JP4827013B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP4827013B2
JP4827013B2 JP2006118389A JP2006118389A JP4827013B2 JP 4827013 B2 JP4827013 B2 JP 4827013B2 JP 2006118389 A JP2006118389 A JP 2006118389A JP 2006118389 A JP2006118389 A JP 2006118389A JP 4827013 B2 JP4827013 B2 JP 4827013B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image data
cpu
lottery
jackpot
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006118389A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007289285A (ja
Inventor
淳志 西本
Original Assignee
奥村遊機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 奥村遊機株式会社 filed Critical 奥村遊機株式会社
Priority to JP2006118389A priority Critical patent/JP4827013B2/ja
Publication of JP2007289285A publication Critical patent/JP2007289285A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4827013B2 publication Critical patent/JP4827013B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、パチンコ機等の遊技機に関するものである。
従来より、遊技領域に設けられて複数の表示領域内のそれぞれに複数の識別図柄を変動表示する図柄表示装置を備えた遊技機に関して種々提案されている。
例えば、複数図柄を変動表示可能な図柄表示部を有し、これら複数の図柄には大当たり図柄である特定図柄と非特定図柄が含まれ、それら特定図柄と非特定図柄の何れかが確定図柄として図柄表示部に表示されると特別遊技状態を生起し、確定図柄が特定図柄のときには、特別遊技状態が終了後に遊技者にとって有利となる有利状態を生起し、特別遊技状態が生起するとき、図柄表示部に、確定図柄と該確定図柄との相違を識別できない程度に相違する大当たり図柄を一旦停止表示するように構成した遊技機が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。
また、このように構成された遊技機では、大当たりが終了後に有利状態となって、図柄表示部の図柄変動回数が所定回数以上(例えば、100回以上)、或は、遊技機にタイマーを設置して所定時間(例えば、30分)以上遊技を行った後に、長時間遊技を行った遊技者へのサービスとして、飾りランプを通常時と異なる態様で点灯して、有利状態である旨を知らせる構成が開示されている。
特開平11−76539号公報(段落(0008)〜(0026)、図1〜図3)
上記特許文献1に記載された遊技機では、遊技者は特別遊技状態が終了後に遊技者にとって有利となる有利状態(本願の「確率変動モード」に相当する。)が生起しているにも拘わらず、判らない状態で遊技を続けなければならず、有利な状態が生起しているか否かを早く知りたいと希望する。また、遊技者は有利な状態が生起しているにも拘わらず、特別遊技状態の終了後に、遊技を中止してしまう虞がある。
しかしながら、特別遊技状態中に、有利な遊技状態が生起していない旨を報知したのでは、遊技者の特別遊技状態を獲得した喜びに水を差す結果となり、遊技の興趣を損なってしまうとい問題がある。
そこで、本発明は、上述した問題点を解決するためになされたものであり、特別遊技状態中において、特別遊技状態終了後、確率変動モードが選択された場合には、所定の第2確率で遊技者に特別遊技状態中に確率変動モードを獲得した旨を報知して特別遊技状態獲得の喜びを増大させることができると共に、この確率変動モードを獲得した旨を報知しない場合には、確率変動モードと前記通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を報知することにより、遊技者の確率変動モード獲得への期待感を増大させ、特別遊技状態獲得の喜びを継続させることが可能な遊技機を提供することを目的とする。
前記目的を達成するため請求項1に係る遊技機では、遊技領域に設けられて複数の識別図柄を表示する図柄表示装置と、通常時には閉塞される開閉可能な大入賞口を有する特別入賞装置と、を備え、前記複数の識別図柄が変動後、所定の態様を構成する特定図柄で停止した後、前記大入賞口が所定ラウンド数開放される特別遊技状態が発生する遊技機において、前記特別遊技状態終了後の遊技状態は、該特別遊技状態の付与を所定の第1抽選確率で抽選する通常遊技モードと、該特別遊技状態の付与を前記第1抽選確率よりも高い所定の第2抽選確率で抽選する確率変動モードと、を含み、前記特別遊技状態は、予め設定された前記大入賞口が連続して開放可能となる設定ラウンド数が異なる複数種類の特別遊技モードを含み、前記複数種類の特別遊技モードから一の特別遊技モードを所定の第1選択確率で選択する特別遊技モード選択手段と、前記特別遊技状態終了後の遊技状態として前記通常遊技モードと確率変動モードとのいずれか一方を所定の第2選択確率で選択する遊技モード選択手段と、前記遊技モード選択手段を介して確率変動モードが選択されたか否かを判定する判定手段と、前記確率変動モードが選択された旨を報知する確変獲得報知画像データと、該確率変動モードと前記通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を報知する抽選中報知画像データと、を含む抽選画像データを前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードにおける前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御する表示制御手段と、を備え、前記表示制御手段は、前記判定手段を介して確率変動モードが選択されたと判定された場合には、前記確変獲得報知画像データと前記抽選中報知画像データとのいずれか一方を選択して、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御し、前記判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定された場合には、前記抽選中報知画像データを選択して、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御するように構成されている。
これにより、特別遊技状態終了後の遊技状態として、確率変動モードが選択された場合には、遊技者に特別遊技状態中に確率変動モードを獲得した旨を報知して特別遊技状態獲得の喜びを増大させることができる。また、特別遊技状態終了後の遊技状態として、確率変動モードが選択されても、遊技者に特別遊技状態中に、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を報知すると共に、確率変動モードを獲得していない場合には、遊技者に特別遊技状態中に確率変動モードを獲得していない旨を報知しないで、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を報知することにより、遊技者の確率変動モード獲得への期待感を増大させ、特別遊技状態中において、特別遊技状態獲得の喜びを継続させることが可能となる。
また、請求項2に係る遊技機では、請求項1に記載の遊技機において、前記確変獲得報知画像データと抽選中報知画像データは、所定ラウンド数に渡って報知する画像データであって、前記表示制御手段は、前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードにおいて、該特別遊技モードが終了していない段階で前記抽選中報知画像データを表示し終わった場合には、前記判定手段を介して確率変動モードが選択されたと判定されているときには、前記確変獲得報知画像データと前記抽選中報知画像データとのいずれか一方を再度、選択して、該特別遊技モードにおいて、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御し、前記判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定されているときには、前記抽選中報知画像データを再度、選択して、該特別遊技モードにおいて、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御するように構成されている。
これにより、特別遊技状態終了後の遊技状態として、確率変動モードが選択された場合に、遊技者に特別遊技状態中に確率変動モードを獲得した旨を報知しない場合や、確率変動モードを獲得していない場合には、遊技者に確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を複数回、継続して報知することが可能となり、遊技者の確率変動モード獲得への期待感を更に増大させ、特別遊技状態中において、特別遊技状態獲得の喜びを確実に継続させることが可能となる。
更に、請求項3に係る遊技機では、請求項1に記載の遊技機において、前記確変獲得報知画像データと抽選中報知画像データは、所定ラウンド数に渡って報知する画像データであって、前記表示制御手段は、前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードと前記判定手段の判定結果とに基づいて複数種類の大当たり種類から一の大当たり種類を特定する大当たり種類特定手段と、該判定手段を介して前記確率変動モードが選択されたと判定された場合に、前記大当たり種類特定手段によって特定される前記複数種類の大当たり種類のそれぞれに対応して前記確変獲得報知画像データ又は前記抽選中報知画像データから構成される複数種類の前記抽選画像データを記憶する第1抽選画像データ記憶手段と、該判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定された場合に、該大当たり種類特定手段によって特定される前記複数種類の大当たり種類のそれぞれに対応して前記抽選中報知画像データから構成される前記抽選画像データを記憶する第2抽選画像データ記憶手段と、前記第1抽選画像データ記憶手段又は第2抽選画像データ記憶手段に記憶される抽選画像データから前記大当たり種類特定手段によって特定された大当たり種類に対応する一の抽選画像データを選択する抽選画像データ選択手段と、前記特別遊技状態において前記大入賞口が閉鎖されている各インターバル間に表示される大当たりインターバル間演出画像データを前記第1抽選画像データ記憶手段及び第2抽選画像データ記憶手段に記憶される各抽選画像データに対応させて記憶する大当たりインターバル間演出画像データ記憶手段と、前記抽選画像データ選択手段によって選択された抽選画像データに対応する前記大当たりインターバル間演出画像データを選択して、各インターバル間に表示するように制御するインターバル間表示制御手段と、を有し、前記第1抽選画像データ記憶手段及び第2抽選画像データ記憶手段に記憶される各抽選画像データは、前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数よりも少ないラウンド数であり、且つ、他の特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数の時には、前記大入賞口の複数回の開放に渡って前記抽選中報知画像データが表示されるように構成され、前記大当たりインターバル間演出画像データ記憶手段に記憶される各大当たりインターバル間演出画像データは、前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数よりも少ないラウンド数であり、且つ、他の特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数における前記抽選中報知画像データの表示が終了した後のインターバル間において、前記確率変動モードと前記通常遊技モードとのいずれかを再度、抽選する旨を報知する抽選案内表示画像データが表示されるように構成され、前記表示制御手段は、前記判定手段を介して確率変動モードが選択されたと判定された場合には、前記抽選画像データ選択手段を介して該第1抽選画像データ記憶手段に記憶される抽選画像データから前記大当たり種類特定手段によって特定された大当たり種類に対応する一の抽選画像データを選択して、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御し、前記判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定された場合には、前記抽選画像データ選択手段を介して該第2抽選画像データ記憶手段に記憶される抽選画像データから前記大当たり種類特定手段によって特定された大当たり種類に対応する一の抽選画像データを選択して、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御するように構成されている。
これにより、特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードに設定された大入賞口が連続して開放可能となる設定ラウンド数よりも少ないラウンド数であり、且つ、他の特別遊技モードに設定された大入賞口が連続して開放可能となる設定ラウンド数の時には、大入賞口の複数回の開放に渡って抽選中報知画像データが表示されるため、この設定ラウンド数が長い特別遊技モードが選択された場合には、他の特別遊技モードに設定された設定ラウンド数毎に遊技者に確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を報知することが可能となる。このため、他の特別遊技モードに設定された設定ラウンド数毎に、遊技者の確率変動モード獲得への期待感を増大させ、特別遊技状態中において、特別遊技状態獲得の喜びを確実に継続させることが可能となる。
また、特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードに設定された大入賞口が連続して開放可能となる設定ラウンド数よりも少ないラウンド数であり、且つ、他の特別遊技モードに設定された大入賞口が連続して開放可能となる設定ラウンド数における抽選中報知画像データの表示が終了した後のインターバル間において、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを再度、抽選する旨が報知される。このため、設定ラウンド数が長い特別遊技モードが選択された場合には、他の特別遊技モードに設定された設定ラウンド数毎に、遊技者の確率変動モード獲得への期待感をより増大させ、特別遊技状態中において、特別遊技状態獲得の喜びを確実に継続させることが可能となる。
以下、本発明に係る遊技機をパチンコ機について具体化した一実施例について図面を参照して詳細に説明する。
先ず、本実施例に係るパチンコ機1の概略構成について図1及び図2に基づき説明する。
図1及び図2に示すように、パチンコ機1は、正面視矩形に形成される木製の外枠2に対して合成樹脂製の内枠3が、内枠取付用ヒンジを構成する上ヒンジ3A及び下ヒンジ3Bを介して、外枠2に対して該外枠2の開口を開閉自在に取り付けられている。そして、この内枠3のほぼ上半分の前側には、合成樹脂製の前面カバー部材4が左端縁部の上下を軸支されて開閉自在に取り付けられている。また、この前面カバー部材4のほぼ中央部には略円形の窓部5が開設され、この窓部5の外周縁部に形成されるガラス保持枠に装着された2枚のガラスを通して遊技盤41(図3参照)上の遊技領域42(図3参照)を見ることができるように構成されている。また、前面カバー部材4の窓部5の左上端縁部には、フルカラーの発光ダイオードが内蔵され、遊技中のエラーを表示するエラー表示電飾ランプ6を構成している。また、前面カバー部材4の正面視四隅には、スピーカ7が配置されている。また、前面カバー部材4の前面部分は、窓部5の周囲が不透明な合成樹脂製の前面部材4Aで覆われており、不図示のフルカラーの発光ダイオードが窓部5の外周部に沿って内蔵され、遊技中に光演出が行われる。
また、前面カバー部材4の右側端縁部には、内枠3及び前面カバー部材4を施錠する施錠装置(不図示)を操作するための鍵挿入部4Bが設けられている。前面カバー部材4を開くためには、この鍵挿入部4Bに所定のキーを挿入して所定方向に回せば、施錠装置のロック状態が解除されて、前面カバー部材4のみがオープンされる。
また、この前面カバー部材4の下側には、賞球払出装置22を介して払い出される賞球を受ける上皿8が配設されている。また、この上皿8は、左端縁部の上下を軸支されて、前面カバー部材4を開放後、内側に設けられた不図示のレバーを下げることにより開放できるように取り付けられている。また、この上皿8の中央前面部には、不図示のカード式球貸機を操作する球貸操作部8Bが設けられ、各操作ボタン8C、8Dが配置されている。そして、その上皿8の下には、下皿9が配設される。また、この下皿9の上端面左方には演出表示等に使用可能な各スイッチボタン9A、9Bが配置されている。
また、上皿8に連通する不図示の球送り機構を介して上皿8のパチンコ球が操作ハンドル10によりパチンコ球の発射勢を調整される発射装置(不図示)へ送られるよう構成されている。この発射装置は、供給されるパチンコ球を連続的に叩打する発射ソレノイド(不図示)や発射勢装置として機能する発射制御基板ケース30内に配設される発射制御基板等から構成され、該発射制御基板は、操作ハンドル10の内部に取り付けられる可変抵抗器(不図示)を介して発射ソレノイドへの供給電力が調節され、パチンコ球の発射勢を強めたり、弱めたりすることが可能なように構成されている。これにより、遊技者が操作ハンドル10における回動操作部材10Aの回動量を調節することによって、該操作ハンドル10内に取り付けられた可変抵抗器の抵抗値が増減され、発射ソレノイドによるパチンコ球の発射勢の加減を適宜行うことができるように構成されている。
また、外枠2の内枠3より下側部分の前面部を左右方向及び上下方向の各全幅に渡って覆うようにスピーカ筐体11が設けられている。
また、内枠3を閉じた場合には、該内枠3の下端部は、その自重によってスピーカ筐体11の上端面部に当接している。また、このスピーカ筐体11の底面前端縁部には、左右方向全幅に渡って外枠2の下端面に対向する位置まで下方に突設されるリブ部(不図示)が設けられている。
また、この内枠3のほぼ中央部には、遊技盤41が着脱自在なように、鉄板等の金属製や合成樹脂製の機構盤18に取り付けられている。そして、この機構盤18の裏側には合成樹脂製の機構セット盤20が開閉自在に蝶番により取り付けられている。
また、パチンコ機1の裏側最上段には、上方に開口した賞球タンク21が機構セット盤20に固定されている。賞球タンク21は、傾斜した底面に連通孔が形成され、その連通孔の下方にはパチンコ球を2列に整列流出し、賞球払出装置22にパチンコ球を送る通路を形成するタンクレール23が取り付けられている。また、賞球払出装置22内には、賞球案内部24内の賞球通路を通過するパチンコ球を確認する球有り検出スイッチ(不図示)やパチンコ球の払い出しを調節する払い出しステッピングモータ(不図示)が内装されている。そして、これら賞球タンク21、タンクレール23、賞球案内部24、賞球払出装置22等により賞球の払い出しシステムが構成されている。
また、タンクレール23の下側には液晶表示器(LCD)52(図3参照)等を制御する演出表示基板260(図4参照)が内蔵される演出表示基板ケース26が配設されている。また、演出表示基板ケース26の横側には普通役物等を駆動制御する役物駆動制御基板が内蔵される役物駆動制御基板ケース27が配設されている。また、演出表示基板ケース26の下側には、各スピーカ7、スピーカ筐体11に内蔵されるスピーカ、及びエラー表示電飾ランプ6等のフルカラーダイオード等を駆動制御するとともに、演出表示基板260による表示制御とスピーカ等に関する音制御との間に因果関係を持たせる制御を行うサブ統合制御基板280(図4参照)が内蔵されるサブ統合制御基板ケース28が配設されている。また、このサブ統合制御基板ケース28の下側には、パチンコ機1の遊技動作を制御する主制御基板290(図4参照)が内蔵される主制御基板ケース29が配設されている。そして、この主制御基板ケース29の遊技者側前面部には、操作ハンドル10の操作によって発射装置を駆動制御する発射制御基板が内蔵される発射制御基板ケース30が配設されている。また、主制御基板ケース29の横側には、賞球払出装置22を駆動制御する払出制御基板が内蔵される払出制御基板ケース31が配設されている。更に、この払出制御基板ケース31の下側には、AC24Vの供給電源からDC5VやDC12V等の各種駆動電源を生成して供給する電源基板が内蔵される電源基板ケース32が配設されている。
次に、遊技盤41上の遊技領域42の構成について図3に基づいて説明する。
図3に示すように、この遊技領域42は、所定厚さの板材をなした遊技盤41上に入賞口などの各構造物が配設され、それを囲むように環状のレール43が立設されて構成されている。このレール43は、発射されたパチンコ球を遊技領域42内に案内する重複して形成した案内路44を構成し、右肩部にはレール43に沿って打ち込まれるパチンコ球の進行を制限するための段差部45を有する。
遊技領域42のほぼ中央には、開口部が開設され、この開口部の前面側に図柄表示装置としての特別図柄表示装置48が配設されている。この特別図柄表示装置48は、背面部に取り付けられる液晶表示器(LCD)52等から構成されている。この液晶表示器52には、左、中、右に上下方向に変動する3列の識別図柄が変動表示され、左下角部には、左右に2分割された普通図柄を表示する普通図柄表示部50が構成されている。
一方、特別図柄表示装置48の左側にはゲート54が配設されている。また、このゲート54にはパチンコ球の通過を検出するゲートスイッチ54A(図4参照)が備えられている。また、特別図柄表示装置48の左右の下角部の外側には、通常の風車55、56が設けられている。
また、特別図柄表示装置48の直下には、始動口57が配設されている。この始動口57には、パチンコ球の入賞を検出する始動口スイッチ57A(図4参照)が設けられ、パチンコ球の入賞を検出することで液晶表示器52に表示されている3列の識別図柄の変動が開始する。そして、識別図柄が変動中に始動口57に入賞した場合には、後述のように入賞個数が4個まで主制御基板290(図4参照)に設けられるRAMに記憶されて変動図柄の変動確定回数として保留される。
また、ゲート54のパチンコ球の通過を検出することで普通図柄表示部50の普通図柄が変動する。そして、このゲート54にパチンコ球が入って、普通図柄表示部50の普通図柄が変動後、所定の表示態様で停止した場合(例えば、「11」、「77」のように揃った場合等)には、始動口57の上部に設けられるチューリップ式役物57Bが所定時間(本実施例では、約1秒間)開かれ、この始動口57にパチンコ球が入賞する確率が増加する。また、普通図柄が変動中にゲート54をパチンコ球が通過した場合には、後述のように通過個数が4個まで主制御基板290に設けられるRAMに記憶されて普通図柄の変動確定回数として保留される。
そして、始動口57の下側には、横幅が広い上方に開口する開閉扉59で前面部を覆われる大入賞口60が形成された特別入賞装置61が配設されている。また、大入賞口60内の中央部にはいわゆるV口が仕切形成されており、該V口への入賞検出用のVスイッチ60B(図4参照)が設けられている。また、大入賞口60内には、開閉扉59が開かれたときに入賞したパチンコ球の個数をカウントするための大入賞口スイッチ60A(図4参照)が設けられている。
また、この大入賞口60の左右両側には上方に開口する各入賞口62、63が配設されて遊技盤41裏面の不図示の賞球樋に連通され、この各入賞口62、63への入賞を検出する各入賞口スイッチ(不図示)が設けられている。また、各入賞口62、63の下側には、各電飾ランプ62A、63Aが内蔵されている。
また、特別入賞装置61の直下にはレール43に沿ってアウト口65が開設されている。更に、レール43に囲まれたこのような遊技領域42には、前記各構成物とともに複数の釘が打設されてパチンコ球の複雑な流路を構成している。
次に、上記のように構成されたパチンコ機1の駆動制御に係る制御システムの構成について図4乃至図9に基づいて説明する。
図4に示すように、パチンコ機1の駆動制御に係る制御システムは、主制御基板290、サブ統合制御基板280及び演出表示基板260等から構成されている。
主制御基板290は、CPU291、ROM292、RAM293、及び入出力回路(I/O)294等から構成され、このCPU291、ROM292、RAM293、及び入出力回路294は、バス線により相互に接続されている。また、CPU291にはクロック回路295が接続されて所定のクロック信号が入力される。また、入出力回路294には、ゲートスイッチ54A、始動口スイッチ57A、大入賞口スイッチ60A、Vスイッチ60B等が接続されている。また、この入出力回路294には、開閉扉59を開閉する開閉ソレノイド59A、及びチューリップ式役物57Bを開閉するソレノイド57Cが接続されている。
また、図5に示すように、主制御基板290のRAM293には、クロック回路295から入力されるクロック信号に基づいて0から359まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値359の次には最小値0に戻る)が格納される大当りカウンタ293Aが設けられている。この大当りカウンタ293Aのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られ、その読み取られたカウント値に基づき大当りかどうか判断される。ここでは、例えば、カウント値「7」が大当りに対応し、その他のカウント値はハズレとなる。また、例えば、通常時は、カウント値「7」が大当りに対応し、後述の確率変動モード(確変獲得時)の場合には、カウント値「1、3、5、7」が大当りに対応しており、その他のカウント値は外れとなる。従って、非確変モード時の遊技状態の場合は、1/360の確率で大当りが発生し、確率変動の遊技状態の場合は、4/360の確率で大当りが発生する。
尚、大当たりが抽選された場合には、液晶表示器52の表示画面内で左、中、右の3列の変動図柄が変動後、各特別図柄「1」、「2」、「3」、・・・、「7」、「8」、「9」、「10」のうちのいずれかが「111」、「222」、「333」、・・・、「777」、「888」、「999」、「10 10 10」と揃って確定停止して表示され、その後、後述のように大入賞口60が所定回数(本実施例では、5回(5ラウンド)、10回(10ラウンド)、15回(15ラウンド)のいずれかである。)連続して開放可能となり、毎回29.5秒間又は29.5秒以内に該大入賞口60への入賞個数の合計が10個に達するまで開放され、遊技者に多くの賞球が払い出される(換言すれば遊技者に有利な状態である)いわゆる大当たり遊技を行うことができる(図23等参照)。
また、RAM293には、クロック回路295から入力されるクロック信号に基づいて0から9まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値9の次には最小値0に戻る)が格納される普通図柄カウンタ293Bが設けられている。かかる普通図柄カウンタ293Bのカウント値は、各ゲートスイッチ54Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られ、その読み取られたカウント値に基づいて当りかどうか判断される。ここでは、例えば、カウント値が偶数の場合が当りに対応し、奇数の場合が外れに対応している。
ここで、普通図柄カウンタ293Bは、ゲート54(図3参照)をパチンコ球が通過した際に、パチンコ球の通過を検出するゲートスイッチからの信号が入力されたときに記憶されている数値をその時の「普通図柄カウント値」としてパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。
また、液晶表示器52の図柄が変動中に始動口57に入賞した入賞個数が最大4個までカウントされる第1保留カウンタ293Cが設けられている。また、普通図柄表示部50の普通図柄が変動中にゲート54を通過した通過個数が最大4個までカウントされる第2保留カウンタ293Dが設けられている。
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から9まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値9の次には最小値0に戻る)が格納される大当り特別図柄選択カウンタ293Fが設けられている。かかる大当り特別図柄選択カウンタ293Fのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られ、その読み取られたカウント値に基づきに左、中、右の3列の変動図柄が変動後、停止表示される大当たり図柄の組合せのパターンを特定する。例えば、カウント値「0」が大当たり図柄「111」、カウント値「1」が大当たり図柄「222」、カウント値「2」が大当たり図柄「333」、カウント値「3」が大当たり図柄「444」、カウント値「4」が大当たり図柄「555」、カウント値「5」が大当たり図柄「666」、カウント値「6」が大当たり図柄「777」、カウント値「7」が大当たり図柄「888」、カウント値「8」が大当たり図柄「999」、カウント値「9」が大当たり図柄「10 10 10」に対応している。尚、各大当たり図柄は、公知のように、一連の図柄変動を経た後に停止表示される図柄である。
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から3まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値3の次には最小値0に戻る)が格納される普通図柄選択カウンタ293Gが設けられている。ここでは、例えば、カウント値「0」が普通図柄「11」、カウント値「1」が普通図柄「17」、カウント値「2」が普通図柄「71」、カウント値「3」が普通図柄「77」に対応している。尚、各普通図柄は、公知のように、一連の図柄変動を経た後に停止表示される図柄である。
ここで、普通図柄選択カウンタ293Gは、ゲート54(図3参照)をパチンコ球が通過した際に、パチンコ球の通過を検出するゲートスイッチからの信号が入力されたときに記憶されている数値をその時の「普通図柄選択カウント値」として後述のパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から99まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値99の次には最小値0に戻る)が格納される変動パターン選択カウンタ293Hが設けられている。かかる変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られる。尚、変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値は、液晶表示器52の3列の識別図柄の変動が開始されるタイミングで読み取るように構成してもよい。また、この変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値に基づいて選択される変動パターンコマンドは、公知のように、各種の表示演出に基づき特別図柄表示装置48で一連の図柄変動を表示する変動パターンを特定したコマンドであり、本実施例においては、後述のように表示演出時間として完全ハズレの変動パターンでは、「5秒間」(図10参照)のものが設定されている。また、リーチハズレの変動パターンでは「20秒間」、(図10参照)のものが設定されている。更に、大当たり(通常大当たり及び確変大当たり)の変動パターンでは「22秒間」(図10参照)のものが設定されている。
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から200まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値200の次には最小値0に戻る)が格納されるハズレ図柄選択カウンタ293Iが設けられている。かかるハズレ図柄選択カウンタ293Iのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られる。
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から143まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値143の次には最小値0に戻る)が格納されるリーチハズレ図柄選択カウンタ293Jが設けられている。かかるリーチハズレ図柄選択カウンタ293Jのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られる。
尚、リーチとは、左、中、右の3列の変動図柄が変動後、左列と右列との変動図柄が各特別図柄「1」、「2」、「3」、・・・、「8」、「9」、「10」のうちのいずれかで揃って停止し、中列の変動図柄が変動する状態をいう(例えば、「1↓1」、「2↓2」、・・・、「7↓7」等の状態である。)。また、左、中、右の3列の変動図柄のうち左列と右列に停止する特別図柄をリーチ図柄という。従って、リーチハズレとは、リーチの状態になった後、中列の変動図柄がリーチ図柄と異なる特別図柄で停止することをいう。また、完全ハズレとは、リーチとなることなく終わることをいう。
また、RAM293には、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されたときの各カウンタ293A〜293Jのカウント値等が記憶されるパラメータ記憶エリア293Kが設けられている。
尚、各カウンタ293A〜293Jの各カウント値及びパラメータ記憶エリア293Kは、起動時に「0」に初期化される。また、第1保留カウンタ293Cは、特別図柄が変動を開始する毎に1減算される。また、第2保留カウンタ293Dは、普通図柄が変動を開始する毎に1減算される。
また、図6に示すように、ROM292には、変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値に基づいて、変動パターンを決定する後述の変動パターン決定テーブル73(図10参照)が格納される変動パターン決定テーブル記憶エリア292Aが設けられている。
また、図4に示すように、サブ統合制御基板280には、CPU281、スピーカ7や電飾ランプ6等の駆動制御プログラム等を格納するROM282、主制御基板290からの各種制御信号を格納するRAM283、主制御基板290から送出される各種制御信号を受信する入出力回路284、スピーカ7を駆動制御する駆動回路71、エラー表示電飾ランプ6等を駆動制御する駆動回路72等が配設されている。そして、このCPU281、ROM282、RAM283、及び入出力回路284は、バス線により相互に接続されている。また、CPU281にはクロック回路285が接続されて所定のクロック信号が入力される。また、入出力回路284には、主制御基板290の入出力回路294が接続されている。また、この入出力回路284には、各駆動回路71、72、各スイッチボタン9A、9Bが接続されている。
また、図7に示すように、サブ統合制御基板280のRAM283には、クロック回路285から入力されるクロック信号に基づいて0から13まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値13の次には最小値0に戻る)が格納される演出パターン選択カウンタ283Aが設けられている。かかる演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値は、主制御基板290から送信された変動パターンコマンドが入力されるタイミングで読み取られ(図23のS205)、その読み取られたカウント値は、パラメータ記憶エリア283Cに記憶される。
また、RAM283には、クロック回路285から入力されるクロック信号に基づいて0から99まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値99の次には最小値0に戻る)が格納される大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bが設けられている。かかる大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値は、主制御基板290から送信された大当たり開始コマンドが入力されるタイミングで読み取られ(図29のS233)、その読み取られたカウント値は、パラメータ記憶エリア283Cに記憶される。
尚、起動時又はリセット時には、演出パターン選択カウンタ283A及び大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bに「0」が代入されて記憶され、初期化される。
また、図8に示すように、サブ統合制御基板280のROM282には、後述の演出パターン選択テーブル74(図11参照)が格納される演出パターン選択テーブル記憶エリア282Aが設けられている。また、ROM282には、後述の各大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75〜78(図12〜図15参照)が格納される大当たりラウンド演出パターン選択テーブル記憶エリア282Bが設けられている。ROM282には、後述の各演出パターンコマンド1A、11A、21A、「R15確変当たり1」、・・・、「R5非確変当たり」(図11〜図15参照)の選択等の制御を行う為の後述のサブ制御プログラム(図27等参照)が格納されている。
また、図4に示すように、演出表示基板260には、CPU261、表示制御プログラムや所要の表示データを格納するROM262、表示指令、表示情報、入出力信号等を格納するRAM263、サブ統合制御基板280から送出される各種制御信号を受信する入出力回路264、及びCPU261から送られた表示情報を受けて液晶表示器52に対して画像を加工して表示するVDP(Video Display Processor)265等が配設されている。そして、このCPU261、ROM262、RAM263、入出力回路264、及びVDP265は、バス線により相互に接続されている。また、CPU261にはクロック回路266が接続されて所定のクロック信号が入力される。そして、CPU261は、サブ統合制御基板280から入力される表示パターン情報等の各種制御信号に基づいて、液晶表示器52に所定の演出表示を行う。
また、図9に示すように、演出表示基板260のROM262には、後述の演出表示パターンテーブル81(図16参照)が格納される演出表示パターンテーブル記憶エリア262Aが設けられている。また、ROM262には、後述の各大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82〜84(図17〜図19参照)が格納される大当たりラウンド演出表示パターンテーブル記憶エリア262Bが設けられている。また、ROM262には、後述の各大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85〜87(図20〜図22参照)が格納される大当たりラウンド演出表示パターンテーブル記憶エリア262Cが設けられている。また、ROM262には、後述の各演出パターンコマンド1A、11A、21A、「「R15確変当たり1」、・・・、「R5非確変当たり」(図16〜図22参照)に対応する演出表示パターンの液晶表示器52の表示制御を行う為の後述の制御プログラム(図30等参照)が格納されている。
次に、主制御基板290のROM292の変動パターン決定テーブル記憶エリア292Aに記憶される変動パターン決定テーブル73について図10に基づいて説明する。
図10に示すように、変動パターン決定テーブル73は、大きく3つのパターン群により構成され、完全ハズレ変動パターン群(変動パターンコマンド1)と、リーチハズレ変動パターン群(変動パターンコマンド11)と、大当り変動パターン群(変動パターンコマンド21)とから構成されている。そして、先ず、大当たりカウンタ293Aのカウント値によって「ハズレ」、「大当たり」(通常大当りか確変大当りかは不問)が判断される。次に、「ハズレ」の場合には、変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値に基づいて各変動パターンコマンド1、11のうちのいずれかが決定される。また、「大当たり」の場合には、変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値に基づいて、変動パターンコマンド21が決定される。尚、各変動パターンコマンド1〜21を決定する具体的な制御等に関しては後に説明する(図23参照)。
例えば、完全ハズレの変動パターンコマンド1は、大当りカウンタ293Aのカウント値より「ハズレ」と判断され、且つ変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「0〜89」の場合に決定される。
また、リーチハズレの変動パターンコマンド11は、大当りカウンタ293Aのカウント値より「ハズレ」と判断され、且つ変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「90〜99」の場合に決定される。
また、大当たりの変動パターンコマンド21は、大当りカウンタ293Aのカウント値より「大当たり」と判断され、且つ変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「0〜99」の場合に決定される。
次に、サブ統合制御基板280のROM282の演出パターン選択テーブル記憶エリア282Aに記憶される演出パターン選択テーブル74の一例について図11に基づいて説明する。ここで、演出パターン選択テーブル74は、サブ統合制御基板280のCPU281が主制御基板290のCPU291から指示情報(具体的には変動パターンコマンド及び最終停止図柄情報)を入力された場合に、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)表示指示情報としての演出パターン(演出パターンコマンド)を選択する場合に使用するテーブルである。
図11に示すように、演出パターン選択テーブル74は、主制御基板290のCPU291から入力された変動パターンの指示情報を表す「変動パターンコマンド」と、同じくCPU291から入力され、最終的な確定停止時に液晶表示器52に表示する3列の各図柄を表す「最終停止図柄指示」と、CPU291から変動パターンコマンドが入力された際に取得される演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値を表す「演出パターンカウント値」と、この「演出パターンカウント値」に対応する「演出パターンコマンド」とから構成されている。
また、この「演出パターンコマンド」は、演出表示基板260のCPU261に対しては、液晶表示器52に該演出パターンコマンドに対応する演出表示パターンの表示画像データを演出表示するように指示するコマンドである。また、この「演出パターンコマンド」は、駆動回路71に対しては、該演出パターンコマンドに対応するゲーム音楽をスピーカ7を介して再生するように指示するコマンドである。また、この「演出パターンコマンド」は、駆動回路72に対しては、該演出表示パターンコマンドに対応する点灯駆動パターンに従って電飾ランプ6等を点灯駆動するように指示するコマンドである。尚、各演出パターンコマンドに基づく具体的な制御等に関しては後に説明する(図28参照)。
例えば、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「1」であって、且つ取得した演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「0〜13」であった場合には、演出パターンコマンド1Aが選択される。演出パターンコマンド1Aは、液晶表示器52に表示される3列の変動図柄が変動開始から5秒後に、主制御基板290から指示された完全ハズレを報知する特別図柄の組合せ(例えば、「567」)を液晶表示器52に停止表示させると共に、これに対応するゲーム音楽と電飾ランプ6等の点灯駆動パターンを行う演出パターンを特定するコマンドである。
次に、サブ統合制御基板280のROM282の演出パターン選択テーブル記憶エリア282Bに記憶される各大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75〜78の一例について図12〜図15に基づいて説明する。ここで、各大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75〜78は、サブ統合制御基板280のCPU281が主制御基板290のCPU291から指示情報(具体的には「大当たり開始コマンド」)を入力された場合に、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)表示指示情報としての大当たりラウンドの演出パターン(「大当たり演出パターンコマンド」)を選択する場合に使用するテーブルである。
図12乃至図15に示すように、各大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75〜78は、演出表示基板260のCPU261に出力する「大当たり演出パターンコマンド」と、主制御基板290のCPU291から入力された大当たり遊技中に表示する演出表示パターンの指示情報を表す「大当たり開始コマンド」と、CPU291から大当たり開始コマンドが入力された際に取得される大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値を表す「大当たりラウンド演出パターンカウント値」とから構成されている。
また、この「大当たり演出パターンコマンド」は、演出表示基板260のCPU261に対しては、大当たり遊技中に液晶表示器52に該大当たり演出パターンコマンドに対応する演出表示パターンの表示画像データを演出表示するように指示するコマンドである。また、この「大当たり演出パターンコマンド」は、駆動回路71に対しては、大当たり遊技中に該大当たり演出パターンコマンドに対応するゲーム音楽をスピーカ7を介して再生するように指示するコマンドである。また、この「大当たり演出パターンコマンド」は、駆動回路72に対しては、大当たり遊技中に該大当たり演出表示パターンコマンドに対応する点灯駆動パターンに従って電飾ランプ6等を点灯駆動するように指示するコマンドである。尚、各大当たり演出パターンコマンドに基づく具体的な制御等に関しては後に説明する(図29参照)。
例えば、主制御基板290から入力された「大当たり開始コマンド」が、確率変動モードを獲得した大当たりであると共に、大入賞口60が15回開放可能となる大当たりを表す「R15確変当たり」であって、且つ、大当たり開始コマンドが入力された際に取得した大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値が「0〜4」であった場合には、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75から「大当たり演出パターンコマンド」として「R15確変当たり1」が選択される。
また、主制御基板290から入力された「大当たり開始コマンド」が、確率変動モードを獲得した大当たりであると共に、大入賞口60が5回開放可能となる大当たりを表す「R5確変当たり」であって、且つ、大当たり開始コマンドが入力された際に取得した大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値が「0〜30」であった場合には、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル77から「大当たり演出パターンコマンド」として「R5確変当たり1」が選択される。
また、主制御基板290から入力された「大当たり開始コマンド」が、通常遊技モード、即ち、確率変動モードを獲得できなかった大当たりであると共に、大入賞口60が15回開放可能となる大当たりを表す「R15非確変当たり」であって、且つ、大当たり開始コマンドが入力された際に取得した大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値が「0〜99」であった場合には、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル78から「大当たり演出パターンコマンド」として「R15非確変当たり」が選択される。
次に、演出表示基板260のROM262の演出表示パターンテーブル記憶エリア262Aに格納される演出表示パターンテーブル81について図16に基づいて説明する。ここで、演出表示パターンテーブル81は、演出表示基板260のCPU261が、サブ統合制御基板280のCPU281から表示指示情報としての「演出パターンコマンド」(図11参照)が入力された際に、この表示指示情報に対応して予め設定されている各演出表示パターンを選択する際に使用するテーブルである。そして、演出表示基板260のCPU261は、この選択した演出表示パターンに対応する演出表示の動画データをROM262より読み出して、液晶表示器52に表示制御する。
図16に示すように、演出表示パターンテーブル81は、サブ統合制御基板280のCPU281から入力される表示指示情報を表す各「演出パターンコマンド」と、各演出パターンコマンドに対して予め設定された「演出表示パターン」とから構成されている。
また、演出表示パターンテーブル76の「演出パターンコマンド」には、「1A」、「11A」、「21A」が予め格納されている。
また、演出表示パターンテーブル78の「演出表示パターン」には、「演出パターンコマンド」の「1A」に対して約5秒間の完全ハズレの動画データが格納されている。また、「演出パターンコマンド」の「11A」に対して約20秒間のリーチハズレの動画データが格納されている。また、「演出パターンコマンド」の「21A」に対して約22秒間の大当たりの動画データが格納されている。
例えば、「演出パターンコマンド」の「1A」に対して約5秒間の完全ハズレの動画データを表す、変動開始後所定時間(例えば、約1.5秒である。)経過した時に第1列目の第1図柄を停止表示し、続いて、所定時間(例えば、約2秒である。)経過した時に第3列目の第2図柄を停止表示し、更に所定時間(例えば、約1.5秒である。)経過した時に第2列目の第3図柄を停止表示することを表す「変動開始→第1図柄停止→第2図柄停止→第3図柄停止→ハズレ表示(5秒)」が予め格納されている。
次に、演出表示基板260のROM262の大当たりラウンド演出表示パターンテーブル記憶エリア262Bに格納される各大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82〜84について図17乃至図19に基づいて説明する。ここで、各大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82〜84は、演出表示基板260のCPU261が、サブ統合制御基板280のCPU281から表示指示情報としての「大当たり演出パターンコマンド」(図12乃至図15参照)が入力された際に、この表示指示情報に対応して予め設定されている各大当たりラウンド中に表示する「大当たりラウンド演出表示パターン」を選択する際に使用するテーブルである。そして、演出表示基板260のCPU261は、この選択した「大当たりラウンド演出表示パターン」に対応する演出表示の動画データをROM262より読み出して、各大当たりラウンド中に液晶表示器52に表示制御する(図34参照)。
図17乃至図19に示すように、各大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82〜84は、サブ統合制御基板280のCPU281から入力される表示指示情報を表す各「大当たり演出パターンコマンド」と、大当たり遊技中において大入賞口60が開放される各ラウンド数を表す「R1」、「R2」、「R3」、・・・・、「R15」と、この各ランド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」とから構成されている。
また、図17に示すように、大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82の「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり1」、「R15確変当たり2」、「R15確変当たり3」、「R15確変当たり4」、「R15非確変当たり」の場合には、大当たり遊技中において大入賞口60が1回目から15回目まで開放される各ラウンド数を表す「R1」、「R2」、「R3」、・・・・、「R15」に対してそれぞれ各ランド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」が格納されている。
また、図18に示すように、大当たりラウンド演出表示パターンテーブル83の「大当たり演出パターンコマンド」が「R10確変当たり1」、「R10確変当たり2」、「R10確変当たり3」、「R10非確変当たり」の場合には、大当たり遊技中において大入賞口60が1回目から10回目まで開放される各ラウンド数を表す「R1」、「R2」、「R3」、・・・・、「R10」に対してそれぞれ各ランド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」が格納されている。
また、図19に示すように、大当たりラウンド演出表示パターンテーブル84の「大当たり演出パターンコマンド」が「R5確変当たり1」、「R5確変当たり2」、「R5非確変当たり」の場合には、大当たり遊技中において大入賞口60が1回目から5回目まで開放される各ラウンド数を表す「R1」、「R2」、「R3」、「R4」、「R5」に対してそれぞれ各ランド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」が格納されている。
例えば、大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82の「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり2」に対しては、大当たり遊技中において大入賞口60の1回目の開放である1ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R1」に対する「戦うステージ紹介」である。また、大入賞口60の2回目の開放である2ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R2」に対する「味方キャラクタの紹介」である。また、大入賞口60の3回目の開放である3ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R3」に対する「敵キャラクタの紹介」である。また、大入賞口60の4回目の開放である4ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R4」に対する「戦うシーン」である。また、大入賞口60の5回目の開放である5ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R5」に対する「引き分ける」である。尚、「大当たりラウンド演出表示パターン」が「引き分ける」場合には、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を表している。
また、大入賞口60の6回目の開放である6ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R6」に対する「戦うステージ紹介」である。また、大入賞口60の7回目の開放である7ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R7」に対する「味方キャラクタの紹介」である。また、大入賞口60の8回目の開放である8ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R8」に対する「敵キャラクタの紹介」である。また、大入賞口60の9回目の開放である9ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R9」に対する「戦うシーン」である。また、大入賞口60の10回目の開放である10ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R10」に対する「味方キャラクタが勝つ」である。尚、「大当たりラウンド演出表示パターン」が「味方キャラクタが勝つ」場合には、確率変動モードを獲得した旨を表している。
また、大入賞口60の11回目から15回目までの開放である11ラウンド〜15ラウンド中に表示される「大当たりラウンド演出表示パターン」は、「R11」〜「R15」に対する「デモ表示」である。
これにより、「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり2」の場合には、確率変動モードを抽選する演出表示が、それぞれ5ラウンドに渡って2回表示され、2回目の抽選で確率変動モードを獲得した旨が表示される。
また同様に、例えば、「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり3」の場合には、確率変動モードを抽選する演出表示が、それぞれ5ラウンドに渡って3回表示され、1回目と2回目の抽選で確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨が表示され、3回目の抽選で確率変動モードを獲得した旨が表示される。
従って、「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり1」、「R15確変当たり2」、「R15確変当たり3」、「R10確変当たり1」、「R10確変当たり2」、「R5確変当たり1」の場合には、大入賞口60が開放される最終ラウンドにおいて、確率変動モードを獲得した旨が表示される。
また、「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり4」、「R15非確変当たり」、「R10確変当たり3」、「R10非確変当たり」、「R5確変当たり2」、「R5非確変当たり」の場合には、大入賞口60が開放される最終ラウンドにおいても、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨が表示される。
ここで、「戦うステージ紹介」、「味方キャラクタの紹介」、「敵キャラクタの紹介」、「戦うシーン」及び「引き分ける」の5ラウンドに渡る「大当たりラウンド演出表示パターン」が抽選中報知画像データを構成する。また、「戦うステージ紹介」、「味方キャラクタの紹介」、「敵キャラクタの紹介」、「戦うシーン」及び「味方キャラクタが勝つ」の5ラウンドに渡る「大当たりラウンド演出表示パターン」が確変獲得報知画像データを構成する。また、「戦うステージ紹介」、「味方キャラクタの紹介」、「敵キャラクタの紹介」、「戦うシーン」、「引き分ける」、「戦うステージ紹介」、「味方キャラクタの紹介」、「敵キャラクタの紹介」、「戦うシーン」、「味方キャラクタが勝つ」及び「デモ表示」の15ラウンドに渡る「大当たりラウンド演出表示パターン」が抽選画像データを構成する。また、大当たりラウンド演出表示パターンテーブル記憶エリア262Bは、第1抽選画像データ記憶手段、第2抽選画像データ記憶手段として機能する。
次に、演出表示基板260のROM262の大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル記憶エリア262Cに格納される各大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85〜87について図20乃至図22に基づいて説明する。ここで、各大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85〜87は、演出表示基板260のCPU261が、サブ統合制御基板280のCPU281から表示指示情報としての「大当たり演出パターンコマンド」(図12乃至図15参照)が入力された際に、この表示指示情報に対応して予め設定されている各大当たりラウンドの間のインターバル中に表示する「大当たりインターバル間演出表示パターン」を選択する際に使用するテーブルである。そして、演出表示基板260のCPU261は、この選択した「大当たりインターバル間演出表示パターン」に対応する演出表示の動画データをROM262より読み出して、各大当たりラウンドの間のインターバル中に液晶表示器52に表示制御する(図34参照)。
図20乃至図22に示すように、各大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85〜87は、サブ統合制御基板280のCPU281から入力される表示指示情報を表す各「大当たり演出パターンコマンド」と、大当たり遊技中において大入賞口60が閉鎖されている間のインターバル数を表す「初回」、「I1」、「I2」、・・・・、「I14」、「最終」と、この各インターバル間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」とから構成されている。
また、図20に示すように、大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85の「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり1」、「R15確変当たり2」、「R15確変当たり3」、「R15確変当たり4」、「R15非確変当たり」の場合には、大当たり遊技中において大入賞口60が閉鎖されている間の各インターバル数を表す「初回」、「I1」、「I2」、「I3」、・・・・、「I14」、「最終」に対してそれぞれ各インターバルの間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」が格納されている。
また、図21に示すように、大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル86の「大当たり演出パターンコマンド」が「R10確変当たり1」、「R10確変当たり2」、「R10確変当たり3」、「R10非確変当たり」の場合には、大当たり遊技中において大入賞口60が閉鎖されている間の各インターバル数を表す「初回」、「I1」、「I2」、「I3」、・・・・、「I9」、「最終」に対してそれぞれ各インターバルの間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」が格納されている。
また、図22に示すように、大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル87の「大当たり演出パターンコマンド」が「R5確変当たり1」、「R5確変当たり2」、「R5非確変当たり」の場合には、大当たり遊技中において大入賞口60が閉鎖されている間の各インターバル数を表す「初回」、「I1」、「I2」、「I3」、「I4」、「「最終」に対してそれぞれ各インターバルの間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」が格納されている。
例えば、大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85の「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり2」に対しては、大当たり遊技中の1ラウンド目の前に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「初回」に対する「初回インターバル表示」である。また、大当たり遊技中の1ラウンド目と2ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I1」に対する「味方キャラクタのカットイン表示」である。また、大当たり遊技中の2ラウンド目と3ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I2」に対する「敵キャラクタのカットイン表示」である。また、大当たり遊技中の3ラウンド目と4ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I3」に対する「にらみ合い表示」である。また、大当たり遊技中の4ラウンド目と5ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I4」に対する「画面全体に砂煙表示」である。
また、大当たり遊技中の5ラウンド目と6ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I5」に対する「もう一度戦う表示」である。また、大当たり遊技中の6ラウンド目と7ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I6」に対する「味方キャラクタのカットイン表示」である。また、大当たり遊技中の7ラウンド目と8ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I7」に対する「敵キャラクタのカットイン表示」である。また、大当たり遊技中の8ラウンド目と9ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I8」に対する「にらみ合い表示」である。また、大当たり遊技中の9ラウンド目と10ラウンド目との間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I9」に対する「画面全体に砂煙表示」である。
また、大当たり遊技中の10ラウンド目終了時のインターバル間から14ラウンド目終了時のインターバル間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「I10」〜「I14」に対する「キャラのカットイン」である。また、大当たり遊技中の15ラウンド目終了時に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」は、「最終」に対する「最終インターバル表示」である。
ここで、大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル記憶エリア262Cは、大当たりインターバル間演出画像データ記憶手段として機能する。
次に、このように構成されたパチンコ機1の制御処理について図23乃至図34に基づき説明する。
先ず、主制御基板290のCPU291が実行する割込制御処理について図23乃至図26に基づいて説明する。図23乃至図26は、主制御基板290のCPU291が実行する割込制御処理の各フローチャートである。ここで、図23乃至図25の割込制御処理は、電源投入後の一定時間毎(例えば、4msec毎)に作動するものである。尚、これら図23乃至図26にフローチャートで示される各プログラムは主制御基板290が備えているROM292やRAM293に記憶されており、CPU291により実行される。
図23乃至図25に示すように、先ず、ステップ(以下、Sという)11において、CPU291は、RAM293に設けられる各カウンタ293A、293B、293F〜293Jの各カウント値を読み出し、それぞれに「1」加算して、更新する。
続いて、S12において、CPU291は、始動口57のパチンコ球の入賞、即ち始動口スイッチ57Aからのパチンコ球の検出信号が、入出力回路(I/O)294を介して入力されたか否か判定する判定処理を実行する。
そして、始動口スイッチ57Aからのパチンコ球の検出信号が、入出力回路294を介して入力されていない場合には(S12:NO)、CPU291は、後述のS33の処理に移行する。
一方、始動口スイッチ57Aからのパチンコ球の検出信号が、入出力回路294を介して入力された場合には(S12:YES)、S13において、CPU291は、大当りカウンタ293A、第1保留カウンタ293C、リーチカウンタ293E、大当り特別図柄選択カウンタ293F、変動パターン選択カウンタ293H、ハズレ図柄選択カウンタ293I、リーチハズレ図柄選択カウンタ293J等の各カウント値を取得してパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。
例えば、CPU291は、始動口スイッチ57Aからのパチンコ球の検出信号が、入出力回路294を介して入力された場合には、大当りカウンタ293Aのカウント値を読み込み、このカウント値を代数Vに代入してRAM293に記憶する。また同時に、CPU291は、第1保留カウンタ293Cのカウント値を読み込み、このカウント値を代数Uに代入してRAM293に記憶する。また同時に、CPU291は、大当り特別図柄選択カウンタ293Fのカウント値を読み込み、このカウント値を代数Yに代入してRAM293に記憶する。また同時に、CPU291は、変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値を読み込み、このカウント値を代数Hに代入してRAM293に記憶する。また同時に、CPU291は、ハズレ図柄選択カウンタ293Iのカウント値を読み込み、このカウント値を代数Iに代入してRAM293に記憶する。また同時に、CPU291は、リーチハズレ図柄選択カウンタ293Jのカウント値を読み込み、このカウント値を代数Fに代入してRAM293に記憶する。
続いて、S14において、CPU291は、確率変動モードの通常遊技状態であるか否かを判定する判定処理を実行する。具体的には、CPU291は、RAM293から確変フラグを読み出し、該確変フラグがONか否か、即ち、「1」か否かを判定する判定処理を実行する。
そして、確変フラグがOFFの場合、即ち「0」の場合には、「通常遊技モード」の通常遊技状態であると判定して(S14:NO)、CPU291は、S15の処理に移行する。S15において、CPU291は、予めROM292に記憶されている「通常大当たり数値」(本実施例の場合には、「7」である。)を読み出し、この「通常大当たり数値」を「大当たり数値」としてRAM293に記憶後、S17の処理に移行する。
一方、確変フラグがONの場合、即ち「1」の場合には、「確率変動モード」の通常遊技状態であると判定して(S14:YES)、CPU291は、S16の処理に移行する。S16において、CPU291は、予めROM292に記憶されている「確変大当たり数値」(本実施例の場合には、「1」、「3」、「5」、「7」である。)を読み出し、この「確変大当たり数値」を「大当たり数値」としてRAM293に記憶後、S17の処理に移行する。
そして、S17において、CPU291は、「大当たり」か否かを判定する判定処理を実行する。
この「大当たり」か否かの判定処理は、先ず、RAM293から「大当たりカウント値」としての代数Vを読み出す。そして、この代数Vが、RAM293に記憶されている「大当たり数値」のいずれかと一致するかどうか判定する。そして、一致すれば、「大当たり」が発生したと判定して(S17:YES)、CPU291は、RAM293から大当たりフラグを読み出し、該大当たりフラグをONにする、即ち、この大当たりフラグに「1」を代入して再度、RAM293に記憶後、S18の処理に移行する。
一方、一致しない場合には、「ハズレ」が発生したと判定して(S17:NO)、CPU291は、RAM293から大当たりフラグを読み出し、該大当たりフラグをOFFにする、即ち、この大当たりフラグに「0」を代入して再度、RAM293に記憶後、S24の処理に移行する。
従って、「通常遊技モード」の遊技状態の場合には、「大当たり」の抽選確率は、1/360である。また、「確率変動モード」の遊技状態の場合には、「大当たり」の抽選確率は、4/360である。これにより、確率変動モードの場合には、「大当たり」になる確率が、通常遊技モードの遊技状態の場合の約4倍になる。
尚、パチンコ機1の起動時又はリセット時には、この大当たりフラグはOFFにセットされている、即ち、この大当たりフラグには「0」が代入されてRAM293に記憶されている。
そして、上記S17で「大当たり」が発生したと判定された場合には(S17:YES)、S18において、CPU291は、大当たり特別図柄選択カウント値としての代数Yをパラメータ記憶エリア293Kから読みだし、ROM292に記憶される該代数Yに対応する「大当たり図柄」(例えば、代数Yが「0」の場合には、「111」、代数Yが「1」の場合には、「222」、・・・、代数Yが「8」の場合には、「999」、代数Yが「9」の場合には、「10 10 10」である。)を選択して、大当たり報知の最終停止図柄の図柄データとして、RAM293に記憶する。
続いて、S19において、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値としての代数Hを読み出し、該カウント値に基づいて変動パターン決定テーブル73の大当たり変動パターン群からサブ統合制御基板280のCPU281に指示情報として出力する変動パターンコマンドを選択して、RAM293に記憶する。
例えば、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「0〜99」のうちのいずれかである場合には、CPU291は、変動パターンコマンド21を選択して、サブ統合制御基板280のCPU281に出力する指示情報としてRAM293に記憶する。
また、S20において、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値としての代数Hを読み出し、該カウント値に基づいて変動パターン決定テーブル73の「演出時間」から該当するものを選択して、サブ統合制御基板280のCPU281に指示情報として出力する変動パターンコマンドに対応する「変動表示時間」としてRAM293に記憶する。
例えば、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「0〜99」のうちのいずれかである場合には、CPU291は、「演出時間」の「22秒」を「変動表示時間」としてRAM293に記憶する。
続いて、S21において、CPU291は、上記S18で選択した「大当たり図柄」が確率変動図柄であるか否かを判定する判定処理を実行する。尚、「111」、「333」、「555」、「777」、「999」の大当たり図柄は、確率変動図柄である。また、「222」、「444」「666」、「888」、「10 10 10」の大当たり図柄は、確率変動図柄でない。
そして、上記S18で選択した「大当たり図柄」が、「111」、「333」、「555」、「777」、「999」の大当たり図柄のいずれかである場合には、確率変動図柄であると判定して(S21:YES)、CPU291は、S22の処理に移行する。S22において、CPU291は、確率変動モードの設定を行う。具体的には、CPU291は、RAM293から、確変フラグを読み出し、該確変フラグをONにする、即ち、確変フラグに「1」を代入して再度RAM293に記憶後、後述のS32の処理に移行する。
一方、上記S18で選択した「大当たり図柄」が、「222」、「444」「666」、「888」、「10 10 10」の大当たり図柄のいずれかである場合には、確率変動図柄でないと判定して(S21:NO)、CPU291は、S23の処理に移行する。S23において、CPU291は、確率変動モードの解除、即ち、通常遊技モードの設定を行う。具体的には、CPU291は、RAM293から、確変フラグを読み出し、該確変フラグをOFFにする、即ち、確変フラグに「0」を代入して再度RAM293に記憶後、後述のS32の処理に移行する。
ここで、CPU291は、遊技モード選択手段として機能する。
尚、パチンコ機1の起動時又はリセット時には、この確変フラグはOFFにセットされている、即ち、この確変フラグには「0」が代入されてRAM293に記憶されている。
また、上記S17で「大当たり」が発生しなかった、即ち「ハズレ」が発生したと判定された場合には(S17:NO)、S24において、CPU291は、この時の変動図柄の表示が、変動図柄の3つの図柄のうち、2つの図柄が揃ったリーチ状態(例えば「11↓」や「77↓」等、但し「↓」は図柄が回転中であることを意味する)を表示した後にリーチハズレ(例えば「113」や「773」等)を表示するか否かを判定する。
この判定は、パラメータ記憶エリア293Kに記憶される変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値としての代数Hを読み出し、この変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「90〜99」の場合には、リーチ状態後ハズレを表示すると判定し、RAM293からリーチフラグを読み出し、該リーチフラグをONにする、即ち、リーチフラグに「1」を代入して再度RAM293に記憶後、S25の処理に移行する。
一方、この変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「0〜89」の場合には、完全ハズレを表示すると判定し、RAM293からリーチフラグを読み出し、該リーチフラグをOFFにする、即ち、リーチフラグに「0」を代入して再度RAM293に記憶後、S25の処理に移行する。
尚、パチンコ機1の起動時又はリセット時には、このリーチフラグはOFFにセットされている、即ち、このリーチフラグには「0」が代入されてRAM293に記憶されている。
続いて、S25において、CPU291は、RAM293からリーチフラグを読み出し、ONか否か、即ち、「1」か否かを判定する判定処理を実行する。そして、リーチフラグがONの場合には(S25:YES)、CPU291は、S26の処理に移行する。
S26において、CPU291は、リーチハズレ図柄(例えば、「131」や「737」等である。)を選択する。このリーチハズレ図柄の選択は、パラメータ記憶エリア293Kからリーチハズレ図柄選択カウンタ293Jのカウント値としての代数Fを読み出し、このカウント値に対応するリーチハズレ図柄をROM292から読み出し、リーチハズレ報知の最終停止図柄の図柄データとして、RAM293に記憶する。
そしてまた、S27において、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値としての代数Hを読み出し、各カウント値に基づいて変動パターン決定テーブル73のリーチハズレ変動パターン群とからサブ統合制御基板280のCPU281に指示情報として出力する変動パターンコマンドを選択して、RAM293に記憶する。例えば、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「90〜99」のうちのいずれかである場合には、変動パターンコマンド11を選択して、サブ統合制御基板280のCPU281に出力する指示情報としてRAM293に記憶する。
続いて、S28において、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値としての代数Hを読み出し、該カウント値に基づいて変動パターン決定テーブル73の「演出時間」から該当するものを選択して、サブ統合制御基板280のCPU281に指示情報として出力する変動パターンコマンドに対応する「変動表示時間」としてRAM293に記憶後、後述のS32の処理に移行する。
例えば、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「90〜99」のうちのいずれかである場合には、CPU291は、「演出時間」の「20秒」を「変動表示時間」としてRAM293に記憶後、後述のS32の処理に移行する。
一方、上記S25でリーチフラグがOFFの場合には(S25:NO)、CPU291は、S29の処理に移行する。S29において、CPU291は、完全ハズレ図柄(例えば、「123」、「736」等である。)を選択する。この完全ハズレ図柄の選択は、パラメータ記憶エリア293Kからハズレ図柄選択カウンタ293Iのカウント値としての代数Iを読み出し、このカウント値に対応する完全ハズレ図柄をROM292から読み出し、完全ハズレ報知の最終停止図柄の図柄データとして、RAM293に記憶する。
そして、S30において、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値としての代数Hを読み出し、各カウント値に基づいて変動パターン決定テーブル73の完全ハズレ変動パターン群からサブ統合制御基板280のCPU281に指示情報として出力する変動パターンコマンドを選択して、RAM293に記憶する。例えば、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「0〜89」のうちのいずれかである場合には、変動パターンコマンド1を選択して、サブ統合制御基板280のCPU281に出力する指示情報としてRAM293に記憶する。
続いて、S31において、CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値としての代数Hを読み出し、該カウント値に基づいて変動パターン決定テーブル73の「演出時間」から該当するものを選択して、サブ統合制御基板280のCPU281に指示情報として出力する変動パターンコマンドに対応する「変動表示時間」としてRAM293に記憶後、後述のS32の処理に移行する。
例えば、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値が「0〜89」のうちのいずれかである場合には、CPU291は、「演出時間」の「5秒」を「変動表示時間」としてRAM293に記憶後、S32の処理に移行する。
続いて、S32において、CPU291は、上記S18〜S20、S26〜S28、又はS29〜S31でRAM293に記憶した各データをサブ統合制御基板280のCPU281に出力する指示情報としてRAM293に記憶する、即ち、この各データをCPU281に対する出力待ちの保留データとしてRAM293に記憶する。
また、S33において、CPU291は、RAM293から、大当たり遊技中であることを表す「大当たり遊技フラグ」を読み出し、該大当たり遊技フラグがONか否か、即ち「1」か否かを判定する判定処理を実行する。尚、パチンコ機1の起動時又はリセット時には、大当たり遊技フラグには「0」が代入されてRAM293に記憶されている。
そして、RAM293から読み出した大当たり遊技フラグがONの場合、即ち「1」の場合には(S33:YES)、CPU291は、大当たり遊技中であると判定して、後述のS47の処理に移行する。
一方、RAM293から読み出した大当たり遊技フラグがOFFの場合、即ち「0」の場合には(S33:NO)、CPU291は、S34の処理に移行する。S34において、CPU291は、RAM293から液晶表示器52に表示される3列の変動図柄が変動中であることを表す「特別図柄遊技フラグ」を読み出し、該特別図柄遊技フラグがONか否か、即ち「1」か否かを判定する判定処理を実行する。尚、パチンコ機1の起動時又はリセット時には、特別図柄遊技フラグには「0」が代入されてRAM293に記憶されている。
そして、特別図柄遊技フラグがONの場合には(S34:YES)、CPU291は、液晶表示器52に表示される3列の変動図柄が変動中であると判定して、後述のS40の処理に移行する。
また一方、特別図柄遊技フラグがOFFの場合には(S34:NO)、CPU291は、S35の処理に移行する。S35において、CPU291は、保留データがRAM293に記憶されているか否かを判定する判定処理を実行する。そして、保留データがRAM293に記憶されていない場合には(S35:NO)、CPU291は、当該処理を終了する。
一方、保留データがRAM293に記憶されている場合には(S35:YES)、CPU291は、S36の処理に移行する。S36において、CPU291は、保留データをRAM293から読み出し、該保留データから変動表示時間データを読み出す。
そして、S37において、CPU291は、この読み出した変動表示時間のタイマセットを行う、即ち、この変動表示時間に相当するカウント値をROM292から読み出し、RAM293のタイマカウンタに記憶する。
そしてまた、S38において、CPU291は、保留データをRAM293から読み出し、該保留データからサブ統合制御基板280のCPU281に指示情報として出力する変動パターンコマンドと、最終停止図柄の図柄データとを読み出し、この変動パターンコマンドと、最終停止図柄の図柄データとをサブ統合制御基板280のCPU281に出力する。
続いて、S39において、CPU291は、RAM293から「特別図柄遊技フラグ」を読み出して該特別図柄遊技フラグをONして、即ち、該特別図柄遊技フラグに「1」を代入して再度RAM293に記憶する。
その後、S40において、CPU291は、RAM293のタイマカウンタのカウント値を読み出して、「1」減算して再度、RAM293に記憶する。
そして、S41において、CPU291は、RAM293のタイマカウンタのカウント値を再度、読み出して、「0」か否かを判定する判定処理を実行する。即ち、CPU291は、CPU281に出力した変動パターンコマンドに対応する演出表示時間が経過したか否かを判定する判定処理を実行する。そして、タイマカウンタのカウント値が「0」でない場合には(S41:NO)、CPU291は、当該処理を終了する。
一方、タイマカウンタのカウント値が「0」の場合には(S41:YES)、CPU291は、CPU281に出力した変動パターンコマンドに対応する演出表示時間が経過したと判定して、S42の処理移行する。S42において、CPU291は、サブ統合制御基板280のCPU281に対して液晶表示器52に停止表示されている各識別図柄を確定表示するように指示する確定信号を出力する。
続いて、S43において、CPU291は、RAM293から「特別図柄遊技フラグ」を読み出して該特別図柄遊技フラグをOFFして、即ち、該特別図柄遊技フラグに「0」を代入して再度RAM293に記憶後、S44の処理に移行する。
そして、S44において、CPU291は、RAM293から大当たりフラグを読み出し、大当たりフラグがONか否か、即ち、大当たりが抽選されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM293から読み出した大当たりフラグがOFFの場合、即ち、大当たりフラグが「0」の場合には(S44:NO)、CPU291は、大当たりが抽選されなかったと判定して、当該処理を終了する。
一方、RAM293から読み出した大当たりフラグがONの場合、即ち、大当たりフラグが「1」の場合には(S44:YES)、CPU291は、大当たりが抽選されたと判定して、S45の処理に移行する。
S45において、CPU291は、後述の「大当たり開始コマンド送信処理」を実行後、S46の処理に移行する。
そして、S46において、CPU291は、RAM293から「大当たり遊技フラグ」を読み出し、該大当たり遊技フラグをONする、即ち、大当たり遊技フラグに「1」を代入して再度、RAM293に記憶する。
続いて、S47において、CPU291は、開閉ソレノイド59Aを駆動して開閉扉59を開いているか否か、即ち、大入賞口60を開放しているか否かを判定する判定処理を実行する。そして、大入賞口60を閉鎖していると判定した場合には(S47:NO)、CPU291は、S48の処理に移行する。
S48において、CPU291は、開放された大入賞口60を閉鎖してから所定時間(例えば、約2秒間の閉鎖時間である。)が経過したか否かを判定する判定処理を実行する。そして、大入賞口60を閉鎖してから所定時間が経過していない場合には(S48:NO)、CPU291は、当該処理を終了する。
一方、大入賞口60を閉鎖してから所定時間経過した場合には(S48:YES)、S49において、CPU291は、開閉ソレノイド59Aを駆動して開閉扉59を開いて、大入賞口60を開放する。
そして、S50において、CPU291は、サブ統合制御基板280のCPU281に、大入賞口60を開放した旨を表す「大入賞口開放コマンド」を送信後、当該処理を終了する。
他方、上記S47で大入賞口60を開放していると判定した場合には(S47:YES)、CPU291は、S51の処理に移行する。
S51において、CPU291は、大入賞口スイッチ60Aを介してカウントした該大入賞口60に入賞した個数が最大所定個数(本実施例では、10個である。)に達したか否かを判定する判定処理を実行する。そして、大入賞口60に入賞した個数が最大所定個数に達していない場合には(S51:NO)、CPU291は、S52の処理に移行する。
S52において、CPU291は、大入賞口60を開放してから所定時間(本実施例では、約29.5秒である。)経過したか否かを判定する判定処理を実行する。そして、所定時間が経過した場合には(S52:YES)、CPU291は、S53の処理に移行する。
また一方、上記S51で、大入賞口60に入賞した個数が最大所定個数に達した場合には(S51:YES)、CPU291は、S53の処理に移行する。
S53において、CPU291は、開閉ソレノイド59Aを停止して、開閉扉59を閉じて大入賞口60を閉鎖後、S54の処理に移行する。
また、上記S52で、大入賞口60を開放してから所定時間経過していない場合には(S52:NO)、CPU291は、S54の処理に移行する。
S54において、CPU291は、大入賞口60の開放回数が予め定められた開放回数に達したか否かを判定する判定処理を実行する。即ち、CPU291は、上記S45において、「15R確変情報」(図26参照)として大当たり開始コマンド「R15確変当たり」(図12参照)又は「15R非確変情報」(図26参照)として大当たり開始コマンド「R15非確変当たり」(図15参照)をサブ統合制御基板280のCPU281に送信している場合には、CPU291は、大入賞口60の開放回数が15回に達したか否かを判定する。また、CPU291は、上記S45において、「10R確変情報」(図26参照)として大当たり開始コマンド「R10確変当たり」(図13参照)又は「10R非確変情報」(図26参照)として大当たり開始コマンド「R10非確変当たり」(図15参照)をサブ統合制御基板280のCPU281に送信している場合には、CPU291は、大入賞口60の開放回数が10回に達したか否かを判定する。また、CPU291は、上記S45において、「5R確変情報」(図26参照)として大当たり開始コマンド「R5確変当たり」(図14参照)又は「5R非確変情報」(図26参照)として大当たり開始コマンド「R5非確変当たり」(図15参照)をサブ統合制御基板280のCPU281に送信している場合には、CPU291は、大入賞口60の開放回数が5回に達したか否かを判定する。
そして、大入賞口60の開放回数が予め定められた開放回数に達していない場合には(S54:NO)、CPU291は、S55の処理に移行する。S55において、CPU291は、サブ統合制御基板280のCPU281に「大入賞口閉鎖コマンド」を送信後、当該処理を終了する。
一方、大入賞口60の開放回数が予め定められた開放回数に達した場合には(S54:YES)、CPU291は、S56の処理移行する。S56において、CPU291は、サブ統合制御基板280のCPU281に、大当たり遊技の終了を知らせる「大当たり終了コマンド」を送信する。
その後、S57において、CPU291は、RAM293から大当たり遊技フラグを読み出して、該大当たり遊技フラグをOFFにする、即ち、この大当たり遊技フラグに「0」を代入して、再度RAM293に記憶後、当該処理を終了する。
次に、上記S45でCPU291が実行する「大当たり開始コマンド送信処理」のサブ処理について図26に基づいて説明する。
図26に示すように、S71において、CPU291は、先ず、RAM293から確変フラグを読み出し、この確変フラグがONか否か、即ち、確率変動モードを獲得した大当たりか否かを判定する判定処理を実行する。ここで、CPU291は、判定手段として機能する。
そして、RAM293から読み出した確変フラグがONの場合、即ち「1」の場合には(S71:YES)、CPU291は、確変確率モードを獲得した大当たりであると判定して、S72の処理に移行する。
S72において、CPU291は、大入賞口60が15回連続開放可能な大当たりか否か、即ち15ラウンドまで大入賞口60が開放される大当たり遊技か否かを判定する判定処理を実行する。具体的には、CPU291は、RAM293から保留データを読み出し、該保留データの大当たり図柄が「777」であるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「777」の場合には(S72:YES)、S73において、CPU291は、「大当たり開始コマンド」として「R15確変当たり」をサブ統合制御基板280のCPU281に送信して、当該サブ処理を終了して、メインフローチャートに戻る。
一方、S72で、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「777」でない場合には(S72:NO)、CPU291は、S74の処理に移行する。S74において、CPU291は、大入賞口60が10回連続開放可能な大当たりか否か、即ち10ラウンドまで大入賞口60が開放される大当たり遊技か否かを判定する判定処理を実行する。具体的には、CPU291は、RAM293から保留データを読み出し、該保留データの大当たり図柄が「333」又は「555」のいずれかであるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「333」又は「555」のいずれかの場合には(S74:YES)、S75において、CPU291は、「大当たり開始コマンド」として「R10確変当たり」をサブ統合制御基板280のCPU281に送信して、当該サブ処理を終了して、メインフローチャートに戻る。
また一方、S74で、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「333」又は「555」のいずれでもない場合、即ち、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「111」又は「999」のいずれかの場合には(S74:NO)、CPU291は、大入賞口60が5回連続開放可能な大当たり、即ち、5ラウンドまで大入賞口60が開放される大当たり遊技であると判定して、S76の処理に移行する。S76において、CPU291は、「大当たり開始コマンド」として「R5確変当たり」をサブ統合制御基板280のCPU281に送信して、当該サブ処理を終了して、メインフローチャートに戻る。
他方、上記S71で、RAM293から読み出した確変フラグがOFFの場合、即ち「0」の場合には(S71:NO)、CPU291は、通常遊技モードの大当たりであると判定して、S77の処理に移行する。
S77において、CPU291は、大入賞口60が15回連続開放可能な大当たりか否か、即ち15ラウンドまで大入賞口60が開放される大当たり遊技か否かを判定する判定処理を実行する。具体的には、CPU291は、RAM293から保留データを読み出し、該保留データの大当たり図柄が「888」であるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「888」の場合には(S77:YES)、S78において、CPU291は、「大当たり開始コマンド」として「R15非確変当たり」をサブ統合制御基板280のCPU281に送信して、当該サブ処理を終了して、メインフローチャートに戻る。
一方、S77で、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「888」でない場合には(S77:NO)、CPU291は、S79の処理に移行する。S79において、CPU291は、大入賞口60が10回連続開放可能な大当たりか否か、即ち10ラウンドまで大入賞口60が開放される大当たり遊技か否かを判定する判定処理を実行する。具体的には、CPU291は、RAM293から保留データを読み出し、該保留データの大当たり図柄が「222」又は「666」のいずれかであるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「222」又は「666」のいずれかの場合には(S79:YES)、S80において、CPU291は、「大当たり開始コマンド」として「R10非確変当たり」をサブ統合制御基板280のCPU281に送信して、当該サブ処理を終了して、メインフローチャートに戻る。
また一方、S79で、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「222」又は「666」のいずれでもない場合、即ち、RAM293から読み出した保留データの大当たり図柄が「444」又は「10 10 10」のいずれかの場合には(S79:NO)、CPU291は、大入賞口60が5回連続開放可能な大当たり、即ち、5ラウンドまで大入賞口60が開放される大当たり遊技であると判定して、S81の処理に移行する。S81において、CPU291は、「大当たり開始コマンド」として「R5非確変当たり」をサブ統合制御基板280のCPU281に送信して、当該サブ処理を終了して、メインフローチャートに戻る。
ここで、本実施例では、特別遊技モードとして大入賞口60が連続して5回開放可能な大当たり(「R5確変当たり」、「R5非確変当たり」)、大入賞口60が連続して10回開放可能な大当たり(「R10確変当たり」、「R10非確変当たり」)、大入賞口60が連続して15回開放可能な大当たり(「R15確変当たり」、「R15非確変当たり」)が設けられている。また、CPU291は、特別遊技モード選択手段、大当たり種類特定手段として機能する。
次に、サブ統合制御基板280のCPU281が、主制御基板290のCPU291から指示情報として変動パターンを表す「変動パターンコマンド」等の各コマンドを入力された場合に実行する制御処理について図27乃至図29に基づいて説明する。ここで、図27の割込制御処理は、電源投入後の一定時間毎(例えば、4msec毎)に作動するものである。尚、図27乃至図29にフローチャートで示されるプログラムはサブ統合制御基板280が備えているROM282やRAM283に記憶されており、CPU281により実行される。
図27に示すように、先ず、S201において、CPU281は、液晶表示器52に表示される3列の変動図柄を変動表示を指示する「図柄変動指示処理」のサブ処理を実行する。そして、S202において、CPU281は、大当たり遊技中に液晶表示器52に表示される演出表示を指示する「大当たりラウンド表示指示処理」のサブ処理を実行して、当該処理を終了する。
次に、図柄変動指示処理(S201)のサブ処理について図28に基づいて説明する。
図28に示すように、先ず、S211において、CPU281は、主制御基板290のCPU291から「変動パターンコマンド」、「最終停止図柄指示」、「確定信号」等の指示情報が入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。
そして、CPU291から「変動パターンコマンド」、「最終停止図柄指示」、「確定信号」等の指示情報が入力されていない場合には(S211:NO)、CPU281は、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
一方、CPU291から「変動パターンコマンド」、「最終停止図柄指示」、「確定信号」等の指示情報が入力された場合には(S211:YES)、CPU281は、S212の処理に移行する。
S212において、CPU281は、主制御基板290のCPU291から入力された「変動パターンコマンド」、「最終停止図柄指示」、「確定信号」等の指示情報をRAM283に記憶する。また、CPU281は、CPU291から変動パターンコマンドが入力された際の演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値を読み出し、このカウント値をRAM283に記憶する。
続いて、S213において、CPU281は、RAM283から再度指示情報を読み出し、該指示情報が「確定信号」か否かを判定する判定処理を実行する。
そして、この指示情報が「確定信号」の場合には(S213:YES)、CPU281は、S214の処理に移行する。S214において、CPU281は、「確定信号」を表示指示情報として演出表示基板260のCPU261に出力して(指示して)、当該処理を終了する。
一方、この指示情報が「確定信号」でない場合には(S213:NO)、S215において、CPU281は、上記S212でRAM283に記憶した演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値を再度RAM283から読み出し、このカウント値を演出パターン代数Eに代入してパラメータ記憶エリア283Cに記憶する。
そして、S216において、CPU281は、RAM283から指示情報としての「変動パターンコマンド」と「最終停止図柄指示」とを読み出すと共に、パラメータ記憶エリア283Cから演出パターン代数Eを読み出す。そして、この演出パターン代数Eを演出パターン選択テーブル74(図11参照)の「変動パターンコマンド」に対応する「演出パターンカウント値」として該当する演出パターンの「演出パターンコマンド」を読み出し、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)表示指示情報の演出パターンコマンドとしてRAM283に記憶する。
例えば、RAM283から読み出した「変動パターンコマンド」が「1」で、「最終停止図柄指示」が完全ハズレを報知する「123」で、且つパラメータ記憶エリア283Bから読み出した演出パターン代数Eが「0〜13」のうちのいずれかの場合には、CPU281は、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出パターンコマンドとして「1A」をRAM283に記憶する。
また、RAM283から読み出した「変動パターンコマンド」が「11」で、「最終停止図柄情報」がリーチハズレを報知する「778」で、且つパラメータ記憶エリア283Bから読み出した演出パターン代数Eが「0〜13」のうちのいずれかの場合には、CPU281は、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出パターンコマンドとして「11A」をRAM283に記憶する。
また、RAM283から読み出した「変動パターンコマンド」が「21」で、「最終停止図柄情報」が大当りを報知する「333」で、且つパラメータ記憶エリア283Bから読み出した演出パターン代数Eが「「0〜13」のうちのいずれかの場合には、CPU281は、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出パターンコマンドとして「21A」をRAM283に記憶する。
その後、S217においてCPU281は、RAM283から「演出パターンコマンド」と「最終停止図柄情報」を読み出し、演出表示基板260のCPU261に出力(指示)後、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
例えば、CPU281は、RAM283から「演出パターンコマンド」として「1A」を読み出した場合には、演出パターンコマンド「1A」と「最終停止図柄情報」を表示指示情報としてCPU261に出力後、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。また、RAM283から「演出パターンコマンド」として「11A」を読み出した場合には、演出パターンコマンド「11A」と「最終停止図柄情報」を表示指示情報としてCPU261に出力後、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
次に、大当たりラウンド表示指示処理(S202)のサブ処理について図29に基づいて説明する。
図29に示すように、先ず、S231において、CPU281は、主制御基板290のCPU291から「大当たり開始コマンド」の指示情報が入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。
そして、CPU291から「大当たり開始コマンド」の指示情報が入力されていない場合には(S231:NO)、CPU281は、後述のS239の処理に移行する。
一方、CPU291から「大当たり開始コマンド」の指示情報が入力された場合には(S231:YES)、CPU281は、S232の処理に移行する。S232において、主制御基板290のCPU291から入力された「大当たり開始コマンド」の指示情報をRAM283に記憶する。また、CPU281は、CPU291から大当たり開始コマンドが入力された際の大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値を読み出し、このカウント値をRAM283に記憶する。
そして、S233において、CPU281は、上記S232でRAM283に記憶した大当たりラウンド演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値を再度RAM283から読み出し、このカウント値を大当たりラウンド演出パターン代数Mに代入してパラメータ記憶エリア283Cに記憶する。
続いて、S234において、CPU281は、RAM283から指示情報としての「大当たり開始コマンド」を読み出すと共に、パラメータ記憶エリア283Cから大当たりラウンド演出パターン代数Mを読み出す。そして、この「大当たり開始コマンド」を各大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75〜78の「大当たり開始コマンド」とすると共に、この大当たりラウンド演出パターン代数Mの値を各大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75〜78の「大当たりラウンド演出パターンカウント値」として、該当する「大当たり演出パターンコマンド」を選択してRAM283に記憶する。
例えば、RAM283から読み出した「大当たり開始コマンド」が「R15確変当たり」で、パラメータ記憶エリア283Cから読み出した大当たりラウンド演出パターン代数Mが「3」の場合には、CPU281は、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル75から「大当たり演出パターンコマンド」として「R15確変当たり1」を読み出し、RAM283に記憶する。
また、RAM283から読み出した「大当たり開始コマンド」が「R10確変当たり」で、パラメータ記憶エリア283Cから読み出した大当たりラウンド演出パターン代数Mが「10」の場合には、CPU281は、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル76から「大当たり演出パターンコマンド」として「R10確変当たり2」を読み出し、RAM283に記憶する。
また、RAM283から読み出した「大当たり開始コマンド」が「R5確変当たり」で、パラメータ記憶エリア283Cから読み出した大当たりラウンド演出パターン代数Mが「36」の場合には、CPU281は、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル77から「大当たり演出パターンコマンド」として「R5確変当たり2」を読み出し、RAM283に記憶する。
また、RAM283から読み出した「大当たり開始コマンド」が「R15非確変当たり」で、パラメータ記憶エリア283Cから読み出した大当たりラウンド演出パターン代数Mが「52」の場合には、CPU281は、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル78から「大当たり演出パターンコマンド」として「R15非確変当たり」を読み出し、RAM283に記憶する。
ここで、CPU281は、抽選画像データ選択手段として機能する。
そして、S235において、CPU281は、上記S234でRAM283に記憶した「大当たり演出パターンコマンド」を再度、RAM283から読み出して、演出表示基板260のCPU261に出力する。
そしてまた、S236において、CPU281は、初回インターバルの表示指示情報を演出表示基板260のCPU261に出力する。
ここで、CPU281は、インターバル間表示制御手段として機能する。
また、S237において、CPU281は、RAM283からインターバル代数N1を読み出し、該インターバル代数N1に「0」を代入して、初期化後RAM283に再度、記憶する。
また、S238において、CPU281は、RAM283からラウンド代数N2を読み出し、該ラウンド代数N2に「0」を代入して、初期化後RAM283に再度、記憶する。
続いて、S239において、CPU281は、主制御基板290のCPU291から「大入賞口開放コマンド」が入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、「大入賞口開放コマンド」が入力された場合には(S239:YES)、CPU281は、S240の処理に移行する。
S240において、CPU281は、大入賞口60が閉鎖されているインターバル間の演出表示の停止を指示する「インターバル演出停止コマンド」を演出表示基板260のCPU261に出力する。
そして、S241において、CPU281は、RAM283からラウンド代数N2を読み出し、該ラウンド代数N2に「1」加算して再度、RAM283に記憶する。
その後、S242において、CPU281は、RAM283からラウンド代数N2を再度、読み出し、該ランド代数N2の数値を、大当たり遊技中の大入賞口60が開放される各ラウンド数を表す「ラウンド数データ」として、CPU261に出力後、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
一方、上記S239で、「大入賞口開放コマンド」が入力されていない場合には(S239:NO)、CPU281は、S243の処理に移行する。S243において、CPU281は、主制御基板290のCPU291から「大入賞口閉鎖コマンド」が入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、「大入賞口閉鎖コマンド」が入力された場合には(S243:YES)、CPU281は、S244の処理に移行する。S244において、CPU281は、大入賞口60が開放されている間の演出表示の停止を指示する「大当たりラウンド演出表示停止コマンド」を演出表示基板260のCPU261に出力する。
そして、S245において、CPU281は、RAM283からインターバル代数N1を読み出し、該インターバル代数N1に「1」加算して再度、RAM283に記憶する。
その後、S246において、CPU281は、RAM283からインターバル代数N1を再度、読み出し、該インターバル代数N1の数値を、大当たり遊技中において大入賞口60が閉鎖されている間のインターバル数を表す「インターバル数データ」として、演出表示基板260のCPU261に出力後、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
また一方、上記S243で、「大入賞口閉鎖コマンド」が入力されていない場合には(S243:NO)、CPU281は、S247の処理に移行する。S247において、CPU281は、主制御基板290のCPU291から「大当たり終了コマンド」が入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、「大当たり終了コマンド」が入力された場合には(S247:YES)、CPU281は、S248の処理に移行する。S248において、CPU281は、大当たり遊技中の演出表示の終了を指示する「大当たり演出表示終了コマンド」を演出表示基板260のCPU261に出力後、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
他方、上記S247で、「大当たり終了コマンド」が入力されていない場合には(S247:NO)、CPU281は、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
次に、上記のように構成された演出表示基板260のCPU261が、サブ統合制御基板280のCPU281から演出表示指示情報が入力された場合に実行する制御処理について図30乃至図34に基づいて説明する。
図30に示すように、S301において、CPU261は、サブ統合制御基板280のCPU281から表示指示情報が入力されると、該表示指示情報を構成する演出パターンコマンドと最終停止図柄の図柄データ、又は大当たり演出パターンコマンドをRAM263に記憶する。
そして、S302において、CPU261は、該表示指示情報をRAM263から読み出し、完全ハズレの演出パターンコマンドか否かを判定する判定処理を実行する。即ち、CPU261は、RAM263から読み出した表示指示情報が演出パターンコマンドの「1A」であるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM263から読み出した表示指示情報が演出パターンコマンドの「1A」の場合には(S302:YES)、S303において、CPU261は、「完全ハズレ表示処理」のサブ処理を実行する。
一方、RAM263から読み出した表示指示情報が演出パターンコマンドの「1A」でない場合には(S302:NO)、CPU261は、S304の処理に移行する。
続いて、S304において、CPU261は、表示指示情報をRAM263から再度、読み出し、該表示指示情報がリーチハズレの演出パターンコマンドか否かを判定する判定処理を実行する。即ち、CPU261は、RAM263から読み出した表示指示情報が演出パターンコマンドの「11A」であるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM263から読み出した演出パターンコマンドが「11A」である場合には(S304:YES)、S305において、CPU261は、「ハズレリーチ表示処理」のサブ処理を実行する。
一方、RAM263から読み出した演出パターンコマンドが「11A」でない場合には(S304:NO)、CPU261は、S306の処理に移行する。
そしてまた、S306において、CPU261は、表示指示情報をRAM263から再度、読み出し、該表示指示情報が当たりの演出パターンか否かを判定する判定処理を実行する。即ち、CPU261は、RAM263から読み出した表示指示情報が演出パターンコマンドの「21A」であるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM263から読み出した表示指示情報が演出パターンコマンドの「21A」である場合には(S306:YES)、S307において、CPU261は、「当たり表示処理」のサブ処理を実行後、当該処理を終了する。
一方、RAM263から読み出した表示指示情報が演出パターンコマンドの「21A」でない場合には(S306:NO)、CPU261は、S308の処理に移行する。
続いて、S308において、CPU261は、表示指示情報をRAM263から再度、読み出し、該表示指示情報が大当たり演出パターンコマンドか否かを判定する判定処理を実行する。即ち、CPU261は、RAM263から読み出した表示指示情報が大当たり演出パターンコマンドの「R15確変当たり1、R15確変当たり2、・・・、R5非確変当たり」のうちのいずれかであるか否かを判定する判定処理を実行する。そして、RAM263から読み出した表示指示情報が大当たり演出パターンコマンドの「R15確変当たり1、R15確変当たり2、・・・、R5非確変当たり」のうちのいずれかである場合には(S308:YES)、S309において、CPU261は、「大当たり遊技表示処理」のサブ処理を実行後、当該処理を終了する。
一方、RAM263から読み出した表示指示情報が大当たり演出パターンコマンドの「R15確変当たり1、R15確変当たり2、・・・、R5非確変当たり」のうちのいずれでもない場合には(S308:NO)、CPU261は、S309のサブ処理を実行しないで、当該処理を終了する。
次に、「完全ハズレ表示処理」(S303)のサブ処理について図31に基づいて説明する。
図31に示すように、S311において、CPU261は、演出パターンコマンドをRAM263から再度、読み出し、該演出パターンコマンドをROM262の演出表示パターンテーブル記憶エリア262Aに格納される演出表示パターンテーブル81の「演出パターンコマンド」として、この演出表示パターンテーブル81の「演出パターンコマンド」に対応する「演出表示パターン」を読み出して、RAM263に記憶する。
例えば、CPU261は、演出表示パターンテーブル81の「演出パターンコマンド1A」に対応する「演出表示パターン」として約5秒間の完全ハズレの動画データをRAM263に記憶する。
そして、S312において、CPU261は、液晶表示器52に、左側、中央、右側に上下方向に変動する3列の各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始する。
続いて、S313において、CPU261は、各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始してからROM262に予め記憶する第1所定時間(例えば、約1.5秒である。)が経過した場合には、RAM263から表示指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データを読み出し、該図柄データの第1番目の図柄を液晶表示器52の左列の第1図柄として停止表示する。また、CPU261は、各第2・第3図柄の変動表示を継続する。
例えば、RAM263から読み出した表示指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データが「687」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の左列の第1図柄として「6」の図柄を停止表示する。
そしてまた、S314において、CPU261は、各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始してからROM262に予め記憶する第2所定時間(例えば、約3.5秒である。)が経過した場合には、RAM263から表示指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データを読み出し、該図柄データの第3番目の図柄を液晶表示器52の右列の第2図柄として停止表示する。また、CPU261は、液晶表示器52の左列の第1図柄を停止表示するとともに、中列の第3図柄の変動表示を継続する。
例えば、RAM263から読み出した演出指示情報を構成する図柄データが「687」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の右列の第2図柄として「7」の図柄を停止表示する。
また、S315において、CPU261は、各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始してからROM262に予め記憶する第3所定時間(例えば、約5秒である。)が経過した場合には、RAM263から表示指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データを読み出し、該図柄データの第3番目の図柄を液晶表示器52の中列の第3図柄として停止表示する。これにより、各第1・第2・第3図柄が完全ハズレの図柄で停止表示される。
例えば、RAM263から読み出した演出指示情報を構成する図柄データが「687」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の中列の第3図柄として「8」の図柄を停止表示する。
そして、S316において、CPU261は、サブ統合制御基板280のCPU281から確定信号が入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。尚、CPU291は、CPU281に出力した変動パターン「1」の表示時間「約5秒」を予めROM292に記憶しており、当該表示時間「約5秒」が経過した場合には、CPU281に確定信号を出力する。また、CPU281は、CPU291からこの確定信号が入力された場合には、CPU261に対して液晶表示器52に停止表示される各第1・第2・第3図柄の確定停止を指示する確定信号を出力する(図28のS214参照)。
そして、CPU281から確定信号が入力されていない場合には(S316:NO)、S317において、CPU261は、動画表示を継続する。一方、CPU281から確定信号が入力された場合には(S316:YES)、S318において、液晶表示器52に停止表示されるハズレを報知する各第1・第2・第3図柄の確定停止表示を行い、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
次に、上記S305の「ハズレリーチ表示処理」のサブ処理について図32に基づいて説明する。
図32に示すように、S321において、CPU261は、演出パターンコマンドをRAM263から再度、読み出し、該演出パターンコマンドをROM262の演出表示パターンテーブル記憶エリア262Aに格納される演出表示パターンテーブル81(図16参照)の「演出パターンコマンド」として、この演出表示パターンテーブル81の「演出パターンコマンド」に対応する「演出表示パターン」を読み出して、RAM263に記憶する。
例えば、RAM263から読み出した演出パターンコマンドが「11A」の場合には、CPU261は、演出表示パターンテーブル81の「演出表示パターン」として約20秒間のリーチハズレの動画データ「変動開始→第1図柄停止→第2図柄停止→リーチA演出→第3図柄停止→リーチハズレ表示(20秒)」をRAM263に記憶する。
そして、S322において、CPU261は、RAM263に記憶する「演出表示パターン」の動画データに基づいて、液晶表示器52に、左側、中央、右側に上下方向に変動する3列の各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始する。
続いて、S323において、CPU261は、各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始してからROM262に予め記憶する第4所定時間が経過した場合には、RAM263から表示指示情報を構成する「最終停止図柄」の図柄データを読み出し、該「最終停止図柄」のリーチ図柄を液晶表示器52の左列の第1図柄として停止表示する。また、CPU261は、各第2・第3図柄の変動表示を継続する。
例えば、RAM263から読み出した表示指示情報を構成する「最終停止図柄」が「121」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の左列の第1図柄として「1」の図柄を停止表示する。
そして、S324において、CPU261は、各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始してからROM262に予め記憶する第5所定時間が経過した場合には、RAM263から表示指示情報を構成する「最終停止図柄」の図柄データを読み出し、該「最終停止図柄」のリーチ図柄を液晶表示器52の右列の第2図柄として停止表示する。また、CPU261は、液晶表示器52の左列の第1図柄を停止表示するとともに、中列の第3図柄の変動表示を継続する。
例えば、RAM263から読み出した表示指示情報を構成する「最終停止図柄」が「121」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の右列の第2図柄として「1」の図柄を停止表示する。
その後、S325において、CPU261は、「リーチA表示処理」のサブ処理を実行後、S326の処理に移行する。
その後、S326において、CPU261は、RAM263から表示指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データを読み出し、該最終停止図柄の第2番目の図柄を液晶表示器52の中列の第3図柄として停止表示してリーチハズレを報知後、S327の処理に移行する。
例えば、RAM263から読み出した演出指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データが「121」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の中列の第3図柄として「2」の図柄を停止表示する。従って、この場合には、液晶表示器52にリーチハズレ「121」が表示される。
続いて、S327において、CPU261は、サブ統合制御基板280のCPU281から確定信号が入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。尚、CPU291は、CPU281に出力した変動パターン「11」の表示時間「約20秒」を予めROM292に記憶しており、当該表示時間「約20秒」が経過した場合には、CPU281に確定信号を出力する。また、CPU281は、CPU291からこの確定信号が入力された場合には、CPU261に対して液晶表示器52に停止表示される各第1・第2・第3図柄の確定停止を指示する確定信号を出力する(図28のS214参照)。
そして、CPU281から確定信号が入力されていない場合には(S327:NO)、S328において、CPU261は、動画表示を継続する。
一方、CPU281から確定信号が入力された場合には(S327:YES)、S329において、液晶表示器52に停止表示されるリーチハズレを報知する各第1・第2・第3図柄の確定停止表示を行い、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
次に、上記S307の「当たり表示処理」のサブ処理について図33に基づいて説明する。
図33に示すように、S341において、CPU261は、演出パターンコマンドをRAM263から再度、読み出し、該演出パターンコマンドをROM262の演出表示パターンテーブル記憶エリア262Aに格納される演出表示パターンテーブル81(図16参照)の「演出パターンコマンド」として、この演出表示パターンテーブル81の「演出パターンコマンド」に対応する「演出表示パターン」を読み出して、RAM263に記憶する。
例えば、RAM263から読み出した演出パターンコマンドが「21A」の場合には、CPU261は、演出表示パターンテーブル81の「演出表示パターン」として約22秒間の当たりリーチの動画データ「変動開始→第1図柄停止→第2図柄停止→リーチA演出→第3図柄停止→当たり表示(22秒)」をRAM263に記憶する。
そして、S342において、CPU261は、RAM263に記憶する「演出表示パターン」の動画データに基づいて、液晶表示器52に、左側、中央、右側に上下方向に変動する3列の各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始する。
続いて、S343において、CPU261は、各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始してからROM262に予め記憶する第6所定時間が経過した場合には、RAM263から表示指示情報を構成する「最終停止図柄」の図柄データを読み出し、該「最終停止図柄」の第1番目の図柄を液晶表示器52の左列の第1図柄として停止表示する。また、CPU261は、各第2・第3図柄の変動表示を継続する。
例えば、RAM263から読み出した表示指示情報を構成する「最終停止図柄」が「777」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の左列の第1図柄として「7」の図柄を停止表示する。
そして、S344において、CPU261は、各第1・第2・第3図柄の変動表示を開始してからROM262に予め記憶する第7所定時間が経過した場合には、RAM263から表示指示情報を構成する「最終停止図柄」の図柄データを読み出し、該「最終停止図柄」の第3番目の図柄を液晶表示器52の右列の第2図柄として停止表示する。また、CPU261は、液晶表示器52の左列の第1図柄を停止表示するとともに、中列の第3図柄の変動表示を継続する。
例えば、RAM263から読み出した表示指示情報を構成する「最終停止図柄」が「777」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の右列の第2図柄として「7」の図柄を停止表示する。
その後、S345において、CPU261は、「リーチA表示処理」のサブ処理を実行後、S346の処理に移行する。
その後、S346において、CPU261は、RAM263から表示指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データを読み出し、該最終停止図柄の第2番目の図柄を液晶表示器52の中列の第3図柄として停止表示して大当たり報知後、S347の処理に移行する。
例えば、RAM263から読み出した演出指示情報を構成する最終停止図柄の図柄データが「777」の場合には、CPU261は、液晶表示器52の中列の第3図柄として「7」の図柄を停止表示する。従って、この場合には、液晶表示器52に大当たり「777」が表示される。
そして、S347〜S349において、CPU261は、上記S327〜S329の処理を実行後、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
次に、上記S309の「大当たり遊技表示処理」のサブ処理について図34に基づいて説明する。
図34に示すように、S361において、CPU261は、大当たり演出パターンコマンドをRAM263から再度、読み出す。そして、この大当たり演出パターンコマンドをROM262の大当たりラウンド演出表示パターンテーブル記憶エリア262Bに格納される各大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82〜84(図17〜図19参照)の「大当り演出パターンコマンド」として、各大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82〜84の該「大当り演出パターンコマンド」に対応する「大当たりラウンド演出表示パターン」を大入賞口60が開放される各ラウンド数を表す「R1」、「R2」、「R3」、・・・・、「R15」と共にRAM263に記憶する。
例えば、RAM263から読み出した大当たり演出パターンコマンドが「R15確変当たり2」の場合には、大当たりラウンド演出表示パターンテーブル82の「R15確変当たり2」に対応する、ラウンド数「R1」、即ち1ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「戦うステージ紹介」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R2」、即ち2ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「味方キャラクタの紹介」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R3」、即ち3ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「敵キャラクタの紹介」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R4」、即ち4ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「戦うシーン」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R5」、即ち5ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「引き分ける」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R6」、即ち6ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「戦うステージ紹介」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R7」、即ち7ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「味方キャラクタの紹介」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R8」、即ち8ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「敵キャラクタの紹介」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R9」、即ち9ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「戦うシーン」がRAM263に記憶される。また、ラウンド数「R10」、即ち10ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「味方キャラクタが勝つ」がRAM263に記憶される。そして、ラウンド数「R11」〜「R15」、即ち、11ラウンド目〜15ランド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「デモ表示」がRAM263に記憶される。
また、S362において、CPU261は、大当たり演出パターンコマンドをRAM263から再度、読み出す。そして、この大当たり演出パターンコマンドをROM262の大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル記憶エリア262Cに格納される各大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85〜87(図20〜図22参照)の「大当り演出パターンコマンド」として、各大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85〜87の該「大当り演出パターンコマンド」に対応する「大当たりインターバル間演出表示パターン」を大入賞口60が閉鎖されている間の各インターバル数「初回」、「I1」、「I2」、・・・、「最終」と共にRAM263に記憶する。
例えば、RAM263から読み出した大当たり演出パターンコマンドが「R15確変当たり2」の場合には、大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル85の「R15確変当たり2」に対応する、「初回」、即ち1ラウンド目の前に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「初回インターバル表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I1」、即ち1ラウンド目と2ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「味方キャラクタのカットイン表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I2」、即ち2ラウンド目と3ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「敵キャラクタのカットイン表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I3」、即ち3ラウンド目と4ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「にらみ合い表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I4」、即ち4ラウンド目と5ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「画面全体に砂煙表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I5」、即ち5ラウンド目と6ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「もう一度戦う表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I6」、即ち6ラウンド目と7ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「味方キャラクタのカットイン表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I7」、即ち7ラウンド目と8ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「敵キャラクタのカットイン表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I8」、即ち8ラウンド目と9ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「にらみ合い表示」がRAM263に記憶される。また、インターバル数「I9」、即ち9ラウンド目と10ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「画面全体に砂煙表示」がRAM263に記憶される。そして、インターバル数「I10」〜「I14」、即ち10ラウンド目終了時のインターバル間から14ラウンド目終了時のインターバル間に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「キャラのカットイン」がRAM263に記憶される。また、「最終」、即ち15ラウンド目終了時に表示される「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「最終インターバル表示」がRAM263に記憶される。
続いて、S363において、CPU261は、サブ統合制御基板280のCPU281から初回インターバルの表示指示情報が入力されるのを待つ(S363:NO)。そして、サブ統合制御基板280のCPU281から初回インターバルの表示指示情報が入力され他場合には(S363:YES)、CPU261は、S364の処理に移行する。
S364において、CPU261は、初回インターバルに対応する「大当たりインターバル間演出表示パターン」をRAM263から読み出し、液晶表示器52に表示する。
例えば、「大当り演出パターンコマンド」が「R15確変当たり2」の場合には、CPU261は、初回インターバルに対応する「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「初回インターバル表示」を液晶表示器52に表示する。
そしてまた、S365において、CPU261は、サブ統合制御基板280のCPU281から「ラウンド数データ」が入力されるのを待つ(S365:NO)。そして、サブ統合制御基板280のCPU281から「ラウンド数データ」が入力された場合には(S365:YES)、CPU261は、S366の処理に移行する。
S366において、CPU261は、当該「ラウンド数データ」に対応する「大当たりラウンド演出表示パターン」をRAM263から読み出して、液晶表示器52に表示する。
例えば、上記S361で「R15確変当たり2」に対応する「大当たりラウンド演出表示パターン」をRAM263に記憶した際には、CPU281から入力された「ラウンド数データ」が「1」の場合には、CPU261は、ラウンド数「R1」、即ち1ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「戦うステージ紹介」をRAM263から読み出して、液晶表示器52に表示する。また、CPU281から入力された「ラウンド数データ」が「5」の場合には、CPU261は、ラウンド数「R5」、即51ラウンド目の「大当たりラウンド演出表示パターン」として「引き分ける」をRAM263から読み出して、液晶表示器52に表示する。
続いて、S367において、CPU261は、大入賞口60が開放されている間の演出表示の停止を指示する「大当たりラウンド演出表示停止コマンド」がサブ統合制御基板280のCPU281から入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、「大当たりラウンド演出表示停止コマンド」がCPU281から入力されていない場合には(S367:NO)、CPU261は、再度、S366以降の処理を実行する。即ち、CPU261は、当該「ラウンド数データ」に対応する「大当たりラウンド演出表示パターン」の表示を継続する。
一方、「大当たりラウンド演出表示停止コマンド」がCPU281から入力された場合には(S367:YES)、CPU261は、S368の処理に移行する。S368において、CPU261は、当該「大当たりラウンド演出表示パターン」の表示を停止する。
そして、S369において、CPU261は、大当たり遊技中の演出表示の終了を指示する「大当たり演出表示終了コマンド」がサブ統合制御基板280のCPU281から入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、「大当たりラウンド演出表示終了コマンド」がCPU281から入力された場合には(S369:YES)、CPU261は、当該サブ処理を終了してメインフローチャートに戻る。
一方、「大当たりラウンド演出表示終了コマンド」がCPU281から入力されていない場合には(S369:NO)、CPU261は、S370の処理に移行する。
S370において、CPU261は、サブ統合制御基板280のCPU281から「インターバル数データ」が入力されるのを待つ(S370:NO)。そして、サブ統合制御基板280のCPU281から「インターバル数データ」が入力された場合には(S370:YES)、CPU261は、S371の処理に移行する。
S371において、CPU261は、当該「インターバル数データ」に対応する「大当たりインターバル間演出表示パターン」をRAM263から読み出して、液晶表示器52に表示する。
例えば、上記S362で「R15確変当たり2」に対応する「大当たりインターバル間演出表示パターン」をRAM263に記憶した際には、CPU281から入力された「インターバル数データ」が「1」の場合には、CPU261は、インターバル数「I1」、即ち1ラウンド目と2ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「味方キャラクタのカットイン表示」をRAM263から読み出して、液晶表示器52に表示する。また、CPU281から入力された「インターバル数データ」が「5」の場合には、CPU261は、インターバル数「I5」、即ち5ラウンド目と6ラウンド目との間の「大当たりインターバル間演出表示パターン」として「もう一度戦う表示」をRAM263から読み出して、液晶表示器52に表示する。
続いて、S372において、大入賞口60が閉鎖されているインターバル間の演出表示の停止を指示する「インターバル演出停止コマンド」がサブ統合制御基板280のCPU281から入力されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、「インターバル演出停止コマンド」がCPU281から入力されていない場合には(S372:NO)、CPU261は、再度、S371以降の処理を実行する。即ち、CPU261は、当該「インターバル数データ」に対応する「大当たりインターバル間演出表示パターン」の表示を継続する。
一方、「インターバル演出停止コマンド」がCPU281から入力された場合には(S372:YES)、CPU261は、S373の処理に移行する。S373において、CPU261は、当該「インターバル数データ」に対応する「大当たりインターバル間演出表示パターン」の表示を停止後、再度、S365以降の処理を実行する。
ここで、CPU291、CPU281、CPU261は、表示制御手段を構成する。
以上説明したとおり、本実施例に係るパチンコ機1によれば、「大当たり図柄」が、「111」、「333」、「555」、「777」、「999」の大当たり図柄のいずれかである場合には、大当たり遊技終了後、確率変動モードに設定され、また、大当たり図柄」が、「222」、「444」、「666」、「888」、「10 10 10」の大当たり図柄のいずれかである場合には、大当たり遊技終了後、通常遊技モードに設定される(S11〜S31)。また、「111」、「333」、「555」、「777」、「999」の大当たり図柄のいずれかである場合には、大入賞口60が開放されるラウンド数が5ラウンド、10ラウンド、15ラウンドである「R5確変当たり」、「R10確変当たり」、「R15確変当たり」のうちのいずれかの大当たり開始コマンドがサブ統合制御基板280のCPU281に出力される。また、「222」、「444」、「666」、「888」、「10 10 10」の大当たり図柄のいずれかである場合には、大入賞口60が開放されるラウンド数が5ラウンド、10ラウンド、15ラウンドである「R5非確変当たり」、「R10非確変当たり」、「R15非確変当たり」のうちのいずれかの大当たり開始コマンドがサブ統合制御基板280のCPU281に出力される(S44〜S57)。
そして、サブ統合制御基板280のCPU281は、「R5確変当たり」、「R10確変当たり」、「R15確変当たり」、「R5非確変当たり」、「R10非確変当たり」、「R15非確変当たり」のうちのいずれかの大当たり開始コマンドが入力されると、所定確率で、「R5確変当たり1」〜「R5確変当たり2」、「R10確変当たり1」〜「R10確変当たり3」、「R15確変当たり1」〜「R15確変当たり4」、「R5非確変当たり」、「R10非確変当たり」、「R15非確変当たり」から一の大当り演出パターンコマンドを選択して、演出表示基板260のCPU261に出力する(S231〜S248)。
一方、演出表示基板260のCPU261は、大当り演出パターンコマンドが入力されると、この大当り演出パターンコマンドに対応する大当たりラウンド演出表示パターンと大当たりインターバル間演出表示パターンとを選択して大入賞口60の開放動作に合わせて順次液晶表示器52に表示する(S361〜S373)。ここで、「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり1」、「R15確変当たり2」、「R15確変当たり3」、「R10確変当たり1」、「R10確変当たり2」、「R5確変当たり1」の場合には、大入賞口60が開放される最終ラウンドにおいて、確率変動モードを獲得した旨が表示される。また、「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり4」、「R15非確変当たり」、「R10確変当たり3」、「R10非確変当たり」、「R5確変当たり2」、「R5非確変当たり」の場合には、大入賞口60が開放される最終ラウンドにおいても、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨が表示される。
従って、15ラウンドの「R15確変当たり」が獲得された場合には、100分の21の確率で(図12参照)、また、10ラウンドの「R10確変当たり」が獲得された場合には、100分の31の確率で(図13参照)、また、5ラウンドの「R5確変当たり」が獲得された場合には、100分の31の確率で(図14参照)、確率変動モードを獲得した旨を大入賞口60が開放される最終ラウンドで報知することによって、遊技者の大当たり獲得の喜びを増大させることができる。
また、15ラウンドの「R15確変当たり」が獲得された場合には、100分の79の確率で(図12参照)、また、10ラウンドの「R10確変当たり」が獲得された場合には、100分の69の確率で(図13参照)、また、5ラウンドの「R5確変当たり」が獲得された場合には、100分の69の確率で(図14参照)、更に、5ラウンド、10ラウンド、15ラウンドである「R5非確変当たり」、「R10非確変当たり」、「R15非確変当たり」の場合には、100分の100の確率で(図15参照)、大入賞口60が開放される最終ラウンドにおいても、確率変動モードを獲得していない旨を報知しないで、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を報知することにより、遊技者の確率変動モード獲得への期待感を増大させ、大当たり獲得の喜びを継続させることが可能となる。
更に、「大当たり演出パターンコマンド」が「R15確変当たり4」、「R15非確変当たり」、「R10確変当たり3」、「R10非確変当たり」の場合には、大入賞口60が開放される最終ラウンドまで5ラウンド毎に、確率変動モードと通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を2回〜3回、継続して報知することが可能となり、遊技者の確率変動モード獲得への期待感を更に増大させ、大当たり獲得の喜びを確実に継続させることが可能となる(図17、図18参照)。
尚、本発明は、上記実施例に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々の改良、変形が可能であることは勿論である。
例えば、上記実施例では、大当たりラウンド演出パターン選択テーブル78には、R15非確変当たり、R10非確変当たり、R5非確変当たりの各大当たり開始コマンドに対して、各1個ずつの大当り演出パターンコマンドが格納されていたが、R15非確変当たり、R10非確変当たり、R5非確変当たりの各大当たり開始コマンドに対して複数の大当り演出パターンコマンドを格納するようにしてもよい。また、この場合には、各大当り演出表示パターンテーブル82〜84に、各非確変当たりの演出表示パターンに対して、それぞれ表示される背景やキャラクタの異なる大当たりラウンド演出表示パターンが格納される。これにより、R15非確変当たり、R10非確変当たり、R5非確変当たりが抽選された場合の演出表示パターンの更なる多様化を図ることが可能となる。
本実施例に係るパチンコ機全体を示した正面側斜視図である。 図1のパチンコ機全体を示した背面側斜視図である。 図1のパチンコ機の遊技盤を示す正面図である。 図1のパチンコ機の駆動制御に係る制御システムの構成を示すブロック図である。 図4の主制御基板のRAMの構成を示すブロック図である。 図4の主制御基板のROMの構成を示すブロック図である。 図4のサブ統合制御基板のRAMの構成を示すブロック図である。 図4のサブ統合制御基板のROMの構成を示すブロック図である。 図4の演出表示基板のROMの構成を示すブロック図である。 図6の変動パターン決定テーブル記憶エリアに格納される変動パターン決定テーブルの一例を示す図である。 図8の演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される演出パターン選択テーブルの一例を示す図である。 図8の大当たりラウンド演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される大当たりラウンド演出パターン選択テーブルの一例を示す図である。 大当たりラウンド演出パターン選択テーブルの一例を示す図である。 大当たりラウンド演出パターン選択テーブルの一例を示す図である。 大当たりラウンド演出パターン選択テーブルの一例を示す図である。 図9の演出表示パターンテーブル記憶エリアに格納される演出表示パターンテーブルの一例を示す図である。 図9の大当たりラウンド演出表示パターンテーブル記憶エリアに格納される大当たりラウンド演出表示パターンテーブルの一例を示す図である。 大当たりラウンド演出表示パターンテーブルの一例を示す図である。 大当たりラウンド演出表示パターンテーブルの一例を示す図である。 図9の大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル記憶エリアに格納される大当たりインターバル間演出表示パターンテーブルの一例を示す図である。 大当たりインターバル間演出表示パターンテーブルの一例を示す図である。 大当たりインターバル間演出表示パターンテーブルの一例を示す図である。 主制御基板のCPUが実行する割込制御処理を示すメインフローチャートである。 図23の続きで、主制御基板のCPUが実行するメインフローチャートである。 図24の続きで、主制御基板のCPUが実行するメインフローチャートである。 図25の「大当たり開始コマンド送信処理ののサブ処理を示すサブフローチャートである。 サブ統合制御基板のCPUが、主制御基板のCPUから指示情報として各コマンドを受信した場合に実行する制御処理を示すメインフローチャートである。 図27の「図柄変動処理」のサブ処理を示すサブフローチャートである。 図27の「大当たりラウンド表示処理」のサブ処理を示すサブフローチャートである。 演出表示基板のCPUが、サブ統合制御基板のCPUから表示指示情報が入力された場合に実行する制御処理を示すメインフローチャートである。 図30の「完全ハズレ表示処理」のサブ処理を示すサブフローチャートである。 図30の「ハズレリーチ表示処理」のサブ処理を示すサブフローチャートである。 図30の「当たり表示処理」のサブ処理を示すサブフローチャートである。 図30の「大当たり遊技表示処理」のサブ処理を示すサブフローチャートである。
符号の説明
1・・・パチンコ機、52・・・液晶表示器、60・・・大入賞口、73・・・変動パターン決定テーブル、74・・・演出パターン選択テーブル、75〜78・・・大当たりラウンド演出パターン選択テーブル、81・・・演出表示パターンテーブル、82〜84・・・大当たりラウンド演出表示パターンテーブル、85〜87・・・大当たりインターバル間演出表示パターンテーブル、260・・・演出表示基板、261、281、291・・・CPU、262、282、292・・・ROM、263、283、293・・・RAM、280・・・サブ統合制御基板、290・・・主制御基板

Claims (3)

  1. 遊技領域に設けられて複数の識別図柄を表示する図柄表示装置と、通常時には閉塞される開閉可能な大入賞口を有する特別入賞装置と、を備え、前記複数の識別図柄が変動後、所定の態様を構成する特定図柄で停止した後、前記大入賞口が所定ラウンド数開放される特別遊技状態が発生する遊技機において、
    前記特別遊技状態終了後の遊技状態は、該特別遊技状態の付与を所定の第1抽選確率で抽選する通常遊技モードと、該特別遊技状態の付与を前記第1抽選確率よりも高い所定の第2抽選確率で抽選する確率変動モードと、を含み、
    前記特別遊技状態は、予め設定された前記大入賞口が連続して開放可能となる設定ラウンド数が異なる複数種類の特別遊技モードを含み、
    前記複数種類の特別遊技モードから一の特別遊技モードを所定の第1選択確率で選択する特別遊技モード選択手段と、
    前記特別遊技状態終了後の遊技状態として前記通常遊技モードと確率変動モードとのいずれか一方を所定の第2選択確率で選択する遊技モード選択手段と、
    前記遊技モード選択手段を介して確率変動モードが選択されたか否かを判定する判定手段と、
    前記確率変動モードが選択された旨を報知する確変獲得報知画像データと、該確率変動モードと前記通常遊技モードとのいずれかを未だ抽選中である旨を報知する抽選中報知画像データと、を含む抽選画像データを前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードにおける前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御する表示制御手段と、
    を備え、
    前記表示制御手段は、
    前記判定手段を介して確率変動モードが選択されたと判定された場合には、前記 確変獲得報知画像データと前記抽選中報知画像データとのいずれか一方を選択 して、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御し、
    前記判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定された場合には、前記 抽選中報知画像データを選択して、前記大入賞口の複数回の開放に渡って表示 するように制御する
    ことを特徴とする遊技機。
  2. 前記確変獲得報知画像データと抽選中報知画像データは、所定ラウンド数に渡って報知する画像データであって、
    前記表示制御手段は、前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードにおいて、該特別遊技モードが終了していない段階で前記抽選中報知画像データを表示し終わった場合には、
    前記判定手段を介して確率変動モードが選択されたと判定されているときには、 前記確変獲得報知画像データと前記抽選中報知画像データとのいずれか一方を 再度、選択して、該特別遊技モードにおいて、前記大入賞口の複数回の開放に 渡って表示するように制御し、
    前記判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定されているときには、 前記抽選中報知画像データを再度、選択して、該特別遊技モードにおいて、前 記大入賞口の複数回の開放に渡って表示するように制御する
    ことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 前記確変獲得報知画像データと抽選中報知画像データは、所定ラウンド数に渡って報知する画像データであって、
    前記表示制御手段は、
    前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードと前記判定手段 の判定結果とに基づいて複数種類の大当たり種類から一の大当たり種類を特定 する大当たり種類特定手段と、
    該判定手段を介して前記確率変動モードが選択されたと判定された場合に、前記 大当たり種類特定手段によって特定される前記複数種類の大当たり種類のそれ ぞれに対応して前記確変獲得報知画像データ又は前記抽選中報知画像データか ら構成される複数種類の前記抽選画像データを記憶する第1抽選画像データ記 憶手段と、
    該判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定された場合に、該大当た り種類特定手段によって特定される前記複数種類の大当たり種類のそれぞれに 対応して前記抽選中報知画像データから構成される前記抽選画像データを記憶 する第2抽選画像データ記憶手段と、
    前記第1抽選画像データ記憶手段又は第2抽選画像データ記憶手段に記憶される 抽選画像データから前記大当たり種類特定手段によって特定された大当たり種 類に対応する一の抽選画像データを選択する抽選画像データ選択手段と、
    前記特別遊技状態において前記大入賞口が閉鎖されている各インターバル間に表 示される大当たりインターバル間演出画像データを前記第1抽選画像データ記 憶手段及び第2抽選画像データ記憶手段に記憶される各抽選画像データに対応 させて記憶する大当たりインターバル間演出画像データ記憶手段と、
    前記抽選画像データ選択手段によって選択された抽選画像データに対応する前記 大当たりインターバル間演出画像データを選択して、各インターバル間に表示 するように制御するインターバル間表示制御手段と、
    を有し、
    前記第1抽選画像データ記憶手段及び第2抽選画像データ記憶手段に記憶される各抽選画像データは、前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数よりも少ないラウンド数であり、且つ、他の特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数の時には、前記大入賞口の複数回の開放に渡って前記抽選中報知画像データが表示されるように構成され、
    前記大当たりインターバル間演出画像データ記憶手段に記憶される各大当たりインターバル間演出画像データは、前記特別遊技モード選択手段によって選択された特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数よりも少ないラウンド数であり、且つ、他の特別遊技モードに設定されている前記設定ラウンド数における前記抽選中報知画像データの表示が終了した後のインターバル間において、前記確率変動モードと前記通常遊技モードとのいずれかを再度、抽選する旨を報知する抽選案内表示画像データが表示されるように構成され、
    前記表示制御手段は、
    前記判定手段を介して確率変動モードが選択されたと判定された場合には、前記 抽選画像データ選択手段を介して該第1抽選画像データ記憶手段に記憶される 抽選画像データから前記大当たり種類特定手段によって特定された大当たり種 類に対応する一の抽選画像データを選択して、前記大入賞口の複数回の開放に 渡って表示するように制御し、
    前記判定手段を介して通常遊技モードが選択されたと判定された場合には、前記 抽選画像データ選択手段を介して該第2抽選画像データ記憶手段に記憶される 抽選画像データから前記大当たり種類特定手段によって特定された大当たり種 類に対応する一の抽選画像データを選択して、前記大入賞口の複数回の開放に 渡って表示するように制御する
    ことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
JP2006118389A 2006-04-21 2006-04-21 遊技機 Expired - Fee Related JP4827013B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006118389A JP4827013B2 (ja) 2006-04-21 2006-04-21 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006118389A JP4827013B2 (ja) 2006-04-21 2006-04-21 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007289285A JP2007289285A (ja) 2007-11-08
JP4827013B2 true JP4827013B2 (ja) 2011-11-30

Family

ID=38760503

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006118389A Expired - Fee Related JP4827013B2 (ja) 2006-04-21 2006-04-21 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4827013B2 (ja)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4769785B2 (ja) * 2007-11-20 2011-09-07 京楽産業.株式会社 パチンコ遊技機
JP5102104B2 (ja) * 2008-05-16 2012-12-19 株式会社ニューギン 遊技機
JP5113622B2 (ja) * 2008-05-16 2013-01-09 株式会社ニューギン 遊技機
JP5103270B2 (ja) * 2008-05-16 2012-12-19 株式会社ニューギン 遊技機
JP5121641B2 (ja) * 2008-09-11 2013-01-16 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2010063807A (ja) * 2008-09-12 2010-03-25 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP4792493B2 (ja) * 2008-10-24 2011-10-12 京楽産業.株式会社 遊技機
JP4913792B2 (ja) * 2008-11-07 2012-04-11 京楽産業.株式会社 遊技機
JP5315023B2 (ja) * 2008-11-20 2013-10-16 株式会社ニューギン 遊技機
JP5049950B2 (ja) * 2008-12-17 2012-10-17 京楽産業.株式会社 パチンコ遊技機
JP5371697B2 (ja) * 2009-10-29 2013-12-18 株式会社三共 遊技機
JP5487246B2 (ja) * 2012-05-29 2014-05-07 株式会社三共 遊技機
JP5461650B2 (ja) * 2012-09-28 2014-04-02 株式会社ニューギン 遊技機
JP5461656B2 (ja) * 2012-10-17 2014-04-02 株式会社ニューギン 遊技機

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3976440B2 (ja) * 1999-03-23 2007-09-19 株式会社ソフィア 遊技機
JP4513137B2 (ja) * 1999-05-13 2010-07-28 豊丸産業株式会社 遊技機
JP4592156B2 (ja) * 2000-06-22 2010-12-01 株式会社三共 遊技機
JP2005143811A (ja) * 2003-11-14 2005-06-09 Daiman:Kk 遊技機
JP4463642B2 (ja) * 2004-08-25 2010-05-19 株式会社ニューギン 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2007289285A (ja) 2007-11-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4827013B2 (ja) 遊技機
JP4797654B2 (ja) 遊技機
JP4978880B2 (ja) パチンコ機
JP2006158493A (ja) 遊技機
JP2006238983A (ja) 遊技機
JP4720443B2 (ja) 遊技機
JP2006305141A (ja) 遊技機
JP2006311967A (ja) 遊技機
JP2004166818A (ja) 遊技台
JP2016131664A (ja) 遊技機
JP2016193281A (ja) 遊技機
JP4521601B2 (ja) 遊技機
JP4720488B2 (ja) 遊技機
JP2006333969A (ja) 遊技機
JP2006311968A (ja) 遊技機
JP2006320576A (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP2006238978A (ja) 遊技機
JP2010158436A (ja) 遊技機の演出方法
JP4798316B2 (ja) 遊技機
JP4973777B2 (ja) 遊技機
JP2008183197A (ja) 遊技機
JP2006238945A (ja) 遊技機
JP2016131667A (ja) 遊技機
JP2016131666A (ja) 遊技機
JP2006247003A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20081103

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20100520

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110804

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110822

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140922

Year of fee payment: 3

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110904

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140922

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R255 Notification of exclusion from application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R2525

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees