JP4740357B2 - スイーパー - Google Patents

スイーパー Download PDF

Info

Publication number
JP4740357B2
JP4740357B2 JP2009167489A JP2009167489A JP4740357B2 JP 4740357 B2 JP4740357 B2 JP 4740357B2 JP 2009167489 A JP2009167489 A JP 2009167489A JP 2009167489 A JP2009167489 A JP 2009167489A JP 4740357 B2 JP4740357 B2 JP 4740357B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rotary
sweeper
dust
scraping brush
brush
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009167489A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011021391A (ja
Inventor
英樹 挾谷
Original Assignee
初田拡撒機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 初田拡撒機株式会社 filed Critical 初田拡撒機株式会社
Priority to JP2009167489A priority Critical patent/JP4740357B2/ja
Publication of JP2011021391A publication Critical patent/JP2011021391A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4740357B2 publication Critical patent/JP4740357B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01HSTREET CLEANING; CLEANING OF PERMANENT WAYS; CLEANING BEACHES; DISPERSING OR PREVENTING FOG IN GENERAL CLEANING STREET OR RAILWAY FURNITURE OR TUNNEL WALLS
    • E01H1/00Removing undesirable matter from roads or like surfaces, with or without moistening of the surface
    • E01H1/02Brushing apparatus, e.g. with auxiliary instruments for mechanically loosening dirt
    • E01H1/04Brushing apparatus, e.g. with auxiliary instruments for mechanically loosening dirt taking- up the sweepings, e.g. for collecting, for loading
    • E01H1/045Brushing apparatus, e.g. with auxiliary instruments for mechanically loosening dirt taking- up the sweepings, e.g. for collecting, for loading the loading means being a rotating brush with horizontal axis
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
    • A01GHORTICULTURE; CULTIVATION OF VEGETABLES, FLOWERS, RICE, FRUIT, VINES, HOPS OR SEAWEED; FORESTRY; WATERING
    • A01G20/00Cultivation of turf, lawn or the like; Apparatus or methods therefor
    • A01G20/40Apparatus for cleaning the lawn or grass surface
    • A01G20/43Apparatus for cleaning the lawn or grass surface for sweeping, collecting or disintegrating lawn debris

Description

本発明は、ゴルフ場、公園などにおいて、刈った後の芝カスなどの塵埃を回収するス
イーパーに関するものである。
従来のこの種のスイーパーを図1を使用して説明する。図1は従来のスイーパーの全体側面図である。図において、1はエンジン2により自走する走行台車で、前輪1aと後輪1bを有する。3は走行台車1の下部に配設した回転掻上げブラシで、塵埃等を掻上げて上部へすくい上げる。4は塵埃を入れるホッパー、5は回転掻上げブラシ3とホッパー4との間に設けられ、回転掻上げブラシ3で掻上げられた塵埃をホッパー4へ搬送する回転搬送部材である。かかるスイーパーは、エンジン2により走行しながら、回転掻上げブラシ3により塵埃を掻上げ、掻上げられた塵埃を回転搬送部材5によってホッパー4内に回収するようになっている。
ゴルフ場、公園などの塵埃には、芝刈機で刈った場合の芝カスばかりでなく、サッチングリール(刃)により掻き出したサッチや(コア抜き用)タインにより抜いたコアなどもあり、このサッチやコアの量は芝カスに比べるとはるかに多いものである。このように塵埃の量が多い場合、従来のスイーパーにより清掃作業を行なうと、回転搬送部材の両端とケーシング側板との隙間より塵埃が下へこぼれ落ちて取り残され、スイーパーの清掃効果を悪くし、作業効率を低くする問題点があった。
本発明は、かかる従来技術の問題点を解消するために創案されたものであり、その目的は、回転掻上げブラシにより掻上げられた塵埃を回転搬送部材によってホッパーへ搬送するスイーパーにおいて、搬送時に塵埃がこぼれ落ちることなく効率的に回収できるスイーパーを提供することにある。
本発明者は、かかる目的を達成するために鋭意検討した結果、回転搬送部材の回転軸の両端のケーシング側板に外気を取入れるための開口部を設けることによって回転搬送部材をファンとして利用してエゼクター作用で回転掻上げブラシにより掻上げられた塵埃等をホッパーへこぼれ落ちることなく回収できることを見出した。また、同様の開口部を回転掻上げブラシの回転軸の両端のケーシング側板にも設けることによって塵埃等の効率良い回収作業ができることを見出した。
本発明は、かかる知見に基づいて完成したものであり、本発明は、走行台車と、前記走行台車の下部に配設されて塵埃を掻上げる回転掻上げブラシと、前記回転掻上げブラシにより掻上げられた塵埃を貯留するホッパーと、前記回転掻上げブラシとホッパーとの間に塵埃を搬送する回転搬送部材を備えたスイーパーにおいて、前記回転搬送部材の回転軸に対して搬送板を放射状に配設するとともに、前記回転軸の軸方向の両端のケーシング側板において前記搬送板が回転される外径の範囲内で外気取入れのための開口部を設けたことを特徴とするスイーパーである。
本発明のスイーパーの好ましい態様は以下の(1)〜(3)の特徴を有する。
(1)回転掻上げブラシの回転軸に対してブラシを放射状に配設するとともに、前記回転軸の軸方向の両端のケーシング側板において前記ブラシが回転される外径の範囲内で外気取入れのための開口部を設けたことを特徴とする。
(2)開口部が回転軸を中心に対称的な位置及び形状で配置されていることを特徴とする。
(3)回転軸がケーシング側板の外側で支持されていることを特徴とする。
本発明のスイーパーは、回転搬送部材の回転軸の両端のケーシング側板に外気取入れのための開口部を設けているので、掻上げられた塵埃をこぼれ落ちることなく効率良く回収することができる。また、回転掻上げブラシの回転軸の両端のケーシング側板にも外気取入れのための開口部を設けているので、塵埃の回収を確実に行なうことができる。
従来のスイーパーの全体側面図である。 本発明のスイーパーの一実施形態の全体側面図である。 図2の要部の側面図である。 回転搬送部材の斜視図である。 回転掻上げブラシの斜視図である。 本発明のスイーパーの別の実施形態の全体側面図である。 図6の要部の説明図である。
本発明のスイーパーの実施形態を図面に基づいて説明するが、本発明はこれらに限定されるものではない。
図2は本発明のスイーパーの一実施形態の全体側面図、図3は図2の回転掻上げブラシと回転搬送部材の部分を拡大した要部側面図、図4は回転搬送部材の斜視図、図5は回転掻上げブラシの斜視図である。図において前記従来のもの(図1)と同一又は相当部分は同一符号を付けて説明を省略する。
図3,4からわかるように、回転搬送部材5は、回転軸10に対して略長方形の搬送板8をその長辺が回転軸10と略平行になるように放射状に複数配設し、エンジン2の駆動による油圧モータ(図示せず)によって回転する。この搬送板8が回転すると、ファンの役目をしてケーシング側板12の開口部6より外気を取り込み、その外気は回転軸10の軸方向の両端部から中央へ集まり、そしてホッパー4の方へ流れるようになる。従って、回転搬送部材5の回転軸10の両端とケーシング側板12との隙間に塵埃が移動しても、取り込まれた外気により塵埃はすぐに回転軸10の中央へ戻り、前記隙間からこぼれ落ちることがなくホッパー4に回収される。
開口部6は、搬送板8が回転される外径の範囲内(即ち、図3で示す回転軸10を中心として搬送板8を半径として回転させた円内)で設けられることが必要である。この範囲外まで開口部6を広げると、塵埃がホッパー4の方へ移動しにくくなるおそれがある。開口部6の面積は搬送板8が回転される外径で囲まれる円の面積の5〜90%、好ましくは15〜80%であることが好ましい。開口面積が上記範囲未満では外気取入れ効果が少なくなり、上記範囲を越えるとケーシング側板12の回転軸10の支持部分が小さくなり弱くなるおそれがある。また、開口部6は、回転搬送部材5の複数の搬送板8で区切られる部分に均等に外気を取入れるために、回転軸10を中心に対称的な位置及び形状で配置されることが好ましい。
図3,5からわかるように、回転掻上げブラシ3は、回転軸11から垂直に略同じ長さだけ突出したブラシ9を放射状に複数配設し、エンジン2の駆動による油圧モータ(図示せず)によって回転する。このブラシ9が回転すると、搬送板8と同様にファンの役目をしてケーシング側板12の開口部7より外気を取り込み、その外気は回転軸11の軸方向の両端部から中央へ集まり、そして回転搬送部材5の方へ流れるようになる。従って、開口部7から取り込まれた外気により、回転掻上げブラシ3の回転軸11の両端とケーシング12との隙間に塵埃が移動しても、取り込まれた外気により塵埃はすぐに回転軸11の中央へ戻り、前記隙間からこぼれ落ちることなく回転搬送部材5に回収される。
開口部7は、開口部6と同様の理由からブラシ9が回転される外径の範囲内(即ち、図3で示す回転軸11を中心としてブラシ9を半径として回転させた円内)で設けられることが必要であり、好適な開口部の面積、開口部の配置方法も開口部6と同じである。回転搬送部材5のための開口部6だけでなく回転掻上げブラシ3のための開口部7を設けることによって塵埃のこぼれ落ち防止効果はさらに向上する。
図6は本発明のスイーパーの別の実施形態の全体側面図、図7は図6の回転掻上げブラシと回転搬送部材の各回転軸の端部の支持部がわかるようにした説明図である。図において前記従来のもの(図1)と既に説明した本発明の実施形態(図2〜5)と同一又は相当部分は同一符号を付けて説明を省略する。
図6,7に示される実施形態は、図2〜5の実施形態とは異なり、回転搬送部材5の回転軸10及び回転掻上げブラシ3の回転軸11が、開口部を設けたケーシング側板12に支持されず、それぞれケーシング側板12の外側の支持部13,14で支持されていることを特徴とする。この実施形態では、ケーシング側板12に設けられる開口部6,7は、ケーシング側板12に回転軸10,11の支持部を設ける必要がないため、回転軸10,11が通る部分を除いて面積を最大限拡大することができ、回転軸10,11の支持部の心配をせずに開口部6,7からの外気取入れ量を増大することができる。
本発明のスイーパーは、回転搬送部材の回転軸又は回転掻上げブラシの回転軸の両端とケーシング側板の間に塵埃を移動させないように回収できるので、清浄効果が高く、作業効率が高い。従って、本発明のスイーパーは、ゴルフ場、公園などの芝カス、サッチ、コアの塵埃の回収作業のために極めて有用である。
1 走行台車
1a 前輪
1b 後輪
2 エンジン
3 回転掻上げブラシ
4 ホッパー
5 回転搬送部材
6 開口部
7 開口部
8 搬送板
9 ブラシ
10 回転軸
11 回転軸
12 ケーシング側板
13 支持部
14 支持部

Claims (4)

  1. 走行台車と、前記走行台車の下部に配設されて塵埃を掻上げる回転掻上げブラシと、前記回転掻上げブラシにより掻上げられた塵埃を貯留するホッパーと、前記回転掻上げブラシとホッパーとの間に塵埃を搬送する回転搬送部材を備えたスイーパーにおいて、前記回転搬送部材の回転軸に対して搬送板を放射状に配設するとともに、前記回転軸の軸方向の両端のケーシング側板において前記搬送板が回転される外径の範囲内で外気取入れのための開口部を設けたことを特徴とするスイーパー。
  2. 回転掻上げブラシの回転軸に対してブラシを放射状に配設するとともに、前記回転軸の軸方向の両端のケーシング側板において前記ブラシが回転される外径の範囲内で外気取入れのための開口部を設けたことを特徴とする請求項1に記載のスイーパー。
  3. 開口部が回転軸を中心に対称的な位置及び形状で配置されていることを特徴とする請求項1又は2に記載のスイーパー。
  4. 回転軸がケーシング側板の外側で支持されていることを特徴とする請求項1又は2に記載のスイーパー。
JP2009167489A 2009-07-16 2009-07-16 スイーパー Active JP4740357B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009167489A JP4740357B2 (ja) 2009-07-16 2009-07-16 スイーパー

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009167489A JP4740357B2 (ja) 2009-07-16 2009-07-16 スイーパー
KR1020090095023A KR101197840B1 (ko) 2009-07-16 2009-10-07 스위퍼

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011021391A JP2011021391A (ja) 2011-02-03
JP4740357B2 true JP4740357B2 (ja) 2011-08-03

Family

ID=43613994

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009167489A Active JP4740357B2 (ja) 2009-07-16 2009-07-16 スイーパー

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP4740357B2 (ja)
KR (1) KR101197840B1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104250959A (zh) * 2013-06-27 2014-12-31 潘龙祥 道路冰雪清理机

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5337922B1 (ja) 2013-05-01 2013-11-06 初田拡撒機株式会社 スイーパーのブラシ高さ調整機構

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2787103B2 (ja) * 1994-10-07 1998-08-13 初田拡撒機株式会社 スイーパー
JP3466066B2 (ja) * 1997-11-04 2003-11-10 シャープ株式会社 電気掃除機用吸込口体
JP3556499B2 (ja) * 1998-12-17 2004-08-18 株式会社共栄社 乗用型芝生面清掃機
JP2000254050A (ja) * 1999-03-11 2000-09-19 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電気掃除機用吸込具並びに電気掃除機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104250959A (zh) * 2013-06-27 2014-12-31 潘龙祥 道路冰雪清理机

Also Published As

Publication number Publication date
KR101197840B1 (ko) 2012-11-05
KR20110007563A (ko) 2011-01-24
JP2011021391A (ja) 2011-02-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU2014201824B2 (en) Extractor apparatus and system for intact crop residue collection and deposition
JP4740357B2 (ja) スイーパー
JP2015052202A (ja) 歩行型作業機
JP3884055B1 (ja) 芝刈機、及び水滴払用ローラユニット
CN109089537B (zh) 一种农业水生植物收割装置
CN206698733U (zh) 一种用于水果种植的自动化除草机
CN207219414U (zh) 一种用于割草机的草屑收集装置
CN109526794A (zh) 一种养鸡舍用鸡粪清理装置
CN206251625U (zh) 一种除草机
WO2013077730A1 (en) Device and method for removing dirt from a floor
JPH10178895A (ja) 芝生面清掃機
CN209824448U (zh) 一种无残留园林除草机
CN108811691B (zh) 一种农业用收割装置
CN207978369U (zh) 一种新型草坪修剪装置
CN212381826U (zh) 一种用于园林草坪清扫设备
CN209749155U (zh) 一种农用杂草清理装置
CN110205963B (zh) 机场施工后的地面清扫车转盘式清扫辊结构
CN216532653U (zh) 一种具有防护侧架的公路用旋转式路肩除草机
JP3752229B2 (ja) 農作物用土塊粉砕除去装置およびこの土塊粉砕除去装置を備えた農作物収穫機
JP2011256620A (ja) 除雪装置
CN211359656U (zh) 一种自走式花生除尘车
CN214436314U (zh) 一种排球收集车
US8297034B1 (en) Rolling leaf removal device
CN216018510U (zh) 多功能清粪机
CN215835812U (zh) 园林用石块收集装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101115

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110419

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110428

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4740357

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140513

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250