JP4698478B2 - 緑化資材 - Google Patents

緑化資材 Download PDF

Info

Publication number
JP4698478B2
JP4698478B2 JP2006136194A JP2006136194A JP4698478B2 JP 4698478 B2 JP4698478 B2 JP 4698478B2 JP 2006136194 A JP2006136194 A JP 2006136194A JP 2006136194 A JP2006136194 A JP 2006136194A JP 4698478 B2 JP4698478 B2 JP 4698478B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cylindrical
greening
slits
yarn
fiber sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006136194A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007306810A (ja
Inventor
一男 山名
育英 土定
孝 山本
大介 森
航 奥村
正光 下倉
崇浩 青木
六郎 新井
幸博 熊谷
信二 上田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ishikawa Prefecture
Original Assignee
Ishikawa Prefecture
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ishikawa Prefecture filed Critical Ishikawa Prefecture
Priority to JP2006136194A priority Critical patent/JP4698478B2/ja
Publication of JP2007306810A publication Critical patent/JP2007306810A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4698478B2 publication Critical patent/JP4698478B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は建造物等の壁面に沿って植物を繁殖させて緑化を促したり、傾斜地等に敷設して植物を繁殖させて緑化を促す緑化資材に関するものである。
例えば、古来より建造物の壁面等を緑化することが検討されており、蔓性の植物を壁面に沿って育てる方法が採られ、また、植木鉢等に用土を入れ植物を育ててベランダや建物の周囲に置いたり吊り下げたりもしているのである。
更に、近年では単に趣味や景観の問題に止まらず環境問題に資するため、より積極的に且つ簡易に、建造物の壁面や傾斜地の地肌を緑化することが望まれ、その要望に応える装置・方法が種々提案されているのである。
例えば、特開平07−123866は、複数の区画室を長さ方向に連続して設け、各区画室には用土を収容すると共に窓孔を設けた袋体を水平に寝かせて上下方向に積層し、各窓より樹木を植えて壁面に吊り下げるものがあり、また、特開2000−300079では、水、養分を供給する潅水管を有する基盤材に蔦性植物を植え、この基盤材を植物ユニットとして施工現場の建物壁面に取り付け、蔦性植物を壁面全体に誘導するネットによって植物ユニット全体をカバーするもの等がある。
特開平07−123866 特開平2000−300079 特開平2004−248550
本発明は上記従来のものに比べ、より軽量化が図られ、設置・撤去も容易で、耐用年数やリサイクルにも資する緑化資材を提供しようとするものである。
本発明に係る緑化資材は、繊維シートに筒状部が形成され、筒状部の空間内に膨張抑制用の抑制糸を対向面間に渡して設け、この筒状部内に土壌基材を充填すると共に、筒状面に枝茎種用スリットを散設したことを特徴とするものである。
繊維シートは、例えばナイロン糸、ポリエステル糸、アラミド繊維糸又は炭素繊維糸の1種又は2種以上の糸を用いて製織するものであり、筒状部を多重織りで形成することもできる。
筒状部は、格子状に配列したり、縦、横、斜め等任意に配設するようにできる。
スリットを形成した不織布を、当該スリットが枝茎種用スリットと一部重なるように、筒状部の枝茎種用スリットを形成した周囲を含む内面に当設したり、枝茎種用スリットを囲むように筒状部の外面に補強布を貼着して、枝茎種用スリットからの土壌基材の流出を阻止できるものとなる。
方形に形成した繊維シートの少なくとも一辺に吊り下げ用環縁部を設けたものとしてもよい。
本発明はシート素材に繊維を用いるため軽量化を期待できるものであり、また、必要部分に筒状部を形成すれば充填する土壌基材を最小限に止められるから、全体の軽量化に資する効果を有するものである。
更に、筒状部に膨張抑制用の抑制糸を内部対面間に渡設して設け、筒状部の膨らみを規制することにより、充填する土壌基材を最小限に止め、資源の無駄を除くと共に軽量化を図る効果を有するのである。
シートは繊維であるため製作が容易であり、原着糸で模様の形成や色彩の選択も自由になし得、或いは白地シートに染色やプリントにより着色・模様を施すことができ、良好な環境整備に応えるものとなる。
また、筒状部の形成も縫製で自在にでき、多重織で容易に形成することも可能である効果を有する。
更に、ナイロンやポリエステルの一般的な素材を利用でき、強度を増すためにアラミドや炭素繊維の使用も選択可能であり、耐用年数や強度も自在・容易に設定できリサイクルも図られるものとなる。
植物は枝茎種用スリットを利用して植込んだり、種を植え付けたり、枝茎を外部へ通すことが出来るものであり、適宜位置決めすればよい。
そして、枝茎種用スリットと一部重なるスリットを形成した不織布を、筒状部の枝茎種用スリットを形成した周囲を含む内面に当設して不必要なスリット部を閉鎖したり、枝茎種用スリットを囲むように筒状部の外面に補強布を貼着して、スリットが開口したり、或いは端から亀裂が生じたりして枝茎種用スリットからの土壌基材の流出するのを阻止する効果を発揮するのである。
方形に形成した繊維シートの少なくとも一辺に吊り下げ用環縁部を設け吊り下げを容易とし、また、繊維シートを立設した時の上端部近傍に散水手段を並設して設ければ繊維シートに浸み込んで下部にまで平均的に且つ保水効果をもって水の供給が可能となるものである。
本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
図1は本発明の実施の一形態を示す緑化資材の正面図であり、図2は要部断面図である。
繊維シート1に筒状部2が形成され、筒状部2内には土壌基材3が充填してあり、筒状部2の所々に枝茎種用スリット4が設けられている。
また、筒状部2から外部に開口する充填口部11が繊維シート1の周囲に適宜設けたあり、この充填口部11から土壌基材3を筒状部2へ充填し、充填口部11に付設してある結着用紐体12で開口を充填後閉鎖するものである。
繊維シート1は、例えばナイロン糸、ポリエステル糸等で製織し、強度が必要であればアラミド糸や炭素繊維糸を適宜選択し混成して用いればよい。
また、土木工事用の布製型枠に用いられている素材を利用することも出来、公知の繊維シートを用いて容易に実施できるものである。
筒状部2は、同一の繊維シート1を縫製して形成したり、多重織を利用して形成してもよく、繊維シート1に対して横又は縦に適宜間隔で並設したり、斜めに併設したり或いは格子状に配設する等自由に設計できるものである。
筒状部2を植物の植え付け部にのみ形成し、無用な土壌基材3の使用を回避できると共に、全体の軽量化を図られるものである。
また、筒状部2は繊維で形成された空間であるため、土壌基材3の充填により自在な形状に膨れることが予想され、膨張抑制用の抑制糸5を内部対面間に適宜渡設して設け、断面が横長な楕円形状に膨れる様に規制し、立設した場合に下部が異常に膨れたり、形状維持のために必要以上の土壌基材3を充填してしまうことを回避できる(図3)。
抑制糸5は複数本を並設してもよく、また、図4のように交叉させて渡設することで規制効果をより期待できるものとなる。
土壌基材3は、アクアソイル、ゼオライト等の人工土壌に肥料を加えたもので、粒状体で構成し、植栽植物の種類により保水性や植栽の容易性及び筒状部2への詰め込みをも考慮したものとなる。
枝茎種用スリット4は、筒状部2に適宜間隔でハサミ或いはヒートカッターを用いて一直線に数センチメートルの長さ形成してある。
この枝茎種用スリット4を利用して苗木や種子の植え付けが可能となる。
図5は、土壌基材3の流出を防止するため繊維シート1の内側に、枝茎種用スリット4と交叉する方向にスリット6を有する不織布7が配置されるように当設したものである。
枝茎種用スリット4と不織布7のスリット6の交叉部分に枝茎を通すことで、枝茎種用スリット4を隠すものとなり土壌基材が流出するのを防いでいる。
スリット6の方は、不織布7に設けてあるためもともと切裂しにくく、安定して枝茎種用スリット4の周囲を補強する作用を奏するものとなる。
また、図6は枝茎種用スリット4を囲むように筒状部2の外面に、中央部に透孔8を有する補強布9を貼着して補強したものであり、枝茎種用スリット4が切裂しても補強布9で食い止めることができる。
図7は、方形に形成した繊維シート1の少なくとも一辺には、吊り下げ用環縁部10を形成したものであり、支承横材を通して壁面への吊下げを容易とできる。
繊維シート1を方形とすることで簡単に並設して立設でき、立設した時に上端部近傍に散水手段を並設して設ければ、繊維シート1に浸み込んで下部にまで平均的に且つ保水効果をもって水の供給が可能となるものである。
本発明の実施の一態様を示す緑化資材の正面図である。 本発明の実施の一態様を示す緑化資材の断面図である。 筒状部の一実施の形態を示す断面図である。 筒状部の他の実施の形態を示す断面図である。 枝茎種用スリットの部分を示す一実施の形態を示す正面図である。 枝茎種用スリットの部分を示す他の実施の形態を示す正面図である。 吊り下げ用環縁部を形成したものを示す部分図である。
符号の説明
1 繊維シート
2 筒状部
3 土壌基材
4 枝茎種用スリット
抑制
6 スリット
7 不織布
8 透孔
9 補強布
10 吊り下げ用環縁部
11 充填口部
12 結着用紐体

Claims (7)

  1. 繊維シートに筒状部が形成され、筒状部の空間内に膨張抑制用の抑制糸を対向面間に渡して設け、この筒状部内に土壌基材を充填すると共に、筒状面に枝茎種用スリットを散設したことを特徴とする緑化資材。
  2. 繊維シートがナイロン糸、ポリエステル糸、アラミド繊維糸又は炭素繊維糸の1種又は2種以上の糸を用いて製織されたことを特徴とする請求項1記載の緑化資材。
  3. 筒状部を多重織りで形成したことを特徴とする請求項1又は2記載の緑化資材。
  4. 筒状部が格子状に配列されていることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の緑化資材。
  5. スリットを形成した不織布を、当該スリットが枝茎種用スリットと一部重なるように、筒状部の枝茎種用スリットを形成した周囲を含む内面に当設したことを特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の緑化資材。
  6. 枝茎種用スリットを囲むように筒状部の外面に補強布を貼着したことを特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の緑化資材。
  7. 方形に形成した繊維シートの少なくとも一辺に吊り下げ用環縁部を設けたことを特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の緑化資材。
JP2006136194A 2006-05-16 2006-05-16 緑化資材 Active JP4698478B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006136194A JP4698478B2 (ja) 2006-05-16 2006-05-16 緑化資材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006136194A JP4698478B2 (ja) 2006-05-16 2006-05-16 緑化資材

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007306810A JP2007306810A (ja) 2007-11-29
JP4698478B2 true JP4698478B2 (ja) 2011-06-08

Family

ID=38840256

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006136194A Active JP4698478B2 (ja) 2006-05-16 2006-05-16 緑化資材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4698478B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010252766A (ja) * 2009-04-22 2010-11-11 Sus Tech Japan Kk 織物植生マット及び人工ゼオライト等のナノ複合酸化物材料を使用する屋上、ベランダ、グランド及び砂漠の緑化方法

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000300081A (ja) * 1999-04-16 2000-10-31 Nishimura Shokufu Kojo:Kk 立体的植栽用布及び立体的植栽方法
JP2001172931A (ja) * 1999-12-20 2001-06-26 Choji Shimoyama 土嚢袋
JP2002272260A (ja) * 2001-03-21 2002-09-24 Nisshoku Corp 現地植物の種子を利用した植生マットおよび植生工法

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS547534U (ja) * 1977-06-18 1979-01-18
JPS55142950U (ja) * 1979-04-04 1980-10-14
JPH0868030A (ja) * 1994-08-30 1996-03-12 Tohoku Kaihatsu Consultant:Kk 連結装置を有する土のう及び該土のうを用いた諸構造 物の構築方法
JP3685850B2 (ja) * 1995-10-30 2005-08-24 小泉製麻株式会社 マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法
JP3415399B2 (ja) * 1997-07-25 2003-06-09 株式会社フクズミ 壁面緑化方法
JPH10140571A (ja) * 1997-11-26 1998-05-26 Nisshoku Corp 植生用マットおよびその施工方法

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000300081A (ja) * 1999-04-16 2000-10-31 Nishimura Shokufu Kojo:Kk 立体的植栽用布及び立体的植栽方法
JP2001172931A (ja) * 1999-12-20 2001-06-26 Choji Shimoyama 土嚢袋
JP2002272260A (ja) * 2001-03-21 2002-09-24 Nisshoku Corp 現地植物の種子を利用した植生マットおよび植生工法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2007306810A (ja) 2007-11-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0774544B1 (en) Net of three-dimensional construction and vegetation method for surface of slope
JP2547693B2 (ja) 立体構造状ネット
WO2015157608A2 (en) Systems, devices, and/or methods for retaining slopes
JP2010119317A (ja) 植物育成マット
JP2016536009A (ja) シードテープ、シードテープシステム及び緑化システム又は植栽システム
JP4698478B2 (ja) 緑化資材
JP4549232B2 (ja) 袋体
JP3809466B2 (ja) 植物繁茂ユニットと植物繁茂方法
CN109797758A (zh) 裸露岩面绿化结构及方法
JP2016079554A (ja) 護岸土嚢袋および護岸土嚢を用いた護岸工法
JP4846054B1 (ja) 壁面植栽マット及び植栽壁面
JP6625327B2 (ja) 緑化土嚢袋、それを用いた緑化土嚢の形成方法並びに土留および緑化の方法
JP3285292B2 (ja) 植生用ネット構造体
ES2893465T3 (es) Contenedor y uso del mismo
JPH10292379A (ja) 仕切材付き緑化マット
JP2005110590A (ja) 培養土を入れた繊維構造体及び筒状生地に培養土を入れる方法並びにその装置
JP4400928B2 (ja) 苗木用客土注入マット及びそれを用いた法面の樹林化工法
JP5469550B2 (ja) 植栽方法
JP2002339335A (ja) 補強土護岸工用植生マット及びその施工方法
KR100228812B1 (ko) 입체구조형상 네트 및 법면 등의 식생공법
JP5981062B1 (ja) 植生マット及び法面緑化方法
JP4220613B2 (ja) 法面、壁面、岸面等の保護緑化構造
JP2779869B2 (ja) 立体構造状ネットおよび法面等の植生工法
JPH0679225U (ja) 植物育成用材料
JP3741109B2 (ja) 護岸植生用マットおよび護岸緑化工法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090401

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100810

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110215

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110301

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4698478

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250