JP4871559B2 - Cooling rf ablation needle - Google Patents

Cooling rf ablation needle Download PDF

Info

Publication number
JP4871559B2
JP4871559B2 JP2005280879A JP2005280879A JP4871559B2 JP 4871559 B2 JP4871559 B2 JP 4871559B2 JP 2005280879 A JP2005280879 A JP 2005280879A JP 2005280879 A JP2005280879 A JP 2005280879A JP 4871559 B2 JP4871559 B2 JP 4871559B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ablation
needle
heat sink
hub
electrode assembly
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005280879A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007089691A (en
Inventor
ピーターソン ダリオン
Original Assignee
コヴィディエン・アクチェンゲゼルシャフト
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by コヴィディエン・アクチェンゲゼルシャフト filed Critical コヴィディエン・アクチェンゲゼルシャフト
Priority to JP2005280879A priority Critical patent/JP4871559B2/en
Publication of JP2007089691A publication Critical patent/JP2007089691A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4871559B2 publication Critical patent/JP4871559B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本開示は、ヒトの生命を延長および改善するための医療用システムおよび手順における進歩に関し、より具体的には、組織アブレーションのための新規の電気外科手術用装置、その電気外科手術用装置を備える組織アブレーションのためのシステム、およびこの組織アブレーションのためのシステムを用いた、異常(例えば、癌腫)を含む組織をアブレーションするための方法に関する。 The present disclosure relates to advances in medical systems and procedures for prolonging and improving human life, and more specifically comprises a novel electrosurgical device, the electrosurgical apparatus for tissue ablation system for tissue ablation, and using a system for tissue ablation, abnormal (e.g., carcinomas) relates to a method for ablating tissue comprising a.

(関連技術の考察) (Discussion of the Related Art)
生体における治療的損傷は、数十年間、高周波(RF)および他の形態のエネルギーを用いて達成されてきた。 Therapeutic damage in vivo, for decades, been achieved by using the energy of radio frequency (RF) and other forms. この手順は、特に、神経外科手術の分野において、有用であった。 This procedure is particularly in the field of neurosurgery, it was useful. ここでは、代表的に、RFアブレーション電極(通常、細長い円筒状の幾何学的形状である)が、生体に挿入される。 Here, typically, the RF ablation electrodes (usually, an elongated cylindrical geometry) are inserted into a living body. このようなアブレーション電極の代表的な形態は、絶縁シース(そこから、露出された先端(非絶縁)が延びる)を組み込む。 The representative form of such ablation electrodes incorporates an insulating sheath (from which the exposed distal end (uninsulated) extends) the.

一般的に、アブレーション電極は、生体の広い面に接触するために、接地されたRF電力源(例えば、電気外科手術用ジェネレータ(体外))と、基準接地または不関電極(例えば、帰還電極(return electrode))との間に接続される。 Typically, the ablation electrode, in order to contact the wide surface of a living body, RF power source that is grounded (e.g., electrosurgical generator (extracorporeal)) and the reference ground or indifferent electrode (e.g., a return electrode ( return Electrode)) is connected between the. RF電圧が、アブレーション電極と基準接地との間に提供される場合、RF電流は、アブレーション電極から身体を通って流れる。 RF voltage, when provided between the ablation electrode and the reference ground, RF current flows through the body from the ablation electrode. 代表的に、この電流密度は、アブレーション電極の先端部近くで非常に高く、近隣組織を加熱および損傷する。 Typically, the current density is very high at the tip near the ablation electrode, to heat and damage the neighboring tissue.

過去においては、RFアブレーション電極は、温度センサ(例えば、Cosmanへの特許文献1に開示されるようなサーミスタもしくは熱電対の形態である)を組み込んでいた。 In the past, RF ablation electrodes were not incorporate temperature sensors (e.g., in the form of a thermistor or thermocouple, such as disclosed in Patent Document 1 to Cosman). 代表的に、このセンサは、所望の損傷の達成を補助するために温度を表示するための、モニタリング装置に接続される。 Typically, this sensor, for displaying the temperature to assist in achieving the desired lesion, is connected to the monitoring device. 一般的に知られているように、所定の先端の幾何学的形状および先端の温度のため、規定されたサイズの損傷が、かなり一定して作製され得る。 As is generally known, for geometry and tip temperature of a given tip, damage to the defined size it can be produced fairly constant to. このこともまた、Cosmanへの特許文献1に開示される。 This is also disclosed in Patent Document 1 to Cosman.

長年にわたって、多種多様なRF電極の形状および構造が使用されてきた。 Over the years, the shape and structure of a wide variety of RF electrodes have been used. 例えば、複数の電流形態が、Mass、Burlingtonに所在するRadionics,Inc. For example, a plurality of current forms, Mass, located in Burlington Radionics, Inc. から入手可能である。 It is available from. このような電極は、体内の多種多様な標的(脳、脊柱および心臓を含む)における損傷を達成するために使用されている。 Such electrodes are used to achieve the damage in the body of a wide variety of targets (brain, including the spinal column and the heart).

電極アブレーションシステムを使用する場合に重要な基準は、アブレーションプロセスの間に達成される先端の温度に関する。 An important criterion in the case of using an electrode ablation system, relating to the temperature of the tip to be achieved during the ablation process. 具体的には、特定のアブレーション電極の、所定の先端部の幾何学的形状の温度を100℃より下に維持することが望ましい。 Specifically, a particular ablation electrode, it is desirable to maintain below 100 ° C. The temperature of the geometry of a given tip. 100℃もしくはそれ以上の温度では、アブレーション電極周辺の組織が沸騰し、焦げる傾向がある。 The 100 ° C. or higher temperature, the tissue boils near the ablation electrode, there is a burnt trend. 結果的に、所定の電極の幾何学的形状についての損傷サイズは、一般的に、先端部近くの組織が100℃を超えてはならないという事実によってある程度限定されると考えられてきた。 Consequently, the lesion size for the geometry of a given electrode, generally, the tip portion near the tissue has been thought to be somewhat limited by the fact that should not exceed 100 ° C..

本質的に、RFアブレーションの間、電極温度は先端部近くで最も高い。 Essentially, during the RF ablation, the electrode temperature is highest near the tip. なぜなら、電流密度がその場所で最も高いからである。 This is because current density is highest at that location. 従って、温度は、組織伝導率における異常の可能性等を除いて、電極先端部からの距離の関数として、ある程度予測可能、かつさらには計算可能なパターンで降下する。 Accordingly, temperature, except for possible abnormality in tissue conductivity, as a function of distance from the electrode tip, somewhat predictable, and further drops in calculable pattern. 付随する結果として、所定の電極の幾何学的形状についてのRF損傷のサイズは、ある程度限定される。 As a result of concomitant, the size of the RF damage the geometry of the given electrode is limited to some extent.

損傷のサイズの制限に対して提唱される一解決策は、「軸外」電極(例えば、Mass、BurlingtonのRadionic,Inc.によって製造されるような、Zervas Hypophysectomy ElectrodeもしくはGildenberg Side−Outlet電極)を使用することであった。 One solution is proposed for limitation of damage size, "off-axis" electrodes (e.g., Mass, Burlington of Radionic, Inc., Such as those manufactured by, Zervas Hypophysectomy Electrode or Gildenberg Side-Outlet electrodes) the It was to be used. しかし、このようなシステムは、複数の組織穿刺を必要とし、患者の外傷を増加させる。 However, such systems require a plurality of tissue piercing and increases patient trauma.

損傷サイズを考慮すると、10〜12ミリメートルまでの脳の損傷が、非常に大きなアブレーション電極を使用することによって、作製され得ることがわかっている。 In view of the lesion size, brain damage up from 10 to 12 mm is, by the use of extremely large ablation electrode, it has been found that may produced. しかし、相対的により小さいアブレーション電極によって同様のサイズの損傷もしくはより大きなサイズの損傷を作製するために、その先端部に冷却用流体を送達する導管を有するアブレーション電極を含むアブレーションシステムが開発された。 However, in order to produce damage injury or larger size similar size by relatively smaller ablation electrode, the ablation system including an ablation electrode having a conduit to deliver a cooling fluid to the distal end it has been developed. このようなシステムの詳細な考察のために、特許文献2;特許文献3;特許文献4および特許文献5が参照され得る(これらの各々の全内容は、本明細書において参考として援用される)。 For a detailed discussion of such a system, Patent Document 2; JP 3; may be referred to Patent Document 4 and Patent Document 5 (the entire contents of each of which is incorporated herein by reference) . 一般的に、冷却された伝導性先端部を有する電極は、冷却されないアブレーション先端部と比較した場合、より大きな損傷体積を生じる。 In general, the electrode having a cooled conductive tip, when compared with ablation tip not cooled, resulting in a larger lesion volume.
米国特許第4,411,266号 US Pat. No. 4,411,266 米国特許第5,951,546号 US Pat. No. 5,951,546 米国特許第6,506,189号 US Pat. No. 6,506,189 米国特許第6,530,922号 US Pat. No. 6,530,922 米国特許第6,575,969号 US Pat. No. 6,575,969

従って、組織アブレーションのための電気外科手術用装置、この電気外科手術用装置を備えた組織アブレーションのためのシステム、およびこの組織アブレーションのためのシステムを用いて、異常(例えば、癌腫)を含む組織をアブレーションするための方法に対する必要性が存在する。 Accordingly, electrosurgical apparatus for tissue ablation, the system for tissue ablation having the electrosurgical apparatus, and by using a system for tissue ablation, abnormal (e.g., carcinoma) tissue comprising there is a need for a method for ablating.

(要旨) (Summary)
本開示は、組織アブレーションのための新規の電気外科手術用装置、この電気外科手術用装置を備えた組織アブレーションのためのシステム、およびこの組織アブレーションのためのシステムを用いて、異常(例えば、癌腫)を含む組織をアブレーションするための方法に関する。 The present disclosure relates to novel electrosurgical apparatus for tissue ablation, the system for tissue ablation having the electrosurgical apparatus, and by using a system for tissue ablation, abnormal (e.g., carcinomas ) relates to a method for ablating tissue comprising a.

本開示の一局面に従って、アブレーションシステムが提供される。 According to one aspect of the present disclosure, ablation system is provided. このアブレーションシステムは、電気外科手術用エネルギーの供給源と冷却用流体の供給源とに作動可能に連結可能な、アブレーション電極アセンブリを備える。 The ablation system, electrosurgical energy source and the operably coupleable to a source of cooling fluid, comprising an ablation electrode assembly. このアブレーション電極アセンブリは、以下を備える:その中にチャンバを規定するハブ;このハブから延びる、少なくとも一つの電気伝導性アブレーションニードル(このアブレーションニードルは、組織を貫入するように構成された遠位端部を備え、この遠位端部は、組織との電気的および熱的連絡を確立するために、電気伝導性および熱伝導性である);このアブレーションニードルと作動可能に連結されたヒートシンク(このヒートシンクは、アブレーションニードルと連結されて、少なくともその遠位端部からエネルギーを逃がし、このヒートシンクは、上記ハブのチャンバへと延びる近位端を備える);ならびに、流体の供給源から上記ハブのチャンバに流体を送達するための、そのハブと流体連結された導管(ここで、この流 The ablation electrode assembly includes the following: a hub defining a chamber therein; extending from the hub, at least one electrically conductive ablation needle (this ablation needle distal end configured to penetrate tissue comprising a part, the distal end, in order to establish an electrical and thermal contact with the tissue, is electrically and thermally conductive); this ablation needle operably linked sink (this the heat sink is coupled with the ablation needle escape energy from at least a distal end thereof, the heat sink comprises a proximal end extending into the chamber of the hub); and a chamber from a source of fluid of the hub in for delivering fluid, the hub and fluidly connected to conduit (here, the flow は、上記ヒートシンクの近位端からエネルギーを除去する)。 Removes energy from the proximal end of the heat sink).

上記ヒートシンクは、異方性の伝導性材料(例えば、グラニット(granite)繊維など)から製造され得る。 It said heat sink, anisotropic conductive material (eg, granite (granite), etc. fibers) may be fabricated from.

上記アブレーションシステムは、ハブのチャンバからの流体を送達するための、そのハブのチャンバに流体連結された出口導管をさらに備え得る。 The ablation system for delivering fluid from the chamber of the hub, may further comprise a fluid concatenated outlet conduit to the chamber of the hub.

アブレーションニードルは、その中に腔を規定し得る。 Ablation needle may define a cavity therein. 上記ヒートシンクは、このアブレーションニードルの腔内に配置され得る。 The heat sink may be located within the cavity of the ablation needle. 上記アブレーションニードルの腔は、その遠位端部へと延び得る。 Lumen of the ablation needle may extend into its distal end. したがって、このヒートシンクの遠位端は、このアブレーションニードルの腔の遠位端表面と電気伝導性に係合し得る。 Therefore, the distal end of the heat sink may engage the distal end surface and the electrically conductive cavity of the ablation needle.

上記アブレーションシステムはさらに、上記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部の周囲に、絶縁コーティングを備え得る。 The ablation system further comprises, around at least a portion of the length of the ablation needle may comprise an insulating coating. このアブレーションニードルの遠位端部は、露出され得る。 The distal end of the ablation needle may be exposed.

上記ヒートシンクは、上記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を覆うことが企図される。 The heat sink is to cover at least a portion of the length of the ablation needle is contemplated. 望ましくは、このアブレーションニードルの遠位端部は、露出される。 Desirably, the distal end portion of the ablation needle is exposed. 一実施形態において、絶縁コーティングは、このアブレーションニードルを覆うヒートシンクの長さの少なくとも一部を囲み得る。 In one embodiment, the insulating coating may surround at least a portion of the length of the heat sink to cover the ablation needle.

上記アブレーションシステムは、上記アブレーションニードルと電気的に連結された電源もしくは電気外科手術用エネルギーさらに備え得る。 The ablation system may include the ablation needle and electrically connected to power or electrosurgical energy further. このアブレーションシステムは、ハブのチャンバと流体連結された冷却用流体の供給源を、その上さらに備え得る。 The ablation system, a source of cooling fluid that is chamber in fluid connection of the hub may comprise further thereon. このアブレーションシステムは、上記アブレーションニードルの温度を測定するため、このアブレーションニードルと電気的に連結された熱感知回路をさらに備え得る。 The ablation system for measuring the temperature of the ablation needle may further comprise the ablation needle and electrically connected to the heat sensing circuit. 上記アブレーションシステムは、電気外科手術用エネルギーの供給源と流体の供給源とに連結されて、それらの作動を調整するための、マイクロプロセッサをさらに備え得る。 The ablation system is coupled to a source of electrosurgical energy and source of fluid, for adjusting their operation, it may further comprise a microprocessor.

一実施形態において、上記アブレーションニードルが中実であることが、企図される。 In one embodiment, the above-described ablation needle is solid is contemplated. 複数のアブレーションニードルが提供され得ることが、企図される。 It is contemplated that a plurality of ablation needle may be provided.

本開示のさらなる局面に従って、電気外科手術用エネルギーの供給源と冷却用流体の供給源とに作動可能に連結可能なアブレーション電極アセンブリが、提供される。 According to a further aspect of the present disclosure, operably linked can ablation electrode assembly and a source of cooling fluid and a source of electrosurgical energy is provided. このアブレーション電極アセンブリは、以下を備える:その中にチャンバを規定するハブ;このハブから延びる、少なくとも一つの電気伝導性アブレーションニードル(このアブレーションニードルは、組織を貫入するように構成された遠位端部を備え、この遠位端部は、組織との電気的および熱的連絡を確立するために、電気伝導性および熱伝導性である);このアブレーションニードルと作動可能に連結されたヒートシンク(このヒートシンクは、アブレーションニードルと連結されて、少なくともその遠位端部からエネルギーを逃がし、このヒートシンクは、上記ハブのチャンバへと延びる近位端を備える);ならびに、流体の供給源から上記ハブのチャンバに流体を送達するための、そのハブと流体連結された導管(ここで、この流 The ablation electrode assembly includes the following: a hub defining a chamber therein; extending from the hub, at least one electrically conductive ablation needle (this ablation needle distal end configured to penetrate tissue comprising a part, the distal end, in order to establish an electrical and thermal contact with the tissue, is electrically and thermally conductive); this ablation needle operably linked sink (this the heat sink is coupled with the ablation needle escape energy from at least a distal end thereof, the heat sink comprises a proximal end extending into the chamber of the hub); and a chamber from a source of fluid of the hub in for delivering fluid, the hub and fluidly connected to conduit (here, the flow は、上記ヒートシンクの近位端からエネルギーを除去する)。 Removes energy from the proximal end of the heat sink).

上記ヒートシンクは、異方性材料(例えば、グラニット繊維など)を含む伝導性材料から製造され得る。 The heat sink is anisotropic material (e.g., Granite fibers, etc.) may be fabricated from conductive materials including.

上記アブレーション電極アセンブリは、上記ハブのチャンバからの流体を送達するため、このハブのチャンバに流体連結された出口導管をさらに備え得る。 The ablation electrode assembly for delivering fluid from the chamber of the hub, may further comprise a fluid concatenated outlet conduit to the chamber of the hub.

上記アブレーションニードルは、その中に腔を規定し得る。 The ablation needle may define a cavity therein. 上記ヒートシンクは、このアブレーションニードルの腔内に配置され得る。 The heat sink may be located within the cavity of the ablation needle. このアブレーションニードルの腔は、その遠位端部へと延び得る。 Lumen of the ablation needle may extend into its distal end. したがって、このヒートシンクの遠位端は、このアブレーションニードルの腔の遠位端表面と電気伝導性に係合し得る。 Therefore, the distal end of the heat sink may engage the distal end surface and the electrically conductive cavity of the ablation needle.

上記アブレーション電極はさらに、上記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部の周囲に、絶縁コーティングを備え得る。 The ablation electrode further comprises, around at least a portion of the length of the ablation needle may comprise an insulating coating. このアブレーションニードルの遠位端部は、望ましくは、露出されたままである。 The distal end of the ablation needle is desirably left exposed.

一実施形態において、上記ヒートシンクが、上記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を覆うことが企図される。 In one embodiment, the heat sink, it is contemplated that covers at least a portion of the length of the ablation needle. 一実施形態において、望ましくは、このアブレーションニードルの遠位端部は、露出されたままである。 In one embodiment, preferably, the distal end portion of the ablation needle is left exposed. 絶縁コーティングが、このアブレーションニードルを覆う上記ヒートシンクの長さの少なくとも一部を囲み得ることが企図される。 Insulating coating, it is contemplated that may surround at least a portion of the length of the heat sink which covers the ablation needle.

上記アブレーション電極アセンブリは、上記アブレーションニードルの温度を測定するため、このアブレーションニードルと電気的に連結された熱感知回路をさらに備え得る。 The ablation electrode assembly for measuring the temperature of the ablation needle may further comprise the ablation needle and electrically connected to the heat sensing circuit.

上記アブレーションニードルは、中実であり得る。 The ablation needle may be solid. 複数のアブレーションニードルが提供され得ることが、企図される。 It is contemplated that a plurality of ablation needle may be provided.

本開示のなお別の局面に従って、患者において、組織を熱アブレーションするための方法が、提供される。 According to yet another aspect of the present disclosure, in a patient, tissue method for thermally ablating it is provided. この方法は、組織アブレーションのためのアブレーション電極アセンブリを提供する工程を包含する。 The method includes providing an ablation electrode assembly for tissue ablation. このアブレーション電極アセンブリは、以下を備える:その中にチャンバを規定するハブ;このハブから延びる、少なくとも一つの電気伝導性アブレーションニードル(このアブレーションニードルは、組織を貫入するように構成された遠位端部を備え、この遠位端部は、組織との電気的および熱的連絡を確立するために、電気伝導性および熱伝導性である);このアブレーションニードルと作動可能に連結されたヒートシンク(このヒートシンクは、アブレーションニードルと連結されて、少なくともその遠位端部からエネルギーを逃がし、このヒートシンクは、上記ハブのチャンバへと延びる近位端を備える);ならびに、流体の供給源から上記ハブのチャンバに流体を送達するための、そのハブと流体連結された導管(ここで、この流 The ablation electrode assembly includes the following: a hub defining a chamber therein; extending from the hub, at least one electrically conductive ablation needle (this ablation needle distal end configured to penetrate tissue comprising a part, the distal end, in order to establish an electrical and thermal contact with the tissue, is electrically and thermally conductive); this ablation needle operably linked sink (this the heat sink is coupled with the ablation needle escape energy from at least a distal end thereof, the heat sink comprises a proximal end extending into the chamber of the hub); and a chamber from a source of fluid of the hub in for delivering fluid, the hub and fluidly connected to conduit (here, the flow は、上記ヒートシンクの近位端からエネルギーを除去する)。 Removes energy from the proximal end of the heat sink).

上記方法は、以下をさらに包含する:標的外科手術部位へと組織内にアブレーションニードルを挿入する工程;このアブレーションニードルの遠位端部に電気的エネルギーを供給し、この遠位端部の近位の組織アブレーションをもたらす工程;および、上記ハブのチャンバへと延びる上記ヒートシンクの近位端の周りに流体を循環させることによって、このアブレーションニードルの遠位端部を冷却する工程。 The method further comprises the following: steps inserting the ablation needle into the tissue to a target surgical site; supplying electrical energy to the distal end of the ablation needle proximal of the distal end step resulting in tissue ablation; and, by circulating the fluid around the proximal end of the heat sink extending into the chamber of the hub, the step of cooling the distal end portion of the ablation needle.

上記方法は、上記アブレーションニードル内に規定される腔の内部にヒートシンクを提供する工程を、さらに包含し得る。 The method, the step of providing a heat sink within the cavity defined within the ablation needle may further comprise.

上記方法は、上記アブレーションニードルの実質的な長さにわたって絶縁コーティングを提供し、この絶縁コーティングに近接する患者の体内の組織のアブレーションを防止する工程を、さらに包含し得る。 The method provides an insulating coating over a substantial length of the ablation needle, a step for preventing ablation of tissue inside the body of a patient adjacent to the insulation coating may further comprise.

上記方法は、以下の少なくとも一つを提供する工程を、その上さらに包含し得る:上記アブレーションニードルと電気的に連結された電源もしくは電気外科手術用エネルギー;上記ハブのチャンバと流体連結された冷却用流体の供給源;上記アブレーションニードルの温度を測定するための、このアブレーションニードルと電気的に連結された熱感知回路;および、上記電気外科手術用エネルギーの供給源と流体の供給源とに連結されて、それらの作動を調整するための、マイクロプロセッサ。 The method, the step of providing at least one of the following, the above may further comprise: the ablation needle and electrically connected to power or electrosurgical energy; was chamber and the fluid connection of the hub cooling a source of use fluid; for measuring the temperature of the ablation needle, the ablation needle and electrically connected to the heat sensing circuit; and, connected to a source of supply and the fluid of the electrosurgical energy It has been, for adjusting their operation, the microprocessor.

上記方法は、複数のアブレーションニードルを提供する工程を、さらに包含し得る。 The method, the step of providing a plurality of ablation needles may further comprise.

本開示のさらに別の局面に従って、アブレーションシステムが提供され、このアブレーションシステムは、電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源の少なくとも一つに作動可能に連結可能な、アブレーション電極アセンブリを備える。 According to yet another aspect of the present disclosure, ablation system is provided, the ablation system, the at least one allow a connectable actuating, ablation electrode assembly of the supply source and a source of cooling fluid electrosurgical energy equipped with a. このアブレーション電極アセンブリは、以下を備える:組織を貫入するように構成された遠位端部を有する、少なくとも一つの電気伝導性アブレーションニードル(ここで、この遠位端部は、組織との電気的および熱的連絡を確立するために、電気伝導性および熱伝導性である);ならびに、このアブレーションニードルと作動可能に連結されたヒートシンク(ここで、このヒートシンクは、アブレーションニードルと連結されて、少なくともその遠位端部からエネルギーを逃がす)。 The ablation electrode assembly includes the following: having a distal end configured to penetrate the tissue, at least one electrically conductive ablation needle (wherein the distal end is electrically and tissue and to establish thermal communication, electrical conductivity and a thermally conductive); and, in this ablation needle operably linked sink (here, the heat sink is coupled with the ablation needle, at least escape of energy from its distal end). このヒートシンクは、アブレーションニードルの近位に延びる近位端を備える。 The heat sink includes a proximal end extending proximally of the ablation needle.

上記アブレーション電極アセンブリは、その中にチャンバを規定するハブをさらに備える。 The ablation electrode assembly further comprises a hub which defines a chamber therein. したがって、上記アブレーションニードルは、このハブから延び、そして上記ヒートシンクの近位端は、このハブのチャンバへと延びる。 Therefore, the ablation needle extends from the hub and the proximal end of the heat sink extends into the chamber of the hub.

上記アブレーションシステムは、上記流体の供給源から上記ハブのチャンバに流体を送達するため、このハブと流体連結された導管をさらに備え得る。 The ablation system for delivering fluid into the chamber of the hub from a source of the fluid may further comprise a hub and fluidly connected to conduit. ここで、この流体は、上記ヒートシンクの近位端からエネルギーを除去する。 Here, the fluid removes energy from the proximal end of the heat sink.

上記目的を達成するために、本発明は、例えば、さらに以下を提供する。 To achieve the above object, the present invention is, for example, further provides the following.
(項目1) アブレーションシステムであって、以下: (Item 1) An ablation system, the following:
アブレーション電極アセンブリであって、該アブレーション電極アセンブリが、電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源に作動可能に連結可能であり、該アブレーション電極アセンブリが、以下: A ablation electrode assembly, the ablation electrode assembly is a supply source and a source of cooling fluid electrosurgical energy operatively connectable, said ablation electrode assembly comprising:
中にチャンバを規定する、ハブ; Defining a chamber in the hub;
該ハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル; And at least one electrically conductive ablation needle extending from said hub, said ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and to establish the thermal contact is electrically and thermally conductive, the ablation needle;
該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;および 導管であって、該導管が、該流体の供給源から該ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、 A heat sink that is operably coupled to the ablation needle, the heat sink, the energy is coupled to the ablation needle such that at least away from the distal end of the ablation needle, the heat sink, in a chamber of the hub comprises a proximal end extending, heat sink; and a conduit, the conduit is from the source of fluid is fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, it is fluid, removing energy from the proximal end of the heat sink, the conduit,
を備える電極アセンブリ、 Electrode assembly comprising,
を備える、アブレーションシステム。 Provided with the ablation system.
(項目2) 項目1に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、伝導性材料から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 2) Item 1, wherein the heat sink is manufactured from a conductive material, ablation system.
(項目3) 項目2に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、異方性材料から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 3) Item 2, wherein the heat sink is manufactured from anisotropic material, ablation system.
(項目4) 項目3に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、グラニット繊維から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (Item 4) Item 3, wherein the heat sink are made from granite fiber, ablation system.
(項目5) 項目1に記載のアブレーションシステムであって、前記ハブのチャンバから流体を送達するために、該ハブのチャンバに流体連結されている出口導管をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 5) Item 1, to deliver the fluid from the chamber of the hub, further comprising an outlet conduit is fluidly connected to the chamber of the hub, the ablation system.
(項目6) 項目5に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルが、中に腔を規定している、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 6) Item 5, wherein the ablation needle defines a cavity therein, the ablation system.
(項目7) 項目6に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、前記アブレーションニードルの腔内に配置されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 7) Item 6, wherein the heat sink is disposed in the lumen of the ablation needle ablation system.
(項目8) 項目7に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの腔が、その遠位端部へと延び、そして前記ヒートシンクの遠位端が、該アブレーションニードルの腔の遠位端表面と伝導性係合している、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 8) Item 7, a lumen of the ablation needle, the distal end surface of the extending to its distal end, and the distal end of the heat sink, the ablation needle lumen and in mesh conductive engagement, ablation system.
(項目9) 項目8に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を取り囲む絶縁コーティングをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 9) Item 8, further comprising at least a portion of the surrounding insulating coating of the length of the ablation needle ablation system.
(項目10) 項目9に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの遠位端部が露出されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 10) Item 9, the distal end portion of the ablation needle is exposed, the ablation system.
(項目11) 項目10に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 11) Item 10, wherein the heat sink are made from graphite fibers, ablation system.
(項目12) 項目5に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、前記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を覆う、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 12) Item 5, wherein the heat sink covers at least a portion of the length of the ablation needle ablation system.
(項目13) 項目12に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの遠位端部が、露出されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 13) Item 12, the distal end portion of the ablation needle is exposed, the ablation system.
(項目14) 項目13に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 14) Item 13, wherein the heat sink are made from graphite fibers, ablation system.
(項目15) 項目14に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルを覆う前記ヒートシンクの長さの少なくとも一部を取り囲む絶縁コーティングをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 15) Item 14, further comprising at least a portion of the surrounding insulating coating of the length of the heat sink which covers the ablation needle ablation system.
(項目16) 項目14に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルに電気的に連結される電気外科手術用エネルギーの供給源;および前記ハブのチャンバに流体連結される冷却用流体の供給源をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 16) Item 14, the source of electrosurgical energy that is electrically connected to the ablation needle; and a source of cooling fluid that is fluidly connected to the chamber of the hub further comprising an ablation system.
(項目17) 項目16に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結された熱感知回路をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to 17. Item 16, further comprising a heat sensing circuit electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle ablation system.
(項目18) 項目17に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルが中実である、アブレーションシステム。 A ablation system according to 18. 17. The ablation needle is solid, the ablation system.
(項目19) 項目18に記載のアブレーションシステムであって、複数のアブレーションニードルをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to 19. Item 18, further comprising a plurality of ablation needle ablation system.
(項目20) 項目19に記載のアブレーションシステムであって、前記電気外科手術用エネルギーの供給源および前記流体の供給源の作動を調整するためにこれらに連結されるマイクロプロセッサをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 20) Item 19, further comprising a microprocessor coupled thereto to adjust the operation of the source of supply and the fluid of the electrosurgical energy, the ablation system .
(項目21) 電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源に作動可能に連結可能であるアブレーション電極アセンブリであって、該アブレーション電極アセンブリは、以下: 21. A ablation electrode assembly is operatively connectable to a source of electrosurgical energy source and cooling fluid, the ablation electrode assembly comprises:
中にチャンバを規定する、ハブ; Defining a chamber in the hub;
該ハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル; And at least one electrically conductive ablation needle extending from said hub, said ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and to establish the thermal contact is electrically and thermally conductive, the ablation needle;
該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;および 導管であって、該導管が、該流体の供給源から該ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、 A heat sink that is operably coupled to the ablation needle, the heat sink, the energy is coupled to the ablation needle such that at least away from the distal end of the ablation needle, the heat sink, in a chamber of the hub comprises a proximal end extending, heat sink; and a conduit, the conduit is from the source of fluid is fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, it is fluid, removing energy from the proximal end of the heat sink, the conduit,
を備えるアブレーション電極アセンブリ。 Ablation electrode assembly including a.
(項目22) 項目21に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、伝導性材料から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to (item 22) Item 21, wherein the heat sink is manufactured from a conductive material, ablation electrode assembly.
(項目23) 項目22に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、異方性材料から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 23. Item 22, wherein the heat sink is manufactured from anisotropic material, ablation electrode assembly.
(項目24) 項目23に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、グラニット繊維から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 24. Item 23, wherein the heat sink are made from granite fiber, ablation electrode assembly.
(項目25) 項目21に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ハブのチャンバから流体を送達するために、該ハブのチャンバに流体連結されている出口導管をさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 25. Item 21, in order to deliver the fluid from the chamber of the hub, further comprising an outlet conduit is fluidly connected to the chamber of the hub, ablation electrode assembly.
(項目26) 項目25に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルが、中に腔を規定している、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 26. 25. The ablation needle defines a cavity therein, ablation electrode assembly.
(項目27) 項目26に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、前記アブレーションニードルの腔内に配置されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 27. 26. The heat sink is disposed in the lumen of the ablation needle ablation electrode assembly.
(項目28) 項目27に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの腔が、その遠位端部へと延び、そして前記ヒートシンクの遠位端が、該アブレーションニードルの腔の遠位端表面と伝導性係合している、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 28. Item 27, a lumen of the ablation needle is extended to its distal end, and a distal end of the heat sink, the distal end of the lumen of the ablation needle surface that engages conductive engagement, ablation electrode assembly.
(項目29) 項目28に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を取り囲む絶縁コーティングをさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 29. 28., further comprising at least a portion of the surrounding insulating coating of the length of the ablation needle ablation electrode assembly.
(項目30) 項目29に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの遠位端部が露出されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to (item 30) Item 29, the distal end portion of the ablation needle is exposed, ablation electrode assembly.
(項目31) 項目30に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 31. Item 30, wherein the heat sink are made from graphite fibers, ablation electrode assembly.
(項目32) 項目25に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、前記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を覆う、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 32. 25. The heat sink covers at least a portion of the length of the ablation needle ablation electrode assembly.
(項目33) 項目32に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの遠位端部が、露出されている、アブレーション電極アセンブリ。 33. A ablation electrode assembly of claim 32, the distal end portion of the ablation needle is exposed, ablation electrode assembly.
(項目34) 項目33に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 34. Item 33, wherein the heat sink are made from graphite fibers, ablation electrode assembly.
(項目35) 項目34に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルを覆う前記ヒートシンクの長さの少なくとも一部を取り囲む絶縁コーティングをさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 35. 34., further comprising at least a portion of the surrounding insulating coating of the length of the heat sink which covers the ablation needle ablation electrode assembly.
(項目36) 項目35に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結された熱感知回路をさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 36. Item 35, further comprising a heat sensing circuit electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle ablation electrode assembly.
(項目37) 項目36に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルが中実である、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 37. 36. The ablation needle is solid, ablation electrode assembly.
(項目38) 項目37に記載のアブレーション電極アセンブリであって、複数のアブレーションニードルをさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly according to 38. 37., further comprising a plurality of ablation needle, ablation electrode assembly.
(項目39) 患者の組織の熱アブレーションのための方法であって、以下の工程: 39. A method for the thermal ablation of a patient's tissue comprising the steps of:
組織アブレーションのためのアブレーション電極アセンブリを提供する工程であって、該アブレーション電極アセンブリが、以下: The method comprising: providing an ablation electrode assembly for tissue ablation, the ablation electrode assembly comprising:
中にチャンバを規定する、ハブ; Defining a chamber in the hub;
該ハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル; And at least one electrically conductive ablation needle extending from said hub, said ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and to establish the thermal contact is electrically and thermally conductive, the ablation needle;
該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;および 導管であって、該導管が、流体の供給源から該ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、 A heat sink that is operably coupled to the ablation needle, the heat sink, the energy is coupled to the ablation needle such that at least away from the distal end of the ablation needle, the heat sink, in a chamber of the hub extending comprising a proximal end, a heat sink; a and conduit, the conduit is from the source of fluid is fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, is fluid, the remove the energy from the proximal end of the heat sink, conduit,
を備える、工程; Comprising a step;
該アブレーションニードルを標的外科手術部位の組織内に挿入する、工程; The ablation needle insertion into tissue of a target surgical site, step;
電気エネルギーを該アブレーションニードルの遠位端部に供給して、該遠位端部近くで組織アブレーションを行う、工程;ならびに 該ハブのチャンバ内に延びるヒートシンクの近位端の周りで流体を循環させることによって、該アブレーションニードルの遠位端部を冷却する、工程、 Electrical energy is supplied to the distal end of the ablation needle, perform tissue ablation near the distal end, step; circulating fluid around the well proximal end of the heat sink that extend into the chamber of the hub it allows to cool the distal end of the ablation needle, step,
を包含する、方法。 Encompassing, way.
(項目40) 項目39に記載の方法であって、前記アブレーションニードル内に規定される腔内に前記ヒートシンクを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 40) Item 39, further comprising the step of providing the heat sink cavity defined within the ablation needle method.
(項目41) 項目40に記載の方法であって、絶縁コーティングに隣接する患者の身体の組織のアブレーションを妨げるために、前記アブレーションニードルの実質的な長さにわたって絶縁コーティングを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to 41. 40. In order to prevent the ablation of tissue in a patient's body adjacent to the insulating coating, further comprise the step of providing an insulating coating over a substantial length of the ablation needle how to.
(項目42) 項目41に記載の方法であって、前記アブレーションニードルに電気的に連結される電気外科手術用エネルギーの供給源を提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to 42. 41., further comprising providing a source of electrosurgical energy that is electrically connected to the ablation needle method.
(項目43) 項目42に記載の方法であって、前記ハブのチャンバに流体連結される冷却用流体の供給源を提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to 43. 42., further comprising providing a source of cooling fluid that is fluidly connected to the chamber of the hub, the method.
(項目44) 項目43に記載の方法であって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結されている熱感知回路を提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to 44. 43., further comprising providing a heat sensing circuit is electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle method.
(項目45) 項目44に記載の方法であって、複数のアブレーションニードルを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to 45. 44., further comprising, a method for providing a plurality of ablation needle.
(項目46) 項目43に記載の方法であって、前記電気外科手術用エネルギーの供給源および前記流体の供給源の作動を調整するためにこれらに連結されるマイクロプロセッサを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to 46. 43., further comprising the step of providing a microprocessor coupled thereto to adjust the operation of the source of supply and the fluid of the electrosurgical energy how to.
(項目47) アブレーションシステムであって、以下: (Item 47) The ablation system, the following:
アブレーション電極アセンブリであって、該アブレーション電極アセンブリが、電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源のうちの少なくとも1つに作動可能に連結可能であり、該アブレーション電極アセンブリが、以下: A ablation electrode assembly, the ablation electrode assembly is a electrosurgical energy of a source and a source of cooling fluid operably linked to at least one, the ablation electrode assembly, the following :
少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル;および 該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端部から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該アブレーションニードルの近位に延びる近位端を備える、ヒートシンク、 And at least one electrically conductive ablation needle, the ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and thermal contact to establish a electrically and thermally conductive, ablation needle; a heat sink that is operably linked to and the ablation needle, the heat sink, an energy at least the distal end of the ablation needle is coupled to the ablation needle as away from parts, the heat sink comprises a proximal end extending proximally of the ablation needle, the heat sink,
を備える、アブレーション電極アセンブリ、 Comprises, ablation electrode assembly,
を備える、アブレーションシステム。 Provided with the ablation system.
(項目48) 項目47に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーション電極アセンブリが、中にチャンバを規定するハブを備え、ここで、前記アブレーションニードルが、該ハブから延び、そして前記ヒートシンクの近位端が、該ハブの該チャンバ内に延びる、アブレーションシステム。 A ablation system according to 48. 47. The ablation electrode assembly includes a hub defining a chamber therein, wherein the ablation needle is extending from the hub, and proximal of the heat sink end, extending into the chamber of the hub, the ablation system.
(項目49) 項目48に記載のアブレーションシステムであって、導管をさらに備え、該導管が、前記流体の供給源から前記ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、アブレーションシステム。 A ablation system according to 49. 48., further comprising a conduit, said conduit is being fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub from a source of said fluid , fluid is removed the energy from the proximal end of the heat sink, the ablation system.
(項目39a) アブレーションシステムの操作を制御するための方法であって、以下の工程: A method for controlling the operation of (item 39a) ablation system, the following steps:
組織アブレーションのためのアブレーション電極アセンブリを提供する工程であって、該アブレーション電極アセンブリが、以下: The method comprising: providing an ablation electrode assembly for tissue ablation, the ablation electrode assembly comprising:
中にチャンバを規定する、ハブ; Defining a chamber in the hub;
該ハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル; And at least one electrically conductive ablation needle extending from said hub, said ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and to establish the thermal contact is electrically and thermally conductive, the ablation needle;
該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;および 導管であって、該導管が、流体の供給源から該ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、 A heat sink that is operably coupled to the ablation needle, the heat sink, the energy is coupled to the ablation needle such that at least away from the distal end of the ablation needle, the heat sink, in a chamber of the hub extending comprising a proximal end, a heat sink; a and conduit, the conduit is from the source of fluid is fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, is fluid, the remove the energy from the proximal end of the heat sink, conduit,
を備える、工程; Comprising a step;
電気エネルギーを標的外科手術部位の組織内に挿入された該アブレーションニードルの遠位端部に供給する、工程;ならびに 該ハブのチャンバ内に延びるヒートシンクの近位端の周りで流体を循環させることによって、該アブレーションニードルの遠位端部を冷却する、工程、 Supplying electrical energy to the distal end of the inserted said ablation needle into the tissue of the target surgical site, step; and by circulating the fluid around the proximal end of the heat sink that extend into the chamber of the hub to cool the distal end of the ablation needle, step,
を包含する、方法。 Encompassing, way.
(項目40a) 項目39aに記載の方法であって、前記アブレーションニードル内に規定される腔内に前記ヒートシンクを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 40a) Item 39a, further comprising the step of providing the heat sink cavity defined within the ablation needle method.
(項目41a) 項目40aに記載の方法であって、絶縁コーティングに隣接する患者の身体の組織のアブレーションを妨げるために、前記アブレーションニードルの実質的な長さにわたって絶縁コーティングを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 41a) Item 40a, to prevent ablation of tissue in a patient's body adjacent to the insulating coating, further comprise the step of providing an insulating coating over a substantial length of the ablation needle how to.
(項目42a) 項目41aに記載の方法であって、前記アブレーションニードルに電気的に連結される電気外科手術用エネルギーの供給源を提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 42a) Item 41a, further comprising the step of providing a source of electrosurgical energy that is electrically connected to the ablation needle method.
(項目43a) 項目42aに記載の方法であって、前記ハブのチャンバに流体連結される冷却用流体の供給源を提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 43a) Item 42a, further comprising the step of providing a source of cooling fluid that is fluidly connected to the chamber of the hub, the method.
(項目44a) 項目43aに記載の方法であって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結されている熱感知回路を提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 44a) Item 43a, further comprising the step of providing a heat sensing circuit is electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle method.
(項目45a) 項目44aに記載の方法であって、複数のアブレーションニードルを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 45a) Item 44a, further comprising, a method for providing a plurality of ablation needle.
(項目46a) 項目43aに記載の方法であって、前記電気外科手術用エネルギーの供給源および前記流体の供給源の作動を調整するためにこれらに連結されるマイクロプロセッサを提供する工程をさらに包含する、方法。 The method according to (item 46a) Item 43a, further comprising the step of providing a microprocessor coupled thereto to adjust the operation of the source of supply and the fluid of the electrosurgical energy how to.
(項目41b) 項目7に記載のアブレーションシステムであって、絶縁コーティングに隣接する患者の身体の組織のアブレーションを妨げるために、前記アブレーションニードルの実質的な長さにわたって絶縁コーティングをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 41b) Item 7, in order to prevent the ablation of tissue in a patient's body adjacent to the insulating coating, further comprising an insulating coating over a substantial length of the ablation needle ablation system .
(項目42b) 項目41bに記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルに電気的に連結される電気外科手術用エネルギーの供給源をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 42b) Item 41b, further comprising a source of electrosurgical energy that is electrically connected to the ablation needle ablation system.
(項目43b) 項目42bに記載のアブレーションシステムであって、前記ハブのチャンバに流体連結される冷却用流体の供給源をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (Item 43 b) Item 42b, further comprising a source of cooling fluid that is fluidly connected to the chamber of the hub, the ablation system.
(項目44b) 項目43bに記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結されている熱感知回路をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 44b) Item 43 b, further comprising a heat sensing circuit is electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle ablation system.
(項目45b) 項目44bに記載のアブレーションシステムであって、複数のアブレーションニードルをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 45b) Item 44b, further comprising a plurality of ablation needle ablation system.
(項目46b) 項目43bに記載のアブレーションシステムであって、前記電気外科手術用エネルギーの供給源および前記流体の供給源の作動を調整するためにこれらに連結されるマイクロプロセッサをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system according to (item 46b) Item 43 b, further comprising a microprocessor coupled thereto to adjust the operation of the source of supply and the fluid of the electrosurgical energy, the ablation system .

(実施形態の詳細な説明) (Detailed description of the embodiments)
最初に図1および2を参照して、先行技術に従うニードル電極が示され、かつ記載され、そして一般に10として指定される。 Referring initially to FIGS. 1 and 2, the prior art needle electrode according to the is shown and described, and is generally designated as 10. 図1に見られるように、ニードル電極10は、遠位端16および近位端20を含み、そして、曝される先端部分16、および穿刺路からの出血の最小のリスクをともなって組織を貫通するようにみなされる先端点16'(図2を参照のこと)を有する外側チューブ14をさらに含む。 As seen in Figure 1, the needle electrode 10 includes a distal end 16 and a proximal end 20 and distal end portion 16 is exposed, and with a minimum risk of bleeding from the puncture tract through tissue center point 16 to be considered as' further includes an outer tube 14 having a (see FIG. 2). この外側チューブ14の曝されない部分は、絶縁性材料12によって取り囲まれる。 Exposed not part of this outer tube 14 is surrounded by insulating material 12. 外側チューブ14の遠位部分は、絶縁されず、そしてそれによってDCまたはAC、好ましくは、RF送達に曝される。 The distal portion of the outer tube 14 is not insulated, and thereby DC or AC, is preferably exposed to RF delivery. 内側チューブ18は、チューブ14内側に、外側チューブ14と同軸に提供される。 The inner tube 18, the inner tube 14, is provided in the outer tube 14 coaxially.

アダプター40は、上記先端部分または遠位端16とは反対に、ニードル電極10の近位端20に提供される。 The adapter 40, as opposed to the leading end portion or distal end 16, is provided at the proximal end 20 of the needle electrode 10. このアダプター40にはライン22が装備され、このライン22は、上記内側チューブ18に接続され、そしてニードル電極10の遠位端16に、水のような冷却用流体を提供するためにそれと連通している。 This adapter 40 is equipped with line 22, the line 22 is connected to the inner tube 18 and the distal end 16 of the needle electrode 10, through the same communication to provide a cooling fluid such as water ing. この水は、内側チューブ18を通じで上記先端部分16に導かれ、そして上記外側チューブ14の内側を通じて上記先端部分から離れる。 The water is guided to the tip portion 16 through the inner tube 18, and away from the tip portion through the inside of the outer tube 14. 外側チューブ14は、冷却水の排出のためのライン24に接続され、かつ連通する。 The outer tube 14 is connected to a line 24 for the discharge of cooling water, and communicates. ライン22および24は、各々、冷却水リザーバー(図示せず)と連通している。 Line 22 and 24, respectively, in communication with the coolant reservoir (not shown). 冷却水の循環は、ポンプ(図示せず)で確立される。 Circulation of the cooling water is established by a pump (not shown). 冷却されたニードル電極10の外側チューブ14は、この冷却されたニードル電極10に電力を提供するためにライン26を通じてRF電気外科手術用ジェネレータ(図示せず)に接続される。 The outer tube 14 of the cooled needle electrode 10 is connected to the RF electrosurgical generator (not shown) to the cooled needle electrode 10 via the line 26 to provide power.

図2では、図1の冷却されたニードル電極10の遠位端16の先端部分が示される。 In Figure 2, the cooled tip of the distal end 16 of the needle electrode 10 of Figure 1 is shown. 図2に見られるように、冷却水は、内側チューブ18を通じ、そして内側チューブ18の先端部28で外に流れ、そして先端部分16中に、そして30で示される外側チューブ14に流れ、それによって冷却されたニードル電極10を提供する。 As seen in FIG. 2, the cooling water through the inner tube 18, and flows out at the distal end 28 of the inner tube 18, and into the tip portion 16, and flows into the outer tube 14 shown at 30, whereby providing the cooled needle electrode 10.

現在開示されているアブレーションシステムの好ましい実施形態は、ここで、描写された図面を参照して詳細に説明され、ここで、同様の参照番号は、類似または同一の要素を識別する。 A preferred embodiment of the ablation system currently disclosed now be described in detail with reference to the depicted figures, wherein like reference numerals identify similar or identical elements. 本明細書で用いられるとき、用語「遠位」は、使用者からより遠い部分をいい、その一方、用語「近位」は、使用者により近い部分をいう。 As used herein, the term "distal" refers to that portion which is further from the user, while the term "proximal" refers to that portion which is closer to the user.

図3および4をここで参照して、本開示の実施形態によるアブレーションシステムは、一般に100として示されるアブレーションシステム100は、電気外科手術用エネルギー供給源「G」(例えば、電気外科手術用ジェネレータ)、および冷却用流体「FS」の供給源に作動可能に接続される。 3 and 4 with reference where ablation system according to an embodiment of the present disclosure generally ablation system 100, shown as 100, electrosurgical energy source "G" (e.g., electrosurgical generator) and it is operatively connected to a source of cooling fluid "FS". マイクロプロセッサーまたはコンピューター「M」は、アブレーションシステム100の作動パラメーターを制御およびモニターするために、エネルギー供給源「G」および流体供給源「FS」に接続され得る。 Microprocessor or computer "M", in order to control and monitor the operation parameters of the ablation system 100 may be connected to the energy source "G" and fluid source "FS".

図3および4に見られるように、アブレーション電極アセンブリ110は、経皮的または手術中いずれかに、患者への挿入のための形態または寸法である細長いアブレーションニードル112を含む。 As seen in FIGS. 3 and 4, the ablation electrode assembly 110, either in a percutaneous or surgical, includes an elongate ablation needle 112 is in the form or size for insertion into a patient. アブレーションニードル112は、実質的に円筒形の本体、またはシャフト部分114を備え、これは、その中に腔またはチャンバー116を規定するアブレーションニードル112は、鋭くなった先端部118aを有する遠位端部分118、およびハブ130などへの接続のための形態かつ適合された近位端部分120を含む。 Ablation needle 112 comprises a substantially cylindrical body or shaft portion 114, which, ablation needle 112 that defines a cavity or chamber 116 therein, a distal end portion having a was sharpened tip 118a 118, and a proximal end portion 120 to form and adapted for connection to such a hub 130. 望ましくは、アブレーションニードル112は、例えば、ステンレス鋼、チタンなどのような電気的に伝導性の材料から製作される。 Desirably, the ablation needle 112, for example, stainless steel, fabricated from electrically conductive material such as titanium.

アブレーション電極アセンブリ110は、アブレーションニードル112の長さの少なくとも一部分の上に、好ましくは、アブレーションニードル112の長さの大部分の上に絶縁性コーティング122を有する。 Ablation electrode assembly 110, over at least a portion of the length of the ablation needle 112 preferably has an insulative coating 122 over the majority of the length of the ablation needle 112. 望ましくは、絶縁性コーティング122は、ハブ130からアブレーションニードル112の遠位端部分118で、アブレーションニードル112の遠位端部分118が曝されるか、または絶縁されないように延びる。 Desirably, the insulating coating 122, at the distal end portion 118 of the ablation needle 112 from the hub 130, or the distal end portion 118 of the ablation needle 112 is exposed, or extend so that they are not insulated. 絶縁性コーティング122は、アブレーションニードル112のシャフト部分114から周辺組織への電流の流れを選択的に防ぐ。 Insulative coating 122 is selectively prevent the flow of current from the shaft portion 114 of the ablation needle 112 into the surrounding tissue. 従って、絶縁性コーティング122は、介在組織を、RF電流から、そのような組織が曝される遠位端部分118からの加熱効果によることを除いて、シャフト部分114の長さに沿って実質的に加熱されないように遮蔽する。 Accordingly, the insulating coating 122, the intervening tissue from RF current, except that due to the heating effect from the distal end portion 118 such tissue is exposed, substantially along the length of the shaft portion 114 shielding so as not to be heated.

アブレーション電極アセンブリ110は、アブレーションニードル112の腔116を通って延びる熱ストラップまたは熱パイプ124の形態にある、少なくとも1つのヒートシンクをさらに含む。 Ablation electrode assembly 110 is in the form of heat strap or heat pipe 124 extending through the lumen 116 of the ablation needle 112, further comprising at least one heat sink. 単一の熱ストラップ124が示され、そして説明されているが、本開示の範囲内に、提供される複数の熱ストラップ124が想定される。 Single heat strap 124 is shown and has been described, within the scope of the present disclosure, a plurality of heat strap 124 to be provided is assumed. 熱ストラップ124は、アブレーションニードル112に作動可能に固定された遠位端124a、およびハブ130内に形成された腔132中に延びる近位端124bを含む。 Heat strap 124 includes ablation needle 112 operably secured distal ends 124a, and a proximal end 124b extending in the cavity 132 formed in the hub 130. 現在の実施形態では、熱ストラップ124の遠位端124aは、アブレーションニードル112の遠位端部分118に作動可能に接続または固定される実施形態では、熱ストラップ124の遠位端124aは、熱伝導性接着剤などとともに、アブレーションニードル112の遠位端部分118に結合される。 In the current embodiment, the distal end 124a of the heat strap 124, in the embodiment operatively connected or fixed to the distal end portion 118 of the ablation needle 112, distal end 124a of the heat strap 124 has a thermal conductivity with such gender adhesive, it is bonded to the distal end portion 118 of the ablation needle 112.

熱ストラップ124は、例えば、グラファイト繊維のような高度に熱伝導性異方性材料から製作される。 Heat strap 124, for example, is fabricated from a highly thermally conductive anisotropic material such as graphite fibers. 従って、使用において、以下により詳細に記載されるように、熱ストラップ124は、アブレーションニードル112の遠位端部分118から熱を引き離して、そしてその長さに沿って熱を散逸する。 Thus, in use, as will be described in more detail below, heat strap 124 is pulled away heat from the distal end portion 118 of the ablation needle 112, and dissipate heat along its length. 熱散逸の効率および速度を増加するために、 To increase the efficiency and rate of heat dissipation,
以下により詳細に記載されるように、冷却用流体は、熱ストラップ124の近位端124b上を循環され得る。 As described in more detail below, the cooling fluid may be circulated over the proximal end 124b of heat strap 124.

図3に見られるように、アブレーションシステム100は、アブレーション電極アセンブリ110を支持するような形態かつ適合されたハブ130をさらに含む。 As seen in FIG. 3, the ablation system 100 further includes a form and adapted hub 130 so as to support the ablation electrode assembly 110. ハブ130は、その中のチャンバー132、冷却用流体「F」を流体供給源「FS」からチャンバー132中に送達するための入口導管134、およびチャンバー132から冷却用流体「F」を送達するための出口導管136を規定する。 Hub 130, a chamber 132 therein, an inlet conduit 134 for the cooling fluid "F" to deliver fluid source from the "FS" in the chamber 132, and for delivering a cooling fluid "F" from the chamber 132 to define the outlet conduit 136. 操作において、冷却用流体「F」は、入口導管134を通ってチャンバー132中に、そして出口導管136を通ってチャンバー132から外に連通される。 In operation, cooling fluid "F", into the chamber 132 through inlet conduit 134, and communicates with the outside of the chamber 132 through the outlet conduit 136.

上記で述べたように、熱ストラップ124の近位端124bはハブ130のチャンバー132中に延び、冷却用流体「F」がハブ130のチャンバー132を通って循環されるとき、熱またはエネルギーが熱ストラップ124の近位端124bから引かれ、そして再冷却などのために流体供給源「FS」に運ばれる。 As mentioned above, when the proximal end 124b of the heat strap 124 which extends into the chamber 132 of the hub 130, cooling fluid "F" is circulated through the chamber 132 of the hub 130, heat or energy is heat pulled from the proximal end 124b of the strap 124, and is conveyed to the fluid source "FS" for such re-cooling.

図3に見られるように、ハブ130は、ルアーコネクターとして知られる近位コネクターを含み得、これは、テーパー状の穴140などある。 As seen in FIG. 3, the hub 130 may include a proximal connector known as luer connector, which is such a tapered hole 140. 雌ルアーコネクター140中に、高周波数または熱感知電極142のハブが、その雄ルアー接続によって挿入かつシールされ得る。 During the female luer connector 140, the high frequency or the hub of the heat sensing electrode 142 may be inserted and sealed by the male luer connection. 熱感知電極142のプローブ144は、その点でアブレーションニードル112の温度を感知し得るアブレーションニードル112に接続され得るか、またはそれに代わり、遠位端部分118の温度を感知し得るアブレーションニードル112の遠位端部分118は、連続的で、かつその外表面で患者身体内の標的組織と接触するので、熱感知プローブ144は、アブレーションニードル112との熱接触に依存して、遠位端部分118のすぐ外側の組織の温度の測定を得ることができる。 Probe 144 of the heat sensing electrode 142, the point at or the temperature of the ablation needle 112 may be connected to the ablation needle 112 which may be sensed or alternatively thereto, the far ablation needle 112 capable of sensing the temperature of the distal end portion 118 Kuraitan portion 118 is continuous, and comes into contact with the target tissue in the patient's body at its outer surface, heat sensing probe 144, depending on the thermal contact between the ablation needle 112, the distal end portion 118 it is possible to quickly obtain a measurement of the temperature of tissue outside.

高周波および/または熱感知電極142のハブに接続され、またはその中で、身体の外側に存在し得る、高周波電気外科手術用ジェネレータ「G」および/または熱感知回路「TC」に接続する点線によって示される接続がある。 Is connected to the hub of the high frequency and / or heat sensing electrode 142, or within, may be present outside the body, by a dashed line to be connected to a high frequency electrosurgical generator "G" and / or heat sensing circuit "TC" there is a connection to be shown.

電気外科手術用ジェネレータ「G」は、アブレーションニードル112の遠位端部分118から出る高周波電流を生成する高周波電圧の供給源であり得る。 Electrosurgical generator "G" may be a source of high frequency voltage to generate a high frequency current exiting from the distal end portion 118 of the ablation needle 112. 上記熱感知回路「TC」は、熱電対タイプであり得、そして上記温度センサーはまた、銅コンスタンタンのようなバイメタル接合熱電対であり得る。 The heat sensing circuit "TC" may be a thermocouple type, and the temperature sensor also may be bimetallic junction thermocouples such as copper constantan.

ここで、図5を参照して、アブレーション電極アセンブリの代替の実施形態が、一般に、110aとして示されるアブレーション電極アセンブリ110aは、アブレーション電極アセンブリ110と実質的に類似しており、そしてそれ故、構成および/または操作における差異を識別するために必要な程度までのみ詳細に論議される。 Referring now to FIG. 5, an alternative embodiment of the ablation electrode assembly is generally ablation electrode assembly 110a shown as 110a is substantially similar to the ablation electrode assembly 110, and thus, structure and / or discussed seen in detail to the extent necessary to identify differences in operation. 図5に見られるように、熱ストラップ124は、アブレーションニードル112の腔116を完全に満たす。 As seen in FIG. 5, the heat strap 124 completely fills the cavity 116 of the ablation needle 112. そのようにすることで、熱および/またはエネルギーの散逸が、アブレーションニードル112の実質的に全長に沿って生じ得る。 By so doing, dissipation of heat and / or energy may occur substantially along the entire length of the ablation needle 112. アブレーション電極アセンブリ110に関して上記で述べたように、アブレーション電極アセンブリ110aに関し、熱ストラップ124の近位端124bは、ハブ130のチャンバー132中に延び、冷却用流体「F」がハブ130のチャンバー132を通って循環されるとき、再冷却などのために、熱またはエネルギーが熱ストラップ124の近位端124bから引かれ、そして流体供給源「FS」まで運ばれて離される。 As described above relative to the ablation electrode assembly 110 relates to the ablation electrode assemblies 110a, proximal end 124b of the heat strap 124 extends into the chamber 132 of the hub 130, cooling fluid "F" is the chamber 132 of the hub 130 when it is circulated through, such as for recooling, heat or energy is drawn from the proximal end 124b of the heat strap 124, and are separated it is transported to the fluid source "FS". 熱ストラップ124の近位端124bは複数のフィンガー125などを含み得ることが企図され、それによって、その上を流体「F」が循環される表面積を増加し、そしてそれ故、熱および/またはエネルギー散逸の速度を増加する。 The proximal end 124b of the heat strap 124 that are contemplated which may include such as a plurality of fingers 125, thereby thereon to increase the surface area that fluid "F" is circulated, and thus, heat and / or energy to increase the rate of dissipation.

ここで、図6および7を参照して、アブレーション電極アセンブリの代替の実施形態は、それぞれ、一般に、110bおよび110cで示されるアブレーション電極アセンブリ110b、110cは、アブレーション電極アセンブリ110に実質的に類似であり、そしてそれ故、構成および/または操作における差異を識別するために必要な範囲までのみ詳細に論議される。 Referring now to FIGS. 6 and 7, an alternative embodiment of the ablation electrode assemblies, respectively, in general, ablation electrode assembly 110b shown by 110b and 110c, 110c is substantially similar to the ablation electrode assembly 110 There, and thus, it is discussed seen in detail to the extent necessary to identify differences in construction and / or operation.

図6に見られるように、アブレーション電極アセンブリ110bは、ヒートシンクまたは熱トスラップを、アブレーションニードル112の少なくとも一部分の長さの、好ましくは、アブレーションニードル112の大部分の長さの周り、または取り囲んで覆われるスリーブまたはコーティング224の形態で含む。 As seen in FIG. 6, the ablation electrode assembly 110b are covered with a heat sink or heat Tosurappu, at least a portion of the ablation needle 112 length, preferably, the majority of the length around the ablation needle 112 or the surrounding, dividing including in the form of a sleeve or coating 224. 望ましくは、熱ストラップ224は、アブレーションニードル112の遠位端部分118まで、かつそれを超えずに延び、それ故、アブレーションニードル112の遠位端部分118を剥き出して維持する。 Desirably, heat strap 224 to the distal end portion 118 of the ablation needle 112, and extends without exceeding it, therefore, to maintain Expose the distal end portion 118 of the ablation needle 112. 熱ストラップ224は、ハブ130を通り、そして腔132中に延びる近位端部分224bを含む。 Heat strap 224 passes through the hub 130 and includes a proximal end portion 224b that extends in the cavity 132.

この実施形態では、絶縁性コーティング122は、望ましくは、熱ストラップ224の実質的すべてをおおい、および/または取り囲む。 In this embodiment, the insulating coating 122 is desirably covered substantially all heat strap 224, and / or surrounding. あるいは、熱ストラップ224は、絶縁性スリーブまたはバリアとして機能し得、それ故、熱ストラップ224上またはその周りに配置された絶縁性コーティング122の必要性をなくす。 Alternatively, the heat strap 224 functions as an insulating sleeve or barrier obtained, thus eliminating the need for heat strap 224 or on an insulating coating 122 disposed thereabout.

図7に見られるように、アブレーション電極アセンブリ110cは、中実(すなわち、腔116は提供されない)であるアブレーションニードル112を含み得る。 As seen in FIG. 7, the ablation electrode assembly 110c is solid (i.e., lumen 116 is not provided) may include an ablation needle 112 is. 現在の実施形態では、熱ストラップ224は、アブレーションニードル112を実質的に囲う。 In the current embodiment, the thermal strap 224 surrounds the ablation needle 112 substantially. 望ましくは、アブレーションニードル112の遠位端部分118は、剥き出たままである。 Desirably, the distal end portion 118 of the ablation needle 112 remains exiting stripping. 熱ストラップ224は、ハブ130を通り、かつ腔132中に延びる近位端部分224bを含む。 Heat strap 224 includes a proximal end portion 224b which passes through the hub 130, and extends into cavity 132. 図6中の実施形態でのように、現在の実施形態の熱ストラップ224はまた、絶縁性コーティングなどとして機能する。 As in the embodiment in FIG. 6, the thermal strap 224 of the present embodiment also functions as an insulating coating.

望ましくは、アブレーションニードル112の遠位端部分118は、長さが約2.0cm剥き出されるアブレーションニードル112は、望ましくは、約2mmの横断方向直径を有する。 Desirably, the distal end portion 118 of the ablation needle 112, ablation needle 112 whose length is issued stripped about 2.0cm desirably has a transverse diameter of about 2 mm.

操作において、アブレーション電極アセンブリ110は、経皮的または手術中いずれかで、患者の手術部位に挿入される。 In operation, the ablation electrode assembly 110, either in a percutaneous or surgical, is inserted into a surgical site of a patient. 望ましくは、アブレーション電極アセンブリ110は、アブレーションニードル112の遠位端部分118が、アブレーションされる標的組織に隣接して、またはその中に位置決めまたは配置されるまで、操作部位中に挿入される。 Desirably, the ablation electrode assembly 110, the distal end portion 118 of the ablation needle 112, adjacent to the target tissue to be ablated, or until it is positioned or located therein, is inserted into the operation site. 戻りパッドまたは帰還電極(図示せず)は、公知であり得るか、または先に上記患者に作動可能に接着または接続され得る。 Return pad or return electrode (not shown) may be operatively bonded or connected to the patient to obtain or earlier, be known. 任意の公知の技法が、手術部位において、アブレーションニードル112の遠位端部分118を視覚的に位置決めするため用いられ得、例えば、制限されないで、X線造影、CT走査、MRI、蛍光透視、血管造影、PET、SPECT、MEG、超音波造影などがある。 Any known techniques, at the surgical site, resulting used for visually positioning the distal end portion 118 of the ablation needle 112, for example, but not limited to, X-rays contrast, CT scanning, MRI, fluoroscopy, vascular imaging, PET, SPECT, MEG, there is such as ultrasound contrast.

アブレーションニードル112の遠位端部分118を位置に置き、電気外科手術用エネルギーが、電気外科手術用ジェネレータ「G」からアブレーションニードル112の遠位端部分118に送達される。 Place the distal end portion 118 of the ablation needle 112 in position, electrosurgical energy is delivered from the electrosurgical generator "G" to the distal end portion 118 of the ablation needle 112. 望ましくは、有効エネルギーレベルにあり、そして有効持続時間の間、有効量の電気外科的エネルギーがアブレーションニードル112の遠位端部分118に送達され、標的組織などを処置および/またはアブレーションする。 Desirably, in a valid energy levels, and during the lifetime, electrosurgical energy effective amount is delivered to the distal end portion 118 of the ablation needle 112, to treat and / or ablation and target tissue. 例えば、電気外科手術用ジェネレータ「G」は、約100キロヘルツ〜数百メガヘルツまでのエネルギー周波数を送達し得る。 For example, electrosurgical generator "G" may deliver energy frequencies up to about 100 kilohertz to several hundred megahertz. このような出力を生成し得る電気外科手術用ジェネレータ「G」の例は、Burlington、MassのRadionics、Inc. Examples of such electrosurgical generator capable of producing an output "G", Burlington, the Mass Radionics, Inc. 、から入手可能な損傷ジェネレータである。 , That is damage generator available from.

アブレーションニードル112の遠位端部分118への電気外科手術用エネルギーの送達前、またはそれと同時いずれかで、流体「F」(例えば、水、生理食塩水など)は、ハブ130のチャンバー132を循環される。 Prior to delivery of electrosurgical energy to the distal end portion 118 of the ablation needle 112, or it simultaneously either fluid "F" (for example, water, saline, etc.), circulating chamber 132 of the hub 130 It is. 望ましくは、流体「F」は、循環の前に約0℃の温度まで冷却される。 Desirably, fluid "F", is cooled to a temperature of about 0 ℃ prior to circulation. 循環の間に、流体「F」は、入口導管134を通ってハブ130のチャンバー132に入り、そして出口導管136を通ってハブ130のチャンバー132を出る。 During the circulation, the fluid "F" enters the chamber 132 of the hub 130 through the inlet conduit 134, and exits the chamber 132 of the hub 130 through the outlet conduit 136. そうすることで、流体「F」は、熱ストラップ124、224の近位端124bまたは224bをそれぞれ、その上および/または横切って、それらに接触および/または洗浄し、そして熱および/またはエネルギーをそれから、次に、アブレーションニードル112から引抜く。 In doing so, fluid "F", respectively a proximal end 124b or 224b of heat strap 124 and 224, the upper and / or across, contact and / or cleaning thereof, and heat and / or energy then, then withdrawn from the ablation needle 112.

標的組織の処置またはアブレーションの後、アブレーション電極アセンブリ110は、標的部位から引き抜かれ得、そして別の標的部位中に、異なる角度またはアプローチから同じ部位中に、または実質的に同じ位置に再導入され得る。 After the treatment or ablation of the target tissue, the ablation electrode assembly 110 may be withdrawn from the target site, and in another target site, is reintroduced into the same site from a different angle or approach, or substantially the same position obtain.

ここで、図8および9を参照して、アブレーションシステム100は、ハブ130中に支持されたクラスター「C」または複数のアブレーション電極アセンブリ110を含み得る。 Referring now to FIGS. 8 and 9, the ablation system 100 may include a cluster "C" or ablation electrode assembly 110 supported in the hub 130. 望ましくは、任意のアブレーション電極アセンブリ110〜110cがハブ130上に支持され得るか、またはそれに作動可能に接続され得る。 Desirably, any ablation electrode assembly 110~110c can be operatively connected to or may be supported on the hub 130, or it. クラスター「C」のアブレーション電極アセンブリ110は、各々電気外科手術用ジェネレータ「G」に接続される。 Ablation electrode assembly 110 of the cluster "C" are respectively connected to electrosurgical generator "G". 従って、クラスター「C」は、より大きな電極として効率的に作用する。 Thus, the cluster "C" act effectively as a larger electrode.

アブレーション電極アセンブリ110は、図9に示されるように、実施的に直線状アレイで配列され得るか、または図8に示されるように、互いから均一に間隔を置かれ得ることが想定される。 Ablation electrode assembly 110, as shown in FIG. 9, exemplary manner or may be arranged in a linear array, or as shown in FIG. 8, it is envisioned that can be placed uniformly spaced from one another. 3つのアブレーション電極アセンブリ110が示され、かつ記載されているけれども、任意の数のアブレーション電極アセンブリが提供され得ることが想定される。 Three ablation electrode assembly 110 is shown and although being described, it is envisioned that any number of ablation electrode assembly may be provided.

使用において、流体「F」がハブ130のチャンバー132を通って循環されるとき、流体「F」は、ハブ130のチャンバー132中に延びる各アブレーション電極アセンブリ110の熱ストラップ224の近位端224bの上または横切って循環するか、または洗浄する。 In use, when the fluid "F" is circulated through the chamber 132 of the hub 130, fluid "F", the proximal end 224b of heat strap 224 of each ablation electrode assembly 110 extending into the chamber 132 of the hub 130 or circulation on or across, the or cleaning. そうすることで、熱および/またはエネルギーは、各熱ストラップ224から、そして、次に、各アブレーションニードル112から引かれる。 By doing so, heat and / or energy from the thermal strap 224, and then subtracted from the ablation needle 112.

複数Nのアブレーション電極アセンブリ110の使用は、標的組織部位への加熱のためのRF電流を送る、全体の伝導性の剥き出た先端部面積を増加する。 Use of the ablation electrode assembly 110 of the plurality of N sends the RF current for heating to the target tissue site, increasing the stripped out tip area overall conductivity. これは、送達され得る加熱力を増加し、そしてそれ故、可能なアブレーション容量のサイズを増加する。 This increases the heating power that can be delivered, and thus, increase the size of the possible ablation volume.

複数Nのアブレーション電極アセンブリの冷却能力はまた、数Nが増加するとき増加するアブレーション電極アセンブリの数を増加することは、クラスター「C」近傍の冷却表面積を増加する。 Cooling capacity of the ablation electrode assembly of a plurality N is also able to increase the number of ablation electrode assembly which increases as the number N increases, increasing the cooling surface area of ​​the cluster "C" neighborhood. 従って、アブレーション電極アセンブリのクラスターからの熱シンキング効果は、単一のアブレーション電極アセンブリからの熱シンキング効果より大きい。 Thus, the heat sinking effect from a cluster of the ablation electrode assembly is greater than the heat sinking effect from a single ablation electrode assembly. これは、従って、拡大された損傷のサイズを可能にする。 This therefore allows the size of the enlarged damaged.

例えば、特定の実施形態では、クラスター「C」のアブレーション電極アセンブリ110は、約0.5mm〜約3.0mmの範囲の直径を有し得る。 For example, in certain embodiments, ablation electrode assembly 110 of the cluster "C" may have a diameter in the range of about 0.5mm~ about 3.0 mm. 単一の大きな電極の挿入に対する、複数の干渉性のより小さな電極の利点は、このより小さな電極が出血の機会をより少なくすることである。 For insertion of a single large electrode, the advantages of a plurality of coherent smaller electrodes is that this a smaller electrode is less opportunity for bleeding.

アブレーションシステムは、電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源に作動可能に連結可能なアブレーション電極アセンブリを備える。 Ablation system comprises operably couplable ablation electrode assembly to a source and a source of cooling fluid electrosurgical energy. この電極アセンブリは、中にチャンバを規定するハブ;このハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、このアブレーションニードルが、組織を貫入するように構成された遠位端部分を備え、この遠位端部が、組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル;このアブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、このヒートシンクが、エネルギーを少なくともアブレーションニードルの遠位端部から引き離すようにアブレーションニードルに連結され、このヒートシンクが、ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;ならびに導管であって、この導管が、流体の供給源からハブのチャンバ内に流体を The electrode assembly, a hub defining a chamber within; at least one electrically conductive ablation needle extending from the hub, the ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate the tissue, the distal end, to establish tissue and electrical and thermal contact is electrically and thermally conductive, ablation needle; a heat sink that is operably coupled to the ablation needle the heat sink is coupled to the ablation needle as away from the distal end portion of at least the ablation needle energy, the heat sink comprises a proximal end extending into the chamber of the hub, the heat sink; a well conduit, the conduit, a fluid from a source of fluid into the chamber of the hub 達するためにこのハブに流体連結されており、この流体が、ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、を備える。 Is fluidly connected to the hub to reach, the fluid comprises removing energy from the proximal end of the heat sink, the conduit, the.

主題のデバイス、システムおよび方法が、好ましい実施形態に関して記載されてきたが、本開示の主題の思想または範囲を逸脱することなく、それに対する変更および改変がなされ得ることは当業者に容易に明らかである。 The subject devices, systems and methods have been described in terms of preferred embodiments, without departing from the spirit or scope of the subject matter of this disclosure, it is readily apparent to those skilled in the art that changes and modifications thereto may be made is there.

本発明のさらなる特徴および利点は、以下の明細書および図面から容易に明らかとなる。 Additional features and advantages of the present invention will become readily apparent from the following specification and drawings.
図1は、先行技術の冷却ニードル電極の部分断面図である。 Figure 1 is a partial cross-sectional view of the cooling needle electrodes of the prior art. 図2は、図1の冷却ニードル電極の先端部分の切断部分断面図である。 Figure 2 is a cut partial sectional view of a distal portion of the cooling needle electrode of Fig. 図3は、本開示の実施形態に従うアブレーションシステムの、模式的部分断面図である。 3, the ablation system according to an embodiment of the present disclosure, is a schematic partial cross-sectional view. 図4は、図3のアブレーションシステムのアブレーション電極アセンブリの一実施形態の、模式的部分断面図である。 Figure 4 is one embodiment of the ablation electrode assembly of the ablation system of FIG. 3 is a schematic partial cross-sectional view. 図5は、図3のアブレーションシステムのアブレーション電極アセンブリの別の実施形態の、模式的部分断面図である。 5, of another embodiment of the ablation electrode assembly of the ablation system of FIG. 3 is a schematic partial cross-sectional view. 図6は、図3のアブレーションシステムのアブレーション電極アセンブリのなお別の実施形態の、模式的部分断面図である。 6, of yet another embodiment of the ablation electrode assembly of the ablation system of FIG. 3 is a schematic partial cross-sectional view. 図7は、図3のアブレーションシステムのアブレーション電極アセンブリのさらに別の実施形態の、模式的部分断面図である。 7, of yet another embodiment of the ablation electrode assembly of the ablation system of FIG. 3 is a schematic partial cross-sectional view. 図8は、本開示の別の実施形態に従うアブレーションシステムの、模式的透視図である。 8, the ablation system in accordance with another embodiment of the present disclosure, is a schematic perspective view. 図9は、図8のアブレーションシステムの、模式的長軸方向断面図である。 9, the ablation system of FIG. 8 is a schematic axial direction cross-sectional view.

Claims (34)

  1. アブレーションシステムであって、以下: A ablation system, the following:
    アブレーション電極アセンブリであって、該アブレーション電極アセンブリが、電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源に作動可能に連結可能であり、該アブレーション電極アセンブリが、以下: A ablation electrode assembly, the ablation electrode assembly is a supply source and a source of cooling fluid electrosurgical energy operatively connectable, said ablation electrode assembly comprising:
    中にチャンバを規定する、ハブ; Defining a chamber in the hub;
    該ハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル; And at least one electrically conductive ablation needle extending from said hub, said ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and to establish the thermal contact is electrically and thermally conductive, the ablation needle;
    該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;および 導管であって、該導管が、該流体の供給源から該ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、を備える電極アセンブリ、を備え A heat sink that is operably coupled to the ablation needle, the heat sink, the energy is coupled to the ablation needle such that at least away from the distal end of the ablation needle, the heat sink, in a chamber of the hub comprises a proximal end extending, heat sink; and a conduit, the conduit is from the source of fluid is fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, it is fluid, removing energy from the proximal end of the heat sink, with the conduit, the electrode assembly comprising, a
    該アブレーションニードルが、中に腔を規定し、該ヒートシンクが、該アブレーションニードルの腔内に配置されている、アブレーションシステム。 The ablation needle, defining a cavity therein, said heat sink, that are located in the lumen of the ablation needle ablation system.
  2. 請求項1に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、伝導性材料から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 1, wherein the heat sink is manufactured from a conductive material, ablation system.
  3. 請求項2に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、異方性材料から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 2, wherein the heat sink is manufactured from anisotropic material, ablation system.
  4. 請求項3に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 3, wherein the heat sink are made from graphene phi preparative fiber, ablation system.
  5. 請求項1に記載のアブレーションシステムであって、前記ハブのチャンバから流体を送達するために、該ハブのチャンバに流体連結されている出口導管をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 1, for delivering fluid from the chamber of the hub, further comprising an outlet conduit is fluidly connected to the chamber of the hub, the ablation system.
  6. 請求項に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの腔が、その遠位端部へと延び、そして前記ヒートシンクの遠位端が、該アブレーションニードルの腔の遠位端表面と伝導性係合している、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 1, a lumen of the ablation needle is extended to its distal end, and a distal end of the heat sink, the distal end surface and the conductive cavity of the ablation needle engaged with that, the ablation system.
  7. 請求項に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を取り囲む絶縁コーティングをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 6, further comprising at least a portion of the surrounding insulating coating of the length of the ablation needle ablation system.
  8. 請求項に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの遠位端部が露出されている、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 7, the distal end portion of the ablation needle is exposed, the ablation system.
  9. 請求項に記載のアブレーションシステムであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーションシステム。 A ablation system according to claim 8, wherein the heat sink are made from graphite fibers, ablation system.
  10. 請求項に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルに電気的に連結される電気外科手術用エネルギーの供給源;および前記ハブのチャンバに流体連結される冷却用流体の供給源をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 1, the source of electrosurgical energy that is electrically connected to the ablation needle; further comprising and a source of cooling fluid that is fluidly connected to the chamber of the hub , ablation system.
  11. 請求項10に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結された熱感知回路をさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 10, further comprising a heat sensing circuit electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle ablation system.
  12. 請求項に記載のアブレーションシステムであって、複数のアブレーションニードルをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 1, further comprising a plurality of ablation needle ablation system.
  13. 請求項12に記載のアブレーションシステムであって、前記電気外科手術用エネルギーの供給源および前記流体の供給源の作動を調整するためにこれらに連結されるマイクロプロセッサをさらに備える、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 12, further comprising a microprocessor coupled thereto to adjust the operation of the source of supply and the fluid of the electrosurgical energy, the ablation system.
  14. 電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源に作動可能に連結可能であるアブレーション電極アセンブリであって、該アブレーション電極アセンブリは、以下: A ablation electrode assembly is operatively connectable to a source and a source of cooling fluid electrosurgical energy, the ablation electrode assembly comprises:
    中にチャンバを規定する、ハブ; Defining a chamber in the hub;
    該ハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル; And at least one electrically conductive ablation needle extending from said hub, said ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and to establish the thermal contact is electrically and thermally conductive, the ablation needle;
    該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;および 導管であって、該導管が、該流体の供給源から該ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、を備え A heat sink that is operably coupled to the ablation needle, the heat sink, the energy is coupled to the ablation needle such that at least away from the distal end of the ablation needle, the heat sink, in a chamber of the hub comprises a proximal end extending, heat sink; and a conduit, the conduit is from the source of fluid is fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, it is fluid, removing energy from the proximal end of the heat sink, the conduit comprises,
    該アブレーションニードルが、中に腔を規定し、該ヒートシンクが、該アブレーションニードルの腔内に配置されていアブレーション電極アセンブリ。 The ablation needle, defining a cavity therein, said heat sink, that are located in the lumen of the ablation needle ablation electrode assembly.
  15. 請求項14に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、伝導性材料から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 14, wherein the heat sink is manufactured from a conductive material, ablation electrode assembly.
  16. 請求項15に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、異方性材料から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 15, wherein the heat sink is manufactured from anisotropic material, ablation electrode assembly.
  17. 請求項16に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 16, wherein the heat sink are made from graphene phi preparative fiber, ablation electrode assembly.
  18. 請求項14に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ハブのチャンバから流体を送達するために、該ハブのチャンバに流体連結されている出口導管をさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 14, for delivering fluid from the chamber of the hub, further comprising an outlet conduit is fluidly connected to the chamber of the hub, ablation electrode assembly.
  19. 請求項14に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの腔が、その遠位端部へと延び、そして前記ヒートシンクの遠位端が、該アブレーションニードルの腔の遠位端表面と伝導性係合している、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 14, a lumen of the ablation needle is extended to its distal end, and a distal end of the heat sink, the distal end surface of the lumen of the ablation needle conductivity sexual engagement with that, ablation electrode assembly.
  20. 請求項19に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの長さの少なくとも一部を取り囲む絶縁コーティングをさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 19, further comprising at least a portion of the surrounding insulating coating of the length of the ablation needle ablation electrode assembly.
  21. 請求項20に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの遠位端部が露出されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 20, the distal end portion of the ablation needle is exposed, ablation electrode assembly.
  22. 請求項21に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記ヒートシンクが、グラファイト繊維から製造されている、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 21, wherein the heat sink are made from graphite fibers, ablation electrode assembly.
  23. 請求項14に記載のアブレーション電極アセンブリであって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結された熱感知回路をさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 14, further comprising a heat sensing circuit electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle ablation electrode assembly.
  24. 請求項14に記載のアブレーション電極アセンブリであって、複数のアブレーションニードルをさらに備える、アブレーション電極アセンブリ。 A ablation electrode assembly of claim 14, further comprising a plurality of ablation needle, ablation electrode assembly.
  25. 患者の組織の熱アブレーションのためのシステムであって: We met system for thermal ablation of the tissue of the patient:
    組織アブレーションのためのアブレーション電極アセンブリを備え 、該アブレーション電極アセンブリが、以下: It comprises an ablation electrode assemblies for tissue ablation, the ablation electrode assembly comprising:
    中にチャンバを規定する、ハブ; Defining a chamber in the hub;
    該ハブから延びる少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル; And at least one electrically conductive ablation needle extending from said hub, said ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and to establish the thermal contact is electrically and thermally conductive, the ablation needle;
    該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該ハブのチャンバ内に延びる近位端を備える、ヒートシンク;および 導管であって、該導管が、流体の供給源から該ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、導管、を備え; A heat sink that is operably coupled to the ablation needle, the heat sink, the energy is coupled to the ablation needle such that at least away from the distal end of the ablation needle, the heat sink, in a chamber of the hub extending comprising a proximal end, a heat sink; a and conduit, the conduit is from the source of fluid is fluidly connected to said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, is fluid, the remove the energy from the proximal end of the heat sink, the conduit, the Bei example;
    該アブレーションニードルが、標的外科手術部位の組織内に挿入されよう構成され The ablation needle, is configured to to be inserted into the tissue of the target surgical site;
    電気エネルギーを該アブレーションニードルの遠位端部に供給して、該遠位端部近くで組織アブレーションを行う、 手段 ;ならびに 該ハブのチャンバ内に延びるヒートシンクの近位端の周りで流体を循環させることによって、該アブレーションニードルの遠位端部を冷却する、 手段 、を備え、 Electrical energy is supplied to the distal end of the ablation needle, perform tissue ablation near the distal end, it means; circulating fluid around the well proximal end of the heat sink that extend into the chamber of the hub it allows to cool the distal end of the ablation needle means comprises,
    該アブレーションニードルが、中に腔を規定し、該ヒートシンクが、該アブレーションニードルの腔内に配置されている、 システム The ablation needle, defining a cavity therein, said heat sink, that are located in the lumen of the ablation needle system.
  26. 請求項25に記載のシステムであって、絶縁コーティングに隣接する患者の身体の組織のアブレーションを妨げるために、前記アブレーションニードルの実質的な長さにわたって絶縁コーティングをさらに備える、 システム The system according to claim 25, in order to prevent the ablation of tissue in a patient's body adjacent to the insulating coating, further Ru comprising an insulating Kotin grayed over a substantial length of the ablation needle system.
  27. 請求項26に記載のシステムであって、前記アブレーションニードルに電気的に連結される電気外科手術用エネルギーの供給源をさらに備える、 システム The system of claim 26, Ru provided to the al a source of electrosurgical energy that is electrically connected to the ablation needle system.
  28. 請求項27に記載のシステムであって、前記ハブのチャンバに流体連結される冷却用流体の供給源をさらに備える、 システム The system of claim 27, Ru provided to the al a source of cooling fluid that is fluidly connected to the chamber of the hub, the system.
  29. 請求項28に記載のシステムであって、前記アブレーションニードルの温度を測定するために該アブレーションニードルに電気的に連結されている熱感知回路をさらに備える、 システム The system of claim 28, further Ru with a heat sensing circuitry that is electrically coupled to the ablation needle in order to measure the temperature of the ablation needle system.
  30. 請求項29に記載のシステムであって、複数のアブレーションニードルをさらに備える、 システム The system of claim 29, Ru provided to the al multiple ablation needle system.
  31. 請求項28に記載のシステムであって、前記電気外科手術用エネルギーの供給源および前記流体の供給源の作動を調整するためにこれらに連結されるマイクロプロセッサをさらに備える、 システム The system of claim 28, further Ru comprising a microprocessor coupled thereto to adjust the operation of the source of supply and the fluid of the electrosurgical energy systems.
  32. アブレーションシステムであって: A ablation system:
    アブレーション電極アセンブリを備え 、該アブレーション電極アセンブリが、電気外科手術用エネルギーの供給源および冷却用流体の供給源のうちの少なくとも1つに作動可能に連結可能であり、該アブレーション電極アセンブリが、以下: Comprises an ablation electrode assembly, the ablation electrode assembly is at at least one of the sources of supply and cooling fluid electrosurgical energy operatively connectable, said ablation electrode assembly comprising:
    少なくとも1つの電気伝導性アブレーションニードルであって、該アブレーションニードルが、組織に貫入するように構成された遠位端部分を備え、該遠位端部分が、該組織と電気的および熱的な連絡を確立するために、電気的および熱的に伝導性である、アブレーションニードル;および 該アブレーションニードルに作動可能に連結されるヒートシンクであって、該ヒートシンクが、エネルギーを少なくとも該アブレーションニードルの遠位端部から引き離すように該アブレーションニードルに連結され、該ヒートシンクが、該アブレーションニードルの近位に延びる近位端を備える、ヒートシンク、を備える、アブレーション電極アセンブリ、を備え And at least one electrically conductive ablation needle, the ablation needle comprises a configured distal end portion so as to penetrate tissue, the distal end portion, the tissue and electrical and thermal contact to establish a electrically and thermally conductive, ablation needle; a heat sink that is operably linked to and the ablation needle, the heat sink, an energy at least the distal end of the ablation needle is coupled to the ablation needle as away from parts, the heat sink comprises a proximal end extending proximally of the ablation needle, the heat sink comprises a ablation electrode assembly comprises,
    該アブレーションニードルが、中に腔を規定し、該ヒートシンクが、該アブレーションニードルの腔内に配置されている、アブレーションシステム。 The ablation needle, defining a cavity therein, said heat sink, that are located in the lumen of the ablation needle ablation system.
  33. 請求項32に記載のアブレーションシステムであって、前記アブレーション電極アセンブリが、中にチャンバを規定するハブを備え、ここで、前記アブレーションニードルが、該ハブから延び、そして前記ヒートシンクの近位端が、該ハブの該チャンバ内に延びる、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 32, wherein the ablation electrode assembly includes a hub defining a chamber therein, wherein the ablation needle is extending from the hub, and the proximal end of the heat sink, extending into the chamber of the hub, the ablation system.
  34. 請求項33に記載のアブレーションシステムであって、導管をさらに備え、該導管が、前記流体の供給源から前記ハブのチャンバ内に流体を送達するために該ハブに流体連結されており、該流体が、該ヒートシンクの近位端からエネルギーを取り除く、アブレーションシステム。 A ablation system of claim 33, further comprising a conduit, said conduit is being fluidly connected from a source of said fluid in said hub for delivering fluid into the chamber of the hub, the fluid but remove energy from the proximal end of the heat sink, the ablation system.
JP2005280879A 2005-09-27 2005-09-27 Cooling rf ablation needle Active JP4871559B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005280879A JP4871559B2 (en) 2005-09-27 2005-09-27 Cooling rf ablation needle

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005280879A JP4871559B2 (en) 2005-09-27 2005-09-27 Cooling rf ablation needle

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007089691A JP2007089691A (en) 2007-04-12
JP4871559B2 true JP4871559B2 (en) 2012-02-08

Family

ID=37976048

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005280879A Active JP4871559B2 (en) 2005-09-27 2005-09-27 Cooling rf ablation needle

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4871559B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101646954B (en) 2007-03-29 2013-07-24 爱德万测试株式会社 Testing apparatus and electronic device
WO2018150533A1 (en) * 2017-02-17 2018-08-23 オリンパス株式会社 Treatment tool

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5647871A (en) * 1995-03-10 1997-07-15 Microsurge, Inc. Electrosurgery with cooled electrodes
US6533781B2 (en) * 1997-12-23 2003-03-18 Team Medical Llc Electrosurgical instrument
US6287305B1 (en) * 1997-12-23 2001-09-11 Team Medical, L.L.C. Electrosurgical instrument
JP2001122672A (en) * 1999-10-20 2001-05-08 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Member for heatsink and electronic substrate module for electronic instrument using the same as heatsink
JP4260426B2 (en) * 2002-06-06 2009-04-30 東洋炭素株式会社 heatsink
DE10228085A1 (en) * 2002-06-19 2004-01-08 Celon Ag Medical Instruments Electrode needle
US20050155743A1 (en) * 2002-06-28 2005-07-21 Getz George Jr. Composite heat sink with metal base and graphite fins
US7766905B2 (en) * 2004-02-12 2010-08-03 Covidien Ag Method and system for continuity testing of medical electrodes

Also Published As

Publication number Publication date
JP2007089691A (en) 2007-04-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Haines The biophysics of radiofrequency catheter ablation in the heart: the importance of temperature monitoring
Cosman et al. Theoretical aspects of radiofrequency lesions in the dorsal root entry zone
US7815635B2 (en) Catheter and method, in particular for ablation and like technique
CA2168860C (en) Method and apparatus for r-f ablation
JP5653986B2 (en) Apparatus for intraosseous nerve denervation
US7819869B2 (en) Methods of treating the sacroilac region of a patient's body
EP1645239B1 (en) Introducer for electrodes
US9717558B2 (en) Catheter and method for improved ablation
EP1366725B1 (en) Multiple electrode ablation apparatus
DE69636885T2 (en) Surgery system with cooled electrode tip
US6743226B2 (en) Adjustable trans-urethral radio-frequency ablation
US6099524A (en) Electrophysiological mapping and ablation catheter and method
US9474573B2 (en) Electrosurgical tissue treatment device
US5599345A (en) RF treatment apparatus
US6322549B1 (en) Systems and methods for electrosurgical treatment of tissue in the brain and spinal cord
US6611699B2 (en) Catheter with an irrigated composite tip electrode
US6692493B2 (en) Method for performing intraurethral radio-frequency urethral enlargement
US7347857B2 (en) Ablation catheter having a loop structure for effecting ablation of tissue
US5954719A (en) System for operating a RF ablation generator
EP1169975B1 (en) Catheter with tip electrode having a recessed ring electrode mounted thereon
US9326813B2 (en) Method for ablating with needle electrode
US5685839A (en) Ultrasound probe with thermal sensing
US5913854A (en) Fluid cooled ablation catheter and method for making
US6620156B1 (en) Bipolar tonsillar probe
US7108696B2 (en) Bone-treatment instrument and method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080919

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110301

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110527

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111108

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111121

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141125

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250