JP4744921B2 - Software Disaster Recovery System - Google Patents

Software Disaster Recovery System Download PDF

Info

Publication number
JP4744921B2
JP4744921B2 JP2005129695A JP2005129695A JP4744921B2 JP 4744921 B2 JP4744921 B2 JP 4744921B2 JP 2005129695 A JP2005129695 A JP 2005129695A JP 2005129695 A JP2005129695 A JP 2005129695A JP 4744921 B2 JP4744921 B2 JP 4744921B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
object
configuration
information
connection
management unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005129695A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006309413A (en
Inventor
雄三 別所
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱電機株式会社 filed Critical 三菱電機株式会社
Priority to JP2005129695A priority Critical patent/JP4744921B2/en
Publication of JP2006309413A publication Critical patent/JP2006309413A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4744921B2 publication Critical patent/JP4744921B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

この発明は、無線機などの通信機器の機能をソフトウェアの入れ替えによって変更し、単一の機器により様々なシステムへの適用を可能にする機能更新技術におけるソフトウェア障害復旧システムに関するものである。 This invention modified by replacement function software of communication equipment such as radios, to a software fault recovery system in the function updating technology that enables application to various systems by a single device.

これまで、通信機器などのダウンロードによるソフトウェア入れ替え(機能更新)技術における障害発生時の復旧方法には、様々な取り組みが行われている。 So far, the software replacement (function update) method of recovery failure occurring in the technology by downloading, such as communication equipment, have been made various efforts.
一般的な障害復旧方式としては、分散環境においてソフトウェア資源を管理する方法であり、新旧バージョンに関するアプリケーション全体のファイル情報を管理テーブルに保持し、(必要に応じて)旧バージョンのアプリケーションに戻す手法が提案されている(例えば、特許文献1参照)。 Common restoration method, a method for managing software resources in a distributed environment, and holds the file information for the entire application relates old version management table, the method returns to (optionally) legacy applications It has been proposed (e.g., see Patent Document 1).

また、ファームウェアの遠隔更新方法として、基地局から遠隔装置にダウンロードする際に、更新されるアドレス領域(旧部分)を遠隔装置内メモリの退避領域に退避しておき(差分退避)、新版での立上げに失敗した場合は、退避した旧部分を元のアドレス領域に復元することによって部分的な更新と復元を実現する方式が提案されている(例えば、特許文献2参照)。 Further, as a remote updating the firmware, when downloaded from the base station to the remote unit, the address area to be updated (formerly part) Leave saved in the save area in the remote unit memory (differential evacuation), in the new edition If it fails to start up, a method of realizing the recovery and partial updates by restoring the old part retracted into the original address area has been proposed (e.g., see Patent Document 2).

また、移動通信システムでの運用プログラム更新方法であって、新規プログラムを上位装置から下位装置へダウンロードした後、下位装置にて起動失敗を判定すると、上位装置に対して失敗を通知し、通知された上位装置は、旧プログラムの再起動を下位装置へ指示することにより復旧する方式が提案されている。 Further, an operation program updating method in a mobile communication system, and notifies After downloading to the lower device a new program from the host device, when determining the starting failure at lower apparatus, the failure to the upper level device is informed higher-level apparatus, a method to recover has been proposed by instructing the restart of the old program to the lower unit. これは、下位装置にてメモリを2面持ち、新旧プログラムをそれぞれ保持し、上位装置の判断に基づきプログラムの切り替えを行うことで実現している(例えば、特許文献3参照)。 This 2 Omomochi memory at lower apparatus, retain the new and old programs respectively, is realized by performing the switching of the program based on the judgment of the host device (e.g., see Patent Document 3).

また、移動通信システム等のソフトウェア更新方法であって、新規ソフトウェアダウンロード時、現用ソフトウェアを保持し、下位装置にて新規ソフトウェアでの試運転結果や、ハードウェアとの適合性を自ら判断することにより、必要時(失敗時)に現運用(旧ソフトウェア)に復旧する方式についても提案されている(例えば、特許文献4参照)。 Also, a software update method, such as a mobile communication system, when a new software download, holds the working software, commissioning results and in new software at lower apparatus, by itself determine the compatibility with hardware, It has also been proposed methods of recovering the current operation when necessary (failure) (old software) (e.g., see Patent Document 4).

特開平10−171635号公報 JP 10-171635 discloses 特開2000−330779号公報 JP 2000-330779 JP 特開2001−134428号公報 JP 2001-134428 JP 特開2003―122574号公報 JP 2003-122574 JP

しかし、上述した特許文献1では、端末上のワークメモリのようなソフトウェア領域にアプリケーション・ファイルを登録しておき、必要時にアプリケーション・ファイル単位で再起動して復旧するソフトウェアの入れ替え方式であるため、アプリケーション・ファイルの差分のみの部分入れ替えには対応していない。 However, Patent Document 1 described above, since previously registered the application file to the software area such as a work memory on the terminal, a replacement method of software to recover and restart the application file units when needed, the part replacement of only the difference between the application file does not support.

また、復旧時にオブジェクトの接続等の接続に関する処理が不要である反面、複数のファイルからアプリケーション・パッケージが構成され、ファイル間でデータの授受があるような場合には、通信のためのインタフェース仕様の規定がないため、インタフェース仕様は固定でないと対応できない。 Further, although the process for the connection of connection of objects during recovery is not required, a plurality of files application package is configured, if such there is exchange of data between file, interface specifications for communication for provisions there is no interface specification can not cope with not fixed. すなわち、受け渡しするデータなどインタフェースの仕様は変更できないという問題があった。 In other words, the interface specifications such as data to pass is there is a problem that can not be changed.

さらに、管理しているバージョンが新旧1つずつのため、障害時には直前に運用していた構成に戻すことはできるが、それ以前の任意の構成には戻すことができないという問題があった。 Furthermore, since the version being managed is one old, although it is possible to return to the configuration has been operating immediately before the time of failure, there is a problem that can not be returned to any previous configuration.

また、特許文献2では、基地局にて遠隔装置からバージョンを取得し、取得したバージョンから更新部分を解析することで入れ替え部分を特定し、入れ替え対象となるファームウェアの特定のアドレス領域のみダウンロードすることによって、遠隔装置は基地局から指示を受けたアドレス領域のみ退避しておけば良く、障害時には該当するアドレス領域のみ復元すればよいため、遠隔装置による解析処理を必要とせずに差分の保存と復元ができる。 In Patent Document 2, to obtain the version from the remote unit at the base station, to identify the replacement part by analyzing the updated portion from the acquired version, to download only certain address area of ​​the firmware to be interchanged subject that the restoration, remote unit may if retracted only the address area has received an instruction from the base station, since it is sufficient restore only the corresponding address area in case of a failure, the stored difference without requiring analysis processing by the remote device can. しかし、端末上のワークメモリやフラッシュROM(Read Only Memory)のようなソフトウェア領域毎に入れ替えるため、ワークメモリやフラッシュROMのアドレスやサイズなど領域管理が必要となり、管理が複雑になるという問題があった。 However, in order to replace each software area such as a work memory or a flash ROM on the terminal (Read Only Memory), area management such as the address and size of the work memory or a flash ROM is required, there is a problem that management become complex It was.

また、固定された全体のアドレス領域の中から任意のアドレス領域を入れ替える方式であるため、機能追加した場合には元の構成に復元することが難しいという問題があった。 Moreover, since a method to replace an arbitrary address area from a fixed overall address regions, if it is function addition it is difficult to restore the original configuration. また、基地局にて差分を解析するため、多数の端末を管理する場合には、基地局による解析処理の負荷が増大し、管理が困難になるという問題があった。 Further, in order to analyze the difference in the base station, when managing a large number of terminals, the load of the analyzing process by the base station is increased, there is a problem that management is difficult.

さらに、新旧のソフトウェア構成を同時に保持し、これらを入れ替えることにより、信頼性を確保しているが、更新部分のソフトウェアは再構成後の機能検証でのみ障害発生を検出しているため、更新途中の障害については検出することができず、障害検出までの時間が大きくなるという問題があった。 Furthermore, holding old and new software configuration simultaneously, by switching them, but to ensure the reliability, because the software update portion is detected only failure in functional verification after reconstitution, updates middle can not be detected for the failure, there is a problem that the time until the fault detection increases.

また、特許文献3では、上位装置から下位装置にプログラム全体のダウンロードを行い、プログラム毎に下位装置にて保存しておき、起動に失敗した場合は、保存していた旧プログラムの再起動を行うことによって復旧するため、複雑な処理を必要とせず容易に復旧することが可能である反面、プログラムの部分的な入れ替えには対応していないため、復旧のためにプログラム全体の情報を保持しなければならず、メモリ等のリソースに十分な容量が必要になるという問題があった。 In addition, in Patent Document 3, and download of the entire program in the lower-level device from the host device, to keep in the lower-level device for each program, if it fails to start, do a restart of the old program that was saved to recover by, although it is possible to easily recover without a complicated process, since the partial replacement of the program does not correspond, no holds information of the entire program for recovery Banara not a sufficient capacity resources such as memory has a problem that it becomes necessary.

また、特許文献4では、上位装置から下位装置にプログラム全体をダウンロードし、ダウンロードした新規プログラムを試運転することにより、試運転の結果、障害が発生した場合は元の構成に復旧する方式であるため、安全に更新と復旧が行える反面、一度更新してしまうと、復旧のために保存しておいた領域が新規のプログラムによって上書きされてしまうため、元の構成に戻すことができないという問題があった。 In Patent Document 4, to download the entire program to the lower unit from the host device, by commissioning new downloaded program, the result of the test run, since if a failure occurs is a method to recover the original configuration, although capable of performing and recovery updated securely, once it has been fully updated, the area that had been stored for recovery for be overwritten by the new program, there is a problem that can not be returned to its original configuration .

また、特許文献3と同様に、プログラムの部分的な入れ替えに対応していないため、復旧のためにプログラム全体の情報を保持しなければならず、メモリ等のリソースに十分な容量が必要になるという問題もある。 Similarly, since the partial replacement of the program does not correspond, it is necessary to hold the information of the entire program for recovery, it must have sufficient capacity to resources such as memory and Patent Document 3 there is also a problem in that.

また、これらの従来のソフトウェア障害復旧方式では、動的な入れ替えには対応しておらず、いずれも復旧時に再起動の必要があり、復旧までの時間が大きくなる等の問題があった。 Further, in these conventional software restoration method, not compatible with dynamic replacement, both must restart at the time of recovery, there are problems such as the time until recovery becomes large.

この発明は上記のような問題点を解決するためになされたもので、一般的なアプリケーション・パッケージ中のソフトウェアを構成するオブジェクト(機能)の接続関係(コネクション)を構成管理プロファイルにて定義した情報に基づいて確立し、プログラムの不具合改修や機能追加により新規のオブジェクトをダウンロードする際には、新規の構成が記述された構成管理プロファイルをダウンロードし、運用中の構成と比較することによって差分を抽出し、抽出した差分情報を保持しておくことにより、再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗等、何らかの障害が発生した場合は、保持しておいた必要最小限の情報のみによって旧構成に戻すこ Information The present invention as defined by the problems as has been made to solve the configuration management profiles the connection relationship (connection) of the objects that make up the common software in the application package (Function) established on the basis of, when downloading a new object by defect repair or enhancement program, extracts a difference by downloading the configuration management profile new configuration is described, compared with the configuration in operation and, by holding the extracted difference information, failure or activation of the object in the course of reconstruction, failure or the like of the connection due to the specifications do not meet such as interface specifications and other objects, some kind of failure has occurred case, the call to return to the old configuration only by the minimum necessary information that had been held を可能にし、オブジェクト単位の入れ替えにより、差分のみの部分的な復旧を実現し、管理情報や解析処理量、処理時間など再構成にかかるオーバヘッドを削減することができるソフトウェア障害復旧システムを得ることを目的とする。 Enabling, by replacement of the object units, and realizes the partial recovery of the difference only, management information and analysis throughput, to obtain a software fault recovery system which can reduce the overhead according to the reconfiguration like processing time for the purpose.

この発明に係るソフトウェア障害復旧システムは、通信機器の機能をオブジェクトの集合として管理し、オブジェクトの入れ替えおよびオブジェクト間の相互接続の切り替えによって、単一の機器において種々の機能を実現するソフトウェア機能更新技術におけるソフトウェア障害復旧システムであって、通信機器内に、サーバである管理装置からダウンロードする、オブジェクトの接続関係を記述した構成管理プロファイルと管理対象のオブジェクト群からなるアプリケーション・パッケージと、前記アプリケーション・パッケージ内のオブジェクト間の通信をサポートするためのオブジェクト制御部とオブジェクト構成管理部とからなるミドルウェアとを備え、前記ミドルウェアのオブジェクト制御部は、前記構成管理プロファイルから Software fault recovery system according to the present invention, manages the functions of the communication device as a collection of objects, by switching interconnections between replacement and objects in the object, the software feature updates technique for realizing various functions in a single device a software failure recovery system in, in the communication device, downloading from the management device is a server, the application package comprising a group of objects constituting management profiles and managed describing a connection relationship of objects, the application package and a middleware comprising the object control unit and the object configuration management unit to support communication between objects in the inner, the object control unit of the middleware, from the configuration management profiles ータを取り込み構成情報の登録とオブジェクトの起動、停止を行う構成管理部と、オブジェクトの起動、停止および構成登録後に管理された構成情報に基づきオブジェクトの接続を確立するためのオブジェクトの制御を行うコネクション管理部と、オブジェクト更新時に新規の構成管理プロファイルと運用中のオブジェクト構成とを比較し差分を解析する差分解析部とを有し、前記ミドルウェアのオブジェクト構成管理部は、運用中のオブジェクト構成を保持するオブジェクト構成リポジトリと、前記差分解析部にて差分として抽出した追加オブジェクトの情報を保持する追加オブジェクト情報リポジトリと、削除オブジェクトの情報を保持する削除オブジェクト情報リポジトリとを有し、前記オブジェクト制御部は、再構成の途中でオブ Registration and activation of the object configuration information captures over data, performs a configuration management unit which performs stop, activate the object, a control object for establishing a connection object based on the configuration information managed after stopping and configuration register a connection management unit, and a difference analysis unit for analyzing the comparison difference between object configuration in operation and new configuration management profiles during object update, the object configuration management unit of the middleware, the object structure in operation It has an object configuration repository to hold the additional object information repository that holds the extracted information of the additional object as a difference in the difference analysis part, and a deletion object information repository that holds information deleted object, the object control unit It is, of in the middle of a re-configuration ェクトの起動の失敗または他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗により障害が発生した場合は、前記追加オブジェクト情報リポジトリや前記削除オブジェクト情報リポジトリに保持しておいた差分情報を基に前回運用していた構成に戻す障害復旧部をさらに有することを特徴とする。 If a failure occurs by failure of the connection due to specifications such as failure or interface specifications and other objects of the boot-object does not match, the difference information which has been held in the additional object information repository and the deletion object information repository characterized by further comprising a fault recovery unit to return to the configuration that has been previously operated on the basis of.

この発明によれば、一般的なアプリケーション・パッケージ中のソフトウェアを構成するオブジェクトの接続関係を構成管理プロファイルにて定義した情報に基づいて確立し、プログラムの不具合改修や機能追加により新規のオブジェクトをダウンロードする際には、新規の構成が記述された構成管理プロファイルをダウンロードし、運用中の構成と比較することによって差分を抽出し、抽出した差分情報を保持しておくことにより、再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗等、何らかの障害が発生した場合は、保持しておいた必要最小限の情報のみによって旧構成に戻すことを可能にする。 According to the invention, to establish on the basis of the connection relationship of objects constituting the software of a general in application package on the information defined in the configuration management profiles, download new object by defect repair or enhancement of the program when the download new configuration described configuration management profiles, by holding the extracting difference by comparison with the configuration in operation, it extracts difference information, in the course of reconstruction failure or activation of the object, failure or the like of the connection by the specifications do not meet such as interface specifications and other objects, if any failure occurs, return to the old configuration only by the minimum necessary information which has been held make it possible. また、オブジェクト単位の入れ替えにより、差分のみの部分的な復旧を実現し、管理情報や解析処理量、処理時間など再構成にかかるオーバヘッドを削減することができる。 Moreover, the replacement of the object units, and realizes the partial recovery of the difference only, it is possible to reduce management information and analysis processing amount, the overhead related to reconstruction, such as processing time.

この発明に係るソフトウェア障害復旧システムは、分散オブジェクト技術の国際標準であるCORBA(Common Object Request Broker Architecture)をベースとし、オブジェクトの接続関係(コネクション)を構成管理プロファイルにより定義した情報に基づいて、オブジェクト間の接続関係を確立し、オブジェクトの入れ替え時に入れ替え対象となるオブジェクトを解析することにより、アプリケーション・パッケージ内のオブジェクト群の部分入れ替えを行い、再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗等、何らかの障害が発生した場合に、差分として解析し、保持しておいた差分情報を基に前回運用していた構成に復元する。 Software fault recovery system according to the present invention, distributed objects CORBA technology is an international standard for (Common Object Request Broker Architecture) based, on the basis of the information defined by the configuration management profile connection relationship object (connection), the object establish a connection relationship between, by analyzing the object of interest replaced when replacement of the object, performs the object group part replacement in the application package, failure or activation of the object in the course of reconstruction, other failure such connection due to the specifications such as interface specifications between the object does not match, if any failure occurs, analyzes the difference, to restore the configuration that was last operated on the basis of difference information that has been held.

実施の形態1. The first embodiment.
<差分管理と差分のみのロールバックの動作> <Operation of the roll back of the difference management and the difference only>
図1は、この発明を実現するのに必要なソフトウェア障害復旧システムの機能構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a functional configuration of the software fault recovery system needed to implement the invention. 図1に示すソフトウェア障害復旧システムは、通信機器の機能をオブジェクトの集合として管理し、オブジェクトの入れ替えおよびオブジェクト間の相互接続の切り替えによって、単一の機器において種々の機能を実現するソフトウェア機能更新技術におけるソフトウェア障害復旧システムであり、ソフトウェアの入れ替えによって機能を変更する通信機器(端末局、移動局あるいは基地局など)100内に備えられて、ネットワークを介して管理装置160からダウンロードする管理対象となるオブジェクト群から構成するアプリケーション・パッケージ(機能を実現するために必要となるファイルなど関連する機能一式)110と、パッケージ内のオブジェクト間の通信をサポートするためのオブジェクト制御部やオブジェクト構成管理 Software fault recovery system shown in FIG. 1 manages the functions of the communication device as a collection of objects, by switching interconnections between replacement and objects in the object, the software feature updates technique for realizing various functions in a single device a software failure recovery system in a communication device to change the functions by interchanging software provided in (terminal station, the mobile station or the like base station) 100, and managed to be downloaded from the management apparatus 160 via the network and 110 (set of features associated such as files needed to realize the function) application packages comprising from the object group, the object control unit or object configuration management to support communication between objects in a package からなるミドルウェア120と、通信機器内のソフトウェアの基盤となるOS(Operating System)150とを備えている。 Middleware 120 made of, and a OS (Operating System) 150 underlying the software in the communication device. なお、管理装置160は、ソフトウェア開発者によって新規に作成したソフトウェアのダウンロード元となり、ダウンロードや更新指示を実施する。 In addition, the management device 160, becomes the download source of the software the newly created by a software developer, to implement the download and update instructions.

アプリケーション・パッケージ110は、アプリケーション・パッケージ110を構成するオブジェクトの接続情報やオブジェクト間の接続のために各オブジェクトが提供するインタフェース情報などの機能更新に必要なプロファイル111と、パッケージ内の管理対象となるオブジェクト群114とからなり、プロファイル111は、通信機器内に管理装置からダウンロードする機能(オブジェクト)の接続関係を記述した構成管理プロファイル112と、分散オブジェクト技術の国際標準であるCORBA標準の記述様式にてパッケージ内の各オブジェクトが提供するインタフェースの情報が記述されているインタフェース定義(IDL:Interface Definition Language)ファイル113とを有する。 Application package 110 includes a profile 111 required feature updates, such as interface information each object for connection between the connection information and object of the object that constitutes the application package 110 is provided, to be managed in the package consists object group 114. the profile 111 includes a configuration management profile 112 that describes the connections of ability to download from the management apparatus in a communication device (object), the CORBA standard description format is an international standard for distributed object technology interface definitions each object in the package information interface provided is described Te: and a (IDL interface definition Language) file 113.

ミドルウェア120は、オブジェクトの構成を管理するオブジェクト管理部やオブジェクトのコネクションを管理するコネクション管理部、オブジェクトの差分解析を行う差分解析部、障害発生時には元のオブジェクト構成にオブジェクト構成リポジトリの情報を復旧する障害復旧部、差分解析の結果を履歴として管理する履歴管理部からなるオブジェクト制御部130と、オブジェクトの構成を構築するためのリポジトリを管理するオブジェクト構成管理部140とを備える。 Middleware 120, the connection management unit for managing the connection of the object management section or object to manage the configuration of an object, the difference analysis part for performing a differential analysis of the object, in the event of a failure to recover information of the object configuration repository original object configuration comprises failure recovery unit, and the object control unit 130 composed of a history management section for managing the results of differential analysis as history, the object configuration management unit 140 that manages the repository for constructing the configuration of an object.

オブジェクト制御部130は、構成管理プロファイル112からデータを取り込み、オブジェクト構成リポジトリ142へ構成情報を登録し管理する構成管理部131と、構成登録後にオブジェクト構成リポジトリにて管理された構成情報に基づきオブジェクトの接続関係(コネクション)を確立するためのオブジェクトの制御を行うコネクション管理部132と、オブジェクト更新時に新規の構成管理プロファイルと運用中のオブジェクト構成を保持したオブジェクト構成リポジトリ142の情報に基づいて運用中のオブジェクト構成と新規のオブジェクト構成とを比較することで差分を解析し、解析した結果を追加オブジェクト情報リポジトリ143と削除オブジェクト情報リポジトリ144に登録する差分解析部133と、障害発生時 Object control unit 130 takes in the data from the configuration management profile 112, the configuration management unit 131 for managing registers the configuration information to the object configuration repository 142, the object based on the configuration information managed by object configuration repository after configuration register a connection managing unit 132 for controlling the object to establish a connection relationship (connection), in operation based on the information of the object configuration repository 142 that holds the object structure in operation and new configuration management profiles during object update analyzing the difference by comparing the object structure and the new object structure, the difference analysis unit 133 to register the result of analyzing the additional object information repository 143 and deletes the object information repository 144, when a failure occurs 差分解析部133にて抽出した追加オブジェクト情報リポジトリ143と削除オブジェクト情報リポジトリ144に基づき、更新前のオブジェクト構成にオブジェクト構成リポジトリ142の情報を復旧する障害復旧部134と、差分解析部133により抽出した差分情報を更新毎に蓄積し、履歴として情報を管理することによって、過去に運用実績のある任意のオブジェクト構成にオブジェクト構成リポジトリ142の情報を復旧する履歴管理部135とを有する。 Based on additional object information repository 143 and deletes the object information repository 144 extracted in the differential analyzer 133, a failure recovery unit 134 to recover the information of the object configuration repository 142 to object configuration before update, and extracted by the difference analyzer 133 accumulating the difference information for each update, by managing the information as a history, and a history management unit 135 to recover the information of the object configuration repository 142 to any object configuration with investment performance in the past.

オブジェクト構成管理部140は、運用中のオブジェクト構成を保持するオブジェクト構成リポジトリ142と、障害時の復旧のため、差分解析部133にて抽出した差分情報の内、新規に追加したオブジェクトの情報を保持する追加オブジェクト情報リポジトリ143と、差分情報の内、入れ替え対象となり削除されるオブジェクトの情報を保持する削除オブジェクト情報リポジトリ144と、履歴管理部135により更新毎に蓄積した差分情報を履歴として保持するオブジェクト構成履歴リポジトリ145とからなり、オブジェクト構成を構築および復旧するために必要となるリポジトリ群141を有する。 Object configuration management unit 140 holds the object configuration repository 142 for holding the object structure in operation, for recovery of the failure, of the difference information extracted by the differential analyzer 133, the information of objects newly added object and additional object information repository 143, among the difference information, for holding the delete object information repository 144 for holding information of the object to be deleted become interchanged subject difference information accumulated for each updated by the history management unit 135 as a history of It consists configuration history repository 145. has a repository group 141 needed to construct and recovering the object configuration.

次に、ソフトウェアの入れ替えによって機能を変更する通信機器100において、新規にソフトウェア開発者が開発したソフトウェアのアプリケーション・パッケージ110を管理装置160からダウンロードし、ダウンロードしたパッケージ中に存在する複数のオブジェクト間の接続関係を確立することにより、通信機器の機能を実現するまでのソフトウェアの入れ替えによる機能更新の際、再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗等、何らかの障害が発生した場合に、保持しておいた必要最小限の情報のみによって旧構成に戻す障害復旧時の動作について説明する。 Then, in the communication device 100 to change the functions by interchanging software, new download application package 110 of the software software developer has developed from the management apparatus 160, among a plurality of objects present in the downloaded package by establishing a connection relationship, when the function updating by replacement of software to realize the functions of the communication equipment, failure or activation of the object in the course of reconstruction, specifications such as interface specifications and other objects do not match failure like connection by, when some failure occurs, only the minimum necessary information which has been held the operation of the fault recovery time for returning to the old configuration.

図1に示すこの発明の機能構成を表すブロック図と、図2に示すアプリケーション・パッケージ110中のオブジェクトが更新後に障害が発生し復旧するときの例と、図3に示すオブジェクト構成リポジトリ142のテーブル構造の例と、図4に示す構成管理プロファイル112のオブジェクト構成情報の例と、図5に示す追加オブジェクト情報リポジトリ143のテーブル構造の例と、図6に示す削除オブジェクト情報リポジトリ144のテーブル構造の例を利用しながら、図7に示すフローチャートに従って説明する。 And a block diagram showing the functional structure of the invention shown in FIG. 1, the table of examples and the object configuration repository 142 shown in Figure 3 when an object in the application package 110 shown in FIG. 2 is the cause of the failure is repaired to occur after the update and examples of the structure, and examples of the object configuration information in the configuration management profile 112 shown in FIG. 4, the example of the table structure of the additional object information repository 143 shown in FIG. 5, the table structure of the deletion object information repository 144 shown in FIG. 6 while using an example, with reference to the flowchart shown in FIG.

この実施の形態1は、図2のようなオブジェクト構成にて、オブジェクトbのバージョンアップにより、オブジェクトbをb'に入れ替えることにより再構成した後に障害が発生し、復旧するときの動作について説明する。 This first embodiment, in the object structure shown in FIG. 2, the version-up object b, failure after reconstitution by interchanging object b to b ', the operation of the time of recovery . ただし、オブジェクトb'はプログラム内部のみの変更を想定しており、インタフェースには変更がないものとする。 However, the object b 'is assumed to change the program only inside, the interface shall not changed. このため、オブジェクトaの接続先の変更はない(ミドルウェア120によって接続先bをb'に付け替えている)。 Therefore, (which replaces the destination b to b 'by middleware 120) no connection destination object changes a.

まず、ステップS100において、管理装置160から新規の構成管理プロファイル112を通信機器100へダウンロードする。 First, in step S100, downloading from the management device 160 the new configuration management profiles 112 to the communication device 100.

次に、ステップS101において、管理装置160からの更新指示または通信機器100のユーザからの指示あるいはダウンロードが完了したことを構成管理部131が識別し、差分解析の要求を差分解析部133へ要求する。 Next, in step S101, it identifies the configuration management unit 131 to the instruction or downloaded from the update instruction or the communication device 100 user from the management device 160 has been completed, and requests the request differential analysis to the difference analyzer 133 . 次に、新規の構成管理プロファイル112と運用中の情報であるオブジェクト構成リポジトリ142の情報の差分を差分解析部133にて抽出する。 Then, to extract the difference information of the object configuration repository 142 is information in operation with a new configuration management profiles 112 at differential analyzer 133.

差分の解析は、オブジェクト構成リポジトリ142にあるオブジェクト名から順に比較していく。 Analysis of the difference, we compared in order from the object name in the object configuration repository 142. 例えば、運用中のオブジェクトの構成情報を図3、ダウンロードされた新規の構成管理プロファイル112のオブジェクト構成を図4とすると、アプリケーション・パッケージ110を構成するオブジェクト数は同一であるが、オブジェクト名bがb'へ変更されたことがわかる。 For example, Figure 3 the configuration information of the object in operation, when the FIG. 4 the object structure of the new configuration management profiles 112 that have been downloaded, but the number of objects constituting the application package 110 is identical, the object name b is change to b 'it has been can be seen. このため、差分解析部133では、差分となるのはオブジェクトbであると判断し、新規のオブジェクトb'の情報を追加オブジェクトとして追加オブジェクト情報リポジトリ143に、入れ替え対象となる旧オブジェクトbの情報を削除オブジェクトとして削除オブジェクト情報リポジトリ144に登録する(ステップS102)。 Therefore, the difference analysis part 133 determines as the difference is an object b, the additional object information repository 143 of information of the new object b 'as additional objects, information of the old object b to be interchanged target registered in the deletion object information repository 144 as a deletion object (step S102).

次に、ステップS103において、差分解析部133から差分解析の結果を受け、構成管理部131は、オブジェクト構成リポジトリ142を更新し、新規のオブジェクトb'のダウンロードを管理装置160へ要求し、通信機器100へのダウンロードを実施する。 Next, in step S103, receives the results of differential analysis from differential analysis unit 133, the configuration management unit 131 updates the object configuration repository 142, requests download of a new object b 'to the management device 160, the communication device to implement the download to 100.

次に、ステップS104において、構成管理部131は、ダウンロードした新規のオブジェクトb'の起動と旧オブジェクトbが接続している隣接オブジェクトとの接続関係を切断する。 Next, in step S104, the configuration management unit 131 disconnects the connection between the adjacent objects is activated and the old object b of new object b 'downloaded are connected.

次に、ステップS105において、構成管理部131は、接続関係の確立をコネクション管理部132へ要求する。 Next, in step S105, the configuration management unit 131, requesting the establishment of a connection relationship to the connection management unit 132. 要求を受けたコネクション管理部132は、構成情報をオブジェクト構成リポジトリ142から読み取り、対象となる新規オブジェクトb'のアドレスとして利用するIOR(Interoperable Object Reference)を検索し、オブジェクト構成情報とIORに基づいて新規オブジェクトb'の接続関係を確立する。 Connection management unit 132 having received the request, reads the configuration information from the object configuration repository 142, retrieves the IOR to use (Interoperable Object Reference) as the address of the new object b 'of interest, based on the object configuration information and IOR to establish a connection between the new object b '. 確立後は、旧オブジェクトの情報であるオブジェクトbを停止することで、差分更新が完了する。 After establishing, by stopping the object b is the information of the old object, the difference update is completed.

しかし、この再構成の途中で、オブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗、リポジトリへのデータ登録の失敗等、何らかの障害が発生した場合は、障害を回復するために更新前の元の構成に戻す必要がある。 However, in the course of this reconstruction, failure or activation of the object, a connection failure due to the specifications do not meet such as interface specifications and other objects, failure of data registration in the repository, when some failure occurs , it is necessary to return to the original configuration before update to recover the fault.

そこで、次に更新時に発生した障害を復旧する動作について説明する。 Therefore, the next operation will be described to recover the failure that occurred during the update.

ステップS106において、障害復旧部134にて障害を検出すると、追加オブジェクト情報リポジトリ142と削除オブジェクト情報リポジトリ144の情報に基づいて、オブジェクト構成リポジトリ142のオブジェクト構成情報を更新前の情報に復旧する。 In step S106, upon detecting a fault by fault recovery unit 134, based on the information of the additional object information repository 142 and deletes the object information repository 144, to restore the object configuration information of an object configuration repository 142 to the pre-update information. すなわち、図5と図6から追加されたオブジェクトはb'であり、削除されたオブジェクトはbであることから、オブジェクト構成リポジトリ142からオブジェクトb'に関係する情報を削除し、新たにオブジェクトbの情報を追加する。 In other words, 'is, since deleted objects is b, the object b from the object configuration repository 142' 5 and 6 added object from b deletes the information relating to, the new object b to add the information. これによって、更新前の元のオブジェクト構成の情報に戻すことができる。 This can be returned to the information before update of the original object configuration.

次に、ステップS107において、障害復旧部134より復旧の要求を受けた構成管理部131は、削除オブジェクト情報リポジトリ144に保持されたオブジェクトであるオブジェクトbの起動を行い、接続関係の確立をコネクション管理部132へ要求する。 Next, in step S107, the configuration management unit 131 which has received the request for recovery from the failure recovery unit 134 performs the activation of the object b is an object held in the deleted object information repository 144, connection management connection establishment related to request to part 132.

次に、ステップS108において、要求を受けたコネクション管理部132は、構成情報をオブジェクト構成リポジトリ142から読み取り、対象となる旧オブジェクトbのアドレスとして利用するIOR(Interoperable Object Reference)を検索し、オブジェクト構成情報とIORに基づいて旧オブジェクトbの接続関係を確立する。 Next, in step S108, the connection management unit 132 having received the request, reads the configuration information from the object configuration repository 142, retrieves the IOR (Interoperable Object Reference) is used as the address of the old object b of interest, the object structure establishing a connection between the old object b on the basis of information and IOR. 確立後は、新規のオブジェクトの情報であるオブジェクトb'を停止する。 After establishing stops object b 'is information of a new object.

次に、ステップS109において、コネクション管理部132からのコネクション完了の結果を受け、障害復旧部134は追加オブジェクト情報リポジトリ143、削除オブジェクト情報リポジトリ144に保存していた情報をクリアすることで、障害復旧処理が完了する。 Next, in step S109, receives the result of the connection completion from the connection management unit 132, fault recovery unit 134 by clearing the information additional object information repository 143, it has been stored in the deleted object information repository 144, fault recovery the process is completed.

なお、この例では、オブジェクト名の変更時の例を説明しているが、オブジェクト名だけでなく、バージョン番号など、オブジェクト構成リポジトリ142にて保持している情報であれば、比較対象とすることができる。 In this example, has been described an example when changing the object name, as well as the object name, such as the version number, if information held by object configuration repository 142, it is compared can.

また、通信機器のメモリ容量等リソースに余裕があれば、オブジェクトを停止せずに利用しても良い。 Further, if there is a margin in the memory capacity etc. resources of the communication device, it may be used without stopping the object. すなわち、起動したまま待機させておくことも可能とする。 That also makes it possible allowed to stand remains open. 一方、リソースが少ないようであれば、オブジェクトを停止し、オブジェクトのファイルを削除後、復旧時は再度ダウンロードすることによっても実現できる。 On the other hand, if so that fewer resources, to stop the object, after deleting the files of the object, when the recovery can also be realized by downloading again.

さらに、図4の構成管理プロファイル112ではテーブル構成を示したが、これらの情報が記述されていれば、XML(eXtensible Markup Language)などのテキスト・ファイルとして記述しても良い。 Moreover, although the configuration management profile 112 in table arrangement of Figure 4, if such information is described, may be described as a text file, such as XML (eXtensible Markup Language).

以上のように、実施の形態1によれば、差分解析部133にて抽出した差分情報を保持しておくことにより、再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗、リポジトリへのデータ登録の失敗等、何らかの障害が発生した場合は、更新前の差分情報を保持しておくことで更新前の情報に復旧することができるため、安全な機能更新が実現可能となる。 As described above, according to the first embodiment, by holding the differential information extracted by the differential analyzer 133, failure or activation of the object in the course of reconstruction, interface specifications and other objects failure of the connection due to the specification does not match, such as failure or the like of the data registered to the repository, if any failure occurs, it is possible to recover to the pre-update information in it to hold the difference information before the update Therefore, the safe feature updates can be realized.

また、差分として保持しておいた必要最小限の情報だけで更新前のオブジェクト構成に戻すことが可能になるため、管理情報や解析処理量、処理時間など再構成にかかるオーバヘッドを削減することができる。 Moreover, since it is possible to simply return to the object configuration before update required minimum information which has been held as the difference, it is possible to reduce management information and analysis processing amount, the overhead related to reconstruction, such as processing time it can.

また、従来のソフトウェア障害復旧方式とは異なり、ワークメモリやフラッシュROMのアドレス等の領域を管理する必要がなく、オブジェクトに関する情報のみ管理するだけで良いため、管理を容易にすることができる。 Also, unlike traditional software restoration method, it is not necessary to manage the area, such as address of the work memory or a flash ROM, since it only manages only the information about the object, it is possible to facilitate the management.

また、インタフェース情報を管理し、構成管理プロファイル112と合わせ差分を解析することにより、インタフェース仕様が変更された場合にも、差分情報のみで障害復旧が可能になる。 Also manages the interface information, by analyzing the difference together with the configuration management profile 112, even when the interface specification is changed, allowing only the failure recovery difference information.

さらに、分散オブジェクト技術の国際標準であるCORBAをベースとしており、ダウンロードするオブジェクト(プロセス)の接続関係をインタフェース情報(IDL)による間接的な接続関係によって管理しており、再構成時は、ダウンロードした新規のオブジェクトの起動だけで既存の隣接オブジェクトとの接続関係が構築できるため、オブジェクトの入れ替え時にプログラムの再起動の必要が無く、動的かつ高速に復旧することができる。 Moreover, are based on CORBA is an international standard for distributed object technology manages the connection relationship of objects for downloading (process) by indirect connection relationship according to the interface information (IDL), during reconstruction, downloaded since the connection between the existing adjacent objects just started a new object can be constructed, without the need for restarting the program when replacement of the object can be restored to a dynamic and fast.

実施の形態2. The second embodiment.
<障害復旧時に履歴情報を利用したロールバックの動作> <Operation of the roll back using the history information at the time of disaster recovery>
上述した実施の形態1は、ソフトウェアの入れ替えによって機能を変更する通信機器100において、新規にソフトウェア開発者が開発したソフトウェアのアプリケーション・パッケージ110を管理装置160からダウンロードし、ダウンロードしたパッケージ中に存在する複数のオブジェクト間の接続関係を確立することにより、通信機器の機能を実現するまでのソフトウェアの入れ替えによる機能更新の際、再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗等、何らかの障害が発生した場合は、保持しておいた必要最小限の情報のみによって旧構成に戻す障害復旧時の動作についてであったが、この実施の形態2では、障害復旧時に履歴情報を利用し Embodiment 1 described above, in the communication device 100 to change the functions by interchanging software download new software application package 110 of the software developer has developed from the management device 160, present in the downloaded package by establishing a connection between a plurality of objects, interface specifications during feature updates by replacement of software to realize the functions of the communication equipment, failure or activation of the object in the course of reconstruction, and other objects failure such connection due to the specifications do not match, etc., if any failure occurs, only the minimum necessary information which has been held but in which was the operation of the fault recovery time for returning to the old configuration, in the present in the second, using the history information at the time of disaster recovery ロールバックの動作について述べる。 In operation of the roll back.

すなわち、オブジェクト構成を再構成する毎に、履歴管理部135にて運用中のオブジェクト構成であるオブジェクト構成リポジトリ142と新規のオブジェクト構成との差分である追加オブジェクト情報リポジトリ143と削除オブジェクト情報リポジトリ144の情報を取得し、差分履歴としてオブジェクト構成履歴リポジトリ145に格納し、管理する。 That is, each time to reconstruct the object configuration, an object structure in operation by the history management unit 135 Object Configuration Repository 142 and additional object information repository 143 and deletes the object information repository 144 which is the difference between the new object configuration to obtain information, stored in the object configuration history repository 145 as a difference history managed. そして、再構成の途中で何らかの障害が発生した場合には、履歴管理部135により、オブジェクト構成履歴リポジトリ145から運用実績のある過去のオブジェクト構成を選択し、コネクション管理部132により、選択したオブジェクト構成に基づいてオブジェクトの接続関係を再確立することにより、過去に運用していた実績のあるオブジェクト構成に戻す障害復旧時の動作について説明する。 And, in the case of any failure in the middle of a re-configuration occurs, by the history management unit 135, and select the past of object configurations that investment performance from the object configuration history repository 145, the connection management unit 132, object configuration you select by re-establishing the connection relationship of an object, the operation of the fault recovery time for returning to the object configuration proven that has been operating in the past will be described with reference to.

この実施の形態2を、図1に示すこの発明の機能構成を表すブロック図と、図8に示すオブジェクト構成の変化の例、図9に示すオブジェクト構成の差分の履歴を保持するオブジェクト構成履歴リポジトリのテーブル構造の例を利用しながら、図10に示すフローチャートに従って説明する。 The second embodiment, a block diagram showing the functional structure of the invention shown in FIG. 1, an example of a change in the object structure shown in FIG. 8, the object configuration history repository that holds a history of the difference of the object structure shown in FIG. 9 while using an example of a table structure, with reference to the flowchart shown in FIG. 10.

この実施の形態2においては、図8のようにオブジェクト構成を変更し、4段目の構成から2段目の構成に復旧するときの動作について説明する。 In the second embodiment, by changing the object structure as shown in FIG. 8, description will be given of the operation when recovering from the configuration of the fourth stage in the construction of the second stage.

まず、ステップS200において、差分解析部133は、機能更新毎に追加オブジェクトおよび削除オブジェクトとなる差分情報を抽出する。 First, in step S200, the difference analysis part 133 extracts difference information as the additional objects and deleting objects for each function update.

次に、ステップS201において、差分解析部133から差分解析の結果を受け、履歴管理部135は、差分となるオブジェクト情報を追加オブジェクト情報リポジトリ143および削除オブジェクト情報リポジトリ144の情報に基づき、オブジェクト構成履歴リポジトリ145へ登録する。 Next, in step S201, it receives the results of differential analysis from differential analysis unit 133, the history management unit 135, based on the object information that is the difference in the information of the additional object information repository 143 and deletes the object information repository 144, Object configuration history to register to the repository 145. すなわち、前の行との差分のみ登録する。 In other words, to register only difference from the previous line.

例えば、図8の1段目の初期の構成状態から2段目の構成(オブジェクトbがバージョンアップしたことを想定)に変更したときは、追加オブジェクトがb'であり、削除オブジェクトがbであることから、bの入れ替えであると判断し差分情報として、オブジェクトb'のみオブジェクト構成履歴リポジトリ145に登録する。 For example, when changing to the second-stage configuration from an initial configuration state of the first stage of FIG. 8 (assuming that the object b is upgraded) is an additional object b ', it is deleted objects b it from the difference information is determined to be the replacement of b, it is registered in the object configuration history repository 145 only object b '. その他、変更なしであれば変更なしフラグ(図9では矢印とした)を設定し、差分情報が終了した場合には、該当行の最後の列に終了フラグ(図9では”null”とした)を各行単位で設定する。 Other sets the no change if no change flag (to the arrow in FIG. 9), when the difference information is completed, (was 9 "null") ends in the last column of the relevant line flag a set in the row units. なお、削除したときも行の最後に終了フラグをつけている(図9の2段目)。 It should be noted that with the end to end flag of the line even when you delete (the second stage in FIG. 9). このように、差分履歴のみ蓄積したテーブルが図9である。 Thus, table storing only the difference history is FIG. この処理をオブジェクト構成の変更毎に登録していく(ステップS202)。 It will register this process for each object changes configuration (step S202).

しかし、この再構成の途中で、オブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗、リポジトリへのデータ登録の失敗等、何らかの障害が発生した場合は、障害を回復するために運用実績のある過去の構成に戻す必要がある。 However, in the course of this reconstruction, failure or activation of the object, a connection failure due to the specifications do not meet such as interface specifications and other objects, failure of data registration in the repository, when some failure occurs , it is necessary to return to the past configuration with investment performance in order to recover the failure.

そこで、次に更新時に発生した障害を復旧する動作について説明する。 Therefore, the next operation will be described to recover the failure that occurred during the update.

次に、ステップS203において、履歴管理部135は、通信機器100上に存在するオブジェクトとオブジェクト構成履歴リポジトリ145の情報から復旧可能な情報を選択し、その情報を元にオブジェクト構成リポジトリ142の情報を元のオブジェクト構成に戻す。 Next, in step S203, the history management unit 135 selects an available recovery information from the information of the objects and object configuration history repository 145 existing in the communication device 100 on the information of the object configuration repository 142 based on the information back to the original object configuration. ここで、復旧可能な情報とは、通信機器100上にオブジェクトのファイルの有無やプロセスとして動作中であるかを示す。 Here, recoverable information and indicates whether the operating as presence and process files of objects to the communication device 100. これは、存在しているオブジェクトを優先的に使用した構成への復旧や、無線機器等の通信機器における対応エリアにあった通信プログラムへの復旧を行うことを意図している。 This objects are present recovery and to configurations using preferentially, intended to provide a recovery to a communication program that matches the corresponding areas are in communication devices such as wireless devices.

次に、ステップS204において、履歴管理部135より登録した情報の復旧の要求を受けた構成管理部131は、復旧するオブジェクトの再起動(aとb')を行い、接続関係の確立をコネクション管理部132へ要求する。 Next, in step S204, the configuration management unit 131 receives a request for restoration of information registered from the history management unit 135, and restarts the object to recover (a and b '), connection management of the establishment of the connection relationship to request to part 132. なお、プロセスとして動作中であれば、再起動処理は不要である。 Note that if in operation as a process, restart processing is not required.

次に、ステップS205において、要求を受けたコネクション管理部132は、構成情報をオブジェクト構成リポジトリ142から読み取り、対象となる旧オブジェクトaとb'のアドレスとして利用するIOR(Interoperable Object Reference)を検索し、オブジェクト構成情報とIORに基づいて旧オブジェクトaとb'の接続関係を確立する。 Next, in step S205, the connection management unit 132 which has received the request, reads the configuration information from the object configuration repository 142, retrieves the IOR (Interoperable Object Reference) is used as the address of the target old objects a and b ' to establish a connection between the old object a and b 'based on the object configuration information and IOR. 確立後は、新規のオブジェクトの情報であるオブジェクトa'とe、fを停止する。 After establishing stops an object a 'is information of a new object e, the f.

以上のように、実施の形態2によれば、再構成の途中で何らかの障害が発生した場合には、オブジェクト構成履歴リポジトリ145にて過去に運用していた構成の履歴を管理することにより、更新の直前の構成に戻るだけでなく、運用実績のある過去のオブジェクト構成を選択することが可能になる。 As described above, according to the second embodiment, when some failure occurs in the course of reconstruction, by managing the history of the configuration which has been operated in the past in the object configuration history repository 145, update not only back to the configuration of the previous, it is possible to select the past of the object configuration with investment performance.

また、存在しているオブジェクトを優先的に使用したオブジェクト構成に復旧することで、高速な復旧や、無線機器等の通信機器における対応エリアにあった通信プログラムへの自動的な復旧が可能になる。 Further, an object that exists by recovering the object configuration using preferentially made fast recovery and, allowing automatic restoration of the communication program has been in the corresponding area in the communication equipment such as wireless devices .

また、オブジェクト構成履歴リポジトリ145にて管理する情報が差分のみの管理により、オブジェクトすべての構成履歴をバージョンとして管理する方法と比較し、履歴情報や解析処理量、処理時間など再構成にかかるオーバヘッドを削減することができる。 Also, the management information for managing at object configuration history repository 145 is a difference only, compared to a method of managing all configuration history object as the version history information and analysis processing amount, the overhead related to reconstruction, such as processing time it can be reduced.

実施の形態3. Embodiment 3.
<履歴情報を利用し、任意のオブジェクト構成へのロールバックの動作> <Using historical information, the operation of the roll back to any object configuration>
上述した実施の形態2は、オブジェクト構成を再構成する毎に履歴管理部135にて運用中のオブジェクト構成であるオブジェクト構成リポジトリ142と新規のオブジェクト構成との差分である追加オブジェクト情報リポジトリ143と削除オブジェクト情報リポジトリ144の情報を取得し、差分履歴としてオブジェクト構成履歴リポジトリ145に格納し、管理し、再構成の途中で何らかの障害が発生した場合には、履歴管理部135にて、オブジェクト構成履歴リポジトリ145から運用実績のある過去のオブジェクト構成を選択し、選択したオブジェクト構成に基づいてコネクション管理部132にてオブジェクトの接続関係を再確立することにより、過去に運用していた実績のあるオブジェクト構成に戻す障害復旧時の動作につ Embodiment 2 described above, add and remove object information repository 143 which is the difference between the object configuration repository 142 and the new object structure is an object structure in operation by the history management unit 135 each time to reconstruct the object configuration It acquires information of the object information repository 144, and stored in the object configuration history repository 145 as a difference history, manage, when some failure occurs in the course of reconstruction, in the history management unit 135, object configuration history repository 145 select the past object configuration with a management performance from, by reestablishing the connection of the object by the connection management unit 132 based on the object configuration selected, the object configuration proven that has been operating in the past operation at the time of disaster recovery to return Nitsu てであったが、この実施の形態3では、障害復旧時に履歴情報を利用し、任意のオブジェクト構成へロールバックする動作について述べる。 Although there was a hand, in the third embodiment, using the history information at the time of failure recovery, In operation to roll back to any object configuration.

すなわち、オブジェクト構成を再構成する毎に履歴管理部135にて運用中のオブジェクト構成であるオブジェクト構成リポジトリ142と新規のオブジェクト構成との差分である追加オブジェクト情報リポジトリ143と削除オブジェクト情報リポジトリ144の情報を取得し、差分履歴としてオブジェクト構成履歴リポジトリ145に格納し、管理し、そして、障害発生にかかわらず、管理装置160や通信機器100のユーザからの運用実績のある任意のオブジェクト構成への更新指示により、履歴管理部135にて、オブジェクト構成履歴リポジトリ145から指示されたオブジェクト構成を選択し、選択したオブジェクト構成に基づいてコネクション管理部132にてオブジェクトの接続関係を再確立することにより、過去に運用 That is, the difference is that the information of the additional object information repository 143 and deletes the object information repository 144 of the object configuration repository 142 and the new object structure is an object structure in operation by the history management unit 135 each time to reconstruct the object configuration acquires and stores it in the object configuration history repository 145 as a difference history, manage, and, regardless of the failure, the update instruction to any object configuration with investment performance from a user of the management apparatus 160 and communication apparatus 100 the at history management unit 135, selects the indicated object consists object configuration history repository 145, by re-establishing the connection between the objects in the connection management unit 132 based on the selected object configuration, in the past investment ていた実績のある任意のオブジェクト構成に戻す障害復旧時の動作について説明する。 The operation of the fault recovery time to return to any of the object configurations that have had experience described.

この実施の形態3を、図1に示すこの発明の機能構成を表すブロック図と、図8に示すオブジェクト構成の変化の例、図9に示すオブジェクト構成の差分の履歴を保持するオブジェクト構成履歴リポジトリのテーブル構造の例を利用しながら説明する。 The third embodiment, and a block diagram showing the functional structure of the invention shown in FIG. 1, an example of a change in the object structure shown in FIG. 8, the object configuration history repository that holds a history of the difference of the object structure shown in FIG. 9 It will be described with use of the example of the table structure.

実施の形態2と同様に、差分解析部133は、機能更新毎に追加オブジェクトおよび削除オブジェクトとなる差分情報を抽出し、履歴管理部135が差分となるオブジェクト情報をオブジェクト構成履歴リポジトリ145に登録していく。 As in the second embodiment, the difference analysis part 133 extracts the difference information as the additional objects and deleting objects for each function update, registers object information history management unit 135 is a difference in the object configuration history repository 145 To go.

次に、管理装置160や通信機器100のユーザから過去のオブジェクト構成に戻す指示を構成管理部131へ要求する。 Next, the request from the user of the management apparatus 160 and communication device 100 an instruction to return to the past object configuration to the configuration manager 131.

次に、要求を受けた構成管理部131は、管理装置160や通信機器100のユーザから指定されたオブジェクト構成への復旧を履歴管理部135へ要求する。 Next, configuration management unit 131 which has received the request requests the recovery to the specified object composed from the user of the management apparatus 160 and the communication device 100 to the history management unit 135. この実施の形態3では、図8のように、4段目の構成から2段目の構成にオブジェクト構成を復旧する指示を出していることとする。 In the third embodiment, and that issues an instruction to recover the object configuration such, the second stage from the configuration of the fourth stage arrangement of Figure 8.

次に、要求を受けた履歴管理部135は、オブジェクト構成履歴リポジトリ145の情報に基づき、オブジェクト構成リポジトリ142の情報を管理装置160や通信機器100のユーザから指定されたオブジェクト構成に戻す(図9の2段目の構成を反映)。 Next, the history management unit 135 which has received the request, based on information of the object configuration history repository 145, returned to the object configuration specifies the information object configuration repository 142 from the management device 160 and the communication device 100 user (FIG. 9 reflecting the second-stage configuration).
これ以降の処理は、実施の形態2のステップS204以降の処理と同等である。 Subsequent processing is the same as step S204 and subsequent steps of the second embodiment.

以上のように、実施の形態3によれば、オブジェクト構成履歴リポジトリ145にて過去に運用していたオブジェクト構成の履歴を管理することにより、障害の発生にかかわらず、管理装置160や通信機器100のユーザからの指示によって、運用実績のある過去の任意のオブジェクト構成を選択することが可能になる。 As described above, according to the third embodiment, by managing the history of an object structure that has been operating in the past in the object configuration history repository 145, regardless of the occurrence of a failure, the management apparatus 160 and communication apparatus 100 an instruction from a user of, it is possible to select an arbitrary object configuration in the past with investment performance.

また、管理装置160や通信機器100のユーザからの指示により、無線機器等の通信機器における対応エリアにあった最適な通信プログラム(通信方式)への復旧が可能になる。 Further, in accordance with an instruction from the user of the management apparatus 160 and communication device 100, it is possible to recover to the best communication program has been in service areas in communication devices such as wireless devices (communication method).

実施の形態4. Embodiment 4.
<多重化時のロールバックの動作> <Operation of the roll-back at the time of multiplexing>
上述した実施の形態3は、オブジェクト構成を再構成する毎に履歴管理部135にて運用中のオブジェクト構成であるオブジェクト構成リポジトリ142と新規のオブジェクト構成との差分である追加オブジェクト情報リポジトリ143と削除オブジェクト情報リポジトリ144の情報を取得し、差分履歴としてオブジェクト構成履歴リポジトリ145に格納し、管理し、そして、障害発生にかかわらず、管理装置160や通信機器100のユーザからの運用実績のある任意のオブジェクト構成への更新指示により、履歴管理部135にて、オブジェクト構成履歴リポジトリ145から指示されたオブジェクト構成を選択し、選択したオブジェクト構成に基づいてコネクション管理部132にてオブジェクトの接続関係を再確立することによ Embodiment 3 described above, add and remove object information repository 143 which is the difference between the object configuration repository 142 and the new object structure is an object structure in operation by the history management unit 135 each time to reconstruct the object configuration acquires information of the object information repository 144, and stored in the object configuration history repository 145 as a difference history, manage, and, regardless of the failure of any of a management performance from a user of the management apparatus 160 and communication apparatus 100 the update instruction to the object configuration at the history management unit 135, selects the indicated object consists object configuration history repository 145, reestablish the connection relationship of objects by the connection management unit 132 based on the selected object configuration to be 、過去に運用していた実績のある任意のオブジェクト構成に戻す障害復旧時の動作についてであったが、この実施の形態4では、多重化時のロールバックの動作について説明する。 , But in which was the operation of the fault recovery time for returning to any object configuration proven that has been operating in the past, in the fourth embodiment, the operation of the roll-back during multiplexing will be described.

すなわち、履歴管理部135がオブジェクト構成履歴リポジトリ145から運用実績のある任意のオブジェクト構成を選択し、選択したオブジェクト構成に基づいてコネクション管理部132によってオブジェクトの接続関係を再確立する際、オブジェクトの再構成処理を多重化して並列に処理することにより、過去に運用していた実績のある任意のオブジェクト構成を運用中のオブジェクト構成に影響を与えず、障害発生時および障害発生時以外の場合においても任意のオブジェクト構成に任意のタイミングで、かつ再構成にかかる切り替え時間を短縮する復旧方式の動作について説明する。 That is, when the history management unit 135 selects an arbitrary object configuration from the object configuration history repository 145 of operation results, to re-establish the connection of the object by the connection management unit 132 based on the object configuration selected, re-objects by processing the configuration process in parallel by multiplexing, without affecting any object configuration proven that has been operating in the object configuration in operation in the past, even in cases other than when the event of a failure and failure at any time to any object configuration, and the operation of the recovery method for shortening the switching time for reconstruction will be described.

この実施の形態4を、図1に示すこの発明の機能構成を表すブロック図と、図8に示すオブジェクト構成の変化の例、図9に示すオブジェクト構成の差分の履歴を保持するオブジェクト構成履歴リポジトリのテーブル構造の例、図11に示す多重化によるオブジェクト再構成の例、図12に示す復旧時の多重化したオブジェクト構成リポジトリのテーブル構造の例、図13に示す復旧後の切り替え時の多重化したオブジェクト構成リポジトリのテーブル構造の例を利用しながら、図14に示すこの発明の実施の形態4における動作を示すフローチャートを参照して説明する。 The fourth embodiment, a block diagram showing the functional structure of the invention shown in FIG. 1, an example of a change in the object structure shown in FIG. 8, the object configuration history repository that holds a history of the difference of the object structure shown in FIG. 9 examples of the table structure, examples of the object reconstruction by multiplexing shown in FIG. 11, an example of a multiplexed object configuration repository table structure during recovery shown in FIG. 12, the multiplexing at the time of switching after restoration shown in FIG. 13 while using an example of the object configuration repository table structure will be described with reference to a flowchart showing the operation of the fourth embodiment of the invention shown in FIG. 14.

この実施の形態においては、図8のようにオブジェクト構成を変更し、4段目の構成から2段目の構成に復旧するときの動作について説明する。 In this embodiment, by changing the object structure as shown in FIG. 8, description will be given of the operation when recovering from the configuration of the fourth stage in the construction of the second stage.

まず、ステップS400において、差分解析部133は機能更新毎に追加オブジェクトおよび削除オブジェクトとなる差分情報を抽出する。 First, in step S400, the difference analysis part 133 extracts the difference information as the additional objects and deleting objects for each function update.

次に、ステップS401において、差分解析部133から差分解析の結果を受け、履歴管理部135は差分となるオブジェクト情報をオブジェクト構成履歴リポジトリ145に登録する。 Next, in step S401, it receives the results of differential analysis from differential analysis unit 133, the history management unit 135 registers the object information as the difference in the object configuration history repository 145. すなわち、前の行との差分のみ登録する。 In other words, to register only difference from the previous line.

例えば、図8の1段目の初期の構成から2段目の構成(オブジェクトbがバージョンアップしたことを想定)に変更したときは、追加オブジェクトがb'であり、削除オブジェクトがbであることから、bの入れ替えであると判断し差分情報として、オブジェクトb'のみオブジェクト構成履歴リポジトリ145に登録する。 For example, when changing to the second-stage configuration from the initial configuration of the first stage of FIG. 8 (assuming that the object b is upgraded) is an additional object b ', it deletes the object is b from the difference information is determined to be the replacement of b, it is registered in the object configuration history repository 145 only object b '. その他、変更なしであれば変更なしフラグ(図9では矢印とした)を設定し、差分情報が終了した場合には、該当行の最後の列に終了フラグ(図9では”null”とした)を各行単位で設定する。 Other sets the no change if no change flag (to the arrow in FIG. 9), when the difference information is completed, (was 9 "null") ends in the last column of the relevant line flag a set in the row units. なお、削除したときも行の最後に終了フラグをつけている(図9の2段目)。 It should be noted that with the end to end flag of the line even when you delete (the second stage in FIG. 9). このように、差分履歴のみ蓄積したテーブルが図9である。 Thus, table storing only the difference history is FIG.
この処理をオブジェクト構成の変更毎に登録していく(ステップS402)。 It will register this process for each object changes configuration (step S402).

次に、管理装置160や通信機器100のユーザから過去のオブジェクト構成に戻す指示を構成管理部131へ要求する(ステップS403)と、要求を受けた構成管理部131は、管理装置160や通信機器100のユーザから指定されたオブジェクト構成への復旧を履歴管理部135へ要求する(ステップS404)。 Next, the request from the user of the management apparatus 160 and communication device 100 an instruction to return to the past object configuration to configuration management unit 131 (step S403), the configuration management unit 131 having received the request, the management apparatus 160 and the communication device requesting recovery to the specified object structure in the history management unit 135 from the 100 users (step S404). この実施の形態4では、図8のように、4段目の構成から2段目の構成にオブジェクト構成を復旧する指示を出していることとする。 In the fourth embodiment, and that issues an instruction to recover the object configuration such, the second stage from the configuration of the fourth stage arrangement of Figure 8.

次に、ステップS405において、要求を受けた履歴管理部135は、オブジェクト構成履歴リポジトリ145の情報に基づき、管理装置160や通信機器100のユーザから指定されたオブジェクト構成をオブジェクト構成リポジトリ142の構築系(Side2)に登録する(図12)。 Next, in step S405, the history management unit 135 which has received the request, based on information of the object configuration history repository 145, the management device 160 and building system objects configuration repository 142 object structure specified by the user of the communication device 100 registered in (Side2) (Figure 12).

次に、ステップS406において、履歴管理部135より登録した情報の復旧の要求を受けた構成管理部131は、オブジェクト構成リポジトリ142の構築系(Side2)に基づいて、復旧するオブジェクト(aとb')の再起動を行い、接続関係の確立をコネクション管理部132へ要求する。 Next, in step S406, the configuration management unit 131 receives a request for restoration of information registered from the history management unit 135, based on the construction system of the object configuration repository 142 (Side2), objects to be recovered (a and b ' and restarts the), requesting the establishment of a connection relationship to the connection management unit 132.

次に、ステップS407において、要求を受けたコネクション管理部132は、構成情報をオブジェクト構成リポジトリ142の構築系(Side2)から読み取り、対象となる旧オブジェクト(aとb')のアドレスとして利用するIOR(Interoperable Object Reference)を検索し、オブジェクト構成情報とIORに基づいて旧オブジェクト(aとb')の接続関係を確立する。 Next, in step S407, the connection management unit 132 which has received the request is utilized as the address of the read configuration information from construction system object configuration repository 142 (Side2), the target old object (a and b ') IOR (Interoperable object Reference) searching to establish a connection between the old object (a and b ') based on the object configuration information and IOR.

次に、ステップS408において、コネクション管理部132からの接続関係の確立の通知を受け、構成管理部131は運用系(Side1)と構築系(Side2)を切り替えることでオブジェクト構成を復旧し、復旧前のオブジェクトの情報であるオブジェクトa'とe、fを停止する。 Next, in step S408, it receives a notification of establishment of a connection relationship from the connection management unit 132, the configuration management unit 131 to restore the object configuration by switching the operation system (Side1) and construction system (Side2), recovery before object a 'is information of an object and e, stops f. 併せて、オブジェクト構成リポジトリ142のSide情報を図13の様に更新する。 In addition, it updates the Side Information Object Configuration Repository 142 as in FIG. 13.

以降、管理装置160や通信機器100のユーザからオブジェクト構成の更新指示があったときは、同様に構築系(Side2)にて一旦オブジェクトを構築してから、オブジェクト構成の復旧を行う。 Later, when there is an update instruction of the object structure from the user of the management apparatus 160 and communication device 100, the building once the object under the same constructed system (Side2), performs recovery object configuration.

以上のように、実施の形態4によれば、選択したオブジェクト構成に基づいてコネクション管理部132によってオブジェクトの接続関係を再確立する際、オブジェクトの再構成処理を多重化して並列に処理することにより、過去に運用していた実績のある任意のオブジェクト構成を運用中のオブジェクト構成に影響を与えず、任意のオブジェクト構成に任意のタイミングで、かつ再構成にかかる切り替え時間を短縮した高速な復旧が可能になる。 As described above, according to the fourth embodiment, when re-establish the connection of the object by the connection management unit 132 based on the object configuration selected by treating in parallel by multiplexing the reconstruction process of the object , without affecting any of the object configuration with a proven track record that has been operating in the past object configuration in operation, at any time to any object configuration, and high-speed and shorten the switching time for the reconstruction recovery possible to become. すなわち、切り替えのための通信機器の停止時間が短縮できる。 That is, it reduces the down time of the communication device for switching.

また、オブジェクトの停止をせずに、オブジェクトを動作したまま多重化して管理しておくことにより、障害発生時においても、高速な切り替えにより、通信機器の停止時間を短くした高速な復旧が可能になる。 Further, without stopping the object, by previously managed by multiplexing while operating the object, even when a failure occurs, the high-speed switching, high-speed recovery capable short for stop time of the communication device Become.

実施の形態5. Embodiment 5.
<オブジェクト起動パラメータ変更時のロールバックの動作> <Operation of the roll back of when the object start-up parameters change>
上述した実施の形態4は、履歴管理部135がオブジェクト構成履歴リポジトリ145から運用実績のある任意のオブジェクト構成を選択し、選択したオブジェクト構成に基づいてコネクション管理部132によってオブジェクトの接続関係を再確立する際、オブジェクトの再構成処理を多重化して並列に処理することにより、過去に運用していた実績のある任意のオブジェクト構成を運用中のオブジェクト構成に影響を与えず、任意のオブジェクト構成に任意のタイミングで、かつ再構成にかかる切り替え時間を短縮する復旧方式の動作についてであったが、この実施の形態5では、オブジェクト起動パラメータ変更時のロールバックの動作について説明する。 The fourth embodiment described above, select any object configuration with investment performance history management section 135 from the object configuration history repository 145, reestablish the connection relationship of objects by the connection management unit 132 based on the object configuration selected to time, any reconstruction processing of an object by processing in parallel by multiplexing, without affecting any object configuration proven that has been operating in the object configuration in operation in the past, to any object configuration in the timing, and it was the operation of the recovery method for shortening the switching time for reconstruction, in the fifth embodiment, the operation of the rollback when the object starts parameter change.

すなわち、オブジェクト構成の変更において、運用中のオブジェクトとオブジェクト名やバージョン番号が同一であり、オブジェクトの起動パラメータのみ異なるオブジェクトの入れ替えを行った際に、オブジェクト起動失敗等の障害発生により旧構成に戻す障害復旧方式の動作について説明する。 That is, in the change of the object configuration, objects and object name and version number in operation are identical, when performing the replacement of only the different objects startup parameters for objects, back to the old configuration by failure of objects startup failure, etc. a description will be given of the operation of the disaster recovery system.

この実施の形態5を、図1に示すこの発明の機能構成を表すブロック図と、図3に示すオブジェクト構成リポジトリのテーブル構造の例と、図15に示すアプリケーション・パッケージ中のオブジェクトの起動パラメータを変更して再起動した後に障害が発生し復旧するときの例、図16に示す新規の構成管理プロファイルのオブジェクト構成情報の例と、図17に示す追加オブジェクト情報リポジトリのテーブル構造の例、図18に示す削除オブジェクト情報リポジトリのテーブル構造の例、図19に示す更新後のオブジェクト構成リポジトリのテーブル構造の例を利用しながら説明する。 The fifth embodiment, a block diagram showing the functional structure of the invention shown in FIG. 1, the example of the table structure of the object configuration repository shown in FIG. 3, the activation parameters of the objects in the application package shown in FIG. 15 examples of example, the example of an object configuration information for the new configuration management profiles shown in FIG. 16, the table structure of the additional object information repository 17 at the time of failure occurs after restarting change restored, FIG. 18 examples of a table structure of the deleted object information repository shown will be described with use of the example of the table structure of the object configuration repository after the update shown in FIG. 19.

この実施の形態5においては、図15のようなオブジェクト構成にて、オブジェクトbの起動パラメータを変更して再起動した後に障害が発生し、元のオブジェクトの起動パラメータにて再起動することにより復旧するときの動作について説明する。 In the fifth embodiment, the recovery by at object structure shown in FIG. 15, failure after restarting by changing the activation parameters of the object b, restart at the start parameter of the original objects description will be given of the operation when.

まず、実施の形態1と同様、管理装置160から新規の構成管理プロファイル112(図16)を通信機器100へダウンロードする。 First, as in Embodiment 1, downloaded from the management device 160 to the new configuration management profiles 112 communication device 100 (FIG. 16).

次に、管理装置160からの更新指示または通信機器100のユーザからの指示あるいはダウンロードが完了したことを構成管理部131が識別し、差分解析の要求を差分解析部133へ要求する。 Then, identify the configuration management unit 131 that the instruction or downloaded from the update instruction or the communication device 100 user from the management device 160 has been completed, and requests the request differential analysis to the difference analyzer 133. 次に、新規の構成管理プロファイル112である図16と図3の運用中の情報であるオブジェクト構成リポジトリ142の情報を差分解析部133にて差分を抽出する。 Then, to extract the difference information Object Configuration Repository 142 is information in operation of FIG. 16 and FIG. 3 is a new configuration management profiles 112 at differential analyzer 133. 差分の解析によりアプリケーション・パッケージ110を構成するオブジェクト数、オブジェクト名、バージョン番号は同一であるが、オブジェクトbの起動パラメータが追加(-Param)されたことがわかる。 Number of objects by analyzing the difference constituting the application package 110, the object name, but the version numbers are the same, it can be seen that the activation parameter of the object b is added (-Param). このため、差分解析部133では、差分となるのはオブジェクトbであると判断し、起動パラメータが追加された新規のオブジェクトbの情報を追加オブジェクトとして追加オブジェクト情報リポジトリ143に、入れ替え対象となる旧オブジェクトbの情報を削除オブジェクトとして削除オブジェクト情報リポジトリ144に登録する(図17、図18参照)。 Therefore, the difference analysis part 133, become the difference is determined to be the object b, the additional object information repository 143 of information of the new object b startup parameter has been added as an additional object, the replacement target old registered in the deletion object information repository 144 information object b for deletion object (see Fig. 17, Fig. 18).

次に、差分解析部133から差分解析の結果を受け、構成管理部131はオブジェクト構成リポジトリ142を更新する(図19参照)。 Then, on the results of differential analysis from differential analysis unit 133, the configuration management unit 131 updates the object configuration repository 142 (see FIG. 19).

次に、構成管理部133は、オブジェクト構成リポジトリ142の更新後、旧オブジェクトbが接続している隣接オブジェクトaとの接続関係の切断をコネクション管理部132へ要求する。 Next, the configuration management unit 133, after updating the object configuration repository 142, and requests the disconnection of the connection between the adjacent object a to old object b is connected to the connection management unit 132. コネクション管理部132によって接続関係の切断処理を行い、構成管理部133は切断完了の通知を受けた後、旧オブジェクトbを停止し、起動パラメータを追加して再度オブジェクトbを起動し直す。 It performs disconnection processing of the connection relation by the connection management unit 132, the configuration management unit 133 after receiving the notification of completion cutting, stop the old object b, again to start the object again b by adding the boot parameters.

この再起動や再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗や、他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗、リポジトリへのデータ登録の失敗等、何らかの障害が発生し、障害復旧部134にてその障害を検出すると、追加オブジェクト情報リポジトリ142と削除オブジェクト情報リポジトリ144の情報に基づいて、オブジェクト構成リポジトリ142のオブジェクト構成情報を更新前の情報に復旧する。 Failure or the way an object invocation of the restart and configuration, connection failure due to the specifications do not meet such as interface specifications and other objects, failure of data registered to the repository, any failure occurs, failure Upon detecting the failure at recovery unit 134, based on the information of the additional object information repository 142 and deletes the object information repository 144, to restore the object configuration information of an object configuration repository 142 to the pre-update information. すなわち、図17と図18から入れ替えられたオブジェクトはbであることがわかるため、オブジェクト構成リポジトリ142からオブジェクトbに関係する情報を削除し、起動パラメータの指定が無い旧オブジェクトbの情報へ戻す(図3に戻る)。 That is, since it can be seen that objects that are interchanged from 17 and 18 is b, deletes information relating to the object b from the object configuration repository 142, back to the information of the old object b is not specified activation parameter ( Returning to FIG. 3).

これ以降の処理は、旧オブジェクトbの再起動や隣接オブジェクトとの再接続など、実施の形態1のステップS107に続く処理を行っていくことで、更新前のオブジェクト構成に復旧することができる。 Subsequent processing, such as re-connection of the restart or adjacent objects old object b, it is intended to make subsequent to step S107 processing in the first embodiment, it is possible to recover the object configuration before update.

なお、この実施の形態5では、同じオブジェクト名の入れ替えであったため、一旦入れ替え対象となるオブジェクトを停止してから、再度新規のオブジェクトを起動していたが、実施の形態4のような多重化により並列に処理すれば、同時に起動しておくことも可能である。 Incidentally, in the fifth embodiment, because it was replaced with the same object name, stop the object once the replacement target, had started a new object again, multiplexing, such as in the fourth embodiment if processed in parallel by, it is also possible to be started at the same time. これは、オブジェクト起動時にはそれぞれ異なるプロセスID等の識別子が付与されるため、同じオブジェクト名でも識別することができることによる。 This is because the identifier such as each different process ID when the object starts is applied, due to the fact that it can also identify the same object name.

以上のように、実施の形態5によれば、オブジェクト構成の変更において、運用中のオブジェクトと新規のオブジェクトのオブジェクト名やバージョン番号が同一で、オブジェクトの起動パラメータのみ異なる場合であっても、差分解析部133にて差分情報を抽出し、保持しておくことにより、何らかの障害が発生した場合は、更新前の情報に復旧することが可能になる。 As described above, according to the fifth embodiment, the change of the object structure, the object name and version number of the object and the new object in operation is the same, even when different only starting parameters of an object, the difference at analyzer 133 extracts difference information, by holding, if any failure occurs, it is possible to recover the pre-update information.

実施の形態6. Embodiment 6.
<オブジェクトの起動や停止に関する障害を検出する動作> <Operation of detecting a failure on the starting and stopping of the object>
上述した実施の形態5は、オブジェクト構成の変更において、運用中のオブジェクトとオブジェクト名やバージョン番号が同一であり、オブジェクトの起動パラメータのみ異なるオブジェクトの入れ替えを行った際に、オブジェクト起動失敗等の障害発生により旧構成に戻す障害復旧方式の動作についてであったが、この実施の形態6では、オブジェクトの起動や停止に関する障害を検出する動作について説明する。 The fifth embodiment described above, the change of the object configuration, objects and object name and version number in operation are identical, when performing the replacement of only the different objects startup parameters of objects, object failure startup failure, etc. but was the operation of the restoration method that returns to the old configuration by generating, in the sixth embodiment, the operation of detecting fault related to starting and stopping of the object will be described.

すなわち、オブジェクトの起動および停止の指示を出し、その結果として起動および停止の結果を判定することにより、構成管理部131にて障害を検出する動作について説明する。 That instructs the start and stop of an object, by determining the start and stop of the results as a result, the operation for detecting a fault in the configuration management unit 131.

この実施の形態6を、図1に示すこの発明の機能構成を表すブロック図と、図15に示すアプリケーション・パッケージ中のオブジェクトの起動パラメータを変更して再起動した後に障害が発生し復旧するときの例、図20に示すオブジェクト起動による障害検出の処理シーケンスと、図21に示すオブジェクト停止による障害検出の処理シーケンスを利用しながら説明する。 The sixth embodiment, the block diagram showing the functional structure of the invention shown in FIG. 1, when a fault after restarting change the startup parameters of objects in the application package shown in FIG. 15 to recover generated example, the processing sequence of the fault detection by object activation shown in FIG. 20 will be described with utilizing a processing sequence of the fault detection by the object stop shown in FIG. 21.

まず、ステップS600において、差分解析部133からの差分解析の結果を受け、構成管理部131はオブジェクト構成リポジトリ142を更新する。 First, At step S600, the response to the result of the difference analysis from differential analyzer 133, the configuration management unit 131 updates the object configuration repository 142.

次に、ステップS601において、構成管理部133は、オブジェクト構成リポジトリ142の差分を確認し、旧オブジェクトbが接続している隣接オブジェクトaとの接続関係の解放をコネクション管理部132へ要求する(ステップS602)。 Next, in step S601, the configuration management unit 133 checks the difference between the object configuration repository 142, it requests the release of the connection between the adjacent object a to old object b is connected to the connection management unit 132 (step S602). 要求を受けたコネクション管理部132は接続関係の解放処理を、制御インタフェースを介して(この実施の形態では、例として接続用の制御インタフェースをdisconnect()とする)行う(ステップS603)。 The connection management unit 132 which has received the request release process connection relation, via a control interface (in this embodiment, the control interface for connection by way of example and disconnect ()) (step S603).

次に、ステップS604において、オブジェクトaは隣接するオブジェクトであるbとの接続を解放し、切断の完了をコネクション管理部132へ通知する(ステップS605)。 Next, in step S604, the object a to release the connection between the b is an object adjacent to notify the completion of the cutting to the connection management unit 132 (step S605).

次に、ステップS606において、コネクション管理部132を介して、切断完了の通知を受けた後、構成管理部133は、新規のオブジェクトを起動するために、新規オブジェクトのプロセスを生成する。 Next, in step S606, the through connection manager 132, after receiving the notification of completion of cutting, the configuration management unit 133 to start a new object, to generate a process of new objects. プロセス生成後、起動パラメータを追加して再度オブジェクトbを新規オブジェクトとして起動し直す(ステップS607)。 After process creation, re-start the object again b by adding the start parameter as a new object (step S607). この処理により、オブジェクトbは、起動パラメータを追加して起動される(ステップS608)。 This process, object b is started by adding the start parameter (step S608).
なお、このプロセス生成とオブジェクトの起動の処理は、UNIX(登録商標)など一般的なOSに備わっているシステムコール(fork()、exec())を使用している。 The processing in startup of the process product and object, UNIX (registered trademark) system call provided in the general OS (fork (), exec ()) are used.

次に、ステップS609において、構成管理部131は起動後の新規のオブジェクトbが正しく起動していることを確認する。 Next, in step S609, the configuration management unit 131 confirms that the new object b after startup is running correctly. ここで、新規のオブジェクトbの存在していなかった場合には、オブジェクトの起動が正常に終了しなかったと判断し、障害として検出する。 Here, when that was not present in the new object b, it is determined that activation of the object is not normally completed, is detected as a failure. これ以降の処理は、実施の形態5の障害検出後と同様の流れによって元の構成に復旧する。 The subsequent process is restored to the original configuration by the same flow and after detecting failure of the fifth embodiment.
なお、オブジェクト起動確認の処理は、起動したオブジェクト名前とそのプロセスIDにより識別することができる(UNIXなどのOSに一般的に備わっているpsコマンドなど)。 The processing of the object activation confirmation, (such as ps command that comes generally to the OS such as UNIX) which can be identified by the object name and the process ID that started.

一方、起動パラメータを追加して新規のオブジェクトbの起動が正常に完了した場合には、旧オブジェクトbの停止処理が引き続き行われる。 On the other hand, if the start of the new object b by adding the start parameter has been successfully completed, stop processing of the old object b is subsequently performed. オブジェクト停止の場合は、同様に構成管理部133にて、オブジェクト構成リポジトリ142の差分を確認した後(ステップS611)、旧オブジェクトbを停止する(ステップS612)。 For objects stop at similarly configured management unit 133, after confirming the difference of the object configuration repository 142 (Step S611), it stops the old object b (Step S612).
なお、このオブジェクトの停止の処理は、UNIXなど一般的なOSに備わっているシステムコール(kill())を使用している。 The processing of stopping the object uses a system call provided in general OS such as UNIX (kill ()).

次に、ステップS613において、構成管理部131は停止した旧オブジェクトbが正しく停止していることを確認する。 Next, in step S613, the configuration management unit 131 confirms that has stopped correctly old object b stopped. ここで、旧オブジェクトbが存在していた場合には、オブジェクトの停止が正常に終了しなかったと判断し、障害として検出する。 Here, when the old object b is present, it is determined that stop of the objects is not completed normally is detected as a failure.
なお、オブジェクト停止確認の処理は、停止したオブジェクト名前とそのプロセスIDにより識別することができる(UNIXなどのOSに一般的に備わっているpsコマンドなど)。 The processing of the object stop confirmation (such as ps command that comes generally to the OS such as UNIX) which can be identified by the object name and the process ID that was stopped.

以上のように、実施の形態6によれば、オブジェクトの起動および停止の指示を出し、その指示の結果として起動および停止の結果を判定することにより、オブジェクト起動時の障害が検出できる。 As described above, according to the sixth embodiment, instructs the start and stop of an object, by determining the start and stop of the results as a result of the instruction, it can be detected failure when the object starts. また、これにより、オブジェクト(プロセス)単位での復旧も可能になる。 This also allows the recovery of an object (process) units.

また、このようにオブジェクト毎に制御が可能になるため、メモリ領域毎の入れ替え方式と比較し、アプリケーション・パッケージの部分的な入れ替えによる復旧が可能になる。 Moreover, since allowing such control for each object, compared to the replacement method for each memory area, it is possible to recover by partial replacement of the application package.

また、オブジェクトの起動や停止の失敗を再構成の途中で障害として検出可能なため、障害復旧までの時間を短縮することができる。 Further, since detectable as middle failure reconfiguration failure start and stop of an object, it is possible to shorten the time to failure recovery.

さらに、構成管理プロファイル112に起動タイムアウトの時間を設定した場合には、タイムアウトの時間が満了するまでオブジェクト起動の確認処理を繰り返すことにより、起動時間が大きいオブジェクトについても、起動するのに十分な時間を設定することで、安全な起動確認と障害検出ができる。 Furthermore, in the case of setting the start of the timeout in the configuration management profile 112 repeats the check process of the object started until the time-out expires, for the object large startup time, a time sufficient to start by setting the, it is a safe start-up check and failure detection.

実施の形態7. Embodiment 7.
<制御インタフェースによりオブジェクトの接続関係の接続または切断検出動作> <Connection or disconnection detecting operation of the connections of the object by the control interface>
上述した実施の形態6は、オブジェクトの起動および停止の指示を出し、その結果としてオブジェクトの起動および停止の結果を判定することにより、構成管理部131にて障害を検出する動作についてであったが、この実施の形態7では、制御インタフェースによりオブジェクトの接続関係の接続または切断検出動作について説明する。 Embodiment 6 described above, it instructs the start and stop of an object, by determining the result of the start and stop of the objects as a result, but was for the operation of detecting fault in configuration management unit 131 in the seventh embodiment, the control interface for connection or disconnection operation of detecting the connection relation of the object will be described.

すなわち、構成管理部131およびコネクション管理部132に、管理対象となるオブジェクトの制御インタフェースを備えるとともに、管理対象となるオブジェクトに構成管理部131およびコネクション管理部132からの指示を受け取るための制御インタフェースを備え、制御インタフェースを介してオブジェクトの接続関係の確立や解放の指示を出し、管理対象となるオブジェクトは、制御インタフェースによって構成管理部131およびコネクション管理部132からの指示を受け、隣接オブジェクトとの接続または切断の処理を行い、その処理の結果として接続または切断における障害を検出する動作について説明する。 That is, the configuration management unit 131 and the connection management unit 132, provided with a control interface the managed objects, a control interface for receiving an instruction from the configuration management unit 131 and the connection management unit 132 to the managed object comprising instructs the establishment and release of connections of objects through the control interface, the object to be managed receives the instruction from the configuration management unit 131 and the connection management unit 132 by the control interface, the connection between the adjacent objects or performs the processing of the cut, the operation for detecting a fault in connection or disconnection as a result of the processing.

この実施の形態7を、図1に示すこの発明の機能構成を表すブロック図と、図22に示すアプリケーション・パッケージ中のオブジェクトの起動パラメータを変更して再起動した後に障害が発生し復旧するときの例、図23に示すオブジェクトの接続関係の確立において障害の発生を検出する処理シーケンスを利用しながら説明する。 The seventh embodiment, a block diagram showing the functional structure of the invention shown in FIG. 1, when a fault after restarting change the startup parameters of objects in the application package shown in FIG. 22 to recover generated examples of will be described with utilizing a processing sequence for detecting the occurrence of a failure in establishing connection between the object shown in Figure 23.

この実施の形態7は、図22のようなオブジェクト構成にて、オブジェクトbのバージョンアップにより、オブジェクトbをb'に入れ替えることにより再構成する際に、隣接オブジェクトとの接続関係の確立において障害発生を検出するときの動作について説明する。 Seventh embodiment, in the object structure shown in FIG. 22, the version-up of the object b, in reconstructing by interchanging object b to b ', failure in establishing connection between the adjacent objects operation will be described when detecting. ただし、オブジェクトb'はプログラム内部のみの変更を想定しており、インタフェースには変更がないものとする。 However, the object b 'is assumed to change the program only inside, the interface shall not changed. このため、オブジェクトaの接続先の変更はない(ミドルウェア120によって接続先bをb'に付け替えている)。 Therefore, (which replaces the destination b to b 'by middleware 120) no connection destination object changes a.

まず、差分解析部133からの差分解析の結果を受け、構成管理部131はオブジェクト構成リポジトリ142を更新し、構成管理部133は、オブジェクト構成リポジトリ142の差分の確認と、新規のオブジェクトb'の起動を行う。 First, receive the results of differential analysis of the differential analyzer 133, the configuration management unit 131 updates the object configuration repository 142, configuration manager 133, a confirmation of the difference of the object configuration repository 142, the new object b ' start-up carried out.

次に、ステップS700において、旧オブジェクトbが接続している隣接オブジェクトaとの接続関係の解放をコネクション管理部132へ要求する。 Next, in step S700, it requests the release of the connection between the adjacent object a to old object b is connected to the connection management unit 132. 要求を受けたコネクション管理部132は接続関係の解放処理を、制御インタフェースを介して(この実施の形態では、例として接続用の制御インタフェースをdisconnect()とする)行う(ステップS701)。 The connection management unit 132 which has received the request release process connection relation, via a control interface (in this embodiment, the control interface for connection by way of example and disconnect ()) (step S701).

次に、ステップS702において、オブジェクトaは隣接するオブジェクトであるbとの接続関係を解放し、切断処理の結果をコネクション管理部132へ通知する(ステップS703)。 Next, in step S702, the object a releases the connection between the b is an object adjacent to notify the result of the cutting process to the connection management unit 132 (step S703). このとき、切断が正常に終了しなかった場合には、コネクション管理部132を介して、構成管理部131は障害として検出する。 In this case, when cutting is not completed normally, through the connection manager 132, configuration management unit 131 detects as a failure. これにより、復旧処理を開始する。 As a result, to start the recovery process.

一方、切断処理が完了した場合は、次にステップS704、S705において、構成管理部131は旧オブジェクトbの停止処理を引き続き行う。 On the other hand, if the disconnection process is completed, then in step S704, S705, the configuration management unit 131 subsequently performs the stop processing of the old object b.

次に、ステップS706において、構成管理部131は、新規のオブジェクトb'との接続関係の確立をコネクション管理部132へ要求する。 Next, in step S706, the configuration management unit 131, requesting the establishment of a connection relationship between the new object b 'to the connection management unit 132. 要求を受けたコネクション管理部132は、構成情報をオブジェクト構成リポジトリ142から読み取り、対象となる新規オブジェクトb'に隣接するオブジェクトaに対して接続関係の確立処理を、制御インタフェースを介して(この実施の形態では、例として接続用の制御インタフェースをconnect()としている。また、新規のオブジェクトb'は、旧オブジェクトbとインタフェースの変更がないことからオブジェクトの入れ替えで対応できる。したがって、オブジェクトaの接続先の変更はなく、制御インタフェースconnect()にて接続先オブジェクトをbとして指示している。すなわち、インタフェースに変更がないため、ミドルウェア120によって接続先bをb'に付け替えることにより接続関係が確立できる)行う(ステップS70 Connection management unit 132 having received the request, reads the configuration information from the object configuration repository 142, the process of establishing the connection relationship with respect to the object a to be adjacent to the new object b 'of interest, through the control interface (this embodiment in the embodiment, it is set to connect () a control interface for connection by way of example. in addition, new objects b 'can cope with replacement of an object because there is no change in the old object b and interfaces. Therefore, the object a no change of the connection destination, and instructs the connection destination object as b in the control interface the connect (). in other words, because there is no change to the interface, the connection relationship by replace the destination b to b 'by the middleware 120 establishment can be) carried out (step S70 )。 ).

次に、ステップS708において、オブジェクトaは隣接する新規のオブジェクトであるb'との接続関係を確立し、接続処理の結果をコネクション管理部132へ通知する(ステップS709)。 Next, in step S 708, the object a is established a connection relationship between an object adjacent new b ', and notifies the result of the connection processing to the connection management unit 132 (step S709). このとき、接続が正常に終了しなかった場合には、コネクション管理部132を介して、構成管理部131は障害として検出する。 At this time, if the connection was unsuccessful, via the connection management unit 132, the configuration management unit 131 detects as a failure. これにより、復旧処理を開始する。 As a result, to start the recovery process.

以上のように、実施の形態7によれば、制御インタフェースを介してオブジェクトの接続関係の確立や解放の指示を出し、管理対象となるオブジェクトは、制御インタフェースによって構成管理部131およびコネクション管理部132からの指示を受け、隣接オブジェクトとの接続または切断の処理を行い、その結果としてオブジェクトの起動および停止の結果を判定することにより、オブジェクト間の接続関係の確立または解放時に障害が検出できるため、オブジェクト構成後に障害を検出するのと比較し、高速な復旧が可能になる。 As described above, according to the seventh embodiment, through the control interface instructs the establishment and release of connection between objects, objects to be managed is configured by control interface management unit 131 and the connection management unit 132 receiving an instruction from, performs processing of connection or disconnection of the adjacent object, since the by determining the results of the start and stop of the objects as a result, can detect a failure when establishing or releasing the connections between objects, compared to detect a fault after the object configuration allows fast recovery.

また、オブジェクト毎に制御が可能になるため、プログラム全体の再起動を不要とし、動的かつ高速な復旧が可能になる。 Moreover, since allowing controlled for each object, and no need to restart the whole program, it is possible to dynamically and fast recovery.

また、オブジェクトの接続関係の接続または切断の失敗を再構成の途中で障害として検出可能なため、障害復旧までの時間を短縮することができる。 Further, since detectable as middle disorders reconfigure connection failure or disconnection of the connection relationship of objects, it is possible to shorten the time to failure recovery.

さらに、構成管理プロファイル112に接続タイムアウトの時間を設定した場合には、タイムアウトの時間が満了するまでオブジェクト接続処理応答を待つことにより、接続時間が大きいオブジェクトについても、接続するのに十分な時間を設定することで、安全な接続確認と障害検出ができる。 Furthermore, in the case of setting the time of the connection timeout configuration management profiles 112, by waiting for the object connection processing response to the timeout expires, for the object connection time is greater, a sufficient time to connect by setting, it is a secure connection check and failure detection.

この発明を実現するのに必要なソフトウェア障害復旧システムの機能構成を示す図である。 It is a diagram showing a functional configuration of a software fault recovery system needed to implement the invention. この発明の実施の形態1に係るアプリケーション・パッケージ110中のオブジェクトが更新後に障害が発生し復旧するときの例を示す説明図である。 It is an explanatory view showing an example in which objects in the application package 110 according to the first embodiment of the present invention is the cause of the failure is repaired to occur after the update. この発明の実施の形態1及び5に係るオブジェクト構成リポジトリ142のテーブル構造の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a table structure of the object configuration repository 142 according to Embodiment 1 and 5 of the present invention. この発明の実施の形態1に係る構成管理プロファイル112のオブジェクト構成情報の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of object configuration information in the configuration management profile 112 according to the first embodiment of the present invention. この発明の実施の形態1に係る追加オブジェクト情報リポジトリ143のテーブル構造の例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a table structure of the additional object information repository 143 according to the first embodiment of the present invention. この発明の実施の形態1に係る削除オブジェクト情報リポジトリ144のテーブル構造の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a table structure of the deleted object information repository 144 according to the first embodiment of the present invention. この発明の実施の形態1に係るソフトウェア障害復旧システムの動作を説明するフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the software fault recovery system according to the first embodiment of the present invention. この発明の実施の形態2−4に係るオブジェクト構成の変化の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a change in the object configuration according to Embodiment 2-4 of the present invention. この発明の実施の形態2−4に係るオブジェクト構成の差分の履歴を保持するオブジェクト構成履歴リポジトリのテーブル構造の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a table structure of the object configuration history repository that holds the difference history of object configuration according to Embodiment 2-4 of the present invention. この発明の実施の形態2に係るソフトウェア障害復旧システムの動作を説明するフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the software fault recovery system according to a second embodiment of the present invention. この発明の実施の形態4に係る多重化によるオブジェクト再構成の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of an object reconstruction by multiplexing according to a fourth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態4に係る復旧時の多重化したオブジェクト構成リポジトリのテーブル構造の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a multiplexed object configuration repository table structure during recovery according to a fourth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態4に係る復旧後の切り替え時の多重化したオブジェクト構成リポジトリのテーブル構造の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a multiplexed object configuration repository table structure when switching after recovery according to a fourth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態4に係るソフトウェア障害復旧システムの動作を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the operation of the software fault recovery system according to the fourth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態5に係る図15に示すアプリケーション・パッケージ中のオブジェクトの起動パラメータを変更して再起動した後に障害が発生し復旧するときの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of when a failure is restored occurred after restarting by changing the start parameter of an object in the application package shown in FIG. 15 according to a fifth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態5及び6に係る新規の構成管理プロファイルのオブジェクト構成情報の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of object configuration information for the new configuration management profiles according to Embodiment 5 and 6 of the present invention. この発明の実施の形態5に係る追加オブジェクト情報リポジトリのテーブル構造の例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of additional object information repository table structure according to the fifth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態5に係る削除オブジェクト情報リポジトリのテーブル構造の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a table structure of the deleted object information repository according to a fifth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態5に係る更新後のオブジェクト構成リポジトリのテーブル構造の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a table structure of the updated object configuration repository according to a fifth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態6に係るオブジェクト起動による障害検出の処理シーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a processing sequence of the fault detection by object activation according to the sixth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態5及び6に係るオブジェクト停止による障害検出の処理シーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a processing sequence of the fault detection by object stopped according to the fifth and sixth embodiment of the present invention. この発明の実施の形態7に係るアプリケーション・パッケージ中のオブジェクトの起動パラメータを変更して再起動した後に障害が発生し復旧するときの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of when a failure is restored occurred after restarting by changing the start parameter of an object in an application package according to a seventh embodiment of the present invention. この発明の実施の形態7に係るオブジェクトの接続関係の確立において障害の発生を検出する処理シーケンスを示す図である。 It is a diagram showing a processing sequence for detecting the occurrence of a failure in establishing a connection relationship of objects according to the seventh embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100 通信機器、110 アプリケーション・パッケージ、111 プロファイル、112 構成管理プロファイル、113 インタフェース定義ファイル、114 管理対象オブジェクト群、120 ミドルウェア、130 オブジェクト制御部、131 構成管理部、132 コネクション管理部、133 差分解析部、134 障害復旧部、135 履歴管理部、140 オブジェクト構成管理部、141 リポジトリ群、142 オブジェクト構成リポジトリ、143 追加オブジェクト情報リポジトリ、144 削除オブジェクト情報リポジトリ、145 オブジェクト構成履歴リポジトリ、150 OS(Operating System)、160 管理装置。 100 communication device, 110 an application package, 111 profile, 112 the configuration management profiles 113 interface definition file, 114 managed object group, 120 middleware, 130 object control unit, 131 the configuration management unit, 132 a connection management unit, 133 differential analyzer , 134 failure recovery unit, 135 history management unit, 140 object configuration management unit, 141 repository group 142 objects configuration repository 143 adds the object information repository 144 deletes the object information repository 145 object configuration history repository, 150 OS (Operating System) , 160 management device.

Claims (7)

  1. 通信機器の機能をオブジェクトの集合として管理し、オブジェクトの入れ替えおよびオブジェクト間の相互接続の切り替えによって、単一の機器において種々の機能を実現するソフトウェア機能更新技術におけるソフトウェア障害復旧システムであって、 Manages the functions of the communication device as a collection of objects, by switching interconnections between replacement and objects in the object, a software failure recovery system in the software function update technique for realizing various functions in a single device,
    通信機器内に、サーバである管理装置からダウンロードする、オブジェクトの接続関係を記述した構成管理プロファイルと管理対象のオブジェクト群からなるアプリケーション・パッケージと、前記アプリケーション・パッケージ内のオブジェクト間の通信をサポートするためのオブジェクト制御部とオブジェクト構成管理部とからなるミドルウェアとを備え、 In the communication device, downloading from the management device is a server, the application package comprising a group of objects managed and configuration management profiles describing the connection relationship of objects, to support communication between objects in said application package and a middleware comprising the object control unit and the object configuration management unit for,
    前記ミドルウェアのオブジェクト制御部は、 Object control unit of the middleware,
    前記構成管理プロファイルからデータを取り込み構成情報の登録とオブジェクトの起動、停止を行う構成管理部と、 Registration and activation of the object configuration information takes data from the configuration management profiles, a configuration management unit which performs stop,
    オブジェクトの起動、停止および構成登録後に管理された構成情報に基づきオブジェクトの接続を確立するためのオブジェクトの制御を行うコネクション管理部と、 Object activation, a connection management unit for controlling the object to establish a connection object based on the configuration information managed after stopping and configuration registers,
    オブジェクト更新時に新規の構成管理プロファイルと運用中のオブジェクト構成とを比較し差分を解析する差分解析部と を有し、 When an object is updated to compare the new configuration management profiles and the object configuration in operation and a differential analysis unit for analyzing the difference,
    前記ミドルウェアのオブジェクト構成管理部は、 Object configuration management unit of the middleware,
    運用中のオブジェクト構成を保持するオブジェクト構成リポジトリと、 And object configuration repository to hold the object configuration in operation,
    前記差分解析部にて差分として抽出した追加オブジェクトの情報を保持する追加オブジェクト情報リポジトリと、 And additional object information repository that holds information of the additional object extracted as a difference in the difference analysis part,
    削除オブジェクトの情報を保持する削除オブジェクト情報リポジトリと を有し、 And a deleted object information repository that holds the information of the deleted objects,
    前記オブジェクト制御部は、再構成の途中でオブジェクトの起動の失敗または他のオブジェクトとのインタフェース仕様など仕様が合致しないことによる接続の失敗により障害が発生した場合は、前記追加オブジェクト情報リポジトリや前記削除オブジェクト情報リポジトリに保持しておいた差分情報を基に前回運用していた構成に戻す障害復旧部をさらに有する ことを特徴とするソフトウェア障害復旧システム。 The object control unit, if the failure of the connection specification in the course of reconstruction, such as interface specifications and failure or other object invocation of objects by not match fails, the additional object information repositories and the deletion software fault recovery system, characterized in that on the basis of the difference information which has been held in the object information repository further comprises a failure recovery unit to return to the configuration that has been previously operated.
  2. 請求項1に記載のソフトウェア障害復旧システムにおいて、 In software failure recovery system of claim 1,
    ソフトウェアの運用中にソフトウェアの不具合修正や機能追加のため、新しいアプリケーション・パッケージを通信機器へダウンロードし、オブジェクトを更新する際に、 Due to a bug fixes and feature additional software in the software of the operation, to download the new application package to the communication device, when updating the object,
    前記ミドルウェアの前記差分解析部は、オブジェクトと共に新規にダウンロードされた前記構成管理プロファイルのオブジェクト構成情報と運用中のオブジェクト構成を保持する前記オブジェクト構成リポジトリとを比較し、差分情報を解析することで、追加オブジェクトと削除オブジェクトの情報を抽出し、それぞれ前記追加オブジェクト情報リポジトリと前記削除オブジェクト情報リポジトリに格納し、 The difference analysis part of the middleware, by comparing the object configuration repository to hold new objects configuration in operation the object configuration information of the configuration management profile that is downloaded along with the object, analyzing the difference information, extract information remove Add object object, stores respectively the added object information repository to the deletion object information repository,
    前記ミドルウェアの前記構成管理部は、前記差分情報を利用して、新規オブジェクトとなる追加オブジェクトの起動および入れ替え対象となる削除オブジェクトの削除を行い、 The configuration management unit of the middleware, by using the difference information, and deletes the deletion object to be activated and permutations subject to additional object as a new object,
    前記ミドルウェアの前記コネクション管理部は、オブジェクトの接続関係に基づき、差分として抽出したオブジェクトの接続関係の接続や切断を行う ことを特徴とするソフトウェア障害復旧システム。 The connection management unit of the middleware, based on the connection relationship of the objects, the software fault recovery system which is characterized in that the connection and disconnection of the extracted connection relationship objects as a difference.
  3. 請求項1に記載のソフトウェア障害復旧システムにおいて、 In software failure recovery system of claim 1,
    前記ミドルウェアのオブジェクト構成管理部は、運用していた一つ前の構成だけではなく、運用実績のある過去のオブジェクト構成と現在のオブジェクト構成までの差分の履歴を保持するオブジェクト構成管理部のオブジェクト構成履歴リポジトリをさらに有し、 Object configuration management unit of the middleware is not only the configuration of the previous one, which has been operating, the object configuration of an object configuration management unit that holds the history of the difference up to the past of the object configuration and the current object configurations that investment performance further comprising a history repository,
    前記ミドルウェアのオブジェクト制御部は、前記オブジェクト構成履歴リポジトリにて管理された構成履歴情報を利用して、過去に運用していた実績のある任意のオブジェクト構成を選択する履歴管理部をさらに有する ことを特徴とするソフトウェア障害復旧システム。 Object control unit of the middleware, by using the configuration history information managed by the object configuration history repository, further comprising a history management section for selecting an arbitrary object configuration proven that has been operating in the past software disaster recovery system which is characterized.
  4. 請求項3に記載のソフトウェア障害復旧システムにおいて、 In software failure recovery system of claim 3,
    前記履歴管理部は、ソフトウェアを更新し、オブジェクト構成を再構成する毎に運用中のオブジェクト構成である前記オブジェクト構成履歴リポジトリと新規のオブジェクト構成との差分である前記追加オブジェクト情報リポジトリと前記削除オブジェクト情報リポジトリの情報を取得することにより、差分履歴として前記オブジェクト構成履歴リポジトリに格納し、管理し、再構成の途中で何らかの障害が発生した場合には、前記オブジェクト構成履歴リポジトリから運用実績のある任意のオブジェクト構成を選択し、 The history management unit is configured to update the software, the deleted object and the additional object information repository, which is the difference between the object configuration history repository and the new object structure is the object configuration in operation each time to reconstruct the object configuration optionally obtaining the information of the information repository, stored in the object configuration history repository as difference history, manage, when some failure during the reconstruction occurs, with management performance from the object configuration history repository select the object configuration of,
    前記コネクション管理部は、選択したオブジェクト構成に基づいてオブジェクトの接続関係を再確立する ことを特徴とするソフトウェア障害復旧システム。 The connection management unit, the software fault recovery system characterized in that to re-establish the connection between the objects based on the object configuration selected.
  5. 請求項4に記載のソフトウェア障害復旧システムにおいて、 In software failure recovery system of claim 4,
    前記履歴管理部は、前記オブジェクト構成履歴リポジトリから運用実績のある任意のオブジェクト構成を選択し、選択したオブジェクト構成に基づいて前記コネクション管理部によってオブジェクトの接続関係を再確立する際、オブジェクトの再構成処理を多重化することにより、過去に運用していた実績のある任意のオブジェクト構成を運用中のオブジェクト構成に影響を与えず、並列に処理する ことを特徴とするソフトウェア障害復旧システム。 The history management unit selects any object configuration with a management performance from the object configuration history repository, when re-establishing a connection relationship of objects by the connection management unit based on the object configuration selected, reconstruction of an object by multiplexing the processing, the software fault recovery system, characterized in that without affecting any object configuration proven that has been operating in the object configuration in operation in the past, to process in parallel.
  6. 請求項1に記載のソフトウェア障害復旧システムにおいて、 In software failure recovery system of claim 1,
    前記構成管理部および前記コネクション管理部に、管理対象となるオブジェクトの制御インタフェースを備えるとともに、 The configuration management unit and the connection management unit, provided with a control interface the managed objects,
    管理対象となるオブジェクトに前記構成管理部および前記コネクション管理部からの指示を受け取るための制御インタフェースを備える ことを特徴とするソフトウェア障害復旧システム。 Software fault recovery system, wherein the configuration management unit and the the managed objects comprising a control interface for receiving an instruction from the connection management unit.
  7. 請求項6に記載のソフトウェア障害復旧システムにおいて、 In software failure recovery system of claim 6,
    前記構成管理部および前記コネクション管理部から管理対象となるオブジェクトに対し、制御インタフェースを介してオブジェクトの起動および停止、オブジェクト構成の接続、切断の指示を出し、 The relative configuration consisting manager and the connection manager and the managed objects, objects started and stopped via the control interface, the connection object configuration instructs the cutting,
    管理対象となるオブジェクトは、制御インタフェースから前記構成管理部および前記コネクション管理部からの指示を受け取ることにより、隣接オブジェクトとの接続または切断の処理を行い、その処理の結果として正常終了または異常終了を前記構成管理部または前記コネクション管理部へ返す ことを特徴とするソフトウェア障害復旧システム。 Object to be managed, by receiving an indication from the configuration management unit and the connection management unit from the control interface, it performs a process of connecting or disconnecting an adjacent object, the success or failure as a result of the processing software fault recovery system, characterized in that return to the configuration management unit or the connection management section.
JP2005129695A 2005-04-27 2005-04-27 Software Disaster Recovery System Active JP4744921B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005129695A JP4744921B2 (en) 2005-04-27 2005-04-27 Software Disaster Recovery System

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005129695A JP4744921B2 (en) 2005-04-27 2005-04-27 Software Disaster Recovery System

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006309413A JP2006309413A (en) 2006-11-09
JP4744921B2 true JP4744921B2 (en) 2011-08-10

Family

ID=37476243

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005129695A Active JP4744921B2 (en) 2005-04-27 2005-04-27 Software Disaster Recovery System

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4744921B2 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP3474283A1 (en) * 2007-05-30 2019-04-24 Ascensia Diabetes Care Holdings AG Method and system for managing health data
JP2009177466A (en) * 2008-01-24 2009-08-06 Hitachi Communication Technologies Ltd System for updating stored information of network connecting device
JP4399014B2 (en) 2008-04-24 2010-01-13 株式会社東芝 Telephone systems and terminal equipment
CN102902562B (en) * 2012-09-17 2018-04-27 中兴通讯股份有限公司 An assembly Multimode NMS mounting method and apparatus of the patch

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0430218A (en) * 1990-05-25 1992-02-03 Hitachi Ltd Difference installing system
JPH0954679A (en) * 1995-08-14 1997-02-25 Oki Electric Ind Co Ltd Method for clip back from agent
JP2000194539A (en) * 1998-12-24 2000-07-14 Nec Corp Software installation system and method therefor
JP2000293365A (en) * 1999-02-03 2000-10-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Device for managing program configuration

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006309413A (en) 2006-11-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6049671A (en) Method for identifying and obtaining computer software from a network computer
EP1573581B1 (en) Method and apparatus for managing components in an it system
US8935216B2 (en) Automated computing appliance cloning or migration
JP5508370B2 (en) OTA program upgrade method and system for (Over-the-air) is portable device
US9075680B2 (en) Firmware upgrade for thin clients using one or more servers
US6928579B2 (en) Crash recovery system
US6745241B1 (en) Method and system for dynamic addition and removal of multiple network names on a single server
CN1669001B (en) Method and device for business continuation policy for server consolidation environment
US6175855B1 (en) Method for instantiating a class having different versions
JP5662405B2 (en) System and method for provisioning a user device
US20060224775A1 (en) Contents synchronization system in network enviroment and a method therefor
JP3409983B2 (en) Communications system
US20030066065A1 (en) System and method for remotely updating software applications
US7958210B2 (en) Update management method and update management unit
US5442783A (en) Method and apparatus for transferring data base information
JP3743336B2 (en) Configuration management apparatus
US20040083476A1 (en) Mechanism to change firmware in a high availability single processor system
US7254740B2 (en) System and method for state preservation in a stretch cluster
US8245225B2 (en) Method, system, terminal and device management server for installing software components
US7188237B2 (en) Reboot manager usable to change firmware in a high availability single processor system
JP4648447B2 (en) Failure recovery method, program and management server
EP1770512A2 (en) Method and system for updating software
US20030195951A1 (en) Method and system to dynamically detect, download and install drivers from an online service
KR100750132B1 (en) Method and system for booting, updating software automatically and recovering update error, and computer readable medium recording the method
US20060080385A1 (en) System, method, and medium for configuring client computers to operate disconnected from a server computer while using a master instance of the operating system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080325

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110323

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110510

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110511

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140520

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250