JP4600738B2 - 自動車の前部構造 - Google Patents

自動車の前部構造 Download PDF

Info

Publication number
JP4600738B2
JP4600738B2 JP2004270137A JP2004270137A JP4600738B2 JP 4600738 B2 JP4600738 B2 JP 4600738B2 JP 2004270137 A JP2004270137 A JP 2004270137A JP 2004270137 A JP2004270137 A JP 2004270137A JP 4600738 B2 JP4600738 B2 JP 4600738B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bumper reinforcement
wall
width direction
vehicle width
front bumper
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004270137A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006082721A (ja
Inventor
隆行 中前
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mazda Motor Corp
Original Assignee
Mazda Motor Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mazda Motor Corp filed Critical Mazda Motor Corp
Priority to JP2004270137A priority Critical patent/JP4600738B2/ja
Publication of JP2006082721A publication Critical patent/JP2006082721A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4600738B2 publication Critical patent/JP4600738B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、自動車の前部構造に関するものであり、詳細には、フロントバンパーレインフォースメントを含む自動車の前部構造に関するものである。
自動車の前部構造では、車体前方の両側部に車体前後方向に延びるように配置されているフロントサイトフレームの前端を、フロントバンパーレインフォースメントで連結した構造が一般的である(例えば、特許文献1参照)。
特開2002−331889号公報
車体前部には、エンジン冷却用のラジエタが配置されているため、車体の前端部には、ラジエタに外気を導く開口部(走行風導入口)が形成されている。この開口部は、ラジエタを十分に冷却するため、所定の面積を確保する必要がある。
しかしながら、この開口部が形成される位置には、フロントバンパーレインフォースメントが車幅方向に横断して配置されているので、開口部はフロントバンパーレインフォースメントと干渉して、その面積が制限される。
そして、フロントバンパーレインフォースメントの上方側で、インタークーラーとの干渉、デザイン上の制約等により、開口部として利用できる領域が制約されることがある。
このような場合には、フロントバンパーレインフォースメントの下方側で広い開口部を確保する必要があるが、フロントバンパーレインフォースメントの下方側では、路面との干渉を考慮しなければならないので、他の部分で確保できなかった分の面積をかせぐために開口部を広くとることが難しい。
この結果、ラジエタ用の開口部の面積を確保するため、車両の構造、デザイン等が制約を受けることがあった。
本発明はこのような問題に対処するためになされたものであり、十分な面積の開口部を形成することができる自動車の前部構造を提供することを目的とする。
本発明によれば、
車体前部の左右に取付けられたフロントサイドフレームと、
車幅方向の両端部が該フロントサイドフレームの前端部分と連結されて車幅方向に延び、上壁、下壁、前壁を備え車体後方に向かって開口したコ字状断面形状を有するフロントバンパーレインフォースメントとを備え、
前記フロントバンパーレインフォースメントは、車幅方向中央に、前記両端部より上下方向の幅が狭く形成され、且つ、前記両端部より上方にオフセットして配置されている幅狭部を備え、
前記両端部と前記幅狭部との間に、上下方向の幅が直線的に狭くなって下壁の車幅方向の傾斜が上壁の車幅方向の傾斜より大きい移行部が設けられ、
前記各移行部内に、車両前後方向に延びる板状部を備えた節部材が、前記上壁および下壁に接合されている、
前記節部材が、前記フロントバンパーレインフォースメントの長手方向に延びる延長部を備え、該延長部に、牽引フックの取付け部材が形成されている、
ことを特徴とする自動車の前部構造が提供される。
このような構成によれば、端部から幅狭部への移行部の傾斜は、フロントバンパーレインフォースメントの下面側の方が上面側より大きくなる。
この傾斜が上面側と下面側で等しいと、フロントバンパーレインフォースメントに正面からかかった荷重(衝撃)によって、フロントバンパーレインフォースメントの両端に接続されているフロントサイドフレームが上方に向かって押し上げられ、フロントサイドフレームを軸圧縮させて衝撃を吸収させることができなくなる。
しかしながら、本発明のように端部から幅狭部への移行部の傾斜が、フロントバンパーレインフォースメントの下面側の方が上面側より大きな構成であると、フロントバンパーレインフォースメントに正面からかかった荷重(衝撃)によって、フロントバンパーレインフォースメントの両端に接続されているフロントサイドフレームが上方に向かって押し上げられにくくなり、この結果、フロントサイドフレームを軸圧縮させて衝撃を吸収させることができる。
又、本発明のように、傾斜が下面側の方が上面側より大きな移行部によって、端部が幅狭部に接続されている構成では、中央部の幅が狭くなったことによる剛性の低下が抑制される。
従って、本発明の構成によれば、正面衝突時のフロントサイドフレームの上方への押し上げと、フロントバンパーレインフォースメントの剛性低下を抑制しつつ、必要な開口面積を確保することができる。
このような構成によれば、節部材を牽引フックの取付け部として利用できるので、部品点数が削減され、軽量化、コスト低減が達成される。
本発明の他の好ましい態様によれば、前記移行部内で、車両前後方向に延びる板状部を備えた節部材が、前記上壁および下壁に接合されている。
このような構成によれば、衝突時等による荷重が加わったときに変形し易い移行部の変形が抑制される。
なお、節部材は、移行部の幅狭部側の端付近に配置されるのが好ましい。
本発明の他の好ましい態様によれば、前記フロントバンパーレインフォースメントの車幅方向両端の開口部を閉鎖する蓋部材が、前記上壁、下壁および前壁に接合されることによって前記フロントバンパーレインフォースメントに取付けられている。
このような構成によれば、蓋部材によってフロントバンパーレインフォースメントの両端の剛性が向上するので、オフセット衝突時の強度が確保される。
本発明の他の好ましい態様によれば、前記フロントバンパーレインフォースメントの車幅方向中央の幅狭部内に、車幅方向に延びる板体である本体と、この本体の両端から車体前方に延びる縦板とを備える水平断面がコ字状の補強部材が配置され、前記本体と前記縦板との上端および下端に設けられたフランジが前記上壁および下壁に接合されることによって前記フロントバンパーレインフォースメントに取付けられている。
このような構成によれば、補強部材によって、幅狭部の中央に閉断面構造が形成されるので、剛性が最も低くなるこの部分の補強が図れる。
本発明の他の好ましい態様によれば、前記フロントバンパーレインフォースメントの前壁は、下方部分が上方部分より前方に突出している。
このような構成によれば、正面衝突の場合に下方部分に先に荷重が入力され易くなる。したがって、荷重入力点が下方、すなわち、フロントサイドフレームの高さに近い高さ位置となるので、正面衝突時に、フロントサイドフレームが上方に持ち上げられにくくなり、フロントサイドフレームを軸圧縮させて衝撃を吸収し易くなる。
本発明の他の好ましい態様によれば、前記フロントバンパーレインフォースメントは、上壁が車体前方に向かって下方に傾斜し、且つ、下壁が車体前方に向かって上方に傾斜しており、前記上壁の傾斜の角度が、下壁の傾斜の角度より大きく設定されている。
このような構成によれば、フロントバンパーレインフォースメントの上壁の傾斜がきつくなるので、正面衝突時に、フロントサイドフレームが上方に持ち上げられにくくなり、フロントサイドフレームを軸圧縮させて衝撃を吸収し易くなる。
本発明の他の好ましい態様によれば、前記フロントバンパーレインフォースメントの幅狭部の前方に、バンパーフェースに設けられた走行風導入開口が配置される。
このような構成によれば、走行風導入口から導入された走行風が、フロントバンパーレインフォースメントとの干渉が小さい状態でラジエタに導かれる。
このような構成によれば、車体前部に十分な面積の開口部を形成することができる自動車の前部構造が提供される。
以下、添付図面を参照して、本発明の好ましい実施形態の自動車の前部構造を詳細に説明する。図1は、本発明の好ましい実施形態の自動車の前部構造1を斜め前方上方から見た分解斜視図である。
図1に示されているように、前部構造1は、車体前部に取付けられ車体前後方向に延びる左右一対のフロントサイドフレーム2、2と、左右のフロントサイドフレーム2、2の前端を連結するフロントバンパーレインフォースメント4と、左右のフロントサイドフレーム2、2の前端部間に取付けられるラジエターシュラウド6とを備えている。
フロントバンパーレインフォースメント4は、ラジエターシュラウド6の上下方向の中央よりやや下方の位置で、ラジエターシュラウド6の前方を横切るように配置される。従って、フロントバンパーレインフォースメント4は、ラジエターシュラウド6内に取付けられるラジエタ(図示せず)と車両前後方向に重なり、これに干渉することになる。又、フロントバンパーレインフォースメント4の前方側には、バンパーフェースが取付けられる。
フロントバンパーレインフォースメント4は、車幅方向に延びるレイン本体部8が左右両端に取付けられたブラケット部材10を介して、左右のフロントサイドフレーム2の前端を連結するように取付けられる。
レイン本体部8は、上壁12、下壁14、前壁16を有するコ字の縦断面形状を有し、開口部分が車体後方を向くように配置されている。また、レイン本体8の車幅方向両端は開放している。
フロントバンパーレインフォースメント4の一端側部分の正面図である図2から明らかなように、レイン本体部8は、車幅方向両端に配置されブラケット部材10が連結される端部18、18と、両方の端部18、18間に延びる車幅方向中央の中央部20とを備えている。中央部20は、端部18より上下方向の幅(高さ)が狭く形成された幅狭部20となっている。
また、フロントバンパーレインフォースメント4の一端側部分の平面図である図3から明らかなように、幅狭部20は、両方の端部18、18間で、車体前方に向かって凸状に湾曲する形状を有している。
さらに、図2から明らかなように、幅狭部20は、両方の端部18、18より上方にオフセットして配置されている。端部18と幅狭部20とは、端部18から幅狭部20に向かって直線的に上下方向の幅が狭くなっていく移行部22が設けられている。移行部22における上壁12および下壁14の車幅方向の傾斜は、下壁12の傾斜の方が大きくなっている。
図2および図3に示されているように、レイン本体8の移行部22には、節部材24が取付けられている。節部材24は、図4に示されているように、車両前後方向に延びる板体である節板26と、この節板26の前端から車幅方向外方に折れ曲がって延びる横板28を備えている。本実施形態では、節板26は、移行部22と幅狭部20の境界より僅かに移行部22側に配置されている。また、節板26および横板28の高さは、レイン本体8の上下方向の幅(高さ)と略等しくされている。
節板26の上端および下端には、車幅方向外方に向かって延びるフランジ30、32が設けられている。また、横板28の上端および下端にも、車体後方に向かって延びるフランジ34、36が設けられている。
節部材24は、節板26の上方のフランジ30と、横板28の上方のフランジ34を、レイン本体8の上壁12の裏面(下面)に接合し、節板26の下方のフランジ32と、横板28の下方のフランジ36を、レイン本体8の下壁14の裏面(上面)に接合することによって、レイン本体8内に取付けられている。
図2および図3は、レイン本体8の一端(向かって左端)側のみを示すが、他端(右端)側も対称的な構成の節部材が取付けられている。
本実施形態では、図示されている左側の節部材24の横板28には、牽引フックが取付けられるフック取付け部材38が固定されている。フック取付け部材38は、円柱状の部材であり、横板28に取付けられた一端から、車体前方に延び、他端側がレイン本体8に前壁16に形成された開口40から突出する。
幅狭部20の車幅方向中央には、水平断面がコ字状の補強部材42が、開口部が車体前方に向かうように配置されている。補強部材42は、図5に示されているように、車幅方向に延びる板体である本体44と、この本体44の前端から車体前方に延びる縦板46、46を備えている。本体44には軽量化のために複数の孔48が形成されている。本体44と縦板46の高さは、レイン本体8の上下方向の幅(高さ)と略等しくされている。
本体44の上端および下端には、車体後方に向かって延びるフランジ50、52が設けられている。また、縦板46の上端および下端にも、車幅方向外方に向かって延びるフランジ54、56が設けられている。
補強部材42は、本体44の上方のフランジ50と縦板46の上方のフランジ54を、レイン本体8の上壁12の裏面(下面)にスポット溶接で接合し、本体44の下方のフランジ52と縦板46の下方のフランジ56を、レイン本体8の下壁14の裏面(上面)にスポット溶接で接合することによって、レイン本体8内に取付けられている。
図2および図3のVI−VI線に沿った断面図である図6に示されているように、レイン本体8の幅狭部20は、レイン本体8の前壁14の下方部分58が上方部分60より前方に突出している。
さらに、レイン本体8の幅狭部20は、上壁12が車体前方(前壁14)に向かって下方に傾斜し、且つ、下壁14が車体前方(前壁14)に向かって上方に傾斜しており、前方に向かって先細りする縦断面形状を有している。そして、上壁12の傾斜角(α)が、下壁14の傾斜角(β)より大きく設定されている。
フロントバンパーレインフォースメント4は、レイン本体8の車幅方向両端の開口部にを閉鎖する蓋部材62を更に備えている。蓋部材62は、図7に示されているように、レイン本体8の車幅方向両端の開口部に対応した形状を有する蓋本体64と、蓋本体64の上縁、前縁、下縁のそれぞれから車幅方向内方に延びるフランジ66、68、70とを備えている。
蓋部材62は、蓋本体64がレイン本体8の端部の開口部を覆い、各フランジ66、68、70が、レイン本体8bの上壁、前壁および下壁の内面にスポット溶接で接合されることによってフロントバンパーレインフォースメントに取付けられている。
フロントバンパーレインフォースメント4の前方に、図8に想像線(一点鎖線)で示すようにバンパーフェース72が取付けられる。このバンパーフェース72の中央に形成されラジエタグリル(図示せず)が取付けられる走行風導入口74は、フロントバンパーレインフォースメント4の幅狭部20の前方に位置している。この結果、走行風導入口74から導入された走行風は、フロントバンパーレインフォースメント4との干渉が少ない状態でラジエタに導かれる。
本発明は上記実施形態に限定されることなく、特許請求の範囲に記載された技術事項の範囲内で種々の変更又は変形が可能である。
本発明の好ましい実施形態の自動車の前部構造を斜め前方上方から見た分解斜視図である。 フロントバンパーレインフォースメントの一端側部分の正面図である。 フロントバンパーレインフォースメントの一端側部分の平面図である。 レイン本体内に取付けられる節部材の斜視図である。 レイン本体内に取付けられる補強部材の斜視図である。 図2および図3のVI−VI線に沿った断面図である。 レイン本体に取付けられる蓋部材の斜視図である。 フロントバンパーレインフォースメントの幅狭部とバンパーフェースの走行風導入口との関係を示す部分的な正面図である。
符号の説明
1:前部構造
2:フロントサイドフレーム
4:フロントバンパーレインフォースメント
6:ラジエターシュラウド
8:レイン本体
10:ブラケット部材
12:上壁
14:下壁
16:前壁
18:端部
20:幅狭部(中央部)
22:移行部
24:節部材
38:フック取付け部材
42:補強部材

Claims (6)

  1. 車体前部の左右に取付けられたフロントサイドフレームと、
    車幅方向の両端部が該フロントサイドフレームの前端部分と連結されて車幅方向に延び、上壁、下壁、前壁を備え車体後方に向かって開口したコ字状断面形状を有するフロントバンパーレインフォースメントとを備え、
    前記フロントバンパーレインフォースメントは、車幅方向中央に、前記両端部より上下方向の幅が狭く形成され、且つ、前記両端部より上方にオフセットして配置されている幅狭部を備え、
    前記両端部と前記幅狭部との間に、上下方向の幅が直線的に狭くなって下壁の車幅方向の傾斜が上壁の車幅方向の傾斜より大きい移行部が設けられ、
    前記各移行部内に、車両前後方向に延びる板状部を備えた節部材が、前記上壁および下壁に接合されている、
    前記節部材が、前記フロントバンパーレインフォースメントの長手方向に延びる延長部を備え、該延長部に、牽引フックの取付け部材が形成されている、
    ことを特徴とする自動車の前部構造。
  2. 前記フロントバンパーレインフォースメントの車幅方向両端の開口部を閉鎖する蓋部材が、前記上壁、下壁および前壁に接合されることによって前記フロントバンパーレインフォースメントに取付けられている、
    請求項1に記載の自動車の前部構造。
  3. 前記フロントバンパーレインフォースメントの車幅方向中央の幅狭部内に、車幅方向に延びる板体である本体と、この本体の両端から車体前方に延びる縦板とを備える水平断面がコ字状の補強部材が配置され、前記本体と前記縦板との上端および下端に設けられたフランジが前記上壁および下壁に接合されることによって前記フロントバンパーレインフォースメントに取付けられている、
    請求項1又は2に記載の自動車の前部構造。
  4. 前記フロントバンパーレインフォースメントの前壁は、下方部分が上方部分より前方に突出している、
    請求項1ないしのいずれか1項に記載の自動車の前部構造。
  5. 前記フロントバンパーレインフォースメントは、上壁が車体前方に向かって下方に傾斜し、且つ、下壁が車体前方に向かって上方に傾斜しており、
    前記上壁の傾斜の角度が、下壁の傾斜の角度より大きく設定されている、
    請求項1ないしのいずれか1項に記載の自動車の前部構造。
  6. 前記フロントバンパーレインフォースメントの幅狭部の前方に、バンパーフェースに設けられた走行風導入開口が配置される、
    請求項1ないしのいずれか1項に記載の自動車の前部構造。
JP2004270137A 2004-09-16 2004-09-16 自動車の前部構造 Expired - Fee Related JP4600738B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004270137A JP4600738B2 (ja) 2004-09-16 2004-09-16 自動車の前部構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004270137A JP4600738B2 (ja) 2004-09-16 2004-09-16 自動車の前部構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006082721A JP2006082721A (ja) 2006-03-30
JP4600738B2 true JP4600738B2 (ja) 2010-12-15

Family

ID=36161568

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004270137A Expired - Fee Related JP4600738B2 (ja) 2004-09-16 2004-09-16 自動車の前部構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4600738B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
SE530226C2 (sv) * 2006-08-15 2008-04-01 Gestamp Hardtech Ab Stötfångarbalk för fordon
JP2020117159A (ja) * 2019-01-25 2020-08-06 トヨタ自動車株式会社 車両構造

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01168544A (en) * 1987-12-23 1989-07-04 Suzuki Motor Co Ltd Bumper for automobile
JPH0597007A (ja) * 1991-10-09 1993-04-20 Japan Steel Works Ltd:The 閉断面バンパーレインフオースメントの構造
JPH0586720U (ja) * 1992-04-30 1993-11-22 いすゞ自動車株式会社 エア−ガイドの取付構造
JPH107006A (ja) * 1996-06-21 1998-01-13 Suzuki Motor Corp 車両前部の車体構造
JPH11342811A (ja) * 1998-06-01 1999-12-14 Daihatsu Motor Co Ltd 自動車の前部車体構造
JP2001171560A (ja) * 1999-12-15 2001-06-26 Fuji Heavy Ind Ltd 車両用牽引フックの取付構造
JP2002067840A (ja) * 2000-09-05 2002-03-08 Toyota Auto Body Co Ltd バンパリインフォースメント構造
JP2002144988A (ja) * 2000-11-13 2002-05-22 Fuji Heavy Ind Ltd 自動車用バンパ構造
JP2003112657A (ja) * 2001-10-03 2003-04-15 Mitsubishi Automob Eng Co Ltd 車体骨格構造
JP2003170862A (ja) * 2001-12-05 2003-06-17 Nissan Motor Co Ltd 車体前部構造

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01168544A (en) * 1987-12-23 1989-07-04 Suzuki Motor Co Ltd Bumper for automobile
JPH0597007A (ja) * 1991-10-09 1993-04-20 Japan Steel Works Ltd:The 閉断面バンパーレインフオースメントの構造
JPH0586720U (ja) * 1992-04-30 1993-11-22 いすゞ自動車株式会社 エア−ガイドの取付構造
JPH107006A (ja) * 1996-06-21 1998-01-13 Suzuki Motor Corp 車両前部の車体構造
JPH11342811A (ja) * 1998-06-01 1999-12-14 Daihatsu Motor Co Ltd 自動車の前部車体構造
JP2001171560A (ja) * 1999-12-15 2001-06-26 Fuji Heavy Ind Ltd 車両用牽引フックの取付構造
JP2002067840A (ja) * 2000-09-05 2002-03-08 Toyota Auto Body Co Ltd バンパリインフォースメント構造
JP2002144988A (ja) * 2000-11-13 2002-05-22 Fuji Heavy Ind Ltd 自動車用バンパ構造
JP2003112657A (ja) * 2001-10-03 2003-04-15 Mitsubishi Automob Eng Co Ltd 車体骨格構造
JP2003170862A (ja) * 2001-12-05 2003-06-17 Nissan Motor Co Ltd 車体前部構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006082721A (ja) 2006-03-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7950705B2 (en) Underrun protector mounting structure of vehicle
JP5352682B2 (ja) 車体フロア構造
JP6881404B2 (ja) 下部車体構造
JP2563632Y2 (ja) 自動車の前部車体構造
US8020925B2 (en) Front structure of cab-over type vehicle
JP4919144B2 (ja) 車両の乗降用ステップ取付構造
WO2005115821A1 (ja) 自動車の前部車体構造
CN110040186B (zh) 下部车身结构
EP2058212B1 (en) Vehicle equipped with passenger frame having small height from ground
JP4026522B2 (ja) 車体前部構造
JP2921183B2 (ja) 自動車の前部車体構造
JP4600738B2 (ja) 自動車の前部構造
JP3765244B2 (ja) 自動車の車体後部構造
KR100831470B1 (ko) 차량용 프론트 서브 프레임
JP4092712B1 (ja) 車両の前部構造
JP2018122725A (ja) 自動車の駆動用バッテリ保護構造
JP4894613B2 (ja) 車両のバンパー取付構造
JP2017144955A (ja) 車体構造
JP6221164B2 (ja) 車体構造
JP6024429B2 (ja) 自動車の脚払い構造
JP4026190B2 (ja) 車両の下部車体構造
JP3482916B2 (ja) 車体構造
US10046633B2 (en) Vehicle rear portion structure
JP4186125B2 (ja) 車両の前部構造
CN209757267U (zh) 空气室结构、空气室总成和车辆

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070510

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091111

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091126

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100122

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100422

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100618

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100902

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100915

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131008

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4600738

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees