JP4702907B2 - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン Download PDF

Info

Publication number
JP4702907B2
JP4702907B2 JP2001200064A JP2001200064A JP4702907B2 JP 4702907 B2 JP4702907 B2 JP 4702907B2 JP 2001200064 A JP2001200064 A JP 2001200064A JP 2001200064 A JP2001200064 A JP 2001200064A JP 4702907 B2 JP4702907 B2 JP 4702907B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
combination
special
game
role
specific
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001200064A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003010401A (ja
Inventor
慎也 工藤
Original Assignee
サミー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by サミー株式会社 filed Critical サミー株式会社
Priority to JP2001200064A priority Critical patent/JP4702907B2/ja
Publication of JP2003010401A publication Critical patent/JP2003010401A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4702907B2 publication Critical patent/JP4702907B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、役の抽選によって特別役に当選した後、特別役が入賞するまで、特別役の当選を持ち越すようにしたスロットマシンに関するものである。
【0002】
【従来の技術】
従来のスロットマシンでは、役抽選手段によって、例えば遊技の開始時に役の抽選が行われる。役抽選手段は、乱数値を抽出し、抽出した乱数値がいずれかの役の当選領域に属するか否か判定することにより、役の当選及び非当選を決定している。
【0003】
ここで、当該遊技で小役やリプレイに当選したときは、その小役等の当選は、当該遊技でのみ有効となり、次遊技以降には、その当選は持ち越されない。
これに対し、特別役に当選したときは、その特別役の当選は、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して、特別役が入賞するまで次遊技以降に持ち越される。そして、特別役に当選した後、その特別役の入賞前までの遊技では、役抽選手段において抽出された乱数値が特別役の当選領域に属する場合であっても、非当選と判別され、特別役の二重当選とはならなかった。
【0004】
しかし、今日では、特別役の当選後であっても、特別役の抽選を継続し、複数の特別役の当選を持ち越すようにしたスロットマシンが知られるようになった。この種のスロットマシンでは、一定条件下の遊技において特別役の当選を持ち越すことができるようにし、その後に、当選を持ち越している特別役を順次入賞させることができるようにしたものである。これにより、複数の特別役の当選を持ち越しているときには、連続して特別役を入賞させることができる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかし、複数の特別役を持ち越すスロットマシンの場合には、複数の特別役の当選を持ち越した後、それらの特別役を入賞させる場合、当選を持ち越した順番に従って特別役が入賞するにすぎなかった。このため、遊技者は、予め当選している特別役を順次入賞させ、その都度、特別遊技に移行するだけであった。したがって、例えば複数種類の特別役を設けている場合には、いずれの特別役が入賞するかを推測することができ、遊技性に乏しいという問題がある。
【0006】
したがって、本発明が解決しようとする課題は、複数種類の特別役を設け、特別役の当選を持ち越すようにしたスロットマシンにおいて、特別役の当選を持ち越しているときには、当選を持ち越している特別役の種類に応じて特有のリール停止制御を行うことにより、遊技性を高めることである。
【0007】
【課題を解決するための手段】
本発明は、以下の解決手段によって、上述の課題を解決する。
(請求項1)
請求項1の発明は、遊技者にとって有利となる特別遊技に移行させるための特別役であって2種類の第1特別役と第2特別役とを含む役の抽選を行う役抽選手段と、前記役抽選手段による役の抽選結果に基づいて、所定の停止制御によってリールを停止制御するリール停止制御手段と、前記役抽選手段による役の抽選において特別役に当選した後、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役が入賞するまでの遊技において、特別役の当選を持ち越す特別役当選持越し手段とを備えるスロットマシンにおいて、前記役抽選手段は、前記特別役当選持越し手段により特別役の当選が持ち越されている遊技であっても、特別役を含めた役の抽選を継続し、前記特別役当選持越し手段は、特別役の当選を持ち越している遊技中に、前記役抽選手段による役の抽選において特別役に再度当選したときは、それまでに当選した特別役及び再度当選した特別役を持ち越すようにし、前記リール停止制御手段は、特別役のうち、第1特別役のみに当選しているときには第1停止制御によってリールを停止制御し、第2特別役のみに当選しているときには第2停止制御によってリールを停止制御し、第1特別役及び第2特別役の双方に当選しているときには第3停止制御によってリールを停止制御し、第1特別役及び第2特別役の双方に当選しているときに、第1特別役又は第2特別役のうち、いずれの特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先するかを決定する優先特別役決定手段を備え、前記リール停止制御手段の前記第3停止制御は、前記優先特別役決定手段の決定結果に基づいてリールを停止制御し、前記優先特別役決定手段により決定された優先する特別役に関する情報を報知して遊技を行う優先特別役報知遊技を実行するか、又は優先する特別役に関する情報を報知しないで遊技を行う優先特別役非報知遊技を実行するかを選択する遊技態様選択手段と、優先特別役報知遊技の実行中に、優先特別役報知遊技の終了条件を満たすか否かを判別し、満たすと判別したときには、優先特別役報知遊技を終了するように制御する優先特別役報知遊技制御手段とを備えることを特徴とする。
【0008】
請求項1の発明においては、役抽選手段による役の抽選において特別役に当選した場合であっても、特別役の入賞前は、特別役を含めて役の抽選が継続される。そして、複数の特別役に当選したときは、それらの複数の特別役の当選が持ち越される。
【0009】
特別役の当選が持ち越されている場合において、第1特別役のみに当選しているときには第1停止制御によってリールが停止制御される。また、第2特別役のみに当選しているときには第2停止制御によってリールが停止制御される。さらにまた、第1特別役及び第2特別役の双方に当選しているときには第3停止制御によってリールが停止制御される。
ここで、第1特別役及び第2特別役の双方に当選しているときには、優先特別役決定手段によって、いずれの特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先させるかが決定される。そして、優先特別役決定手段の決定結果に基づいて第3停止制御が行われる。
【0010】
また、優先特別役決定手段により優先する特別役が決定された場合に、その優先する特別役に関する情報を報知して遊技を行う優先特別役報知遊技を実行するか、又は優先する特別役に関する情報を報知しないで遊技を行う優先特別役非報知遊技を実行するかが遊技態様選択手段により選択される。遊技態様選択手段により優先特別役報知遊技を実行することが選択されたときには、遊技中に、優先する特別役に関する情報が報知される。
この優先特別役報知遊技は、優先特別役報知遊技制御手段により終了条件を満たすと判別されるまで実行される。
【0011】
したがって、特別役の当選を持ち越している遊技中において、当選を持ち越している特別役に対応するリールの停止制御、例えば当選を持ち越している特別役に応じて異なるリールの停止制御が行われる。これにより、当選している特別役に応じて特有のリール停止制御が行われるので、特別役の当選を持ち越している遊技での遊技性を高めることができる。
【0012】
また、優先する特別役に関する情報を報知する優先特別役報知遊技と、報知しない優先特別役非報知遊技とを設けることにより、異なる態様の遊技状態を作り出すことができる。そして、優先特別役報知遊技では、遊技者は、いずれの特別役が優先されるかを知ることができるので、その情報に基づいてリールの停止操作を行うことで、有利な結果を得ることができる。すなわち、優先特別役報知遊技と優先特別役非報知遊技とで、遊技者が得られる利益に差をつけることができる。
【0013】
(請求項2)
請求項2の発明は、請求項1に記載のスロットマシンにおいて、前記優先特別役報知遊技制御手段により判別される優先特別役報知遊技の終了条件には、終了条件が変更されない第1終了条件と、終了条件が変更される第2終了条件とを有し、前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記第2終了条件を決定することを特徴とする。
【0014】
請求項2の発明においては、優先特別役報知遊技の終了条件として、終了条件が変更されない第1条件と、終了条件が変更される第2条件とが設けられる。第2終了条件は、優先特別役報知遊技制御手段により決定される。
これらの終了条件に基づいて、優先特別役報知遊技制御手段は、優先特別役報知遊技の終了条件を満たすか否かを判別する。
したがって、複数種類の終了条件を設けることで、優先特別役報知遊技の終了条件を多岐に設定することができる。
【0015】
(請求項3)
請求項3の発明は、請求項2に記載のスロットマシンにおいて、前記特別役当選持越し手段により第1特別役及び第2特別役の双方の特別役の当選が持ち越されているときに、第1特別役及び第2特別役の当選の持越し数をカウントする特別役当選持越し数カウント手段を備え、前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記特別役当選持越し数カウント手段によりカウントされている第1特別役又は第2特別役のいずれか一方の当選の持越し数が0になったときに、前記第1終了条件を満たすと判断することを特徴とする。
【0016】
請求項3の発明においては、特別役当選持越し数カウント手段は、第1特別役及び第2特別役の当選の持越し数をカウントする。そして、優先特別役報知遊技の実行中に、特別役当選持越し数カウント手段によりカウントされるいずれか一方の当選の持越し数が0になったときに、第1終了条件を満たすと判別される。
したがって、第1特別役及び第2特別役の双方の当選を持ち越していないときには、第2終了条件を満たしたか否かにかかわらず、優先特別役報知遊技を終了することができる。
【0017】
(請求項4)
請求項4の発明は、請求項2又は請求項3に記載のスロットマシンにおいて、前記優先特別役報知遊技制御手段により決定される前記第2終了条件は、第1特別役又は第2特別役の少なくとも一方の特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役の入賞となった回数が所定回数に到達したときであり、前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記所定回数を決定することを特徴とする。
【0018】
請求項4の発明においては、第1特別役又は第2特別役の少なくとも一方の特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役の入賞となった回数が所定回数に到達したときに、第2終了条件を満たすと判別され、優先特別役報知遊技が終了する。
したがって、優先特別役報知遊技において、特別役の入賞回数に上限を設けることができる。これにより、出玉率を一定範囲にとどめることができる。
【0019】
(請求項5)
請求項5の発明は、請求項2から請求項4までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記第2終了条件を満たす前に前記第1終了条件を満たすと判別したときは、優先特別役報知遊技を終了するように制御するとともに、この優先特別役報知遊技の終了時における前記第2終了条件に基づいて、次回の前記第2終了条件を決定することを特徴とする。
【0020】
請求項5の発明においては、第2終了条件を満たす前に第1終了条件を満たすと判別されたときには、優先特別役報知遊技が終了する。そして、次回の優先特別役報知遊技の第2終了条件は、上記の第2終了条件に基づいて決定される。
したがって、優先特別役報知遊技制御手段により決定された第2終了条件を満たす前に優先特別役報知遊技が終了したときには、その時までに達成できなかった第2終了条件を生かして、次回の優先特別役報知遊技における第2終了条件を決定することができる。
【0021】
(請求項6)
請求項6の発明は、請求項2から請求項5までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、経過時間、遊技媒体の投入若しくは払出し、又は遊技回数に関する情報のうち、少なくとも1つの遊技情報を管理する遊技情報管理手段を備え、前記遊技態様選択手段は、前記遊技情報管理手段により管理されている遊技情報に基づいて、優先特別役報知遊技を実行するか、又は優先特別役非報知遊技を実行するかを選択し、前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記遊技情報管理手段により管理されている遊技情報に基づいて、前記第2終了条件を決定することを特徴とする。
【0022】
請求項6の発明においては、遊技情報管理手段により、経過時間、遊技媒体の投入若しくは払出し、又は遊技回数に関する情報のうち、少なくとも1つの遊技情報が管理される。そして、この遊技情報に基づいて、優先特別役報知遊技を実行するか否かが選択される。さらに、優先特別役報知遊技が実行されるときには、遊技情報に基づいて第2終了条件が決定される。
したがって、それまでの遊技実績を考慮して、優先特別役報知遊技を実行するか否かの選択や、その終了条件を決定することができる。
【0023】
(請求項7)
請求項7の発明は、請求項1から請求項6までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、前記遊技態様選択手段は、所定遊技回数の間、優先特別役報知遊技が実行されなかったときは、優先特別役報知遊技を実行することを選択することを特徴とする。
【0024】
請求項7の発明においては、所定遊技回数の間、優先特別役報知遊技が実行されなかった場合において、遊技態様選択手段により優先特別役報知遊技を実行するか否かが選択されるときは、優先特別役報知遊技の実行が選択される。
したがって、優先特別役報知遊技が長期間にわたり実行されない状態を防止することができる。
【0025】
(請求項8)
請求項8の発明は、請求項1から請求項7までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、前記役抽選手段は、特定役を含む役の抽選を行い、その特定役は、当選した遊技でのみ有効になり、次遊技以降に当選を持ち越さない役であって、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報が報知されたときには、その情報が報知されないときより、その特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会が増加する役であり、特別遊技中において特定役に当選したときに、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技を実行するか、又はその情報を報知しない特定役情報非報知遊技を実行するかを選択する特別遊技中遊技態様選択手段を備え、前記特別遊技中遊技態様選択手段は、優先特別役非報知遊技の実行中に特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役が入賞したときには、特定役情報非報知遊技の実行を特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択することを特徴とする。
【0026】
請求項8の発明においては、特別遊技中には、一定条件下で、特定役の当選時にその特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技が実行される。
そして、優先特別役非報知遊技の実行中に特別役が入賞して特別遊技に移行したときには、特定役情報非報知遊技の実行が特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択される。
【0027】
ここで、特別遊技中に特定役情報報知遊技が実行されると、特別遊技中に、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会が増加する。
したがって、優先特別役報知遊技の実行中に特別役が入賞するか、又は優先特別役非報知遊技の実行中に特別役が入賞するかで、特別遊技でのメダル獲得枚数の期待値に差を設けることができる。
【0028】
(請求項9)
請求項9の発明は、請求項1から請求項7までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、前記役抽選手段は、特定役を含む役の抽選を行い、その特定役は、当選した遊技でのみ有効になり、次遊技以降に当選を持ち越さない役であって、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報が報知されたときには、その情報が報知されないときより、その特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会が増加する役であり、特別遊技中において特定役に当選したときに、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技を実行するか、又はその情報を報知しない特定役情報非報知遊技を実行するかを選択する特別遊技中遊技態様選択手段を備え、前記特別遊技中遊技態様選択手段は、特別役に当選した遊技でその特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役が入賞したときには、特定役情報非報知遊技の実行を特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択することを特徴とする。
【0029】
請求項9の発明においては、特別遊技中には、一定条件下で、特定役の当選時にその特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技が実行される。
そして、特別役に当選した遊技で特別役が入賞して特別遊技に移行したときには、特別役に当選しなかった遊技で特別役が入賞して特別遊技に移行したときより、特定役情報非報知遊技の実行が特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択される。
【0030】
ここで、特別遊技中に特定役情報報知遊技が実行されると、特別遊技中に、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会が増加する。
したがって、特別役に当選した遊技で特別役が入賞するか、又は特別役に当選しなかった遊技で特別役が入賞するかで、特別遊技でのメダル獲得枚数の期待値に差を設けることができる。
【0031】
(請求項10)
請求項10の発明は、請求項1から請求項9までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、前記リール停止制御手段の前記第3停止制御は、各リールの回転を停止させるときに遊技者が操作するストップスイッチが特定の操作順番で操作されたときはリールの停止可能位置の範囲内において第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを可能とし、前記ストップスイッチが前記特定の操作順番以外の操作順番で操作されたときは第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させない停止制御であることを特徴とする。
【0032】
請求項10の発明においては、第1特別役及び第2特別役の双方に当選している遊技において、ストップスイッチが特定の操作順番で操作されたときは第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることが可能にリールが停止制御される。これに対し、その操作順番以外の操作順番でストップスイッチが操作されたときは第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないようにリールが停止制御される。
【0033】
したがって、第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるときの、ストップスイッチの操作順番を限定することができる。これにより、遊技者は、優先特別役非報知遊技中に、ストップスイッチの操作順番を変えることで、優先される特別役を見極めることが困難になる。よって、優先特別役報知遊技を、より実効のあるものにすることができる。
【0034】
(請求項11)
請求項11の発明は、請求項10に記載のスロットマシンにおいて、第1特別役に対応する図柄の組合せと、第2特別役に対応する図柄の組合せとは、前記特定の操作順番で前記ストップスイッチが操作されたときに最後に操作される前記ストップスイッチに対応するリールの図柄のみが異なるように設定されており、前記特定の操作順番で前記ストップスイッチが操作されたときに最後に操作される前記ストップスイッチに対応するリールにおいて、第1特別役に対応する図柄の組合せを構成する第1図柄と、第2特別役に対応する図柄の組合せを構成する第2図柄とは、リールが特定の位置にある時に前記ストップスイッチが操作されたときには第1図柄及び第2図柄のいずれの図柄も特定有効ラインに停止させることができるように配列されていることを特徴とする。
【0035】
請求項11の発明においては、第1特別役に対応する図柄の組合せと、第2特別役に対応する図柄の組合せとは、一部で共通する。そして、特定の操作順番でストップスイッチが操作されたときに最後に操作されるストップスイッチに対応するリールの図柄のうち、第1特別役に対応する図柄の組合せを構成する図柄は第1図柄であり、第2特別役に対応する図柄の組合せを構成する図柄は第2図柄である。ここで、第1図柄と第2図柄とは、リールが特定の位置にある時にストップスイッチが操作されたときにはいずれも特定有効ラインに停止させることができるように配列されている。
【0036】
したがって、第1特別役に対応する図柄の組合せ、又は第2特別役に対応する図柄の組合せのいずれかを狙って有効ラインに停止させることが困難となる。よって、優先特別役報知遊技時は、いずれの特別役が優先されるかを知ることができるので、遊技者は、一方の特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させ、他方の特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止してしまうことを避けることができる。これに対し、優先特別役非報知遊技時は、いずれの特別役が優先されるかを知ることができないので、どちらか一方の特別役に対応する図柄の組合せを狙って有効ラインに停止させることができない。
これにより、優先特別役報知遊技と優先特別役非報知遊技とで、入賞を狙うことができる特別役に差をもたせることができる。
【0037】
【発明の実施の形態】
以下、図面等を参照して、本発明の一実施形態について説明する。
図1は、本実施形態におけるスロットマシンの制御の概略を示すブロック図である。
スロットマシン10の遊技制御手段60は、スロットマシン10の遊技の進行や演出等を含むスロットマシン10全体を統括制御する手段である。遊技制御手段60は、演算等を行うCPUと、遊技の進行等に必要なプログラムや演出用のデータ等を記憶しておくROMと、CPUが各種の制御を行うときに、取り込んだデータ等を一時的に記憶しておくRAM等とを備える。
【0038】
遊技制御手段60の出力側(図1中、右側)には、以下に示すモータ32等が電気的に接続されている。
モータ32は、リール31を回転させるためのものであり、リール31の回転中心部に連結され、遊技制御手段60のリール停止制御手段65(後述)によって制御される。
【0039】
リール31は、リング状のものであり、その外周面には複数種類の図柄(入賞役に対応する図柄の組合せを構成する図柄等)を印刷したリールテープを貼付したものである。1つのリール31には、例えば21図柄が等間隔で設けられる。
リール31は、本実施形態では並列に3つ設けられている。また、各リール31は、スロットマシン10のフロントパネルに設けられた表示窓(図示せず)から、上下に連続する3図柄が見えるように配置されている。よって、スロットマシン10の表示窓から、合計9個の図柄が見えるように配置されている。
そして、リール31がモータ32によって回転されることで、リール31上の図柄は、所定の速度で表示窓内で上下方向に移動表示される。
【0040】
また、リール31の停止時に、有効ラインに停止した図柄の組合せが、予め定められたいずれかの役に対応する図柄の組合せと一致するときには、その役の入賞となる。
ここで、図示しないが、フロントパネルの表示窓を含む部分には、例えば5本の有効ラインが設定されている。この有効ラインは、5本の場合には水平方向の上段、中段及び下段の3本と、右下がり及び左下がりの斜め方向の2本とから構成されている。
【0041】
そして、各表示窓から見えるリール31の上下に連続する3図柄は、水平方向の上段、中段及び下段の3本の有効ラインに位置している。
また、この有効ラインは、投入されたメダル枚数に応じて有効化される。投入されたメダルが1枚のときは水平方向中段の1本の有効ライン、2枚のときは水平方向の3本の有効ライン、3枚のときは5本の全ての有効ラインが有効化される。
【0042】
入賞役としては、複数種類の特別役、複数種類の小役、及びリプレイ等が挙げられる。
特別役とは、通常遊技から特別遊技(通常遊技以上にメダルの獲得が期待できる、遊技者にとって有利となる遊技)に移行させる役である。特別役の種類としては、複数設けられており、例えばビックボーナス(以下、BBと略称する。)、レギュラーボーナス(以下、RBと略称する。)、及びシングルボーナス(以下、SBと略称する。)が挙げられる。ここで、BBに対応する図柄の組合せが「7」−「7」−「7」に設定されているとすると、全てのリール31の停止時に、いずれかの有効ラインに、各リール31の「7」の図柄が停止しているときは、BBの入賞となる。
【0043】
なお、本実施形態では、特別役としてBB及びRBのみが設けられており、SBは設けられていないものとする。
また、本実施形態のBBは、本発明における第1特別役に相当するものであり、RBは、本発明における第2特別役に相当するものである。
【0044】
小役とは、予め定めた枚数のメダルが払い出される役である。小役の種類に応じて、メダルの払出し枚数が異なるように設定されている。
また、リプレイとは、再遊技役であって、当該遊技でのメダルの投入枚数(ベット枚数)が自動投入され、再遊技が行えるようにした役である。
【0045】
ランプ33は、スロットマシン10の演出用のランプであり、所定の条件を満たしたときに、それぞれ所定のパターンで点灯する。ランプ33の種類として、第1に、リール31の内周側に配置され、リール31の図柄を照光するとともに、演出出力時には、所定のパターンに従って点灯、点滅又は消灯するバックランプが挙げられる。また、第2に、スロットマシン10の筐体前面上部に配置され、役の入賞時等に点滅する上部ランプ等が挙げられる。
【0046】
スピーカ34は、遊技中に各種の演出を行うべく、所定の条件を満たしたときに、所定のサウンドを出力するものである。
画像表示装置35は、液晶画像表示装置やドットディスプレイ等からなるものであり、遊技中に各種の演出画像や所定の情報等を表示するものである。
【0047】
さらに、遊技制御手段60の入力側(図1中、左側)には、以下に示すスタートスイッチ41及びストップスイッチ42が電気的に接続されている。
スタートスイッチ41は、遊技者がリール31の回転をスタートさせるときに操作するスイッチである。
ストップスイッチ42は、各リール31ごとに独立して3つ並設され、遊技者がそれぞれのリール31の回転を停止させるときに操作するスイッチである。
【0048】
通常遊技では、遊技者は、メダル投入口(図示せず)からメダルを投入するか、又はベットスイッチ(図示せず)を操作して有効ラインを有効化し、スタートスイッチ41をオンする。これにより、全リール31が始動される。そして、遊技者は各ストップスイッチ42を押すことで各リール31の回転を停止させる。全てのリール31の停止時に、有効ラインに停止したリール31の図柄の組合せが予め定められた何らかの役に対応する図柄の組合せと一致するときは、その役の入賞となり、成立役に応じてメダルの払出し等が行われる。
【0049】
遊技制御手段60は、以下の各手段を備える。なお、本実施形態における以下の各手段は例示であり、遊技制御手段60は、本実施形態で示した手段に限定されるものではない。
(役抽選手段)
役抽選手段61は、役(特別役、小役又はリプレイ等)の抽選を行うものである。役抽選手段61は、例えば、役抽選用の乱数発生手段(ハード乱数等)と、この乱数発生手段が発生する乱数を抽出する乱数抽出手段と、乱数抽出手段が抽出した乱数値に基づいて、役の当選の有無及び当選役を判定する判定手段とを備えている。
【0050】
役抽選手段61の乱数発生手段は、所定の領域(例えば10進法で0〜65535)の乱数を発生させる。乱数抽出手段は、乱数発生手段によって発生した乱数を、所定の時、本実施形態では遊技者によりスタートスイッチ41がオンされた時に抽出する。判定手段は、乱数抽出手段により抽出された乱数値を、後述する抽選テーブル62と照合することにより、その乱数値が属する領域に対応する役を決定する。例えば、抽出した乱数値がBB当選領域に属する場合は、BBの当選と判定し、非当選領域に属する場合は、非当選と判定する。
【0051】
(抽選テーブル)
抽選テーブル62は、各役の当選確率を定めたものである。図2は、本実施形態の抽選テーブル62における各役の当選確率を示す図である。
図2において、役は、特別役であるBB及びRB、4種類の小役1〜小役4、並びにリプレイを備え、それぞれ当選確率が定められている。なお、役の当選確率は、通常、メダルの投入枚数(1〜3枚)ごと、及び出玉率の設定値ごとに定められているが、本実施形態では、省略している。
【0052】
ここで、従来の一般的な抽選テーブルとしては、非当選の確率が最も高く設定されている。しかし、本実施形態の抽選テーブル62では、小役3の当選確率が1/1.4(約71%)と非常に高く設定されている。これにより、非当選確率は、約1/94.5(約1%)に設定されている。すなわち、本実施形態では、小役2〜小役4の当選確率の方が非当選確率よりも高い。
【0053】
なお、図示を省略するが、抽選テーブル62以外に、特別遊技用抽選テーブルが設けられている。例えば、BBゲーム用の抽選テーブルとして、BBゲームの第1遊技(後述)で用いられる第1遊技用抽選テーブルと、BBゲームの第2遊技(後述)で用いられる第2遊技用抽選テーブルとが設けられている。
第1遊技用抽選テーブルは、第2遊技に移行するための移行役、及び第1遊技中のメイン小役である特定役(後述)がそれぞれ所定の当選確率に設定されたものである。
また、第2遊技用抽選テーブルは、第2遊技中のメイン役である所定役が所定の当選確率となるように設定されたものである。
【0054】
抽選テーブル62は、それぞれ所定の範囲の抽選領域を有するとともに、この抽選領域は、各役の当選領域及び非当選領域に分けられている。すなわち、抽選領域中の各役の当選領域が図2で示した当選確率となるように、所定の割合に設定されている。
【0055】
(特別役当選持越し手段)
特別役当選持越し手段63は、役抽選手段61による役の抽選において特別役(BB又はRB)に当選した後、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するまでの遊技、すなわち特別役が入賞するまでの遊技において、特別役の当選を持ち越すようにするものである。
【0056】
ここで、役抽選手段61による役の抽選において、小役又はリプレイに当選したときは、その小役等の当選は、当該遊技でのみ有効となり、次遊技以降には、その小役等の当選は持ち越されない。すなわち、小役等に当選した遊技で、その当選した小役等に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して、小役等が入賞しなければ、小役等の当選は、その遊技の終了時に無効となる。
【0057】
これに対し、特別役に当選したときは、その特別役の当選は、特別役が入賞するまで、次遊技以降に持ち越される。
さらに、特別役当選持越し手段63により特別役の当選が持ち越されている遊技であっても、役抽選手段61は、特別役を含めた役の抽選を継続する。
【0058】
ここで、特別役に当選し、特別役の当選が持ち越されている遊技中は、役抽選手段61による役の抽選で、仮に抽出した乱数値が特別役当選領域に属する場合であっても、特別役の当選とは判定しないようにするスロットマシンが知られている。したがって、この場合には特別役が再度当選することはない。しかし、本実施形態では、役抽選手段61は、特別役の当選後も特別役を含めた役の抽選を行うので、特別役が複数回当選する場合がある。
【0059】
本実施形態では、役抽選手段61による役の抽選において特別役に当選し、特別役当選持越し手段63により特別役の当選を持ち越している遊技中に、役抽選手段61による役の抽選において特別役に再度当選したときは、それまでに当選した特別役及び再度当選した特別役を持ち越すようにする。例えば、最初にBBに当選し、次にRBに当選したときは、最初に当選したBB及び次に当選したRBの双方の当選を持ち越すようにする。逆の場合も同様である。またBBの当選後、そのBBの入賞前に再度BBに当選したときは、2つのBBの当選を持ち越すようにする。2つのRBに当選したときも同様である。
【0060】
(特別役当選持越し数カウント手段)
特別役当選持越し数カウント手段64は、上述した特別役の当選の持越しに対応すべく、特別役の当選回数をカウントするためのものである。本実施形態の特別役当選持越し数カウント手段64は、BBの当選回数をカウントするBB当選回数カウンター64aと、RBの当選回数をカウントするRB当選回数カウンター64bとを備える。BB又はRBに当選したときには、それぞれBB当選回数カウンター64a又はRB当選回数カウンター64bのカウント値に1が加算される。
【0061】
特別役当選持越し数カウント手段64は、本実施形態では1バイトカウンターであり、RAMによって構成され、最大255の当選回数まで記憶可能である。仮に、カウント値が256以上となった場合には、カウント値をそれ以上加算しない。しかし、特別役の当選確率は、数100分の1程度であるので、最大255の当選回数をカウントすることができれば十分であると考えられる。なお、それ以上の当選回数をカウントできるカウンターを使用しても良いのは勿論である。
【0062】
また、特別役当選持越し数カウント手段64によって1以上の特別役の当選回数がカウントされている場合において、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したときは、有効ラインに停止した図柄の組合せに係る特別役の当選回数のカウント値が1だけ減算される。例えばBB当選回数カウンター64aによって当選回数が2とカウントされており、RB当選回数カウンター64bによってRBの当選回数が1とカウントされている場合において、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したときは、BB当選回数カウンター64aによる当選回数は1に減算される。なお、この場合には、RB当選回数カウンター64bによる当選回数は1の状態が維持される。
【0063】
(リール停止制御手段)
リール停止制御手段65は、遊技状態(通常遊技状態、特別遊技状態等)と、役抽選手段61の抽選結果と、ストップスイッチ42がオンされたときのタイミング等とから、後述するリール停止制御テーブル66を参照してリール31の停止位置を決定するとともに、モータ32を駆動制御して、その決定した位置にリール31が停止するように制御するものである。
【0064】
(リール停止制御テーブル)
リール停止制御テーブル66は、役抽選手段61による役の抽選結果と、ストップスイッチ42が操作された瞬間のリール31の位置等とから、リール31の停止位置を定めたものである。役抽選手段61による役の抽選において、いずれの役にも当選していないときは、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しないように、リール31の停止位置が定められている。また、いずれかの役に当選している時は、当選した役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止可能に、リール31の停止位置が定められている。
【0065】
図3は、本実施形態におけるリール停止制御テーブル66の分類及び種類を説明する図である。本実施形態の複数のリール停止制御テーブル66は、通常遊技中テーブル群A、BB内部中テーブル群B、RB内部中テーブル群C、及びBB・RB内部中テーブル群Dの4つに分けられる。さらに、BB・RB内部中テーブル群Dは、BB優先テーブル群Eと、RB優先テーブル群Fとの2つに分けられる。
【0066】
ここで、「内部中」とは、当該遊技又はそれ以前の遊技で特別役に当選したが、特別役に対応する図柄の組合せが未だ有効ラインに停止していない(特別役が未だ入賞していない)遊技状態をいう。なお、通常遊技の開始時に役の抽選が行われ、その抽選で特別役に当選したときは、当該遊技は内部中の遊技となる。
【0067】
通常遊技中テーブル群Aは、特別役に当選していない遊技で用いられるリール停止制御テーブル66からなるものである。
また、BB内部中テーブル群Bは、BBのみに当選している(RBには当選していない)遊技で用いられるリール停止制御テーブル66からなるものである。
さらにまた、RB内部中テーブル群Cは、RBのみに当選している(BBには当選していない)遊技で用いられるリール停止制御テーブル66からなるものである。
【0068】
さらに、BB・RB内部中テーブル群Dは、BB及びRBの双方に当選している遊技で用いられるリール停止制御テーブル66からなるものである。
BB・RB内部中テーブル群Dのうち、BB優先テーブル群Eは、RBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることより、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先する(RBの入賞よりBBの入賞を優先する)リール停止制御テーブル66からなるものである。また、RB優先テーブル群Fは、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることより、RBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先する(BBの入賞よりRBの入賞を優先する)リール停止制御テーブル66からなるものである。
よって、BBとRBとの双方に当選しているときは、BB優先テーブル群Eからリール停止制御テーブル66か選択される場合もあれば、RB優先テーブル群Fからリール停止制御テーブル66か選択される場合もある。
【0069】
これら各テーブル群A〜D(E、F)には、それぞれ各当選役に対応するリール停止制御テーブル66が定められている。各当選役に対応するリール停止制御テーブル66は、BBテーブル66a、RBテーブル66b、小役1テーブル66c、小役2テーブル66d、小役3テーブル66e、小役4テーブル66f、リプレイテーブル66g、及び非当選テーブル66hから構成されている。
【0070】
BBテーブル66aは、当該遊技又はそれ以前の遊技において少なくともBBに当選していることを条件として用いられ、リール31の停止可能位置の範囲内において、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
【0071】
RBテーブル66bは、当該遊技又はそれ以前の遊技において少なくともRBに当選していることを条件として用いられ、リール31の停止可能位置の範囲内において、RBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
【0072】
以上より、BBとRBとの双方に当選している場合において、BBテーブル66aが用いられたときは、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合があるが、RBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合はない。同様に、RBテーブル66bが用いられたときは、RBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合があるが、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合はない。
【0073】
また、本実施形態では、BBテーブル66a又はRBテーブル66bが用いられたときには、ストップスイッチ42が順押し(左、中、右の順)で操作されたときに限って、リール31の停止可能位置の範囲内においてそれぞれBB又はRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するようにし、それ以外の操作順番で操作されたときには、たとえリール31の停止可能位置の範囲内においてそれぞれBB又はRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止させることが可能であっても、これらの図柄の組合せが有効ラインに停止しないように、リール31が停止制御される。
【0074】
よって、BBやRBに当選しており、BBテーブル66aやRBテーブル66bが用いられたときに、ストップスイッチ42が順押しで操作されれば、BBやRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合があるが、ストップスイッチ42が順押し以外の順番で操作されたときには、BBやRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する場合はない。
【0075】
以上のストップスイッチ42の操作順番に応じたリール31の停止制御に対応して、リール停止制御手段65は、操作順番検出手段65aを備えている。
(操作順番検出手段)
操作順番検出手段65aは、BBテーブル66aやRBテーブル66bが用いられたときに、ストップスイッチ42の操作順番を検出するものである。上述したように、ストップスイッチ42は、各リール31ごとにそれぞれ設けられているが、第1番目(最初)にオンされたストップスイッチ42が左、中、右のリール31のうち、どのリール31に対応するストップスイッチ42であるか、さらに2番目にオンされたストップスイッチ42が左、中、右のリール31のうち、どのリール31に対応するストップスイッチ42であるかを検出する。各ストップスイッチ42には、それぞれオンされたときに、識別信号が操作順番検出手段65aに送信されるように構成されている。
【0076】
そして、リール停止制御手段65は、操作順番検出手段65aによる検出結果に基づいて、選択したBBテーブル66a又はRBテーブル66bを参照し、リール31の停止位置を決定し、その位置にリール31を停止制御する。
【0077】
また、小役1テーブル66c、小役2テーブル66d、小役3テーブル66e及び小役4テーブル66fは、当該遊技でそれぞれ小役1、小役2、小役3及び小役4に当選したことを条件として用いられ、リール31の停止可能位置の範囲内で、それぞれ小役1、小役2、小役3及び小役4に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
【0078】
さらにまた、リプレイテーブル66gは、当該遊技でリプレイに当選したことを条件として用いられ、リール31の停止可能位置の範囲内で、リプレイに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
【0079】
さらに、非当選テーブル66hは、いずれの役にも当選していないことを条件として用いられ、リール31の停止可能位置の範囲内で、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しないように、リール31の停止時の図柄の組合せを定めたものである。
【0080】
なお、小役1テーブル66c〜小役4テーブル66f、又はリプレイテーブル66gが用いられたときは、前遊技までにたとえBBやRBに当選しているとしても、BBやRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止することはない。
【0081】
(優先特別役決定手段)
優先特別役決定手段67は、BB及びRBの双方に当選しているときに、BB又はRBのうち、いずれの特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先するかを決定するものであり、特に本実施形態では、抽選によって決定する。この抽選は、BB及びRBの双方に当選している遊技では、毎遊技行われる。
【0082】
本実施形態では、優先特別役決定手段67は、ソフト乱数を備える。そして、役抽選手段61と同様に、乱数発生手段や所定の抽選テーブルを用いて、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるか、又はRBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるかの、いずれを優先するかを決定する。ここで、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先することに決定する確率、及びRBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先することに決定する確率は、任意に設定可能である。本実施形態では、BBの方を優先することに決定する確率を1/4、RBの方を優先する確率を3/4に設定している。
【0083】
(リール停止制御テーブル選択手段)
また、リール停止制御手段65は、リール停止制御テーブル選択手段65bを備える。リール停止制御テーブル選択手段65bは、当該遊技においてリール停止制御手段65で用いるリール停止制御テーブル66を選択するものである。
リール停止制御テーブル選択手段65bは、当該遊技での役抽選手段61の抽選結果に対応するリール停止制御テーブル66、すなわちBBテーブル66a、RBテーブル66b、小役1テーブル66c、小役2テーブル66d、小役3テーブル66e、小役4テーブル66f、リプレイテーブル66g、又は非当選テーブル66hのうち、いずれかのリール停止制御テーブル66を選択する。
【0084】
先ず、当該遊技までにいずれの特別役にも当選していないときは、リール停止制御テーブル選択手段65bは、通常遊技中テーブル群Aからリール停止制御テーブル66を選択する。また、当該遊技までにBBのみに当選しているときは、BB内部中テーブル群Bからリール停止制御テーブル66を選択する。さらにまた、当該遊技までにRBのみに当選しているときは、RB内部中テーブル群Cからリール停止制御テーブル66を選択する。
【0085】
さらに、当該遊技までにBB及びRBの双方に当選しているときは、リール停止制御テーブル選択手段65bは、優先特別役決定手段67の決定結果に応じてBB優先テーブル群E又はRB優先テーブル群Fからリール停止制御テーブル66を選択する。具体的には、優先特別役決定手段67によりBBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先することに決定されたときは、BB優先テーブル群Eからリール停止制御テーブル66を選択する。これに対し、RBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先することに決定されたときは、RB優先テーブル群Fからリール停止制御テーブル66を選択する。
【0086】
以上のようにしてリール停止制御テーブル66が選択されると、リール停止制御手段65は、選択したリール停止制御テーブル66を参照してリール31を停止制御する。
先ず、BBのみに当選しているときは、役抽選手段61による役の抽選結果に基づいて、BB内部中テーブル群Bから所定のリール停止制御テーブル66(66a、66c〜66g)が選択され、その選択されたリール停止制御テーブル66に基づきリール31が停止制御される(特別役のうち、第1特別役のみに当選しているときの第1停止制御)。
【0087】
上述したように、各遊技において小役3が当選する確率は非常に高く、約71%である。これに対し、非当選となる確率は、約1%(100ゲームで約1回の割合)であり、非常に低い確率である。
そして、BBのみに当選している遊技において、小役3に当選したときは、小役3テーブル66eが選択される。小役3テーブル66eが選択されたときは、小役3に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止するか、又はいずれの役に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止しないかのいずれかである。
【0088】
すなわち、小役3テーブル66eが選択されている限りは、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止し、BBが入賞することはない。BB内部中テーブル群Bにおいて、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する可能性を有するBBテーブル66aが選択されるのは、BB当選時の遊技、又は役の非当選時の遊技である。
【0089】
よって、BBのみに当選している遊技で、BBテーブル66aが選択される確率は非常に低くなり、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する確率も低くなる。以上より、BBのみに当選しただけでは、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する機会はほとんどなく、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しない遊技が連続する可能性が高くなる。
【0090】
これに対し、RBのみに当選しているときは、役抽選手段61による役の抽選結果に基づいて、RB内部中テーブル群Cから所定のリール停止制御テーブル66が選択され、その選択されたリール停止制御テーブル66に基づきリール31が停止制御される(特別役のうち、第2特別役のみに当選しているときの第2停止制御)。
【0091】
RBのみに当選している遊技では、小役3又は小役4に当選したときであっても、RBテーブル66bが選択される。RBテーブル66bが選択されたときは、RBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するか、又はいずれの役に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止しないかのいずれかである。すなわち、RBのみに当選している遊技では、小役3又は小役4に当選した場合であっても、小役3又は小役4に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止することはない。さらに、役の非当選時にもRBテーブル66bが選択される。よって、RBのみに当選している遊技でRBテーブル66bが選択される確率は、約74%となる。以上より、RBのみに当選している遊技では、RBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して、RBが入賞する機会が多くなる。
【0092】
さらにまた、BB及びRBの双方に当選しているときは、役抽選手段61による役の抽選結果に基づいて、BB優先テーブル群E又はRB優先テーブル群Fから所定のリール停止制御テーブル66が選択され、その選択されたリール停止制御テーブル66に基づきリール31が停止制御される(特別役のうち、第1特別役及び第2特別役の双方に当選しているときの第3停止制御)。
【0093】
BBとRBとの双方に当選している遊技では、小役1、小役2及びリプレイに当選したときは、それぞれ小役1テーブル66c、小役2テーブル66d又はリプレイテーブル66gが選択される。これらのいずれかのリール停止制御テーブル66が選択されたときは、それぞれ小役1、小役2又はリプレイに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止するか、又はいずれの役に対応する図柄の組合せも有効ラインに停止しないかのいずれかである。
【0094】
それ以外の場合には、BBテーブル66a又はRBテーブル66bのいずれかが抽選によって選択される。すなわち、当選確率の高い小役3、又は小役4に当選した場合であっても小役3テーブル66eや小役4テーブル66fは選択されない。よって、BBとRBとの双方に当選している遊技では、BBテーブル66a又はRBテーブル66bが選択される確率が高くなり、BBやRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する機会が多くなる。
【0095】
BB及びRBの双方に当選している遊技では、優先特別役決定手段67は、BB又はRBのうち、いずれの図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先するかを決定する。そして、例えば小役3や小役4に当選した遊技において、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先することに決定されたときはBBテーブル66aが選択され、RBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先することに決定されたときはRBテーブル66bが選択される。
【0096】
上述したように、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先する確率を1/4、RBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先する確率を3/4に設定したとすると、上記の遊技でBBテーブル66aが選択される確率は1/4となり、RBテーブル66bが選択される確率は3/4となる。
【0097】
以上より、通常遊技中において、最初にRBに当選したときは、RBテーブル66bが選択される確率が高くなるので、RBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する機会が多くなる。これに対し、最初にBBに当選したときは、RBが当選するまで、BB内部中テーブル群Bからリール停止制御テーブル66が選択される。よって、BBテーブル66aが選択される確率が低くなり、BBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会はわずかとなる。
【0098】
したがって、遊技者は、最初にBBに当選したときは、RBに当選するまで遊技を継続し続けることが多くなる。仮に、この間にBBが再度当選したときは、特別役当選持越し手段63によって、複数のBBの当選が持ち越されるので、遊技者に不利となることはない。
【0099】
(遊技情報管理手段)
遊技情報管理手段68は、経過時間、遊技媒体であるメダルの投入若しくは払出し、又は遊技回数に関する情報のうち、少なくとも1つの遊技情報を管理するものであり、本実施形態では、これらの全ての遊技情報を管理する。
遊技情報管理手段68は、遊技者から投入されたメダルの投入枚数(クレジットからの投入枚数を含む)、及びスロットマシン10から払い出されたメダル払出し枚数(クレジットへの加算枚数を含む)の情報を取得し、その情報を所定の記憶手段に記憶しておく。さらに、毎遊技、これらの情報を取得し、更新する。さらに、遊技情報管理手段68は、タイマー等を備えており、経過時間を計測し続ける。
【0100】
(遊技態様選択手段)
遊技態様選択手段69は、優先特別役決定手段67により決定された優先する特別役に関する情報を報知して遊技を行う優先特別役報知遊技を実行するか、又は優先する特別役に関する情報を報知しないで遊技を行う優先特別役非報知遊技を実行するかを選択するものである。
【0101】
本実施形態では、遊技態様選択手段69は、遊技情報管理手段68により管理されている遊技情報に基づいて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを抽選によって選択する。
具体的には、遊技情報管理手段68により管理されている遊技情報に応じて優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が異なる抽選テーブルを用いて、ソフト乱数等を用いて抽選を行う。
【0102】
本実施形態では、遊技態様選択手段69は、メダルの払出し枚数から投入枚数を引いた枚数(以下、差枚数という)に基づいて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択する。例えば、差枚数が+1000枚を超えるときには、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が低確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択する。
【0103】
また、差枚数が−1000枚〜+1000枚であるときには、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が通常確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択する。
さらにまた、差枚数が−1000枚を下回るときには、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が高確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択する。
【0104】
なお、以上の方法に限らず、遊技情報管理手段68により管理されている遊技情報に基づいて、種々の条件を設定し、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択することができる。
例えば、2000回の遊技回数を一区切りとし、遊技回数が0〜2000回のときは、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が高確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにする。
【0105】
また、遊技回数が2000〜4000回のときは、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が通常確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにする。さらに、遊技回数が4000〜6000回のときは、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が低確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにする。
そして、遊技回数が6000回以降は、上記のように2000回ごとに異なる抽選テーブルを用いることが挙げられる。
【0106】
また、スロットマシン10の電源がオンされた時から、又は遊技が開始された時からの経過時間に基づいて優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにしても良い。この場合には、例えば以下のようにする。
経過時間が10分までは、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が高確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにする。
【0107】
10分経過後20分経過前までは、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が通常確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにする。さらに、20分経過後30分経過前までは、遊技態様選択手段69は、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率が低確率に設定された抽選テーブルを用いて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにする。
そして、30分以降は、10分ごとに、上記のように優先特別役報知遊技の実行を選択する確率を切り替えるようにすることが挙げられる。
【0108】
さらに、遊技態様選択手段69は、例えば所定遊技回数の間、優先特別役報知遊技が実行されなかったときは、優先特別役報知遊技の実行を選択するようにしても良い。
また、特定の役の当選を契機に抽選テーブルを切り替えて、優先特別役報知遊技の実行を選択する確率を変化させるようにしても良い。あるいは、遊技情報に基づくことなく、ソフト乱数による抽選のみで優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択するようにしても良い。
【0109】
以上のようにして優先特別役報知遊技の実行が選択されると、その終了条件を満たすまで、優先特別役報知遊技が実行される。
上述のように、優先特別役報知遊技は、優先特別役決定手段67により決定された優先する特別役(BB又はRB)に関する情報が報知される遊技である。すなわち、BB及びRBの双方の当選を持ち越している遊技であって、小役1〜小役2及びリプレイが当選していない遊技では、BBテーブル66a又はRBテーブル66bのいずれかが選択されるが、そのときに選択された方の特別役に関する情報が報知される遊技である。
【0110】
その報知は、ランプ33、スピーカ34又は画像表示装置35を用いる。例えば、優先する特別役がBBに決定され、BBテーブル66aが選択されると、画像表示装置35に、BBが優先される旨を意味する文字や図柄等を表示するとともに、ランプ33やスピーカ34から特有の演出を出力する。同様に、優先する特別役がRBに決定され、RBテーブル66bが選択されると、画像表示装置35に、RBが優先される旨を意味する文字や図柄等を表示するとともに、ランプ33やスピーカ34から特有の演出を出力する。
【0111】
また、報知は、スタートスイッチ41がオンされた直後等、最後のストップスイッチ42がオンされる前に行うようにする。このようにすれば、遊技者は、報知された内容を見て、いずれの特別役が優先されるのかを知ることができるとともに、その報知に基づいて、ストップスイッチ42を操作することができる。
【0112】
ここで、BBに対応する図柄の組合せを「7」−「7」−「7」とし、RBに対応する図柄の組合せを「7」−「7」−「BAR」とする。なお、BBに対応する図柄の組合せのうち、右リール31の「7」の図柄は、本発明における第1図柄に相当するものである。また、RBに対応する図柄の組合せのうち、右リール31の「BAR」の図柄は、本発明における第2図柄に相当するものである。
【0113】
そして、優先する特別役がBBである旨が報知されたときには、遊技者は、その報知を見て、BBに対応する図柄の組合せである「7」−「7」−「7」が有効ラインに停止するようにストップスイッチ42をオンすることができ、これによって、BBを入賞させることができる。
【0114】
また、優先する特別役がRBである旨が報知されたときには、遊技者は、その報知を見て、RBに対応する図柄の組合せである「7」−「7」−「BAR」が有効ラインに停止しないようにストップスイッチ42をオンすることができ、これによって、RBの入賞を避けることができる。
【0115】
図4(a)は、本実施形態における各リール31の外周面の21個の図柄配列を示す平面図である。また、図4(b)は、BB、RB、及び特定役(後述)に対応する図柄の組合せを示す図である。
図4(a)では、「7」、「BAR」及び「ベル」の図柄配列のみを示しており、図中、空欄になっている部分にも、所定の図柄が表示されているが、ここでは説明を省略する。
図4において、各リール31の「7」の図柄は、それぞれ9番に配置されている。さらに、右リール31では、「BAR」の図柄は、8番に配置されている。すなわち、右リール31では、「7」の図柄と「BAR」の図柄とが隣接している。
【0116】
ここで、リール停止制御手段65は、役の当選時は、その役に対応する図柄の組合せができる限り有効ラインに停止するように、リール31の停止可能位置の範囲内で、その役に対応する図柄の組合せを構成する図柄(以下、役に係る図柄という)の引込み制御を行う。すなわち、役の当選時に、ストップスイッチ42のオンを検知した位置ではその役に係る図柄が有効ラインに停止しないときは、リール31を停止時に移動制御することにより、有効ラインにその役に係る図柄を積極的に停止させることで、当選した役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する確率を高めるようにしている。
【0117】
そして、リール31の停止制御は、通常、190ms以下(ストップスイッチ42のオンを検知した位置から数えて、5図柄以内)に設定されている。したがって、当選した役に係る図柄から数えて5図柄前までの図柄のいずれかが特定有効ラインに位置する時にストップスイッチ42をオンすれば、当選した役に係る図柄は、特定有効ラインに引込み制御される。
【0118】
以上により、遊技者は、「7」の図柄を特定有効ラインに停止させるときには、左リール31及び中リール31については、13番から9番までの図柄が特定有効ラインに位置する時にストップスイッチ42をオンすれば、9番の「7」の図柄が特定有効ラインに停止する。
【0119】
次に、特定有効ラインに、左リール31及び中リール31の「7」の図柄が停止した場合において、右リール31の9番の「7」の図柄が特定有効ラインに停止すれば、BBの入賞となる。一方、右リール31の8番の「BAR」の図柄が特定有効ラインに停止すれば、RBの入賞となる。
ここで、BBテーブル66aが用いられたときには、遊技者は、13番から9番までの図柄が特定有効ラインに位置する時にストップスイッチ42をオンすれば、9番の「7」の図柄を特定有効ラインに停止させることができる。
【0120】
これに対し、RBテーブル66bが用いられた場合には、右リール31に9番の「7」の図柄が特定有効ラインに停止するように狙ってストップスイッチ42を操作したときであっても、特定有効ラインに「BAR」の図柄が停止して、RBの入賞となる可能性が高くなる。
【0121】
すなわち、RBテーブル66bが用いられた場合には、右リール31は、特定有効ラインに9番の「7」の図柄が停止することはない。9番の「7」の図柄が停止するタイミングでストップスイッチ42が操作されたときには、リール停止制御手段65は、9番の「7」の図柄が特定有効ラインに停止しないように、リール31を停止制御する。
【0122】
そして、RBテーブル66bが用いられた場合には、12番から8番までの図柄が特定有効ラインに位置する時にストップスイッチ42がオンされれば、8番の「BAR」の図柄が特定有効ラインに停止する。
よって、遊技者は、BBに対応する図柄の組合せである「7」−「7」−「7」を有効ラインに停止させようとしたとき、BBテーブル66aが用いられていれば、その図柄の組合せを有効ラインに停止させることができるが、RBテーブル66bが用いられていれば、ほとんどの場合は、RBに対応する図柄の組合せである「7」−「7」−「BAR」が有効ラインに停止する。
【0123】
なお、上述したように、BBテーブル66a又はRBテーブル66bが用いられた場合には、ストップスイッチ42を順押しで操作しなければ、BB又はRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止することはない。よって、最初に右リール31を停止させ、その後に左リール31及び中リール31を停止させることで、BBに対応する図柄の組合せである「7」−「7」−「7」を有効ラインに停止させようとしても、停止することはない。
【0124】
このように操作された場合には、最後に操作されたストップスイッチ42に対応するリール31の「7」の図柄が特定有効ラインに停止しないように、リール31が停止制御される。これにより、遊技者は、BB又はRBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるときには、ストップスイッチ42を順押しせざるを得ない。
【0125】
以上のようなリール31の停止制御では、BB及びRBの双方の当選が持ち越されている遊技中において、BB又はRBのいずれの特別役が優先されるかを報知される優先特別役報知遊技と、報知されない優先特別役非報知遊技とでは、遊技者の利益に差がつくこととなる。
【0126】
例えば、BBの当選を3つ、RBの当選を1つ持ち越している状態を考える。この場合、BB・RB内部中テーブル群D(BB優先テーブル群E又はRB優先テーブル群F)から当選役に対応するリール停止制御テーブル66が選択される。そして、BB優先テーブル群EからBBテーブル66aが選択されたときに、優先する特別役がBBである旨が報知されれば、遊技者は、適切な位置でストップスイッチ42を操作すれば、BBに対応する図柄の組合せである「7」−「7」−「7」を有効ラインに停止させ、BBを入賞させることが可能となる。
【0127】
また、RBテーブル66bが選択されたときに、優先する特別役がRBである旨が報知されれば、遊技者は、RBに対応する図柄の組合せである「7」−「7」−「BAR」を有効ラインに停止させないようにすることができる。例えば、特定有効ラインに、左リール31及び中リール31の「7」の図柄が停止した場合には、遊技者は、右リール31の「BAR」の図柄が特定有効ラインに停止しないように操作することができる。これにより、RBの入賞を避けることができる。
【0128】
このようにして、優先特別役報知遊技では、遊技者は、RBが優先される遊技ではRBの入賞を避けつつ、BBが優先される遊技でBBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させ、BBを入賞させることができる。よって、BBを3回続けて入賞させ、3回のBBゲームを行った後に、RBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させ、RBを入賞させ、RBゲームに移行することができるようになる。
【0129】
これに対し、優先特別役非報知遊技では、遊技者は、当該遊技でBB又はRBのいずれが優先されるかを知ることができない。また、BB及びRBの内部中の遊技では、BBテーブル66aの選択確率より、RBテーブル66bの選択確率の方が高い。よって、BB及びRBの内部中において、優先特別役非報知遊技では、BBに対応する図柄の組合せよりも、RBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止する確率が高くなる。
【0130】
そして、RBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止してRBが入賞してしまうと、RBの当選の持越しが解除され、当選が持ち越される特別役は3つのBBのみとなる。BBのみの当選が持ち越されると、上述したように、BB内部中テーブル群Bから当選役に対応するリール停止制御テーブル66が選択されるので、BBテーブル66aの選択確率が低くなってしまい、当選しているBBに対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会が少なくなる。
【0131】
よって、優先特別役報知遊技では、当選を持ち越しているBBを複数回連続して入賞させることが可能となるが、優先特別役非報知遊技では、当選を持ち越しているBBのみを入賞させることは困難となる。
【0132】
(優先特別役報知遊技制御手段)
優先特別役報知遊技制御手段70は、優先特別役報知遊技の実行中に、優先特別役報知遊技の終了条件を満たすか否かを判別し、満たすと判別したときには、優先特別役報知遊技を終了するように制御するものである。特に本実施形態では、優先特別役報知遊技制御手段70により判別される優先特別役報知遊技の終了条件には、終了条件が変更されない第1終了条件と、終了条件が変更される第2終了条件とを有する。さらに、優先特別役報知遊技制御手段70は、第2終了条件を決定する。
【0133】
ここで、第1終了条件は、特別役当選持越し数カウント手段64によりカウントされているBB又はRBのいずれか一方の当選の持越し数(BB当選回数カウンター64a又はRB当選回数カウンター64bのカウント値)が0になったときである。よって、優先特別役報知遊技制御手段70は、特別役当選持越し数カウント手段64によりカウントされているBB又はRBのいずれか一方の当選の持越し数が0になったときに、第1終了条件を満たすと判断し、優先特別役報知遊技を終了するように制御する。
【0134】
また、第2終了条件は、BB又はRBの少なくとも一方の特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役の入賞となった回数が所定回数に到達したときである。特に、本実施形態の第2終了条件は、優先特別役報知遊技中に、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止してBBの入賞となった回数が所定回数(1〜5回のうち、優先特別役報知遊技制御手段70により決定された回数)に到達したときである。このように設定したのは、当選が持ち越されているBBが連続して入賞し、差枚数が急激に増加することを防止するためである。優先特別役報知遊技制御手段70は、上記所定回数(1〜5回のうちのいずれか1つ)を、ソフト乱数等を用いて抽選によって決定する。
【0135】
また、優先特別役報知遊技制御手段70は、第2終了条件を満たす前に第1終了条件を満たすと判別したときは、優先特別役報知遊技を終了するように制御するとともに、この優先特別役報知遊技の終了時における第2終了条件に基づいて、次回の第2終了条件を決定する。
【0136】
例えば、第2終了条件が、BBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止してBBの入賞となった回数が5回に到達したときに設定されている場合において、BBの当選持越し数が3であり、その当選を持ち越しているBBの全てが入賞し、第1終了条件を満たしたときを考える。この場合には、例えば次回の第2終了条件を今回の第2終了条件と同一に設定しても良い。あるいは、今回の第2終了条件とBBの入賞回数である3回との差である2回を、次回の第2終了条件に設定することが挙げられる。さらには、今回の第2終了条件とBBの入賞回数である3回との差である2回を、次回の第2終了条件の回数に加算(上乗せ)するようにしても良い。
【0137】
さらにまた、優先特別役報知遊技制御手段70は、遊技情報管理手段68により管理されている遊技情報に基づいて、第2終了条件を決定しても良い。
例えば、所定遊技回数間での報知回数に上限値を設けておく。具体的には、2000回の遊技での上限報知回数を5回に設定することが挙げられる。そして、過去2000回の遊技での報知回数が5回に到達したときには、第2終了条件を満たすと判別し、優先特別役報知遊技を終了するように制御する。
【0138】
また、差枚数に基づいて第2終了条件を決定しても良い。例えば、差枚数が+1000枚を超えるときには、優先特別役報知遊技制御手段70は、報知回数の上限値を少ない回数(例えば3回)に設定し、報知回数がその回数に到達したときには、第2終了条件を満たすと判別する。また、差枚数が−1000枚〜+1000枚であるときには、優先特別役報知遊技制御手段70は、報知回数の上限値を通常回数(例えば5回)に設定する。さらに、差枚数が−1000枚を下回るときには、優先特別役報知遊技制御手段70は、報知回数の上限値を多い回数(例えば8回)に設定することが挙げられる。
【0139】
(特別遊技制御手段)
特別遊技制御手段71は、通常遊技から特別遊技への移行、特別遊技中の遊技の進行、及び特別遊技から通常遊技への移行等を制御するものである。特別遊技制御手段71は、特別遊技移行手段、特別遊技進行手段、特別遊技終了手段等を備える。
【0140】
特別遊技移行手段は、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したことを条件として、通常遊技から特別遊技に移行させるものである。例えば、BBに対応する図柄の組合せ(「7」−「7」−「7」)が有効ラインに停止したときは、通常遊技からBBゲームに移行させる。また、RBに対応する図柄の組合せ(「7」−「7」−「BAR」)が有効ラインに停止したときは、通常遊技からRBゲームに移行させる。
【0141】
移行時には、特別遊技に移行する旨を遊技者に知らせるために、ランプ33の点灯、スピーカ34からのサウンドの出力、画像表示装置35による画像表示等、各種の演出を行うように制御する。
【0142】
特別遊技進行手段は、BBゲーム及びRBゲーム中における遊技の進行を制御するものである。
BBゲームにおいては、特別遊技進行手段は、最初に第1遊技を開始させる。この第1遊技は、通常遊技と同様に、所定枚数(例えば3枚)以内のメダルを投入して遊技を行うものであり、この第1遊技で役抽選手段61により抽選される役は、特定役及び第2遊技に移行するための移行役である。この第1遊技では、遊技回数の上限が例えば30回と予め定められている。そして、特別遊技進行手段は、第1遊技での遊技回数をカウントし続ける。
【0143】
また、特別遊技進行手段は、第1遊技中に、第2遊技に移行するための移行役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止し、移行役が入賞したことを条件として、第1遊技から第2遊技に移行させる。第1遊技から第2遊技に移行するときは、それを遊技者に知らせるために、移行役に対応する図柄の組合せが停止した有効ラインをランプ33により点滅等させたり、それまでの第1遊技中とは異なるサウンドをスピーカ34から出力等する処理を行う。
【0144】
第2遊技に移行すると、特別遊技進行手段は、第2遊技中の遊技回数及び所定役の入賞回数をカウントする。第2遊技は、例えばメダルを1枚のみ投入可能とし、水平方向中段の有効ラインのみを有効化させ、この有効ラインに、例えば90%程度の高確率で所定役に対応する図柄の組合せが停止し、所定役が入賞するように制御される遊技である。そして、第2遊技は、その所定役の入賞回数が規定回数(例えば8回)に到達するか、又は遊技回数が規定回数(例えば12回)に到達するまで継続される。この第2遊技の終了条件を満たすか否かの判断のため、特別遊技進行手段は、遊技回数及び所定役の入賞回数をカウントする。
【0145】
特別遊技進行手段は、第2遊技の遊技回数又は所定役の入賞回数が規定回数に到達したときに、その第2遊技を終了させて、BBゲームの終了条件を満たしていないことを条件として、再度、第1遊技に戻るように制御する。
【0146】
ここで、BBゲームでは、第1遊技から第2遊技への移行回数は、規定回数まで(例えば3回)と上限が定められている。したがって、規定回数目になったときの第2遊技の終了時は、第1遊技に再度移行することなく、BBゲームを終了させるようにする。このため、特別遊技進行手段は、BBゲーム中に、第1遊技から第2遊技に移行した回数をカウントする。例えば、BBゲーム中の第1遊技時に、第2遊技に移行させるための移行役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して移行役が入賞し、第2遊技に移行させるときに、移行回数に1を加算する。
【0147】
また、RBゲームは、上記のBBゲームでの第2遊技を1セット、すなわち所定役が高確率で当選する遊技を規定入賞回数又は規定遊技回数に到達するまで行うものである。
RBゲームにおいては、特別遊技進行手段は、遊技回数又は所定役の入賞回数をカウントし続ける。
【0148】
特別遊技終了手段は、特別遊技中に、特別遊技の終了条件を満たすか否かを判別し、特別遊技の終了条件を満たすと判別されたときに、特別遊技を終了させるとともに、通常遊技に戻るようにするものである。
【0149】
特別遊技が例えばBBゲームであるときは、第1遊技の遊技回数が規定回数に到達したとき、又は第1遊技から第2遊技への移行回数が規定回数に到達したときの第2遊技において遊技回数又は所定役の入賞回数が規定回数に到達したときのいずれか1つを満たすときは、特別遊技終了手段は、BBゲームの終了条件を満たすと判別する。また、特別遊技が例えばRBゲームであるときは、遊技回数又は所定役の入賞回数が規定回数に到達したときのいずれか1つを満たすときは、特別遊技終了手段は、RBゲームの終了条件を満たすと判別する。
【0150】
次に、BBゲームの第1遊技で抽選される特定役について説明する。BBゲームの第1遊技では、上述したように、メイン小役として特定役が設けられている。ここで、特定役の当選確率及び払出し枚数は任意に設定可能であるが、例えば当選確率を1/1.5、払出し枚数を6枚に設定することが挙げられる。
図4に示すように、特定役に対応する特定の図柄の組合せは、「ベル」−「ベル」−「ベル」に設定されている。また、各リール31には、「ベル」の図柄は、全て5図柄以内の間隔で配置されている。
【0151】
よって、リール停止制御手段65は、どの位置でストップスイッチ42がオンされても、「ベル」の図柄を有効ラインに引込み制御することができる。よって、「ベル」の図柄は、100%の引込み率を有する。
【0152】
また、本実施形態における特定役は、特定の操作順番でストップスイッチ42が操作されたときは、特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止するが、特定の操作順番以外の操作順番でストップスイッチ42が操作されたときには、特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止しないものである。
【0153】
本実施形態では、特定役に当選したときに選択されるリール停止制御テーブルとして、6つの特定役テーブルを備える。これらの特定役テーブルは、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるか否かを、ストップスイッチ42の操作順番に応じて異なるように設定したものである。
【0154】
すなわち、ある1つの特定役テーブルにおいては、特定のストップスイッチ42の操作順番(例えば、右、中、左の順)で操作されたときは、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるように定められており、それ以外の操作順番で操作されたときは、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させないように定められている。
【0155】
また、他の1つの特定役テーブルにおいては、他の特定のストップスイッチ42の操作順番(例えば、左、右、中の順)で操作されたときは特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるように定められており、それ以外の操作順番で操作されたときは特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させないように定められている。
【0156】
ここで、左、中、右リール31にそれぞれ対応するストップスイッチ42を、左、中、右で表すと、ストップスイッチ42の操作順番としては、「左、中、右」、「左、右、中」、「中、左、右」、「中、右、左」、「右、左、中」、及び「右、中、左」の6通り挙げられる。
【0157】
そして、各特定役テーブルは、それぞれいずれか1通りの操作順番でストップスイッチ42が操作されたときは、特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止するようにし、それ以外の5通りの操作順番でストップスイッチ42が操作されたときは、特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止しないように、リール31の停止位置を定めている。
【0158】
以上のストップスイッチ42の操作順番に応じたリール31の停止制御を行うため、特別遊技制御手段71は、特定役テーブル選択手段71aを備える。
(特定役テーブル選択手段)
特定役テーブル選択手段71aは、特定役に当選したときに、複数の特定役テーブルからいずれか1つの特定役テーブルを抽選によって選択する。したがって、特定役に当選したときは、いずれか1つの特定役テーブルが決定されることにより、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるためのストップスイッチ42の操作順番が決定される。なお、いずれか1つの特定役テーブルの選択方法としては、例えば役抽選手段61で説明したものと同様の乱数発生手段等を用いることが挙げられる。
【0159】
また、特別遊技制御手段71は、特別遊技中遊技態様選択手段71b、及び特定役情報報知制御手段71cを備える。
(特別遊技中遊技態様選択手段)
特別遊技中遊技態様選択手段71bは、BBゲームの第1遊技において特定役に当選したときに、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技を実行するか、又はその情報を報知しない特定役情報非報知遊技を実行するかを選択するものである。
【0160】
特別遊技中遊技態様選択手段71bは、例えば、ソフト乱数を用いた抽選によって、特定役情報報知遊技を実行するか、又は特定役情報非報知遊技を実行するかを選択する。
本実施形態では、特別遊技中遊技態様選択手段71bは、優先特別役非報知遊技の実行中にBBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止してBBが入賞し、BBゲームに移行したときには、特定役情報非報知遊技の実行を特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択するようにする。例えば、優先特別役非報知遊技の実行中にBBゲームに移行したときには、70%の確率で特定役情報非報知遊技の実行を選択し、30%の確率で特定役情報報知遊技の実行を選択する。
【0161】
また、特別遊技中遊技態様選択手段71bは、BBに当選した遊技でBBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止してBBが入賞し、BBゲームに移行したときには、特定役情報非報知遊技の実行を特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択する。この場合にも、上記と同様に、70%の確率で特定役情報非報知遊技の実行を選択し、30%の確率で特定役情報報知遊技の実行を選択する。
【0162】
(特定役情報報知制御手段)
特定役情報報知制御手段71cは、特別遊技中遊技態様選択手段71bにより特定役情報報知遊技を実行することが選択されたときに、その報知を制御するものである。すなわち、特定役情報報知制御手段71cは、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報として、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させる停止制御が行われるためのストップスイッチ42の操作順番に関する情報を報知するように制御する。
【0163】
特定役テーブル選択手段71aによっていずれか1つの特定役テーブルが選択されると、特定役情報報知制御手段71cは、その特定役テーブルに対応する、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるためのストップスイッチ42の操作順番を判別し、その操作順番を遊技者に対して報知するように制御する。
【0164】
報知方法としては、種々の演出出力装置を用いることができ、特に画像表示装置35に画像表示する。
例えば、左、中、右の順にストップスイッチ42を操作すれば、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができることができる場合には、画像表示装置35に例えば「左→中→右」と画像表示する。その他のストップスイッチ42の操作順番としては、左、右、中の順、中、左、右の順、中、右、左の順、右、左、中の順、右、中、左の順が挙げられるが、これらについても同様に画像表示する。
【0165】
また、特定役情報報知制御手段71cは、特定役に当選したときには、スタートスイッチ41がオンされた直後に報知するように制御する。このように制御するのは、以下の理由による。
特定役に当選したときは、特別役と異なり、その当選は当該遊技でのみ有効であり、その遊技で特定役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しなかったときは、当選した特定役は無効にされる。
【0166】
このため、特定役の当選時には、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるリール31の停止操作を可能とするため、スタートスイッチ41がオンされた直後に報知するように制御する。特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるためには、最初に操作すべきストップスイッチ42から、所定の操作順番が定められているからである。
【0167】
以上により、BBゲームの第1遊技中において特定役情報報知遊技が実行されると、特定役に当選したときには、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるためのストップスイッチ42の操作順番が報知されるので、遊技者は、この報知によって特定役に当選したことを知ることができる。
【0168】
さらに、報知された順番に従って(スロットマシン10で指示された順番に従って)ストップスイッチ42をオンすれば、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させ、メダルを獲得することができる。すなわち、特定役に対応する特定の図柄の組合せを構成する「ベル」の図柄の引込み率は、100%に設定されているからである。
【0169】
これに対し、BBゲームの第1遊技中において特定役情報非報知遊技が実行されると、特定役に当選したときであっても、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるためのストップスイッチ42の操作順番が報知されない。したがって、特定役情報非報知遊技中に特定役に当選したときに、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるためのストップスイッチ42の操作順番と、遊技者が当該遊技で操作した順番とが一致すれば、特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止するが、それ以外の操作順番では、特定役に対応する特定の図柄の組合せは有効ラインに停止しない。
【0170】
上述したように、操作順番には6通りあるので、特定役情報非報知遊技では、特定役に当選したときに、特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止する確率は、1/6になる。
よって、特定役情報報知遊技と特定役情報非報知遊技とでは、特定役に当選したときに、特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止する確率に6倍の差がつくことになる。
【0171】
なお、BBゲームの第1遊技中においても、上述のリール停止制御手段65によって、リール31が停止制御される。例えば、特定役に当選したときには、選択された特定役テーブルに従ってリール31の停止位置が定められ、その位置にリール31が停止制御される。また、特定役の当選時には、操作順番検出手段65aによって操作順番が検出され、検出された操作順番に基づいて、リール31が停止制御される。
【0172】
次に、フローチャートに基づき、特別役の当選持越し処理、リール停止制御処理、及び優先特別役の報知処理の流れについて説明する。図5〜図8は、本実施形態における上記処理の流れを説明するフローチャートである。図6は、図5に続くフローチャートであり、図7は、図6に続くフローチャートである。また、図8は、図6中、「B」以降に続くフローチャートである。
【0173】
先ず、スロットマシン10の電源が投入されると、図5のステップS1で、遊技制御手段60は、RAMの初期化を行って、BB当選回数カウンター64aのカウント値X、及びRB当選回数カウンター64bのカウント値Yをそれぞれ初期化する(X=0、Y=0)。
【0174】
遊技者は、スロットマシン10にメダルを投入し、有効ラインを有効化して、スタートスイッチ41をオンする。ステップS2において、遊技制御手段60は、スタートスイッチ41がオンされたか否かを検知し続け、オンが検知されたときは、各リール31を始動させるとともに、次のステップS3に進み、役抽選手段61による役の抽選を行う。次のステップS4では、当該遊技での当選役が判別される。
【0175】
次に、ステップS5に進み、特別役(BB又はRB)に当選したか否かが判別され、当選していないと判別されたときは図6のステップS9に進み、当選したと判別されたときはステップS6に進む。ステップS6では、当選した特別役がBBであるか否かが判別される。BBであると判別されたときはステップS7に進み、BBでない(RBである)と判別されたときはステップS8に進む。
【0176】
ステップS7では、特別役当選持越し手段63は、BB当選回数カウンター64aのカウント値Xに1を加算し(X=X+1)、ステップS9に進む。また、ステップS8では、特別役当選持越し手段63は、RB当選回数カウンター64bのカウント値Yに1を加算し(Y=Y+1)、ステップS9に進む。
【0177】
ステップS9では、X≧1又はY≧1の少なくとも一方を満たすか否か、すなわちBB又はRBの少なくとも一方が当選しているか否かを判別する。ここでは、特別役当選持越し数カウント手段64のカウント値によって判別する。以下の判別においても同様である。
【0178】
ステップS9で、X≧1又はY≧1の少なくとも一方を満たさないとき、すなわちBBにもRBにも当選していないときは、ステップS12に進む。
また、ステップS9で、X≧1又はY≧1の少なくとも一方を満たすときは、ステップS10に進む。ステップS10では、X≧1かつY≧1を満たすか否か、すなわち少なくともBB及びRBの双方が1つずつ当選しているか否かを判別する。そして、ステップS10でX≧1かつY≧1を満たすと判別されたときは、図中、「B」(図8のステップS41)に進み、満たさないと判別されたとき(BB又はRBのいずれか一方のみに当選しているとき)は、ステップS11に進む。
【0179】
ステップS11では、X≧1である(BBに当選している)か否かが判別される。X≧1であると判別されたときはステップS13に進み、X≧1でない(RBに当選している)と判別されたときはステップS14に進む。
ステップS13では、リール停止制御テーブル選択手段65bは、BB内部中テーブル群Bから、当選役に対応するいずれかのリール停止制御テーブル66を選択し、ステップS15に進む。また、ステップS14では、リール停止制御テーブル選択手段65bは、RB内部中テーブル群Cから、当選役に対応するいずれかのリール停止制御テーブル66を選択し、ステップS15に進む。
【0180】
さらにまた、ステップS9においてBBにもRBにも当選していないと判別され、ステップS12に進むと、リール停止制御テーブル選択手段65bは、通常遊技中テーブル群Aから、当選役に対応するいずれかのリール停止制御テーブル66を選択し、ステップS15に進む。
【0181】
さらに、ステップS10から図8のステップS41に進むと、優先特別役決定手段67は、優先する特別役を決定する。すなわち、優先特別役決定手段67により、BB又はRBのうち、いずれの特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先するかが決定される。そして、ステップS42に進み、ステップS41の決定においてBBを優先することに決定されたか否かが判別される。BBを優先することに決定されたと判別されたときはステップS43に進み、そうでないとき(RBを優先することに決定されたとき)はステップS44に進む。
【0182】
ステップS43では、リール停止制御テーブル選択手段65bは、BB優先テーブル群Eから、当選役に対応するいずれかのリール停止制御テーブル66を選択し、ステップS45に進む。また、ステップS44では、リール停止制御テーブル選択手段65bは、RB優先テーブル群Fから、当選役に対応するいずれかのリール停止制御テーブル66を選択し、ステップS45に進む。
【0183】
ステップS45では、判別フラグがオンであるか否かが判別されることにより、優先特別役報知遊技の実行中であるか否かが判別される。ここで、優先特別役報知遊技の実行中は、判別フラグがオンにされている。そして、その判別フラグがオンであるか否かにより、優先特別役報知遊技の実行中であるか否かが判別される。判別フラグがオンであるときにはステップS49に進み、オンでないとき(オフであるとき、すなわち優先特別役非報知遊技の実行中であるとき)は、ステップS46に進む。
【0184】
ステップS46では、遊技態様選択手段69は、遊技態様を選択、すなわち優先特別役報知遊技を実行するか否かを選択する。ここで、遊技態様選択手段69は、遊技情報管理手段68により管理されている遊技情報に基づいて、優先特別役報知遊技を実行するか否かを抽選によって選択する。
【0185】
そして、ステップS47に進み、ステップS46の選択において、優先特別役報知遊技の実行が選択されたか否かが判別される。優先特別役報知遊技の実行が選択されたと判別されたときは、ステップS48に進み、優先特別役報知遊技の実行が選択されていないと判別されたときは、図中、「C」(図6のステップS15)に進む。ステップS48では、判別フラグがオンにされる。そして、ステップS49に進む。
【0186】
ステップS49では、BBテーブル66a又はRBテーブル66bが選択されたか否かが判別される。ステップS43又はステップS44において、それぞれBB優先テーブル群E又はRB優先テーブル群Fから、当選役に応じたリール停止制御テーブル66が選択されているが、そこで選択されたリール停止制御テーブル66がBBテーブル66a又はRBテーブル66bであるか否かが判別される。
【0187】
そして、BBテーブル66a又はRBテーブル66bが選択されたと判別されたときはステップS50に進み、選択されていないと判別されたときは、図中、「C」(図6のステップS15)に進む。
【0188】
ステップS50では、優先特別役報知遊技制御手段70は、優先する特別役に関する情報を報知するように制御する。すなわち、BBテーブル66aが選択されているときには、BBが優先される旨を画像表示装置35に画像表示等する。同様に、RBテーブル66bが選択されているときには、RBが優先される旨を画像表示装置35に画像表示等する。そして、図中、「C」(図6のステップS15)に進む。
【0189】
図6のステップS15では、遊技制御手段60は、遊技者によりストップスイッチ42がオンされたか否かを検知し続け、オンが検知されたときは、ステップS16に進む。ステップS16では、リール停止制御手段65は、ストップスイッチ42が操作されたときのタイミングに基づいて、ステップS12〜ステップS14、又はステップS43若しくはステップS44で選択したいずれかのリール停止制御テーブル66を参照し、リール31の停止位置を決定するとともに、その決定した位置にリール31を停止制御する。
【0190】
次のステップS17では、遊技制御手段60は、全てのリール31が停止したか否かを判別し続け、全てのリール31が停止したと判別したときは、図7のステップS18に進む。一方、ステップS17で、全てのリール31が停止していないと判別したときは、ステップS15に戻る。
【0191】
ステップS18では、特別役が入賞したか否か、すなわち特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したか否かが判別される。特別役が入賞したと判別されたときはステップS31に進む。これに対し、特別役が入賞していないと判別されたときは、ステップS19に進み、特別役以外の小役やリプレイが入賞したか否か、すなわち小役やリプレイに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したか否かが判別される。
【0192】
ステップS19において小役やリプレイが入賞したと判別されたときは、ステップS20に進み、入賞役に応じたメダルの払出し等の処理が行われる。小役の入賞時はメダルの払出し等の所定の処理が行われ、ステップS21に進む。また、リプレイの入賞時は、当該遊技で投入されたメダル枚数が自動投入され、ステップS21に進む。一方、ステップS19で小役等に入賞していないと判別されたとき、すなわちいずれの役も入賞していないときは、払出し等の処理を行うことなく、ステップS21に進む。
【0193】
ステップS21では、遊技情報管理手段68は、所定の遊技情報の更新を行う。例えばメダルの投入枚数や払出し枚数、及び遊技回数等を更新する。そして、図5のステップS2に戻る。
【0194】
また、ステップS18で特別役に入賞したと判別され、ステップS31に進むと、BBが入賞したか否か、すなわちBBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したか否かが判別される。BBが入賞したと判別されたときはステップS32に進み、BBが入賞していない(RBが入賞した)と判別されたときはステップS33に進む。
【0195】
ステップS32では、特別役当選持越し手段63は、BB当選回数カウンター64aのカウントXから1を減算し(X=X−1)、ステップS34に進む。また、ステップS33では、特別役当選持越し手段63は、RB当選回数カウンター64bのカウント値から1を減算し(Y=Y−1)、ステップS34に進む。すなわち、ステップS32及びステップS33では、入賞した特別役に対するカウント値を1だけ減算する。
【0196】
ステップS34では、特別遊技制御手段71は、特別遊技を開始させる。BBの入賞時はBBゲームを開始させ、RBの入賞時はRBゲームを開始させる。ここで、BBゲームを開始させるときには、特別遊技中遊技態様選択手段71bは、BBゲームの第1遊技において、特定役情報報知遊技を実行するか、又は特定役情報非報知遊技を実行するかを選択し、その選択結果に基づいてBBゲームの第1遊技を行う。
【0197】
次のステップS35では、特別遊技制御手段71は、特別遊技を進行するとともに、特別遊技の終了条件を満たすか否かを判別し続ける。特別遊技の終了条件を満たすと判別されたときは、特別遊技を終了し、ステップS36に進む。
ステップS36では、判別フラグがオンであるか否か(優先特別役報知遊技の実行中であるか否か)が判別される。判別フラグがオンであると判別されたときはステップS37に進み、オンでないと判別されたときは、図5のステップS2に戻る。
【0198】
ステップS37では、優先特別役報知遊技制御手段70は、優先特別役報知遊技の終了条件を満たすか否かを判別する。上述のように、第1終了条件又は第2終了条件のいずれかを満たすときには終了条件を満たすと判別する。そして、終了条件を満たすと判別したときは、ステップS38に進み、終了条件を満たさないと判別したときは、図5のステップS2に戻る。
ステップS38では、判別フラグがオフにされる。そして、図5のステップS2に戻る。
【0199】
以上、本発明の一実施形態について説明したが、本発明は、上述した実施形態に限定されることなく、例えば以下のような種々の変形が可能である。
(1)リール停止制御手段65は、本実施形態ではリール停止制御テーブル66を用いたが、リール停止制御テーブル66を使用せずにリール31の停止位置を決定しても良い。例えば、ストップスイッチ42が操作されたときに、役抽選手段61による役の抽選結果、優先特別役決定手段67による決定結果、特別役の当選が持ち越されている遊技において小役等に当選したときはその小役と特別役とのいずれを優先するか等を参照してリール31の停止可能位置を検索し、その停止可能位置の範囲内で、適切な停止位置を決定することも可能である。
【0200】
(2)本実施形態では、BBのみに当選しているときはBBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しにくいようにし、BB及びRBの双方の当選を持ち越している状態では、BBやRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しやすいようにした。これは、BB貯留型といえる。しかし、これに限らず、BBとRBとの上記関係を逆とし、RB貯留型としても良い。すなわち、RBのみに当選したときは、BBに当選するまでRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しにくいようにしても良い。
【0201】
さらには、BB及びRBの双方の貯留型であっても良い。このような場合には、BBやRBに当選した場合であっても、BBやRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しにくいようにし、一定条件を満たしたときに、BBやRBに対応する図柄の組合せが有効ラインに停止しやすいリール31の停止制御を行うようにしても良い。
ここで、「一定条件を満たしたとき」とは、例えば当選を持ち越しているBBやRBの数が所定数以上となったときや、特別役の当選を持ち越している状態で所定回数遊技が行われたときが挙げられる。
【0202】
(3)BBのみの当選を持ち越している遊技や、RBのみの当選を持ち越している遊技において、いずれの特別役の当選を持ち越しているかを遊技者に知らせないようにするために、何らの演出を行わないようにしても良い。
これに対し、それぞれの遊技で特有の演出を出力するようにしても良い。あるいは、それぞれの遊技で一定条件を満たしたときのみ演出を出力するようにしても良い。さらには、当選を持ち越している特別役の種類や数を判断可能な演出を出力するようにしても良い。
【0203】
(4)本実施形態では、BBゲームの第1遊技において、特定役に当選したときには、一定条件下で、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技を実行するようにした。
しかし、特定役の種類や報知方法は、本実施形態で示したものに限らず、例えば以下のような特定役を設けることもできる。
【0204】
図9(a)は、他の実施形態における各リール31の外周面の21個の図柄配列を示す平面図である。また、図9(b)は、BB、RB、及び特定役A〜特定役Cに対応する特定の図柄の組合せを示す図である。
この実施形態では、上記実施形態の「7」の図柄に相当する図柄は、「赤7」であり、上記実施形態と同様に、各リール31の9番に配置されている。また、右リール31の「BAR」の図柄は、上記実施形態と同様に8番に配置されている。
【0205】
さらに、この実施形態では、2番に「白7」の図柄が配置され、16番に「青7」の図柄が配置されている。
さらにまた、特定役は、3種類(特定役A、特定役B、及び特定役C)設けられている。特定役Aに対応する特定の図柄の組合せは、「白7」−「ベル」−「ベル」であり、特定役Bに対応する特定の図柄の組合せは、「赤7」−「ベル」−「ベル」であり、特定役Cに対応する特定の図柄の組合せは、「青7」−「ベル」−「ベル」である。
【0206】
これらの特定役A〜特定役Cの当選確率及び払出し枚数は任意に設定可能であるが、例えば特定役A〜特定役Cの各当選確率を1/9、メダルの払出し枚数を10枚に設定することが挙げられる。
【0207】
さらに、この実施形態では、BBゲームの第1遊技において、特定役情報報知遊技での報知内容が、上記実施形態と異なる。この実施形態では、特定役情報報知遊技中に、いずれかの特定役A〜特定役Cに当選したときに、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せの内容を遊技者に報知するものである。
【0208】
ここで、図9に示すように、左リール31の特定役を構成する図柄である「白7」、「赤7」及び「青7」は、それぞれ2番、9番及び16番に配置されている。すなわち、これらの各図柄は、7つの図柄間隔で配置されている。このように配置したのは、どの特定役に当選しているかが報知されれば、その特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止するようにストップスイッチ42を操作することができるようにし、どの特定役に当選しているかを知らない場合は、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せが必ずしも有効ラインに停止しないようにするためである。その詳細を以下に説明する。
【0209】
上記実施形態で説明したように、リール31の停止制御によって、当選した役に係る図柄から数えて5図柄前までの図柄のいずれかが特定有効ラインに位置する時にストップスイッチ42をオンすれば、当選した役に係る図柄は、特定有効ラインに引き込み制御される。
【0210】
例えば、「白7」−「ベル」−「ベル」の図柄の組合せである特定役Aが当選した場合においては、左リール31の2番から6番までが特定有効ラインに位置している瞬間にストップスイッチ42がオンされれば、2番の「白7」が特定有効ラインに停止する。一方、それ以外の位置でストップスイッチ42がオンされたときは、たとえ特定役Aが当選した場合であっても、「白7」は特定有効ラインに停止しない。
【0211】
そして、この実施形態では、特定役情報報知遊技では、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せの内容を遊技者に報知するので、遊技者は、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せが有効ラインに停止するように操作することができる。
【0212】
しかし、特定役情報非報知遊技では、特定役の当選の有無、及び当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せの内容が報知されないので、遊技者は、特定役情報報知遊技時の1/3でしか、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せをいずれかの有効ラインに停止させることができない。
【0213】
例えば、遊技者が、「赤7」に係る特定役Bに当選していると予測して、特定有効ラインに「赤7」の図柄が停止するように左リール31のストップスイッチ42を停止操作した場合において、現に特定役Bが当選していれば、特定役Bに係る「赤7」の図柄は、特定有効ラインに停止する。なお、このときは、左リール31の9番から13番までの図柄が特定有効ラインに位置している瞬間に、ストップスイッチ42がオンされることが条件となる。
【0214】
しかし、遊技者の予測が外れて、左リール31の図柄が「白7」又は「青7」である特定役A又は特定役Cが当選しているときは、遊技者がストップスイッチ42をオンした位置からは、左リール31の2番の「白7」や、16番の「青7」は、特定有効ラインに引き込むことができない。すなわち、2番の「白7」が特定有効ラインに停止するためには、上述の通り、2番から6番までの図柄が特定有効ラインに位置する瞬間にストップスイッチ42がオンされなければならないからである。
【0215】
同様に、16番の「青7」が特定有効ラインに停止するためには、16番から20番までの図柄が特定有効ラインに位置する瞬間にストップスイッチ42がオンされなければならないからである。
【0216】
なお、図9に示すように、中リール31及び右リール31では、「ベル」の図柄は、全て5図柄以内の間隔で配置されている。したがって、いずれかの特定役の当選時は、中リール31及び右リール31については、どの位置でストップスイッチ42をオンしても、「ベル」の図柄が有効ラインに停止する。すなわち、特定役の中リール31及び右リール31の図柄である「ベル」は、100%の引込み率を有する。
【0217】
また、この実施形態では、特定役テーブルは、上述の実施形態と異なり、ストップスイッチ42の操作順番に応じて異なる複数種類のものは設けられていない。
さらにまた、この実施形態では、特定役情報報知制御手段71cは、特定役情報報知遊技中にいずれかの特定役に当選したときに、3種類の特定役A〜Cのうち、当選した特定役がいずれであるかを画像表示するように制御する。
【0218】
ここで、当選した特定役の画像表示は、左リール31の図柄のみを画像表示する。3種類の特定役A〜特定役Cの図柄の組合せは、それぞれ「白7」、「赤7」又は「青7」−「ベル」−「ベル」の図柄の組合せであり、左リール31の図柄のみが異なり、中リール31及び右リール31の図柄は、いずれの特定役であっても「ベル」である。したがって、左リール31の図柄のみを遊技者に報知すれば、遊技者は、どの特定役に当選したのかを知ることができる。
【0219】
このため、例えば、「白7」−「ベル」−「ベル」の図柄の組合せからなる特定役Aに当選したときは、特定役情報報知制御手段71cは、画像表示装置35に「白7」の画像等を表示するように制御する。同様に、「赤7」−「ベル」−「ベル」の図柄の組合せからなる特定役Bに当選したときは、「赤7」の画像等を表示するように制御する。さらに同様に、「青7」−「ベル」−「ベル」の図柄の組合せからなる特定役Cに当選したときは、「青7」の画像等を表示するように制御する。
また、上述の実施形態と同様に、特定役の当選時は、スタートスイッチ41がオンされた直後に報知するように制御する。
【0220】
以上のようにして、特定役情報報知遊技中に特定役に当選したときは、特定役の当選が報知されるので、遊技者は、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる。各特定役の当選確率は、1/9であるので、いずれかの特定役に当選する確率は、3/9(1/3)になる。これにより、特定役情報報知遊技中は、1/3の確率で、いずれかの特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることが可能になる。
【0221】
これに対し、特定役情報非報知遊技では、特定役の当選が報知されないので、遊技者は、いずれかの特定役が1/9の確率で当選することは知っていても、当該遊技で特定役が当選しているか否か、及びいずれの特定役に当選しているのかを知ることはできない。よって、特定役情報非報知遊技では、遊技者は、特定役情報報知遊技時の1/3でしか、いずれかの特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができない。
よって、特定役情報報知遊技と特定役情報非報知遊技とでは、特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる確率に、3倍の差がつくことになる。
【0222】
【発明の効果】
(請求項1)
請求項1の発明によれば、特別役の当選を持ち越している遊技中において、当選を持ち越している特別役に対応するリールの停止制御、例えば当選を持ち越している特別役に応じて異なるリールの停止制御が行われる。これにより、当選している特別役に応じて特有のリール停止制御が行われるので、特別役の当選を持ち越している遊技での遊技性を高めることができる。
【0223】
また、優先する特別役に関する情報を報知する優先特別役報知遊技と、報知しない優先特別役非報知遊技とを設けることにより、異なる態様の遊技状態を作り出すことができる。そして、優先特別役報知遊技では、遊技者は、いずれの特別役が優先されるかを知ることができるので、その情報に基づいてリールの停止操作を行うことで、有利な結果を得ることができる。すなわち、優先特別役報知遊技と優先特別役非報知遊技とで、遊技者が得られる利益に差をつけることができる。
【0224】
(請求項2)
請求項2の発明によれば、複数種類の終了条件を設けることで、優先特別役報知遊技の終了条件を多岐に設定することができる。
【0225】
(請求項3)
請求項3の発明によれば、第1特別役及び第2特別役の双方の当選を持ち越していないときには、第2終了条件を満たしたか否かにかかわらず、優先特別役報知遊技を終了することができる。
【0226】
(請求項4)
請求項4の発明によれば、優先特別役報知遊技において、特別役の入賞回数に上限を設けることができる。これにより、出玉率を一定範囲にとどめることができる。
【0227】
(請求項5)
請求項5の発明によれば、優先特別役報知遊技制御手段により決定された第2終了条件を満たす前に優先特別役報知遊技が終了したときには、その時までに達成できなかった第2終了条件を生かして、次回の優先特別役報知遊技における第2終了条件を決定することができる。
【0228】
(請求項6)
請求項6の発明によれば、それまでの遊技実績を考慮して、優先特別役報知遊技を実行するか否かの選択や、その終了条件を決定することができる。
【0229】
(請求項7)
請求項7の発明によれば、優先特別役報知遊技が長期間にわたり実行されない状態を防止することができる。
【0230】
(請求項8)
請求項8の発明によれば、優先特別役報知遊技の実行中に特別役が入賞するか、又は優先特別役非報知遊技の実行中に特別役が入賞するかで、特別遊技でのメダル獲得枚数の期待値に差を設けることができる。
【0231】
(請求項9)
請求項9の発明によれば、特別役に当選した遊技で特別役が入賞するか、又は特別役に当選しなかった遊技で特別役が入賞するかで、特別遊技でのメダル獲得枚数の期待値に差を設けることができる。
【0232】
(請求項10)
請求項10の発明によれば、第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させるときの、ストップスイッチの操作順番を限定することができる。これにより、遊技者は、優先特別役非報知遊技中に、ストップスイッチの操作順番を変えることで、優先される特別役を見極めることが困難になる。よって、優先特別役報知遊技を、より実効のあるものにすることができる。
【0233】
(請求項11)
請求項11の発明によれば、優先特別役報知遊技時は、いずれの特別役が優先されるかを知ることができるので、遊技者は、一方の特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させ、他方の特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止してしまうことを避けることができる。これに対し、優先特別役非報知遊技時は、いずれの特別役が優先されるかを知ることができないので、どちらか一方の特別役に対応する図柄の組合せを狙って有効ラインに停止させることができない。
これにより、優先特別役報知遊技と優先特別役非報知遊技とで、入賞を狙うことができる特別役に差をもたせることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本実施形態におけるスロットマシンの制御の概略を示すブロック図である。
【図2】本実施形態の抽選テーブルにおける各役の当選確率を示す図である。
【図3】本実施形態におけるリール停止制御テーブルの分類及び種類を説明する図である。
【図4】(a)は、本実施形態における各リールの外周面の21個の図柄配列を示す平面図であり、(b)は、BB、RB、及び特定役に対応する図柄の組合せを示す図である。
【図5】本実施形態における特別役の当選持越し処理、及びリール停止制御処理等の流れを示すフローチャートである。
【図6】本実施形態における特別役の当選持越し処理、及びリール停止制御処理等の流れを示すフローチャートであり、図5に続くフローチャートである。
【図7】本実施形態における特別役の当選持越し処理、及びリール停止制御処理等の流れを示すフローチャートであり、図6に続くフローチャートである。
【図8】本実施形態におけるリール停止制御処理、及び優先特別役の報知処理の流れを説明するフローチャートであり、図6中、「B」以降に続くフローチャートである。
【図9】(a)は、他の実施形態における各リールの外周面の21個の図柄配列を示す平面図であり、(b)は、BB、RB、及び特定役A〜特定役Cに対応する図柄の組合せを示す図である。
【符号の説明】
10 スロットマシン
31 リール
32 モータ
33 ランプ
34 スピーカ
35 画像表示装置
41 スタートスイッチ
42 ストップスイッチ
60 遊技制御手段
61 役抽選手段
62 抽選テーブル
63 特別役当選持越し手段
64 特別役当選持越し数カウント手段
64a BB当選回数カウンター
64b RB当選回数カウンター
65 リール停止制御手段
65a 操作順番検出手段
65b リール停止制御テーブル選択手段
66 リール停止制御テーブル
A 通常遊技中テーブル群
B BB内部中テーブル群
C RB内部中テーブル群
D BB・RB内部中テーブル群
E BB優先テーブル群
F RB優先テーブル群
66a BBテーブル
66b RBテーブル
66c 小役1テーブル
66d 小役2テーブル
66e 小役3テーブル
66f 小役4テーブル
66g リプレイテーブル
66h 非当選テーブル
67 優先特別役決定手段
68 遊技情報管理手段
69 遊技態様選択手段
70 優先特別役報知遊技制御手段
71 特別遊技制御手段
71a 特定役テーブル選択手段
71b 特別遊技中遊技態様選択手段
71c 特定役情報報知制御手段

Claims (11)

  1. 遊技者にとって有利となる特別遊技に移行させるための特別役であって2種類の第1特別役と第2特別役とを含む役の抽選を行う役抽選手段と、
    前記役抽選手段による役の抽選結果に基づいて、所定の停止制御によってリールを停止制御するリール停止制御手段と、
    前記役抽選手段による役の抽選において特別役に当選した後、特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役が入賞するまでの遊技において、特別役の当選を持ち越す特別役当選持越し手段と
    を備えるスロットマシンにおいて、
    前記役抽選手段は、前記特別役当選持越し手段により特別役の当選が持ち越されている遊技であっても、特別役を含めた役の抽選を継続し、
    前記特別役当選持越し手段は、特別役の当選を持ち越している遊技中に、前記役抽選手段による役の抽選において特別役に再度当選したときは、それまでに当選した特別役及び再度当選した特別役を持ち越すようにし、
    前記リール停止制御手段は、特別役のうち、第1特別役のみに当選しているときには第1停止制御によってリールを停止制御し、第2特別役のみに当選しているときには第2停止制御によってリールを停止制御し、第1特別役及び第2特別役の双方に当選しているときには第3停止制御によってリールを停止制御し、
    第1特別役及び第2特別役の双方に当選しているときに、第1特別役又は第2特別役のうち、いずれの特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを優先するかを決定する優先特別役決定手段を備え、
    前記リール停止制御手段の前記第3停止制御は、前記優先特別役決定手段の決定結果に基づいてリールを停止制御し、
    前記優先特別役決定手段により決定された優先する特別役に関する情報を報知して遊技を行う優先特別役報知遊技を実行するか、又は優先する特別役に関する情報を報知しないで遊技を行う優先特別役非報知遊技を実行するかを選択する遊技態様選択手段と、
    優先特別役報知遊技の実行中に、優先特別役報知遊技の終了条件を満たすか否かを判別し、満たすと判別したときには、優先特別役報知遊技を終了するように制御する優先特別役報知遊技制御手段とを備える
    ことを特徴とするスロットマシン。
  2. 請求項1に記載のスロットマシンにおいて、
    前記優先特別役報知遊技制御手段により判別される優先特別役報知遊技の終了条件には、終了条件が変更されない第1終了条件と、終了条件が変更される第2終了条件とを有し、
    前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記第2終了条件を決定する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  3. 請求項2に記載のスロットマシンにおいて、
    前記特別役当選持越し手段により第1特別役及び第2特別役の双方の特別役の当選が持ち越されているときに、第1特別役及び第2特別役の当選の持越し数をカウントする特別役当選持越し数カウント手段を備え、
    前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記特別役当選持越し数カウント手段によりカウントされている第1特別役又は第2特別役のいずれか一方の当選の持越し数が0になったときに、前記第1終了条件を満たすと判断する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  4. 請求項2又は請求項3に記載のスロットマシンにおいて、
    前記優先特別役報知遊技制御手段により決定される前記第2終了条件は、第1特別役又は第2特別役の少なくとも一方の特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役の入賞となった回数が所定回数に到達したときであり、
    前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記所定回数を決定する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  5. 請求項2から請求項4までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、
    前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記第2終了条件を満たす前に前記第1終了条件を満たすと判別したときは、優先特別役報知遊技を終了するように制御するとともに、この優先特別役報知遊技の終了時における前記第2終了条件に基づいて、次回の前記第2終了条件を決定する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  6. 請求項2から請求項5までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、
    経過時間、遊技媒体の投入若しくは払出し、又は遊技回数に関する情報のうち、少なくとも1つの遊技情報を管理する遊技情報管理手段を備え、
    前記遊技態様選択手段は、前記遊技情報管理手段により管理されている遊技情報に基づいて、優先特別役報知遊技を実行するか、又は優先特別役非報知遊技を実行するかを選択し、
    前記優先特別役報知遊技制御手段は、前記遊技情報管理手段により管理されている遊技情報に基づいて、前記第2終了条件を決定する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  7. 請求項1から請求項6までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、
    前記遊技態様選択手段は、所定遊技回数の間、優先特別役報知遊技が実行されなかったときは、優先特別役報知遊技を実行することを選択する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  8. 請求項1から請求項7までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、
    前記役抽選手段は、特定役を含む役の抽選を行い、
    その特定役は、当選した遊技でのみ有効になり、次遊技以降に当選を持ち越さない役であって、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報が報知されたときには、その情報が報知されないときより、その特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会が増加する役であり、
    特別遊技中において特定役に当選したときに、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技を実行するか、又はその情報を報知しない特定役情報非報知遊技を実行するかを選択する特別遊技中遊技態様選択手段を備え、
    前記特別遊技中遊技態様選択手段は、優先特別役非報知遊技の実行中に特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役が入賞したときには、特定役情報非報知遊技の実行を特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  9. 請求項1から請求項7までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、
    前記役抽選手段は、特定役を含む役の抽選を行い、
    その特定役は、当選した遊技でのみ有効になり、次遊技以降に当選を持ち越さない役であって、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報が報知されたときには、その情報が報知されないときより、その特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させることができる機会が増加する役であり、
    特別遊技中において特定役に当選したときに、当選した特定役に対応する特定の図柄の組合せを有効ラインに停止させるための情報を報知する特定役情報報知遊技を実行するか、又はその情報を報知しない特定役情報非報知遊技を実行するかを選択する特別遊技中遊技態様選択手段を備え、
    前記特別遊技中遊技態様選択手段は、特別役に当選した遊技でその特別役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止して特別役が入賞したときには、特定役情報非報知遊技の実行を特定役情報報知遊技の実行より高い確率で選択する
    ことを特徴とするスロットマシン。
  10. 請求項1から請求項9までのいずれか1項に記載のスロットマシンにおいて、
    前記リール停止制御手段の前記第3停止制御は、各リールの回転を停止させるときに遊技者が操作するストップスイッチが特定の操作順番で操作されたときはリールの停止可能位置の範囲内において第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させることを可能とし、前記ストップスイッチが前記特定の操作順番以外の操作順番で操作されたときは第1特別役又は第2特別役に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させない停止制御である
    ことを特徴とするスロットマシン。
  11. 請求項10に記載のスロットマシンにおいて、
    第1特別役に対応する図柄の組合せと、第2特別役に対応する図柄の組合せとは、前記特定の操作順番で前記ストップスイッチが操作されたときに最後に操作される前記ストップスイッチに対応するリールの図柄のみが異なるように設定されており、
    前記特定の操作順番で前記ストップスイッチが操作されたときに最後に操作される前記ストップスイッチに対応するリールにおいて、第1特別役に対応する図柄の組合せを構成する第1図柄と、第2特別役に対応する図柄の組合せを構成する第2図柄とは、リールが特定の位置にある時に前記ストップスイッチが操作されたときには第1図柄及び第2図柄のいずれの図柄も特定有効ラインに停止させることができるように配列されている
    ことを特徴とするスロットマシン。
JP2001200064A 2001-06-29 2001-06-29 スロットマシン Expired - Fee Related JP4702907B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001200064A JP4702907B2 (ja) 2001-06-29 2001-06-29 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001200064A JP4702907B2 (ja) 2001-06-29 2001-06-29 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003010401A JP2003010401A (ja) 2003-01-14
JP4702907B2 true JP4702907B2 (ja) 2011-06-15

Family

ID=19037256

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001200064A Expired - Fee Related JP4702907B2 (ja) 2001-06-29 2001-06-29 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4702907B2 (ja)

Families Citing this family (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4544615B2 (ja) * 2004-04-09 2010-09-15 サミー株式会社 スロットマシン
JP2006116012A (ja) * 2004-10-20 2006-05-11 Samii Kk スロットマシン
JP2006116013A (ja) * 2004-10-20 2006-05-11 Samii Kk スロットマシン
JP4836222B2 (ja) * 2004-10-20 2011-12-14 サミー株式会社 スロットマシン
JP4836223B2 (ja) * 2004-10-20 2011-12-14 サミー株式会社 スロットマシン
JP2006271510A (ja) * 2005-03-28 2006-10-12 Aruze Corp 遊技機
JP2007202715A (ja) * 2006-01-31 2007-08-16 Aruze Corp 遊技機
JP2007209499A (ja) * 2006-02-09 2007-08-23 Samii Kk スロットマシン
JP5051778B2 (ja) * 2008-07-11 2012-10-17 サミー株式会社 スロットマシン
JP5395378B2 (ja) * 2008-07-25 2014-01-22 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP5395379B2 (ja) * 2008-07-25 2014-01-22 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP5366500B2 (ja) * 2008-10-27 2013-12-11 高砂電器産業株式会社 スロットマシン
JP5133858B2 (ja) * 2008-11-27 2013-01-30 株式会社平和 遊技機
JP2010172480A (ja) * 2009-01-29 2010-08-12 Daxel Kk スロットマシン
JP5215205B2 (ja) * 2009-01-30 2013-06-19 ダイコク電機株式会社 スロットマシン
JP5368132B2 (ja) * 2009-02-24 2013-12-18 株式会社オリンピア 遊技機
JP5210205B2 (ja) * 2009-02-26 2013-06-12 株式会社オリンピア 遊技機
JP5564665B2 (ja) * 2009-03-06 2014-07-30 株式会社オリンピア 遊技機
JP5679141B2 (ja) * 2009-04-02 2015-03-04 株式会社三共 スロットマシン
JP5679142B2 (ja) * 2009-04-02 2015-03-04 株式会社三共 スロットマシン
JP5394798B2 (ja) * 2009-04-03 2014-01-22 株式会社三共 スロットマシン
JP5555911B2 (ja) * 2009-04-15 2014-07-23 株式会社オリンピア 遊技機
JP5577621B2 (ja) * 2009-05-11 2014-08-27 株式会社オリンピア スロットマシン
JP5583361B2 (ja) * 2009-05-13 2014-09-03 株式会社三共 スロットマシン
JP5553530B2 (ja) * 2009-05-27 2014-07-16 株式会社三共 スロットマシン
JP5553529B2 (ja) * 2009-05-27 2014-07-16 株式会社三共 スロットマシン
JP5553534B2 (ja) * 2009-06-09 2014-07-16 株式会社三共 スロットマシン
JP5553535B2 (ja) * 2009-06-09 2014-07-16 株式会社三共 スロットマシン
JP5754713B2 (ja) * 2013-08-08 2015-07-29 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP5700472B2 (ja) * 2013-12-11 2015-04-15 株式会社大一商会 遊技機
JP5700470B2 (ja) * 2013-12-11 2015-04-15 株式会社大一商会 遊技機
JP5700473B2 (ja) * 2013-12-11 2015-04-15 株式会社大一商会 遊技機
JP2015091455A (ja) * 2015-02-10 2015-05-14 株式会社大一商会 遊技機
JP2015091456A (ja) * 2015-02-10 2015-05-14 株式会社大一商会 遊技機
JP5925366B2 (ja) * 2015-05-18 2016-05-25 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP6591852B2 (ja) * 2015-10-14 2019-10-16 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000210413A (ja) * 1999-01-22 2000-08-02 Aruze Corp 遊技機及びその制御装置
JP2000300726A (ja) * 1997-11-26 2000-10-31 Aruze Corp 遊技機

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000300726A (ja) * 1997-11-26 2000-10-31 Aruze Corp 遊技機
JP2000210413A (ja) * 1999-01-22 2000-08-02 Aruze Corp 遊技機及びその制御装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003010401A (ja) 2003-01-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4702907B2 (ja) スロットマシン
JP4726100B2 (ja) スロットマシン
JP4711252B2 (ja) スロットマシン
JP4320144B2 (ja) スロットマシン
JP4320154B2 (ja) スロットマシン
JP2005278825A (ja) スロットマシン
JP4726101B2 (ja) スロットマシン
JP2004222873A (ja) スロットマシン
JP2005224450A (ja) スロットマシン
JP4350347B2 (ja) スロットマシン
JP2008167993A (ja) スロットマシン
JP2005278824A (ja) スロットマシン
JP4775922B2 (ja) スロットマシン
JP4636489B2 (ja) スロットマシン
JP4650819B2 (ja) スロットマシン
JP2001300001A (ja) スロットマシン
JP4780630B2 (ja) スロットマシン
JP4793799B2 (ja) スロットマシン
JP4721381B2 (ja) スロットマシン
JP4711247B2 (ja) スロットマシン
JP2005204772A (ja) スロットマシン
JP4853854B2 (ja) スロットマシン
JP4507222B2 (ja) スロットマシン
JP4721433B2 (ja) スロットマシン
JP2006175250A5 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080502

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110301

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110305

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140318

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees