JP4934611B2 - 注釈付デジタルコンテンツ共有システムおよび仲介サーバおよび端末装置 - Google Patents

注釈付デジタルコンテンツ共有システムおよび仲介サーバおよび端末装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4934611B2
JP4934611B2 JP2008042557A JP2008042557A JP4934611B2 JP 4934611 B2 JP4934611 B2 JP 4934611B2 JP 2008042557 A JP2008042557 A JP 2008042557A JP 2008042557 A JP2008042557 A JP 2008042557A JP 4934611 B2 JP4934611 B2 JP 4934611B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
annotation
digital content
annotation information
server
acquisition request
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2008042557A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009199500A (ja
Inventor
正人 吉田
聡子 坂上
康之 尾家
雅史 岩田
護 池内
秀樹 西山
丈治 近藤
Original Assignee
三菱電機ビルテクノサービス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱電機ビルテクノサービス株式会社 filed Critical 三菱電機ビルテクノサービス株式会社
Priority to JP2008042557A priority Critical patent/JP4934611B2/ja
Publication of JP2009199500A publication Critical patent/JP2009199500A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4934611B2 publication Critical patent/JP4934611B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

この発明は、注釈付デジタルコンテンツ共有システムおよび仲介サーバおよび端末装置に係る発明であり、例えば、Webページ等のデジタル・コンテンツの任意の位置に付加された注釈情報を、複数のユーザ間で共有することができるシステムに適用することができる。

初期のインターネット技術においては、Webページ等のデジタル・コンテンツは、情報の発信者と受信者の役割が固定されており、発信者からの一方的な情報発信にとどまっていた。これに対し、ブログやSNS(Social Networking Service)等のWeb2.0と呼ばれる、次世代Web技術が注目されている。これらは、情報の発信者と受信者の役割が固定されておらず、誰でも情報を発信することが可能で、複数のユーザで共同的にWebページを作成していく情報共有の様式である。

しかし、これらの方法はデジタル・コンテンツそのものの情報を改編するので、変更に関するアクセス権のないデジタル・コンテンツに対する情報発信ができない。一方、紙の文書に対しては、付箋を使用して、元のコンテンツを改編することなく、注目すべき任意の位置を指定して、付加的な情報を記述することができる。このような紙の文書に対する付箋と同様に、デジタル・コンテンツに対して、注釈情報を追記(付加)し、共有する試みとして、非特許文献1に示すW3C(World Wide Web Consortium)のAnnoteaプロジェクトが挙げられる。

当該Annoteaプロジェクトで提示される手法は、注釈情報を蓄積する注釈サーバと、注釈を編集、表示するためのプログラムを導入した端末装置(クライアント)から構成される。端末装置の利用者であるユーザが付加した注釈は、当該注釈が付加されたWebページのURL(Uniform Resource Locator)およびページ内の位置情報等の注釈属性値とともに、注釈サーバに蓄積される。

ユーザがWebページを閲覧する際、通常のブラウザ機能は、WebサーバにURLを送信してコンテンツを取得する。Annoteaプロジェクトで提示される手法によれば、端末装置に導入された注釈を扱うためのプログラムに基づいて、注釈サーバにもURLを送信し、当該URLに関連付けられた注釈を取得し、Webサーバから取得したコンテンツに注釈を合成し、当該合成したものを表示する。

また、Annoteaプロジェクトの端末装置側プログラムを付加して、端末装置にコンテンツを送信するようにしたシステムとして、非特許文献2に示すJACLE(Javascript Annotea−client for Collaboration Environment)が挙げられる。

JACLEは、仲介サーバを経由して、Webサーバからコンテンツを取得する構成とし、仲介サーバがコンテンツを端末装置に送信する。ここで、当該送信されるコンテンツには、注釈を扱うためのツール、すなわちAnnoteaプロジェクトで提示された手法のクライアント側プログラムが、付加される。本手法によれば、端末装置側へのプログラムの導入が不要である。

さらに、仲介サーバがコンテンツに注釈を合成し、これを端末装置に送信するシステムとして、特許文献1が挙げられる。

特許文献1で示される手法では、ユーザは仲介サーバを経由して、デジタル・コンテンツにアクセスする。その際に、仲介サーバは、注釈の追記・表示に必要なツールを付加して、クライアント端末にコンテンツを送信する。ユーザが当該ツールを使用して注釈を付加すると、仲介サーバは、注釈情報を受け取り、一意に割り当てたキー(セッション・キー)に関連付けて、当該コンテンツのキャッシュと、ユーザが付与した注釈の位置情報を含む注釈情報を格納する。さらに、仲介サーバは、セッション・キーを導出可能な再生用URLを発行し、ユーザに送信する。

ユーザは、注釈を共有したい他のユーザに再生用URLを送信することができる。再生用URLを受け取ったユーザが再生用URLにアクセスすると、仲介サーバがセッション・キーを導出し、キーに関連付けて格納されているコンテンツのキャッシュ、注釈情報、位置情報を取得する。そして、仲介サーバは、位置情報を元に、コンテンツのキャッシュすなわち注釈が付加されたコンテンツと注釈情報を合成して、再生用URLへのアクセス元のユーザの端末装置に送信する。

本手法によれば、仲介サーバがコンテンツに注釈情報を埋め込んで、端末装置に送信する。したがって、端末装置が注釈を処理できないコンテンツに対しても、注釈を扱うことができる。

Jose Kahan,Marja−Riitta Koivunen,Eric Prud’Hommeaux,and Ralph R.Swick,"Annotea:An Open RDF Infrastructure for Shared Web Annotations",Proceedings of the 10th International WWW Conference,pp.623−632(2001) 財団法人 情報処理相互運用技術協会,「平成17年度 セマンティックWeb技術の調査研究報告書」,pp.100−105,平成18年3月 特開2003−150542号公報

しかしながら、非特許文献1及び非特許文献2の手法では、注釈を付加するためのツールは、コンテンツとしてHTML(Hyper Text Markup Language)で記述されたWebページを対象としている。したがって、たとえばAcrobat社の提供するファイル形式であるPDF(Portable Document Format)等のように、端末装置に導入されたWebブラウザ自身が処理できない形式のコンテンツに対する注釈付加処理を扱うことができない。

また、特許文献1に示される手法は、非特許文献1,2が有する上記問題を解決している。しかし、当該特許文献1では、注釈にアクセスするためのキー情報は、再生用URLに埋め込まれており、再生用URLを通知されないユーザは注釈を表示、編集できない。したがって、特許文献1では、不特定多数のユーザと情報を共有することができないという問題を有する。

また、前述のAnnoteaプロジェクトは、注釈サーバのプロトコルを定義、公開しており、対応する注釈サーバ側プログラムも一般に公開されているものがある。しかしながら、特許文献1に示される仲介サーバは、仲介サーバの注釈管理部に対応する注釈データベースとして注釈サーバを実装する。したがって、当該特許文献1では、上記のような一般に公開された注釈サーバを活用することができない。

そこで、本発明は、一般的な注釈サーバを活用して、多種のデジタルコンテンツに対する注釈付加処理を扱うことができ、かつ、不特定多数のユーザと注釈情報を共有することができる、注釈付デジタルコンテンツ共有システム、仲介サーバおよび端末装置を提供することを目的とする。

上記の目的を達成するために、本発明に係る請求項1に記載の注釈付デジタルコンテンツ共有システムは、ネットワーク回線を介して相互に接続されている、Webサーバと端末装置と注釈サーバと仲介サーバとを、備えており、前記端末装置は、前記Webサーバへ前記コンテンツ取得要求信号を送信すると共に前記注釈サーバへ前記注釈情報取得要求信号を送信することで、前記Webサーバから前記所定のデジタルコンテンツを取得すると共に前記注釈サーバから前記注釈情報を取得し、前記注釈情報に含まれる位置情報に基づいて決定される、前記所定のデジタルコンテンツの位置に、前記注釈情報を合成する第1のモードと、前記仲介サーバへ前記コンテンツ取得要求信号および前記注釈情報取得要求信号を送信することで、前記仲介サーバから前記注釈情報が合成された前記所定のデジタルコンテンツを受信する第2のモードとのモード切り替えが可能であり、所定のアドレスに所在する所定のデジタルコンテンツの取得要求であるコンテンツ取得要求信号と、前記所定のデジタルコンテンツに合成される注釈情報の取得要求信号である注釈情報取得要求信号とを外部へ送信する際に、前記第1のモードであることを識別するための第1の識別子と、前記第2のモードであることを識別するための第2の識別子のいずれか一方の識別子を前記所定のアドレスに含めることで、前記モード切り替えを行い、前記注釈サーバは、外部から受信した、位置情報を含む注釈情報を、所定のアドレスに関連付けて格納しており、前記注釈情報取得要求信号に応じて前記注釈情報を送信し、前記Webサーバは、前記コンテンツ取得要求信号に応じて前記所定のデジタルコンテンツを送信し、前記仲介サーバは、前記コンテンツ取得要求信号と、前記注釈情報取得要求信号とを、前記端末装置から受信した際に、前記所定のアドレスに前記第2の識別子が含まれている場合には、前記コンテンツ取得要求信号に基づいて、前記Webサーバから、前記所定のデジタルコンテンツを取得し、前記注釈情報取得要求信号に基づいて、前記注釈サーバから、前記所定のアドレスに関連付けられて格納されている前記注釈情報を取得し、取得した前記注釈情報に含まれる前記位置情報に基づいて決定される、取得した前記所定のデジタルコンテンツの位置に、前記注釈情報を合成し、前記注釈情報を合成した前記所定のデジタルコンテンツを、前記コンテンツ取得要求信号および前記注釈情報取得要求信号の発信元の前記端末装置に送信する。

本発明の請求項1に記載の注釈付デジタルコンテンツ共有システムでは、仲介サーバは、コンテンツ取得要求信号と注釈情報取得要求信号とを、端末装置から受信し、コンテンツ取得要求信号に基づいて、Webサーバから所定のデジタルコンテンツを取得し、注釈情報取得要求信号に基づいて、注釈サーバから注釈情報を取得する。そして、仲介サーバは、所定のデジタルコンテンツの所定の位置に注釈情報を合成し、当該合成処理後の所定のデジタルコンテンツを、端末装置に送信する。

したがって、端末装置のブラウザが処理できない形式を含め、様々なデジタルコンテンツに対する注釈情報を扱うことができるようになる。さらに、注釈サーバの機能及び注釈データベースの構造は、Annoteaプロジェクトの提唱に従うため、一般に公開された注釈サーバを利用することができる。これにより、注釈サーバの構築が容易となり、また不特定多数のユーザと注釈情報を共有することができる。

以下、この発明をその実施の形態を示す図面に基づいて具体的に説明する。

<実施の形態1>
本発明が対象とするデジタルコンテンツは、Webページ、テキスト等の文書、画像、動画、音声、その他のデータ形式であり、Webブラウザで取得可能なコンテンツであればよい。また、注釈情報は、注釈本文と当該注釈本文がデジタルコンテンツに付加される位置情報とを含む信号である。また、注釈本文とは、デジタルコンテンツに対して、ユーザが付加するコメント等の情報を指す。

図1は、本発明に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システム100の構成を示す図である。ネットワーク回線(以下、単にネットワークと称する)5は、インターネットや社内LAN等のネットワークである。Webサーバ1、仲介サーバ2、注釈サーバ3およびクライアント端末(以下、単に端末装置と称する)4a,4bは、ネットワーク5を介して相互に接続されている。また、図2は、実施の形態1に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システム100の構成、およびデータ、信号の流れを示す図である。

デジタルコンテンツの注釈に関して、Annoteaプロジェクトが端末装置4の注釈ツール及び注釈サーバの機能や構成に関する仕様を策定しており、これに従うツールやサーバが公開されている。注釈サーバ3の機能及び注釈データベースの構造は、Annoteaプロジェクトの提唱に従う。よって、まず、Annoteaプロジェクトが提唱する端末装置4の注釈ツール及び注釈サーバ3について説明する。

図3は、Annoteaプロジェクトの構成を示す全体図である。端末装置4に、デジタルコンテンツを取得するためのWebブラウザが設けられており、Webサーバ1からデジタルコンテンツを取得する。

具体的には、端末装置4のWebブラウザ上で、ネットワーク5上のデジタルコンテンツの位置を特定するアドレス、いわゆるURL(Uniform Resource Locator)を入力する。すると、端末装置4は、当該URLで特定されるWebサーバ1からデジタルコンテンツを取得する。同時に、端末装置4は、注釈サーバ3にも当該URLを送信する。すると、注釈サーバ3は、当該URLに関連付けて格納されている注釈情報を端末装置4に送信する。端末装置4では、Webサーバ1から取得したデジタルコンテンツと注釈サーバ3から取得した注釈情報を合成する。

次に、図1,2に示す注釈付デジタルコンテンツ共有システム100を構成する、注釈サーバ3の構成について図4を用いて説明する。図4は、注釈サーバ3の機能ブロック図である。

注釈データベース33は、注釈情報を格納する記憶装置であり、注釈サーバ3に配設される記憶部の一部を構成する。注釈データベース33は、外部から受信した、位置情報を含む注釈情報を、所定のアドレスに関連付けて格納する。たとえば、第一の注釈が付加されたデジタルコンテンツのURLに関連付けて第一の注釈情報が注釈データベース33に格納される。また、第Nの注釈が付加されたデジタルコンテンツのURLに関連付けて第Nの注釈情報が注釈データベース33に格納される。なお、上記の通り、各注釈情報には位置情報が含まれている。

注釈情報格納部31は、端末装置4で作成・編集された注釈情報(デジタルコンテンツのURL、デジタルコンテンツ上の位置情報、注釈の属性情報、注釈本文を含む)を、受信部34を介して受け取る。そして、注釈情報格納部31は、注釈データベース33に当該注釈情報を格納させる。

受信部34は、端末装置4から直接または仲介サーバ2を介して、注釈情報の取得要求である注釈情報取得要求信号を受信する。ここで、本発明では、所定のデジタルコンテンツに付加される注釈情報を取得する場合、注釈情報取得要求信号として、当該所定のデジタルコンテンツの所在を示す所定のアドレス(URL)を採用する。

注釈サーバ3(具体的に、受信部34)は、端末装置4において表示しようとしているデジタルコンテンツのURL(注釈情報取得要求信号)を、当該端末装置4から直接または仲介サーバ2を介して、受信する(図2参照)。すると、注釈情報取得部32は、当該URL(注釈情報取得要求信号)をキーとして、注釈データベース33に登録された注釈情報を取得する。具体的に、注釈情報取得要求信号に含まれる所定のアドレス(本発明では、URL自身が注釈情報取得要求信号である)に関連付けられて格納されている注釈情報を取得する。

送信部34は、注釈情報取得部32で取得した注釈情報を、上記URL(注釈情報取得要求信号)の発信元(仲介サーバ2または端末装置4)に送信する(図2参照)。つまり、仲介サーバ2から上記URL(注釈情報取得要求信号)を受信した場合には、注釈サーバ3(送信部34)は、注釈情報を仲介サーバ2に対して送信する(図2の仲介サーバ2と注釈サーバ3との間参照)。ここで、仲介サーバ2は、端末装置4から当該URLを受信している。他方、端末装置4から上記URL(注釈情報取得要求信号)を受信した場合には、注釈サーバ3(送信部34)は、注釈情報を端末装置4に対して送信する(図2の端末装置4と注釈サーバ3との間参照)。

図5は、注釈データベース33に登録される注釈データの構造例である。注釈データは、注釈ID331、URL332、注釈位置(上記位置情報)333、親ID334、および注釈内容335から成る。他に、注釈データベース33に、注釈情報が追記された日時、注釈情報の作者、注釈情報の種別などの属性情報も合わせて登録しても良い。

注釈ID331は、注釈情報を特定するために一意に付けられた識別記号である。URL332は、注釈情報が付加されるデジタルコンテンツへアクセスするためのURLである。URL332をキーとして注釈データベース33を検索することにより、当該デジタルコンテンツに付加される注釈情報を取得することができる。注釈位置333は、上述した位置情報と把握でき、デジタルコンテンツ内での注釈情報が付加される位置を示すものである。当該注釈位置333は、図5のようなx−pointer、画像若しくはデジタルコンテンツ上の、x−y座標値、画像などにおける領域、動画におけるタイムスタンプ情報などである。親ID334は、注釈情報に対する返信を追記したときに登録される情報で、返信元の注釈情報の注釈IDである。例えば、図5の3つめの注釈情報の親IDは、「200701010000001」であるので、1つめの注釈情報に対する返信であることが分かる。注釈内容335は、注釈情報の本文(つまり、上記注釈本文)である。

注釈データベース33は、図5のようにURL332、注釈位置333、親ID334などの属性情報と注釈内容335を1つのテーブルで管理する構造であっても良く、属性情報と注釈内容を別のテーブルで管理し、注釈ID331やデータベース登録順序を示す通し番号など注釈情報に一意に付けられた識別番号でそれらを関連付ける構造であっても良い。

次に、図1,2に示す注釈付デジタルコンテンツ共有システム100を構成する、端末装置4の構成について図6を用いて説明する。図6は、端末装置4の機能ブロック図である。

図6に示すように、端末装置4は、注釈情報の表示、注釈情報の作成・編集を可能とするための注釈ツール機能ブロックを備えている。まず、デジタルコンテンツ及び注釈情報を取得する際のWebブラウザ40及び注釈ツール400の動作について述べる。

端末装置4を操作することによりユーザは、Webブラウザ40のアドレス入力欄にデジタルコンテンツを取得するためのURLを入力する。本発明では、当該入力されたURLが、当該URL(所定のアドレス)に所在する所定のデジタルコンテンツの取得要求であるコンテンツ取得要求信号となる。デジタルコンテンツ取得部401は、送信部47を介して、当該コンテンツ取得要求信号(上記URL)を発信し、これに基づき、Webサーバ1から所定のデジタルコンテンツを取得する。

また他方において、注釈サーバ3の説明の際にも述べたように、端末装置4に搭載された注釈ツール400の注釈情報取得部4000は、送信部47を介して、当該入力されたURLを注釈情報取得要求信号として、注釈サーバ3に発信し、当該URL(注釈情報取得要求信号)に基づいて、注釈サーバ3から当該URLに関連付けられて格納されている注釈情報(上記URLに所在する所定のデジタルコンテンツに付加される注釈情報)を取得する。

取得した注釈情報には、デジタルコンテンツ上の適切な位置に注釈情報を付加するための位置情報が含まれている。コンテンツ解析部4001は、上記で取得したデジタルコンテンツの構造を解析し、注釈情報合成部4002が、取得した注釈情報に含まれる位置情報に相当するデジタルコンテンツ上の箇所に、注釈情報を埋め込む。つまり、注釈情報合成部4002は、注釈情報取得部4000で取得した注釈情報に含まれる位置情報に基づいて決定される、デジタルコンテンツ取得部401で取得したデジタルコンテンツの位置に、注釈情報を合成する。

次に、端末装置4において、デジタルコンテンツに付加する注釈情報を作成・編集する動作について説明する。ここで、デジタルコンテンツは既にWebブラウザ40が取得しているものとする。

注釈編集部4004は、デジタルコンテンツに付加する注釈情報を作成・編集する。また、注釈登録部4005は、注釈情報を、デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて、注釈サーバ3に送信する。ここで、注釈情報には、注釈編集部4004において作成・編集されたデジタルコンテンツにおける注釈情報の、挿入位置である位置情報が含まれている。具体的には、下記の通りである。

ユーザが、端末装置4のマウス等の図示しない入力装置によって、Webブラウザ40上の任意の位置を指定する。すると、コンテンツ解析部4001がデジタルコンテンツの構造を解析して、指示位置取得部4003がデジタルコンテンツ上の位置に変換する。注釈編集部4004は、端末装置4上の表示部45に注釈編集画面を表示する。図7は、当該注釈編集画面の例である。

図示しないキーボード等の入力装置の操作に基づき、注釈編集部4004は、注釈本文入力領域40041に注釈本文を入力する(注釈情報の作成・編集)。キャンセルボタン40042を押下すると、注釈編集画面は閉じる。他方、OKボタン40043を押下する。すると、図6に示す注釈登録部4005は、デジタルコンテンツのURLに関連付けて、位置情報(デジタルコンテンツにおける注釈本文が挿入される位置の情報)を含む注釈情報を注釈サーバ3に送信する。

ここで、注釈編集画面には、図7に示す以外に、注釈入力者の氏名、注釈の種別、デジタルコンテンツ上の位置を示すページ番号やタイムスタンプ情報などの属性情報を入力する領域があっても良い。また、注釈編集画面には、注釈本文入力領域40041のテキストの書式を設定するボタンや、書類を添付するためのボタンなどがあっても良い。

なお、表示部45は、後述するように、仲介サーバ2で注釈情報が合成され、当該仲介サーバ2から送信されたデジタルコンテンツを表示する。また、上記のように、端末装置4で注釈情報が合成されたデジタルコンテンツを、表示する。その他に、表示部45は、図7に示した画像等をも表示する。

本実施の形態に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システム100では、図1,2に示すように、上記の端末装置4及び注釈サーバ3を含む情報共有システム(図3)に加えて、仲介サーバ2を設けている。そして、当該仲介サーバ2側においても、デジタルコンテンツと注釈情報との合成処理を行うことができる。図8は、仲介サーバ2の機能ブロック図である。

受信部25は、端末装置4の送信部47から送信されるコンテンツ取得要求信号を受信する。また、受信部25は、端末装置4の送信部47から送信される注釈情報取得要求信号を受信する。ここで、コンテンツ取得要求信号は、所定のアドレスに所在する所定のデジタルコンテンツの取得要求である。また、注釈情報取得要求信号は、当該所定のアドレスに関連付けられて格納されている、所定のデジタルコンテンツに付加される注釈情報の取得要求である。

本発明では、端末装置4に入力されたURL自身が、コンテンツ取得要求信号および注釈情報取得要求信号として、仲介サーバ2に送信される。仲介サーバ2の注釈情報取得部20から、注釈サーバ3に注釈情報取得要求信号が送信される場合も、注釈情報取得要求信号として、当該URLが注釈サーバ3に送信される。なお、注釈情報取得部20は、注釈情報取得要求信号に基づいて、所定のアドレスに関連付けられて注釈サーバ3に格納されている、位置情報を含む注釈情報を、注釈サーバ3から取得する。

デジタルコンテンツ取得部24は、上記コンテンツ取得要求信号(URL)に基づいて、Webサーバ1から所定のデジタルコンテンツを取得する。具体的に、受信部25が端末装置4から所定のデジタルコンテンツのURLを受信する。すると、デジタルコンテンツ取得部24は、Webサーバ1に対して当該URLを送信する。そして、デジタルコンテンツ取得部24は、当該URLに基づいて、Webサーバ1から当該所定のデジタルコンテンツ(当該URLに所在する所定のデジタルコンテンツ)を取得する。

これと同時に、注釈情報取得部20は、注釈サーバ3に対して上記URLを送信する。そして、注釈情報取得部20は、注釈サーバ3から、当該URLに関連付けて注釈データベース33に格納されている注釈情報を取得する。仲介サーバ2が直接、注釈サーバ3から注釈情報を取得できない場合は、注釈一覧を記述したファイルを介して注釈情報を取得する方法を採用できる。

例えば、注釈サーバ3は、端末装置4から受信した信号に基づいて、仲介サーバ2と注釈サーバ3の双方からアクセス可能な記憶装置の領域に、注釈情報の一覧をURLに関連付けて保存しておく。そして、仲介サーバ2は、端末装置4から受信したURLをキーとして、上記領域を検索して、該当する注釈一覧を取得する。

あるいは、次の一連の方法も採用できる。端末装置4が一定期間内の同一ユーザのアクセスに対して一意に閲覧IDを発行して、閲覧IDを含むURLを仲介サーバ2と注釈サーバ3に送信する。そして、当該URLを受信した注釈サーバ3が、仲介サーバ2と注釈サーバ3の双方からアクセス可能な領域に、取得した注釈の一覧を閲覧IDに関連付けて保存する。そして、注釈サーバ3が注釈一覧の保存を完了した後、仲介サーバ2は、Webサーバ1からデジタルコンテンツを取得するとともに、上記領域から注釈一覧を取得する。これにより、仲介サーバ2と注釈サーバ3の処理を同期させることができる。当該一連の方法により、注釈サーバ3から注釈を取得する処理回数が減少する。よって、注釈サーバ3の負荷を軽減することができる。

図8において、コンテンツ解析部21は、デジタルコンテンツの適切な位置に注釈情報を埋め込むために、Webサーバ1から取得したデジタルコンテンツを解析する。例えば、HTML文書ならばHTMLのタグ構造の解析、画像ならばピクセル値の取得、動画ならばタイムスタンプの取得を行う。なお、指示位置取得部23がデジタルコンテンツ上の位置に変換する。

注釈情報合成部22は、注釈サーバ3から取得した注釈情報に含まれる位置情報に基づいて、解析されたデジタルコンテンツの適切な位置に注釈情報を埋め込む。つまり、注釈情報合成部22は、注釈情報取得部20で取得した注釈情報に含まれる位置情報に基づいて決定される、デジタルコンテンツ取得部24で取得した所定のデジタルコンテンツの位置に、注釈情報を合成する。

また、注釈情報を追記する際に位置情報を指示したり、注釈情報を記述したりするためのツールをデジタルコンテンツ内に埋め込むこともできる。位置情報を指示するツールを埋め込んだ場合、注釈情報を追記する際は、端末装置4が一定期間内のユーザのアクセスに対して一意に発行した閲覧IDに関連付けて、仲介サーバ2と端末装置4または注釈サーバ3の双方からアクセス可能な領域に位置情報を保存する。そして、端末装置4が注釈サーバ3に注釈情報を送信する際に、閲覧IDに基づいて当該注釈位置情報を取得し、注釈情報に付加する。または、前記位置情報を指示するツールが、注釈ツール400がアクセス可能な端末装置4上の領域に位置情報を保存し、注釈情報を送信する際に、前記注釈ツールが当該注釈位置情報を取得し、注釈情報に付加する方法であっても良い。

送信部26は、上記において注釈情報を合成したデジタルコンテンツを、注釈情報取得要求信号およびコンテンツ取得要求信号の発信元である端末装置4に対して送信する。なお、注釈情報合成部22が、当該注釈情報合成後のデジタルコンテンツを端末装置4に送信しても良い。

なお、図6に図示した端末装置4の受信部46が、仲介サーバ2から送信される、上記注釈情報合成後のデジタルコンテンツを受信する。そして、表示部45が、当該受信した注釈情報合成後のデジタルコンテンツを表示する。

一般的には、端末装置4に、Webサーバ1(所望のデジタルコンテンツの所在場所)のアドレス情報(URL)を入力する。すると、端末装置4は結果的に、Webサーバ1からデジタルコンテンツを取得する。しかし、Webサーバ1上のアドレス情報を導出可能な仲介サーバ2のアドレス情報を入力することにより、仲介サーバ2を経由してWebサーバ1からデジタルコンテンツを取得することも可能である。

具体的には、端末装置4上のWebブラウザで、取得するコンテンツのURLを、「http://[仲介サーバ2]?url=http://[Webサーバ1]/aaa.html」と、入力する。すると、仲介サーバ2が一旦、端末装置4からのコンテンツ取得要求信号(URL)を受け取り、「url=」以下の情報を解析する。そして、仲介サーバ2が、「aaa.html」のURLをコンテンツ取得要求信号として、Webサーバ1に送信する。仲介サーバ2が、当該コンテンツ取得要求信号に基づいてWebサーバ1からデジタルコンテンツを取得する。そして、仲介サーバ2は、当該取得したデジタルコンテンツを端末装置4に送信する。

Webブラウザが端末装置4における処理可能な形式の場合は、Webサーバ1上のアドレスを指定して、端末装置4は、Webサーバ1から直接、デジタルコンテンツを取得すれば良い。このとき、端末装置4は、注釈サーバ3から、当該取得するデジタルコンテンツに付加される注釈情報を、直接取得する。

また、Webブラウザが端末装置4で処理できない形式の場合は、上記の方法により、仲介サーバ2を経由して、Webサーバ1からデジタルコンテンツを取得すれば良い。なお、この場合、仲介サーバ2が端末装置4からの要求に応じて、注釈サーバ3から注釈情報を取得する。そして、仲介サーバ2が、取得したデジタルコンテンツに取得した注釈情報を合成して、当該合成後のデジタルコンテンツを、端末装置4に送信する。

つまり、端末装置4は、所定のアドレスに含まれる識別子に従って、注釈情報が付加された所定のデジタルコンテンツを外部から受信するか、所定のデジタルコンテンツをWebサーバ1から取得すると共に、注釈情報を注釈サーバ3から取得するかを、切り替える切替部48(図6参照)を、備えている。換言すれば、当該切替部48は、所定のアドレスに含まれる識別子に従って、Webサーバ1へコンテンツ取得要求信号を送信すると共に、注釈サーバ3へ注釈情報取得要求信号を送信するか、または、中継サーバ2から注釈情報が合成された所定のデジタルコンテンツを受信するかを、切り替える。

これにより、端末装置4では、デジタルコンテンツのアドレス情報に含まれる識別子に従って、デジタルコンテンツをWebサーバ1から直接受信し、注釈サーバ3から注釈情報を直接受信し、端末装置4の注釈ツールにおいて、受信したデジタルコンコンテンツに受信した注釈情報を挿入するのか、あるいは、仲介サーバ2を経由して注釈情報が合成されたデジタルコンテンツを受信するかを、切り替えることができる。

例えば、URLにデジタルコンテンツのファイル拡張子を含め、「拡張子が.htmlなら直接Webサーバ1から、.pdfなら仲介サーバ2を経由する」ようにURLを変換する処理を行う。これにより、デジタルコンテンツの取得先を切り替えることができる。上記識別子とは、例示したようなファイル拡張子であってもよいし、専用の識別子を設けてもよい。このようにすることにより、Webブラウザが処理可能な形式のデジタルコンテンツに関しては、仲介サーバ2を経由しないので、仲介サーバ2の負荷を軽減することができる。逆に、Webブラウザが処理できない形式のデジタルコンテンツに関しては、端末装置4は注釈合成処理を行わないように構成することができるので、端末装置4の負荷を軽減することができる。

次に、本実施の形態に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システム100の動作の概略について説明する。はじめに、端末装置4におけるWebブラウザが処理できない形式のデジタルコンテンツを、当該端末装置4で閲覧する場合について説明する。

端末装置4は、入力されるURLに基づいて切替部48の切替を操作する。次に、端末装置4は、コンテンツ取得要求信号および注釈情報取得要求信号として当該URLを、仲介サーバ2に対して送信する。次に、仲介サーバ2は、Webサーバ1に対して、コンテンツ取得要求信号として当該URLを送信すると共に、注釈サーバ3に対して、注釈情報取得要求信号として当該URLを送信する。上記URLを受信したWebサーバ1は、当該URLに所在する所定のデジタルコンテンツを、仲介サーバ2に対して送信する。他方、上記URLを受信した注釈サーバ3は、当該URLに関連付けて格納されている注釈情報を、仲介サーバ2に対して送信する。

次に、仲介サーバ2は、所定のデジタルコンテンツに、注釈情報を付加する。ここで、当該注釈情報は、注釈情報に含まれる位置情報で特定される所定のデジタルコンテンツの位置に、挿入される。その後、仲介サーバ2は、コンテンツ取得要求信号および注釈情報取得要求信号の発信元である端末装置4に対して、当該注釈情報が付加された所定のデジタルコンテンツを送信する。端末装置4では、当該注釈情報が付加された所定のデジタルコンテンツを閲覧することができる。

なお、上記のように端末装置4で作成・編集された注釈情報は、デジタルコンテンツの挿入位置である位置情報と共に、注釈サーバ3へと送信される。ここで、当該注釈情報は、当該デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて送信される。注釈サーバ3では、当該アドレスに関連付けて注釈情報を格納する。なお、位置情報が仲介サーバ2上の領域に保存されている場合は、前記閲覧ID等の端末装置4と指示された位置情報を関連付ける識別情報に基づいて、当該位置情報をあらかじめ取得しておく必要があることは言うまでもない。または、端末装置4で作成・編集された注釈情報を直接、注釈サーバ3に送信するのではなく、仲介サーバ2へと送信しても良い。この場合、仲介サーバ2の受信部25は、当該位置情報を受信する。そして、仲介サーバ2の送信部26は、当該アドレスと関連付けて注釈情報を、注釈サーバ3に送信する。

次に、端末装置4におけるWebブラウザが処理できる形式のデジタルコンテンツを、当該端末装置4で閲覧する場合について説明する。

端末装置4は、入力されるURLに基づいて切替部48の切替を操作する。次に、端末装置4は、コンテンツ取得要求信号として当該URLを、Webサーバ1に対して送信する。また、端末装置4は、注釈情報取得要求信号として当該URLを、注釈サーバ3に対して送信する。上記URLを受信したWebサーバ1は、当該URLに所在する所定のデジタルコンテンツを、端末装置4に対して直接送信する。他方、上記URLを受信した注釈サーバ3は、当該URLに関連付けて格納されている注釈情報を、端末装置4に対して直接送信する。

次に、端末装置4は、所定のデジタルコンテンツに、注釈情報を付加する。ここで、当該注釈情報は、注釈情報に含まれる位置情報で特定される所定のデジタルコンテンツの位置に、挿入される。その後、端末装置4では、当該注釈情報が付加された所定のデジタルコンテンツを閲覧することができる。

なお、上記のように端末装置4で作成・編集された注釈情報は、デジタルコンテンツの挿入位置である位置情報と共に、注釈サーバ3へと直接送信することができる。ここで、当該注釈情報は、当該デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて送信される。そして、注釈サーバ3では、当該アドレスに関連付けて注釈情報を格納する。

以上のように、本実施の形態に係るシステム100は上記のように構成されているので、端末装置4のブラウザが処理できない形式を含め、様々なデジタルコンテンツに対する注釈情報を扱うことができるようになる。さらに、注釈サーバの機能及び注釈データベースの構造は、Annoteaプロジェクトの提唱に従うため、一般に公開された注釈サーバを利用することができるので、注釈サーバ3の構築が容易である。

また、注釈サーバ3において、デジタルコンテンツのURL(アドレス)に関連付けて注釈情報を格納する。これにより、特定のユーザ間のみならず、当該デジタルコンテンツにアクセス可能な不特定多数のユーザ間においても、注釈情報を共有することが可能となる。

なお、上記のように、端末装置4において、端末装置4のWebブラウザが処理可能な形式のデジタルコンテンツと注釈情報との合成処理ができる。これにより、仲介サーバ2の負荷を軽減することができる。他方、端末装置4のWebブラウザが処理できないデジタルコンテンツの場合、端末装置4は注釈合成処理を行わず、仲介サーバ2が代行するので、端末装置の負荷を軽減することができる。

<実施の形態2>
図9は、本実施の形態に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システム200の全体構成を示す図である。

また、図9では、各装置間のデータ、信号の流れも図示している。Webサーバ61、仲介サーバ62、注釈サーバ63および端末装置64は、ネットワークを介して相互に接続されている。端末装置64は、仲介サーバ62を経由して、注釈情報が合成されたデジタルコンテンツを取得する。

具体的には、端末装置64は、コンテンツ取得要求信号および注釈情報取得要求信号として当該URLを、仲介サーバ62に対して送信する。次に、仲介サーバ62は、Webサーバ61に対して、コンテンツ取得要求信号として当該URLを送信すると共に、注釈サーバ63に対して、注釈情報取得要求信号として当該URLを送信する。上記URLを受信したWebサーバ61は、当該URLに所在する所定のデジタルコンテンツを、仲介サーバ62に対して送信する。他方、上記URLを受信した注釈サーバ63は、当該URLに関連付けて格納されている注釈情報を、仲介サーバ62に対して送信する。

次に、仲介サーバ62は、所定のデジタルコンテンツに、注釈情報を付加する。ここで、当該注釈情報は、注釈情報に含まれる位置情報で特定される所定のデジタルコンテンツの位置に、挿入される。その後、仲介サーバ62は、コンテンツ取得要求信号および注釈情報取得要求信号の発信元である端末装置64に対して、当該注釈情報が付加された所定のデジタルコンテンツを送信する。端末装置64では、当該注釈情報が付加された所定のデジタルコンテンツを閲覧することができる。

なお、端末装置64で作成・編集された注釈情報は、デジタルコンテンツの挿入位置である位置情報と共に、仲介サーバ62へと送信される。ここで、当該注釈情報は、当該デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて送信される。そして、仲介サーバ62は、当該アドレスと関連付けて注釈情報を、注釈サーバ63に送信する。注釈サーバ63では、当該アドレスに関連付けて注釈情報を格納する。

実施の形態1では、端末装置4は切替部48を備えている。そして、端末装置4におけるWebブラウザが処理できない形式のデジタルコンテンツを当該端末装置4で閲覧する場合と、端末装置4におけるWebブラウザが処理できる形式のデジタルコンテンツを当該端末装置4で閲覧する場合とで、仲介サーバ2を経由する経路を使用するかしないかを変更させている。

本実施の形態では、デジタルコンテンツの種類に関わらず、仲介サーバ62を経由して、Webサーバ61からデジタルコンテンツ、注釈サーバ63から注釈情報を取得する。そして、仲介サーバ62で、デジタルコンテンツに注釈情報を合成した後に、当該合成後のデジタルコンテンツを、端末装置4に送信する。

したがって、本実施の形態に係る端末装置64の構成は、図6の構成から切替部48、注釈情報取得部4000、コンテンツ解析部4001、注釈情報合成部4002、および指示位置取得部4003を除いた構成と、同等である。または、端末装置64の構成を、図6の構成から注釈ツール4を除いたものとし、仲介サーバ62のデジタルコンテンツ取得部24が、端末装置64において注釈を作成、編集できるようにする注釈ツールをデジタルコンテンツ内に埋め込んで端末装置64に送信する構成でもよい。注釈を作成、編集できるようにする注釈ツールは、指示位置取得部4003、注釈編集部4004、注釈登録部4005を含む。また、本実施の形態に係る仲介サーバ62および注釈サーバ63は、図8および図4に示す構成と同等である。

注釈付デジタルコンテンツ共有システム200の構成を上記のようにすることにより、端末装置64のブラウザが処理できない形式を含め、様々なデジタルコンテンツに対する注釈情報を扱うことができるようになる。さらに、注釈サーバ63の機能及び注釈データベースの構造はAnnoteaプロジェクトの提唱に従うため、一般に公開された注釈サーバ63を利用することができる。したがって、注釈サーバ63の構築が容易である。

また、実施の形態1では、端末装置4と仲介サーバ2の双方が、注釈サーバ3から注釈情報を取得できる構成となっていた。これに対して、本実施の形態では、仲介サーバ62のみが、注釈サーバ63から注釈情報を取得できるように構成されれば良い。したがって、注釈サーバ63の負荷を低減することができる。

また、実施の形態1と同様に本実施の形態においても、一般に公開された注釈サーバ63を活用して、不特定多数のユーザ間での様々なデジタルコンテンツに対する注釈情報の共有が実現できる。

ところで、実施の形態1において、端末装置4で作成・編集された注釈情報を注釈サーバ3へ送信する場合には、端末装置4が注釈サーバ3に端末装置4で作成・編集した注釈情報を送信する。この場合、端末装置4は、データベースに注釈情報が格納されたことを示す通知を、注釈サーバ3から受け取る。そして、端末装置4は、仲介サーバ2に当該デジタルコンテンツの表示更新、すなわち再読込要求を送信する。この場合において、当該デジタルコンテンツの表示更新の際は、仲介サーバ2および端末装置4の何れかから、注釈サーバ3に注釈取得要求を送信する。

これに対して、実施の形態2では、端末装置64で作成・編集された注釈情報は、仲介サーバ62を経由して注釈サーバ63に送信する構成としている。注釈サーバ63では、受信した前記注釈情報をデータベースに追加する。また、実施の形態2では、仲介サーバ2は、注釈サーバ63からデータベースに追加された注釈情報を取得して、デジタルコンテンツと注釈情報を合成した合成デジタルコンテンツを端末装置64に送信する。

したがって、端末装置64からの再読込が不要になり、再読込による端末装置64から注釈サーバ63への注釈取得要求もなくなる。これにより、仲介サーバ62及び注釈サーバ63の負荷を軽減することができ、端末装置64に関しても、注釈付加後の当該デジタルコンテンツの表示更新が高速化できる。実施の形態1において、端末装置4で作成・編集された注釈情報を仲介サーバ2を経由して注釈サーバ3へ送信する場合には、実施の形態2と同様に端末装置4からの再読込が不要となる。よって、上記と同様に、注釈付加後の当該デジタルコンテンツの表示更新を高速化できる。

また、実施の形態2に係る構成により、一般に公開された注釈サーバ63を活用して、端末装置64のWebブラウザ自身が処理可能な形式及び処理不可能な形式を含む様々なデジタルコンテンツに対する注釈を表示、共有することができる。

また、実施の形態1の構成の場合には、端末装置4でのWebブラウザが処理可能な形式のデジタルコンテンツに関しては、仲介サーバ2を経由しない。これにより、仲介サーバ2の負荷を軽減することができる。他方、端末装置4でのWebブラウザが処理できない形式のデジタルコンテンツに関しては、端末装置4は注釈情報合成処理を行わないように構成することができる。これにより、端末装置4の負荷を軽減することができる。また、実施の形態1の端末装置4は、Annoteaクライアントにほとんど手を加えずに実現することができる。これにより、実施の形態2と比較して、端末装置4の構成を容易に実現できる。

なお、端末装置64でWebブラウザが処理可能な形式のデジタルコンテンツを、当該端末装置64が取得要求した場合には、端末装置64に入力されたURLの識別子等を判断し、仲介サーバ62は、Webサーバ62から取得したデジタルコンテンツと注釈サーバ63から取得した注釈情報とを、上記注釈情報の合成処理を行わず、端末装置64に送信しても良い。この場合には、端末装置64は図6で示した構成と同様の構成を有する必要がある。そして、当該端末装置64において、デジタルコンテンツに注釈情報を付加する。

本発明に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システムの構成を示す図である。 実施の形態1に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システムの構成および信号の流れを示す図である。 Annoteaプロジェクトによる情報共有方法を示す全体構成図である。 注釈サーバの構成を示す機能ブロック図である。 注釈データベースの構造を示す図である。 端末装置の構成を示す機能ブロック図である。 注釈編集画面の例を示す図である。 仲介サーバの構成を示す機能ブロック図である。 実施の形態2に係る注釈付デジタルコンテンツ共有システムの構成および信号の流れを示す図である。

符号の説明

1,61 Webサーバ、2,62 仲介サーバ、3,63 注釈サーバ、4,4a,4b,64 端末装置、5 ネットワーク、20,32,4000 注釈情報取得部、21,4001 コンテンツ解析部、22,4002 注釈情報合成部、23,4003 指示位置取得部、24,401 デジタルコンテンツ取得部、25,34,46 受信部、26,35,47 送信部、31 注釈情報格納部、33 注釈データベース、40 Webブラウザ、45 表示部、48 切替部、400 注釈ツール、4004 注釈編集部、4005 注釈登録部、100,200 注釈付デジタルコンテンツ共有システム。

Claims (7)

  1. ネットワーク回線を介して相互に接続されている、Webサーバと端末装置と注釈サーバと仲介サーバとを、備えており、
    前記端末装置は、
    前記Webサーバへ前記コンテンツ取得要求信号を送信すると共に前記注釈サーバへ前記注釈情報取得要求信号を送信することで、前記Webサーバから前記所定のデジタルコンテンツを取得すると共に前記注釈サーバから前記注釈情報を取得し、前記注釈情報に含まれる位置情報に基づいて決定される、前記所定のデジタルコンテンツの位置に、前記注釈情報を合成する第1のモードと、
    前記仲介サーバへ前記コンテンツ取得要求信号および前記注釈情報取得要求信号を送信することで、前記仲介サーバから前記注釈情報が合成された前記所定のデジタルコンテンツを受信する第2のモードと
    のモード切り替えが可能であり、
    所定のアドレスに所在する所定のデジタルコンテンツの取得要求であるコンテンツ取得要求信号と、前記所定のデジタルコンテンツに合成される注釈情報の取得要求信号である注釈情報取得要求信号とを外部へ送信する際に、前記第1のモードであることを識別するための第1の識別子と、前記第2のモードであることを識別するための第2の識別子のいずれか一方の識別子を前記所定のアドレスに含めることで、前記モード切り替えを行い、
    前記注釈サーバは、
    外部から受信した、位置情報を含む注釈情報を、所定のアドレスに関連付けて格納しており、前記注釈情報取得要求信号に応じて前記注釈情報を送信し、
    前記Webサーバは、
    前記コンテンツ取得要求信号に応じて前記所定のデジタルコンテンツを送信し、
    前記仲介サーバは、
    前記コンテンツ取得要求信号と、前記注釈情報取得要求信号とを、前記端末装置から受信した際に、前記所定のアドレスに前記第2の識別子が含まれている場合には、
    前記コンテンツ取得要求信号に基づいて、前記Webサーバから、前記所定のデジタルコンテンツを取得し、
    前記注釈情報取得要求信号に基づいて、前記注釈サーバから、前記所定のアドレスに関連付けられて格納されている前記注釈情報を取得し、
    取得した前記注釈情報に含まれる前記位置情報に基づいて決定される、取得した前記所定のデジタルコンテンツの位置に、前記注釈情報を合成し、
    前記注釈情報を合成した前記所定のデジタルコンテンツを、前記コンテンツ取得要求信号および前記注釈情報取得要求信号の発信元の前記端末装置に送信する、
    ことを特徴とする注釈付デジタルコンテンツ共有システム。
  2. 前記端末装置は、
    デジタルコンテンツに付加する前記注釈情報を作成・編集することができ、
    前記デジタルコンテンツにおける合成位置である前記位置情報を含む前記注釈情報を、前記デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて、前記仲介サーバに送信し、
    前記仲介サーバは、
    前記端末装置から受信した、前記アドレスに関連付けられた前記注釈情報を、前記注釈サーバに送信する、
    ことを特徴とする請求項1に記載の注釈付デジタルコンテンツ共有システム。
  3. 前記端末装置は、
    デジタルコンテンツに付加する前記注釈情報を作成・編集することができ、
    前記デジタルコンテンツにおける合成位置である前記位置情報を含む前記注釈情報を、前記デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて、前記注釈サーバに送信する、
    ことを特徴とする請求項に記載の注釈付デジタルコンテンツ共有システム。
  4. 所定のアドレスに所在する所定のデジタルコンテンツの取得要求であるコンテンツ取得要求信号と、前記所定のデジタルコンテンツに合成される前記注釈情報の取得要求信号である注釈情報取得要求信号とを、外部から受信する受信部と、
    受信した前記コンテンツ取得要求信号および前記注釈情報取得要求信号に応じて前記注釈情報が合成された前記所定のデジタルコンテンツを生成して返送することを要求する第2のモードを識別するための第2の識別子が前記所定のアドレスに含まれている場合には、前記コンテンツ取得要求信号に基づいて、外部から前記所定のデジタルコンテンツを取得する、デジタルコンテンツ取得部と、
    前記第2の識別子が前記所定のアドレスに含まれている場合には、前記注釈情報取得要求信号に基づいて、前記所定のアドレスに関連付けられて格納されている、位置情報を含む前記注釈情報を、外部から取得する注釈情報取得部と、
    前記第2の識別子が前記所定のアドレスに含まれている場合には、前記注釈情報取得部で取得した前記注釈情報に含まれる前記位置情報に基づいて決定される、前記デジタルコンテンツ取得部で取得した前記所定のデジタルコンテンツの位置に、前記注釈情報を合成する注釈情報合成部と、
    前記第2の識別子が前記所定のアドレスに含まれている場合には、前記注釈情報を合成した前記所定のデジタルコンテンツを、前記コンテンツ取得要求信号と前記注釈情報取得要求信号の発信元に送信する、送信部とを、備えている、
    ことを特徴とする仲介サーバ。
  5. 前記受信部は、
    前記デジタルコンテンツにおける合成位置である前記位置情報とを含む、外部装置で作成・編集された前記注釈情報を、前記デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて、前記外部装置から受信し、
    前記送信部は、
    前記受信部で受信した前記注釈情報を、前記アドレスと関連付けて、外部記憶装置に送信する、
    ことを特徴とする請求項に記載の仲介サーバ。
  6. 所定のアドレスに所在する所定のデジタルコンテンツの取得要求であるコンテンツ取得要求信号と、前記所定のデジタルコンテンツに合成される注釈情報の取得要求信号である注釈情報取得要求信号とを、外部へ送信する送信部と、
    前記コンテンツ取得要求信号および前記注釈情報取得要求信号に基づいて、外部から、前記注釈情報が合成された前記所定のデジタルコンテンツを受信する、受信部と
    第一の外部サーバに送信された前記コンテンツ取得要求信号に基づいて、前記所定のアドレスに所在する前記所定のデジタルコンテンツを、前記第一の外部サーバから取得することができるデジタルコンテンツ取得部と、
    第二の外部サーバに送信された前記注釈情報取得要求信号に基づいて、前記所定のアドレスに関連付けて外部記憶装置に格納されている、位置情報を含む前記注釈情報を、前記第二の外部サーバから取得することができる、注釈情報取得部と、
    前記注釈情報取得部で取得した前記注釈情報に含まれる前記位置情報に基づいて決定される、前記デジタルコンテンツ取得部で取得した前記所定のデジタルコンテンツの位置に、前記注釈情報を合成することができる注釈情報合成部と、
    前記所定のアドレスに含まれる識別子に従って、前記第一の外部サーバへ前記コンテンツ取得要求信号を送信すると共に前記第二の外部サーバへ前記注釈情報取得要求信号を送信するか、または、他の外部サーバから前記注釈情報が合成された前記所定のデジタルコンテンツを受信するかを、切り替える切替部とを、備えている、
    ことを特徴とする端末装置。
  7. デジタルコンテンツに付加する前記注釈情報を作成・編集する注釈編集部と、
    前記デジタルコンテンツにおける合成位置である前記位置情報を含む、前記注釈編集部において作成・編集された前記注釈情報を、前記デジタルコンテンツの所在を示すアドレスと関連付けて、外部に送信する、注釈登録部とを、さらに備えている、
    ことを特徴とする請求項に記載の端末装置。
JP2008042557A 2008-02-25 2008-02-25 注釈付デジタルコンテンツ共有システムおよび仲介サーバおよび端末装置 Expired - Fee Related JP4934611B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008042557A JP4934611B2 (ja) 2008-02-25 2008-02-25 注釈付デジタルコンテンツ共有システムおよび仲介サーバおよび端末装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008042557A JP4934611B2 (ja) 2008-02-25 2008-02-25 注釈付デジタルコンテンツ共有システムおよび仲介サーバおよび端末装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009199500A JP2009199500A (ja) 2009-09-03
JP4934611B2 true JP4934611B2 (ja) 2012-05-16

Family

ID=41142901

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008042557A Expired - Fee Related JP4934611B2 (ja) 2008-02-25 2008-02-25 注釈付デジタルコンテンツ共有システムおよび仲介サーバおよび端末装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4934611B2 (ja)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2012056726A1 (ja) * 2010-10-29 2012-05-03 パナソニック株式会社 コミュニケーションサービスシステム
JP5058392B2 (ja) * 2010-10-29 2012-10-24 パナソニック株式会社 コミュニケーションサービスシステム
US10084840B2 (en) 2013-01-31 2018-09-25 Art Research And Technology, L.L.C. Social networking with video annotation
WO2014121114A1 (en) * 2013-01-31 2014-08-07 Hirschfeld David Social networking with video annotation
WO2018052458A1 (en) * 2016-09-19 2018-03-22 Hirschfeld David Social networking with video annotation
JP6282970B2 (ja) * 2014-11-26 2018-02-21 日本電信電話株式会社 データ収集方法、データ収集装置、及びプログラム
CN107507094A (zh) * 2017-07-20 2017-12-22 咪咕数字传媒有限公司 一种信息处理方法、装置及存储介质

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3594231B2 (ja) * 1999-11-30 2004-11-24 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation 情報制御システム、情報処理支援サーバ、情報処理端末、情報処理方法および記憶媒体
JP2002015005A (ja) * 2000-06-29 2002-01-18 Fujitsu Ltd 情報提供方法及びシステム
JP3771831B2 (ja) * 2001-11-01 2006-04-26 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation デジタル・コンテンツに付加されるアノテーション情報を共有するためのコンピュータ・システムおよびプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
JP2009199500A (ja) 2009-09-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7716281B2 (en) Method and system for transferring content from the web to mobile devices
JP5241827B2 (ja) ドメイン間通信
US7051119B2 (en) Method and system for enabling a script on a first computer to communicate and exchange data with a script on a second computer over a network
US7558876B2 (en) Enhanced information and presence service
US6763388B1 (en) Method and apparatus for selecting and viewing portions of web pages
US7478105B2 (en) E-mail based Semantic Web collaboration and annotation
US7149776B1 (en) System and method for real-time co-browsing
US8024400B2 (en) Method and system for transferring content from the web to mobile devices
US20020002451A1 (en) Translating system and translating apparatus
US20080288459A1 (en) Web page transcoding method and system applying queries to plain text
US20010042098A1 (en) Facilitating annotation creation and notification via electronic mail
US6581061B2 (en) Remote web site authoring system and method
JP4456485B2 (ja) ポータル・サーバにおいてポートレットの集合を管理する方法および装置
JP2010532884A (ja) 情報コンテンツの一部分をクライアント装置に与える方法およびシステム
US20060230021A1 (en) Integration of personalized portals with web content syndication
JP3535046B2 (ja) サーバによる文書の提供方法及び媒体
Lathem et al. Sa-rest and (s) mashups: Adding semantics to restful services
JP4473128B2 (ja) ウェブ・ポータルの関連するポートレットが、同期されたコンテンツ表示のために協働することを可能にする方法および装置
US20040205620A1 (en) Information distributing program, computer-readable recording medium recorded with information distributing program, information distributing apparatus and information distributing method
KR100490734B1 (ko) 주석기반 문서 자동 생성장치 및 방법
US8103737B2 (en) System and method for previewing hyperlinks with ‘flashback’ images
US7467391B2 (en) Allowing client applications to programmatically access web sites
US20110258526A1 (en) Web content annotation management web browser plug-in
JP2005538435A (ja) リンク生成システム
JP4643888B2 (ja) マルチメディア協調作業システム、そのクライアント/サーバ、方法、記録媒体、及びプログラム

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20100427

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20100427

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100618

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20101217

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111110

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120119

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120214

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120220

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4934611

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150224

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees