JP4843598B2 - 画像読取装置及び画像形成装置 - Google Patents

画像読取装置及び画像形成装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4843598B2
JP4843598B2 JP2007308983A JP2007308983A JP4843598B2 JP 4843598 B2 JP4843598 B2 JP 4843598B2 JP 2007308983 A JP2007308983 A JP 2007308983A JP 2007308983 A JP2007308983 A JP 2007308983A JP 4843598 B2 JP4843598 B2 JP 4843598B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
document
reading
unit
image
mode
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2007308983A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2009135672A (ja
Inventor
秀近 熊本
基之 福田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kyocera Document Solutions Inc
Original Assignee
Kyocera Mita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyocera Mita Corp filed Critical Kyocera Mita Corp
Priority to JP2007308983A priority Critical patent/JP4843598B2/ja
Publication of JP2009135672A publication Critical patent/JP2009135672A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4843598B2 publication Critical patent/JP4843598B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、原稿の両面を読み取ることが可能な画像読取装置、及びこの画像読取装置を備えた画像形成装置に関するものである。
従来、複写機やファクシミリ等の画像形成装置では、自動原稿送り装置(ADF:Automatic Document Feeder)を備えた画像読取装置によって、原稿の表面及び裏面を自動的に読み取っている。この原稿読取では、原稿の表面の画像をイメージセンサが読み取った後、その原稿の表裏を反転させて、原稿裏面の画像を再度イメージセンサが読み取る方式(両面反転読取モード)が広く採用されている。
さらには、下記特許文献1に示されるように、原稿トレイからの原稿搬送路において原稿の表裏両面側にそれぞれイメージセンサを設けることで、原稿を反転させることなく1回の原稿搬送(ワンパス)で原稿両面をほぼ同時に読み取る方式(両面同時読取モード)を採用した画像形成装置が知られている。この特許文献1に示される画像形成装置は、厚さが薄い原稿をその両面側からスキャナでの読み取ったときに生じる、読取対象面とは反対面の画像まで読み込む所謂スキャン画像の裏写りを防止するために、原稿の厚さが規定値以下である場合には、上記原稿両面の同時読取を行わせずに、1つのイメージセンサに当該原稿を片面ずつ読み取らせるようにしている。
特開2003−43866号公報
しかしながら、上記特許文献1に示される画像形成装置は、原稿両面を読み取る場合、厚さが薄い原稿であるにも拘わらず、当該原稿を両面反転読取モードにより片面ずつ表裏面を読み取るため、原稿反転動作や原稿搬送時間が長くなることにより当該薄い原稿に与える負担が大きくなり、当該原稿を破損させる原因ともなる。
本発明は、上記の問題を解決するためになされたものであり、読取対象である原稿の厚さが薄い場合であっても、スキャン画像の裏写りを生じさせることなく、また、当該原稿を破損させずに表裏面の読取を可能にすることを目的とする。
本発明の請求項1に記載の発明は、原稿を給紙する原稿給紙部と、
前記原稿給紙部によって搬送されてくる前記原稿の一方の面を読み取る第1読取部と、
前記原稿給紙部によって搬送されてくる前記原稿の他方の面を読み取る第2読取部と、
前記第1読取部による前記原稿の一方の面の読み取りが終了した後、当該原稿をその他方の面が前記第1読取部に読み取られる状態として反転させて搬送する反転部と、
前記第1読取部により前記原稿の一方の面を読み取り、前記反転部による当該原稿の反転後に、前記第1読取部が当該原稿の他方の面を読み取る両面反転読取モードと、前記原稿給紙部による一度の原稿搬送で、前記第1読取部が当該原稿の一方の面を読み取り、前記第2読取部が当該原稿の他方の面を読み取る両面同時読取モードのいずれかのモードで、当該各部に原稿読取動作を行わせる制御部と、
前記原稿給紙部によって搬送される各原稿の厚さを検出する原稿厚さ検出部と、
前記第1及び第2読取部による原稿読取時の画像読取感度を変更する画像読取感度変更部とを備え、
前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下である場合には、前記制御部が前記両面反転読取モードでの原稿読取動作を禁止して前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせ、前記画像読取感度変更部が前記第1及び第2読取部による原稿読取時の画像読取感度を予め定められた値まで低減させる画像読取装置である。
この発明によれば、原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下である場合、制御部が両面反転読取モードでの原稿読取動作を禁止して両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせると共に、画像読取感度変更部が第1及び第2読取部による原稿読取時の画像読取感度を予め定められた値まで低減させることで、読取対象となる原稿の厚さが薄いことに対応して、両面反転読取モードでの原稿読取動作で原稿に与えられる反転動作や長時間の原稿搬送による負担をなくすようにし、しかも、第1及び第2読取部による画像読取感度を低減させることでスキャン画像の裏写りの防止を可能にしている。そのため、厚さが薄い原稿を読み取る場合であっても、スキャン画像の裏写りを生じさせることなく、当該原稿の破損防止が可能となる。
また、請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の画像読取装置であって、前記両面反転読取モード又は両面同時読取モードのいずれかのモードで原稿を読み取らせるモード選択指示をユーザから受け付けるモード選択指示受付部を更に備え、
前記制御部は、前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが前記予め定められた値以下の場合には、前記モード選択指示受付部による前記両面反転読取モードを選択するモード選択指示の受付を禁止するものである。
この発明によれば、原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下の場合に、制御部が、両面反転読取モードを選択するモード選択指示の受付を禁止することで、破損の可能性がある薄い原稿の場合にはユーザが両面反転モードを選べないようにするため、厚さが薄い原稿の読取時において確実に原稿破損を防止することが可能になる。
また、請求項3に記載の発明は、請求項1に記載の画像読取装置であって、前記制御部は、前記両面反転読取モードでの原稿読取動作の開始後に、前記原稿厚さ検出部によって原稿厚さが前記予め定められた値以下と検出された場合、当該読取対象である原稿についての原稿読取動作を前記両面同時読取モードに切り換えるものである。
この発明によれば、両面反転読取モードでの原稿読取動作の開始後に、原稿厚さ検出部で原稿厚さが予め定められた値以下と検出されると、制御部が、当該読取対象である各原稿毎に原稿読取動作を両面同時読取モードに切り換えるため、各原稿毎にスキャン画像の裏写りや破損等を防止できる適切な読取モードでの原稿読取動作を行うことが可能である。
また、請求項4に記載の発明は、請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の画像読取装置であって、前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であり、前記制御部が前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせる場合には、前記画像読取感度変更部は、前記第1及び第2読取部による原稿読取時の露光量を、予め定められた露光量まで低減させるものである。
この発明によれば、画像読取感度変更部が第1及び第2読取部による原稿読取時の露光量を予め定められた露光量まで低減させることで、第1及び第2読取部による画像読取感度を低減するので、複雑な制御や特別な構成の追加を行うことなく、スキャン画像の裏写りを防止することが可能になる。
また、請求項5に記載の発明は、請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の画像読取装置であって、前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であり、前記制御部が前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせる場合には、前記画像読取感度変更部は、前記第1及び第2読取部による読取画像の輝度補正ゲインを、予め定められた値まで低減させるものである。
この発明によれば、画像読取感度変更部が第1及び第2読取部による読取画像の輝度補正ゲインを予め定められた値まで低減させることで、第1及び第2読取部による画像読取感度を低減するので、複雑な制御や特別な構成の追加を行うことなく、スキャン画像の裏写りを防止することが可能になる。
また、請求項6に記載の発明は、請求項5に記載の画像読取装置であって、前記第1読取部又は第2読取部による原稿読取終了後の原稿を排出する原稿排出部を更に備え、
前記原稿厚さ検出部は、前記両面反転読取モードでの前記原稿一方面の読取動作時に、当該原稿が前記反転部に到達するまでに、当該原稿の原稿厚さを検出して前記制御部に送出し、
前記制御部は、前記両面反転読取モードでの前記第1読取部による原稿一方面の読取動作時に、前記第2読取部に当該原稿の他方面を読み取らせておき、前記原稿厚さ検出部から送出されてきた当該原稿の原稿厚さが前記予め定められた値以下である場合には、当該原稿を前記反転部に反転させることなく前記原稿排出部によって排出させ、前記第2読取部に読み取らせておいた前記原稿他方面の読取画像を、当該原稿の他方面の読取画像とするものである。
この発明によれば、制御部は、両面反転読取モードでの原稿一方面の読取動作時に、両面反転読取モードでは本来用いない第2読取部に原稿他方面を読み取らせておき、原稿厚さ検出部から送出されてきた当該原稿の原稿厚さが予め定められた値以下である場合に、当該原稿を反転部に反転させずに原稿排出部にそのまま排出させると共に、当該第2読取部に読み取らせておいた原稿他方面の読取画像を当該原稿の他方面の読取画像として用いるので、原稿厚さ検出部から原稿厚さの情報を制御部が受け取って、当該原稿の原稿厚さが予め定められた値以下か否かの判断を両面同時読取モードでの原稿読取動作を開始する前に行わなければならないと言う制約が外れる。このため、当該判断結果が出て読取モード切換の要否がわかるまで原稿搬送動作を一時停止させる等の時間的ロスを生じさせることなく、両面反転読取モードから両面同時読取モードへの切換を円滑に実現することができる。
また、請求項7に記載の発明は、請求項1乃至請求項6のいずれかに記載の画像読取装置であって、前記第1読取部は、縮小光学系イメージセンサにより前記原稿の一方の面を読み取り、
前記第2読取部は、密着光学系イメージセンサにより前記原稿の一方の面を読み取るものである。
この発明によれば、上記原稿両面の読み取りに用いられる第1読取部が縮小光学系イメージセンサであるため、表裏反転により原稿両面を第1読取部で読み取るようにすれば、原稿両面の読取画像の色味に違いを生じさせず、カラー画像を高品質で読み取ることができる。さらに、原稿の他方面を読み取る第2読取部が密着光学系イメージセンサであるため、当該第2読取部を、縮小光学系イメージセンサ配設時のような大きなスペースを要さずに比較的小さなスペースで配設できる。
また、請求項8に記載の発明は、請求項1乃至請求項7のいずれかに記載の画像読取装置と、
前記第1読取部及び第2読取部に読み取られた読取画像のデータに基づいて画像を記録媒体に形成する画像形成部と
を備えた画像形成装置である。
この発明によれば、請求項1乃至請求項7のいずれかに記載の発明によって得られる作用を奏する。
また、請求項9に記載の発明は、請求項8に記載の画像形成装置であって、前記画像形成部による記録媒体への画像形成濃度を変更する濃度変更部を更に備え、
前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であり、前記制御部が前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせる場合には、前記画像読取感度変更部による前記第1及び第2読取部の画像読取感度低減処理に代えて、前記濃度変更部が、前記画像形成部による記録媒体への画像形成濃度を、予め定められた値まで低減させるものである。
この発明によれば、画像形成部による記録媒体への画像形成濃度を濃度変更部が予め定められた値まで低減させることによって、複雑な制御や特別な構成の追加を行うことなく、スキャン画像の裏写りを防止することが可能になる。
本発明によれば、読取対象である原稿の厚さが薄い場合であっても、スキャン画像の裏写りを生じさせることなく、また、当該原稿を破損させずに表裏面の読取を可能になる。
以下、本発明の一実施形態に係る画像読取装置及び画像形成装置について図面を参照して説明する。尚、以下の実施形態では、本発明における画像読取装置及び画像形成装置を、カラーコピー、スキャナ、ファクシミリ、プリンタ等の機能を備えた複合機に集約した形態を例に説明する。図1は本発明に係る画像形成装置の一実施形態である複合機1の内部構成を模式的に示した縦断面図である。図2は操作部5の正面図の一例である。図3及び図4は、原稿厚さ検出センサの概略構成を示す図である。
複合機1は、画像読取装置2と装置本体3とを備える。画像読取装置2は、原稿給紙部21とスキャナ部22とCIS231と操作部5と、更に後述する反転部280及び制御部61を備えてなる。原稿給紙部21はADF(Automatic Document Feeder)を備え、原稿トレイ211、ピックアップローラ212、レジストローラ219、搬送ドラム213、排紙ローラ214及び排紙トレイ215を有する。原稿トレイ211には、読取対象とされる原稿が載置される。原稿トレイ211に載置された原稿は1枚ずつピックアップローラ212によって取り込まれ、レジストローラ219によって画像読取に対する原稿搬送タイミングが調整された後、搬送ドラム213へ搬送される。搬送ドラム213を経由した原稿は排紙ローラ214によって排紙トレイ215へ排出される。
スキャナ部(第1読取部)22は、原稿の画像を光学的に読み取って画像データを生成するものである。スキャナ部22は、プラテンガラス221、光源222、第1ミラー223、第2ミラー224、第3ミラー225、第1キャリッジ226、第2キャリッジ227、結像レンズ228、CCD(Charge Coupled Device)229、第2ミラー224、第3ミラー225、第1キャリッジ226、第2キャリッジ227、結像レンズ228を備える。このスキャナ部22は、光源222として冷陰極蛍光管等の白色蛍光ランプが用いられ、上記第1ミラー223、第2ミラー224、第3ミラー225、第1キャリッジ226、第2キャリッジ227及び結像レンズ228により、原稿からの光をCCD229に導くものである。スキャナ部22は、光源222として冷陰極蛍光管等の白色蛍光ランプを用いていることから、光源として3色LED等が用いられる後述のCIS231よりも色再現性に優れる。
プラテンガラス221には、上記原稿給紙部21によらない原稿読取時に、ユーザの手動により原稿が載置される。プラテンガラス221は、光源222及び第1ミラー223は第1キャリッジ226によって支持され、第2ミラー224及び第3ミラー225は第2キャリッジ227によって支持されている。
画像読取装置2の原稿読取方式としては、プラテンガラス221上に載置された原稿をスキャナ部22が読み取るフラットベッド読取モードと、原稿を原稿給紙部21(ADF)によって取り込み、その搬送途中で原稿を読み取るADF読取モードがある。フラットベッド読取モードでは、光源222がプラテンガラス221上に載置された原稿を照射し、主走査方向1ライン分の反射光が第1ミラー223、第2ミラー224、第3ミラー225の順に反射して、結像レンズ228に入射する。結像レンズ228に入射した光はCCD229の受光面で結像される。CCD229は一次元のイメージセンサであり、1ライン分の原稿の画像を同時に処理する。第1キャリッジ226及び第2キャリッジ227は、主走査方向と直交する方向(副走査方向、矢印Y方向)に移動可能に構成されており、1ライン分の読み取りが終了すると、当該主走査方向と直交する方向に第1キャリッジ226及び第2キャリッジ227が移動し、次のラインの読み取りが行われる。
ADF読取モードでは、原稿給紙部21が、原稿トレイ211に載置された原稿がピックアップローラ212によって1枚ずつ取り込む。このとき、第1キャリッジ226及び第2キャリッジ227は、読取窓230の下方位置に配置される。原稿給紙部21による原稿搬送で、原稿が搬送ドラム213から排紙トレイ215への搬送経路に設けられた読取窓230上を通過するとき、光源222が原稿を照射し、主走査1ライン分の反射光が第1ミラー233、第2ミラー224、第3ミラー225の順に反射して、結像レンズ228に入射する。結像レンズ228に入射した光はCCD229の受光面で結像される。続いて原稿は原稿給紙部21によって搬送され、次のラインが読み取られる。
更に、原稿給紙部21は切換ガイド216、反転ローラ217及び反転搬送路218からなる反転部280を有する。この反転部280が、1回目のADF読み取りによって表面(原稿の一方の面)がスキャナ部22に読み取られた原稿を表裏反転させて読取窓230(スキャナ部22)に再搬送することで、再度スキャナ部22によって裏面(原稿の他方の面)の読み取りが行わせる。この反転部280は、両面読み取り時にのみ動作し、片面読み取り時は動作しない。片面読み取り時及び両面読み取り時において裏面の読み取り後、切換ガイド216は上側に切り替えられ、搬送ドラム213を経た原稿は排紙ローラ214によって排紙トレイ215に排紙される。両面読み取り時における表面読み取り後、切換ガイド216は下側に切り替えられ、搬送ドラム213を経た原稿は反転ローラ217によって反転搬送路218へ搬送される。その後、切換ガイド216は上側へ切り替わり、反転ローラ217が逆回転して原稿を搬送ドラム213へ再給紙する。以下、反転部280を用いて原稿の両面を読み取らせるモードを両面反転読取モード又は高画質モードと表記する。
更に、本実施形態の画像読取装置2は、ADF読取モード時において、上記で説明したように原稿の搬送途中でスキャナ部22(CCD229)によって原稿の表面の読み取りを行わせると同時に、CIS(第2読取部)231によって原稿の裏面の読み取りを行わせることが可能である。この場合、原稿トレイ211から原稿給紙部21により搬送された原稿は、読取窓230上を通過するときにCCD229によって表面が読み取られ、更にCIS231の配置箇所を通過する際に裏面が読み取られる。なお、CIS231では、光源としてRGBの3色LED等が用いられる。このようにCCD229とCIS231を用いることで、原稿給紙部21による原稿トレイ211から排紙トレイ215までの一回の原稿搬送操作(ワンパス)によって原稿の表裏両面の読み取りが可能となる。以下、このようにCCD229とCIS231を用いて原稿の両面を読み取らせるモードを両面同時読取モード又は高速モードと表記する。
ここで、高画質モード(両面反転読取モード)と高速モード(両面同時読取モード)について説明する。高画質モードでは原稿両面の読み取りが同じイメージセンサ(CCD229)によって行われるため、取得した画像データに基づいて両面印刷を行っても、両面の印刷画像の画質に差はない。しかし、高速モードでは原稿の表面はCCD229、裏面はCIS231という異なるイメージセンサで読み取りが行われるため、特にカラー原稿の場合、それぞれのイメージセンサが取得した画像データに基づいて両面印刷を行うと、両面の印刷画像の画質に差が生じる。これは、CCD229、CIS231が原稿読み取りの際に用いる上述した光源の分光分布の違いによるものの他に、CCD229は複数の受光素子がワンチップ上に形成されてイメージセンサとして構成されているのに対し、CIS231においては複数の固体撮像素子が連結されてイメージセンサとして構成されているため固体撮像素子間に感度のバラつきが生じ、これが画質差の原因となっていると考えられる。
従って、本実施形態の複合機1においては、上記画質差の発生を解決するために、ADF読取モードを用いて原稿の両面読み取りを行う際、ユーザは高画質モード(両面反転読取モード)又は高速モード(両面同時読取モード)の何れかを選択することができるようになっている。つまり、両面の印刷画像の画質を揃えたい場合は高画質モード(両面反転読取モード)、両面の印刷画像の画質に差はあっても、読取時間の短縮化を優先させたい場合は高速モード(両面同時読取モード)とする等、ユーザは状況に応じてモードを選択することができる。
また、画像読取装置2には、原稿厚さ検出センサ200が備えられている。原稿厚さ検出センサ200は、原稿トレイ211から繋がる原稿搬送路上であって、レジストローラ219、CCD229及びCIS231よりも原稿搬送方向上流側に設けられている。原稿厚さ検出センサ200は、図3に示すように、アーム200a及びセンサ200bとを有する。アーム200aは、その先端部が、原稿搬送路210を矢印a方向に搬送される原稿Sに接触すると、矢印b方向に回転する。原稿がアーム200aの下方を通過してアーム200aが回転すると、当該原稿の厚さに応じて、アーム回転量が変化する。センサ200bは、アーム200aの回転軸に対して取り付けられたロータリエンコーダ等からなり、上記搬送される原稿の厚さに応じて異なるアーム200aの回転量を検出する。センサ200bは、検出した回転量情報を後述する制御部61の原稿厚さ算出部612に送出する。
また、原稿厚さ検出センサ200は、図4に示すように、フォトセンサ201からなるものであってもよい。フォトセンサ201は、発光部201a及び受光部201bを有する。発光部201aは、原稿搬送路210をなす一方側の内壁に設けられている。発光部201aは、原稿搬送路210をなす他方側の内壁であって、発光部201aに対向する位置に設けられている。搬送される原稿Sが、当該発光部201a及び受光部201bで挟まれる原稿搬送路210部分を通過すると、発光部201aから発光された光が、当該搬送される原稿を透過して受光部201bに受光される。受光部201bは、原稿Sの厚さに応じて異なつて検出される受光量の情報を、後述の原稿厚さ算出部612に送出する。
なお、原稿厚さ算出部612は、当該原稿検出センサ200から送られてくる回転量又は受光量情報に基づいて原稿Sの厚さを算出する。これら原稿厚さ検出センサ200及び原稿厚さ算出部612は、特許請求の範囲でいう原稿厚さ検出部の一例である。
さらに、複合機1は、装置本体3と、装置本体3の左方に配設されたスタックトレイ6とを有している。装置本体3は、複数の給紙カセット461と、給紙カセット461から記録紙を1枚ずつ繰り出して記録部40へ搬送する給紙ローラ462と、給紙カセット461から搬送されてきた記録紙に画像を形成する記録部40とを備える。また、手差しトレイ471を備え、この手差しトレイ471からは何れの給紙カセットにも収納されていないサイズの用紙や、既に一方の面に画像形成がなされている用紙(裏紙)、OHPシートのような任意の記録媒体が載置可能であり、給紙ローラ472によって1枚ずつ装置本体3内に給紙される。
記録部(画像形成部)40は、感光体ドラム43の表面から残留電荷を除電する除電装置421と、除電後の感光体ドラム43の表面を帯電させる帯電装置422と、スキャナ部22で取得された画像データに基づいてレーザ光を出力して感光体ドラム43表面を露光し、当該感光体ドラム43の表面に静電潜像を形成する露光装置423と、上記静電潜像に基づいて感光体ドラム43上に、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)及びブラック(K)の各色のトナー像を形成する現像装置44K,44Y,44M,44Cと、感光体ドラム43に形成された各色のトナー画像が転写されて重ね合わせされる転写ドラム49と、転写ドラム49上のトナー像を用紙に転写させる転写装置41と、トナー像が転写された用紙を加熱してトナー像を用紙に定着させる定着装置45とを備えている。なお、シアン、マゼンタ、イエロー及びブラックの各色に対するトナーの供給は、図略のトナー供給容器(トナーカートリッジ)から行われる。また、記録部40を通過した記録紙をスタックトレイ6又は排出トレイ48まで搬送する搬送ローラ463,464等が設けられている。
記録紙の両面に画像を形成する場合は、記録部40で記録紙の一方の面に画像を形成した後、この記録紙を排出トレイ48側の搬送ローラ463にニップされた状態とする。この状態で搬送ローラ463を反転させて記録紙をスイッチバックさせ、記録紙を用紙搬送路Lに送って記録部40の上流域に再度搬送し、記録部40により他方の面に画像を形成した後、記録紙をスタックトレイ6又は排出トレイ48に排出する。
また、装置本体3の前方には、ユーザが操作画面や各種メッセージ等を視認することができる表示部や、種々の操作命令を入力するための操作ボタンを有する操作部(モード選択指示受付部)5が備えられている。図2に示すように、この操作部5は、表示部(表示部)51、タッチパネル52、数字キー群53、各種操作ボタン54〜57、機能選択ボタン58等を備える。表示部51は、LCD(Liquid Crystal Display)やELD(Electronic Luminescent Display)等によって構成され、紙サイズ選択、倍率選択、濃度選択等のユーサーに対する操作案内画面が表示される。この表示部51はタッチパネル52と一体的に形成されている。タッチパネル52は、ユーザによるタッチ操作がなされたら、タッチ位置を検知して検知信号を、後述する制御部へ出力するものである。
数字キー群53は、例えば、複合機1のコピー機能を動作させる際はコピー枚数を、ファクシミリ機能を動作させる際は送信先の電話番号等を入力するためのものである。節電ボタン54は、複合機1を節電(低電力)モードにするボタンである。スタートボタン55はコピー動作やスキャナ動作等を開始させるボタンであり、ストップ/クリアボタン56はコピー動作やスキャナ動作等の停止、入力操作の取り消しを行うボタンである。リセットボタン57は表示部51の表示や各種設定を初期状態又は標準動作状態にするボタンである。機能選択ボタン58は、コピー機能、プリンタ機能、スキャナ機能、ファクシミリ機能を設定するためのボタンである。
図5は、複合機1の電気的構成を示すブロック図である。尚、図1及び図2に示した各部と同一のものには同符号を付して詳細な説明は省略する。
複合機1は、制御部61、原稿給紙部21、スキャナ部22、CIS231、操作部5、画像処理部64、記録部40及び通信部66を備えて構成される。
制御部61は、複合機1の全体動作制御を司るものであり、CPU等によって構成される。上記原稿給紙部21、スキャナ部22、CIS231、操作部5、画像処理部64、記録部40及び通信部66は、制御部61による制御の下で動作する。制御部61は、ユーザから操作部5に入力された各種の指示信号等に応じて、図略のROM又はHDDに記憶されている動作制御プログラムに基づいた処理を実行し、各機能部への指示信号の出力、データ転送等を行って複合機1を統括的に制御する。また、制御部61は、原稿厚さ検出センサ200及び原稿厚さ算出部612によって検出される原稿厚さに応じて、原稿読取動作を両面反転読取モード又は両面同時読取モードに切り換える制御等を行う。
制御部61は、モード設定部611を有する。モード設定部611は、上述した両面反転読取モード及び両面同時読取モードのそれぞれのモードでの、原稿給紙部21、スキャナ部22(CCD229)、CIS231及び反転部280のうちの所要各部による予め定められた動作及び動作制御を記憶している。モード設定部611は、ユーザによる操作部5の操作で入力される両面反転読取モード又は両面同時読取モードのいずれかを選択するモード選択指示に従って、上記所要各部に両面反転読取モード又は両面同時読取モードのいずれの動作を行わせるかを設定するものである。制御部61は、当該モード設定部611によって設定されたモードで、上記所要各部を動作させる。
また、制御部61は、原稿厚さ算出部612と、画像読取感度変更部613と、濃度変更部614とを備える。
原稿厚さ算出部612は、原稿給紙部21によって搬送される各原稿の厚さを算出する。原稿厚さ算出部612は、原稿厚さ検出センサ200から送られてくる上記回転量情報又は受光量情報と、これに対応する原稿厚さとの関係を記憶したテーブルを有し、原稿厚さ検出センサ200から送られてくる上記回転量情報又は受光量情報に対応する原稿厚さを当該テーブルから読み出すことで、原稿搬送路210を搬送される原稿の厚さを算出する。なお、原稿厚さ算出部612は、原稿厚さ検出センサ200から送られてくる上記回転量情報又は受光量情報から原稿厚さを算出するための予め定められた計算式を用いて、原稿搬送路210を搬送される原稿の厚さを算出するようにしてもよい。
画像読取感度変更部613は、スキャナ部22(CCD229)及びCIS231による原稿読取時の画像読取感度を変更する制御を行う。具体的には、画像読取感度変更部613は、スキャナ部22及びCIS231による原稿読取時の露光量を、原稿厚さに応じて、予め定められた露光量まで低減させる。当該予め定められた露光量とは、スキャナ部22又はCIS231がその読取対象とする原稿面上の画像のみを読み取り、当該読取対象面とは反対側の面上の画像を読み取らない露光量として、予め実験等により求められて設定されている値である。画像読取感度変更部613は、当該予め定められた露光量として、例えば、図15に示すテーブル(紙厚と光量の関係を示す表)のように、原稿厚さ算出部612により算出された原稿厚さに対して予め定められた光量を、スキャナ部22及びCIS231による原稿読取時の露光量とする。なお、図15にテーブル及びグラフで示す光量は、0〜255までの256段階が予め用意されており、紙厚に対応する光量段階が上記テーブルから読み出されて、スキャナ部22(CCD229)及びCIS231の露光量として設定される。
濃度変更部614は、記録部40による記録紙(記録媒体)への画像形成時における画像形成濃度を、原稿厚さに応じて、予め定められた値まで変更する制御を行う。当該予め定められた値とは、スキャナ部22又はCIS231によって読み取られた原稿画像が、その読取対象とする原稿面上の画像のみが現れた画像となり、当該読取対象面とは反対側の面上の画像が現れない濃度として、予め実験等により求められて設定されている値である。例えば、濃度変更部614は、ガンマ補正を行い、入力された画像データを、原稿厚さ算出部612により算出された原稿厚さに応じて適宜変換して出力する。濃度変更部614は、例えば、入力画像データの階調面積率60%に対してトナーパッチ濃度が0.1ずつ相違する複数のルックアップテーブルを有し、原稿厚さ算出部612により算出される原稿厚さに対して予め定められたルックアップテーブルを選択し、選択したルックアップテーブルに応じて入出力特性を決定することで、上記画像形成濃度を変更する。
原稿給紙部21は、制御部61の制御の下、ADF読取モードで原稿のコピーやスキャンが行われる際に、原稿トレイ211に載置された原稿を自動的に取り込んで、スキャナ部22(CCD229)やCIS231による原稿の読み取りが可能なように搬送する。
表示部51は、ユーザに対する操作案内を示す各種画面を表示する。表示部51は、制御部61から入力される表示信号に基づいて表示画面を表示する。
画像処理部64は、画像データに関する各種画像処理を行うものである。例えば、画像処理部64は、スキャナ部22(CCD229)又はCIS231によって取得された画像データや、ネットワーク接続されたパーソナルコンピュータ、公衆回線で接続されたファクシミリ装置等から通信部66を介して転送されてくる画像データに対して、レベル補正、ガンマ補正等の補正処理、画像データの圧縮又は伸長処理、拡大又は縮小処理などの画像加工処理を行う。
この画像処理部64は、特許請求の範囲でいう画像読取感度変更部としても機能する。この場合、画像処理部64は、上記画像読取感度変更部613による露光量制御に代えて、スキャナ部22(CCD229)及びCIS231による読取画像の輝度補正ゲインを、予め定められた値まで低減させる。当該予め定められた値とは、スキャナ部22又はCIS231がその読取対象とした原稿面上の画像のみが残り、当該読取対象面とは反対側の面上の画像(裏映りにより生じた画像)が消去される値として、予め実験等により求められて設定されている値である。例えば、画像処理部64は、スキャナ部22及びCIS231の感度を切り替えるためのゲイン切替信号を出力する。画像処理部64は、ゲイン切替信号を複数の感度特性に対応させてそれぞれ有しており、原稿厚さ算出部612により算出された原稿厚さに応じていずれかの感度特性に対応するゲイン切替信号を選択して、スキャナ部22及びCIS231からの出力信号を、複数の感度特性のいずれかに設定する。図16には、最低感度から最高感度までの4段階の感度特性に設定可能な例を示す。図16に示す各感度の出力特性は、例えば、以下の演算式に示すような感度特性である。
最低感度特性 CCD出力値=α×露光量
低感度特性 CCD出力値=2n×α×露光量
高感度特性 CCD出力値=3n×α×露光量
最高感度特性 CCD出力値=4n×α×露光量
nは、整数、本実施例では、n=1 である。
記録部40は、スキャナ部22(CCD229)又はCIS231によって得られた画像データや、上記パーソナルコンピュータやファクシミリ装置等から通信部66を介して転送された画像データに基づいた画像を記録紙に形成する。
通信部66は、ネットワークインターフェースを用い、ネットワークを介して接続されたコンピュータやファクシミリ装置等の外部装置との間で種々のデータの送受信を行うものである。
次に、複合機1による原稿読取処理の第1実施形態を説明する。図6は、複合機1による原稿読取処理の第1実施形態を示すフローチャートである。図7〜図11は、表示部51の画面例を示したものである。なお、以下の説明では、スキャナ部22をCCD229として表示する。
例えば、ユーザによりフェイスアップ状態に揃えられた原稿束が原稿トレイ211に載置され、ユーザによる操作部5の操作により、複合機1のコピー機能が選択されると、制御部61は、図7に示すようなコピー機能時の標準画面を表示部51に表示させる。この標準画面において、ユーザによって機能リストキー101が押下されると、制御部61は、図8に示すような機能リスト画面を表示部51に表示させる。更にユーザによって両面/分割キー102が押下されると、制御部61は、図9に示すような両面/分割画面を表示部51に表示させる。なお、上記各画面に表示されるキー、及び以下に示す各画面で表示されるキーは、タッチパネル機能によりユーザからの指示の入力を受け付ける。
図9に示す両面/分割画面では、複数の原稿の片面を読み取って片面印刷する指示の入力を受け付けるキー103、原稿の片面を読み取って両面印刷する指示の入力を受け付けるキー104、原稿の両面を読み取って片面印刷する指示の入力を受け付けるキー105、原稿の両面を読み取って両面印刷する指示の入力を受け付けるキー106、見開き原稿を読み取って片面印刷する指示の入力を受け付けるキー107、見開き原稿を読み取って両面印刷する指示の入力を受け付けるキー108等の設定キーが、制御部61によって表示される。この両面/分割画面で、例えばキー105又は106がユーザによる操作部5の操作で選択されて、原稿両面を読み取る指示が入力されると(S1でYES)、制御部61は、原稿厚さ検出処理を実行させる(S2)。すなわち、制御部61は、原稿給紙部21に、原稿トレイ211に載置された原稿束の最上部となる1枚の原稿を取り込ませ、当該原稿が原稿厚さ検出センサ200を通過してレジストローラ219に到達した時点で、レジストローラ219に当該原稿の搬送を停止させる。このレジストローラ219までの原稿搬送において、原稿厚さ検出センサ200及び原稿厚さ算出部612は、当該原稿の厚さを検出する。
制御部61は、当該検出された原稿厚さが予め定められた値以下であると判断した場合には(S3でYES)、図10に示すように、当該両面/分割画面において、表示部51の表示領域に、原稿読取を高速モードで行う旨を示すメッセージと、高速モードキー110と、指示入力を受け付けないことを表現するグレースケールでの表示とした高画質モードキー109とを表示させる(S4)。高画質モードキー109は、ユーザによって押下されると、タッチパネル機能により、上記高画質モードでの原稿両面読取指示を受け付け、高速モードキー110は、ユーザによる押下に基づいて上記高速モードでの原稿両面読取指示を受け付けるが、この時点では、制御部61の制御により、高画質モードキー109は、高画質モードでの原稿両面読取指示を受け付けないようになっている。なお、高画質モードキー109及び高速モードキー110のモード設定キーは、特許請求の範囲のモード選択指示受付部の一例である。
一方、制御部61は、当該検出された原稿厚さが予め定められた値よりも厚いと判断した場合には(S3でNO)、図11に示すように、当該両面/分割画面において、表示部51の表示領域に、高画質モードキー109及び高速モードキー110のモード設定キーを表示させる(S5)。この場合は、ユーザによる押下に基づいて、高画質モードキー109は高画質モードでの原稿両面読取指示を受け付け、高速モードキー110は高速モードでの原稿両面読取指示を受け付ける。
また、S4又はS5でユーザにモード選択を促す画面を表示している時に、ユーザによって高速モードキー110が押下された場合、(S6で「高速モード」)、モード設定部611は原稿読取動作を高速モード(両面同時読取モード)に設定する。更にユーザによりスタートボタン55が押下されると、画像読取感度変更部613は、S3で原稿厚さが予め定められた値以下と判断されているときは(S13でYES)、CCD229及びCIS231の露光量を、上述した予め定められた露光量まで低減する(S14)。また、画像読取感度変更部613は、S3で原稿厚さが予め定められた値よりも厚いと判断されているときは(S13でNO)、S14の処理を行わず、CCD229及びCIS231の露光量をデフォルトの露光量のままとしておく。
続いて、制御部61は、原稿給紙部21に上記原稿をCCD229及びCIS231による読取位置に向けて原稿を搬送させる(S15)。原稿給紙部21によって搬送される原稿は、CCD229及びCIS231によって各読取位置において表裏面が読み取られる(S16)。原稿給紙部21は、当該表裏面読取後の原稿を排紙トレイ215に排出する(S11)。制御部61は、S15,S16,S11の処理を、原稿トレイ211に載置されている全ての原稿に対して繰り返す。なお、原稿給紙部21は、原稿束の最上部の原稿から給紙する(以下、各実施形態について同様)。
そして制御部61は、画像処理部64に、CCD229及びCIS231によって取得された各原稿表裏面の画像データについて必要な画像処理を行わせ、当該画像処理後の画像データに基づいて、記録紙の表裏面に、対応する画像データの画像形成を記録部40に行わせる(S12)。当該S12の画像形成処理は、必ずしも、原稿トレイ211に載置されている全ての原稿に対してS15,S16,S11の処理が終了してから行われなければならないものではなく、制御部61は、各原稿に対するS15,S16,S11の処理中であっても、画像形成が可能な画像データについての記録紙への画像形成処理(S12)を開始させるようにしてもよい。以降、各読取モードにおける各原稿の読取動作と画像形成処理の順序について同じである。
また、上記S5でユーザにモード選択を促す画面を表示している時に、ユーザによって高画質モードキー109が押下された場合(S6で「高画質モード」)、モード設定部611は原稿読取動作を高画質モード(両面反転読取モード)に設定する。更にユーザによりスタートボタン55が押下されると、制御部61は、原稿給紙部21に対して原稿の取り込みを指示する信号を出力し、原稿給紙部21が原稿トレイ211に載置された原稿を取り込み、原稿の搬送を開始する(S7)。
原稿給紙部21によって原稿搬送路210を搬送される原稿は、CCD229によって、デフォルトの露光量で、読取窓230まで搬送されてきた原稿表面が読み取られる(S8)。この原稿表面の読取後、反転部280が当該原稿を表裏反転して読取窓230(CCD29)に再搬送する(S9)。続けてCCD229が、デフォルトの露光量で、読取窓230まで再搬送されてきた原稿の裏面を読み取る(S10)。制御部61は、S7乃至S11の処理を、原稿トレイ211に載置されている全ての原稿に対して繰り返す。制御部61は、画像処理部64に対して、CCD229によって取得された各原稿表裏面の画像データについて必要な画像処理を行わせ、当該画像処理後の画像データに基づいて、記録紙の表裏面に、対応する画像データの画像形成を記録部40に行わせる(S11)。
なお、S1において原稿両面を読み取るキー以外のキー(キー103、104、107及び108)がユーザによって押下された場合(S1でNO)、原稿給紙部21及びスキャナ部22に原稿片面(表面)の読取動作を行わせる。すなわち、制御部61は原稿給紙部21に対して原稿の取り込みを指示する信号を出力して、原稿給紙部21に原稿トレイ211に載置された原稿を取り込ませる(S17)。そして、CCD229が読取窓230下方で原稿の表面を読み取る(S18)。原稿給紙部21は、当該表面読取後の原稿を排紙トレイ215に排出する(S11)。制御部61は、S17,S18,S11の処理を、原稿トレイ211に載置されている全ての原稿に対して繰り返し、各原稿表面の画像データに基づく画像形成処理を行う(S12)。
このような処理を行うことで、画像読取装置2による読取対象とされる原稿の厚さが薄い場合には、原稿が反転される高画質モードでの原稿読取動作が禁止され、画像読取感度を低減させた上で高速モードでの原稿読取動作が行われるので、原稿が薄くても、スキャン画像の裏写りを生じさせることなく、しかも当該原稿を破損させずに、当該原稿の表裏面を読み取ることができる。
また、制御部61は、S3において、上記検出された原稿厚さが予め定められた値以下であると判断した場合には(S3でYES)、S4の画面表示及びS6の読取モード判断を行うことなく、直ちに高速モードでの原稿読取動作(S11乃至S16,S11)を行うようにしてもよい。
次に、複合機1による原稿読取処理の第2実施形態を説明する。図12は、複合機1による原稿読取処理の第2実施形態を示すフローチャートである。なお、図6に示した第1実施形態と同様の処理は説明を省略する。
上記第1実施形態では、原稿厚さ検出処理が両面読取モードの選択前であって、原稿両面読取動作の開始前となるタイミングで行われていたが、この第2実施形態では、原稿両面読取動作の開示後に原稿厚さ検出処理が行われる。すなわち、上記両面/分割画面で、例えばキー106がユーザによる操作部5の操作で選択されると(S21でYES)、制御部61は、上記図11に示すように、両面/分割画面に高画質モードキー109及び高速モードキー110のモードキーを表示させる。すなわち、高画質モードキー109及び高速モードキー110のモードキーは、高画質モード又は高速モードの選択を制限なく受け付ける。
そして、ユーザによって高画質モードキー109が押下され(S22で「高画質モード」)、スタートボタン55が押下されると、制御部61は、原稿給紙部21が原稿トレイ211に載置された原稿を取り込み、原稿の搬送を開始させる(S23)。
このとき、原稿給紙部21によって原稿搬送路210を搬送される原稿は、原稿厚さ検出センサ200及び原稿厚さ算出部612によって原稿厚さが検出される(S24)。制御部61が、当該検出された原稿厚さは予め定められた値以下であると判断した場合(S25でYES)、画像読取感度変更部613がCCD229及びCIS231の露光量を上述した予め定められた露光量まで低減させる(S32)。当該搬送中の原稿がCCD229及びCIS231による読取位置に到達すると、各読取位置において、CCD229は当該原稿の表面を読み取り、CIS231は当該原稿の裏面を読み取る(S33)。搬送中の原稿の厚さが薄い場合には、露光量を落とした上で、原稿給紙部21による当該原稿の一回の搬送動作でのCCD229及びCIS231による原稿両面の読み取り(高速モードでの原稿読取動作)が行われる。
一方、制御部61は、当該検出された原稿厚さが予め定められた値よりも厚いと判断した場合には(S25でNO)、CCD229及び反転部280がデフォルトの露光量で原稿の表裏面を読み取る(S26乃至S28)。すなわち、CCD229及びCIS231による原稿読取前であって、反転部280による原稿反転前に、原稿厚さ算出部612は、読取対象とされる原稿の厚さを検出し、制御部61は、当該検出された原稿厚さが予め定められた値以下か否かの判断を終える。
この後、原稿給紙部21は、当該表裏面読取後の原稿を排紙トレイ215に排出する(S9)。制御部61は、(1)S23乃至S29の処理、或いは、(2)S23〜S25,S32,S33,S29からなる処理を、原稿トレイ211に載置されている全ての原稿に対して繰り返す(S30)。
また、S22においてユーザによって高速モードキー110が押下され、更にスタートボタン55が押下されると、制御部61は、原稿給紙部21に原稿トレイ211に載置された原稿を、CCD229及びCIS231による読取位置に向けて原稿を搬送させる(S34)。
この高速モードでの原稿読取動作時にも、原稿給紙部21によって原稿搬送路210を搬送される原稿は、原稿厚さ検出センサ200及び原稿厚さ算出部612によって原稿厚さが検出される(S35)。制御部61が、当該検出された原稿厚さが予め定められた値以下であると判断した場合には(S36でYES)、画像読取感度変更部613はCCD229及びCIS231の露光量を上述した予め定められた露光量まで低減する(S37)。当該搬送中の原稿は、CCD229及びCIS231によって各読取位置において、上記低減された露光量で表裏面が読み取られる(S38)。なお、制御部61が、当該検出された原稿厚さが予め定められた値よりも厚いと判断した場合には(S36でNO)、当該搬送中の原稿は、CCD229及びCIS231により各読取位置において、デフォルトの露光量で表裏面が読み取られる(S38)。原稿給紙部21は、当該表裏面読取後の原稿を排紙トレイ215に排出する(S39)。S34乃至S39の処理は、原稿トレイ211に載置されている全ての原稿に対して繰り返される(S40)。
また、S1において原稿両面を読み取るキー以外のキー(キー103、104、107及び108)がユーザによって押下された場合(S21でNO)、第1実施形態と同様の原稿片面読取動作が原稿トレイ211に載置されている全ての原稿に対して行われる(S41乃至S44)。
このような処理を行うことで、原稿両読取動作の開始後であっても、原稿厚さが薄い場合には、画像読取感度の低減処理や、両面反転読取モードから両面同時読取モードへの切換処理が行われるので、スキャン画像の裏写りや破損等を防止できる適切な読取モードでの原稿読取動作を行うことができる。また、各原稿毎に、各原稿厚さに応じた画像読取感度の低減処理と、両面反転読取モードから両面同時読取モードへの切換処理が行われるので、原稿トレイ211に載置された原稿束として、厚さの異なる原稿が混載されている場合であっても、各原稿毎に的確にスキャン画像の裏写りや破損等を防止できる適切な読取モードでの原稿読取動作を行うことができる。
なお、第1及び第2実施形態では、CCD229及びCIS231の画像読取感度を変更する処理として、画像読取感度変更部613が、CCD229及びCIS231の露光量を低減させるようにしているが、これに代えて、(1)画像処理部64が、デフォルトの露光量でCCD229及びCIS231により読み取られた読取画像に対して、上述した輝度補正ゲインを低減させた画像処理を行うことで、スキャン画像の裏写りを防止するようにしてもよいし、(2) 濃度変更部614が、原稿厚さが予め定められた値以下であると制御部61によって判断された原稿について、原稿両面の読取画像の画像形成濃度を、記録部40による画像形成時に、上述した予め定められた濃度まで低減させるようにしてもよい。
次に、複合機1による原稿読取処理の第3実施形態を説明する。図13は、複合機1による原稿読取処理の第3実施形態を示すフローチャートである。なお、図6,図12に示した第1,第2実施形態と同様の処理は説明を省略する。
本第3実施形態では、ユーザによって高画質モードが選択された場合であっても(S52で「高画質モード」)、制御部61は、CCD229による原稿表面の読取のための原稿搬送時に、CIS231に当該原稿の裏面を読み取らせておき(S54)、当該原稿両面の読取画像を図略の画像メモリに記憶させておく。制御部61は、当該CCD229及びCIS231による原稿読取は、デフォルトの露光量で行わせる。制御部61は、原稿厚さ検出センサ200及び原稿厚さ算出部612によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であると判断した場合には(S56でYES)、当該原稿を反転部280に反転させることなく、このまま原稿給紙部21に排出させる(S63)。そして、制御部61は、画像処理部64に、上記S54で読み取られた原稿両面の読取画像に対して、上述した輝度補正ゲインを低減させた画像処理を行わせる(S64)。制御部61は、当該画像処理後の画像データに基づいて画像形成処理を行う(S62)。なお、S63の原稿排出とS64の画像処理の順序は問わない。
また、ユーザによって高画質モードが選択された場合であって(S52で「高画質モード」)、上記CCD229及びCIS231によるデフォルトの露光量での原稿両面の読取後(S54)、制御部61が、上記検出された原稿厚さが予め定められた値よりも厚いと判断した場合には(S56でNO)、原稿給紙部21及び反転部280に当該原稿を搬送させてCCD229によりデフォルトの露光量で当該原稿の表裏面を読み取らせた後(S57,S58)、当該原稿を原稿給紙部21に排出させる(S59)。このとき、制御部61は、既に上記画像メモリに記憶されているCIS231による原稿裏面の読取画像を、当該反転後にCCD229で読み取った原稿裏面の読取画像に書き換える(S60)。制御部61は、当該書き換え後の画像メモリの原稿両面の読取画像のデータに基づいて画像形成処理を行う(S62)。なお、S59の原稿排出とS60の画像書換処理の順序は問わない。
なお、ユーザによって高速モードが選択された場合であって(S52で「高速モード」)、制御部61が、上記検出された原稿厚さが予め定められた値以下であると判断した場合に(S68でYES)、制御部61は、画像処理部64に、上記CCD229及びCIS231に読み取らせておいた原稿両面の読取画像(S66)に対して、上述した輝度補正ゲインを低減させた画像処理を行わせる(S69)。制御部61は、上記検出された原稿厚さが予め定められた値よりも厚いと判断した場合には(S68でNO)、S69の画像処理を画像処理部64に行わせない。
これにより、原稿厚さが予め定められた値以下か否かの判断前であっても、CCD229及びCIS231による原稿読取を開始できるので、原稿読取時間を短縮できると共に、原稿厚さの検出及び原稿厚さが予め定められた値以下か否かの判断を行うタイミングに余裕を持たせることができ、そのため、原稿厚さ検出センサ200、読取窓230(CCD229)、CIS231、反転部280の配設位置に自由度が拡がる。また、原稿厚さが予め定められた値以下か否かの判断終了を待つために、原稿読取のための原稿搬送動作を原稿読取実行前に一時停止させる等の時間的ロスを生じさせることなく、高画質モードを切り換えて高速モードでの原稿読取動作を実現することができる。
次に、複合機1による原稿読取処理の第4実施形態を説明する。図14は、複合機1による原稿読取処理の第4実施形態を示すフローチャートである。なお、図6,図12,図13に示した第1,第2,第3実施形態と同様の処理は説明を省略する。
上記第2実施形態では、原稿厚さが薄い場合にCCD229及びCIS231による読取画像の輝度補正ゲインを低減させていたが、本第3実施形態では、当該露光量低減制御や輝度補正ゲイン低減制御は行わず、これらの処理に代えて、記録部40による画像形成時の濃度を低減させる制御を行う。
すなわち、制御部61は、ユーザによって高画質モードが選択された場合(S82で「高画質モード」)、制御部61は、CCD229による原稿表面の読取のための原稿搬送時に、CIS231に当該原稿の裏面を読み取らせておき(S84)、当該原稿両面の読取画像を図略の画像メモリに記憶させておく。制御部61は、当該CCD229及びCIS231による原稿読取は、デフォルトの露光量で行わせる。そして、制御部61は、原稿厚さ検出センサ200及び原稿厚さ算出部612によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であると判断した場合には(S86でYES)、当該原稿を反転部280に反転させることなく、このまま原稿給紙部21に排出させるが(S94)、制御部61は、図略のメモリ等に、当該原稿厚さが予め定められた値以下の原稿(何枚目に搬送した原稿であるかの情報)を記憶しておく(S95)。なお、S94の原稿排出とS95の原稿情報記憶処理の順序は問わない。
そして、濃度変更部614は、記録部40による画像形成時に、上記メモリに記憶された原稿情報を用いて、原稿厚さが予め定められた値以下の原稿を特定し、当該特定した原稿についての原稿両面の読取画像の画像形成濃度を、上述した予め定められた濃度まで低減させる(S92)。制御部61は、当該低減された濃度で記録部40に画像形成を行わせる(S93)。当該濃度低減処理は、例えば、露光装置423の露光出力の低減、又は/及び現像バイアスの低減であり、更には、画像形成の対象となる画像データのドットを間引く等の処理であってもよい。
なお、ユーザによって高速モードが選択された場合であって(S82で「高速モード」)、制御部61が、上記検出された原稿厚さが予め定められた値以下であると判断した場合も(S99でYES)、制御部61は、上記メモリ等に、当該原稿厚さが予め定められた値以下の原稿(何枚目に搬送した原稿であるかの情報)を記憶しておく(S100)。なお、S101の原稿排出とS100の原稿情報記憶処理の順序は問わない。全ての原稿に対してS96乃至S101の処理が終わると(S102でNO)、処理はS92に移る。
これにより、複雑な制御や特別な構成の追加を行うことなく、スキャン画像の裏写りを防止することが可能になる。
なお、上記各実施形態においては、本発明の要点ではないため、特に説明していないが、読み取り後の各原稿は、フェイスダウン状態で揃って排紙トレイ215に排出されるように、反転部280及び原稿給紙部21が原稿面を置換した後に排出される。
なお、本発明は上記実施の形態の構成に限られず種々の変形が可能である。例えば、複合機1による原稿読取処理の他の実施形態として、第1実施形態のS1乃至S5までの処理を行った後に、(1)第2実施形態のS22乃至S44までの処理、(2) 第3実施形態のS52乃至S75までの処理、(3) 第3実施形態のS52乃至S75までの処理、のいずれかを行うことも可能である。この場合、ユーザに対して、原稿が薄い場合に高画質モードでの原稿読取動作が行われないことを認識させた上で原稿読取動作を開始することができる。
また、上記では、本発明に係る画像読取装置及び画像形成装置の構成及び処理の実施形態を図1乃至図16に示したが、これらはあくまでも一例に過ぎず、本発明に係る画像読取装置及び画像形成装置を上述した構成及び制御に限定する趣旨ではない。
本発明に係る画像形成装置の一実施形態である複合機の内部構成を模式的に示した縦断面図である。 操作部の正面図の一例である。 原稿厚さ検出センサの概略構成を示す図である。 原稿厚さ検出センサの概略構成を示す図である。 複合機の電気的構成を示すブロック図である。 複合機による原稿読取処理の第1実施形態を示すフローチャートである。 表示部の画面例を示したものである。 表示部の画面例を示したものである。 表示部の画面例を示したものである。 表示部の画面例を示したものである。 表示部の画面例を示したものである。 複合機による原稿読取処理の第2実施形態を示すフローチャートである。 複合機による原稿読取処理の第3実施形態を示すフローチャートである。 複合機による原稿読取処理の第4実施形態を示すフローチャートである。 原稿の紙厚と露光量の関係を示す図である。 スキャナ部及びCISの出力特性とゲインとの関係を示す図である。
符号の説明
1 複合機
2 画像読取装置
21 原稿給紙部
22 スキャナ部
229 CCD
231 CIS
40 記録部
51 表示部
52 タッチパネル
61 制御部
64 画像処理部
109 高画質モードキー
110 高速モードキー
219 レジストローラ
210 原稿搬送路
211 原稿トレイ
212 ピックアップローラ
217 反転ローラ
200 原稿厚さ検出センサ
200a アーム
200b センサ
201 フォトセンサ
201a 発光部
201b 受光部
280 反転部
611 モード設定部
612 原稿厚さ算出部
613 画像読取感度変更部
614 濃度変更部

Claims (9)

  1. 原稿を給紙する原稿給紙部と、
    前記原稿給紙部によって搬送されてくる前記原稿の一方の面を読み取る第1読取部と、
    前記原稿給紙部によって搬送されてくる前記原稿の他方の面を読み取る第2読取部と、
    前記第1読取部による前記原稿の一方の面の読み取りが終了した後、当該原稿をその他方の面が前記第1読取部に読み取られる状態として反転させて搬送する反転部と、
    前記第1読取部により前記原稿の一方の面を読み取り、前記反転部による当該原稿の反転後に、前記第1読取部が当該原稿の他方の面を読み取る両面反転読取モードと、前記原稿給紙部による一度の原稿搬送で、前記第1読取部が当該原稿の一方の面を読み取り、前記第2読取部が当該原稿の他方の面を読み取る両面同時読取モードのいずれかのモードで、当該各部に原稿読取動作を行わせる制御部と、
    前記原稿給紙部によって搬送される各原稿の厚さを検出する原稿厚さ検出部と、
    前記第1及び第2読取部による原稿読取時の画像読取感度を変更する画像読取感度変更部とを備え、
    前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下である場合には、前記制御部が前記両面反転読取モードでの原稿読取動作を禁止して前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせ、前記画像読取感度変更部が前記第1及び第2読取部による原稿読取時の画像読取感度を予め定められた値まで低減させる画像読取装置。
  2. 前記両面反転読取モード又は両面同時読取モードのいずれかのモードで原稿を読み取らせるモード選択指示をユーザから受け付けるモード選択指示受付部を更に備え、
    前記制御部は、前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが前記予め定められた値以下の場合には、前記モード選択指示受付部による前記両面反転読取モードを選択するモード選択指示の受付を禁止する請求項1に記載の画像読取装置。
  3. 前記制御部は、前記両面反転読取モードでの原稿読取動作の開始後に、前記原稿厚さ検出部によって原稿厚さが前記予め定められた値以下と検出された場合、当該読取対象である原稿についての原稿読取動作を前記両面同時読取モードに切り換える請求項1に記載の画像読取装置。
  4. 前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であり、前記制御部が前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせる場合には、前記画像読取感度変更部は、前記第1及び第2読取部による原稿読取時の露光量を、予め定められた露光量まで低減させる請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の画像読取装置。
  5. 前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であり、前記制御部が前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせる場合には、前記画像読取感度変更部は、前記第1及び第2読取部による読取画像の輝度補正ゲインを、予め定められた値まで低減させる請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の画像読取装置。
  6. 前記第1読取部又は第2読取部による原稿読取終了後の原稿を排出する原稿排出部を更に備え、
    前記原稿厚さ検出部は、前記両面反転読取モードでの前記原稿一方面の読取動作時に、当該原稿が前記反転部に到達するまでに、当該原稿の原稿厚さを検出して前記制御部に送出し、
    前記制御部は、前記両面反転読取モードでの前記第1読取部による原稿一方面の読取動作時に、前記第2読取部に当該原稿の他方面を読み取らせておき、前記原稿厚さ検出部から送出されてきた当該原稿の原稿厚さが前記予め定められた値以下である場合には、当該原稿を前記反転部に反転させることなく前記原稿排出部によって排出させ、前記第2読取部に読み取らせておいた前記原稿他方面の読取画像を、当該原稿の他方面の読取画像とする請求項5に記載の画像読取装置。
  7. 前記第1読取部は、縮小光学系イメージセンサにより前記原稿の一方の面を読み取り、
    前記第2読取部は、密着光学系イメージセンサにより前記原稿の一方の面を読み取る請求項1乃至請求項6のいずれかに記載の画像読取装置。
  8. 請求項1乃至請求項7のいずれかに記載の画像読取装置と、
    前記第1読取部及び第2読取部に読み取られた読取画像のデータに基づいて画像を記録媒体に形成する画像形成部と
    を備えた画像形成装置。
  9. 前記画像形成部による記録媒体への画像形成濃度を変更する濃度変更部を更に備え、
    前記原稿厚さ検出部によって検出された原稿厚さが予め定められた値以下であり、前記制御部が前記両面同時読取モードでの原稿読取動作を行わせる場合には、前記画像読取感度変更部による前記第1及び第2読取部の画像読取感度低減処理に代えて、前記濃度変更部が、前記画像形成部による記録媒体への画像形成濃度を、予め定められた値まで低減させる請求項8に記載の画像形成装置。
JP2007308983A 2007-11-29 2007-11-29 画像読取装置及び画像形成装置 Expired - Fee Related JP4843598B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007308983A JP4843598B2 (ja) 2007-11-29 2007-11-29 画像読取装置及び画像形成装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007308983A JP4843598B2 (ja) 2007-11-29 2007-11-29 画像読取装置及び画像形成装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009135672A JP2009135672A (ja) 2009-06-18
JP4843598B2 true JP4843598B2 (ja) 2011-12-21

Family

ID=40867143

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007308983A Expired - Fee Related JP4843598B2 (ja) 2007-11-29 2007-11-29 画像読取装置及び画像形成装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4843598B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020191611A (ja) * 2019-05-24 2020-11-26 セイコーエプソン株式会社 画像読取装置、及び、その制御方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2009135672A (ja) 2009-06-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8237997B2 (en) Image reader and image forming device
JP2009088692A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP4977567B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP4956350B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP4843598B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP5027607B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2009111909A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2009111906A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2013012898A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP4990732B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP4978931B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2007019854A (ja) 画像処理装置及び画像処理方法
JP4956369B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP4903661B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP5027831B2 (ja) 画像読取装置、画像形成装置、ノイズ混入要因検出方法
JP4950845B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2009037040A (ja) 画像形成装置
JP5033566B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2009088598A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP5162205B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2009088597A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2010252043A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP4956347B2 (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2010206324A (ja) 画像読取装置及び画像形成装置
JP2009239490A (ja) 画像読取装置、画像形成装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100927

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110907

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110913

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111007

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141014

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141014

Year of fee payment: 3

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141014

Year of fee payment: 3

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees