JP4859966B2 - 自動製パン機 - Google Patents

自動製パン機 Download PDF

Info

Publication number
JP4859966B2
JP4859966B2 JP2009194126A JP2009194126A JP4859966B2 JP 4859966 B2 JP4859966 B2 JP 4859966B2 JP 2009194126 A JP2009194126 A JP 2009194126A JP 2009194126 A JP2009194126 A JP 2009194126A JP 4859966 B2 JP4859966 B2 JP 4859966B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
blade
bread
cover
kneading
rotation shaft
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009194126A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011045415A (ja
Inventor
輝明 田口
隆 渡邉
廉幸 伊藤
一也 矢野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Electric Co Ltd
Original Assignee
Tottori Sanyo Electric Co Ltd
Sanyo Electric Co Ltd
Sanyo Consumer Electronics Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tottori Sanyo Electric Co Ltd, Sanyo Electric Co Ltd, Sanyo Consumer Electronics Co Ltd filed Critical Tottori Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP2009194126A priority Critical patent/JP4859966B2/ja
Priority claimed from CN201080037812.3A external-priority patent/CN102481071B/zh
Publication of JP2011045415A publication Critical patent/JP2011045415A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4859966B2 publication Critical patent/JP4859966B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、主として一般家庭で使用される自動製パン機に関する。
市販の家庭用自動製パン機は、製パン原料を入れたパン容器を本体内の焼成室に入れ、パン容器内の製パン原料を混練ブレードで混練して捏ね上げ、発酵工程を経た後、パン容器をそのままパン焼き型としてパンを焼き上げる仕組みのものが一般的である。特許文献1に自動製パン機の一例を見ることができる。
製パン原料にレーズンやナッツ等の具材を混ぜ、具材入りパンを焼くこともある。特許文献2には、レーズン、ナッツ類、チーズ等の製パン副材料を自動的に投入する手段を備えた自動製パン機が記載されている。
特開2000−116526号公報 特許第3191645号公報
パンを製造する場合、これまでは、小麦や米などの穀物を製粉した粉や、それに各種補助原料を混ぜたミックス粉を入手するところから始めなければならなかった。手元に穀物粒(典型的なものは米)があっても、それから直接パンを製造することは困難であった。
本発明は上記の点に鑑みなされたものであり、穀物粒から直接パンを製造するのに便利な仕組みを備えた自動製パン機を提供し、パン製造をより身近なものにすることを目的とする。
上記目的を達成するために本発明は、製パン原料を入れたパン容器を本体内の焼成室に受け入れ、前記製パン原料の混練工程、発酵工程、及び焼成工程を遂行する自動製パン機において、前記パン容器の底部に設けたブレード回転軸に、粉砕ブレードと、前記粉砕ブレードを覆い且つ外面に混練ブレードを備えたドーム状のカバーを装着し、前記粉砕ブレードは前記ブレード回転軸に対し回転不能とし、前記カバーと前記ブレード回転軸の間には両者を連結状態または非連結状態にするクラッチを介在させるとともに、前記カバーにはカバー内空間とカバー外空間を連通させる窓を形成し、カバー内面には、前記粉砕ブレードが生成した粉砕物を前記窓の方向に誘導するリブを形成したことを特徴としている。
この構成によると、パン容器内に穀物粒を入れてそれを粉砕ブレードで粉砕することにより、パン容器内で製パン原料を製造することができる。その後、混練ブレードで製パン原料の混練を実施し、さらに発酵、焼成と工程を進めて行くことができる。パン容器内で粉砕した穀物粒を、そのままパン容器内でパンに焼き上げることができるから、他の容器内で穀物粒を粉砕してからパン容器に移すのと異なり、他の容器に残留してパン容器に入らないという、移し替えに伴うロスが発生しない。また、穀物粒の粉砕からパンの焼き上がりまで、粉砕ブレードと混練ブレードをパン容器の中に入れたままにしておける上、ブレード回転軸の回転方向を逆転させるだけで粉砕ブレードと混練ブレードを使い分けることができるから、操作が簡単である。さらに、粉砕ブレードは、カバー内で穀物粒の粉砕を行うものであるから、パン容器の外に穀物粒が飛び散ることがない。リブはカバー内における穀物粒と液体の混合物の流動を抑制し、粉砕を助ける。またリブにより、粉砕された穀物粒と液体の混合物は窓の方向に誘導され、窓を通じてカバーの外に排出されるから、粉砕された穀物粒がカバーの中に滞留せず、粉砕能率はさらに向上する。リブは、混練時にカバー内の生地原料を速やかに排出するのにも役立つ。
また本発明は、上記構成の自動製パン機において、前記窓は、前記粉砕ブレードに並ぶ高さかそれよりも上の位置に配置されていることを特徴としている。
この構成によると、粉砕された穀物粒と液体の混合物がカバーから排出される方向は水平か斜め上向きとなり、穀物粒の循環が促進される。
また本発明は、上記構成の自動製パン機において、前記窓と前記リブは複数個ずつ存在することを特徴としている。
この構成によると、カバー内に存在する、粉砕された穀物粒と液体の混合物や、生地原料は、複数の窓を通じてスムーズに排出される。
また本発明は、上記構成の自動製パン機において、前記リブは前記カバーの中心近傍から外周の環状壁まで半径方向に対し斜めに延び、それに向かって押し寄せる製パン原料に対面する側が凸となるように湾曲していることを特徴としている。
この構成によると、リブが穀物粒と液体の混合物の流れを変更し、粉砕ブレードとの衝突機会を増やすから、粉砕が効率良く行われる。また、リブはそれに向かって押し寄せる穀物粒と液体の混合物に対面する側が凸となるように湾曲しているので、穀物粒と液体の混合物はリブの表面に滞留しにくく、スムーズに窓の方へ流れる。
本発明によると、手持ちの穀物粒を用いてパンを焼き上げることができ、穀物粉を買い求める必要がなくなる。米の場合で言えば、玄米から白米まで、好みの精白度の米でパンを焼くことができる。そして、穀物粒の粉砕からパンの焼成までを、一貫して焼成室内のパン容器の中で行うことができるから、パン生地に異物が混入する危険が少ない。さらに、他の容器内で穀物粒を粉砕してからパン容器に移すのと異なり、粉砕穀物粒が他の容器に付着して残るという、移し替えに伴うロスが発生しない。粉砕ブレードと混練ブレードは最初から最後までパン容器の中に入れたままで良いから取り扱いが簡単であり、また、パン容器外に穀物粒を飛び散らせることなく粉砕を行うことができる。そしてカバーにはカバー内空間とカバー外空間を連通させる窓を形成し、カバー内面には粉砕ブレードが生成した粉砕物を窓の方向に誘導するリブを形成したことにより、粉砕された穀物粒を速やかにカバー外に排出することができ、能率良く粉砕を遂行することができる。リブはカバー内における穀物粒と液体の混合物の流動を抑制し、粉砕を助けるものでもあるから、粉砕の能率は一層向上する。
本発明の実施形態である自動製パン機の垂直断面図である。 図1の自動製パン機を図1と直角の方向に断面した垂直断面図である。 混練工程時のパン容器の上面図である。 粉砕工程時のパン容器の上面図である。 混練ブレードを取り付けたカバーの斜視図である。 混練ブレードを取り付けたカバーの側面図である。 混練ブレードを取り付けたカバーを下方向から見た斜視図である。 混練ブレードを取り付けたカバーの底面図である。 混練ブレードが開き姿勢になった状態を示すカバーの底面図である。 図1の自動製パン機の制御ブロック図である。 第1態様パン製造工程の全体フローチャートである。 第1態様パン製造工程の粉砕前含浸工程のフローチャートである。 第1態様パン製造工程の粉砕工程のフローチャートである。 第1態様パン製造工程の混練工程のフローチャートである。 第1態様パン製造工程の発酵工程のフローチャートである。 第1態様パン製造工程の焼成工程のフローチャートである。 第2態様パン製造工程の全体フローチャートである。 第2態様パン製造工程の粉砕後含浸工程のフローチャートである。 第3態様パン製造工程の全体フローチャートである。
以下に本発明の実施形態を、図面を参照しつつ説明する。図1において、図の左側が自動製パン機1の正面(前面)側、図の右側が自動製パン機1の背面(後面)側である。また、自動製パン機1に正面から向き合った観察者の左手側が自動製パン機1の左側、右手側が自動製パン機1の右側であるものとする。
自動製パン機1は合成樹脂製の外殻により構成される箱形の本体10を有する。本体10の上面前部には操作部20が設けられる。操作部20には、図示は省略するが、パンの種類(小麦粉パン、米粉パン、具材入りパンなど)の選択キー、調理内容の選択キー、タイマーキー、スタートキー、取り消しキーなどといった操作キー群と、設定された調理内容やタイマー予約時刻などを表示する表示部が設けられている。表示部は液晶表示パネルと発光ダイオードを光源とする表示ランプにより構成される。
操作部20から後ろの本体上面は合成樹脂製の蓋30で覆われる。蓋30は図示しない蝶番軸で本体10の背面側の縁に取り付けられており、その蝶番軸を支点として垂直面内で回動する。
本体10の内部には焼成室40が設けられる。焼成室40は板金製で、上面が開口しており、ここからパン容器50が入れられる。焼成室40は水平断面矩形の周側壁40aと底壁40bを備える。
本体10の内部には板金製の基台12が設置されている。基台12には、焼成室40の中心にあたる箇所に、アルミニウム合金のダイキャスト成型品からなるパン容器支持部13が固定されている。パン容器支持部13の内部は焼成室40の内部に露出している。
パン容器支持部13の中心には原動軸14が垂直に支持されている。原動軸14に回転を与えるのはプーリ15、16である。プーリ15と原動軸14の間、及びプーリ16と原動軸14の間にはそれぞれクラッチが配置されていて、プーリ15を一方向に回転させて原動軸14に回転を伝えるとき、原動軸14の回転はプーリ16には伝わらず、プーリ16をプーリ15とは逆方向に回転させて原動軸14に回転を伝えるとき、原動軸14の回転はプーリ15には伝わらない仕組みになっている。
プーリ15を回転させるのは基台12に支持された混練モータ60である。混練モータ60は竪軸であって、下面から出力軸61が突出する。出力軸61には、プーリ15にベルト63で連結するプーリ62が固定されている。混練モータ60自身が低速・高トルクタイプであり、その上プーリ62がプーリ15を減速回転させるので、原動軸14は低速・高トルクで回転する。
プーリ16を回転させるのは同じく基台12に支持された粉砕モータ64である。粉砕モータ64も竪軸であって、上面から出力軸65が突出する。出力65には、プーリ16にベルト67で連結するプーリ66が固定されている。
粉砕モータ64は後述する粉砕ブレードに高速回転を与える役割を担う。そのため、粉砕モータ64には高速回転タイプのものが選定され、プーリ66とプーリ16の減速比もほぼ1:1になるように設定されている。
パン容器支持部13は、パン容器50の底面に固定された筒状の台座51を受け入れてパン容器50を支える。台座51もアルミニウム合金のダイキャスト成型品である。
パン容器50は板金製で、バケツのような形状をしており、口縁部には手提げ用のハンドル(図示せず)が取り付けられている。パン容器50の水平断面は四隅を丸めた矩形である。
パン容器50の底部中心には垂直なブレード回転軸52が、シール対策を施した上で垂直に支持されている。ブレード回転軸52には、原動軸14よりカップリング53を介して回転力が伝えられる。カップリング53を構成する2部材のうち、一方の部材はブレード回転軸52の下端に固定され、他方の部材は原動軸14の上端に固定される。カップリング53の全体は台座51とパン容器支持部13に囲い込まれる。
パン容器支持部13の内周面と台座51の外周面には、それぞれ図示しない突起が形成される。これらの突起は周知のバヨネット結合を構成する。すなわちパン容器50をパン容器支持部13に取り付ける際、台座51の突起がパン容器支持部13の突起に干渉しないようにしてパン容器50を下ろし、台座51がパン容器支持部13にはまり込んだ後、パン容器50を水平にひねると、パン容器支持部13の突起の下面に台座51の突起が係合して、パン容器50が上方に抜けなくなるようにする。この操作で、カップリング53の連結も同時に達成されるようにする。パン容器50の取り付け時ひねり方向は後述する混練ブレードの回転方向に一致させ、混練ブレードが回転してもパン容器50が外れないようにしておく。
焼成室40の内部に配置された加熱装置41がパン容器50を包囲し、製パン原料を加熱する。加熱装置41はシーズヒータにより構成される。
ブレード回転軸52には、パン容器50の底部より少し上の箇所に、粉砕ブレード54が取り付けられる。粉砕ブレード54はブレード回転軸52に対し回転不能とされる。粉砕ブレード54はステンレス鋼板製であり、図7及び図8に示すように、飛行機のプロペラのような形状を有している。
粉砕ブレード54の中心部はブレード回転軸52に嵌合するハブ54aとなっている。ハブ54aの下面にはハブ54aを直径方向に横断する溝54bが形成されている。ブレード回転軸52を水平に貫く図示しないピンがハブ54aを受け止め、また溝54bに係合して粉砕ブレード54をブレード回転軸52に対し回転不能に連結する。粉砕ブレード54はブレード回転軸52から簡単に引き抜くことができるので、製パン作業終了後の洗浄や、切れ味が悪くなったときの交換を手軽に行うことができる。
ブレード回転軸52の上端には平面形状円形のドーム状カバー70が取り付けられる。カバー70はアルミニウム合金のダイキャスト成型品からなり、粉砕ブレード54を覆い隠す。カバー70はブレード回転軸52に回転自在に嵌合し、粉砕ブレード54のハブ54aで受け止められる。カバー70もブレード回転軸52から簡単に引き抜くことができるので、製パン作業終了後の洗浄を手軽に行うことができる。
カバー70の外面には、ブレード回転軸52から離れた箇所に配置された垂直な支軸71により、平面形状く字形の混練ブレード72が取り付けられている。混練ブレード72もアルミニウム合金のダイキャスト成型品である。支軸71は混練ブレード72に固定ないし一体化されており、混練ブレード72と動きを共にする。
混練ブレード72は支軸71を中心として水平面内で回動し、図3に示す折り畳み姿勢と、図4に示す開き姿勢の2姿勢をとる。折り畳み姿勢では、混練ブレード72はカバー70に形成したストッパ部73に当たっており、それ以上カバー70に対し時計方向回動を行うことができない。混練ブレード72の先端は、この時、カバー70から少し突き出している。開き姿勢では、混練ブレード72はストッパ部73から離れ、混練ブレード72の先端はカバー70から大きく突き出す。
カバー70には、カバー内空間とカバー外空間を連通する窓74が形成される。窓74は粉砕ブレード53に並ぶ高さかそれよりも上の位置に配置される。実施形態では計4個の窓74が90°間隔で配置されているが、それ以外の数と配置間隔を選択することもできる。
図7及び図8に示すように、カバー70の内面には、各窓74に対応して計4個のリブ75が形成されている。各リブ75はカバー70の中心近傍から外周の環状壁まで半径方向に対し斜めに延び、4個合わさって一種の巴形状を構成する。また各リブ75は、それに向かって押し寄せる製パン原料に対面する側が凸となるように湾曲している。粉砕ブレード54はリブ75の下縁をかすめるようにして回転する。
カバー70とブレード回転軸52の間にはクラッチ76(図8参照)が介在する。クラッチ76は、混練モータ60が原動軸14を回転させるときのブレード回転軸52の回転方向(この方向の回転を「正方向回転」とする)において、ブレード回転軸52とカバー70を連結する。逆に、粉砕モータ64が原動軸14を回転させるときのブレード回転軸52の回転方向(この方向の回転を「逆方向回転」とする)では、クラッチ76はブレード回転軸52とカバー70の連結を切り離すものである。なお、図3及び図4では、前記「正方向回転」は反時計方向回転となり、「逆方向回転」は時計方向回転となる。
クラッチ76を構成するのは第1係合体76aと第2係合体76bである。第1係合体76は粉砕ブレード54のハブ54aに固定または一体成形され、従ってブレード回転軸52に回転不能に取り付けられているものである。第2係合体76bは混練ブレード72の支軸71に固定または一体成形されており、混練ブレード72の姿勢変更に伴って角度を変える。
クラッチ76は、混練ブレード72の姿勢に応じて連結状態を切り換える。すなわち混練ブレード72が図3に示す折り畳み姿勢にあるときは、第2係合体76bは図8の角度にある。この時第2係合体76bは第1係合体76aの回転軌道に干渉しており、ブレード回転軸52が図8において時計方向に、言い換えれば正方向に回転すると、第1係合体76aが第2係合体76bに係合し、ブレード回転軸52の回転力がカバー70及び混練ブレード72に伝達される。混練ブレード72が図4に示す開き姿勢にあるときは、第2係合体76bは図9の角度となる。この時第2係合体76bは第1係合体76aの回転軌道から退避しており、ブレード回転軸52が図9において反時計方向に、言い換えれば逆方向に回転しても、第1係合体76aと第2係合体76bの間に係合が生じない。従ってブレード回転軸52の回転力はカバー70及び混練ブレード72には伝わらない。
パン容器50の底部には、粉砕ブレード54とカバー70を収容する凹部55が形成されている。凹部55は平面形状円形で、カバー70の外周部と凹部55の内面の間には、製パン原料の流動を可能とする間隙56が形成されている。
自動製パン機1の動作制御は、図10に示す制御装置80によって行われる。制御装置80は本体10内の適所(焼成室40の熱の影響を受けにくい箇所が望ましい)に配置された回路基板により構成され、操作部20及び加熱装置41の他、混練モータ60のモータドライバ81、粉砕モータ64のモータドライバ82、及び温度センサ83が接続される。温度センサ83は焼成室40内に配置され、焼成室40の温度を検知する。84は各構成要素に電力を供給する商用電源である。
続いて、自動製パン機1を用いて穀物粒からパンを製造する工程を、図11から図19までの図を参照しつつ説明する。その中で、図11から図16までの図に示すのが第1態様パン製造工程である。
図11は第1態様パン製造工程の全体フローチャートである。図11では、粉砕前含浸工程#10、粉砕工程#20、混練工程#30、発酵工程#40、焼成工程#50の順で工程が進行する。続いて、各工程の内容を説明する。
図12に示す粉砕前含浸工程#10では、まずステップ#11において、使用者が穀物粒を計量し、所定量をパン容器50に入れる。穀物粒としては米粒が最も入手しやすいが、それ以外の穀物、例えば小麦、大麦、粟、稗、蕎麦、とうもろこしなどの粒も利用可能である。
ステップ#12では使用者が液体を計量し、所定量をパン容器50に入れる。液体として一般的なのは水であるが、だし汁のような味成分を有する液体でもよく、果汁でもよい。アルコールを含有していてもよい。なおステップ#11とステップ#12は順序が入れ替わっても構わない。
パン容器50に穀物粒と液体を入れる作業は、パン容器50を焼成室40から出して行ってもよく、パン容器50を焼成室40に入れたまま行ってもよい。
焼成室40内のパン容器50に穀物粒と液体を入れたら、あるいは外部で穀物粒と液体を入れたパン容器50をパン容器支持部13に取り付けたら、蓋30を閉じる。ここで使用者は操作部20の中の所定の操作キーを押し、液体含浸のタイムカウントをスタートさせる。この時点からステップ#13が始まる。
ステップ#13では穀物粒と液体の混合物をパン容器50内で静置し、穀物粒に液体を含浸させる。一般的に、液体温度が高くなるほど含浸が促進されるので、加熱手段41に通電して焼成室40の温度を高めるようにしてもよい。
ステップ#14では穀物粒と液体の静置を開始してからどれだけ時間が経過したかを制御装置80がチェックする。所定時間が経過したら粉砕前含浸工程#10は終了する。このことは、操作部20における表示や、音声などで使用者に報知される。
粉砕前含浸工程#10に続き、図13に示す粉砕工程#20が遂行される。使用者が操作部20を通じ粉砕作業データ(穀物粒の種類や量、これから焼くパンの種類など)を入力し、スタートキーを押すと、ステップ#21が開始される。
ステップ#21では制御装置80が粉砕モータ64を駆動し、ブレード回転軸52を逆方向回転させる。すると、穀物粒と液体の混合物の中で粉砕ブレード54が回転を開始する。カバー70もブレード回転軸52に追随して回転を開始する。この時のカバー70の回転方向は図3において時計方向であり、混練ブレード72は、それまで折り畳み姿勢であった場合には、穀物粒と液体の混合物から受ける抵抗で開き姿勢に転じる。混練ブレード72が開き姿勢になると、クラッチ76は、第2係合体76bが第1係合体76aの回転軌跡から退避することにより、ブレード回転軸52とカバー70の連結を切り離す。同時に、開き姿勢になった混練ブレード70は図4に示すようにパン容器50の内側壁に当たり、カバー70の回転を阻止する。以後、ブレード回転軸52と粉砕ブレード54が逆方向に高速回転する。カバー70と混練ブレード72が停止しているため、粉砕ブレード54が高速回転しても、穀物粒と液体の混合物がパン容器50の中で渦を巻かない。そのため、渦が周縁で盛り上がり、パン容器50の外にこぼれるようなこともない。
カバー70が回転を止めている間、粉砕ブレード54は高速回転して穀物粒を粉砕する。粉砕ブレード54による粉砕は、穀物粒に液体が浸み込んだ状態で行われるから、穀物粒を芯まで容易に粉砕することができる。カバー70の中心近傍から外周の環状壁まで延びるリブ75が、穀物粒と液体の混合物の、粉砕ブレード54の回転方向と同方向の流動を抑制し、粉砕を助ける。すなわち、リブ75が混合物の流れを変更し、粉砕ブレード54との衝突機会を増やすように作用する。粉砕はカバー70の中で行われるから、穀物粒がパン容器50の外に飛び散ることもない。
粉砕された穀物粒と液体の混合物はリブ75により窓74の方向に誘導され、窓74を通じてカバー70の外に排出される。リブ75は、それに向かって押し寄せる穀物粒と液体の混合物に対面する側が凸となるように湾曲しているので、穀物粒と液体の混合物はリブ75の表面に滞留しにくく、スムーズに窓74の方へ流れて行く。
カバー70の内部から穀物粒と液体の混合物が排出されるのと入れ替わりに、凹部55の上に存在した穀物粒と液体の混合物が、間隙56を通じて凹部55に入り、凹部55からカバー70の中に入る。カバー70の中で穀物粒は粉砕ブレード54により粉砕され、カバー70の窓74から凹部55の上に戻る。このように穀物粒を循環させつつ粉砕を行うことにより、穀物粒を効率良く粉砕することができる。リブ75の存在により、粉砕ブレード54が生成した粉砕物は速やかに窓74へ誘導され、カバー70の中に滞留しないから、粉砕能率はさらに向上する。
窓74が配置されているのは粉砕ブレード53に並ぶ高さかそれよりも上の位置なので、粉砕された穀物粒と液体の混合物がカバー70から排出される方向は水平か斜め上向きとなり、穀物粒の循環が促進される。
ステップ#22では、所望の粉砕穀物粒を得るために設定通りの粉砕パターン(粉砕ブレードを連続回転させるか、停止期間を織り交ぜて断続回転させるか、断続回転させる場合、どのようにインターバルをとるか、回転時間の長さをどのようにするか等)が完遂されたかどうかを制御装置80がチェックする。
設定通りの粉砕パターンが完遂されたらステップ#23に進んで粉砕ブレード54の回転を終了し、粉砕工程#20は終了する。このことは、表示部22における表示や、音声などで使用者に報知される。
以上の説明では、粉砕前含浸工程#10の後、使用者の操作で粉砕工程#20が開始されるものとしたが、使用者が粉砕前含浸工程#10の前か、粉砕前含浸工程#10の途中で粉砕作業データを入力すれば、粉砕前含浸工程#10の終了後、自動的に粉砕工程#20が開始されるように構成してもよい。
粉砕工程#20に続き、図14に示す混練工程#30が遂行される。混練工程#30に入る時点では、パン容器50の中の穀物粒と液体は、ペースト状またはスラリー状の生地原料となっている。なお本明細書では、混練工程#30の開始時点のものを「生地原料」と呼称し、混練が進行して目的とする生地の状態に近づいたものは、半完成状態であっても「生地」と呼称することとする。
ステップ#31では使用者が蓋30を開け、生地原料に所定量のグルテンを投入する。必要に応じ、食塩、砂糖、ショートニングといった調味材料も投入する。自動製パン機1にグルテンや調味材料の自動投入装置を設けておき、使用者の手を煩わすことなくそれらを投入する構成にすることもできる。
使用者は、ステップ#31に前後して、操作部20よりパンの種類や調理内容の入力を行う。準備が整ったところで使用者がスタートキーを押すと、混練工程#30から発酵工程#40、さらに焼成工程#50へと自動的に連続する製パン作業が開始される。
ステップ#32では、制御装置80は混練モータ60を駆動する。ブレード回転軸52が正方向に回転し、それに追随してカバー70が正方向に回転すると、生地原料からの抵抗を受けて混練ブレード72が開き姿勢から折り畳み姿勢に転じる。これを受けてクラッチ76は、第2係合体76bが第1係合体76aの回転軌跡に干渉する角度となることにより、ブレード回転軸52とカバー70を連結し、カバー70と混練ブレード72はブレード回転軸52と一体になって正方向に回転する。
ここで制御装置80は、加熱装置41に通電し、焼成室40の温度を上げる。混練ブレード72が回転するに従い生地原料は混練され、所定の弾力を備える、一つにつながった生地(dough)に練り上げられて行く。混練ブレード72が生地を振り回してパン容器50の内壁にたたきつけることにより、混練に「捏ね」の要素が加わることになる。
カバー70が回転すればリブ75も回転する。リブ75が回転することにより、カバー70内の生地原料は速やかに窓74から排出され、混練ブレード72が混練している生地原料の塊に同化する。
ステップ#33では混練ブレード72の回転開始以来どれだけ時間が経過したかを制御装置80がチェックする。所定時間が経過したらステップ#34に進む。
ステップ#34では使用者が蓋30を開け、生地にイースト菌を投入する。この時生地に投入するイースト菌はドライイーストでよい。イースト菌の代わりにベーキングパウダーを用いてもよい。イースト菌やベーキングパウダーについても自動投入装置を採用し、使用者の手間を省くことができる。
ステップ#35では生地にイースト菌を投入してからどれだけ時間が経過したかを制御装置80がチェックする。所望の生地を得るのに必要な時間が経過したらステップ#36へ進んで混練ブレード72の回転が終了する。この時点で、一つにつながり、所要の弾力を備えた生地が完成している。生地の大部分は凹部55より上に留まり、凹部55の中に入り込む量は僅かである。
具材入りパンを焼く場合は、混練工程#30のいずれかのステップで具材を投入する。具材投入についても自動投入装置の採用が可能である。
混練工程#30に続き、図15に示す発酵工程#40が遂行される。ステップ#41では混練工程#30を経た生地が発酵環境に置かれる。すなわち制御装置80は焼成室40を、必要があれば加熱装置41に通電して、発酵が進む温度帯とする。使用者は生地を、必要に応じ形を整えて静置する。
ステップ#42では生地を発酵環境に置いてからどれだけ時間が経過したかを制御装置80がチェックする。所定時間が経過したら発酵工程#40は終了する。
発酵工程#40に続き、図16に示す焼成工程#50が遂行される。ステップ#51では発酵した生地が焼成環境に置かれる。すなわち制御装置80はパン焼きに必要な電力を加熱装置41に送り、焼成室40の温度をパン焼き温度帯まで上昇させる。
ステップ#52では生地を焼成環境に置いてからどれだけ時間が経過したかを制御装置80がチェックする。所定時間が経過したら焼成工程#50は終了する。ここで表示部22における表示または音声により製パン完了の報知がなされるので、使用者は蓋30を開けてパン容器50を取り出す。そしてパン容器50からパンを取り出す。パンの底には混練ブレード72の抜き跡が残るが、カバー70は凹部55の中に収容された状態であり、パン容器50の底部から突き出していないため、パンの底に大きな抜き跡を残すようなことはない。
続いて第2態様製パン工程を図17と図18に基づき説明する。図17は第2態様パン製造工程の全体フローチャートである。図17では、粉砕工程#20、粉砕後含浸工程#60、練り工程#30、発酵工程#40、焼成工程#50の順で工程が進行する。続いて、図18に基づき粉砕後含浸工程#60の内容を説明する。
ステップ#61では、粉砕工程#20で形成された生地原料がパン容器50の内部で静置される。この生地原料は、粉砕前含浸工程を経ていなかったものである。静置されている間に、粉砕穀物粒に液体が浸み込んで行く。制御装置80は必要に応じ加熱装置41に通電して生地原料を加熱し、含浸を促進する。
ステップ#62では静置開始以来どれだけ時間が経過したかを制御装置80がチェックする。所定時間が経過したら粉砕後含浸工程#60は終了する。粉砕後含浸工程#60が終了すれば自動的に混練工程#30に移行する。混練工程#30以降の工程は第1態様製パン工程と同じである。
続いて第3態様製パン工程を図19に基づき説明する。図19は第3態様パン製造工程の全体フローチャートである。ここでは、粉砕工程#20の前に第1態様の粉砕前含浸工程#10を置き、粉砕工程#20の後に第2態様の粉砕後含浸工程60を置いている。混練工程30以降の工程は第1態様製パン工程と同じである。
粉砕ブレード54は、穀物粒を粉砕するだけでなく、ナッツ類や葉物野菜などの具材の細片化にも用いることができる。このため、粒の細かい具材を入れたパンを焼くことができる。粉砕ブレード54は、パンに混ぜる具材以外の食材や、生薬原料の粉砕にも利用できる。
この実施形態では、単一の制御装置80により、粉砕ブレード54の回転と混練ブレード72の回転を互いに関連づけて制御することが可能であるから、穀物粒を粉砕する段階と、粉砕後の穀物粉を混練する段階において、穀物粒の種類や量に適した回転を粉砕ブレード54と混練ブレード72に与え、パンの品質を向上させることができる。
以上、本発明の実施形態につき説明したが、本発明の範囲はこれに限定されるものではなく、発明の主旨を逸脱しない範囲で種々の変更を加えて実施することができる。
本発明は、主として一般家庭で使用される自動製パン機に広く利用可能である。
1 自動製パン機
10 本体
14 原動軸
20 操作部
30 蓋
40 焼成室
50 パン容器
52 ブレード回転軸
54 粉砕ブレード
60 混練モータ
64 粉砕モータ
70 カバー
72 混練ブレード
74 窓
75 リブ
76 クラッチ
76a 第1係合体
76b 第2係合体
80 制御装置

Claims (4)

  1. 製パン原料を入れたパン容器を本体内の焼成室に受け入れ、前記製パン原料の混練工程、発酵工程、及び焼成工程を遂行する自動製パン機において、
    前記パン容器の底部に設けたブレード回転軸に、粉砕ブレードと、前記粉砕ブレードを覆い且つ外面に混練ブレードを備えたドーム状のカバーを装着し、前記粉砕ブレードは前記ブレード回転軸に対し回転不能とし、前記カバーと前記ブレード回転軸の間には両者を連結状態または非連結状態にするクラッチを介在させるとともに、
    前記カバーにはカバー内空間とカバー外空間を連通させる窓を形成し、カバー内面には、前記粉砕ブレードが生成した粉砕物を前記窓の方向に誘導するリブを形成したことを特徴とする自動製パン機。
  2. 前記窓は、前記粉砕ブレードに並ぶ高さかそれよりも上の位置に配置されていることを特徴とする請求項1に記載の自動製パン機。
  3. 前記窓と前記リブは複数個ずつ存在することを特徴とする請求項1または2に記載の自動製パン機。
  4. 前記リブは前記カバーの中心近傍から外周の環状壁まで半径方向に対し斜めに延び、それに向かって押し寄せる製パン原料に対面する側が凸となるように湾曲していることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の自動製パン機。
JP2009194126A 2009-08-25 2009-08-25 自動製パン機 Active JP4859966B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009194126A JP4859966B2 (ja) 2009-08-25 2009-08-25 自動製パン機

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009194126A JP4859966B2 (ja) 2009-08-25 2009-08-25 自動製パン機
CN201080037812.3A CN102481071B (zh) 2009-08-25 2010-08-24 自动制面包机
US13/388,572 US20120125207A1 (en) 2008-08-25 2010-08-24 Automatic bread making machine
PCT/JP2010/064221 WO2011024778A1 (ja) 2009-08-25 2010-08-24 自動製パン機
TW099128390A TWI392455B (zh) 2009-08-25 2010-08-25 自動製麵包機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011045415A JP2011045415A (ja) 2011-03-10
JP4859966B2 true JP4859966B2 (ja) 2012-01-25

Family

ID=43832362

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009194126A Active JP4859966B2 (ja) 2009-08-25 2009-08-25 自動製パン機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4859966B2 (ja)

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07148074A (ja) * 1993-11-30 1995-06-13 Funai Electric Co Ltd 製パン器
JPH09224842A (ja) * 1996-02-28 1997-09-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd 自動製パン機
JP2000116526A (ja) * 1998-10-13 2000-04-25 Matsushita Electric Ind Co Ltd 自動製パン機
JP2002000471A (ja) * 2000-06-26 2002-01-08 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電気調理器

Also Published As

Publication number Publication date
JP2011045415A (ja) 2011-03-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5449795B2 (ja) 自動製パン機
WO2011024778A1 (ja) 自動製パン機
WO2011024779A1 (ja) 自動製パン機
WO2011024776A1 (ja) 自動製パン機
JP5295040B2 (ja) 自動製パン機
JP5289245B2 (ja) 自動製パン機
WO2011092942A1 (ja) 自動製パン機
JP5295039B2 (ja) 自動製パン機
JP5295041B2 (ja) 自動製パン機
JP2011120689A (ja) 自動製パン機
JP4859965B2 (ja) 自動製パン機
JP4859966B2 (ja) 自動製パン機
JP2010246589A (ja) 自動製パン機
JP2011152271A (ja) 自動製パン機
JP5845444B2 (ja) 自動製パン機
JP2010184081A (ja) 自動製パン機
JP5682695B2 (ja) 自動製パン機
JP5402676B2 (ja) 自動製パン機
JP2011120690A (ja) 自動製パン機
TWI406646B (zh) 自動製麵包機
JP2010184082A (ja) 自動製パン機
JP5938564B2 (ja) 自動製パン機
WO2011129004A1 (ja) 自動製パン機
JP2012147994A (ja) 自動製パン器
JP5402577B2 (ja) 自動製パン器

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110907

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20110907

TRDD Decision of grant or rejection written
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20110930

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111004

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111101

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 4859966

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141111

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141111

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313115

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141111

Year of fee payment: 3

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350