JP4625343B2 - Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium - Google Patents

Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium Download PDF

Info

Publication number
JP4625343B2
JP4625343B2 JP2005033318A JP2005033318A JP4625343B2 JP 4625343 B2 JP4625343 B2 JP 4625343B2 JP 2005033318 A JP2005033318 A JP 2005033318A JP 2005033318 A JP2005033318 A JP 2005033318A JP 4625343 B2 JP4625343 B2 JP 4625343B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
application
platform
screen
managed
image forming
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005033318A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005269619A (en
Inventor
光男 安藤
邦洋 秋吉
Original Assignee
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2004040471 priority Critical
Application filed by 株式会社リコー filed Critical 株式会社リコー
Priority to JP2005033318A priority patent/JP4625343B2/en
Priority claimed from US11/057,256 external-priority patent/US8432562B2/en
Publication of JP2005269619A publication Critical patent/JP2005269619A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4625343B2 publication Critical patent/JP4625343B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、コピー/プリンタ/スキャナ/ファクシミリ/複合機/融合機等の画像形成装置、パーソナルコンピュータ等の端末装置、情報処理方法、情報処理プログラム、SDcard/CD−ROM等の記録媒体に関する。   The present invention relates to an image forming apparatus such as a copy / printer / scanner / facsimile / multifunction machine / multifunction machine, a terminal device such as a personal computer, an information processing method, an information processing program, and a recording medium such as an SD card / CD-ROM.

近年、コピーとプリンタとスキャナとファクシミリとしての機能を備える複合機や融合機が市販されるようになった。複合機や融合機は、撮像部や印刷部や通信部や操作表示部等のハードウェアを備えると共に、コピーとプリンタとスキャナとファクシミリに対応する4種類のソフトウェアを備え、これらのソフトウェアが切り替わることにより、コピーやプリンタやスキャナやファクシミリとして機能する。複合機や融合機は、コピーやプリンタとして機能する場合、画像を印刷用紙等に印刷することになり、コピーやスキャナやとして機能する場合、画像を読取原稿から読み取ることになり、ファクシミリとして機能する場合、画像を電話回線等を介して他の機器と授受することになる。
特開2002−84383号公報
In recent years, multifunction peripherals and multifunction peripherals having functions as a copy, a printer, a scanner, and a facsimile have come to be marketed. Multifunction devices and multifunction devices have hardware such as an imaging unit, printing unit, communication unit, and operation display unit, as well as four types of software corresponding to copying, printers, scanners, and facsimiles. These softwares can be switched. This functions as a copy, printer, scanner, or facsimile. When functioning as a copy or printer, a multifunction device or a multifunction device prints an image on printing paper or the like. When functioning as a copy or scanner, the image is read from a read original and functions as a facsimile. In this case, images are exchanged with other devices via a telephone line or the like.
JP 2002-84383 A

複合機や融合機内では、様々なアプリケーションが実行される。複合機や融合機内でのアプリケーションの実行態様としては、1プロセス上で1アプリケーションが実行される「1プロセス1アプリ」が主流であるが、1プロセス上で複数のアプリケーションが実行される「1プロセス複数アプリ」も登場しつつある。しかし、1プロセス1アプリを前提とするシステムで1プロセス複数アプリの情報処理を実行するような場合、1プロセス1アプリ向けのアプリケーション管理機構では1プロセス複数アプリの各アプリケーションを管理することができないので、1プロセス複数アプリ向けのアプリケーション管理機構が必要となる。この例からも理解されるように、複合機や融合機には、アプリケーションの実行態様に応じたアプリケーション管理機構が必要である。   Various applications are executed in the multifunction peripheral and the multi-function peripheral. As an execution mode of an application in a multifunction peripheral or a multi-function peripheral, “one process and one application” in which one application is executed in one process is the mainstream, but “one process in which a plurality of applications are executed in one process”. “Multiple apps” are also appearing. However, in the case of executing information processing of one process plural applications in a system premised on one process one application, each application of one process plural applications cannot be managed by the application management mechanism for one process one application. An application management mechanism for multiple applications per process is required. As can be understood from this example, the multifunction peripheral or the multifunction peripheral needs an application management mechanism corresponding to the application execution mode.

したがって、本発明は、新たなアプリケーション管理機構を備える画像形成装置を提案することを課題とする。   Therefore, an object of the present invention is to propose an image forming apparatus including a new application management mechanism.

請求項1に記載の発明は、アプリケーションを管理するプラットフォームを備える画像形成装置であって、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を備え、前記他のアプリケーション、前記操作画面表示アプリケーション、前記エラー発生出力アプリケーション、及び前記ルール違反出力アプリケーションは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする画像形成装置である。 The invention according to claim 1 is an image forming apparatus including a platform for managing an application, and displays an operation screen for operating another application managed by the platform as an application managed by the platform. An operation screen display application, an error occurrence output application that outputs information indicating that an error has occurred when an error occurs in the other application, and an interface of an application managed by the platform from the other application processing request for the, if there is a rule violation that exceeds the permitted range of operating conditions determined in advance, comprising: a rule violation output applications for outputting information indicating that a rule violation, the, Serial other applications, the operation screen display application, the error output applications, and the rule violation output application is an image forming apparatus characterized by being performed on the same process.

請求項2に記載の発明は、前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、画面を占有させるアプリケーションの切替操作を行うための切替操作画面を表示することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置である。   The invention according to claim 2 is characterized in that the operation screen display application displays a switching operation screen for performing a switching operation of an application that occupies the screen as the operation screen. An image forming apparatus.

請求項3に記載の発明は、前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションの起動操作を行うための起動操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至2のいずれか1項に記載の画像形成装置である。   The invention according to claim 3 is characterized in that the operation screen display application displays a start operation screen for performing an application start operation as the operation screen. The image forming apparatus described in the above.

請求項4に記載の発明は、前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションの終了操作を行うための終了操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置である。   The invention according to claim 4 is characterized in that the operation screen display application displays an end operation screen for performing an application end operation as the operation screen. The image forming apparatus described in the above.

請求項5に記載の発明は、前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションのインストール操作を行うためのインストール操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の画像形成装置である。   The invention according to claim 5 is characterized in that the operation screen display application displays an installation operation screen for performing an application installation operation as the operation screen. The image forming apparatus described in the above.

請求項6に記載の発明は、前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションのアンインストール操作を行うためのアンインストール操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の画像形成装置である。   The invention according to claim 6 is characterized in that the operation screen display application displays an uninstall operation screen for performing an application uninstall operation as the operation screen. The image forming apparatus according to item 1.

請求項7に記載の発明は、記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、さらに備え、前記他のアプリケーションと前記タスクバー表示アプリケーションとは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 The invention according to claim 7, as an application to be managed by the previous SL platform, the taskbar display application that displays a taskbar to the operation target other applications that are managed by the platform, further comprising, said other application The image forming apparatus according to claim 1 , wherein the task bar display application is executed on the same process .

請求項8に記載の発明は、前記タスクバー表示アプリケーションは、前記タスクバーとして、画面を占有させるアプリケーションの切替操作を行うための切替タスクバーを表示することを特徴とする請求項7に記載の画像形成装置である。   8. The image forming apparatus according to claim 7, wherein the task bar display application displays a switching task bar for performing a switching operation of an application that occupies a screen as the task bar. It is.

請求項に記載の発明は、前記プラットフォームは、アプリケーションの実行ファイルの自動更新処理を、1対1で当該アプリケーションの情報を管理する管理ファイルの内容を元にして実行することを特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 The invention according to claim 9 is characterized in that the platform executes automatic update processing of an application execution file based on the contents of a management file for managing information of the application on a one-to-one basis. Item 9. The image forming apparatus according to any one of Items 1 to 8 .

請求項1に記載の発明は、前記プラットフォームは、1対1でアプリケーションを管理する個別管理手段と、複数の前記個別管理手段を管理する一括管理手段と、前記一括管理手段を管理する管理手段を備えることを特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 The invention according to claim 1 0, wherein the platform includes an individual managing means for managing applications in a one-to-one, and the collective management means for managing a plurality of said individual management means, management means for managing the collective management means the image forming apparatus according to any one of claims 1 to 9, characterized in that it comprises a.

請求項1に記載の発明は、前記プラットフォームは、アプリケーションの初期化状態、アプリケーションの活性化状態、アプリケーションの停止状態、アプリケーションの終了状態を含むライフサイクルを管理することを特徴とする請求項1乃至1のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 The invention of claim 1 1, wherein the platform, according to claim 1, wherein the initial state of the application, the activation state of the application, the application in the stopped state, to manage the life cycle including the end state of the application to 1 is an image forming apparatus according to any one of 0.

請求項1に記載の発明は、前記アプリケーションは、コンパイラによりソースコードからバイトコードに一括翻訳されており、仮想マシンにより逐次実行されることを特徴とする請求項1乃至1のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 Section 1 2 according to the present invention is claimed, the application, the compiler has been pre-translated from the source code into bytecode by any one of claims 1 to 1 1, characterized in that it is sequentially executed by the virtual machine 1 The image forming apparatus described in the item.

請求項1に記載の発明は、前記アプリケーションは、それぞれスレッドとして実行されることを特徴とする請求項1乃至1のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 The invention according to claim 1 3, wherein the application is an image forming apparatus according to any one of claims 1 to 1 2, characterized in that it is executed as a thread, respectively.

請求項1に記載の発明は、前記アプリケーションは、Xletであることを特徴とする請求項1乃至1のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 The invention according to claim 1 4, wherein the application is an image forming apparatus according to any one of claims 1 to 1 3, characterized in that a Xlet.

請求項1に記載の発明は、前記アプリケーションと前記プラットフォームは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする請求項1乃至1のいずれか1項に記載の画像形成装置である。 The invention according to claim 1 5, wherein said application platform, an image forming apparatus according to any one of claims 1 to 1 4, characterized in that it is performed on the same process.

請求項16に記載の発明は、アプリケーションを管理するプラットフォームを備える画像形成装置内で実行される情報処理方法であって、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする情報処理方法である。 According to a sixteenth aspect of the present invention, there is provided an information processing method executed in an image forming apparatus including a platform for managing an application, the information processing method being provided as an application managed by the platform, and the other managed by the platform An operation screen display application that displays an operation screen that is targeted for the other application, an error occurrence output application that outputs information indicating that an error has occurred when an error occurs in the other application, and the other application from the process request for interface of the application managed by the platform, when there is a rule violation that exceeds the permitted range of operating conditions determined in advance, Lou for outputting information indicating that a rule violation A violation output application, and an information processing method characterized by comprising the step of performing on said other applications the same process.

請求項1に記載の発明は、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする請求項1に記載の情報処理方である。 The invention according to claim 17 includes a task bar display application, which is provided as an application managed by the platform, and displays a task bar for operating another application managed by the platform as the other application. an information processing how according to claim 1 6, characterized in that it comprises the step of performing on the same process.

請求項18に記載の発明は、アプリケーションを管理するプラットフォームを備える画像形成装置内で実行するための情報処理プログラムであって、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする情報処理プログラムである。 The invention according to claim 18 is an information processing program for execution in an image forming apparatus including a platform for managing applications, and is managed by the platform provided as an application managed by the platform. An operation screen display application that displays an operation screen for another application, an error occurrence output application that outputs information indicating that an error has occurred when an error occurs in the other application, and the other application application, the process request for interface of the application managed by the platform, when there is a rule violation that exceeds the permitted range of operating conditions determined in advance, out of the information indicating that a rule violation A rule violation output applications, a is an information processing program for causing executing on the other applications in the same process.

請求項19に記載の発明は、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする請求項18に記載の情報処理プログラムである。 The invention according to claim 19 is the same as the other application in a task bar display application that is provided as an application managed by the platform and displays a task bar that is an operation target of another application managed by the platform. The information processing program according to claim 18 , wherein the information processing program is executed on the process.

請求項20に記載の発明は、画像形成装置のエミュレータとして機能する端末装置であって、当該端末装置のプラットフォームにより管理されるアプリケーションとして、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を備え、前記他のアプリケーション、前記操作画面表示アプリケーション、前記エラー発生出力アプリケーション、及び前記ルール違反出力アプリケーションとは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする端末装置である。 The invention according to claim 20 is a terminal device that functions as an emulator of the image forming apparatus, and is managed by the terminal device or the platform of the image forming apparatus as an application managed by the platform of the terminal apparatus. An operation screen display application that displays an operation screen that is targeted for the other application, an error occurrence output application that outputs information indicating that an error has occurred when an error occurs in the other application, and the other application The rule violation output that outputs information indicating that there is a rule violation when there is a rule violation that exceeds the permitted range of the predetermined operating conditions in the processing request for the application interface managed by the platform App Comprising application and, the, the other applications, the operation screen display application, the error output applications, and The said rule violation output application, a terminal device, characterized in that running on the same process.

請求項2に記載の発明は、前記プラットフォームにより管理されるアプリケーションとして、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、さらに備え、前記他のアプリケーションと前記タスクバー表示アプリケーションとは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする請求項2に記載の端末装置である。 Invention according to claim 2 1, as an application to be managed by the platform, the taskbar display application that displays a taskbar that other applications that are managed by the platform of the terminal device or the image forming apparatus and the operation target, further comprising, said the other applications and the taskbar display application, a terminal device of claim 2 0, characterized in that running on the same process.

請求項22に記載の発明は、画像形成装置のエミュレータとして機能する端末装置内で実行される情報処理方法であって、当該端末装置のプラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする情報処理方法である。 The invention according to claim 22 is an information processing method executed in a terminal device functioning as an emulator of the image forming apparatus, the terminal device or the information processing method provided as an application managed by the platform of the terminal device An operation screen display application that displays an operation screen for other applications managed by the platform of the image forming apparatus, and information indicating that an error has occurred when an error occurs in the other application If there is a rule violation exceeding the permitted range of the predetermined operating condition in the processing request for the interface of the application managed by the platform from the error generation output application and the other application, the rule violation occurs. there were A rule violation output applications for outputting information, and an information processing method characterized by comprising the step of performing on said other applications the same process.

請求項23に記載の発明は、前記プラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする請求項22に記載の情報処理方法である。 According to a twenty- third aspect of the present invention, there is provided a task bar display application that displays a task bar that is provided as an application managed by the platform and that operates on another application managed by the terminal device or the platform of the image forming apparatus. 23. The information processing method according to claim 22 , further comprising a step of executing the command on the same process as the other application.

請求項24に記載の発明は、画像形成装置のエミュレータとして機能する端末装置内で実行するための情報処理プログラムであって、当該端末装置のプラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする情報処理プログラムである。 According to a twenty-fourth aspect of the present invention, there is provided an information processing program for execution in a terminal device that functions as an emulator of an image forming apparatus, the terminal device being provided as an application managed by a platform of the terminal device Alternatively, an operation screen display application that displays an operation screen that targets other applications managed by the platform of the image forming apparatus, and information indicating that an error has occurred when an error occurs in the other application. and error output application for outputting, from the other applications, the processing requirements for the interface of the application to be managed by the platform, when there is a rule violation that exceeds the permitted range of operating conditions determined in advance, the rules differences A rule violation output applications for outputting information indicating that a, a, an information processing program for causing executing on the other applications in the same process.

請求項25に記載の発明は、前記プラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする請求項24に記載の情報処理プログラムである。 According to a twenty-fifth aspect of the present invention, there is provided a taskbar display application for displaying a taskbar which is provided as an application managed by the platform and operates on another application managed by the terminal device or the platform of the image forming apparatus. 25. The information processing program according to claim 24 , wherein the information processing program is executed on the same process as the other application.

請求項26に記載の発明は、請求項18又は19に記載の情報処理プログラムを記録した記録媒体である。 The invention described in claim 26 is a recording medium in which the information processing program according to claim 18 or 19 is recorded.

請求項27に記載の発明は、請求項24又は25に記載の情報処理プログラムを記録した記録媒体である。 The invention described in claim 27 is a recording medium in which the information processing program according to claim 24 or 25 is recorded.

請求項1に記載の発明は、アプリケーション管理機構として、アプリケーションのライフサイクル等を管理する「プラットフォーム」と、このプラットフォームによってライフサイクル等を管理されるアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する「操作画面表示アプリケーション」とを備える。アプリケーションのライフサイクル等を「プラットフォーム」が管理し、このプラットフォームによってライフサイクル等を管理されるアプリケーションを操作対象とする操作画面を「操作画面表示アプリケーション」が提供するのである。そのため、アプリケーションの実装等が容易になる。操作画面表示アプリケーションも、このプラットフォームによってライフサイクル等を管理されるアプリケーションである。そのため、この操作画面表示アプリケーションの実装,入れ替え等も容易である。請求項7に記載の発明(タスクバー表示アプリケーション)や、請求項9に記載の発明(エラー発生出力アプリケーション)や、請求項10に記載の発明(ルール違反出力アプリケーション)に関しても同様の事が言える。   In the invention described in claim 1, as an application management mechanism, a “platform” that manages the life cycle of the application, and an “operation” that displays an operation screen for an application whose life cycle is managed by this platform. Screen display application ". The “platform” manages the life cycle of the application, and the “operation screen display application” provides an operation screen for an application whose life cycle is managed by this platform. This makes it easy to implement applications. The operation screen display application is also an application whose life cycle is managed by this platform. Therefore, the operation screen display application can be easily mounted and replaced. The same applies to the invention described in claim 7 (task bar display application), the invention described in claim 9 (error occurrence output application), and the invention described in claim 10 (rule violation output application).

請求項2に記載の発明は、アプリケーション管理機構として、端末装置又は画像形成装置のプラットフォームによりライフサイクル等を管理されるアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する「操作画面表示アプリケーション」を備える。端末装置又は画像形成装置のプラットフォームによりライフサイクル等を管理されるアプリケーションを操作対象とする操作画面を「操作画面表示アプリケーション」が提供するのである。そのため、アプリケーションの実装等が容易になる。操作画面表示アプリケーションも、端末装置のプラットフォームによりライフサイクル等を管理されるアプリケーションである。そのため、この操作画面表示アプリケーションの実装,入れ替え等も容易である。タスクバー表示アプリケーションや、エラー発生出力アプリケーションや、ルール違反出力アプリケーションに関しても同様の事が言える。

The invention of claim 2 0, as the application management mechanism includes a "operation screen display application" for displaying an operation screen for an application to be managing the life cycle such as the platform of the terminal device or the image forming apparatus and the operation target . The “operation screen display application” provides an operation screen whose operation target is an application whose life cycle is managed by the platform of the terminal device or the image forming apparatus. This makes it easy to implement applications. The operation screen display application is also an application whose life cycle is managed by the platform of the terminal device. Therefore, the operation screen display application can be easily mounted and replaced . Taskbar display applications or, an error occurs output applications or, is it the same is true regarding the rule violation output application it said.

このように、本発明は、新たなアプリケーション管理機構を備える画像形成装置を提案するものである。   Thus, the present invention proposes an image forming apparatus having a new application management mechanism.

図1は、本発明の実施例に該当する融合機101を表す。図1の融合機101は、種々のハードウェア111と、種々のソフトウェア112と、融合機起動部113により構成される。   FIG. 1 shows a compound machine 101 corresponding to an embodiment of the present invention. The compound machine 101 shown in FIG. 1 includes various hardware 111, various software 112, and a compound machine starting unit 113.

融合機101のハードウェア111としては、撮像部121と、印刷部122と、その他のハードウェア123が存在する。撮像部121は、読取原稿から画像(画像データ)を読み取るためのハードウェアである。印刷部122は、画像(画像データ)を印刷用紙に印刷するためのハードウェアである。   As the hardware 111 of the multi-function peripheral 101, there are an imaging unit 121, a printing unit 122, and other hardware 123. The imaging unit 121 is hardware for reading an image (image data) from a read original. The printing unit 122 is hardware for printing an image (image data) on printing paper.

融合機101のソフトウェア112としては、種々のアプリケーション131と、種々のプラットフォーム132が存在する。これらのプログラムは、UNIX(登録商標)等のOS(オペレーティングシステム)によりプロセス単位で並列的に実行される。   As the software 112 of the multi-function peripheral 101, there are various applications 131 and various platforms 132. These programs are executed in parallel on a process basis by an OS (Operating System) such as UNIX (registered trademark).

アプリケーション131としては、コピー用のアプリケーションであるコピーアプリ141、プリンタ用のアプリケーションであるプリンタアプリ142、スキャナ用のアプリケーションであるスキャナアプリ143、ファクシミリ用のアプリケーションであるファクシミリアプリ144、ネットワークファイル用のアプリケーションであるネットワークファイルアプリ145が存在する。   The application 131 includes a copy application 141 that is a copy application, a printer application 142 that is a printer application, a scanner application 143 that is a scanner application, a facsimile application 144 that is a facsimile application, and a network file application. There is a network file application 145.

アプリケーション131は、専用のSDK(ソフトウェア開発キット)を使用して開発することができる。SDKを使用して開発したアプリケーション131をSDKアプリと呼ぶ。専用のSDKとしては、C言語でアプリケーション131を開発するための「CSDK」や、Java(登録商標)言語でアプリケーション131を開発するための「JSDK」が提供される。CSDKを使用して開発したアプリケーション131を「CSDKアプリ」と呼び、JSDKを使用して開発したアプリケーション131を「JSDKアプリ」と呼ぶ。図1の融合機101にも、CSDKアプリ146と、JSDKアプリ147が存在する。図1の融合機101にはさらに、Java(登録商標)言語で記述されたJSDKアプリ147とC言語で記述された他のソフトウェア112との仲介を行うソフトウェア112として、JSDKプラットフォーム148が存在する。   The application 131 can be developed using a dedicated SDK (software development kit). An application 131 developed using the SDK is called an SDK application. As the dedicated SDK, “CSDK” for developing the application 131 in C language and “JSDK” for developing the application 131 in Java (registered trademark) language are provided. An application 131 developed using CSDK is called a “CSDK application”, and an application 131 developed using JSDK is called a “JSDK application”. The MFP 101 in FIG. 1 also has a CSDK application 146 and a JSDK application 147. 1 further includes a JSDK platform 148 as software 112 that mediates between the JSDK application 147 written in the Java (registered trademark) language and the other software 112 written in the C language.

プラットフォーム132としては、種々のコントロールサービス151、システムリソースマネージャ152、種々のハンドラ153が存在する。コントロールサービス151としては、ネットワークコントロールサービス(NCS)161、ファクシミリコントロールサービス(FCS)162、デリバリコントロールサービス(DCS)163、エンジンコントロールサービス(ECS)164、メモリコントロールサービス(MCS)165、オペレーションパネルコントロールサービス(OCS)166、サーティフィケーションコントロールサービス(CCS)167、ユーザディレクトリコントロールサービス(UCS)168、システムコントロールサービス(SCS)169が存在する。ハンドラ153としては、ファクシミリコントロールユニットハンドラ(FCUH)171、イメージメモリハンドラ(IMH)172が存在する。   The platform 132 includes various control services 151, a system resource manager 152, and various handlers 153. The control service 151 includes a network control service (NCS) 161, a facsimile control service (FCS) 162, a delivery control service (DCS) 163, an engine control service (ECS) 164, a memory control service (MCS) 165, and an operation panel control service. There are (OCS) 166, a certification control service (CCS) 167, a user directory control service (UCS) 168, and a system control service (SCS) 169. As the handler 153, there are a facsimile control unit handler (FCUH) 171 and an image memory handler (IMH) 172.

NCS161のプロセスは、ネットワーク通信の仲介を行う。FCS162のプロセスは、ファクシミリのAPIを提供する。DCS163のプロセスは、蓄積文書の配信処理に関する制御を行う。ECS164のプロセスは、撮像部121や印刷部122に関する制御を行う。MCS165のプロセスは、メモリやハードディスクドライブに関する制御を行う。OCS166のプロセスは、オペレーションパネルに関する制御を行う。CCS167のプロセスは、認証処理や課金処理に関する制御を行う。UCS168のプロセスは、ユーザ情報の管理に関する制御を行う。SCS169のプロセスは、システムの管理に関する制御を行う。   The process of the NCS 161 mediates network communication. The FCS 162 process provides a facsimile API. The process of the DCS 163 performs control related to the distribution processing of the stored document. The process of the ECS 164 performs control related to the imaging unit 121 and the printing unit 122. The process of the MCS 165 controls the memory and hard disk drive. The process of the OCS 166 performs control related to the operation panel. The process of the CCS 167 performs control related to authentication processing and billing processing. The process of the UCS 168 performs control related to management of user information. The process of the SCS 169 performs control related to system management.

アプリケーション131とプラットフォーム132の仲介を行うソフトウェア112として、仮想アプリケーションサービス(VAS)135が存在する。VAS135は、アプリケーション131をクライアントとするサーバプロセスとして動作すると共に、プラットフォーム132をサーバとするクライアントプロセスとして動作する。VAS135は、アプリケーション131から見てプラットフォーム132を隠蔽するラッピング機能を備え、プラットフォーム132のバージョンアップに伴うバージョン差を吸収する役割等を担う。   A virtual application service (VAS) 135 exists as software 112 that mediates between the application 131 and the platform 132. The VAS 135 operates as a server process using the application 131 as a client, and also operates as a client process using the platform 132 as a server. The VAS 135 has a wrapping function that hides the platform 132 when viewed from the application 131, and plays a role of absorbing version differences associated with version upgrades of the platform 132.

融合機起動部113は、融合機101の電源投入時に最初に実行される。これにより、UNIX(登録商標)等のOSが起動され、アプリケーション131やプラットフォーム132が起動される。これらのプログラムは、ハードディスクドライブやメモリカードに蓄積されており、ハードディスクドライブやメモリカードから再生されて、メモリに起動されることになる。   The MFP starter 113 is executed first when the MFP 101 is turned on. As a result, an OS such as UNIX (registered trademark) is activated, and the application 131 and the platform 132 are activated. These programs are stored in the hard disk drive or the memory card, and are reproduced from the hard disk drive or the memory card and activated in the memory.

図2は、図1の融合機101に係るハードウェア構成図である。融合機101のハードウェア111としては、コントローラ201と、オペレーションパネル202と、ファクシミリコントロールユニット(FCU)203と、撮像部121と、印刷部122が存在する。   FIG. 2 is a hardware configuration diagram according to the MFP 101 of FIG. The hardware 111 of the multi-function peripheral 101 includes a controller 201, an operation panel 202, a facsimile control unit (FCU) 203, an imaging unit 121, and a printing unit 122.

コントローラ201は、CPU211、ASIC212、NB221、SB222、MEM−P231、MEM−C232、HDD(ハードディスクドライブ)233、メモリカードスロット234、NIC(ネットワークインタフェースコントローラ)241、USBデバイス242、IEEE1394デバイス243、セントロニクスデバイス244により構成される。   The controller 201 includes a CPU 211, ASIC 212, NB221, SB222, MEM-P231, MEM-C232, HDD (hard disk drive) 233, memory card slot 234, NIC (network interface controller) 241, USB device 242, IEEE 1394 device 243, and Centronics device. 244.

CPU211は、種々の情報処理用のICである。ASIC212は、種々の画像処理用のICである。NB221は、コントローラ201のノースブリッジである。SB222は、コントローラ201のサウスブリッジである。MEM−P231は、融合機101のシステムメモリである。MEM−C232は、融合機101のローカルメモリである。HDD233は、融合機101のストレージである。メモリカードスロット234は、メモリカード235をセットするためのスロットである。NIC241は、MACアドレスによるネットワーク通信用のコントローラである。USBデバイス242は、USB規格の接続端子を提供するためのデバイスである。IEEE1394デバイス243は、IEEE1394規格の接続端子を提供するためのデバイスである。セントロニクスデバイス244は、セントロニクス仕様の接続端子を提供するためのデバイスである。   The CPU 211 is an IC for various information processing. The ASIC 212 is an IC for various image processing. The NB 221 is a north bridge of the controller 201. The SB 222 is a south bridge of the controller 201. The MEM-P 231 is a system memory of the multifunction machine 101. The MEM-C 232 is a local memory of the multifunction machine 101. The HDD 233 is a storage of the multifunction machine 101. The memory card slot 234 is a slot for setting the memory card 235. The NIC 241 is a controller for network communication using a MAC address. The USB device 242 is a device for providing a USB standard connection terminal. The IEEE 1394 device 243 is a device for providing a connection terminal of the IEEE 1394 standard. The Centronics device 244 is a device for providing a Centronics specification connection terminal.

オペレーションパネル202は、オペレータが融合機101に入力を行うためのハードウェア(操作部)であると共に、オペレータが融合機101から出力を得るためのハードウェア(表示部)である。   The operation panel 202 is hardware (operation unit) for an operator to input to the multifunction machine 101 and hardware (display unit) for the operator to obtain an output from the multifunction machine 101.

図3は、図1の融合機101に係る外観図である。図3には、撮像部121の位置と、印刷部122の位置と、オペレーションパネル202の位置が図示されている。図3には更に、読取原稿のセット先となる原稿セット部301と、印刷用紙の給紙先となる給紙部302と、印刷用紙の排紙先となる排紙部303が図示されている。   FIG. 3 is an external view of the multi-function peripheral 101 of FIG. FIG. 3 shows the position of the imaging unit 121, the position of the printing unit 122, and the position of the operation panel 202. FIG. 3 further illustrates a document setting unit 301 that is a setting destination of a read document, a paper feeding unit 302 that is a printing paper feeding destination, and a paper discharging unit 303 that is a printing paper discharging destination. .

オペレーションパネル202は、図4のように、タッチパネル311と、テンキー312と、スタートボタン313と、リセットボタン314と、機能キー315と、初期設定ボタン316により構成される。タッチパネル311は、タッチ操作で入力を行うためのハードウェア(タッチ操作部)であると共に、画面表示で出力を得るためのハードウェア(画面表示部)である。テンキー312は、キー(ボタン)操作で数字入力を行うためのハードウェアである。スタートボタン313は、ボタン操作でスタート操作を行うためのハードウェアである。リセットボタン314は、ボタン操作でリセット操作を行うためのハードウェアである。機能キー315は、キー(ボタン)操作でCSDKアプリ146やJSDKアプリ147による操作画面を表示させるためのハードウェアである。初期設定ボタン316は、ボタン操作で初期設定画面を表示させるためのハードウェアである。   As shown in FIG. 4, the operation panel 202 includes a touch panel 311, a numeric keypad 312, a start button 313, a reset button 314, a function key 315, and an initial setting button 316. The touch panel 311 is hardware (touch operation unit) for inputting by a touch operation and hardware (screen display unit) for obtaining an output by screen display. The numeric keypad 312 is hardware for inputting numbers by operating keys (buttons). The start button 313 is hardware for performing a start operation by a button operation. The reset button 314 is hardware for performing a reset operation by a button operation. The function key 315 is hardware for displaying an operation screen by the CSDK application 146 or the JSDK application 147 by a key (button) operation. The initial setting button 316 is hardware for displaying an initial setting screen by button operation.

原稿セット部301は、ADF(自動原稿搬送装置)321と、フラットベッド322と、フラットベッドカバー323により構成される。給紙部302は、4個の給紙トレイにより構成される。排紙部303は、1個の排紙トレイにより構成される。   The document setting unit 301 includes an ADF (automatic document feeder) 321, a flat bed 322, and a flat bed cover 323. The paper feed unit 302 includes four paper feed trays. The paper discharge unit 303 includes a single paper discharge tray.

(JSDK)
図5は、図1のJSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148のクラス図である。JSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148は、全体で1プロセスとして、同一プロセス上で実行される。JSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148中の各ブロックは、それぞれこの1プロセス上のスレッドとして、スレッド単位で並列的に実行(マルチスレッド)される。JSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148は、Java(登録商標)コンパイラによりソースコードからバイトコードに一括翻訳されており、Java(登録商標)仮想マシンにより逐次実行される。JSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148は、Java(登録商標) 2 Micro EditionのPersonal Basis Profileをベースとする実装となっている。
(JSDK)
FIG. 5 is a class diagram of the JSDK application 147 and the JSDK platform 148 of FIG. The JSDK application 147 and the JSDK platform 148 are executed on the same process as one process as a whole. Each block in the JSDK application 147 and the JSDK platform 148 is executed in parallel (multithread) in units of threads as threads on one process. The JSDK application 147 and the JSDK platform 148 are collectively translated from source code to bytecode by a Java (registered trademark) compiler, and sequentially executed by a Java (registered trademark) virtual machine. The JSDK application 147 and the JSDK platform 148 are implemented based on the Personal Basis Profile of Java (registered trademark) 2 Micro Edition.

JSDKアプリ147としては、ユーザアプリ501と、JSDK GUI Manager511と、Task Bar Manager512と、エラーアプリ513と、ルールアプリ514等が存在する。   As the JSDK application 147, there are a user application 501, a JSDK GUI Manager 511, a Task Bar Manager 512, an error application 513, a rule application 514, and the like.

ユーザアプリ501は、融合機101のユーザ(例えばベンダ)がJSDKを使用して開発したJSDKアプリである。JSDK GUI Manager511は、他のJSDKアプリ(ユーザアプリ501等)を操作対象とする操作画面の表示等を行うJSDKアプリである。Task Bar Manager512は、他のJSDKアプリ(ユーザアプリ501等)を操作対象とするタスクバーの表示等を行うJSDKアプリである。エラーアプリ513は、他のJSDKアプリ(ユーザアプリ501等)にエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報の表示や通知等を行うJSDKアプリである。ルールアプリ514は、他のJSDKアプリ(ユーザアプリ501等)の処理要求にルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報の表示や通知等を行うJSDKアプリである。   The user application 501 is a JSDK application developed by a user (for example, a vendor) of the MFP 101 using JSDK. The JSDK GUI Manager 511 is a JSDK application that displays an operation screen for other JSDK applications (such as the user application 501). The Task Bar Manager 512 is a JSDK application that displays a task bar that operates on another JSDK application (such as the user application 501). The error application 513 is a JSDK application that displays information or notification that an error has occurred when an error occurs in another JSDK application (such as the user application 501). The rule application 514 is a JSDK application that displays or notifies information indicating that a rule has been violated when there is a rule violation in a processing request of another JSDK application (such as the user application 501).

ユーザアプリ501はここでは、スタンドアロンアプリケーションやアプレットと並ぶJava(登録商標)アプリケーションであるXletである。JSDK GUI Manager511とTask Bar Manager512とエラーアプリ513とルールアプリ514はここでは、独自の拡張を施したXlet(XletEx)である。   Here, the user application 501 is an Xlet that is a Java (registered trademark) application along with a stand-alone application or an applet. Here, the JSDK GUI Manager 511, the Task Bar Manager 512, the error application 513, and the rule application 514 are Xlet (XletEx) with unique extensions.

JSDKプラットフォーム148には、JSDK Main521と、JSDK Environment522と、Locale Manager523と、Xlet Manager531と、Multi Xlet Manager532と、JSDK Manager533と、Send Manager541と、Event Manager542と、System Event Manager543と、Panel Manager544と、Install Manager545と、Server/Client Manager546等のクラスが存在する。   The JSDK platform 148, the JSDK Main521, a JSDK Environment522, the Locale Manager523, the Xlet Managers, the Multi Xlet Manager532, a JSDK Manager533, and Send Manager541, and Event Manager542, the System Event Manager543, and Panel Manager544, Install Manager545 And a class such as Server / Client Manager 546 exists.

JSDK Main521は、JSDKシステムの起動設定を行うクラスである。JSDK Environment522は、JSDKシステムの起動環境設定を行うクラスである。Locale Manager523は、国際化対応(言語指定)を行うクラスである。   The JSDK Main 521 is a class that performs startup setting of the JSDK system. The JSDK Environment 522 is a class for setting the startup environment of the JSDK system. The Local Manager 523 is a class that performs internationalization (language designation).

Xlet Manager531は、1対1でXletを管理するクラスである。ここでは、7個のXletの状態に係る情報やライフサイクル等が1対1で7個のXlet Manager531によって管理される。Xletの状態に係る情報は、Xlet Manager531によって管理され、Xlet Manager531からXletExに通知され、XletExによって表示処理や通知処理に利用される。Multi Xlet Manager532は、全てのXlet Manager531を管理するクラスである。ここでは、7個のXlet Manager531のライフサイクル等が全て1個のMulti Xlet Manager532によって管理される。JSDK Manager533は、JSDKシステム全体を管理するクラスである。例えば、Multi Xlet Manager532,Send Manager541,Event Manager542,System Event Manager543,Panel Manager544,Install Manager545,Server/Client Manager546のライフサイクル等が、JSDK Manager533によって管理される。   The Xlet Manager 531 is a class that manages Xlet on a one-to-one basis. Here, information, life cycle, and the like related to the seven Xlet states are managed by the seven Xlet Managers 531 on a one-to-one basis. Information relating to the state of the Xlet is managed by the Xlet Manager 531, notified from the Xlet Manager 531 to XletEx, and used for display processing and notification processing by XletEx. The Multi Xlet Manager 532 is a class that manages all Xlet Managers 531. Here, the life cycle and the like of seven Xlet Managers 531 are all managed by one Multi Xlet Manager 532. The JSDK Manager 533 is a class that manages the entire JSDK system. For example, the life cycle of Multi Xlet Manager 532, Send Manager 541, Event Manager 542, System Event Manager 543, Panel Manager 544, Install Manager 545, Server / Client Manager 546, etc. is managed by JSD5 33.

System Event Manager543は、図1のプラットフォーム132からのシステムイベント(電力モード等)の管理を行うクラスである。Panel Manager544は、1個のXletがオペレーションパネル202の画面を占有する際の調停等を行うクラスである。Install Manager545は、SDcardやWebからのインストールやアンインストールの管理を行うクラスである。   The System Event Manager 543 is a class that manages system events (power mode, etc.) from the platform 132 of FIG. The Panel Manager 544 is a class that performs arbitration when one Xlet occupies the screen of the operation panel 202. The Install Manager 545 is a class that manages installation and uninstallation from SDcard and Web.

図5のJSDKシステムでは、APIとして、JSDK API551とJSDK API552が利用される。なお、XletとXletExの差異として、オブジェクトにアクセスするのにJSDK API551の利用とJSDKプラットフォーム148へのアクセスが可能である点が挙げられる。図1の融合機101にはさらに、図5のJSDKシステムに係る要素として、C言語とJava(登録商標)言語のインタフェースとなるJSDK Session553とNative JSDK Session554や、JSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148を実行するためJava(登録商標)仮想マシンであるCVM555等が存在する。   In the JSDK system of FIG. 5, JSDK API 551 and JSDK API 552 are used as APIs. Note that the difference between Xlet and XletEx is that the JSDK API 551 can be used and the JSDK platform 148 can be accessed to access the object. 1 further executes a JSDK Session 553 and a Native JSDK Session 554, which are interfaces of C language and Java (registered trademark), and a JSDK application 147 and a JSDK platform 148 as elements related to the JSDK system of FIG. Therefore, CVM555 etc. which are Java (registered trademark) virtual machines exist.

図6は、JSDKシステムの起動手順について説明するための図である。JSDKシステムではまず、JSDKアプリ147を起動するmain()関数を有するクラスであるJSDK Main521が、JSDK Environment522を生成(S1)する。続いて、JSDK Environment522が、Native層の構築(S2)と言語環境の構築(S3)をもって、JSDKシステムの実行環境の構築を行う。続いて、JSDK Environment522が、JSDK Manager533を生成(S4)する。JSDKシステムではそして、JSDK Manager533が、システム層のManagerを生成(S5−12)し、Multi Xlet Manager532とXlet Manager531を通じて、アプリ層のManagerを生成(S13−16)する。   FIG. 6 is a diagram for explaining a startup procedure of the JSDK system. In the JSDK system, first, the JSDK Main 521 that is a class having a main () function for starting the JSDK application 147 generates a JSDK Environment 522 (S 1). Subsequently, the JSDK Environment 522 constructs the execution environment of the JSDK system by constructing the native layer (S2) and constructing the language environment (S3). Subsequently, the JSDK Environment 522 generates a JSDK Manager 533 (S4). In the JSDK system, the JSDK Manager 533 generates a system layer Manager (S5-12), and generates an application layer Manager through the Multi Xlet Manager 532 and the Xlet Manager 531 (S13-16).

図7は、JSDKシステムのGUI(Graphical User Interface)について説明するための図である。融合機101の機能キー315(図4参照)を押すと、図6のS1−16が実行されて、図7のGUIが融合機101のタッチパネル311(図4参照)に表示される。図7のGUIは、ユーザアプリ501を操作対象とする操作画面であり、図6のS13で起動されたJSDK GUI Manager511によって表示される。   FIG. 7 is a diagram for explaining a GUI (Graphical User Interface) of the JSDK system. When the function key 315 (see FIG. 4) of the multi-function peripheral 101 is pressed, S1-16 in FIG. 6 is executed, and the GUI in FIG. 7 is displayed on the touch panel 311 (see FIG. 4) of the multi-function peripheral 101. The GUI in FIG. 7 is an operation screen for which the user application 501 is an operation target, and is displayed by the JSDK GUI Manager 511 activated in S13 in FIG.

図7Aは、画面を占有させるユーザアプリ501の切替操作を行うための切替操作画面である。図7Bは、ユーザアプリ501の起動操作を行うための起動操作画面である。図7Cは、ユーザアプリ501の終了操作を行うための終了操作画面である。図7Dは、ユーザアプリ501のインストール操作を行うためのインストール操作画面である。図7Eは、ユーザアプリ501のアンインストール操作を行うためのアンインストール操作画面である。図7Aが、機能キー315を押した直後にタッチパネル311に表示される初期画面であり、図7A,B,C,D,Eはそれぞれ切り替え,起動,終了,インストール,アンインストールのボタンをタッチすると表示されることになる。   FIG. 7A is a switching operation screen for performing a switching operation of the user application 501 that occupies the screen. FIG. 7B is a start operation screen for performing a start operation of the user application 501. FIG. 7C is an end operation screen for performing an end operation of the user application 501. FIG. 7D is an installation operation screen for performing an installation operation of the user application 501. FIG. 7E is an uninstall operation screen for performing an uninstall operation of the user application 501. FIG. 7A shows an initial screen displayed on the touch panel 311 immediately after the function key 315 is pressed, and FIGS. Will be displayed.

SimplePrint,SimpleCopy,SimpleOcr,SimpleScan等はそれぞれユーザアプリ501である。例えば、SimplePrintは、電子文書のファイル名を入力することで当該電子文書のプリントを実行できるようにするためのアプリケーションである。なお、アプリケーションのタイプとは、GUIを有するアプリケーションであるか否かを意味する。   SimplePrint, SimpleCopy, SimpleOcr, SimpleScan, etc. are user applications 501 respectively. For example, SimplePrint is an application for enabling the electronic document to be printed by inputting the file name of the electronic document. Note that the type of application means whether the application has a GUI.

図7Aの切替操作画面について説明する。図7Aの切替操作画面には、切替操作対象としてインストール済みで実行中のユーザアプリ501の一覧が表示される。   The switching operation screen in FIG. 7A will be described. In the switching operation screen of FIG. 7A, a list of user applications 501 that have been installed and are being executed as switching operation targets is displayed.

図7Aの切替操作画面で「SimplePrint」にタッチすると、SimplePrintにオペレーションパネル202のオーナー権が付与されることになり、SimplePrintが画面を占有することになる。これに伴って、図7Aの画面から図8Aの画面に画面が移る。図8Aは、画面を占有するSimplePrintにより表示されるGUIである。   When “SimplePrint” is touched on the switching operation screen of FIG. 7A, the ownership of the operation panel 202 is given to SimplePrint, and SimplePrint occupies the screen. Accordingly, the screen shifts from the screen of FIG. 7A to the screen of FIG. 8A. FIG. 8A is a GUI displayed by SimplePrint that occupies the screen.

図7Aの切替操作画面で「SimpleCopy」にタッチすると、SimpleCopyにオペレーションパネル202のオーナー権が付与されることになり、SimpleCopyが画面を占有することになる。これに伴って、図7Aの画面から図8Bの画面に画面が移る。図7Aに示すように、SimpleCopyの状態は「異常」なので、図8Bのように、画面上にはSimpleCopyに係るエラーメッセージが表示される。   When “SimpleCopy” is touched on the switching operation screen of FIG. 7A, ownership of the operation panel 202 is given to SimpleCopy, and SimpleCopy occupies the screen. Accordingly, the screen shifts from the screen of FIG. 7A to the screen of FIG. 8B. As shown in FIG. 7A, since the state of SimpleCopy is “abnormal”, an error message related to SimpleCopy is displayed on the screen as shown in FIG. 8B.

図7Aの切替操作画面で「SimpleOcr」にタッチすると、SimpleOcrにオペレーションパネル202のオーナー権が付与されることになり、SimpleOcrが画面を占有することになる。これに伴って、図7Aの画面から図8Cの画面に画面が移る。図7Aに示すように、SimpleOcrのタイプは「GUI無」なので、図8Cのように、画面上にはSimpleOcrの状態が表示される。   When “SimpleOcr” is touched on the switching operation screen of FIG. 7A, ownership of the operation panel 202 is granted to SimpleOcr, and SimpleOcr occupies the screen. Accordingly, the screen shifts from the screen of FIG. 7A to the screen of FIG. 8C. As shown in FIG. 7A, since the type of SimpleOcr is “no GUI”, the state of SimpleOcr is displayed on the screen as shown in FIG. 8C.

図8A,B,Cの画面の左端(楕円形で示す領域内)には、図6のS14で起動されたTask Bar Manager512により、ユーザアプリ501を操作対象とするタスクバーが表示される。これらのタスクバーは、画面を占有させるユーザアプリ501の切替操作を行うための切替タスクバーである。   8A, B, and C, a task bar for operating the user application 501 is displayed by the Task Bar Manager 512 activated in S14 of FIG. These task bars are switching task bars for performing a switching operation of the user application 501 that occupies the screen.

図8Aの画面で切替タスクバー中の「SC」や「SO」にタッチすると、SimpleCopyやSimpleOcrにオペレーションパネル202のオーナー権が付与されることになり、SimpleCopyやSimpleOcrが画面を占有することになる。これに伴い、図8Aの画面から図8Bや図8Cの画面に画面が移る。図8Aの画面で切替タスクバー中の「JSDK」にタッチすると、図7Aの画面に画面が戻る。   When “SC” or “SO” in the switching task bar is touched on the screen of FIG. 8A, ownership of the operation panel 202 is given to SimpleCopy or SimpleOcr, and SimpleCopy or SimpleOcr occupies the screen. Accordingly, the screen shifts from the screen of FIG. 8A to the screen of FIG. 8B or 8C. Touching “JSDK” in the switching task bar on the screen of FIG. 8A returns the screen to the screen of FIG. 7A.

図8Bの画面で切替タスクバー中の「SP」や「SO」にタッチすると、SimplePrintやSimpleOcrにオペレーションパネル202のオーナー権が付与されることになり、SimplePrintやSimpleOcrが画面を占有することになる。これに伴い、図8Bの画面から図8Aや図8Cの画面に画面が移る。図8Bの画面で切替タスクバー中の「JSDK」にタッチすると、図7Aの画面に画面が戻る。   When “SP” or “SO” in the switching task bar is touched on the screen of FIG. 8B, ownership of the operation panel 202 is given to SimplePrint or SimpleOcr, and SimplePrint or SimpleOcr occupies the screen. Accordingly, the screen shifts from the screen of FIG. 8B to the screen of FIG. 8A or 8C. When “JSDK” in the switching task bar is touched on the screen of FIG. 8B, the screen returns to the screen of FIG. 7A.

図8Cの画面で切替タスクバー中の「SP」や「SC」にタッチすると、SimplePrintやSimpleCopyにオペレーションパネル202のオーナー権が付与されることになり、SimplePrintやSimpleCopyが画面を占有することになる。これに伴い、図8Cの画面から図8Aや図8Bの画面に画面が移る。図8Cの画面で切替タスクバー中の「JSDK」にタッチすると、図7Aの画面に画面が戻る。   When “SP” or “SC” in the switching task bar is touched on the screen of FIG. 8C, the ownership of the operation panel 202 is given to SimplePrint and SimpleCopy, and SimplePrint and SimpleCopy occupy the screen. Accordingly, the screen shifts from the screen of FIG. 8C to the screen of FIG. 8A or 8B. When “JSDK” in the switching task bar is touched on the screen of FIG. 8C, the screen returns to the screen of FIG. 7A.

図7Bの起動操作画面について説明する。図7Bの起動操作画面には、起動操作対象としてインストール済みで実行されていないユーザアプリ501の一覧が表示される。   The activation operation screen in FIG. 7B will be described. A list of user applications 501 that have been installed and are not executed as activation operation targets is displayed on the activation operation screen in FIG. 7B.

図7Bの起動操作画面で「SimplePrint」にタッチすると、SimplePrintの起動処理を実行するか否かを確認する確認画面(図9)が表示される。図9の確認画面でプロダクトコードを入力し「実行」にタッチすると、SimplePrintが起動されることになる。   When “SimplePrint” is touched on the activation operation screen of FIG. 7B, a confirmation screen (FIG. 9) for confirming whether or not to execute the SimplePrint activation process is displayed. When a product code is input on the confirmation screen of FIG. 9 and “execute” is touched, SimplePrint is activated.

図7Cの終了操作画面について説明する。図7Cの終了操作画面には、終了操作対象としてインストール済みで実行中のユーザアプリ501の一覧が表示される。   The end operation screen in FIG. 7C will be described. On the end operation screen in FIG. 7C, a list of installed and executing user applications 501 as the end operation target is displayed.

図7Cの終了操作画面で「SimplePrint」にタッチすると、SimplePrintの強制終了処理を実行するか否かを確認する確認画面(図10)が表示される。図10の確認画面で「実行」にタッチすると、SimplePrintが強制終了されることになる。   When “SimplePrint” is touched on the end operation screen of FIG. 7C, a confirmation screen (FIG. 10) for confirming whether or not to execute the SimplePrint forcible end processing is displayed. When “execute” is touched on the confirmation screen of FIG. 10, SimplePrint is forcibly terminated.

図7Dのインストール操作画面について説明する。ユーザアプリ501のインストール処理により、起動可能ユーザアプリとして未登録のユーザアプリ501が起動可能ユーザアプリとして登録されることになる。図7Dのインストール操作画面には、インストール操作対象としてユーザアプリ501の一覧がインストール状況と共に表示される。   The installation operation screen in FIG. 7D will be described. By the installation process of the user application 501, the user application 501 that is not registered as a startable user application is registered as a startable user application. On the installation operation screen in FIG. 7D, a list of user applications 501 as installation operation targets is displayed together with the installation status.

図7Dのインストール操作画面で「SimplePrint」にタッチすると、SDcardを格納元とするSimplePrintのインストール先を確認する確認画面(図11)が表示される。図11の確認画面で「SDcard」にタッチすると、SimplePrintがSDcardをインストール先としてインストールされることになり、図11の確認画面で「HDD」にタッチすると、SimplePrintがHDDをインストール先としてインストールされることになる。   When “SimplePrint” is touched on the installation operation screen of FIG. 7D, a confirmation screen (FIG. 11) for confirming the installation destination of SimplePrint having SDcard as a storage source is displayed. Touching “SDcard” on the confirmation screen of FIG. 11 installs SimplePrint as the installation destination of SDcard, and touching “HDD” on the confirmation screen of FIG. 11 installs SimplePrint as the installation destination of the HDD. It will be.

図7Eのアンインストール操作画面について説明する。ユーザアプリ501のアンインストール処理により、起動可能ユーザアプリとして登録済みのユーザアプリ501が起動可能ユーザアプリとしての登録を抹消されることになる。図7Eのアンインストール操作画面には、アンインストール操作対象として登録済みのユーザアプリ501の一覧が表示される。   The uninstall operation screen in FIG. 7E will be described. As a result of the user application 501 uninstalling process, the registered user application 501 as the startable user application is deregistered as the startable user application. A list of user applications 501 registered as uninstall operation targets is displayed on the uninstall operation screen in FIG. 7E.

図7Eのアンインストール操作画面で「SimplePrint」にタッチすると、SimplePrintのアンインストール処理を実行するか否かを確認する確認画面(図12)が表示される。図12の確認画面で「実行」にタッチすると、SimplePrintがアンインストールされることになる。   When “SimplePrint” is touched on the uninstall operation screen of FIG. 7E, a confirmation screen (FIG. 12) for confirming whether or not to execute the SimplePrint uninstall process is displayed. When “execute” is touched on the confirmation screen of FIG. 12, SimplePrint is uninstalled.

図13は、起動操作画面の表示手順について説明するための図である。切替操作画面で起動のボタンがタッチされると、JSDK GUI Manager511からInstall Manager545に、インストール済みのユーザアプリ501の一覧要求が送信(S1)される。これに応じて、Install Manager545は、インストール済みのユーザアプリ501の格納位置に係る情報(融合機101内のNVRAMに格納されている)を元に、インストール済みのユーザアプリ501のJNLPファイルを取得(S2)する。融合機101にセットされたSDcardからは、当該SDcard内のユーザアプリ501のJNLPファイルが取得される。融合機101内のHDDからは、当該HDD内のユーザアプリ501のJNLPファイルが取得される。JNLPファイルは、ユーザアプリ501と1対1で対応しており、ユーザアプリ501の定義付けに係る情報を含んでいる。そして、インストール済みのユーザアプリ501のJNLPファイルの内容を元に、Install Manager545からJSDK GUI Manager511に、インストール済みのユーザアプリ501の一覧応答が送信(S3)される。これにより、切替操作画面から起動操作画面に画面が移ることになる。   FIG. 13 is a diagram for explaining a display procedure of the startup operation screen. When the activation button is touched on the switching operation screen, a list request of installed user applications 501 is transmitted from the JSDK GUI Manager 511 to the Install Manager 545 (S1). In response to this, the Install Manager 545 acquires the JNLP file of the installed user application 501 based on the information related to the storage location of the installed user application 501 (stored in the NVRAM in the MFP 101) ( S2). The JNLP file of the user application 501 in the SD card is acquired from the SD card set in the multi-function peripheral 101. From the HDD in the multi-function peripheral 101, the JNLP file of the user application 501 in the HDD is acquired. The JNLP file has a one-to-one correspondence with the user application 501 and includes information related to the definition of the user application 501. Then, based on the contents of the JNLP file of the installed user application 501, a list response of the installed user applications 501 is transmitted from the Install Manager 545 to the JSDK GUI Manager 511 (S 3). As a result, the screen moves from the switching operation screen to the activation operation screen.

図14は、起動処理の実行手順について説明するための図である。起動操作画面で選択操作が実行されて確認画面で確認操作が実行されると、JSDK GUI Manager511からJSDK Manager533に、ユーザアプリ501の起動要求が送信(S1)される。これに応じて、JSDK Manager533からMulti Xlet Manager532に、Authentication Manager547による認証処理を経由してから、ユーザアプリ501の起動要求が送信(S2)される。これに応じて、Multi Xlet Manager532がXlet Manager531を起動(S3)し、Xlet Manager531がPanel Manager544からルートウィンドウを取得(S4)し、Xlet Manager531がユーザアプリ501を起動(S5)する。そして、Multi Xlet Manager532からJSDK Manager533に、ユーザアプリ501の起動応答が送信(S6)される。そして、JSDK Manager533からJSDK GUI Manager511に、ユーザアプリ501の起動応答が送信(S7)される。   FIG. 14 is a diagram for explaining the execution procedure of the startup process. When the selection operation is performed on the activation operation screen and the confirmation operation is performed on the confirmation screen, the activation request for the user application 501 is transmitted from the JSDK GUI Manager 511 to the JSDK Manager 533 (S1). In response to this, an activation request for the user application 501 is transmitted from the JSDK Manager 533 to the Multi Xlet Manager 532 through an authentication process by the Authentication Manager 547 (S2). In response to this, the Multi Xlet Manager 532 activates the Xlet Manager 531 (S3), the Xlet Manager 531 acquires a root window from the Panel Manager 544 (S4), and the Xlet Manager 531 activates the user application 501 (S5). Then, the activation response of the user application 501 is transmitted from the Multi Xlet Manager 532 to the JSDK Manager 533 (S6). Then, the activation response of the user application 501 is transmitted from the JSDK Manager 533 to the JSDK GUI Manager 511 (S7).

図15は、インストール操作画面の表示手順について説明するための図である。切替操作画面上でインストールのボタンがタッチされると、JSDK GUI Manager511からInstall Manager545に、ユーザアプリ501の一覧要求が送信(S1)される。これに応じて、Install Manager545は、ユーザアプリ501のJNLPファイルを取得(S2)する。融合機101にセットされたSDcardからは、当該SDcard内のユーザアプリ501のJNLPファイルが取得される。融合機101とネットワークで接続されたWebサーバからは、当該Webサーバ内のユーザアプリ501のJNLPファイルが取得される。JNLPファイルは、ユーザアプリ501と1対1で対応しており、ユーザアプリ501の定義付けに係る情報を含んでいる。そして、ユーザアプリ501のインストール状況に関する情報(融合機101内のNVRAMに格納されている)や、ユーザアプリ501のJNLPファイルの内容を元にして、Install Manager545からJSDK GUI Manager511に、ユーザアプリ501の一覧応答が送信(S3)される。これにより、切替操作画面からインストール操作画面に画面が移ることになる。   FIG. 15 is a diagram for explaining the display procedure of the installation operation screen. When an installation button is touched on the switching operation screen, a list request for the user application 501 is transmitted from the JSDK GUI Manager 511 to the Install Manager 545 (S1). In response to this, the Install Manager 545 acquires the JNLP file of the user application 501 (S2). The JNLP file of the user application 501 in the SD card is acquired from the SD card set in the multi-function peripheral 101. A JNLP file of the user application 501 in the Web server is acquired from the Web server connected to the MFP 101 via the network. The JNLP file has a one-to-one correspondence with the user application 501 and includes information related to the definition of the user application 501. Then, based on the information related to the installation status of the user application 501 (stored in the NVRAM in the MFP 101) and the contents of the JNLP file of the user application 501, the Install Manager 545 sends the JSDK GUI Manager 511 to the user application 501. A list response is transmitted (S3). As a result, the screen moves from the switching operation screen to the installation operation screen.

図16は、インストール処理の実行手順について説明するための図である。インストール操作画面で選択操作が実行されて確認画面で確認操作が実行されると、JSDK GUI Manager511からInstall Manager545に、ユーザアプリ501のインストール要求が送信(S1)される。これに応じて、Install Manager545は、Authentication Manager547による認証処理を経由してから、ユーザアプリ501をインストール(S2)する。そして、Install Manager545からJSDK GUI Manager511に、ユーザアプリ501のインストール応答が送信(S3)される。   FIG. 16 is a diagram for explaining the execution procedure of the installation process. When a selection operation is performed on the installation operation screen and a confirmation operation is performed on the confirmation screen, an installation request for the user application 501 is transmitted from the JSDK GUI Manager 511 to the Install Manager 545 (S1). In response, the Install Manager 545 installs the user application 501 after passing through the authentication process by the Authentication Manager 547 (S2). Then, the installation response of the user application 501 is transmitted from the Install Manager 545 to the JSDK GUI Manager 511 (S3).

図17は、JNLPファイルの構文の例を表す。JNLP(Java(登録商標) Network Launching Protocol)ファイルはXML(eXtensible Markup Language)ファイルであり、JNLPファイル書式はJNLP規格に準拠している。ただし、JSDK向けに独自の拡張を施している部分があるため、以下その部分について説明する。   FIG. 17 shows an example of the syntax of the JNLP file. A JNLP (Java (registered trademark) Network Launching Protocol) file is an XML (extensible Markup Language) file, and the JNLP file format conforms to the JNLP standard. However, since there is a part that is uniquely extended for JSDK, this part will be described below.

記述1は、informationエレメントであり、アプリケーション名を示すtitleエレメント(記述1A)や、ベンダ名を示すvenderエレメント(記述1B)や、ベンダの電話番号を示すtelephoneエレメント(記述1C)や、ベンダのファクス電話番号を示すfaxエレメント(記述1D)や、アプリケーションのプロダクトIDを示すproductIDエレメント(記述1E)を含んでいる。   Description 1 is an information element, a title element (description 1A) indicating the application name, a vendor element (description 1B) indicating the vendor name, a telephone element (description 1C) indicating the telephone number of the vendor, and the vendor's fax. A fax element (description 1D) indicating a telephone number and a productID element (description 1E) indicating a product ID of the application are included.

記述2は、securityエレメントである。   Description 2 is a security element.

記述3は、resourceエレメントであり、JSDKのバージョンを指定するjsdkエレメント(記述3A)や、JARファイル(アプリケーションの実行ファイル)とそのバージョンを指定するjarエレメント(記述3B)や、SUB−JNLPファイルを指定するsub−jnlpエレメント(記述3C)を含んでいる。   Description 3 is a resource element, which includes a jsdk element (description 3A) that specifies the JSDK version, a JAR file (application execution file) and a jar element (description 3B) that specifies the version, and a SUB-JNLP file. It includes a sub-jnlp element (description 3C) to be specified.

記述4は、updateエレメントであり、更新処理の実行方法を設定するエレメントである。autoであればアプリケーションの更新処理は自動更新で実行され、manualであればアプリケーションの更新処理は手動更新で実行され、mailであればアプリケーションの更新処理が実行可能である場合にその旨を通知する更新通知メールが配信される。   Description 4 is an update element and is an element for setting an execution method of the update process. If it is “auto”, the update process of the application is executed by automatic update, if it is “manual”, the update process of the application is executed by manual update, and if “mail”, it is notified when the update process of the application can be executed. An update notification email is delivered.

記述5は、installエレメントであり、インストール処理の実行方法を設定するエレメントである。autoであればアプリケーションのインストール先は自動選択にて選択され、manualであればアプリケーションのインストール先は手動選択にて選択される。   Description 5 is an install element, which is an element for setting the execution method of the installation process. If it is auto, the application installation destination is selected by automatic selection, and if it is manual, the application installation destination is selected by manual selection.

記述6は、アプリケーションのタイプが「GUI有」であるか「GUI無」であるかを示す。   The description 6 indicates whether the application type is “with GUI” or “without GUI”.

図17のupdateエレメントで触れたように、インストール済みのJSDKアプリ147は更新処理の対象となる。以下、インストール済みのJSDKアプリ147を自動更新する自動更新処理について説明する。   As described in the update element in FIG. 17, the installed JSDK application 147 is a target of update processing. Hereinafter, automatic update processing for automatically updating the installed JSDK application 147 will be described.

図18は、SDcard又はHDD内のJSDKアプリ147(更新対象アプリ)を、SDcardからのJSDKアプリ147(更新用アプリ)に自動更新する自動更新処理に係るフローチャートである。   FIG. 18 is a flowchart relating to an automatic update process in which the JSDK application 147 (update target application) in the SD card or HDD is automatically updated to the JSDK application 147 (update application) from the SD card.

JSDKプラットフォーム148は、融合機101に接続された更新用SDcardスロットに更新用SDcardがセットされた場合、更新用SDcard内の更新用アプリのJNLPファイルを取得(S101)する。JSDKプラットフォーム148は、そのJNLPファイルのupdateエレメントが「auto」で、そのJNLPファイルに係る更新用アプリと同一の更新対象アプリが存在する場合(S102・S103)には、その更新用アプリのバージョンとその更新対象アプリのバージョンとを比較(S104)する。JSDKプラットフォーム148は、更新用アプリのバージョンが更新対象アプリのバージョンより新しい場合(S105)には、更新用アプリをもって更新対象アプリを更新(S106)する。   When the update SD card is set in the update SD card slot connected to the multi-function peripheral 101, the JSDK platform 148 acquires the JNLP file of the update application in the update SD card (S101). When the update element of the JNLP file is “auto” and there is an update target application identical to the update application related to the JNLP file (S102 / S103), the JSDK platform 148 determines the version of the update application and The version of the update target application is compared (S104). When the version of the update application is newer than the version of the update target application (S105), the JSDK platform 148 updates the update target application with the update application (S106).

図19は、SDcard又はHDD内のJSDKアプリ147(更新対象アプリ)を、WebからのJSDKアプリ147(更新用アプリ)に自動更新する自動更新処理に係るフローチャートである。   FIG. 19 is a flowchart relating to an automatic update process in which the JSDK application 147 (update target application) in the SD card or HDD is automatically updated to the JSDK application 147 (update application) from the Web.

JSDKプラットフォーム148は、更新対象アプリのJNLPファイルを取得(S201)する。JSDKプラットフォーム148は、そのJNLPファイルのupdateエレメントが「auto」で、そのJNLPファイルに係る更新対象アプリと同一の更新用アプリが、融合機101とネットワーク接続されたWebサーバ内に存在する場合(S202・S203)には、その更新対象アプリのバージョンとその更新用アプリのバージョンとを比較(S204)する。JSDKプラットフォーム148は、更新対象アプリのバージョンより更新用アプリのバージョンが新しい場合(S205)には、更新対象アプリを更新用アプリをもって更新(S206)する。   The JSDK platform 148 acquires the JNLP file of the update target application (S201). In the JSDK platform 148, when the update element of the JNLP file is “auto” and the same update application as the update target application related to the JNLP file exists in the Web server connected to the MFP 101 (S202). In S203), the version of the update target application is compared with the version of the update application (S204). If the version of the update application is newer than the version of the update target application (S205), the JSDK platform 148 updates the update target application with the update application (S206).

最後に、図5の説明中で登場したXlet等のライフサイクルについて説明することにする。   Finally, a life cycle such as Xlet that appeared in the description of FIG. 5 will be described.

図20は、Xletの状態遷移図である。Xletの状態としては、初期化状態(Loaded)と、停止状態(Paused)と、活性化状態(Active)と、終了状態(Destroyed)が存在する。Xletの状態は、起動(initXlet)や、開始(startXlet)や、停止(pauseXlet)や、終了(destroyXlet)等のメソッドコールによって遷移する。Xletのライフサイクルとは、このようなXletの状態遷移にほかならない。ただし、どのような状態が存在するか、どのようにして状態が遷移するか、については様々なバリエーションがあり得るだろう。このことは、Xlet ManagerやMulti Xlet Managerその他の各Managerについても同様である。   FIG. 20 is a state transition diagram of Xlet. The Xlet state includes an initialized state (Loaded), a stopped state (Paused), an activated state (Active), and an end state (Destroyed). The state of Xlet is changed by a method call such as start (initXlet), start (startXlet), stop (pauseXlet), or end (destroyXlet). The life cycle of Xlet is nothing but the state transition of Xlet. However, there may be various variations on what state exists and how the state transitions. The same applies to the Xlet Manager, the Multi Xlet Manager, and other managers.

初期化状態は、Xletインスタンスの生成直後の状態である。初期化状態への遷移は1度限りである。停止状態は、サービス提供停止中の状態であり、活性化状態は、サービス提供中の状態である。停止状態と活性化状態との間の遷移は何度でも可能である。終了状態は、Xletインスタンスの消滅直後の状態である。終了状態への遷移は1度限りである。   The initialization state is a state immediately after the generation of the Xlet instance. The transition to the initialization state is only once. The stopped state is a state in which service provision is stopped, and the activated state is a state in which service is being provided. The transition between the stopped state and the activated state is possible any number of times. The end state is a state immediately after the Xlet instance disappears. The transition to the end state is only once.

図5の説明中で記載したように、JSDKアプリ147のライフサイクルは、JSDKプラットフォーム148によって管理される。例えば、JSDKアプリ147は、自己の開始・停止・終了の際には自己の開始・停止・終了をJSDKプラットフォーム148に依頼するのである。JSDKアプリ147のライフサイクルをJSDKプラットフォーム148によって管理するメリットとしては例えば、メモリの節約が可能になることが挙げられる。特に、多数のJSDKアプリ147がそれぞれスレッドとして実行されるマルチスレッドにおいては、このメリットの存在価値は大きいと言える。JSDKアプリ147をXletとするメリットとしては例えば、JSDKアプリ147のライフサイクル管理が容易になることが挙げられる。   As described in the description of FIG. 5, the life cycle of the JSDK application 147 is managed by the JSDK platform 148. For example, the JSDK application 147 requests the JSDK platform 148 to start, stop, and end itself when it starts, stops, and ends. As an advantage of managing the life cycle of the JSDK application 147 by the JSDK platform 148, for example, it is possible to save memory. In particular, in a multi-thread in which a large number of JSDK applications 147 are executed as threads, it can be said that the existence value of this merit is great. As an advantage of using the JSDK application 147 as an Xlet, for example, the life cycle management of the JSDK application 147 is facilitated.

1)エラーアプリ
図5のエラーアプリ513について説明する。
1) Error application The error application 513 in FIG. 5 will be described.

エラーアプリ513は、他のJSDKアプリにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報の表示を行うJSDKアプリである。エラーが発生した旨の情報は、図21Aのように、エラー発生表示ダイアログ601Aが融合機101のオペレーションパネル202の最前面に表示される形で表示される。エラー発生表示ダイアログ601Aには、エラー発生に係る情報として、エラーメッセージ611、エラーの種類612、エラーの発生箇所613等が表示される。OKボタン614を押下すると、エラー発生表示ダイアログ601Aが閉じる。Detailボタン615を押下すると、図21Bのエラー発生表示ダイアログ601Bに画面が移る。エラー発生表示ダイアログ601Bには、エラー発生に係る情報として、エラーの詳細616等が表示される。Closeボタン617を押下すると、エラー発生表示ダイアログ601Bが閉じる。これらの情報はネットワークを経由して外部機器に通知されるようにしてもよい。例えば、サービスセンタのサポートが可能になるように、サービスセンタに通知されるようにしてもよいだろう。   The error application 513 is a JSDK application that displays information indicating that an error has occurred when an error occurs in another JSDK application. Information indicating that an error has occurred is displayed in such a manner that an error occurrence display dialog 601A is displayed on the forefront of the operation panel 202 of the multi-function peripheral 101 as shown in FIG. 21A. In the error occurrence display dialog 601A, an error message 611, an error type 612, an error occurrence location 613, and the like are displayed as information relating to the error occurrence. When the OK button 614 is pressed, the error occurrence display dialog 601A is closed. When the Detail button 615 is pressed, the screen moves to the error occurrence display dialog 601B of FIG. 21B. In the error occurrence display dialog 601B, error details 616 and the like are displayed as information relating to the occurrence of the error. When the Close button 617 is pressed, the error occurrence display dialog 601B is closed. Such information may be notified to an external device via a network. For example, the service center may be notified so that the service center can be supported.

エラーとしてここでは、Java(登録商標)のエクセプション(例外)を取り扱う。エラーアプリ513はここでは、他のJSDKアプリからスローされたエクセプションがキャッチされなかった場合に、スローされたエクセプションがキャッチされなかった旨の情報を表示する。エクセプションの授受にはここでは、Java(登録商標)のスレッドグループが利用される。スレッドグループには、スレッドグループに属するスレッドからスローされたエクセプションがキャッチされなかった場合に、Java(登録商標)仮想マシンによってThreadGroup.uncaughtExceptionメソッドがコールされると言う機能がある。スレッドグループには更に、各スレッドが各スレッドグループに属する他のスレッドに係る情報にアクセスできると言う機能がある。スレッドグループには更に、スレッドグループ間に親子関係(木構造)を設定できると言う機能がある。スレッドグループには更に、各スレッドグループの名称を登録できると言う機能がある。   Here, an exception (exception) of Java (registered trademark) is handled as an error. Here, the error application 513 displays information indicating that the thrown exception was not caught when the exception thrown from another JSDK application was not caught. Here, a thread group of Java (registered trademark) is used for exchanging the exception. If an exception thrown from a thread belonging to the thread group is not caught in the thread group, a thread group. There is a function that the uncaughtException method is called. The thread group further has a function that each thread can access information related to other threads belonging to each thread group. The thread group further has a function that a parent-child relationship (tree structure) can be set between the thread groups. The thread group further has a function of registering the name of each thread group.

図22は、スレッドグループの設定処理に係るクラス図である。   FIG. 22 is a class diagram related to the thread group setting process.

JSDK Manager533は、Multi Xlet Manager532等の各Managerを生成する際に、Multi Xlet Manager532等の各Managerにスレッドグループを付与(S1)する。Multi Xlet Manager532等の各Managerは、当該スレッドグループを使用してスレッドを生成する。これを利用することで、Multi Xlet Manager532は、Xlet Manager531のライフサイクル等を管理する。   When the JSDK Manager 533 generates each Manager such as the Multi Xlet Manager 532, the JSDK Manager 533 assigns a thread group to each Manager such as the Multi Xlet Manager 532 (S1). Each Manager such as the Multi Xlet Manager 532 generates a thread using the thread group. By using this, the Multi Xlet Manager 532 manages the life cycle of the Xlet Manager 531 and the like.

Multi Xlet Manager532は、各Xlet Manager531を生成する際に、各Xlet Manager531にスレッドグループを付与(S2)する。各Xlet Manager531は、当該スレッドグループを使用してスレッドを生成する。これを利用することで、Xlet Manager531は、ユーザアプリ501等のXletの状態に係る情報やライフサイクル等を管理する。   The Multi Xlet Manager 532 gives a thread group to each Xlet Manager 531 when generating each Xlet Manager 531 (S2). Each Xlet Manager 531 generates a thread using the thread group. By using this, the Xlet Manager 531 manages information related to the state of the Xlet such as the user application 501, the life cycle, and the like.

Xlet Manager531は、ユーザアプリ501等のXletがサブスレッドを生成する場合に、ユーザアプリ501等のXletにスレッドグループを付与(S3)する。ユーザアプリ501等のXletは、当該スレッドグループを使用してスレッドを生成する。   When the Xlet such as the user application 501 generates a sub thread, the Xlet Manager 531 gives a thread group to the Xlet such as the user application 501 (S3). The Xlet such as the user application 501 generates a thread using the thread group.

このようにして、スレッドグループの木構造が形成される。スレッドグループの木構造の頂点は、JSDK Manager533により管理される。   In this way, a tree structure of thread groups is formed. The apex of the thread group tree structure is managed by the JSDK Manager 533.

図23は、エラー発生表示処理に係るシーケンス図である。   FIG. 23 is a sequence diagram related to the error occurrence display process.

先ず、エラーアプリ513が起動した際(S11)には、エラーが発生した際にエラーが発生した旨をJSDK Manager533からエラーアプリ513に通知する旨の通知登録が、エラーアプリ513からJSDK Manager533に要求(S12)される。   First, when the error application 513 is activated (S11), the error application 513 requests the JSDK Manager 533 to notify the JSDK Manager 533 that the JSDK Manager 533 notifies the error application 513 that an error has occurred. (S12).

次に、エラーが発生した際(S21)には、CVM555によってJSDK Manager533のThreadGroup.uncaughtExceptionメソッドがコール(S22)される。次に、JSDK Manager533の当該メソッドからエラーアプリ513に、エラーが発生した旨が通知登録に従って通知(S23)される。次に、エラーアプリ513からMulti Xlet Manager532に、エラー発生表示ダイアログ601を最前面に表示する旨が要求(S24)される。次に、Multi Xlet Manager532によって当該エラー発生表示ダイアログ601が最前面に表示(S25)される。   Next, when an error occurs (S21), the CVM 555 causes the JSDK Manager 533 to read ThreadGroup. The uncaightException method is called (S22). Next, the error application 513 is notified from the method of the JSDK Manager 533 according to the notification registration to the error application 513 (S23). Next, the error application 513 requests the Multi Xlet Manager 532 to display the error occurrence display dialog 601 on the forefront (S24). Next, the error occurrence display dialog 601 is displayed on the forefront by the Multi Xlet Manager 532 (S25).

2)ルールアプリ
図5のルールアプリ514について説明する。
2) Rule Application The rule application 514 in FIG. 5 will be described.

ルールアプリ514は、他のJSDKアプリの処理要求にルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報の表示を行うJSDKアプリである。ルール違反があった旨の情報は、図24のように、ルール違反表示ダイアログ602が融合機101のオペレーションパネル202の最前面に表示される形式で表示される。ルール違反表示ダイアログ602には、ルール違反に係る情報として、ルール違反メッセージ621、ルール違反の種類622、ルール違反の箇所623等が表示される。OKボタン624を押下すると、ルール違反表示ダイアログ602が閉じる。これらの情報はネットワークを経由して外部機器に通知されるようにしてもよい。   The rule application 514 is a JSDK application that displays information indicating that a rule has been violated when there is a rule breach in a processing request of another JSDK application. Information indicating that there is a rule violation is displayed in a format in which a rule violation display dialog 602 is displayed on the forefront of the operation panel 202 of the multi-function peripheral 101 as shown in FIG. The rule violation display dialog 602 displays a rule violation message 621, a rule violation type 622, a rule violation location 623, and the like as information related to the rule violation. When the OK button 624 is pressed, the rule violation display dialog 602 is closed. Such information may be notified to an external device via a network.

ルール違反としてここでは、JSDKアプリからJSDK API551へのサービス要求のルール違反を取り扱う。サービス要求のルール違反の具体例としては、スレッド数の制限に係るルール違反、ファイルオープン数の制限に係るルール違反、プリント処理に係るカラー/モノクロ設定や用紙サイズや用紙枚数等のルール違反、スキャン処理に係るカラー/モノクロ設定や用紙サイズや用紙枚数等のルール違反などが挙げられる。ルールアプリ514はここでは、他のJSDKアプリからJSDK API551へのサービス要求にルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を表示する。ルール違反の監視にはここでは、Java(登録商標)のスレッドグループが利用される。   Here, the rule violation of the service request from the JSDK application to the JSDK API 551 is handled as the rule violation. Specific examples of service request rule violations include rule violations related to thread limit, rule violations related to file open limit, color / monochrome settings related to print processing, rule violations such as paper size and number of sheets, and scanning. Examples include color / monochrome settings relating to processing, and violation of rules such as paper size and number of sheets. Here, the rule application 514 displays information indicating that there is a rule violation when a service request from another JSDK application to the JSDK API 551 is in violation. Here, a Java (registered trademark) thread group is used to monitor rule violations.

図25は、ルール違反表示処理に係るシーケンス図である。   FIG. 25 is a sequence diagram relating to rule violation display processing.

先ず、ルールアプリ514が起動した際(S31)には、ルール違反があった際にルール違反があった旨をMulti Xlet Manager532からルールアプリ514に通知する旨の通知登録が、ルールアプリ514からMulti Xlet Manager532に要求(S32)される。   First, when the rule application 514 is activated (S31), the notification registration that the Multi Xlet Manager 532 notifies the rule application 514 that there is a rule violation when the rule is violated is sent from the rule application 514 to the Multi application. The Xlet Manager 532 is requested (S32).

次に、JSDKアプリからJSDK API551へのサービス要求があった際(S41)には、JSDK API551によってサービス要求元のスレッドグループの情報が取得(S42)される。次に、JSDK API551からMulti Xlet Manager532に、サービス要求元のスレッドにサービスを受ける権限があるかどうかの情報が要求(S43)される。次に、Multi Xlet Manager532によってサービス要求元のスレッドがスレッドグループに基づいて特定(S44)される。次に、Multi Xlet Manager532によってサービス要求元のスレッドにサービスを受ける権限があるかどうかが調査(S45)される。次に、サービス要求元のスレッドにサービスを受ける権限がない場合は、JSDKアプリからJSDK API551へのサービス要求にルール違反があった旨が、Multi Xlet Manager532からルールアプリ514に通知登録に従って通知(S46)される。次に、ルールアプリ514からMulti Xlet Manager532に、ルール違反表示ダイアログ602を最前面に表示する旨が要求(S47)される。次に、Multi Xlet Manager532によって当該ルール違反表示ダイアログ602が最前面に表示(S48)される。   Next, when there is a service request from the JSDK application to the JSDK API 551 (S41), the JSDK API 551 acquires information on the thread group of the service request source (S42). Next, the JSDK API 551 requests the Multi Xlet Manager 532 for information on whether or not the service request source thread is authorized to receive the service (S43). Next, the Multi Xlet Manager 532 identifies the service request source thread based on the thread group (S44). Next, the Multi Xlet Manager 532 checks whether the service request source thread has the authority to receive the service (S45). Next, when the service request source thread does not have the authority to receive the service, the Multi Xlet Manager 532 notifies the rule application 514 that the service request from the JSDK application to the JSDK API 551 has violated the rule (S46). ) Next, the rule application 514 requests the Multi Xlet Manager 532 to display the rule violation display dialog 602 on the forefront (S47). Next, the rule violation display dialog 602 is displayed on the forefront by the Multi Xlet Manager 532 (S48).

3)画像形成処理
図26は、融合機101で実行可能な画像形成処理について説明するための図である。融合機101では、画像形成処理用の画像データは、記憶領域が連続的になるような格納形式のファイルに格納されてHDD内に記憶される。このようなファイルを「RAWファイル」と呼ぶ。UNIX(登録商標)のファイルシステムでは、情報処理用のデータは、記憶領域が離散的になるような格納形式のファイルに格納されてHDD内に記憶される。このようなファイルを「FFSファイル」と呼ぶ。高速読み出しや高速書き込みの観点等ではRAWファイルの方が優れているが、融合機101からPC等にファイルを提供する観点等ではFFSファイルの方が優れている。
3) Image Forming Process FIG. 26 is a diagram for explaining an image forming process that can be executed by the multifunction machine 101. In the multi-function peripheral 101, image data for image formation processing is stored in a file in a storage format in which the storage area is continuous and stored in the HDD. Such a file is called a “RAW file”. In the UNIX (registered trademark) file system, data for information processing is stored in a HDD in a storage format in which the storage area is discrete. Such a file is called an “FFS file”. The RAW file is superior in terms of high-speed reading and high-speed writing, but the FFS file is superior in terms of providing the file from the multifunction peripheral 101 to a PC or the like.

図26Aは、スキャン画像のプリント処理について説明するための図である。スキャン画像は、RAWファイル631としてHDD内に蓄積される。プリント処理では、RAWファイル631としてHDD内に蓄積された画像データがプリントされる。   FIG. 26A is a diagram for describing a print process of a scanned image. The scanned image is stored in the HDD as a RAW file 631. In the print process, the image data stored in the HDD as the RAW file 631 is printed.

図26Bは、スキャン画像の保存処理について説明するための図である。スキャン画像は、RAWファイル631としてHDD内に蓄積され、RAWファイル631からFFSファイル632に変換され、FSSファイル632としてHDD内に保存される。   FIG. 26B is a diagram for describing scan image storage processing. The scanned image is stored in the HDD as a RAW file 631, converted from the RAW file 631 to the FFS file 632, and stored in the HDD as an FSS file 632.

図26Cは、保存画像のプリント処理について説明するための図である。保存画像は、FFSファイル632としてHDD内に保存されている。プリント処理では、FFSファイル632としてHDD内に保存されている画像データがプリントされる。   FIG. 26C is a diagram for describing a print process of a stored image. The stored image is stored in the HDD as an FFS file 632. In the print processing, image data stored in the HDD as the FFS file 632 is printed.

(エミュレータ)
図27は、本発明の実施例に該当するPC(パーソナルコンピュータ)701を表す。図27のPC701は、図1の融合機101とネットワーク801で接続されており、図1の融合機101のエミュレータとして機能する。
(emulator)
FIG. 27 shows a PC (personal computer) 701 corresponding to an embodiment of the present invention. A PC 701 in FIG. 27 is connected to the MFP 101 in FIG. 1 via a network 801, and functions as an emulator of the MFP 101 in FIG.

図27のPC701は、PC本体711と、キーボード712と、マウス713と、ディスプレイ714等により構成される。PC本体711には、CPU、ROM、RAM、NVRAM、HDD、MODEM、NIC等が存在する。キーボード712とマウス713は、融合機101のオペレーションパネル202に代わって、オペレータが入力を行うためのハードウェア(操作部)となる。ディスプレイ714は、融合機101のオペレーションパネル202に代わって、オペレータが出力を得るためのハードウェア(表示部)となる。   27 includes a PC main body 711, a keyboard 712, a mouse 713, a display 714, and the like. The PC main body 711 includes a CPU, ROM, RAM, NVRAM, HDD, MODEM, NIC, and the like. The keyboard 712 and the mouse 713 serve as hardware (operation unit) for an operator to input instead of the operation panel 202 of the multi-function peripheral 101. The display 714 replaces the operation panel 202 of the multifunction machine 101 and becomes hardware (display unit) for an operator to obtain output.

図28は、図27のPC701内のJSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148のクラス図である。図1の融合機101と同様のJSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148が、図27のPC701内にも存在するのである。図1の融合機101内のJSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148のクラス図については、図5を参照されたい。以下、図5と図28の差異について説明する。   FIG. 28 is a class diagram of the JSDK application 147 and the JSDK platform 148 in the PC 701 in FIG. A JSDK application 147 and a JSDK platform 148 similar to those of the multifunction machine 101 of FIG. 1 are also present in the PC 701 of FIG. Refer to FIG. 5 for the class diagram of the JSDK application 147 and the JSDK platform 148 in the MFP 101 of FIG. Hereinafter, the difference between FIG. 5 and FIG. 28 will be described.

第1に、図5のPanel Manager544は、図28のPanel Manager Emulator744に置換されている。第2に、図5のJSDK Session553は、図28のEmulator JSDK Session753に置換されている。第3に、図5のNative JSDK Session554は、図28のEvent Emulator754に置換されている。第4には、図5のCVM555は、図28のJVM755に置換されている。   First, the Panel Manager 544 in FIG. 5 is replaced with the Panel Manager Emulator 744 in FIG. Second, the JSDK Session 553 in FIG. 5 is replaced with the Emulator JSDK Session 753 in FIG. Third, the Native JSDK Session 554 in FIG. 5 is replaced with the Event Emulator 754 in FIG. Fourth, CVM 555 in FIG. 5 is replaced with JVM 755 in FIG.

Panel Manager Emulator744は、Panel Manager544をエミュレートして、オペレーションパネル202の操作をキーボード712やマウス713の操作に変換するクラスである。Emulator JSDK Session753は、通信経路の確立処理を実行するクラスである。Event Emulator754は、融合機101の動作をエミュレートするクラスである。JVM755は、JSDKアプリ147とJSDKプラットフォーム148を実行するためJava(登録商標)仮想マシンである。   The Panel Manager Emulator 744 is a class that emulates the Panel Manager 544 and converts the operation of the operation panel 202 into the operation of the keyboard 712 or the mouse 713. The Emulator JSDK Session 753 is a class that executes communication path establishment processing. The Event Emulator 754 is a class that emulates the operation of the compound machine 101. The JVM 755 is a Java (registered trademark) virtual machine for executing the JSDK application 147 and the JSDK platform 148.

なお、PC701内のJSDKシステムの起動手順は、図6と同様である。また、PC701内のJSDKシステムのGUIは、図7−12と同様である。当該GUIは、融合機101又はPC701内のユーザアプリ501を操作対象とする操作画面乃至タスクバーであり、PC701内のJSDK GUI Manager511乃至Task Bar Manager512により表示される。操作部はキーボード712とマウス713であり、表示部はディスプレイ714である。   The starting procedure of the JSDK system in the PC 701 is the same as that shown in FIG. The GUI of the JSDK system in the PC 701 is the same as that shown in FIG. The GUI is an operation screen or task bar for the user application 501 in the multi-function peripheral 101 or the PC 701 and is displayed by the JSDK GUI Manager 511 to Task Bar Manager 512 in the PC 701. The operation unit is a keyboard 712 and a mouse 713, and the display unit is a display 714.

図29は、図1の融合機101内で実行される遠隔操作の準備処理の実行手順について説明するための図である。   FIG. 29 is a diagram for explaining the execution procedure of the remote operation preparation process executed in the multi-function peripheral 101 of FIG.

最初に、融合機101内のServer/Client Manager546とPC701内のServer/Client Manager546との間で、セッションが確立(S1)される。   First, a session is established (S1) between the Server / Client Manager 546 in the MFP 101 and the Server / Client Manager 546 in the PC 701.

次に、融合機101内のServer/Client Manager546は、遠隔操作に移行できるか否かを融合機101内のJSDK Manager533に問い合わせて、遠隔操作に移行できるか否かを判断(S2)する。   Next, the Server / Client Manager 546 in the multi-function peripheral 101 inquires of the JSDK Manager 533 in the multi-function peripheral 101 whether or not it can shift to remote operation, and determines whether or not it can shift to remote operation (S2).

次に、融合機101内のServer/Client Manager546は、遠隔操作に移行できる場合には、遠隔操作に必要なメッセージに係る要求を、融合機101内のSend Manager541を介してPC701に送信(S3)して、遠隔操作に必要なメッセージに係る応答を、融合機101内のEvent Manager542を介してPC701から受信(S4)する。   Next, if the server / client manager 546 in the multi-function peripheral 101 can shift to remote operation, the server / client manager 546 sends a request for a message necessary for the remote operation to the PC 701 via the send manager 541 in the multi-function peripheral 101 (S3). Then, a response related to the message required for the remote operation is received from the PC 701 via the Event Manager 542 in the multi-function peripheral 101 (S4).

次に、融合機101内のServer/Client Manager546は、遠隔操作用の情報をPC701に転送する旨の要求を、Panel Manager544に送信(S5)する。   Next, the server / client manager 546 in the multi-function peripheral 101 transmits a request to transfer information for remote operation to the PC 701 to the panel manager 544 (S5).

最後に、融合機101内のServer/Client Manager546とPC701内のServer/Client Manager546との間で、遠隔操作準備処理が完了した旨の通知が授受(S6)される。これによって、PC701からの融合機101の遠隔操作が可能になる。   Finally, a notification that the remote operation preparation process has been completed is exchanged between the Server / Client Manager 546 in the MFP 101 and the Server / Client Manager 546 in the PC 701 (S6). As a result, remote control of the multi-function peripheral 101 from the PC 701 becomes possible.

(変形例)
図1の融合機101は、本発明(画像形成装置)の実施例に該当し、図1の融合機101内で実行される情報処理は、本発明(情報処理方法)の実施例に該当する。図5のJSDK GUI Manager511やTask Bar Manager512やエラーアプリ513やルールアプリ514はそれぞれ、本発明(情報処理プログラム)の実施例に該当し、図5のJSDK GUI Manager511やTask Bar Manager512やエラーアプリ513やルールアプリ514を記録したSDcardやCD−ROMはそれぞれ、本発明(記録媒体)の実施例に該当する。これらの利用態様としては、これら情報処理プログラムのダウンロードやこれら記録媒体のオプション販売等が考えられる。
(Modification)
1 corresponds to an embodiment of the present invention (image forming apparatus), and information processing executed in the MFP 101 of FIG. 1 corresponds to an embodiment of the present invention (information processing method). . The JSDK GUI Manager 511, the Task Bar Manager 512, the error application 513, and the rule application 514 in FIG. 5 correspond to the embodiments of the present invention (information processing program), respectively, and the JSDK GUI Manager 511, the Task Bar Manager 512, the error application 513, and the like in FIG. Each of the SD card and the CD-ROM in which the rule application 514 is recorded corresponds to an embodiment of the present invention (recording medium). As these utilization modes, download of these information processing programs, option sales of these recording media, and the like are conceivable.

図27のPC701は、本発明(端末装置)の実施例に該当し、図27のPC701内で実行される情報処理は、本発明(情報処理方法)の実施例に該当する。図28のJSDK GUI Manager511やTask Bar Manager512やエラーアプリ513やルールアプリ514はそれぞれ、本発明(情報処理プログラム)の実施例に該当し、図28のJSDK GUI Manager511やTask Bar Manager512やエラーアプリ513やルールアプリ514を記録したSDcardやCD−ROMはそれぞれ、本発明(記録媒体)の実施例に該当する。これらの利用態様としては、これら情報処理プログラムのダウンロードやこれら記録媒体のオプション販売等が考えられる。   27 corresponds to an embodiment of the present invention (terminal device), and information processing executed in the PC 701 of FIG. 27 corresponds to an embodiment of the present invention (information processing method). The JSDK GUI Manager 511, the Task Bar Manager 512, the error application 513, and the rule application 514 in FIG. 28 correspond to examples of the present invention (information processing program), respectively, and the JSDK GUI Manager 511, the Task Bar Manager 512, the error application 513, and the like in FIG. Each of the SD card and the CD-ROM in which the rule application 514 is recorded corresponds to an embodiment of the present invention (recording medium). As these utilization modes, download of these information processing programs, option sales of these recording media, and the like are conceivable.

本発明の実施例に該当する融合機を表す。1 shows a multi-function machine corresponding to an embodiment of the present invention. 図1の融合機に係るハードウェア構成図である。It is a hardware block diagram concerning the compound machine of Drawing 1. 図1の融合機に係る外観図である。It is an external view which concerns on the compound machine of FIG. オペレーションパネルを表す。Represents the operation panel. 図1のJSDKアプリとJSDKプラットフォームのクラス図である。It is a class diagram of the JSDK application and JSDK platform of FIG. JSDKシステムの起動手順について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the starting procedure of a JSDK system. JSDKシステムのGUIについて説明するための図である。It is a figure for demonstrating GUI of a JSDK system. 切替操作画面について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the switching operation screen. 起動操作画面について説明するための図である。It is a figure for demonstrating a starting operation screen. 終了操作画面について説明するための図である。It is a figure for demonstrating an end operation screen. インストール操作画面について説明するための図である。It is a figure for demonstrating an installation operation screen. アンインストール操作画面について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the uninstall operation screen. 起動操作画面の表示手順について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the display procedure of a starting operation screen. 起動処理の実行手順について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the execution procedure of a starting process. インストール操作画面の表示手順について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the display procedure of an installation operation screen. インストール処理の実行手順について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the execution procedure of an installation process. JNLPファイルの構文の例を表す。An example of the syntax of a JNLP file is shown. JSDKアプリをSDcardからのJSDKアプリに自動更新する自動更新処理に係るフローチャートである。It is a flowchart which concerns on the automatic update process which automatically updates a JSDK application to the JSDK application from SDcard. JSDKアプリをWebからのJSDKアプリに自動更新する自動更新処理に係るフローチャートである。It is a flowchart concerning automatic update processing for automatically updating a JSDK application to a JSDK application from the Web. Xletの状態遷移図である。It is a state transition diagram of Xlet. エラー発生表示ダイアログの画面図である。It is a screen figure of an error occurrence display dialog. スレッドグループの設定処理に係るクラス図である。FIG. 10 is a class diagram related to a thread group setting process. エラー発生表示処理に係るシーケンス図である。It is a sequence diagram concerning an error occurrence display process. ルール違反表示ダイアログの画面図である。It is a screen figure of a rule violation display dialog. ルール違反表示処理に係るシーケンス図である。It is a sequence diagram concerning a rule violation display process. 融合機で実行可能な画像形成処理について説明するための図である。FIG. 10 is a diagram for describing image forming processing that can be executed by the multi-function peripheral. 本発明の実施例に該当するPCを表す。1 represents a PC corresponding to an embodiment of the present invention. PC内のJSDKアプリとJSDKプラットフォームのクラス図である。It is a class diagram of the JSDK application and JSDK platform in the PC. 融合機内で実行される遠隔操作の準備処理の実行手順について説明するための図である。It is a figure for demonstrating the execution procedure of the preparation process of the remote operation performed within a multi-functional machine.

符号の説明Explanation of symbols

101 融合機
111 ハードウェア
112 ソフトウェア
113 融合機起動部
121 撮像部
122 印刷部
123 その他のハードウェア
131 アプリケーション
132 プラットフォーム
133 アプリケーションプログラムインタフェース
134 エンジンインタフェース
135 仮想アプリケーションサービス
141 コピーアプリ
142 プリンタアプリ
143 スキャナアプリ
144 ファクシミリアプリ
145 ネットワークファイルアプリ
146 CSDKアプリ
147 JSDKアプリ
148 JSDKプラットフォーム
151 コントロールサービス
152 システムリソースマネージャ
153 ハンドラ
161 ネットワークコントロールサービス
162 ファクシミリコントロールサービス
163 デリバリコントロールサービス
164 エンジンコントロールサービス
165 メモリコントロールサービス
166 オペレーションパネルコントロールサービス
167 サーティフィケーションコントロールサービス
168 ユーザディレクトリコントロールサービス
169 システムコントロールサービス
171 ファクシミリコントロールユニットハンドラ
172 イメージメモリハンドラ
201 コントローラ
202 オペレーションパネル
203 ファクシミリコントロールユニット
211 CPU
212 ASIC
221 NB
222 SB
231 MEM−P
232 MEM−C
233 HDD
234 メモリカードスロット
235 メモリカード
241 NIC
242 USBデバイス
243 IEEE1394デバイス
244 セントロニクスデバイス
301 原稿セット部
302 給紙部
303 排紙部
311 タッチパネル
312 テンキー
313 スタートボタン
314 リセットボタン
315 機能キー
316 初期設定ボタン
321 ADF
322 フラットベッド
323 フラットベッドカバー
501 ユーザアプリ
511 JSDK GUI Manager
512 Task Bar Manager
513 エラーアプリ
514 ルールアプリ
521 JSDK Main
522 JSDK Environment
523 Locale Manager
531 Xlet Manager
532 Multi Xlet Manager
533 JSDK Manager
541 Send Manager
542 Event Manager
543 System Event Manager
544 Panel Manager
545 Install Manager
546 Server/Client Manager
547 Authentication Manager
551 JSDK API
552 JSDK API
553 JSDK Session
554 Native JSDK Session
555 CVM
601 エラー発生表示ダイアログ
602 ルール違反表示ダイアログ
611 エラーメッセージ
612 エラーの種類
613 エラーの発生箇所
614 OKボタン
615 Detailボタン
616 エラーの詳細
617 Closeボタン
621 ルール違反メッセージ
622 ルール違反の種類
623 ルール違反の箇所
624 OKボタン
631 RAWファイル
632 FFSファイル
701 PC
711 PC本体
712 キーボード
713 マウス
714 ディスプレイ
744 Panel Manager Emulator
753 Emulator JSDK Session
754 Event Emulator
755 JVM
801 ネットワーク
DESCRIPTION OF SYMBOLS 101 Compound machine 111 Hardware 112 Software 113 Compound machine starting part 121 Imaging part 122 Printing part 123 Other hardware 131 Application 132 Platform 133 Application program interface 134 Engine interface 135 Virtual application service 141 Copy application 142 Printer application 143 Scanner application 144 Facsimile Application 145 Network file application 146 CSDK application 147 JSDK application 148 JSDK platform 151 Control service 152 System resource manager 153 Handler 161 Network control service 162 Facsimile control service 163 Delivery control service 164 an engine control service 165 a memory control service 166 operation panel control service 167 a certification control service 168 user directory control service 169 system control service 171 a facsimile control unit handler 172 image memory handler 201 controller 202 an operation panel 203 facsimile control unit 211 CPU
212 ASIC
221 NB
222 SB
231 MEM-P
232 MEM-C
233 HDD
234 Memory card slot 235 Memory card 241 NIC
242 USB device 243 IEEE 1394 device 244 Centronics device 301 Document setting unit 302 Paper feed unit 303 Paper discharge unit 311 Touch panel 312 Numeric keypad 313 Start button 314 Reset button 315 Function key 316 Initial setting button 321 ADF
322 Flatbed 323 Flatbed cover 501 User application 511 JSDK GUI Manager
512 Task Bar Manager
513 Error app 514 Rule app 521 JSDK Main
522 JSDK Environment
523 Local Manager
531 Xlet Manager
532 Multi Xlet Manager
533 JSDK Manager
541 Send Manager
542 Event Manager
543 System Event Manager
544 Panel Manager
545 Install Manager
546 Server / Client Manager
547 Authentication Manager
551 JSDK API
552 JSDK API
553 JSDK Session
554 Native JSDK Session
555 CVM
601 Error occurrence display dialog 602 Rule violation display dialog 611 Error message 612 Error type 613 Error location 614 OK button 615 Detail button 616 Details of error 617 Close button 621 Rule violation message 622 Rule violation type 623 Rule violation location 624 OK button 631 RAW file 632 FFS file 701 PC
711 PC main body 712 Keyboard 713 Mouse 714 Display 744 Panel Manager Emulator
753 Emulator JSDK Session
754 Event Emulator
755 JVM
801 network

Claims (27)

  1. アプリケーションを管理するプラットフォームを備える画像形成装置であって、
    前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして、
    前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、
    前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、
    前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を備え、
    前記他のアプリケーション、前記操作画面表示アプリケーション、前記エラー発生出力アプリケーション、及び前記ルール違反出力アプリケーションは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする画像形成装置。
    An image forming apparatus having a platform for managing applications,
    As an application managed by the platform,
    An operation screen display application for displaying an operation screen for operating other applications managed by the platform;
    When an error occurs in the other application, an error output application that outputs information indicating that an error has occurred;
    When the processing request for the interface of the application managed by the platform from the other application has a rule violation exceeding the permitted range of the predetermined operating condition, information indicating that the rule has been violated is output. And a rule violation output application to
    The other application, the operation screen display application, the error occurrence output application, and the rule violation output application are executed on the same process.
  2. 前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、画面を占有させるアプリケーションの切替操作を行うための切替操作画面を表示することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein the operation screen display application displays a switching operation screen for performing a switching operation of an application that occupies the screen as the operation screen.
  3. 前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションの起動操作を行うための起動操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至2のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein the operation screen display application displays a start operation screen for performing an application start operation as the operation screen.
  4. 前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションの終了操作を行うための終了操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置。   4. The image forming apparatus according to claim 1, wherein the operation screen display application displays an end operation screen for performing an end operation of the application as the operation screen. 5.
  5. 前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションのインストール操作を行うためのインストール操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein the operation screen display application displays an installation operation screen for performing an application installation operation as the operation screen.
  6. 前記操作画面表示アプリケーションは、前記操作画面として、アプリケーションのアンインストール操作を行うためのアンインストール操作画面を表示することを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein the operation screen display application displays an uninstall operation screen for performing an application uninstall operation as the operation screen.
  7. 前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、さらに備え、
    前記他のアプリケーションと前記タスクバー表示アプリケーションとは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の画像形成装置。
    As an application managed by the platform, a taskbar display application that displays a taskbar for operating other applications managed by the platform is further provided,
    The image forming apparatus according to claim 1, wherein the other application and the taskbar display application are executed on the same process.
  8. 前記タスクバー表示アプリケーションは、前記タスクバーとして、画面を占有させるアプリケーションの切替操作を行うための切替タスクバーを表示することを特徴とする請求項7に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 7, wherein the task bar display application displays a switching task bar for performing a switching operation of an application that occupies a screen as the task bar.
  9. 前記プラットフォームは、アプリケーションの実行ファイルの自動更新処理を、1対1で当該アプリケーションの情報を管理する管理ファイルの内容を元にして実行することを特徴とする請求項1乃至8のいずれか1項に記載の画像形成装置。   9. The platform according to any one of claims 1 to 8, wherein the platform executes automatic update processing of an application execution file based on the contents of a management file that manages information of the application on a one-to-one basis. The image forming apparatus described in 1.
  10. 前記プラットフォームは、1対1でアプリケーションを管理する個別管理手段と、複数の前記個別管理手段を管理する一括管理手段と、前記一括管理手段を管理する管理手段を備えることを特徴とする請求項1乃至9のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The platform includes an individual management unit that manages an application on a one-to-one basis, a batch management unit that manages a plurality of the individual management units, and a management unit that manages the batch management unit. 10. The image forming apparatus according to any one of items 1 to 9.
  11. 前記プラットフォームは、アプリケーションの初期化状態、アプリケーションの活性化状態、アプリケーションの停止状態、アプリケーションの終了状態を含むライフサイクルを管理することを特徴とする請求項1乃至10のいずれか1項に記載の画像形成装置。   11. The platform according to claim 1, wherein the platform manages a life cycle including an application initialization state, an application activation state, an application stop state, and an application end state. Image forming apparatus.
  12. 前記アプリケーションは、コンパイラによりソースコードからバイトコードに一括翻訳されており、仮想マシンにより逐次実行されることを特徴とする請求項1乃至11のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein the application is collectively translated from source code to byte code by a compiler and sequentially executed by a virtual machine.
  13. 前記アプリケーションは、それぞれスレッドとして実行されることを特徴とする請求項1乃至12のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein each of the applications is executed as a thread.
  14. 前記アプリケーションは、Xletであることを特徴とする請求項1乃至13のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein the application is Xlet.
  15. 前記アプリケーションと前記プラットフォームは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする請求項1乃至14のいずれか1項に記載の画像形成装置。   The image forming apparatus according to claim 1, wherein the application and the platform are executed on the same process.
  16. アプリケーションを管理するプラットフォームを備える画像形成装置内で実行される情報処理方法であって、
    前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする情報処理方法。
    An information processing method executed in an image forming apparatus including a platform for managing applications,
    When an error occurs in an operation screen display application that displays an operation screen that is an operation target of another application managed by the platform and that is provided as an application managed by the platform, an error occurs in the other application An error occurrence output application that outputs information indicating that an error has occurred and a processing violation for the interface of the application managed by the platform from the other application includes a rule violation exceeding the permitted range of the predetermined operating condition. And a rule violation output application that outputs information indicating that there is a rule violation in a case where there is a rule violation on the same process as the other application. Method.
  17. 前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする請求項16に記載の情報処理方法。   A step of executing a task bar display application, which is provided as an application managed by the platform and displays a task bar for operating another application managed by the platform, on the same process as the other application; The information processing method according to claim 16.
  18. アプリケーションを管理するプラットフォームを備える画像形成装置内で実行するための情報処理プログラムであって、
    前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする情報処理プログラム。
    An information processing program for executing in an image forming apparatus provided with a platform for managing applications,
    When an error occurs in an operation screen display application that displays an operation screen that is an operation target of another application managed by the platform and that is provided as an application managed by the platform, an error occurs in the other application An error occurrence output application that outputs information indicating that an error has occurred and a processing violation for the interface of the application managed by the platform from the other application includes a rule violation exceeding the permitted range of the predetermined operating condition. An information processing program for executing a rule violation output application that outputs information indicating that a rule violation has occurred on the same process as the other application.
  19. 前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションとして備えられた、前記プラットフォームによって管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする請求項18に記載の情報処理プログラム。   A task bar display application, which is provided as an application managed by the platform and displays a task bar for operating another application managed by the platform, is executed on the same process as the other application. The information processing program according to claim 18.
  20. 画像形成装置のエミュレータとして機能する端末装置であって、
    当該端末装置のプラットフォームにより管理されるアプリケーションとして、
    当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、
    前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、
    前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を備え、
    前記他のアプリケーション、前記操作画面表示アプリケーション、前記エラー発生出力アプリケーション、及び前記ルール違反出力アプリケーションとは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする端末装置。
    A terminal device that functions as an emulator of an image forming apparatus,
    As an application managed by the platform of the terminal device,
    An operation screen display application for displaying an operation screen whose operation target is another application managed by the terminal device or the platform of the image forming apparatus;
    When an error occurs in the other application, an error output application that outputs information indicating that an error has occurred;
    When the processing request for the interface of the application managed by the platform from the other application has a rule violation exceeding the permitted range of the predetermined operating condition, information indicating that the rule has been violated is output. And a rule violation output application to
    The other application, the operation screen display application, the error occurrence output application, and the rule violation output application are executed on the same process.
  21. 前記プラットフォームにより管理されるアプリケーションとして、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、さらに備え、
    前記他のアプリケーションと前記タスクバー表示アプリケーションとは、同一のプロセス上で実行されることを特徴とする請求項20に記載の端末装置。
    As an application managed by the platform, a taskbar display application that displays a taskbar for operating other applications managed by the terminal device or the platform of the image forming apparatus is further provided,
    The terminal apparatus according to claim 20, wherein the other application and the taskbar display application are executed on the same process.
  22. 画像形成装置のエミュレータとして機能する端末装置内で実行される情報処理方法であって、
    当該端末装置のプラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする情報処理方法。
    An information processing method executed in a terminal device functioning as an emulator of an image forming apparatus,
    An operation screen display application provided as an application managed by the platform of the terminal device, which displays an operation screen for operating another application managed by the terminal device or the platform of the image forming apparatus, and the other When an error occurs in the other application, an error occurrence output application that outputs information indicating that the error has occurred and a processing request for the interface of the application managed by the platform from the other application are determined in advance. A rule violation output application that outputs information indicating that a rule violation has occurred in the same process as that of the other application when a rule violation exceeding the permitted range of the operating condition has occurred. An information processing method characterized in that it comprises a-up.
  23. 前記プラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行するステップを備えることを特徴とする請求項22に記載の情報処理方法。   A taskbar display application that displays a taskbar that is an operation target of another application managed by the platform of the terminal device or the image forming apparatus provided as an application managed by the platform is the same as the other application. The information processing method according to claim 22, further comprising a step of executing on the process.
  24. 画像形成装置のエミュレータとして機能する端末装置内で実行するための情報処理プログラムであって、
    当該端末装置のプラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とする操作画面を表示する操作画面表示アプリケーションと、前記他のアプリケーションにエラーが発生した場合に、エラーが発生した旨の情報を出力するエラー発生出力アプリケーションと、前記他のアプリケーションから、前記プラットフォームによって管理されるアプリケーションのインタフェースに対する処理要求に、予め決めておいた動作条件の許可範囲を超えるルール違反があった場合に、ルール違反があった旨の情報を出力するルール違反出力アプリケーションと、を、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする情報処理プログラム。
    An information processing program for execution in a terminal device that functions as an emulator of an image forming apparatus,
    An operation screen display application provided as an application managed by the platform of the terminal device, which displays an operation screen for operating another application managed by the terminal device or the platform of the image forming apparatus, and the other When an error occurs in the other application, an error occurrence output application that outputs information indicating that the error has occurred and a processing request for the interface of the application managed by the platform from the other application are determined in advance. If there is a rule violation that exceeds the permitted range of the operating condition, the rule violation output application that outputs information indicating the rule violation is executed on the same process as the other application Information processing program characterized the door.
  25. 前記プラットフォームにより管理されるアプリケーションとして備えられた、当該端末装置又は当該画像形成装置のプラットフォームにより管理される他のアプリケーションを操作対象とするタスクバーを表示するタスクバー表示アプリケーションを、前記他のアプリケーションと同一のプロセス上で実行させることを特徴とする請求項24に記載の情報処理プログラム。   A taskbar display application that displays a taskbar that is an operation target of another application managed by the platform of the terminal device or the image forming apparatus provided as an application managed by the platform is the same as the other application. The information processing program according to claim 24, wherein the information processing program is executed on a process.
  26. 請求項18又は19に記載の情報処理プログラムを記録した記録媒体。   20. A recording medium on which the information processing program according to claim 18 is recorded.
  27. 請求項24又は25に記載の情報処理プログラムを記録した記録媒体。   A recording medium on which the information processing program according to claim 24 or 25 is recorded.
JP2005033318A 2004-02-17 2005-02-09 Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium Active JP4625343B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004040471 2004-02-17
JP2005033318A JP4625343B2 (en) 2004-02-17 2005-02-09 Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005033318A JP4625343B2 (en) 2004-02-17 2005-02-09 Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium
US11/057,256 US8432562B2 (en) 2004-02-17 2005-02-15 Image processing apparatus, method, program, and computer readable recording medium for controlling operation switching and displaying at occurrence of error conditions
EP05003240A EP1564601A3 (en) 2004-02-17 2005-02-16 Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program and computer readable recording medium
US13/795,912 US9164865B2 (en) 2004-02-17 2013-03-12 Image processing apparatus, method, program, and computer readable recording medium for controlling operation switching and displaying at occurrence of error conditions
US14/847,628 US20150381828A1 (en) 2004-02-17 2015-09-08 Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program and computer readable recording medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005269619A JP2005269619A (en) 2005-09-29
JP4625343B2 true JP4625343B2 (en) 2011-02-02

Family

ID=35093608

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005033318A Active JP4625343B2 (en) 2004-02-17 2005-02-09 Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4625343B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011087327A (en) * 2004-02-17 2011-04-28 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus, terminal device, method of processing information, information processing program, and recording medium
US10019209B2 (en) 2014-12-09 2018-07-10 Ricoh Company, Limited Image processing apparatus, image processing method, and program

Families Citing this family (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP3349065A1 (en) 2006-05-02 2018-07-18 Ricoh Company Ltd. Image handling apparatus
US7957021B2 (en) 2005-05-20 2011-06-07 Ricoh Company, Ltd. Image handling apparatus, image processing system, image process controlling method, and image process controlling program product
JP4843386B2 (en) * 2005-07-11 2011-12-21 株式会社リコー Apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium
JP4933886B2 (en) 2005-12-16 2012-05-16 株式会社リコー Apparatus, access control method, access control program, and recording medium
JP2007328770A (en) 2006-05-10 2007-12-20 Ricoh Co Ltd Information processor, access control method, access control program, recording medium and image forming device
JP5112787B2 (en) 2006-09-01 2013-01-09 株式会社リコー Information processing apparatus, program update method, and program
JP2008191901A (en) 2007-02-05 2008-08-21 Kyocera Mita Corp Electronic equipment, control program and control method of electronic equipment
US8072623B2 (en) 2007-02-16 2011-12-06 Ricoh Company, Ltd. Image processing apparatus, method for controlling image processing apparatus, control program, and recording medium
EP2495680A3 (en) 2007-02-28 2012-10-31 Ricoh Company, Ltd. Information processing system, information processor, image forming apparatus, and information processing method
JP5167897B2 (en) * 2007-04-27 2013-03-21 株式会社リコー Electronic device, information processing method, and information processing program
US8448193B2 (en) 2007-04-27 2013-05-21 Ricoh Company, Ltd. Image forming device, information processing method, and information processing program
JP2008305021A (en) 2007-06-05 2008-12-18 Canon Inc Information processor and application management method
US9003394B2 (en) 2007-07-10 2015-04-07 Ricoh Company, Ltd. Program determining apparatus and program determining method
JP5037422B2 (en) 2008-04-30 2012-09-26 株式会社リコー Image forming apparatus, access control method, and access control program
JP5072715B2 (en) 2008-05-28 2012-11-14 株式会社リコー History information recording device, history information recording method, program, and history information recording system
JP5347590B2 (en) 2009-03-10 2013-11-20 株式会社リコー Image forming apparatus, data management method, and program
EP2406735A4 (en) 2009-03-13 2014-02-05 Ricoh Co Ltd Information processing apparatus, information processing method, and image forming apparatus
JP5282677B2 (en) 2009-06-25 2013-09-04 株式会社リコー Compatibility evaluation apparatus, compatibility evaluation method, and program
JP5471642B2 (en) 2010-03-12 2014-04-16 株式会社リコー Electronic device, usage restriction method, and usage restriction program
JP5699500B2 (en) 2010-09-16 2015-04-08 株式会社リコー Installation program, installation method, image forming apparatus, and recording medium
JP5786535B2 (en) 2011-08-08 2015-09-30 株式会社リコー Apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium
JP5991104B2 (en) 2012-09-18 2016-09-14 株式会社リコー Information processing apparatus, information processing method, and program
JP2014130615A (en) * 2014-02-06 2014-07-10 Ricoh Co Ltd Electronic apparatus, use restriction method, and use restriction program
JP6424499B2 (en) 2014-07-10 2018-11-21 株式会社リコー Image forming apparatus, information processing method, and program

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000211217A (en) * 1994-03-31 2000-08-02 Canon Inc Output control device and method, and output control system
JP2002084383A (en) * 2000-07-05 2002-03-22 Ricoh Co Ltd Apparatus and method for image formation and program
JP2002082806A (en) * 2000-07-05 2002-03-22 Ricoh Co Ltd Device and method for forming image and program
JP2002215420A (en) * 2000-10-10 2002-08-02 Ricoh Co Ltd Image forming device, process monitoring method, debugging method and program for making computer execute these methods
JP2002244754A (en) * 2001-02-15 2002-08-30 Ricoh Co Ltd Image input/output system
JP2003182191A (en) * 2001-08-27 2003-07-03 Ricoh Co Ltd Imaging apparatus, method for updating program, and recording medium
JP2003330671A (en) * 2002-05-17 2003-11-21 Canon Inc Image forming device, control method and control program
WO2003101112A1 (en) * 2002-05-27 2003-12-04 Koninklijke Philips Electronics N.V. Web-based television
JP2004312711A (en) * 2003-03-25 2004-11-04 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus and method for operating image forming apparatus by using remote application
JP2008079340A (en) * 2001-08-27 2008-04-03 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus, program updating method and recording medium
JP2008278535A (en) * 2001-08-27 2008-11-13 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus, program updating method and recording medium
JP2009189047A (en) * 2000-07-05 2009-08-20 Ricoh Co Ltd Device and method for forming image

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0637962A (en) * 1992-07-17 1994-02-10 Fujitsu Ltd Remote control system
JPH1021060A (en) * 1996-07-05 1998-01-23 Ricoh Co Ltd Communication system with automatic program update processing function, and recording medium equipped with program performing program update processing
JPH11282684A (en) * 1998-03-27 1999-10-15 Canon Inc Image processor, method for controlling image processor and storage medium

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000211217A (en) * 1994-03-31 2000-08-02 Canon Inc Output control device and method, and output control system
JP2002084383A (en) * 2000-07-05 2002-03-22 Ricoh Co Ltd Apparatus and method for image formation and program
JP2002082806A (en) * 2000-07-05 2002-03-22 Ricoh Co Ltd Device and method for forming image and program
JP2009189047A (en) * 2000-07-05 2009-08-20 Ricoh Co Ltd Device and method for forming image
JP2002215420A (en) * 2000-10-10 2002-08-02 Ricoh Co Ltd Image forming device, process monitoring method, debugging method and program for making computer execute these methods
JP2002244754A (en) * 2001-02-15 2002-08-30 Ricoh Co Ltd Image input/output system
JP2008079340A (en) * 2001-08-27 2008-04-03 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus, program updating method and recording medium
JP2008278535A (en) * 2001-08-27 2008-11-13 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus, program updating method and recording medium
JP2003182191A (en) * 2001-08-27 2003-07-03 Ricoh Co Ltd Imaging apparatus, method for updating program, and recording medium
JP2003330671A (en) * 2002-05-17 2003-11-21 Canon Inc Image forming device, control method and control program
WO2003101112A1 (en) * 2002-05-27 2003-12-04 Koninklijke Philips Electronics N.V. Web-based television
JP2004312711A (en) * 2003-03-25 2004-11-04 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus and method for operating image forming apparatus by using remote application

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011087327A (en) * 2004-02-17 2011-04-28 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus, terminal device, method of processing information, information processing program, and recording medium
US10019209B2 (en) 2014-12-09 2018-07-10 Ricoh Company, Limited Image processing apparatus, image processing method, and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2005269619A (en) 2005-09-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6481724B2 (en) Image handling apparatus, image handling method and program
US9148543B2 (en) Image forming apparatus, image formation supporting system, and image formation supporting method which transfers a program from the image forming apparatus to a handheld device
US7787137B2 (en) Image forming apparatus, user restriction method and use history generation method
JP5853655B2 (en) Multi-function device and screen providing server
JP5454035B2 (en) Image processing apparatus, remote management system, license update method, and license update program
EP1416709B1 (en) Image forming apparatus, a scanned data process method, a computer program and a computer readable storage medium
US8719711B2 (en) Image forming apparatus, display screen customizing method and computer-readable storage medium
JP4408033B2 (en) Remote management system
JP3682777B2 (en) Image forming apparatus and remote management system
EP1650953B1 (en) Image forming apparatus, a print process method, a computer program and a computer readable storage medium
US8051158B2 (en) Program management apparatus and method
JP4276909B2 (en) Image forming apparatus and application activation control method
JP5509754B2 (en) Software management apparatus, software distribution system, installation method and program
US8595720B2 (en) Program management system, program management method, client, and computer program product
US9167113B2 (en) Image forming apparatus and methods used in the image forming apparatus
US8966507B2 (en) Information processing device, information processing method, information processing program, and recording medium
JP4759436B2 (en) Image handling apparatus, image processing system, image processing control method, and image processing control program
US8776045B2 (en) Device, method and program for creating installer
US8082449B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, information processing program and recording medium
US9118789B2 (en) Application management system for restricting application concurrent execution depending on an image processing device that operates the application
JP4136325B2 (en) Image forming system, software acquisition method, image forming apparatus, and computer-readable recording medium storing program for causing computer to execute the method
US20130100475A1 (en) Image processing apparatus, image processing method, and computer-readable medium
JP3679349B2 (en) Image forming apparatus, image forming method, image forming program, and application program
JP2007026377A (en) Image processing system and control program thereof, and image processing device and control program thereof
JP3770268B2 (en) Information processing system, information processing method and information processing program used therefor

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071121

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091222

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100305

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100330

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100628

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20100709

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100727

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100924

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101012

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101105

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4625343

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131112

Year of fee payment: 3