JP4628295B2 - Layout method of the operation key group in the portable terminal and - Google Patents

Layout method of the operation key group in the portable terminal and Download PDF

Info

Publication number
JP4628295B2
JP4628295B2 JP2006094794A JP2006094794A JP4628295B2 JP 4628295 B2 JP4628295 B2 JP 4628295B2 JP 2006094794 A JP2006094794 A JP 2006094794A JP 2006094794 A JP2006094794 A JP 2006094794A JP 4628295 B2 JP4628295 B2 JP 4628295B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
key
layout
operation
user
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006094794A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007274136A (en )
Inventor
淳一 氏井
智剛 青野
Original Assignee
京セラ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、携帯端末装置における操作キー群のレイアウト方法および携帯端末装置、特に、情報の入力に際しタッチパネルを使用する携帯端末装置における操作キー群のレイアウト方法および携帯端末装置に関するものである。 The present invention is a portable terminal layout method of the operation key group in the device and the portable terminal device, more particularly, to a layout method and a mobile terminal device of the operation key group in the portable terminal device using the touch panel upon input of information.

近年、パーソナルコンピュータのみならず、携帯電話等の携帯端末装置においても、電子メールをはじめとする各種情報を手入力することによってやり取りする機会が急増している。 In recent years, as well as personal computer only, in a mobile telephone or other mobile terminal device also, the opportunity to exchange by hand input various types of information, including e-mail is rapidly increasing.

携帯端末装置においては、デスクトップ・パーソナルコンピュータの場合とは異なり、携帯するために端末本体を小型化する必要がある。 In the mobile terminal device, unlike the case of desktop personal computers, it is necessary to miniaturize the terminal body in order to carry. それに伴って、キー入力系の小型化と、一定の操作性の確保という相反する要求のバランスをとらなければならない。 Along with this, the size of the key input system must balance conflicting requirements of securing a constant operability. したがって、この種の携帯端末装置において、キー入力に際しての操作性を向上させる各種技術が所望されている。 Thus, in this type of portable terminal device, various techniques for improving the operability of the time key input is desired.

従来の携帯端末装置におけるキー入力の操作性向上の技術として、例えば、ユーザが表示画面の見方を変更する場合、即ち携帯端末装置の向きを変更して操作する場合、キー操作系のキーの配置またはキー操作部の表示の設定を変更することにより、ユーザがキー操作する際のストレスを軽減できるようにしたものが提案されている(例えば、特許文献1および2参照)。 As a technique for improving operability of the key input in a conventional portable terminal device, for example, if the user changes the view of the display screen, i.e., when operating by changing the orientation of the mobile terminal device, the key operation system key arrangement or by changing the display setting of the key operation unit, the user has been proposed that to be able to reduce stress at the time of operation keys (for example, see Patent documents 1 and 2).

これらの特許文献に記載された技術によれば、携帯端末装置の向きを変えて操作する場合であっても、携帯端末装置の向きの変更に合わせて操作キーも回転させることにより、ユーザに対して操作キーを常に一定方向に維持できるため、ユーザが携帯端末装置の向きに応じたキー配列を覚える必要はなくなり、さらに、携帯端末装置を右手で持って操作する場合にも左手で持って操作する場合にも、それぞれの場合に対応させて、操作キーを反転させるなどすることで、一定の操作性を維持することができる。 According to the techniques described in these patent documents, even when operating with different orientation of the portable terminal apparatus, by also rotating the operation key in accordance with the change in orientation of the mobile terminal device, to the user since always be kept constant direction operation key Te, users no longer have to remember the key arrangement corresponding to the direction of the mobile terminal device, further, with the left hand even when working with the portable terminal device with the right hand operation when also in association with each case by such reversing the operation keys, it is possible to maintain a constant operability.

特開2002−51124号公報 JP 2002-51124 JP 特開2005−12493号公報 JP 2005-12493 JP

しかしながら、上記特許文献による技術は、本質的には、情報が表示される表示画面の視認性を種々の向きにおいても確保するか、または端末本体の持ち位置、即ち端末本体を右手で操作するか左手で操作するか、を変更した際でも元の操作性を維持するための技術であり、通常使用時におけるキー入力そのものの操作性を向上させるものではない。 However, either technique by the patent documents described above, in essence, the information is also ensured in various orientations visibility of the display screen displayed, or have the position of the terminal body, namely operating the terminal body with the right hand or operated with the left hand, a technique for maintaining the original operability even when changing the usually does not improve the operability of the key input itself during use.

これらの従来の携帯端末装置は、通常使用時にはどのユーザも同じキーの構成に従って操作を行うものであり、結局は各ユーザ側が携帯端末装置に適応して操作せざるを得なかった。 These conventional portable terminal device is intended during normal use to perform operations in accordance with any user configuration of the same key, eventually had to operate the user side is adapted to the portable terminal device. 利用者の手の大きさや端末装置を持つ位置等による指の可動範囲や、更には、操作する手が右手か左手かの違いによる指の可動範囲等は考慮されていなかった。 And the movable range of the finger by the position or the like with the user's hand size or the terminal device, furthermore, hand operating the like movable range of the finger due to the difference or the right hand or the left hand is not considered. このためユーザによっては端末装置を使いにくい場合もあるという問題があった。 For this reason, the user has a problem that sometimes difficult to use the terminal device.

したがって、かかる点に鑑みてなされた本発明の目的は、携帯端末装置のタッチパネル上に表示される操作キー群のレイアウトをユーザに応じて設定することができ、使い勝手を向上できる、操作キー群のレイアウト方法および携帯端末装置を提供することにある。 Accordingly, an object of the present invention was made in view of such a point, the layout of the operation keys displayed on a mobile terminal device a touch panel can be set according to the user, it is possible to improve the usability, the operation key group It is to provide a layout method and a mobile terminal device.

上記目的を達成する請求項1に係る携帯端末装置における操作キー群レイアウト方法の発明は、操作キー群を表示部に表示して、タッチパネルを介して入力操作するようにした携帯端末装置における操作キー群のレイアウト方法であって、 Invention of the operation key group layout method in a mobile terminal device according to claim 1 to achieve the above object, displayed on the display unit of the operation keys, the operation keys in the portable terminal device so as to input operation through the touch panel a group of layout method,
タッチパネル上に線図を描くユーザ操作に基づいて前記表示部に表示する操作キー群の表示位置および範囲を決定し、その決定された表示位置および範囲に基づいて操作キー群を前記表示部に表示することを特徴とするものである。 Based on the user operation of drawing a line drawing on the touch panel to determine the display position and range of the operation key group to be displayed on the display unit, the display on the display unit an operation key group based on the determined display position and range it is characterized in that.

請求項2に係る発明は、請求項1記載の携帯端末装置における操作キー群レイアウト方法において、前記操作キー群の表示位置および範囲は、ユーザによりタッチパネル上に連続的に描かれる図形の描写位置を表示位置とし、かつ当該図形により囲まれる領域を表示範囲として決定することを特徴とするものである。 The invention according to claim 2, the operation key group layout method in a mobile terminal apparatus according to claim 1, wherein the display position and range of the operation key group, the depiction position of a figure is continuously drawn on the touch panel by the user and a display position, and is characterized in that to determine the display range of the area surrounded by the figures.

さらに、上記目的を達成する請求項3に係る発明は Further, the invention according to claim 3 to achieve the above object,
操作キー群を表示部に表示して、タッチパネルを介して入力操作するようにした携帯端末装置であって、 Displays an operation key group on the display unit, a portable terminal device so as to input operation through the touch panel,
タッチパネル上に線図を描くユーザ操作に基づいて前記表示部に表示する操作キー群の表示位置および範囲を決定し、その決定された表示位置および範囲に基づいて操作キー群を前記表示部に表示するよう制御する制御手段具えることを特徴とするものである。 Based on the user operation of drawing a line drawing on the touch panel to determine the display position and range of the operation key group to be displayed on the display unit, the display on the display unit an operation key group based on the determined display position and range it is characterized in that it comprises control means for controlling so as to.

本発明によれば、操作キー群を表示部に表示して、タッチパネルを介して入力操作するようにした携帯端末装置において、操作キー群のレイアウトを設定するにあたり、端末のユーザが手の指などで前記タッチパネル上に簡単な線図を描くことにより指の可動範囲が決定され、これに基づいて、ユーザの指の可動範囲を考慮した操作キー群のレイアウトが選択されて、タッチパネル上に表示される。 According to the present invention, and displayed on the display unit an operation key group, the mobile terminal device so as to input operation through the touch panel, in setting the layout of the operation key group, the terminal of the user and the fingers in the determined range of movement of the finger by drawing a simple diagram on the touch panel, based on this, is selected the layout of the operation key group in consideration of the movable range of the finger of the user, it is displayed on the touch panel that. したがって、様々な手の大きさのユーザがこの携帯端末を使用しても、ユーザに応じて最適化された操作キー群のレイアウトが設定され、携帯端末の通常使用時においてユーザが操作キー群を操作する際の操作性を格段に向上させることができる。 Therefore, using the user the portable terminal size of different hand, is set optimized operation key group layout according to the user, the normal user operation keys at the time of use of the portable terminal operability at the time of operation can be remarkably improved.

以下、本発明の実施の形態について、図を参照して説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to FIG.

(第1実施の形態) (First Embodiment)
図1は、本発明の第1実施の形態に係る携帯端末装置としての携帯電話の概略を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an outline of a mobile phone as a portable terminal device according to a first embodiment of the present invention.

この携帯端末装置1では、ユーザが指等で入力操作を行う矩形状の入力部2と、入力された情報等を表示するモニタ部3とを有している。 In the portable terminal device 1 has a rectangular input portion 2 which a user performs an input operation with a finger or the like, and a monitor unit 3 for displaying the input information and the like. 入力部2は、図2に概略断面図で示すように、操作キー群を表示する表示部であるディスプレイ4と、その上に配置された、マトリクス状に配置された多数の接点を有するタッチパネル5とを具えており、このタッチパネル5はディスプレイ4と連動してキー操作の入力を受け付けるようになっている。 Input unit 2, as shown by the schematic sectional view in FIG. 2, the touch panel 5 having a display 4 is a display unit for displaying an operation key group, disposed thereon, a plurality of contacts arranged in a matrix equipped with a door, the touch panel 5 is adapted in conjunction with the display 4 receives the input of the key operation. したがって、例えば、ユーザがディスプレイ4上に表示された操作キーの数字の「1」の部分に指で触れようとすると、実際にはそのディスプレイ4の前面にあってディスプレイ4の「1」の表示部分と対応するタッチパネル5の部分に触れたことになり、このタッチパネル5はその部分に対応する信号を出力するようになっている。 Thus, for example, when the user tries to touch with a finger portion of the number "1" of the operation key displayed on the display 4, in fact, display of "1" of the display 4 In the front of the display 4 parts and will be touched portion of the corresponding touch panel 5, the touch panel 5 is arranged to output a signal corresponding to that part.

図3は、本実施の形態に係る携帯端末装置1に関する制御回路の概略構成を示すブロック図である。 Figure 3 is a block diagram showing a schematic configuration of a control circuit to a portable terminal apparatus 1 according to this embodiment.

携帯端末装置1は、前述したディスプレイ4およびタッチパネル5と、操作キー群のレイアウト(キーレイアウト)をディスプレイ4に表示するためのレイアウト表示手段6と、操作キー群のレイアウト設定に際し操作キー群のレイアウト可能な範囲を決定する範囲決定手段7および位置を決定する位置決定手段8と、操作キー群のレイアウトおよび操作キー群のレイアウトに対応するタッチパネル5の入力パターン等を複数格納しているメモリ9と、範囲決定手段7および位置決定手段8によって決定されたデータに対応するパターンのデータをメモリ9より選択する選択手段10と、および全体を制御する制御手段11とを具えている。 The portable terminal device 1 includes a display 4 and a touch panel 5 described above, the layout display unit 6 for displaying the operation key group layout (key layout) on the display 4, the layout of the operation key group upon layout setting of the operation key group a position determining means 8 for determining a range determining unit 7 and the position determining extent possible, a memory 9 that stores a plurality of input patterns and the like of the touch panel 5 corresponding to the layout of the layout and operation key group of the operation key group , the data of the corresponding pattern to the determined data by range determining means 7 and the position determining means 8 are equipped with selection means 10 for selecting from the memory 9, and a control unit 11 for controlling the whole.

以下、本実施の形態による操作キー群レイアウト方法の概略について説明する。 Hereinafter, the outline of the operation key group layout method according to the present embodiment.

ユーザが携帯端末装置1を片手で持って使用している際に、初期設定によって表示されている操作キー群のレイアウトではキー操作がしづらい、または現在使用している操作キー群のレイアウト表示ではキー操作がしづらいと感じた場合に、図4に示すように、ユーザはタッチパネル5上にて、キー操作に通常使用する指を用いて、ほぼ円形または多角形等の簡単な線図12(以下、円形状線図という)を一筆書き状に描く。 When the user is using with the portable terminal device 1 with one hand, the initial setting difficult to key operations on the layout of the operation key group displayed by, or the layout display of the operation key group that is currently used If you feel hard to the key operation, as shown in FIG. 4, the user at the touch panel 5, by using a finger normally used in the key operation, simple diagram 12 of generally like circular or polygonal ( hereinafter, a circle that shape diagram) to single stroke manner. この際、タッチパネル5上に描かれる線図12に対して、対応するディスプレイ4の場所にリアルタイムに軌跡がドットで描かれるようにすることで、ユーザが入力した実際の線図12を確認し易くすることもできる。 At this time, with respect to a line 12 drawn on the touch panel 5, by trajectory in real time the location of the corresponding display 4 is to be drawn in dots, easily check the actual line 12 entered by the user it is also possible to.

通常のキー操作では、タッチパネル上に触れる指は一地点に一瞬触れるだけであるので、このように意図して円形状線図12を描く動作のように連続する入力とは区別することができる。 In normal key operation, since the finger touching the touch panel is the touch momentarily to one point, it can be distinguished from the input continuous as operation to draw a circular diagram 12 Intended Thus. 携帯端末装置1は、この連続入力を検出して、操作キー群レイアウト設定モードに切り換える。 The portable terminal device 1 detects the continuous input is switched to the operation key group layout setting mode.

なお、操作キー群レイアウト設定モードへの切換手段(操作キー等)を別途設け、この切換手段により操作キー群レイアウト設定モードに切り換えてから、表示位置および範囲の入力を受け付けるようにしてもよい。 Incidentally, separately provided switching means to the operation key group layout setting mode (operation key or the like), from switching on the operation key group layout setting mode by the switching means, it may be accepted input of the display position and range.

位置決定手段8は、ユーザが描いた円形状線図12の情報に基づいて、操作キー群の表示位置を決定し、範囲決定手段7は操作キー群の表示範囲を決定する。 Position determining means 8, based on the information of the circular diagram 12 drawn by a user, determines the display position of the operation key group, the range determining unit 7 determines the display range of the operation key group. この際、位置決定手段8は、ユーザが円形状線図12を書き始める位置や描く軌跡の始点から終点までの向き等から、ユーザの入力が右手操作によるものか左手操作によるものかを決定し、さらに範囲決定手段7は、ユーザが指で描いた円形状線図12の内側を指が無理なく届く可動範囲13と決定し、これに基づいて操作キー群の表示範囲の決定を行う。 At this time, the position determining means 8, the user from the direction between the starting point and the circular diagram 12 the writing start position and draws the trajectory to the end point, to determine whether the user input by either left-handed by right hand operation further range determining means 7, the inner circular diagram 12 drawn by a user with a finger to determine a movable range 13 of the finger comfortable reach, the determination of the display range of the operation key group based on this.

なお、先に描いた円形状線図12では操作キー群のレイアウトが小さすぎるものになるだろうとユーザが判断したときは、連続してより面積の広い円形状線図12を描くことも可能である。 Incidentally, when the circular diagram 12, the operation key group of the layout depicted in previously determined by the user and would be too small, also possible to draw a broad circular diagram 12 of more areas in succession is there. このためには、タッチパネル5に指が最初に触れることで連続動作が開始し、円形状線図12を描いている指がタッチパネルから離れた事をトリガーとして連続入力は終了し入力動作は完了と見なし、対応する信号を決定手段7および8に送信するようにすることが望ましい。 For this purpose, continuous operation by initially touch starts finger on the touch panel 5, continuous input that finger in a circle shape diagram 12 is separated from the touch panel as trigger the complete input operation terminated considered, it is adapted to send a corresponding signal to the determining means 7 and 8 is preferred. 円形状線図12を描くという意識的な動作をユーザが行うことによって携帯端末装置1を操作キー群レイアウト設定モードに切り換えるようにすることで、通常のキー操作の際に、操作キーに指が少し触れただけで範囲決定手段7または位置決定手段8が起動してしまうというような誤動作を防ぐことができる。 By the switch the portable terminal device 1 by the user to perform conscious operation of drawing a circle shape diagram 12 on the operation key group layout setting mode, when the normal key operation, the finger on the operation key it is possible to prevent a malfunction, such as that would start range determining means 7 or the position determining means 8 only touched slightly.

範囲決定手段7で決定された可動範囲13があまりにも小さく、それに対応した操作キー群のレイアウトを仮に表示したとしても有効なキー操作は出来ないと判断される場合は、操作キー群レイアウト設定モードになる直前まで使用されていた標準のキーレイアウトまたは初期設定時のキーレイアウトを選び、これをディスプレイ4に表示するようにする。 Small movable range 13 is too determined within a range determining means 7, if it is determined that can not be valid key operation even if displaying the layout of the operation key group corresponding thereto, the operation key group layout setting mode select a standard key layout or key layout of the initial setting that has been used until immediately before the, so as to display it on the display 4.

なお、このように、描かれた円形状線図12があまりにも小さい場合には、警告音を鳴らしユーザに注意を喚起することで再入力を求めたり、以前のキーレイアウト(または初期設定時のキーレイアウト)が選択されたことを知らせるようにしたりすることもできる。 In this way, when drawn circular diagram 12 is smaller too, or prompted to reenter by alert the user beep, previous key layout (or the initial setting key layout) can be or to notify that it has been selected. 携帯端末装置1本体を片手だけで握った状態で使用する場合には、通常操作時にユーザがキー操作に使用する指は親指であることがほとんどであると想定される。 When using the portable terminal apparatus 1 main body while gripping with one hand, it is assumed to be almost the finger used by the user to the key operation during normal operation is the thumb. このため、操作キー群のレイアウトがあまりにも小さく設定されるような場合は、上記のように警告を発したり予め設定したキーレイアウトを使用したりすることで、ユーザに誤入力し易いキーレイアウトを提供してしまうことを防ぐことができる。 Therefore, when the layout of the operation key group as set too small, or by using a key layout set in advance or a warning as described above, the easy key layout mistyped the user it is possible to prevent the offer.

さらに、長時間キー入力がされない状態では、電池の消耗を防ぐため、ディスプレイ4を駆動しないスリープモード(省エネモード)に設定するようにもできる。 Further, in a state that is not a long time key input, in order to prevent battery drain, it is also possible to set the sleep mode that does not drive the display 4 (energy saving mode). この場合は、指などによる一筆書き動作によりタッチパネル5上に線図を描くことでスリープモードを解除して、この軌跡をディスプレイ4上に表示することも可能である。 In this case, cancel the sleep mode by drawing a line diagram on the touch panel 5 by a single stroke operation by a finger, it is also possible to display the locus on the display 4. もちろん、タッチパネル5上の一地点に指が一瞬触れる場合には、通常のキー操作のモードに移行することもできる。 Of course, if the touch finger is a moment at one point on the touch panel 5 can also be migrated to the mode of normal key operation.

図5に示すフローチャートを参照して、本実施の形態にかかる携帯端末装置1の操作キー群レイアウト方法をさらに詳細に説明する。 With reference to the flowchart shown in FIG. 5, a more detailed description of the portable terminal device 1 of the operation key group layout method according to the present embodiment.

先ずステップS101で、ユーザが指などでタッチパネル5に触れたことを検出し、その際にスリープモードにある場合には、ステップS102にてスリープモード(省エネモード)を解除する。 In First Step S101, it detects that the user touches the touch panel 5 with a finger or the like, when in the sleep mode at that time cancels the sleep mode (power saving mode) at step S102.

次にステップS103において、ユーザが指などでタッチパネル5の表面に一筆書き状に円形状線図12を描くことで連続的な入力が行われているかどうかを判断し、タッチパネル5の入力が連続入力でない、即ちユーザが通常操作を望んでいると判断した場合はステップS104へ進む。 In step S103, it is determined whether the user continuously inputs by drawing circular diagram 12 in a single stroke shape on the surface of the touch panel 5 with a finger or the like has been performed, continuous input input of the touch panel 5 not, i.e. the user if it is determined that wants normal operation proceeds to step S104. ここでは、直前まで使用していたキーレイアウトを表示させる設定がされているかどうかを判断する。 Here, it is determined whether or not the setting to display the key layout that has been used until just before has been. 直前のキーレイアウトを使用する設定がされていない場合はステップS105に進み、メモリ9に格納されているデフォルト設定のキーレイアウトをディスプレイ4に表示してステップS115に進む。 If is not set to use the previous key layout process proceeds to step S105, to display the key layout of the default settings stored in the memory 9 on the display 4 goes to step S115. この場合、制御手段11によって選択手段10がメモリ9からデフォルトのキーレイアウトのデータを取り出すように制御する。 In this case, the selection means 10 by the control means 11 controls to retrieve the data of the default key layout from the memory 9.

またステップS104にて直前まで使用していたキーレイアウトを使用する設定がされている場合には、ステップS106にて直前まで使用されていたキーレイアウトをディスプレイ4に表示してステップS115に進む。 Also if it is set to use the key layout which has been used just before step S104, the process proceeds to step S115 to display the key layout which has been used just before step S106 on the display 4.

一方、ステップS103にてタッチパネル5の表面に連続的な入力がされたと判断した場合は、ユーザが操作キー群のレイアウトの変更を望んでいるものと判断し、ステップS107で操作キー群のレイアウトの設定を行うため操作キー群レイアウト設定モードに切り換える。 On the other hand, if it is determined that the successive input in step S103 on the surface of the touch panel 5 has been, the user determines that wants layout changes operation keys, the operation key group of the layout in step S107 It switched to the operation key group layout setting mode for carrying out the set.

次にステップS108では、タッチパネル5にユーザの指などが触れて入力が行われていることを示すために、指が触れた位置の軌跡をディスプレイ4上にドット表示をするようにする。 In step S108, to indicate that the finger of the user on the touch panel 5 is being performed the input touch, the trajectory of the finger touches a position such that the dots displayed on the display 4.

その後、ステップS109では、ユーザの指などがタッチパネル5から離れることにより連続入力が終了したかどうかを判断し、連続入力が終了していない場合は引き続きステップ108にて軌跡をディスプレイ4にドット表示する。 Then, in step S109, like it is determined whether the continuous input is terminated by leaving from the touch panel 5 the user's finger, to dot display continues the trajectory at step 108 on the display 4. If the continuous input is not completed . これにより、ユーザは自分の描いた軌跡を確認することができ、入力位置をリアルタイムで見ることができ、描いた線図が小さ過ぎると感じる場合には、引き続きさらに大きな線図を描くこともできる。 As a result, the user can see the trajectory drawn by the their own, can see the input position in real time, if you feel drawn diagram is too small, can also continue to further draw a large diagram .

ステップS109にて、ユーザがタッチパネル5から指などを離したと判断した、即ち円形状線図12の連続入力が終了したと判断した場合は、ステップS110に進む。 In step S109, if it is determined that the user has released the finger from the touch panel 5, i.e. continuous input of circular diagram 12 has been finished, the process proceeds to step S110.

ステップS110では、円形状線図12が複数回描かれているか否かを判断し、線図が複数回描かれている場合には、ステップS111において大きい軌跡の形状を選択して、ステップS112へ移行する。 In step S110, it is determined whether the circular diagram 12 is drawn multiple times, if the diagram is drawn several times, select the larger locus shape of the step S111, to step S112 Transition.

これに対し、ステップS110で円形状線図12が複数存在しない場合は、現在描かれている線図を選択してからステップS112へ移行する。 In contrast, if the circular diagram 12 there are not a plurality in step S110, the process proceeds select the diagram are presently drawn to step S112.

ステップS112では、選択された線図に基づく位置および範囲に、予め設定された最小のキーレイアウトの配置の設定が可能かどうかを判断する。 In step S112, the position and the range is based on the diagrams are selected, it is determined whether it is possible to set the arrangement of the predetermined minimum key layout. 最小のキーレイアウトを配置する設定ができない場合、または選択された線図に基づく適切なキーレイアウトが見つからない場合はステップS113に進んでユーザにその旨を警告し、ステップS103の連続入力に戻る。 If you can not set to place the smallest key layout, or if you can not find the selected diagrammatically in appropriate key layout based warned to that effect to the user proceeds to step S113, returns to the continuous input in step S103. こうすることにより、あまりにも小さく非実用的なキーレイアウトが選択されてしまうことが防止できる。 By doing so, it is possible to prevent impractical key layout too small from being selected.

ステップS112にて、線図に基づく位置および範囲にキーレイアウトの表示が可能であると判断されると、ステップS200のキーレイアウト処理へと進む。 In step S112, the display of the key layout on the position and the range is based on the diagram is determined to be possible, the process proceeds to the key layout processing in step S200. ステップS200におけるキーレイアウト処理については後述する。 It will be described later key layout processing in step S200.

ステップS114で、キーレイアウト処理された情報に基づくキーレイアウトを、制御手段11によってメモリ9から読み取り、ディスプレイ4の指定された位置および範囲に表示し、ステップS115に移行する。 In step S114, the key layout based on the key layout processing information, read from the memory 9 by the control unit 11, and displays the specified position and range of the display 4, the process proceeds to step S115.

ステップS115では、タッチパネル5にユーザの指などが触れたかどうかを判断し、触れたと判断された場合はステップS116にてキー入力の処理を行う。 In step S115, it is determined whether the finger of the user touches the touch panel 5, when it is determined that the touched performs processing key input at step S116. これは通常のキー操作を行うモード、つまり操作キー群レイアウト設定モードではない場合のキー操作を想定している。 This assumes mode for normal key operation, that is, the key operation if it is not the operation key group layout setting mode.

ディスプレイ4に表示された各キーの位置に相当する場所のタッチパネル5をユーザが指などで触れた場合には、そのキーが押圧されたものとして認識して、確認音を出すと共にキー入力処理を行う。 When the touch panel 5 location corresponding to the position of each key displayed on the display 4 user touches with a finger or the like is recognized as the key is pressed, the key input processing with issuing a confirmation sound do. ステップS116でキー入力処理をした後はステップS115に戻り、次のキー入力を待つ。 After the key input processing in step S116 returns to step S115, wait for the next key input.

ステップS115にてタッチパネル5からのキー入力がないと判断した場合にはステップS117に進み、最後にキー入力がなされた時からの時間を計測して、それが予め設定された時間内で有ればステップS115に戻り、次のキー入力を待つ。 Proceeds in step S115 to step S117 when determining that there is no key input from the touch panel 5, by measuring the time from when the last key input has been made, it is long in a predetermined time if returns to step S115, wait for the next key input. これに対し、予め設定された時間を経過しても何らキー入力が無い場合にはステップS118に進み、ディスプレイ4をスリープモードに切り換える。 In contrast, if no key input is not even after the lapse of the predetermined time the process proceeds to step S118, the switching the display 4 to the sleep mode.

図6(A)および(B)は、本実施の形態に係る操作キー群レイアウト方法によるキーのレイアウト例を示す図である。 FIG 6 (A) and (B) is a diagram showing a layout example of a key by the operation key group layout method according to the present embodiment.

ユーザがタッチパネル5上にて、例えば円形状線図12を描くことにより、この軌跡の内側が指を無理なく動かせる可動範囲13として決定される。 At the user touch panel 5 above, by drawing a circular diagram 12 example, the inside of the trajectory is determined as the movable range 13 to move without unreasonable finger. この時、この軌跡を範囲決定手段7が読み取ることにより範囲が決定される。 In this case, the range is determined by reading range determining means 7 of this trajectory. こうして決定された範囲に基づいたキーレイアウトが選択手段10によりメモリ9から読み出され、このキーレイアウトがレイアウト表示手段6によってディスプレイ4に表示される。 Thus determined range to the key layout on the basis is read from the memory 9 by the selection means 10, the key layout is displayed by the layout display unit 6 to display 4. これらの制御は、制御手段11により行われ、またメモリ9には、様々な場合に対応した多数のキーレイアウトが予め記憶されている。 These controls are performed by the control means 11, also in the memory 9, a number of key layout corresponding to the various cases are stored in advance.

メモリ9に記憶されているキーレイアウトのパターンとしては、例えば、ユーザの描いた円形状線図12の内側にキーレイアウト全体が収まるようにする、図6(A)に示すパターン、および、ユーザの描いた円形状線図12のライン上は指の可動範囲13に含まれると想定して、キーレイアウト全体の四隅に配置される4つの各キーの中心あたりを軌跡が通過するようにキー全体をレイアウトする、図6(B)に示すパターンなどが考えられる。 The pattern of the key layout stored in the memory 9, for example, so that the entire key layout fits inside the circular diagram 12 drawn by the user, the pattern shown in FIG. 6 (A), and, the user on circular diagram 12 depicting the line is assumed to be included in the movable range 13 of the finger, the entire key to the per center of each of the four keys arranged in four corners of the entire key layout trajectory passes laying, such as a pattern shown in FIG. 6 (B) is considered.

また、一部のキー、例えば「電話」、「マナー」および「切」などのキーは、携帯端末装置にて電子メールの入力をする際には使用頻度が低いキーであるとみなすことにより、これらのキーを除外した状態でのキーレイアウト全体の四隅に配列される4つのキー(例えばこの場合は「1」、「3」、「#」および「※」)などを基準として、図6(A)または図6(B)に示すようなキーレイアウトのパターンの構成を設定しておくこともできる。 Also, some keys, for example, "telephone", the keys, such as "manner" and "OFF", by regarding the frequency of use is low key when the input of the e-mail in the portable terminal device, four keys arranged in the key layout across the four corners of these keys while excluded (e.g. in this case, "1", "3", "#" and "※") as a reference and, FIG. 6 ( it is also possible to set the configuration of the pattern of the key layout, as shown in a) or FIG. 6 (B).

次に、前述したステップS200のキーレイアウト処理を、図7に示すフローチャートについて説明する。 Next, the key layout processing in step S200 described above, the flow chart shown in FIG. 7 will be described. なお、この例においては、縦横比が固定されているキーのレイアウトのパターンがメモリ9に多数記憶されているものとして説明する。 Incidentally, in this example, is described as the layout of the pattern key aspect ratio is fixed is stored a number in the memory 9.

まずステップS201では、タッチパネル5に描かれる円形状線図12から、描かれた図形の重心を求める。 First, in step S201, from the circular diagram 12 drawn on the touch panel 5, it obtains the center of gravity of the drawn figures. この時、描かれた図形が閉じた図形でない場合には、始点と終点を結ぶ処理を行い、近似的に円形状にすることも可能である。 At this time, if drawn figure is not a shape that closes performs processing that connects the start and end points, it is possible approximately to a circular shape.

次にステップS202では、図8に示すように、重心から角度α方向の距離を算出する。 In step S202, as shown in FIG. 8, it calculates the distance of an angle α direction from the center of gravity. 角度αとは、図形の重心を原点として、矩形の入力部2の各辺に直交するx軸およびy軸をとった場合に、x軸からの所定の角度である。 The angle α is, as the origin the center of gravity of the figure, when taking the x-axis and y-axis perpendicular to the rectangular sides of the input unit 2, which is a predetermined angle from the x axis. 例えばα=45°とすることができる。 For example, it is a alpha = 45 °. ステップS201にて求めた重心をOとして、角度±α方向に引いた2直線と軌跡の図形との交点4箇所を、それぞれa、b、cおよびdとして、線分Oa、Ob、OcおよびOdの長さを求める。 The center of gravity obtained in step S201 as O, and the intersections four locations and shapes of two lines and locus drawn angle ± alpha direction, respectively as a, b, c and d, the line Oa, Ob, Oc and Od determine the length of.

次にステップS203では、線分Oa、Ob、OcおよびOdのうち、長さが最短のものを選択し、それを線AとしてステップS204に移行する。 In step S203, line segment Oa, Ob, among Oc and Od, length and select the shortest, the process proceeds to step S204 it as a line A. ここでは、例えば線分Oaが最短、即ちOa=Aであるものとする。 Here, for example, line segment Oa is shortest, i.e. it is assumed that Oa = A.

ステップS204では、軌跡内に収まる基準キーレイアウトをメモリ9より選択する。 In step S204, it selects the reference key layout fit within the trajectory from the memory 9. ここで図9に示すように、線分Oaが最短(Oa=A)であるので、ユーザの描いた円形状線図12が点P1を通過するA≧A'となるようなキーレイアウトを選択する。 Here, as shown in FIG. 9, since the line segment Oa is the shortest (Oa = A), select the key layout as circular diagram 12 drawn by the user is A ≧ A 'passing through the points P1 to. このキーレイアウトはユーザの指が描いた円形状線図12の軌跡に内包されることになる。 This key layout is to be included in the trajectory of the circular diagram 12 drawn by the user's finger.

次にステップS205では、ユーザが、大きめの、即ちキーの間隔が大きいキーレイアウトを望む場合に、もう少し拡大されたキーレイアウトを選択することができるかどうかを判定する。 In step S205, the user determines large, i.e. if the spacing key wants larger key layout, whether it can be selected is little enlargement key layout. 例えば、A≒B'となるようなキーレイアウトは、ユーザの描いた線図がP2を通過することになり、先ほどのA≧A'となるキーレイアウトよりも大きな構成となる。 For example, A ≒ B 'become such a key layout, will be a line diagram depicting the user passes through the P2, the previous A ≧ A' becomes larger configuration than the key layout to be. 同様に、A≒C'となるようなキーレイアウトでは、ユーザの描いた線図がP3を通過することになり、先ほどのA≒B'となるキーレイアウトよりもさらに大きな構成となる。 Similarly, 'the key layout such that, will be a line diagram depicting the user passes P3, the previous A ≒ B' A ≒ C becomes larger configuration than the key layout to be.

ステップS205において、円形状線図12が、ディスプレイ4のキー表示エリアの範囲内にて最大の大きさで描かれていた場合は、線図の軌跡に内包されるキーレイアウト(A≧A')が最大のレイアウトになるので、ステップS207にてメモリ9を参照してこのキーレイアウトを読み込み、それをディスプレイ4に表示する。 In step S205, circular diagram 12, if it has been drawn in the maximum size in the range of key display area of ​​the display 4, the key layout is included in the trajectory of the diagram (A ≧ A ') There therefore maximized layout, reads the key layout with reference to the memory 9 at step S207, and displays it on the display 4.

一方、ステップS205にて、A≒A'の場合よりもさらに大きなキーレイアウトが表示可能であると判断された場合には、ステップS206に進む。 On the other hand, in step S205, if the larger key layout than for A ≒ A 'is determined to be displayed, the process proceeds to step S206.

ステップS206では、ユーザが、描く線図に対してどの程度の大きさのキーレイアウトを所望しているかが予め設定されているかどうかが判断される。 In step S206, the user, whether or are desired to how much the size of the key layout for the diagram drawn is set in advance is determined. 即ち、ユーザによって、描いた線図に全体が内包されるようなキーレイアウトを望むのか、四隅のキー(例えば「電話」、「切」、「#」および「※」のキー)それぞれの中心が線図のほぼライン上に来るようなキーレイアウトを望むのか、または四隅のキーが線図に外接するようなキーレイアウトを望むのか、ユーザが予め設定しているかどうかが判断される。 That is, the user, or wishing to key layout as a whole in the diagram drawn is included, the four corners of the key (for example, "phone", "OFF", key "#" and "※") of each center whether wishing to key layout as almost come on the line of the diagram, or the four corners of the key wishing to key layout as circumscribing the diagram, whether the user has set in advance is determined.

ステップS206にて、所望のキーレイアウトについてユーザ設定がなされている場合には、ステップS207にてそれに対応するキーレイアウトがメモリ参照されて、ディスプレイ4に表示される。 In step S206, if the user setting is made for the desired key layout, the key layout corresponding to that in step S207 is referenced memory, is displayed on the display 4. 一方ユーザ設定がされていない場合には、ステップS214にてユーザに基準位置の設定の入力を促し、ステップS207にてそれに対応するキーレイアウトをメモリ9から参照して、ディスプレイ4に表示する。 On the other hand if the user setting is not the prompt for setting the user to the reference position in step S214, the key layout corresponding to that in step S207 with reference from the memory 9 and displayed on the display 4.

(第2実施の形態) (Second Embodiment)
次に、本発明の第2実施の形態に係る携帯端末装置の操作キー群レイアウト方法の要部について説明する。 Next, a description will be given main part of the operation key group layout method for a portable terminal device according to a second embodiment of the present invention. 本実施の形態は、第1実施の形態の図5に示したキーレイアウト方法において、ステップS200でのキーレイアウト処理が異なるものである。 This embodiment, in the key layout method shown in FIG. 5 of the first embodiment, in which the key layout processing in step S200 is different.

図4に示したように、通常、右手で携帯端末装置1を握り親指でタッチパネル5上に円形状線図12を描くと、その軌跡の始点は左側または左上方に位置する。 As shown in FIG. 4, usually, when a circle shape diagram 12 on the touch panel 5 with the thumb grasping the portable terminal apparatus 1 with the right hand, the starting point of the trajectory is located at the left or upper left. 更にその軌跡は時計回りの方向に描かれることが多い。 Furthermore the trajectory is often drawn in a clockwise direction. また、描かれた軌跡の中心位置はタッチパネル5の中心位置よりもやや左または左上方に位置するようになる。 The center position of the trace drawn will be positioned slightly left or upper left side of the center position of the touch panel 5. これら3つの情報(軌跡の始点の位置、軌跡の方向、および軌跡の中心位置)に基づいて、ユーザが円形状線図12を描く際に操作した指が右手のものか左手のものか推定することができる。 These three pieces of information based on the (position of the starting point of the trajectory, the center position in the direction, and the locus of the trajectory), the user has finger operated when drawing a circular diagram 12 estimates whether the right things or left hand ones be able to.

ここではユーザが右手で携帯端末装置1のキーを操作する場合を考えると、通常設定のキーレイアウトでは、親指の付け根に近い部分に位置するキー(即ち右手操作の場合は「#」、「9」および「0」のキー等)については、親指を相当折り曲げた状態で操作することを余儀なくされるため、非常にキー操作がしづらい。 Considering the case where the user operates the key of the portable terminal apparatus 1 with the right hand here, in the normal setting of key layout, the case of the key (i.e. right hand operation, located at a portion near the base of the thumb "#", "9 "and the key or the like) of" 0 ", since it is forced to operate in a state of considerable bending the thumb hard to very key operation. 一方で、親指の付け根から離れて位置するキーは、若干さらに離れた方向にシフトしたとしても、自然な指の動きで操作することができる。 On the other hand, key located away from the base of the thumb, even if shifted further away direction slightly, it is possible to operate with natural movement of the finger.

したがって、携帯端末装置1の位置決定手段8によって、ユーザが右手で端末を操作していると判断された場合には、図10(A)に示すように、キーレイアウト全体を若干左上方にシフトさせることで、キーの操作性を格段に向上させることができる。 Therefore, the shift by the position determining means 8 of the portable terminal device 1, when the user is determined to be operating the terminal with the right hand, as shown in FIG. 10 (A), the entire key layout slightly upper left be to, the operation of the key can be remarkably improved. シフトする距離は、ユーザが調節するようにすることもできる。 Distance shift can also be the user to adjust. さらには、左上のキーの位置は全くシフトさせずに、キーレイアウト全体を左上方に縮小させるようにすることも可能である。 Furthermore, without at all shift positions of the upper left key, it is also possible to reduce the entire key layout in the upper left side.

逆に、左手で携帯端末装置1を握り親指でタッチパネル5上に円形状線図12を描くと、通常その軌跡の始点は右側または右上方に位置する。 Conversely, when a circle shape diagram 12 on the touch panel 5 with the thumb grasping the portable terminal device 1 with the left hand, normally the starting point of the trajectory is located on the right or upper right. 更にその軌跡は反時計回りの方向に描かれることが多い。 Furthermore the trajectory is often drawn in a counterclockwise direction. また、描かれた軌跡の中心位置はタッチパネル5の中心位置よりもやや右または右上方に位置するようになる。 The center position of the trace drawn will be located slightly to the right or right above the center position of the touch panel 5. この場合は、図10(B)に示すように、キーレイアウト全体を右上方にシフトさせたり、右上方に縮小させたりすることによって、右手操作の時と同様の効果が得られる。 In this case, as shown in FIG. 10 (B), or shifting the entire key layout upper right, by or to shrink the upper right, the same effect as when the right hand operation is obtained.

また、描かれた円形状線図12の軌跡の中心位置が、タッチパネル5の中心位置または中心線とあまり差がない場合は、ユーザは片手で携帯端末本体1を握り、もう一方の手の指で円形状線図12を描いたと判断し、この場合には、左右で特に偏りのないキーレイアウトをディスプレイ4上に大きめに表示させることもできる。 The center position of the trajectory of the drawn circular diagram 12, if there is little difference between the central position or center line of the touch panel 5, the user grasps the portable terminal body 1 with one hand, the other hand in is determined that a circle shape line 12, in this case, can also be slightly larger display the key layout particularly unpolarized left and right on the display 4.

さらに、ユーザが予め設定したキーレイアウトをメモリ9に記憶させておき、円形状線図12を描く場合以外であっても、例えば縦線または横線のような連続入力がタッチパネル5になされた場合に、その連続入力された線に基づいて決定される範囲に応じたキーレイアウトをディスプレイ4に表示することによって、ユーザに応じたキーレイアウトの設定を行うこともできる。 Furthermore, the key layout set by the user in advance is stored in the memory 9, be other than when drawing a circular diagram 12, for example, when continuous input, such as vertical lines or horizontal lines is made on the touch panel 5 , it can also be performed by displaying a key layout corresponding to the range determined based on the continuous input lines on the display 4, the setting of the key layout corresponding to the user.

(第3実施の形態) (Third Embodiment)
次に、本発明の第3実施の形態に係る携帯端末装置の操作キー群レイアウト方法の要部について説明する。 Next, a description will be given main part of the third operation key group layout method for a portable terminal device according to an embodiment of the present invention. 第2実施の形態では、ステップS200のキーレイアウト処理において、図10(A)および(B)で示したように、操作キー群の各キーの大きさをそれぞれ同じとしたが、本実施の形態では、さらに図11(A)および(B)に示すように、操作キー群の各キーの大きさが異なるキーレイアウトも選択可能とする。 In the second embodiment, the key layout processing in step S200, as shown in FIG. 10 (A) and (B), although the size of the keys of the operation key group were respectively the same, the present embodiment in further as shown in FIG. 11 (a) and (B), the size of each key of the operation key group also can select different key layouts. すなわち、位置決定手段8によって、キー操作をする手が右手か左手か判断された後、親指の付け根に近い部分の各キーの面積を大きくし、親指の付け値の部分から離れるにつれて各キーの面積が小さくなるようなキーレイアウトを構成することも可能とする。 In other words, the position determining means 8, after the hand for the key operation is determined whether the right hand or the left hand, and increase the area of ​​each key of the portion close to the base of the thumb, each key moves away from the portion of the thumb of the bid also makes it possible to configure the key layout in the area is smaller.

さらに、親指の付け根に近い部分の各キーは拡大して、かつ親指の付け根から離れるにつれて、キーが元のキーレイアウト時の大きさに戻るような構成も選択可能とする。 Furthermore, each key of the portion close to the base of the thumb is expanding, and increasing distance from the base of the thumb, the key also enables selected configuration back to the magnitude of the time the original key layout. なお、キーの拡大・縮小率はユーザが自由に設定できるように構成してもよい。 Note that scaling factor keys may be configured so that the user can freely set.

以下、図12のフローチャートを参照して、本実施の形態によるステップ200でのキーレイアウト処理について説明する。 Hereinafter, with reference to the flowchart of FIG. 12 will be described key layout processing in step 200 according to this embodiment.

ステップS201〜ステップS204までは図7と同じ説明になるため説明を省略する。 Step S201~ to step S204 is omitted because making same description as in FIG. 7.

ステップS208では、ユーザが携帯端末装置1を操作する手が右手かどうか判断する。 In step S208, the user manually operating the portable terminal device 1 determines whether the right hand. ここでは、ユーザの指によりタッチパネル5に描かれた円形状線図12について、(1)軌跡が時計回りに描かれた、(2)軌跡の始点位置が左方もしくは左上方に位置している、(3)軌跡の中心(または重心)位置がタッチパネル5の水平方向(キー「1」〜「3」の方向)の中心より左に位置している、の3つの項目のうち少なくとも一項目が該当している場合には、右手操作であると判断してステップS212に進む。 Here, the circular diagram 12 drawn on the touch panel 5 by the user's finger is located (1) the trajectory is drawn clockwise, (2) start position is the left or upper left of the locus , at least one item among three items of are located to the left from the center of (3) the center of the trajectory (or gravity) position of the touch panel 5 horizontal direction (in the direction of the key "1" to "3") If you are applicable to, the process proceeds to step S212 it is determined that the right hand operation. 場合によっては上記3つの条件のうち、任意の組合せを要件として右手操作であると判断することも可能である。 Sometimes among the three conditions, it is also possible to determine that the right hand operation any combination as a requirement.

ステップS208にて右手操作ではないと判断された場合は、ステップS209に進み、左手操作かどうかの判断が行われる。 If it is determined not to be a right hand operation at step S208, the process proceeds to step S209, determination of whether the left hand operation is performed.

ここでは、タッチパネル5に描かれた円形状線図12が、(1)軌跡が反時計回りに描かれた、(2)軌跡の始点位置が右方もしくは右上方に位置している、(3)軌跡の中心(または重心)位置がタッチパネル5の水平方向(キー「1」〜「3」の方向)の中心より右に位置している、以上3つのうち少なくとも一項目が該当している場合には、ステップS211に移行しユーザは左手入力をしたものと判断される。 Here, circular diagram 12 drawn on the touch panel 5 is, (1) the trajectory is drawn counterclockwise (2) start position of the trajectory is located to the right or upper right, (3 ) center of the trajectory (or centroid) when the position is horizontal (at least one item of located right are three or more from the center direction) of the key "1" to "3" of the touch panel 5 are true the user then proceeds to step S211 is judged that the left hand input. 場合によっては上記3つの条件のうち、任意の組合せを要件として左手操作であると判断することも可能である。 Sometimes among the three conditions, it is also possible to determine that the left-handed any combination as a requirement.

ステップS209で、ユーザが左手操作をしたものと判断できない場合には、ステップS210に移行し、ユーザが右手操作をしたかどうかをユーザに直接問うことにより、操作した手が右手か左手かを確定するようにできる。 In step S209, if the user can not determine what was the left hand operation, the process proceeds to step S210, by asking directly whether the user has a right hand operation to the user, the operation was hand determine whether right or left hand It can be made to.

キー操作を行う手の判断が終わるとステップS213へ移行し、ユーザ設定がされているかどうか、即ちユーザが描く円形状線図12に対してどの程度の大きさのキーレイアウトを所望しているかが予め設定されているかどうかが判断される。 The determination of the hand performing the key operation is completed, the process proceeds to step S213, whether the user setting has been made, that is, whether the user is desired circle how the shape diagram 12 the size of the key layout drawing whether it is pre-set is determined. なお、このユーザ設定では、例えば右手操作の場合には、(1)キーレイアウトの位置全体をずらすようにするか? Incidentally, either in this user setting, for example in the case of the right hand operation, to shift the entire position of the (1) key layout? (図10(A))、(2)「電話」キーの位置を固定し「#」がシフトするように全体を縮小させるようにするか? (FIG. 10 (A)), (2) fixing the position of the "telephone" key "#" is either so as to reduce the overall to shift? 、(3)一部のキーを拡大し一部のキーを縮小するか? , Reduce the part of the key to expand the key (3) part? (図11(A))、などの項目、およびそれについての具体的なキーレイアウトを設定できるようにする。 (FIG. 11 (A)), to be able to set a specific key layout items, and about it, such as.

以降、ユーザ設定に応じたキーレイアウトをステップS207でメモリ9から読み込む。 Later, it reads the key layout corresponding to the user setting from the memory 9 in step S207. ステップS213のユーザ設定がなされていない場合はステップS214でユーザにユーザ設定を要求する。 If the user set in step S213 has not been requested user settings to the user at step S214.

ユーザの設定がキーの拡大に関しての設定であれば、それに対応したキーレイアウトをメモリ9より参照して、そのキーレイアウトをディスプレイ4に表示する。 If settings regarding the expansion of user setting key, a key layout corresponding thereto with reference from the memory 9 and displays the key layout on the display 4. しかしながら、ユーザ設定において、キーレイアウト全体をずらす場合には、キーレイアウト全体が移動するだけの領域がディスプレイ4上にあるかどうかを、ステップS216にて、シフトがディスプレイ4の表示範囲内に収まるかどうか判断することにより確かめる。 However, if the user setting, when shifting the entire key layout, whether enough space entire key layout moves is on the display 4, at step S216, the shift is within the display range of the display 4 ascertain by determining whether.

シフトが範囲内に収まる場合には、それに対応するキーレイアウトをメモリ9から参照してディスプレイ4上に表示し、シフトが範囲内に収まらない場合には、ステップS217にてユーザに対して警告を発して、ディスプレイ4の表示範囲内に収まるキーレイアウトをメモリ9から参照し、このキーレイアウトをディスプレイ4に表示する。 If the shift is within range, the key layout corresponding thereto with reference from the memory 9 and displayed on the display 4, when the shift is not within the range, a warning to the user at step S217 issued by, referring to the key layout to fit within the display range of the display 4 from the memory 9 and displays the key layout on the display 4. この際、例えば右手操作の場合に、右上にキーレイアウトをシフトする領域がない場合は、「電話」キーの位置を固定し、「#」がシフトするように全体を縮小させたキーレイアウトをメモリ9より参照して、そのレイアウトを表示する。 At this time, for example in the case of right hand operation, if there is no region to shift the key layout in the upper right, to fix the position of the "phone" key, "#" to the key layout is reduced overall to shift memory referring than 9, displays the layout.

なお、本発明は、上述した実施の形態にのみ限定されるものではなく、幾多の変更または変形が可能である。 The present invention is not limited only to the embodiments described above, it is possible to various changes or modifications. 例えば、各実施の形態において、予め決められたキーレイアウトを選択手段10によりメモリ9から読み取るのではなく、可動範囲13が決定された後に、そのデータに基づく演算を行うことによりキーレイアウトを算出させるようにすることもできる。 For example, in each embodiment, instead of by the selection means 10 a predetermined key layout of reading from the memory 9, after the movable range 13 is determined, thereby calculating the key layout by performing a calculation based on the data It can also be so. また、決定された可動範囲13に基づき、キーレイアウトの大きさ等を演算し、演算結果に応じて、メモリ9に記憶された所定のキーレイアウトを拡大または縮小するようにしてもよい。 Further, based on the movable range 13 determined by calculating the key layout size, etc., depending on the calculation result, it may be enlarged or reduced a predetermined key layout stored in the memory 9.

また、図示していないが、指の可動範囲13を決定する際、タッチパネル5上に円形状線図12を描くことをユーザに要求するのではなく、一筆書きで斜めのほぼ直線状の線図を描くことを要求し、この線図の始点と終点を、キーレイアウト全体を矩形とみなした場合の対角線のひとつと判断することで、これに基づくキーレイアウトをメモリ9から参照して選択するかまたは演算し、ディスプレイ4上に表示するようにもできる。 Although not shown, when determining the movable range 13 of the finger, rather than requiring that draw a circular diagram 12 on the touch panel 5 to the user, the diagram substantially straight diagonal in one stroke requesting to draw, the start and end points of the diagram, by determining the diagonal of one when considered overall key layout and rectangular, select a key layout based thereon with reference from the memory 9 or or calculated may be displayed on the display 4.

なお、本発明の各実施の形態に係る携帯端末装置1は、典型的には携帯電話等の端末装置とすることができるが、これに限定されるものではなく、PDA等の携帯端末装置を含む様々な携帯端末装置にも応用できる。 The mobile terminal apparatus 1 according to each embodiment of the present invention is typically be a mobile phone or the like of the terminal device is not limited to this, the portable terminal device such as a PDA It can also be applied to various portable terminal devices including.

本発明の第1実施の形態に係る携帯端末装置の概略を示す図である。 A schematic of the portable terminal device according to a first embodiment of the present invention. FIG. 図1に示す携帯端末装置の入力部の概略断面図である。 It is a schematic cross-sectional view of an input unit of the portable terminal device shown in FIG. 図1に示す携帯端末装置の制御回路の概略ブロック図である。 It is a schematic block diagram of a control circuit of the portable terminal device shown in FIG. 第1実施の形態に係る携帯端末装置における操作キー群レイアウト方法の概略を説明する図である。 It is a diagram for explaining the outline of the operation key group layout method in a mobile terminal device according to the first embodiment. 第1実施の形態の動作を説明するフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the first embodiment. 第1実施の形態によるキーレイアウト例を示す図である。 It is a diagram showing a key layout example according to the first embodiment. 図5に示すレイアウト処理の詳細を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the details of the layout process of FIG. 5. 第1実施の形態によるレイアウト処理を説明するための図である。 It is a diagram for explaining a layout process according to the first embodiment. 同じく、レイアウト処理を説明するための図である。 Also, a view for explaining the layout process. 本発明の第2実施の形態に係る操作キー群のレイアウト例を示す図である。 It is a diagram showing a layout example of the operation key group in accordance with a second embodiment of the present invention. 同じく、第3実施の形態に係る操作キー群のレイアウト例を示す図である。 Similarly, a diagram illustrating a layout example of the operation key group in accordance with the third embodiment. 第3実施の形態によるレイアウト処理を説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a layout process according to the third embodiment.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 携帯端末装置 2 入力部 3 モニタ部 4 ディスプレイ 5 タッチパネル 6 レイアウト表示手段 7 範囲決定手段 8 位置決定手段 9 メモリ 10 選択手段 11 制御手段 12 円形状線図 13 可動範囲 1 the mobile terminal device 2 input section 3 monitor unit 4 display 5 touch panel 6 layout display unit 7 range determining means 8 position determining means 9 memory 10 the selection means 11 control means 12 yen shape diagram 13 movable range

Claims (3)

  1. 操作キー群を表示部に表示して、タッチパネルを介して入力操作するようにした携帯端末装置における操作キー群のレイアウト方法であって、 Displays an operation key group on the display unit, a layout method of the operation key group in the portable terminal device so as to input operation through the touch panel,
    タッチパネル上に線図を描くユーザ操作に基づいて前記表示部に表示する操作キー群の表示位置および範囲を決定し、その決定された表示位置および範囲に基づいて操作キー群を前記表示部に表示することを特徴とする携帯端末装置における操作キー群レイアウト方法。 Based on the user operation of drawing a line drawing on the touch panel to determine the display position and range of the operation key group to be displayed on the display unit, the display on the display unit an operation key group based on the determined display position and range operation key group layout method in a mobile terminal device which is characterized in that.
  2. 前記操作キー群の表示位置および範囲は、ユーザによりタッチパネル上に連続的に描かれる図形の描写位置を表示位置とし、かつ当該図形により囲まれる領域を表示範囲として決定することを特徴とする請求項1記載の携帯端末装置における操作キー群レイアウト方法。 Display position and range of the operation key group, the claims and the display position of the representation position of the continuously pictured graphics on the touch panel by the user, and wherein the determining the display range of the area surrounded by the figures operation key group layout method in a mobile terminal apparatus according 1.
  3. 操作キー群を表示部に表示して、タッチパネルを介して入力操作するようにした携帯端末装置であって、 Displays an operation key group on the display unit, a portable terminal device so as to input operation through the touch panel,
    タッチパネル上に線図を描くユーザ操作に基づいて前記表示部に表示する操作キー群の表示位置および範囲を決定し、その決定された表示位置および範囲に基づいて操作キー群を前記表示部に表示するよう制御する制御手段具えることを特徴とする携帯端末装置 Based on the user operation of drawing a line drawing on the touch panel to determine the display position and range of the operation key group to be displayed on the display unit, the display on the display unit an operation key group based on the determined display position and range mobile terminal apparatus characterized by comprising a control means for controlling so as to.
JP2006094794A 2006-03-30 2006-03-30 Layout method of the operation key group in the portable terminal and Active JP4628295B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006094794A JP4628295B2 (en) 2006-03-30 2006-03-30 Layout method of the operation key group in the portable terminal and

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006094794A JP4628295B2 (en) 2006-03-30 2006-03-30 Layout method of the operation key group in the portable terminal and

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007274136A true JP2007274136A (en) 2007-10-18
JP4628295B2 true JP4628295B2 (en) 2011-02-09

Family

ID=38676511

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006094794A Active JP4628295B2 (en) 2006-03-30 2006-03-30 Layout method of the operation key group in the portable terminal and

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4628295B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5045559B2 (en) 2008-06-02 2012-10-10 富士通モバイルコミュニケーションズ株式会社 Mobile terminal
JP5093080B2 (en) * 2008-12-05 2012-12-05 富士通モバイルコミュニケーションズ株式会社 Mobile terminal
EP3220180A1 (en) 2009-06-16 2017-09-20 INTEL Corporation Camera applications in a handheld device
KR101364837B1 (en) * 2009-06-16 2014-02-19 인텔 코오퍼레이션 Adaptive virtual keyboard for handheld device
JP2011086036A (en) * 2009-10-14 2011-04-28 Victor Co Of Japan Ltd Electronic equipment, method and program for displaying icon
JP5865179B2 (en) * 2012-05-29 2016-02-17 京セラ株式会社 The mobile terminal device

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04180116A (en) * 1990-11-14 1992-06-26 Nec Niigata Ltd Keyboard
JP2000163205A (en) * 1998-11-30 2000-06-16 Nec Software Hokkaido Ltd Key position setting system
JP2002164980A (en) * 2000-11-29 2002-06-07 Kyocera Corp Mobile terminal
JP2004005180A (en) * 2002-05-31 2004-01-08 Tokai Rika Co Ltd Determination method of switch area, and surface scan type input device
JP2005530235A (en) * 2002-06-14 2005-10-06 ノキア コーポレイション An electronic device, a method of preparing keyboard

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04180116A (en) * 1990-11-14 1992-06-26 Nec Niigata Ltd Keyboard
JP2000163205A (en) * 1998-11-30 2000-06-16 Nec Software Hokkaido Ltd Key position setting system
JP2002164980A (en) * 2000-11-29 2002-06-07 Kyocera Corp Mobile terminal
JP2004005180A (en) * 2002-05-31 2004-01-08 Tokai Rika Co Ltd Determination method of switch area, and surface scan type input device
JP2005530235A (en) * 2002-06-14 2005-10-06 ノキア コーポレイション An electronic device, a method of preparing keyboard

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2007274136A (en) 2007-10-18 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7190351B1 (en) System and method for data input
US20060119582A1 (en) Unambiguous text input method for touch screens and reduced keyboard systems
US7002553B2 (en) Active keyboard system for handheld electronic devices
US20100241985A1 (en) Providing Virtual Keyboard
US20090213081A1 (en) Portable Electronic Device Touchpad Input Controller
US6597345B2 (en) Multifunctional keypad on touch screen
US7479948B2 (en) Terminal and method for entering command in the terminal
US20040104894A1 (en) Information processing apparatus
US20110102462A1 (en) Systems and Methods For Compensating For Visual Distortion Caused By Surface Features On A Display
US20050190147A1 (en) Pointing device for a terminal having a touch screen and method for using the same
US20100177121A1 (en) Information processing apparatus, information processing method, and program
EP1191430A1 (en) Graphical user interface for devices having small tactile displays
US20070260981A1 (en) Method of displaying text using mobile terminal
US20120062465A1 (en) Methods of and systems for reducing keyboard data entry errors
US20090295743A1 (en) Mobile terminal
US20040036680A1 (en) User-interface features for computers with contact-sensitive displays
US20050190970A1 (en) Text input system for a mobile electronic device and methods thereof
US7856605B2 (en) Method, system, and graphical user interface for positioning an insertion marker in a touch screen display
US20130007653A1 (en) Electronic Device and Method with Dual Mode Rear TouchPad
US20090109182A1 (en) Text selection using a touch sensitive screen of a handheld mobile communication device
EP1569079A1 (en) Text input system for a mobile electronic device and methods thereof
JP2003330586A (en) Display control device, personal digital assistant device display control information and display control method
JP2011192215A (en) Device, method and program for inputting character
GB2380583A (en) Touch pad/screen for electronic equipment
JP2008217704A (en) Display device and portable information equipment

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090303

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100727

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100817

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101018

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20101018

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101109

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101109

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131119

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150