JP4921363B2 - ソフトウエアプログラムの同期方法 - Google Patents

ソフトウエアプログラムの同期方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4921363B2
JP4921363B2 JP2007525178A JP2007525178A JP4921363B2 JP 4921363 B2 JP4921363 B2 JP 4921363B2 JP 2007525178 A JP2007525178 A JP 2007525178A JP 2007525178 A JP2007525178 A JP 2007525178A JP 4921363 B2 JP4921363 B2 JP 4921363B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
software programs
software
synchronization manager
software program
application profile
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007525178A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008510207A (ja
Inventor
マルティン ゲルデス,
シルケ ホルトマンス,
マルコ スクバ,
ラファエル クイネット,
Original Assignee
テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル) filed Critical テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)
Priority to PCT/EP2004/009148 priority Critical patent/WO2006018030A1/en
Publication of JP2008510207A publication Critical patent/JP2008510207A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4921363B2 publication Critical patent/JP4921363B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F8/00Arrangements for software engineering
    • G06F8/60Software deployment
    • G06F8/65Updates
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/10Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network
    • H04L67/1095Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network for supporting replication or mirroring of data, e.g. scheduling or transport for data synchronisation between network nodes or user terminals or syncML
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/30Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications involving profiles
    • H04L67/303Terminal profiles
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/34Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications involving the movement of software or configuration parameters

Description

本発明は、計算及び通信に関し、特に第1のデバイスから第2のデバイスへの1以上のソフトウエアプログラムの同期方法に関する。
最近ユーザは、パーソナルコンピュータ、ラップトップコンピュータ、パーソナルディジタルアシスタント、スマートフォン、移動電話機、及びソフトウエアプログラムを動作させ、データを処理し、かつ伝達することができるその他のデバイスなど、益々多くのデバイスの登場を目の当たりにしている。ユーザの負の体験や良好なデバイスの機能が使われないことを避けるためには、複数デバイス間の同期が重要な課題である。
例えば、スクリーンサイズ、計算能力、オペレーティングシステム、無線アプリケーションパートユーザプロファイル作業部会(Wireless Application Part User Profile Agent、WAP UAP)による無線アプリケーションパートのバージョンなど、ユーザに依存しないようなデバイスの機能を同期させることが知られている。さらに、電子カレンダー入力、アドレス帳入力、又は電子メールのようなユーザデータは、複数デバイス間で同期させることができる。例えば、パーソナルコンピュータにおける電子カレンダーへのカレンダー入力は、移動電話機における電子カレンダーとの同期又はその逆が可能である。SyncMLSyncプロトコルは、SyncMLクライアントとSyncMLサーバとの間のユーザデータの同期をサポートするプロトコルであるが、これについては、オープン・モバイル・アライアンス(OMA)のウエブページに掲載されているSyncMLSyncプロトコル、バージョン1.1(2001年2月15日)を参照されたい。
ユーザが第1のデバイスから第2のデバイスへ移動すると、ユーザは、第1のデバイスにおいて常に動作させるソフトウエアプログラムが、第2のデバイスに存在しない、という問題に通常直面する。例えばユーザは、第1のデバイスにおいて第1の種類の電子カレンダーを使用することがあるが、第2のデバイスを動作させる場合、全く異なるユーザインタフェース及び動作特性を持つ第2の種類の電子カレンダーのみしか見当たらないことがある。例えば、SyncMLを介して、カレンダー入力を同期させることは可能であることもあるが、2つのデバイスにおいて同じ目的のソフトウエアプログラムの異なるユーザインタフェース及び異なる操作性に適応することをユーザに要求するのは極めてユーザフレンドリーではない。ユーザが常に動作させるソフトウエアプログラムが存在しない新しいデバイスをユーザが買う場合、上記の問題がまた発生する。
例えば、革新的な製品が登場したり、開発から市場へ出るまでの期間が非常に短くなったり、ニッチなデバイスの数が増加したり、目新しいデバイスへの需要が増加したりすることで、ユーザが使用可能なデバイスの数は増加し、その種類も多様化するため、上記の問題はさらに顕在化する。一方、益々短い時間間隔でリプレースされるデバイスの数が増加するにつれ、ユーザは、同一のソフトウエアプログラムをユーザのデバイスにおいて動作させたいと望むようになろう。なぜなら、ソフトウエアプログラムの習得時間が減少するからである。よって、ユーザが第1のデバイスにおいて常に動作させるソフトウエアプログラムを、1以上の他のデバイスにも提供するための解決手段が必要なのである。
上記の課題に対する解決手段を提供する、方法、デバイス及びコンピュータプログラムを提供することが本発明の目的である。
この目的は、請求項1に記載のような方法により達成される。さらに本発明は、請求項9に記載の同期マネージャ、請求項17及び21に記載のデバイス、及び請求項23に記載のコンピュータプログラムにより実現される。有利な実施形態は、さらなる請求項において記載される。
本発明は、第1のデバイスから第2のデバイスへ1以上のソフトウエアプログラムを同期させる方法を開示する。まず、アプリケーションプロファイルを作成する。アプリケーションプロファイルは、第1のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムを示し、さらに前記1以上のソフトウエアプログラムを提供している1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示す。アプリケーションプロファイルは、1以上のソフトウエアプログラムを指示するための、少なくとも1つのソフトウエアプログラム名及び1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示すための少なくとも1つのノードアドレスを含むことができる。アプリケーションプロファイルは、1以上のソフトウエアプログラムについての少なくとも1つのバージョンを示すための少なくとも1つのバージョンインディケータやライセンスが必要かどうかを示すためのライセンスインディケータの少なくとも一つをさらに含むことができる。
本方法は、続いて同期マネージャにアプリケーションプロファイルを提供する。1以上のソフトウエアプログラム及び1以上のソフトウエアプログラム提供ノードは、アプリケーションプロファイルにより同期マネージャが特定する。アプリケーションプロファイルは、第1のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムを示すだけでなく、前記1以上のソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示す。例えば同期マネージャは、1以上のソフトウエアプログラムとソフトウエアプログラム提供ノードを特定することができる。1以上のソフトウエアプログラムは、アプリケーションプロファイルに含まれている少なくとも1以上のソフトウエアプログラム名にしたがって特定される。また、1以上のソフトウエアプログラム名を提供可能なソフトウエアプログラム提供ノードは、アプリケーションプロファイルに含まれている少なくとも1つのノードアドレスにより特定される。さらに、ソフトウエアプログラムのバージョンは、アプリケーションプロファイルに含まれているバージョンインディケータに基づいて特定される。
さらに同期マネージャは、1以上のソフトウエアプログラムを転送するよう1以上のソフトウエアプログラム提供ノードに要求する。最後に、1以上のソフトウエアプログラムは、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから第2のデバイスに転送される。
本発明は、アプリケーションプロファイル及び同期マネージャの使用に基づく同期により、ユーザが第1のデバイスにおいて常に動作させる1以上のソフトウエアプログラムを、第2のデバイスにおいてもユーザに提供する。
よって、第1のデバイス上のソフトウエアプログラムを、ソフトウエアプログラム提供ノードから第2のデバイスへ非常に柔軟かつ便利な方法で転送することができ、ユーザはこれらのソフトウエアプログラムを第2のデバイス上でも自動的に取得できる。さらに、ユーザフレンドリー性、デバイス変更の受容性及び複数デバイスでの稼動性が保証される。
好ましい実施形態によれば、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部に対しては、1以上の対応するソフトウエアプログラムが存在する。対応するソフトウエアプログラムは、アプリケーションプロファイルが示すようなソフトウエアプログラムに対応するソフトウエアプログラムである。例として、アプリケーションプロファイルにしたがったソフトウエアプログラム及び対応するソフトウエアプログラムは、同じ名称を有するが、バージョンに関しては異なることがある。1以上の対応するソフトウエアプログラムが存在する場合、1以上の対応するソフトウエアプログラムを、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラムの前記一部に代えるか、又は追加して転送すれば、有利であろう。この対応する1以上のソフトウエアプログラムの転送は、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラムの前記一部及び1以上の対応するソフトウエアプログラムの分析、例えばバージョンインディケータの比較による結果でありうる。従って、1以上の対応するソフトウエアプログラムを転送することで、1以上のソフトウエアプログラムをユーザに提供する。このソフトウエアプログラムは、ユーザがユーザの第1のデバイスにおいて常に動作させる、1以上のソフトウエアプログラムと同じように、又は極めて類似して動作させることができる。例えば、より新しいバージョンのものであったり、又は第2のデバイスにより良く適応するといった利点を提供するものであってもよい。アプリケーションプロファイルによる1以上のソフトウエアプログラム及び1以上の対応するソフトウエアプログラムの双方を転送すれば、例えば転送対象のソフトウエアプログラムをユーザが選択できるように提示するメニューにより、ユーザが使用することを好む1以上のソフトウエアプログラムを選択することをユーザに可能にすることができる。
別の好ましい実施形態によれば、アプリケーションプロファイルは、ライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部を示し、かつ特定するための少なくとも1つのライセンスインディケータを含む。ライセンスインディケータは、ライセンスを含むことができる。ライセンスが必要であることが確認されると、ライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムの前記一部を提供可能な1以上のソフトウエアプログラム格納装置から第2のデバイスへと、当該一部の転送を承認するよう、ライセンスオーソリティの装置(以下、ライセンス当局)へ要求する。ライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムの前記一部は、1以上のソフトウエアプログラム格納装置から取得可能である。ライセンス当局は、例えば、ライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノードへ、1以上のメッセージを送信し、これら1以上のソフトウエアプログラム提供ノードに前記1以上のソフトウエアプログラムを開放し、第2のデバイスへ転送するように指示することにより、転送を承認することができる。ライセンスソフトウエアプログラムのプロバイダは、代表的に単一のデバイス、即ち第1のデバイスにおいて使用されるソフトウエアプログラムに対してライセンスを付与するので、ライセンス当局による承認は同期に対する制御をさらにもたらすことになる。ソフトウエアプログラムを次に第2のデバイスにおいて使用しようとすれば、ライセンスの更新が必要である。関係する課金、例えば第2のデバイス上へと転送された1以上のソフトウエアプログラムを動作させるためのライセンスに対する課金を伴うこともあれば、伴わないこともある。
第1のデバイス、第2のデバイス、第1のデバイスユーザ、第2のデバイスユーザ及びソフトウエア提供ノードのうちの少なくとも1つについての識別情報の少なくとも1つを確認した後で、1以上のソフトウエアプログラムを第2のデバイスへ転送するための少なくとも1つの認証工程を導入することにより、セキュリティを高めることができる。第1のデバイスユーザ及び第2のデバイスユーザは、大部分の場合同一であるが、第2のデバイスユーザは、第1のデバイスユーザと少なくとも一時的に異なりうる。例えば、ソフトウエアプログラムの第2のデバイスへの転送に対して管理者の権限が必要であれば、第1のデバイスユーザは、管理者に1以上のソフトウエアプログラムの転送に対する認証の実施を要求することができる。転送が完了した後で、第1のデバイスユーザや管理者の少なくとも一方は、転送した1以上のソフトウエアプログラムを第2のデバイス上で動作させることができる。さらに、第1のデバイス及び第2のデバイスについての同一かつ一人のユーザは、認証に対して1つかつ同一の識別情報を使用できてもよいし、代替案として、異なる識別情報を使用できてもよい。
さらなる高度化には、転送された1以上のソフトウエアプログラムの選択的な課金の工程を含む。例えば、転送されたソフトウエアプログラムについて全て課金するのではなく、ライセンスが必要なものにだけ課金してもよいし、及び/又は、追加又は置き換えとして転送された1以上の対応するソフトウエアプログラムを転送したときにのみ課金するようにしてもよい。従って、選択的課金は、本発明による同期サービスのための知的な課金ツールといえよう。
アプリケーションプロファイルは、第1のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムに変化があればいつでも作成することができる。変化の例は、第1のデバイスへの新しいプログラムの転送又はインストールする場合や、第1のデバイス上での少なくとも1つのソフトウエアプログラムの削除、動作停止又は変更の場合などである。従って、ソフトウエアプログラムの変更の発生により、アプリケーションプロファイルの作成を起動する場合、第1のデバイスにおける現在のソフトウエアプログラムを示すようアプリケーションプロファイルを更新することができるか否かを確認してもよい。
本発明は、さらに以下において説明する同期マネージャ、デバイス及びコンピュータプログラムにおいて実現される。
同期マネージャは、第1のデバイスから第2のデバイスへ1以上のソフトウエアプログラムを同期させるものとして開示される。同期マネージャは、第1のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ前記1以上のソフトウエアプログラムを提供する1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示すアプリケーションプロファイルを受信するように構成されている。同期マネージャは、アプリケーションプロファイルにより1以上のソフトウエアプログラム及び1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを特定するようにさらに構成されてもよい。例えば、同期マネージャは、1以上のソフトウエアプログラムを示す少なくとも1つのソフトウエアプログラム名、及び、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示す少なくとも1つのノードアドレスを含む、アプリケーションプロファイルを処理し、1以上のソフトウエアプログラム及び1以上のソフトウエアプログラム提供ノードをそれぞれ特定するように構成することができる。同期マネージャは、1以上のソフトウエアプログラムを第2のデバイスへ転送するよう、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードに要求するように、さらに構成されてもよい。
好ましい実施形態によれば、同期マネージャは、1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも1つのバージョンを特定するために、1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも1つのバージョンを示す、少なくとも1つのバージョンインディケータを含むアプリケーションプロファイルを処理するようにさらに構成されてもよい。
アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部に対して、1以上の対応するソフトウエアプログラムが存在することがある。この場合、同期マネージャは、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラムの前記一部及び1以上の対応するソフトウエアプログラムの分析の結果として、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラムの前記一部と置換するか又は追加して転送される1以上の対応するソフトウエアプログラムを、例えば受け入れるか、インストールか又は廃棄するために処理するように構成されていることが好ましい。
別の好ましい実施形態によれば、同期マネージャは、1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部が、ライセンスを必要とすることを示す、少なくとも1つのライセンスインディケータを含むアプリケーションプロファイルを処理するように構成されてもよい。これにより、同期マネージャは、ライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムの前記一部を提供可能な1以上のソフトウエアプログラム格納装置から第2のデバイスへと、当該一部の転送を承認するよう、ライセンス当局へ要求するための通信を開始するよう構成されていてもよい。
別の好ましい実施形態によれば、同期マネージャは認証を実行するようにさらに構成されてもよい。同期マネージャは、第1のデバイス、第2のデバイス、第1のデバイスユーザ、第2のデバイスユーザ及びソフトウエア提供ノードの少なくとも1つについての識別情報の少なくとも1つを確認した後で、1以上のソフトウエアプログラムの第2のデバイスへの転送を開始又は受け入れるように構成されてもよい。
別の好ましい実施形態によれば、同期マネージャは、転送対象となる1以上のソフトウエアプログラムの選択的な課金のためのデータを処理したり、提供したりするようにさらに構成されてもよい。
同期マネージャは、通信ネットワークにおけるサーバのようなエンティティ(実体的な装置)、第1のデバイス又は第2のデバイスにおいて動作してもよい。同期マネージャは、上記エンティティの1つに対する内部に搭載可能な又は取り付け可能なデバイスであってもよい。同期マネージャが、上記エンティティの1つにおいて動作する場合、同期マネージャは、同期マネージャの動作を実行するように構成されたコードを含むコンピュータプログラムによって実現されうる。同期マネージャは、同期マネージャの分散動作、例えば、冗長性、並列処理のため又は注文に合わせたソリューションのために、幾つかのエンティティに分散させることもできる。
以下では、第1及び第2のデバイスをさらに詳細に説明する。
第1のデバイスは、少なくとも処理ユニット及び出力ユニットを含み、典型的には、さらに1以上のソフトウエアプログラム格納ユニットを含む。ソフトウエアプログラム格納ユニットには、第1のデバイス上で動作可能な1以上のソフトウエアプログラムを格納することができる。
第1のデバイスの処理ユニットは、例えばソフトウエアプログラムのための1以上の上記ソフトウエア格納ユニットを検索することにより、第1のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムを示すアプリケーションプロファイルを作成するように構成されてもよい。第1のデバイスの処理ユニットは、1以上のソフトウエアプログラムについて第2のデバイスへ同期させるために、同期マネージャ、第2のデバイス及び通信ネットワークにおけるアプリケーションプロファイル格納ノードの少なくとも1つへとアプリケーションプロファイルの転送を実行するようにさらに構成されてもよい。
好ましい実施形態に寄れば、第1のデバイスにおいて1以上のソフトウエアプログラムの変化が発生すればいつでも、例えば第1のデバイスにおけるソフトウエアプログラムが削除、動作停止若しくは変更されるか、又は新しいソフトウエアプログラムが第1のデバイスへ転送されたりインストールされたりすればいつでも、第1のデバイスの処理ユニットは、アプリケーションプロファイルを作成するように構成されてもよい。
別の好ましい実施形態によれば、第1のデバイスの処理ユニットは、アプリケーションプロファイルを含むメッセージを生成し、アプリケーションプロファイルの転送のために出力ユニットを介してメッセージを送信するように構成されてもよい。代替案として又は追加して、第1のデバイスの処理ユニットは、アプリケーションプロファイルの転送のために出力ユニットから取り外し可能でかつ移動可能な格納媒体に、アプリケーションプロファイルを格納するように構成されてもよい。
第1のデバイスは、同期マネージャを動作させるようにさらに構成されてもよい。それ故、第1のデバイスの処理ユニットは、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラム及び1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを特定するようにさらに構成されてもよい。また、出力ユニットは、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードに1以上のソフトウエアプログラムの第2のデバイスへの転送を要求するための1以上の要求メッセージを送信するように構成されてもよい。
本発明による第2のデバイスは、少なくとも入力ユニット、出力ユニット及び処理ユニットを含む。第2のデバイスの入力ユニットは、第1のデバイスから第2のデバイスへ同期すべき1以上のソフトウエアプログラムを受信する。好ましくは、第2のデバイスは同期マネージャを動作させることができる。それ故、第2のデバイスの入力ユニットは、第1のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ前記1以上のソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示すアプリケーションプロファイルを、受信するように構成されてもよい。さらに、第2のデバイスの処理ユニットは、アプリケーションプロファイルによる1以上のソフトウエアプログラム及び1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを特定するように構成されてもよい。第2のデバイスの出力ユニットは、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードに1以上のソフトウエアプログラムの転送を要求するための1以上の要求メッセージを送信するように構成されてもよい。第2のデバイスの入力ユニットは、既に以上で説明したように、1以上のソフトウエアプログラムを受信するように構成されてもよい。
さらに、第2のデバイスの入力ユニットは、通信ネットワークにおけるアプリケーションプロファイル格納ノード、第1のデバイス及び移動可能な格納媒体の少なくとも1つからアプリケーションプロファイルを受け入れるように構成されてもよい。
第1のデバイス又は第2のデバイスの各ユニットは、以下にさらに詳細に記述する同期マネージャのさらなる動作を実行するように構成されてもよい。
第1又は第2のデバイスの処理ユニットは、1以上のソフトウエアプログラムを示す少なくとも1つのソフトウエアプログラム名、及び、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示す少なくとも1つのノードアドレスを含むアプリケーションプロファイルを処理し、1以上のソフトウエアプログラム及び1以上のソフトウエアプログラムを提供するノードを特定するように構成されてもよい。
第1又は第2のデバイスの処理ユニットは、1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも1つのバージョンを示す少なくとも1つのバージョンインディケータを含むアプリケーションプロファイルを処理し、1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも1つのバージョンを特定するように構成されてもよい。
アプリケーションプロファイルによる1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部に対して、1以上の対応するソフトウエアプログラムが存在する。それ故、第1又は第2のデバイスの処理ユニットは、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラムの前記一部及び1以上の対応するソフトウエアプログラムの分析の結果として、1以上の対応するソフトウエアプログラムを、アプリケーションプロファイルによる1以上のソフトウエアプログラムの前記一部に代えるか、又は追加して転送することを処理するように構成されてもよい。
第1又は第2のデバイスの処理ユニットは、1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部がライセンスを必要とすることを示す、少なくとも1つのライセンスインディケータを含むアプリケーションプロファイルを処理するように構成されてもよい。また、ライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムの前記一部を提供可能な1以上の1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから第2のデバイスへと当該一部の転送を承認するよう、ライセンス当局へ要求するための通信を開始するよう構成されていてもよい。これにより、ライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムの前記一部は、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから取得可能となる。
第1又は第2のデバイスの処理ユニットは、認証を実行するように構成されてもよい。処理ユニットは、第1のデバイス、第2のデバイス、1以上のソフトウエアプログラム提供ノード、第1のデバイスユーザ及び第2のデバイスユーザの少なくとも1つについての識別情報の少なくとも1つを確認し後で、1以上のソフトウエアプログラムの第2のデバイスへの転送を受け入れるように構成されてもよい。
第1又は第2のデバイスの処理ユニットは、転送する1以上のソフトウエアプログラムの選択的な課金のためのデータを処理したり、提供したりするようにさらに構成されてもよい。
本発明は、例えば第1のデバイス、第2のデバイス又は通信ネットワークにおけるサーバの処理ユニットにより動作する場合、上述したように同期マネージャのタスクを実行させるように構成されたコードを含むコンピュータプログラムにおいてさらに実現される。特に、コンピュータプログラムは、第1のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ前記1以上のソフトウエアプログラムを提供する1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示すアプリケーションプロファイルを処理し、アプリケーションプロファイルにしたがった1以上のソフトウエアプログラム及び1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを特定し、1以上のソフトウエアプログラムを第2のデバイスへ転送する1以上のソフトウエアプログラム提供ノードの要求を開始するように構成されたコードを含むことができる。コンピュータプログラムは、各デバイスのさらなるタスクの実行、例えばアプリケーションプロファイルの作成を実行するか、入力ユニットや出力ユニットを介して通信又は転送を実行するように構成されたさらなるコードを含むことができる。
以下では、本発明の詳細な実施形態を記述し、当業者に十分で、完全な理解を与えることとする。とはいえ、これらの実施形態は、説明を目的としたものであり、限定することを意図したものではない。
図1は、本方法のステップ(工程)を伴うフローチャートを示す。第1の工程100で、アプリケーションプロファイルを作成する。アプリケーションプロファイルは、第1のデバイスにおけるソフトウエアプログラム及び前記ソフトウエアプログラムを提供可能な(そこから取得可能な)ソフトウエアプログラム提供ノードを示す。アプリケーションプロファイルの実施例を表1に示す。
第1のデバイスにおけるソフトウエアプログラムは、ソフトウエアプログラム名NN11からNN55により示すことができる。ソフトウエアプログラム名は、数字1、3又は4.0や、数字の範囲2から5のようなバージョンインディケータ、2002年リリース、2004年リリースなどのような日付データにより補われてもよく、これにより、第1のデバイスにおけるソフトウエアプログラムをさらに区別することができる。その他のタイプのバージョンインディケータも可能であり、これらのタイプのバージョンインディケータは表1に示すバージョンインディケータに代えて、又は追加して第1のデバイスにおけるソフトウエアプログラムの代替として又はさらに正確な表示のために使用することができる。例えば、ソフトウエアプログラムをさらに正確に示すために、第1のデバイスタイプが、例えば特定の販売会社の個々のタイプの移動電話機であることを示すのに有効な情報であってもよい。最初の2列が示すように、ソフトウエアプログラムは、第3の列において与えられるノードアドレスURL11からURL55及びIP55のいずれかを割り当てられたソフトウエア提供ノードから取得できる。本実施例によれば、ノードアドレスURL11からURL55は、ユニフォームリソースロケータ(URL)のアドレスを示し、ノードアドレスIP55は、IPv4又はIPv6のアドレスのようなインターネットプロトコル(IP)のアドレスを示す。ソフトウエアプログラム提供ノードを示すためのその他のタイプのノードアドレスも可能である。例えば、移動通信のためのグローバルシステム(GSM)、汎用パケット無線サービス(GPRS)、符号分割多元接続(CDMA)、汎用移動通信システム(UMTS)、又は将来の第4世代(4G)通信システムのような移動通信ネットワークを介してソフトウエアプログラムを取得できるサーバを示すための移動局サービス総合ディジタルネットワーク(MSISDN)番号がある。
アプリケーションプロファイルは、あるプログラムのライセンスについての必要の有無を示すための、ライセンスインディケータをさらに含むことができる。本実施例によれば、これは、ライセンスが必要なバージョン2004のソフトウエアプログラムNN44である。ライセンスインディケータは、ライセンスを含むことができる。アプリケーションプロファイルは、1以上の各ソフトウエアプログラムを第2のデバイスへと転送することを承認してもらうために、コンタクトすべき1以上のライセンス当局を示すアドレスをさらに含むことができる。本実施例によれば、ソフトウエアプログラムNN44バージョン2004を、ノードアドレスURL44を割り当てられたソフトウエアプログラム提供ノードから第2のデバイスへと転送するための承認を得るためには、アドレスURL4444を割り当てられたライセンス当局へコンタクトすることができる。
ソフトウエアプログラム名、バージョンインディケータ、ノードアドレス、ライセンスインディケータ、及びライセンス当局のアドレスは、多くの方法で関係付けることができる。1つの方法は、表1に示すような表の形式において実現でき、これによれば、個々のソフトウエアプログラムが行ごとにリストアップされる。例えば、ソフトウエアプログラムNN44の場合のように、複数のバージョンが第1のデバイスにおいて存在することを示し、また、同じバージョンの同じソフトウエアプログラムNN55が、URL55及びIP55のような異なるノードアドレスから取得できることを示すために、1つのソフトウエアプログラム名を複数の行においてリストアップすることができる。その他の変形も可能である。アプリケーションプロファイルの代替表現は、一組のデータストリングである。各データストリングは、全てのその可能なバージョン、ノードアドレス、ライセンス識別情報、ライセンス当局アドレスなどを持つ個々のソフトウエアプログラム名を含むことができる。例示的なデータストリング表記における表1の登録例を説明する。<<NN11|1|URL11>>は、ソフトウエアプログラムNN11についての表記例である。<<NN22|2−5|URL22>>は、バージョン範囲2から5を含むソフトウエアプログラムNN22についての表記例である。<<NN33|3|URL33>>は、ソフトウエアプログラムNN33についての表記例である。<<NN44|2002、2004|URL44|−、LI44|−、URL4444>>は、必要なライセンスを持つもの、及び持たないものの2つのバージョン2002と、2004とを含むソフトウエアプログラムNN44にについて表記例である。<<NN55|4.0|URL55、IP55>>は、冗長ノードアドレスを持つソフトウエアプログラムNN55についての表記例である。従って、一組のデータストリングはアプリケーションプロファイルのより簡潔な表現となりうる。
アプリケーションプロファイルは、1以上のソフトウエアプログラムのさらなる要求を示すことができる。さらなる要求の例は、オペレーションシステム、ジャバ(Java)若しくはパール(Perl)のようなあるパッケージ、又は1以上のソフトウエアプログラムの動作に必要なライブラリのような、ある基本となるソフトウエアである。指示及び特定の目的のためにアプリケーションプロファイルは、1以上の名称識別情報や上記のさらなる要求が得られる1以上のノードアドレスを、例えば、表1のような表における独立した列の形式、又はデータストリングにおける独立の登録形式によってさらに含めることができる。
再び図1を参照する。本方法は工程200に進み、同期マネージャにアプリケーションプロファイルを提供する。同期マネージャは、続いて工程300でソフトウエアプログラム及びソフトウエアプログラムを提供しているソフトウエアプログラム提供ノードを特定する。同期マネージャは、アプリケーションプロファイルにしたがって、ソフトウエアプログラム及びソフトウエアプログラム提供ノードを特定する、即ち同期マネージャは、提供されたアプリケーションプロファイルを分析し、アプリケーションプロファイルが示すように、例えば表1によるソフトウエアプログラム名、バージョン及びノードアドレスに基づいて、ソフトウエアプログラム及びソフトウエアプログラム提供ノードを特定することができる。同期マネージャは、次に工程400でアプリケーションプロファイルが示すようにソフトウエアプログラムを、指示されたソフトウエアプログラム提供ノードから転送することを要求することができる。工程500に先立って、同期マネージャは、ライセンス当局に転送の承認を要求してもよい。例えば、NN44バージョン2004のソフトウエアプログラムを転送するには、ライセンス当局アドレスURL4444により特定されるライセンス当局によって承認されたライセンスを必要とする。このことは、ライセンス登録LI44が示している。その後、工程500で、ソフトウエアプログラム提供ノードから第2のデバイスへソフトウエアプログラムの転送が実行される。ライセンス又はその指示を、例えばセキュリティモジュールにおける処理や格納のために、第2のデバイスに転送してもよい。代替として又は追加して、ライセンス又はその指示は、同期マネージャに転送し、処理や格納したり、ライセンス当局において保持したりすることができる。認証や選択的な課金もさらに使用することができる。
図2から図6は、本発明の実装の可能性を説明するためのメッセージフローチャートを示す。同一のデバイス、処理又はメッセージは他に記述しない限り同じ参照番号により示す。読みやすさを目的とし、限定することを意味しない、以下の説明では、第1のデバイスD100に格納される複数のソフトウエアプログラムを参照するが、これらは第2のデバイスD200に転送するために2つのソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200から取得できるものとする。
次に図2を参照して説明する。第1のデバイスD100は、処理工程100で、第1のデバイスD100に格納されているソフトウエアプログラムを示し、かつ、当該ソフトウエアプログラムを提供可能な2つのソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200を示す、アプリケーションプロファイルを作成する。第1のデバイスD100は、メッセージ201により同期マネージャSM100にアプリケーションプロファイルを伝達するが、同期マネージャSM100は、本実施例によれば第1及び第2のデバイスD100,D200から離れて位置する、例えば、通信ネットワークにおけるサーバである。メッセージ201は、ソフトウエアプログラムを第2のデバイスD200に転送すべきであることを同期マネージャSM100に示す、アドレスのような第2のデバイスD200の識別情報をさらに含むことができる。同期マネージャSM100は、処理工程300によりソフトウエアプログラム及びソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200を特定し、各ソフトウエアプログラム提供ノードから第2のデバイスD200へソフトウエアプログラムの転送を要求する要求メッセージ401、402を送信する。第2のデバイスD200を指示するために、要求メッセージ401、402は、第2のデバイスD200の識別情報を伴うことができ、要求するソフトウエアプログラムを、各ソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200から第2のデバイスD200へメッセージ501、502により転送するようにする。図2に対する代替案として、ソフトウエアプログラムを含むメッセージ501、502を、各ソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200から第2のデバイスD200へ直接送信せず、同期マネージャSM100を介して、即ちまず各ソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200から同期マネージャSM100へ、次に同期マネージャSM100がソフトウエアプログラムを第2のデバイスD200へ送信してもよい。後者の代替方式によれば、第2のデバイスD200の識別情報を、ソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200へ提供する必要はない。これによりソフトウエアプログラム提供ノードは、ソフトウエアプログラムの転送のために第2のデバイスD200を特定してコンタクトする必要がないので、ソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200のための実装の複雑さを軽減できよう。代わって、ソフトウエアプログラム提供ノードは、ソフトウエアプログラムを、それを要求した同期マネージャSM100にただ送信すればよい。同期マネージャは、次にソフトウエアプログラムを含むメッセージを第2のデバイスD200へ一種のプッシュモードにおける転送のために伝達することができる。代替案として、第2のデバイスD200は、同期マネージャSM100にコンタクトし、同期マネージャSM100にソフトウエアプログラムを第2のデバイスD200へ一種のプルモードにおいて転送することを要求することができる。上記の代替方式の組み合わせも可能である。
図3は、同期マネージャSM100及び第1のデバイスD100が、処理工程100及び300を実行する同一のデバイス上に共に配置された場合におけるフローチャートである。アプリケーションプロファイルを同期マネージャSM100に提供する工程200は、内部で処理される。よって、メッセージ201が図3には存在しない。ソフトウエアプログラムの同期方法は、図示するようにメッセージ401、402、501、502によるか、又は図2と共に記述したように種々の代替方式によるか、又は次の諸図により完了することができる。
図4は、工程100で、第1のデバイスD100が作成するアプリケーションプロファイルを、第2のデバイスD200に提供する2つの代替方式を説明する図である。同期マネージャSM100は、まず第2のデバイスD200と共に配置される。第1の代替方式によれば、アプリケーションプロファイルを、アプリケーションプロファイル格納ノードASN100、例えばアプリケーションプロファイルのようなデータの格納処理とアクセス若しくはデータの提供処理とに適した通信ネットワークにおけるサーバに、第1のデバイスD100からメッセージ202により伝達する。次に、第2のデバイスD200は、アプリケーションプロファイル格納ノードASN100から第2のデバイスD200へ配信すべきアプリケーションプロファイルを要求する。この目的のために、第2のデバイスD200は、アプリケーションプロファイルを要求する要求メッセージ203を送信することができる。アプリケーションプロファイル格納ノードASN100におけるアプリケーションプロファイルを特定するために、アプリケーションプロファイルは、アプリケーションプロファイル識別情報を伴うことができる。アプリケーションプロファイル識別情報は、アプリケーションプロファイルを特定するために第2のデバイスD200からアプリケーションプロファイル格納ノードASN100に伝達することができる。さらに、アプリケーションプロファイル格納ノードASN100は、提供された識別情報に基づいて自ら、又は例えばシングルサインオンサービスを提供する認証サーバの補助により認証を実行することができる。アプリケーションプロファイルの特定に関する必要な動作の実行及び任意選択として認証の実行後、アプリケーションプロファイル格納ノードASN100は、第2のデバイスD200と共に配置された同期マネージャSM100へ、メッセージ204によりアプリケーションプロファイルを伝達する。メッセージ202は、さらに第2のデバイスD200の識別情報を含むことができる。アプリケーションプロファイル格納ノードASN100は、第2のデバイスD200と共に配置された同期マネージャSM100にアプリケーションプロファイルをプッシュすることができる。それ故に、要求メッセージ203は必要としなくてもよい。
第1のデバイスD100から第2のデバイスD200へアプリケーションプロファイルを提供する第2の代替方式は、伝達経路205を介する直接伝達である。第1のデバイスD100は、(1)カード、取り外し可能なハードウエアトークン、又はその他のタイプのメモリカードのような加入者識別モジュール(Subscriber Identity Module、SIM)又は無線識別モジュール(Wireless Identification Module、WIM)のような移動可能な格納媒体においてアプリケーションプロファイルを格納することができる。移動可能な格納媒体を、(2)第1のデバイスD100が備えるカードライタのような出力ユニットから取り外し、(3)第2のデバイスD200へ搬送し、(4)第2のデバイスD200が備えるカードリーダのような入力ユニットに移動可能な格納媒体を挿入し、(5)同期マネージャSM100にアプリケーションプロファイルを提供するために読み出すことができる。従って、伝達経路205を介する直接伝達には、以前に記述した例による(1)から(5)として示す工程を含むことができる。代替案として、伝達経路205は、第1のデバイスD100から第2のデバイスD200と共に配置された同期マネージャSM100へアプリケーションプロファイルを伝達するための、赤外線(Infrared、IR)又はブルートゥース(Bluetooth)接続のようなケーブル又は無線接続により実現することができる。さらに、近接通信技術、例えば、短距離無線又は無線による情報識別(Radio Frequency Identification、RFID)のような通信を、第1のデバイスD100から第2のデバイスD200と共に配置された同期マネージャへのアプリケーションプロファイルの伝達に使用することができる。
アプリケーションプロファイル格納ノードASN100の使用は有利でありうる。というのは、デバイスD100及びD200の1以上のユーザが、通信伝達経路205を介した提供に必要な、第1のデバイスD100と第2のデバイスD200との間の相互接続の適合性に、注意する必要がないからである。他方、両デバイスが近接する場合に適合するインタフェースを具備すれば、伝達経路205を介したアプリケーションプロファイルの提供は、非常に簡単で、廉価でありうる。特に、SIM又はWIMのようなカードを介する搬送は非常に安全で、廉価であるだろう。
同期マネージャSM100へアプリケーションプロファイルを提供した後で、図4のメッセージフローを、図示するように処理工程300や、次のメッセージ401、402、501及び502により、又は他の代替方式により引き継ぐことができる。
処理工程100によるアプリケーションプロファイルの作成、通信伝達経路205を介したアプリケーションプロファイルの提供、処理工程300によるソフトウエアプログラム、ソフトウエアノードSN100及びSN200の特定、要求メッセージ401、402、並びに、ソフトウエアプログラム提供ノードSN100から取得可能な1以上のソフトウエアプログラムを含むメッセージ501に関して、図4に類似した設定を使用した図5を用いて説明する。ソフトウエアプログラム提供ノードSN200は、次に処理工程600で、要求メッセージ402により要求される1以上のソフトウエアプログラムに対して、1以上の対応するソフトウエアプログラムが存在することを検出するが、これは例えば1以上の対応するソフトウエアプログラムがより新しいからである。その理由は、さらに1以上の対応するソフトウエアプログラムが、第2のデバイスD200上で動作するのにより適していることがありうるからである。例えば、第1のデバイスD100がパーソナルコンピュータであって、第2のデバイスD200がスマートフォンであれば、スマートフォン用に用意されたPCソフトウエアプログラムのライトバージョンは、かなり速く動作するからである。さらなる例としては、第1のデバイスD100が、ウインドウズ(登録商標)のような第1のオペレーションシステムにより動作し、第2のデバイスD200が、リナックス(登録商標)又はシンビアン(登録商標)のような第2のオペレーションシステムにより動作する場合であるが、この場合、第2のデバイスD200上で動作可能な対応するソフトウエアプログラムが転送されなければならない。そのため、第2のデバイスD200のハードウエア及びソフトウエアのタイプや能力・機能を特定する1以上の識別情報を、ソフトウエアプログラム提供ノードSN100、SN200に提供し、第2のデバイスD200において最良に動作する1以上の対応するソフトウエアプログラムを選択することができる。アプリケーションプロファイルは、これらの1以上の識別情報を含むことができる。これらの識別情報は、例えばアプリケーションプロファイルに挿入又は添付するためにユーザが第1のデバイスD100に入力することができる。同期マネージャSM100は、続いてアプリケーションプロファイルから抽出されたこれらの1以上の識別情報を、ソフトウエアプログラム提供ノードSN100及びSN200に提供してもよい。代替案として又は追加として、同期マネージャSM100、又は、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードSN100及びSN200が、第2のデバイスD200にコンタクトして、対応するプログラムが第2のデバイスD200上でより良く適することができるか否かを分析すべく、第2のデバイスD200の詳細を判断してもよい。
ソフトウエアプログラム提供ノードSN200は、要求された1以上のソフトウエアプログラムに追加して又はその代替案として、1以上の対応するソフトウエアプログラムをメッセージ503を通じて送信することができる。代替案として、ソフトウエアプログラム提供ノードSN200は、例えば、第2のデバイスD200に通信503rqを通じて選択メニューを提供することにより、要求された及び/又は対応するソフトウエアプログラムのうち、第2のデバイスD200に対して転送すべきものを判断することを、第2のデバイスD200に対して要求してもよい。判断の結果は、ソフトウエアプログラム提供ノードSN200に通信503rpを通じて伝達してもよい。提供ノードSN200は、その判断結果に応じたソフトウエアプログラムを選択し、これら選択したソフトウエアプログラムを第2のデバイスD200へメッセージ503を通じて伝達してもよい。ソフトウエアプログラムを転送した代償として、判断結果に応じて選択的に課金してもよい。選択的な課金のその他の機能としては、例えば、転送するソフトウエアプログラムのバージョン又はライセンスの必要に基づく機能が存在しよう。
図6によれば、アプリケーションプロファイルは、1以上のソフトウエアプログラムが、ライセンスを要求することの指示を含む。同期マネージャSM100は、特定工程301の中でこの要求を検出する。この工程ではソフトウエアプログラム及びソフトウエアプログラム提供ノードは、アプリケーションプロファイルにより特定される。それ故、ライセンス要求メッセージ403rqをライセンス当局LA100に送信することで、第2のデバイスD200のためにライセンスを必要とする前記1以上のソフトウエアプログラムのためのライセンスを要求することができる。ライセンス当局LA100は、応答メッセージ403rpを通じて応答して、同期マネージャSM100へのライセンス又はその指示を提供してもよい。同期マネージャSM100は、続いてライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムの第2のデバイスD200への転送に対するライセンス当局LA100による承認を示すライセンス又はその指示を、ソフトウエアプログラム提供ノードSN200に提供することができる。第2のデバイスD200又は第2のデバイスD200を操作するユーザの認証は、転送を実行する前に実行してもよい。代替案として又は追加して、ライセンスは、第2のデバイスD200及び/又は第1のデバイスD100を操作するユーザのアカウントに課金してもよい。第2のデバイスD200及び/又は同期マネージャSM100は、ライセンス当局LA100及び/又はソフトウエアプログラム提供ノードSN200による課金の実行のための課金関係データの提供又は受け入れに関与してもよい。メッセージ403rq及び403rpの代替として、ライセンス当局LA100は、ライセンス又はその指示をソフトウエアプログラム提供ノードSN200へ伝達し、提供ノードSN200は、続いてライセンスを必要とする1以上のソフトウエアプログラムを第2のデバイスD200へ転送する。ライセンスを必要とするソフトウエアプログラムを同期させることにより、ソフトウエアプログラムが、第1のデバイスD100及び第2のデバイスD200の両方において動作可能である構成を実現できる。代替案として、ライセンスを必要とするソフトウエアプログラムは、第1のデバイスD100においてもはや使用することはできないが、第2のデバイスD200において使用することができる。第1のデバイスD100におけるソフトウエアプログラムのためのライセンスを、ライセンス当局LA100への要求の結果として停止してもよい。ライセンス当局LA100から第1のデバイスD100への通信は、ライセンス及び第1のデバイスD100における動作の停止に必要となってもよい。
図7aは、入力ユニットIU1、出力ユニットOU1、処理ユニットPU1、格納ユニットSU1及び個々のユニット間及び第1のデバイスの外部との接続I11からI16を持つ第1のデバイスの実施形態を示す。ソフトウエアプログラムは、格納ユニットSU1において格納することができる。処理ユニットPU1が、格納されるソフトウエアプログラムを調べ、アプリケーションプロファイルを作成してもよい。第1のデバイスにおけるソフトウエアプログラムは、代替案として又は追加として、外部に格納されてもよい。また、第1のデバイスの処理ユニットPU1による動作のために入力ユニットU1を介してアクセスされてもよい。アプリケーションプロファイルは、出力ユニットOU1及びインタフェースI11を介して同期マネージャに伝達することができる。
同期マネージャは、第1のデバイスと共に配置可能である。例えば、処理ユニットPU1によって処理されるコンピュータプログラムの形態として配置されてもよいし、第1のデバイスへの組み込みデバイスや、第1のデバイスに対して取り付け可能なデバイスとして配置されてもよい。アプリケーションプロファイルの提供は、処理ユニットPU1により内部的に又は内部的接続を介して実行することができる。例えば、アプリケーションプロファイルを格納ユニットSU1に格納し、アプリケーションプロファイルによる特定を処理ユニットPU1が実行する場合には接続I15を介して実行することができる。例えば、ソフトウエアプログラム提供ノードに第2のデバイスへのソフトウエアプログラムの転送を要求するための外部との通信は、出力ユニットOU1及びインタフェースI11を介して成し遂げることができる。
図7bは、入力ユニットIU2、出力ユニットOU2、処理ユニットPU2、格納ユニットSU2及び個々のユニット間及び第2のデバイスの外部との接続I21からI26を持つ第2のデバイスの実施形態を示す。ソフトウエアプログラムの受信は、インタフェースI11を介して入力ユニットU2により成し遂げることができる。受信ソフトウエアプログラムは、格納ユニットSU2において格納することができ、第2のデバイスにおける処理ユニットPU2により動作させることができる。
同期マネージャは、例えば、処理ユニットPU2により処理されるコンピュータプログラムの形態としてや、第2のデバイスに組み込まれるか又は取り付けられるデバイスとして、第2のデバイスと共に配置可能である。さらに、例えば、アプリケーションプロファイルを提供するための外部からの通信は、インタフェースI22及び入力ユニットIU2を介して実行することができる。例えば、ソフトウエア提供ノードにソフトウエアプログラムの転送を要求するための外部との通信は、出力ユニットOU2及びインタフェースI21を介して成し遂げることができる。
図7cは、入力ユニットIU3、出力ユニットOU3、処理ユニットPU3、格納ユニットSU3及び相互接続I31からI36を含む同期マネージャの実施形態を示す。同期マネージャは、入力ユニットIU3及びインタフェースI31を介してアプリケーションプロファイル受信し、それに応じてアプリケーションプロファイルを処理ユニットPU3において処理することができる。アプリケーションプロファイルは、少なくとも一時的に格納ユニットSU3に格納することができる。処理ユニットPU3は、入力ユニットIU3及び出力ユニットOU3を介して、ソフトウエアプログラムノード、ライセンス当局及び、例えば、図2から図6に記載されたその他のもののような各エンティティと通信するようにさらに構成されてもよい。同期マネージャは、図2に記載された実施形態による遠隔通信デバイスであってもよいし、図3及び図4から6に記載されたように第1のデバイス又は第2のデバイスと共に配置されたものであってもよい。共に配置された場合、第1のデバイス及び同期マネージャの対応するユニット、例えば、処理ユニットPU1及び処理ユニットPU3、入力ユニットIU1及び入力ユニットIU3、出力ユニットOU1及び出力ユニットOU3、格納ユニットSU1及び格納ユニットSU3は、少なくとも部分的にマージ(統合)されてもよい。同期マネージャと第2のデバイスを共に位置させる場合にも、同様に、対応する構成を適用できることはいうまでもない。
デバイスユニットには、さらに複数のユニットを含むことがある。例えば、第2のデバイスの入力ユニットは、カードリーダ、ブルートゥース受信機及びUMTS受信機を含むことがある。カードリーダ及びブルートゥース受信機は、それぞれカードリーダからアプリケーションプロファイルを読むか、又は第1のデバイスからアプリケーションプロファイルを受信するのに使用することができる。UMTS受信機は、1以上のソフトウエアプログラムを受信するために使用することができる。
多くの変形及び実装が可能である。メッセージは、第1のデバイス、第2のデバイス、第1のデバイスユーザ、第2のデバイスユーザ、同期マネージャ、1以上のソフトウエアプログラム提供ノード、及びライセンス当局のような関係する実体の特定及び/又は認証のために適する識別情報を含むことができる。この点において、用語「メッセージ」は、アプリケーションプロファイル、識別情報、インディケータ、ライセンスなど、又は1以上のソフトウエアプログラムのような各情報の1つをエンティティから他へ転送するためのあらゆる種類の通信を含む、広い意味において理解されるべきである。メッセージは、固定通信、無線通信又は移動可能な格納媒体を介して搬送することができる。
さらに本方法は、第2のアプリケーションプロファイルに基づいて、第2のデバイスから第1のデバイスへ1以上のソフトウエアプログラムを同期させるのに適している。第2のアプリケーションプロファイルは、第2のデバイスにおける1以上のソフトウエアプログラムと、これらのソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノードを示す。これら1以上のソフトウエアプログラムは、1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから、第2のアプリケーションプロファイルに関連付けられた対応する処理や通信を用いて取得される。その際には、同一の同期マネージャ又はさらなる同期マネージャによって、1以上のソフトウエアプログラムを取得できる。本方法は、また1以上のアプリケーションプロファイルと1以上の同期マネージャとを使用して、第1のデバイスから複数の第2のデバイスへ1以上のソフトウエアプログラムを同期させるのにも適している。ソフトウエアプログラムを動作可能で、通信を実行可能なあらゆる種類のデバイスは、本方法の各工程を実行するのに使用できる。第1のデバイス及び第2のデバイスの例は、パーソナルコンピュータ、ラップトップコンピュータ、パーソナルディジタルアシスタント、スマートフォン、移動電話機、及び自動車のような乗り物を含む。
第1のデバイスから第2のデバイスへ、例えば、それぞれSyncMLプロトコル及びWAP UAPを用いて、ユーザデータ及び/又はデバイス設定を同期させることにより、本方法をさらに拡張してもよい。アプリケーションプロファイルは、第1のデバイスから第2のデバイスへのユーザデータ及び/又はデバイス設定の同期を起動するような情報を含むように構成されてもよい。
本発明の工程のフローチャートである。 本発明の第1の実施形態によるメッセージフローチャートである。 本発明の第2の実施形態によるメッセージフローチャートである。 本発明の第3の実施形態によるメッセージフローチャートである。 本発明の第4の実施形態によるメッセージフローチャートである。 本発明の第5の実施形態によるメッセージフローチャートである。 本発明による第1のデバイス(a)、第2のデバイス(b)、及び同期マネージャ(c)の実施形態を示す図である。

Claims (20)

  1. 少なくとも第1のデバイス(D100)、第2のデバイス(D200)、ライセンス当局(LA100)、1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)、同期マネージャ(SM100)が通信ネットワークにより接続されたシステムにおいて、前記第1のデバイス(D100)から前記第2のデバイス(D200)へ1以上のソフトウエアプログラムを同期させるための方法であって、
    前記同期マネージャ(SM100)は前記第1のデバイス、前記第2のデバイス又は前記システム内の他のデバイス上で動作し、
    前記第1のデバイス(D100)が、前記第1のデバイス(D100)上の1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ、前記1以上のソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を示すアプリケーションプロファイルであって、さらに、ライセンスを必要とする前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部を示しかつ特定するための少なくとも1つのライセンスインディケータを含む、アプリケーションプロファイルを作成する工程(100)と、
    前記第1のデバイス(D100)が、前記アプリケーションプロファイルを同期マネージャ(SM100)に提供する工程(200)と、
    前記同期マネージャ(SM100)が、前記アプリケーションプロファイルにしたがって、前記1以上のソフトウエアプログラム及び前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を特定する工程(300)と、
    前記同期マネージャ(SM100)が、ライセンスが必要である前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部を1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから前記第2のデバイス(D200)へ転送するための承認をライセンス当局(LA100)に要求する工程と、
    前記ライセンス当局(LA100)が、前記承認の要求に対して前記転送を承認する工程と、
    前記同期マネージャ(SM100)が、前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)に対する前記1以上のソフトウエアプログラムの転送を要求する工程(400)と、
    − 前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)が、前記第2のデバイス(D200)へ前記1以上のソフトウエアプログラムを転送する工程(500)と
    を含むことを特徴とする方法。
  2. 前記アプリケーションプロファイルは、
    − 前記1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ、特定するための少なくとも1つのソフトウエアプログラム名と、
    − 前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を示し、かつ、特定するための少なくとも1つのノードアドレスと
    を含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。
  3. 前記アプリケーションプロファイルは、前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも1つのバージョンを特定し、かつ、指し示すための少なくとも1つのバージョンインディケータをさらに含むことを特徴とする請求項2に記載の方法。
  4. 前記アプリケーションプロファイルにしたがった前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部に対して、1以上の対応するソフトウエアプログラムが存在し、前記同期マネージャ(SM100)は前記アプリケーションプロファイルにしたがった前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部及び前記1以上の対応するソフトウエアプログラムの分析の結果として、前記アプリケーションプロファイルにしたがった前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部と置換するか又は追加して、前記1以上の対応するソフトウエアプログラムを転送することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の方法。
  5. 前記アプリケーションプロファイルは、
    前記1以上のソフトウエアプログラムを前記第2のデバイス(D200)へと転送するための承認を行うためにコンタクトされる1以上の前記ライセンス当局を示す1以上のライセンス当局アドレスを含むことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の方法。
  6. 前記1以上のソフトウエアプログラムを前記第2のデバイス(D200)へ転送する前に、前記同期マネージャ(SM100)により実行される工程として、
    − 前記第1のデバイス(D100)と、
    − 前記第2のデバイス(D200)と、
    − 前記第1のデバイス(D100)ユーザと、
    − 前記第2のデバイス(D200)ユーザと、
    − 前記1以上のソフトウエア提供ノード(SN100、SN200)の少なくとも1つと、
    のうちの少なくとも1つを識別するための識別情報の少なくとも1つを確認するための少なくとも一つの認証工程をさらに含むことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の方法。
  7. 前記ライセンス当局(LA100)および前記ソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)の少なくとも1つが、転送される前記1以上のソフトウエアプログラムに対して選択的に課金する工程をさらに含むことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の方法。
  8. 前記第1のデバイス(D100)が、前記1以上のソフトウエアプログラムの変化が生じるといつでも、前記アプリケーションプロファイルを作成する前記工程(100)を実行することを特徴とする請求項1乃至7のいずれか1項に記載の方法。
  9. 少なくとも第1のデバイス(D100)、第2のデバイス(D200)、ライセンス当局(LA100)、1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)、同期マネージャ(SM100)が通信ネットワークで接続されたシステムにおいて、前記第1のデバイス(D100)から前記第2のデバイス(D200)へ前記1以上のソフトウエアプログラムを同期させるための前記同期マネージャ(SM100)であって、
    前記同期マネージャ(SM100)は前記第1のデバイス(D100)、前記第2のデバイス(D200)又は前記システム内の他のデバイス上で動作し、
    前記第1のデバイス(D100)上の1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ、前記1以上のソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を示すアプリケーションプロファイルであって、さらに、ライセンスが必要である前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部を示すライセンスインディケータを含むアプリケーションプロファイルを第1のデバイス(D100)から受信するステップと、
    前記アプリケーションプロファイルにしたがって前記1以上のソフトウエアプログラム及び前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を特定するステップと、
    ライセンスが必要である前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部を前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから前記第2のデバイス(D200)へ転送するための承認を前記ライセンス当局(LA100)に要求するステップと、
    前記ライセンス当局(LA100)の応答に従って、前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)に前記1以上のソフトウエアプログラムを前記第2のデバイス(D200)へ転送するよう要求するステップと、
    を実行することを特徴とする同期マネージャ。
  10. 前記同期マネージャ(SM100)は、前記1以上のソフトウエアプログラム及び前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を特定するために、前記1以上のソフトウエアプログラムを示す少なくとも1つのソフトウエアプログラム名及び前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を示す少なくとも1つのノードアドレスを含む、前記アプリケーションプロファイルを処理するステップを含むことを特徴とする請求項9に記載の同期マネージャ。
  11. 前記同期マネージャ(SM100)は、前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも1つのバージョンを示す少なくとも1つのバージョンインディケータを含む、前記アプリケーションプロファイルを処理することで、前記1以上のソフトウエアプログラムの前記少なくとも1つのバージョンを特定するステップを含むことを特徴とする請求項10に記載の同期マネージャ。
  12. 前記アプリケーションプロファイルによる前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部に対して、1以上の対応するソフトウエアプログラムが存在し、前記アプリケーションプロファイルによる前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部及び前記1以上の対応するソフトウエアプログラムの分析の結果として、前記アプリケーションプロファイルによる前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部に置換するか又は追加して、前記1以上の対応するソフトウエアプログラムを転送するステップを含むことを特徴とする請求項9乃至11いずれか1項に記載の同期マネージャ。
  13. 前記アプリケーションプロファイルは、
    前記1以上のソフトウエアプログラムを前記第2のデバイス(D200)へと転送するための承認を行うためにコンタクトされる1以上の前記ライセンス当局を示す1以上のライセンス当局アドレスを含むことを特徴とする請求項9乃至12のいずれか1項に記載の同期マネージャ。
  14. 認証を実行する前記同期マネージャ(SM100)であって、前記第1のデバイス(D100)と、前記第2のデバイス(D200)と、前記第1のデバイス(D100)ユーザと、前記第2のデバイス(D200)ユーザと、前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)の少なくとも1つとについての識別情報の少なくとも1つを確認するようにされており、前記識別情報が確認された後で、前記1以上のソフトウエアプログラムを前記第2のデバイス(D200)へと転送を開始するか又は受け入れるステップを含むことを特徴とする請求項9乃至13のいずれか1項に記載の同期マネージャ(SM100)。
  15. 転送される前記1以上のソフトウエアプログラムについて選択的に課金するためのデータを処理又は提供するステップを含むことを特徴とする請求項9乃至13のいずれか1項に記載の同期マネージャ。
  16. 前記システムがサーバを含み、前記同期マネージャ(SM100)が、前記サーバにおいて動作することを特徴とする請求項9乃至15のいずれか1項に記載の同期マネージャ。
  17. 前記同期マネージャ(SM100)が、前記第1のデバイスにおいて動作することを特徴とする請求項9乃至15のいずれか1項に記載の同期マネージャ。
  18. 前記同期マネージャ(SM100)が、前記第2のデバイスにおいて動作することを特徴とする請求項9乃至15のいずれか1項に記載の同期マネージャ。
  19. 少なくとも第1のデバイス(D100)、第2のデバイス(D200)、1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)、ライセンス当局(LA100)、同期マネージャ(SM100)を通信ネットワークにより接続し、前記第1のデバイス(D100)から前記第2のデバイス(D200)へ1以上のソフトウエアプログラムを同期させるためのシステムであって、
    前記同期マネージャ(SM100)は前記第1のデバイス(D100)、前記第2のデバイス(D200)又は前記システム内の他のデバイス上で動作し、
    前記第1のデバイスは、前記第1のデバイス(D100)上の1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ、前記1以上のソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を示すアプリケーションプロファイルであって、さらにライセンスを必要とする前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部を示しかつ特定するための少なくとも1つのライセンスインディケータを含むアプリケーションプロファイルを作成し、前記アプリケーションプロファイルを前記同期マネージャ(SM100)に提供し、
    前記同期マネージャ(SM100)は、提供された前記アプリケーションプロファイルにしたがって、前記1以上のソフトウエアプログラム及び前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を特定し、ライセンスが必要である前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部を1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから前記第2のデバイス(D200)へ転送するための承認をライセンス当局(LA100)に要求し、
    前記同期マネージャ(SM100)は、前記転送の要求に対してライセンス当局(LA100)が前記転送を承認すると、1以上のソフトウエアプログラムを転送することを1以上の前記ソフトウエア提供ノードに要求し、
    転送を要求された1以上の前記ソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)は、前記第2のデバイス(D200)へ前記1以上のソフトウエアプログラムを転送する、
    ことを特徴とするシステム。
  20. 少なくとも第1のデバイス(D100)、第2のデバイス(D200)、ライセンス当局(LA100)、1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)、同期マネージャ(SM100)を通信ネットワークにより接続したシステムにおいて、前記第1のデバイス(D100)から前記第2のデバイス(D200)へ1以上のソフトウエアプログラムを同期させるための同期マネージャ(SM100)であって、
    前記第1のデバイス(D100)上の1以上のソフトウエアプログラムを示し、かつ、前記1以上のソフトウエアプログラムを提供可能な1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を示すアプリケーションプロファイルであって、ライセンスが必要である前記1以上のソフトウエアプログラムの少なくとも一部を示すライセンスを含むライセンスインディケータを含むアプリケーションプロファイルを前記第1のデバイス(D100)から受信する手段と、
    前記アプリケーションプロファイルにしたがって前記1以上のソフトウエアプログラム及び前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)を特定する手段と、
    ライセンスが必要である前記1以上のソフトウエアプログラムの前記一部を1以上のソフトウエアプログラム提供ノードから前記第2のデバイス(D200)へ転送するための承認をライセンス当局(LA100)に要求する手段と
    ライセンス当局(LA100)の応答に従って、前記1以上のソフトウエアプログラム提供ノード(SN100、SN200)に前記1以上のソフトウエアプログラムを前記第2のデバイス(D200)へ転送するよう要求する手段と、
    を備ることを特徴とする同期マネージャ。
JP2007525178A 2004-08-14 2004-08-14 ソフトウエアプログラムの同期方法 Active JP4921363B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/EP2004/009148 WO2006018030A1 (en) 2004-08-14 2004-08-14 Method for sofware program synchronization

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008510207A JP2008510207A (ja) 2008-04-03
JP4921363B2 true JP4921363B2 (ja) 2012-04-25

Family

ID=34958708

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007525178A Active JP4921363B2 (ja) 2004-08-14 2004-08-14 ソフトウエアプログラムの同期方法

Country Status (5)

Country Link
US (1) US8949469B2 (ja)
EP (1) EP1776634A1 (ja)
JP (1) JP4921363B2 (ja)
CN (1) CN100527080C (ja)
WO (1) WO2006018030A1 (ja)

Families Citing this family (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070180127A1 (en) * 2003-11-11 2007-08-02 Nokia Corporation Preconfigured syncml profile categories
CN100531212C (zh) 2006-01-21 2009-08-19 华为技术有限公司 一种协商设备信息的系统、方法
WO2008028105A2 (en) * 2006-08-31 2008-03-06 Ati Technologies Ulc Video decoder and/or battery-powered device with reduced power consumption and methods thereof
US20080147530A1 (en) * 2006-12-19 2008-06-19 Kwan Shu-Leung Programmatically transferring applications between handsets based on license information
KR101434402B1 (ko) * 2007-06-09 2014-08-27 삼성전자주식회사 휴대단말의 콘텐츠 권리객체 획득 방법 및 장치
JP5599557B2 (ja) * 2008-08-29 2014-10-01 株式会社リコー 情報処理装置、ライセンス判定方法、プログラム及び記録媒体
JP5332628B2 (ja) * 2009-01-14 2013-11-06 株式会社リコー ネットワーク装置、アプリケーション取得方法
US9614685B2 (en) 2009-03-09 2017-04-04 Nokia Technologies Oy Methods, apparatuses, and computer program products for facilitating synchronization of setting configurations
JP5417919B2 (ja) * 2009-03-17 2014-02-19 株式会社リコー 画像処理装置、機器管理システム、ソフトウェア管理方法、ソフトウェア管理プログラム、及びそのプログラムを記録した記録媒体
ES2354331B1 (es) * 2009-04-24 2012-01-30 Vodafone España, S.A.U. Procedimiento y sistema para migrar perfiles en dispositivos de telecomunicaciones.
US9047445B2 (en) * 2009-06-30 2015-06-02 Sandisk Technologies Inc. Memory device and method for updating a security module
US8880736B2 (en) * 2009-07-09 2014-11-04 Simon Cooper Methods and systems for archiving and restoring securely installed applications on a computing device
US20110016465A1 (en) * 2009-07-15 2011-01-20 Cbs Interactive, Inc. Systems and methods for synchronizing user and machine data during tracking of products on a user computer
US8606889B2 (en) * 2010-01-21 2013-12-10 Microsoft Corporation Roaming application settings across multiple computing devices
CN102346725B (zh) * 2010-08-05 2014-03-26 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 更改设备配置文件的消息通知装置及方法
US8918645B2 (en) 2010-09-24 2014-12-23 Amazon Technologies, Inc. Content selection and delivery for random devices
US20120079095A1 (en) * 2010-09-24 2012-03-29 Amazon Technologies, Inc. Cloud-based device synchronization
JP5345998B2 (ja) * 2010-11-16 2013-11-20 レノボ・シンガポール・プライベート・リミテッド コンピュータ・システムの制御方法およびコンピュータ
US20120158415A1 (en) * 2010-12-17 2012-06-21 Flexera Software Inc. method and system for license server synchronization
CN102176695A (zh) * 2011-01-14 2011-09-07 北京格致璞科技有限公司 用于同步设备间软件环境的方法和装置
KR101284551B1 (ko) 2011-04-21 2013-07-11 (주)지온네트웍스 휴대단말기간의 어플리케이션 이체설치 방법
CN102801755B (zh) * 2011-05-27 2016-03-23 腾讯科技(深圳)有限公司 一种应用的管理方法和一种应用平台
CA2837423A1 (en) * 2011-05-27 2012-12-06 Liberty Global Europe Holding B.V. Method and system for updating software in a media content delivery system
CN102298537A (zh) * 2011-06-10 2011-12-28 宇龙计算机通信科技(深圳)有限公司 应用程序的迁移方法及系统
CN102262552B (zh) * 2011-07-06 2015-08-19 惠州Tcl移动通信有限公司 一种应用程序跨设备同步方法及系统
US9436484B2 (en) 2011-08-09 2016-09-06 International Business Machines Corporation Synchronization of data between an electronic computing mobile device and an electronic computing dockstation
KR20130023490A (ko) * 2011-08-29 2013-03-08 주식회사 팬택 애플리케이션 동기화 시스템 및 방법
CN102546779B (zh) * 2011-12-27 2014-12-10 Tcl集团股份有限公司 一种跨设备间应用数据的同步方法及装置
CN107104814B (zh) * 2012-02-17 2021-07-06 阿里巴巴集团控股有限公司 软件升级方法和系统
CN102752457B (zh) * 2012-07-19 2014-09-03 腾讯科技(深圳)有限公司 一种安装应用的方法及系统
CN103825917B (zh) * 2012-11-16 2017-11-21 中国移动通信集团公司 一种数据同步方法、系统、数据同步服务器及终端
KR20140075858A (ko) * 2012-12-05 2014-06-20 삼성전자주식회사 관리서버, 디바이스 및 그 어플리케이션 동기화 방법
KR20140090707A (ko) * 2012-12-20 2014-07-18 에스케이플래닛 주식회사 동기화 서비스 시스템, 그 시스템에서의 앱 데이터 동기화 서비스를 위한 장치 및 방법
CN103294515B (zh) * 2013-06-28 2017-03-15 小米科技有限责任公司 一种获取应用程序的方法、装置和系统
CN107181807B (zh) * 2013-08-14 2020-12-15 华为技术有限公司 应用的托管方法及系统、移动终端、服务器
KR102281227B1 (ko) * 2014-07-07 2021-07-23 삼성전자주식회사 응용프로그램을 공유하기 위한 방법 및 그 전자 장치
CN104572207B (zh) * 2015-01-20 2018-05-29 广东欧珀移动通信有限公司 一种基于智能配件的app扩展使用方法及智能配件
CN105162665B (zh) * 2015-08-31 2019-01-11 小米科技有限责任公司 服务器接入方法及装置
CN108108173A (zh) * 2016-11-23 2018-06-01 中兴通讯股份有限公司 一种信息处理方法和装置

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2000036503A2 (en) * 1998-12-17 2000-06-22 Pcfirst.Com, Inc. Automatic and selective transfer of software and configuration information from a source computer to a target computer and automatic upgrade of software

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5790664A (en) * 1996-02-26 1998-08-04 Network Engineering Software, Inc. Automated system for management of licensed software
US6678741B1 (en) * 1999-04-09 2004-01-13 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for synchronizing firmware
US6425126B1 (en) * 1999-05-19 2002-07-23 International Business Machines Corporation Apparatus and method for synchronizing software between computers
US20070043675A1 (en) * 2000-05-15 2007-02-22 Siemens Aktiengesellschaft Software license manager
US20020026474A1 (en) * 2000-08-28 2002-02-28 Wang Lawrence C. Thin client for wireless device using java interface
JP3662485B2 (ja) * 2000-08-31 2005-06-22 松下電器産業株式会社 電池パック
US7043724B2 (en) * 2000-09-14 2006-05-09 Veritas Operating Corporation System and services for handling computing environments as documents
US20030046433A1 (en) * 2001-07-25 2003-03-06 Omer Luzzatti Method to synchronize information between online devices
US20030182563A1 (en) * 2002-03-22 2003-09-25 Liu James C. Method and apparatus for software license verification
JP3976650B2 (ja) 2002-09-04 2007-09-19 日本電気株式会社 ソフトウェアのライセンス管理方式および方法、並びに記録媒体
US7305254B2 (en) * 2003-07-17 2007-12-04 Sony Ericsson Mobile Communications Ab System and method of software transfer between a mobile phone and a mobile phone accessory
US7698393B2 (en) * 2004-03-23 2010-04-13 Microsoft Corporation Method and system for shadowing information between computing devices

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2000036503A2 (en) * 1998-12-17 2000-06-22 Pcfirst.Com, Inc. Automatic and selective transfer of software and configuration information from a source computer to a target computer and automatic upgrade of software

Also Published As

Publication number Publication date
US20080215758A1 (en) 2008-09-04
WO2006018030A1 (en) 2006-02-23
CN101044454A (zh) 2007-09-26
CN100527080C (zh) 2009-08-12
EP1776634A1 (en) 2007-04-25
US8949469B2 (en) 2015-02-03
JP2008510207A (ja) 2008-04-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4921363B2 (ja) ソフトウエアプログラムの同期方法
US20150205881A1 (en) Remote management and access of databases, services and devices associated with a mobile terminal
CN1499395B (zh) 服务设备聚集
EP2129148B1 (en) Content distribution system
JP5074424B2 (ja) 依存関係の通知
CN102483785B (zh) 通过网络服务器互连个人计算机和移动终端上的应用
US20050015462A1 (en) Service gateway system and method of using the same
EP1499086B1 (en) Internet service synchronization method for mobile communication terminal
US20060069836A1 (en) Communication system and method for upgrade of user terminal software and user terminal upgraded by the same
CN101444044A (zh) 远程访问
CN100521616C (zh) 在设备管理中上报终端信息的方法及系统
CN102394941A (zh) 数据下载中的用户确认
US20040040022A1 (en) Method and apparatus for just-in-time provisioning application-related information at a communication device
JP2010501139A (ja) 無線通信システムにおけるデータベース管理
CN101184123B (zh) 一种通讯录中的联系人信息的获取方法、系统及通信终端
US20070124358A1 (en) Method and system for installing an application on a wireless mobile device when initiated from a PC
CN102201931B (zh) 装置管理方法及系统,及其相关装置
JP2010521019A (ja) モバイル環境およびデスクトップ環境におけるデバイスの識別方法
CN1326410C (zh) 获取移动终端更新能力信息的方法
KR100818962B1 (ko) 이동 장치에 대한 원격 관리 방법
CN101112065A (zh) 自动的互联网连接设备
CN102904935A (zh) 基于家庭网关的下载方法、设备和系统
JP2008027179A (ja) 携帯電話用のアプリケーション提供システム及びサービス端末
CN103002564A (zh) 无线上网方法、无线上网设备、服务器和无线上网系统
JP2005182318A (ja) アプリケーション識別方法および通信端末

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101112

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110214

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110221

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110512

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110606

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110823

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110830

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111201

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120110

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120202

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4921363

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150210

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250