JP5015882B2 - Mold and process for producing a golf ball for a golf ball - Google Patents

Mold and process for producing a golf ball for a golf ball Download PDF

Info

Publication number
JP5015882B2
JP5015882B2 JP2008224991A JP2008224991A JP5015882B2 JP 5015882 B2 JP5015882 B2 JP 5015882B2 JP 2008224991 A JP2008224991 A JP 2008224991A JP 2008224991 A JP2008224991 A JP 2008224991A JP 5015882 B2 JP5015882 B2 JP 5015882B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
less
pimples
golf ball
number
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008224991A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010057623A (en
Inventor
隆弘 佐嶌
Original Assignee
ダンロップスポーツ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ダンロップスポーツ株式会社 filed Critical ダンロップスポーツ株式会社
Priority to JP2008224991A priority Critical patent/JP5015882B2/en
Priority claimed from US12/552,114 external-priority patent/US20100052219A1/en
Publication of JP2010057623A publication Critical patent/JP2010057623A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5015882B2 publication Critical patent/JP5015882B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、ゴルフボールの成形型に関する。 The present invention relates to a mold of the golf ball. 詳細には、本発明は、ディンプルを形成するためのピンプルをそのキャビティ面に多数備えた成形型に関する。 In particular, the present invention relates to a mold having a large number of pimples for forming dimples on the cavity surface.

ゴルフボールは、その表面に多数のディンプルを備えている。 Golf ball has a large number of dimples on the surface thereof. ディンプルは、飛行時のゴルフボール周りの空気の流れを乱し、乱流剥離を起こさせる。 Dimples disrupt the flow of air around the golf ball during flight to cause turbulent flow separation. 乱流剥離によって空気のゴルフボールからの剥離点が後方にシフトし、抗力が低減される。 Separating point of air from the golf ball is shifted backward by the turbulent flow separation, leading to the reduction of drag. 乱流剥離によってバックスピンに起因するゴルフボールの上側剥離点と下側剥離点とのズレが助長され、ゴルフボールに作用する揚力が高められる。 Displacement between upper separating point and lower separating points of the golf ball, which results from the backspin is promoted by turbulent flow separation, lift acting on the golf ball is increased. 抗力の低減及び揚力の向上は、「ディンプル効果」と称される。 Reduction and improvement of lift drag is referred to as a "dimple effect". 優れたディンプルは、よりよく空気の流れを乱す。 Excellent dimples, disturb the flow of better air.

通常ゴルフボールは、共に半球状のキャビティを備えた上型及び下型からなる成形型によって成形される。 Usually golf ball is formed by a mold having upper and lower mold together with a hemispherical cavity. 上型キャビティが地球儀の北半球と仮定され下型キャビティが地球儀の南半球と仮定された場合の赤道面(赤道を含む平面)において、上型と下型とが合わせられる。 In the equatorial plane when the upper die cavity lower cavity is assumed to northern hemisphere globe it is assumed southern hemisphere globe (plane including the equatorial), are combined and the upper and lower molds. 成形型の内周面には多数のピンプルが設けられており、このピンプルによってゴルフボールの表面にディンプルが形成される。 The inner peripheral surface of the mold has a large number of pimples are provided, the dimples on the surface of the golf ball by the pimple is formed. ディンプルの形状は、ピンプルの形状が反転された形状である。 The shape of the dimples is the shape the shape of the pimple is reversed.

上型と下型とのパーティング面からは成形材料(例えば合成樹脂)が漏れ出すので、ゴルフボール表面の赤道部分にはバリが発生する。 Since the molding material from the parting plane between the upper and lower molds (for example, synthetic resin) leaks, the equator of the golf ball surface burrs. バリは、パーティングラインに沿って生じる。 Bali, occurs along the parting line. このバリは、砥石等で研削・除去される。 This burr is ground and removed by grinding or the like. ディンプルの内部に生じたバリの除去は、困難である。 Removal of burrs produced inside the dimple is difficult. バリの除去の容易のため、赤道上にはディンプルが形成されない。 For easy removal of the burr, dimple is not formed on the equator. 換言すれば、成形型のパーティング面には、ピンプルが設けられない。 In other words, the parting surface of the mold, pimple is not provided. この成形型によって得られたゴルフボールのシームには、大円帯が形成される。 The seam of the golf ball obtained by the mold, great circle path is formed. 大円帯は、赤道と一致する。 Great circle path is consistent with the equator. この大円帯がバックスピンの周速が最も早い部分(以下「最速部分」とも称される)と一致すると、十分なディンプル効果が得られない。 When the great circle path is coincident with the earliest portion peripheral speed of the backspin (also referred hereinafter "fastest portion"), sufficient dimple effect. 大円帯と最速部分とが一致する場合のディンプル効果は、大円帯と最速部分とが一致しない場合のディンプル効果に比べて小さい。 Dimple effect of the great circle path and the fastest portion match is smaller than the dimple effect of the great circle path and the fastest portion do not match. ディンプル効果の相違は、ゴルフボールの空力的対称性を損なう。 The difference of the dimple effect, detract from the aerodynamic symmetry of the golf ball. 大円帯はさらに、ゴルフボールの外観を阻害する。 Great circle path further, to inhibit the appearance of the golf ball.

特開2002−159598公報には、パーティング面が水平面と傾斜面とを備えた成形型が開示されている。 JP-A-2002-159598 publication, a mold parting plane and a horizontal plane and the inclined surface is disclosed. この成形型では、パーティング面を避けて、赤道上にピンプルが配置されうる。 In the mold, to avoid the parting face, pimples can be arranged on the equator. この成形型により、シームが凹凸であるゴルフボールが得られる。 This mold, golf ball can be obtained seam is uneven. このゴルフボールは、大円帯を有さない。 The golf ball does not have a great circle path. 同様の成形型は、特開2004−89549公報にも開示されている。 Similar mold is also disclosed in JP 2004-89549 publication.

特開平10−99469号公報には、パーティング面に置かれたピンを有する成形型が開示されている。 JP-A-10-99469, a mold having a pin placed on the parting surface is disclosed. このピンにより、ゴルフボールにディンプルが形成される。 This pin, dimple is formed on the golf ball. この成形型により、大円帯を有さないゴルフボールが得られる。 This mold, golf ball can be obtained which does not have a great circle path.

特開平11−137727号公報には、パーティング面に隆起を有する成形型が開示されている。 JP-A-11-137727, a mold having a raised parting surface is disclosed. この隆起により、ゴルフボールにディンプルが形成される。 This raised, dimples are formed on the golf ball. この成形型により、大円帯を有さないゴルフボールが得られる。 This mold, golf ball can be obtained which does not have a great circle path.
特開2002−159598公報 JP 2002-159598 Laid 特開2004−89549公報 JP 2004-89549 Publication 特開平10−99469号公報 JP-10-99469 discloses 特開平11−137727号公報 JP 11-137727 discloses

パーティング面が水平面と傾斜面とを備えた成形型で得られたゴルフボールでは、シームの近傍において、ディンプルが粗である。 In the golf ball obtained by the mold parting plane and a horizontal plane and the inclined surface in the vicinity of the seam, the dimples are rough. このゴルフボールの空力的対称性には、改善の余地がある。 The aerodynamic symmetry of the golf ball, there is room for improvement. ピン又は隆起を有する成形型で得られたゴルフボールでも、空力的対称性及び外観は、未だ十分ではない。 Even golf ball obtained by pins or mold having a raised, aerodynamic symmetry and appearance are not yet sufficient.

本発明の目的は、空力的対称性及び外観に優れたゴルフボールの提供にある。 An object of the present invention is to provide a golf ball having excellent aerodynamic symmetry and appearance.

本発明に係るゴルフボール用成形型は、一対の半型からなる。 Mold for a golf ball according to the present invention, a pair of mold halves. この成形型は、キャビティ面にディンプル形成用のピンプルを多数備える。 The mold is provided with a large number of pimples for dimples formed in the cavity surface. それぞれの半型は、赤道から突出する複数の突起を備える。 Each mold half is provided with a plurality of protrusions protruding from the equator. それぞれの突起は、ピンプルの一部を含む。 Each protrusion comprises a portion of the pimple. 自らが所属する半型とは異なる半型に所属する突起と隣接する突起の数の、突起の総数に対する比率P1は、50%以上である。 The number of the protrusions adjacent to the projections belonging to different mold halves and the mold half to which itself belongs, the ratio P1 to the total number of projections is equal to or greater than 50%. 緯度が20°以下である領域に存在しかつその直径が4.0mm未満であるピンプルの数の、緯度が20°以下である領域に存在するピンプルの数に対する比率P5は、20%以上90%未満である。 Ratio P5 to the number of pimples latitude in the number of pimples is less than was present in the region of 20 ° or less and 4.0mm its diameter, latitude exists in the region is 20 ° or less, 20% or 90% or more it is less than. 緯度が20°以下である領域に存在するピンプルの直径の標準偏差は、0.15以下である。 The standard deviation of the diameter of the pimple latitude exists in the region is 20 ° or less, 0.15 or less.

好ましくは、突起の数は18以上33以下である。 Preferably, the number of projections is 18 or more 33 or less. 好ましくは、全ての突起の、赤道からの高さは、同一である。 Preferably, all of the projections, the height from the equator, the same.

好ましくは、緯度が20°以下である領域に存在する全てのピンプルが直径の大きい順に列べられたときの、上位10%のピンプルの平均直径Dxと下位10%のピンプルの平均直径Dnとの比(Dx/Dn)は、1.15以下である。 Preferably, latitude when all of the pimples were Retsube in descending order of the diameter present in the region of 20 ° or less, and the average diameter Dn of the mean diameter Dx and bottom 10% of the pimples top 10% of the pimples ratio (Dx / Dn) is, 1.15 or less.

好ましくは、緯度が20°以下である領域に、互いに直径の異なる複数種のピンプルが存在する。 Preferably, latitude in the region of 20 ° or less, there are several kinds of pimples having different diameters from each other.

本発明に係るゴルフボール製造方法は、 Golf ball manufacturing method according to the present invention,
(1)一対の半型からなり、 (1) a pair of mold halves,
そのキャビティ面にディンプル形成用のピンプルを多数備えており、 Includes a large number of pimples for dimples formed on the cavity surface,
それぞれの半型が、赤道から突出する複数の突起を備えており、 Each mold half is provided with a plurality of protrusions protruding from the equator,
それぞれの突起が、ピンプルの一部を含んでおり、 Each projection includes a part of the pimple,
自らが所属する半型とは異なる半型に所属する突起と隣接する突起の数の、突起の総数に対する比率P1が50%以上であり、 The number of the protrusions adjacent to the projections belonging to different mold halves and the mold half to which itself belongs, and the ratio P1 to the total number of projections is 50% or more,
緯度が20°以下である領域に存在しかつその直径が4.0mm未満であるピンプルの数の、緯度が20°以下である領域に存在するピンプルの数に対する比率P5が20%以上90%未満であり、 Latitude in the number of pimples is less than is present and its diameter in the region of 20 ° or less 4.0 mm, the latitude is less than the ratio P5 to the number of pimples present in the region is 20 ° or less than 20% 90% It is in,
緯度が20°以下である領域に存在するのピンプルの直径の標準偏差が0.15以下である成形型に、材料が投入される工程及び(2)この成形型の中で材料が流動し、ピンプルの形状が反転した形状を有するディンプルが形成される工程を含む。 Latitude to mold standard deviation is 0.15 or less of the pimples diameter to present in the region of 20 ° or less, steps and (2) material is the input material to flow in the mold, comprising the step of shape of the pimples dimples having an inverted shape is formed.

本発明に係る成形型で得られたゴルフボールは、空力的対称性及び外観に優れる。 Golf ball obtained by the mold according to the present invention has excellent aerodynamic symmetry and appearance.

以下、適宜図面が参照されつつ、好ましい実施形態に基づいて本発明が詳細に説明される。 Hereinafter, with appropriate references to the accompanying drawings, the present invention based on preferred embodiments are described in detail.

図1は、本発明の一実施形態に係るゴルフボール用成形型2が示された断面図である。 Figure 1 is a cross-sectional view of a golf ball mold 2 according to an embodiment of the present invention. 図2は、図1の成形型2の一部が示された拡大図である。 Figure 2 is an enlarged view showing a part of the mold 2 of Figure 1. この成形型2は、一対の半型4、6からなる。 The mold 2 consists of a pair of mold halves 4,6. 具体的には、成形型2は、上型4と下型6とからなる。 Specifically, the mold 2 is composed of an upper mold 4 and the lower mold 6. 上型4と下型6とが合わせられることにより、球状のキャビティが形成される。 By the upper mold 4 and the lower die 6 are combined, a spherical cavity is formed. 上型4及び下型6のキャビティ面8には、多数のピンプル10が設けられている。 The upper mold 4 and the cavity surface 8 of the lower mold 6, a large number of pimples 10 are provided. ピンプル10の輪郭は、円である。 Contour of the pimple 10 is circular. 図1では、一部のピンプル10のみが示されている。 In Figure 1, only a portion of the pimples 10 is shown. 実際は、キャビティ面8の全体にわたって多数のピンプル10が配置されている。 In fact, a large number of pimples 10 are arranged over the entire cavity surface 8. 図1から明らかなように、上型4と下型6とのパーティング面12は凹凸状である。 As apparent from FIG. 1, the parting surface 12 of the upper mold 4 and the lower mold 6 is uneven. 図2において符号Eqで示されている二点鎖線は、上型4のキャビティ面8の最上部が地球儀の北極点Pn(図1参照)と仮定され、下型6のキャビティ面8の最下部が地球儀の南極点Psと仮定されたときの赤道である。 The two-dot chain line indicated by reference numeral Eq 2, the uppermost portion of the cavity surface 8 of the upper mold 4 is assumed to north pole Pn (see FIG. 1) of the globe, the bottom of the cavity surface 8 of the lower mold 6 There is a equator when assumed south Pole Ps globe. 北極点Pn及び南極点Psの緯度は、90°である。 Latitude north pole Pn and South Pole Ps is 90 °. 赤道の緯度は、0°である。 Equator latitude is 0 °.

図3は、図1の成形型2の下型6が示された斜視図である。 Figure 3 is a perspective view of the lower mold 6 of the mold 2 of Figure 1 is shown. この下型6のパーティング面12は、平坦面14、突起16及び凹み18からなる。 Parting surface 12 of the lower mold 6 consists of a flat surface 14, projections 16 and depressions 18. 図1及び2にも示される通り、平坦面14は、赤道Eqに沿っている。 As also shown in Figure 1 and 2, the flat surface 14 along the equator Eq. 突起16は赤道Eqから突出している。 The protrusion 16 protrudes from the equator Eq. 凹み18は、赤道Eqよりも窪んでいる。 Dent 18 is recessed than the equator Eq. 周方向に沿って、2個の突起16からなる群と2個の凹み18からなる群とが、交互に配置されている。 Along the circumferential direction, the group consisting of two projections 16 and the group consisting of two indentations 18 are arranged alternately. 突起16の数は、10である。 The number of projections 16 is 10. 凹み18の数は、10である。 The number of dents 18, is 10. 突起16の数は、凹み18の数と同じである。 The number of projections 16 is the same as the number of depressions 18. 図示されていないが、上型4も同様に、多数の突起16と多数の凹み18とを備えている。 Although not shown, similarly the upper mold 4, and a a number of projections 16 and a large number of depressions 18. 上型4が下型6と合わされるとき、下型6の突起16は上型4の凹み18にはめ込まれ、下型6の凹み18には上型4の突起16がはめ込まれる。 When the upper mold 4 is combined with the lower mold 6, the projections 16 of the lower mold 6 is fitted to the recess 18 of the upper mold 4, the projections 16 of the upper mold 4 is fitted in the recess 18 of the lower mold 6.

下型6の突起16は上型4の凹み18にはめ込まれるので、上型4の凹み18の数は下型6の突起16の数と同一である。 Since the projections 16 of the lower mold 6 is fitted to the recess 18 of the upper mold 4, the number of the depressions 18 the upper die 4 is the same as the number of projections 16 of the lower mold 6. 下型6の凹み18には上型4の突起16がはめ込まれるので、上型4の突起16の数は下型6の凹み18の数と同一である。 Since the recess 18 of the lower mold 6 projections 16 of the upper mold 4 is fitted, the number of projections 16 of the upper mold 4 is the same as the number of indentations 18 of the lower mold 6. この成形型2では、上型4の突起16、上型4の凹み18、下型6の突起16及び下型6の凹み18の数は、それぞれ10個である。 In the mold 2, the number of projections 16 of the upper mold 4, the depressions 18 the upper mold 4, recess 18 of the projections 16 and the lower mold 6 of the lower mold 6 is 10 pieces, respectively. この成形型2は、合計で20個の突起16を有している。 The mold 2 has 20 projections 16 in total. この成形型2は、合計で20個の凹み18を有している。 The mold 2 has 20 recesses 18 in total.

図2から明らかなように、突起16はピンプル10の一部を含んでいる。 As apparent from FIG. 2, the projection 16 includes a portion of the pimple 10. 突起16の外縁は円弧である。 The outer edge of the projection 16 is arcuate. この外縁は、ピンプル10の輪郭と実質的に一致している。 The outer edge is in substantially match the contour of the pimple 10. 突起16が赤道Eqから突出しているので、この突起16に含まれるピンプル10は赤道Eqと交差している。 Since the projection 16 is protruded from the equator Eq, pimple 10 included in the protrusion 16 intersect with the equator Eq. ピンプル10の中心は、突起16には含まれていない。 Center of the pimple 10 is not included in the projection 16.

図4は、図1の成形型の一部が示された拡大断面図である。 Figure 4 is an enlarged sectional view showing a part of the mold of Figure 1. 図4には、図1のA−A線に沿った断面の一部が示されている。 Figure 4 is a part of a cross section taken along the line A-A of Figure 1 is shown. この断面は、赤道Eqに沿っている。 This cross-section along the equator Eq. 図4には、下型6の平坦面14、下型6の2個の突起16a、16b及び上型4の2個の突起16c、16dが示されている。 In FIG. 4, a flat surface 14 of the lower mold 6, two protrusions 16a of the lower mold 6, two protrusions 16c and 16b and the upper mold 4, 16d are shown. 突起16aは、突起16bと隣接している。 Protrusion 16a is adjacent to the protrusion 16b. 突起16aは、突起16cとも隣接している。 Projection 16a is also adjacent to the projections 16c. 2つの突起の間に他の突起が存在しないとき、これら2つの突起は「隣接」していると称される。 When other protrusion does not exist between the two protrusions, two protrusions are referred to as being "adjacent".

図4において符号Oで示されているのは、キャビティの中心点である。 What is indicated by reference numeral O in Fig. 4, it is the center point of the cavity. 図4に示された中心線CLa、CLb及びCLcは、点Oを通過している。 Centerline CLa shown in FIG. 4, CLb and CLc passes through the point O. 中心線CLaは、突起16aの経度方向中心を通過している。 Center line CLa are passing through the center in meridional direction of the projection 16a. 中心線CLbは、突起16bの経度方向中心を通過している。 Center line CLb has passed the longitude direction center of the projection 16b. 中心線CLcは、突起16cの経度方向中心を通過している。 Centerline CLc is passed through the longitudinal direction center of the projection 16c. 図4において符号α1で示されているのは、突起16aと突起16bとの間の中心角である。 What is indicated by reference numeral α1 in FIG. 4, a central angle between the protrusion 16a protruding 16b. 図4において符号β1で示されているのは、突起16aと突起16cとの間の中心角である。 What is indicated by reference numeral β1 in FIG. 4, a central angle between the protrusion 16a protruding 16c.

図5は、図1の成形型の一部が示された拡大断面図である。 Figure 5 is an enlarged sectional view showing a part of the mold of Figure 1. 図5には、図1のA−A線に沿った断面の一部が示されている。 FIG. 5 shows a part of a cross section taken along the line A-A of Figure 1 is shown. この断面は、赤道Eqに沿っている。 This cross-section along the equator Eq. 図5には、図4に示された箇所と異なった箇所が示されている。 FIG. 5 shows a different location and position shown in FIG. 図5には、下型6の平坦面14、下型6の2個の突起16e、16f及び上型4の2個の突起16g、16hが示されている。 FIG. 5 is a flat surface 14 of the lower mold 6, two protrusions 16e of the lower mold 6, two protrusions 16g of 16f and the upper mold 4, 16h is shown. 突起16eは、突起16fと隣接している。 Projection 16e is adjacent to the protrusion 16f. 突起16eは、突起16hとも隣接している。 Projections 16e is also adjacent to the projections 16h.

図5において符号Oで示されているのは、キャビティの中心点である。 What is indicated by a symbol O in FIG. 5 is a center point of the cavity. 図5に示された中心線CLe、CLf及びCLgは、点Oを通過している。 5 the indicated center line CLe, CLf and CLg passes through the point O. 中心線CLeは、突起16eの経度方向中心を通過している。 Centerline CLe is passed through the longitudinal direction center of the protrusion 16e. 中心線CLfは、突起16fの経度方向中心を通過している。 Centerline CLf is passed through the longitudinal direction center of the projection 16f. 中心線CLgは、突起16gの経度方向中心を通過している。 Centerline CLg is passed through the longitudinal direction center of the protrusion 16g. 図5において符号α2で示されているのは、突起16eと突起16fとの間の中心角である。 What is indicated by a symbol α2 in Fig. 5 is a central angle between the projection 16e projections 16f. 図5において符号β2で示されているのは、突起16eと突起16gとの間の中心角である。 What is indicated by a symbol β2 in FIG. 5 is a central angle between the protrusion 16e and the protrusion 16g.

図5に示された箇所の角度α(すなわちα2)は、図4に示された箇所の角度α(すなわちα1)と同一である。 Angle indicated position in FIG. 5 alpha (i.e. [alpha] 2) is the same as the angle of the portion shown in FIG. 4 alpha (i.e. [alpha] 1). 一方、図5に示された箇所の角度β(すなわちβ2)は、図4に示された箇所の角度β(すなわちβ1)よりも大きい。 On the other hand, the angle beta (i.e. .beta.2) locations shown in Figure 5 is greater than the angle of a portion shown in FIG. 4 beta (i.e. .beta.1). 換言すれば、図5に示された箇所の角度の対(α,β)は、図4に示された箇所の角度の対(α,β)とは異なる。 In other words, a pair of angular locations shown in FIG. 5 (alpha, beta) is a pair of angular locations shown in FIG. 4 (alpha, beta) is different from the. 角度α2が、角度α1と異なってもよい。 Angle α2 may be different from the angle α1.

この成形型2は、ゴルフボールの成形に用いられる。 The mold 2 is used in the molding of the golf ball. この成形型2は、圧縮成形法、射出成形法、注型成形法等に用いられうる。 The mold 2, compression molding, injection molding, can be used in cast molding method. いずれの方法においても、成形型2に材料が投入される。 In either method, the material is placed into a mold 2. この材料が成形型2の中で流動し、ピンプル10の形状が反転した形状を有するディンプルが形成される。 The material to flow in the mold 2, the shape of the pimples 10 dimples having a reversed shape is formed.

図6は図1の成形型2で得られたゴルフボール20が示された平面図であり、図7はその正面図である。 Figure 6 is a plan view of the golf ball 20 has been shown that obtained with the mold 2 of Figure 1, Figure 7 is a front view thereof. このゴルフボール20は表面に多数のディンプル22を備えている。 This golf ball 20 has a large number of dimples 22 on the surface. 全てのディンプル22は、円形である。 All dimples 22 is circular. 図6及び図7には、符号AからDにより、ディンプル22の種類が示されている。 6 and 7, the D from the code A, are shown the kind of dimples 22. このゴルフボール20は、ディンプルA、ディンプルB、ディンプルC及びディンプルDを備えている。 The golf ball 20, the dimples A, dimples B, and dimples C and dimples D. ディンプルAの個数は70個であり、ディンプルBの個数は180個であり、ディンプルCの個数は120個であり、ディンプルDの個数は30個である。 The number of the dimples A is 70, the number of the dimples B is 180, the number of the dimples C is 120, the number of the dimples D is 30. このゴルフボール20は、400個のディンプル22を備えている。 This golf ball 20 is provided with 400 dimples 22.

図7において、符号Lnで示されているのは北緯20°の緯線であり、符号Lsで示されているのは南緯20°の緯線である。 7, what is indicated by reference numeral Ln is at parallels north latitude 20 °, what is indicated by reference numeral Ls is the latitude line of south latitude 20 °. ゴルフボール20の表面又はキャビティ面8において、緯線Lnと緯線Lsとに囲まれた領域は、低緯度領域である。 In surface or cavity surface 8 of the golf ball 20, the region surrounded by the latitude line Ln and parallels Ls is a low latitude regions. ゴルフボール20の表面又はキャビティ面8において、低緯度領域以外の領域は、高緯度領域である。 In surface or cavity surface 8 of the golf ball 20, a region other than the low latitude area is high latitude regions. 図6には、高緯度領域に存在するディンプル22の種類が示されている。 6, the type of the dimples 22 that exist in high-latitude regions are shown. その中心の緯度が20°を超えるディンプル22は、「高緯度領域に存在するディンプル」である。 Dimples 22 latitude of the center exceeds 20 ° is a "dimple that exists in high-latitude regions." 図7には、低緯度領域に存在するディンプル22の種類が示されている。 Figure 7 is the kind of dimples 22 that are present in the low latitude area is shown. その中心の緯度が20°以下であるディンプル22は、「低緯度領域に存在するディンプル」である。 Dimples 22 latitude of the center is 20 ° or less is "dimples present in the low latitude area".

ディンプル22は、ピンプル10の形状が反転した形状を有する。 Dimples 22 has a shape shape of the pimples 10 is inverted. ディンプルAは、ピンプルAによって形成されている。 Dimples A is formed by pimples A. ディンプルBは、ピンプルBによって形成されている。 Dimple B is formed by pimples B. ディンプルCは、ピンプルCによって形成されている。 Dimples C is formed by pimples C. ディンプルDは、ピンプルDによって形成されている。 Dimples D are formed by pimples D. 図1から4に示された成形型2は、70個のピンプルA、180個のピンプルB、120個のピンプルC及び30個のピンプルDを備えている。 Mold 2 shown in FIGS. 1-4 is provided with 70 pieces of pimples A, 180 pieces of pimples B, 120 pieces of pimples C and 30 pimples D. ピンプルAの直径は、4.00mmである。 The diameter of the pimple A is 4.00 mm. ピンプルBの直径は、3.90mmである。 The diameter of the pimple B is 3.90 mm. ピンプルCの直径は、3.75mmである。 The diameter of the pimple C is 3.75 mm. ピンプルDの直径は、3.50mmである。 The diameter of the pimple D is 3.50 mm.

前述の通り、この成形型2は、赤道Eqと交差するピンプル10を備えている。 As described above, the mold 2 is provided with pimples 10 that intersect with the equator Eq. 従って、この成形型2で得られたゴルフボール20は、このゴルフボール20の赤道Eqと交差するディンプル22を備える。 Therefore, the golf ball 20 obtained in the mold 2 is provided with a dimple 22 that intersects with the equator Eq of the golf ball 20. このゴルフボール20では、赤道Eqに大円帯が形成されない。 In this golf ball 20, great circle path to the equator Eq is not formed. 赤道Eqと交差するディンプル22は、赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したときのディンプル効果を高める。 Dimples 22 that intersect with the equator Eq enhances the dimple effect when the equator Eq agrees with the fastest part of the backspin. このゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 This golf ball 20 has excellent aerodynamic symmetry. このゴルフボール20は、赤道と一致しない大円帯も有していない。 This golf ball 20, also does not have a great circle path that does not match the equator. このゴルフボール20は、外観に優れる。 This golf ball 20 is excellent in appearance.

図4に示された突起16aは、前述の通り、突起16cと隣接している。 Protrusions 16a shown in FIG. 4, as described above, is adjacent to the protrusion 16c. 突起16aは下型6に所属しており、突起16cは上型に所属している。 Projections 16a are belong to the lower mold 6, the projections 16c are belong to the upper die. 換言すれば、突起16aは、自らが所属する半型(下型6)とは異なる半型(上型4)に所属する突起16cと隣接している。 In other words, the protrusion 16a is adjacent to the protrusion 16c belonging to different mold halves (upper mold 4) and mold half to which itself belongs (lower mold 6). この成形型2で成形されたゴルフボール2では、突起16aによって形成されたディンプル22は南半球に属し、突起16cによって形成されたディンプル22は北半球に属する。 In the golf ball 2 The molded from the mold 2, the dimple 22 formed by the projections 16a belongs to the southern hemisphere, dimples 22 formed by the protrusion 16c belongs to the northern hemisphere.

図5に示された突起16eは、前述の通り、突起16gと隣接している。 Protrusions 16e shown in FIG. 5, as described above, it is adjacent to the protrusion 16g. 突起16eは下型6に所属しており、突起16gは上型に所属している。 Projections 16e are belong to the lower mold 6, the projection 16g is belongs to the upper mold. 換言すれば、突起16eは、自らが所属する半型(下型6)とは異なる半型(上型4)に所属する突起16gと隣接している。 In other words, the protrusion 16e is adjacent to the protrusion 16g belonging to different mold halves (upper mold 4) and mold half to which itself belongs (lower mold 6). この成形型2で成形されたゴルフボール2では、突起16eによって形成されたディンプル22は南半球に属し、突起16gによって形成されたディンプル22は北半球に属する。 In the golf ball 2 is molded in the mold 2, the dimple 22 formed by the protrusions 16e belong to the southern hemisphere, dimples 22 formed by the protrusion 16g belongs to the northern hemisphere.

下記条件1を満たす突起16の数の、突起16の総数に対する比率P1は、50%以上である。 The number of the protrusions 16 satisfies the following condition 1, the ratio P1 to the total number of the protrusions 16 is equal to or greater than 50%.
条件1:自らが所属する半型とは異なる半型に所属する突起16と隣接する。 Condition 1: the mold half to which itself belongs and adjacent protrusions 16 belonging to different mold halves.

この比率P1が50%以上である成形型2で成形されたゴルフボール20では、赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したとき、南半球に属するディンプル20が出現した後に北半球に属するディンプル20が出現する頻度が高く、北半球に属するディンプル20が出現した後に南半球に属するディンプル20が出現する頻度も高い。 This ratio P1 50% or more in the golf ball 20 is molded in mold 2 is, when the equator Eq agrees with the fastest part of the backspin, dimples 20 belonging after dimple 20 belonging to the southern hemisphere appeared in the northern hemisphere appearance high frequency of is, the dimple 20 belonging to the southern Hemisphere after the dimple 20 appeared to belong to the northern hemisphere is frequently also high that appear. このゴルフボール20では、赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したときに高いディンプル効果が得られる。 In this golf ball 20, equator Eq high dimple effect is obtained when a match with the fastest part of the backspin. このゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 This golf ball 20 has excellent aerodynamic symmetry. 空力的対称性の観点から、比率P1は60%以上がより好ましく、100%が特に好ましい。 In light of the aerodynamic symmetry, the ratio P1 is more preferably 60% or more, particularly preferably 100%. 図1に示された成形型2では、比率P1は100%である。 In the mold 2 shown in FIG. 1, the ratio P1 is 100%.

図4に示される通り、突起16aは、自らが所属する半型(下型6)に所属する突起16bと隣接しており、かつ自らが所属する半型(下型6)とは異なる半型(上型4)に所属する突起16cとも隣接している。 As shown in FIG. 4, the projection 16a, the semi-type different from the mold half to which itself belongs is adjacent the protrusion 16b belonging to (lower mold 6), and mold half to which itself belongs (lower mold 6) and also adjacent to the protrusion 16c belonging to the (upper mold 4). 図5に示される通り、突起16eは、自らが所属する半型(下型6)に所属する突起16fと隣接しており、かつ自らが所属する半型(下型6)とは異なる半型(上型4)に所属する突起16gとも隣接している。 As shown in FIG. 5, the protrusion 16e is half mold different from the mold half to which itself belongs is adjacent the protrusion 16f belonging to (lower mold 6), and mold half to which itself belongs (lower mold 6) and also adjacent to the protrusion 16g belonging to (the upper mold 4). この成形型2で得られたゴルフボール20では、最速部が赤道と位置したとき、バックスピンによって順次出現するディンプル22の所属は、 In the golf ball 20 obtained in the mold 2, when the fastest part is positioned with the equator, affiliation of the dimples 22 sequentially appear by backspin,
「南半球、南半球、北半球、北半球、南半球、南半球、北半球、北半球−−−」 "Southern Hemisphere, the Southern Hemisphere, the northern hemisphere, the northern hemisphere, the southern hemisphere, the southern hemisphere, the northern hemisphere, the northern hemisphere ---"
である。 It is. このパターンでのディンプル22の出現により、大きなディンプル効果が得られる。 With the advent of the dimples 22 in this pattern, a large dimple effect can be obtained. このゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 This golf ball 20 has excellent aerodynamic symmetry.

成形型2が、自らが所属する半型に所属する2つの突起16と隣接する突起16を備えてもよい。 Mold 2 may be provided with a projection 16 which is adjacent to the two protrusions 16 belonging to the mold half to which itself belongs. 成形型2が、自らが所属する半型とは異なる半型に所属する2つの突起16と隣接する突起16を備えてもよい。 Mold 2 may be provided with a projection 16 which is adjacent to the two protrusions 16 belonging to different mold halves and mold half to which itself belongs.

下記条件2を満たす突起16の数の、突起16の総数に対する比率P2は、50%以上が好ましい。 The number of the protrusions 16 satisfies the following condition 2, the ratio P2 to the total number of the protrusions 16 is preferably 50% or more.
条件2:自らが所属する半型に所属する突起16と隣接しており、かつ自らが所属す る半型とは異なる半型に所属する突起16とも隣接している。 Condition 2: adjacent both protrusions 16 belonging to different mold halves and the protrusion 16 belonging to the mold half to which itself belongs is adjacent, and a semi-type you itself belongs.

この比率P2が50%以上である成形型2で得られたゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 The golf ball 20 of the ratio P2 obtained with the mold 2 is 50% or higher has excellent aerodynamic symmetry. この観点から、比率P2は60%以上がより好ましく、100%が特に好ましい。 In this respect, the proportion P2 is more preferably 60% or more, particularly preferably 100%. 図1に示された成形型2の比率P2は、100%である。 The ratio P2 of the mold 2 shown in FIG. 1 is 100%.

図4に示される通り、中心角α(α1)は、中心角β(β1)と異なっている。 Figure as shown in 4, the central angle alpha ([alpha] 1) is different from the central angle β (β1). 図5に示される通り、中心角α(α2)は、中心角β(β2)と異なっている。 Figure As shown in 5, the center angle alpha ([alpha] 2) is different from the central angle β (β2). 中心角αと中心角βとが異なる成形型2により、赤道Eqの上に非等間隔でディンプル22が並んだゴルフボール20が得られる。 The central angle α and the center angle β is different from the mold 2, the golf ball 20 aligned dimples 22 at irregular intervals on the equator Eq is obtained. このゴルフボール20では、赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したときに高いディンプル効果が得られる。 In this golf ball 20, equator Eq high dimple effect is obtained when a match with the fastest part of the backspin. このゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 This golf ball 20 has excellent aerodynamic symmetry. 空力的対称性の観点から、中心角αと中心角βとの差(α−β)の絶対値は、10°以上が好ましく、11°以上がより好ましく、12°以上が特に好ましい。 In light of the aerodynamic symmetry, the absolute value of the difference (α-β) between the central angle alpha and the central angle beta is preferably at least 10 °, more preferably at least 11 °, particularly preferably 12 ° or more. 差の絶対値は、30°以下が好ましく、24°以下が特に好ましい。 The absolute value of the difference is preferably 30 ° or less, particularly preferably 24 ° or less.

下記条件3を満たす突起16の数の、突起16の総数に対する比率P3は、50%以上が好ましい。 The number of the protrusions 16 satisfies the following condition 3, the ratio P3 to the total number of the protrusions 16 is preferably 50% or more.
条件3:隣接する一方の突起16との間の中心角αが、隣接する他方の突起16との 間の中心角βと異なる。 Condition 3: alpha central angle between one of the protrusions 16 adjacent to each different from the central angle β between the other projections 16 adjacent to each other.

この比率P3が50%以上である成形型2で得られたゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 The golf ball 20 of the ratio P3 obtained with the mold 2 is 50% or higher has excellent aerodynamic symmetry. この観点から、比率P3は60%以上がより好ましく、100%が特に好ましい。 In this respect, the proportion P3 is more preferably 60% or more, particularly preferably 100%. 図1に示された成形型2の比率P3は、100%である。 Ratio P3 of the mold 2 shown in FIG. 1 is 100%.

角度α及び角度βの一方が小さいと、差(α−β)の絶対値が大きな突起16の配置が達成されうる。 When one of the angle alpha and angle beta is smaller, it disposed absolute value of the large projection 16 of the difference (α-β) can be achieved. この観点から、角度α及び角度βのうち小さい方は10°未満が好ましく、9°以下がより好ましく、8°以下がさらに好ましく、7°以下が特に好ましい。 In this respect, whichever angle α and angle β smaller is preferably less than 10 °, more preferably 9 ° or less, more preferably 8 ° or less, particularly preferably 7 ° or less. 角度α及び角度βのうち小さい方は、5°以上が好ましく、6°以上が特に好ましい。 Angle α and angle smaller of β is preferably 5 ° or more, particularly preferably at least 6 °. 角度α及び角度βのうち大きい方は、12°以上34°以下が好ましい。 Angle α and angle greater of β is preferably 12 ° or more 34 ° or less.

上記条件2及び3の両方を満たす突起16の数の、突起16の総数に対する比率P4は、50%以上が好ましい。 The number of the protrusions 16 that satisfies both of the conditions 2 and 3, the ratio P4 to the total number of the protrusions 16 is preferably 50% or more. この比率P4が50%以上である成形型2で得られたゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 The golf ball 20 of the ratio P4 obtained with the mold 2 is 50% or higher has excellent aerodynamic symmetry. この観点から、比率P4は60%以上がより好ましく、100%が特に好ましい。 In this respect, the proportion P4 is more preferably 60% or more, particularly preferably 100%. 図1に示された成形型2の比率P4は、100%である。 Ratio P4 of the mold 2 shown in FIG. 1 is 100%.

突起16a(図4参照)の差(α−β)の絶対値と、突起16e(図5参照)の差(α−β)の絶対値とは異なっている。 The absolute value of the projection 16a difference (alpha-beta) (see FIG. 4), is different from the absolute value of the difference (alpha-beta) of the projections 16e (see FIG. 5). 差(α−β)の絶対値が互いに異なる複数の突起16が存在する成形型2によって得られたゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 The golf ball 20 obtained by the mold 2 the absolute value of the difference (α-β) is present is different from the plurality of protrusions 16 from each other has excellent aerodynamic symmetry.

低緯度領域に存在しかつその直径が4.0mm未満であるピンプル10の数の、低緯度領域に存在するピンプルの数に対する比率P5は、20%以上90%未満が好ましい。 Number of pimples 10 present in the low latitude area and its diameter is less than 4.0 mm, the ratio P5 to the number of pimples are present in the low latitude area is preferably less than 20% to 90%. 比率P5が20%以上90%未満である成形型2によって得られたゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 Ratio P5 golf ball 20 obtained by the mold 2 is less than 20% or more 90% is excellent in the aerodynamic symmetry. この観点から、比率P5は25%以上がより好ましい。 In this respect, the proportion P5 is more preferably 25% or more. 比率P5は、85%以下がより好ましい。 Ratio P5 is more preferably 85% or less. 図1に示された成形型2の低緯度領域は、50個のピンプルA、60個のピンプルB及び10個のピンプルCを有している。 Low latitude region of the mold 2 shown in Figure 1, has a 50 pimples A, 60 amino pimple B and 10 pimples C. 低緯度領域におけるピンプルの数は、120個である。 The number of pimples in the low latitude area is 120. 従って、比率P5は58%である。 Thus, the ratio P5 is 58%.

多数のディンプル22が赤道Eqと交差するゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 The golf ball 20 of many dimples 22 intersect with the equator Eq has excellent aerodynamic symmetry. この観点から、赤道Eqと交差するピンプル10の数は18個以上が好ましく、20個以上がより好ましく、24個以上が特に好ましい。 From this viewpoint, the number of the pimples 10 that intersect with the equator Eq is preferably 18 or more, more preferably 20 or more, particularly preferably at least 24. 赤道Eqの上に大きなディンプル22が配置されうるとの観点から、赤道Eqと交差するピンプル10の数は33個以下が好ましく、30個以下がより好ましい。 In view of the large dimples 22 on the equator Eq can be arranged, the number of pimples 10 that intersect with the equator Eq is preferably 33 or less, more preferably 30 or less. 図1に示された成形型2では、20個のピンプル10が赤道Eqと交差している。 In the mold 2 shown in FIG. 1, 20 pimples 10 intersects the equator Eq. 従って、図7に示されたゴルフボール20では、20個のディンプル22が赤道Eqと交差している。 Therefore, the golf ball 20 shown in FIG. 7, 20 dimples 22 intersect with the equator Eq.

ゴルフボール20の低緯度領域において、ディンプル22が密に配置されることが好ましい。 In low-latitude regions of the golf ball 20, it is preferable that dimples 22 are densely arranged. このゴルフボール20では、赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したときに、高いディンプル効果が得られる。 In this golf ball 20, when the equator Eq agrees with the fastest part of the backspin, high dimple effect can be obtained. このゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 This golf ball 20 has excellent aerodynamic symmetry. このゴルフボール20は、外観にも優れる。 This golf ball 20, also excellent in appearance. 成形型2の低緯度領域に、互いに直径の異なる複数種のピンプル10が配置されることにより、低緯度領域でのディンプル22の高密度が達成されうる。 In the low-latitude regions of the mold 2, by a plurality of kinds of the pimples 10 having different diameters are arranged to each other, a high density of the dimples 22 in the low latitude area can be achieved. 空力的対称性及び外観の観点から、低緯度領域に存在するピンプル10の種類数は2以上が好ましく、3以上がより好ましい。 In light of the aerodynamic symmetry and appearance, the number of types of pimples 10 which are present in the low latitude area is preferably 2 or more, 3 or more is more preferable. 成形型2の製作容易の観点から、種類数は10以下が好ましい。 From easy to manufacture aspects of the mold 2, the number of types is preferably 10 or less. 図1に示された成形型2では、低緯度領域にピンプルA、B及びCが存在している。 In the mold 2 shown in FIG. 1, the low latitude regions in the pimples A, B and C are present. この成形型2の低緯度領域では、ピンプル10の種類数は3である。 In low-latitude regions of the mold 2, the number of types of pimples 10 is three.

低緯度領域に存在する全てのピンプル10が直径の大きい順に列べられたときの、上位10%のピンプル10の平均直径Dx1と下位10%のピンプル10の平均直径Dn1との比(Dx1/Dn1)は、1.15以下が好ましい。 When all of the pimples 10 that are present in the low-latitude regions were Retsube in descending order of the diameter, the ratio of the mean diameter Dn1 average diameter Dx1 and lower 10% of the pimple 10 of the top 10% of the pimples 10 (Dx1 / Dn1 ) is preferably 1.15 or less. この成形型2で得られたゴルフボール20では、赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したときに、高いディンプル効果が得られる。 In the mold 2 golf ball 20 obtained in, when the equator Eq agrees with the fastest part of the backspin, high dimple effect can be obtained. このゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 This golf ball 20 has excellent aerodynamic symmetry. 空力的対称性の観点から、比(Dx1/Dn1)は1.10以下がより好ましく、1.07以下が特に好ましい。 In light of the aerodynamic symmetry, the ratio (Dx1 / Dn1) is more preferably 1.10 or less, particularly preferably 1.07 or less. 比(Dx1/Dn1)は、1.05以上が好ましい。 The ratio (Dx1 / Dn1) is preferably 1.05 or more. 図1に示された成形型2の低緯度領域は、50個のピンプルA、60個のピンプルB及び10個のピンプルCを有している。 Low latitude region of the mold 2 shown in Figure 1, has a 50 pimples A, 60 amino pimple B and 10 pimples C. 低緯度領域におけるピンプル10の数は、120個である。 The number of the pimples 10 in the low latitude area is 120. 従って、12個のピンプルAが上位10%のピンプル10に相当し、10個のピンプルC及び2個のピンプルBが下位10%のピンプル10に相当する。 Thus, 12 of the pimples A corresponds to the pimple 10 of the top 10 percent, ten pimples C and two pimples B corresponding to the pimple 10 of the bottom 10%. この成形型2の、Dx1は4.00mmであり、Dn1は3.78mmであり、比(Dx1/Dn1)は1.06である。 Of the mold 2, Dx1 is 4.00 mm, Dn1 is 3.78Mm, the ratio (Dx1 / Dn1) is 1.06.

全てのピンプル10が直径の大きい順に列べられたときの、上位10%のピンプル10の平均直径Dx2と下位10%のピンプル10の平均直径Dn2との比(Dx2/Dn2)は、1.30以下が好ましい。 When all of the pimples 10 is Retsube in descending order of the diameter, the ratio of the mean diameter Dn2 average diameter Dx2 and lower 10% of the pimple 10 of the top 10% of the pimples 10 (Dx2 / Dn2) is 1.30 the following are preferred. 比(Dx2/Dn2)が1.30以下である成形型2で得られたゴルフボール20は、飛行性能に優れる。 The ratio (Dx2 / Dn2) is the golf ball 20 obtained with the mold 2 is 1.30 or less has excellent flight performance. 飛行性能の観点から、比(Dx2/Dn2)は1.20以下が好ましく、1.16以下がより好ましい。 In light of the flight performance, the ratio (Dx2 / Dn2) is preferably 1.20 or less, 1.16 or less is more preferable. 比(Dx2/Dn2)は、1.05以上が好ましい。 The ratio (Dx2 / Dn2) is preferably 1.05 or more. 図1に示された成形型2の比(Dx2/Dn2)は、1.12である。 The ratio of the mold 2 shown in FIG. 1 (Dx2 / Dn2) is 1.12.

低緯度領域に存在する全てのピンプル10の直径の標準偏差Σ1は、0.15以下が好ましい。 Standard deviation Σ1 of the diameters of all the pimples 10 that are present in the low-latitude regions is preferably 0.15 or less. この成形型2で得られたゴルフボール20では、赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したときに、高いディンプル効果が得られる。 In the mold 2 golf ball 20 obtained in, when the equator Eq agrees with the fastest part of the backspin, high dimple effect can be obtained. このゴルフボール20は、空力的対称性に優れる。 This golf ball 20 has excellent aerodynamic symmetry. 空力的対称性の観点から、標準偏差Σ1は0.12以下がより好ましい。 In light of the aerodynamic symmetry, the standard deviation Σ1 is more preferably 0.12 or less. 標準偏差Σ1は、0.05以上が好ましい。 Standard deviation Σ1 is preferably 0.05 or more. 図1に示された成形型2の低緯度領域では、ピンプル10の平均直径は3.93mmである。 In low-latitude regions of the mold 2 shown in FIG. 1, the average diameter of the pimples 10 is 3.93Mm. 従って、標準偏差Σ1は、下記数式によって算出される。 Therefore, the standard deviation Σ1 is calculated by the following formula.
Σ1 = (((4.00 - 3.93) ・ 50 + (3.90 - 3.93) ・ 60 Σ1 = (((4.00 - 3.93 ) 2 · 50 + (3.90 - 3.93) 2 · 60
+ (3.75 - 3.93) ・ 10) / 120) 1/2 + (3.75 - 3.93) 2.10) / 120) 1/2
この成形型2の標準偏差Σ1は、0.07である。 Standard deviation Σ1 of the mold 2 is 0.07.

全てのピンプル10の直径の標準偏差Σ2は、0.30以下が好ましい。 Standard deviation Σ2 of the diameters of all the pimples 10 is preferably 0.30 or less. 標準偏差Σ2が0.30以下である成形型2で得られたゴルフボール20は、飛行性能に優れる。 The golf ball 20 of the standard deviation Σ2 obtained with the mold 2 is 0.30 or less has excellent flight performance. 飛行性能の観点から、標準偏差Σ2は0.25以下がより好ましく、0.20以下が特により好ましい。 In light of the flight performance, the standard deviation Σ2 is more preferably 0.25 or less, more particularly preferred is 0.20 or less. 図1に示された成形型2の標準偏差Σ2は、0.13である。 Standard deviation Σ2 of the mold 2 shown in Figure 1 is 0.13.

図2において矢印Hpで示されているのは、赤道Eqからの突起16の高さである。 What is indicated by the arrows Hp in FIG. 2 is a height of the protrusion 16 from the equator Eq. 赤道Eqがバックスピンの最速部と一致したときに、高いディンプル効果が得られるとの観点から、高さHpは0.2mm以上が好ましく、0.3mm以上がより好ましく、0.4mm以上が特に好ましい。 When the equator Eq agrees with the fastest part of the backspin, from the viewpoint of high dimple effect is achieved, the height Hp is preferably at least 0.2 mm, more preferably at least 0.3 mm, more 0.4mm particularly preferable. 成形型2の耐久性の観点から、高さHpは1.5mm以下が好ましく、1.3mm以下がより好ましい。 From the viewpoint of durability of the mold 2, the height Hp is preferably 1.5mm or less, more preferably 1.3 mm.

ディンプル22と赤道Eqとの交差幅は、突起16の高さHpとほぼ同一である。 Crossing the width of the dimple 22 and the equator Eq is substantially identical to the height Hp of the protrusion 16. ディンプル効果の観点から、交差幅は0.2mm以上が好ましく、0.3mm以上がより好ましく、0.4mm以上が特に好ましい。 In light of the dimple effect, crossing width is preferably at least 0.2 mm, more preferably at least 0.3 mm, and particularly preferably equal to or greater than 0.4 mm. ゴルフボール20の製造容易の観点から、交差幅は1.5mm以下が好ましく、1.3mm以下がより好ましい。 From easy manufacturing point of view of the golf ball 20, the cross width is preferably 1.5mm or less, more preferably 1.3 mm.

ゴルフボール20の製造容易の観点及び成形型2の耐久性の観点から、最も高い突起16の高さHp1と、最も低い突起16の高さHp2との差(Hp1−Hp2)の絶対値は、0.5mm以下が好ましい。 From the viewpoint of easy production aspects and the durability of the mold 2 of the golf ball 20, the height Hp1 of highest elevation 16, the absolute value of the difference (Hp1-Hp2) of the height Hp2 lowest projections 16, preferably equal to or less than 0.5mm. 理想的には、差(Hp1−Hp2)はゼロである。 Ideally, the difference (Hp1-Hp2) is zero. 換言すれば、全ての突起16の、赤道からの高さが同一であることが好ましい。 In other words, it is preferable for all of the protrusions 16, the height from the equator are identical.

本発明では、全てのディンプル22の面積の合計の、ゴルフボール20の仮想球の表面積に対する比率は、占有率と称される。 In the present invention, the total area of ​​all the dimples 22, the ratio of the surface area of ​​the virtual sphere of the golf ball 20 is referred to as an occupation ratio. 十分なディンプル効果が得られるとの観点から、占有率は75%以上が好ましく、76%以上がより好ましく、77%以上が特に好ましい。 From the standpoint that a sufficient dimple effect is achieved, the occupation ratio is preferably at least 75%, more preferably at least 76%, particularly preferably at least 77%. 占有率は、86%以下が好ましく、85%以下がより好ましく、84%以下が特に好ましい。 The occupation ratio is preferably 86% or less, more preferably 85% or less, and particularly preferably 84%.

本発明において「ディンプルの容積」とは、ディンプル22の輪郭を含む平面とディンプル22の表面とに囲まれた部分の容積を意味する。 The "dimple volume" as used herein means the volume of the plane and a part surrounded by the surface of the dimple 22 which includes a contour of the dimple 22. ゴルフボール20のホップが抑制されるとの観点から、ディンプル22の総容積は250mm 以上が好ましく、260mm 以上がより好ましく、270mm 以上が特に好ましい。 From the viewpoint of rising of the golf ball 20 is suppressed, the total volume of the dimples 22 is preferably 250 mm 3 or more, more preferably 260 mm 3 or more, 270 mm 3 or more is particularly preferable. ゴルフボール20のドロップが抑制されるとの観点から、総容積は400mm 以下が好ましく、390mm 以下がより好ましく、380mm 以下が特に好ましい。 In view of dropping of the golf ball 20 is suppressed, the total volume is preferably 400 mm 3 or less, more preferably 390 mm 3 or less, 380 mm 3 or less is particularly preferred.

ゴルフボール20のホップが抑制されるとの観点から、ディンプル22の深さは0.05mm以上が好ましく、0.08mm以上がより好ましく、0.10mm以上が特に好ましい。 From the viewpoint of rising of the golf ball 20 is prevented, the depth of the dimples 22 is preferably equal to or greater than 0.05 mm, more preferably at least 0.08 mm, more 0.10mm is particularly preferred. ゴルフボール20のドロップが抑制されるとの観点から、深さは0.60mm以下が好ましく、0.45mm以下がより好ましく、0.40mm以下が特に好ましい。 In view of dropping of the golf ball 20 is prevented, the depth is preferably equal to 0.60 mm, more preferably at most 0.45 mm, and particularly preferably 0.40 mm.

ディンプル22の直径は、2.00mm以上6.00mm以下が好ましい。 The diameter of the dimples 22 is preferably equal to or less than than 2.00 mm 6.00 mm. 直径が2.00mm以上に設定されることにより、大きなディンプル効果が得られる。 By setting the diameter to be more than 2.00 mm, a large dimple effect can be obtained. この観点から、直径は2.20mm以上がより好ましく、2.40mm以上が特に好ましい。 In this respect, the diameter is more preferably more than 2.20 mm, more 2.40mm is particularly preferred. 直径が6.00mm以下に設定されることにより、実質的に球であるというゴルフボール20の本来的特徴が維持される。 By setting the diameter to be below 6.00 mm, fundamental feature of the golf ball 20 is maintained which is substantially a sphere. この観点から、直径は5.80mm以下がより好ましく、5.60mm以下が特に好ましい。 In this respect, the diameter is more preferably at most 5.80 mm, and particularly preferably 5.60 mm.

十分なディンプル効果が得られるとの観点から、ディンプル22の総数は250個以上が好ましく、270個以上が特に好ましい。 From the standpoint that a sufficient dimple effect is achieved, the total number of the dimples 22 is preferably equal to or greater than 250, particularly preferably 270 or more. 個々のディンプル22が十分な直径を備えうるとの観点から、総数は400個以下が好ましく、370個以下がより好ましい。 From the standpoint that individual dimples 22 can have a sufficient diameter, the total number is preferably 400 or less, more preferably 370 or less.

以下、実施例によって本発明の効果が明らかにされるが、この実施例の記載に基づいて本発明が限定的に解釈されるべきではない。 Following will show the effects of the examples the present invention, the present invention should not be construed to be restrictive based on the description of the examples.

[実施例1] [Example 1]
100質量部のポリブタジエン(ジェイエスアール社の商品名「BR−730」)、30質量部のアクリル酸亜鉛、6質量部の酸化亜鉛、10質量部の硫酸バリウム、0.5質量部のジフェニルジスルフィド及び0.5質量部のジクミルパーオキサイドを混練し、ゴム組成物を得た。 100 parts by weight of polybutadiene (JSR Corporation trade name "BR-730"), 30 parts by weight of zinc diacrylate, 6 parts by weight of zinc oxide, barium sulfate 10 parts by weight, 0.5 parts by weight of diphenyl disulfide and kneading the dicumyl peroxide 0.5 part by weight, a rubber composition was obtained. このゴム組成物を共に半球状キャビティを備えた上型及び下型からなる金型に投入し、170℃で18分間加熱して、直径が39.7mmであるコアを得た。 This rubber composition was placed into a mold having upper and lower mold half each having a hemispherical cavity, and heated at 170 ° C. 18 minutes to obtain a core having a diameter of 39.7 mm. 一方、50質量部のアイオノマー樹脂(三井・デュポンポリケミカル社の商品名「ハイミラン1605」)、50質量部の他のアイオノマー樹脂(三井・デュポンポリケミカル社の商品名「ハイミラン1706」)及び3質量部の二酸化チタンを混練し、樹脂組成物を得た。 On the other hand, 50 parts by weight of an ionomer resin (DuPont-Mitsui Poly Chemical Co., trade name "Himilan 1605"), 50 parts by weight of another ionomer resin (DuPont-Mitsui Poly Chemical Co., trade name "Himilan 1706") and 3 parts by mass kneading the titanium dioxide parts, to obtain a resin composition. この樹脂組成物からハーフシェルを成形した。 Half shells were formed from this resin composition. 上記コアを2枚のハーフシェルで包み、このコア及びハーフシェルを図1に示された成形型に投入した。 The core wrapped with two half shells, was charged with the core and the half shell mold shown in Figure 1. この成形型のピンプルの仕様が、下記の表1に示されている。 Specifications of the mold of pimples, are shown in Table 1 below. この成形型でハーフシェルを加圧及び加熱して、厚みが1.5mmであるカバーを成形した。 Half shells in the mold under pressure and then heated and molded thickness of 1.5mm cover. カバーには、ピンプルの形状が反転した形状のディンプルが多数形成された。 The cover, dimples having a shape was the inverted shape of the pimples were formed a number. シームに沿って生じたバリを、研削によって除去した。 The burrs generated along the seam was removed by grinding. カバーに、二液硬化型ポリウレタンを基材とするクリアー塗料を塗装し、直径が42.7mmであり質量が45.4gであるゴルフボールを得た。 The cover, coating a clear paint for a base material of the two-component curing type polyurethane, diameter mass is 42.7mm to obtain a golf ball is 45.4 g. このゴルフボールのPGAコンプレッションは、約85である。 PGA compression of the golf ball is about 85. このゴルフボールは、図6及び7に示されたディンプルパターンを有する。 The golf ball has a dimple pattern shown in FIGS. 6 and 7.

[実施例2から3及び比較例1から5] [Examples 2 to 3 and Comparative Example 1 5
下記表1及び2に示される仕様の成形型を用いた他は実施例1と同様にして、ゴルフボールを得た。 Except for using the mold specifications shown in Table 1 and 2 in the same manner as in Example 1 to obtain a golf ball.

[飛距離テスト] [Distance test]
ゴルフラボ社のスイングマシンに、チタンヘッドを備えたドライバー(住友ゴム工業株式会社の商品名「XXIO」、シャフト硬度:X、ロフト角:9°)を装着した。 In golf lab's swing machine, driver with a titanium head (Sumitomo Rubber Industries, a trade name of the Corporation "XXIO", shaft hardness: X, loft angle: 9 °) was attached. ヘッド速度が49m/secであり、打ち出し角度が約11°であり、バックスピンの回転速度が約3000rpmである条件でゴルフボールを打撃して、発射地点から静止地点までの距離を測定した。 Head speed is 49m / sec, the launch angle is about 11 °, and hits a golf ball with conditions rotational speed of backspin is about 3000 rpm, and measuring the distance from the launch point to the stop point. テスト時は、ほぼ無風であった。 When the test was almost no wind. ポール打ち及びシーム打ちのそれぞれにつき、20回ずつの測定を行った。 For each of the pole hitting and seam hitting, it was measured 20 times. 飛距離の平均値が、下記の表3及び4に示されている。 The average value of the distance is shown in Tables 3 and 4 below. シーム打ちの回転軸は、両極点を通過する。 The rotation axis of the seam shot passes through the poles point. ポール打ちの回転軸は、シーム打ちの回転軸と直交する。 The rotation axis of the pole hitting is orthogonal to the seam hitting the rotating shaft.

[外観] [appearance]
ゴルフボールの外観を、目視で観察した。 The appearance of the golf ball, was visually observed. 下記の基準に従って、格付けを行った。 According to the following criteria, they were rating.
A:外観が良好 B:外観がやや不良 C:外観が不良この結果が、下記の表3及び4に示されている。 A: Appearance good B: appearance somewhat poor C: appearance poor. The results are presented in Tables 3 and 4 below.

*1:自らが所属する半型に所属する突起と隣接しており、かつ自らが所属する半型と は異なる半型に所属する突起とも隣接している突起 *2:自らが所属する半型に所属する2つの突起と隣接している突起 *3:自らが所属する半型とは異なる半型に所属する2つの突起と隣接している突起 * 1: himself is adjacent the projections belonging to one mold half to which belong, and also the projections belonging to different mold halves and the mold half to which itself belongs adjacent protrusions * 2: mold half to which itself belongs adjacent to the two projections belonging has projections * 3: adjacent two protrusions belonging to different mold halves and mold half to which itself belongs projections

上記表3及び4における比率P1からP5の詳細は、以下の通りである。 More from the ratio P1 P5 of the above Table 3 and 4, is as follows.
P1 P1
下記条件1を満たす突起の数の、突起の総数に対する比率 条件1:自らが所属する半型とは異なる半型に所属する突起と隣接する。 Number of protrusions satisfy the following condition 1, the ratio condition to the total number of the protrusions 1: adjacent to the projections belonging to different mold halves and mold half to which itself belongs.
P2 P2
下記条件2を満たす突起の数の、突起の総数に対する比率 条件2:自らが所属する半型に所属する突起と隣接しており、かつ自らが所属する半型 とは異なる半型に所属する突起とも隣接している。 Number of protrusions satisfy the following condition 2, the ratio condition to the total number of the protrusions 2: projections belonging to different mold halves and mold half is adjacent the projections belonging to one mold half to which itself belongs, and is itself belongs both are adjacent to each other.
P3 P3
下記条件3を満たす突起の数の、突起の総数に対する比率 条件3:隣接する一方の突起との間の中心角αが、隣接する他方の突起との間の中心角 βと異なる。 Number of protrusions satisfy the following condition 3, the ratio condition to the total number of the protrusions 3: alpha central angle between adjacent one of the projections is different from the β central angle between the other adjacent projections.
P4 P4
上記条件2及び3の両方を満たす突起の数の、突起の総数に対する比率P5 Number of protrusions satisfy both of the above conditions 2 and 3, the ratio P5 to the total number of protrusions
緯度が20°以下である領域に存在しかつその直径が4.0mm未満であるピンプルの 数の、緯度が20°以下である領域に存在するピンプルの数に対する比率 Ratio of the number of pimples latitude in the number of pimples is less than was present in the region of 20 ° or less and 4.0mm its diameter, latitude exists in the region is less than 20 °

表3及び4に示されるように、各実施例の成形型で得られたゴルフボールは、空力的対称性に優れている。 As shown in Table 3 and 4, the golf ball obtained by the mold for each example is excellent in the aerodynamic symmetry. この評価結果から、本発明の優位性は明らかである。 From the results of the evaluation, advantages of the present invention are apparent.

本発明に係る成形型により、種々の構造のゴルフボールが製造されうる。 The mold according to the present invention, a golf ball having various structures can be produced.

図1は、本発明の一実施形態に係るゴルフボール用成形型が示された断面図である。 Figure 1 is a cross-sectional view of the mold for a golf ball according to an embodiment of the present invention. 図2は、図1の成形型の一部が示された拡大図である。 Figure 2 is an enlarged view showing a part of the mold of Figure 1. 図3は、図1の成形型の下型が示された斜視図である。 Figure 3 is a perspective view of the lower mold have been shown of the mold of Figure 1. 図4は、図1の成形型の一部が示された拡大断面図である。 Figure 4 is an enlarged sectional view showing a part of the mold of Figure 1. 図5は、図1の成形型の一部が示された拡大断面図である。 Figure 5 is an enlarged sectional view showing a part of the mold of Figure 1. 図6は、図1の成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 6 is a plan view of the golf ball obtained by the mold of Figure 1 shown. 図7は、図6のゴルフボールが示された正面図である。 Figure 7 is a front view of a golf ball in FIG. 6. 図8は、本発明の実施例2に係る成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 8 is a plan view of a golf ball obtained by the mold according to a second embodiment of the present invention. 図9は、図8のゴルフボールが示された正面図である。 Figure 9 is a front view of a golf ball in FIG. 8. 図10は、本発明の実施例3に係る成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 10 is a plan view of the golf ball obtained by the mold has been shown according to the third embodiment of the present invention. 図11は、図10のゴルフボールが示された正面図である。 Figure 11 is a front view of a golf ball in FIG. 10. 図12は、比較例1に係る成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 12 is a plan view of the golf ball obtained by the mold of the comparative example 1 is shown. 図13は、図12のゴルフボールが示された正面図である。 Figure 13 is a front view of a golf ball in FIG. 12. 図14は、比較例2に係る成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 14 is a plan view of the golf ball obtained by the mold according to the comparative example 2 was shown. 図15は、図14のゴルフボールが示された正面図である。 Figure 15 is a front view of a golf ball in FIG. 14. 図16は、比較例3に係る成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 16 is a plan view of the golf ball obtained by the mold according to the comparative example 3 was shown. 図17は、図16のゴルフボールが示された正面図である。 Figure 17 is a front view of a golf ball shown in FIG. 16. 図18は、比較例4に係る成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 18 is a plan view of the golf ball obtained by the mold of Comparative Example 4 was shown. 図19は、図18のゴルフボールが示された正面図である。 FIG. 19 is a front view of a golf ball in FIG. 18. 図20は、比較例5に係る成形型で得られたゴルフボールが示された平面図である。 Figure 20 is a plan view of the golf ball obtained by the mold according to the comparative example 5 were shown. 図21は、図20のゴルフボールが示された正面図である。 Figure 21 is a front view of a golf ball in FIG. 20.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

2・・・ゴルフボール用成形型 4・・・上型 6・・・下型 8・・・キャビティ面 10・・・ピンプル 12・・・パーティング面 14・・・平坦面 16・・・突起 18・・・凹み 20・・・ゴルフボール 22・・・ディンプル 2 ... molding die 4 ... upper die 6 ... lower die 8 ... cavity surface 10 ... pimples 12 ... parting surface 14 ... flat surface 16 ... projection golf ball 18 ... dent 20 ... golf ball 22 ... dimple

Claims (6)

  1. 一対の半型からなり、 A pair of mold halves,
    そのキャビティ面にディンプル形成用のピンプルを多数備えており、 Includes a large number of pimples for dimples formed on the cavity surface,
    それぞれの半型が、赤道から突出する複数の突起を備えており、 Each mold half is provided with a plurality of protrusions protruding from the equator,
    それぞれの突起が、ピンプルの一部を含んでおり、 Each projection includes a part of the pimple,
    自らが所属する半型とは異なる半型に所属する突起と隣接する突起の数の、突起の総数に対する比率P1が50%以上であり、 The number of the protrusions adjacent to the projections belonging to different mold halves and the mold half to which itself belongs, and the ratio P1 to the total number of projections is 50% or more,
    緯度が20°以下である領域に存在しかつその直径が4.0mm未満であるピンプルの数の、緯度が20°以下である領域に存在するピンプルの数に対する比率P5が20%以上90%未満であり、 Latitude in the number of pimples is less than is present and its diameter in the region of 20 ° or less 4.0 mm, the latitude is less than the ratio P5 to the number of pimples present in the region is 20 ° or less than 20% 90% It is in,
    緯度が20°以下である領域に存在するピンプルの直径の標準偏差が0.15以下であるゴルフボール用成形型。 Latitude golf mold ball standard deviation of the diameter of the pimple is 0.15 or less present in the region is 20 ° or less.
  2. 上記突起の数が18以上33以下である請求項2に記載の成形型。 Mold according to claim 2 the number of the projections is 18 or more 33 or less.
  3. 全ての突起の、赤道からの高さが同一である請求項1又は2に記載の成形型。 All protrusions mold according to claim 1 or 2 height from the equator are identical.
  4. 緯度が20°以下である領域に存在する全てのピンプルが直径の大きい順に列べられたときの、上位10%のピンプルの平均直径Dxと下位10%のピンプルの平均直径Dnとの比(Dx/Dn)が1.15以下である請求項1から3のいずれかに記載の成形型。 The ratio between the average diameter Dn of all of the pimples is when it is Retsube in descending order of the diameter, the top 10% of the average diameter Dx and lower 10% of the pimple pimples latitude exists in the region is less than 20 ° (Dx / Dn) is mold according to any of claims 1 3 is 1.15 or less.
  5. 緯度が20°以下である領域に、互いに直径の異なる複数種のピンプルが存在する請求項1から4のいずれかに記載の成形型。 Latitude in the region of 20 ° or less, the mold according to any one of claims 1 to 4 in which there are a plurality of types of pimples having different diameters from each other.
  6. (1)一対の半型からなり、 (1) a pair of mold halves,
    そのキャビティ面にディンプル形成用のピンプルを多数備えており、 Includes a large number of pimples for dimples formed on the cavity surface,
    それぞれの半型が、赤道から突出する複数の突起を備えており、 Each mold half is provided with a plurality of protrusions protruding from the equator,
    それぞれの突起が、ピンプルの一部を含んでおり、 Each projection includes a part of the pimple,
    自らが所属する半型とは異なる半型に所属する突起と隣接する突起の数の、突起の総数に対する比率P1が50%以上であり、 The number of the protrusions adjacent to the projections belonging to different mold halves and the mold half to which itself belongs, and the ratio P1 to the total number of projections is 50% or more,
    緯度が20°以下である領域に存在しかつその直径が4.0mm未満であるピンプルの数の、緯度が20°以下である領域に存在するピンプルの数に対する比率P5が20%以上90%未満であり、 Latitude in the number of pimples is less than is present and its diameter in the region of 20 ° or less 4.0 mm, the latitude is less than the ratio P5 to the number of pimples present in the region is 20 ° or less than 20% 90% It is in,
    緯度が20°以下である領域に存在するのピンプルの直径の標準偏差が0.15以下である成形型に、材料が投入される工程及び(2)この成形型の中で材料が流動し、ピンプルの形状が反転した形状を有するディンプルが形成される工程を含むゴルフボール製造方法。 Latitude to mold standard deviation is 0.15 or less of the pimples diameter to present in the region of 20 ° or less, steps and (2) material is the input material to flow in the mold, the golf ball manufacturing method comprising dimples is formed to have a shape that the shape of the pimples is inverted.
JP2008224991A 2008-09-02 2008-09-02 Mold and process for producing a golf ball for a golf ball Active JP5015882B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008224991A JP5015882B2 (en) 2008-09-02 2008-09-02 Mold and process for producing a golf ball for a golf ball

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008224991A JP5015882B2 (en) 2008-09-02 2008-09-02 Mold and process for producing a golf ball for a golf ball
US12/552,114 US20100052219A1 (en) 2008-09-02 2009-09-01 Mold for golf balls

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010057623A JP2010057623A (en) 2010-03-18
JP5015882B2 true JP5015882B2 (en) 2012-08-29

Family

ID=42185129

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008224991A Active JP5015882B2 (en) 2008-09-02 2008-09-02 Mold and process for producing a golf ball for a golf ball

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5015882B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5961348B2 (en) * 2011-04-19 2016-08-02 ダンロップスポーツ株式会社 Golf ball

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0536210B2 (en) * 1985-01-29 1993-05-28 Bridgestone Corp
JP2898712B2 (en) * 1990-07-02 1999-06-02 住友ゴム工業株式会社 Golf ball
JP3384254B2 (en) * 1995-06-23 2003-03-10 ブリヂストンスポーツ株式会社 Golf ball and golf ball mold
JP2937084B2 (en) * 1995-08-07 1999-08-23 ブリヂストンスポーツ株式会社 Golf ball mold manufacturing method of the
JPH10127826A (en) * 1996-11-01 1998-05-19 Bridgestone Sports Co Ltd Mold for injection molding of golf ball and manufacture of golf ball
JP3244490B2 (en) * 1998-07-22 2002-01-07 住友ゴム工業株式会社 Golf ball
US6551203B2 (en) * 1999-09-16 2003-04-22 Callaway Golf Company Golf ball with multiple sets of dimples
JP2001212260A (en) * 2000-02-07 2001-08-07 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP4347304B2 (en) * 2006-01-24 2009-10-21 Sriスポーツ株式会社 Golf ball
JP4354471B2 (en) * 2006-08-16 2009-10-28 Sriスポーツ株式会社 Golf ball

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010057623A (en) 2010-03-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3985107B2 (en) The multi-piece solid golf ball
US5984807A (en) Golf ball
US7229363B2 (en) Golf ball
US5947844A (en) Golf ball and mold therefor
US6846248B2 (en) Golf ball having a controlled weight distribution about a designated spin axis and a method of making same
US6471605B2 (en) Golf ball with pyramidal protrusions
US20050009639A1 (en) Polyurethane covered three-piece golf ball
US6595876B2 (en) Golf ball
JP2006289065A (en) Multipiece solid golf ball
JP4092097B2 (en) The multi-piece solid golf ball
WO1996020759A1 (en) Golf ball dimple pattern with constant depth dimples
JPH08191905A (en) Golf ball
JP4412434B2 (en) Golf ball
US7320651B2 (en) Golf ball
JPH09239068A (en) Three-pieces solid golf ball
JPH09192265A (en) Two-piece solid golf ball
US7594867B2 (en) Surface pattern for golf balls
US7192367B2 (en) Multi-piece golf ball, manufacturing method thereof and mold for manufacturing the same
JP2001017572A (en) Solid golf ball
JP3726231B2 (en) Golf ball
JP2004236745A (en) Golf ball
JP4149236B2 (en) Golf ball and golf ball manufacturing method
US6346054B1 (en) Dimpled golf ball
US20040087389A1 (en) Golf ball
US7163473B2 (en) Golf ball

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100915

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120515

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120517

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120607

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150615

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250