JP4656536B2 - Relay server and a relay communication system - Google Patents

Relay server and a relay communication system Download PDF

Info

Publication number
JP4656536B2
JP4656536B2 JP2007152122A JP2007152122A JP4656536B2 JP 4656536 B2 JP4656536 B2 JP 4656536B2 JP 2007152122 A JP2007152122 A JP 2007152122A JP 2007152122 A JP2007152122 A JP 2007152122A JP 4656536 B2 JP4656536 B2 JP 4656536B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
relay
relay server
client terminal
server
group
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007152122A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008306500A (en
Inventor
好史 谷本
Original Assignee
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2007124974 priority Critical
Application filed by 村田機械株式会社 filed Critical 村田機械株式会社
Priority to JP2007152122A priority patent/JP4656536B2/en
Publication of JP2008306500A publication Critical patent/JP2008306500A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4656536B2 publication Critical patent/JP4656536B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、主要には、端末間の通信を可能とする中継サーバの構成に関する。 The present invention is primarily directed to construction of a relay server that enables communication between terminals.

従来から、仮想プライベートネットワーク(Virtual Private Network,VPN)と呼ばれる通信技術が知られている(例えば、特許文献1を参照)。 Conventionally, a virtual private network (Virtual Private Network, VPN) communication technology called is known (e.g., see Patent Document 1). このVPNは、例えば、地域ごとに設けられた複数の支社(拠点)のLANに接続された端末同士でインターネットを介して通信する用途に用いられている。 The VPN is used, for example, in applications that communicate over the Internet with LAN between terminals connected to a plurality of branches provided for each region (bases). 前記VPNを利用すれば、遠隔地にある他のLANを、あたかも直接接続されているネットワークであるかのように使用することができる。 The use of the VPN, another LAN in a remote location, can be used as if it were a network that is connected though directly.
特開2002−217938号公報 JP 2002-217938 JP

近年、LANに接続するクライアント端末として、Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)の送受信の手順を備えたものが使用されるようになってきた。 Recently, as a client terminal connected to the LAN, that includes the steps of transmitting and receiving Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) have come to be used. 例えば、インターネットファクシミリ装置において、メールサーバを介さず、送信機がメールサーバに送信する手順(SMTP)を直接受信機に通知して処理を行うダイレクトSMTP方式のものが知られている。 For example, the Internet facsimile apparatus, without through the email server, transmitter has been known the direct SMTP method of notifying the processing directly receiver Procedure (SMTP) to send the mail server.

しかし、このようなダイレクトSMTP方式の通信手順は、同一LAN内での送受信は容易であるものの、特許文献1のように異なるLAN間で行うことは難しかった。 However, the procedure for communication such direct SMTP system, although transmission and reception within the same LAN is easy, it is difficult to perform between different LAN to as Patent Document 1. ドメイン名をIPアドレスとを結びつけるダイナミックDNSを用いてピアツーピア型の通信を行う端末も知られているが、特別な機能を実装する必要があり、構成が複雑化してしまっていた。 Are also known terminal for communicating peer-to-peer using a dynamic DNS linking the IP address to the domain name, it is necessary to implement a special function, construction has fallen into complicated.

本発明は以上の事情に鑑みてされたものであり、その目的は、クライアント端末間のダイレクトSMTPによるピアツーピア型の通信を簡素な構成で実現することにある。 The present invention has been made in view of the above circumstances, and its object is to realize a communication peer-to-peer by direct SMTP between the client terminal with a simple configuration.

課題を解決するための手段及び効果 Means and effects for Solving the Problems

本発明の解決しようとする課題は以上の如くであり、次にこの課題を解決するための手段とその効果を説明する。 The problems to be solved by the present invention have been described above, it will be described a means and its effect for solving this problem.

本発明の第1の観点によれば、以下の構成の中継サーバが提供される。 According to a first aspect of the present invention, there is provided a relay server having the following configuration. 即ち、アカウント情報登録部と、中継グループ情報登録部と、を備える。 In other words, prepare for and account information registration unit, and the relay group information registration unit, the. アカウント情報登録部は、クライアント端末のアカウントの情報を含むアカウント情報を記憶する。 Account information registering unit stores account information including account information of the client terminal. 中継グループ情報登録部は、相互に接続を許可する一群の中継サーバの情報を含む中継グループ情報を記憶する。 Relay group information registration unit stores relay group information including information on a group of relay servers permitting connection with one another. また、中継サーバは、同一の中継グループに属する他の中継サーバとの間で前記アカウント情報を交換可能に構成する。 The relay server may interchangeably configuring the account information with the other relay servers that belong to the same relay group. そして中継サーバは、前記アカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末から、接続要求、 SMTP手順に従った発信元の指定、及びSMTP手順に従って送信先を指定する宛先コマンドを受けると、 当該宛先コマンドからアカウント情報を検出して、当該宛先コマンドから検出されたアカウント情報をアカウント情報登録部に記ている中継サーバである第2中継サーバを前記中継グループ情報登録部に記憶された中継グループ情報に基づいて特定するとともに、特定された前記第2中継サーバに対して前記発信元及び前記送信先を指定して接続要求を送信して、前記第2中継サーバから前記接続要求に対するOKレスポンスを受信すると当該第2中継サーバとの間で通信経路を確立する。 Then, the relay server, the client terminal having the account information in the account information registering unit is stored, the connection request, specifying the source in accordance with the SMTP procedure, and receives a destination command to specify the destination according to SMTP procedure detects the account information from the destination command, the stored second relay server is a relay server account information detected from the destination command to the account information registering unit that remembers the relay group information registration unit with specified based on the relay group information, and transmit a connection request specifying the source and the destination with respect to the identified second relay server, with respect to the connection request from the second relay server OK upon receiving the response to establish the communication path between the second relay server. 前記SMTP手順での前記メール送信要求を行ったクライアント端末から中継サーバに送られるメールデータは、当該SMTP手順の終了までに、前記第2中継サーバとの間で確立された通信経路を介して中継サーバから前記第2中継サーバへ中継されるとともに、前記宛先コマンドから検出されたアカウント情報を有するクライアント端末に送信される。 Relaying the mail data sent from the client terminal to the relay server performing the e-mail transmission request on the SMTP procedure, the end of the SMTP procedure, via the communication path established between said second relay server while being relayed to the second relay server from the server, that are sent to the client terminal having an account information detected from the destination command.

これにより、異なる中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているクライアント端末間のダイレクトSMTPによるピアツーピア型の通信を、簡単な構成で実現することができる。 Thus, the communication of peer-to-peer by direct SMTP between the client terminals stored in the account information registering unit of the different relay servers can be realized with a simple configuration.

前記の中継サーバにおいては、中継サーバ間の前記メールデータの中継転送は暗号化セッションを用いて行うことが好ましい。 In the relay server, the relay transfer of the mail data between the relay server is preferably performed using an encryption session.

これにより、クライアント端末同士がやり取りするメールデータがセキュアな通信で中継されるので、盗聴を回避し、機密漏洩を防止できる。 Thus, the mail data between the client terminal interacts is relayed by the secure communication to avoid eavesdropping can be prevented leakage of confidential information.

前記の中継サーバにおいては、メールデータの中継転送先の中継サーバがエラーを返したときは、クライアント端末に対しSMTP手順に従って応答コードを返すことが好ましい。 In the relay server, when the relay server relay destination of the mail data returns an error, it is preferable to return a response code according to SMTP procedure to the client terminal.

これにより、クライアント端末はSMTP手順の応答コードに基づいて、メールデータの再送等適切な対応を容易に行うことができる。 Accordingly, the client terminal may be based on the response code SMTP procedure, retransmission or the like appropriate response mail data easily.

本発明の第2の観点によれば、以下の構成の中継通信システムが提供される。 According to a second aspect of the present invention, there is provided a relay communication system having the following configuration. 即ち、複数の中継サーバを備え、それぞれの前記中継サーバは、アカウント情報登録部と、中継グループ情報登録部と、を備える。 That is, provided with a plurality of relay servers, each said relay server includes an account information registering unit, a relay group information registration unit. アカウント情報登録部は、クライアント端末のアカウントの情報を含むアカウント情報を記憶する。 Account information registering unit stores account information including account information of the client terminal. 中継グループ情報登録部は、相互に接続を許可する一群の中継サーバの情報を含む中継グループ情報を記憶する。 Relay group information registration unit stores relay group information including information on a group of relay servers permitting connection with one another. また、中継サーバは、他の中継サーバとの間で前記アカウント情報を交換可能に構成する。 The relay server may interchangeably configuring the account information with the other relay server. 前記中継サーバは、前記アカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末から、接続要求、 SMTP手順に従った発信元の指定、及びSMTP手順に従って送信先を指定する宛先コマンドを受けると、 当該宛先コマンドからアカウント情報を検出して、当該宛先コマンドから検出されたアカウント情報をアカウント情報登録部に記憶している中継サーバである第2中継サーバを前記中継グループ情報登録部に記憶された中継グループ情報に基づいて特定するとともに、特定された前記第2中継サーバに対して前記発信元及び前記送信先を指定して接続要求を送信して、前記第2中継サーバから前記接続要求に対するOKレスポンスを受信すると当該第2中継サーバとの間で通信経路を確立し、前記第2中継サ The relay server from the client terminal with account information the stored in the account information registering unit, a connection request, specifying the source in accordance with the SMTP procedure, and receives a destination command to specify the destination according to SMTP procedure detects the account information from the destination command, the stored second relay server is a relay server account information detected from the destination command to the account information registering unit that remembers the relay group information registration unit with specified based on the relay group information, and transmit a connection request specifying the source and the destination with respect to the identified second relay server, with respect to the connection request from the second relay server OK upon receiving the response to establish the communication path between the second relay server, the second relay service ーバに、前記宛先コマンドから検出されたアカウント情報を有するクライアント端末に対して、接続要求、SMTP手順に従った発信元の指定、及びSMTP手順に従った送信先の指定を行わせる。 To over server, said the client terminal having detected the account information from the destination command, the connection request, specifying the source in accordance with the SMTP procedure, and to perform specified destination in accordance with the SMTP procedure. 前記SMTP手順での前記メール送信要求を行ったクライアント端末から中継サーバに送られるメールデータは、当該SMTP手順の終了までに、前記第2中継サーバとの間で確立された通信経路を介して中継サーバから前記第2中継サーバへ中継されるとともに、前記第2中継サーバによって、前記宛先コマンドから検出されたアカウント情報を有するクライアント端末にSMTP手順によって送信される。 Relaying the mail data sent from the client terminal to the relay server performing the e-mail transmission request on the SMTP procedure, the end of the SMTP procedure, via the communication path established between said second relay server while it is relayed to the second relay server from the server, by the second relay server, sent by the SMTP procedure to the client terminal having the account information detected from the destination command. これにより、ある中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末から、他の中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末にデータをメール形式で送信可能に構成する。 Thus, from the client terminal with the account information stored in the account information registration unit of a certain relay server, the data to the client terminal having the account information stored in the account information registering unit of the other relay servers mail format It can be transmitted to make up.

これにより、異なる中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているクライアント端末間のダイレクトSMTPによるピアツーピア型の通信を、簡単な構成で実現することができる。 Thus, the communication of peer-to-peer by direct SMTP between the client terminals stored in the account information registering unit of the different relay servers can be realized with a simple configuration.

以下、図面を参照しつつ本発明の実施の形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, embodiments of the present invention will be described. 図1は、本発明の一実施形態に係る中継通信システムの全体構成を示す説明図である。 Figure 1 is an explanatory diagram showing an overall configuration of a relay communication system according to an embodiment of the present invention.

図1に示すように、この中継通信システムは、WANに接続された複数のLANで構成されている。 As shown in FIG. 1, the relay communication system is configured by a plurality of LAN connected to the WAN. そして、この中継通信システムは、外部サーバS、中継サーバR、クライアント端末T等を備えている。 Then, the relay communication system includes an external server S, a relay server R, a client terminal T, and the like.

WAN(Wide Area Network)は、異なるLANを相互に接続するネットワークである。 WAN (Wide Area Network) is a network that connects different LAN each other. 本実施形態ではWANとしてインターネットが使用されている。 In this embodiment the Internet is used as the WAN.

LAN(Local Area Network)は、限定された場所で構築される比較的小規模なネットワークである。 LAN (Local Area Network) is a relatively small-scale network provided in a limited location. LANは複数存在し、互いに物理的に離れた場所に構築されている。 LAN there are a plurality, it is built in a location physically remote from each other. 本実施形態では、東京支社にLAN1が構築され、大阪支社、名古屋支社、福岡支社にLAN2,3,4がそれぞれ構築されるような場合を想定している。 In the present embodiment, is constructed LAN1 in the Tokyo branch, Osaka branch office, Nagoya branch, is LAN2,3,4 Fukuoka branch office assumes a case such as that built respectively. そして、これら4つのLAN1,2,3,4が、グローバルなネットワークであるインターネットにそれぞれ接続されている。 And these four LAN1,2,3,4 are respectively connected to the Internet is a global network.

次に、図2等を参照して外部サーバSを説明する。 Next, the external server S with reference to FIG. 2 and the like. 図2は外部サーバSの機能ブロック図である。 Figure 2 is a functional block diagram of the external server S. この外部サーバSは、各LANに配置された中継サーバR間での通信に用いられる装置であり、インターネット上に設置されている。 The external server S is a device used for communication between the relay servers R arranged in each LAN, and is installed on the Internet.

図2に示す外部サーバSは、SIP(Session Initiaion Protocol)サーバとしての機能を備えている。 The external server S illustrated in FIG. 2 has a function as a SIP (Session Initiaion Protocol) server. 具体的には、外部サーバSは、SIPメソッドやレスポンス等を中継するSIPプロキシサーバとしての機能や、中継サーバRのアカウントを登録するSIPレジストラサーバとしての機能を備える。 Specifically, the external server S has a function as a SIP registrar server for registering functions and as a SIP proxy server for relaying SIP methods and responses, etc., the account of the relay server R.

外部サーバSは、図2に示すように、WANインタフェース201と、制御部202と、中継サーバアカウント情報データベース203と、を主要な構成として備えている。 The external server S, as shown in FIG. 2, a WAN interface 201, a control unit 202, and a relay server account information database 203 as a primary configuration.

WANインタフェース201は、グローバルIPアドレスを使用して、インターネットに接続された中継サーバR等の各装置と通信を行うインタフェースである。 WAN interface 201 uses a global IP address, which is an interface arranged to communicate with each device, such as the relay server R connected to the Internet.

中継サーバアカウント情報データベース203は、登録要求のあった中継サーバRのアカウントをグローバルIPアドレスと対応付けて管理するデータベースである。 The relay server account information database 203 is a database for managing the account of the relay server R that has made a registration request, in association with the global IP address.

制御部202は、WANインタフェース201を介して行う様々な通信を制御する処理部であり、TCP/IPやUDP、SIP等のプロトコルに従った通信処理を制御する。 The control unit 202 is a processing unit that controls various communications performed through the WAN interface 201, TCP / IP and UDP, and controls communication processes complying with protocols such as SIP. この制御部202は、例えば、それぞれの中継サーバRから当該中継サーバRのアカウントを受信し、中継サーバアカウント情報データベース203に登録する処理や、中継サーバRから送信された様々なSIPメソッドやレスポンス等の通信データを他の中継サーバRに中継する処理等を行う。 The control unit 202 receives, for example, the account of the relay server R from the respective relay servers R, the relay processing for registering the server account information database 203, various SIP methods and responses, etc. transmitted from the relay server R It performs processing for relaying the communication data to another relay server R. なお、制御部202を中心とした外部サーバSの各機能の詳細については後述する。 The details will be described later of each function of the external server S centering on the control unit 202.

次に、図3等を参照してクライアント端末Tを説明する。 Next, the client terminal T with reference to FIG. 3 and the like. 図3はクライアント端末Tの機能ブロック図である。 Figure 3 is a functional block diagram of the client terminal T.

このクライアント端末Tはユーザが直接操作できる端末であり、例えばユーザによって日々の業務に使用されるパーソナルコンピュータ(PC)等が該当する。 The client terminal T is a terminal which can be operated directly by the user, for example, a personal computer (PC) or the like used in the daily work by the user corresponds. 従って、LAN内には通常多数のクライアント端末Tが存在するが、図1では、LAN1においてクライアント端末1Aだけを代表的に図示し、同様に、LAN2,3,4においてクライアント端末2A,3A,4Aだけを代表的に図示している。 Therefore, in the LAN there are usually a large number of client terminals T, but in FIG. 1, only representatively illustrated client terminal 1A in the LAN1, likewise, the client terminal 2A in LAN2,3,4, 3A, 4A only it is shown typically. この図示された端末1A,2A,3A,4Aは、いずれもSMTPの送受信手順が可能なクライアント端末として構成されている。 The illustrated terminal 1A, 2A, 3A, 4A are both configured as a client terminal capable of SMTP transmission and reception procedure. 各クライアント端末Tには、同一のLANの中で一意に管理されたプライベートIPアドレスが付与されている。 Each client terminal T, uniquely managed private IP addresses in the same LAN is given.

図3に示すように、クライアント端末Tは、LANインタフェース601と、制御部602と、を主要な構成として備えている。 As shown in FIG. 3, the client terminal T, a LAN interface 601, and a control unit 602, as main components.

LANインタフェース601は、前記プライベートIPアドレスを使用して、同一のLANに接続された中継サーバR等の各装置と通信を行うインタフェースである。 LAN interface 601, the using the private IP address, which is an interface arranged to communicate with each device, such as the relay server R connected to the same LAN.

制御部602は、LANインタフェース601を介して行う様々な通信を制御する処理部である。 Control unit 602 is a processing unit that controls various communications performed through the LAN interface 601. この制御部602は、TCP/IPやUDP、SIP等のプロトコルに従った通信処理を制御する。 The controller 602, TCP / IP and UDP, and controls communication processes complying with protocols such as SIP. なお、制御部602を中心とした各クライアント端末Tの機能の詳細については後述する。 The details will be described later functions of each client terminal T centering on the control unit 602.

次に、図4等を参照して中継サーバRを説明する。 Next, with reference to FIG. 4 or the like explaining a relay server R. 図4は各中継サーバRの機能ブロック図である。 Figure 4 is a functional block diagram of each relay server R.

中継サーバRは、図1に示すように、LANのそれぞれに1台配置されている。 The relay server R, as shown in FIG. 1, are disposed one in each LAN. 具体的には、LAN1には中継サーバR1が、LAN2には中継サーバR2が、LAN3には中継サーバR3が、LAN4には中継サーバR4がそれぞれ配置されている。 Specifically, the relay server R1 to the LAN1 has the relay server R2 to the LAN2, the LAN3 relay server R3, the LAN4 relay server R4 is arranged.

中継サーバRはLANに接続され、同一のLANに接続されている各クライアント端末Tと通信可能になっている。 The relay server R is connected to the LAN, and can communicate with each client terminal T connected to the same LAN. また、中継サーバRはインターネットにも接続されており、他のLANに接続された中継サーバRと、前記外部サーバSを介して通信可能となっている。 The relay server R has also connected to the Internet, the relay server R connected to another LAN, and can communicate through the external server S. この通信のため、各中継サーバRには、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの両方が付与されている。 In order to permit such communication, each relay server R, both the private IP address and a global IP address is assigned.

中継サーバRは、図4に示すように、LANインタフェース501と、WANインタフェース502と、制御部503と、アカウント情報データベース504と、中継グループ情報データベース505と、を主要な構成として備えている。 The relay server R, as shown in FIG. 4, a LAN interface 501, a WAN interface 502, a control unit 503, an account information database 504, and a relay group information database 505 as a primary configuration.

LANインタフェース501は、自装置と同一のLANに接続されたクライアント端末Tとの通信を、プライベートIPアドレスを使用して行うインタフェースである。 LAN interface 501, the communication with the client terminal T connected to the own device and the same LAN, an interface for performing using the private IP address. 例えば、LAN1において中継サーバR1は、LANインタフェース501を使用して、クライアント端末1Aと通信を行うことができる。 For example, the relay server R1 in LAN1, using the LAN interface 501, can communicate with the client terminal 1A.

WANインタフェース502は、グローバルIPアドレスを使用して、インターネットに接続された外部サーバS等の各装置と通信を行うインタフェースである。 WAN interface 502 uses a global IP address is an interface for performing communication with each device such as external server S connected to the Internet.

図4のアカウント情報データベース504は、登録要求のあったクライアント端末TのアカウントをプライベートIPアドレスと対応付けて管理するデータベースである。 4 account information database 504 is a database for managing in association with the account of the client terminal T that has made a registration request with a private IP address. なお、アカウント情報データベース504には、その中継サーバRと同一のLANに接続されているクライアント端末Tに限定されず、他のLANのクライアント端末Tのアカウントを登録することもできる。 Nao, the account information database 504, it is also that the invention is not limited to the client terminal T connected to the same LAN as the relay server R, and registers the account of the client terminal T of the other's LAN.

中継グループ情報データベース505は、アカウント情報データベース504に登録されているクライアント端末Tが関連する中継グループ情報を管理するデータベースである。 Relay group information database 505 is a database that manages relay group information that the client terminal T registered in the account information database 504 relates.

制御部503は、LANインタフェース501及びWANインタフェース502を介して行う様々な通信を制御する処理部であり、TCP/IPや、UDP、SIP等のプロトコルに従った様々な通信処理を制御する。 Control unit 503 is a processing unit that controls various communications performed through the LAN interface 501 and the WAN interface 502, and controls TCP / IP and, UDP, various communication processes complying with protocols such as SIP.

この制御部503は、例えば、自装置のアカウントを外部サーバSに送信して登録を要求する処理や、中継グループ情報を作成して中継グループ情報データベース505に記憶する処理等を実行する。 The control unit 503 is, for example, processing for requesting registration by sending an account of its own device to the external server S, executes processing for storing the relay group information database 505 to create a relay group information. なお、制御部503等を中心とした中継サーバRの各機能の詳細については後述する。 The details will be described later of each function of the relay server R centering on the control unit 503 or the like.

次に、この中継通信システムで扱われる情報である中継グループ情報について、図5を参照して説明する。 Next, the relay group information, which are information handled in the relay communication system will be described with reference to FIG. 図5は中継グループ情報の内容例を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing an example of content of the relay group information.

この図5に示すように、中継グループ情報データベース505に記憶される中継グループ情報100は、1つのグループ識別情報101と、相互に接続を許可することで中継グループを構成する中継サーバRの情報(中継アカウント情報)102と、を含んでいる。 As shown in FIG. 5, the relay group information 100 stored in the relay group information database 505 includes group identification information 101, the relay server R configuring the relay group by permitting connection with one another information ( the relay account information) 102 includes.

グループ識別情報101は、その中継グループ情報100を識別するための情報であり、中継グループ情報100が作成される度に、異なるIDが付与されて一意に識別できる構成となっている。 Group identification information 101 is information for identifying the relay group information 100 has a configuration that can be uniquely identified every time the relay group information 100 is created, a different ID is granted. これにより、オペレータ等は、グループ識別情報101に基づいて中継グループを特定することができ、グループ構成の変更等を簡単に行うことができる。 Thus, the operator or the like, based on the group identification information 101 can identify the relay group, can be carried out and easily change a group configuration.

中継アカウント情報102は、相互に接続を許可することで中継グループを構成するそれぞれの中継サーバRのアカウントの情報を含んでいる。 Relay account information 102 includes each account information of the relay server R configuring the relay group by permitting connection with one another. また、中継アカウント情報102は、中継グループを構成する各中継サーバRと同一のLANに接続されるとともに、当該中継サーバRに登録されているクライアント端末(SMTP端末)TのアカウントやIPアドレス等の情報を含んでいる。 Further, the relay account information 102 is connected to the same LAN and each relay server R configuring the relay group, the client terminal (SMTP terminal) registered in the relay server R T account or IP address of It contains the information.

中継アカウント情報102においては、各中継サーバRのアカウントに付与された具体的な名称が併せて記述され、ユーザの識別が容易になっている。 Relay in account information 102, the specific name given to the account of each relay server R is collectively described, it has to be easily identified by the user. 例えば、中継サーバR1(relay−server1)の中継アカウント情報102aであれば、中継サーバR1のアカウント(relay−server1@net)と、それに対して付与された名称(支社A)が記述されている。 For example, in the relay account information 102a of the relay server R1 (relay-server1), and the account (relay-server1 @ net) of the relay server R1, a name given (branch office A) is described for it.

中継アカウント情報102には、前記中継サーバRと同一のLANに接続されているクライアント端末Tのアカウントの部分に、当該アカウントに付与された具体的な名称が併せて記述され、ユーザの識別が容易になっている。 The relay account information 102, to account for part of the client terminal T connected to the same LAN as the relay server R, a specific name given to the account is collectively written, easily identified by the user It has become. 例えば、クライアント端末(smtp1A)の場合、そのアカウント(例えば、smtp1A@relay−server1.net)に対して付与された名称(smtp1A)が記述されている。 For example, in the case of a client terminal (smtp1A), the account (for example, smtp1A @ relay-server1.net) name given to the (smtp1A) are described. また更に、クライアント端末Tのアカウントには、営業部や開発部等、そのクライアント端末Tの所属を示す所属識別データ103が記述されている。 Furthermore, the account of the client terminal T, Sales and Development Department, etc., belongs identification data 103 indicating belonging of the client terminal T are described.

以上のように、中継グループ情報100は、中継グループごとに一意に識別可能に作成されている。 As described above, the relay group information 100 is created uniquely identified with respect to each relay group. また、中継グループ情報100には、相互に接続を許可することで一群(中継グループ)を構成する各中継サーバのアカウント(中継アカウント情報102)が含まれている。 Further, in the relay group information 100 includes a group by permitting connection with one another account of each relay server configuring the (relay group) (relay account information 102). 更に、中継アカウント情報102には、その中継サーバと同一のLANに接続され登録されているクライアント端末Tのアカウントの情報が含まれている。 Furthermore, the relay in the account information 102 includes the account information of the client terminal T registered are connected to the same LAN and the relay server.

従って、中継グループ情報100を参照すれば、どのLANとどのLANがグループを構成しているのか、そしてそれらのLANにおいてどの中継サーバRやクライアント端末Tが登録されているのかを知ることができる。 Accordingly, by referring to the relay group information 100, what LAN and which LAN constitute a group, and which relay server R and the client terminal T in their LAN can know whether they are registered.

図5に示す中継グループ情報100は、中継グループを構成している各中継サーバR間で交換される。 Relay group information 100 shown in FIG. 5, are exchanged between each relay server R that forms a relay group. ここで、クライアント端末Tのアカウントの情報も中継グループ情報100に含まれているので、当該アカウント情報も中継サーバR間で交換されることになる。 Here, since the account information of the client terminal T contained in the relay group information 100, so that also the account information is exchanged between the relay servers R.

以上のとおり構成された中継通信システムにおける通信処理の流れについて、図6のシーケンス図を用いて説明する。 The flow of communication processing in the relay communication system configured as above will be described with reference to the sequence diagram of FIG. 図6に示すシーケンス番号1〜3は、各装置のアカウントの登録段階を示している。 Sequence numbers 1 to 3 shown in FIG. 6 shows a registration step account of each device.

シーケンス番号1において、中継サーバR1が、外部サーバSに対してアカウントの登録要求(REGISTER)を送信する。 In sequence number 1, the relay server R1 transmits an account registration request (REGISTER) to the external server S. ここでは、中継サーバR1が、自機のアカウント(sip:relay−server1@net)の登録要求を行う。 In this case, the relay server R1, own apparatus of the account: a registration request (sip relay-server1 @ net). 外部サーバSはOKレスポンスを中継サーバR1に返信し、中継サーバR1のアカウントと中継サーバR1のグローバルIPアドレスとを対応付けて中継サーバアカウント情報データベース203に登録する。 The external server S sends back an OK response to the relay server R1, is registered in the relay server account information database 203 in association with the global IP address of the account and the relay server R1 of the relay server R1. その後、中継サーバR1は、クライアント端末1Aの名前(smtp1A)とそのIPアドレス(192.168.0.1)を、アカウント情報データベース504に登録する。 Then, the relay server R1, a name (smtp1A) and its IP address (192.168.0.1) of the client terminal. 1A, registered in the account information database 504.

同様にして、中継サーバR2及びR3が、外部サーバSに対して自機のアカウントの登録要求(REGISTER)を行い、自機のアカウント等を外部サーバSに登録する(シーケンス番号2、3)。 Similarly, the relay server R2 and R3, performs ship account registration request (REGISTER) to the external server S, and registers the account and the like of its own to the external server S (sequence number 2, 3). また、各中継サーバR2,R3は、自機と同じLANに属するクライアント端末2A,3Aの名前とそのIPアドレスを、アカウント情報データベース504に登録する。 Moreover, each relay server R2, R3, the client terminal 2A belonging to the same LAN as its own device, the names and IP addresses of 3A, and registers the account information database 504.

以上の処理により、各中継サーバRの外部サーバSに対するアカウントの登録、及び、各クライアント端末Tの中継サーバRに対するアカウントの登録が完了する。 By the above processing, the registration of the account to the external server S of each relay server R, and registration of the account is completed with respect to the relay server R of each client terminal T. なお、以上で示したシーケンスは一例であって、各装置のアカウントの登録が結果的に完了するものであれば、その順序は任意である。 Note that the sequence shown above is an example, as long as the account registration of each device is consequently completed, the order is arbitrary.

また、ネットワーク上に存在する中継サーバRやクライアント端末Tであっても、そのアカウントの登録がされなければ、本実施形態の中継通信システムに参加することができない。 Further, even in the relay server R and the client terminal T existing on the network, to be registered for that account, it can not participate in the relay communication system of the present embodiment. 例えば図1の中継サーバR4及びクライアント端末4Aは、図6の処理においてアカウントの登録が行われていないため、以降で説明する通信には参加できない。 For example the relay server R4 and the client terminals 4A of FIG. 1, since the registration of the account is not performed in the process of FIG. 6, it can not participate in the communication described in the following.

次に、図6のシーケンス番号10〜18を参照して、中継グループの生成及び登録段階を説明する。 With reference to sequence numbers 10 to 18 in FIG. 6, illustrating generation steps and registration steps of the relay group. なお、図6に示すシーケンス番号1〜3、10〜18の処理は、一般に、ユーザやオペレータによってネットワークの初期設定として行われる。 The processing sequence number 1~3,10~18 shown in FIG. 6 are performed as initial settings of the network by the user or operator.

まず、中継サーバR1において、中継サーバR2との間で中継グループを新規に形成するメソッド(createGroupメソッド)がオペレータによって実行される。 First, in the relay server R1, a method for newly forming a relay group with the relay server R2 (createGroup method) is executed by the operator. このcreateGroupメソッドでは、グループ名(group1)、中継グループを形成する相手の中継サーバR2のアカウント(relay−server2@net)、及び、新規作成された中継グループに付与する識別ID(groupID0001)が指定される。 This createGroup method, the group name (group1), the account of the other party of the relay server R2 to form a relay group (relay-server2 @ net), and the identification ID to be assigned to the newly created relay group (groupID0001) is specified that.

すると、中継サーバR1においてメッセージ送信コマンド(MESSAGEメソッド)が実行され、相手となる中継サーバR2に対するgroup−infoメッセージが外部サーバSに送信される(シーケンス番号10)。 Then, the relay in the server R1 message transmission command (MESSAGE method) is executed, group-info message to the relay server R2 as the partner is transmitted to the external server S (sequence number 10). このメッセージには、前記createGroupメソッドで指定されたグループ名や中継グループの識別ID等が含まれている。 The message includes the identification ID of the group name and the relay group specified by the createGroup METHOD.

このMESSAGEメソッドでは、メッセージ送信先の中継サーバR2のアカウント(sip:relay−server2@net)が指定されている。 In this MESSAGE method, message destination of the account of the relay server R2 (sip: relay-server2 @ net) has been specified. 外部サーバSは、中継サーバアカウント情報データベース203を参照することで中継サーバR2のグローバルIPアドレスを取得し、中継サーバR1からのgroup−infoメッセージを中継サーバR2に中継する。 The external server S acquires the global IP address of the relay server R2 by referencing the relay server account information database 203, and relays the group-info message from the relay server R1 to the relay server R2. メッセージを受信した中継サーバR2は、外部サーバSを介して中継サーバR1へOKレスポンスを返す。 The relay server R2 that has received the message returns an OK response to the relay server R1 via the external server S.

以上のように、本実施形態の各中継サーバR間の通信は外部サーバSを経由して行われ、これは以下においても同様である。 As described above, communication between each relay server R of the present embodiment is performed via the external server S, which is the same in the following. 従って、以後の説明では、外部サーバSを経由する通信処理の具体的な説明を省略する。 Therefore, in the following description, it is omitted a detailed description of the communication process performed via the external server S.

次に、中継サーバR1が、中継サーバR2に対し、サーバ情報の送信要求メッセージ(request−server−infoメッセージ)を送信する(シーケンス番号11)。 Then, the relay server R1, to the relay server R2, transmits a message requesting transmission of server information (request-server-info message) (sequence number 11). このメッセージを受信した中継サーバR2は、OKレスポンスとともに、自機に関する情報(server−info)、及び、自機と同一のLANに接続されているクライアント端末(smtp2A)のアカウントの情報を中継サーバR1に返す。 The relay server R2 that has received the message, along with the OK response, information about the own device (server-info), and relays the information of the account server of the client terminals connected to the same LAN as its own device (smtp2A) R1 return to.

今度は反対に、中継サーバR2が中継サーバR1に対するrequest−server−infoメッセージを送信し(シーケンス番号12)、中継サーバR1は自機に関する情報(server−info)と、自機と同一のLANに接続されているクライアント端末(smtp1A)の情報を中継サーバR2に返信する。 Conversely, the relay server R2 transmits a request-server-info message to the relay server R1 (sequence number 12), the relay server R1 and the information related to the own apparatus (server-info) to the same LAN as its own device It returns information of the client terminals connected (smtp1A) to the relay server R2.

以上のように互いのサーバに関する情報を交換することで、両中継サーバR1,R2が中継グループを形成した旨の中継グループ情報100が生成され、各中継サーバR1,R2の中継グループ情報データベース505に記憶される。 By exchanging information on each other's servers as described above, the relay group information 100 indicating that both the relay server R1, R2 formed a relay group is generated, the relay group information database 505 of each relay server R1, R2 It is stored. また、互いのLAN1,2に接続されているクライアント端末Tのアカウントの情報も、中継グループ情報100に含めた形で中継グループ情報データベース505に記憶される。 Further, the account information of the client terminal T connected to each other LAN1,2 also stored in the relay group information database 505 in a form included in the relay group information 100.

次に、中継サーバR2において、先ほど作成した中継グループ(中継サーバR1,R2で構成される中継グループ)に新たに中継サーバR3を加えるメソッド(addGroupメソッド)がオペレータによって実行される。 Next, in the relay server R2, the relay group created earlier method adding a new relay server R3 (the relay servers R1, R2 comprised relay group) (addGroup method) is executed by the operator. このaddGroupメソッドでは、加入させる中継グループのグループ名(group1)、加入させる中継サーバR3のアカウント(relay−server3@net)、加入させる中継グループの識別ID(groupID0001)が指定される。 In this addGroup method, the group name of the relay group to join (group1), account (relay-server3 @ net) of the relay server R3 to join, identification ID of the relay group to join (groupID0001) is specified.

すると中継サーバR2は、加入させる相手となる中継サーバR3に対し、group−infoメッセージを送信する(シーケンス番号13)。 Then, the relay server R2 to the relay server R3 to be to join transmits a group-info message (sequence number 13). このメッセージには、前記addGroupメソッドで指定されたグループ名や中継グループの識別ID等が含まれている。 The message includes the identification ID of the group name and the relay group specified by the addGroup METHOD. これを受信した中継サーバR3は、中継サーバR2へOKレスポンスを返す。 Relay server R3 that has received this, returns an OK response to the relay server R2. 次に、シーケンス番号11,12で説明したのと全く同様に、中継サーバR2と中継サーバR3との間でサーバ情報等が交換される(シーケンス番号14,15)。 Then, just as that described in the sequence number 11 and 12, the server information and the like is exchanged between the relay server R2 and the relay server R3 (sequence number 14, 15).

次に、中継サーバR2は、中継グループに中継サーバR3が加わったことを知らせるupdate−group−infoメッセージを、中継サーバR1に送信する(シーケンス番号16)。 Then, the relay server R2, an update-group-info message notifying that the relay server R3 has been added to the relay group to the relay server R1 (sequence number 16). これを受信した中継サーバR1は、中継サーバR2へOKレスポンスを返す。 Relay server R1 that has received the returns an OK response to the relay server R2. その後、中継サーバR3と中継サーバR2との間でサーバ情報等が交換される(シーケンス番号17,18)。 Thereafter, the server information and the like is exchanged between the relay server R3 and the relay server R2 (sequence number 17, 18).

以上により、3つの中継サーバR1,R2,R3が中継グループを形成している旨の中継グループ情報100(具体的には、図5で示した内容の情報)が、各中継サーバR1,R2,R3の中継グループ情報データベース505に記憶される。 Thus, the three relay servers R1, R2, (specifically, information of the contents shown in FIG. 5) R3 is the relay group information 100 indicating that forms the relay group, the relay servers R1, R2, It is stored in the relay group information database 505 of the R3.

次に、クライアント端末Tとクライアント端末Tとが実際にデータをやり取りする場合の動作を、図7を参照して説明する。 Next, an operation of the case where the client terminal T and the client terminals T exchanging actual data will be described with reference to FIG. ここでは、LAN1に接続されているクライアント端末1Aが、他のLAN2のクライアント端末2AへダイレクトSMTP手順でファイルを送信する場合を例に説明する。 Here, the client terminal 1A connected to the LAN1 is, the case of transmitting a file to another LAN2 client terminal 2A in direct SMTP procedure as an example.

ユーザはクライアント端末1Aを操作し、送信先のクライアント端末2Aを指定して、データを送信する旨の指示を行う。 The user operates the client terminal 1A, to specify the destination of the client terminal 2A, it performs an instruction to transmit the data. すると、クライアント端末1Aは、接続要求(tcpコマンド)を中継サーバR1に送信する(図7のシーケンス番号1)。 The client terminal 1A transmits connection request (tcp command) to the relay server R1 (sequence number 1 in FIG. 7). これを受信した中継サーバR1は、あたかもSMTPサーバのように、準備が完了した旨のレスポンスをクライアント端末1Aに返す。 The relay server R1 that has received the message, as if the SMTP server returns a response indicating that the preparation is completed to the client terminal 1A.

レスポンスを受信したクライアント端末1Aは、SMTP手順に従って、自機(smtp1A)を発信元として指定するMAIL FROMコマンドを中継サーバR1へ送信する(シーケンス番号2)。 The client terminal 1A that has received the response in accordance with SMTP procedure, transmits a MAIL FROM command specifying the own apparatus (Smtp1A) as the source to the relay server R1 (sequence number 2). 中継サーバR1は実行終了の旨のレスポンスを返す。 Relay server R1 returns the response of the end of execution effect.

更にクライアント端末1Aは、クライアント端末2A(smtp2A)を送信先として指定するRCPT TOコマンドを中継サーバR1へ送信する(シーケンス番号3)。 Furthermore the client terminal 1A transmits a RCPT TO command specifying the client terminal 2A to (Smtp2A) as the destination to the relay server R1 (sequence number 3). すると中継サーバR1は、この宛先コマンド(RCPT TO)からクライアント端末2Aのアカウントを検出し、中継グループ情報データベース505に基づいて、クライアント端末2Aが接続されている中継サーバを特定する。 Then, the relay server R1, detects the account of the client terminal 2A from this destination command (RCPT TO), based on the relay group information database 505, identifies the relay server to which the client terminal 2A is connected. ここでは、図5の中継グループ情報100により、クライアント端末2Aが接続されている中継サーバはR2であることが判る。 Here, the relay group information 100 of FIG. 5, the relay server to which the client terminal 2A is connected understood to be R2.

次に中継サーバR1は、その特定された中継サーバR2に対し接続要求(INVITEメソッド)を送信する(図7のシーケンス番号3.1)。 Then the relay server R1 transmits a connection request (INVITE method) to the relay server R2, which is the specific (sequence number 3.1 in FIG. 7). このINVITEメソッドには、送信元のクライアント端末1A、送信先のクライアント端末2Aの指定が含まれている。 The INVITE method, the source of the client terminal 1A, which contains the specified destination of the client terminal 2A. この接続要求を受信した中継サーバR2は、OKレスポンスを返す。 The relay server R2 that has received the connection request, returns an OK response.

続いて中継サーバR1は、中継サーバR2にMediaSessionコマンドを送信し、両中継サーバR1,R2に通信経路を確立する(シーケンス番号3.2)。 Then the relay server R1 transmits a MediaSession command to the relay server R2, establishing a communication path to both the relay servers R1, R2 (sequence number 3.2). なお、この通信経路は、例えばIPsec(IP Security Protocol)によって暗号化されている。 Note that this communication path, for example, is encrypted by IPsec (IP Security Protocol).

通信経路が確立されると、中継サーバR2はクライアント端末2Aに対し、接続要求(tcpコマンド)を送信する(シーケンス番号3.2.1)。 When the communication path is established, the relay server R2 to the client terminal 2A, transmits a connection request (tcp command) (Sequence No. 3.2.1). これを受信したクライアント端末2Aは、準備が完了した旨のレスポンスを中継サーバR2に返す。 The client terminal 2A that has received the return response indicating that preparation is completed to the relay server R2.

レスポンスを受信した中継サーバR2は、シーケンス番号2で指定された発信元のクライアント端末(smtp1A)を発信元として指定するMAIL FROMコマンドをクライアント端末2Aへ送信する(シーケンス番号3.2.2)。 The relay server R2 that has received the response transmits a MAIL FROM command specifying the originating client terminal designated by the sequence number 2 (smtp1A) as the source to the client terminal 2A (sequence number 3.2.2). クライアント端末2Aは実行終了の旨のレスポンスを返す。 The client terminal 2A returns the response of the end of execution effect.

更に中継サーバR2は、クライアント端末2A(smtp2A)を送信先として指定するRCPT TOコマンドを当該クライアント端末2Aへ送信する(シーケンス番号3.2.3)。 Further the relay server R2 transmits a RCPT TO command specifying the client terminal 2A to (Smtp2A) as the destination to the client terminal 2A (sequence number 3.2.3). クライアント端末2Aは実行終了の旨のレスポンスを返す。 The client terminal 2A returns the response of the end of execution effect. 中継サーバR2は受信したレスポンスを中継サーバR1へ中継し、中継サーバR1は更にそれをクライアント端末1Aへ中継する。 The relay server R2 relays the response received to the relay server R1, the relay server R1 further relays it to the client terminal 1A.

次にクライアント端末1Aは、本文を送信するDATAコマンドを中継サーバR1に送信する(シーケンス番号4)。 The client terminal 1A transmits a DATA command to send the text to the relay server R1 (sequence number 4). このDATAコマンドは中継サーバR1から中継サーバR2へ中継され、更にクライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号4.1、4.1.1)。 The DATA command is relayed from the relay server R1 to the relay server R2, and transmitted further to the client terminal 2A (sequence number 4.1,4.1.1). クライアント端末2Aは、本文の入力開始を受け付けた旨のレスポンスを中継サーバR2へ返し、このレスポンスが中継サーバR1を経由してクライアント端末1Aへ送られる。 The client terminal 2A returns a response indicating that receives an input start of the text to the relay server R2, the response is sent via the relay server R1 to the client terminal 1A.

続いて、クライアント端末1Aは、メール本文のデータをdata−transferコマンドで中継サーバR1に送信する(シーケンス番号5)。 Subsequently, the client terminal 1A transmits to the relay server R1 data of the email body with data-transfer command (sequence number 5). メール本文の内容には、指定された送信対象のファイルをMIMEエンコードした内容が含まれている。 The contents of the mail text, contains the contents of the specified transmission target file and MIME-encoded. メール本文のデータは中継サーバR1から中継サーバR2へ中継され、更にクライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号5.1、5.1.1)。 Data of the email body is relayed from the relay server R1 to the relay server R2, and transmitted further to the client terminal 2A (sequence number 5.1,5.1.1).

メール本文のデータの送信が完了すると、クライアント端末1Aは、本文の送信終了を意味するEODコマンドを中継サーバR1に送信する(シーケンス番号6)。 When the transmission of the data of the mail body is complete, the client terminal 1A transmits the EOD command meaning transmission end of the body to the relay server R1 (sequence number 6). このコマンドは中継サーバR1から中継サーバR2へ中継され、更にクライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号6.1、6.1.1)。 This command is relayed from the relay server R1 to the relay server R2, and transmitted further to the client terminal 2A (sequence number 6.1,6.1.1). クライアント端末2Aは、本文の入力完了を受け付けた旨のレスポンスを中継サーバR2へ返し、このレスポンスが中継サーバR1を経由してクライアント端末1Aへ送られる。 The client terminal 2A returns a response indicating that receiving the input completion of the text to the relay server R2, the response is sent via the relay server R1 to the client terminal 1A.

次にクライアント端末1Aは、接続終了を表すQUITコマンドを中継サーバR1に送信する(シーケンス番号7)。 The client terminal 1A transmits a QUIT command indicating a connection completion to the relay server R1 (sequence number 7). このコマンドも、シーケンス番号6の場合と同様に中継サーバR1から中継サーバR2へと中継され、クライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号7.1、7.1.1)。 This command is also relayed from the case as well as the relay server R1 of the sequence number 6 to the relay server R2, it is transmitted to the client terminal 2A (sequence number 7.1,7.1.1). クライアント端末2Aは、接続を閉じる旨のレスポンスを中継サーバR2へ返し、このレスポンスが中継サーバR1を経由してクライアント端末1Aへ送られる。 The client terminal 2A, a response to the effect of closing the connection returns to the relay server R2, the response is sent via the relay server R1 to the client terminal 1A. その後、実際に接続が閉じられる。 After that, the actual connection is closed.

次に中継サーバR1は、中継サーバR2に対し切断要求(BYEメソッド)を送信し、これによって、確立されていた通信経路が切断される(シーケンス番号8)。 Then the relay server R1 transmits a disconnection request (BYE method) to the relay server R2, thereby, a communication path that has been established is disconnected (sequence number 8). 以上により通信が終了し、クライアント端末1Aにおいて指定されたファイルが、クライアント端末2Aへメール形式で送信されたことになる。 Thus the communication is completed, the file specified in the client terminal 1A, will have been sent by e-mail format to the client terminal 2A.

以上に説明したように、本実施形態においてLANに接続されている中継サーバRは、アカウント情報データベース504に記憶されているクライアント端末Tから、SMTP手順でのメール送信要求を受けると、そのSMTP手順の宛先コマンド(RCPT TOコマンド)からアカウント情報を検出し、その宛先のクライアント端末Tが接続されている中継サーバRに接続して、前記SMTP手順によって受信したメールデータを中継転送するように構成している。 As described above, the relay server R connected to the LAN in the present embodiment, the client terminal T stored in the account information database 504, receives a mail transmission request on the SMTP procedure, the SMTP procedure detecting the account information from the destination command (RCPT tO command), are connected to the relay server R that client terminal T of the destination is connected, and configured the to relay forwards mail data received by the SMTP procedure ing.

これにより、異なるLANに存在するクライアント端末T間のダイレクトSMTPによるピアツーピア型の通信を、簡単な構成で実現することができる。 Thus, the communication of peer-to-peer by direct SMTP between the client terminal T existing in the different LAN, can be realized with a simple configuration.

また、本実施形態において、中継サーバR間の前記メールデータの中継転送は暗号化セッションを用いて行われている。 Further, in this embodiment, the relaying of the mail data between the relay servers R is performed using an encryption session.

これにより、クライアント端末T同士がやり取りするメールデータは、中継サーバR間においてセキュアな通信で中継されるので、盗聴を回避し、機密漏洩を防止できる。 Accordingly, the mail data to be exchanged by the client terminal T to each other, since relayed secure communication between the relay server R, to avoid eavesdropping can be prevented leakage of confidential information.

次に、図8及び図9を参照して、複数のクライアント端末Tにメールデータを送信する場合の通信処理について説明する。 Next, with reference to FIGS. 8 and 9, a description will be given of a communication processing when transmitting the mail data to a plurality of client terminals T. ここでは、クライアント端末1Aが、クライアント端末2A及び3AへダイレクトSMTP手順でファイルを送信する場合を例に説明する。 Here, the client terminal 1A, the case of transmitting a file with a direct SMTP procedure to the client terminal 2A and 3A as an example.

図8のシーケンス番号1〜3.2.3は、クライアント端末1Aが中継サーバR1に接続し、送信元として自機(クライアント端末1A)を指定し、送信先として最初にクライアント端末2Aを指定した処理を示している。 Sequence number 1~3.2.3 in Figure 8, the client terminal 1A is connected to the relay server R1, specifies the own apparatus (client terminal 1A) as the source, and specifies the first client terminal 2A as the destination It shows the processing. 以上の処理は、図7のシーケンス番号1〜3.2.3と全く同様であるので、説明は省略する。 Above processes are the completely the same as the sequence number 1~3.2.3 7, description will be omitted.

次に、クライアント端末1Aは、クライアント端末3A(smtp3A)を送信先として指定するRCPT TOコマンドを中継サーバR1へ送信する(シーケンス番号4)。 Next, the client terminal 1A transmits a RCPT TO command specifying the client terminal 3A to (Smtp3A) as the destination to the relay server R1 (sequence number 4). すると、中継サーバR1は、中継グループ情報データベース505に基づいて、クライアント端末3Aが接続されている中継サーバを特定する。 Then, the relay server R1, based on the relay group information database 505, identifies the relay server to which the client terminal 3A is connected. ここでは、図5の中継グループ情報100により、クライアント端末3Aが接続されている中継サーバはR3であることが判る。 Here, the relay group information 100 of FIG. 5, the relay server to which the client terminal 3A is connected to it can be seen that a R3.

その後は、中継サーバR1は中継サーバR3に対して接続要求を送信するとともに、通信経路を確立する(シーケンス番号4.1、4.2)。 Then, the relay server R1 transmits a connection request to the relay server R3, establishes a communication path (sequence number 4.1, 4.2). 通信経路の確立後、中継サーバR3はクライアント端末3Aに接続し、発信元及び発信先をSMTP手順で指定する(シーケンス番号4.2.1〜4.2.3)。 After establishment of the communication path, the relay server R3 is connected to the client terminal 3A, which specifies the source and destination on the SMTP procedure (sequence number 4.2.1~4.2.3). クライアント端末3Aの返すOKレスポンスは、中継サーバR3及び中継サーバR1を経由してクライアント端末1Aに送信される。 OK response returned by the client terminal 3A is transmitted to the client terminal 1A through the relay server R3 and the relay server R1.

その後、クライアント端末1Aは、本文の入力を開始するDATAコマンドを中継サーバR1に送信する(シーケンス番号5)。 Then, the client terminal 1A transmits a DATA command to start the input text to the relay server R1 (sequence number 5). 中継サーバR1は、このコマンドを中継サーバR2に中継してクライアント端末2Aへ送信させるとともに、中継サーバR3に中継してクライアント端末3Aへ送信させる(シーケンス番号5.1、5.1.1、5.2、5.2.1)。 The relay server R1, causes transmitted to the client terminal 2A to relays this command to the relay server R2, and transmits to the relay to the relay server R3 to the client terminal 3A (sequence number 5.1,5.1.1,5 .2,5.2.1). 中継サーバR1は、両方のクライアント端末2A,3Aから中継サーバR2,R3を経由してレスポンスが返ってくると、当該レスポンスをクライアント端末1Aへ通知する。 The relay server R1, both the client terminal 2A, when returned the response via the relay servers R2, R3 from 3A, and notifies the response to the client terminal 1A.

クライアント端末1Aは直ちに、メール本文のデータをdata−transferコマンドで中継サーバR1に送信する(図9のシーケンス番号6)。 The client terminal 1A immediately transmits the data of the mail body to the relay server R1 in data-transfer command (sequence number 6 in FIG. 9). メール本文のデータは中継サーバR1から中継サーバR2へ中継され、更にクライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号6.1、6.1.1)。 Data of the email body is relayed from the relay server R1 to the relay server R2, and transmitted further to the client terminal 2A (sequence number 6.1,6.1.1). また、メール本文のデータは中継サーバR1から中継サーバR3へ中継され、更にクライアント端末3Aに送信される(シーケンス番号6.2、6.2.1)。 The data of the mail body is relayed from the relay server R1 to the relay server R3, and transmitted further to the client terminal 3A (sequence number 6.2,6.2.1).

メール本文のデータの送信が完了すると、クライアント端末1Aは、本文の送信終了を意味するEODコマンドを中継サーバR1に送信する(シーケンス番号7)。 When the transmission of the data of the mail body is complete, the client terminal 1A transmits the EOD command meaning transmission end of the body to the relay server R1 (sequence number 7). このコマンドは中継サーバR1から中継サーバR2へ中継され、更にクライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号7.1、7.1.1)。 This command is relayed from the relay server R1 to the relay server R2, and transmitted further to the client terminal 2A (sequence number 7.1,7.1.1). 同様に、コマンドは中継サーバR1から中継サーバR3へ中継され、更にクライアント端末3Aに送信される(シーケンス番号7.2、7.2.1)。 Similarly, the command is relayed from the relay server R1 to the relay server R3, and transmitted further to the client terminal 3A (sequence number 7.2,7.2.1). クライアント端末2A及び3Aは、本文の入力完了を受け付けた旨のレスポンスを中継サーバR2,R3へ返す。 The client terminal 2A and 3A returns a response indicating that receiving the input completion of the text to the relay server R2, R3. 各中継サーバR2,R3は当該レスポンスを中継サーバR1へ中継し、このレスポンスを中継サーバR1はクライアント端末1Aへ送る。 Each relay server R2, R3 relays the response to the relay server R1, and sends this response relay server R1 to the client terminal 1A.

次にクライアント端末1Aは、接続終了を表すQUITコマンドを中継サーバR1に送信する(シーケンス番号8)。 The client terminal 1A transmits a QUIT command indicating a connection completion to the relay server R1 (sequence number 8). このコマンドもシーケンス番号7の場合と同様に、中継サーバR1からR2へと中継されてクライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号8.1、8.1.1)とともに、中継サーバR1から中継サーバR3へと中継されてクライアント端末3Aに送信される(シーケンス番号8.2、8.2.1)。 As with this command even sequence number 7, while being transmitted is relayed from the relay server R1 to R2 to the client terminal 2A (sequence number 8.1,8.1.1), the relay server from the relay server R1 It is relayed and transmitted to the client terminal 3A to R3 (sequence number 8.2,8.2.1). クライアント端末2A及び3Aは、接続を閉じる旨のレスポンスを中継サーバR2,R3へ返す。 The client terminal 2A and 3A returns a response to the effect that closes the connection to the relay server R2, R3. 各中継サーバR2,R3は当該レスポンスを中継サーバR1へ中継し、このレスポンスを中継サーバR1はクライアント端末1Aへ送る。 Each relay server R2, R3 relays the response to the relay server R1, and sends this response relay server R1 to the client terminal 1A.

次に中継サーバR1は、それぞれの中継サーバR2,R3に対し切断要求(BYEメソッド)を送信し、これによって、確立されていた通信経路が切断される(シーケンス番号9、10)。 Then the relay server R1 transmits the respective relay servers R2, R3 to the cleavage request (BYE method), whereby a communication path that has been established is disconnected (sequence numbers 9, 10). 以上により通信が終了し、クライアント端末1Aのデータがクライアント端末2A及び3Aにメール形式で送信されたことになる。 Communication is completed by the above, the data of the client terminal 1A is Email format to the client terminal 2A and 3A.

次に、図8及び図9で説明したのと同様にメールを送信する際にエラーが発生した場合の通信処理の例を、図10を参照して説明する。 Next, an example of a communication processing when an error occurs when sending mail in the same manner as described in FIGS. 8 and 9, will be described with reference to FIG. 10. 図10は、図8及び図9と同様に、クライアント端末1Aがクライアント端末2A及び3AへダイレクトSMTP手順でファイルを送信しようとした場合を示している。 Figure 10 is similar to FIG. 8 and FIG. 9 shows a case where the client terminal 1A has tried to send a file in direct SMTP procedure to the client terminal 2A and 3A. なお、図10のシーケンス番号1〜3.2.3の処理は、図8の例と全く同様であるので説明を省略する。 The processing sequence number 1~3.2.3 in FIG. 10 will be omitted because it is exactly the same as the example of FIG. 8.

図10のシーケンス番号4で、クライアント端末1Aは、クライアント端末3A(smtp3A)を送信先として指定するRCPT TOコマンドを中継サーバR1へ送信する。 In sequence number 4 in FIG. 10, the client terminal 1A transmits a RCPT TO command specifying the client terminal 3A to (smtp3A) as the destination to the relay server R1. すると、中継サーバR1は、クライアント端末3Aが接続されている中継サーバR3に対し、接続要求を送信するとともに、通信経路を確立する(シーケンス番号4.1、4.2)。 Then, the relay server R1 to the relay server R3 to the client terminal 3A is connected, sends a connection request to establish a communication path (sequence number 4.1, 4.2).

通信経路の確立後、中継サーバR3はクライアント端末3Aに接続要求を行う(シーケンス番号4.2.1)。 After establishment of the communication path, the relay server R3 makes a connection request to the client terminal 3A (sequence number 4.2.1). しかしながら、何らかの事情でクライアント端末3Aからのレスポンスが返信されなかったとする。 However, the response from the client terminal 3A for some reason is not returned. この場合、中継サーバR3はエラーの旨のメッセージを中継サーバR1へ送信し、これを受信した中継サーバR1は、SMTP手順に従い、処理中にエラーが発生して、要求された処理が失敗した旨のメッセージをクライアント端末1Aに返す。 In this case, the relay server R3 transmits a message error indicating that the relay server R1, the relay server R1 that has received this, according SMTP procedure, an error occurs during the process, indicating that the requested operation failed return message to the client terminal 1A.

処理の失敗が通知されたクライアント端末1Aは、ファイルの送信処理を中止し、接続を終了するQUITコマンドを送信する(シーケンス番号5)。 The client terminal 1A that processing failure is notified, and stops the transmission processing of the file, to send the QUIT command to terminate the connection (sequence number 5). このコマンドは、中継サーバR1から中継サーバR2へと中継され、クライアント端末2Aに送信される(シーケンス番号5.1、5.1.1)。 This command is relayed from the relay server R1 to the relay server R2, it is transmitted to the client terminal 2A (sequence number 5.1,5.1.1). なお、クライアント端末3AにはSMTP接続ができなかったので、当該クライアント端末3AにはQUITコマンドは送信されない。 Since the client terminal 3A can not SMTP connections, QUIT command is not sent to the client terminal 3A. QUITコマンドを受信したクライアント端末2Aは、接続を閉じる旨のレスポンスを中継サーバR2へ返し、このレスポンスが中継サーバR1を経由してクライアント端末1Aへ送られる。 The client terminal 2A that has received the QUIT command, a response to the effect of closing the connection returns to the relay server R2, the response is sent via the relay server R1 to the client terminal 1A. その後、実際に接続が閉じられる。 After that, the actual connection is closed.

次に中継サーバR1は、それぞれの中継サーバR2,R3に対し切断要求(BYEメソッド)を送信し、これによって、確立されていた通信経路が切断される(シーケンス番号6、7)。 Then the relay server R1 transmits the respective relay servers R2, R3 to the cleavage request (BYE method), whereby a communication path that has been established is disconnected (sequence number 6, 7). 以上により通信が終了する。 Communication is terminated as described above. この後、クライアント端末1Aのユーザは、例えばエラーの起きなかったクライアント端末2A宛でメールデータを改めて送信する等、状況に応じて適切な処置を行うことになる。 Thereafter, the user of the client terminal 1A, for example like that again transmits the mail data addressed to the client terminal 2A that has not occurred error, the appropriate measures should be taken according to the situation.

以上に示すように、本実施形態の中継サーバR1は、例えば図10のシーケンス番号4.2においてメールデータの中継転送先の中継サーバR3がエラーを返したときは、クライアント端末1Aに対し、要求された処理が失敗した旨の応答コードをSMTP手順に従って返すように構成している。 As described above, the relay server R1 of the present embodiment, for example, when the relay server R3 the relay destination of the mail data returns an error in the sequence number 4.2 in FIG. 10, the client terminal 1A, the request is configured to return has been processed a response code indicating a failure in accordance with SMTP procedure.

これにより、クライアント端末TはSMTP手順の応答コードに基づいて、メールデータの再送等適切な対応を容易に行うことができる。 Accordingly, the client terminal T is based on the response code of the SMTP procedure, retransmission or the like appropriate corresponding mail data can be easily performed.

以上に本発明の好適な実施形態を説明したが、以上の構成は例えば以下のように変更することができる。 Having described the preferred embodiments of the present invention above, the above configuration may be modified as follows, for example.

クライアント端末Tは、パーソナルコンピュータに代えて、例えばメールサーバや、ダイレクトSMTP方式のインターネットファクシミリ等に変更することができる。 The client terminal T, in place of the personal computer, for example, a mail server, it is possible to change the Internet facsimile direct SMTP method.

中継グループを構成する中継サーバRは任意に選択することができる。 The relay server R configuring the relay group can be selected arbitrarily. また、中継グループを複数作成して中継グループ情報データベース505に記憶させることができる。 Further, it is possible to store in the relay group information database 505 of the relay group plurality create and.

上記実施形態のように異なるLAN同士での中継を行う場合、LANの数は複数であれば良く、4つに限定されない。 If that relays at different LAN each other as in the above embodiment, the number of LAN may be plural, but is not limited to four. また、WANとして、インターネット以外の類似するネットワークを使用するように変更することができる。 Further, as the WAN, it can be modified to use similar network other than the Internet.

WANにおける外部サーバSと各中継サーバRとの間、及び、LANにおける中継サーバRとクライアント端末T等との間の通信プロトコルに、SIP以外のプロトコルを使用するように変更することができる。 Between the external server S and each relay server R in the WAN, and the communication protocol between the relay server R and the client terminal T etc. in the LAN, it can be modified to use a protocol other than SIP.

外部サーバSを省略して、中継サーバR間で直接通信するように構成することができる。 By omitting the external server S, it can be configured to communicate directly between the relay servers R. 特に、中継サーバR間でSIP以外のプロトコルを用いる場合は、そのプロトコルに基づいて中継サーバR間の通信を直接制御すれば良いので、外部サーバSを省略するのは容易である。 In particular, in the case of using protocols other than SIP between the relay server R, it is sufficient to control the communication between the relay servers R directly on the basis of the protocol, it is easy to omit the external server S. 一方、外部サーバSは1台とすることに限らず、複数台で分散的に機能するものに構成することができる。 On the other hand, the external server S may be configured not only to be one, in which functions distributed manner by a plurality.

中継サーバRのWANインタフェース502は省略することができる。 WAN interface 502 of the relay server R may be omitted. この場合、インターネットとの接続はルータに行わせ、その配下に中継サーバRを設置するように構成すれば良い。 In this case, connection to the Internet to perform the router may be configured to install a relay server R under the.

上記実施形態では、中継サーバRのアカウント情報データベース504に、当該中継サーバRと同一のLANに接続されているクライアント端末Tが記憶されている。 In the above embodiment, the account information database 504 of the relay server R, client terminal T connected to the same LAN and the relay server R is stored. しかしながらこれに限定されず、アカウント情報データベース504に、自機と異なるLANに接続されているクライアント端末Tを記憶させることができる。 However not limited to this, the account information database 504 can store the client terminal T connected to a different LAN and its own device. もっと言えば、中継サーバRと、当該中継サーバRのアカウント情報データベース504に登録されるクライアント端末Tは、ネットワークを介して相互に通信可能である限りどのような関係であっても良い。 Speaking more, the relay server R, client terminal T registered in the account information database 504 of the relay server R may be any relationship so long as it is capable of communicating with each other via a network.

同一のLANに中継サーバRが複数接続されても良い。 Same LAN to the relay server R may be connected. 例えば、同一のLANに中継サーバRを3台設置し、当該LAN内の何台かのクライアント端末Tを第1の中継サーバRのアカウント情報データベース504に記憶させ、他の何台かのクライアント端末Tを第2の中継サーバRのアカウント情報データベース504に記憶させ、・・・というように構成することができる。 For example, installed three relay servers R in the same LAN, any number of client terminals T are stored in the account information database 504 of the first relay server R, other any number of client terminals in the LAN the T is stored in the account information database 504 of the second relay server R, it can be configured to that,. この場合、3台の中継サーバRはLANを介して通信し、1つのLAN内で中継が完結することになる。 In this case, the relay server R of the three communicates via LAN, so that the relay in one LAN is completed.

本発明の一実施形態に係る中継通信システムのネットワーク構成図。 Network configuration diagram of a relay communication system according to an embodiment of the present invention. 外部サーバの機能ブロック図。 Functional block diagram of the external server. クライアント端末の機能ブロック図。 Functional block diagram of the client terminal. 中継サーバの機能ブロック図。 Functional block diagram of the relay server. 中継グループ情報の内容を示す図。 Diagram showing the contents of the relay group information. 中継サーバ及びクライアント端末を登録し、3台の中継サーバで中継グループを作成する通信処理を示すシーケンス図。 Register the relay servers and the client terminals, a sequence diagram showing a communication process of creating a relay group with three relay servers. クライアント端末から他のLANクライアント端末へメールデータを中継転送する通信処理を示すシーケンス図。 Sequence diagram illustrating a communication process of relaying forward mail data from the client terminal to other LAN client terminal. クライアント端末から複数の他のLANクライアント端末へメールデータを中継転送する通信処理の前半部分を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing the first half of the communication process of relaying forward mail data from the client terminal to a plurality of other LAN client terminal. クライアント端末から複数の他のLANクライアント端末へメールデータを中継転送する通信処理の後半部分を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing the second half of the communication process of relaying forward mail data from the client terminal to a plurality of other LAN client terminal. メールデータの中継転送時にエラーが発生した場合の通信処理の例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a communication processing when an error occurs during relay transfer of the mail data.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

S 外部サーバ T クライアント端末 R 中継サーバ 100 中継グループ情報 504 アカウント情報データベース 505 中継グループ情報データベース(中継グループ情報登録部) S external server T client terminal R the relay server 100 relay group information 504 account information database 505 relay group information database (relay group information registration unit)

Claims (4)

  1. 中継サーバにおいて、 In the relay server,
    クライアント端末のアカウントの情報を含むアカウント情報を記憶するアカウント情報登録部と、 And account information registering unit that stores account information including account information of the client terminal,
    相互に接続を許可する一群の中継サーバの情報を含む中継グループ情報を記憶する中継グループ情報登録部と、 A relay group information registration unit arranged to store relay group information including information on a group of relay servers permitting connection with one another,
    を備え、 Equipped with a,
    同一の中継グループに属する他の中継サーバとの間で前記アカウント情報を交換可能に構成するとともに、 Together replaceably configured the account information with the other relay servers that belong to the same relay group,
    前記アカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末から、接続要求、 SMTP手順に従った発信元の指定、及びSMTP手順に従って送信先を指定する宛先コマンドを受けると、 当該宛先コマンドからアカウント情報を検出して、当該宛先コマンドから検出されたアカウント情報をアカウント情報登録部に記憶している中継サーバである第2中継サーバを前記中継グループ情報登録部に記憶された中継グループ情報に基づいて特定するとともに、特定された前記第2中継サーバに対して前記発信元及び前記送信先を指定して接続要求を送信し、前記第2中継サーバから前記接続要求に対するOKレスポンスを受信すると当該第2中継サーバとの間で通信経路を確立し、 From the client terminal with account information the stored in the account information registering unit, a connection request, specifying the source in accordance with the SMTP procedure, and receives a destination command to specify the destination according to SMTP procedure, from the destination command It detects the account information, account information detected from the destination command of the second relay server is a relay server account information registering unit that remembers the relay group information stored in the relay group information registration unit with identified based, it transmits a connection request with the source and the destination with respect to the identified second relay server receives the OK response to the connection request from the second relay server the establishing a communication path between the second relay server,
    前記SMTP手順での前記メール送信要求を行ったクライアント端末から中継サーバに送られるメールデータは、当該SMTP手順の終了までに、前記第2中継サーバとの間で確立された通信経路を介して中継サーバから前記第2中継サーバへ中継されるとともに、前記宛先コマンドから検出されたアカウント情報を有するクライアント端末に送信されるように構成したことを特徴とする中継サーバ。 Relaying the mail data sent from the client terminal to the relay server performing the e-mail transmission request on the SMTP procedure, the end of the SMTP procedure, via the communication path established between said second relay server relay server while being relayed to the second relay server from the server, characterized by being configured to so that is sent to the client terminal having an account information detected from the destination command.
  2. 請求項1に記載の中継サーバであって、 The relay server according to claim 1,
    中継サーバ間の前記メールデータの中継転送は暗号化セッションを用いて行うことを特徴とする中継サーバ。 Relay server relay forwarding of the mail data between the relay servers and performing using an encryption session.
  3. 請求項1又は2に記載の中継サーバであって、 The relay server according to claim 1 or 2,
    メールデータの中継転送先の中継サーバがエラーを返したときは、クライアント端末に対しSMTP手順に従って応答コードを返すことを特徴とする中継サーバ。 When the relay server relay destination of the mail data returns an error, the relay server, wherein returning a response code according to SMTP procedure to the client terminal.
  4. 複数の中継サーバを備え、 It includes a plurality of relay servers,
    それぞれの前記中継サーバは、 Is each of the relay server,
    クライアント端末のアカウントの情報を含むアカウント情報を記憶するアカウント情報登録部と、 And account information registering unit that stores account information including account information of the client terminal,
    相互に接続を許可する一群の中継サーバの情報を含む中継グループ情報を記憶する中継グループ情報登録部と、 A relay group information registration unit arranged to store relay group information including information on a group of relay servers permitting connection with one another,
    を備え、 Equipped with a,
    他の中継サーバとの間で前記アカウント情報を交換可能に構成するとともに、 Together replaceably configured the account information with the other relay server,
    前記アカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末から、接続要求、 SMTP手順に従った発信元の指定、及びSMTP手順に従って送信先を指定する宛先コマンドを受けると、 当該宛先コマンドからアカウント情報を検出して、当該宛先コマンドから検出されたアカウント情報をアカウント情報登録部に記憶している中継サーバである第2中継サーバを前記中継グループ情報登録部に記憶された中継グループ情報に基づいて特定するとともに、特定された前記第2中継サーバに対して前記発信元及び前記送信先を指定して接続要求を送信して、前記第2中継サーバから前記接続要求に対するOKレスポンスを受信すると当該第2中継サーバとの間で通信経路を確立し、前記第2中継サーバに、前記宛先コ From the client terminal with account information the stored in the account information registering unit, a connection request, specifying the source in accordance with the SMTP procedure, and receives a destination command to specify the destination according to SMTP procedure, from the destination command It detects the account information, account information detected from the destination command of the second relay server is a relay server account information registering unit that remembers the relay group information stored in the relay group information registration unit with identified based, and transmit a connection request specifying the source and the destination with respect to the identified second relay server receives the OK response to the connection request from the second relay server establishing a communication path between the second relay server, the second relay server, the destination co マンドから検出されたアカウント情報を有するクライアント端末に対して、接続要求、SMTP手順に従った発信元の指定、及びSMTP手順に従った送信先の指定を行わせ、 The client terminal having an account information detected from the command, the connection request, the originating designated in accordance with the SMTP procedure, and to perform the designated destination in accordance with the SMTP procedure,
    前記SMTP手順での前記メール送信要求を行ったクライアント端末から中継サーバに送られるメールデータは、当該SMTP手順の終了までに、前記第2中継サーバとの間で確立された通信経路を介して中継サーバから前記第2中継サーバへ中継されるとともに、前記第2中継サーバによって、前記宛先コマンドから検出されたアカウント情報を有するクライアント端末にSMTP手順によって送信され、 Relaying the mail data sent from the client terminal to the relay server performing the e-mail transmission request on the SMTP procedure, the end of the SMTP procedure, via the communication path established between said second relay server while being relayed to the second relay server from the server, by the second relay server, sent by the SMTP procedure to the client terminal having the account information detected from said destination command,
    これにより、ある中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末から、他の中継サーバのアカウント情報登録部に記憶されているアカウント情報を有するクライアント端末にデータをメール形式で送信できることを特徴とする中継通信システム。 Thus, from the client terminal with the account information stored in the account information registration unit of a certain relay server, the data to the client terminal having the account information stored in the account information registering unit of the other relay servers mail format relay communication system, characterized in that can be sent.
JP2007152122A 2007-05-09 2007-06-07 Relay server and a relay communication system Active JP4656536B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007124974 2007-05-09
JP2007152122A JP4656536B2 (en) 2007-05-09 2007-06-07 Relay server and a relay communication system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007152122A JP4656536B2 (en) 2007-05-09 2007-06-07 Relay server and a relay communication system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008306500A JP2008306500A (en) 2008-12-18
JP4656536B2 true JP4656536B2 (en) 2011-03-23

Family

ID=40234816

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007152122A Active JP4656536B2 (en) 2007-05-09 2007-06-07 Relay server and a relay communication system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4656536B2 (en)

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070233844A1 (en) 2006-03-29 2007-10-04 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Relay device and communication system
JP4222397B2 (en) 2006-09-12 2009-02-12 村田機械株式会社 Relay server
EP1912404B1 (en) 2006-10-11 2011-06-01 Murata Machinery, Ltd. File transfer server
DE602007012475D1 (en) 2006-10-11 2011-03-24 Murata Machinery Ltd relay server
EP1942634B1 (en) 2006-11-24 2012-08-29 Murata Machinery, Ltd. Relay server, relay communication system, and communication device
US8010647B2 (en) 2006-12-11 2011-08-30 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system arranged to share resources between networks
JP4333736B2 (en) 2006-12-19 2009-09-16 村田機械株式会社 Relay server and the client terminal
US8606941B2 (en) 2007-05-02 2013-12-10 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
EP1990974A3 (en) 2007-05-02 2010-03-24 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
EP1990975B1 (en) 2007-05-09 2013-02-20 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
JP4591875B2 (en) 2007-12-25 2010-12-01 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP4406850B2 (en) 2007-12-25 2010-02-03 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP4645915B2 (en) 2007-12-27 2011-03-09 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP4416035B2 (en) 2007-12-28 2010-02-17 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP5150558B2 (en) * 2009-05-15 2013-02-20 Necアクセステクニカ株式会社 Facsimile communication mediation device, a communication system, a communication mediation method and a communication mediating program
JP5387300B2 (en) * 2009-09-30 2014-01-15 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP5552787B2 (en) 2009-10-02 2014-07-16 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002199150A (en) * 2000-12-26 2002-07-12 Murata Mach Ltd Internet facsimile communication system and internet facsimile machine
JP2003006032A (en) * 2001-06-19 2003-01-10 Fujitsu Ltd Distributed file sharing system
JP2003032310A (en) * 2001-07-16 2003-01-31 Murata Mach Ltd Relay server
JP2004201255A (en) * 2002-12-20 2004-07-15 Fujitsu Ltd Mailing list management system and e-mail transmitting/receiving apparatus
JP2007086910A (en) * 2005-09-20 2007-04-05 Nec Corp Information sharing system, information sharing method and information sharing program

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002199150A (en) * 2000-12-26 2002-07-12 Murata Mach Ltd Internet facsimile communication system and internet facsimile machine
JP2003006032A (en) * 2001-06-19 2003-01-10 Fujitsu Ltd Distributed file sharing system
JP2003032310A (en) * 2001-07-16 2003-01-31 Murata Mach Ltd Relay server
JP2004201255A (en) * 2002-12-20 2004-07-15 Fujitsu Ltd Mailing list management system and e-mail transmitting/receiving apparatus
JP2007086910A (en) * 2005-09-20 2007-04-05 Nec Corp Information sharing system, information sharing method and information sharing program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2008306500A (en) 2008-12-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101741866B1 (en) Method and system for reliable protocol tunneling over http
CN101668051B (en) Method and apparatus for facilitating peer-to-peer application communication
US9497168B2 (en) Method and apparatus for supporting communications between a computing device within a network and an external computing device
CN1301611C (en) Gateway for supporting communications between network devices of different private networks
CN100527750C (en) Communications protocols operable through network address translation (nat) type devices
US10069939B2 (en) Establishing a virtual tunnel between two computers
JP4634077B2 (en) Transport system for instant message
EP1266503B1 (en) Processing network communication control messages
CN101385315B (en) Communication using private ip addresses of local networks
JP5209061B2 (en) Control of the transmission interface of Sip response message
US7159242B2 (en) Secure IPsec tunnels with a background system accessible via a gateway implementing NAT
EP1137236A1 (en) Processing network address identifiers
US20080256224A1 (en) Data communication system and session management server
CN1327355C (en) Address changing device, message treatment method and apparatus
CN1586065B (en) Peer to peer network communication with network address translation
CN100518173C (en) Server, device, and communication system connected to the internet
CN1767435B (en) Data communication method and system
CN1938999B (en) Addressing method and method and apparatus for establishing host identity protocol (hip) connections between legacy and hip nodes
US20050273595A1 (en) Providing apparatus, communication device, method, and program
CA2678714C (en) Bootstrapping in peer-to-peer networks with network address translators
US20070136413A1 (en) Sip server sharing module and sip message relay system
CN1984090B (en) Data communication method and data communication system
CA2434521A1 (en) System and method for out-sourcing the functionality of session initiation protocol (sip) user agents to proxies
JP4274231B2 (en) Relay server and a relay communication system
JP4623177B2 (en) Information processing system

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100527

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100602

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100723

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101203

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101216

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140107

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250