JP4668213B2 - エスカレータ踏段間の隙間を通した騒音伝搬の低減装置 - Google Patents

エスカレータ踏段間の隙間を通した騒音伝搬の低減装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4668213B2
JP4668213B2 JP2006554064A JP2006554064A JP4668213B2 JP 4668213 B2 JP4668213 B2 JP 4668213B2 JP 2006554064 A JP2006554064 A JP 2006554064A JP 2006554064 A JP2006554064 A JP 2006554064A JP 4668213 B2 JP4668213 B2 JP 4668213B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gap
sound transmission
sound
transmission reducing
passenger conveyor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006554064A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007522058A (ja
Inventor
キュー. ハワード,カール
スタッフェル,アンドレアス
ダブリュ. ハーディン,ラリー
エス. アルベス,ゴルディーノ
Original Assignee
オーチス エレベータ カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by オーチス エレベータ カンパニー filed Critical オーチス エレベータ カンパニー
Priority to PCT/US2004/004570 priority Critical patent/WO2005085118A1/en
Publication of JP2007522058A publication Critical patent/JP2007522058A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4668213B2 publication Critical patent/JP4668213B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B23/00Component parts of escalators or moving walkways
    • B66B23/08Carrying surfaces
    • B66B23/12Steps

Description


本発明は、乗客コンベアシステムにおける音の低減に関する。
エスカレータ等の乗客コンベアシステムは一般に踏段チェーンに接続された駆動モジュールを備える。この駆動モジュールは、従来、エスカレータの一方端の乗場の下にあり、複数の踏段に接続された踏段チェーンを回転させ、踏段を動かす。この駆動モジュールは比較的大きな騒音を発生し得る。さらに、コンベアシステムの動作による振動はエスカレータ付近の騒音レベルを助長する可能性がある。乗客コンベアシステムの動作に伴う騒音は、乗客コンベアシステムの乗客や付近にいる人々に不快感を与える。
近年、傾斜部に駆動モジュールを備えるエスカレータシステムが導入されている。この駆動モジュールの位置は、騒音レベルを上げる傾向となる。駆動モジュールによる騒音が、コンベアシステムの踏段間の隙間から乗客に容易に伝わる。このような開口部は、駆動モジュールから発生する音を乗客へ伝える伝搬路となっている。コンベアシステムの踏段は、踏段各々の相対運動ができるように離間させる必要がある。これらの隙間はコンベアシステム全体の大きさと比較すると小さいが、これらの隙間が、乗客に容易に騒音を伝えてしまう経路となっている。
先行技術にて公知の一般的な踏段が図2に示されている。第1の踏段24は、第1端部26と第2端部28とを含む。第2の踏段30は、第1端部32と第2端部34とを含む。第1の踏段24および第2の踏段30は、一般に両者間に位置する境界を有する。この境界には、第1の踏段24が第2の踏段26に対して相対運動できるように隙間36が存在する。この隙間36によって、踏段下で発生する音つまり騒音がコンベアシステム付近の人々に聞こえる箇所まで伝搬してしまう。騒音の伝搬は、矢印38にて概略示されている。また、踏段そのものを通しても、さらに騒音を伝搬させてしまう可能性がある。
したがって、できるだけ静かなコンベアシステムの提供が望まれている。コンベアシステムの付近にいる人々や乗客に伝わり得る騒音レベルを下げる装置の必要性がある。本発明はそのような要求に対応するものである。
広義に言えば、本発明は踏段下からの音の伝搬を制限し、乗客コンベアシステム周辺の騒音レベルを低減する装置である。
システムの一例は、複数の踏段を含むコンベアである。1つの踏段と次の踏段との間で相対運動ができるように、隣接する踏段間の境界に隙間がある。音伝達低減部材は、この隙間を含む音伝達経路を少なくとも部分的に遮断し、この隙間を通る騒音伝達を低減する。
一例として、この音伝達低減部材は踏段の一方に支持されている。別の例としては、この音伝達低減部材は各踏段と一体の部品となっている。また別の例では、踏段に接着固定されている。一例では、この音伝達低減部材は、踏段の境界の隙間を部分的に阻止する障壁であり、別の一例では、この境界の隙間を完全に横切って延びている。
装置の一例は、コンベアシステム付近にいる人々や乗客への騒音の伝搬を制限ないし防ぐために、踏段間の隙間を含む音の伝搬経路を少なくとも部分的に遮断する音伝搬低減障壁となっている。この障壁は、踏段に固定される第1の部分と、音の伝搬を防ぐように隙間を少なくとも部分的に遮断する第2の部分と、を備える。この障壁の第2の部分は、ブラシストップ、シールまたは金属フランジとすることができる。
一実施例では、コンベアシステム付近にいる人々や乗客への騒音の伝搬をさらに低減するために、各踏段の下に音伝達低減材料が固定されている。この音伝達低減材料の一例として、発泡材がある。
本発明の様々な特徴や利点は、以下における現在の好適な実施例の詳細な説明から当業者に明らかになるであろう。
図1はエスカレータシステム10の一般的な斜視図である。これは説明のために例示したものであり、本発明は動く歩道等の他のコンベアシステムにも適用でき、エスカレータに限定されない。
このエスカレータ10は、公知のように、踏段チェーン12と、複数の踏段14と、これらの踏段チェーン12および踏段14を選択的に動かす駆動モジュール16と、を含む。このエスカレータ10は、傾斜した中間部22の両端部に、第1の乗場18と第2の乗場20とを備える。上記の踏段チェーン12および踏段14は、第1の乗場18と第2の乗場20の間で乗客を搬送するように、ループ状に移動する。この実施例では、駆動モジュール16はエスカレータ10の傾斜部22に位置している。
図3は、乗客に聞こえる可能性がある騒音レベルの低減を目的とした本発明の第1実施例を示す。第1の踏段24と第2の踏段30は、両者間の境界に隙間36を有し、第2の踏段30に対する第1の踏段24の相対運動を可能にしている。図示した第1および第2の踏段は、一連の踏段の一部分であり、踏段の代表的な一例となっている。
音伝達低減部材40は、踏段間の境界付近の各踏段の端縁近くに位置している。図示の実施例では、この音伝達低減部材は踏段の下端縁付近で支持されている。この音伝達低減部材40は、隙間36を含む音の伝搬経路を少なくとも部分的に遮断する障壁となっている。この音伝達低減部材40は、隙間36を通過してしまう空気伝搬音の直接的な伝搬経路(すなわち音波回折の力)を少なくとも部分的に、好ましくはその全てを、除去する。この音伝達低減部材40は、踏段の下から人に聞こえる場所に伝搬しようとする騒音の経路を遮断する。隙間36は音伝達低減部材40によって部分的に遮断されているに過ぎないが、直接的な伝搬経路は存在しなくなっている。
一実施例では、この音伝達低減部材40は、各踏段に一体に形成されたリップ部である。別の実施例では、この音伝達低減部材は別部品になっており、接着剤、取付け具、その他公知の方法で踏段に取り付けられている。この音伝達低減部材40は、第1の部分41と、隙間36を含む経路を遮断する方向に延びた第2の部分43と、を備える。
図4は、他の実施例を示す。各々の踏段は、踏み面42と、この踏み面に対応した下側面44と、を備える。踏段下からの音の伝搬をさらに減らすために、発泡材やその他公知の吸音材からなる音伝達低減材料46が、下側面44の下に配置されている。本実施例における音伝達低減材料46は、踏段の切り欠き部45が両端部を受けることによって、所望の位置で支持されている。代替例としては、この音伝達低減材料46は、発泡材料の吹き付けや、あるいは接着固定、ボルト止め、などによって所定位置に固定されている。この音伝達低減材料46は、騒音(矢印48で概略図示)を吸収あるいは少なくとも減衰させる。この音伝達低減材料46は、エスカレータの空間内での音の反響低減にもさらに有用である。
図5は本発明の他の実施例を示す。この例における障壁部材50は、騒音の伝搬経路を遮断するシールからなる。このシールは、図示のように第1の踏段24、あるいは、第2の踏段30のいずれかに取り付けられる。このシールは、第1の踏段24あるいは第2の踏段30の境界付近の端部28に取り付けられる。一実施例では、クリップ止めの構成となっている。本実施例では、隙間36を通した騒音の伝搬を低減するために、シールが隙間36を遮断している。他の実施例では、シールは踏段チェーンに支持され、対応する踏段の間の隙間を遮断するように配置される。
第2の踏段30に対する第1の踏段24の相対運動を可能にするようにシール50は可撓性を有している。このシール50は、踏段へ取り付けるための第1の部分52と隙間36を少なくとも部分的に遮断する第2の部分54とを備える。この例では、シール50は隙間36全体を横切って延びている。図6においては、第2の部分54’は、プラスチックまたはゴムのような中実でかつ可撓性の材料からなる。図7の実施例においては、第2の部分54”は、ブラシストップである。第1の部分52は、金属材料またはプラスチック材料からなる。一実施例では、第2の部分54が、隙間36全体を横切って延びている。
図5の実施例において、踏段の踏み面42に伝わる騒音レベルをさらに減らすために、各踏段の下側面44に音伝達低減材料46を取り付けるようにしてもよい。
上記の説明は例示的なものであって、限定するものではない。上記教示から、本発明の様々な変形が可能である。本発明の好ましい実施例を開示したが、当業者には、本発明の範囲に含まれる変更が明らかであろう。従って、別段の特記なき限りは、本発明は本明細書に付記されている請求項の範囲内で実施できると理解すべきである。本発明の真の範囲および内容を決定するためには特許請求の範囲を検討すべきである。
エスカレータシステムの一般的な斜視図。 代表的な先行技術である2つの踏段の間の境界を示す概略の側面図。 本発明の第一実施例を示す概略の側面図。 本発明の他の実施例を示す概略の側面図。 本発明の他の実施例を示す図。 シール部材を有する例を示す図。 ブラシストリップを有する例を示す図。

Claims (20)

  1. 第1の踏段(24)と、
    この第1の踏段(24)に隣接する第1の端部(32)を有し、上記第1の踏段(24)との間の境界に隙間(36)を有する第2の踏段(30)と、
    上記隙間(36)を含む音の伝搬経路を少なくとも部分的に遮断するように上記境界に対応して設けられた音伝達低減部材(40,50)と、
    を備え、
    上記第1の踏段と上記第2の踏段との間の相対的な移動を許容するように、上記音伝達低減部材は、第2の踏段(30)の第1の端部(32)に接続され、隣接する第1の踏段(24)に接続されることなく、隙間(36)に亘って該第1の踏段(24)に向かって延びることを特徴とする乗客コンベアシステム(10)。
  2. 少なくとも踏段(24,30)の一方に、上記音伝達低減部材(40,50)が取り付けられていることを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベアシステム。
  3. 少なくとも一方の踏段の一部として上記音伝達低減部材(40)が形成されていることを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベアシステム。
  4. 各踏段の下側面に支持された音伝達低減材料(46)を含むことを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベアシステム。
  5. 上記音伝達低減材料(46)が発泡材料からなることを特徴とする請求項4に記載の乗客コンベアシステム。
  6. 上記音伝達低減部材(40)が、第1の部分(41)から上記隙間(36)を含む音伝搬経路を遮断する方向に延びる第2の部分(43)からなることを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベアシステム。
  7. 上記音伝達低減部材(40)が、各踏段に一体的に形成されたリップ部からなることを特徴とする請求項6に記載の乗客コンベアシステム。
  8. 上記音伝達低減部材(40,50)が、一方の踏段に支持されるシール(50)からなり、該シールは、踏段に取り付けられる第1の部分(52)と、上記隙間(36)を少なくとも部分的に遮断するように該隙間(36)を横切って延びる第2の部分(54)と、を備えることを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベアシステム。
  9. 上記シール(50)は中実状であることを特徴とする請求項8に記載の乗客コンベアシステム。
  10. 上記シール(50)が、上記隙間(36)を横切って延びる部分を有するブラシストリップ(54”)からなることを特徴とする請求項に記載の乗客コンベアシステム。
  11. 上記音伝達低減部材(40,50)は、上記隙間(36)を含む直接的な伝搬経路を除去することを特徴とする請求項1に記載の乗客コンベアシステム。
  12. 乗客コンベア(10)の隣接する踏段間の境界における隙間(36)を通る音の伝搬を低減する装置(40、50)であって、
    踏段に固定される第1の部分(52)と上記境界を通した音の伝搬を少なくとも部分的に阻止する第2の部分(54)とを有する障壁を備え、
    上記隣接する踏段間の相対的な移動を許容するように、上記装置は、上記隣接する踏段のうち一方の踏段の第1の端部に接続され、隣接する他方の踏段に接続されることなく、上記隙間(36)に亘って該他方の踏段に向かって延びることを特徴とする騒音低減装置。
  13. 上記第2の部分がブラシストリップ(54”)からなることを特徴とする請求項12に記載の騒音低減装置。
  14. 上記第2の部分が、可撓性材料からなることを特徴とする請求項12に記載の騒音低減装置。
  15. 上記第1の部分が、金属材料またはプラスチック材料からなることを特徴とする請求項12に記載の騒音低減装置。
  16. 踏段間の境界に隙間(36)を有する複数の踏段(14,24,30)を備えたコンベアシステムにおける音を低減する方法であって、
    上記隙間(36)を通した音の伝搬経路を少なくとも部分的に遮断するように、少なくとも一つの踏段に音伝達低減部材(40,50)を支持させることを含み、
    隣接する第1および第2の踏み段間の相対的な移動を許容するように、上記音伝達低減部材は、第2の踏段(30)の第1の端部(32)に接続され、隣接する第1の踏段(24)に接続されることなく、隙間(36)に亘って該第1の踏段(24)に向かって延びることを特徴とする騒音低減方法。
  17. 踏段に上記音伝達低減部材(40,50)を取り付けることを含む請求項16に記載の騒音低減方法。
  18. 上記音伝達低減部材(40)が、シール(50)からなり、該シールは、踏段に取り付けられる第1の部分(52)と、上記隙間(36)を少なくとも部分的に遮断する第2の部分(54)と、を備え、
    上記シールの第2の部分(54)によって上記隙間(36)を遮断することを含む請求項16に記載の騒音低減方法。
  19. 音源に面する踏段の面に音伝達低減材料(46)を設けることを含む請求項16に記載の騒音低減方法。
  20. 上記隙間(36)を通した直接的な音伝搬経路を除去することを含む請求項16に記載の騒音低減方法。
JP2006554064A 2004-02-17 2004-02-17 エスカレータ踏段間の隙間を通した騒音伝搬の低減装置 Expired - Fee Related JP4668213B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/US2004/004570 WO2005085118A1 (en) 2004-02-17 2004-02-17 Device to reduce noise transmission through the gap between escalator steps

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007522058A JP2007522058A (ja) 2007-08-09
JP4668213B2 true JP4668213B2 (ja) 2011-04-13

Family

ID=34920930

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006554064A Expired - Fee Related JP4668213B2 (ja) 2004-02-17 2004-02-17 エスカレータ踏段間の隙間を通した騒音伝搬の低減装置

Country Status (7)

Country Link
US (1) US8381895B2 (ja)
EP (1) EP1716064B1 (ja)
JP (1) JP4668213B2 (ja)
CN (1) CN1918065B (ja)
AT (1) AT509878T (ja)
HK (1) HK1101069A1 (ja)
WO (1) WO2005085118A1 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1763482B1 (en) * 2004-07-08 2011-08-24 Otis Elevator Company Passenger conveyor step having an acoustic barrier
US9216317B2 (en) 2013-12-18 2015-12-22 Brunswick Corporation Stair climber apparatuses and methods of operating stair climber apparatuses
US10105568B2 (en) 2013-12-18 2018-10-23 Brunswick Corporation Stair climber apparatuses and methods of operating stair climber apparatuses
US9238158B2 (en) * 2013-12-18 2016-01-19 Brunswick Corporation Stair climber apparatuses and stair apparatuses
US9789355B1 (en) * 2016-08-26 2017-10-17 Dk City Corporation Portable escalator
EP3623336B1 (en) 2018-09-14 2021-10-27 Otis Elevator Company Conveyance element for a people conveyor

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61162484A (en) * 1985-01-09 1986-07-23 Mitsubishi Electric Corp Floor device for passenger conveyor
WO1999047448A1 (fr) * 1998-03-18 1999-09-23 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Escalier roulant et marche d'escalier roulant
JP2001247285A (ja) * 2000-03-06 2001-09-11 Hitachi Ltd エスカレータの踏段

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS595514B2 (ja) * 1979-09-28 1984-02-04 Hitachi Ltd
US4413719A (en) * 1981-05-28 1983-11-08 White Carl J Method and apparatus for entrapment prevention and lateral guidance in passenger conveyor systems
US5337879A (en) * 1984-08-21 1994-08-16 Inventio Ag Tread element for moving pavement or escalator
CH664548A5 (de) * 1984-08-22 1988-03-15 Inventio Ag Stufe einer fahrtreppe.
JPH0784317B2 (ja) * 1990-03-19 1995-09-13 株式会社日立製作所 乗客コンベア
JPH04145919A (en) * 1990-10-04 1992-05-19 Kotaro Matsui Wound wire multiple rotating machine
US5560468A (en) * 1994-10-18 1996-10-01 Fujitec America, Inc. Laterally adjustable side inserts for the steps of escalators and moving walkways pallets
DE19608169C1 (de) * 1996-03-04 1997-04-17 O & K Rolltreppen Gmbh Montageverfahren sowie Befestigungseinrichtung für die Stufen bzw. Paletten von Rolltreppen bzw. Rollsteigen
US5988350A (en) * 1996-05-30 1999-11-23 Invento Ag Escalator step
DE10055356A1 (de) * 2000-11-08 2002-05-16 Georg Fischer Moessner Gmbh Fahrstufe für Rolltreppen
DE10308417B4 (de) * 2003-02-27 2006-03-09 Kone Corp. Rollsteig
EP1763482B1 (en) * 2004-07-08 2011-08-24 Otis Elevator Company Passenger conveyor step having an acoustic barrier
JP5285206B2 (ja) * 2004-11-18 2013-09-11 インベンテイオ・アクテイエンゲゼルシヤフト ライザブラシを備えたエスカレータおよびエスカレータのステップならびにエスカレータにライザブラシを取り付ける方法
ES2471217T3 (es) * 2004-11-18 2014-06-25 Inventio Ag Escalera mecánica o pasillo móvil con cepillo integrado en el escalón

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61162484A (en) * 1985-01-09 1986-07-23 Mitsubishi Electric Corp Floor device for passenger conveyor
WO1999047448A1 (fr) * 1998-03-18 1999-09-23 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Escalier roulant et marche d'escalier roulant
JP2001247285A (ja) * 2000-03-06 2001-09-11 Hitachi Ltd エスカレータの踏段

Also Published As

Publication number Publication date
EP1716064A4 (en) 2009-09-30
EP1716064B1 (en) 2011-05-18
EP1716064A1 (en) 2006-11-02
WO2005085118A1 (en) 2005-09-15
AT509878T (de) 2011-06-15
US20070170038A1 (en) 2007-07-26
CN1918065A (zh) 2007-02-21
JP2007522058A (ja) 2007-08-09
US8381895B2 (en) 2013-02-26
HK1101069A1 (en) 2007-10-05
CN1918065B (zh) 2011-11-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4668213B2 (ja) エスカレータ踏段間の隙間を通した騒音伝搬の低減装置
JP5130800B2 (ja) エレベータのカゴ室
US5628391A (en) Floorplate frame for a people moving device
EP0730062A1 (en) Acoustic barrier, particularly for railway superstructures
JP4498952B2 (ja) 鉄道車両の防振床構造
JP4931808B2 (ja) 音響バリアを有する乗用コンベヤー踏段
JP2005247267A (ja) 自動車のルーフ構造
JP2007032165A (ja) 高架橋の騒音低減構造
JP2007015605A (ja) 軌条車両の床構造
CN102295219B (zh) 用于降低输送机系统内的声音的方法以及乘客输送机系统
JP4406871B2 (ja) 自動車の吸音構造
JP4573659B2 (ja) 乗客コンベア
KR100878974B1 (ko) 음향 차단부를 갖는 승객 컨베이어 스텝
JP2002227144A (ja) 軌道用吸音構造
KR20080109073A (ko) 음향 차단부를 갖는 승객 컨베이어 스텝
JP4841210B2 (ja) マンコンベア
JP2008191439A (ja) 騒音振動低減システム及びこれを用いる移動体
KR20120015122A (ko) 소음 저감 장치
JP2020111235A (ja) 車両のドア構造
JP2002362358A (ja) 鉄道車両車体
RU2007104850A (ru) Ступень пассажирского транспортера, пассажирский транспортер и способ его звукоизоляции
CN107972591B (zh) 后包裹架布置结构
JP2004130914A (ja) 鉄道車両の台枠構造
JPH1171820A (ja) 目地カバー装置のカバー体支持手段
GB2421265A (en) Railway rail with vibration damper

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091124

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100223

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100302

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100308

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100406

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100705

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100708

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100712

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100810

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101020

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110105

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110112

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140121

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4668213

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees