JP4987303B2 - プラズマディスプレイ装置 - Google Patents

プラズマディスプレイ装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4987303B2
JP4987303B2 JP2006003490A JP2006003490A JP4987303B2 JP 4987303 B2 JP4987303 B2 JP 4987303B2 JP 2006003490 A JP2006003490 A JP 2006003490A JP 2006003490 A JP2006003490 A JP 2006003490A JP 4987303 B2 JP4987303 B2 JP 4987303B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
base
alignment
chassis base
plasma display
reinforcing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006003490A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006195464A (ja
Inventor
基正 金
明坤 金
Original Assignee
三星エスディアイ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR10-2005-0002429 priority Critical
Priority to KR20050002429A priority patent/KR100626056B1/ko
Application filed by 三星エスディアイ株式会社 filed Critical 三星エスディアイ株式会社
Publication of JP2006195464A publication Critical patent/JP2006195464A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4987303B2 publication Critical patent/JP4987303B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K5/00Casings, cabinets or drawers for electric apparatus
    • H05K5/02Details
    • H05K5/0217Mechanical details of casings

Description

本発明は,プラズマディスプレイ装置に係り,さらに詳細には,シャーシベースに補強部材が正確に位置され,迅速に結合可能なように構造が改善されたプラズマディスプレイ装置に関する。

プラズマディスプレイ装置は,ガス放電現象を利用して画像を表示する平板ディスプレイであり,表示容量,輝度,コントラスト,残像及び視野角のような各種表示能力にすぐれ,薄型でありつつ大画面表示が可能であり,陰極線管を代替できる次世代平板ディスプレイとして脚光を浴びている。

一般的に,かかるプラズマディスプレイ装置は,プラズマディスプレイパネル(PDP:Plasma Display Panel)と,上記PDPの結合されたシャーシベースと,上記シャーシベースの後方に装着されてPDPを駆動させる回路部と,上記PDP,シャーシベース,及び回路部を収容するケースとを備えて構成される。

上記の通りにPDPに結合されたシャーシベースは,PDPから発生した熱を放出する一方,PDPを支持する機能を果たす。かかるシャーシベースは,プラズマディスプレイ装置が薄型化していく趨勢に合わせて薄くなっているが,これによりPDPを支持する機能が弱くなり,シャーシベースのたわみや曲がり現象が発生する恐れがある。従って,これを補完しようと,シャーシベースの背面に補強部材がスクリューなどにより結合されて設置されている。かかる補強部材は,シャーシベースの後方に配置された回路部を構成する多数の部材と干渉を起こさないように,シャーシベースと正確な位置で結合されねばならない。

しかし,従来のプラズマディスプレイ装置によれば,正確な位置に補強部材を配置させた後でシャーシベースと結合させるためには,相当な時間がかかり,不正確に配置されて結合された場合には,作業をやり直さねばならないので,それによる損失が発生してしまうというという問題がある。

そこで,本発明は,このような問題に鑑みてなされたもので,その目的は,補強部材とシャーシベースとの間に整列のための手段が備わることにより,補強部材が正確な位置に迅速に整列されてシャーシベースに結合されることが可能な,新規かつ改良されたプラズマディスプレイ装置を提供することにある。

上記課題を解決するために,本発明のある観点によれば,画像が表示されるプラズマディスプレイパネルと;プラズマディスプレイパネルの背面側に配置されたシャーシベースと;シャーシベースの背面側に配置され,プラズマディスプレイパネルを駆動する回路部と;シャーシベースの背面に結合された少なくとも1つの補強部材と;を備え,補強部材が整列されるように,シャーシベースと補強部材のうちいずれか一方には,2以上の整列用凹部が互いに離隔されて形成されており,他方には,整列用凹部にそれぞれ対応して嵌合されるように整列用突起が形成されており,整列用凹部は,シャーシベースの背面に対して垂直をなすように形成され,整列用凹部は,内側面がへこみ閉じ反対側面が突出してなり,および/または整列用突起は,外側面が突出し閉じ反対側面がへこんでなり,補強部材シャーシベースに対して整列されて結合されことを特徴とする,プラズマディスプレイ装置が提供される。

上記整列用凹部は,内側面が閉塞されていてもよい。

また,上記整列用凹部は,エンボス加工により凹部の反対側面が突出されるように形成されてもよい。

また,上記整列用凹部は,通孔状になっていてもよい。

また,上記整列用突起は,エンボス加工により反対側面が凹型に形成されてもよい。

また,上記補強部材は,上記シャーシベースと平行するように配置され,上記シャーシベースと結合可能なようにプレート状に形成されている基部と,上記基部から後方に折曲されて延長された延長部と,を備えてもよく,上記基部の上記シャーシベースに対向する面に上記整列用凹部または上記整列用突起が形成されていてもよい。

また,上記補強部材は,上記シャーシベースと平行するように配置され,上記シャーシベースと結合可能なようにプレート状に形成されている基部と,上記基部から後方に折曲されて延長された連結部と,上記連結部から上記基部と遠ざかるように折曲されており,上記シャーシベースと平行するように延長された突出部と,を備えてもよく,上記基部の上記シャーシベースに対向する面に上記整列用凹部または上記整列用突起が形成されていてもよい。

また,上記補強部材は,上記シャーシベースと平行するように配置され,上記シャーシベースと結合可能にプレート状にそれぞれ形成され,互いに離隔された第1基部及び第2基部と,上記第1基部及び第2基部の対向する縁から後方にそれぞれ折曲されて延長された第1連結部及び第2連結部と,上記第1連結部及び第2連結部の縁からそれぞれ折曲されて配置された突出部と,を備えてもよく,上記第1基部及び第2基部のうち少なくとも一方の上記シャーシベースに対向する面に上記整列用凹部または上記整列用突起が形成されていてもよい。

以上説明したように,本発明によれば,補強部材とシャーシベースとの間に整列のための手段が備わることにより,補強部材がシャーシベースに結合される前に正確な位置に迅速に整列されることができる。これにより,補強部材がシャーシベースに不正確に結合されることが防止され,かかる不正確な結合に起因して補強部材が印刷回路基板と干渉を起こすことが未然に防止することができる。

以下に,添付した図面を参照しながら,本発明の好適な実施の形態について詳細に説明する。なお,本明細書及び図面において,実質的に同一の機能構成を有する発明特定事項については,同一の符号を付することにより重複説明を省略する。

図1には,本発明の第1の実施形態によるプラズマディスプレイ装置に係る分解斜視図が図示されている。

図1を参照すれば,プラズマディスプレイ装置100には,PDP110が備わっている。上記PDP110は,ガス放電を利用して画像を表示し,さまざまな種類のPDPのうちいずれか一つが採用可能であるが,その一例として,面放電型三電極構造を有する交流型PDPが採用可能である。

上記面放電型三電極構造を有する交流型PDPは,前面パネルと,上記前面パネルと対向して結合される背面パネルとを備えて構成される。

上記前面パネルには,前方に配置された前面基板と,上記前面基板の背面に形成されて共通電極とスキャン電極の対からそれぞれなる維持電極対と,上記維持電極対を覆うように形成されている前面誘電体層と,上記前面誘電体層の背面に形成されている保護膜とが備わりうる。そして,上記前面パネルと結合される背面パネルには,後方に配置された背面基板と,上記背面基板の前面に形成され,上記維持電極対と交差する方向に延長されたアドレス電極と,上記アドレス電極を覆うように形成されている背面誘電体層と,上記背面誘電体層の前面に形成されて放電空間を限定する隔壁と,上記放電空間内に配置された蛍光体層とが備わりうる。ここで,上記放電空間は,上記維持電極対とアドレス電極との間が交差する領域とそれぞれ対応し,上記放電空間内には,放電ガスが充填されている。

上記のような構成を有するPDP110の後方には,シャーシベース120が配置されている。上記シャーシベース120は,アルミニウムのような素材から形成され,PDP110を支持する一方,PDP110から発生した熱を伝達されて外部に放出する。上記シャーシベース120は,曲がりや反り変形などを抑制することができるように,縁に,後方に折曲されて形成されている折曲部121を備えることができる。

かかるシャーシベース120は,両面テープのような接着部材141によりPDP110と結合され,上記シャーシベース120とPDP110との間に,熱伝導媒体142が介在することにより,PDP110から発生した熱は,上記熱伝導媒体142により外部に放出されることができる。

そして,上記シャーシベース120の後方には,回路部130が配置されてPDP110を駆動するが,上記回路部130は,PDP110とシャーシベース120とを共にケース(図示せず。)により収容されることにより,プラズマディスプレイ装置100を構成する。

上記回路部130は,図示されているように,互いに電気的に連結された複数個の印刷回路基板131を備えている。上記印刷回路基板131には,PDP110を駆動するための各種の電子部品が装着されているので,上記電子部品には,PDP110に電源を供給するための部品と,PDP110に画像を表示するために信号を印加する部品とが含まれる。

上記回路部130からの電気的信号は,信号伝達部材によりPDP110に伝えられる。上記信号伝達部材としては,FPC(Flexible Printed Cable),TCP(Tape Carrier Package),COF(Chip On Film)などを含むグループから少なくとも一つが選択されて利用することが可能である。

図1によれば,シャーシベース120の左側及び右側にそれぞれ配列されて回路基板131と接続された信号伝達部材は,FPC132であり,シャーシベース120の下側に配列されて回路基板131と接続された信号伝達部材は,テープ状の配線部135に少なくとも1つの素子134,例えば駆動ICを実装してパッケージでそれぞれ形成したTCP133である。しかし,これらは一例であり,図示されたような構成に必ずしも限定されるものではない。

このように回路部130が配置されたシャーシベース120の後方には,複数個の補強部材150が配置されうる。上記補強部材150は,金属素材からなり,シャーシベース120の背面に結合されることにより,シャーシベース120から放熱される面積を増大させて放熱効率を高め,シャーシベース120の曲がりや反り変形を抑制して防止する。

上記補強部材150は,図2A〜図2Cに図示されているように,多様な構造によりなりうる。第1実施形態として,図2Aに図示された補強部材151は,プレート状に形成され,シャーシベース120に密着した状態でスクリュー171により螺合された基部151aと,上記基部151aから後方に折曲されて延長された連結部151bと,上記連結部151bから基部151aと遠ざかるように折曲された突出部151cとを備えた構造によりなりうる。そして,第2実施形態として,図2Bに図示された補強部材152は,プレート状に形成され,シャーシベース120に密着した状態でスクリュー171により螺合された基部152aと,上記基部152aから後方に折曲されて延長された延長部152bとを備えた構造によりなりうる。第3実施形態として,図2Cに図示された補強部材153は,プレート状にそれぞれ形成されて互いに離隔され,シャーシベース120と密着した状態でスクリュー171によりそれぞれ螺合された第1基部153a及び第2基部153bと,上記第1基部153a及び第2基部153bの対向する縁から後方にそれぞれ折曲されて延長された第1連結部153c及び第2連結部153dと,上記第1連結部153c及び第2連結部153dの縁からそれぞれ折曲されて配置された突出部153eとを備えた構造である。

上記のような構造を有する補強部材151,152,153は,シャーシベース120を支持するために適材適所に配置されるが,かかる補強部材151,152,153のうち,図2A及び図2Cに図示されているように,それぞれ突出部151c,突出部153eが備わった補強部材151,153は,図1に図示されているように,TCP133に備わった素子134が突出部の背面に対応されて支持されることができるように,シャーシベース120の下側縁に隣接するように配置されてもよい。

図3は,図1において,補強部材がシャーシベースに結合される前の状態を図示した分解斜視図である。

このように,多様な構造を有する補強部材151,152,153は,図3に図示されているように,本実施形態の整列手段によりそれぞれ整列された後,補強部材151,152,153にそれぞれ形成されている締結孔150aを貫通したスクリュー171が,シャーシベース120に形成されているねじ凹部120aにそれぞれ螺合されることにより,シャーシベース120に結合される。

すなわち,上記整列手段は,補強部材151,152,153を,シャーシベース120に結合される前に正確な位置に迅速に整列させることにより,補強部材151,152,153がシャーシベース120に不正確に結合されることを防止し,かかる不正確な結合に起因して補強部材が印刷回路基板131と干渉を起こすことを未然に防止する役割を果たす。

上記整列手段は,図示されているように,補強部材151,152,153が設置される位置に対応されるようにシャーシベース120に互いに離隔されて形成されている2以上の整列用凹部161と,上記整列用凹部161に挿入されるようにシャーシベース120側に向けて突出されるように補強部材151,152,153に形成されている整列用突起162とを備える。

一方,これとは反対に,整列用凹部が補強部材に形成され,整列用突起がシャーシベースにそれぞれ形成されることも可能である。また,補強部材は,図示されたところに限定されるものではなく,多様な位置でシャーシベースと結合可能である。

図4及び図5を参照して本発明の第1実施形態の整列手段について述べる。

整列用凹部161は,シャーシベース120の背面にほぼ半球状に凹型に形成されている。そして,上記整列用突起162は,前述のような形状を有する整列用凹部161にはまるように図2Aに図示された補強部材151のシャーシベース120と結合される面,すなわち基部151aの前面からほぼ半球状に突出されるように形成されている。上記整列用凹部161は,エンボス加工により押し込まれて,内側面がへこみ閉じた状態で,反対側面が突出された構造であってもよい。上記整列用突起162も,エンボス加工により反対側面が凹型の構造であってもよい。しかし,上記整列用突起は,突出された形状になりさえすればよいので,図示されたところに必ずしも限定されるものではない。

上記のような整列用突起161は,図2Bに図示された補強部材152の場合にも基部152aに形成され,図2Cに図示された補強部材153の場合には,第1基部153aと第2基部153bとに分けてそれぞれ形成されるか,または第1基部153aにだけ,または第2基部153bにだけ形成されてもよい。

前述のように,シャーシベース120の補強部材151,152,153が設置される位置に二つ以上で形成されている整列用凹部161に,シャーシベース120と結合される補強部材151,152,153に形成されている整列用突起162がそれぞれはまることにより,補強部材151,152,153は,シャーシベース120と予備的に結合される。従って,補強部材151,152,153は,左右または上下に正確で迅速に位置されて整列されることができる。これにより,補強部材151,152,153のシャーシベース120への不整合が防止され,かかる不整合に起因して補強部材が印刷回路基板131と干渉を起こすことが未然に防止可能である。

次に本発明の第2実施形態の整列手段を図6及び図7に示す。

整列用凹部261及び整列用突起262は,図6及び図7に図示されたような構造にすることもできる。図示されたところによれば,整列用凹部261は,シャーシベース120を貫通する通孔状に形成されており,このように通孔状に形成されている整列用凹部261にはまるように整列用突起がほぼ半球状に突出されるように形成されている。上記整列用凹部261は,ピアス加工により形成可能であり,上記整列用突起262は,エンボス加工により反対側面が凹型に形成されてもよい。上記整列用突起262は,突出された形状になりさえすればよいので,図示されたところに必ずしも限定されるものではない。

以上,添付図面を参照しながら本発明の好適な実施形態について説明したが,本発明はかかる例に限定されない。当業者であれば,特許請求の範囲に記載された技術的思想の範疇内において,各種の変更例または修正例に想到し得ることは明らかであり,それらについても当然に本発明の技術的範囲に属するものと了解される。

例えば,上述した実施形態においては,凹部が半球状の場合について説明したが,溝状であったり,あるいは引っ掛かりあうようなフック形状であってもよい。

本発明は,シャーシベースに補強部材が正確に位置されて迅速に結合可能に構造が改善されたプラズマディスプレイ装置に係り,例えばプラズマディスプレイ関連の技術分野に効果的に適用可能である。

本発明の第1の実施形態にかかるプラズマディスプレイ装置を図示した分解斜視図である。 図1に図示された補強部材の第1実施形態にかかる断面図である。 図1に図示された補強部材の第2実施形態にかかる断面図である。 図1に図示された補強部材の第3実施形態にかかる断面図である。 図1において,補強部材がシャーシベースに結合される前の状態を図示した分解斜視図である。 図3に図示された補強部材とシャーシベースとの間の整列のための整列用突起及び整列用凹部の第1実施形態を図示した分解斜視図である。 図4において,補強部材とシャーシベースとの間が整列されて結合された状態を図示した断面図である。 図3に図示された補強部材とシャーシベースとの間の整列のための整列用突起及び整列用凹部の第2実施形態を図示した分解斜視図である。 図6において,補強部材とシャーシベースとの間が整列されて結合された状態を図示した断面図である。

符号の説明

100 プラズマディスプレイ装置
110 PDP
120 シャーシベース
121 折曲部
130 回路部
131 印刷回路基板
132 FPC
133 TCP
134 素子
135 配線部
141 接着部材
142 熱伝導媒体
150,151,152,153 補強部材
151a,152a 基部
151b,152b 連結部
151c,153e 突出部
153a 第1基部
153b 第2基部
153c 第1連結部
153d 第2連結部
161,261 整列用凹部
162,262 整列用突起
171 スクリュー

Claims (7)

  1. 画面が表示されるプラズマディスプレイパネルと;
    前記プラズマディスプレイパネルの背面側に配置されたシャーシベースと;
    前記シャーシベースの背面側に配置され,前記プラズマディスプレイパネルを駆動する回路部と;
    前記シャーシベースの背面に結合された少なくとも1つの補強部材と;
    を備え,
    前記補強部材が整列されるように,前記シャーシベースと前記補強部材のうちいずれか一方には,2以上の整列用凹部が互いに離隔されて形成されており,他方には,前記整列用凹部にそれぞれ対応して嵌合されるように整列用突起が形成されており,
    前記整列用凹部は,前記シャーシベースの背面に対して垂直をなすように形成され
    前記整列用凹部は,内側面がへこみ閉じ反対側面が突出してなり,および/または前記整列用突起は,外側面が突出し閉じ反対側面がへこんでなり,
    前記補強部材が前記シャーシベースに対して整列されて結合されことを特徴とする,プラズマディスプレイ装置。
  2. 前記整列用凹部は,内側面がへこみ閉じ反対側面が突出してなることを特徴とする,請求項に記載のプラズマディスプレイ装置。
  3. 前記整列用凹部は,通孔状をなし,前記整列用突起は,外側面が突出し閉じ反対側面がへこんでなることを特徴とする,請求項1に記載のプラズマディスプレイ装置。
  4. 前記整列用突起は,外側面が突出し閉じ反対側面がへこんでなることを特徴とする,請求項に記載のプラズマディスプレイ装置。
  5. 前記補強部材は,
    前記シャーシベースと平行するように配置され,前記シャーシベースと結合可能なようにプレート状に形成されている基部と,
    前記基部から後方に折曲されて延長された延長部と,
    を備え,
    前記基部の前記シャーシベースに対向する面に前記整列用凹部または前記整列用突起が形成されていることを特徴とする,請求項1〜4のいずれか1項に記載のプラズマディスプレイ装置。
  6. 前記補強部材は,
    前記シャーシベースと平行するように配置され,前記シャーシベースと結合可能なようにプレート状に形成されている基部と,
    前記基部から後方に折曲されて延長された連結部と,
    前記連結部から前記基部と遠ざかるように折曲されており,前記シャーシベースと平行するように延長された突出部と,
    を備え,
    前記基部の前記シャーシベースに対向する面に前記整列用凹部または前記整列用突起が形成されていることを特徴とする,請求項1〜4のいずれか1項に記載のプラズマディスプレイ装置。
  7. 前記補強部材は,
    前記シャーシベースと平行するように配置され,前記シャーシベースと結合可能にプレート状にそれぞれ形成され,互いに離隔された第1基部及び第2基部と,
    前記第1基部及び第2基部の対向する縁から後方にそれぞれ折曲されて延長された第1連結部及び第2連結部と,
    前記第1連結部及び第2連結部の縁からそれぞれ折曲されて配置された突出部と,
    を備え,
    前記第1基部及び第2基部のうち少なくとも一方のシャーシベースに対向する面に前記整列用凹部または前記整列用突起が形成されていることを特徴とする,請求項1〜4のいずれか1項に記載のプラズマディスプレイ装置。
JP2006003490A 2005-01-11 2006-01-11 プラズマディスプレイ装置 Expired - Fee Related JP4987303B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR10-2005-0002429 2005-01-11
KR20050002429A KR100626056B1 (ko) 2005-01-11 2005-01-11 플라즈마 디스플레이 장치

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006195464A JP2006195464A (ja) 2006-07-27
JP4987303B2 true JP4987303B2 (ja) 2012-07-25

Family

ID=36653016

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006003490A Expired - Fee Related JP4987303B2 (ja) 2005-01-11 2006-01-11 プラズマディスプレイ装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7463490B2 (ja)
JP (1) JP4987303B2 (ja)
KR (1) KR100626056B1 (ja)
CN (1) CN1805673B (ja)

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8020902B1 (en) 2006-01-13 2011-09-20 Flextronics Ap, Llc Integrated snap and handling feature
JP4984639B2 (ja) * 2006-05-16 2012-07-25 株式会社日立製作所 プラズマディスプレイ装置
KR20080067928A (ko) * 2007-01-17 2008-07-22 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
JP2008216347A (ja) * 2007-02-28 2008-09-18 Sony Corp 表示装置
US8061535B2 (en) * 2007-03-29 2011-11-22 Flextronics Ap, Llc Combination devices clamp spring designed with devices cage
EP2651202B1 (en) * 2007-09-28 2015-10-14 Hitachi Maxell, Ltd. Image displaying apparatus
JP2009157267A (ja) * 2007-12-27 2009-07-16 Hitachi Ltd プラズマディスプレイ装置
JP4342599B1 (ja) * 2008-08-29 2009-10-14 株式会社東芝 表示装置
KR101539769B1 (ko) * 2008-10-14 2015-07-27 삼성전자주식회사 휴대용 통신 장치의 엘씨디 모듈 고정 장치
KR101001398B1 (ko) * 2008-12-12 2010-12-14 삼성에스디아이 주식회사 샤시 베이스 및 이를 구비한 플라즈마 디스플레이 장치
US9268360B2 (en) * 2009-11-30 2016-02-23 Flextronics Ap, Llc Apparatus for and method of screwless assembly and adjustable damping structure for panel stress relief
JP5244136B2 (ja) * 2010-01-15 2013-07-24 シャープ株式会社 表示装置
KR20110099516A (ko) * 2010-03-02 2011-09-08 삼성전자주식회사 휴대용 단말기의 엘씨디 모듈
US9335788B2 (en) * 2011-09-19 2016-05-10 Samsung Electronics Co., Ltd. Slim-type display module fixing apparatus for portable terminal
US9558781B1 (en) 2014-10-16 2017-01-31 Flextronics Ap, Llc Method for selecting individual discs from tightly spaced array of optical discs

Family Cites Families (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4083616A (en) * 1977-02-07 1978-04-11 Stromberg-Carlson Corporation Printed wiring board levered inject-eject cam
JPH049984U (ja) * 1990-05-16 1992-01-28
US5450221A (en) * 1993-09-08 1995-09-12 Delco Electronics Corporation Compact liquid crystal display for instrument panel having a wrap around flexible printed circuit board and translucent web
US5640216A (en) * 1994-04-13 1997-06-17 Hitachi, Ltd. Liquid crystal display device having video signal driving circuit mounted on one side and housing
JPH08121442A (ja) * 1994-10-26 1996-05-14 Mitsubishi Electric Corp 接着接合体及びその接合方法並びにリベット
JP3502189B2 (ja) * 1995-05-17 2004-03-02 カルソニックカンセイ株式会社 車両用表示ユニット
US5738020A (en) * 1995-09-12 1998-04-14 Correia; Lewis A. Lock box and mounting device
US5887837A (en) * 1996-09-30 1999-03-30 Johns; H. Douglas Pivotal computer stand
KR100322468B1 (ko) * 1997-02-12 2002-04-22 윤종용 컴퓨터의팬고정장치와컴퓨터의팬고정장치를사용하는휴대용컴퓨터
JPH10246881A (ja) * 1997-03-04 1998-09-14 Toshiba Corp 液晶表示装置
KR100229614B1 (ko) * 1997-04-10 1999-11-15 구자홍 액정표시장치
JP3600948B2 (ja) * 1997-05-30 2004-12-15 株式会社日立製作所 機器装着用筐体
KR100296829B1 (ko) * 1997-11-28 2001-10-24 윤종용 전자시스템의충격방지구조및전자시스템의충격방지구조가적용된휴대용컴퓨터
TW445386B (en) * 1998-03-16 2001-07-11 Hitachi Ltd Thin-type display
JPH11340647A (ja) * 1998-03-27 1999-12-10 Mitsubishi Electric Corp 電子機器筐体
US6144552A (en) * 1999-04-26 2000-11-07 Emc Corporation Handheld computer system
KR100526620B1 (ko) * 1999-05-01 2005-11-08 삼성전자주식회사 엘씨디 모니터의 베사커버 고정구조
KR100528462B1 (ko) * 1999-06-11 2005-11-15 삼성전자주식회사 전자 디바이스들을 지지하기 위한 버팀목을 갖는 컴퓨터
JP2001013889A (ja) * 1999-06-29 2001-01-19 Toshiba Corp 平面表示装置
US6272022B1 (en) * 1999-11-12 2001-08-07 Lucent Technologies, Inc. Bracket assembly with enhanced EMI containment
JP2001337611A (ja) * 2000-03-22 2001-12-07 Furukawa Electric Co Ltd:The 表示装置のフレーム
JP2001282112A (ja) * 2000-03-29 2001-10-12 Sharp Corp 表示装置
JP2001345586A (ja) * 2000-06-02 2001-12-14 Pioneer Electronic Corp プラズマディスプレイ装置
JP2003029643A (ja) * 2001-07-18 2003-01-31 Mitsubishi Electric Corp 表示装置
JP2003162228A (ja) * 2001-11-28 2003-06-06 Mitsubishi Electric Corp プラズマディスプレイ表示装置
JP2003195781A (ja) * 2001-12-28 2003-07-09 Fujitsu Display Technologies Corp 表示装置
KR100471064B1 (ko) * 2002-06-11 2005-03-10 삼성전자주식회사 디스플레이장치
JP3918188B2 (ja) * 2002-10-30 2007-05-23 横河電機株式会社 表示装置
US6966617B2 (en) * 2004-01-09 2005-11-22 Uniwill Computer Corp. Attachable frame for flat display panels
US20070052100A1 (en) * 2005-09-07 2007-03-08 Nokia Corporation Spring clip for a portable electronic device

Also Published As

Publication number Publication date
CN1805673A (zh) 2006-07-19
US20060152896A1 (en) 2006-07-13
US7463490B2 (en) 2008-12-09
JP2006195464A (ja) 2006-07-27
KR20060082173A (ko) 2006-07-18
KR100626056B1 (ko) 2006-09-21
CN1805673B (zh) 2012-06-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10390443B2 (en) Display device
JP3043710B2 (ja) パネルを支持する支持構造、およびパネルと該パネルを支持する支持構造を有するパネル装置、および該パネル装置を用いた画像形成装置
KR100592291B1 (ko) 디스플레이 장치
KR100684721B1 (ko) 플라즈마 디스플레이 장치
KR100625971B1 (ko) 회로기판의 결합구조 및 접지구조가 개선된 플라즈마디스플레이 장치
KR101385231B1 (ko) 평판표시장치
US8786795B2 (en) Display device
JP5542353B2 (ja) ディスプレーアセンブリー及びこれを有する表示装置
JP5021102B1 (ja) 液晶表示装置
US7364442B2 (en) Fixing structure of circuit board and display module comprising the same
JP4303304B2 (ja) 平板ディスプレイ装置
US7433178B2 (en) Plasma display apparatus
US7532478B2 (en) Plasma display module
US7639489B2 (en) Plasma display device
KR101340517B1 (ko) 수납 부재와 이를 구비한 백라이트 유닛 및 액정표시장치
JP4417864B2 (ja) プラズマディスプレイ装置
JP2005517293A (ja) コンパクトなディスプレイアセンブリ
KR100637439B1 (ko) 플라즈마 디스플레이 장치
JP2006339628A (ja) ディスプレイモジュール
KR100669327B1 (ko) 플라즈마 디스플레이 장치
JP2004348129A (ja) 液晶表示装置
DE102004037027B4 (de) Flüssigkristalldisplay-Modulbaugruppe
KR20170031943A (ko) 디스플레이 장치
JP3984255B2 (ja) プラズマディスプレイモジュール
KR20060113130A (ko) 플라즈마 디스플레이 모듈

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081003

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081014

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090114

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090602

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090902

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20090902

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090908

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091002

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100921

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101221

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120403

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120425

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150511

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees