JP4721057B2 - Data management system, data management method and a data management program - Google Patents

Data management system, data management method and a data management program Download PDF

Info

Publication number
JP4721057B2
JP4721057B2 JP2006178813A JP2006178813A JP4721057B2 JP 4721057 B2 JP4721057 B2 JP 4721057B2 JP 2006178813 A JP2006178813 A JP 2006178813A JP 2006178813 A JP2006178813 A JP 2006178813A JP 4721057 B2 JP4721057 B2 JP 4721057B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
data
volume
storage subsystem
mode
semi
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006178813A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008009660A (en )
Inventor
文雄 前畑
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、ネットワーク上に設置したストレージサブシステムを用いたデータ管理システム,データ管理方法及びデータ管理用プログラムに関し、特に、ストレージサブシステムの障害時に業務継続を得るため、複数のストレージサブシステム間でデータの多重化を実現すると共に、データ消失時にデータを修復するためストレージサブシステム内でデータをバックアップするデータ管理システム,データ管理方法及びデータ管理用プログラムに関する。 The present invention relates to a data using a storage subsystem that is installed on a network management system, a data management method and a data management program, in particular, in order to obtain business continuity in the event of a failure of the storage subsystem, among a plurality of storage subsystems it is possible to realize multiplexing of data, the data management system for backing up data in the storage subsystem for repairing data when data loss relates to a data management method and a data management program.

近年、企業の業務運用を管理する企業情報システムは、大型コンピュータにより一括管理するコンピュータシステムからクライアントサーバシステム等の分散型コンピュータシステムに移行している。 In recent years, enterprise information system for managing the business operations of the company, has been shifted from the computer system that collectively managed by a large computer in a distributed computer system, such as client server system. また、企業情報システムは、休みなく稼動することが求められており、高い稼働率すなわち高い可用性(High Availability)が必要とされている。 Moreover, enterprise information systems, it is required to operate around the clock, a high operating rate or high availability (High Availability) is required. このため、分散型コンピュータシステムで用いられるストレージサブシステムは、プライマリユニットに障害が生じた場合の緊急回復データを保存するバックアップユニットを装備することが普通である。 Therefore, the storage subsystem for use in a distributed computer system, it is common to equip a backup unit to store emergency recovery data when a failure occurs in the primary unit.

しかし、障害はユニット自身の問題によるものだけではなく、ストレージサブシステムの設置場所における地震や火事等の自然災害で発生するものもあり、プライマリユニットとバックアップユニットとが近隣に設置されている場合には、両ユニットとも自然災害で損傷を受ける事になる。 However, failure is not only due to the unit's own problems, there are also those that occur in natural disasters such as an earthquake or fire at the installation location of the storage sub-system, in the case where the primary unit and a backup unit is installed in the neighborhood It will be damaged by natural disasters in both units. これに備えるための方法として、あるサイトに設置されたストレージサブシステムのボリュームに格納されるデータをその遠隔地に設置された他のストレージサブシステムへ送りボリュームのリモートコピーを実行する方法、すなわち、ホスト装置からの書込みデータをストレージサブシステム間で転送する方法が採用されている。 As a method to prepare for this, a method for performing a remote copy sends the data stored in the volume of the storage subsystem that is installed in a site to another storage subsystem installed on the remote volume, i.e., how to transfer the write data from the host device among the storage subsystems is employed.

ストレージサブシステム間でリモートコピーを実行するためのデータ転送方法としては、同期モードとセミ同期順序保証モードと非同期モードとの3種類がある。 As the data transfer method for performing remote copy between storage subsystems, there are three types of synchronous mode and the semi-synchronous order guarantee and asynchronous modes.

同期モードは、ローカルサイトのマスタボリュームに書き込む情報を、同期して遠隔地にあるリモートサイトの複製ボリュームへ送り、両ボリュームの同一性を保証する方式である。 Synchronous mode, the information to be written to the master volume of the local site, in synchronization feed to replication volume of the remote site in a remote place, is a method of guaranteeing the identity of both volumes. この方式は、上位ホスト装置からのIO(IN,OUT)命令に対応して、ローカルサイトのマスタボリュームにデータを書き込むと共に、リモートサイトの複製ボリュームにデータを書き込み、双方の書込み処理の命令完了報告が揃った時点で、上位ホスト装置に終了報告(命令完了報告)を返す仕組みとなっている。 This method corresponds to the IO (IN, OUT) command from host system writes the data to the master volume of the local site, writes data to replication volume of the remote site, both the writing process of the instruction completion report at the time when the uniform, and has a mechanism to return the completion report (instruction completion report) to the host system. そのため、遠隔地にあるリモートサイトからの命令完了報告を毎回確認することとなり、回線距離による遅延、データを転送すべき回線の容量による遅延が在り、ストレージサブシステムのレスポンスを劣化させることが問題となる。 Therefore, it becomes possible to check each time the instruction completion report from a remote site in a remote location, a delay due to the line length, the data has a delay due to the line capacity to be transferred to, it can degrade the response of the storage subsystem issues Become.

このような同期モードにおける問題を改善する方式としてセミ同期順序保証モードがある。 There are semi-synchronous order guarantee mode as a method of improving the problem in such a synchronous mode. この方式は、上位ホスト装置からのIO命令に対応して、ローカルサイトのマスタボリュームにデータを書き込むのは、同期モードと同様であるが、上位ホスト装置からのIO命令をリモートサイトの複製ボリュームに送る前に、ローカルサイト内のセミ同期順序保証バッファ(以下単にバッファと称す。)に書き込み、この時点で正常終了とし、上位装置に終了報告(命令完了報告)を返す仕組みとなっている。 This method corresponds to the IO command from the host system, writing data to the master volume of the local site is similar to the synchronous mode, the IO command from the host system to the copy volume at the remote site before sending, write to (hereinafter referred to as simply buffer.) semi synchronization order up buffer in the local site, and normally terminated at this point, has a mechanism to return end report to the host device (instruction completion report).

また、このバッファは、IO命令のいくつかを、その順序を保障してまとめて1つのBOXにいれて(パッケージ化して)リモートサイトに転送する。 Also, this buffer transfers several IO instruction, the collectively to ensure the order and placed in one BOX (to package) remote sites. リモートサイトでは、これらのパッケージ化されたIO命令が大量に届くことになるが、BOXに記された情報に基づいて順番に処理することで、順序性を保証する。 The remote sites but IO instructions that are these packaged will be delivered in large quantities, by treating sequentially on the basis of the information described in BOX, to guarantee ordering.

しかし、ローカルサイトに重大な問題(ディザスタ)が発生した場合、最大でバッファの容量分だけ消失した状態となり、RPO(リカバリポイント)は若干悪くなる。 However, if a serious problem locally site (disaster) occurs, a state which has lost only capacity of the buffer at the maximum, RPO (Recovery Point) is slightly worse. さらに、別の問題として、用意されたバッファが溢れてしまうと、バッファの空き待ちが発生する。 Furthermore, as another problem, the overflows were prepared buffer empty waiting in the buffer will occur. バッファ内のデータは同期モードと同じように回線の距離の遅延、データを転送すべき回線の容量による遅延に支配されているので、バッファが空くのを待つ動きは同期型と同じようになってしまう。 Data in the buffer delay of the distance of the line like the synchronous mode, since it is subject to delay due to the capacitance of the line to be transferred data, motion waiting for buffers become free are taken just as synchronous put away.

これに対し、非同期モードは、上位ホスト装置からのIO命令に対応してローカルサイトのマスタボリュームにデータを書き込んだ時点で上位ホスト装置に終了報告(命令完了報告)を返す方式であり、このため、余計なレスポンスの遅延が無い。 In contrast, the asynchronous mode is a method that returns a completion report to the host system at the time of writing data to the master volume of the local site in response to IO command from the host system (instruction completion report), the order , there is no delay of the extra response. この方式は、データをマスタボリューム上のどこのアドレスに書き込んだかを管理する差分データテーブルにて差分情報を管理し、この差分データテーブルに基づいた差分データをリモートサイトへ転送するものである。 This method is to manage the difference information in the difference data table for managing whether written data where the address on the master volume, and transfers the difference data based on the differential data table to the remote site. 差分データは回線の容量に応じた速度で順次送られる。 Difference data is sequentially transmitted at a speed corresponding to the capacity of the line.

しかし、非同期モードでは、データテーブル上に示される差分情報にIO命令の順番は記されていないので、差分情報が在る状態でローカルサイトに重大な問題(ディザスタ)が発生した場合、リモートサイトにある複製ボリュームのデータを用いたリカバリは保証できなくなる。 However, in the asynchronous mode, since the difference information shown on the data table the order of IO instruction is not written, if a serious problem in the local site in a state where the difference information exists (the disaster) occurs, the remote site recovery can not be guaranteed with data of a copy volume.

これを鑑みて、ローカルサイトとしての正側システムにおいて、マスタボリュームにデータが書き込まれる毎に生成される差分データの量を管理し、システムの稼働状況に応じてリモートサイトとしての副側システムへの差分データ転送頻度を制御すると共に、副側システムにて、正側システムからの更新データの最終受領時刻を記録しておくような非同期モードを用いたデータ多重化システムが、特許文献1で開示されている In view of this, in the positive side system as a local site, and manage the amount of difference data is generated for each data to the master volume is written to the secondary system as a remote site in accordance with the operational status of the system It controls the differential data transfer frequency at the secondary system, the data multiplexing system using an asynchronous mode as recording the last reception time of the update data from the primary system, disclosed in Patent Document 1 ing

特開平10‐198607号公報 JP 10-198607 discloses

しかしながら、特許文献1に示すシステムでは、問題(ディザスタ)発生に際して、正側及び副側システムの間におけるデータの一致状態を把握できるだけで、差分情報がある状態のローカルサイトに重大な問題(ディザスタ)が発生した場合、リモートサイトにある複製ボリュームのデータを用いたリカバリは保証できない。 However, in the system shown in Patent Document 1, a problem when (disaster) occurs, only can grasp the coincidence state of the data between the primary and the secondary system, serious problems in the local site in a state where there is difference information (disaster) If is generated, the recovery using data of the replication volume in the remote site can not be guaranteed. つまり、同期モード及びセミ同期順序保証モードは、ローカルサイトに重大な問題(ディザスタ)が発生した場合、リモートサイトにある複製ボリュームを用いて、直近の時点の状態までデータ復旧できるのに対して、非同期モードは、記録した時刻に遡った状態までしかデータ復旧することができないという不都合がある。 In other words, the synchronous mode and the semi-synchronous order guarantee mode, if serious problem locally site (disaster) occurs, by using the copy volume at the remote site, whereas the data that can be restored to the state of the most recent point in time, asynchronous mode, there is a disadvantage that can not be only data recovery to the state was back in recorded time.

しかし、ここで、回線の容量と言う観点で見た場合、ストレージサブシステムのデータ書き込みを統計的に見ると、ピークの値は、平均値の10倍以上である。 But here, when viewed in the standpoint of the capacity of the line, looking at the data writing in the storage subsystem statistically, the peak value is more than 10 times the average value. これらの書き込みデータを通信回線を用いて転送するのに、同期モード及びセミ同期順序保証モードでは、ストレージサブシステムに要求される瞬間の速度を損なわないようにするため、ディスク性能と同等の回線設計をする必要があり、非同期モードに比べると多大な回線容量を要求することとなる。 To transfer using the communication line of these write data, in the synchronous mode and the semi-synchronous order assurance mode, To reduce the instantaneous speed required for the storage subsystem, disk performance equivalent line design We need to, and may require a great deal of bandwidth compared to an asynchronous mode. つまり、同期モード及びセミ同期順序保証モードは、非同期モードに比べて最大1桁くらい大きな容量の回線を用いた運用が必要となる。 In other words, the synchronous mode and the semi-synchronous order guarantee mode operation is required using the line large volume about maximum order of magnitude compared to the asynchronous mode.

そこで、本発明は、低容量の回線を用いた運用が可能で、かつ、従来の同期系データ転送方式を用いて複数のストレージサブシステム間でデータの多重化を実現するデータ管理システム,データ管理方法及びデータ管理用プログラムを提供することを、その目的とする。 Accordingly, the present invention can operate with a low volume line, and a data management system for implementing a multiplexing data across multiple storage subsystems using conventional synchronous data transfer system, data management to provide a method and a data management program, and an object.

上記目的を達成するため、本発明のデータ管理システムは、上位装置からのデータ書込み命令に係るデータを書き込むためのマスタボリュームを有するメインストレージサブシステムと、このマスタボリュームの複製として予備ボリュームを有する予備ストレージサブシステムとが通信ネットワークを介して接続して成るデータ管理システムであって、 To achieve the above object, preliminary data management system of the present invention, having a main storage subsystem having a master volume for writing data according to a data write command from the host device, the emergency volume as a replication of the master volume and the storage subsystem a data management system formed by connecting through a communication network,
前記メインストレージサブシステムが、前記マスタボリュームに書き込むデータを前記予備ボリュームに複製するためのデータ転送処理をセミ同期順序保証モードと非同期モードで相互切り替え可能に実行する機能を備え、前記予備ストレージサブシステムが、 The main storage subsystem, a function of executing data transfer processing for replicating data written to the master volume to the pre volume to be mutually switchable semi synchronous order guarantee and asynchronous modes, the preliminary storage subsystem But,
前記予備ボリュームの複製としての複製ボリュームと、前記メインストレージサブシステムから送り込まれるデータの転送方式を前記セミ同期順序保証モードまたは前記非同期モードのいずれか判断する書込モード制御手段と、この書込モード制御手段により前記セミ同期順序保証モードで転送されてきたと判断されデータを前記予備ボリュームへの書き込みと同期して前記複製ボリュームに書き込む同期書込制御手段と、前記書込モード制御手段により前記非同期モードで転送されてきたと判断されデータを前記予備ボリュームへの書き込みと非同期で前記複製ボリュームに書き込む更新データ書込手段とを備え、 前記書込モード制御手段は、前記メインストレージサブシステムから非同期モードで転送されてきたデータが書き込まれ And copy volume as replication of the preliminary volume, and the write mode control means for determining either the transfer method of the semi-synchronous order assurance mode or the asynchronous mode of data sent from the main storage subsystem, the write mode a synchronous write control means for writing the copy volume of data determined to have been transferred in the semi-synchronous order guarantee mode by the control means in synchronism with the writing to the pre volume, the asynchronous by the write mode control means a update data writing means for writing the data determined to have been transferred by mode to the copy volume at write and asynchronous to the preliminary volume, the write mode control means, the asynchronous mode from the main storage subsystem data that has been transferred in is written 予備ボリューム内のアドレスを予め装備された更新データテーブルに記録する機能を備え、前記更新データ書込手段は、前記更新データテーブルに記録されたアドレスに基づいて前記予備ボリュームから更新データを読み出して前記複製ボリュームに書き込むことを特徴とする。 A function of recording the address of the spare volume previously instrumented updated data table, the update data writing means, said reading updated data from the preliminary volume based on the recorded address to the update data table and writes the copy volume.

このようなデータ管理システムによれば、上位装置からのデータ書込み命令によって書き込まれるデータを多重化する際のメインストレージサブシステムと予備ストレージサブシステム間の情報転送を、セミ同期順序保証モードと非同期モードとで切り換えて実行することができる。 According to the data management system, the information transfer between the main storage subsystem and preliminary storage subsystem when multiplexing the data to be written by the data write command from the host device, a semi-synchronous order assurance and asynchronous modes it can be performed by switching between.

のようにすると、予備ボリュームを複製ボリュームにバックアップすることができる。 If you like this, it is possible to back up a spare volume in the replication volume.

このようにすると、予備ボリュームを同期して複製ボリュームにバックアップすることができ、予備ボリュームに問題が発生した場合でも、複製ボリュームを用いて復旧することができる。 In this way, it is possible to back up the copy volume in synchronism with pre-volume, even if the problem in the preliminary volume occurs, it is possible to recover with the replication volume.

このようにすると、予備ボリュームと複製ボリュームとの間で非同期にデータ複製を行うことができ、マスタボリュームと予備ボリューム間が非同期モードでの転送である状態で 、マスタボリュームに障害が発生した場合に、予備ボリュームを用いたリカバリは保証できないが、予備ボリュームと切り離されている複製ボリュームがリカバリを保証することができる。 In this way, it is possible to perform data replication asynchronously between the preliminary volume and copy volume, while a transfer between the master volume and the backup volume in asynchronous mode, if a failure occurs in the master volume recovery with preliminary volume can not be guaranteed, it is possible to copy volume being separated from the emergency volume to ensure recovery.

このようにすると、メインストレージサブシステと予備ストレージサブシステム間のデータ転送方式が非同期モードに移行したことを契機に、予備ボリュームと複製ボリュームとの間の同期書込みを中止することができる。 In this way, it is possible that the data transfer system between the main storage sub system and the backup storage subsystem in response of the transition to the asynchronous mode, stops the synchronous write between the preliminary volume and copy volume.

次に、本発明のデータ管理方法は、上位装置からのデータ書込み命令に係るデータを書き込むためのマスタボリュームを有するメインストレージサブシステムと、このマスタボリュームの複製として予備ボリュームを有する予備ストレージサブシステムとが通信ネットワークを介して接続し、前記メインストレージサブシステムが、前記マスタボリュームに書き込むデータを前記予備ボリュームに複製するためのデータ転送処理をセミ同期順序保証モードと非同期モードで相互切り替え可能に実行する機能を備えたデータ管理システムにあって、前記メインストレージサブシステムから転送されたデータを受信した前記予備ストレージサブシステムがそのデータの転送方式を前記セミ同期順序保証モードまたは前記非同期モードのいずれか判 Next, the data management method of the present invention includes a main storage subsystem having a master volume for writing data according to a data write command from a host device, a pre-storage subsystem having a preliminary volume as a replication of the master volume There are connected via a communication network, the main storage subsystem, mutual switchably performed in the semi-synchronous order assurance mode data transfer process for the data to be written to the master volume is replicated to the preliminary volume and asynchronous mode in the data management system having a function, either determine the main storage subsystem the preliminary storage subsystem which receives the data transferred from said transfer scheme of the data semi-synchronous order assurance mode or the asynchronous mode し、前記セミ同期順序保証モードと判断した場合、その転送されたデータを前記予備ボリュームへの書き込みに同期して予め装備された複製ボリュームに書き込み、前記非同期モードと判断した場合、その転送されたデータを前記予備ボリュームに書き込み、当該データが書き込まれる当該予備ボリューム内のアドレスを更新データテーブルに記録し、この更新データテーブルに記されたアドレスに基づいて前記予備ボリュームから更新データを読み出して前記複製ボリュームに書き込むことを特徴とする。 And, wherein when it is determined that the semi-synchronous order assurance mode, included can write to the transfer duplication volume data equipped in advance in synchronism with the writing to the pre volume, when it is determined that the asynchronous mode, the transfer the written data to the emergency volume, and records the address in the emergency volume in which the data is written to the update data table, reads out the updated data from the preliminary volume based on the address written in the update data table and writes to the copy volume.

このようなデータ管理方法によれば、メインストレージサブシステムと予備ストレージサブシステム間で、上位装置のデータ書込み命令の発行密度の増減に応じてセミ同期順序保証モードによる情報転送と低容量回線向きの非同期モードによる情報転送とを切り替えて実行しデータの多重化を実現することができる。 According to the data management method, between the main storage subsystem and preliminary storage subsystem, in accordance with the increase or decrease of the issuance density of data write command of the host device Semi synchronization by order assurance mode information transfer and low capacitance lines facing It may perform switching between information transfer by the asynchronous mode to realize multiplexing of data.

のようにすると、予備ボリュームに書き込まれるデータを同期して複製ボリュームにバックアップすることができる。 If you like this, it is possible to back up the copy volume to synchronize the data to be written to the spare volume.

このようにすると、予備ボリュームに書き込まれるデータを非同期で複製ボリュームにバックアップすることができ、マスタボリュームと予備ボリューム間が非同期モードでの転送である状態で 、マスタボリュームに障害が発生した場合に、予備ボリュームを用いたリカバリは保証できないが、予備ボリュームと切り離されている複製ボリュームがリカバリを保証することができる。 In this way, it is possible to back up the copy volume of data to be written to a spare volume asynchronously, while a transfer between the master volume and the backup volume in asynchronous mode, if a failure occurs in the master volume, recovery with preliminary volume can not be guaranteed, it is possible to copy volume being separated from the emergency volume to ensure recovery.

次に、本発明のデータ管理用プログラムは、 上位装置からのデータ書込み命令に係るデータを書き込むためのマスタボリュームを有するメインストレージサブシステムと、このマスタボリュームの複製として予備ボリュームを有する予備ストレージサブシステムとが通信ネットワークを介して接続し、前記メインストレージサブシステムが、前記マスタボリュームに書き込むデータを前記予備ボリュームに複製するためのデータ転送処理をセミ同期順序保証モードと非同期モードで相互切り替え可能に実行する機能を備えたデータ管理システムにおける前記予備ストレージサブシステムにあって、前記メインストレージサブシステムから転送されたデータの転送方式を前記セミ同期順序保証モード又は前記非同期モードのいずれか判断する処 Next, the data management program of the present invention, the pre-storage subsystem having a main storage subsystem having a master volume for writing data according to a data write command from the host device, the emergency volume as a replication of the master volume Doo is connected via a communications network, the main storage subsystem, the execution mutual switchably data transfer process for the data to be written to the master volume is replicated to the preliminary volume semi synchronous order guarantee and asynchronous modes wherein the data management system having a function of in the preliminary storage subsystem, processing for determining one of a transfer method of data transferred from the main storage subsystem the semi synchronous order assurance mode or the asynchronous mode 理,前記セミ同期順序保証モードで転送されてきたデータを前記予備ボリュームへの書き込に同期して当該予備ボリュームの複製としての複製ボリュームに書き込む同期書込処理,前記非同期モードで転送されてきたデータが書き込まれる当該予備ボリューム内のアドレスを更新データテーブルに記録する処理,及び、前記更新データテーブルに記されたアドレスに基づいて前記予備ボリュームから更新データを読み出して前記複製ボリュームに書き込む非同期書込処理,をコンピュータに実行させることを特徴とする。 Sense, the semi-synchronous synchronization writing process to write the copy volume of the write synchronization with write only as a replication of the preliminary volume of data transferred by the order assurance mode to the emergency volume, have been transferred in the asynchronous mode data processing of recording the address in the reserve volume in the update data table to be written, and an asynchronous document to be written in said based on the address written in the update data table from the preliminary volume reads update data replication volume characterized in that to execute write process, to the computer.

このようなデータ管理用プログラムによれば、上記のデータ管理システム及びデータ管理方法と同様に、予備ボリュームに書き込まれるデータを同期して複製ボリュームにバックアップし、メインストレージサブシステと予備ストレージサブシステム間のデータ転送方式が非同期モードに移行したことを契機に、予備ボリュームと複製ボリューム間の同期書き込みを中止することができる。 According to the data management program, as well as data management system and data management method described above, in synchronism with the data to be written to the spare volume back up to the copy volume, between the main storage sub system and the backup storage subsystem in response to the data transfer method has shifted to the asynchronous mode, it is possible to stop the synchronous write between the preliminary volume and copy volume.

本発明は以上のように構成され機能するため、これにより、 マスターボリュームと予備ボリューム間のリモートコピーを非同期モードで実行中にマスタボリュームで障害が発生しても、予備ボリュームと切り離されている複製ボリュームがリカバリを保証することができる。 To present invention is constituted as described above functions, by which, even if a failure in the master volume generates a remote copy between the master volume and the emergency volume while running in asynchronous mode, replication that is separated from the emergency volume volume it is possible to guarantee the recovery.

以下、本発明における一実施形態を、図面を参照して説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.

図1は、本実施形態のデータ管理システムにおけるメインストレージサブシステムの構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the configuration of the main storage subsystem in the data management system of this embodiment. この図1に示すように、本実施形態のデータ管理システムは、メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3とが通信ネットワークを介して接続するように構成されている。 As shown in this FIG. 1, the data management system of this embodiment includes a main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3 is configured to connect via a communication network.

メインストレージサブシステム2は、上位装置1からのデータ書き込みを示すwriteIO(IN,OUT)命令に基づいてデータを書き込むためのマスタボリューム21と、上位装置1からのwriteIO命令を格納するバッファ22と、上位装置1からのwriteIO命令に付随するデータの書き込みによってマスタボリューム21のどの部分のアドレスが更新されたかを示すデータテーブル23と、writeIO命令に示される通りにデータテーブル23を更新するデータテーブル更新手段24と、データテーブル23に基づいてマスタボリューム21から差分データを読み出す差分データ読出手段25とを備えて構成されている。 Main storage subsystem 2, writeIO (IN, OUT) indicating the data writing from the host device 1 and the master volume 21 for writing data based on the instruction, a buffer 22 for storing WriteIO command from the host device 1, a data table 23 that indicates the address of the master volume 21 which portion is updated by the write data associated with writeIO command from the host device 1, the data table updating means for updating the data table 23 as shown in writeIO instruction 24 is constructed by a difference data reading section 25 for reading the difference data from the master volume 21 based on the data table 23.

そして、更に、メインストレージサブシステム2は、バッファ22に格納されたwriteIO命令をこの順序を保障して予備ストレージサブシステム3へ転送する機能と差分データ読出手段25が読み出した差分データを予備ストレージサブシステム3へ転送する機能とを有する送出部26と、writeIO命令の発行密度を監視してこの発行密度に応じて送出部26の機能を制御する転送モード制御手段27とを備えると共に、上位装置1に対してデータの書き込みが正常に終了したことを示す命令完了報告を送信する完了報告手段28を備えて構成されている。 Then, further, the main storage subsystem 2, pre-storage differential data function and the difference data reading section 25 is read to transfer writeIO instructions that are stored in the spare storage subsystem 3 to guarantee the order in the buffer 22 sub a sending unit 26 and a function of transferring to the system 3, with and a transfer mode control means 27 for controlling the function of the sending unit 26 in response to the issuance density monitors the issuance density of writeIO instruction, the upper device 1 writing of data is configured to include a completion report means 28 for transmitting the instruction completion report indicating that the operation was successful against.

バッファ22は、図2に示すように、上位装置1が発行したwriteIO命令を複数格納し、このIO命令の順序を保証してパッケージ化しており、このパッケージ化されたIO命令を予備ストレージサブシステム3に転送するために送出部26に出力する機能を有している。 Buffer 22, as shown in FIG. 2, the upper unit 1 will store multiple writeIO instructions issued, it has been packaged guarantee the order of the IO instruction, the packaged pre-storage subsystem IO instruction and to output to the sending unit 26 for transfer to 3. データテーブル更新手段24は、上位装置1からのwriteIO命令に示されている情報に従ってデータテーブル23を更新する機能を有している。 Data table updating unit 24 has a function of updating the data table 23 according to the information shown in the writeIO command from the host device 1.

また、複数のwriteIO命令をこの順序を保証して格納するバッファ22と、バッファ22に格納されたwriteIO命令をこの順序を保証して予備ストレージサブシステムへ転送する送出部26と、マスタボリュームに対するデータ書き込みの完了とバッファへのデータ書込み命令格納の完了をもって命令完了報告を上位装置へ送信する機能を有した完了報告手段28とによりセミ同期順序保証モードでの情報転送を実行するセミ同期モード実行部2aが構成されている。 Further, a plurality of writeIO instruction buffer 22 for storing to guarantee this order, and the delivery unit 26 for transferring the writeIO instructions stored in the buffer 22 to the spare storage subsystem to ensure this order, the data for the master volume semi synchronous mode execution unit by the completion report means 28 with a completion of the data write command stored in the write completion and the buffer having a function of transmitting a command completion report to the host apparatus for performing information transfer in a semi-synchronous order assurance mode 2a is configured.

また更に、writeIO命令に付随するデータの書き込みによってマスタボリューム21のどの部分のアドレスが更新されたかを示すデータテーブル23と、writeIO命令に示されている通りにデータテーブル23を更新するデータテーブル更新手段24と、データテーブル23に示されているアドレスに格納されている差分データをマスタボリューム21から読み出す差分データ読出手段25と、マスタボリューム21に対するデータの書き込み完了をもって命令完了報告を上位装置へ送信する機能を有した完了報告手段28と、差分データを予備ストレージサブシステム3へ転送する送出部26とにより非同期モードでの情報転送を実行する非同期モード実行部2bが構成されている。 Furthermore, a data table 23 that indicates the address of the portion of the master volume 21 throat is updated by writing the data associated with writeIO instructions, data table updating means for updating the data table 23 as shown in writeIO instruction 24, transmits the differential data stored in the address indicated in the data table 23 and the difference data reading section 25 for reading from the master volume 21, with a completion of the writing of data to the master volume 21 an instruction completion report to the host device a completion report means 28 having a function, the asynchronous mode performing unit 2b to execute the information transfer in asynchronous mode by the sending unit 26 to transfer the difference data to the backup storage subsystem 3 is configured.

転送モード制御手段27は、セミ同期モード実行部2aと非同期モード実行部2bとを切り替えて動作させるように制御する機能を有しており、この機能は、上位装置1によるIO命令の発行密度が一定値を超えて増大するタイミングで、非同期モード実行部2bを動作させる。 Transfer mode control means 27 has a function of controlling to operate by switching between the semi-synchronous mode performing unit 2a and the asynchronous mode performing unit 2b, this feature issues density of IO order under the host apparatus 1 is at a timing increases beyond a predetermined value, it operates the asynchronous mode execution unit 2b. 具体的には、バッファ22へのwriteIO命令の格納を中止させ、バッファ22へのwriteIO命令の格納が中止されている間に受信したwriteIO命令に示されている通りにデータテーブル23を更新させるようにデータテーブル更新手段24を制御し、更新されたデータテーブル23に示されているアドレスに格納されている差分データをマスタボリューム21から読み出し差分データ読出手段25を制御し、この差分データを予備ストレージサブシステム3へ転送させるように送出部26を制御する。 Specifically, stops the storage of writeIO instructions to the buffer 22, so as to update the data table 23 as shown in writeIO command received while storing the writeIO instruction to the buffer 22 is stopped controls the data table updating unit 24, a differential data stored in the address indicated in the updated data table 23 controls the reading difference data reading means 25 from the master volume 21, pre-storage of the difference data controlling the delivery unit 26 so as to transfer to the subsystem 3.

更に、上位装置1によるIO命令の発行密度が一定値より低下するタイミングで、セミ同期モード実行部2aを動作させる。 Further, at the timing when issuing the density of IO order under the host apparatus 1 decreases below a certain value, to operate the semi-synchronous mode execution unit 2a. 具体的には、バッファ22へのwriteIO命令の格納を開始させ、バッファ22に格納されたwriteIO命令をこの順序を保証して予備ストレージサブシステム3へ転送するように送出部26を制御し、マスタボリュームに対するデータ書き込みの完了とバッファへのデータ書込み命令格納の完了をもって命令完了報告を上位装置へ送信するように完了報告手段28を制御する。 Specifically, to initiate the storage of writeIO instruction to the buffer 22, and controls the sending unit 26 to transfer the writeIO instructions stored in the buffer 22 to the spare storage subsystem 3 to ensure this order, the master controlling a completion report means 28 to transmit a command completion report with a completion of the data write command stored in the completion and buffer data writing to the upper apparatus for the volume.

すなわち、転送モード制御手段27は、writeIO命令をバッファ22に格納しこの格納されたwriteIO命令をこの順序を保障して予備ストレージサブシステム3へ転送するセミ同期順序保証モードでシステムを運用するか、マスタボリューム21のどの部分のアドレスが更新されたかを示すデータテーブル23を、マスタボリュームへのデータ書き込みに応じて更新しこのデータテーブル23に基づいてマスタボリューム21から読み出される差分データを予備ストレージサブシステム3へ転送する非同期モードで運用するかを管理する機能を有している。 That is, the transfer mode control means 27, or operate the system with semi-synchronous order guarantee mode for storing the writeIO instruction buffer 22 transfers the writeIO instructions that are the stored in the spare storage subsystem 3 to ensure this order, the data table 23 that indicates the address of the master volume 21 which portion has been updated, and updated according to the data writing to the master volume preliminary storage subsystem difference data read from the master volume 21 based on the data table 23 It has a function of managing whether to operate in the asynchronous mode to be transferred to 3.

また、転送モード制御手段27は、上位装置1によるIO命令の発行密度が一定値より低下するタイミングで、セミ同期順序保証モードでのシステム運用に切り替えるが、その後においても、切り替え前に特定した差分データを転送することで、非同期モードとセミ同期順序保証モードとを共存させる機能を有している。 Further, the differential transfer mode control means 27, at the timing when issuing the density of IO order under the host apparatus 1 decreases below a certain value, but is switched to the system operation in the semi-synchronous order assurance mode, even then identified before the switch by transferring the data, and has a function to coexist with the asynchronous mode and the semi-synchronous order assurance mode. さらに、この差分データが「0」になると、非同期モードを終了させ、セミ同期順序保証モードのみの運用に移行する機能を有している。 Further, when the difference data is "0", to terminate the asynchronous mode has a function to migrate to the operation of only the semi-synchronous order guarantee mode.

ここで、転送モード制御手段27がセミ同期順序保証モードか非同期モードかを決定する基準であるIO命令の発行密度の一定値とは、予め設定した閾値や、バッファ22に格納されるIO命令がバッファ22の記憶容量を超えるような値などが考えられる。 Here, a constant value of issued density of IO instruction transfer mode control means 27 is a reference to determine the semi-synchronous order assurance mode or the asynchronous mode, the threshold value or a preset, the IO instructions stored in the buffer 22 such as the value that exceeds the storage capacity of the buffer 22 are contemplated.

完了報告手段28は、転送モード制御手段27によってセミ同期順序保証モードでのシステム運用を行っている場合に、マスタボリューム21に対するデータの書き込み完了と、バッファ22へのIO命令格納完了をもって、命令完了報告を上位装置1へ送信する機能と、非同期モードでのシステム運用を行っている場合に、マスタボリューム21に対するデータの書き込み完了で命令完了報告を送信する機能とを有している。 Completion report means 28, when doing system operation in semi-synchronous order assurance mode by the transfer mode control means 27, with the completion of the writing of data to the master volume 21, an IO instruction storage completion to the buffer 22, the completed instruction a function of transmitting report to the host device 1, when doing system operation in asynchronous mode, and a function of transmitting the instruction completion report at completion of data write to the master volume 21.

図3は、図1に示す実施形態のデータ管理システムにおける予備ストレージサブシステムの構成を示すブロック図である。 Figure 3 is a block diagram showing the configuration of a spare storage subsystem in the data management system of the embodiment shown in FIG.

図3に示すように、予備ストレージサブシステム3は、メインストレージサブシステム2におけるマスタボリューム21の複製として予備ボリューム31と、この予備ボリューム31の複製である複製ボリューム32とを備え、メインストレージサブシステム2から転送されるwriteIO命令に基づいて予備ボリューム31に書き込まれるデータを同期して複製ボリューム32に書き込む同期書込制御手段33を備えて構成されている。 As shown in FIG. 3, the preliminary storage subsystem 3 includes a preliminary volume 31, and a replication volume 32 is a replica of the preliminary volume 31 as a replication of the master volume 21 in the main storage subsystem 2, the main storage subsystem It is configured to include a synchronous write control means 33 in synchronism with the data to be written to the spare volume 31 is written to the copy volume 32 based on writeIO instruction transferred from 2.

さらに、予備ストレージサブシステム3は、メインストレージサブシステム2からの差分データを受信すると同期書込制御手段33を停止させて、予備ボリューム31のみに差分データを書き込み、writeIO命令を受信すると同期書込制御手段33を作動させる書込モード制御手段34と、差分データ書き込みにより予備ボリューム31のどの部分のアドレスが更新されたかを示す更新データテーブル35と、この更新データテーブル35に基づいて複製ボリューム32に未反映の更新データを予備ボリューム31から読み出し複製ボリューム32に書き込む更新データ書込手段36とを備えて構成されている。 Furthermore, preliminary storage subsystem 3, stops the Upon reception synchronization write control unit 33 the difference data from the main storage subsystem 2 writes the differential data only in the preliminary volume 31, synchronous write receives the writeIO instruction a write mode control means 34 actuating the control means 33, the difference data writing and updating data table 35 that indicates the address of a portion of the preliminary volume 31 throat is updated, the copy volume 32 based on the update data table 35 It is configured to include an update data writing unit 36 ​​writes the updated data unreflected from the preliminary volume 31 to read replication volume 32.

予備ボリューム31は、セミ同期順序保証モードによって転送されるパッケージ化されたIO命令に従って順にデータを書き込むためのボリュームか、または、非同期モードによって転送される差分データを書き込むためのボリュームである。 Preliminary volume 31, or a volume for writing data in the order in accordance with IO instructions that are packaged are transferred by a semi-synchronous order assurance mode, or a volume for writing differential data transferred by asynchronous mode.

書込モード制御手段34は、メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3間の転送方式を監視しており、この転送方式が非同期モードに移行することを契機に、予備ボリューム31と複製ボリューム32間で行われていた同期書き込みを停止させる機能と、それ以降に転送されるwriteIO命令を更新データテーブル35に反映させる機能と、この更新データテーブル35に基づいて更新データ書込手段36を作動させる機能とを有している。 Write mode control unit 34 monitors the transfer method between the main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3, the opportunity that this transfer method shifts to the asynchronous mode, the preliminary volume 31 and replication volume 32 a function to stop the synchronous writes that have been performed between the function to reflect the is the writeIO instruction transfer thereafter to update the data table 35, to operate the update data writing unit 36 ​​on the basis of the update data table 35 and a function. また、セミ同期順序保証モードに移行することを契機に、予備ボリューム31と複製ボリューム32間で同期書き込みを開始させる機能を有している。 Further, in response to migrate to semi synchronous order assurance mode, it has a function to start the synchronous writes between the preliminary volume 31 and replication volume 32.

すなわち、書込モード制御手段34は、メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3間の転送方式が非同期モードに移行すると、予備ボリューム31と複製ボリューム32間のコピーを非同期に実行させ、セミ同期順序保証モードに移行すると、同期のコピーを実行させるように制御する機能を有している。 That is, the write mode control means 34, when the transfer system between the main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3 shifts to the asynchronous mode, the preliminary volume 31 to execute the copy between the copy volume 32 asynchronously, semi synchronous After the transition to order assurance mode, and has a function of controlling so as to execute a copy of the synchronization.

また、書込モード制御手段34は、メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3間の転送方式がセミ同期順序保証モードに切り替わった後においても、切り替え前に特定した更新データを複製ボリューム32に書き込むことで、非同期と同期とのコピーを共存させる機能を有している。 The writing mode control means 34, after the transfer system between the main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3 is switched to the semi-synchronous order assurance modes, the update data specified before switching to replication volume 32 by writing, it has a function to coexist copies of asynchronous and synchronous. 更に、更新データ書込手段36が更新データを複製ボリューム32に書き込むことによって更新データが「0」になると、非同期のコピーを終了させ、同期のみのコピーに移行する機能を有している。 Furthermore, the update data writing unit 36 ​​is the update data by writing the update data in the copy volume 32 becomes "0", to terminate the asynchronous copy has the ability to migrate to the copy of the synchronization only.

次に、本実施形態のデータ管理システムにおける全体の動作を説明する。 Next, the overall operation of the data management system of this embodiment. ここで、本発明にかかるデータ管理方法についても、同時に説明する。 Here, for the data management method according to the present invention will be described simultaneously.

図4は、図1及び図3に示す実施形態のデータ管理システムにおける動作の概略を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing an outline of the operation of the data management system of the embodiment shown in FIGS.

メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3間において、セミ同期順序保証モードでの情報転送が実行されており、マスタボリューム21と予備ボリューム31は若干のずれを伴っているがメインストレージサブシステム2に重大な問題(ディザスタ)が発生した場合でも、予備ストレージサブシステム3の予備ボリューム31に復旧可能なデータが格納されている。 In between the main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3, the semi-synchronous order assurance information transfer is running on the mode, the master volume 21 and the backup volume 31 is accompanied by a slight deviation main storage subsystem 2 even if serious problem (disaster) occurs, which can recover data in the spare volume 31 of the spare storage subsystem 3 is stored in. このとき、予備ボリューム31と複製ボリューム32との間では、同期書き込みが運用されており、複製ボリューム32にも同様に復旧可能なデータが格納されている。 In this case, between the preliminary volume 31 and replication volume 32, and synchronous write is operated, it is stored similarly recoverable data to replication volume 32.

この状態で、上位装置からのwriteIO命令の発行密度が大きくなり一定値を超えた場合、メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3間での転送方式は非同期モードに切り替えられる。 In this state, if the issuing density of writeIO command from the host apparatus exceeds a larger becomes constant value, transfer method between the main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3 is switched to the asynchronous mode. この切り替えを契機に、予備ストレージサブシステム3の予備ボリューム31と複製ボリューム32との間における同期書き込みが停止される。 In response to this switching, synchronized writing between the emergency volume 31 of the spare storage subsystem 3 and the replication volume 32 is stopped. これ以降は、非同期モードでの転送であるため、予備ボリューム31は、マスタボリューム21を復旧することはできないが、直前に切り離された複製ボリューム32が復旧可能なボリュームとして確保されている。 After this, since a transfer in asynchronous mode, the preliminary volume 31 is not able to recover the master volume 21, copy volume 32, separated immediately before is secured as possible recovery volume.

次に、上位装置からのwriteIO命令の発行密度が小さくなり一定値より下がると、メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3間での転送方式はセミ同期順序保証モードに切り替えられる。 Then, when issuing the density of writeIO command from the host device becomes lowered than a predetermined value smaller transfer method between the main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3 is switched to the semi-synchronous order assurance mode. このときは、非同期モードとセミ同期順序保証モードが共存している状態である。 In this case, a state in which the asynchronous mode and the semi-synchronous order guarantee mode coexist.

また、これ以降は、差分データが増えることは無く、一定時間後すべての差分データが転送されることで、非同期モードでの転送は終了する。 Further, since this, it is not the difference data is increased, that all differential data after a predetermined time is transferred, the transfer in asynchronous mode is ended.

この時点で、マスタボリューム21と予備ボリューム31は、通常と同じように若干のずれを伴っているがメインストレージサブシステム2に重大な問題(ディザスタ)が発生した場合でも、予備ボリューム31に復旧可能なデータが格納されている。 At this point, the master volume 21 and the backup volume 31, even if it just as is accompanied by slight deviation usually a serious problem in the main storage subsystem 2 (disaster) occurs, can be recovered to the pre volume 31 data is stored such.

次に、予備ボリューム31と複製ボリューム32間では、非同期状態から同期の状態に戻るため、まずメインストレージサブシステム2からのwriteIO命令に従ってデータを同期で書き込むと共に、非同期状態の間に転送された差分データは、更新データテーブル35にしたがって非同期で書き込まれる。 Then, between the preliminary volume 31 and replication volume 32, to return to the synchronous state from the asynchronous state, it writes the data in synchronization according to First writeIO instruction from the main storage subsystem 2, a difference that was transferred during the asynchronous state data is written asynchronously in accordance with the updated data table 35.

予備ボリューム31と複製ボリューム32の差分がある間は、複製ボリューム32はマスタボリューム21を復旧できないボリュームであるが、予備ボリューム31が復旧可能なボリュームとなるため問題はない。 While the preliminary volume 31 is the difference between the replicated volume 32 is replication volume 32 is a volume that can not recover the master volume 21, emergency volume 31 is no problem volume, and therefore recoverable.

図5は、図1及び図3に示す実施形態のデータ管理システムにおける全体動作を示すシーケンス図である。 Figure 5 is a sequence diagram showing the overall operation of the data management system of the embodiment shown in FIGS.

まず、上位装置1からメインストレージサブシステム2へwriteIO命令が送信される(図5:ステップs100)。 First, WriteIO instruction is sent from the host apparatus 1 to the main storage subsystem 2 (Figure 5: Step s100).

続いて、メインストレージサブシステム2では、上位装置1からのwriteIO命令に基づいてこの命令に付随するデータがマスタボリューム21に格納される(図5:ステップs101,データ書込工程)。 Then, the main storage subsystem 2, the data associated with the instruction based on writeIO command from the host device 1 is stored in the master volume 21 (FIG. 5: Step s101, the data writing step). そして、転送モード制御手段27によって、writeIO命令の発行密度が一定値を超えていたか否かが判定される(図5:ステップs102,判定工程)。 Then, the transfer mode control means 27, whether issued density of writeIO instructions exceeds the predetermined value is determined (Fig. 5: Step s102, judgment step). writeIO命令の発行密度が一定値を超えていないと判定された場合、writeIO命令がバッファ22に格納され、完了報告手段28によって、マスタボリューム21に対するデータの書き込み完了とバッファ22へのIO命令格納完了とをもって命令完了報告を上位装置1へ送信し、バッファ22に格納されたwriteIO命令がこの順序を保障された状態で予備ストレージサブシステム3へ転送される(図5:ステップs103,ステップs104,ステップs105,セミ同期転送工程)。 If issuing the density of WriteIO instruction is determined not to exceed a certain value, WriteIO instruction is stored in the buffer 22, the completion report means 28, IO instruction storage completion to the write completion and the buffer 22 of data to the master volume 21 and then with a send instructions completion report to the host device 1, writeIO instructions stored in the buffer 22 is transferred to the spare storage subsystem 3 in the state of being guaranteed this order (FIG. 5: step s103, step s104, step s105, semi-synchronous transfer process).

この後、上位装置1から送信されるIO命令の発行密度が一定値を超えたと判定された場合は、バッファ22へのwriteIO命令の格納が中止され、この時点でバッファ22に格納されているwriteIO命令が予備ストレージサブシステム3へ転送されることとなる。 Thereafter, when the issuing density of IO commands transmitted from the host device 1 is determined to have exceeded the predetermined value, storing writeIO instructions to the buffer 22 is stopped, stored in the buffer 22 at this time writeIO so that the instructions are transferred to the spare storage subsystem 3.

ここで、上述したデータ書込工程についてはその内容をプログラム化しコンピュータにデータ書込処理として実行させるように構成してもよい。 Here, the above-described data writing step may be configured to be executed by a computer programmed the contents as data write processing. また、上述したセミ同期転送工程についてもその内容をプログラム化しコンピュータにセミ同期転送処理として実行させるように構成してもよい。 It may also be configured to also to execute the contents programmed to the computer as a semi-synchronous transfer processing for the above-described semi-synchronous transfer process.

一方で、上位装置1によるIO命令の発行密度が一定値を超えたと判定された場合は、完了報告手段28によって、マスタボリューム21に対するデータの書き込み完了で命令完了報告を送信し、マスタボリューム21のどの部分のアドレスが更新されたかを示すデータテーブル23が、バッファ22へのwriteIO命令の格納が中止されている間のwriteIO命令に従って更新され、このデータテーブル23に基づいてマスタボリューム21から差分データが読み出され、この差分データが予備ストレージサブシステム3へ転送される(図5:ステップs106,ステップs107,ステップs108,ステップs109,非同期転送工程)。 On the other hand, if the issuing density of IO order under the host apparatus 1 is determined to have exceeded the predetermined value, the completion report means 28 sends a command completion report at completion of data write to the master volume 21, master volume 21 address which part data table 23 that indicates is updated, the updated according writeIO instructions between storage of writeIO instruction to the buffer 22 is stopped, the difference data from the master volume 21 based on the data table 23 read, the difference data is transferred to the spare storage subsystem 3 (Figure 5: step s106, step s107, step s108, step s109, asynchronous transfer step).

この後、上位装置からのwriteIO命令の発行密度が一定値を下回るようになり、メインストレージサブシステム2のデータテーブル23で示される差分データが一定値より下がった場合は、差分データの読出しが中止され、この時点で特定されている差分データが予備ストレージサブシステム3へ転送されることとなる。 Thereafter, issued density of writeIO command from the host device becomes below a predetermined value, if the difference data indicated by the main storage subsystem 2 data table 23 falls below a certain value, the reading of the difference data is aborted It is, so that the differential data have been identified at this point is transferred to the spare storage subsystem 3. これ以降は、差分データが増えることは無く、一定時間後すべての差分データが転送される。 After this, it is not the difference data is increased, all of the difference data after a certain period of time is transferred.

ここで、上述した非同期転送工程についてはその内容をプログラム化しコンピュータに非同期転送処理として実行させるように構成してもよい。 Here, the asynchronous transfer process described above may be configured to run as asynchronous transfer processing to the computer programs the contents. また、上述のような動作を実現するために、セミ同期転送処理と非同期転送処理とを上位装置1によるIO命令の発行密度に応じて切り換えて実行する切り換え実行処理をコンピュータに実行させるように構成してもよい。 Further, in order to realize the operation as described above, configured to execute switching execution processing to be executed is switched in response to the issuance density of IO order under the semi-synchronous transfer processing and asynchronous transfer processing to the host device 1 to the computer it may be.

そして、予備ストレージサブシステム3では、メインストレージサブシステム2からwriteIO命令が転送された場合は、このwriteIO命令に基づいて予備ボリューム31にデータが書き込まれ、これに同期して複製ボリューム32にもwriteIO命令に基づいたデータが書き込まれる(図5:ステップs111,データ複製工程)。 Then, the preliminary storage subsystem 3, if writeIO instruction from the main storage subsystem 2 is transferred, the writeIO instruction data to the spare volume 31 based is written in replication volume 32 in synchronization therewith writeIO data based on the instruction are written (Fig. 5: step s111, data replication process).

ここで、上述したデータ複製工程についてはその内容をプログラム化しコンピュータに同期書込処理として実行させるように構成してもよい。 Here, the above-described data replication process may also be configured to run as a synchronous write process in the computer program the contents.

メインストレージサブシステム2から差分データが転送された場合は、予備ボリューム31に差分データが書き込まれ(図5:ステップs112,差分データ複製工程)、予備ボリューム31のどの部分のアドレスが更新されたかを示す更新データテーブル35が予備ボリューム31の更新に応じて更新され(図5:ステップs113)、この更新データテーブルに基づいて予備ボリューム31から読み出されたデータが複製ボリューム32に書き込まれる(図5:ステップs114,非同期書込工程)。 When the difference data from the main storage subsystem 2 is transferred, the difference data is written to the spare volume 31 (FIG. 5: Step s112, the difference data replication process), whether the address of the portion of the preliminary volume 31 throat is updated updating data table 35 shown is updated according to the update of the preliminary volume 31 (FIG. 5: step s113), the data read from the emergency volume 31 based on the update data table is written in the copy volume 32 (FIG. 5 : step s114, asynchronous writing step).

ここで、上述した差分データ複製工程及び非同期書込工程についてはその内容をプログラム化しコンピュータに差分データ書込処理及び非同期書込処理として実行させるように構成してもよい。 Here, configuration may be such for the differential data replication process and asynchronous writing step described above is executed by a computer programmed the contents as differential data write processing and asynchronous writing process.

以上のように、本実施形態によれば、メインストレージサブシステム2では、上位装置1からのwriteIO命令(データ書込み命令)を一時的にバッファ22に格納していき幾つかのwriteIO命令をまとめて転送するセミ同期順序保証モードと、データテーブル23にて差分情報を管理し、このデータテーブル23に基づいた差分データを転送する非同期モードとを回線状況に応じて利用することができる。 As described above, according to this embodiment, the main storage subsystem 2, collectively writeIO instruction (data write instruction) temporarily writeIO instructions some will be stored in the buffer 22 from the host device 1 a semi-synchronous order guarantee mode for transferring, to manage difference information in the data table 23, and an asynchronous mode for transferring differential data based on the data table 23 may be utilized depending on line conditions. これにより、メインストレージサブシステム2と予備ストレージサブシステム3間でデータをリモートコピーする際に、低容量の回線においてもセミ同期順序保証モードを採用することができる。 Thus, it is possible to employ when the remote copy data between the main storage subsystem 2 and the backup storage subsystem 3, the semi-synchronous order assurance mode even at low volume line.

また、予備ストレージサブシステム3では、セミ同期順序保証モードと非同期モードとに応じて、予備ボリューム31を複製ボリューム32にコピーする方法を同期または非同期を選択して実行することができる。 Moreover, the preliminary storage subsystem 3, in accordance with the semi-synchronous order guarantee asynchronous and can be performed by selecting a synchronous or asynchronous how to copy a pre-volume 31 to the copy volume 32.

本発明における一実施形態のデータ管理システムにおけるメインストレージサブシステムの構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of the main storage subsystem in the data management system of an embodiment of the present invention. 図1に示す実施形態におけるメインストレージサブシステムのバッファの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a buffer of the main storage subsystem in the embodiment shown in FIG. 図1に示す実施形態のデータ管理システムにおける予備ストレージサブシステムの構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of a spare storage subsystem in the data management system of the embodiment shown in FIG. 図1に示す実施形態のデータ管理システムにおける動作の概略を示す図である。 Is a diagram showing an outline of the operation of the data management system of the embodiment shown in FIG. 図1に示す実施形態のデータ管理システムにおける全体の動作を示すシーケンス図である。 Is a sequence diagram showing the overall operation of the data management system of the embodiment shown in FIG.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 上位装置 2 メインストレージサブシステム 3 予備ストレージサブシステム 2a セミ同期モード実行部 2b 非同期モード実行部 21 マスタボリューム 22 バッファ 23 データテーブル 24 データテーブル更新手段 25 差分データ読出手段 26 送出部 27 転送モード制御手段 28 完了報告手段 31 予備ボリューム 32 複製ボリューム 33 同期書込制御手段 34 書込モード制御手段 35 更新データテーブル 36 更新データ書込手段 1 host apparatus 2 main storage subsystem 3 spare storage subsystem 2a semi-synchronous mode executing section 2b asynchronous mode performing unit 21 the master volume 22 buffer 23 data table 24 data table updating means 25 differential data reading means 26 sending unit 27 transfer mode control means 28 completion report means 31 preliminary volume 32 copy volume 33 synchronous write control unit 34 write mode control unit 35 updates the data table 36 updated data write means

Claims (3)

  1. 上位装置からのデータ書込み命令に係るデータを書き込むためのマスタボリュームを有するメインストレージサブシステムと、このマスタボリュームの複製として予備ボリュームを有する予備ストレージサブシステムとが通信ネットワークを介して接続して成るデータ管理システムであって、 Data and main storage subsystem having a master volume for writing data according to a data write command from a host device, a pre-storage subsystem having a preliminary volume as a replication of the master volume formed by connecting through a communication network a management system,
    前記メインストレージサブシステムが、前記マスタボリュームに書き込むデータを前記予備ボリュームに複製するためのデータ転送処理をセミ同期順序保証モードと非同期モードで相互切り替え可能に実行する機能を備え、 The main storage subsystem, a function of executing data transfer processing for replicating data written to the master volume to the pre volume to be mutually switchable semi synchronous order guarantee and asynchronous modes,
    前記予備ストレージサブシステムが、 The preliminary storage subsystem,
    前記予備ボリュームの複製としての複製ボリュームと、 And copy volume as replication of the preliminary volume,
    前記メインストレージサブシステムから送り込まれるデータの転送方式を前記セミ同期順序保証モードまたは前記非同期モードのいずれか判断する書込モード制御手段と、 A write mode control means for determining either the transfer method of the semi-synchronous order assurance mode or the asynchronous mode of data sent from the main storage subsystem,
    この書込モード制御手段により前記セミ同期順序保証モードで転送されてきたと判断されデータを前記予備ボリュームへの書き込みと同期して前記複製ボリュームに書き込む同期書込制御手段と、 A synchronous write control means for writing the replication volume of the data determined to have been transferred in the semi-synchronous order assurance mode synchronously with writing to the preliminary volume by the write mode control means,
    前記書込モード制御手段により前記非同期モードで転送されてきたと判断されデータを前記予備ボリュームへの書き込みと非同期で前記複製ボリュームに書き込む更新データ書込手段とを備え、 A update data writing means for writing the data determined to have been transferred in the asynchronous mode by the write mode control means on the replication volume in write and asynchronous to the preliminary volume,
    前記書込モード制御手段は、前記メインストレージサブシステムから非同期モードで転送されてきたデータが書き込まれる予備ボリューム内のアドレスを予め装備された更新データテーブルに記録する機能を備え、 The write mode control means has a function of recording the main storage previously instrumented updated data table address in the spare volume data transferred in the asynchronous mode from the subsystem is written,
    前記更新データ書込手段は、前記更新データテーブルに記録されたアドレスに基づいて前記予備ボリュームから更新データを読み出して前記複製ボリュームに書き込むことを特徴とするデータ管理システム。 The update data writing means, a data management system and writes the copy volume reads the update data from the preliminary volume on the basis of the address recorded in the update data table.
  2. 上位装置からのデータ書込み命令に係るデータを書き込むためのマスタボリュームを有するメインストレージサブシステムと、このマスタボリュームの複製として予備ボリュームを有する予備ストレージサブシステムとが通信ネットワークを介して接続し、前記メインストレージサブシステムが、前記マスタボリュームに書き込むデータを前記予備ボリュームに複製するためのデータ転送処理をセミ同期順序保証モードと非同期モードで相互切り替え可能に実行する機能を備えたデータ管理システムにあって、 And main storage subsystem having a master volume for writing data according to a data write command from a host device, a pre-storage subsystem having a preliminary volume is connected via a communication network as a replica of the master volume, the main storage subsystem, in the data management system having a function of executing the interconvertible switch the data transfer process for replicating data written to the master volume to the pre volume semi synchronous order guarantee and asynchronous modes,
    前記メインストレージサブシステムから転送されたデータを受信した前記予備ストレージサブシステムがそのデータの転送方式を前記セミ同期順序保証モードまたは前記非同期モードのいずれか判断し、 Wherein the preliminary storage subsystem which has received the transferred data from the main storage subsystem determines one of the transfer method of the data the semi synchronous order assurance mode or the asynchronous mode,
    前記セミ同期順序保証モードと判断した場合、その転送されたデータを前記予備ボリュームへの書き込みに同期して予め装備された複製ボリュームに書き込み、 Wherein when it is determined that the semi-synchronous order assurance mode, included can write to the transfer duplication volume data equipped in advance in synchronism with the writing to the pre volume,
    前記非同期モードと判断した場合、その転送されたデータを前記予備ボリュームに書き込み、当該データが書き込まれる当該予備ボリューム内のアドレスを更新データテーブルに記録し、 If it is determined that the asynchronous mode, writes the transferred data in the preliminary volume, and records the address in the emergency volume in which the data is written to the update data table,
    この更新データテーブルに記されたアドレスに基づいて前記予備ボリュームから更新データを読み出して前記複製ボリュームに書き込むことを特徴とするデータ管理方法。 Data management method and writes the copy volume reads the update data from the preliminary volume based on the address written in the update data table.
  3. 上位装置からのデータ書込み命令に係るデータを書き込むためのマスタボリュームを有するメインストレージサブシステムと、このマスタボリュームの複製として予備ボリュームを有する予備ストレージサブシステムとが通信ネットワークを介して接続し、前記メインストレージサブシステムが、前記マスタボリュームに書き込むデータを前記予備ボリュームに複製するためのデータ転送処理をセミ同期順序保証モードと非同期モードで相互切り替え可能に実行する機能を備えたデータ管理システムにおける前記予備ストレージサブシステムにあって、 And main storage subsystem having a master volume for writing data according to a data write command from a host device, a pre-storage subsystem having a preliminary volume is connected via a communication network as a replica of the master volume, the main storage subsystem, the preliminary storage in a data management system having a function of executing the interconvertible switch the data transfer process for replicating data written to the master volume to the pre volume semi synchronous order guarantee and asynchronous modes in the sub-system,
    前記メインストレージサブシステムから転送されたデータの転送方式を前記セミ同期順序保証モード又は前記非同期モードのいずれか判断する処理, Process of determining either of the transfer system of the semi-synchronous order assurance mode or the asynchronous mode of data transferred from the main storage subsystem,
    前記セミ同期順序保証モードで転送されてきたデータを前記予備ボリュームへの書き込に同期して当該予備ボリュームの複製としての複製ボリュームに書き込む同期書込処理, The semi synchronous order guarantee mode data transferred in synchronization with the write to the preliminary volume writes the replication volume as a replication of the preliminary volume synchronization writing process,
    前記非同期モードで転送されてきたデータが書き込まれる当該予備ボリューム内のアドレスを更新データテーブルに記録する処理, Process of recording the address in the emergency volume where the data transferred by asynchronous mode is written in the update data table,
    及び、前記更新データテーブルに記されたアドレスに基づいて前記予備ボリュームから更新データを読み出して前記複製ボリュームに書き込む非同期書込処理, And, wherein on the basis of the written address in the update data table reads the update data from the emergency volume written in the copy volume asynchronous writing process,
    をコンピュータに実行させることを特徴とするデータ管理用プログラム。 Data management program for causing a computer to execute the.
JP2006178813A 2006-06-28 2006-06-28 Data management system, data management method and a data management program Active JP4721057B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006178813A JP4721057B2 (en) 2006-06-28 2006-06-28 Data management system, data management method and a data management program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006178813A JP4721057B2 (en) 2006-06-28 2006-06-28 Data management system, data management method and a data management program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008009660A true JP2008009660A (en) 2008-01-17
JP4721057B2 true JP4721057B2 (en) 2011-07-13

Family

ID=39067828

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006178813A Active JP4721057B2 (en) 2006-06-28 2006-06-28 Data management system, data management method and a data management program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4721057B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5251690B2 (en) * 2009-04-02 2013-07-31 日本電気株式会社 Remote copy system and a remote copying method

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09325863A (en) * 1996-06-04 1997-12-16 Hitachi Ltd Method for controlling data transfer between external storage controllers
JPH10171605A (en) * 1996-12-11 1998-06-26 Hitachi Ltd Data transfer method
JPH10198607A (en) * 1997-01-08 1998-07-31 Hitachi Ltd Data multiplexing system
JPH11338647A (en) * 1998-05-25 1999-12-10 Hitachi Ltd Method for generating duplexed data
JP2000276304A (en) * 1999-03-26 2000-10-06 Nec Corp Data shifting method and information processing system
JP2001043030A (en) * 1999-07-29 2001-02-16 Nec Corp Information processing system and data copy method
JP2003122509A (en) * 2001-08-08 2003-04-25 Hitachi Ltd Remote copy control method, storage sub-system using it, and wide area data storage system using them
JP2003233518A (en) * 2001-12-27 2003-08-22 Hitachi Ltd Method and means for backup and recovery processing system
JP2005539290A (en) * 2002-08-16 2005-12-22 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation The method for providing a mirror copy of data, systems, and program
JP2006113783A (en) * 2004-10-14 2006-04-27 Hitachi Ltd Computer system

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09325863A (en) * 1996-06-04 1997-12-16 Hitachi Ltd Method for controlling data transfer between external storage controllers
JPH10171605A (en) * 1996-12-11 1998-06-26 Hitachi Ltd Data transfer method
JPH10198607A (en) * 1997-01-08 1998-07-31 Hitachi Ltd Data multiplexing system
JPH11338647A (en) * 1998-05-25 1999-12-10 Hitachi Ltd Method for generating duplexed data
JP2000276304A (en) * 1999-03-26 2000-10-06 Nec Corp Data shifting method and information processing system
JP2001043030A (en) * 1999-07-29 2001-02-16 Nec Corp Information processing system and data copy method
JP2003122509A (en) * 2001-08-08 2003-04-25 Hitachi Ltd Remote copy control method, storage sub-system using it, and wide area data storage system using them
JP2003233518A (en) * 2001-12-27 2003-08-22 Hitachi Ltd Method and means for backup and recovery processing system
JP2005539290A (en) * 2002-08-16 2005-12-22 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation The method for providing a mirror copy of data, systems, and program
JP2006113783A (en) * 2004-10-14 2006-04-27 Hitachi Ltd Computer system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2008009660A (en) 2008-01-17 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5889935A (en) Disaster control features for remote data mirroring
US7328373B2 (en) Data processing system
US8935498B1 (en) Splitter based hot migration
US20030037247A1 (en) Computing system and data decryption method and computer system with remote copy facility
US20050071710A1 (en) Method, system, and program for mirroring data among storage sites
US20090013014A1 (en) Method, system, and article of manufacture for mirroring data at storage locations
US6745303B2 (en) Data synchronization of multiple remote storage
US20090150627A1 (en) Determining whether to use a repository to store data updated during a resynchronization
US6073221A (en) Synchronization of shared data stores through use of non-empty track copy procedure
US7546485B2 (en) Method and system for efficient journal-based resynchronization
US7516287B2 (en) Methods and apparatus for optimal journaling for continuous data replication
US7627612B2 (en) Methods and apparatus for optimal journaling for continuous data replication
US8977826B1 (en) Extent commands in replication
US8271441B1 (en) Virtualized CG
US6701455B1 (en) Remote copy system with data integrity
US7627687B2 (en) Methods and apparatus for managing data flow in a continuous data replication system having journaling
US5657440A (en) Asynchronous remote data copying using subsystem to subsystem communication
US6304980B1 (en) Peer-to-peer backup system with failure-triggered device switching honoring reservation of primary device
US20070050547A1 (en) Storage system and storage system management method
US20050172092A1 (en) Method and system for storing data
US7082446B1 (en) Hybrid transaction/intent log for data replication
US6950915B2 (en) Data storage subsystem
US8726066B1 (en) Journal based replication with enhance failover
US7017003B2 (en) Disk array apparatus and disk array apparatus control method
US7275138B2 (en) System and method for controlling the updating of storage device

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100302

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100506

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100824

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101022

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110310

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110323

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140415

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150