JP4548286B2 - ドラム式洗濯機 - Google Patents

ドラム式洗濯機 Download PDF

Info

Publication number
JP4548286B2
JP4548286B2 JP2005275711A JP2005275711A JP4548286B2 JP 4548286 B2 JP4548286 B2 JP 4548286B2 JP 2005275711 A JP2005275711 A JP 2005275711A JP 2005275711 A JP2005275711 A JP 2005275711A JP 4548286 B2 JP4548286 B2 JP 4548286B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
drum
washing
receiving tank
opening
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005275711A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007082784A (ja
Inventor
勝章 住田
謙治 寺井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Corp
Panasonic Holdings Corp
Original Assignee
Panasonic Corp
Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Panasonic Corp, Matsushita Electric Industrial Co Ltd filed Critical Panasonic Corp
Priority to JP2005275711A priority Critical patent/JP4548286B2/ja
Publication of JP2007082784A publication Critical patent/JP2007082784A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4548286B2 publication Critical patent/JP4548286B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、水平方向もしくは略傾斜方向に回転中心軸を有する回転ドラム内で洗濯、すすぎ、脱水等を行うドラム式洗濯機に関するものである。
従来におけるこの種のドラム式洗濯機について、図7に従って以下説明する。
外周に多数の水抜き用小孔108を形成した回転ドラム103を、その内部に回転自在に配設した水受け槽102は、外底部に回転ドラム103の駆動用のモータ104を固設し、かつ洗濯機本体である外箱101よりばね体109で揺動可能に垂下防振支持される。水受け槽102は上部に給水弁106から洗濯水供給用の給水ホース112を接続し、下方底部には排水弁113に接続する排水口114を形成する。回転ドラム103はその内部に衣類撹拌用の突起107を形成するとともに、衣類の出し入れを行う開口部103aは、外箱101に開閉自在に配した蓋体105に対応している(例えば、特許文献1参照)。
回転ドラム103の開口103aと蓋体105に対応する水受け槽102の位置には第2の開口102aを形成し、該第2の開口102aと外箱101の前面の開口部との間には、略筒状のゴム等の可撓性材料にて構成されたパッキン部材115を配する。パッキン部材115は、水受け槽102の第2の開口102aに水密的に固着され、かつ外箱101とは蓋体105が閉じた場合には水密的に当接する。
制御装置116は外箱101上部前面に配し、モータ104、給水弁106、排水弁113、などの動作を制御し洗濯、すすぎ、脱水などの一連の行程を逐次制御する制御手段と入力手段、表示手段などで構成されている。
上記構成においてその動作を説明すると、蓋体105を開き回転ドラム103内に洗濯物衣類を投入し電源スイッチ(図示せず)をオンした後、制御装置116に設けたスタートスイッチ(図示せず)を操作して運転を開始すると、給水弁106が動作して給水し、水位検知手段(図示せず)により所定の水位を検知すると給水停止し、モータ104を駆動する。洗濯行程では回転ドラム103は比較的低速回転し、内部の衣類は突起107等にて持ち上げられ適当な高さから落下しその衝撃力で洗濯されるいわゆるたたき洗いを行う。なお回転ドラム103の回転は、突起107の形状にもよるが、衣類の絡まりを少なくする為、左右回転をさせるのが一般的である。
洗濯行程が終了すると、排水弁113を介して水受け槽102内の洗濯水を排水し、すすぎ行程に移行するが、すすぎ行程も回転ドラムの動きは洗濯行程とほぼ同様の動作を行うが、給水弁106などを動作させる注水すすぎ等を行う。脱水行程では、排水後回転ドラム103を高速回転させ、洗濯物の水分を遠心脱水する。
このような構成のドラム式洗濯機の特徴として、洗濯水量が少なくてすむという長所がある一方、洗濯物が十分洗濯水を含まない状態で洗濯行程が開始されるので、洗いに時間がかかるとか、またたたき洗いという小さい機械力のために洗浄力の不足という課題があ
った。
これらの課題を解決するものとして、従来技術として外槽102内に溜まった洗濯水を循環ポンプで吸い上げ、循環された洗濯水を回転ドラム内に戻すことにより洗濯物に洗濯水を十分に給水させて洗浄力を高めようとする技術がある(例えば、特許文献2参照)。
特開平9−215894号公報 特開平9−215893号公報
しかしながら前記従来の構成では、循環された洗濯水が洗濯物に広く的確に噴射されねばならないし、洗濯物に充分な洗濯水をかけるには大型の循環ポンプを必要としたが、回転ドラム内部を確認できないことや上記循環ポンプの騒音に対する疑問等に明確に対応できなかった。
本発明は上記従来の課題を解決するもので、循環ポンプを用いること無く水受け槽内の洗濯水を回転ドラム内に複数個の吐出口より還流させる循環水路を構成し、洗濯物に洗濯水が充分給水され、かつ噴射の衝撃力により洗浄力を高める。そしてこの循環された洗濯水が衣類に噴射されるのを目視できるようにし、どのような洗濯動作をしているのかを確認できることで、使用者に満足感と安心感を提供する。
前記従来の課題を解決するために、回転ドラムの回転による洗濯水の循環水路を構成し、前記回転ドラム内に洗濯水を吐出する2個の吐出口を設け、照明装置は前記2個の吐出口の中間に配設し、制御手段は、モータを駆動し前記回転ドラムを回転させることで循環水路を構成し前記吐出口より洗濯水が前記回転ドラム内に吐出されるとともに、照明装置を点灯または点滅させるようにし、洗濯動作を蓋体外方より視認可能にした。
本発明のドラム式洗濯機は、循環ポンプ等を用いることなく水受け槽内の洗濯水を回転ドラム内に循環し洗濯物に噴射することにより洗浄力を高める動作状態を、蓋体外方より確認でき、使用者に安心感と満足感を与える。また、洗濯物への洗濯水の噴射をムラ無くでき、かつ、その噴射状態を確認しやすくしたものである。
第1の発明は、ガラス等の透視性材料にてなる蓋体を開閉自在に装着した開口部を有した洗濯機の本体と、前記本体内に内包され衣類出入用の第1開口部を有する有底円筒状の水受け槽と、前記水受け槽に回転自在に内包され前記第1開口部に対応して開口する第2開口部と水平方向または水平方向から傾斜した回転軸とを有する有底円筒状の回転ドラムと、前記回転ドラムを回転駆動するモータと、前記水受け槽内への洗濯水の給水を制御する給水手段と、前記第2開口部を介して前記回転ドラムの内部を照らす照明装置と、前記モータ、給水手段、および照明装置等を制御して一連の洗濯、すすぎ、脱水動作を制御する制御手段とを備え、前記水受け槽は、前記回転ドラムの回転に伴って前記水受け槽内を回転する洗濯水が入り込む取水口と、前記取水口と一端が連通する循環水路と、前記循環水路の他端と連通し前記第1開口部の外周近傍の内面側に位置し前記第2開口部を介して前記回転ドラム内に洗濯水を分岐して吐出する2個の吐出口を設け、前記照明装置は前記2個の吐出口の中間に配設し、前記制御手段は、前記モータを駆動し前記回転ドラムを第1の所定回転速度で回転させることで前記吐出口より洗濯水が前記回転ドラム内に吐出されるとともに、前記照明装置を点灯または点滅させるようにしたものである。
これにより洗濯物に洗濯水が噴射されるので、洗濯水は洗濯物に充分給水され、また噴射の衝撃力で洗浄効果が高まる。さらに回転ドラムの回転を活用した循環水路を構成した為、従来例のような別部材の循環ポンプも不要である。そして、照明装置を配したことで、前記循環された洗濯水が洗濯物に広く衝突する状態を、蓋体外方から目視できるようにしたことで、噴射による新たな洗濯方式を確認ができるので、使用者に安心感と満足感を与える。また販売の店頭においても、実運転状態が良く確認できるので、デモンストレーション効果も高まる。
また、洗濯物への洗濯水の噴射をムラ無くでき、かつ、その噴射状態を確認しやすくしたものである。
第2の発明は、特に、第1の発明において、制御手段は、吐出口に近接して配置した照明装置により、吐出されている洗濯水の状態を照らすように制御したことにより、洗濯物へ洗濯水の吐出の視認効果が更に高まる。
の発明は、特に、第1または第2の発明において、制御手段は、洗濯行程およびすすぎ行程のうち、少なくともいずれか一方の行程において、モータを駆動し回転ドラムを第1の所定回転数で回転させることで吐出口より洗濯水を前記回転ドラム内に吐出させる循環吐出工程と、前記モータを駆動し前記回転ドラムを第2の所定回転数で回転させることで前記回転ドラム内の洗濯物を持ち上げて落下させるたたき洗い工程とを有し、少なくとも前記循環吐出工程において、照明装置を点灯または点滅させ、従来のたたき洗い動作では照明動作をさせないことで、循環噴射洗いと、従来のたたき洗い、とを明確に見分けることができる。
の発明は、特に、第1〜のいずれか1つの発明において、制御手段は、洗濯、すすぎ、脱水等の一連の行程が終了後前記蓋体を開いた時に所定時間、または前記蓋体が閉じられるまでの間、照明装置を点灯させるようにしたことにより、該照明装置を洗濯物取り出し忘れ防止用の機能の照明装置と共用とすることが可能となり、製造コストを削減ができ生産性も向上する。
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
(実施の形態1)
図1は、本発明の第1の実施の形態におけるドラム式洗濯機の断面図を示している。図1において、ドラム式洗濯機の本体1内には、有底円筒状の水受け槽6がサスペンション構造(図示せず)によって本体1の正面側から背面側に向かって下向きに傾斜した状態で支持されている。水受け槽6は水受け槽本体2と水受け槽カバー3とで構成され、その接続部分で第1のパッキング部材4を介して水密的に接続固定されている。水受け槽6は、その内側に有底円筒形に形成された回転ドラム5を、その回転軸が本体1の正面側から背面側に向かって下向きに傾斜するように回転自在に支持している。
本体1の正面側には、洗濯物を出し入れするための本体開口部1aが形成されており、さらにその本体開口部1aを開閉自在に、ガラス等の透視性を有する材料にて構成された蓋体8が設けられている。
水受け槽カバー3には、本体開口部1aの対応位置に外槽カバー開口部(第1開口部)3aが設けられており、回転ドラム5には、本体開口部1a及び外槽カバー開口部3aの対応位置に、回転ドラム開口部(第2開口部)5aが設けられている。この本体開口部1a、外槽カバー開口部3a及び回転ドラム開口部5aを介して、本体1の外から回転ドラ
ム5内への洗濯物の出し入れを行う。
回転ドラム5は、回転ドラム開口部5aが設けられた回転ドラム前面部5b、有底円筒状の胴部を構成する回転ドラム胴部5c及び底部を構成する回転ドラム底部5dより構成され、また回転ドラム胴部5cの内面には撹拌突起5eが複数個設けられており、水受け槽本体2の水受け槽本体底部2cの外方に取り付けられた駆動モータ7によって回転駆動され、その回転速度や左右回転方向は可変である。
給水弁(給水手段)9には、給水ホース10aの一端が接続され、給水ホース10aの他端は、注水口金部10bに接続され、回転ドラム5内に給水可能にしている。水受け槽6の給水された洗濯水は、排水管路42を介して、排水弁43の開放により本体1の外部に排出される。
照明装置60は、水受け槽カバー3の、外槽カバー開口部3aに近接して設けている。なお、照明装置60の取り付け構成については、後述する。
制御手段16は、本体1の上方前面に配置し、駆動モータ7、排水弁43、給水弁9、照明装置60などの動作を制御し、洗濯、すすぎ、脱水等の一連の行程を逐次制御する。
図2は、本発明の第1の実施の形態におけるドラム式洗濯機の水受け槽本体2の斜視図である。図3は、同水受け槽カバー3の斜視図である。
水受け槽本体2は、水受け槽本体開口部2a、水受け槽本体胴部2bおよび水受け槽本体底部2cを有する有底円筒型である。
水受け槽本体底部2cと水受け槽本体胴部2bの境界部の近傍であって水受け槽本体底部2c内面には、略凹状に形成された水受け槽本体底溝部2dを、水受け槽本体胴部2bと略同心円の円弧状に形成している。水受け槽本体底溝部2dには、内面側より水受け槽本体底溝部2dに対応した形状の水受け槽本体溝蓋23が、その外周近傍に設けられた第2のパッキング部材24を介して外周部をねじ25にてねじ止め固定されており、この水受け槽本体底溝部2dと水受け槽本体溝蓋23とにより第1の循環水路22が形成されている。
第1の循環水路22の一端である取水口20は、底面が水受け槽本体底溝部2dの底面から水受け槽本体底部2cの内面まで徐々に変化する案内凹部21に連通している。また、水受け槽本体2には、その水受け槽本体胴部2bの外側に、水受け槽本体開口部2aから水受け槽本体底部2cまで連通するパイプ状の第2の循環水路26が一体に形成されており、この第2の循環水路26の水受け槽本体底部2c側の端部が前述の第1の循環水路22の他端に連通している。
図3に従って水受け槽カバー3の構成を説明する。
水受け槽カバー3は、水受け槽カバー開口部3aが設けられた水受け槽カバー前面部3bと、水受け槽カバー胴部3cと、水受け槽カバー後方開口部3dを有する略円筒状に形成されている。
水受け槽カバー3には、その水受け槽カバー胴部3cの外側で、第2の循環水路26に対応する位置に水受け槽カバー後方開口部3dから水受け槽カバー前面部3bまで連通する第3の循環水路27が一体に形成されている。
水受け槽カバー前面部3b内面には、略凹状に形成された水受け槽カバー前面溝部3eを、水受け槽カバー前面部3bの外周側から水受け槽カバー開口部3aに近づくにつれ、途中で二股に分かれるような略Y字状に設けられている。この外槽カバー前面溝部3eには、内面側より外槽カバー前面溝部3eの形状に対応した形状の外槽カバー溝蓋29が、その外周近傍に設けられた第3のパッキング部材30を介して、外周部をねじ31にてねじ止め固定されている。この外槽カバー前面溝部3eと水受け槽カバー溝蓋29とにより、略Y字状の第4の循環水路28が形成されている。
第4の循環水路28の略Y字状の下側端である一端は、第3の循環水路27の水受け槽カバー前面部3b側の端と連通している。水受け槽カバー溝蓋29には、二股に分かれた先端部分の近傍に、洗濯水を吐出するための吐出口34が2箇所それぞれ設けられている。該吐出口34は、水受け槽カバー開口部3aの外周近傍で、かつ、水受け槽カバー前面部3bの内面側であって、図1に示すように、回転ドラム開口部5a内に面するように配設されている。
また、水受け槽本体2と水受け槽カバー3が接続固定され水受け槽6として本体1に支持された状態において、吐出口34は、水受け槽カバー前面部3bの下方に位置し、取水口20より低い位置になるように設けられている。
また、水受け槽本体2と水受け槽カバー3が接続固定された時において、第2の循環水路26と第3の循環水路27は、前述した水受け槽本体2と水受け槽カバー3を接続固定する方法と同様にして第1のパッキング部材4を介して水密的に接続固定されている。
照明装置60は、水受け槽カバー3の略Y字状水受け槽カバー溝蓋29上方中央部分にネジ31にて取り付けられ、発光ダイオードや小型白熱電球等にて構成し回転ドラム5内部を照射可能にしている。
図4は、本発明の第1の実施の形態におけるドラム式洗濯機の照明装置の要部断面図である。
図4において、発光ダイオード8cは、透明材料で防水性を有する円筒容器状のランプケース8a内に、ゴムパッキン8gを介して二枚の押さえ板8u、8vにて防水絶縁しながら装着され、さらに、ランプケース8aはネジ31にて水受け槽カバー前面部3bに固定される。同図4でランプケース8a側は回転ドラム5の内方側である。
図5は、本発明の第1の実施の形態におけるドラム式洗濯機の回転ドラム5の回転ドラム底部5dの平面図(図1の右方Aから矢視)であり、図6は、同回転ドラム5の要部縦断面図である。回転ドラム底部5dは、その外周に外側へ突出するフランジ部5fを設けることで、略凹状に形成され、回転ドラム胴部5cの後端部分と、フランジ部5f部分で、加締または溶接等により固着している。
この回転ドラム底部5dの外面側のフランジ部5f内方には、3本の延設部35aを略放射状に有するアルミダイキャスト製のドラム固定部材35が設けられるとともに、3本の延設部35a間に、それぞれ回転ドラム底部5dの外周に沿うように形成された略円弧状のリブ取付部材37が設けられている。
リブ取付部材37は、外周に後方へ凸の外壁40および内壁41を設けることで、略凹状に形成し、その内部に外壁40と内壁41とを連結する複数本のリブ38を外壁40と内壁41とほぼ同じ高さで、外周側に放射状に形成している。ドラム固定部材35は、モータ7から延出したシャフト7aとその中央部分で連結され、モータ7の回転を回転ドラ
ム5に伝達している。
以上のように構成されたドラム式洗濯機について、以下その動作と作用を説明する。
制御手段16は洗濯行程時、モータ7の駆動により回転ドラム5を第1の所定回転速度にて回転させるが、この第1の所定回転速度は、回転ドラム5の回転に伴う遠心力により洗濯物が、回転ドラム5の内周面に貼りつく程度の回転速度(例えば80r/min)に設定する。回転ドラム5の回転により、洗剤を含んだ洗濯液は回転ドラム5の外底部5dに設けたリブ38によりかき回され、水受け槽胴部2b、水受け槽本体底部2cの境界近傍を回動し、案内凹部21に導かれて取水口20に取り込まれ、第1〜第4の循環水路22、26、27、28、を通り吐出口34より回転ドラム5内に吐出される。
回転ドラム5内の洗濯物は内周面に貼りついている為、洗剤を含む洗濯水は回転ドラム5の回転ごとに洗濯物にふりそそがれ、洗濯水の衝突や、遠心力による洗濯水の洗濯物内の透過により汚れが除去されるいわゆる循環吐出行程の洗濯動作をする。この洗濯水が循環する第1の所定回転速度の場合、制御装置は、照明装置60を制御して発光ダイオード8c等の点灯または点滅を行うことにより、回転ドラム内の洗濯水の動作を視認できる。
なお、図3にて説明したように、吐出口34は、2箇所形成しかつ照明装置60を吐出口34の中間に配置しているが、これは循環水量を多量にして洗浄力を高めるとともに、吐出口34に照明装置60を近接配置せしめて、その2箇所の吐出口34からの吐出状態を1個の照明装置60にて、より視認しやすくする為のものである。
また、制御手段16がモータ7の駆動を、回転ドラム5の回転数が既述の第1の所定回転数より小さい第2の所定回転速度に制御した場合(例えば45r/min)、洗濯物は、突起5eや壁面の摩擦抵抗にてもち上げられるが、その自重にて落下し、次々と位置が変わるたたき洗いの洗濯作用が行われる。上記第2の所定回転数では、回転ドラム5の回転による洗濯液のかき回し力も弱く、取水口20から取り込みも無く既述の循環吐出行程は動作しない、いわゆるたたき洗い行程となり、該たたき洗い行程では、制御装置は、照明装置60を動作させないようにする。これにより循環吐出行程と従来のたたき洗い行程との視覚的区分けが可能となる。
さらに、上記構成において、洗濯、すすぎ、脱水等の一連の行程が終了し、使用者が蓋体8を開いた時に所定時間(例えば10分間)または蓋体8が閉じられるまでの間、照明装置60を点灯させるように制御する。この構成により照明装置60は、回転ドラム5内に洗濯物の衣類の取り出し忘れの防止としても機能させることができるので、生産性やコスト的にもきわめて有用である。
以上のように本発明にかかるドラム式洗濯機は、水受け槽内の洗濯水を回転ドラム内に循環し洗濯物に噴射することにより洗浄力を高める動作状態を、蓋体外方より確認でき、本機器の性能デモンストレーション効果が大きく、使用者に安心感と満足感を与える。
本発明の実施の形態1におけるドラム式洗濯機の断面図 同ドラム式洗濯機の水受け槽本体の斜視図 同ドラム式洗濯機の水受け槽カバーの斜視図 同ドラム式洗濯機の照明装置の要部断面図 同ドラム式洗濯機の図1の右方Aから矢視した回転ドラム底部の平面図 同ドラム式洗濯機の回転ドラムの要部断面図 従来のドラム式洗濯機の断面図
1 本体
5 回転ドラム
6 水受け槽
7 モータ
8 蓋体
9 給水手段
16 制御手段
20 取水口
22 循環水路
34 吐出口
60 照明装置

Claims (4)

  1. ガラス等の透視性材料にてなる蓋体を開閉自在に装着した開口部を有した洗濯機の本体と、前記本体内に内包され衣類出入用の第1開口部を有する有底円筒状の水受け槽と、前記水受け槽に回転自在に内包され前記第1開口部に対応して開口する第2開口部と水平方向または水平方向から傾斜した回転軸とを有する有底円筒状の回転ドラムと、前記回転ドラムを回転駆動するモータと、前記水受け槽内への洗濯水の給水を制御する給水手段と、前記第2開口部を介して前記回転ドラムの内部を照らす照明装置と、前記モータ、給水手段、および照明装置等を制御して一連の洗濯、すすぎ、脱水動作を制御する制御手段とを備え、前記水受け槽は、前記回転ドラムの回転に伴って前記水受け槽内を回転する洗濯水が入り込む取水口と、前記取水口と一端が連通する循環水路と、前記循環水路の他端と連通し前記第1開口部の外周近傍の内面側に位置し前記第2開口部を介して前記回転ドラム内に洗濯水を分岐して吐出する2個の吐出口を設け、前記照明装置は前記2個の吐出口の中間に配設し、前記制御手段は、前記モータを駆動し前記回転ドラムを第1の所定回転速度で回転させることで前記吐出口より洗濯水が前記回転ドラム内に吐出されるとともに、前記照明装置を点灯または点滅させるようにしたドラム式洗濯機。
  2. 制御手段は、吐出口に近接して配置した照明装置により、吐出されている洗濯水の状態を照らすように制御した請求項1記載のドラム式洗濯機。
  3. 制御手段は、洗濯行程およびすすぎ行程のうち、少なくともいずれか一方の行程において、モータを駆動し回転ドラムを第1の所定回転数で回転させることで吐出口より洗濯水を前記回転ドラム内に吐出させる循環吐出工程と、前記モータを駆動し前記回転ドラムを第2の所定回転数で回転させることで前記回転ドラム内の洗濯物を持ち上げて落下させるたたき洗い工程とを有し、少なくとも前記循環吐出工程において、照明装置を点灯または点滅させるようにした請求項1または2に記載のドラム式洗濯機。
  4. 制御手段は、洗濯、すすぎ、脱水等の一連の行程が終了後、前記蓋体を開いた時、所定時間または前記蓋体が閉じられるまでの間、照明装置を点灯させるようにした請求項1〜3のいずれか1項に記載のドラム式洗濯機。
JP2005275711A 2005-09-22 2005-09-22 ドラム式洗濯機 Expired - Fee Related JP4548286B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005275711A JP4548286B2 (ja) 2005-09-22 2005-09-22 ドラム式洗濯機

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005275711A JP4548286B2 (ja) 2005-09-22 2005-09-22 ドラム式洗濯機
CNU2006201366622U CN201021474Y (zh) 2005-09-22 2006-09-20 滚筒式洗衣机
CNB2006101389489A CN100529231C (zh) 2005-09-22 2006-09-20 滚筒式洗衣机

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007082784A JP2007082784A (ja) 2007-04-05
JP4548286B2 true JP4548286B2 (ja) 2010-09-22

Family

ID=37953868

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005275711A Expired - Fee Related JP4548286B2 (ja) 2005-09-22 2005-09-22 ドラム式洗濯機

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP4548286B2 (ja)
CN (2) CN201021474Y (ja)

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4973707B2 (ja) * 2009-09-08 2012-07-11 パナソニック株式会社 ドラム式洗濯機
EP2631349B1 (en) * 2010-01-08 2017-04-26 Panasonic Corporation Washing machine
JP5488388B2 (ja) * 2010-10-20 2014-05-14 パナソニック株式会社 ドラム式洗濯機
JP5639979B2 (ja) * 2011-09-28 2014-12-10 日立アプライアンス株式会社 ドラム式洗濯乾燥機
JP6139574B2 (ja) * 2015-01-19 2017-05-31 東芝ライフスタイル株式会社 ドラム式洗濯機
CN105133248B (zh) * 2015-07-26 2017-12-22 惠而浦(中国)股份有限公司 一种洗衣机桶灯的控制方法
JP6158397B2 (ja) * 2016-05-31 2017-07-05 東芝ライフスタイル株式会社 ドラム式洗濯機
JP2018086232A (ja) * 2016-07-28 2018-06-07 三星電子株式会社Samsung Electronics Co.,Ltd. 洗濯機
JP6894226B2 (ja) * 2016-12-13 2021-06-30 東芝ライフスタイル株式会社 洗濯機
JP6718411B2 (ja) * 2017-06-02 2020-07-08 東芝ライフスタイル株式会社 ドラム式洗濯機
CN109457436B (zh) * 2018-11-08 2020-11-10 山东大成洗涤机械有限公司 一种具有无功势能返流装置的滚筒式洗衣机

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000157781A (ja) * 1998-11-30 2000-06-13 Toshiba Corp ドラム式洗濯機
JP2004173743A (ja) * 2002-11-25 2004-06-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd ドラム式洗濯機
JP2005131115A (ja) * 2003-10-30 2005-05-26 Matsushita Electric Ind Co Ltd 洗濯機

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000157781A (ja) * 1998-11-30 2000-06-13 Toshiba Corp ドラム式洗濯機
JP2004173743A (ja) * 2002-11-25 2004-06-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd ドラム式洗濯機
JP2005131115A (ja) * 2003-10-30 2005-05-26 Matsushita Electric Ind Co Ltd 洗濯機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2007082784A (ja) 2007-04-05
CN201021474Y (zh) 2008-02-13
CN1936153A (zh) 2007-03-28
CN100529231C (zh) 2009-08-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4548286B2 (ja) ドラム式洗濯機
KR100841833B1 (ko) 드럼식 세탁기와 그것을 이용한 세탁 방법
KR100447664B1 (ko) 드럼세탁기
EP2471993A1 (en) Drum type washing machine
JP5142838B2 (ja) 洗濯機
KR101210999B1 (ko) 세탁기 및 그 급속 세탁방법
JP4710539B2 (ja) ドラム式洗濯機
EP2612962B1 (en) Detergent feeding apparatus and washing machine having the same
WO2013042402A1 (ja) 洗濯機
KR101822937B1 (ko) 도광판이 구비된 드럼 세탁기
KR20180057838A (ko) 세탁기 및 그 제어방법
CN101463546A (zh) 洗衣机
JP2006075478A (ja) ドラム式洗濯機
KR102229351B1 (ko) 세탁기
KR20010088209A (ko) 드럼세탁기
US11066776B2 (en) Washing machine
KR200205100Y1 (ko) 보조바스켓을 갖춘 세탁기
KR101957948B1 (ko) 세탁기
JPH10235080A (ja) 洗濯機
KR100268278B1 (ko) 세탁기의 세제 분산 장치
KR200337428Y1 (ko) 세탁기의 세제용해장치
JPH0994376A (ja) 洗濯機
KR20070025486A (ko) 세탁기
KR20040009399A (ko) 세탁기
KR200358902Y1 (ko) 드럼 세탁기의 드럼 프론트

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080214

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20091126

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100316

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100323

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100520

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100615

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100628

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130716

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees