JP4893985B2 - Audio network system - Google Patents

Audio network system

Info

Publication number
JP4893985B2
JP4893985B2 JP2006079466A JP2006079466A JP4893985B2 JP 4893985 B2 JP4893985 B2 JP 4893985B2 JP 2006079466 A JP2006079466 A JP 2006079466A JP 2006079466 A JP2006079466 A JP 2006079466A JP 4893985 B2 JP4893985 B2 JP 4893985B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
partial
network
networks
plurality
connection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006079466A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007258968A (en )
Inventor
カルトホイナー ヘニング
圭 中山
正宏 清水
Original Assignee
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To easily manage scene data and improve usability without individually storing/recalling the scene data for each apparatus, even when a configuration in which various audio apparatuses are connected is employed. <P>SOLUTION: The network system has a plurality of partial networks each of which is an independent network, and a connection network for communicating the plurality of partial networks to each other, wherein a connection node is connected to each of the partial networks and the connection node is also connected to the connection network. A node on each partial network is provided with a storage means for storing a plurality of presets as setting information in the partial network. When a user instructs recall of one scene of the plurality of partial networks, a preset corresponding to the scene is read in each of the plurality of partial networks, and setting of each node of the partial network is carried out in accordance with the preset. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&amp;INPIT

Description

この発明は、各種の音響機器を接続するオーディオネットワークシステムに関する。 This invention relates to an audio network system connecting various audio equipment.

従来より、コンサート、演劇などのPA、音楽製作、構内放送などに使用されるプロ用のオーディオネットワークシステムにおいて、音響信号の通信を行う技術として、非特許文献1に記載のCobraNet(登録商標)、非特許文献2に記載のSuperMAC(登録商標)、及び、非特許文献3に記載のEtherSound(登録商標)などが知られている。 Conventionally, concerts, PA such as plays, music production, in the audio network system for professional used in such public address, as a technique for performing communication of an audio signal, according to Non-Patent Document 1 CobraNet (registered trademark), SuperMAC described in non-Patent Document 2 (R), and, like EtherSound (registered trademark) described in non-Patent Document 3 is known.

CobraNetは、Peak Audio,Inc(USA)が開発したプロオーディオ用のネットワークシステムである。 CobraNet is, Peak Audio, Inc (USA) is a network system for professional audio developed. CobraNetは、IEEE802.3uの標準イーサネット(登録商標)プロトコルを用いて、多チャンネルの非圧縮オーディオ(音響)信号とコントロール(制御)信号をイーサネット(登録商標)で伝送する技術である。 CobraNet uses standard Ethernet protocol IEEE802.3u, a transmission technique uncompressed audio multi-channel (sound) signals and controls (control) signals in the Ethernet (registered trademark). サンプルレート48kHz、16/20/24 ビットのサンプルデータを伝送でき、最大64チャンネル(ch)双方向(すなわち128ch)のオーディオ信号とコントロール信号をハンドルできる。 Sample Rate 48kHz, 16/20/24 can carry bits of sample data, can handle audio signals and control signals of up to 64 channels (ch) bidirectional (i.e. 128 channels). また、SuperMACやEtherSoundも、イーサネット(登録商標)上で音響信号を伝送する同様の技術である。 Further, SuperMac and EtherSound also similar technology for transmitting audio signals over the Ethernet.

これらの技術を利用したオーディオネットワークには、各種機能(アナログ入力、アナログ出力、ディジタル入力、ディジタル出力、ミキシング、エフェクト付与、録音再生、リモート制御、及びそれらの任意の2以上の組み合わせ)の音響機器を任意に接続できる。 The audio network using these techniques, audio equipment of various functions (analog input, analog output, digital input, digital output, mixing, effect addition, recording and playback, remote control, and any combinations of two or more thereof) a can be arbitrarily connected.

ところで、各種の音響機器では、その設定状態をシーンデータとして格納しておき、簡単な操作でシーンを呼び出して音響機器に設定する場合が少なくない。 Incidentally, in various acoustic devices, it may be stored the setting state as scene data, not a few cases of setting the audio device calls the scene by a simple operation. しかし、上述したように各種の音響機器をネットワークに接続する構成を採る場合、シーンデータを各機器ごとに個別にストア/リコールするしかなく、シーンデータの管理や使い勝手が良くなかった。 However, when employing a configuration connecting various audio equipment as described above in the network, there is only to store / recall separately for each scene data each device was not good management and usability of scene data.

本発明は、音響信号を伝送できるオーディオネットワークシステムにおいて、各種の音響機器をネットワークに接続する構成を採る場合であっても、シーンデータを各機器ごとに個別にストア/リコールすることなく、シーンデータの管理が容易で使い勝手も良くなるような技術を提供することを目的とする。 The present invention, in the audio network system capable of transmitting acoustic signals, even when a configuration connecting various audio devices to the network, the scene data without store / recall individually for each device, the scene data It aims to manage to provide easy usability as well better technology.

上記目的を達成するため、 音響信号の入力、出力、または信号処理を行う複数のノードが接続されるオーディオネットワークシステムであって、それぞれが独立したネットワークである複数の部分ネットワークと、それら複数の部分ネットワークを相互に接続する接続ネットワークとを有し、前記各部分ネットワークには少なくとも1つの接続ノードが接続され、当該接続ノードは前記接続ネットワークにも接続され、該接続ノードは、当該部分ネットワークと接続ネットワークの一方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルの信号を、他方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルに乗せる機能を有し、前記各部分ネットワーク上のノードには、当該部分ネットワークにおける設定情報であるプリセットを複数記憶する記憶手段 To achieve the above object, an audio network system in which a plurality of nodes performing the input of the sound signal, outputted, or the signal processing is connected, and a plurality of partial networks is a network, each independent, plurality of partial and a connection network for connecting networks to each other, said each partial network is at least one connection node connected, the connection node is connected to the connection network, the connection node is connected to the partial network one of signals of any one of the transmission channels of the network of networks, a function to put on any one transmission channel of the other network, the a node on each partial network, the setting information in the partial network storage means for storing a plurality of certain presets 有し、ユーザが1つの部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する1つのシーンのリコールを指示したとき、当該部分ネットワークの記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、該プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われ、ユーザが複数の部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する1つのシーンのリコールを指示したとき、当該複数の部分ネットワークの各々では、前記記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、該プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われるようにすることを特徴とする。 Has, when the user instructs the recall a scene that defines the setting state of each node in one partial network, preset corresponding to the scene stored in the storage means of the partial network is read out, the setting of each node of the partial network is performed in accordance with preset, when the user instructs the recall a scene that defines the setting state of each node of the plurality of partial networks, in each of the plurality of partial networks, the storage preset corresponding to the scene stored in the unit is read out, characterized in that as setting of each node of the partial network is performed in accordance with the preset.
請求項2に係る発明は、音響信号の入力、出力、または信号処理を行う複数のノードが接続されるオーディオネットワークシステムであって、それぞれが独立したネットワークである複数の部分ネットワークと、それら複数の部分ネットワークを相互に接続する接続ネットワークとを有し、前記各部分ネットワークには少なくとも1つの接続ノードが接続され、当該接続ノードは前記接続ネットワークにも接続され、該接続ノードは、当該部分ネットワークと接続ネットワークの一方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルの信号を、他方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルに乗せる機能を有し、前記各部分ネットワークは、その部分ネットワークでの音響信号の転送を制御する1つの部分マスタノードを有し、前記接続ネ The invention according to claim 2, the input acoustic signal, output, or an audio network system in which a plurality of nodes are connected to perform signal processing, respectively and a plurality of partial networks are separate networks, the plurality and a connection network that connects the partial networks to each other, said each partial network is at least one connection node connected, the connection node is connected to the connection network, the connection node, and the partial network one of signals of any one of the transmission channels of the network connection network has other features that put on any one transmission channel of the network, each partial network, the transmission of an audio signal in the partial network It has one partial master node controlling the connection Ne トワークは、その接続ネットワークでの音響信号の転送を制御する1つの接続マスタノードを有し、前記各部分ネットワーク上のノードには、当該部分ネットワークの設定であるプリセットを複数記憶する記憶手段を有し、ユーザが1つの部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する1つのシーンのリコールを指示したとき、当該部分ネットワークの記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、該プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われるようにし、ユーザが2以上の部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する1つのシーンのリコールを指示したとき、当該複数の部分ネットワークの各々では、前記記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、 Network has one connection master node for controlling the transmission of an audio signal in the connection network, wherein the nodes on each partial network, have a storage means for storing a plurality of preset a setting of the partial network and, when the user instructs the recall a scene that defines the setting state of each node in one partial network, preset corresponding to the stored the scene in the storage means of the partial network is read, the preset the part as set for each node of the network is performed, when the user instructs the recall a scene that defines the setting state of each node of two or more partial network in accordance, with each of the plurality of partial networks, preset is read out corresponding to the scene stored in the storage means, プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われ、その際、読み出されたプリセットに複数の部分ネットワークの2つにまたがる音響信号の伝送が含まれていた場合は、接続マスタノードの制御の下で、該2つの部分ネットワークの接続ノード間の音響信号の伝送を行うための接続伝送チャンネルが設定されるようにすることを特徴とする。 Presets each node of the partial network is performed in accordance with, the time, if it contains the transmission of acoustic signals across the two of the plurality of partial networks to a preset read, control of the connection master node below, characterized in that the connecting transmission channel for transporting audio signals between a connection node of the two partial networks are to be set.
請求項3に係る発明は、請求項1または2に記載のオーディオネットワークシステムにおいて、前記2以上の部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する1つのシーンのリコールの指示は、該2以上の部分ネットワークの全部の設定権限を有するユーザが行うことができ、何れか1つの設定権限を有さないユーザは行うことができないようにすることを特徴とする。 Invention, in the audio network system according to claim 1 or 2, instruction recalls a scene that defines the setting state of each node of the two or more partial networks, said two or more portions according to claim 3 It allows the user to have all the configuration privileges network performs the user characterized by so that it can not be carried out without any one configuration rights.

本発明によれば、音響信号を伝送できるオーディオネットワークシステムにおいて、各種の音響機器をネットワークに接続する構成を採る場合であっても、シーンデータを各機器ごとに個別にストア/リコールすることなく、シーンデータの管理が容易で使い勝手も良くなる。 According to the present invention, in the audio network system capable of transmitting acoustic signals, even when a configuration connecting various audio devices to the network, the scene data without store / recall individually for each device, management of scene data is also well easy and easy to use.

以下、図面を用いてこの発明の実施の形態を説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings.

図1は、この発明の一実施形態であるオーディオネットワークシステムにおける、ミキサエンジンなどの機器のノード100及び該機器に接続されるコンソール130の詳細な構成を示す。 1, in the audio network system that is an embodiment of the present invention, showing a detailed configuration of the console 130 connected to the node 100 and the instrument of the instrument, such as a mixer engine. ミキサエンジンなどの機器のノード100は、中央処理装置(CPU)101、フラッシュメモリ102、ランダムアクセスメモリ(RAM)103、コミュニケーション入出力インターフェース(COM I/O)104、カード入出力インターフェース(I/O)ユニット105、信号処理装置(DSP)106、部分ネットワーク用インターフェース(Net I/O)107、及びバスライン109を備える。 Mixer engine node 100 of the apparatus, such as a central processing unit (CPU) 101, flash memory 102, random access memory (RAM) 103, communication input-output interface (COM I / O) 104, card output interface (I / O ) units comprising 105, signal processor (DSP) 106, an interface for partial network (Net I / O) 107, and a bus line 109. 接続ネットワーク用インターフェース(Net I/O)108については後述する。 It will be described later connected network interface (Net I / O) 108.

CPU101は、このノード100の機器における処理全体を制御する処理装置である。 CPU101 is a processing unit for controlling the entire process in the apparatus of this node 100. フラッシュメモリ102は、CPU101が実行するプログラムや各種のデータなどを記憶する不揮発性の書き替え可能な記憶装置である。 Flash memory 102 is a nonvolatile rewritable storage device that stores programs and various data CPU101 executes. RAM103は、CPU101が実行するプログラムをロードし、あるいは各種のワーク領域に使用する揮発性のメモリである。 RAM103 loads the program CPU101 executes, or a volatile memory to be used for various work areas. COM I/O104は、コンソール130やその他の機器(PCなど)と通信するための通信ケーブルを接続するインターフェースである。 COM I / O 104 is an interface for connecting a communication cable for communicating with the console 130 or other devices (such as PC).

カードI/Oユニット105は、複数のカードのスロット(挿入口)を持つユニットである。 Card I / O unit 105 is a unit having a plurality of card slots (insertion port). 挿入するカードとしては、例えば、ディジタル音響信号のミキシングなどの信号処理を行うDSPカード、アナログ音響信号をA/D(アナログディジタル)変換して入力するアナログ入力カード、ディジタル音響信号をD/A(ディジタルアナログ)変換しアナログ音響信号として出力するアナログ出力カード、ディジタル音響信号の入出力を行うディジタル入出力カードなどがある。 The insert card, for example, DSP cards for performing signal processing such as mixing of a digital audio signal, an analog input card for inputting the analog audio signal A / D (analog-digital) conversion on the digital acoustic signal D / A ( digital-to-analog) converting analog output card for outputting an analog audio signal, and the like digital output card for inputting and outputting digital audio signals. カードI/Oユニット105に、どのような種類のカードを挿入するか(種類を混在してもよい)によって、このノード100の機器の機能が決定される。 The card I / O unit 105, by what kind of a card is inserted (types may be mixed), functions of the device of the node 100 is determined. 例えば、すべてのスロットにDSPカードを挿入すると、そのノードは主として音響信号のミキシングなどの信号処理を行うミキサのノードとなる。 For example, inserting a DSP card into every slot, the node is a mixer of the node mainly performs signal processing such as mixing of the acoustic signal. また、アナログあるいはディジタルの入出力カードを挿入すると、ノード100は、アナログあるいはディジタルの信号の入出力を行うノードとなる。 Further, when inserting the analog or digital input and output card, node 100 is a node for inputting and outputting analog or digital signals. 図1では、スロット111〜114に、DSPカードA、DSPカードB、Ain(アナログ入力)カードC、及びAout(アナログ出力)カードDを挿入し、これによりこのノード100の機器のみでアナログ音響信号の入出力とミキシング処理を実現する例を示した。 In Figure 1, the slot 111 to 114, DSP card A, DSP card B, Ain (analog input) card C, and Aout insert (analog output) card D, thereby the analog audio signal only by the device of this node 100 an example for implementing the input and output and mixing processing. スロットは、ここでは111から114の4つのみ図示したが、その数は任意に設計することができる。 Slots, here have been only four shown 111 from 114, it is possible that number of arbitrarily designed. 115は、各スロットに挿入されたカード間で音響信号のやり取りを行う信号バスである。 115 is a signal bus for exchanging audio signals between inserted card in each slot. 116は、制御信号のやり取りを行う制御バスである。 116 is a control bus for exchanging control signals.

DSP106は、主として、カードI/Oユニット105に挿入された各カードとNet I/O107との間の音響信号のやり取りを制御する機能を果たす。 DSP106 is primarily functions to control the exchange of audio signals between the card and the Net I / O 107 which is inserted into the card I / O unit 105. 特に、部分ネットワーク(詳細は後述する)を介して他のノードの機器と信号の送受信を行う場合は、当該部分ネットワークで規定されている所定のプロトコルに従う必要があるが、そのプロトコルに従って信号を加工したり信号入出力のタイミングの調整を行う処理などは、DSP106とNet I/O107とが共働して行うものである。 In particular, when the (described in detail later) the partial network for transmitting and receiving device and the signal of the other nodes via, it is necessary follow a predetermined protocol that is defined in the partial network, processing the signal in accordance with the protocol etc. or processing for adjusting the timing of the signal input and output, in which the DSP106 and Net I / O 107 is performed by cooperation. Net I/O107は、この機器を部分ネットワークに接続するインターフェースである。 Net Non I / O 107 is an interface for connecting the device to the partial network.

詳しくは図2で後述するが、本実施形態のネットワークシステムは、複数の部分ネットワークを相互に接続する接続ネットワークを備えている。 Details will be described later with reference to FIG. 2, the network system of the present embodiment includes a connection network for connecting a plurality of partial networks to each other. 108は、このノード100が部分ネットワークと接続ネットワークを接続するノード(以下、接続ノードと呼ぶ)である場合に備えている接続ネットワーク用インターフェース(接続Net I/O)である。 108 is a node this node 100 is to connect the access network and sub-network (hereinafter, the connection node hereinafter) and are connected network interface that in case a (connection Net I / O). このノード100が、部分ネットワークのみに接続され、接続ネットワークに接続されない場合、接続Net I/O108は不要である。 The node 100 is connected only to a partial network, if not connected to the connection network, connection Net I / O108 is unnecessary. このNet I/O107とNet I/O108は、同じ通信方式のインターフェースであるが、異なる通信方式であっても良い。 The Net I / O 107 and Net I / O108 is the interface to the same communication method may be a different communication methods. また、DSP106とNet I/O107(及び108)を、スロット111〜114に挿入される通信カードとして実現してもよい。 Also, DSP 106 and Net I / O 107 (and 108) may be implemented as a communication card inserted into the slot 111 to 114.

コンソール130は、CPU131、フラッシュメモリ132、RAM133、表示器134、操作子135、電動フェーダ136、COM I/O137、DSP138、オーディオI/O139、及びバスライン140を備える。 Console 130 includes a CPU 131, flash memory 132, RAM 133, display unit 134, operation element 135, electric faders 136, COM I / O137, DSP138, audio I / O139, and a bus line 140. CPU131は、このコンソール130の全体の動作を制御する処理装置である。 CPU131 is a processing unit that controls overall operation of the console 130. フラッシュメモリ132は、CPU131が実行するプログラムや各種のデータなどを記憶する記憶装置である。 Flash memory 132 is a storage device that stores programs and various data CPU131 executes. RAM133は、CPU131が実行するプログラムのロード領域や各種のワーク領域に使用する揮発性メモリである。 RAM133 is a volatile memory used to load area and various work area of ​​the program CPU131 executes. 表示器134は、このコンソール130の外部パネル上に設けられた各種の情報を表示するためのディスプレイである。 Display 134 is a display for displaying various information provided outside panel of the console 130. 電動フェーダ136は、このコンソール130の外部パネル上に設けられた各種パラメータの値設定用の操作子である。 Electric fader 136 is an operator for the value setting of various parameters provided outside panel of the console 130. 操作子135は、このコンソール130の外部パネル上に設けられた各種の操作子である。 Operator 135 includes various operators provided outside panel of the console 130. COM I/O137は、このコンソール130をミキサエンジンなどのノード100と通信するための通信ケーブルに接続するインターフェースである。 COM I / O137 is an interface for connecting the console 130 to the communication cable to communicate with the node 100, such as a mixer engine. DSP138は、COM I/O137経由で入出力される信号を取り込み各種の処理を行うDSPである。 DSP138 is a DSP which performs various processing takes in signals input and output through COM I / O137. オーディオI/O139は、音響信号のモニタ用などの入出力インターフェースである。 Audio I / O139 is an input-output interface such as a monitor audio signal.

図2は、本実施形態のオーディオネットワークシステムの全体の構成例を示す。 Figure 2 shows an overall configuration example of an audio network system of this embodiment. ホールA201の音響設備として、ノード211〜214及びコンソール215,216が設置されている。 As the acoustic equipment of Hall A 201, node 211 to 214 and the console 215 and 216 are installed. ノード211〜214は、図1のノード100で説明したのと同様の構成を持つ機器であり、それぞれ所定のカードが挿入されて、所定の音響処理機能を果たすようになっている。 Node 211 to 214 is a device having the same structure as that described in the node 100 of FIG. 1, a predetermined card is respectively inserted, so that play a predetermined sound processing function. これらのノード211〜214は、部分ネットワークA217により相互に接続されており、全体としてホールA201におけるミキサシステムを構築している。 These nodes 211-214 are connected to each other by partial network A217, we are building mixer system in hole A201 as a whole. このホールA201において全体として構築されているミキサシステムの機能構成については、図4で詳しく説明する。 The functional configuration of a mixer system which is constructed as a whole in the hall A201 will be described in detail in FIG. 以下、ノード211〜214については、部分ネットワークAのノードであることが分かるように、A1〜A4と呼ぶものとする。 Hereinafter, for the nodes 211 to 214, so it is understood that the node of the partial network A, is referred to as Al to A4. 各部分ネットワークでは、接続された複数のノードのうちの何れか1つのノードが、その部分ネットワークのマスタノードとして、当該部分ネットワークにおける音響信号の伝送(伝送サイクルのタイミング制御、伝送リソースの割当、など)を制御する。 In each partial network, any one node of a plurality of connected nodes, as the master node of the partial network, the timing control for the transmission (the transmission cycle of the audio signal in the partial network, allocation of transmission resources, etc. ) to control. また、マスタノードは、当該部分ネットワークに接続されている各機器の構成情報(部分ネットワークにどのようなノードが接続されているか、各ノードの機器に挿入されているカードはどのようなものか、コンソールはどのノードに接続されているかなど)を保持・管理する。 Further, the master node, what nodes to each device configuration information (partial network connected to the partial network are connected, the card that is inserted into a device in each node or the What, consoles such as whether it is connected to any node) for holding and managing. ノード211の「A1(M)」は、当該ノードA1が、現在部分ネットワークAにおけるマスタノードとなっていることを示している。 "A1 (M)" of the node 211, the node A1 have shown that it is the master node in the current partial network A. なお、ノード100のスロットに挿すカードとしては、アナログ入力カードなどの機能が決まっているものと、DSPカードのように多機能のもの(DSPカードは、ミキサに使うこともできるし、エフェクタに使うこともできるし、インサーションに使うこともできる)があるが、DIPスイッチなどで指定したり、カード挿入時のインストレーション操作で指定したりすることにより、各カードの機能は1つに決定されるものとする。 As the card insert into the slot of the node 100, and those are determined such features as analog input card, multifunctional ones (DSP cards as DSP cards can either be used in the mixer, using the effector it is also possible, but there are also possible) be used for insertion, or specified in such DIP switch, or to specify in the installation operation when the card insertion, the function of each card is determined to one and shall.

215はノードA3に接続されたコンソール(Con)、216はノードA4に接続されたコンソールを示す。 215 console connected to the node A3 (Con), 216 denotes a console connected to a node A4. 1つの部分ネットワークに接続されている各ノードの機器により構築されるミキサシステム内に、複数のコンソールが接続されている場合は、その中の1つをマスタとし他をスレーブとする。 In the mixer system constructed by a device in each node connected to one partial network, if more than one console is connected to the other and one of them a master and a slave. 図2の部分ネットワークAのミキサシステムAでは、コンソール215がマスタコンソールであり、そのことを示すためにCon(M)と記載している。 In the mixer system A partial networks A in FIG. 2, the console 215 is the master console, describes the Con (M) to indicate that the. 図2では、4つの部分ネットワークA〜Dに対応して、4つのミキサシステムA〜Dが構築されている。 In Figure 2, corresponding to the four partial networks to D, four mixer system to D is constructed. 後述するように、各ミキサシステムは、対応する部分ネットワークに接続された機器だけでなく、接続ネットワークで接続された他の部分ネットワークの機器についてもその構成要素とすることができる。 As described later, each mixer system not only connected to the corresponding partial network devices, it can also be a component thereof for equipment other partial network connected by the connecting network. 各ミキサシステムを構成する複数の機器は、マスタコンソールからの制御信号により制御される。 A plurality of devices constituting the respective mixer system is controlled by a control signal from the master console. すなわち、マスタコンソールは、その部分ネットワークで構築されているミキサシステム全体を制御する。 That is, the master console controls the entire mixer system constructed in the partial network. スレーブコンソールは、その操作パネルに対して行われた設定操作をマスタコンソールに伝達する(マスタコンソール操作パネルの拡張)とともに、マスタコンソールから出力される各種指示信号を受けて内部でマスタコンソールが行っているのと同じ動作を実行しており、マスタコンソールの動作に何らかの異常が生じたときには、マスタコンソールに昇格して動作を引き継ぐことができる(マスタコンソールのバックアップ)。 The slave console, as well as transmits the setting operation performed on the operation panel to the master console (Extended Master Console control panel), the internal master console is performed by receiving various instruction signals outputted from the master console has the same behavior as are the, when an abnormality has occurred in the master console of operation can take over the operation and upgrading to a master console (master console backup).

同様にして、スタジオB202の音響設備として、ノード221〜223(B1〜B3)及びコンソール224が設置されている。 Similarly, as an acoustic equipment studio B 202, node 221 to 223 (B1 to B3) and the console 224 are installed. これらのノード機器B1〜B3は、部分ネットワークB225に接続されており、全体としてスタジオB202におけるミキサシステムを構築している。 These nodes equipment B1~B3 is connected to the partial network B225, we are building mixer system in the studio B202 as a whole. ノードB3は、音響信号をディジタルレコーディングできるレコーダであるものとする。 Node B3 is assumed to be a recorder that can digitally record the acoustic signals. コンソール224は、部分ネットワークB上に構築されたミキサシステム内で1台のみのコンソールであるので、マスタコンソールである。 Console 224 is therefore in a mixer system constructed on the partial network B is a console only one, the master console. 同様に、ホールC203の音響設備として、ノード231〜235(C1〜C5)及びコンソール236が設置され、部分ネットワークC上のミキサシステムが構築されている。 Similarly, as an acoustic equipment of holes C 203, it is installed nodes 231 through 235 (C1 to C5) and the console 236, a mixer system on a partial network C is constructed. また、予備室D204の音響設備として、ノード241(D1)及びコンソール242が設置され、部分ネットワークD上のミキサシステムが構築されている。 Further, as the acoustic equipment of the pre-chamber D 204, node 241 (D1) and the console 242 are installed, a mixer system on a partial network D is constructed.

接続ネットワーク200は、各部分ネットワークA,B,C,Dを相互に接続するための上位のネットワークである。 Access network 200 is a respective partial networks A, B, C, high-level network for interconnecting D. 接続ネットワーク200には、部分ネットワークAのマスタノードA1(M)、部分ネットワークBのマスタノードB1(M)、部分ネットワークCのマスタノードC1(M)、及び部分ネットワークDのマスタノードD1(M)が接続されている。 The connection network 200, the master node of the partial network A A1 (M), the master node of the partial network B B1 (M), the partial network C of the master node C1 (M), and the partial network D of the master node D1 (M) There has been connected. これらのノードA1(M),B1(M),C1(M),D1(M)は、接続ネットワーク200に接続されているという観点からみると接続ノードである。 These nodes A1 (M), B1 (M), C1 (M), D1 (M) is the connection node from the viewpoint of being connected to the connection network 200. 各接続ノードを必ずしも各部分ネットワークのマスタノードとしなくてもよいが、マスタノードは各部分ネットワークでの通信タイミングを決定するノードであるので、各接続ノードをその部分ネットワークのマスタノードとすることにより、各部分ネットワークでの音響信号の伝送をより安定させることができる。 Each connection node may not necessarily be a master node of the partial network, since the master node is the node to determine the communication timing of each partial network, by each connection node with the master node of the partial network , it is possible to further stabilize the transmission of acoustic signals in each partial network. これらの接続ノードの中の1つ、例えばノードB1(M)は、接続ネットワーク200のマスタノード(接続マスタと呼ぶ)として、当該接続ネットワークにおける音響信号の伝送(伝送サイクルのタイミング制御、伝送リソースの割当、など)を制御する。 One of these connection nodes, for example node B1 (M), as a master node for connecting the network 200 (referred to as connection master), the timing control for the transmission (the transmission cycle of the audio signal in the connection network, the transmission resource assignment, etc.) to control. 接続マスタは、接続ネットワーク200を介した各音響信号の伝送で使用する伝送リソースの割り当てなど、接続ネットワークにおける通信の制御を行うノードである。 Connecting the master, such as the allocation of the transmission resources used in the transmission of the acoustic signals through the connection network 200 is a node for controlling communication in the connecting network.

各部分ネットワーク及び接続ネットワークはそれぞれ独立したネットワークであるので、当然、それぞれのプロトコルは同じでも異なっていてもよい。 Since each sub-network and the connecting network is the independent network, of course, each of the protocols may be the same or different. ただし、所定のch数の音響信号を、ほぼリアルタイムに時分割伝送でき、さらに、同時に制御信号を時分割伝送できるプロトコルを用いるものとする。 However, the predetermined ch number of audio signals, can time-division transmission in near real time, further, it is assumed to use a protocol that can be divided transmission when the control signal at the same time. 従来より知られている音響信号を伝送することができる各種の方式、例えば、mLAN(商標)、CobraNet(商標)、EtherSound(商標)、HyperMAC(商標)などを用いてもよい。 Various methods capable of transmitting acoustic signals conventionally known, for example, mLAN (trademark), CobraNet (TM), EtherSound (TM), or the like may be used HyperMac (TM).

図3は、本実施形態のシステムにおける部分ネットワーク及び接続ネットワークにおける伝送フォーマットの例を示す。 Figure 3 shows an example of a transmission format in the partial network and the connecting network in the system of the present embodiment. 301は、矢印302で示す時間tの経過方向に沿って伝送される各伝送フレーム311,312,313,…を示す。 301, each transmission frame 311, 312, 313 to be transmitted along the passage direction of time t indicated by the arrow 302 shows .... 1フレームの長さは固定長であり、例えば数十〜数百マイクロ秒程度である。 The length of one frame has a fixed length, for example, several tens to several hundreds of about microseconds. この長さは、システムで使用しているサンプリングクロックのサンプリング周期×n(nは1以上の整数)とするのがよい。 This length (the n 1 or more integer) sampling period × n of the sampling clock used in the system preferably set to. その場合、各ネットワークのマスタノードは、同時に、当該ネットワークにおける音響信号のサンプリングクロックを決定するワードクロックマスタとして動作する。 In that case, the master node of each network, at the same time, operates as a word clock master which determines the sampling clock of the audio signal in the network. 1フレームの前半部分321は、所定のch数の音響信号を(楽音波形サンプル)伝送するために割り当てられている時間区間である。 1 frame of the first half 321 is the time interval assigned to the predetermined ch number of audio signals (tone waveform samples) transmission. ここでは、この前半部分321を時間区間330−1〜330−128に分け、128ch分の音響信号の伝送ができるフォーマットの例を示した。 Here, dividing the first half 321 to the time interval 330-1~330-128, an example of a format that can transmit audio signals 128ch minute. 各時間区間330−1〜330−128が、それぞれ1つの伝送chに相当する。 Each time interval 330-1~330-128, respectively correspond to one transmission ch. 1つの伝送ch、例えば時間区間330−1には1つ以上の所定数の波形サンプルを設定することができる。 One transmission ch, the example time interval 330-1 may set one or more predetermined number of waveform samples. 1つの伝送chにより1ch分の音響信号の伝送を行う。 To transmit the 1ch component of the acoustic signal by one transmission ch. なお、割り当てることができる伝送chの数や、1フレーム内の当該伝送chの区間に含めることができる波形サンプルの数は、ネットワークの要求仕様に合わせて任意に決めればよい。 Note that the number of transmission ch and that can be assigned, the number of waveform samples can be included in the transmission ch intervals within one frame may be determined arbitrarily in accordance with the required specifications of the network. ただし、伝送ch数を多くし、1フレームで伝送できるサンプル数を多くする場合は、それに応じてネットワークの帯域が要求されるので、それだけ高性能のハードウエアが必要になる。 However, to increase the number of transmission ch, if you increase the number of samples that can be transmitted in one frame, since the bandwidth of the network is required, it is necessary to correspondingly high performance hardware accordingly. 1フレームの後半の時間区間322は、制御データの伝送を行うために確保されている区間である。 Time interval 322 of the second half of one frame is a period that is reserved for performing transmission of control data.

図3に示したような伝送フォーマットを基本形とし、例えば図2に示したように、部分ネットワークAでは128ch、部分ネットワークBでは128ch、部分ネットワークCでは256ch、部分ネットワークDでは64chの伝送chをそれぞれ使用可能とする。 And a transmission format as shown in FIG. 3 as the basic style, for example, as shown in FIG. 2, the partial network A 128 channels, the partial network B 128 channels, the partial network C 256 channels, the transmission ch of 64ch in the partial network D respectively It is able to use. また接続ネットワーク200は、512chの伝送chを使用可能とする。 The connection network 200 to enable transmission ch of 512ch. すなわち、これらのネットワークの中では接続ネットワーク200の帯域が一番広く、部分ネットワークA、Bがそれに続き、部分ネットワークDの帯域が最も狭い。 That is, wide band connection network 200 is the most Among these networks, the partial network A, B followed it, is the narrowest band of partial network D.

各ネットワークにおける伝送chは、当該ネットワークのマスタノードの制御のもとで割り当てられる。 Transmission ch in each network is assigned under the control of the master node of the network. 例えば、部分ネットワークA内で第1のノードから他の第2のノードに音響信号を伝送したいとき、その通信を行いたい第1のノードまたは第2のノードからマスタノードA(M)に対して伝送chの割り当てをリクエストし、マスタノードA(M)はそのリクエストに対して図3の330−1〜330−128のうちの何れかの伝送chを割り当て、割り当てた伝送chをリクエスト元のノードに通知する。 For example, if you want to transmit an acoustic signal from a first node in the partial network A to another second node, the first node or the second node you want the communication to the master node A (M) requesting the allocation of transmission ch, the master node a (M) is assigned one of the transmission ch of 330-1~330-128 of 3 for the request, assignment requesting node transmission ch was to notify. リクエスト元のノードが第1のノードならその第1のノードから第2のノードへ、リクエスト元のノードが第2のノードならその第2のノードから第1のノードへ、該使用する伝送chを通知する。 If the requesting node is the first node from the first node to the second node, if the requesting node is the second node from the second node to the first node, a transmission ch to the use Notice. その後、送信側の第1のノードは音響信号を当該伝送chに乗せて部分ネットワークAに出力する。 Thereafter, the first node on the transmitting side and outputs the partial network A put an acoustic signal to the transmission ch. 受信側の第2のノードは、ネットワークAの当該伝送chからその音響信号を受信する。 A second node of the receiving side receives the acoustic signal from the transmission ch network A. 接続ネットワーク200を介して接続ノード同士で通信を行う場合も、伝送chの割り当てとその伝送chを使用しての音響信号の伝送の手順は同様である。 When communicating with a connection node between via connection network 200 also, the procedure of transmission of the acoustic signals using the transmission ch and allocation of transmission ch are the same.

なお、図3では時分割で音響信号と制御信号を伝送するフォーマットの例を示したが、音響信号用のネットワーク線と制御信号用のネットワーク線とを相互に独立して設け、独立に音響信号と制御信号を伝送するようにしてもよい。 Note that although an example of a format for transmitting audio signals and control signals in time division in FIG. 3, provided independently a network line for network line and a control signal for an acoustic signal to each other, independently of the acoustic signal it may be transmitted to control signal.

図4は、図2の部分ネットワークAのノードA1〜A4の機器により全体として構築されるミキサシステムの機能構成を示すブロック図である。 Figure 4 is a block diagram showing a functional structure of a mixer system constructed in its entirety by the device at the node A1~A4 partial networks A of FIG. 401〜403は、それぞれ音響信号の入力部を示す。 401 to 403 shows the input of the respective acoustic signals. 入力パッチ406は、入力部401〜403による各入力信号を、入力ch(24ch)407や入力ch(48ch)408の各入力chへ入力するための任意結線を行なう。 Input patch 406, each input signal by the input unit 401 to 403, performs any connection for input to each input ch Input ch (24ch) 407 and input ch (48ch) 408. 入力ch407,408の各入力chでは、イコライザやダイナミクスなどの各種の信号処理を施すことができる。 Each input ch input Ch407,408, may be subjected to various signal processing such as an equalizer and dynamics. 入力ch407,408の各chの信号は、MIXバス(MIX1〜36の36本)410の任意のミキシング用バスへ選択的に出力できる。 Each ch signal input ch407,408 can be selectively output to any mixing bus of the MIX bus (36 pieces of MIX1~36) 410. MIXバス410の各ミキシング用バスは、それぞれ入力ch407,408から入力する信号をミキシングする。 Each mixing bus of the MIX bus 410 mixes signals inputted from the respective input Ch407,408. MIXバス410の各ミキシング用バスでミキシングされた信号は、そのミキシング用バスに対応する出力ch、すなわち出力ch411,412の中の1つに、出力される。 Mixed signal for each mixing bus of the MIX buses 410, output ch corresponding to the mixing bus, i.e. one of the output Ch411,412, is output. 出力ch411,412の出力は、それぞれ出力パッチ413へ出力される。 Output Output ch411,412 are outputted to the output patch 413. 出力パッチ413は、出力ch411,412から、出力系統への任意の結線を行なう。 Output patch 413, the output Ch411,412, performs any connection to the output line. 414〜416は、それぞれ音響信号の出力部を示す。 414-416 shows the output of each acoustic signal. インサーション409は、入力ch408の何れかのchの信号を取り出して、DSPを用いて各種のエフェクト処理を施し、処理済みの信号を再び入力ch408の何れかのchに戻す機能を果たす。 Insertion 409 retrieves any of the ch signal input Ch408, performs various effect processing using a DSP, it performs the function of returning to any of ch input the processed signal again Ch408.

図4の各ブロックの中に括弧を付けて記載してあるA1,A2,A3,A4は、そのブロックの機能が、図2の部分ネットワークAのどのノードで実現されているかを示す。 Aru A1, A2, A3, A4 which describes in brackets in each block of FIG. 4 illustrates how the function of the block are realized by the partial network A throat nodes of FIG. 例えば、入力部401には括弧書きでA1と記載されているので、この入力部401が図2の部分ネットワークAのノードA1により実現されている機能であることが分かる。 For example, the input unit 401 since it is described as A1 in parentheses, it can be seen the input unit 401 is a feature that is implemented by the node A1 of the partial network A of FIG. 同様に、ノードA1により実現されている機能は、入力ch407、及び出力ch411、出力部414である。 Similarly, the functions implemented by the node A1 is input Ch407, and output Ch411, an output unit 414. ノードA2により実現されている機能は、入力部402、及びインサーション(10基)409である。 The functions implemented by the node A2 is input unit 402, and insertion (10 units) is 409. ノードA3により実現されている機能は、入力部403、入力ch408、及び出力部415である。 The functions implemented by the node A3 is connected to an input unit 403, an input Ch408, and an output unit 415. ノードA4により実現されている機能は、出力ch412、及び出力部416である。 The functions implemented by the node A4 is output Ch412, and an output unit 416. 入力部401〜403の機能を果たすノードには、その何れかのスロットに音響信号入力用のカードが挿入されていることになる。 The node perform the function of the input unit 401 to 403, so that the card for the acoustic signal input is inserted into the one of the slots. 出力部414〜416の機能を果たすノードには、その何れかのスロットに音響信号出力用のカードが挿入されていることになる。 The node perform the function of the output unit 414 to 416, so that the card for the acoustic signal output are inserted into either of the slots. 入力ch407,408及び出力ch411,412の機能を果たすノードには、その何れかのスロットにDSPカードが挿入されていることになる。 The node performs the function of input ch407,408 and output Ch411,412, so that the DSP card is inserted into either of the slots. なお、その他の機能、すなわち、入力パッチ、出力パッチ、バス、接続パッチなどについては、音響信号が通る各ラインごとに、ノードやネットワークなどに割り当てられて実現されるものであるので、ここではどの機器で実現されるかを図示していない。 The other functions, i.e., input patch, output patch, buses, for such connections patches, for each line through which the acoustic signal, so is realized assigned such a node or the network, which here (not shown) or be realized in the equipment.

さらに、本実施形態のオーディオネットワークシステムでは、ある部分ネットワーク上に構築されている音響システムで、他の部分ネットワークのノードの機能を、利用することができる。 Further, in the audio network system of this embodiment is a sound system that is built on a certain partial network, the function of a node of another partial network can be utilized. 例えば、図4の入力部404はホールCに設置してあるノードC5により実現される機能であるが、この機能404を部分ネットワークAの音響システムで利用している。 For example, the input unit 404 of FIG. 4 is a function realized by the node C5 that is installed in hall C, and utilizes this feature 404 in the audio system of the partial network A. 部分ネットワークAの任意のノードと部分ネットワークCのノードC5との音響信号のやり取りは部分ネットワークA、接続ネットワーク200、及び部分ネットワークCを介して行う。 Exchange of acoustic signals with the node C5 of any node and the partial network C of the partial network A is performed through the partial network A, the connection network 200, and a partial network C. 接続パッチ405は、この接続ネットワーク200を介した結線を表している。 Connection patches 405 represents a connection via the connection network 200. 同様にして、所定の出力chの出力信号を、出力パッチ413及び接続パッチ417を介して、部分ネットワークBのノードB3により実現されているレコーダ部418に、結線している。 Similarly, the output signal of a predetermined output ch, via the output patch 413 and connection patches 417, the recorder 418, which is implemented by the node B3 in the partial network B, and then connected. 同様にして、入力部及び出力部以外の任意の機能ブロックとして、他の部分ネットワークのノードの機能を利用することができる。 Similarly, as any functional blocks other than the inputs and outputs, it is possible to use the functions of a node of another partial network.

図4の入力パッチ406について詳しく説明する。 It will be described in detail input patch 406 of FIG. 入力パッチ406は入力部401〜404の何れかの入力ポートと入力ch407,408の何れかの入力chとの結線を行う機能ブロックであるが、この機能は1つのノードのみで実現されるとは限らない。 Although the input patch 406 is a functional block for connection with one of the input ch of one of the input ports and the input ch407,408 input unit 401-404, this function is achieved only in one node Not exclusively. 場合分けすると、(1−1)同じ部分ネットワーク内の1つのノード内で結線する場合、(1−2)同じ部分ネットワーク内の異なるノード間で結線する場合、(1−3)異なる部分ネットワークのノード間で結線する場合、の3つがある。 If case analysis, (1-1) When connected in one node in the same partial network, (1-2) When connection between different nodes in the same partial network, the (1-3) different partial network If for connecting between nodes, 3 Tsugaaru. 各場合について説明する。 Each case will be described.

(1−1)同じ部分ネットワーク内の1つのノード内で結線する場合とは、例えば、マスタコンソール215において、入力部401の1つの入力ポートから入力した1つの入力信号を入力ch407の中の1つの入力chに結線する操作が行われたとき、すなわち同じノードA1内で信号の受け渡しを行う場合である。 (1-1) The case of connection within a single node in the same partial network, for example, the master console 215, one input signal input from one input port of the input unit 401 in the input Ch407 1 when One input ch is connected to the operation is performed, that is, when receiving and transferring the signal in the same node A1. 図1の構成で、スロット113に挿入されたAinカードCが入力401に対応し、スロット111に挿入されたDSPカードAが入力ch407に対応するものとすると、マスタコンソール215の指示に応じて、ノードA1のCPU101が、信号バス115のB伝送ch(伝送フレーム、伝送帯域、タイムスロットなど)を割り当て、AinカードCが入力部401のその信号をその割り当てたB伝送chを用いて信号バス115へ送出するよう、AinカードCを設定するとともに、DSPカードAがその送出された信号を信号バス115から取り込み、内部で実行中の入力ch407の当該chのプロセスへ供給するよう、DSPカードAを設定することで、当該入力パッチ406の結線が実現される。 In the configuration of FIG. 1, the Ain card C inserted in the slot 113 corresponds to the input 401, DSP card A inserted in the slot 111 as corresponding to the input Ch407, according to an instruction of the master console 215, CPU101 of the node A1 is, B transmission ch signal bus 115 (transmission frame, a transmission band, time slot, etc.) the assignment, signal bus 115 using the assigned B transmission ch Ain card C is the signal of the input unit 401 as to be sent to, and sets the Ain card C, so that the DSP card a uptake from the signal bus 115 and the transmitted signal, is supplied to the ch processes input ch407 running inside, the DSP card a by setting, connection of the input patch 406 can be realized.

(1−2)同じ部分ネットワーク内の異なるノード間で結線する場合とは、例えば、マスタコンソール215において、入力部401の1つの入力ポートから入力した1つの入力信号を入力ch408の中の1つの入力chに結線する操作が行われたとき、すなわちノードA1からノードA3に部分ネットワークAの伝送chを使用して信号の受け渡しを行う場合である。 (1-2) The same case for connecting with the between different nodes in the partial network, for example, the master console 215, one of the inputs ch408 one input signal input from one input port of the input unit 401 of the when the operation for connecting the input ch is performed, that is, when receiving and transferring the signal using the transmission ch partial network a to the node A3 from node A1. この場合、結線が指示されたときに、部分ネットワークAのマスタコンソール215は、マスタノードであるノードA1に部分ネットワークAのNA伝送ch(伝送フレーム、伝送帯域、タイムスロットなど)を割り当てさせ、送信側のノードA1に入力部401のその信号をその割り当てたNA伝送chを用いて部分ネットワークAへ送信するよう指示するとともに、受信側のノードA3にその送信された信号を受信し入力ch408の当該chのプロセスへ供給するよう指示する。 In this case, when the connection is instructed, the master console 215 of the partial network A, NA transmission ch partial network A to the node A1 which is the master node (the transmission frame, a transmission band, such as time slots) let allocates a transmission instructs to transmit the signal of the input unit 401 to the node A1 side to the partial network a using the assigned NA transmission ch, receives the transmitted signal in the node A3 of the receiving the input ch408 an instruction to supply to ch process. 指示を受けたノードA1では、CPU101が、信号バス115のB伝送chを割り当て、そのB伝送chを使って入力部401のその信号がDSP106に伝送されるよう、AinカードC及びDSP106を設定するとともに、その信号がNA伝送chを用いて部分ネットワークAへ送信されるよう、DSP106及びNetI/O107を設定する。 The node A1 has received the instruction, CPU 101 is assigned a B transmission ch signal bus 115, the signal input unit 401 using the B transmission ch is to be transmitted to the DSP 106, sets the Ain card C and DSP 106 together, the signal to be transmitted to the partial network a using the NA transmission ch, sets the DSP106 and net I / O 107. また、指示を受けたノードA3では、(スロットBに入力ch408を実行するDSPカードBが装着されているとして説明すると、)CPU101が、部分ネットワークAからその送出された信号を受信するよう、DSP106及びNetI/O107を設定するとともに、信号バス115のB伝送chを割り当て、そのB伝送chを使って受信した信号がDSP106からDSPカードBに伝送されるよう、DSP106及びDSPカードBを設定する。 Also, in the node A3 has received the instruction, (when described as being attached the DSP card B to perform input ch408 in slot B,) CPU 101 is to receive the transmitted signal from the partial network A, DSP 106 and sets the net I / O 107, assigns a B transmission ch signal bus 115, a signal received using the B transmission ch is to be transmitted from the DSP106 to the DSP card B, it sets the DSP106 and DSP card B. 以上により、ノードA1のAinカードC(入力部401)の当該入力ポートからノードA3のDSPカードBの入力ch408の当該chの処理への結線が実現される。 Thus, connections to Ain card C the ch processing input ch408 the DSP card B node A3 from the input port (input unit 401) of the node A1 is realized.

(1−3)異なる部分ネットワークのノード間で結線する場合とは、例えば、マスタコンソール215において、入力部404の1つの入力ポートから入力した1つの入力信号を入力ch408の中の1つの入力chに結線する操作が行われたとき、すなわちノードC5からノードA3に信号の受け渡しを行う場合である。 (1-3) and the case of connection between nodes of different partial networks, for example, the master console 215, the one of the inputs of one of the input signals input from one input port of the input unit 404 Ch408 input ch when the operation for connecting the is performed, that is, when receiving and transferring the signal from the node C5 to node A3. この場合、結線が指示されたときに、部分ネットワークAのマスタコンソール215は、マスタノードA1に部分ネットワークAのNA伝送chを、マスタノードC1に部分ネットワークCのNC伝送chを、接続マスタB1に接続ネットワークのNI伝送chをそれぞれ割り当てさせるとともに、送信側のノードC5に対し入力部404のその信号をその割り当てたNC伝送chを使って部分ネットワークCに送信するよう指示し、信号を中継するノードC1(M)に対しその信号を受信して、その割り当てたNI伝送chを使って接続ネットワークに送信するよう指示し、信号を中継するノードA1(M)に対しその信号を受信して、その割り当てたNA伝送chを使って部分ネットワークAに送信するよう指示し、受信側のノードA3 In this case, when the connection is instructed, the master console 215 of the partial network A, the NA transmission ch partial networks A to the master node A1, the master node C1 to NC transmission ch partial networks C, and connect the master B1 the NI transmission ch connection network with make assignments respectively instructed to transmit the signal to the partial network C using the assigned NC transmission ch input unit 404 to the node C5 of the transmission side, a node that relays signals C1 (M) to receive the signal, and instructs to transmit using that assigned NI transmission ch connection network, to node relays the signals A1 (M) receives the signal, the using the assigned NA transmission ch instructed to transmit to the partial network a, the receiving node A3 対しその信号を受信し入力ch408の当該chのプロセスへ供給するよう指示する。 An instruction to supply to the process of the ch input ch408 receives the signal against. 指示を受けたノードC5では、CPU101が、B伝送chを割り当てるとともに、入力部404からDSP106へのその信号の伝送、及びNC伝送chでの部分ネットワークCへの送信をAinカード、DSP106、及びNetI/O107に設定し、指示を受けたノードC1(M)では、CPU101が、部分ネットワークCからのその信号の受信、及びNI伝送chでの接続ネットワークへの送信をNetI/O107、DSP106、及びNetI/O108に設定し、指示を受けたノードA1(M)では、CPU101が、接続ネットワークからのその信号の受信、及びNA伝送chでの部分ネットワークAへの送信をNetI/O108、DSP106、及びNetI/O107に設定し、指示を受けたノードA3では、C In the node C5 receiving the instruction, CPU 101 is, assigns a B transmission ch, the signal from the input unit 404 to the DSP 106 transmission, and transmits the Ain card to the partial network C in NC transmission ch, DSP 106, and NetI / O 107 is set to, the node receiving the instruction C1 (M), CPU 101 is, partial reception of the signal from the network C, and NI transmissions to the connected network transmission ch net I / O 107, DSP 106, and net I / O108 set, the node receiving the instruction A1 (M), CPU 101 may receive the signals from the access network, and the transmission to the partial network a at NA transmission ch NetI / O108, DSP106, and net I / O 107 is set to, in the node A3 has received the instruction, C U101が、B伝送chを割り当てるとともに、部分ネットワークAからのその信号の受信、及びDSP106から入力ch408への伝送をNetI/O107、DSP106、及びDSPカードに設定する。 U101 is, assigns a B transmission ch, reception of the signal from the partial network A, and sets the transmission to the input ch408 from DSP 106 to net I / O 107, DSP 106, and DSP card. 以上により、ノードC5→(部分ネットワークC)→接続ノードC1(M)→(接続ネットワーク)→接続ノードA1(M)→(部分ネットワークA)→ノードA3という経路で、ノードC5の入力部404の当該ポートからノードA3で実行されている入力ch408の当該chの処理への結線が実現される。 By the above, the node C5 → (partial network C) → connection node C1 (M) → (connection network) → connection node A1 (M) → (partial network A) → a path of nodes A3, the input unit 404 of the node C5 connection from the port to the ch of processing input ch408 running on the node A3 is implemented.

なお上記(1−3)の場合において、入力部404がノードC5でなく接続ノードC1(M)により実現されているときは、部分ネットワークC内の伝送は不要となる。 Note in the case of the above (1-3), when the input unit 404 is implemented by the connection node C1 (M) rather than the node C5, the transmission in the partial network C is not required. 同様に、入力ch408がノードA3でなく接続ノードA1(M)により実現されているときは、部分ネットワークA内の伝送は不要となる。 Similarly, when the input ch408 is implemented by the connection node A1 (M) rather than the node A3, the transmission in the partial network A is not necessary.

以上で説明した入力パッチ406における結線の設定は、ユーザがコンソールにて所定の画面を見ながら任意に行うことができる。 More connection settings in the input patch 406 described is, the user can perform arbitrarily while viewing a predetermined screen at the console. ユーザが指示した結線の設定に応じて、当該コンソールから、上述した(1−1)〜(1−3)の各場合において必要なノードのCPU101に対して、そのノードのDSP106へマイクロプログラムのロードを指示する。 Depending on the connection of the setting designated by the user, from the console, with respect to CPU101 of required nodes in each case described above (1-1) to (1-3), the microprogram loaded into DSP106 of that node to instruct. そのマイクロプログラムとは、上述した(1−1)〜(1−3)の各場合において、各ノードが上述の動作を実現するようにDSP106を動作させるマイクロプログラムである。 As a microprogram, in each case described above (1-1) to (1-3), a microprogram which each node to operate the DSP106 to realize the operation described above.

図4のMIXバス410について詳しく説明する。 It will be described in detail MIX buses 410 of FIG. MIXバス410の各ミキシング用バスにおけるミキシングの処理は、そのバスに対応する出力chの処理を行うのと同じノードの同じDSPカードで行われる。 Processing of mixing in each mixing bus of the MIX bus 410 is done in the same DSP card of the same node performs the processing of output ch corresponding to the bus. これは、入力chからMIXバスへのルーティングを変更するときの設定変更処理を最小限にするためである。 This is to minimize the setting change processing when changing the routing from the input ch to the MIX bus. 例えば、MIXバス410(36本)のうち、第1MIXバスのミキシングの結果は出力ch411の第1出力chに出力され、第2MIXバスのミキシングの結果は出力ch411の第2出力chに出力され、…という具合である。 For example, of the MIX buses 410 (36 lines), the result of the 1MIX bus mixing is output to the first output ch output Ch411, results of the 2MIX bus mixing is output to the second output ch output Ch411, ... and so that. 従って、どのノードで実現されている入力chの信号が、どのMIXバスへ入力しそのMIXバスがどのノードで実現されているかに応じて、上記入力パッチ406で説明したのと同様な場合分けができる。 Thus, the signal input ch being implemented on any node, which to the MIX bus type depending on whether the MIX bus is implemented on any node, divided if same as explained with reference to the input patch 406 it can. すなわち、(2−1)同じ部分ネットワーク内の1つのノードで上記入力chとMIXバスと出力chが実現されている場合、(2−2)同じ部分ネットワーク内の第1のノードで上記入力chが実現され第2のノードでMIXバスと出力chが実現されている場合、(2−3)第1の部分ネットワークのノードで上記入力chが実現され、それとは異なる第2の部分ネットワークのノードでMIXバスと出力chが実現されている場合、の3つがある。 That is, (2-1) when the input ch and MIX buses and the output ch one node in the same partial network is realized, (2-2) the input ch in the first node in the same partial network If MIX buses and the output ch is realized in the second node but is achieved, (2-3) the input ch is implemented in a node of the first partial network, nodes of different second subnetwork from that in case of MIX buses and the output ch is realized, 3 Tsugaaru. 各場合について説明する。 Each case will be described. なお、ネットワークないし伝送バスの伝送リソースの消費を減らすために、各バスのミキシングの処理の一部を、そのバスへ信号を出力している入力chと同じノードの同じDSPカードで行うようにしてもよい。 In order to reduce the consumption of network or transmission resources of the transmission bus, a part of the processing of each bus of the mixing, so as to perform the same DSP card of the same node as the input ch which outputs a signal to the bus it may be.

(2−1)同じ部分ネットワーク内の1つのノードで上記入力chとMIXバスと出力chが実現されている場合とは、例えば、マスタコンソール215において、入力ch407のうち第1入力chの信号をMIX1(第1MIXバス)へ出力する操作(第1入力chのMIX1センドをオンする操作)が行われたとき、すなわち、同じノードA1内で入力chからMIXバスへのルーティングが行われる場合である。 (2-1) If the input ch and MIX buses and the output ch is realized as a single node in the same partial network, for example, the master console 215, a first input ch signal of the input ch407 MIX1 when (a 1MIX bus) output to operate (operation of turning on the MIX1 send the first input ch) is performed, i.e., in the case where routing from an input ch within the same node A1 to the MIX bus is performed . 図1の構成で、スロット111に挿入されたDSPカードAが入力ch407に対応し、スロット112に挿入されたDSPカードBがMIX1及び出力ch411に対応するものとすると、CPU101が、信号バス115のB伝送chを割り当て、DSPカードAが第1入力chの処理結果の信号をその割り当てたB伝送chを用いて信号バス115へ送出するよう、DSPカードAを設定するとともに、DSPカードBがその送出された信号を信号バス115から取り込み、内部で実行中のMIX1(及び第1出力ch)の処理のプロセスへ供給するよう、DSPカードBを設定することで、当該第1入力chから第1MIXバスへのルーティングが実現される。 In the configuration of FIG. 1, the DSP card A inserted in the slot 111 corresponds to the input Ch407, DSP card B inserted into the slot 112 as corresponding to the MIX1 and output Ch411, the CPU 101, the signal bus 115 Assign the B transmission ch, so that DSP card a sends out a signal of the first input ch processing result to the signal bus 115 using the assigned B transmission ch, it sets the DSP card a, DSP card B is its It captures the transmitted signal from the signal bus 115, to supply to the processing of a process running MIX1 (and the first output ch) internally, by setting the DSP card B, the 1MIX from the first input ch routing to the bus can be realized. なお、DSPカードAで、MIX1及び第1出力chの処理が(第1入力chの処理とともに)行われる場合には、DSPカードA内での当該第1入力chからMIX1へのルーティングの設定のみを行えばよく、信号バス115を介したカード間の信号伝送の設定は不要である。 In DSP card A, process MIX1 and the first output ch is when (first with processing of the input ch) is performed, only the setting of the routing from the first input ch in the DSP card A to MIX1 It may be carried out, setting of the signal transmission between the card via the signal bus 115 is not required. 以上により、第1入力chの出力信号がMIX1の処理へ入力される。 Thus, the output signal of the first input ch is input to the processing of MIX1. MIX1では、該入力信号がその他の入力信号とミキシングされ、第1出力chの処理へと出力される。 In MIX1, the input signal is mixed with other input signals, is output to the processing of the first output ch.

(2−2)同じ部分ネットワーク内の第1のノードで上記入力chが実現され第2のノードでMIXバスと出力chが実現されている場合とは、例えば、マスタコンソール215において、ノードA1で実現されている入力ch407のうち第1入力chの信号を、ノードA4で実現されているMIX13(第13MIXバス)へ出力する操作(第1入力chのMIX13センドをオンする操作)が行われたとき、すなわち、ノードA1の入力chからノードA4のMIXバスへのルーティングが行われる場合である。 (2-2) If the MIX buses and the output ch is realized with a second node said input ch is implemented at the first node in the same partial network, for example, the master console 215, the node A1 a first input ch signal of the input is realized Ch407, operation for outputting to the MIX13 is realized at node A4 (first 13MIX bus) (operation of turning on the MIX13 send the first input ch) is performed when, that is, if the routing is performed from the input ch node A1 to the MIX buses of the node A4. この場合、そのようなルーティングの設定が指示されたときに、マスタコンソール215は、マスタノードであるノードA1にNA伝送chを割り当てさせ、送信側のノードA1に第1入力chの信号をその割り当てたNA伝送chを用いて部分ネットワークAに送信するよう指示するとともに、受信側のノードA4にその送信された信号を受信して当該MIX13の処理へ供給するよう指示する。 In this case, when such a routing configuration is instructed, the master console 215 is to cause assigned the NA transmission ch to the node A1 is the master node, the assignment of the signal at the first input ch to the node A1 of the sender instructs to transmit the NA transmission ch partial network a using the an instruction to supply to receive the transmitted signal to a node A4 reception side to the processing of the MIX13. 指示を受けたノードA1では、CPU101が、信号バス115のB伝送chを割り当て、そのB伝送chを使って入力ch407のその信号がDSP106に伝送されるよう、AinカードC及びDSP106を設定するとともに、その信号がそのNA伝送chを用いて部分ネットワークAへ送信されるよう、DSP106及びNetI/O107を設定する。 The node A1 has received the instruction, CPU 101 is assigned a B transmission ch signal bus 115, so that the signal input ch407 with the B transmission ch is transmitted to the DSP 106, sets the Ain card C and DSP 106 , so that the signal is transmitted to the partial network a using the NA transmission ch, sets the DSP106 and net I / O 107. また、指示を受けたノードA4では、(スロットBにMIX13及び第13出力chを実行するDSPカードBが装着されているとして説明すると、)CPU101が、部分ネットワークAからその送出された信号を受信するよう、DSP106及びNetI/O107を設定するとともに、信号バス115のB伝送chを割り当て、そのB伝送chを使って受信した信号がDSP106からDSPカードBに伝送されるよう、DSP106及びDSPカードBを設定する。 Also, the node A4 receiving the instruction, (when described as being attached the DSP card B to perform MIX13 and 13 output ch in slot B,) CPU 101 may receive the transmitted signal from the partial network A to such sets a DSP 106 and net I / O 107, to assign the B transmission ch signal bus 115, a signal received using the B transmission ch is transmitted from the DSP 106 to the DSP card B, DSP 106 and DSP card B to set. 以上により、ノードA1の第1入力chの出力信号がMIX13の処理へ入力される。 Thus, the first input ch of the output signal of the node A1 is input to the processing of MIX13. MIX13では、該入力信号がその他の入力信号とミキシングされ、第13出力chへと出力される。 In MIX13, the input signal is mixed with other input signals, is output to the 13th output ch.

(2−3)第1の部分ネットワークのノードで上記入力chが実現され、それとは異なる第2の部分ネットワークのノードでMIXバスと出力chが実現されている場合とは、例えば、マスタコンソール215において、部分ネットワークAのノードA3で実現されている入力ch408のうち第25入力chの信号を、部分ネットワークBのノードB2で実現されているMIXb04(第b04MIXバス)へ出力する操作(第25入力chのMIXb04センドをオンする操作)が行われたとき、すなわち、ノードA3の入力chからノードB2のMIXバスへのルーティングが行われる場合である。 (2-3) The input ch is implemented in a node of the first sub-network, if the MIX buses and the output ch is realized as a node of a different second sub-network from that, for example, the master console 215 in the signal of the 25 input ch of the input ch408 being implemented in the node A3 of the partial network a, MIXb04 is implemented by the node B2 of the partial network B (second b04MIX bus) output to operate (25th input when the operation of turning on the MIXb04 sends ch) is performed, that is, if the routing is performed from the input ch node A3 to the MIX buses of the node B2. (なお、これは図4に図示されている構成ではない。)そのような場合も基本的に上記(2−2)と同様である。 (Note that this is not a configuration is shown in Figure 4.) The same as in such a case also essentially as described above (2-2). ただし、(2−2)とは信号の伝送が接続ネットワークを経由する点が異なる。 However, that the transmission of the signals through the connection network is different from (2-2). 接続ネットワークを介しての信号の伝送については、入力パッチ406の(1−3)の例で説明したのと同様である。 For transmission of a signal through the connection network, it is similar to that described in example the input patch 406 (1-3).

以上で説明したミキサシステムAにおける入力パッチ及びルーティングの設定操作は、ユーザがマスタコンソール215にて所定の画面を見ながら任意に行うことができるが、スレーブコンソール216でも同様の設定操作を行うことができる。 Or more input patch and routing setting operation in the mixer system A described is that the user can arbitrarily while viewing a predetermined screen in the master console 215, is possible to perform the same setting operation even slave console 216 it can. ただし、スレーブコンソール216で設定操作が行われた場合は、スレーブコンソール216がミキサシステムAの制御を行うことはなく、スレーブコンソール216で行われた設定操作が部分ネットワークAを介してマスタコンソール215に伝達され、マスタコンソール215がその操作に応じた制御を実行する。 However, if the setting operation on the slave console 216 is performed, rather than the slave console 216 controls the mixer system A, the master console 215 setting operation performed by the slave console 216 via the partial network A It is transmitted, control for the master console 215 according to the operation. すなわち、設定操作が何れのコンソールで行われたかに関わらず、ミキサシステムAの制御はマスタコンソールAが行うようになっているのである。 That is, whether the setting operation is performed in either of the console, the control of the mixer system A is the adapted master console A does.

以上では、入力パッチ406とMIXバス410について説明したが、出力パッチ413における信号の受け渡しも上記入力パッチ406と同様であるし、また、入力ch408とインサーション409との間の信号の受け渡しも上記入力パッチ406と同様である。 The above has described the input patch 406 and the MIX bus 410, to be transfer of the signal at the output patch 413 is similar to the input patch 406, also the transfer of signals between the input ch408 and insertion 409 is the same as that of the input patch 406.

上述したように本実施形態のオーディオネットワークシステムでは、接続ノードを介して各部分ノードで構築されているミキサシステム(音響システム)同士でオーディオ信号と制御信号をやり取りし、これにより各種の機能拡張を行うことができる。 In the audio network system of this embodiment as described above, by exchanging mixer system audio signal and the control signal at the (acoustic systems) each other via connecting node it is built with each part node, thereby various enhancements It can be carried out. 例えば、図2のような構成で、ホールAで演劇を行っているとき、レコーダに録音されている所定の音を再生したい場合がある。 For example, in the configuration as FIG. 2, when performing a theater hall A, may wish to play a predetermined sound that is recorded on the recorder. 従来は、レコーダをホールAに持っていって部分ネットワークAあるいはそれに接続されているノードの機器の何れかにそのレコーダを接続する必要があった。 Conventionally, it is necessary to connect the recorder to recorder to any equipment connected nodes go partial network A or it with the hole A. 本実施形態のシステムでは、スタジオB202の部分ネットワークBにノードB3としてレコーダが接続されているので、部分ネットワークAのシステムの例えばコンソール215から制御して、ノードB3のレコーダ223から、部分ネットワークB、部分ネットワークBのマスタノードB1、接続ネットワーク200、部分ネットワークAのマスタノードA1、及び部分ネットワークAというような経路で、レコーダ223の再生音を取り込むことができる。 In the system of this embodiment, the recorder is connected to the partial network B of the studio B202 as nodes B3, and controls the system, for example, the console 215 of the partial network A, the recorder 223 of the node B3, partial network B, the master node of the partial network B B1, the connection network 200, a path such that the master node A1, and the partial network a of the partial network a, can be incorporated to the playback of the recorder 223. 取り込んだ再生音の音響信号は、マスタノードA1から任意の出力装置などに出力することができる。 Acoustic signals of the captured sound data can be outputted from the master node A1 like to any output device. これにより、レコーダを新たに接続することなく機能拡張してホールAのシステムを使用することができる。 This makes it possible to use a system of holes A and enhancements without newly connect the recorder.

同様に、接続ネットワークを利用することにより、各種の場面で機能拡張が行える。 Similarly, by utilizing the connection network, enhancements can be performed in a variety of situations. 例えば、ホールAのミキサシステムだけではリソースが足りないとき、スタジオBやホールCのミキサシステムの機能を流用して、ホールAのミキサシステムがあたかも高性能のミキサであるかのように処理することができる。 For example, when only the mixer system of the hall A missing resources, by diverting the function of the mixer system of Studio B and Hall C, process that as if the mixer system of the hall A is as if high performance mixer can. あるいは、ホールAで音楽会を行ったとき、そのレコーディングをスタジオBのレコーダ223で行うこともできる。 Alternatively, when performing the concert in the hall A, it is also possible to perform the recording in the recorder 223 of the studio B.

図5は、図4の部分ネットワークAの音響システムで使用しているコンソール215の操作パネルの外観例を示す。 Figure 5 shows an example of an appearance of the operation panel of the console 215 using an acoustic system partial network A of FIG. 501は10個の画面選択スイッチ、502はドットマトリクス表示部、503は割当chストリップ部、511〜514は上下左右のカーソル移動ボタン、515はDECボタン、516はINCボタン、517はエンターキー、518はホイール、519はタッチパッド、520は左ボタン、521は右ボタンである。 501 10 screen selection switches, 502 dot matrix display unit, 503 assigned ch strip portion, 511 to 514 vertical and horizontal cursor movement button, 515 DEC buttons, 516 INC button 517 enter key, 518 wheel, 519 touch pad, 520 is the left button, the 521 is the right button. 割当chストリップ部503は、24本の割当chストリップ503−1〜503−24を備える。 Assignment ch strip portion 503 is provided with the 24 assigned ch strips 503-1~503-24. 1本の割当chストリップ(例えば、503−1)は、CUEスイッチ531、電動フェーダ532、ONスイッチ533、及びSELスイッチ534を備える。 One assigned ch strip (e.g., 503-1) includes a CUE switch 531, an electric fader 532, ON switch 533 and SEL switch 534,. 他の割当chストリップ503−2〜503−24も同様の構成である。 Other assigned ch strip 503-2~503-24 has the same configuration.

画面選択スイッチ501のうち何れかをオンすると、そのスイッチに対応する各種パラメータを編集するための編集画面が表示される。 When turning on the one of the screen selection switches 501, an editing screen for editing the various parameters corresponding to the switch is displayed. (ただし、後述するレイヤスイッチ551〜552、561〜564によってchストリップ503−1〜503−24に割り当てるch群を選択すると、該割り当てられたchについての画面が表示されるが、画面選択スイッチ501は、それ以外の画面切り替え用である。)編集画面には、対応するオンオフパラメータの状態を変更するためのスイッチ、チェックボックス等のオンオフ操作子や、対応するパラメータの値を変更するためのノブ、フェーダ、リストボックス等の値入力操作子などが表示されている。 (However, if you select the ch group assigned to ch strip 503-1~503-24 by layer switch 551~552,561~564 described below, but the screen for the assigned ch is displayed, the screen selection switches 501 is a screen switching otherwise.) on the edit screen, the corresponding on-off parameter status switch for changing the, or on-off operating element such as a check box, a corresponding knob for changing the value of the parameter , fader, such as the value input operator such as list box is displayed. カーソル移動ボタン511〜514を用いて、画面中に表示されるカーソルを所望のオンオフ操作子ないし値入力操作子に移動させ、DECボタン515、INCボタン516、及びホイール518を操作して、その操作子に対応するパラメータの状態ないし値を変更することができる。 Using the cursor movement buttons 511 to 514, the cursor displayed on the screen is moved to the desired on-off operating member or the value input operator, DEC button 515, INC button 516, and by operating the wheel 518, the operation it is possible to change the state or value of the corresponding parameter to the child. 殆どのパラメータは、変更されたパラメータが直ちに有効になるが、パッチの設定などのパラメータ変更に係る処理が重い一部のパラメータについては、パラメータの変更後にエンターキー517の操作が操作されたときに有効化され、エンターキーが操作されなければその変更はキャンセルされる。 Most parameters, when it changed parameter is effective immediately, the processing is heavy some parameters according to the parameter changes, such as setting the patch, the operation of the enter key 517 is operated after the change of the parameters is enabled, the change will be canceled if the enter key is not being operated. また、画面上にはマウスポインタが表示され、タッチパッド519により該マウスポインタを移動することができる。 Also, the mouse pointer is displayed on the screen, it is possible to move the mouse pointer by the touch pad 519. マウスポインタを画面上の任意の値入力操作子に合わせて左ボタンをオンすると、その値入力操作子が選択状態になり、カーソルを合わせるのと同様の効果を果たし、そのままドラッグすると、対応するパラメータの値を増減することができる。 When turning on the left button the mouse pointer to any value input operator on the screen becomes the selection state value input operator, performs a similar effect as hover, Continued drag, corresponding parameters it is possible to increase or decrease the value. また、マウスポインタを画面上の任意のオンオフ操作子に合わせて左ボタンをオンオフすると、対応するパラメータのオンオフ状態を反転することができる。 Further, when turning on and off the left button the mouse pointer over any off operator on the screen, it is possible to reverse the on-off state of the corresponding parameter.

レイヤスイッチ551〜552、561〜564のうち何れかをオンすると、割当chストリップ503−1〜503−24には、そのスイッチに対応する24chが割り当てられる。 When turning on the one of the layer switches 551~552,561~564, the allocation ch strip 503-1~503-24 is, 24ch is allocated corresponding to the switch. 具体的に言えば、例えば、後述するスイッチ571〜576で部分ネットワークAが制御対象として選択されている場合、レイヤスイッチ561は図4の第1〜第24入力ch(A1)のレイヤを割り当てるスイッチであり、レイヤスイッチ562、563はそれぞれ第25〜第48入力ch(A3)、第49〜第72入力chのレイヤを割り当てるスイッチである。 Specifically, for example, if the partial network A switch 571-576 which will be described later, is selected as the control target, the layer switch 561 assigns the first to 24th layer of input ch (A1) in FIG. 4 switch , and the layer switch 562 and 563 are respectively first 25 second 48 input ch (A3), is a switch for assigning the layers of the first 49 to second 72 input ch. また、レイヤスイッチ551、552は、それぞれ第1〜第12出力ch(A1)、第25〜第48出力ch(A4)を割り当てるスイッチである。 The layer switch 551 and 552, each of the first to twelfth output ch (A1), a switch for assigning the first 25 to second 48 output ch (A4). このように、各レイヤのch群は、1つのノードで実現されているchに限定される。 Thus, ch group of each layer is limited to ch being implemented in a single node. ノードA1では出力ch処理が12ch分しか行われていないので、本システムにおいては第13〜第24出力chが未実装状態となる。 The node A1 in the output ch processing has not been performed only 12ch min, the thirteenth to 24 output ch the unmounted state in the present system. レイヤスイッチ561をオンすると、第1〜第24入力chは、それぞれ割当chストリップ503−1〜503−24に割り当てられ、その割り当てられたchについてのパラメータ(信号レベルほか)の制御を行う。 When turning on the layer switch 561, first to 24 input ch is assigned to each assigned ch strip 503-1~503-24 controls the parameters (signal level, etc.) of its assigned ch.

541はログイン/ログアウトボタン、542は現在ログインしているユーザ名の表示領域である。 541 login / logout button, 542 is a display area of ​​a user name that is currently logged in. 当該コンソールから誰もログインしていない状態でログイン/ログアウトボタン541をオンすると、表示部502にログイン画面(図6(c))が表示され、ユーザ名及びパスワードを入力することによりログインすることができる。 If no one is on the login / logout button 541 in a state that is not logged in from the console, the login screen (FIG. 6 (c)) is displayed on the display unit 502, to log by entering a user name and password it can. ログインしたユーザのユーザ名が表示領域542に表示される。 The user name of the user who logged in is displayed on the display area 542. 何れかのユーザがログインしている状態で、ログイン/ログアウトボタン541をオンすると、ログアウトの確認画面が表示され、その確認画面でユーザがログアウトの許可の意思表示をすると、ログアウトすることができる。 In a state in which any of the user is logged in and you turn on the login / logout button 541, to display the logout confirmation screen, if the user of his or her intention to allow logout at the confirmation screen, it is possible to log out.

次に、シーンに関連する操作子等543〜547について説明する。 Next, a description will be given of the operation the child, such as 543 to 547 related to the scene. シーン(シーンデータ)とは、ミキサの設定状態を規定するパラメータデータ(例えば、入力ラインと入力chとの結線状態、出力chと出力ラインとの結線状態、各chにおけるパラメータ設定状態など)の組合せである。 Scene A (scene data), the combination of the parameter data defining the setting state of the mixer (e.g., connection condition between the input line input ch, connection state between the output ch and the output line, such as the parameter setting state in each ch) it is. 本システムでは、各部分ネットワークの音響システムに属する各ノードごとに、そのノードの動作を制御するパラメータを記憶するカレントメモリが備えられており、また、その部分ネットワークを制御するマスタコンソールには、それらの全ノードのカレントメモリのパラメータを記憶する不揮発性のカレントメモリが備えられている。 In this system, each node belonging to the sound system of each partial network is provided with a current memory for storing parameters for controlling the operation of the node, also, the master console that controls the partial network, they nonvolatile current memory is provided for storing parameters of the current memory of all nodes. 各部分ネットワークでは、そのマスタコンソールのカレントメモリに、その部分ネットワークに属するノードを登録して管理するようになっている。 In each partial network, in the current memory of the master console, so as to register and manage nodes belonging to the partial network. ユーザ操作に応じてコンソールのカレントメモリ上の何れかのパラメータ値を設定変更したときには、コンソールは、そのパラメータ値の変更を当該音響システムのそのパラメータで制御される全てのノードに通知する。 When setting change one of the parameter values ​​on the console of the current memory in response to a user operation, the console notifies the change of the parameter value in all nodes that are controlled by the parameters of the audio system. 当該ノードは、その通知に応じて、当該ノードのカレントメモリ上の当該パラメータの値を変更し動作する。 The node in response to the notification, operates to change the value of the parameter in the current memory of the node. また、本システムでは、各部分ネットワークの音響システムに属する各ノードごとに、そのノードのカレントメモリのパラメータを複数シーン分記憶できるシーンメモリが備えられており、また、その部分ネットワークを制御するマスタコンソールには、それらの全ノードのシーンメモリのデータを記憶する不揮発性のシーンメモリが備えられている。 The master console in the system, each node belonging to the sound system of each partial network is provided with a scene memory that can more scenes content storing parameters in the current memory of the node, also, to control the partial network the non-volatile scene memory for storing these data in the scene memory of all the nodes is provided. 当該部分ネットワーク上で構築されている音響システムの設定状態を示す各種パラメータデータは、シーン番号を付けて各カレントメモリから対応するシーンメモリに保存(ストア)し、逆にシーン番号を特定して各シーンメモリから対応するカレントメモリへシーンを呼び出す(リコール)ことができる。 Various parameter data indicating the setting state of the audio system that is built on the partial network is saved with the scene number in the corresponding scene memory from each current memory to (store), each to identify the scene number in the reverse to the corresponding current memory from the scene memory calling the scene (recall) it can be. 具体的には、表示部543のシーン番号の表示を見ながら、アップボタン546及びダウンボタン547を用いてシーン番号を選択し、リコールボタン545を押下することによりその番号のシーンをリコールする。 Specifically, while viewing the display of the scene number display portion 543, selects a scene number using the up button 546 and the down button 547, to recall a scene of that number by pressing the recall button 545. また、シーン番号を選択してストアボタン544を押下することにより、現在のパラメータ設定状態を、そのシーン番号のシーンとしてストアする。 Further, by pressing the store button 544 to select a scene number, the current parameter settings and stored as a scene of the scene number. 同様の操作は、画面選択スイッチ501のうちのシーン編集画面スイッチの操作により表示器502に表示されるストア/リコール画面(後述する)のアップボタン、ダウンボタン、リコールボタン、ストアボタンでも行うことができる。 Similar operations are up button store / recall screen displayed on the display unit 502 by operating the scene editing screen switch of the screen selection switches 501 (described later), down button, recall button, be carried out in the store button it can.

シーン番号表示部543は、現在当該コンソールからシーン制御の対象となっている部分ネットワークを示す情報、及び現在呼び出されているシーンのシーン番号を表示する表示部である。 Scene number display portion 543 is a display unit for displaying the current said console information indicating a partial network that is the subject of the scene control, and the scene number of the scene being currently called. 上述したように、本システムでは、例えば部分ネットワークAの音響システムから他の部分ネットワークB,C,Dのノードの各機能を利用できる。 As described above, in the present system can be utilized such as other partial networks B from the audio system of the partial network A, C, the functions of node D. その場合、当該音響システムでは、他の部分ネットワークの利用したいノードを、当該システムを構成するノードとしてマスタコンソールに登録することにより、マスタコンソールのカレントメモリ及びシーンメモリに、該ノードのカレントメモリ及びシーンメモリのデータを記憶するエリアが設けられて初期化されるとともに、該ノードのカレントメモリ及びシーンメモリのデータも初期化される。 In that case, in the audio system, the node that wants to use the other partial network, by registering with the master console as nodes constituting the system, the current memory and the scene memories of the master console, the current memory and the scene of the node with area for storing data in the memory is initialized provided, the data in the current memory and the scene memories of the nodes are initialized. その後は、該ノードのカレントメモリ及びシーンメモリは、当該システムの他のノードのカレントメモリ及びシーンメモリと同様に、マスタコンソールのカレントメモリ及びシーンメモリにおける変化に追従する。 Thereafter, the current memory and the scene memories of the nodes, as well as the current memory and the scene memories of the other nodes of the system, to follow the changes in the current memory and the scene memories of the master console. すなわち、マスタコンソールのカレントメモリないしシーンメモリのデータに変化があったとき、その変化が該ノードのカレントメモリないしシーンメモリにも反映されるようになる。 That is, when a data change in the current memory to the scene memory of the master console, the change is to be reflected in the current memory to the scene memory of the node. コンソールでシーンをストアする操作があったときには、マスタコンソールは、自身のカレントメモリのパラメータをシーンメモリの指定されたシーンのエリアにストアするとともに、当該システムの各ノード(他の部分ネットワークのノードを含む)に対しそのストアイベントを送信し、該ストアイベントを受け取った各ノードでは、自身のカレントメモリのパラメータをシーンメモリの指定されたシーンのエリアにストアする。 When there is an operation to store the scene in the console, the master console is configured to store the parameters of its current memory in the area of ​​the specified scene in the scene memory, each node (other partial network nodes of the system including) to send the store event, each node which has received the store event to store the parameters of its current memory in the area of ​​the specified scene in the scene memory. また、リコールする操作があったときは、マスタコンソールは、自身のシーンメモリの指定されたシーンのパラメータをカレントメモリにリコールするとともに、各ノード(他の部分ネットワークのノードを含む)に対しそのリコールイベントを送信し、該リコールイベントを受け取った各ノードでは、自身のシーンメモリの指定されたシーンのパラメータをカレントメモリにリコールする。 Also, when a manipulation of recall, the master console, with recalls parameters of a specified scene of its scene memory to the current memory, the recall for each node (including node of another partial network) sending events, each node receiving the recall event, recalls parameters of a specified scene of its scene memory to the current memory. このように、当該システムでは、マスタコンソールでのシーンのストア/リコールに同期して、当該システムに属する各ノードでシーンのストア/リコールが一括して実行されるようになっている。 Thus, in this system, in synchronization with the scene store / recall the master console, the store / recall scenes at each node belonging to the system is to be executed collectively. そのため、シーン番号表示部543では、当該コンソールからシーン制御の対象となっている部分ネットワーク(組合せの場合は複数の部分ネットワークになる)を示す情報とシーン番号とをセットで表示するようにしている。 Therefore, the operator displays the scene number display portion 543, an information and scene number indicating (made into a plurality of partial networks in the case of combination) partial network are subject to the scene control from the console set . なお、シーンについては、図7の画面でさらに詳しく説明する。 Note that the scene will be described in more detail on the screen of FIG.

550は当該コンソールから現在制御の対象としている部分ネットワーク及びその部分ネットワークのレイヤの選択スイッチ群である。 550 is a layer selection switches partial networks and sub-network are targeted for the current control from the console. 571〜576は、当該部分ネットワーク及び当該部分ネットワークから接続ネットワークを介して接続された他の部分ネットワークのうちの、このコンソールが制御対象とする部分ネットワークの音響システムを特定するスイッチである。 571-576 is one of the partial networks and the portion other partial network connected through the connection network from the network, a switch for specifying the audio system of the partial network to which the console is controlled. 各スイッチのA〜Fは部分ネットワークの記号を示す(図2の構成ではA〜Dのスイッチのみ使用し、E,Fのスイッチは使わない)。 A~F of each switch shows the symbol for partial network (using only switches A~D in the configuration of FIG. 2, without E, F is a switch). ここで、他の部分ネットワークのスイッチをオンすることにより、当該コンソールで他の部分ネットワークの音響システムを制御することもできる。 Here, by turning on the switch of the other partial network, it is also possible to control the sound system of another partial network in the console. その場合、当該コンソール内には、当該部分ネットワークの音響システムのカレントメモリ及びシーンメモリとは別に、他の部分ネットワークの音響システムのカレントメモリ及びシーンメモリが用意される。 In that case, the within the console, separately from the current memory and the scene memories of the audio system of the partial network, the current memory and the scene memories of the audio system of another subnetwork it is prepared. 561〜564は、部分ネットワーク選択スイッチ571〜576により現在制御対象として選択した部分ネットワークの音響システム内で、どの入力chのレイヤを制御するかを特定する入力chのレイヤスイッチである。 561 to 564 are currently in the acoustic system of the selected partial network as a control object by the partial network selection switch 571-576 is a layer switch input ch specifying whether to control which input ch layers. また出力側レイヤ選択スイッチ551、552は、現在選択されている部分ネットワークの出力chの制御を行うことを選択するスイッチである。 The output layer selection switches 551 and 552 is a switch for selecting possible to control the output ch partial network that is currently selected. これらのスイッチは、制御対象の部分ネットワークの数や、レイヤの数に応じて、さらに多くの数を設けてもよい。 These switches, and the number of the controlled partial networks, depending on the number of layers may be provided more numbers.

ただし、当該コンソールからログインしているユーザには権限が予め決められており、その権限の中に、当該ユーザが操作可能な部分ネットワークの権限情報が含まれる。 However, the user who logged in from the console privilege is predetermined, in its authority, the user is included permission information operable part network. したがって、ログインしているユーザが例えば部分ネットワークA,B,Cには操作可能な権限を持つが、部分ネットワークD,E,Fには権限を持たない場合、部分ネットワーク選択ボタン574〜576は無効なスイッチとされる。 Accordingly, Current user, for example, the partial network A, B, although the C with a steerable authority, partial network D, E, if the F nonprivileged, partial network selection buttons 574 to 576 are invalid It is a switch. さらに、各コンソールのユーザは、当該コンソールの操作子で制御可能な範囲が、どの部分ネットワークであるのかについて、上記ユーザ権限の範囲内で設定できる。 Furthermore, each console user, controllable range in the console operator is, for a is to what part network, can be set within the range of the user privileges. その制御範囲の設定については、図10で説明する。 The setting of the control range, is described in Figure 10. 上記ユーザ権限により、あるいは上記制御可能な範囲の設定により、操作が不可能な部分ネットワークの選択ボタンは、そのボタン上に設けられたLEDが消灯され操作できないことを示すようにしている。 By the user authority, or by setting of the controllable range, selection button operations impossible partial networks are to indicate that the LED provided on the button can not be turned off operation. 操作できる選択スイッチのLEDは薄く点灯しており、その選択スイッチをオンするとそのLEDが明るく点灯する。 LED selection switch that can be operated is illuminated thin, its LED is lit brightly when turned on the selection switch.

chストリップ部503の操作子などを操作することにより、現在選択されている部分ネットワークの音響システムの所定のchのレイヤのパラメータを、chストリップ503−1〜503−24を用いて設定変更できる。 By operating a operators ch strip portion 503, a parameter of a predetermined ch layers of the audio system of the partial network that is currently selected it can be set changes with the ch strips 503-1~503-24. このとき、各種パラメータを記憶するカレントメモリのオリジナルは、当該音響システムのマスタコンソールに置かれているため、何れのコンソールでのパラメータ値の変更操作も当該音響システムのマスタコンソールに通知される。 At this time, the original in the current memory for storing various parameters, because it is placed in the master console of the audio system, changing operation of the parameter values ​​in either the console is also notified to the master console of the audio system. 該通知を受けたマスタコンソールは、自身のカレントメモリの当該パラメータ値を設定変更するとともに、そのパラメータ値変更イベントを当該音響システムの対応するノードに送信する。 Master console which has received the notification, and sets changing the parameter value of its current memory and transmits the parameter value change event to a corresponding node of the audio system. そして、該イベントを受信したノードでも、自身のカレントメモリの当該パラメータ値が設定変更される。 Even the node which has received the event, the parameter value of its current memory is configurable. また、入力パッチや出力パッチにおける結線、及び入力chからMIXバスへのルーティングの設定で、部分ネットワークないし接続ネットワークを経由する信号の伝送が必要になった場合、マスタコンソールは、マスタノードに依頼して部分ネットワークないし接続ネットワークの伝送chを決定し、決定された伝送chを用いた音響信号の伝送のための各種パラメータを自身のカレントメモリに設定するとともに、その伝送に係る各ノードにそのパラメータ値変更イベントを送信する。 Also, if the setting of the routing connection in the input patch and output patch, and from the input ch to the MIX buses, becomes necessary transmission of signals through the partial network to the connection network, the master console requests the master node together determine the transmission ch partial networks or the connecting network, to set various parameters in its current memory for the transmission of audio signals using the determined transmission ch Te, the parameter value to each node according to the transmission to send a change event. 該イベントを受信したノードでも、カレントメモリの当該パラメータ値の設定変更が行われることにより、該設定された結線ないしルーティングが実現される。 Even node receiving the event, by the setting change of the parameter values ​​of the current memory is performed, the set connected to the routing is achieved.

各音響システムにおいては、マスタコンソールのカレントメモリ及びシーンメモリに記憶されている各種データがマスタデータ(オリジナル)であり、その他の機器のカレントメモリ及びシーンメモリに記憶されている各種データは、そのマスタデータの変更時に同期して変更されるスレーブデータである。 Each In audio system, various data stored in the current memory and the scene memories of the master console is the master data (original), various data is stored in the current memory and the scene memories of the other equipment, the master a slave data is changed in synchronization with the time data changes. 先述したように、コンソールのカレントメモリ及びシーンメモリは不揮発であり、システムの電源オン時など、これからマスタコンソールによる当該システム制御が開始されるときは、それに先立って、マスタコンソールのカレントメモリ及びシーンメモリに記憶された各種データがそれぞれ対応するノードに送信され、当該音響システムの各ノードのカレントメモリ及びシーンメモリがマスタコンソールのデータに同期化される。 As previously described, the console of the current memory and the scene memories are nonvolatile, such as when the power-on of the system, when the system control is started by the now master console, prior thereto, the current memory and the scene memories of the master console various data stored is transmitted to the corresponding node, the current memory and the scene memories of each node of the audio system are synchronized to the master console data. その後、ユーザ操作があったときには、まず、マスタコンソールにおいてマスタデータが変更されるとともに、その変更イベントが当該システムの各ノードに送信され、各ノードではその変更イベントに応じてスレーブデータが変更される。 Thereafter, when there is a user operation, first, the master data is changed in the master console, the change event is sent to each node of the system, the slave data is changed according to the change event on each node . 本実施形態でマスタコンソールにマスタデータを配置しているのは、複数機器に分散配置した場合に起こりがちな機器間での制御の競合を防ぐため、及び、マスタコンソールでの操作に応じた制御のレスポンスを上げるためである。 Control What place the master data to the master console in this embodiment, in order to prevent the conflict control between prone equipment when distributed across multiple devices, and, in response to the operation of the master console This is because the increase of the response.

次に、コンソールの障害発生時のフェイルセーフ機能について説明する。 Next, a description will be given fail-safe function at the time of the console of failure. 図5に示したようなコンソールが何らかの障害を起こした場合、本実施形態のシステムでは、同じ部分ネットワーク内の別のコンソール、あるいは接続ネットワークを介して接続された別の部分ネットワーク上のコンソールで代替することができる。 If the console as shown in FIG. 5 has caused some failure, the system of this embodiment, alternate in a separate console or console on another partial network connected via the connection network, in the same partial network can do. コンソールが代替されるときの手順の概要は以下の通りである。 Summary of procedure when the console is replaced are as follows. まず予め、マスタコンソールが障害を起こした場合に当該システムのスレーブコンソールがどの順番で代替を行うかを登録しておく。 First advance, master console registering whether to slave console of the system is an alternative in which order when the failed. すなわち、マスタコンソールが障害を起こした場合には、まず、1番に登録されているスレーブコンソールがまず代替し、さらにそのスレーブコンソールが障害を起こした場合には、2番目のスレーブコンソールが代替し…というように代替が順番に行われる。 That is, when the master console fails, first, the slave console registered in the No. 1 is first replaced, if the slave console fails Furthermore, the second slave console substitute alternate is carried out in order and so on .... システムの動作時には、各スレーブコンソールは、所定の時間間隔で、ネットワークシステム上に当該システムのマスタコンソールが存在するかをチェックし、存在しなくなったとき、当該システムに現存する次の代替コンソールが自身であれば、マスタコンソールに昇格して当該システムのマスタコンソールとしての動作を開始する。 When the system operation, each slave console, at a predetermined time interval, when checks master console of the system on the network system is present, no longer exist, the next alternative console existing on the system itself if, by upgrading to a master console starts operating as a master console of the system. 次の代替コンソールが他のスレーブコンソールであれば、そのスレーブコンソールに対してマスタコンソールの不在を通知し、該通知を受けたスレーブコンソールがマスタコンソールに昇格する。 If the next alternative console other slave console notifies the absence of the master console for the slave console, the slave console which has received the notification is promoted to a master console. なお、マスタコンソールが存在しなくなったときでも、当該システムの各ノードのカレントメモリ及びシーンメモリの記憶内容は変化しないので、各機器の動作は現状維持のまま継続される。 Incidentally, even when the master console is no longer present, the stored contents of the current memory and the scene memories of each node of the system remains unchanged, so the operation of each device is continued while the status quo. 現状維持のまま代替のコンソールに置き換えるものである。 It is intended to replace to remain alternative console of the status quo.

図6(a)は、入力パッチの設定画面の例である。 6 (a) is an example of a setting screen of the input patch. この画面は、例えば図5のコンソールの部分ネットワークA選択ボタン571をオンし、さらに所定の操作で入力パッチの設定を指示したとき表示されるものである。 This screen, for example, on the console of the partial network A selection button 571 in FIG. 5, is intended to be displayed further when instructed setting of the input patch predetermined operation. なお、図4の入力ch407,408の各chをどのノードに割り当てるかについては別途設定画面で設定してあるものとする。 It is assumed that is set by separately setting screen whether assigned to which node each ch input ch407,408 in FIG. 図6(a)の入力パッチ設定画面において、611は、第9入力ch〜第12入力chのパッチ設定を行う画面であることを示す表示である。 In the input patch setting screen of FIG. 6 (a), 611 is a display indicating that the screen for patch setting in the ninth input ch~ twelfth input ch. この表示611の右向き三角印や左向き三角印のボタンをオンすることにより、4ch単位で他の入力chに切り替えることができる。 By turning on the button right triangle and left triangle of the display 611, it can be switched to another input ch in 4ch units. 612〜615は、第9入力ch〜第12入力chのそれぞれの入力パッチ設定を示す。 612-615 shows respective input patch setting of the ninth input ch~ twelfth input ch. 例えば612は、第9入力chに、部分ネットワークAのノードA3の入力ポート3からの入力信号を結線することを示している。 For example 612, the ninth input ch, shows that for connecting the input signal from the input port 3 of the node A3 of the partial network A. 614に示すように、他の部分ネットワークCのノードであっても、当該システムに属するノードであれば、その入力ポートを割り当てることができる。 As shown in 614, even node of another partial network C, if nodes belonging to the system, can be assigned to the input port. 図6(b)は、出力パッチ設定を行う画面602である。 6 (b) is a screen 602 for performing output patch setting.

なお、入力パッチや出力パッチの結線に関する設定情報は、マスタコンソール(及びスレーブコンソール)のカレントメモリにのみ記憶される。 The setting information about the connection of the input patch and output patch is stored only in the current memory of the master console (and slave console). そして、当該システムの該結線に関わる各ノードのパラメータが該設定情報に基づいて生成され、マスタコンソールのカレントメモリに記憶されるとともに、その各ノードに送信され設定される。 Then, parameters for each node involved in said binding line of the system is generated based on the setting information, along with being stored in the current memory of the master console, are set is transmitted to the respective nodes. 例えば、613に示すような1つのノード内の結線であれば、そのノードのパラメータのみが生成され、612に示すような部分ネットワークを介する結線であれば、送り側と受け側のノードのパラメータが生成され、さらに、614に示すような部分ネットワークと接続ネットワークを介する結線であれば、送り側と受け側のノードのパラメータだけでなく、中継するノードのパラメータも生成される。 For example, if one connection in the node, as shown in 613, the only node parameters is generated, if a connection through the partial network as shown in 612, the sending and the receiving side node parameters it is generated, further, if a connection through the partial network and the connection network as shown in 614, not only the parameters of the feed side and the receiving side node, the parameters of the node relaying also generated. そのパラメータの中には、ノード内の結線を実現するためのパラメータ(信号バス115での伝送に関するパラメータやDSPカードのDSPに供給するマイクロプログラム等)も含まれる。 Among the parameters, parameters for implementing connections in a node (microprogram supplied to the DSP parameters and DSP card regarding the transmission of the signal bus 115, etc.) are also included.

図6(c)は、コンソールでログイン/ログアウトボタン541をオンしたときに表示されるログイン画面603の例を示す。 Figure 6 (c) shows an example of a login screen 603 that is displayed when turning on the login / logout button 541 on the console. ユーザ名入力表示領域631、パスワード入力領域632、OKボタン633が設けられている。 User name input display area 631, a password input area 632, OK button 633 is provided. この画面でユーザ名とパスワードが入力された場合は、当該システムのマスタコンソールに記憶されたユーザアカウント情報に基づいて認証処理が行われる。 If the user name and password are entered on this screen, the authentication processing based on the user account information stored in the master console of the system is performed. 認証をパスした場合は、該ユーザアカウント情報中の権限情報の示す権限で当該システムを利用できるようになる。 If you pass the authentication will be able to use the system with the permissions indicated by the permission information in said user account information.

図7は、シーンデータのストア及びリコールを行う画面の例を示す。 Figure 7 shows an example of a screen for store and recall scene data. この実施形態のシステムでは、ユーザの権限に応じて複数の部分ネットワークにまたがるシーンをストアしたりリコールすることができる。 In the system of this embodiment, it is possible to recall or store the scene over a plurality of partial networks in accordance with the authority of the user.

図7(a)は、1つの部分ネットワークAでシーンをストア/リコールする画面の例である。 7 (a) is an example of a screen for store / recall a scene in one partial network A. 711に現在ストア/リコール対象のシーンメモリが部分ネットワークAに係るデータであることを示す表示がなされている。 Have been made displayed indicating that 711 in the scene memory of the current store / recall is data relating to the partial network A. この表示711はリストボックスとなっており、右側の下向き矢印をクリックすることにより、当該ユーザが当該コンソールから制御可能な範囲と指定している部分ネットワーク及びそれらの組合せの一覧がリスト表示され、その中から選択することができる。 The display 711 is a list box, by clicking the right down arrow, a list of partial networks and their combinations which the user has specified a controllable range of the console are listed, the it can be selected from within. 例えば、制御可能な範囲が部分ネットワークのA,B,Cであるときは、「A」、「B」、「C」、「A,B」、「A,C」、「B,C」、「A,B,C」の7つの選択肢がリスト表示される。 For example, the controllable range of the partial network A, B, when a C is "A", "B", "C", "A, B", "A, C", "B, C", "a, B, C" are seven options are listed. 712は、いま選択されている部分ネットワークAのミキサシステムにおける各シーンの一覧である。 712 is a list of each scene in the mixer system of the partial network A, which is currently selected. No. No. はシーン番号を示す。 It shows a scene number. カーソル移動ボタン714,715を用いてカーソル713を任意のシーン番号に合わせ、ストアボタン716をオンすることにより、その時点で部分ネットワークAの各ノードの機器に設定されているパラメータの値の集合が、カーソル713がセットされているシーン番号のシーンとしてストアされる。 The cursor 713 using the cursor movement button 714, 715 fit into any scene number, by turning on the store button 716, the set of values ​​of the parameter set to the equipment of each node of the partial network A at the time , it is stored as a scene of the scene number at which the cursor 713 has been set. Preset*(*は1,2,3,…の数字であり、プリセット番号である)は、シーンとしてストアされるパラメータ値の集合のファイルを示す。 Preset * (* 1, 2, 3, ... is a number of a preset number) shows the file of a set of parameter values ​​to be stored as a scene. Preset*が表示されているか否かに関わらず、何れかのシーン番号にカーソルを合わせてストアボタン716をオンすると、現在のカレントメモリのパラメータ値が直前にリコールされたPreset*から変化していなければ、そのプリセット番号*が当該シーン番号に割り当てられ、変化していれば、新たなプリセット番号*が当該シーンに割り当てられてPreset*のファイルが作成され、カレントメモリのパラメータ値の集合が格納される。 Preset * regardless of whether being displayed, when turning on the store button 716 move the cursor to one of the scene number, has not changed from the recalled Preset * just before the parameter value of the current in the current memory in its preset number * is assigned to the scene number, if changed, the new preset number * is assigned to the scene preset * files are created, the set of parameter values ​​in the current memory is stored that. ストア操作があったとき、ファイルPreset*は、当該システムのマスタコンソールのシーンメモリに格納されるとともに、当該システムの各ノードにそのストア操作が伝達され、その各ノードでは該ファイルPreset*の対応する一部のパラメータが当該ノードのシーンメモリに格納される。 When there is a store operation, the file Preset *, along with stored in the scene memory of the master console of the system, the store operation to each node of the system is transmitted, the corresponding of the file Preset * is that each node some parameters are stored in the scene memory of the node. また、シーン番号とPreset*との対応関係も、当該システムのマスタコンソール及び各ノードのシーンメモリに格納される。 Further, correspondence between the scene number and Preset * is also stored in the scene memory of the master console and nodes of the system. なお、ここでは部分ネットワークAの音響システムのシーンをストアするので、例えば図6(a)の614のような接続ネットワークを経由する結線の設定があったとしても、図7(a)の画面でのストアでは保存されずに無視される。 Since here to store the scene of the acoustic system partial network A is, even for example, connection settings via the connection network as shown in FIG. 6 (a) 614, the screen shown in FIG. 7 (a) in the store it is ignored instead of being saved. 一覧712の中から任意のシーン番号にカーソル713をセットし、リコールボタン717をオンすると、当該システムのマスタコンソールのカレントメモリに、シーンメモリの該シーンのPreset*のパラメータの集合がリコールされ、さらに、当該システムの各ノードにそのリコール操作が伝達され、その各ノードではカレントメモリに当該ノードのシーンメモリから該シーンのPreset*の対応する一部のパラメータがリコールされる。 Set the cursor 713 to any scene number from the list 712, is turned on the recall button 717, in the current memory of the master console of the system, the set of Preset * parameters of the scene in the scene memory is recalled, further , the recall operation is transmitted to each node in the system, some of the parameters corresponding to Preset * of the scene from the scene memory of the node in the current memory in its respective node is recalled.

図7(b)は、部分ネットワークA及びBを制御可能な範囲とするシーンのストア/リコール画面702の例である。 7 (b) is an example of a scene store / recall screen 702 to controllable range partial network A and B. 721に現在ストア/リコール対象のシーンメモリが部分ネットワークA及びBに係るデータであることを示す表示がなされている。 Have been made displayed indicating that 721 in the scene memory of the current store / recall is data relating to the partial network A and B. シーンの一覧722には、部分ネットワークAのPreset*と部分ネットワークBのPreset*の組合せが並べてシーン番号に沿って表示されている。 The list 722 of the scene, are displayed along the scene number side by side combination of Preset * of Preset * and the partial network B of the partial network A. カーソル713を、任意のシーン番号にセットし、ストアボタン716をオンすると、その時点で部分ネットワークAと部分ネットワークBにそれぞれ設定されているパラメータがそれぞれプリセットファイルPreset*として格納される。 The cursor 713, is set to an arbitrary scene number, when turning on the store button 716, the parameters to be set for the partial network A and the partial network B at that time is stored as a preset file Preset *, respectively. 各部分ネットワーク毎に、現在のカレントメモリのパラメータ値が直前にリコールされたPreset*から変化していなければ、そのプリセット番号*が当該シーン番号に割り当てられ、変化していれば、新たなプリセット番号*が当該シーンに割り当てられてPreset*のファイルが作成され、カレントメモリのパラメータ値の集合が格納される。 In each partial network, if the parameter values ​​of the current in the current memory is not changed from the recalled Preset * just before, the preset number * is assigned to the scene number, if changed, a new preset number * is assigned to the scene Preset * files are created, the set of parameter values ​​in the current memory is stored. ストア操作があったとき、各部分ネットワークのPreset*は、当該システムのシーンメモリに格納されるとともに、当該システムの各ノードにそのストア操作が伝達され、そのうちの部分ネットワークAの各ノードでは、それぞれ部分ネットワークAにおけるPreset*の対応する一部のパラメータが格納され、部分ネットワークBの各ノードでは、それぞれ部分ネットワークBにおけるPreset*の対応する一部のパラメータが格納される。 When there is a store operation, the Preset * Each partial network, while being stored in the scene memory of the system, the store operation to each node of the system is transmitted, at each node of the partial network A of which, respectively some parameters are stored corresponding to Preset * of the partial network a, in each node of the partial network B, the corresponding part of the parameters of the Preset * of each partial network B is stored. 各部分ネットワークのPreset*には、その時点で割り当てられている各部分ネットワークないし接続ネットワークの伝送chの情報が含まれる。 The Preset * of each partial network includes information of transmission ch of the partial network to the connection network are allocated at the time. さらに、シーン番号と部分ネットワークA,Bの各Preset*の対応関係も、当該システムのマスタコンソール及び各ノードのシーンメモリに格納される。 Further, the scene number and the partial network A, the Preset * of a correspondence between B are also stored in the scene memory of the master console and nodes of the system. また、リコールについては、図11を参照して説明する。 Also, the recall will be described with reference to FIG. 11.

図8は、部分ネットワーク内の他のノードの機能あるいは接続ネットワークを介した他の部分ネットワークのノードの機能を利用する場合に、コンソールからどのような指示を与えるかの手順を示したフローチャートである。 8, in the case of using the functions of the other portions network node via a function or access network of other nodes in the partial network is a flow chart illustrating how the procedure gives what instruction from the console . この処理は、上述した図4の入力パッチ406で(1−1)〜(1−3)に場合分けして説明した処理を実現するものである。 This processing realizes the processing described with the case divided into an input patch 406 of FIG. 4 (1-1) to (1-3). ここでは、図6(a)の入力パッチの設定画面において、新たな結線の設定が行われた場合の処理を説明する。 Here, the setting screen of an input patch of FIG. 6 (a), illustrating a process in the case where setting of a new connection has been made.

結線操作イベントを受けて、マスタコンソールは、ステップ801で音響信号の送信側と受信側のノードが同じ部分ネットワーク内にあるか判定し、そうであるときは、ステップ802で送信側と受信側が同じノード内か判定する。 In response to connection operation event, the master console, the node of the transmitting side and the receiving side of the acoustic signal is determined it is within the same partial network in step 801, when this is the case, the receiving side is the same as the transmitting side in step 802 it is determined whether the node. 同じノード内のとき、例えば図6(a)において613の設定が行われた場合は、ステップ803で、マスタコンソールのカレントメモリに該ノードの結線パラメータを設定し、ステップ804で、該ノードにパラメータの変更イベントを送信する。 When in the same node, for example, if 613 setting is performed in FIG. 6 (a), in step 803, to set the connection parameters of the nodes in the current memory of the master console, at step 804, the parameters to the node to the transmission change events. 変更イベントを受信したノードにおいて、当該結線に関するノード内結線のパラメータの変更が行われることにより、1つのノード内の当該結線が実現される。 In the node which has received the change event, by changing parameters in the node connection relating to the connection is made, the connection within a node is achieved.

ステップ802で同じノード内でないとき、例えば図6(a)において612の設定が行われた場合は、ステップ811で、送信側と受信側のノードがある該部分ネットワークのマスタノードと交渉して伝送chの割当てを受ける。 When in step 802 is not in the same node, for example, when 612 setting is performed in FIG. 6 (a), in step 811, negotiations to the master node of the partial network with nodes of the sender and receiver transmission receive an allocation of ch. またステップ812で、マスタコンソールのカレントメモリに送信側と受信側の各ノードの結線パラメータを設定し、ステップ813で、送信側と受信側の各ノードにそれぞれパラメータの変更イベントを送信する。 In step 812, set the connection parameters for each node of the transmitting side and the receiving side in the current memory of the master console, at step 813, each sends a parameter change event to each node of the transmitting side and the receiving side. 変更イベントを受信した送信側ノードでは、当該結線に関するノード内結線のパラメータと、部分ネットワーク結線の送信側パラメータとが変更され、また、変更イベントを受信した受信側のノードでは、当該結線に関する部分ネットワーク結線の受信側パラメータと、ノード内結線パラメータとが変更されることにより、1つの部分ネットワークを介した当該結線が実現される。 For the sending node receiving the change event, and parameters of the nodes in the connection regarding the connection, changes the transmission-side parameters of partial network connection, and in the receiving side of the node that received the change event, the partial network regarding the connection a receiving-side parameters of connection, by where the node connection parameter is changed, is the connection through one partial network is realized.

ステップ801で同じ部分ネットワーク内でないとき、例えば図6(a)において614の設定が行われた場合は、ステップ821で、送信側ノードがある部分ネットワークのマスタノードと交渉して伝送chの割当てを受け、ステップ822で、接続ネットワークのマスタである接続マスタと交渉して伝送chの割当てを受け、ステップ823で、受信側ノードがある部分ネットワークのマスタノードと交渉して伝送chの割当てを受ける。 When in step 801 is not in the same sub-network, if for example, the 614 set in in FIGS. 6 (a) is performed, at step 821, the allocation of transmission ch negotiating with the master node of the partial network is sending node receiving, at step 822, to negotiate a connection master is a master of the connecting network receiving an assignment of transmission ch, at step 823, receives the allocation of transmission ch negotiating with the master node of the partial network is the receiving node. またステップ824で、マスタコンソールのカレントメモリに、送信側、受信側、及び中継の各ノードの結線パラメータを設定し、ステップ825で、送信側、受信側、及び中継の各ノードにそれぞれパラメータの変更イベントを送信する。 In step 824, the current memory of the master console, sender, receiver, and set the connection parameters for each node of the relay, in step 825, changes the sender, receiver, and their respective parameters for each node of the relay to send events. 変更イベントを受信した送信側ノードでは、当該結線に関するノード内結線のパラメータと、送信側部分ネットワーク結線の送信側パラメータとが変更され、変更イベントを受信した受信側のノードでは、当該結線に関する受信側部分ネットワーク結線の受信側パラメータと、ノード内結線パラメータとが変更され、さらに、変更イベントを受信した各中継ノードで、対応する部分ネットワークと接続ネットワーク間での中継用パラメータが設定されることにより、2つの部分ネットワークにまたがる当該結線が実現される。 For the sending node receiving the change event, and parameters of the nodes in the connection regarding the connection is changed and the sender parameters of the transmitting-side partial network connection is, in the receiving side of the node that received the change event, the receiving side related to the connection a receiving-side parameters of partial network connection is changed and the node connection parameters further at each relay node receiving the change event, by relay parameters between connection portions corresponding to the network the network is set, the connection is realized across two partial networks.

図9(a)は、各スレーブコンソールにおいて所定時間間隔で繰り返し行われるコンソールチェックのための定時処理を示す。 9 (a) shows the scheduled process for the console checks to be performed repeatedly at predetermined time intervals in each slave console. ステップ901で、当該システムのマスタコンソールをチェックする。 In step 901, checking the master console of the system. ステップ902で、正常に動作していればそのまま処理を終了する。 In step 902, the process is terminated if operating normally. 正常でないときは、ステップ903で、自スレーブコンソールが、システムに現存しているコンソールのうち代替する順番が最高位のものであるかを判定する。 If not normal in step 903, the own slave console determines alternative to the order of the console are extant in the system it is of the highest. そうであるときは、ステップ904で自スレーブコンソールをマスタコンソールに昇格させる処理を行い、ステップ905でマスタコンソールの動作を開始する。 If so performs processing to elevate its own slave console to the master console at step 904, it starts the operation of the master console at step 905. ステップ903で最高位でないときは、ステップ906で、最高位のスレーブコンソールにマスタコンソールの不在を通知する。 When not highest in the step 903, in step 906, it notifies the absence of the master console highest slave console. その通知を受けたスレーブコンソールは、上記ステップ904,905と同様の処理により、マスタコンソールとして動作を開始する。 Slave console which has received the notification, according to the same procedure as in step 904 and 905, it starts operating as the master console. なお、マスタコンソール自身が自分の異常を検出して、他のスレーブコンソールにマスタになるように指示してもよい。 Incidentally, the master console itself to detect its own abnormality may instruct so as to master the other slave console.

図9(b)は、ユーザが何れかのコンソールにおいて明示的にマスタコンソールの切替え操作を行った場合の処理手順を示す。 9 (b) shows a processing procedure when a user performs an explicit master console switching operation in any one of the console. マスタコンソールの切替えは、音響システムのどのコンソールからでも行える。 The master console switching of, can be performed from any console of the sound system. ステップ911で、当該システムの全コンソールを検出する。 In step 911, it detects the total console of the system. ステップ912では、自コンソール以外のコンソールがあるか判定する。 In step 912, it is determined whether there is a console other than the own console. なければ(システムには、マスタである自コンソール以外のコンソールがないということ)、処理を終了する。 Without it (the system that the console other than the own console is not in the master), the process ends. あれば、ステップ913で、検出されたコンソールの一覧を表示し、ステップ914で、ユーザの選択操作に従ってマスタコンソールを切替える。 If, at step 913, to display a list of detected console, in step 914, switch the master console in accordance with the user's selection operation.

図10(a)は、マスタコンソールにおいて当該音響システムに各機器を登録する指示操作が行われた場合の処理手順を示す。 10 (a) shows a processing procedure when an instruction operation which the master console to register each device in the audio system has been performed. 図10(b)は、その登録画面を示す。 10 (b) shows the registration screen. マスタコンソールにおいて所定の指示操作が行われたとき、図10(b)の登録画面が表示される。 When a predetermined instruction operation in the master console is performed, the registration screen shown in FIG. 10 (b) is displayed. 登録画面1010には、当該コンソールで制御可能な部分ネットワーク(ログインユーザの権限に応じて制御可能な範囲が決定される)の一覧が1011〜1013に示すように表示される。 A registration screen 1010, a list of controllable partial network in the console (controllable range in response to the authenticity of the login user is determined) is displayed as shown in 1011-1013. また各部分ネットワークごとに、その部分ネットワークに接続されているノードとコンソールの一覧がチェックボックス付きで表示されている。 In addition to each partial network, a list of nodes and the console that is connected to the partial network is displayed with a check box. このチェックボックスにチェックしてOKボタン1020をオンすると、図10(a)の処理が実行され、チェックされた部分ネットワークのノードとコンソールが制御可能な範囲として登録される。 When turning on the OK button 1020 in this check box, the process shown in FIG. 10 (a) is executed, the node and the console checks portions network is registered as a controllable range. なお、他の音響システムで既に登録済みのノードについては、図10(b)の登録画面のそのノードの表示をグレーアウトして登録できないようにしてもよい。 Note that the already registered node other acoustic systems, may not be registered by gray-out display of the nodes of the registration screen in FIG. 10 (b).

図10(a)の処理では、まずステップ1001で、当該音響システムの制御可能な範囲を示す制御範囲データを、図10(b)の登録画面の設定に基づいて、更新する。 In the process of FIG. 10 (a), first, in step 1001, the control range data showing a controllable range of the audio system, based on the setting of the registration screen in FIG. 10 (b), and updates. ステップ1002で制御範囲が減ったときは、ステップ1003で、マスタコンソールのカレントメモリの該ノードまたはコンソール(登録画面でチェックが外されたもの)のデータ領域を開放する。 When the control range is decreased at step 1002, in step 1003, it opens the data area of ​​the node or console in the current memory of the master console (which checks the registration screen is removed). ステップ1004で制御範囲が増えたときは、ステップ1005で、マスタコンソールのカレントメモリに該ノードまたはコンソール(登録画面でチェックが付けられたもの)のデータ領域を作成する。 When the control range is increased in step 1004, in step 1005, creating a data area of ​​the node or console in the current memory of the master console (which checks the registration screen is attached). ステップ1006では、登録画面の設定に基づき当該音響システムの機能を増減する。 In step 1006, to increase or decrease the function of the audio system based on the setting of the registration screen.

図11は、シーンのリコールが指示されたときのマスタコンソールの処理を示す。 Figure 11 shows the master console of processing when the scene recall is instructed. ここでは、リコールを指示されたシーンが接続伝送chの割当を要するものである場合について説明する。 Here, the case is instructed to recall the scene is one that requires the assignment of access transmission ch. また、部分ネットワークAのPresetと部分ネットワークBのPresetの組合せのシーンがリコールされたものとする。 Further, Preset combinations of scenes of Preset and partial network B of the partial network A is assumed to have been recalled. 図7(b)で説明したように、各部分ネットワークのPresetには、その部分ネットワーク及び接続ネットワークで使用していた伝送chの情報が含まれている。 As described in FIG. 7 (b), the Preset each partial network, information transmission ch are included that were used in that sub-network and the connecting network.

まずステップ1101で、リコールを指示されたシーンの部分ネットワークAのPresetをカレントメモリにリコールする。 First, in step 1101, recalling Preset scene partial networks A instructed to recall the current memory. ステップ1102で、リコールを指示されたシーンの部分ネットワークBのPresetをカレントメモリにリコールする。 In step 1102, recalling Preset scene partial network B instructed to recall the current memory. ステップ1103では、各部分ネットワークA,BにおいてそれぞれのPresetで指定されている部分ネットワーク及び接続ネットワークの伝送chは、現在未使用であるかを判定する。 In step 1103, the transmission ch of the partial network A, the partial network and the connection network specified in the respective Preset in B determines whether the currently unused. 未使用であれば、ステップ1104で、各部分ネットワークA,Bと接続ネットワークにおいてそれぞれその伝送chを確保し、ステップ1105で、当該システムの各ノードにリコールイベントを送信する。 If not used, at step 1104, respectively to secure the transmission ch in each partial network A, the B access network, at step 1105, it sends a recall event to each node of the system. ステップ1103で前記伝送chが現在使用中であれば、ステップ1106で、各部分ネットワーク及び接続ネットワークのマスタノードと交渉して伝送chの割当てを受ける。 If the transmission ch is currently in use at the step 1103, in step 1106, it receives the allocation of transmission ch negotiating with the master node of the partial network and the connection network. 次にステップ1107で、カレントメモリの伝送chに関するパラメータを前記割当てに基づいて変更し、ステップ1108で、当該システムの各ノードにリコールイベントとパラメータ変更イベントを送信する。 In step 1107, change based on parameters related to transmission ch in the current memory in the allocation, at step 1108, it sends a recall event and parameter change event to each node of the system. なお、ステップ1103〜1108では、各部分ネットワーク及び接続ネットワークをまとめて処理するように図示したが、実際には各ネットワーク毎にステップ1103〜1108を行う。 In step 1103-1108, it has been shown to process collectively the partial networks and the connecting network, actually performs the steps 1103 to 1108 for each of the networks. 例えば、部分ネットワークAの伝送chは未使用だが、部分ネットワークBの伝送chは使用中の場合、部分ネットワークAについてはステップ1104,1105が実行され、部分ネットワークBについてはステップ1106〜1108が実行される。 For example, the transmission ch partial networks A but unused, transmission ch case in the use of the partial network B, for the partial network A step 1104 and 1105 are executed, for partial network B step from 1106 to 1108 is executed that. このようにして、そのシーンの保存時に使用していた伝送chが未使用であれば、そのシーンをそのままリコールし、その伝送chが使用中であれば、新たな伝送chを割り当て、使用する伝送chをその割り当てた伝送chに変更しつつシーンのリコールを行うようにしたので、伝送chの空き状況に関わらず、伝送chの割当を必要とするシーンのリコールを実現することができる。 Thus, if the transmission ch unused that was used when saving of the scene, the scene recall it, if its transmission ch is busy, assigned a new transmission ch, used transmission since to carry out the recall of a scene while changing the ch its assigned transmission ch, regardless availability of transmission ch, it is possible to realize a recall of a scene that requires the allocation of transmission ch. また、シーン保存時に使用していた伝送chが空いていれば、そのシーンのパラメータをそのままリコールするだけでよいので、より高速なリコールが可能である。 Further, if the available transmission ch that was in use when a scene saved, since the parameters of the scene it is only necessary to recall it, it is possible to faster recall.

なお、図1の105に「・・・」で示されているとおり、各ノードが備えるスロットの数はノード毎に異なっていても良い。 Incidentally, as indicated by "..." in 105 of FIG. 1, the number of slots that each node comprises may be different for each node. また、各ノードは、スロットに装着されるカードが実現するのと同じ機能(Ain、Aout、DSPなど)を固定的に備えていてもよい。 Furthermore, each node has the same functionality as realized by the cards inserted in the slot (Ain, Aout, DSP, etc.) may be provided with a fixedly. その場合、その機能としては、図1の一部のスロットにその機能のカードが固定的に装着されているのと等価であるが、構成としては、その機能はエンジン100の基板上に実装され、その機能のカードはスロットに装着されない。 In that case, as its function, but cards of its features in a part of the slot of FIG. 1 is equivalent to what is fixedly mounted, as the structure, the function is implemented on the substrate of the engine 100 , card of the function will not be seated in the slot. また、コンソールの表示器に、各部分ネットワークや接続ネットワークの伝送帯域の利用状況(何%使用しているか)を表示するようにしてもよい。 Further, the console display, may be displayed usage of the transmission band of each partial network and the connection network (either using percentage).

ミキサエンジンなどの機器のノード及び該機器に接続されるコンソールの詳細な構成図 Detailed block diagram of the console connected to the node and the instrument of the instrument, such as the mixer engine 実施形態のオーディオネットワークシステムの全体の構成例を示す図 Diagram illustrating an overall configuration example of an audio network system in the embodiment 部分ネットワーク及び接続ネットワークにおける伝送フォーマットの例を示す図 It shows an example of a transmission format in the partial network and the connecting network 部分ネットワークAのノードの機器により全体として構築されるミキサシステムの機能構成を示すブロック図 Block diagram showing the functional structure of a mixer system constructed in its entirety by the device at the node of the partial network A 部分ネットワークAの音響システムで使用しているコンソールの操作パネルの外観例を示す図 Diagram illustrating an example of appearance of the operation panel of the console that are used in the audio system of the partial network A 入力パッチ及び出力パッチの設定画面とログイン画面を示す図 Diagram showing a setting screen and login screen of the input patch and output patch シーンデータのストア及びリコールを行う画面の例を示す図 It shows an example of a screen for store and recall scene data マスタコンソールにおける結線操作イベント処理のフローチャート図 Flowchart of connection operation event process in the master console 各スレーブコンソールにおける定時処理及びマスタ切替イベント処理のフローチャート図 Flowchart scheduled processing and the master switch event processing in the slave console ノード及びコンソールの登録変更処理のフローチャート及び登録画面を示す図 It shows a flowchart and registration screen of the registration process of changing nodes and console マスタコンソールにおけるリコールイベント処理のフローチャート図 Flowchart of recall event process in the master console

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100…ノード、101…中央処理装置(CPU)、102…フラッシュメモリ、103…ランダムアクセスメモリ(RAM)、104…コミュニケーション入出力インターフェース(COM I/O)、105…カード入出力インターフェース(I/O)ユニット、106…信号処理装置(DSP)、107…部分ネットワーク用インターフェース(Net I/O)、109…バスライン、108…接続ネットワーク用インターフェース(Net I/O)。 100 ... node 101 ... central processing unit (CPU), 102 ... flash memory, 103 ... random access memory (RAM), 104 ... communication output interface (COM I / O), 105 ... card output interface (I / O ) units, 106 ... signal processor (DSP), 107 ... partial network interface (Net I / O), 109 ... bus line, 108 ... connected network interface (Net I / O).

Claims (3)

  1. 音響信号の入力、出力、または信号処理を行う複数のノードが接続されるオーディオネットワークシステムであって、 An audio network system in which input audio signals, a plurality of nodes that output, or the signal processing is connected,
    それぞれが独立したネットワークである複数の部分ネットワークと、それら複数の部分ネットワークを相互に接続する接続ネットワークとを有し、 Includes a plurality of partial networks respectively is an independent network and access network thereof for connecting a plurality of partial networks to each other,
    前記各部分ネットワークには少なくとも1つの接続ノードが接続され、当該接続ノードは前記接続ネットワークにも接続され、 Wherein in each partial network is at least one connection node connected, the connection node is connected to the connection network,
    該接続ノードは、当該部分ネットワークと接続ネットワークの一方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルの信号を、他方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルに乗せる機能を有し、 The connection node has one of the signals of any one of the transmission channels of the network of the partial network and the connection network, the function to put on any one transmission channel of the other network,
    前記各部分ネットワーク上のノードには、当該部分ネットワークにおける設定情報であるプリセットを複数記憶する記憶手段を有し、 Wherein a node on each partial network includes storage means for storing a plurality of preset is setting information of the partial network,
    ユーザが1つの部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する 1つのシーンのリコールを指示したとき、当該部分ネットワークの記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、該プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われ、 When the user instructs to recall a scene that defines the setting state of each node in one partial network, preset corresponding to the stored the scene in the storage means of the partial network is read, the according the preset setting of each node of the partial network is performed,
    ユーザが複数の部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する 1つのシーンのリコールを指示したとき、当該複数の部分ネットワークの各々では、前記記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、該プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われるようにする ことを特徴とするオーディオネットワークシステム。 When the user instructs to recall a scene that defines the setting state of each node of the plurality of partial networks, in each of the plurality of partial networks, read out preset corresponding to the scene stored in said storage means is an audio network system, characterized by such setting of each node of the partial network is performed in accordance with the preset.
  2. 音響信号の入力、出力、または信号処理を行う複数のノードが接続されるオーディオネットワークシステムであって、 An audio network system in which input audio signals, a plurality of nodes that output, or the signal processing is connected,
    それぞれが独立したネットワークである複数の部分ネットワークと、それら複数の部分ネットワークを相互に接続する接続ネットワークとを有し、 Includes a plurality of partial networks respectively is an independent network and access network thereof for connecting a plurality of partial networks to each other,
    前記各部分ネットワークには少なくとも1つの接続ノードが接続され、当該接続ノードは前記接続ネットワークにも接続され、 Wherein in each partial network is at least one connection node connected, the connection node is connected to the connection network,
    該接続ノードは、当該部分ネットワークと接続ネットワークの一方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルの信号を、他方のネットワークの任意の1つの伝送チャンネルに乗せる機能を有し、 The connection node has one of the signals of any one of the transmission channels of the network of the partial network and the connection network, the function to put on any one transmission channel of the other network,
    前記各部分ネットワークは、その部分ネットワークでの音響信号の転送を制御する1つの部分マスタノードを有し、 Wherein each partial network has one partial master node controlling the transmission of an audio signal at the partial network,
    前記接続ネットワークは、その接続ネットワークでの音響信号の転送を制御する1つの接続マスタノードを有し、 The connection network has one connection master node for controlling the transmission of an audio signal in the connection network,
    前記各部分ネットワーク上のノードには、当該部分ネットワークの設定であるプリセットを複数記憶する記憶手段を有し、 Wherein a node on each partial network includes storage means for storing a plurality of preset a setting of the partial network,
    ユーザが1つの部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する 1つのシーンのリコールを指示したとき、当該部分ネットワークの記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、該プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われるようにし、 When the user instructs to recall a scene that defines the setting state of each node in one partial network, preset corresponding to the stored the scene in the storage means of the partial network is read, the according the preset as set for each node of the partial network, the
    ユーザが2以上の部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する 1つのシーンのリコールを指示したとき、当該複数の部分ネットワークの各々では、前記記憶手段に記憶された当該シーンに対応するプリセットが読み出され、該プリセットに従い当該部分ネットワークの各ノードの設定が行われ、その際、読み出されたプリセットに複数の部分ネットワークの2つにまたがる音響信号の伝送が含まれていた場合は、接続マスタノードの制御の下で、該2つの部分ネットワークの接続ノード間の音響信号の伝送を行うための接続伝送チャンネルが設定されるようにする ことを特徴とするオーディオネットワークシステム。 When the user instructs to recall a scene that defines the setting state of each node of two or more partial network, in each of the plurality of partial networks, preset corresponding to the stored the scene in the storage means to read issued, setting of each node of the partial network according to the preset is carried out, this time, if it contains transmission of acoustic signals across the two of the plurality of partial networks to a preset read, connected master audio network system, characterized in that to make under the control of the node, access transmission channel for transporting audio signals between a connection node of the two partial networks are set.
  3. 請求項1または2に記載のオーディオネットワークシステムにおいて、 In the audio network system according to claim 1 or 2,
    前記2以上の部分ネットワークの各ノードの設定状態を規定する 1つのシーンのリコールの指示は、該2以上の部分ネットワークの全部の設定権限を有するユーザが行うことができ、何れか1つの設定権限を有さないユーザは行うことができないようにすることを特徴とするオーディオネットワークシステム。 The indication of the recall of a scene that defines the setting state of each node of two or more partial networks, said two or all of the setting authority partial network of the user can perform with any one setting permissions audio network system, characterized in that the to the user can not perform without.
JP2006079466A 2006-03-22 2006-03-22 Audio network system Active JP4893985B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006079466A JP4893985B2 (en) 2006-03-22 2006-03-22 Audio network system

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006079466A JP4893985B2 (en) 2006-03-22 2006-03-22 Audio network system
EP20120166837 EP2485445B1 (en) 2006-03-22 2007-03-19 Method of performing line connection in an audio network system
EP20070104401 EP1838060B1 (en) 2006-03-22 2007-03-19 Audio network system
US11725785 US7684415B2 (en) 2006-03-22 2007-03-19 Audio network system
EP20110166551 EP2360881A1 (en) 2006-03-22 2007-03-19 Audio network system
EP20120188159 EP2562977B1 (en) 2006-03-22 2007-03-19 Audio network system
CN 200710088786 CN101042862B (en) 2006-03-22 2007-03-22 Audio network system
US12690535 US8189602B2 (en) 2006-03-22 2010-01-20 Audio network system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007258968A true JP2007258968A (en) 2007-10-04
JP4893985B2 true JP4893985B2 (en) 2012-03-07

Family

ID=38632771

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006079466A Active JP4893985B2 (en) 2006-03-22 2006-03-22 Audio network system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4893985B2 (en)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5665163B2 (en) * 2009-03-24 2015-02-04 ヤマハ株式会社 Path setting method and routing device of the acoustic system
EP2357760B1 (en) 2009-03-24 2012-10-31 Yamaha Corporation Audio system
JP5665164B2 (en) * 2009-03-24 2015-02-04 ヤマハ株式会社 Acoustic systems and devices
JP5326720B2 (en) * 2009-03-24 2013-10-30 ヤマハ株式会社 Sound system
EP2568630A3 (en) 2011-09-09 2014-10-01 Yamaha Corporation Sound signal processing apparatus
JP5957860B2 (en) * 2011-12-02 2016-07-27 ヤマハ株式会社 Digital audio mixer
JP5655889B2 (en) * 2013-05-10 2015-01-21 ヤマハ株式会社 Path setting method and an acoustic apparatus

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3882618B2 (en) * 2002-01-18 2007-02-21 ヤマハ株式会社 Communication device and a network system
JP2006519532A (en) * 2003-02-27 2006-08-24 オアシス.シリコンシステムズ.アーゲー Synchronous multi-cluster network architecture
JP3849670B2 (en) * 2003-05-20 2006-11-22 ヤマハ株式会社 Signal transmission device
JP4023381B2 (en) * 2003-05-20 2007-12-19 ヤマハ株式会社 Node control method, the node controller and program
JP4626741B2 (en) * 2003-12-05 2011-02-09 日本電気株式会社 Connection participation receiving system to the network setting of the network F node connection method and node
JP4182902B2 (en) * 2004-03-04 2008-11-19 ヤマハ株式会社 The audio signal processor
US7725826B2 (en) * 2004-03-26 2010-05-25 Harman International Industries, Incorporated Audio-related system node instantiation
JP4192841B2 (en) * 2004-05-17 2008-12-10 ヤマハ株式会社 Mixer engine control apparatus and program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2007258968A (en) 2007-10-04 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20020193894A1 (en) Configuration method of digital audio mixer
US20030055518A1 (en) Digital mixing system with double arrangement for fail safe
US20080219478A1 (en) Digital mixer
US20060248173A1 (en) Control apparatus for music system comprising a plurality of equipments connected together via network, and integrated software for controlling the music system
US20040133291A1 (en) Digital mixer and control method for digital mixer
US20070025568A1 (en) Mixing apparatus and computer program therefor
US20040233852A1 (en) Signal transmission apparatus
US20030063760A1 (en) Remote controlled audio mixing console
US20020156547A1 (en) Digital audio mixer with preview of configuration patterns
US20120027230A1 (en) Mixer and communication connection setting method therefor
US20050195999A1 (en) Audio signal processing system
US20110058691A1 (en) Digital Mixer
US20100008512A1 (en) Paging System
US20120237038A1 (en) Audio mixer
US20110009989A1 (en) Digital mixer
US20090138110A1 (en) Amplifier System
US7433745B2 (en) Digital mixing system with dual consoles and cascade engines
US20060072771A1 (en) Software monitor and control application for use with a digital audio studio suite
JP2003102098A (en) Sound signal edit method, sound signal edit device, and program
US20090234478A1 (en) Sound System, and Controlling and Monitoring Method Therefor
US20120059492A1 (en) Exchange of Metadata Between a Live Sound Mixing Console and a Digital Audio Workstation
JP2006287301A (en) Integrated program for operation and connection setting for a plurality of apparatuses connected to network
US20110083178A1 (en) Controlling activation of an application program in an audio signal processing system
US20100103324A1 (en) Program delivery apparatus and operation button function assigning method
US20060235552A1 (en) Method and system for media content data distribution and consumption

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090303

A977 Report on retrieval

Effective date: 20110719

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20110907

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111107

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Effective date: 20111125

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20111208

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150106

Year of fee payment: 3