JP4632056B2 - Mapping system, mapping method and program - Google Patents

Mapping system, mapping method and program Download PDF

Info

Publication number
JP4632056B2
JP4632056B2 JP2007005697A JP2007005697A JP4632056B2 JP 4632056 B2 JP4632056 B2 JP 4632056B2 JP 2007005697 A JP2007005697 A JP 2007005697A JP 2007005697 A JP2007005697 A JP 2007005697A JP 4632056 B2 JP4632056 B2 JP 4632056B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
sql statement
mapping
context information
device
elements
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2007005697A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008171316A (en )
Inventor
卓雄 加藤
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、マッピングシステム、マッピング方法及びプログラムに関し、特にオブジェクトモデルの要素(例えば、クラス)をリレーショナルデータベース(RDB)にマッピングするマッピングシステム、マッピング方法及びプログラムに関する。 The present invention, mapping system, a mapping method and a program, in particular elements of the object model (e.g., class) mapping system that maps to the relational database (RDB), relates to the mapping method, and a program.

アプリケーションソフトウェアを、オブジェクト指向技術で開発する場合でも、オブジェクト指向データベースのデータ層にODBMS(オブジェクトデータベース管理システム)を利用せずに、RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)を利用することが多い。 Application software, even when developing object-oriented technology, without using the ODBMS (Object Database Management System) to the data layer of the object-oriented database, often utilize RDBMS (Relational Database Management System).

この場合、オブジェクトモデルをRDBで保管するために、オブジェクトモデルの各要素とRDBの各要素との間でのマッピング(以下「ORマッピング」と称する。)が必要となる。 In this case, in order to store the object model in RDB, the mapping between the elements of each element and RDB object model (hereinafter referred to as "OR Mapping".) Is required.

なお、オブジェクトモデルの各要素は、例えば、クラス(属性を含む)、関連(クラス間の関連)、および、汎化(クラスとその上位概念のクラスとの関係)であり、RDBの各要素は、各テーブルの項目(属性)である。 Note that each element of the object model, for example, class (including attributes) related (association between classes), and a generalization (relationship class and the class of the generic concept), each element of the RDB are , it is an item (attribute) of each table.

従来のマッピング方法の例が、特許文献1(特開2000−148555号公報)に記載されている。 Examples of conventional mapping method is described in Patent Document 1 (JP 2000-148555).

従来の一般的な方法では、オブジェクトモデルとRDBは直接的にマッピングされる。 In the conventional general method, object model and RDB are mapped directly.

例えば、オブジェクトモデルの1つのクラスは、RDBの1つのテーブルの項目にマッピングされ、オブジェクトモデルの1つの関連は、RDBの1つのテーブルの項目にマッピングされるか、その関連にて示されるクラスに対応するテーブルの項目に埋め込まれるかしてマッピングされる。 For example, a class of object model is mapped to one table item of RDB, one related object model, or is mapped to items of a single table of RDB, the class indicated by the related It is mapped to be embedded in the item of the corresponding table.

また、オブジェクトモデルのクラスのインスタンスは、そのクラスを項目としたRDBのテーブルのレコードにマッピングされ、オブジェクトモデルの関連のインスタンスは、例えば、その関連を項目としたRDBのテーブルのレコードにマッピングされる。 Also, an instance of the object model classes are mapped to a record in the table of RDB that the class and item, associated instance of the object model, for example, is mapped to a record of its associated of RDB that the item table .

なお、特許文献1では、オブジェクトモデルの1つのクラスを、RDBの複数のテーブルの項目にマッピングするという構成になっている。 Incidentally, it has Patent Document 1, one class of object model, the configuration of mapping the fields of a plurality of tables of RDB.
特開2000−148555号公報 JP 2000-148555 JP

しかし、特許文献1に記載されたような、オブジェクトモデルとRDBとの直接的なマッピングでは、オブジェクト指向のデータと手続きを一体化して情報を隠蔽する特徴(=カプセル化)と、アプリケーションソフトウェアに要求される処理時間(=必要に応じて高速に処理する)の両方を満たすことは困難である。 However, as described in Patent Document 1, in a direct mapping between the object model and the RDB, characterized to conceal information by integrating procedures and object-oriented data (= encapsulation) request to the application software it is difficult to satisfy both the processing time (= high speed processing as required) to be the.

その理由は、オブジェクトモデルの要素ごとにRDBのテーブルが作成され、それらのオブジェクトモデルの要素やテーブルがグループ化されていないからである。 The reason is, RDB table is created for each element of the object model, elements and tables of those object model because not grouped. このため、カプセル化を行う場合は、個々のオブジェクトモデルの要素ごとにカプセル化することになり、オブジェクトモデルの要素に対応するテーブルごとに逐次的に処理する必要があるため、処理時間を高速化することが困難になる。 Therefore, when performing the encapsulation, would be encapsulated for each element of each object model, it is necessary to sequentially processed for each table that correspond to elements of the object model, speeding the processing time it is difficult to.

結果として、カプセル化が行われないことによって、オブジェクトの協調動作の仕組みが壊され、アプリケーションソフトウェアの柔軟性が損なわれたり、オブジェクトモデルの個々の要素を独立させて処理することによって、要求される処理時間より長い処理時間がかかったりするという問題が発生する。 As a result, by the encapsulation is not performed, a mechanism for cooperative behavior of the object is broken, or the flexibility of the application software is impaired, by treatment by an independent individual elements of the object model is required a problem that it takes a long processing time than the processing time occurs.

本発明は、上述したような従来の技術が有する問題点に鑑みてなされたものであって、オブジェクトのカプセル化が実現され、所定の処理を高速で行えるアプリケーションソフトウェアを生成することができるマッピングシステム、マッピング方法およびプログラムを提供することを目的とする。 The present invention was made in view of the problems of the prior art as described above, it is realized encapsulated objects, mapping system capable of generating an application software that allows a predetermined process at high speed , and to provide a mapping method, and a program.

上記目的を達成するために本発明は、 To accomplish the above object,
メモリを具備するマッピング装置と、該マッピング装置と接続されたコンテキスト情報管理装置とを有してなるマッピングシステムにおいて、 A mapping device comprising a memory, in a mapping system comprising and a context information management device connected to said mapping unit,
前記マッピング装置は、 The mapping system,
オブジェクトモデルの複数の要素を格納する要素格納部と、 An element storage part for storing a plurality of elements of the object model,
項目とその項目に対応するレコードとからなるテーブルにて表されるリレーショナルデータベースを格納するRDB格納部と、 And RDB storage unit for storing a relational database represented by the table consisting of fields and records corresponding to the item,
カプセル化の対象となる複数の要素を選択するための選択条件を受け付ける受付部と、 A receiver for receiving a selection condition for selecting a plurality of elements to be encapsulated,
前記要素格納部に格納されている複数の要素の中から、前記受付部にて受け付けられた選択条件に合う複数の要素を選択し、該選択された複数の要素を前記メモリに格納する選択部と、 From a plurality of elements stored in the element storage portion selects a plurality of elements that match the accepted selection condition by the receiving unit, a selection unit for storing a plurality of elements that are the selected said memory When,
前記メモリに格納された複数の要素を取得するための第1のSQL文を生成し、該第1のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信するマッピング部とを有し、 Wherein generating the first SQL statement to obtain a plurality of elements stored in the memory, and a mapping unit for transmitting the SQL statement of the first to the context information management device,
前記コンテキスト情報管理装置は、 Said context information management apparatus,
前記マッピング部から送信されてきた第1のSQL文に固有の識別子を付与し、該識別子を前記マッピング装置へ送信し、前記第1のSQL文と前記識別子とを対応付けるコンテキスト情報管理部と、 Said grants unique identifier to the first SQL statement sent from the mapping unit, send the identifier to the mapping device, the context information managing unit and the first SQL statement associating said identifier,
前記コンテキスト情報管理部にて対応付けられた前記第1のSQL文と前記識別子とを記憶するコンテキスト情報記憶部とを有し、 And a context information storage unit for storing said said attached corresponding first SQL statement identifier in said context information management unit,
前記マッピング部は、前記コンテキスト情報管理部から送信されてきた識別子に基づいて、前記コンテキスト情報管理装置から前記第1のSQL文を取得し、取得された前記第1のSQL文をメッセージを処理するための第2のSQL文に組み込むことを特徴とする。 It said mapping unit, based on the identifier transmitted from said context information managing unit, wherein the context information managing device acquires the first SQL statement from, processes the messages acquired first SQL statement characterized in that incorporated in the second SQL statement for.

また、前記マッピング部は、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信し、 Further, the mapping unit may transmit a second SQL statement that the first SQL statement has been incorporated into the context information management device,
前記コンテキスト情報管理部は、前記マッピング部から送信されてきた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文に固有の識別子を付与し、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを対応付け、 Said context information management unit, and assigns a unique identifier to a second SQL statement the sent from the mapping section first SQL statement is incorporated, the second to the first SQL statement is incorporated associated with the SQL statement and said identifier,
前記コンテキスト情報記憶部は、前記コンテキスト情報管理部にて対応付けられた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを記憶することを特徴とする。 Said context information storage unit, and to store the second SQL statement that the first SQL statement that is correlated in the context information management unit is incorporated and said identifier.

また、メモリを具備するマッピング装置と、該マッピング装置と接続されたコンテキスト情報管理装置とを有してなるマッピングシステムにおけるオブジェクトモデル要素をリレーショナルデータベース要素にマッピングするマッピング方法であって、 Further, a mapping method of mapping the mapping device having a memory, an object model elements in the mapping system comprising and a context information management device connected to said mapping device a relational database elements,
前記マッピング装置が、前記オブジェクトモデル要素を格納する処理と、 The mapping device, and a process of storing the object model elements,
前記マッピング装置が、項目とその項目に対応するレコードとからなるテーブルにて表される前記リレーショナルデータベース要素を格納する処理と、 A process of the mapping device, and stores the relational database elements represented in table comprising a record corresponding to the item and the item,
前記マッピング装置が、カプセル化の対象となる複数の要素を選択するための選択条件を受け付ける処理と、 The mapping device, and a process of accepting a selection condition for selecting a plurality of elements to be encapsulated,
前記マッピング装置が、前記格納されている複数の要素の中から、前記受け付けられた選択条件に合う複数の要素を選択する処理と、 The mapping device from a plurality of elements that are the storage and processing of selecting a plurality of elements that meet the accepted selection condition,
前記マッピング装置が、前記選択された複数の要素を前記メモリに格納する処理と、 The mapping device, and a process of storing a plurality of elements said selected to said memory,
前記マッピング装置が、前記メモリに格納された複数の要素を取得するための第1のSQL文を生成する処理と、 The mapping device, and generating a first SQL statement to obtain a plurality of elements stored in the memory,
前記マッピング装置が、前記第1のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信する処理と、 The mapping device, and a process of transmitting the first SQL statement to the context information management device,
前記コンテキスト情報管理装置が、前記マッピング装置から送信されてきた第1のSQL文に固有の識別子を付与する処理と、 Said context information management apparatus, and a process of giving a unique identifier to the first SQL statement that has been transmitted from the mapping device,
前記コンテキスト情報管理装置が、前記識別子を前記マッピング装置へ送信する処理と、 Said context information management apparatus, and a process of transmitting the identifier to the mapping device,
前記コンテキスト情報管理装置が、前記第1のSQL文と前記識別子とを対応付ける処理と、 It said context information management apparatus, a process of associating the said identifier and said first SQL statement,
前記コンテキスト情報管理装置が、前記対応付けられた前記第1のSQL文と前記識別子とを記憶する処理と、 It said context information management apparatus, and a process of storing the association was the first SQL statement and said identifier,
前記マッピング装置が、前記コンテキスト情報管理装置から送信されてきた識別子に基づいて、前記コンテキスト情報管理装置から前記第1のSQL文を取得する処理と、 And processing the mapping device, based on the identifier transmitted from said context information management device, acquires the first SQL statement from the context information management device,
前記マッピング装置が、前記取得された前記第1のSQL文をメッセージを処理するための第2のSQL文に組み込む処理とを有する。 The mapping device, and a process for incorporating the second SQL statements for processing message the acquired first SQL statement.

また、前記マッピング装置が、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信する処理と、 Also, the mapping device, and a process of transmitting a second SQL statement that the first SQL statement has been incorporated into the context information management device,
前記コンテキスト情報管理装置が、前記マッピング部から送信されてきた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文に固有の識別子を付与する処理と、 And processing the contextual information management device, it imparts a unique identifier to a second SQL statement that the first SQL statement sent-in from the mapping unit,
前記コンテキスト情報管理装置が、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを対応付ける処理と、 Said context information management apparatus, a process of associating the said and second SQL statement that the first SQL statement is incorporated identifier,
前記コンテキスト情報記憶装置が、前記対応付けられた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを記憶する処理とを有することを特徴とする。 It said context information storage device, and having a process of storing said second SQL statements that the associated said first SQL statement is incorporated identifier.

また、メモリを具備するマッピング装置と、該マッピング装置と接続されたコンテキスト情報管理装置とを有してなるマッピングシステムにおけるオブジェクトモデル要素をリレーショナルデータベース要素にマッピングするためのプログラムであって、 Also, a program for mapping and mapping device having a memory, an object model elements in the mapping system comprising and a context information management device connected to said mapping device a relational database elements,
前記オブジェクトモデル要素を前記マッピング装置に格納する手順と、 A step of storing the object model element to the mapping device,
項目とその項目に対応するレコードとからなるテーブルにて表される前記リレーショナルデータベース要素を前記マッピング装置に格納する手順と、 A step of storing the relational database elements represented in table of items and the record corresponding to the item in the mapping device,
カプセル化の対象となる複数の要素を選択するための選択条件を受け付ける手順と、 And instructions for receiving a selection condition for selecting a plurality of elements to be encapsulated,
前記格納されている複数の要素の中から、前記受け付けられた選択条件に合う複数の要素を選択する手順と、 From a plurality of elements that are the storage, the procedure for selecting a plurality of elements that meet the accepted selection condition,
前記選択された複数の要素を前記メモリに格納する手順と、 A step of storing a plurality of elements said selected to said memory,
前記メモリに格納された複数の要素を取得するための第1のSQL文を生成する手順と、 A step of generating a first SQL statement to obtain a plurality of elements stored in the memory,
前記第1のSQL文を前記マッピング装置から前記コンテキスト情報管理装置へ送信する手順と、 And transmitting to the context information managing device said first SQL statement from the mapping device,
前記マッピング装置から送信されてきた第1のSQL文に固有の識別子を付与する手順と、 A step of imparting a unique identifier to the first SQL statement that has been transmitted from the mapping device,
前記識別子を前記コンテキスト情報管理装置から前記マッピング装置へ送信する手順と、 And transmitting to said mapping device said identifier from said context information management device,
前記第1のSQL文と前記識別子とを対応付ける手順と、 And instructions for associating said identifier and said first SQL statement,
前記対応付けられた前記第1のSQL文と前記識別子とを記憶する手順と、 A step of storing said identifier and said the associated said first SQL statement,
前記コンテキスト情報管理装置から送信されてきた識別子に基づいて、前記コンテキスト情報管理装置から前記第1のSQL文を取得する手順と、 Based on the identifier transmitted from said context information management apparatus, and procedures for acquiring the first SQL statement from the context information management device,
前記取得された前記第1のSQL文をメッセージを処理するための第2のSQL文に組み込む手順とをコンピュータに実行させる。 To execute the steps of incorporating a second SQL statements for processing message the acquired first SQL statement in the computer.

また、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文を前記マッピング装置から前記コンテキスト情報管理装置へ送信する手順と、 Further, a step of transmitting a second SQL statement that the first SQL statement is built from the mapping device to the context information management device,
前記マッピング部から送信されてきた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文に固有の識別子を付与する手順と、 A step of imparting a unique identifier to a second SQL statement that the first SQL statement that has been transmitted from the mapping section is incorporated,
前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを対応付ける手順と、 A step of associating a second SQL statement that the first SQL statement has been incorporated with said identifier,
前記対応付けられた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを記憶する手順とをコンピュータに実行させる。 To execute a step of storing said identifier and second SQL statement said associated first SQL statement is incorporated into a computer.

上記のように構成された本発明においては、マッピング装置に具備されたメモリに格納されている選択条件に合うオブジェクト要素を取得するための第1のSQL文が生成され、生成された第1のSQL文に固有の識別子が付与されて格納され、識別子に基づいて第1のSQL文が取得され、メッセージを処理するための第2のSQL文に第1のSQL文が組み込まれる。 In the present invention configured as described above, the first SQL statement to retrieve the object elements that meet the selection conditions stored in the memory that is provided to the mapping device is generated, a first generated the SQL statement unique identifier stored granted, the first SQL statement is obtained based on the identifier, the first SQL statement is incorporated in a second SQL statement to process the message.

これにより、アプリケーションソフトウェアの変更の柔軟性、開発難易度の低下、高速な実行性能を同時に実現することができる。 Thus, it is possible to achieve flexibility in changing the application software, reduction of development difficulty, fast execution performance simultaneously.

以上説明したように本発明においては、マッピング装置に具備されたメモリに格納されている選択条件に合うオブジェクト要素を取得するための第1のSQL文を生成し、生成された第1のSQL文に固有の識別子を付与して格納し、識別子に基づいて第1のSQL文を取得し、メッセージを処理するための第2のSQL文に第1のSQL文を組み込む構成としたため、オブジェクトのカプセル化が実現され、所定の処理を高速で行えるアプリケーションソフトウェアを生成することができる。 Above in the present invention as described, the first SQL statement that generates a first SQL statement to retrieve the object elements that meet the selection conditions stored in the memory that is provided to the mapping unit, the generated stored by applying a unique identifier, to retrieve the first SQL statement based on the identifier, because of a structure incorporating a first SQL statement to a second SQL statements for processing messages, capsules objects reduction is realized, it is possible to generate an application software that allows a predetermined process at high speed.

以下に、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。 It will be described below with reference to the drawings, embodiments of the present invention.

図1は、本発明のマッピングシステムの実施の一形態を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an exemplary embodiment of the mapping system of the present invention.

本形態は図1に示すように、マッピング装置100−1〜100−nと、マッピング装置100−1〜100−nと接続されたコンテキスト情報管理装置200とから構成されている。 This embodiment, as shown in FIG. 1, a mapping unit 100-1 to 100-n, and a context information management device 200. which is connected to the mapping unit 100-1 to 100-n.

さらに、マッピング装置100−1には、要素格納部110と、マッピング処理部(RDBラッパー)120と、RDB(リレーショナルデータベース)格納部130とが設けられている。 In addition, the mapping unit 100-1, an element storage part 110, the mapping processing unit and (RDB wrapper) 120, RDB and (relational database) storage section 130 is provided.

要素格納部110は、オブジェクトモデルの複数の要素を格納する。 Element storage unit 110 stores a plurality of elements of the object model. 図1では、要素格納部110は、オブジェクトモデルの要素(以下、要素と称する。)111−1〜111−3を格納しているが、その数については3つに限らない。 In Figure 1, element storage section 110, the elements of the object model (hereinafter, referred to as elements.) 111-1~111-3 but stores are not limited to three for the number. 要素は、例えば、クラス(属性を含む)、クラス間の関連(以下関連と称する)、または、汎化(クラスとその上位概念のクラスとの関係)、インスタンス(属性値を含む)、リンクである。 Elements, for example, class (including attributes), (hereinafter referred to as related) association between classes, or generalization (relationship class and the class of the generic concept), instance (including attribute values), the link is there. なお、関連および汎化もクラスの一種とすれば、要素は、クラスとなる。 Incidentally, if one of the associated and generalization also class element, the class.

RDB格納部130は、項目(列)とその項目に対応するレコード(行)とからなるテーブルにて表されるRDBの要素を格納する。 RDB storage unit 130 stores the elements of the RDB represented by table consisting an item (row) and record corresponding to the item (row). 図1では、RDB格納部130は、RDBの要素131−1〜131−3を格納しているが、その数については3つに限らない。 In Figure 1, RDB storage unit 130 has stored the elements 131-1~131-3 of RDB, not limited to three for the number. なお、その項目は、要素を格納することができ、また、その項目に対応するレコードは、その項目に格納された要素のデータ(インスタンス)を格納することができる。 Incidentally, the item can be stored elements, also record corresponding to the item may store the data (instances) of elements stored in the item.

マッピング処理部120は、要素格納部110に格納されている各要素を、RDB格納部130に格納されるRDBの要素(テーブル、列、行等)にマッピングする。 Mapping processing unit 120, each element stored in the element storage part 110, maps the elements of RDB stored in RDB storage unit 130 (table, column, row, or the like).

さらにマッピング処理部120には、メモリ121と、受付部123と、選択部122と、マッピング部124とが設けられている。 More mapping processing unit 120, a memory 121, a receiving unit 123, a selector 122, is provided a mapping unit 124. ここで例えば、マッピング処理部120が、メモリを有するCPU等のコンピュータである場合、マッピング処理部120は、ソフトウェア(プログラム)を実行することによって、メモリ121と、受付部123と、選択部122と、マッピング部124とを実現する。 Here, for example, the mapping processing unit 120, when a computer such as a CPU having a memory, the mapping processing unit 120 by executing software (programs), a memory 121, a receiving unit 123, a selector 122 , to realize the mapping section 124.

メモリ(カプセル化対象要素格納部)121は、マッピング処理部120の作業メモリとして使用される。 Memory (encapsulated target element storage unit) 121 is used as a working memory of the mapping processing unit 120.

受付部123は、例えば、カプセル化の対象となる複数の要素を選択するための選択条件(例えば、利用者にて選択された具体的な要素名)を受け付ける。 Accepting unit 123 accepts, for example, a selection condition for selecting a plurality of elements to be encapsulated (e.g., specific element name selected in the user).

また、受付部123は、選択条件に応じて選択された複数の要素のまとめ方を特定するための特定条件(例えば、要素の処理に対して要求される処理速度)を受け付ける。 Further, the reception unit 123 receives a specific condition for specifying a summary way of a plurality of elements selected in accordance with the selection condition (e.g., processing speed required for the processing elements).

選択部122は、受付部123にて選択条件を受け付けた場合、要素格納部110に格納されている複数の要素から、受付部123にて受け付けられた選択条件に合う複数の要素を選択し、選択された要素をメモリ121に格納する。 Selector 122, when receiving a selection condition at the reception portion 123, a plurality of elements stored in the element storage part 110, select a plurality of elements that match the accepted selection condition at the reception portion 123, storing the selected elements in the memory 121.

マッピング部124は、受付部123から提供される利用者から受け付けられた特定条件に従って、オブジェクトモデルの各要素に対応するRDBの要素をRDB格納部130に格納する。 Mapping section 124, according to the specific conditions accepted from the user provided from the receiving unit 123 stores the elements of the RDB corresponding to each element of the object model RDB storage unit 130. また、マッピング部124は、利用者や他のマッピング処理部120から要求された処理に対して、各要素を操作するためのSQL文を生成する。 Further, mapping section 124, the processing requested by the user or other mapping processing unit 120, generates SQL statements for manipulating each element. また、マッピング部124はマッピング処理部120に情報を受け渡すために、生成したSQL文をコンテキスト情報管理部201へ送信する。 Further, mapping section 124 to pass information to the mapping processing unit 120, and transmits the generated SQL statement to the context information managing unit 201. 他のマッピング処理部120より、コンテキスト情報識別子を含むメッセージを受け取った場合、マッピング部124は、コンテキスト情報管理装置200からコンテキスト情報を受け取り、コンテキスト情報の中身を解析せずに副問い合わせの内容などにして生成したSQL文の中に組み込んでSQL文を統合する。 From other mapping processing unit 120, when receiving a message containing the context information identifier, the mapping unit 124 receives the context information from the context information management device 200, and the like the content of the sub-queries without analyzing the contents of the context information It is incorporated in the SQL statement that generated Te to integrate SQL statement.

なお、マッピング装置100−2〜100−nの構成についても、上述したマッピング装置100−1の構成と同様である。 Here, also for the configuration of the mapping device 100 - 2 to 100-n, it is similar to the configuration of the mapping device 100-1 described above.

また、コンテキスト情報管理装置200には、コンテキスト情報管理部201と、コンテキスト情報記憶部202とが設けられている。 Further, the context information managing device 200, the context information managing unit 201, a storage unit 202 is provided context information.

コンテキスト情報管理部201は、マッピング部124から送信されてきたSQL文を、当該SQL文の内容を隠蔽した状態でコンテキスト情報記憶部202に記憶させ、管理する。 Context information managing unit 201, an SQL statement that has been transmitted from the mapping unit 124, is stored in the context information storage unit 202 in a state of concealing the contents of the SQL statement, manage.

図2は、図1に示した要素格納部110に格納されたオブジェクトモデルの一例を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing an example of an object model element stored in the storage unit 110 shown in FIG.

図1に示した要素格納部110に格納されたオブジェクトモデルは図2に示すように、分野名と、団体名と、氏名と、活動期間と、役職名とのそれぞれの要素の関連を有するオブジェクトモデルである。 As object model stored in the element storage part 110 shown in FIG. 1 are shown in FIG. 2, the object having a field name, a corporate name, a name, a work period, the association of each element of the Title model is. このオブジェクトモデルには、以下の(1)〜(5)に示す特徴がある。 The object model is characterized in the following (1) to (5).

(1)「分野」は一般的に幅広く利用される(「団体」以外の分野としても利用される)。 (1) "field" is (also used as a field other than the "organization") that are commonly widely used.

(2)「分野名」を検索条件とした団体の検索は高速な処理が要求される。 (2) Search of the organization was a search condition "field name" is a high-speed processing is required.

(3)「役職」は必ず「活動」に対するメッセージで必要な動作でのみ利用される。 (3) The "title" is used only in the always necessary operations in the message for the "activities".

(4)「団体名」と「役職名」を検索条件とした「人」の検索は高速な処理が要求される。 (4) Search of the "organization name" and the search condition to "Title", "person" is a high-speed processing is required.

(5)「人」は一般的に幅広く利用される(「団体」で活動する人以外も取り扱われる)。 (5) "people" (also handled other than the person to work in the "organization") that are commonly widely used.

図3は、図2に示したオブジェクトモデルに対するRDB格納部130へのマッピングの一例を説明するための図である。 Figure 3 is a diagram for explaining an example of mapping to RDB storage unit 130 to the object model shown in FIG. なお、図3において、図1に示したものと同一のものには同一符号を付してある。 Incidentally, in FIG. 3 are denoted by the same reference numerals identical to those shown in FIG.

図3に示したマッピングでは、要素格納部110に格納されているオブジェクトモデルの要素とマッピング処理部120に格納されているRDBラッパーとの対応付けは、以下のようになる。 The mapping shown in FIG. 3, the correspondence between RDB wrapper stored in the element and the mapping processing unit 120 of the object model stored in the element storage part 110 is as follows.

「分野」は、一般的に幅広く利用されるので、「分野」のクラス(要素)は、マッピング処理部120のメモリ121に、「分野ラッパー」(RDBラッパー)として単独でマッピングされる。 "Field", since generally be widely used class of "fields" (element), in the memory 121 of the mapping processing unit 120 are mapped alone as "field wrapper" (RDB wrapper).

「分野名」を検索条件とした団体の検索は高速な処理が要求され、「分野」は必ず「団体」に対するメッセージで必要な動作でのみ利用されるという特徴があるので、「団体」のクラス(要素)および「分野」と「団体」との間の関連(要素)は、マッピング処理部120のメモリ121に、「団体ラッパー」(RDBラッパー)として、まとめてマッピングされる。 Search of the organization that the search condition "field name" is a high-speed processing is required, because there is a feature that only be available in the necessary operations in the message to the "field" is always "organization", the class of "organization" Related (element) between the (element) and "art" and "groups", as the memory 121 of the mapping processing unit 120, as the "organization wrapper" (RDB wrapper), are collectively mapped.

「団体名」と「役職名」を検索条件とした「人」の検索は高速な処理が要求され、「役職」は必ず「活動」に対するメッセージで必要な動作でのみ利用されるので、「活動」の関連クラス(要素)と、「役職」のクラス(要素)と、「活動」と「役職」の間の関連(要素)とは、マッピング処理部120のメモリ121に、「活動ラッパー」(RDBラッパー)として、まとめてマッピングされる。 Search of the "organization name" and a search condition "Title", "person" is high-speed processing is required, since only be available in the necessary operations in the message for the "title" is always "active", "activity and related classes (element) of the "class (element) of the" title ", the association between the" active "in the" title "(element), in the memory 121 of the mapping processing unit 120," activities wrapper "( as RDB wrapper), they are collectively mapping.

「人」は、一般的に幅広く利用されるので、「人」のクラス(要素)は、マッピング処理部120のメモリ121に、「人ラッパー」(RDBラッパー)として単独でマッピングされる。 "People", since generally be widely used class of "person" (element), in the memory 121 of the mapping processing unit 120 are mapped alone as "human wrapper" (RDB wrapper).

また、マッピング処理部120に格納されているRDBラッパーとRDB格納部130に格納されるRDBのテーブルの対応付けは、以下のようになる。 Also, the correspondence table of RDB stored in RDB wrappers and RDB storage unit 130 stored in the mapping processor 120 is as follows.

「団体ラッパー」に対応する「分野」-「団体」の関連(要素)及び「団体」クラス(要素)について、従来のORマッピングと同様に、それらの各要素にそれぞれ対応する分野−団体テーブル及び団体テーブルが作成される。 Corresponding to the "organization wrapper" "Field" - Relationship "organization" (elements) and the "organization" class (element), similarly to the conventional OR mapping areas correspond to their respective elements - organization table and organization table is created. なお、分野−団体テーブル及び団体テーブルは、1つのグループに属する。 It should be noted that the field - organizations table and organization table, belong to one group.

同様に、「分野ラッパー」に対応する「分野テーブル」(RDBテーブル)と、「活動ラッパー」に対応する「活動テーブル」(RDBのテーブル)と、「人ラッパー」に対応する「人テーブル」(RDBのテーブル)とが作成される。 Similarly, corresponding to the "field wrapper" "field table" and (RDB table), and corresponds to the "activities wrapper" "activity table" (RDB of the table), corresponding to the "people wrapper" "human table" ( RDB table) and is created of.

以下に、図1に示したマッピングシステムにおけるマッピング方法について詳細に説明する。 Hereinafter, the mapping method will be described in detail in the mapping system shown in FIG.

図4は、図1に示したマッピングシステムにおけるマッピング方法の一例を説明するためのシーケンス図である。 Figure 4 is a sequence diagram for explaining an example of a mapping method in the mapping system shown in FIG. ここでは、人IDで示される「人」が活動している「団体」の中で、指定された分野名の「分野」の「団体」をマッピング処理部120にて検索する場合を例に挙げて説明する。 Here, in the "organization" as is "person" indicated by humans ID are active, like the case of searching for "organization" in "field" of the given field name in the mapping processing unit 120 as an example It described Te.

まず、受付部123にて人IDに基づいて所属団体の検索が受け付けられると(ステップS1)、人ラッパーから活動ラッパーへ、人IDに基づいた団体(分野名)の検索メッセージが渡される(ステップS2)。 First of all, the search of affiliation is accepted on the basis of the person ID at the reception unit 123 (step S1), from human wrapper to activities wrapper, search message of the organization based on the person ID (field name) is passed (step S2).

すると、活動ラッパーから団体ラッパーへ、活動ラッパーにおける戻り値である団体IDに基づいた団体(分野名)の検索メッセージが渡される(ステップS3)。 Then, the activities wrapper to organizations wrapper search message organization based on organization ID is the return value of the activities wrapper (field name) is passed (step S3). そして、団体ラッパーにて団体IDに基づいた分野名が取得されると、取得された分野名のメッセージである一致確認メッセージが分野ラッパーへ渡される(ステップS4)。 When the field name based on the organization ID at organizations wrapper is obtained, matching confirmation message is passed to the field wrapper is a message of the acquired field names (step S4).

分野ラッパーにおいては、団体ラッパーから渡された分野一致確認メッセージに基づいて分野IDと分野名との一致が確認され、一致したかどうかが分野ラッパーから団体ラッパーへ通知される(ステップS5)。 In the field wrapper match between field ID and the field name based on field match confirmation message transferred from an organization wrapper it is confirmed, whether matched is notified from the field wrapper to organizations wrapper (step S5).

その後、団体ラッパーから活動ラッパーへ、団体名が通知され(ステップS6)、活動ラッパーから人ラッパーへ、団体名一覧が通知され(ステップS7)、さらに、人ラッパーから受付部123へ団体名一覧が通知される(ステップS8)。 Then, from the organization wrapper to activities wrapper, organization name is notified (step S6), and from the activities wrapper to people wrapper, organization name list is notified (step S7), and further, the organization name list from people wrapper to the receiving unit 123 It is notified (step S8).

ここで、ステップS3〜S6までの処理は、人に関する各々の活動に対して繰り返される。 Here, processing up to step S3~S6 are repeated for each of the activities on human. また、ステップS4〜S5までの処理は、団体に関する各々の分野に対して繰りされる。 The processing of steps S4~S5 are repeated for each field of about organizations.

このシーケンスにおいて、上述したように『「分野名」を検索条件とした団体の検索は高速な処理が要求される。 In this sequence, the search of the organization that the search condition, "" field name "As described above, high-speed processing is required. 』という特徴があるため、各分野に対する分野一致確認を一括で行うものが必要となる。 Since there is a feature that "it is necessary to perform field matching confirmation for each field in bulk.

図5は、図4に示したシーケンスにおいて、各分野に対する分野一致確認を一括で行うマッピング方法を説明するためのシーケンス図である。 Figure 5 is the sequence shown in FIG. 4 is a sequence diagram for explaining the mapping method of performing field matching confirmation for each field in bulk.

図4を用いて説明したステップS4の処理において、団体ラッパーから分野ラッパーへ分野名の一致確認メッセージが分野ラッパーへ渡される際に、コンテキスト情報が渡される(ステップS41)。 In the process of step S4 described with reference to FIG. 4, when a match acknowledgment message field names from an organization wrapper to fields wrapper is passed to the field wrapper, context information is passed (step S41).

以下に、図5におけるステップS41の処理の詳細について説明する。 Hereinafter, details of processing in step S41 in FIG. 5.

図6は、図5におけるステップS41の処理の詳細を説明するためのフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart for explaining details of processing in step S41 in FIG. 5. また、図7は、図6に示したフローチャートにおける各処理の模式図である。 7 is a schematic diagram of the processes in the flowchart shown in FIG. 以下、図6及び図7を用いて説明する。 Hereinafter will be described with reference to FIGS.

「団体ラッパー」のマッピング部124にて、団体に関連する分野を取得するための第1のSQL文(<分野IDのSELECT文>) In the mapping section 124 of the "organization wrapper", first of the SQL statement to get the fields related to the organization (<SELECT statement of the field ID>)
「SELECT 分野ID FROM 分野-団体テーブル WHERE 団体ID = ”団体0001”」 "SELECT field ID FROM field - organizations table WHERE organization ID =" organization 0001 ""
が生成される(ステップS11)。 There is generated (step S11). この第1のSQL文を単独で実行した場合には、複数(例えば、数十)の分野IDが検索される。 When performing this first SQL statement alone, a plurality (e.g., several tens of) the field ID of the is searched.

そして、「団体ラッパー」のマッピング部124からコンテキスト情報管理部201へ、生成された第1のSQL文が渡される。 Then, the mapping section 124 of the "organization wrapper" to the context information managing unit 201, first SQL statement generated is passed. コンテキスト情報管理部201にて受け取った第1のSQL文に固有のコンテキスト情報識別子が付与され、付与されたコンテキスト情報識別子と当該第1のSQL文とが対応付けられてコンテキスト情報としてコンテキスト情報記憶部202に格納される(ステップS12)。 Context information managing unit-specific context information identifier to the first SQL statement received at 201 is given, the context information storage unit and the context information identifier is assigned and the first SQL statement as to the associated context information is stored in the 202 (step S12). このときのコンテキスト情報識別子をAとする。 The context information identifier in this case the A. また、コンテキスト情報識別子Aが「団体ラッパー」のマッピング部124へ送信される。 Further, the context information identifier A is transmitted to the mapping section 124 of the "organization wrapper".

その後、「団体ラッパー」から「分野ラッパー」へ「コンテキスト情報識別子A」と分野名=「”化学工業”」の引数と共に「分野一致確認」のメッセージが送付される(ステップS13)。 After that, the message of the field from the "organization wrapper" to "field wrapper" "context information identifier A" name = "field match confirmation" with an argument of "" chemical industry "" is sent (step S13). この実施例では、メッセージの引数として1つコンテキスト情報識別子となっているが、メッセージの引数に複数のコンテキスト情報識別子が指定されても良い。 In this embodiment, although a single context information identifier as an argument of the message, a plurality of context information identifier may be specified in the argument of the message.

「分野ラッパー」のマッピング部124にて、受け取った「分野一致確認」のメッセージを処理するための第2のSQL文の”分野ラッパー”のマッピング部分 「SELECT 分野ID FROM 分野テーブル WHERE 分野ID IN ( <分野IDのSELECT文> ) AND 分野名 ="化学工業"」 At mapping section 124 of the "field wrapper", the mapping part of the "field wrapper" of the second SQL statement to process messages "fields match confirmation" received "SELECT field ID FROM field table WHERE field ID IN ( <SELECT statement of the field ID>) AND field name = "chemical industry" "
が生成される(ステップS14)。 There is generated (step S14).

そして、「分野ラッパー」のマッピング部124から、コンテキスト情報管理部201へ「コンテキスト情報識別子A」のコンテキスト情報の取得が要求される。 Then, the mapping section 124 of the "field wrapper", the acquisition of context information "context information identifier A" is requested to the context information managing unit 201. コンテキスト情報管理部201にて、受け取った「コンテキスト情報識別子A」を検索キーにして、コンテキスト情報記憶部202から、コンテキスト情報(コンテキスト情報識別子:「コンテキスト情報識別子A」、第1のSQL文(<分野IDのSELECT文>:「SELECT 分野ID FROM 分野-団体テーブル WHERE 団体ID = ”団体0001”」)が取得され、「分野ラッパー」のマッピング部124に受け渡される(ステップS15)。 At context information managing unit 201, and the "context information identifier A" received the search key, from the context information storage unit 202, context information (context information identifier: "Context information identifier A", the first SQL statement (< SELECT statement fields ID>: "SELECT field ID FROM fIELD - organization table WHERE organization ID =" organization 0001 "") is acquired and passed to the mapping unit 124 of the "field wrapper" (step S15).

「分野ラッパー」のマッピング部124にて、ステップS14で生成された第2のSQL文に、受け取ったコンテキスト情報の第1のSQL文が組み込まれ、分野一致確認メッセージを処理する最終的なSQL文 「SELECT 分野ID FROM 分野テーブル WHERE 分野ID IN ( SELECT 分野ID FROM 分野-団体テーブル WHERE 団体ID = ”団体0001” ) AND 分野名 ="化学工業"」 At mapping section 124 of the "field wrapper", a second SQL statement generated in step S14, the first SQL statement received context information is incorporated, the final SQL statements for processing fields match confirmation "SELECT field ID FROM field table WHERE field ID IN (SELECT field ID FROM field - organizations table WHERE organization ID =" organization 0001 ") AND field name =" chemical industry ""
が生成される(ステップS16)。 There is generated (step S16). この最終的なSQL文を実行することにより高速に、且つ性能劣化することなく団体が指定された分野名(”化学工業”)の分野に関連しているかどうかを確認する処理を行うことができる。 To high speed by performing the final SQL statement, and it is possible to perform the process of confirming whether or not the organization without performance degradation is related to the field of the specified field name ( "Chemical Industry") . ここで、生成された最終的なSQL文は、一般的にRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)などによって、高速に処理できるように最適化されたSQL文に変換されて実行される。 Here, the generated final SQL statements, such as by generally RDBMS (Relational Database Management System), is executed by being converted into optimized SQL statement to be processed at high speed. また、このように生成されたSQL文を、新たな別のコンテキスト情報として利用しても良い。 Moreover, in this way the generated SQL statement may be used as a separate context information new.

以上により本発明においては、アプリケーションソフトウェアの変更の柔軟性、開発難易度の低下、高速な実行性能を同時に実現することができる。 Thus in the present invention, it is possible to achieve flexibility in changing the application software, reduction of development difficulty, fast execution performance simultaneously. 変更の柔軟性が高くなる理由は、変更が容易になるになるようにプログラムをRDBラッパーのメッセージ単位に分割して記述できるためである。 Why flexibility of change is high is because the program so as to be easily changed can be described by dividing the message unit of RDB wrapper. 開発難易度の低下する理由は、複雑なプログラム(含マッピングされたSQL文)がRDBラッパーのメッセージ単位に小さく分割して記述されるためである。 The reason for decrease in the development difficulty is because the complex program (including mapped SQL statements) is described in small divided into message units RDB wrapper. 高速な実行性能を実現できる理由は、RDBラッパー間での1つの協調動作でのSQL文発行回数を最高1回まで統合して実行するため、以下に示す(イ)〜(ハ)の効果が得られるためである。 Reason can realize high-speed execution performance, the effect for performing integrated SQL statements issue count in one cooperative operation between RDB wrapper up once, in the following (a) to (c) in order to obtain it.
(イ)SQL文が統合され、SQL文の発行回数が減る。 (B) SQL statements are integrated, reducing the number of times of issuing the SQL statement.
(ロ)各SQL文の実行の間での引数及び実行結果の受け渡しが減るため、受け渡されるデータ量が減る(データの受け渡しは、通信によって行われるのが一般的である)。 Because it reduces the argument passing and the execution result between the execution of the (ii) each SQL statement, receives the amount of data passed is reduced (pass data is generally performed by a communication).
(ハ)統合されたSQL文に対して、RDBMSのSQL実行最適化が行われる(個々のSQL文を最適化するよりも、最適化の範囲が広くなる)。 Relative to (c) integrated SQL statement, SQL execution optimization RDBMS is performed (rather than optimizing individual SQL statement, a range of optimization becomes wider).

本発明のマッピングシステムの実施の一形態を示す図である。 Is a diagram illustrating an embodiment of a mapping system of the present invention. 図1に示した要素格納部に格納されたオブジェクトモデルの一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a stored object models in the element storage unit shown in FIG. 図2に示したオブジェクトモデルに対するRDB格納部へのマッピングの一例を説明するための図である。 It is a diagram for explaining an example of mapping to RDB storage unit to the object model shown in FIG. 図1に示したマッピングシステムにおけるマッピング方法の一例を説明するためのシーケンス図である。 It is a sequence diagram for explaining an example of a mapping method in the mapping system shown in FIG. 図4に示したシーケンスにおいて、各分野に対する分野一致確認を一括で行うマッピング方法を説明するためのシーケンス図である。 In the sequence shown in FIG. 4 is a sequence diagram for explaining the mapping method of performing field matching confirmation for each field in bulk. 図5におけるステップS41の処理の詳細を説明するためのフローチャートである。 Is a flowchart for explaining details of processing in step S41 in FIG. 5. 図7は、図6に示したフローチャートにおける各処理の模式図である。 Figure 7 is a schematic diagram of the processes in the flowchart shown in FIG.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101−1〜101−n マッピング装置 110 要素格納部 111−1〜111−3 オブジェクトモデル要素 120 マッピング処理部 121 メモリ 122 選択部 123 受付部 124 マッピング部 130 RDB格納部 131−1〜131−3 RDBの要素 200 コンテキスト情報管理装置 201 コンテキスト情報管理部 202 コンテキスト情報記憶部 101-1 to 101-n mapping device 110 element storing unit 111-1~111-3 object model component 120 mapping processing unit 121 memory 122 selecting unit 123 receiving unit 124 mapping unit 130 RDB storage 131-1~131-3 RDB element 200 context information managing device 201 context information managing unit 202 context information storage unit of

Claims (6)

  1. メモリを具備するマッピング装置と、該マッピング装置と接続されたコンテキスト情報管理装置とを有してなるマッピングシステムにおいて、 A mapping device comprising a memory, in a mapping system comprising and a context information management device connected to said mapping unit,
    前記マッピング装置は、 The mapping system,
    オブジェクトモデルの複数の要素を格納する要素格納部と、 An element storage part for storing a plurality of elements of the object model,
    項目とその項目に対応するレコードとからなるテーブルにて表されるリレーショナルデータベースを格納するRDB格納部と、 And RDB storage unit for storing a relational database represented by the table consisting of fields and records corresponding to the item,
    カプセル化の対象となる複数の要素を選択するための選択条件を受け付ける受付部と、 A receiver for receiving a selection condition for selecting a plurality of elements to be encapsulated,
    前記要素格納部に格納されている複数の要素の中から、前記受付部にて受け付けられた選択条件に合う複数の要素を選択し、該選択された複数の要素を前記メモリに格納する選択部と、 From a plurality of elements stored in the element storage portion selects a plurality of elements that match the accepted selection condition by the receiving unit, a selection unit for storing a plurality of elements that are the selected said memory When,
    前記メモリに格納された複数の要素を取得するための第1のSQL文を生成し、該第1のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信するマッピング部とを有し、 Wherein generating the first SQL statement to obtain a plurality of elements stored in the memory, and a mapping unit for transmitting the SQL statement of the first to the context information management device,
    前記コンテキスト情報管理装置は、 Said context information management apparatus,
    前記マッピング部から送信されてきた第1のSQL文に固有の識別子を付与し、該識別子を前記マッピング装置へ送信し、前記第1のSQL文と前記識別子とを対応付けるコンテキスト情報管理部と、 Said grants unique identifier to the first SQL statement sent from the mapping unit, send the identifier to the mapping device, the context information managing unit and the first SQL statement associating said identifier,
    前記コンテキスト情報管理部にて対応付けられた前記第1のSQL文と前記識別子とを記憶するコンテキスト情報記憶部とを有し、 And a context information storage unit for storing said said attached corresponding first SQL statement identifier in said context information management unit,
    前記マッピング部は、前記コンテキスト情報管理部から送信されてきた識別子に基づいて、前記コンテキスト情報管理装置から前記第1のSQL文を取得し、取得された前記第1のSQL文をメッセージを処理するための第2のSQL文に組み込むことを特徴とするマッピングシステム。 It said mapping unit, based on the identifier transmitted from said context information managing unit, wherein the context information managing device acquires the first SQL statement from, processes the messages acquired first SQL statement mapping system, characterized in that incorporated in the second SQL statement for.
  2. 請求項1に記載のマッピングシステムにおいて、 In the mapping system according to claim 1,
    前記マッピング部は、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信し、 The mapping unit transmits a second SQL statement that the first SQL statement has been incorporated into the context information management device,
    前記コンテキスト情報管理部は、前記マッピング部から送信されてきた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文に固有の識別子を付与し、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを対応付け、 Said context information management unit, and assigns a unique identifier to a second SQL statement the sent from the mapping section first SQL statement is incorporated, the second to the first SQL statement is incorporated associated with the SQL statement and said identifier,
    前記コンテキスト情報記憶部は、前記コンテキスト情報管理部にて対応付けられた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを記憶することを特徴とするマッピングシステム。 Said context information storage unit, the mapping system and to store the second SQL statement that the first SQL statement that is correlated in the context information management unit is incorporated and said identifier.
  3. メモリを具備するマッピング装置と、該マッピング装置と接続されたコンテキスト情報管理装置とを有してなるマッピングシステムにおけるオブジェクトモデル要素をリレーショナルデータベース要素にマッピングするマッピング方法であって、 A mapping device comprising a memory, a mapping method of mapping the object model elements in a relational database elements in the mapping system comprising and a context information management device connected to said mapping unit,
    前記マッピング装置が、前記オブジェクトモデル要素を格納する処理と、 The mapping device, and a process of storing the object model elements,
    前記マッピング装置が、項目とその項目に対応するレコードとからなるテーブルにて表される前記リレーショナルデータベース要素を格納する処理と、 A process of the mapping device, and stores the relational database elements represented in table comprising a record corresponding to the item and the item,
    前記マッピング装置が、カプセル化の対象となる複数の要素を選択するための選択条件を受け付ける処理と、 The mapping device, and a process of accepting a selection condition for selecting a plurality of elements to be encapsulated,
    前記マッピング装置が、前記格納されている複数の要素の中から、前記受け付けられた選択条件に合う複数の要素を選択する処理と、 The mapping device from a plurality of elements that are the storage and processing of selecting a plurality of elements that meet the accepted selection condition,
    前記マッピング装置が、前記選択された複数の要素を前記メモリに格納する処理と、 The mapping device, and a process of storing a plurality of elements said selected to said memory,
    前記マッピング装置が、前記メモリに格納された複数の要素を取得するための第1のSQL文を生成する処理と、 The mapping device, and generating a first SQL statement to obtain a plurality of elements stored in the memory,
    前記マッピング装置が、前記第1のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信する処理と、 The mapping device, and a process of transmitting the first SQL statement to the context information management device,
    前記コンテキスト情報管理装置が、前記マッピング装置から送信されてきた第1のSQL文に固有の識別子を付与する処理と、 Said context information management apparatus, and a process of giving a unique identifier to the first SQL statement that has been transmitted from the mapping device,
    前記コンテキスト情報管理装置が、前記識別子を前記マッピング装置へ送信する処理と、 Said context information management apparatus, and a process of transmitting the identifier to the mapping device,
    前記コンテキスト情報管理装置が、前記第1のSQL文と前記識別子とを対応付ける処理と、 It said context information management apparatus, a process of associating the said identifier and said first SQL statement,
    前記コンテキスト情報管理装置が、前記対応付けられた前記第1のSQL文と前記識別子とを記憶する処理と、 It said context information management apparatus, and a process of storing the association was the first SQL statement and said identifier,
    前記マッピング装置が、前記コンテキスト情報管理装置から送信されてきた識別子に基づいて、前記コンテキスト情報管理装置から前記第1のSQL文を取得する処理と、 And processing the mapping device, based on the identifier transmitted from said context information management device, acquires the first SQL statement from the context information management device,
    前記マッピング装置が、前記取得された前記第1のSQL文をメッセージを処理するための第2のSQL文に組み込む処理とを有するマッピング方法。 Mapping method and a process for the mapping device, incorporating the acquired first SQL statement to a second SQL statement to process the message.
  4. 請求項3に記載のマッピング方法において、 In the mapping method according to claim 3,
    前記マッピング装置が、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文を前記コンテキスト情報管理装置へ送信する処理と、 The mapping device, and a process of transmitting a second SQL statement that the first SQL statement has been incorporated into the context information management device,
    前記コンテキスト情報管理装置が、前記マッピング部から送信されてきた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文に固有の識別子を付与する処理と、 And processing the contextual information management device, it imparts a unique identifier to a second SQL statement that the first SQL statement sent-in from the mapping unit,
    前記コンテキスト情報管理装置が、前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを対応付ける処理と、 Said context information management apparatus, a process of associating the said and second SQL statement that the first SQL statement is incorporated identifier,
    前記コンテキスト情報記憶装置が、前記対応付けられた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを記憶する処理とを有することを特徴とするマッピング方法。 It said context information storage device, mapping method and having a process of storing the second SQL statement the associated said first SQL statement has been incorporated and said identifier.
  5. メモリを具備するマッピング装置と、該マッピング装置と接続されたコンテキスト情報管理装置とを有してなるマッピングシステムにおけるオブジェクトモデル要素をリレーショナルデータベース要素にマッピングするためのプログラムであって、 A program for mapping and mapping device having a memory, an object model elements in the mapping system comprising and a context information management device connected to said mapping device a relational database elements,
    前記オブジェクトモデル要素を前記マッピング装置に格納する手順と、 A step of storing the object model element to the mapping device,
    項目とその項目に対応するレコードとからなるテーブルにて表される前記リレーショナルデータベース要素を前記マッピング装置に格納する手順と、 A step of storing the relational database elements represented in table of items and the record corresponding to the item in the mapping device,
    カプセル化の対象となる複数の要素を選択するための選択条件を受け付ける手順と、 And instructions for receiving a selection condition for selecting a plurality of elements to be encapsulated,
    前記格納されている複数の要素の中から、前記受け付けられた選択条件に合う複数の要素を選択する手順と、 From a plurality of elements that are the storage, the procedure for selecting a plurality of elements that meet the accepted selection condition,
    前記選択された複数の要素を前記メモリに格納する手順と、 A step of storing a plurality of elements said selected to said memory,
    前記メモリに格納された複数の要素を取得するための第1のSQL文を生成する手順と、 A step of generating a first SQL statement to obtain a plurality of elements stored in the memory,
    前記第1のSQL文を前記マッピング装置から前記コンテキスト情報管理装置へ送信する手順と、 And transmitting to the context information managing device said first SQL statement from the mapping device,
    前記マッピング装置から送信されてきた第1のSQL文に固有の識別子を付与する手順と、 A step of imparting a unique identifier to the first SQL statement that has been transmitted from the mapping device,
    前記識別子を前記コンテキスト情報管理装置から前記マッピング装置へ送信する手順と、 And transmitting to said mapping device said identifier from said context information management device,
    前記第1のSQL文と前記識別子とを対応付ける手順と、 And instructions for associating said identifier and said first SQL statement,
    前記対応付けられた前記第1のSQL文と前記識別子とを記憶する手順と、 A step of storing said identifier and said the associated said first SQL statement,
    前記コンテキスト情報管理装置から送信されてきた識別子に基づいて、前記コンテキスト情報管理装置から前記第1のSQL文を取得する手順と、 Based on the identifier transmitted from said context information management apparatus, and procedures for acquiring the first SQL statement from the context information management device,
    前記取得された前記第1のSQL文をメッセージを処理するための第2のSQL文に組み込む手順とをコンピュータに実行させるプログラム。 Program for executing the steps of incorporating a second SQL statements for processing message the acquired first SQL statement in the computer.
  6. 請求項5に記載のプログラムにおいて、 The program according to claim 5,
    前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文を前記マッピング装置から前記コンテキスト情報管理装置へ送信する手順と、 And transmitting a second SQL statement that the first SQL statement is built from the mapping device to the context information management device,
    前記マッピング部から送信されてきた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文に固有の識別子を付与する手順と、 A step of imparting a unique identifier to a second SQL statement that the first SQL statement that has been transmitted from the mapping section is incorporated,
    前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを対応付ける手順と、 A step of associating a second SQL statement that the first SQL statement has been incorporated with said identifier,
    前記対応付けられた前記第1のSQL文が組み込まれた第2のSQL文と前記識別子とを記憶する手順とをコンピュータに実行させるプログラム。 Program for executing a step of storing said identifier and second SQL statement said associated first SQL statement is incorporated into a computer.
JP2007005697A 2007-01-15 2007-01-15 Mapping system, mapping method and program Expired - Fee Related JP4632056B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007005697A JP4632056B2 (en) 2007-01-15 2007-01-15 Mapping system, mapping method and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007005697A JP4632056B2 (en) 2007-01-15 2007-01-15 Mapping system, mapping method and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008171316A true JP2008171316A (en) 2008-07-24
JP4632056B2 true JP4632056B2 (en) 2011-02-23

Family

ID=39699334

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007005697A Expired - Fee Related JP4632056B2 (en) 2007-01-15 2007-01-15 Mapping system, mapping method and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4632056B2 (en)

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0660123A (en) * 1992-08-12 1994-03-04 Pfu Ltd Secondary inquiry edition device and its method
JP2000163448A (en) * 1998-11-16 2000-06-16 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method and device for executing object oriented reference
JP2003280977A (en) * 2002-03-27 2003-10-03 Seiko Epson Corp Information management by object-oriented database
JP2004355416A (en) * 2003-05-30 2004-12-16 Nobuhiko Nagamori Relational database search processing method using set, phase and symbolic logic
JP2005507121A (en) * 2001-10-25 2005-03-10 ビーイーエイ・システムズ・インコーポレーテッド Its use in the data processing operations with multiple tables multipart look preparative up table field and relational databases
JP2006244478A (en) * 2005-02-28 2006-09-14 Microsoft Corp Composable query building api and query language
JP2006244498A (en) * 2005-02-28 2006-09-14 Microsoft Corp Data model for object relational data
JP2006244488A (en) * 2005-02-28 2006-09-14 Microsoft Corp Platform for data service between different application frameworks

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0660123A (en) * 1992-08-12 1994-03-04 Pfu Ltd Secondary inquiry edition device and its method
JP2000163448A (en) * 1998-11-16 2000-06-16 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method and device for executing object oriented reference
JP2005507121A (en) * 2001-10-25 2005-03-10 ビーイーエイ・システムズ・インコーポレーテッド Its use in the data processing operations with multiple tables multipart look preparative up table field and relational databases
JP2003280977A (en) * 2002-03-27 2003-10-03 Seiko Epson Corp Information management by object-oriented database
JP2004355416A (en) * 2003-05-30 2004-12-16 Nobuhiko Nagamori Relational database search processing method using set, phase and symbolic logic
JP2006244478A (en) * 2005-02-28 2006-09-14 Microsoft Corp Composable query building api and query language
JP2006244498A (en) * 2005-02-28 2006-09-14 Microsoft Corp Data model for object relational data
JP2006244488A (en) * 2005-02-28 2006-09-14 Microsoft Corp Platform for data service between different application frameworks

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2008171316A (en) 2008-07-24 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5857180A (en) Method and apparatus for implementing parallel operations in a database management system
US6947928B2 (en) Graphical user interface for building queries with hierarchical conditions
US20050091231A1 (en) System and method for storing and retrieving XML data encapsulated as an object in a database store
US20040181537A1 (en) System with Methodology for Executing Relational Operations Over Relational Data and Data Retrieved from SOAP Operations
US5475836A (en) Interface for providing access to external data sources/sinks
US20120072825A1 (en) Methods and systems for identifying content elements
US20040064449A1 (en) Remote scoring and aggregating similarity search engine for use with relational databases
US20060004693A1 (en) Graphical user interface for exploring databases
US20130054642A1 (en) Dynamic data management
US6266716B1 (en) Method and system for controlling data acquisition over an information bus
US20040083218A1 (en) XML schema evolution
US20020078095A1 (en) Method of linking web pages
US7024417B1 (en) Data mining framework using a signature associated with an algorithm
US20040261063A1 (en) Guideline execution by semantic decomposition of representation (GESDOR)
US20050131941A1 (en) Reusing intermediate workflow results in successive workflow runs
US20030226109A1 (en) Method, apparatus, and system for data modeling and processing
US20040078364A1 (en) Remote scoring and aggregating similarity search engine for use with relational databases
US20040205050A1 (en) Application of queries against incomplete schemas
US20050234890A1 (en) Generation of database queries from database independent selection conditions
US20050114288A1 (en) Dynamic functional module availability
US20080177883A1 (en) Web server for managing session and method thereof
US20050268280A1 (en) Encapsulating changes to a software application
US20050278286A1 (en) Dynamic graphical database query and data mining interface
US20100125541A1 (en) Popup window for error correction
Barhamgi et al. A query rewriting approach for web service composition

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101004

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101020

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101102

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131126

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees