い出されたメダル枚数をカウントし、毎遊技、払い出された枚数を更新し続ける。
そして、特別遊技制御手段69は、カウントされた払出し枚数が上限値を超えた(465枚を超えた)と判別したときは、BB遊技の終了条件を満たすと判別する。
なお、当該遊技での払出し枚数が465枚を超えたときは、上限値を超えたと判別され、当該遊技でBB遊技が終了する。これに対し、当該遊技での払出し枚数が465枚以下であるときは、上限値を超えたとは判別されないので、次遊技もまたBB遊技が行われる。
また、RB遊技は、上記のBB遊技での特別遊技状態の遊技を1セット、すなわち役の入賞回数が8回に到達するまで、又は遊技回数が12回に到達するまで行うものである。RB遊技においては、特別遊技制御手段69は、遊技回数又は役の入賞回数をカウントし続ける。
(演出制御手段)
演出制御手段70は、上述した演出出力機器(ランプ21、スピーカ22、及び画像表示装置23)からの演出の出力を制御するものである。
演出制御手段70は、遊技ごとに、役抽選手段61による役の抽選結果に基づいて、演出パターンを選択する。特に本実施形態では、複数種類の演出パターンが予め設けられている。そして、演出制御手段70は、遊技の開始時等に、役抽選手段61による役の抽選が行われた後、ソフトウェア乱数を用いた抽選によっていずれか1つの演出パターンを選択する。
また、演出パターンは、当選役に応じて、それぞれ複数種類が設けられている。例えば、BB当選時、小役当選時(非内部中又は内部中)、及び非当選時(非内部中又は内部中)等ごとに、それぞれ複数種類の演出パターンが設けられている。
演出パターンは、遊技の進行に伴って、どのようなタイミングで(スタートスイッチ41の操作時や各ストップスイッチ42の操作時等)、どのような演出を出力するか(ランプ21をどのように点灯、点滅又は消灯させるか、スピーカ22からどのようなサウンドを出力するか、及び画像表示装置23にどのような画像を表示させるか等)を定めたものである。
そして、演出制御手段70は、選択した演出パターンに従い、所定のタイミングで演出出力機器から演出を出力するように制御する。
次に、本実施形態における遊技の流れについて説明する。
先ず、スロットマシン10の電源が投入されたときは、例えば画像表示装置23にデモ用の画像を表示する等する制御が行われる。そして、遊技の開始時には、遊技者は、ベットスイッチ40を操作して予め貯留されたメダルを投入するか、又はメダル投入口からメダルを投入して有効ラインを設定する。メダルの投入が検知されたときは、デモ用の画像表示等を中止し、遊技を開始する準備が行われる。
次に遊技者によりスタートスイッチ41がオンされると、有効ライン数が確定するとともに、遊技制御手段60は、全てのリール31を回転させるように制御する。
そして、遊技者により各ストップスイッチ42が操作される(押される)と、リール停止制御手段65は、操作されたストップスイッチ42に対応するリール31を、停止位置決定テーブル66に従い、停止させるように制御する。
そして、全てのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止し、その役の入賞となったときは、その役に対応するメダルの払出し等が行われる。また、特別役(BB又はRB)に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したときは、次遊技以降、特別遊技が実行される。
また、スロットマシン10の電源が投入され、遊技が開始されると、最初は、非内部中かつ非RT遊技中から開始される。このため、役の抽選では、役抽選テーブル62aが用いられる。
役抽選テーブル62aが用いられている遊技で小役又はリプレイに当選した遊技では、それぞれ当選した小役又はリプレイに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止可能に(当選した小役又はリプレイ以外の役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しないように)リール31が停止制御される。また、非当選の遊技では、いずれの役に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止しないようにリール31が停止制御される。
そして、役抽選テーブル62aが用いられている遊技で特別役に当選したときは、当該遊技では、当選した特別役が入賞可能な状態となる。そして、当該遊技で特別役が入賞すれば、次遊技以降、特別遊技が開始される。これに対し、当該遊技で特別役が入賞しなかったときは、次遊技以降は、役抽選テーブル62として役抽選テーブル62cが用いられる。
役抽選テーブル62cが用いられている遊技(内部中、すなわち特別役の当選が持ち越されている状態)でリプレイに当選したときは、当選したリプレイが優先され、リプレイが入賞可能となる(特に本実施形態では100%の確率で当選したリプレイが入賞する)。これに対し、小役に当選した場合や非当選の場合には、特別役が優先されるので、特別役が入賞可能な状態となる。そして、特別役が入賞しないときは、当選した小役が入賞するか、あるいは役の非入賞となる。
一方、役抽選テーブル62aが用いられている遊技で、小役4が入賞したときは、次遊技以降、RT遊技が実行される。RT遊技中は、役抽選テーブル62として役抽選テーブル62bが用いられる。役抽選テーブル62bが用いられている遊技で、小役やリプレイ(特別役との重複当選を除く)に当選した遊技では、上述の役抽選テーブル62aが用いられたときと同様である。
また、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で、特別役とリプレイとに重複当選したときは、当該遊技ではリプレイが優先される。そして、この遊技でリプレイが入賞するか(本実施形態では常にリプレイが入賞する)、又はいずれの役も非入賞であるときは、次遊技以降は、役抽選テーブル62dを用いた遊技が実行される。
なお、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で特別役とリプレイとに重複当選し、かつこの遊技で特別役が入賞すれば、次遊技以降は、入賞した特別役に対応する特別遊技が実行される。
役抽選テーブル62dが用いられた遊技(内部中、すなわち特別役の当選を持ち越している遊技中であって、RT遊技中)では、リプレイに当選したときは、当選を持ち越している特別役よりもリプレイが優先される。すなわち、リプレイに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止可能に制御される。なお、本実施形態と異なり、リプレイの当選時の入賞率が100%でない場合において、リプレイが非入賞であるときは、次に特別役の入賞が優先される。さらにまた、リプレイ及び特別役の双方が入賞しないときは、いずれの役も非入賞となる。
さらに、役抽選テーブル62dが用いられた遊技でいずれかの小役に当選したときは、当該遊技で当選した小役よりも当選を持ち越している特別役の方が優先される。すなわち、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止可能に制御される。また、特別役が非入賞であるときは、次に、当該遊技で当選した小役の入賞が優先される。さらにまた、特別役及び当選した小役の双方が入賞しないときは、いずれの役も非入賞となる。
さらに、非当選の遊技では、当選を持ち越している特別役の方が優先される。すなわち、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止可能に制御される。また、特別役が非入賞であるときは、いずれの役も非入賞となる。
さらにまた、役抽選テーブル62aが用いられている遊技で小役4が入賞し、RT遊技に移行すると、遊技回数が200回に到達するまでRT遊技が実行される。RT遊技では、先ず、役抽選テーブル62bが用いられるが、このときに特別役に当選し、当該遊技で特別役が入賞しなければ、次遊技以降、役抽選テーブル62dが用いられる。
そして、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で特別役に当選することなく、200遊技を消化した後は、RT遊技が終了し、次遊技からは、役抽選テーブル62aが用いられる。
また、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で特別役に当選したが、当該遊技では当選した特別役が入賞しなかったときは、RT遊技の遊技回数が200回に到達していないことを条件に、次遊技以降は、役抽選テーブル62dが用いられる。
なお、レアケースであるが、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で、RT遊技の遊技回数が200回のときに特別役に当選したが、当該遊技では当選した特別役が入賞しなかったときは、内部中の遊技かつ非RT遊技となるので、次遊技以降は、役抽選テーブル62cが用いられる。
また、役抽選テーブル62dが用いられている遊技で、当選を持ち越している特別役が入賞したときは、当該遊技でRT遊技の終了となり、次遊技では入賞した特別役に対応する特別遊技が実行される。
さらにまた、役抽選テーブル62dが用いられている遊技で、特別役が入賞することなく、RT遊技の遊技回数が200回に到達したときは、当該遊技でRT遊技が終了となり、次遊技以降は、内部中かつ非RT遊技となるので、役抽選テーブル62cが用いられる。
なお、役抽選テーブル62cが用いられた遊技での役の入賞/非入賞は、上述の通りである。
以上のように制御する場合において、RT遊技中(役抽選テーブル62b又は62dが用いられているとき)は、抽選領域の大半をリプレイの当選領域とすれば、リプレイが頻繁に当選及び入賞する状態となる。
これにより、RT遊技中では、特別役を入賞させる機会を減らすことができる。したがって、大半の場合は、それ以前に特別役に当選していたとしても、遊技回数が200回に到達するまでRT遊技が実行される。そして、RT遊技の終了以前に特別役に当選していたときは、RT遊技の終了後、特別役を入賞させることができる。すなわち、RT遊技中は、特別役に当選したとしても、極力、当選した特別役を次遊技以降に持ち越すようにし、RT遊技の終了後は、特別役に当選しているか否かの期待感(特別役に当選しているか否かのチェックをすること)を遊技者に与えることができる。具体的には、例えばRT遊技の終了後に、遊技者に対し、特別役を入賞させるように狙ってストップスイッチ42を操作すべき旨を演出として出力することが挙げられる。
以上、本発明の一実施形態について説明したが、本発明は、上述した実施形態に限定されることなく、例えば以下のような種々の変形が可能である。
(1)本実施形態では遊技媒体としてメダルを用いたが、例えば遊技球等、メダル以外の遊技媒体を用いるスロットマシンであっても本発明を適用することができる。
(2)本実施形態で示した特別役、小役、リプレイ、及び非当選の各領域の大きさは、一例であり、本実施形態で示したものに限定されるものではない。また、役の種類として、小役の数を減らしたり、あるいは多くすることも可能である。さらにまた、他の特別役として、SB(シングルボーナス)を設けても良い。
(3)本実施形態では、小役4が入賞したことを条件としてRT遊技を実行し、遊技回数が200回に到達するまでRT遊技を継続することとした。
しかし、これに限らず、どのような契機でRT遊技に移行するか、及びどのような契機でRT遊技を終了するかは、種々の条件を任意に設定することが可能であり、本実施形態で示したものに限定されるものではない。例えば、特別遊技の終了後の所定回数の遊技で、RT遊技を実行するようにしても良い。
(4)本実施形態では、RT遊技中の演出については特に言及していないが、例えばRT遊技中は、特別役の当選を持ち越している期待度(信頼度)に応じて、それぞれ所定の演出を出力するようにしても良い。
(5)本実施形態では、役抽選テーブル62bが用いられている遊技で特別役及びリプレイに重複当選したときは、常に、当該遊技でリプレイが入賞するようにした。しかし、これに限らず、リプレイが入賞しないことがあるように制御される場合には、当該遊技で当選した特別役が入賞することがある。このときは、その遊技でRT遊技を終了し、次遊技からは特別遊技を実行すれば良い。
本実施形態におけるスロットマシンの制御の概略を示すブロック図である。 本実施形態における役の種類と図柄の組合せを示す図である。 本実施形態における役抽選テーブルを示す図である。
符号の説明
10 スロットマシン
21 ランプ
22 スピーカ
23 画像表示装置
31 リール
32 モータ
40 ベットスイッチ
41 スタートスイッチ
42 ストップスイッチ
60 遊技制御手段
61 役抽選手段
62(62a〜62d) 役抽選テーブル
63 役抽選テーブル切替え手段
64 特別役当選持越し手段
65 リール停止制御手段
66 停止位置決定テーブル
67 停止図柄判別手段
68 払出し手段
69 特別遊技制御手段
69a 特別遊技状態フラグ
70 演出制御手段

Claims (4)

  1. リールを始動させるためのスタートスイッチと、
    リールを停止させるためのストップスイッチと、
    抽選される役の種類と各役の当選確率とを定めたものであって、各役ごとの当選領域に分けられた抽選領域を有する役抽選テーブルと、
    前記スタートスイッチが操作されたときに、前記役抽選テーブルのいずれかの前記抽選領域に該当する乱数を抽出することにより、役の抽選を行う役抽選手段と、
    前記ストップスイッチが操作されたときに、前記役抽選手段による役の抽選結果に基づいて、前記リールの停止時における停止制御の範囲内でその操作された前記ストップスイッチに対応する前記リールを停止させるように制御するリール停止制御手段と、
    前記役抽選手段で特別役に当選し、前記リールの停止時に予め定められた特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したときは、特別遊技に移行する特別遊技制御手段と
    を備え、
    特別役は、当選後は、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するまでの遊技において、次遊技以降に当選を持ち越す役であり、
    特別役以外の役として、当選した遊技でのみ有効となり、次遊技以降に当選を持ち越さないリプレイを有し、
    前記役抽選テーブルは、
    特別役とリプレイとの重複当選領域を有し、かつ、特別役の当選領域の全てがリプレイの当選領域と重なるように設定され、さらに非当選領域よりもリプレイの当選領域の方が大きく設定された役抽選テーブルBと、
    非当選領域よりもリプレイの当選領域の方が大きく設定された役抽選テーブルDとを有し、
    前記リール停止制御手段は、前記役抽選テーブルBが用いられた遊技であって特別役とリプレイとに重複当選した遊技では、常に、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることで、当該遊技では特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように前記リールを停止制御し、
    前記役抽選手段は、前記役抽選テーブルBが用いられた遊技で特別役に当選し、特別役の当選を持ち越したときは、所定の終了条件を満たすまで、前記役抽選テーブルDを用いて役の抽選を行い、
    前記リール停止制御手段は、前記役抽選テーブルDを用いている遊技でリプレイに当選した遊技では、常に、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させ、特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないように前記リールを停止制御する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  2. 請求項1に記載のスロットマシンにおいて、
    前記役抽選テーブルは、
    特別役及びリプレイの各当選領域を有し、特別役とリプレイとの当選領域が重ならないように設定された役抽選テーブルAと、
    前記役抽選テーブルAの特別役の当選領域が非当選領域に設定された役抽選テーブルCとを有し、
    前記役抽選テーブルAが用いられている遊技で特別役に当選し、当該遊技で特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しなかったときは、次遊技以降は前記役抽選テーブルCを用いるように制御し、
    前記役抽選テーブルBの使用を終了するための条件を満たしたときは、次遊技以降は前記役抽選テーブルAを用いるように制御し、
    前記役抽選テーブルDの使用を終了するための条件を満たしたときは、次遊技以降は前記役抽選テーブルCを用いるように制御する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  3. 請求項2に記載のスロットマシンにおいて、
    前記役抽選テーブルには、特定小役当選領域が設けられており、
    前記役抽選テーブルAが用いられている遊技で特定小役に当選し、かつ特定小役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したことを条件として、次遊技から前記役抽選テーブルBを用いる
    ことを特徴とするスロットマシン。
  4. 請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、
    前記役抽選テーブルB又は前記役抽選テーブルDを用いている遊技では、特別役の当選を持ち越しているか否かに応じて、特別役の当選を持ち越している期待度を示す演出を出力する
    ことを特徴とするスロットマシン。
JP2005025936A 2005-02-02 2005-02-02 スロットマシン Active JP5036018B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005025936A JP5036018B2 (ja) 2005-02-02 2005-02-02 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005025936A JP5036018B2 (ja) 2005-02-02 2005-02-02 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006212113A JP2006212113A (ja) 2006-08-17
JP5036018B2 true JP5036018B2 (ja) 2012-09-26

Family

ID=36975814

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005025936A Active JP5036018B2 (ja) 2005-02-02 2005-02-02 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5036018B2 (ja)

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5064676B2 (ja) * 2005-12-02 2012-10-31 株式会社平和 遊技機
JP4751342B2 (ja) * 2007-01-24 2011-08-17 株式会社三共 スロットマシン
JP2008188244A (ja) * 2007-02-05 2008-08-21 Samii Kk スロットマシン
JP4925439B2 (ja) * 2007-02-05 2012-04-25 サミー株式会社 スロットマシン
JP4925440B2 (ja) * 2007-02-05 2012-04-25 サミー株式会社 スロットマシン
JP4925438B2 (ja) * 2007-02-05 2012-04-25 サミー株式会社 スロットマシン
JP4986030B2 (ja) * 2007-02-05 2012-07-25 サミー株式会社 スロットマシン
JP5480465B2 (ja) * 2007-05-22 2014-04-23 株式会社平和 回胴式遊技機
JP4921275B2 (ja) * 2007-07-31 2012-04-25 ダイコク電機株式会社 スロットマシン
JP4660517B2 (ja) * 2007-08-31 2011-03-30 株式会社藤商事 回胴式遊技機
JP5411435B2 (ja) * 2008-02-26 2014-02-12 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2009261548A (ja) * 2008-04-24 2009-11-12 Aruze Corp 遊技機
JP2010110568A (ja) * 2008-11-10 2010-05-20 Sammy Corp スロットマシン
JP5679142B2 (ja) * 2009-04-02 2015-03-04 株式会社三共 スロットマシン
JP4869433B2 (ja) * 2010-12-25 2012-02-08 株式会社藤商事 回胴式遊技機
JP2016129723A (ja) * 2016-04-18 2016-07-21 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP6535113B2 (ja) * 2018-01-09 2019-06-26 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3831283B2 (ja) * 2001-03-30 2006-10-11 株式会社オリンピア 遊技機
JP2003010400A (ja) * 2001-04-27 2003-01-14 Olympia:Kk 遊技機及びプログラム及び記録媒体
JP2002336426A (ja) * 2001-05-21 2002-11-26 Aruze Corp 遊技機
JP3762880B2 (ja) * 2001-06-12 2006-04-05 株式会社オリンピア 遊技機及びその制御方法、制御プログラム並びにこれを記録した記録媒体
JP4076830B2 (ja) * 2002-09-24 2008-04-16 山佐株式会社 遊技機
JP2004147714A (ja) * 2002-10-29 2004-05-27 Yamasa Kk スロットマシン
JP2004222873A (ja) * 2003-01-21 2004-08-12 Samii Kk スロットマシン
JP2004290596A (ja) * 2003-03-28 2004-10-21 Samii Kk スロットマシン
JP4447854B2 (ja) * 2003-06-16 2010-04-07 株式会社大都技研 スロットマシン
JP4783557B2 (ja) * 2004-04-22 2011-09-28 株式会社三共 スロットマシン
JP2005349117A (ja) * 2004-06-14 2005-12-22 Daito Giken:Kk 遊技台

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006212113A (ja) 2006-08-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5036018B2 (ja) スロットマシン
JP4878122B2 (ja) スロットマシン
JP4853856B2 (ja) スロットマシン
JP4974346B2 (ja) スロットマシン
JP4963204B2 (ja) スロットマシン
JP5046358B2 (ja) スロットマシン
JP2006149977A (ja) スロットマシン
JP2006141654A (ja) スロットマシン
JP4803700B2 (ja) スロットマシン
JP5213196B2 (ja) スロットマシン
JP2007000333A (ja) スロットマシン
JP4666499B2 (ja) スロットマシン
JP2007089627A (ja) スロットマシン
JP2007330627A (ja) スロットマシン
JP2006280745A (ja) スロットマシン
JP2006055386A (ja) スロットマシン
JP5201715B2 (ja) スロットマシン
JP5146968B2 (ja) スロットマシン
JP4636493B2 (ja) スロットマシン
JP2008272376A (ja) スロットマシン
JP5224258B2 (ja) スロットマシン
JP4958226B2 (ja) スロットマシン
JP2011177587A (ja) スロットマシン
JP2007209499A (ja) スロットマシン
JP2008136779A (ja) スロットマシン

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080108

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100720

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100803

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100930

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110524

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110721

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120327

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120515

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120605

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120702

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5036018

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150713

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250