JP4650822B2 - フラットパネル型表示装置 - Google Patents

フラットパネル型表示装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4650822B2
JP4650822B2 JP2001155152A JP2001155152A JP4650822B2 JP 4650822 B2 JP4650822 B2 JP 4650822B2 JP 2001155152 A JP2001155152 A JP 2001155152A JP 2001155152 A JP2001155152 A JP 2001155152A JP 4650822 B2 JP4650822 B2 JP 4650822B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
driver
tape
wiring pattern
flexible wiring
flat
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001155152A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002351346A (ja
Inventor
拓也 高岡
Original Assignee
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by パナソニック株式会社 filed Critical パナソニック株式会社
Priority to JP2001155152A priority Critical patent/JP4650822B2/ja
Publication of JP2002351346A publication Critical patent/JP2002351346A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4650822B2 publication Critical patent/JP4650822B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K7/00Constructional details common to different types of electric apparatus
    • H05K7/20Modifications to facilitate cooling, ventilating, or heating
    • H05K7/20954Modifications to facilitate cooling, ventilating, or heating for display panels
    • H05K7/20963Heat transfer by conduction from internal heat source to heat radiating structure
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01JELECTRIC DISCHARGE TUBES OR DISCHARGE LAMPS
    • H01J2217/00Gas-filled discharge tubes
    • H01J2217/38Cold-cathode tubes
    • H01J2217/49Display panels, e.g. not making use of alternating current
    • H01J2217/492Details

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、プラズマディスプレイパネルなどのフラットパネル型表示装置に関し、特にそのドライバICの実装構造に関する。
【0002】
【従来の技術】
近年、プラズマディスプレイパネル(PDP)が開発され、特にカラープラズマディスプレイパネルが次世代の表示装置として急速に研究開発されている。
【0003】
ここで、表示画面の高精細化のためには、多くの駆動用集積回路装置(以下、ドライバICという)を高密度で実装する必要があり、特に、PDPのように高電圧且つ高電力で駆動するためのドライバICを高密度実装する場合には、放熱効果に優れ、耐電圧特性の向上等が可能な実装構造が必要不可欠となっている。
【0004】
特に、TAB(Tape Automated Bonding)やCOF(Chip on FPC)等の実装技術を用いてドライバICを実装するTCP(Tape Carrier Package)が、PDP等のフラットディスプレイパネルの基板上に形成された電極端子とドライバICとを接続するために用いられているが、このようなドライバICの実装形態においては、放熱効果と耐電圧特性が十分に得られ、しかも簡素な実装構造を実現し得る対策を講じることが求められている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
本発明は、かかる課題を解決するためになされたものであり、優れた放熱効果と耐電圧特性が得られると共に、簡素な構造と低コスト化等を実現し得るドライバICの実装構造を備えたフラットパネル型表示装置を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するために、本発明によるフラットパネル型表示装置は以下の特徴を具備するものである。
【0007】
請求項1に係る発明として、フラットディスプレイパネルの基板上に形成された電極端子に、信号伝送用配線パターン及びアース配線パターンを有すると共にドライバICが実装されたフレキシブル配線を接続してなるフラットパネル型表示装置において、前記フレキシブル配線は、1または複数の開口部が形成され、前記信号伝送用配線パターン及び前記アース配線パターンを有する表面とは異なる他の表面に前記ドライバICが搭載されており、該ドライバICと前記開口部から露出した当該アース配線パターンの電極とを導電性テープによって接続された構成を有し、前記ドライバICは、前記開口部を介して、金属リード部材により前記フレキシブル配線の表面に設けられた前記信号伝送用配線パターンと接続することを特徴とする。
【0008】
請求項2に係る発明として、請求項1の発明において、前記フラットディスプレイパネルの背面に接着され、該フラットディスプレイパネルを支持する金属シャーシをさらに備え、前記導電性テープは、前記ドライバICを接続する表面とは異なる他の表面と前記金属シャーシとを接着することを特徴とする。
【0010】
請求項に係る発明として、請求項1または請求項2の発明において、前記フラットディスプレイパネルはカラープラズマディスプレイパネルであることを特徴とする。
【0011】
上述の特徴を備えた本発明は、以下の作用をなすものである。
【0012】
請求項1に係る発明によると、フレキシブル配線上のドライバICの裏面とアースパターンを導電性テープで接続することにより、ドライバICの裏面を確実にアースすることができ、耐電圧特性を向上させることができる。更には、ドライバICによってフラットディスプレイパネルを表示駆動する際に発生する熱を導電性テープの放熱作用によって有効に放熱することができる。また、導電性テープによる簡単な実装構造により上述の放熱効果の向上と耐電圧特性の向上を図ることができ、これによって、高電圧且つ高電力駆動のドライバICの実装密度を向上させることができる。
【0013】
請求項2に係る発明によると、上述の作用と併せて、フレキシブル配線上に実装されたドライバICの裏面とアースパターンの表面に導電性接着テープを貼り付けるだけで接続が完了するので、実装工程の作業時間を短縮させることができると共に、工程が簡単であるから製造コストの低減も可能となる。
【0014】
請求項3に係る発明によると、上述の作用と併せて、導電性両面テープにより、ドライバICの裏面とアースパターンとを接続した状態で簡単にドライバICを金属シャーシに固定することができる。これによって、ドライバICを安定化させることができ、また、金属シャーシとの接触により更に放熱作用を向上させることができる。
【0015】
請求項4に係る発明によると、上述の作用により、高電圧且つ高電力で駆動するドライバICを高密度に実装することが可能になり、高精細なカラープラズマディスプレイパネルを実現することが可能になる。
【0016】
【発明の実施の形態】
以下、本発明のフラットパネル型表示装置の実施の形態を図1及び図2を参照して説明する。尚、フラットパネル型表示装置の実施形態として、本発明に係るドライバICの実装構造を有するカラープラズマディスプレイパネルについて説明する。また、図1は、カラープラズマディスプレイパネルの要部縦断面構造を示す断面図、図2は、フレキシブル配線テープを用いた実装構造を示す概略図である。
【0017】
図1において、本カラープラズマディスプレイパネル1は、表示部本体2と、表示部本体2を支持する金属シャーシ3とを備え、金属シャーシ3の背面側に、ドライバIC9(シリコンチップ,半導体チップ)等がフレキシブル配線テープ8によって配線されて実装されている。12はプリント基板を示している。
【0018】
表示部本体2は、希ガスを封入した放電空間を挟んで対向配置された前面ガラス基板4と背面ガラス基板5とを有し、前面ガラス基板4の内面(背面ガラス基板5に対向する面)には、誘電体層で被覆された多数の行電極対が規則的に配置され、背面ガラス基板5の内面(前面ガラス基板4に対向する面)には、各色の蛍光体層で被覆された多数の列電極が行電極対に対して直交配置されている。これら行電極対と列電極の各交点が放電セルとなっており、ドライバIC9が表示データに基づいて行電極対と列電極に表示用駆動電力を供給し、カラー放電セルを放電発光させることにより、カラー画像の表示が行われる。
【0019】
この平板形状の表示部本体2は、両面接着テープ等の接着材6によって、アルミニウム等で形成された平板形状の金属シャーシ3に固定されて一体化されている。
【0020】
背面ガラス基板5の前面側の側縁部7には、上記列電極に接続する引き出し端子(以下、列電極端子という)が配列して形成されており、また、前面ガラス基板4の背面側の側縁部(図示省略)にも、上記行電極対に接続する引き出し端子(以下、行電極端子という)が配列して形成されている。
【0021】
フレキシブル配線テープ8には、アース用と電源用の配線パターンの他、予め所定の信号伝送用の配線パターンが形成されており、これらの配線パターンに複数のドライバIC9を電気的に接続することで、フレキシブル配線テープ8に予めドライバIC9を実装したドライバICモジュール(TCP)が形成されている。そして、このモジュールを構成するフレキシブル配線テープ8の端部8aを背面ガラス基板5の側縁部7と前面ガラス基板4の上記側縁部に固着し、フレキシブル配線テープ8の端部8aに形成されている配線パターンの所定の接続端部を異方性導電接着シート等を介して列電極端子と行電極端子に電気的に接続することで、ドライバICモジュールと表示部本体2との電気的接続がなされている。
【0022】
ここで、上記のドライバICモジュールは次のようにして形成されている。図2(a)において、フレキシブル配線テープ8には予め上記所定の配線パターンを形成しておき、これによりTABが可能なフレキシブル配線テープ8を形成しておく。
【0023】
フレキシブル配線テープ8にドライバIC9を実装する際には、自動装着機によってフレキシブル配線テープ8を自動搬送しつつ、ドライバIC9をフレキシブル配線テープ8に対して位置決めして配置していく。ここで、ドライバIC9に形成されているボンディングパッドや電気回路面側をフレキシブル配線テープ8の上記配線パターンに接触させ、ドライバIC9の裏面9aをフレキシブル配線テープ8に対して上方に向けて配置していく。
【0024】
このようにフレキシブル配線テープ8上に実装されたドライバICの裏面9aには、クロム及び金の金属めっき膜が形成される。この金属めっき膜は、チップの裏面をグラインダーで研磨して裏面の酸化膜を除去した後、クロム及び金のめっき処理を施すことにより形成されるものである。
【0025】
そして、フレキシブル配線テープ8に形成されているアース用配線パターン10の表面と上述のめっき処理によって導電処理がなされたドライバIC9の裏面9aに、接着材層11aを有する導電性テープ11を接着し、ドライバIC9を導電性テープ11を介してアース用配線パターン10に接続する。
【0026】
かかる構造により、ドライバIC9の発熱を導電性テープ11を通じて効率よく放熱することが可能で、更にドライバIC9のアース電位を十分安定化させ得るディバイスICモジュールが形成される。
【0027】
次に、こうして形成されたドライバICモジュールを図1に示した表示部本体2と金属シャーシ3に実装する際には、上記したようにフレキシブル配線テープ8の端部8aを背面ガラス基板5の側縁部7と前面ガラス基板4の上記側縁部に固着して、フレキシブル配線テープ8の端部8aに形成されている配線パターンの所定の接続端部を異方性導電接着シート等を介して列電極端子と行電極端子に電気的に接続する。更に、フレキシブル配線テープ8を金属シャーシ3の背面側に回り込ませて、導電性テープ11の他方の面(ドライバIC9に接着された面と逆側の面)を金属シャーシ3の背面に接着することで、カラープラズマディスプレイパネル1の化粧処理等を施す前のユニットを完成する。
【0028】
ここで、導電性テープ11には、表面に導電性且つ高熱伝導性を有する接着層を備えた導電性接着テープが用いられているが、このような接着層を両面に備えた導電性両面接着テープを採用することで、金属シャーシ3の背面への接着を速やかに行うことが可能になる。
【0029】
このように本実施形態のドライバICの実装構造によれば、ドライバIC9によって表示部本体2を表示駆動する際に発生する熱を導電性テープ11に効率よく伝えるので、幅広の表面積と熱伝導性を備えた導電性テープ(図2(b)を参照)よって、良好な放熱作用を得ることができる。更に、導電性テープ11を介して金属シャーシ3に接着するので、金属シャーシ3の放熱作用も加わり、極めて良好な放熱効果が得られる。
【0030】
そして、ドライバIC9の導電処理された裏面9aを導電性テープ11を介してアース用配線パターン10に接続しているので、ドライバIC9のアース電位を導電性テープ11を通じてフレキシブル配線テープ8のアース用配線パターン10と同電位に保つことができ、耐電圧特性を向上させることができる。
【0031】
図3は、本発明の他の実施形態を示す要部縦断面図である。尚、図3において、図1と同一又は相当する部分を同一符号で示している。
【0032】
図1に示したフラットパネル型表示装置との構造上の相違点を述べると(同一の箇所には同一の符号を付して一部説明を省略する。)、ドライバIC9をフレキシブル配線テープ8の配線パターン形成面8bとは反対側の面(表示部本体2に対向する面)8cに配し、この反対側の面8c側に、ドライバIC9を搭載すると共にドライバIC9の裏面9a上に接着される導電性テープ11を配備する構造となっている。
【0033】
尚、フレキシブル配線テープ8の配線パターン形成面8bに形成されたアース用配線パターン10は、フレキシブル配線テープ8に形成された1又は複数の開口HL1を介して配線パターン形成面8bと反対側の面8cに電極10aを露出しており、この電極10aとドライバIC9の裏面とを導電性テープ11で接続している。
【0034】
また、ドライバIC9は、フレキシブル配線テープ8に形成されてた1又は複数の開口HL2を介して、1又は複数の金属リード部材LDにより、フレキシブル配線テープ8の配線パターン形成面8bの配線パターンと接続されている。
【0035】
このように、他の実施形態によれば、導電性テープ11をフレキシブル配線テープ8の配線パターン形成面8bとは反対側の面8に接着することにより、配線パターンとのショート(電気的短絡)を未然に防止しつつ大面積の導電性テープ11を取り付けることができるため、放熱効果を更に向上させることができる。
【0036】
尚、ドライバICモジュールにおいて、図4に示すようにドライバIC9とフレキシブル配線テープ8との接続箇所を樹脂13で覆うようにして構成しても良い(同図の例では、フレキシブル配線テープ8の配線パターン形成面8bに形成されたアース用配線パターン10に対して、反対側の面8cに配した導電性テープ11を開口HL1を介して接続している。)。
【0037】
また図5は、各種のシャーシ形態に対応する変形例を示した説明図である。ディバイスICモジュールを表示部本体2と金属シャーシ3に実装する構造としては、図5(a)に示すように、表示本体2と金属シャーシ3の側面を覆うような補助シャーシ3aを金属シャーシ3に固定して、導電性テープ11の他方の面(ドライバIC9に接着された面とは逆側の面)を補助シャーシ3aの一方の面に接着するようにしても良い。更に、図5(b)に示すように、金属シャーシ3の端部にコの字状の折り曲げ部3bを設け、折り曲げ部3bに設けた開口を介してディバイスICモジュールを引き回し、導電性テープ11の他方の面(ドライバIC9に接着された面とは逆側の面)を金属シャーシ3の折り曲げ部3bに接着するようにしても良い。
【0038】
上述の各実施形態によると、フレキシブル配線テープ上のドライバIC9の裏面9aとアース用配線パターン10を導電性テープ11で接続することにより、ドライバIC9の裏面9aを確実にアースすることができ、そのシールド効果によって耐電圧特性を向上させることができる。更には、ドライバIC9によってカラープラズマディスプレイパネルを表示駆動する際に発生する熱を導電性テープ11の放熱作用によって有効に放熱することができる。また、導電性テープ11による簡単な実装構造により上述の放熱効果の向上と耐電圧特性の向上を図ることができるため、実装密度の向上を図ることができ、高精細なカラープラズマディスプレイパネルを実現することができる。
【0039】
また、フレキシブル配線テープ8上に実装されたドライバIC9の裏面9aとアース用配線パターン10の表面に導電性接着テープ11を貼り付けるだけで接続が完了するので、実装工程の作業時間を短縮させることができる。また、この接続は、フレキシブル配線テープ上に実装される部品と同一工程で行うことができ、しかも工程が簡単であるから、製造コストの低減が可能となる。
【0040】
【発明の効果】
本発明は上記のように構成されるので、優れた放熱効果と耐電圧特性が得られると共に、簡素な構造と低コスト化等を実現し得るドライバICの実装構造を備えたフラットパネル型表示装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】実施形態のカラープラズマディスプレイパネルの要部縦断面構造を示す断面図である。
【図2】フレキシブル基板を用いてドライバICを実装する実装構造を示す概略図である。
【図3】他の実施形態のカラープラズマディスプレイパネルの要部縦断面構造を示す断面図である。
【図4】実施形態におけるドライバICとフレキシブル配線テープとの接続箇所を示す要部説明図である。
【図5】実施形態における、各種のシャーシ形態に対応する変形例を示した説明図である。
【符号の説明】
1…カラープラズマディスプレイパネル
2…表示部本体
3…金属シャーシ
4…前面ガラス基板
5…背面ガラス基板
6…接着材
7…側縁部
8…フレキシブル配線テープ
9…ドライバIC
10…アース用配線パターン
11…導電性テープ
12…プリント基板
13…樹脂
HL1,HL2…開口
LD…金属リード部材

Claims (3)

  1. フラットディスプレイパネルの基板上に形成された電極端子に、信号伝送用配線パターン及びアース配線パターンを有すると共にドライバICが実装されたフレキシブル配線を接続してなるフラットパネル型表示装置において、
    前記フレキシブル配線は、
    1または複数の開口部が形成され、前記信号伝送用配線パターン及び前記アース配線パターンを有する表面とは異なる他の表面に前記ドライバICが搭載されており、該ドライバICと前記開口部から露出した当該アース配線パターンの電極とを導電性テープによって接続された構成を有し、
    前記ドライバICは、
    前記開口部を介して、金属リード部材により前記フレキシブル配線の表面に設けられた前記信号伝送用配線パターンと接続することを特徴とするフラットパネル型表示装置。
  2. 前記フラットディスプレイパネルの背面に接着され、該フラットディスプレイパネルを支持する金属シャーシをさらに備え、
    前記導電性テープは、
    前記ドライバICを接続する表面とは異なる他の表面と前記金属シャーシとを接着することを特徴とする請求項1記載のプラットパネル型表示装置。
  3. 前記フラットディスプレイパネルは
    カラープラズマディスプレイパネルであることを特徴とする請求項1または2に記載のフラットパネル型表示装置。
JP2001155152A 2001-05-24 2001-05-24 フラットパネル型表示装置 Expired - Fee Related JP4650822B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001155152A JP4650822B2 (ja) 2001-05-24 2001-05-24 フラットパネル型表示装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001155152A JP4650822B2 (ja) 2001-05-24 2001-05-24 フラットパネル型表示装置
US10/132,169 US6534722B2 (en) 2001-05-24 2002-04-26 Flat panel type display apparatus
DE2002621071 DE60221071T2 (de) 2001-05-24 2002-05-23 Anzeigevorrichtung für Flachplattentyp
EP20020011373 EP1261012B1 (en) 2001-05-24 2002-05-23 Flat panel type display apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002351346A JP2002351346A (ja) 2002-12-06
JP4650822B2 true JP4650822B2 (ja) 2011-03-16

Family

ID=18999392

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001155152A Expired - Fee Related JP4650822B2 (ja) 2001-05-24 2001-05-24 フラットパネル型表示装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US6534722B2 (ja)
EP (1) EP1261012B1 (ja)
JP (1) JP4650822B2 (ja)
DE (1) DE60221071T2 (ja)

Families Citing this family (53)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6885004B2 (en) * 1997-11-28 2005-04-26 Nanocrystal Imaging Corporation High resolution tiled microchannel storage phosphor based radiation sensor
JP2004271611A (ja) 2003-03-05 2004-09-30 Pioneer Electronic Corp フラットパネル型表示装置
JP3996535B2 (ja) * 2003-03-20 2007-10-24 Nec液晶テクノロジー株式会社 液晶表示装置
USRE44040E1 (en) 2003-08-29 2013-03-05 Panasonic Corporation Plasma display device capable of reducing unwanted radiant noises
US20050088092A1 (en) * 2003-10-17 2005-04-28 Myoung-Kon Kim Plasma display apparatus
KR100627381B1 (ko) * 2003-10-23 2006-09-22 삼성에스디아이 주식회사 드라이버 ic 방열구조를 갖는 플라즈마 디스플레이 장치
KR100570645B1 (ko) 2003-10-23 2006-04-12 삼성에스디아이 주식회사 드라이버 ic 방열구조를 갖는 플라즈마 디스플레이 장치
KR100669696B1 (ko) 2003-11-08 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 표시장치
KR100627384B1 (ko) 2003-11-11 2006-09-21 삼성에스디아이 주식회사 드라이버 ic 방열 구조를 갖는 플라즈마 디스플레이 장치
KR100603322B1 (ko) * 2003-11-29 2006-07-20 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 표시장치
KR100637149B1 (ko) * 2004-02-20 2006-10-20 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
US7508673B2 (en) * 2004-03-04 2009-03-24 Samsung Sdi Co., Ltd. Heat dissipating apparatus for plasma display device
JP2005331945A (ja) 2004-05-18 2005-12-02 Samsung Sdi Co Ltd プラズマ表示装置
KR100669409B1 (ko) * 2004-05-20 2007-01-15 삼성에스디아이 주식회사 드라이버 ic 방열 구조를 갖는 플라즈마 디스플레이 장치
US6972963B1 (en) * 2004-07-02 2005-12-06 Chunghwa Picture Tubes Electronic apparatus having structure for protecting flexible printed circuit and chip thereon
KR100615246B1 (ko) 2004-08-28 2006-08-25 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR20060021707A (ko) * 2004-09-03 2006-03-08 엘지전자 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널용 티씨피의 히트 싱크 어셈블리장치
KR100669327B1 (ko) 2004-10-11 2007-01-15 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
US20060099862A1 (en) * 2004-11-05 2006-05-11 Yazaki Corporation Structure and method for connecting a braid of a shield wire
KR100669756B1 (ko) 2004-11-11 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 표시장치 조립체
KR100647661B1 (ko) * 2004-11-19 2006-11-23 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100730135B1 (ko) * 2004-12-09 2007-06-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100683746B1 (ko) 2004-12-30 2007-02-15 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치용 섀시 조립체 및 이를구비하는 플라즈마 디스플레이 패널
US20060158075A1 (en) * 2005-01-14 2006-07-20 Au Optronics Corporation Plasma display panel thermal dissipation-equilibration apparatus and mehtod
KR101072971B1 (ko) * 2005-01-19 2011-10-12 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR20060098689A (ko) * 2005-03-03 2006-09-19 엘지전자 주식회사 티씨피 모듈의 그라운드 강화 설계 구조
KR100804525B1 (ko) * 2005-03-24 2008-02-20 삼성에스디아이 주식회사 집적회로 칩용 방열부재 및 이를 구비한 디스플레이 모듈
KR100759553B1 (ko) * 2005-04-06 2007-09-18 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈
KR100696626B1 (ko) 2005-04-28 2007-03-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100696517B1 (ko) * 2005-05-02 2007-03-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈의 집적회로칩 방열 구조 및 이를구비한 플라즈마 디스플레이 모듈
KR101138261B1 (ko) * 2005-06-29 2012-04-24 엘지디스플레이 주식회사 액정표시장치
JP4815906B2 (ja) * 2005-07-11 2011-11-16 日本電産株式会社 遠心ファン
TW200725073A (en) * 2005-12-23 2007-07-01 Innolux Display Corp Liquid crystal display device
KR20080004003A (ko) * 2006-07-04 2008-01-09 삼성전자주식회사 액정표시장치
JP5135811B2 (ja) * 2007-02-01 2013-02-06 セイコーエプソン株式会社 表示装置
KR101340296B1 (ko) * 2007-02-02 2013-12-11 삼성디스플레이 주식회사 연성회로필름 및 이를 갖는 표시 장치
JP2008203376A (ja) * 2007-02-19 2008-09-04 Matsushita Electric Ind Co Ltd 半導体装置、並びに表示装置
KR101377005B1 (ko) * 2007-06-01 2014-03-26 삼성디스플레이 주식회사 탑 샤시, 이를 포함하는 액정 표시 장치 및 이의 조립방법
WO2009011419A1 (ja) * 2007-07-19 2009-01-22 Nec Corporation 電子部品実装装置及びその製造方法
JP4591550B2 (ja) * 2007-09-12 2010-12-01 ソニー株式会社 Electro-optical device and electronic apparatus
US8264848B2 (en) * 2009-10-30 2012-09-11 Research In Motion Limited Electrical assembly having impedance controlled signal traces
KR101056261B1 (ko) * 2010-05-17 2011-08-11 삼성모바일디스플레이주식회사 표시 장치
JP2014062927A (ja) * 2011-01-26 2014-04-10 Sharp Corp 表示装置
JP2012242445A (ja) * 2011-05-16 2012-12-10 Sony Corp 表示装置
KR101829395B1 (ko) 2011-09-01 2018-02-20 삼성전자주식회사 표시장치
KR101824219B1 (ko) 2011-12-16 2018-02-01 삼성전자 주식회사 디스플레이 소자
KR101942918B1 (ko) 2012-05-03 2019-01-28 삼성전자주식회사 칩 온 필름 패키지 및 이를 포함하는 장치 어셈블리
US9713295B2 (en) * 2012-06-21 2017-07-18 Apple Inc. Tape-based grounding structures
WO2014002779A1 (ja) 2012-06-29 2014-01-03 ソニー株式会社 表示装置
KR102008687B1 (ko) * 2012-08-22 2019-08-09 삼성디스플레이 주식회사 커브드 액정표시패널 및 이를 갖는 커브드 표시장치
KR102046864B1 (ko) * 2013-03-13 2019-11-20 삼성전자주식회사 유연성 디스플레이 장치
KR20170004068A (ko) * 2015-07-01 2017-01-11 엘지전자 주식회사 이동 단말기
WO2017022221A1 (ja) * 2015-08-05 2017-02-09 パナソニックIpマネジメント株式会社 放熱構造および電子機器

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0548222A (ja) * 1991-04-10 1993-02-26 Sumitomo Electric Ind Ltd Flexible printed wiring board
JPH06177320A (ja) * 1992-12-02 1994-06-24 Fujitsu Ltd 半導体装置
JPH10260641A (ja) * 1997-03-17 1998-09-29 Nec Corp フラットパネル型表示装置用ドライバicの実装構造
JPH1121522A (ja) * 1997-07-03 1999-01-26 Nitto Denko Corp 熱伝導性接着テ−プ及びその製造方法
WO2000059715A1 (en) * 1999-04-05 2000-10-12 Four Pillars Enterprise Corp. Multi functional electrically and thermally conductive adhesive tape
JP2000305469A (ja) * 1999-04-19 2000-11-02 Hitachi Ltd 表示装置

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4993148A (en) * 1987-05-19 1991-02-19 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Method of manufacturing a circuit board
JP3205373B2 (ja) * 1992-03-12 2001-09-04 日立デバイスエンジニアリング株式会社 液晶表示装置
JPH08186336A (ja) * 1994-12-28 1996-07-16 Asahi Glass Co Ltd 回路基板、駆動回路モジュール及びそれを用いた液晶表示装置並びにそれらの製造方法
JP3643640B2 (ja) * 1995-06-05 2005-04-27 株式会社東芝 表示装置及びこれに使用されるicチップ
JP3270807B2 (ja) * 1995-06-29 2002-04-02 シャープ株式会社 テープキャリアパッケージ
JP3405657B2 (ja) * 1996-11-29 2003-05-12 シャープ株式会社 テープキャリアパッケージ及びそれを使った表示装置
JP3533563B2 (ja) * 1998-11-12 2004-05-31 日立デバイスエンジニアリング株式会社 液晶表示装置
TW460927B (en) * 1999-01-18 2001-10-21 Toshiba Corp Semiconductor device, mounting method for semiconductor device and manufacturing method for semiconductor device
JP3450213B2 (ja) * 1999-03-18 2003-09-22 Necエレクトロニクス株式会社 フラットパネル型表示装置
JP3886091B2 (ja) * 2000-03-21 2007-02-28 パイオニア・ディスプレイ・プロダクツ株式会社 フラットパネル型表示装置及びその製造方法

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0548222A (ja) * 1991-04-10 1993-02-26 Sumitomo Electric Ind Ltd Flexible printed wiring board
JPH06177320A (ja) * 1992-12-02 1994-06-24 Fujitsu Ltd 半導体装置
JPH10260641A (ja) * 1997-03-17 1998-09-29 Nec Corp フラットパネル型表示装置用ドライバicの実装構造
JPH1121522A (ja) * 1997-07-03 1999-01-26 Nitto Denko Corp 熱伝導性接着テ−プ及びその製造方法
WO2000059715A1 (en) * 1999-04-05 2000-10-12 Four Pillars Enterprise Corp. Multi functional electrically and thermally conductive adhesive tape
JP2000305469A (ja) * 1999-04-19 2000-11-02 Hitachi Ltd 表示装置

Also Published As

Publication number Publication date
DE60221071T2 (de) 2008-03-13
EP1261012A3 (en) 2005-04-13
US6534722B2 (en) 2003-03-18
DE60221071D1 (de) 2007-08-23
US20020174998A1 (en) 2002-11-28
JP2002351346A (ja) 2002-12-06
EP1261012A2 (en) 2002-11-27
EP1261012B1 (en) 2007-07-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1231954C (zh) 集成电路芯片安装结构以及显示设备
US8836204B2 (en) Organic EL illumination device
US6525786B1 (en) Transverse electric liquid crystal display device
US6407508B1 (en) Driver IC packaging module and flat display device using the same
US6972963B1 (en) Electronic apparatus having structure for protecting flexible printed circuit and chip thereon
US8294869B2 (en) Image display
US6847415B1 (en) Flat display unit and method fabricating same
US7218521B2 (en) Device having improved heat dissipation
US7423878B2 (en) Plasma display panel assembly
JP3105218B2 (ja) 液晶表示装置パッケージ装置
JP4686643B2 (ja) Semiconductor light emitting element mounting substrate, backlight chassis, display device, and television receiver
CN100468486C (zh) 等离子体显示装置
TWI329757B (en) Flat display panel and assembly process thereof
KR100256289B1 (ko) 디스플레이 유리 유지용 평판 상에 형성된 드라이버 집적회로를갖는 평판 패널형 디스플레이장치
KR101049252B1 (ko) 테이프 배선 기판, 그 테이프 배선 기판을 포함하는반도체 칩 패키지 및 그 반도체 칩 패키지를 포함하는액정 표시 장치
US7375969B2 (en) Plasma display device
DE69826349T2 (de) Flüssigkristallanzeige
JP3450213B2 (ja) フラットパネル型表示装置
US6956288B2 (en) Semiconductor device with folded film substrate and display device using the same
TW502289B (en) Display driver module and mounting structure therefor
US8917227B2 (en) Display
KR101000455B1 (ko) 구동 칩 및 이를 갖는 표시장치
US6424400B1 (en) Display panel including a printed circuit board having a larger opening than the outside shape of the driving IC chip
US6535262B2 (en) Display unit for chip cards with folded sheet a method for manufacturing such a display unit
JP2004071670A (ja) Icパッケージ、接続構造、および電子機器

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080227

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20090610

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100914

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101019

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101126

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101207

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131224

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees