JP4609596B2 - 厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機 - Google Patents

厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機 Download PDF

Info

Publication number
JP4609596B2
JP4609596B2 JP2010074648A JP2010074648A JP4609596B2 JP 4609596 B2 JP4609596 B2 JP 4609596B2 JP 2010074648 A JP2010074648 A JP 2010074648A JP 2010074648 A JP2010074648 A JP 2010074648A JP 4609596 B2 JP4609596 B2 JP 4609596B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rolling
steel plate
thick steel
pass
mill
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010074648A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010149192A (ja
Inventor
誠 小林
武男 矢澤
泰則 角谷
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sumitomo Metal Industries Ltd
Original Assignee
Sumitomo Metal Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sumitomo Metal Industries Ltd filed Critical Sumitomo Metal Industries Ltd
Priority to JP2010074648A priority Critical patent/JP4609596B2/ja
Publication of JP2010149192A publication Critical patent/JP2010149192A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4609596B2 publication Critical patent/JP4609596B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、鋼スラブを圧延して厚鋼板を製造する厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機に関するものであって、より詳しくはリバース圧延機を用いて圧延時の圧下のスケジュール(以下、パススケジュールという。)を管理する厚鋼板の製造方法及びその圧延機に関する。
厚鋼板を製造する場合、まず加熱炉より取り出したスラブを粗ミルにて粗圧延して、一定の厚みにまで減肉した粗圧延材を作製する。その後、さらに仕上げミルにて所定の厚みまで減肉することにより、最終的に所定の厚みを有する厚鋼板を製造する。ただし、粗ミルと仕上げミルとを1台のミル(圧延機)で兼ねる場合もある。
仕上げミルには通常圧延方向が可逆的である圧延機(以下において「リバース圧延機」という。)が用いられる。粗圧延材はリバース圧延機に挿入され、圧延機の前面から後面に、又は後面から前面に移動することにより、パススケジュールに従い圧延される。この際、粗圧延材は、圧延機中を移動し、圧延機外へ排出された後、圧延ロールの間隔(ギャップ)が調整され、徐々に減肉化される。ここで、「前面」とは、厚鋼板の製造ラインにおけるリバース圧延機の上流側をいい、「後面」とは、同じく下流側を指す。
リバース圧延機での減肉制御は、板厚計により粗圧延材の厚みをモニタリングすることにより行われる。すなわち、圧延後の厚みの目標値とリバース圧延機の後面に配置された板厚計により測定した実績値をフィードバックさせ、ロール間隔を油圧AGC(Automatic Gauge Control)にて変更することにより、厚鋼板の厚みを精度高く制御することができる。さらに、ホットレベラーにより平坦度矯正を行い、最終製品としての厚鋼板を製造する。
厚鋼板の製造では、原則として、仕上げミルでの最終的な圧延(以下、「最終パス」という。)を前面から後面に移動させて行う、いわゆる後面仕上げにより厚鋼板を仕上げることが好ましい。これは、後面へ厚鋼板(最終圧延後の粗圧延材)を移動させるため、いわゆるダミーパスの発生がないためである。また、通常、板厚計はリバース圧延機の後面側に設置されるため、最終パスを後面から前面に移動させて行う、いわゆる前面仕上げで仕上げる場合には、最終パスにおいて、板厚制御のフィードバックをかけることができず、厚鋼板の厚み精度が低下する。従って原則としては、最終パスは後面仕上げが適切である。
一方で、粗圧延材に圧延を施すと、粗圧延材の先端側(噛み込み側)に反りが生じる。粗圧延材の厚みが小さい場合には、後工程のホットレベラーによって十分矯正は可能である。しかし、粗圧延材の厚みが一定以上の場合には、その反りは大きなものとなり、ホットレベラーに噛み込ませることができない。この場合には、粗圧延材を逆方向に移動させ、反りのない粗圧延材の後端側(噛み込み側と逆側)から再度リバース圧延機にて圧延を施さなければならない。すなわち、最終パスを後面から前面に移動させて行う、いわゆる前面仕上げにより厚鋼板を仕上げることが必要になる場合もある。
以上のように仕上げミルでの最終パスの圧延方向が決定されるが、他方、仕上げミルでのパススケジュールは、これとは無関係に厚鋼板のスペックに応じてスケジュール計算される。
パススケジュールに設定されたリバース圧延機における圧延回数(以下、パス数という)が奇数回である場合は、最終パスは後面仕上げとなり、ダミーパスの発生がなく効率のよい厚鋼板の製造が可能である。一方、パス数が偶数回である場合は、最終パスは前面仕上げとなる。
厚鋼板の厚みに依存して決定される最終パスの圧延方向と、スケジュール計算されたパススケジュールにおける最終パスの圧延方向とが同じである場合、すなわち、厚鋼板の厚みが小さくかつスケジュール計算されたパス数が奇数の場合、又は厚鋼板の厚みが大きくかつスケジュール計算されたパス数が偶数の場合には、ダミーパスを発生させることなく、仕上げミルでの圧延が可能である。
しかしながら、厚鋼板の厚みに依存して決定される最終パスの圧延方向とスケジュール計算されたパススケジュールにおける最終パスの圧延方向とが異なる場合には、ダミーパスの付加が必要となる。ダミーパスの付加は厚鋼板の生産効率を低下させることになる。
従って、ダミーパスの取り扱いにより、より効率のよい厚鋼板の製造が可能になる。
特許文献1には、幅出圧延の段階で1パス追加することにより、より生産効率のよい厚鋼板の製造方法が記載されている。また、特許文献1には、その比較例として、最終パス終了後ダミーパスを付加した厚鋼板の製造方法、及び厚出圧延の段階で1パス追加する厚鋼板の製造方法が記載されている。
特開2004−290979号公報
本発明は、厚鋼板の製造方法にあたり、生産効率よく厚鋼板を製造できる製造方法及びその製造装置を提供することを目的とする。
以下、本発明について説明する。
第一の本発明は、圧延の途中に加速冷却過程を含むとともに、リバース圧延機を用いる厚鋼板の製造方法であって、加速冷却過程におけるパスをダミーパスとして利用して、最終パスを圧延機の前面から後面方向に圧延することを特徴とする厚鋼板の製造方法である。
本発明は、さらに上記第一の本発明を実現するため、圧延制御装置を具備するとともに加速冷却装置を備え、厚鋼板を製造するリバース圧延機であって、圧延制御装置は加速冷却過程におけるパスをダミーパスとして利用して、最終パスを前面から後面に移動させて圧延を行う制御をすることを特徴とする厚鋼板のリバース圧延機を提供するものである。
本発明によれば、効率よく厚鋼板を製造する方法、及び作業効率のよい厚鋼板の圧延機を提供することができる。本発明のこのような作用及び利得は、次に説明する発明を実施するための最良の形態から明らかにされる。
基本的な厚鋼板の製造における圧延ラインレイアウトを示す模式図である。
一般に、厚鋼板は、加熱炉より取り出された鋼スラブを粗ミルにより粗圧延して粗圧延材とし、その後、仕上げミルにより最終製品である厚鋼板の厚みまで圧延され、ホットレベラーにより平坦度の矯正がされることにより、製造される。
仕上げミルはリバース圧延機が用いられ、粗圧延材は圧延機中を往復することにより徐々に圧延され所望の厚みの厚鋼板を得ることができる。
本発明は、一連の厚鋼板の製造方法のうち、リバース圧延機で圧延する際の圧延方法及びその圧延機に関するものである。以下では、より具体的に圧延方法及びその圧延機について述べる。
前述したように、仕上げミルでの最終パス圧延方向は、厚鋼板の厚みに依存して決定される。ここで、反りが起こりうる粗圧延材の厚みは、粗圧延材の材質、サイズ又は圧延機のスペック、圧延条件などにより異なるので、一概に決定されるものではない。また、粗圧延材が圧延されれば、少なからずとも反りは生じるが、以下では、製造に影響がある反りが発生する場合を、反りが発生するとし、製造に影響のない反りしか発生しない場合を、反りが発生しないと便宜的に表現する。
厚鋼板の厚みが小さい場合には、例えば上反りが発生しても自重により垂れ下がるため、ホットレベラーに噛み込まれない現象が生じることはない。このため、後面仕上げで仕上げればよく、この場合、パススケジュールにおけるパス数が奇数の場合、後面仕上げで圧延を終わらせることができる、すわわち、所望する最終パス圧延方向とパススケジュールにおける最終パス圧延方向とが同じとなるので、当該パススケジュールどおりに圧延を行えばよい。
また、厚鋼板の厚みが大きい場合に、例えば上反りが発生して、上反りした形状のままホットレベラーまで搬送されてしまうため、ホットレベラーに噛み込まれない現象が生じるおそれがある。このため前面仕上げで仕上げなければならず、この場合、パススケジュールにおけるパス数が偶数の場合には、前面仕上げで圧延を終わらせることができる。この場合も当該パススケジュールどおりに圧延を行えばよい。
一方、厚鋼板の厚みが小さいが、パススケジュールにおけるパス数が偶数の場合、所望する最終パス圧延方向(後面仕上げ)とパススケジュールにおける最終パス圧延方向(前面仕上げ)とが異なる。また、厚鋼板の厚みが大きいが、パススケジュールにおけるパス数が奇数の場合、所望する最終パス圧延方向(前面仕上げ)とパススケジュールにおける最終パス圧延方向(後面仕上げ)が異なる。
(第一実施形態)
これらの場合には、初めのパス(第1パス)をダミーパスとし、その後、当該パススケジュール通りに圧延を行う。第1パスをダミーパスとしたのは、粗ミルで粗圧延された直後の粗圧延材の長さが小さく、ダミーとしてリバース圧延機中を通過させても、通過時間のロスを最小に抑えることができるからである。最終パスをダミーパスとした場合には、圧延前の粗圧延材の長さに比べ、粗圧延材は、2〜30倍の長さまで伸長されているため、通過時間のロスは、同倍程度大きくなる。これらダミーパスを追加する場合は、極力少ないパス回数で各パスの圧下量を大きくしたい場合に有効である。強圧下で圧延した場合は、厚鋼板内部の偏析等の内質不良が解消される。
(第二実施形態)
さらに、圧延の途中に冷却過程を含む場合には、冷却過程におけるパスをダミーパスとして利用して、粗圧延材の圧延を行い、最終パスを前面から後面に移動させて行ってもよい。
厚鋼板の圧延製造過程では、高温下での圧延を行った後、材質制御のため、所定厚で所定温度まで冷却し、再度圧延を行って厚鋼板を製造する場合がある。粗圧延材の冷却は、仕上げミル前後面側に設置された冷却装置により、粗圧延材に冷却むらがないように、圧延時と同様に粗圧延材がローラ上を移動しながら行われる。粗圧延材は圧延機中を通過しながら冷却される。すなわち、冷却過程がダミーパスとしての役割を兼ねることが可能である。
圧延の途中に冷却過程を含む場合にも、前述の冷却過程を含まない第一実施形態にかかる発明と同様にパススケジュールが決定されるが、このとき、途中の冷却過程でパス数を調整し、最終的に、最終パスを前面から後面に移動させて行うようにすれば、無駄なダミーパスの発生を避けることができるので、生産効率のよい厚鋼板の製造が可能になる。以下では、この冷却におけるパスを冷却ダミーパスという。
例えば、パススケジュールにおけるパス数が偶数の場合には、冷却ダミーパスを奇数とすれば、また同パス数が奇数の場合には、冷却ダミーパスを偶数とすれば、最終パスを前面から後面に移動させて厚鋼板を圧延できる。
ただし、圧延により粗圧延材に反りが発生する場合には、反りのない粗圧延材の後端側から再度リバース圧延機にて圧延を施さなければならないことを考慮すれば、このような場合には、冷却過程前における圧延のパス数を偶数(すなわち、粗圧延材を往復させる)とすることが好ましい。
以上のような圧延方法を取ることにより、生産効率のよい圧延が可能になる。
なお、このような圧延を実現するべく、しかるべき計算制御機能を有するコンピュータ制御システムを組み込むことにより、このような制御機能を有する圧延機が実現できる(図1参照)。
図1に基本的な厚鋼板の製造における圧延ラインレイアウトを示す。図示の圧延ライン10は、図面左側から、加熱炉1、粗ミル2、仕上げミル3、冷却装置4、及びホットレベラー5がこの順に配置されている。加熱炉1で所定の温度に加熱されたスラブ8は、粗ミル2にて一定の厚みに減肉され粗圧延材9とされる。次いで粗圧延材9は、仕上げミル3及び冷却装置4の前後を往復して、所定の厚み、材質に調整後、ホットレベラー5により平坦度矯正が行われる。
ここで、仕上げミル3に対し、粗ミル2側を前面、ホットレベラー5側を後面と定義する。仕上げミル3はリバース圧延機であり、粗圧延材9は、所定の板厚に減肉されるまで仕上げミル3の前面側と後面側との間を往復する。粗圧延材仕上げミル3の後面側には、圧延後の板厚を検知する板厚計7が配置されている。仕上げミル3に圧延されて前面側から後面側に送られた材料は板厚計7により、所定の板厚に圧延されているかどうかが測定され、その結果が制御装置6に送られる。制御装置6は圧延後の厚みの目標値と板厚計7により測定した実績値を比較して、仕上げミル3のロール間隔を油圧AGCにて変更することにより、厚鋼板の厚みを精度高くフィードバック制御している。
なお、制御装置6は、圧延ライン10全体の動作を制御しており、粗ミル2、仕上げミル3、加速冷却装置4、及びホットレベラー5に配置された各種センサからの情報を受け、これら装置に配置されたアクチュエーターの動作を制御する。
表1は、材質制御の目的で、圧延途中の所定厚で所定温度まで冷却を行う、圧延途中冷却を実施する場合の従来圧延方法と本発明の圧延方法の模式図である。
表1の「圧延変更パターン」の欄において、垂直な上下の線が仕上げミルの位置を示しており、それに蛇行しながら前面側と後面側との間で交差している線が粗圧延材のパスを表している。そして両線の交点に「黒丸(●)」が示されているのが、実際に圧延が行われていることを示しており、この黒丸がない交点はダミーパスが行われていることを表している。
表2から表4は、それぞれの従来の圧延方法及び本発明に係る圧延方法における圧延パススケジュールである。この表2から表4中の圧延方向は「+」は仕上げミル前面から後面への圧延、すなわち粗ミル側からホットレベラー側への圧延、「―」は仕上げミル後面から前面への圧延、すなわちホットレベラー側から粗ミル側への圧延を表す。
表2に圧延途中で冷却がある場合の従来の圧延方法を示す。第5パスの圧延が終了した後、所定温度まで冷却するために30.6(sec)要した。また、最終パス圧延後の搬送のためのダミーパスに11.6(sec)要し、トータル圧延所要時間は169.1(sec)であった。
表3は、圧延材の長さが短い第1パス圧延前にダミーパスを追加した場合である。この場合トータル所要時間が166.9(sec)となり、従来と比較し2.2(sec)の短縮効果があった。
表4は、第1パスは前面から後面への圧延を実施し、第5パスと第6パスの冷却時間を有効利用し、第5パスの圧延方向と第6パスの圧延方向を同一とした場合の実施例である。第5パス目が完了した後、ダミーパスの追加が必要であるが、これは冷却に要する時間内で完了するため、非常に高能率圧延が可能である。最終パスの圧延方向も前面から後面となり、トータルの所要時間は159.5(sec)と従来と比較し11.6(sec)もの時間短縮が図られた。
以上、現時点において、もっとも、実践的であり、かつ、好ましいと思われる実施形態に関連して本発明を説明したが、本発明は、本願明細書中に開示された実施形態に限定されるものではなく、請求の範囲及び明細書全体から読み取れる発明の要旨或いは思想に反しない範囲で適宜変更可能であり、そのような変更を伴う厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機もまた本発明の技術的範囲に包含されるものとして理解されなければならない。
本発明の厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機は、厚鋼板を製造する際に用いることができる。
1…加熱炉
2…粗ミル
3…仕上げミル(リバース圧延機)
4…加速冷却装置
5…ホットレベラー
6…制御装置
7…板厚計
8…スラブ
9…粗圧延材
10…圧延ライン

Claims (2)

  1. 圧延の途中に加速冷却過程を含むとともに、リバース圧延機を用いる厚鋼板の製造方法であって、
    前記加速冷却過程におけるパスをダミーパスとして利用して、最終パスを圧延機の前面から後面方向に圧延することを特徴とする厚鋼板の製造方法。
  2. 圧延制御装置を具備するとともに加速冷却装置を備え、厚鋼板を製造するリバース圧延機であって、前記圧延制御装置は加速冷却過程におけるパスをダミーパスとして利用して、最終パスを前面から後面に移動させて圧延を行う制御をすることを特徴とする厚鋼板のリバース圧延機。
JP2010074648A 2010-03-29 2010-03-29 厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機 Active JP4609596B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010074648A JP4609596B2 (ja) 2010-03-29 2010-03-29 厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010074648A JP4609596B2 (ja) 2010-03-29 2010-03-29 厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005098553A Division JP4507946B2 (ja) 2005-03-30 2005-03-30 厚鋼板の製造方法及びその製造装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010149192A JP2010149192A (ja) 2010-07-08
JP4609596B2 true JP4609596B2 (ja) 2011-01-12

Family

ID=42568866

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010074648A Active JP4609596B2 (ja) 2010-03-29 2010-03-29 厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4609596B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106825044A (zh) * 2017-03-27 2017-06-13 北京国网富达科技发展有限责任公司 一种TiAl合金板材热轧装置及热轧方法

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004290979A (ja) * 2003-03-25 2004-10-21 Jfe Steel Kk 厚鋼板の圧延方法
JP4507946B2 (ja) * 2005-03-30 2010-07-21 住友金属工業株式会社 厚鋼板の製造方法及びその製造装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004290979A (ja) * 2003-03-25 2004-10-21 Jfe Steel Kk 厚鋼板の圧延方法
JP4507946B2 (ja) * 2005-03-30 2010-07-21 住友金属工業株式会社 厚鋼板の製造方法及びその製造装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106825044A (zh) * 2017-03-27 2017-06-13 北京国网富达科技发展有限责任公司 一种TiAl合金板材热轧装置及热轧方法
CN106825044B (zh) * 2017-03-27 2019-02-12 北京国网富达科技发展有限责任公司 一种TiAl合金板材热轧装置及热轧方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010149192A (ja) 2010-07-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006110617A (ja) パススケジュールの設定方法及び厚鋼板の製造方法
JP4609596B2 (ja) 厚鋼板の製造方法及び厚鋼板のリバース圧延機
JP4507946B2 (ja) 厚鋼板の製造方法及びその製造装置
JP4311058B2 (ja) 厚鋼板の圧延方法
JP6233613B2 (ja) 熱延鋼帯の製造設備列および熱延鋼帯の製造方法
JP2004237346A (ja) 熱間圧延における被圧延材幅の制御方法
JP5949691B2 (ja) 板幅制御方法及び板幅制御装置
JP2005296973A (ja) 熱延鋼板の製造方法とその装置
JP6828722B2 (ja) ハット形鋼矢板、ハット形鋼矢板の製造方法、およびその製造設備
JP2009195925A (ja) 熱間圧延方法および熱延金属帯ならびに電縫管
JP2006051512A (ja) 熱間圧延における被圧延材幅の制御方法及び熱延金属板の製造方法
JP6233614B2 (ja) 熱延鋼帯の製造設備列および熱延鋼帯の製造方法
JP5369468B2 (ja) 熱間粗圧延における被圧延材の温度予測方法を用いた熱延金属帯の製造方法
JP4853000B2 (ja) 熱間圧延方法およびそれに用いる熱間圧延設備
JP6172110B2 (ja) 熱延鋼板の圧延方法
JP4885040B2 (ja) 圧延材の圧延方法
JP2018001211A (ja) 熱延鋼帯の製造方法および熱延鋼帯の製造設備
JP6658457B2 (ja) 厚鋼板の製造方法および圧延のパススケジュール設定方法
JP6551282B2 (ja) 熱間仕上圧延方法
JP2006281280A (ja) スラブ加熱炉の操業方法
KR101237080B1 (ko) 소재의 열간압연 방법
JP5487652B2 (ja) 熱間圧延における温度制御方法
JP2008114230A (ja) 熱間圧延における被圧延材の温度制御方法、及び、それを用いた熱間圧延方法
JP6569691B2 (ja) 不等辺不等厚山形鋼の製造方法
JP3582517B2 (ja) 熱延鋼帯の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100629

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100823

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100914

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100927

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131022

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4609596

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20101101

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A072

Effective date: 20110301

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131022

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131022

Year of fee payment: 3

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350