JP4830629B2 - Wireless communication device, wireless communication method and computer program - Google Patents

Wireless communication device, wireless communication method and computer program Download PDF

Info

Publication number
JP4830629B2
JP4830629B2 JP2006136724A JP2006136724A JP4830629B2 JP 4830629 B2 JP4830629 B2 JP 4830629B2 JP 2006136724 A JP2006136724 A JP 2006136724A JP 2006136724 A JP2006136724 A JP 2006136724A JP 4830629 B2 JP4830629 B2 JP 4830629B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
wireless communication
network
communication device
frequency hopping
beacon
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006136724A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007311909A (en )
Inventor
茂 菅谷
Original Assignee
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、周波数ホッピング方式により無線通信を行う無線通信装置、無線通信方法およびコンピュータプログラムに関する。 The present invention relates to a radio communication apparatus for performing wireless communication by frequency hopping, a radio communication method and a computer program.

現在、WiMedia Allianceにおいて、ウルトラワイドバンド(UWB;Ultra Wide Band)無線通信に利用するアクセス制御方法の規定として、自律分散型のメディアアクセス制御(Distributed Media Access Control for Wireless Network)、およびマルチバンドOFDMの物理層(Multi Band OFDM Physical Layer Specification)に関する仕様が策定されている。 Currently, the WiMedia Alliance, ultra-wide band; as defined access control method utilizing the (UWB Ultra Wide Band) wireless communications, autonomous distributed medium access control (Distributed Media Access Control for Wireless Network), and the multi-band OFDM specification has been developed for the physical layer (Multi Band OFDM physical layer specification).

上記仕様には、マルチバンドOFDM方式の無線通信システムを構成する無線通信装置が、所定の周波数ホッピングパターンによりウルトラワイドバンド無線通信を行う方法が開示されている。 The above specification, wireless communication device constituting the wireless communication system of multi-band OFDM scheme, a method of performing an ultra-wide band wireless communication is disclosed by a predetermined frequency hopping pattern. 該周波数ホッピングパターンは、TFCコードと呼ばれる異なる周波数の組合せが複数定義されており、各無線通信装置は、無線ネットワークを構築する際、必要に応じて利用するTFCコードを選択することができる。 The frequency hopping pattern is a combination of different frequencies, called TFC code has multiple definitions, each wireless communication device, when building a wireless network, it is possible to select a TFC code to use as needed.

また、同一の無線ネットワークを構成する各無線通信装置は、スーパーフレームを構成する時分割されたメディアアクセススロットを指定することにより、自己が通信できる時間帯を予約することができる。 Further, each wireless communication device constituting the same wireless network, by specifying the divided media access slots when configuring a superframe may be reserved time zone by itself can communicate. 同一の無線ネットワークにおいては、干渉を防止し、正常なデータの送受信を確保するため、異なる無線通信装置が同一のメディアアクセススロットを予約することを禁止している(特許文献1参照)。 In the same wireless network, to prevent interference, to ensure the transmission and reception of normal data, it prohibits that different wireless communication device reserves the same medium access slots (see Patent Document 1).

特開2005−252645号公報 JP 2005-252645 JP

しかし、従来の無線通信装置は、近隣に異なる周波数ホッピングパターンで動作する無線通信装置が存在すると、該無線通信装置と自己が無線通信に使用する時間帯が重なった場合、干渉の影響により満足な無線通信を行うことができないという問題があった。 However, the conventional radio communication apparatus, the wireless communication device operating in a different frequency hopping pattern close exists and if the wireless communication device and self-overlap time zone to be used for wireless communication, satisfactory due to the influence of the interference there is a problem that can not be carried out wireless communication.

そこで、本発明は、上記問題に鑑みてなされたものであり、本発明の目的とするところは、近隣に異なる周波数ホッピングパターンで動作する無線通信装置が存在しても、正常に無線通信を行うことが可能な、新規かつ改良された無線通信装置、無線通信方法およびコンピュータプログラムを提供することにある。 The present invention has been made in view of the above problems, it is an object of the present invention, even if there is a wireless communication device operating in a different frequency hopping patterns close performs normal wireless communications it can be found new and improved wireless communication device is to provide a radio communication method and a computer program.

上記課題を解決するために、本発明のある観点によれば、無線のネットワークを構成する無線通信装置が提供される。 In order to solve the above problems, according to an aspect of the present invention, a radio communication device constituting the wireless network is provided. 該無線通信装置は、周波数ホッピングパターンを、所定期間に、自己のネットワークでの無線通信に用いる自己ホッピングパターンから、他のネットワークでの無線通信に用いられる他ホッピングパターンに切替えて設定するパターン設定部と、パターン設定部により設定された周波数ホッピングパターンを用いて、自己のネットワークまたは他のネットワークから所定の管理情報を受信する受信部と、受信部が受信する所定の管理情報に含まれ、他の無線通信装置が無線通信に利用する時間帯を示す予約時間帯情報を解析する利用時間帯解析部と、利用時間帯解析部が解析した予約時間帯情報に基づいて、自己が無線通信に利用可能な時間帯を判定する利用可能時間帯判定部とを含むことを特徴とする。 Wireless communication device, a frequency hopping pattern, the predetermined time period, the self-hopping pattern to be used for wireless communication in its own network, pattern setting unit for setting switching to another hopping pattern used for wireless communication in other networks When using a frequency hopping pattern set by the pattern setting unit, a receiving unit for receiving predetermined management information from its own network or another network, it included in a predetermined management information received by the reception unit, the other a usage time zone analyzer wireless communication device analyzes the reserved time zone information that indicates the time zone to be used for radio communication, based on the reserved time zone information unit available time slot analysis is analyzed, available self to the wireless communication characterized in that it comprises a a time zone determines the available usage time determining unit.

かかる構成によれば、パターン設定部が周波数ホッピングパターンを適宜動作中に変更可能に構成されるため、受信部は、自己のネットワークに限らず、他のネットワークからも所定の管理情報を受信することができる。 According to such a configuration, since the pattern setting unit is capable of changing into appropriate operating a frequency hopping pattern, the receiving unit is not limited to the own network, receiving a predetermined management information from other network can. したがって、利用可能時間帯判定部は、自己のネットワーク、および近接する他のネットワークの予約時間帯情報に基づいて、干渉を回避するよう利用時間帯を判定することができる。 Therefore, the available usage time determining unit is capable of determining its own network, and other on the basis of the reserved time zone information of the network proximate the usage time zone to avoid interference.

所定期間は、自己のネットワークでの無線通信を停止する期間であるとしてもよい。 Predetermined period may be a period for stopping the wireless communication in its own network. かかる構成によれば、無線通信装置が自己のネットワークと通信をしない時間を有効に活用し、また本来の通信を妨げることなく他のネットワークの予約時間帯情報の獲得をすることができる。 According to such a configuration, the wireless communication apparatus effectively utilizing time not to communicate with its own network, also to the acquisition of reservation time zone information of other network without interfering with the original communication.

利用可能時間帯判定部は、他ホッピングパターンにより、受信部が他のネットワークの無線通信装置から管理情報を受信した時刻と、他のネットワークの無線通信装置の予約時間帯情報とに基づいて、自己が無線通信に利用可能な時間帯を判定するとしてもよい。 Available time zone determination unit, by another hopping pattern based and time receiver receives the management information from the wireless communication device of another network, to a reserved time zone information of the wireless communication apparatus in the other network, self There may determine the time zone available for wireless communication. かかる構成により、自己のネットワークと他のネットワークの通信の同期がずれていた場合でも、他のネットワークの無線通信装置の予約時間帯情報を自己のネットワークの同期を基準とした情報に変換し、自己が利用可能な時間帯を判定することが可能となる。 With this configuration, even if the synchronization of the communication of its own network and other networks is deviated, it converts the reserved time zone information of the wireless communication apparatus in the other network in the information relative to the synchronization of its own network, self but it is possible to determine the time period available.

無線通信に用いられ、周波数ホッピングパターンごとに異なる同期信号を検出する同期信号検出部をさらに含むとしてもよい。 Used in wireless communication, it may further comprise a synchronization signal detector for detecting a different synchronization signals for each frequency hopping pattern. かかる構成によれば、異なる周波数ホッピングパターンで動作する無線通信装置の存在を、同期信号の検出を通じて把握することができる。 According to such a configuration, the presence of a wireless communication device operating in a different frequency hopping patterns can be grasped through detection of the sync signal.

他のネットワークの無線通信装置が、他ホッピングパターンにより無線通信を行う時間帯を、干渉が生じる干渉時間帯として記憶する記憶部をさらに含むとしてもよい。 Other network wireless communication device, a time zone for performing wireless communication by other hopping patterns may be further comprising a storage unit for storing the interference time slot interference occurs. かかる構成によれば、自己が通信に利用する時間帯を、該干渉時間帯を極力避けて設定することができる。 According to such a configuration, the period during which the self is used for communication, it is possible to set as much as possible to avoid the interference time slot.

また、上記課題を解決するために、本発明の別の観点によれば、無線のネットワークを構成する無線通信装置による無線通信方法が提供される。 In order to solve the above problems, according to another aspect of the present invention, a wireless communication method by the wireless communication device constituting the wireless network is provided. 該無線通信方法は、周波数ホッピングパターンを、自己のネットワークでの無線通信に用いる自己ホッピングパターンと、他のネットワークでの無線通信に用いられる他ホッピングパターンとで切替えて設定するステップと、設定された周波数ホッピングパターンを用いて、自己のネットワークまたは他のネットワークから所定の管理情報を受信するステップと、所定の管理情報に含まれ、他の無線通信装置が無線通信に利用する時間帯を示す予約時間帯情報を解析するステップと、予約時間帯情報に基づいて、自己が無線通信に利用可能な時間帯を判定するステップとを含むことを特徴とする。 Wireless communication method, a frequency hopping pattern, and setting switch in a self-hopping pattern, and other hopping patterns used for wireless communication with other networks used for wireless communication in its own network, which is set using a frequency hopping pattern, and receiving a predetermined management information from its own network or another network, included in a predetermined management information, reservation time indicating the time period during which other radio communication apparatus used for radio communication a step of analyzing the bands information, based on the reserved time zone information, wherein the self and determining a time zone available for wireless communication.

かかる構成によれば、周波数ホッピングパターンを適宜動作中に変更できるため、自己のネットワークに限らず、他のネットワークからも所定の管理情報を受信することができる。 According to such a configuration, it is possible to change while appropriately operating the frequency hopping pattern is not limited to the own network, it is possible to receive the predetermined management information from other networks. したがって、自己のネットワーク、および近接する他のネットワークの予約時間帯情報に基づいて、干渉を回避するよう利用時間帯を判定することができる。 Therefore, it is possible to determine its own network, and other on the basis of the reserved time zone information of the network proximate the usage time zone to avoid interference.

また、上記課題を解決するために、本発明の別の観点によれば、コンピュータをして、 周波数ホッピングパターンを、自己のネットワークでの無線通信に用いる自己ホッピングパターンと、他のネットワークでの無線通信に用いられる他ホッピングパターンとで切替えて設定するパターン設定部と、パターン設定部により設定された周波数ホッピングパターンを用いて、自己のネットワークまたは他のネットワークから所定の管理情報を受信する受信部と、受信部が受信する所定の管理情報に含まれ、他の無線通信装置が無線通信に利用する時間帯を示す予約時間帯情報を解析する利用時間帯解析部と、利用時間帯解析部が解析した予約時間帯情報に基づいて、自己が無線通信に利用可能な時間帯を判定する利用可能時間帯判定部とを含む無 In order to solve the above problems, according to another aspect of the present invention, by a computer, radio frequency hopping pattern, and self-hopping pattern to be used for wireless communication in its own network, the other network a pattern setting unit that sets switch between other hopping pattern used for communication, a receiving unit using a frequency hopping pattern set by the pattern setting unit receives the predetermined management information from its own network or another network , it included in a predetermined management information received by the reception unit, the other a usage time zone analyzer wireless communication device analyzes the reserved time zone information that indicates the time zone to be used for wireless communications, use the time zone analyzer analysis based on the reservation time zone information, nothingness itself and a determining available usage time determining unit time zone available for wireless communication 線通信装置として機能せしめることを特徴とする、コンピュータプログラムが提供される。 Wherein the allowed to function as a line communication apparatus, a computer program is provided.

かかる構成によれば、パターン設定部が周波数ホッピングパターンを適宜動作中に変更可能に構成されるため、受信部は、自己のネットワークに限らず、他のネットワークからも所定の管理情報を受信することができる。 According to such a configuration, since the pattern setting unit is capable of changing into appropriate operating a frequency hopping pattern, the receiving unit is not limited to the own network, receiving a predetermined management information from other network can. したがって、利用可能時間帯判定部は、自己のネットワーク、および近接する他のネットワークの予約時間帯情報に基づいて、干渉を回避するよう利用時間帯を判定することができる。 Therefore, the available usage time determining unit is capable of determining its own network, and other on the basis of the reserved time zone information of the network proximate the usage time zone to avoid interference.

以上説明したように本発明の無線通信装置、無線通信方法およびコンピュータプログラムによれば、近隣に異なる周波数ホッピングパターンで動作する無線通信装置が存在しても、干渉を生じることなく正常に無線通信を行うことができる。 Above-described manner wireless communication apparatus of the present invention, according to the radio communication method and a computer program, even if there is a wireless communication device operating in close to a different frequency hopping pattern, a wireless communication normally without causing interference It can be carried out.

以下に添付図面を参照しながら、本発明の好適な実施の形態について詳細に説明する。 Reference will now be described in detail preferred embodiments of the present invention. なお、本明細書及び図面において、実質的に同一の機能構成を有する構成要素については、同一の符号を付することにより重複説明を省略する。 In the specification and the drawings, components having substantially the same function and structure are a repeated explanation thereof by referring to the figures.

(1)アドホックネットワークの構成 まず、アドホックネットワークの構成について説明する。 (1) Configuration of an ad-hoc network will be described first configuration of the ad-hoc network. 図1は、アドホックネットワークの構成例を示した概念図である。 Figure 1 is a conceptual diagram showing a configuration example of an ad hoc network. 図中の丸印は、通信装置(無線通信装置)を示し、点線で示した領域は、各通信装置が通信を行うことが可能な電波到達範囲を示す。 Circle in the figure indicates a communication device (radio communication apparatus), the region indicated by the dotted line shows the radio range that can each communication device communicates.

通信装置111は、その電波到達範囲121に含まれる通信装置112と通信が可能である。 Communication device 111 can communicate with the communication device 112 that are included in the coverage area 121. 通信装置112は、その電波到達範囲122に含まれる通信装置111と通信装置113との間で通信が可能である。 Communication device 112 can communicate with the communication device 113 and communication device 111 that are included in the coverage area 122. 同様に、通信装置113は、通信装置112と通信装置114との間で通信が可能である。 Similarly, the communication device 113 can communicate with the communication device 112 and communication device 114. また、通信装置114は、通信装置113と通信装置115との間で通信が可能である。 The communication device 114 can communicate with the communication device 113 and communication device 115. また、通信装置115は、通信装置114との間で通信が可能である。 The communication device 115 can communicate with the communication device 114. このように、通信装置111〜通信装置115が、それぞれの電波到達範囲に含まれる通信装置との間で通信を行い、アドホックネットワークが形成される。 Thus, the communication device 111 to communication device 115 performs communication with the communication device included in each of the radio range, ad hoc networks are formed.

(2)スーパーフレームの構成例 次に、スーパーフレームの構成について説明する。 (2) Configuration example of super frame Next, the configuration of the superframe. 図2は、スーパーフレームの構成例を示した説明図である。 Figure 2 is an explanatory diagram showing an example of the structure of a superframe. スーパーフレーム周期は、所定の時間(例えば、65ms)により定義され、256個のメディアアクセススロット(MAS;Media Access Slot)に細分化されている。 Super frame period is a predetermined time (e.g., 65 ms) is defined by 256 media access slots; is subdivided into (MAS Media Access Slot). 一のアドホックネットワークを構成する通信装置は、該スーパーフレーム周期を共有し、上記細分化されたMASを単位としてメッセージの転送が行われる。 Communication apparatus constituting an ad hoc network share the super frame period, a message is transferred to the subdivided MAS units.

さらに、スーパーフレームの先頭には、ビーコンにより管理情報の送受信を行うための管理領域としてのビーコン期間(BP)があり、所定の間隔をおいてビーコンスロット(BS)が配置されている。 Furthermore, at the beginning of the superframe, there is a beacon period as a management area for transmitting and receiving management information using a beacon (BP), a beacon slot (BS) are arranged at a predetermined interval. また、通信装置毎に、固有のビーコンスロットが設定され、周囲の通信装置との間で、ネットワークの管理やアクセス制御を行うためのパラメータが交換される。 Also, for each communication device, is set a unique beacon slot, between the periphery of the communication device, parameters for performing the management and access control of the network are exchanged. 図中には、ビーコン周期として、BS0〜BS7の8個のビーコンスロットが設定されている例を示した。 In the figure, a beacon period, an example in which eight beacon slots BS0~BS7 is set. なお、ビーコン周期として設定されていない期間は、通常、データ伝送領域として利用される。 The period that is not set as the beacon period is normally used as a data transmission area.

(3)ビーコンスロットの利用例 次に、ビーコンスロットの利用例を示す。 (3) Use examples of beacon slots Next, an example of the use of a beacon slot. 図3は、通信装置111〜通信装置115が、一つのアドホックネットワークを形成している場合に、各通信装置が設定する自己のビーコンスロット位置を示した概念図である。 3, the communication device 111 to communication device 115, when forming the single ad-hoc network is a conceptual diagram showing the beacon slot position of the self each communication device is set. ここでは、1つのアドホックネットワークを構成する各通信装置が、利用されていないビーコンスロットを通知しあうことで、自己の利用するビーコンスロットを選定した様子が示している。 Here, each communication device constituting one ad hoc network, that mutually notifying beacon slot that is not utilized, have shown how the selected beacon slot to use self.

この例では、通信装置111は、BS2で自己のビーコンを送信し、通信装置112は、BS3で自己のビーコンを送信する。 In this example, the communication device 111 transmits its own beacon at BS2, the communication device 112 transmits its own beacon at BS3. 同様に、通信装置113は、BS4で自己のビーコンを送信し、通信装置114は、BSで自己のビーコンを送信する。 Similarly, the communication device 113 transmits its own beacon at BS4, the communication device 114 transmits its own beacon at BS. 通信装置115は、BS6で自己のビーコンを送信する。 Communication device 115 transmits its own beacon at BS6. このように、各通信装置が、それぞれ固有のビーコンスロットを占有し、ビーコンを送信している状態を示している。 Thus, each communication device, respectively occupies a unique beacon slots, and shows a state that is sending the beacon.

なお、このネットワークグループに新規参入する通信装置の為に、必要に応じてBS1、BS2、BS7及びBS8が確保されている。 Incidentally, for newcomers to the communication device in the network group, BS1 optionally, BS2, BS 7 and BS8 is ensured. 通常、自己のビーコンスロットの後方に所定数の空きビーコンスロットが設けられている。 Usually, a predetermined number of free beacon slots behind the own beacon slot is provided. これらの空きビーコンスロットは、通信装置の新規参入に備えて準備されているものである。 These empty beacon slots are those which are prepared for newcomers communication device. また、各通信装置のビーコン期間は、周囲に存在する通信装置のビーコンに応じて、適宜、拡張することが可能な構成となっている。 Further, the beacon period of each communication device, in accordance with the beacon of the communication device existing around, suitably, has become capable of extended configuration.

(4)ビーコンフレームの構成例 図4は、上述したビーコンスロットに送信されるビーコンのビーコンフレーム30の構成例を示した説明図である。 (4) Configuration example 4 of the beacon frame is an explanatory diagram showing an example of the structure of a beacon frame 30 of the beacon that is sent to the above-described beacon slot. 該ビーコンは、スーパーフレームの管理領域であるビーコン期間に各通信装置から送信され、該ビーコンを受信することによって、周囲の通信装置との間で管理情報を交換することができる。 The beacon is transmitted from each communication device in the beacon period is a management area of ​​the superframe, by receiving the beacon, you can exchange management information between the periphery of the communication device.

ビーコンフレーム30は、図4に示したように、MACヘッダ情報300と、ヘッダーチェックシーケンス(HCS)310と、ビーコンペイロード情報320と、フレームチェックシーケンス(FCS)330とを含む。 Beacon frame 30, as shown in FIG. 4, includes a MAC header information 300, a header check sequence (HCS) 310, a beacon payload information 320, and a frame check sequence (FCS) 330.

さらに、MACヘッダ情報300は、フレーム制御情報301と、受信先アドレスである届け先アドレス302と、送信元アドレスである送り元アドレス303と、シーケンス番号などのシーケンス制御情報304と、アクセス制御に必要なパラメータが記載されたアクセス制御情報305とを含む。 Further, MAC header information 300 includes frame control information 301, the destination address 302 is the destination address, the sender's address 303 is the source address, and sequence control information 304 such as a sequence number, required for the access control parameter and an access control information 305 that has been described. ここで、ホスト通信装置との接続時において、送り元アドレス303には自己が生成する無線アドレスが用いられる。 Here, at the time of connection to the host communication device, a wireless address is used by itself to generate the sender's address 303.

また、ビーコンペイロード情報320は、通信装置固有のパラメータである固有情報321と、ビーコンスロット利用を示したビーコン利用情報322と、通信装置のケーパビリティを示す能力情報323と、ハイバネーションモードで動作する場合に付加される休眠モード情報324と、DRP(Distributed Reservation Protocol)予約をしているMAS位置を示すDRP予約情報325と、DRP予約に利用可能なMAS位置を示したDRP利用情報326と、PCA(Prioritized Contention Access)通信に利用する可能性のあるMAS位置を示したPCA利用情報327と、受信先通信装置に送信するデータが存在することを示す送信情報328と、を含む。 Also, the beacon payload information 320 includes a unique information 321 is a communication device specific parameters, the beacon use information 322 showing the beacon slot utilization, and capability information 323 indicating the capabilities of communication devices, when operating in a hibernation mode and sleep mode information 324 to be added to a DRP reservation information 325 indicating the MAS position that the DRP (Distributed reservation Protocol) reservation, and DRP usage information 326 showing the available MAS located DRP reservation, PCA ( Prioritized including Contention Access) and PCA use information 327 showing a possible MAS position used for communication, and transmits information 328 indicating that data exists to be transmitted to the destination communication apparatus.

なお、これらの各種パラメータを、必要に応じて追加、削除してビーコンフレーム30を構成するとしてもよい。 Incidentally, these various parameters, added as needed, may constitute a beacon frame 30 and removed.

(5)MASの設定例 図5は、上記ビーコンフレーム30に含まれるDRP予約やDRP利用情報によるMASの設定例をビットマップ形式で示した説明図である。 (5) MAS Configuration Example FIG. 5 is an explanatory diagram showing a setting example of MAS by DRP reservations and DRP usage information included in the beacon frame 30 in a bitmap format.

DRPは、16MASごとに1つのゾーンを示すゾーンビットマップ(0〜15)と、ゾーン毎にMASのビットを示すMASビットマップ(0〜15)とのビットを組み合わさることによって指定(DRP Allocation)される。 DRP includes a zone bitmap (0-15) shows one zone per 16MAS, designated by combine the bits of the MAS bitmap (0-15) indicating a bit of MAS for each zone (DRP Allocation) It is.

例えば、ゾーンビットマップが全てのMASを指定する「1」であり、MASビットマップの15のみが「1」に設定された場合、各ビットマップの論理和をとり、図6の太枠領域x、すなわちMAS15、31、47、63、79、95、111、127、143、159、175、191、207、223、239および255の利用が指定されたことを意味する。 For example, the zone bitmap to specify all of the MAS is "1", when only 15 of the MAS bitmap is set to "1", the logical sum of each bit map, the thick frame area x in FIG. 6 , that means that the use of MAS15,31,47,63,79,95,111,127,143,159,175,191,207,223,239 and 255 are specified.

(6)周波数ホッピングパターン 次に、本実施形態による通信装置の周波数ホッピングパターンについて説明する。 (6) frequency hopping pattern will be described the frequency hopping pattern of the communication device according to the present embodiment.

図6は、アドホックネットワークにおける周波数ホッピングの構成例を示した説明図である。 Figure 6 is an explanatory view showing a configuration example of a frequency hopping in the ad hoc network.

周波数ホッピングを行うパターンは、TFCと呼ばれる物理チャネルのコードによって定義される。 Pattern to perform frequency hopping is defined by the code of the physical channel called TFC. 例えば、物理チャネルがTFC:1であった場合、サブバンド1、サブバンド2、サブバンド3、サブバンド1、サブバンド2、サブバンド3、の規則にしたがって利用するサブバンドが変化する。 For example, physical channel TFC: if it was 1, subband 1, the subband 2, the subband 3, the subband 1, the subband 2, the subband changes be utilized in accordance with sub-band 3, of the rules.

また、物理チャネルがTFC:2であった場合、サブバンド1、サブバンド3、サブバンド2、サブバンド1、サブバンド3、サブバンド2、の規則にしたがって利用するサブバンドが変化する。 The physical channel TFC: if it was 2, subband 1, the subband 3, the subband 2, the subband 1, the subband 3, the subband changes be utilized in accordance with sub-band 2, the rule.

また、物理チャネルがTFC:3であった場合、サブバンド1、サブバンド1、サブバンド2、サブバンド2、サブバンド3、サブバンド3、の規則にしたがって利用するサブバンドが変化する。 The physical channel TFC: if it was 3, subband 1, the subband 1, the subband 2, the subband 2, the subband 3, the subband changes be utilized in accordance with sub-band 3, of the rules. 同様に、物理チャネルがTFC:4であった場合、サブバンド1、サブバンド1、サブバンド3、サブバンド3、サブバンド2、サブバンド2、の規則にしたがって利用するサブバンドが変化する。 Similarly, the physical channel TFC: if a 4, sub-band 1, sub-band 1, sub-band 3, sub-band 3, sub-band 2, sub-band utilized in accordance with sub-band 2, the rule is changed.

さらに、マルチバンドOFDM方式においては、TFC:5〜7のように、周波数ホッピングを行わないパターンも用意されている。 Moreover, in the multiband OFDM method, TFC: as in 5-7, also are prepared patterns is not performed frequency hopping.

具体的には、TFC:5はサブバンド1のみを連続的に利用し、TFC:6はサブバンド2のみを連続的に利用し、TFC:7はサブバンド3のみを連続的に利用する。 Specifically, TFC: 5 utilizes only the sub-band 1 continuously, TFC: 6 utilizes only the sub-band 2 continuously, TFC: 7 utilizes only the sub-band 3 continuously. このように、設定するTFCコードに応じて、利用する周波数ホッピングのパターンが決定される。 Thus, depending on the TFC code to set the pattern of frequency hopping utilizing is determined.

また、利用するTFCコードには、各TFCコードに対応する所定のプリアンブルのシーケンスが用意されている。 Further, the TFC code utilizing the sequence of a predetermined preamble for each TFC code are prepared. プリアンブルとは、送受信される信号に付加される同期信号である。 The preamble is a synchronization signal added to the transmitted and received signals.

具体的には、周波数ホッピングパターンとしてTFC:1を設定した場合にはシーケンス1を、TFC:2を設定した場合にはシーケンス2を、TFC:3を設定した場合にはシーケンス3を、TFC:4を設定した場合にはシーケンス4を、TFC:5を設定した場合にはシーケンス5を、TFC:6を設定した場合にはシーケンス6を、TFC:7を設定した場合にはシーケンス7を利用することができる。 Specifically, TFC as a frequency hopping pattern: Sequence 1 if you set 1, TFC: Sequence 2 if you set 2, TFC: the sequence 3 in the case of setting the 3, TFC: sequence 4 is the case of setting the 4, TFC: a sequence 5 in the case of setting the 5, TFC: sequence 6 in the case of setting the 6, TFC: 7 utilizing a sequence 7 in the case of setting the can do.

なお、本実施形態では、サブバンド1〜3をバンドグループ1として利用する構成を例示したが、より高い周波数帯域であるサブバンド4〜6を含むバンドグループ2や、サブバンド7〜9を含むバンドグループ3が利用されるとしてもよい。 In the present embodiment has illustrated the configuration using the sub-band 1-3 as a band group 1, including the band group 2 or sub-bands 7-9 comprising subband 4-6 is a higher frequency band it may be as a band group 3 is used.

(7)周波数ホッピングの様子 図7A〜図7Dは、上記の周波数ホッピングの構成例による周波数ホッピングの様子を示した模式図である。 (7) appearance view 7A~-7D frequency hopping is a schematic view showing how the frequency hopping by the configuration example of the frequency hopping. 当該模式図は、マルチバンドOFDM方式のウルトラワイドバンド無線通信システムにおいて規定された、サブバンドの周波数ホッピングの実施例を示したものである。 The schematic diagram is defined in ultra wideband wireless communication system of the multi-band OFDM scheme, it illustrates an example of a frequency hopping sub-bands.

図7Aは、TFC:1の周波数ホッピングの様子を示している。 Figure 7A, TFC: shows how the first frequency hopping. 図示したように、TFC:1では、サブバンド1で所定のシンボル間に情報ビットが送信され、次に、サブバンド2で所定のシンボル間に情報ビットが送信され、サブバンド3で所定のシンボル間に情報ビットが送信され、当該動作を繰り返すことで連続的に情報が送信される。 As shown, TFC: In 1, the information bits between a predetermined symbol is transmitted on subband 1, then the information bits between a predetermined symbols are transmitted on subbands 2, predetermined symbols in sub-band 3 information bits are transmitted during continuously information by repeating the operation is transmitted.

図7BはTFC:2の周波数ホッピングの様子を、図7CはTFC;3の周波数ホッピングの様子を、図7DはTFC:4の周波数ホッピングの様子を示している。 Figure 7B TFC: the state of the second frequency hopping, Figure 7C TFC; how the frequency hopping 3, Figure 7D TFC: shows how the 4 frequency hopping. TFCチャネル2〜4においても、TFCチャネル1と同様に使用するサブバンドを順次切替えて情報ビットを連続的に送信することができる。 Also in TFC channels 2-4 can transmit sequentially switched by information bits subbands used in the same manner as TFC channels 1 sequentially.

ところが、ある通信装置の近隣に、異なるネットワークに属する通信装置が存在した場合には、干渉の問題が生じる場合がある。 However, close to a certain communication device, when the communication devices belonging to different networks exists may interference problems. すなわち、異なるネットワークに属する通信装置と自己が無線通信に使用する時間帯が重なる場合が考えられ、この場合、両者のTFCチャネルが異なったとしても部分的には干渉が生じてしまう。 That is, the communication device and self belonging to different networks is considered if the time zone to be used for wireless communication overlap, in this case, it is also partially as both a TFC channels are different interference occurs.

(8)無線通信の干渉例 図8は、無線通信の干渉例を示した説明図である。 Interference Example 8 (8) wireless communication is a diagram showing an interference of a wireless communication. 具体的には、自己がTFC:1で動作し、近隣にTFC:4で動作する通信装置が存在する場合の各サブバンドの使用状態を示している。 Specifically, self TFC: operating at 1, close to TFC: shows the use state of each sub-band when the communication apparatus is present to operate at 4. なお、自己が利用するサブバンドを自己バンドA、近隣の他の通信装置が利用するサブバンドを他バンドBとして示している。 Also shows self-bands A subbands self utilizes a subband neighboring other communication apparatus is utilized as the other bands B. また、自己バンドAと他バンドBとが重畳する場合、自己バンドAと他バンドBとを合わせて複合領域Yとして示している。 Further, when the self-band A and another band B is superimposed, it is shown as a composite region Y by combining the self-band A and another band B.

図8を参照すると、複合領域Yには、自己バンドAと他バンドBが重畳する干渉領域Cを確認することができる。 Referring to FIG. 8, the composite region Y, it is possible to check the interference region C which overlaps the self-bands A and another band B. このような干渉を生じる干渉領域Cでは、データの送受信にエラーが生じ満足な通信が行えないという問題がある。 In such interference causing interference region C, there is a problem that an error in data transmission and reception can not be performed satisfactory communication occurs. また、本実施形態で示したようにサブバンドが3つの場合は、平均約1/3の頻度で干渉を生じ、該頻度は、物理層の誤り補正で訂正できるエラー数を大きく超えてしまう。 Further, if the sub-band of the three, as shown in this embodiment, interference occurs at a frequency of an average of about 1/3, 該頻 degree exceeds significantly the number of errors that can be corrected by the error correction of the physical layer.

本発明の実施の一形態によれば、上記近隣の通信装置との周波数の干渉の問題を防止する通信装置が提供される。 According to one embodiment of the present invention, a communication device for preventing the frequency of the interference problem between the neighboring communication device is provided. 以下、図9を用いて本実施形態による通信装置の構成を説明する。 Hereinafter, the configuration of a communication device according to the present embodiment with reference to FIG.

(9)通信装置の構成 図9は、本実施形態による通信装置110の構成を示したブロック図である。 Configuration FIG. 9 (9) communication device is a block diagram showing a configuration of a communication apparatus 110 according to this embodiment. 通信装置110は、アンテナ144、高周波信号処理部146、信号検出部148、プリアンブル検出部150、ホッピングパターン設定部152、受信ビーコン信号検出部154、受信ビーコン情報解析部156、利用時間帯解析部158、情報格納部160、利用時間帯判定部170、送信ビーコン情報設定部172、通信装置制御部174、アクセス制御部176、無線送信信号構築部178、データバッファ180およびデータインターフェース部182を含む。 Communication device 110 includes an antenna 144, a high frequency signal processing unit 146, the signal detector 148, preamble detecting section 150, the hopping pattern setting section 152, the received beacon signal detecting section 154, the received beacon analysis unit 156, band use time analyzer 158 , including information storage unit 160, usage time zone determination unit 170, it transmits the beacon information setting unit 172, the communication apparatus control unit 174, the access control unit 176, a radio transmission signal constructing unit 178, a data buffer 180 and the data interface section 182.

アンテナ144は、他の通信装置と高周波無線信号により所定の情報の送受信をすることができ、送信部および受信部として機能する。 Antenna 144 may transmit and receive predetermined information by another communication device and high-frequency radio signal, which functions as a transmission unit and a reception unit. 上記所定の情報には、ビーコンや、DRP予約が設定されたMAS内で送受信されるデータなどが該当する。 The predetermined information, a beacon or the like data transmitted and received in a MAS that DRP reservation has been set corresponds.

高周波無線処理部146は、アンテナ144が受信した高周波無線信号を増幅し、受信信号に変換する。 RF radio processing unit 146 amplifies the high-frequency radio signal antenna 144 receives and converts the received signal. また、アンテナ144から送信する所定の情報を高周波無線信号としての送信信号に変換する機能を有する。 Also it has a function of converting the predetermined information to be transmitted from the antenna 144 to the transmission signal as a high frequency radio signal.

信号検出部148は、高周波無線処理部146から出力される受信信号に基づいて、周波数ホッピング方式以外のスペクトル拡散技術による信号、例えば直接拡散方式による信号を検出する機能を備える。 Signal detector 148 is provided on the basis of the reception signals outputted from the high-frequency radio processing section 146, the signal due to spread spectrum technique other than the frequency hopping scheme, for example, a function of detecting a signal by the direct spread system.

プリアンブル検出部150は、高周波無線処理部146から出力される送信信号に基づいて、マルチバンドOFDM方式の無線通信システムの信号に同期信号として付加されている所定のプリアンブル信号を検出し、同期信号検出部として機能する。 Preamble detection unit 150 based on the transmission signal outputted from the high-frequency radio processing section 146 detects a predetermined preamble signal added as a synchronization signal to the signal of the wireless communication system of the multi-band OFDM system, synchronization signal detector to function as a part. また、本実施形態によるプリアンブル検出部150は、異なる周波数ホッピングパターンの信号の検出が可能となるよう、任意のプリアンブルパターンの設定をすることができる。 Also, the preamble detection unit 150 according to the present embodiment, so that it is possible to detect different frequency hopping patterns of the signal, it is possible to set any of the preamble pattern.

ホッピングパターン設定部152は、マルチバンドOFDM方式の無線通信システムの周波数ホッピングパターンを設定するパターン設定部として機能する。 Hopping pattern setting section 152 functions as a pattern setting unit that sets a frequency hopping pattern of a radio communication system of multi-band OFDM scheme. 本実施形態によるホッピングパターン設定部152は、周波数ホッピングパターンを適宜異なるTFCチャネルに切替えて設定することができる。 Hopping pattern setting section 152 according to this embodiment can be set by switching appropriately different TFC channel frequency hopping pattern.

かかる構成により、本実施形態による通信装置110は、自己のネットワークの通信装置のDRP予約情報以外にも、他の周波数ホッピングパターンで通信が行われるネットワークの通信装置のDRP予約情報も受信することが可能となる。 With this configuration, a communication device 110 according to this embodiment, be received in addition to DRP reservation information of the communication apparatus of the own network, nor DRP reservation information of the network communication devices communication is performed another frequency hopping pattern It can become.

なお、従来からのキャリア検出可能な無線システムにおいては、自己の周波数ホッピングパターンを変更することなく他の周波数ホッピングパターンの検出をすることができた。 In the carrier detectable radio system from the prior art, it could be the detection of other frequency hopping pattern without changing the self-frequency-hopping pattern. しかし、マルチバンドOFDM方式の無線通信システムにおいては、キャリアが検出できるレベルを下回る信号であるため、周波数ホッピングパターンを本実施形態にように干渉相手と同一に変更しなければ、干渉相手の通信装置のDRP予約情報を獲得すること困難である。 However, multi-in-band OFDM system of a wireless communication system, since a signal below the level which the carrier can be detected, to be changed to the same interference partner as in the present embodiment the frequency hopping pattern, the interference partner communication device it is difficult to win the DRP reservation information.

受信ビーコン信号検出部154は、プリアンブル検出部150がプリアンブルを検出した後、所定の周波数ホッピングパターンにより受信した受信信号から、ビーコンを抽出する。 Received beacon signal detecting section 154, after the preamble detection unit 150 detects a preamble from a received signal received by a predetermined frequency hopping pattern, and extracts the beacon. なお、受信ビーコン信号検出部154の検出するビーコンは、自己のネットワークの通信装置が送信したビーコンに限られず、他のネットワークの通信装置のビーコンも含まれる。 Note that the beacon that detects a received beacon signal detecting section 154 is not limited to the beacon communication apparatus of the own network is transmitted, also includes a beacon of another network communication device.

受信ビーコン情報解析部156は、受信ビーコン信号検出部154が検出したビーコンに記載されているDRP予約情報や利用可能時間帯情報などを解析する。 Received beacon analysis unit 156 analyzes the like DRP reservation information and the available usage time information received beacon signal detecting section 154 is described in the beacon detected.

利用時間帯解析部158は、受信ビーコン情報解析部156が解析したDRP予約情報および利用可能時間帯情報や、信号検出部148が検出した他のスペクトル拡散方式による信号に基づいて、自己の周囲に存在する通信装置による利用時間帯を解析する。 Use hours analyzing unit 158, and DRP reservation information and the available usage time information is received beacon analysis unit 156 analyzes, based on the signal according to another spread spectrum system where the signal detection unit 148 detects, around the self to analyze the use time zone by the communication apparatus present.

記憶部としての情報格納部160は、利用時間帯解析部158が解析した上記利用時間帯を、自己が通信をした場合に干渉を生じる可能性が高い利用干渉時間帯として記憶する。 Information storage unit 160 as a storage unit, the usage time zone in which the utilization time period analysis section 158 analyzes, itself stored as likely to cause interference utilizing interference time zone when the communication. また、後述する利用可能時間帯判定部170が判定した、自己の通信の利用可能時間帯を記憶する。 It was also determined the available usage time determination unit 170 to be described later, and stores the available usage time of the own communication.

利用可能時間帯判定部170は、利用時間帯解析部158による上記自己の周囲に存在する通信装置による利用時間帯の解析結果に基づいて、自己の利用可能時間帯を判定する。 Available usage time determining unit 170, based on the analysis result of the use time band by the communication device existing around the self by the use time band analysis unit 158 ​​determines the available usage time of the self. 以下に、利用可能時間帯の判定方法の詳細について説明する。 The following describes details of the method of determining the available time zone.

(10)他のネットワークによる通信を検出する実施例 図10は、他のネットワークによる通信を検出する実施例を示した説明図である。 (10) Example diagram 10 for detecting the communication by the other network is an explanatory diagram showing an embodiment of detecting a communication by other networks. 通信装置110は、自己のネットワークで通信を行わないビーコンスキップ期間を有する。 Communication device 110 includes a beacon skip periods do not communicate in their own network. 図示の例では、2つ目と、5つ目のスーパーフレーム周期では自己のネットワークで通信を行わない様子を点線で示している。 In the illustrated example, The second and, in the superframe period of the fifth shows how the do not communicate in their own network by a dotted line. なお、該ビーコンスキップの周期は、後述する通信装置制御部174により制御されるとしてもよい。 The period of the beacon skip may be controlled by the communication apparatus control unit 174 to be described later.

本実施形態による通信装置110は、上記ビーコンスキップ期間に周波数ホッピングパターンを変更し、他のネットワークの情報を検出することができる。 Communication device 110 according to this embodiment changes the frequency hopping pattern to the beacon skip period, it is possible to detect the information of the other network. 図示の例では、ビーコンスキップ期間に周波数ホッピングパターンを他のTFCチャネルに変更している様子を実線で示している。 In the illustrated example shows a state in which by changing the frequency hopping pattern to another TFC channel beacon skip period by the solid line. また、図示したように、各ビーコンスキップ期間に異なる周波数ホッピングパターンに変更することも可能である。 Also, as illustrated, it is also possible to change to a different frequency hopping patterns to each beacon skip period.

かかる構成により、自己の本来の通信を妨げることなく、他のネットワークの管理情報あるいはビーコンを検出することができる。 With this configuration, without interfering with the original communication self, it is possible to detect the management information or the beacon of another network. また、電源投入直後のビーコンスキャン動作により、異なる周波数ホッピングパターンで動作するネットワークの存在を把握した後、新たに異なるネットワークが接近してきた場合でも、新たなネットワークの情報を獲得して自己の通信の利用時間帯に反映することが可能である。 Also, the beacon scanning operation immediately after the power is turned on, different after grasping the presence of a network operating in the frequency hopping pattern, even if a new different network is approaching, the own communication to acquire information of a new network it is possible to reflect on the use of time zone.

(11)利用可能時間帯の判定 図11Aおよび図11Bは、利用可能時間帯判定部170による利用可能時間帯の判定の様子を示した説明図である。 (11) determining FIGS. 11A and 11B of the available usage time is an explanatory view showing how the determination of the available usage time by the available usage time determining unit 170. ビットマップを構成する各MASは、自己ビーコン期間210、自己利用期間220、利用不可期間230、利用可能時間帯240、他ビーコン期間250および他ネットワーク利用期間260に分類される。 Each MAS constituting the bitmap, self beacon period 210, a self-use period 220, unavailability period 230, the available usage time 240 are classified to other beacon period 250 and other network usage period 260.

図11Aは、自己の近隣に異なるネットワークが存在しない場合の利用可能時間帯を示している。 Figure 11A shows the available usage time when the self points to different networks do not exist. 自己ビーコン期間210(MAS0〜15)は、自己のネットワークでのビーコン期間(Beacon Period)として予約されている時間帯を示している。 Self beacon period 210 (MAS0~15) shows the time zone, which is reserved as the beacon period of the own network (Beacon Period).

自己利用期間220(MASビットマップの14、15行)は、自己の利用するMASとしてDRP予約されている時間帯を示している。 Self usage period 220 (14, 15 rows of the MAS bitmap) shows a time slot that has been DRP reserved MAS utilizing self. また、利用不可期間230(MASビットマップの11〜13行)は、自己のネットワークで動作する他の通信装置が利用するDRP予約している時間帯を示している。 Also, unavailability period 230 (11 to 13 rows of the MAS bitmap) indicates the period during which the other communication device operating in its own network is DRP reservation use. 自己のネットワークで動作する通信装置は、共通の周波数ホッピングパターンを用いるため、当該期間を利用して新たに通信を行うと干渉を生じる可能性が高く、利用が不可能である時間帯としている。 Communication devices operating in its own network, for using a common frequency hopping pattern, can cause performing interference newly communication using the period it is high, and the usage time zone is not possible.

そして、その他の利用可能時間帯240が、自己のネットワーク内に属する通信装置が利用可能な時間帯を示している。 The other available time slot 240, a communication device belonging to the own network indicates a time zone available. しかし、近隣に異なる周波数ホッピングパターンで動作するネットワークが存在した場合、上記期間210〜240のみを考慮するのでは干渉を回避することができない。 However, if the network operate at different frequency hopping pattern close exists, than considering only the period 210 to 240 can not avoid interference.

図11Bは、自己の近隣に異なるネットワークが存在する場合の利用可能時間帯240を示している。 Figure 11B shows the available usage time 240 when the self points to a different network exists. すなわち、通信装置110が、周波数ホッピングパターンを他のTFCコードに変更し、近隣に他のネットワークを検出した場合の様子を示している。 That is, the communication device 110 changes the frequency hopping pattern to another TFC code, showing a case of detecting the other network nearby.

他ビーコン期間250(MAS105〜120)は、他のネットワークのビーコン期間として予約されている時間帯を示している。 Other beacon period 250 (MAS105~120) shows the time zone, which is reserved as a beacon period of another network. また、他ネットワーク利用期間260(MASビットマップの3〜8行)は、他のネットワークで利用が設定されているDRP予約に相当する時間帯を示している。 Also, other network use period 260 (MAS 3 to 8 rows of the bit map) shows a time slot corresponding to the DRP reservations available in another network is set. 他ビーコン期間250および他ネットワーク利用期間260では、図8を用いて説明したように利用する周波数バンドが一部、または全体が重なるため、干渉を生じる可能性がある時間帯として把握される。 In another beacon period 250 and other network usage period 260, part of the frequency band to use as described with reference to FIG. 8, or the entire overlap is grasped as a time period that may cause interference.

図示したように、自己の利用するMASとしてDRP予約していた自己利用期間220のうち、MAS110、111は、他ビーコン期間250と重なり、干渉を生じる可能性が高いので、予約時間帯を利用可能時間帯240の領域内に変更することができる。 As illustrated, among the self-usage period 220 that was DRP reservation as MAS utilizing the self, MAS110,111 overlaps with other beacon period 250, there is a high possibility of causing interference, available reservation time frame it is possible to change the time zone 240 in the region.

このように、本実施形態によれば、近隣に異なる周波数ホッピングパターンで動作する無線通信装置が存在しても、該無線通信装置のビーコンを受信し、干渉の発生する時間帯を把握できるので、該時間帯を避け正常な無線通信を行うことが可能である。 Thus, according to this embodiment, even if there is a wireless communication device operating in a different frequency hopping patterns close, it receives the beacon of the wireless communication device, it is possible to grasp the time period for occurrence of interference, it is possible to perform normal wireless communication avoiding said time band.

なお、他ビーコン期間250および他ネットワーク利用期間260において、自己のTFCコードと他のネットワークのTFCの組合わせによっては、干渉の程度が低い場合も考えられる。 Note that in another beacon period 250 and other network usage period 260, depending on the combination of the self-TFC code and other network TFC, if also conceivable degree of interference is low. したがって、このような場合は、必ずしも他ビーコン期間250および他ネットワーク利用期間260を避けて利用時間帯を設定しなくてもよい。 Therefore, this case may not necessarily be set the usage time zone to avoid the other beacon period 250 and other network usage period 260.

図12は、利用可能時間帯判定部170による利用可能時間帯の判定の様子を示した他の説明図である。 Figure 12 is another explanatory view showing how the determination of the available usage time by the available usage time determining unit 170. 図12は、スーパフレーム周期の一部分を抽出し、上段に他のネットワークのDRP予約状況、中段に自己のDRP予約状況および下段に自己の変更後のDRP予約状況を示している。 12 extracts a portion of the superframe period, shows a DRP reservation status after self changing other DRP reservation status of network, the DRP reservation status and lower self in the middle to upper.

他のネットワークでDRP予約されている時間帯(斜線領域)と、自己がDRP予約している時間帯が、図示したように部分的に重なってしまった場合、その時間帯では干渉の影響により通信を満足に行うことができないと考えられる。 Communication other DRP reserved by that time zone network and (shaded area), self time zone that is reserved DRP, if you've partially overlapping as shown, due to the influence of interference that time zone it is considered that can not be carried out satisfactorily.

そこで、図12の下段に示したように、自己のDRP予約MASを、他のネットワークでDRP予約されている時間帯を避けて設定することにより、干渉の影響を受けず、エラーの抑制された通信を行うことが可能となる。 Therefore, as shown in the lower part of FIG. 12, the self DRP reservation MAS, by setting to avoid the time zone that is DRP reservation in another network, without being affected by interference, was suppressed errors it is possible to perform communication.

ここで、通信装置110の構成の説明に戻ると、送信ビーコン情報設定部172は、上述のようにして得られた利用可能時間帯の情報を付加した送信ビーコンを生成する。 Referring back to the description of the configuration of the communication device 110, it transmits the beacon information setting unit 172 generates a transmission beacon added with information of the available usage time obtained as described above.

通信装置制御部174は、ビーコンの受信状況や、データ送受信を行う時間帯(MAS)の設定状況から、通信装置としての動作を制御したり、周波数ホッピングのタイミングを制御したりする。 Communication apparatus control unit 174, and reception status of the beacon, the time zone to perform data transmission and reception from the setting status of (MAS), and controls the operation of the communication device, and controls the timing of frequency hopping. また、ビーコンスキップ期間を制御する構成とすることもできる。 It is also possible to adopt a configuration for controlling the beacon skip period.

アクセス制御部176は、データ送受信の時間帯で通信のアクセス制御を行う。 The access control unit 176 performs access control of the communication in the time zone of the data transmission and reception. 無線送信信号構築部178は、高周波信号処理部146が送信信号を生成するためのデータを構築する。 Transmitting radio signal constructing unit 178 constructs a data for the high frequency signal processing unit 146 generates a transmission signal. データバッファ180は、受信信号や送信信号を一時的に格納する機能を有する。 Data buffer 180 has a function of storing the received signal and transmission signal temporarily. データインターフェース部182は、通信装置110に接続される機器やアプリケーションとの間でデータの授受を行う。 Data interface unit 182 transmits and receives data to and from the device or application that is connected to the communication device 110.

なお、上述した通信装置を構成する各構成は、必要に応じて一部を付加あるいは除去しても、複数の機能を包含するよう構成するとしてもよい。 Each structure constituting the communication apparatus described above, even if the addition or removal of a portion optionally may be configured to include a plurality of functions.

(12)通信装置の動作の流れ 次に、本実施形態による通信装置110の動作について説明する。 (12) the flow of operation of the communication apparatus Next, an operation of the communication device 110 according to this embodiment.

図13は、本実施形態による通信装置110の動作の流れを示したフローチャートである。 Figure 13 is a flowchart showing the flow of operation of the communication device 110 according to this embodiment. 図13においては、通信装置110の電源投入後からの動作を示しており、まず、通信装置110は、所定のスーパーフレーム周期にわたって、ネットワークの存在を把握するためのスキャン動作を行う(S401)。 13 shows the operation of the activating power to the communication device 110, first, the communication device 110 over a predetermined superframe period, performs the scanning operation for grasping the existence of the network (S401).

そして、上記スキャン動作の結果、既存のネットワークが検出された場合、自己の周波数ホッピングパターンを該既存のネットワークの周波数ホッピングパターンに設定し、スーパーフレーム周期も設定する(S402)。 As a result of the scanning operation, if the existing network is detected, its own frequency hopping pattern and set to a frequency hopping pattern of the existing network, the superframe period is also set (S402). なお、既存のネットワークが検出されなかった場合、周波数ホッピングパターンとスーパーフレーム周期を任意に設定する。 In the case where an existing network is not detected, to arbitrarily set the frequency hopping pattern and the superframe period. そして、ビーコンの送信を停止するビーコンスキップ周期を設定する(S403)。 Then, set the beacon skip cycle to stop transmission of the beacon (S403).

次に、現在、スーパフレーム周期の先頭であるか否かを判断する(S404)。 Next, currently, it is determined whether the head of the superframe period (S404). スーパフレームの先頭であると判断された場合には、ビーコンスキップ期間であるか否かを判断する(S405)。 If it is determined that the head of the super frame, determines whether the beacon skip period (S405). 続いて、ビーコンスキップ期間でないと判断された場合、自己のビーコン期間であるか否かを判断する(S406)。 Then, if it is determined not to be a beacon skip period, it is determined whether or not a beacon period of the self (S406).

S406で自己のビーコン期間であると判断された場合、ビーコン期間の情報交換を行うために、自己のネットワークで利用する周波数ホッピングのパターンを設定する(S407)。 If it is determined that the own beacon period S406, in order to exchange information of the beacon period, to set a pattern of frequency hopping used in its own network (S407). そして、該当するプリアンブルのシーケンスも設定する(S408)。 And, also set the sequence of the corresponding preamble (S408).

続いて、現在が自己のビーコンスロット期間であるか否かを判断する(S409)。 Then, the current to determine whether a beacon slot period of the self (S409). 自己のビーコンスロット期間であると判断された場合、例えばDRP予約情報のようにネットワークで通信に利用される時間帯の情報を獲得する(S410)。 If it is determined that the own beacon slot period, to acquire, for example information of the time zone used for communication in a network as DRP reservation information (S410). さらに自己の通信装置が利用可能となる時間帯を示す利用可能時間帯の情報も獲得する(S411)。 Further also acquire information of the available usage time indicating a time period during which its own communication device is available (S411). そして、利用可能時間帯などに基づいてビーコンを構築し、送信する(S412)。 Then, to build a beacon on the basis of such available time zone, to send (S412).

そして、S412でビーコンを送信した後、またはS409で自己のビーコンスロットでないと判断された場合、自己のネットワークに属する周囲の通信装置からのビーコンを受信し、そのビーコン情報を収集する(S413)。 Then, after transmitting a beacon in S412, or if it is found not to be the own beacon slot in S409, it receives the beacon from the surrounding communication devices belonging to its own network, collecting the beacon information (S413).

次に、ビーコン期間が終了したか否かを判断し(S414)、ビーコン期間が終了していないと判断された場合には、S407に戻ってS413までの動作を繰り返す。 Next, it is determined whether the beacon period has ended (S414), when the beacon period is determined not completed, repeats the operation until S413 back to S407. ビーコン期間が終了したと判断された場合には、獲得したDRP予約情報などに基づいて、自己が利用する時間帯を設定し、S404に戻る(S415)。 If the beacon period is determined to have ended, the like based on DRP reservation information acquired, to set the time zone in which the self is to use, and returns to S404 (S415).

S405で、現在がビーコンスキップ期間であると判断された場合、周波数ホッピングパターンを、自己のネットワークで使用される周波数ホッピングパターンとは異なるパターンに設定する(S416)。 In S405, if the current is determined to be the beacon skip period, the frequency hopping pattern is set to a different pattern from the frequency hopping pattern used by the own network (S416). そして、変更後の周波数ホッピングパターンに対応するプリアンブルを設定する(S417)。 Then, set the preamble corresponding to a frequency hopping pattern after the change (S417). なお、周波数ホッピングパターンが複数存在する場合には、適宜それらを切替えて設定することができる。 Incidentally, when the frequency hopping pattern there is a plurality, it may be set appropriately switching them.

続いて、S417で設定したプリアンブルの検出の有無を判断する(S418)。 Subsequently, it is determined whether the detection of the preamble set in S417 (S418). プリアンブルが検出された場合は、引続き受信信号を解析し、他のネットワークのビーコンを受信したか判断をする(S419)。 If the preamble is detected, it is analyzing the received signals continue, the determination whether a beacon has been received other network (S419). そして、ビーコンを受信した場合には、そのビーコンを検出した時刻を記憶する(S420)。 Then, when receiving the beacon, it stores the time that detected the beacon (S420). ここで、ビーコンが検出された時刻を記憶するのは、他のネットワークのDRP予約情報を自己のスーパーフレーム周期に換算するために、自己のスーパーフレームとの同期の差分を把握しておく必要があるからである。 Here, for storing the time at which the beacon is detected, a DRP reservation information of the other network to be converted into a super-frame period of the self, is necessary to grasp the synchronization of the difference between its own superframe This is because there.

そして、引続きビーコンパラメータを解析し、該ビーコンに記載されている、他のネットワークで利用する時間帯情報(DRP予約情報)を獲得する(S421)。 Then, subsequently analyzes the beacon parameters are described in the beacon, acquires the time zone information to be used in another network (DRP reservation information) (S421). さらに、該時間帯情報を干渉を生じる可能性がある時間帯の情報として保持する(S422)。 Furthermore, to hold the information of the time zone that may cause interference to said time zone information (S422).

次に、上記の干渉を生じる可能性がある時間帯の情報と、スーパーフレームの同期の差分に基づいて、自己の利用が可能な時間帯(MAS)を判定する(S427)。 Next, it is determined the time zone information that may cause interference above, based on the synchronization difference superframe, the use of self possible time bands (MAS) (S427). そして、自己の利用が可能な時間帯を利用可能時間帯情報、あるいはDRP Availability IEとして設定する(S428)。 Then, the available time zone information the time zone that can be use of the self, or to set up as a DRP Availability IE (S428).

一方、S418においてプリアンブルが検出されなかった場合、他のスペクトル拡散方式などによる信号を受信しているか否かを判断する(S423)。 On the other hand, if the preamble is not detected in S418, it is determined whether or not the received signals due to other spread spectrum scheme (S423). 他のスペクトル拡散方式などによる信号を受信していないと判断された場合には、S427の処理へ進む。 If it is determined that it has not received the signal due to other spread spectrum system, the processing proceeds to S427. 他のスペクトル拡散方式による信号が検出された場合、該信号が検出された時刻を記憶しておく(S424)。 If the signal by another spread spectrum system is detected, it stores the time at which the signal is detected (S424). そして、該記憶された時刻に周期性があるか否かを判断する(S425)。 Then, it is determined whether there is a periodicity in the stored time (S425). 周期性があると判断された場合には、該周期性に基づいて、干渉を生じる可能性がある時間帯を計算し、保持する(S426)。 If it is determined that there is periodicity, based on the periodic property, calculate the time period that may have caused the interference, hold (S426). そして、S427の処理へ進む。 Then, the process proceeds to the processing of S427.

S404において、現在がスーパーフレーム周期の先頭でないと判断された場合には、自己の利用時間帯であるか否かを判断する(S429)。 In S404, the current is when it is determined not to be the head of the super frame period determines whether the self-usage time zone (S429). 自己の利用時間帯であると判断された場合には、自己のネットワークで利用する周波数ホッピングパターンを設定する(S430)。 If it is determined that the own usage time zone, sets the frequency hopping pattern utilized by the own network (S430). そして、プリアンブルも自己の周波数ホッピングパターンに対応するシーケンスに設定し(S431)、一連のデータ送受信動作を行う(S432)。 The preamble is also set to the sequence corresponding to its own frequency hopping pattern (S431), a series of data transmission and reception operation (S432). なお、S429において、自己の利用時間帯でないと判断された場合には、その時間帯では休眠動作とし、受信処理を行なわない構成となっている。 Incidentally, in S429, if it is determined not to be self-usage time period, the dormant operation is the time zone, and has a configuration that does not perform the reception processing.

以上、添付図面を参照しながら本発明の好適な実施形態について説明したが、本発明は係る例に限定されないことは言うまでもない。 Having described the preferred embodiments of the present invention with reference to the accompanying drawings, it goes without saying that the present invention is not limited to the embodiment. 当業者であれば、特許請求の範囲に記載された範疇内において、各種の変更例または修正例に想到し得ることは明らかであり、それらについても当然に本発明の技術的範囲に属するものと了解される。 Those skilled in the art within the scope described in the claims, it would be appreciated by the can conceive modifications, combinations, and belong to the technical scope of the present invention as for their It is understood.

アドホックネットワークの構成例を示した概念図である。 It is a conceptual diagram showing a configuration example of an ad hoc network. スーパーフレームの構成例を示した概念図である。 It is a conceptual diagram showing an example of the structure of a superframe. 各通信装置が設定する自己のビーコンスロット位置を示した概念図である。 It is a conceptual diagram in which each communication device showed own beacon slot position to be set. ビーコンスロットに送信されるビーコンフレームの構成例を示した説明図である。 Is an explanatory diagram showing an example of the structure of a beacon frame transmitted in the beacon slot. MASの設定例をビットマップ形式で示した説明図である。 A setting example of the MAS is an explanatory diagram showing a bit map format. 周波数ホッピングの構成例を示した説明図である。 It is an explanatory view showing a configuration example of a frequency hopping. 周波数ホッピングの様子を示した模式図である。 It is a schematic diagram showing a state of the frequency hopping. 周波数ホッピングの様子を示した模式図である。 It is a schematic diagram showing a state of the frequency hopping. 周波数ホッピングの様子を示した模式図である。 It is a schematic diagram showing a state of the frequency hopping. 周波数ホッピングの様子を示した模式図である。 It is a schematic diagram showing a state of the frequency hopping. 無線通信の干渉例を示した説明図である。 Is an explanatory diagram showing an interference of a wireless communication. 本実施形態による通信装置の構成を示したブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of a communication apparatus according to the present embodiment. 他のネットワークでの通信を検出する実施例を示した説明図である。 Is an explanatory diagram showing an embodiment of detecting the communication in another network. 利用可能時間帯判定部による利用可能時間帯の判定の様子を示した説明図である。 It is an explanatory view showing how the determination of the available usage time by the available usage time determining unit. 利用可能時間帯判定部による利用可能時間帯の判定の様子を示した説明図である。 It is an explanatory view showing how the determination of the available usage time by the available usage time determining unit. 利用可能時間帯判定部による利用可能時間帯の判定の様子を示した他の説明図である。 It is another explanatory view showing how the determination of the available usage time by the available usage time determining unit. 本実施形態による通信装置の動作の流れを示したフローチャートである。 It is a flowchart showing a flow of operation of the communication device according to the present embodiment.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100 アドホックネットワーク 110〜115 無線通信装置 144 アンテナ 150 プリアンブル検出部 152 ホッピングパターン設定部 158 利用時間帯解析部 160 情報格納部 170 利用可能時間帯判定部 100 ad hoc network 110 to 115 wireless communication device 144 the antenna 150 preamble detector 152 hopping pattern setting section 158 use time zone analyzer 160 information storage unit 170 the available usage time determining unit

Claims (6)

  1. 無線のネットワークを構成する無線通信装置において: In the radio communication device constituting the wireless network:
    周波数ホッピングパターンを、所定期間に、自己のネットワークでの無線通信に用いる自己ホッピングパターンから他のネットワークでの無線通信に用いられる他ホッピングパターンに切替えて設定するパターン設定部と; The frequency hopping pattern, the predetermined time period, and a pattern setting unit that sets switching to other hopping patterns used by the self-hopping pattern in radio communications with other networks used for wireless communication in its own network;
    前記パターン設定部により設定された周波数ホッピングパターンを用いて、自己のネットワークまたは他のネットワークから所定の管理情報を受信する受信部と; Using a frequency hopping pattern set by the pattern setting unit, a receiving unit for receiving predetermined management information from its own network or another network;
    前記受信部が受信する所定の管理情報に含まれ、他の無線通信装置が無線通信に利用する時間帯を示す予約時間帯情報を解析する利用時間帯解析部と; It included in the predetermined management information the receiving unit receives, and use time period analysis section for other wireless communication device analyzes the reserved time zone information that indicates the time zone to be used for wireless communication;
    前記他ホッピングパターンにより、前記受信部が前記他のネットワークの無線通信装置から管理情報を受信した時刻と、前記他のネットワークの無線通信装置の前記予約時間帯情報とに基づいて、自己が無線通信に利用可能な時間帯を判定する利用可能時間帯判定部と; Wherein the other hopping patterns based and time the receiver receives the management information from the wireless communication apparatus of the other network, the said reserved time zone information of the wireless communication apparatus in the other network, the self wireless communication and determining the available usage time determining unit time zones available;
    を備える、無線通信装置。 It comprises a wireless communication device.
  2. 前記所定期間は、前記自己のネットワークでの無線通信を停止する期間である、請求項1に記載の無線通信装置。 Wherein the predetermined period is a period for stopping the radio communication in the own network, a wireless communication apparatus according to claim 1.
  3. 前記無線通信に用いられ、周波数ホッピングパターンごとに異なる同期信号を検出する同期信号検出部をさらに含む、請求項1に記載の無線通信装置。 The used radio communication, further comprising a synchronization signal detector for detecting a different synchronization signals for each frequency hopping pattern, a wireless communication apparatus according to claim 1.
  4. 前記他のネットワークの無線通信装置が、前記他ホッピングパターンにより無線通信を行う時間帯を、干渉が生じる干渉時間帯として記憶する記憶部をさらに含む、請求項1に記載の無線通信装置。 The other network of the wireless communication device, wherein the other hopping patterns a time zone performing radio communication, further comprising a storage unit for storing the interference time slot interference occurs, the wireless communication apparatus according to claim 1.
  5. 無線のネットワークを構成する無線通信装置による無線通信方法おいて: Keep wireless communication method by the wireless communication device constituting the wireless network:
    周波数ホッピングパターンを、所定期間に、自己のネットワークでの無線通信に用いる自己ホッピングパターンから他のネットワークでの無線通信に用いられる他ホッピングパターンに切替えて設定するステップと; The frequency hopping pattern, the predetermined time period, and setting is switched to the other hopping patterns used by the self-hopping pattern in radio communications with other networks used for wireless communication in its own network;
    前記設定された周波数ホッピングパターンを用いて、自己のネットワークまたは他のネットワークから所定の管理情報を受信するステップと; By using the set frequency hopping pattern, and receiving a predetermined management information from its own network or another network;
    前記所定の管理情報に含まれ、他の無線通信装置が無線通信に利用する時間帯を示す予約時間帯情報を解析するステップと; It included in the predetermined management information, comprising: another wireless communication device analyzes the reserved time zone information that indicates the time zone to be used for wireless communication;
    前記他ホッピングパターンにより、前記他のネットワークの無線通信装置から管理情報を受信した時刻と、前記他のネットワークの無線通信装置の前記予約時間帯情報とに基づいて、自己が無線通信に利用可能な時間帯を判定するステップと; By the other hopping pattern, and the time which has received the management information from the wireless communication apparatus of the other network, the reservation based on the time zone information of the wireless communication apparatus in the other network, available self to the wireless communication determining a time zone;
    を含む、無線通信方法。 Including, wireless communication method.
  6. コンピュータをして、 And the computer,
    周波数ホッピングパターンを、所定期間に、自己のネットワークでの無線通信に用いる自己ホッピングパターンから他のネットワークでの無線通信に用いられる他ホッピングパターンに切替えて設定するパターン設定部と; The frequency hopping pattern, the predetermined time period, and a pattern setting unit that sets switching to other hopping patterns used by the self-hopping pattern in radio communications with other networks used for wireless communication in its own network;
    前記パターン設定部により設定された周波数ホッピングパターンを用いて、自己のネットワークまたは他のネットワークから所定の管理情報を受信する受信部と; Using a frequency hopping pattern set by the pattern setting unit, a receiving unit for receiving predetermined management information from its own network or another network;
    前記受信部が受信する所定の管理情報に含まれ、他の無線通信装置が無線通信に利用する時間帯を示す予約時間帯情報を解析する利用時間帯解析部と; It included in the predetermined management information the receiving unit receives, and use time period analysis section for other wireless communication device analyzes the reserved time zone information that indicates the time zone to be used for wireless communication;
    前記他ホッピングパターンにより、前記受信部が前記他のネットワークの無線通信装置から管理情報を受信した時刻と、前記他のネットワークの無線通信装置の前記予約時間帯情報とに基づいて、自己が無線通信に利用可能な時間帯を判定する利用可能時間帯判定部と; Wherein the other hopping patterns based and time the receiver receives the management information from the wireless communication apparatus of the other network, the said reserved time zone information of the wireless communication apparatus in the other network, the self wireless communication and determining the available usage time determining unit time zones available;
    を含む無線通信装置として機能せしめることを特徴とする、コンピュータプログラム。 Wherein the allowed to function as a wireless communication device including a computer program.
JP2006136724A 2006-05-16 2006-05-16 Wireless communication device, wireless communication method and computer program Expired - Fee Related JP4830629B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006136724A JP4830629B2 (en) 2006-05-16 2006-05-16 Wireless communication device, wireless communication method and computer program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006136724A JP4830629B2 (en) 2006-05-16 2006-05-16 Wireless communication device, wireless communication method and computer program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007311909A true JP2007311909A (en) 2007-11-29
JP4830629B2 true JP4830629B2 (en) 2011-12-07

Family

ID=38844391

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006136724A Expired - Fee Related JP4830629B2 (en) 2006-05-16 2006-05-16 Wireless communication device, wireless communication method and computer program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4830629B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101564460B1 (en) * 2007-12-27 2015-10-30 코닌클리케 필립스 엔.브이. Simplified beaconing and channel reservation techniques for short range wireless networks
JP4661887B2 (en) * 2008-03-05 2011-03-30 ソニー株式会社 Radio communication device, radio communication system, radio communication method, and program
JP4596031B2 (en) * 2008-04-07 2010-12-08 ソニー株式会社 Wireless communication device, wireless communication method, a program and a wireless communication system,
JP2010098438A (en) * 2008-10-15 2010-04-30 Mitsubishi Electric Corp Radio communication device, and radio communication system
JP5704682B2 (en) * 2010-08-26 2015-04-22 独立行政法人情報通信研究機構 Wireless communication system, the interference preventing method
JP5688760B2 (en) * 2011-02-21 2015-03-25 独立行政法人情報通信研究機構 Wireless communication system, the interference preventing method

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003110571A (en) * 2001-09-28 2003-04-11 Sony Corp Wireless transmitting method for selectively carrying out time hopping, wireless transmitting device, control station device, and program
US6993333B2 (en) * 2003-10-16 2006-01-31 Flarion Technologies, Inc. Methods and apparatus of improving inter-sector and/or inter-cell handoffs in a multi-carrier wireless communications system
JP2005198008A (en) * 2004-01-07 2005-07-21 Sony Corp Radio communication system, radio communication equipment and radio communication method, and computer program
JP2005236819A (en) * 2004-02-23 2005-09-02 Sony Corp Wireless communication system, device, and method, and computer program
JP4333413B2 (en) * 2004-03-04 2009-09-16 ソニー株式会社 Wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and computer program
JP4590969B2 (en) * 2004-07-28 2010-12-01 ソニー株式会社 Wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and computer program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2007311909A (en) 2007-11-29 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7826426B1 (en) Seamless mobility in wireless networks
Ratasuk et al. License-exempt LTE deployment in heterogeneous network
US20100061326A1 (en) Methods for responding to co-located coexistence (clc) request from a mobile electronic device and communications apparatuses capable of controlling multi-radio coexistence
US20040116075A1 (en) Dual platform communication controller, method of controlling a dual platform communication and wireless communication system employing the same
US20060286935A1 (en) Apparatus and method for wireless communication
US20050147071A1 (en) Multi-mode WLAN/PAN MAC
US20060251098A1 (en) Radio communication system, radio communication device, radio communication method, and computer program
US20100014463A1 (en) Wireless communication system, wireless terminal station, wireless base station, and wireless communication method
US20130182652A1 (en) Methods and apparatus in a wireless network
US20100260085A1 (en) Flexible mac superframe structure and beaconing method
Cordeiro et al. C-MAC: A cognitive MAC protocol for multi-channel wireless networks
US20120108179A1 (en) Coexistence of heterogeneous secondary networks
US20040264425A1 (en) Communication system, communication method, communication apparatus, communication control method, and computer program
US20050089001A1 (en) Wireless communication system, wireless communication apparatus, wireless communication method and computer program
US20050206554A1 (en) Wireless communication system, wireless communication apparatus, wireless communication method, and computer program
Yuan et al. KNOWS: Cognitive radio networks over white spaces
US20050047383A1 (en) Wireless communication system, wireless communication apparatus, wireless communication method and computer program
US20100296493A1 (en) Distributed channel hopping method in wireless ad-hoc network
US20090310573A1 (en) distributed wireless medium access control protocol for ad-hoc networks
JP2005223767A (en) Radio communication system, radio communication apparatus and method, and computer program
US20100273419A1 (en) Apparatus and method for mac logical channel selection for operating piconets in body area networks
WO2003026221A1 (en) System and method for introducing sectored transceiving into wireless networks
JP2005354326A (en) System, device and method for radio communication and computer program
US20130070605A1 (en) Method, apparatus, and computer program product for quiet period management in wireless networks for coexistence
CN1462523A (en) Dynamic frequency selection scheme for IEEE 802.11. WLANS

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090501

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110322

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110614

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110804

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110823

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110905

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140930

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees