JP4608057B2 - 汚泥処理装置および汚泥処理方法 - Google Patents

汚泥処理装置および汚泥処理方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4608057B2
JP4608057B2 JP2000225879A JP2000225879A JP4608057B2 JP 4608057 B2 JP4608057 B2 JP 4608057B2 JP 2000225879 A JP2000225879 A JP 2000225879A JP 2000225879 A JP2000225879 A JP 2000225879A JP 4608057 B2 JP4608057 B2 JP 4608057B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sludge
tank
treatment
solubilization
aeration
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000225879A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002035782A (ja
Inventor
実 冨田
剛 根本
Original Assignee
オルガノ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by オルガノ株式会社 filed Critical オルガノ株式会社
Priority to JP2000225879A priority Critical patent/JP4608057B2/ja
Publication of JP2002035782A publication Critical patent/JP2002035782A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4608057B2 publication Critical patent/JP4608057B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
有機性排水を生物処理槽で好気性生物処理した後、固液分離して得られた汚泥を前記生物処理槽に返送するとともに、返送汚泥の一部を分岐して処理する汚泥処理装置、特に系外へ排出する余剰汚泥の減少に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来より、有機性排水の処理に活性汚泥処理などの好気性生物処理が広く採用されている。このような好気性生物処理においては、処理に応じて余剰汚泥が発生するため、何らかの汚泥処理をしなければならず、余剰汚泥量を減容化することが望まれている。
【0003】
このような余剰汚泥量の減容化方法として、余剰汚泥を可溶化してから好気性生物処理槽へ返送する方法が知られている。この方法によれば、汚泥が可溶化されることによって生物処理が可能になり、最終的に汚泥処理しなければならない汚泥量を減容化することができる。このような処理方法は、例えば特公平6−61550号公報などに記載されている。なお、上記公報では、汚泥の可溶化剤としてアルカリ剤を利用しているが、可溶化剤としては、殺菌剤やオゾンなども利用される。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
このような余剰汚泥の減容化方法では、可溶化処理が効率的に行えず可溶化剤の使用量が多く、ランニングコストが高くなってしまうという問題があった。また、可溶化剤が可溶化処理後にもこれが曝気槽へ返送された場合、生物処理に悪影響を及ぼす場合もあった。
【0005】
本発明は、上記課題に鑑みなされたものであり、可溶化処理を効率的に行うことができる汚泥処理装置を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】
本発明は、有機性排水を生物処理槽で好気性生物処理した後、固液分離して得られた汚泥を返送汚泥として前記生物処理槽に返送する際、返送汚泥の一部を分岐して処理する汚泥処理装置であって、前記分岐した返送汚泥の一部を受け入れ、受け入れた汚泥に対し所定時間可溶化処理を行う回分式可溶化処理槽を有し、所定時間の可溶化処理を終了した回分式可溶化処理槽からの処理液を所定量ずつ前記生物処理槽に徐々に返送する汚泥処理装置に関する。
【0007】
このように、回分式可溶化処理槽における処理は回分式であり、汚泥は必ず設定時間だけ可溶化処理を受ける。そこで、槽内の全汚泥について均一な処理を行うことができ、可溶化剤の添加量を最適量として、そのすべてを十分汚泥と反応させることができる。これによって、可溶化処理槽における汚泥の可溶化処理が効率的に行われるとともに、曝気槽に未反応の可溶化剤が導入される可能性が低くなり、殺菌剤等による曝気槽への悪影響を抑制することができる。
【0008】
また、回分式可溶化処理槽の前段に分岐した前記返送汚泥の一部を受け入れ、所定時間曝気する汚泥曝気槽を有し、この汚泥曝気槽で曝気処理された汚泥を前記回分式可溶化処理槽へ導入することが好適である。
【0009】
このように、汚泥曝気槽において、汚泥を曝気処理することによって、汚泥に吸着されている有機物が除去され、汚泥フロックが分散される。そこで、可溶化処理槽20に導入された場合において、可溶化剤による可溶化反応などがより効率的に行われる。
【0010】
また、前記汚泥曝気槽は、返送汚泥の一部を分岐した汚泥を随時受け入れ、曝気処理した汚泥を回分的に回分式可溶化処理槽へ導入する。これによって、回分式可溶化処理槽に曝気処理した汚泥を適宜タイミングで供給できる。
【0011】
また、回分式可溶化処理槽には、殺菌剤を添加することが好適である。殺菌剤を所定時間汚泥と反応させることで効果的な可溶化処理が行える。
【0012】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の実施の形態(以下実施形態という)について、図面に基づいて説明する。
【0013】
図1は、本発明の一実施形態に係る汚泥処理装置を含む排水処理システムの構成を示す図である。下水、し尿、各種産業排水などの有機性排水である原水は、曝気槽10に導入される。この曝気槽10には、返送汚泥も供給されており、また散気装置12から噴出される空気により曝気されている。従って、曝気槽10内は、好気的条件に維持され、汚泥を構成する好気性微生物により原水中の有機物が分解除去される。曝気槽10内の曝気混合液は、沈殿槽14に導入され、ここで汚泥が沈殿分離され、清澄な上澄み水が処理水として排出される。なお、沈殿槽14に代え、浸漬膜分離装置など他の固液分離装置を利用してもよい。
【0014】
沈殿槽14において得られた沈殿汚泥の大部分は、返送汚泥として曝気槽10に返送される。これによって、曝気槽10内の汚泥濃度(MLSS:混合液浮遊固形物)を所定濃度に維持することができる。
【0015】
一方、返送汚泥の一部は汚泥曝気槽16へ導入される。この実施形態では、沈殿汚泥の一部が連続的に汚泥曝気槽16に導入される。この汚泥曝気槽16には散気装置18が設けられており、導入された汚泥が曝気処理される。なお、曝気量は汚泥が沈降しない程度でよい。また、この汚泥曝気槽16は、導入された汚泥を連続的に受け入れ、回分式可溶化槽へ排出される時までの所定時間曝気処理を行う。満水になるまでの時間は、1〜24時間程度に設定される。
【0016】
汚泥曝気槽16から排出された汚泥は、可溶化処理槽20にバッチ的に導入され、ここで汚泥の可溶化処理が行われる。本実施形態では、この可溶化処理槽20には、殺菌剤と、アルカリ剤が供給され、攪拌機22によって攪拌されている。従って、導入された汚泥は、アルカリ条件下で、殺菌剤の作用によって可溶化処理される。そして、予め設定された時間の可溶化処理の後、バッチ的に排出される。このように、可溶化処理槽20においては、バッチ(回分式)処理が行われるため、導入されたすべての汚泥は、実質的に設定された時間だけ可溶化処理される。反応時間は、1〜24時間程度に設定される。
【0017】
なお、殺菌剤としては、過酸化水素、次亜塩素酸ナトリウム、第4級アンモニウム塩などの界面活性剤などが利用され、またアルカリ剤としては水酸化ナトリウムや水酸化カルシウムなどが利用される。また、いずれの場合においても、可溶化効果を高めるために、加温(40〜80℃)することも好適である。
【0018】
可溶化処理槽20において、所定時間の可溶化処理が終了した場合には、可溶化処理汚泥は、調整槽24にバッチ的に導入される。この調整槽24には、曝気装置26が設けられており、汚泥が沈降しない程度に曝気処理される。なお、可溶化汚泥に対し酸を添加して中和処理をすることも好適である。
【0019】
そして、この調整槽24内の汚泥を連続的に曝気槽10に返送する。すなわち、調整槽24内は可溶化処理された汚泥をバッチ的に受け入れ、これを曝気槽10に連続的に供給する。
【0020】
可溶化処理された汚泥は、可溶化処理によって生物処理が可能な有機物になっており、曝気槽10内において、原水中の有機物と同様に分解される。
【0021】
なお、このような処理によっても、ある程度分解不可能な汚泥が発生する場合が多く、その場合には固液分離した返送汚泥の一部を余剰汚泥として引き抜き、別途汚泥処理を行う。但し、通常の処理に比べ、余剰汚泥量は大幅に削減することが可能である。
【0022】
このように、本実施形態では、汚泥曝気槽16において、汚泥を曝気処理する。これによって、汚泥に吸着されている有機物が除去され、汚泥フロックが分散される。そこで、可溶化処理槽20に導入された場合において、可溶化剤による可溶化反応などがより効率的に行われる。
【0023】
また、可溶化処理槽20における可溶化処理は、バッチ処理(回分式処理)として行われる。そこで、槽内の汚泥は、必ず設定時間だけ可溶化処理を受ける。
そこで、槽内の全汚泥について均一な処理を行うことができる。そこで、可溶化剤の添加量を最適量として、そのすべてを十分汚泥と反応させることができる。そこで、可溶化処理槽20における汚泥の可溶化処理が効率的に行われるとともに、曝気槽10に未反応の可溶化剤が導入される可能性が低くなり、殺菌剤による曝気槽10への悪影響を抑制することができる。
【0024】
さらに、調整槽24から曝気槽10への可溶化処理汚泥の返送は、連続的に行われる。そこで、曝気槽10内の有機物負荷の均一化を図ることができ、またMLSS濃度の変動を防止でき、可溶化処理汚泥の返送による曝気槽10への悪影響の発生を抑制することができる。
【0025】
図2に、汚泥曝気槽16、可溶化処理槽20、調整槽24における水位レベルを示す。沈殿槽14からの返送汚泥の一部は、一定量ずつ連続的に汚泥曝気槽16に導入され、これに従って汚泥曝気槽16の水位が上昇する。そして、汚泥曝気槽16が満水(F)になった段階で、汚泥曝気槽16内の汚泥が可溶化処理槽20に輸送される。この汚泥の輸送は、ポンプなどにより比較的急速に行われる。そこで、短時間で輸送が完了し、可溶化処理槽20が満水(F)になる。汚泥曝気槽16は、引き続き返送汚泥の一部を受け入れ徐々に水位が上昇していく。一方、可溶化処理槽20では、可溶化処理が所定時間行われる。そして、可溶化処理が終了した段階で、可溶化処理槽20内の可溶化処理汚泥が調整槽24に輸送される。この輸送もポンプなどにより急速に行われ、可溶化処理槽20内が空(E)になる。可溶化処理槽20内には、汚泥曝気槽16から次の汚泥が満水(F)まで導入され、これについての可溶化処理が行われる。また、調整槽24は可溶化処理槽20からの可溶化汚泥の導入により満水(F)になり、その後連続的に曝気槽10に汚泥が輸送される。
【0026】
このような処理を順次繰り返すことによって、返送汚泥の一部について、可溶化処理槽20において一定時間(この例では8時間)の可溶化処理が行われる。この例では、可溶化処理槽20における処理時間に合わせて、汚泥曝気槽16、調整槽24の大きさが決定され、調整槽24が空になった段階で、可溶化処理槽20から調整槽24への可溶化処理汚泥の輸送が行われ、可溶化処理槽20が空になった段階で、汚泥曝気槽16は満水になり汚泥曝気槽16から可溶化処理槽20への汚泥の輸送が行われる。
【0027】
なお、可溶化処理槽20における反応時間を一定に保つことができれば、汚泥曝気槽16、調整槽24は満水になる必要はない。
【0028】
【実施例】
「実施例1」
石油化学コンビナートの排水(BOD200〜300mg/L、COD200〜300mg/L)を、図1の装置により処理した。処理量32L/d、曝気槽10曝気時間6時間、曝気槽10活性汚泥MLSS300mg/L、沈殿槽14水面積負荷0.2m/h、返送汚泥濃度6000mg/Lであった。
【0029】
そして、返送汚泥の一部を240mL/dで引き抜き、容量80mLの汚泥曝気槽16に供給し、満水になるまで曝気した。その後、容量80mLの可溶化処理槽20に曝気処理汚泥を供給し、満水になった後に第4級アンモニウム塩からなる殺菌剤を槽内のMLSS当たり3%添加し、そのpH11になるように水酸化ナトリウムを添加し、8時間攪拌を行った。この可溶化処理を行った汚泥を調整槽24に供給し、硫酸で中和して曝気を行いながら、この調整槽24から曝気槽10に240mL/dで供給した。
【0030】
2ヶ月間、このような条件で運転を行った結果、余剰汚泥の発生率は、原水のBOD供給量に対して、ほぼ2%になった。なお、処理水のBODは平均して8mg/Lであった。
【0031】
「実施例2」
実施例1と同じ排水について、同じ曝気槽10、沈殿槽14で処理を行った。
【0032】
そして、返送汚泥の一部を240mL/dで引き抜き、容量10mLの汚泥曝気槽16に供給し、満水になるまで曝気した。その後、容量10mLの可溶化処理槽20に曝気処理汚泥を供給し、pH11になるように水酸化ナトリウムを添加し、超音波(周波数150kHz)を作用させながら、1時間攪拌を行った。この可溶化処理を行った汚泥を調整槽24に供給し、硫酸で中和して曝気を行いながら、この調整槽24から曝気槽に240mL/dで供給した。
【0033】
2ヶ月間、このような条件で運転を行った結果、余剰汚泥の発生率は、原水のBOD供給量に対して、ほぼ2.2%になった。なお、処理水のBODは平均して7.8mg/Lであった。
【0034】
「実施例3」
実施例1の装置において、汚泥曝気槽16における曝気を停止し、その他は同じ条件で運転を行った。余剰汚泥の発生率は、原水のBOD供給量に対して、10%となった。処理水のBODは平均して7mg/Lであった。
【0035】
「比較例1」
図1の装置における汚泥曝気槽16、可溶化処理槽20、調整槽24を省略し、他は実施例1と同じ条件で運転を行った。余剰汚泥の発生率は、原水のBOD供給量に対して、40%となった。なお、処理水のBODは平均して6mg/Lであった。
【0036】
「比較例2」
図1の装置における汚泥曝気槽16および調整槽24を省略し、返送汚泥の一部を240mL/dで引き抜き、容量80mLの可溶化処理槽20に連続的に供給するとともに、この可溶化処理槽20から240mL/dで曝気槽10に処理汚泥を硫酸で中和しながら連続的に供給した。
【0037】
余剰汚泥の発生率は、原水のBOD供給量に対して、20%となった。また、処理水のBODは、平均して10mg/Lであった。
【0038】
「実施例の評価」
上述の実施例より、可溶化処理槽20を回分式とすることで、処理効率が上昇することが確認された。また、汚泥曝気槽16を設けることで、可溶化処理の効率が上昇することもわかった。
【0039】
【発明の効果】
以上説明したように、本発明によれば、可溶化処理槽における可溶化処理を回分式とすることで、汚泥は必ず設定時間だけ可溶化処理を受ける。そこで、槽内の全汚泥について均一な処理を行うことができ、可溶化剤の添加量を最適量として、そのすべてを十分汚泥と反応させることができる。これによって、可溶化処理槽における汚泥の可溶化処理が効率的に行われるとともに、曝気槽に未反応の可溶化剤が導入される可能性が低くなり、殺菌剤等による曝気槽への悪影響を抑制することができる。
【0040】
また、回分式可溶化処理槽の前段に前記返送汚泥の一部を分岐した汚泥を受け入れ、所定時間曝気する汚泥曝気槽を有し、この汚泥曝気槽で曝気処理された汚泥を前記回分式可溶化処理槽へ導入することで、汚泥曝気槽において、汚泥を曝気処理することによって、汚泥に吸着されている有機物が除去され、汚泥フロックが分散される。そこで、可溶化処理槽に導入された場合において、可溶化剤による可溶化反応などがより効率的に行われる。
【0041】
また、前記汚泥曝気槽は、返送汚泥の一部を分岐した汚泥を随時受け入れ、曝気処理した汚泥を回分的に回分式可溶化処理槽へ導入することによって、回分式可溶化処理槽に曝気処理した汚泥を適宜タイミングで供給できる。
【0042】
また、回分式可溶化処理槽には、殺菌剤を添加することで、殺菌剤を所定時間汚泥と反応させることで効果的な可溶化処理が行える。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の一実施形態に係る汚泥処理装置を含む排水処理システムの構成を示す図である。
【図2】 汚泥曝気槽、可溶化処理槽、調整槽における水位レベルの変化をを示す図である。
【符号の説明】
10 曝気槽、14 沈殿槽、16 汚泥曝気槽、20 可溶化処理槽、24調整槽。

Claims (2)

  1. 有機性排水を生物処理槽で好気性生物処理した後、固液分離して得られた汚泥を返送汚泥として前記生物処理槽に返送する際、返送汚泥の一部を分岐して処理する汚泥処理装置であって、
    前記分岐した返送汚泥の一部を連続的に受け入れる汚泥曝気槽と、
    前記汚泥曝気槽で処理した汚泥に殺菌剤とアルカリ剤を添加して、アルカリ条件下で予め設定された時間の可溶化処理を行う回分式可溶化処理槽と、
    前記回分式可溶化処理槽で処理した汚泥をバッチ的に受け入れ、曝気処理および酸を加えた中和処理を行い、前記生物処理槽に連続的に供給する調整槽と、
    を有することを特徴とする汚泥処理装置。
  2. 有機性排水を生物処理槽で好気性生物処理した後、固液分離して得られた汚泥を返送汚泥として前記生物処理槽に返送する際、返送汚泥の一部を分岐して処理する汚泥処理方法であって、
    前記返送汚泥の一部を連続的に汚泥曝気槽に導入して曝気処理して、前記汚泥曝気槽が満水になった段階で曝気処理した汚泥を可溶化処理槽にバッチ的に導入する工程と、
    前記可溶化処理槽に導入した汚泥に殺菌剤とアルカリ剤を添加して、汚泥をアルカリ条件下で予め設定した時間、可溶化処理する工程と、
    前記可溶化処理した汚泥をバッチ的に調整槽に導入し、曝気処理および酸を加えた中和処理を行う工程と、
    前記調整槽内の汚泥を連続的に前記生物処理槽に返送する工程と、
    を有することを特徴とする汚泥処理方法。
JP2000225879A 2000-07-26 2000-07-26 汚泥処理装置および汚泥処理方法 Expired - Fee Related JP4608057B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000225879A JP4608057B2 (ja) 2000-07-26 2000-07-26 汚泥処理装置および汚泥処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000225879A JP4608057B2 (ja) 2000-07-26 2000-07-26 汚泥処理装置および汚泥処理方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002035782A JP2002035782A (ja) 2002-02-05
JP4608057B2 true JP4608057B2 (ja) 2011-01-05

Family

ID=18719591

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000225879A Expired - Fee Related JP4608057B2 (ja) 2000-07-26 2000-07-26 汚泥処理装置および汚泥処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4608057B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002166286A (ja) * 2000-11-29 2002-06-11 Ebara Corp 有機性汚水の生物処理における余剰汚泥減量化方法及び装置

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02277597A (en) * 1989-04-17 1990-11-14 Ebara Infilco Co Ltd Treatment of organic sewage
JPH09122679A (ja) * 1995-11-01 1997-05-13 Ebara Corp 有機性汚水の処理方法及びその装置
JPH10128376A (ja) * 1996-09-05 1998-05-19 Kankyo Eng Kk 有機性廃水の処理方法
JPH11179391A (ja) * 1997-12-24 1999-07-06 Ebara Corp 有機性汚水の処理方法及び装置

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3470997B2 (ja) * 1997-12-26 2003-11-25 株式会社荏原製作所 有機性汚水の処理方法及び装置
JP4404976B2 (ja) * 1998-08-25 2010-01-27 日鉄環境エンジニアリング株式会社 有機性廃水の処理方法及び有機性廃水の処理装置

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02277597A (en) * 1989-04-17 1990-11-14 Ebara Infilco Co Ltd Treatment of organic sewage
JPH09122679A (ja) * 1995-11-01 1997-05-13 Ebara Corp 有機性汚水の処理方法及びその装置
JPH10128376A (ja) * 1996-09-05 1998-05-19 Kankyo Eng Kk 有機性廃水の処理方法
JPH11179391A (ja) * 1997-12-24 1999-07-06 Ebara Corp 有機性汚水の処理方法及び装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002035782A (ja) 2002-02-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2004110940A1 (ja) 廃水処理方法
JP2007105580A (ja) 有機性排水の生物処理方法および装置
JP3873643B2 (ja) 有機性排水の処理方法
JPH1110191A (ja) 生物脱リン装置
JP4608057B2 (ja) 汚泥処理装置および汚泥処理方法
JP4627403B2 (ja) 有機性排水の処理装置および処理方法
JPH11267693A (ja) シリコンウエハ研磨排水の処理方法
JP2001079584A (ja) 有機性排水の浄化処理方法
JP4552164B2 (ja) 廃液の処理方法
JP4527896B2 (ja) 排水処理装置
JP3961246B2 (ja) 有機性廃水の処理方法および処理装置
JP4818594B2 (ja) 有機酸生成方法、有機酸生成装置及び排水処理装置
JP2005186023A (ja) 有機性排水の処理方法及び装置
JP3279973B2 (ja) 廃水処理装置
JP3558204B2 (ja) 廃水の生物学的処理装置
JP4156820B2 (ja) 有機性廃水の処理方法及び処理装置
JP2005169268A (ja) 余剰汚泥の処理装置および処理方法
JP3400622B2 (ja) 有機性汚水の処理方法及びその装置
JP2005046691A (ja) 余剰汚泥減量方法及び装置
JPH09239391A (ja) 有機性汚水の処理方法
JP2001149980A (ja) 汚水と汚泥の処理方法
JPH0661552B2 (ja) 有機性汚水の処理方法
JP2001047098A (ja) 汚水と汚泥の処理方法
JP2003190984A (ja) 有機性排水の処理方法
JP2002316191A (ja) 有機性汚水の処理方法及び装置

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20070501

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070501

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080821

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100413

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100610

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100907

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101005

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101008

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4608057

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131015

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees