JP4936072B2 - System load monitoring method - Google Patents

System load monitoring method Download PDF

Info

Publication number
JP4936072B2
JP4936072B2 JP2008031996A JP2008031996A JP4936072B2 JP 4936072 B2 JP4936072 B2 JP 4936072B2 JP 2008031996 A JP2008031996 A JP 2008031996A JP 2008031996 A JP2008031996 A JP 2008031996A JP 4936072 B2 JP4936072 B2 JP 4936072B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
step
system load
difference
unit
function unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2008031996A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2009193238A (en
Inventor
清志 中川
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電気株式会社 filed Critical 日本電気株式会社
Priority to JP2008031996A priority Critical patent/JP4936072B2/en
Publication of JP2009193238A publication Critical patent/JP2009193238A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4936072B2 publication Critical patent/JP4936072B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、システム負荷監視方法と、システム負荷監視装置と、システム負荷監視プログラムとに係る。 The present invention includes a system load monitoring method, and a system load monitoring device, according to the system load monitoring program.

ベースライン監視とは、通常想定されるシステム負荷の時間変化を示す基準線(以下「ベースライン」と記載)に基づいて、監視対象の異常を判断する監視方法である。 The baseline monitoring a monitoring method based on the reference line showing the time change of the system load normally assumed (hereinafter referred to as "baseline"), to determine the monitored abnormal. 一般的には、ある時刻におけるシステム負荷の観測値と、その時刻に対応するベースラインの値とを比較することで、システム負荷のベースラインからの逸脱度合いを監視する。 In general, by comparing the observed value of the system load at a certain time, and a baseline value corresponding to that time, monitoring the deviation degree from the baseline of the system load.

この方法により、日次・週次などにより規則的・定常的に変化するシステム負荷に対して、柔軟なしきい値を設定できる。 In this way, with respect to the regular-steady-varying system load due daily, weekly, you can set a flexible threshold.

上記に関連して、特許文献1(特開2002−152204号公報)にはネットワーク監視装置に係る発明が開示されている。 In connection with the above, the invention has been disclosed according to the network monitoring device in Patent Document 1 (JP 2002-152204).
特許文献1発明のネットワーク監視装置は、第1の監視手段と、第2の監視手段と、判別手段と、監視制御手段とを有することを特徴とする。 Network monitoring device of Patent Document 1 invention includes a first monitoring means, second monitoring means, determining means, and having a monitoring control unit. ここで、第1の監視手段は、予め定められた第1の時間間隔で定期的にネットワークの稼動監視を行うものである。 Here, the first monitoring means is for performing regular network operation monitoring at a first predetermined time interval. 第2の監視手段は、第1の時間間隔よりも短い第2の時間間隔で上記ネットワークの稼動監視を行うものである。 Second monitoring means is for performing operation monitoring of the network in a short second time interval than the first time interval. 判別手段は、第1の監視手段による監視結果に基づきネットワークが正常であるか非常であるかを判別するものである。 Discriminating means is a network based on a result of monitoring by the first monitoring means determines whether it is very normal or. 監視制御手段は、判別手段によるネットワークの非常判別結果に基づき第2の監視手段を起動して、正常判別結果に基づき第2の監視手段の動作を停止するものである。 Monitoring control means activates the second monitoring means based on very question of the network by the discrimination means is for stopping the operation of the second monitoring means based on a normal discrimination result.

また、特許文献2(特開2004−5305号公報)には、メモリ使用量の監視方法に係る発明が開示されている。 Further, Patent Document 2 (JP 2004-5305), the invention according to the monitoring method of the memory usage is disclosed.
特許文献2発明のメモリ使用量の監視方法は、連続運転している計算機システムのメモリ使用容量を監視する方法である。 Monitoring method of memory usage in Patent Document 2 invention is a method of monitoring the memory capacity utilization of a computer system running continuously. 特許文献2発明のメモリ使用量の監視方法は、計算機システムのメモリ使用容量とCPU負荷を定期的に取得し、これら情報を取得時間と共に時系列に蓄積し、メモリ使用容量の時系列データに基づいてメモリ使用量限界しきい値に達する到達時間を予測し、CPU負荷の時系列データに基づいて到達時間の直前でCPU負荷が低下する時間帯を求めることを特徴とする。 Monitoring method of memory usage in Patent Document 2 invention periodically acquires the memory capacity utilization of a computer system and CPU load, accumulating the time series of these information with acquisition time, based on time-series data of the memory space used Te predicts the arrival time to reach the memory usage limit threshold, the CPU load immediately before the arrival time based on the time-series data of CPU load and obtains the time period to decrease.

特許文献2発明のメモリ使用量の監視方法は、メモリ使用量の上昇を記憶しておき、メモリ使用量過多を事前に検知することを目的としている。 Monitoring method of memory usage in Patent Document 2 invention stores the increase in memory usage, it is intended to detect the memory usage excessive beforehand.

また、特許文献3(特開2004−164637号公報)には、ベースライン化および自動しきい値処理を行う仕組みを与える方法に係る発明が開示されている。 Further, Patent Document 3 (JP 2004-164637), the invention relates to a method of providing a mechanism for performing baseline and automated thresholding is disclosed.
特許文献3発明の、ベースライン化および自動しきい値処理を行う仕組みを与える方法は、所定の間隔の間パフォーマンスデータを収集すること、パフォーマンスデータを1つのデータポイントに集計すること、集計されたデータポイントに基づいてベースライン・オブジェクトを更新すること、集計されたデータポイントに基づいて次のデータ値を予測すること、予測されたデータ値を実際に収集されたデータ値と比較すること、予測されたデータ値と実際に収集されたデータ値の間にずれがある場合、しきい値違反イベントを発生させることと、を含む。 Method of providing a mechanism for performing the Patent Document 3 invention, baselining and automatic thresholding be collected between performance data of a predetermined interval, to aggregate the performance data to a single data point, aggregated updating the baseline object on the basis of the data points, based on the aggregated data points to predict the next data value, comparing the predicted actual collected data value a data value, the predicted If there is a deviation between the data value actually collected data values, including and generating a threshold violation event, the.

特許文献3発明の、ベースライン化および自動しきい値処理を行う仕組みを与える方法は、現在時刻における観測値をベースライン値と比較するが、過去の観測値の履歴は考慮せず、また、未来の負荷の予想は行わない。 The method of giving the patent document 3 invention, a mechanism for performing baseline and automation thresholding is compared with the baseline values ​​observed values ​​at the current time, without considering the history of the past observations, also, forecast of the future of the load is not performed.

また、特許文献4(特開2005−135130号公報)には、負荷監視条件決定プログラムに係る発明が開示されている。 Further, Patent Document 4 (JP 2005-135130), the invention according to the load monitoring condition determination program is disclosed.
特許文献4発明の負荷監視条件決定プログラムは、1つまたは複数の計算機からなる計算機システムの負荷監視を行うための負荷監視条件を決定する負荷監視条件決定方法を計算機に実行させるためのものである。 Load monitoring condition determination program of Patent Document 4 invention is for executing the one or more load monitoring condition determination method for determining the load monitoring conditions for load monitoring of the computer system comprising a computer to the computer . 特許文献4発明の負荷監視条件決定プログラムは、計算機システムに外部から負荷を与える処理と、計算機システムに負荷が与えられている間、計算機システムの外部でレスポンスまたはスループットを測定する処理と計算機システムに負荷が与えられている間、計算機システムから計算機システム内部のリソース状況の測定結果を受信する処理と、計算機システムに与えた外部からの負荷量と、レスポンスまたはスループットの測定結果と、計算機システム内部のリソース状況の測定結果とから、計算機システムの負荷監視に用いる負荷監視条件を決定する処理とを、計算機に実行させるためのものである。 Load monitoring condition determination program of Patent Document 4 invention, a process of applying a load from the outside to the computer system, while the load on the computer system is given, the processing computer system for measuring the response or throughput external computer system while the load is given, a process of computer receives the measurement results of the computer system inside the resource status from the system, the load of external given to the computer system, and the measurement results of the response or throughput, computer system internal from the measurement results of the resource status, a process for determining the load monitoring conditions used in the load monitoring of the computer system, is intended to be executed by the computer.

また、特許文献5(特開2006−146668号公報)には、運用管理支援装置に係る発明が開示されている。 Further, Patent Document 5 (JP 2006-146668), the invention according to the operation management support apparatus is disclosed.
特許文献5発明の運用管理支援装置は、稼働情報収集手段と、稼働情報記憶手段と、統計処理手段と、モデル情報記憶手段と、判断部とを備えることを特徴とする。 Operations management support apparatus of Patent Document 5 invention the operation information collecting means, and the operation information storage unit, a statistical processing unit, and the model information storage means, characterized in that it comprises a determination unit. ここで、稼働情報収集手段は、3以上の要素の稼動情報を所定時間毎に収集するものである。 Here, the operation information collecting means is to collect the operation information of the three or more elements every predetermined time. 稼働情報記憶手段は、稼働情報収集手段で収集した稼働情報を記憶するものである。 Operation information storage means is for storing the collected operation information in the operation information collecting means. 統計処理手段は、記憶した各要素の稼働情報間の統計的分析値を求めるものである。 Statistical processing means is for determining the statistical analysis between the operation information of each element stored. モデル情報記憶手段は、複数の稼動モデルに対応した各要素の稼働情報間の統計的分析値を予め記憶している。 Model information storage unit stores in advance the statistical analysis between the operation information of each element corresponding to a plurality of operation models. 判断部は、統計処理手段で求めた統計的分析値をモデル情報記憶手段に記憶された統計的分析値と比較することで、収集した稼働情報に対応する稼動モデルを求めるものである。 Determination unit, by comparing the stored statistical analysis in the model information storing means statistical analysis value obtained by the statistical processing unit, and requests the operation model corresponding to the collected operation information.

特許文献5発明の運用管理支援装置は、計測値を統計的手法によりベースライン化して、異常判断に使うものであるが、ベースラインを基にした将来負荷予測は行わない。 Operations management support apparatus of Patent Document 5 invention is to baseline by statistical method of measurement, but is intended to use the abnormality judgment, load prediction future where the baseline group is not performed. また、特許文献5発明の運用管理支援装置は、複数の被監視要素の稼動情報を統計的に処理する。 The operation management support apparatus of Patent Document 5 invention processes the operation information of the plurality of monitored elements statistically. この時、1つの監視要素の稼動情報に関して、単純にベースラインとの比較を行うが、異常判断をするために過去のベースラインとの差分を考慮することはない。 At this time, with respect to operation information of one monitoring element, simply make a comparison with the baseline, but not taking into account the difference between the past baseline to the abnormality determination.

また、特許文献6(特開2006−178698号公報)には、負荷監視装置に係る発明が開示されている。 Further, Patent Document 6 (JP 2006-178698), the invention according to the load monitoring apparatus is disclosed.
特許文献6発明の負荷監視装置は、情報処理装置の負荷状態を監視するものである。 Load monitoring device of Patent Document 6 invention for monitoring the load state of the information processing apparatus. 特許文献6発明の負荷監視装置は、測定値記憶手段と、ばらつき値計算手段と、負荷状態判定手段とを有することを特徴とする。 Load monitoring device of Patent Document 6 invention is characterized in that it has a measured value storing means, and the variation value calculating means, and a load state judgment means. ここで、測定値記憶手段は、情報処理装置の性能情報の測定値と測定時刻と共に記憶するものである。 Here, the measured value storing means is for storing the measured values ​​of the performance information of the information processing apparatus and together with the measurement time. ばらつき値計算手段は、所定時間内に計測された複数の測定値を前記測定値記憶手段から読み出し、読み出した複数の測定値のばらつき値を算出するものである。 Variation value calculating means is for calculating a variation value of the predetermined time plurality of measurement values ​​measured in reading from the measurement value storage means, a plurality of measurement values ​​read out. 負荷状態判定手段は、ばらつき値計算手段により計算されたばらつき値を所定の負荷状態判定用しきい値と比較して、情報処理装の負荷状態を判定するものである。 Load state determining means compares the calculated variation value by the variation value calculating means with a predetermined load state determining threshold value is for determining the load state of the information processing instrumentation.

特許文献6発明の負荷監視装置は、将来の負荷を予測するが、ベースラインに基づいた異常判断や、過去における観測値のベースラインとのずれの履歴に基づく異常判断は行わない。 Load monitoring device of Patent Document 6 invention is to predict future load, abnormality determination and based on the baseline, the abnormality determination is not performed based on a history of deviation between the baseline observations in the past.

特開2002−152204号公報 JP 2002-152204 JP 特開2004−5305号公報 JP 2004-5305 JP 特開2004−164637号公報 JP 2004-164637 JP 特開2005−135130号公報 JP 2005-135130 JP 特開2006−146668号公報 JP 2006-146668 JP 特開2006−178698号公報 JP 2006-178698 JP

関連技術によるシステム負荷監視方法は、ある時点でのシステム負荷観測値と、ベースラインとの差異に着目することで、正常状態と異常状態とを判断する。 System load monitoring method according to the related art includes a system load observed value at a certain time, by paying attention to the difference between the baseline to determine the normal state and the abnormal state. そのため、関連技術によるシステム負荷監視方法は、過去のイベント同士の相関関係を意識した分析をすることができない。 Therefore, the system load monitoring method according to the related art can not be analyzed with an awareness of correlation between past events.

例えば、システム負荷の観測値がベースラインに対して下回る状態が続いたとすれば、それは本来かかると想定されている負荷がかかっていないことを意味する。 For example, it means that the observed values ​​of the system load if the state continues below the base line, it is not under load, which is assumed to take the original. したがって、その後のある時点において、システム負荷がベースラインを上回ることが予測できる。 Thus, in some point thereafter, it can be predicted that the system load exceeds the baseline.

しかし、ある一時点の正常状態と異常状態とを個別に判断するだけのシステム負荷監視方法は、過去の状況に関連して将来のシステム負荷を予測することができない。 However, the system load monitoring method only determines the normal state and the abnormal state of the given time individually, it is impossible to predict future system load in relation to the previous situation. つまり、関連技術によるシステム負荷監視方法では、システム負荷観測値の、ベースラインに対する低下と上昇とが、お互いに独立した異常状態として提示される。 In other words, the system load monitoring method according to the related art, the system load observations, and increase with a decrease versus baseline is presented as a separate abnormal state to each other.

このため、システム管理者は、複数の異常状態同士の関係を常に意識する必要がある。 Therefore, the system administrator needs to always be aware of the relationship between a plurality of abnormal conditions. このように、関連技術によるシステム負荷監視方法では、システム管理者に求められる知識や作業量が膨大である。 Thus, in the system load monitoring method according to the related art, knowledge and effort required of the system administrator is enormous. したがって、高いスキルを保持するシステム管理者でなければ、関連技術によるシステム負荷監視方法においては適切な対処ができないという問題があった。 Therefore, unless a system administrator to maintain a high skill, there is a problem that can not be appropriate action in system load monitoring method according to the related art.

また、関連技術によるシステム負荷監視方法は、上記のような場合でも、将来的に負荷がかかることが予測できない。 Further, the system load monitoring method according to the related art, even if as described above, unpredictable can take future load. したがって、あらかじめシステム増強などの対処をすることもできない。 Therefore, it can not also be a deal, such as pre-system enhancement. 例えば、サービス利用者のリクエストが集中し突発的に負荷が急上昇するような場合を考える。 For example, consider the case request of the service user, such as concentrated sudden load rises rapidly. 関連技術によるシステム負荷監視方法は、システム負荷を監視しているだけで、その時点の異常状態は検出できる。 System load monitoring method according to the related art is simply monitors the system load, abnormal state of that time can be detected. しかし、関連技術によるシステム負荷監視方法では、その異常状態が発生する前に対処を行う時間的余裕を確保することが出来ないという問題があった。 However, the system load monitoring method according to the related art, the abnormal state has a problem that it is impossible to secure a time margin to perform addressing before they occur. すなわち、関連技術によるシステム負荷監視方法では、異常状態発生の予兆を検知することができないという問題があった。 That is, in the system load monitoring method according to the related art has a problem that it is impossible to detect the sign of the abnormal state occurs.

本発明の目的は、過去におけるシステム負荷の履歴を分析することによって、将来における異常状態の発生を予測可能とするシステム負荷監視方法、システム負荷監視装置、システム負荷監視装置用プログラムを提供することである。 An object of the present invention, by analyzing the history of the system load in the past, to provide the system load monitoring method capable predict the occurrence of an abnormal condition in the future, the system load monitoring device, the system load monitoring device program is there.

本発明によるシステム負荷監視装置は、記憶部と、収集機能部と、累積平均格納機能部と、予測機能部と、表示機能部とを具備する。 System load monitoring apparatus according to the invention comprises a storage unit, a collection function unit, and the accumulated average storage function unit, and the prediction function unit, and a display function unit. ここで、記憶部は、監視対象であるシステム負荷の、ベースラインを格納するものである。 Here, the storage unit is of a monitored system load, and stores the baseline. 収集機能部は、システム負荷の観測と、ベースラインにおける観測の時刻に対応するベースライン値の読み取りとを定期的に行うものである。 Collection function unit is configured to perform the observation of the system load, and a reading of baseline value corresponding to the time of observation in the baseline periodically. 累積平均格納機能部は、読み取られたベースライン値に対する観測されたシステム負荷の差分および偏差を累積または平均化するものである。 Accumulated average storage function unit is for accumulating or averaging the difference and deviation of the observed system load versus baseline values ​​read. 予測機能部は、ベースラインと、累積された累積差分と、平均化された平均偏差とに基づいて、将来のシステム負荷を定期的に予測するものである。 Prediction function unit includes a baseline, a cumulative difference that is accumulated, on the basis of the average deviation is averaged, it is to regularly predict future system load. 表示機能部は、予測の結果を表示するものである。 Display function unit is for displaying the results of the prediction. 記憶部は、ベースライン記憶部と、累積差分記憶部と、平均偏差記憶部とを具備する。 Storage unit is equipped with baseline storage unit, and the cumulative difference storage unit, and a mean deviation memory. ここで、ベースライン記憶部は、ベースラインを格納する。 Here, the baseline storage unit stores a baseline. 累積差分記憶部は、累積差分を記憶する。 Cumulative difference storage unit stores the cumulative difference. 平均偏差記憶部は、平均偏差を記憶する。 The average deviation memory stores the mean deviation. 予測機能部は、現時刻から所定期間後の将来までにおけるベースラインの最大値Bmと、累積の対象とされた差分の総和ΣDと、現時刻から所定期間前の過去までにおける平均化の対象とされた偏差の平均値、所定のシステム負荷限界値Zとが、(Bm+ΣD)×(1+V)>Zの条件を満たす場合に、システム負荷がシステム負荷限界値Zを超える可能性があると予測する Prediction function unit includes a maximum value Bm of baseline in the current time to the future after a predetermined period, the sum ΣD the target is the difference of the accumulated, and the target of the averaging in the current time to a predetermined time period before the last the average value V of the deviation which is a predetermined system load limit value Z is, if (Bm + ΣD) × (1 + V)> Z satisfies the condition, the system load may exceed the system load threshold Z to predict.

本発明によるシステム負荷監視方法は、観測ステップ(a)と、読取ステップ(b)と、格納ステップ(c)と、予測ステップ(d)とを具備する。 System load monitoring method according to the invention, the observation step (a), a reading step (b), and storage step (c), includes a prediction step (d). ここで、観測ステップ(a)は、収集機能部が、監視対象であるシステム負荷の観測を定期的に行うためのステップである。 Here, the observation step (a), the collection function unit, a step for performing periodic observation of a monitored system load. 読取ステップ(b)は、観測ステップ(a)において観測が行われる度に、システム負荷のベースラインにおける観測の時刻に対応するベースライン値を、収集機能部が記憶部から読み取るためのステップである。 Reading step (b), each time the observation is performed at the observation step (a), the baseline value corresponding to the time of observation in the baseline of the system load, collecting functional unit is a step for reading from the storage unit . 格納ステップ(c)は、読取ステップ(b)においてベースライン値が読み取られる度に、累積平均格納機能部が、観測ステップ(a)において観測されたシステム負荷とベースライン値との、差分および偏差を、記憶部に格納するためのステップである。 Storing step (c), every time the baseline value is read in the reading step (b), cumulative average store functional unit, the observed system load and the baseline value at the observation step (a), the differential and deviation and a step for storing in the storage unit. 予測ステップ(d)は、予測機能部が、定期的に、ベースラインと、累積された差分と、平均化された偏差とに基づいて、将来のシステム負荷を予測し、予測の結果を表示機能部が表示するためのステップである。 Prediction step (d) is the prediction function unit, periodically, based on the baseline, and the difference is accumulated, and the averaged deviation, to predict future system load, display function results prediction part is a step for displaying. 予測ステップ(d)は、予測機能部が、記憶部が有するベースライン記憶部からベースラインを読み出し、現時刻から所定期間後の将来までにおけるベースラインの最大値を得るステップ(d−1)と、予測機能部が、記憶部が有する累積差分記憶部から格納された差分を読み出し、格納された差分の総和を得るステップ(d−2)と、予測機能部が、記憶部が有する平均偏差記憶部から格納された偏差を読み出し、現時刻から所定期間前の過去までにおける格納された偏差の平均値を求めるステップ(d−3)と、システム負荷が、将来、所定の限界値を超える可能性を、予測機能部が予測するステップ(d−4)と、表示機能部が、将来におけるシステム負荷の予測結果を表示するステップ(d−5)とを具備する。 Prediction step (d) is the prediction function unit reads the baseline from baseline storage unit storage unit has a step (d-1) obtaining a maximum value of the baseline in the current time to the future after a predetermined period , the prediction function unit reads the difference stored from the cumulative difference storing unit storing portion has the step of obtaining a sum of the stored difference and (d-2), the prediction function unit, the average deviation memory of the storage unit has reads the deviation stored from parts, and determining the average value of the stored deviations in the current time to a predetermined time period before the last (d-3), system load, future, may exceed the predetermined limit value and a step of predicting functional unit predicts (d-4), display function unit comprises a step (d-5) to display the prediction result of the system load in the future. ステップ(d−4)は、ステップ(d−1)で得られたベースラインの最大値Bmと、格納された差分ΣDと、ステップ(d−3)で得られた偏差の平均値Vと、所定のシステム負荷限界値Zとが、(Bm+ΣD)×(1+V)>Zの条件を満たす場合に、システム負荷がシステム負荷限界値Zを超える可能性があると、予測機能部が予測するステップ(d−4−a)を具備する。 Step (d-4) has a maximum value Bm obtained baseline in step (d-1), the difference ΣD stored, the average value V of the deviation obtained in step (d-3), and a predetermined system load threshold Z is, (Bm + .SIGMA.D) when × (1 + V)> Z satisfies the condition, step system load when there is a possibility that more than the system load threshold Z, of predicting the prediction function unit ( d-4-a) comprises a.

本発明によるシステム負荷監視プログラムは、観測ステップ(a)と、読取ステップ(b)と、格納ステップ(c)と、予測ステップ(d)とを具備する。 System load monitoring program according to the present invention, the observation step (a), a reading step (b), and storage step (c), includes a prediction step (d). ここで、観測ステップ(a)は、収集機能部が、監視対象であるシステム負荷の観測を定期的に行うためのステップである。 Here, the observation step (a), the collection function unit, a step for performing periodic observation of a monitored system load. 読取ステップ(b)は、観測ステップ(a)において観測が行われる度に、システム負荷のベースラインにおける観測の時刻に対応するベースライン値を、収集機能部が記憶部から読み取るためのステップである。 Reading step (b), each time the observation is performed at the observation step (a), the baseline value corresponding to the time of observation in the baseline of the system load, collecting functional unit is a step for reading from the storage unit . 格納ステップ(c)は、読取ステップ(b)においてベースライン値が読み取られる度に、累積平均格納機能部が、観測ステップ(a)において観測されたシステム負荷とベースライン値との、差分および偏差を、記憶部に格納するためのステップである。 Storing step (c), every time the baseline value is read in the reading step (b), cumulative average store functional unit, the observed system load and the baseline value at the observation step (a), the differential and deviation and a step for storing in the storage unit. 予測ステップ(d)は、予測機能部が、定期的に、ベースラインと、累積された差分と、平均化された偏差とに基づいて、将来のシステム負荷を予測し、予測の結果を表示機能部が表示するためのステップである。 Prediction step (d) is the prediction function unit, periodically, based on the baseline, and the difference is accumulated, and the averaged deviation, to predict future system load, display function results prediction part is a step for displaying. 予測ステップ(d)は、予測機能部が、記憶部が有するベースライン記憶部からベースラインを読み出し、現時刻から所定期間後の将来までにおけるベースラインの最大値を得るステップ(d−1)と、予測機能部が、記憶部が有する累積差分記憶部から格納された差分を読み出し、格納された差分の総和を得るステップ(d−2)と、予測機能部が、記憶部が有する平均偏差記憶部から格納された偏差を読み出し、現時刻から所定期間前の過去までにおける格納された偏差の平均値を求めるステップ(d−3)と、システム負荷が、将来、所定の限界値を超える可能性を、予測機能部が予測するステップ(d−4)と、表示機能部が、将来におけるシステム負荷の予測結果を表示するステップ(d−5)とを具備する。 Prediction step (d) is the prediction function unit reads the baseline from baseline storage unit storage unit has a step (d-1) obtaining a maximum value of the baseline in the current time to the future after a predetermined period , the prediction function unit reads the difference stored from the cumulative difference storing unit storing portion has the step of obtaining a sum of the stored difference and (d-2), the prediction function unit, the average deviation memory of the storage unit has reads the deviation stored from parts, and determining the average value of the stored deviations in the current time to a predetermined time period before the last (d-3), system load, future, may exceed the predetermined limit value and a step of predicting functional unit predicts (d-4), display function unit comprises a step (d-5) to display the prediction result of the system load in the future. ステップ(d−4)は、ステップ(d−1)で得られたベースラインの最大値Bmと、格納された差分ΣDと、ステップ(d−3)で得られた偏差の平均値Vと、所定のシステム負荷限界値Zとが、(Bm+ΣD)×(1+V)>Zの条件を満たす場合に、システム負荷がシステム負荷限界値Zを超える可能性があると、予測機能部が予測するステップ(d−4−a)を具備する。 Step (d-4) has a maximum value Bm obtained baseline in step (d-1), the difference ΣD stored, the average value V of the deviation obtained in step (d-3), and a predetermined system load threshold Z is, (Bm + .SIGMA.D) when × (1 + V)> Z satisfies the condition, step system load when there is a possibility that more than the system load threshold Z, of predicting the prediction function unit ( d-4-a) comprises a.

本発明によるシステム負荷監視方法、システム負荷監視装置、システム負荷監視プログラムを用いると、過去におけるシステム負荷の履歴から、将来におけるシステム負荷の突発的上昇が予想可能となる。 System load monitoring method according to the invention, the system load monitoring device, using a system load monitor program, from the history of the system load in the past, sudden increase in the system load in the future is predictable.

添付図面を参照して、本発明によるシステム負荷監視方法を実施するための最良の形態を以下に説明する。 With reference to the accompanying drawings, illustrating the best mode for carrying out the system load monitoring method according to the invention below.

(第1の実施形態) (First Embodiment)
図1は、本発明によるシステム負荷監視方法を実施するためのシステム負荷監視装置のブロック図である。 Figure 1 is a block diagram of a system load monitoring device for implementing the system load monitoring method according to the present invention.
本発明によるシステム負荷監視装置は、入力装置01と、収集機能部10と、 累積平均格納機能部20と、 対象化確認機能部23と、分析機能部30と、表示機能部40と、記憶部50と、予測機能部60とを具備する。 The system load monitoring apparatus according to the present invention, an input device 01, a collection function unit 10, an accumulated average storage function unit 20, a target of confirmation function unit 23, an analyzing function unit 30, a display function unit 40, a storage unit 50, includes the prediction function unit 60. 累積平均格納機能部20は、差分累積機能部21と、偏差平均機能部22とを具備する。 Accumulated average storage function portion 20 comprises a differential accumulation function unit 21, a deviation average functional unit 22. 分析機能部30は、差分比較部31と、ベースライン比較部32とを具備する。 Analysis function section 30 comprises a differential comparator unit 31, and a baseline comparison unit 32. 記憶部50は、ベースライン記憶部51と、 累積差分記憶部52と、 平均偏差記憶部53とを具備する。 Storage unit 50, the baseline storage unit 51, a cumulative difference storage unit 52 comprises an average deviation memory 53.

上記複数の機能部のそれぞれは、電気回路であっても良いし、一部または全ての機能部のそれぞれがコンピュータによって実現されても構わない。 It said each of the plurality of functional portions, may be an electric circuit, each of some or all of the functional unit may be realized by a computer. すなわち、CPUと、メモリと、データ入出力部とを具備するコンピュータ上で実行されるプログラムとして上記複数の機能部のそれぞれが実現されても構わない。 That, CPU and a memory, each of the plurality of functional portions as a program executed on a computer comprising a data input-output unit may be realized.

また、上記複数の記憶部のそれぞれは、お互いに独立した記憶装置であっても良いし、一部または全ての記憶部が単独の記憶装置の内部に設けられた記憶領域として実現されても構わない。 Also, each of the plurality of storage units may be an independent storage device to each other, may be implemented as a storage area provided within a portion or all of the storage unit is a single storage device Absent.

収集機能部10は、ベースライン記憶部51と、 累積平均格納機能部20とに接続されている。 Collection function unit 10 includes a baseline storage unit 51, and to the accumulated average storage function portion 20. 累積平均格納機能部20はさらに、 対象化確認機能部23と、分析機能部30と、ベースライン記憶部51と、 累積差分記憶部52と、 平均偏差記憶部53とにも接続されている。 Accumulated average storage function portion 20 further includes a target CONFIRMATION function unit 23, an analyzing function unit 30, the baseline storage unit 51, a cumulative difference storage unit 52 is also connected to the average deviation memory 53. 対象化確認機能部23は、入力装置01と、表示機能部40とにも接続されている。 Targeting checking function unit 23 includes an input device 01, it is also connected to the display function unit 40. 分析機能部30はさらに、表示機能部40と、ベースライン記憶部51と、 累積差分記憶部52とにも接続されている。 Analysis function section 30 further includes a display function unit 40, the baseline storage unit 51 is also connected to the cumulative difference storage unit 52. ベースライン記憶部51と、 累積差分記憶部52と、 平均偏差記憶部53とはさらに、それぞれ予測機能部60に接続されている。 Baseline storage unit 51, a cumulative difference storage unit 52 is further connected to the respective prediction function unit 60 and the average deviation memory 53. 予測機能部60はさらに、表示機能部40に接続されている。 Prediction function unit 60 is further connected to the display function unit 40.

本発明によるシステム負荷監視装置の動作について説明する。 A description will be given of the operation of the system load monitoring apparatus according to the present invention. なお、本発明によるシステム負荷監視装置が動作する前の準備段階として、監視対象システム02のベースラインは事前に作成されていることが望ましい。 Incidentally, as a preparation stage before the operating system load monitoring apparatus according to the present invention, the baseline of the monitored system 02 desirably is created in advance. ベースラインとは、通常想定されるシステム負荷の時間変化を示す基準線である。 A baseline is a reference line indicating the time change of the system load normally assumed. ここで、ベースラインは記憶部50が有するベースライン記憶部51に予め格納されていることが望ましい。 Here, the baseline is preferably previously stored in the baseline memory 51 having a storage unit 50. なお、ベースラインは、監視対象システム02や本発明のシステム負荷監視装置が動作中であっても、適宜変更可能であることが好ましい。 Incidentally, baseline, also the system load monitoring device of the monitored system 02 and the present invention is even during operation, is preferably can be changed as appropriate. ただし、ベースラインの作成または変更の方法は、本発明の本質には直接的には関係しないので、その説明を省略する。 However, creation or modification of the method of the baseline, since essence does not directly related to the present invention, description thereof will be omitted.

時刻T1において、収集機能部10は監視対象システム02の負荷を観測し、その観測値X1を取得して、これを累積平均格納機能部20に渡す。 At time T1, collection function unit 10 observes the loading of the monitored system 02 acquires the observation value X1, and passes it to the cumulative average store functional unit 20. この動作は、定期的に行われることが望ましい。 This operation is preferably performed periodically.

累積平均格納機能部20に含まれる差分累積機能部21は、ベースライン記憶部51から、時刻T1におけるベースライン値B1を読み出す。 Accumulation differential function unit 21 included in the cumulative average store functional unit 20, from the baseline memory 51, reads out the baseline values B1 at time T1. 差分累積機能部21は、観測値X1とベースライン値B1との比較を行い、その差分D1を導出する。 Accumulation differential function unit 21 performs the comparison between the observed value X1 and the baseline value B1, derives the difference D1. すなわち、 That is,
D1=X1−B1 D1 = X1-B1
の計算を行う。 Perform the calculations.

各時刻Tiにおける差分Diのデータを累積の対象とするかどうかの判断について、差分累積機能部21は対象化確認機能部23に問い合わせをする。 For determination of whether the difference data Di and accumulation of target at each time Ti, the accumulation differential function unit 21 queries the target CONFIRMATION functional unit 23. 対象化確認機能部23は、問い合わせされた判断を、基本的には各種のデータを用いて自動的に行うが、並行して、表示機能部40を介してシステム管理者に問い合わせをしても良い。 Targeting checking function unit 23, the queried decision is basically carried out automatically by using a variety of data, in parallel, even if the contact your system administrator through the display function unit 40 good. システム管理者は、必要に応じて、D1を累積の対象とするべきだと判断した場合は対象化許可命令を返し、不要と判断した場合は対象化否認命令を返すことが可能である。 System administrators, optionally, if it is determined that it should be the subject of accumulated D1 returns a target of permission command, if it is determined to be unnecessary may return a target of denial instruction. ここで、システム管理者は、過去において対象化された差分Diについても、 対象化許可命令または対象化否認命令を出しても良い。 Here, the system administrator, for the difference Di that is the subject of in the past, may issue a target of permission instruction or the target of denial instruction. なお、 対象化許可命令または対象化否認命令は、入力装置01を介して対象化確認機能部23に伝達されることが望ましい。 The Target of permission instruction or the target of denial instruction is desirably transmitted to the subject of checking function unit 23 via the input device 01.

差分Diのデータを累積の対象としない場合としては、次のような例が考えられる。 As if the data of the difference Di not accumulated interest, examples such as the following can be considered. 例えば、監視対象システム02のメンテナンスなどが原因で処理能力の数分の1が一時的に低下している場合は、その間の差分データや偏差データは未来において参考にならない。 For example, if the maintenance of the monitored system 02 is a fraction of the capacity due is temporarily reduced, while the difference data and difference data is not a reference in the future. また、監視対象システム02の外部との通信が一時期に集中して平常値の数倍に跳ね上がった場合も、同様である。 Further, even if the communication with the outside of the monitored system 02 is jumped several times the normal value concentrated on at one time, the same. このように、イレギュラーな状況が発生した場合の各種データは、システム管理者の臨機応変な対応によって破棄されることが望ましい。 Thus, various data when irregular conditions occur, it is desirable to be discarded by the ad hoc enabled system administrator.

差分累積機能部21は、差分D1を累積の対象とするべきとする差分対象化許可命令を対象化確認機能部23から受け取った場合、差分D1のデータを累積差分記憶部52に渡す。 Accumulation differential function unit 21, when receiving the difference Targeting permission command to the difference D1 should be a cumulative target from the target CONFIRMATION function unit 23, and passes the difference data D1 to cumulative difference storage unit 52. 反対に、差分D1を累積の対象としないべきとする差分対象化否認命令を対象化確認機能部23から受け取った場合、差分累積機能部21は差分D1のデータを破棄する。 Conversely, when receiving a differential Targeting denial instruction that should not the difference D1 and accumulation of the target from the target CONFIRMATION function unit 23, the accumulation differential function unit 21 discards the data of the difference D1.

累積差分記憶部52は、 累積差分ΣDを記憶している。 Cumulative difference storage unit 52 stores the cumulative difference .SIGMA.D. 累積差分ΣDは、各時刻Tiについて累積の対象とされる差分Diの総和である。 Cumulative difference ΣD is the sum of the difference Di is the accumulation of target for each time Ti. なお、ここで、iは任意の番号であるものとする。 Note that, i is assumed to be an arbitrary number. 累積差分記憶部52は、差分累積機能部21から差分Diのデータが累積対象として渡される度、それまでの累積差分ΣDに差分Diの値を加算して、新しい累積差分ΣDとして格納する。 Cumulative difference storage unit 52, every time the difference data Di from the accumulation differential function unit 21 is passed as a cumulative target, by adding the value of the difference Di in cumulative difference .SIGMA.D until then, is stored as a new cumulative difference .SIGMA.D.

ここで、 累積差分記憶部52は、 累積差分ΣDのみならず、各時刻における差分Diのデータを全て格納しておくことが好ましい。 Here, the cumulative difference storage unit 52 is not only cumulative difference .SIGMA.D, it is preferable to store all the data of the difference Di at each time. すなわち、本来は累積の対象外である差分Diのデータをも、 累積差分記憶部52に格納しておくのである。 That is, originally the data of the difference Di is not subject to accumulation also an idea to store the cumulative difference storing unit 52. というのは、過去における差分Diのデータについて、一旦累積の対象とされた後に対象化否認命令が出されたり、逆に、一旦破棄された後に対象化許可命令が出る場合も有り得るからである。 Since, for the data of the difference Di in the past, once or objectifying denial instruction is issued after being the accumulation of the target, on the contrary, because there may be a case where the target of permission command comes after being temporarily destroyed. こうした場合には、当然、 累積差分記憶部52における累積差分ΣDの値も、差分累積機能部21によって適宜修正される。 In such a case, of course, the value of the cumulative difference ΣD in cumulative difference storage unit 52 is also appropriately corrected by the difference accumulation function unit 21.

その一方で、差分累積機能部21と同じく累積平均格納機能部20に含まれる偏差平均機能部22は、時刻T1におけるベースライン値B1と観測値X1とから、偏差V1を導出する。 On the other hand, average deviation function unit 22 included also in the accumulated average storage function unit 20 and the accumulation differential function unit 21, from the baseline value B1 and the observed value X1 Metropolitan at time T1, derives the difference V1. 時刻T1における偏差V1は、観測値X1がベースライン値B1からどれだけずれているかを比率で表すための値である。 Deviation V1 at time T1, the observed value X1 is a value for representing a ratio or deviates much from the baseline value B1. 偏差V1は、必ずしも特定の数式によって定義する必要は無いが、一例として、次のように定義することも可能である。 Deviation V1 is always not necessary to define the specific formula, as an example, it is possible to define as follows.
B1>X1の場合:V1=(B/X)−1 In the case of B1> X1: V1 = (B / X) -1
X1>B1の場合:V1=(X/B)−1 X1> In the case of B1: V1 = (X / B) -1
もしくは、一般的な統計数学で呼ぶところの偏差を、次のように無次元化することによって、本願における偏差V1として扱うことも可能である。 Or the deviation, as referred to common statistical mathematics, by dimensionless as follows, can be treated as a deviation V1 in the present application.
V1=(D1−各時刻Diの平均値)/σ V1 = (D1- average value for each time Di) / sigma
ただし、ここでσ=各時刻における偏差Viの標準偏差時刻Tiにおける偏差Viの定義は、本発明の本質に直接的には影響しないので、これ以上詳細な説明は省略する。 However, where sigma = definitions of the deviation Vi in the standard deviation time Ti of the deviation Vi at each time because they do not essentially affect the directly of the present invention, further detailed explanation is omitted.

差分累積機能部21と同様に、偏差平均機能部22が対象化確認機能部23に問い合わせることによって、その時刻Tiにおける偏差Viの対象化が可否を決定される。 Similar to the accumulation differential function unit 21, the deviation average function unit 22 by querying the subject of checking function unit 23, the subject of the deviation Vi at that time Ti is determined whether.

偏差平均機能部22は、偏差V1を平均化の対象とするべきとする対象化許可命令を対象化確認機能部23から受け取った場合、偏差V1のデータを平均偏差記憶部53に渡す。 Average deviation function unit 22, when receiving the target of permission command to be a target of averaging the deviation V1 from the target CONFIRMATION function unit 23, and passes the data of the deviation V1 to the average deviation memory 53. 反対に、偏差V1を平均化の対象としないべきとする対象化許可命令を対象化確認機能部23から受け取った場合、偏差平均機能部22は偏差V1のデータを破棄しても良い。 Conversely, when receiving a target of permission command to be not subject to average the deviation V1 from the target CONFIRMATION function unit 23, the deviation average functional unit 22 may discard the data of the deviation V1. しかし、差分累積機能部21と同様に、この偏差V1は平均化対象外として平均偏差記憶部に格納されることが望ましい。 However, like the accumulation differential function unit 21, the deviation V1 is preferably stored in the average deviation memory as averaging excluded. これは、この偏差V1に対応する差分D1が将来的に平均化対象に変更される可能性に備えてのことである。 This difference D1 corresponding to the deviation V1 is that the preparation for the possibility to change the averaging target future. 平均化対象外だった差分D1が平均化対象となれば、この差分D1に対応する偏差V1も平均化対象に変更されるべきである。 If the difference D1 was averaged excluded is the average target deviation V1 corresponding to the difference D1 should also be changed to an averaging target.

平均偏差記憶部53は、各時刻Tiにおける全ての偏差Viと、 平均偏差Vとを記憶している。 The average deviation memory 53 stores all of the deviation Vi at each time Ti, the mean deviation V. 平均偏差Vは、各時刻Tiにおける偏差Viのうち、 平均化対象であるものの平均値である。 Mean deviation V, of the deviation Vi at each time Ti, the mean value of what is averaging target. 平均偏差記憶部53は、 偏差平均機能部22から偏差Viのデータが渡される度、それまでの平均偏差Vに偏差Viの値を加味して、新しい平均偏差Vとして格納する。 Mean deviation storage section 53, every time the data of the deviation Vi from the deviation average function unit 22 is passed, by considering the value of the mean deviation V on the deviation Vi until then, is stored as a new mean deviation V.

累積平均格納機能部20は、時刻T1における観測値X1を、分析機能部30に渡す。 Accumulated average storage function unit 20, the observed value X1 at time T1, and passes to the analysis function section 30. 分析機能部30が有する差分比較部31は、 累積差分記憶部52に格納された累積差分ΣDを読み出す。 Difference comparing unit 31 the analysis function section 30 has reads the cumulative difference ΣD stored in cumulative difference storage unit 52. 同様に、分析機能部30が有するベースライン比較部32は、ベースライン記憶部51に格納されている、時刻T1におけるベースライン値B1を読み出す。 Similarly, baseline comparison unit 32 which analysis function unit 30 has is stored in the baseline memory 51, reads out the baseline values ​​B1 at time T1. 分析機能部30は、 累積差分ΣDと、ベースライン値B1とを考慮して、観測値X1が正常か異常かを判断する。 Analysis function section 30, a cumulative difference .SIGMA.D, taking into account the baseline value B1, the observed value X1 is determined whether normal or abnormal.

図2は、分析機能部30が観測値X1の正常性または異常性を判断するためのフローチャートである。 Figure 2 is a flow chart for analyzing function unit 30 determines the normality or abnormality of the observations X1.
ステップS01において、分析機能部30は、 累積差分ΣDの正負を判断する。 In step S01, the analysis function section 30 determines the sign of the cumulative difference .SIGMA.D. 累積差分ΣDが負であった場合は、ステップS04に進む。 When the accumulated difference ΣD is negative, the flow proceeds to step S04. ステップS04では、ベースライン比較部32が観測値X1とベースライン値B1との差の絶対値|X1−B1|を求める。 In step S04, the absolute value of the difference between the baseline comparison unit 32 with the observed value X1 and the baseline value B1 | X1-B1 | a seek. すなわち、ベースライン比較部32は、観測値X1の、ベースライン値B1からの振れ幅を求める。 That is, the baseline comparison unit 32, the observed value X1, obtaining the amplitude from baseline value B1. 観測値X1の、ベースライン値B1からの振れ幅には、許容範囲が予め設けられている。 Observations X1, the amplitude from baseline value B1, the allowable range is provided in advance. 以降、この許容範囲を、許容値Cで表すことにする。 Hereinafter, this allowable range, to be represented by the tolerance C. ベースライン比較部32は、絶対値|X1−B1|と許容値Cとを比較して、観測値X1とベースライン値B1との差が許容値Cを超えている場合は、ステップS07に進み、「異常」と判断する。 Baseline comparison unit 32, the absolute value | X1-B1 | and is compared with the allowable value C, when the difference between the observed value X1 and the baseline value B1 is greater than the allowable value C, the process proceeds to step S07 , it is determined that the "abnormal". 反対に、観測値X1とベースライン値B1との差が許容値Cを超えていない場合は、分析機能部30はステップS06に進み、「正常」と判断する。 Conversely, when the difference between the observed value X1 and the baseline value B1 does not exceed the allowable value C, the analysis function section 30 proceeds to step S06, it is determined as "normal".

ステップS01において、 累積差分ΣDが正であった場合は、かかると想定されていた負荷が過去にかかっていなかったとの解釈が可能である。 In step S01, if the cumulative difference ΣD is positive, according to the load which has been assumed it is possible interpretation that not suffering from the past. この場合、分析機能部30はステップS02に進み、観測値X1とベースライン値B1とを比較する。 In this case, the analysis function section 30 proceeds to step S02, and compares the observed value X1 and the baseline value B1. 観測値X1がベースライン値B1よりも小さかった場合は、分析機能部30は上述したステップS04に進む。 If the observed value X1 is smaller than the baseline value B1, the analysis function section 30 proceeds to step S04 described above. 反対に、観測値X1がベースライン値B1よりも大きかった場合は、分析機能部30はステップS03に進む。 Conversely, the observed value X1 is the case was greater than the baseline value B1, analysis function section 30 proceeds to step S03.

ステップS03において、差分比較部31は、観測値X1からベースライン値B1を差し引いた値と、許容値Cおよび累積差分ΣDの和とを比較する。 In step S03, the difference comparing unit 31 compares the value obtained by subtracting the baseline value B1 from the observed value X1, the sum of the allowable value C and cumulative difference .SIGMA.D. 観測値X1からベースライン値B1を差し引いた値が、許容値Cおよび累積差分ΣDの和を超えていたなら、差分比較部31はステップS05に進み、この状態を「異常」と判断する。 Value from the observed value X1 by subtracting the baseline value B1 is, if exceeds the sum of the allowable value C and cumulative difference .SIGMA.D, difference comparing unit 31 proceeds to step S05, it is determined this state as "abnormal". 反対に、観測値X1からベースライン値B1を差し引いた値が、許容値Cおよび累積差分ΣDの和の範囲に収まっていれば、差分比較部31はステップS06に進み、この状態を「正常」と判断する。 Conversely, a value obtained by subtracting the baseline value B1 from the observed value X1 is, if within the range of the sum of the allowable value C and cumulative difference .SIGMA.D, difference comparing unit 31 proceeds to step S06, the state "normal" it is determined that the.

上記のステップS05〜S07のいずれかに到達すると、分析機能部30は、その判断結果を表示機能部40に通知する。 Upon reaching any of the above steps S05~S07, analysis function unit 30 notifies the display function unit 40 of the determination result. 表示機能部40が、分析機能部30が下した判断結果を表示することで、システム管理者は、システム負荷の現状が正常または異常であることを知ることが出来る。 Display function unit 40, by displaying the determination result analysis function section 30 is defeated, the system administrator can know that the current system load is normal or abnormal.

予測機能部60は、収集機能部10とは別に定期的に動作して、将来的にシステム負荷Diがその限界負荷値Zを超える可能性について予測する。 Prediction function unit 60, the collection function unit 10 separately operated regularly, to predict the possibility of future system load Di exceeds the limit load value Z.

図3は、予測機能部60の動作を説明するためのフローチャートである。 Figure 3 is a flow chart for explaining the operation of the prediction function unit 60.
ステップS11において、予測機能部60は、現在時刻T2と、時間差ΔTaとから、未来時刻T3を求める。 In step S11, the prediction function unit 60, the current time T2, and a time difference .DELTA.Ta, it seeks a future time T3. ここで、時間差ΔTaは、予め定められた定数である。 Here, the time difference ΔTa is a predetermined constant. なお、時間差ΔTaを決定するのは、システム管理者であっても構わない。 Incidentally, to determine the time difference ΔTa is may be a system administrator. また、時間差ΔTaは、監視対象システム02や本発明のシステム負荷監視装置の動作中に変更可能であっても構わない。 The time difference ΔTa is may be changeable during operation of the system load monitoring device of the monitored system 02 and the present invention.

ステップS12において、予測機能部60は、現在時刻T2から未来時刻T3までの間における、ベースライン値Biの最大値Bmを求める。 In step S12, the prediction function unit 60 during the period from the current time T2 until the future time T3, obtaining the maximum value Bm of the baseline value Bi.

ステップS15において、予測機能部60は、現在時刻T2と、時間差ΔTbとから、過去時刻T1を求める。 In step S15, the prediction function unit 60, the current time T2, and a time difference .DELTA.Tb, obtains the previous time T1. ここで、時間差ΔTbは、予め定められた定数である。 Here, the time difference ΔTb is a predetermined constant. なお、時間差ΔTbを決定するのは、システム管理者であっても構わない。 Incidentally, to determine the time difference ΔTb is may be a system administrator.

ステップS16において、予測機能部60は、過去時刻T1から現在時刻T2までの間における、 平均偏差記憶部53に格納された偏差Viの平均値Vを算出する。 In step S16, the prediction function unit 60, between the past time T1 to the current time T2, calculates the average value V of the stored in the average deviation memory 53 deviation Vi. ただし、平均値Vは、偏差平均機能部22などによって計算されて平均偏差記憶部53に既に格納されていても構わない。 However, the average value V is may be already stored in the mean deviation memory 53 is calculated by such deviation average functional unit 22.

なお、ステップS11〜S12のブロックと、ステップS15〜S16のブロックとは、処理が独立している。 Incidentally, the block of step S11~S12, the block of step S15~S16, processing is independent. したがって、どちらのブロックが先に実行されても構わないし、両方のブロックが並行して同時に実行されても構わない。 Accordingly, to which of the blocks may be executed first, but may be executed concurrently both blocks in parallel.

ステップS13において、予測機能部60は、ベースライン最大値Bmと、 累積差分ΣDとを加算する。 In step S13, the prediction function unit 60 adds the maximum value Bm baseline and cumulative difference .SIGMA.D. こうして得られる和は、観測対象であるシステムの負荷における、予測上の最大値である。 It sum thus obtained, in the load of an observation target system, which is the maximum value of the prediction. 予測機能部60は、このシステム負荷予測最大値に、 対象とされた偏差の平均値Vに1を加算した値を乗算する。 Prediction function unit 60, the system load predicted maximum value is multiplied by a value obtained by adding 1 to the mean value V of the deviation that has been targeted. 予測機能部60は、こうして得られる積と、予め定められたシステム負荷限界値Zとを比較する。 Prediction function unit 60, a product thus obtained is compared with the system load limit value Z determined in advance.

上記比較の結果、 The results of the comparison,
(Bm+ΣD)×(V+1)>Z (Bm + ΣD) × (V + 1)> Z
が満たされる場合は、システム負荷Biが限界値Zを超える可能性がある。 If is satisfied, there is a possibility that the system load Bi exceeds the limit value Z. この場合、予測機能部60はステップS14に進み、警告を発する。 In this case, the prediction function unit 60 proceeds to step S14, a warning is generated. この警告は、図2において説明したように、表示機能部40が表示することで、システム管理者が知ることが出来る。 This warning, as described in FIG. 2, the display function unit 40 displays, it is the system administrator knows.

なお、上記比較の結果が (Bm+ΣD)×(V+1)<Z As a result of the comparison (Bm + ΣD) × (V + 1) <Z
の場合は、システム負荷Biが限界値Zを超える心配は無いと判断され、予測機能部60は何もしない。 For the fear of the system load Bi exceeds the threshold value Z is determined that there is no prediction function unit 60 does nothing.

(第2の実施形態) (Second Embodiment)
図4は、本実施形態におけるシステム負荷監視方法を実施するためのシステム負荷監視装置のブロック図である。 Figure 4 is a block diagram of a system load monitoring device for implementing the system load monitoring method in the present embodiment.
本実施形態におけるシステム負荷監視装置は、第1の実施形態におけるシステム負荷監視装置から入力装置01を省き、差分変化データベース54を記憶部50に追加したものである。 System load monitoring device of the present embodiment omits the input device 01 from the system load monitoring apparatus of the first embodiment is obtained by adding the difference change database 54 in the storage unit 50. 差分変化データベース54には対象化確認機能部23が接続されている。 Targeting checking function unit 23 is connected to the differential change database 54.

第1の実施形態では、 累積平均格納機能部20がデータの対象化の可否を対象化確認機能部23に問い合わせると、 対象化確認機能部23はその判断を最終的にはシステム管理者に委ねていた。 In the first embodiment, when the accumulated average storage function unit 20 inquires whether the target of data to the target CONFIRMATION function unit 23, the subject of checking function unit 23 is the determination ultimately left to the system administrator which was. 本実施形態では、 対象化確認機能部23は、システム管理者の指示が無くとも、データの対象化の可否について高度な判断を独自に行うことが可能である。 In this embodiment, the subject of checking function unit 23, without the instruction from the system administrator, it is possible to independently perform advanced decision about whether the target of the data.

対象化確認機能部23によるデータの対象化可否の判断方法について、1つの例を説明する。 The determination method of the subject of whether the data by the object of checking function unit 23 will be described one example. 例えば、システム負荷の観測値Xiとベースライン値Bとの差分Diが時系列上で変化する様子を、複数のパターンに分けた差分変化データベース54を、予め用意する。 For example, how the difference Di between the observed values ​​Xi and the baseline value B of the system load changes on a time series, the difference change database 54 is divided into a plurality of patterns are prepared in advance.

なお、差分変化データベース54は、図4では記憶部50に専用の領域を設けてそこに格納してあるが、その他、 対象化確認機能部23の内部に格納しても構わない。 Incidentally, the differential change database 54 is are stored there is provided an area dedicated to FIG. 4, the storage unit 50, and other, may be stored inside the target CONFIRMATION functional unit 23.

差分変化データベース54には、差分Diの変化に係る複数のパターン情報と、それぞれのパターン情報に対応するデータの対象化可否に係る情報とが含まれていることが好ましい。 The difference change database 54 preferably contains a plurality of pattern information according to the change of the difference Di, and information relating to the subject of whether data corresponding to the respective pattern information. 差分Diの変化に係るパターンの例としては、差分Diが増減または不変となるタイミングや周期、増減の幅、などが考えられる。 Examples of pattern according to the change of the difference Di is the timing and period difference Di is increased or decreased, or unchanged, the width of the increase or decrease can be considered like.

対象化確認機能部23は、まず、差分Diの変化パターンが最も良く当てはまるパターンを差分変化データベース54の中から検索する。 Targeting checking function unit 23 first searches the best fit pattern change pattern of the difference Di is from the differential change database 54. 次に、差分Diの変化に最も良く当てはまるパターンに対応するデータの対象化可否に係る情報をデータベース54しから読み出す。 Next, read the information relating to the subject of whether data corresponding to the best fit pattern to changes in the difference Di from the database 54 Mr. 最後に、読み出したデータの対象化可否に係る情報に基づいてデータの対象化の許可または否認を累積平均格納機能部20に対して行う。 Finally, the permission or denial of the subject of the data to the cumulative average store functional unit 20 on the basis of the information relating to the subject of whether the read data.

このようにすることで、システム管理者の負担はさらに軽減される。 In this way, the burden of the system administrator is further reduced. ただし、やはり人間であるシステム管理者の方が、自動制御よりも柔軟な対応を行える。 However, again toward the system administrator who is a human being, it can be performed flexibility than the automatic control. そこで、 対象化確認機能部23は、少なくとも緊急時においてシステム管理者がデータの対象化の許可または否認を行えるように、第1の実施形態と同様の入力装置01をも有することが望ましい。 Therefore, the object of checking function unit 23, the system administrator at the time of at least urgent to allow the grant or denial of the subject of the data, it is desirable to have even the first embodiment and similar input device 01.

上記以外に、本実施形態と第1の実施形態との間に差異は無いので、これ以上の説明は省略する。 In addition to the above, since the difference is not between the present embodiment and the first embodiment, further description will be omitted.

以上説明したように、本発明によるシステム負荷監視方法、システム負荷監視装置、システム負荷監視プログラムを用いると、過去におけるシステム負荷の履歴から、将来におけるシステム負荷の突発的上昇が予想可能となる。 As described above, the system load monitoring method according to the invention, the system load monitoring device, using a system load monitor program, from the history of the system load in the past, sudden increase in the system load in the future is predictable. したがって、システム負荷の上昇への対処を、事前に開始することが出来る。 Therefore, to deal with an increase in system load, it is possible to start in advance. 特に、プロビジョニングなどのアクションは準備に時間がかかるのが一般的だが、本発明によればシステム負荷の上昇が実際に発生する前に完了することが可能となる。 In particular, the actions such as provisioning but generally takes time to prepare, increase system load, according to the present invention it is possible to actually completed before they occur. また、優先度の低いサービスを一時的に停止した上で、システム資源を重要なサービスに重点的に割り当てたり、警戒態勢を取ったりする対処も可能である。 Moreover, after temporarily stopping the lower priority service, or assigned intensively system resources critical services, it is possible deal to or taking alert. さらに、本発明によるシステム負荷監視方法を用いると、相互に関連した複数の異常を1つの異常として捉えることが可能となる。 Furthermore, the use of system load monitoring method according to the present invention, it is possible to capture a plurality of interrelated abnormality as one anomaly. その結果、システム管理者の負担が軽減する。 As a result, the burden of the system administrator is reduced.

図1は、本発明の第1の実施形態におけるシステム負荷監視方法を実施するためのシステム負荷監視装置のブロック図である。 Figure 1 is a block diagram of a system load monitoring device for implementing the system load monitoring method according to the first embodiment of the present invention. 図2は、本発明のシステム負荷監視装置における分析機能部の動作を説明するためのフローチャートである。 Figure 2 is a flow chart for explaining the operation of the analysis function unit in the system load monitoring device of the present invention. 図3は、本発明のシステム負荷監視装置における予測機能部の動作を説明するためのフローチャートである。 Figure 3 is a flow chart for explaining the operation of the prediction function unit in the system load monitoring device of the present invention. 図4は、本発明の第2の実施形態におけるシステム負荷監視方法を実施するためのシステム負荷監視装置のブロック図である。 Figure 4 is a block diagram of a system load monitoring device for implementing the system load monitoring method according to the second embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

01 入力装置02 監視対象システム10 収集機能部20 累積平均格納機能部21 差分累積機能部22 偏差平均機能部23 対象化確認機能部30 分析機能部31 差分比較部32 ベースライン比較部40 表示機能部50 記憶部51 ベースライン記憶部52 累積差分記憶部53 平均偏差記憶部60 予測機能部 01 input device 02 the monitored system 10 collecting function unit 20 accumulated average storage function unit 21 accumulation differential function unit 22 average deviation function unit 23 Targeting checking function unit 30 analyzing function unit 31 difference comparing unit 32 baseline comparison unit 40 display function unit 50 storage unit 51 baseline storage unit 52 cumulative difference storage unit 53 the average deviation memory 60 prediction function unit

Claims (18)

  1. 監視対象であるシステム負荷の、ベースラインを格納する記憶部と、 A storage unit for storing the system load, the baseline is monitored,
    前記システム負荷の観測と、前記ベースラインにおける前記観測の時刻に対応するベースライン値の読み取りとを定期的に行う収集機能部と、 The observation of the system load, and collecting functional unit periodically performs the reading of the baseline value corresponding to the time of the observation in the baseline,
    前記読み取られたベースライン値に対する前記観測されたシステム負荷の差分および偏差を累積または平均化する累積平均格納機能部と、 A cumulative average store functional unit for accumulating or averaging the difference and deviation of the observed system load for said read baseline value,
    前記ベースラインと、前記累積された累積差分と、前記平均化された平均偏差とに基づいて、将来のシステム負荷を定期的に予測する予測機能部と、 And said base line, the cumulative difference of the accumulated, the based on the averaged mean deviation, and a prediction function unit for periodically predict future system load,
    前記予測の結果を表示する表示機能部とを具備し、 ; And a display function unit for displaying the result of the prediction,
    前記記憶部は、 Wherein the storage unit,
    前記ベースラインを格納するベースライン記憶部と、 Baseline storage unit for storing the baseline,
    前記累積差分を記憶するための累積差分記憶部と、 A cumulative difference storage unit for storing the cumulative difference,
    前記平均偏差を記憶するための平均偏差記憶部とを具備し、 Comprising an average deviation memory for storing the mean deviation,
    前記予測機能部は、現時刻から所定期間後の将来までにおける前記ベースラインの最大値Bmと、前記累積の対象とされた差分の総和ΣDと、現時刻から所定期間前の過去までにおける前記平均化の対象とされた偏差の平均値、前記所定のシステム負荷限界値Zとが、 The prediction function unit, the average of the current time and the maximum value Bm of the baseline in until a future after a predetermined period of time, until the difference between the sum ΣD of which are subject to accumulation, past from the current time before the predetermined time period the average value V of the deviation that has been subjected to reduction, the a predetermined system load limit value Z is,
    (Bm+ΣD)×(1+V)>Z (Bm + ΣD) × (1 + V)> Z
    の条件を満たす場合に、前記システム負荷が前記システム負荷限界値Zを超える可能性があると予測する To If conditions are satisfied, and the system load may exceed the system load threshold Z prediction
    システム負荷監視装置。 System load monitoring device.
  2. 請求項1に記載のシステム負荷監視装置において、 In system load monitoring device as claimed in claim 1,
    前記差分が累積される度に、前記ベースラインと、前記累積された差分とに基づいて、前記観測されたシステム負荷が正常か異常かを分析する分析機能部をさらに具備し、 Every time the difference is accumulated, and the base line, the based on the accumulated difference, further comprising an analysis function unit the observed system load to analyze whether normal or abnormal,
    前記表示機能部は、前記分析機能部による分析の結果をさらに表示する システム負荷監視装置。 The display function unit, system load monitor further displays the result of analysis by the analysis function unit.
  3. 請求項に記載のシステム負荷監視装置において、 In system load monitoring device as claimed in claim 2,
    前記分析機能部は、 The analysis function section,
    前記累積された差分の総和の符号が負であり、または、前記観測されたシステム負荷が前記観測時刻のベースライン値以下である場合において、前記システム負荷と前記ベースライン値との差の絶対値が所定の許容値以下である場合にのみ前記システム負荷の観測値を正常と判定する差分比較部と、 The sign of the sum of the accumulated difference is negative, or, in the case the observed system load is less than the baseline value of the observation time, the absolute value of the difference between the baseline value and the system load There the normal and determining the difference comparing unit observations of the system load only when it is less than a predetermined allowable value,
    前記累積された差分の総和の符号が正であり、かつ、前記システム負荷の観測値が前記観測時刻のベースライン値以上である場合において、前記システム負荷と前記ベースライン値との差と、前記許容値と前記差分の総和との和とを比較して、前記差が前記和以下である場合にのみ前記システム負荷の観測値を正常と判定するベースライン比較部とを具備し、 The sign of the sum of the accumulated difference is positive, and, in the case the observed value of the system load is equal to or greater than the baseline value of the observation time, the difference between the baseline value and the system load, the compared tolerance between the sum of the sum of the difference, the difference is provided and determining baseline comparison unit to normal observations of the system load only if less than or equal to the sum,
    前記分析機能部は、前記差分比較部と前記ベースライン比較器とが前記システム負荷の観測値を正常と判定しなかった場合に、前記システム負荷の観測値を異常と判定する システム負荷監視装置。 The analysis function unit, when said difference comparison unit and the base line comparator has not determined to be normal observations of the system load, abnormal determines system load monitor observations of the system load.
  4. 請求項1〜 のいずれかに記載のシステム負荷監視装置において、 In the system load monitoring apparatus according to any one of claims 1 to 3
    前記累積平均格納機能部は、 The accumulated average storage function unit,
    前記観測されたシステム負荷と、前記読み取られたベースライン値との差分を計算する差分累積機能部と、 Said observed system load, and the accumulation differential function unit for calculating a difference between the read baseline value,
    前記観測されたシステム負荷と、前記読み取られたベースライン値との偏差を計算する偏差平均機能部とを具備し、 Comprising said observed system load, the average deviation function unit for calculating a deviation between said read baseline value,
    前記累積平均格納機能部の問い合わせに応じて、前記計算された差分と前記計算された偏差との前記記憶部への格納を許可するための対象化許可命令、または、前記計算された差分と前記計算された偏差との前記記憶部への格納を否認するための対象化否認命令を出力する対象化確認機能部をさらに具備し、 In response to an inquiry of the accumulated average storage function section above, the calculated difference between the calculated target of permission command for permitting storage in the storage unit of the deviation, or the calculated difference and the object of confirmation function unit for outputting the calculated target of denial instruction to deny the storage to the storage unit of the deviation further comprises,
    前記差分累積機能部は、前記対象化許可命令に応じて前記計算された差分を前記記憶部に格納し、また、前記対象化否認命令に応じて前記計算された差分を累積対象外として前記記憶部に格納し、 The accumulation differential function unit stores the calculated difference according to the subject of permission command in the storage unit, also the storage of the calculated difference according to the subject of denial instruction as outside cumulative target stored in the part,
    前記偏差平均機能部は、前記対象化許可命令に応じて前記計算された偏差を前記記憶部に格納し、また、前記対象化否認命令に応じて前記計算された偏差を平均化対象外として前記記憶部に格納する システム負荷監視装置。 The average deviation function unit stores the calculated deviation in accordance with the target of permission command in the storage unit, also said the calculated deviation in accordance with the subject of denial instruction as averaging excluded system load monitoring device for storing in the storage unit.
  5. 請求項に記載のシステム負荷監視装置において、 In system load monitoring device as claimed in claim 4,
    前記表示機能部は、前記計算された差分と、前記計算された偏差とを、前記対象化確認機能部から供給されてさらに表示し、 The display function unit, said a calculated difference, and the calculated deviation, further displays are supplied from the target of confirmation function unit,
    前記対象化確認機能部は、 The subject of confirmation function unit,
    前記対象化許可命令または前記対象化否認命令を入力するための入力装置を具備し、 Comprising an input device for inputting the target of permission instruction or the target of denial instruction,
    前記対象化確認機能部は、前記入力装置から前記対象化否認命令を受信した場合に、前記累積平均格納機能部に前記対象化否認命令を出力し、前記場合以外の場合において、前記対象化確認機能部が前記累積平均格納機能部に前記対象化許可命令を出力する システム負荷監視装置。 The object of confirmation function unit, when receiving the target of denial instruction from the input device, the accumulated average storage function portion outputs the target of denial instruction, in the case other than the case where the confirmation the objectification system load monitoring apparatus function unit outputs the target of permission command to the accumulated average storage function unit.
  6. 請求項に記載のシステム負荷監視装置において、 In system load monitoring device as claimed in claim 4,
    前記記憶部は、 Wherein the storage unit,
    前記対象化確認機能部が前記差分および前記偏差における対象化の可否を判定するための差分変化データベースを格納する差分変化データベース記憶部をさらに具備し、 Further comprising a differential change database storage unit for storing the difference change database for the target of confirmation function unit to determine whether the target reduction in the difference and the deviation,
    前記対象化確認機能部は、前記累積対象として格納された差分の変化パターンを、前記差分変化データベースに照会し、前記照会の結果に基づいて、前記対象化許可命令または前記対象化否認命令を、前記累積平均格納機能部に出力する システム負荷監視装置。 The subject CONFIRMATION function unit, the change pattern of the stored as a cumulative target difference, the query to the difference changes database, based on the result of the inquiry, the target of permission instruction or the target of denial instruction, system load monitoring device for outputting said accumulated average storage function unit.
  7. (a)収集機能部が、監視対象であるシステム負荷の観測を定期的に行う観測ステップと、 (A) the collection function unit, an observation step of periodically performing observation system load to be monitored,
    (b)前記観測ステップ(a)において前記観測が行われる度に、前記システム負荷のベースラインにおける前記観測の時刻に対応するベースライン値を、前記収集機能部が記憶部から読み取る読取ステップと、 (B) every time the said observation at the observation step (a) is carried out, a baseline value corresponding to the time of the observation in the baseline of the system load, said collecting functional unit is a reading step reading from the storage unit,
    (c)前記読取ステップ(b)において前記ベースライン値が読み取られる度に、累積平均格納機能部が、前記観測ステップ(a)において観測された前記システム負荷と前記ベースライン値との、差分および偏差を、前記記憶部に格納する格納ステップと、 (C) every time the baseline value in the reading step (b) is read, the cumulative average store functional unit, the observed the system load and the baseline value in the observation step (a), the differential and deviation, and storing step of storing in the storage unit,
    (d)予測機能部が、定期的に、前記ベースラインと、前記累積された差分と、前記平均化された偏差とに基づいて、将来のシステム負荷を予測し、前記予測の結果を表示機能部が表示する予測ステップとを具備し、 (D) the prediction function unit, periodically, the baseline, the the accumulated difference, on the basis of said averaged deviation, to predict future system load, display function of the result of the prediction parts are provided with a prediction step of displaying,
    前記予測ステップ(d)は、 It said prediction step (d) is
    (d−1)前記予測機能部が、前記記憶部が有するベースライン記憶部から前記ベースラインを読み出し、現時刻から所定期間後の将来までにおける前記ベースラインの最大値を得るステップと、 And step (d-1) the prediction function unit reads the baseline from the baseline storage unit in which the storage unit has, to obtain the maximum value of the baseline in the current time to the future after a predetermined period of time,
    (d−2)前記予測機能部が、前記記憶部が有する累積差分記憶部から前記格納された差分を読み出し、前記格納された差分の総和を得るステップと、 And step (d-2) the prediction function unit, which reads the stored difference from the cumulative difference storing unit that the storage unit has to obtain the sum of the stored difference,
    (d−3)前記予測機能部が、前記記憶部が有する平均偏差記憶部から前記格納された偏差を読み出し、現時刻から所定期間前の過去までにおける前記格納された偏差の平均値を求めるステップと、 (D-3) the prediction function unit reads the stored deviation from the mean deviation memory of the storage unit has, the average value of the stored deviations in the current time to a predetermined time period prior to the last step When,
    (d−4)前記システム負荷が、将来、所定の限界値を超える可能性を、前記予測機能部が予測するステップと、 And step (d-4) the system load, future, the possibility of exceeding a predetermined limit value, the prediction function unit predicts,
    (d−5)前記表示機能部が、前記将来におけるシステム負荷の予測結果を表示するステップとを具備し、 (D-5) wherein the display function unit, includes a step of displaying the predicted results of the system load in the future,
    前記ステップ(d−4)は、 Step (d-4) is
    (d−4−a)前記ステップ(d−1)で得られた前記ベースラインの最大値Bmと、前記格納された差分ΣDと、前記ステップ(d−3)で得られた前記偏差の平均値Vと、前記所定のシステム負荷限界値Zとが、 (D-4-a) and the maximum value Bm of the baseline obtained above in step (d-1), the difference ΣD said stored average of the deviation obtained above in step (d-3) and a value V, wherein the predetermined system load limit value Z is,
    (Bm+ΣD)×(1+V)>Z (Bm + ΣD) × (1 + V)> Z
    の条件を満たす場合に、前記システム負荷が前記システム負荷限界値Zを超える可能性があると、前記予測機能部が予測するステップ If the condition is satisfied, when the system load may exceed the system load threshold Z, the step of the prediction function unit predicts
    を具備する It comprises a
    システム負荷監視方法。 System load monitoring method.
  8. 請求項に記載のシステム負荷監視方法において、 In the system load monitoring method according to claim 7,
    (e)前記差分ステップ(c)において前記差分が累積される度に、分析機能部が、前記ベースラインと、前記累積された差分とに基づいて、前記ステップ(a)で観測された前記システム負荷が正常か異常かを分析する分析ステップをさらに具備し、 (E) every time the difference in the differential step (c) is accumulated, analysis function section, the baseline and the based on the accumulated difference, the system observed the in step (a) load further comprises an analysis step of analyzing normal or abnormal,
    前記分析ステップ(e)は、 The analyzing step (e) is
    (e−1)表示機能部が、前記分析の結果をさらに表示するステップを具備する システム負荷監視方法。 (E-1) display function unit, system load monitoring method comprising the step of further displaying the results of said analysis.
  9. 請求項に記載のシステム負荷監視方法において、 In the system load monitoring method according to claim 8,
    前記分析ステップ(e)は、 The analyzing step (e) is
    (e−2)前記累積された差分の総和の符号が負であり、または、前記システム負荷の観測値が前記ベースライン値以下である場合において、さらに、前記システム負荷の観測値と前記ベースライン値との差の絶対値が前記許容値以下である場合に、前記分析機能部が有する差分比較部が前記システム負荷の観測値を正常と判断するステップと、 (E-2) is the sign of the sum of the accumulated difference is negative, or, in the case the observed value of the system load is less than the baseline value, further, the observed value of the system load the baseline If the absolute value of the difference between the value is equal to or less than the allowable value, the steps of differential comparing portion to which the analysis function section has determines that normal observations of the system load,
    (e−3)前記累積された差分の総和の符号が正であり、かつ、前記システム負荷の観測値が前記ベースライン値以上であり、かつ、前記ベースライン値と、前記差分の総和と、前記許容値との和が前記システム負荷の観測値以上である場合に、前記分析機能部が有するベースライン比較部が前記システム負荷の観測値を正常と判断するステップと、 (E-3) is a sign positive sum of the accumulated difference, and the and the observed value of the system load is the baseline value or more, and, with the baseline values, the sum of the difference, If sum of the allowable value is equal to or larger than the observed value of the system load, the steps of the baseline comparison unit the analysis function section has determines that normal observations of the system load,
    (e−4)前記ステップ(e−2)にも前記ステップ(e−3)にも当てはまらない場合に、前記分析機能部が前記システム負荷の観測値を異常と判断するステップとをさらに具備する システム負荷監視方法。 When the (e-4) does not fit into the above step in Step (e-2) (e-3), further comprising the step of the analysis function section determines that the abnormal observations of the system load system load monitoring method.
  10. 請求項7〜9のいずれかに記載のシステム負荷監視方法において、 In the system load monitoring method according to any one of claims 7-9,
    前記差分ステップ(c)は、 The difference step (c),
    (c−1)前記累積平均格納機能部が有する差分累積機能部が、前記観測ステップ(a)で観測された前記システム負荷と、前記読取ステップ(b)で読み取られた前記ベースライン値との差分を計算するステップと、 (C-1) the accumulation differential functional unit cumulative average store functional unit has found the said system load observed by the observation step (a), and the reading the baseline value read in step (b) and calculating the difference,
    (c−2)前記累積平均格納機能部が有する偏差平均機能部が、前記観測ステップ(a)で観測された前記システム負荷と、前記読取ステップ(b)で読み取られた前記ベースライン値との偏差を計算するステップと、 (C-2) the average deviation functional unit cumulative average store functional unit has found the said system load observed by the observation step (a), and the reading the baseline value read in step (b) calculating a deviation,
    (c−3)前記累積平均格納機能部が、前記ステップ(c−1)で計算された前記差分と、前記ステップ(c−2)で計算された前記偏差とについて、前記記憶部への対象化の可否を対象化確認機能部に問い合わせるステップと、 (C-3) the accumulated average storage function portion, and the difference calculated in the step (c-1), the said deviation calculated in the step (c-2), subject to the storage unit querying whether the reduction in the target of the confirmation function unit,
    (c−4)前記累積平均格納確認機能部が、前記対象化の可否を判定するステップと、 (C-4) the accumulated average storage confirmation function unit, determining whether the subject of,
    (c−5)前記ステップ(c−4)において、前記差分および前記偏差の前記記憶部への格納を許可するための対象化許可命令を前記対象化確認機能部が出力した場合に、前記差分累積機能部が、前記計算された差分を前記記憶部に格納し、また、前記偏差平均化機能部が、前記計算された偏差を前記記憶部に格納するステップと、 In (c-5) the step (c-4), when the target CONFIRMATION functional unit the subject of permission command for permitting storage in the storage unit of the differential and the deviation is outputted, the difference a step accumulation function unit stores the calculated difference in the storage unit, also, the deviation averaging function unit, for storing the calculated deviation in the storage unit,
    (c−6)前記ステップ(c−4)において、前記差分および前記偏差の前記記憶部への格納を否認するための対象化否認命令を前記対象化確認機能部が出力した場合に、前記差分累積機能部が、前記計算された差分を累積対象外として前記記憶部に格納し、また、前記偏差平均化機能部が、前記計算された偏差を平均化対象外として前記記憶部に格納するステップとを具備する システム負荷監視方法。 In (c-6) the step (c-4), when the target CONFIRMATION functional unit the object of denial instruction to deny the storage to the storage unit of the differential and the deviation is outputted, the difference step accumulation function unit, the storing the calculated difference in the storage unit as the outside cumulative target, also the deviation averaging function unit, to be stored in the storage unit the calculated deviation as averaging excluded system load monitoring method comprising and.
  11. 請求項10に記載のシステム負荷監視方法において、 In the system load monitoring method according to claim 10,
    前記ステップ(c−1)は、 It said step (c-1) is
    (c−1−a)前記表示機能部が、前記計算された差分と前記計算された偏差とを表示するステップと、 (C-1-a) wherein the display function unit, and displaying said is the a calculated difference calculated deviations,
    (c−1−b)前記対象化確認機能部が、入力装置から前記対象化否認命令を受信した場合に、前記累積平均格納機能部に前記対象化否認命令を出力するステップと、 And step (c-1-b) wherein the subject CONFIRMATION function unit, to output when receiving the target of denial instruction from the input device, the subject of denial command to the accumulated average storage function unit,
    (c−1−c)前記ステップ(c−1−b)の場合以外の場合において、前記対象化確認機能部が前記累積平均格納機能部に前記対象化許可命令を出力するステップとを具備する システム負荷監視方法。 (C-1-c) In cases other than the case of the step (c-1-b), comprising the steps of: the target of confirmation function unit outputs the target of permission command to the accumulated average storage function unit system load monitoring method.
  12. 請求項10に記載のシステム負荷監視方法において、 In the system load monitoring method according to claim 10,
    前記ステップ(c−1)は、 It said step (c-1) is
    (c−1−d)前記対象化確認機能部が、前記記憶部に累積対象として格納された差分と、差分変化データベースとを、前記記憶部から読み取るステップと、 (C-1-d) the subject of confirmation function unit, and the difference is stored as the cumulative target in the storage unit, the method comprising the differential change database, reads from said storage unit,
    (c−1−e)前記対象化確認機能部が、前記累積対象として格納された差分の変化パターンに係る情報を前記データベースに照会するステップと、 (C-1-e) the subject CONFIRMATION functional unit, the steps of querying information according to a change pattern of the stored as a cumulative target difference in the database,
    (c−1−f)前記照会の結果に基づいて、前記対象化確認機能部が、前記対象化許可命令または前記対象化否認命令を、前記累積平均格納機能部に出力するステップとを具備する システム負荷監視方法。 Based on the (c-1-f) the query results, the object of confirming function unit, the subject of permission instruction or the target of denial instruction, and a step of outputting the accumulated average storage function unit system load monitoring method.
  13. (a)収集機能部が、監視対象であるシステム負荷の観測を定期的に行う観測ステップと、 (A) the collection function unit, an observation step of periodically performing observation system load to be monitored,
    (b)前記観測ステップ(a)において前記観測が行われる度に、前記システム負荷のベースラインにおける前記観測の時刻に対応するベースライン値を、前記収集機能部が記憶部から読み取る読取ステップと、 (B) every time the said observation at the observation step (a) is carried out, a baseline value corresponding to the time of the observation in the baseline of the system load, said collecting functional unit is a reading step reading from the storage unit,
    (c)前記読取ステップ(b)において前記ベースライン値が読み取られる度に、累積平均格納機能部が、前記観測ステップ(a)において観測された前記システム負荷と前記ベースライン値との、差分および偏差を、前記記憶部に格納する格納ステップと、 (C) every time the baseline value in the reading step (b) is read, the cumulative average store functional unit, the observed the system load and the baseline value in the observation step (a), the differential and deviation, and storing step of storing in the storage unit,
    (d)予測機能部が、定期的に、前記ベースラインと、前記累積された差分と、前記平均化された偏差とに基づいて、将来のシステム負荷を予測し、前記予測の結果を表示機能部が表示する予測ステップとを具備し、 (D) the prediction function unit, periodically, the baseline, the the accumulated difference, on the basis of said averaged deviation, to predict future system load, display function of the result of the prediction parts are provided with a prediction step of displaying,
    前記予測ステップ(d)は、 It said prediction step (d) is
    (d−1)前記予測機能部が、前記記憶部が有するベースライン記憶部から前記ベースラインを読み出し、現時刻から所定期間後の将来までにおける前記ベースラインの最大値を得るステップと、 And step (d-1) the prediction function unit reads the baseline from the baseline storage unit in which the storage unit has, to obtain the maximum value of the baseline in the current time to the future after a predetermined period of time,
    (d−2)前記予測機能部が、前記記憶部が有する累積差分記憶部から前記格納された差分を読み出し、前記格納された差分の総和を得るステップと、 And step (d-2) the prediction function unit, which reads the stored difference from the cumulative difference storing unit that the storage unit has to obtain the sum of the stored difference,
    (d−3)前記予測機能部が、前記記憶部が有する平均偏差記憶部から前記格納された偏差を読み出し、現時刻から所定期間前の過去までにおける前記格納された偏差の平均値を求めるステップと、 (D-3) the prediction function unit reads the stored deviation from the mean deviation memory of the storage unit has, the average value of the stored deviations in the current time to a predetermined time period prior to the last step When,
    (d−4)前記システム負荷が、将来、所定の限界値を超える可能性を、前記予測機能部が予測するステップと、 And step (d-4) the system load, future, the possibility of exceeding a predetermined limit value, the prediction function unit predicts,
    (d−5)前記表示機能部が、前記将来におけるシステム負荷の予測結果を表示するステップとを具備し、 (D-5) wherein the display function unit, includes a step of displaying the predicted results of the system load in the future,
    前記ステップ(d−4)は、 Step (d-4) is
    (d−4−a)前記ステップ(d−1)で得られた前記ベースラインの最大値Bmと、前記格納された差分ΣDと、前記ステップ(d−3)で得られた前記偏差の平均値Vと、前記所定のシステム負荷限界値Zとが、 (D-4-a) and the maximum value Bm of the baseline obtained above in step (d-1), the difference ΣD said stored average of the deviation obtained above in step (d-3) and a value V, wherein the predetermined system load limit value Z is,
    (Bm+ΣD)×(1+V)>Z (Bm + ΣD) × (1 + V)> Z
    の条件を満たす場合に、前記システム負荷が前記システム負荷限界値Zを超える可能性があると、前記予測機能部が予測するステップ If the condition is satisfied, when the system load may exceed the system load threshold Z, the step of the prediction function unit predicts
    を具備する It comprises a
    システム負荷監視プログラム。 System load monitoring program.
  14. 請求項13に記載のシステム負荷監視プログラムにおいて、 In the system load monitoring program according to claim 13,
    (e)前記差分ステップ(c)において前記差分が累積される度に、分析機能部が、前記ベースラインと、前記累積された差分とに基づいて、前記ステップ(a)で観測された前記システム負荷が正常か異常かを分析する分析ステップをさらに具備し、 (E) every time the difference in the differential step (c) is accumulated, analysis function section, the baseline and the based on the accumulated difference, the system observed the in step (a) load further comprises an analysis step of analyzing normal or abnormal,
    前記分析ステップ(e)は、 The analyzing step (e) is
    (e−1)表示機能部が、前記分析の結果をさらに表示するステップを具備する システム負荷監視プログラム。 (E-1) display function unit, system load monitor program having a step of further displaying the results of said analysis.
  15. 請求項14に記載のシステム負荷監視プログラムにおいて、 In the system load monitoring program according to claim 14,
    前記分析ステップ(e)は、 The analyzing step (e) is
    (e−2)前記累積された差分の総和の符号が負であり、または、前記システム負荷の観測値が前記ベースライン値以下である場合において、さらに、前記システム負荷の観測値と前記ベースライン値との差の絶対値が前記許容値以下である場合に、前記分析機能部が有する差分比較部が前記システム負荷の観測値を正常と判断するステップと、 (E-2) is the sign of the sum of the accumulated difference is negative, or, in the case the observed value of the system load is less than the baseline value, further, the observed value of the system load the baseline If the absolute value of the difference between the value is equal to or less than the allowable value, the steps of differential comparing portion to which the analysis function section has determines that normal observations of the system load,
    (e−3)前記累積された差分の総和の符号が正であり、かつ、前記システム負荷の観測値が前記ベースライン値以上であり、かつ、前記ベースライン値と、前記差分の総和と、前記許容値との和が前記システム負荷の観測値以上である場合に、前記分析機能部が有するベースライン比較部が前記システム負荷の観測値を正常と判断するステップと、 (E-3) is a sign positive sum of the accumulated difference, and the and the observed value of the system load is the baseline value or more, and, with the baseline values, the sum of the difference, If sum of the allowable value is equal to or larger than the observed value of the system load, the steps of the baseline comparison unit the analysis function section has determines that normal observations of the system load,
    (e−4)前記ステップ(e−2)にも前記ステップ(e−3)にも当てはまらない場合に、前記分析機能部が前記システム負荷の観測値を異常と判断するステップとをさらに具備する システム負荷監視プログラム。 When the (e-4) does not fit into the above step in Step (e-2) (e-3), further comprising the step of the analysis function section determines that the abnormal observations of the system load system load monitoring program.
  16. 請求項13〜15のいずれかに記載のシステム負荷監視プログラムにおいて、 In the system load monitoring program according to any one of claims 13 to 15,
    前記差分ステップ(c)は、 The difference step (c),
    (c−1)前記累積平均格納機能部が有する差分累積機能部が、前記観測ステップ(a)で観測された前記システム負荷と、前記読取ステップ(b)で読み取られた前記ベースライン値との差分を計算するステップと、 (C-1) the accumulation differential functional unit cumulative average store functional unit has found the said system load observed by the observation step (a), and the reading the baseline value read in step (b) and calculating the difference,
    (c−2)前記累積平均格納機能部が有する偏差平均機能部が、前記観測ステップ(a)で観測された前記システム負荷と、前記読取ステップ(b)で読み取られた前記ベースライン値との偏差を計算するステップと、 (C-2) the average deviation functional unit cumulative average store functional unit has found the said system load observed by the observation step (a), and the reading the baseline value read in step (b) calculating a deviation,
    (c−3)前記累積平均格納機能部が、前記ステップ(c−1)で計算された前記差分と、前記ステップ(c−2)で計算された前記偏差とについて、前記記憶部への対象化の可否を対象化確認機能部に問い合わせるステップと、 (C-3) the accumulated average storage function portion, and the difference calculated in the step (c-1), the said deviation calculated in the step (c-2), subject to the storage unit querying whether the reduction in the target of the confirmation function unit,
    (c−4)前記累積平均格納確認機能部が、前記対象化の可否を判定するステップと、 (C-4) the accumulated average storage confirmation function unit, determining whether the subject of,
    (c−5)前記ステップ(c−4)において、前記差分および前記偏差の前記記憶部への格納を許可するための対象化許可命令を前記対象化確認機能部が出力した場合に、前記差分累積機能部が、前記計算された差分を前記記憶部に格納し、また、前記偏差平均化機能部が、前記計算された偏差を前記記憶部に格納するステップと、 In (c-5) the step (c-4), when the target CONFIRMATION functional unit the subject of permission command for permitting storage in the storage unit of the differential and the deviation is outputted, the difference a step accumulation function unit stores the calculated difference in the storage unit, also, the deviation averaging function unit, for storing the calculated deviation in the storage unit,
    (c−6)前記ステップ(c−4)において、前記差分および前記偏差の前記記憶部への格納を否認するための対象化否認命令を前記対象化確認機能部が出力した場合に、前記差分累積機能部が、前記計算された差分を累積対象外として前記記憶部に格納し、また、前記偏差平均化機能部が、前記計算された偏差を平均化対象外として前記記憶部に格納するステップとを具備する システム負荷監視プログラム。 In (c-6) the step (c-4), when the target CONFIRMATION functional unit the object of denial instruction to deny the storage to the storage unit of the differential and the deviation is outputted, the difference step accumulation function unit, the storing the calculated difference in the storage unit as the outside cumulative target, also the deviation averaging function unit, to be stored in the storage unit the calculated deviation as averaging excluded system load monitoring program comprising and.
  17. 請求項16に記載のシステム負荷監視プログラムにおいて、 In the system load monitoring program according to claim 16,
    前記ステップ(c−1)は、 It said step (c-1) is
    (c−1−a)前記表示機能部が、前記計算された差分と前記計算された偏差とを表示するステップと、 (C-1-a) wherein the display function unit, and displaying said is the a calculated difference calculated deviations,
    (c−1−b)前記対象化確認機能部が、入力装置から前記対象化否認命令を受信した場合に、前記累積平均格納機能部に前記対象化否認命令を出力するステップと、 And step (c-1-b) wherein the subject CONFIRMATION function unit, to output when receiving the target of denial instruction from the input device, the subject of denial command to the accumulated average storage function unit,
    (c−1−c)前記ステップ(c−1−b)の場合以外の場合において、前記対象化確認機能部が前記累積平均格納機能部に前記対象化許可命令を出力するステップとを具備する システム負荷監視プログラム。 (C-1-c) In cases other than the case of the step (c-1-b), comprising the steps of: the target of confirmation function unit outputs the target of permission command to the accumulated average storage function unit system load monitoring program.
  18. 請求項16に記載のシステム負荷監視プログラムにおいて、 In the system load monitoring program according to claim 16,
    前記ステップ(c−1)は、 It said step (c-1) is
    (c−1−d)前記対象化確認機能部が、前記記憶部に累積対象として格納された差分と、差分変化データベースとを、前記記憶部から読み取るステップと、 (C-1-d) the subject of confirmation function unit, and the difference is stored as the cumulative target in the storage unit, the method comprising the differential change database, reads from said storage unit,
    (c−1−e)前記対象化確認機能部が、前記累積対象として格納された差分の変化パターンに係る情報を前記データベースに照会するステップと、 (C-1-e) the subject CONFIRMATION functional unit, the steps of querying information according to a change pattern of the stored as a cumulative target difference in the database,
    (c−1−f)前記照会の結果に基づいて、前記対象化確認機能部が、前記対象化許可命令または前記対象化否認命令を、前記累積平均格納機能部に出力するステップとを具備する システム負荷監視プログラム。 Based on the (c-1-f) the query results, the object of confirming function unit, the subject of permission instruction or the target of denial instruction, and a step of outputting the accumulated average storage function unit system load monitoring program.
JP2008031996A 2008-02-13 2008-02-13 System load monitoring method Expired - Fee Related JP4936072B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008031996A JP4936072B2 (en) 2008-02-13 2008-02-13 System load monitoring method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008031996A JP4936072B2 (en) 2008-02-13 2008-02-13 System load monitoring method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009193238A JP2009193238A (en) 2009-08-27
JP4936072B2 true JP4936072B2 (en) 2012-05-23

Family

ID=41075206

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008031996A Expired - Fee Related JP4936072B2 (en) 2008-02-13 2008-02-13 System load monitoring method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4936072B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20150120914A1 (en) * 2012-06-13 2015-04-30 Hitachi, Ltd. Service monitoring system and service monitoring method
JP2014153736A (en) * 2013-02-05 2014-08-25 Fujitsu Ltd Fault symptom detection method, program and device

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3832552B2 (en) * 1999-09-17 2006-10-11 株式会社日立製作所 System switching method and a computer system
JP2001142746A (en) * 1999-11-11 2001-05-25 Nec Software Chubu Ltd Load monitor device for computer system
JP3534067B2 (en) * 2000-11-15 2004-06-07 株式会社日立情報システムズ Network monitoring apparatus and method and a network monitoring program
JP4170675B2 (en) * 2002-06-03 2008-10-22 株式会社日立情報制御ソリューションズ Monitoring method and computer system of Memory Capacity
US7281041B2 (en) * 2002-10-31 2007-10-09 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Method and apparatus for providing a baselining and auto-thresholding framework

Also Published As

Publication number Publication date
JP2009193238A (en) 2009-08-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7711520B2 (en) System and method for recording behavior history for abnormality detection
EP1291772A2 (en) Failure prediction apparatus and method
JP4859558B2 (en) Control method and computer system of the computer system
US9672085B2 (en) Adaptive fault diagnosis
US20060259968A1 (en) Log analysis system, method and apparatus
US20080077358A1 (en) Self-Learning Integrity Management System and Related Methods
JP4071449B2 (en) Sensor abnormality detecting method and sensor abnormality detection device
US9507687B2 (en) Operation management device, operation management method, and operation management program
US7693982B2 (en) Automated diagnosis and forecasting of service level objective states
JP2009199533A (en) Operation management device, operation management system, information processing method, and operation management program
US8161058B2 (en) Performance degradation root cause prediction in a distributed computing system
US7277826B2 (en) Apparatus and method for detecting and forecasting resource bottlenecks
WO1993000632A1 (en) Method and system for monitoring a computer system
EP2350933A1 (en) Performance analysis of applications
WO2011046228A1 (en) System operation management device, system operation management method, and program storage medium
EP1903717B1 (en) Communication network trouble detecting system, communication network trouble detecting method and trouble detecting program
JP2010526352A (en) Performance Fault management system and method using a statistical analysis
US7254750B1 (en) Health trend analysis method on utilization of network resources
Ehlers et al. Self-adaptive software system monitoring for performance anomaly localization
Sharma et al. CloudPD: Problem determination and diagnosis in shared dynamic clouds
JP4980581B2 (en) Performance monitoring apparatus, the performance monitoring method and program
US20110320586A1 (en) Flexible and Safe Monitoring of Computers
WO2014109645A1 (en) Method, device and computer program for monitoring an industrial control system
JP5178960B2 (en) Correlation between the power divider device
JP2002342182A (en) Support system for operation management in network system

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101216

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110831

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111028

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111115

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120111

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120126

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120208

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150302

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees