JP4572476B2 - Communication processing system, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and program - Google Patents

Communication processing system, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and program Download PDF

Info

Publication number
JP4572476B2
JP4572476B2 JP2001070073A JP2001070073A JP4572476B2 JP 4572476 B2 JP4572476 B2 JP 4572476B2 JP 2001070073 A JP2001070073 A JP 2001070073A JP 2001070073 A JP2001070073 A JP 2001070073A JP 4572476 B2 JP4572476 B2 JP 4572476B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
router
routing
address
mobile terminal
cache
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001070073A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002271376A (en )
JP2002271376A5 (en )
Inventor
文男 寺岡
邦彰 栗原
一宏 舌間
真 齋藤
Original Assignee
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L61/00Network arrangements or network protocols for addressing or naming
    • H04L61/20Address allocation
    • H04L61/2084Address allocation involving portability aspects
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L29/00Arrangements, apparatus, circuits or systems, not covered by a single one of groups H04L1/00 - H04L27/00 contains provisionally no documents
    • H04L29/12Arrangements, apparatus, circuits or systems, not covered by a single one of groups H04L1/00 - H04L27/00 contains provisionally no documents characterised by the data terminal contains provisionally no documents
    • H04L29/12009Arrangements for addressing and naming in data networks
    • H04L29/12207Address allocation
    • H04L29/12311Address allocation involving portability aspects
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L45/00Routing or path finding of packets in data switching networks
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W40/00Communication routing or communication path finding
    • H04W40/24Connectivity information management, e.g. connectivity discovery or connectivity update
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W40/00Communication routing or communication path finding
    • H04W40/24Connectivity information management, e.g. connectivity discovery or connectivity update
    • H04W40/248Connectivity information update
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W40/00Communication routing or communication path finding
    • H04W40/34Modification of an existing route
    • H04W40/36Modification of an existing route due to handover
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W8/00Network data management
    • H04W8/02Processing of mobility data, e.g. registration information at HLR [Home Location Register] or VLR [Visitor Location Register]; Transfer of mobility data, e.g. between HLR, VLR or external networks
    • H04W8/08Mobility data transfer
    • H04W8/087Mobility data transfer for preserving data network PoA address despite hand-offs
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W8/00Network data management
    • H04W8/26Network addressing or numbering for mobility support
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W80/00Wireless network protocols or protocol adaptations to wireless operation, e.g. WAP [Wireless Application Protocol]
    • H04W80/04Network layer protocols, e.g. mobile IP [Internet Protocol]

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、通信処理システム、通信処理方法、および通信端末装置、データ転送制御装置、並びにプログラムに関する。 The present invention relates to a communication processing system, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and a program. さらに詳細には、移動する通信装置に対する改良されたアドレス設定および通信処理を実現する通信処理システム、通信処理方法、および通信端末装置、データ転送制御装置、並びにプログラムに関する。 More particularly, the communication processing system for implementing the improved addressing and communication processing for the communication device moving, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and a program.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
近年、携帯型のパーソナルコンピュータ、携帯電話などが普及し、多くのユーザがこれら通信機能、情報処理機能を有する小型の装置を携帯し、屋外であるいは移動先においてネットワークに接続してネットワークを介する通信を行なっている。 Recently, portable personal computers, mobile phones and spread, they communication function many users carry a small apparatus having an information processing function, communications over the network by connecting to a network outdoors or in the destination It is carried out.
【0003】 [0003]
このようないわゆるモバイルコンピューティング環境では、ネットワークに接続してサービスを受ける装置(ex.パーソナルコンピュータ)であるノードは移動することが前提となる。 In such so-called mobile computing environment, connected to a network obtain service device is (ex. A personal computer) node moves is a prerequisite. このようなノードはノード位置が変化しても継続して通信可能な状態を維持することが要請される。 Such nodes are requested that even node position is changed to maintain continuous and available for communication.
【0004】 [0004]
インターネットでは通信プロトコルとしてIP(InternetProtocol)が用いられている。 The Internet IP (Internet Protocol) is used as the communication protocol. 現在多く使用されているIPはIPv4であり、発信元/宛先として32ビットからなるアドレス(IPアドレス)が用いられている。 IP is currently widely used is the IPv4, addresses consist of 32 bits as the source / destination (IP address) is used. インターネット通信においては、32ビットIPアドレスを各発信元/宛先にユニークに割り当てるグローバルIPアドレスを採用し、IPアドレスに応じて、個々の発信元/宛先を判別している。 In Internet communications, a 32-bit IP address adopts a global IP address assigned uniquely to each source / destination, in accordance with the IP address, and to determine the individual source / destination. しかし、インターネットの世界は急速に広がりを見せており、IPv4の限られたアドレス空間、すなわちグローバルアドレスの枯渇が問題となってきている。 However, the Internet world has shown a rapid spread, address the limited space of IPv4, ie, depletion of global address has become a problem. これを解決するためにIETF(Internet Engineering Task Force)では、次世代IPアドレスとしてIPアドレス空間を32ビットから128ビットに拡張する新しいIPv6(Internet Protocol version 6)を提案している。 The IETF to solve this (Internet Engineering Task Force), have proposed a new IPv6 (Internet Protocol version 6) to extend the IP address space as the next generation IP address from 32 bits to 128 bits.
【0005】 [0005]
さらに、モバイルコンピューティング環境におけるノードの通信方法として、IETF(Internet Engineering Task Force)で提案しているMobil IPv6や、本特許出願人の提唱するLIN6などがある。 Further, as a method for a communication node in a mobile computing environment, Mobil IPv6 and proposed in IETF (Internet Engineering Task Force), and the like LIN6 proposed by the present applicant.
【0006】 [0006]
Mobil IPv6においては、ノードはホームアドレスおよび気付アドレス(Care of address)という2つのIPアドレスを有する。 In Mobil IPv6, a node has two IP addresses of the home address and care-of address (Care of address). 気付アドレスはノードの移動に伴って接続されているサブネットワークに対応して変化する。 Care-of address changes corresponding to the sub-network that is connected with the movement of the node. ホームアドレスはノードの移動に関わらず一定である。 Home address is constant regardless of the movement of the node. 通信相手のノードは、移動するノードのホームアドレスを指定することにより移動するノードの位置、すなわち接続されているサブネットワークの位置に関わらず移動ノードとの通信が可能となる。 Node of the communication partner, the position of the node moving by specifying the home address of the node to be moved, that is, communication with the mobile node regardless of the position of the sub-networks connected becomes possible.
【0007】 [0007]
この移動ノードとの通信を可能とする処理を実行するのがMobil IPv6におけるホームエージェントである。 To perform the processing to enable communication between the mobile node is a home agent in Mobil IPv6. ホームエージェントは、ノードのホームアドレスに対応するサブネットワークに接続されるノードであり、通信ノードが移動したとしき、移動したノードから新たな気付アドレスを含むバインディング(束縛)更新パケット(binding update packet)を受信してホームアドレス(不変)と気付アドレス(可変)の対応を記憶したバインディング・キャッシュ(binding cache)を更新する。 The home agent is a node connected to the sub-network corresponding to the nodes of the home address, Toshiki communication node moves, the binding including a new care-of-address from the mobile node (bound) update packet (binding update packet) receives updates home address (unchanged) and care-of address (variable) binding cache that stores the correspondence (binding cache). また、ホームエージェントは移動するノードのホームアドレス宛に対応する経路情報をネットワークにアナウンスする。 The home agent announces the routing information corresponding to the home address of the node to be moved to the network.
【0008】 [0008]
図1は気付アドレスの登録手順を説明する図である。 Figure 1 is a diagram for explaining the procedure for registering the care-of address. ノードである端末装置301が移動したとき、端末装置301は移動先のサブネットワークから気付アドレスを取得する。 When the terminal device 301 is a node moves, the terminal device 301 acquires a care-of address from the foreign subnetwork. 端末装置(移動ノード)301はホームアドレス、気付アドレス、および端末装置301の認証データを含むバインディング・アップデートパケットを生成してホームエージェント302に送信する。 The terminal device (mobile node) 301 transmits the home address, the care-of address, and a home agent 302 generates a binding update packet including authentication data of the terminal device 301.
【0009】 [0009]
図2はIPv6パケットのIPv6ヘッダのフォーマットを説明する図である。 Figure 2 is a diagram illustrating the format of an IPv6 header of the IPv6 packet. IPv6には図2に示すように4ビットのプロトコルバージョン、優先度を認識し区別するための8ビットのトラフィッククラス、通信中継装置としてのルータで特殊な操作実行を要求するパケットを識別するための20ビットのフローラベル等が配置され、パケットを送信したノードのアドレスである送信元アドレス、パケットを受信するアドレスである送信先アドレス、およびオプションである拡張ヘッダが配置される。 4-bit protocol version as shown in FIG. 2 for IPv6, the 8-bit for distinguishing recognize the priority traffic classes, for identifying a packet which requests a special operation executed by the router as a communication relay device is arranged 20-bit flow label such, the source address is the address of the node that sent the packet, the destination address is an address to receive packets, and optional a is extension header is placed.
【0010】 [0010]
図3は、IPv6アドレスのフォーマットを示す図である。 Figure 3 is a diagram showing a format of IPv6 addresses. IPv6アドレスの上位64ビットは経路情報であり、下位64ビットはノードが有するネットワークインタフェースをノードが接続しているサブネットワーク内で識別するためのインタフェース識別子である。 Upper 64 bits of the IPv6 address is the routing information, the lower 64 bits is an interface identifier for identifying within a subnetwork of a network interface having nodes node is connected. インタフェース識別子はサブネットワーク内で一意であり、インタフェース識別子としてMACアドレス等が利用される。 Interface identifier is unique within the subnetwork, MAC address or the like is used as an interface identifier.
【0011】 [0011]
図4は従来のバインディング・アップデートパケット(binding update packet)、をすなわち移動ノードからホームエージェントに対してノード移動情報を伝えるためのパケットを説明する図である。 Figure 4 is a diagram illustrating a packet for transmitting node movement information to the home agent a conventional binding update packet (binding update packet), i.e. from the mobile node. IPv6ヘッダの送信元アドレスには、端末装置301の気付アドレスが設定され、送信先アドレスには、ホームエージェントのアドレスが設定される。 The source address in the IPv6 header, the care-of address of the terminal device 301 is set, the destination address, the address of the home agent is set.
【0012】 [0012]
拡張ヘッダには送信先ヘッダとして端末装置301のホームアドレス、およびこのパケットがアップデート(更新)処理を要求することを示すデータが格納され、さらに認証ヘッダが格納される。 Home address of the terminal device 301 as the destination header in the extension headers, and the packet is stored data indicative of a request for updating (update) processing, further authentication header is stored.
【0013】 [0013]
図5は認証ヘッダを説明する図である。 Figure 5 is a view for explaining an authentication header. 認証ヘッダにはSPI(Security parameters Index)、シーケンスナンバー、および認証データなどが含まれる。 The Authentication Header SPI (Security parameters Index), sequence number, and include such as authentication data. ホームエージェント302は、図6に示すように送信先のアドレスおよび認証ヘッダのSPIを基にSA(Security Association)を判別して認証用の鍵、または暗号化方式などを決定する。 Home agent 302 determines and destination addresses and based on SPI Authentication Header SA (Security Association) the determination to key for authentication or encryption method, as shown in FIG.
【0014】 [0014]
ホームエージェント302はバインディング・アップデートパケットを受信すると認証データが正しいか否かを謹呈し、認証データが正しいと判定された場合、ホームエージェント302内のバインディングキャッシュに受信したバインディング・アップデートパケットに含まれている気付アドレスを登録する。 The home agent 302 Kintei whether whether the authentication data is correct to receive a binding update packet, if the authentication data is determined to be correct, is included in the binding update packet received in the binding cache in the home agent 302 to register a care-of address it is. ホームエージェント302は、ホームエージェント302内のバインディングキャッシュを更新し、端末装置301に応答パケットを送信する。 The home agent 302 updates the binding cache in the home agent 302 transmits a response packet to the terminal device 301.
【0015】 [0015]
次に、従来の端末装置303が移動する端末装置301にパケットを送信する手順について図7を参照して説明する。 Next, the conventional terminal apparatus 303 will be described with reference to FIG. 7 how to send a packet to the terminal device 301 to be moved. 端末装置303は端末装置301のホスト名を示してドメインネームサーバ(Domain Name Server)304に端末装置301のホームアドレスを問い合わせる。 Terminal device 303 to the domain name server (Domain Name Server) 304 indicates the host name of the terminal device 301 inquires the home address of the terminal device 301. ドメインネームサーバ304は、図8に示すようにホスト名とホームアドレスの対応付けを記憶しているので、ホスト名を基に端末装置301のホームアドレスをを検索して端末装置303に返答する。 Domain name server 304, because it stores a correspondence between a host name and home address as shown in FIG. 8, on the basis of the host name by searching the home address of the terminal device 301 responds to the terminal device 303. 端末装置303は送信先アドレスに端末装置301のホームアドレスを設定した図9に示すようなパケットを生成して送信する。 Terminal device 303 generates and transmits a packet as shown in FIG. 9 is set to the home address of the terminal device 301 to the destination address.
【0016】 [0016]
端末装置303が送信したパケットはホームエージェント302がネットワークに対してアナウンスしている経路情報により、ホームエージェント302に到達する。 Packet terminal device 303 is transmitted by the route information home agent 302 is announced to the network to reach the home agent 302. ホームエージェント302は図10に示すように受信したパケットにさらに送信先のアドレスに端末装置301の気付アドレスを設定したIPv6ヘッダを追加(カプセル化)して送信する。 The home agent 302 adds an IPv6 header set further care-of-address of the terminal device 301 to the destination address in the received packet as shown in FIG. 10 (encapsulation) and transmits. このパケットは通常の経路制御に従い、端末装置301に到達する。 This packet follows the normal path control, to reach the terminal apparatus 301. 端末装置301は受信したパケットからホームエージェント302が付加したIPv6ヘッダを取り除いて元のパケットを取得する。 Terminal device 301 acquires the original packet remove the IPv6 header is the home agent 302 from the received packet has been added.
【0017】 [0017]
端末装置301は認証ヘッダおよび端末装置301の気付アドレスを含んだバインディング・アップデートパケットを生成して端末装置303に送信し、端末装置301の気付アドレスを端末装置303に通知する。 Terminal device 301 transmits to the terminal device 303 generates a binding update packet including the care-of address of the authentication header and the terminal device 301, and notifies the care-of-address of the terminal device 301 to the terminal device 303. 端末装置303はバインディング・アップデートパケットを受信すると認証データを検査して正しいと判定した場合、バインディングキャッシュに端末装置301の気付アドレスを登録する。 If the terminal device 303 that is determined to be correct by checking the authentication data and receives the binding update packet, registers the care-of address of the terminal device 301 in the binding cache. 端末装置303は登録後、端末装置301に確認応答パケットを送信する。 Terminal device 303 after the registration, transmits an acknowledgment packet to the terminal device 301.
【0018】 [0018]
端末装置301から端末装置303へ送信されるパケットは図11に示すように送信元アドレスとして端末装置301の気付アドレスが設定され、ホームアドレスは拡張ヘッダの宛先オプションヘッダ(destination options header)に格納される。 Packet transmitted from the terminal device 301 to the terminal device 303 is set care-of-address of the terminal device 301 as the source address, as shown in FIG. 11, the home address is stored in the destination option header of the extension header (destination options header) that. このパケットは最適経路を経由して端末装置303に到達する。 The packet reaches the terminal device 303 via the optimum path.
【0019】 [0019]
バインディング・アップデートパケットを受信したあと、端末装置303が端末装置301に送信するパケットは図12に示すようにルーティングヘッダ(routing header)が付加され、最適な経路で端末装置301に到達する。 After receiving the binding update packet, a packet terminal device 303 transmits to the terminal device 301 routing header (routing header) as shown in FIG. 12 is added, to reach the terminal device 301 in the optimum route.
【0020】 [0020]
この状態で端末装置301が移動すると、端末装置301は、新しい気付アドレスを端末装置303およびホームエージェント302に送信する。 When terminal device 301 is moved in this state, the terminal device 301 transmits a new care-of address to the terminal device 303 and the home agent 302. 新しい気付アドレスを受信した端末装置303は、ホームエージェント302と同様に端末装置301のホームアドレストと気付アドレスとの対応をバインディングキャッシュとして保持する。 Terminal device 303 which has received a new care-of address holds similarly to the home agent 302 the correspondence between the home address bets and the care-of address of the terminal device 301 as a binding cache. 端末装置301は、ホームエージェント302および端末装置303に対して定期的にバインディング・アップデートパケットを送信し、端末装置303にバインディングキャッシュの更新処理を実行させる。 Terminal 301 periodically transmits a binding update packet to the home agent 302 and the terminal device 303 to execute the update processing of the binding cache to the terminal device 303.
【0021】 [0021]
端末装置301が移動したときの動作を図13を参照して説明する。 Operation will be described with reference to FIG. 13 when the terminal device 301 has moved. 端末装置301は、移動先のサブネットワークから気付アドレスを取得する。 Terminal device 301 acquires a care-of address from the foreign subnetwork. 端末装置301は、図14に示す端末装置301のホームアドレスなどを含んだバインディング・アップデートパケットを生成して、端末装置303に送信する。 Terminal device 301 generates a binding update packet including such as a home address of the terminal device 301 shown in FIG. 14, to the terminal apparatus 303. 端末装置303はバインディング・アップデートパケットを受信するとバインディング・アップデートパケットに格納されている認証データが正しいか否かを判定して、認証データが正しいと判定された場合、バインディング・アップデートパケットに格納されている端末装置301の気付アドレスをバインディングキャッシュに登録する。 Terminal device 303 determines whether the correct authentication data stored in the binding update packet when receiving the binding update packet, if it is determined that the authentication data is correct, is stored in the binding update packet It registers the care-of address of the are the terminal device 301 in the binding cache. 端末装置303は、登録処理後、端末装置301に確認応答パケットを送信する。 Terminal device 303, after the registration process, and transmits an acknowledgment packet to the terminal device 301.
【0022】 [0022]
端末装置301は、図15に示す端末装置301のホームアドレス等を含んだバインディング・アップデートパケットを生成し、ホームエージェント302に送信する。 Terminal device 301 generates a binding update packet including the home address of the terminal device 301 shown in FIG. 15, and transmits to the home agent 302. ホームエージェント302はバインディング・アップデートパケットを受信すると、バインディング・アップデートパケットに格納されている認証データが正しいか否かを判定し、認証データが正しいと判定された場合、バインディング・アップデートパケットに格納されている端末装置301の気付アドレスをバインディングキャッシュに登録する。 When the home agent 302 receives the binding update packet, determines whether or not the authentication data stored in the binding update packet is correct, if it is determined that the authentication data is correct, it is stored in the binding update packet It registers the care-of address of the are the terminal device 301 in the binding cache. ホームエージェント302は、登録処理後、端末装置301に確認応答パケットを送信する。 Home agent 302, after the registration process, and transmits an acknowledgment packet to the terminal device 301.
【0023】 [0023]
また、本出願人は、特願2000−5560号においてMobile IPv6と異なる手法(LIN6)を提案した。 The present applicant has proposed a different approach (LIN6) and Mobile IPv6 in Japanese Patent Application No. 2000-5560. 特願2000−5560号に開示した一実施例の手法は、ドメインネームサーバに移動ノードのマッピングエージェントのアドレスとノード識別子を登録設定する。 Method of one embodiment disclosed in Japanese Patent Application No. 2000-5560 registers set the mapping agent address and the node identifier of the mobile node is a domain name server. マッピングエージェントは移動ノードの移動情報を受信して、移動ノードのノード識別子に対応する現在位置指示子の更新処理を行なう。 Mapping agent receives the movement information of the mobile node, corresponding to the node identifier of the mobile node performs update processing of the current position indicator. 現在位置指示子は、移動ノードの移動に伴い更新される位置指示子である。 Current position indicator is a position indicator, which is updated in accordance with the movement of the mobile node.
【0024】 [0024]
移動ノードとの通信を行なおうとする端末装置は、ドメインネームサーバに対して移動ノードのホスト名に基づく問い合わせを実行し、ドメインネームサーバは移動ノードのマッピングエージェントのアドレスとノード識別子とを端末装置に伝える。 Terminal device wishing to make a communication with a mobile node performs a query based on the host name of the mobile node to the domain name server, a domain name server terminal apparatus an address and a node identifier mapping agents of the mobile node tell. 端末装置は、マッピングエージェントに対してノード識別子を問い合わせ、ノードの現在位置指示子を取得し、取得した現在位置指示子と移動ノードのノード識別子に基づくIPv6アドレスを構成して送信する。 Terminal inquires the node identifier to the mapping agent, it acquires the current position indicator of the node, and transmits the configure IPv6 address based on the node identifier of the acquired current position indicator mobile node.
【0025】 [0025]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、従来のMobile IPv6、あるいは上記した特願2000−5560号の手法のいずれにおいても、移動ノードは、少なくともホームエージェントに対してノードの移動情報を定期的にあるいはサブネットワーク間の移動に際して送信する処理を実行することが要請される。 However, the conventional Mobile IPv6, or in any of the methods of Japanese Patent Application No. 2000-5560 described above, the mobile node transmits during movement between periodically or subnetwork movement information of the node to at least the home agent It is requested to execute processing.
【0026】 [0026]
また、Mobile IPv6、あるいは上記した特願2000−5560号の手法のいずれにおいても、ネットワークプレフィックスベース(network prefix(IPv6 addressの上位64bit)base)でのIP層での移動のサポートは実現しているが、頻繁に端末が移動する場合、短時間で移動先へのデータパケット受け渡しすなわちハンドオフ(hand-off)が実現できない。 Furthermore, Mobile IPv6, or in any of the above-mentioned Japanese Patent Application 2000-5560 No. approach, support the movement of the IP layer of the network prefix based (network prefix (IPv6 address of the upper 64bit) base) is realized but frequently when a terminal moves, the data packets passing i.e. handoff to the destination (hand-off) can not be realized in a short time.
【0027】 [0027]
また、ホストベースによるIP層での移動をサポートすることにより、より高速に移動先へのハンドオフ(hand-off)を実現する構成が提案されているが、本構成によると各端末の経路にかかわるすべてのルータ(router)がホストベース(host base)の情報、すなわちルーティングテーブルを保持することが要求され、接続される端末が増えてくるとその情報量が大きくなり、スケーラビリティが悪くなり、高速移動サポートが機能しなくなる。 Also, by supporting the movement of the IP layer by the host-based, but configured for implementing a handoff (hand-off) to the destination faster it has been proposed, according to the route of each terminal According to the present configuration information of all routers (: router) is host-based (host base), i.e. is required to maintain a routing table, the terminal to be connected come when the information amount increases with increasing the scalability is poor, high-speed movement support does not function.
【0028】 [0028]
本発明は、上述の点を鑑みてなされたものであり、Mobile IPv6等において必要としていたノードがサブネット間を移動するたびの位置変更通知処理を削減し、ネットワークに対する負荷を軽減する構成を実現する。 The present invention has been made in view of the points described above, to reduce the position change notification process each time a node which has been required in Mobile IPv6, etc. moves between subnets, to realize a configuration to reduce the load on the network .
【0029】 [0029]
さらに、本発明は、端末が頻繁にサブネット(subnet)間もしくはノード(node)間を移動する環境において、IP層での移動を実現したいネットワーク(network(ex. Radio Access Network))の構成において、プレフィックスベース(prefix base)に従うルーティングプロトコル(routing protocol)及び、ホストベース(host base)に従うルーティングプロトコル(routing protocol)の2つの異なるルーティングプロトコル(routing protocol)で通信領域(Network area)を2つに階層化することにより、それぞれの長所を引き出してスケーラビリティと高速なハンドオフ(hand-off)を実現する改良された通信処理システム、通信処理方法、および通信端末装置、データ転送制御装置、並びにプログラムを提供することを目的とする。 Furthermore, the present invention is, in an environment where the terminal frequently moves between subnets (subnet) or between the node (node), in the configuration of the network you want to achieve movement of the IP layer (network (ex. Radio Access Network)), prefix-based routing protocol (routing protocol) according to (prefix base) and host-based (host base) in the routing protocol (routing protocol) for two different routing protocols (routing protocol) hierarchical communication area (Network area) into two according by reduction, improved communication processing system, communication processing method pull their advantages scalability and fast handoff (hand-off), and the communication terminal device, the data transfer control device, as well as program and an object thereof.
【0030】 [0030]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明の第1の側面は、 The first aspect of the present invention,
移動端末が接続可能な1以上のサブネットワークを含むドメイン内において、アドレスを構成するプレフィックスとして各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックス(PNP)とは異なるネットワークプレフィックスとして移動型の通信端末装置である移動端末用の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)を設定し、 In the domain where the mobile terminal comprises one or more sub-networks that can be connected, in mobile communication terminal device as a different network prefix is ​​a physical network prefix associated with each sub-network as a prefix to configure an address (PNP) set the virtual network prefix for a mobile terminal (VNP),
前記ドメイン内に、プレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)を上位とし、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)を下位とした階層化ネットワーク構成を形成したことを特徴とする通信処理システムにある。 The domain, and an upper pseudo micro mobility network (QMMN) that performs routing processing of prefix-based, in addition to the routing prefix-based, and can execute routing processing for host-based for the mobile terminal addressed to the packet in communication processing system characterized by the formation of the lower and the hierarchical network configuration true micro mobility network (PMMN).
【0057】 [0057]
さらに、本発明の第2の側面は、 Further, a second aspect of the present invention,
移動端末が接続可能な1以上のサブネットワークを含むドメイン内において、アドレスを構成するプレフィックスとして各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックス(PNP)とは異なるネットワークプレフィックスとして移動型の通信端末装置である移動端末用の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)を設定し、 In the domain where the mobile terminal comprises one or more sub-networks that can be connected, in mobile communication terminal device as a different network prefix is ​​a physical network prefix associated with each sub-network as a prefix to configure an address (PNP) set the virtual network prefix for a mobile terminal (VNP),
前記ドメイン内に、プレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)を上位とし、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)を下位とした階層化ネットワークを介してルーティングを実行することを特徴とする通信処理方法にある。 The domain, and an upper pseudo micro mobility network (QMMN) that performs routing processing of prefix-based, in addition to the routing prefix-based, and can execute routing processing for host-based for the mobile terminal addressed to the packet in communication processing method comprising performing a routing through a hierarchy of networks with lower true micro mobility network (PMMN).
【0084】 [0084]
さらに、本発明の第3の側面は、 Furthermore, a third aspect of the present invention,
ネットワークを介した通信を実行する通信端末装置において、 A communication terminal apparatus for performing communication via the network,
1以上のサブネットワークによって構成されるドメイン内の各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックスと、移動端末用の仮想ネットワークプレフィックスを含むルータからの情報報告としてのルータ通知を受信し、受信したルータ通知から取得する仮想ネットワークプレフィックスと通信端末装置の識別子に基づくアドレス設定処理を実行する構成を有し、現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた旧移動端末アドレス、および、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を生成し、接続サブネットのアクセスルータに対して送信する処理を実行する構成を有 Receiving the physical network prefix associated with each subnetwork in the domain constituted by one or more sub-networks, the router advertisement as information report from the router including a virtual network prefix for the mobile terminal, the received router has a configuration for executing the virtual network prefix and the communication terminal device identifier address setting process based on the acquired from the notification, the old mobile terminal that has been set and the address for the current mobile terminal, the mobile terminal before the subnet moving address and executes a process to generate the old physical network prefix corresponding to the subnet before movement true micro registration request message storing the (old-PNP) (PMR-RM), and transmits to the access router connected subnets have a structure in which ることを特徴とする通信端末装置にある。 In the communication terminal apparatus according to claim Rukoto.
【0085】 [0085]
さらに、本発明の通信端末装置の一実施態様において、前記通信端末装置は、前記ドメイン内または異なるドメインのサブネット間を移動した際にルータから受信するルータ通知内に含まれる仮想ネットワークプレフィックスの値と、移動前の旧サブネットで使用していたアドレスに含まれる仮想または物理ネットワークプレフィックスの値を比較し、異なる場合にのみ受信したルータ通知内に含まれる仮想ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行する構成であることを特徴とする。 In the communication terminal apparatus of the present invention, the communication terminal apparatus, a value of the virtual network prefix included in the router advertisement received from the router when you move between subnets in the domain or in different domains compares the values ​​of the virtual or physical network prefix included in the address used in the old subnet before movement, perform address generation processing based on the virtual network prefix included only in the received router advertisement when different configurations and characterized in that.
【0086】 [0086]
さらに、本発明の通信端末装置の一実施態様において、前記通信端末装置は、前記ルータ通知内に仮想ネットワークプレフィックスの値が含まれず、物理ネットワークプレフィックスの値が含まれる場合は、受信したルータ通知内に含まれる物理ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行する構成であることを特徴とする。 In the communication terminal apparatus of the present invention, the communication terminal device, the not contain the value of the virtual network prefix in the router advertisement, if it contains the value of the physical network prefix received router advertisement in characterized in that it is configured to perform address generation processing based on the physical network prefix contained.
【0087】 [0087]
さらに、本発明の通信端末装置の一実施態様において、前記通信端末装置は、移動端末に対する現在のアドレスの重複検査結果を格納した真マイクロ登録確認(PMR−Ack)メッセージを受信し、前記真マイクロ登録確認(PMR−Ack)メッセージに基づいて、アドレス重複が確認された場合、新たなインタフェースIDに基づく新たなアドレスを現在の移動端末に対するアドレスとして再設定した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を生成して前記アクセスルータに対して送信する処理を実行する構成であることを特徴とする。 In the communication terminal apparatus of the present invention, the communication terminal apparatus receives the current true micro registration confirmation to duplicate test results stored in the address (PMR-Ack) message to the mobile terminal, said true micro registration confirmation based on (PMR-Ack) message, if the address duplication is confirmed, the new true micro registration reconfigure the new address based on the interface ID as an address for the current mobile terminal request message (PMR-RM) characterized in that it is a product to configured to perform processing to be transmitted to the access router.
【0088】 [0088]
さらに、本発明の通信端末装置の一実施態様において、前記通信端末装置は、前記アクセスルータからの情報報告として、移動端末へルーティングを行うためのキャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)の保持時間の設定許容範囲データを格納したルータ通知(Router Advertisement)を受信し、受信ルータ通知(Router Advertisement)内のキャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)の保持時間の設定許容範囲データに従って、各キャッシュの保持時間を設定し、設定値を前記キャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)に対応するルーティングアップデートメッセージ、または前記真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)、または現在の端末に対するアドレスとシーケンスナンバー、ページングアップ In the communication terminal apparatus of the present invention, the communication terminal apparatus as the information reported from the access router, the holding cache for routing to the mobile terminal (Paging Cache or Routing Cache or Mapping Cache) receiving a router advertisement that contains the set allowable range data time (router Advertisement), in accordance with the set allowable range data retention time of the received router advertisement (router Advertisement) in the cache (Paging cache or Routing cache or Mapping cache), each set the cache retention time, routing update message corresponding to the setting value in the cache (Paging cache or routing cache or Mapping cache) or said true micro registration request message (PMR-RM),, or the address for the current terminal sequence number, paging up デート(更新)インターバルタイムを格納したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)に格納する処理を実行する構成であることを特徴とする。 Characterized in that it is configured to perform a date (update) processing for storing the paging update message (Paging Update Message) which stores interval time.
【0089】 [0089]
さらに、本発明の通信端末装置の一実施態様において、前記通信端末装置は、アイドル(idle)状態の移動端末に対するページング要求メッセージ(Paging Request Message)を受信し、受信ページング要求メッセージ(Paging Request Message)に自己のアドレスが格納されている場合に、現端末アドレスを格納したメッセージ(ルーティングアップデートメッセージ)を生成して接続サブネットのアクセスルヘータに送信する処理を実行する構成であることを特徴とする。 In the communication terminal apparatus of the present invention, the communication terminal apparatus, the idle receives a paging request message (Paging Request Message) to the mobile terminal (idle) state, the received paging request message (Paging Request Message) characterized in that when its own address is stored, is configured to perform processing of transmitting the access Le Heta connection subnet generates a message storing the current terminal address (routing update message) to.
【0090】 [0090]
さらに、本発明の通信端末装置の一実施態様において、前記通信端末装置は、通信状態から待機状態への移行時に、現在の端末に対するアドレスとシーケンスナンバー、ページングアップデート(更新)インターバルタイムを格納したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を生成して接続サブネットのアクセスルヘータに送信する処理を実行する構成であることを特徴とする。 Further, the paging in an embodiment of the communication terminal apparatus of the present invention, the communication terminal apparatus, the time of the transition from the communication state to the standby state, and the storage address and the sequence number for the current terminals, the paging update (Update) interval time wherein the update message (Paging update message) generated by a is configured to perform processing of transmitting the access Le Heta connection subnet.
【0091】 [0091]
さらに本発明の第4の側面は、 Furthermore fourth aspect of the present invention,
ネットワークを介するデータ転送制御を実行するデータ転送制御装置であり、アドレス設定処理を実行する移動端末に対して、前記移動端末の接続したサブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックス(PNP)と、該物理ネットワークプレフィックス(PNP)とは異なるネットワークプレフィックスとして移動端末用の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)とを格納したルータからの情報報告としてのルータ通知を実行する構成を有することを特徴とするデータ転送制御装置にある。 A data transfer control device that performs data transfer control over the network, and the mobile terminal to perform the address setting process, a physical network prefix associated with the subnetwork connection of the mobile terminal (PNP), the the data transfer control device characterized by having a configuration for executing a router advertisement as information reported from the router that stores the virtual network prefix for the mobile terminal as a different network prefix (VNP) and the physical network prefix (PNP) It is in.
【0092】 [0092]
さらに、本発明のデータ転送制御装置の一実施態様において、前記データ転送制御装置は、移動端末の生成した現移動端末アドレスを格納したメッセージ(ルーティングアップデートメッセージ)の受信に応じて、移動端末に対するルーティング処理用データを格納したルーティングキャッシュの作成または更新処理を実行する構成であることを特徴とする。 Further, in an embodiment of the data transfer control device of the present invention, the data transfer control device, in response to receiving the message containing the current mobile terminal address generated for the mobile terminal (routing update message), the routing for the mobile terminal characterized in that it is configured to perform a creation or updating process of the routing cache for storing the processing data.
【0093】 [0093]
さらに、本発明のデータ転送制御装置の一実施態様において、前記データ転送制御装置は、上位のデータ転送制御装置からの現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納したルーティングティアダウンメッセージの受信に応じて前記移動端末の移動前のルーティング情報を格納したルーティングキャッシュの削除処理を実行する構成であることを特徴とする。 Further, in an embodiment of the data transfer control device of the present invention, the data transfer control device, the address for the current mobile terminal from the data transfer control device of the upper, are set to the mobile terminal before the subnet moving and, executes a process of deleting the routing cache that stores routing information before the movement of the mobile terminal in response to receiving the routing tear-down message storing the old physical network prefix (old-PNP) corresponding to the subnet before movement characterized in that it is a structure.
【0094】 [0094]
さらに、本発明のデータ転送制御装置の一実施態様において、前記データ転送制御装置は、移動端末から、現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた旧移動端末アドレス、および、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を受信し、前記真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を、プレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)と、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)との Further, in an embodiment of the data transfer control device of the present invention, the data transfer control device, a mobile terminal, the address for the current mobile terminal, the former mobile terminal that has been set to the mobile terminal before the subnet moving address, and receives the old physical network prefix corresponding to the subnet before movement true micro registration request message storing the (old-PNP) (PMR-RM), said true micro registration request message (PMR-RM), pseudo micro mobility network performs routing processing of prefix-based (QMMN), in addition to the routing prefix-based, true micro mobility network that can execute the routing process of the host-based to mobile terminals destined packet (PMMN) and 界に位置する真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)にそのまま転送する処理を実行する構成を有することを特徴とする。 It characterized by having a configuration that performs processing as transferred to true micro gateway router (PMGR) located to the field.
【0095】 [0095]
さらに、本発明のデータ転送制御装置の一実施態様において、前記データ転送制御装置は、 前記真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)の生成した現在の移動端末に重複するアドレスが登録済みか否かの判定結果を格納した真マイクロ登録確認(PMR−Ack)メッセージを受信すると、前記移動端末へ転送する処理を実行する構成を有することを特徴とする。 Further, in an embodiment of the data transfer control device of the present invention, the data transfer control device, said true micro gateway router (PMGR) generated address duplicate to the mobile terminal of the current results determined whether registered or Upon receiving a true micro registration acknowledgment (PMR-Ack) message storing the characterized by having a configuration for executing processing of transferring to the mobile terminal.
【0096】 [0096]
さらに、本発明のデータ転送制御装置の一実施態様において、前記データ転送制御装置は、ルーティングを行うためのキャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)の保持時間の設定許容範囲データを格納したルータからの情報報告としてのルータ通知(Router Advertisement)を生成して移動端末に送信する構成を有することを特徴とする。 Further, a router in an embodiment of the data transfer control device of the present invention, the data transfer control device, storing the set allowable range data retention time of a cache for routing (Paging Cache or Routing Cache or Mapping Cache) generating a router advertisement as information report from (router Advertisement) to be characterized by having a structure to be transmitted to the mobile terminal.
【0097】 [0097]
さらに、本発明のデータ転送制御装置の一実施態様において、前記データ転送制御装置は、前記移動端末から、現在の移動端末に対するアドレスとシーケンスナンバー、ページングアップデート(更新)インターバルタイムを格納したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を受信し、該受信ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)をプレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)と、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)との境界に位置する真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)にそのまま転送する Further, in an embodiment of the data transfer control device of the present invention, the data transfer control device, from said mobile terminal, address and sequence number for the current mobile terminal, paging update message containing the paging update (Update) interval time receive (paging update message), the received paging update message (paging update message) and quasi-micro mobility network performs routing processing of prefix-based (QMMN), in addition to the routing prefix-based, the packets destined mobile terminal directly transferred to true micro gateway router (PMGR) located at the boundary between the true micro mobility network (PMMN) that can execute the routing process of the host-based for 理を実行する構成を有することを特徴とする。 And having a structure to perform the management.
【0098】 [0098]
さらに、本発明のデータ転送制御装置の一実施態様において、前記データ転送制御装置は、アイドル(idle)状態の移動端末に対するページング要求メッセージ(Paging Request Message)を受信し、受信したページング要求メッセージ(Paging Request Message)を下流サブネットへブロードキャスト(Broadcast)する処理を実行する構成を有することを特徴とする。 Further, in an embodiment of the data transfer control device of the present invention, the data transfer control device, an idle (idle) receives a paging request message for state mobile terminal (Paging Request Message), a paging request message received (Paging and having a structure for executing the Request Message) process to broadcast (broadcast) to a downstream subnets.
【0111】 [0111]
さらに、本発明の第17の側面は、 Further, seventeenth aspect of the present invention,
ネットワークを介する通信処理をコンピュータ・システム上で実行せしめるプログラムであって、前記プログラムは、 A program allowed to execute communication processing through a network on a computer system, said program,
1以上のサブネットワークによって構成されるドメイン内の各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックスと、移動端末用の仮想ネットワークプレフィックスを含むルータからの情報報告としてのルータ通知を受信するステップと、 Receiving 1 and more physical network prefix associated with each subnetwork in the domain constituted by subnetworks, the router advertisement as information report from the router including a virtual network prefix for the mobile terminal,
受信したルータ通知から取得する仮想ネットワークプレフィックスと通信端末装置の識別子に基づくアドレス設定処理を実行するステップと、 And performing an address setting process based on the identifier of the virtual network prefix and the communication terminal device obtained from the received router advertisement,
現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた旧移動端末アドレス、および、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を生成し、接続サブネットのルータに対して送信するステップと、 An address for the current mobile terminal, the former mobile terminal address has been set to the mobile terminal before the subnet moving, and, true micro registration storing the old physical network prefix (Old-PNP) corresponding to the subnet before movement a step of generating a request message (PMR-RM), and transmits to the router connection subnet,
を有することを特徴とするプログラムにある。 In the program, characterized in that it comprises a.
【0112】 [0112]
さらに、本発明の第18の側面は、 Further, eighteenth aspect of the present invention,
ネットワークを介する通信処理をコンピュータ・システム上で実行せしめるプログラムであって、前記プログラムは、 A program allowed to execute communication processing through a network on a computer system, said program,
サブネット間を移動した際にルータから受信するルータ通知内に含まれる移動端末用アドレス構成データとしての仮想ネットワークプレフィックスの値と、移動前の旧サブネットで使用していたアドレスに含まれる仮想ネットワークプレフィックスまたは旧サブネットワークに対応付けられたアドレス構成データとしての物理ネットワークプレフィックスの値を比較するステップと、 The value of the virtual network prefix as the mobile terminal address configuration data included in the router advertisement received from the router when moves between subnets, virtual network prefix included in the address used in the old subnet before movement or comparing the value of the physical network prefix as the address configuration data associated with the old sub-network,
前記比較において、両値が異なる場合にのみ受信したルータ通知内に含まれる仮想ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行するステップと、 In the comparison, and performing an address generation processing based on the virtual network prefix both values ​​are included only in the received router advertisement if different,
を有することを特徴とするプログラムにある。 In the program, characterized in that it comprises a.
【0113】 [0113]
さらに、本発明の第19の側面は、 Further, nineteenth aspect of the present invention,
ネットワークを介する通信処理をコンピュータ・システム上で実行せしめるプログラムであって、前記プログラムは、 A program allowed to execute communication processing through a network on a computer system, said program,
サブネット間を移動した際にルータから受信するルータ通知内に移動端末用アドレス構成データとしての仮想ネットワークプレフィックスの値が含まれるか否かを判定するステップと、 Determining whether or not includes a value of the virtual network prefix as the mobile terminal address configuration data in a router advertisement received from the router when moves between subnets,
前記ルータ通知に仮想ネットワークプレフィックスの値が含まれず、接続したサブネットワークに対応付けられたアドレス構成データとしての物理ネットワークプレフィックスの値が含まれる場合は、受信したルータ通知内に含まれる物理ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行するステップと、を有することを特徴とするプログラムにある。 The router advertisement without contains the value of the virtual network prefix, if it contains the value of the physical network prefix as the address configuration data associated with the subnetwork connection to a physical network prefix contained in the received router in notification in the program, characterized in that it comprises the steps of performing an address generation process based, a.
【0123】 [0123]
さらに、本発明の第29の側面は、 Furthermore, the 29 aspect of the present invention,
移動端末が接続可能な1以上のサブネットワークを含むドメイン内のデータ転送制御装置において、ネットワークを介する通信処理をコンピュータ・システム上で実行せしめるプログラムであって、前記プログラムは、 In the data transfer control device in a domain containing the mobile terminal 1 or more sub-networks that can be connected, a program allowed to execute communication processing through a network on a computer system, said program,
アイドル(idle)状態の移動端末に対するページング要求メッセージ(Paging Request Message)を受信するステップと、 Receiving a paging request message (Paging Request Message) to the mobile terminal in the idle (idle) state,
受信したページング要求メッセージ(Paging Request Message)を下流ルータへブロードキャスト(Broadcast)する処理を実行するステップと、 And executing processing for broadcast (Broadcast) received paging request message (Paging Request Message) to the downstream router,
を有することを特徴とするプログラムにある。 In the program, characterized in that it comprises a.
【0136】 [0136]
なお、本発明のプログラムは、例えば、様々なプログラム・コードを実行可能な汎用コンピュータ・システムに対して、コンピュータ可読な形式で提供する記憶媒体、通信媒体によって提供されるコンピュータ・プログラムである。 The program of the present invention is, for example, a computer program is provided for various program codes capable of performing general purpose computer system, the storage medium for providing a computer-readable format, a communication medium.
【0137】 [0137]
このようなプログラムをコンピュータ可読な形式で提供することにより、コンピュータ・システム上でプログラムに応じた処理が実現される。 By providing such a program in a computer-readable format, processing corresponding to the program is realized on the computer system. コンピュータ・プログラムをコンピュータ・システムにインストールすることによって、コンピュータ・システム上では協働的作用が発揮され、本発明の他の側面と同様の作用効果を得ることができるのである。 By installing the computer program in the computer system, cooperative operation on the computer system is exhibited, it is possible to obtain the same effect as other aspects of the present invention.
【0138】 [0138]
本発明のさらに他の目的、特徴や利点は、後述する本発明の実施例や添付する図面に基づくより詳細な説明によって明らかになるであろう。 Further objects, features, and advantages of the present invention will become apparent from more detailed description based on embodiments of the invention and the accompanying drawings described below.
【0139】 [0139]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明の通信処理システム、および通信処理方法が適用されるネットワーク構成例を図16に示す。 An example of a network configuration in which a communication processing system and communication processing method of the present invention is applied is shown in FIG. 16. ネットワークを構成するノードはIPv6アドレスを基に通信を実行する。 Nodes in the network performs communication based on IPv6 addresses.
【0140】 [0140]
IPv6アドレスは図17に示すように128ビット構成であり、下位64ビットがインターネットまたはサブネット上でノードを一意に識別するためのノード識別子としてのインタフェースID(Interface ID)であり、上位64ビットがノードが接続しているサブネットワークを示す位置指示子としてのネットワークプレフィックス(Network Prefix)である。 IPv6 addresses are 128-bit configuration as shown in FIG. 17, lower 64 bits are the interface ID of the node identifier for uniquely identifying a node on the Internet or subnet (Interface ID), the upper 64 bits are node There is a network prefix (network prefix) as a position indicator indicating a sub-network connected. 従って、基本的に同一のサブネットワークに属する端末装置は、IPv6アドレスの上位64ビットの示すネットワークプレフィックス(Network Prefix)が同一なものとなる。 Therefore, the terminal apparatus belonging to the essentially the same sub-network, the network prefix (Network Prefix) is assumed identical indicated by the upper 64 bits of the IPv6 address.
【0141】 [0141]
図16の構成においてマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9は、複数のサブネットワークで構成されているドメインである。 Micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 in the configuration of FIG. 16 is a domain that is constituted by a plurality of sub-networks. ここで、ドメインとは複数のサブネットワークの集合である。 Here, the domain is a set of a plurality of sub-networks. まずマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内の最上位に疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11が存在し、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11の下位に真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2が存在し、さらに真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1、8−2の下位にサブネットワーク(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4が存在する構成となっている。 First micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) Pseudo micro mobility network on top of the 9 (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11 is present, pseudo micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN) ) 11 lower true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) 8-1,8-2 exists, further true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) 8-1,8 subnetwork (Subnet) 2-1, 2-2, 2-3 and 2-4 has a configuration in which exist beneath -2.
【0142】 [0142]
移動端末(MN)1は、各サブネットワーク(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4に接続して、例えばマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9外のグローバルインターネット13に接続された通信相手ノード(CN: Correspondent Node)14との通信を行なう。 Mobile terminal (MN) 1 is connected to each sub-network (Subnet) 2-1, 2-2, 2-3 and 2-4, for example, micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 outside global correspondent node connected to the Internet 13 (CN: Correspondent node) communicates with the 14.
【0143】 [0143]
なお、図においては、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内に、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2を2つ、サブネットワーク(Subnet)(以下サブネットと呼ぶ)を4つ存在する構成例を示しているが、これらの数は図に示す数に限定されるものではなく、任意の数のネットワークを接続可能である。 In the figure, the micro-mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9, two true micro-mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1,8-2, subnetwork (Subnet ) (it shows a configuration example of existing hereinafter referred to as a subnet) four, but these numbers are not intended to be limited to the number shown in the figure, can be connected to any number of network.
【0144】 [0144]
マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内の疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2、サブネット(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4の相互間および各ネット内はルータによって接続されている。 Micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) Pseudo micro mobility network within 9 (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11, a true micro-mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1,8- 2, subnet (subnet) 2-1, 2-2, 2-3 and 2-4 each other and within each net are connected by routers.
【0145】 [0145]
図16の構成において、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9を構成するサブネット(Subnet)が、例えば3ffe:501:100c:0000::/64 〜 3ffe:501:100c:ffff::/64の範囲のネットワークプレフィックスを割り当てられている場合、これらのサブネットワークを含むマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9は、例えば3ffe:501:100c::/48というアドレス空間を割り当てられたドメインとして定義される。 In the configuration of FIG. 16, the subnet constituting the micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 (Subnet) is, for example 3ffe: 501: 100c: 0000 :: / 64 ~ 3ffe: 501: 100c: ffff :: / if assigned a 64 range of the network prefix, micro mobility network (micro mobility network (MMN)) 9 containing these subnetworks, for example 3ffe: 501: that 100c :: / 48 assigned address space It is defined as a domain.
【0146】 [0146]
通常、ネットワークプレフィックスは、サブネット単位に割り当てられ、端末装置としてのノード(ホスト)(例えば図16のノード(MN)1)があるサブネットに接続すると、ノード(ホスト)は、そのサブネットに割り当てられているネットワークプレフィックスを用いてアドレス設定処理としてステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration, RFC2462)を行う。 Usually, the network prefix is ​​allocated to each subnet to connect to subnet where the node (host) (e.g., nodes of FIG 16 (MN) 1) as a terminal device, the node (host) is assigned to the subnet performing stateless autoconfiguration (stateless auto Configuration, RFC2462) as an address setting process using the network prefix are. すなわち、ノード(ホスト)は、ローカルに自分自身で生成可能な情報としてのインタフェース識別子と、ルータから通知される情報としてのネットワークプレフィックスによりIPv6アドレスの生成処理を実行する。 That is, the node (host) executes an interface identifier as can be generated information on its own locally, the process of generating the IPv6 address by the network prefix of the information notified from the router. 前述したようにIPv6アドレスはネットワークプレフィックスとインタフェース識別子とからなり、通信を実行するノードとしてのホストは、ステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration, RFC2462)により自分自身のアドレスを設定する。 IPv6 address as described above is composed of a network prefix and the interface identifier, a host as a node performing communication sets its own address by stateless autoconfiguration (Stateless Auto Configuration, RFC2462).
【0147】 [0147]
ルータから通知される情報は、ルータ通知(Router Advertisement, RFC2461)メッセージと呼ばれ、リンク情報としてのネットワークプレフィックス、インターネットパラメータなどが含まれる。 Information notified from the router is called a router advertisement (Router Advertisement, RFC2461) message, the network prefix of the link information, and the like Internet parameters. ルータ通知は、ホストからのルータ要請(Router Solicitation)メッセージに応答して、あるいは定期的にルータから送信される。 Router advertisement, the router requests from the host in response to (Router Solicitation) message, or sent periodically from the router.
【0148】 [0148]
このようなアドレス設定処理を実行する構成では、ノード(ホスト)が移動端末(ノード)である場合、ノードがネットワークプレフィックスの異なる別のサブネット間を移動するたびにネットワークプレフィックスが変化するため、それに伴い、ノードのIPv6アドレスの変更処理を実行することが必要となる。 In the configuration for performing such an address setting process, when the node (host) is a mobile terminal (node), because the node network prefix is ​​changed each time the move between different different subnet of the network prefix, along with it , it is necessary to perform the IPv6 address change processing node. なお、通常、各サブネットへのネットワークプレフィックスは、そのサブネットを形成している組織(ISP、企業、大学など)の管理者によって、その組織に割り当てられたアドレス空間の範囲の中から割り当てられる。 Normally, the network prefix to each subnet, tissue forming the subnet (ISP, companies, universities, etc.) by the administrator of the allocated from a range of address space assigned to that organization.
【0149】 [0149]
本発明の構成では、上述のようなサブネット間移動時におけるノードのIPv6アドレスの変更処理を簡略化した構成を持つ。 The configuration of the present invention has a simplified structure the process of changing the IPv6 address of the node at the time of the movement between subnets as described above. すなわち、ドメイン内に移動端末(ノード)の専用プレフィックスとして仮想ネットワークプレフィックスという概念を適用する。 That is, applying the concept of virtual network prefix as a dedicated prefix for the mobile terminal (node) in the domain. 仮想ネットワークプレフィックスとは、異なるサブネット間を移動しても変化しない特殊なマイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである。 A virtual network prefix is ​​a network prefix for a special micro mobility does not change even when moving between different subnets.
【0150】 [0150]
例えば図16のマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9に3ffe:501:100c::/48というアドレス空間が割り当てられているとする。 For example 3ffe the micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 of FIG. 16: 501: and 100c :: / 48 address space that is allocated. さらに、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9の真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2にそれぞれ、3ffe:501:100c:a000::/52 〜 3ffe:501:100c:b000::/52のアドレス空間を割り当てる。 Furthermore, a true micro mobility network micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1,8-2 respectively, 3ffe: 501: 100c: a000 :: / 52 ~ 3ffe: 501: 100c: b000 allocate an address space of :: / 52.
【0151】 [0151]
そこで、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1では、物理ネットワークプレフィックスとして3ffe:501:100c:a000::/64 〜 3ffe:501:100c:affe::/64を使い、仮想ネットワークプレフィックスとして3ffe:501:100c:afff::/64を使う。 Therefore, the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1, 3ffe as physical network prefix: 501: 100c: a000 :: / 64 ~ 3ffe: 501: 100c: Use affe :: / 64 , as a virtual network prefix 3ffe: 501: 100c: use the afff :: / 64. 同様に真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−2では、物理ネットワークプレフィックスとして3ffe:501:100c:b000::/64 〜 3ffe:501:100c:bffe::/64を使い、仮想ネットワークプレフィックスとして3ffe:501:100c:bfff::/64を使う。 Similarly the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-2, 3ffe as physical network prefix: 501: 100c: b000 :: / 64 ~ 3ffe: 501: 100c: Use BFFE :: / 64 , as a virtual network prefix 3ffe: 501: 100c: use the bfff :: / 64. なお、物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)は、ドメイン内に実在するサブネットに対応して設定されるネットワークプレフィックスであり、仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)は、ドメイン内に実在するサブネットに対応して設定されるネットワークプレフィックスではなくマイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスとして定義される。 Incidentally, the physical network prefix (PNP: Physical Network Prefix) is a network prefix that is set corresponding to the subnet that actually exist in the domain, a virtual network prefix (VNP: Virtual Network Prefix) is real in the domain subnet It is defined as a network prefix for micro mobility rather than network prefix set corresponding to.
【0152】 [0152]
仮想ネットワークプレフィックス(VNP)の割り当て方針/運用方針は、各ドメインの管理者によって決定される。 Assignment Policy / operation policy of the virtual network prefix (VNP) is determined by the administrator of each domain. 基本的にドメイン内のサブネットに割り当てられていないネットワークプレフィックスをマイクロモビリティ用に割り当てることで、ドメイン内におけるルーティング(経路制御)処理を実行するルータはマイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスであることを識別可能となる。 By assigning basically network prefix not assigned to the subnet in the domain for micro mobility, routers running routing (path control) process in the domain can be identified to be a network prefix for micro mobility Become.
【0153】 [0153]
仮想ネットワークプレフィックスをサポートしたドメイン内のあるサブネットに接続したノードは、その仮想ネットワークプレフィックスを用いてステートレス自動設定を行うことで、ドメイン内における共通の仮想ネットワークプレフィックスを持つ範囲(PMMN)内のサブネットワーク間の移動発生時に、仮想ネットワークプレフィックスとインタフェースIDからなるIPv6アドレスを変更する必要がない。 Node connected to a within supports virtual network prefix domain subnet, the virtual network prefix using by performing the stateless autoconfiguration, subnetwork range (PMMN) having a common virtual network prefix in the domain the movement incurred between, there is no need to change the IPv6 address composed of the virtual network prefix and an interface ID. 仮想ネットワークプレフィックスは、各PMMN内のすべてサブネットにおいて共通に使用可能であるからである。 Virtual network prefix is ​​because all in each PMMN be commonly used in the subnet.
【0154】 [0154]
従って移動端末(ノード)はアドレス更新処理を実行することなくPMMN内の異なるサブネット間を自由に移動でき、これによってマイクロモビリティがサポートされる。 Thus the mobile terminal (node) can freely move between different subnets within PMMN without performing an address update process, whereby the micro mobility is supported. なお、仮想ネットワークプレフィックスを用いて設定されたIPv6アドレスを持つノードへのPMMN内でのルーティング(経路制御)にはIPv6アドレスの下位64ビットのインタフェースIDに基づく経路設定処理であるホストルーティングを用いる。 The virtual routing within PMMN network prefix to the node with the configured IPv6 address using the (routing) uses the host routing a routing process based on the low-order 64-bit interface ID of the IPv6 address. ルーティング処理の詳細については、後段で説明する。 For more information on routing processing will be described later.
【0155】 [0155]
さらに、仮想ネットワークプレフィックスをサポートしたドメイン内のあるサブネットに接続したノードは、ドメイン内における異なる仮想ネットワークプレフィックスを持つ真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))間の移動発生時においても、ドメイン内の上位ネットワークである疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))における特殊な処理によって経路変更が可能となり、前述したホームエージェントまたはマッピングエージェントに対する通知(バインディングアップデートパケット)を実行する必要がなくなる。 Further, the node connected to the subnet with the domain that supports virtual network prefix, even when moving occurs between true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) with different virtual network prefix in the domain, enables rerouting by special processing in the pseudo micro mobility network is a higher-level network in a domain (quasi-micro mobility network (QMMN)), necessary to perform a notification to the home agent or mapping agent described above (binding update packet) It is eliminated. これらの具体的処理については、後段で説明する。 These specific processing will be described later.
【0156】 [0156]
図16の、ネットワーク構成について説明する。 In Figure 16, the network configuration will be described. サブネット(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4は、有線/無線、もしくは共有メディア/ポイント・ツー・ポイントメディアなどの通信メディアを介してサブネットワークを形成しており、さらに、サブネット(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4は複数の端末装置(移動ノード)、例えばノード(MN)1が接続できる構成を持つ。 Subnet (Subnet) 2-1, 2-2, 2-3 and 2-4 forms a sub-network through the communication media such as a wired / wireless or shared media / point-to-point media, further, the subnet (subnet) 2-1, 2-2, 2-3 and 2-4 are a plurality of terminal devices (mobile node), with for example, a node (MN) configuration 1 can connect. サブネット(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4のそれぞれには物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)A,B,C,Dがそれぞれ割り当てられている。 Subnet (Subnet) 2-1, 2-2, 2-3 and 2-4 physical network prefix to each of (PNP: Physical Network Prefix) A, B, C, D are allocated, respectively.
【0157】 [0157]
真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2内には複数のルータ5−xx、6−xxがネットワーク接続されて存在し、ネットワーク境界ルータとしての真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1,7−2によって上位の疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11と接続され、さらに、下位のサブネットに対しては、それぞれアクセスルータ(AR: Access Router)3−1,3−2,3−3,3−4によって接続している。 True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) is in the 8-1, 8-2 multiple routers 5-xx, 6-xx is present is networked, true micro gateway as a network border router router (PMGR: Pure-micro Gateway router) 7-1,7-2 upper quasi-micro mobility network by (quasi-micro mobility network (QMMN)) 11 is connected to the further, for the lower subnet, respectively access router: are connected by (AR access router) 3-1,3-2,3-3,3-4.
【0158】 [0158]
真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2内の複数のルータ5−xx、6−xxは、各ネットワーク内でそれぞれ真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1,7−2を根とした構造(ツリー構造:Tree Router Topology)を構成している。 True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) a plurality of routers 5-xx in 8-1, 8-2, 6-xx are each true micro gateway router in each network (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1,7-2 was the root structure (tree structure: constitute the tree Router Topology). 図18に真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内の複数のルータ5−xxによって構成される構造(ツリー構造:Tree Router Topology)の例を示す。 True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) structure composed of a plurality of routers 5-xx in 8-1 (tree structure: Tree Router Topology) FIG. 18 shows an example of.
【0159】 [0159]
なお、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のルータ5−xxのうち、アクセスルータ(AR)3−1への経路とアクセスルータ(AR)3−2への経路の分岐点となるルータを特にクロスオーバルータ(Cross over router)4−1と呼ぶ。 Incidentally, the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) of the router 5-xx in 8-1, the access router (AR) pathway and the access router (AR) to 3-2 to 3-1 the router as a branch point of the route is particularly called a cross-over router (cross over router) 4-1. 真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−2内のルータ6−xxのうち、アクセスルータ(AR)3−3への経路とアクセスルータ(AR)3−4への経路の分岐点となるルータを特にクロスオーバルータ(Cross over router)4−2と呼ぶ。 True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) of the router 6-xx in 8-2, the access router of the path to the path and the access router (AR) 3-4 to (AR) 3-3 the router is the branch point is particularly called a cross-over router (cross over router) 4-2.
【0160】 [0160]
真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2は、それぞれ、異なる仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)A,Bが割り当てられている。 True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1,8-2, respectively, different virtual network prefix (VNP: Virtual Network Prefix) A, and B are assigned. すなわち、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1に接続されたサブネット(Subnet)2−1,2−2のいずれかに移動端末(ノード)MN1が接続されている場合、移動端末(ノード)MN1のプレフィックスとして真マイクロモビリティネットワーク8−1の仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aを適用することが可能であり、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−2に接続されたサブネット(Subnet)2−3,2−4のいずれかに移動端末(ノード)MN1が接続されている場合、移動端末(ノード)MN1のプレフィックスとして真マイクロモビリティネットワーク8−2の仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Bを適用することが可能であ That is, when the mobile terminal (node) MN1 is connected to one of a true micro-mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) connected subnets to 8-1 (Subnet) 2-1 and 2-2 , virtual network prefix of a true micro-mobility network 8-1 as a prefix of a mobile terminal (node) MN1: it is possible to apply (VNP virtual network prefix) a, a true micro-mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN )) connected subnets to 8-2 (subnet) 2-3 and 2-4 the mobile terminal (node ​​either) if MN1 is connected, a true micro mobility network prefix of the mobile terminal (node) MN1 8-2 of the virtual network prefix: can be applied (VNP virtual network prefix) B der . これらの詳細については後述する。 These will be described in detail later.
【0161】 [0161]
疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2の上位に接続され、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9外のグローバルインターネット13とネットワーク境界ルータとしての疑似マイクロゲートウェイルータ(QMGR: Quasi-Micro Gateway Router)12−1,12−2,12−3によって接続され、さらに、下位の真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2に対しては、それぞれ真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1,7−2によって接続している。 Pseudo micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11 is connected to the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1,8-2 upper, micro mobility network (Micro Mobility network (MMN)) 9 outside the global Internet 13 and the pseudo micro gateway router as a network border router (QMGR: connected by quasi-micro gateway router) 12-1,12-2,12-3, further lower true For micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) 8-1,8-2, respectively true micro gateway router: connect with (PMGR Pure-micro gateway router) 7-1,7-2 there.
【0162】 [0162]
疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11内は、複数のルータ10−xxによって接続される。 Pseudo micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11 are connected by a plurality of routers 10-xx. ルータの接続構成はツリー構造に限らず任意の接続構成(Arbitrary Topology)をとることができる。 Connection configuration of the router can take any of the connection configuration is not limited to a tree structure (Arbitrary Topology). 図19に疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11内の複数のルータ10−xxによる接続構成(Arbitrary Topology)の例を示す。 An example of a quasi-micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) connection configuration of a plurality of routers 10-xx in 11 (Arbitrary Topology) FIG 19.
【0163】 [0163]
ドメイン内の移動端末(ノード)(MN:Mobile Node)1と通信を実行するドメイン外部の通信相手端末装置(CN: correspondent Node)14は、グローバルインターネット13に接続されており、ドメインネームシステム(DNS)17に対する問い合わせによって取得したアドレスに基づいてインターネット13、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2のいずれか、さらにサブネット(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4のいずれかを介して移動端末(ノード)(MN:Mobile Node)1と通信する。 Mobile terminals in the domain (node) (MN: Mobile Node) 1 and the communication partner terminal apparatus outside the domain of communicating (CN: correspondent Node) 14 is connected to the global Internet 13, Domain Name System (DNS ) Internet 13 based on the address acquired by query to 17, quasi-micro mobility network (quasi-micro mobility network (QMMN)) 11, a true micro-mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) 8-1,8- either 2, further subnet (subnet) mobile terminals (nodes) via any of the 2-1, 2-2, 2-3 and 2-4: communicating with (MN mobile node) 1.
【0164】 [0164]
ドメイン境界ルータとしての疑似マイクロゲートウェイルータ(QMGR: Quasi-Micro Gateway Router)12−1,12−2,12−3、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11内の複数のルータ10−xx(図19参照)は、IPv6アドレス(図17参照)の上位64ビットのプレフィックスに基づいてパケットを制御(ルーティング)する。 Pseudo micro gateway router as a domain boundary router (QMGR: Quasi-Micro Gateway Router) 12-1,12-2,12-3, multiple routers pseudo micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11 10-xx (see FIG. 19) controls the packet (routing) based on the upper 64 bits of the prefix of an IPv6 address (see FIG. 17).
【0165】 [0165]
また、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1,7−2、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2内の複数のルータ5−xx、6−xx(図18参照)、さらにアクセスルータ(AR)3−1,3−2,3−3,3−4はIPv6アドレスの上位64ビットノネットワークプレフィックスに基づくルーティングに加え、IPv6アドレスの下位64ビットのインタフェースIDに基づいてパケットを制御(ルーティング)する。 Also, true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1,7-2, a plurality of routers 5 true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) within 8-1 -xx, (see FIG. 18) 6-xx, further access router (AR) 3-1, 3-2, 3-3, and 3-4 in addition to the routing based on the upper 64 bits Bruno network prefix of the IPv6 address, IPv6 controls packet (routing) based on the lower 64 bits of the interface ID address.
【0166】 [0166]
ここでルーティングについて簡単に説明する。 Briefly described routing here. 例えばインターネット13上では、移動端末(ノード)(図16の場合、端末装置(MN)1)へ送信するデータパケットのIPv6ヘッダの終点アドレスフィールドに記述されているIPv6アドレスの上位64ビットのネットワークプレフィックスに基づいてルーティング(プレフィックスベース・ルーティング)が実行される。 For example on the Internet 13 (in the case of FIG. 16, the terminal device (MN) 1) mobile terminals (nodes) upper 64 bits of the network prefix of the IPv6 address described in the destination address field of the IPv6 header of the data packet to be transmitted to the routing (prefix-based routing) is executed based on. また、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内の疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11においてもIPv6アドレスの上位64ビットのネットワークプレフィックスに基づいてルーティング(プレフィックスベース・ルーティング)が実行される。 The routing (prefix based on the basis of the micro-mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) Pseudo micro mobility network within 9 (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) also IPv6 address higher 64 bits of the network prefix of the 11 routing) is performed.
【0167】 [0167]
真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2、さらにサブネット(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4でのルーティングにはデータパケットのIPv6ヘッダの終点アドレスフィールドに記述されているIPv6アドレスの上位64ビットのネットワークプレフィックスが真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2内のサブネットに対応する物理ネットワークプレフィックスである場合は、通常の物理ネットワークプレフィックスベースのルーティングを実行し、データパケットのIPv6ヘッダの終点アドレスフィールドに記述されているIPv6アドレスの上位64ビットのネットワークプレフィックスが仮想ネットワークプレフィックスである場合は、仮想ネ True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1,8-2, further subnet (Subnet) data packet routing in 2-1, 2-2, 2-3, 2-4 physical network IPv6 address higher 64 bits of the network prefix of which is described in the destination address field of the IPv6 header corresponds to the subnet of true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) within 8-1 If a prefix, if performs the normal physical network prefix-based routing, the upper 64 bits of the network prefix of the IPv6 address described in the destination address field of the IPv6 header of the data packet is a virtual network prefix, virtual Ne ットワークプレフィックスを持つIPv6アドレスを設定した移動端末(ノード)へパケットを配送するためにホストルーティング、すなわちIPv6アドレスの下位64ビットのインタフェースIDに基づくルーティング(経路制御)を行う。 Tsu network host routing to deliver packets prefix to the mobile terminal (node) set an IPv6 address with a, i.e. routing based on the lower 64 bits of the interface ID of the IPv6 address (routing) performed.
【0168】 [0168]
前述したようにIPv6アドレスはネットワークプレフィックスとインタフェースIDとからなり、通信を実行するノードとしてのホストは、ステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration, RFC2462)により自分自身のアドレスを設定する。 IPv6 address as described above is composed of a network prefix and the interface ID, host as node performing communication sets its own address by stateless autoconfiguration (Stateless Auto Configuration, RFC2462). ホストは、ローカルに自分自身で生成可能な情報と、ルータから通知される情報を用いて自分自身のアドレスとしてIPv6アドレスを生成する。 The host generates the IPv6 address as its own address by using the generated information that can be themselves locally, the information notified from the router.
【0169】 [0169]
ルータから通知される情報は、ルータ通知(Router Advertisement, RFC2461)メッセージと呼ばれ、リンク情報、インターネットパラメータなどが含まれる。 Information notified from the router is called a router advertisement (Router Advertisement, RFC2461) message, link information, etc. Internet parameters. ルータ通知は、ホストからのルータ要請(Router Solicitation)メッセージに応答して、あるいは定期的にルータから送信される。 Router advertisement, the router requests from the host in response to (Router Solicitation) message, or sent periodically from the router.
【0170】 [0170]
本発明のシステムでは、ノード(ホスト)に対するルータ通知(Router Advertisement)にノードが接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスのみではなく、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスを含ませて通知する。 In the system of the present invention, a router notification to nodes (hosts) (Router Advertisement) to not only the physical network prefix of the subnet the node is connected, and notifies by including a virtual network prefix is ​​a network prefix for micro mobility .
【0171】 [0171]
仮想ネットワークプレフィックスのルータ通知(Router Advertisement)に対する格納方法としては、仮想ネットワークプレフィックス格納用として、ルータ通知に新しいオプション(Virtual Network Prefix Information Option)を新設する構成が可能である。 As the storage method for the router advertisement of the virtual network prefix (Router Advertisement) as for storing a virtual network prefix, it can be configured to newly established new option to router advertisement (Virtual Network Prefix Information Option). 図22に仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)のフォーマットを示す。 Figure 22 shows the format of the virtual network prefix information option (Virtual Network Prefix Information Option).
【0172】 [0172]
図22に示す仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)フォーマットの主な格納情報は、このオプションのオプション番号を示すタイプ(Type)、コード(Code)、リザーブ(Reserved)最小ルーティングアップデートインターバルタイム(Routing Update Interval Time Min)〜最大マッピングキャッシュホールドタイム(Mapping Cache Hold Time Max)、仮想ネットワークプレフィックス(Virtual Network Prefix)情報であり、これらの情報オプションがルータ通知に含められて送信される。 The main storage information of the virtual network prefix information option (Virtual Network Prefix Information Option) format type indicating the number of the option this option (Type), the code (Code), reserved (Reserved) Min routing updates interval time shown in FIG. 22 (Routing Update Interval time Min) ~ maximum mapping cache hold time (mapping cache hold time Max), a virtual network prefix (virtual network prefix) information, these information option is transmitted is included in the router advertisement.
【0173】 [0173]
すなわち、サブネットに接続したノードは、接続したサブネットの物理ネットワークプレフィックスに加え、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックス情報をルータ通知として受け取ることになる。 That is, the node connected to the subnet, in addition to the physical network prefix of the connected subnets, will receive a virtual network prefix information is a network prefix for micro mobility as a router notification. ルータ通知を受信したノードは、ローカルに自分自身で生成可能な情報としてのインタフェースIDと、ルータから通知される情報である物理ネットワークプレフィックス、または仮想ネットワークプレフィックスのいずれかを選択してステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration)によりIPv6アドレスを生成する。 Node receiving the router advertisement, stateless autoconfiguration select the interface ID of the product information that can be on its own local physical network prefix which is information reported from the router, or the one of the virtual network prefix ( Stateless Auto Configuration) by generating the IPv6 address.
【0174】 [0174]
上述したように、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1,8−2、さらにサブネット(Subnet)2−1,2−2,2−3,2−4内でのルーティングには通常の物理ネットワークプレフィックスベースのルーティングに加え、仮想ネットワークプレフィックスベースのIPv6アドレスを設定した移動端末(ノード)へパケットを配送するためにホストルーティング、すなわちIPv6アドレスの下位64ビットのインタフェースIDに基づくルーティング(経路制御)を行う。 As described above, the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1,8-2, further subnet (Subnet) of in the 2-1, 2-2, 2-3, 2-4 routing in addition to the normal physical network prefix-based routing, a host routing to deliver packets to the mobile terminal (node) set the IPv6 address of the virtual network prefix based, i.e. the lower 64 bits of the interface ID of the IPv6 address It performs routing (path control) based.
【0175】 [0175]
ホストルーティングを行うため、真マイクロモビリティネットワークゲートウェイルータ(Pure-Micro Mobility Network Gateway Router(PMGR))7−1,7−2、ルータ(Router)5−xx、6−xxさらにアクセスルータ3−1,3−2,3−3,3−4は、移動端末(ノード)ごと、すなわち各ホストエントリに対応して設定される次のパケット送信先(Next Hop)の情報をルーティングテーブルとして保持しなければならない。 To perform a host routing, true micro mobility network gateway router (Pure-Micro Mobility Network Gateway Router (PMGR)) 7-1,7-2, router (Router) 5-xx, 6-xx more access routers 3-1, 3-2,3-3,3-4 are each mobile terminals (nodes), that is responsible for holding the information of the next packet transmission destination is set corresponding to each host entry (next Hop) as a routing table not not.
【0176】 [0176]
移動端末(ノード)(ホスト)は、サブネット間移動に伴い、ルーティングアップデートメッセージをルータに対して送信する。 Mobile terminal (node) (host), with movement between subnets, transmits a routing update message to the router. ルーティングアップデートメッセージを受信したルータはメッセージに従った処理を実行する。 Router receiving a routing update message executes processing in accordance with the message. すなわち、ルータが移動ノード(ホスト)に対する経路上にあり、ルータが保持するルーティングテーブルに対応するホストのエントリが無い場合にはホストエントリの生成を実行し、ルータが移動ノード(ホスト)に対する経路上にあり、すでにホストエントリがある場合には必要に応じて更新処理を実行する。 That is, the router is on the path to the mobile node (host), the router performs the generation of the host entry when the entry of the host is not corresponding to the routing table held, on the path to the router the mobile node (host) to there, it executes the update process as needed when there is already a host entry.
【0177】 [0177]
本発明の構成では、移動ノード(ホスト)は、サブネット間の移動態様、すなわち、同一の真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))の下位サブネット間の移動、異なる真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))の下位サブネット間の移動、異なるドメインのサブネット間移動に応じて、各上位ルータに対する異なる通知処理を実行することになる。 In the configuration of the present invention, the mobile node (host), movement mode between subnets, i.e., movement between the lower subnets same true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)), different true micro mobility network ( movement between the lower subnet Pure-Micro Mobility Network (PMMN)), in accordance with the movement between the different domains subnet will perform different notification process for each upper router. これらの処理の詳細については後述する。 Details of the processing will be described later.
【0178】 [0178]
また、移動端末(ノード)が、Mobile IPv6(もしくはLIN6)のようなマクロモビリティプロトコルを実装している場合は、その移動端末(ノード)を管轄するホームエージェント(HA)16に、気付アドレス(CoA:Care-of-Address)として、仮想ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理によって生成したIPv6アドレス(仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレス)を格納して、バインディングアップデートメッセージを送信する。 The mobile terminal (node), a home agent (HA) 16 when implementing the macro mobility protocol such as Mobile IPv6 (or LIN6) having jurisdiction over the mobile terminal (node), the care-of address (CoA : as Care-of-address), and stores the IPv6 address generated by the address generation processing based on the virtual network prefix (the virtual network prefix based IPv6 address), and transmits a binding update message. LIN6の場合は、移動端末(ノード)の管轄エージェントであるマッピングエージェント(MA)15に、Current Locatorとして仮想ネットワークプレフィックスを格納して、マッピングアップデートメッセージを送信する。 For LIN6 is the mapping agent (MA) 15 which is competent agent of the mobile terminal (node), and stores the virtual network prefix as Current Locator, it transmits a mapping update message.
【0179】 [0179]
Mobil IPv6においては、ノードはホームアドレスおよび気付アドレス(Care-of-address)という2つのIPアドレスを有する。 In Mobil IPv6, a node has two IP addresses of the home address and care-of address (Care-of-address). 気付アドレスはノードの移動に伴って接続されているサブネットワークに対応して変化するアドレスであり、この場合仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスである。 Care-of address is an address which changes in response to the sub-network that is connected with the movement of the node, in this case the virtual network prefix based IPv6 address.
ホームアドレスはノードの移動に関わらず一定である。 Home address is constant regardless of the movement of the node.
【0180】 [0180]
Mobil IPv6におけるホームエージェント(HA)16は、ノードのホームアドレスに対応するサブネットワークを管理するノードであり、通信ノードが移動したとき、移動したノードから新たな気付アドレス、この場合仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスを含むバインディングアップデートパケット(binding update packet)を受信してホームアドレスと仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスの対応を記憶したバインディング・キャッシュ(binding cache)を更新する。 Home Agent (HA) 16 in Mobil IPv6 is a node that manages the subnetwork corresponding to the node's home address, when the communication node has moved, a new care-of-address from the mobile node, in this case the virtual network prefix based IPv6 updating a binding update packet (binding update packet) received by the home address and the virtual network prefix based IPv6 address binding cache which stores the correspondence of (binding cache) that contains the address.
【0181】 [0181]
次に図16に示すノード(端末装置)MN1の構成について図20を用いて説明する。 Will now be described with reference to FIG. 20 the structure of the node (terminal device) MN1 shown in FIG. CPU(Central processing Unit)101は、各種アプリケーションプログラムや、OS(Operating System)を実際に実行する。 CPU (Central processing Unit) 101 is various application programs and executes an OS (Operating System). ROM(Read-Only-Memory)102は、CPU101が実行するプログラム、あるいは演算パラメータとしての固定データを格納する。 ROM (Read-Only-Memory) 102 stores a program CPU101 executes, or stores fixed data as operation parameters. RAM(Random Access Memory)103は、CPU101の処理において実行されるプログラム、およびプログラム処理において適宜変化するパラメータの格納エリア、ワーク領域として使用される。 A RAM (Random Access Memory) 103, programs executed in the processing of CPU 101, and a storage area of ​​parameters that appropriately change in the program processing, is used as a work area.
【0182】 [0182]
ホストバス104はブリッジ105を介してPCI(Peripheral Component Internet/Interface)バスなどの外部バス106に接続されている。 The host bus 104 is connected to a PCI (Peripheral Component Internet / Interface) external bus 106 such as a bus through the bridge 105.
【0183】 [0183]
キーボード108はCPU101に各種の指令を入力するためにユーザにより操作され、ポインティングデバイス109はディスプレイ110の画面上の位置指定、コマンド指定などの際にユーザによって操作される。 Keyboard 108 is operated by a user to input various commands to the CPU 101, pointing device 109 is position specification on the screen of the display 110 is operated by the user when such designation command. ディスプレイ110は例えばDRT、液晶ディスプレイ等であり、各種情報をテキストまたはイメージ等により表示する。 Display 110 is, for example, DRT, a liquid crystal display, and displays various information by texts or images, and the like. HDD(Hard Disk Drive)111は、情報記憶媒体としてのハードディスクを駆動し、ハードディスクからのプログラム、データの読み取りまたはハードディスクに対するプログラム、データの書き込みを実行する。 HDD (Hard Disk Drive) 111 drives a hard disk as an information storage medium and executes the program from the hard disk, the program for read or hard disk data, the write data.
【0184】 [0184]
ドライブ112は、フロッピーディスク、CD−ROM(Compact Disc Read Only Memory),MO(Magneto optical)ディスク,DVD(Digital Versatile Disc)、磁気ディスク、半導体メモリなどのリムーバブル記録媒体113の記録再生を実行するドライブであり、各リムーバブル記録媒体113からのプログラムまたはデータ再生、リムーバブル記録媒体113に対するプログラムまたはデータ格納を実行する。 Drive 112, a floppy disk, CD-ROM (Compact Disc Read Only Memory), MO (Magneto optical) disc, DVD (Digital Versatile Disc), a magnetic disk, recording drive for executing playback of the removable recording medium 113 such as a semiconductor memory , and the program or data reproduction from the removable recording medium 113, executes a program or data stored for the removable recording medium 113.
【0185】 [0185]
各記憶媒体に記録されたプログラムまたはデータを読み出してCPU101において実行または処理を行なう場合は、読み出したプログラム、データはインタフェース107、外部バス106、ブリッジ105、ホストバス104を介して例えば接続されているRAM103に供給する。 If the execution or processing in CPU101 reads a program or data recorded on each storage medium, read program data interface 107, external bus 106, bridge 105, and through the host bus 104 for example connected supplied to the RAM103.
【0186】 [0186]
キーボード108乃至ドライブ112はインタフェース107に接続されており、インタフェース107は外部バス106、ブリッジ105、およびホストバス104を介してCPU101に接続されている。 Keyboard 108 or drive 112 is connected to the interface 107, the interface 107 is connected to the CPU101 via an external bus 106, bridge 105 and host bus 104,.
【0187】 [0187]
通信部114はノードの接続されたサブネットのルータ等と通信し、CPU101、HDD111等から供給されたデータをパケット化して送信したり、ルータを介してパケットを受信する処理を実行する。 The communication unit 114 communicates with a router or the like of the connected subnets of nodes, CPU 101, or transmits the packetized data supplied from like HDD 111, it executes a process of receiving a packet through the router. 通信部103は外部バス106、ブリッジ105、およびホストバス104を介してCPU101に接続されている。 The communication unit 103 is connected to the CPU101 via an external bus 106, bridge 105 and host bus 104,.
【0188】 [0188]
次に、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内においてパケットの中継処理を実行するルータ、QMGR12−1,12−2,12−3、ルータ(Router)10−xx,5−xx,6−xx、PMGR7−1,7−2、クロスオーバルータ(Cross Over Router)4−1,4−2、アクセスルータ(AR)3−1,3−2,3−3,3−4の構成について図21を参照して説明する。 Next, router running relay processing of the packet in the micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) in 9, QMGR12-1,12-2,12-3 router (Router) 10-xx, 5-xx, 6-xx, PMGR7-1,7-2, the configuration of the cross-over router (cross over router) 4-1,4-2, access router (AR) 3-1,3-2,3-3,3-4 It will be described with reference to FIG. 21.
【0189】 [0189]
CPU(Central processing Unit)201は、各種アプリケーションプログラムや、OS(Operating System)を実際に実行する。 CPU (Central processing Unit) 201 is various application programs and executes an OS (Operating System). ROM(Read-Only-Memory)202は、CPU201が実行するプログラム、あるいは演算パラメータとしての固定データを格納する。 ROM (Read-Only-Memory) 202 stores fixed data as a program CPU201 executes or operation parameters. RAM(Random Access Memory)203は、CPU201の処理において実行されるプログラム、およびプログラム処理において適宜変化するパラメータの格納エリア、ワーク領域として使用される。 A RAM (Random Access Memory) 203, programs executed in the processing of CPU 201, and a storage area of ​​parameters that appropriately change in the program processing, is used as a work area.
【0190】 [0190]
ドライブ205は、フロッピーディスク、CD−ROM(Compact Disc Read Only Memory),MO(Magneto optical)ディスク,DVD(Digital Versatile Disc)、磁気ディスク、半導体メモリなどのリムーバブル記録媒体206の記録再生を実行するドライブであり、各リムーバブル記録媒体206からのプログラムまたはデータ再生、リムーバブル記録媒体206に対するプログラムまたはデータ格納を実行する。 Drive 205, a floppy disk, CD-ROM (Compact Disc Read Only Memory), MO (Magneto optical) disc, DVD (Digital Versatile Disc), a magnetic disk, recording drive for executing playback of the removable recording medium 206 such as a semiconductor memory , and the program or data reproduction from the removable recording medium 206, executes a program or data stored for the removable recording medium 206. 各記憶媒体に記録されたプログラムまたはデータを読み出してCPU201において実行または処理を行なう場合は、読み出したプログラム、データはバス204を介して例えば接続されているRAM203、通信部206、通信部207に供給される。 If the execution or processing in CPU201 reads a program or data recorded on each storage medium, read program data is connected, for example via a bus 204 RAM 203, a communication unit 206, supplied to the communication unit 207 It is.
【0191】 [0191]
通信部207は上位ルータまたはインターネット接続通信部であり、CPU101のデータ処理によって生成したパケットを送信したり、インターネット、上位ルータを介してパケットを受信する処理を実行する。 The communication unit 207 is the upper router or Internet connection communication unit to execute or send packet generated by the data processing of CPU 101, the Internet, a process of receiving a packet via the upper router. 通信部207はサブネットに接続され、上位ルータから受信したパケットをサブネットを介して下位ルータあるいはノードに対して送信する処理を実行する。 The communication unit 207 is connected to the subnet, and performs the process of transmitting the packet received from the upper router to the lower router or node via the subnet.
【0192】 [0192]
CPU201乃至通信部208はバス204によって相互接続され、データの転送が可能な構成となっている。 CPU201 through the communication unit 208 are interconnected by a bus 204, and has a data transfer is configurable.
【0193】 [0193]
以下、本発明の構成において実行される処理の各フェーズにおける詳細についての説明、および各機器の詳細について説明する。 Hereinafter, description of the details in each phase of the process executed in the configuration of the present invention, and details of the devices will be described. 説明は以下の順に行なう。 Description will be made in the following order.
I. I. 本発明のシステムにおける処理(A)登録処理(Registration) Process in the system of the present invention (A) registration process (Registration)
(B)呼び出し処理(Paging) (B) call processing (Paging)
(C)同一の真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内における移動(D)ドメイン内での異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内における移動(E)キャッシュアップデートメッセージの流れII. (C) the same true micro mobility network moving at different true micro mobility network (PMMN) within the mobile in (PMMN) in (D) in the domain (E) stream II cache update message. 本発明のシステムにおける機器(a)移動端末(b)アクセスルータ(AR) Equipment in the system of the present invention (a) the mobile terminal (b) the access router (AR)
(c)真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータ(d)真マイクロゲートウェイルータ(PMGR) (C) the router true micro mobility network (PMMN) (d) true micro gateway router (PMGR)
(e)疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータ【0194】 (E) router [0194] in the quasi-micro mobility network (QMMN)
I. I. 本発明のシステムにおける処理(A)登録処理(Registration) Process in the system of the present invention (A) registration process (Registration)
まず、図16における移動端末(ノード)MN1がマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内のサブネット(Subnet)2−1に接続した際の処理について説明する。 First, the mobile terminal (node) in FIG. 16 MN1 is explaining processing when connected to the subnet (Subnet) 2-1 micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9.
【0195】 [0195]
(A−1) (A-1)
まず、移動端末(MN)1に電源が投入されると、物理層(無線・有線)・MAC層により移動端末(MN)1とマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内のサブネット(Subnet)2−1との間のリンクを確立する。 First, when the power to the mobile terminal (MN) 1 is turned on, the physical layer subnet (wireless and wireline) mobile terminal by the MAC layer (MN) 1 and micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 ( Subnet) establishes a link between 2-1.
【0196】 [0196]
(A−2) (A-2)
次に移動端末(MN)1は、IP層を使い、サブネット(Subnet)2−1のアクセスルータ(AR)3−1に対してルータ要請(RS:Router Solicitation)メッセージを送信、もしくはアクセスルータ(AR)3−1から定期的に流れてくる仮想ネットワークプレフィックスオプション(Virtual Network Prefix Information Option)(図22参照)を含んだルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージを受信し、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1の仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aおよび接続サブネット(Subnet)2−1の物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)Aを入手する。 Then the mobile terminal (MN) 1 is to use the IP layer, subnet (Subnet) router solicitation to the access router (AR) 3-1 2-1: Submit (RS Router Solicitation) message or access router, ( AR) 3-1 come regularly flows from the virtual network prefix option (virtual network prefix Information option) (router advertisement including the see FIG 22) (RA: receiving a router Advertisement) message, a true micro-mobility network (Pure -Micro Mobility network (PMMN)) 8-1 virtual network prefix (VNP: virtual network prefix) a and connected subnet (subnet) 2-1 physical network prefix (PNP: get physical network prefix) a.
【0197】 [0197]
前述したようにIPv6アドレスはネットワークプレフィックスとインタフェースIDとからなり、通信を実行するノードとしてのホストは、ステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration, RFC2462)により自分自身のアドレスを設定する。 IPv6 address as described above is composed of a network prefix and the interface ID, host as node performing communication sets its own address by stateless autoconfiguration (Stateless Auto Configuration, RFC2462). ホストは、ローカルに自分自身で生成可能な情報と、ルータから通知される情報を用いて自分自身のアドレスとしてIPv6アドレスを生成する。 The host generates the IPv6 address as its own address by using the generated information that can be themselves locally, the information notified from the router.
【0198】 [0198]
ルータから通知される情報は、ルータ通知(Router Advertisement, RFC2461)メッセージと呼ばれ、リンク情報、インターネットパラメータなどが含まれる。 Information notified from the router is called a router advertisement (Router Advertisement, RFC2461) message, link information, etc. Internet parameters. ルータ通知は、ホストからのルータ要請メッセージに応答して、あるいは定期的にルータから送信される。 Router advertisement in response to the router solicitation message from the host, or is transmitted periodically from the router.
【0199】 [0199]
本発明のシステムでは、ノード(ホスト)に対するルータ通知(Router Advertisement)にノードが接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスのみではなく、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスを含ませて通知する。 In the system of the present invention, a router notification to nodes (hosts) (Router Advertisement) to not only the physical network prefix of the subnet the node is connected, and notifies by including a virtual network prefix is ​​a network prefix for micro mobility .
【0200】 [0200]
仮想ネットワークプレフィックスのルータ通知(Router Advertisement)に対する格納方法としては、仮想ネットワークプレフィックス格納用として、ルータ通知に新しいオプション(Virtual Network Prefix Information Option)を新設する構成が可能である。 As the storage method for the router advertisement of the virtual network prefix (Router Advertisement) as for storing a virtual network prefix, it can be configured to newly established new option to router advertisement (Virtual Network Prefix Information Option). 図22に仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)のフォーマットを示す。 Figure 22 shows the format of the virtual network prefix information option (Virtual Network Prefix Information Option).
【0201】 [0201]
タイプ(Type)フィールドはこのオプションのオプション番号、コード(Code)フィールドはこのオプションのコード、リザーブ(Reserved)フィールドは将来の拡張用であり、以下、最小ルーティングアップデートインターバルタイム(Routing Update Interval Time Min)〜最大マッピングキャッシュホールドタイム(Mapping Cache Hold Time Max)は、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)、ページングキャッシュ(Paging Cache)、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)の保持時間の許容範囲に関する情報を格納するフィールドであり、最後の仮想ネットワークプレフィックス(Virtual Network Prefix)フィールドに仮想ネットワークプレフィックスを格納する。 Type (Type) field is optional number for this option, the code (Code) field codes for this option, reserved (Reserved) field is for future expansion, below, the minimum routing updates interval time (Routing Update Interval Time Min) and up-mapping cache hold time (mapping cache hold time Max), the routing cache (routing cache), paging cache (paging cache), a field for storing information about the permissible range of the retention time of the mapping cache (mapping cache), storing virtual network prefix to the end of the virtual network prefix (virtual network prefix) field. このオプションを、物理ネットワークプレフィックスが格納されたプレフィックス情報(Prefix Information)オプションとともにルータ通知に含めて送信する。 This option, and transmits included in the router advertisement with the physical prefix information network prefix is ​​stored (Prefix Information) option.
【0202】 [0202]
すなわち、サブネットに接続したノードは、接続したサブネットの物理ネットワークプレフィックスに加え、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックス情報をルータ通知として受け取ることになる。 That is, the node connected to the subnet, in addition to the physical network prefix of the connected subnets, will receive a virtual network prefix information is a network prefix for micro mobility as a router notification.
【0203】 [0203]
(A−3) (A-3)
次に移動端末(MN)1は、受信したルータ通知内の仮想ネットワークプレフィックス(Virtual Network Prefix)Aと移動端末(MN)1のグローバルユニーク(Global unique)な識別子(ID)、もしくはインタフェースIDとをつなぎ合わせてIPv6アドレスを生成する。 Then the mobile terminal (MN) 1, a virtual network prefix in the received router advertisement (Virtual Network Prefix) A and the mobile terminal (MN) 1 of globally unique (Global unique) identifier (ID), or an interface ID stitched together to generate the IPv6 address. [Ex. IPv6アドレス:VNP A(上位64bit) + Global uniqueなID or Interface ID(下位64bit) ) [Ex IPv6 address:. VNP A (upper 64bit) + Global unique an ID or Interface ID (lower 64bit))
【0204】 [0204]
すなわち、ルータ通知を受信したノードは、例えばローカルに自分自身で生成可能な情報としてのインタフェース識別子と、ルータから通知される情報である物理ネットワークプレフィックス、または仮想ネットワークプレフィックスのいずれかを選択してステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration)によりIPv6アドレスを生成する。 That is, the node that received the router advertisement, for example, select an interface identifier as can be generated information on its own locally, either a physical network prefix or a virtual network prefix is ​​information that is notified from the router stateless to generate an IPv6 address by the auto-configuration (Stateless auto configuration).
【0205】 [0205]
(A−4) (A-4)
次に移動端末(MN)1は生成したIPv6アドレスの登録(Registration)を行うために真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)(図23参照)をアクセスルータ(AR)3−1に送信する。 Mobile terminal (MN) 1 is registered in the generated IPv6 address then (Registration) true micro registration request message in order to carry out (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) (see FIG. 23) the access router (AR) to send to the 3-1. アクセスルータ(AR)3−1は移動端末(MN)1から真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)を受信するとその真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)を真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1を介して真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1へ転送する。 Access Router (AR) 3-1 from the mobile terminal (MN) 1 true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) to receive the its true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) 8-1 through a true micro gateway router (PMGR: transfers to the Pure-micro gateway router) 7-1.
【0206】 [0206]
真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)は、図23に示すように、現在の移動端末(MN)1に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)と、過去のすなわち、サブネット移動前の移動端末(MN)1に対して設定されていた旧移動端末IPv6アドレス(Old MN IPv6 Address)、および、旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)を格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 True micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message), as shown in FIG. 23, a current mobile terminal (MN) mobile IPv6 address for 1 (Current MN IPv6 Address), i.e. the last , mobile terminal (MN) old mobile IPv6 address has been set for one of the previous subnet moving (old MN IPv6 address), and the old physical network prefix (old PNP: old physical network prefix) storing packet ( ex.UDP) configured as a. ただし、移動端末(MN)1の電源投入時には、旧移動端末IPv6アドレス(Old MN IPv6 Address)、および、旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)は存在せず、これらの情報については格納されない。 However, at the time of power-on of the mobile terminal (MN) 1 is the old mobile IPv6 address (Old MN IPv6 Address), and the old physical network prefix (Old PNP: Old Physical Network Prefix) is not present, for this information not stored.
【0207】 [0207]
(A−5) (A-5)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1は真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)を受信すると、まず、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に格納されている移動端末(MN)1のIPv6アドレスがページング・キャッシュ(Paging Cache)とルーティングキャッシュ(Routing Cache)に存在するかどうかを調べる。 True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 true micro registration request message: if (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) to receive, firstly, a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message mobile terminal stored in) (MN) 1 of IPv6 addresses is checked whether in the routing cache (routing cache) a paging cache (paging cache). すなわちアドレス重複検査を実行する。 That is to perform the address duplication inspection.
【0208】 [0208]
ページングキャッシュ(Paging Cache)は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )によって保持、管理されるキャッシュであり、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)の管轄する真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内に存在するアイドル(idle)状態の移動端末(ノード)のIPv6アドレスに関する情報であり、以下の情報を対応付けて格納している。 Paging Cache (Paging Cache) is true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) held by a cache maintained, true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) true micro mobility for the jurisdiction of is information about IPv6 address of the network (Pure-Micro Mobility network (PMMN)) idle present in the (idle) state the mobile terminal (node), are stored in association with the following information.
*移動端末(MN)のIPv6アドレス:MN IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the mobile terminal (MN): MN IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0209】 [0209]
ルーティングキャッシュ(Routing Cache)は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内に存在するルータ(router)によって保持、管理されるキャッシュであり、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のアクティブ(active)状態の移動端末(ノード)へホストルーティングを行うため、以下の情報を対応付けて格納している。 Routing cache (Routing Cache) is held by a true micro mobility network routers present in the (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) (router), a cache maintained, true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) for performing host routed to active (active) state the mobile terminal (node) in the stores in association with the following information.
*移動端末(MN)のIPv6アドレス:MN IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the mobile terminal (MN): MN IPv6 Address (16byte)
*次ホップルータのIPv6アドレス:Next hop router's IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the next hop router: Next hop router's IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0210】 [0210]
(A−6) (A-6)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1による重複検査の結果、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に格納されている移動端末(MN)1のIPv6アドレスがページング・キャッシュ(Paging Cache)とルーティングキャッシュ(Routing Cache)に存在していない(重複していない)場合は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1は移動端末(MN)1のIPv6アドレスに関するページングキャッシュ(Paging Cache)を作成する。 True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 result of the redundancy inspection by a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) mobile terminal stored in the (MN) 1 If the IPv6 address is a paging cache (paging cache) does not exist in the routing cache (routing cache) (non-overlapping) the true micro gateway router: is (PMGR Pure-micro gateway router) 7-1 move to create a paging cache (paging cache) regarding IPv6 address of the terminal (MN) 1. 作成後、登録完了を通知するために真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)(図24)をアクセスルータ(AR)3−1に送信する。 After creating, sending a true micro registration confirmation message to notify the completion of registration (PMR-Ack Message) (FIG. 24) to the access router (AR) 3-1.
なお、移動端末(MN)1に関するページングキャッシュ(Paging Cache)を作成する前に認証処理として例えば、AAA(Authentication, Authorization, and Accounting)を行ってもよい。 Incidentally, for example, before creating the paging cache for the mobile terminal (MN) 1 (Paging Cache) as the authentication processing, AAA (Authentication, Authorization, and Accounting) may be performed.
【0211】 [0211]
真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)は図24に示すように、図23に示す真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現在の移動端末(MN)1に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN Ipv6 Address)とシーケンスナンバー、および重複していたかどうかを示すコード(Code)を格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 True micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message), as shown in FIG. 24, a true micro registration request message shown in Figure 23: for (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) current mobile terminal (MN) 1 of mobile IPv6 address (Current MN Ipv6 address) and sequence number, and a redundant code that indicates whether or not the (code) as packet storing (ex.UDP).
【0212】 [0212]
(A−7) (A-7)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1による重複検査の結果、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に格納されている移動端末(MN)1のIPv6アドレスがページング・キャッシュ(Paging Cache)とルーティングキャッシュ(Routing Cache)に存在している(重複している)場合は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1はアドレス重複による登録不許可を通知するために真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)をアクセスルータ(AR)3−1に送信する。 True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 result of the redundancy inspection by a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) mobile terminal stored in the (MN) 1 If IPv6 address is present in the routing cache (routing cache) a paging cache (paging cache) (duplicated) is true micro gateway router (PMGR: Pure-micro gateway router) 7-1 address to notify the registration prohibition by overlap true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message) to the access router (AR) 3-1. なお、各移動端末(MN)1を含む真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1に登録されている移動端末に関するページングキャッシュ(Paging Cache)はソフトステートにより管理される。 Incidentally, the true micro gateway router including each mobile terminal (MN) 1 (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 paging for the mobile terminal registered in the cache (Paging Cache) is managed by the soft state. すなわち、各移動端末(MN)1を含む真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1に登録されている移動端末からのページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)(図25)を受信しない限り、一定期間(生存期間)後そのページングキャッシュ(Paging Cache)は削除される。 In other words, a true micro gateway router including each mobile terminal (MN) 1: receive (PMGR Pure-Micro Gateway Router) paging update message from the mobile terminal registered in 7-1 (Paging Update Message) (FIG. 25) unless a certain period (survival) after its paging cache (paging cache) is deleted.
【0213】 [0213]
ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)は図25に示すように、図23に示す真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現在の移動端末(MN)1に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)とシーケンスナンバー、ページングアップデート(更新)インターバルタイムを格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 Paging update message (Paging Update Message), as shown in FIG. 25, a true micro registration request message shown in FIG. 23 (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) of the mobile terminal IPv6 current to the mobile terminal (MN) 1 address (Current MN IPv6 address) and sequence number, configured as packets containing paging update (update) interval time (Ex.UDP).
【0214】 [0214]
(A−8) (A-8)
アクセスルータ(AR)3−1は真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−1から受信すると、移動端末(MN)1に受信したその真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を転送する。 Access Router (AR) 3-1 true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message) true micro gateway router: receives from (PMGR Pure-Micro Gateway Router) 7-1, and received by the mobile terminal (MN) 1 its forward the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message).
【0215】 [0215]
(A−9) (A-9)
移動端末(MN)1は、アクセスルータ(AR)3−1から真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信する。 Mobile terminal (MN) 1 receives an access router (AR) 3-1 from the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message). なお、一定時間待っても真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信しない場合は真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の再送を実行する。 It should be noted that, if it does not receive even wait a certain period of time true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message) is true micro registration request message: Run the retransmission of the (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message).
【0216】 [0216]
移動端末(MN)1は、アクセスルータ(AR)3−1から真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信し、移動端末(MN)1が先に生成したIPv6アドレスが重複していることが判明した場合、もしくは数回再送しても真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信できない場合は、同じ仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aを使い、IPv6アドレスの下位64Bitの移動端末(MN)1識別子としてのインタフェースID(Interface ID)を再度生成しなおして、新たなIPv6アドレスを生成後、(A−4)へ戻り登録(Registration)処理を再度行う。 Mobile terminal (MN) 1 receives an access router (AR) 3-1 from the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message), IPv6 address which the mobile terminal (MN) 1 is the previously generated is duplicated If it is found, or if you be retransmitted several times not receive a true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message), the same virtual network prefix: use a (VNP virtual network prefix) a, IPv6 address of the lower 64Bit and mobile terminal (MN) regenerate the interface ID (interface ID) as 1 identifier again, after generating a new IPv6 address, performing (a-4) to the return registration (registration) process again.
【0217】 [0217]
なお、上記登録処理を複数回(予め定められた上限回数)試みても登録できない場合は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1に対応して設定された仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aを使用したアドレス設定を放棄して、物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)を使用したアドレス設定に移行する。 Note that the registration process a plurality of times (upper limit number predetermined) If you can not register any attempt, a virtual network that is set corresponding to the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1 prefix: give up address configuration using (VNP Virtual network prefix) a, a physical network prefix (PNP: physical network prefix) moves to the address configuration using. この場合は、移動端末(MN)1は、サブネット(Subnet)2−1に接続しているので、サブネット(Subnet)2−1の物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)Aを使用したアドレス設定を行なう。 In this case, the mobile terminal (MN) 1, since connected to the subnet (Subnet) 2-1, subnet (Subnet) 2-1 Physical Network Prefix: address setting using (PNP Physical Network Prefix) A It is carried out.
【0218】 [0218]
なお、本出願人が先に出願した特願2000-005560号に開示されたプロトコルLIN6をサポートしている移動端末であれば、仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)の登録に失敗した場合、即座に物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)を用いたステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration, RFC2462)を実行する。 Incidentally, if the mobile terminal by the applicant supports the protocol LIN6 disclosed in Japanese Patent Application No. 2000-005560 filed earlier, virtual network prefix: Failure to register (VNP Virtual Network Prefix), immediately physical network prefix (PNP: physical network prefix) to perform stateless autoconfiguration (stateless auto Configuration, RFC2462) that was used.
【0219】 [0219]
(A−10) (A-10)
移動端末(MN)1は、IPv6アドレスの登録(Registration)完了後、マクロモビリティ(Macro Mobility)をサポートしてもらう場合、マッピングエージェント(MA(Mapping Agent))15もしくは、ホームエージェント(HA:(Home Agent))16に対して移動端末(MN)1の現在位置情報を更新するためにマッピングアップデートメッセージ(Mapping Update Message)もしくは、バインディングアップデートメッセージ(Binding Update Message)を送る。 The mobile terminal (MN) 1 is, after the IPv6 address registration (Registration) is complete, if you ask them to support the macro mobility (Macro Mobility), the mapping agent (MA (Mapping Agent)) 15 or, the home agent (HA: (Home Agent)) 16 mapping update message to update the current location information of the mobile terminal (MN) 1 with respect to (mapping update message) or sends a binding update message (binding update message).
【0220】 [0220]
移動端末(ノード)が、Mobile IPv6(もしくはLIN6)のようなマクロモビリティプロトコルを実装している場合は、その移動端末(ノード)のホームエージェント(HA)16に、気付アドレス(CoA:Care-of-Address)として、仮想ネットワークプレフィックスを使ってステートレス自動設定により生成したIPv6アドレス(仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレス)を格納して、バインディングアップデートメッセージを送信する。 Mobile terminal (node), if implementing a macro mobility protocol such as Mobile IPv6 (or LIN6), the home agent (HA) 16 of the mobile terminal (node), the care-of address (CoA: Care-of as -address), and stores the IPv6 address generated by stateless autoconfiguration using the virtual network prefix (the virtual network prefix based IPv6 address), and transmits a binding update message. LIN6の場合は、移動端末(ノード)の管轄エージェントであるマッピングエージェント(MA)に、Current Locatorとして仮想ネットワークプレフィックスを格納して、マッピングアップデートメッセージを送信する。 For LIN6 is jurisdiction agent is a mapping agent of the mobile terminal (node) (MA), and stores the virtual network prefix as Current Locator, transmits a mapping update message.
【0221】 [0221]
前述したように、MobileIPv6においては、ノードはホームアドレスおよび気付アドレス(Care-of-address)という2つのIPアドレスを有する。 As described above, in MobileIPv6, the node has two IP addresses of the home address and care-of address (Care-of-address). 気付アドレスはノードの移動に伴って接続されているサブネットワークに対応して変化するアドレスであり、この場合仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスである。 Care-of address is an address which changes in response to the sub-network that is connected with the movement of the node, in this case the virtual network prefix based IPv6 address. ホームアドレスはノードの移動に関わらず一定である。 Home address is constant regardless of the movement of the node.
【0222】 [0222]
Mobil IPv6におけるホームエージェント(HA)16は、ノードのホームアドレスに対応するサブネットワークを管理するノードであり、通信ノードが移動したとしき、移動したノードから新たな気付アドレス、この場合仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスを含むバインディングアップデートパケット(binding update packet)を受信してホームアドレスと仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスの対応を記憶したバインディング・キャッシュ(binding cache)を更新する。 Home Agent (HA) 16 in Mobil IPv6 is a node that manages the subnetwork corresponding to the node's home address, Toshiki communication node moves, a new care-of-address from the mobile node, in this case a virtual network prefix based updating a binding update packet (binding update packet) by receiving the home address and the virtual network prefix based IPv6 address binding cache that stores the correspondence (binding cache) containing an IPv6 address.
【0223】 [0223]
LIN6を実装している場合は、移動端末(ノード)は、移動端末(ノード)の管轄エージェントであるマッピングエージェント(MA)15に、Current Locatorとして仮想ネットワークプレフィックスを格納して、マッピングアップデートメッセージを送信する。 If you have implemented LIN6 the mobile terminal (node), the mapping agent (MA) 15 which is competent agent of the mobile terminal (node), and stores the virtual network prefix as Current Locator, sends a mapping update message to. マッピングエージェント(MA)15は、受信したマッピングアップデートメッセージに基づいてホームアドレスと仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスの対応を記憶したバインディング・キャッシュ(binding cache)を更新する。 Mapping agent (MA) 15 updates the based on the mapping update message received home address and the virtual network prefix based IPv6 address corresponding to the stored binding cache (binding cache).
【0224】 [0224]
また、移動端末(ノード)が、Mobile IPv6(もしくはLIN6)のようなマクロモビリティプロトコルを実装していない場合、またはサポートの必要が無い場合は、バインディングアップデートパケット(binding update packet)送信処理を実行せず処理を終了する。 The mobile terminal (node), if that does not implement the macro mobility protocol such as Mobile IPv6 (or LIN6), or if there is no need of support, binding update packet (binding update packet) not execute the transmission process not to end the process.
【0225】 [0225]
なお、以後、移動端末(ノード)は、パケットを送受信の際は、設定した仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレス、または物理ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスを使う。 Incidentally, hereinafter, the mobile terminal (node), when sending and receiving packets, use the virtual network prefix based IPv6 address or a physical network prefix based IPv6 address, which is set.
【0226】 [0226]
(A−11) (A-11)
さらに移動端末(MN)1は、待機状態である場合は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1で保持されているページングキャッシュ(Paging Cache)を維持するために、定期的にページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)(図25参照)をアクセスルータ(AR)3−1に送信する。 Further the mobile terminal (MN) 1, when in a standby state, a true micro gateway router: To maintain (PMGR Pure-Micro Gateway Router) paging cache maintained by 7-1 (Paging Cache), regular to send a paging update message (paging update message) (see FIG. 25) to the access router (AR) 3-1. ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を受信したアクセスルータ(AR)3−1は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1へページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)をそのまま転送する。 Access Router (AR) 3-1 which has received the paging update message (Paging Update Message) is true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 paging update message (Paging Update Message) as it is to be transferred . ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を受信した真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1は、移動端末(MN)1に関するページングキャッシュ(Paging Cache)のLifetime [生存期間](4byte)を初期化する。 Paging update message (Paging Update Message) true micro gateway router that received the (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 is, Lifetime [survival] mobile terminal (MN) paging cache (Paging Cache) about 1 (4byte ) to initialize. なお、ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)には例えばUDPを用いる。 Incidentally, the use of UDP for example the paging update message (Paging Update Message).
【0227】 [0227]
(A−12) (A-12)
さらに移動端末(MN)1は、待機状態から通信状態へ移行する場合は、データパケットを送信/受信するのに先駆けて、アクセスルータ(AR)3−1に対してルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)(図26)を即座に投げることにより真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のルータ(router)5−xx上に移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成する。 Further the mobile terminal (MN) 1, when the transition from the standby state to the communication state, prior to sending / receiving data packets, the access router (AR) routing update message to 3-1 (Routing Update Message ) (Fig. 26) true micro mobility network by the throw immediately (Pure-micro mobility network (PMMN)) in 8-1 router (: router) mobile terminal on 5-xx (MN) routing cache relating 1 (routing to create a Cache). なお、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)には例えばUDPを用いる。 Incidentally, the use of UDP for example the routing update message (Routing Update Message).
【0228】 [0228]
ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)は、移動端末(MN)からアクセスルータ(AR)に対して送信され、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のルータ(router)上の移動端末(MN)に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を生成、更新するために送信されるパケットであり、図26に示すように、現在の移動端末(MN)に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)と、過去のすなわち、サブネット移動前の移動端末(MN)1に対してて設定されていた旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)を格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 Routing update message (Routing Update Message) is moved from the mobile terminal (MN) is transmitted to the access router (AR), on the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) within the router (: router) terminal generates a routing cache (routing cache) about (MN), a packet transmitted for updating, as shown in FIG. 26, the mobile terminal IPv6 address for the current mobile terminal (MN) (current MN IPv6 address) If, namely the past, the old physical network prefix that has been set by the mobile terminal (MN) 1 before subnet moving: configured as (old PNP old physical network prefix) storing packet (ex.UDP) . ただし、移動端末(MN)1の電源投入時には、旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)は存在せず、これらの情報については格納されない。 However, at the time of power-on of the mobile terminal (MN) 1 is the old physical network prefix (Old PNP: Old Physical Network Prefix) is not present, not stored for these information.
【0229】 [0229]
(A−13) (A-13)
真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のルータ5−xxのネットワーク接続構成が、図18に示すようなツリー(Tree)構造と仮定するならば、移動端末(MN)1から送信されたルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信したアクセスルータ(AR)3−1は、移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成後、上位ルータ(router(Parent))にルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を転送する。 If the network connection configuration of the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) in 8-1 router 5-xx is assuming tree (Tree) structure as shown in FIG. 18, the mobile terminal (MN ) the access router which has received the routing update messages sent (routing update message) from 1 (AR) 3-1 after creating a routing cache for the mobile terminal (MN) 1 (routing cache), the upper router (: router (Parent )) to transfer routing update message (routing update message). 同様な動作が、アクセスルータ(AR)3−1から真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1の経路上のルータ(router)5−xxで行われる。 Similar operations, access router (AR) 3-1 from the true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 on the route router (: router) is carried out in 5-xx. ルータ(router)5−xxの保持する移動端末(MN)に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)はページングキャッシュ(Paging cache)と同様にソフトステートにより管理される。 Router (router) 5-xx routing cache (Routing Cache) for the mobile terminal (MN) for holding the is managed by similarly soft state and paging cache (Paging cache). つまり、その移動端末(MN)からのルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信しない限り、一定期間(生存期間)後そのルーティングキャッシュ(Routing Cache)は削除される。 That is, unless it receives a routing update message (Routing Update Message) from the mobile terminal (MN), a period of time (survival) after its routing cache (Routing Cache) is deleted.
【0230】 [0230]
(A−14) (A-14)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1はルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信すると、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のルータ(router)5−xxと同様に、移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成し、さらに移動端末(MN)1に関するページングキャッシュ(Paging Cache)を消去する。 True micro gateway router: If (PMGR Pure-Micro Gateway Router) 7-1 receives a routing update message (Routing Update Message), true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) in 8-1 router ( router) similar to 5-xx, creating routing cache for the mobile terminal (MN) 1 (routing cache), further erases mobile terminal (MN) 1 about paging cache (paging cache). なお、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)はこれ以上の上位ルータには転送されない。 Incidentally, routing update message (Routing Update Message) is not transferred to the more the upper router. すなわち、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11には転送されない。 That is, not transferred to the quasi-micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11.
【0231】 [0231]
なお、上記の例では、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)としてUDPを用いる構成例を示したが、UDP以外としては、後段で詳細に説明するキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)(図29参照)と同様にIPv6ホップバイホップオプション(IPv6 Hop-by-Hop Option)ヘッダを用いてもよい。 In the above example, although the configuration example using UDP as the routing update message (Routing Update Message), other than as UDP, the cache update message to be described in detail later (Cache Update Message) (see FIG. 29) may be used similarly IPv6 hop-by-hop options (IPv6 hop-by-hop option) header and.
【0232】 [0232]
(B)呼び出し処理(Paging) (B) call processing (Paging)
次に、図16に示すインターネット接続の通信相手端末(ノード)(CN)14がマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内の移動端末(MN)1にデータパケットを送信する処理について説明する。 Then, the remote terminal (node) of the Internet connection shown in FIG. 16 (CN) 14 is the processing of transmitting the data packet to the mobile terminal (MN) 1 micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 Description to. なお、移動端末(MN)1は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1の下位のサブネット(Subnet)2−1に接続され、仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)AによるIPv6アドレスが設定されているものとし、通信相手端末(ノード)(CN)14と移動端末(MN)1間の通信は、Mobile IPv6(もしくはLIN6)のようなマクロモビリティプロトコルに従った処理を実行するものとして説明する。 The mobile terminal (MN) 1 is connected to the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1 subordinate subnet (Subnet) 2-1, virtual network prefix (VNP: Virtual Network Prefix ) shall IPv6 address by a is set, communication between the remote terminal (node) (CN) 14 and a mobile terminal (MN) 1, according to the macro mobility protocol such as mobile IPv6 (or LIN6) It is described as performing processing.
【0233】 [0233]
(B−1) (B-1)
通信相手端末(CN)14が、マクロモビリティプロトコルLIN6を用いている場合は、マッピングエージェント(MA)15に問い合わせ、移動端末(MN)1に関する現ネットワークプレフィックス(Current Network Prefix)として、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内で用いられる仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aを取得し、それをIPv6アドレスにおける終点アドレスの上位64bitとして用い、下位64bitは移動端末(MN)1のグローバルユニークな識別子であるLIN−IDとして設定し、通信相手端末(CN)14から移動端末(MN)1へデータパケットを送信する。 Correspondent terminal (CN) 14 is, if you are using a macro mobility protocol LIN6, contact the mapping agent (MA) 15, as the current network prefix (Current Network Prefix) for the mobile terminal (MN) 1, a true micro mobility network (Pure-Micro Mobility network (PMMN)) virtual network prefix used in the 8-1: get the (VNP virtual network prefix) a, using it as the upper 64bit of the destination address in the IPv6 address, the lower 64bit mobile terminal (MN) sets the LIN-ID is 1 globally unique identifier, and transmits the data packet from the correspondent terminal (CN) 14 to the mobile terminal (MN) 1.
【0234】 [0234]
またマクロモビリティプロトコルMobile IPv6を用いている場合は、移動端末(MN)1のホームアドレス(Home address)に向けていったんデータパケットを送信する。 In the case of using a macro mobility protocol Mobile IPv6, once it sends the data packet to the mobile terminal (MN) 1 home address (Home address). そのデータパケットを受信したホームエージェント(HA)16は、ホームエージェント(HA)16で登録されている移動端末(MN)1に関する気付アドレス(CoA:Care of Address) に向けてさらにデータパケットを転送する。 Home Agent (HA) 16 that has received the data packet, the mobile terminal (MN) 1 regarding care-of address that is registered with the home agent (HA) 16: further transfers the data packet to the (CoA Care of Address) . なお、ホームエージェント(HA)16で登録されている移動端末(MN)1に関する気付アドレス(CoA:Care of Address)の上位64bitは仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aである。 Note that the home agent (HA) mobile terminal registered with 16 (MN) 1 regarding care-of address (CoA: Care of Address) upper 64bit virtual network prefix of: a (VNP Virtual Network Prefix) A.
【0235】 [0235]
マクロモビリティプロトコルLIN6を用いている場合、マクロモビリティプロトコルMobile IPv6を用いている場合、いずれの場合も、データパケットは真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1までひとまず転送される。 If using the macro mobility protocol LIN6, the case of using a macro mobility protocol Mobile IPv6, in any case, the data packet is true micro gateway router: is (PMGR Pure-Micro Gateway Router) for now until 7-1 Transfer .
【0236】 [0236]
インターネット13上では、移動端末(MN)1へ送信するデータパケットのIPv6ヘッダの終点アドレスフィールドに記述されているIPv6アドレスの上位64ビットのネットワークプレフィックス、この場合は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内で用いられる仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aに基づいてルーティング(プレフィックスベース・ルーティング)が実行される。 On the Internet 13, the upper 64 bits of the network prefix of the IPv6 address described in the destination address field of the IPv6 header of the data packet to be transmitted to the mobile terminal (MN) 1, in this case, a true micro-mobility network (Pure-Micro Mobility network (PMMN)) virtual network prefix used in the 8-1 (VNP: routing based on virtual network prefix) a (prefix-based routing) is performed. また、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内の疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11においてもIPv6アドレスの上位64ビットのネットワークプレフィックス、すなわち真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内で用いられる仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Aに基づいてルーティング(プレフィックスベース・ルーティング)が実行される。 The micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) Pseudo micro mobility network within 9 (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) also IPv6 address higher 64 bits of the network prefix of the 11, i.e. a true micro-mobility network (Pure -Micro Mobility network (PMMN)) virtual network prefix used in the 8-1 (VNP: routing based on virtual network prefix) a (prefix-based routing) is performed.
【0237】 [0237]
(B−2) (B-2)
次に真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1は、届いたデータパケットの終点アドレスに関する経路が、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)、すなわち真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のアクティブ(active)状態の移動端末(MN)1へホストルーティングを行うための情報を対応付けて格納したルーティングキャッシュ、もしくは通常のルーティングテーブル内に存在していれば、それに従ってデータパケットを転送する。 Then true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1, the path about the destination address of the arrived data packet, routing cache (Routing Cache), i.e. a true micro-mobility network (Pure-Micro Mobility Network ( PMMN)) in 8-1 active (active) state the mobile terminal (MN) routing cache storing in association with information for host route to 1, or if present in the normal routing table, accordingly to transfer the data packet.
【0238】 [0238]
ルーティングキャッシュ(Routing Cache)や通常のルーティングテーブル内に移動端末(MN)1への経路が設定されていない場合には、次にデータパケットの終点アドレスに関するページングキャッシュ(Paging Cache)、すなわち、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内に存在するアイドル(idle)状態の移動端末(MN)1のIPv6アドレスに関する情報を格納したキャッシュに存在しているかどうか確認する。 If the routing cache (Routing Cache) and normal route to the mobile terminal (MN) 1 in the routing table is not set, then the paging cache (Paging Cache) about the destination address of the data packet, i.e., a true micro whether to check whether you are present in the mobility network (Pure-Micro mobility network (PMMN)) idle present in the 8-1 (idle) cache that stores information about the mobile terminal (MN) 1 IPv6 addresses state. 存在している場合は、移動端末(MN)1は待機状態だと判断し、受信したデータパケットをいったん保存し、即座にページング要求メッセージ(Paging Request Message)(図27参照)を下流のルータ(router)へブロードキャスト(Broadcast)する。 If present, the mobile terminal (MN) 1 is judged to be a standby state temporarily save the received data packets immediately to the paging request message (Paging Request Message) (see FIG. 27) downstream of the router ( router) to be broadcast (broadcast).
【0239】 [0239]
ページング要求メッセージ(Paging Request Message)は、図27に示すように、移動端末(MN)のIPv6アドレスを格納したパケット(ex.UDP)である。 Paging Request message (Paging Request Message), as shown in FIG. 27, a packet storing the IPv6 address of the mobile node (MN) (ex.UDP).
【0240】 [0240]
ページング要求メッセージ(Paging Request Message)を受信した真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のルータ(router)5−xxはさらに下流のルータ(router)へページング要求メッセージ(Paging Request Message)をブロードキャスト転送(Broadcast)する。 Paging Request message (Paging Request Message) true micro mobility network that received the (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) in 8-1 router (router) 5-xx paging request message further to the downstream router (: router) ( Paging Request Message) the broadcast transfer to (broadcast).
【0241】 [0241]
最終的にページング要求メッセージ(Paging Request Message)は移動端末(MN)1まで転送され、ページング要求メッセージ(Paging Request Message)を受信した移動端末(MN)1は、即座にルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)(図26参照)を送信し、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のルータ(router)に移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成する。 Finally paging request message (Paging Request Message) is transferred to the mobile terminal (MN) 1, the mobile terminal (MN) 1 which has received the paging request message (Paging Request Message) is immediately routing update message (Routing Update Message ) (sends see FIG. 26), true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN) to create a) the mobile terminal to the router in the 8-1 (: router) (MN) routing cache relating 1 (routing cache) .
【0242】 [0242]
真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1の最上位ノードである真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1で移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)が作成された時点で、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−1は保存しておいたデータパケットをルーティングキャッシュ(Routing Cache)に従って転送する。 True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) true micro gateway router that is a top node 8-1 (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 in the mobile terminal (MN) routing cache for one ( when the routing cache) is created, a true micro gateway router (PMGR: transferring accordance Pure-micro gateway router) 7-1 routing data packets saved cache (routing cache). その際、ページングキャッシュは消去する。 At that time, paging cache is erased.
【0243】 [0243]
上述の方法に従って、図16に示すインターネット接続の通信相手端末(ノード)(CN)14からドメイン内の移動端末(MN)1へのデータパケットの送信処理が実行される。 According to the method described above, the transmission processing of the data packets from the correspondent terminal (node) (CN) 14 of the Internet connection shown in FIG. 16 to the mobile terminal (MN) 1 in the domain is performed.
【0244】 [0244]
なお、上述の(B−2)で説明では、ページング要求メッセージ(Paging Request Message)を送信して、端末の呼び出し処理としてのページング(Paging)を行う方法を説明したが、受信したデータパケットの終点アドレスがページングキャッシュ(Paging Cache)に存在している場合は、呼び出し処理としてのページング(Paging)を実行せず、直接、データパケット自体をブロードキャスト(Broadcast)して移動端末(MN)1のページング(Paging)とし、パケット送信を一括して処理する構成としてもよい。 In the description in the above (B-2), transmits a paging request message (Paging Request Message), has been described a method for paging (Paging) as call processing terminal, the end point of the received data packets If the address is present in the paging cache (paging cache), without executing the paging (paging) as call processing, directly, the broadcast data packet itself (broadcast) to the mobile terminal (MN) 1 paging ( and Paging), may be configured to collectively process the packet transmission.
【0245】 [0245]
(C)同一の真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内における移動次に、図16に示す移動端末(MN)1が、同一の真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)8−1内におけるサブネット間移動を行なった場合の処理について説明する。 (C) moving then in the same true micro mobility network (PMMN) within the mobile terminal (MN) 1 shown in FIG. 16 was performed to move between subnets in the same true micro mobility network (PMMN) within 8-1 the processing of the case will be described. この処理については、受信待機時と通信中においてそれぞれ説明する。 This processing will be described respectively in communicating with at reception standby.
【0246】 [0246]
(C1)受信待機時まず、図16に示す移動端末(MN)1が、受信待機時において同一の真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)8−1内のサブネット間移動を行なった場合の処理について説明する。 (C1) upon reception standby First, the mobile terminal (MN) 1 shown in FIG. 16, the process will be described in the case of performing a movement between subnets of the same true micro mobility network (PMMN) within 8-1 during the reception standby .
【0247】 [0247]
(C1−1) (C1-1)
移動端末(MN)1が待機状態で、サブネット(Subnet)2−1のアクセスルータ(AR)3−1から、同一の真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)8−1内のサブネット(Subnet)2−2のアクセスルータ(AR)3−2へ移動して下位層(物理層/MAC層)で無線リンクが変更された場合、移動端末(MN)1は即座にアクセスルータ(AR)3−2に対してルータ要請(RS:Router Solicitation)メッセージを送信、もしくはアクセスルータ(AR)3−2から定期的に流れてくるルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージを受信する。 In the mobile terminal (MN) 1 is waiting state, subnet (Subnet) from the access router (AR) 3-1 2-1, the same true micro mobility subnet of the network (PMMN) in 8-1 (Subnet) 2-2 If the access router (AR) radio link in the lower layer moves to 3-2 (physical layer / MAC layer) is changed, the mobile terminal (MN) 1 is to immediately access router (AR) 3-2 router solicitation Te: Submit (RS router Solicitation) message, or periodically flowing coming router advertisement from the access router (AR) 3-2: receiving a (RA router Advertisement) message.
【0248】 [0248]
アクセスルータ(AR)3−2から受信するルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージには、移動端末(MN)1が接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスのみではなく、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスを含まれる。 Router advertisement received from the access router (AR) 3-2: The (RA Router Advertisement) message, not only the physical network prefix of the subnet to which the mobile terminal (MN) 1 is connected, a network prefix for micro mobility there is included a virtual network prefix. 移動端末(MN)1が接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスは、この場合、サブネット(Subnet)2−2の物理ネットワークプレフィックスPNP(Physical Network Prefix)Bであり、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスVNP(Virtual Network prefix)は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1に対応して設定されたVNP(Virtual Network prefix)Aとなる。 Physical network prefix of the subnet to which the mobile terminal (MN) 1 is connected, in this case, the subnet (Subnet) 2-2 physical network prefix PNP (Physical Network Prefix) is B, is a network prefix for micro mobility virtual network prefix VNP (virtual network prefix) is a true micro-mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) VNP set corresponding to 8-1 (virtual network prefix) a.
【0249】 [0249]
ルータ通知に格納されている仮想ネットワークプレフィックスの値は、移動前に設定していた移動ノードのIPv6アドレスのネットワークプレフィックス部分(つまり、移動前のサブネット上のルータから受信したルータ通知に格納されていたネットワークプレフィックス値)と等しいので、そのまま同じIPv6アドレス、つまり、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1に対応して設定されたVNP(Virtual Network prefix)AベースのIPv6アドレスを使い続けることができる。 Value of the virtual network prefix which is stored in the router advertisement, the network prefix portion of the IPv6 address of the mobile node that were set before the movement (that is, stored in the router advertisement received from the router on the pre-movement subnet is equal to the network prefix value), it is the same IPv6 address, i.e., a true micro-mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) VNP set corresponding to 8-1 (Virtual network prefix) a based IPv6 address it is possible to continue to use. なお、この時点では、移動端末(MN)1は待機状態であるためルーティングアップデートメッセージの送信は行なわない。 At this point in time, the mobile terminal (MN) 1 is not performed transmission of routing update message for a standby state.
【0250】 [0250]
(C2)通信中次に、図16に示す移動端末(MN)1が、通信中である場合において同一の真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のサブネット間移動を行なった場合の処理について説明する。 (C2) communicating then the mobile terminal (MN) 1 shown in FIG. 16 will be described processing in the case of performing a movement between subnets within the same true micro mobility network (PMMN) when it is communicating. 図30に示す処理フローを参照して説明する。 Referring to the processing flow shown in FIG. 30 will be described.
【0251】 [0251]
(C2−1) (C2-1)
移動端末(MN)1が通信相手端末(CN)14と通信を行っている最中にアクセスルータ(AR)3−1からアクセスルータ(AR)3−2へ移動(図30:S101)して下位層(物理層/MAC層)で無線リンクが変更された場合は、移動端末(MN)1は即座にルータ要請(RS:Router Solicitation)メッセージをアクセスルータ(AR)3−2に送信、もしくはアクセスルータ(AR)3−2から定期的に流れてくるルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージを受信(S102)する。 Moving while the mobile terminal (MN) 1 is communicating with the correspondent terminal (CN) 14 from the access router (AR) 3-1 to the access router (AR) 3-2 (Figure 30: S101) to If the radio link in the lower layer (physical layer / MAC layer) is changed, the mobile terminal (MN) 1 is router solicitation immediately: send a (RS router Solicitation) message to the access router (AR) 3-2, or regularly flow coming router advertisement from the access router (AR) 3-2: receiving (RA router Advertisement) message (S102) to.
【0252】 [0252]
アクセスルータ(AR)3−2から受信するルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージには、移動端末(MN)1が接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスのみではなく、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスが含まれる。 Router advertisement received from the access router (AR) 3-2: The (RA Router Advertisement) message, not only the physical network prefix of the subnet to which the mobile terminal (MN) 1 is connected, a network prefix for micro mobility It includes a virtual network prefix. 移動端末(MN)1が接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスは、この場合、サブネット(Subnet)2−2の物理ネットワークプレフィックスPNP(Physical Network prefix)Bであり、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスVNP(Virtual Network prefix)は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1に対応して設定されたVNP(Virtual Network prefix)Aとなる。 Physical network prefix of the subnet to which the mobile terminal (MN) 1 is connected, in this case, the subnet (Subnet) 2-2 physical network prefix PNP (Physical Network prefix) is B, is a network prefix for micro mobility virtual network prefix VNP (virtual network prefix) is a true micro-mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) VNP set corresponding to 8-1 (virtual network prefix) a.
【0253】 [0253]
ルータ通知に格納されている仮想ネットワークプレフィックスの値は、移動前に設定していた移動ノードのIPV6アドレスのネットワークプレフィックス部分(つまり、移動前のサブネット上のルータから受信したルータ通知に格納されていたネットワークプレフィックス値)と等しい(S103)ので、そのまま同じIPv6アドレス、つまり、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1に対応して設定されたVNP(Virtual Network prefix)AベースのIPv6アドレスを使い続けることができる。 Value of the virtual network prefix which is stored in the router advertisement, the network prefix portion of the IPV6 address of the mobile node that were set before the movement (that is, stored in the router advertisement received from the router on the pre-movement subnet (since S103), it is the same IPv6 address, i.e., a true micro-mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN) network prefix value) equal to) VNP set corresponding to 8-1 (Virtual network prefix) a base it is possible to continue to use the IPv6 address of.
【0254】 [0254]
さらに、新しいアクセスルータ(AR)3−2に対してルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を即座に送信(S104)することにより真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のルータ5−xx上の移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ、すなわち、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1内のアクティブ(active)状態の移動端末(MN)1へホストルーティングを行うための情報を対応付けて格納したキャッシュを作成/更新する。 Furthermore, new access router (AR) true micro mobility network by transmitting immediately a routing update message (Routing Update Message) (S104) relative to 3-2 (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) within 8-1 router 5-xx on the mobile terminal (MN) 1 regarding routing cache, i.e., the mobile terminal of the active (active) state of true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) within 8-1 (MN) 1 information creation / update a cache which stores in association with for performing host routed to.
【0255】 [0255]
(C2−2) (C2-2)
真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−1が、ツリー(Tree)構造(図18参照)と仮定するならば、移動端末(MN)1から送信されたルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信したアクセスルータ(AR)3−2は、移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成/更新後、上位ルータ(router(Parent))にルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を転送する。 True micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-1 is a tree (Tree) structure Assuming (see FIG. 18), routing update message sent from a mobile terminal (MN) 1 (Routing access router receiving the update message) (AR) 3-2 after creation / update the routing cache (routing cache) for the mobile terminal (MN) 1, the upper router (: router (Parent) routing update) message (routing update Message) to transfer. 同様な動作が、アクセスルータ(AR)3−2から真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1の経路上のルータ(router)5−xxで行われる(S105,S106)。 Similar operations, access router (AR) true micro gateway router from 3-2 (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 on the route router (: router) is carried out in 5-xx (S105, S106).
【0256】 [0256]
なお、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1からアクセスルータ(AR)3−1への経路とアクセスルータ(AR)3−2への経路の分岐点となるクロスオーバルータ(Cross over router)4−1は、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)に含まれる旧PNP(移動前のサブネットサブネット(Subnet)2−1の物理ネットワークプレフィックス:PNP)Aを使って、アクセスルータ(AR)3−1へ向かってルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)(図28参照)を送信(S107)することにより、その経路上のルータ(router)5−xxに存在している、移動端末(MN)1に関する古いルーティングキャッシュ(Routing Cache)を廃棄(S108)する。 Incidentally, the true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) crossover router as a branch point of the route from 7-1 to the route and the access router (AR) 3-2 to the access router (AR) 3-1 (Cross over router) 4-1, the routing update message old PNP (before movement subnet subnet (subnet) 2-1 physical network prefix: PNP) included in the (routing update message) using a, access router ( by routing tear-down message towards AR) 3-1 (routing tear-down message) transmitted (see FIG. 28) (S107), are present in the path on the router (router) 5-xx, old routing cache for the mobile terminal (MN) 1 to (routing cache) is discarded (S108).
【0257】 [0257]
具体的には、移動端末(MN)1に関する古いルーティングキャッシュ(Routing Cache)を廃棄した後、旧PNP(移動前のサブネットサブネット(Subnet)2−1の物理ネットワークプレフィクス:PNP)Aへ転送するための次ホップルータ(next hop router)をルーティングテーブル(routing table)から取得し、その次ホップルータ(next hop router)へルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を転送する。 Specifically, after discarding the old routing cache (Routing Cache) for the mobile terminal (MN) 1, the former PNP (before movement subnet Subnet (Subnet) 2-1 physical network prefix: PNP) is transferred to the A get the next hop router (next hop router) from the routing table (routing table), and transfers the next hop router (next hop router) to route tear-down message (routing tear-down message) for. この動作をクロスオーバルータ(Cross over router)4−1からアクセスルータ(AR)3−1までの途中の経路上のルータ(router)5−xxで繰り返す。 This operation is repeated in a cross-over router (Cross over router) during the intermediate routers from 4-1 to the access router (AR) 3-1 (router) 5-xx.
【0258】 [0258]
ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)は、クロスオーバルータ(Cross over router)からアクセスルータ(AR)に対して送信され、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のルータ(router)上の移動端末(MN)に関する移動前のルーティング情報を格納したルーティングキャッシュ(Routing Cache)を廃棄するために送信されるパケットであり、図28に示すように、移動端末(MN)に対する移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)と、サブネット移動前の移動端末(MN)1に対して設定されていた旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)を格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 Routing teardown message (Routing Tear-Down Message) is transmitted from the cross-over router (Cross over router) to the access router (AR), routers within the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) a packet transmitted mobile terminal routing cache which stores routing information before moving about (MN) to drop (routing cache) on (: router), as shown in FIG. 28, for the mobile terminal (MN) mobile IPv6 address (MN IPv6 address), the old physical network prefix that has been set for the mobile terminal (MN) 1 before subnet moving (old PNP: old physical network prefix) storing packet (ex.UDP) configured as. なお、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)には例えばUDPを用いる。 Incidentally, the use of UDP for example the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message).
【0259】 [0259]
(C2−3) (C2-3)
ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を受信したアクセスルータ(AR)3−1は、移動端末(MN)1に関する古いすなわち、移動端末(MN)1の移動前のルーティングキャッシュ(Routing Cache)を廃棄(S108)する。 Routing teardown message (Routing Tear-Down Message) the access router which has received the (AR) 3-1, the mobile terminal (MN) old about 1 i.e., routing cache before movement of the mobile terminal (MN) 1 (Routing Cache) the discarded (S108). ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)がアクセスルータ(AR)3−1に至った後は、これ以上ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を転送しない。 After routing tear-down message (Routing Tear-Down Message) reaches the access router (AR) 3-1 does not transfer any more routing tear-down message (Routing Tear-Down Message).
【0260】 [0260]
(C2−4) (C2-4)
ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信した真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1は、真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)8−1内のルータ(router)5−xxと同様に、移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成/更新する。 Routing update message (Routing Update Message) true micro gateway router that received the (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 is true micro mobility network (PMMN: Pure-Micro Mobility Network) 8-1 in the router (router ) as with 5-xx, create / update the routing cache for the mobile terminal (MN) 1 (routing cache). 作成/更新後、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)はこれ以上転送しない。 After creating / updating, routing update message (Routing Update Message) does not transfer any more.
【0261】 [0261]
上述のように、移動端末が同一の仮想ネットワークプレフィックスの適用されるサブネット間を移動した場合は、ルーティングアップメッセージによる真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のルータの有するルーティングキャッシュの作成/更新が実行され、さらに真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のクロスオーバルータから移動端末の旧接続サブネットのアクセスルータまでの経路のルータにおいてティアダウンメッセージによるルーティングキャッシュの廃棄が実行される。 As described above, when the mobile terminal moves between subnets applied in the same virtual network prefix, routing cache with by routing up message of routers in the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) the creation / update execution, routing cache according to still true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) in the crossover router teardown messages in the path of the router to the access router of the old connection subnet of the mobile terminal from disposal of is executed. この処理の結果、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))においては、ルーティングキャッシュに基づくホストベースルーティング処理によって移動端末への経路制御が実行される。 The result of this process, in a true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)), routing to the mobile terminal is executed by the host based routing process based on the routing cache.
【0262】 [0262]
(D)ドメイン(MMN)内での異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内における移動次に、図16に示す移動端末(MN)1が、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))内で異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)間のサブネット間移動を行なった場合の処理について説明する。 Moving at different true micro mobility network (PMMN) in in the (D) domain (MMN) Next, the mobile terminal (MN) 1 shown in FIG. 16, it differs in a micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) It described processing when performing movement between subnets between true micro mobility network (PMMN).
【0263】 [0263]
(D−1) (D-1)
移動端末(MN)1は、アクセスルータ(AR)3−2からアクセスルータ(AR)3−3へ移動して下位層(物理層/MAC層)で無線リンクが変更されると、移動端末(MN)1は即座にアクセスルータ(AR)に対してルータ要請(Router Solicitation)メッセージを送信、もしくはアクセスルータ(AR)2−3から定期的に送信されるルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージを受信する。 Mobile terminal (MN) 1, when the access router (AR) radio link 3-2 lower layer moves to the access router (AR) 3-3 from (physical layer / MAC layer) is changed, the mobile terminal ( MN) 1 is immediately router solicitation to the access router (AR) (send a router Solicitation) message or a router advertisement that is periodically transmitted from the access router (AR) 2-3 (RA: the router Advertisement) message It received.
【0264】 [0264]
アクセスルータ(AR)3−3から受信するルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージには、移動端末(MN)1が接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスのみではなく、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスが含まれる。 Router advertisement received from the access router (AR) 3-3: The (RA Router Advertisement) message, not only the physical network prefix of the subnet to which the mobile terminal (MN) 1 is connected, a network prefix for micro mobility It includes a virtual network prefix. 移動端末(MN)1が接続しているサブネットの物理ネットワークプレフィックスは、この場合、サブネット(Subnet)2−3の物理ネットワークプレフィックスPNP(Physical Network prefix)Cであり、マイクロモビリティ用のネットワークプレフィックスである仮想ネットワークプレフィックスVNP(Virtual Network prefix)は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−2に対応して設定されたVNP(Virtual Network prefix)Bとなる。 Physical network prefix of the subnet to which the mobile terminal (MN) 1 is connected, in this case, the subnet (Subnet) 2-3 physical network prefix PNP (Physical Network prefix) is C, is the network prefix for micro mobility virtual network prefix VNP (virtual network prefix) is a true micro-mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) VNP set corresponding to 8-2 (virtual network prefix) B.
【0265】 [0265]
移動端末(MN)1は、アクセスルータ(AR)3−3から受信したルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージ内の仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)(図22参照)に含まれる仮想ネットワークプレフィックス(Virtual Network prefix)(VNP A))が仮想ネットワークプレフィックスB(Virtual Network prefix(VNP B))に変更されている場合、異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN: Pure-Micro Mobility Network)間を移動したと判断する。 Mobile terminal (MN) 1 is the received router advertisement from the access router (AR) 3-3: included in (RA Router Advertisement) virtual network prefix information option in the message (Virtual Network Prefix Information Option) (see FIG. 22) If the virtual network prefix (virtual network prefix) (VNP a)) is changed to the virtual network prefix B (virtual network prefix (VNP B)), different true micro mobility network (PMMN: the Pure-micro mobility network) between it is determined that the move.
【0266】 [0266]
(D−2) (D-2)
次に、移動端末1は、アクセスルータ(AR)3−3から受信したルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージに含まれる仮想ネットワークプレフィックスB(Virtual Network prefix(VNP B))と移動端末(MN)1のグローバルユニーク(Global unique)な識別子(ID)、もしくはインタフェースID(Interface ID)とをつなぎ合わせて新たなIPv6アドレスをステートレス自動設定処理(stateless auto-configuration)により生成する。 Next, the mobile terminal 1, the received router advertisement from the access router (AR) 3-3 (RA: Router Advertisement) virtual network prefix B contained in the message (Virtual Network prefix (VNP B)) and a mobile terminal (MN) 1 globally unique (global unique) identifier (ID), or by joining an interface ID (interface ID) to generate a new IPv6 address by stateless auto-configuration process (stateless auto-configuration).
【0267】 [0267]
(D−3) (D-3)
次に移動端末(MN)1は生成したIPv6アドレスの登録(Registration)を行うために真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)(図23参照)をアクセスルータ(AR)3−3に送信する。 Mobile terminal (MN) 1 is registered in the generated IPv6 address then (Registration) true micro registration request message in order to carry out (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) (see FIG. 23) the access router (AR) to send to the 3-3. アクセスルータ(AR)3−3は 移動端末(MN)1から真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)を受信するとその真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)を真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2へ転送する。 Access Router (AR) 3-3 true micro Registered mobile terminal (MN) 1 request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) to receive the its true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) true micro gateway router (PMGR: transfers to the Pure-micro gateway router) 7-2.
【0268】 [0268]
真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)は、図23に示すように、現在の移動端末(MN)に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)と、過去のすなわち、サブネット移動前の移動端末(MN)に対して設定されていた旧移動端末IPv6アドレス(Old MN IPv6 Address)、および、旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)を格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 True micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message), as shown in FIG. 23, the mobile terminal IPv6 address for the current mobile terminal (MN) (Current MN IPv6 Address), i.e. in the past, subnet before moving of the mobile terminal (MN) old mobile IPv6 address having been set for (old MN IPv6 address), and the old physical network prefix (old PNP: old physical network prefix) stores the packet (ex. configured as UDP).
【0269】 [0269]
(D−4) (D-4)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2は真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)を受信すると、まず、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に格納されている 移動端末(MN)1のIPv6アドレスが真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2の保持するページングキャッシュ(Paging Cache)とルーティングキャッシュ(Routing Cache)に存在するかどうかを調べる(アドレス重複検査)。 True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2 true micro registration request message: if (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) to receive, firstly, a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-micro Registration Request Message) mobile terminal stored in the (MN) IPv6 address 1 is true micro gateway router (PMGR: Pure-micro gateway router) 7-2 paging cache (paging cache held by the) routing cache investigate whether there in (Routing Cache) (address duplication inspection).
【0270】 [0270]
(D−5) (D-5)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−2による重複検査の結果、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に格納されている移動端末(MN)1のIPv6アドレスがページング・キャッシュ(Paging Cache)とルーティングキャッシュ(Routing Cache)に存在していない(重複していない)場合は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−2は移動端末(MN)1のIPv6アドレスに関するページングキャッシュ(Paging Cache)を作成する。 True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2 result of the redundancy inspection by a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) mobile terminal stored in the (MN) 1 If the IPv6 address is a paging cache (paging cache) does not exist in the routing cache (routing cache) (non-overlapping) the true micro gateway router: is (PMGR Pure-micro gateway router) 7-2 move to create a paging cache (paging cache) regarding IPv6 address of the terminal (MN) 1. 作成後、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に含まれている旧仮想ネットワークプレフィックスA(old VNP(VNP A))(移動端末の旧IPv6アドレスの上位64ビット)に対応する真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)8−1内の真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1に向けてキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を送信する。 After creating a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) is included in the old virtual network prefix A (old VNP (VNP A)) (the upper 64 bits of the old IPv6 address of the mobile terminal) true micro mobility network corresponding to (PMMN: Pure-micro mobility network) true micro gateway router within 8-1: Submit (PMGR Pure-micro gateway router) toward the 7-1 cache update message (cache update message) to. キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の送信処理については後段において説明する。 Transmission process of the cache update message (Cache Update Message) is described in the subsequent stage.
【0271】 [0271]
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−2から真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1に対するキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を送信後、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−2は、登録完了を通知するために真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)(図24)をアクセスルータ(AR)3−3に送信する。 True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2 from the true micro gateway router: after sending the (PMGR Pure-Micro Gateway Router) cache update message for 7-1 (Cache Update Message), true micro gateway router (PMGR: Pure-micro Gateway router) 7-2 transmits a true micro registration confirmation message to notify the completion of registration (PMR-Ack message) (FIG. 24) to the access router (AR) 3-3. なお、移動端末(MN)1に関するページングキャッシュ(Paging Cacheを作成する前に、認証処理として例えば、AAA(Authentication, Authorization, and Accounting)を行ってもよい。 Incidentally, before creating the paging cache (Paging Cache for the mobile terminal (MN) 1, for example, as an authentication process, AAA (Authentication, Authorization, and Accounting) may be performed.
【0272】 [0272]
真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)は図24に示すように、図23に示す真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現在の移動端末(MN)1に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN Ipv6 Address)とシーケンスナンバー、および重複をしていたかどうかを示すコード(Code)を格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 True micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message), as shown in FIG. 24, a true micro registration request message shown in Figure 23: for (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) current mobile terminal (MN) 1 of mobile IPv6 address (Current MN Ipv6 address) and sequence number, and configured as a code indicating whether or not a duplicate (code) storing packet (ex.UDP).
【0273】 [0273]
(D−6) (D-6)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)7−2による重複検査の結果、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に格納されている移動端末(MN)1のIPv6アドレスがページング・キャッシュ(Paging Cache)またはルーティングキャッシュ(Routing Cache)に存在している(重複している)場合は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )7−2はアドレス重複による登録不許可を通知するために真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)をアクセスルータ(AR)3−3に送信する。 True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2 result of the redundancy inspection by a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) mobile terminal stored in the (MN) 1 If IPv6 address is present in the paging cache (paging cache) or routing cache (routing cache) (duplicated) is true micro gateway router (PMGR: Pure-micro gateway router) 7-2 address to notify the registration prohibition by overlap true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message) to the access router (AR) 3-3.
【0274】 [0274]
(D−7) (D-7)
アクセスルータ(AR)3−3は真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2から受信すると、移動端末(MN)1に受信したその真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を転送する。 Access Router (AR) 3-3 true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message) true micro gateway router: receives from (PMGR Pure-Micro Gateway Router) 7-2, and received by the mobile terminal (MN) 1 its forward the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message).
【0275】 [0275]
(D−8) (D-8)
移動端末(MN)1は、アクセスルータ(AR)3−3から真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信し、移動端末(MN)1が先に生成したIPv6アドレスが重複していることが判明した場合、もしくは数回再送しても真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信できない場合は、同じ仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Bを使い、IPv6アドレスの下位64Bitの移動端末(MN)1の識別子としてのインタフェースID(Interface ID)を再度生成しなおして、新たなIPv6アドレスを生成後、(D−3)へ戻り登録(Registration)処理を再度行う。 Mobile terminal (MN) 1 receives an access router (AR) 3-3 from the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message), IPv6 address which the mobile terminal (MN) 1 is the previously generated is duplicated If it is found, or if you be retransmitted several times not receive a true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message), the same virtual network prefix: use a (VNP virtual network prefix) B, IPv6 address of the lower 64Bit and mobile terminal (MN) regenerate the interface ID of the first identifier (interface ID) again, after generating a new IPv6 address, performing (D-3) to the return registration (registration) process again.
【0276】 [0276]
なお、上記登録処理を複数回(予め定められた上限回数)試みても登録できない場合は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))8−2に対応して設定された仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)Bを使用したアドレス設定を放棄して、物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)を使用したアドレス設定に移行する。 Note that the registration process a plurality of times (upper limit number predetermined) If you can not register any attempt, a virtual network that is set corresponding to the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) 8-2 prefix: give up address configuration using (VNP Virtual network prefix) B, the physical network prefix (PNP: physical network prefix) moves to the address configuration using. この場合は、移動端末(MN)1は、サブネット(Subnet)2−3に接続しているので、サブネット(Subnet)2−3の物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)Cを使用したアドレス設定を行なう。 In this case, the mobile terminal (MN) 1, since connected to the subnet (Subnet) 2-3, subnet (Subnet) 2-3 physical network prefix (PNP: Physical Network Prefix) address configuration using C It is carried out.
【0277】 [0277]
なお、本出願人が先に出願した特願2000-005560号に開示されたプロトコルLIN6をサポートしている移動端末であれば、仮想ネットワークプレフィックス(VNP:Virtual Network Prefix)の登録に失敗した場合、即座に物理ネットワークプレフィックス(PNP:Physical Network Prefix)を用いたステートレス自動設定(Stateless Auto Configuration, RFC2462)を実行する。 Incidentally, if the mobile terminal by the applicant supports the protocol LIN6 disclosed in Japanese Patent Application No. 2000-005560 filed earlier, virtual network prefix: Failure to register (VNP Virtual Network Prefix), immediately physical network prefix (PNP: physical network prefix) to perform stateless autoconfiguration (stateless auto Configuration, RFC2462) that was used.
【0278】 [0278]
(D−9) (D-9)
移動端末(MN)1は、IPv6アドレスの登録(Registration)完了後、マクロモビリティ(Macro Mobility)をサポートしてもらう場合、マッピングエージェント(MA(Mapping Agent))15もしくは、ホームエージェント(HA:(Home Agent))16に対して移動端末(MN)1の現在位置情報を更新するためにマッピングアップデートメッセージ(Mapping Update Message)もしくは、バインディングアップデートメッセージ(Binding Update Message)を送る。 The mobile terminal (MN) 1 is, after the IPv6 address registration (Registration) is complete, if you ask them to support the macro mobility (Macro Mobility), the mapping agent (MA (Mapping Agent)) 15 or, the home agent (HA: (Home Agent)) 16 mapping update message to update the current location information of the mobile terminal (MN) 1 with respect to (mapping update message) or sends a binding update message (binding update message).
【0279】 [0279]
移動端末(ノード)が、Mobile IPv6(もしくはLIN6)のようなマクロモビリティプロトコルを実装している場合は、その移動端末(ノード)のホームエージェント(HA)16に、気付アドレス(CoA:Care-of-Address)として仮想ネットワークプレフィックスベースIPv6アドレスを格納して、バインディングアップデートメッセージを送信する。 Mobile terminal (node), if implementing a macro mobility protocol such as Mobile IPv6 (or LIN6), the home agent (HA) 16 of the mobile terminal (node), the care-of address (CoA: Care-of -address) stores the virtual network prefix based IPv6 address as transmits a binding update message. LIN6の場合は、移動端末(ノード)の管轄エージェントであるマッピングエージェント(MA)15に、Current Locatorとして仮想ネットワークプレフィックスを格納して、マッピングアップデートメッセージを送信する。 For LIN6 is the mapping agent (MA) 15 which is competent agent of the mobile terminal (node), and stores the virtual network prefix as Current Locator, it transmits a mapping update message.
【0280】 [0280]
(D−10) (D-10)
さらに、 移動端末(MN)1は受信待機状態での移動の場合はなにもしないが、通信中での移動の場合は、すみやかに通信が再開できるように、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)をアクセスルータ(AR)3−3に送信し、真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)8−2内のルータrouter6−xx上に移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を生成する。 Further, although not anything mobile terminal (MN) 1 in the case of movement in the reception standby state, if the movement in the communication, as quickly communication can be resumed, the routing update message (Routing Update Message) was sent to the access router (AR) 3-3, true micro mobility network (PMMN: Pure-micro mobility network) mobile terminal on the router router6-xx in 8-2 (MN) routing cache relating 1 (routing cache) to generate.
【0281】 [0281]
ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)は、移動端末(MN)からアクセスルータ(AR)に対して送信され、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のルータ(router)上の移動端末(MN)に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を生成、更新するために送信されるパケットであり、図26に示すように、現在の移動端末(MN)に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN Ipv6 Address)と、過去のすなわち、サブネット移動前の移動端末(MN)に対してて設定されていた旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)を格納したパケット(ex.UDP)として構成される。 Routing update message (Routing Update Message) is moved from the mobile terminal (MN) is transmitted to the access router (AR), on the true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) within the router (: router) terminal generates a routing cache (routing cache) about (MN), a packet transmitted for updating, as shown in FIG. 26, the mobile terminal IPv6 address for the current mobile terminal (MN) (current MN Ipv6 address) If, namely the past, the old physical network prefix that has been set by the mobile terminal before the subnet moving (MN): constituted as (old PNP old physical network prefix) storing packet (ex.UDP).
【0282】 [0282]
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)8−2が、Tree構造(図4)と仮定するならば、移動端末(MN)1から送信されたルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信したアクセスルータ(AR)3−3は、移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成後、上位ルータ(router(Parent))にルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を転送する。 True micro mobility network: receiving (PMMN Pure-Micro Mobility Network) 8-2 is, if assuming Tree structure (Fig. 4), routing update message sent from a mobile terminal (MN) 1 to (Routing Update Message) access router (AR) 3-3 was transfers after creating a routing cache for the mobile terminal (MN) 1 (routing cache), the upper router (router (Parent)) in the routing update message (routing update message). 同様な動作が、アクセスルータ(AR)3−3から真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2の経路上のルータ(router)6−xxで行われる。 Similar operations, access router (AR) 3-3 from the true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2 on the route router (: router) are performed in 6-xx. 真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2はルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信すると、真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)8−2内のルータ(router)6−xxと同様に、移動端末(MN)1に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成し、さらに移動端末(MN)1に関するページングキャッシュ(Paging Cache)を消去する。 True micro gateway router: If (PMGR Pure-Micro Gateway Router) 7-2 receives a routing update message (Routing Update Message), true micro mobility network (PMMN: Pure-Micro Mobility Network) in 8-2 router (router ) similar to 6-xx, creating a mobile terminal (MN) routing cache relating 1 (routing cache), further erases the mobile terminal (MN) 1 about paging cache (paging cache). なお、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)はこれ以上の上位ルータには転送されない。 Incidentally, routing update message (Routing Update Message) is not transferred to the more the upper router. すなわち、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11には転送されない。 That is, not transferred to the quasi-micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11.
【0283】 [0283]
以上の処理によって図16に示すマイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内の異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)のサブネット間移動が実現する。 Or more micro-mobility network shown in FIG. 16 by the processing (Micro Mobility Network (MMN)) different true micro mobility networks 9: Subnet between movement (PMMN Pure-Micro Mobility Network) is realized.
【0284】 [0284]
(E)キャッシュアップデートメッセージの流れ次に、図16に示す移動端末(MN)1が、マイクロモビリティネットワーク(Micro Mobility Network(MMN))9内で異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)間のサブネット間移動を行なった場合に異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)のトップノード間で、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11のルータ10−xxを介して転送されるキャッシュアップデートメッセージ(図29参照)の流れについて図31のフローを参照しながら説明する。 (E) flows next to the cache update message, the mobile terminal (MN) 1 shown in FIG. 16, between micro mobility network (Micro Mobility Network (MMN)) 9 within a different true micro mobility network (PMMN) between subnets mobile between the top node of a different true micro mobility network (PMMN) when performing a cache update message (FIG transferred through the router 10-xx pseudo micro mobility network (quasi-micro mobility network (QMMN)) 11 flow of 29 reference) will be described with reference to a flowchart of FIG. 31.
【0285】 [0285]
キャッシュアップデートメッセージは、移動端末が、同一ドメイン(MMN)内の異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)間の移動を行なったときに真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)間で、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))21のルータを介して転送されるメッセージであり、図29に示すように、現在の移動端末(MN)に対する移動端末IPv6アドレス(Current MN Ipv6 Address)と、過去のすなわち、サブネット移動前の移動端末(MN)に対して設定されていた旧移動端末IPv6アドレス(Old MN Ipv6 Address)、および、旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)を格納したメッセージである。 Cache Update message, the mobile terminal, a true micro gateway router when subjected to movement between different true micro mobility network within the same domain (MMN) (PMMN) (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) between the pseudo micro mobility network a message transferred via the router (Quasi-Micro mobility network (QMMN)) 21, as shown in FIG. 29, the mobile terminal IPv6 address for the current mobile terminal (MN) (current MN Ipv6 address) If, namely past, subnet moving front of the mobile terminal (MN) old mobile IPv6 address having been set for (old MN Ipv6 address), and the old physical network prefix: the (old PNP old physical network prefix) is a message stored.
【0286】 [0286]
(E−1) (E-1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2は、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を送信する前に、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2が属しているドメインマイクロモビリティネットワーク(ドメインMMN9)(疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)11と真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)8−1,8−2を含めたネットワーク)を示す上位bit(ex. 48bit)の値と、先の(D−3)、(D−4)の処理において移動端末(MN)1から送信されアクセスルータ(AR)3−3を介して受信した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に含まれている移動端末(MN)1の移動前の旧仮想ネットワークプレフィッ True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2, before transmitting the cache update message (Cache Update Message), true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2 belongs Top shows the in which domain micro mobility network (domain MMN9) (pseudo micro mobility network (QMMN) 11 and a network including true micro mobility network (PMMN) 8-1,8-2) bit (ex. 48bit) value of When, previous (D-3), (D-4) transmitted from the mobile terminal (MN) 1 in the processing of the access router (AR) 3-3 received via a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) mobile terminal that is included in the (MN) 1 moving before the old virtual network-fit ス(old VNP(VNP))A(旧移動端末IPv6アドレスの上位64ビット)の上位bit(ex.48bit)の値を比較する。 Comparing the value of the scan (old VNP (VNP)) A significant bit of the (upper 64 bits of the old mobile IPv6 address) (ex.48bit).
【0287】 [0287]
この比較において、値が異なる場合は、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に含まれている移動端末1の移動前の旧仮想ネットワークプレフィックス(old VNP)(旧移動端末IPv6アドレスの上位64ビット)は異なるマイクロモビリティネットワーク(MMN)に属し、この移動は異なるドメイン間のマイクロモビリティネットワーク(MMN)間移動であると判断し、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)は送信しない。 In this comparison, if the values ​​are different, true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) to Including before movement of the mobile terminal 1 and the old virtual network prefix (old VNP) (formerly moved belonging to the terminal IPv6 address upper 64 bits of) different micro-mobility network (MMN), this movement is determined to be a micro-mobility network (MMN) transfer between different domains, the cache update message (cache update message) is transmitted do not do.
【0288】 [0288]
(E−2) (E-2)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2が属しているドメインマイクロモビリティネットワーク(ドメインMMN)9を示す上位bit(ex. 48bit)の値と、先の(D−3)、(D−4)の処理において移動端末(MN)1から送信されアクセスルータ(AR)3−3を介して受信した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に含まれている移動端末(MN)1の移動前の旧仮想ネットワークプレフィックス(old VNP(VNP))A(旧移動端末IPv6アドレスの上位64ビット)の上位bit(ex.48bit)の値が等しい場合は、移動端末(MN)1の移動は、同一マイクロモビリティネットワーク(MMN)9内、すなわち共通ドメイン内の真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)間移動である True micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) and the value of the domain micro mobility networks 7-2 are belong upper illustrates a (domain MMN) 9 bit (. Ex 48bit), the previous (D-3), (D-4) true micro registration request message received through the access router (AR) 3-3 sent from the mobile terminal (MN) 1 in the process: included in (PMR-RM Pure-micro registration request message) If the value of that mobile terminal (MN) 1 moving before the old virtual network prefix (old VNP (VNP)) a significant bit of the (upper 64 bits of the old mobile IPv6 address) (ex.48bit) are equal, movement of the mobile terminal (MN) 1 is the same micro-mobility network (MMN) within 9, i.e. is true micro mobility network (PMMN) during movement of the common domain 判断(図31のフロー:S201〜S203)する。 Judgment (the flow of FIG. 31: S201 to S203) to.
【0289】 [0289]
この場合は、移動端末(MN)1が新規接続したPMMN8−2の真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−2は、受信した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)に含まれている移動端末(MN)1の移動前の旧仮想ネットワークプレフィックス(old VNP)A(旧移動端末IPv6アドレスの上位64ビット)に対応するPMMN8−1の真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1へキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))11を介して送信(S204)する。 In this case, a true micro gateway router PMMN8-2 the mobile terminal (MN) 1 is newly connected (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-2 is true micro registration request message received (PMR-RM: Pure- micro Registration Request Message) to including before movement of the mobile terminal (MN) 1 is the old virtual network prefix (old VNP) a (formerly mobile IPv6 address PMMN8-1 true micro gateway corresponding to the upper 64 bits) router (PMGR: Pure-Micro Gateway router) 7-1 to the cache update message (cache update message) (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) 11 transmit through (S204) are. 具体的には、IPv6 Hop-by-Hop Option Headerを用い、終点アドレスとして上位64bitを旧仮想ネットワークプレフィックス(old VNP(VNP))Aとし、下位64bitをall zeroとしたエニーキャストアドレス(any cast address)を指定して送信する。 Specifically, using the IPv6 Hop-by-Hop Option Header, the upper 64bit and old virtual network prefix (old VNP (VNP)) A as the destination address, anycast addresses the lower 64bit was all zero (any cast address ) specified by sending a.
【0290】 [0290]
(E−3) (E-3)
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)11内のルータ(route)10−xxにおいて、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を認識できるルータ(router)および移動後のPMGRの場合は、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)に含まれている旧移動端末IPv6アドレスと新移動端末IPv6アドレスの情報を取り出しマッピングキャッシュ(Mapping Cache)として登録(S205)する。 In quasi-micro mobility network (QMMN) in 11 routers (route) 10-xx, in the case of a cache update message (Cache Update Message) routers can recognize (: router) and PMGR after movement, the cache update message (Cache Update Message ) and registers (S205) as including the former mobile terminal IPv6 address mapping caches retrieve information about the new mobile terminal IPv6 address (mapping cache) to.
【0291】 [0291]
すなわち、その後、旧移動端末IPv6アドレスを終点としたデータパケットを受信した場合、そのデータパケット終点を新移動端末IPv6アドレスに書き換えて転送できるように、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)に基づいてマッピングキャッシュ(Mapping Cache)を作成/更新する。 In other words, then, when receiving the data packet and the end point of the old mobile IPv6 address, the data packet endpoints so that it can be transferred rewritten to the new mobile terminal IPv6 address, based on the cache update message (Cache Update Message) Mapping to create / update the cache (Mapping cache).
【0292】 [0292]
マッピングキャッシュ(Mapping Cache)は、同一ドメイン内の異なる真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))間を移動した移動端末の移動前の古いアドレスへ送信されたデータパケットを移動後の新しいアドレスへ転送するための情報を格納したキャッシュであり、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))のキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を受信し、認識できるルータ(router)および移動前の真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)において一時的に保持/管理される情報であり、以下の情報を対応付けて格納している。 Mapping Cache (Mapping Cache) is true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) with different same domain data packet transmitted moved to the previous old address of the mobile terminal that has moved between the moved new a cache which stores information for transferring to the address, receives the cache update message pseudo micro mobility network (quasi-micro mobility network (QMMN)) (cache update message), recognizable router (: router) and before movement of a true micro gateway router information is temporarily stored / managed in (PMGR), it is stored in association with the following information.
*移動端末(MN)の旧IPv6アドレス:Old MN IPv6 Address (16byte) * Old IPv6 address of the mobile terminal (MN): Old MN IPv6 Address (16byte)
*移動端末(MN)の新IPv6アドレス:New MN IPv6 Address (16byte) * New IPv6 address of the mobile terminal (MN): New MN IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0293】 [0293]
なお、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)はソフトステートで管理され一定時間後消去される。 Incidentally, the mapping cache (Mapping Cache) is managed by soft-state is deleted after a predetermined time. 疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))のルータは、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)の作成/更新後、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を次ホップルータ(next hop router)へ転送する。 Router pseudo micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) after the creation / update mapping cache (Mapping Cache), forwards cached updates message (Cache Update Message) to the next hop router (next hop router) . なお、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を認識できない疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))のルータ(router)は単に無視してマッピングキャッシュ(Mapping Cache)に関する処理を実行することなく、次ホップルータ(next hop router)へ転送する。 Incidentally, without executing the processing related to the cache update message (Cache Update Message) can not recognize the quasi-micro mobility network (Quasi-Micro Mobility Network (QMMN)) router (: router) for mapping caches ignore simply (Mapping Cache) , to transfer to the next hop router (next hop router).
【0294】 [0294]
(E−4) (E-4)
キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を受信した真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1は、疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータ(route)10−xxと同様に、移動端末(MN)1に関するマッピングキャッシュ(Mapping Cache)を作成/更新(S206)する。 True micro gateway router receiving the cache update message (Cache Update Message) (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) 7-1 is quasi-micro mobility network (QMMN) within the router (route) as well as 10-xx, mobile create terminal (MN) mapping cache (mapping cache) about 1 / updated (S206) to. 作成/更新後、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)に含まれている旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP(PNP))Bで示される旧サブネット(subnet)2−2に接続したアクセスルータ(AR)3−2に向かってルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を送信する(S207)。 After creating / updating the cache update message old physical network prefix contained in the (Cache Update Message) (old PNP (PNP)) the access router connected to the old subnet (subnet) 2-2 represented by B (AR) 3 It sends a routing teardown message (routing tear-down message) towards -2 (S207). 送信後、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)は廃棄する。 After the transmission, cache update message (Cache Update Message) is discarded. また、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)、ページングキャッシュ(Paging Cache)があれは廃棄する。 The routing cache (Routing Cache), paging cache (Paging Cache) is any is discarded.
【0295】 [0295]
ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)は、移動端末(MN)の移動前の真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)から移動前の旧サブネット(old subnet)のアクセスルータ(AR)に向かって送信され、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のルータ(router)上の移動端末(MN)に関する移動前のルーティング情報を格納したルーティングキャッシュ(Routing Cache)を廃棄するために送信されるパケットであり、図28に示すように、移動端末(MN)1に対する移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)と、サブネット移動前の移動端末(MN)1に対して設定されていた旧物理ネットワークプレフィクス(Old PNP:Old Physical Network Prefix)を格納したパケット(ex.UDP) Routing teardown message (Routing Tear-Down Message) is true micro gateway router before movement of the mobile terminal (MN) (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) access router of the old subnet before movement (old subnet) from (AR ) to be sent towards the true micro mobility network (Pure-micro mobility network (PMMN)) within the router (: router) routing cache which stores routing information before the mobile for the mobile terminal (MN) on (routing cache) a packet transmitted for disposal set, as shown in FIG. 28, the mobile terminal (MN) mobile IPv6 address for 1 (MN IPv6 address), the mobile terminal (MN) 1 before subnet moving that it had been old physical network prefix (old PNP: old physical network prefix) storing packet (ex.UDP) して構成される。 And configured. なお、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)には例えばUDPを用いる。 Incidentally, the use of UDP for example the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message).
【0296】 [0296]
ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を受信した、真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)8−1内のルータ(router)5−xxは、保持されているルーティングキャッシュ(Routing Cache)の移動端末(MN)1に関するホストエントリ(host entry)を廃棄(S208)し、ルーティングティアダウンメッセージを下位(次の)ルータに転送する。 Receiving the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message), true micro mobility network (PMMN: Pure-Micro Mobility Network) router in 8-1 (router) 5-xx, the routing cache maintained (Routing discarded host entries for the mobile terminal (MN) 1 of Cache) (host entry) and (S208), and transfers the routing tear-down message to the lower (next) router. 具体的には、真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro Mobility Network)8−1内のルータ(router)5−xxは、移動端末(MN)1に関する古いホストエントリ(host entry)を廃棄した後、旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP(PNP))Bへ転送するための次ホップルータ(next hop router)をルーティングテーブル(routing table)から取得し、その次ホップルータ(next hop router)へルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を転送する。 Specifically, the true micro mobility network (PMMN: Pure-Micro Mobility Network) router in 8-1 (router) 5-xx, after discarding the old host entries for the mobile terminal (MN) 1 (host entry) routing teardown the old physical network prefix (old PNP (PNP)) the next hop router acquires (next hop router) from the routing table (routing table), the next hop router for forwarding to the B (next hop router) to transfer the message (Routing Tear-Down message). この動作を真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)7−1からアクセスルータ(AR)3−2までの途中の経路上のルータ(router)5−xxで繰り返す。 This operation true micro gateway router: repeated (PMGR Pure-Micro Gateway Router) during the intermediate routers from 7-1 to the access router (AR) 3-2 (router) 5-xx.
【0297】 [0297]
(E−5) (E-5)
アクセスルータ(AR)3−2は、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を受信すると、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)内の移動端末(MN)1に関する古いホストエントリ(host entry)を削除した後、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を廃棄する。 Access Router (AR) 3-2 was deleted receives the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message), the old host entries for the mobile terminal (MN) 1 in the routing cache (Routing Cache) (host entry) after discards the routing tear-down message (routing tear-down message).
【0298】 [0298]
以上の処理によって図16に示す移動端末(MN)1が、ドメイン内で異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)間のサブネット間移動を行なった場合に転送されるキャッシュアップデートメッセージ(図29参照)に関する処理が完結する。 Processing mobile terminal (MN) 1 is about the cache update message to be transferred when performing movement between different true micro mobility network (PMMN) between subnets in the domain (see Fig. 29) shown in FIG. 16 by the above process There is complete.
【0299】 [0299]
II. II. 本発明のシステムにおける機器次に、本発明のシステムにおける機器毎の処理について詳細に説明する。 The device following the system of the present invention will be described in detail a processing of each device in the system of the present invention. 説明は、以下の手順で行なう。 Description will be made by the following procedure.
(a)移動端末(b)アクセスルータ(AR) (A) mobile terminal (b) access router (AR)
(c)真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータ(d)真マイクロゲートウェイルータ(PMGR) (C) the router true micro mobility network (PMMN) (d) true micro gateway router (PMGR)
(e)疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータ【0300】 (E) router [0300] in the quasi-micro mobility network (QMMN)
(a)移動端末まず、図16に示す移動端末1について説明する。 (A) mobile terminal will be described first mobile terminal 1 shown in FIG. 16.
【0301】 [0301]
(a1)移動端末の保持データ移動端末は、上述したサブネット間移動に応じた各処理を実行するためにレジスタに以下の値を保持する。 (A1) holding data mobile terminal of the mobile terminal holds the following values ​​to the register in order to execute the processes corresponding to the movement between subnets described above.
*Current_IPv6_Addressレジスタ(現在設定しているIPv6アドレス) * Current_IPv6_Address register (IPv6 address that is currently set)
*Old_IPv6_Addressレジスタ(移動前に設定していたIPv6アドレス) * Old_IPv6_Address register (IPv6 address that has been set before the move)
*Old_PNPレジスタ(移動前に接続していたサブネットの物理ネットワークプレフィックス(PNP)) * Old_PNP register (physical network prefix of the subnet that was connected before the move (PNP))
*Routing_Update_Interval_timeレジスタ(ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の送信間隔) * Routing_Update_Interval_time register (between sending routing update message (Routing Update Message))
*Paging_Update_Interval_timeレジスタ(ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)の送信間隔) * Paging_Update_Interval_time register (transmission interval of the paging update message (Paging Update Message))
*Mapping_Cache_Hold_timeレジスタ(マッピングキャッシュ(Mapping Cache)のライフタイム(lifetime)の値(希望値)) * Mapping_Cache_Hold_time register (the value of the lifetime (lifetime) of the mapping cache (Mapping Cache) (desired value))
*PMR_Interval_timeレジスタ(真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の再送待ち時間) * PMR_Interval_time register (true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration retransmission latency of Request Message))
なお、移動端末はシーケンス生成装置(Sequence_Gen)を有する。 The mobile terminal has a sequence generator (Sequence_Gen). シーケンス生成装置は、シーケンス番号を生成する装置であり、初期値は1で、呼び出されるごとに、返す値を1ずつ増やす。 Sequence generator is a device for generating a sequence number, the initial value is 1, every time it is called, increasing the value returned by one. 上限に達した場合は1に戻る。 If you have reached the maximum return in 1.
【0302】 [0302]
次に、端末装置の実行する処理について説明する。 Next, a description will be given of a process executed by the terminal device.
(a2.1) (A2.1)
データリンク層からのリンク確立完了メッセージを受信した時の動作端末装置がいずれかのサブネットと接続すると、サブネットと端末装置とのリンクが確立される。 When the operation terminal device upon receiving the link establishment completion message from the data link layer is connected to any of the subnets, it links with the subnet and the terminal device is established. その後、端末装置は以下の処理を実行する。 Thereafter, the terminal device performs the following processing.
【0303】 [0303]
(a2.1−1) (A2.1-1)
ルータ通知要請(RS:router solicitation)メッセージをリンクを確立したサブネット(subnet)内に送信。 Router notification request: Send to (RS router solicitation) in the message was to establish a link subnet (subnet).
(a2.1−2) (A2.1-2)
ルータ通知(RA(router advertisement)メッセージを受信。 Router advertisement (RA (router advertisement) receives a message.
(a2.1−3) (A2.1-3)
ルータ通知(RA(router advertisement))メッセージに仮想ネットワークプレフィックス(VNP)情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)(図22参照)が含まれているか確認する。 Router advertisement (RA (router advertisement)) or a confirmation message to the virtual network prefix (VNP) information option (Virtual Network Prefix Information Option) (see FIG. 22) are included.
【0304】 [0304]
[ルータ通知にVNPが含まれていない場合] [If you do not include the VNP to router advertisement]
(a2.1−4(1)) (A2.1-4 (1))
接続サブネットの物理ネットワークプレフィックス(PNP)を使い、ステートレス自動設定(stateless auto configuration)によりIPv6アドレスを生成。 Use the physical network prefix of the connection subnet (PNP), it generates an IPv6 address by stateless autoconfiguration (stateless auto configuration).
(a2.1−4(2)) (A2.1-4 (2))
マクロモビリティをサポートしているならば、マッピンクアップデート(MU:Mapping update)メッセージもしくはバインディングアップデート(BU:Binding update)メッセージをマッピングエージェント(MA)もしくはホームエージェント(HA)へ送信する。 If you are to support the macro mobility, map pink Update (MU: Mapping update) message or a binding update (BU: Binding update) to send messages to the mapping agent (MA) or the home agent (HA).
【0305】 [0305]
[ルータ通知にVNPが含まれている場合] [If there are VNP to router advertisement]
(a2.1−5(1)) (A2.1-5 (1))
ルータ通知の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)内の仮想ネットワークプレフィックス(Virtual Network Prefix)フィールドに記載されている仮想ネットワークプレフィックス(VNP)を使い、移動端末(MN)のグローバルユニーク(Global unique)な識別子(ID)、もしくはインタフェースID(Interface ID)とをつなぎ合わせてIPv6アドレスを生成する。 Use router advertisement virtual network prefix (VNP) Information option (Virtual Network Prefix Information Option) virtual network prefix in (Virtual Network Prefix) virtual network prefix which is described in the field (VNP), global mobile terminal (MN) unique (Global unique) identifier (ID), or by joining the interface ID (interface ID) to generate an IPv6 address. 生成したIPv6アドレスを移動端末内のCurrent_IPv6_Addressレジスタ(記憶媒体)に保存。 Save the generated IPv6 address Current_IPv6_Address register (storage medium) in a mobile terminal.
【0306】 [0306]
(a2.1−5(2)) (A2.1-5 (2))
ルータ通知の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)(図22参照)内のルーティングアップデート最小・最大インターバルタイム(Routing Update Interval time {min.,max.})フィールド、ページングルーティングアップデート最小・最大インターバルタイム(Paging Update Interval time {min.,max.})フィールド・及びマッピングキャッシュホールド最小・最大タイム(Mapping Cache Hold time {min.,max.})フィールドを取得し、各値、すなわち、Routing Update Interval Time/Paging Update Interval Time/Mapping Cache Hold Timeの値を、各{min. , max.}の範囲で決定する。 Router advertisement of the virtual network prefix (VNP) information option (Virtual Network Prefix Information Option) routing updates minimum and maximum interval time (see FIG. 22) (Routing Update Interval time {min., Max.}) Field, a paging routing updates minimum and maximum interval time (Paging Update interval time {min., max.}) field and mapping cache hold minimum and maximum time (mapping cache hold time {min., max.}) get the fields, values, i.e. , the value of the Routing Update Interval Time / Paging Update Interval Time / Mapping Cache Hold Time, to determine the extent of each {min., max.}. 決定後、各値をRouting_Update_Interval_timeレジスタ、Paging_Update_Interval_timeレジスタ、Mapping_Cache_Hold_timeレジスタにそれぞれ保存。 After determining, saving each respective values ​​Routing_Update_Interval_time registers, Paging_Update_Interval_time register, the Mapping_Cache_Hold_time register.
【0307】 [0307]
(a2.1−5(3)) (A2.1-5 (3))
現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値、旧IPv6アドレス(Old_IPv6_Address)レジスタの値、Paging_Update_Interval_timeレジスタの値 、Mapping_Cache_Hold_timeレジスタの値、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)レジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、旧移動端末IPv6アドレス(old MNIPv6 Address)フィールド、Paging Update Interval Timeフィールド、Mapping Cache Hold Timeフィールド、旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールド、Sequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 Current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register value, the old IPv6 address (Old_IPv6_Address) register value, the value of Paging_Update_Interval_time register, the value of Mapping_Cache_Hold_time register, old physical network prefix (Old_PNP) register value, and the sequence number generated by Sequence_Gen device the (Sequence Number), true micro registration request message (PMR-RM: Pure-micro registration request message) current mobile terminal IPv6 address of (current MN IPv6 address) field, the former mobile terminal IPv6 address (old MNIPv6 address) field, Paging Update Interval Time field, Mapping Cache Hold Time field, old physical network prefix (old PNP) field respectively stored in the Sequence Number field. 格納処理の後、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)をアクセスルータ(AR(default router))に送信する。 After the storing process, the true micro registration request message: send to (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) the access router (AR (default router)). なお、その際、始点アドレスは不特定アドレス(unspecified address)、終点アドレスは、デフォルトルータのリンクローカルアドレス(default router's link-local address)とする。 Note that this time, the source address unspecified address (unspecified address), destination address, the default router of the link local address (default router's link-local address).
【0308】 [0308]
(a2.1−5(4)) (A2.1-5 (4))
真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)を送信後、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR)タイマを起動する。 True micro registration request message: after sending (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message), and starts a real micro registration request message (PMR) timer. 初期値は、PMR_Interval_timeフィールドに設定した値となる。 The initial value is a value that is set to PMR_Interval_time field.
【0309】 [0309]
(a2.2) (A2.2)
次に移動端末が真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)(図24)を接続したサブネットのアクセスルータ(AR)から受信した場合の処理について説明する。 Then the mobile terminal will be described processing in the case of receiving from the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message) subnet of the access router connected to (Figure 24) (AR).
【0310】 [0310]
(a2.2−1) (A2.2-1)
移動端末が真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信したら、移動端末に設定してある真マイクロ登録要求メッセージ(PMR)タイマを停止する。 When the mobile terminal receives a true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message), to stop the true micro registration request message (PMR) timer is set to the mobile terminal.
【0311】 [0311]
(a2.2−2) (A2.2-2)
受信した真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドに記載されている値が、現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値と等しい場合(異なる場合は何もしない)は、受信した真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)のコード(Code)フィールドを参照する。 Values ​​listed in the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 Address) field of the received true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack Message) is equal to the value of the current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register (if different nothing not) refers to the code (code) field of the true micro registration confirmation message received (PMR-Ack message).
【0312】 [0312]
アドレスが重複している場合は、移動端末がマクロモビリティプロトコルLIN6をサポートしているならば、上記したデータリンク層からのリンク確立完了メッセージを受信時の動作中の[ルータ通知にVNPが含まれていない場合]の処理へ移行する。 If the address is duplicated, the mobile terminal if support macro mobility protocol LIN6, VNP includes a link establishment completion message from the data link layer as described above in the router advertisement during operation in reception the process proceeds to the case] is not. 移動端末がマクロモビリティプロトコルMobile IPv6をサポートしているならば、インタフェースID(Interface-ID)として新しい値を再生成し、上記したデータリンク層からのリンク確立完了メッセージを受信時の動作中の[ルータ通知にVNPが含まれている場合])の処理へ移行する。 If the mobile terminal supports a macro mobility protocol Mobile IPv6, to regenerate a new value as the interface ID (Interface-ID), in operation at the time of receiving the link establishment completion message from the data link layer as described above [ proceeds to process in the case]) that contains the VNP to router advertisement. アドレスが重複していない場合は、移動端末内に保持している現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値を、旧IPv6アドレス(Old_IPv6_Address)レジスタへ保存する。 If the address is not duplicated, the value of the current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register that holds the mobile terminal, stores the old IPv6 address (Old_IPv6_Address) register. また、ルータ通知(RA)により取得した接続サブネットの物理ネットワークプレフィックス(PNP)の値を、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)レジスタに保存する。 Further, the value of the physical network prefix of the connected subnets obtained by router advertisement (RA) (PNP), is stored in the old physical network prefix (Old_PNP) register.
【0313】 [0313]
(a2.2−3) (A2.2-3)
移動端末(MN)が、現在待機中ならば、ページングアップデート(Paging Update)タイマを起動する。 The mobile terminal (MN) is, if the currently waiting to start the paging update (Paging Update) timer. なお、初期値は、Paging_Update_Interval_timeレジスタの値である。 The initial value is the value of Paging_Update_Interval_time register. 移動端末(MN)が、現在通信中ならば、Current_IPv6_Addressレジスタの値、Routing_Update_Interval_timeレジスタの値、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)レジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)(図26参照)の現移動端末IPv6アドレス(Current MNIPv6 Address)フィールド、Routing Update Interval Timeフィールド、旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールド、およびSequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 Mobile terminal (MN) is, if currently in communication, the value of Current_IPv6_Address register, the value of Routing_Update_Interval_time register, old physical network prefix (Old_PNP) register values, and Sequence_Gen generated sequence number in device (Sequence Number), routing update message (Routing update message) current mobile IPv6 address (see FIG. 26) (current MNIPv6 address) field, Routing update Interval Time field, respectively stored in the old physical network prefix (old PNP) field and Sequence Number field. 格納後、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信する。 After storage, sending routing update message (Routing Update Message) to the access router connected subnet (AR). なお、その際、始点アドレスを移動端末のリンクローカルアドレス(MN's link-local address)とし、終点アドレスをデフォルトルータのリンクローカルアドレス(default router's link-local address)とする。 Note that this time, the source address mobile terminal link local address (MN's link-local address), the destination address and default router link local address (default router's link-local address). ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)送信後、ルーティングアップデート(Routing Update)タイマを起動する。 After sending routing update messages (Routing Update Message), to start the routing update (Routing Update) timer. なお、初期値は、Routing_Update_Interval_timeレジスタの値である。 The initial value is the value of Routing_Update_Interval_time register.
【0314】 [0314]
(a2.3) (A2.3)
次に移動端末がページング要求メッセージ(Paging Request Message)(図27参照)を受信した場合の処理について説明する。 Then the mobile terminal will be described processing in case of receiving a paging request message (Paging Request Message) (see FIG. 27).
【0315】 [0315]
(a2.3−1) (A2.3-1)
移動端末は、受信したページング要求メッセージ(Paging Request Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドに記載されている値が、移動端末の保持する現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値と等しい場合(異なる場合は何もしない)は、現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値、Routing_Update_Interval_timeレジスタの値、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)レジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、Routing Update Interval Timeフィールド、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)フィールド、およびSequence Numberフィールドにそれぞれ Mobile terminal, when the value that is listed in the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 Address) field of the paging request message received (Paging Request Message) is equal to the value of the current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register for holding a mobile terminal (if different do nothing), the value of the current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register, the value of Routing_Update_Interval_time register, the old physical network prefix (Old_PNP) register values, and Sequence_Gen generated sequence number in device (sequence number) , current mobile IPv6 address of the routing update message (routing update message) (current MN IPv6 address) field, routing update Interval Time field, old physical network prefix (Old_PNP) field, and Sequence Number each field 格納する。 Store. 格納後、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信する。 After storage, sending routing update message (Routing Update Message) to the access router connected subnet (AR). なお、その際、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)は、始点アドレスは移動端末リンクローカルアドレス(MN's link-local address)、終点アドレスは、デフォルトルータ・リンクローカルアドレス(default router's link-local address)とする。 Note that this time, the routing update message (Routing Update Message) is the source address is the mobile terminal link local address (MN's link-local address), destination address, the default router link local address (default router's link-local address) and to.
【0316】 [0316]
(a2.3−2) (A2.3-2)
ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信後、ルーティングアップデート(Routing Update)タイマを再起動する。 After transmitting the routing update message (Routing Update Message) to the access router connected subnet (AR), restart the routing update (Routing Update) timer. なお、初期値はRouting_Update_Interval_timeレジスタの値とする。 The initial value is the value of Routing_Update_Interval_time register. さらに、ページングアップデート(Paging Update)タイマを停止する。 In addition, to stop the paging update (Paging Update) timer.
【0317】 [0317]
(a2.4) (A2.4)
次に移動端末が真マイクロ登録要求(PMR:Pure-Micro Registration)タイマからの割り込み要求を受信した時の処理について説明する。 Then the mobile terminal is true micro registration request (PMR: Pure-Micro Registration) for processing when receiving an interrupt request from the timer will be described.
【0318】 [0318]
(a2.4−1) (A2.4-1)
移動端末から送信する真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の再送回数が一定回数を越えた場合は、上記の(a2.1)データリンク層からのリンク確立完了メッセージを受信した時の動作中の[ルータ通知にVNPが含まれていない場合])の処理へ移行する。 True micro registration request message transmitted from the mobile terminal (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) If the number of retransmissions exceeds a predetermined number of the link establishment completion message from the above (a2.1) data link layer [it does not contain the VNP to router advertisement] during operation when receiving a) shifts to the process.
【0319】 [0319]
(a2.4−2) (A2.4-2)
移動端末から送信する真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の再送回数が一定回数をまだ越えていない場合は、現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値、旧IPv6アドレス(Old_IPv6_Address)レジスタの値、Paging_Update_Interval_timeレジスタの値 、Mapping_Cache_Hold_timeレジスタの値、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)レジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールド、Paging Update Interval Timeフィールド、Mapping Cache Hold Timeフィールド、旧物理ネット True micro registration request message transmitted from the mobile terminal (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) If the number of retransmissions of has not yet exceeded the predetermined number, current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register value, the old IPv6 address ( Old_IPv6_Address) register value, the value of Paging_Update_Interval_time register, the value of Mapping_Cache_Hold_time register, old physical network prefix (Old_PNP) register values, and the generated sequence number (sequence number) at Sequence_Gen device, true micro registration request message (PMR- RM: Pure-Micro Registration Request Message) current mobile terminal IPv6 address of (current MN IPv6 address) field, the former mobile terminal IPv6 address (old MN IPv6 address) field, Paging Update Interval Time field, Mapping Cache Hold Time field, the old physical Net ークプレフィックス(Old_PNP)フィールド、Sequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 Chromatography click prefix (Old_PNP) field respectively stored in the Sequence Number field. 格納後、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)をアクセスルータ(AR:default router)に送信(再送)する。 After storage, the true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) the access router: send to (AR default: router) to (retransmission). なお、その際、始点アドレスを不特定アドレス(unspecified address),終点アドレスをデフォルトルータのリンクローカルアドレス(default router's link-local address)とする。 Note that this time, the source address unspecified address (unspecified address), the destination address and default router link local address (default router's link-local address).
【0320】 [0320]
(a2.4−3) (A2.4-3)
移動端末から真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)送信後、PMRタイマを再起動する。 From the mobile terminal true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) after transmission, restarting the PMR timer.
【0321】 [0321]
(a2.5) (A2.5)
次に移動端末がページングアップデート(Paging Update)タイマからの割り込み要求を受信した時の処理について説明する。 Then the mobile terminal will be described the processing when receiving an interrupt request from the paging update (Paging Update) timer.
【0322】 [0322]
(a2.5−1) (A2.5-1)
移動端末の保持する現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値、Paging_Update_Interval_timeレジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)(図25参照)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、Paging Update Interval Timeフィールド、およびSequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 Current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register value held mobile terminals, the value of Paging_Update_Interval_time registers, and Sequence_Gen generated sequence number in device (Sequence Number), paging update message (Paging Update Message) current (see FIG. 25) mobile IPv6 address (Current MN IPv6 address) field stores each Paging Update Interval Time field, and the Sequence Number field. 格納後、ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信する。 After storage, it transmits a paging update message (Paging Update Message) to the access router connected subnet (AR). なお、その際、始点アドレスは移動端末のリンクローカルアドレス(MN's link-local address)、終点アドレスはデフォルトルータのリンクローカルアドレス(default router's link-local address)となる。 Note that this time, the source address is the link local address of the mobile terminal (MN's link-local address), the destination address is the default router of the link local address (default router's link-local address).
【0323】 [0323]
(a2.5−2) (A2.5-2)
移動端末からページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信後、Paging Updateタイマを再起動する。 After sending from the mobile terminal paging update message (Paging Update Message) to the access router connected subnet (AR), restart the Paging Update timer.
【0324】 [0324]
(a2.6) (A2.6)
次に移動端末がルーティングアップデート(Routing Update)タイマからの割り込み要求を受信した時の処理について説明する。 Then the mobile terminal will be described the processing when receiving an interrupt request from the routing update (Routing Update) timer.
【0325】 [0325]
(a2.6−1) (A2.6-1)
移動端末の保持する現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値、Routing_Update_Interval_timeレジスタの値、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)レジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、Routing Update Interval Timeフィールド、旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールド、およびSequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 Current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register value held mobile terminals, the value of Routing_Update_Interval_time register, old physical network prefix (Old_PNP) register values, and Sequence_Gen generated sequence number in device (Sequence Number), the routing update message ( Routing Update Message current mobile IPv6 address (current MN IPv6 address) field), Routing Update Interval Time field, respectively stored in the old physical network prefix (old PNP) field and Sequence Number field. 格納後、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信する。 After storage, sending routing update message (Routing Update Message) to the access router connected subnet (AR). なお、その際、始点アドレスは移動端末のリンクローカルアドレス(MN's link-local address)、終点アドレスはデフォルトルータのリンクローカルアドレス(default router's link-local address)となる。 Note that this time, the source address is the link local address of the mobile terminal (MN's link-local address), the destination address is the default router of the link local address (default router's link-local address).
【0326】 [0326]
(a2.6−2) (A2.6-2)
移動端末からルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信後、Routing Updateタイマを再起動する。 After sending routing update message from the mobile terminal (Routing Update Message) to the access router connected subnet (AR), restart the Routing Update timer.
【0327】 [0327]
(a2.7) (A2.7)
次に移動端末が待機状態から通信状態への移行する際、すなわち発呼時の処理について説明する。 Then when the mobile terminal moves to a communication state from the standby state, that is, the processing at the time of call origination will be described.
【0328】 [0328]
(a2.7−1) (A2.7-1)
まず、移動端末はPaging Updateタイマを止める。 First, the mobile terminal stops the Paging Update timer.
【0329】 [0329]
(a2.7−2) (A2.7-2)
移動端末の保持する現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値、Routing_Update_Interval_timeレジスタの値、旧物理ネットワークプレフィックス(Old_PNP)レジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、Routing Update Interval Timeフィールド、旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールド、およびSequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 Current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register value held mobile terminals, the value of Routing_Update_Interval_time register, old physical network prefix (Old_PNP) register values, and Sequence_Gen generated sequence number in device (Sequence Number), the routing update message ( Routing Update Message current mobile IPv6 address (current MN IPv6 address) field), Routing Update Interval Time field, respectively stored in the old physical network prefix (old PNP) field and Sequence Number field. 格納後、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信する。 After storage, sending routing update message (Routing Update Message) to the access router connected subnet (AR). なお、その際、始点アドレスは移動端末のリンクローカルアドレス(MN's link-local address)、終点アドレスはデフォルトルータのリンクローカルアドレス(default router's link-local address)となる。 Note that this time, the source address is the link local address of the mobile terminal (MN's link-local address), the destination address is the default router of the link local address (default router's link-local address). ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)送信後、Routing Updateタイマを起動する。 Routing update message (Routing Update Message) after transmission, it starts the Routing Update timer. なお、初期値は、Routing_Update_Interval_timeレジスタの値とする。 The initial value is the value of Routing_Update_Interval_time register.
【0330】 [0330]
(a2.8) (A2.8)
次に移動端末が通信状態から待機状態への移行する際、すなわち終話時の処理について説明する。 Then when the mobile terminal performs handover from the communication state to the standby state, that is, the processing at the time of call termination will be described.
【0331】 [0331]
(a2.8−1) (A2.8-1)
まず、移動端末は、ルーティングアップデート(Routing Update)タイマを止める。 First, the mobile terminal stops routing updates (Routing Update) timer.
【0332】 [0332]
(a2.8−2) (A2.8-2)
次に、移動端末が保持する現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値、Paging_Update_Interval_timeレジスタの値、およびSequence_Gen装置にて生成したシーケンス番号(Sequence Number)を、ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、Paging Update Interval Timeフィールド、およびSequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 Next, the current mobile terminal of the current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register values ​​which the mobile terminal is held, the value of Paging_Update_Interval_time registers, and Sequence_Gen generated sequence number in device (Sequence Number), paging update message (Paging Update Message) IPv6 address (Current MN IPv6 address) field stores each Paging Update Interval Time field, and the Sequence Number field. 格納後、ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を接続サブネットのアクセスルータ(AR)に送信する。 After storage, it transmits a paging update message (Paging Update Message) to the access router connected subnet (AR). なお、その際、始点アドレスは移動端末のリンクローカルアドレス(MN's link-local address)、終点アドレスはデフォルトルータのリンクローカルアドレス(default router's link-local address)となる。 Note that this time, the source address is the link local address of the mobile terminal (MN's link-local address), the destination address is the default router of the link local address (default router's link-local address). ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)送信後、Paging Updateタイマを起動する。 After paging update message (Paging Update Message) transmission, it starts the Paging Update timer. なお、初期値は、Paging_Update_Interval_timeレジスタの値である。 The initial value is the value of Paging_Update_Interval_time register.
【0333】 [0333]
(a2.9) (A2.9)
次に移動端末がデータパケットを送信する際の処理について説明する。 Then the mobile terminal will be described the processing when transmitting the data packet.
【0334】 [0334]
(a2.9.1) (A2.9.1)
データパケットの始点アドレスとして、移動端末の保持する現IPv6アドレス(Current_IPv6_Address)レジスタの値を設定してパケットを送信する。 As the source address of the data packet, and transmits the packet by setting the value of the current IPv6 address (Current_IPv6_Address) register for holding a mobile terminal.
【0335】 [0335]
(b)アクセスルータ(AR) (B) access router (AR)
次に各サブネットに対応して設定されるアクセスルータ(AR)について説明する。 Next will be described the access router (AR) that is set corresponding to each subnet.
【0336】 [0336]
(b1)アクセスルータの保持データアクセスルータは、上述した移動端末のサブネット間移動に応じた各処理を実行するために以下のデータを保持する。 (B1) the access router holding the data access router maintains the following data for the execution of each processing according to the movement between subnets of the mobile terminal described above.
【0337】 [0337]
保持しているキャッシュ(Cache) The held cache (Cache)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache) Routing cache (Routing Cache)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache)は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内に存在するルータ(router)によって保持、管理されるキャッシュであり、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のアクティブ(active)状態の移動端末(ノード)へホストルーティングを行うため、以下の情報を対応付けて格納している。 Routing cache (Routing Cache) is held by a true micro mobility network routers present in the (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) (router), a cache maintained, true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) for performing host routed to active (active) state the mobile terminal (node) in the stores in association with the following information.
*移動端末(MN)のIPv6アドレス:MN IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the mobile terminal (MN): MN IPv6 Address (16byte)
*次ホップルータのIPv6アドレス:Next hop router's IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the next hop router: Next hop router's IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0338】 [0338]
保持しているレジスタ*Announced_Routing_Update_Interval_time_{min.,max.}レジスタ(ルータ通知(RA)に格納するルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の送信間隔の範囲{下限、上限}) The held register * Announced_Routing_Update_Interval_time_ {min., Max.} Register (routing update messages to be stored in the router advertisement (RA) (range Routing transmission interval Update Message) {lower, upper})
*Announced_Paging_Update_Interval_time_{min.,max.}レジスタ(ルータ通知(RA)に格納するページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)の送信間隔の範囲{下限、上限}) * Announced_Paging_Update_Interval_time_ {min., Max.} Register (range of the transmission interval of the paging update message to be stored in the router advertisement (RA) (Paging Update Message) {lower, upper})
*Announced_Mapping_Cache_Hold_time_{min.,max.}レジスタ(ルータ通知(RA)に格納するマッピングキャッシュ(Mapping Cache)のライフタイム(lifetime)の値の範囲{下限、上限}) * Announced_Mapping_Cache_Hold_time_ {min., Max.} Register (the range of values ​​of the lifetime of the mapping stored in the router advertisement (RA) cache (Mapping Cache) (lifetime) {lower, upper})
*RC_Life_Time_Plusレジスタ(ルーティングキャッシュ(RC:Routing Cache)の作成/更新時にルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のRouting Update Interval timeフィールドの値に加える値) * RC_Life_Time_Plus register (routing cache (RC: Routing Cache) Create / Update during the routing update message (value added to the value of the Routing Update Interval time field Routing Update Message))
*PMGR_Addressレジスタ(アクセスルータ(AR)が属している真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)の真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)のグローバルIPv6アドレス(global IPv6 Address)の値) * PMGR_Address register (value of a global IPv6 address (global IPv6 Address) true micro gateway router (PMGR) access router (AR) true micro mobility network belongs (PMMN))
【0339】 [0339]
(b2.1) (B2.1)
アクセスルータがルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージを送信する際の処理について説明する。 Access router Router Advertisement: explaining processing when transmitting the (RA Router Advertisement) message. なお、ルータ通知(RA:Router Advertisement)には図22に示す仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)が含まれる。 Incidentally, router advertisement: the (RA Router Advertisement) includes a virtual network prefix information option (Virtual Network Prefix Information Option) is shown in Figure 22.
【0340】 [0340]
(b2.1−1) (B2.1-1)
Announced_Routing_Update_Interval_time_{min.,max.}レジスタの値、Announced_Paging_Update_Interval_time_{min.,max.}レジスタの値、Announced_Mapping_Cache_Hold_time_{min.,max.}レジスタの値、Announced_Virtual_Network_Prefixレジスタの値を、ルータ通知(RA:Router Advertisement)の仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)のRouting Update Interval time {min.,max}フィールド、Paging Update Interval time {min.,max.}フィールド、Mapping Cache Hold time {min.,max.}フィールド、Virtual Network Prefixフィールドに値をそれぞれ格納する。 {.. Min, max} {.. Min, max} {.. Min, max} Announced_Routing_Update_Interval_time_ register value, Announced_Paging_Update_Interval_time_ value of the register, Announced_Mapping_Cache_Hold_time_ value of the register, the value of Announced_Virtual_Network_Prefix register, router advertisement (RA: Router Advertisement) Routing Update Interval time of the virtual network prefix information option (virtual network prefix information option) {min., max} field, Paging Update Interval time {min., max.} field, Mapping Cache Hold time {min., max.} field, and stores each value in the Virtual Network Prefix field. 格納後、その仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)を含めたルータ通知(RA:Router Advertisement)を定期的にサブネット内のノードに対して送信する。 After storage, the virtual network prefix information option (Virtual Network Prefix Information Option) the router advertisement including: a (RA Router Advertisement) periodically sends to the node in the subnet.
【0341】 [0341]
(b2.2) (B2.2)
アクセスルータがルータ要請(RS:Router Solicitation)メッセージを受信した際の処理について説明する。 Access router Router Solicitation (RS: Router Solicitation) for processing when a message is received will be described.
【0342】 [0342]
(b2.2−1) (B2.2-1)
アクセスルータがルータ要請(RS:Router Solicitation)メッセージを受信した際は、上記のルータ通知(RA:Router Advertisement)メッセージ送信処理を実行する。 Access router Router Solicitation: upon receiving (RS Router Solicitation) message, said router advertisement: Run (RA Router Advertisement) message transmission processing. この際のルータ通知(RA:Router Advertisement)には図22に示す仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option)が含まれる。 Router notified when this: the (RA Router Advertisement) is included virtual network prefix information option (Virtual Network Prefix Information Option) is shown in Figure 22.
【0343】 [0343]
(b2.3) (B2.3)
アクセスルータが真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)(図23)を受信した時の処理について説明する。 Access router true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) for processing at the time of receiving the (Figure 23) will be described.
【0344】 [0344]
(b2.3−1) (B2.3-1)
アクセスルータが真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)(図23)を受信すると、 受信した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)をそのまま、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)へ転送する。 Access router true micro registration request message: if (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) is received (Fig. 23), true micro registration request message received (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) as it is, true micro gateway router: forwarding (PMGR Pure-micro gateway router) to. なお、その際、始点アドレスはアクセスルータのグローバルアドレス(AR's global address)、終点アドレスは、PMGR_Addressレジスタに格納された真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)のグローバルアドレス(PMGR's global address)となる。 Note that this time, the source address a global address (AR's global address) of the access router, a true micro gateway router destination address is stored in PMGR_Address register (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) global address (PMGR's global address) to become.
【0345】 [0345]
(b2.4) (B2.4)
アクセスルータが真マイクロ確認メッセージ(PMR-Ack Message)(図24)を受信した時の処理について説明する。 Access router described process when receiving a true micro-check message (PMR-Ack Message) (FIG. 24).
【0346】 [0346]
(b2.4−1) (B2.4-1)
アクセスルータが真マイクロ確認メッセージ(PMR-Ack Message)を受信すると、受信した真マイクロ確認メッセージ(PMR-Ack Message)を、下流のサブネットへブロードキャスト(Broadcast)する。 When the access router receives a true micro-check message (PMR-Ack Message), a true micro confirmation message received (PMR-Ack Message), and broadcasts downstream subnets (Broadcast). なお、その際、始点アドレスはアクセスルータのリンクローカルアドレス(AR's link-local address)、終点アドレスは全ノードマルチキャストアドレス(all-node multicast address)となる。 Note that this time, the start address is an access router of a link local address (AR's link-local address), the destination address is the all-nodes multicast address (all-node multicast address).
【0347】 [0347]
(b2.5) (B2.5)
アクセスルータがページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)(図27)を受信した時の処理について説明する。 Access router described process when receiving a paging update message (Paging Update Message) (FIG. 27).
【0348】 [0348]
(b2.5−1) (B2.5-1)
アクセスルータがページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を受信すると、受信したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)をそのまま、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)へ転送する。 When the access router receives a paging update message (Paging Update Message), paging update message received (Paging Update Message) directly, true micro gateway router: Transfer to (PMGR Pure-Micro Gateway Router). なお、その際、始点アドレスはアクセスルータのグローバルアドレス(AR's global address)、終点アドレスは、PMGR_Addressレジスタに格納された真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)のグローバルアドレス(PMGR's global address)となる。 Note that this time, the source address a global address (AR's global address) of the access router, a true micro gateway router destination address is stored in PMGR_Address register (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) global address (PMGR's global address) to become.
【0349】 [0349]
(b2.6) (B2.6)
アクセスルータがルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)(図26)を受信した時の処理について説明する。 Access router described process when receiving a routing update message (Routing Update Message) (FIG. 26).
【0350】 [0350]
(b2.6−1) (B2.6-1)
アクセスルータがルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信すると、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドに記載されている値に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)が無い場合、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値、Routing Update Interval timeフィールドの値にRC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、Sequence Numberフィールドの値、および(IPv6ヘッダの)始点アドレスの値を、それぞれMN IPv6 Addressフィールド、Lifetimeフィールド、Sequence Numberフィールド、およびNext Hop Router's IPv6 Addressフィールドにそれぞれ格納したルーティングキャッシュ When the access router receives a routing update message (Routing Update Message), routing cache (Routing Cache related value listed in the current mobile IPv6 address (Current MN IPv6 Address) field of the routing update message received (Routing Update Message) ) If there is no routing update message (routing update message current mobile IPv6 address (current MN IPv6 address) field values), routing update Interval time value to a value plus the value of RC_Life_Time_Plus register field, the Sequence Number field value, and the value of (IPv6 header) source address, MN IPv6 address field, respectively, Lifetime field, Sequence Number field, and Next Hop Router's IPv6 address field in the routing cache for storing each Routing Cache)を新規作成する。 The Routing Cache) to create a new one. アクセスルータは、移動端末の生成した現移動端末アドレスを格納したメッセージ(ルーティングアップデートメッセージ)の受信に応じて、ルーティングアップデートメッセージに含まれるルーティング更新インターバルタイム(Routing Update Interval Time)の値に応じ、移動端末毎に異なるルーティングキャッシュの保持時間(Life time)を設定することが可能となる。 Access router, depending on the value in response to reception of the message containing the current mobile terminal address generated for the mobile terminal (routing update message), routing update interval time contained in the routing update message (Routing Update Interval Time), moving it is possible to set the retention time of the different routing cache for each terminal (Life time).
【0351】 [0351]
既にアクセスルータがルーティングキャッシュ(Routing Cache)を有し、かつ、そのルーティングキャッシュ(Routing Cache)のSequence Numberフィールドの値よりも、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のSequence Numberフィールドに記載された値の方が大きい場合(小さい場合はそのRouting Update Messageは単に廃棄する)には、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のRouting Update Interval timeフィールドの値にRC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、Sequence Numberフィールドの値、および(IPv6ヘッダの)始点アドレスの値を、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)のLifetimeフィールド、Sequence Numberフィールド、および次ホップルータIpv6アドレス(Next Hop Router's IPv6 Address)フィールドに格納する。 Already has access router routing cache (Routing Cache), and than the value of the Sequence Number field of the routing cache (Routing Cache), described in Sequence Number field of the routing update message received (Routing Update Message) in the case towards the value is larger (smaller discards the routing update message simply), routing update Interval time value to a value obtained by adding the value of RC_Life_Time_Plus register field of routing update message received (routing update message), Sequence Number field value, and the value of (the IPv6 header) the source address, for storing Lifetime field of the routing cache (routing cache), Sequence Number field, and the next hop router Ipv6 address (next hop router's IPv6 address) field.
【0352】 [0352]
(b2.6−2) (B2.6-2)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache)を作成/更新後、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を、上流のルータ(router)に転送する。 After creating / updating a routing cache (Routing Cache), routing update message received the (Routing Update Message), and transfers to the upstream router (: router).
【0353】 [0353]
(b2.7) (B2.7)
アクセスルータがルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)(図28)を受信した時の処理について説明する。 Access router described process at the time of receiving the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message) (FIG. 28).
【0354】 [0354]
(b2.7−1) (B2.7-1)
アクセスルータがルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を受信すると、受信したルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドの値に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)があり(なければ何もしない)、かつ、そのRouting CacheのSequence Numberフィールドの値よりも、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)のSequence Numberフィールドの値の方が大きい場合(小さい場合は何もしない)は、該当するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を削除する。 When the access router receives a routing tear-down message (Routing Tear-Down Message), routing cache (Routing Cache for the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 Address) value of a field of the routing tear-down message received (Routing Tear-Down Message) ) There are (does nothing if not), and if the routing than the value of the Sequence Number field of the Cache when towards the value of the Sequence Number field of the routing tear-down message (routing tear-down message) is large (small does nothing) is, deletes the corresponding routing cache (routing cache).
【0355】 [0355]
(b2.8) (B2.8)
アクセスルータがページング要求メッセージ(Paging Request Message)(図27)を受信した時の処理について説明する。 Access router described process when receiving a paging request message (Paging Request Message) (FIG. 27).
【0356】 [0356]
(b2.8−1) (B2.8-1)
アクセスルータがページング要求メッセージ(Paging Request Message)(図27)を受信した場合、受信したページング要求メッセージ(Paging Request Message)をそのまま下流のサブネット(subnet)へブロードキャスト(Broadcast)する。 Access router when receiving a paging request message (Paging Request Message) (FIG. 27), paging request message received (Paging Request Message) directly broadcast to the downstream subnet (subnet) (Broadcast). なお、その際、始点アドレスはアクセスルータのリンクローカルアドレス(AR's link-local address)、終点アドレスは全ノードマルチキャストアドレス(all-node multicast address)となる。 Note that this time, the start address is an access router of a link local address (AR's link-local address), the destination address is the all-nodes multicast address (all-node multicast address).
【0357】 [0357]
(b2.9) (B2.9)
アクセスルータがタイマからの割り込み要求を受信した時の処理について説明する。 Access router described process when receiving an interrupt request from the timer.
【0358】 [0358]
(b2.9−1) (B2.9-1)
アクセスルータは、存在している各ルーティングキャッシュ(Routing Cache)のLife timeフィールドの値をX(X:タイマの割り込みの間隔)だけ減らす。 Access router, Life the value of time field X of existing set of the routing cache (Routing Cache) (X: interrupt interval timer) only reduces. 0以下になったら、そのルーティングキャッシュ(Routing Cache)を消去する。 0 if equal to or less than, to erase its routing cache (Routing Cache).
【0359】 [0359]
(c)真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータ次に真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータについて説明する。 (C) the true micro mobility network (PMMN) within the router next router true micro mobility network (PMMN) will be described.
【0360】 [0360]
(c1)真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータの保持データ真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータは、上述した移動端末のサブネット間移動に応じた各処理を実行するために以下のデータを保持する。 (C1) routers within the true micro mobility network (PMMN) in the router holding the data true micro mobility network (PMMN), the following data for the execution of each processing according to the movement between subnets of the mobile terminal described above Hold.
【0361】 [0361]
保持しているキャッシュ(Cache) The held cache (Cache)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache) Routing cache (Routing Cache)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache)は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内に存在するルータ(router)によって保持、管理されるキャッシュであり、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のアクティブ(active)状態の移動端末(ノード)へホストルーティングを行うため、以下の情報を対応付けて格納している。 Routing cache (Routing Cache) is held by a true micro mobility network routers present in the (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) (router), a cache maintained, true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) for performing host routed to active (active) state the mobile terminal (node) in the stores in association with the following information.
*移動端末(MN)のIPv6アドレス:MN IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the mobile terminal (MN): MN IPv6 Address (16byte)
*次ホップルータのIPv6アドレス:Next hop router's IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the next hop router: Next hop router's IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0362】 [0362]
保持しているレジスタ*RC_Life_Time_Plusレジスタ(ルーティングキャッシュ(Routing Cache)の作成/更新時にルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のRouting Update Interval timeフィールドの値に加える値) The held register * RC_Life_Time_Plus register (routing cache (value added to the value of the Routing Update Interval time fields created / updated during the routing update message (Routing Update Message) the Routing Cache))
【0363】 [0363]
(c2.1) (C2.1)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)(図26)を受信した時の処理について説明する。 Router true micro mobility network (PMMN) a description will be given of a process when receiving a routing update message (Routing Update Message) (FIG. 26).
【0364】 [0364]
(c2.1−1) (C2.1-1)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を受信すると、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドに記載されている値に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)が無い場合、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値、Routing Update Interval timeフィールドの値にRC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、Sequence Numberフィールドの値、および(IPv6ヘッダの)始点アドレスの値を、それぞれMN IPv6 Addressフィールド、Lifetimeフィールド、Sequence Numberフィールド、およびNext Hop Router's IPv6 Addressフィールド When the router in the true micro mobility network (PMMN) receives a routing update message (Routing Update Message), is described in the current mobile IPv6 address (Current MN IPv6 Address) field of the routing update message received (Routing Update Message) If the routing cache relating have values ​​(routing cache) is not, the current mobile terminal IPv6 address of the routing update message (routing update message) (current MN IPv6 address) field value, the value of RC_Life_Time_Plus register to the value of the routing update Interval time field the added value, Sequence Number field value, and the value of (the IPv6 header) the source address, respectively MN IPv6 address field, Lifetime field, Sequence Number field, and Next Hop Router's IPv6 address field それぞれ格納したルーティングキャッシュ(Routing Cache)を新規作成する。 Routing cache storing respectively the (Routing Cache) to create a new. 真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータは、移動端末の生成した現移動端末アドレスを格納したメッセージ(ルーティングアップデートメッセージ)の受信に応じて、ルーティングアップデートメッセージに含まれるルーティング更新インターバルタイム(Routing Update Interval Time)の値に応じ、移動端末毎に異なるルーティングキャッシュの保持時間(Life time)を設定することが可能となる。 Routers within the true micro mobility network (PMMN), in response to receiving a message containing the current mobile terminal address generated for the mobile terminal (routing update message), routing update interval time (Routing Update Interval included in the routing update message depending on the value of the time), it is possible to set the retention time of the different routing cache for each mobile terminal (Life time).
【0365】 [0365]
既に真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがルーティングキャッシュ(Routing Cache)を有し、かつ、そのルーティングキャッシュ(Routing Cache)のSequence Numberフィールドの値よりも、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のSequence Numberフィールドに記載された値の方が大きい場合(小さい場合はそのRouting Update Messageは単に廃棄する)には、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のRouting Update Interval timeフィールドの値にRC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、Sequence Numberフィールドの値、および(IPv6ヘッダの)始点アドレスの値を、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)のLifetimeフィールド、Sequence Numberフィールド、および次ホップルータIPv6アドレス(Next Hop Router's IPv Already has a router routing cache in true micro mobility network (PMMN) (Routing Cache), and routing update messages than the value of the Sequence Number field of the routing cache (Routing Cache), received (Routing Update Message) when the Sequence Number is larger stated value field (the routing update message is smaller simply discarded) are, RC_Life_Time_Plus the value of routing update Interval time field of the routing update message received (routing update message) value the value added of the register, the value of the Sequence Number field, and the value of (the IPv6 header) the source address, Lifetime field of the routing cache (routing cache), Sequence Number field, and the next hop router IPv6 address (next hop router's IPv 6 Address)フィールドに格納する。 6 Address) is stored in the field.
【0366】 [0366]
(c2.1−2) (C2.1-2)
ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドの値で示されるサブネット(Subnet)へ送信するための次ホップルータ(next hop router)をルーティングテーブル(Routing Table)から取得し、取得した次ホップルータ(next hop router)のアドレスが、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のIPv6ヘッダの始点アドレスフィールドの値と異なる場合(同じ場合は何もしない)は、その次ホップルータ(next hop router)へ、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を送信する。 Get the routing update message (Routing Update Message) the next hop router for transmission to subnet (Subnet) indicated by the value of the old physical network prefix (old PNP) field (next hop router) from the routing table (Routing Table) , acquired next hop router address (next hop: router) is different from the value of the source address field of the IPv6 header of the routing update message (routing update message) (do nothing if same), the next hop router ( next to the hop: router), it transmits the routing tear-down message (routing tear-down message). IPv6ヘッダの始点アドレスは、そのルータ(router)のリンクローカルアドレス(link-local Address)、IPv6ヘッダの終点アドレスは次ホップルータ(next hop router)のアドレスであり、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールド、Sequence Numberフィールド、および旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドには、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドの値、Sequence Timeフィールドの値、旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドの値をそれぞれ格納する。 Source address of the IPv6 header, the router (: router) Link local address (link-local Address), the destination address of the IPv6 header is the address of the next hop router (next hop router), the routing tear-down message (Routing Tear- Down message) mobile IPv6 address (MN IPv6 address) field, Sequence Number field, and the old physical network prefix (the old PNP) field, the mobile terminal IPv6 address of the routing update message (routing update message) (MN IPv6 address) field value, the value of the Sequence Time field stores each value of the old physical network prefix (old PNP) field.
【0367】 [0367]
(c2.1−3) (C2.1-3)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータは、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)を、上流のルータ(router)に転送する。 Routers in the true micro mobility network (PMMN) is a routing update message received (Routing Update Message), and transfers to the upstream router (: router).
【0368】 [0368]
(c2.2) (C2.2)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)(図28)を受信した時の処理について説明する。 Described process when the router true micro mobility network (PMMN) receives the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message) (FIG. 28).
【0369】 [0369]
(c2.2−1) (C2.2-1)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を受信すると、受信したルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドの値に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)があり(なければ何もしない)、かつ、そのRouting CacheのSequence Numberフィールドの値よりも、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)のSequence Numberフィールドの値の方が大きい場合(小さい場合は何もしない)は、該当するルーティングキャッシュ(Routing Cache)を削除する。 When the router in the true micro mobility network (PMMN) receives the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message), the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 Address) of the routing tear-down message received (Routing Tear-Down Message) field routing related value cache (routing cache) There are (does nothing if not), and than the value of the Sequence Number field of the routing cache, the value of the Sequence Number field of the routing tear-down message (routing tear-down message) If the person is large (not nothing if small) is, deletes the corresponding routing cache (routing cache).
【0370】 [0370]
(c2.2−2) (C2.2-2)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache)を削除したかしないかに関係なく、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドの値で示されるサブネット(Subnet)へ送信するための次ホップルータ(next hop router)をルーティングテーブル(Routing Table)から取得し、取得した次ホップルータ(next hop router)のアドレスへ、受信したルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を転送する。 Regardless of whether or not to delete the routing cache (Routing Cache), the next hop for transmission to subnet (Subnet) indicated by the value of the old physical network prefix (old PNP) field of the routing update message (Routing Update Message) acquired from the router (next hop router) a routing table (routing table), and transfers to the address of the acquired next hop router (next hop router), the routing tear-down message received the (routing tear-down message).
【0371】 [0371]
(c2.3) (C2.3)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがページング要求メッセージ(Paging Request Message)(図27)を受信した時の処理について説明する。 Described process when the routers in the true micro mobility network (PMMN) receives a paging request message (Paging Request Message) (FIG. 27).
【0372】 [0372]
(c2.3−1) (C2.3-1)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがページング要求メッセージ(Paging Request Message)(図27)を受信した場合、受信したページング要求メッセージ(Paging Request Message)をそのまま下流のサブネット(subnet)へブロードキャスト(Broadcast)する。 True micro mobility network (PMMN) in routers paging request message (Paging Request Message) when receiving a (FIG. 27), the received broadcast paging request message (Paging Request Message) to directly downstream subnets (subnet) (Broadcast ) to. なお、その際、始点アドレスはアクセスルータのリンクローカルアドレス(AR's link-local address)、終点アドレスは全ノードマルチキャストアドレス(all-node multicast address)となる。 Note that this time, the start address is an access router of a link local address (AR's link-local address), the destination address is the all-nodes multicast address (all-node multicast address).
【0373】 [0373]
(c2.4) (C2.4)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータがタイマからの割り込み要求を受信した時の処理について説明する。 Router true micro mobility network (PMMN) a description will be given of a process when receiving an interrupt request from the timer.
【0374】 [0374]
(c2.4−1) (C2.4-1)
真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)内のルータは、存在している各ルーティングキャッシュ(Routing Cache)のLife timeフィールドの値をX(X:タイマの割り込みの間隔)だけ減らす。 Routers in the true micro mobility network (PMMN) is, Life time the value of a field X of existing set of the routing cache (Routing Cache) (X: interrupt interval timer) only reduces. 0以下になったら、そのルーティングキャッシュ(Routing Cache)を消去する。 0 if equal to or less than, to erase its routing cache (Routing Cache).
【0375】 [0375]
(d)真マイクロゲートウェイルータ(PMGR) (D) the true micro gateway router (PMGR)
次に真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)について説明する。 Next will be described a true micro gateway router (PMGR).
【0376】 [0376]
(d1)真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)の保持データ真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、上述した移動端末のサブネット間移動に応じた各処理を実行するために以下のデータを保持する。 (D1) holds data true micro gateway router true micro gateway router (PMGR) (PMGR) holds the following data for the execution of each processing according to the movement between subnets of the mobile terminal described above.
【0377】 [0377]
保持しているキャッシュ(Cache) The held cache (Cache)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache) Routing cache (Routing Cache)
ルーティングキャッシュ(Routing Cache)は、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内に存在するルータ(router)によって保持、管理されるキャッシュであり、真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内のアクティブ(active)状態の移動端末(ノード)へホストルーティングを行うため、以下の情報を対応付けて格納している。 Routing cache (Routing Cache) is held by a true micro mobility network routers present in the (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) (router), a cache maintained, true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) for performing host routed to active (active) state the mobile terminal (node) in the stores in association with the following information.
*移動端末(MN)のIPv6アドレス:MN IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the mobile terminal (MN): MN IPv6 Address (16byte)
*次ホップルータのIPv6アドレス:Next hop router's IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the next hop router: Next hop router's IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0378】 [0378]
ページングキャッシュ(Paging Cache) Paging cache (Paging Cache)
ページングキャッシュ(Paging Cache)は、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router )によって保持、管理されるキャッシュであり、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)の管轄する真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))内に存在するアイドル(idle)状態の移動端末(ノード)のIPv6アドレスに関する情報であり、以下の情報を対応付けて格納している。 Paging Cache (Paging Cache) is true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) held by a cache maintained, true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) true micro mobility for the jurisdiction of is information about IPv6 address of the network (Pure-Micro Mobility network (PMMN)) idle present in the (idle) state the mobile terminal (node), are stored in association with the following information.
*移動端末(MN)のIPv6アドレス:MN IPv6 Address (16byte) * IPv6 address of the mobile terminal (MN): MN IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0379】 [0379]
マッピングキャッシュ(Mapping Cache) Mapping cache (Mapping Cache)
マッピングキャッシュ(Mapping Cache)は、同一ドメイン内の異なる真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))間を移動した移動端末の移動前の古いアドレスへ送信されたデータパケットを移動後の新しいアドレスへ転送するための情報を格納したキャッシュであり、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))のキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を受信し、認識できるルータ(router)において一時的に保持/管理される情報であり、以下の情報を対応付けて格納している。 Mapping Cache (Mapping Cache) is true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) with different same domain data packet transmitted moved to the previous old address of the mobile terminal that has moved between the moved new a cache which stores information for transferring to the address, receives the cache update message pseudo micro mobility network (quasi-micro mobility network (QMMN)) (cache update message), temporarily in the router (: router) capable of recognizing is information which is held / managed stores in association with the following information.
*移動端末(MN)の旧IPv6アドレス:Old MN IPv6 Address (16byte) * Old IPv6 address of the mobile terminal (MN): Old MN IPv6 Address (16byte)
*移動端末(MN)の新IPv6アドレス:New MN IPv6 Address (16byte) * New IPv6 address of the mobile terminal (MN): New MN IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0380】 [0380]
保持しているレジスタ*RC_Life_Time_Plusレジスタ(Routing Cacheの作成/更新時にRouting Update MessageのRouting Update Interval timeフィールドの値に加える値)*PC_Life_Time_Plusレジスタ(Paging Cacheの作成/更新時にPRM MessageもしくはPaging Update MessageのPaging Update Interval timeフィールドの値に加える値) The held register * RC_Life_Time_Plus register (value added to the value of the Routing Update Interval time field Routing Update Message when creating / updating Routing Cache) * PC_Life_Time_Plus register (when creating / updating Paging Cache of PRM Message or Paging Update Message Paging the value added to the value of the Update Interval time field)
*MMN_Prefix_Lenレジスタ(PMGRが属するMMNを示しているNetwork Prefixのbit数) * MMN_Prefix_Len register (bit number of the Network Prefix, which shows the MMN that PMGR belongs)
保持しているキュー*Send_Waitキュー(待機中のMN宛のデータパケットを一時的に保存する待ち行列) The held queue * Send_Wait queue (temporarily queue to store the data packet addressed to MN waiting)
【0381】 [0381]
(d2.1) (D2.1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)が真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)(図23)を受信した時の処理について説明する。 True micro gateway router (PMGR) is true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) for processing at the time of receiving the (Figure 23) will be described.
【0382】 [0382]
(d2.1−1) (D2.1-1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)が真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)(図23)を受信すると、 受信した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message) の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)の値に関するページングキャッシュ、ルーティングキャッシュ、マッピングキャッシュ(Paging Cache/Routing Cache/Mapping Cache)が在れば、アドレス重複による登録不許可という旨をCodeフィールドに記載した真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)をアクセスルータ(AR)に送信する。 True micro gateway router (PMGR) is true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) receives (Fig. 23), true micro registration request message received (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request paging cache relating to the value of the current mobile terminal IPv6 address Message) (current MN IPv6 address), routing cache, if mapped cache (paging cache / routing cache / mapping cache) is any, Code to the effect that registration prohibition by address duplication transmitting true micro registration confirmation messages described in the field (PMR-Ack message) access router (AR).
【0383】 [0383]
この際、始点アドレスは、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)のグローバルIPv6アドレス(global IPv6 Address)、終点アドレスは、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の始点アドレスフィールドの値、つまりアクセスルータ(AR)のグローバルIPv6アドレス(global IPv6 Address)であり、真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドおよびSequence Numberフィールドには、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値およびSequence Numberフィールドの値をそれぞれ記載する。 At this time, the source address, the global IPv6 address of a true micro gateway router (PMGR) (global IPv6 Address), the destination address, the true micro registration request message: the source address field (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) value, i.e. a global IPv6 address of the access router (AR) (global IPv6 address), the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 address) field and Sequence Number field of the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message), true micro registration request message (PMR-RM: Pure-micro registration request message) current mobile IPv6 address (current MN IPv6 address) field values ​​and Sequence Number field values ​​are listed respectively.
【0384】 [0384]
(d2.1−2) (D2.1-2)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)が受信した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)の値に関するページングキャッシュ、ルーティングキャッシュ、マッピングキャッシュ(Paging Cache/Routing Cache/Mapping Cache)がなければ、(アドレス)登録完了という旨をCodeフィールドに記載した真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)をアクセスルータ(AR)に送信する。 True micro gateway router true micro registration request message (PMGR) receives (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) values ​​for the paging cache of the current mobile terminal IPv6 address (Current MN IPv6 Address), routing cache, mapping cache without (Paging Cache / Routing Cache / Mapping Cache), and transmits the (address) true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message) the access router that describes the effect that registration completion in Code field (AR).
【0385】 [0385]
この際、始点アドレスは、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)のグローバルIPv6アドレス(global IPv6 Address)、終点アドレスは、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の始点アドレスフィールドの値、つまりアクセスルータ(AR)のグローバルIPv6アドレス(global IPv6 Address)であり、真マイクロ登録確認メッセージ(PMR-Ack Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドおよびSequence Numberフィールドには、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値およびSequence Numberフィールドの値をそれぞれ記載する。 At this time, the source address, the global IPv6 address of a true micro gateway router (PMGR) (global IPv6 Address), the destination address, the true micro registration request message: the source address field (PMR-RM Pure-Micro Registration Request Message) value, i.e. a global IPv6 address of the access router (AR) (global IPv6 address), the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 address) field and Sequence Number field of the true micro registration acknowledgment message (PMR-Ack message), true micro registration request message (PMR-RM: Pure-micro registration request message) current mobile IPv6 address (current MN IPv6 address) field values ​​and Sequence Number field values ​​are listed respectively. さらに、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、Paging Update Interval timeフィールドの値にPC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、およびSequence Numberフィールドの値を、移動端末IPv6(MN IPv6)アドレスフィールド、Life Timeフィールド、Sequence Numberフィールドにそれぞれ格納したページングキャッシュ(Paging Cache)を新規作成する。 Furthermore, a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) current mobile IPv6 address (Current MN IPv6 Address) field, plus the value of PC_Life_Time_Plus register to the value of the Paging Update Interval time field, and the value of the Sequence Number field, the mobile terminal IPv6 (MN IPv6) address field, Life Time field, paging cache storing respectively (paging cache) to create new Sequence Number field. 真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)に含まれるページング更新インターバルタイム(Paging Update Interval Time)の値に応じて移動端末毎に異なるページングキャッシュの保持時間(Life time)を設定することが可能となる。 True micro gateway router (PMGR) is true micro registration request message (PMR-RM) paging included in the update interval time (Paging Update Interval Time) values ​​different paging cache retention time for each mobile terminal in accordance with the (Life time ) it is possible to set up.
【0386】 [0386]
(d2.1−3) (D2.1-3)
さらに、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドの上位Xbit(X:MMN_Prefix_Lenレジスタの値)の値と、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)のグローバルIPv6アドレス(global IPv6 Address)の上位Xbit(X:MMN_Prefix_Lenレジスタの値)の値を比較する。 Furthermore, a true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) of the old mobile IPv6 address (old MN IPv6 Address) field of the upper XBit: the value of (X MMN_Prefix_Len value of the register), true micro gateway router: Top Xbit of (PMGR Pure-Micro Gateway router) global IPv6 address (global IPv6 address): Compare the value of (X MMN_Prefix_Len value of the register). 同じ場合(異なる場合は何もしない)は、同じマイクロモビリティネットワーク(MMN)内の異なる真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)間の移動であると判断し、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)(図29参照)を送信する。 If the same (if different do nothing), it is determined that the movement between different true micro mobility network of the same micro-mobility network (MMN) (PMMN), the cache update message (Cache Update Message) (see FIG. 29 ) to send.
【0387】 [0387]
このキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の始点アドレスは、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR: Pure-Micro Gateway Router)自身のグローバルIPv6アドレス(global IPv6 Address)、終点アドレスは、上位64bitを真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドの上位64bitの値、下位64bitをオールゼロ(all zero)としたエニーキャストアドレス(Anycast Address)を使い、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、旧移動端末IPv6アドレス(Old MN IPv6 Address)フィールド、旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP)フィールド、Mapping Cache Hold timeフィールド、およ Source address of the cache update message (Cache Update Message) is true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) its global IPv6 address (global IPv6 Address), the destination address is an upper 64bit true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) to use the old mobile terminal IPv6 address (old MN IPv6 address) higher 64bit value of the field, all zeros the lower 64bit (all zero) and the anycast address (anycast address) of , current mobile IPv6 address of a cache update message (cache update message) (current MN IPv6 address) field, old mobile IPv6 address (old MN IPv6 address) field, old physical network prefix (old PNP) field, Mapping cache Hold time field, Hoyo Sequence Numberフィールドには、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値、旧移動端末IPv6アドレス(Old MN IPv6 Address)フィールドの値、旧物理ネットワークプレフィックス(Old PNP)フィールドの値、Mapping Cache Hold timeフィールドの値、およびSequence Numberフィールドの値をそれぞれ格納する。 The Sequence Number field, true micro registration request message (PMR-RM: Pure-Micro Registration Request Message) of the current mobile terminal IPv6 address (Current MN IPv6 Address) field of value, the former mobile terminal IPv6 address (Old MN IPv6 Address) field value, and stores the old physical network prefix (old PNP) field value, the value of the Mapping Cache Hold time field, and the value of the Sequence Number field, respectively.
【0388】 [0388]
(d2.2) (D2.2)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)がページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)(図25)を受信した時の処理について説明する。 Described process when the true micro gateway router (PMGR) receives a paging update message (Paging Update Message) (FIG. 25).
【0389】 [0389]
(d2.2−1) (D2.2-1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、受信したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドに記載されている値に関するページングキャッシュ(Paging Cache)が無い場合、真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM:Pure-Micro Registration Request Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールド、Paging Update Interval timeフィールドの値にPC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、およびSequence Numberフィールドの値を、移動端末IPv6(MN IPv6)アドレスフィールド、Life Timeフィールド、Sequence Numberフィールドにそれぞれ格納したページングキャッシュ(Paging Cache)を新規作成する。 True micro gateway router (PMGR), when the current mobile IPv6 address of the paging update message received (Paging Update Message) (Current MN IPv6 Address) paging cache relating to the value that is described in the field (Paging Cache) is not true micro registration request message (PMR-RM: Pure-micro registration request message) current mobile IPv6 address (current MN IPv6 address) field, Paging Update Interval time value to a value plus the value of PC_Life_Time_Plus register field, and Sequence Number the value of the field, the mobile terminal IPv6 (MN IPv6) address field, Life Time field, paging cache storing respectively (paging cache) to create new Sequence Number field.
【0390】 [0390]
ページングキャッシュ(Paging Cache)が既にあり、かつ、そのページングキャッシュ(Paging Cache)のSequence Numberフィールドの値よりも、ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)のSequence Numberフィールドに記載された値の方が大きい場合(小さい場合はそのページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)は単に廃棄する)には、ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)のPaging Update Interval timeフィールドの値にPC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、およびSequence Numberフィールドの値をPaging CacheのLifetimeフィールド、およびSequence Numberフィールドにそれぞれ格納する。 There paging cache (Paging Cache) already, and than the value of the Sequence Number field of the paging cache (Paging Cache), when towards the values ​​listed in Sequence Number field of the paging update message (Paging Update Message) is large the (small if its paging update message (paging update message) is simply discarded), paging update message paging update Interval time value to a value plus the value of PC_Life_Time_Plus register fields (paging update message), and Sequence Number storing each value of the field Lifetime field Paging Cache, and the Sequence Number field.
【0391】 [0391]
(d2.2−2) (D2.2-2)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、受信したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)があれば、そのルーティングキャッシュ(Routing Cache)を削除する。 True micro gateway router (PMGR), if any current mobile IPv6 address of the paging update message received (Paging Update Message) (Current MN IPv6 Address) routing cache relating to the value of the field (Routing Cache) is its routing cache (Routing to remove the Cache).
【0392】 [0392]
(d2.3) (D2.3)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)がルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)(図26)を受信した時の処理について説明する。 True micro gateway router (PMGR) a description will be given of a process when receiving a routing update message (Routing Update Message) (FIG. 26).
【0393】 [0393]
(d2.3−1) (D2.3-1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドに記載されている値に関するルーティングキャッシュ(Routing Cache)が無い場合、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値、Routing Update Interval timeフィールドの値にRC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、Sequence Numberフィールドの値、および(IPv6ヘッダの)始点アドレスの値を、移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールド、Lifetimeフィールド、Sequence Numberフィールド、および次ホップルータIPv6アドレス(Next Hop Router's IPv6 Address)フィールドにそれぞれ格納したルー True micro gateway router (PMGR), when the current mobile IPv6 address of the routing update message received (Routing Update Message) (Current MN IPv6 Address) routing cache relating to the value that is described in the field (Routing Cache) there is no routing update message (Routing update message) current mobile IPv6 address (current MN IPv6 address) field values, Routing update Interval time value to a value plus the value of RC_Life_Time_Plus register field value of Sequence Number field, and (IPv6 header Lou value of) the source address, which stores each mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 address) field, Lifetime field, Sequence Number field, and the next hop router IPv6 address (next hop router's IPv6 address) field ィングキャッシュ(Routing Cache)を新規作成する。 Ring cache (Routing Cache) to create a new one. 真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、移動端末の生成した現移動端末アドレスを格納したメッセージ(ルーティングアップデートメッセージ)の受信に応じて、ルーティングアップデートメッセージに含まれるルーティング更新インターバルタイム(Routing Update Interval Time)の値に応じ、移動端末毎に異なるルーティングキャッシュの保持時間(Life time)を設定することが可能となる。 True micro gateway router (PMGR), in response to reception of the message containing the current mobile terminal address generated for the mobile terminal (routing update message), routing update interval time contained in the routing update message (Routing Update Interval Time) depending on the value, it is possible to set the retention time of the different routing cache for each mobile terminal (Life time).
【0394】 [0394]
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)作成後、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドの値を終点アドレスとするデータパケットが送信待機(Send_Wait)キューに存在するか確認し、存在している場合(存在していない場合は何もしない)は、そのデータパケットを送信待機(Send_Wait)キューから取り出し、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)の登録情報に従って転送する。 True micro gateway router (PMGR) after creating routing cache (Routing Cache), data packet transmission standby for the value of the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 Address) field of the routing cache (Routing Cache) and destination address (Send_Wait) present in the queue or confirmed, (do nothing if it does not exist) if present, it retrieves the data packet from the transmission waiting (Send_Wait) queue, the transfer according to the registration information in the routing cache (routing cache) to.
【0395】 [0395]
(d2.3−2) (D2.3-2)
既に真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)内にルーティングキャッシュ(Routing Cache)があり、かつ、そのルーティングキャッシュ(Routing Cache)のSequence Numberフィールドの値よりも、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のSequence Numberフィールドに記載された値の方が大きい場合(小さい場合はそのルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)は単に廃棄する)には、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のRouting Update Interval timeフィールドの値にRC_Life_Time_Plusレジスタの値を加えた値、Sequence Numberフィールドの値、および(IPv6ヘッダの)始点アドレスの値を、ルーティングキャッシュ(Routing Cache)のLifetimeフィールド、Sequence Numberフィールド、および次ホップルータIPv6アドレス( Already there are routing cache (Routing Cache) within the true micro gateway router (PMGR), and than the value of the Sequence Number field of the routing cache (Routing Cache), the Sequence Number field of the routing update message (Routing Update Message) If larger stated value to the (small case that routing update message (routing update message) is simply discarded), the value of the routing update Interval time field of the routing update message (routing update message) of RC_Life_Time_Plus register value plus the value, the value of the Sequence Number field, and the value of (the IPv6 header) the source address, Lifetime field of the routing cache (routing cache), Sequence Number field, and the next hop router IPv6 address ( Next Hop Router's IPv6 Address)フィールドに格納する。 And stores it in the Next Hop Router's IPv6 Address) field.
【0396】 [0396]
(d2.3−3) (D2.3-3)
ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドの値で示されるサブネット(Subnet)へ送信するための次ホップルータ(next hop router)をルーティングテーブル(Routing Table)から取得し、取得した次ホップルータ(next hop router)のアドレスが、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)のIPv6ヘッダの始点アドレスフィールドの値と異なる場合(同じ場合は何もしない)は、その次ホップルータ(next hop router)へ、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を送信する。 Get the routing update message (Routing Update Message) the next hop router for transmission to subnet (Subnet) indicated by the value of the old physical network prefix (old PNP) field (next hop router) from the routing table (Routing Table) , acquired next hop router address (next hop: router) is different from the value of the source address field of the IPv6 header of the routing update message (routing update message) (do nothing if same), the next hop router ( next to the hop: router), it transmits the routing tear-down message (routing tear-down message). その際、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)のIPv6ヘッダの始点アドレスは、そのルータ(router)のリンクローカルアドレス(link-local Address)、IPv6ヘッダの終点アドレスは次ホップルータ(next hop router)のアドレスを使い、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールド、Sequence Numberフィールド、および旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドには、ルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドの値、Sequence Timeフィールドの値、old PNPフィールドの値をそれぞれ格納する。 At that time, the source address of the IPv6 header of the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message) the link local address (link-local Address) of the router (: router), IPv6 header destination address of the next hop router (next hop use addresses: router), the mobile terminal IPv6 address of the routing tear-down message (routing tear-down message) (MN IPv6 address) field, the Sequence Number field, and the old physical network prefix (old PNP) field, a routing update message mobile IPv6 address (MN IPv6 address) field value (Routing Update Message), the value of the Sequence Time field stores each value of the old PNP field.
【0397】 [0397]
(d2.3−4) (D2.3-4)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、受信したルーティングアップデートメッセージ(Routing Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値に関するページングキャッシュ(Paging Cache)があれば、そのページングキャッシュ(Paging Cache)を削除する。 True micro gateway router (PMGR), if any current mobile IPv6 address of the routing update message received (Routing Update Message) (Current MN IPv6 Address) paging cache relating to the value of the field (Paging Cache) is, the paging cache (Paging to remove the Cache).
【0398】 [0398]
(d2.4) (D2.4)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)がキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)(図29)を受信した時の処理について説明する。 True micro gateway router (PMGR) a description will be given of a process when receiving the cache update message (Cache Update Message) (FIG. 29).
【0399】 [0399]
(d2.4−1) (D2.4-1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、既にあるマッピングキャッシュ(Mapping Cache)のうち、新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールドの値が、受信したキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドの値と等しいものがあるか調べる。 True micro gateway router (PMGR), among the already mapped cache (Mapping Cache), the value of the new mobile terminal IPv6 address (new MN IPv6 Address) field, old mobile terminal of the cache update message received (Cache Update Message) Check IPv6 address (old MN IPv6 address) there is equal to the value of the field. ある場合(ない場合は何もしないで(d2.4−2)へ)で、かつ、そのマッピングキャッシュ(Mapping Cache)のSequence Numberフィールドの値よりも、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)のSequence Numberフィールドの値の方が大きい場合に以下の処理を実行する。 In some cases (not nothing if not to (d2.4-2)), and than the value of the Sequence Number field of the mapping cache (Mapping Cache), Sequence Number of the cache update message (Cache Update Message) It executes the following processing when towards the field value is greater. 小さい場合は何もせずキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を廃棄する。 If small is nothing to discard the cache update message (Cache Update Message) without.
【0400】 [0400]
キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)のSequence Numberフィールドの値の方が大きい場合は、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)の新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールドの値を、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値に書き換える。 If towards the value of the Sequence Number field of the cache update message (Cache Update Message) is large, the value of the new mobile terminal IPv6 address (new MN IPv6 Address) field of the mapping cache (Mapping Cache), the cache update message (Cache Update current mobile terminal IPv6 address Message) (current MN IPv6 address) rewrites the value of the field. さらに、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)のSequence Numberフィールド、Lift timeフィールドに、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)のSequence Numberフィールドの値、Mapping Cache Hold Timeフィールドの値をそれぞれ格納する。 Further, Sequence Number field mapping cache (Mapping Cache), the Lift time field stores the value of the Sequence Number field of the cache update message (Cache Update Message), the value of the Mapping Cache Hold Time field, respectively.
【0401】 [0401]
(d2.4−2) (D2.4-2)
さらに、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値、旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドの値、Mapping Cache Hold timeフィールドの値、およびSequence Numberフィールドの値を、新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールド、旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールド、Lifetimeフィールド、Sequence Numberフィールドにそれぞれ格納したマッピングキャッシュ(Mapping Cache)を新規作成する。 Furthermore, the current mobile IPv6 address (Current MN IPv6 Address) field value of the cache update message (Cache Update Message), the former mobile terminal IPv6 address (old MN IPv6 Address) field values, Mapping Cache Hold time field value, and the value of the Sequence Number field, the new mobile terminal IPv6 address (new MN IPv6 address) field, old mobile IPv6 address (old MN IPv6 address) field, Lifetime field, mapping a cache stored respectively in the Sequence Number field (mapping cache) to create a new.
【0402】 [0402]
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータは、キャッシュアップデートメッセージに含まれるマッピングキャッシュ保持時間(Mapping Cache Hold Time)の値に応じて移動端末毎に異なるマッピングキャッシュの保持時間(Life time)を設定することが可能である。 Router pseudo micro mobility network (QMMN) sets a mapping cache retention time included in the cache update message (Mapping Cache Hold Time) values ​​different mapping cache hold time for each mobile terminal in accordance with the (Life time) It is possible.
【0403】 [0403]
(d2.4−3) (D2.4-3)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、受信したキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドの値に関するルーティングキャッシュ、ページングキャッシュ(Routing/Paging Cache)があれば、該当するルーティングキャッシュ、ページングキャッシュ(Routing/Paging Cache)を削除する。 True micro gateway router (PMGR), the mobile terminal IPv6 address (MN IPv6 Address) routing cache relating to the value of the field of the cache update message received (Cache Update Message), if there is a paging cache (Routing / Paging Cache), the appropriate to delete a routing cache, paging cache (routing / paging cache).
【0404】 [0404]
(d2.4−4) (D2.4-4)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)は、削除したかどうかに関係なく、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドの値で示されるサブネット(subnet)へ送信するための次ホップルータ(next hop router)をルーティングテーブル(Routing Table)から取得し、取得した次ホップルータ(next hop router)のアドレスへ、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)を送信する。 True micro gateway router (PMGR), regardless of whether to delete the following for transmission to subnet (subnet) indicated by the value of the old physical network prefix (old PNP) field of the cache update message (Cache Update Message) get hop router (next hop router) from the routing table (routing table), to the address of the acquired next hop router (next hop router), it transmits the routing tear-down message (routing tear-down message). なお、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)のIPv6ヘッダの始点アドレスは、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)のリンクローカルアドレス(link-local Address)、IPv6ヘッダの終点アドレスは次ホップルータ(next hop router)のアドレスを使い、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing Tear-Down Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールド、Sequence Numberフィールド、および旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドには、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドの値、Sequence Timeフィールドの値、旧物理ネットワークプレフィックス(old PNP)フィールドの値をそれぞれ格納する。 Incidentally, the start address of the IPv6 header of the routing tear-down message (Routing Tear-Down Message) the link local address (link-local Address) true micro gateway router (PMGR), IPv6 header destination address of the next hop router (next use the address of hop: router), the mobile terminal IPv6 address of the routing tear-down message (routing tear-down message) (MN IPv6 address) field, the Sequence Number field, and the old physical network prefix (old PNP) field, cached updates mobile IPv6 address (MN IPv6 address) field value of the message (Cache Update message), the value of the Sequence Time field stores each value of the old physical network prefix (old PNP) field.
【0405】 [0405]
(d2.5) (D2.5)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)がデータパケットを受信した時の処理について説明する。 True micro gateway router (PMGR) a description will be given of a process when receiving data packets.
【0406】 [0406]
(d2.5−1) (D2.5-1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)がデータパケットを受信すると、データパケットの終点アドレスに関する経路情報が真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)の有するルーティングテーブル(Routing Table)もしくはルーティングキャッシュ(Routing Cache)にあればそれに従ってデータパケットを転送する。 If true micro gateway router (PMGR) receives the data packet, accordingly, if the path information about the destination address of the data packet to the routing table (Routing Table) or routing cache having a true micro gateway router (PMGR) (Routing Cache) to transfer the data packet. ルーティングテーブル(Routing Table)もしくはルーティングキャッシュ(Routing Cache)になければ、データパケットの終点アドレスに関するページングキャッシュ(Paging Cache)が存在している場合は、ページング要求メッセージ(Paging Request Message)を下流のサブネット(Subnet)へブロードキャスト(Broadcast)する。 If the routing table (Routing Table) or routing cache (Routing Cache), if the paging cache relating the destination address of the data packet (Paging Cache) is present, a paging request message (Paging Request Message) downstream subnets ( Subnet) to be broadcast (broadcast). なお、この際、始点アドレスは、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)のリンクローカルアドレス(link local address)、終点アドレスは全ノードマルチキャストアドレス(all-node multicast address)であり、ページング要求メッセージ(Paging Request Message)の移動端末IPv6アドレス(MN IPv6 Address)フィールドには、データパケットの終点アドレスの値を格納する。 At this time, the source address is a link local address of a true micro gateway router (PMGR) (link local address), the destination address is the all-nodes multicast address (all-node multicast address), paging request message (Paging Request Message mobile IPv6 address) (MN IPv6 address) the field stores the value of destination address of the data packet. 格納後、データパケットを送信待機(Send_Wait)キューに保存する。 After storage, it stores the data packets to the transmission standby (Send_Wait) queue.
【0407】 [0407]
(d2.5−2) (D2.5-2)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)に対応するページングキャッシュ(Paging Cache)が存在しない場合は、データパケットの終点アドレスの値と同じ旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドをもつマッピングキャッシュ(Mapping Cache)が存在しているか調べる。 If true micro gateway router paging cache corresponding to (PMGR) (Paging Cache) is not present, the same old mobile IPv6 address and the value of destination address of the data packet (old MN IPv6 Address) mapping caches with fields (Mapping Cache ) to examine whether the present. 存在している場合(存在しない場合はデータパケットは廃棄する)は、データパケットの終点アドレスフィールドを、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)の新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールドの値に書き換える。 If present (the data packet if it does not exist discard) is the destination address field of the data packet, it rewrites the value of the new mobile terminal IPv6 address (new new MN IPv6 Address) field of the mapping cache (Mapping Cache). 書き換え後、書き換えた終点アドレスに従ってデータパケットを転送する。 After rewriting, and transfers the data packets according to destination address is rewritten.
【0408】 [0408]
(d2.6) (D2.6)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)が-タイマからの割り込み要求を受信した時の処理について説明する。 True micro gateway router (PMGR) is - describes the processing when receiving an interrupt request from the timer.
【0409】 [0409]
(d2.6−1) (D2.6-1)
真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)がタイマからの割り込み要求を受信すると、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)内に存在している各ルーティングキャッシュ、ページングキャッシュ、マッピングキャッシュ(Routing Cache/Paging Cache/Mapping Cache)のLife timeフィールドの値をX(X:タイマの割り込みの間隔)だけ減らす。 If true micro gateway router (PMGR) receives an interrupt request from the timer, the true micro gateway router (PMGR) each routing cache that is present in the paging cache, mapping cache (Routing Cache / Paging Cache / Mapping Cache) Life time field value X (X: interrupt interval timer) only reduces. 0以下になったら、その各ルーティングキャッシュ、ページングキャッシュ、マッピングキャッシュ(Routing Cache/Paging Cache/Mapping Cache)を消去する。 0 After it falls below deletes the each routing cache, paging cache, the mapping cache (Routing Cache / Paging Cache / Mapping Cache).
【0410】 [0410]
(e)疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータ次に疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のについて説明する。 (E) to the router following the quasi-micro mobility network (QMMN) for pseudo micro mobility network (QMMN) will be described.
【0411】 [0411]
(e1)疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータの保持データ疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータは、上述した移動端末のサブネット間移動に応じた各処理を実行するために以下のデータを保持する。 (E1) Pseudo micro mobility network (QMMN) router holding the data pseudo micro mobility network (QMMN) routers in the following data for the execution of each processing according to the movement between subnets of the mobile terminal described above Hold.
【0412】 [0412]
保持しているキャッシュ(Cache) The held cache (Cache)
マッピングキャッシュ(Mapping Cache) Mapping cache (Mapping Cache)
マッピングキャッシュ(Mapping Cache)は、同一ドメイン内の異なる真マイクロモビリティネットワーク(Pure-Micro Mobility Network(PMMN))間を移動した移動端末の移動前の古いアドレスへ送信されたデータパケットを移動後の新しいアドレスへ転送するための情報を格納したキャッシュであり、疑似マイクロモビリティネットワーク(Quasi-Micro Mobility Network(QMMN))のキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を受信し、認識できるルータ(router)において一時的に保持/管理される情報であり、以下の情報を対応付けて格納している。 Mapping Cache (Mapping Cache) is true micro mobility network (Pure-Micro Mobility Network (PMMN)) with different same domain data packet transmitted moved to the previous old address of the mobile terminal that has moved between the moved new a cache which stores information for transferring to the address, receives the cache update message pseudo micro mobility network (quasi-micro mobility network (QMMN)) (cache update message), temporarily in the router (: router) capable of recognizing is information which is held / managed stores in association with the following information.
*移動端末(MN)の旧IPv6アドレス:Old MN IPv6 Address (16byte) * Old IPv6 address of the mobile terminal (MN): Old MN IPv6 Address (16byte)
*移動端末(MN)の新IPv6アドレス:New MN IPv6 Address (16byte) * New IPv6 address of the mobile terminal (MN): New MN IPv6 Address (16byte)
*ライフタイム:Lifetime (4byte) * Lifetime: Lifetime (4byte)
*シーケンスナンバー:Sequence Number (4byte) * Sequence Number: Sequence Number (4byte)
【0413】 [0413]
(e2.1) (E2.1)
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータがキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を受信した時の動作について説明する。 Router pseudo micro mobility network (QMMN) will be described operation when receiving the cache update message (Cache Update Message).
【0414】 [0414]
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータには、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を認識できるルータとできないルータが混在し、それぞれにおいて以下の処理が実行される。 The router pseudo micro mobility network (QMMN), a mix of the router can not be a router that can recognize cache update message (Cache Update Message), the following processing is executed in each.
【0415】 [0415]
(e2.1−1) (E2.1-1)
[キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を認識できない場合] [If you can not recognize the cache update message (Cache Update Message)]
キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を受信した場合においても、単に無視して、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Even when receiving the cache update message (Cache Update Message), simply ignore the cache update message (Cache Update
Message)を中継するのみの処理を実行する。 To perform the processing of only relaying the Message).
【0416】 [0416]
[キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を認識できる場合] [If you can recognize the cache update message (Cache Update Message)]
ルータに既にあるマッピングキャッシュ(Mapping Cache)のうち、新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールドの値が、受信したキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドの値と等しいものがあるか調べる。 Of already in the router mapping cache (Mapping Cache), the value of the new mobile terminal IPv6 address (new MN IPv6 Address) field, old mobile IPv6 address of a cache update message received (Cache Update Message) (old MN IPv6 Address ) checks whether there is equal to the value of the field. ない場合は何もしないで(e2.1−2)へ進。 Do not do anything if there is no to (e2.1-2) Susumu. ある場合で、かつ、そのマッピングキャッシュ(Mapping Cache)のSequence Numberフィールドの値よりも、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)のSequence Numberフィールドの値の方が大きい場合(小さい場合は何もせずCache Update Messageを廃棄する)は、そのマッピングキャッシュ(Mapping Cache)の新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールドの値を、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値に書き換える。 In some cases, and than the value of the Sequence Number field of the mapping cache (Mapping Cache), the cache update message (Cache Update Message) the Sequence Number field of the Cache does nothing if the case (the smaller the larger the value Update discard the message), the new mobile terminal IPv6 address of the mapping cache (mapping cache) (new MN IPv6 address) the value of the field, the current mobile terminal IPv6 address of the cache update message (cache update message) (current MN IPv6 address ) is rewritten to the value of the field. さらに、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)のSequence Numberフィールド、Lift timeフィールドに、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)のSequence Numberフィールドの値、Mapping Cache Hold Timeフィールドの値をそれぞれ格納する。 Further, Sequence Number field mapping cache (Mapping Cache), the Lift time field stores the value of the Sequence Number field of the cache update message (Cache Update Message), the value of the Mapping Cache Hold Time field, respectively.
【0417】 [0417]
(e2.1−2) (E2.1-2)
さらに、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)の現移動端末IPv6アドレス(Current MN IPv6 Address)フィールドの値、旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドの値、Mapping Cache Hold timeフィールドの値、およびSequence Numberフィールドの値を、新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールド、旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールド、Lifetimeフィールド、Sequence Numberフィールドにそれぞれ格納したマッピングキャッシュ(Mapping Cache)を新規作成する。 Furthermore, the current mobile IPv6 address (Current MN IPv6 Address) field value of the cache update message (Cache Update Message), the former mobile terminal IPv6 address (old MN IPv6 Address) field values, Mapping Cache Hold time field value, and the value of the Sequence Number field, the new mobile terminal IPv6 address (new MN IPv6 address) field, old mobile IPv6 address (old MN IPv6 address) field, Lifetime field, mapping a cache stored respectively in the Sequence Number field (mapping cache) to create a new.
【0418】 [0418]
(e2.1−3) (E2.1-3)
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータは、キャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)を次のルータ(router)へ中継する。 Pseudo router micro mobility network (QMMN) relays cache update message (Cache Update Message) to the next router (: router).
【0419】 [0419]
(e2.2) (E2.2)
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータがデータパケットを受信した時の動作について説明する。 Pseudo router micro mobility network (QMMN) will be described operation when receiving a data packet.
【0420】 [0420]
(e2.2−1) (E2.2-1)
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータがデータパケットを受信すると、データパケットの終点アドレスの値と同じ旧移動端末IPv6アドレス(old MN IPv6 Address)フィールドをもつマッピングキャッシュ(Mapping Cache)が存在しているか調べる。 When the router pseudo micro mobility network (QMMN) receives the data packet, the same old mobile IPv6 address and the value of destination address of the data packet (old MN IPv6 Address) mapping caches with fields (Mapping Cache) is present investigate whether there. 存在しない場合は通常どおりルーティングテーブル(Routing Table)を参照して転送する。 If no transfers by referring to the routing table as usual (Routing Table). マッピングキャッシュ(Mapping Cache)が存在している場合は、データパケットの終点アドレスフィールドを、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)の新移動端末IPv6アドレス(new MN IPv6 Address)フィールドの値に書き換える。 If the mapping cache (Mapping Cache) is present, the destination address field of the data packet, rewrites the value of the new mobile terminal IPv6 address (new MN IPv6 Address) field of the mapping cache (Mapping Cache). 書き換え後、書き換えた終点アドレスに従ってルーティングテーブル(Routing Table)を参照してデータパケットを転送する。 After rewriting, by referring to the routing table (Routing Table) for transferring data packets according to destination address is rewritten.
【0421】 [0421]
(e2.3) (E2.3)
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータがタイマからの割り込み要求を受信した時の動作について説明する。 Router pseudo micro mobility network (QMMN) will be described operation when receiving an interrupt request from the timer.
【0422】 [0422]
(e2.3−1) (E2.3-1)
疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)内のルータがタイマからの割り込み要求を受信すると、ルータ内に存在している各マッピングキャッシュ(Mapping Cache)のLife timeフィールドの値をX(X:タイマの割り込みの間隔)だけ減らす。 When the router pseudo micro mobility network (QMMN) receives an interrupt request from the timer, Life time the value of a field X (X in the mapping cache are present in the router (Mapping Cache): interrupt interval of the Timer ) only to reduce. 0以下になったら、そのマッピングキャッシュ(Mapping Cache)を消す。 0 if equal to or less than, turn off the mapping cache (Mapping Cache).
【0423】 [0423]
以上、特定の実施例を参照しながら、本発明について詳解してきた。 Above with reference to specific embodiments, the present invention has been described in detail. しかしながら、本発明の要旨を逸脱しない範囲で当業者が該実施例の修正や代用を成し得ることは自明である。 However, it is obvious that those skilled in the art without departing from the scope of the present invention can make modifications and substitutions of the embodiment. すなわち、例示という形態で本発明を開示してきたのであり、限定的に解釈されるべきではない。 In other words, the foregoing discloses the present invention in the form of illustration and should not be construed as limiting. 本発明の要旨を判断するためには、冒頭に記載した特許請求の範囲の欄を参酌すべきである。 In order to determine the scope of the invention it should be referred to the appended claims set forth at the outset.
【0424】 [0424]
なお、明細書中において説明した一連の処理はハードウェア、またはソフトウェア、あるいは両者の複合構成によって実行することが可能である。 The series of processes described in the specification can be executed by hardware, software, or a combination of both. ソフトウェアによる処理を実行する場合は、処理シーケンスを記録したプログラムを、専用のハードウェアに組み込まれたコンピュータ内のメモリにインストールして実行させるか、あるいは、各種処理が実行可能な汎用コンピュータにプログラムをインストールして実行させることが可能である。 When the processes are executed by software, it recorded a program having a processing sequence may be installed into a memory within a computer embedded in dedicated hardware, or a program for various processes performed general purpose computer it is possible to install and run.
【0425】 [0425]
例えば、プログラムは記録媒体としてのハードディスクやROM(Read Only Memory)に予め記録しておくことができる。 For example, the program can be recorded beforehand in a hard disk or a ROM as a recording medium (Read Only Memory). あるいは、プログラムはフロッピーディスク、CD−ROM(Compact Disc Read Only Memory),MO(Magneto optical)ディスク,DVD(Digital Versatile Disc)、磁気ディスク、半導体メモリなどのリムーバブル記録媒体に、一時的あるいは永続的に格納(記録)しておくことができる。 Alternatively, the program diskette, CD-ROM (Compact Disc Read Only Memory), MO (Magneto optical) disc, DVD (Digital Versatile Disc), a magnetic disk, a removable recording medium such as a semiconductor memory, temporarily or permanently may be stored (recorded). このようなリムーバブル記録媒体は、いわゆるパッケージソフトウエアとして提供することができる。 Such a removable recording medium can be provided as so-called package software.
【0426】 [0426]
なお、プログラムは、上述したようなリムーバブル記録媒体からコンピュータにインストールする他、ダウンロードサイトから、コンピュータに無線転送したり、LAN(Local Area Network)、インターネットといったネットワークを介して、コンピュータに有線で転送し、コンピュータでは、そのようにして転送されてくるプログラムを受信し、内蔵するハードディスク等の記録媒体にインストールすることができる。 The program may be installed from the removable recording medium to a computer from a download site, or wirelessly transferred to the computer, LAN (Local Area Network), via a network such as the Internet, or transferred by wire to the computer in the computer, it may be installed in a recording medium such as a hard disk for receiving the program transferred that way, be built.
【0427】 [0427]
なお、明細書に記載された各種の処理は、記載に従って時系列に実行されるのみならず、処理を実行する装置の処理能力あるいは必要に応じて並列的にあるいは個別に実行されてもよい。 Note that the various processes described herein may when not only executed in sequence, also in parallel or individually depending on the processing capacity or need of an apparatus for performing the process as described. また、本明細書においてシステムとは、複数の装置の論理的集合構成であり、各構成の装置が同一筐体内にあるものには限らない。 The system in this specification is a logical set of plural apparatuses and is not limited to apparatuses of respective configurations are in the same casing.
【0428】 [0428]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明してきたように、本発明の構成によれば、モバイルノードの専用プレフィックスとして仮想ネットワークプレフィックスを用いることにより、携帯電話網のようなマクロセル(Macro-cell)、またはワイヤレス−ラン(wireless LAN)のようなマイクロセル(Micro-cell)、いずれに対しても、フレキシブルなマイクロモビリティをサポートネットワーク構成が実現さける。 As described above, according to the configuration of the present invention, by using a virtual network prefix as a dedicated prefix for the mobile node, macro cell, such as a mobile phone network (Macro-cell), or wireless - Lan (wireless LAN) microcell (micro-cell), such as, for any support network configuration avoid for flexible micro mobility.
【0429】 [0429]
さらに、本発明の構成によれば、アドレスのプレフィックス(prefix)ベースのルーティングプロトコル(routing protocol)及び、ホスト(host)ベースに従うルーティングプロトコル(routing protocol)の2つの異なるルーティングプロトコル(routing protocol)で経路設定を行なう異なるネットワーク領域を、疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN:Quasi-Micro mobility network)と真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro mobility network)として階層化することにより、端末のサブネット(subnet)間移動の態様に応じて、QMMN,PMMN内それぞれにおいて最低限の経路変更処理を実行する構成が可能となり、スケーラビリティと高速な経路変更処理、すなわちデータパケットの転送処理における高速ハンドオフ(hand-off)が実現さ Further, according to the configuration of the present invention, the address prefix (prefix) based routing protocols (routing protocol) and, at the host (host) 2 different routing protocol routing protocol according to the base (routing protocol) (routing protocol) pathway the different network areas to set, pseudo micro mobility network (QMMN: quasi-micro mobility network) true micro mobility network: by layering a (PMMN Pure-micro mobility network), mobile between terminals subnet (subnet) depending on the mode of, QMMN, enables configuration running minimal route change processing in each within PMMN, scalability and fast reroute process, i.e. fast handoff in the transfer process of the data packet (hand-off) is achieved る。 That.
【0430】 [0430]
また、本発明の構成によれば、真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro mobility network)上に疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN:Quasi-Micro mobility network)エリアを持つ構成としたことにより、疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN:Quasi-Micro mobility network)の上位層とつながるゲートウェイ(Access Gate Way)12−1,2,3の複数配置が可能となり、ゲートウェイの1点障害を避けるための構成(ex.アービトラリー構造)を取ることができる。 Further, according to the configuration of the present invention, the true micro mobility network (PMMN: Pure-Micro mobility network) quasi-micro mobility network on: with the construction having a (QMMN Quasi-Micro mobility network) area, pseudo-micro mobility network. (QMMN: Quasi-Micro mobility network) multiple arrangement of the upper layer lead gateway (Access Gate Way) 12-1,2,3 becomes possible, configuration for avoiding a point failures gateway (ex Abitorari structure ) you can take. これらの構成は従来のマクロモビリティプロトコル(Macro Mobility Protocol)に変更を加えることなく実現可能となる。 These configurations can be realized without changing the conventional macro mobility protocol (Macro Mobility Protocol).
【0431】 [0431]
さらに、真マイクロモビリティネットワーク(PMMN:Pure-Micro mobility network)上の疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN:Quasi-Micro mobility network)エリアにて、移動端末に対するアドレスを集約情報の保持が可能となる。 Furthermore, a true micro-mobility network (PMMN: Pure-Micro mobility network) on the pseudo-micro mobility network: at (QMMN Quasi-Micro mobility network) area, it is possible to hold the aggregated information address for the mobile terminal. また、両ネットワーク境界の真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)が保持するページングキャッシュ(Paging Cache)を参照した呼び出しが可能となり、端末にアイドル、スリープ等の機能を提供できる。 Also, true micro gateway router of both network boundaries (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) becomes possible referenced call paging cache (Paging Cache) holding, idle the terminal can provide the functionality of the sleep, and the like. また、真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)が保持するページングキャッシュ(Paging cache)、ルーティングキャッシュ(Routing cache)により移動端末の識別子としての(interface ID)の重複を防止のための重複判定の迅速化が可能となる。 Also, true micro gateway router (PMGR: Pure-Micro Gateway Router) paging cache (Paging cache) for holding the overlapping for preventing duplicate (in interface ID) as an identifier of the mobile terminal by routing cache (Routing cache) rapid determination is possible.
【0432】 [0432]
さらに真マイクロゲートウェイルータ(PMGR:Pure-Micro Gateway Router)のマッピングキャッシュの各メッセージに基づく動的更新、および疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN:Quasi-Micro mobility network)内のルータ(Router)におけるキャッシュアップデートメッセージに基づくアドレス書き換え処理により、高速な移動端末へのデータ転送サポートが可能である。 Furthermore true micro gateway router: Based on (PMGR Pure-Micro Gateway Router) mapping cache of each message dynamic updates, and pseudo micro mobility network: cache update message in (QMMN Quasi-Micro mobility network) within the router (Router) address rewriting processing based on, it is possible to transfer data support for high-speed mobile terminal. また、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)は保有しておく時間が短くて済むので、管理する情報量が減り、スケーラビリティが改善される。 Also, the mapping cache (Mapping Cache) so requires only a short time to be held, reduces the amount of information to be managed, scalability is improved. また、マッピングキャッシュ(Mapping Cache)はキャッシュアップデートメッセージ(Cache Update Message)内にマッピングキャッシュ(Mapping Cache)の保持時間を規定したので、必要な場合にのみマッピングキャッシュ(Mapping Cache)を利用した移動サポートが実現できる。 Moreover, since the mapping cache (Mapping Cache) was defined retention time of the mapping cache (Mapping Cache) to the cache update message (Cache Update Message), the mobile support is obtained by using only mapped cache (Mapping Cache) if necessary realizable.
【0433】 [0433]
さらに、ルータ通知の仮想ネットワークプレフィックス情報オプション(Virtual Network Prefix Information Option Message)にルーティングアップデート、ページングアップデート、マッピングキャッシュの保持時間の許容範囲等を記録したので、移動端末の状態、及び起動中のアプリケーションの状態に応じて、ネットワークをフレキシブルに対応させることができる。 Moreover, the virtual network prefix information option (Virtual Network Prefix Information Option Message) the routing updates router advertisement, paging update, since the recorded such tolerance retention time of mapping caches, the mobile terminal state, and starts during the application of the depending on the state, it is possible to adapt the network flexible.
【0434】 [0434]
また、ルーティングティアダウンメッセージ(Routing tear-Down Message)により不要なルーティング用のデータを削除する構成としたので、誤った経路設定の実行が防止され、各ルータの保持データの削減が可能となる。 Further, since a configuration for deleting data for unnecessary routing by the routing tear-down message (Routing tear-Down Message), it is prevented execution of erroneous routing becomes possible to reduce the data held in each router.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】気付アドレスの登録の手順を説明する図である。 1 is a diagram illustrating a procedure for registration of the care-of address.
【図2】IPv6ヘッダのフォーマットを説明する図である。 Figure 2 is a diagram illustrating a format of an IPv6 header.
【図3】IPv6アドレスのフォーマットを説明する図である。 FIG. 3 is a diagram to explain the IPv6 address format.
【図4】従来のバインディングアップデートパケットを説明する図である。 4 is a diagram illustrating a conventional binding update packet.
【図5】認証ヘッダを説明する図である。 5 is a diagram illustrating an authentication header.
【図6】認証の処理の概要を説明する図である。 FIG. 6 is a diagram for explaining the outline of the authentication process.
【図7】従来の端末装置から移動端末に対するパケット送信手順を説明する図である。 7 is a diagram illustrating the packet transmission procedure for the mobile terminal from a conventional terminal device.
【図8】ドメインネームサーバが記憶するホスト名とホームアドレスの対応付けを説明する図である。 [8] domain name server is a diagram for explaining association of the host name and home address to be stored.
【図9】端末装置の送信するパケット構成を説明する図である。 9 is a diagram for explaining a packet structure for transmitting the terminal device.
【図10】ホームエージェントが送信するパケットを説明する図である。 [10] The home agent is a diagram illustrating a packet to be transmitted.
【図11】端末装置の送信するパケット構成を説明する図である。 11 is a diagram for explaining a packet structure for transmitting the terminal device.
【図12】端末装置の送信するパケットに付加されるルーティングヘッダを説明する図である。 12 is a diagram for explaining a routing header added to the packet transmitted by the terminal device.
【図13】端末装置が移動したときの動作を説明する図である。 13 is a diagram for explaining the operation when the terminal device has moved.
【図14】バインディングアップデートパケット構成を説明する図である。 14 is a diagram illustrating a binding update packet structure.
【図15】バインディングアップデートパケット構成を説明する図である。 15 is a diagram illustrating a binding update packet structure.
【図16】本発明の構成が適用されるネットワーク構成例を示す図である。 16 is a diagram illustrating a network configuration example configuration of the present invention is applied.
【図17】本発明の構成において適用されるIPv6アドレス構成を示す図である。 17 is a diagram showing an applied IPv6 address configuration in the configuration of the present invention.
【図18】本発明の構成において適用されるツリー構造のルータ接続ネットワーク構成例を示す図である。 18 is a diagram showing a router connected network configuration example of a tree structure applied in the configuration of the present invention.
【図19】本発明の構成において適用されるアービトラリー構造のルータ接続ネットワーク構成例を示す図である。 19 is a diagram showing a router connected network configuration example of Abitorari structure applied in the configuration of the present invention.
【図20】本発明の構成中のノード構成を示す図である。 20 is a diagram showing a node configuration in the configuration of the present invention.
【図21】本発明の構成中のルータ構成を示す図である。 21 is a diagram showing a router configuration during construction of the present invention.
【図22】本発明の構成において、適用される仮想ネットワークプレフィックス情報オプションのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of Figure 22 the present invention is a diagram showing a format example of the virtual network prefix information option to be applied.
【図23】本発明の構成において、適用される真マイクロ登録要求メッセージのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of Figure 23 the present invention is a diagram showing a format example of a true micro-registration request message to be applied.
【図24】本発明の構成において、適用される真マイクロ登録確認メッセージのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of FIG. 24 the present invention is a diagram showing a format example of a true micro-registration confirmation messages that apply.
【図25】本発明の構成において、適用されるページングアップデートメッセージのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of FIG. 25 the present invention, is a diagram showing an example of a format of a paging update message to be applied.
【図26】本発明の構成において、適用されるルーティングアップデートメッセージのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of FIG. 26 the present invention, is a diagram showing an example of a format of routing update messages that apply.
【図27】本発明の構成において、適用されるページング要求メッセージのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of FIG. 27 the present invention, is a diagram showing an example of a format of a paging request message to be applied.
【図28】本発明の構成において、適用されるルーティングティアダウンメッセージのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of FIG. 28 the present invention is a diagram showing a format example of the routing tear-down message to be applied.
【図29】本発明の構成において、適用されるキャッシュアップデートメッセージのフォーマット例を示す図である。 In the configuration of FIG. 29 the present invention, is a diagram showing an example of a format of a cache update message to be applied.
【図30】本発明の構成における同一PMMN内の移動端末の移動時の処理を説明するフロー図である。 Is a flow diagram illustrating processing at the time of movement of the mobile terminals in the same PMMN in the arrangement of Figure 30 the present invention.
【図31】本発明の構成における同一ドメイン内の異なるPMMN内の移動端末の移動時の処理を説明するフロー図である。 FIG. 31 is a flowchart describing the processing at the time of movement of the mobile terminal in different PMMN within the same domain in the configuration of the present invention.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 移動端末(MN) 1 mobile terminal (MN)
2 サブネット3 アクセスルータ4 クロスオーバルータ5,6,10 ルータ7 真マイクロゲートウェイルータ(PMGR) 2 subnet 3 access router 4 cross over router 5, 6, 10 router 7 true micro gateway router (PMGR)
8 真マイクロモビリティネットワーク(PMMN) 8 true micro mobility network (PMMN)
9 マイクロモビリティネットワーク(MMN) 9 micro mobility network (MMN)
11 疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN) 11 quasi-micro mobility network (QMMN)
12 疑似マイクロゲートウェイルータ(QMGR) 12 Pseudo micro gateway router (QMGR)
13 インターネット14 通信相手端末(CN) 13 Internet 14 correspondent terminal (CN)
15 マッピングエージェント(MA) 15 mapping agent (MA)
16 ホームエージェント(HA) 16 home agent (HA)
17 ドメインネームシステム(DNS) 17 Domain Name System (DNS)
101 CPU 101 CPU
102 ROM 102 ROM
103 RAM 103 RAM
105 ブリッジ108 キーボード109 ポインティングデバイス110 ディスプレイ111 HDD 105 bridge 108 keyboard 109 pointing device 110 Display 111 HDD
112 ドライブ113 リムーバブル記憶媒体114 通信部201 CPU 112 Drive 113 Removable storage medium 114 the communication unit 201 CPU
202 ROM 202 ROM
203 RAM 203 RAM
205 ドライブ206 リムーバブル記憶媒体207 通信部208 通信部301 端末装置302 ホームエージェント303 端末装置304 ドメインネームシステム 205 Drive 206 Removable storage medium 207 the communication unit 208 communication unit 301 terminal apparatus 302 the home agent 303 terminal device 304 Domain Name System

Claims (20)

  1. 移動端末が接続可能な1以上のサブネットワークを含むドメイン内において、アドレスを構成するプレフィックスとして各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックス(PNP)とは異なるネットワークプレフィックスとして移動型の通信端末装置である移動端末用の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)を設定し、 In the domain where the mobile terminal comprises one or more sub-networks that can be connected, in mobile communication terminal device as a different network prefix is ​​a physical network prefix associated with each sub-network as a prefix to configure an address (PNP) set the virtual network prefix for a mobile terminal (VNP),
    前記ドメイン内に、プレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)を上位とし、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)を下位とした階層化ネットワーク構成を形成したことを特徴とする通信処理システム。 The domain, and an upper pseudo micro mobility network (QMMN) that performs routing processing of prefix-based, in addition to the routing prefix-based, and can execute routing processing for host-based for the mobile terminal addressed to the packet communication processing system, characterized in that the formation of the hierarchical network structure in which a lower true micro mobility network (PMMN).
  2. 移動端末が接続可能な1以上のサブネットワークを含むドメイン内において、アドレスを構成するプレフィックスとして各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックス(PNP)とは異なるネットワークプレフィックスとして移動型の通信端末装置である移動端末用の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)を設定し、 In the domain where the mobile terminal comprises one or more sub-networks that can be connected, in mobile communication terminal device as a different network prefix is ​​a physical network prefix associated with each sub-network as a prefix to configure an address (PNP) set the virtual network prefix for a mobile terminal (VNP),
    前記ドメイン内に、プレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)を上位とし、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)を下位とした階層化ネットワークを介してルーティングを実行することを特徴とする通信処理方法。 The domain, and an upper pseudo micro mobility network (QMMN) that performs routing processing of prefix-based, in addition to the routing prefix-based, and can execute routing processing for host-based for the mobile terminal addressed to the packet communication processing method comprising performing a routing through a hierarchy of networks with lower true micro mobility network (PMMN).
  3. ネットワークを介した通信を実行する通信端末装置において、 A communication terminal apparatus for performing communication via the network,
    1以上のサブネットワークによって構成されるドメイン内の各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックスと、移動端末用の仮想ネットワークプレフィックスを含むルータからの情報報告としてのルータ通知を受信し、受信したルータ通知から取得する仮想ネットワークプレフィックスと通信端末装置の識別子に基づくアドレス設定処理を実行する構成を有し、 Receiving the physical network prefix associated with each subnetwork in the domain constituted by one or more sub-networks, the router advertisement as information report from the router including a virtual network prefix for the mobile terminal, the received router obtaining from the notification has the configuration for performing the address setting processing based on the identifier of the virtual network prefix and the communication terminal device,
    現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた旧移動端末アドレス、および、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を生成し、接続サブネットのアクセスルータに対して送信する処理を実行する構成を有することを特徴とする通信端末装置。 An address for the current mobile terminal, the former mobile terminal address has been set to the mobile terminal before the subnet moving, and, true micro registration storing the old physical network prefix (Old-PNP) corresponding to the subnet before movement request message (PMR-RM) to produce a communication terminal device characterized by having a configuration for executing processing for transmitting to the access router connected subnets.
  4. 前記通信端末装置は、 The communication terminal apparatus,
    前記ドメイン内または異なるドメインのサブネット間を移動した際にルータから受信するルータ通知内に含まれる仮想ネットワークプレフィックスの値と、移動前の旧サブネットで使用していたアドレスに含まれる仮想または物理ネットワークプレフィックスの値を比較し、異なる場合にのみ受信したルータ通知内に含まれる仮想ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行する構成であることを特徴とする請求項3に記載の通信端末装置。 Virtual or physical network prefix in the value and the address that was used in the old subnet before movement of the virtual network prefix included in the router in the notification received from the router when you move between subnets in the domain or in different domains the communication terminal device according to claim 3 in which the values ​​compare, characterized in that it is configured to perform address generation processing based on the virtual network prefix included only in the received router advertisement to be different.
  5. 前記通信端末装置は、 The communication terminal apparatus,
    前記ルータ通知内に仮想ネットワークプレフィックスの値が含まれず、物理ネットワークプレフィックスの値が含まれる場合は、受信したルータ通知内に含まれる物理ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行する構成であることを特徴とする請求項3に記載の通信端末装置。 Wherein not contain the value of the virtual network prefix in the router advertisement, wherein the case that contains the value of the physical network prefix is ​​configured to perform address generation processing based on the physical network prefix contained in the received router in notification the communication terminal device according to claim 3,.
  6. 前記通信端末装置は、 The communication terminal apparatus,
    移動端末に対する現在のアドレスの重複検査結果を格納した真マイクロ登録確認(PMR−Ack)メッセージを受信し、 Storing the duplicate test results of the current address for the mobile terminal receives a true micro registration acknowledgment (PMR-Ack) message,
    前記真マイクロ登録確認(PMR−Ack)メッセージに基づいて、アドレス重複が確認された場合、新たなインタフェースIDに基づく新たなアドレスを現在の移動端末に対するアドレスとして再設定した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を生成して前記アクセスルータに対して送信する処理を実行する構成であることを特徴とする請求項3に記載の通信端末装置。 Said true micro registration confirmation based on (PMR-Ack) message, if the address duplication is confirmed, a true micro Registration reconfigure the new address based on a new interface ID as the address for the current mobile terminal request message (PMR the communication terminal device according to claim 3, wherein the -RM) generates and is configured to perform processing to be transmitted to the access router.
  7. 前記通信端末装置は、 The communication terminal apparatus,
    前記アクセスルータからの情報報告として、移動端末へルーティングを行うためのキャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)の保持時間の設定許容範囲データを格納したルータ通知(Router Advertisement)を受信し、 As information report from the access router receives the router advertisement storing the setting allowable range data retention time of a cache for routing to the mobile terminal (Paging Cache or Routing Cache or Mapping Cache) (Router Advertisement),
    受信ルータ通知(Router Advertisement)内のキャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)の保持時間の設定許容範囲データに従って、各キャッシュの保持時間を設定し、設定値を前記キャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)に対応するルーティングアップデートメッセージ、または前記真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)、または現在の端末に対するアドレスとシーケンスナンバー、ページングアップデート(更新)インターバルタイムを格納したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)に格納する処理を実行する構成であることを特徴とする請求項3に記載の通信端末装置。 In accordance with the set allowable range data retention time of the received router advertisement (Router Advertisement) in the cache (Paging Cache or Routing Cache or Mapping Cache), set the retention time of each cache, said cache (Paging Cache or Routing Cache settings or Mapping Cache routing update message corresponding to) or said true micro registration request message (PMR-RM), or the address and sequence number for the current terminal, a paging update message (paging update storing the paging update (update) interval time, the communication terminal device according to claim 3, characterized in that a configuration for executing processing for storing the Message).
  8. 前記通信端末装置は、 The communication terminal apparatus,
    アイドル(idle)状態の移動端末に対するページング要求メッセージ(Paging Request Message)を受信し、受信ページング要求メッセージ(Paging Request Message)に自己のアドレスが格納されている場合に、現端末アドレスを格納したメッセージ(ルーティングアップデートメッセージ)を生成して接続サブネットのアクセスルータに送信する処理を実行する構成であることを特徴とする請求項3に記載の通信端末装置。 Idle (idle) receives a paging request message for state mobile terminal (Paging Request Message), if its own address is stored in the received paging request message (Paging Request Message), storing the current terminal address message ( the communication terminal device according to claim 3, characterized in that is configured to perform processing of transmitting routing update messages) generated by the access router connected subnets.
  9. 前記通信端末装置は、 The communication terminal apparatus,
    通信状態から待機状態への移行時に、 During migration from the communication state to the standby state,
    現在の端末に対するアドレスとシーケンスナンバー、ページングアップデート(更新)インターバルタイムを格納したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を生成して接続サブネットのアクセスルータに送信する処理を実行する構成であることを特徴とする請求項3に記載の通信端末装置。 Address and sequence number for the current terminal, and characterized by being configured to execute a process of transmitting a paging update (update) a paging update message storing the interval time (Paging Update Message) generated by the access router connected subnets the communication terminal device according to claim 3.
  10. ネットワークを介するデータ転送制御を実行するデータ転送制御装置であり、 A data transfer control device that performs data transfer control over the network,
    アドレス設定処理を実行する移動端末に対して、 To the mobile terminal to perform the address setting process,
    前記移動端末の接続したサブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックス(PNP)と、該物理ネットワークプレフィックス(PNP)とは異なるネットワークプレフィックスとして移動端末用の仮想ネットワークプレフィックス(VNP)とを格納したルータからの情報報告としてのルータ通知を実行する構成を有することを特徴とするデータ転送制御装置。 A physical network prefix associated with the subnetwork connection of the mobile terminal (PNP), from the router that stores the virtual network prefix for the mobile terminal as a different network prefix (VNP) and the physical network prefix (PNP) the data transfer control device characterized by having a configuration for executing a router advertisement as the information report.
  11. 前記データ転送制御装置は、 The data transfer control device,
    移動端末の生成した現移動端末アドレスを格納したメッセージ(ルーティングアップデートメッセージ)の受信に応じて、移動端末に対するルーティング処理用データを格納したルーティングキャッシュの作成または更新処理を実行する構成であることを特徴とする請求項10に記載のデータ転送制御装置。 Characterized in that in response to receipt of storing the current mobile terminal address generated for the mobile terminal messages (routing update message), it is configured to perform creating or updating the routing cache for storing the routing data for the mobile terminal the data transfer control device according to claim 10,.
  12. 前記データ転送制御装置は、 The data transfer control device,
    上位のデータ転送制御装置からの現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納したルーティングティアダウンメッセージの受信に応じて前記移動端末の移動前のルーティング情報を格納したルーティングキャッシュの削除処理を実行する構成であることを特徴とする請求項10に記載のデータ転送制御装置。 An address for the current mobile terminal from the data transfer control device of the upper routing storing has been set for the mobile terminal before the subnet moving, the old physical network prefix corresponding to the subnet before the move (Old-PNP) the data transfer control device according to claim 10, characterized in that is configured to execute the process of deleting the routing cache that stores routing information before the movement of the mobile terminal in response to receiving a teardown message.
  13. 前記データ転送制御装置は、 The data transfer control device,
    移動端末から、現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた旧移動端末アドレス、および、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を受信し、 From the mobile terminal, stores the address for the current mobile terminal, the former mobile terminal address has been set to the mobile terminal before the subnet moving, and the old physical network prefix corresponding to the subnet before the move (Old-PNP) receiving a true micro registration request message (PMR-RM) that,
    前記真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を、プレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)と、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)との境界に位置する真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)にそのまま転送する処理を実行する構成を有することを特徴とする請求項10に記載のデータ転送制御装置。 The true micro registration request message (PMR-RM), and quasi-micro mobility network performs routing processing of prefix-based (QMMN), in addition to the routing prefix-based, host-based for the mobile terminal addressed to the packet routing data transfer according to claim 10, characterized in that it has a directly structure for executing processing of transferring a true micro gateway router (PMGR) located at the boundary between the true micro mobility network that can execute the processing (PMMN) Control device.
  14. 前記データ転送制御装置は、 The data transfer control device,
    前記真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)の生成した現在の移動端末に重複するアドレスが登録済みか否かの判定結果を格納した真マイクロ登録確認(PMR−Ack)メッセージを受信すると、前記移動端末へ転送する処理を実行する構成を有することを特徴とする請求項10に記載のデータ転送制御装置。 When receiving the true micro gateway router true micro registration confirmation generated address duplicate the current mobile terminal stores whether the determination result registered or (PMGR) (PMR-Ack) message, transmitted to the mobile terminal the data transfer control device according to claim 10, characterized in that it comprises an arrangement for the processing to be executed.
  15. 前記データ転送制御装置は、 The data transfer control device,
    ルーティングを行うためのキャッシュ(Paging CacheまたはRouting CacheまたはMapping Cache)の保持時間の設定許容範囲データを格納したルータからの情報報告としてのルータ通知(Router Advertisement)を生成して移動端末に送信する構成を有することを特徴とする請求項10に記載のデータ転送制御装置。 Configured to be transmitted to the mobile terminal generates a router advertisement as information reported from the router that stores the setting allowable range data retention time of the cache (Paging Cache or Routing Cache or Mapping Cache) for routing (Router Advertisement) the data transfer control device according to claim 10, characterized in that it comprises a.
  16. 前記データ転送制御装置は、 The data transfer control device,
    前記移動端末から、現在の移動端末に対するアドレスとシーケンスナンバー、ページングアップデート(更新)インターバルタイムを格納したページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)を受信し、 Wherein the mobile terminal receives the address and sequence number for the current mobile terminal, paging update message containing the paging update (Update) interval time (Paging Update Message),
    該受信ページングアップデートメッセージ(Paging Update Message)をプレフィックスベースのルーティング処理を実行する疑似マイクロモビリティネットワーク(QMMN)と、プレフィックスベースのルーティングに加え、移動端末宛てのパケットに対してはホストベースのルーティング処理を実行可能とする真マイクロモビリティネットワーク(PMMN)との境界に位置する真マイクロゲートウェイルータ(PMGR)にそのまま転送する処理を実行する構成を有することを特徴とする請求項10に記載のデータ転送制御装置。 Pseudo micro mobility network (QMMN) that performs routing processing of prefix-based the received paging update message (Paging Update Message), in addition to the routing prefix-based, routing processing of the host-based to mobile terminals addressed packet the data transfer control device according to claim 10, characterized in that it comprises an executable that configuration running directly transferred to process a true micro gateway router (PMGR) located at the boundary between the true micro mobility network (PMMN) .
  17. 前記データ転送制御装置は、 The data transfer control device,
    アイドル(idle)状態の移動端末に対するページング要求メッセージ(Paging Request Message)を受信し、受信したページング要求メッセージ(Paging Request Message)を下流サブネットへブロードキャスト(Broadcast)する処理を実行する構成を有することを特徴とする請求項10に記載のデータ転送制御装置。 Idle (idle) receives a paging request message (Paging Request Message) to the state the mobile terminal, characterized in that it has a configuration to execute a process of paging request message received (Paging Request Message) broadcasts to the downstream subnet (Broadcast) the data transfer control device according to claim 10,.
  18. ネットワークを介する通信処理をコンピュータ・システム上で実行せしめるプログラムであって、前記プログラムは、 A program allowed to execute communication processing through a network on a computer system, said program,
    1以上のサブネットワークによって構成されるドメイン内の各サブネットワークに対応付けられた物理ネットワークプレフィックスと、移動端末用の仮想ネットワークプレフィックスを含むルータからの情報報告としてのルータ通知を受信するステップと、 Receiving 1 and more physical network prefix associated with each subnetwork in the domain constituted by subnetworks, the router advertisement as information report from the router including a virtual network prefix for the mobile terminal,
    受信したルータ通知から取得する仮想ネットワークプレフィックスと通信端末装置の識別子に基づくアドレス設定処理を実行するステップと、 And performing an address setting process based on the identifier of the virtual network prefix and the communication terminal device obtained from the received router advertisement,
    現在の移動端末に対するアドレスと、サブネット移動前の移動端末に対して設定されていた旧移動端末アドレス、および、移動前のサブネットに対応する旧物理ネットワークプレフィックス(Old−PNP)を格納した真マイクロ登録要求メッセージ(PMR−RM)を生成し、接続サブネットのルータに対して送信するステップと、 An address for the current mobile terminal, the former mobile terminal address has been set to the mobile terminal before the subnet moving, and, true micro registration storing the old physical network prefix (Old-PNP) corresponding to the subnet before movement a step of generating a request message (PMR-RM), and transmits to the router connection subnet,
    を有することを特徴とするプログラム。 A program characterized by having.
  19. ネットワークを介する通信処理をコンピュータ・システム上で実行せしめるプログラムであって、前記プログラムは、 A program allowed to execute communication processing through a network on a computer system, said program,
    サブネット間を移動した際にルータから受信するルータ通知内に含まれる移動端末用アドレス構成データとしての仮想ネットワークプレフィックスの値と、移動前の旧サブネットで使用していたアドレスに含まれる仮想ネットワークプレフィックスまたは旧サブネットワークに対応付けられたアドレス構成データとしての物理ネットワークプレフィックスの値を比較するステップと、 The value of the virtual network prefix as the mobile terminal address configuration data included in the router advertisement received from the router when moves between subnets, virtual network prefix included in the address used in the old subnet before movement or comparing the value of the physical network prefix as the address configuration data associated with the old sub-network,
    前記比較において、両値が異なる場合にのみ受信したルータ通知内に含まれる仮想ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行するステップと、 In the comparison, and performing an address generation processing based on the virtual network prefix both values ​​are included only in the received router advertisement if different,
    を有することを特徴とするプログラム。 A program characterized by having.
  20. ネットワークを介する通信処理をコンピュータ・システム上で実行せしめるプログラムであって、前記プログラムは、 A program allowed to execute communication processing through a network on a computer system, said program,
    サブネット間を移動した際にルータから受信するルータ通知内に移動端末用アドレス構成データとしての仮想ネットワークプレフィックスの値が含まれるか否かを判定するステップと、 Determining whether or not includes a value of the virtual network prefix as the mobile terminal address configuration data in a router advertisement received from the router when moves between subnets,
    前記ルータ通知に仮想ネットワークプレフィックスの値が含まれず、接続したサブネットワークに対応付けられたアドレス構成データとしての物理ネットワークプレフィックスの値が含まれる場合は、受信したルータ通知内に含まれる物理ネットワークプレフィックスに基づくアドレス生成処理を実行するステップと、 The router advertisement without contains the value of the virtual network prefix, if it contains the value of the physical network prefix as the address configuration data associated with the subnetwork connection to a physical network prefix contained in the received router in notification and performing an address generation process based,
    を有することを特徴とするプログラム。 A program characterized by having.
JP2001070073A 2001-03-13 2001-03-13 Communication processing system, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and program Expired - Fee Related JP4572476B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001070073A JP4572476B2 (en) 2001-03-13 2001-03-13 Communication processing system, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and program

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001070073A JP4572476B2 (en) 2001-03-13 2001-03-13 Communication processing system, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and program
US10094295 US7746873B2 (en) 2001-03-13 2002-03-08 Communication processing system, communication processing method, communication terminal, data transfer controller, and program
US11381224 US7684392B2 (en) 2001-03-13 2006-05-02 Communication processing system, communication processing method, communication terminal, data transfer controller, and program

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2002271376A true JP2002271376A (en) 2002-09-20
JP2002271376A5 true JP2002271376A5 (en) 2008-04-03
JP4572476B2 true JP4572476B2 (en) 2010-11-04

Family

ID=18928004

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001070073A Expired - Fee Related JP4572476B2 (en) 2001-03-13 2001-03-13 Communication processing system, communication processing method, and a communication terminal device, the data transfer control device, and program

Country Status (2)

Country Link
US (2) US7746873B2 (en)
JP (1) JP4572476B2 (en)

Families Citing this family (88)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8250357B2 (en) 2000-09-13 2012-08-21 Fortinet, Inc. Tunnel interface for securing traffic over a network
US7739497B1 (en) * 2001-03-21 2010-06-15 Verizon Corporate Services Group Inc. Method and apparatus for anonymous IP datagram exchange using dynamic network address translation
US8195187B2 (en) 2001-06-25 2012-06-05 Airvana Network Solutions, Inc. Radio network control
US8160020B2 (en) 2001-06-25 2012-04-17 Airvana Network Solutions, Inc. Radio network control
US7181547B1 (en) 2001-06-28 2007-02-20 Fortinet, Inc. Identifying nodes in a ring network
US7376125B1 (en) 2002-06-04 2008-05-20 Fortinet, Inc. Service processing switch
US8667105B1 (en) * 2002-06-26 2014-03-04 Apple Inc. Systems and methods facilitating relocatability of devices between networks
GB0216000D0 (en) * 2002-07-10 2002-08-21 Nokia Corp A method for setting up a security association
CN1221898C (en) * 2002-08-13 2005-10-05 国际商业机器公司 System and method for updating network proxy cache server object
US7466680B2 (en) * 2002-10-11 2008-12-16 Spyder Navigations L.L.C. Transport efficiency optimization for Mobile IPv6
JP3647433B2 (en) * 2002-10-25 2005-05-11 松下電器産業株式会社 Wireless communication management method and a radio communication management server
JP3813571B2 (en) * 2002-11-13 2006-08-23 株式会社東芝 Border router device, a communication system, a routing method, and routing program
US7266120B2 (en) 2002-11-18 2007-09-04 Fortinet, Inc. System and method for hardware accelerated packet multicast in a virtual routing system
JP4024146B2 (en) * 2002-12-27 2007-12-19 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Mobility control node, a paging area forming method, and a mobility control program
JP2004260444A (en) * 2003-02-25 2004-09-16 Ntt Docomo Inc System and method for controlling handover, mobile terminal, and handover controlling apparatus
US8103797B2 (en) * 2003-03-07 2012-01-24 Tria Networks Systems, Llc Parameterized recursive network architecture with topological addressing
EP1609328A1 (en) * 2003-03-20 2005-12-28 Telefonaktiebolaget LM Ericsson (publ) Method for transferring a mobile terminal in e.g. an umts-network from one server node in a pool to another server node in the same pool
CN100559899C (en) * 2003-07-01 2009-11-11 株式会社日立制作所;清华大学 Method of seamless home agent switching of mobile IPv6
JP4076482B2 (en) * 2003-07-02 2008-04-16 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ The mobile node, the mobile communication system and communication control method
US7720095B2 (en) 2003-08-27 2010-05-18 Fortinet, Inc. Heterogeneous media packet bridging
KR100568152B1 (en) * 2003-10-20 2006-04-07 삼성전자주식회사 Method for searching Crossover router and reservating resource in the mobile network, and resorce reservation system thereof
US8064427B2 (en) 2004-01-07 2011-11-22 Panasonic Corporation Communication system, mobile terminal and access router
US7203496B2 (en) * 2004-01-29 2007-04-10 Lucent Technologies Inc. Storing query results to reduce number portability queries in wireless network
US7756998B2 (en) * 2004-02-11 2010-07-13 Alcatel Lucent Managing L3 VPN virtual routing tables
US8311552B1 (en) 2004-02-27 2012-11-13 Apple Inc. Dynamic allocation of host IP addresses
JP4574193B2 (en) * 2004-03-04 2010-11-04 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ The mobile communication network system and mobility management device
JP4423118B2 (en) * 2004-06-08 2010-03-03 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Mobile communication system, the access router, the management apparatus and a mobile communication method
KR20070043822A (en) * 2004-07-09 2007-04-25 마츠시타 덴끼 산교 가부시키가이샤 Network mobility management method and corresponding apparatus
US8179784B2 (en) * 2004-07-16 2012-05-15 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Method and apparatus for recovering a communications connection
US20060034318A1 (en) * 2004-07-22 2006-02-16 International Business Machines Corporation Method and apparatus for waking up client devices
JP4543041B2 (en) * 2004-07-30 2010-09-15 パナソニック株式会社 New routing method and a mobile terminal and route management apparatus
ES2368566T3 (en) * 2004-08-20 2011-11-18 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Fast network connection.
US8145908B1 (en) 2004-10-29 2012-03-27 Akamai Technologies, Inc. Web content defacement protection system
US7698744B2 (en) 2004-12-03 2010-04-13 Whitecell Software Inc. Secure system for allowing the execution of authorized computer program code
JP2006253811A (en) * 2005-03-08 2006-09-21 Ricoh Co Ltd Electronic apparatus, ip address determining method, ip address determining program, and recording medium for recording ip address determining program
JP4549207B2 (en) * 2005-03-15 2010-09-22 キヤノン株式会社 A communication apparatus and control method thereof
JP4405933B2 (en) * 2005-03-18 2010-01-27 キヤノン株式会社 Controller, a communication control method, a communication control program, and storage medium
US7801530B2 (en) * 2005-04-27 2010-09-21 Cisco Technology, Inc. Caching content at a cell site
KR100653527B1 (en) * 2005-05-30 2006-11-27 주식회사 팬택앤큐리텔 Method of operating internet protocol addresses
US7532597B2 (en) * 2005-06-15 2009-05-12 Motorola, Inc. Method and apparatus to facilitate handover
US8099504B2 (en) 2005-06-24 2012-01-17 Airvana Network Solutions, Inc. Preserving sessions in a wireless network
US20060291420A1 (en) * 2005-06-27 2006-12-28 Dennis Ng Network-initiated dormant handoffs
CN101218838A (en) * 2005-07-08 2008-07-09 松下电器产业株式会社 Crossover node detecting method, crossover node detecting program for executing that method by use of computer, and mobile terminal and relay apparatus used in crossover node detecting method
US20100157939A1 (en) * 2005-08-03 2010-06-24 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Crossover node detection pre-processing method, crossover node detection pre-processing program for executing this method by computer, and mobile terminal used in this method
DE102005043364B4 (en) * 2005-09-12 2007-07-05 Siemens Ag A telecommunications system and method for controlling a change of a user terminal between two networks
GB0521269D0 (en) * 2005-10-19 2005-11-30 Vodafone Plc Identifying communications between telecommunications networks
KR100718097B1 (en) * 2005-10-25 2007-05-16 삼성전자주식회사 Address management and routing method for Wireless Personal Area Network
KR100723885B1 (en) * 2005-12-08 2007-05-25 한국전자통신연구원 Method and apparatus for seamless handover of mobile node using msctp
US8619702B2 (en) 2005-12-16 2013-12-31 Ericsson Evdo Inc. Radio network control
US8094630B2 (en) 2005-12-16 2012-01-10 Airvana Network Solutions, Inc. Radio frequency dragging prevention
US8145221B2 (en) * 2005-12-16 2012-03-27 Airvana Network Solutions, Inc. Radio network communication
GB2434505B (en) * 2006-01-18 2010-09-29 Orange Personal Comm Serv Ltd Telecommunications system and method
EP1821561B1 (en) * 2006-02-20 2010-12-29 Mitsubishi Electric R&D Centre Europe B.V. Method for transferring a paging request message for a mobile terminal
US8107453B2 (en) * 2006-02-28 2012-01-31 Panasonic Corporation Mobile communication control method, mobile terminal, and access router
JP5061115B2 (en) * 2006-03-10 2012-10-31 パナソニック株式会社 Prefix management unit and prefix selection device
US8849983B2 (en) * 2006-03-16 2014-09-30 Futurewei Technologies, Inc. Method and system for updating and retrieving state information for mobile nodes in a communication network
JP4052522B2 (en) * 2006-04-12 2008-02-27 松下電器産業株式会社 Network equipment and network equipment management method
KR100728040B1 (en) * 2006-04-28 2007-06-07 삼성전자주식회사 Method and apparatus for generating ipv6 unique local address
US8085696B2 (en) 2006-07-14 2011-12-27 Airvana Networks Solutions, Inc. Dynamic modification of route update protocols
US7881699B2 (en) * 2006-09-26 2011-02-01 Bridgewater Systems Corp Systems and methods for subscriber profile management
KR20080033735A (en) * 2006-10-13 2008-04-17 삼성전자주식회사 Method and system for constructing internet protocol address in a communication system
US8861367B2 (en) * 2006-12-13 2014-10-14 Tropos Networks, Inc. Deletion of routes of routing tables of a wireless mesh network
KR100810213B1 (en) * 2006-12-20 2008-03-06 삼성전자주식회사 Bridge-based radio access station backbone network system and signalling method thereof
US9392434B2 (en) * 2007-01-22 2016-07-12 Qualcomm Incorporated Message ordering for network based mobility management systems
US8843638B2 (en) 2007-12-13 2014-09-23 Ericsson Evdo Inc. Handing off active connections
US8782278B2 (en) * 2008-03-21 2014-07-15 Qualcomm Incorporated Address redirection for nodes with multiple internet protocol addresses in a wireless network
CN101547383B (en) * 2008-03-26 2013-06-05 华为技术有限公司 Access authentication method, access authentication system and related equipment
US20110170531A1 (en) * 2008-09-24 2011-07-14 Chan Wah Ng Prefix assigning method, prefix assigning system and mobile node
KR101084769B1 (en) * 2008-12-23 2011-11-21 주식회사 케이티 System and method for supporting network mobility based id-location separation
CN102362515B (en) 2009-03-27 2017-03-08 夏普株式会社 The mobile terminal apparatus, the external gateway device, a mobile communication system and communication method
JP5321221B2 (en) * 2009-04-22 2013-10-23 富士通株式会社 Management device, management method, and program
US9198157B2 (en) * 2009-05-08 2015-11-24 Qualcomm Incorporated Paging for local IP access packets
US8843131B2 (en) * 2009-05-28 2014-09-23 Qualcomm Incorporated Reducing frequent handoffs of a wireless communication device
US8234377B2 (en) * 2009-07-22 2012-07-31 Amazon Technologies, Inc. Dynamically migrating computer networks
US8429254B2 (en) * 2009-11-24 2013-04-23 Ge Security, Inc. Method for networkable device communication
CN102714623B (en) * 2010-01-05 2016-03-16 三菱电机株式会社 And routing means the routing information generation information generating method
US8635319B1 (en) * 2010-03-08 2014-01-21 Amazon Technologies, Inc. Operational status of network nodes
US8335841B2 (en) * 2010-09-30 2012-12-18 Microsoft Corporation Logical networks
KR20120071953A (en) * 2010-12-23 2012-07-03 한국전자통신연구원 Method for transmitting routing information and routing apparatus in wireless network
US9516451B2 (en) 2012-04-10 2016-12-06 Mcafee, Inc. Opportunistic system scanning
US8954573B2 (en) * 2012-04-11 2015-02-10 Mcafee Inc. Network address repository management
US9049207B2 (en) * 2012-04-11 2015-06-02 Mcafee, Inc. Asset detection system
US8955036B2 (en) 2012-04-11 2015-02-10 Mcafee, Inc. System asset repository management
US20140164645A1 (en) * 2012-12-06 2014-06-12 Microsoft Corporation Routing table maintenance
US9584633B2 (en) 2013-03-15 2017-02-28 Tria Network Systems, LLC Method and system for managing network communications
US9363158B2 (en) * 2014-02-05 2016-06-07 Lenovo Enterprise Solutions (Singapore) Pte. Ltd. Reduce size of IPV6 routing tables by using a bypass tunnel
KR20150106122A (en) * 2014-03-11 2015-09-21 한국전자통신연구원 Method of IPv6 address configuration
US10015353B1 (en) * 2016-12-29 2018-07-03 Konica Minolta Laboratory U.S.A., Inc. Method and system of using IPv6 packet extensions to allow or prevent execution of a job based on physical location

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002217950A (en) * 2001-01-15 2002-08-02 Sony Corp Information processor and method, storage medium and program
JP2002261806A (en) * 2001-03-05 2002-09-13 Sony Corp System and method for processing communication, communication terminal unit, and program

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6501755B1 (en) * 1998-06-11 2002-12-31 Alcatel Canada Inc. Stacked address transport in connection oriented networks
US6711147B1 (en) * 1999-04-01 2004-03-23 Nortel Networks Limited Merged packet service and mobile internet protocol
JP3668047B2 (en) * 1999-05-20 2005-07-06 株式会社東芝 Mobile communication method, the mobile computing device and encrypted communication device
US6771700B1 (en) * 1999-10-09 2004-08-03 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for minimizing total transmission energy in a communication system employing retransmission of frame received in error
JP4465867B2 (en) 2000-01-14 2010-05-26 ソニー株式会社 The information processing apparatus and method, and recording medium
JP3688547B2 (en) * 2000-02-15 2005-08-31 株式会社東芝 Position identifier management apparatus and the mobile computer and the position identifier management method and a position identifier processing method
JP4453205B2 (en) * 2001-01-15 2010-04-21 ソニー株式会社 An information processing apparatus and method, recording medium, and program
US20030016655A1 (en) * 2001-01-29 2003-01-23 Docomo Communications Laboratories Usa, Inc. Fast dynamic route establishment in wireless, mobile access digital networks using mobility prediction
US7123599B2 (en) * 2001-07-13 2006-10-17 Hitachi, Ltd. Mobile communication system
US7283482B2 (en) * 2001-08-14 2007-10-16 Samsung Electronics Co., Ltd. Reverse data transmission apparatus and method in a mobile communication system
US6973086B2 (en) * 2002-01-28 2005-12-06 Nokia Corporation Method and system for securing mobile IPv6 home address option using ingress filtering
KR100484145B1 (en) * 2002-07-05 2005-04-18 삼성전자주식회사 Apparatus and method for automatically allocating virtual address to duplicate addressed nodes
JP4005898B2 (en) * 2002-10-29 2007-11-14 株式会社日立製作所 Communications system
KR100462864B1 (en) * 2002-11-22 2004-12-17 삼성전자주식회사 Routing table Management Method using Interface ID in the IPv6
KR100492134B1 (en) * 2003-04-29 2005-06-02 삼성전자주식회사 Method for reserving new CoA in advance to achieve fast handover at mobile IPv6 environment
US7532597B2 (en) * 2005-06-15 2009-05-12 Motorola, Inc. Method and apparatus to facilitate handover

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002217950A (en) * 2001-01-15 2002-08-02 Sony Corp Information processor and method, storage medium and program
JP2002261806A (en) * 2001-03-05 2002-09-13 Sony Corp System and method for processing communication, communication terminal unit, and program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2002271376A (en) 2002-09-20 application
US7684392B2 (en) 2010-03-23 grant
US7746873B2 (en) 2010-06-29 grant
US20020172207A1 (en) 2002-11-21 application
US20060209760A1 (en) 2006-09-21 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Misra et al. Autoconfiguration, registration, and mobility management for pervasive computing
Ramjee et al. HAWAII: a domain-based approach for supporting mobility in wide-area wireless networks
US6763007B1 (en) Two phase local mobility scheme for wireless access to packet based networks
US6842462B1 (en) Wireless access of packet based networks
US6892069B1 (en) Proxy routing
US7324499B1 (en) Method and system for automatic call monitoring in a wireless network
US6992995B2 (en) Telecommunication enhanced mobile IP architecture for intra-domain mobility
US7257104B2 (en) Communication processing system, communication processing method, communication terminal device, and program
US20030018810A1 (en) Seamless handoff in mobile IP
EP1011243A1 (en) Single phase local mobility scheme for wireless access to packet-based networks
US6992994B2 (en) Methods and systems for a generalized mobility solution using a dynamic tunneling agent
US20040179539A1 (en) Communication system, gateway equipment, communication method and authentication method
US7552234B2 (en) Arrangement for establishing a bidirectional tunnel between a mobile router and a correspondent node
US20020057657A1 (en) Packet tunneling optimization to wireless devices accessing packet-based wired networks
US20010021175A1 (en) Load balancing in telecommunications system supporting mobile IP
US20010017856A1 (en) Address acquisition
US20080310323A1 (en) Method and Apparatus for DNS Update Triggered IPv6 Neighbor Advertisement
EP1011241A1 (en) Wireless access to packet-based networks
US20070268919A1 (en) Using DHCPv6 and AAA for Mobile Station Prefix Delegation and Enhanced Neighbor Discovery
Chan et al. Distributed and dynamic mobility management in mobile internet: current approaches and issues.
US20040013116A1 (en) Method of providing mobile IP functionality for a non mobile IP capable mobile node and switching device for acting as a mobile IP proxy
US20030193912A1 (en) Packet forwarding methods for use in handoffs
US20030021275A1 (en) Mobile data routing
US20020021689A1 (en) Method and apparatus for transparent internet mobility management
US20020145993A1 (en) Discovering an address of a name server

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080220

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080220

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100107

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100119

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100317

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100720

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100802

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130827

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees