JP4969229B2 - 電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム - Google Patents

電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム Download PDF

Info

Publication number
JP4969229B2
JP4969229B2 JP2006339493A JP2006339493A JP4969229B2 JP 4969229 B2 JP4969229 B2 JP 4969229B2 JP 2006339493 A JP2006339493 A JP 2006339493A JP 2006339493 A JP2006339493 A JP 2006339493A JP 4969229 B2 JP4969229 B2 JP 4969229B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
power
storage
power storage
target
rate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006339493A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008154360A (ja
Inventor
克明 小林
英彦 田島
健彦 西田
哲郎 重水
Original Assignee
三菱重工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱重工業株式会社 filed Critical 三菱重工業株式会社
Priority to JP2006339493A priority Critical patent/JP4969229B2/ja
Publication of JP2008154360A publication Critical patent/JP2008154360A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4969229B2 publication Critical patent/JP4969229B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J3/00Circuit arrangements for ac mains or ac distribution networks
    • H02J3/28Arrangements for balancing of the load in a network by storage of energy
    • H02J3/32Arrangements for balancing of the load in a network by storage of energy using batteries with converting means
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J3/00Circuit arrangements for ac mains or ac distribution networks
    • H02J3/38Arrangements for parallely feeding a single network by two or more generators, converters or transformers
    • H02J3/381Dispersed generators
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J3/00Circuit arrangements for ac mains or ac distribution networks
    • H02J3/38Arrangements for parallely feeding a single network by two or more generators, converters or transformers
    • H02J3/381Dispersed generators
    • H02J3/382Dispersed generators the generators exploiting renewable energy
    • H02J3/383Solar energy, e.g. photovoltaic energy
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J7/00Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
    • H02J7/007Regulation of charging or discharging current or voltage
    • H02J7/0071Regulation of charging or discharging current or voltage with a programmable schedule
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J7/00Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
    • H02J7/34Parallel operation in networks using both storage and other dc sources, e.g. providing buffering
    • H02J7/35Parallel operation in networks using both storage and other dc sources, e.g. providing buffering with light sensitive cells
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J2300/00Systems for supplying or distributing electric power characterised by decentralized, dispersed, or local generation
    • H02J2300/20The dispersed energy generation being of renewable origin
    • H02J2300/22The renewable source being solar energy
    • H02J2300/24The renewable source being solar energy of photovoltaic origin
    • Y02E10/563
    • Y02E10/566
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E70/00Other energy conversion or management systems reducing GHG emissions
    • Y02E70/30Systems combining energy storage with energy generation of non-fossil origin

Description

本発明は、自然エネルギーを利用して発電する発電装置と組み合わせて使用され、該発電装置の出力変動を低減させるように電力系統へ電力を供給する電力貯蔵装置に関するものである。

風力発電装置や太陽光発電装置等の自然エネルギーを利用した発電装置は、地球規模の環境問題により注目を集めているが、その出力は気象条件に大きく左右されるため需要に応じた発電が難しく、また、出力変動によって系統電圧や周波数が変動するため、系統運用上の制約から導入量に限界がある。
このような問題を解決するために、近年では、上述したような自然エネルギーを利用した発電装置と二次電池等の電力貯蔵装置とを組み合わせることにより、発電装置の出力変動を電力貯蔵装置で吸収し、質のよい電力を提供することが可能なハイブリッド型分散電源システムの開発が進められている。
このようなハイブリッド型分散電源システムに使用される電力貯蔵装置として、例えば、特開2001−327080号公報(特許文献1)に示されるものがある。
上記特許文献1には、電力貯蔵装置の蓄電量に応じて、分散電源による電力系統への出力の変動を抑制するための出力目標値を設定し、電力系統への出力が出力目標値になるように電力調整部を制御する技術が開示されている。
特開2001−327080号公報(段落「0019」〜段落「0030」及び図1〜図4)

上記特許文献1に開示されている電力貯蔵装置では、電力貯蔵装置の充電量に応じて、電力系統へ供給する出力目標値を決定し、その後、この出力目標値と、発電装置の出力を比較して、電力貯蔵装置の出力指令値を決定している。
従って、蓄電装置の充電量に応じて、ハイブリッド型分散電源システムの出力目標値が決まってしまうため、上流分散電源の出力変動を抑制し、安定した電力を供給するという本来の目的よりも、蓄電装置の電池保護という目的の方が優先されてしまうという不都合があった。
また、逆に、蓄電装置の充電率が高い場合には、分散電源の出力変動をできるだけ許容し、多くの電力を蓄電装置から供給することが好ましいが、上述の電力貯蔵装置ではこのような制御は不可能であった。

本発明は、上記問題を解決するためになされたもので、蓄電装置の保護の目的よりも、系統への電力供給を優先させた制御を行うことにより、蓄電装置が過充電或いは過放電にならない充電率の範囲で、蓄電装置の電力量を有効に活用しながら、分散電源システム全体としての電力系統への出力を効果的に行うことができる電力貯蔵装置及び分散電源システムを提供することを目的とする。

上記課題を解決するために、本発明は以下の手段を採用する。
本発明は、自然エネルギーを利用して発電する発電装置と前記発電装置の電力が供給される電力系統との間に接続され、前記電力系統に電力を供給する電力貯蔵装置であって、蓄電装置と、制御装置と、前記制御装置から与えられる変換機電力指令に基づいて、前記蓄電装置の充放電を行う電力変換機とを備え、前記制御装置は、前記発電装置の発電出力と前記蓄電装置の充電状態とに基づいて目標供給電力を設定するとともに、前記目標供給電力またはその変動率が所定の許容範囲から外れていた場合には、前記目標供給電力またはその変動率を前記許容範囲内に抑制する第1の設定部と、前記目標供給電力から前記変換機目標電力を設定する第2の設定部とを備え、前記許容範囲が、時間、負荷、環境、または前記蓄電装置の充電率に応じて変更される電力貯蔵装置を提供する。

このような構成によれば、発電装置の発電出力と蓄電装置の充電状態とに基づいて目標供給電力が設定されるので、蓄電装置に充電されている電力を最大限に引き出すことのできる目標供給電力を得ることができる。この場合において、目標供給電力または目標供給電力の変動率が所定の許容範囲を外れていた場合には、目標供給電力またはその変動率を許容範囲内に抑制するので、目標供給電力を適切な範囲内とすることができる。これにより、出力変動を許容範囲内に抑制することができる。
更に、上記許容範囲は、時間、負荷、環境、または蓄電装置の充電率に応じて変更されるので、そのときの電力の需要状況に応じて適切な許容範囲を定めることで、電力消費状況に適した目標供給電力を設定することが可能となる。例えば、電力需要が高い場合には、許容範囲を高く設定することにより、蓄電装置からの電力供給を優先させ、一方、電力需要が低い場合には、許容範囲を低く設定することにより、蓄電装置の充電率確保を優先させることが可能となる。
これにより、蓄電装置に充電されている電力を有効に利用することができるとともに、需要に応じて効果的な電力供給を実現することができる。

上記電力貯蔵装置において、前記第1の設定部は、前記蓄電装置の充電率を目標充電率に近づけるための充電率維持指令を用いて前記目標供給電力を設定し、前記目標充電率が、時間、負荷、または環境に応じて変更されることとしてもよい。

このような構成によれば、目標充電率が時間、負荷、または環境に応じて変更されるので、電力の需要に応じた電力供給を実現することができる。

上記電力貯蔵装置において、前記充電率維持指令は、前記蓄電装置の充電率と前記目標充電率との差分をPID制御することにより求められ、前記PID制御において用いられる少なくともいずれか一つの制御定数が前記蓄電装置の充電率に応じて変更されることとしてもよい。

このように、蓄電装置の充電率に応じてPID制御の少なくともいずれか一つの制御定数が変更されることにより、例えば、蓄電装置の充電率が低下してしまい、ハイブリッド型分散電源システムの停止の可能性がある場合には、比例ゲインを高く設定して、充電率維持を優先する制御に変更することで、システム停止を未然に防止することが可能となる。

本発明は、上記電力貯蔵装置と、自然エネルギーを利用して発電する発電装置とを具備するハイブリッド型分散電源システムを提供する。

上記ハイブリッド型分散電源システムは、前記電力貯蔵装置が備える蓄電装置の充電率に基づいて前記発電装置の最大発電出力を設定する発電指令設定装置と、前記発電装置の最大発電出力に基づいて前記発電装置を制御する発電制御装置とを具備することとしてもよい

このように、電力貯蔵装置が備える蓄電装置の充電率に応じて発電装置の最大発電電力を設定することにより、例えば、蓄電装置の充電率が高い場合には、発電装置の最大発電電力を低く設定することにより、蓄電装置の電力を有効に利用することが可能となる。

本発明は、蓄電装置と、変換機電力指令に基づいて前記蓄電装置の充放電を行う電力変換部とを備え、自然エネルギーを利用して発電する発電装置と前記発電装置の電力が供給される電力系統との間に接続され、前記蓄電装置から電力系統へ電力を供給する電力貯蔵装置の充放電制御方法であって、前記発電装置の発電出力と前記蓄電装置の充電状態とに基づいて目標供給電力を設定するとともに、前記目標供給電力またはその変動率が所定の許容範囲から外れていた場合には、前記目標供給電力またはその変動率を前記許容囲内に抑制する第1の設定過程と、前記目標供給電力から前記変換機目標電力を設定する第2の設定過程とを備え、前記許容範囲が、時間、負荷、環境、または前記蓄電装置の充電率に応じて変更される電力貯蔵装置の充放電制御方法を提供する。

本発明によれば、蓄電装置の保護の目的よりも、系統への電力供給を優先させた制御を行うので、蓄電装置が過充電或いは過放電にならない残容量の領域で、蓄電装置の電力量を有効に活用することができるという効果を奏する。

以下に、本発明に係る電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システムの一実施形態について、図面を参照して説明する。

図1は、本発明の一実施形態に係る電力貯蔵装置を適用したハイブリッド型分散電源システムの構成概略図である。
この図に示すように、ハイブリッド型分散電源システムは、分散電源2と、電力貯蔵装置1とを備えて構成されている。ハイブリッド型分散電源システムは、図示しない系統連系用の変圧器を介して電源3の電力系統4に接続されている。ここで、電源3は、例えば、電力会社の発電所の電源、離島などのディーゼル発電機のような小規模の独立電源、若しくは、需要家の自家用発電電源などである。

ハイブリッド型分散電源システムにおいて、分散電源2は、例えば、風力発電装置や太陽光発電装置などであり、自然環境によって出力が変動する電源である。
電力貯蔵装置1は、電力を蓄える蓄電装置11と、蓄電装置11の充放電の制御を行う電力変換機12と、制御装置13とを備えて構成されている。
蓄電装置11は、例えば、リチウムイオン電池、電気二重層コンデンサなどであり、電力を蓄える。この蓄電装置11は、電力変換機12を介して、分散電源2と電力系統4とを繋ぐ電力系統ラインに接続されている。
電力変換機12は、蓄電装置11から電源系統4へ電力を送出する機能と、電源系統4又は分散電源2から蓄電装置11へ電力を送出する機能とを備えており、制御装置13から与えられる変換機電力指令InvPに基づいて、蓄電装置11の充放電を行う。

制御装置13は、分散電源2の発電出力と蓄電装置11の充電状態とに基づいて、目標供給電力HybPを設定するとともに、その変動率が所定の許容電力変動率範囲から外れていた場合には、目標供給電力HybPの変動率を許容電力変動率範囲内に抑制する第1の設定部21と、目標供給電力HybPに基づいて変換機電力を設定する第2の設定部22とを備えている。また、制御装置13は、蓄電装置11の充電状態を目標充電状態に近づけるための充放電指令OffsetPを設定し、この充放電指令OffsetPを第1の設定部21へ与える第3の設定部23を更に備えている。

上記第1の設定部21は、電力検出部31と、加算器32と、リミッタ33と、平滑化回路34とを備えている。
電力検出部31は、分散電源2の出力電力を検出し、検出した出力電力WandSPを加算器32及び第2の設定部22に出力する。加算器32は、後述する第3の設定部23により設定された充電率維持指令OffsetPと出力電力WandSPとを加算し、この加算電力値HybP´をリミッタ33に出力する。リミッタ33は、加算電力値HybP´を所定の許容供給電力範囲内(LL≦HybP´≦HH)に抑制し、抑制後の加算電力値HybP´を平滑化回路34に出力する。なお、上記LLは最小供給電力、HHは最大供給電力である。

平滑化回路34は、リミッタ33から入力された加算電力値HybP´を平滑化することにより、目標供給電力HybPを設定する。このとき、平滑化回路34は、目標供給電力HybPが所定の許容電力変動率範囲内となるように目標供給電力HybPを設定する。
本実施形態では、平滑化回路34は、図2に示す許容電力変動率設定装置50から与えられる許容電力変動率Rateで目標供給電力を変化させる。

なお、許容電力変動率設定装置50の詳細については後述する。また、目標供給電力HybPとは、電力系統4へ供給する目標電力である。平滑化回路34において設定された目標供給電力HybPは、第2の設定部22に出力される。なお、平滑化回路34は、フィルタであればどのようなものを採用してもよい。このとき、1次遅れ(時定数T(s))に、Rate(kW/s)を適用する場合、最大変化率が以下の関係を満たす必要がある。
Rate=Pwide/T
したがって、時定数Tは、以下の関係を満たす必要がある。
T=Pwide/Rate

第2の設定部22は、目標供給電力HybPから出力電力WandSPを減算することにより変換機電力指令InvPを設定し、この変換機電力指令InvPを電力変換機12へ出力する。
これにより、この変換機電力指令InvPに基づく蓄電装置11からの或いは蓄電装置11への電力供給が電力変換機12によって実現される。

また、第3の設定部23は、蓄電装置11の充電率を検出する充電率演算部41、減算器42、PID制御部43、演算器44を備えている。
充電率演算部41は、公知の手法により蓄電装置11の充電率BatCを求め、この充電率BatCを減算器42に出力する。減算器42は、充電率BatCと予め設定されている目標充電率BatCとの差分を算出し、この差分をPID制御部43に出力する。PID制御部43は、差分に対してPID制御を行い、この演算結果Offsetpid(%)を演算器44に出力する。演算器44は、この演算結果Offsetpid(%)に電力変換機12の出力電力InvPを乗算し、更に、この値を100で割った値を充放電指令OffsetPとして出力する。
このようにして、第3の設定部23により設定された充放電指令OffsetPは、上述した第1の設定部21の加算器32に出力され、この充放電指令OffsetPが変換機電力指令InvPを設定するパラメータの一つとして用いられることとなる。
なお、PID制御部の積分演算では、制御で一般に行われているように、加算器32の出力信号がリミット33で制限されている期間は積分動作を中止し、積分量が無尽蔵に増大しないようにされている。

次に、上記許容電力変動率設定装置50について図2を参照して説明する。
図2に示すように、許容電力変動率設定装置50は、時刻と許容電力変動率Rateとが対応付けられたテーブルを保有しており、このテーブルから現在時刻に対応する許容電力変動率Rateを取得し、これを制御装置13の平滑化回路34に与える。
ここで、許容電力変動率Rateは、電力消費の状態が反映された値とされている。具体的には、許容電力変動率Rateは、電力消費が激しい時間帯(例えば、6時から18時)については大きい値に設定されており、電力消費が少ない時間帯(例えば、18時から6時)については、小さい値に設定されている。

また、図2に示したようなテーブルは、日付毎、曜日毎、季節毎に複数設けられていてもよい。また、気象等の環境に応じて、また、負荷や蓄電装置の充電率等に応じて複数設けられていてもよい。この場合、許容電力変動率設定装置50は、複数のテーブルの中から、そのときの状況に最も近い条件下におけるテーブルを抽出し、このテーブルを用いて現在時刻に対応する許容電力変動率Rateを取得し、これを上記平滑化回路34に与える。
このように、複数の条件下における複数のテーブルを保有しておくことで、電力の需要供給のパターンにあわせた最適な電力供給を実現させることが可能となる。

次に、上述した構成からなる電力貯蔵装置1の動作について簡単に説明する。
分散電源2の出力電力は、電力検出部31によって、所定の時間間隔で検出され、この検出値である出力電力WandSPが加算器32及び第2の設定部22に出力される。加算器32は、この出力電力WandSPに第3の設定部23から入力される充放電指令OffsetPを加算することで、加算電力値HybP´を求め、これをリミッタ33に出力する。

リミッタ33では、加算電力値HybP´が所定の許容範囲内(LL≦HybP´≦HH)に抑制されて平滑化回路34に出力される。平滑化回路34は、抑制後の加算電力値HybP´を平滑化するとともに、そのときの変動率が図2に示した許容電力変動率設定装置50から与えられた許容電力変動率Rateである目標供給電力HybPを設定する。この目標供給電力HybPは、第2の設定部22に出力される。
第2の設定部22は、目標供給電力HybPから出力電力WandSPを減算することにより変換機電力指令InvPを設定し、この変換機電力指令InvPを電力変換機12へ出力する。

また、上記処理と並行して、第3の設定部23により、蓄電装置11の充電状態が監視され、この充電状態を所定の範囲内に維持するための充放電指令OffsetPが求められて、第1の設定部21の加算器32に与えられる。これにより、第3の設定部23により設定された充放電指令OffsetPが変換機電力指令InvPを設定するパラメータの一つとして用いられることとなる。

以上説明してきたように、本実施形態に係る電力貯蔵装置1によれば、分散電源2の出力電力WandSPと蓄電装置11の充電状態が反映された充放電指令OffsetPとを加算することにより加算電力値HybP´を求めるので、蓄電装置11に充電されている電力を最大限に引き出すことのできる目標供給電力HybPを設定することが可能となる。
更に、リミッタ33及び平滑化回路34の作用により、この目標供給電力HybPを許容範囲内に抑制するとともに、その変化量を許容電力変動率Rateとすることができる。この場合において、許容電力変動率Rateは、そのときの電力消費が反映された値とされているので、電力消費の状況に適した目標供給電力HybPを設定することが可能となる。
これにより、蓄電装置11に充電されている電力を有効に利用することができるとともに、需要に応じて効果的な電力供給を実現することができる。

なお、図3に示すように、上述した許容電力変動率Rateのテーブルを、許容電力変動率Rateと充電率BatCとを対応付けたテーブルとしてもよい。このように、許容電力変動率設定装置50´が、充電率BatCに応じて許容電力変動率Rateを変化させることにより、蓄電装置11の充電率BatCが高いときは電力系統4における出力変動を抑制し、充電率BatCが低い場合には電力系統4における出力変動を緩和して蓄電装置の充電率維持を行うことが可能となる。
なお、発電所から指令が入力される場合には、発電所からの指令に切替可能とされていてもよい。

また、上記実施形態において、リミッタ33が用いる最大供給電力HH及び最小供給電力LLについても時刻等に応じて変化させることとしてもよい。例えば、図4に示すように、リミッタ33に与える最大供給電力HH及び最小供給電力LLを設定する供給電力範囲設定装置51を設ける。この供給電力範囲設定装置51は、例えば、時刻と最大供給電力HH及び最小供給電力LLとが対応付けられたテーブルを保有しており、現在の時刻に応じた最小供給電力LL及び最大供給電力HHをテーブルから取得し、これらを制御装置13のリミッタ33に与えることとすればよい。
また、テーブルは、例えば、日付毎、曜日毎、季節毎に複数設けられていてもよい。また、気象等の環境に応じて、また、負荷や蓄電装置11の充電率BatC等に応じて複数設けられていてもよい。

このように、時刻に応じて許容電力範囲を変化させることにより、電力の需要に応じた電力供給を実現することができる。また、蓄電装置11に負担をかけない範囲に供給電力範囲を予め設定しておくことで、蓄電装置11の充電率BatCを良好な範囲に維持することができる。更に、複数の条件下における複数のテーブルを保有しておくことで、電力の需要パターンにあわせた最適な電力供給を実現させることが可能となる。

また、上記実施形態において、第3の設定部23が用いる目標充電率BatCを時刻によって変化させることとしてもよい。例えば、図5に示すように、第3の設定部23の減算器42に与える目標充電率BatCを設定する目標充電率設定装置52を設ける。

この目標充電率設定装置52は、例えば、時刻と目標充電率BatCとが対応付けられたテーブルを保有しており、現在の時刻に応じた目標充電率BatCをテーブルから取得し、これを第3の設定部23の減算器42に与える。

また、テーブルは、例えば、日付毎、曜日毎、季節毎に複数設けられていてもよい。また、気象等の環境に応じて、また、負荷や蓄電装置11の充電率BatC等に応じて複数設けられていてもよい。
このように、時刻に応じて目標充電率BatCを設定することで、電力の需要に応じた電力供給を実現することができる。

また、上記実施形態において、第3の設定部23が用いるPID制御の定数を蓄電装置11の充電率BatCに応じて変化させることとしてもよい。例えば、図6に示すように、第3の設定部23のPID制御部43に与える制御定数Hp、Ti、Tdをそれぞれ設定するPID制御定数設定装置53を設ける。

このPID制御定数設定装置53は、例えば、蓄電装置11の充電率BatCとPID制御部の各制御定数Hp、Ti、Tdとが対応付けられたテーブルを保有しており、現在の充電率BatCに応じた制御定数Hp、Ti、Tdをテーブルから取得し、これを第3の設定部23のPID制御部43に与える。このテーブルでは、例えば、充電率BatCが高い領域(例えば、75%以上)および低い領域(例えば、25%以下)では、比例制御器の制御定数Hpが低く設定されている。これにより、充電率が高いとき及び低いときにPID制御部が積極的に機能し、蓄電装置11の充電率BatCを維持させることが可能となる。

このように、蓄電装置11の充電率BatCに応じてPID制御部43の各制御定数Hp、Ti、Tdを設定することで、例えば、蓄電装置11の充電率BatCが低下してしまい、ハイブリッド型分散電源システムを停止させるような状況に陥るおそれがある場合には、比例ゲインHpを高く設定等して、充電率維持を優先する制御に変更することで、システム停止を未然に防止することが可能となる。
上記テーブルは、日付毎、曜日毎、季節毎に複数設けられていてもよく、気象等の環境に応じて、また、負荷や蓄電装置11の充電率BatC等に応じて複数設けられていてもよい。

また、ハイブリッド型分散電源システムにおいて、上述のように電力貯蔵装置1における各種制御量を変更する他、図7に示すように、分散電源2の発電指令を電力貯蔵装置1の蓄電装置11の充電率BatCに応じて設定することとしてもよい。つまり、電力貯蔵装置1の蓄電装置11の充電状態を分散電源2の発電制御にフィードバックすることとしてもよい。

この場合、例えば、図7に示すように、分散電源2の最大発電出力を設定する発電指令設定装置54を設ける。
発電指令設定装置54は、例えば、蓄電装置11の充電率BatCと最大発電出力とが対応付けられたテーブルを保有しており、現在の充電率BatCに応じた最大発電出力をテーブルから取得し、これを分散電源2の発電制御を行う発電制御装置(図示略)に与える。

このテーブルでは、例えば、充電率BatCが低い領域(例えば、60%以下)においては、最大発電出力を高く、また、充電率BatCが高い領域(例えば、60%以上)では、最大発電出力を充電率BatCの増加に応じて徐々に小さくするように設定されている。
例えば、充電率BatCが高い場合に、最大発電電力を高く設定してしまうと、蓄電装置11に蓄電されている電力を有効に利用することができない。従って、蓄電装置11の充電率BatCがある程度高い場合には、分散電源2における発電量を低くする制御を行うことで、蓄電装置11の電力を有効に利用することが可能となる。

なお、上述した電力貯蔵装置1の制御装置13は、アナログ回路などのハードウェアによって実現されても良いし、マイクロコンピュータによる処理により実現されてもよい。マイクロコンピュータにより実現する場合には、制御装置13の各構成要素が実現する機能をプログラムの形式によりメモリに格納しておき、CPUがメモリからプログラムを読み出して実行することにより、上述の動作を実現する。

以上、本発明の実施形態について図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。
例えば、上述した許容電力変動率設定装置50、50´、許容供給電力範囲設定装置51、目標充電率設定装置52、PID制御定数設定装置53、及び発電指令設定装置54は適宜選択し、組み合わせて採用することができる。例えば、上述した実施形態では、許容電力変動率設定装置50を備えることが前提とされていたが、これに代えて、許容供給電力範囲設定装置51のみを備えることとしてもよい。このように、上述した各種装置のうち、一つの装置を独立して備えることとしてもよい。
更に、上記実施形態においては、許容電力変動率設定装置50、50´、許容供給電力範囲設定装置51、目標充電率設定装置52、PID制御定数設定装置53、及び発電指令設定装置54は独立した装置として構成されていたが、これに代えて、これらの各種装置により実現される機能を制御装置13が備えることとしてもよい。

本発明の一実施形態に係る電力貯蔵装置を適用したハイブリッド型分散電源システムの構成概略図である。 許容電力変動率設定装置を備える電力貯蔵装置を示した図である。 許容電力変動率設定装置の変形例を示した図である。 許容供給電力範囲設定装置を備える電力貯蔵装置を示した図である。 目標充電率設定装置を備える電力貯蔵装置を示した図である。 PID制御定数設定装置を備える電力貯蔵装置を示した図である。。 発電指令設定装置を備える電力貯蔵装置を示した図である。

符号の説明

1 電力貯蔵装置
2 分散電源
11 蓄電装置
12 電力変換機
13 制御装置
21 第1の設定部
22 第2の設定部
23 第3の設定部
31 電力検出部
32 加算器
33 リミッタ
34 平滑化回路
41 充電率演算部
42 減算器
43 PID制御部
44 演算器
50,50´ 許容電力変動率設定装置
51 許容供給電力範囲設定装置
52 目標充電率設定装置
53 PID制御定数設定装置
54 発電指令設定装置

Claims (6)

  1. 自然エネルギーを利用して発電する発電装置と前記発電装置の電力が供給される電力系統との間に接続され、前記電力系統に電力を供給する電力貯蔵装置であって、
    蓄電装置と、制御装置と、前記制御装置から与えられる変換機電力指令に基づいて、前記蓄電装置の充放電を行う電力変換機とを備え、
    前記制御装置は、
    前記発電装置の発電出力と前記蓄電装置の充電状態とに基づいて目標供給電力を設定するとともに、前記目標供給電力またはその変動率が所定の許容範囲から外れていた場合には、前記目標供給電力またはその変動率を前記許容範囲内に抑制する第1の設定部と、
    前記目標供給電力から前記変換機目標電力を設定する第2の設定部と
    を備え、
    前記許容範囲が、時間、負荷、環境、または前記蓄電装置の充電率に応じて変更される電力貯蔵装置。
  2. 前記第1の設定部は、前記蓄電装置の充電率を目標充電率に近づけるための充電率維持指令を用いて前記目標供給電力を設定し、
    前記目標充電率が、時間、負荷、または環境に応じて変更される請求項1に記載の電力貯蔵装置。
  3. 前記充電率維持指令は、前記蓄電装置の充電率と前記目標充電率との差分をPID制御することにより求められ、
    前記PID制御において用いられる少なくともいずれか一つの制御定数が前記蓄電装置の充電率に応じて変更される請求項に記載の電力貯蔵装置。
  4. 請求項1から請求項のいずれかに記載の電力貯蔵装置と、
    自然エネルギーを利用して発電する発電装置と
    を具備するハイブリッド型分散電源システム。
  5. 記電力貯蔵装置が備える蓄電装置の充電率に基づいて前記発電装置の最大発電出力を設定する発電指令設定装置と、
    前記発電装置の最大発電出力に基づいて前記発電装置を制御する発電制御装置と
    を具備する請求項4に記載のハイブリッド型分散電源システム。
  6. 蓄電装置と、変換機電力指令に基づいて前記蓄電装置の充放電を行う電力変換部とを備え、自然エネルギーを利用して発電する発電装置と前記発電装置の電力が供給される電力系統との間に接続され、前記蓄電装置から電力系統へ電力を供給する電力貯蔵装置の充放電制御方法であって、
    前記発電装置の発電出力と前記蓄電装置の充電状態とに基づいて目標供給電力を設定するとともに、前記目標供給電力またはその変動率が所定の許容範囲から外れていた場合には、前記目標供給電力またはその変動率を前記許容囲内に抑制する第1の設定過程と、
    前記目標供給電力から前記変換機目標電力を設定する第2の設定過程と
    を備え、
    前記許容範囲が、時間、負荷、環境、または前記蓄電装置の充電率に応じて変更される電力貯蔵装置の充放電制御方法。
JP2006339493A 2006-12-18 2006-12-18 電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム Active JP4969229B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006339493A JP4969229B2 (ja) 2006-12-18 2006-12-18 電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006339493A JP4969229B2 (ja) 2006-12-18 2006-12-18 電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム
KR1020097003297A KR101119460B1 (ko) 2006-12-18 2007-12-18 전력 저장 장치 및 하이브리드형 분산 전원 시스템
CN200780030899XA CN101507079B (zh) 2006-12-18 2007-12-18 电力储存装置和混合型分布电源系统
EP07859846.3A EP2065996A4 (en) 2006-12-18 2007-12-18 Power accumulator and hybrid distributed power supply system
US12/377,138 US8901893B2 (en) 2006-12-18 2007-12-18 Electricity storage device and hybrid distributed power supply system
PCT/JP2007/074299 WO2008075674A1 (ja) 2006-12-18 2007-12-18 電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008154360A JP2008154360A (ja) 2008-07-03
JP4969229B2 true JP4969229B2 (ja) 2012-07-04

Family

ID=39536304

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006339493A Active JP4969229B2 (ja) 2006-12-18 2006-12-18 電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8901893B2 (ja)
EP (1) EP2065996A4 (ja)
JP (1) JP4969229B2 (ja)
KR (1) KR101119460B1 (ja)
CN (1) CN101507079B (ja)
WO (1) WO2008075674A1 (ja)

Families Citing this family (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5006104B2 (ja) * 2007-05-24 2012-08-22 川崎重工業株式会社 Power smoothing method, power smoothing device, and design method of the same
JP5125274B2 (ja) * 2007-07-18 2013-01-23 株式会社明電舎 新エネルギー発電システム出力変動緩和装置
JP5391598B2 (ja) * 2008-07-10 2014-01-15 株式会社明電舎 Stabilized control system for distributed power supply
JP5011230B2 (ja) * 2008-08-04 2012-08-29 株式会社東芝 二次電池の制御装置および制御方法
KR101503408B1 (ko) * 2008-12-26 2015-03-17 닛폰 후료쿠카이하츠 가부시키가이샤 축전지 병설형의 풍력 발전 시스템 및 축전지의 충방전 제어 장치
EP2293406B1 (en) * 2009-09-07 2015-08-05 ABB Research Ltd. Energy storage systems
JP5518419B2 (ja) * 2009-10-05 2014-06-11 パナソニック株式会社 給電管理装置
JP5395691B2 (ja) * 2010-01-28 2014-01-22 株式会社東芝 太陽光発電運用システム
CN103190051B (zh) * 2010-08-05 2016-08-03 三菱自动车工业株式会社 用于电力供需调平系统的电池信息输出设备
DK2572426T3 (da) * 2010-08-13 2014-07-21 Siemens Ag Anordning til generering af et styresignal til styring af et effektoutput fra et effektgenereringssystem
JP2012100487A (ja) * 2010-11-04 2012-05-24 Toshiba Corp 電力系統安定化装置
JP2012252580A (ja) * 2011-06-03 2012-12-20 Sony Corp 電力制御装置、電力管理装置および電力管理システム
CN103733459B (zh) * 2011-08-23 2016-04-06 富士通株式会社 电力平准化控制装置以及电力平准化控制方法
CN103187750B (zh) * 2011-12-31 2014-12-31 中国电力科学研究院 兆瓦级电池储能电站实时功率控制方法及其系统
CN102570557A (zh) * 2012-02-14 2012-07-11 徐州工业职业技术学院 一种风光互补发电系统蓄电池的充放电管理控制方法
JP5814156B2 (ja) * 2012-02-22 2015-11-17 トヨタ自動車株式会社 Electric vehicle and control method thereof
JP5625005B2 (ja) * 2012-02-27 2014-11-12 株式会社日立製作所 独立型電力供給システム
JP5766633B2 (ja) * 2012-02-28 2015-08-19 三菱重工業株式会社 出力平滑化装置、出力平滑化方法及びプログラム
KR101337576B1 (ko) * 2012-06-14 2013-12-06 이엔테크놀로지 주식회사 Soc 관리를 위한 방법 및 시스템
JP6129528B2 (ja) * 2012-11-22 2017-05-17 三菱重工業株式会社 電力貯蔵システムの制御装置及び方法並びにプログラム、それを備えた電力貯蔵システム
JP5709910B2 (ja) * 2013-01-21 2015-04-30 三菱重工業株式会社 制御装置及び方法並びにプログラム、それを備えた自然エネルギー発電装置
JP6045383B2 (ja) * 2013-02-13 2016-12-14 三菱日立パワーシステムズ株式会社 Thermal power plant system for private power generation
KR102092088B1 (ko) 2013-07-04 2020-04-14 에스케이이노베이션 주식회사 전기저장장치 운전모드 제어 장치 및 방법
ES2657375T3 (es) 2013-09-30 2018-03-05 Acciona Energía, S.A. Procedimiento para el control de rampas de fluctuación de potencia con sistemas de almacenamiento de energía en plantas de generación intermitente de energía
JP6369803B2 (ja) * 2014-07-30 2018-08-08 パナソニックIpマネジメント株式会社 蓄電装置
JP6480196B2 (ja) * 2015-01-26 2019-03-06 株式会社日立製作所 蓄電池システム及びそれを有する太陽光発電システム
JP2019118202A (ja) * 2017-12-27 2019-07-18 パナソニックIpマネジメント株式会社 POWER CONTROL DEVICE, POWER CONTROL METHOD, PROGRAM

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0831328B2 (ja) * 1987-05-08 1996-03-27 富士電機株式会社 Fuel cell generator
DE4439785C2 (de) * 1994-11-07 1999-05-12 Mikron Ges Fuer Integrierte Mi Verfahren zum Laden einer aufladbaren Batterie und Vorrichtung zur Durchführung des Verfahrens
US6462507B2 (en) * 1998-08-07 2002-10-08 Okc Products, Inc. Apparatus and method for initial charging, self-starting, and operation of a power supply with an intermittent and/or variable energy source and a rechargeable energy storage device
JP3755075B2 (ja) * 1999-01-22 2006-03-15 株式会社日立エンジニアリングサービス 電力変動補償装置
JP2001327080A (ja) * 2000-05-10 2001-11-22 Daihen Corp 電力貯蔵装置及びそれを備えた分散電源システムの制御方法
US7733069B2 (en) * 2000-09-29 2010-06-08 Canon Kabushiki Kaisha Power converting apparatus and power generating apparatus
JP2003244841A (ja) 2002-02-18 2003-08-29 Hitachi Ltd 電力貯蔵用二次電池を用いたハイブリッドシステムの情報提供方法およびシステム
JP2004064814A (ja) 2002-07-25 2004-02-26 Kawasaki Heavy Ind Ltd 電力供給方法および電力供給システム
JP2005245183A (ja) 2004-02-27 2005-09-08 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 電力貯蔵装置及びハイブリッド電源並びにハイブリッド電源システム
JP4606935B2 (ja) * 2004-09-13 2011-01-05 株式会社ダイヘン Control method of photovoltaic power generation system
JP4256833B2 (ja) * 2004-11-10 2009-04-22 三菱重工業株式会社 電力貯蔵装置及びハイブリッド型分散電源システム
JP4609156B2 (ja) * 2005-03-31 2011-01-12 株式会社明電舎 電力貯蔵装置の制御装置

Also Published As

Publication number Publication date
KR101119460B1 (ko) 2012-03-16
CN101507079B (zh) 2011-12-28
KR20090042794A (ko) 2009-04-30
EP2065996A1 (en) 2009-06-03
JP2008154360A (ja) 2008-07-03
US8901893B2 (en) 2014-12-02
CN101507079A (zh) 2009-08-12
WO2008075674A1 (ja) 2008-06-26
US20100176765A1 (en) 2010-07-15
EP2065996A4 (en) 2016-11-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Olivier et al. Active management of low-voltage networks for mitigating overvoltages due to photovoltaic units
Yi et al. A unified control and power management scheme for PV-battery-based hybrid microgrids for both grid-connected and islanded modes
Fang et al. A battery/ultracapacitor hybrid energy storage system for implementing the power management of virtual synchronous generators
Karimi et al. Decentralized method for load sharing and power management in a PV/battery hybrid source islanded microgrid
Tan et al. Coordinated control and energy management of distributed generation inverters in a microgrid
Wu et al. Autonomous active power control for islanded ac microgrids with photovoltaic generation and energy storage system
Hernandez et al. Enhanced utility-scale photovoltaic units with frequency support functions and dynamic grid support for transmission systems
Satpathy et al. Control scheme for a stand-alone wind energy conversion system
Serban et al. Energy storage systems impact on the short-term frequency stability of distributed autonomous microgrids, an analysis using aggregate models
Mahmood et al. Decentralized power management of a PV/battery hybrid unit in a droop-controlled islanded microgrid
EP2001098B1 (en) Power control method for power system compensators
Meng et al. Tertiary and secondary control levels for efficiency optimization and system damping in droop controlled DC–DC converters
CN100380774C (zh) 功率控制装置、发电系统以及电力网系统
US7804183B2 (en) Power generating system
Yin et al. Energy management of DC microgrid based on photovoltaic combined with diesel generator and supercapacitor
US8536835B2 (en) Supply and demand control apparatus for electric power system, and storage medium storing supply and demand control program
EP2862253B1 (en) Power grid photo-voltaic integration using distributed energy storage and management
Mahmood et al. Strategies for independent deployment and autonomous control of PV and battery units in islanded microgrids
JP4706361B2 (ja) 系統安定化装置
Mahmood et al. A power management strategy for PV/battery hybrid systems in islanded microgrids
JP5028517B2 (ja) 直流給電システム
AT509888B1 (de) Elektrischer energiespeicher und verfahren zum regeln eines solchen energiespeichers
US8373312B2 (en) Solar power generation stabilization system and method
Sebastian et al. Distributed control system for frequency control in a isolated wind system
US20110199042A1 (en) Secondary battery power control method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110405

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110606

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120321

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120403

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 4969229

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150413

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150413

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250