JP4551773B2 - The optical compensation sheet, a polarizing plate, and liquid crystal display device - Google Patents

The optical compensation sheet, a polarizing plate, and liquid crystal display device Download PDF

Info

Publication number
JP4551773B2
JP4551773B2 JP2005006294A JP2005006294A JP4551773B2 JP 4551773 B2 JP4551773 B2 JP 4551773B2 JP 2005006294 A JP2005006294 A JP 2005006294A JP 2005006294 A JP2005006294 A JP 2005006294A JP 4551773 B2 JP4551773 B2 JP 4551773B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
group
preferably
film
carbon atoms
liquid crystal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005006294A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006195153A (en
Inventor
健太郎 豊岡
Original Assignee
富士フイルム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士フイルム株式会社 filed Critical 富士フイルム株式会社
Priority to JP2005006294A priority Critical patent/JP4551773B2/en
Publication of JP2006195153A publication Critical patent/JP2006195153A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4551773B2 publication Critical patent/JP4551773B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は液晶表示装置、さらにそれに用いる光学補償シート、及び偏光板に関するものである。 The present invention is a liquid crystal display device, further optical compensation sheet for use therewith, and to a polarizing plate.

ワードプロセッサやノートパソコン、パソコン用モニターなどのOA機器、携帯端末、テレビなどに用いられる表示装置としては、CRT(cathode ray tube)がこれまで主に使用されてきた。 Word processor, notebook computers, OA equipment such as a personal computer monitors, mobile terminal, as a display device to be used, such as in TV, CRT (cathode ray tube) has been mainly used so far. 近年、液晶表示装置が、薄型で、軽量、また消費電力が小さいことからCRTの代わりに広く使用されてきている。 In recent years, liquid crystal display devices have a thin, lightweight, also have been widely used in place of the CRT because the power consumption is small.
液晶表示装置は、液晶セル、偏光板からなる。 The liquid crystal display device, a liquid crystal cell, consisting of polarizers. 偏光板は保護膜と偏光膜からなり、ポリビニルアルコールフィルムからなる偏光膜をヨウ素にて染色し、延伸を行い、その両面を保護膜にて積層して得られる。 The polarizing plate usually has protective films and a polarizing film, a polarizing film comprising a polyvinyl alcohol film dyed with iodine, stretching, and being stacked on both surfaces thereof with the protective film. 透過型液晶表示装置では、この偏光板を液晶セルの両側に取り付け、さらには一枚以上の光学補償シートを配置することもある。 A transmission type liquid crystal display device comprises polarizing plates on both sides of the liquid crystal cell, and occasionally comprises one or more optical compensation films. 反射型液晶表示装置では、反射板、液晶セル、一枚以上の光学補償シート、偏光板の順に配置する。 In the reflection type liquid crystal display device, a reflective plate, a liquid crystal cell, one or more optical compensation sheet, a polarizing plate in this order. 液晶セルは、液晶分子、それを封入するための二枚の基板および液晶分子に電圧を加えるための電極層からなる。 The liquid crystal cell comprises liquid crystal molecules, the electrode layers applying voltage to the two substrates and the liquid crystal molecules to encapsulate it. 液晶セルは、液晶分子の配向状態の違いで、ON、OFF表示を行い、透過型、反射型および半透過型のいずれにも適用できる、TN(Twisted Nematic)、IPS(In-Plane Switching)、OCB(Optically Compensatory Bend)、VA(Vertically Aligned)、ECB(Electrically Controlled Birefringence)、STN(Super Twisted Nematic)のような表示モードが提案されている。 The liquid crystal cell depending on variation in orientation state of the liquid crystal molecules, ON, performs OFF display, transmission, can be applied to any of the reflective and semi-transmissive, TN (Twisted Nematic), IPS (In-Plane Switching), OCB (Optically Compensatory Bend), VA (Vertically Aligned), ECB (Electrically Controlled Birefringence), display mode such as STN (Super Twisted Nematic) have been proposed.

光学補償シートは、画像着色を解消したり、視野角を拡大するために、様々な液晶表示装置で用いられている。 The optical compensation sheet, or eliminating the image coloring, in order to enlarge the viewing angle, are used in various liquid crystal display device. 光学補償シートとしては、延伸複屈折ポリマーフィルムが従来から使用されていた。 As the optical compensatory sheet, a stretched birefringent polymer film has been conventionally used. (なお、延伸複屈折ポリマーフィルムを用いたもののなかには、、ポリマーからなる一軸延伸フィルムの一対を面内の遅相軸方向が直交するように積層してなる積層位相差板や、高分子フィルムにテンターによる横延伸又は二軸延伸を施してなる単層の位相差板のような、二軸位相差板も知られている(特許文献1、特許文献2参照))。 (The pair of the slow axis direction in a plane laminated composed and stacked phase feedboard orthogonally uniaxially stretched film made of Nakaniwa ,, polymer but with stretched birefringent polymer film, a polymer film such as phase difference plate of a single layer formed by applying a transverse stretching or biaxial stretching using a tenter, also known biaxial retardation film (Patent Document 1, Patent Document 2)).

延伸複屈折フィルムからなる光学補償シートに代えて、透明支持体上に低分子あるいは高分子液晶性化合物から形成された光学異方性層を有する光学補償シートを使用することが提案されている。 Instead of the optical compensation sheet comprising a stretched birefringent film it has been proposed to use an optical compensatory sheet having a transparent support optically anisotropic layer formed of a low-molecular or high-molecular liquid crystal compound on the body. 液晶性化合物には多様な配向形態があるため、液晶性化合物を用いることで、従来の延伸複屈折ポリマーフィルムでは得ることができない光学的性質を実現することが可能になった。 Since the liquid crystal compounds have various alignment forms, by using the liquid crystal compound, it has become possible to realize the optical properties can not be obtained by the conventional stretched birefringent polymer film. さらに偏光板の保護膜としても機能する。 Further functions as a protective film for polarizing plate.

光学補償シートの光学的性質は、液晶セルの光学的性質、具体的には上記のような表示モードの違いに応じて決定する。 The optical properties of the optical compensation sheet, the optical properties of the liquid crystal cell, specifically determined according to a difference in the display mode as described above. 液晶性化合物を用いると、液晶セルの様々な表示モードに対応する様々な光学的性質を有する光学補償シートを製造することができる。 The use of liquid crystalline compounds, it is possible to manufacture an optical compensation sheet having various optical properties corresponding to various display modes of liquid crystal cell. 液晶性化合物を用いた光学補償シートでは、様々な表示モードに対応するものが既に提案されている。 The optical compensatory sheet using liquid crystal compound, are those which correspond to the various display modes already been proposed.
例えば、TNモード液晶セル用光学補償シートは、電圧印加により液晶分子がねじれ構造が解消しつつ基板面に傾斜した配向状態の光学補償を行い、黒表示時の斜め方向の光漏れ防止によるコントラストの視角特性を向上させる。 For example, TN mode liquid crystal cell for optical compensation sheet is subjected to optical compensation of the orientation state inclined to the substrate surface while eliminating the liquid crystal molecules are twisted structure by applying a voltage, in contrast due to light leakage prevention in an oblique direction in black display to improve the viewing angle characteristics. 光学補償の代表例としては,位相差の同じ延伸フィルムを直交に積層し,面内リターデーションを0に近づけたフィルム組を上下偏光板と液晶セルの間に各々配置する。 As a typical example of optical compensation, laminating the same drawn film phase difference quadrature, respectively arranged in-plane retardation film set as close to 0 between the upper and lower polarizing plate and the liquid crystal cell. (特許文献3参照)。 (See Patent Document 3).

しかし,液晶セル中の分子は電界印加時に完全に基板に対して垂直配向せず,基板近傍では平行配向のままである。 However, molecules in the liquid crystal cell is not aligned perpendicularly to fully substrate when an electric field is applied, it remains parallel orientation near the substrate. 一方基板中央部の液晶分子は垂直配向しており,その間の液晶分子は連続的に傾斜配向している。 Whereas the liquid crystal molecules in the central portion of the substrate is vertically aligned, the liquid crystal molecules therebetween are oriented inclined continuously. このような液晶セルの配向状態を光学補償するには,光学補償シートも同じような光学性能にすればよい。 To the optical compensation the alignment of the liquid crystal cell, may be also optical compensation sheet in the similar optical performance.
このような光学補償シートとしては液晶性化合物をハイブリット配向させてフィルム状にする技術があり、液晶性化合物に円盤状液晶性化合物を使用したり(特許文献4参照)、棒状液晶性化合物を使用した例がある(特許文献5参照)。 As such an optical compensation sheet there is a technique of the liquid crystal compound by hybrid alignment film form, (see Patent Document 4) or by using the discotic liquid crystal compound to a liquid crystal compound, using a rod-like liquid-crystalline compound there are examples (see Patent Document 5).

特開平3−33719号公報 JP 3-33719 discloses 特開平3−24502号公報 JP 3-24502 ​​discloses 特開平4-162018号公報 JP-4-162018 discloses 特開平6-214116号公報 JP-6-214116 discloses 特開平10-186356号公報 JP 10-186356 discloses

しかし、円盤状液晶性化合物を均一にハイブリッド配向させた光学補償シートを用いても黒表示時の視野角での光漏れが生じる。 However, light leakage in the viewing angle during black display even with an optical compensation sheet evenly hybrid alignment of the discotic liquid crystal compound is caused. この光漏れをさらに減少させるためには、クロスニコル配置した偏光板の透過軸の2等分線方向で視角を倒した場合の光漏れ抑制が必要である。 This in order to reduce the light leakage further, it is necessary to light leakage suppression when tilted viewing angle with bisector direction of the transmission axis of polarizing plates disposed in a cross nicol state. この偏光板光漏れの補償には、特許文献4,5に記載されているような二軸位相差板がある程度有用なことが知られている。 This compensation polarizing plate light leakage, the biaxial retardation film as described in Patent Documents 4 and 5 It is known that some degree useful. しかし、積層の二軸位相差板では厚さが大きいこと、単層の二軸位相差板では付与できる位相差の範囲が狭いことが問題であった。 However, it is the thickness greater than the biaxial retardation film of the laminate, the biaxial retardation film of the monolayer has been a problem that the narrow range of phase difference that can be granted.
そこで、本発明の課題は、新たな構成の光学補償シートにより、視野角表示特性、特に視野角コントラストを改良したTN液晶表示装置を提供することである。 An object of the present invention is to provide an optical compensation sheet of the new configuration, the viewing angle display characteristics, the TN liquid crystal display device in particular improve the viewing angle contrast.

本発明の発明者らは、鋭意検討した結果、光学的異方性を十分に低下させ、Re及びRthがゼロに近くなるようにしたセルロースアシレートフィルム上に塗布によりポリマー層を形成し、横延伸することで、偏光板光漏れ補償のための所望の光学異方性(Re、Rth)を付与できることを見出した。 The inventors of the present invention, a result of extensive studies, optical anisotropy sufficiently reduced, and the polymer layer was formed by coating on the cellulose acylate film Re and Rth was as close to zero, the horizontal by stretching, it found to be able to impart the desired optical anisotropy for polarizing plate light leakage compensation (Re, Rth). そして、その上に液晶性化合物層が均一にハイブリッド配向した光学異方性層を積層することにより、TN配向モードの液晶表示装置をより正確に光学補償することが可能となった。 Then, by laminating an optically anisotropic layer liquid crystal compound layer are uniformly hybrid alignment thereon, it becomes possible to more accurately optically compensate the liquid crystal display device of TN alignment mode.

すなわち、本発明によれば、下記構成の液晶表示装置、偏光板及び光学補償シートが提供され、本発明の上記課題が達成される。 That is, according to the present invention, a liquid crystal display device having the following constitutions, a polarizing plate and an optical compensation sheet is provided, the object of the present invention are achieved.

[1]TN(ツイストネマチック)配向モードの液晶セルおよび液晶セルの両側に配置された一対の偏光板からなる液晶表示装置であって、少なくとも一方の偏光膜と液晶セルとの間に、 [1] A TN (twisted nematic) liquid crystal display device comprising a pair of polarizing plates disposed on both sides of a liquid crystal cell and orientation mode liquid crystal cell, between at least one of the polarizing film and the liquid crystal cell,
オクタノール−水分配係数が0ないし7であり分子量が150以上3000以下である下記一般式(A)で表される光学異方性を低下させる化合物を含有し、下記式(I)および(II)をみたすセルロースアシレートフィルム上に、ポリマー層を塗布後横延伸することにより形成される、(1)セルロースアシレートフィルムとその上の (2)ポリマー層からなる光学異方性層1と、 さらに (3)塗布により形成される液晶性化合物を含む光学異方性層2 と、 Octanol - water partition coefficient is 7 from 0 molecular weight decreases the optical anisotropy represented by the following general formula is 150 to 3000 (A) contains a compound represented by the following formula (I) and (II) the cellulose acylate film on satisfying, is formed by coating after transverse stretching the polymer layer, (1) a cellulose acylate film and the optically anisotropic layer 1 composed of the above (2) a polymer layer, further (3) and the optically anisotropic layer 2 containing a liquid crystal compound is formed by coating,
の少なくとも3層を有する光学補償シートが配置されることを特徴とする液晶表示装置。 The liquid crystal display device, characterized in that the optical compensation sheet is disposed with at least three layers of.
[式中、R 1 はアルキル基またはアリール基を表し、R 2 およびR 3 は、それぞれ独立に、水素原子、アルキル基またはアリール基を表す。 [In the formula, R 1 represents an alkyl group or an aryl group, R 2 and R 3 each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or an aryl group. 1 、R 2 およびR 3 の炭素原子数の総和は10以上である。 The total number of carbon atoms in R 1, R 2 and R 3 is 10 or more. ]
(I)0≦Re (630) ≦10かつ|Rth (630) |≦25 (I) 0 ≦ Re (630 ) ≦ 10 and | Rth (630) | ≦ 25
(II)|Re (400) −Re (700) |≦10かつ|Rth (400) −Rth (700) |≦35 (II) | Re (400) -Re (700) | ≦ 10 and | Rth (400) -Rth (700 ) | ≦ 35
[式中、Re (λ)は波長λnmにおける正面レターデーション値(単位:nm)、Rth (λ)は波長λnmにおける膜厚方向のレターデーション値(単位:nm)である。 Wherein, Re (λ) is a front retardation value at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm), Rth (λ) represents a thickness-direction retardation at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm). ]
[2 ]前記光学補償シートが前記構成に加えて、正面レターデーション及び/または膜厚方向レターデーションが前記延伸前のセルロースアシレートフィルムとは異なる、別のセルロースアシレートフィルムを有することを特徴とする[1 ]に記載の液晶表示装置。 [2] In addition to the optical compensation sheet is the configuration, different from the in-plane retardation and / or the thickness direction retardation before the stretched cellulose acylate fill beam, to have a separate cellulose acylate fill arm the liquid crystal display device having the constitution [1].
[ ]前記ポリマー層がポリエーテルケトン、ポリアミド、ポリエステル、ポリイミド、ポリアミドイミド及びポリエステルイミドの少なくとも1種を含むことを特徴とする[1] 又は[2]に記載の液晶表示装置 [3] wherein the polymer layer is polyetherketone crystal display device according to, polyamide, characterized in that it comprises polyester, polyimide, at least one of polyamideimide and polyesterimide [1] or [2].
[4 ]前記液晶性化合物がディスコティック液晶性化合物であることを特徴とする[1]〜 [3]のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 [4] The liquid crystal display device according to any one of the liquid crystalline compound, which is a discotic liquid crystal compound [1] to [3].
[ ]前記延伸前のセルロースアシレートフィルムがフィルム膜厚方向のレターデーションRthを低下させる化合物を、下記式(III)、(IV)をみたす範囲で少なくとも一種含有することを特徴とする[1]〜 [4]のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 [5] the unstretched cellulose acylate fill beam reduces the retardation Rth of the film thickness direction compound, the following formula (III), characterized in that it contains at least one kind within a range satisfying the (IV) [ 1] the liquid crystal display device according to any one of - [4].
(III)(Rth(A)−Rth(0))/A≦−1.0 (III) (Rth (A) -Rth (0)) / A ≦ -1.0
(IV)0.01≦A≦30 (IV) 0.01 ≦ A ≦ 30
ここで、 here,
Rth(A):Rthを低下させる化合物をA%含有したフィルムのRth(nm) Rth (A): Rth of the compound decreasing the Rth containing A% film (nm)
Rth(0):Rthを低下させる化合物を含有しないフィルムのRth(nm) Rth (0): Rth of the film not containing the compound decreasing the Rth (nm)
A:フィルム原料ポリマーの質量を100としたときの化合物の質量(%) A: Weight of the compound when the mass of the film raw material polymer was 100 (%)
である。 It is.
[ ]前記セルロースアシレートフィルムが、アシル置換度が2.85〜3.00のセルロースアシレートであることを特徴とする[1][5]のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 [6] The cellulose acylate film, the degree of acyl substitution is characterized in that it is a cellulose acylate of 2.85 to 3.00 [1] to the liquid crystal display device according to any one of [5] .
[ ]前記セルロースアシレートフィルムの|Re (400) −Re (700) |および|Rth (400) −Rth (700) |を低下させる化合物を少なくとも1種、セルロースアシレート固形分に対して0.01〜30質量%含むことを特徴とする[1][6]のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 [7] The cellulose acylate film of | Re (400) -Re (700 ) | and | Rth (400) -Rth (700 ) | least one compound that reduces the, 0 for the cellulose acylate solid content characterized in that it comprises .01~30 wt% [1] the liquid crystal display device according to any one of to [6].
[ ]前記延伸前のセルロースアシレートフィルムの膜厚が10〜120μmであることを特徴とする[1][7]のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 [8] The liquid crystal display device according to any one of the thickness of the unstretched cellulose acylate fill beam is characterized in that it is a 10 to 120 [mu] m [1] ~ [7].
[ ][1]〜[ ]のいずれか1項に記載の液晶表示装置に用いられることを特徴とする光学補償シート。 [9] [1] optical compensation sheet, characterized by being used in a liquid crystal display device according to any one of - [8].
[ 10 ][ ]に記載の光学補償シートを少なくとも一方の面に保護膜として有することを特徴とする偏光板。 [10] A polarizing plate characterized by having as a protective film of the optical compensation sheet on at least one surface according to [9].
[ 11 ] オクタノール−水分配係数が0ないし7であり分子量が150以上3000以下である一般式(A)で表される光学異方性を低下させる化合物を含有し、下記式(I)および(II)をみたすセルロースアシレートフィルム上に、ポリマー層を塗布後横延伸することにより形成される、(1)セルロースアシレートフィルムとその上の (2)ポリマー層からなる光学異方性層1と、 さらに (3)塗布により形成される液晶性化合物を含む光学異方性層2 と、 [11] octanol - is molecular weight is 7 to water partition coefficient is not 0 reduces the optical anisotropy represented by the general formula (A) is 150 to 3,000 and containing a compound represented by the following formula (I) and ( the cellulose acylate film on satisfying II), is formed by coating after transverse stretching the polymer layer, (1) a cellulose acylate film and its upper (2) and the optically anisotropic layer 1 consisting of a polymer layer further (3) and the optically anisotropic layer 2 containing a liquid crystal compound is formed by coating,
の少なくとも3層を有することを特徴とする光学補償シート。 The optical compensation sheet characterized by having at least three layers of.
[式中、R 1 はアルキル基またはアリール基を表し、R 2 およびR 3 は、それぞれ独立に、水素原子、アルキル基またはアリール基を表す。 [In the formula, R 1 represents an alkyl group or an aryl group, R 2 and R 3 each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or an aryl group. 1 、R 2 およびR 3 の炭素原子数の総和は10以上である。 The total number of carbon atoms in R 1, R 2 and R 3 is 10 or more. ]
(I)0≦Re (630) ≦10かつ|Rth (630) |≦25 (I) 0 ≦ Re (630 ) ≦ 10 and | Rth (630) | ≦ 25
(II)|Re (400) −Re (700) |≦10かつ|Rth (400) −Rth (700) |≦35 (II) | Re (400) -Re (700) | ≦ 10 and | Rth (400) -Rth (700 ) | ≦ 35
[式中、Re (λ)は波長λnmにおける正面レターデーション値(単位:nm)、Rth (λ)は波長λnmにおける膜厚方向のレターデーション値(単位:nm)である。 Wherein, Re (λ) is a front retardation value at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm), Rth (λ) represents a thickness-direction retardation at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm). ]
[ 12 ][ 11 ]に記載の光学補償シートを少なくとも一方の面に保護膜として有することを特徴とする偏光板。 [12] A polarizing plate characterized by having as a protective film of the optical compensation sheet on at least one surface according to [11].
なお、以下、補正により本発明の範囲に属さなくなった、一般式(B)、(C)で表される光学異方性を低下させる化合物も本発明に関連して明細書中に記載してあるが、これらは参考例としての記載である。 In the following, no longer belong to the scope of the present invention by correcting the general formula (B), and described in the specification also relates to compounds of the present invention to reduce the optical anisotropy represented by (C) there, it is described as reference examples.

本発明により、偏光板光漏れ補償のための所望の光学異方性(Re、Rth)を付与でき、TN配向モードの液晶表示装置をより正確に光学補償することが可能となった、視野角特性に優れる光学補償フィルム、偏光板などの光学材料、およびこれらを用いた液晶表示装置を提供することが可能になった。 The present invention, desired optical anisotropy (Re, Rth) for polarizing plate light leakage compensation can be granted, it becomes possible to more accurately optically compensate the liquid crystal display device of TN alignment mode, viewing angle the optical compensation film having excellent characteristics, optical materials such as a polarizing plate, and it has become possible to provide a liquid crystal display device using the same.

[光学異方性(Re、Rth)の測定] [Measurement of the optical anisotropy (Re, Rth)]
本明細書において、Re ( λ ) 、Rth ( λ )は各々、波長λにおける面内のリターデーションおよび厚さ方向のリターデーションを表す。 In this specification, Re (λ), Rth ( λ) each indicate retardation in retardation and thickness direction in a plane at a wavelength lambda. Re ( λ )はKOBRA 21ADH(王子計測機器(株)製)において波長λnmの光をフィルム法線方向に入射させて測定される。 Re (lambda) is measured by applying light having a wavelength λnm the film normal direction in KOBRA 21ADH (manufactured by Oji Scientific Instruments Co.). Rth ( λ )は前記Re ( λ ) 、面内の遅相軸(KOBRA 21ADHにより判断される)を傾斜軸(回転軸)としてフィルム法線方向に対して+40°傾斜した方向から波長λnmの光を入射させて測定したレターデーション値、および面内の遅相軸を傾斜軸(回転軸)としてフィルム法線方向に対して−40°傾斜した方向から波長λnmの光を入射させて測定したレターデーション値の計3つの方向で測定したレターデーション値と平均屈折率の仮定値及び入力された膜厚値を基にKOBRA 21ADHが算出する。 Rth (lambda) is the Re (lambda), the slow axis wavelength from the tilt axis direction tilted + 40 ° (rotation axis) as relative to the normal direction of the film (KOBRA 21ADH is judged by) [lambda] nm in the plane light a retardation value measured by the incidence of, and the in-plane slow axes of the tilt axis letter measured from -40 ° direction inclined with respect to (rotation axis) as a film normal direction by applying a light having a wavelength λnm the assumed retardation value of the mean refractive index measured with a total of three directions of Deshon value and the inputted film thickness value on the basis of KOBRA 21ADH calculates. ここで平均屈折率の仮定値は ポリマーハンドブック(JOHN WILEY&SONS,INC)、各種光学フィルムのカタログの値を使用することができる。 Here assumed value of average refractive index in Polymer Handbook (JOHN WILEY & SONS, INC), available from values ​​listed in catalogs of various optical films. 平均屈折率の値が既知でないものについてはアッベ屈折計で測定することができる。 When the mean refractive indices unknown can be measured using an Abbe refractometer. 主な光学フィルムの平均屈折率の値を以下に例示する:セルロースアシレート(1.48)、シクロオレフィンポリマー(1.52)、ポリカーボネート(1.59)、ポリメチルメタクリレート(1.49)、ポリスチレン(1.59)である。 The mean refractive index for major optical film is described below: cellulose acylate (1.48), cycloolefin polymer (1.52), polycarbonate (1.59), polymethyl methacrylate (1.49), it is a polystyrene (1.59). これら平均屈折率の仮定値と膜厚を入力することで、KOBRA 21ADHはnx、ny、nzを算出する。 By inputting the assumed average refractive index values ​​and thicknesses, KOBRA 21ADH calculates nx, ny, and nz.

[液晶性化合物のチルト角の測定] Measurement of tilt angle of the liquid crystal compound]
円盤状化合物や棒状化合物を配向させた光学異方性層において、光学異方性層の一方の面におけるチルト角(円盤状化合物または棒状化合物における物理的な対象軸が光学異方性層の界面となす角度をチルト角とする)θ1および他方の面のチルト角θ2を、直接的にかつ正確に測定することは困難である。 In discotic compound and an optically anisotropic layer where the rod-shaped compound is aligned, the interface of a physical object axis optically anisotropic layer in the tilt angle (discotic compound or a rod-shaped compound in one surface of the optically anisotropic layer the angle between the tilt angle) .theta.1 and the other surface of the tilt angle .theta.2, it is difficult to directly and accurately measure. そこで本明細書においては、θ1及びθ2は、以下の手法で算出する。 Therefore, in this specification, .theta.1 and θ2 are calculated in the following manner. 本手法は本発明の実際の配向状態を正確に表現していないが、光学フィルムのもつ一部の光学特性の相対関係を表す手段として有効である。 This method does not accurately represent the actual orientation of the present invention, it is effective as a means for indicating the relative relationship of some optical characteristics of an optical film.
本手法では算出を容易にすべく、下記の2点を仮定し、光学異方性層の2つの界面におけるチルト角とする。 To facilitate the calculation in this method, the following two points are assumed, and the tilt angle at two interfaces of an optically anisotropic layer.
1. 1. 光学異方性層は円盤状化合物や棒状化合物を含む層で構成された多層体と仮定する。 The optically anisotropic layer is assumed multi-layered structure that comprises a layer containing discotic compounds and rod-like compound. さらに、それを構成する最小単位の層(円盤状化合物または棒状化合物のチルト角は該層内において一様と仮定)は光学的に一軸と仮定する。 Further, it is assumed the minimum unit of the layers constituting it (tilt angle of the discotic compound or a rod-shaped compound is uniform within the layer assumption) is an optically uniaxial.
2. 2. 各層のチルト角は光学異方性層の厚み方向に沿って一次関数で単調に変化すると仮定する。 Tilt angle of each layer is assumed varies monotonously as a linear function in the direction of the thickness of the optically anisotropic layer.

具体的な算出法は下記のとおりである。 Specific calculation method is as follows.
(1)各層のチルト角が光学異方性層の厚み方向に沿って一次関数で単調に変化する面内で、光学異方性層への測定光の入射角を変化させ、3つ以上の測定角でレターデーション値を測定する。 (1) tilt angle in each layer monotonously varies plane by a linear function in the direction of the thickness of the optically anisotropic layer, by changing the incident angle of light to be applied to the optically anisotropic layer, three or more the measurement angle to measure the retardation value. 測定および計算を簡便にするためには、光学異方性層に対する法線方向を0°とし、−40°、0°、+40°の3つの測定角でレターデーション値を測定することが好ましい。 For convenience the measurement and calculation, the normal direction is 0 ° to the optical anisotropic layer, -40 °, 0 °, it is preferable to measure the retardation value of three measurement angles of + 40 °. このような測定は、KOBRA−21ADHおよびKOBRA−WR(王子計測器(株)製)、透過型のエリプソメーターAEP−100((株)島津製作所製)、M150およびM520(日本分光(株)製)、ABR10A(ユニオプト(株)製)で行うことができる。 Such measurements, KOBRA-21ADH and KOBRA-WR (Oji Instrument Co., Ltd.), transmission type ellipsometer AEP-100 (KK Shimadzu), M150 and M520 (manufactured by JASCO Corporation ), it can be carried out in ABR10A (Uniopt Co., Ltd.).
(2)上記のモデルにおいて、各層の常光の屈折率をno、異常光の屈折率をne(neは各々すべての層において同じ値、noも同様とする)、及び多層体全体の厚みをdとする。 (2) In the above model, no the refractive index of ordinary light of each layer, the refractive index ne of extraordinary light (the same value in ne each all layers, no also the same), and the multi-layer body overall thickness d to. さらに各層におけるチルト方向とその層の一軸の光軸方向とは一致するとの仮定の元に、光学異方性層のレターデーション値の角度依存性の計算が測定値に一致するように、光学異方性層の一方の面におけるチルト角θ1および他方の面のチルト角θ2を変数としてフィッティングを行い、θ1およびθ2を算出する。 On the assumption that that the uniaxial optical axis direction of the tilt direction and the layer in each layer, so that the angle dependence of the calculation of the retardation value of the optically anisotropic layer is coincident with the measured value, optically anisotropic It performs fitting the tilt angle θ1 and a tilt angle .theta.2 of the other surface in the one surface of the anisotropic layer as a variable to calculate the θ1 and .theta.2.
ここで、noおよびneは文献値、カタログ値等の既知の値を用いることができる。 Here, no and ne may be known in literature and and catalogs. 値が未知の場合はアッベ屈折計を用いて測定することもできる。 If the value is unknown it can be measured using an Abbe refractometer. 光学異方性層の厚みは、光学干渉膜厚計、走査型電子顕微鏡の断面写真等により測定数することができる。 The thickness of the optically anisotropic layer can be measured with an optical interference thickness meter, a scanning electron microscope cross-section photographs.

[透明フィルムの光学特性] Optical properties of the transparent film]
本発明において、光学的異方性(Re、Rth)が小さい透明フィルムとしては、波長630nmにおける面内のレターデーションRe (630)が10nm以下(0≦Re (630) ≦10)でかつ、膜厚方向のレターデーションRth (630)の絶対値が25nm以下(|Rth|≦25nm)であることがのぞましい。 In the present invention, and an optical anisotropy (Re, Rth) as a small transparent film, retardation Re (630) is 10nm or less in the plane at a wavelength of 630nm (0 ≦ Re (630) ≦ 10), film the absolute value of the thickness-direction retardation Rth (630) is 25nm or less desirable to be (| | Rth ≦ 25nm). さらにのぞましくは、0≦Re (630) ≦5かつ|Rth|≦20nmであり、0≦Re (630) ≦2かつ|Rth|≦15nmであることが特にのぞましい。 More preferably, 0 ≦ Re (630) ≦ 5 and | a ≦ 20nm, 0 ≦ Re (630 ) ≦ 2 and | | Rth Rth | it is ≦ 15 nm are particularly desirable.

また、波長分散が小さい透明フィルムとしては、|Re (400) −Re (700) |≦10かつ|Rth (400) −Rth (700) |≦35であることがのぞましい。 Further, the transparent film small wavelength dispersion, | Re (400) -Re ( 700) | ≦ 10 and | Rth (400) -Rth (700 ) | desirable to be ≦ 35. さらにのぞましくは、|Re (400) −Re (700) |≦5かつ|Rth (400) −Rth (700) |≦25であり、|Re (400) −Re (700) |≦3かつ|Rth (400) −Rth (700) |≦15であることが特にのぞましい。 More preferably, | Re (400) -Re ( 700) | ≦ 5 and | Rth (400) -Rth (700 ) | a ≦ 25, | Re (400) -Re (700) | ≦ 3 and | Rth (400) -Rth (700 ) | it is particularly desirable is ≦ 15.

また、光学的異方性(Re、Rth)が小さい透明フィルム1とは別に併用する透明フィルム2は透明フィルム1に対して大きな光学異方性(Re、Rth)を持つことが好ましく、その場合、レタデーション低下剤の変わりにレタデーション上昇剤を用いるのが好ましい。 Further, it is preferable to have a large optical anisotropy (Re, Rth) with respect to the optical anisotropy (Re, Rth) transparent film 2 which separately used together with a small transparent film 1 is a transparent film 1, if the , it is preferred to use a retardation increasing agent in place of the retardation reducing agent. その光学異方性(Re、Rth)は光学補償シートが用いられる液晶セルの設計や光学補償シート中の光学異方性層の特性(Re、Rth)に応じて好ましい範囲が異なるが、Re(630)は0〜200nm、Rth(630)は0〜400nm範囲であることが好ましい。 Its optical anisotropy (Re, Rth) is optically anisotropic layer properties (Re, Rth) in the design and an optical compensation sheet for a liquid crystal cell optical compensation sheet is used but the preferred range according to different, Re ( 630) is 0 to 200 nm, Rth (630) is preferably 0~400nm range.

[透明フィルム] [Transparent Film]
透明フィルムは、ガラス又は透明なポリマーフィルムであるのが好ましい。 The transparent film is preferably a glass or a transparent polymer film. 透明フィルムは、光透過率が80%以上であることが好ましい。 Transparent film preferably has a light transmittance of 80% or more. ポリマーフィルムを構成するポリマーの例には、セルロースエステル(例、セルロースのモノ乃至トリアシレート体)、ノルボルネン系ポリマーおよびポリメチルメタクリレートが含まれる。 Examples of the polymer constituting the polymer film include cellulose esters (e.g., mono- to Toriashireto of cellulose) include norbornene polymers and polymethyl methacrylate. 市販のポリマー(ノルボルネン系ポリマーでは、アートン及びゼオネックス(いずれも商品名))を用いてもよい。 (The norbornene-based polymer, ARTON and ZEONEX (trade name)) commercially available polymers may be used. 又、従来知られているポリカーボネートやポリスルホンのような複屈折の発現しやすいポリマーは、国際公開第00/26705号パンフレットに記載のように、分子を修飾することで複屈折の発現性を制御したものを用いるのが好ましい。 Further, the expression tends polymer birefringence such as polycarbonate and polysulfone conventionally known, as described in WO 00/26705 pamphlet, and control the expression of birefringence by modifying the molecule preferably used ones.
中でもセルロースエステルが好ましく、セルロースの低級脂肪酸エステルがさらに好ましい。 Among them, cellulose esters are preferred and lower fatty acid esters of cellulose are more preferred. 低級脂肪酸とは、炭素原子数が6以下の脂肪酸を意味する。 The lower fatty acid, the number of carbon atoms means a 6 following fatty acids. 特に、炭素原子数が2〜4のセルロースアシレートが好ましい。 Particularly, preferably the cellulose acylate of 2-4 carbon atoms.

以下に本発明に使用するのに好ましいセルロースアシレートフィルムについて説明する。 Will be described preferred cellulose acylate film for use in the present invention are shown below.
本発明に使用するのに好ましいセルロースアシレートフィルムは、特定のセルロースアシレートを原料として用いて形成されている。 Preferred cellulose acylate film for use in the present invention is formed by using a specific cellulose acylate as a starting material. 光学異方性の発現性を大きくする場合と、小さくする場合とで使用するセルロースアシレートを使い分ける。 Selectively in the case of increasing the expression of the optical anisotropy of the cellulose acylate to be used in the case of decreasing.
まず、光学フィルム1に対応する光学異方性を小さくする場合のセルロースアシレートフィルムについて詳細に説明する。 First, it will be described in detail the cellulose acylate film in the case of small optical anisotropy corresponding to the optical film 1.

[セルロースアシレート原料綿] [Cellulose acylate raw cotton]
本発明に用いられるセルロースアシレート原料のセルロースとしては、綿花リンタや木材パルプ(広葉樹パルプ,針葉樹パルプ)などがあり、何れの原料セルロースから得られるセルロースアシレートでも使用でき、場合により混合して使用してもよい。 The cellulose material for cellulose acylate used in the present invention include cotton linter and wood pulp (hardwood pulp, softwood pulp), can be used in the cellulose acylate obtained from any raw material cellulose, and mixed optionally with use it may be. これらの原料セルロースについての詳細な記載は、例えば丸澤、宇田著「プラスチック材料講座(17)繊維素系樹脂」(日刊工業新聞社、1970年発行)や発明協会公開技報公技番号2001−1745号(7頁〜8頁)に記載のセルロースを用いることができ、本発明のセルロースアシレートフィルムに対しては特に限定されるものではない。 There are detailed descriptions of these raw materials cellulose, for example Marusawa, Uda "Plastic Material Lecture (17) cellulose-based resin" (Nikkan Kogyo Shimbun, published 1970) and Hatsumei Kyokai 2001- can be used cellulose described in JP 1745 (pp. 7-8), there is no particular limitation with respect to the cellulose acylate film of the present invention.

[セルロースアシレート置換度] [Cellulose acylate degree of substitution]
次に上述のセルロースを原料に製造される本発明のセルロースアシレートについて記載する。 Then described cellulose acylate of the present invention produced cellulose described above as a raw material. 本発明のセルロースアシレートはセルロースの水酸基がアシル化されたもので、その置換基はアシル基の炭素原子数が2のアセチル基から炭素原子数が22のものまでいずれも用いることができる。 The cellulose acylate of the present invention has hydroxyl group in cellulose is acylated, the substituent may be used either acetyl groups of the number of carbon atoms of the acyl group is 2 to those carbon atoms of 22. 本発明のセルロースアシレートにおいて、セルロースの水酸基への置換度については特に限定されないが、セルロースの水酸基に置換する酢酸及び/又は炭素原子数3〜22の脂肪酸の結合度を測定し、計算によって置換度を得ることができる。 In the cellulose acylate of the present invention, is not particularly limited degree of substitution to the hydroxyl group of cellulose, and measuring the binding of the fatty acid and / or having 3 to 22 carbon atoms substituting hydroxyl groups of cellulose, substituted by calculation degree can be obtained. 測定方法としては、ASTMのD−817−91に準じて実施することが出来る。 The measurement can be carried out according to D-817-91 of ASTM.

上述のように本発明のセルロースアシレートにおいて、セルロースの水酸基への置換度については特に限定されないが、セルロースの水酸基へのアシル置換度が2.50〜3.00であることがのぞましい。 In the cellulose acylate of the present invention as described above, is not particularly limited degree of substitution to the hydroxyl group of cellulose, it is desirable acyl substitution degree of cellulose to hydroxyl groups is 2.50 to 3.00. さらには置換度が2.75〜3.00であることがのぞましく、2.85〜3.00であることがよりのぞましい。 Further desirably the degree of substitution is 2.75 to 3.00, and more desirably is 2.85 to 3.00.

セルロースの水酸基に置換する酢酸及び/又は炭素原子数3〜22の脂肪酸のうち、炭素数2〜22のアシル基としては、脂肪族基でもアリル基でもよく特に限定されず、単一でも2種類以上の混合物でもよい。 Among acetic acid and / or fatty acids having from 3 to 22 carbon atoms substituting hydroxyl groups of cellulose, the acyl group having 2 to 22 carbon atoms is not particularly limited and may be an allyl group in an aliphatic group, two in a single it may be a mixture of the above. それらは、例えばセルロースのアルキルカルボニルエステル、アルケニルカルボニルエステルあるいは芳香族カルボニルエステル、芳香族アルキルカルボニルエステルなどであり、それぞれさらに置換された基を有していてもよい。 They are, for example alkylcarbonyl ester of cellulose, alkenylcarbonyl ester or aromatic carbonyl ester, and the like aromatic alkylcarbonyl esters, may further have a substituted group. これらの好ましいアシル基としては、アセチル、プロピオニル、ブタノイル、へプタノイル、ヘキサノイル、オクタノイル、デカノイル、ドデカノイル、トリデカノイル、テトラデカノイル、ヘキサデカノイル、オクタデカノイル、iso−ブタノイル、t−ブタノイル、シクロヘキサンカルボニル、オレオイル、ベンゾイル、ナフチルカルボニル、シンナモイル基などを挙げることが出来る。 Preferred examples of the acyl group include acetyl, propionyl, butanoyl, hexanoyl, octanoyl, decanoyl, dodecanoyl, tridecanoyl, tetradecanoyl, hexadecanoyl, octadecanoyl, iso- butanoyl, t-butanoyl, cyclohexanecarbonyl, oleoyl, benzoyl, naphthyl carbonyl, and cinnamoyl group can be exemplified. これらの中でも、アセチル、プロピオニル、ブタノイル、ドデカノイル、オクタデカノイル、t−ブタノイル、オレオイル、ベンゾイル、ナフチルカルボニル、シンナモイルなどが好ましく、アセチル、プロピオニル、ブタノイルがより好ましい。 Among them, acetyl, propionyl, butanoyl, dodecanoyl, octadecanoyl, t-butanoyl, oleoyl, benzoyl, naphthyl carbonyl, preferably and cinnamoyl, acetyl, propionyl, butanoyl are more preferred.

本発明の発明者が鋭意検討した結果、上述のセルロースの水酸基に置換するアシル置換基のうちで、実質的にアセチル基/プロピオニル基/ブタノイル基の少なくとも2種類からなる場合においては、その全置換度が2.50〜3.00の場合にセルロースアシレートフィルムの光学異方性が低下できることがわかった。 Results inventors have conducted extensive studies of the present invention, among the acyl substituents replacing a hydroxyl group of the above cellulose, in the case of at least two substantially acetyl group / propionyl group / butanoyl group, the total substitution degree optical anisotropy of the cellulose acylate film was able to be reduced when the 2.50 to 3.00. より好ましいアシル置換度は2.60〜3.00であり、さらにのぞましくは2.65〜3.00である。 More preferred acyl substitution degree is 2.60 to 3.00, even more preferably is 2.65 to 3.00.

[セルロースアシレートの重合度] [Degree of polymerization of the cellulose acylate]
本発明で好ましく用いられるセルロースアシレートの重合度は、粘度平均重合度で180〜700であり、セルロースアセテートにおいては、180〜550がより好ましく、180〜400が更に好ましく、180〜350が特に好ましい。 The degree of polymerization of the cellulose acylate preferably used in the present invention is from 180 to 700 in viscosity average polymerization degree, in the cellulose acetate, more preferably from 180 to 550, more preferably 180 to 400, particularly preferably from 180 to 350 . 重合度が高すぎるとセルロースアシレートのドープ溶液の粘度が高くなり、流延によりフィルム作製が困難になる。 If the polymerization degree is too high increases the viscosity of the dope solution of cellulose acylate film produced becomes difficult by casting. 重合度が低すぎると作製したフィルムの強度が低下してしまう。 The strength of the produced and the degree of polymerization is too low the film is lowered. 平均重合度は、宇田らの極限粘度法(宇田和夫、斉藤秀夫、繊維学会誌、第18巻第1号、105〜120頁、1962年)により測定できる。 The average polymerization degree can be measured Uda et limiting viscosity method (Kazuo Uda, Hideo Saito, fibers Journal, Vol. 18, No. 1, pp. 105 to 120, 1962) by. 特開平9−95538に詳細に記載されている。 It is described in detail in JP-A-9-95538.
また、本発明で好ましく用いられるセルロースアシレートの分子量分布はゲルパーミエーションクロマトグラフィーによって評価され、その多分散性指数Mw/Mn(Mwは質量平均分子量、Mnは数平均分子量)が小さく、分子量分布が狭いことが好ましい。 The molecular weight distribution of the cellulose acylate preferably used in the invention is evaluated by gel permeation chromatography, the polydispersity index Mw / Mn (Mw: mass-average molecular weight, Mn: number-average molecular weight) is small, the molecular weight distribution it is preferable that the narrow. 具体的なMw/Mnの値としては、1.0〜3.0であることが好ましく、1.0〜2.0であることがさらに好ましく、1.0〜1.6であることが最も好ましい。 Specifically, the value of Mw / Mn, and most be preferably from 1.0 to 3.0, more preferably from 1.0 to 2.0, which is 1.0 to 1.6 preferable.

低分子成分が除去されると、平均分子量(重合度)が高くなるが、粘度は通常のセルロースアシレートよりも低くなるため有用である。 When low molecular components are removed, the average molecular weight (polymerization degree) increases, viscosity is useful to become lower than that of ordinary cellulose acylate. 低分子成分の少ないセルロースアシレートは、通常の方法で合成したセルロースアシレートから低分子成分を除去することにより得ることができる。 Reduced low-molecular components of cellulose acylate can be obtained from cellulose acylate synthesized in the usual manner obtained by removing low-molecular components. 低分子成分の除去は、セルロースアシレートを適当な有機溶媒で洗浄することにより実施できる。 Removal of the low molecular components can be carried out by washing the cellulose acylate with an appropriate organic solvent. なお、低分子成分の少ないセルロースアシレートを製造する場合、酢化反応における硫酸触媒量を、セルロース100質量部に対して0.5〜25質量部に調整することが好ましい。 In the case of producing cellulose acylate having a small amount of a low-molecular components, the amount of the sulfuric acid catalyst in the acetylation reaction is preferably adjusted to 0.5 to 25 parts by mass relative to 100 parts by mass of cellulose. 硫酸触媒の量を上記範囲にすると、分子量部分布の点でも好ましい(分子量分布の均一な)セルロースアシレートを合成することができる。 When the amount of the sulfuric acid catalyst in the above range, (uniform molecular weight distribution) is also preferable in terms of molecular weight portion distribution it is possible to synthesize cellulose acylate. 本発明のセルロースアシレートの製造時に使用される際には、その含水率は2質量%以下であることが好ましく、さらに好ましくは1質量%以下であり、特には0.7質量%以下の含水率を有するセルロースアシレートである。 As used in the production of the cellulose acylate of the present invention preferably has a water content of 2 mass%, more preferably 1% by weight, particularly 0.7 mass% of water it is a cellulose acylate having a rate. 一般に、セルロースアシレートは、水を含有しており2.5〜5質量%が知られている。 In general, cellulose acylate, 2.5 to 5% by weight and containing water are known. 本発明でこのセルロースアシレートの含水率にするためには、乾燥することが必要であり、その方法は目的とする含水率になれば特に限定されない。 To water content of the cellulose acylate in the present invention must be dried, the method is not limited particularly if the water content of interest. 本発明のこれらのセルロースアシレートは、その原料綿や合成方法は発明協会公開技報公技番号2001−1745号(2001年3月15日発行、発明協会)にて7頁〜12頁に詳細に記載されている。 These cellulose acylate of the present invention, the raw material cotton and synthesis method Japan Institute of Invention and Innovation Journal of Technical Disclosure No. 2001-1745 (March 15, 2001 issue, Japan Institute of Invention and Innovation) at page 7 to 12 pages to detail It is described in.

本発明のセルロースアシレートは置換基、置換度、重合度、分子量分布など前述した範囲であれば、単一あるいは異なる2種類以上のセルロースアシレートを混合して用いることができる。 The cellulose acylate of the present invention the substituent, substitution degree, polymerization degree, as long as the above-mentioned range, molecular weight distribution, can be used as a mixture of single or two or more kinds of cellulose acylate.

[セルロースアシレートへの添加剤] [Additive to the cellulose acylate]
以下に本発明に使用するのに好ましい添加剤について説明する。 It will be described preferred additive for use in the present invention are shown below.
本発明のセルロースアシレート溶液には、各調製工程において用途に応じた種々の添加剤(例えば、光学的異方性を低下する化合物、波長分散調整剤、紫外線防止剤、可塑剤、劣化防止剤、微粒子、光学特性調整剤など)を加えることができ、これらについて以下に説明する。 The cellulose acylate solution of the present invention, various additives according to the application in each preparation step (e.g., compounds lowering optical anisotropy, a wavelength dispersion regulator, ultraviolet inhibitor, a plasticizer, a deterioration inhibitor , particulates, such as optical property adjusting agent) can be added, describe these below. またその添加する時期はドープ作製工程において何れでも添加しても良いが、ドープ調製工程の最後の調製工程に添加剤を添加し調製する工程を加えて行ってもよい。 Or it may be added either in the dope preparation process timing of addition thereof but may be performed by adding the step of adding the additives to the final preparation step of the dope preparation process.

(光学的異方性を低下させる化合物) (Compound capable of lowering optical anisotropy)
本発明のセルロースアシレートフィルムの光学的異方性、とくにフィルム膜厚方向のレターデーションRthを低下させる化合物を、下記式(III)、(IV)をみたす範囲で少なくとも一種含有することがのぞましい。 Optical anisotropy of the cellulose acylate film of the present invention, particularly a film thickness-direction retardation Rth compounds lowering, the following formula (III), that contains at least one in the range satisfying the (IV) desirable.
(III)(Rth(A)−Rth(0))/A≦−1.0 (III) (Rth (A) -Rth (0)) / A ≦ -1.0
(IV) 0.01≦A≦30 (IV) 0.01 ≦ A ≦ 30
上記式(III)、(IV)は (III)(Rth(A)−Rth(0))/A≦−2.0 The formula (III), (IV) is (III) (Rth (A) -Rth (0)) / A ≦ -2.0
(IV) 0.05≦A≦25 (IV) 0.05 ≦ A ≦ 25
であることがよりのぞましく、 And more desirably,
(III)(Rth(A)−Rth(0))/A≦−3.0 (III) (Rth (A) -Rth (0)) / A ≦ -3.0
(IV) 0.1≦A≦20 (IV) 0.1 ≦ A ≦ 20
であることがさらにのぞましい。 Even more desirable it is.

[セルロースアシレートフィルムの光学的異方性を低下させる化合物の構造的特徴] [Structural feature of the compound capable of lowering optical anisotropy of the cellulose acylate film]
セルロースアシレートフィルムの光学的異方性を低下させる化合物について説明する。 It explained optically anisotropic compound for reducing the cellulose acylate film. 本発明の発明者らは、鋭意検討した結果、フィルム中のセルロースアシレートが面内および膜厚方向に配向するのを抑制する化合物を用いて光学的異方性を十分に低下させ、Re、Rthがともにゼロに近くなるようにした。 The inventors of the present invention, a result of extensive studies, fully reduce the optical anisotropy of cellulose acylate in the film by using a compound that inhibits to orientation in the in-plane and thickness direction, Re, Rth was to both be close to zero. このためには光学的異方性を低下させる化合物はセルロースアシレートに十分に相溶し、化合物自身が棒状の構造や平面性の構造を持たないことが有利である。 To this compound for reducing optical anisotropy is sufficiently compatible with cellulose acylate, it is advantageous that the compound itself does not have a rod-shaped structure or a planar structure. 具体的には芳香族基のような平面性の官能基を複数持っている場合、それらの官能基を同一平面ではなく、非平面に持つような構造が有利である。 Specifically when a has a plurality of planar functional groups such as aromatic groups, rather than the same plane and their functional groups, like structure having a non-planar is advantageous.

(LogP値) (LogP value)
本発明のセルロースアシレートフィルムを作製するにあたっては、上述のようにフィルム中のセルロースアシレートが面内および膜厚方向に配向するのを抑制して光学異方性を低下させる化合物のうち、オクタノール−水分配係数(logP値)が0ないし7である化合物が好ましい。 In producing a cellulose acylate film of the present invention, among the compounds capable of lowering the optical anisotropy of cellulose acylate in the film as described above is suppressed to orientation in the in-plane and thickness direction, octanol - compound water partition coefficient (logP value) is 7 from 0 are preferred. logP値が7を超える化合物は、セルロースアシレートとの相溶性に乏しく、フィルムの白濁や粉吹きを生じやすい。 Compound logP value exceeds 7, poor compatibility with cellulose acylate, susceptible to white turbidity or powdery film. また、logP値が0よりも小さな化合物は親水性が高いために、セルロースアセテートフィルムの耐水性を悪化させる場合がある。 Also, small compound than logP value is 0 due to the high hydrophilicity, it may worsen the water resistance of the cellulose acetate film. logP値としてさらに好ましい範囲は1ないし6であり、特に好ましい範囲は1.5ないし5である。 A more preferred range as logP value is 1 to 6, particularly preferred range is 5 to 1.5 to.
オクタノール−水分配係数(logP値)の測定は、JIS日本工業規格Z7260−107(2000)に記載のフラスコ浸とう法により実施することができる。 Octanol - Determination of water partition coefficient (logP value) can be carried out by flask immersion shaking method described in JIS Japanese Industrial Standard Z7260-107 (2000). また、オクタノール−水分配係数(logP値)は実測に代わって、計算化学的手法あるいは経験的方法により見積もることも可能である。 Also, octanol - water partition coefficient (logP value) instead of the actual measurement, it is also be estimated according to a calculative chemical method or an empirical method. 計算方法としては、Crippen's fragmentation法(J.Chem.Inf.Comput.Sci.,27,21(1987))、Viswanadhan's fragmentation法(J.Chem.Inf.Comput.Sci.,29,163(1989))、Broto's fragmentation法(Eur.J.Med.Chem.− Chim.Theor.,19,71(1984))などが好ましく用いられるが、Crippen's fragmentation法(J.Chem.Inf.Comput.Sci.,27,21(1987))がより好ましい。 As a calculation method, Crippen's fragmentation method (J.Chem.Inf.Comput.Sci., 27,21 (1987)), Viswanadhan's fragmentation method (J.Chem.Inf.Comput.Sci., 29,163 (1989)), Broto's fragmentation method (Eur.J.Med.Chem.- Chim.Theor., 19,71 (1984)) but is preferably used, such as, Crippen's fragmentation method (J.Chem.Inf .Comput.Sci., 27,21 (1987)) is more preferable. ある化合物のlogPの値が測定方法あるいは計算方法により異なる場合に、該化合物が本発明の範囲内であるかどうかは、Crippen's fragmentation法により判断することが好ましい。 If the value of logP of a compound differs depending on the measurement method or the calculation method, the compound whether it is within the scope of the present invention, it is preferable to judged by the Crippen's fragmentation method.

[光学的異方性を低下する化合物の物性] [Physical Properties of compounds lowering optical anisotropy]
光学異方性を低下させる化合物は、芳香族基を含有しても良いし、含有しなくても良い。 Compound for reducing optical anisotropy may also contain aromatic groups, it may not be contained. また光学異方性を低下させる化合物は、分子量が150以上3000以下であることが好ましく、170以上2000以下であることが好ましく、200以上1000以下であることが特に好ましい。 The compound for reducing optical anisotropy preferably has a molecular weight of from 150 to 3000, and particularly preferably preferably 170 to 2,000, is 200 to 1,000. これらの分子量の範囲であれば、特定のモノマー構造であっても良いし、そのモノマーユニットが複数結合したオリゴマー構造、ポリマー構造でも良い。 If the range of molecular weights, may have a specific monomer structure or an oligomer structure plurality of the monomer units are bonded, it may be a polymer structure.
光学異方性を低下させる化合物は、好ましくは、25℃で液体であるか、融点が25〜250℃の固体であり、さらに好ましくは、25℃で液体であるか、融点が25〜200℃の固体である。 Compound for reducing optical anisotropy preferably either a liquid at 25 ° C., a melting point of 25 to 250 ° C. of the solid, more preferably liquid at 25 ° C., a melting point of 25 to 200 ° C. which is a solid. また光学異方性を低下させる化合物は、セルロースアシレートフィルム作製のドープ流延、乾燥の過程で揮散しないことが好ましい。 The compound for reducing optical anisotropy preferably does not evaporate cellulose acylate film prepared dope casting and drying process of.
光学異方性を低下させる化合物の添加量は、セルロースアシレートの0.01ないし30質量%であることが好ましく、1ないし25質量%であることがより好ましく、5ないし20質量%であることが特に好ましい。 The addition amount of the compound for reducing optical anisotropy, that it is 0.01 to 30 wt% of the cellulose acylate is preferably, more preferably about 1 to about 25 wt%, 5 to 20 wt% It is particularly preferred.
光学異方性を低下させる化合物は、単独で用いても、2種以上化合物を任意の比で混合して用いてもよい。 Compound for reducing optical anisotropy may be used alone, two or more compounds may be mixed in any ratio.
光学異方性を低下させる化合物を添加する時期はドープ作製工程中の何れであってもよく、ドープ調製工程の最後に行ってもよい。 The timing of adding the compound for reducing optical anisotropy may be any of the dope preparation step, or after the completion of the dope preparation process.

光学異方性を低下させる化合物は、少なくとも一方の側の表面から全膜厚の10%までの部分における該化合物の平均含有率が、該セルロースアシレートフィルムの中央部における該化合物の平均含有率の80−99%である。 Compound for reducing optical anisotropy, the average content of the compound in a portion from the surface of at least one side up to 10% of the total thickness has an average content of the compound in the central portion of the cellulose acylate film which is 80-99% of. 本発明の化合物の存在量は、例えば、特開平8−57879号公報に記載の赤外吸収スペクトルを用いる方法などにより表面および中心部の化合物量を測定して求めることができる。 Abundance of compounds of the invention may, for example, can be determined by measuring an amount of a compound of the surface and the center by a method using infrared absorption spectrum described in JP-A-8-57879.

以下に本発明で好ましく用いられる、セルロースアシレートフィルムの光学異方性を低下させる化合物の具体例を示すが、本発明はこれら化合物に限定されない。 Preferably used in the present invention Hereinafter, specific examples of the compound capable of lowering the optical anisotropy of the cellulose acylate film, the present invention is not limited to these compounds.
オクタノール−水分配係数(logP値)が0ないし7である化合物として、一般式(A)、(B)、(C)のいずれかで表される化合物が好ましい。 Octanol - as water partition coefficient (logP value) is a compound which is 7 from 0, the general formula (A), (B), preferred compounds represented by any one of (C).

[式中、R 1はアルキル基またはアリール基を表し、R 2およびR 3は、それぞれ独立に、水素原子、アルキル基またはアリール基を表す。 [In the formula, R 1 represents an alkyl group or an aryl group, R 2 and R 3 each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or an aryl group. 1 、R 2およびR 3の炭素原子数の総和は10以上である。 The total number of carbon atoms in R 1, R 2 and R 3 is 10 or more. ]

[式中、R 1はアルキル基またはアリール基を表し、R 2およびR 3はそれぞれ独立に水素原子、アルキル基またはアリール基を表す。 [In the formula, R 1 represents an alkyl group or an aryl group, R 2 and R 3 each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or an aryl group. ]

上記一般式(C)において、R 4 、R 5およびR 6はそれぞれ独立にアルキル基またはアリール基を表す。 In the general formula (C), it represents a R 4, R 5 and R 6 are each independently an alkyl group or an aryl group.

一般式(A)の化合物について説明する。 It is described compounds of the general formula (A).
上記一般式(A)において、R 1はアルキル基またはアリール基を表し、R 2およびR 3は、それぞれ独立に、水素原子、アルキル基またはアリール基を表す。 In the general formula (A), R 1 is alkyl or aryl, R 2 and R 3 each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or an aryl group. また、R 1 、R 2およびR 3の炭素原子数の総和が10以上であることが特に好ましい。 It is particularly preferred total number of carbon atoms in R 1, R 2 and R 3 is 10 or more. 置換基としてはフッ素原子、アルキル基、アリール基、アルコキシ基、スルホン基およびスルホンアミド基が好ましく、アルキル基、アリール基、アルコキシ基、スルホン基およびスルホンアミド基が特に好ましい。 Fluorine atom as a substituent, an alkyl group, an aryl group, an alkoxy group, sulfone group and sulfonamide group are preferable, an alkyl group, an aryl group, an alkoxy group, a sulfone group and a sulfonamide group. また、アルキル基は直鎖であっても、分岐であっても、環状であってもよく、炭素原子数1乃至25のものが好ましく、6乃至25のものがより好ましく、6乃至20のもの(例えば、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、イソブチル、t-ブチル、アミル、イソアミル、t-アミル、ヘキシル、シクロヘキシル、ヘプチル、オクチル、ビシクロオクチル、ノニル、アダマンチル、デシル、t-オクチル、ウンデシル、ドデシル、トリデシル、テトラデシル、ペンタデシル、ヘキサデシル、ヘプタデシル、オクタデシル、ノナデシル、ジデシル)が特に好ましい。 The alkyl group may be straight chain, be branched, may be cyclic, preferably having from 1 to 25 carbon atoms, more preferably one having 6 to 25, 6 to 20 ones (e.g., methyl, ethyl, propyl, isopropyl, butyl, isobutyl, t- butyl, amyl, isoamyl, t-amyl, hexyl, cyclohexyl, heptyl, octyl, bicyclooctyl, nonyl, adamantyl, decyl, t-octyl, undecyl, dodecyl, tridecyl, tetradecyl, pentadecyl, hexadecyl, heptadecyl, octadecyl, nonadecyl, didecyl) is particularly preferred. アリール基としては炭素原子数が6乃至30のものが好ましく、6乃至24のもの(例えば、フェニル、ビフェニル、テルフェニル、ナフチル、ビナフチル、トリフェニルフェニル)が特に好ましい。 Preferably has carbon atoms of 6 to 30 aryl group, a 6 to 24 ones (e.g., phenyl, biphenyl, terphenyl, naphthyl, binaphthyl, triphenylphenyl). 一般式(A)で表される化合物の好ましい例を下記に示すが、本発明はこれらの具体例に限定されるものではない。 While indicating preferred examples of the compound represented by formula (A) below, the present invention is not limited to these specific examples.

次に、以下に、一般式(B)または一般式(C)で表される化合物の好ましい例を下記に示すが、本発明はこれらの具体例に限定されるものではない。 Next, the following general formula (B) or while indicating preferred examples of the compound represented by the general formula (C) below, the present invention is not limited to these specific examples.

[波長分散調整剤] [Wavelength dispersion regulator]
セルロースアシレートフィルムの波長分散を低下させる化合物(以下波長分散調整剤ともいう)について説明する。 Compound that reduces the wavelength dispersion of the cellulose acylate film for (hereinafter also referred to as a chromatic dispersion controlling agent) is described. 本発明のセルロースアシレートフィルムのRthの波長分散を良化させるためには、下記式(iv)で表されるRthの波長分散ΔRth=|Rth (400) −Rth (700) |を低下させる化合物を、下記式(v)、(vi)をみたす範囲で少なくとも一種含有することがのぞましい。 To improved the chromatic dispersion of Rth of the cellulose acylate film of the present invention, the wavelength dispersion [Delta] Rth = the Rth represented by the following formula (iv) | Rth (400) -Rth (700) | compounds lowering the following formula (v), that contains at least one in the range satisfying the (vi) desirable.
(iv)ΔRth=|Rth (400) −Rth (700) (Iv) ΔRth = | Rth ( 400) -Rth (700) |
(v)(ΔRth(B)−ΔRth(0))/B≦−2.0 (V) (ΔRth (B) -ΔRth (0)) / B ≦ -2.0
(vi)0.01≦B≦30 (Vi) 0.01 ≦ B ≦ 30
上記式(v)、(vi)は (v)(ΔRth(B)−ΔRth(0))/B≦−3.0 The formula (v), (vi) is (v) (ΔRth (B) -ΔRth (0)) / B ≦ -3.0
(vi)0.05≦B≦25 (Vi) 0.05 ≦ B ≦ 25
であることがよりのぞましく、 And more desirably,
(v)(ΔRth(B)−ΔRth(0))/B≦−4.0 (V) (ΔRth (B) -ΔRth (0)) / B ≦ -4.0
(vi)0.1≦B≦20 (Vi) 0.1 ≦ B ≦ 20
であることがさらにのぞましい。 Even more desirable it is.
上記の波長分散調整剤は、200〜400nmの紫外領域に吸収を持ち、フィルムの|Re (400) −Re (700) |および|Rth (400) −Rth (700) |を低下させる化合物を少なくとも1種、セルロースアシレート固形分に対して0.01〜30質量%含むことによってセルロースアシレートフィルムのRe、Rthの波長分散を調整した。 The above wavelength dispersion adjusting agent has an absorption in the ultraviolet region of 200 to 400 nm, the film | Re (400) -Re (700 ) | and | at least a compound that reduces the | Rth (400) -Rth (700 ) one was adjusted Re, the wavelength dispersion of Rth of the cellulose acylate film by including 0.01 to 30 wt% of the cellulose acylate solid content. 添加量としては0.1〜30質量%含むことによってセルロースアシレートフィルムのRe、Rthの波長分散を調整した。 Re of the cellulose acylate film by the addition amount of 0.1 to 30 mass%, to prepare a wavelength dispersion of the Rth.

セルロースアシレートフィルムのRe、Rthの値は一般に短波長側よりも長波長側が大きい波長分散特性となる。 Re of the cellulose acylate film, the value of Rth is the general wavelength dispersion characteristic is greater the longer wavelength than in the shorter wavelength side. したがって相対的に小さい短波長側のRe、Rthを大きくすることによって波長分散を平滑にすることが要求される。 Thus a relatively small short-wavelength side Re, it is required to smooth the wavelength dispersion by increasing the Rth. 一方200〜400nmの紫外領域に吸収を持つ化合物は短波長側よりも長波長側の吸光度が大きい波長分散特性をもつ。 On the other hand, a compound having an absorption in the ultraviolet region of 200~400nm rather than the short wavelength side having a wavelength dispersion characteristic absorbance greater on the long wavelength side. この化合物自身がセルロースアシレートフィルム内部で等方的に存在していれば、化合物自身の複屈折性、ひいてはRe、Rthの波長分散は吸光度の波長分散と同様に短波長側が大きいと想定される。 If this compound itself is present isotropically inside cellulose acylate film, the birefringence of the compound itself, are contemplated and thus Re, Rth chromatic dispersion of, like chromatic dispersion in the absorbance between the short wavelength side is greater .

したがって上述したような、200〜400nmの紫外領域に吸収を持ち、化合物自身のRe、Rthの波長分散が短波長側が大きいと想定されるものを用いることによって、セルロースアシレートフィルムのRe、Rthの波長分散を調製することができる。 Therefore, as described above, has an absorption in the ultraviolet region of 200 to 400 nm, the compound itself Re, by using what wavelength dispersion of Rth is assumed to shorter wavelength side is large, the cellulose acylate film Re, the Rth it can be prepared chromatic dispersion. このためには波長分散を調整する化合物はセルロースアシレートに十分均一に相溶することが要求される。 The compound which controls the chromatic dispersion in order is required to sufficiently uniformly miscible with cellulose acylate. このような化合物の紫外領域の吸収帯範囲は200〜400nmが好ましいが、220〜395nmがより好ましく、240〜390nmがさらに好ましい。 The range of the absorbance in the ultraviolet region of these compounds is preferably 200 to 400 nm, more preferably 220~395Nm, more preferably 240~390Nm.

また、近年テレビやノートパソコン、モバイル型携帯端末などの液晶表示装置ではより少ない電力で輝度を高めるに、液晶表示装置に用いられる光学部材の透過率が優れたものが要求されている。 In recent years TV or laptop, in the brightness was increase with less electrical power in the liquid crystal display device such as a mobile phone, which the transmittance of the optical member used in a liquid crystal display device is excellent has been required. その点においては、200〜400nmの紫外領域に吸収を持ち、フィルムの|Re (400) −Re (700) |および|Rth (400) −Rth (700) |を低下させる化合物をセルロースアシレートフィルムに添加する場合、分光透過率が優れている要求される。 In that regard, has an absorption in the ultraviolet region of 200 to 400 nm, the film | Re (400) -Re (700 ) | and | Rth (400) -Rth (700 ) | cellulose compounds that reduce the rate film when added, the required spectral transmittance is excellent. 本発明のセルロースアシレートフィルムにおいては、波長380nmにおける分光透過率が45%以上95%以下であり、かつ波長350nmにおける分光透過率が10%以下であることがのぞましい。 In the cellulose acylate film of the present invention is 95% or less 45% or more spectral transmittance at a wavelength of 380 nm, and the spectral transmittance at a wavelength of 350nm is desirable to be 10% or less.

上述のような、本発明で好ましく用いられる波長分散調整剤は揮散性の観点から分子量が250〜1000であることが好ましい。 As described above, the wavelength dispersion adjusting agent preferably used in the present invention preferably has a molecular weight from the viewpoint of volatility is 250-1000. より好ましくは260〜800であり、更に好ましくは270〜800であり、特に好ましくは300〜800である。 More preferably from 260 to 800, more preferably from 270 to 800, particularly preferably from 300 to 800. これらの分子量の範囲であれば、特定のモノマー構造であっても良いし、そのモノマーユニットが複数結合したオリゴマー構造、ポリマー構造でも良い。 If the range of molecular weights, may have a specific monomer structure or an oligomer structure plurality of the monomer units are bonded, it may be a polymer structure.

波長分散調整剤は、セルロースアシレートフィルム作製のドープ流延、乾燥の過程で揮散しないことが好ましい。 Wavelength dispersion adjusting agent preferably does not vaporize cellulose acylate film prepared dope casting and drying process of.

(化合物添加量) (Compound addition amount)
上述した本発明で好ましく用いられる波長分散調整剤の添加量は、セルロースアシレートの0.01ないし30質量%であることが好ましく、0.1ないし20質量%であることがより好ましく、0.2ないし10質量%であることが特に好ましい。 The addition amount of preferably chromatic dispersion controlling agent used in the present invention described above is preferably from 0.01 to 30% by weight of the cellulose acylate, more preferably from 20 wt% to 0.1, 0. it is particularly preferred 2 to 10 wt%.

(化合物添加の方法) (Method of compound addition)
またこれら波長分散調整剤は、単独で用いても、2種以上化合物を任意の比で混合して用いてもよい。 Also these chromatic dispersion controlling agent may be used alone, two or more compounds may be mixed in any ratio.
またこれら波長分散調整剤を添加する時期はドープ作製工程中の何れであってもよく、ドープ調製工程の最後に行ってもよい。 Also it may be either in timing dope preparation step of adding these wavelength dispersion adjusting agent may be after the completion of the dope preparation process.

本発明に好ましく用いられる波長分散調整剤の具体例としては、例えばベンゾトリアゾール系化合物、ベンゾフェノン系化合物、シアノ基を含む化合物、オキシベンゾフェノン系化合物、サリチル酸エステル系化合物、ニッケル錯塩系化合物などが挙げられるが、本発明はこれら化合物だけに限定されるものではない。 Specific examples of preferred chromatic dispersion controlling agent used in the present invention include benzotriazole compounds, benzophenone compounds, compounds containing a cyano group, oxy benzophenone compounds, salicylate compounds, and nickel complex salt-based compound but the present invention is not intended to be limited to these compounds.

ベンゾトリアゾール系化合物としては一般式(101)で示されるものが本発明の波長分散調整剤として好ましく用いられる。 Things as the benzotriazole compounds represented by the general formula (101) is preferably used as a chromatic dispersion controlling agent of the present invention.

一般式(101) Q 1 −Q 2 −OH Formula (101) Q 1 -Q 2 -OH

(式中、Q 1は含窒素芳香族ヘテロ環Q 2は芳香族環を表す。) (In formula (I), Q 1 is a nitrogen-containing aromatic heterocyclic ring Q 2 is an aromatic ring.)

1は含窒素方向芳香族へテロ環をあらわし、好ましくは5乃至7員の含窒素芳香族ヘテロ環であり、より好ましくは5ないし6員の含窒素芳香族ヘテロ環であり、例えば、イミダゾール、ピラゾール、トリアゾール、テトラゾール、チアゾール、オキサゾール、セレナゾール、ベンゾトリアゾール、ベンゾチアゾール、ベンズオキサゾール、ベンゾセレナゾール、チアジアゾール、オキサジアゾール、ナフトチアゾール、ナフトオキサゾール、アザベンズイミダゾール、プリン、ピリジン、ピラジン、ピリミジン、ピリダジン、トリアジン、トリアザインデン、テトラザインデン等があげられ、更に好ましくは、5員の含窒素芳香族ヘテロ環であり、具体的にはイミダゾール、ピラゾール、トリアゾール、テトラゾール、チアゾール、オキ Q 1 is represents a nitrogen-containing heterocycle direction aromatic, preferably a nitrogen-containing aromatic heterocyclic ring of 5 to 7 membered, more preferably 5 to 6-membered nitrogen-containing aromatic heterocycle, such as imidazole , pyrazole, triazole, tetrazole, thiazole, oxazole, selenazole, benzotriazole, benzothiazole, benzoxazole, benzoselenazole, thiadiazole, oxadiazole, naphthothiazole, naphthoxazole, azabenzimidazole, purine, pyridine, pyrazine, pyrimidine, pyridazine, triazine, triazaindene, tetrazaindene and the like, and more preferably, a nitrogen-containing aromatic 5-membered heterocycle, specifically an imidazole, pyrazole, triazole, tetrazole, thiazole, Oki ゾール、ベンゾトリアゾール、ベンゾチアゾール、ベンズオキサゾール、チアジアゾール、オキサジアゾールが好ましく、特に好ましくは、ベンゾトリアゾールである。 Tetrazole, benzotriazole, benzothiazole, benzoxazole, thiadiazole, oxadiazole preferably, particularly preferably benzotriazole.
1で表される含窒素芳香族ヘテロ環は更に置換基を有してもよく、置換基としては後述の置換基Tが適用できる。 Nitrogen-containing aromatic heterocyclic ring represented by Q 1 may have a substituent, and the substituent may be the substituent T described later. また、置換基が複数ある場合にはそれぞれが縮環して更に環を形成してもよい。 Moreover, further it may form a ring each condensed when there are a plurality of substituents.

2で表される芳香族環は芳香族炭化水素環でも芳香族ヘテロ環でもよい。 The aromatic ring represented by Q 2 may be an aromatic hetero ring in the aromatic hydrocarbon ring. また、これらは単環であってもよいし、更に他の環と縮合環を形成してもよい。 Also, it may be a single ring or may form a condensed ring with another ring.
芳香族炭化水素環として好ましくは(好ましくは炭素数6〜30の単環または二環の芳香族炭化水素環(例えばベンゼン環、ナフタレン環などが挙げられる。)であり、より好ましくは炭素数6〜20の芳香族炭化水素環、更に好ましくは炭素数6〜12の芳香族炭化水素環である。)更に好ましくはベンゼン環である。 Preferably the aromatic hydrocarbon ring (preferably monocyclic or bicyclic aromatic hydrocarbon ring (e.g., benzene ring having 6 to 30 carbon atoms, a naphthalene ring, etc..), More preferably 6 carbon atoms 20 aromatic hydrocarbon ring, more preferably an aromatic hydrocarbon ring having 6 to 12 carbon atoms.) and more preferably a benzene ring.
芳香族ヘテロ環として好ましくは窒素原子あるいは硫黄原子を含む芳香族ヘテロ環である。 Preferable examples of the aromatic heterocyclic ring is an aromatic heterocyclic ring containing a nitrogen atom or a sulfur atom. ヘテロ環の具体例としては、例えば、チオフェン、イミダゾール、ピラゾール、ピリジン、ピラジン、ピリダジン、トリアゾール、トリアジン、インドール、インダゾール、プリン、チアゾリン、チアゾール、チアジアゾール、オキサゾリン、オキサゾール、オキサジアゾール、キノリン、イソキノリン、フタラジン、ナフチリジン、キノキサリン、キナゾリン、シンノリン、プテリジン、アクリジン、フェナントロリン、フェナジン、テトラゾール、ベンズイミダゾール、ベンズオキサゾール、ベンズチアゾール、ベンゾトリアゾール、テトラザインデンなどが挙げられる。 Specific examples of the heterocyclic ring include thiophene, imidazole, pyrazole, pyridine, pyrazine, pyridazine, triazole, triazine, indole, indazole, purine, thiazoline, thiazole, thiadiazole, oxazoline, oxazole, oxadiazole, quinoline, isoquinoline, phthalazine, naphthyridine, quinoxaline, quinazoline, cinnoline, pteridine, acridine, phenanthroline, phenazine, tetrazole, benzimidazole, benzoxazole, benzthiazole, benzotriazole, tetrazaindene. 芳香族ヘテロ環として好ましくは、ピリジン、トリアジン、キノリンである。 The aromatic hetero-ring is preferably pyridine, triazine or quinoline.
2であらわされる芳香族環として好ましくは芳香族炭化水素環であり、より好ましくはナフタレン環、ベンゼン環であり、特に好ましくはベンゼン環である。 Preferably the aromatic ring represented by Q 2 is an aromatic hydrocarbon ring, more preferably a naphthalene ring, a benzene ring, particularly preferably a benzene ring. 2は更に置換基を有してもよく、後述の置換基Tが好ましい。 Q 2 is may have a substituent, substituent T is preferably used.
置換基Tとしては例えばアルキル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜12、特に好ましくは炭素数1〜8であり、例えばメチル、エチル、iso−プロピル、tert−ブチル、n−オクチル、n−デシル、n−ヘキサデシル、シクロプロピル、シクロペンチル、シクロヘキシルなどが挙げられる。)、アルケニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜12、特に好ましくは炭素数2〜8であり、例えばビニル、アリル、2−ブテニル、3−ペンテニルなどが挙げられる。)、アルキニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜12、特に好ましくは炭素数2〜8であり、例えばプロパルギル、3−ペンチニルなどが挙げられる。)、アリール基(好ましくは炭素数6〜30 Examples of the substituent T include an alkyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably 1 to 8 carbon atoms, such as methyl, ethyl, iso- propyl, tert- butyl, n- octyl, n- decyl, n- hexadecyl, cyclopropyl, cyclopentyl, and cyclohexyl.), an alkenyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 12 carbon atoms, particularly preferably a carbon number 2 to 8, such as vinyl, allyl, 2-butenyl, 3-pentenyl, and the like.), an alkynyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 12 carbon atoms, particularly preferably a carbon number 2 to 8, such as propargyl and 3-pentynyl.), an aryl group (preferably having 6 to 30 carbon atoms より好ましくは炭素数6〜20、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニル、p−メチルフェニル、ナフチルなどが挙げられる。)、置換又は未置換のアミノ基(好ましくは炭素数0〜20、より好ましくは炭素数0〜10、特に好ましくは炭素数0〜6であり、例えばアミノ、メチルアミノ、ジメチルアミノ、ジエチルアミノ、ジベンジルアミノなどが挙げられる。)、アルコキシ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜12、特に好ましくは炭素数1〜8であり、例えばメトキシ、エトキシ、ブトキシなどが挙げられる。)、アリールオキシ基(好ましくは炭素数6〜20、より好ましくは炭素数6〜16、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニルオキシ、2−ナフチルオキシなどが挙 More preferably from 6 to 20 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenyl, p- methylphenyl, naphthyl and the like.), A substituted or unsubstituted amino group (preferably 0 carbon atoms 20, more preferably 0 to 10 carbon atoms, particularly preferably 0 to 6 carbon atoms, for example amino, methylamino, dimethylamino, diethylamino, etc. dibenzylamino, and the like.), an alkoxy group (preferably the number of carbon atoms 20, more preferably 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably 1 to 8 carbon atoms, such as methoxy, ethoxy,. etc. butoxy), an aryloxy group (preferably having 6 to 20 carbon atoms, more preferably 6 to 16 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenyloxy and 2-naphthyloxy ani られる。)、アシル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばアセチル、ベンゾイル、ホルミル、ピバロイルなどが挙げられる。)、アルコキシカルボニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜12であり、例えばメトキシカルボニル、エトキシカルボニルなどが挙げられる。)、アリールオキシカルボニル基(好ましくは炭素数7〜20、より好ましくは炭素数7〜16、特に好ましくは炭素数7〜10であり、例えばフェニルオキシカルボニルなどが挙げられる。)、アシルオキシ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜10であり、例えばアセトキシ、ベ Is.), Acyl groups (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as acetyl, benzoyl, formyl, and pivaloyl.), alkoxycarbonyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 12 carbon atoms, such as methoxycarbonyl and ethoxycarbonyl.), an aryloxycarbonyl group ( preferably 7 to 20 carbon atoms, more preferably 7 to 16 carbon atoms, particularly preferably 7 to 10 carbon atoms, and for example, phenyloxycarbonyl.), an acyloxy group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 10 carbon atoms, such as acetoxy, base ンゾイルオキシなどが挙げられる。 Nzoiruokishi and the like. )、アシルアミノ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜10であり、例えばアセチルアミノ、ベンゾイルアミノなどが挙げられる。)、アルコキシカルボニルアミノ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜12であり、例えばメトキシカルボニルアミノなどが挙げられる。)、アリールオキシカルボニルアミノ基(好ましくは炭素数7〜20、より好ましくは炭素数7〜16、特に好ましくは炭素数7〜12であり、例えばフェニルオキシカルボニルアミノなどが挙げられる。)、スルホニルアミノ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメタンスルホニルア ), An acylamino group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 10 carbon atoms, such as acetylamino or benzoylamino.), An alkoxycarbonylamino group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 12 carbon atoms, such as methoxycarbonylamino.), an aryloxycarbonylamino group (preferably the number of carbon atoms 7-20, more preferably 7 to 16 carbon atoms, particularly preferably 7 to 12 carbon atoms, e.g., phenyloxycarbonylamino and the like.), a sulfonylamino group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, and particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, for example methanesulfonyl a ノ、ベンゼンスルホニルアミノなどが挙げられる。)、スルファモイル基(好ましくは炭素数0〜20、より好ましくは炭素数0〜16、特に好ましくは炭素数0〜12であり、例えばスルファモイル、メチルスルファモイル、ジメチルスルファモイル、フェニルスルファモイルなどが挙げられる。)、カルバモイル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばカルバモイル、メチルカルバモイル、ジエチルカルバモイル、フェニルカルバモイルなどが挙げられる。)、アルキルチオ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメチルチオ、エチルチオなどが挙げられる。)、アリールチオ基(好まし Bruno,. Etc. benzenesulfonylamino and the like), a sulfamoyl group (preferably having 0 to 20 carbon atoms, more preferably 0 to 16 carbon atoms, and particularly preferably 0 to 12 carbon atoms, such as sulfamoyl, methylsulfamoyl , dimethylsulfamoyl, and the like phenylsulfamoyl.), carbamoyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, for example carbamoyl , methylcarbamoyl, diethylcarbamoyl, etc. phenylcarbamoyl and the like.), an alkylthio group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as methylthio, such as ethylthio.), an arylthio group (preferably は炭素数6〜20、より好ましくは炭素数6〜16、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニルチオなどが挙げられる。)、スルホニル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメシル、トシルなどが挙げられる。)、スルフィニル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメタンスルフィニル、ベンゼンスルフィニルなどが挙げられる。)、ウレイド基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばウレイド、メチルウレイド、フェニルウレイドなどが挙げられる。)、リン酸アミド基(好ましくは炭素数1〜20、よ 6 to 20 carbon atoms, more preferably 6 to 16 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenylthio.), A sulfonyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably C1-16, especially preferably 1 to 12 carbon atoms, for example mesyl,. etc. tosyl), a sulfinyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as methane sulfinyl and benzene sulfinyl and the like.), a ureido group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms , and the example ureido, methylureido, and the like phenylureido is.), phosphoric acid amide group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, り好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばジエチルリン酸アミド、フェニルリン酸アミドなどが挙げられる。 Ri preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as diethyl phosphoric acid amide, and phenyl phosphoric acid amide. )、ヒドロキシ基、メルカプト基、ハロゲン原子(例えばフッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子)、シアノ基、スルホ基、カルボキシル基、ニトロ基、ヒドロキサム酸基、スルフィノ基、ヒドラジノ基、イミノ基、ヘテロ環基(好ましくは炭素数1〜30、より好ましくは1〜12であり、ヘテロ原子としては、例えば窒素原子、酸素原子、硫黄原子、具体的には例えばイミダゾリル、ピリジル、キノリル、フリル、ピペリジル、モルホリノ、ベンゾオキサゾリル、ベンズイミダゾリル、ベンズチアゾリルなどが挙げられる。)、シリル基(好ましくは、炭素数3〜40、より好ましくは炭素数3〜30、特に好ましくは、炭素数3〜24であり、例えば、トリメチルシリル、トリフェニルシリルなどが挙げられる)などが挙げられ ), Hydroxy group, a mercapto group, a halogen atom (e.g. fluorine atom, chlorine atom, bromine atom, iodine atom), a cyano group, a sulfo group, a carboxyl group, a nitro group, a hydroxamic acid group, sulfino group, a hydrazino group, an imino group, a Hajime Tamaki (preferably having 1 to 30 carbon atoms, more preferably 1 to 12, examples of the hetero atom include a nitrogen atom, an oxygen atom, a sulfur atom, specifically, for example imidazolyl, pyridyl, quinolyl, furyl, piperidyl , morpholino, benzoxazolyl, benzimidazolyl, benzothiazolyl, and the like.), the silyl group (preferably, 3 to 40 carbon atoms, more preferably 3 to 30 carbon atoms, particularly preferably with 3 to 24 carbon atoms There, for example, trimethylsilyl, etc. triphenylsilyl and the like) and the like are mentioned . これらの置換基は更に置換されてもよい。 These substituents may be further substituted. また、置換基が二つ以上ある場合は、同じでも異なってもよい。 Also, if there are two or more substituents may be the same or different. また、可能な場合には互いに連結して環を形成してもよい。 It may also be linked to each other to form a ring, if possible.

一般式(101)として好ましくは下記一般式(101−A)で表される化合物である。 Preferably the general formula (101) is a compound represented by the following general formula (101-A).
一般式(101−A) Formula (101-A)

(式中、R 1 、R 2 、R 3 、R 4 、R 5 、R 6 、R 7 、およびR 8はそれぞれ独立に水素原子または置換基を表す。) (Wherein represents R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5, R 6, R 7, and R 8 each independently represents a hydrogen atom or a substituent.)

1 、R 2 、R 3 、R 4 、R 5 、R 6 、R 7 、R 8 、およびR 9はそれぞれ独立に水素原子または置換基を表し、置換基ととしては前述の置換基Tが適用できる。 R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5, R 6, R 7, R 8, and R 9 each independently represent a hydrogen atom or a substituent, the substituents T mentioned above as a substituent It can be applied. またこれらの置換基は更に別の置換基によって置換されてもよく、置換基同士が縮環して環構造を形成してもよい。 These substituents may be further substituted by another substituent, substituents may be bonded with each other to form a condensed ring.
1およびR 3として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子であり、より好ましくは水素原子、アルキル基、アリール基、アルキルオキシ基、アリールオキシ基、ハロゲン原子であり、更に好ましくは水素原子、炭素1〜12アルキル基であり、特に好ましくは炭素数1〜12のアルキル基(好ましくは炭素数4〜12)である。 Preferably a hydrogen atom as R 1 and R 3, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group, an alkyloxy group, an aryloxy group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, an alkyl group having 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably an alkyl group having 1 to 12 carbon atoms (preferably is a number from 4 to 12) carbon.

2 、およびR 4として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子であり、より好ましくは水素原子、アルキル基、アリール基、アルキルオキシ基、アリールオキシ基、ハロゲン原子であり、更に好ましくは水素原子、炭素1〜12アルキル基であり、特に好ましくは水素原子、メチル基であり、最も好ましくは水素原子である。 R 2, and preferably a hydrogen atom R 4, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group, an alkyloxy group, an aryloxy group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, an alkyl group having 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably a hydrogen atom, a methyl group, and most preferably is a hydrogen atom.

5およびR 8として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子であり、より好ましくは水素原子、アルキル基、アリール基、アルキルオキシ基、アリールオキシ基、ハロゲン原子であり、更に好ましくは水素原子、炭素1〜12アルキル基であり、特に好ましくは水素原子、メチル基であり、最も好ましくは水素原子である。 R 5 and preferably a hydrogen atom R 8, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group, an alkyloxy group, an aryloxy group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, alkyl group having 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably a hydrogen atom, a methyl group, and most preferably is a hydrogen atom.

6およびR 7として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子であり、より好ましくは水素原子、アルキル基、アリール基、アルキルオキシ基、アリールオキシ基、ハロゲン原子であり、更に好ましくは水素原子、ハロゲン原子であり、特に好ましくは水素原子、塩素原子である。 Preferably a hydrogen atom R 6 and R 7, alkyl group, alkenyl group, alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group, an alkyloxy group, an aryloxy group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, a halogen atom, particularly preferably a hydrogen atom, a chlorine atom.

一般式(101)としてより好ましくは下記一般式(101−B)で表される化合物である。 More preferred as the general formula (101) is a compound represented by the following general formula (101-B).
一般式(101−B) Formula (101-B)

(式中、R 1 、R 3 、R 6およびR 7は一般式(101−A)におけるそれらと同義であり、また好ましい範囲も同様である。) (Wherein, R 1, R 3, R 6 and R 7 have the same meanings as those in formula (101-A), also a preferred range is also the same.)

以下に一般式(101)で表される化合物の具体例を挙げるが、本発明は下記具体例に何ら限定されるものではない。 Specific examples of the compound represented by the general formula (101) are shown below, but the present invention is not intended to be limited to these specific examples.


以上例にあげたベンゾトリアゾール系化合物の中でも、分子量が320以下のものを含まずに本発明のセルロースアシレートフィルムを作製した場合、保留性の点で有利であることが確認された。 Among the benzotriazole compounds exemplified above, if the molecular weight is to prepare a cellulose acylate film of the present invention without the ones 320 or less, it was confirmed that the advantage of retention.

また本発明に用いられる波長分散調整剤のひとつであるベンゾフェノン系化合物としては一般式(102)で示されるものが好ましく用いられる。 Also those Examples which is one benzophenone compound of the wavelength dispersion adjusting agent used in the present invention represented by the general formula (102) is preferably used.
一般式(102) Formula (102)

(式中、Q 1およびQ 2はそれぞれ独立に芳香族環を表す。XはNR(Rは水素原子または置換基を表す。)、酸素原子または硫黄原子を表す。) (Wherein, .X representing an aromatic ring Q 1 and Q 2 each independently is preferably NR (R represents a hydrogen atom or a substituent.),. Representing an oxygen atom or a sulfur atom)

1およびQ 2で表される芳香族環は芳香族炭化水素環でも芳香族ヘテロ環でもよい。 The aromatic ring represented by Q 1 and Q 2 may be an aromatic hetero ring in the aromatic hydrocarbon ring. また、これらは単環であってもよいし、更に他の環と縮合環を形成してもよい。 Also, it may be a single ring or may form a condensed ring with another ring.
1およびQ 2で表される芳香族炭化水素環として好ましくは(好ましくは炭素数6〜30の単環または二環の芳香族炭化水素環(例えばベンゼン環、ナフタレン環などが挙げられる。)であり、より好ましくは炭素数6〜20の芳香族炭化水素環、更に好ましくは炭素数6〜12の芳香族炭化水素環である。)更に好ましくはベンゼン環である。 Preferable examples of the aromatic hydrocarbon ring represented by Q 1 and Q 2 (preferably monocyclic or bicyclic aromatic hydrocarbon ring (e.g., benzene ring having 6 to 30 carbon atoms, a naphthalene ring, etc..) by weight, more preferably having 6 to 20 carbon atoms an aromatic hydrocarbon ring, more preferably an aromatic hydrocarbon ring having 6 to 12 carbon atoms.) and more preferably a benzene ring.
1およびQ 2で表される芳香族ヘテロ環として好ましくは酸素原子、窒素原子あるいは硫黄原子のどれかひとつを少なくとも1つ含む芳香族ヘテロ環である。 The preferred aromatic heterocyclic ring represented by Q 1 and Q 2 is an oxygen atom, a nitrogen atom or at least one containing aromatic hetero ring one any of the sulfur atom. ヘテロ環の具体例としては、例えば、フラン、ピロール、チオフェン、イミダゾール、ピラゾール、ピリジン、ピラジン、ピリダジン、トリアゾール、トリアジン、インドール、インダゾール、プリン、チアゾリン、チアゾール、チアジアゾール、オキサゾリン、オキサゾール、オキサジアゾール、キノリン、イソキノリン、フタラジン、ナフチリジン、キノキサリン、キナゾリン、シンノリン、プテリジン、アクリジン、フェナントロリン、フェナジン、テトラゾール、ベンズイミダゾール、ベンズオキサゾール、ベンズチアゾール、ベンゾトリアゾール、テトラザインデンなどが挙げられる。 Specific examples of the heterocyclic ring include furan, pyrrole, thiophene, imidazole, pyrazole, pyridine, pyrazine, pyridazine, triazole, triazine, indole, indazole, purine, thiazoline, thiazole, thiadiazole, oxazoline, oxazole, oxadiazole, quinoline, isoquinoline, phthalazine, naphthyridine, quinoxaline, quinazoline, cinnoline, pteridine, acridine, phenanthroline, phenazine, tetrazole, benzimidazole, benzoxazole, benzthiazole, benzotriazole, tetrazaindene. 芳香族ヘテロ環として好ましくは、ピリジン、トリアジン、キノリンである。 The aromatic hetero-ring is preferably pyridine, triazine or quinoline.
1およびQ 2であらわされる芳香族環として好ましくは芳香族炭化水素環であり、より好ましくは炭素数6〜10の芳香族炭化水素環であり、更に好ましくは置換または無置換のベンゼン環である。 Preferably the aromatic ring represented by Q 1 and Q 2 is an aromatic hydrocarbon ring, more preferably an aromatic hydrocarbon ring having 6 to 10 carbon atoms, more preferably a substituted or unsubstituted benzene ring is there.
1およびQ 2は更に置換基を有してもよく、後述の置換基Tが好ましいが、置換基にカルボン酸やスルホン酸、4級アンモニウム塩を含むことはない。 Q 1 and Q 2 may further have a substituent, but preferably the substituent T described later, carboxylic acid, sulfonic acid or substituent does not include a quaternary ammonium salt. また、可能な場合には置換基同士が連結して環構造を形成してもよい。 It is also possible to form a ring structure to each other substituents, if possible.

XはNR(Rは水素原子または置換基を表す。置換基としては後述の置換基Tが適用できる。)、酸素原子または硫黄原子を表し、Xとして好ましくは、NR(Rとして好ましくはアシル基、スルホニル基であり、これらの置換基は更に置換してもよい。)、またはOであり、特に好ましくはOである。 X is (the R can be the substituent T described later as. Substituents represent a hydrogen atom or a substituent.) NR, an oxygen atom or a sulfur atom, a preferred X, preferably an acyl group as NR (R or a sulfonyl group, these substituents may be further substituted.), or O, and particularly preferably from O.

置換基Tとしては例えばアルキル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜12、特に好ましくは炭素数1〜8であり、例えばメチル、エチル、iso−プロピル、tert−ブチル、n−オクチル、n−デシル、n−ヘキサデシル、シクロプロピル、シクロペンチル、シクロヘキシルなどが挙げられる。)、アルケニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜12、特に好ましくは炭素数2〜8であり、例えばビニル、アリル、2−ブテニル、3−ペンテニルなどが挙げられる。)、アルキニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜12、特に好ましくは炭素数2〜8であり、例えばプロパルギル、3−ペンチニルなどが挙げられる。)、アリール基(好ましくは炭素数6〜30 Examples of the substituent T include an alkyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably 1 to 8 carbon atoms, such as methyl, ethyl, iso- propyl, tert- butyl, n- octyl, n- decyl, n- hexadecyl, cyclopropyl, cyclopentyl, and cyclohexyl.), an alkenyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 12 carbon atoms, particularly preferably a carbon number 2 to 8, such as vinyl, allyl, 2-butenyl, 3-pentenyl, and the like.), an alkynyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 12 carbon atoms, particularly preferably a carbon number 2 to 8, such as propargyl and 3-pentynyl.), an aryl group (preferably having 6 to 30 carbon atoms より好ましくは炭素数6〜20、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニル、p−メチルフェニル、ナフチルなどが挙げられる。)、置換又は未置換のアミノ基(好ましくは炭素数0〜20、より好ましくは炭素数0〜10、特に好ましくは炭素数0〜6であり、例えばアミノ、メチルアミノ、ジメチルアミノ、ジエチルアミノ、ジベンジルアミノなどが挙げられる。)、アルコキシ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜12、特に好ましくは炭素数1〜8であり、例えばメトキシ、エトキシ、ブトキシなどが挙げられる。)、アリールオキシ基(好ましくは炭素数6〜20、より好ましくは炭素数6〜16、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニルオキシ、2−ナフチルオキシなどが挙 More preferably from 6 to 20 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenyl, p- methylphenyl, naphthyl and the like.), A substituted or unsubstituted amino group (preferably 0 carbon atoms 20, more preferably 0 to 10 carbon atoms, particularly preferably 0 to 6 carbon atoms, for example amino, methylamino, dimethylamino, diethylamino, etc. dibenzylamino, and the like.), an alkoxy group (preferably the number of carbon atoms 20, more preferably 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably 1 to 8 carbon atoms, such as methoxy, ethoxy,. etc. butoxy), an aryloxy group (preferably having 6 to 20 carbon atoms, more preferably 6 to 16 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenyloxy and 2-naphthyloxy ani られる。)、アシル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばアセチル、ベンゾイル、ホルミル、ピバロイルなどが挙げられる。)、アルコキシカルボニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜12であり、例えばメトキシカルボニル、エトキシカルボニルなどが挙げられる。)、アリールオキシカルボニル基(好ましくは炭素数7〜20、より好ましくは炭素数7〜16、特に好ましくは炭素数7〜10であり、例えばフェニルオキシカルボニルなどが挙げられる。)、アシルオキシ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜10であり、例えばアセトキシ、ベ Is.), Acyl groups (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as acetyl, benzoyl, formyl, and pivaloyl.), alkoxycarbonyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 12 carbon atoms, such as methoxycarbonyl and ethoxycarbonyl.), an aryloxycarbonyl group ( preferably 7 to 20 carbon atoms, more preferably 7 to 16 carbon atoms, particularly preferably 7 to 10 carbon atoms, and for example, phenyloxycarbonyl.), an acyloxy group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 10 carbon atoms, such as acetoxy, base ンゾイルオキシなどが挙げられる。 Nzoiruokishi and the like. )、アシルアミノ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜10であり、例えばアセチルアミノ、ベンゾイルアミノなどが挙げられる。)、アルコキシカルボニルアミノ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜12であり、例えばメトキシカルボニルアミノなどが挙げられる。)、アリールオキシカルボニルアミノ基(好ましくは炭素数7〜20、より好ましくは炭素数7〜16、特に好ましくは炭素数7〜12であり、例えばフェニルオキシカルボニルアミノなどが挙げられる。)、スルホニルアミノ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメタンスルホニルア ), An acylamino group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 10 carbon atoms, such as acetylamino or benzoylamino.), An alkoxycarbonylamino group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 12 carbon atoms, such as methoxycarbonylamino.), an aryloxycarbonylamino group (preferably the number of carbon atoms 7-20, more preferably 7 to 16 carbon atoms, particularly preferably 7 to 12 carbon atoms, e.g., phenyloxycarbonylamino and the like.), a sulfonylamino group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, and particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, for example methanesulfonyl a ノ、ベンゼンスルホニルアミノなどが挙げられる。)、スルファモイル基(好ましくは炭素数0〜20、より好ましくは炭素数0〜16、特に好ましくは炭素数0〜12であり、例えばスルファモイル、メチルスルファモイル、ジメチルスルファモイル、フェニルスルファモイルなどが挙げられる。)、カルバモイル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばカルバモイル、メチルカルバモイル、ジエチルカルバモイル、フェニルカルバモイルなどが挙げられる。)、アルキルチオ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメチルチオ、エチルチオなどが挙げられる。)、アリールチオ基(好まし Bruno,. Etc. benzenesulfonylamino and the like), a sulfamoyl group (preferably having 0 to 20 carbon atoms, more preferably 0 to 16 carbon atoms, and particularly preferably 0 to 12 carbon atoms, such as sulfamoyl, methylsulfamoyl , dimethylsulfamoyl, and the like phenylsulfamoyl.), carbamoyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, for example carbamoyl , methylcarbamoyl, diethylcarbamoyl, etc. phenylcarbamoyl and the like.), an alkylthio group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as methylthio, such as ethylthio.), an arylthio group (preferably は炭素数6〜20、より好ましくは炭素数6〜16、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニルチオなどが挙げられる。)、スルホニル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメシル、トシルなどが挙げられる。)、スルフィニル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメタンスルフィニル、ベンゼンスルフィニルなどが挙げられる。)、ウレイド基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばウレイド、メチルウレイド、フェニルウレイドなどが挙げられる。)、リン酸アミド基(好ましくは炭素数1〜20、よ 6 to 20 carbon atoms, more preferably 6 to 16 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenylthio.), A sulfonyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably C1-16, especially preferably 1 to 12 carbon atoms, for example mesyl,. etc. tosyl), a sulfinyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as methane sulfinyl and benzene sulfinyl and the like.), a ureido group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms , and the example ureido, methylureido, and the like phenylureido is.), phosphoric acid amide group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, り好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばジエチルリン酸アミド、フェニルリン酸アミドなどが挙げられる。 Ri preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as diethyl phosphoric acid amide, and phenyl phosphoric acid amide. )、ヒドロキシ基、メルカプト基、ハロゲン原子(例えばフッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子)、シアノ基、スルホ基、カルボキシル基、ニトロ基、ヒドロキサム酸基、スルフィノ基、ヒドラジノ基、イミノ基、ヘテロ環基(好ましくは炭素数1〜30、より好ましくは1〜12であり、ヘテロ原子としては、例えば窒素原子、酸素原子、硫黄原子、具体的には例えばイミダゾリル、ピリジル、キノリル、フリル、ピペリジル、モルホリノ、ベンゾオキサゾリル、ベンズイミダゾリル、ベンズチアゾリルなどが挙げられる。)、シリル基(好ましくは、炭素数3〜40、より好ましくは炭素数3〜30、特に好ましくは、炭素数3〜24であり、例えば、トリメチルシリル、トリフェニルシリルなどが挙げられる)などが挙げられ ), Hydroxy group, a mercapto group, a halogen atom (e.g. fluorine atom, chlorine atom, bromine atom, iodine atom), a cyano group, a sulfo group, a carboxyl group, a nitro group, a hydroxamic acid group, sulfino group, a hydrazino group, an imino group, a Hajime Tamaki (preferably having 1 to 30 carbon atoms, more preferably 1 to 12, examples of the hetero atom include a nitrogen atom, an oxygen atom, a sulfur atom, specifically, for example imidazolyl, pyridyl, quinolyl, furyl, piperidyl , morpholino, benzoxazolyl, benzimidazolyl, benzothiazolyl, and the like.), the silyl group (preferably, 3 to 40 carbon atoms, more preferably 3 to 30 carbon atoms, particularly preferably with 3 to 24 carbon atoms There, for example, trimethylsilyl, etc. triphenylsilyl and the like) and the like are mentioned . これらの置換基は更に置換されてもよい。 These substituents may be further substituted. また、置換基が二つ以上ある場合は、同じでも異なってもよい。 Also, if there are two or more substituents may be the same or different. また、可能な場合には互いに連結して環を形成してもよい。 It may also be linked to each other to form a ring, if possible.

一般式(102)として好ましくは下記一般式(102−A)で表される化合物である。 Preferably the general formula (102) is a compound represented by the following general formula (102-A).
一般式(102−A) Formula (102-A)

(式中、R 1 、R 2 、R 3 、R 4 、R 5 、R 6 、R 7 、R 8 、およびR 9はそれぞれ独立に水素原子または置換基を表す。) (Wherein represents R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5, R 6, R 7, R 8, and R 9 are each independently a hydrogen atom or a substituent.)

1 、R 2 、R 3 、R 4 、R 5 、R 6 、R 7 、R 8 、およびR 9はそれぞれ独立に水素原子または置換基を表し、置換基ととしては前述の置換基Tが適用できる。 R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5, R 6, R 7, R 8, and R 9 each independently represent a hydrogen atom or a substituent, the substituents T mentioned above as a substituent It can be applied. またこれらの置換基は更に別の置換基によって置換されてもよく、置換基同士が縮環して環構造を形成してもよい。 These substituents may be further substituted by another substituent, substituents may be bonded with each other to form a condensed ring.

1 、R 3 、R 4 、R 5 、R 6 、R 8およびR 9として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子であり、より好ましくは水素原子、アルキル基、アリール基、アルキルオキシ基、アリールオキシ基、ハロゲン原子であり、更に好ましくは水素原子、炭素1〜12アルキル基であり、特に好ましくは水素原子、メチル基であり、最も好ましくは水素原子である。 R 1, R 3, R 4 , R 5, R 6, preferably a hydrogen atom R 8 and R 9, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryl oxy group, hydroxy group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group, an alkyloxy group, an aryloxy group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, a alkyl group having 1 to 12 carbon atoms , particularly preferably a hydrogen atom, a methyl group, and most preferably a hydrogen atom.

2として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子、より好ましくは水素原子、炭素数1〜20のアルキル基、炭素数0〜20のアミノ基、炭素数1〜12のアルコキシ基、炭素数6〜12アリールオキシ基、ヒドロキシ基であり、更に好ましくは炭素数1〜20のアルコキシ基であり、特に好ましくは炭素数1〜12のアルコキシ基である。 Preferably a hydrogen atom R 2, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, C 1 -C 20 alkyl group, amino group having 0 to 20 carbon atoms, an alkoxy group having 1 to 12 carbon atoms, the number 6 to 12 aryloxy group having a carbon or a hydroxy group, more preferably an alkoxy group having 1 to 20 carbon atoms There, particularly preferably an alkoxy group having 1 to 12 carbon atoms.

7として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子、より好ましくは水素原子、炭素数1〜20のアルキル基、炭素数0〜20のアミノ基、炭素数1〜12のアルコキシ基、炭素数6〜12アリールオキシ基、ヒドロキシ基であり、更に好ましくは水素原子、炭素数1〜20のアルキル基(好ましくは炭素数1〜12、より好ましくは炭素数1〜8、更に好ましくはメチル基)であり、特に好ましくはメチル基、水素原子である。 It is preferably a hydrogen atom R 7, alkyl group, alkenyl group, alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, C 1 -C 20 alkyl group, amino group having 0 to 20 carbon atoms, an alkoxy group having 1 to 12 carbon atoms, the number 6 to 12 aryloxy group having a carbon or a hydroxy group, more preferably a hydrogen atom, having 1 to 20 carbon atoms alkyl group (preferably having 1 to 12 carbon atoms, more preferably 1 to 8 carbon atoms, more preferably methyl group), particularly preferably a methyl group, a hydrogen atom.

一般式(102)としてより好ましくは下記一般式(102−B)で表される化合物である。 More preferred as the general formula (102) is a compound represented by the following general formula (102-B).
一般式(102−B) Formula (102-B)

(式中、R 10は水素原子、置換または無置換のアルキル基、置換または無置換のアルケニル基、置換または無置換のアルキニル基、置換または無置換のアリール基を表す。) (Wherein, R 10 represents a hydrogen atom, a substituted or unsubstituted alkyl group, a substituted or unsubstituted alkenyl group, a substituted or unsubstituted alkynyl group, a substituted or unsubstituted aryl group.)

10は水素原子、置換または無置換のアルキル基、置換または無置換のアルケニル基、置換または無置換のアルキニル基、置換または無置換のアリール基を表し、置換基としては前述の置換基Tが適用できる。 R 10 is a hydrogen atom, a substituted or unsubstituted alkyl group, a substituted or unsubstituted alkenyl group, a substituted or unsubstituted alkynyl group, a substituted or unsubstituted aryl group, the substituents T mentioned above as substituent It can be applied.
10として好ましくは置換または無置換のアルキル基であり、より好ましくは炭素数5〜20の置換または無置換のアルキル基であり、更に好ましくは炭素数5〜12の置換または無置換のアルキル基(n−ヘキシル基、2−エチルヘキシル基、n−オクチル基、n−デシル基、n−ドデシル基、ベンジル基、などが挙げられる。)であり、特に好ましくは、炭素数6〜12の置換または無置換のアルキル基(2−エチルヘキシル基、n−オクチル基、n−デシル基、n−ドデシル基、ベンジル基)である。 Preferably the R 10 is a substituted or unsubstituted alkyl group, more preferably a substituted or unsubstituted alkyl group having 5 to 20 carbon atoms, more preferably a substituted or unsubstituted alkyl group having 5 to 12 carbon atoms a (n- hexyl, 2-ethylhexyl group, n- octyl group, n- decyl group, n- dodecyl group, a benzyl group, and the like.), particularly preferably a substituted 6 to 12 carbon atoms or unsubstituted alkyl group (2-ethylhexyl group, n- octyl group, n- decyl group, n- dodecyl group, a benzyl group).

一般式(102)であらわされる化合物は特開平11−12219号公報記載の公知の方法により合成できる。 Compound represented by the general formula (102) can be synthesized by a known method of JP-A-11-12219 JP.
以下に一般式(102)で表される化合物の具体例を挙げるが、本発明は下記具体例に何ら限定されるものではない。 Specific examples of the compound represented by the general formula (102) are shown below, but the present invention is not intended to be limited to these specific examples.

また本発明に用いられる波長分散調整剤のひとつであるシアノ基を含む化合物としては一般式(103)で示されるものが好ましく用いられる。 The thing As the compound containing a which is one cyano group of the wavelength dispersion adjusting agent used in the present invention represented by the general formula (103) is preferably used.
一般式(103) The general formula (103)

(式中、Q 1およびQ 2はそれぞれ独立に芳香族環を表す。X 1およびX 2は水素原子または置換基を表し、少なくともどちらか1つはシアノ基、カルボニル基、スルホニル基、芳香族ヘテロ環を表す。)Q 1およびQ 2であらわされる芳香族環は芳香族炭化水素環でも芳香族ヘテロ環でもよい。 (.X 1 and X 2 in the formula, Q 1 and Q 2 each independently represents an aromatic ring represents a hydrogen atom or a substituent, at least one of them is a cyano group, a carbonyl group, a sulfonyl group, an aromatic It represents a heterocycle.) the aromatic ring represented by Q 1 and Q 2 may be an aromatic hetero ring in the aromatic hydrocarbon ring. また、これらは単環であってもよいし、更に他の環と縮合環を形成してもよい。 Also, it may be a single ring or may form a condensed ring with another ring.

芳香族炭化水素環として好ましくは(好ましくは炭素数6〜30の単環または二環の芳香族炭化水素環(例えばベンゼン環、ナフタレン環などが挙げられる。)であり、より好ましくは炭素数6〜20の芳香族炭化水素環、更に好ましくは炭素数6〜12の芳香族炭化水素環である。)更に好ましくはベンゼン環である。 Preferably the aromatic hydrocarbon ring (preferably monocyclic or bicyclic aromatic hydrocarbon ring (e.g., benzene ring having 6 to 30 carbon atoms, a naphthalene ring, etc..), More preferably 6 carbon atoms 20 aromatic hydrocarbon ring, more preferably an aromatic hydrocarbon ring having 6 to 12 carbon atoms.) and more preferably a benzene ring.

芳香族ヘテロ環として好ましくは窒素原子あるいは硫黄原子を含む芳香族ヘテロ環である。 Preferable examples of the aromatic heterocyclic ring is an aromatic heterocyclic ring containing a nitrogen atom or a sulfur atom. ヘテロ環の具体例としては、例えば、チオフェン、イミダゾール、ピラゾール、ピリジン、ピラジン、ピリダジン、トリアゾール、トリアジン、インドール、インダゾール、プリン、チアゾリン、チアゾール、チアジアゾール、オキサゾリン、オキサゾール、オキサジアゾール、キノリン、イソキノリン、フタラジン、ナフチリジン、キノキサリン、キナゾリン、シンノリン、プテリジン、アクリジン、フェナントロリン、フェナジン、テトラゾール、ベンズイミダゾール、ベンズオキサゾール、ベンズチアゾール、ベンゾトリアゾール、テトラザインデンなどが挙げられる。 Specific examples of the heterocyclic ring include thiophene, imidazole, pyrazole, pyridine, pyrazine, pyridazine, triazole, triazine, indole, indazole, purine, thiazoline, thiazole, thiadiazole, oxazoline, oxazole, oxadiazole, quinoline, isoquinoline, phthalazine, naphthyridine, quinoxaline, quinazoline, cinnoline, pteridine, acridine, phenanthroline, phenazine, tetrazole, benzimidazole, benzoxazole, benzthiazole, benzotriazole, tetrazaindene. 芳香族ヘテロ環として好ましくは、ピリジン、トリアジン、キノリンである。 The aromatic hetero-ring is preferably pyridine, triazine or quinoline.

1およびQ 2であらわされる芳香族環として好ましくは芳香族炭化水素環であり、より好ましくはベンゼン環である。 Preferably the aromatic ring represented by Q 1 and Q 2 is an aromatic hydrocarbon ring, more preferably a benzene ring.
1およびQ 2は更に置換基を有してもよく、後述の置換基Tが好ましい。 Q 1 and Q 2 may further have a substituent, substituent T is preferably used. 置換基Tとしては例えばアルキル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜12、特に好ましくは炭素数1〜8であり、例えばメチル、エチル、iso−プロピル、tert−ブチル、n−オクチル、n−デシル、n−ヘキサデシル、シクロプロピル、シクロペンチル、シクロヘキシルなどが挙げられる。)、アルケニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜12、特に好ましくは炭素数2〜8であり、例えばビニル、アリル、2−ブテニル、3−ペンテニルなどが挙げられる。)、アルキニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜12、特に好ましくは炭素数2〜8であり、例えばプロパルギル、3−ペンチニルなどが挙げられる。)、アリール基(好ましくは炭素数6〜30 Examples of the substituent T include an alkyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably 1 to 8 carbon atoms, such as methyl, ethyl, iso- propyl, tert- butyl, n- octyl, n- decyl, n- hexadecyl, cyclopropyl, cyclopentyl, and cyclohexyl.), an alkenyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 12 carbon atoms, particularly preferably a carbon number 2 to 8, such as vinyl, allyl, 2-butenyl, 3-pentenyl, and the like.), an alkynyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 12 carbon atoms, particularly preferably a carbon number 2 to 8, such as propargyl and 3-pentynyl.), an aryl group (preferably having 6 to 30 carbon atoms より好ましくは炭素数6〜20、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニル、p−メチルフェニル、ナフチルなどが挙げられる。)、置換又は未置換のアミノ基(好ましくは炭素数0〜20、より好ましくは炭素数0〜10、特に好ましくは炭素数0〜6であり、例えばアミノ、メチルアミノ、ジメチルアミノ、ジエチルアミノ、ジベンジルアミノなどが挙げられる。)、アルコキシ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜12、特に好ましくは炭素数1〜8であり、例えばメトキシ、エトキシ、ブトキシなどが挙げられる。)、アリールオキシ基(好ましくは炭素数6〜20、より好ましくは炭素数6〜16、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニルオキシ、2−ナフチルオキシなどが挙 More preferably from 6 to 20 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenyl, p- methylphenyl, naphthyl and the like.), A substituted or unsubstituted amino group (preferably 0 carbon atoms 20, more preferably 0 to 10 carbon atoms, particularly preferably 0 to 6 carbon atoms, for example amino, methylamino, dimethylamino, diethylamino, etc. dibenzylamino, and the like.), an alkoxy group (preferably the number of carbon atoms 20, more preferably 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably 1 to 8 carbon atoms, such as methoxy, ethoxy,. etc. butoxy), an aryloxy group (preferably having 6 to 20 carbon atoms, more preferably 6 to 16 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenyloxy and 2-naphthyloxy ani られる。)、アシル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばアセチル、ベンゾイル、ホルミル、ピバロイルなどが挙げられる。)、アルコキシカルボニル基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜12であり、例えばメトキシカルボニル、エトキシカルボニルなどが挙げられる。)、アリールオキシカルボニル基(好ましくは炭素数7〜20、より好ましくは炭素数7〜16、特に好ましくは炭素数7〜10であり、例えばフェニルオキシカルボニルなどが挙げられる。)、アシルオキシ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜10であり、例えばアセトキシ、ベ Is.), Acyl groups (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as acetyl, benzoyl, formyl, and pivaloyl.), alkoxycarbonyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 12 carbon atoms, such as methoxycarbonyl and ethoxycarbonyl.), an aryloxycarbonyl group ( preferably 7 to 20 carbon atoms, more preferably 7 to 16 carbon atoms, particularly preferably 7 to 10 carbon atoms, and for example, phenyloxycarbonyl.), an acyloxy group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 10 carbon atoms, such as acetoxy, base ンゾイルオキシなどが挙げられる。 Nzoiruokishi and the like. )、アシルアミノ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜10であり、例えばアセチルアミノ、ベンゾイルアミノなどが挙げられる。)、アルコキシカルボニルアミノ基(好ましくは炭素数2〜20、より好ましくは炭素数2〜16、特に好ましくは炭素数2〜12であり、例えばメトキシカルボニルアミノなどが挙げられる。)、アリールオキシカルボニルアミノ基(好ましくは炭素数7〜20、より好ましくは炭素数7〜16、特に好ましくは炭素数7〜12であり、例えばフェニルオキシカルボニルアミノなどが挙げられる。)、スルホニルアミノ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメタンスルホニルア ), An acylamino group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 10 carbon atoms, such as acetylamino or benzoylamino.), An alkoxycarbonylamino group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms, more preferably 2 to 16 carbon atoms, particularly preferably 2 to 12 carbon atoms, such as methoxycarbonylamino.), an aryloxycarbonylamino group (preferably the number of carbon atoms 7-20, more preferably 7 to 16 carbon atoms, particularly preferably 7 to 12 carbon atoms, e.g., phenyloxycarbonylamino and the like.), a sulfonylamino group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, and particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, for example methanesulfonyl a ノ、ベンゼンスルホニルアミノなどが挙げられる。)、スルファモイル基(好ましくは炭素数0〜20、より好ましくは炭素数0〜16、特に好ましくは炭素数0〜12であり、例えばスルファモイル、メチルスルファモイル、ジメチルスルファモイル、フェニルスルファモイルなどが挙げられる。)、カルバモイル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばカルバモイル、メチルカルバモイル、ジエチルカルバモイル、フェニルカルバモイルなどが挙げられる。)、アルキルチオ基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメチルチオ、エチルチオなどが挙げられる。)、アリールチオ基(好まし Bruno,. Etc. benzenesulfonylamino and the like), a sulfamoyl group (preferably having 0 to 20 carbon atoms, more preferably 0 to 16 carbon atoms, and particularly preferably 0 to 12 carbon atoms, such as sulfamoyl, methylsulfamoyl , dimethylsulfamoyl, and the like phenylsulfamoyl.), carbamoyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, for example carbamoyl , methylcarbamoyl, diethylcarbamoyl, etc. phenylcarbamoyl and the like.), an alkylthio group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as methylthio, such as ethylthio.), an arylthio group (preferably は炭素数6〜20、より好ましくは炭素数6〜16、特に好ましくは炭素数6〜12であり、例えばフェニルチオなどが挙げられる。)、スルホニル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメシル、トシルなどが挙げられる。)、スルフィニル基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばメタンスルフィニル、ベンゼンスルフィニルなどが挙げられる。)、ウレイド基(好ましくは炭素数1〜20、より好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばウレイド、メチルウレイド、フェニルウレイドなどが挙げられる。)、リン酸アミド基(好ましくは炭素数1〜20、よ 6 to 20 carbon atoms, more preferably 6 to 16 carbon atoms, particularly preferably 6 to 12 carbon atoms, such as phenylthio.), A sulfonyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably C1-16, especially preferably 1 to 12 carbon atoms, for example mesyl,. etc. tosyl), a sulfinyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as methane sulfinyl and benzene sulfinyl and the like.), a ureido group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, more preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms , and the example ureido, methylureido, and the like phenylureido is.), phosphoric acid amide group (preferably having 1 to 20 carbon atoms, り好ましくは炭素数1〜16、特に好ましくは炭素数1〜12であり、例えばジエチルリン酸アミド、フェニルリン酸アミドなどが挙げられる。 Ri preferably 1 to 16 carbon atoms, particularly preferably 1 to 12 carbon atoms, such as diethyl phosphoric acid amide, and phenyl phosphoric acid amide. )、ヒドロキシ基、メルカプト基、ハロゲン原子(例えばフッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子)、シアノ基、スルホ基、カルボキシル基、ニトロ基、ヒドロキサム酸基、スルフィノ基、ヒドラジノ基、イミノ基、ヘテロ環基(好ましくは炭素数1〜30、より好ましくは1〜12であり、ヘテロ原子としては、例えば窒素原子、酸素原子、硫黄原子、具体的には例えばイミダゾリル、ピリジル、キノリル、フリル、ピペリジル、モルホリノ、ベンゾオキサゾリル、ベンズイミダゾリル、ベンズチアゾリルなどが挙げられる。)、シリル基(好ましくは、炭素数3〜40、より好ましくは炭素数3〜30、特に好ましくは、炭素数3〜24であり、例えば、トリメチルシリル、トリフェニルシリルなどが挙げられる)などが挙げられ ), Hydroxy group, a mercapto group, a halogen atom (e.g. fluorine atom, chlorine atom, bromine atom, iodine atom), a cyano group, a sulfo group, a carboxyl group, a nitro group, a hydroxamic acid group, sulfino group, a hydrazino group, an imino group, a Hajime Tamaki (preferably having 1 to 30 carbon atoms, more preferably 1 to 12, examples of the hetero atom include a nitrogen atom, an oxygen atom, a sulfur atom, specifically, for example imidazolyl, pyridyl, quinolyl, furyl, piperidyl , morpholino, benzoxazolyl, benzimidazolyl, benzothiazolyl, and the like.), the silyl group (preferably, 3 to 40 carbon atoms, more preferably 3 to 30 carbon atoms, particularly preferably with 3 to 24 carbon atoms There, for example, trimethylsilyl, etc. triphenylsilyl and the like) and the like are mentioned . これらの置換基は更に置換されてもよい。 These substituents may be further substituted. また、置換基が二つ以上ある場合は、同じでも異なってもよい。 Also, if there are two or more substituents may be the same or different. また、可能な場合には互いに連結して環を形成してもよい。 It may also be linked to each other to form a ring, if possible.

1およびX 2は水素原子または置換基を表し、少なくともどちらか1つはシアノ基、カルボニル基、スルホニル基、芳香族ヘテロ環を表す。 X 1 and X 2 represents a hydrogen atom or a substituent, at least one of them represents a cyano group, a carbonyl group, a sulfonyl group, an aromatic heterocyclic ring. 1およびX 2で表される置換基は前述の置換基Tを適用することができる。 Substituents represented by X 1 and X 2 may be exemplified by the above-mentioned substituent T. また、X 1およびX 2はで表される置換基は更に他の置換基によって置換されてもよく、X 1およびX 2はそれぞれが縮環して環構造を形成してもよい。 Further, the substituents X 1 and X 2 are represented in may be further substituted with other substituents, X 1 and X 2 each may form a condensed ring.

1およびX 2として好ましくは、水素原子、アルキル基、アリール基、シアノ基、ニトロ基、カルボニル基、スルホニル基、芳香族ヘテロ環であり、より好ましくは、シアノ基、カルボニル基、スルホニル基、芳香族ヘテロ環であり、更に好ましくはシアノ基、カルボニル基であり、特に好ましくはシアノ基、アルコキシカルボニル基(−C(=O)OR(Rは:炭素数1〜20アルキル基、炭素数6〜12のアリール基およびこれらを組み合せたもの)である。 The preferred X 1 and X 2, a hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group, a cyano group, a nitro group, a carbonyl group, a sulfonyl group or an aromatic heterocyclic ring, more preferably a cyano group, a carbonyl group, a sulfonyl group, aromatic heterocycle, more preferably a cyano group, a carbonyl group, particularly preferably a cyano group, an alkoxycarbonyl group (-C (= O) OR (R: carbon-20 alkyl group, carbon number 6 12 aryl group, and it is these combinations ones).

一般式(103)として好ましくは下記一般式(103−A)で表される化合物である。 Preferably the general formula (103) is a compound represented by the following general formula (103-A).
一般式(103−A) Formula (103-A)

(式中、R 1 、R 2 、R 3 、R 4 、R 5 、R 6 、R 7 、R 8 、R 9およびR 10はそれぞれ独立に水素原子または置換基を表す。X 1およびX 2は一般式(103)におけるそれらと同義であり、また好ましい範囲も同様である。) (Wherein, R 1, R 2, R 3, R 4, R 5, R 6, R 7, R 8, R 9 and R 10 each independently represent a hydrogen atom or a substituent .X 1 and X 2 has the same meaning as those in formula (103) preferred ranges thereof are also the same.)

1 、R 2 、R 3 、R 4 、R 5 、R 6 、R 7 、R 8 、R 9およびR 10はそれぞれ独立に水素原子または置換基を表し、置換基ととしては前述の置換基Tが適用できる。 R 1, R 2, R 3 , R 4, R 5, R 6, R 7, R 8, R 9 and R 10 each independently represent a hydrogen atom or a substituent, the aforementioned substituents as the substituents T can be applied. またこれらの置換基は更に別の置換基によって置換されてもよく、置換基同士が縮環して環構造を形成してもよい。 These substituents may be further substituted by another substituent, substituents may be bonded with each other to form a condensed ring.

1 、R 2 、R 4 、R 5 、R 6 、R 7 、R 9 、およびR 10として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子であり、より好ましくは水素原子、アルキル基、アリール基、アルキルオキシ基、アリールオキシ基、ハロゲン原子であり、更に好ましくは水素原子、炭素1〜12アルキル基であり、特に好ましくは水素原子、メチル基であり、最も好ましくは水素原子である。 R 1, R 2, R 4 , R 5, R 6, R 7, R 9, and preferably a hydrogen atom R 10, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group, an alkyloxy group, an aryloxy group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom, having from 1 to 12 carbon atoms an alkyl group, particularly preferably a hydrogen atom, a methyl group, and most preferably a hydrogen atom.

3 、およびR 8として好ましくは水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、置換または無置換のアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、ヒドロキシ基、ハロゲン原子、より好ましくは水素原子、炭素数1〜20のアルキル基、炭素数0〜20のアミノ基、炭素数1〜12のアルコキシ基、炭素数6〜12アリールオキシ基、ヒドロキシ基であり、更に好ましくは水素原子、炭素数1〜12のアルキル基、炭素数1〜12アルコキシ基であり、特に好ましくは水素原子である。 R 3, and preferably a hydrogen atom R 8, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aryl group, a substituted or unsubstituted amino group, an alkoxy group, an aryloxy group, a hydroxyl group, a halogen atom, more preferably a hydrogen atom , an alkyl group having 1 to 20 carbon atoms, an amino group having 0 to 20 carbon atoms, an alkoxy group having 1 to 12 carbon atoms, the number 6 to 12 aryloxy group having a carbon or a hydroxy group, more preferably a hydrogen atom, the number of carbon atoms 1-12 alkyl group, the number 1 to 12 alkoxy group atoms, and particularly preferably a hydrogen atom.

一般式(103)としてより好ましくは下記一般式(103−B)で表される化合物である。 More preferred as the general formula (103) is a compound represented by the following general formula (103-B).
一般式(103−B) The general formula (103-B)

(式中、R 3およびR 8は一般式(103−A)におけるそれらと同義であり、また、好ましい範囲も同様である。X 3は水素原子、または置換基を表す。) (Wherein, R 3 and R 8 have the same meanings as those in formula (103-A), also a preferred range is also the same .X 3 represents a hydrogen atom or a substituent.)

3は水素原子、または置換基を表し、置換基としては前述の置換基Tが適用でき、また、可能な場合は更に他の置換基で置換されてもよい。 X 3 represents a hydrogen atom or a substituent, as the substituent can be applied. Foregoing substituents T, also, if possible may be further substituted with another substituent. 3として好ましくは水素原子、アルキル基、アリール基、シアノ基、ニトロ基、カルボニル基、スルホニル基、芳香族ヘテロ環であり、より好ましくは、シアノ基、カルボニル基、スルホニル基、芳香族ヘテロ環であり、更に好ましくはシアノ基、カルボニル基であり、特に好ましくはシアノ基、アルコキシカルボニル基(−C(=O)OR(Rは:炭素数1〜20アルキル基、炭素数6〜12のアリール基およびこれらを組み合せたもの)である。 Is preferably a hydrogen atom X 3, alkyl group, aryl group, cyano group, a nitro group, a carbonyl group, a sulfonyl group or an aromatic heterocyclic ring, more preferably a cyano group, a carbonyl group, a sulfonyl group, an aromatic heterocyclic , still preferably a cyano group, a carbonyl group, particularly preferably a cyano group, an alkoxycarbonyl group (-C (= O) OR (R is: C20 alkyl atoms, an aryl having 6 to 12 carbon atoms a group, and a combination thereof).

一般式(103)として更に好ましくは一般式(103−C)で表される化合物である。 Still preferably the general formula (103) is a compound represented by the general formula (103-C).
一般式(103−C) The general formula (103-C)

(式中、R 3およびR 8は一般式(103−A)におけるそれらと同義であり、また、好ましい範囲も同様である。R 21は炭素数1〜20のアルキル基を表す。) (Wherein, R 3 and R 8 have the same meanings as those in formula (103-A), the preferred scopes are also same .R 21 represents an alkyl group having 1 to 20 carbon atoms.)

21として好ましくはR 3およびR 8が両方水素の場合には、炭素数2〜12のアルキル基であり、より好ましくは炭素数4〜12のアルキル基であり、更に好ましくは、炭素数6〜12のアルキル基であり、特に好ましくは、n−オクチル基、tert−オクチル基、2−エチルへキシル基、n−デシル基、n−ドデシル基であり、最も好ましくは2−エチルへキシル基である。 Preferably the R 21 when R 3 and R 8 are both hydrogen, an alkyl group having 2 to 12 carbon atoms, more preferably an alkyl group having 4 to 12 carbon atoms, more preferably 6 carbon atoms an 12 alkyl group, particularly preferably, n- octyl group, tert- octyl group, a 2-ethylhexyl group, n- decyl group, an n- dodecyl group, and most preferably a 2-ethylhexyl group it is.

21として好ましくはR 3およびR 8が水素以外の場合には、一般式(103-C)で表される化合物の分子量が300以上になり、かつ炭素数20以下の炭素数のアルキル基が好ましい。 If preferred as R 21 R 3 and R 8 is other than hydrogen, the molecular weight of the compound represented by formula (103-C) becomes 300 or more and an alkyl group of carbon numbers of 20 or less carbon atoms preferable.

本発明一般式(103)で表される化合物はJounal of American Chemical Society 63巻 3452頁(1941)記載の方法によって合成できる。 Compounds represented by the present invention general formula (103) can be synthesized by the method of Jounal of American Chemical Society 63, pp. 3452 (1941) described.

以下に一般式(103)で表される化合物の具体例を挙げるが、本発明は下記具体例に何ら限定されるものではない。 Specific examples of the compound represented by the general formula (103) are shown below, but the present invention is not intended to be limited to these specific examples.

[マット剤微粒子] [Matting agent fine particles]
本発明のセルロースアシレートフィルムには、マット剤として微粒子を加えることが好ましい。 The cellulose acylate film of the present invention, it is preferable to add fine particles as a matting agent. 本発明に使用される微粒子としては、二酸化珪素、二酸化チタン、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、炭酸カルシウム、炭酸カルシウム、タルク、クレイ、焼成カオリン、焼成珪酸カルシウム、水和ケイ酸カルシウム、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸マグネシウム及びリン酸カルシウムを挙げることができる。 Examples of fine particles used in the present invention, silicon dioxide, titanium dioxide, aluminum oxide, zirconium oxide, calcium carbonate, calcium carbonate, talc, clay, calcined kaolin, calcined calcium silicate, hydrated calcium silicate, aluminum silicate, silicic mention may be made of magnesium and calcium phosphate. 微粒子はケイ素を含むものが濁度が低くなる点で好ましく、特に二酸化珪素が好ましい。 The particles are preferably those containing silicon low turbidity, and silicon dioxide is particularly preferred. 二酸化珪素の微粒子は、1次平均粒子径が20nm以下であり、かつ見かけ比重が70g/リットル以上であるものが好ましい。 Fine particles of silicone dioxide have an average primary particle size of 20 nm, and an apparent specific gravity of preferably at least 70 g / l. 1次粒子の平均径が5〜16nmと小さいものがフィルムのヘイズを下げることができより好ましい。 An average primary particle size as small as 5~16nm are more preferred because they can reduce the haze of the film. 見かけ比重は90〜200g/リットル以上が好ましく、100〜200g/リットル以上がさらに好ましい。 The apparent specific gravity is preferably at least 90 to 200 g / liter, even more preferably from 100 to 200 g / liter. 見かけ比重が大きい程、高濃度の分散液を作ることが可能になり、ヘイズ、凝集物が良化するため好ましい。 A higher apparent specific gravity makes it possible to prepare a dispersion of higher concentration, haze and aggregates are preferred for improved.

これらの微粒子は、通常平均粒子径が0.1〜3.0μmの2次粒子を形成し、これらの微粒子はフィルム中では、1次粒子の凝集体として存在し、フィルム表面に0.1〜3.0μmの凹凸を形成させる。 These fine particles generally having an average particle size form secondary particles of 0.1 to 3.0 m, in these fine particles are film in, exist as aggregates of primary particles, 0.1 the film surface to form a 3.0μm of irregularities. 2次平均粒子径は0.2μm以上1.5μm以下が好ましく、0.4μm以上1.2μm以下がさらに好ましく、0.6μm以上1.1μm以下が最も好ましい。 The average secondary particle size is preferably 0.2μm or more 1.5μm or less, 1.2 [mu] m or less is more preferably at least 0.4 .mu.m, most preferably at most 0.6μm or 1.1 .mu.m. 1次、2次粒子径はフィルム中の粒子を走査型電子顕微鏡で観察し、粒子に外接する円の直径をもって粒径とした。 Primary and secondary particle size determined by observing the particles in the film with a scanning electron microscope and using the diameter of the circle circumscribing the particle. また、場所を変えて粒子200個を観察し、その平均値をもって平均粒子径とした。 200 particles are observed by changing the location, and the average particle diameter average value thereof.

二酸化珪素の微粒子は、例えば、アエロジルR972、R972V、R974、R812、200、200V、300、R202、OX50、TT600(以上日本アエロジル(株)製)などの市販品を使用することができる。 Fine particles of silicon dioxide, such as Aerosil R972, R972V, R974, R812, can be used 300, R202, OX50, TT600 (all manufactured by Nippon Aerosil Co.) commercially available, such as. 酸化ジルコニウムの微粒子は、例えば、アエロジルR976及びR811(以上日本アエロジル(株)製)の商品名で市販されており、使用することができる。 As fine particles of zirconium oxide, are commercially available under the trade name Aerosil R976 and R811 (both by Nippon Aerosil Co., Ltd.) can be used.

これらの中でアエロジル200V、アエロジルR972Vが1次平均粒子径が20nm以下であり、かつ見かけ比重が70g/リットル以上である二酸化珪素の微粒子であり、光学フィルムの濁度を低く保ちながら、摩擦係数をさげる効果が大きいため特に好ましい。 Among these, Aerosil 200V and Aerosil R972V are the size average primary particle 20nm or less, and they are fine particles of an apparent silicon dioxide density is not less than 70 g / liter, while keeping the turbidity of the optical film, the coefficient of friction particularly preferred because of the large effect of reducing the.

本発明において2次平均粒子径の小さな粒子を有するセルロースアシレートフィルムを得るために、微粒子の分散液を調製する際にいくつかの手法が考えられる。 To obtain a cellulose acylate film having particles with a small average secondary particle diameter in the present invention, some techniques may be proposed in the step of preparing a dispersion of fine particles. 例えば、溶剤と微粒子を撹拌混合した微粒子分散液をあらかじめ作成し、この微粒子分散液を別途用意した少量のセルロースアシレート溶液に加えて撹拌溶解し、さらにメインのセルロースアシレートドープ液と混合する方法がある。 For example, how to create a dispersion of fine particles by stirring and mixing a solvent and fine particles in advance, the fine particle dispersion is added to a small amount of cellulose acylate solution separately prepared and stirred for dissolution, further mixed with a main cellulose acylate dope solution there is. この方法は二酸化珪素微粒子の分散性がよく、二酸化珪素微粒子が更に再凝集しにくい点で好ましい調製方法である。 This method has good dispersibility of the particulate silicon dioxide is a preferred prepared hardly reaggregates. ほかにも、溶剤に少量のセルロースエステルを加え、撹拌溶解した後、これに微粒子を加えて分散機で分散を行いこれを微粒子添加液とし、この微粒子添加液をインラインミキサーでドープ液と十分混合する方法もある。 Besides, a small amount of a cellulose ester is added to a solvent, followed by stirring and dissolution, which it was dispersed in a dispersing machine by adding fine particles as fine particles added liquid, thoroughly mixed with a dope solution of this particulate additive solution in-line mixer also how to there. 本発明はこれらの方法に限定されないが、二酸化珪素微粒子を溶剤などと混合して分散するときの二酸化珪素の濃度は5〜30質量%が好ましく、10〜25質量%が更に好ましく、15〜20質量%が最も好ましい。 The present invention is not limited to these methods, the concentration of silicon dioxide is preferably from 5 to 30 wt% when mixing and dispersing the silicon dioxide fine particles with a solvent or the like, more preferably 10 to 25 wt%, 15 to 20 mass% is most preferable. 分散濃度が高い方が添加量に対する液濁度は低くなり、ヘイズ、凝集物が良化するため好ましい。 Results in a lower liquid turbidity higher dispersion concentration relative to the addition amount, haze and aggregates are preferred for improved. 最終的なセルロースアシレートのドープ溶液中でのマット剤の添加量は1m 2あたり0.01〜1.0gが好ましく、0.03〜0.3gが更に好ましく、0.08〜0.16gが最も好ましい。 The addition amount of the matting agent in the final cellulose acylate dope solution is preferably 0.01~1.0g per 1 m 2, more preferably 0.03 to 0.3 g, the 0.08~0.16g The most preferred.

使用される溶剤は低級アルコール類としては、好ましくはメチルアルコール、エチルアルコール、プロピルアルコール、イソプロピルアルコール、ブチルアルコール等が挙げられる。 Solvent may be a lower alcohol, preferably methyl alcohol, ethyl alcohol, propyl alcohol, isopropyl alcohol, butyl alcohol and the like. 低級アルコール以外の溶媒としては特に限定されないが、セルロースエステルの製膜時に用いられる溶剤を用いることが好ましい。 No particular limitation is imposed on the solvent other than the lower alcohol, but it is preferable to use solvents which have been used in forming cellulose ester films.

[可塑剤、劣化防止剤、剥離剤] [Plasticizer, anti-deterioration agent, releasing agent]
上記の光学的に異方性を低下する化合物、波長分散調整剤の他に、本発明のセルロースアシレートフィルムには、各調製工程において用途に応じた種々の添加剤(例えば、可塑剤、紫外線防止剤、劣化防止剤、剥離剤、赤外吸収剤、など)を加えることができ、それらは固体でもよく油状物でもよい。 Additional optically compounds lowering the anisotropy, in addition to the wavelength dispersion adjusting agent, the cellulose acylate film of the present invention, various additives according to the application in each preparation step (e.g., plasticizers, ultraviolet agents, deterioration preventing agents, release agents, infrared absorbers, etc.) can be added, they may be solid or oily. すなわち、その融点や沸点において特に限定されるものではない。 That is, it is not particularly limited in its melting point or boiling point. 例えば20℃以下と20℃以上の紫外線吸収材料の混合や、同様に可塑剤の混合などであり、例えば特開2001−151901号などに記載されている。 For example mixing or 20 ° C. or less and 20 ° C. or more ultraviolet absorbing material, and the like as well mixtures of plasticizers are described in, for example, JP-2001-151901. さらにまた、赤外吸収染料としては例えば特開2001−194522号に記載されている。 Furthermore, as the infrared absorbing dyes are described in, for example, JP No. 2001-194522. またその添加する時期はドープ作製工程において何れで添加しても良いが、ドープ調製工程の最後の調製工程に添加剤を添加し調製する工程を加えて行ってもよい。 Or it may be added at any in the dope preparation process timing of addition thereof but may be performed by adding the step of adding the additives to the final preparation step of the dope preparation process. 更にまた、各素材の添加量は機能が発現する限りにおいて特に限定されない。 Moreover, it not particularly limited as long as the addition amount of each material could exhibit its function. また、セルロースアシレートフィルムが多層から形成される場合、各層の添加物の種類や添加量が異なってもよい。 When the cellulose acylate film has a multi-layer structure, the type and amount of additives in the various layers may be different. 例えば特開2001−151902号などに記載されているが、これらは従来から知られている技術である。 For example, described in such Patent No. 2001-151902, and the technique has been conventionally known. これらの詳細は、発明協会公開技報公技番号2001−1745号(2001年3月15日発行、発明協会)にて16頁〜22頁に詳細に記載されている素材が好ましく用いられる。 These details, Japan Institute of Invention and Innovation Journal of Technical Disclosure No. 2001-1745 (issued March 15, 2001, Japan Institute of Invention and Innovation) material, which is described in detail in 16 pages to 22 pages at is preferably used.

[化合物添加の比率] Percent compound addition]
本発明のセルロースアシレートフィルムにおいては、分子量が3000以下の化合物の総量は、セルロースアシレート質量に対して5〜45%であることがのぞましい。 In the cellulose acylate film of the present invention, the total amount of molecular weight 3000 following compounds, desirable to be 5 to 45% relative to the cellulose acylate mass. より好ましくは10〜40%であり、さらにのぞましくは15〜30%である。 More preferably 10 to 40%, and even more preferably from 15 to 30%. これらの化合物としては上述したように、光学異方性を低下する化合物、波長分散調整剤、紫外線防止剤、可塑剤、劣化防止剤、微粒子、剥離剤、赤外吸収剤などであり、分子量としては3000以下がのぞましく、2000以下がよりのぞましく、1000以下がさらにのぞましい。 As described above as these compounds, compounds lowering optical anisotropy, a wavelength dispersion regulator, ultraviolet inhibitor, a plasticizer, a deterioration inhibitor, fine particles, a release agent, and the like infrared absorber, as a molecular weight desirably, it is 3000 or less, 2000 or less is more desirable, more desirable is 1000 or less. これら化合物の総量が5%以下であると、セルロースアシレート単体の性質が出やすくなり、例えば、温度や湿度の変化に対して光学性能や物理的強度が変動しやすくなるなどの問題がある。 When the total amount of these compounds is 5% or less, easily out properties of a single cellulose acylate, for example, optical performance and physical strength of the like tends to change to a change in temperature or humidity. またこれら化合物の総量が45%以上であると、セルロースアシレートフィルム中に化合物が相溶する限界を超え、フィルム表面に析出してフィルムが白濁する(フィルムからの泣き出し)などの問題が生じやすくなる。 Also the total amount of these compounds is 45% or more, beyond the limits of compound in the cellulose acylate film is compatible, then deposited on the film surface film becomes clouded (cry from the film) problems arise, such as It becomes easier.

[セルロースアシレート溶液の有機溶媒] [Organic solvent for cellulose acylate solution]
本発明では、ソルベントキャスト法によりセルロースアシレートフィルムを製造することが好ましく、セルロースアシレートを有機溶媒に溶解した溶液(ドープ)を用いてフィルムは製造される。 In the present invention, preferably for producing a cellulose acylate film by a solvent casting method, a film using a solution obtained by dissolving cellulose acylate in an organic solvent (dope) is prepared. 本発明の主溶媒として好ましく用いられる有機溶媒は、炭素原子数が3〜12のエステル、ケトン、エーテル、および炭素原子数が1〜7のハロゲン化炭化水素から選ばれる溶媒が好ましい。 The organic solvent preferably used as the main solvent of the present invention, from esters, ketones, solvent ether, and carbon atoms selected from halogenated hydrocarbons having 1 to 7 preferred. エステル、ケトンおよび、エーテルは、環状構造を有していてもよい。 Esters, ketones and ethers may have a cyclic structure. エステル、ケトンおよびエーテルの官能基(すなわち、−O−、−CO−および−COO−)のいずれかを二つ以上有する化合物も、主溶媒として用いることができ、たとえばアルコール性水酸基のような他の官能基を有していてもよい。 Ester functional groups of ketones and ethers (i.e., -O -, - CO- and -COO-) compounds having two or more may also be used herein as the main solvent, such as other such as an alcoholic hydroxyl group it may have a functional group. 二種類以上の官能基を有する主溶媒の場合、その炭素原子数はいずれかの官能基を有する化合物の規定範囲内であればよい。 In the case of a main solvent having two or more functional groups, the number of carbon atoms may fall within a range of compounds having any functional group.

以上本発明のセルロースアシレートフィルムに対しては塩素系のハロゲン化炭化水素を主溶媒としても良いし、発明協会公開技報公技番号2001−1745号(12頁〜16頁)に記載されているように、非塩素系溶媒を主溶媒としても良く、本発明のセルロースアシレートフィルムに対しては特に限定されるものではない。 Chlorine-based halogenohydrocarbons may be used as the main solvent for the cellulose acylate film of the present invention above, are described in Japan Institute of Invention and Innovation Journal of Technical Disclosure No. 2001-1745 (page 12 to 16 pages) as there, the non-chlorinated solvent may be as a main solvent, is not particularly limited with respect to the cellulose acylate film of the present invention.

その他、本発明のセルロースアシレート溶液及びフィルムについての溶媒は、その溶解方法も含め以下の特許に開示されており、好ましい態様である。 Other solvents for the cellulose acylate solution and film of the present invention, methods for dissolution therein are disclosed, including the following patents, which are preferred embodiments. それらは、例えば、特開2000−95876、特開平12−95877、特開平10−324774、特開平8−152514、特開平10−330538、特開平9−95538、特開平9−95557、特開平10−235664、特開平12−63534、特開平11−21379、特開平10−182853、特開平10−278056、特開平10−279702、特開平10−323853、特開平10−237186、特開平11−60807、特開平11−152342、特開平11−292988、特開平11−60752、特開平11−60752などに記載されている。 They are, for example, JP 2000-95876, JP-A 12-95877, JP-A-10-324774, JP-A-8-152514, JP-A-10-330538, JP-A-9-95538, JP-A-9-95557, JP-A-10 -235664, JP-A 12-63534, JP-A-11-21379, JP-A-10-182853, JP-A-10-278056, JP-A-10-279702, JP-A-10-323853, JP-A-10-237186, JP-A-11-60807 , JP 11-152342, JP 11-292988, JP 11-60752, are described, for example, JP-a-11-60752. これらの特許によると本発明のセルロースアシレートに好ましい溶媒だけでなく、その溶液物性や共存させる共存物質についても記載があり、本発明においても好ましい態様である。 According to these patents not only the solvents preferred for cellulose acylate of the present invention, there is also described coexisting materials for its solution properties and coexistence, are preferred embodiments in the present invention.
(光学フィルム2(光学異方性大)に用いるセルロースアシリートフィルム) (Cellulose acylate Ried film used in the optical film 2 (optical anisotropy Univ.))

(光学異方性を大きくする場合のセルロースアシレート) (Cellulose acylate in the case of increasing the optical anisotropy)
つぎに、本発明において用いられる光学異方性の発現性を大きくする場合のセルロースアシレートについて詳細に記載する。 Next, he described in detail the cellulose acylate in the case of increasing the expression of the optical anisotropy to be used in the present invention. 本発明においては異なる2種類以上のセルロースアシレートを混合して用いても良い。 It may be used in combination of two or more different kinds of cellulose acylates in the present invention.
前記の特定のセルロースアシレートは、セルロースの水酸基をアセチル基および炭素原子数が3以上のアシル基で置換して得られたセルロースの混合脂肪酸エステルであって、セルロースの水酸基への置換度が下記式(X)及び(XI)を満足するセルロースアシレートである。 The specific cellulose acylate is a mixed fatty acid ester of a cellulose obtained by substituting a hydroxyl group of cellulose with an acetyl group and acyl group having 3 or more carbon atoms, the degree of substitution of the hydroxyl group of cellulose is below cellulose acylate satisfying the formula (X) and (XI).
数式(X):2.0≦A+B≦3.0 Formula (X): 2.0 ≦ A + B ≦ 3.0
数式(XI):0<B Formula (XI): 0 <B
ここで、式中A及びBはセルロースの水酸基に置換されているアシル基の置換度を表し、Aはアセチル基の置換度、またBは炭素原子数3以上のアシル基の置換度である。 Here, wherein A and B represent the degree of substitution of acyl group substituted for the hydroxyl group of cellulose, A is a substitution degree of an acetyl group, and B is a substitution degree of acyl group having 3 or more carbon atoms.
セルロースを構成するβ−1,4結合しているグルコース単位は、2位、3位および6位に遊離の水酸基を有している。 Glucose units linked beta-l, 4 constructing cellulose, 2-position, has free hydroxyl groups at the 3- and 6-positions. セルロースアシレートは、これらの水酸基の一部または全部をアシル基によりエステル化した重合体(ポリマー)である。 Cellulose acylate is a polymer obtained by esterifying the acyl group part or the whole of these hydroxyl (polymer). アシル置換度は、2位、3位および6位のそれぞれについて、セルロースがエステル化している割合(100%のエステル化は置換度1)を意味する。 The degree of acyl substitution at each of the 2-, 3- and 6-positions, cellulose esterified to the proportion that (100% esterification is a substitution degree of 1).

本発明では、水酸基のAとBとの置換度の総和(A+B)は、上記数式(X)に示すように、2.0〜3.0であり、好ましくは2.2〜2.9であり、特に好ましくは2.40〜2.85である。 In the present invention, the sum of the substitution degrees of the hydroxyl groups of A and B (A + B), as shown in the equation (X), is 2.0 to 3.0, preferably from 2.2 to 2.9 There, particularly preferably 2.40 to 2.85. また、Bの置換度は上記数式(XI)に示すように、0より大きいことが好ましく、0.6以上であることがさらに好ましい。 The substitution degree B is as shown in the equation (XI), it is preferably greater than 0, more preferably 0.6 or more. A+Bが上記範囲であれば、親水性が適度であり環境湿度の影響を受け難い。 If A + B is the range, hydrophilic is moderately less susceptible to environmental humidity.
さらにBはその28%以上が6位水酸基の置換基であるのが好ましいが、より好ましくは30%以上が6位水酸基の置換基であり、31%以上がさらに好ましく、特には32%以上が6位水酸基の置換基であることも好ましい。 Although further B is preferably more than 28% is a substituent at the 6-position hydroxyl groups, more preferably a substituent of 30% or more hydroxyl group at the 6-position, more preferably at least 31%, especially at least 32% it is also preferred 6-position is a hydroxyl substituent.
また更に、セルロースアシレートの6位のAとBの置換度の総和が0.75以上であるのが好ましく、さらには0.80以上が、特には0.85以上が好ましい。 Further, preferably the sum of the substitution degree at 6-position of the A and B of the cellulose acylate is preferably 0.75 or more, more is 0.80 or more, particularly preferably 0.85 or more. これらのセルロースアシレートフィルムにより溶解性、濾過性の好ましいフィルム調製用の溶液が作製でき、非塩素系有機溶媒においても、良好な溶液の作製が可能となる。 Solubility These cellulose acylate film, filterability of the preferred possible solution to manufacture a film preparation, even in a chlorine-free organic solvent, it is possible to produce a good solution. 更に粘度が低くろ過性のよい溶液の作成が可能となる。 Furthermore viscosity becomes possible to create a low filterability good solution.

前記炭素原子数3以上のアシル基(B)としては、脂肪族基でも芳香族炭化水素基でもよく特に限定されない。 Examples of 3 or more carbon atoms of the acyl group (B), is not particularly limited and may be an aromatic hydrocarbon group with an aliphatic group. それらは、例えばセルロースのアルキルカルボニルエステル、アルケニルカルボニルエステルあるいは芳香族カルボニルエステル、芳香族アルキルカルボニルエステルなどであり、それぞれさらに置換された基を有していてもよい。 They are, for example alkylcarbonyl ester of cellulose, alkenylcarbonyl ester or aromatic carbonyl ester, and the like aromatic alkylcarbonyl esters, may further have a substituted group. これらの好ましいBとしては、プロピオニル、ブタノイル、ケプタノイル、ヘキサノイル、オクタノイル、デカノイル、ドデカノイル、トリデカノイル、テトラデカノイル、ヘキサデカノイル、オクタデカノイル、iso−ブタノイル、t−ブタノイル、シクロヘキサンカルボニル、オレオイル、ベンゾイル、ナフチルカルボニル、シンナモイル基などを挙げることが出来る。 These preferred B, propionyl, butanoyl, heptanoyl, hexanoyl, octanoyl, decanoyl, dodecanoyl, tridecanoyl, tetradecanoyl, hexadecanoyl, octadecanoyl, iso- butanoyl, t-butanoyl, cyclohexanecarbonyl, oleoyl, benzoyl , naphthyl carbonyl, cinnamoyl group and the like can be mentioned. これらの中でも、好ましくはプロピオニル、ブタノイル、ドデカノイル、オクタデカノイル、t−ブタノイル、オレオイル、ベンゾイル、ナフチルカルボニル、シンナモイル基などである。 Among these, preferably propionyl, butanoyl, dodecanoyl, octadecanoyl, t-butanoyl, oleoyl, benzoyl, naphthyl carbonyl, and cinnamoyl groups. 特に好ましくはプロピオニル、ブタノイル基である。 Particularly preferably propionyl, butanoyl group. また、プロピオニル基の場合には置換度Bは1.3以上であるのが好ましい。 Further, the substitution degree B in the case of a propionyl group is preferably 1.3 or more.

前記混合脂肪酸セルロースアシレートとしては、具体的には、セルロースアセテートプロピオネート、セルロースアセテートブチレートが挙げられる。 Examples of the mixed fatty acid cellulose acylate, specifically, cellulose acetate propionate, cellulose acetate butyrate.

[レタデーション上昇剤(発現剤)] [Retardation increasing agent (developing agent)
本発明では光学異方性を大きく発現させ、好ましいレターデーション値を実現する場合に、レタデーションを低下させる化合物の変わりに、レターデーション上昇剤(発現剤)を用いるのが好ましい。 Greatly expressing optical anisotropy in the present invention, in the case of realizing a preferred retardation value, instead of the compound which decreases the retardation, it is preferable to use a retardation increasing agent (developing agent).
本発明において用いることができるレターデーション上昇剤としては、棒状又は円盤状化合物からなるものを挙げることができる。 The retardation increasing agent which can be used in the present invention includes those consisting of rod-like or discotic compound.
上記棒状又は円盤状化合物としては、少なくとも二つの芳香族環を有する化合物を用いることができる。 As the rod-like or discotic compound, it may be used a compound having at least two aromatic rings.
棒状化合物からなるレターデーション発現剤の添加量は、セルロースアシレートを含むポリマー成分100質量部に対して0.1乃至30質量部であることが好ましく、0.5乃至20質量部であることがさらに好ましい。 The addition amount of the retardation increasing agent comprising the rod-like compound is preferably in the range of 0.1 to 30 parts by mass relative to the polymer 100 parts by weight of component containing cellulose acylate, from 0.5 to 20 parts by weight A further preferred.
円盤状のレターデーション発現剤は、前記セルロースアシレートを含むポリマー成分100質量部に対して、0.05乃至20質量部の範囲で使用することが好ましく、0.1乃至10質量部の範囲で使用することがより好ましく、0.2乃至5質量部の範囲で使用することがさらに好ましく、0.5乃至2質量部の範囲で使用することが最も好ましい。 Disk-shaped retardation developer with respect to the 100 parts by mass of the polymer component containing cellulose acylate preferably used in the range of 0.05 to 20 parts by weight, in the range of 0.1 to 10 parts by weight it is more preferable to use, more preferably used in the range from 0.2 to 5 parts by weight, and most preferably used in the range of 0.5 to 2 parts by weight.
円盤状化合物はRthレターデーション発現性において棒状化合物よりも優れているため、特に大きなRthレターデーションを必要とする場合には好ましく使用される。 For discotic compound is superior to the rod-like compound in the Rth retardation properties, it is preferably used to require particularly large Rth retardation.
二種類以上のレターデーション上昇剤を併用してもよい。 It may be used in combination of two or more kinds of retardation increasing agent.
棒状または円盤状化合物からなる前記レターデーション上昇剤は、250乃至400nmの波長領域に最大吸収を有することが好ましく、可視領域に実質的に吸収を有していないことが好ましい。 The retardation increasing agent comprising a rod-like or discotic compound is preferably preferably has a maximum absorption at 250 to 400nm wavelength region, does not have substantial absorption in the visible region.

円盤状化合物について説明する。 It will be described discotic compound. 円盤状化合物としては少なくとも二つの芳香族環を有する化合物を用いることができる。 The discotic compound there may be used a compound having at least two aromatic rings.
本明細書において、「芳香族環」は、芳香族炭化水素環に加えて、芳香族性ヘテロ環を含む。 As used herein, "aromatic ring" includes, in addition to an aromatic hydrocarbon ring or an aromatic hetero ring.
芳香族炭化水素環は、6員環(すなわち、ベンゼン環)であることが特に好ましい。 Aromatic hydrocarbon ring, 6-membered ring (i.e., benzene ring) is particularly preferably.
芳香族性ヘテロ環は一般に、不飽和ヘテロ環である。 The aromatic heterocyclic ring is generally an unsaturated heterocyclic ring. 芳香族性ヘテロ環は、5員環、6員環または7員環であることが好ましく、5員環または6員環であることがさらに好ましい。 The aromatic heterocyclic group, 5-membered ring is preferably a 6-membered ring or 7-membered ring, more preferably a 5- or 6-membered ring. 芳香族性ヘテロ環は一般に、最多の二重結合を有する。 The aromatic heterocyclic ring generally has a largest number of double bonds. ヘテロ原子としては、窒素原子、酸素原子および硫黄原子が好ましく、窒素原子が特に好ましい。 The hetero atom is preferably a nitrogen atom, an oxygen atom and a sulfur atom, a nitrogen atom is particularly preferred. 芳香族性ヘテロ環の例には、フラン環、チオフェン環、ピロール環、オキサゾール環、イソオキサゾール環、チアゾール環、イソチアゾール環、イミダゾール環、ピラゾール環、フラザン環、トリアゾール環、ピラン環、ピリジン環、ピリダジン環、ピリミジン環、ピラジン環および1,3,5−トリアジン環が含まれる。 Examples of the aromatic heterocyclic ring, furan ring, thiophene ring, pyrrole ring, oxazole ring, isoxazole ring, thiazole ring, isothiazole ring, an imidazole ring, a pyrazole ring, a triazole ring, a pyran ring, a pyridine ring , a pyridazine ring, a pyrimidine ring, a pyrazine ring and a 1,3,5-triazine ring.
芳香族環としては、ベンゼン環、フラン環、チオフェン環、ピロール環、オキサゾール環、チアゾール環、イミダゾール環、トリアゾール環、ピリジン環、ピリミジン環、ピラジン環および1,3,5−トリアジン環が好ましく、特に1,3,5−トリアジン環が好ましく用いられる。 The aromatic ring, a benzene ring, furan ring, thiophene ring, pyrrole ring, oxazole ring, thiazole ring, an imidazole ring, a triazole ring, a pyridine ring, a pyrimidine ring, a pyrazine ring and a 1,3,5-triazine ring are preferred, In particular 1,3,5-triazine ring is preferably used. 具体的には例えば特開2001−166144号公報に開示の化合物が円盤状化合物として好ましく用いられる。 Compounds specific to the disclosed in JP-A-2001-166144 are preferably used as the discotic compound.

前記円盤状化合物が有する芳香族環の数は、2乃至20であることが好ましく、2乃至12であることがより好ましく、2乃至8であることがさらに好ましく、2乃至6であることが最も好ましい。 The number of aromatic rings the discotic compound is preferably 2 to 20, more preferably 2 to 12, still more preferably from 2 to 8, to be 2 to 6 and most preferable.
二つの芳香族環の結合関係は、(a)縮合環を形成する場合、(b)単結合で直結する場合、および(c)連結基を介して結合する場合に分類できる(芳香族環のため、スピロ結合は形成できない)。 Coupling of two aromatic rings, (a) they may form a condensed ring, (b) when directly connecting a single bond, and (c) a case bonded via a linking group (an aromatic ring Therefore, spiro bond can not be formed). 結合関係は、(a)〜(c)のいずれでもよい。 The bonding relationship may be any of (a) ~ (c).

(a)の縮合環(二つ以上の芳香族環の縮合環)の例には、インデン環、ナフタレン環、アズレン環、フルオレン環、フェナントレン環、アントラセン環、アセナフチレン環、ビフェニレン環、ナフタセン環、ピレン環、インドール環、イソインドール環、ベンゾフラン環、ベンゾチオフェン環、インドリジン環、ベンゾオキサゾール環、ベンゾチアゾール環、ベンゾイミダゾール環、ベンゾトリアゾール環、プリン環、インダゾール環、クロメン環、キノリン環、イソキノリン環、キノリジン環、キナゾリン環、シンノリン環、キノキサリン環、フタラジン環、プテリジン環、カルバゾール環、アクリジン環、フェナントリジン環、キサンテン環、フェナジン環、フェノチアジン環、フェノキサチイン環、フェノキサジン環およびチアント Examples of fused ring (condensed ring of two or more aromatic rings) of (a), an indene ring, a naphthalene ring, an azulene ring, a fluorene ring, phenanthrene ring, anthracene ring, acenaphthylene ring, biphenylene ring, naphthacene ring, pyrene ring, indole ring, isoindole ring, benzofuran ring, benzothiophene ring, indolizine ring, benzoxazole ring, benzothiazole ring, benzimidazole ring, benzotriazole ring, purine ring, indazole ring, chromene ring, a quinoline ring, an isoquinoline ring, quinolizine ring, quinazoline ring, cinnoline ring, quinoxaline ring, phthalazine ring, pteridine ring, carbazole ring, acridine ring, phenanthridine ring, xanthene ring, phenazine ring, phenothiazine ring, phenoxthine ring, phenoxazine ring and Chianto ン環が含まれる。 It includes emissions ring. ナフタレン環、アズレン環、インドール環、ベンゾオキサゾール環、ベンゾチアゾール環、ベンゾイミダゾール環、ベンゾトリアゾール環およびキノリン環が好ましい。 Naphthalene ring, azulene ring, indole ring, benzoxazole ring, benzothiazole ring, benzimidazole ring, benzotriazole ring and quinoline ring are preferred.

(b)の単結合は、二つの芳香族環の炭素原子間の結合であることが好ましい。 Single bond (b) is preferably a bond between carbon atoms of two aromatic rings. 二以上の単結合で二つの芳香族環を結合して、二つの芳香族環の間に脂肪族環または非芳香族性複素環を形成してもよい。 By combining the two aromatic rings with two or more single bond, it may form an aliphatic ring or nonaromatic heterocyclic group between the two aromatic rings.

(c)の連結基も、二つの芳香族環の炭素原子と結合することが好ましい。 Linking group (c) is preferably bonded to carbon atoms of two aromatic rings. 連結基は、アルキレン基、アルケニレン基、アルキニレン基、−CO−、−O−、−NH−、−S−またはそれらの組み合わせであることが好ましい。 Linking group is an alkylene group, an alkenylene group, an alkynylene group, -CO -, - O -, - NH -, - is preferably a S- or combinations thereof. 組み合わせからなる連結基の例を以下に示す。 Examples of the linking group comprising the combination are shown below. なお、以下の連結基の例の左右の関係は、逆になってもよい。 The order of the arrangement of the following connecting groups may be reversed.
c1:−CO−O− c1: -CO-O-
c2:−CO−NH− c2: -CO-NH-
c3:−アルキレン−O− c3: - alkylene -O-
c4:−NH−CO−NH− c4: -NH-CO-NH-
c5:−NH−CO−O− c5: -NH-CO-O-
c6:−O−CO−O− c6: -O-CO-O-
c7:−O−アルキレン−O− c7: -O- alkylene -O-
c8:−CO−アルケニレン− c8: -CO- alkenylene -
c9:−CO−アルケニレン−NH− c9: -CO- alkenylene -NH-
c10:−CO−アルケニレン−O− c10: -CO- alkenylene -O-
c11:−アルキレン−CO−O−アルキレン−O−CO−アルキレン− c11: - alkylene -CO-O- alkylene -O-CO- alkylene -
c12:−O−アルキレン−CO−O−アルキレン−O−CO−アルキレン−O− c12: -O- alkylene -CO-O- alkylene -O-CO- alkylene -O-
c13:−O−CO−アルキレン−CO−O− c13: -O-CO- alkylene -CO-O-
c14:−NH−CO−アルケニレン− c14: -NH-CO- alkenylene -
c15:−O−CO−アルケニレン− c15: -O-CO- alkenylene -

芳香族環および連結基は、置換基を有していてもよい。 Aromatic ring and the linking group may have a substituent.
置換基の例には、ハロゲン原子(F、Cl、Br、I)、ヒドロキシル基、カルボキシル基、シアノ基、アミノ基、ニトロ基、スルホ基、カルバモイル基、スルファモイル基、ウレイド基、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、脂肪族アシル基、脂肪族アシルオキシ基、アルコキシ基、アルコキシカルボニル基、アルコキシカルボニルアミノ基、アルキルチオ基、アルキルスルホニル基、脂肪族アミド基、脂肪族スルホンアミド基、脂肪族置換アミノ基、脂肪族置換カルバモイル基、脂肪族置換スルファモイル基、脂肪族置換ウレイド基および非芳香族性複素環基が含まれる。 Examples of the substituent include a halogen atom (F, Cl, Br, I), hydroxyl group, carboxyl group, a cyano group, an amino group, a nitro group, a sulfo group, a carbamoyl group, a sulfamoyl group, a ureido group, an alkyl group, an alkenyl group, an alkynyl group, an aliphatic acyl group, an aliphatic acyloxy group, an alkoxy group, an alkoxycarbonyl group, an alkoxycarbonylamino group, an alkylthio group, an alkylsulfonyl group, an aliphatic amido group, an aliphatic sulfonamido group, an aliphatic substituted amino group , aliphatic substituted carbamoyl group, an aliphatic substituted sulfamoyl group, an aliphatic substituted ureido group and a non-aromatic heterocyclic group.

アルキル基の炭素原子数は、1乃至8であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the alkyl group preferably has 1 to 8. 環状アルキル基よりも鎖状アルキル基の方が好ましく、直鎖状アルキル基が特に好ましい。 Preferably a chain structure an alkyl group rather than a cyclic alkyl group, particularly preferably a linear alkyl group. アルキル基は、さらに置換基(例、ヒドロキシ基、カルボキシ基、アルコキシ基、アルキル置換アミノ基)を有していてもよい。 The alkyl group preferably further has substituents (e.g., hydroxy group, a carboxy group, an alkoxy group, an alkyl-substituted amino group) may have. アルキル基の(置換アルキル基を含む)例には、メチル基、エチル基、n−ブチル基、n−ヘキシル基、2−ヒドロキシエチル基、4−カルボキシブチル基、2−メトキシエチル基および2−ジエチルアミノエチル基が含まれる。 Examples (including substituted alkyl group) of the alkyl group, methyl group, ethyl group, n- butyl group, n- hexyl, 2-hydroxyethyl group, 4-carboxybutyl group, 2-methoxyethyl group and 2 It includes a diethylaminoethyl group.
アルケニル基の炭素原子数は、2乃至8であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the alkenyl group preferably has 2 to 8. 環状アルケニル基よりも鎖状アルケニル基の方が好ましく、直鎖状アルケニル基が特に好ましい。 Preferably a chain structure alkenyl groups rather than a cyclic alkenyl group, particularly preferably a straight chain alkenyl group. アルケニル基は、さらに置換基を有していてもよい。 The alkenyl group may further have a substituent. アルケニル基の例には、ビニル基、アリル基および1−ヘキセニル基が含まれる。 Examples of alkenyl groups include vinyl, allyl and 1-hexenyl groups.
アルキニル基の炭素原子数は、2乃至8であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the alkynyl group preferably has 2 to 8. 環状アルキケニル基よりも鎖状アルキニル基の方が好ましく、直鎖状アルキニル基が特に好ましい。 Preferably a chain structure alkynyl group than a cyclic alkynyl group, particularly preferably a linear alkynyl group. アルキニル基は、さらに置換基を有していてもよい。 The alkynyl group may further have a substituent. アルキニル基の例には、エチニル基、1−ブチニル基および1−ヘキシニル基が含まれる。 Examples of alkynyl groups include an ethynyl group, a 1-butynyl group and a 1-hexynyl group.

脂肪族アシル基の炭素原子数は、1乃至10であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic acyl group preferably has 1 to 10. 脂肪族アシル基の例には、アセチル基、プロパノイル基およびブタノイル基が含まれる。 Examples of the aliphatic acyl group, an acetyl group, a propanoyl group and a butanoyl group.
脂肪族アシルオキシ基の炭素原子数は、1乃至10であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic acyloxy group preferably has 1 to 10. 脂肪族アシルオキシ基の例には、アセトキシ基が含まれる。 Examples of the aliphatic acyloxy group include an acetoxy group.
アルコキシ基の炭素原子数は、1乃至8であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the alkoxy group preferably has 1 to 8. アルコキシ基は、さらに置換基(例、アルコキシ基)を有していてもよい。 Alkoxy group, substituent (e.g., alkoxy group) may have. アルコキシ基の(置換アルコキシ基を含む)例には、メトキシ基、エトキシ基、ブトキシ基およびメトキシエトキシ基が含まれる。 Examples (including substituted alkoxy group) alkoxy group, a methoxy group, an ethoxy group, a butoxy group and a methoxyethoxy group.
アルコキシカルボニル基の炭素原子数は、2乃至10であることが好ましい。 The number of carbon atoms of the alkoxycarbonyl group preferably has 2 to 10. アルコキシカルボニル基の例には、メトキシカルボニル基およびエトキシカルボニル基が含まれる。 Examples of the alkoxycarbonyl group include a methoxycarbonyl group and an ethoxycarbonyl group.
アルコキシカルボニルアミノ基の炭素原子数は、2乃至10であることが好ましい。 Number of carbon atoms of the alkoxycarbonylamino group preferably has 2 to 10. アルコキシカルボニルアミノ基の例には、メトキシカルボニルアミノ基およびエトキシカルボニルアミノ基が含まれる。 Examples of the alkoxycarbonylamino group include methoxycarbonylamino group and ethoxycarbonylamino group.

アルキルチオ基の炭素原子数は、1乃至12であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the alkylthio group preferably has 1 to 12. アルキルチオ基の例には、メチルチオ基、エチルチオ基およびオクチルチオ基が含まれる。 Examples of the alkylthio group include a methylthio group, an ethylthio group and octylthio group.
アルキルスルホニル基の炭素原子数は、1乃至8であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the alkylsulfonyl group preferably has 1 to 8. アルキルスルホニル基の例には、メタンスルホニル基およびエタンスルホニル基が含まれる。 Examples of the alkylsulfonyl group include a methanesulfonyl group and an ethanesulfonyl group.
脂肪族アミド基の炭素原子数は、1乃至10であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic amide group preferably has 1 to 10. 脂肪族アミド基の例には、アセトアミド基が含まれる。 Examples of the aliphatic amido group include acetamido group.
脂肪族スルホンアミド基の炭素原子数は、1乃至8であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic sulfonamide group is preferably 1 to 8. 脂肪族スルホンアミド基の例には、メタンスルホンアミド基、ブタンスルホンアミド基およびn−オクタンスルホンアミド基が含まれる。 Examples of the aliphatic sulfonamide group, methanesulfonamide group, butanesulfonamide group and n- octane sulfonamido group.
脂肪族置換アミノ基の炭素原子数は、1乃至10であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic substituted amino group preferably has 1 to 10. 脂肪族置換アミノ基の例には、ジメチルアミノ基、ジエチルアミノ基および2−カルボキシエチルアミノ基が含まれる。 Examples of the aliphatic substituted amino group, dimethylamino group and diethylamino group and 2-carboxyethyl amino group.
脂肪族置換カルバモイル基の炭素原子数は、2乃至10であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic substituted carbamoyl group preferably has 2 to 10. 脂肪族置換カルバモイル基の例には、メチルカルバモイル基およびジエチルカルバモイル基が含まれる。 Examples of the aliphatic substituted carbamoyl group include a methylcarbamoyl group and a diethylcarbamoyl group.
脂肪族置換スルファモイル基の炭素原子数は、1乃至8であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic substituted sulfamoyl group preferably has 1 to 8. 脂肪族置換スルファモイル基の例には、メチルスルファモイル基およびジエチルスルファモイル基が含まれる。 Examples of the aliphatic substituted sulfamoyl group include methylsulfamoyl group and diethylsulfamoyl group.
脂肪族置換ウレイド基の炭素原子数は、2乃至10であることが好ましい。 The number of carbon atoms in the aliphatic substituted ureido group preferably has 2 to 10. 脂肪族置換ウレイド基の例には、メチルウレイド基が含まれる。 Examples of the aliphatic substituted ureido group include a methylureido group.
非芳香族性複素環基の例には、ピペリジノ基およびモルホリノ基が含まれる。 Examples of non-aromatic heterocyclic group include a piperidino group and a morpholino group.
円盤状化合物からなるレターデーション発現剤の分子量は、300乃至800であることが好ましい The molecular weight of the retardation increasing agent comprising the discotic compound is preferably from 300 to 800

本発明では前述の円盤状化合物の他に、直線的な分子構造を有する棒状化合物も好ましく用いることができる。 In addition to the discotic compound in the present invention, the rod-shaped compound having a linear molecular structure can be preferably used. 直線的な分子構造とは、熱力学的に最も安定な構造において棒状化合物の分子構造が直線的であることを意味する。 The linear molecular structure, molecular structure of the rod-like compound in the thermodynamically most stable structure is meant to be linear. 熱力学的に最も安定な構造は、結晶構造解析または分子軌道計算によって求めることができる。 The thermodynamically most stable structure can be determined by crystal structure analysis or molecular orbital calculation. 例えば、分子軌道計算ソフト(例、WinMOPAC2000、富士通(株)製)を用いて分子軌道計算を行い、化合物の生成熱が最も小さくなるような分子の構造を求めることができる。 For example, the molecular orbital calculation software (e.g., WinMOPAC2000, Fujitsu Ltd.) may be used to effect molecular orbital calculation, it is possible to determine the structure of molecules, such as heat of formation is minimized compound. 分子構造が直線的であるとは、上記のように計算して求められる熱力学的に最も安定な構造において、分子構造で主鎖の構成する角度が140度以上であることを意味する。 The linear molecular structure, in the most stable structure calculated thermodynamically determined as described above, it means that the angle which constitutes the main chain of the molecular structure is 140 ° or more.

棒状化合物としては、少なくとも二つの芳香族環を有するものが好ましく、少なくとも二つの芳香族環を有する棒状化合物としては、下記一般式(I)で表される化合物が好ましい。 The rod-shaped compound is preferably one having at least two aromatic rings, as the rod-shaped compound having at least two aromatic rings, a compound represented by the following general formula (I) are preferred.

一般式(I):Ar 1 −L 1 −Ar 2 General formula (I): Ar 1 -L 1 -Ar 2

上記一般式(I)において、Ar 1およびAr 2は、それぞれ独立に、芳香族基である。 In the general formula (I), Ar 1 and Ar 2 each independently represents an aromatic group.
本明細書において、芳香族基は、アリール基(芳香族性炭化水素基)、置換アリール基、芳香族性ヘテロ環基および置換芳香族性ヘテロ環基を含む。 In the present specification, the aromatic group includes an aryl group (aromatic hydrocarbon group), a substituted aryl group, aromatic heterocyclic group and substituted aromatic heterocyclic group.
アリール基および置換アリール基の方が、芳香族性ヘテロ環基および置換芳香族性ヘテロ環基よりも好ましい。 The aryl group and the substituted aryl group are preferred to the aromatic heterocyclic group and the substituted aromatic heterocyclic group. 芳香族性へテロ環基のヘテロ環は、一般には不飽和である。 Heterocycle in the aromatic heterocyclic group is generally unsaturated. 芳香族性ヘテロ環は、5員環、6員環または7員環であることが好ましく、5員環または6員環であることがさらに好ましい。 The aromatic heterocyclic group, 5-membered ring is preferably a 6-membered ring or 7-membered ring, more preferably a 5- or 6-membered ring. 芳香族性へテロ環は一般に最多の二重結合を有する。 The aromatic hetero ring generally has a largest number of double bonds. ヘテロ原子としては、窒素原子、酸素原子または硫黄原子が好ましく、窒素原子または硫黄原子がさらに好ましい。 The hetero atom is preferably a nitrogen atom, an oxygen atom or a sulfur atom, more preferably a nitrogen atom or a sulfur atom.
芳香族基の芳香族環としては、ベンゼン環、フラン環、チオフェン環、ピロール環、オキサゾール環、チアゾール環、イミダゾール環、トリアゾール環、ピリジン環、ピリミジン環およびピラジン環が好ましく、ベンゼン環が特に好ましい。 The aromatic ring of the aromatic group include a benzene ring, furan ring, thiophene ring, pyrrole ring, oxazole ring, thiazole ring, an imidazole ring, a triazole ring, a pyridine ring, a pyrimidine ring and a pyrazine ring, more preferably a benzene ring .

置換アリール基および置換芳香族性ヘテロ環基の置換基の例には、ハロゲン原子(F、Cl、Br、I)、ヒドロキシル基、カルボキシル基、シアノ基、アミノ基、アルキルアミノ基(例、メチルアミノ基、エチルアミノ基、ブチルアミノ基、ジメチルアミノ基)、ニトロ基、スルホ基、カルバモイル基、アルキルカルバモイル基(例、N−メチルカルバモイル基、N−エチルカルバモイル基、N,N−ジメチルカルバモイル基)、スルファモイル基、アルキルスルファモイル基(例、N−メチルスルファモイル基、N−エチルスルファモイル基、N,N−ジメチルスルファモイル基)、ウレイド基、アルキルウレイド基(例、N−メチルウレイド基、N,N−ジメチルウレイド基、N,N,N'−トリメチルウレイド基)、アルキル基(例、 Examples of the substituent of the substituted aryl group and substituted aromatic heterocyclic group, a halogen atom (F, Cl, Br, I), hydroxyl group, carboxyl group, a cyano group, an amino group, an alkylamino group (e.g., methyl amino group, ethylamino group, butylamino group, dimethylamino group), a nitro group, a sulfo group, a carbamoyl group, an alkylcarbamoyl group (e.g., N- methylcarbamoyl group, N- ethylcarbamoyl group, N, N- dimethylcarbamoyl group ), a sulfamoyl group, an alkylsulfamoyl group (e.g., N- methylsulfamoyl group, N- ethylsulfamoyl group, N, N- dimethylsulfamoyl group), a ureido group, an alkylureido group (e.g., N - methylureido group, N, N-dimethyl-ureido group, N, N, N'-trimethyl ureido group), an alkyl group (e.g., メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、ペンチル基、ヘプチル基、オクチル基、イソプロピル基、s−ブチル基、t−アミル基、シクロヘキシル基、シクロペンチル基)、アルケニル基(例、ビニル基、アリル基、ヘキセニル基)、アルキニル基(例、エチニル基、ブチニル基)、アシル基(例、ホルミル基、アセチル基、ブチリル基、ヘキサノイル基、ラウリル基)、アシルオキシ基(例、アセトキシ基、ブチリルオキシ基、ヘキサノイルオキシ基、ラウリルオキシ基)、アルコキシ基(例、メトキシ基、エトキシ基、プロポキシ基、ブトキシ基、ペンチルオキシ基、ヘプチルオキシ基、オクチルオキシ基)、アリールオキシ基(例、フェノキシ基)、アルコキシカルボニル基(例、メトキシカルボニル基、エトキシカルボニル基、 Methyl group, ethyl group, propyl group, butyl group, pentyl group, heptyl group, octyl group, an isopropyl group, s- butyl, t-amyl group, a cyclohexyl group, a cyclopentyl group), alkenyl group (e.g., vinyl group, allyl group, hexenyl group), an alkynyl group (e.g., ethynyl group, butynyl group), an acyl group (eg formyl group, acetyl group, butyryl group, hexanoyl group, lauryl group), an acyloxy group (e.g., acetoxy group, butyryloxy group, hexanoyl group, lauryl group), an alkoxy group (e.g., methoxy group, an ethoxy group, a propoxy group, a butoxy group, pentyloxy group, heptyloxy group, octyloxy group), an aryloxy group (e.g., phenoxy group), alkoxycarbonyl group (e.g., methoxycarbonyl group, ethoxycarbonyl group, ロポキシカルボニル基、ブトキシカルボニル基、ペンチルオキシカルボニル基、ヘプチルオキシカルボニル基)、アリールオキシカルボニル基(例、フェノキシカルボニル基)、アルコキシカルボニルアミノ基(例、ブトキシカルボニルアミノ基、ヘキシルオキシカルボニルアミノ基)、アルキルチオ基(例、メチルチオ基、エチルチオ基、プロピルチオ基、ブチルチオ基、ペンチルチオ基、ヘプチルチオ基、オクチルチオ基)、アリールチオ基(例、フェニルチオ基)、アルキルスルホニル基(例、メチルスルホニル基、エチルスルホニル基、プロピルスルホニル基、ブチルスルホニル基、ペンチルスルホニル基、ヘプチルスルホニル基、オクチルスルホニル基)、アミド基(例、アセトアミド基、ブチルアミド基、ヘキシルアミド基、 Ropo group, a butoxycarbonyl group, pentyloxycarbonyl group, heptyloxy carbonyl group), an aryloxycarbonyl group (e.g., phenoxycarbonyl group), an alkoxycarbonylamino group (e.g., butoxycarbonylamino group, hexyloxycarbonylamino group) , an alkylthio group (e.g., methylthio group, ethylthio group, propylthio group, butylthio group, pentylthio group, heptylthio group, octylthio group), an arylthio group (e.g., phenylthio group), an alkylsulfonyl group (e.g., methylsulfonyl group, ethylsulfonyl group , propylsulfonyl group, butylsulfonyl group, pentylsulfonyl group, heptyl sulfonyl group, an octyl sulfonyl group), an amido group (e.g., acetamido group, butylamide group, hexylamide group, ウリルアミド基)および非芳香族性複素環基(例、モルホリル基、ピラジニル基)が含まれる。 Uriruamido group) and a non-aromatic Hajime Tamaki (e.g., morpholyl groups include pyrazinyl group).

置換アリール基および置換芳香族性ヘテロ環基の置換基としては、ハロゲン原子、シアノ基、カルボキシル基、ヒドロキシル基、アミノ基、アルキル置換アミノ基、アシル基、アシルオキシ基、アミド基、アルコキシカルボニル基、アルコキシ基、アルキルチオ基およびアルキル基が好ましい。 The substituent of the substituted aryl group and substituted aromatic heterocyclic group, a halogen atom, a cyano group, a carboxyl group, a hydroxyl group, an amino group, an alkyl-substituted amino group, an acyl group, an acyloxy group, an amide group, an alkoxycarbonyl group, alkoxy group, an alkylthio group and an alkyl group.
アルキルアミノ基、アルコキシカルボニル基、アルコキシ基およびアルキルチオ基のアルキル部分とアルキル基とは、さらに置換基を有していてもよい。 Alkylamino group, an alkoxycarbonyl group, the alkyl moiety and the alkyl group of the alkoxy group and alkylthio group may further have a substituent. アルキル部分およびアルキル基の置換基の例には、ハロゲン原子、ヒドロキシル、カルボキシル、シアノ、アミノ、アルキルアミノ基、ニトロ、スルホ、カルバモイル、アルキルカルバモイル基、スルファモイル、アルキルスルファモイル基、ウレイド、アルキルウレイド基、アルケニル基、アルキニル基、アシル基、アシルオキシ基、アシルアミノ基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アルコキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルコキシカルボニルアミノ基、アルキルチオ基、アリールチオ基、アルキルスルホニル基、アミド基および非芳香族性複素環基が含まれる。 Examples of the substituent for the alkyl moiety and the alkyl group, a halogen atom, a hydroxyl, carboxyl, cyano, amino, alkylamino group, nitro, sulfo, carbamoyl, alkylcarbamoyl groups, sulfamoyl, alkylsulfamoyl group, ureido, alkylureido group, an alkenyl group, an alkynyl group, an acyl group, an acyloxy group, an acylamino group, an alkoxy group, an aryloxy group, an alkoxycarbonyl group, an aryloxycarbonyl group, an alkoxycarbonylamino group, an alkylthio group, an arylthio group, an alkylsulfonyl group, an amide group and include non-aromatic heterocyclic group. アルキル部分およびアルキル基の置換基としては、ハロゲン原子、ヒドロキシル、アミノ、アルキルアミノ基、アシル基、アシルオキシ基、アシルアミノ基、アルコキシカルボニル基およびアルコキシ基が好ましい。 Examples of the substituent of the alkyl moiety and the alkyl group, a halogen atom, hydroxyl, amino, an alkylamino group, an acyl group, an acyloxy group, an acylamino group, an alkoxycarbonyl group and an alkoxy group are preferred.

一般式(I)において、L 1は、アルキレン基、アルケニレン基、アルキニレン基、−O−、−CO−およびそれらの組み合わせからなる基から選ばれる二価の連結基である。 In formula (I), L 1 represents an alkylene group, an alkenylene group, an alkynylene group, -O -, - a CO- and a divalent linking group selected from the group consisting of:.
アルキレン基は、環状構造を有していてもよい。 The alkylene group may have a cyclic structure. 環状アルキレン基としては、シクロヘキシレンが好ましく、1,4−シクロへキシレンが特に好ましい。 The cyclic alkylene group is preferably cyclohexylene, 1,4-cyclohexylene is particularly preferable. 鎖状アルキレン基としては、直鎖状アルキレン基の方が分岐を有するアルキレン基よりも好ましい。 The chain alkylene group, preferably than alkylene groups a straight-chain alkylene group having a branched.
アルキレン基の炭素原子数は、1乃至20であることが好ましく、より好ましくは1乃至15であり、さらに好ましくは1乃至10であり、さらに好ましくは1乃至8であり、最も好ましくは1乃至6である。 The number of carbon atoms in the alkylene group is preferably from 1 to 20, more preferably from 1 to 15, still more preferably 1 to 10, more preferably 1 to 8, most preferably 1 to 6 it is.

アルケニレン基およびアルキニレン基は、環状構造よりも鎖状構造を有することが好ましく、分岐を有する鎖状構造よりも直鎖状構造を有することがさらに好ましい。 Alkenylene group and alkynylene group preferably has a chain structure rather than a cyclic structure, more preferably a straight chain structure than a chain structure having a branch.
アルケニレン基およびアルキニレン基の炭素原子数は、好ましくは2乃至10であり、より好ましくは2乃至8であり、さらに好ましくは2乃至6であり、さらに好ましくは2乃至4であり、最も好ましくは2(ビニレンまたはエチニレン)である。 The number of carbon atoms in the alkenylene group and the alkynylene group is preferably 2 to 10, more preferably from 2 to 8, more preferably 2 to 6, more preferably from 2 to 4, most preferably 2 is (vinylene or ethynylene).
アリーレン基は、炭素原子数は6乃至20であることが好ましく、より好ましくは6乃至16であり、さらに好ましくは6乃至12である。 Arylene group preferably has the number of carbon atoms is 6 to 20, more preferably from 6 to 16, more preferably from 6 to 12.

一般式(I)の分子構造において、L 1を挟んで、Ar 1とAr 2とが形成する角度は、140度以上であることが好ましい。 In the molecular structure of formula (I), across the L 1, an angle a Ar 1 and Ar 2 are formed is preferably not less than 140 degrees.
棒状化合物としては、下記式一般式(II)で表される化合物がさらに好ましい。 The rod-like compound, compounds represented by the following formula formula (II) is more preferable.

一般式(II):Ar 1 −L 2 −X−L 3 −Ar 2 Formula (II): Ar 1 -L 2 -X-L 3 -Ar 2

上記一般式(II)において、Ar 1およびAr 2は、それぞれ独立に、芳香族基である。 In the general formula (II), Ar 1 and Ar 2 each independently represents an aromatic group. 芳香族基の定義および例は、一般式(I)のAr 1およびAr 2と同様である。 The definition and examples of the aromatic group are the same as those for Ar 1 and Ar 2 in the general formula (I).

一般式(II)において、L 2およびL 3は、それぞれ独立に、アルキレン基、−O−、−CO−およびそれらの組み合わせからなる基より選ばれる二価の連結基である。 In formula (II), L 2 and L 3 each independently an alkylene group, -O -, - a CO- and divalent connecting group selected from the group consisting of:.
アルキレン基は、環状構造よりも鎖状構造を有することが好ましく、分岐を有する鎖状構造よりも直鎖状構造を有することがさらに好ましい。 The alkylene group preferably has a chain structure rather than a cyclic structure, more preferably a straight chain structure than a chain structure having a branch.
アルキレン基の炭素原子数は、1乃至10であることが好ましく、より好ましくは1乃至8であり、さらに好ましくは1乃至6であり、さらに好ましくは1乃至4であり、1または2(メチレンまたはエチレン)であることが最も好ましい。 The number of carbon atoms in the alkylene group preferably has 1 to 10, more preferably from 1 to 8, more preferably 1 to 6, more preferably 1 to 4, 1 or 2 (methylene or and most preferably it is ethylene).
2およびL 3は、−O−CO−または−CO−O−であることが特に好ましい。 L 2 and L 3 are particularly preferably -O-CO- or -CO-O-.

一般式(II)において、Xは、1,4-シクロへキシレン、ビニレンまたはエチニレンである。 In formula (II), X is 1,4-cyclohexylene, vinylene or ethynylene.
一般式(I)又は(II)で表される化合物の具体例としては、特開2004−109657号公報の〔化1〕乃至〔化11〕に記載の化合物が挙げられる。 Specific examples of the compound represented by the general formula (I) or (II), include the compounds described in chemical formula 1] to [Formula 11] of JP 2004-109657.

その他、好ましい化合物を以下に示す。 Other preferred compounds below.

溶液の紫外線吸収スペクトルにおいて最大吸収波長(λmax)が250nmより短波長である棒状化合物を、二種類以上併用してもよい。 Maximum absorption wavelength (.lambda.max) is a rod-shaped compound which is shorter than 250nm in the ultraviolet absorption spectrum of the solution, it may be used in combination of two or more.
棒状化合物は、文献記載の方法により合成できる。 Rod-shaped compound can be synthesized by methods described in the literature. 文献としては、Mol. The literature, Mol. Cryst. Cryst. Liq. Liq. Cryst. Cryst. ,53巻、229ページ(1979年)、同89巻、93ページ(1982年)、同145巻、111ページ(1987年)、同170巻、43ページ(1989年)、J. , Vol. 53, page 229 (1979), the 89 vol, page 93 (1982), the 145, pp. 111 pages (1987), the 170, pp. 43 (1989), J. Am. Am. Chem. Chem. Soc. Soc. ,113巻、1349ページ(1991年)、同118巻、5346ページ(1996年)、同92巻、1582ページ(1970年)、J. , Vol. 113, 1349 pages (1991), the 118 volumes, 5346 pages (1996), the same Vol. 92, 1582 page (1970), J. Org. Org. Chem. Chem. ,40巻、420ページ(1975年)、Tetrahedron、48巻16号、3437ページ(1992年)を挙げることができる , Vol. 40, page 420 (1975), Tetrahedron, 48, Volume No. 16, mention may be made of the 3437 pages (1992)

その他の添加剤や溶媒等は光学異方性を小さくするセルロースアシレートフィルムと同様のことが言える。 Other additives and solvents and the like can be said as with the cellulose acylate film to reduce the optical anisotropy.

[セルロースアシレートフィルムの製造工程] [Production process of the cellulose acylate film]
[溶解工程] [Dissolution step]
本発明のセルロースアシレート溶液(ドープ)の調製は、その溶解方法は特に限定されず、室温でもよくさらには冷却溶解法あるいは高温溶解方法、さらにはこれらの組み合わせで実施される。 Preparation of cellulose acylate solution (dope) of the invention, the dissolution method is not particularly limited, better even at room temperature the cooling dissolution method or a high temperature dissolution method, further is carried out in a combination thereof. 本発明におけるセルロースアシレート溶液の調製、さらには溶解工程に伴う溶液濃縮、ろ過の各工程に関しては、発明協会公開技報公技番号2001−1745号(2001年3月15日発行、発明協会)にて22頁〜25頁に詳細に記載されている製造工程が好ましく用いられる。 Preparation of cellulose acylate solution in the present invention, further regard to the solution concentration, the step of filtration with the dissolution process, Japan Institute of Invention and Innovation Journal of Technical Disclosure No. 2001-1745 (March 15, 2001 issued by Japan Institute of Invention and Innovation) 22 pp. 25 pp in the manufacturing process that is described in detail in preferably used.

(ドープ溶液の透明度) (Transparency of the dope solution)
本発明のセルロースアシレート溶液のドープ透明度としては85%以上であることがのぞましい。 As dope transparency of the cellulose acylate solution of the present invention it is desirable is at least 85%. より好ましくは88%以上であり、さらに好ましくは90%以上であることがのぞましい。 More preferably least 88%, even more preferably 90% or more. 本発明においてはセルロースアシレートドープ溶液に各種の添加剤が十分に溶解していることを確認した。 In the present invention it has been confirmed that various additives are sufficiently dissolved in the cellulose acylate dope solution. 具体的なドープ透明度の算出方法としては、ドープ溶液を1cm角のガラスセルに注入し、分光光度計(UV−3150、島津製作所)で550nmの吸光度を測定した。 A concrete method for determining the dope transparency, the dope solution is filled in glass cell of 1cm square, it was measured 550nm absorbance at spectrophotometer (UV-3150, Shimadzu). 溶媒のみをあらかじめブランクとして測定しておき、ブランクの吸光度との比からセルロースアシレート溶液の透明度を算出する。 Leave measured as previously blank solvent only, it calculates the transparency of the cellulose acylate solution from the ratio of the absorbance of the blank.

[流延、乾燥、巻き取り工程] [Casting, Drying and Winding Step]
次に、本発明のセルロースアシレート溶液を用いたフィルムの製造方法について述べる。 Next, we describe a process of forming a film from the cellulose acylate solution of the present invention. 本発明のセルロースアシレートフィルムを製造する方法及び設備は、従来セルローストリアセテートフィルム製造に供する溶液流延製膜方法及び溶液流延製膜装置が用いられる。 Method and apparatus for producing the cellulose acylate film of the invention, conventional cellulose triacetate film subjected to the manufacturing solution casting film formation method and a solution casting film apparatus is used. 溶解機(釜)から調製されたドープ(セルロースアシレート溶液)を貯蔵釜で一旦貯蔵し、ドープに含まれている泡を脱泡して最終調製をする。 Dissolver a dope prepared from (pot) (cellulose acylate solution) is once stored in a storage tank, the final prepared by removing the bubbles contained in the dope. ドープをドープ排出口から、例えば回転数によって高精度に定量送液できる加圧型定量ギヤポンプを通して加圧型ダイに送り、ドープを加圧型ダイの口金(スリット)からエンドレスに走行している流延部の金属支持体の上に均一に流延され、金属支持体がほぼ一周した剥離点で、生乾きのドープ膜(ウェブとも呼ぶ)を金属支持体から剥離する。 From the dope discharge port, for example, the rotation speed feed through quantitative liquid feed can pressure type metering gear pump with high accuracy in pressure die, the dope pressure die mouthpiece of the casting zone that runs endlessly (slit) cast uniformly onto a metallic support, a release point where the metal support has almost rounded, peeled dried dope film (also called web) from the metal support. 得られるウェブの両端をクリップで挟み、幅保持しながらテンターで搬送して乾燥し、続いて得られたフィルムを乾燥装置のロール群で機械的に搬送し乾燥を終了して巻き取り機でロール状に所定の長さに巻き取る。 Both ends of the resulting web was sandwiched with a clip and dried by conveying with a tenter while keeping the width, then the resulting film was mechanically transported with rolls of a drying apparatus roll ends to the winding machine drying Jo the wound to a predetermined length. テンターとロール群の乾燥装置との組み合わせはその目的により変わる。 The combination of the tenter and the rolls in the dryer may vary depending on the purpose. 本発明のセルロースアシレートフィルムの主な用途である、電子ディスプレイ用の光学部材である機能性保護膜やハロゲン化銀写真感光材料に用いる溶液流延製膜方法においては、溶液流延製膜装置の他に、下引層、帯電防止層、ハレーション防止層、保護層等のフィルムへの表面加工のために、塗布装置が付加されることが多い。 Is a primary application of the cellulose acylate film of the present invention, in the solution casting film formation method used in the functional protective film and a silver halide photographic material is an optical member for electronic displays, solution casting film device in addition to the undercoat layer, antistatic layer, antihalation layer, for the purpose of surface working of the film of the protective layer or the like, the coating apparatus is often added. これらについては、発明協会公開技報公技番号2001−1745号(2001年3月15日発行、発明協会)にて25頁〜30頁に詳細に記載されており、流延(共流延を含む),金属支持体,乾燥,剥離などに分類され、本発明において好ましく用いることができる。 For these, Japan Institute of Invention and Innovation Journal of Technical Disclosure No. 2001-1745 (issued March 15, 2001, Japan Institute of Invention and Innovation) in are described in detail in 25 pages to 30 pages, the casting (co-casting including), metal support, drying and peeling, it can be preferably used in the present invention.
また、セルロースアシレートフィルムの厚さは10〜120μmが好ましく、20〜100μmがより好ましく、30〜90μmがさらに好ましい。 The thickness of the cellulose acylate film is preferably from 10 to 120 [mu] m, more preferably from 20 to 100 [mu] m, more preferably 30~90Myuemu.

[高湿度処理後のフィルムの光学性能変化] [Change in Optical Performance of Film after high humidity processing]
[セルロースアシレートフィルム物性評価] [Cellulose acylate film properties evaluation]
本発明のセルロースアシレートフィルムの環境変化による光学性能の変化については、60℃90%RHに240時間処理したフィルムのReおよびRthの変化量が15nm以下であることがのぞましい。 Changes in optical performance due to an environmental change of the cellulose acylate film of the present invention, it is desirable variation of Re and Rth of the film was 240 hours to 60 ° C. 90% RH is 15nm or less. よりのぞましくは12nm以下であり、10nm以下であることがさらにのぞましい。 More desirably at 12nm or less, more desirably it is 10nm or less.
[高温度処理後のフィルムの光学性能変化] [Change in Optical Performance of Film after High Temperature Processing]
また、80℃240時間処理したフィルムのReおよびRthの変化量が15nm以下であることがのぞましい。 Further, it is desirable variation of Re and Rth of the film treated 80 ° C. 240 hours is 15nm or less. よりのぞましくは12nm以下であり、10nm以下であることがさらにのぞましい。 More desirably at 12nm or less, more desirably it is 10nm or less.
[フィルム加熱処理後の化合物揮散量] Compound volatilization amount of the film after heat treatment]
本発明のセルロースアシレートフィルムにのぞましく用いることができる、Rthを低下させる化合物と、ΔRthを低下させる化合物は、80℃240時間処理したフィルムからの化合物の揮散量が30%以下であることがのぞましい。 It can be used preferably a cellulose acylate film of this invention, a compound for reducing Rth, compounds lowering ΔRth is volatilized amount of the compound from the film treated 80 ° C. 240 hours is not more than 30% it is desirable. よりのぞましくは25%以下以下であり、20%以下であることがさらにのぞましい。 More desirably, not more than 25% or less, further desirably not more than 20%.
なお、フィルムからの揮散量は、80℃240時間処理したフィルムおよび未処理のフィルムをそれぞれ溶媒に溶かし出し、液体高速クロマトグラフィーにて化合物を検出し、化合物のピーク面積をフィルム中に残存した化合物量として、下記式により算出する。 Incidentally, volatilization of the films were treated 80 ° C. 240 hours films and untreated films respectively out dissolved in a solvent, to detect compounds at high performance liquid chromatography, compounds remaining peak area of ​​the compound in the film an amount, calculated by the following equation.
揮散量(%)={(未処理品中の残存化合物量)−(処理品中の残存化合物量)}/(未処理品中の残存化合物量)×100 Amount volatilization (%) = - / (amount of residual compounds in untreated products) {(amount of residual compounds in untreated products) (amount of residual compounds in treated products)} × 100

[フィルムのガラス転移温度Tg] [Glass transition temperature Tg of Film]
本発明のセルロースアシレートフィルムのガラス転移温度Tgは、80〜165℃である。 The glass transition temperature Tg of the cellulose acylate film of the present invention is a 80-165 ° C.. 耐熱性の観点から、Tgが100〜160℃であることがより好ましく、110〜150℃であることが特に好ましい。 From the viewpoint of heat resistance, more preferably a Tg of 100 to 160 ° C., particularly preferably 110 to 150 ° C.. ガラス転移温度Tgの測定は、本発明のセルロースアシレートフィルム試料10mgを、常温から200度まで昇降温速度5℃/分で示差走査熱量計(DSC2910、T.A.インスツルメント)で熱量測定を行い、ガラス転移温度Tgを算出する。 Measurement of glass transition temperature Tg of the cellulose acylate film sample 10mg of the present invention, a differential scanning calorimeter at a temperature raising and lowering rate of 5 ° C. / min from room temperature to 200 degrees (DSC2910, T.A. Instruments) Calorimetry with It was carried out to calculate the glass transition temperature Tg.

[フィルムのヘイズ] [Haze of Film]
本発明のセルロースアシレートフィルムのヘイズは0.01〜2.0%であることがのぞましい。 The haze of the cellulose acylate film of the present invention is desirable to be 0.01 to 2.0%. よりのぞましくは0.05〜1.5%であり、0.1〜1.0%であることがさらにのぞましい。 More desirably 0.05 to 1.5%, more desirable to be 0.1 to 1.0%. 光学フィルムとしてフィルムの透明性は重要である。 Transparency of the film as an optical film is important. ヘイズの測定は、本発明のセルロースアシレートフィルム試料40mm×80mmを、25℃,60%RHでヘイズメーター(HGM−2DP、スガ試験機)でJIS K−6714に従って測定する。 The haze is measured, a cellulose acylate film sample 40 mm × 80 mm of the present invention, 25 ° C., measured by a haze meter in 60% RH (HGM-2DP, by Suga Test Instruments) according to JIS K-6714.

[フィルムのRe、Rthの湿度依存性] [Re of the film, the humidity dependence of Rth]
本発明のセルロースアシレートフィルムの面内のレターデーションReおよび膜厚方向のレターデーションRthはともに湿度による変化が小さいことが好ましい。 Retardation Re and thickness direction retardation Rth in the plane of the cellulose acylate film of the present invention preferably both change due to humidity is small. 具体的には、25℃10%RHにおけるRth値と25℃80%RHにおけるRth値の差ΔRth(=Rth10%RH−Rth80%RH)が0〜50nmであることが好ましい。 Specifically, it is preferable that the difference ΔRth the Rth value in the Rth value and 25 ° C. 80% RH at 25 ℃ 10% RH (= Rth10% RH-Rth80% RH) is 0 to 50 nm. より好ましくは0〜40nmであり、さらに好ましくは0〜35nmである。 More preferably 0~40Nm, more preferably from 0 to 35 nm.

[フィルムの平衡含水率] [Equilibrium moisture content of the film]
本発明のセルロースアシレートフィルムの平衡含水率は、偏光板の保護膜として用いる際、ポリビニルアルコールなどの水溶性ポリマーとの接着性を損なわないために、膜厚のいかんに関わらず、25℃80%RHにおける平衡含水率が、0〜4%であることが好ましい。 Equilibrium water content of the cellulose acylate film of the present invention, when used as a protective film of a polarizing plate, in order not to impair the adhesion to the water-soluble polymers such as polyvinyl alcohol, regardless of the film thickness, 25 ° C. 80 equilibrium water content at RH% is preferably 0 to 4%. 0.1〜3.5%であることがより好ましく、1〜3%であることが特に好ましい。 More preferably 0.1 to 3.5%, particularly preferably 1-3%. 4%以上の平衡含水率であると、光学補償フィルムの支持体として用いる際にレターデーションの湿度変化による依存性が大きくなりすぎてしまい好ましくない。 If it is more than 4% of the equilibrium water content, dependent undesirably becomes too large due to humidity changes in retardation when used as a support of the optical compensation film.
含水率の測定法は、本発明のセルロースアシレートフィルム試料7mm×35mmを水分測定器、試料乾燥装置(CA−03、VA−05、共に三菱化学(株))にてカールフィッシャー法で測定した。 Measurement of moisture content, the moisture meter of the cellulose acylate film sample 7 mm × 35 mm of the present invention, sample drying apparatus (CA-03, VA-05, both manufactured by Mitsubishi Chemical Corp.) was measured by the Karl Fischer method at . 水分量(g)を試料質量(g)で除して算出する。 Water content (g) is calculated by dividing mass of the sample (g).

[フィルムの透湿度] [Moisture permeability of the film]
本発明の光学補償シートに用いるセルロースアシレートフィルムの透湿度は、JIS規格JISZ0208をもとに、温度60℃、湿度95%RHの条件において測定し、膜厚80μmに換算して400〜2000g/m 2・24hであることがのぞましい。 Moisture permeability of the cellulose acylate film used in the optical compensation sheet of the present invention, based on the JIS standard JISZ0208, temperature 60 ° C., measured under the conditions of humidity of 95% RH, in terms of film thickness 80μm 400~2000g / it is desirable that the m 2 · 24h. 500〜1800g/m 2・24hであることがより好ましく、600〜1600g/m 2・24hであることが特に好ましい。 More preferably 500~1800g / m 2 · 24h, and particularly preferably 600~1600g / m 2 · 24h. 2000g/m 2・24hを越えると、フィルムのRe値、Rth値の湿度依存性の絶対値が0.5nm/%RHを超える傾向が強くなってしまう。 Exceeds 2000g / m 2 · 24h, Re value of the film, the absolute value of humidity dependency of Rth value tends to exceed RH 0.5 nm /% becomes stronger. また、本発明のセルロースアシレートフィルムに光学異方性層を積層して光学補償フィルムとした場合も、Re値、Rth値の湿度依存性の絶対値が0.5nm/%RHを超える傾向が強くなってしまい好ましくない。 Further, even when the cellulose acylate film for optical laminated optically anisotropic layer compensating film of the present invention, Re value, the absolute value of humidity dependency of Rth value tends to exceed RH 0.5 nm /% unfavorably become stronger. この光学補償シートや偏光板が液晶表示装置に組み込まれた場合、色味の変化や視野角の低下を引き起こす。 If the optical compensation sheet and a polarizing plate is incorporated in the liquid crystal display device, it causes the discoloration and viewing angle reduction. また、セルロースアシレートフィルムの透湿度が400g/m 2・24h未満では、偏光膜の両面などに貼り付けて偏光板を作製する場合に、セルロースアシレートフィルムにより接着剤の乾燥が妨げられ、接着不良を生じる。 Further, the moisture permeability is less than 400g / m 2 · 24h of the cellulose acylate film, when the paste like polarizing both sides to produce a polarizing plate, drying of the adhesive is hindered by the cellulose acylate film, the adhesive resulting in failure.
セルロースアシレートフィルムの膜厚が厚ければ透湿度は小さくなり、膜厚が薄ければ透湿度は大きくなる。 Moisture permeability becomes small when thicker the film thickness of the cellulose acylate film, the moisture permeability is increased if the film thickness is thin. そこでどのような膜厚のサンプルでも基準を80μmに設け換算する必要がある。 The Therefore criteria whatever the thickness of the sample has to be converted is provided to 80 [mu] m. 膜厚の換算は、(80μm換算の透湿度=実測の透湿度×実測の膜厚μm/80μm)として求める。 The film thickness of the conversion is determined as (thickness [mu] m / 80 [mu] m of moisture permeability × measured moisture permeability = actual of 80 [mu] m equivalent).
透湿度の測定法は、「高分子の物性II」(高分子実験講座4 共立出版)の285頁〜294頁:蒸気透過量の測定(質量法、温度計法、蒸気圧法、吸着量法)に記載の方法を適用することができ、本発明のセルロースアシレートフィルム試料70mmφを25℃、90%RH及び60℃、95%RHでそれぞれ24時間調湿し、透湿試験装置(KK−709007、東洋精機(株))にて、JIS Z−0208に従って、単位面積あたりの水分量を算出(g/m 2 )し、透湿度=調湿後質量−調湿前質量で求める。 Method of measuring the moisture permeability, "Physical Properties of Polymer II" (Polymer Experimental Lecture 4, Kyoritsu Publishing) 285 pp ~294 pp: Measurement of vapor permeation amount (mass method, thermometer method, vapor pressure method, adsorption method) can apply the method described in the cellulose acylate film sample 70mmφ of the present invention 25 ° C., 90% RH and 60 ° C., the dampening 24 hours adjusted respectively 95% RH, moisture permeation testing apparatus (KK-709007 at Toyo Seiki Co.) according to JIS Z-0208, calculating the water content per unit area (g / m 2), a rear mass moisture permeability = humidity - finding in humidity before mass.

[フィルムの寸度変化] [Dimensional Change of Film]
本発明のセルロースアシレートフィルムの寸度安定性は、60℃、90%RHの条件下に24時間静置した場合(高湿)の寸度変化率および90℃、5%RHの条件下に24時間静置した場合(高温)の寸度変化率がいずれも0.5%以下であることがのぞましい。 Dimensional stability of the cellulose acylate film of the present invention, 60 ° C., dimensional change rate and 90 ° C. when allowed to stand for 24 hours under the conditions of RH 90% (high humidity), under the conditions of 5% RH desirable that after being allowed to stand for 24 hours dimensional change rate (high temperature) is 0.5% or less both. よりのぞましくは0.3%以下であり、さらにのぞましくは0.15%以下である。 More desirably, not more than 0.3%, even more preferably at most 0.15%.
具体的な測定方法としては、セルロースアシレートフィルム試料30mm×120mmを2枚用意し、25℃、60%RHで24時間調湿し、自動ピンゲージ(新東科学(株))にて、両端に6mmφの穴を100mmの間隔で開け、パンチ間隔の原寸(L0)とした。 As a specific measuring method, to prepare two samples of the cellulose acylate film 30 mm × 120 mm, 25 ° C., the dampening 24 hours conditioned at 60% RH, by an automatic pin gauge (manufactured by Shinto Scientific Co.), at both ends holes 6mmφ spaced at intervals of 100 mm, and the original size of the hole distance (L0). 1枚の試料を60℃、90%RHにて24時間処理した後のパンチ間隔の寸法(L1)を測定、もう1枚の試料を90℃、5%RHにて24時間処理した後のパンチ間隔の寸法(L2)を測定した。 60 ° C. The single sample, measuring the dimensions (L1) of the hole distance after 24 hours at 90% RH, the other sample is 90 ° C., punch after treatment for 24 hours at 5% RH It was measured dimension distance (L2). すべての間隔の測定において最小目盛り1/1000mmまで測定した。 It was measured to a minimum scale of 1 / 1000mm in the measurement of all of the interval. 60℃、90%RH(高湿)の寸度変化率={|L0−L1|/L0}×100、90℃、5%RH(高温)の寸度変化率={|L0−L2|/L0}×100、として寸度変化率を求める。 60 ° C., dimensional change rate of 90% RH (high humidity) = {| L0-L1 | / L0} × 100,90 ℃, dimensional change rate of 5% RH (high temperature) = {| L0-L2 | / L0} × 100, obtains the dimensional change as a.

[フィルムの弾性率] [Elastic modulus of the film]
(弾性率) (Modulus of elasticity)
本発明のセルロースアシレートフィルムの弾性率は、200〜500kgf/mm 2であることが好ましい、より好ましくは240〜470kgf/mm 2であり、さらに好ましくは270〜440kgf/mm 2である。 Elastic modulus of the cellulose acylate film of the present invention is preferably 200 to 500 kgf / mm 2, more preferably 240~470kgf / mm 2, more preferably from 270~440kgf / mm 2. 具体的な測定方法としては、東洋ボールドウィン製万能引っ張り試験機STM T50BPを用い、23℃・70%雰囲気中、引っ張り速度10%/分で0.5%伸びにおける応力を測定し、弾性率を求める。 As a specific measuring method, using a universal tensile tester STM T50BP Toyo Baldwin, in 23 ° C. · 70% atmosphere, the stress at 0.5% elongation at a tensile rate of 10% / min were measured to determine the elastic modulus .

[フィルムの光弾性係数] [Photoelastic Coefficient of Film]
(光弾性係数) (Photo-elastic coefficient)
本発明のセルロースアシレートフィルムの光弾性係数は、50×10 -13 cm 2 /dyne以下であることが好ましい。 Photoelastic coefficient of the cellulose acylate film of the present invention is preferably 50 × 10 -13 cm 2 / dyne or less. 30×10 -13 cm 2 /dyne以下であることがより好ましく、20×10 -13 cm 2 /dyne以下であることがさらに好ましい。 More preferably 30 × 10 -13 cm 2 / dyne or less, further preferably 20 × 10 -13 cm 2 / dyne or less. 具体的な測定方法としては、セルロースアシレートフィルム試料12mm×120mmの長軸方向に対して引っ張り応力をかけ、その際のレターデーションをエリプソメーター(M150、日本分光(株))で測定し、応力に対するレターデーションの変化量から光弾性係数を算出する。 As a specific measuring method, applying a tensile stress to the long axis direction of the cellulose acylate film sample 12 mm × 120 mm, measured retardation at that time ellipsometer (M150, manufactured by JASCO Corporation), stress calculating the photoelastic coefficient from the variation of retardation with respect.

[延伸前後における正面レターデーション変化、遅相軸の検出] [Front retardation change in the before and after stretching, detection of the slow axis]
試料100×100mmを用意し、固定一軸延伸機を用いて温度140℃の条件下で機械搬送方向(MD方向)または垂直方向(TD方向)に延伸を行う。 Providing a sample 100 × 100 mm, subjected to the stretching in the machine direction (MD direction) or vertical direction (TD direction) under the conditions of temperature 140 ° C. using a fixed monoaxial stretching machine. 延伸前後における各試料の正面レターデーションは自動複屈折計KOBRA21ADHを用いて測定する。 Plane retardation of each sample before and after the stretching is measured using an automatic birefringence meter KOBRA21ADH. 遅相軸の検出は上記のレターデーション測定の際に得られる配向角から決定する。 Detection of the slow axis is determined from the orientation angle obtained in the above retardation measurement. 延伸によってReの変化が小さいことが好ましく、具体的にはRe(n)をn(%)延伸したフィルムの面内正面レターデーション(nm)、Re(0)を延伸していないフィルムの面内正面レターデーション(nm)としたときに、|Re(n)−Re(0)|/n≦1.0を有することが好ましく、|Re(n)−Re(0)|/n≦0.3以下がさらに好ましい。 It is preferable stretching change in Re is small by, n (%) of Re (n) in particular plane front retardation (nm) of the stretched film, Re (0) in the plane of the film which is not stretched when the front retardation (nm), | preferably has a /n≦1.0, | | Re (n) -Re (0) Re (n) -Re (0) | / n ≦ 0. 3 or less is more preferable.

[遅相軸を有する方向] [Direction of the slow axis]
本発明のセルロースアシレートフィルムを偏光子の保護フィルムに用いる場合、偏光子が機械搬送方向(MD方向)に吸収軸を持つため、セルロースアシレートフィルムは遅相軸がMD方向近傍またはTD近傍にあることがのぞましい。 In the case of using the cellulose acylate film of the present invention the protective film for the polarizer, since the polarizer has an absorption axis in the machine direction (MD direction), the cellulose acylate film slow axis in the vicinity of the MD direction or near TD there it is desirable. 遅相軸が偏光子と平行または直交させることにより光漏れや色味変化を低減できる。 Slow axis light leakage can be reduced and color change by parallel or perpendicular to the polarizer. 近傍とは、遅相軸とMDまたはTD方向が0〜10°、好ましくは0〜5°の範囲にあることを表す。 The vicinity, the slow axis and MD or TD direction is 0 °, preferably a be in the range of 0 to 5 °.

[固有複屈折が正であるセルロースアシレートフィルム] [Cellulose Acylate Film intrinsic birefringence is positive]
本発明のセルロースアシレートフィルムは、フィルム面内において、遅相軸を有する方向に延伸すると正面レターデーションReが大きくなり、遅相軸を有する方向と垂直な方向に延伸すると正面レターデーションReが小さくなる。 The cellulose acylate film of the invention, in the film plane, slow the axis extending in a direction having a front retardation Re increases, small-plane retardation Re when stretched in the direction perpendicular to the direction of the slow axis Become. このことは固有複屈折が正であることを示しており、フィルム中で発現したReを打ち消すには遅相軸と垂直方向に延伸することが有効である。 This shows that the intrinsic birefringence is positive, it is effective to stretch the slow axis direction perpendicular to counteract Re expressed in the film. この方法としては例えば、フィルムが機械搬送方向(MD方向)に遅相軸を有している場合にMDとは垂直な方向(TD方向)にテンター延伸を用いて正面Reを小さくすることが考えられる。 As this method, for example, it considered that the film is to reduce the frontal Re using a tenter stretching in a direction perpendicular (TD direction) and MD when it has the slow axis in the machine direction (MD direction) It is. 逆の例として、TD方向に遅相軸を有している場合にはMD方向の機械搬送ロールの張力を強めて延伸することによって正面Reを小さくすることが考えられる。 Examples of reverse, when it has the slow axis in TD direction is considered to decrease the front Re by stretching strongly the tension in the MD direction of the machine conveyance roll.

[固有複屈折が負であるセルロースアシレートフィルム] [Cellulose Acylate Film intrinsic birefringence is negative]
本発明のセルロースアシレートフィルムは、遅相軸を有する方向に延伸すると正面レターデーションReが小さくなり、遅相軸を有する方向と垂直な方向に延伸すると正面レターデーションReが大きくなる場合もある。 The cellulose acylate film of the invention, slow the axis extending in a direction having a frontal retardation Re becomes small, there is a case where the direction plane retardation Re when stretched in the vertical direction is large with a slow axis. このことは固有複屈折が負であることを示しており、フィルム中で発現したReを打ち消すには遅相軸と同一の方向に延伸することが有効である。 This shows that the intrinsic birefringence is negative, it is effective to stretch the slow axis in the same direction to counteract Re expressed in the film. この方法としては例えば、フィルムが機械搬送方向(MD方向)に遅相軸を有している場合にMD方向の機械搬送ロールの張力を強めて延伸することによって正面Reを小さくすることが考えられる。 As this method, for example, it is considered to decrease the front Re by stretching strongly the tension in the MD direction of the machine conveyance roll when the film has a slow axis in the machine direction (MD direction) . 逆の例として、TD方向に遅相軸を有している場合にはMDとは垂直な方向(TD方向)にテンター延伸を用いて正面Reを小さくすることが考えられる。 Examples of reverse, when it has the slow axis in TD direction is considered to decrease the front Re using a tenter stretching in a direction perpendicular (TD direction) and MD.

[本発明のセルロースアシレートフィルムの評価方法] [Evaluation method of the cellulose acylate film of the present invention]
本発明のセルロースアシレートフィルムの評価に当たって、以下の方法で測定して実施する。 In the evaluation of the cellulose acylate film of the present invention, it carried out measured by the following methods.

(面内のレターデーションRe、膜厚方向のレターデーションRth) (Retardation Re, the thickness direction retardation Rth of the in-plane)
試料30mm×40mmを、25℃、60%RHで2時間調湿し、Re ( λ )は自動複屈折計KOBRA 21ADH(王子計測機器(株)製)において波長λnmの光をフィルム法線方向に入射させて測定する。 Samples 30mm × 40mm, 25 ℃, dampening 2 hours conditioned at 60% RH, Re (λ) is the optical wavelength λnm the film normal direction in an automatic birefringence meter KOBRA 21ADH (manufactured by Oji Scientific Instruments Co.) is incident is measured. また、Rth ( λ )は前記Re ( λ )と、面内の遅相軸を傾斜軸としてフィルム法線方向を0°としてサンプルを10°ごとに50°まで傾斜させて波長λnmの光を入射させて測定したレターデーション値を基に、平均屈折率の仮定値1.48および膜厚を入力し算出する。 Also, Rth (λ) is the incident said the Re (λ), the film normal direction tilt axis in-plane slow axis with the sample is inclined to 50 ° every 10 ° as 0 ° the light of wavelength λnm based on the retardation value measured by, for calculating and inputting the assumed value 1.48 and the film thickness of the average refractive index.

(Re、Rthの波長分散測定) (Re, wavelength dispersion measurement of Rth)
試料30mm×40mmを、25℃、60%RHで2時間調湿し、エリプソメーターM−150(日本分光(株)製)において波長780nmから380nmの光をフィルム法線方向に入射させることにより各波長でのReをもとめ、Reの波長分散を測定する。 Samples 30mm × 40mm, 25 ℃, dampening 2 hours conditioned at 60% RH, each by incident 380nm of light to the film normal direction from the wavelength 780nm at an ellipsometer M-0.99 (manufactured by JASCO Corporation) determine the Re at a wavelength, to measure the wavelength dispersion of Re. また、Rthの波長分散については、前記Re、面内の遅相軸を傾斜軸としてフィルム法線方向に対して+40°傾斜した方向から780〜380nmの波長の光を入射させて測定したレターデーション値、および面内の遅相軸を傾斜軸としてフィルム法線方向に対して−40°傾斜した方向から波長780〜380nmの光を入射させて測定したレターデーション値の計3つの方向で測定したレターデーション値を基に、平均屈折率の仮定値1.48および膜厚を入力して算出する。 As for the wavelength dispersion of Rth, the Re, retardation was measured by applying light having a wavelength of slow axis from the film normal + 40 ° inclined to the direction as the tilt axis of 780~380nm plane Deployment values, and plane of the slow axis was measured at a total of three directions of the retardation value measured by applying light having a wavelength of 780~380nm from -40 ° direction inclined with respect to the film normal direction as the tilt axis based on the retardation value, calculated by inputting the assumed value 1.48 and the film thickness of the average refractive index.

(分子配向軸) (Molecular orientation axis)
試料70mm×100mmを、25℃、65%RHで2時間調湿し、自動複屈折計(KOBRA21DH、王子計測(株))にて、垂直入射における入射角を変化させた時の位相差より分子配向軸を算出する。 Samples 70 mm × 100 mm, 25 ° C., dampening 2 hours conditioned at RH 65%, an automatic double refractometer at (KOBRA21DH, Oji Scientific Co.), molecules that phase difference when changing the incident angle at normal incidence to calculate the orientation axis.
(軸ズレ) (Axial deviation)
また、自動複屈折計(KOBRA−21ADH、王子計測機器(株))で軸ズレ角度を測定する。 Further, to measure the axial displacement angle automatic birefringence meter (KOBRA-21ADH, Oji Scientific Instruments Co.). 幅方向に全幅にわたって等間隔で20点測定し、絶対値の平均値を求める。 Equal intervals measured 20 points over the entire width in the width direction, calculates the average of the absolute values. また、遅相軸角度(軸ズレ)のレンジとは、幅方向全域にわたって等間隔に20点測定し、軸ズレの絶対値の大きいほうから4点の平均と小さいほうから4点の平均の差をとったものである。 Moreover, the range of the slow axis angle (axis shift), equidistantly measured 20 points across the entire width, the difference between the absolute value average larger from four points from more average 4 points and small axis deviation those that took.

(透過率) (Transmittance)
試料20mm×70mmを、25℃,60%RHで透明度測定器(AKA光電管比色計、KOTAKI製作所)で可視光(615nm)の透過率を測定する。 Samples 20mm × 70mm, 25 ℃, transparency measuring instrument at 60% RH (AKA phototube colorimeter, KOTAKI Seisakusho) to measure the transmittance of visible light (615 nm) at.
(分光特性) (Spectral characteristics)
試料13mm×40mmを、25℃,60%RHで分光光度計(U−3210、(株)日立製作所)にて、波長300〜450nmにおける透過率を測定した。 Samples 13 mm × 40 mm, 25 ° C., spectrophotometer at 60% RH (U-3210, (Ltd.) Hitachi) at, the transmittance was measured at a wavelength of 300 to 450 nm. 傾斜幅は72%の波長−5%の波長で求めた。 Inclined width was determined at a wavelength of 72% in the wavelength -5%. 限界波長は、(傾斜幅/2)+5%の波長で表す。 Threshold wavelength is represented by (inclination width / 2) + 5% of the wavelength. 吸収端は、透過率0.4%の波長で表す。 Absorption edge is represented by transmittance of 0.4% of the wavelength. これより380nmおよび350nmの透過率を評価する。 To evaluate the transmittance of 380nm and 350nm than this.

[フィルム表面の性状] [Properties of the film surface]
本発明セルロースアシレートフィルムの表面は、JISB0601−1994に基づく該膜の表面凹凸の算術平均粗さ(Ra)が0.1μm以下、及び最大高さ(Ry)が0.5μm以下であることが好ましい。 Surface of the present invention the cellulose acylate film is arithmetic mean roughness of the film surface irregularities based on JISB0601-1994 (Ra) is 0.1μm or less, and the maximum height (Ry) is 0.5μm or less preferable. 好ましくは、算術平均粗さ(Ra)が0.05μm以下、及び最大高さ(Ry)が0.2μm以下である。 Preferably, the arithmetic mean roughness (Ra) of 0.05μm or less, and the maximum height (Ry) is 0.2μm or less. 膜表面の凹と凸の形状は、原子間力顕微鏡(AFM)により評価することが出来る。 The shape of the recesses and the projections of the film surface can be evaluated by an atomic force microscope (AFM).

[セルロースアシレートフィルムのレターデーションの面内ばらつき] [Plane variation of the retardation of the cellulose acylate film]
本発明のセルロースアシレートフィルムは次の式を満たすことがのぞましい。 The cellulose acylate film of the present invention is desirable to satisfy the following equation.
|Re (MAX) −Re (MIN) |≦3かつ|Rth (MAX) −Rth (MIN) |≦5 | Re (MAX) -Re (MIN ) | ≦ 3 and | Rth (MAX) -Rth (MIN ) | ≦ 5
[式中、Re (MAX) 、Rth (MAX) −は任意に切り出した1m四方のフィルムの最大レターデーション値、Re (MIN) 、Rth (MIN)は最小値である。 Wherein, Re (MAX), Rth ( MAX) - Maximum retardation value of the 1m square was arbitrarily cut out film, Re (MIN), Rth ( MIN) is the minimum value. ]

[フィルムの保留性] Pending of the film]
本発明のセルロースアシレートフィルムにおいては、フィルムに添加した各種化合物の保留性が要求される。 In the cellulose acylate film of the present invention, retention of various compounds added to the film it is required. 具体的には、本発明のセルロースアシレートフィルムを80℃/90%RHの条件下に48時間静置した場合のフィルムの質量変化が、0〜5%であることが好ましい。 Specifically, it is preferable mass change of the film after being allowed to stand for 48 hours under conditions of 80 ℃ / 90% RH the cellulose acylate film of the present invention is 0-5%. より好ましくは0〜3%であり、さらに好ましくは0〜2%である。 More preferably 0-3%, more preferably from 0 to 2%.
〈保留性の評価方法〉 <Method of evaluating the retention>
試料を10cm×10cmのサイズに断裁し、23℃、55%RHの雰囲気下で24時間放置後の質量を測定して、80±5℃、90±10%RHの条件下で48時間放置する。 The sample was cut into a size of 10cm × 10cm, 23 ℃, by measuring the mass after standing for 24 hours under an atmosphere of RH 55%, 80 ± 5 ℃, allowed to stand for 48 hours under the conditions of RH 90 ± 10% . 処理後の試料の表面を軽く拭き、23℃、55%RHで1日放置後の質量を測定して、以下の方法で保留性を計算する。 Lightly wipe the surface of the sample after the treatment, 23 ° C., and measuring the mass after standing 1 day 55% RH, to calculate the retentivity in the following manner.
保留性(質量%)={(放置前の質量−放置後の質量)/放置前の質量}×100 Retention (wt%) = {(mass before storage - mass after standing) / mass before} × 100

[フィルムの力学特性] [Mechanical Characteristics of Film]
(カール) (curl)
本発明のセルロースアシレートフィルムの幅方向のカール値は、−10/m〜+10/mであることが好ましい。 The curl value in the width direction of the cellulose acylate film of the present invention is preferably -10 / m~ + 10 / m. 本発明のセルロースアシレートフィルムには後述する表面処理、光学異方性層を塗設する際のラビング処理の実施や配向膜、光学異方性層の塗設や貼合などを長尺で行う際に、本発明のセルロースアシレートフィルムの幅方向のカール値が前述の範囲外では、フィルムのハンドリングに支障をきたし、フィルムの切断が起きることがある。 Performing a surface treatment which will be described later, carried out and the alignment layer rubbing process at the time of Coating an optically anisotropic layer, etc. Coating or laminating of the optically anisotropic layer in long in the cellulose acylate film of the present invention when, in the range curl value in the width direction of the cellulose acylate film of the invention described above, hindered handling of the film, there is the cutting of the film occurs. また、フィルムのエッジや中央部などで、フィルムが搬送ロールと強く接触するために発塵しやすくなり、フィルム上への異物付着が多くなり、光学補償フィルムの点欠陥や塗布スジの頻度が許容値を超えることがある。 Further, in an edge or central portion of the film, the film is likely to dust to strong contact with the conveyor roll, the more the adhesion of foreign substances onto the film, the frequency of spot defects and coating streaks film permissible it may exceed the value. 又、カールを上述の範囲とすることで光学異方性層を設置するときに発生しやすい色斑故障を低減できるほか、偏光膜貼り合せ時に気泡が入ることを防ぐことができ、好ましい。 Furthermore, addition of reducing the prone color irregularity fault when installing the optically anisotropic layer by a range curl described above, it is possible to prevent air bubbles from entering at the polarizing film lamination, preferred.
カール値は、アメリカ国家規格協会の規定する測定方法(ANSI/ASCPH1.29−1985)に従い測定することができる。 The curl value can be measured in accordance with the provisions measurement method by the American National Standards Institute (ANSI / ASCPH1.29-1985).

(引裂き強度) (Tear strength)
JISK7128−2:1998の引裂き試験方法に基ずく引裂き強度(エルメンドルフ引裂き法)が、本発明のセルロースアシレートフィルムの膜厚が20〜80μmの範囲において、2g以上が好ましい。 JISK7128-2: tear test method based on mutual agreement tear strength of 1998 (Elmendorf tear method), the thickness of 20~80μm range of the cellulose acylate film of the present invention is preferably at least 2g. より好ましくは、5〜25gであり、更には6〜25gである。 More preferably from 5 to 25 g, even at 6 to 25 g. 又、60μm換算で8g以上が好ましく、より好ましくは8〜15gである。 Also, it is preferably at least 8g in 60μm terms, more preferably 8~15G. 具体的には、試料片50mm×64mmを、25℃、65%RHの条件下に2時間調湿した後に軽荷重引裂き強度試験機を用いて測定できる。 Specifically, a sample piece 50 mm × 64 mm, 25 ° C., can be measured using a light load tear strength tester after dampening 2 hours adjusted under the conditions of RH 65%.

[フィルムの残留溶剤量] Residual solvent amount of the film]
本発明のセルロースアシレートフィルムに対する残留溶剤量が、0.01〜1.5質量%の範囲となる条件で乾燥することが好ましい。 Residual solvent amount relative to the cellulose acylate film of the present invention, it is preferable to dry under conditions in the range of 0.01 to 1.5 wt%. より好ましくは0.01〜1.0質量%である。 More preferably from 0.01 to 1.0 wt%. 本発明に用いる透明支持体の残留溶剤量は1.5%以下とすることでカールを抑制できる。 Residual solvent amount of the transparent support for use in the present invention can suppress curling can be 1.5% or less. 1.0%以下であることがより好ましい。 And more preferably 1.0% or less. これは、前述のソルベントキャスト方法による成膜時の残留溶剤量が少なくすることで自由堆積が小さくなることが主要な効果要因になるためと思われる。 This seems to be due to free deposited by reducing the residual solvent amount at the film formation by the solvent casting method described above is that the smaller becomes the main effect factors.

[フィルムの吸湿膨張係数] [Hygroscopic expansion coefficient of the film]
本発明のセルロースアシレートフィルムの吸湿膨張係数は30×10 -5 /%RH以下とすることが好ましい。 Hygroscopic expansion coefficient of the cellulose acylate film of the present invention is preferably set to 30 × 10 -5 /% RH or less. 吸湿膨張係数は、15×10 -5 /%RH以下とすることが好ましく、10×10 -5 /%RH以下であることがさらに好ましい。 The hygroscopic expansion coefficient is more preferably 15 × 10 -5 /% RH or less, and more preferably not more than 10 × 10 -5 /% RH. また、吸湿膨張係数は小さい方が好ましいが、通常は、1.0×10 -5 /%RH以上の値である。 Although hygroscopic expansion coefficient is preferably smaller, in general, it may be at least the value RH 1.0 × 10 -5 /%. 吸湿膨張係数は、一定温度下において相対湿度を変化させた時の試料の長さの変化量を示す。 The hygroscopic expansion coefficient indicates the variation in the length of a sample when changing the relative humidity at a constant temperature. この吸湿膨張係数を調節することで、本発明のセルロースアシレートフィルムを光学補償フィルム支持体として用いた際、光学補償フィルムの光学補償機能を維持したまま、額縁状の透過率上昇すなわち歪みによる光漏れを防止することができる。 By adjusting the coefficient of hygroscopic expansion, when using the cellulose acylate film of the present invention as an optical compensation film support, while maintaining the optical compensation function of the optical compensation film, frame-like transmittance increase, or that is light due to distortion it is possible to prevent the leakage.

[表面処理] [surface treatment]
セルロースアシレートフィルムは、場合により表面処理を行うことによって、セルロースアシレートフィルムと各機能層(例えば、下塗層およびバック層)との接着の向上を達成することができる。 Cellulose acylate film may be subjected to a surface treatment, if necessary, it is possible to achieve improved adhesion of the cellulose acylate film to each functional layer (e.g., undercoat layer and back layer). 例えばグロー放電処理、紫外線照射処理、コロナ処理、火炎処理、酸またはアルカリ処理を用いることができる。 For example, a glow discharge treatment, ultraviolet irradiation treatment, corona treatment, flame treatment, acid or alkali treatment. ここでいうグロー放電処理とは、10 -3 〜20Torrの低圧ガス下でおこる低温プラズマでもよく、更にまた大気圧下でのプラズマ処理も好ましい。 The glow discharge treatment may be a low-temperature plasma generated in a low-pressure gas 10 -3 to 20 Torr, furthermore also plasma treatment under atmospheric pressure. プラズマ励起性気体とは上記のような条件においてプラズマ励起される気体をいい、アルゴン、ヘリウム、ネオン、クリプトン、キセノン、窒素、二酸化炭素、テトラフルオロメタンの様なフロン類及びそれらの混合物などがあげられる。 It means a gas that is plasma-excited under the above conditions the plasma excitation gas, argon, helium, neon, krypton, xenon, nitrogen, carbon dioxide, fluorocarbons such as tetrafluoromethane, and mixtures thereof such as mentioned It is. これらについては、詳細が発明協会公開技報公技番号2001−1745号(2001年3月15日発行、発明協会)にて30頁〜32頁に詳細に記載されており、本発明において好ましく用いることができる。 These are described in detail in Japan Institute of Invention and Innovation Journal of Technical Disclosure No. 2001-1745 (March 15, 2001 issue, the Japan Institute of Invention and Innovation) are described in detail in pages 30 to 32 at, preferably used in the present invention be able to.

[アルカリ鹸化処理によるフィルム表面の接触角] [Contact angle of the film surface by alkali saponification treatment]
本発明のセルロースアシレートフィルムを偏光板の透明保護フィルムとして用いる場合の表面処理の有効な手段の1つとしてアルカリ鹸化処理が上げられる。 Alkali saponification treatment is raised a cellulose acylate film of the present invention as one of the effective means of the surface treatment when used as a transparent protective film of a polarizing plate. この場合、アルカリ鹸化処理後のフィルム表面の接触角が55°以下であることがのぞましい。 In this case, it is desirable contact angle of the film surface after alkali saponification treatment is 55 ° or less. よりのぞましくは50°以下であり、45°以下であることがさらにのぞましい。 More desirably 50 ° or less, further desirably not more than 45 °. 接触角の評価法はアルカリ鹸化処理後のフィルム表面に直径3mmの水滴を落とし、フィルム表面と水滴のなす角をもとめる通常の手法によって親疎水性の評価として用いることができる。 Evaluation of contact angle dropped water droplet diameter 3mm on the film surface after alkali saponification treatment can be used as an evaluation of the hydrophilicity and hydrophobicity by conventional techniques to determine a angle between the film surface and water drop.

(耐光性) (Light resistance)
本発明のセルロースアシレートの光耐久性の指標として、スーパーキセノン光を240時間照射したフィルムの色差ΔE * abが20以下であることがのぞましい。 As an index of light endurance of the cellulose acylate of the present invention, the color difference Delta] E * ab of the film where the super xenon light was irradiated for 240 hours is desirable to be 20 or less. よりのぞましくは18以下であり、15以下であることがさらにのぞましい。 More desirably 18 or less, more desirably be 15 or less. 色差の測定は、UV3100(島津製作所製)を用いる。 Measurement of the color difference is used UV3100 (manufactured by Shimadzu Corporation). 測定の仕方は、フィルムを25℃60%RHに2時間以上調湿した後にキセノン光照射前のフィルムのカラー測定を行ない初期値(L0 * 、a0 * 、b0 * )を求める。 For the measurement method, the initial value subjected to color measurements before xenon light irradiation film after humidified over 2 hours 25 ° C. 60% RH the film (L0 *, a0 *, b0 *) Request. その後、フィルム単体で、スーパーキセノンウェザーメーターSX−75(スガ試験機(株)製)にて、150W/m 2 、60℃50%RH条件にてキセノン光を240時間照射する。 Thereafter, the film itself, super xenon weather meter SX-75 (manufactured by Suga Test Instruments Co., Ltd.) under the irradiation with xenon light for 240 hours at 150W / m 2, 60 ℃ 50 % RH conditions. 所定時間の経過後、フィルムを恒温槽から取り出し、25℃60%RHに2時間調湿した後に、再びカラー測定を行い、照射経時後の値(L1 * 、a1 * 、b1 * )を求める。 After a predetermined time, the film is taken out from the thermostatic bath, after dampening 2 hours adjusted to 25 ° C. 60% RH, again subjected to color measurement, the values after the irradiation time (L1 *, a1 *, b1 *) Request. これらから、色差ΔE * ab=((L0 * -L1 * )^2+(a0 * −a1 * )^2+(b0 * −b1 * )^2)^0.5を求める。 These obtains the color difference ΔE * ab = ((L0 * -L1 *) ^ 2 + (a0 * -a1 *) ^ 2 + (b0 * -b1 *) ^ 2) ^ 0.5.

[光学異方性層1(ポリマー層)] [Optically Anisotropic Layer 1 (polymer layer)]
次に光学異方性層1を形成するポリマー層について詳細に説明する。 Next, the polymer layer to form an optically anisotropic layer 1 will be described in detail.

ポリマー層は、固体ポリマーを液状化してそれを展開し、その展開層を固体化させてなる塗工膜として形成される。 Polymer layer, a solid polymer was liquefied expand it, it is forming the expanded layer as a coating film formed by solidification. これにより厚さを0.1〜20μmとすることができる。 Thus the thickness can be 0.1 to 20 [mu] m. 延伸フィルム方式では、フィルム強度の点より厚さを20μm以下とすることが困難であり、特にその厚さで目的とする位相差特性を付与することが困難である。 In stretching the film method, it is difficult to set the thickness and 20μm or less from the point of view of film strength, it is particularly difficult to impart the desired retardation properties at its thickness. 薄型化や目的とする位相差特性の付与性の点より好ましいポリマー層の厚さは、15μm以下、就中12μm以下、特に10μm以下である。 The thickness of the preferred polymer layer than imparting of the points of the phase difference characteristic according to thickness and purpose, 15 [mu] m or less, especially 12μm or less, particularly 10μm or less.

ポリマー層の形成には、塗工方式でRe (630)が0〜200nm、かつRth (630)が0〜400の範囲にある層を形成しうる適宜な固体ポリマーを用いうる。 The formation of the polymer layer, Re at coating method (630) of 0 to 200 nm, and Rth (630) may use an appropriate solid polymer capable of forming a layer in the range of 0 to 400. 光透過率が75%以上、特に85%以上の透光性に優れる層を形成しうる耐熱性の良好な固体ポリマーが好ましい。 A light transmittance of 75% or more, particularly 85% or more of good heat resistance, solid polymer having excellent translucency capable of forming a layer is preferred. 就中その塗工層形成性等の点よりポリエーテルケトン、特にポリアリールエーテルケトン、ポリアミド、ポリエステル、ポリイミド、ポリアミドイミド又はポリエステルイミドの1種、又は2種以上を混合したものなどが好ましく用いられる。 Especially polyether ketone from the viewpoint of the coating layer forming property and the like, particularly a polyaryletherketone, polyamide, polyester, polyimide, one polyamide-imide or polyesterimide, or are preferably used, such as a mixture of two or more .
また、ポリマー層の固体ポリマーは、液晶性化合物の配向状態を重合などの手段により固定化したポリマーであってもよい。 Further, the solid polymer in the polymer layer by means of a polymerization alignment state of the liquid crystalline compound may be immobilized polymer.

前記したポリエーテルケトン、特にポリアリールエーテルケトンの具体例としては、例えば下記の一般式(1)で表される繰返し単位を有するものなどがあげられる(特開2001−49110号公報)。 Wherein the polyether ketone, particularly Specific examples of the polyaryletherketone, for example, those having a repeating unit represented by the following general formula (1) (JP 2001-049110).

上記の一般式(1)において、Xはハロゲン、アルキル基又はアルコキシ基であり、ベンゼン環へのXの結合数q、すなわちp−テトラフルオロベンゾイレン基とオキシアルキレン基が結合しない、残る位置での水素原子の置換数qの値は、0〜4の整数である。 In the above general formula (1), X is a halogen, an alkyl group or an alkoxy group, the number of bonds X on the benzene ring q, namely p- tetrafluorobenzoylene alkylene group and oxyalkylene group is not bonded, with the remaining positions the value of the substitution number q of hydrogen atoms is an integer of 0-4. また、R 1は下記の一般式(2)で表される基であり、mは0又は1である。 Further, R 1 is a group represented by the following general formula (2), m is 0 or 1. さらにnは、重合度を表し、2〜5000、就中5〜500が好ましい。 Further n represents the degree of polymerization, from 2 to 5000, especially from 5 to 500 is preferable.

なお、上記一般式(1)におけるXとしてのハロゲンとしては、例えばフッ素原子や臭素原子、塩素原子やヨウ素原子などがあげられ、就中フッ素原子が好ましい。 As the halogen as X in the above general formula (1), for example, a fluorine atom or a bromine atom, such as chlorine atom and an iodine atom are exemplified, preferably above all fluorine atoms. またアルキル基としては、例えばメチル基やエチル基、プロピル基やイソプロピル基、ブチル基の如き炭素数が1〜6、就中1〜4の直鎖又は分岐鎖のアルキル基などがあげられ、就中メチル基やエチル基、それらのトリフルオロメチル基の如きハロゲン化アルキル基が好ましい。 Examples of the alkyl group, for example a methyl group or an ethyl group, a propyl group or an isopropyl group, is such a carbon number of butyl groups 1-6, such as a straight-chain or branched-chain alkyl group having especially 1 to 4 can be mentioned, 就medium methyl group or an ethyl group, such as a halogenated alkyl group thereof trifluoromethyl group is preferred.

さらにアルコキシ基としては、例えばメトキシ基やエトキシ基、プロポキシ基やイソプロポキシ基、ブトキシ基の如き炭素数が1〜6、就中1〜4の直鎖又は分岐鎖のアルコキシ基などがあげられ、就中メトキシ基やエトキシ基、それらのトリフルオロメトキシ基の如きハロゲン化アルコキシ基が好ましい。 Still alkoxy group such as methoxy or ethoxy group, a propoxy group and an isopropoxy group, such as the number of carbon atoms of butoxy group 1-6, such a linear or branched alkoxy group having especially 1 to 4 and the like, especially methoxy or ethoxy, such as a halogenated alkoxy group thereof trifluoromethoxy group are preferred. 前記において特に好ましいXは、フッ素原子である。 Particularly preferred X in the is fluorine atom.

一方、前記一般式(2)で表される基において、X'はハロゲン、アルキル基又はアルコキシ基であり、ベンゼン環へのX'の結合数q'の値は、0〜4の整数である。 On the other hand, in the group represented by the general formula (2), X 'is a halogen, alkyl group or alkoxy group, X for the benzene ring' value of the coupling number q 'of is an integer from 0 to 4 . X'としてのハロゲン、アルキル基又はアルコキシ基としては、前記したXと同じものが例示できる。 Halogen as X ', the alkyl group or alkoxy group, the same ones can be exemplified as the above-described X.

好ましいX'は、フッ素原子、メチル基やエチル基、それらのトリフルオロメチル基の如きハロゲン化アルキル基、メトキシ基やエトキシ基、それらのトリフルオロメトキシ基の如きハロゲン化アルコキシ基であり、就中フッ素原子が好ましい。 Preferred X 'is a fluorine atom, a methyl group or an ethyl group, is their such halogenated alkyl group trifluoromethyl group, a methoxy group or an ethoxy group, such as a halogenated alkoxy group thereof trifluoromethoxy group, especially a fluorine atom is preferred.

なお前記の一般式(1)においてXとX'は、同じであってもよいし、異なっていてもよい。 Note the general formula (1) in X and X 'may be the same or may be different. また一般式(1)、(2)においてq又はq'が2以上であることに基づいて分子中に2個以上存在するX又はX'は、同じであってもよいし、異なっていてもよい。 The general formula (1), 'two or more X or X are present in the molecule based on is 2 or more' is q or q in (2) may be the same, be different good.

特に好ましいR 1は、下記の一般式(3)で表される基である。 Particularly preferred R 1 is a group represented by the following general formula (3).

前記の一般式(2)、(3)においてR 2は、2価の芳香族基であり、Pは0又は1である。 Wherein the general formula (2), R 2 in (3) is a divalent aromatic group, P is 0 or 1. その2価の芳香族基としては、例えば(o,m又はp−)フェニレン基、ナフタレン基、ビフェニル基、アントラセン基、(o,m又はp−)テルフェニル基、フェナントレン基、ジベンゾフラン基、ビフェニルエーテル基、ビフェニルスルホン基、下記の式で表される2価の芳香族基などがあげられる。 As the divalent aromatic group, for example (o, m or p-) phenylene group, a naphthalene group, a biphenyl group, an anthracene group, (o, m or p-) terphenyl group, phenanthrene group, dibenzofuran group, a biphenyl ether group, a biphenyl sulfone group, such as a divalent aromatic group represented by the following formula are exemplified. なお、当該2価の芳香族基は、その芳香環に直接結合する水素が前記したハロゲン、アルキル基又はアルコキシ基で置換されていてもよい。 Note that the divalent aromatic group, a halogen hydrogen directly bonded to the aromatic ring described above, an alkyl group or alkoxy group may be substituted.

前記において好ましい2価の芳香族基(R 2 )は、下記の式で表されるものである。 Preferred divalent aromatic group in the (R 2) are those represented by the following formula.

前記した一般式(1)で表されるポリアリールエーテルケトンは、同じ繰返し単位からなっていてもよいし、異なる繰返し単位の2種又は3種以上を有するものであってもよい。 Polyaryletherketone represented by the general formula (1) described above, may be composed of the same repeating units, or may have a two or more of different repeating units. 後者の場合、各繰返し単位は、ブロック状に存在していてもよいし、ランダムに存在していてもよい。 In the latter case, the repeating units may be present in block form, may be present randomly.

上記を踏まえて一般式(1)で表されるポリアリールエーテルケトンの内の好ましいものは、下記の一般式(4)で表されるものである。 Preferred of the polyaryletherketone represented by the general formula (1) in light of the above are those represented by the following general formula (4).

また分子末端の基を含めた場合の好ましいポリアリールエーテルケトンは、一般式(1)に対応して下記の一般式(5)で表されるものであり、一般式(4)に対応するものは下記の一般式(6)で表されるものである。 The preferred polyaryletherketone when including molecular terminal groups, corresponding to the general formula (1) are those represented by the following general formula (5), those corresponding to the general formula (4) is represented by the following general formula (6). これらは分子内のp−テトラフルオロベンゾイレン基側にフッ素原子が結合し、オキシアルキレン基側に水素原子が結合したものである。 These fluorine atom bonded to the p- tetrafluorobenzoylene alkylene group side of the molecule, in which a hydrogen atom bonded to the oxyalkylene group side.

一方、上記したポリアミド又はポリエステルの具体例としては、例えば下記の一般式(7)で表される繰返し単位を有するものなどがあげられる。 Meanwhile, specific examples of the polyamides or polyesters, such as those having a repeating unit represented by the following general formula (7).

前記の一般式(7)において、Bは、ハロゲン、炭素数1〜3のアルキル基若しくはそのハロゲン化物、それらの1種若しくは2種以上で置換されたフェニル基、又は非置換のフェニル基である。 In the general formula (7) of said, B is halogen, an alkyl group or a halide having 1 to 3 carbon atoms, their one or a phenyl group substituted by two or more, or unsubstituted phenyl group . zは0〜3の整数である。 z is an integer of 0 to 3.

Eは、共有結合、炭素数2のアルケニル基若しくはそのハロゲン化物、CH 2基、C(CX 3 ) 2基、CO基、O原子、S原子、SO 2基、Si(R) 2基、又はNR基である。 E is a covalent bond, an alkenyl group or a halide of 2 carbon atoms, CH 2 group, C (CX 3) 2 group, CO group, O atom, S atom, SO 2 group, Si (R) 2 group, or is NR group.
前記のC(CX 3 ) 2基におけるXは、水素原子又はハロゲンであり、Si(R) 2基及びNR基におけるRは、炭素数1〜3のアルキル基又はそのハロゲン化物である。 X in the above C (CX 3) 2 group is a hydrogen atom or halogen, R represents the Si (R) 2 group and NR group, an alkyl group or a halide having 1 to 3 carbon atoms. なおEは、カルボニル基又はY基に対してメタ位又はパラ位にある。 Note E is in the meta or para to the carbonyl group or a Y group. またハロゲンは、フッ素原子、塩素原子、ヨウ素原子又は臭素原子である(以下、一般式(7)において同じ)。 Halogen is also a fluorine atom, a chlorine atom, an iodine atom or a bromine atom (hereinafter the same in the general formula (7)).

さらにYは、O原子又はNH基である。 Furthermore Y is O atom or an NH group. Aは、水素原子、ハロゲン、炭素数1〜3のアルキル基若しくはそのハロゲン化物、ニトロ基、シアノ基、炭素数1〜3のチオアルキル基、炭素数1〜3のアルコキシ基若しくはそのハロゲン化物、アリール基若しくはそのハロゲン化物、炭素数1〜9のアルキルエステル基、炭素数1〜12のアリールエステル基若しくはその置換誘導体、又は炭素数1〜12のアリールアミド基若しくはその置換誘導体である。 A is a hydrogen atom, a halogen, an alkyl group or a halide having 1 to 3 carbon atoms, a nitro group, a cyano group, a thioalkyl group having 1 to 3 carbon atoms, an alkoxy group or a halide having 1 to 3 carbon atoms, aryl group or a halide, an alkyl ester group having 1 to 9 carbon atoms, an aryl ester group or a substituted derivative thereof having 1 to 12 carbon atoms, or an aryl amide group or a substituted derivative thereof having 1 to 12 carbon atoms.

またnは0〜4の整数、pは0〜3の整数、qは1〜3の整数、rは0〜3の整数である。 And n is an integer of 0 to 4, p is an integer of 0 to 3, q ​​is an integer of 1 to 3, r is an integer of 0 to 3. 好ましいポリアミド又はポリエステルは、前記のrとqが1であり、そのビフェニル環の少なくとも1個が2位及び2'位で置換されてなる下記の一般式(8)で表される繰返し単位を有するものである。 Preferred polyamides or polyesters, the a of r and q are 1, having a repeating unit at least one is represented by the 2-position and 2'-position formed by substituted by the following general formula (8) of the biphenyl ring it is intended.

前記の一般式(8)においてmは0〜3の整数、好ましくは1又は2であり、x及びyは0又は1で、かつ共に0であることはない。 Integer of said m in the general formula (8) of 0-3, preferably 1 or 2, x and y are 0 or 1, and not both of them are zero. なお、他の記号は前記の一般式(7)の場合と同義であるが、Eはカルボニル基又はY基に対してパラ配向の共有結合である。 Although the other symbols have the same meaning as in the general formula (7), E is a covalent bond para to the carbonyl group or a Y group.

前記の一般式(7)、(8)において、B、E、Y又はAが分子中に複数存在する場合、それらは同じであってもよいし、異なっていてもよい。 The general formula (7), in (8), B, E, when Y or A is more present in the molecule, to which may be the same or may be different. z、n、m、x、yも同様に同じであってもよいし、異なっていてもよい。 z, n, m, x, y may be the same as well, or may be different. なおその場合、B、E、Y、A、z、n、m、x、yは、それぞれ独立に判断される。 In the case that, B, E, Y, A, z, n, m, x, y are determined independently.

前記の一般式(7)で表されるポリアミド又はポリエステルは、同じ繰返し単位からなっていてもよいし、異なる繰返し単位の2種又は3種以上を有するものであってもよい。 Polyamide or polyester represented by the general formula (7) may be composed of the same repeating units, or may have a two or more of different repeating units. 後者の場合、各繰返し単位は、ブロック状に存在していてもよいし、ランダムに存在していてもよい。 In the latter case, the repeating units may be present in block form, may be present randomly.

他方、上記したポリイミドの具体例としては、例えば9,9−ビス(アミノアリール)フルオレンと芳香族テトラカルボン酸二無水物との縮合重合生成物を含み、下記の一般式(9)で表される繰返し単位を1単位以上有するものなどがあげられる。 On the other hand, specific examples of the polyimide described above include, for example, condensation polymer of 9,9-bis (aminoaryl) fluorene and an aromatic tetracarboxylic acid dianhydride represented by the following general formula (9) such as those having a repeating unit for more than one unit that can be cited.

前記一般式(9)において、Rは、水素原子、ハロゲン、フェニル基、1〜4個のハロゲン若しくは1〜10個の炭素原子を有するアルキル基で置換されたフェニル基、又は1〜10個の炭素原子を有するアルキル基である。 In the above general formula (9), R represents a hydrogen atom, a halogen, a phenyl group, 1-4 halogen or 1-10 phenyl group substituted with an alkyl group having carbon atoms, or 1 to 10 an alkyl group having a carbon atom. 4個のRは、各々独立に決定でき、0〜4個の範囲で置換することができる。 Four R are each can be determined independently, it can be substituted with 0-4 range. その置換基は、前記のものであることが好ましいが、一部に異なるものを含んでいてもよい。 The substituent is preferably the are of may contain different part. なおハロゲンは、フッ素原子、塩素原子、ヨウ素原子又は臭素原子である(以下、一般式(9)において同じ)。 Note Halogen is fluorine atom, chlorine atom, an iodine atom or a bromine atom (hereinafter the same in the general formula (9)).

Zは、6〜20個の炭素原子を有する三置換芳香族基である。 Z is a trisubstituted aromatic radical having 6 to 20 carbon atoms. 好ましいZは、ピロメリット基、あるいはナフチレン基やフルオレニレン基、ベンゾフルオレニレン基やアントラセニレン基の如き多環式芳香族基若しくはその置換誘導体、又は下記の一般式(10)で表される基である。 Preferred Z is pyromellitic group or a naphthylene group or a fluorenylene group, a polycyclic aromatic group or a substituted derivative such as benzo fluorenylene alkylene group or an anthracenylene group, or a group represented by the following general formula (10), is there. なお前記多環式芳香族基の置換誘導体における置換基としては、ハロゲン、1〜10個の炭素原子を有するアルキル基又はそのフッ素化物などがあげられる。 Note Examples of the substituent in the substituted derivative of a polycyclic aromatic group, a halogen, an alkyl group or a fluorinated, having from 1 to 10 carbon atoms and the like.

前記の一般式(10)において、Dは、共有結合、C(R 2 ) 2基、CO基、O原子、S原子、SO 2基、Si(C 25 ) 2基、N(R 3 ) 2基又はそれらの組合せであり、mは1〜10の整数である。 In the general formula (10), D is a covalent bond, C (R 2) 2 group, CO group, O atom, S atom, SO 2 group, Si (C 2 H 5) 2 group, N (R 3 ) 2 group, or a combination thereof, m is an integer of from 1 to 10. なお、上記の2個のR 2は、各々独立に、水素原子又はC(R 4 ) 3基である。 Incidentally, the two R 2 above are each independently a hydrogen atom or a C (R 4) 3 group.
また、上記の2個のR 3は、各々独立に、水素原子、1〜約20個の炭素原子を有するアルキル基、又は約6〜約20個の炭素原子を有するアリール基である。 Also, two R 3 above, each independently, a hydrogen atom, an aryl group having from 1 to about 20 alkyl groups having a carbon atom, or about 6 to about 20 carbon atoms. 上記3個のR 4は、各々独立に、水素原子、フッ素原子又は塩素原子である。 The three R 4 are each independently a hydrogen atom, a fluorine atom or a chlorine atom.

また、前記以外のポリイミドとして下記の一般式(11)、(12)で表される単位を有するものなどもあげることができる。 Further, the following general formula as a polyimide other than the (11), may be mentioned also such as those having a unit represented by (12). 就中、一般式(13)で表される単位を有するポリイミドが好ましい。 Inter alia, polyimide preferably has a unit represented by the general formula (13).

上記の一般式(11)、(12)、(13)において、T及びLは、ハロゲン、炭素数1〜3のアルキル基若しくはそのハロゲン化物、それらの1種若しくは2種以上で置換されたフェニル基、又は非置換のフェニル基である。 The general formula (11), (12), in (13), T and L are halogen, alkyl group or a halide having 1 to 3 carbon atoms, phenyl substituted with those of one or more group, or an unsubstituted phenyl group. 前記のハロゲンは、フッ素原子、塩素原子、ヨウ素原子又は臭素原子である(以下、一般式(11)、(12)、(13)において同じ)。 Halogen wherein the fluorine atom, a chlorine atom, an iodine atom or a bromine atom (hereinafter, the general formula (11), (12), the same in (13)). zは0〜3の整数である。 z is an integer of 0 to 3.

またG及びJは、共有結合若しくは結合ボンド、CH 2基、C(CX 3 ) 2基、CO基、O原子、S原子、SO 2基、Si(C 25 ) 2基、又はN(CH 3 )基である。 The G and J is a covalent bond or bonds bond, CH 2 group, C (CX 3) 2 group, CO group, O atom, S atom, SO 2 group, Si (C 2 H 5) 2 group, or N ( CH 3) a group. 前記C(CX 3 ) 2基におけるXは、水素原子又はハロゲンである(以下、一般式(11)、(12)、(13)において同じ)。 X in the C (CX 3) 2 group is a hydrogen atom or a halogen (hereinafter the general formula (11), (12), the same in (13)).

Aは、水素原子、ハロゲン、アルキル基若しくはそのハロゲン化物、ニトロ基、シアノ基、チオアルキル基、アルコキシ基若しくはそのハロゲン化物、アリール基若しくはそのハロゲン化物、又はアルキルエステル基若しくはその置換誘導体である。 A is a hydrogen atom, a halogen, an alkyl group or a halide, a nitro group, a cyano group, a thioalkyl group, an alkoxy group or a halide, an aryl group or a halide or an alkyl ester group or a substituted derivative thereof.

Rは、水素原子、ハロゲン、フェニル基若しくはそのハロゲン化物等の置換フェニル基、又はアルキル基若しくはそのハロゲン化物等の置換アルキル基である。 R is a hydrogen atom, a halogen, a phenyl group or substituted phenyl group of the such halide or an alkyl group or a substituted alkyl group of the like halides,. nは0〜4の整数、pは0〜3の整数、qは1〜3の整数である。 n is an integer of 0 to 4, p is an integer of 0 to 3, q ​​is an integer of 1 to 3.

なお、前記の一般式(11)、(12)、(13)においてT、A、R又はLは、それぞれ独立に、分子中に複数存在する場合、それらは同じであってもよいし、異なっていてもよい。 Incidentally, the general formula (11), (12), T, A, R or L in (13), each independently, when a plurality present in the molecule, they may be the same, different it may be. z、n、mも同様に同じであってもよいし、異なっていてもよい。 z, n, m also may be the same as well, or may be different. なおその場合、T、A、R、L、z、n、mは、それぞれ独立に判断される。 In the case that, T, A, R, L, z, n, m are determined independently.

前記した一般式(9)、(11)、(12)、(13)で表されるポリイミドは、同じ繰返し単位からなっていてもよいし、異なる繰返し単位の2種又は3種以上を有するものであってもよい。 The general formula (9), (11), (12), (13) a polyimide represented by a may be composed of the same repeating units, those having more than two or three different repeating units it may be. その異なる繰返し単位は、前記以外の酸二無水物及びジアミンの少なくともいずれかを共重合させて形成したものであってもよい。 Its different repeat units, at least one of the acid dianhydride and diamine other than the may be those formed by copolymerizing. ジアミンとしては、特に芳香族ジアミンが好ましい。 The diamine, particularly aromatic diamines are preferred. 後者の異なる繰返し単位を有する場合、各繰返し単位は、ブロック状に存在していてもよいし、ランダムに存在していてもよい。 If with the latter different repeating units, each repeating unit may be present in block form, it may be present randomly.

前記した異なる繰返し単位を形成するための酸二無水物としては、例えばピロメルト酸二無水物、3,6−ジフェニルピロメルト酸二無水物、3,6−ビス(トリフルオロメチル)ピロメルト酸二無水物、3,6−ジブロモピロメルト酸二無水物、3,6−ジクロロピロメルト酸二無水物、3,3',4,4'−ベンゾフェノンテトラカルボン酸二無水物、2,3,3',4'−ベンゾフェノンテトラカルボン酸二無水物、2,2',3,3'−ベンゾフェノンテトラカルボン酸二無水物、3,3',4,4'−ビフェニルカルボン酸二無水物、ビス(2,3−ジカルボフェニル)メタン二無水物があげられる。 As the acid dianhydride for forming the different repeat units described above, for example Piromeruto dianhydride, 3,6-diphenyl pyromellitic melt dianhydride, 3,6-bis (trifluoromethyl) Piromeruto dianhydride objects, 3,6-dibromo pyromellitic melt dianhydride, 3,6-dichloro pyromellitic melt dianhydride, 3,3 ', 4,4'-benzophenonetetracarboxylic dianhydride, 2,3,3' , 4'-benzophenone tetracarboxylic dianhydride, 2,2 ', 3,3'-benzophenone tetracarboxylic dianhydride, 3,3', 4,4'-biphenyl dianhydride, bis (2 , 3-dicarboxyphenyl) methane dianhydride and the like.

またビス(2,5,6−トリフルオロ−3,4−ジカルボキシフェニル)メタン二無水物、2,2−ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)−1,1,1,3,3,3−ヘキサフルオロプロパン二無水物、ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)エーテル二無水物(4,4'−オキシジフタル酸無水物)、ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)スルホン二無水物(3,3',4,4'−ジフェニルスルホンテトラカルボン酸無水物)、4,4'−〔4,4'−イソプロピリデン−ジ(p−フェニレンオキシ)〕ビス(フタル酸無水物)も前記酸二無水物の例としてあげられる。 The bis (2,5,6-trifluoro-3,4-dicarboxyphenyl) methane dianhydride, 2,2-bis (3,4-carboxyphenyl) -1,1,1,3,3, 3-hexafluoropropane dianhydride, bis (3,4-carboxyphenyl) ether dianhydride (4,4'-oxydiphthalic anhydride), bis (3,4-carboxyphenyl) sulfone dianhydride ( 3,3 ', 4,4'-diphenylsulfone tetracarboxylic acid anhydride), 4,4' - [4,4'-isopropylidene - di (p- phenyleneoxy)] bis (phthalic anhydride) also the It mentioned as examples of the acid dianhydride.

さらにN,N−(3,4−ジカルボキシフェニル)−N−メチルアミン二無水物、ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)ジエチルシラン二無水物、2,3,6,7−ナフタレン−テトラカルボン酸二無水物や1,2,5,6−ナフタレン−テトラカルボン酸二無水物、2,6−ジクロロ−ナフタレン−1,4,5,8−テトラカルボン酸二無水物の如きナフタレンテトラカルボン酸二無水物、チオフェン−2,3,4,5−テトラカルボン酸二無水物やピラジン−2,3,5,6−テトラカルボン酸二無水物、ピリジン−2,3,5,6−テトラカルボン酸二無水物の如き複素環式芳香族テトラカルボン酸二無水物なども前記酸二無水物の例としてあげられる。 Further N, N-(3,4-carboxyphenyl) -N- methylamine dianhydride, bis (3,4-carboxyphenyl) diethyl silane dianhydride, 2,3,6,7-naphthalene - tetracarboxylic dianhydride and 1,2,5,6-naphthalene - tetracarboxylic acid dianhydride, 2,6-dichloro - such naphthalene tetracarboxylic naphthalene-1,4,5,8-tetracarboxylic dianhydride dianhydride, thiophene-2,3,4,5-tetracarboxylic dianhydride and pyrazine-2,3,5,6-tetracarboxylic dianhydride, pyridine-2,3,5,6-tetracarboxylic heteroaromatic such as dianhydrides tetracarboxylic dianhydride such may be mentioned as examples of the acid dianhydride.

好ましく用いうる酸二無水物は、2,2'−ジブロモ−4,4',5,5'−ビフェニルテトラカルボン酸二無水物や2,2'−ジクロロ−4,4',5,5'−ビフェニルテトラカルボン酸二無水物、2,2'−トリハロ置換二無水物の如き2,2'−置換二無水物などであり、特に2,2−ビス(トリフルオロメチル)−4,4',5,5'−ビフェニルテトラカルボン酸二無水物が好ましい。 Dianhydride can be preferably used include 2,2'-dibromo-4,4 ', 5,5'-biphenyltetracarboxylic dianhydride and 2,2'-dichloro-4,4', 5,5 ' - biphenyltetracarboxylic acid dianhydride, and the like 2,2' trihalo such 2,2'-substituted dianhydrides substituted dianhydrides, 2,2-bis (trifluoromethyl) -4,4 ' , 5,5'-biphenyltetracarboxylic acid dianhydride are preferred.

一方、前記した異なる繰返し単位を形成するためのジアミンとしては、例えば(o,m又はp−)フェニレンジアミン、2,4−ジアミノトルエン、1,4−ジアミノ−2−メトキシベンゼン、1,4−ジアミノ−2−フェニルベンゼン、1,3−ジアミノ−4−クロロベンゼンの如きベンゼンジアミン、4,4'−ジアミノビフェニル、4,4−ジアミノジフェニルメタン、2,2−ビス(4−アミノフェニル)プロパン、2,2−ビス(4−アミノフェニル)−1,1,1,3,3,3−ヘキサフルオルプロパン、4,4'−ジアミノジフェニルエーテル、3,4'−ジアミノジフェニルエーテル、1,3−ビス(3−アミノフェノキシ)ベンゼン、1,3−ビス(4−アミノフェノキシ)ベンゼン、1,4−ビス(4−アミノフェノキシ) On the other hand, as the diamine for forming the above-mentioned different repeating units, for example (o, m or p-) phenylene diamine, 2,4-diaminotoluene, 1,4-diamino-2-methoxybenzene, 1,4 diamino-2-phenyl-benzene, 1,3-diamino-4 such benzenediamine chlorobenzene, 4,4'-diaminobiphenyl, 4,4-diaminodiphenylmethane, 2,2-bis (4-aminophenyl) propane, 2 , 2- bis (4-aminophenyl) -1,1,1,3,3,3 hexafluoropropane, 4,4'-diaminodiphenyl ether, 3,4'-diaminodiphenyl ether, 1,3-bis ( 3-aminophenoxy) benzene, 1,3-bis (4-aminophenoxy) benzene, 1,4-bis (4-aminophenoxy) ンゼンがあげられる。 Benzene, and the like.

また4,4'−ビス(4−アミノフェノキシ)ビフェニル、4,4'−ビス(3−アミノフェノキシ)ビフェニル、2,2−ビス〔4−(4−アミノフェノキシ)フェニル〕プロパン、2,2−ビス〔4−(4−アミノフェノキシ)フェニル〕−1,1,1,3,3,3−ヘキサフルオロプロパン、4,4'−ジアミノジフェニルチオエ一テル、4,4'−ジアミノジフェニルスルホン、2,2'−ジアミノベンゾフェノン、3,3'−ジアミノベンゾフェノン、1,8−ジアミノナフタレンや1,5−ジアミノナフタレンの如きナフタレンジアミン、2,6−ジアミノピリジンや2,4−ジアミノピリジン、2,4−ジアミノ−S−トリアジンの如き複素環式芳香族ジアミンなども前記したジアミンの例としてあげられる。 The 4,4'-bis (4-aminophenoxy) biphenyl, 4,4'-bis (3-aminophenoxy) biphenyl, 2,2-bis [4- (4-aminophenoxy) phenyl] propane, 2,2 - bis [4- (4-aminophenoxy) phenyl] -1,1,1,3,3,3-hexafluoropropane, 4,4'-diaminodiphenyl thio et one ether, 4,4'-diaminodiphenylsulfone , 2,2'-diamino benzophenone, 3,3'-benzophenone, 1,8-diaminonaphthalene and 1,5-diaminonaphthalene such naphthalene diamine naphthalene, 2,6-diaminopyridine and 2,4-diaminopyridine, 2 and such heterocyclic aromatic diamine of 4-diamino -S- triazine may be mentioned as examples of the diamine described above.

好ましく用いうるポリイミドは、例えば2,2'−ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)ヘキサフルオロプロパン二無水物や4,4'−ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)−2,2−ジフェニルプロパン二無水物、ナフタレンテトラカルボン酸二無水物やビス(3,4−ジカルボキシフェニル)スルホン二無水物などの芳香族系酸二無水物を用いて調製された、耐熱性で溶媒可溶性のポリイミドである。 Polyimide that can be preferably used, for example, 2,2'-bis (3,4-carboxyphenyl) hexafluoropropane dianhydride and 4,4'-bis (3,4-carboxyphenyl) -2,2-diphenyl propane dianhydride, were prepared using a naphthalene tetracarboxylic dianhydride and bis (3,4-carboxyphenyl) aromatic acids such as sulfone dianhydride dianhydride, solvent soluble heat-resistant polyimide it is.

またジアミンとして、例えば4,4−(9−フルオレニリデン)−ジアニリンや2,2'−ビス(トリフルオロメチル)−4,4'−ジアミノビフェニル、3,3'−ジクロロ−4,4'−ジアミノジフェニルメタンや2,2'−ジクロロ−4,4'−ジアミノビフェニル、2,2',5,5'−テトラクロロベンジジンや2,2−ビス(4−アミノフェノキシフェニル)プロパン、2,2−ビス(4−アミノフェノキシフェニル)ヘキサフルオロプロパンや1,4−ビス(4−アミノフェノキシ)ベンゼン、1,3−ビス(4−アミノフェノキシ)ベンゼンや1,3−ビス(3−アミノフェノキシ)ベンゼンなどの芳香族系ジアミンを用いて調製された、耐熱性で溶媒可溶性のポリイミドも好ましく用いうる。 As also diamines such 4,4 (9-fluorenylidene) - dianiline and 2,2'-bis (trifluoromethyl) -4,4'-diaminobiphenyl, 3,3'-dichloro-4,4'-diamino diphenylmethane and 2,2' dichloro-4,4'-diamino biphenyl, 2,2 ', 5,5'-tetrachloro-benzidine and 2,2-bis (4-aminophenoxy phenyl) propane, 2,2-bis (4-aminophenoxy) hexafluoropropane and 1,4-bis (4-aminophenoxy) benzene, 1,3-bis (4-aminophenoxy) benzene and 1,3-bis (3-aminophenoxy) benzene, etc. of the prepared using an aromatic diamine, may be used polyimide also preferably solvent-soluble heat-resistant.

他方、上記したポリアミドイミド又はポリエステルイミドとしては、特に限定はなく適宜なものを1種又は2種以上用いうる。 On the other hand, as the polyamide-imide or polyesterimide described above, it can be used particularly limited appropriate one, or two or more without. 就中、特開昭61−162512号公報に記載されたポリアミドイミドや、特開昭64−38472号公報に記載されたポリエステルイミドなどが好ましく用いうる。 Inter alia, and polyamide-imide as described in JP-A-61-162512, and polyester imides as described in JP-A-64-38472 can be preferably used.

一般式(9)に示すように主鎖に対してフルオレン環のような環構造の盤面が垂直に立つユニットを導入することで、ポリマー層を延伸した場合に延伸方向と直交方向の屈折率が増大し、ロールフィルムにおいて縦一軸延伸によって、幅方向の屈折率が大きなフィルムを得ることが出来る。 By board of a ring structure, such as a fluorene ring relative to the main chain as shown in the general formula (9) introduces unit standing vertically, it is stretching direction and the orthogonal direction of the refractive index when stretching a polymer layer increased, by longitudinal uniaxial stretching at a roll film can be refractive index in the width direction to obtain a large film. このようなフィルムを使用することで縦一軸延伸フィルムでも、偏光膜とRoll−to―Rollで貼り合わせて光学補償機能を有する偏光板を作製することができる。 In longitudinal uniaxial stretched film by using such a film, it is possible to produce a polarizing plate having an optical compensation function by bonding with a polarizing film and Roll-to-Roll.

また、一般式(9)に示すように主鎖に対してフルオレン環のような環構造の盤面が垂直に立つユニットと、主鎖方向に沿って芳香族環が並んだユニットの割合を調整することで、ポリマー層の波長分散を調整することができる。 Further, to adjust the unit board of the ring structure, such as a fluorene ring relative to the main chain as shown in the general formula (9) stand vertically, the percentage of lined aromatic rings along the backbone direction unit it is, it is possible to adjust the wavelength dispersion of the polymer layer.

ポリマー層形成用の固体ポリマーの分子量は、特に限定はないが溶剤に可溶であることが好ましい。 The molecular weight of the solid polymer for polymer layer formation, it is preferred not particularly limited but is soluble in the solvent. 就中、塗工膜の厚さ制度や表面精度ないし表面平滑性、膜強度、フィルム化した場合の伸縮や歪等によるクラック発生の防止性、溶剤に対する溶解性(ゲル化防止)などの点より質量平均分子量に基づいて1万〜100万、就中2万〜50万、特に5万〜20万が好ましい。 Inter alia, the thickness of institutions and surface accuracy to the surface smoothness of the coating film, film strength, prevention of cracks due to the expansion and contraction or distortion or the like in the case of a film, from the viewpoint of solubility in solvents (anti-gelling) 10,000 to 1,000,000, based on the weight average molecular weight, especially from 20,000 to 500,000, especially from 50,000 to 200,000 are preferred. なお質量平均分子量は、ポリエチレンオキサイドを標準試料とし、ジメチルホルムアミド溶媒を使用してゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)で測定した値である。 Note The weight average molecular weight, polyethylene oxide as a standard sample, a value measured by gel permeation chromatography (GPC) using dimethylformamide solvent.

ポリマー層の形成には上記のポリアリールエーテルケトンやポリアミド、ポリエステルやポリイミド等の固体ポリマーを単独で用いてもよいし、同種物を2種以上混合して用いてもよい。 It said polyaryletherketone and polyamide for the formation of the polymer layer, to a solid polymer such as a polyester or polyimide may be used alone or may be used as a mixture of congeners two or more. また、例えばポリアリールエーテルケトンとポリアミドの混合物の如く、異なる官能基を持つ2種以上のポリマーの混合物として用いてもよい。 Further, for example, as a mixture of polyaryletherketone and polyamide, it may be used as a mixture of two or more polymers having different functional groups.

またポリマー層を形成する上記固体ポリマーの配向性が著しく低下しない範囲で、上記以外の適宜なポリマーの1種又は2種以上を併用してもよい。 And to the extent that does not significantly decrease the orientation of the solid polymer to form a polymer layer, it may be used in combination one or more of suitable polymers other than the above. その併用ポリマーの例としては、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリメチルメタクリレート、ABS樹脂及びAS樹脂、ポリアセテート、ポリカーボネート、ポリアミド、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリフェニレンスルフィド、ポリエーテルスルホン、ポリケトン、ポリイミド、ポリシクロヘキサンジメタノールテレフタレート、ポリアリレート、液晶ポリマー(光重合性液晶モノマーを含む)などの熱可塑性樹脂があげられる。 Examples of combination polymers include polyethylene, polypropylene, polystyrene, polymethyl methacrylate, ABS resin and AS resin, polyacetate, polycarbonate, polyamide, polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, polyphenylene sulfide, polyethersulfone, polyketone, polyimide, poly cyclohexanedimethanol terephthalate, polyarylate, thermoplastic resins such as liquid crystal polymer (including a photopolymerizable liquid crystal monomer) and the like.

またエポキシ樹脂、フェノール樹脂、ノボラック樹脂の如き熱硬化性樹脂なども前記併用ポリマーの例としてあげられる。 The epoxy resins, phenol resins, etc., such as thermosetting resins of the novolak resin may be mentioned as examples of the combination polymer. 併用ポリマーの使用量は、配向性が著しく低下しない範囲であれば特に制限されないが、通常50質量%以下、就中40質量%以下、特に30質量%以下とされる。 The amount of the combination polymer is long if not particularly limited within a range that does not significantly reduced orientation, usually 50 wt% or less, especially 40 wt% or less, are particularly 30 wt% or less.

上記のように複数のポリマーを併用することで、光学異方性、波長分散特性、強度・弾性率等の力学物性、透水性、平面性、ポリマーフィルムAとの密着性、粘着剤との密着性等の種々の物性を好ましい範囲に調整することができる。 By using a plurality of polymers as described above, the optical anisotropy, a wavelength dispersion characteristic, mechanical properties such as strength, elasticity, permeability, flatness, adhesion to a polymer film A, the adhesion between the pressure-sensitive adhesive various physical properties of the sex and the like can be adjusted to the preferred range.

ポリマー層を形成する固体ポリマーの液状化には、熱可塑性ポリマーを加熱して溶融させる方式や、固体ポリマーを溶媒に溶解させて溶液とする方法などの適宜な方式を採ることができる。 The liquefaction of solid polymer forming the polymer layer, method and for heating and melting a thermoplastic polymer, a solid polymer can take an appropriate method such as a method of a solution dissolved in a solvent. 従って当該展開層の固体化は、前者の溶融液ではその展開層を冷却させることにより、また後者の溶液ではその展開層より溶媒を除去して乾燥させることにより行うことができる。 Therefore solidification of the spreading layer, the former melt by cooling the the development layer, and may be carried out by drying to remove the solvent from the spread layer in the latter solution. ポリマー層の形成に際しては、安定剤や可塑剤や金属類等からなる種々の添加剤を必要に応じて配合することができる。 In the formation of the polymer layer, it can be optionally added various additives consisting of stabilizer or a plasticizer or a metal and the like.

ポリマー層の膜厚ムラは光学補償シートのRe ( λ )およびRth ( λ )のムラの原因となるため低減することが好ましい。 Uneven thickness of the polymer layer is preferably reduced to become a cause of unevenness of the optical compensation sheet Re (lambda) and Rth (λ). ポリマー層の膜厚ムラは塗布手段の調整、乾燥手段の調整によって低減が可能であり、またポリマー層を塗布する支持体の平滑性を向上させることによっても低減が可能である。 Adjustment of the thickness unevenness applied means of a polymer layer, reduced by the adjustment of the drying means are possible, also it is possible also reduced by improving the smoothness of the support for applying the polymer layer. ポリマー層の塗布液中にレベリング剤を添加することにより著しく膜厚ムラを低減できる。 Significantly uneven thickness by adding a leveling agent in the coating solution of the polymer layer can be reduced. レベリング剤としては、ポリマー層の塗布液の表面張力を低下させる界面活性能のある材料を用いる。 As the leveling agent, a material with surface activity to lower the surface tension of the coating solution of the polymer layer.

このようなレベリング剤としては、ノニルフェノールエチレンオキサイド付加物、ステアリン酸エチレンオキサイド付加物等のポリエチレングリコール型非イオン系界面活性剤;ソルビタンパルチミン酸モノエステル、ソルビタンステアリン酸モノエステル、ソルビタンステアリン酸トリエステル等の多価アルコール型非イオン系界面活性剤;パーフルオロアルキルエチレンオキサイド付加物、パーフルオロアルキルカルボン酸塩、パーフルオロアルキルベタイン等のフッ素系界面活性剤;アルキル変成シリコーンオイル、ポリエーテル変成シリコーンオイル等のシリーコンオイル等があげられる。 Such leveling agents, nonylphenol ethylene oxide adducts, polyethylene glycol type nonionic surface active agents such as stearic acid ethylene oxide adduct; sorbitan Pal thymine acid monoester, sorbitan stearic acid monoester, sorbitan stearic acid triester, etc. polyhydric alcohol type nonionic surface active agents; perfluoroalkyl ethylene oxide adducts, perfluoroalkyl carboxylate, fluorine-based surfactants such as perfluoroalkyl betaines; alkyl modified silicone oil, polyether modified silicone oil Silly Con oil, and the like of. 具体的にはシリコーン系界面活性剤としてはディスパロンLS−009(楠本化成製)、フッ素系界面活性剤としてはディフェンサーMCF−323、メガファックF−171、F−172、F−177、F−142D、F−144D、F−140NK(以上、大日本インキ化学工業製)、フロラードFC−430、FC−170、FC−170C(以上、住友スリーエム製)、アクリル系界面活性剤としてはディスパロンL−1980(楠本化成製)、モダフロー(日本モンサント製)等があげられる。 Specifically Disparon LS-009 is a silicone surfactant (manufactured by Kusumoto Chemicals), Defensor MCF-323 as a fluorine-based surfactant, Megafac F-171, F-172, F-177, F- 142D, F-144D, F-140NK (manufactured by Dainippon Ink and Chemicals), Fluorad FC-430, FC-170, FC-170C (manufactured by Sumitomo), acrylic-based surfactant DISPARLON L- 1980 (Kusumoto Kasei Co., Ltd.), Modaflow (manufactured by Nippon Monsanto), and the like. また、特開平9−230143号公報記載のものも使用できる。 It can also be used those described in JP-9-230143 JP.

上記のレベリング剤は界面活性能があるためポリマー層の表面に多く分布する。 Additional leveling agent is distributed more in the surface of the polymer layer because of the surface activity. 形成されたポリマー層の表面にレベリング剤が多く存在すると、液晶セルに偏光板を貼り付ける際に使用する粘着剤とポリマー層との接着性が弱くなり、偏光板に不具合があった場合に偏光板を液晶セルから剥がすリワーク作業において粘着剤が液晶セルに残ってしまい、別途粘着剤を有機溶剤でふき取る等作業性が悪くなる。 When a leveling agent is often present in the surface of the formed polymer layer, polarized when it is weak adhesion between the adhesive and the polymer layer for use in pasting a polarizing plate to a liquid crystal cell, there is a problem with the polarizing plate adhesive in rework peeling the sheet from the liquid crystal cell will remain in the liquid crystal cell, etc. workability is deteriorated wiping separately an adhesive in an organic solvent. 特にフッ素系界面活性剤を使用する場合、粘着剤と接着性が弱くなる場合がある。 Especially when using a fluorine-based surfactant, there are cases where the adhesive and the adhesive becomes weak. レベリング剤はポリマー層の厚みムラを低減するために非常に有効であるが、ポリマー層が形成された後にポリマー層表面に残存している必要はなく、むしろポリマー層表面からはなくなったほうが好ましい。 Although a leveling agent is very effective to reduce the thickness irregularity of the polymer layer, need not be left in the polymer layer surface after the polymer layer has been formed, it is preferable that no longer from rather the polymer layer surface. ポリマー層を有する光学補償シートを偏光膜に貼り合せる際に行う鹸化処理によって、ポリマー層表面のレベリング剤は除去されることが好ましい。 Saponification process performed when bonding an optical compensation sheet having a polymer layer on the polarizing film, a leveling agent polymer layer surface is preferably removed. また、有機溶剤でレベリング剤を洗い流してもよい。 Further, it may be washed away leveling agent in an organic solvent.

前記の乾燥には自然乾燥(風乾)方式や加熱乾燥方式、特に40〜200℃の加熱乾燥方式、減圧乾燥方式などの適宜な方式の1種又は2種以上を採ることができる。 Wherein the drying can take natural drying (air drying) method or heat drying method, in particular heating and drying method of 40 to 200 ° C., one or more of suitable methods, such as a vacuum drying method. 乾燥時の乾燥ムラによる厚みムラ低減のためには、塗布直後の環境の風を層流とすることが好ましく、また風速を1m/min以下とすることが好ましい。 For thickness unevenness reduction by drying unevenness in drying, it is preferable to wind the environment immediately after coating a laminar flow, also it is preferable that the wind speed below 1 m / min. さらに、塗布直後に吹かせる乾燥風の動きによる塗布膜の厚みムラ発生を抑えるために乾燥風を吹かせない凝縮乾燥を行うことが好ましい。 Further, it is preferable to perform not blow the drying air condensation drying in order to suppress the thickness unevenness occurs in the coating film due to the movement of the drying air to blow immediately after application.

前記の溶媒としては、例えばクロロホルムやジクロロメタン、四塩化炭素やジクロロエタン、テトラクロロエタンやトリクロロエチレン、テトラクロロエチレンやクロロベンゼン、オルソジクロロベンゼンの如きハロゲン化炭化水素類、フェノールやパラクロロフェノールの如きフェノール類、ベンゼンやトルエン、キシレンやメトキシベンゼン、1,2−ジメトキシベンゼンの如き芳香族炭化水素類、アセトンやメチルエチルケトン、メチルイソブチルケトンやシクロヘキサノン、シクロペンタノンや2−ピロリドン、N−メチル−2−ピロリドンの如きケトン類、酢酸エチルや酢酸ブチルの如きエステル類があげられる。 As the solvent, for example chloroform or dichloromethane, carbon tetrachloride or dichloroethane, tetrachloroethane or trichlorethylene, tetrachlorethylene and chlorobenzene, such as halogenated hydrocarbons such as orthodichlorobenzene, such phenols phenol and p-chlorophenol, benzene or toluene, xylene and methoxybenzene, 1,2-aromatic hydrocarbons such as dimethoxybenzene, acetone and methyl ethyl ketone, such as ketones methyl isobutyl ketone or cyclohexanone, cyclopentanone and 2-pyrrolidone, N- methyl-2-pyrrolidone, acetic acid such esters such as ethyl and butyl acetate and the like.

また、t−ブチルアルコールやグリセリン、エチレングリコールやトリエチレングリコール、エチレングリコールモノメチルエーテルやジエチレングリコールジメチルエーテル、プロピレングリコールやジプロピレングリコール、2−メチル−2,4−ペンタンジオールの如きアルコール類、ジメチルホルムアミドやジメチルアセトアミドの如きアミド類、アセトニトリルやブチロニトリルの如きニトリル類、ジエチルエーテルやジブチルエーテル、テトラヒドロフランの如きエーテル類、その他、塩化メチレンや二硫化炭素、エチルセロソルブやブチルセロソルブなども前記溶媒の例としてあげられる。 Further, t- butyl alcohol, glycerin, ethylene glycol and triethylene glycol, ethylene glycol monomethyl ether and diethylene glycol dimethyl ether, propylene glycol and dipropylene glycol, alcohols such as 2-methyl-2,4-pentanediol, dimethyl formamide and dimethyl such amides acetamide, such nitriles acetonitrile or butyronitrile, diethyl ether or dibutyl ether, ethers such as tetrahydrofuran, and other, methylene or carbon disulfide chloride, also as ethyl cellosolve and butyl cellosolve be mentioned as examples of said solvent.

溶媒は、単独で、あるいは2種以上を適宜な組合せで混合して用いることができる。 The solvent may be used alone, or in combination with an appropriate combination of two or more. 溶液は、塗工粘度等の点より、溶媒100質量部に対して固体ポリマーを2〜100質量部、就中5〜50質量部、特に10〜40質量部溶解させたものが好ましい。 The solution from the point of view of such coating viscosity, 2 to 100 parts by weight of solid polymer per 100 parts by mass of a solvent, especially 5 to 50 parts by mass, preferably those obtained by particularly 10 to 40 parts by dissolution.

上記の溶剤はポリマー層を形成する材料を溶解する機能を有するものを選択することはもちろんであるが、ポリマー層溶液を塗布する支持体を犯さないものを選択することが好ましい。 While the above solvents can of course be selected to have a function of dissolving the materials for forming the polymer layer, it is preferable to select one that does not commit a support having coated polymer layer solution.

液状化したポリマーの展開には、例えばスピンコート法やロールコート法、フローコート法やプリント法、ディップコート法や流延成膜法、バーコート法やグラビア印刷法等のキャスティング法、押出法などの適宜なフィルム形成方式を採ることができる。 The development of liquefied polymer, for example, spin coating or roll coating, flow coating or printing method, a dip coating method or a flow casting, bar coating or casting of a gravure printing method, extrusion method, etc. it can take appropriate film-forming method. 就中、厚さムラや配向歪ムラ等の少ないフィルムの量産性などの点より、キャスティング法等の溶液製膜法が好ましく適用することができる。 Inter alia, from the viewpoint of mass production of small film of such thickness unevenness and orientation distortion unevenness can a solution film-forming method such as a casting method is preferably applied.

光学補償効果の点からポリマー層のRe (630)は0〜200nmが好ましく、5〜100nmがさらに好ましく、10〜50nmが特に好ましい。 Preferably 0 to 200 nm Re (630) is a polymer layer from the viewpoint of the optical compensation effect, more preferably 5 to 100 nm, 10 to 50 nm is particularly preferred. また、ポリマー層のRth (630)は0〜400nmが好ましく、10〜200nmが好ましく、20〜150nmが特に好ましい。 Also, Rth (630) of the polymer layer is preferably 0~400Nm, preferably 10 to 200 nm, 20 to 150 nm is particularly preferred.

ポリマー層は、展開層を固体化させた後、そのRe等の制御を目的に必要に応じて、面内における分子を配向させる処理を施したものであってもよい。 Polymer layer, after solidified the development layer, as necessary for the purpose of control of the Re and the like, may be those subjected to a treatment for orienting the molecules in the plane. すなわち当該展開層を固体化させただけの状態では、Reが小さいことが普通である。 That is, in the state of the development layer only was solidified, it is common Re is small. ちなみに層厚を5μmとした場合、Reは通例、15nm以下、就中0.1〜10nmである。 By the way, if the layer thickness was set to 5μm, Re is typically, 15nm or less, and especially 0.1~10nm.

一方、前記の配向処理を施すことにより、面内における配向軸の精度を高めることができて、Reを増大させることができる。 On the other hand, by performing an alignment treatment of the, to be able to increase the accuracy of the orientation axis in the plane, it is possible to increase the Re. 従ってRth ( λ ) 、Re ( λ )等の位相差特性を制御することができる。 Thus Rth (λ), it is possible to control the phase difference characteristics such as Re (λ).

前記した面内で分子を配向させる処理は、伸張処理及び収縮処理の少なくともいずれかの処理として施すことができ、その伸張処理は、例えば延伸処理などとして施すことができる。 Process of aligning the molecules in the above-mentioned in-plane, expansion processing and can be applied as at least one of the processing shrinkage process, the decompression process can be performed as, for example, stretching. 延伸処理には逐次方式や同時方式等にる二軸延伸方式、自由端方式や固定端方式等の一軸延伸方式などの適宜な方式の1種又は2種以上を適用することができる。 Sequential method and simultaneous method, and the like cook biaxial stretching method is the stretching process, it is possible to apply one or more suitable methods, such as a uniaxial stretching method, such as a free end system or the fixed end system. ボーイング現象を抑制する点よりは一軸延伸方式が好ましい。 Uniaxial stretching method from the viewpoint of preventing the bowing phenomenon is preferred.

一方、収縮処理は、例えばポリマー層の塗工形成を基材上で行って、その基材の温度変化等に伴う寸法変化を利用して収縮力を作用させる方式などにより行うことができる。 On the other hand, shrinking process, for example, a coating formed of a polymer layer done on the substrate, can be carried out by methods for applying a contractile force by utilizing the dimensional change with temperature change or the like of the substrate. その場合、熱収縮性フィルムなどの収縮能を付与した基材を用いることもでき、そのときには延伸機等を利用して収縮率を制御することが望ましい。 In that case, it is also possible to use a heat-shrinkable film imparting the substrate contractility, such as, it is desirable for the time to control the shrinkage by using the stretching machine or the like.

ポリマー層の好ましい形成方式は、溶媒に溶解させて液状化したポリマー溶液を支持基材上に展開して乾燥させ、必要に応じて支持基材を介しその固体化物に伸張処理又は収縮処理の一方又は両方を施す方式である。 Preferred forming method of the polymer layer is dissolved in a solvent and dried to expand the liquefied polymer solution on a supporting substrate, one decompression or shrinking treatment to the solid product through the supporting substrate if necessary or a method of performing both. この方式によれば、ポリマー層を基材で支持した状態で処理できて製造効率や処理精度などに優れており、連続製造も可能である。 According to this method, is excellent to the manufacturing efficiency and processing accuracy can process the polymer layer while supporting at the substrate, it is also possible continuous production.

[光学異方性層2(液晶性化合物)] [Optically anisotropic layer 2 (liquid crystalline compound)
次に、液晶性化合物からなる光学異方性層2の好ましい態様について詳細を記述する。 Next, describing the detail to the preferred embodiments of the optically anisotropic layer 2 comprising a liquid crystalline compound. 光学異方性層2は、液晶表示装置の黒表示における液晶セル中の液晶化合物を補償するように設計することが好ましい。 The optically anisotropic layer 2 is preferably designed to compensate a liquid crystal compound in a liquid crystal cell in black display of the liquid crystal display device. 黒表示における液晶セル中の液晶化合物の配向状態は、液晶表示装置のモードにより異なる。 Alignment state of the liquid crystal compound in the liquid crystal cell in black display is different depending on the mode of the liquid crystal display device. この液晶セル中の液晶化合物の配向状態に関しては、IDW'00、FMC7−2、P411〜414に記載されている。 Regarding the orientation state of the liquid crystal compound in the liquid crystal cell, IDW'00, FMC7-2, are described in P411~414. 光学異方性層2は、ラビング軸等の配向軸によって配向制御され、その配向状態に固定された液晶性化合物を含有する。 The optically anisotropic layer 2 is oriented controlled by the orientation axis of the rubbing axis or the like, containing a liquid crystalline compound fixed in its aligned state.

光学異方性層2に用いる液晶性化合物には、棒状液晶性化合物および円盤状液晶性化合物が含まれる。 The liquid crystal compound used in the optically anisotropic layer 2, the rod-like liquid crystal compounds and include discotic liquid crystal compound. 棒状液晶性化合物および円盤状液晶性化合物は、高分子液晶でも低分子液晶でもよく、さらに、低分子液晶が架橋され液晶性を示さなくなったものも含まれる。 Rod-like liquid crystal compound and the discotic liquid crystal compound, in the polymer liquid crystal may be a low molecular liquid crystal, further, also include those low molecular weight liquid crystal is no longer indicated the crosslinked liquid-crystalline. 光学異方性層の作製に棒状液晶性化合物を用いた場合は、棒状液晶性化合物は、配向軸に対してその長軸を平行にして配向しているのが好ましい。 When using a rod-shaped liquid crystalline compound for the production of optically anisotropic layer, the rod-like liquid crystal compound is preferably oriented in parallel to its longitudinal axis relative to the orientation axis. また、光学異方性層の作製に円盤状液晶性化合物を用いた場合も、円盤状液晶性化合物はその長軸(円盤面)を配向軸に平行にして配向しているのが好ましが、円盤面と層平面とのなす角(傾斜角)が深さ方向に変化する、後述のハイブリッド配向がより好ましい。 Also, when using the discotic liquid crystal compound for the production of optically anisotropic layer, but Shi favored the discotic liquid crystal compound is oriented in parallel to the orientation axis and the long axis (disc plane) , the angle between the disk surface and the layer plane (tilt angle) is changed in the depth direction, hybrid alignment described below is more preferable.

[棒状液晶性化合物] [Rod-like liquid crystal compound]
棒状液晶性化合物としては、アゾメチン類、アゾキシ類、シアノビフェニル類、シアノフェニルエステル類、安息香酸エステル類、シクロヘキサンカルボン酸フェニルエステル類、シアノフェニルシクロヘキサン類、シアノ置換フェニルピリミジン類、アルコキシ置換フェニルピリミジン類、フェニルジオキサン類、トラン類およびアルケニルシクロヘキシルベンゾニトリル類が好ましく用いられる。 The rod-like liquid crystal compound include azomethines, azoxy compounds, cyanobiphenyl compounds, cyanophenyl esters, benzoic acid esters, cyclohexanecarboxylic acid phenyl esters, cyanophenyl cyclohexanes, cyano-substituted phenyl pyrimidines, alkoxy-substituted phenyl pyrimidines , phenyl dioxanes, Trang acids and alkenyl cyclohexyl benzonitriles are preferably used.
なお、棒状液晶性化合物には、金属錯体も含まれる。 The rod-like liquid crystal compound include metal complexes. また、棒状液晶性化合物を繰り返し単位中に含む液晶ポリマーも、棒状液晶性化合物として用いることができる。 Further, the liquid crystal polymer containing in its repeating unit rod-like liquid crystal compound may be used as the rod-like liquid crystal compound. 言い換えると、棒状液晶性化合物は、(液晶)ポリマーと結合していてもよい。 In other words, the rod-like liquid crystal compound may be bonded to a (liquid crystal) polymer.
棒状液晶性化合物については、季刊化学総説第22巻液晶の化学(1994)日本化学会編の第4章、第7章および第11章、および液晶デバイスハンドブック日本学術振興会第142委員会編の第3章に記載がある。 For rod-like liquid crystal compound, quarterly chemical review, Vol. 22, a liquid crystal of the chemical (1994) Chapter 4 of the Chemical Society of Japan, ed., Chapter 7 and Chapter 11, and the liquid crystal device handbook Japan Society for the Promotion of Science of the 142 committee ed it is described in Chapter 3.
棒状液晶性化合物の複屈折率は、0.001〜0.7の範囲にあることが好ましい。 Birefringence of the rod-like liquid crystal compound is preferably in the range of 0.001 to 0.7.

棒状液晶性化合物は、その配向状態を固定するために、重合性基を有することが好ましい。 Rod-like liquid crystal compound, in order to fix the oriented state, preferably has a polymerizable group. 重合性基は、ラジカル重合性不飽基或はカチオン重合性基が好ましく、具体的には、例えば特開2002−62427号公報明細書中の段落番号[0064]〜[0086]記載の重合性基、重合性液晶化合物が挙げられる。 The polymerizable group is preferably a radical polymerizable unsaturated group or cationically polymerizable group, specifically, for example, JP 2002-62427, paragraphs numbers in JP specification [0064] to [0086] Polymerizable according group, the polymerizable liquid crystal compound.

[円盤状液晶性化合物] [Discotic liquid crystal compound]
円盤状(ディスコティック)液晶性化合物には、C. A disc-like (discotic) liquid crystal compound, C. Destradeらの研究報告、Mol. Destrade et al research report, Mol. Cryst. Cryst. 71巻、111頁(1981年)に記載されているベンゼン誘導体、C. Vol. 71, benzene derivatives described in p. 111 (1981), C. Destradeらの研究報告、Mol. Destrade et al research report, Mol. Cryst. Cryst. 122巻、141頁(1985年)、Physics lett,A,78巻、82頁(1990)に記載されているトルキセン誘導体、B. 122, page 141 (1985), Physics lett, A, 78 vol., Truxene derivatives described in page 82 (1990), B. Kohneらの研究報告、Angew. Kohne et al. Research report, Angew. Chem. Chem. 96巻、70頁(1984年)に記載されたシクロヘキサン誘導体及びJ. Vol. 96, cyclohexane derivatives and J. page 70 (1984) M. M. Lehnらの研究報告、J. Lehn et al. Research report, J. Chem. Chem. Commun. Commun. ,1794頁(1985年)、J. , 1794 (1985), J. Zhangらの研究報告、J. Zhang et al. Of the research report, J. Am. Am. Chem. Chem. Soc. Soc. 116巻、2655頁(1994年)に記載されているアザクラウン系やフェニルアセチレン系マクロサイクルが含まれる。 116 vol include azacrown-based or phenylacetylene-based macrocycles pp 2655 (1994).

円盤状液晶性化合物としては、分子中心の母核に対して、直鎖のアルキル基、アルコキシ基、置換ベンゾイルオキシ基が母核の側鎖として放射線状に置換した構造である液晶性を示す化合物も含まれる。 The discotic liquid crystal compound, with respect to the molecular center of the mother nucleus, straight-chain alkyl group, a compound exhibiting liquid crystallinity substituted benzoyloxy group has a structure obtained by replacing radially as side chains of the mother nucleus It is also included. 分子または分子の集合体が、回転対称性を有し、一定の配向を付与できる化合物であることが好ましい。 Their molecules or groups of molecules have rotational symmetry, it is preferably a compound capable of imparting a constant orientation. 円盤状液晶性化合物から形成する光学異方性層は、最終的に光学異方性層に含まれる化合物が円盤状液晶性化合物である必要はなく、例えば、低分子の円盤状液晶性化合物が熱や光で反応する基を有しており、結果的に熱、光で反応により重合または架橋し、高分子量化し液晶性を失った化合物も含まれる。 Optically anisotropic layer formed from discotic liquid crystal compound, eventually need not compound contained in the optically anisotropic layer is a discotic liquid crystal compound, for example, discotic liquid crystal compound having a low molecular has a group reactive with heat or light, resulting in heat, undergo polymerization or crosslinking by heat or light, also it includes compounds discotic compound molecular weight. 円盤状液晶性化合物の好ましい例は、特開平8−50206号公報に記載されている。 Preferred examples of the discotic liquid crystalline compound is described in JP-A-8-50206. また、円盤状液晶性化合物の重合については、特開平8−27284公報に記載がある。 The polymerization of discotic liquid crystalline compound is described in JP-A-8-27284.

円盤状液晶性化合物を重合により固定するためには、円盤状液晶性化合物の円盤状コアに、置換基として重合性基を結合させる必要がある。 In order to fix the polymerizing a discotic liquid crystalline compound, the discotic core of the discotic liquid crystal compound, it is necessary to bond a polymerizable group as a substituent. 円盤状コアと重合性基は、連結基を介して結合する化合物が好ましく、これにより重合反応においても配向状態を保つことが出来る。 Discotic core and the polymerizable group is a compound bonded through a linking group are preferred, thereby it is possible to maintain the aligned state even in the polymerization reaction. 例えば、特開2000−155216号公報明細書中の段落番号[0151]〜「0168」記載の化合物等が挙げられる。 For example, paragraphs [0151] in 2000-155216 JP specification JP include - "0168" compounds described.

ハイブリッド配向では、ディスコティック液晶性化合物の長軸(円盤面)と支持体の面との角度、すなわち傾斜角が、光学異方性層の深さ(すなわち、透明支持体に垂直な)方向でかつ偏光膜の面からの距離の増加と共に増加または減少している。 In hybrid orientation, the angle of the long axis of the discotic liquid crystal compound (disc plane) to the surface of the support, i.e. the inclination angle, the depth of the optically anisotropic layer (i.e., perpendicular to the transparent support) in the direction and increases or decreases with increasing distance from the polarizing film side. 角度は、距離の増加と共に減少することが好ましい。 The angle preferably decreases with increasing distance. さらに、傾斜角の変化としては、連続的増加、連続的減少、間欠的増加、間欠的減少、連続的増加と連続的減少を含む変化、あるいは、増加および減少を含む間欠的変化が可能である。 Furthermore, as the change in the tilt angle include continuous increase, continuous decrease, intermittent increase, intermittent decrease, change including continuous increase and continuous decrease, or intermittent change including increase and decrease . 間欠的変化は、厚さ方向の途中で傾斜角が変化しない領域を含んでいる。 The intermittent change includes an area where the tilt angle does not change in the middle of the thickness direction. 角度が変化しない領域を含んでいても、全体として増加または減少していればよい。 Also include an area where the angle does not change, it is sufficient to increase or decrease as a whole. しかしながら、傾斜角は連続的に変化することが好ましい。 However, it is preferable that the inclination angle varies continuously.

ディスコティック液晶性化合物の長軸(円盤面)の平均方向(各分子の長軸方向の平均)は、一般にディスコティック液晶性化合物あるいは配向膜の材料を選択することにより、またはラビング処理方法を選択することにより、調整することができる。 The long axis of the discotic liquid crystal compound (average major axis direction of the molecule) the average direction of the (disc plane) is generally by selecting the material of the discotic liquid crystal compound or alignment film or selecting a rubbing treatment method, by, it can be adjusted. また、表面側(空気側)のディスコティック液晶性化合物の長軸(円盤面)方向は、一般にディスコティック液晶性化合物あるいはディスコティック液晶性化合物と共に使用する添加剤の種類を選択することにより調整することができる。 Also, the long axis (disc plane) direction of discotic liquid crystal compound on the surface side (air side) is generally adjusted by selecting the type of the additive used together with the discotic liquid crystalline compound or a discotic liquid crystalline compound be able to.
ディスコティック液晶性化合物と共に使用する添加剤の例としては、可塑剤、界面活性剤、重合性モノマーおよびポリマーなどを挙げることができる。 Examples of additives used with the discotic liquid crystal compound include plasticizers, surfactants, polymerizable monomers and polymers. 長軸の配向方向の変化の程度も、上記と同様に、液晶性分子と添加剤との選択により調整できる。 The degree of change in the orientation direction of the long axis, similarly to the above, be adjusted by selecting the liquid crystal molecules and the additive.

[光学異方性層中の他の添加物] [Other additives in the optically anisotropic layer]
上記の液晶性化合物と共に、可塑剤、フッ素系化合物、重合性モノマー等を併用して、塗工膜の均一性、膜の強度、液晶分子の配向性等を向上することができる。 Together with the liquid crystalline compound, a plasticizer, a fluorine-based compound, in a combination of polymerizable monomers, it is possible to improve uniformity of the coating film, strength of the film, the orientation of the liquid crystal molecules. 液晶性化合物と相溶性を有し、液晶性化合物の傾斜角の変化を与えられるか、あるいは配向を阻害しないことが好ましい。 A liquid crystal compound and a compatible, it can change the tilt angle of the liquid crystalline compound, or does not inhibit the orientation.

重合性モノマーとしては、ラジカル重合性又はカチオン重合性の化合物が挙げられる。 Examples of polymerizable monomers applicable include radically polymerizable or cationically polymerizable compounds. 好ましくは、多官能性ラジカル重合性モノマーであり、上記の重合性基含有の液晶化合物と共重合性のものが好ましい。 Preferably, a multifunctional radical polymerizable monomer, those of the liquid crystal compound copolymerizable with the above polymerizable group is preferred. 例えば、特開2002−296423号公報明細書中の段落番号[0018]〜[0020]記載のものが挙げられる。 For example, paragraphs [0018] in 2002-296423 JP specification JP include - [0020] those described. 上記化合物の添加量は、円盤状液晶性化合物に対して一般に1〜50質量%の範囲にあり、5〜30質量%の範囲にあることが好ましい。 The addition amount of the compound is generally in the range of 1 to 50% by mass of the discotic liquid crystal compound, it is preferably in the range of 5 to 30 mass%.

フッ素系化合物としては、従来公知の化合物が挙げられるが、具体的には、例えば特開2001−330725号公報明細書中の段落番号[0028]〜[0056]に記載のフッ素系化合物等が挙げられる。 The fluorine-based compound, conventionally although known compounds, specifically, for example, JP 2001-330725, paragraphs numbers in JP specification [0028] to include fluorine-based compounds described in [0056] It is.

円盤状液晶性化合物とともに使用するポリマーは、円盤状液晶性化合物に傾斜角の変化を与えられることが好ましい。 Polymers used together with the discotic liquid crystal compound, it is preferable to change the tilt angle of the discotic liquid crystal compound.
ポリマーの例としては、セルロースエステルを挙げることができる。 Examples of polymers applicable include cellulose esters. セルロースエステルの好ましい例としては、特開2000−155216号公報明細書中の段落番号[0178]記載のものが挙げられる。 Examples of preferred cellulose esters, paragraph [0178] in Japanese Patent specification No. 2000-155216 include those described. 液晶性化合物の配向を阻害しないように、上記ポリマーの添加量は、液晶性化合物に対して0.1〜10質量%の範囲にあることが好ましく、0.1〜8質量%の範囲にあることがより好ましい。 In order not to inhibit the alignment of the liquid crystal compound, the addition amount of the polymer is preferably in the range of 0.1 to 10 mass% with respect to the liquid crystalline compound is in the range of 0.1 to 8 wt% it is more preferable. 円盤状液晶性化合物のディスコティックネマティック液晶相−固相転移温度は、70〜300℃が好ましく、70〜170℃がさらに好ましい。 The discotic nematic liquid crystal phase of the discotic liquid crystalline compound - solid phase transition temperature is preferably 70 to 300 ° C., more preferably 70 to 170 ° C..

[光学異方性層の形成] [Formation of optically anisotropic layer]
光学異方性層は、液晶性化合物および必要に応じて後述の重合性開始剤や任意の成分を含む塗布液を、配向膜の上に塗布することで形成できる。 Optically anisotropic layer, a coating solution containing a polymerization initiator or any other ingredients described later occasion liquid crystal compound and necessary, can be formed by coating the surface of the orientation film.

塗布液の調製に使用する溶媒としては、有機溶媒が好ましく用いられる。 The solvent used for preparing the coating fluid, an organic solvent is preferably used. 有機溶媒の例には、アミド(例、N,N−ジメチルホルムアミド)、スルホキシド(例、ジメチルスルホキシド)、ヘテロ環化合物(例、ピリジン)、炭化水素(例、ベンゼン、ヘキサン)、アルキルハライド(例、クロロホルム、ジクロロメタン、テトラクロロエタン)、エステル(例、酢酸メチル、酢酸ブチル)、ケトン(例、アセトン、メチルエチルケトン)、エーテル(例、テトラヒドロフラン、1,2−ジメトキシエタン)が含まれる。 Examples of organic solvents include amides (e.g., N, N- dimethylformamide), sulfoxides (e.g., dimethylsulfoxide), heterocyclic compounds (e.g., pyridine), hydrocarbons (e.g., benzene, hexane), alkyl halides (e.g. , chloroform, dichloromethane, tetrachloroethane), esters (e.g., methyl acetate, butyl acetate), ketones (e.g., acetone, methyl ethyl ketone), ethers (e.g., tetrahydrofuran, 1,2-dimethoxyethane). アルキルハライドおよびケトンが好ましい。 Alkyl halides and ketones are preferred. 二種類以上の有機溶媒を併用してもよい。 Two or more organic solvents may be used in combination.

塗布液の塗布は、公知の方法(例、ワイヤーバーコーティング法、押し出しコーティング法、ダイレクトグラビアコーティング法、リバースグラビアコーティング法、ダイコーティング法、スロットダイコーティング法)により実施できる。 Coating the coating liquid can be carried out by a known method (e.g. wire bar coating, extrusion coating, direct gravure coating, reverse gravure coating, die coating, slot die coating method). スロットダイコーティング法の具体的塗布方法としては、特願2004−276545号の段落番号[0014]〜[0023]記載されている方法等を用いることができる。 Slot Specific application method of the die coating method, it is possible to use a method like that are paragraphs [0014] to Japanese Patent Application No. 2004-276545 [0023] wherein.

連続走行するウェブに各種液状組成物を塗布して形成した長尺で広幅な塗布膜面を乾燥する乾燥方法および装置については、EBGutoff、EDCohen 著の『Coating and DryingDefects 』(Wiley-Intersciece, John Wiley & Sons, Inc) に非塗布面側をロールで支持し、塗布面側にエア・ノズルから風を吹いて乾燥させる乾燥方法や、塗布面、非塗布面ともにエア・ノズルから風を吹いて、ウェブを浮上させた状態、すなわち支持体がロール等に接触しないで乾燥させる非接触式のエア・フローティング乾燥方法について記されている。 Drying method and apparatus for drying a wide coating film surface with a long formed by applying various liquid compositions to a continuously running web is, EBGutoff, the EDCohen al "Coating and DryingDefects" (Wiley-Intersciece, John Wiley & Sons, supports the non-coated surface side Inc) in a roll, and drying method of drying by blowing air from an air nozzle to the coating surface, the coating surface, blowing air from the air nozzles to the non-coated surface both state of being floated web, or supports are marked on the air floating drying method of the non-contact drying without contact with the roll or the like. この非接触式の乾燥方法については、スペースを効率良く利用し、かつ効率良く乾燥させる方法として特公昭60−59250号公報に開示されているような弦巻き型の乾燥装置を用いた乾燥方法等がある。 This for the drying method of non-contact, and efficient use of space, and efficiently as a method of drying with helical type drying apparatus as disclosed in Japanese Patent Publication 60-59250 discloses a drying method and the like there is. また、特開2003−106767号公報に開示されているような塗布手段の直後に塗布液の溶媒を凝縮・回収するドライヤを配設し、ドライヤの各種条件を最適化することで、乾燥ムラを抑制し、かつ効率よく乾燥させる方法もある。 Further, it disposed dryer for condensing and recovering solvent of the coating solution immediately after the coating means, such as disclosed in JP-A-2003-106767, by optimizing various conditions of the dryer, the drying unevenness suppressing, and there is also a method for efficiently drying.

光学異方性層2の厚さは、0.1〜20μmであることが好ましく、0.5〜15μmであることがさらに好ましく、1〜10μmであることが最も好ましい。 The thickness of the optically anisotropic layer 2 is preferably 0.1 to 20 [mu] m, more preferably from 0.5 to 15 m, and most preferably from 1 to 10 [mu] m.

[液晶性化合物の配向状態の固定] [Fixed alignment state of the liquid crystal compound]
配向させた液晶性化合物を、配向状態を維持して固定することができる。 The liquid crystalline compound oriented, can be fixed while maintaining the alignment state. 固定化は、重合反応により実施することが好ましい。 Fixing is preferably carried out by the polymerization reaction. 重合反応には、熱重合開始剤を用いる熱重合反応と光重合開始剤を用いる光重合反応とが含まれる。 The polymerization reaction includes a photopolymerization reaction using a thermal polymerization reaction and a photopolymerization initiator using thermal polymerization initiator. 光重合反応が好ましい。 Photopolymerization reaction is preferred. 光重合開始剤の例には、α−カルボニル化合物(米国特許第2367661号、同2367670号の各明細書記載)、アシロインエーテル(米国特許第2448828号明細書記載)、α−炭化水素置換芳香族アシロイン化合物(米国特許第2722512号明細書記載)、多核キノン化合物(米国特許第3046127号、同2951758号の各明細書記載)、トリアリールイミダゾールダイマーとp−アミノフェニルケトンとの組み合わせ(米国特許第3549367号明細書記載)、アクリジンおよびフェナジン化合物(特開昭60−105667号公報、米国特許第4239850号明細書記載)およびオキサジアゾール化合物(米国特許第4212970号明細書記載)が含まれる。 Examples of the photopolymerization initiator, alpha-carbonyl compounds (U.S. Pat. No. 2,367,661, the specifications described in Nos. 2,367,670), acyloin ethers (U.S. Pat. No. 2,448,828), alpha-hydrocarbon-substituted aromatic family acyloin compounds (U.S. Pat. No. 2,722,512 Pat described), polynuclear quinone compound combinations (U.S. Pat with (U.S. Pat. No. 3,046,127, the specifications described in Nos. 2,951,758), triaryl imidazole dimer and p- aminophenyl ketone the 3549367 Pat described), acridine and phenazine compounds (described in JP-a-60-105667, described in US Patent No. 4,239,850) and oxadiazole compounds (U.S. Pat. No. 4,212,970 Pat described) are included.
光重合開始剤の使用量は、塗布液の固形分の0.01〜20質量%の範囲にあることが好ましく、0.5〜5質量%の範囲にあることがさらに好ましい。 The amount of the photopolymerization initiator is preferably in the range of 0.01 to 20% by weight of the solid content of the coating fluid and more preferably in the range of 0.5 to 5 wt%.

液晶性化合物の重合のための光照射は、紫外線を用いることが好ましい。 Irradiation for polymerizing the liquid crystalline compound is preferably performed using ultraviolet light. 照射エネルギーは、20mJ/cm 2 〜50J/cm 2の範囲にあることが好ましく、20〜5000mJ/cm 2の範囲にあることがより好ましく、100〜800mJ/cm 2の範囲にあることがさらに好ましい。 The irradiation energy is preferably in the range of 20mJ / cm 2 ~50J / cm 2 , more preferably in the range of 20~5000mJ / cm 2, more preferably in the range of 100 to 800 mJ / cm 2 . また、光重合反応を促進するため、加熱条件下で光照射を実施してもよい。 In order to accelerate the photopolymerization reaction, the light irradiation may be performed under heating.

なお、保護層を、光学異方性層の上に設けてもよい。 Incidentally, the protective layer may be provided on the optically anisotropic layer.

[ポリマーフィルムの表面処理] [Surface treatment of polymer film]
ポリマーフィルムは、上に塗布する層との密着を持たせるために、必要に応じて、表面処理を施すことが好ましい。 Polymer films, in order to provide adhesion between the layer of coating on, if necessary, is preferably subjected to surface treatment. 表面処理には、コロナ放電処理、グロー放電処理、火炎処理、酸処理、アルカリ処理および紫外線照射処理が含まれる。 The surface treatment, corona discharge treatment, glow discharge treatment, flame treatment, acid treatment, alkali treatment and an ultraviolet irradiation treatment. これらについては、詳細が前記の発明協会公開技報公技番号2001−1745号の30頁〜32頁に詳細に記載されている。 These will, details are described in detail in pages 30 to 32 of the of JIII Journal of Technical Disclosure Bulletin 2001-1745. これらの中でも特に好ましくは、アルカリ鹸化処理でありセルロースアシレートフィルムの表面処理としては極めて有効である。 Particularly preferred among these, which is extremely effective as surface treatment for the cellulose acylate film is alkali saponification treatment.

アルカリ鹸化処理は、鹸化液中に浸漬、鹸化液を塗布する等何れでもよいが、塗布方法が好ましい。 Alkali saponification treatment is immersed in the saponification liquid is equal either good coating a saponification solution, coating methods are preferred. 塗布方法としては、ディップコーティング法、カーテンコーティング法、エクストルージョンコーティング法、バーコーティング法及びE型塗布法を挙げることができる。 As the coating method, dip coating method, a curtain coating method, an extrusion coating method, a bar coating method and E-type coating method. アルカリ鹸化処理液は、水酸化カリウム溶液、水酸化ナトリウム溶液が挙げられ、水酸化イオンの規定濃度は、0.1〜3.0Nの範囲にあることが好ましい。 Alkali saponification solution, potassium hydroxide solution, sodium hydroxide solution, the normal concentration of hydroxide ions is preferably in the range of 0.1~3.0N. 更に、アルカリ処理液として、フィルムに対する濡れ性が良好な溶媒(例、イソプロピルアルコール、n−ブタノール、メタノール、エタノール等)、界面活性剤、湿潤剤(例えば、ジオール類、グリセリン等)を含有することで、鹸化液の透明支持体に対する濡れ性、鹸化液の経時安定性等が良好となる。 Further, as the alkali processing liquid, wettability good solvent for the film (e.g., isopropyl alcohol, n- butanol, methanol, ethanol, etc.), surfactants, wetting agents (e.g., diols, glycerine, etc.) containing in, wettability to the transparent support of the saponification solution, aging stability of the saponification solution is improved. 具体的には、例えば、特開2002−82226号公報、国際公開第02/46809号パンフレットに内容の記載が挙げられる。 Specifically, for example, 2002-82226 JP include described contents in WO 02/46809 pamphlet.

表面処理の代わりに、表面処理に加えて下塗り層(特開平7−333433号公報記載),或は疎水性基と親水性基との両方を含有するゼラチン等の樹脂層を一層のみ塗布する単層法第1層として高分子フィルムによく密着する層(以下、下塗第1層と略す)を設け、その上に第2層として配向膜とよく密着するゼラチン等の親水性の樹脂層(以下、下塗第2層と略す)を塗布する所謂重層法(例えば、特開平11−248940号公報記載)の内容が挙げられる。 Instead of surface treatment, an undercoat layer in addition to the surface treatment (A-7-333433 JP), or a single of the resin layer of gelatin containing both a hydrophobic group and a hydrophilic group is coated only one layer layer adheres well to the polymer film as the first layer layer method (hereinafter, subbing referred to as first layer) is provided, oriented film with good hydrophilic resin layer such as gelatin in close contact (hereinafter thereon as a second layer , a so-called overlay method of applying the abbreviated second subbing layer) (for example, the contents of JP-a 11-248940 JP).

[配向膜] [Alignment Film]
配向膜は、液晶性化合物の配向方向を規定する機能を有する。 Alignment film has a function of controlling the alignment of liquid crystalline compounds. 従って、配向膜は本発明の好ましい態様を実現する上では必須である。 Thus, the orientation film is essential in achieving a preferred embodiment of the present invention. しかし、液晶性化合物を配向後にその配向状態を固定してしまえば、配向膜はその役割を果たしているために、本発明の構成要素としては必ずしも必須のものではない。 However, once fixed the alignment state of the liquid crystalline compound after alignment, the alignment film in order to play its role, not necessarily indispensable constituent of the present invention. 即ち、配向状態が固定された配向膜上の光学異方性層のみを偏光子上に転写して本発明の偏光板を作製することも可能である。 That is, it is possible to alignment state to prepare a polarizing plate of the transfer to the invention only the optically anisotropic layer on a fixed orientation film on the polarizer.
配向膜は、有機化合物(好ましくはポリマー)のラビング処理、無機化合物の斜方蒸着、マイクログルーブを有する層の形成、あるいはラングミュア・ブロジェット法(LB膜)による有機化合物(例、ω−トリコサン酸、ジオクタデシルメチルアンモニウムクロライド、ステアリル酸メチル)の累積のような手段で設けることができる。 Alignment film, an organic compound (preferably a polymer) rubbing treatment, oblique deposition of an inorganic compound, formation of a micro groove layer, or an organic compound by the Langmuir-Blodgett method (LB film) (eg, .omega. tricosanoic acid it can be provided with means such as accumulation of dioctadecyl methyl ammonium chloride, methyl stearate). さらに、電場の付与、磁場の付与あるいは光照射により、配向機能が生じる配向膜も知られている。 Further, by applying an electric magnetic field or light irradiation it is also known alignment film orientation function is produced.
配向機能を生じさせる手段は特に限定されないが、ポリマーのラビング処理によることが好ましい。 Although means for creating an alignment function is not particularly limited, it is preferably by rubbing of polymer. 配向膜に使用するポリマーは、原則として、液晶性分子を配向させる機能のある分子構造を有する。 Polymer used for the orientation film has, in principle, a molecular structure capable of orienting liquid crystal molecules.
本発明では、液晶性分子を配向させる機能に加えて、架橋性官能基(例、二重結合)を有する側鎖を主鎖に結合させるか、あるいは、液晶性分子を配向させる機能を有する架橋性官能基を側鎖に導入することが好ましい。 In the present invention, in addition to the function of orienting liquid crystal molecules, crosslinkable functional group (e.g. double bond) is bonded to the main chain side chains with, or bridge having a function of orienting liquid crystal molecules it is preferred to introduce the sexual functional group in the side chain.

本発明の構成では、光学異方性層1を構成するポリマー層自体を配向膜として機能させることも可能である。 In the configuration of the present invention, it is possible to function polymer layer itself constitutes the optically anisotropic layer 1 as an alignment film. その場合、前記ポリマー層にラビング処理を施すことができる。 In that case, it may be subjected to rubbing treatment to the polymer layer. また、ポリマー層を必要に応じて表面処理した上に、配向膜層を塗布により形成しラビング処理を施すこともできる。 Further, on the surface treated as required polymer layer, an alignment film layer may be subjected to a rubbing treatment by coating.

配向膜に使用されるポリマーは、それ自体架橋可能なポリマーあるいは架橋剤により架橋されるポリマーのいずれも使用することができし、これらの組み合わせを複数使用することができる。 Polymer used for the orientation film is to be able to use any of the polymers crosslinked by self-crosslinkable polymer or crosslinking agent, it is possible to use several of these combinations.
ポリマーの例には、例えば特開平8−338913号公報明細書中段落番号[0022]記載のメタクリレート系共重合体、スチレン系共重合体、ポリオレフィン、ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコール、ポリ(N−メチロールアクリルアミド)、ポリエステル、ポリイミド、酢酸ビニル共重合体、カルボキシメチルセルロース、ポリカーボネート等が含まれる。 Examples of the polymer include JP 8-338913 JP specification paragraph [0022] methacrylate copolymers, wherein the styrene copolymer, polyolefin, polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohol, poly (N- methylol acrylamide), polyesters, polyimides, vinyl acetate copolymers, carboxymethyl cellulose, polycarbonates and the like. シランカップリング剤をポリマーとして用いることができる。 The silane coupling agent can be used as the polymer.
水溶性ポリマー(例、ポリ(N−メチロールアクリルアミド)、カルボキシメチルセルロース、ゼラチン、ポリビニルアルコール、変性ポリビニルアルコール)が好ましく、ゼラチン、ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコールがさらに好ましく、ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコールが最も好ましい。 Water-soluble polymers (e.g., poly (N- methylolacrylamide), carboxymethylcellulose, gelatin, polyvinyl alcohol, modified polyvinyl alcohol) are preferred, gelatin, polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohol are more preferred, and polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohols are most preferred . 重合度が異なるポリビニルアルコールまたは変性ポリビニルアルコールを2種類併用することが特に好ましい。 It is particularly preferred that the polymerization degree use two kinds of different polyvinyl alcohols or modified polyvinyl alcohol.

ポリビニルアルコールの鹸化度は、70〜100%が好ましく、80〜100%がさらに好ましい。 The saponification degree of polyvinyl alcohol is preferably 70 to 100%, more preferably 80 to 100%. ポリビニルアルコールの重合度は、100〜5000であることが好ましい。 The polymerization degree of polyvinyl alcohol is preferably from 100 to 5,000.
液晶性分子を配向させる機能を有する側鎖は、一般に疎水性基を官能基として有する。 The side chain having the function of orienting liquid crystal molecules generally has a hydrophobic group as a functional group. 具体的な官能基の種類は、液晶性分子の種類および必要とする配向状態に応じて決定する。 The kind of the functional group is determined depending on the alignment state of the type of the liquid crystal molecules and a required.
例えば、変性ポリビニルアルコールの変性基としては、共重合変性、連鎖移動変性またはブロック重合変性により導入できる。 For example, a denatured group of denatured polyvinyl alcohol can be introduced by copolymerization modification, chain transfer modification or block polymerization modification. 変性基の例には、親水性基(カルボン酸基、スルホン酸基、ホスホン酸基、アミノ基、アンモニウム基、アミド基、チオール基等)、炭素数10〜100個の炭化水素基、フッ素原子置換の炭化水素基、チオエーテル基、重合性基(不飽和重合性基、エポキシ基、アジリニジル基等)、アルコキシシリル基(トリアルコキシ、ジアルコキシ、モノアルコキシ)等が挙げられる。 Examples of the modifying group include a hydrophilic group (carboxylic acid group, a sulfonic acid group, phosphonic acid group, an amino group, an ammonium group, an amide group, a thiol group, etc.), the number 10 to 100 hydrocarbon group having a carbon, a fluorine atom substituted hydrocarbon group, a thioether group, a polymerizable group (unsaturated polymerizable group, epoxy group, aziridinyl group), an alkoxysilyl group (trialkoxy, dialkoxy, monoalkoxy) and the like. これらの変性ポリビニルアルコール化合物の具体例として、例えば特開2000−155216号公報明細書中の段落番号[0022]〜[0145]、同2002−62426号公報明細書中の段落番号[0018]〜[0022]に記載のもの等が挙げられる。 Specific examples of these denatured polyvinyl alcohol compounds, for example, JP 2000-155216, paragraphs numbers in JP specification [0022] to [0145], paragraph number in JP specification Nos. 2002-62426 [0018] to [ 0022] include those such as described.

架橋性官能基を有する側鎖を配向膜ポリマーの主鎖に結合させるか、あるいは、液晶性分子を配向させる機能を有する側鎖に架橋性官能基を導入すると、配向膜のポリマーと光学異方性層に含まれる多官能モノマーとを共重合させることができる。 A side chain having a crosslinkable functional group is bonded to the main chain of the polymer of the orientation film, or by introducing a crosslinking functional group in the side chain having a function of orienting liquid crystal molecules, polymers and the optically anisotropic alignment film It may be copolymerized with the polyfunctional monomer contained in the sexual layer. その結果、多官能モノマーと多官能モノマーとの間だけではなく、配向膜ポリマーと配向膜ポリマーとの間、そして多官能モノマーと配向膜ポリマーとの間も共有結合で強固に結合される。 As a result, not only between the polyfunctional monomer and a polyfunctional monomer, between the orientation film polymer and the orientation film polymer and between the polyfunctional monomer and the alignment film polymer is also firmly bonded by a covalent bond. 従って、架橋性官能基を配向膜ポリマーに導入することで、光学補償シートの強度を著しく改善することができる。 Thus, by introducing a crosslinkable functional group into the orientation film polymer, it is possible to significantly improve the strength of the optical compensatory sheet.
配向膜ポリマーの架橋性官能基は、多官能モノマーと同様に、重合性基を含むことが好ましい。 The crosslinkable functional group of the polymer of the orientation film, like the polyfunctional monomer preferably contains a polymerizable group. 具体的には、例えば特開2000−155216号公報明細書中段落番号[0080]〜[0100]記載のもの等が挙げられる。 Specifically, for example 2000-155216, JP specification paragraphs [0080] and the like to [0100] those described.

配向膜ポリマーは、上記の架橋性官能基とは別に、架橋剤を用いて架橋させることもできる。 Alignment film polymer, the above-mentioned crosslinkable functional group separately, can also be crosslinked with a crosslinking agent.
架橋剤としては、アルデヒド、N−メチロール化合物、ジオキサン誘導体、カルボキシル基を活性化することにより作用する化合物、活性ビニル化合物、活性ハロゲン化合物、イソオキサゾールおよびジアルデヒド澱粉が含まれる。 Examples of the crosslinking agent, an aldehyde, N- methylol compounds, dioxane derivatives, compounds that act by activating the carboxyl group, active vinyl compounds, active halogen compounds, isoxazoles and dialdehyde starches. 二種類以上の架橋剤を併用してもよい。 It may be used in combination of two or more of the cross-linking agent. 具体的には、例えば特開2002−62426号公報明細書中の段落番号[0023]〜[024]記載の化合物等が挙げられる。 Specifically, for example, paragraphs [0023] of JP-in 2002-62426 JP herein include ~ [024] A compound according like. 反応活性の高いアルデヒド、特にグルタルアルデヒドが好ましい。 Highly reactive aldehydes, particularly glutaraldehyde is preferred.
架橋剤の添加量は、ポリマーに対して0.1〜20質量%が好ましく、0.5〜15質量%がさらに好ましい。 The amount of the crosslinking agent added is preferably 0.1 to 20% by mass of the polymer, more preferably 0.5 to 15% by mass. 配向膜に残存する未反応の架橋剤の量は、1.0質量%以下であることが好ましく、0.5質量%以下であることがさらに好ましい。 The amount of the unreacted crosslinking agent remaining in the orientation film is preferably 1.0 mass% or less, more preferably not more than 0.5 mass%. このように調節することで、配向膜を液晶表示装置に長期使用、或は高温高湿の雰囲気下に長期間放置しても、レチキュレーション発生のない充分な耐久性が得られる。 By so adjusting to that, the durable orientation film device, or even a long time left in an atmosphere of high temperature and high humidity durability reticulation does not occur even after it is obtained. が発生することがある。 There may be generated.

配向膜は、基本的に、配向膜形成材料である上記ポリマー、架橋剤を含む透明支持体上に塗布した後、加熱乾燥(架橋させ)し、ラビング処理することにより形成することができる。 Orientation film is basically the polymer is a alignment film forming material was applied on a transparent support comprising a cross-linking agent, heat drying (crosslinking) can be formed by rubbing treatment. 架橋反応は、前記のように、透明支持体上に塗布した後、任意の時期に行なって良い。 The crosslinking reaction, as described above, after coating on the transparent support, may be performed at any time. ポリビニルアルコールのような水溶性ポリマーを配向膜形成材料として用いる場合には、塗布液は消泡作用のある有機溶媒(例、メタノール)と水の混合溶媒とすることが好ましい。 When a water-soluble polymer such as polyvinyl alcohol as the orientation film forming material, the coating solution is preferably an organic solvent (e.g., methanol) having a defoaming function and a mixed solvent of water. その比率は質量比で水:メタノールが0:100〜99:1が好ましく、0:100〜91:9であることがさらに好ましい。 The suitable ratio of water: methanol = 0: 100 to 99: preferably 1, 0: 100 to 91: and more preferably 9. これにより、泡の発生が抑えられ、配向膜、更には光学異方層の層表面の欠陥が著しく減少する。 Thus, generation of bubbles is suppressed, the alignment film, and further defects in the surface of the optically anisotropic layer is remarkably reduced.

配向膜の塗布方法は、ワイヤーバーコーティング法、スピンコーティング法、ディップコーティング法、カーテンコーティング法、エクストルージョンコーティング法、ロッドコーティング法、スロットダイコーティング法、またはロールコーティング法等、公知の方法で実施できる。 The method for coating an orientation film, can be carried out wire-bar coating, spin coating, dip coating, curtain coating, extrusion coating method, rod coating method, a slot die coating method, or a roll coating method, a known method . また、乾燥後の膜厚は0.1乃至10μmが好ましい。 The thickness of the film after drying is preferably 0.1 to 10 [mu] m. 加熱乾燥は、20℃〜110℃で行なうことができる。 The heat drying can be carried out at 20 ° C. to 110 ° C.. 充分な架橋を形成するためには60℃〜100℃が好ましく、特に80℃〜100℃が好ましい。 Preferably 60 ° C. to 100 ° C. In order to form sufficient crosslinking, in particular 80 ° C. to 100 ° C. are preferred. 乾燥時間は1分〜36時間で行なうことができるが、好ましくは1分〜30分である。 The drying time can be 1 minute to 36 hours, preferably 1 minute to 30 minutes. pHも、使用する架橋剤に最適な値に設定することが好ましく、グルタルアルデヒドを使用した場合は、pH4.5〜5.5で、特に5が好ましい。 Preferably, the pH is set to a value optimal to the crosslinking agent used, if using glutaraldehyde, at PH4.5~5.5, particularly 5 are preferred.

配向膜は、透明支持体上又は上記下塗層上に設けられる。 Orientation film is provided on the transparent support or the undercoat layer. 配向膜は、上記のようにポリマー層を架橋したのち、表面をラビング処理することにより得ることができる。 Alignment film, after crosslinking the polymer layer as described above, can be obtained by rubbing the surface.
前記ラビング処理は、LCDの液晶配向処理工程として広く採用されている処理方法を適用することができる。 The rubbing treatment can be carried out using a treatment method widely used in the treatment of liquid crystal orientation in LCD. 即ち、配向膜の表面を、紙やガーゼ、フェルト、レーヨン、ゴムあるいはナイロン、ポリエステル繊維などを用いて一定方向に擦ることにより、配向を得る方法を用いることができる。 That is, the surface of the alignment film, paper, gauze, felt, rayon, rubber, nylon, by rubbing, etc. in a predetermined direction by using the polyester fibers, it is possible to use a method of obtaining an orientation. 一般的には、長さおよび太さが均一な繊維を平均的に植毛した布などを用いて数回程度ラビングを行うことにより実施される。 Are generally performed by performing rubbed several times by using a length and diameter have been grafted uniformly fabric.

次に、配向膜を機能させて、配向膜の上に設けられる光学異方性層の液晶性分子を配向させる。 Next, an alignment film is made to function, aligning liquid crystalline molecules of the optically anisotropic layer provided on the orientation layer. その後、必要に応じて、配向膜ポリマーと光学異方性層に含まれる多官能モノマーとを反応させるか、あるいは、架橋剤を用いて配向膜ポリマーを架橋させる。 Then, if necessary, is reacted with the polyfunctional monomer contained in the alignment film polymer and the optically anisotropic layer, or the polymer of the orientation film is crosslinked using a crosslinking agent.
配向膜の膜厚は、0.1乃至10μmの範囲にあることが好ましい。 Thickness of the alignment film is preferably in the range of 0.1 to 10 [mu] m.

[偏光膜] [Polarizing]
本発明の光学補償シートは、偏光板と貼り合せるか、偏光板の偏光膜を保護する保護フィルムとして使用することで、その機能を著しく発揮することができる。 The optical compensation sheet of the invention, or bonded to the polarizing plate, the use as a protective film for protecting the polarizing film of the polarizing plate, it is possible to remarkably exerts its function.
本発明の偏光膜は、Optiva社製のものに代表される塗布型偏光膜、もしくはバインダーと、ヨウ素または二色性色素からなる偏光膜が好ましい。 The polarizing film of the present invention, a coating-type polarizing film, or a binder typified by those of Optiva, Inc., a polarizing film made of iodine or a dichroic dye.
偏光膜におけるヨウ素および二色性色素は、バインダー中で配向することで偏向性能を発現する。 Iodine and the dichroic dye in the polarizing film develops polarizing properties when its molecules are oriented in a binder. ヨウ素および二色性色素は、バインダー分子に沿って配向するか、もしくは二色性色素が液晶のような自己組織化により一方向に配向することが好ましい。 Iodine and the dichroic dye is preferably either aligned along the binder molecules, or dichroic dye is oriented in one direction by self-organization like liquid crystal.

汎用の偏光子は、例えば、延伸したポリマーを、浴槽中のヨウ素もしくは二色性色素の溶液に浸漬し、バインダー中にヨウ素、もしくは二色性色素をバインダー中に浸透させることで作製することができる。 General purpose of the polarizer, for example, a stretched polymer, that is immersed in a solution of iodine or a dichroic dye in a bath, iodine in a binder, or a dichroic dye to produce by infiltrating a binder it can.
汎用の偏光膜は、ポリマー表面から4μm程度(両側合わせて8μm程度)にヨウ素もしくは二色性色素が分布しており、十分な偏光性能を得るためには、少なくとも10μmの厚みが必要である。 Purpose polarizing film, about 4μm from the polymer surface are distributed iodine or dichroic dye (total of both sides by approximately 8 [mu] m), in order to obtain sufficient polarizing performance, it is necessary thickness of at least 10 [mu] m. 浸透度は、ヨウ素もしくは二色性色素の溶液濃度、同浴槽の温度、同浸漬時間により制御することができる。 The degree of penetration can be controlled solution concentration of iodine or dichroic dye, the same bath temperature and the immersion time.
上記のように、バインダー厚みの下限は、10μmであることが好ましい。 As described above, the minimum of the binder thickness is preferably 10 [mu] m. 一方、厚みの上限については、特に限定はしないが、偏光板を液晶表示装置に使用した場合に発生する光漏れ現象の観点からは、薄ければ薄い程よい。 On the other hand, the upper limit of the thickness is not specifically limited, from the viewpoint of light leakage phenomenon that occurs when using a polarizing plate in a liquid crystal display device, preferably the binder has the smallest possible thickness. 現在、汎用の偏光板(約30μm)以下であることが好ましく、25μm以下が好ましく、20μm以下がさらに好ましい。 Currently, is preferably not more than general-purpose polarizing plate (about 30 [mu] m), preferably 25μm or less, more preferably 20μm or less. 20μm以下であると、光漏れ現象は、17インチの液晶表示装置では、観察されなくなる。 If it is 20μm or less, the light leakage phenomenon, in a 17-inch liquid crystal display it is no longer observed.

偏光膜のバインダーは架橋していてもよい。 The binder for polarizing films may be crosslinked. 架橋しているバインダーは、それ自体架橋可能なポリマーを用いることができる。 Crosslinked binder, per se can be used crosslinkable polymers. 官能基を有するポリマーあるいはポリマーに官能基を導入して得られるバインダーを、光、熱あるいはpH変化により、バインダー間で反応させて偏光膜を形成することができる。 The binder obtained by introducing a functional group into a polymer or a polymer having a functional group, by light, heat or pH changes, is reacted between the binder can form a polarizing film.
また、架橋剤によりポリマーに架橋構造を導入してもよい。 The polymer crosslinking structure may be introduced by a crosslinking agent. 反応活性の高い化合物である架橋剤を用いてバインダー間に架橋剤に由来する結合基を導入して、バインダー間を架橋することにより形成することができる。 By using a crosslinking agent which is a highly reactive compound introduce a linking group derived from the crosslinking agent between binders can be formed by crosslinking between binder.
架橋は一般に、ポリマーまたはポリマーと架橋剤の混合物を含む塗布液を、透明支持体上に塗布したのち、加熱を行なうことにより実施される。 Crosslinking generally, a coating solution containing a polymer or a mixture of a polymer and a crosslinking agent, was coated on a transparent support, it is carried out by heating. 最終商品の段階で耐久性が確保できれば良いため、架橋させる処理は、最終の偏光板を得るまでのいずれの段階で行なっても良い。 For durability at the stage of final products may be secured, the process for crosslinking may be performed at any stage until a final polarizing plate.

偏光膜のバインダーは、それ自体架橋可能なポリマーあるいは架橋剤により架橋されるポリマーのいずれも使用することができる。 A binder for polarizing films may be used any of the polymers which are crosslinked by self-crosslinkable polymer or a crosslinking agent. ポリマーの例には、ポリメチルメタクリレート、ポリアクリル酸、ポリメタクリル酸、ポリスチレン、ゼラチン、ポリビニルアルコール、変性ポリビニルアルコール、ポリ(N−メチロールアクリルアミド)、ポリビニルトルエン、クロロスルホン化ポリエチレン、ニトロセルロース、塩素化ポリオレフィン(例、ポリ塩化ビニル)、ポリエステル、ポリイミド、ポリ酢酸ビニル、ポリエチレン、カルボキシメチルセルロース、ポリプロピレン、ポリカーボネートおよびそれらのコポリマー(例、アクリル酸/メタクリル酸重合体、スチレン/マレインイミド重合体、スチレン/ビニルトルエン重合体、酢酸ビニル/塩化ビニル重合体、エチレン/酢酸ビニル重合体)が含まれる。 Examples of polymers include polymethyl methacrylate, polyacrylic acid, polymethacrylic acid, polystyrene, gelatin, polyvinyl alcohol, modified polyvinyl alcohol, poly (N- methylolacrylamide), polyvinyl toluene, chlorosulfonated polyethylene, nitrocellulose, chlorinated polyolefins (e.g., polyvinyl chloride), polyesters, polyimides, polyvinyl acetate, polyethylene, carboxymethylcellulose, polypropylene, polycarbonate and copolymers thereof (e.g., acrylic acid / methacrylic acid copolymer, styrene / maleinimide copolymer, styrene / vinyl toluene polymers, vinyl acetate / vinyl chloride polymers, ethylene / vinyl acetate copolymer) are included. 水溶性ポリマー(例、ポリ(N−メチロールアクリルアミド)、カルボキシメチルセルロース、ゼラチン、ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコール)が好ましく、ゼラチン、ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコールがさらに好ましく、ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコールが最も好ましい。 Water-soluble polymers (e.g., poly (N- methylolacrylamide), carboxymethylcellulose, gelatin, polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohol) are preferred, gelatin, polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohol are more preferred, and polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohols are most preferred .

ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコールのケン化度は、70〜100%が好ましく、80〜100%がさらに好ましく、95〜100%が最も好ましい。 The saponification degree of the polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohol is preferably 70 to 100%, more preferably 80% to 100%, and most preferably 95% to 100%. ポリビニルアルコールの重合度は、100〜5000が好ましい。 The polymerization degree of polyvinyl alcohol is preferably 100 to 5,000.
変性ポリビニルアルコールは、ポリビニルアルコールに対して、共重合変性、連鎖移動変性あるいはブロック重合変性により変性基を導入して得られる。 Modified polyvinyl alcohol, relative to polyvinyl alcohol by copolymerization modification, obtained by introducing a chain transfer modification or block polymerization modification by modification group. 共重合変性では、変性基として、−COONa、−Si(OH) 3 、N(CH 3 ) 3・Cl、C 919 COO−、−SO 3 Na、−C 1225を導入することができる。 The copolymerization modification, as the modifying group, -COONa, -Si (OH) 3 , N (CH 3) 3 · Cl, C 9 H 19 COO -, - SO 3 Na, to introduce the -C 12 H 25 it can. 連鎖移動変性では、変性基として、−COONa、−SH、−SC 1225を導入することができる。 In the chain transfer modification, as the modifying group can be introduced -COONa, -SH, a -SC 12 H 25. 変性ポリビニルアルコールの重合度は、100〜3000が好ましい。 The polymerization degree of the modified polyvinyl alcohol is preferably 100 to 3,000. 変性ポリビニルアルコールについては、特開平8−338913号、同9−152509号および同9−316127号の各公報に記載がある。 The modified polyvinyl alcohol, JP 8-338913, there is described in Japanese same 9-152509 and No. Nos 9-316127.
ケン化度が85〜95%の未変性ポリビニルアルコールおよびアルキルチオ変性ポリビニルアルコールが特に好ましい。 Saponification degree is particularly preferably 85 to 95% of the unmodified polyvinyl alcohol and an alkylthio-modified polyvinyl alcohol.
ポリビニルアルコールおよび変性ポリビニルアルコールは、2種以上を併用してもよい。 Polyvinyl alcohol and modified polyvinyl alcohols may be used in combination of two or more.

バインダーの架橋剤は、多く添加すると、偏光膜の耐湿熱性を向上させることができる。 Binder crosslinking agents, when added in a large amount, it is possible to improve the polarizing film wet heat resistance. ただし、バインダーに対して架橋剤を50質量%以上添加すると、ヨウ素、もしくは二色性色素の配向性が低下する。 However, when a crosslinking agent is added more than 50 wt% relative to the binder, iodine, or the orientation of the dichroic dye decreases. 架橋剤の添加量は、バインダーに対して、0.1〜20質量%が好ましく、0.5〜15質量%がさらに好ましい。 The addition amount of the crosslinking agent, the binder is preferably 0.1 to 20 mass%, more preferably 0.5 to 15% by mass.
バインダーは、架橋反応が終了した後でも、反応しなかった架橋剤をある程度含んでいる。 Binder, even after the crosslinking reaction, contains unreacted crosslinking agent to some extent. ただし、残存する架橋剤の量は、バインダー中に1.0質量%以下であることが好ましく、0.5質量%以下であることがさらに好ましい。 However, the amount of the residual crosslinking agent is preferably 1.0 mass% or less in the binder, more preferably not more than 0.5 mass%. バインダー層中に1.0質量%を超える量で架橋剤が含まれていると、耐久性に問題が生じる場合がある。 When an amount of more than 1.0 mass% in the binder layer contains a crosslinking agent, there may occur a problem in durability. すなわち、架橋剤の残留量が多い偏光膜を液晶表示装置に組み込み、長期使用、あるいは高温高湿の雰囲気下に長期間放置した場合に、偏光度の低下が生じることがある。 That is, incorporating the polarizing film remaining large amount of the crosslinking agent to the liquid crystal display device, when the long-term use, or a long period of time allowed to stand in an atmosphere of high temperature and high humidity, there is a decrease in the degree of polarization occurs.
架橋剤については、米国再発行特許発明第23297号明細書に記載がある。 The crosslinking agent is described in U.S. Reissue Pat invention No. 23,297. また、ホウ素化合物(例、ホウ酸、硼砂)も、架橋剤として用いることができる。 Further, boron compounds (e.g., boric acid, borax) may also be used as a crosslinking agent.

二色性色素としては、アゾ系色素、スチルベン系色素、ピラゾロン系色素、トリフェニルメタン系色素、キノリン系色素、オキサジン系色素、チアジン系色素あるいはアントラキノン系色素が用いられる。 Examples of dichroic dyes, azo dyes, stilbene dyes, pyrazolone dyes, triphenylmethane dyes, quinoline dyes, oxazine dyes, thiazine dyes or anthraquinone dye. 二色性色素は、水溶性であることが好ましい。 The dichroic dye is preferably water-soluble. 二色性色素は、親水性置換基(例、スルホ、アミノ、ヒドロキシル)を有することが好ましい。 The dichroic dye, hydrophilic substituent (e.g., sulfo, amino, hydroxyl) preferably has.
二色性色素の例には、C. Examples of the dichroic dye, C. I. I. ダイレクト・イエロー12、C. Direct Yellow 12, C. I. I. ダイレクト・オレンジ39、C. Direct Orange 39, C. I. I. ダイレクト・オレンジ72、C. Direct Orange 72, C. I. I. ダイレクト・レッド39、C. Direct Red 39, C. I. I. ダイレクト・レッド79、C. Direct Red 79, C. I. I. ダイレクト・レッド81、C. Direct Red 81, C. I. I. ダイレクト・レッド83、C. Direct Red 83, C. I. I. ダイレクト・レッド89、C. Direct Red 89, C. I. I. ダイレクト・バイオレット48、C. Direct Violet 48, C. I. I. ダイレクト・ブルー67、C. Direct Blue 67, C. I. I. ダイレクト・ブルー90、C. Direct Blue 90, C. I. I. ダイレクト・グリーン59、C. Direct Green 59, C. I. I. アシッド・レッド37が含まれる。 They include Acid Red 37. 二色性色素については、特開平1−161202号、同1−172906号、同1−172907号、同1−183602号、同1−248105号、同1−265205号、同7−261024号の各公報に記載がある。 The dichroic dye, JP-A-1-161202, the 1-172906 JP, said 1-172907 JP, said 1-183602 JP, said 1-248105 JP, said 1-265205 Patent, the Nos. 7-261024 there is described in Japanese. 二色性色素は、遊離酸、あるいはアルカリ金属塩、アンモニウム塩またはアミン塩として用いられる。 The dichroic dye, the free acid or alkali metal salt, is used as the ammonium salt or amine salt. 2種類以上の二色性色素を配合することにより、各種の色相を有する偏光膜を製造することができる。 By blending two or more dichroic dyes, it is possible to produce a polarizing film having various hues. 偏光軸を直交させた時に黒色を呈する化合物(色素)を用いた偏光膜、あるいは黒色を呈するように各種の二色性分子を配合した偏光膜または偏光板が、単板透過率および偏光率とも優れており好ましい。 Compounds exhibiting black color when is orthogonal to the polarization axis polarizing film using the (dye) polarizing film or the polarizing plate, or blended with various dichroic molecules to exhibit a black color, is a single plate transmittance and polarization ratio both The preferred is excellent.

液晶表示装置のコントラスト比を高めるためには、偏光板の透過率は高い方が好ましく、偏光度も高い方が好ましい。 To increase the contrast ratio of the liquid crystal display device, the transmittance of the polarizing plate is preferably high polarization degree even higher are preferred. 偏光板の透過率は、波長550nmの光において、30〜50%の範囲にあることが好ましく、35〜50%の範囲にあることがさらに好ましく、40〜50%の範囲にある(偏光板の単板透過率の最大値は50%である)ことが最も好ましい。 Transmittance of the polarizing plate at the wavelength of 550 nm, preferably in the range of 30-50%, more preferably in the range of 35% to 50%, in the range of 40-50% (of the polarizer the maximum value of the single plate transmittance is 50%) and most preferably. 偏光度は、波長550nmの光において、90〜100%の範囲にあることが好ましく、95〜100%の範囲にあることがさらに好ましく、99〜100%の範囲にあることが最も好ましい。 Polarization at the wavelength of 550 nm, preferably in the range of 90% to 100%, more preferably in the range of 95% to 100%, and most preferably from 99 to 100%.

偏光膜と光学異方性層、あるいは、偏光膜と配向膜を、接着剤を介して配置することも可能性である。 Polarizing film and the optically anisotropic layer, or the polarizing film and the alignment film, it is also possible to place via an adhesive. 接着剤は、ポリビニルアルコール系樹脂(アセトアセチル基、スルホン酸基、カルボキシル基、オキシアルキレン基による変性ポリビニルアルコールを含む)やホウ素化合物水溶液を用いることができる。 Adhesive may be used a polyvinyl alcohol-based resin (acetoacetyl group, a sulfonic acid group, a carboxyl group, an oxyalkylene group containing by-modified polyvinyl alcohol) and an aqueous solution of a boron compound. その中でもポリビニルアルコール系樹脂が好ましい。 Polyvinyl alcohol resins are preferred among them. 接着剤層の厚みは、乾燥後に0.01〜10μmの範囲にあることが好ましく、0.05〜5μmの範囲にあることが特に好ましい。 The thickness of the adhesive layer is preferably in the range of 0.01~10μm after drying, and particularly preferably in the range of 0.05 to 5 [mu] m.

(偏光板の製造) (Production of polarizer)
偏光膜は、歩留まりの観点から、バインダーを偏光膜の長手方向(MD方向)に対して、10〜80度傾斜して延伸するか(延伸法)、もしくはラビングした(ラビング法)後に、ヨウ素、二色性染料で染色することが好ましい。 Polarizing film, from the viewpoint of yield, the binder against the polarizing film in the longitudinal direction (MD direction), or after extending inclined 10 to 80 degrees (stretching method) or rubbed (rubbing method), iodine, it is preferred that stained with a dichroic dye. 傾斜角度は、LCDを構成する液晶セルの両側に貼り合わされる2枚の偏光板の透過軸と液晶セルの縦または横方向のなす角度にあわせるように延伸することが好ましい。 The inclination angle is preferably stretched to fit vertically or angle between the horizontal direction of the transmission axis and the liquid crystal cell of two polarizing plates adhered to both sides of a liquid crystal cell constituting the LCD.
通常の傾斜角度は45度である。 Generally the tilt angle is 45 degrees. しかし、最近は、透過型、反射型および半透過型LCDにおいて必ずしも45度でない装置が開発されており、延伸方向はLCDの設計にあわせて任意に調整できることが好ましい。 However, recently, transmissive, reflective and transflective type not necessarily 45 degrees apparatus have been developed in LCD, the stretching direction can preferably be arbitrarily adjusted depending on the design of LCD.

延伸法の場合、延伸倍率は2.5〜30.0倍が好ましく、3.0〜10.0倍がさらに好ましい。 In the stretching process, the stretching ratio is preferably 2.5 to 30.0 times, more preferably 3.0 to 10.0 times. 延伸は、空気中でのドライ延伸で実施できる。 Stretching can be carried out by dry stretching in the air. また、水に浸漬した状態でのウェット延伸を実施してもよい。 Also, wet stretching in a state of being dipped in water may be performed. ドライ延伸の延伸倍率は、2.5〜5.0倍が好ましく、ウェット延伸の延伸倍率は、3.0〜10.0倍が好ましい。 The stretch ratio in the dry stretching is preferably 2.5 to 5.0 times, the draw ratio in the wet stretching is 3.0 to 10.0 times are preferred. 延伸工程は、斜め延伸を含め数回に分けて行ってもよい。 Stretching step may be performed several times including oblique stretching. 数回に分けることによって、高倍率延伸でもより均一に延伸することができる。 By dividing the number of times, it can be a high magnification stretching more uniformly stretched. 斜め延伸前に、横あるいは縦に若干の延伸(幅方向の収縮を防止する程度)を行ってもよい。 Before oblique stretching, (the degree of preventing shrinkage in the width direction) slightly stretched in the transverse or vertical may be performed.
延伸は、二軸延伸におけるテンター延伸を左右異なる工程で行うことによって実施できる。 Stretching may be carried out by performing the left and right different steps a tenter stretching in biaxial stretching. 上記二軸延伸は、通常のフィルム製膜において行われている延伸方法と同様である。 The biaxial stretching is the same as the stretching method which is performed in normal film formation. 二軸延伸では、左右異なる速度によって延伸されるため、延伸前のバインダーフィルムの厚みが左右で異なるようにする必要がある。 In the biaxial stretching, since it is drawn by the right and left different speeds, the thickness of the binder film before stretching must be made different in the left and right. 流延製膜では、ダイにテーパーを付けることにより、バインダー溶液の流量に左右の差をつけることができる。 The casting film, by tapering the die, it is possible to give a difference of the left and right on the flow rate of binder solution.
以上のように、偏光膜のMD方向に対して10〜80度斜め延伸されたバインダーフィルムが製造される。 As described above, the binder films 10 to 80 degrees oblique stretching against polarizing film MD direction are produced.

ラビング法では、LCDの液晶配向処理工程として広く採用されているラビング処理方法を応用することができる。 The rubbing method, it is possible to apply the rubbing method widely employed as a treatment of liquid crystal orientation in LCD. すなわち、膜の表面を、紙やガーゼ、フェルト、レーヨン、ゴムあるいはナイロン、ポリエステル繊維を用いて一定方向に擦ることにより配向を得る。 In other words, to obtain a surface of the film, paper, gauze, felt, rayon, rubber, nylon, and oriented by rubbing in a certain direction by using the polyester fiber. 一般には、長さおよび太さが均一な繊維を平均的に植毛した布を用いて数回程度ラビングを行うことにより実施される。 Generally carried out by performing rubbing several times using the length and diameter have been fibers grafted uniformly averagely cloth. ロール自身の真円度、円筒度、振れ(偏芯)がいずれも30μm以下であるラビングロールを用いて実施することが好ましい。 Circularity of the roll itself, cylindricity, it is preferable that deflection (eccentricity) is carried out using a rubbing roll both at 30μm or less. ラビングロールへのフィルムのラップ角度は、0.1〜90度が好ましい。 Wrap angle of the film to the rubbing roll is from 0.1 to 90 degrees is preferable. ただし、特開平8−160430号公報に記載されているように、360度以上巻き付けることで、安定なラビング処理を得ることもできる。 However, as described in JP-A-8-160430, by winding more than 360 degrees, it is possible to obtain a stable rubbing treatment.
長尺フィルムをラビング処理する場合は、フィルムを搬送装置により一定張力の状態で1〜100m/minの速度で搬送することが好ましい。 In the case of rubbing a long film is preferably transported at a rate of 1 to 100 m / min in a state of constant tension by a conveying device of the film. ラビングロールは、任意のラビング角度設定のためフィルム進行方向に対し水平方向に回転自在とされることが好ましい。 The rubbing roll is preferably set to be rotatable in the horizontal direction with respect to the film traveling direction for the rubbing angle. 0〜60度の範囲で適切なラビング角度を選択することが好ましい。 It is preferable that the rubbing angle is appropriately selected in a range of 0 to 60 degrees.

[光学補償シート、偏光板を構成する各層の積層順、積層角度] [Optical compensation sheet, the stacking order of the layers constituting the polarizing plate, lamination angles]
光学補償シートを構成する各層の積層順に対して特に制限はないが、偏光膜と液晶セルの間に、偏光膜側から透明フィルム1、ポリマー層からなる光学異方性層1、液晶性化合物からなる光学異方性層2の順番で積層されることが好ましい。 It is not particularly limited to the stacking order of the layers constituting the optical compensation sheet, between the polarizing film and the liquid crystal cell, the transparent film 1 from the side of the polarizing film, the optically anisotropic layer 1 consisting of a polymer layer, a liquid crystalline compound It is laminated in the order of the optically anisotropic layer 2 made are preferred. また、前記構成に透明フィルム2を加える場合は、その位置については特に限定されないが、偏光膜と透明フィルム1の間、もしくは光学異方性層1と光学異方性層2の間に配置することが好ましい。 Further, when adding the transparent film 2 on the structure, it is not particularly limited for its position, arranged between the polarizing film and the transparent film 1, or between the optically anisotropic layer 1 and the optically anisotropic layer 2 it is preferable.
また、偏光板にするときは、偏光板の片側の保護膜を前記光学補償シートが兼ねることが好ましい。 Also, when the polarizing plate is preferably also serves as a protective film on one side of the polarizing plate wherein the optical compensation sheet.
積層時の角度としては、特に限定はされないが、偏光子の吸収軸とポリマー層からなる光学異方性層の遅相軸が直交することが好ましい。 The angle at the time of lamination is not particularly limited, it is preferable that the slow axis of the optically anisotropic layer formed of the absorption axis and the polymer layer of the polarizer are orthogonal.
上記各層の間には、配向膜や粘着層、さらなる光学異方性層等、必要に応じて適宜追加することができる。 Between the layers, alignment film and the adhesive layer, a further optical anisotropic layer or the like may be added as needed.

(TN型液晶表示装置) (TN-type liquid crystal display device)
本発明のセルロースアシレートフィルムを、TNモードの液晶セルを有するTN型液晶表示装置の光学補償シートの支持体として用いてもよい。 The cellulose acylate film of the present invention may be used as a support of the optical compensation sheet of TN type liquid crystal display device having a TN-mode liquid crystal cell. TNモードの液晶セルとTN型液晶表示装置については、古くから良く知られている。 Crystal cells and TN-type liquid crystal display device of the TN mode, are well known from the past. TN型液晶表示装置に用いる光学補償シートについては、特開平3−9325号、特開平6−148429号、特開平8−50206号、特開平9−26572号の各公報に記載がある。 The optical compensation sheet used for the TN-type liquid crystal display device, described in JP-A-3-9325, JP-A-6-148429, JP-A-8-50206, there is described in Japanese JP-A-9-26572. また、モリ(Mori)他の論文(Jpn. J. Appl. Phys. Vol.36(1997)p.143や、Jpn. J. Appl. Phys. Vol.36(1997)p.1068)に記載がある。 Moreover, it stated Mori (Mori) Other papers (Jpn. J. Appl. Phys. Vol.36 (1997) p.143 and, Jpn. J. Appl. Phys. Vol.36 (1997) p.1068) is there.
(ハードコートフィルム、防眩フィルム、反射防止フィルム) (Hard coat film, an antiglare film, an anti-reflection film)
本発明の液晶表示装置及び偏光板、光学補償シート表面にはハードコート層、防眩層、反射防止層の何れかあるいは全てを付与することができる。 The liquid crystal display device and the polarizing plate of the present invention, the optical compensation sheet surface can be imparted a hard coat layer, an antiglare layer, any or all of the anti-reflection layer. このような防眩フィルム、反射防止フィルムとしての望ましい実施態様は、発明協会公開技報公技番号2001−1745号(2001年3月15日発行、発明協会)の54頁〜57頁に詳細に記載されている。 Such an antiglare film, a preferred embodiment of the antireflection films are Japan Institute of Invention and Innovation Journal of Technical Disclosure No. 2001-1745 (issued March 15, 2001, Japan Institute of Invention and Innovation) in detail 54 pp to 57 of Have been described.

以下に本発明の実施例を挙げるが、これらに限定されるものではない。 Examples are given of the present invention below is not intended to be limited thereto.

[実施例1] [Example 1]
(セルロースアシレートフィルム1の作製) (Preparation of cellulose acetate film 1)
(セルロースアセテート溶液の調製) (Preparation of Cellulose Acetate Solution)
下記の組成物をミキシングタンクに投入し、攪拌して各成分を溶解し、セルロースアセテート溶液Dを調製した。 The following composition was put into a mixing tank and stirred to dissolve the components, thereby preparing a cellulose acetate solution D.

(セルロースアセテート溶液D組成) (Cellulose acetate solution D Composition)
アセチル置換度 2.86のセルロースアセテート 100.0質量部 メチレンクロライド(第1溶媒) 402.0質量部 メタノール(第2溶媒) 60.0質量部 Cellulose acetate 100.0 parts by mass Methylene chloride acetyl substitution degree 2.86 (first solvent) 402.0 parts by mass Methanol (second solvent) 60.0 parts by weight

(マット剤溶液の調製) (Preparation of the matting agent solution)
平均粒径16nmのシリカ粒子(AEROSIL R972、日本アエロジル(株)製)を20質量部、メタノール80質量部を30分間よく攪拌混合してシリカ粒子分散液とした。 The average particle diameter silica particles 16 nm (AEROSIL R972, AEROSIL Co., Ltd. Japan) 20 parts by mass, and the 80 parts by mass of methanol were well stirred and mixed for 30 minutes and the silica particle dispersion. この分散液を下記の組成物とともに分散機に投入し、さらに30分以上攪拌して各成分を溶解し、マット剤溶液を調製した。 The dispersion was put into a disperser along with the following composition, to dissolve the components and stirring an additional 30 minutes or more, thereby preparing a mat agent solution.

(マット剤溶液組成) (Matting agent solution composition)
平均粒径16nmのシリカ粒子分散液 10.0質量部 メチレンクロライド(第1溶媒) 76.3質量部 メタノール(第2溶媒) 3.4質量部 セルロースアセテート溶液D 10.3質量部 Silica particle dispersion 10.0 parts by mass Methylene chloride having an average particle diameter of 16 nm (first solvent) 76.3 parts by mass Methanol (second solvent) 3.4 parts by mass Cellulose acetate solution D 10.3 parts by mass

(添加剤溶液の調製) (Preparation of additive solution)
下記の組成物をミキシングタンクに投入し、加熱しながら攪拌して、各成分を溶解し、セルロースアセテート溶液を調製した。 The following composition was put into a mixing tank and stirred under heating to dissolve the components, thereby preparing a cellulose acetate solution.

(添加剤溶液組成) (Additives solution composition)
光学的異方性を低下する化合物(A−19) 49.3質量部 波長分散調整剤(UV−102) 7.6質量部 メチレンクロライド(第1溶媒) 58.4質量部 メタノール(第2溶媒) 8.7質量部 セルロースアセテート溶液D 12.8質量部 Compounds lowering optical anisotropy (A-19) 49.3 parts by mass Wavelength dispersion adjusting agent (UV-102) 7.6 parts by mass Methylene chloride (first solvent) 58.4 parts by mass Methanol (second solvent ) 8.7 parts by mass cellulose acetate solution D 12.8 parts by mass

上記セルロースアセテート溶液D、マット剤溶液、添加剤溶液それぞれの適当量を濾過後に混合し、バンド流延機を用いて流延した。 The cellulose acetate solution D, matting agent solution, the additive solution, respectively an appropriate amount were mixed after filtration, was cast using a band casting machine. 光学的異方性を低下する化合物および波長分散調整剤のセルロースアセテートに対する質量比はそれぞれ12%、1.8%であった。 12% each by weight ratio to cellulose acetate compound and the wavelength dispersion adjusting agent to lower the optical anisotropy was 1.8%. 残留溶剤量30%でフィルムをバンドから剥離し、140℃で40分間乾燥させセルロースアシレートフィルム1を製造した。 Film having a remaining solvent content of 30% was peeled away from the band, to produce a cellulose acylate film 1 and dried at 140 ° C. 40 min. 出来あがったセルロースアシレートフィルム1の残留溶剤量は0.2%であり、膜厚は80μmであった。 Residual solvent content of finished cellulose acylate film 1 is 0.2%, the thickness of the film was 80 [mu] m.
得られたセルロースアシレートフィルム1のRe (630)は0.3nm、Rth (630)は3.2nmだった。 The obtained cellulose acylate film 1 of Re (630) was 0.3nm, Rth (630) is 3.2 nm. また、セルロースアシレートフィルム1のRe (400) −Re (700)は7.5、Rth (400) −Rth (700)は1.2だった。 Further, Re (400) -Re (700 ) of the cellulose acylate film 1 7.5, Rth (400) -Rth ( 700) was 1.2.

(光学異方性層1の形成) (Formation of optically anisotropic layer 1)
上記の幅1340mmのセルロースアシレートフィルム1のロールフィルム上に2,2'−ビス(3,4−ジカルボキシフェニル)ヘキサフルオロプロパンと、2,2'−ビス(トリフルオロメチル)−4,4'一ジアミノビフェニルから合成された質量平均分子量5.9万のポリイミドの15質量%シクロヘキサノン溶液にシリコーン系界面活性剤(ディスパロンLS−009、楠本化成製)を1.0質量部添加した塗布液を乾燥後の厚みが2.5μmとなるように連続的に塗布し、150℃で10分間乾燥し、そのまま連続して150℃の雰囲気中でテンター延伸機で幅方向に17%延伸した。 Cellulose acylate film 1 of rolled film on the 2,2'-bis (3,4-carboxyphenyl) hexafluoropropane of the width 1340 mm, 2,2'-bis (trifluoromethyl) -4,4 'single diaminobiphenyl synthesized from the mass-average molecular weight 59,000 in 15% by weight of the polyimide cyclohexanone solution silicone surfactant (Disparlon LS-009, manufactured by Kusumoto Chemicals Ltd.) the coating solution prepared by adding 1.0 part by weight the thickness after drying was continuously coated to a 2.5 [mu] m, and dried for 10 minutes at 0.99 ° C., and stretched as it is 17% in the width direction by a tenter stretching machine in an atmosphere of consecutive 0.99 ° C.. その後、テンタークリップで把持した部分を含む両端を切り落として幅1340mmとして、端から2〜12mmの範囲にナーリングを付け、巻き取った。 Then, the width 1340mm by cutting off both ends including gripping portions in the tenter clips, with a knurling in the range of 2~12mm from the end, was then wound.

(鹸化処理) (Saponification)
上記のロールフィルムを温度60℃の誘電式加熱ロールを通過させ、フィルム表面温度を40℃に昇温した後に、下記の組成のアルカリ溶液をバーコータを用いて、14ml/m 2塗布し、110℃に加熱したスチーム式遠赤外線ヒーター((株)ノリタケカンパニー製)の下に10秒間滞留させた後、同じくバーコーターを用いて純水を3ml/m 2塗布した。 The roll film is passed through a dielectric heating roll temperature 60 ° C., after raising the film surface temperature to 40 ° C., using a bar coater the alkaline solution of the following composition, 14 ml / m 2 was applied, 110 ° C. after staying for 10 seconds under the heated steam-type far infrared heater (Co. Noritake Co.) to pure water was 3 ml / m 2 applied also using a bar coater. このときのフィルム温度は40℃であった。 Film temperature at this time was 40 ° C.. 次いでファウンテンコーターによる水洗とエアナイフによる水切りを3回繰り返して後に、70℃の乾燥ゾーンに2秒滞留させて乾燥した。 Then after three cycles of draining by washing and air knife by a fountain coater, and dried by staying 2 seconds drying zone of 70 ° C..

<アルカリ溶液組成> <Alkaline solution composition>
水酸化カリウム 4.7質量部 水 15.7質量部 イソプロパノール 64.8質量部 プロピレングリコール 14.9質量部 C 1633 O(CH 2 CH 2 O) 10 H(界面活性剤) 1.0質量部 Potassium hydroxide 4.7 parts by weight of water 15.7 parts by mass Isopropanol 64.8 parts by mass of propylene glycol 14.9 parts by weight C 16 H 33 O (CH 2 CH 2 O) 10 H ( surfactant) 1.0 Weight part

その後さらに、下記の組成の塗布液を#16のワイヤーバーコーターで28mL/m 2塗布した。 Then further was 28 mL / m 2 coated with a wire bar coater coating liquid # 16 of the following composition. 60℃の温風で60秒、さらに90℃の温風で150秒乾燥した。 60 seconds at 60 ° C. hot air, and further dried for 150 seconds at 90 ° C. hot air. 次に、形成した膜に、セルロースアシレートフィルム1の流延方向と平行な方向に配向するようにラビング処理を実施した(即ち、ラビング軸はセルロースアシレートフィルム1の流延方向と平行であった)。 Then, the formed film was carried rubbed to orient the casting direction parallel to the direction of the cellulose acylate film 1 (i.e., the rubbing axis was parallel to the casting direction of the cellulose acylate film 1 It was).

<配向膜塗布液組成> <Alignment film coating solution composition>
下記の変性ポリビニルアルコール 20質量部 水 360質量部 メタノール 120質量部 グルタルアルデヒド(架橋剤) 1.0質量部 Modified polyvinyl alcohol shown below 20 parts by weight of water 360 parts by mass Methanol 120 parts by mass Glutaraldehyde (crosslinking agent) 1.0 part by weight

(光学異方性層2の形成) (Formation of optically anisotropic layer 2)
配向膜上に、下記塗布液を、#4のワイヤーバーを1171回転でフィルムの搬送方向と同じ方向に回転させて、30m/分で搬送されている上記ロールフィルムの配向膜面に連続的に塗布した。 The alignment film, the following coating solution # 4 of a wire bar is rotated in the same direction as the conveying direction of the film at 1171 rotation, 30 m / min to the alignment film surface of the roll film being transported continuously in coated. 室温から100℃に連続的に加温する工程で、溶媒を乾燥させ、その後、135℃の乾燥ゾーンで、ディスコティック液晶化合物層にあたる膜面風速がフィルム搬送方向に平行に1.5m/secとなるようにし、約90秒間加熱し、ディスコティック液晶化合物を配向させた。 In the process of continuously heating from room temperature to 100 ° C., the solvent was dried, then, in a drying zone at 135 ° C., the film surface wind speed falls discotic liquid crystal compound layer in parallel to 1.5 m / sec in the film conveying direction so as to, and heated to about 90 seconds, to align the discotic liquid crystal compound. 次に、80℃の乾燥ゾーンに搬送させて、フィルムの表面温度が約100℃の状態で、紫外線照射装置(紫外線ランプ:出力160W/cm、発光長1.6m)により、照度600mWの紫外線を4秒間照射し、架橋反応を進行させ、ディスコティック液晶化合物をその配向に固定した。 Then, by conveying to a drying zone of 80 ° C., at a surface temperature of about 100 ° C. state of the film, the ultraviolet irradiation device (UV lamp: output 160 W / cm, emission length 1.6 m) by an ultraviolet illuminance 600mW irradiated for 4 seconds, the crosslinking reaction proceeded to fix the discotic liquid crystal compound to its orientation. その後、室温まで放冷し、円筒状に巻き取ってロール状の形態にした。 Thereafter, the mixture was allowed to cool to room temperature, and a roll form wound into a cylindrical shape. 以上により光学補償シート1を作製した。 To produce an optical compensation sheet 1 as described above.

(光学異方性層2の塗布液組成) (Composition of Coating Solution for Optically Anisotropic Layer 2)
下記の組成物を、107質量部のメチルエチルケトンに溶解して塗布液を調製した。 The following composition, to prepare a coating solution by dissolving in methyl ethyl ketone of 107 parts by weight.
下記のディスコティック液晶性化合物(1) 41.01質量部 エチレンオキサイド変成トリメチロールプロパントリアクリレート(V#360、大阪有機化学(株)製) 4.06質量部 セルロースアセテートブチレート(CAB551−0.2、イーストマンケミカル社製) 0.9質量部 セルロースアセテートブチレート(CAB531−1、イーストマンケミカル社製) 0.21質量部 フルオロ脂肪族基含有ポリマー(メガファックF780 大日本インキ(株)製) 0.14質量部 光重合開始剤(イルガキュアー907、チバガイギー社製) 1.35質量部 増感剤(カヤキュアーDETX、日本化薬(株)製) 0.45質量部 Discotic liquid crystal compound of the following (1) 41.01 parts by weight of ethylene oxide-modified trimethylolpropane triacrylate (V # 360, produced by Osaka Organic Chemical Co.) 4.06 parts by weight of cellulose acetate butyrate (CAB551-0. 2, manufactured by Eastman Chemical Co.) 0.9 parts by weight of cellulose acetate butyrate (CAB531-1, manufactured by Eastman Chemical Co.) 0.21 parts by weight fluoroaliphatic group-containing polymer (Megafac F780 of Dainippon ink Co., Ltd. ) 0.14 parts by mass photopolymerization initiator (Irgacure 907, Ciba-Geigy) 1.35 part by mass sensitizer (Kayacure DETX, manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.) 0.45 parts by weight

光学異方性層2のディスコティック液晶性化合物は、支持体から距離が増すにつれて、その円盤面と支持体面のなす角度が増加するようにハイブリッド配向していた。 Discotic liquid crystal compound in the optically anisotropic layer 2, as the distance increases from the support, an angle between the support surface that disc surface had a hybrid orientation to increase.
偏光板をクロスニコル配置とし、得られた光学補償シート1のムラを観察したところ、正面、および法線から60度まで傾けた方向から見ても、ムラは検出されなかった。 A polarizing plate, a cross-Nicol arrangement, observation of the resulting non-uniformity of the optical compensation sheet 1, even when viewed front and from a direction tilted from the normal to 60 degrees, unevenness was not detected.

[実施例2] [Example 2]
実施例1で作製したセルロースアシレートフィルム1に、実施例1と同様に光学異方性層1を形成し延伸を行った。 The cellulose acylate film 1 produced in Example 1, was formed by stretching the optically anisotropic layer 1 in the same manner as in Example 1. 次に、形成した膜に、セルロースアシレートフィルム1の流延方向と平行な方向に配向するようにラビング処理を実施した(即ち、ラビング軸はセルロースアシレートフィルム1の流延方向と平行であった)。 Then, the formed film was carried rubbed to orient the casting direction parallel to the direction of the cellulose acylate film 1 (i.e., the rubbing axis was parallel to the casting direction of the cellulose acylate film 1 It was). その上に実施例1と同様にして光学異方性層2を形成し、光学補償シート2を作製した。 To form an optically anisotropic layer 2 in the same manner as in Example 1 thereon, to produce an optical compensation sheet 2. ポリイミドからなる光学異方性層1が配向膜として機能しており、実施例1と同様にディスコティック液晶性化合物がハイブリッド配向状態をとっていることを確認した。 Optically anisotropic layer 1 made of polyimide is functioning as an alignment film, it was confirmed that the discotic liquid crystal compound in the same manner as in Example 1 are taking a hybrid alignment state.
偏光板をクロスニコル配置とし、得られた光学補償シート2のムラを観察したところ、正面、および法線から60度まで傾けた方向から見ても、ムラは検出されなかった。 And the polarizing plate cross-Nicol arrangement, observation of the resulting non-uniformity of the optical compensation sheet 2, even when viewed front and from a direction tilted from the normal to 60 degrees, unevenness was not detected.

[実施例3] [Example 3]
実施例1で作製したセルロースアシレートフィルム1に、膜厚を0.5μm、延伸倍率を22%にした以外は実施例1と同様にポリイミドからなる光学異方性層1を形成し、光学補償シート3−1を作製した。 The cellulose acylate film 1 produced in Example 1, 0.5 [mu] m film thickness, except that the draw ratio 22% to form an optically anisotropic layer 1 consisting Similarly polyimide as in Example 1, an optical compensation to prepare a sheet 3-1.

(セルロースアシレートフィルム2の作製) (Production of cellulose acylate film 2)
下記の組成物をミキシングタンクに投入し、30℃に加熱しながら攪拌して、各成分を溶解し、セルロースアセテート溶液を調製した。 The following composition was put into a mixing tank and stirred while heating to 30 ° C., to dissolve the components, thereby preparing a cellulose acetate solution.
──────────────────────────────────── ────────────────────────────────────
セルロースアセテート溶液組成(質量部) 内層 外層──────────────────────────────────── Composition of cellulose acetate solution (parts by weight) an inner layer outer layer ────────────────────────────────────
アセチル置換度2.86のセルロースアセテート 100 100 Cellulose acetate acetyl substitution degree 2.86 100 100
トリフェニルホスフェート(可塑剤) 7.8 7.8 Triphenyl phosphate (plasticizer) 7.8 7.8
ビフェニルジフェニルホスフェート(可塑剤) 3.9 3.9 Biphenyl diphenyl phosphate (plasticizer) 3.9 3.9
メチレンクロライド(第1溶媒) 293 314 Methylene chloride (first solvent) 293 314
メタノール(第2溶媒) 71 76 Methanol (second solvent) 71 76
1−ブタノール(第3溶媒) 1.5 1.6 1-butanol (third solvent) 1.5 1.6
シリカ微粒子(AEROSIL R972、日本アエロジル(株)製) Silica particles (AEROSIL R972, manufactured by Nippon Aerosil Co., Ltd.)
0 0.8 0 0.8
下記レターデーション上昇剤 1.5 0 Following retardation increasing agent 1.5 0
──────────────────────────────────── ────────────────────────────────────

得られた内層用ドープ及び外層用ドープを、三層共流延ダイを用いて、0℃に冷却したドラム上に流延した。 The resulting inner layer dope and the outer layer dope, with a three-layer co-casting die was cast onto a drum cooled at 0 ° C.. 残留溶剤量が70質量%のフィルムをドラムから剥ぎ取り、両端をピンテンターにて固定して搬送方向のドロー比を110%として搬送しながら80℃で乾燥させ、残留溶剤量が10%となったところで、110℃で乾燥させた。 Stripping residual solvent amount of 70 mass% the film from the drum, the draw ratio in the conveying direction and fixed at both ends in a pin tenter dried at 80 ° C. while being conveyed as 110%, the residual solvent amount became 10% Incidentally, it dried at 110 ° C.. その後、140℃の温度で30分乾燥し、残留溶剤が0.3質量%のセルロースアシレートフィルム2(外層:3μm、内層:74μm、外層:3μm)を作製した。 Then dried for 30 minutes at a temperature of 140 ° C., cellulose residual solvent of 0.3 wt% acetate film 2 (outer layer: 3 [mu] m, the inner layer: 74 .mu.m, outer layer: 3 [mu] m) were produced. 得られたセルロースアシレートフィルム2の幅は1340mmであり、厚さは80μmであった。 The resulting width of the cellulose acylate film 2 is 1340 mm, the thickness was 80 [mu] m.
得られたセルロースアシレートフィルム2のRe (630)は8nm(流延方向に遅相軸)、Rth (630)は80nmだった。 The obtained cellulose acylate film 2 of Re (630) 8 nm is (slow axis in the casting direction), Rth (630) was 80 nm. また、セルロースアシレートフィルム2のRe (400) −Re (700)は10、Rth (400) −Rth (700)は20だった。 Further, Re (400) -Re (700 ) of the cellulose acylate film 2 is 10, Rth (400) -Rth ( 700) was 20.
得られたセルロースアシレートフィルム2上に、実施例1と同様にして、鹸化処理後、配向膜層を塗布、ラビング処理を施した後、ディスコティック液晶性化合物からなる光学異方性層2を形成し、光学補償シート3−2を作製した。 On the obtained cellulose acylate film 2, in the same manner as in Example 1, after saponification, applying an alignment film layer, after subjected to rubbing treatment, an optically anisotropic layer 2 made of discotic liquid crystal compound formed to produce an optical compensation sheet 3-2.
光学補償シート3−1と光学補償シート3−2を互いの流延方向が平行になるように、また光学補償シート3−1の光学異方性層1と光学補償シート3−2のセルロースアシレートフィルムが積層するように粘着剤を介して貼り合わせ、光学補償シート3を作製した。 As the optical compensatory sheet 31 and the optical compensation sheet 3-2 casting direction to each other to be parallel, and cellulose of the optically anisotropic layer 1 and the optical compensation sheet 3-2 of the optical compensation sheet 3-1 acetate film is laminated with an adhesive to laminate, to produce an optical compensation sheet 3.

[比較例1] [Comparative Example 1]
セルロースアシレートフィルム1上に、ポリマー層からなる光学異方性層1を形成せずに、実施例1と同様な方法で鹸化処理、配向膜層を塗布、ラビング処理を施した後、ディスコティック液晶性化合物からなる光学異方性層2を形成し、光学補償シート4を作製した。 On the cellulose acylate film 1, without forming the optically anisotropic layer 1 consisting of a polymer layer, saponification, applying an alignment film layer in the same manner as in Example 1. After a rubbing-treated, discotic to form an optically anisotropic layer 2 comprising a liquid crystalline compound, to produce an optical compensation sheet 4.
偏光板をクロスニコル配置とし、得られた光学補償シート4のムラを観察したところ、正面、および法線から60度まで傾けた方向から見ても、ムラは検出されなかった。 A polarizing plate, a cross-Nicol arrangement, observation of the unevenness of the resulting optical compensation sheet 4, even when viewed front and from a direction tilted from the normal to 60 degrees, unevenness was not detected.

[比較例2] [Comparative Example 2]
セルロースアシレートフィルム1をセルロースアシレートフィルム2に変えたこと以外は比較例1と同様にして光学補償シート5を作製した。 Other than changing the cellulose acylate film 1 in the cellulose acylate film 2 to produce an optical compensation sheet 5 in the same manner as in Comparative Example 1.

(光学補償シートの光学特性測定) (Optical property measurement of the optical compensation sheet)
各光学補償シートのディスコティック液晶性化合物からなる光学異方性層2を除いたフィルムのRe (630) 、Rth (630)を測定した。 Re (630) of film except for the optically anisotropic layer 2 made of discotic liquid crystal compounds of the optical compensation sheet was measured Rth (630). 結果を表1に示す。 The results are shown in Table 1.

(偏光板の作製) (Production of Polarizing Plate)
厚さ80μmのポリビニルアルコール(PVA)フィルムを、ヨウ素濃度0.05質量%のヨウ素水溶液中に30℃で60秒浸漬して染色し、次いでホウ酸濃度4質量%濃度のホウ酸水溶液中に60秒浸漬している間に元の長さの5倍に縦延伸した後、50℃で4分間乾燥させて、厚さ20μmの偏光膜を得た。 Polyvinyl alcohol (PVA) film having a thickness of 80 [mu] m, and stained for 60 seconds at 30 ° C. in an iodine concentration of 0.05 wt% aqueous iodine solution, and then in an aqueous boric acid solution having a boric acid concentration of 4% by mass 60 after longitudinally stretched 5 times its original length while second dipping and dried for 4 minutes at 50 ° C., to obtain a polarizing film having a thickness of 20 [mu] m.
光学補償シート1〜5を1.5モル/Lで55℃の水酸化ナトリウム水溶液中に浸漬した後、水で十分に水酸化ナトリウムを洗い流した。 After immersing the optical compensation sheet 5 in a sodium hydroxide aqueous solution 55 ° C. with 1.5 mol / L, it was fully washed with water to remove sodium hydroxide. その後、0.005モル/Lで35℃の希硫酸水溶液に1分間浸漬した後、水に浸漬し希硫酸水溶液を十分に洗い流した。 Thereafter, after 1 minute to 35 ° C. of an aqueous diluted sulfuric acid solution with 0.005 mol / L, fully remove the immersion aqueous dilute sulfuric acid solution in water. 最後に試料を120℃で十分に乾燥させた。 Finally, the sample was thoroughly dried at 120 ° C..
前記のように鹸化処理を行った光学補償シート1〜5を、同じく鹸化処理を行った市販のセルロースアシレートフィルムと組合せて前記の偏光膜を挟むようにポリビニルアルコール系接着剤を用いて貼り合せ偏光板1〜4を得た。 The optical compensation sheet 5 subjected to saponification treatment as described above, similarly saponified commercial cellulose acylate film in combination with bonded using a polyvinyl alcohol-based adhesive so as to sandwich the polarizing film of the Been to obtain a polarizing plate 1-4. ここで市販のセルロースアシレートフィルムとしてはフジタックTF80UL(富士写真フイルム(株)製)を用いた。 Examples of the commercially available cellulose acylate film with FUJITAC TF80UL (manufactured by Fuji Photo Film Co., Ltd.). このとき、偏光膜および偏光膜両側の保護膜はロール形態で作製されてるため各ロールフィルムの長手方向が平行となっており連続的に貼り合わされる。 At this time, the protective film of the polarizing film and the polarizing film on both sides are bonded to the continuous longitudinal direction are parallel to each roll film because it is produced in roll form. 従って光学補償シートロール長手方向(セルロースアシレートフィルムの流延方向)と偏光子吸収軸とは平行な方向となった。 Thus was the direction parallel to the optical compensation sheet roll longitudinal direction (casting direction of the cellulose acylate film) and the polarizer absorption axis.

(TN液晶セルでの評価) (Evaluation in TN liquid crystal cell)
TN型液晶セルを使用した液晶表示装置(Syncmaster172X、三星電子(株)製)に設けられている一対の偏光板を剥がし、代わりに上記の作製した偏光板を、光学補償シートが液晶セル側となるように粘着剤を介して、観察者側およびバックライト側に一枚ずつ貼り付けた。 The liquid crystal display device using a TN type liquid crystal cell (Syncmaster172X, Samsung Electronics Co., Ltd.) was peeled off the pair of polarizing plates provided in the polarizing plate produced above in place, the optical compensation sheet and the liquid crystal cell side so as to through an adhesive, pasting one by one on the viewer side and the backlight side. 観察者側の偏光板の透過軸と、バックライト側の偏光板の透過軸とは、Oモードとなるように配置した。 The transmission axis of the viewer-side polarizing plate, and the transmission axis of the polarizing plate on the backlight side was disposed so that the O mode.
作製した液晶表示装置について、測定機(EZ−Contrast160D、ELDIM社製)を用いて、黒表示(L0)と白表示(L7)で全方位視野角の輝度を測定した。 A liquid crystal display device produced by using the measuring machine (EZ-Contrast 160D, from ELDIM), the luminance was measured in all directions viewing angle black display (L0) and white display (L7). 上下左右で、コントラスト比(白透過率/黒透過率)が10以上の領域を視野角として求めた。 In vertical and horizontal, the contrast ratio (white transmittance / black transmittance) was determined 10 or more regions as a viewing angle. 測定結果を表1に示す。 The measurement results are shown in Table 1.

上記表1の結果から分かるように、本発明の構成により、コントラスト視野角特性が良好な液晶表示装置を提供することができる。 As can be seen from the results of Table 1, the configuration of the present invention, it is possible to contrast viewing angle characteristics provide a good liquid crystal display device.

[実施例4] [Example 4]
セルロースアセテート1の膜厚が60μmになるように調整した以外は実施例1と同様にして光学補償シートを作製した。 To produce an optical compensation sheet except that the thickness of the cellulose acetate 1 was adjusted to 60μm in the same manner as in Example 1.
面状及び液晶表示装置に貼ったときの視野角表示特性も実施例1と同様に良好であることを確認した。 Angle display characteristics when stuck on surface and the liquid crystal display device was also confirmed to be in the same manner as in Example 1 good.

[実施例5] [Example 5]
光学異方性層2の塗布液組成を下記のように変更した以外は実施例1と同様にして光学補償シートを作製した。 To produce an optical compensation sheet except for changing the coating solution composition of the optically anisotropic layer 2 as described below in the same manner as in Example 1.
面状及び液晶表示装置に貼ったときの視野角表示特性も実施例1と同様に良好であることを確認した。 Angle display characteristics when stuck on surface and the liquid crystal display device was also confirmed to be in the same manner as in Example 1 good.

(光学異方性層2の塗布液組成) (Composition of Coating Solution for Optically Anisotropic Layer 2)
下記の組成物を、107質量部のメチルエチルケトンに溶解して塗布液を調製した。 The following composition, to prepare a coating solution by dissolving in methyl ethyl ketone of 107 parts by weight.
上記のディスコティック液晶性化合物(1) 41.01質量部 エチレンオキサイド変成トリメチロールプロパントリアクリレート(V#360、大阪有機化学(株)製) 4.06質量部 セルロースアセテートブチレート(CAB551−0.2、イーストマンケミカル社製) 0.34質量部 セルロースアセテートブチレート(CAB531−1、イーストマンケミカル社製) 0.11質量部 下記フルオロ脂肪族基含有ポリマー1 0.03質量部 下記フルオロ脂肪族基含有ポリマー2 0.23質量部 光重合開始剤(イルガキュアー907、チバガイギー社製) 1.35質量部 増感剤(カヤキュアーDETX、日本化薬(株)製) 0.45質量部 The above discotic liquid crystal compound (1) 41.01 parts by weight of ethylene oxide-modified trimethylolpropane triacrylate (V # 360, produced by Osaka Organic Chemical Co.) 4.06 parts by weight of cellulose acetate butyrate (CAB551-0. 2, manufactured by Eastman Chemical Co.) 0.34 parts by weight of cellulose acetate butyrate (CAB531-1, manufactured by Eastman Chemical Co.) 0.11 parts by weight following fluoroaliphatic group-containing polymer 1 0.03 part by weight below fluoroaliphatic group-containing polymer 2 0.23 parts by mass photopolymerization initiator (Irgacure 907, Ciba-Geigy) 1.35 part by mass sensitizer (Kayacure DETX, manufactured by Nippon Kayaku Co.) 0.45 parts by weight

[実施例6] [Example 6]
光学異方性層2の塗布手段をスロットダイコーティング法にし、40m/分で搬送して塗布した以外は実施例1と同様にして光学補償シートを作製した。 The application means of the optically anisotropic layer 2 in slot die coating, to produce an optical compensation sheet except coated are transported by a 40 m / min in the same manner as in Example 1.
面状及び液晶表示装置に貼ったときの視野角表示特性も実施例1と同様に良好であることを確認した。 Angle display characteristics when stuck on surface and the liquid crystal display device was also confirmed to be in the same manner as in Example 1 good.

上記したように、波長400〜800nmの可視領域でReやRthの小さいセルロースアシレートフィルム上にポリマー層からなる光学異方性層、液晶性化合物からなる光学異方性層を積層した光学補償シートをTNモード液晶表示装置に適用することでTNモード液晶表示装置の視野角コントラストを著しく改善できた。 As described above, the optical compensatory sheet optically anisotropic layer comprising a polymer layer on the small cellulose acylate film having Re and Rth in the visible region of wavelength 400 to 800 nm, an optically anisotropic layer comprising a liquid crystalline compound are laminated was able to significantly improve the viewing angle contrast of the TN-mode liquid crystal display device by applying the TN mode liquid crystal display device. すなわち表示特性の改善された画像表示装置の分野に応用することができる。 That can be applied to the field of improved image display device of the display characteristics.

Claims (12)

  1. TN(ツイストネマチック)配向モードの液晶セルおよび液晶セルの両側に配置された一対の偏光板からなる液晶表示装置であって、少なくとも一方の偏光膜と液晶セルとの間に、 A TN (twisted nematic) liquid crystal display device comprising a pair of polarizing plates disposed on both sides of a liquid crystal cell and orientation mode liquid crystal cell, between at least one of the polarizing film and the liquid crystal cell,
    オクタノール−水分配係数が0ないし7であり分子量が150以上3000以下である下記一般式(A)で表される光学異方性を低下させる化合物を含有し、下記式(I)および(II)をみたすセルロースアシレートフィルム上に、ポリマー層を塗布後横延伸することにより形成される、(1)セルロースアシレートフィルムとその上の (2)ポリマー層からなる光学異方性層1と、 さらに (3)塗布により形成される液晶性化合物を含む光学異方性層2 と、 Octanol - water partition coefficient is 7 from 0 molecular weight decreases the optical anisotropy represented by the following general formula is 150 to 3000 (A) contains a compound represented by the following formula (I) and (II) the cellulose acylate film on satisfying, is formed by coating after transverse stretching the polymer layer, (1) a cellulose acylate film and the optically anisotropic layer 1 composed of the above (2) a polymer layer, further (3) and the optically anisotropic layer 2 containing a liquid crystal compound is formed by coating,
    の少なくとも3層を有する光学補償シートが配置されることを特徴とする液晶表示装置。 The liquid crystal display device, characterized in that the optical compensation sheet is disposed with at least three layers of.
    [式中、R 1 はアルキル基またはアリール基を表し、R 2 およびR 3 は、それぞれ独立に、水素原子、アルキル基またはアリール基を表す。 [In the formula, R 1 represents an alkyl group or an aryl group, R 2 and R 3 each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or an aryl group. 1 、R 2 およびR 3 の炭素原子数の総和は10以上である。 The total number of carbon atoms in R 1, R 2 and R 3 is 10 or more. ]
    (I)0≦Re (630) ≦10かつ|Rth (630) |≦25 (I) 0 ≦ Re (630 ) ≦ 10 and | Rth (630) | ≦ 25
    (II)|Re (400) −Re (700) |≦10かつ|Rth (400) −Rth (700) |≦35 (II) | Re (400) -Re (700) | ≦ 10 and | Rth (400) -Rth (700 ) | ≦ 35
    [式中、Re (λ)は波長λnmにおける正面レターデーション値(単位:nm)、Rth (λ)は波長λnmにおける膜厚方向のレターデーション値(単位:nm)である。 Wherein, Re (λ) is a front retardation value at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm), Rth (λ) represents a thickness-direction retardation at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm). ]
  2. 前記光学補償シートが前記構成に加えて、正面レターデーション及び/または膜厚方向レターデーションが前記延伸前のセルロースアシレートフィルムとは異なる、別のセルロースアシレートフィルムを有することを特徴とする請求項1に記載の液晶表示装置。 Wherein in addition to the optical compensation sheet is the configuration, different from the in-plane retardation and / or the thickness direction retardation before the stretched cellulose acylate fill beam, characterized by having a different cellulose acylate fill arm the liquid crystal display device according to claim 1.
  3. 前記ポリマー層がポリエーテルケトン、ポリアミド、ポリエステル、ポリイミド、ポリアミドイミド及びポリエステルイミドの少なくとも1種を含むことを特徴とする請求項1 又は2に記載の液晶表示装置。 Wherein the polymer layer is polyether ketone, polyamides, polyesters, polyimides, liquid crystal display device according to claim 1 or 2, characterized in that it comprises at least one polyamide-imide and polyesterimide.
  4. 前記液晶性化合物がディスコティック液晶性化合物であることを特徴とする請求項1〜 のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 The liquid crystal display device according to any one of claims 1 to 3, wherein the liquid crystalline compound is a discotic liquid crystalline compound.
  5. 前記延伸前のセルロースアシレートフィルムがフィルム膜厚方向のレターデーションRthを低下させる化合物を、下記式(III)、(IV)をみたす範囲で少なくとも一種含有することを特徴とする請求項1〜 のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 Claim 1 where the cellulose acylate fill beam before said stretching a compound that reduces the retardation Rth of the film thickness direction, the following formula (III), characterized in that it contains at least one kind within a range satisfying the (IV) the liquid crystal display device according to any one of 4.
    (III)(Rth(A)−Rth(0))/A≦−1.0 (III) (Rth (A) -Rth (0)) / A ≦ -1.0
    (IV)0.01≦A≦30 (IV) 0.01 ≦ A ≦ 30
    ここで、 here,
    Rth(A):Rthを低下させる化合物をA%含有したフィルムのRth(nm) Rth (A): Rth of the compound decreasing the Rth containing A% film (nm)
    Rth(0):Rthを低下させる化合物を含有しないフィルムのRth(nm) Rth (0): Rth of the film not containing the compound decreasing the Rth (nm)
    A:フィルム原料ポリマーの質量を100としたときの化合物の質量(%) A: Weight of the compound when the mass of the film raw material polymer was 100 (%)
    である。 It is.
  6. 前記セルロースアシレートフィルムが、アシル置換度が2.85〜3.00のセルロースアシレートであることを特徴とする請求項のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 The cellulose acylate film, a liquid crystal display device according to any one of claims 1 to 5, acyl substitution degree is characterized by a cellulose acylate 2.85 to 3.00.
  7. 前記セルロースアシレートフィルムの|Re (400) −Re (700) |および|Rth (400) −Rth (700) |を低下させる化合物を少なくとも1種、セルロースアシレート固形分に対して0.01〜30質量%含むことを特徴とする請求項のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 0.01 relative to at least one compound decreasing the cellulose acylate solid content | Re (400) -Re (700 ) | | and | Rth (400) -Rth (700 ) of the cellulose acylate film the liquid crystal display device according to any one of claims 1 to 6, characterized in that it comprises 30% by weight.
  8. 前記延伸前のセルロースアシレートフィルムの膜厚が10〜120μmであることを特徴とする請求項1〜 のいずれか1項に記載の液晶表示装置。 The liquid crystal display device according to any one of claims 1 to 7, the thickness of the cellulose acylate fill beam before the stretching is characterized in that it is a 10 to 120 [mu] m.
  9. 請求項1〜 のいずれか1項に記載の液晶表示装置に用いられることを特徴とする光学補償シート。 The optical compensation sheet, characterized by being used in a liquid crystal display device according to any one of claims 1-8.
  10. 請求項に記載の光学補償シートを少なくとも一方の面に保護膜として有することを特徴とする偏光板。 A polarizing plate characterized in that it has a protection film on at least one surface of the optical compensation sheet according to claim 9.
  11. オクタノール−水分配係数が0ないし7であり分子量が150以上3000以下である下記一般式(A)で表される光学異方性を低下させる化合物を含有し、下記式(I)および(II)をみたすセルロースアシレートフィルム上に、ポリマー層を塗布後横延伸することにより形成される、(1)セルロースアシレートフィルムとその上の (2)ポリマー層からなる光学異方性層1と、 さらに (3)塗布により形成される液晶性化合物を含む光学異方性層2 と、 Octanol - water partition coefficient is 7 from 0 molecular weight decreases the optical anisotropy represented by the following general formula is 150 to 3000 (A) contains a compound represented by the following formula (I) and (II) the cellulose acylate film on satisfying, is formed by coating after transverse stretching the polymer layer, (1) a cellulose acylate film and the optically anisotropic layer 1 composed of the above (2) a polymer layer, further (3) and the optically anisotropic layer 2 containing a liquid crystal compound is formed by coating,
    の少なくとも3層を有することを特徴とする光学補償シート。 The optical compensation sheet characterized by having at least three layers of.
    [式中、R 1 はアルキル基またはアリール基を表し、R 2 およびR 3 は、それぞれ独立に、水素原子、アルキル基またはアリール基を表す。 [In the formula, R 1 represents an alkyl group or an aryl group, R 2 and R 3 each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or an aryl group. 1 、R 2 およびR 3 の炭素原子数の総和は10以上である。 The total number of carbon atoms in R 1, R 2 and R 3 is 10 or more. ]
    (I)0≦Re (630) ≦10かつ|Rth (630) |≦25 (I) 0 ≦ Re (630 ) ≦ 10 and | Rth (630) | ≦ 25
    (II)|Re (400) −Re (700) |≦10かつ|Rth (400) −Rth (700) |≦35 (II) | Re (400) -Re (700) | ≦ 10 and | Rth (400) -Rth (700 ) | ≦ 35
    [式中、Re (λ)は波長λnmにおける正面レターデーション値(単位:nm)、Rth (λ)は波長λnmにおける膜厚方向のレターデーション値(単位:nm)である。 Wherein, Re (λ) is a front retardation value at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm), Rth (λ) represents a thickness-direction retardation at a wavelength of [lambda] nm (unit: nm). ]
  12. 請求項11に記載の光学補償シートを少なくとも一方の面に保護膜として有することを特徴とする偏光板。 A polarizing plate characterized in that it has a protection film on at least one surface of the optical compensation sheet of claim 11.
JP2005006294A 2005-01-13 2005-01-13 The optical compensation sheet, a polarizing plate, and liquid crystal display device Active JP4551773B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005006294A JP4551773B2 (en) 2005-01-13 2005-01-13 The optical compensation sheet, a polarizing plate, and liquid crystal display device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005006294A JP4551773B2 (en) 2005-01-13 2005-01-13 The optical compensation sheet, a polarizing plate, and liquid crystal display device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006195153A JP2006195153A (en) 2006-07-27
JP4551773B2 true JP4551773B2 (en) 2010-09-29

Family

ID=36801288

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005006294A Active JP4551773B2 (en) 2005-01-13 2005-01-13 The optical compensation sheet, a polarizing plate, and liquid crystal display device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4551773B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5232408B2 (en) * 2007-05-31 2013-07-10 富士フイルム株式会社 The optical film and polarizing plate and a liquid crystal display device using the same
WO2016031881A1 (en) 2014-08-29 2016-03-03 富士フイルム株式会社 Method for producing optical laminate, optical laminate, polarizing plate and organic el display device

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001247717A (en) * 2000-03-06 2001-09-11 Fuji Photo Film Co Ltd Plasticizer for cellulose ester, cellulose ester film, and method for producing the same
JP2004315605A (en) * 2003-04-14 2004-11-11 Fuji Photo Film Co Ltd Cellulose acylate film, its manufacturing method, polarizing plate-protecting film, liquid crystal display device, and silver halide photographic photosensitive material
JP2004333702A (en) * 2003-05-02 2004-11-25 Nitto Denko Corp Optical film, method for manufacturing it, and polarizing plate using it

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001247717A (en) * 2000-03-06 2001-09-11 Fuji Photo Film Co Ltd Plasticizer for cellulose ester, cellulose ester film, and method for producing the same
JP2004315605A (en) * 2003-04-14 2004-11-11 Fuji Photo Film Co Ltd Cellulose acylate film, its manufacturing method, polarizing plate-protecting film, liquid crystal display device, and silver halide photographic photosensitive material
JP2004333702A (en) * 2003-05-02 2004-11-25 Nitto Denko Corp Optical film, method for manufacturing it, and polarizing plate using it

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006195153A (en) 2006-07-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1209638C (en) Optical compensating sheet, polarizing plate, and liquid crystal display
US9195090B2 (en) Polymer film, optically-compensatory film, process for producing the same, polarizing plate and liquid-crystal display device
US7671947B2 (en) Optical film, optical compensation film, polarizing plate, liquid crystal display unit and self luminous display unit
US8049850B2 (en) Liquid crystal display device, optical compensatory sheet, and polarizer and liquid crystal display device employing the same
JP4759317B2 (en) Polarizing plate and a liquid crystal display device using the same
JP2011107718A (en) Cellulose acetate film controlled in retardation and thickness
KR100982927B1 (en) Liquid crystal display device
JP2009063983A (en) Optical film and polarizing plate having the same
JP4404735B2 (en) Cellulose acylate film, an optical compensation film using the same, a polarizing plate
KR20060043623A (en) Liquid crystal display device
JP4897341B2 (en) The liquid crystal display device
KR20070052243A (en) Polarizing plate and liquid crystal display
JP2004318118A (en) Optical compensation sheet and liquid crystal display device
JP4887072B2 (en) Cellulosic substance film, an optical compensation sheet, a polarizing plate, a liquid crystal display device
US8187681B2 (en) Transparent film and optical compensatory film, polarizing plate and liquid-crystal display device employing it
JP2005301227A (en) Retardation film, its production method and liquid crystal display device using same
JP2005154764A (en) Cellulose acetate film, optical compensation sheet, a polarizing plate and a liquid crystal display device
JP3620839B2 (en) The liquid crystal display device, and a phase difference film used therefor, the laminated polarizing plate
JP4856989B2 (en) Optical resin film, polarizing plate and liquid crystal display device using the same
JP4900963B2 (en) The optical compensation film, polarizing plate and liquid crystal display device
KR20080058248A (en) Liquid crystal display
US20080049323A1 (en) Optical film, production method of optical film, polarizing plate and liquid crystal display device
JP4771692B2 (en) The liquid crystal display device
JP2002180052A (en) Water-soluble dichromatic pigment, optical film, polarizer, method for orientating micelle of dichromatic pigment and method for producing optical film
JP4145311B2 (en) Transparent film for optical, and an optical compensation film using the same, a polarizing plate, a liquid crystal display device

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20061124

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070621

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071108

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071115

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071122

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100329

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100406

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100601

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100622

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100712

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130716

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250