JP4574613B2 - フローリングシステム及び設置方法 - Google Patents

フローリングシステム及び設置方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4574613B2
JP4574613B2 JP2006507948A JP2006507948A JP4574613B2 JP 4574613 B2 JP4574613 B2 JP 4574613B2 JP 2006507948 A JP2006507948 A JP 2006507948A JP 2006507948 A JP2006507948 A JP 2006507948A JP 4574613 B2 JP4574613 B2 JP 4574613B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floorboard
locking
connecting means
long side
short side
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006507948A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006519948A (ja
Inventor
ダルコ、ペルバン
Original Assignee
ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグVaelinge Innovation Ab
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to SE0300626A priority Critical patent/SE524915C2/xx
Priority to SE0302865A priority patent/SE526157C2/sv
Application filed by ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグVaelinge Innovation Ab filed Critical ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグVaelinge Innovation Ab
Priority to PCT/SE2004/000327 priority patent/WO2004079130A1/en
Publication of JP2006519948A publication Critical patent/JP2006519948A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4574613B2 publication Critical patent/JP4574613B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B27WORKING OR PRESERVING WOOD OR SIMILAR MATERIAL; NAILING OR STAPLING MACHINES IN GENERAL
    • B27MWORKING OF WOOD NOT PROVIDED FOR IN SUBCLASSES B27B - B27L; MANUFACTURE OF SPECIFIC WOODEN ARTICLES
    • B27M3/00Manufacture or reconditioning of specific semi-finished or finished articles
    • B27M3/04Manufacture or reconditioning of specific semi-finished or finished articles of flooring elements, e.g. parqueting blocks
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47GHOUSEHOLD OR TABLE EQUIPMENT
    • A47G27/00Floor fabrics; Fastenings therefor
    • A47G27/02Carpets; Stair runners; Bedside rugs; Foot mats
    • A47G27/0293Mat modules for interlocking engagement
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B27WORKING OR PRESERVING WOOD OR SIMILAR MATERIAL; NAILING OR STAPLING MACHINES IN GENERAL
    • B27FDOVETAILED WORK; TENONS; SLOTTING MACHINES FOR WOOD OR SIMILAR MATERIAL; NAILING OR STAPLING MACHINES
    • B27F1/00Dovetailed work; Tenons; Making tongues or grooves; Groove- and- tongue jointed work; Finger- joints
    • B27F1/02Making tongues or grooves, of indefinite length
    • B27F1/04Making tongues or grooves, of indefinite length along only one edge of a board
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B27WORKING OR PRESERVING WOOD OR SIMILAR MATERIAL; NAILING OR STAPLING MACHINES IN GENERAL
    • B27FDOVETAILED WORK; TENONS; SLOTTING MACHINES FOR WOOD OR SIMILAR MATERIAL; NAILING OR STAPLING MACHINES
    • B27F1/00Dovetailed work; Tenons; Making tongues or grooves; Groove- and- tongue jointed work; Finger- joints
    • B27F1/02Making tongues or grooves, of indefinite length
    • B27F1/06Making tongues or grooves, of indefinite length simultaneously along opposite edges of a board
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B27WORKING OR PRESERVING WOOD OR SIMILAR MATERIAL; NAILING OR STAPLING MACHINES IN GENERAL
    • B27MWORKING OF WOOD NOT PROVIDED FOR IN SUBCLASSES B27B - B27L; MANUFACTURE OF SPECIFIC WOODEN ARTICLES
    • B27M3/00Manufacture or reconditioning of specific semi-finished or finished articles
    • B27M3/08Manufacture or reconditioning of specific semi-finished or finished articles of specially shaped wood laths or strips
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B32LAYERED PRODUCTS
    • B32BLAYERED PRODUCTS, i.e. PRODUCTS BUILT-UP OF STRATA OF FLAT OR NON-FLAT, e.g. CELLULAR OR HONEYCOMB, FORM
    • B32B21/00Layered products comprising a layer of wood, e.g. wood board, veneer, wood particle board
    • B32B21/10Next to a fibrous or filamentary layer
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F15/00Flooring
    • E04F15/02Flooring or floor layers composed of a number of similar elements
    • E04F15/02038Flooring or floor layers composed of a number of similar elements characterised by tongue and groove connections between neighbouring flooring elements
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/01Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship
    • E04F2201/0153Joining sheets, plates or panels with edges in abutting relationship by rotating the sheets, plates or panels around an axis which is parallel to the abutting edges, possibly combined with a sliding movement
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/02Non-undercut connections, e.g. tongue and groove connections
    • E04F2201/023Non-undercut connections, e.g. tongue and groove connections with a continuous tongue or groove
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/02Non-undercut connections, e.g. tongue and groove connections
    • E04F2201/026Non-undercut connections, e.g. tongue and groove connections with rabbets, e.g. being stepped
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/04Other details of tongues or grooves
    • E04F2201/044Other details of tongues or grooves with tongues or grooves comprising elements which are not manufactured in one piece with the sheets, plates or panels but which are permanently fixedly connected to the sheets, plates or panels, e.g. at the factory
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04FFINISHING WORK ON BUILDINGS, e.g. STAIRS, FLOORS
    • E04F2201/00Joining sheets or plates or panels
    • E04F2201/05Separate connectors or inserts, e.g. pegs, pins, keys or strips
    • E04F2201/0517U- or C-shaped brackets and clamps

Description

本発明は、全体として、フロアボード用係止システムの技術分野に関する。本発明は、一方では、様々なパターンで機械的に接合できるフロアボード用係止システムに関し、他方では、このような係止システムを備えたフロアボード並びに設置方法に関する。更に詳細には、本発明は、とりわけ、主としてフローティングフロアの敷設を進んだパターンで行うことができる係止システムに関する。

本発明は、重厚感のある木製フロア、寄木フロア、高圧積層体でできた表面層や直接積層体を持つ積層体フロア等の木製フローティングフロアや積層体フロアで使用するのに特に適している。積層体フロアは、メラミン含浸紙を含む、加熱しながら圧力を加えることにより圧縮した表面を有する。

従来技術、周知のシステムの問題点、並びに本発明の特徴についての以下の説明は、主に本適用分野についての非限定的例である。しかしながら、本発明は、機械的接合システムによって様々なパターンで接合されるようになったフロアボードで使用できるということを協調しておかなければならない。かくして、本発明は、プラスチック、リノリウム、コルク、又はニードルフェルト製の表面、又はワニス仕上げを施したファイバボード表面等を持つフロアに適用できる。

本明細書中下文において、設置したフロアボードの目に見える表面を「前側」と呼ぶのに対し、下張り床に面するフロアボードの反対側を「後側」と呼ぶ。「水平方向平面」は、表面層の外部分と平行に延びる平面に関する。互いに接合された二つのフロアボードの二つの隣接した接合縁の直接隣接した上部分が、水平方向平面に対して垂直な「垂直方向平面」を画成する。

前側と後側との間のフロアボードの縁部のところにあるフロアボードの外部分を「接合縁」と呼ぶ。概して、接合縁は幾つかの「接合面」を有し、これらの接合面は、垂直であっても、水平であっても、角度をなしていても、丸味を備えていても、面取りが施してあってもよい。これらの接合面は、様々な材料、例えば積層体、ファイバボード、木材、プラスチック、金属(特にアルミニウム)、又はシーリング材料で形成できる。「接合縁部分」は、フロアボードの接合縁及び接合縁と近接したフロアボード部分に関する。「接合」、「接合システム」、又は「係止システム」は、フロアボードを垂直方向及び/又は水平方向で相互連結する協働連結手段を意味する。「機械式接合システム」は、接着剤を用いないで接合を行うことができるということを意味する。機械式接合システムは、多くの場合、接着剤で接合してもよい。「垂直方向係止」は、垂直方向平面に対して平行な係止を意味し、「水平方向係止」は、水平方向平面に対して平行な係止を意味する。「溝側」という用語は、水平方向係止体の部分が、面が後側に対して開放した係止溝を含む、フロアボードの側部を意味する。「係止側」という用語は、水平方向係止体の部分が、係止溝と協働する係止エレメントを含む、フロアボードの側部を意味する。「係止角度」という用語は、水平方向平面に対する係止面の角度を意味する。係止面が湾曲している場合には、係止角度は、曲線に対する最も大きい角度の接線である。

従来の積層体フロア及び寄木フロアは、通常、フローティング状態で、即ち接着剤を用いないで現存の下張り床に設置される。下張り床は、完全に滑らかであったり平らであったりする必要はない。この種のフローティングフロアは、通常、接着剤を用いたさねはぎ(即ち、一方のフロアボードにタングが設けられており且つ隣接したフロアボードにタング溝が設けられた接合部)によって長側部及び短側部で接合される。敷設にあたっては、ボードを互いに水平方向で合わせ、一方のボードの接合縁に沿った突出タングを隣接したボードの接合縁に沿ったタング溝に挿入する。同じ方法を長側部並びに短側部で使用し、ボードは、通常、長側部を長側部に当て且つ短側部を短側部に当てた平行な列をなして敷設される。

接着剤を用いたタング/タング溝接合によって接合されたこのような従来のフロアに加え、接着剤を使用することを必要としない代わりにいわゆる機械式接合システムによって機械的に接合されるフロアボードが開発された。これらのシステムは、ボードを水平方向及び垂直方向で係止する係止手段を含む。機械式接合システムは、ボードのコアを機械加工することによって形成できる。別の態様では、係止システムの部分を別の材料で形成し、これをフロアボードと一体化してもよい。即ち、工場でのフロアボードの製造と関連してフロアボードに予め接合できる。フロアボードは、傾け、スナップ嵌め、及び係止位置で接合縁に沿って挿入することの様々な組み合わせによって接合され、即ち相互連結され、又は互いに係止される。

機械式接合システムを持つフローティングフロアの主な利点は、これらを内方への傾け及びスナップ嵌めの様々な組み合わせによって迅速に且つ容易に敷設できるということである。更に、取り外して別の場所で再使用するのが容易である。

接着剤によって接合されるようになっている現存の全ての機械式接合システム及びフロアは、フロアボードをこれらのボードの表面平面に亘って係止する垂直方向係止手段を有する。垂直方向係止手段はタングを含み、タングは隣接したフロアボードの溝に入る。かくして、ボードは、溝を溝に当てて、又はタングをタングに当てて接合することはできない。更に、水平方向係止システムは、概して、一方の側に係止エレメントを有し、この係止エレメントが他方の側の係止溝と協働する。かくして、ボードは、係止エレメントを係止エレメントに当てて、又は係止溝を係止溝に当てて接合することはできない。このことは、敷設が、実際には、平行な列に限定されているということを意味する。かくして、この技術を使用して従来の寄木パターンを敷設することはできない。従来の寄木パターンでは、ボードは、長側部を短側部に当てて「杉綾パターン」で、又は菱形パターンの様々な形態で接合される。フロアボードを従来の寄木部分と対応するフォーマットで、及び鏡像対称の接合システムを持つA設計及びB設計で製造できるということは周知であり、このようなフロアボードは、傾け及びスナップ嵌めの様々な組み合わせによって杉綾パターンで機械的に接合できる(ベーリンゲアルミニウムAB/ベーリンゲイノベーションABが所有するWO 03/025307を参照されたい)ということは周知である。このようなフロアボードは、接合システムが適当な方法で設計されている場合には、平行な列をなして接合することもできる。これは、同じ種類のフロアボードで様々なパターンを提供できるため、有利である。

例えば長側部の傾け及び短側部のスナップ嵌めによるフロアボードの設置は、特にフロアが多くの小さなフロアボードで形成される場合に時間がかかる。

フロアボードを、長側部の傾けだけで、特に杉綾パターン及び他のパターンで手早く且つ容易に設置できれば有利である。平行な列をなして設置した場合、特にフロアボードが例えば60mm乃至120mmと狭幅である場合、及び小さな短側部が大きなパネルと同じ大きな収縮力を取り扱うことができなければならない場合、このような簡単な敷設方法を短側部で十分な水平方向強度を持つ接合システムと組み合わせなければならない。

狭幅で小さなフロアボードは、通常、平行な列をなして設置する場合、通常のフロアボードよりも長い時間がかかる。様々な平行な列の敷設と関連した簡単な接合及び小さな移動によって設置時間を短くできれば有利である。かくして、内方への傾けだけで杉綾パターン並びに平行な列をなして敷設される、特に狭幅のフロアボードを設置する場合、係止システム及び敷設方法を改良する大きな必要がある。

本発明は、フローティングフロアを、下張り床に向かう傾け移動だけで、今日知られているよりも手早く、容易に、及び大きな強度で、長側部を短側部に当てた先進のパターンで及び平行な列をなして設置できるようにする、接合システム、フロアボード、フロア、及び設置方法に関する。更に、逆の方法によって取り外しを手早く且つ容易に行うことができる。

長側部及び短側部という用語は、理解を容易にするために使用する。ボードは、本発明によれば、正方形であってもよいし、正方形及び矩形が交互になっていてもよいし、随意であるが、様々なパターン又は他の装飾的特徴を様々な方向で形成する。
WO 03/025307

本発明の第1の目的は、長側部を短側部に当てた先進のパターンで機械的に接合された矩形のフロアボードでできた、取り外して再使用できるフロアを提供できる、フロアボード、接合システム、設置方法、及び取り外し方法を提供することである。フロアボード及び係止システムは、ボードの長側部に沿って内方に傾けるだけで接合及び取り外しを行うことができることを特徴とする。傾け方法は、スナップ嵌めよりもかなり簡単であり、内方への傾けによって係止された係止システムは、スナップ嵌めによって係止された係止システムよりも強い。特別の目的は、高圧積層体又は直接積層体でできた表面層を持つこのようなフロアを提供することである。

本発明の第2の目的は、長側部及び短側部の水平方向係止システムが、タング溝及びアンダーカット溝と協働する係止エレメントを持つタングを含むことを特徴とする、上述の必要条件を満たす矩形フロアボード及び係止システムを提供することである。このような係止システムは、フロアボードと一部品で形成でき、材料の無駄を少なくする形状を備えている。

本発明の第3の目的は、短側部に長側部の係止手段と異なる水平方向係止手段が設けられたフロアボード及び係止システムを提供することである。好ましくは、短側部の水平方向係止手段は、長側部よりも係止角度が大きい係止面を有する。この場合、短側部を短側部に当てて大きな強度で接合できる。

本発明の第4の目的は、係止面が水平方向平面に対して本質的に垂直であり、長側部を長側部に、及び短側部を短側部に接合した場合に強度を大きくできる水平方向係止システムが長側部及び短側部に設けられたフロアボード及び係止システムを提供することである。

本発明の第5の目的は、上述のフロアボードで使用するのに適しており、フロアボードに接合された別体の材料を部分的に含む様々な接合システムを提供することである。

本発明の第6の目的は、特に、小さく且つ狭幅のフロアボードを平行な列をなして敷設する場合に敷設時間を短縮する、敷設方法を提供することである。

本明細書中に説明した接合システムの組み合わせは、適当な実施例の例に過ぎないということを特に協調しておかなればならない。全ての接合システムは、長側部及び/又は短側部で別々に、並びに長側部及び短側部で様々な組み合わせで使用できる。水平方向係止手段及び垂直方向係止手段を持つ接合システムは、傾け及び/又はスナップ嵌めによって接合できる。接合システム及び水平方向及び垂直方向の積極的係止手段の形状は、フロアボードの縁部の機械加工によって、又は別の材料を形成することによって、又は別の態様では、フロアボードの接合縁部分への接合の前後に機械加工することによって形成できる。

この目的は、全体又は部分が、独立項に記載のフローリングシステム及び方法によって達成される。実施例は、従属項、以下の説明、及び図面に記載してある。

第1の特徴によれば、本発明は、機械的に係止可能な矩形フロアボードを含むフローリングシステムを提供する。このフローリングシステムでは、個々のフロアボードの各々は、前記フロアボードを同様の隣接したフロアボードに垂直方向及び水平方向の両方向で互いに係止するための一対の対向する連結手段をその長側部に沿って有し、一対の逆の連結手段をその短側部に沿って有する。更に、フロアボードの連結手段は、長側部を上接合縁に沿って傾けることによって互いに係止できるように設計されている。このフローリングシステムは、前記短側部の前記対をなした対向する連結手段がフロアボードを水平方向だけで係止するようになっており、このシステムは、二つの異なる種類のフロアボードを含み、一方の種類のフロアボードの一対の両縁部分に沿った連結手段は、他方の種類のフロアボードの同じ対をなした両縁部分に沿った対応する連結手段に対して鏡像対称をなして逆になるように構成されている、ことを特徴とする。

一実施例では、フロアボードの連結手段は、長側部を上接合縁に沿って傾けることによって、及び短側部を実質的に垂直方向移動によって互いに係止できるように設計されており、第1短側部は、第1長側部に垂直方向及び水平方向で係止でき、第2短側部は第2長側部に水平方向だけで実質的に垂直方向移動によって係止でき、短側部に設けられた水平方向連結手段は、長側部の水平方向連結手段の協働係止面と異なる形態の協働係止面を有する。

設計が異なるということは、例えば、
a)接触面の角度、形状、長さ、及び接合システムでのそれらの垂直方向位置、
b)材料の種類、材料の組み合わせ、性質を変化させる化学物質の含浸、
c)強度、圧縮、及び係止面間の相対位置に影響を及ぼす、接合システムの部分の設計、
に関して異なるということを意味する。

上掲の項目c)の一例として、特に水平方向長さに関する係止エレメントの様々な設計により、引張荷重が加わった場合の係止面の強度にかなりの影響が及ぼされると言うことができる。係止面間の様々な遊び又は遊びがないことにより、接合システムにの性質を様々に変化させる。

第2の特徴によれば、本発明は、鏡像対称の接合システムを持つ2種類のフロアボードA及びBでフロアを敷設するための方法を提供する。

一実施例では、敷設は、少なくとも二つの第1の種類のフロアボードの二つの長側部を、同じ種類の二つの同様のフロアボードに向かって傾けることによって互いに係止し、第2の種類のフロアボードを、同じ種類の同様のフロアボードに向かって内方に傾けることによって互いに係止することによって、杉綾パターンで行われる。

別の実施例によれば、敷設は、新たな列の第1Bボードが前の列の最後に敷設したAボードに接合されるように傾けることによって、平行な列をなして行われる。

更に、少なくとも、内方への傾けによって水平方向及び垂直方向の両方向で互いに係止できる一対の対向する連結手段が長側部に設けられた矩形フロアボードを含むフローリングシステムが提供される。このフローリングシステムは、積層体でできた表面層を持つフロアボードを含み、前記フロアボードが杉綾パターンで接合され、接合及び取り外しを角度移動によって行うことができるという特徴を備えている。

最後に、杉綾パターンで接合された矩形フロアボードを含み、高圧積層体又は直接積層体でできた表面層を備え、同様の隣接したフロアボードを内方への傾けによって垂直方向及び水平方向の両方向で互いに係止するための一対の対向する連結手段が個々のフロアボードの長側部に沿って設けられた、フローリングシステムが提供される。この実施例では、短側部には水平方向係止手段しか設けられていない。フロアボードが狭幅であるため、及び短側部が長側部によって互いに保持されるため、ボードを杉綾パターンで設置する場合にはこれで十分である。

図1a及びbは、本発明による第1の種類のフロアボードA及び第2の種類のフロアボードBを示す。これらのフロアボードの長側部4a及び4bの長さは、この実施例では、短側部5a、5bの長さの3倍である。フロアボードの長側部4a及び4bは垂直方向連結手段及び水平方向連結手段を有し、フロアボードの短側部5a、5bは水平方向連結手段を有する。この実施例では、二つの種類のフロアボードは、係止手段の位置が鏡像対称であることを除くと同じである。係止手段により、少なくとも内方に傾けることによって長側部4aを長側部4bに接合でき、長側部4aを短側部5aに内方に傾けることによって、及び短側部5bを長側部4bに垂直方向移動によって接合できる。この実施例では、長側部4a及び4b及び短側部5a、5bの両方を、長側部4a及び4bに沿った角度移動によって杉綾パターンで接合できる。フロアボードの長側部4a、4bは連結手段を有する。この連結手段は、この実施例では、ストリップ6、溝9、及びタング10を含む。短側部5aもまた、ストリップ6及びタング溝9を有するのに対し、短側部5bはタング10を備えていない。複数の変形例がある。これらの二種類のフロアボードは、上述のように、長側部を短側部に接合できるのであれば、必ずしも同じ形式でなくてもよく、係止手段の形状が異なっていてもよい。連結手段は、同じ材料でできていてもよいし異なる材料でできていてもよく、または同じ材料でできているが材料特性が異なっていてもよい。例えば、連結手段は、プラスチック製であってもよいし金属製であってもよい。また、フロアボードと同じ材料でできていてもよいが、性質を変化させる含浸等の特性変更処理が施してあってもよい。

図2a乃至eは、互いに連結される二つのボード1、1’の連結手段を示す。図2aは、長側部4a及び4bを示す。垂直方向係止は,溝9によってなされ、この溝9は、タング10と協働する。水平方向係止は、係止エレメント8を備えたストリップ6によってなされ、これは係止溝12と協働する。この係止システムは、上接合縁に沿って内方に傾けることによって接合できる。これを破線によって図2a及びbに示す。図2cでは、HPは水平方向平面であり、VPは垂直方向平面である。係止エレメント8及び係止溝12は協働係止面を有し、これは、図2aでは、約60°の係止角度LAを有する。フロアボード1’は、上接合縁に装飾溝133を有する。

図2bは、短側部に設けられた連結手段を示す。この連結手段は、係止エレメント8を持つストリップ6を含み、この係止エレメント8が係止溝10と協働し、フロアボード1、1’を水平方向で係止する。短側部5aは、長側部及び短側部を互いに係止する場合に長側部4aのタング10と協働するようになった溝9を有する。しかしながら、短側部5bにはタング10はない。図2c及びeは、短側部5bを長側部4bに垂直方向移動によって係止する方法を示す。図2eの好ましい接合システムは、溝側と呼ばれる短側部5bを、突出ストリップ6を持つ係止側と呼ばれる長側部又は短側部に配置することによってのみ、垂直方向で接合できる。この実施例では、係止側を溝側に置くことによって係止を行うことはできない。図2dは、短側部5aを長側部4aに内方への傾けを可能にする接合システムを使用して垂直方向及び水平方向に係止できる方法を示す。図2cは、係止溝12と係止エレメント8の係止面14との間に遊びがあるのが有利であることを示す。一つの好ましい実施例は、パネル5b及び4bを互いに押し付けたとき、これらのパネルが例えば0.01mm乃至0.1mmの遊びを伴って所定位置を占有することを特徴とする。このような遊びにより、湿度が高い場合でも予備張力が作用することがなく、パネル5bは、パネルが予備張力が加わった状態で連結されており且つ垂直方向変位が例えばタングによって阻止されていない場合のように、上方に押されることがない。遊びは装飾溝133と組み合わせることができる。装飾溝は、塗装や含浸で色が付けてあってもよい。このような装飾溝133は、遊びが比較的大きい場合、例えば0.1mm乃至0.2mmの場合でも遊びが見えないようにするのに役立つ。

図3a乃至eは、内方への傾けだけで形成できる杉綾パターンのフロアを示す。フロアボードは、逆の順序で上方への傾けによって互いから外すこともできる。

図3aは、長側部4aを短側部5aに当てて傾けることによってB型フロアボードをA型フロアボードに接合する方法を示す。フロアボードB2の短側部5bにタングが設けられていないため、フロアボードA3に向かって下方に傾けることができる。ここで使用した数字1、2、3は適当な設置順序を示す。第1列R1は、敷設方向IDに対して横方向で見て、内方への傾け、接合縁に沿った挿入、等によって図3のbに従って接合できる。

図3cの次の列は、長側部に沿った内方への傾けによって接合された参照番号6、7、8を付したAボードによって接合される。ボード7及び8はこの方法で接合できる。これは、短側部を長側部に対して下方に傾けるのを阻止する種類のタングがこれらのボードの短側部5bに設けられていないためである。最後に、図3eは、フロアボード9及び10を内方への傾けによって敷設する方法を示す。かくして、敷設方法は、内方への傾けによってフロア全体を杉綾パターンで敷設できることを特徴とする。長側部を短側部に当てて敷設することにより、ボードを垂直方向及び水平方向で交互に係止する。この敷設方法により、全ての短側部が例えばタングの形態の垂直方向係止手段が設けられていないけれども水平方向及び垂直方向の両方向で係止する。敷設は、ボードB9を内方に傾けることができる前に、同じ種類の二つのボード、例えばボードA6及びボードA7を敷設しなければならないということを特徴とする。本発明の範囲内で、図2bによる係止システムに垂直方向係止手段10’が更に設けられていてもよい。これにより、図12bで説明するように、スナップ嵌め効果を持つ垂直方向移動が可能になる。しかしながら、これは、フロアの機能に対する重要性が限られており、設置が更に困難になるが、このような接合システムは、ボードを平行な列をなして敷設した場合、短側部に良好な強度を提供できる。

杉綾パターンで敷設されるようになったフロアボードは、接合システムが便利な方法で設計されている場合には、平行な列をなして接合することもできる。これは、同じ種類のフロアボードで更に多くのパターンを提供できるため有利である。また、これにより、製造及びストックの保持が容易になる。図4a及びbは、新たな列R2の新たなフロアボードA4を前の列R1の予め敷設してあるフロアボードA2に長側部4a及び4bに沿った角度移動Aによって接合する方法を示す。溝側5bを持つ新たなボードA4の短側部を、予め敷設してあるボードA3の短側部及びその係止側5aと垂直方向で重ねる。これに続いて敷設される次の列R3のボードA5は、フロアボードA3、A4に接合される。前の列R1及び次の列R3の長側部は短側部5a及び5bを係止し、溝側5bが上方に傾けられないようにする。次いで、短側部を垂直方向及び水平方向の両方向で接合する。ボードの取り外しは逆の手順で行うことができる。係止側5aのタング溝9は、この敷設方法では有効でないが、長側部4aに接合できるようにする上で必要である。タング溝9は、かくして、接合が平行な列だけで行われる場合、不必要である。通常、長側部に大きな強度を与える上で、例えば約60°の係止角度で十分である。このような角度により、内方への傾けが容易になる。短側部での対応する角度は、特に幅が60mm乃至120mmの細いボードに十分な強度を与えることができない。長側部は、係止角度が小さい場合、短側部を互いに同じ平面内に保持することができない。そのため、ぽんと外れたり接合隙間が望ましからぬものとなる。ボードが下張り床に向かう垂直方向移動によって敷設される場合、短側部の大きい係止角度には何の問題もない。

図5aは、接合システムの形態のタング係止体を示す。接合システムは、フロア表面に近い外上部分に係止エレメント8を持つタング10をフロアボード1の一方の接合縁に有する。接合システムは、更に、上リップ21及び下リップ22並びにアンダーカット溝12を持つタング溝9をフロアボード1’の他方の接合縁に有する。このような接合システムは、コンパクトに形成でき、これにより材料の無駄が少なくなる。これは、フロアボードの接合縁の機械加工によってタング10が形成されるためである。フロアボードが狭幅で短いため、材料の無駄は重要である。図5b乃至gは、このような接合システムを、傾けによって杉綾パターンの列及び平行な列をなして接合できるように調節する方法を示す。この実施例では、短側部の溝側5bには垂直方向係止を阻止する下リップがない。長側部は、図5eに従って傾けによって接合でき、長側部は、更に、図5c及び図5fに従って傾け及び垂直方向で重ねることによって短側部に係止できる。長側部は、係止側を溝側に当てて、及び溝側を係止側に当てて傾けることができる。接合システムは、更に、別の材料で形成でされていてもよく、これが接合縁に接合される。フロアボードが例えば平行な列をなして敷設することしか考えられていない場合には、長側部には、図5aによるタング係止体が形成されていてもよく、短側部は図2aによるストリップ係止体を備えて形成できる。

図6a乃至dは、長側部を長側部に当てて及び長側部を短側部に当てて傾け移動を行うことによる接合が容易でなければならないと同時に、一方の短側部を他方の短側部にフロアに向かう傾け移動によって接合した場合に大きな強度を備えていなければならないという二つの必要条件を満たすようにタング係止体を変更する方法を示す。図6a及びbで長側部4b及び短側部5aに設けられた係止エレメントは、フロアボードの表面近くに上係止面15を持つ係止エレメントを有する。この上係止面15の係止角度LA1は、係止角度LA2を持つ下係止面14よりも小さい。長側部の溝側4aは小さい係止角度LA1を持つ上係止面15と協働するようになっており、短側部の溝側5bは大きい係止角度LA2を持つ下係止面14と協働するようになっている。図6c及びdは、長側部を短側部に当てた接合を示す。長側部の係止角度が小さいことは、機械加工を行う上で有利である。これは、この場合、アンダーカット溝12を大型の回転工具を使用して形成できるためである。大きい係止角度は、例えば、動いている接合縁に定置の工具を押し付けて掻き取ることによって形成できる。下リップ22がないため、溝12に大きい係止角度を容易に形成できる。

図7a乃至dは、係止エレメント8を備えた突出ストリップ6を持つストリップ係止体を、短側部5aを短側部5bに係止する場合の係止角度が、長側部を長側部に又は短側部に係止する場合の係止角度よりも大きくなるように、タング係止体と同様の方法で変更する方法を示す。長側部及び短側部の両方に設けられた係止エレメントの上係止面15の係止角度は、下係止面14よりも小さい。短側部5aの係止エレメント8は、水平方向長さが短側部よりも大きい。これにより、短側部の強度が改善されると同時に、材料の無駄の増大が僅かになる。好ましい全ての係止エレメント8は、このように、短側部で大きくでき、長側部の係止溝は、短側部の係止エレメント8に接合できるように調節できる。

図8a及びbは、係止エレメントが長側部及び短側部に設けられたストリップ係止体を示す。係止エレメントの係止面14は、水平方向平面に対して本質的に垂直である。長側部での係止エレメント8と係止溝12との間の接触面KS1は、短側部での接触面KS2よりも大きい。非限定的例として、長側部の接触面KS1は、ほんの0.1mm乃至0.3mmの垂直方向長さで十分な強度を提供できると言うことができる。材料の圧縮及びストリップの曲げにより、係止角度が大きいにも拘わらず、内方への傾け及び上方への傾けを行うことができる。長側部に設けられたこのような接合システムは、係止角度が大きく且つ接触面KS2が例えば0.5mm乃至1.0mmの短側部の接合システムと組み合わせることができる。ボードを互いに水平方向に押し付けたとき、係止面間に例えば0.01mm乃至0.10mmの小さな遊びが長側部で形成される。これにより上方への傾けが更に容易になり、製造が容易になる。このような遊びは、目に見える接合隙間を上接合縁間に生じない。接合システムの係止角度を90°以上にしてもよい。これが短側部だけで行なわれた場合には、長側部を例えば上方へ傾けることによって外した後に接合縁と平行に引っ張ることによってボードを互いから容易に取り外すことができる。

図9a乃至dは、例えばファイバボードを基材としたHDF等の別体の材料でできたストリップ係止体を示す。このような接合システムは、フロアボードと一部品で形成されたものよりも安価にできる。更に、フロアボードと異なる良好な特徴を持ち、接合システムの機能に合わせて特別に調節されるストリップ材料を使用できる。図9aのストリップ6は、上方に傾けた状態でスナップ嵌めすることによって、工場でフロアボード1に機械的に取り付けられる。これを図9eに示す。図9aは、ストリップ及びフロアボードの接合縁部分に協働部分が設けられていることを示す。これによりストリップを高い精度で水平方向及び垂直方向に係止し、ストリップの外部分7がフロア表面に対して上方に及び後側に対して下方に移動しないようにする。ストリップは、そのタング10’がフロアボードのタング溝9’と協働することによって、及びフロアボードの係止エレメント8’がストリップの係止溝12’と協働することによって、フロアボードに対して水平方向及び垂直方向に位置決めされ且つ係止される。敷設前の取り扱い中にストリップが緩まらないように、部分Db1及びDb2は、引張荷重が加わった場合にストリップの外部分7が下方に曲がらないようにし、部分Ub1及びUb2は、外部分7が上方に曲がらないようにする。部分IP及びUPは、ストリップを垂直方向平面VPに対してその内位置及び外位置に位置決めする。

図9bは、例えば木製フロアについて便利な実施例を示す。上方への曲げは、部分Ub1及びUb2によって、及び係止角度LAが、回転中心Ub2に中心を持つ円弧C1に対する接線よりも大きいことによって阻止される。図9cは、ストリップ6がフロアの後側よりも表面に近い平面に配置された実施例を示す。ストリップ6は、図9a及びbによる実施例におけるよりも薄いボード材料で形成できる。図9dは、短側部をどのように形成するのかを示す。これらの実施例は全て、上文中に説明した係止角度及び接合部形状と組み合わせることができる。多くの組み合わせが可能である。長側部は、例えば、別体のストリップを含む接合システムを備えていてもよく、短側部は、例えば、上述の好ましい実施例のうちの幾つかに従って一部品で形成されていてもよい。

図10a乃至dは、大型の回転工具による下リップ22の形成方法を示す。図10a及びbによる接合システムは、接合縁部分を二つの異なる角度で機械加工する二つの工具TP1A及びTP1Bを必要とする。RDは、回転方向を示す。接合システムの対応する部分を図10c及びdに従って一つの工具だけを使用して形成してもよい。これらの二つの実施例では、下リップ22が垂直方向平面VPから突出している。

図11a乃至jは、ストリップが金属製の、好ましくはアルミニウム製のシートでできた実施例を示す。この設計は、ストリップ6を曲げだけで形成できるように選択される。これは、高精度で及び低い費用で行うことができる。厚さが0.4mm乃至0.6mmの金属製シートで十分な強度を得ることができる。全ての実施例は、内位置(IP)及び外位置(OP)を定めることができ、これらの位置は、ストリップ6の上方への角度移動に抗し(Ub1、Ub2)、ストリップ6の下方への角度移動に抗する(Db1、Db2)。接合縁部分は、更に、大型の回転工具によって合理的に製造できる。

図12a乃至iは短側部を示す。図12b及びfは、小さなタング10の形態の垂直方向係止体によっても接合システムを形成できることを示す。これにより、垂直方向スナップ嵌めによって係止できる。図12jは、ストリップを、上方に傾けた状態でスナップ嵌めを行うことによって工場で取り付ける方法を示す。設置と関連してフロアボードに取り付けられるように別々のストリップを供給できるということは明らかである。これらのストリップの取り付けは、手作業によって、又は例えばフロアボード及びストリップを押圧ローラーPRに通すように形成された工具によって(図9のe参照)行うことができる。これらの工具は、ストリップ6のスナップ嵌め及び傾けを組み合わせる。曲げだけで形成された、スナップ嵌めによってフロアボードの接合縁に取り付けられた例えばアルミニウムシート製のストリップは、他の周知の態様よりも安価であり且つ製造が容易である。

フロアボードは、一方の側部、例えば長側部に、好ましい実施例に従ってファイバボードを基材とした材料で又は金属で一部品で形成された一つの種類の接合システムを備えていてもよい。他方の側は別の種類であってもよい。角度、半径、及び寸法を変えることによって多くの変更を行うことができるということは明らかである。ストリップは、金属、プラスチック、及び様々な材料組み合わせに押出し加工を施すことによっても形成できる。接合システムは、他の製品、例えば壁パネルや天井、及び家具の構成要素を接合するのにも使用できる。フロアで使用された機械式接合システムを、例えば台所の戸棚を壁に取り付けるのにも使用できる。

図13a乃至fは、フロアを接合するための敷設方法を示す。図13aは、係止側5a及び溝側5bを持つA型フロアボードを示す。溝側が係止側に重ねられるため、全ての列の設置が同じ側からなされるようにフロアを設置するのが便利である。概して、フロア層は、何回も移動させなければならない。大きな表面を設置する場合、これにはかなりの時間がかかる。設置順序は、A1、A2、・・A9である。

図13cは、Bボードの設置は反対側から行わなければならないということを示す。これは、Bボードの短側部に設けられた係止システムがAボードに対して鏡像対称であるためである。

図13eは、Aボード及びBボードを使用する場合、設置を左から右に交互に行うことができるということを示す。これにより、敷設時間が減少する。

図13fは、設置方向IDで逆方向に設置を行うこともできるということを示す。

図14a乃至dは、鏡像対称の接合システムを持つAボード及びBボードを使用して平行な列をなして合理的に設置することを示す。図14aによれば、例えば、最初にAボードで列R1−R5を設置する。次いで、移動を行い、残りのAボードを図14bに従って設置する。次の工程でBボードを設置し、その後、移動を行い、残りのBボードを設置する。かくして、これらの10個の列を二回の移動だけで行うことができる。この例の方法は、新たな列R6でBボードを前の列R5で最後に敷設したAボードに接合することを特徴とする。かくして、本発明は、更に、平行な列をなして接合される鏡像対称の接合システムを持つ2種類のボードA及びBを含むフロアを含む。

フロアボードの短側部を長側部と平行な両方向で接合できる場合には、一方の種類のフロアボードだけで上述の好ましい方法に従って傾け及びスナップ嵌めによって設置を行うこともできる。

図1a及びbは、本発明によるフロアボードを示す図である。 図2a乃至fは、長側部及び短側部に設けられた接合システムを示す図である。 図3a乃至dは、杉綾パターンでの接合を示す図である。 図4a乃至cは、下方への傾けによる接合を示す図である。 図5a乃至gは、杉綾パターンでの接合を示す図である。 図6a乃至dは、本発明による接合システムを示す図である。 図7a乃至dは、本発明による接合システムを示す図である。 図8a乃至dは、本発明による接合システムを示す図である。 図9a乃至eは、本発明による接合システムを示す図である。 図10a乃至dは、接合システムの機械加工を示す示す図である。 図11a乃至jは、本発明による接合システムを示す図である。 図12a乃至jは、本発明による接合システムを示す図である。 図13a乃至fは、平行な列をなした接合を示す図である。 図14a乃至dは、平行な列をなした接合を示す図である。

符号の説明

1、1’ フロアボード
4a、4b 長側部
5a、5b 短側部
6 ストリップ
8 係止エレメント
9 溝
10 タング
12 係止溝
133 装飾溝

Claims (12)

  1. 機械的に係止可能な矩形フロアボード(1、1’)を含むフローリングシステムであって、
    各個々のフロアボードは、前記フロアボード(1)を同様の隣接したフロアボード(1’)の長側部に対して垂直方向及び水平方向(夫々、D1及びD2である)の両方向で互いに係止するための一対の対向する連結手段をその長側部(4a、4b)に沿って有し、一対の対向する連結手段をその短側部(5a、5b)に沿って有し、
    前記フロアボードの前記連結手段は、長側部を上接合縁に沿って傾けることによって互いに係止できるように設計されている、フローリングシステムにおいて、
    前記短側部(5a、5b)の前記一対の対向する連結手段は、隣接したフロアボードの長側部および短側部に対して前記フロアボードを水平方向(D2)でだけ係止するようになっており、
    前記システムは、二つの異なる種類のフロアボード(夫々、A及びBである)を含み、 一方の種類のフロアボード(A)の一対の長側部に沿った連結手段(9、10)は、他方の種類のフロアボード(B)の同じ対をなした長側部に沿った対応する連結手段(9、10)に対して鏡像対称の構造をもつ、ことを特徴とするフローリングシステム。
  2. 請求項1に記載のフローリングシステムにおいて、前記フロアボードの前記短側部(5a、5b)に設けられた連結手段は、本質的に垂直方向の移動によって水平方向に係止できるように設計されている、ことを特徴とするフローリングシステム。
  3. 請求項1又は2に記載のフローリングシステムにおいて、前記フロアボード(1、1’)は、下張り床から遠ざかる方向への角度移動によって外すことができる、ことを特徴とするフローリングシステム。
  4. 請求項1に記載のフローリングシステムにおいて、前記フロアボード(1、1’)の前記連結手段は、前記長側部(4a、4b)を上接合縁に沿って傾けることによって、及び前記短側部(5a、5b)を実質的に垂直方向に移動することによって互いに係止できるように設計されており、第1短側部(5a)は第1長側部(4a)に垂直方向及び水平方向(夫々、D1及びD2である)で係止でき、第2短側部(5b)は第2長側部(4b)に実質的に垂直方向に移動することによって水平方向(D1)だけで係止でき、
    前記短側部(5a、5b)に設けられた垂直方向連結手段(8、12)の協働係止面は、前記長側部の水平方向連結手段(8、12)の協働係止面と形態が異なる、ことを特徴とするフローリングシステム。
  5. 請求項4に記載のフローリングシステムにおいて、前記短側部(5a、5b)の前記協働係止面は、前記フロアボードの前側に対する係止角度(LA)が前記長側部(4a、4b)の前記協働係止面の係止角度よりも大きい、ことを特徴とするフローリングシステム。
  6. 請求項4に記載のフローリングシステムにおいて、前記長側部(4b)及び短側部(5a)に設けられた前記フロアボードの前記協働係止面の係止角度(LA)は前記フロアボードの前記表面に対して本質的に垂直であり、前記短側部(5a、5b)の前記協働係止面は、垂直方向長さが前記長側部(4a、4b)の前記協働係止面よりも大きい、ことを特徴とするフローリングシステム。
  7. 請求項4又は5に記載のフローリングシステムにおいて、垂直方向連結手段の部品は、前記フロアボードに機械的に接合された、ファイバボードを基材とする別体のストリップを含む、ことを特徴とするフローリングシステム。
  8. 請求項4又は5に記載のフローリングシステムにおいて、前記水平方向連結手段の部品は、曲げによって形成されたアルミニウムシート製の別体のストリップを含み、これはフロアボードに機械的に接合される、ことを特徴とするフローリングシステム。
  9. 機械的に係止される矩形のフロアボードでフローリングを形成するための方法であって、これらのフロアボードは、前記フロアボードを同様の隣接したフロアボードの長側部に対して垂直方向及び水平方向(夫々、D1及びD2である)の両方向で互いに係止するための一対の対向する連結手段を長側部(4a、4b)に沿って有し、前記フロアボードを同様の隣接したフロアボードの長側部および短側部に対して水平方向(D2)で互いに係止できる一対の対向する連結手段を短側部(5a、5b)に沿って有する、方法であって、
    前記フロアボードの前記長側部の前記連結手段は、前記上接合縁に沿った角度移動によって互いに係止できるように設計されており、
    前記フロアボードの前記短側部(5a、5b)に設けられた連結手段は、本質的に垂直方向移動によって互いに係止できるように設計されており、前記フロアボードは、第1及び第2の種類のフロアボードを含み、これらのフロアボードは、第1の種類のフロアボード(A)の一対の長側部に沿った連結手段が、第2の種類のフロアボード(B)の同じ対をなした長側部に沿った対応する連結手段に対して鏡像対称の構造をもつ、方法において、
    新たな列(R6)の前記第2の種類のフロアボード(B)を、前の列(R5)の最後に敷設した前記第1の種類のフロアボード(A)に接合する工程を含む、ことを特徴とする方法。
  10. 請求項9に記載の方法において、前記短側部(5a、5b)に設けられた水平方向連結手段(8、12)は、前記長側部(4a、4b)に設けられた協働係止面(8、12)と設計が異なる協働係止面を有する、ことを特徴とする方法。
  11. 請求項9又は10に記載の方法において、前記フロアボード(1、1’)は、平行な列をなして敷設される、ことを特徴とする方法。
  12. 機械的に係止される矩形のフロアボードでフローリングを形成するための方法であって、これらのフロアボードは、前記フロアボードを同様の隣接したフロアボードの長側部に対して垂直方向及び水平方向(夫々、D1及びD2である)の両方向で互いに係止するための一対の対向する連結手段を長側部(4a、4b)に沿って有し、前記フロアボードを同様の隣接したフロアボードの長側部および短側部に対して水平方向(D2)だけで互いに係止できる一対の逆の連結手段を短側部(5a、5b)に沿って有する、方法であって、
    前記フロアボードの前記長側部(4a、4b)の前記連結手段は、前記上接合縁に沿った角度移動によって互いに係止できるように設計されており、前記フロアボードは、第1及び第2の種類のフロアボードを含み、これらのフロアボードは、第1の種類のフロアボード(A)の一対の長側部に沿った連結手段が、第2の種類のフロアボード(B)の同じ対をなした長側部に沿った対応する連結手段に対して鏡像対称の構造をもつ、方法において、
    前記第1の種類のフロアボード(A)の少なくとも二つのフロアボード(A6、A7)の二つの長側部を、同じ種類(A)の二つの同様のフロアボード(A1、A3)に向かって傾けることによって互いに係止する工程、及び
    前記第2の種類のフロアボード(B)の別のフロアボード(B9、B10)を、同じ種類(B)の同様のフロアボード(B2、B4)に向かって内方に傾けることによって互いに係止する工程を含む、ことを特徴とする方法。
JP2006507948A 2003-03-06 2004-03-08 フローリングシステム及び設置方法 Active JP4574613B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
SE0300626A SE524915C2 (sv) 2003-03-06 2003-03-06 Golvbeläggning samt förfarande för läggning och tillverkning därav
SE0302865A SE526157C2 (sv) 2003-10-29 2003-10-29 Golvbeläggningar samt förfarande för läggning
PCT/SE2004/000327 WO2004079130A1 (en) 2003-03-06 2004-03-08 Flooring systems and methods for installation

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006519948A JP2006519948A (ja) 2006-08-31
JP4574613B2 true JP4574613B2 (ja) 2010-11-04

Family

ID=32965049

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006507948A Active JP4574613B2 (ja) 2003-03-06 2004-03-08 フローリングシステム及び設置方法

Country Status (14)

Country Link
EP (3) EP2412892B1 (ja)
JP (1) JP4574613B2 (ja)
KR (1) KR101065565B1 (ja)
AT (2) AT471415T (ja)
AU (1) AU2004217582B2 (ja)
BR (1) BRPI0407664B1 (ja)
CA (1) CA2515536C (ja)
DE (1) DE602004027711D1 (ja)
ES (1) ES2347147T3 (ja)
IL (1) IL169926A (ja)
NO (1) NO338583B1 (ja)
NZ (1) NZ542035A (ja)
RU (1) RU2322557C2 (ja)
WO (1) WO2004079130A1 (ja)

Families Citing this family (67)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8250825B2 (en) 2001-09-20 2012-08-28 Välinge Innovation AB Flooring and method for laying and manufacturing the same
CA2481329C (en) 2002-04-03 2012-01-10 Darko Pervan Mechanical locking system for floorboards
US7454875B2 (en) 2004-10-22 2008-11-25 Valinge Aluminium Ab Mechanical locking system for floor panels
DE602004010914T3 (de) 2004-10-22 2011-07-07 Välinge Innovation AB Satz von Fussbodenpaneelen
US7841144B2 (en) 2005-03-30 2010-11-30 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for panels and method of installing same
BE1016938A6 (nl) 2005-03-31 2007-10-02 Flooring Ind Ltd Werkwijzen voor het vervaardigen en verpakken van vloerpanelen, inrichtingen hierbij aangewend, alsmede vloerpaneel en verpakte set van vloerpanelen.
US20130139478A1 (en) 2005-03-31 2013-06-06 Flooring Industries Limited, Sarl Methods for packaging floor panels, as well as packed set of floor panels
US8061104B2 (en) 2005-05-20 2011-11-22 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
US20060260253A1 (en) * 2005-05-23 2006-11-23 Quality Craft Ltd. Laminate flooring panel bevel and method of manufacturing same
DE202005014132U1 (de) 2005-09-07 2007-01-25 Tilo Gmbh Paneel aus Holz
SE530653C2 (sv) 2006-01-12 2008-07-29 Vaelinge Innovation Ab Fuktsäker golvskiva samt golv med ett elastiskt ytskikt omfattande ett dekorativt spår
DE102006011887A1 (de) * 2006-01-13 2007-07-19 Akzenta Paneele + Profile Gmbh Sperrelement, Paneel mit separatem Sperrelement, Verfahren zur Installation eines Paneelbelags aus Paneelen mit Sperrelementen sowie Verfahren und Vorrichtung zur Vormontage eines Sperrelements an einem Paneel
GB2436570A (en) * 2006-03-30 2007-10-03 Sonae Floorboard with rebated side and end edges
BE1017157A3 (nl) 2006-06-02 2008-03-04 Flooring Ind Ltd Vloerbekleding, vloerelement en werkwijze voor het vervaardigen van vloerelementen.
SE533410C2 (sv) 2006-07-11 2010-09-14 Vaelinge Innovation Ab Golvpaneler med mekaniska låssystem med en flexibel och förskjutbar tunga samt tunga därför
US7861482B2 (en) 2006-07-14 2011-01-04 Valinge Innovation Ab Locking system comprising a combination lock for panels
SE531110C2 (sv) * 2006-07-14 2008-12-23 Vaelinge Innovation Ab Låssystem omfattande ett kombinationslås för paneler
US8689512B2 (en) 2006-11-15 2014-04-08 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels with vertical folding
SE531111C2 (sv) 2006-12-08 2008-12-23 Vaelinge Innovation Ab Mekanisk låsning av golvpaneler
KR100870496B1 (ko) * 2007-04-27 2008-11-25 주식회사 이지테크 수직 시공 가능한 바닥마감용 마루판재
US8353140B2 (en) 2007-11-07 2013-01-15 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels with vertical snap folding
PL2235286T3 (pl) 2007-11-07 2019-07-31 Välinge Innovation AB Mechaniczne blokowanie paneli podłogowych z pionową zakładką zatrzaskową i sposób montażu dla połączenia takich paneli
BE1018600A5 (nl) 2007-11-23 2011-04-05 Flooring Ind Ltd Sarl Vloerpaneel.
BRPI0906645A2 (pt) 2008-01-31 2019-09-10 Valinge Innovation Belgium Bvba travamento mecânico para painéis de piso, métodos para instalação e desinstalação, método e um equipamento para a produção do sistema de travamento, um método para conexão de uma lingueta deslocável a um painel e um peça básica de lingueta
US8505257B2 (en) 2008-01-31 2013-08-13 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels
PT2391783T (pt) 2009-01-30 2018-03-13 Vaelinge Innovation Ab Bloqueios mecânicos de painéis de chão e uma peça em bruto de lingueta
US8112967B2 (en) 2008-05-15 2012-02-14 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels
BE1018627A5 (nl) 2009-01-16 2011-05-03 Flooring Ind Ltd Sarl Vloerpaneel.
US8931174B2 (en) 2009-07-31 2015-01-13 Valinge Innovation Ab Methods and arrangements relating to edge machining of building panels
EP2459356A4 (en) 2009-07-31 2017-05-17 Välinge Innovation AB Methods and arrangements relating to edge machining of building panels
US8365499B2 (en) 2009-09-04 2013-02-05 Valinge Innovation Ab Resilient floor
US8544230B2 (en) 2010-01-12 2013-10-01 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
US8776473B2 (en) 2010-02-04 2014-07-15 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
US8234830B2 (en) 2010-02-04 2012-08-07 Välinge Innovations AB Mechanical locking system for floor panels
US9003735B2 (en) 2010-04-15 2015-04-14 Spanolux N.V.—Div. Balterio Floor panel assembly
RS56939B1 (sr) 2011-05-06 2018-05-31 Vaelinge Innovation Ab Sistem mehaničkog zabravljivanja za panele za nameštaj
US8572922B2 (en) 2011-07-05 2013-11-05 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking of floor panels with a glued tongue
US9725912B2 (en) 2011-07-11 2017-08-08 Ceraloc Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
US8650826B2 (en) 2011-07-19 2014-02-18 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
US8763340B2 (en) 2011-08-15 2014-07-01 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
US8857126B2 (en) 2011-08-15 2014-10-14 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
US8769905B2 (en) 2011-08-15 2014-07-08 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
BE1020433A3 (nl) 2012-01-05 2013-10-01 Flooring Ind Ltd Sarl Paneel.
WO2013102804A2 (en) 2012-01-05 2013-07-11 Flooring Industries Limited, Sarl Panel
US9216541B2 (en) 2012-04-04 2015-12-22 Valinge Innovation Ab Method for producing a mechanical locking system for building panels
US8596013B2 (en) 2012-04-04 2013-12-03 Valinge Innovation Ab Building panel with a mechanical locking system
EP2861391B1 (en) 2012-06-19 2019-03-06 Välinge Innovation AB A method for dividing a board into a first panel and a second panel, a method of forming a mechanical locking system for locking of a first and a second panel, and building panels
JP6313778B2 (ja) 2012-11-22 2018-04-18 セラロック、イノベーション、アクチボラグ フロアパネルの機械的固定システム
US9194134B2 (en) 2013-03-08 2015-11-24 Valinge Innovation Ab Building panels provided with a mechanical locking system
WO2014191861A1 (en) 2013-05-30 2014-12-04 Flooring Industries Limited, Sarl Panel
CN110259027A (zh) 2013-06-27 2019-09-20 瓦林格创新股份有限公司 带有机械锁定系统的建筑镶板
US9714672B2 (en) 2014-01-10 2017-07-25 Valinge Innovation Ab Panels comprising a mechanical locking device and an assembled product comprising the panels
WO2015038059A1 (en) 2013-09-16 2015-03-19 Välinge Innovation AB An assembled product and a method of assembling the assembled product
US9726210B2 (en) 2013-09-16 2017-08-08 Valinge Innovation Ab Assembled product and a method of assembling the product
US9260870B2 (en) 2014-03-24 2016-02-16 Ivc N.V. Set of mutually lockable panels
EP3129567A1 (en) * 2014-04-10 2017-02-15 BerryAlloc NV Floor board with universal connection system
BR112016025214A2 (pt) 2014-05-14 2017-08-15 Vaelinge Innovation Ab painel de construção com um sistema de travamento mecânico
US10246883B2 (en) 2014-05-14 2019-04-02 Valinge Innovation Ab Building panel with a mechanical locking system
JP6602798B2 (ja) 2014-07-11 2019-11-06 ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグVaelinge Innovation Ab スライダを持つパネル
KR20170091642A (ko) 2014-11-27 2017-08-09 뵈린게 이노베이션 에이비이 플로어 패널들용 기계적 잠금 시스템
WO2016099396A1 (en) 2014-12-19 2016-06-23 Välinge Innovation AB Panels comprising a mechanical locking device and an assembled product comprising the panels
EP3320160A1 (en) * 2015-07-06 2018-05-16 Tarkett GDL Chiral flexible rectangular floor covering element
US10448739B2 (en) 2015-09-22 2019-10-22 Valinge Innovation Ab Panels comprising a mechanical locking device and an assembled product comprising the panels
EP3384165A4 (en) 2015-12-03 2019-04-24 Välinge Innovation AB Panels comprising a mechanical locking device and an assembled product comprising the panels
EP3192934A1 (de) * 2016-01-14 2017-07-19 Akzenta Paneele + Profile GmbH Paneelelement
KR20180110027A (ko) 2016-02-09 2018-10-08 뵈린게 이노베이션 에이비이 분해 홈을 제공하기 위한 요소 및 방법
CN108697236A (zh) 2016-02-09 2018-10-23 瓦林格创新股份有限公司 三镶板形元件组

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US178027A (en) * 1876-05-30 Improvement in wire-bending machines for bale-ties
US2740167A (en) * 1952-09-05 1956-04-03 John C Rowley Interlocking parquet block
DE2159042C3 (ja) * 1971-11-29 1974-04-18 Heinrich 6700 Ludwigshafen Hebgen
JP2816424B2 (ja) * 1994-05-18 1998-10-27 大建工業株式会社 建築用床材
SE9700671L (sv) * 1997-02-26 1997-11-24 Tarkett Ab Parkettgolvsstav för att bilda ett golv med fiskbensmönster
DE19718319C2 (de) * 1997-04-30 2000-06-21 Erich Manko Parkettelement
SE512313C2 (sv) * 1998-06-03 2000-02-28 Valinge Aluminium Ab Låssystem samt golvskiva
SE517478C2 (sv) * 1999-04-30 2002-06-11 Valinge Aluminium Ab Låssystem för mekanisk hofogning av golvskivor, golvskiva försedd med låssystemet samt metod för framställning av mekaniskt hopfogningsbara golvskivor
SE522860C2 (sv) * 2000-03-10 2004-03-09 Pergo Europ Ab Vertikalt förenade golvelement innefattande en kombination av olika golvelement
SE518184C2 (sv) * 2000-03-31 2002-09-03 Perstorp Flooring Ab Golvbeläggningsmaterial innefattande skivformiga golvelement vilka sammanfogas med hjälp av sammankopplingsorgan
SE525558C2 (sv) 2001-09-20 2005-03-08 Vaelinge Innovation Ab System för bildande av en golvbeläggning, sats av golvskivor samt förfarande för tillverkning av två olika typer av golvskivor
CA2481329C (en) * 2002-04-03 2012-01-10 Darko Pervan Mechanical locking system for floorboards
AU2003224559B2 (en) * 2002-04-22 2008-10-30 Valinge Innovation Ab Floorboards, flooring systems and methods for manufacturing and installation thereof
DE20208058U1 (de) * 2002-05-23 2002-08-22 Cernay Markus Laminat

Also Published As

Publication number Publication date
AT471415T (de) 2010-07-15
BRPI0407664B1 (pt) 2014-12-09
EP1604079B1 (en) 2010-06-16
BRPI0407664A (pt) 2006-03-01
RU2005130971A (ru) 2006-02-10
IL169926A (en) 2009-06-15
JP2006519948A (ja) 2006-08-31
ES2347147T3 (es) 2010-10-26
CA2515536C (en) 2012-05-15
EP2224072A2 (en) 2010-09-01
RU2322557C2 (ru) 2008-04-20
EP2412892B1 (en) 2017-06-07
EP2412892A1 (en) 2012-02-01
KR101065565B1 (ko) 2011-09-19
EP2224072B1 (en) 2012-05-09
NO20053664L (no) 2005-11-21
AT557149T (de) 2012-05-15
EP2224072A3 (en) 2010-11-24
WO2004079130A1 (en) 2004-09-16
AU2004217582A1 (en) 2004-09-16
EP1604079A1 (en) 2005-12-14
NO20053664D0 (no) 2005-07-28
AU2004217582B2 (en) 2009-10-29
KR20050105275A (ko) 2005-11-03
NO338583B1 (no) 2016-09-12
DE602004027711D1 (de) 2010-07-29
CA2515536A1 (en) 2004-09-16
NZ542035A (en) 2007-03-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1691004B1 (en) Flooring with mechanically lockable rectangular floorboards
ES2298664T5 (es) Un juego de paneles de suelo.
CN100453759C (zh) 地板块
US6715253B2 (en) Locking system for floorboards
RU2506382C2 (ru) Комплект панелей пола
RU2220267C2 (ru) Система соединения (варианты) и половая доска (варианты)
US7841150B2 (en) Mechanical locking system for floorboards
EP2554762B1 (en) A set of floor panels provided with a locking system comprising a separate flexible tongue
US10240349B2 (en) Mechanical locking system for floor panels
JP4405149B2 (ja) フロアボードシステムおよびフロアボード
EP2449189B1 (en) Panel, more particularly floor panel
US9657483B2 (en) Mechanical locking system for floor panels
ES2270751T3 (es) Revestimiento de suelo.
CN100404769C (zh) 用于形成地板的地板块、系统和方法以及由此形成的地板
US9322183B2 (en) Floor covering and locking systems
US6772568B2 (en) Floor covering
US7762293B2 (en) Equipment for the production of building panels
EP2418336B1 (en) An equipment for production of building panels
US7051486B2 (en) Mechanical locking system for floating floor
US9428919B2 (en) Mechanical locking system for floor panels
FI113486B (fi) Rakennuslevyjen saumausjärjestelmä
KR100990808B1 (ko) 바닥보오드와 그것을 제조 및 설치하는 방법 및 바닥시공시스템
US20090064624A1 (en) Device for connecting and locking two building boards, in particular flooring panels
EP2570565B1 (en) Mechanical locking of floor panels with vertical folding
US6385936B1 (en) Floor tile

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070206

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091113

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100201

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100226

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100526

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100602

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100622

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100723

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100818

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130827

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250