JP4787560B2 - File rotation system and the rotation method, and program - Google Patents

File rotation system and the rotation method, and program Download PDF

Info

Publication number
JP4787560B2
JP4787560B2 JP2005216601A JP2005216601A JP4787560B2 JP 4787560 B2 JP4787560 B2 JP 4787560B2 JP 2005216601 A JP2005216601 A JP 2005216601A JP 2005216601 A JP2005216601 A JP 2005216601A JP 4787560 B2 JP4787560 B2 JP 4787560B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
time
rotation
waiting
step
file
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005216601A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007034642A (en )
Inventor
秀樹 中尾
政和 村田
Original Assignee
日本電気株式会社
日本電気通信システム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、ファイルローテーションシステムおよびそのローテーション方法ならびにプログラムに関し、特に装置内外で発生した障害情報や状態変化等を保存するログファイルや、重要な情報が保存されたデータファイルを、定められた時刻に到達した際ローテートするファイルローテーションシステムおよびそのローテーション方法ならびにプログラムに関する。 The present invention relates to a file rotation system and a rotation method, and program, and log files for particular store or the like fault information and status changes occurring in the device and out, important information is stored data files, the time defined about file rotation system and its rotation method, and a program to rotate upon reaching.

定められた時刻に到達した際ローテートする従来の一般的な手法は、ローテートした際、次にローテートする予定時刻から逆算し、その差分時間だけ待ち合わせ処理を行う方法である。 Conventional general method for rotating upon reaching the time defined is when the rotation, backward from scheduled time then rotated, a method for performing queuing process only the difference time.

図5および図6は従来のファイルローテーション方法の一例を示すタイミングチャートである。 5 and 6 is a timing chart showing an example of a conventional file rotation method. 従来の一例として、図5に示すように11時00分から30分毎にファイルローテーションを行う場合について説明する。 As a conventional example, the case of performing file rotation to 11:00 minutes every 30 minutes as shown in FIG.

このシステムでは図示しないローテート処理装置は“00”分あるいは“30”分に現在時刻が到達したか否かのみを監視している。 Rotate processing device, not shown in this system is the current time to "00" minutes or "30" minutes monitors only whether or not reached. すなわち、一例として11時13分にチェックした場合は、“00”分でも“30”分でもないのでローテート時刻に到達したとは判断しない。 That is, when checked in 11 o'clock 13 minutes as an example, "00" since the minute even "30" minutes nor has to have reached the rotation time is not judged. 一方、11時30分あるいは12時00分にチェックした場合は、“00”分あるいは“30”分なのでローテート時刻に到達したと判断しローテーションを実行する。 On the other hand, if it is checked 30 minutes or 12 hours 00 minutes at 11, "00" minutes or "30" minutes of so determined to have reached the rotation time to perform the rotation.

いま、このシステムは60秒毎にローテート時刻に到達したか否かを監視しているものとする。 Now, the system is assumed to be monitored whether the host vehicle has reached the rotation time every 60 seconds. 図6の例では各分の30秒にローテート時刻に到達したか否かを監視している。 In the example of FIG. 6 monitors whether the host vehicle has reached the rotation time 30 seconds of each minute. 11時29分30秒にチェックしたところ、まだ“29”分であり“30”分ではないので60秒間チェックを待ち合わせる。 Was checked in 11 hours 29 minutes and 30 seconds, still "29" there in minutes wait for 60 seconds to check because it is not a "30" minutes. そして、現在時刻が11時30分30秒に到達する直前に、NTP(Network Time Protocol )等により非同期に現在時刻が+60秒補正されたとする。 Then, just before the current time reaches 30 minutes and 30 seconds at 11, and the current time asynchronously is corrected +60 seconds by NTP (Network Time Protocol) and the like. すると、この時点で現在時刻は11時31分30秒に修正されている。 Then, the current time at this point has been modified to 11 at 31 minutes and 30 seconds. したがって、このときローテート処理装置が現在時刻をチェックすると、“31”分であり“30”分ではないのでローテート時刻に到達したとは判断しない。 Therefore, this time rotation processing unit checks the current time, "31" be a minute "30" is not determined and reached the rotation time is not a matter.

すなわち、ローテート処理装置は“29”分の確認の次に“31”分の確認を行い、“30”分の確認を看過してしまったので、“30”分すなわち11時30分のローテーションは実行されないという問題があった。 In other words, the rotation processing apparatus "31" minutes of confirm to the next confirmation of "29" minutes, "30" minutes confirm it had overlooked the "30" minute ie 11 o'clock 30 minutes of rotation is there is a problem that does not run.

一方、時刻補正が行われた場合でも正しくログが管理できる発明が開示されている(たとえば、特許文献1参照)。 On the other hand, correctly log even when the time correction is performed is disclosed an invention that can be managed (e.g., see Patent Document 1).

また、リモコン表示の時刻を商用電源周波数に基づく計時で補正する発明が開示されている(たとえば、特許文献2参照)。 Further, the invention is corrected by counting based the time of the remote control displayed on the utility frequency is disclosed (e.g., see Patent Document 2).

また、タイマ割り込みを発生して起動可能時刻になると対応するタスクの起動を行う発明が開示されている(たとえば、特許文献3参照)。 Further, the invention is used to start the task corresponding to the timer interrupt generation to become bootable time is disclosed (for example, see Patent Document 3).

特開平10−327217号公報(段落0014、図1) JP 10-327217 discloses (paragraph 0014, FIG. 1) 特開2001−337183号公報(段落0027、0028、図1) JP 2001-337183 JP (paragraphs 0027,0028, Figure 1) 特開08−255088号公報(段落0024、図1) JP 08-255088 discloses (paragraph 0024, FIG. 1)

特許文献1開示の発明は、ログの中身が時刻どおりに並ぶというものであり、時刻補正が行われた場合のファイルローテーションを正しく行う技術に関しては全く記載がない。 Patent Document 1 discloses the invention are those that the contents of the log are arranged in time exactly, there is no description at all regarding file rotation correctly performed technique when the time correction is performed.

また、特許文献2開示の発明は、現在時刻の補正方法を示しているに過ぎない。 The invention of Patent Document 2 disclosed only shows a correction method of the current time.

また、特許文献3開示の発明は、タイマ割り込みに応じてタスクを起動する構成を示しているに過ぎない。 The invention of Patent Document 3 disclosed only shows the configuration for starting the task in response to a timer interrupt.

そこで本発明の目的は、時刻が非同期に変更されても、予定していた時刻に正しくローテートすることが可能なファイルローテーションシステムおよびそのローテーション方法ならびにプログラムを提供することにある。 It is an object of the present invention, time be changed asynchronously is to provide a planned file rotation system capable of correctly rotated at a time was and its rotation method, and program.

本発明に係るファイルローテーションシステムは、所定のファイルを、定められた時刻に到達した際ローテートするファイルローテーションシステムであって、所定時間間隔の待ち合わせを行う待ち合わせ手段と、前記待ち合わせ手段による待ち合わせ時間が経過後、現在時刻を取得する時刻取得手段と、予め定められたローテート時刻を取得し、前記時刻取得手段で得られた現在時刻と前記ローテート時刻とを比較するローテート時刻取得手段と、前記ローテート時刻取得手段での比較の結果、両時刻が一致した場合にローテートを実行するローテート実行手段とが含まれ、前記待ち合わせ手段における待ち合わせ時間は、前記ローテート時刻よりも前に前記現在時刻が変更され変更後の現在時刻が前記ローテート時刻よりも後の時刻とな File rotation system according to the present invention, a predetermined file, a file rotation system that rotates upon reaching a defined time, and waiting means for performing waiting a predetermined time interval, waiting time by said waiting means elapsed after the time acquisition means for acquiring the current time, the rotation time acquisition means for acquiring a rotation time previously determined, comparing the obtained current time and by the time obtaining means and the rotation time, the rotation time acquisition results of the comparison in unit, and rotate execution means for executing the rotation if both the time match is included, the waiting time in the waiting means, after the rotation time the current time is changed before changing the current time is it a time later than the rotation time た場合でも前記ローテート時刻の検出が可能な長さに設定されることを特徴とする。 Wherein said that the rotation time of the detection is set to a length that can even have.

また、本発明に係るファイルローテーション方法は、所定のファイルを、定められた時刻に到達した際ローテートするファイルローテーション方法であって、所定時間間隔の待ち合わせを行う待ち合わせステップと、前記待ち合わせステップによる待ち合わせ時間が経過後、現在時刻を取得する時刻取得ステップと、予め定められたローテート時刻を取得し、前記時刻取得ステップで得られた現在時刻と前記ローテート時刻とを比較するローテート時刻取得ステップと、前記ローテート時刻取得ステップでの比較の結果、両時刻が一致した場合、前記ローテート時刻のローテートが既に実施済みか否かを調べるローテート実施確認ステップと、前記ローテート時刻のローテートが未実施の場合にローテートを実行するローテート実行ステップ The file rotation method according to the present invention, there is provided a file rotation method for rotating upon reaching the predetermined file, to a defined time, and waiting step of waiting a predetermined time interval, waiting time due to the waiting step after There lapse, and time acquisition step of acquiring the current time, and obtains the rotation time previously determined, and rotation time obtaining step of comparing the current time obtained by said time obtaining step and the rotation time, the rotation time acquisition result of the comparison in step performed when both the time matches, the rotation execution confirmation step of rotation of the rotation time is checked already or not performed or, rotation of the rotation time of the rotation when the unexecuted rotate execution step of が含まれ、前記待ち合わせステップにおける待ち合わせ時間は、前記ローテート時刻よりも前に前記現在時刻が変更され変更後の現在時刻が前記ローテート時刻よりも後の時刻となった場合でも前記ローテート時刻の検出が可能な長さに設定されることを特徴とする。 Include, waiting time in the waiting step, the detection of the rotation time even if the current time after the the current time change change before the rotation time reaches a time later than the rotation time characterized in that it is set to the possible length.

また、本発明に係るプログラムは、所定のファイルを、定められた時刻に到達した際ローテートするファイルローテーション方法のプログラムであって、コンピュータに、所定時間間隔の待ち合わせを行う待ち合わせステップと、前記待ち合わせステップによる待ち合わせ時間が経過後、現在時刻を取得する時刻取得ステップと、予め定められたローテート時刻を取得し、前記時刻取得ステップで得られた現在時刻と前記ローテート時刻とを比較するローテート時刻取得ステップと、前記ローテート時刻取得ステップでの比較の結果、両時刻が一致した場合、前記ローテート時刻のローテートが既に実施済みか否かを調べるローテート実施確認ステップと、前記ローテート時刻のローテートが未実施の場合にローテートを実行するローテート The program according to the present invention, a predetermined file, a program file rotation method for rotating upon reaching a defined time, the computer, and waiting step of waiting a predetermined time interval, the waiting step after waiting time by the elapsed, and time acquisition step of acquiring the current time, and obtains the rotation time previously determined, the current time obtained by said time obtaining step and rotation time obtaining step of comparing the rotation time the rotation time acquisition result of the comparison in step, when both the time matches, the rotation execution confirmation step of rotation of the rotation time is checked already or not performed or, rotation of the rotation time when unexecuted rotate to perform the rotation 行ステップと、を実行させるためのプログラムであり、前記待ち合わせステップにおける待ち合わせ時間は、前記ローテート時刻よりも前に前記現在時刻が変更され変更後の現在時刻が前記ローテート時刻よりも後の時刻となった場合でも前記ローテート時刻の検出が可能な長さに設定されることを特徴とする。 A program for executing the line step, a waiting time in the waiting step, the current time after the rotation time the current time is changed before the changes become time later than the rotation time wherein said that the rotation time of the detection is set to a length that can even have.

本発明によれば、待ち合わせ手段における待ち合わせ時間は、ローテート時刻よりも前に現在時刻が変更され変更後の現在時刻がローテート時刻よりも後の時刻となった場合でもローテート時刻の検出が可能な長さに設定される。 According to the present invention, waiting time in waiting means, the length capable of detecting rotation time even if the current time after the current time are changed changes became time later than rotation time before rotation time It is set to be.

本発明によれば、上記構成を含むため、時刻が非同期に変更されても、予定していた時刻に正しくローテートすることが可能となる。 According to the present invention, to include the above-described configuration, the time is be changed asynchronously, it is possible to correctly rotate the time which has been scheduled.

その理由は、ローテート周期より十分短く設定された所定時間の待ち合わせの後、ローテートするか否かを確認するためである。 The reason is that after sufficiently short set of predetermined time waiting than rotation period, in order to confirm whether or not rotated.

以下、本発明の実施の形態について添付図面を参照しながら説明する。 It will be described below with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention. 図1は本発明の動作の一例の概要を示すタイミングチャートである。 Figure 1 is a timing chart showing an outline of an example of the operation of the present invention. 上述した従来例では60秒毎にローテート時刻に到達したか否かを監視していたが、本発明ではそれより十分短い時間間隔、一例として1秒ごとにローテート時刻に到達したか否かを監視する。 Although the prior art example described above has been to monitor whether the host vehicle has reached the rotation time every 60 seconds, much shorter time interval than it is in the present invention, monitors whether the host vehicle has reached the rotation time per second as an example to.

同図は11時30分00秒前後の1秒刻みのタイミングを示している。 This figure shows a timing of 1 second increments before and after 30 minutes 00 seconds at 11. そして、11時29分30秒に到達する直前に時刻変更イベントが発生し、現在時刻が+60秒補正されたとする。 Then, occurrence time change event immediately before reaching the 29 minutes 30 seconds at 11, the current time is corrected +60 seconds. すると、この時点で現在時刻は11時30分30秒に修正されている。 Then, the current time at this point has been modified to 30 minutes and 30 seconds at 11.

後述するローテート処理装置は、11時29分57秒、58秒、59秒、11時30分00秒、01秒・・・というふうに現在時刻がローテート時刻に到達したか否かを1秒ごとに監視する。 Described later rotate processor, 29 minutes and 57 seconds at 11, every 58 seconds, 59 seconds, 30 minutes 00 seconds at 11, one second current time in Fu that 01 seconds ... are whether the host vehicle has reached the rotation time It is monitored.

そして、11時30分30秒における監視にて“30”分に到達したと判断するため、11時30分のローテーションを実行することが可能となる。 Then, since the discrimination is affirmative "30" minutes in monitoring in 30 minutes 30 seconds at 11, it is possible to execute the rotation of 11:30. このように、11時29分から11時30分へ切り替わる直前に現在時刻が変更された場合でも、本発明によれば11時30分のローテーションの実行が可能となる。 Thus, it is possible to 11 o'clock 29 minutes just before it switches to 11:30 even if the current time is changed, the present invention According If the 11:30 rotation run.

図2は本発明の動作の他の例の概要を示すタイミングチャートである。 Figure 2 is a timing chart showing the outline of another example of the operation of the present invention. 前述の例では現在時刻が11時29分30秒に到達する直前に時刻変更イベントが発生し、現在時刻が+60秒補正された場合について述べたが、現在時刻が11時29分59秒に到達する直前に時刻変更イベントが発生した場合にも本発明の適用が可能である。 In the above example the time change events immediately before the current time reaches the 11 o'clock 29 minutes 30 seconds has occurred, it has dealt with the case where the current time is corrected +60 seconds, the current time reaches the 11 o'clock 29 minutes 59 seconds when the time change event occurs just before it is also possible to apply the present invention. 図2はその場合を示している。 Figure 2 shows a case. すなわち、この場合は11時30分59秒に時刻が変更されるが、このとき得られる時刻は“30”分なので11時30分のローテーションを実行することが可能となる。 That is, this case is changed the time to 30 minutes and 59 seconds at 11, the time obtained at this time is made possible to perform the rotation of "30" minutes of so 11:30.

図3は本発明に係るファイルローテーションシステムの一例の構成図である。 Figure 3 is a configuration diagram of an example of a file rotation system according to the present invention. 同図を参照すると、本発明に係るファイルローテーションシステムは、コンピュータプログラム等のローテート処理装置1と、ハードウエアクロック等の時刻装置2と、メモリやハードディスク等の記憶装置3とを含んで構成される。 Referring to the figure, file rotation system according to the present invention is configured to include a rotation processing apparatus 1, such as a computer program, the time device 2 such as a hardware clock, a storage device 3 such as a memory or a hard disk .

ローテート処理装置1は、待ち合わせ部11と、時刻取得部12と、ログローテート時刻取得部13と、ログローテート実行部14とを含んで構成される。 Rotate processing apparatus 1 is configured the waiting unit 11, a time acquisition unit 12, a log rotation time acquisition unit 13, and a log rotation execution unit 14.

時刻装置2は、時刻管理部21を含み、NTPや手動操作等の時刻変更イベント22によって変更される時刻を管理する。 Time unit 2 includes a time management unit 21 manages the time is changed by the time change event 22, such as NTP or manual operation.

記憶装置3は、ローテート時刻記憶部31と、ローテート元ログファイル32と、ログローテート実行部14によって生成されるローテート先ログファイル33とを含んで構成される。 Storage device 3 is configured and rotating time storage unit 31, and rotating the original log file 32, and a rotating target log file 33 generated by the log rotate execution unit 14.

なお、ローテート処理装置1がコンピュータプログラムで構成される場合、そのプログラムは図示しないコンピュータに読み込まれ、そのコンピュータはそのプログラムにしたがってローテーションを実行する。 In the case rotation processing apparatus 1 is configured by a computer program, the program is loaded into the computer (not shown), the computer executes the rotation according to the program. そのプログラムの具体例は後述する図4にフローチャートで示されている。 Specific examples of the program is shown in the flow chart in FIG. 4 to be described later.

ローテート処理装置1の待ち合わせ部11は、ローテート周期より十分短く設定された所定時間の待ち合わせを行う。 Waiting portion of the rotation processing unit 1 11 performs sufficiently short set waiting for a predetermined time from the rotation period. 時刻取得部12は、待ち合わせの後、時刻装置2の時刻管理部21から現在の時刻を取得し、ログローテート時刻取得部13は記憶装置3のローテート時刻記憶部31に格納されたローテート時刻との比較を行う。 Time acquisition unit 12, after waiting, obtains the current time from the time management unit 21 of the time unit 2, a log rotation time acquisition unit 13 of the rotation time stored in the rotation time storage unit 31 of the storage device 3 the comparison is carried out.

そして、ローテート予定時刻に達していれば、ログローテート実行部14はファイル32をファイル33にコピーし、ローテートを行う。 Then, if reached to rotate the scheduled time, the log rotation execution unit 14 copies the file 32 to file 33, perform rotate. ローテート実行後、もしくは、ローテート予定時刻に達していない場合は、再び待ち合わせ部11に戻り待ち合わせを行い、前述した手順を繰り返すことにより、時刻補正が行われた場合でも正しくローテートが実行される。 After rotation run, or, if it does not reach the rotation scheduled time performs waiting to return to the waiting unit 11 again, by repeating the procedure described above, properly rotate even when the time correction is performed is executed.

次に、図4を参照しながら本発明に係るファイルローテーション方法の一例の処理手順について詳細に説明する。 Next, an example of a processing procedure of a file rotation method according to the present invention with reference to FIG. 4 will be described in detail. 図4は本発明に係るファイルローテーション方法の一例の処理手順を示すフローチャートである。 Figure 4 is a flow chart showing an example of a processing procedure of a file rotation method according to the present invention.

まず、前提条件として、このローテーションは一例として30分毎、一例として、“11時00分、11時30分、12時00分、12時30分、・・・”に実行されるものとし、ローテート時刻記憶部31にはこの“00分”と“30分”の情報のみが記憶されているものとする。 First, as a precondition, as the rotation is every 30 minutes as an example, an example, and "11:00, 11:30, 12:00, 12:30, ..." shall be executed, the rotation time storage unit 31 is assumed only is information stored in the "00 minutes" and "30 minutes". すなわち、“時”の情報は記憶されていない。 That is, the information of "time" is not stored.

また、ローテーションが実行されるたびに、“何時何分のローテーションは実行済”という情報がローテート処理装置1内の図示しないメモリに記録されるものとする。 Further, each time the rotation is performed, "what number of minutes of time rotation is Executed" information that is assumed to be recorded in a memory (not shown) of rotating processing apparatus 1. その記録はログローテート実行部14によって実行される。 Its recording is performed by the log rotate execution unit 14.

また、待ち合わせ部11は、ローテート周期(30分)より十分短く設定された所定時間(本実施例では一例として“1秒”)の待ち合わせを行う。 Further, waiting unit 11 performs queuing of (for example "1 second" in this embodiment) rotated period (30 min) than sufficiently short set predetermined time.

まず、待ち合わせ部11による待ち合わせを行う前の時刻が、一例として、11時29分30秒(以下、時刻については“11:29:30”のように表示する)であるとする。 First, the time prior to the waiting by the waiting unit 11, as an example, assumed to be 29 minutes 30 seconds at 11 (hereinafter, for the time display as "11:29:30").

待ち合わせ部11は“1秒”間の待ち合わせを行う(ステップA1)。 Waiting unit 11 performs queuing between "1 second" (step A1).

次に、待ち合わせを行っている最中に時刻変更イベント22により現在時刻が+1分され、“11:29:30”から“11:30:30”に変更される(ステップA2)。 Next, the current time by the time change event 22 in the middle of performing a meeting is +1 minutes, is changed from "11:29:30", "11:30:30" (step A2).

次に、時刻取得部12が時刻管理部21に現在時刻を問い合わせる。 Then, the time acquisition unit 12 inquires the current time to the time management section 21. 時刻管理部21からはステップA2で変更された時刻に基づく時刻、一例として“11:30:45”を得る(ステップA3)。 From the time management unit 21 time based on the time that has been changed in step A2, to obtain a "11:30:45" as an example (step A3).

次に、ログローテート時刻取得部13はローテートする時刻をローテート時刻記憶部31に問い合わせる(ステップA4)。 Then, log rotation time acquisition unit 13 inquires a time to rotate the rotating time storage unit 31 (step A4).

次に、ステップA3とステップA4で取得した現在時刻とローテート時刻とを比較する(ステップA5)。 Next, compare the current time and the rotation time acquired in step A3 and Step A4 (Step A5). ここでは、現在時刻が“11:30:45”、すなわち、“30分”なのでローテート時刻記憶部31に記憶された“30分”と一致する。 Here, the current time "11:30:45", i.e., consistent with "30 minutes" so stored in the rotation time storage unit 31 "30 minutes". したがって、ログローテート時刻取得部13はローテート実行時間になったと判定する(ステップA5にて“イエス”)。 Therefore, log rotation time acquisition unit 13 determines that became rotation execution time ( "yes" at step A5).

すなわち、本発明では1秒ごとにローテート時刻になったか否かを比較しているため、11時31分になる前に11時30分のローテート実行時間の確認が可能となるのである。 That is, in the present invention because it compares whether it is rotated time every second, it become possible to confirm the 11:30 rotate execution time before the 31 minutes at 11.

次に、ステップA5にて“イエス”の場合、ログローテート時刻取得部13は、ローテートを既に実施したか否かを判断する(ステップA6)。 Then, if "YES" in step A5, log rotation time acquisition unit 13 determines already whether performed rotate (step A6). 本実施例では、11時30分に到達したばかりなので、まだ“30分”のローテートは実行されていない。 In this embodiment, since just reached 11:30, still rotate for "30 minutes" has not been executed. ログローテート時刻取得部13はローテート処理装置1内の図示しないメモリを参照して“11時30分のローテーションは実行済”という情報がまだ記録されていないことを確認する(ステップA6にて“イエス”)。 Log rotation time acquisition unit 13 confirms that the information that with reference to a memory (not shown) of the rotating processing apparatus 1 "11:30 rotations Executed" is not yet recorded (step A6 "yes ").

次に、ステップA6にて“イエス”の場合、ログローテート実行部14は記憶装置3内のローテート元ログファイル32をローテート先ログファイル33にローテート(コピー)する。 Then, if "YES" in step A6, the log rotation execution unit 14 rotate (copy) the rotating original log file 32 in the storage device 3 in the rotation destination log file 33. これでローテートは完了する(ステップA7)。 This rotation is completed (step A7).

最後に、ステップA5、A6の判定が”ノー“の場合、もしくはステップA7にてファイルのローテートが終了すれば、再びステップA1に戻り、待ち合わせの実行(ステップA1)から一連の動作を繰り返す。 Finally, in the case of the determination in step A5, A6 "no", or if the rotation of the file is completed in step A7, again returns to the step A1, repeating a series of operations from the execution of waiting (step A1).

装置内外で発生した障害情報や状態変化等を保存するログファイルや、その他重要なファイルの定期的なバックアップを行う際、予定した時刻に正しくバックアップする必要があるという要求に対し本発明の適用が可能である。 And log file to store the fault information and status change has occurred in the equipment inside and outside, etc., when performing regular backups of the other important files, the present invention is applicable to the request that it is necessary to properly back up to the time at which the planned possible it is.

本発明の動作の一例の概要を示すタイミングチャートである。 Is a timing chart illustrating an outline of an example of the operation of the present invention. 本発明の動作の他の例の概要を示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the outline of another example of the operation of the present invention. 本発明に係るファイルローテーションシステムの一例の構成図である。 It is a configuration diagram of an example of a file rotation system according to the present invention. 本発明に係るファイルローテーション方法の一例の処理手順を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a processing procedure of a file rotation method according to the present invention. 従来のファイルローテーション方法の一例を示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing an example of a conventional file rotation method. 従来のファイルローテーション方法の一例を示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing an example of a conventional file rotation method.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ローテート処理装置 2 時刻装置 3 記憶装置 11 待ち合わせ部 12 時刻取得部 13 ログローテート時刻取得部 14 ログローテート実行部 21 時刻管理部 22 時刻変更イベント 31 ローテート時刻記憶部 32 ローテート元ログファイル 33 ローテート先ログファイル 1 rotated processor 2 time 3 storage device 11 waiting unit 12 time acquisition unit 13 log rotation time acquisition unit 14 log rotation execution unit 21 the time management unit 22 a time change event 31 rotate time storage unit 32 rotate based on the log file 33 rotate destination log File

Claims (9)

  1. 所定のファイルを、定められた時刻に到達した際ローテートするファイルローテーションシステムであって、 The predetermined file, a file rotation system that rotates upon reaching a defined time,
    所定時間間隔の待ち合わせを行う待ち合わせ手段と、 A queuing means for performing waiting a predetermined time interval,
    前記待ち合わせ手段による待ち合わせ時間が経過後、現在時刻を取得する時刻取得手段と、 After lapse of waiting time by said waiting means, and time obtaining means for obtaining a current time,
    予め定められたローテート時刻を取得し、前記時刻取得手段で得られた現在時刻と前記ローテート時刻とを比較するローテート時刻取得手段と、 And rotation time acquisition means for acquiring a predetermined rotation time, compares the obtained current time and by the time obtaining means and the rotation time,
    前記ローテート時刻取得手段での比較の結果、両時刻が一致した場合にローテートを実行するローテート実行手段とが含まれ、 The result of the comparison in rotation time acquisition means, includes a rotation means for executing the rotation if both time matches found
    前記待ち合わせ手段における待ち合わせ時間は、前記ローテート時刻よりも前に前記現在時刻が変更され変更後の現在時刻が前記ローテート時刻よりも後の時刻となった場合でも前記ローテート時刻の検出が可能な長さに設定されることを特徴とするファイルローテーションシステム。 The waiting time in the waiting means, detection possible length of the rotating time even if the current time after the rotation time the current time is changed before changing became time later than the rotation time file rotation system, characterized in that it is set to.
  2. 前記ローテートは所定時間間隔で実行されることを特徴とする請求項1記載のファイルローテーションシステム。 File rotation system according to claim 1, wherein said rotation is characterized in that it is executed at predetermined time intervals.
  3. 前記待ち合わせ手段における待ち合わせ時間は前記ローテートの時間間隔よりも短いことを特徴とする請求項1または2記載のファイルローテーションシステム。 File rotation system according to claim 1 or 2, wherein the waiting time in the waiting means is characterized by shorter than the time interval of the rotation.
  4. 所定のファイルを、定められた時刻に到達した際ローテートするファイルローテーション方法であって、 The predetermined file, a file rotation method for rotating upon reaching a defined time,
    所定時間間隔の待ち合わせを行う待ち合わせステップと、 A waiting step of waiting a predetermined time interval,
    前記待ち合わせステップによる待ち合わせ時間が経過後、現在時刻を取得する時刻取得ステップと、 After lapse of waiting time due to the waiting step, and time acquisition step of acquiring the current time,
    予め定められたローテート時刻を取得し、前記時刻取得ステップで得られた現在時刻と前記ローテート時刻とを比較するローテート時刻取得ステップと、 And rotation time acquisition step of acquiring a predetermined rotation time, compared with the current time obtained by said time obtaining step and said rotation time,
    前記ローテート時刻取得ステップでの比較の結果、両時刻が一致した場合、前記ローテート時刻のローテートが既に実施済みか否かを調べるローテート実施確認ステップと、 The rotation time acquisition result of the comparison in step, when both the time matches, the rotation execution confirmation step of rotation of the rotation time is checked already or not Performed or,
    前記ローテート時刻のローテートが未実施の場合にローテートを実行するローテート実行ステップとが含まれ、 Rotation of the rotation time is included and rotate execution step of executing the rotation if the unexecuted,
    前記待ち合わせステップにおける待ち合わせ時間は、前記ローテート時刻よりも前に前記現在時刻が変更され変更後の現在時刻が前記ローテート時刻よりも後の時刻となった場合でも前記ローテート時刻の検出が可能な長さに設定されることを特徴とするファイルローテーション方法。 The waiting time in the waiting step, the detection is possible length of the rotating time even if the current time after the rotation time the current time is changed before changing became time later than the rotation time file rotation method characterized in that it is set to.
  5. 前記ローテートは所定時間間隔で実行されることを特徴とする請求項4記載のファイルローテーション方法。 File rotation method of claim 4, wherein said rotation is characterized in that it is executed at predetermined time intervals.
  6. 前記待ち合わせステップにおける待ち合わせ時間は前記ローテートの時間間隔よりも短いことを特徴とする請求項4または5記載のファイルローテーション方法。 Claim 4 or 5 file rotation method described waiting time in the waiting step is characterized by shorter than the time interval of the rotation.
  7. 所定のファイルを、定められた時刻に到達した際ローテートするファイルローテーション方法のプログラムであって、 The predetermined file, a program file rotation method for rotating upon reaching a defined time,
    コンピュータに、所定時間間隔の待ち合わせを行う待ち合わせステップと、 The computer, and waiting step of waiting a predetermined time interval,
    前記待ち合わせステップによる待ち合わせ時間が経過後、現在時刻を取得する時刻取得ステップと、 After lapse of waiting time due to the waiting step, and time acquisition step of acquiring the current time,
    予め定められたローテート時刻を取得し、前記時刻取得ステップで得られた現在時刻と前記ローテート時刻とを比較するローテート時刻取得ステップと、 And rotation time acquisition step of acquiring a predetermined rotation time, compared with the current time obtained by said time obtaining step and said rotation time,
    前記ローテート時刻取得ステップでの比較の結果、両時刻が一致した場合、前記ローテート時刻のローテートが既に実施済みか否かを調べるローテート実施確認ステップと、 The rotation time acquisition result of the comparison in step, when both the time matches, the rotation execution confirmation step of rotation of the rotation time is checked already or not Performed or,
    前記ローテート時刻のローテートが未実施の場合にローテートを実行するローテート実行ステップと、を実行させるためのプログラムであり、 A program for executing a rotation execution step of rotation of the rotation time to perform a rotation when the unexecuted,
    前記待ち合わせステップにおける待ち合わせ時間は、前記ローテート時刻よりも前に前記現在時刻が変更され変更後の現在時刻が前記ローテート時刻よりも後の時刻となった場合でも前記ローテート時刻の検出が可能な長さに設定されることを特徴とするプログラム。 The waiting time in the waiting step, the detection is possible length of the rotating time even if the current time after the rotation time the current time is changed before changing became time later than the rotation time a program characterized by being configured.
  8. 前記ローテートは所定時間間隔で実行されることを特徴とする請求項7記載のプログラム。 According to claim 7 programs said rotation is characterized in that it is executed at predetermined time intervals.
  9. 前記待ち合わせステップにおける待ち合わせ時間は前記ローテートの時間間隔よりも短いことを特徴とする請求項7または8記載のプログラム。 Claim 7 or 8, wherein the program waiting time in the waiting step is characterized by shorter than the time interval of the rotation.
JP2005216601A 2005-07-27 2005-07-27 File rotation system and the rotation method, and program Expired - Fee Related JP4787560B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005216601A JP4787560B2 (en) 2005-07-27 2005-07-27 File rotation system and the rotation method, and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005216601A JP4787560B2 (en) 2005-07-27 2005-07-27 File rotation system and the rotation method, and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007034642A true JP2007034642A (en) 2007-02-08
JP4787560B2 true JP4787560B2 (en) 2011-10-05

Family

ID=37793832

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005216601A Expired - Fee Related JP4787560B2 (en) 2005-07-27 2005-07-27 File rotation system and the rotation method, and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4787560B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4506841B2 (en) 2008-01-23 2010-07-21 日本電気株式会社 File management method, file management apparatus and program

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0512338A (en) * 1991-07-05 1993-01-22 Nec Corp Data arrangement system for decentralized data base
JPH0761091B2 (en) * 1991-07-23 1995-06-28 株式会社エスアールエー Communication control system
JP3751476B2 (en) * 1999-06-30 2006-03-01 シャープ株式会社 The database system, and control method, and computer-readable recording medium recording the control program
JP4040846B2 (en) * 2001-06-04 2008-01-30 富士通株式会社 And a data processing method, data processing program, and a recording medium of the program
JP2004246822A (en) * 2003-02-17 2004-09-02 Hitachi Information Systems Ltd Updated information display system
JP4321705B2 (en) * 2003-07-29 2009-08-26 株式会社日立製作所 Unit and storage system for controlling the acquisition of snapshot

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2007034642A (en) 2007-02-08 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7024581B1 (en) Data processing recovery system and method spanning multiple operating system
US7340638B2 (en) Operating system update and boot failure recovery
US20050081118A1 (en) System and method of generating trouble tickets to document computer failures
US6332200B1 (en) Capturing and identifying a complete and consistent set of checkpoint files
US7584467B2 (en) Software updating system and method
US6931522B1 (en) Method for a computer using the system image on one of the partitions to boot itself to a known state in the event of a failure
US5758067A (en) Automated tape backup system and method
US20110047621A1 (en) System and method for detection of non-compliant software installation
US7096458B2 (en) Method and apparatus to create and compare debug scenarios of a computer process
US6594781B1 (en) Method of restoring memory to a previous state by storing previous data whenever new data is stored
US20020188837A1 (en) Booting to a recovery/manintenance environment
US20060288183A1 (en) Apparatus and method for information recovery quality assessment in a computer system
US20070250673A1 (en) Computer backup system
US20050097141A1 (en) Autonomic filesystem recovery
US20060206544A1 (en) Automatic backup and restore system and method
US20050160257A1 (en) System and method for updating device firmware
US20050144513A1 (en) Computer system including active system and redundant system and state acquisition method
US20080307019A1 (en) Manipulating Electronic Backups
US6694345B1 (en) External job scheduling within a distributed processing system having a local job control system
US6785838B2 (en) Method and apparatus for recovering from failure of a mirrored boot device
US7873957B2 (en) Minimizing user disruption during modification operations
US20060112311A1 (en) Device driver rollback
US20050033952A1 (en) Dynamic scheduling of diagnostic tests to be performed during a system boot process
US7725438B1 (en) Method and apparatus for efficiently creating backup files
US7464126B2 (en) Method for creating an application-consistent remote copy of data using remote mirroring

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080514

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110311

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110322

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110705

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110715

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140722

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees