JP4942986B2 - 遊技機の表示照明装置 - Google Patents

遊技機の表示照明装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4942986B2
JP4942986B2 JP2005313621A JP2005313621A JP4942986B2 JP 4942986 B2 JP4942986 B2 JP 4942986B2 JP 2005313621 A JP2005313621 A JP 2005313621A JP 2005313621 A JP2005313621 A JP 2005313621A JP 4942986 B2 JP4942986 B2 JP 4942986B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lamp housing
fitting groove
partition plate
display window
walls
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005313621A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007117400A (ja
Inventor
幸司 榎本
Original Assignee
株式会社平和
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社平和 filed Critical 株式会社平和
Priority to JP2005313621A priority Critical patent/JP4942986B2/ja
Publication of JP2007117400A publication Critical patent/JP2007117400A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4942986B2 publication Critical patent/JP4942986B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、パチンコ機、スロットマシン等の遊技機の表示照明装置に関する。
パチンコ機、スロットマシン等の遊技機の表示照明装置は、遊技機の前面に設けられる光透過性の表示窓を、各表示窓の裏面側に配置される照明ユニットによって、裏面側から照明することにより、所定の遊技情報を報知するようになっている(例えば、特許文献1、2参照)。
特許第2554673号公報 特開平6−254213号公報
特許文献1に記載された遊技機の表示照明装置においては、照明ユニットのランプハウジングとランプハウジング内を表示窓に対応するように仕切る仕切板とを一体的に形成した一体構造であるため、機種変更、遊技テーマの変更に伴う表示窓の変更に応じて、仕切板の仕切り位置を変更することはできない。したがって、遊技テーマ毎に専用のランプハウジングが必要となり、ランプハウジングの共用化ができない。
特許文献2に記載された遊技機の表示照明装置においては、ランプハウジングと仕切板とを別体で形成し、仕切板をランプハウジングに設けた溝に差し込むことによって、ランプハウジング内を表示窓に対応するように仕切ることが可能であるため、機種変更、遊技テーマの変更に伴う表示窓の変更に応じて、仕切板の仕切り位置を簡単に変更できる利点がある。しかし、その反面、ランプハウジングを遊技機に取り付ける際、仕切板がランプハウジングから脱落する等して、組付性が悪い。
本発明は、上述のような課題に鑑み、機種変更、遊技テーマ等の変更に伴う表示窓の変更に応じて、仕切板の仕切り位置を変更可能にするとともに、組付性を向上させることができる遊技機の表示照明装置を提供することを目的とする。
本発明によると、上記課題は、次のようにして解決される。
遊技機前面に設けられるパネルに光透過性の表示窓を形成するとともに、該表示窓の裏面側を照明ユニットにより照明することにより所定の遊技情報を報知するようにした遊技機の表示照明装置において、前記照明ユニットは、上壁、下壁及び左右の側壁を有して前記表示窓の裏面側周囲を包囲するように前記パネルの裏面側に取り付けられるとともに、前記両側壁の互いに対向する内面にあって、前記両側壁の前縁より所定量後方の位置から前記両側壁の後端まで延出する前後方向の嵌合溝を有する枠状のランプハウジングと、該ランプハウジングの後部に固定され、前記表示窓の裏面側を照明可能な光源を実装した基板と、両端部が前記嵌合溝に差し込まれることにより、前記ランプハウジング内を前記表示窓に対応するように仕切るとともに、前記嵌合溝から抜け出る方向に対して前記ランプハウジングに設けられた係合部に係合する弾性部を有する仕切板とを含み、前記係合部は、前記嵌合溝内の部に内方へ向けて突出するように設けられ、前記弾性部は、前記仕切板の両端部における後部に設けられ前記係合部に対して前方へ係合可能なテーパー状の段部を有し、前記仕切板は、前記ランプハウジングの前方から前記嵌合溝に差し込み可能で、かつ前部に幅方向全域に亘って、前記嵌合溝に差し込まれることにより前記嵌合溝の前方における前記所定量の範囲内に位置するとともに、前記嵌合溝の前端に当接可能な段差部を有し、前記ランプハウジングは、両側壁間の開口幅が前広がりの矩形枠状であるとともに、前記両側壁の前記内面における後部に、前記弾性部と前記係合部とが互いに係合する係合部分の下面に重なる突出部を有する。
本発明によれば、次のような効果が奏せられる。
(a)機種変更、遊技テーマの変更等に伴う表示窓の変更に応じて、仕切板の仕切り位置を簡単に変更することができる。これにより、遊技テーマの異なる機種間でのランプハウジングの共用化が可能になる。
(b)仕切板に、ランプハウジングの係合部に係合可能な弾性部を設けたことにより、弾性部がハウジングの係合部に確実且つ容易に係合することができ、仕切板のランプハウジングからの脱落を確実に防止して、照明ユニットの組付性を向上させることができる。
(c)ランプハウジングの後部に固定した基板を取り外すことなく、仕切板をランプハウジングの嵌合溝に差し込んだり、抜いたりすることができる。
(d)段差部により、ランプハウジングに対する仕切板の前後位置を容易かつ確実に定めることができる。さらに、仕切板を嵌合溝から引き抜く際、仕切板の前部における全域に設けた段差部が、指の引っ掛かりとなって仕切板の引抜きを容易にする。
図1は、本発明の一実施形態を適用した遊技機(スロットマシン)の正面図、図2は、図1におけるII−II線に沿う拡大縦断面図、図3は、裏側から見た前扉の上部の分解斜視図である。なお、以下の説明では、図1における紙面手前を前方(表面)とし、紙面奥を後方(裏面)とし、紙面左側を左方とし、紙面右側を右方とする。
遊技機(1)は、遊技媒体を円板状のメダル(コインも含む)とし、メダルを筐体(2)の前面に開閉可能に支持された前扉(3)の前面右側に設けたメダル投入部(4)に投入することにより、後述のような所定のゲームが行われるものである。
なお、本実施形態において、遊技機(1)を遊技媒体がメダルとするスロットマシンとして説明するが、本発明は、これに特定されるものでなく、遊技機(1)を遊技媒体がパチンコ玉であるパチンコ機またはスロットマシンとしても良い。
筺体(2)内には、外周面に複数種類の図柄、数字等で構成される識別情報が描かれた左、中、右3個の回転リール(5)、メダルを貯留及び払出可能なホッパーユニット(図示略)、遊技全体を統括的に制御する主制御基板(図示略)、主制御基板の指令に基づいて遊技演出手段に制御信号を出力可能な副制御基板(図示略)、及び主制御基板やその他の電気機器へ電力を供給する電源装置(図示略)等が収容されている。なお、遊技演出手段としては、前扉(3)の裏面側に設けられ、各種遊技情報や演出情報を表示可能な液晶表示ユニット(6)、効果音を発生するスピーカ(10)、光により演出効果を盛り上げるランプ(11)等がある。
前扉(3)の下半分の表面には、遊技を行うときにメダルが投入されるメダル投入部(4)、メダルをゲームに投資するときに操作されるベットスイッチボタン(12)、各回転リール(5)を回転させるときに操作されるスタートスイッチレバー(13)、及び各回転リール(5)の回転を停止させるときに操作される3個のストップスイッチボタン(14)、及びメダルを受け入れ可能な受け皿(15)等が設けられている。
前扉(3)の上半分の表面には、透明なアクリル板により形成される上部パネル板(31)及び下部パネル板(32)が嵌め込まれている。
上部パネル板(31)には、液晶表示ユニット(6)の液晶画面に表示される遊技情報や演出情報を視認可能な演出情報表示窓(31a)が設けられている。
下部パネル板(32)には、各回転リール(5)の識別情報を3こまずつ視認可能な正面視矩形の識別情報表示窓(32a)が設けられている。識別情報表示窓(32a)の左方には、上下方向に5個の光透過性の有効ライン表示窓(32b)が並設され、同じく右方には、上下方向に3個の光透過性の遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)を並設した表示エリア(321)が設けられ、また、同じく下方には、前扉(3)の裏面に設けられた中部基板(16)に表示されるメダルの払出数、クレジット数(ゲームが入賞したとき賞品として付与されるメダルの枚数やメダル投入部(4)に投入されたメダル数を主制御基板に設けたメモリに電気的に蓄積される数)等の各種情報を視認可能な情報表示窓(32f)が設けられている。
なお、上部パネル板(31)及び下部パネル板(32)における各表示窓(31a)(32a)〜(32f)を除く領域面は、彩色、模様等が施され、不透明または半透明になっている。
各有効ライン表示窓(32b)には、有効ライン表示窓(32b)の裏面側に取り付けられる有効ライン照明ユニット(7)の照明によって、遊技者がゲームに賭けたメダルの賭数に応じた有効ライン(上段、中段、下段の3本のラインと、中央で×点状に交わった2本のラインとからなる5本のライン)数が表示される。
遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)には、例えば、回転リール(5)の識別情報が有効ライン上に「7」が3つ揃って停止し、その後、高い確率で小役入賞するゲームを最大30ゲーム(ボーナスゲーム)行なうことが可能なビッグボーナスの当選を告知する情報や、ビッグボーナス当選かそれ以外の当選であるかの情報等が、遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)の裏面側に取り付けられる遊技情報照明ユニット(8)の照明により表示される。
遊技機(1)のゲームは、遊技者がメダルをメダル投入部(4)に投入した後、ベットスイッチボタン(12)によりメダルの賭数を設定した後、スタートスイッチレバー(13)を操作して、全ての回転リール(5)を回転させることによって開始される。
回転リール(5)が回転して所定時間が経過した後、3個のストップスイッチボタン(14)を順次操作して、各回転リール(5)の回転を停止させ、有効ラインに並ぶ各回転リール(5)の識別情報の組み合わせにより、入賞の有無、及び賞の大小に応じたメダルの配当枚数が確定される。入賞した場合には、予め定めた入賞枚数分だけそのときのクレジット数に加算される。クレジット数が限度枚数(例えば、50枚)を超過した場合には、その超過分に相当する数のメダルがホッパーユニットから受け皿(15)に払い出される。
図4は、遊技情報照明ユニット(8)の分解斜視図、図5は、図1におけるV−V線に沿う拡大横断面図、図6は、図2における矢示VI部の拡大図である。
遊技情報照明ユニット(8)は、下部パネル(32)における遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)の裏面側を包囲するように固定される合成樹脂製のランプハウジング(81)と、ランプハウジング(81)の後部に固定されるとともに、各遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)を裏面側から照明する発光ダイオードまたはランプ等により構成される光源(83)(84)(85)を実装した基板(82)と、ランプハウジング(81)と別体で形成されるとともに、ランプハウジング(81)に設けられた嵌合溝(813a)に差し込まれて固定されることにより、ランプハウジング(81)内を遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)に対応するように仕切る水平方向を向く合成樹脂製の2枚の仕切板(86)(86)とを含んで構成される。
ランプハウジング(81)は、上壁(811)、下壁(812)及び左右の側壁(813)(813)を有して、両側壁(813)(813)間の開口幅が前広がりの矩形枠状をなすとともに、互いに対向する両側壁(813)の内側面には、仕切板(86)の両側端部が差し込み可能な前後方向を向く嵌合溝(813a)が上下方向に複数(本実施形態においては、3本)並設されている。なお、嵌合溝(813a)は、側壁(813)の内面に突設された上下1対の前後方向の突条部(813b)(813b)間に設けられる。また、突条部(813b)は、側壁(813)の前縁より所定量後方の位置から側壁(813)の後端まで形成される。
嵌合溝(813a)の奥部(後部)には、内方へ向けて突出する係合部(813c)が設けられている。本実施形態における嵌合溝(813a)は、遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)の各境界に対応する上下二箇所の位置と、真ん中の遊技情報表示窓(32d)を上下に2分する位置とに設けられる。したがって、仕切板(86)を3枚とした場合には、ランプハウジング(81)内を最大4室まで仕切ることができる。
基板(82)は、ランプハウジング(81)の後部に前方を向くネジ(87)により固定されることにより、ランプハウジング(81)の後部を閉塞する。
仕切板(86)におけるランプハウジング(81)の側壁(813)の内面に対向する両端部の後部には、左右方向へ弾性変形可能な弾性部(86a)が設けられている。弾性部(86a)の後端部には、仕切板(86)が嵌合溝(813a)から抜け出る方向(前方)に対して、ランプハウジング(81)の係合部(813c)に係合可能な段部(86b)が設けられている。なお、弾性部(86a)の後端部は、仕切板(86)を嵌合溝(813a)に差し込んだ際、段部(86b)が係合部(813c)に容易に係合し得るようにテーパー状となっている。また、主に図4〜6に明示されているように、ランプハウジング(81)の両側壁(813)(813)における内側面の後部には、弾性部(86a)、及び段差部(86c)と係合部(813c)とが互いに係合する係合部分を含む各仕切板(86)(86)の後部下面に重なる左右方向を向く突出部(814)(814)を有する。
仕切板(86)の前部は、仕切板(86)を嵌合溝(813a)に差し込んだ際、上下の突条部(813b)の前端に当接することにより、仕切板(86)の前後方向の位置決めをする段差部(86c)が設けられている。この段差部(86c)は、仕切板(86)を嵌合溝(813a)から引き抜く際、指の引っ掛かりとなって仕切板(86)の引抜きを容易にする。
仕切板(86)の両側端部をランプハウジング(81)の前方から嵌合溝(813a)に差し込むことにより、弾性部(86a)が左右方向へ弾性変形して、段部(86b)がランプハウジング(81)の係合部(813c)に係合する。また、これとほぼ同時に、仕切板(86)の段差部(86c)が突条部(813b)の前端に当接してこれ以上の差し込みが阻止されることにより、仕切板(86)の前後方向の位置が定められる。これにより、嵌合溝(813a)に差し込まれた仕切板(86)は、ランプハウジング(81)から妄りに脱落することがなくなり、ランプハウジング(81)の前扉(3)に対する組付け作業を効率的に行うことができる。また、仕切板(86)は、上下左右対象形状として、誤組付けの防止を図っている。
仕切板(86)が取り付けられたランプハウジング(81)は、下壁(812)の後部を前扉(3)の裏面側に設けられた後方を向く係合爪(3a)に係合するとともに、前方を向くネジ(88)をもって、右側の側壁(813)の外側面に設けられた取付片(819)を前扉(3)の裏面に締結することにより、前扉(3)の裏面側に固定される。これにより、ランプハウジング(81)は、各遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)の裏面側周囲を包囲するように下部パネル(32)の裏面側に取り付けられる。
例えば、図1に示すように、遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)が3個の場合には、図2に示すように、上から1、3番目の嵌合溝(813a)に仕切板(86)をそれぞれ差し込んで、ランプハウジング(81)内を遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)に対応するように、上下方向に3室に仕切る。
また、機種変更、遊技テーマの変更に伴って、図1に想像線で示すように、真ん中の遊技情報表示窓(32d)を上下に2分割する場合には、仕切板(86)を一枚追加し、その仕切板(86)を真ん中の嵌合溝(813)に差し込んで、ランプハウジング(81)内を4室に仕切る。
以上、本発明の一実施形態について説明したが、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で、本実施形態に対して、次のような種々の変形や変更を施すことが可能である。
(i)遊技情報表示窓(32c)(32d)(32e)及びランプハウジング(81)の嵌合溝(813a)の数を適宜変更する。
(ii)ランプハウジング(81)内を、垂直方向の仕切板(86)により左右方向に仕切る。この場合には、嵌合溝(813a)は、ランプハウジング(81)の上壁(811)の下面と下壁(812)の上面とに設ける。
(iii)本発明を有効ライン照明ユニット(7)及びその他の表示領域に適用する。
本発明の一実施形態を適用した遊技機の正面図である。 図1におけるII−II線に沿う拡大縦断面図である。 裏側から見た前扉上部の分解斜視図である。 遊技情報照明ユニットの分解斜視図である。 図1におけるV−V線に沿う拡大横断面図である。 図2における矢示VI部の拡大図である。
(1)遊技機(スロットマシン)
(2)筐体
(3)前扉
(3a)係合爪
(4)メダル投入部
(5)回転リール
(6)液晶表示ユニット
(7)有効ライン照明ユニット
(8)遊技情報照明ユニット(照明ユニット)
(10)スピーカ
(11)ランプ
(12)ベットスイッチボタン
(13)スタートスイッチレバー
(14)ストップスイッチボタン
(15)受け皿
(16)中部基板
(31)上部パネル板
(31a)演出情報表示窓
(32)下部パネル板(パネル)
(32a)識別情報表示窓
(32b)有効ライン表示窓
(32c)(32d)(32e)遊技情報表示窓(表示窓)
(32f)情報表示窓
(81)ランプハウジング
(82)基板
(83)(84)(85)光源
(86)仕切板
(86a)弾性部
(86b)段部
(86c)段差部
(87)(88)ネジ
(321)表示エリア
(811)上壁
(812)下壁
(813)側壁
(813a)嵌合溝
(813b)突条部
(813c)係合部
(814)突出部
(819)取付片

Claims (1)

  1. 遊技機前面に設けられるパネルに光透過性の表示窓を形成するとともに、該表示窓の裏面側を照明ユニットにより照明することにより所定の遊技情報を報知するようにした遊技機の表示照明装置において、
    前記照明ユニットは、上壁、下壁及び左右の側壁を有して前記表示窓の裏面側周囲を包囲するように前記パネルの裏面側に取り付けられるとともに、前記両側壁の互いに対向する内面にあって、前記両側壁の前縁より所定量後方の位置から前記両側壁の後端まで延出する前後方向の嵌合溝を有する枠状のランプハウジングと、該ランプハウジングの後部に固定され、前記表示窓の裏面側を照明可能な光源を実装した基板と、両端部が前記嵌合溝に差し込まれることにより、前記ランプハウジング内を前記表示窓に対応するように仕切るとともに、前記嵌合溝から抜け出る方向に対して前記ランプハウジングに設けられた係合部に係合する弾性部を有する仕切板とを含み、
    前記係合部は、前記嵌合溝内の部に内方へ向けて突出するように設けられ、
    前記弾性部は、前記仕切板の両端部における後部に設けられ前記係合部に対して前方へ係合可能なテーパー状の段部を有し、
    前記仕切板は、前記ランプハウジングの前方から前記嵌合溝に差し込み可能で、かつ前部に幅方向全域に亘って、前記嵌合溝に差し込まれることにより前記嵌合溝の前方における前記所定量の範囲内に位置するとともに、前記嵌合溝の前端に当接可能な段差部を有し、
    前記ランプハウジングは、両側壁間の開口幅が前広がりの矩形枠状であるとともに、前記両側壁の前記内面における後部に、前記弾性部と前記係合部とが互いに係合する係合部分の下面に重なる突出部を有することを特徴とする遊技機の表示照明装置。
JP2005313621A 2005-10-28 2005-10-28 遊技機の表示照明装置 Active JP4942986B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005313621A JP4942986B2 (ja) 2005-10-28 2005-10-28 遊技機の表示照明装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005313621A JP4942986B2 (ja) 2005-10-28 2005-10-28 遊技機の表示照明装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007117400A JP2007117400A (ja) 2007-05-17
JP4942986B2 true JP4942986B2 (ja) 2012-05-30

Family

ID=38141892

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005313621A Active JP4942986B2 (ja) 2005-10-28 2005-10-28 遊技機の表示照明装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4942986B2 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5482106B2 (ja) * 2009-10-30 2014-04-23 株式会社三洋物産 遊技機
JP5765515B2 (ja) * 2010-03-25 2015-08-19 株式会社オリンピア 照明装置及び遊技機
JP5557156B2 (ja) * 2010-09-17 2014-07-23 株式会社三洋物産 遊技機
JP5794330B2 (ja) * 2014-02-20 2015-10-14 株式会社三洋物産 遊技機
JP5794331B2 (ja) * 2014-02-20 2015-10-14 株式会社三洋物産 遊技機
JP6281798B1 (ja) * 2017-03-30 2018-02-21 ハイライツ・エンタテインメント株式会社 遊技機

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01158740A (en) * 1987-12-15 1989-06-21 Mitsubishi Electric Corp High speed die bonding device
JP3204781B2 (ja) * 1993-03-10 2001-09-04 株式会社オリンピア スロットマシン
JP2735007B2 (ja) * 1994-11-04 1998-04-02 コクヨ株式会社 収納トレー
JPH11343001A (ja) * 1998-06-01 1999-12-14 Sekisui Chem Co Ltd 分別収集用ゴミ容器
JP3569867B2 (ja) * 2001-02-07 2004-09-29 株式会社大都技研 遊技台
JP4319465B2 (ja) * 2003-05-28 2009-08-26 マミヤ・オーピー株式会社 コイン状部材送出装置
JP2005124899A (ja) * 2003-10-24 2005-05-19 Samii Kk 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2007117400A (ja) 2007-05-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1477945B1 (en) Gaming machine including a LCD with a light guide plate
US8016669B2 (en) Gaming machine
US8353766B2 (en) Gaming machine
US7520812B2 (en) Gaming machine
US7695364B2 (en) Gaming machine
JP5198042B2 (ja) 遊技機
JP5035949B2 (ja) 遊技制御基板アセンブリの封印構造及び遊技機
JP4986015B2 (ja) 遊技制御基板アセンブリの封印構造及び遊技機
JP2006198091A (ja) 遊技機用基板ケース
JP5592092B2 (ja) 遊技機
US8337286B2 (en) Gaming machine with image display assistance feature
JP4201525B2 (ja) 遊技台の電飾構造
JP2004321258A (ja) 遊技機用表示装置及びそれを用いた遊技機
JP2004194997A (ja) 遊技台
JP2006263250A (ja) スロットマシン
JP2003210688A (ja) 遊技機
JP2009078093A (ja) 遊技台
JP2008307334A (ja) 遊技機
JP2009061023A (ja) 下パネルユニット及びスロットマシン
JPH06269539A (ja) 遊技機の遊技制御回路基板収納ボックス
JP2004243037A (ja) 遊技機
JP4307393B2 (ja) 遊技設備装置
JP2007307003A (ja) 遊技機
JP2005111087A (ja) 遊技機
JP4149759B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080722

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101228

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110118

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20111101

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120119

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20120130

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120228

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120229

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4942986

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150309

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250