JP4810027B2 - Information processing apparatus and method - Google Patents

Information processing apparatus and method Download PDF

Info

Publication number
JP4810027B2
JP4810027B2 JP2001280608A JP2001280608A JP4810027B2 JP 4810027 B2 JP4810027 B2 JP 4810027B2 JP 2001280608 A JP2001280608 A JP 2001280608A JP 2001280608 A JP2001280608 A JP 2001280608A JP 4810027 B2 JP4810027 B2 JP 4810027B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
page
print page
print
additional information
added
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001280608A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003091526A (en
JP2003091526A5 (en
Inventor
茂雄 奈良
拓矢 宮里
安生 森
孝治 中桐
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Canon Inc
Original Assignee
Canon Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc filed Critical Canon Inc
Priority to JP2001280608A priority Critical patent/JP4810027B2/en
Publication of JP2003091526A publication Critical patent/JP2003091526A/en
Publication of JP2003091526A5 publication Critical patent/JP2003091526A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4810027B2 publication Critical patent/JP4810027B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、例えば文書処理プログラムによって生成される文書データに対する編集機能を提供する情報処理装置及び方法に関する。
【0002】
【従来の技術】
文字や表、画像など、データの種類が異なると、データを定義する構造やそれらデータに対する編集操作が異なるために、データの種類に応じた様々なアプリケーションプログラムが提供されている。利用者は、文字を編集するためには文字処理プログラム、表を編集するためには表計算プログラム、画像を編集するためには画像編集プログラムといった具合に、データの種類別にアプリケーションを使い分けている。
【0003】
このように、利用者はデータの種類ごとにアプリケーションプログラムを使い分けるのが一般的である。しかし、利用者が作成しようとする文書としては、例えば文字のみや、表のみ、画像のみといった1種類のデータのみから構成される文書よりも、文字と表、文字と画像など、複数種類のデータから構成される文書の方が一般的である。そこで複数種類のデータを含む目的文書を作成するために、利用者は各種アプリケーションが備えている印刷機能を利用してアプリケーションごとにデータを印刷させ、印刷物を所望の順序に組み合わせる必要があった。
【0004】
あるいは、いわゆるオフィススイートと呼ばれる、各種アプリケーションによってひとつの統合アプリケーションを形成するプログラムには、各アプリケーションで生成されたデータを組み合わせ、ひとつの文書を構成する機能を提供するものもある。この統合アプリケーションを使用する場合には、利用者は、各アプリケーションで作成したデータを、統合アプリケーションに含まれる特定のアプリケーションによってひとつの目的文書にまとめることができる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、利用者が各種アプリケーションによる印刷物を組み合わせてひとつの目的文書を作成する場合、例えばページ番号を各ページに振るためには、いったん必要なデータをすべて印刷出力し、文書としてまとめてから付すべきページ番号を決定する必要がある。そして、各アプリケーションによって、そのアプリケーションで作成された原稿の各ページ(これを論理ページあるいは原稿ページと呼ぶ)ごとに、決定されたページ番号を書き込んでいく。アプリケーションプログラムがページ番号を振る機能を有している場合であっても、不連続部分があればその部分についてはやはり利用者がページ番号を指定しなければならない。また、目的文書のページを再配置した場合には、ページ番号もそれに合わせて振り直さなければならない。あるいは、複数の原稿ページを、印刷物としての1ページ(これを物理ページあるいは印刷ページと呼ぶ)にまとめたり、片面印刷から両面印刷に変更するなど、データの内容にかかる変更ではなく、単に書式を変更する場合であっても、アプリケーションによって編集および印刷のし直しが必要となる。
【0006】
このように、データの種類ごとにそれを管理できるアプリケーションが異なることから、アプリケーション間のインターフェースを利用者自身が人手によって提供しなければならない。このことは、利用者に多大な労力が要求されるということであり、生産性の低下をもたらす。さらに、多くの人手を介することからエラーの発生も生じやすかった。
【0007】
一方、統合アプリケーションを利用して目的文書を作成する場合、印刷出力せずに、データの状態で各種データを配置することができる。このため、印刷物を組み合わせて目的文書を作成する場合ほどには労力は必要とされることはない。しかしながら、各種データを編集・作成するためのアプリケーションは、統合アプリケーションに含まれるものに限られてしまい、利用者が望むアプリケーションが使用できるとは限らない。また、統合アプリケーションによって作成された目的文書はひとつの文書ファイルであり、ファイル単位で編集・出力等の管理が行われる。そのために、文書ファイルの一部について書式を設定しようとしてもアプリケーションの機能による制約が多く、例えば書式が変わる部分ごとに書式設定を変更しては印刷し直すといった作業が必要とされる。このため、多くの労力が必要とされて生産性が低い点においては、前述した方法と変わりはなかった。
【0008】
さらに、印刷出力の際に、原稿ページに別途用意された画像や文字列などのいわゆるウォーターマークを重ねて印刷させる機能を有するアプリケーションもある。従来ウォーターマークは原稿ページに対して付され、印刷ページに対して付すことができなかった。例えば、N−up印刷と呼ばれる、1印刷ページに複数の原稿ページの配置を指定する機能がある。Nとして4を指定すると、1印刷ページに4原稿ページが田形に配置される。この場合にウォーターマークの指定がされると、1印刷ページには各原稿ページごとに、4つの同一のウォーターマークが印刷される。ひとつのウォーターマークで十分である場合でも、4つ印刷されるのを避けることはできなかった。
【0009】
本発明は上記従来例に鑑みて成されたもので、利用者の望むアプリケーションプログラムによって作成されるデータをひとまとめにした文書の作成および編集を可能とするとともに、その操作性を高めて文書編集の生産性を向上させる情報処理装置及び方法を提供することを第1の目的とする。
【0010】
さらに、ウォーターマークの配置の自由度を拡大し、利用者の意図をより反映させた印刷を実現できる情報処理装置及び方法を提供することを第2の目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するために、本発明は次のような構成から成る。
【0012】
印刷ページと当該印刷ページに配置される原稿ページとに対して付加情報を付加する情報処理装置であって、
前記印刷ページに対して付加情報を付加することを指定する第1指定手段と、
前記原稿ページに対して付加情報を付加することを指定する第2指定手段と、
1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置することを指定する第3指定手段と、
前記第1および第2および第3指定手段の指定に従って、前記第3指定手段により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページと原稿ページとの両者に付加情報が付加された第1出力結果と、前記第3指定手段により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページに前記付加情報が付加されないと共に前記前記1つの印刷ページに配置される複数の原稿ページのそれぞれに前記付加情報が付加されない第2出力結果と、を混在して得るためのデータを出力する出力手段とを備える。
【0017】
【発明の実施の形態】
[第1の実施形態]
<システム概要>
本発明の情報処理システムに好適な第1の実施形態である文書処理システムの概要を、図1〜図12を参照して説明する。この文書処理システムでは、一般アプリケーションにより作成されたデータファイルが、電子原稿ライタによって電子原稿ファイルに変換される。製本アプリケーションはその電子原稿ファイルを編集する機能を提供している。以下、その詳細は説明する。
【0018】
<システム構成及び動作>
図1は、本実施形態の文書処理システムのソフトウェア構成を示す図である。文書処理システムは、本発明の情報処理装置に好適なデジタルコンピュータ101によって実現されている。一般アプリケーション101は、ワードプロセシングやスプレッドシート、フォトレタッチ、ドローあるいはペイント、プレゼンテーション、テキスト編集などの機能を提供するアプリケーションプログラムであり、OSに対する印刷機能を有している。これらアプリケーションは、作成された文書データや画像データなどのアプリケーションデータを印刷するにあたって、オペレーティングシステム(OS)により提供される所定のインターフェース(一般に、GDIと呼ばれる)を利用する。すなわち、アプリケーション101は、作成したデータを印刷するために、前記インターフェースを提供するOSの出力モジュールに対して、あらかじめ定められる、OSに依存する形式の出力コマンド(GDI関数と呼ばれる)を送信する。出力コマンドを受けた出力モジュールは、プリンタ等の出力デバイスが処理可能な形式にそのコマンドを変換し、変換されたコマンド(DDI関数と呼ばれる)を出力する。出力デバイスが処理可能な形式はデバイスの種類やメーカ、機種などによって異なるために、デバイスごとにデバイスドライバが提供されており、OSではそのデバイスドライバを利用してコマンドの変換を行い、印刷データを生成し、JL(Job Language)でくくることにより印刷ジョブが生成される。OSとしてマイクロソフト社のウインドウズを利用する場合には、前述した出力モジュールとしてはGDIと呼ばれるモジュールが相当する。
【0019】
電子原稿ライタ102は、前述のデバイスドライバを改良したものであり、本文書処理システム実現のために提供されるソフトウェアモジュールである。ただし、電子原稿ライタ102は特定の出力デバイスを目的としておらず、後述の製本アプリケーション104やプリンタドライバ106により処理可能な形式に出力コマンドを変換する。この電子原稿ライタ102による変換後の形式(以後電子原稿形式と呼ぶ)は、ページ単位の原稿を詳細な書式をもって表現可能であれば特に問わない。実質的な標準形式のうちでは、例えばアドビシステムズによるPDF形式や、SVGL形式などが電子原稿形式として採用できる。アプリケーション101により電子原稿ライタ102を利用させる場合には、出力に使用するデバイスドライバとして電子原稿ライタ102を指定してから印刷を実行させる。ただし、電子原稿ライタ102によって作成されたままの電子原稿ファイルは、電子原稿ファイルとして完全な形式を備えていない。そのため、デバイスドライバとして電子原稿ライタ102を指定するのは製本アプリケーション104であり、その管理下でアプリケーションデータの電子原稿ファイルへの変換が実行される。製本アプリケーション104は、電子原稿ライタ1−2が生成した新規の不完全な電子原稿ファイルを後述する形式を備えた電子原稿ファイルとして完成させる。以下では、この点を明瞭に識別する必要がある際には、電子原稿ライタ102によって作成されたファイルを電子原稿ファイルと呼び、製本アプリケーションによって構造を与えられた電子原稿ファイルをブックファイルと呼ぶ。また、特に区別する必要がない場合は、アプリケーションにより生成されるドキュメントファイル、電子原稿ファイル、及びブックファイルをいずれも文書ファイル(または文書データ)と呼ぶ。
【0020】
このようにデバイスドライバとして電子原稿ライタ102を指定し、一般アプリケーション101によりそのデータを印刷させることで、アプリケーションデータはアプリケーション101によって定義されたページ(以後論理ページあるいは原稿ページと呼ぶ)を単位とする電子原稿形式に変換され、電子原稿ファイル103としてハードディスクなどの記憶媒体に格納される。なお、ハードディスクは、本実施形態の文書処理システムを実現するコンピュータが備えているローカルドライブであってもよいし、ネットワークに接続されている場合にはネットワーク上に提供されるドライブであっても良い。
【0021】
製本アプリケーション104は電子原稿ファイルあるいはブックファイル103を読み込み、それを編集するための機能を利用者に提供する。ただし製本アプリケーション104は、各ページの内容を編集する機能は提供しておらず、ページを最小単位として構成される、後述する章やブックの構造を編集するための機能を提供している。
【0022】
製本アプリケーション104によって編集されたブックファイル103を印刷する際には、製本アプリケーション104によって電子原稿デスプーラ105が起動される。電子原稿デスプーラ105は、製本アプリケーションと共にコンピュータ内にインストールされるプログラムモジュールであり、製本アプリケーションで利用するドキュメント(ブックファイル)を印刷する際に、プリンタドライバへ描画データを出力するために使用されるモジュールである。電子原稿デスプーラ105は、指定されたブックファイルをハードディスクから読み出し、ブックファイルに記述された形式で各ページを印刷するために、前述したOSの出力モジュールに適合する出力コマンドを生成し、不図示の出力モジュールに出力する。その際に、出力デバイスとして使用されるプリンタ107のドライバ106がデバイスドライバとして指定される。出力モジュールは、指定されたプリンタ107のデバイスドライバ106を用いて受信した出力コマンドを、プリンタ107で解釈実行可能なデバイスコマンドに変換する。そしてデバイスコマンドはプリンタ107に送信され、プリンタ107によってコマンドに応じた画像が印刷される。
【0023】
図2は、コンピュータ100のハードウェアブロック図である。図2において、CPU201は、ROM203のプログラム用ROMに記憶された、あるいはハードディスク211からRAM202にロードされたOSや一般アプリケーション、製本アプリケーションなどのプログラムを実行し、図1のソフトウェア構成や、後述するフローチャートの手順を実現する。RAM202は、CPU201の主メモリ、ワークエリア等として機能する。キーボードコントローラ(KBC)205は、キーボード209や不図示のポインティングデバイスからのキー入力を制御する。CRTコントローラ(CRTC)206は、CRTディスプレイ210の表示を制御する。ディスクコントローラ(DKC)207は、ブートプログラム、種々のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、後述する編集ファイル等を記憶するハードディスク(HD)211やフロッピーディスク(FD)等とのアクセスを制御する。PRTC208は、接続されたプリンタ107との間の信号の交換を制御する。NC212はネットワークに接続されて、ネットワークに接続された他の機器との通信制御処理を実行する。
【0024】
<電子原稿データの形式>
編集アプリケーション104の詳細に言及する前に、ブックファイルのデータ形式を説明する。ブックファイルは紙媒体の書物を模した3層の層構造を有する。上位層は「ブック」と呼ばれ、1冊の本を模しており、その本全般に係る属性が定義されている。その下の中間層は、本でいう章に相当し、やはり「章」と呼ばれる。各章についても、章ごとの属性が定義できる。下位層は「ページ」であり、アプリケーションプログラムで定義された各ページに相当する。各ページついてもページごとの属性が定義できる。ひとつのブックは複数の章を含んでいてよく、また、ひとつの章は複数のページを含むことができる。
【0025】
図3(A)は、ブックファイルの形式の一例を模式的に示す図である。この例のブックファイルは、ブック,章,ページは、それぞれに相当するノードにより示されている。ひとつのブックファイルはひとつのブックを含む。ブック,章は、ブックとしての構造を定義するための概念であるから、定義された属性値と下位層へのリンクとをその実体として含む。ページは、アプリケーションプログラムによって出力されたページごとのデータを実体として有する。そのため、ページは、その属性値のほか、原稿ページの実体(原稿ページデータ)と各原稿ページデータへのリンクを含む。なお、紙媒体等に出力する際の印刷ページは複数の原稿ページを含む場合がある。この構造に関してはリンクによって表示されず、ブック、章、ページ各階層における属性として表示される。
【0026】
図3において、ブック301には、ブック属性が定義されているとともに、2つの章302A,302Bがリンクされている。このリンクにより、章302A,302Bがブック301に包含されていることが表示される。章302Aには、ページ303A,303Bがリンクされ、これらページが含まれることが示されている。各ページ303A,303Bにはそれぞれ属性値が定義され、その実体である原稿ページデータ(1)、(2)へのリンクが含まれる。これらリンクは、図3(B)に示す原稿ページデータ304のデータ(1),(2)を指し示し、ページ303A、303Bの実体が、原稿ページデータ(1)、(2)であることを表示する。
【0027】
図4は、ブック属性のリストである。下位層と重複して定義可能な項目に関しては、下位層の属性値が優先採用される。そのため、ブック属性にのみ含まれる項目に関しては、ブック属性に定義された値はブック全体を通して有効な値となる。しかし、下位層と重複する項目については、下位層において定義されていない場合における既定値としての意味を有する。なお、図示された各項目は具体的に1項目に対応するのではなく、関連する複数の項目を含むものもある。
【0028】
図5は章属性の、図6はページ属性のリストである。章属性とページ属性との関係もブック属性と下位層の属性との関係と同様である。
【0029】
ブック属性に固有の項目は、印刷方法、製本詳細、表紙/裏表紙、インデックス紙、合紙、章区切りの6項目である。これらは、ブックを通して定義される項目である。印刷方法属性としては、片面印刷、両面印刷、製本印刷の3つの値を指定できる。製本印刷とは、別途指定する枚数の用紙を束にして2つ折りにし、その束をつづり合わせることで製本が可能となる形式で印刷する方法である。製本詳細属性としては、製本印刷が指定されている場合に、見開き方向や、束になる枚数等が指定できる。
【0030】
表紙/裏表紙属性は、ブックとしてまとめられる電子原稿ファイルを印刷する際に、表紙および裏表紙となる用紙を付加することの指定、及び付加した用紙への印刷内容の指定を含む。インデックス紙属性は、章の区切りとして、印刷装置に別途用意される耳付きのインデックス紙の挿入の指定およびインデックス(耳)部分への印刷内容の指定を含む。この属性は、印刷用紙とは別に用意された用紙を所望の位置に挿入するインサート機能を持ったインサータが使用する印刷装置に備えられている場合か、あるいは、複数の給紙カセットを使用可能である場合に有効となる。これは合紙属性についても同様である。
【0031】
合紙属性は、章の区切りとして、インサータからあるいは給紙カセットから供給される用紙の挿入の指定、および、合紙を挿入する場合には、給紙元の指定などを含む。
【0032】
章区切り属性は、章の区切り目において、新たな用紙を使用するか、新たな印刷ページを使用するか、特に何もしないか等の指定を含む。片面印刷時には新たな用紙の使用と新たな印刷ページの使用とは同じ意味を持つ。両面印刷時には、「新たな用紙の使用」を指定すれば連続する章が1枚の用紙に印刷されることは無いが、「新たな印刷ページの使用」を指定すれば、連続する章が1枚の用紙の表裏に印刷されることがあり得る。
【0033】
章属性に関しては、章に固有の項目はなく、すべてブック属性と重複する。したがって、章属性における定義とブック属性における定義とが異なれば、章属性で定義された値が優先する。ブック属性と章属性とにのみ共通する項目は、用紙サイズ、用紙方向、N−up印刷指定、拡大縮小、排紙方法の5項目である。このうち、N−up印刷指定属性は、1印刷ページに含まれる原稿ページ数を指定するための項目である。指定可能な配置としては、1×1や1×2、2×2、3×3、4×4などがある。排紙方法属性は、排出した用紙にステイプル処理を施すか否かを指定するための項目であり、この属性の有効性は使用する印刷装置がステイプル機能を有するか否かに依存する。
【0034】
ページ属性に固有の項目には、ページ回転属性、ズーム、配置指定、アノテーション、ページ分割などがある。ページ回転属性は、原稿ページを印刷ページに配置する際の回転角度を指定するための項目である。ズーム属性は、原稿ページの変倍率を指定するための項目である。変倍率は、仮想論理ページ領域のサイズを100%として指定される。仮想論理ページ領域とは、原稿ページを、Nup等の指定に応じて配置した場合に、1原稿ページが占める領域である。例えば1×1であれば、仮想論理ページ領域は1印刷ページに相当する領域となり、1×2であれば、1印刷ページの各辺を約70パーセントに縮小した領域となる。
【0035】
ブック、章、ページについて共通な属性として、ウォーターマーク属性およびヘッダ・フッタ属性がある。ウォーターマークとは、アプリケーションで作成されたデータに重ねて印刷される、別途指定される画像や文字列などである。ヘッダ・フッタは、それぞれ各ページの上余白および下余白に印刷されるウォーターマークである。ただし、ヘッダ・フッタには、ページ番号や日時など、変数により指定可能な項目が用意されている。なお、ウォーターマーク属性およびヘッダ・フッタ属性において指定可能な内容は、章とページとは共通であるが、ブックはそれらと異なっている。ブックにおいてはウォーターマークやヘッダ・フッタの内容を設定できるし、また、ブック全体を通してどのようにウォーターマークやヘッダ・フッタを印刷するかを指定することができる。一方、章やページでは、その章やページにおいて、ブックで設定されたウォーターマークやヘッダ・フッタを印刷するか否かを指定できる。
【0036】
<ブックファイルの生成手順>
ブックファイルは上述したような構造および内容を有している。次に、製本アプリケーション104および電子原稿ライタ102によってブックファイルを作成する手順を説明する。ブックファイルの作成は、製本アプリケーション104によるブックファイルの編集操作の一環として実現される。図7は、製本アプリケーション104によりブックファイルを開く際の手順である。
【0037】
まず、開こうとするブックファイルが、新規作成すべきものであるか、それとも既存のものであるか判定する(ステップS701)。新規作成の場合には、章を含まないブックファイルを新規に作成する(ステップS702)。新規に作成されるブックファイルは、図3の例で示せば、ブックノード301のみ有し、章のノードに対するリンクが存在しないブックのノードとなる。ブック属性は、新規作成用としてあらかじめ用意された属性のセットが適用される。そして、新規ブックファイルを編集するためのユーザインターフェース(UI)画面を表示する(ステップS704)。図11は、新規にブックファイルが作成された際のUI画面の一例である。この場合には、ブックファイルは実質的な内容を持たないために、UI画面1100には何も表示されない。
【0038】
一方、既存のブックファイルがあれば、指定されたブックファイルを開き(ステップS703)、そのブックファイルの構造、属性、内容に従ってユーザインターフェース(UI)画面を表示する。図10は、このUI画面の一例である。UI画面1100は、ブックの構造を示すツリー部1101と、印刷された状態を表示するプレビュー部1102とを含む。ツリー部1101には、ブックに含まれる章、各章に含まれるページが、図3(A)のような木構造で表示される。ツリー部1101に表示されるページは原稿ページである。プレビュー部1102には、印刷ページの内容が縮小されて表示される。その表示順序は、ブックの構造を反映したものとなっている。
【0039】
さて、開かれたブックファイルには、電子原稿ライタによって電子原稿ファイルに変換されたアプリケーションデータを、新たな章として追加することができる。この機能を電子原稿インポート機能と呼ぶ。図7の手順によって新規に作成されたブックファイルに電子原稿インポートすることで、そのブックファイルには実体が与えられる。この機能は、図10の画面にアプリケーションデータをドラッグアンドドロップ操作することで起動される。図8に電子原稿インポートの手順を示す。
【0040】
まず、指定されたアプリケーションデータを生成したアプリケーションプログラムを起動し、デバイスドライバとして電子原稿ライタ102を指定してアプリケーションデータを印刷出力させることで、電子原稿データに変換する(ステップS801)。変換を終えたなら、変換されたデータが画像データであるか否かを判定する(ステップS802)。この判定は、ウインドウズOSの下であれば、アプリケーションデータのファイル拡張子に基づいて行える。例えば、拡張子が「bmp」であればウインドウズビットマップデータであり、「jpg」であればjpeg圧縮された画像データ、「tiff」であればtiff形式の画像データであると判定できる。また、このような画像データの場合はS8010のようにアプリケーションを起動せずに、画像データから直接電子原稿ファイルを生成することが可能であるため、S8010の処理を省略することも可能である。
【0041】
画像データでなかった場合には、ステップS801で生成された電子原稿ファイルを、現在開かれているブックファイルのブックに、新たな章として追加する(ステップS803)。章属性としては、ブック属性と共通するものについてはブック属性の値がコピーされ、そうでないものについては、あらかじめ用意された規定値に設定される。
【0042】
画像データである場合には、原則として新たな章は追加されず、指定されている章に、ステップS801で生成された電子原稿ファイルに含まれる各原稿ページが追加される(ステップS804)。ただし、ブックファイルが新規作成されたファイルであれば、新たな章が作成されて、その章に属するページとして電子原稿ファイルの各ページが追加される。ページ属性は、上位層の属性と共通のものについてはその属性値が与えられ、アプリケーションデータにおいて定義された属性を電子原稿ファイルに引き継いでいるもにについてはその値が与えられる。例えば、Nup指定などがアプリケーションデータにおいてされていた場合には、その属性値が引き継がれる。このようにして、新規なブックファイルが作成され、あるいは、新規な章が追加される。
【0043】
図9は、図8のステップS801において、電子原稿ライタ102により電子原稿ファイルを生成させる手順のフローチャートである。まず、新たな電子原稿ファイルを作成してそれを開く(ステップS901)。指定したアプリケーションデータに対応するアプリケーションを起動し、電子原稿ライタをデバイスドライバとして、OSの出力モジュールに対して出力コマンドを送信させる。出力モジュールは、受信した出力コマンドを電子原稿ライタによって電子原稿形式のデータに変換し、出力する(ステップS902)。出力先はステップS901で開いた電子原稿ファイルである。指定されたデータすべてについて変換が終了したか判定し(ステップS903)、終了していれば電子原稿ファイルを閉じる(ステップS904)。電子原稿ライタ102によって生成される電子原稿ファイルは、図3(B)に示した、原稿ページデータの実体を含むファイルである。
【0044】
<ブックファイルの編集>
以上のようにして、アプリケーションデータからブックファイルを作成することができる。生成されたブックファイルについては、章及びページに対して次のような編集操作が可能である。
(1)新規追加
(2)削除
(3)コピー
(4)切り取り
(5)貼り付け
(6)移動
(7)章名称変更
(8)ページ番号名称振り直し
(9)表紙挿入
(10)合紙挿入
(11)インデックス紙挿入
(12)各原稿ページに対するページレイアウト。
【0045】
このほか、一旦行った編集操作を取り消す操作や、さらに取り消した操作をやり直す操作が可能である。これら編集機能により、例えば複数のブックファイルの統合、ブックファイル内で章やページの再配置、ブックファイル内で章やページの削除、原稿ページのレイアウト変更、合紙やインデックス紙の挿入などといった編集操作が可能となる。これらの操作を行うと、図4乃至5に示す属性に操作結果が反映されたり、あるいはブックファイルの構造に反映される。たとえば、ブランクページの新規追加操作を行えば、指定された箇所にブランクページが挿入される。このブランクページは原稿ページとして扱われる。また、原稿ページに対するレイアウトを変更すれば、その変更内容は、印刷方法やN−up印刷、表紙/裏表紙、インデックス紙、合紙、章区切りといった属性に反映される。
【0046】
<ブックファイルの出力>
以上のように作成・編集されるブックファイルは印刷出力を最終目的としている。利用者が図10に示す製本アプリケーションのUI画面1100からファイルメニューを選択し、そこから印刷を選択すると、指定した出力デバイスにより印刷出力される。この際、まず製本アプリケーション104は、現在開かれているブックファイルからジョブチケットを作成して電子原稿デスプーラ105に渡す。電子原稿デスプーラ105は、ジョブチケットをOSの出力コマンド、例えばウインドウズのGDIコマンドに変換し、それを出力モジュール、例えばGDIに送信する。出力モジュールは、指定されたプリンタドライバ106によってデバイスに適したコマンドを生成し、そのデバイスに送信する。
【0047】
ジョブチケットは原稿ページを最小単位とする構造を有するデータである。ジョブチケットにおける構造は、用紙上における原稿ページのレイアウトを定義している。ジョブチケットは1ジョブにつき1つ発行される。そのため、まず最上位にドキュメントというノードがあり、文書全体の属性、例えば両面印刷/片面印刷などが定義されている。その下には、用紙ノードが属し、用いるべき用紙の識別子や、プリンタにおける給紙口の指定などの属性が含まれる。各用紙ノードには、その用紙で印刷されるシートのノードが属する。1シートは1枚の用紙に相当する。各シートには、印刷ページ(物理ページ)が属する。片面印刷ならば1シートには1物理ページが属し、両面印刷ならば1シートに2物理ページが属する。各物理ページには、その上に配置される原稿ページが属する。また物理ページの属性として、原稿ページのレイアウトが含まれる。
【0048】
電子原稿デスプーラ105は、上述のジョブチケットを、出力モジュールへの出力コマンドに変換する。
【0049】
<そのほかのシステム構成>
本実施形態の文書処理システムの概要は以上のようなものである。これはスタンドアロン型のシステムであるが、これを拡張したサーバクライアントシステムでもほぼ同様の構成・手順でブックファイルが作成・編集される。ただし、ブックファイルや印刷処理はサーバによって管理される。
【0050】
図12はサーバクライアント型文書処理システムの構成を示すブロック図である。クライアント文書処理システムは、スタンドアロン型システムに、クライアントモジュールであるDOMS(Document Output Management Service:文書出力管理サービス)ドライバ109およびDOMSプリントサービスモジュール110、DS(文書サービス)クライアントモジュール108を加えた構成を有する。このクライアント文書処理システム1200に、文書管理サーバ1201および印刷集中管理サーバ1202およびプリントサーバ1203が接続されている。これらサーバは、通常ネットワークによってクライアント文書処理システムと接続されるが、サーバが同時にクライアントとしても機能する場合には、ネットワーク間の通信をシミュレートするプロセス間通信によって接続される。なお図12では文書管理サーバ1201と印刷集中管理サーバ1202の量サーバがクライアントに接続されているが、いずれか一方のみがネットワーク上に存在する場合もあり得る。接続されているサーバが文書管理サーバであれば、そのクライアントモジュールを含む文書管理サーバクライアントシステム1201SCが、印刷集中管理サーバ1202であれば、そのクライアントモジュールを含む印刷管理サーバクライアントシステム1202SCが、スタンドアロン型文書管理システムに追加される。
【0051】
文書管理サーバ1201は、製本アプリケーション104により作成・編集されたブックファイルを格納するサーバである。文書管理サーバ1201によってブックファイルを管理する場合、ブックファイルは、クライアントPCのローカルHDに代わって、あるいはそれに加えて、文書管理サーバ1201のデータベース1211に保存される。製本アプリケーション104と文書管理サーバ1201との間のブックファイルの保存および読み出しは、DSクライアント108及びDSコア1212を介して行われる。
【0052】
印刷集中管理サーバ1202は、クライアント文書管理システム1200に格納された、あるいは文書管理サーバ1201に格納されたブックファイルの印刷を管理するサーバである。クライアントにおける印刷要求は、DOMSドライバ109およびDOMSプリントサービスモジュール110を介して印刷集中管理サーバ1202のDOMSWGサーバモジュール1221に送信される。集中印刷管理サーバ1202は、クライアントのプリンタで印刷する場合にはクライアントのDOMSプリントサービスモジュール110を介して電子原稿デスプーラ105に電子原稿データを渡し、プリントサーバ1203により印刷する場合には、プリントサーバ1203のDOMSプリントサービスモジュール1203に送信する。集中印刷管理サーバは、例えば保存されているブックファイルに対して印刷要求を発行した利用者の資格などについてセキュリティチェックを行ったり、印刷処理のログを保存したりする。このように、文書処理システムは、スタンドアロンとしても、クライアントサーバシステムとしても実現できる。
【0053】
<ウォーターマーク(スタンプ)>
この文書処理システムは、図4乃至6で説明したとおり、ブック属性、章属性、ページ属性として、ウォーターマークを各ページに重複させる機能を有している。ウォーターマークとはスタンプとも呼ばれ、通常の書類にプリントされるスタンプをデータとしての書類に対して提供する機能である。本文書処理システムはさらに、ウォーターマークを編集する機能も有する。
【0054】
図13はブックについての詳細設定のユーザインターフェース画面のうち、「編集」画面の例である。図10の画面のツリー部1101からブックのノードを選択し、メニュー欄の「編集」を選択することで、図13の画面が表示される。図22は、図13の画面で設定を行った場合の手順のフローチャートである。図22は、図10の画面のツリー部1101からブックのノードが選択され、メニュー欄の「編集」が選択された時点から開始されている。まず、ステップS2201で図13のUI画面1300が表示される。ステップS2202においては、利用者により、この画面1300上で種々の設定が行われる。画面1300上で利用者が行える設定は、ウォーターマークについては、その編集と、ブック単位でのウォーターマークの付加の指定である。ステップS2202における設定についてここで説明する。
【0055】
チェックボックス1301は、原稿ページにウォーターマークを付けることを指定するためのものである。チェックボックス1302は、印刷ページにウォーターマークを付けることを指定するためのものである。印刷ページにウォーターマークが付けられると、図18のように、N−up印刷が指定されて複数の原稿ページが1印刷ページ1801に配置される場合にも、印刷ページに対してウォーターマークが付される。一方、原稿ページにウォーターマークが付けられると原稿ページごとに指定されたウォーターマークが付される。そのため、図19のように、N−up印刷が指定されて複数の原稿ページが1印刷ページ1801に配置される場合には、各原稿ページに対してウォーターマークが付される。図19の例は4−up印刷が指定されており、1印刷ページ上に配置される4原稿ページそれぞれにウォーターマークが付加される。
【0056】
さらに、原稿ページおよび印刷ページそれぞれについて、ウォーターマークを設定することができる。メニュー1303及び1304は、原稿ページおよび印刷ページそれぞれについて使用するウォーターマークを選択するためのメニューである。また、編集ボタン1305は、選択したウォーターマークを編集するためのボタンであり、これを押すことで、図16の画面1600が表示される。図16の画面はウォーターマークが文字列の場合の画面である。ウインドウ1601はページの枠を示し、メニュー1605から選択したウォーターマーク1602の位置を、スライダ1603および1604を利用者が移動させて決定することができる。また、属性等指定欄1620においては、テキスト欄1608で文字列を、フォント欄1609でフォント種類を、スタイル欄1610で文のスタイルを、サイズ欄1612で文字サイズを、色欄1611で文字列の色を指定できる。
【0057】
また、ウォーターマークが画像データの場合には、属性等指定欄1620が図17に置き換えられた画面となる。ファイル指定欄1701では、ウォーターマークとして利用する画像データファイルが指定される。ラジオボタン1703では、画像サイズを指定する。
【0058】
以上のように、UI画面1300において、種々の設定が行われる。このように行われた設定は、図13の「OK」ボタンが押されて図20のステップS2202が完了した場合に、ステップS2203において図4のブック属性におけるウォーターマーク項目にセットされ、印刷やプレビュー画面の表示の際に参照される。
【0059】
ブックと同様に、章およびページについてもウォーターマークの設定が行える。図14は章の詳細設定のユーザインターフェースのうち、「編集」画面の例である。図10の画面のツリー部1101から章のノードを選択し、メニュー欄の「編集」を選択することで、図14の画面が表示される。図14においては、編集中の章の編集シートの内容をブックの設定に合わせるためのチェックボックス1401と、原稿ページにウォーターマークを付けることを指定するためのチェックボックス1402と、印刷ページにウォーターマークを付けることを指定するためのチェックボックス1403とを含む。編集シートとは、図14の画面そのものである。チェックボックス1401がチェックされると、注目している章に関しては、ブック属性において指定されたウォーターマークが適用される。チェックボックス1402がチェックされると、注目している章に関しては、ブック属性において設定されているウォーターマークが各原稿ページに適用される。チェックボックス1403がチェックされると、注目している章に関しては、ブック属性において設定されているウォーターマークが各印刷ページに適用される。
【0060】
図15はページの詳細設定のユーザインターフェースのうち、「編集」画面の例である。図10の画面のツリー部1101からページのノードを選択し、メニュー欄の「編集」を選択することで、図15の画面が表示される。図15においては、編集中のページの編集シートの内容を章の設定に合わせるためのチェックボックス1501と、原稿ページにウォーターマークを付けることを指定するためのチェックボックス1502とを含む。チェックボックス1501がチェックされると、注目しているページに関しては、章属性において指定された適用される。チェックボックス1502がチェックされると、注目しているページに関しては、ブック属性において設定されているウォーターマークが各原稿ページに適用される。
【0061】
章及びページについての設定の手順は、図22の手順と同様であり、設定の内容は図5の章属性及び図6のページ属性のウォーターマーク項目にセットされる。
【0062】
<プレビュー画面表示>
上記手順でウォーターマークが付加されたブックファイルを製本アプリケーションによって開くと、図20に示すようなプレビュー画面が表示される。例示したブックファイルは、3章から構成され、第1章及び第3章は4原稿ページ、第2章は8原稿ページから構成される。ツリー部2001には、その構造がツリー画像によって表示され、プレビュー部2002には各印刷ページが縮小表示される。
【0063】
このブックファイルは、印刷方法として片面印刷が指定され、また、4−upの指定もされている。さらに、ブック属性において、原稿ページ及び印刷ページそれぞれにウオーターマークの付加が指示されている。また第1章および第3章の章属性においては、ウオーターマークはブック属性に従って付されるものと指定され、第2章においては、ウオーターマークはブック属性に従わず、原稿ページにも印刷ページにも付加しないとの指定がされている。この結果、プレビュー画面においては、第1章が印刷される印刷ページ2003には、原稿ページ1−1ページから1−4が表示され、印刷ページには「丸秘」のウオーターマークが、各原稿ページには「部外秘」マークがオーバーレイされる。第3章が印刷される印刷ページ200についても同様である。印刷ページ200については、第2章の章属性にしたがってウオーターマークはオーバーレイされない。
【0064】
以上は一例であり、図20のような結果を得るためには、様々な属性値の組み合わせがあり得る。例えば、ブック属性に関してはウォーターマークをオーバーレイしないと指定しておき、第1章及び第3章の章属性でウォーターマークの指定を行っても、図20と同じ結果が得られる。
【0065】
なお、1印刷ページに複数の章が含まれ、その各章属性において、印刷ページについてのウォーターマーク指定が異なる場合には、先頭の章の属性に従うものとする。例えば、章と章との区切り目が1印刷ページ内にある場合、その印刷ページにウォーターマークを印刷するか否かは、最初の章の章属性に従う。ただし、これはひとつの方法であって、多数決で決定してもよいし、最後の章の属性に従わせてもよい。これはプレビュー表示についてのみならず、実際に文書として印刷される場合にも同様である。
【0066】
また、図21に示すように、N−up指定がされていない場合(いいかえれば1upが指定されている場合)には、印刷ページ2101は原稿ページと一致し、それぞれのウォーターマークが、ページ画像2102のように重複して表示されることもあり得る。この場合には、ページ画像2103のように、印刷ページについてのウォーターマークを属性中の設定値に関わらず抑制する。これはプレビュー表示についてのみならず実際に文書として印刷される場合にも同様である。このように一方のウォーターマークを抑制するのは、1印刷ページに1原稿ページを配置する場合でも、印刷ページと原稿ページの有効領域が相違し、それぞれのウォーターマーク間が同一であったとしても、表示あるいは印刷されるウォーターマークはずれてしまうためである。また、異なるウォーターマークであれば重なって煩雑になるためである。
【0067】
図23は、製本アプリケーションによりプレビュー画面を表示する際のフローチャートである。
【0068】
まずステップS2301においてツリー部2001を表示する。そして、先頭の印刷ページに注目し、ブック属性の印刷方法項目の値に従って、印刷ページのページ画像を作成する(ステップS2302)。例えば片面4−upの指定であれば、1印刷ページに4原稿ページが田形に配置された画像データが作成される。次に、注目印刷ページに含まれる各原稿ページについて、その原稿ページに適用される属性に応じてウォーターマークの画像データをオーバーレイする(ステップS2303)。
【0069】
次にN−up指定されているか判定し(ステップS2304)、N−up指定がなければ印刷ページに対するウォーターマークを抑制するためステップS2305をスキップする。一方N−up指定されている場合には、注目印刷ページに対して、それに適用される族制に従ってウォーターマーク画像をオーバーレイする(ステップS2305)。
【0070】
こうして全印刷ページについて終了したか判定し(ステップS2306)、終了していなければ次の印刷ページに注目してステップS2302に分岐する。終了したならばプレビュー画面を表示する(ステップS2307)。
【0071】
以上のようにしてプレビュー画面が表示される。なお、図23の手順では、印刷ページと原稿ページとが一致している場合には、印刷ページに対するウォーターマークを抑制するものとしたが、逆に原稿ページに対するウォーターマークを抑制してもよい。
【0072】
<印刷>
プレビュー画面は印刷出力されるイメージをそのまま縮小表示するものであるために、印刷される画像を生成するための手順は、目的が印刷であるという点を除けばプレビュー画面の生成と同様である。ただし、目的が相違するために、生成される印刷データはオペレーティングシステムの出力モジュールに適した形式の出力コマンドに変換される。そのため、印刷ページおよび原稿ページのウォーターマークも出力コマンドに変換される。そして、出力コマンドはOSによってプリンタにより解釈可能なコマンドにさらに変換され、プリンタに送信され、プリンタによって、プレビュー画面に表示したと同様の印刷ページが出力される。これは図1について説明したとおりである。
【0073】
<本実施形態のシステムによる利点>
以上説明したように、本実施形態のシステムは、利用者の望むアプリケーションプログラムによって作成されるデータをひとまとめにした文書の作成および編集を可能とするとともに、その操作性を高めて文書編集の生産性を向上させることができる。
【0074】
また、ウォーターマークを印刷ページにも原稿ページにも適用できるために、印刷ページにのみウォーターマークを付加することもできるし、原稿ページにウォーターマークを付加することもできる。このため、ウォーターマーク配置の自由度が高まる。
【0075】
さらに、ウォーターマークの付加したページをプレビュー画面において印刷に先立ち確認することもできる。
【0076】
また、ウォーターマークの指定を、ブック属性、章属性、ページ属性それぞれにおいて可能としたことにより、ひとつのブックファイル内においても、自在にウォーターマークを各ページに付加することが可能である。また、ブック属性および章属性においてウォーターマークの付加を指定できるために、ブックや章と言った単位で統一的にウォーターマークを付加できるとともに、章属性あるいはページ属性において例外的な設定をすることもできる。
【0077】
また、原稿ページと印刷ページとが一致する場合には、そのどちらかに対するウォーターマークを抑制することで、ウォーターマークの重複を防止できる。
【0078】
【発明の効果】
以上説明したように、本発明によれば、利用者の望むアプリケーションプログラムによって作成されるデータをひとまとめにした文書の作成および編集を可能とするとともに、その操作性を高めて文書編集の生産性を向上させることができる。
【0079】
また、ウォーターマークを印刷ページにも原稿ページにも適用できるために、印刷ページにのみウォーターマークを付加することもできるし、原稿ページにウォーターマークを付加することもできる。このため、ウォーターマーク配置の自由度が高まる。
【0080】
さらに、ウォーターマークの付加したページをプレビュー画面において印刷に先立ち確認することもできる。
【0081】
また、ウォーターマークの指定を、ブック属性、章属性、ページ属性それぞれにおいて可能としたことにより、ひとつのブックファイル内においても、自在にウォーターマークを各ページに付加することが可能である。また、ブック属性および章属性においてウォーターマークの付加を指定できるために、ブックや章と言った単位で統一的にウォーターマークを付加できるとともに、章属性あるいはページ属性において例外的な設定をすることもできる。
【0082】
また、原稿ページと印刷ページとが一致する場合には、そのどちらかに対するウォーターマークを抑制することで、ウォーターマークの重複を防止できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】スタンドアロン型の情報処理システムのブロック図である。
【図2】情報処理システムを実現するコンピュータのブロック図である。
【図3】ブックファイルの構造の一例を示す図である。
【図4】ブック属性の一覧を示す図である。
【図5】章属性の一覧を示す図である。
【図6】ページ属性の一覧を示す図である。
【図7】ブックファイルを開く手順のフローチャートである。
【図8】電子原稿ファイルをブックファイルにインポートする手順のフローチャートである。
【図9】アプリケーションデータを電子原稿ファイルに変換する手順のフローチャートである。
【図10】既存のブックファイルを開いた際のユーザインターフェース画面の一例を示す図である。
【図11】新規のブックファイルを開いた際のユーザインターフェース画面の一例を示す図である。
【図12】クライアントサーバ型の情報処理システムのブロック図である。
【図13】ブックについてのウォーターマークの設定画面である。
【図14】章についてのウォーターマークの設定画面である。
【図15】ページについてのウォーターマークの設定画面である。
【図16】ウォーターマーク(テキスト)の編集画面である。
【図17】ウォーターマーク(画像)の編集画面である。
【図18】印刷ページについてのウォーターマークの一例の図である。
【図19】印刷ページおよび原稿ページについてのウォーターマークの一例の図である。
【図20】ウォーターマークの指定されたページを含むブックファイルのプレビュー画面の一例の図である。
【図21】1up指定時のウォーターマークの一例の図である。
【図22】ウォーターマークの指定を行う手順のフローチャートである。
【図23】ウォーターマークの指定されたブックファイルのプレビュー表示手順のフローチャートである。
[0001]
BACKGROUND OF THE INVENTION
The present invention relates to an information processing apparatus and method for providing an editing function for document data generated by, for example, a document processing program.
[0002]
[Prior art]
Different types of data such as characters, tables, and images have different structures for defining the data and editing operations on the data. Therefore, various application programs corresponding to the types of data are provided. The user uses different applications depending on the type of data, such as a character processing program for editing characters, a spreadsheet program for editing tables, and an image editing program for editing images.
[0003]
As described above, the user generally uses different application programs for each type of data. However, as a document to be created by the user, for example, a plurality of types of data such as characters and tables, characters and images, rather than a document composed of only one type of data such as characters only, tables only, and images only. Documents consisting of are more common. Therefore, in order to create a target document including a plurality of types of data, a user needs to print data for each application by using a printing function included in various applications, and to combine printed materials in a desired order.
[0004]
Alternatively, there are programs called so-called office suites that form a single integrated application by various applications, and provide a function that combines data generated by each application to form a single document. When using this integrated application, the user can collect the data created by each application into one target document by a specific application included in the integrated application.
[0005]
[Problems to be solved by the invention]
However, when a user creates a single target document by combining printed materials from various applications, for example, in order to assign page numbers to each page, all necessary data should be printed once and put together as a document. The page number needs to be determined. Each application then writes the determined page number for each page of the document created by that application (this is called a logical page or a document page). Even if the application program has a function of assigning page numbers, if there is a discontinuous part, the user must still specify the page number for that part. When the target document page is rearranged, the page number must be reassigned accordingly. Or, it is not a change related to the contents of the data, such as combining a plurality of manuscript pages into one page as a printed matter (this is called a physical page or a print page), or changing from single-sided printing to double-sided printing. Even if it is changed, editing and printing must be performed again by the application.
[0006]
As described above, since the application that can manage the data is different for each type of data, the user must provide an interface between the applications manually. This means that a great deal of labor is required for the user, resulting in a decrease in productivity. Furthermore, since many people are involved, errors are likely to occur.
[0007]
On the other hand, when a target document is created using an integrated application, various data can be arranged in a data state without printing out. For this reason, labor is not required as much as when a target document is created by combining printed materials. However, applications for editing and creating various data are limited to those included in the integrated application, and an application desired by the user cannot always be used. The target document created by the integrated application is a single document file, and management such as editing / output is performed in file units. Therefore, there are many restrictions due to the function of the application even when trying to set the format for a part of the document file. For example, it is necessary to change the format for each part where the format changes and to reprint. For this reason, in the point that much labor is required and productivity is low, it was not different from the method mentioned above.
[0008]
In addition, there is an application having a function of printing a so-called watermark such as an image or a character string separately prepared on an original page at the time of print output. Conventionally, a watermark is attached to an original page and cannot be attached to a printed page. For example, there is a function called N-up printing that designates the arrangement of a plurality of document pages on one print page. When 4 is designated as N, four document pages are arranged in a tabular form on one print page. In this case, when a watermark is designated, four identical watermarks are printed on one printed page for each original page. Even when one watermark is sufficient, it was impossible to avoid printing four.
[0009]
The present invention has been made in view of the above-described conventional example, and enables creation and editing of a document in which data created by an application program desired by a user is collected, and improves the operability of the document editing. It is a first object of the present invention to provide an information processing apparatus and method for improving productivity.
[0010]
It is a second object of the present invention to provide an information processing apparatus and method that can realize printing that expands the degree of freedom of watermark arrangement and more reflects the user's intention.
[0011]
[Means for Solving the Problems]
In order to achieve the above object, the present invention comprises the following arrangement.
[0012]
An information processing apparatus for adding additional information to a print page and a manuscript page arranged on the print page,
First designation means for designating addition information to be added to the print page;
Second designating means for designating that additional information is added to the original page;
Third designating means for designating placement of a plurality of document pages on one print page;
In accordance with the designation of the first, second and third designation means, a plurality of document pages designated by the third designation means are arranged on the one print page, and both the print page and the document page The first output result to which the additional information is added and the plurality of document pages specified by the third specifying means are arranged on the one print page, and the additional information is not added to the print page and the Output means for outputting data to be obtained in combination with a second output result in which the additional information is not added to each of a plurality of document pages arranged on one print page .
[0017]
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
[First Embodiment]
<System overview>
An outline of a document processing system according to the first embodiment suitable for the information processing system of the present invention will be described with reference to FIGS. In this document processing system, a data file created by a general application is converted into an electronic document file by an electronic document writer. The bookbinding application provides a function for editing the electronic manuscript file. Details will be described below.
[0018]
<System configuration and operation>
FIG. 1 is a diagram showing a software configuration of the document processing system according to the present embodiment. The document processing system is realized by a digital computer 101 suitable for the information processing apparatus of the present invention. The general application 101 is an application program that provides functions such as word processing, spreadsheet, photo retouching, drawing or painting, presentation, and text editing, and has a printing function for the OS. These applications use a predetermined interface (generally called GDI) provided by an operating system (OS) when printing application data such as created document data and image data. That is, in order to print the created data, the application 101 transmits an OS-dependent output command (referred to as a GDI function) to the OS output module that provides the interface. Upon receiving the output command, the output module converts the command into a format that can be processed by an output device such as a printer, and outputs the converted command (called a DDI function). Since the format that can be processed by the output device varies depending on the device type, manufacturer, model, etc., a device driver is provided for each device. The OS uses the device driver to convert commands and print data. A print job is generated by generating and enclosing in JL (Job Language). When using Microsoft Windows as the OS, a module called GDI corresponds to the output module described above.
[0019]
The electronic manuscript writer 102 is an improvement of the above-described device driver and is a software module provided for realizing the document processing system. However, the electronic document writer 102 is not intended for a specific output device, and converts the output command into a format that can be processed by the bookbinding application 104 and the printer driver 106 described later. The format after conversion by the electronic document writer 102 (hereinafter referred to as an electronic document format) is not particularly limited as long as a document in units of pages can be expressed in a detailed format. Among substantial standard formats, for example, the PDF format by Adobe Systems, the SVGL format, etc. can be adopted as the electronic document format. When the application 101 uses the electronic document writer 102, the electronic document writer 102 is designated as a device driver used for output, and printing is executed. However, the electronic document file as created by the electronic document writer 102 does not have a complete format as the electronic document file. Therefore, the bookbinding application 104 designates the electronic document writer 102 as a device driver, and conversion of application data into an electronic document file is executed under the management of the bookbinding application 104. The bookbinding application 104 completes the new incomplete electronic document file generated by the electronic document writer 1-2 as an electronic document file having a format described later. Hereinafter, when it is necessary to clearly identify this point, a file created by the electronic manuscript writer 102 is called an electronic manuscript file, and an electronic manuscript file given a structure by the bookbinding application is called a book file. If there is no need to distinguish between them, a document file, an electronic manuscript file, and a book file generated by an application are all referred to as a document file (or document data).
[0020]
In this way, by specifying the electronic document writer 102 as a device driver and printing the data by the general application 101, the application data is in units of pages defined by the application 101 (hereinafter referred to as logical pages or document pages). It is converted into an electronic document format and stored as an electronic document file 103 in a storage medium such as a hard disk. The hard disk may be a local drive included in a computer that implements the document processing system of the present embodiment, or may be a drive provided on the network when connected to the network. .
[0021]
The bookbinding application 104 reads the electronic document file or book file 103 and provides a user with a function for editing the file. However, the bookbinding application 104 does not provide a function for editing the contents of each page, but provides a function for editing the structure of a chapter or book, which will be described later, configured with a page as a minimum unit.
[0022]
When the book file 103 edited by the bookbinding application 104 is printed, the bookbinding application 104 activates the electronic document despooler 105. The electronic document despooler 105 is a program module installed in the computer together with the bookbinding application, and is a module used to output drawing data to the printer driver when printing a document (book file) used in the bookbinding application. It is. The electronic manuscript despooler 105 reads out a designated book file from the hard disk and generates an output command suitable for the OS output module described above to print each page in the format described in the book file. Output to the output module. At that time, the driver 106 of the printer 107 used as an output device is designated as a device driver. The output module converts the output command received using the device driver 106 of the designated printer 107 into a device command that can be interpreted and executed by the printer 107. The device command is transmitted to the printer 107, and an image corresponding to the command is printed by the printer 107.
[0023]
FIG. 2 is a hardware block diagram of the computer 100. 2, a CPU 201 executes programs such as an OS, a general application, and a bookbinding application that are stored in a program ROM of the ROM 203 or loaded from the hard disk 211 to the RAM 202, and the software configuration in FIG. Realize the procedure. The RAM 202 functions as a main memory, work area, and the like for the CPU 201. A keyboard controller (KBC) 205 controls key input from a keyboard 209 or a pointing device (not shown). A CRT controller (CRTC) 206 controls display on the CRT display 210. A disk controller (DKC) 207 controls access to a hard disk (HD) 211, a floppy disk (FD), or the like that stores a boot program, various applications, font data, user files, edit files described later, and the like. The PRTC 208 controls the exchange of signals with the connected printer 107. The NC 212 is connected to the network and executes communication control processing with other devices connected to the network.
[0024]
<Electronic manuscript data format>
Before referring to details of the editing application 104, the data format of the book file will be described. The book file has a three-layer structure imitating a paper medium book. The upper layer is called a “book”, imitating one book, and attributes related to the whole book are defined. The middle layer below it corresponds to the chapter in the book and is also called “chapter”. For each chapter, attributes for each chapter can be defined. The lower layer is a “page” and corresponds to each page defined by the application program. You can define attributes for each page. A book may contain multiple chapters, and a chapter may contain multiple pages.
[0025]
FIG. 3A is a diagram schematically illustrating an example of a book file format. In the book file of this example, a book, a chapter, and a page are indicated by corresponding nodes. One book file contains one book. Since the book and chapter are concepts for defining the structure of the book, they include defined attribute values and links to lower layers as entities. The page has data for each page output by the application program as an entity. Therefore, the page includes an original page entity (original page data) and a link to each original page data in addition to the attribute value. Note that a print page when outputting to a paper medium or the like may include a plurality of document pages. This structure is not displayed by a link, but is displayed as an attribute in each hierarchy of a book, chapter, and page.
[0026]
In FIG. 3, a book 301 has a book attribute defined therein, and two chapters 302A and 302B are linked. By this link, it is displayed that chapters 302A and 302B are included in book 301. The chapter 302A is linked to pages 303A and 303B, indicating that these pages are included. Each page 303A, 303B has an attribute value defined, and includes links to the original document page data (1), (2). These links indicate the data (1) and (2) of the original page data 304 shown in FIG. 3B, and indicate that the realities of the pages 303A and 303B are the original page data (1) and (2). To do.
[0027]
FIG. 4 is a list of book attributes. For items that can be defined overlapping with the lower layer, the attribute value of the lower layer is preferentially adopted. Therefore, for items included only in the book attribute, the value defined in the book attribute becomes a valid value throughout the book. However, items that overlap the lower layer have meanings as default values when they are not defined in the lower layer. Each item illustrated does not specifically correspond to one item, but may include a plurality of related items.
[0028]
5 is a list of chapter attributes, and FIG. 6 is a list of page attributes. The relationship between chapter attributes and page attributes is the same as the relationship between book attributes and lower layer attributes.
[0029]
Items unique to the book attributes are six items: printing method, bookbinding details, front / back cover, index paper, slip sheet, and chapter break. These are items defined throughout the book. As the printing method attribute, three values of single-sided printing, double-sided printing, and bookbinding printing can be designated. Bookbinding printing is a method of printing in a format that enables bookbinding by bundling a separately designated number of sheets into two and folding the bundle. As the bookbinding details attribute, when bookbinding printing is designated, the spread direction, the number of sheets to be bundled, and the like can be designated.
[0030]
The front cover / back cover attribute includes designation of adding sheets to be a front cover and a back cover when printing an electronic document file to be collected as a book, and designation of print contents on the added sheet. The index sheet attribute includes designation of insertion of index sheets with ears separately prepared in the printing apparatus as chapter breaks and designation of print contents in the index (ear) portion. This attribute can be used when a printing device used by an inserter having an insert function for inserting a sheet prepared separately from the printing sheet into a desired position, or a plurality of paper cassettes can be used. Effective in some cases. The same applies to the slip sheet attribute.
[0031]
The slip sheet attribute includes designation of insertion of a sheet supplied from an inserter or a sheet feed cassette as a chapter break, and designation of a sheet feed source when a slip sheet is inserted.
[0032]
The chapter break attribute includes designation of whether to use a new sheet, use a new print page, or do nothing in particular at the chapter break. During single-sided printing, the use of new paper and the use of a new print page have the same meaning. In double-sided printing, if “use new paper” is specified, consecutive chapters will not be printed on one sheet, but if “use new print page” is specified, consecutive chapters will be 1 It may be printed on the front and back of a sheet of paper.
[0033]
As for chapter attributes, there are no items specific to chapters, and all items overlap with book attributes. Therefore, if the definition in the chapter attribute is different from the definition in the book attribute, the value defined in the chapter attribute has priority. Items common only to the book attribute and chapter attribute are five items: paper size, paper orientation, N-up printing designation, enlargement / reduction, and paper discharge method. Among these, the N-up print designation attribute is an item for designating the number of document pages included in one print page. Examples of arrangements that can be specified include 1 × 1, 1 × 2, 2 × 2, 3 × 3, and 4 × 4. The paper discharge method attribute is an item for designating whether or not stapling is performed on the discharged paper, and the validity of this attribute depends on whether the printing apparatus to be used has a stapling function.
[0034]
Items unique to the page attribute include a page rotation attribute, zoom, layout designation, annotation, and page division. The page rotation attribute is an item for designating a rotation angle when placing an original page on a print page. The zoom attribute is an item for designating the scaling factor of the original page. The scaling factor is specified with the size of the virtual logical page area as 100%. The virtual logical page area is an area occupied by one original page when the original page is arranged in accordance with designation of Nup or the like. For example, if it is 1 × 1, the virtual logical page area is an area corresponding to one print page, and if it is 1 × 2, each side of one print page is an area reduced to about 70%.
[0035]
Attributes common to the book, chapter, and page include a watermark attribute and a header / footer attribute. A watermark is a separately designated image or character string that is printed over data created by an application. The header and footer are watermarks printed on the upper margin and the lower margin of each page, respectively. However, items that can be specified by variables, such as page numbers and date / time, are prepared in the header / footer. The contents that can be specified in the watermark attribute and the header / footer attribute are common to the chapter and the page, but the book is different from them. In the book, the contents of the watermark and header / footer can be set, and how the watermark, header and footer are printed throughout the book can be specified. On the other hand, for a chapter or page, whether or not to print a watermark or header / footer set in the book can be specified for the chapter or page.
[0036]
<Book file generation procedure>
The book file has the structure and contents as described above. Next, a procedure for creating a book file by the bookbinding application 104 and the electronic document writer 102 will be described. Creation of the book file is realized as part of the book file editing operation by the bookbinding application 104. FIG. 7 shows a procedure when the bookbinding application 104 opens a book file.
[0037]
First, it is determined whether the book file to be opened is to be newly created or is an existing one (step S701). In the case of new creation, a new book file not including a chapter is created (step S702). In the example of FIG. 3, the newly created book file is a book node that has only the book node 301 and does not have a link to the chapter node. As the book attribute, a set of attributes prepared in advance for new creation is applied. Then, a user interface (UI) screen for editing the new book file is displayed (step S704). FIG. 11 shows an example of a UI screen when a book file is newly created. In this case, since the book file has no substantial content, nothing is displayed on the UI screen 1100.
[0038]
On the other hand, if there is an existing book file, the designated book file is opened (step S703), and a user interface (UI) screen is displayed according to the structure, attributes, and contents of the book file. FIG. 10 shows an example of this UI screen. The UI screen 1100 includes a tree portion 1101 that shows a book structure, and a preview portion 1102 that displays a printed state. In the tree portion 1101, chapters included in the book and pages included in each chapter are displayed in a tree structure as shown in FIG. A page displayed in the tree portion 1101 is a manuscript page. In the preview section 1102, the contents of the print page are reduced and displayed. The display order reflects the structure of the book.
[0039]
Now, application data converted into an electronic manuscript file by the electronic manuscript writer can be added to the opened book file as a new chapter. This function is called an electronic document import function. By importing an electronic manuscript into a book file newly created by the procedure of FIG. 7, an entity is given to the book file. This function is activated by dragging and dropping application data on the screen of FIG. FIG. 8 shows an electronic document import procedure.
[0040]
First, the application program that generated the specified application data is activated, the electronic document writer 102 is specified as a device driver, and the application data is printed out to be converted into electronic document data (step S801). When the conversion is completed, it is determined whether or not the converted data is image data (step S802). This determination can be performed based on the file extension of the application data under the Windows OS. For example, if the extension is “bmp”, it is determined to be Windows bitmap data, if “jpg”, it is determined to be jpg compressed image data, and if “tiff”, it is determined to be image data in the tif format. In the case of such image data, since it is possible to generate an electronic document file directly from the image data without starting an application as in S8010, the processing in S8010 can be omitted.
[0041]
If it is not image data, the electronic document file generated in step S801 is added as a new chapter to the book of the currently opened book file (step S803). As the chapter attribute, the value of the book attribute is copied for those that are common to the book attribute, and for those that are not, the preset value is set in advance.
[0042]
In the case of image data, in principle, no new chapter is added, and each original page included in the electronic original file generated in step S801 is added to the designated chapter (step S804). However, if the book file is a newly created file, a new chapter is created, and each page of the electronic document file is added as a page belonging to the chapter. As the page attribute, the attribute value is given to the attribute common to the upper layer attribute, and the value is given to the attribute that is defined in the application data in the electronic manuscript file. For example, when Nup designation or the like is made in the application data, the attribute value is inherited. In this way, a new book file is created or a new chapter is added.
[0043]
FIG. 9 is a flowchart of a procedure for generating an electronic document file by the electronic document writer 102 in step S801 of FIG. First, a new electronic document file is created and opened (step S901). An application corresponding to the designated application data is activated, and an output command is transmitted to the output module of the OS using the electronic document writer as a device driver. The output module converts the received output command into electronic document format data by the electronic document writer and outputs the converted data (step S902). The output destination is the electronic document file opened in step S901. It is determined whether or not conversion has been completed for all designated data (step S903), and if completed, the electronic document file is closed (step S904). The electronic manuscript file generated by the electronic manuscript writer 102 is a file including manuscript page data entities shown in FIG.
[0044]
<Edit book file>
As described above, a book file can be created from application data. With respect to the generated book file, the following editing operations are possible for chapters and pages.
(1) New addition (2) Delete (3) Copy (4) Cut (5) Paste (6) Move (7) Rename chapter (8) Rename page number (9) Insert cover (10) Insert paper Insert (11) Insert index paper (12) Page layout for each document page.
[0045]
In addition, an operation for canceling an editing operation once performed and an operation for redoing the canceled operation are possible. Using these editing functions, for example, integration of multiple book files, rearrangement of chapters and pages in the book file, deletion of chapters and pages in the book file, layout change of manuscript pages, insertion of slip sheets and index sheets, etc. Operation becomes possible. When these operations are performed, the operation results are reflected in the attributes shown in FIGS. 4 to 5 or in the book file structure. For example, if a blank page new addition operation is performed, a blank page is inserted at a specified location. This blank page is treated as a manuscript page. If the layout of the original page is changed, the changed content is reflected in attributes such as a printing method, N-up printing, front / back cover, index paper, slip sheet, and chapter break.
[0046]
<Output book file>
The book file created and edited as described above has the final purpose of print output. When the user selects a file menu from the UI screen 1100 of the bookbinding application shown in FIG. 10 and selects printing from the file menu, printing is output by the designated output device. At this time, the bookbinding application 104 first creates a job ticket from the currently opened book file and passes it to the electronic document despooler 105. The electronic document despooler 105 converts the job ticket into an OS output command, for example, a Windows GDI command, and transmits it to an output module, for example, GDI. The output module generates a command suitable for the device by the designated printer driver 106 and transmits the command to the device.
[0047]
The job ticket is data having a structure with a manuscript page as a minimum unit. The structure in the job ticket defines the layout of the manuscript page on the paper. One job ticket is issued per job. For this reason, there is a document node at the top, and attributes of the entire document, such as double-sided printing / single-sided printing, are defined. Below that, a paper node belongs, and includes attributes such as an identifier of a paper to be used and designation of a paper feed port in the printer. Each paper node includes a node of a sheet printed on the paper. One sheet corresponds to one sheet. A print page (physical page) belongs to each sheet. For single-sided printing, one physical page belongs to one sheet, and for double-sided printing, two physical pages belong to one sheet. Each physical page has an original page arranged thereon. The physical page attribute includes the layout of the original page.
[0048]
The electronic document despooler 105 converts the above-described job ticket into an output command to the output module.
[0049]
<Other system configurations>
The outline of the document processing system of this embodiment is as described above. Although this is a stand-alone system, a book file is created and edited in almost the same configuration and procedure even in a server client system that is an extension of this system. However, the book file and print processing are managed by the server.
[0050]
FIG. 12 is a block diagram showing the configuration of the server client type document processing system. The client document processing system has a configuration in which a DOMS (Document Output Management Service) driver 109, a DOMS print service module 110, and a DS (Document Service) client module 108, which are client modules, are added to a stand-alone system. . To this client document processing system 1200, a document management server 1201, a centralized print management server 1202, and a print server 1203 are connected. These servers are normally connected to the client document processing system via a network, but are connected by inter-process communication that simulates communication between networks when the server also functions as a client at the same time. In FIG. 12, the quantity servers of the document management server 1201 and the centralized printing management server 1202 are connected to the client. However, only one of them may exist on the network. If the connected server is a document management server, the document management server client system 1201SC including the client module is the stand-alone print management server client system 1202SC including the client module. Added to document management system.
[0051]
The document management server 1201 is a server that stores book files created and edited by the bookbinding application 104. When a book file is managed by the document management server 1201, the book file is stored in the database 1211 of the document management server 1201 instead of or in addition to the local HD of the client PC. Saving and reading of book files between the bookbinding application 104 and the document management server 1201 are performed via the DS client 108 and the DS core 1212.
[0052]
The print central management server 1202 is a server that manages printing of book files stored in the client document management system 1200 or stored in the document management server 1201. The print request in the client is transmitted to the DOMSWG server module 1221 of the print central management server 1202 via the DOMS driver 109 and the DOMS print service module 110. The centralized print management server 1202 passes the electronic document data to the electronic document despooler 105 via the client's DOMS print service module 110 when printing with the client printer, and when printing with the print server 1203, the print server 1203. To the DOMS print service module 1203. For example, the centralized print management server performs a security check on the qualification of the user who issued the print request to the saved book file, and saves a print processing log. As described above, the document processing system can be realized as a stand-alone or a client-server system.
[0053]
<Watermark (stamp)>
As described with reference to FIGS. 4 to 6, this document processing system has a function of overlapping a watermark on each page as a book attribute, chapter attribute, and page attribute. The watermark is also called a stamp, and is a function that provides a stamp printed on a normal document to the document as data. The document processing system further has a function of editing a watermark.
[0054]
FIG. 13 shows an example of an “edit” screen among user interface screens for detailed settings for a book. The screen of FIG. 13 is displayed by selecting a book node from the tree portion 1101 of the screen of FIG. 10 and selecting “Edit” in the menu column. FIG. 22 is a flowchart of the procedure when setting is performed on the screen of FIG. FIG. 22 is started when a book node is selected from the tree portion 1101 of the screen of FIG. 10 and “Edit” in the menu column is selected. First, in step S2201, the UI screen 1300 in FIG. 13 is displayed. In step S2202, various settings are performed on the screen 1300 by the user. Settings that can be made by the user on the screen 1300 are editing the watermark and specifying the addition of the watermark in book units. The setting in step S2202 will be described here.
[0055]
A check box 1301 is used to designate that a watermark is to be added to the document page. A check box 1302 is used to designate that a watermark is to be added to the print page. When a watermark is attached to the print page, as shown in FIG. 18, even when N-up printing is designated and a plurality of document pages are arranged on one print page 1801, the watermark is attached to the print page. Is done. On the other hand, when a watermark is added to an original page, a watermark designated for each original page is added. Therefore, as shown in FIG. 19, when N-up printing is designated and a plurality of document pages are arranged on one print page 1801, a watermark is added to each document page. In the example of FIG. 19, 4-up printing is designated, and a watermark is added to each of four original pages arranged on one print page.
[0056]
Furthermore, a watermark can be set for each of the original page and the print page. Menus 1303 and 1304 are menus for selecting a watermark to be used for each of the original page and the print page. An edit button 1305 is a button for editing the selected watermark, and when pressed, the screen 1600 of FIG. 16 is displayed. The screen in FIG. 16 is a screen when the watermark is a character string. A window 1601 shows a frame of the page, and the position of the watermark 1602 selected from the menu 1605 can be determined by moving the sliders 1603 and 1604 by the user. Also, in the attribute designation field 1620, the text field 1608 contains the character string, the font field 1609 the font type, the style field 1610 the sentence style, the size field 1612 the character size, and the color field 1611 the character string. You can specify the color.
[0057]
Further, when the watermark is image data, the screen is such that the attribute designation field 1620 is replaced with that in FIG. In the file designation field 1701, an image data file to be used as a watermark is designated. A radio button 1703 designates an image size.
[0058]
As described above, various settings are performed on the UI screen 1300. When the “OK” button in FIG. 13 is pressed and step S2202 in FIG. 20 is completed, the setting made in this way is set in the watermark item in the book attributes in FIG. 4 in step S2203, and printing or previewing is performed. Referenced when the screen is displayed.
[0059]
As with books, you can set watermarks for chapters and pages. FIG. 14 shows an example of an “edit” screen in the user interface for detailed chapter settings. By selecting a chapter node from the tree portion 1101 of the screen of FIG. 10 and selecting “Edit” in the menu column, the screen of FIG. 14 is displayed. In FIG. 14, a check box 1401 for matching the contents of the editing sheet of the chapter being edited to the book setting, a check box 1402 for designating that a watermark is to be added to the original page, and a watermark on the print page. And a check box 1403 for designating to attach. The edit sheet is the screen itself of FIG. When the check box 1401 is checked, the watermark specified in the book attribute is applied to the chapter of interest. When the check box 1402 is checked, the watermark set in the book attribute is applied to each original page for the chapter of interest. When the check box 1403 is checked, the watermark set in the book attribute is applied to each print page for the chapter of interest.
[0060]
FIG. 15 shows an example of an “edit” screen in the user interface for detailed page settings. The page shown in FIG. 15 is displayed by selecting a page node from the tree portion 1101 of the screen shown in FIG. 10 and selecting “Edit” in the menu column. 15 includes a check box 1501 for matching the content of the editing sheet of the page being edited to the chapter setting, and a check box 1502 for designating that a document page is to be watermarked. When the check box 1501 is checked, the specified page is applied to the target page. When the check box 1502 is checked, the watermark set in the book attribute is applied to each original page for the page of interest.
[0061]
The procedure for setting chapters and pages is the same as the procedure shown in FIG. 22, and the setting contents are set in the chapter attributes shown in FIG. 5 and the page attribute watermark items shown in FIG.
[0062]
<Preview screen display>
When a book file with a watermark added in the above procedure is opened by the bookbinding application, a preview screen as shown in FIG. 20 is displayed. The illustrated book file is composed of three chapters, the first and third chapters are composed of 4 manuscript pages, and the second chapter is composed of 8 manuscript pages. The tree portion 2001 displays the structure as a tree image, and the preview portion 2002 displays each print page in a reduced size.
[0063]
In this book file, single-sided printing is designated as a printing method, and 4-up is designated. Further, in the book attribute, addition of a watermark is instructed to each of the original page and the print page. The chapter attributes of Chapter 1 and Chapter 3 specify that the watermark is attached according to the book attribute. In Chapter 2, the watermark does not follow the book attribute, and the original page is printed on the original page. Is specified not to be added. As a result, on the preview screen, the manuscript pages 1-1 to 1-4 are displayed on the print page 2003 on which the first chapter is printed, and the “confidential” watermark is displayed on each print manuscript. A “confidential” mark is overlaid on the page. Chapter 3 The same applies to the print page 200 6 are printed. For the printed page 200 4, water mark is not overlay in accordance with Chapter 2 of chapter attributes.
[0064]
The above is an example, and there are various combinations of attribute values in order to obtain the result as shown in FIG. For example, regarding the book attribute, if the watermark is designated not to be overlaid and the watermark is designated with the chapter attributes of Chapter 1 and Chapter 3, the same result as in FIG. 20 is obtained.
[0065]
When a plurality of chapters are included in one print page, and the watermark designation for the print page is different in each chapter attribute, it follows the attribute of the first chapter. For example, if a chapter break is located in one print page, whether or not to print a watermark on the print page depends on the chapter attribute of the first chapter. However, this is one method, and it may be determined by majority vote, or may be made to follow the attributes of the last chapter. This applies not only to preview display but also to actual printing as a document.
[0066]
As shown in FIG. 21, when N-up is not designated (in other words, 1up is designated), the print page 2101 matches the original page, and each watermark is a page image. It may be displayed in a duplicated manner like 2102. In this case, like the page image 2103, the watermark for the print page is suppressed regardless of the setting value in the attribute. This applies not only to the preview display but also to the case where the document is actually printed. In this way, one watermark is suppressed even when one original page is arranged on one print page, even if the effective areas of the print page and the original page are different and the watermarks are the same. This is because the watermark displayed or printed is lost. Further, if different watermarks are used, they overlap and become complicated.
[0067]
FIG. 23 is a flowchart when the preview screen is displayed by the bookbinding application.
[0068]
First, in step S2301, the tree portion 2001 is displayed. Then, paying attention to the first print page, a page image of the print page is created according to the value of the print method item of the book attribute (step S2302). For example, if single-sided 4-up is designated, image data in which four manuscript pages are arranged in a square pattern on one print page is created. Next, for each original page included in the target print page, the watermark image data is overlaid according to the attribute applied to the original page (step S2303).
[0069]
Next, it is determined whether or not N-up is designated (step S2304). If N-up is not designated, step S2305 is skipped in order to suppress the watermark on the printed page. On the other hand, if N-up is designated, a watermark image is overlaid on the target print page in accordance with the family system applied thereto (step S2305).
[0070]
In this way, it is determined whether or not all print pages have been completed (step S2306). If not, the next print page is noticed and the process branches to step S2302. If completed, a preview screen is displayed (step S2307).
[0071]
The preview screen is displayed as described above. In the procedure of FIG. 23, when the print page matches the original page, the watermark for the print page is suppressed, but conversely, the watermark for the original page may be suppressed.
[0072]
<Printing>
Since the preview screen displays the printed image as it is, the procedure for generating the printed image is the same as that for generating the preview screen except that the purpose is printing. However, because the purposes are different, the generated print data is converted into an output command in a format suitable for the output module of the operating system. For this reason, the watermark of the printed page and the original page is also converted into an output command. Then, the output command is further converted into a command that can be interpreted by the printer by the OS, transmitted to the printer, and a print page similar to that displayed on the preview screen is output by the printer. This is as described for FIG.
[0073]
<Advantages of the system of this embodiment>
As described above, the system according to the present embodiment enables the creation and editing of a document in which data created by an application program desired by a user is collected, and improves the operability of the document editing. Can be improved.
[0074]
In addition, since the watermark can be applied to both the print page and the manuscript page, the watermark can be added only to the print page, or the watermark can be added to the manuscript page. For this reason, the freedom degree of watermark arrangement | positioning increases.
[0075]
Further, the page with the watermark added can be confirmed on the preview screen prior to printing.
[0076]
In addition, since the watermark can be specified in each of the book attribute, chapter attribute, and page attribute, the watermark can be freely added to each page even in one book file. In addition, since it is possible to specify the addition of watermarks in book attributes and chapter attributes, it is possible to add watermarks uniformly in units such as books and chapters, and to make exceptional settings in chapter attributes or page attributes. it can.
[0077]
In addition, when the original page and the print page match, the watermark can be prevented from overlapping by suppressing the watermark for either of them.
[0078]
【The invention's effect】
As described above, according to the present invention, it is possible to create and edit a document in which data created by an application program desired by a user is collected, and to improve the operability to improve the productivity of document editing. Can be improved.
[0079]
In addition, since the watermark can be applied to both the print page and the manuscript page, the watermark can be added only to the print page, or the watermark can be added to the manuscript page. For this reason, the freedom degree of watermark arrangement | positioning increases.
[0080]
Further, the page with the watermark added can be confirmed on the preview screen prior to printing.
[0081]
In addition, since the watermark can be specified in each of the book attribute, chapter attribute, and page attribute, the watermark can be freely added to each page even in one book file. In addition, since it is possible to specify the addition of watermarks in book attributes and chapter attributes, it is possible to add watermarks uniformly in units such as books and chapters, and to make exceptional settings in chapter attributes or page attributes. it can.
[0082]
In addition, when the original page and the print page match, the watermark can be prevented from overlapping by suppressing the watermark for either of them.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a block diagram of a stand-alone information processing system.
FIG. 2 is a block diagram of a computer that implements an information processing system.
FIG. 3 is a diagram illustrating an example of the structure of a book file.
FIG. 4 is a diagram showing a list of book attributes.
FIG. 5 is a diagram showing a list of chapter attributes.
FIG. 6 is a diagram showing a list of page attributes.
FIG. 7 is a flowchart of a procedure for opening a book file.
FIG. 8 is a flowchart of a procedure for importing an electronic document file into a book file.
FIG. 9 is a flowchart of a procedure for converting application data into an electronic document file.
FIG. 10 is a diagram showing an example of a user interface screen when an existing book file is opened.
FIG. 11 is a diagram showing an example of a user interface screen when a new book file is opened.
FIG. 12 is a block diagram of a client server type information processing system.
FIG. 13 is a watermark setting screen for a book.
FIG. 14 is a watermark setting screen for a chapter.
FIG. 15 is a watermark setting screen for a page.
FIG. 16 is a watermark (text) editing screen.
FIG. 17 is a watermark (image) editing screen.
FIG. 18 is a diagram illustrating an example of a watermark for a print page.
FIG. 19 is a diagram illustrating an example of a watermark for a print page and a document page.
FIG. 20 is a diagram illustrating an example of a preview screen of a book file including a page for which a watermark is designated.
FIG. 21 is a diagram illustrating an example of a watermark when 1 up is designated.
FIG. 22 is a flowchart of a procedure for designating a watermark.
FIG. 23 is a flowchart of a preview display procedure of a book file in which a watermark is specified.

Claims (21)

印刷ページと当該印刷ページに配置される原稿ページとに対して付加情報を付加する情報処理装置であって、
前記印刷ページに対して付加情報を付加することを指定する第1指定手段と、
前記原稿ページに対して付加情報を付加することを指定する第2指定手段と、
1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置することを指定する第3指定手段と、
前記第1および第2および第3指定手段の指定に従って、前記第3指定手段により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページと原稿ページとの両者に付加情報が付加された第1出力結果と、前記第3指定手段により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページに前記付加情報が付加されないと共に前記前記1つの印刷ページに配置される複数の原稿ページのそれぞれに前記付加情報が付加されない第2出力結果と、を混在して得るためのデータを出力する出力手段と
を備えることを特徴とする情報処理装置。
An information processing apparatus for adding additional information to a print page and a manuscript page arranged on the print page,
First designation means for designating addition information to be added to the print page;
Second designating means for designating that additional information is added to the original page;
Third designating means for designating placement of a plurality of document pages on one print page;
In accordance with the designation of the first, second and third designation means, a plurality of document pages designated by the third designation means are arranged on the one print page, and both the print page and the document page The first output result to which the additional information is added and the plurality of document pages specified by the third specifying means are arranged on the one print page, and the additional information is not added to the print page and the And an output means for outputting data for obtaining a mixture of the second output result in which the additional information is not added to each of a plurality of document pages arranged on one print page. apparatus.
前記付加情報は、ヘッダ情報とフッタ情報とウォーターマークの少なくとも1つであることを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。  The information processing apparatus according to claim 1, wherein the additional information is at least one of header information, footer information, and a watermark. 前記1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置する代わりに1つの印刷ページに1つの原稿ページを配置する指定がされており、かつ、前記第1および第2指定手段によって原稿ページと印刷ページとの両者に付加情報を付加することが指定された場合、前記出力手段は、前記原稿ページに対して付加情報が付加されず、かつ、前記印刷ページに付加情報が付加された出力結果を得るためのデータを出力することを特徴とする請求項1または2に記載の情報処理装置。Instead of arranging a plurality of manuscript pages on the one print page, it is designated that one manuscript page is arranged on one print page, and the manuscript page, the print page, and the like are designated by the first and second designation means. When it is designated that additional information is to be added to both, the output means obtains an output result in which additional information is not added to the original page and additional information is added to the print page. The information processing apparatus according to claim 1, wherein the data is output. 前記1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置する代わりに1つの印刷ページに1つの原稿ページを配置する指定がされており、かつ、前記第1および第2指定手段によって原稿ページと印刷ページとの両者に付加情報を付加することが指定された場合、前記出力手段は、前記印刷ページに対して付加情報が付加されず、かつ、前記原稿ページに付加情報が付加された出力結果を得るためのデータを出力することを特徴とする請求項1または2に記載の情報処理装置。 It said one print page are specified to place one document page on one print page instead of placing a plurality of document pages to and by the first and second designation means a document page and print page When it is designated that additional information is to be added to both, the output means obtains an output result in which additional information is not added to the print page and additional information is added to the document page. the information processing apparatus according to claim 1 or 2 and outputs the data. 前記出力手段は、前記出力結果を表示するために前記データを表示部へ出力することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の情報処理装置。  5. The information processing apparatus according to claim 1, wherein the output unit outputs the data to a display unit in order to display the output result. 6. アプリケーションで作成されたデータを、印刷装置に送信される印刷データに変換される前の文書データの形式に変換する変換手段をさらに備えることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の情報処理装置。  6. The apparatus according to claim 1, further comprising conversion means for converting data created by the application into a format of document data before being converted into print data transmitted to the printing apparatus. The information processing apparatus described. 前記出力手段は、前記第1出力結果と前記第2出力結果の両者を同一画面に表示することを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の情報処理装置。The information processing apparatus according to claim 1, wherein the output unit displays both the first output result and the second output result on the same screen. 第1指定手段と第2指定手段と第3指定手段と出力手段とを備えた、印刷ページと当該印刷ページに配置される原稿ページとに対して付加情報を付加する情報処理装置における情報処理方法であって、
前記第1指定手段が、前記印刷ページに対して付加情報を付加することを指定する第1指定工程と、
前記第2指定手段が、前記原稿ページに対して付加情報を付加することを指定する第2指定工程と、
前記第3指定手段が、1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置することを指定する第3指定工程と、
前記出力手段が、前記第1および第2および第3指定工程における指定に従って、前記第3指定手段により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページと原稿ページとの両者に付加情報が付加された第1出力結果と、前記第3指定工程により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページに前記付加情報が付加されないと共に前記前記1つの印刷ページに配置される複数の原稿ページのそれぞれに前記付加情報が付加されない第2出力結果と、を混在してを得るためのデータを出力する出力工程と
を有することを特徴とする情報処理方法。
Information processing method in an information processing apparatus, comprising first specification means, second specification means, third specification means, and output means, for adding additional information to a print page and a manuscript page arranged on the print page Because
A first specifying step for specifying that the first specifying means add additional information to the print page;
A second designation step in which the second designation means designates adding additional information to the document page;
A third designating step in which the third designating unit designates arranging a plurality of document pages on one print page;
In accordance with the designation in the first, second and third designation steps, the output means arranges a plurality of document pages designated by the third designation means on the one print page, and the print page and the document A first output result in which additional information is added to both the page and a plurality of document pages specified in the third specifying step are arranged on the one print page, and the additional information is included in the print page. And an output step of outputting data for obtaining a mixture of the second output result that is not added and the additional information is not added to each of the plurality of document pages arranged on the one print page. An information processing method characterized by the above.
前記付加情報は、ヘッダ情報とフッタ情報とウォーターマークの少なくとも1つであることを特徴とする請求項に記載の情報処理方法。The information processing method according to claim 8 , wherein the additional information is at least one of header information, footer information, and a watermark. 前記1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置する代わりに1つの印刷ページに1つの原稿ページを配置する指定がされており、かつ、前記第1および第2指定工程によって原稿ページと印刷ページとの両者に付加情報を付加することが指定された場合、前記出力工程では、前記原稿ページに対して付加情報が付加されず、かつ、前記印刷ページに付加情報が付加された出力結果を得るためのデータを出力することを特徴とする請求項8または9に記載の情報処理方法。It is designated that one manuscript page is arranged on one print page instead of arranging a plurality of manuscript pages on the one print page, and the manuscript page, the print page, and the like are designated by the first and second designation steps. If it is specified that additional information is to be added to both, the output step obtains an output result in which additional information is not added to the original page and additional information is added to the print page. 10. The information processing method according to claim 8, wherein the data is output. 前記1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置する代わりに1つの印刷ページについて1つの原稿ページを配置する指定がされており、かつ、前記第1および第2指定工程によって原稿ページと印刷ページとの両者に付加情報を付加することが指定された場合、前記出力工程では、前記印刷ページに対して付加情報が付加されず、かつ、前記原稿ページに付加情報が付加された出力結果を得るためのデータを出力することを特徴とする請求項8または9に記載の情報処理方法。 Instead of arranging a plurality of manuscript pages on the one print page, it is designated to arrange one manuscript page for one print page, and the manuscript page, the print page, and the like by the first and second designating steps. In the output step, the additional information is not added to the print page and the output result is obtained by adding the additional information to the original page. The information processing method according to claim 8 or 9 , wherein the data is output. 前記出力工程では、前記出力結果を表示するために前記データを表示部へ出力することを特徴とする請求項乃至10のいずれか1項に記載の情報処理方法。The information processing method according to any one of claims 8 to 10, wherein, in the output step, the data is output to a display unit in order to display the output result. 前記情報処理装置は変換手段を更に備え、
前記変換手段が、アプリケーションで作成されたデータを、印刷装置に送信される印刷データに変換される前の文書データの形式に変換する変換工程をさらに有することを特徴とする請求項乃至11のいずれか1項に記載の情報処理方法。
The information processing apparatus further includes conversion means,
12. The conversion unit according to claim 8 , further comprising a conversion step of converting data created by the application into a format of document data before being converted into print data transmitted to the printing apparatus. The information processing method according to any one of claims.
前記出力工程では、前記第1出力結果と前記第2出力結果の両者を同一画面に表示することを特徴とする請求項8乃至13のいずれか1項に記載の情報処理方法。14. The information processing method according to claim 8, wherein in the output step, both the first output result and the second output result are displayed on the same screen. コンピュータを、印刷ページと当該印刷ページに配置される原稿ページとに対して付加情報を付加する情報処理装置として機能させるためのプログラムであって、
前記印刷ページに対して付加情報を付加することを指定する第1指定手段と、
前記原稿ページに対して付加情報を付加することを指定する第2指定手段と、
1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置することを指定する第3指定手段と、
前記第1および第2および第3指定手段の指定に従って、前記第3指定手段により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページと原稿ページとの両者に付加情報が付加された第1出力結果と、前記第3指定手段により指定された複数の原稿ページが前記1つの印刷ページに配置され、かつ、前記印刷ページに前記付加情報が付加されないと共に前記前記1つの印刷ページに配置される複数の原稿ページのそれぞれに前記付加情報が付加されない第2出力結果と、を混在して得るためのデータを出力する出力手段と
してコンピュータを機能させるためのプログラム。
A program for causing a computer to function as an information processing apparatus for adding additional information to a print page and a document page arranged on the print page,
First designation means for designating addition information to be added to the print page;
Second designating means for designating that additional information is added to the original page;
Third designating means for designating placement of a plurality of document pages on one print page;
In accordance with the designation of the first, second and third designation means, a plurality of document pages designated by the third designation means are arranged on the one print page, and both the print page and the document page The first output result to which the additional information is added and the plurality of document pages specified by the third specifying means are arranged on the one print page, and the additional information is not added to the print page and the A program for causing a computer to function as output means for outputting data to be obtained in combination with a second output result in which the additional information is not added to each of a plurality of document pages arranged on one print page .
前記付加情報は、ヘッダ情報とフッタ情報とウォーターマークの少なくとも1つであることを特徴とする請求項1に記載のプログラム。The program according to claim 15 , wherein the additional information is at least one of header information, footer information, and a watermark. 前記1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置する代わりに1つの印刷ページに1つの原稿ページを配置する指定がされており、かつ、前記第1および第2指定手段によって原稿ページと印刷ページとの両者に付加情報を付加することが指定された場合、前記出力手段は、前記原稿ページに対して付加情報が付加されず、かつ、前記印刷ページに付加情報が付加された出力結果を得るためのデータを出力することを特徴とする請求項15または16に記載のプログラム。It is designated that one manuscript page is arranged on one print page instead of arranging a plurality of manuscript pages on the one print page, and the manuscript page and the print page are designated by the first and second designation means. When it is designated that additional information is to be added to both, the output means obtains an output result in which additional information is not added to the original page and additional information is added to the print page. The program according to claim 15 or 16, wherein the data is output. 前記1つの印刷ページに複数の原稿ページを配置する代わりに1つの印刷ページについて1つの原稿ページを配置する指定がされており、かつ、前記第1および第2指定手段によって原稿ページと印刷ページとの両者に付加情報を付加することが指定された場合、前記出力手段は、前記印刷ページに対して付加情報が付加されず、かつ、前記原稿ページに付加情報が付加された出力結果を得るためのデータを出力することを特徴とする請求項15乃至17のいずれか1項に記載のプログラム。 Instead of arranging a plurality of manuscript pages on the one print page, it is designated that one manuscript page is arranged for one print page, and the manuscript page and the print page are designated by the first and second designation means. When it is designated that additional information is to be added to both, the output means obtains an output result in which additional information is not added to the print page and additional information is added to the document page. program according to any one of claims 15 to 17 and outputs the data. 前記出力手段は、前記出力結果を表示するために前記データを表示部へ出力することを特徴とする請求項15乃至18のいずれか1項に記載のプログラム。The program according to any one of claims 15 to 18 , wherein the output means outputs the data to a display unit in order to display the output result. コンピュータを、アプリケーションで作成されたデータを印刷装置に送信される印刷データに変換される前の文書データの形式に変換する変換手段としてさらに機能させるための請求項15乃至19のいずれか1項に記載のプログラム。The computer according to any one of claims 15 to 19 , further causing a computer to function as conversion means for converting data created by an application into a format of document data before being converted into print data to be transmitted to a printing apparatus. The listed program. 前記出力手段は、前記第1出力結果と前記第2出力結果の両者を同一画面に表示することを特徴とする請求項15乃至20のいずれか1項に記載のプログラム。The program according to any one of claims 15 to 20, wherein the output unit displays both the first output result and the second output result on the same screen.
JP2001280608A 2001-09-14 2001-09-14 Information processing apparatus and method Expired - Fee Related JP4810027B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001280608A JP4810027B2 (en) 2001-09-14 2001-09-14 Information processing apparatus and method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001280608A JP4810027B2 (en) 2001-09-14 2001-09-14 Information processing apparatus and method

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2003091526A JP2003091526A (en) 2003-03-28
JP2003091526A5 JP2003091526A5 (en) 2008-10-30
JP4810027B2 true JP4810027B2 (en) 2011-11-09

Family

ID=19104571

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001280608A Expired - Fee Related JP4810027B2 (en) 2001-09-14 2001-09-14 Information processing apparatus and method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4810027B2 (en)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4143566B2 (en) 2004-04-16 2008-09-03 キヤノン株式会社 Document processing apparatus, control method therefor, and computer program
US20060209348A1 (en) * 2005-03-16 2006-09-21 Kabushiki Kaisha Toshiba Image processing apparatus
JP4799253B2 (en) 2006-04-07 2011-10-26 キヤノン株式会社 Information processing apparatus and processing method thereof
JP4510779B2 (en) * 2006-04-27 2010-07-28 シャープ株式会社 Image processing device
JP4498333B2 (en) * 2006-09-21 2010-07-07 株式会社沖データ Image processing device
JP4158829B2 (en) 2006-10-31 2008-10-01 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 Image processing apparatus, image processing method, and image processing program
JP5736638B2 (en) 2008-10-20 2015-06-17 株式会社リコー Image processing device
JP2011034268A (en) * 2009-07-31 2011-02-17 Sharp Corp Printer driver, printer, and printing method
JP5513224B2 (en) * 2010-03-19 2014-06-04 理想科学工業株式会社 Print control device
JP5503596B2 (en) * 2011-06-22 2014-05-28 京セラドキュメントソリューションズ株式会社 Watermark generation program
JP5178938B2 (en) * 2012-07-06 2013-04-10 キヤノン株式会社 Image display apparatus, image display apparatus control method, and program
JP6155603B2 (en) * 2012-11-15 2017-07-05 コニカミノルタ株式会社 Image processing apparatus, image aggregation method, and computer program
JP2013107395A (en) * 2013-01-10 2013-06-06 Canon Inc Image display apparatus, method for controlling the same, and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003091526A (en) 2003-03-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4532798B2 (en) Document processing apparatus and method
JP4564693B2 (en) Document processing apparatus and method
JP4054726B2 (en) Information processing apparatus, control method thereof, and program
JP3937778B2 (en) Information processing apparatus and method
US7929174B2 (en) Information processing apparatus and method
US7688459B2 (en) Document processing method
US7188311B2 (en) Document processing method and apparatus, and print control method and apparatus
JP2006107142A (en) Document processor, and method
JP2005309514A (en) Document processing device, control method therefor, and computer program
US20030052441A1 (en) Document processing system, information processing apparatus, and setting methods therefor
JP2003091407A (en) Information processing system, its display method, its program and recording medium
JP4810027B2 (en) Information processing apparatus and method
JP2003091527A (en) Information processing device and method
JP4095269B2 (en) Information processing method, information processing apparatus, and printing apparatus
JP4136842B2 (en) Document editing method and document editing apparatus
JP3937965B2 (en) Document processing method and apparatus and program thereof
JP3848172B2 (en) Information processing method and information processing apparatus
JP4574652B2 (en) Information processing apparatus and method, and print control program
JP2010113596A (en) Document processing system
JP4721391B2 (en) Printing control apparatus and method
JP4388080B2 (en) Information processing apparatus and information processing method
JP2006202025A (en) Document processing method, print control method, and its system
JP2006164027A (en) Method/device/medium for document processing and print control processing
JP2006139561A (en) Document processing method and system therefor
JP4936496B2 (en) Document processing apparatus and method

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080912

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080912

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110401

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110530

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110812

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110822

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140826

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees