JP5032298B2 - The absorbent article - Google Patents

The absorbent article

Info

Publication number
JP5032298B2
JP5032298B2 JP2007338125A JP2007338125A JP5032298B2 JP 5032298 B2 JP5032298 B2 JP 5032298B2 JP 2007338125 A JP2007338125 A JP 2007338125A JP 2007338125 A JP2007338125 A JP 2007338125A JP 5032298 B2 JP5032298 B2 JP 5032298B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007338125A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008104889A (en )
Inventor
伸之 上塩入
研策 内田
秀之 石黒
育夫 窪田
Original Assignee
花王株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、ウェットインジケーター組成を用いた吸収性物品に関するものである。 The present invention relates to an absorbent article using the wet indicator composition. 本発明に係るウェットインジケーター組成物は熱可塑性及び柔軟性を持ち、初期色相が無色であり、水に濡れると応答性良く発色し、水濡れを通知する機能を持つ。 Wet indicator composition according to the present invention has a thermoplastic and flexibility, the initial hue is colorless, and good response coloring wetted by water and has a function of notifying the wet. これらの特性を活かして、種々の用途に有効に使用することができる。 Taking advantage of these properties, it can be effectively used in various applications.

近年、水に濡れた事を通知する機構としてウェットインジケーターが使用されている。 Recently, wet indicator is used as a mechanism for notifying that the wet water. この用途の一つとして、使い捨て不織布吸収性製品と組み合わせて、乳児が尿をしたことを直接みなくてもわかることで交換時期を通知する技術が知られている(特許文献1及び2)。 As one of the applications, in combination with a disposable nonwoven absorbent products, infant there is known a technique for notifying replacement timing by understood without looking directly in that the urine (Patent Documents 1 and 2).

特表2004−512425号公報 JP-T 2004-512425 JP 特開2005−261466号公報 JP 2005-261466 JP

特許文献1に開示されている技術は、最初から色がついているウェットインジケーターが変色するという機構であり、オムツ表面にデザインがある場合にはそのデザインを隠蔽したり汚損してしまうという欠点があった。 Technique disclosed in Patent Document 1, a mechanism called wet indicator color from the beginning is attached is discolored, a drawback that when there is a design on the diaper surface will be soiled or conceal its design It was.

特許文献2に開示されている技術は、無色のウェットインジケーターが体液と接触することで発色するという機構であるため、オムツ表面のデザインの隠蔽や汚損といった不都合は生じにくいものの、該ウェットインジケーターの水濡れに対する発色の素早さ(応答性)の点で改善の余地があった。 Technique disclosed in Patent Document 2, since a colorless wet indicator is a mechanism that is colored by contact with body fluids, although such concealment and fouling design of the diaper surface inconvenience hardly occurs, water of the wet indicator quickness of color to wetting there is room for improvement in terms of (responsiveness).

また、従来のウェットインジケーターが使用された使い捨て不織布吸収性製品に関しては、尿に濡れなくても湿度によって自然発色してしまい、使用に耐えなくなった例も報告されている。 Regarding the conventional disposable nonwoven absorbent product wet indicator is used, even without wet urine would naturally developed by humidity, are examples that became unusable reported. 更にアプリケーションとして塗布時の粘度が非常に低く塗布しづらいという報告も為されている。 Furthermore the viscosity at the time of application have been made also reported that hard coated very low as an application.

従って、本発明の目的は熱可塑性及び柔軟性を持ち、初期の色相が無色であり、水濡れによって応答性よく鮮やかに発色、なおかつ水濡れ以外での吸湿等では発色しないウェットインジケーター組成物を用いた吸収性物品を提供することにある。 Use therefore an object of the present invention has a thermoplastic and flexibility, the initial hue colorless, with good response brilliantly developed by wetting, yet the wet indicator composition that does not color the moisture or the like in the non-wet It is to provide an absorbent article had.

本発明は、表面シート、裏面シート及び両シート間に介在された吸収体を具備し、体液と接触することにより変色するホットメルト組成物が塗布された吸収性物品であって、前記ホットメルト組成物は、pH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)0.1〜5重量%、界面活性剤(b)20〜90重量%、ポリアルキレングリコール(c)5〜55重量%、カルボキシル基を有するポリマー(d)0〜70重量%、(b)及び(d)以外の酸性物質(e)0.1〜5重量%を含有する吸収性物品に関する。 The present invention comprises a topsheet, absorbent body interposed between the backsheet and the two sheets, a absorbent article hot melt composition is applied that changes color upon contact with bodily fluids, the hot melt composition things, pH indicator (a) 0.1 to 5% by weight of color in an acidic region in a substantially colorless pH 7, the surfactant (b) 20 to 90 wt%, the polyalkylene glycol (c) 5 to 55 weight %, the polymer having a carboxyl group (d) 0 to 70 wt%, relates to absorbent articles containing 0.1-5 wt% (b) and (d) other than the acidic substance (e).

また、本発明は、前記吸収性物品を、チタン含有量が8重量%未満の包装材で包装してなる吸収性物品の包装構造に関する。 Further, the present invention, the absorbent article, relates to a packaging structure of an absorbent article titanium content is packaged in packaging material of less than 8% by weight.

特定のpH指示薬と、ポリアルキレングリコールとを特定の配合比で含む本発明に係る組成物により、熱可塑性及び柔軟性の面で有効であり、初期色相が無色で水に濡れると応答性良く発色し、防湿性に優れた水濡れを通知するウェットインジケーター機能のバランスのとれた組成物を提供することができた。 And certain pH indicator, the composition according to the present invention comprising a polyalkylene glycol at a specific blending ratio, it is effective in terms of thermoplastic and flexibility, the initial hue wet with water a colorless and a good response coloring and, it is possible to provide a balanced composition of the balance of the wet indicator function of notifying a superior wet moisture resistance.

また、通常、ポリアルキレングリコールなど親水性のポリマー配合量を増やすと防湿性が低下するが、本発明においては、適量を使用することにより界面活性剤との間にpH指示薬や酸性物質が取り込まれるため、むしろ防湿性を向上できた。 Also, usually, moisture resistance by increasing the hydrophilicity of the polymer amount polyalkylene glycol is reduced. In the present invention, pH indicator and acidic substances are incorporated between the surfactant by using a suitable amount because, it was possible but rather improve the moisture resistance.

本発明の吸収性物品によれば、ホットメルト組成物として、前記成分(a)〜(e)を含有する本発明に係るウェットインジケーター組成物を用いているため、尿、便、血液などの体液の排泄をおむつの使用者に速やかに知らせることができる。 According to the absorbent article of the present invention, as a hot melt composition, due to the use of wet indicator composition according to the present invention containing the components (a) ~ (e), urine, feces, body fluids such as blood it is possible to inform the excretion quickly to the user of the diaper. また、該ホットメルト組成物の変色時の色及び塗布パターンの選択の幅が広いため、意匠性に優れた吸収性物品を比較的安価に提供できる。 Further, since the range of choice of the color and the coating pattern when discoloration of the hot melt composition is wide, it can provide an absorbent article which is excellent in design properties at a relatively low cost.

本発明の吸収性物品の包装構造によれば、色可逆性を有し且つ耐候性に優れたインジケーター(ホットメルト組成物)を備えた本発明の吸収性物品を収容するものであるため、開封前の湿気などに起因するインジケーターの変色にともなう製品廃棄を減らすことができ、また、インジケーターの変色の原因となる外光を遮断するために包装材に含有されるチタンの量を従来品よりも減らすことができ、高品質の包装構造を安価に提供することができる。 According to the packaging structure of the absorbent article of the present invention, since they are to accommodate the absorbent article of the present invention with and weather resistance excellent indicator has a color reversible (hot melt composition), opening can reduce product waste due to discoloration of the indicator caused by such prior moisture, also the amount of titanium contained in the packaging material in order to shield external light that causes discoloration of the indicator than conventional it can reduce the packaging structure of a high quality can be provided at a low cost.

[pH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)] [PH indicator which develops a color in an acidic region in a substantially colorless pH 7 (a)]
本発明に係るウェットインジケーター組成物における、pH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)(以下、pH指示薬(a)ともいう)は、ウェットインジケーター組成物を発色させるものである。 In wet indicator composition according to the present invention, a pH indicator which develops color in an acidic region in a substantially colorless pH 7 (a) (hereinafter, also referred to as a pH indicator (a)) are those which develop the wet indicator composition .

pH指示薬(a)としては、一般にカラーフォーマーと言われるラクトン構造を有するものが水濡れ前の色相の薄さと水濡れ後の発色の鮮やかさから好適である。 The pH indicator (a), are generally preferred having a lactone structure called color formers from vividness of color after thinness and wetting of wetting the previous hue.

本発明に係るウェットインジケーター組成物におけるpH指示薬(a)の配合量は、ウェットインジケーター組成物の重量に対して0.1〜5重量%、特に0.5〜2.5重量%の範囲にあることが好ましい。 The amount of the pH indicator in the wet indicator composition according to the present invention (a) is 0.1 to 5% by weight relative to the weight of the wet indicator composition, in particular from 0.5 to 2.5 wt% it is preferable. pH指示薬(a)の配合量が0.1重量%未満の場合は水濡れ後の発色の鮮やかさが悪く、一方5重量%を超える場合には水濡れ前の色相が濃くなり好ましくない。 If the amount of the pH indicator (a) is less than 0.1 wt% poor vividness of color after wetting, whereas undesirable darker hue before water wet when more than 5 wt%.

[界面活性剤(b)] Surfactant (b)]
本発明に係るウェットインジケーター組成物における界面活性剤(b)は、ウェットインジケーター組成物中の各成分の分散を助け親水性物質と疎水性物質との混合を均一にするために配合される。 Surfactant in wet indicator composition according to the present invention (b) is formulated in order to equalize the mixing of the hydrophilic substance and a hydrophobic substance helps the dispersion of the components of the wet indicator composition.

界面活性剤(b)としては、アニオン系界面活性剤、ノニオン系界面活性剤、カチオン系界面活性剤、両性界面活性剤等を挙げることができる。 As the surfactant (b), anionic surfactant, nonionic surfactant, cationic surfactant, may be mentioned amphoteric surfactants. アニオン系界面活性剤としては、アルキル硫酸エステル塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステル塩、アルキルベンゼンスルホン酸塩、脂肪酸塩、ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物等がある。 Examples of the anionic surfactant, alkyl sulfates, polyoxyethylene alkyl ether sulfate, alkyl benzene sulfonates, fatty acid salts, naphthalene sulfonic acid-formalin condensate. ノニオン系界面活性剤としては、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビトール脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンアルキルアミン、アルキルアルカノールアミド等がある。 Examples of the nonionic surfactant include polyoxyethylene alkyl ethers, sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitol fatty acid esters, glycerin fatty acid esters, polyoxyethylene fatty acid esters, polyoxyethylene hardened castor oil, polyoxyethylene alkyl amines, and alkyl alkanol amides. カチオン系界面活性剤としては、アルキルアミン塩、第四級アンモニウム塩等がある。 As the cationic surfactant, alkyl amine salts, quaternary ammonium salts and the like. 両性界面活性剤としては、アルキルベタイン、アルキルアミノキサイド等を挙げる事が出来る。 Examples of the amphoteric surfactant include alkyl betaines, alkyl amino key side or the like can be mentioned.

界面活性剤(b)は、他成分との分散安定性の関係や水濡れ前の色相、水濡れ後の発色性への影響からノニオン系界面活性剤であることが好ましく、特にポリオキシアルキレンアルキルエーテルもしくはポリオキシエチレン誘導体であることが好ましい。 Surfactant (b) is preferably dispersion stability relationships and wet before the hue with the other components, the effect on the color development property after wetting a nonionic surfactant, in particular polyoxyalkylene alkyl it is preferably an ether or a polyoxyethylene derivative.

本発明に係るウェットインジケーター組成物における界面活性剤(b)の配合量は、ウェットインジケーター組成物の重量に対して20〜90重量%、特に45〜65重量%の範囲にあることが好ましい。 The amount of the surfactant (b) in the wet indicator composition according to the present invention, 20 to 90% by weight relative to the weight of the wet indicator composition, preferably in the range especially from 45 to 65 wt%. 界面活性剤(b)の配合量が20重量%未満の場合、他成分との分散安定性の低下や初期の色相不良が見られ、一方配合量が90重量%を超える場合には粘度の低下による塗布加工性の低下や防湿性の低下が発生し、好ましくない。 When the amount of the surfactant (b) is less than 20 wt%, dispersion stability and a decrease in initial hue defects observed with other components, whereas reduction in viscosity when the amount is more than 90 wt% and decline in moisture resistance of the coating workability due occurs, undesirable.

[ポリアルキレングリコール(c)] [Polyalkylene glycol (c)]
本発明に係るウェットインジケーター組成物におけるポリアルキレングリコール(c)は、ウェットインジケーター組成物の防湿性を向上させたり、発色の応答性を調整するものである。 Polyalkylene glycol in the wet indicator composition according to the present invention (c) is, or to improve the moisture resistance of the wet indicator composition, and adjusts the response of the color.

ポリアルキレングリコール(c)としては、ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール等を挙げる事が出来る。 The polyalkylene glycol (c), it is possible and polyethylene glycol, polypropylene glycol.

本発明に係るウェットインジケーター組成物におけるポリアルキレングリコール(c)の配合量は、ウェットインジケーター組成物の重量に対して5〜55重量%、特に10〜20重量%の範囲にあることが好ましい。 The amount of the polyalkylene glycol in the wet indicator composition according to the present invention (c) is 5 to 55% by weight relative to the weight of the wet indicator composition, particularly preferably in the range of 10 to 20 wt%. ポリアルキレングリコール(c)の配合量が5重量%未満ではウェットインジケーター組成物の防湿性が低下し、一方55重量%を超える場合にはやはり防湿性が低下するため好ましくない。 Amount of polyalkylene glycol (c) is less than 5% by weight reduces the moisture of the wet indicator composition, whereas also undesirable because moisture resistance is lowered if it exceeds 55 wt%.

[カルボキシル基を有するポリマー(d)] [Polymer having carboxyl group (d)]
本発明に係るウェットインジケーター組成物におけるカルボキシル基を有するポリマー(d)は、ウェットインジケーター組成物の防湿性を向上させたり、粘度を調整するものである。 Polymer (d) having a carboxyl group in the wet indicator composition according to the present invention, or to improve the moisture resistance of the wet indicator composition is used for adjusting the viscosity. 特に、アルキレンアクリル酸共重合体が、他の原料との相溶性の点で好ましい。 In particular, alkylene acrylate copolymer is preferred in terms of compatibility with other ingredients.

カルボキシル基を有するポリマー(d)としては、EAA(エチレンアクリル酸)、EMAA(エチレンアクリル酸メチル)、EMMA(エチレンメタクリル酸メチル)を挙げることができる。 The polymer (d) having a carboxyl group, EAA (ethylene acrylic acid), EMAA (ethylene methyl acrylate), mention may be made of EMMA (ethylene methyl methacrylate).

本発明に係るウェットインジケーター組成物におけるカルボキシル基を有するポリマー(d)の配合量は、ウェットインジケーター組成物の重量に対して0〜70重量%、特に20〜60重量%の範囲にあることが好ましい。 The amount of polymer (d) having a carboxyl group in the wet indicator composition according to the present invention, 0 to 70% by weight relative to the weight of the wet indicator composition, preferably in the range especially from 20 to 60 wt% . ポリマー(d)の配合量が70重量%を超える場合には、水濡れ前の色相が濃くなり好ましくない。 If the amount of the polymer (d) is more than 70% by weight, wet previous hue darker undesirably.

[(b)及び(d)以外の酸性物質(e)] [(B) and (d) other than the acidic substance (e)]
本発明に係るウェットインジケーター組成物における(b)及び(d)以外の酸性物質(e)(以下、酸性物質(e)ともいう)は、ウェットインジケーター組成物に配合されるpH指示薬(a)の水濡れ時の発色のための顕色剤として配合される。 In wet indicator composition according to the present invention (b) and (d) other than the acidic substance (e) (hereinafter also referred to as acidic substance (e)) is, pH indicator to be incorporated in the wet indicator composition of (a) It is formulated as a color developer for color development upon wetting.

酸性物質(e)としては、クエン酸、コハク酸、グルコン酸、乳酸、フマル酸、リンゴ酸、シュウ酸、酢酸、蟻酸、尿酸、塩酸、硫酸、リン酸、硝酸などを挙げる事ができる。 The acidic substance (e), citric acid, succinic acid, gluconic acid, lactic acid, fumaric acid, malic acid, oxalic acid, acetic acid, formic acid, uric acid, hydrochloric acid, may be mentioned sulfuric acid, phosphoric acid, nitric acid and the like.

酸性物質(e)は、ウェットインジケーター組成物の水濡れ前の色相などから、25℃で固体である酸を配合することが好ましい。 Acidic substance (e) from such wet before hue wet indicator composition, preferably formulated acid which is solid at 25 ° C..
また、酸性物質(e)は、水濡れを通知するウェットインジケーター機能を発現させる観点から、23℃で固体であることが好ましい。 Further, the acidic material (e), from the viewpoint of exhibiting a wet indicator function of notifying the wet, is preferably solid at 23 ° C..

本発明に係るウェットインジケーター組成物における酸性物質(e)の配合量は、ウェットインジケーター組成物の重量に対して0.1〜5重量%、特に0.5〜1.5重量%であることが好ましい。 The amount of acidic material (e) in the wet indicator composition according to the present invention, 0.1 to 5% by weight relative to the weight of the wet indicator composition, to be particularly 0.5-1.5 wt% preferable. 酸性物質(e)の配合量が0.1重量%未満の場合には水濡れ後の発色が薄く、一方5重量%を越える場合には水濡れ前の色相が濃すぎて好ましくない。 If the amount of the acidic substance (e) is less than 0.1% by weight thin color after wetting, whereas undesirable if it exceeds 5 wt% hue before wetting is too dark.

本発明に係るウェットインジケーター組成物を構成する、界面活性剤(b)、ポリアルキレングリコール(c)、及びカルボキシル基を有するポリマー(d)は、低温での塗工適正を有することや熱劣化を防ぐ点で、いずれも130℃以下の軟化点(R&B式)を有するものが好ましい。 Constituting the wet indicator composition according to the present invention, the surfactant (b), polyalkylene glycol (c), and a polymer having a carboxyl group (d) is that or thermal degradation with the proper coating at low temperature in terms of preventing both preferably have 130 ° C. softening point below the (R & B system).

R&B式軟化点の測定方法は、「日本工業規格」JIS(JAPAN Industrial Standard)K 6863−1944による環球法による軟化点試験方法により規定されている。 Method of measuring the R & B softening point is defined by the softening point test method according to "Japanese Industrial Standards" JIS (JAPAN Industrial Standard) ring and ball method according to K 6863-1944.

以下に、上述した本発明に係るウェットインジケーター組成物を用いた本発明の吸収性物品について、その好ましい実施形態に基づき図面を参照して説明する。 Hereinafter, the absorbent article of the present invention using a wet indicator composition according to the present invention described above will be explained with reference to the drawings based on its preferred embodiments.
図1には、本発明の第1実施形態としての展開型の使い捨ておむつが示されている。 Figure 1 is shown expanded type disposable diaper as a first embodiment of the present invention. 図2は、図1におけるI−I線断面図である。 Figure 2 is a sectional view taken along line I-I in FIG.

第1実施形態のおむつ1は、液透過性の表面シート2、透湿性及び液不透過性の裏面シート3、及び両シート2,3間に介在された液保持性の吸収体4を具備している。 The diaper 1 of the first embodiment, a liquid permeable topsheet 2, provided with a moisture permeable and liquid impermeable backsheet 3, and a liquid retentive absorbent member 4 interposed between the sheets 2 and 3 ing. おむつ1は、図1に示すように、実質的に縦長に形成されており、長手方向中央部に股下部Aを有し、且つ股下部Aから長手方向前後にそれぞれ延びる腹側部B及び背側部Cを有している。 Diaper 1, as shown in FIG. 1, substantially are vertically formed, has a crotch portion A in the longitudinal center portion, and each extending from the crotch portion A in the longitudinal longitudinally ventral B and back and a side C. 股下部Aはおむつ着用時に着用者の股下に位置する部位、腹側部Bは着用者の腹側に位置する部位、背側部Cは着用者の背中側に位置する部位である。 Site crotch portion A located at the crotch of the wearer when the diaper worn, the ventral B is site located ventral of the wearer, the rear section C is a portion located on the back side of the wearer. 股下部Aは、おむつ長手方向を3等分したときの中央領域である。 Crotch section A is the central region when the diaper longitudinal direction is divided into three equal parts.

おむつ1は、図1に示す展開状態において、股下部Aが位置する長手方向中央部が括れた砂時計状の輪郭を有している。 Diaper 1, in the deployed state shown in FIG. 1, it has an hourglass shaped contour longitudinal central portion is constricted crotch section A is located. 表面シート2及び裏面シート3は、吸収体4の左右両側縁及び前後両端から外方に延出しており、それらの延出部において接着剤等の接合手段により互いに接合されている。 Topsheet 2 and the backsheet 3 extends outward from the left and right side edges and front and rear ends of the absorbent core 4 are joined to each other by bonding means such as an adhesive in their extending portions. 裏面シート3は、おむつ1の砂時計状の輪郭を画成している。 Backsheet 3 defining an hourglass shaped contour of the diaper 1. 表面シート2は、その幅方向の寸法が、裏面シート3の幅方向の寸法よりも小さくなっており、表面シート2の左右両側縁(おむつ幅方向の両端縁)は、裏面シート3の左右両側縁(おむつ幅方向の両端縁)よりも、おむつ幅方向の内方に位置している。 Topsheet 2, the dimensions in the width direction, is smaller than the width dimension of the back sheet 3, left and right side edges (both edges of the diaper width direction) of the surface sheet 2, the left and right sides of the backsheet 3 edge than (both edges of the diaper width direction) are located inwardly of the diaper width direction.

吸収体4は、液保持性の吸収性コア41を液透過性の被覆シート42で被覆することにより形成されている。 Absorber 4 is formed by coating the absorbent core 41 of the liquid retention in the liquid-permeable cover sheet 42. 吸収性コア41は、パルプ繊維や吸収性ポリマー等の吸収性物質を含んで構成され、実質的に縦長で、平面視において長手方向中央部が括れた砂時計状の輪郭を有している。 The absorbent core 41 is configured to include an absorbent material such as pulp fibers and absorbent polymer, substantially vertically, and has an hourglass-shaped contour in the longitudinal direction central portion is constricted in a plan view. 吸収性コア41は、その長手方向の両端面を除き、全体が被覆シート42で被覆されている。 The absorbent core 41, except for both end surfaces thereof in the longitudinal direction, and the whole is covered with the cover sheet 42. 被覆シート42は、吸収性コア41を被覆することにより、その保形性を保ち、また、吸収性ポリマー等の吸収性コア41の構成成分の脱落を防止するものである。 Cover sheet 42 by coating the absorbent core 41, it keeps its shape retention, and also, to prevent falling off of components of the absorbent core 41 such as the absorbent polymer. 吸収体4は、表面シート2と裏面シート3との間におけるおむつ幅方向の中央部に、その長手方向をおむつ長手方向に一致させて配されている。 Absorbent body 4, the central portion of the diaper width direction between the topsheet 2 and the backsheet 3 are arranged by matching the longitudinal direction in the diaper longitudinal direction.

被覆シート42は、寸法の異なる2枚のシートから構成されている。 Cover sheet 42 is composed of two sheets of different sizes. 1枚は、吸収性コア41の長手方向及び幅方向の長さ(ここでいう吸収性コア41の幅方向の長さは、幅方向の最大長さを意味する)と同一寸法の上部被覆シート42aであり、他の1枚は、長手方向の長さは上部被覆シート42a(吸収性コア41)の長手方向の長さと同一であるが、上部被覆シート42aより幅広の下部被覆シート42bである。 One, the upper cover sheet in the longitudinal direction and the width direction length (width direction length of the absorbent core 41 here means the maximum length in the width direction) the same size of the absorbent core 41 is 42a, the one other, the length of the longitudinal direction is the same as the longitudinal length of the upper cover sheet 42a (absorbent core 41), is the wide lower cover sheet 42b from the upper cover sheet 42a . 上部被覆シート42aは、吸収性コア41の肌対向面と対向して配されている。 Upper cover sheet 42a is disposed to face the skin-facing side of the absorbent core 41. 下部被覆シート42bは、吸収性コア41の非肌対向面と対向して配され、且つ吸収性コア41の両側縁から延出した部分が、該吸収性コア41の肌対向面を被覆する上部被覆シート42a上に巻き上げられている。 Lower cover sheet 42b is disposed in the non-skin-facing surface facing the absorbent core 41 and extending therefrom a portion from both side edges of the absorbent core 41, covering the skin-facing side of the absorbent core 41 upper and wound up on the cover sheet 42a. 上部被覆シート42aと吸収性コア41の肌対向面との間、及び下部被覆シート42bと吸収性コア41の非肌対向面との間は、それぞれ、粘着剤等の接合手段により接合されている。 Between the top cover sheet 42a and the skin-facing side of the absorbent core 41, and between the non-skin-facing surface of the lower cover sheet 42b and the absorbent core 41 are respectively bonded by a bonding means such as adhesive .

尚、本明細書において、長手方向は、当該部材の長辺と平行な方向であり、幅方向は、当該部材の長手方向と直交する方向である。 In the present specification, the longitudinal direction is the direction parallel to the long sides of the member, the width direction is a direction perpendicular to the longitudinal direction of the member.
また、本明細書において、肌対向面は、当該部材における、おむつ着用時に着用者の肌側に向けられる面であり、非肌対向面は、当該部材における、おむつ着用時に着衣側に向けられる面(着衣対向面)である。 The surface in the present specification, the skin facing surface of the member is a surface directed to the skin side of the wearer when the diaper worn, the non-skin facing surface, which is directed at the member, the garment side when the diaper worn is (garment facing surface).

第1実施形態のおむつ1においては、裏面シート3と吸収体4(下部被覆シート42b)との間に、尿、便、血液等の体液と接触することにより変色するホットメルト組成物が塗布されて、インジケーター5が設けられている。 In the diaper 1 of the first embodiment, between the backsheet 3 and the absorbent body 4 (the lower cover sheet 42b), urine, feces, hot melt composition that changes color upon contact with bodily fluids such as blood is applied Te, the indicator 5 is provided. インジケーター5(ホットメルト組成物)は、使用前は無色あるいは白色(実質的に無色)であり、体液と接触すると他の色に変色する変色機能を有している。 Indicator 5 (hot melt composition) prior to use a colorless or white (substantially colorless), upon contact with body fluids and has a color change function to change color to another color. インジケーター5は、着用者(例えば乳幼児)の体液の排泄を使用者(例えば母親)に知らせるインジケーター手段としての機能の他、裏面シート3と吸収体4との間を接合する接合手段としての機能も果たしている。 The indicator 5 is another of the wearer (e.g., infants) user excretion of body fluid (e.g. mother) functions as an indicator means for informing the even function as a joining means for joining between the back sheet 3 and the absorber 4 there really. インジケーター5を設ける際は、裏面シート3の肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良く、吸収体4(下部被覆シート42b)の非肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良い。 When providing the indicator 5 may be coated with hot melt composition on the skin-facing surface of the backsheet 3, the hot melt composition is applied on the non-skin-facing side of the absorbent body 4 (the lower cover sheet 42b) and it may be.

インジケーター5(ホットメルト組成物)は、裏面シート3と吸収体4(下部被覆シート42b)との間における股下部Aのおむつ幅方向中央部に、股下部Aのおむつ長手方向の全長に亘って連続的に設けられている。 Indicator 5 (hot melt composition), to the diaper width direction central portion of the crotch portion A between the back sheet 3 and the absorber 4 (the lower cover sheet 42b), over the diaper longitudinal direction of the length of the crotch portion A continuously provided. おむつ着用時に着用者がうつ伏せの姿勢又は仰向け姿勢において、背側部又は腹側部に設けられたインジケーター5が視認できるような位置に設けられることが好ましい。 In posture or supine posture of the wearer prone during wearer, it is preferable that the indicator 5 provided on the back side or ventral side is provided at such a position that can be visually recognized. インジケーター5は、例えば、ベビー用おむつの場合、細長の長方形形状を有しており、その長手方向の長さは、好ましくは30〜200mm、更に好ましくは50〜150mmであり、幅方向の長さは、好ましくは2〜300mm、更に好ましくは5〜20mmである。 The indicator 5, for example, in the case of baby diapers, have an elongated rectangular shape, the length in the longitudinal direction is preferably 30 to 200 mm, more preferably 50 to 150 mm, the length in the width direction is preferably 2~300Mm, more preferably 5 to 20 mm.

インジケーター5の腹側部B寄りの長手方向一端5bと、おむつ1の腹側部B側の長手方向一端1bとの間の最短距離L1は、おむつ1の長手方向の全長に対して、好ましくは20〜40%、更に好ましくは25〜30%の範囲にある。 The longitudinal end 5b of the flank B side of the indicator 5, the shortest distance L1 between the longitudinal end 1b of the flank side B of the diaper 1, the longitudinal direction of the entire length of the diaper 1, preferably 20-40%, more preferably in the range of 25-30 percent.
また、インジケーター5の背側部C寄りの長手方向他端5cと、おむつ1の背側部C側の長手方向他端1cとの間の最短距離L2は、おむつ1の長手方向の全長に対して、好ましくは20〜40%、更に好ましくは20〜30%の範囲にある。 Also, the other longitudinal end 5c of the rear section C side of the indicator 5, the shortest distance L2 between the longitudinal end 1c of the rear section C side of the diaper 1, the longitudinal direction of the entire length of the diaper 1 Te, preferably 20-40%, more preferably in the range of 20-30%.

インジケーター5を構成するホットメルト組成物としては、上述した本発明に係るウェットインジケーター組成物が用いられる。 The hot melt composition forming the indicator 5, wet indicator composition according to the present invention described above is used. 即ち、インジケーター5を構成するホットメルト組成物は、pH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)0.1〜5重量%、界面活性剤(b)20〜90重量%、ポリアルキレングリコール(c)5〜55重量%、カルボキシル基を有するポリマー(d)0〜70重量%、(b)及び(d)以外の酸性物質(e)0.1〜5重量%を含有する。 That is, the hot melt composition forming the indicator 5 is substantially colorless at pH indicator which develops a color in an acidic region (a) 0.1 to 5% by weight pH 7, the surfactant (b) 20 to 90 wt%, polyalkylene glycol (c) 5 to 55 wt%, the polymer having a carboxyl group (d) 0 to 70 wt%, containing 0.1 to 5 wt% (b) and (d) other than the acidic substance (e) . 各成分(a)〜(e)の配合量の合計は100重量%となる。 The total of the amount of each component (a) ~ (e) is 100 wt%. ホットメルト組成物における各成分(a)〜(e)については、上述した通りである。 For each component in a hot melt composition (a) ~ (e), it is as described above.

変色機能を有するインジケーター5(ホットメルト組成物)は、体液と接触する前は無色あるいは白色(実質的に無色)であり、体液と接触すると速やかに変色する。 Indicator 5 having a color change function (hot melt composition) is prior to contact with a body fluid is colorless or white (substantially colorless), discolor rapidly when in contact with body fluids. 変色時の色は、pH指示薬(a)を適宜選択することにより、複数色の中から自由に選択することができる。 The color when color change, by appropriately selecting the pH indicator (a), it is possible to freely choose from among a plurality of colors. 例えば、青色に変色させる場合、pH指示薬(a)としては3,3−ビス(p−ジメチルアミノフェニル)−6−ジメチルアミノフタライドを用いることができる。 For example, in the case of color change to blue, as the pH indicator (a) can be used 3,3-bis (p- dimethylaminophenyl) -6-dimethylamino lid ride. 赤色に変色させる場合、pH指示薬(a)としては3、6-ビス(ジエチルアミノ)フルオラン−γ−(4'−ニトロ)−アニリノラクタムを用いることができる。 If discolor to red, as a pH indicator (a) is 3,6-bis (diethylamino) fluoran-.gamma.-(4'-nitro) - it can be used anilino lactam. 緑色に変色させる場合、pH指示薬(a)としては2−N,N−ジベンジルアミノ−6−ジエチルアミノフルオランを用いることができる。 If discolor green, the pH indicator (a) 2-N, it is possible to use N- dibenzylamino-6-diethylaminofluoran.

インジケーター5(ホットメルト組成物)は、体液に対する応答性に優れるものが好ましく、具体的には、体液と接触してから1分以内に変色するものが好ましい。 Indicator 5 (hot melt composition) is preferably one excellent in responsiveness to bodily fluids, specifically, those that discolored after contact with body fluids within one minute is preferred. このような優れた体液応答性は、ホットメルト組成物として、上述した本発明に係るウェットインジケーター組成物を用いることにより、得ることができる。 Such excellent humoral responsiveness, as the hot melt composition, by using a wet indicator composition according to the present invention described above can be obtained.

インジケーター5(ホットメルト組成物)は、体液と接触することにより濡れて変色した後、乾燥すると変色前の色に戻る。 Indicator 5 (hot melt composition) was discolored wet by contact with body fluids, the flow returns to drying and before discoloration color. 更に、インジケーター5は、乾燥して変色前の色に戻った後に濡れると再び変色し、「濡れによる変色」、「乾燥による色戻り」を繰り返すことが可能である。 Furthermore, the indicator 5, the dried wet after returning to the previous color change color change color again, "discoloration due to wetting", it is possible to repeat the "color reversion by drying". このような色可逆性は、従来のこの種のインジケーター機能付き吸収性物品には無かった特性であり、従来のインジケーター機能付き吸収性物品においては、インジケーターは一旦濡れて変色(発色)すると、乾燥しても元の色に戻らない。 Such color reversibility conventional are not was characteristic for this type of indicator function absorbent article, in the conventional indicator function absorbent article, the indicator is once wet discoloration (color), the dried It does not return to the original color also. このため、従来のインジケーター機能付き吸収性物品は、例えばおむつの使用前に、大気中に含まれる水分等によってインジケーターが変色してしまうと、未使用にもかかわらず、廃棄せざるを得ないという問題があった。 Therefore, the conventional indicator function absorbent article, for example, prior to use of the diaper, the indicator by moisture contained in the atmosphere is discolored, despite the unused that has to be discarded there was a problem. これに対し、本実施形態のおむつ1は、インジケーター5が色可逆性を有しているため、使用前に大気中に含まれる水分等によってインジケーター5が変色しても、乾燥させて元の色(実質的に無色)に戻すことができ、このような問題を起こすことはない。 In contrast, the diaper 1 of this embodiment, since the indicator 5 has a color reversible, even when color change indicator 5 by moisture contained in the atmosphere prior to use, dried in the original color (substantially colorless) it can be returned to, does not cause such problems. 上述した色可逆性は、ホットメルト組成物として、上述した本発明に係るウェットインジケーター組成物を用いることにより、得ることができる。 Color reversibility described above, as a hot melt composition, by using a wet indicator composition according to the present invention described above can be obtained.

インジケーター5を構成するホットメルト組成物は、130℃で24時間連続して加熱されても変色機能を維持できるもの、即ち、耐熱性に優れたものが好ましい。 Hot melt composition forming the indicator 5, which can maintain the discoloration functions are heated continuously for 24 hours at 130 ° C., i.e., preferably those having excellent heat resistance. ここで、「変色機能を維持できる」とは、上記条件で加熱されたホットメルト組成物が、体液と接触したときに、加熱前と同様に変色できることを意味する。 Here, "a color change function can be maintained", the hot melt composition is heated above conditions, when in contact with body fluids, means that it is possible to change color as before heating.
このような優れた耐熱性は、ホットメルト組成物として、上述した本発明に係るウェットインジケーター組成物を用いることにより、得ることができる。 Such excellent heat resistance, as a hot melt composition, by using a wet indicator composition according to the present invention described above can be obtained.

インジケーター5を構成するホットメルト組成物は、室温40℃、相対湿度80%RHの環境下に24時間放置されても変色機能を維持できるもの、即ち、耐湿性に優れたものが好ましい。 Hot melt composition forming the indicator 5, room temperature 40 ° C., it can also keep the color change function is left for 24 hours in an environment relative humidity of 80% RH, i.e., preferably those excellent in moisture resistance. ここで、「変色機能を維持できる」とは、上記環境下に放置されたホットメルト組成物が、体液と接触したときに、上記環境下に放置される前と同様に変色できることを意味する。 Here, "a color change function can be maintained", the hot melt composition is left under the environment, when in contact with body fluids, means that it is possible to change color as before being left under the environment.
このような優れた耐湿性は、ホットメルト組成物として、上述した本発明に係るウェットインジケーター組成物を用いることにより、得ることができる。 Such excellent moisture resistance, as a hot melt composition, by using a wet indicator composition according to the present invention described above can be obtained.

インジケーター5を構成するホットメルト組成物の軟化点は、低温塗布による塗布性向上を狙う観点から、好ましくは75〜100℃、更に好ましくは75〜90℃である。 The softening point of the hot melt composition forming the indicator 5, from the viewpoint of aiming coatability improving a low temperature coating, preferably 75 to 100 ° C., more preferably 75 to 90 ° C..

インジケーター5を構成するホットメルト組成物は、該ホットメルト組成物の温度が80〜130℃のときにおける粘度を、好ましくは20〜12000mPa・sの範囲、更に好ましくは2000〜8000mPa・sの範囲で調整できるものが好ましい。 Hot melt composition forming the indicator 5, the viscosity at the time of the temperature of the hot melt composition is 80 to 130 ° C., preferably in the range of 20~12000mPa · s, more preferably in the range of 2000~8000mPa · s those that can be adjusted is preferable. 従来のこの種のおむつに使用されているホットメルト組成物の多くは、温度80〜130℃のときにおける粘度の範囲が、概ね1000〜2000mPa・sの範囲にあり、粘度の調整可能範囲が狭いため、塗布方法が限定される、直線や簡単な図形などの単純な塗布パターンしか対応できない、塗布時にホットメルト組成物が周囲に飛散したり塗布不良を起こしたりしやすい、などの不都合があった。 Many hot melt composition used in this type of conventional diapers, the range of the viscosity at the time of the temperature 80 to 130 ° C. is generally in the range of 1000~2000mPa · s, a narrow adjustable range of viscosities Therefore, the coating method is limited, only simple coating patterns such as lines and simple graphics can not cope, the hot melt composition tends to or cause or poor coating scattered around at the time of application, there is an inconvenience such as . これに対し、80〜130℃のときの粘度を20〜12000mPa・sの範囲で調整可能なホットメルト組成物を用いることにより、塗布方法の選択の幅が広がり、従来のホットメルト組成物の塗布では利用できなかったインクジェット方式などの種々の塗布方法を利用でき、複雑な塗布パターンの形成が可能となり、塗布時のホットメルト組成物の飛散、塗布不良を防止することができる。 In contrast, by using a viscosity adjustable from 20~12000mPa · s the hot melt composition at the time of 80 to 130 ° C., a wider range of choice of coating method, coating of a conventional hot melt composition in available various coating methods such as ink-jet system that was not available, it is possible to form a complex application pattern, scattering of the hot melt composition at the time of application, the coating defects can be prevented.
上記粘度範囲(20〜12000mPa・s)は、ホットメルト組成物として、上述した本発明に係るウェットインジケーター組成物を用いることにより得ることができる。 The viscosity range (20~12000mPa · s) can be obtained by using as a hot melt composition, wet indicator composition according to the present invention described above.

インジケーター5は、上述したホットメルト組成物を所定箇所に塗布し、必要に応じ塗布後に乾燥することにより、設けることができる。 Indicator 5, the hot melt composition described above was applied to a predetermined portion, by drying after as required coating, it can be provided. ホットメルト組成物の塗布方法は特に限定されず、被塗布物と接触しながら塗布する接触型、あるいは被塗布物と接触せずに塗布する非接触型の公知の塗布方法を用いることができる。 The method of coating the hot melt composition is not particularly limited, it is possible to use a non-contact type known coating method for applying without contacting the contact, or object to be coated is applied while in contact with the coating object. 例えば、ロールコーター等の接触型の各種コーターや、ビードガン、スパイラルガン、サミットガン、オメガガン、スプレーガン、コームガン、インクジェット等の非接触型の塗布装置を用いることができる。 For example, there can be used a contact type of various coaters such as a roll coater, Bidogan, spiral cancer, spray gun, Omegagan, spray gun, Komugan, a non-contact coating apparatus such as an ink jet.

インジケーター5の坪量(ホットメルト組成物の塗布量)は、塗布ムラ回避の観点から、好ましくは10〜50g/m 2 、更に好ましくは15〜25g/m 2である。 The basis weight of the indicator 5 (coating amount of the hot melt composition), from the viewpoint of uneven coating around, preferably 10 to 50 g / m 2, more preferably at 15-25 g / m 2.

以下、第1実施形態のおむつ1について更に説明する。 Hereinafter, further described diaper 1 of the first embodiment.
裏面シート3の非肌対向面側には、不織布からなる外層シート6が配されている。 The non-skin facing side of the backsheet 3, the outer layer sheet 6 made of non-woven fabric is disposed. 裏面シート3と外層シート6との間は、接着剤等の接合手段により接合されている。 Between the backsheet 3 and the outer layer sheet 6 is bonded by a bonding means such as an adhesive. 外層シート6は、裏面シート3と同形である。 The outer layer sheet 6 is a backsheet 3 and the same shape.

おむつ1は、吸収体4の幅方向側縁部の上方に立ち上がることができる立体ギャザーを備えている。 The diaper 1 has a standing gathers which can rise above the widthwise side edges of the absorbent body 4. 即ち、おむつ長手方向の両側それぞれには、弾性部材7を有する立体ギャザー形成用のシート材70が配されて、立体ギャザーが形成されている。 That is, the respective sides of the diaper longitudinal direction is arranged a sheet member 70 for standing gathers formed with an elastic member 7, standing gathers are formed.

立体ギャザー形成用のシート材70は、その一側縁に、弾性部材7が一本又は複数本(第1実施形態では3本)、伸長状態で固定されている。 Sheet material 70 for standing gathers formed, on its one side edge, the elastic member 7 (three in the first embodiment) one or a plurality of, and is fixed in a stretched state. シート材70は、吸収体4の左右両側縁よりもおむつ幅方向外方の位置において、おむつ長手方向に沿って表面シート2に接合されており、その接合部71が、立体ギャザーの立ち上がり基端部71となっている。 The sheet material 70, at the location of the diaper width direction outward of the left and right side edges of the absorbent core 4 is bonded to the topsheet 2 along the diaper longitudinal direction, the joint 71, the rising base end of the standing gathers and it has a part 71. シート材70は、立ち上がり基端部71からおむつ幅方向の外方に延出し、その延出部において裏面シート3と接合されている。 Sheet material 70 extends from the rising base end portion 71 to the outside of the diaper width direction, is joined to the backsheet 3 at its extended portion. また、シート材70は、おむつ長手方向の前後端部それぞれにおいて、表面シート2と接合されている。 The sheet material 70 is, at each longitudinal end of the diaper longitudinal direction, is bonded to the topsheet 2.

股下部Aにおけるおむつ長手方向の両側それぞれには、おむつ長手方向に沿ってレッグフラップ80が形成されている。 Each sides of the diaper longitudinal direction of the crotch portion A, leg flaps 80 along the diaper longitudinal direction is formed. レッグフラップ80は、裏面シート4及び外層シート6が、立体ギャザーの立ち上がり基端部71(接合部71)からおむつ幅方向外方に延出することにより形成されている。 Leg flap 80, the backsheet 4 and the outer layer sheet 6 is formed by extending in the diaper width direction outwardly from the rising base end portion 71 (joint 71) of the standing gathers. レッグフラップ80は、おむつ幅方向の自由端近傍に伸張状態で裏面シート3に固定された一本又は複数本(第1実施形態では2本)のレッグギャザー形成用のレッグ弾性部材8を備えている。 Leg flap 80 is provided with a leg elastic member 8 for leg gathers formed of one or a plurality of which is fixed to the backsheet 3 in a stretched state in the vicinity of the free end of the diaper width direction (two in the first embodiment) there. レッグ弾性部材8は、裏面シート3と立体ギャザー形成用のシート材70との間に配されており、表面シート2とは接していない。 Leg elastic members 8 are disposed between the backsheet 3 and the standing gather-forming sheet 70, not in contact with the topsheet 2. レッグ弾性部材8は、股下部Aの長手方向の全長に亘って配されている。 Leg elastic members 8 are arranged in the longitudinal direction of the length of the crotch portion A.

おむつ1における背側部Cの左右両側縁部には、一対のファスニングテープ9,9が設けられており、腹側部Bの非肌対向面(外層シート6の表面)上には、ファスニングテープ9を止着するランディングゾーン10が設けられている。 The left and right side edges of the rear section C of the diaper 1, a pair of fastening tapes 9,9 is provided on the non-skin-facing side of the stomach portion B (the surface of the outer layer sheet 6), fastening tape landing zone 10 for fastening is provided 9. ファスニングテープ9は、テープ基材と、該テープ基材の片面に固定されたメカニカルファスナのオス材とを含んで構成されている。 Fastening tape 9 is configured to include a tape substrate, and a male member of a mechanical fastener which is fixed to one side of the tape substrate. オス材としては、当業界で公知のものを特に制限なく用いることができる。 The male member may be used without particular limitation those known in the art. ランディングゾーン10は、不織布や樹脂フィルム等からなる基材シートと、該基材シートに貼り合わされたメカニカルファスナのメス材とを含んで構成されている。 Landing zone 10 is configured to include a base sheet made of a nonwoven fabric or a resin film or the like, and a female member of a mechanical fastener bonded to the substrate sheet. メス材としては、ファスニングテープ9を構成する前記オス材を押しつけることにより、該オス材を止着可能なものを特に制限なく用いることができる。 The female member, by pressing the male member constituting the fastening tape 9 can be used without particular limitation can be secured to the male member.

表面シート2としては、この種のおむつにおいて従来用いられている各種のものを用いることができ、尿などの液体を透過させることができるものであれば制限はなく、例えば、合成繊維又は天然繊維からなる織布や不織布、多孔性シート等が挙げられる。 The topsheet 2 is not able to use any of various conventionally used, limited as long as it can transmit liquids such as urine in this type of diaper, for example, synthetic or natural fibers woven or nonwoven fabric made of a porous sheet, and the like. 表面シート2の一例として、芯成分にポリプロピレンやポリエステル、鞘成分にポリエチレンを用いた、芯鞘構造型(サイドバイサイド型含む)複合繊維をカーディングによりウエブ化した後、エアスルー法によって不織布(この後所定箇所に開孔処理を施しても良い)としたものが挙げられる。 One example of a topsheet 2, polypropylene or polyester core component, polyethylene was used in the sheath component, (including side-by-side type) core-sheath structure type after the web by carding the composite fibers, a predetermined after nonwoven fabric (this by air-through method include those with even good) subjected to opening treatment location. また、透液性の高さの点(ドライ感)から、低密度ポリエチレン等のポリオレフィンからなる開孔シートも好ましく用いることができる。 Further, the liquid-pervious height of the point (dry feeling), it is possible to use apertured sheet also preferably made of polyolefin such as low density polyethylene. 表面シート2の坪量は、好ましくは20〜50g/m 2である。 The basis weight of the surface sheet 2 is preferably 20 to 50 g / m 2.

裏面シート3としては、この種のおむつにおいて従来用いられている各種のものを用いることができ、液不透過性又は撥水性で且つ透湿性のものが好ましく用いられる。 The backsheet 3 may be used any of various conventionally used in this type of diaper is preferably used in and breathable liquid impermeable or water repellent. 裏面シート3としては、例えば、液不透過性又は撥水性の多孔性樹脂フィルム(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレート等)、液不透過性又は撥水性の不織布、あるいは該多孔性樹脂フィルムと該不織布との積層体等が挙げられる。 The backsheet 3, for example, a porous resin film of liquid impermeable or water repellent (polyethylene, polypropylene, polyethylene terephthalate, etc.), a liquid impermeable or water repellent nonwoven or porous resin film and the nonwoven fabric, like laminate or the like is. 液不透過性又は撥水性の不織布としては、例えば、サーマルボンド不織布、スパンボンド不織布、スパンボンド−メルトブローン−スパンボンド(SMS)不織布、スパンボンド−メルトブローン−メルトブローン−スパンボンド不織布(SMMS)等が挙げられる。 The nonwoven fabric of liquid impermeable or water repellent, for example, thermal bonded nonwoven fabric, spunbonded nonwoven fabric, spunbond - mentioned spunbonded nonwoven fabric (SMMS) and the like - meltblown - spunbonded (SMS) nonwoven, spunbond - meltblown - meltblown It is. 裏面シート3の坪量は、好ましくは10〜20g/m 2である。 The basis weight of the backsheet 3 is preferably 10 to 20 g / m 2.

また、裏面シート3の非肌対向面側に配される外層シート6としては、裏面シート3としても好適に用いられる、液不透過性又は撥水性の不織布の他、多孔性樹脂フィルム等が好ましく用いられる。 As the outer layer sheet 6 disposed in the non-skin facing side of the backsheet 3 is preferably used as the back sheet 3, other nonwoven liquid impermeable or water repellent, porous resin film is preferably used. 外層シート6の坪量は、好ましくは15〜35g/m 2である。 The basis weight of the outer layer sheet 6 is preferably 15 to 35 g / m 2.

吸収体4を構成する吸収性コア41としては、この種のおむつにおいて従来用いられている各種のものを用いることができ、尿などの液吸収性を有するものであればその種類は特に制限されず、例えば吸収性ポリマー、粉砕パルプ等の吸収性物質を吸収紙や不織布に挟み込んだものなどが挙げられる。 The absorbent core 41 constituting the absorbent body 4, can be used any of various conventionally used in this type of diaper, the kind as long as it has liquid-absorbing property such as urine are particularly limited not, for example, absorbent polymers, and the like of the absorbent material such as fluff pulp which sandwiched absorbent paper or nonwoven fabric. 吸収性ポリマーはパルプ中に混合された状態で用いられる他、裏面シート3側に散布したり、層状にして厚み方向中央に挿入したりすることができる。 Absorbing polymer other used in a state of being mixed into the pulp, or sprayed on the back sheet 3 side, or can be inserted in the thickness direction center up as a layer. あるいは、公知手段によりポリマーシート化するなどの手段で部分的に配置してもよい。 Alternatively, means may be partially disposed in such polymer sheets by a known means. また、吸収体4に合成繊維や架橋処理等をおこなった嵩高パルプ繊維を配合して、液吸収時の圧縮部の復元性を向上させてもよい。 Further, by incorporating a bulky pulp fibers subjected to synthetic fibers or a crosslinking treatment or the like on the absorber 4 may be improved resilience of the compression unit during the liquid absorption. また、吸収性ポリマーは用いなくてもよい。 Also, the absorbent polymer may not be used. 前記吸収性ポリマーとしては、この種のおむつにおいて従来用いられている各種のものを用いることができ、例えば、ポリアクリル酸ソーダ、(アクリル酸−ビニルアルコール)共重合体、ポリアクリル酸ソーダ架橋体、(デンプン−アクリル酸)グラフト重合体、(イソブチレン−無水マレイン酸)共重合体及びそのケン化物、ポリアクリル酸カリウム、並びにポリアクリル酸セシウム等が挙げられ、これらの1種を単独で又は2種以上を混合して用いることができる。 As the absorbent polymer, it can be used any of various conventionally used in this type of diaper, for example, sodium polyacrylate, (acrylic acid - vinyl alcohol) copolymer, sodium polyacrylate crosslinked (starch - acrylic acid) graft polymer, (isobutylene - maleic acid) copolymer and its saponification products, potassium polyacrylate, and polyacrylic acid cesium and the like, alone these one or it can be used as a mixture of more than seeds.

吸収体4を構成する被覆シート42(上部被覆シート42a、下部被覆シート42b)としては、この種のおむつにおいて台紙などと称して従来用いられている各種のものを用いることができ、液透過性を有するものが好ましく、例えば、繊維材シートや、穿孔フィルムなどを用いることができる。 Cover sheet 42 (the upper cover sheet 42a, the lower cover sheet 42b) constituting the absorbent body 4 as may be used various ones used conventionally referred like the mount in this type of diaper, the liquid-permeable preferably has a, for example, it can be used fibrous sheet or, and perforated film. 液の透過が良好な観点から、被覆シート42は親水性の繊維シートからなることが好ましい。 From the transmission is good in view of the liquid, the cover sheet 42 is preferably made of a hydrophilic fiber sheet. 親水性の繊維シートとしては、ティッシュペーパー等の紙や各種不織布を用いることができる。 The hydrophilic fiber sheet, it is possible to use paper or various nonwoven fabrics, such as tissue paper. 不織布としては、コットンやレーヨンなどの親水性繊維からなる不織布や、合成樹脂の繊維に親水化処理を施してなる不織布が挙げられる。 The nonwoven fabric, nonwoven fabric or made of hydrophilic fibers such as cotton, rayon, and nonwoven comprising hydrophilized to the fibers of the synthetic resin. 具体的には、界面活性剤で処理されたスパンボンド不織布、スパンレース不織布、エアレイド不織布、エアスルー不織布などが挙げられる。 Specifically, spunbonded nonwoven fabric treated with a surfactant, spunlace nonwoven, air-laid nonwoven fabric, such as air-through nonwoven fabric and the like. 被覆シート42の坪量は、好ましくは12〜20g/m 2である。 The basis weight of the cover sheet 42 is preferably 12~20g / m 2.

弾性部材7,8としては、この種のおむつにおいて従来用いられている各種のものを用いることができ、例えば、オレフィン系ゴム、ウレタン系ゴム、スチレン系ゴム、ポリウレタン等からなる糸状ゴムや平ゴム、ウレタンフォームバンド等が用いられる。 As the elastic members 7 and 8, it can be used any of various conventionally used in this type of diaper, for example, olefin rubbers, urethane rubbers, styrene rubbers, filamentous rubber or flat rubber made of polyurethane or the like , urethane foam band or the like is used.

第1実施形態のおむつ1は、通常の展開型のおむつと同様に使用できる。 The diaper 1 of the first embodiment can be used like a normal development type diaper. このおむつ1は、上述した成分(a)〜(e)を含有するホットメルト組成物からなるインジケーター5を備えているため、尿、便、血液などの体液の排泄をおむつの使用者に速やかに知らせることができる。 The diaper 1 is provided with the indicator 5 consisting of a hot melt composition containing the above components (a) ~ (e), urine, feces, excretion of body fluids such as blood quickly to the user of the diaper it can be informed. また、インジケーター5は、体液と接触する前は実質的に無色(無色あるいは白色)であるため、インジケーター5と重なる位置に印刷デザインが施されていても、インジケーター5によって印刷デザインが隠蔽されたり、汚損されたりするおそれがなく、おむつの印刷デザインをインジケーターを考慮せずに自由に設計することができる。 Further, the indicator 5, or prior to contact with body fluids for substantially colorless (colorless or white), even if a print design to overlap with the indicator 5 is performed, the printed designs are concealed by the indicator 5, there is no possibility that or is contaminated, it is possible to freely design the print design of the diaper without taking into account the indicator.

また、インジケーター5は、色可逆性を有しており、「濡れによる変色」、「乾燥による色戻り」を繰り返すことできるため、おむつの使用前に大気中の水分などによりインジケーター5が変色した場合は、これを乾かして元の色に戻すことが可能であり、未使用のおむつを廃棄するという無駄を防止することができ、製造コストを抑えることができる。 Further, the indicator 5 has a color reversible, "discoloration due to wetting", since it possible to repeat the "color reversion by drying", if the indicator 5 with moisture in the air discolored before use of the diaper is dry it is possible to return to the original color, it is possible to prevent the waste of discarding the unused diaper, the manufacturing cost can be reduced. また、インジケーター5は、耐熱性、耐湿性、耐候性(耐光性)に優れているため、上述したインジケーター5の変色機能は長期間安定して維持される。 Further, the indicator 5, heat resistance, humidity resistance and excellent weather resistance (light resistance), discoloration function indicator 5 described above is maintained stably for a long period of time.

また、インジケーター5を構成するホットメルト組成物は、上述したように、従来のホットメルト組成物に比して80〜130℃における粘度の調整範囲が20〜12000mPa・sと広いため、種々の塗布方法を利用することができ、塗布方法の選択により、直線や曲線、図柄、文字など、種々の塗布パターンの形成が可能であり、更に、塗布時のホットメルト組成物の飛散や塗布不良を抑制することができるため、おむつの品質向上(製品クレームの減少)を図ることができる。 Further, the hot melt composition forming the indicator 5, as described above, since the adjustment range of the viscosity at 80 to 130 ° C. as compared with conventional hot-melt composition is wide and 20~12000mPa · s, various coating the method can be utilized, by the selection of the coating method, lines and curves, symbols, characters, etc., are possible formation of various coating patterns, further, suppressing the scattering and poor coating of the hot melt composition during application it is possible to, can improve the quality of the diaper (reduction in product claim). ホットメルト組成物の塗布パターンの選択の幅が広いことは、発色後の色の選択の幅が広いことと相俟って、おむつ替えが楽しくなるようにデザインされたおむつの作製を可能にする。 The width of the selection of the coating pattern of the hot melt composition is wide, wide that coupled with the color selection after color, allows the production of diapers that are designed to diapers is fun .

以下、本発明の吸収性物品の他の実施形態について説明する。 Hereinafter, a description of another embodiment of an absorbent article of the present invention. 以下の実施形態については、上述した第1実施形態のおむつ1と異なる構成部分を主として説明し、同様の構成部分は同一の符号を付して説明を省略する。 Below embodiments describe the diaper 1 and components different from the first embodiment described above mainly similar components will be omitted with the same reference numerals. 特に説明しない構成部分は、第1実施形態のおむつ1についての説明が適宜適用される。 In particular components which are not described, description of the diaper 1 of the first embodiment applies as appropriate.

図3は、本発明の第2実施形態を示す図である。 Figure 3 is a diagram showing a second embodiment of the present invention. 第2実施形態においては、裏面シート3と吸収体4との間に中間シート9が介在されており、該裏面シート3と該中間シート9との間に前記ホットメルト組成物が塗布されて、インジケーター5が設けられている。 In the second embodiment, the back sheet 3 intermediate sheet 9 is interposed between the absorbent body 4, and the hot melt composition between the backsheet 3 and the intermediate sheet 9 is applied, indicator 5 is provided. 具体的には、第2実施形態のインジケーター5(ホットメルト組成物)は、裏面シート3と中間シート9との間における股下部Aのおむつ幅方向中央部に、股下部Aのおむつ長手方向の全長に亘って連続的に設けられている。 Specifically, the indicator 5 (hot melt composition) of the second embodiment, the diaper width direction central portion of the crotch portion A between the backsheet 3 and the intermediate sheet 9, the crotch portion A diaper longitudinal It is provided continuously over the entire length. 第2実施形態のインジケーター5を設ける際は、裏面シート3の肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良く、中間シート材9の非肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良い。 When providing the indicator 5 of the second embodiment may be coated with hot melt composition on the skin-facing surface of the backsheet 3, the hot melt composition is applied on the non-skin-facing side of the intermediate sheet 9 and it may be.

中間シート9は、主として、吸収体からの尿染み出し防止や吸収サブシートやワンポイントデザイン印刷などの目的のために配されている。 Intermediate sheet 9, are primarily arranged for urine stain out prevention and absorption sub-sheet and the purpose of such one-point design printing from the absorber. 中間シート9は長方形形状を有しており、その幅方向の長さは吸収体4の幅方向の長さ(吸収体4の最大幅の長さ)と略同一であり、その長手方向の長さは吸収体4の長手方向の長さと略同一である。 Intermediate sheet 9 has a rectangular shape, the length in the width direction is substantially the same as the length in the width direction of the absorbent body 4 (the length of the maximum width of the absorbent member 4), the longitudinal length is is substantially the same as the length in the longitudinal direction of the absorbent body 4. 吸収体4と中間シート9との間は、接着剤等の接合手段により接合されている。 Between the absorbent body 4 and the intermediate sheet 9 is bonded by a bonding means such as an adhesive. 中間シート9としては、例えば、フィルム、撥水性不織布、親水性不織布、台紙等を用いることができる。 The intermediate sheet 9, for example, can be used films, water repellent nonwoven fabric, hydrophilic nonwoven fabric, the backing sheet and the like. 中間シート9の坪量は、好ましくは10〜50g/m 2である。 The basis weight of the intermediate sheet 9 is preferably 10 to 50 g / m 2.
上述の如き構成を有する第2実施形態によっても、第1実施形態と同様の効果が奏される。 The second embodiment having the above such configuration also, the same effects as the first embodiment can be obtained.

図4は、本発明の第3実施形態を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing a third embodiment of the present invention. 第3実施形態においては、表面シート2と吸収体4(上部被覆シート42a)との間に前記ホットメルト組成物が塗布されて、インジケーター5が設けられている。 In the third embodiment, the between the topsheet 2 and the absorbent body 4 (upper cover sheet 42a) and the hot melt composition is applied, the indicator 5 is provided. 具体的には、第3実施形態のインジケーター5(ホットメルト組成物)は、表面シート2と吸収体4との間における股下部Aのおむつ幅方向中央部に、股下部Aのおむつ長手方向の全長に亘って連続的に設けられている。 Specifically, the indicator 5 (hot melt composition) of the third embodiment, the diaper width direction central portion of the crotch portion A between the topsheet 2 and the absorbent body 4, the crotch section A diaper longitudinal It is provided continuously over the entire length. 第3実施形態のインジケーター5を設ける際は、表面シート2の非肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良く、吸収体4(上部被覆シート42a)の肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良い。 When providing the indicator 5 of the third embodiment may be applied hot melt composition on the non-skin-facing surface of the topsheet 2, a hot melt onto the skin-facing side of the absorbent body 4 (upper cover sheet 42a) the composition may be applied.
上述の如き構成を有する第3実施形態によれば、第1実施形態と同様の効果が奏され、更に、インジケーター5が吸収体4よりも着用者の股下に近い位置にあるため、おむつの体液の排泄量が少量の場合でもインジケーター5が変色し、少量でも排泄があったことをおむつの外側から知ることができる。 According to the third embodiment having such the above configuration, the same effect as the first embodiment is achieved, furthermore, because the indicator 5 is positioned close to the crotch of the wearer than the absorbent body 4, the diaper body fluids excretion is the indicator 5, even in the case of small discolored, it is possible to know that there was a excreted even in a small amount from the outside of the diaper.

本発明においては、ホットメルト組成物は、尿、便、血液等の体液が通過する箇所に塗布されれば良く、ホットメルト組成物の塗布箇所、即ち、インジケーター5の塗設箇所は、上述した実施形態に限定されない。 In the present invention, the hot melt composition, urine, feces, it is sufficient applied at locations where body fluid passes such as blood, the coating portion of the hot melt composition, i.e., the coating 設箇 plant indicator 5, described above not limited to the embodiment.
例えば、裏面シート3と外層シート6との間にホットメルト組成物を塗布することもできる(第4実施形態)。 For example, it is also possible to apply the hot melt composition between the backsheet 3 and the outer layer sheet 6 (the fourth embodiment). 具体的には例えば、裏面シート3と外層シート6との間における股下部Aのおむつ幅方向中央部に、股下部Aのおむつ長手方向の全長に亘って連続的にホットメルト組成物を塗布して、インジケーター5を設けることもできる。 Specifically, for example, in the diaper width direction central portion of the crotch portion A between the backsheet 3 and the outer layer sheet 6, continuously applying hot melt composition over the diaper longitudinal direction of the length of the crotch portion A Te, it is also possible to provide the indicator 5. この第4実施形態においては、裏面シート3の非肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良く、外層シート6の肌対向面上にホットメルト組成物を塗布しても良い。 In the fourth embodiment, may be coated with hot melt composition on the non-skin facing surface of the backsheet 3, the hot melt composition may be applied onto the skin-facing side of the outer layer sheet 6.
第4実施形態は、上述した第1〜第3実施形態に比して、インジケーター5が着用時におけるおむつの外方に最も近い位置に設けられているため、インジケーター5の変色がおむつの外側から使用者に確認され易いという効果を奏する。 The fourth embodiment, as compared with the first to third embodiments described above, because the indicator 5 is provided at a position closest to the outside of the diaper during wear, discoloration of the indicator 5 from the outside of the diaper there is an effect that tends to be confirmed to the user.

また、上述した各実施形態のように、おむつが、吸収体4の幅方向側縁部の上方に立ち上がることができる立体ギャザーを備えている場合には、該立体ギャザー形成用の弾性部材7にホットメルト組成物を塗布することができる。 Also, as in the embodiments described above, diaper, when provided with a three-dimensional gathers can rise above the widthwise side edges of the absorbent body 4, the elastic member 7 for the stereo gathers formed it can be applied hot melt composition. この場合、立体ギャザー形成用の弾性部材7自体が、体液の排泄を知らせるインジケーターとして機能する。 In this case, the elastic member 7 itself for standing gather formation, serves as an indicator to inform the excretion of bodily fluids.

また、ホットメルト組成物は、おむつにおける複数の箇所に塗布されていても良く、上述した各実施形態におけるホットメルト組成物の塗布箇所(インジケーター5の塗設箇所)は、適宜組み合わせることができる。 Further, the hot melt composition may be applied to a plurality of locations in the diaper, the coating portion of the hot melt composition in the above embodiments (a coating 設箇 plant indicator 5) can be combined as appropriate. 例えば、上述した第1〜第4実施形態において、更に、立体ギャザー形成用の弾性部材7の表面にホットメルト組成物を塗布することができる。 For example, in the first to fourth embodiments described above, further, it is possible to apply the hot melt composition to the surface of the elastic member 7 for the three-dimensional gather formation.

また、ホットメルト組成物の塗布パターンは、上述した実施形態のように1本の細長の長方形形状に限定されず、直線や曲線、図柄、文字などを使って自由に設計することが可能である。 Furthermore, the coating pattern of the hot melt composition is not limited to a single elongated rectangular shape as in the embodiment described above, it is possible to freely design with line or curve, design, characters, etc. . 図5には、本発明に適用可能なホットメルト組成物の塗布パターン(インジケーター5の塗設パターン)の例が示されている。 FIG. 5 is an example of a coating pattern of applicable hot melt composition (Coating pattern indicator 5) are shown in the present invention. 尚、図5に示す形態は、何れも裏面シート3の肌当接面上にホットメルト組成物を塗布する形態であり、図5では説明容易のため、表面シート2、吸収体4及び立体ギャザーの図示を省略している。 Incidentally, the embodiment shown in Figure 5, both in the form of applying a hot melt composition on the skin of the back sheet 3 abutting surface, for FIG. 5, description easy, the topsheet 2, the absorbent body 4 and three-dimensional gathers It is omitted in the drawing. 図5に示すホットメルト組成物の塗布パターンは、おむつにおける他の部材、例えば表面シート2、吸収体4、外層シート6にホットメルト組成物を塗布する場合にも適用できる。 Coating pattern of the hot melt composition shown in FIG. 5 is also applicable to a case of applying other members in the diaper, for example, the topsheet 2, the absorbent body 4, the hot melt composition in the outer layer sheet 6.

図5(a)に示す実施形態は、おむつ長手方向に延び且つおむつ幅方向に並列配置された複数(図5(a)では5本)のホットメルト組成物塗布部(インジケーター)5a〜5eを有している。 The embodiment shown in FIG. 5 (a), the hot melt composition applied portion of the plurality which are arranged in parallel and the diaper width direction extending in the diaper longitudinal direction (FIGS. 5 (a) in five) to (indicator) 5 a to 5 e It has. これら複数のインジケーターは、おむつ幅方向中央に位置する中央インジケーター5aと、該中央インジケーター5aを挟んで左右対称位置に配置された複数のインジケーター5b及び5cとを有している。 The plurality of indicators includes a central indicator 5a located in the diaper width direction center, and a plurality of indicators 5b and 5c which are arranged symmetrically located across the central indicator 5a. 中央インジケーター5aと該中央インジケーター5a以外の他のインジケーター5b及び5cとは発色時の色が異なっており、且つ他のインジケーター5bと5cは、中央インジケーター5aからの距離に応じて発色時の色が異なっている。 The other indicators 5b and 5c other than the central indicator 5a and the central indicator 5a have different colors at the time of color development, and other indicators 5b and 5c are the color of at color development depending on the distance from the center indicator 5a It is different. 即ち、中央インジケーター5aと、該中央インジケーター5aから所定距離離間した位置にある一対のインジケーター5b,5bと、該インジケーター5bよりもおむつ幅方向外方に位置する一対のインジケーター5c,5cとで、発色時の色が異なっている。 That is, in a central indicator 5a, a pair of indicator 5b in the position a predetermined distance from the center indicator 5a, and 5b, a pair of indicators 5c located in the diaper width direction outer side than the indicator 5b, and 5c, coloring It is different from the color of the time. 斯かる構成により、おむつにおける排泄された体液の分布状況を容易に把握することが可能となり、おむつ端部からの漏れを事前に察知することができる。 With such a configuration, the distribution of body fluid which is excreted in the diaper becomes possible to easily grasp, it is possible to perceive the leakage from the diaper edges in advance.
また、図5(b)に示す実施形態は、おむつ幅方向に延び且つおむつ長手方向に並列配置された複数(図5(b)では5本)のインジケーター5a〜5eを有している点以外は、図5(a)に示す実施形態と同様に構成されており、図5(a)に示す実施形態と同様の効果を奏する。 Further, the embodiment shown in FIG. 5 (b), except that it has an indicator 5a~5e plurality which are arranged in parallel and the diaper longitudinal direction extends in the diaper width direction (five in FIG. 5 (b)) is configured similarly to the embodiment shown in FIG. 5 (a), the same effects as the embodiment shown in Figure 5 (a).

図5(c)及び図5(d)に示す実施形態は、ホットメルト組成物(インジケーター5)で図柄を作成した例、図5(e)に示す実施形態は、ホットメルト組成物で文字を作成した例、図5(f)及び図5(g)に示す実施形態は、ホットメルト組成物で図柄と文字の組み合わせを作成した例である。 Embodiment shown in FIG. 5 (c) and 5 (d) is an example that created the pattern in hot melt composition (indicator 5), the embodiment shown in FIG. 5 (e) the characters in the hot melt composition example created, the embodiment shown in FIG. 5 (f) and FIG. 5 (g) is an example of creating a combination of symbols and characters in the hot melt composition.

以下に、本発明の吸収性物品の包装構造について、その好ましい実施形態に基づき図面を参照して説明する。 Hereinafter, the packaging structure of the absorbent article of the present invention will be described with reference to the drawings based on its preferred embodiments.
図6には、本発明の一実施形態としての使い捨ておむつの包装構造(包装パッケージ)が示されている。 Figure 6 shows the packaging structure of a disposable diaper as an embodiment of the present invention (packaging package) is. 図6(a)は、本実施形態の包装構造の斜視図であり、図6(b)は、図6(a)に示す包装構造の内容物(おむつの集積体)の斜視図である。 6 (a) is a perspective view of the packaging structure of this embodiment, FIG. 6 (b) is a perspective view of the contents of the package structure shown in FIGS. 6 (a) (diapers aggregation).

本実施形態の包装構造20は、上述した第1実施形態のおむつ1を包装材21で包装してなるもので、包装構造20の内部には、インジケーター5を具備する複数のおむつ1が、折り畳まれた状態で集積されて収容されている。 Packaging structure 20 of the present embodiment, those obtained by packaging the diaper 1 of the first embodiment described above the packaging material 21, in the interior of the packaging structure 20, a plurality of diapers 1 comprising an indicator 5, folded are accommodated are integrated in a state. 包装材21は、この種の包装構造における包装材と同様の材料、例えばポリエチレン等から形成されている。 Packaging material 21 is formed of the same material, such as polyethylene or the like and the packaging material in this type of packaging structure. 包装材21には、包装構造20の開封を容易にするためのミシン目21aが設けられている。 The packaging material 21 is provided with perforations 21a in order to facilitate opening of the packaging structure 20. 以上の構成は、従来のおむつの包装構造と同様である。 Above construction is similar to the packaging structure of the conventional diaper.

従来のインジケーター機能付きおむつの包装構造は、包装材のミシン目やシール不良部分などから滲入した水分によってインジケーターが一旦変色してしまうと、元の色に戻らないため、製品を廃棄せざるを得ないという問題があった。 Packaging structure of a conventional indicator function diaper obtained when the indicator by moisture insult from such perforations and poor sealing portion of the packaging material is discolored once, since it does not return to its original color, forced to discard the product there is a problem that does not. これに対し、本実施形態の包装構造20は、上述したように、収容されているおむつ1のインジケーター5が、濡れて変色しても乾燥すれば変色前の色に戻ることができるため、このような問題を起こさない。 In contrast, the packaging structure 20 of the present embodiment, since as described above, is the indicator 5 of the diaper 1 which is housed, it is possible to return to the previous color change if drying be discolored wet color, this It does not cause such a problem.

また、従来のインジケーター機能付きおむつの包装構造は、インジケーターの耐候性(耐光性)に乏しく、外気や外光に晒されていると経時的にインジケーターが変色するため、これを防止する目的で包装材にチタンを該包装材の重量に対して7〜8重量%以上含有させる必要があり、このため、製造コストがかさむという問題があった。 Further, the packaging structure of the conventional indicator function diapers, poor weather resistance indicator (light resistance), since the are exposed to weather and ambient light over time indicator to change color, packaging in order to prevent this must be a titanium timber contains more than 7-8% by weight relative to the weight of the packaging material, this causes a problem that manufacturing cost is increased. これに対し、本実施形態の包装構造20は、上述したように、収容されているおむつ1のインジケーター5が耐候性(耐光性)に優れているため、コストアップの要因となるチタンの使用量を従来品よりも低減することができ、安価に製造することができる。 In contrast, the packaging structure 20 of the present embodiment, as described above, because the indicator 5 of the diaper 1 is housed is excellent in weather resistance (light resistance), the amount of titanium which is a factor of cost increase the than conventional products can be reduced, it can be manufactured at low cost. 本実施形態に係る包装材21中のチタン含有量は、好ましくは8重量%未満、更に好ましくは3〜5重量%である。 Titanium content in the packaging material 21 according to the present embodiment is preferably less than 8 wt%, more preferably 3-5 wt%. ここでいうチタンとは、酸化チタン(通常マスターバッチ材に含有されている)である。 The titanium here, a titanium oxide (which is usually contained in a master batch material). また、包装材21としては、この種の包装構造で用いられているものと同様のものを用いることができる。 As the packaging material 21 can be the same as those used in packaging structures of this kind.

以上、本発明をその好ましい実施形態に基づき説明したが、本発明は前記実施形態に制限されない。 Although the present invention has been described based on its preferred embodiment, the present invention is not limited to the embodiment.
例えば、本発明が適用可能な吸収性物品は、展開型のおむつに制限されず、いわゆるパンツ型のおむつ、使い捨てパッド、生理用ナプキン、ナプキン型失禁パッド、ショーツカバー、尿吸収機能を有するブリーフパンツ等も挙げられる。 For example, the absorbent article to which the present invention is applicable, briefs pants having not limited to deployment type diaper, so-called pants-type diapers, disposable pads, sanitary napkins, napkin incontinence pads, shorts covers, the urine absorbing function etc. may also be mentioned.

以下、実施例により本発明を更に詳細に説明する。 Hereinafter, the present invention is described in further detail by examples. しかしながら、本発明の範囲は斯かる実施例に制限されるものではない。 However, the scope of the present invention is not intended to be limited to such embodiments.

(ウェットインジケーター組成物の作製方法) (Method for manufacturing a wet indicator composition)
表1及び2に示した界面活性剤(b)及びポリアルキレングリコール(c)を攪拌機を備えた耐熱ガラスビーカーに加え、内容物が130℃以上にならないように加熱した。 Tables 1 and 2 to surfactant (b) and polyalkylene glycol (c) in addition to the heat-resistant glass beaker equipped with a stirrer shown, the contents were heated to not exceed 130 ° C.. 溶融したら、均一になるように攪拌した。 Once melted, and stirred to be uniform. 次にカルボキシル基を有するポリマー(d)を徐々に加えた。 It was then slowly added polymer (d) having a carboxyl group. 最後にpH指示薬(a)及び酸性物質(e)を添加してウェットインジケーター組成物を作製した。 Finally making a wet indicator composition by adding a pH indicator (a) and acidic substance (e).

表1及び2に示したpH指示薬(a)、界面活性剤(b)、ポリアルキレングリコール(c)、カルボキシル基を有するポリマー(d)、酸性物質(e)の詳細は以下の通りである。 pH indicator shown in Tables 1 and 2 (a), the surfactant (b), polyalkylene glycol (c), a polymer having a carboxyl group (d), the details of the acidic substance (e) is as follows.

[pH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)] [PH indicator which develops a color in an acidic region in a substantially colorless pH 7 (a)]
(a)−1:3、6-ビス(ジエチルアミノ)フルオラン−γ−(4'−ニトロ)−アニリノラクタム(酸性領域で赤色に変色) (A) -1: 3,6-bis (diethylamino) fluoran-.gamma.-(4'-nitro) - (discoloration to red in an acidic region) anilino lactam
(a)−2:2−N,N−ジベンジルアミノ−6−ジエチルアミノフルオラン(酸性領域で緑色に変色) (A) -2: 2-N, N- dibenzylamino-6-diethylaminofluoran (turned green acidic region)
(a)−3:3,3−ビス(p−ジメチルアミノフェニル)−6−dジメチルアミノフタライド(酸性領域で青色に変色) (A) -3: 3,3-bis (p- dimethylaminophenyl) -6-d dimethylamino lid chloride (turned blue with acidic region)

[界面活性剤(b)] Surfactant (b)]
(b)−1:ポリオキシエチレンアルキレンアルキルエーテル(23℃で液体) (B) -1: Polyoxyethylene alkylether (liquid at 23 ° C.)
(b)−2:ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(23℃で液体) (B) -2: polyoxyethylene polyoxypropylene glycol (liquid at 23 ° C.)
(b)−3:ポリオキシエチレンラウリルエーテル(軟化点70℃) (B) -3: Polyoxyethylene lauryl ether (softening point 70 ° C.)
(b)−4:アルキルベンジルメチルアンモニウムクロライド(23℃で液体) (B) -4: alkyl benzyl ammonium chloride (liquid at 23 ° C.)
(b)−5:特殊ポリカルボン酸型高分子界面活性剤(23℃で液体) (B) -5: Special polycarboxylic acid type polymer surfactant (liquid at 23 ° C.)

[ポリアルキレングリコール(c)] [Polyalkylene glycol (c)]
(c)−1:ポリエチレングリコール(分子量1000)(軟化点37℃) (C) -1: polyethylene glycol (molecular weight 1000) (softening point 37 ° C.)
(c)−2:ポリエチレングリコール(分子量3000)(軟化点53℃) (C) -2: polyethylene glycol (molecular weight 3000) (softening point 53 ° C.)
(c)−3:ポリエチレングリコール(分子量20000)(軟化点60℃) (C) -3: polyethylene glycol (molecular weight 20000) (softening point 60 ° C.)
(c)−4:ポリプロピレングリコール(分子量3000)(23℃で液体) (C) -4: Polypropylene glycol (molecular weight 3000) (liquid at 23 ° C.)

[水溶性原料(c')] [Water-soluble material (c ')]
(c')−1:ポリビニルアルコール(分子量3000)(23℃で液体) (C ') - 1: Polyvinyl alcohol (molecular weight 3000) (liquid at 23 ° C.)

[カルボキシル基を有するポリマー(d)] [Polymer having carboxyl group (d)]
(d)−1:EAA(MFR1300g/10min)(軟化点75℃) (D) -1: EAA (MFR1300g / 10min) (softening point 75 ° C.)
(d)−2:EAA(MFR300g/10min)(軟化点82℃) (D) -2: EAA (MFR300g / 10min) (softening point 82 ° C.)
(d)−3:EMAA(MFR300g/10min)(軟化点80℃) (D) -3: EMAA (MFR300g / 10min) (softening point 80 ° C.)
(d)−4:EMMA(MFR450g/10min)(軟化点90℃) (D) -4: EMMA (MFR450g / 10min) (softening point 90 ° C.)

[カルボキシル基を有しないポリマー(d')] [Polymer having no carboxyl group (d ')]
(d')−1:EVA(MFR400g/10min)(軟化点70℃) (D ') - 1: EVA (MFR400g / 10min) (softening point 70 ° C.)
(d')−2:SIS(MFR40g/10min) (D ') - 2: SIS (MFR40g / 10min)

[(b)及び(d)以外の酸性物質(e)] [(B) and (d) other than the acidic substance (e)]
(e)−1:クエン酸 (e)−2:コハク酸 (e)−3:無水酢酸 (E) -1: Citric acid (e) -2: succinic acid (e) -3: acetic anhydride

(ウェットインジケーター組成物の評価方法) (Evaluation method of wet indicator composition)
下記(1)〜(6)の試験を下記の手順に従って実行した。 The following tests (1) to (6) was carried out according to the following procedure. 110℃に溶融したウェットインジケーター組成物をバックシート上にハンドコーターを用いて20g/m 2の塗布量で塗布し、試験片とした。 The wet indicator composition was melted in 110 ° C. using a hand coater coating at a coverage of 20 g / m 2 onto the back sheet, to obtain a test piece. 該バックシートとして、市販の花王メリーズの透湿シート(片面に不織布がラミネートされている)を用いた。 As the backsheet, used was a commercially available Kao Marys moisture permeable sheet (nonwoven fabric is laminated on one side).

(1)軟化点 軟化点の測定方法は、「日本工業規格」JIS(Japan Industrial Standard)K 6863−1944による環球法による軟化点試験方法で行った。 (1) Measurement method of the softening point The softening point was carried out in "Japanese Industrial Standards" JIS (Japan Industrial Standard) softening point test method according to ring and ball method according to K 6863-1944.

(2)粘度の測定方法 粘度の測定方法は、JIS K 6862(A法)に準じて行った。 (2) Measurement method Measurement method viscosity viscosity was carried out in accordance with JIS K 6862 (A method). 予め測定温度より10℃高い温度で溶融させた金属缶用ホットメルト組成物300gを試験容器に入れ、大気中において棒温度計で十分に攪拌しながら測定温度になったところでB型粘度計(東機産業(株)製 TOKIMEC VISCOMETER MODEL:BM)を用いて行った(使用したローターは、必要に応じて適当なものを用いた)。 Put premeasured temperature than 10 ° C. higher metal can for hot-melt composition was melted at a temperature 300g in the test vessel, B-type viscometer upon reaching the measured temperature with stirring well with a stick thermometer in the atmosphere (E aircraft industry Co., Ltd. TOKIMEC VISCOMETER MODEL: BM) was carried out using the (rotor used was used as appropriate, if necessary).

(3)変色時間の測定方法 変色とは作製した試験片を一定の条件で濡らしたときに発色を確認できるまでの時間である。 (3) The measurement method discoloration discoloration time is the time until confirmation coloration when wet test pieces produced in certain conditions. 試験片にイオン交換水を浸襲させ無色から発色が確認できるまでの時間を変色時間として測定し、10秒以内の場合◎、60秒以内の場合○、60秒以上の場合を△、1時間以上発色しない場合を×とした。 Is invasive deionized water to the test piece to measure the time until the color from colorless can be confirmed as a color change time, if it is within 10 seconds ◎, if within 60 seconds ○, 60 seconds or more when △, 1 hour It was as × If you do not want to color or more.

(4)防湿性の測定方法 防湿性とは、40℃、80%RHの相対湿度中に静置した時の発色の有無を確認した。 (4) The moisture resistance of the measurement method moisture resistance, 40 ° C., to confirm the presence or absence of color development when allowed to stand in a relative humidity of RH 80%. 48時間後までに発色のない場合を○、24時間まで発色無く48時間までに発色する場合を△、24時間までに発色する場合を×と判定し、記録した。 ○ where no color development until after 48 hours, the case of color until color no 48 to 24 hours △, determined as × when coloring in 24 hours, was recorded.

(5)初期色相の評価 初期色相とは水濡れ前の試験片の色相である。 (5) The evaluation initial hue of initial hue is hue wet test piece before. 無色と判断される状態から発色した状態までを無色から順に○、△、×の三段階で判定した。 ○ sequentially until a state of being colored from the state that is determined to colorless colorless, △, was determined at three stages of ×.

(6)発色性の試験方法 初期色相とは水濡れ前の試験片の色相である。 (6) The color of the test method Initial hue is hue wet test piece before. 無色と判断される状態から発色した状態までを無色から順に○、△、×の三段階で判定した。 ○ sequentially until a state of being colored from the state that is determined to colorless colorless, △, was determined at three stages of ×.

表1及び2に示すように実施例及び比較例を作成する。 Example As shown in Table 1 and 2 and to create a comparative example. 実施例1〜3に示すようにラクトン環を有するpH7で実質的に無色で酸性領域を発色するpH指示薬(a)を用いることで、無色から複数の色に発色するウェットインジケーター組成物を作製することが出来る。 By using a pH indicator which develops a color in an acid at a substantially colorless (a) at pH7 having a lactone ring as shown in Examples 1-3, to produce a wet indicator composition which develops from colorless into a plurality of color it can be.

実施例4〜7では種々の界面活性剤(b)を用いてウェットインジケーター組成物を作製することができる。 Can be produced wet indicator compositions using various surfactants in Examples 4 to 7 (b). この際、陰イオン(アニオン)系の界面活性剤では発色性がやや弱く、陽イオン(カチオン)系の界面活性剤では初期色相がやや濃いが、非イオン(ノニオン)系の界面活性剤ではこのような問題なく良好に使用できる。 At this time, a little weak chromogenic the anion (anion) based surfactant, the initial hue is slightly darker than the cation (a cation) based surfactant, a nonionic (nonionic) based surfactant This without problems can be satisfactorily used, such as. 特にポリオキシエチレンアルキルエーテルでは良好である。 Particularly good polyoxyethylene alkyl ethers.

実施例8〜10では種々のポリアルキレングリコール(c)を用いてウェットインジケーター組成物を作製することができる。 It can be produced wet indicator composition using various polyalkylene glycol in Example 8 to 10 (c).

実施例11〜13では種々のカルボキシル基を有するポリマー(d)を用いてウェットインジケーター組成物を作製することができる。 It can be produced wet indicator composition with a polymer (d) having various carboxyl groups in Examples 11-13. 特にアルキレンアクリル酸共重合体を使用した例では優れた性能を示す。 Exhibit particularly excellent performance in the example of using an alkylene acrylic acid copolymer.

実施例14,15では種々の(b)及び(d)以外の酸性物質(e)を用いてウェットインジケーター組成物を作製することができる。 Can be produced wet indicator compositions using Example 14 and 15 various (b) and (d) other than the acidic substance (e). 特に23℃で固体の酸性物質では初期色相も無色で好ましい。 Particularly preferred initial hue colorless solid acidic material at 23 ° C..

実施例16,17ではpH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)の配合比を変えたものである。 Is obtained by changing the mixing ratio of the pH indicator which develops a color in an acidic region in a substantially colorless (a) in pH7 In Examples 16 and 17. 配合量が0.5〜2.5重量%の範囲にない場合には、そうでない場合に比べ初期の色相や発色性がやや劣るが問題なく使用可能である。 If the amount is not in the range of 0.5 to 2.5 wt% can be used without is slightly inferior problems early hue and color developability than otherwise.

実施例18,19は界面活性剤(b)の配合比を変えたものである。 Examples 18 and 19 is obtained by changing the mixing ratio of the surfactant (b). 配合量が45〜65重量%の範囲にない場合には、そうでない場合に比べ初期の色相や発色性がやや劣るが問題なく使用可能である。 If the amount is not in the range of 45 to 65 wt% can be used without is slightly inferior problems early hue and color developability than otherwise.

実施例20,21はポリアルキレングリコール(c)の配合比を変えたものである。 Examples 20 and 21 is obtained by changing the mixing ratio of the polyalkylene glycol (c). 配合量が10〜20重量%の範囲にない場合には、そうでない場合に比べ防湿性がやや劣るが問題なく使用可能である。 If the amount is not in the range of 10 to 20 wt% it can be used without somewhat lesser problems moisture resistance than otherwise.

実施例22はカルボキシル基を有するポリマー(d)の配合比を変えたものである。 Example 22 is obtained by changing the mixing ratio of the polymer having a carboxyl group (d). 配合量が20〜60重量%の範囲にない場合には、そうでない場合に比べ初期色相がやや劣るが問題なく使用可能である。 If the amount is not in the range of 20 to 60 wt% it can be used without the initial hue somewhat lesser problems than otherwise.

実施例23,24は(b)及び(d)以外の酸性物質(e)の配合比を変えたものである。 Examples 23 and 24 is obtained by changing the mixing ratio of (b) and (d) other than the acidic substance (e). 配合量が0.5〜1.5重量%の範囲にない場合には、そうでない場合に比べ初期の色相や発色性がやや劣るが問題なく使用可能である。 If the amount is not in the range of 0.5 to 1.5 wt% can be used without is slightly inferior problems early hue and color developability than otherwise.

比較例1はpH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)を配合していない。 Comparative Example 1 contained no pH indicator (a) that develops color at a substantially colorless in an acidic region pH 7. この場合にはイオン交換水を浸襲させても全く発色は起こらない。 It does not occur at all coloring also be invasive of ion-exchanged water in this case. 比較例2はpH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)を5重量%以上配合した。 Comparative Example 2 were blended substantially pH indicator which develops a color in an acidic region colorless (a) 5% by weight or more in pH 7. この場合、初期色相が非常に濃く発色前後の差が少なく使用に適さない。 In this case, the initial hue is not suitable for very difference dark color before and after less used.

比較例3は界面活性剤(b)を配合していない。 Comparative Example 3 contained no surfactant (b). この場合にはその他の成分を加熱溶融しても分散せず、均一なウェットインジケーター組成物を作ることが不能であった。 Also not dispersed by heating and melting the other components in this case, it was impossible to make a uniform wet indicator composition. イオン交換水を浸襲させても全く発色は起こらない。 It does not occur at all coloring also be invasive of ion-exchanged water. 比較例4は界面活性剤(b)を90重量%以上配合した。 Comparative Example 4 was blended surfactant (b) 90% by weight or more. この場合、23℃でほぼ液体であり、防湿性試験において24時間を待たずに完全に発色し使用に適さない。 In this case, a substantially liquid at 23 ° C., is not suitable for complete color development using without waiting for 24 hours at moisture resistance test.

比較例5はポリアルキレングリコール(c)を配合していない。 Comparative Example 5 contained no polyalkylene glycol (c). この場合には防湿性試験において24時間を待たずに完全に発色し使用に適さない。 In this case, not suitable for complete color development using without waiting for 24 hours at moisture resistance test. 比較例6はポリアルキレングリコール(c)を55重量%以上配合した。 Comparative Example 6 was blended polyalkylene glycol (c) 55 wt% or more. この場合にも同様に防湿性試験において24時間を待たずに完全に発色し使用に適さない。 Not suitable for complete color development using without waiting for 24 hours in a similar moisture-resistance test in this case.

比較例7はカルボキシル基を有するポリマー(d)を70重量%以上配合した。 Comparative Example 7 was blended polymer (d) 70 wt% or more having a carboxyl group. この場合には初期色相が非常に濃く発色前後の差が少なく使用に適さない。 Initial hue is not suitable for very thick color difference before and after the less used in this case.

比較例8は(b)及び(d)以外の酸性物質(e)を配合していない。 Comparative Example 8 contained no (b) and (d) other than the acidic substance (e). この場合にはイオン交換水を浸襲させても全く発色は起こらない。 It does not occur at all coloring also be invasive of ion-exchanged water in this case. 比較例9は(b)及び(d)以外の酸性物質(e)を5重量%以上配合した。 Comparative Example 9 was formulated (b) and (d) other than the acidic substance (e) 5% by weight or more. この場合、初期色相が非常に濃く発色前後の差が少なく使用に適さない。 In this case, the initial hue is not suitable for very difference dark color before and after less used.

比較例10はポリアルキレングリコール(c)の代わりに水溶性原料(c')を配合した。 Comparative Example 10 was blended water-soluble material (c ') in place of the polyalkylene glycol (c). この場合にはその他の成分を加熱溶融しても分散せず、均一なウェットインジケーター組成物を作ることが不能であった。 Also not dispersed by heating and melting the other components in this case, it was impossible to make a uniform wet indicator composition.

比較例11,12はカルボキシル基を有するポリマー(d)の代わりにカルボキシル基を有しないポリマー(d')を配合した。 Comparative Examples 11 and 12 were blended with the polymer (d ') having no carboxyl group in place of the polymer having a carboxyl group (d). この場合にはその他の成分を加熱溶融しても分散せず、均一なウェットインジケーター組成物を作ることが不能であった。 Also not dispersed by heating and melting the other components in this case, it was impossible to make a uniform wet indicator composition.

図1は、本発明の吸収性物品の第1実施形態である展開型の使い捨ておむつを平面状に拡げた状態を示す肌対向面側の平面図である。 Figure 1 is a first plan view of the skin-facing surface side of the expansion-type disposable diaper of an embodiment showing a state in which spread out flat absorbent article of the present invention. 図2は、図1のI−I線断面を模式的に示す断面図である。 Figure 2 is a sectional view showing a sectional view taken along line I-I of Figure 1 schematically. 図3は、本発明の第2実施形態である展開型の使い捨ておむつの図2相当図である。 Figure 3 is a diagram 2 corresponding view of expansion type disposable diaper of a second embodiment of the present invention. 図4は、本発明の第3実施形態である展開型の使い捨ておむつの図2相当図である。 Figure 4 is a diagram 2 corresponding view of expansion type disposable diaper of a third embodiment of the present invention. 図5は、本発明の吸収性物品に適用可能なホットメルト組成物の塗布パターン(インジケーターの形成パターン)を示す平面図である。 Figure 5 is a plan view showing an application pattern of the applicable hot melt composition (formation pattern of indicator) to the absorbent article of the present invention. 図6(a)は、本発明の吸収性物品の包装構造の一実施形態の斜視図であり、図6(b)は、図6(a)に示す包装構造の内容物(おむつの集積体)の斜視図である。 6 (a) is a perspective view of an embodiment of a package structure of the absorbent article of the present invention, FIG. 6 (b), the contents of the package structure shown in FIGS. 6 (a) (diapers aggregation ) is a perspective view of a.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 使い捨ておむつ(吸収性物品) 1 disposable diaper (absorbent article)
2 表面シート3 裏面シート4 吸収体41 吸収性コア42 被覆シート42a 上部被覆シート42b 下部被覆シート5 インジケーター(ホットメルト組成物) 2 topsheet 3 backsheet 4 absorber 41 the absorbent core 42 covering sheet 42a upper cover sheet 42b lower cover sheet 5 indicator (hot melt composition)
6 外層シート7 立体ギャザー形成用の弾性部材70 立体ギャザー形成用のシート材71 立体ギャザーの立ち上がり基端部(接合部) 6 the outer sheet 7 rising base end portion of the sheet material 71 standing gathers of elastic members 70 standing gather forming for standing gathers formed (joined portion)
8 レッグ弾性部材80 レッグフラップ9 ファスニングテープ10 ランディングゾーン20 使い捨ておむつ(吸収性物品)の包装構造21 包装材 8 Leg packaging structure 21 packaging material of the elastic member 80 leg flap 9 fastening tape 10 landing zone 20 disposable diaper (absorbent article)

Claims (3)

  1. 表面シート、裏面シート及び両シート間に介在された吸収体を具備し、体液と接触することにより変色するホットメルト組成物が塗布された吸収性物品であって、 Topsheet, comprising a absorption body interposed between the backsheet and the two sheets, a absorbent article hot melt composition is applied that changes color upon contact with body fluids,
    前記ホットメルト組成物は、pH7で実質的に無色で酸性領域で発色するpH指示薬(a)0.5〜2.5重量%、ノニオン系界面活性剤(b)20〜90重量%、ポリアルキレングリコール(c)5〜55重量%、カルボキシル基を有するポリマー(d)0〜70重量%、(b)及び(d)以外の25℃で固体の酸である酸性物質(e)0.1〜5重量%を含有し、且つ体液と接触することにより濡れて変色した後、乾燥すると変色前の色に戻り、 The hot melt composition is substantially pH indicator which develops a color in an acidic region colorless (a) 0.5 to 2.5% by weight pH 7, nonionic surfactant (b) 20 to 90 wt%, polyalkylene glycol (c) 5 to 55 wt%, the polymer having a carboxyl group (d) 0 to 70 wt%, (b) and (d) other than the acidic substance is a solid acid at 25 ℃ (e) 0.1~ 5 containing by weight%, and after discoloration wet by contact with body fluids, to return to the drying and before discoloration color,
    (b)及び(d)以外の25℃で固体の酸である前記酸性物質(e)は、クエン酸、コハク酸、グルコン酸、乳酸、フマル酸、リンゴ酸、シュウ酸、尿酸及びリン酸からなる群から選択される1種以上である吸収性物品。 (B) and (d) other than the acidic substance is a solid acid at 25 ° C. (e) include citric acid, succinic acid, gluconic acid, lactic acid, fumaric acid, malic acid, oxalic acid, from uric acid and phosphoric acid 1 or more at which an absorbent article selected from the group consisting of.
  2. 前記ホットメルト組成物は、体液と接触してから1分以内に変色する請求項1記載の吸収性物品。 The hot melt composition, the absorbent article according to claim 1 wherein the color change within 1 minute after contact with body fluids.
  3. 請求項1又は2に記載の吸収性物品を、チタン含有量が8重量%未満の包装材で包装してなる吸収性物品の包装構造。 The absorbent article of claim 1 or 2, the packaging structure of an absorbent article titanium content is packaged in packaging material of less than 8% by weight.
JP2007338125A 2006-09-29 2007-12-27 The absorbent article Active JP5032298B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006266149 2006-09-29
JP2006266149 2006-09-29
JP2007338125A JP5032298B2 (en) 2006-09-29 2007-12-27 The absorbent article

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007338125A JP5032298B2 (en) 2006-09-29 2007-12-27 The absorbent article

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007166618 Division 2007-06-25

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008104889A true JP2008104889A (en) 2008-05-08
JP5032298B2 true JP5032298B2 (en) 2012-09-26

Family

ID=39438708

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007338125A Active JP5032298B2 (en) 2006-09-29 2007-12-27 The absorbent article

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5032298B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5237159B2 (en) * 2009-03-11 2013-07-17 王子ネピア株式会社 Manufacturing method of the absorbent article
US8927801B2 (en) * 2009-04-13 2015-01-06 The Procter & Gamble Company Absorbent articles comprising wetness indicators
JP5838878B2 (en) * 2012-03-21 2016-01-06 王子ホールディングス株式会社 Disposable diapers
US9320825B2 (en) * 2012-09-26 2016-04-26 The Procter & Gamble Company Liquid-activated formulation with permanent colorant
JP6080295B2 (en) * 2012-12-03 2017-02-15 花王株式会社 The absorbent article

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03221039A (en) * 1990-01-26 1991-09-30 Kanzaki Paper Mfg Co Ltd Paper diaper
DE60111408T2 (en) * 2000-10-30 2006-05-11 Ato Findley Inc., Wauwatosa Hotmelt adhesive composition with moisture indicator
EP1476109B1 (en) * 2002-02-19 2013-02-13 The Procter & Gamble Company Wetness indicator having improved colorant retention and durability
JP4329411B2 (en) * 2003-05-30 2009-09-09 東レ株式会社 Packaging stretched polylactic acid-based film and bags

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2008104889A (en) 2008-05-08 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4681580A (en) Disposable diapers with unitary waistshield and elastically expansible waistbands
US5549589A (en) Fluid distribution member for absorbent articles exhibiting high suction and high capacity
US5800416A (en) High capacity fluid absorbent members
US20060229577A1 (en) Absorbent article having a wetness event counter
US5766212A (en) Disposable diaper
US8258367B2 (en) Disposable absorbent articles having an interior design signal
US7332642B2 (en) Disposable absorbent articles having printed wetness indicators
US8183430B2 (en) Absorbent article
US20030187417A1 (en) Absorbent article and manufacturing method thereof
WO2004105664A1 (en) Disposable pull-on garment
US6638260B2 (en) Disposable diaper
JP2001054536A (en) Throw-away diaper having pattern sheet and its production
JP2001353174A (en) Absorbable article
US20050234415A1 (en) Disposable absorbent articles having wetness appearing graphics
JP2004222868A (en) Absorptive article and sheet-like cosmetic material
US20120165776A1 (en) Disposable Diaper with Reduced Bulk
US20070276348A1 (en) Method of Marking An Absorbent Article
JP2010194124A (en) Disposable diaper
US20070142800A1 (en) Disposable absorbent articles having a partially visible graphic
JP2002000657A (en) Absorptive article
US20010009991A1 (en) Absorbent article containing skin-protective ingredient
US20090326494A1 (en) Absorbent article
JP2009061230A (en) Absorptive article
US20090012491A1 (en) Pantiliner
WO2002049560A1 (en) Absorbent product comprising leakage barriers

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100601

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20100623

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20100623

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111117

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120110

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120417

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120425

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120612

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120628

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150706

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250