JP4603488B2 - Stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display device - Google Patents

Stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display device Download PDF

Info

Publication number
JP4603488B2
JP4603488B2 JP2006002614A JP2006002614A JP4603488B2 JP 4603488 B2 JP4603488 B2 JP 4603488B2 JP 2006002614 A JP2006002614 A JP 2006002614A JP 2006002614 A JP2006002614 A JP 2006002614A JP 4603488 B2 JP4603488 B2 JP 4603488B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
stereoscopic image
imaging
element
stereoscopic
paraboloid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006002614A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007183486A (en )
Inventor
智之 三科
隆太朗 大井
誠人 奥井
文男 岡野
淳 洗井
Original Assignee
日本放送協会
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、IP画像またはホログラムを撮像および表示する立体画像撮像装置および立体画像表示装置に関する。 The present invention relates to stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display device for imaging and displaying the IP image or hologram.

一般に、任意の視点から立体画像を観察することができる立体画像方式の一つとして、IP(Integral Photography)方式(例えば、特許文献1参照)が知られている。 In general, as one of stereoscopic image method which can observe a stereoscopic image from an arbitrary viewpoint, IP (Integral Photography) method (for example, see Patent Document 1) is known. このIP方式に基づいて、微小ミラーをアレー状に多数配列したミラー板を用いて、立体画像を撮像および表示する装置について、図23を参照して説明する。 Based on this IP scheme, using a mirror plate having arrayed micromirrors in an array, the apparatus for imaging and displaying a stereoscopic image will be described with reference to FIG. 23.

この図45(a)に示すように、IP方式に基づくミラー板を用いた従来の立体画像撮像装置201は、微小ミラー203をアレー状に配列したミラー板205と、このミラー板205により反射される光線(被写体の反射像)を撮像する撮像素子207と、この撮像素子207に反射像を投影する対物レンズ209とを備えている。 As shown in this FIG. 45 (a), the conventional stereoscopic image pickup apparatus 201 using the mirror plate based on IP scheme, the mirror plate 205 having an array of micromirrors 203 in an array is reflected by the mirror plate 205 that a ray imaging device 207 for imaging the (reflected image of the object), and an objective lens 209 for projecting the reflected image on the image pickup device 207. そして、この立体画像撮像装置201では、撮像される被写体211が配置されている。 Then, in the stereoscopic image pickup device 201, an object 211 to be imaged is disposed. また、この被写体211を、立体画像撮像装置201で撮像する方向を矢印aで示している。 Also, the subject 211 indicate the direction of imaging by the arrow a in stereoscopic imaging apparatus 201.

この立体画像撮像装置201は、ミラー板205によって、反射される被写体211からの光線、つまり、反射像を取得する。 The stereoscopic imaging apparatus 201, by the mirror plate 205, light from the object 211 to be reflected, i.e., to obtain a reflected image. なお、ミラー板205を構成するそれぞれの微小ミラー203は、放物面Sの接平面と同じ傾きを有しており、且つ、放物面Sの焦点Fと同じ側に鏡面加工が施されている。 Incidentally, each of the micro mirrors 203 that constitute the mirror plate 205 has the same inclination as the tangent plane of the parabolic surface S, and, in mirror-polishing is applied on the same side as the focal point F of the parabolic surface S there. ここでは、放物面Sは、以下に示す式(1)で表される放物線がX軸の周りで回転して得られる回転面であるとする。 Here, parabolic surface S, parabola represented by the formula (1) shown below and a surface of revolution obtained by rotating around the X axis.

=4px(ただし、p<0、x<0) ・・・式(1) y 2 = 4px (However, p <0, x <0 ) ··· formula (1)
また、この式(1)で表される放物線の準線Dを含み、X軸に垂直な平面に、撮像素子207と対物レンズ209とは、準線Dに合焦する配置となっている。 Also includes a directrix D of the parabola of the formula (1), a plane perpendicular to the X axis, the imaging element 207 and the objective lens 209, and has a configuration for focusing on the directrix D. 図45(a)では、放物面Sの一断面を図示している。 In FIG. 45 (a), the illustrates one cross-section of the paraboloid S. なお、式(1)において、pは放物線の頂点から準線Dまでの距離、すなわち、準線のX座標を示している。 In the equation (1), p is the distance from the apex of the parabola to the directrix D, that is, the X-coordinate of the directrix.

図45(b)に示すように、従来の立体画像表示装置213は、微小ミラー203をアレー状に配列したミラー板205と、立体画像撮像装置201の撮像素子207で取得した反射像(画像)を表示する表示素子215と、この表示素子215で表示された画像を投射する投射レンズ217とを備えている。 As shown in FIG. 45 (b), the conventional stereoscopic image display apparatus 213 includes a mirror plate 205 having an array of micromirrors 203 in an array, the reflected image obtained by the image pickup device 207 of the stereoscopic image pickup apparatus 201 (image) a display device 215 for displaying, and a projection lens 217 for projecting an image displayed by the display device 215. そして、この立体画像表示装置213では、生成された立体画像219が、観察者によって観察される。 Then, in the stereoscopic image display apparatus 213, the three-dimensional image 219 is generated is observed by the observer. この立体画像219を観察者が観察する方向を矢印bで示している。 The direction in which the observer observing the stereoscopic image 219 is indicated by arrow b.

なお、従来の立体画像表示装置213において、微小ミラー203をアレー状に配列したミラー板205は、立体画像撮像装置201のミラー板205と同一の構成および配置であるので、同一の符号を付している。 Incidentally, in the conventional stereoscopic image display apparatus 213, the mirror plate 205 having an array of micromirrors 203 in an array is the same configuration and arrangement and the mirror plate 205 of the stereoscopic image pickup apparatus 201, the same reference numerals ing. また、図45(b)における表示素子215と投射レンズ217との配置は、立体画像撮像装置201の撮像素子207と対物レンズ209と同一の配置である。 The arrangement of the display device 215 in FIG. 45 (b) and the projection lens 217 is the same arrangement as the imaging element 207 and the objective lens 209 of the stereoscopic imaging apparatus 201. さらに、図45(b)では、図45(a)と同様に、放物面Sの一断面を図示している。 Further, in FIG. 45 (b), similarly to FIG. 45 (a), the illustrates one cross-section of the paraboloid S.

これら図45(a)、(b)に示すように、立体画像撮像装置201において、撮像時に被写体211を発した光線(物体光)は、立体画像表示装置213において、表示時に立体画像219として表示される際には、全く同じ経路を辿ることになり、観察者は、被写体211の立体画像219を観察することができる。 These views 45 (a), (b), the display in the stereoscopic imaging apparatus 201, light emitted to the subject 211 during imaging (object light) in the three-dimensional image display device 213, as a stereoscopic image 219 when displayed when that is the, will be follow exactly the same path, the observer can observe a stereoscopic image 219 of the object 211.
特開平8−289329号公報 JP-8-289329 discloses

しかしながら、撮像素子207および対物レンズ209から被写体211を見た場合の被写体211の奥行きと、観察者から立体画像219を観察した場合の当該立体画像219の奥行きとは、反転してしまうという問題がある。 However, the depth of the object 211 when viewed object 211 from the imaging device 207 and the objective lens 209, and is the depth of the stereoscopic image 219 in the case of observing the stereoscopic image 219 from the viewer, is a problem that inverts is there.

すなわち、図45(a)、(b)では、被写体211と、この被写体211の立体画像219とを旗として表示している。 That is, FIG. 45 (a), the displaying (b), the a subject 211, and a three-dimensional image 219 of the object 211 as flags. この旗(被写体211)の先端は、撮像時の矢印aの方向から見た場合、手前側に存在する。 Tip of the flag (object 211), when viewed from the direction of arrow a at the time of imaging, present in front. 一方、この旗が立体画像219として生成される場合には、旗の先端は、観察時の方向bから見た場合、奥行き側に存在する。 On the other hand, if the flag is generated as a stereoscopic image 219, the tip of the flag, when viewed from the observation time direction b, present in the depth side.

つまり、被写体211から生成される立体画像219では、当該被写体211と比較して、奥行きが逆転する逆視像として観察されることになる。 That is, the stereoscopic image 219 is generated from the subject 211, as compared to the subject 211 will be observed as a reverse view image depth is reversed. なお、これら図45(a)、(b)において、ミラー板205を構成する2つの微小ミラー203のみを拡大して図示したが、実際には、数百から数万個の微小ミラー203が配置されている。 Note that these views 45 (a), (b), the have been illustrated on an enlarged scale only two micromirrors 203 constituting the mirror plate 205, in fact, micro-mirror 203 from hundreds of thousands of placement It is.

そこで、本発明では、前記した問題を解決し、観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる立体画像撮像装置および立体画像表示装置を提供することを目的とする。 Therefore, in the present invention to solve the aforementioned problems, provided without depth of the stereoscopic image to be observed is reversed, the stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display apparatus can observe the stereoscopic images of the same depth as the subject an object of the present invention is to.

前記課題を解決するため、請求項1に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、第一および第二放物面ミラーと、ミラー板と、撮像素子とを備え、前記第一放物面ミラーの焦点側と前記第二放物面ミラーの焦点側とを正対するように配置し、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の位置と第二放物面ミラーの焦点の位置とが同一になるように、前記ミラー板を配置すると共に、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に前記撮像素子を配置して、前記被写体からの物体光を、前記第一および第二放物面ミラーで反射させ、この反射させた反射光を前記ミラー板で反射させて、前記撮像素子で撮像することを特徴とする。 To solve the above problems, the stereoscopic image pickup apparatus according to claim 1, a stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject, the first and second parabolic mirror, and the mirror plate, imaging and an element and a focal point side of said the first parabolic focus side of the mirror the second parabolic mirror directly faces arranged manner, the focus in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate as the position and the position of the focal point of the second parabolic mirror are the same, together with arranging the mirror plate, the imaging element is arranged in a quasi line of the paraboloid as a reference for the tilt of the mirror plate Te, the object light from the object, the is reflected by the first and second parabolic mirror, the reflected light obtained by the reflected is reflected by the mirror plate, characterized in that captured by the imaging element .

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、第一および第二放物面ミラーを備え、この放物面ミラーには、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点側に鏡面を有し(鏡面加工が施されており)、当該焦点側同士が正対するように(例えば、ある線を基準に線対称になるように)配置されている。 According to such a configuration, the stereoscopic imaging device comprises first and second parabolic mirror, this parabolic mirror, have a mirror in the focal side of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate and (and mirror-polishing is applied), the focal point side with each other directly face manner (e.g., so as to be axisymmetric certain lines in the reference) is located. また、立体画像撮像装置は、ミラー板が放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有している。 Further, the stereoscopic imaging device, which has a mirror surface on the focal point side of the mirror plate is parabolic along a tangent plane of the paraboloid, and a plurality of micro mirrors in an array. なお、ミラー板は例えば、第一放物面ミラーと第二放物面ミラーとで挟まれた空間上に配置される。 Incidentally, the mirror plate, for example, are disposed sandwiched by the space and the first parabolic mirror and a second parabolic mirror. そして、立体画像撮像装置は、ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に撮像素子を配しており、被写体からの物体光を、第一および第二放物面ミラーで反射させた反射光を、さらに、ミラー板で反射させて、このミラー板からの反射光を撮像素子によって撮像する。 The stereoscopic image pickup apparatus is arranged an imaging device quasi line of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate, the object light from an object, is reflected by the first and second parabolic mirror the reflected light, further, is reflected by the mirror plate, imaging the reflected light from the mirror plate by the imaging device.

請求項2に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、第一および第二放物面ミラーと、ミラー板と、対物レンズと、撮像素子とを備え、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面と、前記第一放物面ミラーとを同一放物面上に配置すると共に、前記第二放物面ミラーを前記第一放物面ミラーの焦点の位置に配置し、前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置して、前記被写体からの物体光を、前記第一および第二放物面ミラーで反射させ、この反射させた反射光を前記ミラー板で反射させて、前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする。 The stereoscopic imaging apparatus according to claim 2, a stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject, the first and second parabolic mirror, and the mirror plate, an objective lens, an imaging device includes a reference to become paraboloid of tilt of the mirror plate, wherein with a first parabolic mirror disposed in the same parabolic surface, wherein the second parabolic mirror first parabolic mirror the placed position of the focus, the objective lens and the imaging element, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, the object light from the object, wherein it is reflected by the first and second parabolic mirror, the reflected light obtained by the reflected is reflected by the mirror plate, and received by the objective lens, characterized by imaging by the imaging device.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、第一および第二放物面ミラーを備え、この放物面ミラーには、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点側に鏡面を有し(鏡面加工が施されており)、当該焦点側同士が対向している。 According to such a configuration, the stereoscopic imaging device comprises first and second parabolic mirror, this parabolic mirror, have a mirror in the focal side of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate and (and mirror-polishing is applied), the focal point side to each other are opposite. また、立体画像撮像装置は、ミラー板を備えており、このミラー板が放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有している。 Further, the stereoscopic imaging device comprises a mirror plate, which has a mirror surface on the focal point side of the mirror plate is parabolic along a tangent plane of the paraboloid, a plurality of micro mirrors in an array It has.

そして、立体画像撮像装置は、対物レンズによって、被写体からの物体光がミラー板で反射した反射光を受光し、この受光した反射光を撮像素子によって撮像する。 The stereoscopic image pickup apparatus, by an objective lens, and receiving reflected light object light is reflected by the mirror plate from a subject, captures the received reflected light by the imaging device. また、立体画像撮像装置では、第一放物面ミラーとミラー板の傾きの基準となる放物面とが同一放物線上に配置されており、第二放物面ミラーが第一放物面ミラーの焦点の位置に配置されている。 Further, the stereoscopic imaging device, parabolic and serving as a reference for the inclination of the first parabolic mirror and the mirror plate are arranged on the same parabola, a second parabolic mirror first parabolic mirror It is arranged at the focal point of the. これにより、被写体の物体光が反射した反射光が、ミラー板越しに、当該ミラー板の位置から準線上に表れる被写体の要素画像として、撮像素子によって、当該被写体と比較して奥行きが反転した状態で撮像されることになる。 Thus, the state reflected light object light is reflected of an object, the mirror plate over, as an element image of the subject appearing in the semi-line from the position of the mirror plate, where the imaging device, the depth is inverted as compared to the subject in to be imaged.

請求項3に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、ミラー板と、凸レンズと、フィールドレンズと、対物レンズと、撮像素子とを備え、前記凸レンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に配置し、前記フィールドレンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置すると共に、前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置して、前記被写体からの物体光を、前記凸レンズを介して、前記ミラー板で反射させて、この反射させた反射光を前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする。 The stereoscopic imaging apparatus according to claim 3, a stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject, comprising a mirror plate, a convex lens, a field lens, an objective lens, an imaging device, said lens with a place on the opposite side of the focal point in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, arranging the field lens quasi line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, wherein the objective lens and said imaging element, arranged so as to focus on the directrix of the parabolic as a reference for the tilt of the mirror plate, the object light from the object through the lens, is reflected by the mirror plate Te, the reflected was reflected light is received by the objective lens, wherein the imaging by the imaging device.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、ミラー板を備えており、このミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有している。 According to such a configuration, the stereoscopic imaging device comprises a mirror plate, which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate, the tangent plane of the paraboloid along, it has a plurality of micro mirrors in an array. そして、立体画像撮像装置は、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に備えた凸レンズによって、被写体の実像を結像させ、フィールドレンズによって、ミラー板で反射した反射光を伝送する。 The stereoscopic image pickup apparatus, the convex lens having on the opposite side of the focal point in relation to the standard paraboloid of inclination of the mirror plate, is imaged a real image of the object, the field lens, the light reflected by the mirror plate to transmission. そして、立体画像撮像装置は、対物レンズによって、フィールドレンズで伝送された反射光を受光し、この受光した反射光を撮像素子によって撮像する。 The stereoscopic image pickup apparatus, by an objective lens, and receives the reflected light transmitted by the field lens, for imaging the received reflected light by the imaging device.

請求項4に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、ミラー板と、凸レンズと、撮像素子とを備え、前記凸レンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に配置し、前記撮像素子を前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置して、前記被写体からの物体光を、前記凸レンズを介して、前記ミラー板で反射させて、この反射させた反射光を前記撮像素子で撮像することを特徴とする。 Stereoscopic image pickup apparatus according to claim 4 is the stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject, and the mirror plate, a convex lens and, an imaging device, based on the said convex lens of tilt of the mirror plate disposed on the opposite side of the focal point of become parabolic, by arranging the image sensor quasi line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, the object light from said object, via said convex lens Te, wherein it is reflected by the mirror plate, characterized in that for imaging the reflected light obtained by the reflected by the imaging element.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、ミラー板を備えており、このミラー板が傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有している。 According to such a configuration, the stereoscopic imaging device comprises a mirror plate, the mirror plate and has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid as a reference slope, the tangent plane of the paraboloid along, it has a plurality of micro mirrors in an array. そして、立体画像撮像装置は、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に備えた凸レンズによって、被写体の実像を結像させ、ミラー板の位置から準線上に配置され撮像素子によって、被写体からの物体光がミラー板で反射した反射光を撮像する。 The stereoscopic image pickup apparatus, the focus lens provided in the opposite side of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate, is imaged a real image of an object, disposed quasi line from the position of the mirror plate imaging device by imaging the reflected light object light from an object is reflected by the mirror plate.

請求項5に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、自己集束性スクリーンと、ハーフミラーと、ミラー板と、対物レンズと、撮像素子とを備え、前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置して、前記被写体からの物体光を、前記ハーフミラーを介して、前記自己集束性スクリーンで反転像とし、この反転像を前記ハーフミラーおよび前記ミラー板で反射させて、前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする。 The stereoscopic imaging apparatus according to claim 5, a stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject, comprising a self-focusing screen, a half mirror, and the mirror plate, an objective lens, an imaging device the objective lens and the imaging element, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, the object light from said object, through the half mirror, the self-converging screen as an inverted image, the inverted image is reflected by the half mirror and the mirror plate, wherein by receiving the objective lens, wherein the imaging by the imaging device.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、自己集束性スクリーンによって、被写体の奥行きを反転させた反転像を生成し、ハーフミラーによって、自己集束性スクリーンで生成された反転像を反射させる。 According to such a configuration, the stereoscopic image pickup apparatus, the self-focusing property screen, generates a reverse image obtained by inverting the depth of the object, by the half mirror, reflecting the inverted image produced by the self-converging screen. なお、反射させる方向は、被写体が存在している方向と別の方向である。 The direction for reflecting is a different direction to the direction in which the object exists. 続いて、立体画像撮像装置は、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板によって、ハーフミラーで反射された反転像を反射する。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid by the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array, is reflected by the half mirror It reflects the reverse image was. そして、立体画像撮像装置は、対物レンズによって、ミラー板で反射された反転像を受光し、この受光した反射光を撮像素子によって撮像する。 The stereoscopic image pickup apparatus, by an objective lens, and receiving an inverted image reflected by the mirror plate, for imaging the received reflected light by the imaging device.

請求項6に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、アフォーカル光学系アレーと、ミラー板と、対物レンズと、撮像素子とを備え、前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置し、前記被写体からの物体光を、前記アフォーカル光学系アレーによって、前記被写体の立体画像の奥行きを反転させた反転立体画像として生成し、この反転立体画像を前記ミラー板で反射させることを特徴とする。 The stereoscopic imaging apparatus according to claim 6, a stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject, comprising the afocal optical system array, a mirror plate, an objective lens, an image pickup device, the objective lens and the image pickup element, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, the object light from the object, by the afocal optical system array, of the subject It generated as inverted stereoscopic image obtained by inverting the depth of the stereoscopic image, characterized in that reflecting the inverted three-dimensional image in the mirror plate.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、アフォーカル光学系アレーを備えており、このアフォーカル光学系アレーが複数のアフォーカル光学系をアレー状に配置した構成を取っている。 According to such a configuration, the stereoscopic image pickup apparatus includes an afocal optical system array, taking the configuration from which the afocal optical system array is arranged a plurality of afocal optical systems in an array. また、立体画像撮像装置は、ミラー板、対物レンズおよび撮像素子を備え、対物レンズおよび撮像素子を、ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置している。 Further, the stereoscopic imaging apparatus, a mirror plate, an objective lens and an imaging device are arranged an objective lens and an image pickup device, so as to focus on the directrix of the parabolic as a reference tilt of the mirror plate . そして、立体画像撮像装置は、被写体からの物体光を、アフォーカル光学系アレーによって、被写体の立体画像の奥行きを反転させた反転立体画像として生成し、この反転立体画像をミラー板で反射させてから、撮像素子によって撮像している。 The stereoscopic image pickup apparatus, the object light from an object, the afocal optical system array, and generates a reversed stereoscopic image obtained by inverting the depth of a stereoscopic image of the subject, by reflecting the inverted three-dimensional image in the mirror plate from being captured by the image sensor.

請求項7に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、前記被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群を、中間立体像として表示する中間立体像表示手段と、この中間立体像表示手段で表示された中間立体像を再撮像する立体画像撮像手段とからなる立体画像撮像装置であって、前記中間立体像表示手段は、表示素子と、投射レンズと、第一ミラー板とを備え、前記立体画像撮像手段は、第二ミラー板と、対物レンズと、撮像素子とを備え、前記中間立体像表示手段により表示された中間立体像を、前記立体画像撮像手段の第二ミラー板で反射させて、この反射させた反射光を、前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする。 The stereoscopic imaging apparatus according to claim 7, a stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of the subject, the element image group of the subject is input, the element images, and displays as an intermediate three-dimensional image intermediate a stereoscopic image display means, a stereoscopic image pickup apparatus comprising a three-dimensional image pickup means for re-imaging the intermediate stereoscopic image displayed in the intermediate stereoscopic image display means, said intermediate stereoscopic image display device includes a display element, a projection lens, a first mirror plate, wherein the stereoscopic image pickup means includes a second mirror plate, and the objective lens, and an imaging device, an intermediate three-dimensional image displayed by the intermediate stereoscopic image display means, wherein is reflected by the second mirror plate of the stereoscopic image pickup device, the reflected light is the reflected, and received by the objective lens, characterized by imaging by the imaging device.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、中間立体像表示手段において、表示素子によって、要素画像群を表示し、投射レンズによって、当該要素画像群を投射して、第一ミラー板によって、反射させて、中間立体像を表示させる。 According to such a configuration, the stereoscopic image pickup apparatus, the intermediate stereoscopic image display means, the display device, to display the element images by a projection lens, to project the element images by a first mirror plate, the reflection by, displaying the intermediate stereoscopic image. また、立体画像撮像装置は、立体画像撮像手段において、第二ミラー板によって、中間立体像を反射させ、反射させた反射光を、対物レンズによって受光し、この受光された反射光を、撮像手段によって、被写体の要素画像として撮像する。 Further, the stereoscopic imaging apparatus, the three-dimensional image pickup means, by the second mirror plate, reflects the intermediate stereoscopic image, the reflected light is reflected, and received by the objective lens, the received reflected light, imaging means the captures as an element image of the subject.

請求項8に記載の立体画像撮像装置は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、前記被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群を、中間立体像として表示する中間立体像表示手段と、この中間立体像表示手段で表示された中間立体像を再撮像する立体画像撮像手段とからなる立体画像撮像装置であって、前記中間立体像表示手段は、表示素子と、投射レンズと、ミラー板とを備え、前記立体画像撮像手段は、参照光源と、撮像素子とを備えることを特徴とする。 The stereoscopic imaging apparatus according to claim 8, a stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of the subject, the element image group of the subject is input, the element images, and displays as an intermediate three-dimensional image intermediate a stereoscopic image display means, a stereoscopic image pickup apparatus comprising a three-dimensional image pickup means for re-imaging the intermediate stereoscopic image displayed in the intermediate stereoscopic image display means, said intermediate stereoscopic image display device includes a display element, comprising a projection lens, a mirror plate, wherein the stereoscopic image pickup device is characterized in that it comprises a reference light source, and an imaging device.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、中間立体像表示手段において、表示素子によって、要素画像群を表示し、投射レンズによって、当該要素画像群を投射して、ミラー板によって、反射させて、中間立体像を表示させる。 According to such a configuration, the stereoscopic image pickup apparatus, the intermediate stereoscopic image display means, the display device, to display the element images by a projection lens, to project the element images, the mirror plate, and reflects to display the intermediate stereoscopic image. また、立体画像撮像装置は、立体画像撮像手段において、参照光源によって、中間立体像表示手段により表示された中間立体像と干渉させる参照光を発生させ、撮像素子によって、中間立体像と参照光とが干渉してなる干渉縞を撮像する。 Further, the stereoscopic imaging apparatus, the three-dimensional image pickup means, the reference-light source, to generate a reference beam to interfere with the intermediate three-dimensional image displayed by the intermediate stereoscopic image display means, the image pickup element, and an intermediate three-dimensional image reference light There imaging the interference fringes formed by interference.

請求項9に記載の立体画像撮像装置は、被写体の要素画像群に対する要素干渉縞を撮像する立体画像撮像装置であって、表示素子と、第一コヒーレント光源と、集光レンズと、マスクと、第二コヒーレント光源と、撮像素子と、を備えることを特徴とする。 The stereoscopic imaging apparatus according to claim 9, a stereoscopic image pickup apparatus for imaging an element interference fringes for the element image group of the subject, a display device, a first coherent light source, a condenser lens, a mask, a second coherent light source, characterized by comprising an imaging element.

かかる構成によれば、立体画像撮像装置は、表示素子によって、要素画像群を表示し、第一コヒーレント光源によって、この表示素子を照明するコヒーレント光を発生させる。 According to such a configuration, the stereoscopic image pickup apparatus, the display device, to display the element images by a first coherent light source to generate a coherent light illuminating the display device. そして、立体画像撮像装置は、集光レンズによって、第一コヒーレント光源で照明された表示素子を通過した通過光を集光し、マスクによって、集光レンズで集光された集光光のみを通過させる。 The stereoscopic image pickup apparatus, the condenser lens, the transmitted light that has passed through the display element which is illuminated by the first coherent light source is condensed, by the mask, passes only condensed been condensed light by a condenser lens make. さらに、立体画像撮像装置は、第二コヒーレント光源によって、マスクを通過した集光光と干渉させる参照光として、コヒーレント光を発生させ、撮像素子によって、集光光と参照光とが干渉してなる干渉縞を、被写体の要素画像群に対する要素干渉縞として撮像する。 Further, the stereoscopic imaging apparatus, by the second coherent light source, a reference light to interfere with the condensed light which has passed through the mask, to generate coherent light by the image pickup device, comprising interferes with condensed light and reference light the interference fringes are imaged as elements interference fringe for an element image group of the subject.

請求項10に記載の立体画像表示装置は、被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、表示素子と、投射レンズと、フィールドレンズと、ミラー板と、第一および第二放物面ミラーとを備え、前記第一放物面ミラーの焦点側と前記第二放物面ミラーの焦点側とを正対するように配置し、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の位置と前記第二放物面ミラーの焦点の位置とが同一になるように前記ミラー板を配置すると共に、前記フィールドレンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置して、前記表示素子および前記投射レンズが前記フィールドレンズに合焦するように配置することを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 10 is input element image group of the subject, from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the object, a display device, a projection lens , a field lens, a mirror plate, and a first and second parabolic mirror, arranging the focus side of said the first parabolic focus side of the mirror the second parabolic mirror as positive against and, with the position of the focal position and the second parabolic mirror focus in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate is disposed to the mirror plate to be the same, the field lens, disposed in quasi-line of the paraboloid as a reference for the tilt of the mirror plate, wherein the display element and the projection lens, characterized in that arranged so as to focus on the field lens.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、表示素子によって、被写体の要素画像群を表示し、投射レンズによって、表示された要素画像群を投射し、フィールドレンズによって、投射された要素画像群を伝送する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display device, the display device displays an elemental image group of the subject, by the projection lens, to project the displayed element images, the field lens, the projected element images to transmission. そして、立体画像表示装置は、ミラー板によって、放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有し、フィールドレンズにより伝送された要素画像群を、立体画像として結像させる。 Then, the stereoscopic image display apparatus, the mirror plate, and has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micro mirrors in an array, a field lens the transmitted elemental image group by, for imaging a three-dimensional image. そして、立体画像表示装置は、第一および第二放物面ミラーによって、ミラー板で結像された立体画像を反射させる。 Then, the stereoscopic image display apparatus, the first and second parabolic mirror reflects the three-dimensional image that is imaged by the mirror plate.

請求項11に記載の立体画像表示装置は、被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、表示素子と、投射レンズと、ミラー板と、第一および第二放物面ミラーとを備え、前記表示素子および前記投射レンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置することを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 11 is input elements image group of the subject, from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the object, a display device, a projection lens , comprising a mirror plate, and first and second parabolic mirror, the display element and the projection lens, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate it is characterized in.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、表示素子によって、被写体の要素画像群を表示し、投射レンズによって、表示素子で表示された要素画像群を投射する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display device, the display device displays an elemental image group of the subject, by the projection lens projects the element images displayed on the display device. 続いて、立体画像表示装置は、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板によって、投射レンズで投射された要素画像群を、立体画像として結像させる。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid by the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array, is projected by the projection lens the element images, is imaged as a stereoscopic image. そして、立体画像表示装置は、放物面の焦点側に鏡面を有し、ミラー板で結像された立体画像を表示する第一および第二放物面ミラーによって、ミラー板で結像された立体画像を表示する。 The stereoscopic image display device includes a mirror to focus the side of the paraboloid, the first and second parabolic mirror for displaying stereoscopic images imaged by the mirror plate was imaged by the mirror plate to display a three-dimensional image.

請求項12に記載の立体画像表示装置は、被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、表示素子と、投射レンズと、フィールドレンズと、ミラー板とを備え、前記フィールドレンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置すると共に、前記表示素子および前記投射レンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置することを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 12 is input element image group of the subject, from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the object, a display device, a projection lens includes a field lens, a mirror plate, thereby positioning the field lens in quasi line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, the display element and the projection lens, the tilt of the mirror plate characterized in that it placed so as to focus on the directrix of the parabolic surface as a reference.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、表示素子によって、被写体の要素画像群を表示し、投射レンズによって、表示素子で表示された要素画像群を投射する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display device, the display device displays an elemental image group of the subject, by the projection lens projects the element images displayed on the display device. 続いて、立体画像表示装置は、フィールドレンズによって、投射レンズから投射された要素画像群を伝送する。 Subsequently, stereoscopic image display device, the field lens, transmits the projected elemental image group from the projection lens. そして、立体画像表示装置は、放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板によって、フィールドレンズにより伝送された要素画像群を、立体画像として結像させる。 The transmission, the stereoscopic image display apparatus, which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid by the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array, the field lens the by element images, it is imaged as a stereoscopic image.

請求項13に記載の立体画像表示装置は、被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、光源と、表示素子と、ミラー板と、方向制御レンズとを備え、前記表示素子を前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置することを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 13, is input element image group of the subject, from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the object, a light source, a display element, a mirror plate, and a direction control lens, characterized by arranging the display elements in the quasi-line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、表示素子によって、被写体の要素画像群を表示する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display device, the display device displays an elemental image group of the subject. 続いて、立体画像表示装置は、放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板によって、表示素子で表示された要素画像群を、立体画像として結像させる。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid by the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array, the display device the displayed element images, is imaged as a stereoscopic image. そして、立体画像表示装置は、方向制御レンズによって、被写体の要素画像群としてミラー板に入射する反射光と、同じ向きになるように、光源で発生された光線を制御する。 The stereoscopic image display device, the direction control lens, the reflected light incident on the mirror plate as an element image group of the subject, as in the same direction, controls the generation rays by the light source.

請求項14に記載の立体画像表示装置は、被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、表示素子と、投射レンズと、ミラー板と、自己集束性スクリーンと、ハーフミラーとを備え、前記表示素子および前記投射レンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置することを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 14, is input element image group of the subject, from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the object, a display device, a projection lens , a mirror plate, comprising a self-converging screen, and a half mirror, the display element and the projection lens, be arranged to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate the features.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、表示素子によって、被写体の要素画像群を表示し、投射レンズによって、表示素子で表示された要素画像群を投射する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display device, the display device displays an elemental image group of the subject, by the projection lens projects the element images displayed on the display device. 続いて、立体画像表示装置は、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板によって、投射レンズで投射された要素画像群を、立体画像として結像させる。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid by the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array, is projected by the projection lens the element images, is imaged as a stereoscopic image. そして、立体画像表示装置は、ミラー板で結像された立体画像(立体画像の光路)を、ハーフミラーにより自己集束性スクリーンに反射させ、自己集束性スクリーンにより奥行きを反転させた反転立体画像を生成させる。 Then, the stereoscopic image display apparatus, an imaging stereoscopic image by the mirror plate (the optical path of the three-dimensional image), is reflected in a self-focusing screen by the half mirror, the inverted three-dimensional image obtained by inverting the depth by self converging screen to generate.

請求項15に記載の立体画像表示装置は、被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、表示手段と、投射レンズと、ミラー板と、アフォーカル光学系アレーとを備え、前記アフォーカル光学系アレーが複数のアフォーカル光学系をアレー状に配置することを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 15, is input element image group of the subject, from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the subject, a display unit, a projection lens , a mirror plate, and an afocal optical system array, the afocal optical system array is characterized by arranging a plurality of afocal optical systems in an array.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、表示手段によって、被写体の要素画像群を表示し、投射レンズによって、表示された要素画像群を投射する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display apparatus, the display means to display the element image group of the subject, by the projection lens, for projecting the displayed element images. 続いて、立体画像表示装置は、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板によって、投射レンズで投射された要素画像群を、立体画像として結像させる。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid by the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array, is projected by the projection lens the element images, is imaged as a stereoscopic image. そして、立体画像表示装置は、アフォーカル光学系をアレー状に配置してなるアフォーカル光学系アレーによって、ミラー板で結像された立体画像の奥行きを反転させた反転立体画像を生成する。 Then, the stereoscopic image display apparatus, the afocal optical system array formed by arranging an afocal optical system in an array, generates an inverted stereoscopic image obtained by inverting the depth of imaging stereoscopic image by the mirror plate.

請求項16に記載の立体画像表示装置は、被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、前記被写体と比較して奥行きの反転した状態で表示された立体像を中間被写体として撮像する中間被写体撮像手段と、この中間被写体撮像手段で撮像された中間被写体の要素画像群を再表示する立体画像表示手段とからなる立体画像表示装置であって、前記中間被写体撮像手段は、第一ミラー板と、対物レンズと、撮像素子とを備え、前記立体画像表示手段は、表示素子と、投射レンズと、第二ミラー板とを備え、前記中間被写体撮像手段により撮像された中間被写体の要素画像群を、前記立体画像表示手段の表示素子で表示して、この表示された要素画像群を前記投射レンズにより前記第二ミラー板に投射し、投射された要素画像群を前記 The stereoscopic image display device according to claim 16, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of a subject, as compared to the subject to capture a stereoscopic image displayed by the inverted state of the depth as an intermediate object an intermediate object imaging device, an intermediate object imaging device stereoscopic image display apparatus comprising a three-dimensional image display means to redisplay the element images of the intermediate subject captured by said intermediate object imaging means, first mirror comprising a plate, an objective lens, an imaging device, said stereoscopic image display means includes a display element, a projection lens, and a second mirror plate, said intermediate object intermediate the subject picked up by the image pickup means element image groups, and displayed on the display device of the stereoscopic image display means, the displayed element images projected on the second mirror plate by the projection lens, wherein the projected element images 二ミラー板で反射することを特徴とする。 Characterized in that it reflected in two mirrors plate.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、中間被写体撮像手段において、対物レンズによって、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有する第一ミラー板から反射される反射光を受光し、撮像素子によって、受光された反射光を、中間被写体の要素画像群として撮像する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display apparatus, the intermediate object imaging device, by the objective lens, and has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, a plurality of micromirrors receiving the light reflected from the first mirror plate having in an array, the imaging device, the received reflected light, captured as an element image group of the intermediate object. 続いて、立体画像表示装置は、立体画像表示手段において、表示手段によって、要素画像群を表示し、投射レンズによって、表示された要素画像群を投射する。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, a stereoscopic image display means, the display means to display the element images, the projection lens projects the displayed element images. 続いて、立体画像表示装置は、立体画像表示手段において、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有する第二ミラー板によって、投射された要素画像群を反射することで、被写体の立体画像を表示する。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, a stereoscopic image display means, the second mirror having and having a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, a plurality of micro mirrors in an array by the plate, by reflecting the projected element images, and displays the stereoscopic image of the subject.

請求項17に記載の立体画像表示装置は、被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を、中間被写体とみなし、この中間被写体と参照光との干渉縞を撮像する中間被写体撮像手段と、この中間被写体撮像手段で撮像された干渉縞に照明光を照射することで、前記中間被写体の立体像を表示する立体画像表示手段とからなる立体画像表示装置であって、前記中間被写体撮像手段は、参照光源と、撮像素子とを備え、前記立体画像表示手段は、表示素子と、照明光源とを備えることを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 17, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of a subject, as compared to the subject a stereoscopic image which is not inverted in depth, regarded as an intermediate object, this intermediate object and the intermediate object imaging means for imaging an interference fringe between the reference light, and this by irradiating illumination light to the interference fringes captured by the intermediate object imaging device, a stereoscopic image display means for displaying a stereoscopic image of said intermediate object a stereoscopic image display device consisting of the intermediate object imaging means comprises a reference light source, an imaging device, said stereoscopic image display means is characterized by comprising a display device and an illumination light source.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、中間被写体撮像手段において、参照光源によって、中間被写体と干渉させる参照光を発生させ、撮像素子によって、参照光源で発生させた参照光と中間被写体とが干渉してなる干渉縞を撮像する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display apparatus, the intermediate object imaging means, the reference-light source, to generate a reference beam to interfere with the intermediate object, by the imaging device, and reference light is generated by the reference light source and the intermediate object interference imaging the interference fringes formed by. 続いて、立体画像表示装置は、立体画像表示手段において、表示素子によって、中間被写体撮像手段により撮像した干渉縞を表示し、照明光源によって、表示された干渉縞に照射する照明光を発生させる。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, a stereoscopic image display means, the display device, to display an interference fringe captured by the intermediate object imaging device, the illumination source, to generate illumination light for illuminating the displayed interference fringe.

請求項18に記載の立体画像表示装置は、被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を生成する要素画像群を、中間要素画像群とみなし、この中間要素画像群に対する中間要素干渉縞を撮像する中間要素干渉縞撮像手段と、この中間要素干渉縞撮像手段で撮像された中間要素干渉縞に照明光を照明することで、前記被写体の立体像を表示する立体画像表示手段とからなる立体画像表示装置であって、前記中間要素干渉縞撮像手段は、表示素子と、第一コヒーレント光源と、集光レンズと、マスクと、第二コヒーレント光源と、撮像素子とを備え、前記立体画像表示手段は、表示素子と、照明光源とを備えることを特徴とする。 The stereoscopic image display device according to claim 18, a stereoscopic image display apparatus that displays a stereoscopic image of an object, the element image group as compared to the subject to generate a stereoscopic image that is not reversed in depth, the intermediate element regarded as images, and the intermediate element interference fringe imaging means for imaging the intermediate element interference fringes for this intermediate element image group, by illuminating the illumination light to the intermediate element interference fringes imaged by the intermediate element interference fringe imaging means, wherein a stereoscopic image display apparatus comprising a three-dimensional image display means for displaying a stereoscopic image of an object, said intermediate element interference fringe imaging means, a display element, a first coherent light source, a condenser lens, a mask, comprising a second coherent light source, an imaging device, said stereoscopic image display means is characterized by comprising a display device and an illumination light source.

かかる構成によれば、立体画像表示装置は、中間要素干渉縞撮像手段において、表示素子によって、中間要素画像群の個々の中間要素画像を表示し、第一コヒーレント光源によって、表示素子を照明するコヒーレント光を発生させ、集光レンズによって、第一コヒーレント光源で照明された表示素子を通過する通過光を集光する。 According to such a configuration, a stereoscopic image display apparatus, the intermediate element interference fringe imaging device, the display device displays the respective intermediate element image of the intermediate element images by a first coherent light source, for illuminating the display elements coherent to generate light, by the condensing lens, condensing the passing light passing through the display element which is illuminated by the first coherent light source. 続いて、立体画像表示装置は、中間要素干渉縞撮像手段において、マスクによって、集光レンズで集光された集光光のみを通過させ、第二コヒーレント光源によって、マスクを通過した集光光と干渉させる参照光として、コヒーレント光を発生させ、撮像素子によって、集光光と参照光とが干渉してなる干渉縞を、中間要素干渉縞として撮像する。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus, the intermediate element interference fringe imaging means, the mask, passes only light collecting light converged by the condenser lens, the second coherent light source, a condensing light passing through the mask as the reference light to interfere to generate a coherent light, the image pickup device, and reference light condensing light interference fringes formed by interference and imaged as an intermediate element interference fringes. そして、立体画像表示装置は、立体画像表示手段において、表示素子によって、中間要素画像群の中間干渉縞群を表示し、照明光源によって、表示素子を照射する照明光を発生させる。 Then, the stereoscopic image display apparatus, a stereoscopic image display means, the display device, to display an intermediate fringe group of the intermediate element images, the illumination source, to generate illumination light for illuminating the display device.

請求項1、2に記載の発明によれば、第一および第二放物面ミラー、つまり、2枚の放物面ミラーによって、被写体からの物体光がミラー板で反射した反射光、つまり、被写体の奥行きが反転した状態に対する要素画像が反転し、撮像素子によって撮像されるので、被写体の要素画像を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 1, 2, first and second parabolic mirrors, that is, by two parabolic mirrors, the reflected light object light from an object is reflected by the mirror plate, that is, inverted element image to the state where the depth of the object is reversed, since it is captured by the imaging device, without the depth of the stereoscopic image to be observed when displaying element images of the object is reversed, the same depth as the subject stereoscopic images can be observed.

請求項3に記載の発明によれば、凸レンズで結像される被写体の実像がミラー板で反射され、反射した反射光がフィールドレンズで伝送された後、撮像素子によって撮像されるので、被写体の奥行きが反転した状態に対する要素画像が撮像されることになる。 According to the invention described in claim 3, the real image of the object to be imaged by the convex lens is reflected by the mirror plate, after reflected reflected light is transmitted by the field lens, because it is captured by the imaging device, the subject elemental image is to be captured for the conditions depth is inverted. このため、被写体の要素画像を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Therefore, without the depth of the stereoscopic image to be observed when displaying element images of the object is reversed, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

請求項4に記載の発明によれば、凸レンズで結像される被写体の実像がミラー板で反射され、当該ミラー板の位置から準線上に配置した撮像素子によって撮像されるので、被写体の奥行きが反転した状態に対する要素画像が撮像されることになる。 According to the invention described in claim 4, the real image of the object to be imaged by the convex lens is reflected by the mirror plate, since it is captured by the image capturing device arranged on the semi-line from the position of the mirror plate, the depth of the subject is element image for inverting the state is to be imaged. このため、被写体の要素画像を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Therefore, without the depth of the stereoscopic image to be observed when displaying element images of the object is reversed, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

請求項5に記載の発明によれば、自己集束性スクリーンにより生成された被写体の奥行きが反転した反転像がミラー板で反射され、撮像素子によって撮像されるので、被写体の要素画像を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention of claim 5, inverted image the depth of the object generated by the self-focusing screen is inverted is reflected by the mirror plate, since it is captured by the imaging device, when displaying an elemental image of a subject without depth of the stereoscopic image is reversed to be observed, you can observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

請求項6に記載の発明によれば、アフォーカル光学系アレーにより生成された被写体の奥行きを反転させた反転立体画像がミラー板で反射され、撮像素子によって撮像されるので、被写体の要素画像を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention of claim 6, the inverted three-dimensional image obtained by inverting the depth of the object generated by the afocal optical system array is reflected by the mirror plate, because it is captured by the image sensor, the element image of the object without depth of the stereoscopic image to be observed when the displayed is inverted, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

請求項7に記載の発明によれば、被写体の要素画像群から、当該被写体と比較して奥行きが反転した中間立体像を生成し、さらに、この中間立体像を撮像するので、当該中間立体像の要素画像を表示する際には、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 7, the element image group of the subject, to produce an intermediate three-dimensional image the depth is inverted as compared to the subject, further, since capturing an intermediate three-dimensional image, the intermediate stereoscopic image when displaying the elemental image can be observed three-dimensional image of the same depth as the subject.

請求項8に記載の発明によれば、被写体の要素画像群から、当該被写体と比較して奥行きが同じ中間立体像を生成し、さらに、この中間立体像と参照光とが干渉した干渉縞を撮像するので、当該干渉縞に、参照光源と同じ光源を再生光源として照射すれば、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention of claim 8, the element image group of the subject, as compared to the subject to generate a depth same intermediate solid image, further, the interference fringes and the intermediate three-dimensional image and the reference light interferes since imaging, to the interference fringes, if irradiated with the same light source as the reference light as a reproducing light source, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

請求項9に記載の発明によれば、被写体の要素画像と、参照光源で発生させた参照光とを干渉させることで要素干渉縞を生成し、すべての要素画像(要素画像群)についても同様の要素干渉縞を生成した要素干渉縞群を撮像するので、取得した要素干渉縞群を表示し、この要素干渉縞群に参照光源と同じ光源を再生光源として照射すれば、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Similarly According to the invention described in claim 9, the element image of the object, and the reference light generated by the reference light source generates an element interference fringes by causing interference, even for all elements image (elemental image group) since imaging the generated the elements fringe element fringe group, to display the acquired element fringe groups, by irradiating the same light source and reference source in this element interference fringe group as a reproduction light source, of the same depth as the subject You can observe a stereoscopic image.

請求項10、11に記載の発明によれば、反射光として撮像された被写体の要素画像群が表示素子で表示され、投射レンズで投射され、ミラー板で立体画像として結像された後、第一および第二放物面ミラーによって、当該立体画像の奥行きが元に戻されるので、被写体の要素画像群を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 10 and 11, the element images of the imaged object is displayed on the display device as reflected light, is projected by the projection lens after being imaged as a stereoscopic image in the mirror plate, the the first and second parabolic mirrors, since the depth of the stereoscopic image is returned to the original, without depth of the stereoscopic image to be observed when displaying element images of the object is reversed, the same depth as the subject You can observe a stereoscopic image.

請求項12に記載の発明によれば、反射光として撮像された被写体の要素画像群が表示素子で表示され、投射レンズで投射されてフィールドレンズで伝送された後、ミラー板で立体画像として結像され、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点側から画像が撮像されているが、表示する際には、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側から画像を観察することになるので、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 12, the element images of the imaged object is displayed on the display device as reflected light, after being transmitted by the field lens is projected by the projection lens, forming a three-dimensional image in the mirror plate the imaged, the image is captured from the focus side of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate, when displaying an image from the opposite side of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate it means to observe can observe the stereoscopic images of the same depth as the subject.

請求項13に記載の発明によれば、反射光として撮像された被写体の要素画像群が表示素子で表示され、ミラー板で立体画像として結像され、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点側から画像が撮像されているが、表示する際には、ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側から画像を観察することになるので、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 13, the element images of the imaged object is displayed on the display device as reflected light is imaged as a stereoscopic image by the mirror plate, paraboloid serving as the reference tilt of the mirror plate of but images from the focus side is captured, the time of display, it means to observe the image from the opposite side of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate, the same depth as the subject stereoscopic images can be observed.

請求項14に記載の発明によれば、反射光として撮像された被写体の要素画像群が表示素子で表示され、投射レンズで投射されてミラー板で立体画像として結像され、自己集束性スクリーンによって、奥行きが反転される、すなわち、当該立体画像の奥行きが元に戻されるので、被写体の要素画像群を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 14, the element images of the imaged object is displayed on the display device as reflected light is imaged as a stereoscopic image is projected by the projection lens on the mirror plate, the self-converging screen depth is reversed, i.e., the depth of the stereoscopic image is returned to the original, without depth of the stereoscopic image to be observed when displaying element images of the object is reversed, the same depth as the subject stereoscopic images can be observed.

請求項15に記載の発明によれば、被写体の要素画像群が表示素子で表示され、投射レンズで投射されてミラー板で立体画像として結像され、アフォーカル光学系アレーによって、奥行きを反転される、すなわち、当該立体画像の奥行きが元に戻されるので、被写体の要素画像群を表示した際に観察される立体画像の奥行きが反転することなく、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 15, is displayed in the element image group display device of the subject, is projected by the projection lens is imaged as a stereoscopic image by the mirror plate, the afocal optical system array is inverted depth that, namely, the depth of the stereoscopic image is returned to the original, without depth of the stereoscopic image to be observed when displaying element images of the object is reversed, to observe a stereoscopic image of the same depth as the subject can.

請求項16に記載の発明によれば、被写体と比較して奥行きの反転した状態で表示された立体像を中間被写体として撮像しており、この中間被写体の要素画像群を表示させているので、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention of claim 16, compared to the subject and by imaging the three-dimensional image displayed in the inverted state of the depth as an intermediate object, since to display the element images of the intermediate object, You can observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

請求項17に記載の発明によれば、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を中間被写体とし、この中間被写体と参照光とが干渉した干渉縞を撮像しており、この干渉縞を表示させているので、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 17, a stereoscopic image that is not reversed in the depth between the intermediate subject as compared to the subject, and imaging the interference fringes and the intermediate object and the reference beam interferes, the interference fringes since to display, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

請求項18に記載の発明によれば、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を生成する要素画像群を、中間要素画像群とみなし、中間要素画像群と参照光とが干渉した中間要素干渉縞を撮像しており、この中間要素干渉縞を表示させているので、被写体と同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 According to the invention described in claim 18, the element image group as compared to the subject to generate a stereoscopic image that is not reversed in depth, regarded as intermediate element image group, the intermediate element images and the reference light interferes and imaging the intermediate element interference fringes, because to display the intermediate element interference fringe, can observe a stereoscopic image of the same depth as the subject.

次に、本発明の実施形態について、適宜、図面を参照しながら詳細に説明する。 Next, embodiments of the present invention, as appropriate, will be described in detail with reference to the drawings.
立体画像撮像装置については第一実施形態から第九実施形態までを、立体画像表示装置については第一実施形態から第九実施形態までを説明することとし、立体画像撮像表示システムについては第一実施形態から第四実施形態までを説明することとする。 From first embodiment for stereoscopic imaging apparatus to the ninth embodiment, the stereoscopic image display device and to explain the first embodiment to the ninth embodiment, the first embodiment for three-dimensional image pickup display system and to explain the embodiment to the fourth embodiment.

〈立体画像撮像装置の構成(第一実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (First Embodiment)>
まず、第一実施形態の立体画像撮像装置の構成について説明する。 First, a configuration of a stereoscopic imaging apparatus of the first embodiment. 図1は立体画像撮像装置(第一実施形態)の概略図である。 Figure 1 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (first embodiment). 図1に示すように、立体画像撮像装置1は、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、2枚の放物面ミラー(第一および第二放物面ミラー)3(3a、3b)と、ミラー板5と、撮像素子7とを備えている。 As shown in FIG. 1, the stereoscopic imaging device 1, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, intended to capture the subject, two parabolic mirrors (first and second parabolic surface mirror) 3 (3a, and 3b), a mirror plate 5, and an imaging device 7. なお、被写体の符号としてHを付すこととし、この被写体Hの実像の符号としてGを付すこととする。 Incidentally, the subjecting the H as code of an object, and subjecting the G as the sign of the real image of the subject H. また、この図1は、立体画像撮像装置1の一断面を図示したものである。 Further, FIG. 1 is an illustration of one section of the stereoscopic imaging apparatus 1.

放物面ミラー3(3a、3b)は、放物面の焦点側に鏡面を有しており(鏡面加工が施されており)、焦点側同士が対向して設置されているものである。 Parabolic mirror 3 (3a, 3b) is (are subjected to mirror finish) has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, in which the focus-side to each other are disposed to face.
ミラー板5は、複数の微小ミラー5aを有して成り、この微小ミラー5aがアレー状に並んだものである。 Mirror plate 5 is made with a plurality of micro mirrors 5a, the micro mirror 5a is one that arranged in an array. 複数の微小ミラー5aは、放物面ミラー3aと一致する放物面の接平面と同じ角度を有して配置されている。 A plurality of micro mirrors 5a are disposed with a same angle as the tangent plane of the paraboloid coincides with the parabolic mirror 3a. また、複数の微小ミラー5aは、放物面ミラー3aの焦点と同じ側面に鏡面を有している(鏡面加工が施されている)。 Further, a plurality of micro mirrors 5a is and has a mirror surface on the same side as the focal point of the parabolic mirror 3a (mirror processing is given).

撮像素子7は、ミラー板5の微小ミラー5aで反射した反射光を、被写体の要素画像群として撮像するものである。 The imaging element 7, the light reflected by the micromirrors 5a of the mirror plate 5 is for imaging as an element image group of the subject. この撮像素子7としては、写真フィルム、CCD(Charge Coupled Device:電荷結合素子)、CMOS(Complenentary Metal Oxide Semiconductor:相補型金属酸化膜半導体)撮像素子が挙げられる。 As the imaging device 7, a photographic film, CCD (Charge Coupled Device: charge-coupled device), CMOS: include (Complenentary Metal Oxide Semiconductor Complementary Metal Oxide Semiconductor) imaging element. なお、これらの撮像素子は可視光領域内の複数の波長に対して感度を持っていてもよく、可視光領域内の波長だけでなく、これらの撮像素子とI_I(イメージインテンシファイアー)を組み合わせて用いてもよい。 Combinations of these imaging devices may have a sensitivity to a plurality of wavelengths in the visible light region, as well as the wavelength of visible light region, these imaging devices and I_I (image intensifier) it may be used Te. この場合、微小ミラー5aは撮像素子7で感度を有している波長帯域に対して有効な反射特性を有していることが好ましい。 In this case, micromirror 5a are preferably has an effective reflection characteristics with respect to the wavelength band has a sensitivity imaging element 7.

この立体画像撮像装置1で撮像した画像(奥行きが反転した実像に対する要素画像群、つまり、ミラー板5で反射した反射光)を、従来の立体画像表示装置に入力することで、被写体と比較して奥行きが同じになる立体画像を、観察者に観察させることができる。 The stereoscopic imaging apparatus 1 captured by the image (component image group for real images depth is reversed, i.e., the reflected light reflected by the mirror plate 5), by entering the conventional stereoscopic image display device, compared to the subject a stereoscopic image depth are the same Te, it can be viewed by the viewer.

なお、ミラー板5と撮像素子7との間に、後記するフィールドレンズと対物レンズとを介在させて、被写体の要素画像群を撮像するようにしてもよい。 Between the mirror plate 5 and the imaging device 7, is interposed between the field lens and the objective lens described later, it may be imaged element image group of the subject. この場合、フィールドレンズを撮像素子7の位置に配置することとする。 In this case, the placing a field lens at the position of the imaging element 7.

〈立体画像撮像装置の動作(第一実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (First Embodiment)>
次に、図23に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1の動作を説明する(適宜、図1参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 23, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1 (as appropriate, see FIG. 1).
まず、立体画像撮像装置1は、被写体Hからの物体光(光線)を放物面ミラー3bによって反射し、さらに放物面ミラー3aによって反射する(ステップS1)。 First, the stereoscopic imaging device 1, the object light from the object H to (light) reflected by the parabolic mirror 3b, is further reflected by the parabolic mirror 3a (step S1). 続いて、立体画像撮像装置1は、ミラー板5で、放物面ミラー3aで反射した反射光を反射する(ステップS2)。 Subsequently, the stereoscopic imaging apparatus 1, the mirror plate 5 reflects the light reflected by the parabolic mirror 3a (Step S2). そして、立体画像撮像装置1は、撮像素子7によって、ミラー板5で反射した反射した反射光(被写体Hの要素画像群)を撮像する(ステップS3)。 The stereoscopic imaging apparatus 1, the imaging device 7, for imaging reflected light reflected was reflected by the mirror plate 5 (elemental image group of the subject H) (step S3).

〈立体画像撮像装置の構成(第二実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (Second Embodiment)>
次に、第二実施形態の立体画像撮像装置の構成について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup apparatus of the second embodiment. 図2は立体画像撮像装置(第二実施形態)の概略図である。 Figure 2 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (second embodiment). 図2に示すように、立体画像撮像装置1Aは、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、2枚の放物面ミラー(第一および第二放物面ミラー)3(3a、3b)と、ミラー板5と、撮像素子7と、対物レンズ9とを備えている。 As shown in FIG. 2, the stereoscopic imaging apparatus 1A, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, intended to capture the subject, two parabolic mirrors (first and second parabolic surface mirror) 3 (3a, and 3b), a mirror plate 5, the imaging device 7, and an objective lens 9. なお、図1と同様に、被写体の符号としてHを付すこととし、この被写体Hの実像の符号としてGを付すこととする。 Similarly to FIG. 1, and subjecting the H as code of an object, and subjecting the G as the sign of the real image of the subject H. また、この図2は、立体画像撮像装置の一断面を図示したものである。 Also, FIG. 2 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup apparatus.

放物面ミラー3(3a、3b)は、放物面の焦点側に鏡面を有しており(鏡面加工が施されており)、焦点側同士が対向して設置されているものである。 Parabolic mirror 3 (3a, 3b) is (are subjected to mirror finish) has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, in which the focus-side to each other are disposed to face. なお、放物面ミラー3a(第一放物面ミラー)の焦点Fa(F)と放物面ミラー3b(第二放物面ミラー)の焦点Fb(F)とは、それぞれ焦点Fが放物面ミラー3の上に存在するように設置されている。 Here, the parabolic mirror 3a the focus Fb of the focal point Fa (F) and parabolic mirror 3b of the (first parabolic mirror) (second parabolic mirror) (F), each focal point F is parabolic It is installed so as to present on the surface mirror 3. つまり、焦点Faが放物面ミラー3b上に、焦点Fbが放物面ミラー3a上に存在するように設置されている。 That is, the focus Fa parabolic mirror 3b, is installed so as to present on the focus Fb parabolic mirror 3a.

ちなみに、放物面ミラー3aは、ミラー板5の傾きの基準となる放物面と同一放物面上に配置されている。 Incidentally, parabolic mirrors 3a are arranged on the same paraboloid on a paraboloid serving as the reference tilt of the mirror plate 5. また、これらの長さについては放物面ミラー3bの方が放物面ミラー3aよりも若干長く形成されている。 Also, it is slightly longer than the parabolic mirror 3a towards these parabolic mirror 3b for length. つまり、放物面ミラー3aは焦点Fbが通過するX軸まで延在しているのに対し、放物面ミラー3bは焦点Faが通過するX軸よりも上方まで延在している。 In other words, the parabolic mirror 3a Whereas extends to the X-axis the focus Fb passes, the parabolic mirror 3b extends to above the X-axis the focus Fa passes.

ミラー板5は、複数の微小ミラー5aを有して成り、この微小ミラー5aがアレー状に並んだものである。 Mirror plate 5 is made with a plurality of micro mirrors 5a, the micro mirror 5a is one that arranged in an array. 複数の微小ミラー5aは、放物面ミラー3aと一致する放物面の接平面と同じ角度を有して配置されている。 A plurality of micro mirrors 5a are disposed with a same angle as the tangent plane of the paraboloid coincides with the parabolic mirror 3a. また、複数の微小ミラー5aは、放物面ミラー3aの焦点Faと同じ側面に鏡面を有している(鏡面加工が施されている)。 Further, a plurality of micro mirrors 5a is and has a mirror surface on the same side as the focal point Fa of the parabolic mirror 3a (mirror processing is given).

対物レンズ9は、放物面ミラー3(3a、3b)と、ミラー板5とにより反射された反射光、すなわち、被写体Hからの物体光(被写体Hからの発せられた物体光(光線))が反射した反射光を受光するものである。 The objective lens 9, the parabolic mirror 3 (3a, 3b), the reflected light reflected by the mirror plate 5, i.e., the object light from the object H (emitted object light from the object H (ray)) There is for receiving the light reflected.

撮像素子7は、対物レンズ9で受光された反射光を、被写体の要素画像として撮像するものである。 The imaging element 7, the reflected light received by the objective lens 9, is to captured as an element image of the subject. なお、対物レンズ9および撮像素子7は、放物面ミラー3aの準線Jを含みX軸に垂直な平面に合焦する配置に構成されている。 Incidentally, the objective lens 9 and the imaging device 7 is configured to arranged to focus a plane perpendicular to the X axis includes the directrix J parabolic mirror 3a.

ここで、放物面ミラー3aの焦点Fa付近に被写体Hが存在する場合について説明する。 Here, a case will be described in which the subject H in the vicinity of the focal point Fa of the parabolic mirror 3a is present. なお、被写体Hの位置は、ここで前提とする放物面ミラー3aの焦点Fa付近に限定されない。 The position of the object H is not limited here to the vicinity of the focal point Fa of the parabolic mirror 3a to assume. 被写体Hから発せられた物体光(光線)は、放物面ミラー3aおよび放物面ミラー3bにより実像Gを結像(形成)する。 Object light emitted from the object H (light) is the real G imaging (formed) by the parabolic mirror 3a and parabolic mirror 3b.

図2では、被写体Hとして、「旗」を示しており、撮像方向aから観察した場合、「旗」の先端部分が手前に存在する状態となっている。 In Figure 2, as the subject H, it shows the "flag", when viewed from the imaging direction a, in a state of the tip portion of the "flag" is present in front. しかし、撮像方向aから実像Gを観察した場合、「旗」の先端部分が奥に存在する状態となっている。 However, when observing a real image G from the imaging direction a, in a state of the tip portion of the "flag" is present in the back. この実施形態では、被写体Hと比較して、奥行きが反転した実像Gを生成し、準線上に虚像として形成される実像Gの要素画像群を撮像することになる。 In this embodiment, as compared to the subject H, and generates a real image G in which the depth is inverted, so that the imaging element images of the real image G formed as a virtual image on a quasi line. 従って、この立体画像撮像装置1Aで撮像した画像(奥行きが反転した実像に対する要素画像群、つまり、ミラー板5で反射した反射光)を、従来の立体画像表示装置に入力することで、被写体と比較して奥行きが同じになる立体画像を、観察者に観察させることができる。 Therefore, (the element image group for real images depth is reversed, i.e., the reflected light reflected by the mirror plate 5) images captured by the stereoscopic imaging apparatus 1A, and by entering the conventional stereoscopic image display apparatus, and the subject a stereoscopic image depth is the same in comparison, it can be viewed by the viewer.

〈立体画像撮像装置の動作(第二実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (Second Embodiment)>
次に、図23に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Aの動作を説明する(適宜、図2参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 23, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1A (as appropriate, see FIG. 2).
まず、立体画像撮像装置1Aは、被写体Hからの物体光(光線)を放物面ミラー3bによって反射し、さらに放物面ミラー3aによって反射する(ステップS11)。 First, the stereoscopic imaging apparatus 1A, the object light from the object H to (light) reflected by the parabolic mirror 3b, is further reflected by the parabolic mirror 3a (step S11). 続いて、立体画像撮像装置11は、ミラー板5で、放物面ミラー3aで反射した反射光を反射する(ステップS12)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 11, a mirror plate 5 reflects the light reflected by the parabolic mirror 3a (step S12).

そして、立体画像撮像装置1Aは、対物レンズ9によって、ミラー板5で反射した反射した反射光(被写体Hの要素画像)を受光し(ステップS13)、撮像素子7によって、対物レンズ9で受光された反射光を撮像する(ステップS14)。 The stereoscopic image pickup apparatus 1A by the objective lens 9, the reflected light reflected was reflected by the mirror plate 5 receives the (element image of the subject H) (step S13), and by the image sensor 7, is received by the objective lens 9 imaging the reflected light (step S14).

〈立体画像撮像装置の構成(第三実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (Third Embodiment)>
次に、立体画像撮像装置の構成(第三実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup apparatus (third embodiment). 図3は立体画像撮像装置(第三実施形態)の概略図である。 Figure 3 is a schematic diagram of a stereoscopic imaging apparatus (third embodiment). 図3に示すように、立体画像撮像装置1Bは、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、光学系(凸レンズ)11と、ミラー板13と、フィールドレンズ15と、対物レンズ9と、撮像素子7とを備えている。 As shown in FIG. 3, the stereoscopic imaging apparatus 1B, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, intended to capture the subject, an optical system (lens) 11, a mirror plate 13, a field lens 15, an objective lens 9 and an imaging device 7. なお、図2に示した立体画像撮像装置1Aと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 The same components as the stereoscopic image pickup apparatus 1A shown in FIG. 2, is basically the same reference numerals and not described, is added explanations as necessary. また、被写体の符号としてHを付すこととし、この被写体Hの実像の符号としてGを付すこととする。 Further, the subjecting the H as code of an object, and subjecting the G as the sign of the real image of the subject H. この図3は、立体画像撮像装置の一断面を図示したものである。 FIG 3 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup apparatus.

光学系11は、ミラー板5の焦点側に、被写体Hの実像Gを結像させるものである。 The optical system 11, the focal point side of the mirror plate 5, is intended for forming a real image G of the subject H. ここでは、光学系11として凸レンズを採用しており、この凸レンズによって、被写体Hからの物体光を集光して、当該被写体Hの実像Gを結像させている。 Here, it adopts a convex lens as an optical system 11, by the convex lens, condenses the object light from the object H, and is focused real image G of the subject H. なお、凸レンズの部分は、複数の光学素子で構成されてもよく、被写体と実像の横倍率を一致させるためにアフォーカル光学系を用いてもよい。 The portion of the convex lens may be composed of a plurality of optical elements, it may be used afocal optical system to match the lateral magnification of the object and the real image.

ミラー板13は、複数の微小ミラー13aを有して成り、この微小ミラー13aがアレー状に並んだものである。 Mirror plate 13 is made with a plurality of micro mirrors 13a, the micro mirror 13a is one that arranged in an array. 複数の微小ミラー13aは、前記した(1)式[y =4px(ただし、p<0、x<0)]で表される放物線をX軸の周りに回転させた放物面の接平面と同じ角度を有して配置されている。 A plurality of micro mirrors 13a, the the (1) [y 2 = 4px (although, p <0, x <0 )] with the tangent plane of the paraboloid is rotated about the X axis a parabola represented They are arranged with the same angle as. また、このミラー板13は、放物面の焦点と反対側の側面に鏡面を有している。 Further, the mirror plate 13 has a mirror surface on the side opposite to the focus of the paraboloid.

フィールドレンズ15は、ミラー板13の傾きの基準となる放物面の準線J上に配置され、被写体Hからの物体光を、当該ミラー板13の微小ミラー5aで反射した反射光を伝送するものである。 The field lens 15 is arranged on the directrix J parabolic as a reference tilt of the mirror plate 13, transmits the object light from the object H, the reflected light reflected by the micromirror 5a of the mirror plate 13 it is intended. つまり、このフィールドレンズ15は、放物面の準線Jを含み、水平方向の軸(X軸)に垂直な平面に一致して配置されている。 That is, the field lens 15 includes a directrix J parabolic, are arranged to match the plane perpendicular to the horizontal axis (X axis).

なお、対物レンズ9および撮像素子7は、フィールドレンズ15が存在している平面に合焦する位置に配置されている。 Incidentally, the objective lens 9 and the imaging device 7 is disposed at a position to focus on a plane field lens 15 is present.

ここで、光学系11により生成される被写体Hの実像Gの位置が、ミラー板13の傾きの基準となる放物面の焦点付近になる場合について説明する。 Here, the position of the real image G of the subject H to be generated by the optical system 11, a case made in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 13. なお、被写体Hの位置は、ここで前提とするミラー板13の放物面の焦点付近に限定されない。 The position of the object H is not limited here to the vicinity of the focal point of the parabolic mirror plate 13 to assume.

図3では、被写体Hとして、「旗」を示しており、撮像方向aから観察した場合、「旗」の先端部分が手前に存在する状態となっている。 In Figure 3, as the subject H, it shows the "flag", when viewed from the imaging direction a, in a state of the tip portion of the "flag" is present in front. しかし、被写体Hから発せられた物体光は、光学系11を通過した後、ミラー板13によって反射されて、フィールドレンズ15に向かう。 However, the object light emitted from the object H is passed through the optical system 11, it is reflected by the mirror plate 13, toward the field lens 15. そして、この反射光は、実像Gが存在している場合の物体光と等価である。 Then, the reflected light is equivalent to the object beam when the real image G is present.

この実像Gを撮像方向aから観察すると、「旗」の先端部分が奥に存在する状態になっている。 When observing the real image G from the image pickup direction a, the tip portion of the "flag" is ready to present the back. この実施形態では、被写体Hと比較して、奥行きが反転した実像Gから発せられた物体光と等価な反射光を撮像している。 In this embodiment, as compared to the subject H, and imaging the object beam depth emitted from real G inverted equivalent reflected light. 従って、この立体画像撮像装置1Bで撮像した画像(奥行きが反転した実像、つまり、ミラー板13で反射した反射光)は、立体画像撮像装置1Aで撮像した画像と同様に、従来の立体画像表示装置に入力することで、被写体と比較して奥行きが同じになる立体画像を、観察者に観察させることができる。 Therefore, (the real image of the depth is inverted, that is, light reflected by the mirror plate 13) images captured by the stereoscopic image pickup apparatus 1B, similarly to the image captured by the stereoscopic image pickup apparatus 1A, the conventional stereoscopic image display by entering the apparatus, a stereoscopic image depth as compared to the subject are the same, it can be observed in the viewer.

〈立体画像撮像装置の動作(第三実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (Third Embodiment)>
次に、図25に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Bの動作を説明する(適宜、図3参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 25, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1B (as appropriate, see FIG. 3).
まず、立体画像撮像装置1Bは、光学系11によって、ミラー板13の傾きの基準となる放物面の焦点側に、被写体Hの実像Gを結像させる(ステップS21)。 First, the stereoscopic imaging apparatus 1B by the optical system 11, the focal point side of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 13 and forms a real image G of the subject H (step S21). 続いて、立体画像撮像装置1Bは、光学系11により投射された像を、ミラー板13によって反射する(ステップS22)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 1B, the image projected by the optical system 11, is reflected by the mirror plate 13 (step S22).

そして、立体画像撮像装置1Bは、フィールドレンズ15によって、ミラー板13で反射した反射光を伝送し(ステップS23)、対物レンズ9によって受光する(ステップS24)。 The stereoscopic image pickup apparatus 1B, the field lens 15, and transmits the light reflected by the mirror plate 13 (step S23), and received by the objective lens 9 (step S24). そして、立体画像撮像装置1Bは、撮像素子7によって、対物レンズ9で受光された反射光を撮像する(ステップS25)。 The stereoscopic image pickup apparatus 1B, the imaging device 7, imaging the reflected light received by the objective lens 9 (step S25).

〈立体画像撮像装置の構成(第四実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (Fourth Embodiment)>
次に、立体画像撮像装置の構成(第四実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup apparatus (fourth embodiment). 図4は立体画像撮像装置(第四実施形態)の概略図である。 Figure 4 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (fourth embodiment). 図4に示すように、立体画像撮像装置1Cは、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、光学系(凸レンズ)11と、ミラー板13と、撮像素子7とを備えている。 As shown in FIG. 4, the stereoscopic imaging apparatus 1C, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, intended to capture the subject, an optical system (lens) 11, a mirror plate 13, the imaging device and a 7. なお、図2、3に示した立体画像撮像装置1A、1Bと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 Incidentally, the stereoscopic imaging apparatus 1A shown, the same configuration as 1B in FIG. 2 and 3, basically denoted by the same reference numerals without explanation, adding optional description. また、被写体の符号としてHを付すこととし、この被写体Hの実像の符号としてGを付すこととする。 Further, the subjecting the H as code of an object, and subjecting the G as the sign of the real image of the subject H. この図4は、立体画像撮像装置の一断面を図示したものである。 FIG 4 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup apparatus.

ここで、光学系11により生成される被写体Hの実像Gの位置が、ミラー板13の傾きの基準となる放物面の焦点付近になる場合について説明する。 Here, the position of the real image G of the subject H to be generated by the optical system 11, a case made in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 13. なお、被写体Hの位置は、ここで前提とするミラー板13の放物面の焦点付近に限定されない。 The position of the object H is not limited here to the vicinity of the focal point of the parabolic mirror plate 13 to assume.

図4では、被写体Hとして、「旗」を示しており、撮像方向aから観察した場合、「旗」の先端部分が手前に存在する状態となっている。 In Figure 4, as the subject H, it shows the "flag", when viewed from the imaging direction a, in a state of the tip portion of the "flag" is present in front. しかし、被写体Hからの物体光は、光学系11を通過した後、ミラー板13によって反射されて、撮像素子7に向かう。 However, the object light from the object H is passed through the optical system 11, it is reflected by the mirror plate 13, toward the imaging element 7. そして、この反射光は、実像Gから発せられた物体光と等価である。 Then, the reflected light is equivalent to the emitted object light from the real image G.

この実像Gを撮像方向aから観察すると、「旗」の先端部分が奥に存在する状態になっている。 When observing the real image G from the image pickup direction a, the tip portion of the "flag" is ready to present the back. この実施形態では、被写体Hと比較して、奥行きが反転した実像Gから発せられた物体光と等価な反射光を撮像している。 In this embodiment, as compared to the subject H, and imaging the object beam depth emitted from real G inverted equivalent reflected light. 従って、この立体画像撮像装置1Cで撮像した画像(奥行きが反転した実像、つまり、ミラー板13で反射した反射光)は、立体画像撮像装置1A、1Bで撮像した画像と同様に、従来の立体画像表示装置に入力することで、被写体と比較して奥行きが同じになる立体画像を、観察者に観察させることができる。 Therefore, (the real image of the depth is inverted, that is, light reflected by the mirror plate 13) images captured by the stereoscopic imaging apparatus 1C is stereoscopic imaging apparatus 1A, similarly to the image captured by 1B, conventional stereoscopic by inputting the image display apparatus, a stereoscopic image depth as compared to the subject are the same, it can be observed in the viewer.

〈立体画像撮像装置の動作(第四実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (Fourth Embodiment)>
次に、図26に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Cの動作を説明する(適宜、図4参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 26, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1C (as appropriate, see FIG. 4).
まず、立体画像撮像装置1Cは、光学系11によって、ミラー板13の焦点側に、被写体Hの実像Gを結像させる(ステップS31)。 First, the stereoscopic imaging device 1C is the optical system 11, the focal point side of the mirror plate 13 and forms a real image G of the subject H (step S31). 続いて、立体画像撮像装置1Cは、光学系11により投射された像を、ミラー板13によって反射する(ステップS32)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 1C is an image projected by the optical system 11, it is reflected by the mirror plate 13 (step S32).

そして、立体画像撮像装置1Cは、撮像素子7によって、ミラー板13で反射された反射光を撮像する(ステップS33)。 The stereoscopic imaging apparatus 1C is by the imaging device 7, imaging the reflected light reflected by the mirror plate 13 (step S33).

〈立体画像撮像装置の構成(第五実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (Fifth Embodiment)>
次に、立体画像撮像装置の構成(第五実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup device (the fifth embodiment). 図5(a)は立体画像撮像装置(第五実施形態)の概略図である。 5 (a) is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (the fifth embodiment). 図5(a)に示すように、立体画像撮像装置1Dは、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、自己集束性スクリーン17と、ハーフミラー19と、ミラー板5と、対物レンズ9と、撮像素子7とを備えている。 As shown in FIG. 5 (a), the stereoscopic imaging apparatus 1D, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, intended to capture the subject, the self-focusing property screen 17, a half mirror 19, a mirror plate 5, an objective lens 9 and an imaging device 7. なお、図1、2、3、4に示した立体画像撮像装置1、1A、1B、1Cと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 Incidentally, the stereoscopic imaging apparatus 1,1A shown in FIG. 1, 2, 3, 4, 1B, the same components and 1C is basically the same reference numerals and not described, optionally Add a description Te. また、被写体の符号としてHを付すこととし、この被写体Hの実像の符号としてGを付すこととする。 Further, the subjecting the H as code of an object, and subjecting the G as the sign of the real image of the subject H. この図5は、立体画像撮像装置の一断面を図示したものである。 FIG 5 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup apparatus.

自己集束性スクリーン17は、被写体Hの奥行きを反転させた反転像を生成するものである。 Self-focusing property screen 17 is for generating a reverse image obtained by inverting the subject depth H. この自己集束性スクリーン17の概略を図5(b)に示す。 The outline of this self-converging screen 17 shown in Figure 5 (b). この図5(b)に示すように、自己集束性スクリーン17は、凸レンズ17aを多数配列したレンズ板として構成されており、この凸レンズ17aの焦平面に拡散反射面17bが接合されている。 As shown in FIG. 5 (b), a self-converging screen 17 is composed of a convex lens 17a as a number sequence lenses plate, diffuse reflection surface 17b in the focal plane of the convex lens 17a is bonded. そして、この自己集束性スクリーン17では、凸レンズ17aに受光した光線(被写体Hからの物体光)が、拡散反射面17bで反射されることで、奥行きが反転した反転像が生成される。 Then, in the self-focusing property screen 17, light rays received by the lens 17a (object light from the object H) is, by being reflected by the diffuse reflection surface 17b, inverted image depth is inverted is generated.

ハーフミラー19は、被写体Hから発せられた物体光を透過させて、当該物体光が自己集束性スクリーン17に照射されるようにすると共に、自己集束性スクリーン17で生成された反転像を、被写体Hが存在する方向とは異なる方向、すなわち、ミラー板5の鏡面が施してある方向に反射させるものである。 Half mirror 19, by transmitting the object light emitted from the object H, together with the object light to be irradiated to the self-focusing screen 17, a reverse image that is generated by the self-converging screen 17, the subject a direction different from a direction in which H is present, i.e., those to reflect in the direction of the mirror surface of the mirror plate 5 are subjected.

ここで、自己集束性スクリーン17により生成される被写体Hの反転像の位置が、ミラー板5の傾きの基準となる放物面の焦点付近になる場合について説明する。 Here, the position of the inverted image of the subject H is generated by the self-focusing screen 17, a case made in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 5. なお、被写体Hの反転像の位置は、ここで前提とするミラー板5の傾きの基準となる放物面の焦点付近に限定されない。 The position of the inverted image of the subject H is not limited here to the vicinity of the focal point in relation to the standard paraboloid of inclination of the mirror plate 5 to assume.

図5では、被写体Hとして、「旗」を示しており、撮像方向aから観察した場合、「旗」の先端部分が手前に存在する状態となっている。 In Figure 5, as an object H, it shows the "flag", when viewed from the imaging direction a, in a state of the tip portion of the "flag" is present in front. しかし、自己集束性スクリーン17で生成される、被写体Hの奥行きが反転した反転像を撮像方向aから観察すると、「旗」の先端部分が奥に存在する状態になっている。 However, generated by the self-converging screen 17, when observing the reverse image of the depth of the subject H is reversed from the image pickup direction a, the tip portion of the "flag" is ready to present the back. この実施形態では、被写体Hと比較して、奥行きが反転した反転像から発せられた光と等価な反射光を撮像している。 In this embodiment, as compared to the subject H, and imaging the light equivalent to the reflected light emitted from the reverse image depth is inverted. 従って、この立体画像撮像装置1Dで撮像した画像(自己集束性スクリーン17で生成された、奥行きが反転した反転像)は、立体画像撮像装置1、1A、1B、1Cで撮像した画像と同様に、従来の立体画像表示装置に入力することで、被写体と比較して奥行きが同じになる立体画像を、観察者に観察させることができる。 Accordingly, images captured by the stereoscopic image pickup apparatus 1D (generated by the self-converging screen 17, inverted image the depth is inverted), the stereoscopic imaging device 1, 1A, 1B, similarly to the image taken by 1C and entering the conventional stereoscopic image display apparatus, a stereoscopic image depth as compared to the subject are the same, can be observed in the viewer.

〈立体画像撮像装置の動作(第五実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (Fifth Embodiment)>
次に、図27に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Dの動作を説明する(適宜、図5(a)参照)。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 27, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1D (as appropriate, see Figure 5 (a)).
まず、立体画像撮像装置1Dは、自己集束性スクリーン17によって、被写体Hの反転像を生成する(ステップS41)。 First, the stereoscopic imaging device 1D is by a self-focusing screen 17, to produce a reverse image of the subject H (step S41). 続いて、立体画像撮像装置1Dは、ハーフミラー19によって、自己集束性スクリーン17で生成された反転像を反射する(ステップS42)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 1D includes the half mirror 19, reflects the inverted image produced by the self-converging screen 17 (step S42).

そして、立体画像撮像装置1Dは、ミラー板5によって、ハーフミラー19で反射された反転像をさらに反射する(ステップS43)。 The stereoscopic imaging apparatus 1D includes the mirror plate 5, further reflects the inverted image reflected by the half mirror 19 (step S43). そして、立体画像撮像装置1Dは、対物レンズ9によって、ミラー板5で反射された反転像を受光する(ステップS44)。 The stereoscopic imaging apparatus 1D includes the objective lens 9, for receiving the inverted image reflected by the mirror plate 5 (step S44). そして、立体画像撮像装置1Dは、撮像素子7によって、対物レンズ9で受光された反転像を撮像する(ステップS45)。 The stereoscopic imaging apparatus 1D includes the imaging element 7, for imaging an inverted image received by the objective lens 9 (step S45).

〈立体画像撮像装置の構成(第六実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (Sixth Embodiment)>
次に、立体画像撮像装置の構成(第六実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup apparatus (sixth embodiment). 図6(a)は立体画像撮像装置(第六実施形態)の概略図である。 6 (a) is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (sixth embodiment). 図6(a)に示すように、立体画像撮像装置1Eは、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、アフォーカル光学系アレー21と、ミラー板5と、対物レンズ9と、撮像素子7とを備えている。 As shown in FIG. 6 (a), the stereoscopic imaging device 1E, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, intended to capture the subject, an afocal optical system array 21, a mirror plate 5 , an objective lens 9, and an imaging device 7. なお、図1、2、3、4、5に示した立体画像撮像装置1、1A、1B、1C、1Dと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 Incidentally, the stereoscopic imaging apparatus 1,1A shown in FIG 1,2,3,4,5, 1B, 1C, the same components and 1D are basically denoted by the same reference numerals without description added explanations as necessary. また、被写体の符号としてHを付すこととし、この被写体Hの実像の符号としてGを付すこととする。 Further, the subjecting the H as code of an object, and subjecting the G as the sign of the real image of the subject H. この図6は、立体画像撮像装置の一断面を図示したものである。 FIG 6 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup apparatus.

アフォーカル光学系アレー21は、被写体Hの奥行きを反転させた反転像を生成するものである。 Afocal optical system array 21 is for generating a reverse image obtained by inverting the subject depth H. このアフォーカル光学系アレー21の概略を図6(b)、図6(c)に示す。 Figure 6 schematically the afocal optical system array 21 (b), shown in FIG. 6 (c). この図6(b)に示すように、アフォーカル光学系アレー21は、アフォーカル光学系をアレー状に多数配列した状態で構成されたものである。 As shown in this FIG. 6 (b), the afocal optical system array 21 is constructed in a state of arranging a large number of afocal optical systems in an array. ここでは、2つの凸レンズにアフォーカル光学系を構成する例を示しているが、このアフォーカル光学系の代わりに、媒質内の屈折率が一様ではない屈折率分布レンズや、回折光学素子を1つまたは複数用いて構成してもよい。 Here, an example is shown which constitutes an afocal optical system into two convex lenses, in place of the afocal optical system, the refractive index lens and the refractive index is not uniform in the medium, the diffractive optical element it may be constructed of one or more used.

そして、このアフォーカル光学系アレー21によって、被写体Hと比較して奥行きが反転した反転像が生成される。 Then, the afocal optical system array 21, the inverted image depth as compared to the subject H is inverted is generated. なお、この図6(a)では、アフォーカル光学系アレー21により生成される被写体Hの反転像の位置が、ミラー板5の傾きの基準となる放物面の焦点付近になる場合を説明しているが、反転像の位置はこの位置に限定されるものではない。 In the FIG. 6 (a), illustrating a case where a focal position of the reverse image of the subject H to be generated by the optical system array 21 becomes the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 5 and that although the position of the inverted image is not limited to this position.

なお、図6(c)では、アフォーカル光学系における、被写体Hからの物体光の光路を示している。 In FIG. 6 (c), the at afocal optical system, and an optical path of the object light from the object H. この図6(c)において、F1とF2との割合によって、被写体Hまでの焦点距離と実像Gまでの焦点距離とが調整される(このような記載でよろしかったでしょうか?ご教示ください)。 FIG 6 (c), the by ratio between F1 and F2, and the focal distance to the focal distance and the real image G to the subject H is adjusted (such? Please be taught or would have been very well in the description).

図6(a)では、被写体Hとして、「旗」を示しており、撮像方向aから観察した場合、「旗」の先端部分が手前に存在する状態となっている。 In FIG. 6 (a), as an object H, shows the "flag", when viewed from the imaging direction a, in a state of the tip portion of the "flag" is present in front. しかし、アフォーカル光学系アレー21で生成される、被写体Hの奥行きが反転した反転像を撮像方向aから観察すると、「旗」の先端部分が奥に存在する状態になっている。 However, generated by the afocal optical system array 21, when observing the reverse image of the depth of the subject H is reversed from the image pickup direction a, the tip portion of the "flag" is ready to present the back. この実施形態では、被写体Hと比較して、奥行きが反転した反転像から発せられた光と等価な反射光を撮像している。 In this embodiment, as compared to the subject H, and imaging the light equivalent to the reflected light emitted from the reverse image depth is inverted. 従って、この立体画像撮像装置1Eで撮像した画像(アフォーカル光学系アレー21で生成された、奥行きが反転した反転像)は、立体画像撮像装置1、1A、1B、1C、1Dで撮像した画像と同様に、従来の立体画像表示装置に入力することで、被写体と比較して奥行きが同じになる立体画像を、観察者に観察させることができる。 Accordingly, images captured by the stereoscopic image pickup apparatus 1E (generated by the afocal optical system array 21, the inverted image depth is reversed), the image captured stereoscopic imaging apparatus 1, 1A, 1B, 1C, by 1D similar to, entering the conventional stereoscopic image display apparatus, a stereoscopic image depth as compared to the subject are the same, can be observed in the viewer.

〈立体画像撮像装置の動作(第六実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (Sixth Embodiment)>
次に、図28に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Eの動作を説明する(適宜、図6(a)参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 28, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1E (as appropriate, see FIG. 6 (a)).
まず、立体画像撮像装置1Eは、アフォーカル光学系アレー21によって、被写体Hの反転像を生成する(ステップS51)。 First, the stereoscopic imaging device 1E is the afocal optical system array 21, to produce a reverse image of the subject H (step S51). 続いて、立体画像撮像装置1Eは、ミラー板5によって、アフォーカル光学系アレー21で生成された反転像を反射する(ステップS52)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 1E is by the mirror plate 5 reflects the inverted image produced by the afocal optical system array 21 (step S52).

そして、立体画像撮像装置1Eは、対物レンズ9によって、ミラー板5で反射された反転像を受光する(ステップS53)。 The stereoscopic imaging apparatus 1E has the objective lens 9, for receiving the inverted image reflected by the mirror plate 5 (step S53). そして、立体画像撮像装置1Eは、撮像素子7によって、対物レンズ9で受光された反転像を撮像する(ステップS54)。 The stereoscopic imaging apparatus 1E is by the imaging device 7, for imaging an inverted image received by the objective lens 9 (step S54).

〈立体画像撮像装置の構成(第七実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (Seventh Embodiment)>
次に、立体画像撮像装置の構成(第七実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup device (the seventh embodiment). 図7は立体画像撮像装置(第七実施形態)の概略図である。 Figure 7 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (seventh embodiment). 図7に示すように、立体画像撮像装置1Fは、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体の要素画像群を入力し、この要素画像群を、中間立体像として表示し、表示された中間立体像を再撮像するもので、中間立体像表示手段23と、立体画像撮像手段25とを備えている。 As shown in FIG. 7, the stereoscopic imaging device 1F, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, enter the element images of the subject, the element images, and displays as an intermediate three-dimensional image, intended to re-image the intermediate stereoscopic image displayed, and a middle stereoscopic display unit 23, and a stereoscopic imaging means 25. なお、この図7は、立体画像撮像装置の一断面を図示したものである。 Incidentally, FIG. 7 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup apparatus.

中間立体像表示手段23は、要素画像群を表示する表示素子27と、この表示素子に表示された要素画像群を投射する投射レンズ29と、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー31aをアレー状に有する第一ミラー板31とを備えている。 Intermediate stereoscopic image display unit 23 includes a display device 27 for displaying an elemental image group, a projection lens 29 for projecting the displayed elements image group on the display device, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, the along the tangent plane of the paraboloid, and a first mirror plate 31 having a plurality of micro-mirrors 31a in an array. なお、この第一ミラー板31は、投射レンズ29によって投射された要素画像群を、複数の微小ミラー31aによって反射することで、中間立体像を表示する。 Incidentally, the first mirror plate 31, the element images projected by the projection lens 29, by reflecting the plurality of micro-mirrors 31a, and displays the intermediate stereoscopic image.

立体画像撮像手段25は、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー33aをアレー状に有する第二ミラー板33と、この第二ミラー板から反射される反射光を受光する対物レンズ35と、この対物レンズで受光された反射光を、被写体の要素画像として撮像する撮像素子37とを備えている。 Stereoscopic imaging means 25, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, the second mirror plate 33 with a plurality of micro mirrors 33a in an array, the second an objective lens 35 for receiving reflected light reflected from the mirror plate, the reflected light received by the objective lens, and an imaging device 37 for capturing as an element image of the subject. なお、第二ミラー板33は、中間立体像表示手段23によって表示された中間立体像を、複数の微小ミラー33aによって反射した反射光を対物レンズ35に出力している。 Incidentally, the second mirror plate 33, an intermediate three-dimensional image displayed by the intermediate stereoscopic display unit 23, and outputs the reflected light reflected by a plurality of micro mirrors 33a to the objective lens 35.

そして、立体画像撮像装置1Fでは、中間立体像表示手段23により表示された中間立体像を、立体画像撮像手段25の第二ミラー板33で反射させて、この反射させた反射光を、対物レンズ35で受光して、撮像素子37によって撮像している。 Then, three-dimensional in the image capturing apparatus 1F, the intermediate stereoscopic image displayed by the intermediate stereoscopic display unit 23, is reflected by the second mirror plate 33 of the stereoscopic image pickup device 25, the reflected light is the reflected, objective lens 35 is received by, and captured by the imaging device 37.

〈立体画像撮像装置の動作(第七実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (Seventh Embodiment)>
次に、図29に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Fの動作を説明する(適宜、図7参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 29, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1F (as appropriate, see FIG. 7).
まず、立体画像撮像装置1Fは、中間立体像表示手段23の表示素子27によって、入力された要素画像群を表示し(ステップS61)、中間立体像表示手段23の投射レンズ29によって、表示された要素画像群を投射する(ステップS62)。 First, the stereoscopic imaging device 1F includes the display element 27 of the intermediate stereoscopic display unit 23 displays the input element image group (step S61), by the projection lens 29 of the intermediate stereoscopic display unit 23, displayed element images projected (step S62).

続いて、立体画像撮像装置1Fは、第一ミラー板31によって、投射された要素画像群を、複数の微小ミラー31aで反射して、中間立体像を表示し(ステップS63)、立体画像撮像手段25の第二ミラー板33によって、表示された中間立体像を反射する(ステップS64)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 1F includes the first mirror plate 31, a projected component images reflected by the plurality of micro-mirrors 31a, and displays an intermediate three-dimensional image (step S63), the three-dimensional image pickup means the second mirror plate 33 of 25, reflecting the intermediate stereoscopic image displayed (step S64).

そして、立体画像撮像装置1Fは、立体画像撮像手段25の対物レンズ35によって、第二ミラー板33で中間立体像が反射された反射光を受光し(ステップS65)、受光された反射光を、撮像素子37によって撮像する(ステップS66)。 The stereoscopic imaging apparatus 1F is by the objective lens 35 of the stereoscopic image pickup device 25, an intermediate solid image with a second mirror plate 33 receives the reflected light that is reflected (step S65), the received reflected light, imaging by the imaging device 37 (step S66).

〈立体画像撮像装置の構成(第八実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (eighth embodiment)>
次に、立体画像撮像装置の構成(第八実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup apparatus (eighth embodiment). 図8は立体画像撮像装置(第八実施形態)の概略図である。 Figure 8 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (eighth embodiment). 図8に示すように、立体画像撮像装置1Gは、IP方式による被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、中間立体像表示手段23と、立体画像撮像手段39とを備えている。 As shown in FIG. 8, the stereoscopic imaging device 1G, in order to display the stereoscopic image of the subject by the IP system, intended to capture the subject, and the intermediate three-dimensional image display means 23, and a three-dimensional image pickup means 39 It is provided. なお、図7に示した立体画像撮像装置1Fと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 The same components as the stereoscopic image pickup apparatus 1F shown in FIG. 7, is basically the same reference numerals and not described, is added explanations as necessary. この図8は、立体画像撮像装置の一断面を図示したものである。 FIG 8 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup apparatus.

立体画像撮像手段39は、中間立体像表示手段23により表示された中間立体像と干渉させる参照光を発生させる参照光源41と、中間立体像と参照光とが干渉してなる干渉縞を撮像する撮像素子43とを備えている。 Stereoscopic imaging means 39, the reference light source 41 for generating a reference beam to interfere with the intermediate three-dimensional image displayed by the intermediate stereoscopic display unit 23, for imaging the interference fringes and the intermediate three-dimensional image and reference light formed by interference and an imaging element 43. つまり、この立体画像撮像装置1Gでは、撮像素子43によって撮像した干渉縞を、被写体の立体画像としている。 That is, in the stereoscopic imaging apparatus 1G, the interference fringe captured by the image sensor 43, and a three-dimensional image of the subject.

〈立体画像撮像装置の動作(第八実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (eighth embodiment)>
次に、図30に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Gの動作を説明する(適宜、図8参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 30, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1G (as appropriate, see FIG. 8).
まず、立体画像撮像装置1Gは、中間立体像表示手段23の表示素子27によって、入力された要素画像群を表示し(ステップS71)、中間立体像表示手段23の投射レンズ29によって、表示された要素画像群を投射する(ステップS72)。 First, the stereoscopic imaging device 1G is the display device 27 of the intermediate stereoscopic display unit 23 displays the input element image group (step S71), by the projection lens 29 of the intermediate stereoscopic display unit 23, displayed element images projected (step S72).

続いて、立体画像撮像装置1Gは、第一ミラー板31によって、投射された要素画像群を、複数の微小ミラー31aで反射して、中間立体像を表示し(ステップS73)、立体画像撮像手段39の参照光源41によって参照光を発生させる(ステップS74)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 1G includes the first mirror plate 31, a projected component images reflected by the plurality of micro-mirrors 31a, and displays an intermediate three-dimensional image (step S73), the three-dimensional image pickup means the reference beam is generated by the reference source 41 of 39 (step S74). そして、立体画像撮像装置1Gは、撮像素子43によって、中間立体像と参照光とが干渉した干渉縞を撮像する(ステップS75)。 The stereoscopic imaging apparatus 1G is by the imaging device 43 captures the interference fringes and the intermediate three-dimensional image and reference light interfered (Step S75).

〈立体画像撮像装置の構成(第九実施形態)〉 <Configuration of stereoscopic image pickup apparatus (ninth embodiment)>
次に、立体画像撮像装置の構成(第九実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup apparatus (ninth embodiment). 図9は立体画像撮像装置(第九実施形態)の概略図である。 Figure 9 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus (ninth embodiment). 図9に示すように、立体画像撮像装置1Hは、ホログラムによる被写体の立体画像を表示するために、当該被写体を撮像するもので、入力された要素画像群を表示する表示素子45と、この表示素子45を照明するコヒーレント光を発生させる第一コヒーレント光源47と、この第一コヒーレント光源で照明された表示素子45を通過した通過光を集光する集光レンズ49と、この集光レンズ49で集光された集光光のみを通過させるマスク51と、このマスク51を通過した集光光と干渉させる参照光として、コヒーレント光を発生させる第二コヒーレント光源53と、集光光と参照光とが干渉してなる干渉縞、被写体の要素画像群に対する要素干渉縞として撮像する撮像素子55とを備えている。 As shown in FIG. 9, the stereoscopic imaging device 1H in order to display a stereoscopic image of the subject by the hologram, as to imaging the object, a display device 45 for displaying the input element images, the display a first coherent light source 47 for generating a coherent light illuminating the device 45, the transmitted light that has passed through the display element 45 is illuminated by the first coherent light source and a condenser lens 49 for condensing light, in the condenser lens 49 a mask 51 for passing only focused condensed light as reference light to interfere with the condensed light which has passed through the mask 51, a second coherent light source 53 for generating a coherent light, and reference light condensed light There has interference fringes formed by interference, and an imaging device 55 for imaging as an element interference fringe for an element image group of the subject.

〈立体画像撮像装置の動作(第九実施形態)〉 <Operation of stereoscopic image pickup apparatus (ninth embodiment)>
次に、図31に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像装置1Hの動作を説明する(適宜、図9参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 31, the operation of the stereoscopic image pickup apparatus 1H (as appropriate, see FIG. 9).
まず、立体画像撮像装置1Hは、入力されたある1つの要素画像を表示素子45によって表示し(ステップS81)、この表示素子45を、第一コヒーレント光源47で発生させたコヒーレント光で照明する(ステップS82)。 First, the stereoscopic imaging device 1H is displayed by the display device 45 is one element images input (step S81), the display device 45 is illuminated with coherent light generated by the first coherent light source 47 ( step S82).

続いて、立体画像撮像装置1Hは、集光レンズ49によって、コヒーレント光で照明された表示素子45を通過した通過光を集光させ(ステップS83)、マスク51によって、集光レンズ49で集光された集光光のみを通過させる(ステップS84)。 Subsequently, stereoscopic image pickup apparatus 1H is by the condenser lens 49, is focused to pass light that has passed through the display element 45 is illuminated with coherent light (step S83), the mask 51, the condenser by a condenser lens 49 passes only been condensed light (step S84).

そして、立体画像撮像装置1Hは、第二コヒーレント光源53で参照光を発生させ(ステップS85)、撮像素子55によって、マスク51で通過した集光光と参照光とが干渉した干渉縞を、被写体の要素画像に対する要素干渉縞として撮像する(ステップS86)。 The stereoscopic imaging apparatus 1H has the reference light generated in the second coherent light source 53 (step S85), the imaging device 55, the interference fringes condensed light and the reference light passed through interferes with the mask 51, the object imaging the component the interference fringes relative to the element image (step S86). なお、この時点で、要素干渉縞として記録していない要素画像がある場合は、撮像素子55の位置を移動させた後、図31に示したステップS81以下の動作を繰り返す。 Incidentally, at this time, if there is an element image that is not recorded as an element interference fringes, after moving the position of the imaging device 55 repeats the steps S81 following operation shown in FIG. 31.

〈立体画像表示装置の構成(第一実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display apparatus (First Embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第一実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display apparatus (first embodiment). 図10は立体画像表示装置(第一実施形態)の概略図である。 Figure 10 is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus (first embodiment). 図10に示すように、立体画像表示装置61は、IP方式による被写体の立体画像を表示するもので、表示素子63と、投射レンズ65と、フィールドレンズ67と、ミラー板69と、放射面ミラー(第一および第二放物面ミラー)71(71a、71b)とを備えている。 As shown in FIG. 10, the stereoscopic image display device 61 is for displaying a stereoscopic image of a subject by IP method, a display device 63, a projection lens 65, a field lens 67, a mirror plate 69, the radiation plane mirror (first and second parabolic mirror) 71 (71a, 71b) and a. この図10は、立体画像表示装置の一断面を図示したものである。 FIG 10 is an illustration of one section of the stereoscopic image display apparatus.

表示素子63は、撮像された反射光を、被写体H(図1参照)の要素画像群として表示するものである。 Display element 63, the captured reflected light, and displays as an element image group of the subject H (see FIG. 1).
投射レンズ65は、表示素子63で表示された、被写体の要素画像群を、フィールドレンズ67に投射するものである。 The projection lens 65 is displayed on the display device 63, an element image group of the subject, is to project the field lens 67.

フィールドレンズ67は、ミラー板69の傾きの基準となる放物面の準線上に配置され、投射レンズ65から投射された被写体の要素画像群を、ミラー板69に伝送するものである。 Field lens 67 is disposed on the semi-line of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 69, the element image group of the subject from the projection lens 65, and transmit to the mirror plate 69. つまり、このフィールドレンズ67は、ミラー板69の傾きの基準となる放物面の準線を含み、水平方向の軸に垂直な平面に一致して配置されている。 That is, the field lens 67 includes a directrix of the parabolic as a reference tilt of the mirror plate 69, are arranged to match the plane perpendicular to the horizontal axis.

ミラー板69は、複数の微小ミラー69aがアレー状に配されたもので、投射レンズ67で投射された要素画像群を、立体画像として結像させるものである。 The mirror plate 69, in which a plurality of micro mirrors 69a was arranged in an array, the projected elements images the projection lens 67, is intended for forming a three-dimensional image.
放物面ミラー71(71a、71b)は、ミラー板69で結像された立体画像を反射するもので、放物面の焦点側に鏡面を有している。 Parabolic mirror 71 (71a, 71b) is for reflecting the imaging stereoscopic image by the mirror plate 69, and has a mirror surface on the focal side of the paraboloid.

図10において、表示素子63では、従来の立体画像撮像装置で撮像された画像を表示するため、第2の再生像Sbの位置に立体画像が生成される。 10, the display device 63, for displaying an image captured by the conventional stereoscopic image pickup apparatus, a stereoscopic image is generated in the position of the second reproduction image Sb. そして、この第2の再生像Sbを、放物面ミラー71bおよび放物面ミラー71aで反射することで、第1の再生像Saの位置に立体画像を生成している。 Then, the generated stereoscopic image to the second reproduced image Sb, that reflected by the parabolic mirror 71b and the parabolic mirror 71a, the position of the first reproduction image Sa. この第1の再生像Saを観察方向bから観察すると、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Observation of the first reproduction image Sa from the observation direction b, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as compared to the subject. つまり、従来の立体画像撮像装置において、被写体として図示した「旗」は、観察方向bから見た場合、「旗」の先端部分が手前に存在している。 That is, in the conventional stereoscopic image pickup apparatus, "flag" illustrated as a subject, when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front. そして、立体画像表示装置61で表示した第1の再生像Saを、観察方向bから観察した場合にも、「旗」の先端部分が手前に存在している。 Then, a first reproduced image Sa that displays stereoscopic image display apparatus 61, even when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front.

なお、立体画像表示装置61では、フィールドレンズ67の位置に表示素子63を配置することで、立体画像を表示するようにすることも可能である。 In the stereoscopic image display device 61, by arranging the display elements 63 on the position of the field lens 67, it is also possible to display a stereoscopic image. つまり、この場合の立体画像表示装置61は、表示素子63で表示させた要素画像群をミラー板69によって結像させて、放物面ミラー71によって反射させることで、観察方向bから観察した場合でも、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察させることができる。 That is, the stereoscopic image display device 61 in this case, the element group of images is displayed on the display device 63 by the imaging by the mirror plate 69, by reflecting the parabolic mirror 71, when viewed from the viewing direction b But, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as compared to the subject.

〈立体画像表示装置の動作〉 <Operation of the three-dimensional image display apparatus>
次に、図32に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61の動作を説明する(適宜、図10参照)。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 32, the operation of the stereoscopic image display apparatus 61 (appropriately, see Fig. 10).
まず、立体画像表示装置61は、表示素子63によって、要素画像群を表示し(ステップS91)、投射レンズ65によって、表示された要素画像群をフィールドレンズ67に投射する(ステップS92)。 First, the three-dimensional image display device 61, the display device 63 to display the element image group (step S91), by the projection lens 65 projects the displayed elements images the field lens 67 (step S92).

続いて、立体画像表示装置61は、フィールドレンズ67によって、投射された要素画像群をミラー板69に伝送し(ステップS93)、ミラー板69によって、伝送された要素画像群を立体画像に結像させる(ステップS94)。 Subsequently, stereoscopic image display device 61, focused by a field lens 67, and transmits the projected elements images the mirror plate 69 (step S93), the mirror plate 69, the transmitted element image group on the stereoscopic image make (step S94). そして、立体画像表示装置61は、放物面ミラー71によって、結像された立体画像を反射させて表示する(ステップS95)。 Then, the stereoscopic image display device 61, the parabolic mirror 71, and displays by reflecting the imaging stereoscopic image (step S95).

〈立体画像表示装置の構成(第二実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display apparatus (Second Embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第二実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display apparatus (Second Embodiment). 図11は立体画像表示装置(第二実施形態)の概略図である。 Figure 11 is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus (Second Embodiment). 図11に示すように、立体画像表示装置61は、IP方式による被写体の立体画像を表示するもので、表示素子63と、投射レンズ65と、ミラー板73と、放射面ミラー(第一および第二放物面ミラー)75(75a、75b)とを備えている。 As shown in FIG. 11, the stereoscopic image display device 61 is for displaying a stereoscopic image of a subject by IP method, a display device 63, a projection lens 65, a mirror plate 73, the radiation surface mirror (first and two parabolic mirror) 75 (75a, 75b) and a. なお、図10に示した立体画像表示装置61と同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 Incidentally, the same components as the stereoscopic image display apparatus 61 shown in FIG. 10, is basically the same reference numerals and not described, is added explanations as necessary. また、この立体画像表示装置61Aで表示される再生像のうち、放射面ミラー75aの焦点Fa付近に表れるものの符号にSa(第1の再生像)を付すこととし、放射面ミラー75bの焦点Fb付近に表れるものの符号にSb(第2の再生像)を付すこととする。 Also, among the reproduced image displayed in this stereoscopic image display device 61A, and subjecting the Sa (first reproduced image) on the sign of those appearing in the vicinity of the focal point Fa of the radiating plane mirror 75a, the focal point Fb of the radiating surface mirror 75b and subjecting the Sb (second playback image) to the sign of those appearing in the vicinity. この図11は、立体画像表示装置の一断面を図示したものである。 FIG. 11 is an illustration of one section of the stereoscopic image display apparatus.

ミラー板73は、複数の微小ミラー73aがアレー状に配されたもので、投射レンズ65で投射された要素画像群を、立体画像として結像させるものである。 Mirror plate 73, in which a plurality of micro mirrors 73a was arranged in an array, the projected elements images the projection lens 65, is intended for forming a three-dimensional image. このミラー板73を構成する複数の微小ミラー73aは、放物面ミラー75bと一致する放物面の接平面と同じ角度を有して配置されており、放物面ミラー75bの焦点Fbと同じ側面に鏡面加工が施されている。 A plurality of micro mirrors 73a constituting the mirror plate 73 is arranged with the same angle as the tangent plane of the paraboloid coincides with the parabolic mirror 75b, the same as the focal point Fb of the parabolic mirror 75b mirror finish is applied to the side.

放物面ミラー75(75a、75b)は、ミラー板73で結像された立体画像を反射するもので、放物面の焦点側に鏡面を有している。 Parabolic mirror 75 (75a, 75b) is for reflecting the imaging stereoscopic image by the mirror plate 73, and has a mirror surface on the focal side of the paraboloid. これら2枚の放物面ミラー75a(第一放物面ミラー)の焦点Faと放物面ミラー75b(第二放物面ミラー)の焦点Fbとは、それぞれ焦点Faが放物面ミラー75b上に、焦点Fbが放物面ミラー75a上に存在するように配置されている。 These two parabolic mirrors 75a and the focus Fb of the focal Fa and parabolic mirror 75b of the (first parabolic mirror) (second parabolic mirror), each focus Fa parabolic mirror 75b onto to, and is arranged to lie on the focus Fb parabolic mirror 75a.

ここで、放物面ミラー75aの焦点Fa付近に第1の再生像Saが生成される場合ついて説明する。 Here, with be described the case where the first reproduced image Sa is generated in the vicinity of the focal point Fa of the parabolic mirror 75a. なお、第1の再生像Saの位置はこの位置に限定されない。 The position of the first reproduction image Sa is not limited to this position.

図11において、表示素子63では、従来の立体画像撮像装置で撮像された画像を表示するため、第2の再生像Sbの位置に立体画像が生成される。 11, the display device 63, for displaying an image captured by the conventional stereoscopic image pickup apparatus, a stereoscopic image is generated in the position of the second reproduction image Sb. そして、この第2の再生像Sbを、放物面ミラー75bおよび放物面ミラー75aで反射することで、第1の再生像Saを生成している。 Then, the second reproduced image Sb, that reflected by the parabolic mirror 75b and the parabolic mirror 75a, and generates a first reproduced image Sa. この第1の再生像Saを観察方向bから観察すると、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Observation of the first reproduction image Sa from the observation direction b, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as compared to the subject. つまり、従来の立体画像撮像装置において、被写体として図示した「旗」は、観察方向bから見た場合、「旗」の先端部分が手前に存在している。 That is, in the conventional stereoscopic image pickup apparatus, "flag" illustrated as a subject, when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front. そして、立体画像表示装置61Aで表示した第1の再生像Saを、観察方向bから観察した場合にも、「旗」の先端部分が手前に存在している。 Then, a first reproduced image Sa that displays stereoscopic image display device 61A, even when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front.

〈立体画像表示装置の動作(第二実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display apparatus (Second Embodiment)>
次に、図33に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Aの動作を説明する(適宜、図11参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 33, the operation of the stereoscopic image display device 61A (appropriately, see Fig. 11).
まず、立体画像表示装置61Aは、表示素子63によって、被写体の要素画像群を表示する(ステップS101)。 First, the three-dimensional image display device 61A is the display device 63 displays an elemental image group of the subject (step S101). 続いて、立体画像表示装置61Aは、投射レンズ65によって、要素画像群をミラー板73に投射する(ステップS102)。 Subsequently, stereoscopic image display device 61A is the projection lens 65 projects the element images in the mirror plate 73 (step S102).

そして、立体画像表示装置61Aは、ミラー板73によって、複数の要素画像群から立体画像を結像させる(ステップS103)。 The stereoscopic image display device 61A is the mirror plate 73 and forms a three-dimensional image from a plurality of elements image group (step S103). そして、立体画像表示装置61Aは、放物面ミラー75によって、ミラー板73により結像された立体画像を反射させる(ステップS104)。 The stereoscopic image display device 61A is the parabolic mirror 75 reflects the stereoscopic image formed by the mirror plate 73 (step S104).

〈立体画像表示装置の構成(第三実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display apparatus (Third Embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第三実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display device (third embodiment). 図12は立体画像表示装置(第三実施形態)の概略図である。 Figure 12 is a schematic diagram of a stereoscopic image display device (third embodiment). 図12に示すように、立体画像表示装置61Bは、IP方式による被写体の立体画像を表示するもので、表示素子63と、投射レンズ65と、フィールドレンズ67と、ミラー板69とを備えている。 As shown in FIG. 12, the stereoscopic image display device 61B is for displaying a stereoscopic image of a subject by IP method, a display device 63, a projection lens 65, and a field lens 67, a mirror plate 69 . なお、図10、11に示した立体画像表示装置61、61Aと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 The same components as the stereoscopic image display device 61,61A shown in FIGS. 10 and 11, is basically the same reference numerals and not described, is added explanations as necessary. また、この立体画像表示装置61Bで表示される再生像に符号としてSを付すこととする。 Further, the subjecting the S as a code to the playback image displayed in this stereoscopic image display device 61B. この図12は、立体画像表示装置の一断面を図示したものである。 FIG 12 is an illustration of one section of the stereoscopic image display apparatus.

フィールドレンズ67は、ミラー板69の傾きの基準となる放物面の準線J上に配置され、投射レンズ65から投射された反射光(被写体Hの要素画像)を、ミラー板69に伝送するものである。 Field lens 67 is arranged on the directrix J in relation to the standard paraboloid of inclination of the mirror plate 69, the reflected light from the projection lens 65 (element image of the subject H), and transmits the mirror plate 69 it is intended. つまり、このフィールドレンズ67は、ミラー板69の傾きの基準となる放物面の準線Jを含み、水平方向の軸(X軸)に垂直な平面に一致して配置されている。 That is, the field lens 67 includes a directrix J parabolic as a reference tilt of the mirror plate 69, are arranged to match the plane perpendicular to the horizontal axis (X axis).

ミラー板69は、複数の微小ミラー69aがアレー状に配されたもので、投射レンズ65で投射され、フィールドレンズ67で伝送された要素画像群を、立体画像として結像させるものである。 The mirror plate 69, in which a plurality of micro mirrors 69a was arranged in an array, is projected by the projection lens 65, the transmitted elements images the field lens 67, is intended for forming a three-dimensional image. このミラー板69を構成する複数の微小ミラー69aは、前記した(1)式[y =4px(ただし、p<0、x<0)]で表される放物線をX軸の周りに回転させた放物面の接平面と同じ角度を有して配置されている。 A plurality of micro mirrors 69a constituting the mirror plate 69, the above-mentioned (1) [y 2 = 4px (although, p <0, x <0 )] by rotating the parabola represented by about the X-axis and release have the same angle as the tangent plane of the object surface is located. また、このミラー板69は、放物面の焦点と反対側の側面に鏡面を有している。 Further, the mirror plate 69 has a mirror surface on the side opposite to the focus of the paraboloid.

なお、表示素子63および投射レンズ65は、フィールドレンズ67が配置されている平面に合焦するように配置されている。 The display element 63 and the projection lens 65 is arranged so as to focus on a plane field lens 67 is disposed.

ここで、ミラー板69の傾きの基準となる放物面の焦点付近に再生像Sが生成される場合について説明する。 Here, the case where the reproduced image S in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 69 is generated. なお、再生像Sの位置はこの位置に限定されない。 The position of the reproduced image S is not limited to this position. この再生像Sは、ミラー板69の微小ミラー69aで複数の要素画像が反射することで、観察方向bから観察した場合に、視認することができる像である。 The reproduced image S, by a plurality of element images in the micro mirror 69a of the mirror plate 69 is reflected, when viewed from the observation direction b, which is an image that can be visually recognized.

図12において、表示素子63では、従来の立体画像撮像装置で撮像された画像を表示するため、再生像Sの位置に立体画像が生成される。 12, the display device 63, for displaying an image captured by the conventional stereoscopic image pickup apparatus, a stereoscopic image is generated in the position of the reproduced image S. そして、この立体画像を、ミラー板69で反射し、観察方向bから観察すると、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Then, the three-dimensional image, reflected by the mirror plate 69, when viewed from the observation direction b, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as compared to the subject. つまり、従来の立体画像撮像装置において、被写体として図示した「旗」は、撮像方向a(図45(a)参照)から見た場合、「旗」の先端部分が手前に存在している。 That is, in the conventional stereoscopic image pickup apparatus, "flag" illustrated as a subject, when viewed from the imaging direction a (see FIG. 45 (a)), the tip portion of the "flag" is present in front. そして、立体画像表示装置61Bで表示した再生像Sを、観察方向bから観察した場合にも、「旗」の先端部分が手前に存在している。 Then, the reproduced image S viewed in a stereoscopic image display device 61B, even when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front.

〈立体画像表示装置の動作(第三実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display apparatus (Third Embodiment)>
次に、図34に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Bの動作を説明する(適宜、図12参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 34, the operation of the stereoscopic image display device 61B (as appropriate, see FIG. 12).
まず、立体画像表示装置61Bは、表示素子63によって、被写体の要素画像群を表示する(ステップS111)。 First, the three-dimensional image display device 61B is the display device 63 displays an elemental image group of the subject (step S111). 続いて、立体画像表示装置61Bは、投射レンズ65によって、要素画像群をフィールドレンズ67に投射する(ステップS112)。 Subsequently, stereoscopic image display device 61B is the projection lens 65 projects the element images on the field lens 67 (step S112).

そして、立体画像表示装置61Bは、フィールドレンズ67によって、投射レンズ65で投射された要素画像群を伝送し(ステップS113)、ミラー板69によって、複数の要素画像群から立体画像を結像させる(ステップS114)。 The stereoscopic image display device 61B is the field lens 67, and transmits the projected elements images the projection lens 65 (step S113), the mirror plate 69 and forms a three-dimensional image from a plurality of elements image groups ( step S114).

〈立体画像表示装置の構成(第四実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display apparatus (Fourth Embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第四実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display apparatus (fourth embodiment). 図13は立体画像表示装置(第四実施形態)の概略図である。 Figure 13 is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus (fourth embodiment). 図13に示すように、立体画像表示装置61Cは、IP方式による被写体の立体画像を表示するもので、表示素子63と、ミラー板69と、光源77と、方向制御レンズ69とを備えている。 As shown in FIG. 13, the stereoscopic image display apparatus 61C is for displaying a stereoscopic image of a subject by IP method, a display device 63, a mirror plate 69, a light source 77, and a direction control lens 69 . なお、図10、11、12に示した立体画像表示装置61、61A、61Bと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 Incidentally, the stereoscopic image display device 61,61A shown, the same configuration as 61B in FIG. 10, 11 and 12 are denoted by the same reference numerals without description basically added explanations as necessary . また、この立体画像表示装置61Cで表示される再生像に符号としてSを付すこととする。 Further, the subjecting the S as a code to the playback image displayed in this stereoscopic image display device 61C. この図13は、立体画像表示装置の一断面を図示したものである。 FIG 13 is an illustration of one section of the stereoscopic image display apparatus.

光源77は、所定値以上の光量を有す光線を発生させるもので、一般的なLEDやハロゲンランプ、キセノンランプ等によって構成されている。 Light source 77 is intended to generate a light beam having a light intensity above a predetermined value, the general LED or a halogen lamp, it is constituted by a xenon lamp or the like.
方向制御レンズ79は、光源77から発せられた光線が、ミラー板69に入射する光線と同じ光線の向きになるように制御するものである。 Direction control lens 79, light emitted from the light source 77, thereby controlling so that the orientation of the same light as the light rays incident on the mirror plate 69. なお、この方向制御レンズ79は、具体的には、従来の立体画像撮像装置201(図45(a)参照)の微小ミラー203から右側に伸びている点線の方向と、図13に示した微小ミラー69aに、表示素子63から入ってくる実線の方向とが一致するように配置されている。 Incidentally, the minute the direction control lens 79, specifically, the direction of the dotted line from the micromirrors 203 of the conventional stereoscopic image pickup apparatus 201 (see FIG. 45 (a)) extending to the right, as shown in FIG. 13 the mirror 69a, the direction of the solid line coming from the display element 63 is arranged to coincide.
また、表示素子63は、ミラー板69の傾きの基準となる放物面の準線J上に配置されている。 The display device 63 is disposed on the directrix J parabolic as a reference tilt of the mirror plate 69.

ここで、ミラー板69の傾きの基準となる放物面の焦点付近に再生像Sが生成される場合について説明する。 Here, the case where the reproduced image S in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 69 is generated. なお、再生像Sの位置はこの位置に限定されない。 The position of the reproduced image S is not limited to this position.

図13において、表示素子63では、従来の立体画像撮像装置で撮像された画像を表示するため、再生像Sの位置に立体画像が生成される。 13, the display device 63, for displaying an image captured by the conventional stereoscopic image pickup apparatus, a stereoscopic image is generated in the position of the reproduced image S. そして、この立体画像を、ミラー板69で反射し、観察方向bから観察すると、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Then, the three-dimensional image, reflected by the mirror plate 69, when viewed from the observation direction b, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as compared to the subject. つまり、従来の立体画像撮像装置において、被写体として図示した「旗」は、撮像方向a(図45(a)参照)から見た場合、「旗」の先端部分が手前に存在している。 That is, in the conventional stereoscopic image pickup apparatus, "flag" illustrated as a subject, when viewed from the imaging direction a (see FIG. 45 (a)), the tip portion of the "flag" is present in front. そして、立体画像表示装置61Cで表示した再生像Sを、観察方向bから観察した場合にも、「旗」の先端部分が手前に存在している。 Then, the reproduced image S viewed in a stereoscopic image display device 61C, even when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front.

〈立体画像表示装置の動作(第四実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display apparatus (Fourth Embodiment)>
次に、図35に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Cの動作を説明する(適宜、図13参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 35, the operation of the stereoscopic image display device 61C (as appropriate, see FIG. 13).
まず、立体画像表示装置61Cは、表示素子63によって、被写体の要素画像群を表示する(ステップS121)。 First, the three-dimensional image display apparatus 61C is the display device 63 displays an elemental image group of the subject (step S121). 続いて、立体画像表示装置61Cは、光源77による光線を方向制御レンズ79により制御することで、当該光線が、ミラー板69に入射する光線(要素画像群)と同じ光線の向きになるように制御する(ステップS122)。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus 61C is the light by the light source 77 by controlling the direction control lens 79, such that the light rays, the orientation of the same beam as the light beam (element images) incident on the mirror plate 69 to control (step S122).

そして、立体画像表示装置61Cは、ミラー板69によって、方向制御レンズ79で光線の向きが制御された光線から、すなわち、複数の要素画像群から立体画像を結像させる(ステップS123)。 Then, the stereoscopic image display apparatus 61C is the mirror plate 69, the light direction of the light beam is controlled by the direction control lens 79, i.e., to image the three-dimensional image from a plurality of elements image group (step S123).

〈立体画像表示装置の構成(第五実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display device (Fifth Embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第五実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display device (the fifth embodiment). 図14は立体画像表示装置(第五実施形態)の概略図である。 Figure 14 is a schematic diagram of a stereoscopic image display device (the fifth embodiment). 図14に示すように、立体画像表示装置61Dは、IP方式による被写体の立体画像を表示するもので、表示素子63と、投射レンズ65と、ミラー板73と、自己集束性スクリーン81と、ハーフミラー83とを備えている。 As shown in FIG. 14, the stereoscopic image display apparatus 61D is for displaying a stereoscopic image of a subject by IP method, a display device 63, a projection lens 65, a mirror plate 73, a self-focusing property screen 81, half and a mirror 83. 図10、11、12、13に示した立体画像表示装置61、61A、61B、61Cと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 Stereoscopic image display device 61,61A shown in FIG. 10, 11, 12, 13, 61B, the same components and 61C are denoted by the same reference numerals without description basically, optionally Description It is added. また、この立体画像表示装置61Dで表示される反転像に符号としてIを付すこととする。 Further, the subjecting the I as a sign to the inverted image that is displayed in this stereoscopic image display apparatus 61D. この図14は、立体画像表示装置の一断面を図示したものである。 FIG 14 is an illustration of one section of the stereoscopic image display apparatus.

自己集束性スクリーン81は、ミラー板73によって結像される立体画像の奥行きを反転させた反転像Iを生成するものである。 Self converging screen 81 is for generating a reverse image I obtained by inverting the depth of the stereoscopic image formed by the mirror plate 73. なお、この自己集束性スクリーン81は、図5(b)に示した自己集束性スクリーン17と同様の構成をしている。 Note that the self-focusing of the screen 81 has the same configuration as the self-focusing property screen 17 shown in Figure 5 (b).

ハーフミラー83は、ミラー板73によって結像された立体画像を自己集束性スクリーン81に照射されるようにすると共に、この立体画像が自己集束性スクリーン81で反転された反転像Iを透過させるものである。 Half mirror 83, which the three-dimensional image formed by the mirror plate 73 as well as to be irradiated to the self-focusing screen 81, the three-dimensional image is transmitted through the reverse image I inverted by the self-converging screen 81 it is.

ここで、ミラー板73によって結像された立体画像の位置が、ミラー板73の傾きの基準となる放物面の焦点付近になる場合について説明する。 Here, the position of the three-dimensional image formed by the mirror plate 73, a case made in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 73. なお、立体画像の位置はこの位置に限定されない。 The position of the three-dimensional image is not limited to this position.

図14において、表示素子63では、従来の立体画像撮像装置で撮像された画像を表示するため、ミラー板73の傾きの基準となる放物面の焦点付近に立体画像が生成される。 14, the display device 63, for displaying an image captured by the conventional stereoscopic image pickup apparatus, a stereoscopic image is generated in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 73. そして、この立体画像を生成する光線を自己集束性スクリーン81により反射し、さらに反射した光線の方向をハーフミラー83によって変更した後、観察方向bから観察すると、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Then, the light beam that generates the three-dimensional image reflected by the self-converging screen 81, further after the direction of the reflected light was changed by the half mirror 83, when viewed from the observation direction b, the three-dimensional of the same depth as compared to the subject images can be observed. つまり、従来の立体画像撮像装置において、被写体として図示した「旗」は、撮像方向a(図45(a)参照)から見た場合、「旗」の先端部分が手前に存在している。 That is, in the conventional stereoscopic image pickup apparatus, "flag" illustrated as a subject, when viewed from the imaging direction a (see FIG. 45 (a)), the tip portion of the "flag" is present in front. そして、立体画像表示装置61Dで表示した反転像Iを、観察方向bから観察した場合にも、「旗」の先端部分が手前に存在している。 Then, the inverted image I viewed in the stereoscopic image display apparatus 61D, even when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front.

〈立体画像表示装置の動作(第五実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display device (Fifth Embodiment)>
次に、図36に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Dの動作を説明する(適宜、図14参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 36, the operation of the stereoscopic image display apparatus 61D (as appropriate, see FIG. 14).
まず、立体画像表示装置61Dは、表示素子63によって、被写体の要素画像群を表示する(ステップS131)。 First, the three-dimensional image display apparatus 61D has the display device 63 displays an elemental image group of the subject (step S131). 続いて、立体画像表示装置61Dは、投射レンズ65によって、要素画像群をミラー板73に投射する(ステップS132)。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus 61D has the projection lens 65 projects the element images in the mirror plate 73 (step S132).

そして、立体画像表示装置61Dは、ミラー板73によって、投射レンズ65で投射された複数の要素画像群から立体画像を結像させる(ステップS133)。 Then, the stereoscopic image display apparatus 61D is the mirror plate 73 and forms a three-dimensional image from a plurality of elements images projected by the projection lens 65 (step S133). そして、立体画像表示装置61Dは、ハーフミラー83によって、ミラー板73で結像された立体画像を反射させ(ステップS134)、自己集束性スクリーン81によって、反射された立体画像を反転した反転像を生成する(ステップ135)。 The stereoscopic image display device 61D is by the half mirror 83, reflects the imaging stereoscopic image by the mirror plate 73 (step S134), the self-focusing property screen 81, a reverse image obtained by inverting the reflected stereoscopic image generated (step 135).

〈立体画像表示装置の構成(第六実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display apparatus (Sixth Embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第六実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display apparatus (sixth embodiment). 図15は立体画像表示装置(第六実施形態)の概略図である。 Figure 15 is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus (sixth embodiment). 図15に示すように、立体画像表示装置61Eは、IP方式による被写体の立体画像を表示するもので、表示素子63と、投射レンズ65と、ミラー板73と、アフォーカル光学系アレー85とを備えている。 As shown in FIG. 15, the stereoscopic image display apparatus 61E is for displaying a stereoscopic image of a subject by IP method, a display device 63, a projection lens 65, a mirror plate 73, and an afocal optical system array 85 It is provided. 図10、11、12、13、14に示した立体画像表示装置61、61A、61B、61C、61Dと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 Figure Fourteenth stereoscopic image display device 61,61A shown in, 61B, 61C, the same components and 61D are denoted with the same reference numerals without description basically, necessary Add a description in accordance with the. また、この立体画像表示装置61Eで表示される反転像に符号としてIを付すこととする。 Further, the subjecting the I as a sign to the inverted image that is displayed in this stereoscopic image display device 61E. この図15は、立体画像表示装置の一断面を図示したものである。 FIG 15 is an illustration of one section of the stereoscopic image display apparatus.

アフォーカル光学系アレー85は、ミラー板73によって結像される立体画像の奥行きを反転させた反転像Iを生成するものである。 Afocal optical system array 85 is for generating a reverse image I obtained by inverting the depth of the stereoscopic image formed by the mirror plate 73. なお、このアフォーカル光学系アレー85は、図6(b)に示したアフォーカル光学系アレー21と同様の構成をしている。 Incidentally, the afocal optical system array 85 has the same configuration as the afocal optical system array 21 shown in Figure 6 (b).

ここで、ミラー板73によって結像された立体画像の位置が、ミラー板73の傾きの基準となる放物面の焦点付近になる場合について説明する。 Here, the position of the three-dimensional image formed by the mirror plate 73, a case made in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 73. なお、立体画像の位置はこの位置に限定されない。 The position of the three-dimensional image is not limited to this position.

図15において、表示素子63では、従来の立体画像撮像装置で撮像された画像を表示するため、ミラー板73の傾きの基準となる放物面の焦点付近に立体画像が生成される。 15, the display device 63, for displaying an image captured by the conventional stereoscopic image pickup apparatus, a stereoscopic image is generated in the vicinity of the focal point of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 73. そして、この立体画像を生成する光線をアフォーカル光学系アレー85により透過した後、観察方向bから観察すると、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 Then, after passing through the light beam for generating the stereoscopic image by the afocal optical system array 85, when viewed from the observation direction b, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as compared to the subject. つまり、従来の立体画像撮像装置において、被写体として図示した「旗」は、撮像方向a(図45(a)参照)から見た場合、「旗」の先端部分が手前に存在している。 That is, in the conventional stereoscopic image pickup apparatus, "flag" illustrated as a subject, when viewed from the imaging direction a (see FIG. 45 (a)), the tip portion of the "flag" is present in front. そして、立体画像表示装置61Eで表示した反転像Iを、観察方向bから観察した場合にも、「旗」の先端部分が手前に存在している。 Then, the inverted image I viewed in the stereoscopic image display apparatus 61E, even when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front.

〈立体画像表示装置の動作(第六実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display apparatus (Sixth Embodiment)>
次に、図37に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Eの動作を説明する(適宜、図15参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 37, the operation of the stereoscopic image display apparatus 61E (as appropriate, see FIG. 15).
まず、立体画像表示装置61Eは、表示素子63によって、被写体の要素画像群を表示する(ステップS141)。 First, the three-dimensional image display apparatus 61E is the display device 63 displays an elemental image group of the subject (step S141). 続いて、立体画像表示装置61Eは、投射レンズ65によって、要素画像群をミラー板73に投射する(ステップS142)。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus 61E is by the projection lens 65 projects the element images in the mirror plate 73 (step S142).

そして、立体画像表示装置61Eは、ミラー板73によって、投射レンズ65で投射された複数の要素画像群から立体画像を結像させる(ステップS143)。 Then, the stereoscopic image display apparatus 61E is the mirror plate 73 and forms a three-dimensional image from a plurality of elements images projected by the projection lens 65 (step S143). そして、立体画像表示装置61Eは、アフォーカル光学系アレー85によって、反射された立体画像を透過させて、反転した反転像を生成する(ステップ144)。 Then, the stereoscopic image display apparatus 61E is the afocal optical system array 85, by transmitting the reflected stereoscopic image, generates an inverted image inverted (step 144).

〈立体画像表示装置の構成(第七実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display device (the seventh embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第七実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display device (the seventh embodiment). 図16は立体画像表示装置(第七実施形態)の概略図である。 Figure 16 is a schematic diagram of a stereoscopic image display device (the seventh embodiment). 図16に示すように、立体画像表示装置61Fは、被写体の立体画像を表示するものであって、被写体と比較して奥行きの反転した状態で表示された立体像を中間被写体として撮像する中間被写体撮像手段87と、この中間被写体撮像手段87で撮像された中間被写体の要素画像群を再表示する立体画像表示手段89とを備えている。 As shown in FIG. 16, the stereoscopic image display device 61F, the intermediate object to be imaged be one that displays a stereoscopic image of a subject, as compared to the subject a stereoscopic image displayed by the inverted state of the depth as an intermediate object an imaging unit 87, and a stereoscopic image display unit 89 to redisplay the element images of the intermediate subject captured in the intermediate object imaging means 87.

中間被写体撮像手段87は、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー91aをアレー状に有する第一ミラー板91と、この第一ミラー板91から反射される反射光を受光する対物レンズ93と、この対物レンズ93で受光された反射光を、中間被写体の要素画像群として撮像する撮像素子95とを備えている。 Intermediate object imaging means 87, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, a first mirror plate 91 having a plurality of micro mirrors 91a in an array, the first an objective lens 93 for receiving reflected light reflected from the mirror plate 91, the reflected light received by the objective lens 93, and an imaging device 95 for capturing a component image group of the intermediate object. この撮像素子95で撮像された要素画像群が立体画像表示手段89に入力される。 Element image group captured by the image pickup device 95 is inputted to the stereoscopic image display unit 89.

立体画像表示手段89は、要素画像群を表示する表示素子97と、この表示素子97に表示された要素画像群を投射する投射レンズ99と、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー101aをアレー状に有する第二ミラー板101とを備えている。 The stereoscopic image display unit 89 includes a display device 97 for displaying an elemental image group, a projection lens 99 for projecting the element images displayed on the display device 97, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, the along the tangent plane of the paraboloid, and a second mirror plate 101 having a plurality of micromirrors 101a in an array.

この立体画像表示装置61Fは、中間被写体撮像手段87により撮像された中間被写体の要素画像群を、立体画像表示手段89の表示素子97で表示して、この表示された要素画像群を投射レンズ99により第二ミラー板101に投射し、投射された要素画像群を第二ミラー板101で反射する。 The stereoscopic image display device 61F is an element image group of intermediate a subject captured by an intermediate object imaging device 87, and displayed on the display device 97 of the stereoscopic image display unit 89, the projection lens the displayed element images 99 by projecting the second mirror plate 101, it reflects the projected element images in a second mirror plate 101.

図16において、中間被写体撮像手段87の撮像素子95で被写体の要素画像群が中間被写体の要素画像群として撮像され、立体画像表示手段89の表示素子97で表示されるので、観察方向bから観察すると、被写体と比較して同じ奥行きの立体画像を観察することができる。 16, elements the image group of the subject by the image pickup device 95 of the intermediate object imaging means 87 is imaged as an element image group of the intermediate object, because it is displayed on the display device 97 of the stereoscopic image display unit 89, viewing from the viewing direction b then, it is possible to observe a stereoscopic image of the same depth as compared to the subject. つまり、従来の立体画像撮像装置において、被写体として図示した「旗」は、撮像方向a(図45(a)参照)から見た場合、「旗」の先端部分が手前に存在している。 That is, in the conventional stereoscopic image pickup apparatus, "flag" illustrated as a subject, when viewed from the imaging direction a (see FIG. 45 (a)), the tip portion of the "flag" is present in front. そして、立体画像表示装置61Fで表示した立体画像を、観察方向bから観察した場合にも、「旗」の先端部分が手前に存在している。 Then, the stereoscopic image displayed by the stereoscopic image display apparatus 61F, even when viewed from the observation direction b, the tip portion of the "flag" is present in front.

〈立体画像表示装置の動作(第七実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display device (the seventh embodiment)>
次に、図38に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Fの動作を説明する(適宜、図16参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 38, the operation of the stereoscopic image display apparatus 61F (optionally, see Figure 16).
まず、立体画像表示装置61Fは、被写体からの物体光(光線)を、中間被写体撮像手段87の第一ミラー板91によって反射し(ステップS151)、反射光を対物レンズ93で受光する(ステップS152)。 First, the three-dimensional image display device 61F is object light from a subject (light), reflected by the first mirror plate 91 of the intermediate object imaging means 87 (step S151), receives the reflected light by the objective lens 93 (step S152 ).

続いて、立体画像表示装置61Fは、対物レンズ93で受光された反射光を、中間被写体の要素画像群として、中間被写体撮像手段87の撮像素子95によって撮像する(ステップS153)。 Subsequently, stereoscopic image display device 61F has a reflected light received by the objective lens 93, as an element image group of the intermediate object is imaged by the imaging device 95 of the intermediate object imaging means 87 (step S153). さらに、立体画像表示装置61Fは、立体画像表示手段89の表示素子97によって、中間被写体の要素画像群を表示する(ステップS154)。 Further, the stereoscopic image display device 61F has the display device 97 of the stereoscopic image display unit 89 displays an elemental image group of the intermediate object (step S154).

そして、立体画像表示装置61Fは、立体画像表示手段89の投射レンズ99によって、表示された要素画像群を投射し(ステップS155)、立体画像表示手段89の第二ミラー板101によって、反射させる(ステップS156)。 The stereoscopic image display device 61F is by the projection lens 99 of the stereoscopic image display unit 89, and projecting the displayed element images (step S155), by the second mirror plate 101 of the stereoscopic image display unit 89, and reflects ( step S156). そうすると、観察方向bから立体画像を観察することができる。 Then, it is possible to observe a stereoscopic image from the viewing direction b.

〈立体画像表示装置の構成(第八実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display apparatus (eighth embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第八実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display apparatus (eighth embodiment). 図17は立体画像表示装置(第八実施形態)の概略図である。 Figure 17 is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus (eighth embodiment). 図17に示すように、立体画像表示装置61Gは、被写体の立体画像を表示するものであって、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を、中間被写体とみなし、この中間被写体と参照光との干渉縞を撮像する中間被写体撮像手段103と、この中間被写体撮像手段103で撮像された干渉縞に照明光を照射することで、中間被写体の立体像を表示する立体画像表示手段105とを備えている。 As shown in FIG. 17, the stereoscopic image display device 61G is for displaying a stereoscopic image of a subject, as compared to the subject a stereoscopic image which is not inverted in depth, regarded as an intermediate object, and this intermediate object an intermediate object imaging device 103 for imaging the interference fringes with the reference light, by irradiating the illumination light to the interference fringes captured by the intermediate object imaging unit 103, stereoscopic image display means 105 for displaying a stereoscopic image on the intermediate object It is equipped with a door.

中間被写体撮像手段103は、入力された要素画像群を表示する表示素子107と、表示された要素画像群を投射する投射レンズ109と、投射された要素画像群を中間被写体として結像させるミラー板111と、中間被写体と干渉させる参照光を発生させる参照光源113と、この参照光源113で発生させた参照光と中間被写体とが干渉してなる干渉縞を撮像する撮像素子115とを備えている。 Intermediate object imaging device 103 includes a display device 107 for displaying the input element images, a projection lens 109 for projecting the displayed element images, the mirror plate for imaging the projected elemental image group as an intermediate object and 111, a reference source 113 that generates reference light to interfere with the intermediate object, and an imaging device 115 for imaging the interference fringes the reference light generated in the reference light source 113 and the intermediate object is interfering .

立体画像表示手段105は、中間被写体撮像手段103により撮像した干渉縞を表示する表示素子117と、この表示素子117で表示された干渉縞に照射する照明光を発生させる照明光源119とを備えている。 The stereoscopic image display unit 105, includes a display device 117 for displaying the interference fringes captured by the intermediate object imaging device 103, an illumination source 119 for generating illumination light to be irradiated on interference patterns displayed by the display device 117 there.

〈立体画像表示装置の動作(第八実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display apparatus (eighth embodiment)>
次に、図39に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Gの動作を説明する(適宜、図17参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 39, the operation of the stereoscopic image display device 61G (as appropriate, see FIG. 17).
まず、立体画像表示装置61Gは、入力された要素画像群を、中間被写体撮像手段103の表示素子107によって表示し(ステップS161)、投射レンズ109によって、表示された要素画像群をミラー板111に投射する(ステップS162)。 First, the three-dimensional image display device 61G is an input element images, and displayed by the display device 107 of the intermediate object imaging device 103 (step S161), by the projection lens 109, the displayed element images on the mirror plate 111 projecting (step S162).

続いて、立体画像表示装置61Gは、ミラー板111によって、要素画像群を中間被写体として結像させる(ステップS163)。 Subsequently, stereoscopic image display device 61G is by the mirror plate 111 and forms an element image group as an intermediate object (step S163). また、立体画像表示装置61Gは、中間被写体撮像手段103の参照光源113によって、参照光を発生させ(ステップS164)、中間被写体撮像手段103の撮像素子115によって、中間被写体と参照光とが干渉した干渉縞を撮像する(ステップS165)。 Further, the stereoscopic image display device 61G is the reference-light source 113 of the intermediate object imaging unit 103 generates a reference light (step S164), the imaging device 115 of the intermediate object imaging unit 103, and an intermediate object reference light interferes the interference fringe imaging (step S165).

そして、立体画像表示装置61Gは、立体画像表示手段105の表示素子117によって、干渉縞を表示し(ステップS166)、照明光源119によって、照明光を発生させる(ステップS167)ことで、立体画像を表示する。 The stereoscopic image display device 61G is the display device 117 of the stereoscopic image display unit 105 displays an interference fringe (step S166), the illumination source 119 to generate the illumination light (step S167) that is, the stereoscopic image indicate.

〈立体画像表示装置の構成(第九実施形態)〉 <Configuration of a stereoscopic image display apparatus (ninth embodiment)>
次に、立体画像表示装置の構成(第九実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image display apparatus (ninth embodiment). 図18は立体画像表示装置(第九実施形態)の概略図である。 Figure 18 is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus (ninth embodiment). 図18に示すように、立体画像表示装置61Hは、被写体の立体画像を表示するものであって、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を生成する要素画像群を、中間要素画像群とみなし、この中間要素画像群に対する中間要素干渉縞を撮像する中間要素干渉縞撮像手段121と、この中間要素干渉縞撮像手段121で撮像された中間要素干渉縞に照明光を照明することで、被写体の立体像を表示する立体画像表示手段123とを備えている。 As shown in FIG. 18, the stereoscopic image display apparatus 61H is for displaying a stereoscopic image of the subject, the element image group as compared to the subject to generate a stereoscopic image that is not reversed in depth, the intermediate element image regarded as a group, and the intermediate element interference fringe imaging device 121 for imaging the intermediate element interference fringes for this intermediate element image group, by illuminating the illumination light to the intermediate element interference fringes imaged by the intermediate element interference fringe imaging unit 121 and a stereoscopic image display means 123 for displaying a stereoscopic image of an object.

中間要素干渉縞撮像手段121は、中間要素画像群の個々の中間要素画像を表示する表示素子125と、この表示素子125を照明するコヒーレント光を発生させる第一コヒーレント光源127と、この第一コヒーレント光源127で照明された表示素子125を通過する通過光を集光する集光レンズ129と、この集光レンズ129で集光された集光光のみを通過させるマスク131と、このマスク131を通過した集光光と干渉させる参照光として、コヒーレント光を発生させる第二コヒーレント光源133と、集光光と参照光とが干渉してなる干渉縞を、中間要素干渉縞として撮像する撮像素子135とを備えている。 Intermediate element interference fringe imaging unit 121 includes a display device 125 for displaying the respective intermediate element image of the intermediate element images, a first coherent light source 127 for generating a coherent light illuminating the display device 125, the first coherent passing a condenser lens 129, a mask 131 for passing only the condensing lens condensing light condensed by the 129, the mask 131 for condensing the passing light passing through the display element 125 illuminated with the light source 127 as the reference light to interfere with the condensed light, and a second coherent light source 133 for generating a coherent light, the interference fringes and the condensed light and the reference light formed by interference, an imaging device 135 for imaging the intermediate element fringe It is equipped with a.

つまり、この中間要素干渉縞撮像手段121は、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像、すなわち、これまで説明してきた立体画像撮像装置1〜1Hで撮像した立体画像を入力した場合に、中間要素干渉縞を撮像するものである。 In other words, this intermediate element interference fringe imaging unit 121, stereoscopic image that is not reversed in depth as compared with object, i.e., if you enter a stereoscopic image captured by the stereoscopic imaging apparatus 1~1H so far described is for imaging the intermediate element interference fringes.

立体画像表示手段123は、中間要素画像群の中間干渉縞群を表示する表示素子137と、この表示素子137を照射する照明光を発生させる照明光源139とを備えている。 The stereoscopic image display unit 123 includes a display device 137 for displaying an intermediate interference fringe group of the intermediate element images, an illumination source 139 for generating an illumination light for illuminating the display device 137.
この立体画像表示装置61Hでは、立体画像表示手段123によって、中間干渉縞群を、照明光と照射することによって、立体画像を表示している。 In the stereoscopic image display apparatus 61H, by the stereoscopic image display unit 123, by an intermediate interference fringe group, is irradiated with illumination light, and displaying a stereoscopic image.

〈立体画像表示装置の動作(第八実施形態)〉 <Operation of the three-dimensional image display apparatus (eighth embodiment)>
次に、図40に示すフローチャートを参照して、立体画像表示装置61Hの動作を説明する(適宜、図18参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 40, the operation of the stereoscopic image display apparatus 61H (as appropriate, see FIG. 18).
まず、立体画像表示装置61Hは、中間要素干渉縞撮像手段121の表示手段125によって、中間要素画像を表示し(ステップS171)、中間要素干渉縞撮像手段121の第一コヒーレント光源127によって、照明光としてコヒーレント光を発生させる(ステップS172)。 First, the three-dimensional image display apparatus 61H is the display unit 125 of the intermediate element interference fringe imaging unit 121, and displays the intermediate element image (step S171), by a first coherent light source 127 of the intermediate element interference fringe imaging unit 121, the illumination light generating a coherent light as (step S172).

続いて、立体画像表示装置61Hは、中間要素干渉縞撮像手段121の集光レンズ129によって、表示手段125を通過した通過光を集光し(ステップS173)、マスク131によって、集光した集光光のみを通過させる(ステップS174)。 Subsequently, stereoscopic image display apparatus 61H is by the focusing lens 129 of the intermediate element interference fringe imaging device 121, and condensing the transmitted light that has passed through the display unit 125 (step S173), the mask 131, collecting light condensed passing light only (step S174). そして、立体画像表示装置61Hは、中間要素干渉縞撮像手段121の第二コヒーレント光源133によって、参照光としてコヒーレント光を発生させる(ステップS175)。 Then, the stereoscopic image display apparatus 61H is the second coherent light source 133 of the intermediate element interference fringe imaging unit 121, to generate a coherent light as the reference light (step S175).

そして、立体画像表示装置61Hは、中間要素干渉縞撮像手段121の撮像手段135によって、集光光と参照光とが干渉した中間要素干渉縞を撮像する(ステップS176)。 Then, the stereoscopic image display apparatus 61H is by the imaging means 135 of the intermediate element interference fringe imaging unit 121, the condensed light and the reference light to image the intermediate element interference fringe interference (step S176). この時点で、中間要素干渉縞として記録していない中間要素画像がある場合は、撮像手段135の位置を移動させた後、図40のステップS171以下を繰り返す。 At this point, if there is an intermediate element image that is not recorded as an intermediate element interference fringes, after moving the position of the imaging unit 135 repeats the following steps S171 of Figure 40. その後、立体画像表示装置61Hは、立体画像表示手段123の表示手段137によって、中間要素干渉縞群を表示し(ステップS177)、照明光源139によって、照明光を発生させて(ステップS178)、立体画像を表示する。 Thereafter, the stereoscopic image display apparatus 61H is the display unit 137 of the stereoscopic image display unit 123 displays the intermediate element interference fringe group (step S177), and the illumination source 139 to generate an illumination light (step S178), the three-dimensional to display the image.

〈立体画像撮像表示システムの構成(第一実施形態)〉 <Configuration of a three-dimensional image pickup display system (First Embodiment)>
次に、立体画像撮像表示システムの構成(第一実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup display system (first embodiment). 図19は立体画像撮像表示システム(第一実施形態)の概略図である。 Figure 19 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system (first embodiment). 図19に示すように、立体画像撮像表示システム141は、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置143と、当該立体画像を表示する立体画像表示装置145とから構成されている。 As shown in FIG. 19, the stereoscopic image pickup display system 141 includes a stereoscopic imaging apparatus 143 for capturing a stereoscopic image of a subject, and a stereoscopic image display apparatus 145. displaying the stereoscopic image. この図19は、立体画像撮像表示システムの一断面を図示したものである。 FIG 19 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup display system.

立体画像撮像装置143は、放物面の焦点側に鏡面を有する第一放物面ミラー3a(3)および第二放物面ミラー3b(3)と、放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー5aをアレー状に有するミラー板5と、このミラー板5で反射した反射光を伝送するフィールドレンズ15と、このフィールドレンズ15で伝送された反射光を受光する対物レンズ9と、この対物レンズ9で受光された反射光を撮像する撮像素子7とを備えている。 Stereoscopic imaging apparatus 143 includes a first parabolic mirror 3a having a mirror surface on the focal point side of the paraboloid (3) and a second parabolic mirror 3b (3), the mirror on the opposite side of the focal point of the paraboloid together with a, along a tangent plane of the paraboloid mirror plate 5 having a plurality of micro mirrors 5a in an array, a field lens 15 for transmitting the light reflected by the mirror plate 5, the field lens an objective lens 9 for receiving the transmitted reflected light 15, and an imaging device 7 for capturing the reflected light received by the objective lens 9. 図1、図3に示した立体画像撮像装置1、1Bと同様の構成については、同一の符号を付して基本的には説明を省略し、必要に応じて説明を加える。 1, the same configuration as the stereoscopic image pickup apparatus 1,1B shown in FIG. 3, is basically the same reference numerals and not described, is added explanations as necessary.

そして、この立体画像撮像装置143では、ミラー板5の傾きの基準となる放物面の焦点と、第二放物面ミラー3bの焦点とが一致するように配置しており、フィールドレンズ15を、ミラー板5の傾きの基準となる放物面の準線上に配置すると共に、対物レンズ9および撮像素子7を、ミラー板5の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置している。 Then, in the stereoscopic image pickup apparatus 143, and the focus of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 5, and arranged such that the focal point of the second parabolic mirror 3b are the same, the field lens 15 , together with arranging the quasi line of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 5, so as to focus the objective lens 9 and the imaging device 7, the directrix of the parabolic surface as the reference tilt of the mirror plate 5 They are arranged in.

また、立体画像撮像装置143は、被写体からの物体光を、第一放物面ミラー3aおよび第二放物面ミラー3bで反射させ、この反射させた反射光をミラー板5で反射させ、フィールドレンズ15により対物レンズ9に伝送し、対物レンズ9で受光した反射光を、撮像素子7で撮像する。 Further, stereoscopic imaging apparatus 143, the object light from an object, is reflected by the first parabolic mirror 3a and the second parabolic mirror 3b, it reflects the reflected light obtained by the reflection by the mirror plate 5, field the lens 15 transmits the objective lens 9, the reflected light received by the objective lens 9 is imaged by the imaging device 7.

立体画像表示装置145は、立体画像撮像装置143の撮像素子7で撮像された反射光を、被写体の要素画像群として表示する表示素子147と、この表示素子147で表示された要素画像群を投射する投射レンズ149と、放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー151aをアレー状に有し、投射レンズ149で投射された要素画像群を、立体画像として結像させるミラー板151とを備えている。 The stereoscopic image display apparatus 145, the reflected light captured by the image sensor 7 of the stereoscopic image pickup apparatus 143, the projection display device 147 for displaying as an element image group of the subject, the displayed element images in the display device 147 a projection lens 149, which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micromirrors 151a in an array, projected elemental images in the projection lens 149 groups, and a mirror plate 151 that forms as a stereoscopic image.

また、この立体画像表示装置145では、表示素子147および投射レンズ149が、ミラー板151の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置されている。 Further, in the stereoscopic image display device 145, display device 147 and the projection lens 149 is disposed so as to focus on the directrix of the parabolic as a reference tilt of the mirror plate 151. このように、立体画像撮像表示システム141では、立体画像撮像装置143で撮像する際の被写体の奥行きと、立体画像表示装置145で表示する際の被写体の奥行きとを一致させることができる。 Thus, in the stereoscopic image pickup display system 141, and the depth of the object of imaging in the stereoscopic image pickup apparatus 143, it is possible to match the depth of the object when displayed in the three-dimensional image display device 145.

〈立体画像撮像表示システムの動作(第一実施形態)〉 <Stereoscopic image pickup display system operation First Embodiment>
次に、図41に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像表示システム141の動作を説明する(適宜、図19参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 41, the operation of the three-dimensional image pickup display system 141 (as appropriate, see FIG. 19).
まず、立体画像撮像表示システム141は、立体画像撮像装置143の放物面ミラー3によって、被写体からの光線を反射し(ステップS181)、反射した反射光をミラー板5によって反射する(ステップS182)。 First, three-dimensional image pickup display system 141, the parabolic mirror 3 of the stereoscopic imaging apparatus 143, reflects the light from the object (step S181), is reflected by the mirror plate 5 light reflected (step S182) .

続いて、立体画像撮像表示システム141は、立体画像撮像装置143のフィールドレンズ15によって、反射光を伝送し(ステップS183)、対物レンズ9によって受光して(ステップS184)、受光した反射光を撮像素子7によって撮像する(ステップS185)。 Subsequently, stereoscopic image pickup display system 141, the field lens 15 of the stereoscopic image pickup apparatus 143, and transmits the reflected light (step S183), and received by the objective lens 9 (step S184), the imaging reflected light received imaging the element 7 (step S185).

そして、立体画像撮像表示システム141は、立体画像表示装置145の表示素子147によって、撮像素子7で撮像された反射光を、被写体の要素画像群として表示し(ステップS186)、投射レンズ149によって、表示された要素画像群を投射する(ステップS187)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141, by the display device 147 of the stereoscopic image display apparatus 145, the reflected light imaged by the imaging device 7, and displays as an element image group of the subject (step S186), by the projection lens 149, projecting the displayed element images (step S187). そして、立体画像撮像表示システム141は、立体画像表示装置145のミラー板151によって、投射された要素画像群を反射することで、立体画像として結像させる(表示する)(ステップS188)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141, the mirror plate 151 of the stereoscopic image display apparatus 145, by reflecting the projected element images, and causes (display) imaging as a stereoscopic image (step S188).

〈立体画像撮像表示システムの構成(第二実施形態)〉 <Configuration of a three-dimensional image pickup display system (Second Embodiment)>
次に、立体画像撮像表示システムの構成(第二実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup display system (second embodiment). 図20は立体画像撮像表示システム(第二実施形態)の概略図である。 Figure 20 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system (second embodiment). 図20に示すように、立体画像撮像表示システム141Aは、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置153と、当該立体画像を表示する立体画像表示装置155とから構成されている。 As shown in FIG. 20, the stereoscopic image pickup display system 141A includes a stereoscopic imaging apparatus 153 for capturing a stereoscopic image of a subject, and a stereoscopic image display apparatus 155 Prefecture for displaying the stereoscopic image. この図20は、立体画像撮像表示システムの一断面を図示したものである。 FIG. 20 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup display system.

立体画像撮像装置153は、放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー157aをアレー状に有するミラー板157と、このミラー板157の傾きの基準となる放物面の焦点側に、被写体の実像を結像させる放物凹面鏡159と、ミラー板157で反射した反射光を伝送するフィールドレンズ161と、このフィールドレンズ161で伝送された反射光を受光する対物レンズ9と、この対物レンズ9で受光された反射光を撮像する撮像素子7とを備えている。 Stereoscopic imaging apparatus 153, which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid mirror plate 157 having a plurality of micromirrors 157a in an array, the mirror plate 157 the focal point side in relation to the standard parabolic slope of the parabolic concave mirror 159 for focusing a real image of the object, a field lens 161 for transmitting light reflected by the mirror plate 157, transmitted in the field lens 161 It includes an objective lens 9 for receiving the reflected light, and an imaging device 7 for capturing the reflected light received by the objective lens 9.

この立体画像撮像装置153は、フィールドレンズ161を、ミラー板157の傾きの基準となる放物面の準線上で、且つ、放物凹面鏡159の中央に形成した開口に配置すると共に、対物レンズ9および撮像素子7を、フィールドレンズ161に合焦するように配置しており、被写体からの物体光を、放物凹面鏡159およびミラー板157で反射させて、この反射させた反射光をフィールドレンズ161で伝送させ、対物レンズ9で受光して、撮像素子7で撮像している。 The stereoscopic imaging apparatus 153, a field lens 161, quasi-line of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 157, and, along with arranging the opening formed in the center of the parabolic concave mirror 159, the objective lens 9 and an imaging element 7, and arranged so as to focus on the field lens 161, the object light from an object, is reflected by the parabolic concave mirror 159 and the mirror plate 157, a field lens 161 reflected light obtained by the reflected in is transmitted and received by the objective lens 9 is imaged by the imaging device 7. ここでは、被写体Hと、実像Gとを示している。 Shown here is the subject H, and a real image G.

立体画像表示装置155は、立体画像撮像装置153の撮像素子7で撮像された反射光を、被写体の要素画像群として表示する表示素子63と、この表示素子63で表示された要素画像群を投射する投射レンズ65と、放物面の焦点と同じ側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー163aをアレー状に有し、投射レンズ65で投射された要素画像群を反射光として反射するミラー板163と、このミラー板163で反射された反射光を再度反射して、被写体の立体画像S(観察方向b)を結像する放物凹面鏡165とを備えている。 The stereoscopic image display apparatus 155, the reflected light captured by the image sensor 7 of the stereoscopic image pickup apparatus 153, the projection display device 63 for displaying as an element image group of the subject, the displayed element images in the display device 63 a projection lens 65, which has a mirror surface on the same side as the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micromirrors 163a in an array, is projected by the projection lens 65 a mirror plate 163 that reflects the element images as reflected light, the reflected light reflected by the mirror plate 163 is reflected again, and a parabolic concave mirror 165 which forms an object of the three-dimensional image S (observation direction b) It is provided.

そして、この立体画像表示装置155は、表示素子63および投射レンズ65を、ミラー板163の傾きの基準となる放物面の準線上に合焦するように配置している。 Then, the stereoscopic image display apparatus 155, a display device 63 and the projection lens 65 are arranged so as to focus on quasi line of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 163. このように、立体画像撮像表示システム装置141Aでは、立体画像撮像装置153で被写体を撮像する際の奥行きと、立体画像表示装置155で被写体の立体画像を表示する際の奥行きとを一致させることができる。 Thus, in the stereoscopic image pickup display system device 141A, and the depth of imaging an object in the stereoscopic image pickup apparatus 153, it is in the stereoscopic image display apparatus 155 is matched with the depth when displaying a stereoscopic image of the subject it can.

〈立体画像撮像表示システムの動作(第二実施形態)〉 <Stereoscopic image pickup display system of operation (Second Embodiment)>
次に、図42に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像表示システム141Aの動作を説明する(適宜、図20参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 42, the operation of the three-dimensional image pickup display system 141A (as appropriate, see FIG. 20).
まず、立体画像撮像表示システム141Aは、立体画像撮像装置153の放物凹面鏡159およびミラー板157によって、被写体Hからの光線(物体光)を反射させ(ステップS191)、フィールドレンズ161によって、ミラー板157で反射した反射光を伝送し(ステップS192)、対物レンズ9によって受光する(ステップS193)。 First, three-dimensional image pickup display system 141A is the parabolic concave mirror 159 and the mirror plate 157 of the stereoscopic image pickup apparatus 153, and reflects the light beam (object light) from a subject H (step S191), the field lens 161, the mirror plate It transmits the light reflected by 157 (step S192), and receives by the objective lens 9 (step S193). そして、立体画像撮像表示システム141Aは、立体画像撮像装置153の撮像素子7によって、対物レンズ9で受光された反射光を撮像する(ステップS194)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141A is the image sensor 7 of the stereoscopic imaging apparatus 153, imaging the reflected light received by the objective lens 9 (step S194).

そして、立体画像撮像表示システム141Aは、立体画像表示装置155の表示素子63によって、被写体の要素画像群を表示し(ステップS195)、投射レンズ65によって、要素画像群をミラー板163に投射する(ステップS196)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141A includes the display device 63 of the stereoscopic image display apparatus 155 displays an elemental image group of the subject (step S195), by the projection lens 65 projects the element images in the mirror plate 163 ( step S196). そして、立体画像撮像表示システム141Aは、立体画像表示装置155のミラー板163によって、要素画像群から立体画像を結像させ(ステップS197)、放物凹面鏡165によって、ミラー板163で結像された立体画像を反射させる(ステップS198)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141A includes a mirror plate 163 of the stereoscopic image display apparatus 155, to image the three-dimensional image from the element image group (step S197), the parabolic concave mirror 165, is imaged by the mirror plate 163 It reflects the three-dimensional image (step S198).

〈立体画像撮像表示システムの構成(第三実施形態)〉 <Configuration of a three-dimensional image pickup display system (Third Embodiment)>
次に、立体画像撮像表示システムの構成(第三実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup display system (third embodiment). 図21は立体画像撮像表示システム(第三実施形態)の概略図である。 Figure 21 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system (third embodiment). 図21に示すように、立体画像撮像表示システム141Bは、被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置167と、当該立体画像を表示する立体画像表示装置169とから構成されている。 As shown in FIG. 21, the stereoscopic image pickup display system 141B includes a stereoscopic imaging device 167 for capturing a stereoscopic image of a subject, and a stereoscopic image display apparatus 169 Prefecture for displaying the stereoscopic image. この図21は、立体画像撮像表示システムの一断面を図示したものである。 FIG. 21 is an illustration of one section of the stereoscopic image pickup display system.

立体画像撮像装置167は、被写体の実像を結像する放物凹面鏡171と、複数の微小ミラー173aをアレー状に有するミラー板173と、このミラー板173からの反射光を受光する対物レンズ9と、この対物レンズ9で受光された反射光を、画像として撮像する撮像素子7とを備えている。 Stereoscopic imaging apparatus 167 includes a parabolic concave mirror 171 to image a real image of an object, the mirror plate 173 having a plurality of micromirrors 173a in an array, an objective lens 9 for receiving the light reflected from the mirror plate 173 , and an imaging device 7 for capturing the reflected light received by the objective lens 9, as an image. この立体画像撮像装置167では、ミラー板173を構成する微小ミラー173aが放物面に沿って配置されている。 In the stereoscopic imaging apparatus 167, the micro mirrors 173a constituting the mirror plate 173 is disposed along the paraboloid.

立体画像表示装置169は、光線を発生させる光源175と、撮像素子7で撮像された反射光を、被写体の要素画像群として表示する表示素子63と、放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラー177aをアレー状に有し、表示素子63で表示された要素画像群を、立体画像として結像させるミラー板177と、撮像素子7において、被写体の要素画像群としてミラー板177に入射する反射光と同じ方向となるように、光源175で発生された光線を制御する方向制御レンズ179と、ミラー板177で結像された立体画像を反射させる放物凹面鏡181とを備えている。 The stereoscopic image display apparatus 169 includes a light source 175 for generating a light beam, the reflected light captured by the imaging element 7, a display device 63 for displaying as an element image group of the subject, the mirror on the opposite side of the focal point of the paraboloid and having, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micromirrors 177a in an array, the displayed element images on the display device 63, a mirror plate 177 that forms a three-dimensional image, imaging in the element 7, so that the same direction as the reflected light incident on the mirror plate 177 as an element image group of the subject, the direction control lens 179 for controlling the generated light beam by a light source 175, is imaged by the mirror plate 177 and a parabolic concave mirror 181 for reflecting the three-dimensional image. そして、この立体画像表示装置169では、表示素子63を、ミラー板177の傾きの基準となる放物面の準線上に配置している。 Then, in the stereoscopic image display apparatus 169, a display device 63, it is arranged in a quasi line of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate 177.

〈立体画像撮像表示システムの動作(第三実施形態)〉 <Stereoscopic image pickup display system of operation (Third Embodiment)>
次に、図43に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像表示システム141Bの動作を説明する(適宜、図21参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 43, the operation of the three-dimensional image pickup display system 141B (as appropriate, see FIG. 21).
まず、立体画像撮像表示システム141Bは、立体画像撮像装置167の放物凹面鏡171およびミラー板173によって、被写体Hからの光線(物体光)を反射させ(ステップS201)、ミラー板173で反射した反射光を、対物レンズ9によって受光する(ステップS202)。 First, three-dimensional image pickup display system 141B includes the parabolic concave mirror 171 and the mirror plate 173 of the stereoscopic image pickup apparatus 167, and reflects the light beam (object light) from a subject H (step S201), and reflected by the mirror plate 173 reflecting light, received by the objective lens 9 (step S202). そして、立体画像撮像表示システム141Bは、立体画像撮像装置167の撮像素子7によって、対物レンズ9で受光された反射光を撮像する(ステップS203)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141B includes the imaging element 7 of the stereoscopic imaging apparatus 167, imaging the reflected light received by the objective lens 9 (step S203).

そして、立体画像撮像表示システム141Bは、立体画像表示装置169の光源175によって光線を発生させ(ステップS204)、方向制御レンズ179によって、光線を制御する(ステップS205)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141B generates a light beam by the light source 175 of the stereoscopic image display apparatus 169 (step S204), the direction control lens 179, and controls the light (step S205). 続いて、立体画像撮像表示システム141Bは、立体画像表示装置169の表示素子63によって、被写体の要素画像群を表示し(ステップS206)、ミラー板177によって、要素画像群から立体画像を結像させ(ステップS207)、放物凹面鏡181によって、ミラー板177で結像された立体画像を反射させる(ステップS208)。 Subsequently, stereoscopic image pickup display system 141B includes the display device 63 of the stereoscopic image display apparatus 169 displays an elemental image group of the subject (step S206), the mirror plate 177, to image the three-dimensional image from the element images (step S207), the parabolic concave mirror 181 reflects the three-dimensional image formed by the mirror plate 177 (step S208).

〈立体画像撮像表示システムの構成(第四実施形態)〉 <Configuration of a three-dimensional image pickup display system (Fourth Embodiment)>
次に、立体画像撮像表示システムの構成(第四実施形態)について説明する。 Next, the configuration of the stereoscopic image pickup display system (fourth embodiment). 図22は立体画像撮像表示システム(第四実施形態)の概略図(要部のみ抽出)である。 Figure 22 is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system (Fourth Embodiment) (main unit only extraction). 図22に示すように、立体画像撮像表示システム141Cは、奥行きが反転していない正視像となる被写体の要素画像群に対する要素干渉縞を撮像または表示するものであって、要素干渉縞から被写体の立体画像を表示可能な要素干渉縞群を生成する要素干渉縞群生成手段183を備えている。 As shown in FIG. 22, the stereoscopic image pickup display system 141C includes an element interference fringes for the element image group of the subject to be the orthoscopic image depth not inverted been made to imaging or display object from the element fringe and a component interference fringe group generation unit 183 for generating an element interference fringe group capable of displaying a stereoscopic image.

〈立体画像撮像表示システムの動作(第四実施形態)〉 <Stereoscopic image pickup display system of operation (Fourth Embodiment)>
次に、図44に示すフローチャートを参照して、立体画像撮像表示システム141Cの動作を説明する(適宜、図22参照)。 Next, with reference to a flowchart shown in FIG. 44, the operation of the three-dimensional image pickup display system 141C (as appropriate, see FIG. 22).
まず、立体画像撮像表示システム141Cは、正視像を入力し(ステップS211)、要素干渉縞生成手段183によって、要素干渉縞を生成する(ステップS212)。 First, three-dimensional image pickup display system 141C inputs the orthoscopic images (step S211), the element interference fringe generating means 183 generates an element interference fringes (step S212). そして、立体画像撮像表示システム141Cは、生成した要素干渉縞を出力する(ステップS213)。 Then, the stereoscopic imaging display system 141C outputs the generated element interference fringes (step S213).

以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は前記実施形態には限定されない。 Having described embodiments of the present invention, the present invention is not limited to the embodiment. 例えば、本実施形態では、立体画像撮像装置1〜1H、立体画像表示装置61〜31Hの装置として説明したが、これら各装置の各構成を動作させる方法、すなわち、立体画像撮像方法、立体画像表示方法として捉えることも可能である。 For example, in the present embodiment, the stereoscopic imaging apparatus 1~1H, has been described as an apparatus of the stereoscopic image display apparatus 61~31H, a method of operating a respective configuration of these devices, i.e., three-dimensional imaging method, the stereoscopic image display it is also possible to capture as a method. この場合、これらの装置と同様の効果を得ることができる。 In this case, it is possible to obtain the same effects as those of the apparatus.

なお、立体画像撮像装置1A(第二実施形態)では、対物レンズ9および撮像素子7が、放物面ミラー3aの準線Jを含みX軸に垂直な平面に合焦する配置としているが、図示したものは一例である。 In the stereoscopic image pickup apparatus 1A (Second Embodiment), the objective lens 9 and the imaging device 7, although the arrangement for focusing a plane perpendicular to the X axis includes the directrix J parabolic mirror 3a, what is illustrated is an example. ここで、対物レンズ9および撮像素子7が、放物面ミラー3aの準線Jを含みX軸に垂直な平面に合焦する配置の例について述べる。 Here, the objective lens 9 and the imaging element 7, describes an example of an arrangement for focusing a plane perpendicular to the X axis includes the directrix J parabolic mirror 3a. 放物面ミラー3aの準線Jを含みX軸に垂直な平面が対物レンズ9および撮像素子7に対して過焦点距離の位置となる配置が挙げられる。 Parabolic mirror 3a plane perpendicular to the X axis includes the directrix J of include arrangement the position of the hyperfocal distance to the objective lens 9 and the imaging device 7. また、立体画像表示装置61A(第二実施形態)では、表示素子63および投射レンズ65が、放物面ミラー75bの準線Jを含みX軸に垂直な平面に合焦する配置としているが、図示したものは一例である。 Further, in the stereoscopic image display device 61A (Second Embodiment), a display device 63 and the projection lens 65, although the arrangement for focusing a plane perpendicular to the X axis includes the directrix J parabolic mirror 75b, what is illustrated is an example. ここで、表示素子63および投射レンズ65が、放物面ミラー75bの準線Jを含みX軸に垂直な平面に合焦する配置の例について述べる。 Here, the display device 63 and the projection lens 65 will be described an example of an arrangement for focusing a plane perpendicular to the X axis includes the directrix J parabolic mirror 75b. 放物面ミラー75bの準線Jを含みX軸に垂直な平面が表示素子63および投射レンズ65に対して過焦点距離の位置となる配置が挙げられる。 Parabolic directrix include J X-axis perpendicular to the plane of the mirror 75b can be cited arrangement the position of the hyperfocal distance to the display element 63 and the projection lens 65.

他の立体画像撮像装置1、1B〜1H)または他の立体画像表示装置61、61B〜61Hの実施形態において、合焦している状態も同様に、合焦する位置を過焦点距離と一致するように設定してもよい。 In other embodiments of the stereoscopic imaging apparatus 1,1B~1H) or other three-dimensional image display device 61,61B~61H, similarly state of being focused, to match the position of focus with hyperfocal distance it may be set to. また、立体画像撮像装置1Aでは、1つの撮像素子7、立体画像表示装置61Aでは、1つの表示素子63を備える構成としているが、複数の撮像素子7、または、複数の表示素子63を備える構成としてもよい。 Further, the stereoscopic imaging apparatus 1A, a single image sensor 7, in the stereoscopic image display apparatus 61A, includes but is configured to include a single display element 63, a plurality of image pickup elements 7, or a plurality of display elements 63 constituting it may be.

本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第一実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (first embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第二実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (second embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第三実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (third embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第四実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (fourth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第五実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (fifth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第六実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (sixth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第七実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (seventh embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第八実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (eighth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像装置(第九実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup apparatus according to an embodiment of the present invention (ninth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第一実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (first embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第二実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (second embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第三実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (third embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第四実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (fourth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第五実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (fifth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第六実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (sixth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第七実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (seventh embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第八実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (eighth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像表示装置(第九実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image display apparatus according to an embodiment of the present invention (ninth embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像表示システム(第一実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system according to an embodiment of the present invention (first embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像表示システム(第二実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system according to an embodiment of the present invention (second embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像表示システム(第三実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system according to an embodiment of the present invention (third embodiment). 本発明の実施形態に係る立体画像撮像表示システム(第四実施形態)の概略図である。 It is a schematic diagram of a stereoscopic image pickup display system according to an embodiment of the present invention (fourth embodiment). 図1に示した立体画像撮像装置(第一実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 1 (first embodiment). 図2に示した立体画像撮像装置(第二実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 2 (Second Embodiment). 図3に示した立体画像撮像装置(第三実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 3 (third embodiment). 図4に示した立体画像撮像装置(第四実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 4 (fourth embodiment). 図5に示した立体画像撮像装置(第五実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 5 (fifth embodiment). 図6に示した立体画像撮像装置(第六実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 6 (sixth embodiment). 図7に示した立体画像撮像装置(第七実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 7 (seventh embodiment). 図8に示した立体画像撮像装置(第八実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 8 (eighth embodiment). 図9に示した立体画像撮像装置(第九実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup apparatus shown in FIG. 9 (ninth embodiment). 図10に示した立体画像表示装置(第一実施形態)の動作を説明したフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the stereoscopic image display device shown in FIG. 10 (first embodiment). 図11に示した立体画像表示装置(第二実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image display device shown in FIG. 11 (second embodiment). 図12に示した立体画像表示装置(第三実施形態)の動作を説明したフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the stereoscopic image display device shown in FIG. 12 (third embodiment). 図13に示した立体画像表示装置(第四実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image display device shown in FIG. 13 (fourth embodiment). 図14に示した立体画像表示装置(第五実施形態)の動作を説明したフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the three-dimensional image display apparatus shown in FIG. 14 (fifth embodiment). 図15に示した立体画像表示装置(第六実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image display device shown in FIG. 15 (sixth embodiment). 図16に示した立体画像表示装置(第七実施形態)の動作を説明したフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the stereoscopic image display device shown in FIG. 16 (seventh embodiment). 図17に示した立体画像表示装置(第八実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image display device shown in FIG. 17 (eighth embodiment). 図18に示した立体画像表示装置(第九実施形態)の動作を説明したフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of the three-dimensional image display apparatus shown in FIG. 18 (ninth embodiment). 図19に示した立体画像撮像表示システム(第一実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup display system shown in FIG. 19 (first embodiment). 図20に示した立体画像撮像表示システム(第二実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup display system shown in FIG. 20 (second embodiment). 図21に示した立体画像撮像表示システム(第三実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup display system shown in FIG. 21 (third embodiment). 図22に示した立体画像撮像表示システム(第四実施形態)の動作を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the stereoscopic image pickup display system shown in FIG. 22 (fourth embodiment). 従来の立体画像撮像装置の概略を説明した図である。 Is a diagram illustrating an outline of a conventional stereoscopic image pickup apparatus.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1、1A〜1H 立体画像撮像装置 3(3a、3b) 放物面ミラー(第一および第二放物面ミラー) 1,1A~1H stereoscopic imaging apparatus 3 (3a, 3b) parabolic mirror (first and second parabolic mirror)
5、13 ミラー板 7 撮像素子 9 対物レンズ 11 光学系(凸レンズ) 5,13 mirror plate 7 the imaging element 9 objective lens 11 optical system (lens)
15 フィールドレンズ 17 自己集束性スクリーン 19 ハーフミラー 21 アフォーカル光学系アレー 23 中間立体像表示手段 25 立体画像撮像手段 27 表示素子 29 投射レンズ 31 第一ミラー板 33 第二ミラー板 35 対物レンズ 37 表示素子 39 中間立体像表示手段 41 参照光源 43 撮像素子 45 表示素子 47 第一コヒーレント光源 49 集光レンズ 51 マスク 53 第二コヒーレント光源 55 撮像素子 61、61A〜61H 立体画像表示装置 63 表示素子 65 投射レンズ 67 フィールドレンズ 69、73、 ミラー板 71、75 放物面ミラー 77 光源 79 方向制御レンズ 81 自己集束性スクリーン 83 ハーフミラー 85 アフォーカル光学系アレー 87、103 中間被写体撮像手段 89、105 立体画 15 field lens 17 self converging screen 19 half mirror 21 afocal optical system array 23 intermediate stereoscopic display unit 25 three-dimensional image pickup means 27 display device 29 a projection lens 31 first mirror plate 33 second mirror plate 35 objective lens 37 display element 39 intermediate stereoscopic display unit 41 reference source 43 imaging device 45 display device 47 first coherent light source 49 a condenser lens 51 mask 53 second coherent light source 55 imaging element 61,61A~61H stereoscopic image display device 63 display device 65 a projection lens 67 a field lens 69, 73, the mirror plate 71, 75 parabolic mirror 77 light source 79 direction control lens 81 self converging screen 83 half mirror 85 afocal optical system array 87,103 intermediate object imaging means 89,105 stereogram 像表示手段 91 ミラー板 93 対物レンズ 95、115 撮像素子 97、107、117、125 表示素子 99、109 投射レンズ 101、111 ミラー板 113 参照光源 119 照明光源 121 中間要素干渉縞撮像手段 123 立体画像表示手段 127 第一コヒーレント光源 129 集光レンズ 131 マスク 133 第二コヒーレント光源 Image display means 91 the mirror plate 93 objective lens 95,115 imaging device 97,107,117,125 display device 99,109 projection lens 101 and 111 the mirror plate 113 reference light 119 illumination source 121 intermediate element interference fringe imaging unit 123 three-dimensional image display means 127 first coherent light source 129 a condenser lens 131 mask 133 second coherent light source

Claims (18)

  1. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject,
    放物面の焦点側に鏡面を有する第一および第二放物面ミラーと、 And first and second parabolic mirror having a mirror surface on the focal point side of the paraboloid,
    放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板と、 Which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid and the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    このミラー板からの反射する反射光を撮像する撮像素子とを備え、 And an imaging device for imaging the light reflected from the mirror plate,
    前記第一放物面ミラーの焦点側と前記第二放物面ミラーの焦点側とを正対するように配置し、 A focus side of said second parabolic mirror and the focal point side of the first parabolic mirror directly faces arranged manner,
    前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の位置と第二放物面ミラーの焦点の位置とが同一になるように、前記ミラー板を配置すると共に、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に前記撮像素子を配置して、 As the position of the focal position and a second parabolic mirror focus of the paraboloid as a reference for the tilt of the mirror plate are the same, together with arranging the mirror plate, the reference tilt of the mirror plate the imaging element is arranged in a quasi line of become paraboloid,
    前記被写体からの物体光を、前記第一および第二放物面ミラーで反射させ、この反射させた反射光を前記ミラー板で反射させて、前記撮像素子で撮像することを特徴とする立体画像撮像装置。 The object light from said object, said first and is reflected by the second parabolic mirror, the three-dimensional image of the reflected light obtained by the reflected is reflected by the mirror plate, characterized in that captured by the imaging element imaging device.
  2. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject,
    放物面の焦点側に鏡面を有する第一および第二放物面ミラーと、 And first and second parabolic mirror having a mirror surface on the focal point side of the paraboloid,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid and the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    このミラー板からの反射光を受光する対物レンズと、 An objective lens for receiving the light reflected from the mirror plate,
    この対物レンズで受光された反射光を撮像する撮像素子とを備え、 And an imaging device for imaging the reflected light received by the objective lens,
    前記ミラー板の傾きの基準となる放物面と前記第一放物面ミラーとを同一放物面上に配置すると共に、前記第二放物面ミラーを前記第一放物面ミラーの焦点の位置に配置し、 With placing said first parabolic mirror and serving as a reference paraboloid of tilt of the mirror plate in the same parabolic surface, said second parabolic mirror of focal point of the first parabolic mirror arranged at a position,
    前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置して、 Wherein the objective lens and the imaging element, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate,
    前記被写体からの物体光を、前記第一および第二放物面ミラーで反射させ、この反射させた反射光を前記ミラー板で反射させて、前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする立体画像撮像装置。 The object light from the object, is reflected by said first and second parabolic mirror, the reflected light obtained by the reflected is reflected by the mirror plate, and received by the objective lens, captured by the imaging device stereoscopic imaging apparatus characterized by.
  3. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject,
    放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板と、 Which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid and the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    このミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点側に、前記被写体の実像を結像させる凸レンズと、 The focal point side of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate, and a convex lens for focusing a real image of the object,
    前記ミラー板で反射した反射光を伝送するフィールドレンズと、 A field lens for transmitting the light reflected by the mirror plate,
    このフィールドレンズで伝送された反射光を受光する対物レンズと、 An objective lens for receiving the transmitted light reflected by the field lens,
    この対物レンズで受光された反射光を撮像する撮像素子とを備え、 And an imaging device for imaging the reflected light received by the objective lens,
    前記凸レンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に配置し、前記フィールドレンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置すると共に、前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置して、 Together with the convex lens is disposed on the opposite side of the focal point in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, arranging the field lens quasi line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, the objective lens and the image pickup element, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate,
    前記被写体からの物体光を、前記凸レンズを介して、前記ミラー板で反射させて、この反射させた反射光を前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする立体画像撮像装置。 The object light from said object, through the convex lens, is reflected by the mirror plate, the three-dimensional image of the reflected light obtained by the reflected and received by the objective lens, characterized by imaging by the imaging device imaging device.
  4. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject,
    放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板と、 Which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid and the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    このミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点側に、被写体の実像を結像させる凸レンズと、 The focal point side of the paraboloid as a reference tilt of the mirror plate, and a convex lens for focusing a real image of an object,
    前記ミラー板で反射した反射光を撮像する撮像素子とを備え、 And an imaging device for imaging the reflected light reflected by the mirror plate,
    前記凸レンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の反対側に配置し、前記撮像素子を前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置して、 It said convex lens is disposed on the opposite side of the focal point in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, by placing the imaging element in the quasi-line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate,
    前記被写体からの物体光を、前記凸レンズを介して、前記ミラー板で反射させて、この反射させた反射光を前記撮像素子で撮像することを特徴とする立体画像撮像装置。 The object light from said object, through the convex lens, the is reflected by the mirror plate, the stereoscopic imaging apparatus characterized by imaging the reflected light obtained by the reflected by the imaging element.
  5. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject,
    前記被写体の奥行きを反転させた反転像を生成する自己集束性スクリーンと、 A self-focusing of the screen to produce a reverse image obtained by inverting the depth of the subject,
    この自己集束性スクリーンで生成された反転像を反射させるハーフミラーと、 A half mirror for reflecting the inverted image produced by the self-converging screen,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid and the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    このミラー板で反射された反転像を受光する対物レンズと、 An objective lens for receiving the inverted image reflected by the mirror plate,
    この対物レンズで受光された反転像を撮像する撮像素子とを備え、 And an imaging device that captures an inverted image received by the objective lens,
    前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置して、 Wherein the objective lens and the imaging element, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate,
    前記被写体からの物体光を、前記ハーフミラーを介して、前記自己集束性スクリーンで反転像とし、この反転像を前記ハーフミラーおよび前記ミラー板で反射させて、前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする立体画像撮像装置。 The object light from said object, through the half mirror, the self-converging screen as an inverted image, the inverted image is reflected by the half mirror and the mirror plate, and received by the objective lens, wherein stereoscopic imaging apparatus characterized by imaging by the imaging device.
  6. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of a subject,
    複数のアフォーカル光学系をアレー状に配置した構成を取るアフォーカル光学系アレーと、 And afocal optical system array to adopt a configuration in which a plurality of afocal optical systems in an array,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid and the mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    このミラー板から反射された反射光を受光する対物レンズと、 An objective lens for receiving reflected light reflected from the mirror plate,
    この対物レンズで受光された反射光を、前記被写体の要素画像として撮像する撮像素子とを備え、 The reflected light received by the objective lens, and an imaging device that captured as an element image of the object,
    前記対物レンズおよび前記撮像素子を、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置し、 Wherein the objective lens and the imaging element, arranged so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate,
    前記被写体からの物体光を、前記アフォーカル光学系アレーによって、前記被写体の立体画像の奥行きを反転させた反転立体画像として生成し、この反転立体画像を前記ミラー板で反射させることを特徴とする立体画像撮像装置。 The object light from the object, by the afocal optical system array, and generates a reversed stereoscopic image obtained by inverting the depth of the stereoscopic image of the subject, characterized in that to reflect the inverted three-dimensional image in the mirror plate stereoscopic imaging apparatus.
  7. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、前記被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群を、中間立体像として表示する中間立体像表示手段と、この中間立体像表示手段で表示された中間立体像を再撮像する立体画像撮像手段とからなる立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of the subject, the element image group of the subject is input, the element image group, and the intermediate three-dimensional image display means for displaying as an intermediate three-dimensional image, the intermediate three-dimensional image display means in a stereoscopic image pickup apparatus comprising a three-dimensional image pickup means for re-imaging the intermediate stereoscopic image displayed,
    前記中間立体像表示手段は、 The intermediate stereoscopic image display means,
    前記要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying the element images,
    この表示素子に表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed elements image group on the display device,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有する第一ミラー板とを備え、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, and a first mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    前記立体画像撮像手段は、 The stereoscopic imaging means,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有する第二ミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, and a second mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    この第二ミラー板から反射される反射光を受光する対物レンズと、 An objective lens for receiving reflected light reflected from the second mirror plate,
    この対物レンズで受光された反射光を、前記被写体の要素画像として撮像する撮像素子とを備え、 The reflected light received by the objective lens, and an imaging device that captured as an element image of the object,
    前記中間立体像表示手段により表示された中間立体像を、前記立体画像撮像手段の第二ミラー板で反射させて、この反射させた反射光を、前記対物レンズで受光して、前記撮像素子で撮像することを特徴とする立体画像撮像装置。 An intermediate three-dimensional image displayed by the intermediate stereoscopic image display means, the is reflected by the second mirror plate of the stereoscopic image pickup device, the reflected light is the reflected, and received by the objective lens, in the imaging device stereoscopic imaging apparatus characterized by imaging.
  8. 被写体の立体画像を撮像する立体画像撮像装置であって、前記被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群を、中間立体像として表示する中間立体像表示手段と、この中間立体像表示手段で表示された中間立体像を再撮像する立体画像撮像手段とからなる立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic image pickup apparatus for capturing a stereoscopic image of the subject, the element image group of the subject is input, the element image group, and the intermediate three-dimensional image display means for displaying as an intermediate three-dimensional image, the intermediate three-dimensional image display means in a stereoscopic image pickup apparatus comprising a three-dimensional image pickup means for re-imaging the intermediate stereoscopic image displayed,
    前記中間立体像表示手段は、 The intermediate stereoscopic image display means,
    前記要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying the element images,
    この表示素子に表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed elements image group on the display device,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有するミラー板とを備え、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, and a mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    前記立体画像撮像手段は、 The stereoscopic imaging means,
    前記中間立体像表示手段により表示された中間立体像と干渉させる参照光を発生させる参照光源と、 A reference light source for generating a reference beam to interfere with the intermediate three-dimensional image displayed by the intermediate stereoscopic image display means,
    前記中間立体像と前記参照光とが干渉してなる干渉縞を撮像する撮像素子とを備えることを特徴とする立体画像撮像装置。 Stereoscopic imaging apparatus characterized by comprising an imaging device for imaging the interference fringes the intermediate solid image and said reference light formed by interference.
  9. 請求項1から請求項8までのいずれか一項に記載の立体画像撮像装置で取得した被写体の要素画像群に対する要素干渉縞を撮像する立体画像撮像装置であって、 A stereoscopic imaging apparatus for imaging an element interference fringes for the element image group of the subject acquired by the stereoscopic imaging apparatus according to any one of claims 1 to 8,
    前記要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying the element images,
    この表示素子を照明するコヒーレント光を発生させる第一コヒーレント光源と、 A first coherent light source for generating a coherent light illuminating the display element,
    この第一コヒーレント光源で照明された前記表示素子を通過した通過光を集光する集光レンズと、 A condenser lens for the focusing the transmitted light that has passed through the illuminated said display device in a first coherent light source,
    この集光レンズで集光された集光光のみを通過させるマスクと、 A mask for passing only light collecting light condensed by the condenser lens,
    このマスクを通過した集光光と干渉させる参照光として、コヒーレント光を発生させる第二コヒーレント光源と、 As the reference light to interfere with the condensed light which has passed through the mask, and a second coherent light source for generating a coherent light,
    前記集光光と前記参照光とが干渉してなる干渉縞を、前記被写体の要素画像群に対する要素干渉縞として撮像する撮像素子と、 An imaging element and the focusing light and the reference light to interference fringes formed by interference and imaged as elements interference fringe for the element images of the object,
    を備えることを特徴とする立体画像撮像装置。 Stereoscopic imaging apparatus comprising: a.
  10. 被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、 Element images of the subject is input from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the subject,
    前記被写体の要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying an elemental image group of the subject,
    この表示素子で表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed element images in the display device,
    この投射レンズから投射された要素画像群を伝送するフィールドレンズと、 A field lens for transmitting the projected element images from the projection lens,
    放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有し、前記フィールドレンズにより伝送された要素画像群を、前記立体画像として結像させるミラー板と、 Which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micro mirrors in an array, the transmitted element images by the field lens, the stereoscopic a mirror plate for forming an image,
    このミラー板で結像された立体画像を反射させる、放物面の焦点側に鏡面を有する第一および第二放物面ミラーとを備え、 This causes the mirror plate reflects the three-dimensional image that has been imaged, and a first and second parabolic mirror having a mirror surface on the focal point side of the paraboloid,
    前記第一放物面ミラーの焦点側と前記第二放物面ミラーの焦点側とを正対するように配置し、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の焦点の位置と前記第二放物面ミラーの焦点の位置とが同一になるように前記ミラー板を配置すると共に、前記フィールドレンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置して、 A focus side of said second parabolic mirror and the focal point side of the first parabolic mirror directly faces arranged manner, the second and the position of the focal point of the paraboloid as a reference for the tilt of the mirror plate with a parabolic focus of the plane mirror position to place the mirror plate to be the same, the field lens, placed in semi-line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate,
    前記表示素子および前記投射レンズが前記フィールドレンズに合焦するように配置することを特徴とする立体画像表示装置。 Stereoscopic image display apparatus, wherein the display element and the projection lens is arranged so as to focus on the field lens.
  11. 被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、 Element images of the subject is input from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the subject,
    前記被写体の要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying an elemental image group of the subject,
    この表示素子で表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed element images in the display device,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有し、前記投射レンズで投射された要素画像群を、前記立体画像として結像させるミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micro mirrors in an array, a is the element images projected by the projection lens, as the three-dimensional image and a mirror plate for imaging,
    放物面の焦点側に鏡面を有し、前記ミラー板で結像された立体画像を表示する第一および第二放物面ミラーとを備え、 Has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, and a first and second parabolic mirror for displaying stereoscopic images imaged by the mirror plate,
    前記表示素子および前記投射レンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置することを特徴とする立体画像表示装置。 The display element and the projection lens, a stereoscopic image display apparatus characterized by arranging so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate.
  12. 被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、 Element images of the subject is input from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the subject,
    前記被写体の要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying an elemental image group of the subject,
    この表示素子で表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed element images in the display device,
    この投射レンズから投射された要素画像群を伝送するフィールドレンズと、 A field lens for transmitting the projected element images from the projection lens,
    放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有し、前記フィールドレンズにより伝送された要素画像群を、前記立体画像として結像させるミラー板とを備え、 Which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micro mirrors in an array, the transmitted element images by the field lens, the stereoscopic and a mirror plate for forming an image,
    前記フィールドレンズを前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置すると共に、前記表示素子および前記投射レンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置することを特徴とする立体画像表示装置。 If the field lens with arranging the quasi line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate, the display element and the projection lens, the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate stereoscopic image display apparatus characterized by arranged to focus.
  13. 被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、 Element images of the subject is input from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the subject,
    光線を発生させる光源と、 A light source for generating a light beam,
    前記被写体の要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying an elemental image group of the subject,
    放物面の焦点の反対側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有し、前記表示素子で表示された要素画像群を、前記立体画像として結像させるミラー板と、 Which has a mirror surface on the opposite side of the focal point of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micro mirrors in an array, the displayed element images on the display device, the stereoscopic a mirror plate for forming an image,
    前記被写体の要素画像群が前記ミラー板に入射する反射光と同じ向きになるように、前記光源で発生された光線を制御する方向制御レンズとを備え、 As elemental image group of the subject is the same direction as the reflected light incident on the mirror plate, and a direction control lens for controlling light rays generated by said light source,
    前記表示素子を前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線上に配置することを特徴とする立体画像表示装置。 The stereoscopic image display device comprising a display device to place a quasi line in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate.
  14. 被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、 Element images of the subject is input from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the subject,
    前記要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying the element images,
    この表示素子で表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed element images in the display device,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有し、前記投射レンズで投射された要素画像群を、前記立体画像として結像させるミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micro mirrors in an array, a is the element images projected by the projection lens, as the three-dimensional image and a mirror plate for imaging,
    このミラー板で結像された立体画像の奥行きを反転させた反転立体画像を生成する自己集束性スクリーンと、 A self-focusing of the screen to generate an inverted stereoscopic image obtained by inverting the depth of imaging stereoscopic image in this mirror plate,
    この自己集束性スクリーンに前記反転立体画像を反射させるハーフミラーとを備え、 And a half mirror for reflecting the inverted three-dimensional image on the self-converging screen,
    前記表示素子および前記投射レンズを、前記ミラー板の傾きの基準となる放物面の準線に合焦するように配置することを特徴とする立体画像表示装置。 The display element and the projection lens, a stereoscopic image display apparatus characterized by arranging so as to focus on the directrix in relation to the standard paraboloid of tilt of the mirror plate.
  15. 被写体の要素画像群が入力され、この要素画像群から、当該被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、 Element images of the subject is input from the element images, a stereoscopic image display device for displaying a stereoscopic image of the subject,
    前記被写体の要素画像群を表示する表示手段と、 Display means for displaying an elemental image group of the subject,
    この表示素子で表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed element images in the display device,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有し、前記投射レンズで投射された要素画像群を、前記立体画像として結像させるミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, having a plurality of micro mirrors in an array, a is the element images projected by the projection lens, as the three-dimensional image and a mirror plate for imaging,
    このミラー板で結像された立体画像の奥行きを反転させた反転立体画像を生成するアフォーカル光学系アレーとを備え、 And an afocal optical system array to generate an inverted stereoscopic image obtained by inverting the depth of imaging stereoscopic image in this mirror plate,
    前記アフォーカル光学系アレーが複数のアフォーカル光学系をアレー状に配置することを特徴とする立体画像表示装置。 Stereoscopic image display apparatus, characterized in that said afocal optical system array are arranged a plurality of afocal optical systems in an array.
  16. 被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、前記被写体と比較して奥行きの反転した状態で表示された立体像を中間被写体として撮像する中間被写体撮像手段と、この中間被写体撮像手段で撮像された中間被写体の要素画像群を再表示する立体画像表示手段とからなる立体画像表示装置であって、 A stereoscopic image display apparatus that displays a stereoscopic image of a subject, an intermediate object imaging means for imaging a three-dimensional image displayed in the inverted state of the depth as an intermediate object compared with the object, in the intermediate object imaging means a stereoscopic image display apparatus comprising a three-dimensional image display means to redisplay the element images of the imaged intermediate object,
    前記中間被写体撮像手段は、 The intermediate object imaging means,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有する第一ミラー板と、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, a first mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    この第一ミラー板から反射される反射光を受光する対物レンズと、 An objective lens for receiving reflected light reflected from the first mirror plate,
    この対物レンズで受光された反射光を、前記中間被写体の要素画像群として撮像する撮像素子とを備え、 The reflected light received by the objective lens, and an imaging device that captured as an element image group of the intermediate object,
    前記立体画像表示手段は、 It said stereoscopic image display means,
    前記要素画像群を表示する表示素子と、 A display device for displaying the element images,
    この表示素子に表示された要素画像群を投射する投射レンズと、 A projection lens for projecting the displayed elements image group on the display device,
    放物面の焦点側に鏡面を有すると共に、当該放物面の接平面に沿って、複数の微小ミラーをアレー状に有する第二ミラー板とを備え、 Which has a mirror surface on the focal point side of the paraboloid, along a tangent plane of the paraboloid, and a second mirror plate having a plurality of micro mirrors in an array,
    前記中間被写体撮像手段により撮像された中間被写体の要素画像群を、前記立体画像表示手段の表示素子で表示して、この表示された要素画像群を前記投射レンズにより前記第二ミラー板に投射し、投射された要素画像群を前記第二ミラー板で反射することを特徴とする立体画像表示装置。 The element image group of intermediate a subject captured by an intermediate object imaging device, and displayed on the display device of the stereoscopic image display device, and projecting the displayed elements image group to the second mirror plate by the projection lens , the stereoscopic image display apparatus characterized by reflecting the projected element images by the second mirror plate.
  17. 被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を、中間被写体とみなし、この中間被写体と参照光との干渉縞を撮像する中間被写体撮像手段と、この中間被写体撮像手段で撮像された干渉縞に照明光を照射することで、前記中間被写体の立体像を表示する立体画像表示手段とからなる立体画像表示装置であって、 A stereoscopic image display apparatus that displays a stereoscopic image of a subject, the intermediate subject as compared to the subject a stereoscopic image which is not inverted in depth, regarded as an intermediate object, imaging the interference fringes between the intermediate object and reference light imaging means, a this by irradiating illumination light to the interference fringes captured by the intermediate object imaging device, a stereoscopic image display apparatus comprising a three-dimensional image display means for displaying a stereoscopic image of said intermediate object,
    前記中間被写体撮像手段は、 The intermediate object imaging means,
    前記中間被写体と干渉させる参照光を発生させる参照光源と、 A reference light source for generating a reference beam to interfere with said intermediate object,
    この参照光源で発生させた参照光と前記中間被写体とが干渉してなる干渉縞を撮像する撮像素子とを備え、 And an image pickup element with the reference light source reference light generated by said intermediate object to image the interference pattern formed by interference,
    前記立体画像表示手段は、 It said stereoscopic image display means,
    前記中間被写体撮像手段により撮像した干渉縞を表示する表示素子と、 A display device for displaying an interference pattern captured by the intermediate object imaging means,
    この表示素子で表示された干渉縞に照射する照明光を発生させる照明光源とを備えることを特徴とする立体画像表示装置。 Three-dimensional image display device characterized in that it comprises an illumination light source for generating illumination light to be irradiated on interference patterns displayed by the display device.
  18. 被写体の立体画像を表示する立体画像表示装置であって、請求項1から請求項8までのいずれか一項に記載の立体画像撮像装置で取得した、被写体と比較して奥行きの反転していない立体像を生成する要素画像群を、中間要素画像群とみなし、この中間要素画像群に対する中間要素干渉縞を撮像する中間要素干渉縞撮像手段と、この中間要素干渉縞撮像手段で撮像された中間要素干渉縞に照明光を照明することで、前記被写体の立体像を表示する立体画像表示手段とからなる立体画像表示装置であって、 A stereoscopic image display apparatus that displays a stereoscopic image of an object, acquired by the stereoscopic imaging apparatus according to any one of claims 1 to 8, not reversed in depth as compared to the subject an element image group generating a stereoscopic image, it is considered that the intermediate element images, the intermediate element interference fringe imaging means for imaging the intermediate element interference fringes for this intermediate element image group captured by the intermediate element interference fringe imaging means intermediate by illuminating the illumination light to the element interference fringes, a stereoscopic image display apparatus comprising a three-dimensional image display means for displaying a stereoscopic image of the object,
    前記中間要素干渉縞撮像手段は、 It said intermediate element interference fringe imaging means,
    前記中間要素画像群の個々の中間要素画像を表示する表示素子と、 A display device for displaying an individual intermediate element image of the intermediate element image group,
    この表示素子を照明するコヒーレント光を発生させる第一コヒーレント光源と、 A first coherent light source for generating a coherent light illuminating the display element,
    この第一コヒーレント光源で照明された表示素子を通過する通過光を集光する集光レンズと、 A focusing lens for focusing the transmitted light passing through the display element which is illuminated by the first coherent light source,
    この集光レンズで集光された集光光のみを通過させるマスクと、 A mask for passing only light collecting light condensed by the condenser lens,
    このマスクを通過した集光光と干渉させる参照光として、コヒーレント光を発生させる第二コヒーレント光源と、 As the reference light to interfere with the condensed light which has passed through the mask, and a second coherent light source for generating a coherent light,
    前記集光光と前記参照光とが干渉してなる干渉縞を、中間要素干渉縞として撮像する撮像素子とを備え、 The interference fringes and the focusing light and the reference light formed by interference, and an imaging device that captures an intermediate element interference fringes,
    前記立体画像表示手段は、 It said stereoscopic image display means,
    前記中間要素画像群の中間干渉縞群を表示する表示素子と、 A display device for displaying an intermediate interference fringe group of the intermediate element image group,
    この表示素子を照射する照明光を発生させる照明光源と、 An illumination source for generating illumination light for illuminating the display element,
    を備えることを特徴とする立体画像表示装置。 Stereoscopic image display apparatus comprising: a.
JP2006002614A 2006-01-10 2006-01-10 Stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display device Expired - Fee Related JP4603488B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006002614A JP4603488B2 (en) 2006-01-10 2006-01-10 Stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006002614A JP4603488B2 (en) 2006-01-10 2006-01-10 Stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007183486A true JP2007183486A (en) 2007-07-19
JP4603488B2 true JP4603488B2 (en) 2010-12-22

Family

ID=38339638

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006002614A Expired - Fee Related JP4603488B2 (en) 2006-01-10 2006-01-10 Stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic image display device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4603488B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102009012664A1 (en) * 2009-03-13 2010-09-16 T-Mobile International Ag Apparatus for recording, remote transmission and playback images dreidemensionaler
US20130208329A1 (en) * 2011-12-29 2013-08-15 Zazzle.com , Inc. System and method for the efficient recording of large aperture wave fronts of visible and near visible light

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002300609A (en) * 2001-04-03 2002-10-11 Nippon Hoso Kyokai <Nhk> Stereoscopic image pickup device
JP2003075946A (en) * 2001-09-03 2003-03-12 Nippon Hoso Kyokai <Nhk> Stereoscopic image pickup unit
JP2003307800A (en) * 2002-04-16 2003-10-31 Noriji Ooishi Device for photographing and displaying three- dimensional image
JP2005010755A (en) * 2003-05-27 2005-01-13 Nippon Hoso Kyokai <Nhk> Afocal three-dimensional optical apparatus
JP2005010547A (en) * 2003-06-20 2005-01-13 Noriji Ooishi Projecting apparatus and stereoscopic image photographing apparatus inverting perspective
JP2005077962A (en) * 2003-09-03 2005-03-24 Noriji Ooishi Projection device inverting perspectives and stereoscopic photographing device

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4831257B1 (en) * 1969-05-17 1973-09-27
FR2619664B1 (en) * 1987-08-20 1990-01-05 Allio Pierre Method and installation for producing relief images
JP3274802B2 (en) * 1996-03-12 2002-04-15 シャープ株式会社 Three-dimensional image projection apparatus
JP3836550B2 (en) * 1996-11-19 2006-10-25 日本放送協会 Stereoscopic imaging apparatus and a stereoscopic display device

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002300609A (en) * 2001-04-03 2002-10-11 Nippon Hoso Kyokai <Nhk> Stereoscopic image pickup device
JP2003075946A (en) * 2001-09-03 2003-03-12 Nippon Hoso Kyokai <Nhk> Stereoscopic image pickup unit
JP2003307800A (en) * 2002-04-16 2003-10-31 Noriji Ooishi Device for photographing and displaying three- dimensional image
JP2005010755A (en) * 2003-05-27 2005-01-13 Nippon Hoso Kyokai <Nhk> Afocal three-dimensional optical apparatus
JP2005010547A (en) * 2003-06-20 2005-01-13 Noriji Ooishi Projecting apparatus and stereoscopic image photographing apparatus inverting perspective
JP2005077962A (en) * 2003-09-03 2005-03-24 Noriji Ooishi Projection device inverting perspectives and stereoscopic photographing device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2007183486A (en) 2007-07-19 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4283124A (en) Eye fundus camera
US20080278572A1 (en) Aperture system with spatially-biased aperture shapes and positions (SBPSP) for static and dynamic 3-D defocusing-based imaging
US7136031B2 (en) Reflecting three-dimensional display system
US6124924A (en) Focus error correction method and apparatus
US6813440B1 (en) Body scanner
US20120026311A1 (en) Structured illumination microscope apparatus and an image forming apparatus
US20090262182A1 (en) Three-dimensional imaging apparatus
US7261417B2 (en) Three-dimensional integral imaging and display system using variable focal length lens
JP2007199572A (en) Microscope
US6341035B1 (en) Confocal microscope
JP2009011381A (en) Scanning laser ophthalmoscope and wide angle lens attachment for scanning laser ophthalmoscope
JP2008116616A (en) Focus detecting device and imaging apparatus
US6233035B1 (en) Image recording apparatus and image reproducing apparatus
WO1998013720A1 (en) Method and apparatus for optical scanning
JP2009244429A (en) Imaging apparatus
CN1742294A (en) Methods and apparatus for making images including depth information
US20100067103A1 (en) Microscope device
JP2007536982A (en) Imaging devices all direction and forward
US4039245A (en) Method for preparing a hologram
JP2010091991A (en) Imaging apparatus, control method and program therefor
JP2006072279A (en) Method and device for forming optical pattern, and optical tweezers device
Micó et al. Surpassing digital holography limits by lensless object scanning holography
JP2005164815A (en) Optical device
JP2006105835A (en) Shape measuring method and device
JP2003075946A (en) Stereoscopic image pickup unit

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080606

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100902

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100907

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101001

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131008

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141008

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees