JP4547839B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP4547839B2
JP4547839B2 JP2001224827A JP2001224827A JP4547839B2 JP 4547839 B2 JP4547839 B2 JP 4547839B2 JP 2001224827 A JP2001224827 A JP 2001224827A JP 2001224827 A JP2001224827 A JP 2001224827A JP 4547839 B2 JP4547839 B2 JP 4547839B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
value
reach
jackpot
point
symbol
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001224827A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003033509A (en
Inventor
宏樹 平田
Original Assignee
奥村遊機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 奥村遊機株式会社 filed Critical 奥村遊機株式会社
Priority to JP2001224827A priority Critical patent/JP4547839B2/en
Publication of JP2003033509A publication Critical patent/JP2003033509A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4547839B2 publication Critical patent/JP4547839B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、図柄表示装置に識別図柄を変動状態および変動停止状態で順に表示し、識別図柄の変動停止時の態様によって大当りの抽選結果を報知する構成の遊技機に関する。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】
上記遊技機には、例えばリーチの発生時に特定のリーチパターンを表示することに基づいてリーチが大当りに発展することを確定的に予告する構成のものがある。この構成の場合、大当りの抽選時に複数のリーチパターンの中から特定のリーチパターンをランダムに抽選している。このため、遊技の継続時間が長くても特定のリーチパターンが出現しないことがあるので、時間を費やしたにも拘らず特定のリーチパターンを見ることができない不満を感じることがあり、遊技のおもしろさの点で改善の余地が残されている。
本発明は上記事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、遊技のおもしろさを高めることができる遊技機を提供することにある。
【0003】
【課題を解決するための手段】
請求項1記載の遊技機は、遊技盤に設けられパチンコ球が入賞することが可能な特別図柄始動口と、前記遊技盤に設けられパチンコ球が入賞することが可能な状態および入賞することが不能な状態相互間で切換えられる大入賞口と、パチンコ球が前記特別図柄始動口に入賞した場合に複数の識別図柄のそれぞれが変動状態および変動停止状態で順に表示される図柄表示装置と、パチンコ球が前記特別図柄始動口に入賞した場合に前記大入賞口をパチンコ球が入賞することが可能な状態にする大当りであるか否かを判定するものであって確率変動の状態では非確率変動の状態に比べて大当りであると高い確率で判定する手段と、大当りであると判定された場合に予め決められた複数の変動パターンのうちから1つを選択する手段と、パチンコ球が前記特別図柄始動口に入賞した場合に前記図柄表示装置に複数の識別図柄のそれぞれを変動状態および変動停止状態で順に表示するものであって大当りであると判定された場合には複数の識別図柄を変動停止状態で相互に同一な第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せにすると共に変動パターンの選択結果に応じたリーチパターンの映像を表示することで複数の識別図柄が第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せとなることを視覚的に演出し大当りでないと判定された場合には複数の識別図柄を変動停止状態で第1の大当りの組合せおよび第2の大当りの組合せのいずれとも異なる組合せとする手段と、大当りであると判定された場合には前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せで表示された後に前記大入賞口をパチンコ球が入賞することが可能な状態にする大当り処理を行う手段と、前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せで表示された場合には確率変動の状態とし前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第2の大当りの組合せで表示された場合には非確率変動の状態とする手段と、前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せで表示された場合および第2の大当りの組合せで表示された場合のそれぞれに予め決められた複数の値のうちから1つを選択する手段と、予め決められた複数の値のうちから1つが選択された場合に大当りポイントの値に当該1つの値の選択結果を加算する手段と、大当りポイントの値が加算された場合に大当りポイントの値の加算結果が予め決められた設定値に比べて小さいか否かを判断する手段と、大当りポイントの値の加算結果が設定値に比べて小さいと判断された場合には相互に異なる複数の絵柄のうちから絵柄を選択し大当りポイントの値の加算結果が設定値に比べて小さくないと判断された場合には当該複数の絵柄のいずれとも異なる特定の絵柄を選択する手段と、複数の絵柄のうちから絵柄が選択された場合および特定の絵柄が選択された場合のそれぞれに前記図柄表示装置に大当り処理中に絵柄の選択結果の映像を表示する手段と、特定の絵柄が選択された場合に複数の識別図柄がどのようなリーチパターンで第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せになったかを検出し大当りポイントの値をリーチパターンの検出結果に応じた値にリセットする手段を備え、前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せで表示された場合には第2の大当りの組合せで表示された場合に比べて大きな値が前記1つの値として選択され易く設定されているところに特徴を有している。
上記手段によれば、図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せで表示された場合に大当りポイントの値が加算され、大当りポイントの値が設定値に達した場合に大当り処理中に図柄表示装置に特定の絵柄の映像が表示される。このため、遊技の継続時間が長くなれば特定の絵柄の映像が出現する確率が高くなるので、時間を費やしたにも拘らず特定の映像の映像を見ることができない不満感が解消される。しかも、複数の識別図柄が大当りの組合せとなったときの大当りの組合せの種類およびリーチパターンの種類のそれぞれに応じて大当りポイントの値が変動する。このため、特定の絵柄の映像の出現タイミングにばらつきができるので、総じて、遊技のおもしろさが高まる。
【0026】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の第1実施例を図1ないし図20に基づいて説明する。パチンコホールの台島には、図20に示すように、外枠1が設置されている。この外枠1は前後面が開口する四角筒状をなすものであり、外枠1の左側部には、図19の(a)および(b)に示すように、上下端部に位置して平板状のヒンジ金具2が固定され、両ヒンジ金具2には前面扉3の垂直な両軸4が回動可能に装着されている。
【0027】
前面扉3には、図19の(a)に示すように、横長な長方形状の前板5が左側辺部の垂直な軸(図示せず)を中心に回動可能に装着されており、前板5の左側部には前後面が開口する筒状の払出し口6が固定されている。この前板5の前面には上皿7が固定されており、上皿7内にはパチンコ球P(図20参照)が貯溜されている。
【0028】
前面扉3の前面には、図19の(a)に示すように、右下部に位置して発射ハンドル8が回動可能に装着されており、前面扉3の後面には、図20に示すように、発射ハンドル8の後方に位置して発射モータ9が装着されている。この発射モータ9の回転軸には、図19の(a)に示すように、打球機構(図示せず)を介して打球槌10が連結されており、発射ハンドル8が図19の(a)の時計回り方向へ回動操作されると、発射モータ9に駆動電源が印加され、打球槌10が駆動する。
【0029】
前板5の後面には球送り機構11が装着されている。この球送り機構11は打球槌10に連動して駆動することに基づいて上皿7内のパチンコ球Pを打球槌10に送るものであり、打球槌10は球送り機構11から供給されるパチンコ球Pを叩く。
【0030】
前面扉3の内周面には矩形状の窓枠12が左側辺部の垂直な軸(図示せず)を中心に回動可能に装着されており、窓枠12の内周面には透明なガラス窓13が保持されている。また、前面扉3の後面には機構盤(図示せず)が固定されている。この機構盤には、図18に示すように、遊技盤14が保持されており、遊技盤14は前方からガラス窓13により覆われている。
【0031】
前面扉3の右側部には、図19の(a)に示すように、枠鍵15が装着されており、枠鍵15は前面扉3を外枠1の前端面に密着した閉鎖状態にロックし、窓枠12を前面扉3の内周面に嵌合した閉鎖状態にロックしている。この枠鍵15には鍵(図示せず)が装備されており、枠鍵15に鍵を挿入して図19の(a)の時計回り方向へ回動操作したときには前面扉3のロックが解除され、反時計回り方向へ回動操作したときには窓枠12のロックが解除される。
【0032】
前板5の後面にはロック機構16が装着されており、ロック機構16のロック状態では前板5が前面扉3の内周面に嵌合した閉鎖状態に保持されている。このロック機構16は窓枠12の開放状態で上方から前板5の後方に手を挿入して操作されるものであり、前板5はロック機構16をロック状態からアンロック状態に操作することに基づいて開放される。
【0033】
遊技盤14の前面には、図18に示すように、外レール17および内レール18が固定されており、打球槌10が叩いたパチンコ球Pは外レール17および内レール18間を通して遊技盤14内の上部に放出される。また、遊技盤14には複数の障害釘19が打込まれており、遊技盤14内の上部に放出されたパチンコ球Pは障害釘19に当りながら落下する。
【0034】
遊技盤14には表示台板20が固定されており、表示台板20にはカラー液晶表示器からなる矩形状の図柄表示装置21が保持されている。この図柄表示装置21は横方向の長さ寸法が縦方向の長さ寸法より大きい表示領域ZEを有するものであり、表示領域ZE内には、二点鎖線で示すように、左,中,右の3列の図柄変動領域HEが形成されている。また、図柄表示装置21の下方には特別図柄始動口22が配設されている。この特別図柄始動口22は遊技盤14に固定されたものであり、上面が開口するポケット状をなしている。
【0035】
遊技盤14の後面には、図20に示すように、正方形状のセンタカバー23が固定されており、センタカバー23の後面にはメイン基板ボックス24が固定されている。このメイン基板ボックス24内にはメイン基板25が収納されており、メイン基板25にはマイクロコンピュータを主体に構成されたメイン制御装置26が搭載されている。このメイン制御装置26は、図17の(b)に示すように、CPU27,ROM28,RAM29,入出力インターフェース30を有するものであり、ROM28には遊技動作を総括的に制御するためのメイン制御プログラムが記録されている。
【0036】
メイン制御装置26の入出力インターフェース30には、図17の(a)に示すように、特別図柄始動センサ31が電気的に接続されている。この特別図柄始動センサ31は特別図柄始動口22内に固定された近接スイッチからなるものであり、特別図柄始動口22内にパチンコ球Pが入球したことを検出して特別図柄始動信号(特図始動信号と称する)を出力する。
【0037】
メイン制御装置26の入出力インターフェース30にはマイクロコンピュータを主体に構成されたランプ制御装置75の入出力インターフェースが電気的に接続されている。このランプ制御装置75は入出力インターフェースに加えてCPU,ROM,RAMを有するものであり、ランプ制御装置75のROMにはランプ制御プログラムが記録されている。
【0038】
ランプ制御装置75の入出力インターフェースにはドライブ回路32を介して保留球ランプ33〜36が電気的に接続されている。これら保留球ランプ33〜36は、図18に示すように、表示台板20の上端部に固定されたLEDからなるものであり、ランプ制御装置75はメイン制御装置26からの表示指令をランプ制御プログラムに基づいて処理することに伴い保留球ランプ33〜36を点灯制御する。
【0039】
図柄表示装置21の後面には、図20に示すように、表示基板ボックス37が固定されており、表示基板ボックス37はセンタカバー23により後方から覆われている。この表示基板ボックス37内には表示基板38が収納されており、表示基板38にはマイクロコンピュータを主体に構成された表示制御装置39が搭載されている。
【0040】
表示制御装置39は、図17の(c)に示すように、CPU40,ROM41,RAM42,画像ROM43,画像RAM44,入出力インターフェース45を有するものであり、表示制御装置39の入出力インターフェース45には、図17の(a)に示すように、メイン制御装置26の入出力インターフェース30およびドライブ回路46が電気的に接続され、ドライブ回路46には図柄表示装置21が電気的に接続されている。尚、表示制御装置39のCPU40は累積手段,変更手段,表示制御手段に相当するものである。
【0041】
表示制御装置39のROM41および画像ROM43には表示制御プログラムおよび画像データが記録されており、表示制御装置39のCPU40は画像ROM43の画像データをROM41の表示制御プログラムに基づいて処理することに伴い図柄表示装置21に後述の画面を表示する。この表示処理は表示制御装置39がメイン制御装置26からの指令信号を検出することに基づいて実行するものであり、画像RAM44は画像ROM43の画像データを処理するためのワークエリアとして機能する。
【0042】
遊技盤14の前面には、図18に示すように、特別図柄始動口22の下方に位置して入賞口台板47が固定されており、入賞口台板47には大入賞口48が形成されている。この大入賞口48は前面が開口し且つ後面が閉鎖された四角筒状をなすものであり、大入賞口48の前面には平板状の扉49が水平な両軸50を中心に回動可能に装着されている。
【0043】
扉49は大入賞口ソレノイド51(図17のa参照)のプランジャに機械的に連結されている。この大入賞口ソレノイド51は入賞口台板47の後面に固定されたものであり、大入賞口ソレノイド51の断電時には、図18に示すように、扉49が垂直状態に回動することに基づいて大入賞口48を閉鎖し、大入賞口ソレノイド51の通電時には扉49が前方へ倒れた水平状態に回動することに基づいて大入賞口48を開放する。この大入賞口ソレノイド51は、図17の(a)に示すように、ドライブ回路52を介してメイン制御装置26の入出力インターフェース30に電気的に接続されており、メイン制御装置26は大入賞口ソレノイド51を駆動制御することに基づいて大入賞口48を開閉する。
【0044】
メイン制御装置26の入力出力インターフェース30には大入賞口センサ53が電気的に接続されている。この大入賞口センサ53は大入賞口48内の入口に固定された近接スイッチからなるものであり、大入賞口48内にパチンコ球Pが入球したことを検出して入賞信号を出力する。
【0045】
入賞口台板47には、図18に示すように、大入賞口48内の左奥部および右奥部に位置して孔状の外れ口54および孔状の特別入賞口55が設けられており、大入賞口48内に入賞したパチンコ球Pは外れ口54および特別入賞口55に振分けられる。また、特別入賞口55内にはVセンサ56(図17のa参照)が固定されている。このVセンサ56はパチンコ球Pが特別入賞口55内に入賞したことを検出してV信号を出力する近接スイッチからなるものであり、図17の(a)に示すように、メイン制御装置26の入出力インターフェース30に電気的に接続されている。
【0046】
センタカバー23の外周部には、図20に示すように、矩形枠状のメインセット57が配設されており、メインセット57の右側辺部は前面扉3の後面にヒンジ金具(図示せず)を介して回動可能に装着されている。これら前面扉3およびメインセット57にはフックおよびピン(いずれも図示せず)が装着されており、メインセット57はフックをピンに引掛けることに基づいてセンタカバー23の外周部に位置する閉鎖状態にロックされている。
【0047】
メインセット57の上端部には球タンク58が固定されている。この球タンク58は上面が開口する容器状をなすものであり、球タンク58内にはパチンコ球Pが貯溜されている。また、メインセット57には傾斜樋状のタンクレール59および球払出しケース60が固定されており、球払出しケース60内には球通路61が形成されている。この球通路61はタンクレール59を介して球タンク58内に繋がるものであり、球通路61内には球タンク58内からタンクレール59内を通してパチンコ球Pが一列に充填される。
【0048】
球払出しケース60内には球払出し機構が収納されている。この球払出し機構は球払出しモータ62を駆動源とするものであり、球払出しモータ62の駆動時には球通路61内のパチンコ球Pが球払出しケース60の下方へ放出される。
【0049】
メインセット57には下皿通路63が設けられている。この下皿通路63の上端部は球払出しケース60の球通路61に繋がっており、球通路61内から放出されるパチンコ球Pは下皿通路63内を落下する。また、下皿通路63の途中部分には上皿通路64が設けられている。この上皿通路64は前板5の閉鎖状態で前板5の払出し口6に繋がるものであり、パチンコ球Pは下皿通路63内から上皿通路64内に転がり込み、払出し口6を通して上皿7内に払出される。
【0050】
前面扉3には、図19の(a)に示すように、上皿7の下方に位置して払出し口65が固定されている。この払出し口65は前後面が開口する筒状をなすものであり、払出し口65の後面はメインセット57の閉鎖状態で下皿通路63の下端部に接続される。また、前面扉3の前面には払出し口65の前方に位置して下皿66が固定されており、パチンコ球Pが上皿7内から溢れて上皿通路64内に充満した状態では下皿通路63および払出し口65を通して下皿66内に払出される。
【0051】
メインセット57は後面には、図20に示すように、賞球基板ボックス67が固定されている。この賞球基板ボックス67内には賞球基板68が収納されており、賞球基板68にはマイクロコンピュータを主体に構成された賞球制御装置69が搭載されている。この賞球制御装置69は、図17の(d)に示すように、CPU70,ROM71,RAM72,入出力インターフェース73を有するものであり、ROM71にはパチンコ球Pの払出し動作を制御するための賞球制御プログラムが記録されている。
【0052】
賞球制御装置69の入出力インターフェース73には、図17の(a)に示すように、メイン制御装置26の入出力インターフェース30が電気的に接続されており、メイン制御装置26は特別図柄始動センサ31からの特図始動信号または大入賞口センサ53からの入賞信号を検出すると、賞球制御装置69にパチンコ球Pの払出し信号を出力する。すると、賞球制御装置69のCPU70は払出し信号を賞球制御プログラムに基づいて処理し、球払出しモータ62の駆動内容を設定する。
【0053】
賞球制御装置69の入出力インターフェース73にはドライブ回路74を介して球払出しモータ62が電気的に接続されており、賞球制御装置69のCPU70は球払出しモータ62を駆動内容の設定結果に基づいて駆動制御し、パチンコ球Pを上皿7内または下皿66内に払出す。
【0054】
上皿7には、図19の(a)に示すように、複数のスリットからなる出音口76が形成されている。この出音口76の後方にはスピーカ77が固定されており、スピーカ77は、図17の(a)に示すように、ドライブ回路78を介してスピーカ制御装置79の入出力インターフェースに電気的に接続されている。このスピーカ制御装置79はマイクロコンピュータを主体に構成されたものであり、入出力インターフェースに加えてCPU,ROM,RAMを有している。
【0055】
スピーカ制御装置79の入出力インターフェースにはメイン制御装置26の入出力インターフェース30が電気的に接続されており、メイン制御装置26は図柄の変動時,リーチの発生時,大当りの発生時等にスピーカ制御装置79に効果音指令を出力する。このスピーカ制御装置79のROMには複数の効果音データが記録されており、スピーカ制御装置79はメイン制御装置26からの効果音指令に応じた効果音データをROMから読み出す。そして、スピーカ77を効果音データに基づいて駆動制御し、スピーカ77から効果音データに応じた効果音を出力する。
【0056】
メイン制御装置26の入出力インターフェース30にはリセットスイッチに相当する初期化スイッチ80が電気的に接続されている。この初期化スイッチ80は、図20に示すように、前面扉3の後面側に装着されたものであり、初期化スイッチ80の操作時にはメイン制御装置26にリセット信号が出力される。また、初期化スイッチ80の近傍には電源スイッチ81が装着されており、メイン制御装置26,表示制御装置39,賞球制御装置69,ランプ制御装置75,スピーカ制御装置79等には電源スイッチ81の操作に基づいて駆動電源が供給される。
【0057】
次に上記構成の作用について説明する。尚、下記動作はメイン制御装置26のCPU27および表示制御装置39のCPU40がROM28およびROM41に記録された制御プログラムに基づいて実行するものである。メイン制御装置26は初期化スイッチ80および電源スイッチ81が同時操作されると、図11のステップS1へ移行する。ここで、大当り値に1個の設定値「7」を投入することに基づいて大当り確率を通常値にセットし、表示制御装置39にイニシャル指令を出力する(イニシャル処理)。
【0058】
表示制御装置39は図2のステップS30でイニシャル指令を検出すると、ステップS31へ移行する。そして、図柄表示装置21の図柄変動領域HE内に 「1」,「2」,「3」の数字図柄ZSを表示し、「1」,「2」,「3」の数字図柄ZSの後方に男性社長のキャラクター図柄Zmおよび女性事務員のキャラクター図柄Zw(いずれも図4のa参照)を有する背景を表示する。尚、数字図柄ZSは識別図柄に相当するものである。
【0059】
メイン制御装置26は図11のステップS2でカウンタデータを検出すると、ステップS3へ移行する。このカウンタデータはメイン制御装置26が特別図柄始動センサ31からの特図始動信号を検出することに基づいて割込みルーチンで取得するものであり、その処理内容は次の通りである。
【0060】
<データ取得処理について>
メイン制御装置26は特別図柄始動センサ31からの特図始動信号を検出すると、図12のステップS201へ移行し、RAM29のカウンタデータエリアを参照する。このカウンタデータエリアは、図13に示すように、保留データ記録部▲1▼〜▲5▼からなるものであり、保留データ記録部▲1▼〜▲5▼には保留データ記録部▲1▼,保留データ記録部▲2▼,保留データ記録部▲3▼,保留データ記録部▲4▼,保留データ記録部▲5▼の順で記録順序が設定されている。
【0061】
メイン制御装置26は図12のステップS201で保留データ記録部▲1▼〜▲5▼に空欄がないことを検出すると、処理を終える。また、ステップS201で保留データ記録部▲1▼〜▲5▼に空欄があることを検出したときにはステップS202へ移行する。
【0062】
メイン制御装置26はステップS202へ移行すると、特図始動信号の検出タイミングで大当りカウンタ値No,リーチカウンタ値Nr,変動パターンカウンタ値Nh,大当り図柄カウンタ値Noz,外れ図柄カウンタ値Nhzを取得する。これら大当りカウンタNo〜外れ図柄カウンタNhzは、図14に示すように、「0」から上限値に加算された後に「0」に戻って加算されるものであり、メイン制御装置26は大当りカウンタ値No〜外れ図柄カウンタ値Nhzを取得すると、大当りカウンタ値No〜外れ図柄カウンタ値Nhzを1セットとして記録順序に応じた先頭の空欄に記録する。尚、大当りカウンタNo〜外れ図柄カウンタNhzはメイン制御装置26の内部クロックパルス信号に基づいて加算される。
【0063】
メイン制御装置26は大当りカウンタ値No〜外れ図柄カウンタ値Nhzを記録すると、図12のステップS203へ移行し、保留データ記録部▲2▼〜▲5▼の記録状態を検出する。ここで、保留データ記録部▲2▼〜▲5▼にカウンタデータが記録されていないことを検出したときには処理を終える。また、保留データ記録部▲2▼〜▲5▼にカウンタデータが記録されていることを検出したときにはステップS204へ移行する。
【0064】
保留データ記録部▲2▼〜▲5▼には、図13に示すように、保留球ランプ33〜36が割付けられており、メイン制御装置26は図12のステップS204へ移行すると、カウンタデータが記録されている保留データ記録部▲2▼〜▲5▼に対応する保留球ランプ33〜36の点灯指令をランプ制御装置75に出力する。
【0065】
ランプ制御装置75はメイン制御装置26からの点灯指令を検出すると、保留球ランプ33〜36のうち点灯指定に応じたものを点灯させる。従って、保留データ記録部▲1▼にカウンタデータが記録されている状態で特別図柄始動口22内にパチンコ球Pが入賞したときには保留データ記録部▲2▼〜▲5▼に当該順序でカウンタデータが記録され、保留球ランプ33〜36が当該順序で点灯する。
【0066】
<外れ時の制御内容について>
メイン制御装置26は図11のステップS3へ移行すると、保留データ記録部▲1▼のカウンタデータを検出し、ステップS4で保留データ記録部▲1▼の大当りカウンタ値Noを大当り値「7」と比較する。ここで、両者が相違していることを検出したときには外れと判定してステップS5へ移行し、保留データ記録部▲1▼のリーチカウンタ値Nrをリーチ値「7」および「14」と比較する。これらリーチ値「7」および「14」はメイン制御装置26のROM28に予め記録されたものであり、メイン制御装置26はリーチカウンタ値Nrがリーチ値「7」および「14」と相違していることを検出すると、ステップS6へ移行する。
【0067】
メイン制御装置26のROM28には外れ図柄テーブルが記録されている。この外れ図柄テーブルは外れ図柄と外れ図柄カウンタ値Nhzとの関係を示すものであり、外れ図柄は左列の数字図柄ZSと中列の数字図柄ZSと右列の数字図柄ZSとの組合せから構成され、左列の数字図柄ZSと右列の数字図柄ZSとは異なる値に設定されている。尚、外れ図柄テーブルには各列の数字図柄ZSとして 「1」〜「12」のいずれかが記録されている。
【0068】
メイン制御装置26は図11のステップS6へ移行すると、保留データ記録部▲1▼の外れ図柄カウンタ値Nhzに応じた外れ図柄をROM28の外れ図柄テーブルから取得し、ステップS7へ移行する。ここで、変動パターンを「4」に設定し、ステップS8へ移行する。
【0069】
メイン制御装置26はステップS8へ移行すると、表示制御装置39に制御情報を出力する。この制御情報は外れの判定結果と外れ図柄の設定結果と変動パターンとを有するものであり、メイン制御装置26は表示制御装置39に制御情報を出力すると、ステップS9で表示制御装置39に図柄変動指令を出力する。
【0070】
表示制御装置39は図2のステップS32で制御情報を検出すると、RAM42に記録してステップS33へ移行し、制御情報の変動パターンを「4」と比較する。ここでは変動パターンとしてRAM42に「4」が記録されているので、「YES」と判断してステップS36へ移行し、メイン制御装置26からの図柄変動指令を待つ。
【0071】
表示制御装置39はステップS36でメイン制御装置26からの図柄変動指令を検出すると、ステップS37へ移行し、図柄表示装置21の各列の数字図柄ZSを下から上の縦方向に変動させる。これら各列の数字図柄ZSの変動は表示制御装置39のROM41に予め記録された順序で行われるものであり、各列の数字図柄ZSの変動順序は「1」→「2」…「11」→「12」→「1」→「2」…である。
【0072】
表示制御装置39は図柄の変動を開始すると、ステップS38へ移行し、変動パターンに応じた演出画面を図柄表示装置21に表示する。ここでは変動パターン「4」が設定されているので、演出画面として図柄表示装置21の各列が制御情報で指定された数字図柄ZSで仮停止する様子が表示される。この数字図柄ZSの仮停止は左列→右列→中列の順序で行われるものであり、表示制御装置39は各列の数字図柄ZSを仮停止させると、ステップS39へ移行し、メイン制御装置26からの図柄確定指令を待つ。
【0073】
メイン制御装置26は図11のステップS9で図柄変動指令を出力すると、ステップS10で演出表示時間Teの経過を待つ。この演出表示時間Teは表示制御装置39が図2のステップS38で演出画面を表示するのに要する時間に相当するものであり、メイン制御装置26が変動パターン「4」に基づいて設定するものである。
【0074】
メイン制御装置26は図11のステップS10で演出表示時間Teの経過を検出すると、ステップS11で表示制御装置39に図柄確定指令を出力する。すると、表示制御装置39は図2のステップS39で図柄確定指令を検出し、ステップS40で各列の数字図柄ZSを仮停止図柄ZSで確定させる。そして、ステップS41で制御情報として大当りが記録されていないことを検出し、ステップS32に復帰する。
【0075】
メイン制御装置26は図柄確定指令を出力すると、図11のステップS12へ移行し、保留データ記録部▲1▼のカウンタデータを消去する。そして、保留データ記録部▲2▼〜▲5▼にカウンタデータが記録されているときにはカウンタデータを前段の保留データ記録部▲1▼〜▲4▼に移動させ、保留データ記録部▲2▼〜▲5▼のうち空欄にしたものに対応する保留球ランプ33〜36の消灯指令をランプ制御装置75に出力する。すると、ランプ制御装置75は保留球ランプ33〜36のうち消灯指令に応じたものを消灯する。
【0076】
<外れリーチ時の制御内容について>
メイン制御装置26は図11のステップS5で保留データ記録部▲1▼のリーチカウンタ値Nrがリーチ値「7」または「14」であることを検出すると、ステップS13のリーチ処理へ移行する。そして、図15のステップS121で外れ図柄テーブルから保留データ記録部▲1▼の外れ図柄カウンタ値Nhzに応じた外れ図柄を取得し、ステップS122へ移行する。
【0077】
メイン制御装置26はステップS122へ移行すると、外れ図柄の左列の数字図柄ZSと中列の数字図柄ZSとを比較する。ここで、左列の数字図柄ZSと中列の数字図柄ZSとが同一であることを検出すると、ステップS123へ移行し、右列の数字図柄ZSを左列にコピーする。例えば外れ図柄が「1 1 2」であるときには右列の「2」の数字図柄ZSが左列にコピーされ、外れリーチ図柄が「2 1 2」に設定される。
【0078】
メイン制御装置26はステップS122で左列の数字図柄ZSと中列の数字図柄ZSとが相違していることを検出すると、ステップS124へ移行し、左列の数字図柄ZSを右列にコピーする。例えば外れ図柄が「1 2 4」であるときには左列の「1」の数字図柄ZSが右列にコピーされ、外れリーチ図柄が「1 2 1」に設定される。
【0079】
メイン制御装置26はリーチ処理を終えると、図11のステップS14へ移行する。ここで、保留データ記録部▲1▼の変動パターンカウンタ値Nhを検出し、変動パターンを変動パターンカウンタ値Nhに設定する。この変動パターンカウンタ値Nhはメイン制御装置26が図12のデータ取得処理で取得するものであり、図14に示すように、「0」〜「3」の中からランダムに設定される。
【0080】
メイン制御装置26は変動パターンを設定すると、図11のステップS8で表示制御装置39に制御情報を出力し、ステップS9で図柄変動指令を出力する。この制御情報は外れリーチの判定結果と外れリーチ図柄の設定結果と変動パターンとを有するものであり、表示制御装置39は図2のステップS32で制御情報を検出すると、RAM42に記録してステップS33へ移行する。
【0081】
表示制御装置39はステップS33へ移行すると、制御情報の変動パターンを「4」と比較する。ここでは変動パターンとして「0」〜「3」のいずれかが設定されているので、ステップS34へ移行し、リーチパターンカウンタ値Nrを取得する。このリーチパターンカウンタ値Nrは「0」から「99」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、表示制御装置39はリーチパターンカウンタ値Nrを取得すると、ステップS35へ移行する。尚、リーチパターンカウンタNrは表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて加算されるものである。
【0082】
表示制御装置39のROM41には外れリーチ用のリーチパターンテーブルが記録されている。このリーチパターンテーブルは、図3の(a)に示すように、変動パターンとリーチパターンとの対応関係を示すものであり、表示制御装置39は図2のステップS35へ移行すると、図3の(a)のリーチパターンテーブルから変動パターンNhおよびリーチパターンカウンタ値Nrに応じたリーチパターンを取得する。
【0083】
表示制御装置39はリーチパターンを設定すると、図2のステップS37で上述の図柄変動画面の表示を開始し、ステップS38へ移行する。ここで、図柄表示装置21の左列および右列を制御情報の数字図柄ZSで仮停止させ、図4の(a)に示すように、リーチを発生させる。そして、図2のステップS35で設定したリーチパターンA〜Eを選択的に表示する。これら各リーチパターンA〜Eは左列,中列,右列の数字図柄ZSの組合わせが決まる様子(中列の数字図柄ZSが仮停止する様子)を演出する動画面を称するものであり、以下、リーチパターンA〜EのうちBおよびCについて説明する。
【0084】
<リーチパターンBについて>
表示制御装置39はリーチを発生させると、図4の(b)に示すように、左列の数字図柄ZSおよび右列の数字図柄ZSを画面の左下部に縮小表示する。次に、SM嬢に扮した女性事務員のキャラクター図柄Zwおよび裸になった男性社長のキャラクター図柄Zmを登場させ、女性事務員のキャラクター図柄Zwが社長のキャラクター図柄Zmにローソクを垂らす演出のアニメーション画面を表示する。このとき、中列の数字図柄ZSを種類が識別できる程度の速度でスロー変動させ、制御情報で指定されたもので仮停止させる。そして、図4の(c)に示すように、社長のキャラクター図柄Zmの顔を画面一杯に表示し、中列の数字図柄ZSが仮停止したことを遊技者に認識させる。
【0085】
<リーチパターンCについて>
表示制御装置39はリーチを発生させると、図5の(b)に示すように、左列の数字図柄ZSおよび右列の数字図柄ZSを画面の左上部に縮小表示する。そして、ハイヒールのリーチアクション図柄Zhを登場させ、中列の数字図柄ZSが右から左の横方向にスロー変動する様子を演出する。このとき、図5の(c)に示すように、ハイヒールのリーチアクション図柄Zhが制御情報で指定された数字図柄ZSを踏みつぶす様子を演出し、中列の数字図柄ZSが仮停止したことを遊技者に認識させる。
【0086】
メイン制御装置26は図11のステップS9で図柄変動指令を出力すると、ステップS10で演出表示時間Teの経過を待つ。この演出表示時間Teはメイン制御装置26が変動パターンに基づいて設定するものであり、メイン制御装置26は演出表示時間Teの経過を検出すると、ステップS11で表示制御装置39に図柄確定指令を出力する。尚、変動パターンが異なる同種のリーチパターン (例えば図3のaの変動パターン「0」のハイヒールリーチと変動パターン「1」のハイヒールリーチ)は演出表示時間Teが相違している。
【0087】
表示制御装置39は変動パターンA〜Eの中で中列の数字図柄ZSを仮停止させると、図2のステップS39でメイン制御装置26からの図柄確定指令を検出する。そして、ステップS40で制御情報の左列の数字図柄ZSと中列の数字図柄ZSと右列の数字図柄ZSとを1本の仮想的な有効ラインYLに沿って表示し、各列の数字図柄ZSの後方に社長のキャラクター図柄Zmおよび女性事務員のキャラクター図柄Zwを有する背景を表示する(確定画面の表示)。次に、ステップS41で制御情報として大当りが記録されていないことを検出し、ステップS32に復帰する。尚、図4の(d)および図5の(d)は外れリーチ時の確定画面を示している。
【0088】
<大当り時の制御内容について>
メイン制御装置26のROM28には大当り図柄テーブルが記録されている。この大当り図柄テーブルは大当り図柄と大当り図柄カウンタ値Nozとの関係を示すものであり、大当り図柄は左列の数字図柄ZSと中列の数字図柄ZSと右列の数字図柄ZSとの組合せから構成され、左列の数字図柄ZS〜右列の数字図柄ZSは「1」〜「12」のうちの同一値に設定されている。
【0089】
メイン制御装置26は図11のステップS4で保留データ記録部▲1▼の大当りカウンタ値Noが大当り値「7」と同一であることを検出すると、大当りと判定してステップS15へ移行する。ここで、保留データ記録部▲1▼の大当り図柄カウンタ値Nozに応じた大当り図柄を大当り図柄テーブルから取得し、ステップS16へ移行する。
【0090】
メイン制御装置26はステップS16へ移行すると、変動パターンを変動パターンカウンタ値Nhに設定する。そして、ステップS17で表示制御装置39に制御情報を出力し、ステップS18で表示制御装置39に図柄変動指令を出力する。この制御情報は大当りの判定結果と大当り図柄の設定結果と変動パターンとを有するものであり、表示制御装置39は図2のステップS32で制御情報を検出すると、RAM42に記録してステップS33へ移行する。
【0091】
表示制御装置39はステップS33へ移行すると、制御情報の変動パターンを「4」と比較する。ここでは変動パターンとして「0」〜「3」のいずれかが設定されているので、ステップS34でリーチパターンカウンタ値Nrを取得し、ステップS35へ移行する。
【0092】
表示制御装置39のROM41には大当り用のリーチパターンテーブルが記録されている。このリーチパターンテーブルは、図3の(b)に示すように、変動パターンとリーチパターンとの対応関係を示すものであり、表示制御装置39は図2のステップS35へ移行すると、図3の(b)のリーチパターンテーブルから変動パターンNhおよびリーチパターンカウンタ値Nrに基づいてリーチパターンを取得する。
【0093】
表示制御装置39は図2のステップS36でメイン制御装置26からの図柄変動指令を検出すると、ステップS37で図柄表示装置21の各列の数字図柄ZSを変動させる。そして、ステップS38へ移行し、演出画面としてステップS35で設定したリーチパターンを表示する。尚、図4の(e)および図5の(e)は大当り判定時のリーチパターンBおよびCで中列の数字図柄ZSが仮停止した様子を示している。
【0094】
メイン制御装置26は図11のステップS18で図柄変動指令を出力すると、ステップS19で演出表示時間Teの経過を待つ。この演出表示時間Teは、上述したように、メイン制御装置26が変動パターンに基づいて設定するリーチパターンの表示時間に相当するものであり、メイン制御装置26は演出表示時間Teの経過を検出すると、ステップS20で表示制御装置39に図柄確定指令を出力する。尚、変動パターンが異なる同種のリーチパターンは演出表示時間Teが相違している。
【0095】
表示制御装置39はリーチパターンA〜Eの中で中列の数字図柄ZSを仮停止させると、図2のステップS39でメイン制御装置26からの図柄確定指令を検出する。そして、ステップS40で制御情報の左列の数字図柄ZSと中列の数字図柄ZSと右列の数字図柄ZSとを1本の有効ラインYLに沿って表示し、各列の数字図柄ZSの後方に社長のキャラクター図柄Zmおよび女性事務員のキャラクター図柄Zwを有する背景を表示する(確定画面の表示)。尚、図4の(f)および図5の(f)は大当り判定時の確定画面を示している。
【0096】
表示制御装置39は図2のステップS40で図柄を確定させると、ステップS41へ移行する。ここで、制御情報として大当りが記録されていることを検出し、ステップS42のポイント加算処理へ移行する。このポイント加算処理は大当りポイントPoを累積的に加算するものであり、ポイント加算処理の詳細は次の通りである。
【0097】
<ポイント加算処理について>
表示制御装置39は図6の(a)のステップS391でポイントカウンタ値Npを取得する。このポイントカウンタ値Npは表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて「0」および「1」に交互にカウントされるものであり、表示制御装置39はポイントカウンタ値Npを取得すると、ステップS392へ移行する。
【0098】
表示制御装置39はステップS392へ移行すると、制御情報の左列の数字図柄ZS〜右列の数字図柄ZSが奇数(確率変動図柄)であるか、偶数(非確率変動図柄)であるかを判断する。ここで、確率変動図柄であると判断したときにはステップS393へ移行し、図6の(b)の確率変動用のポイントテーブルからポイントカウンタ値Npに応じた大当りポイントPo´を取得する。また、図6の(a)のステップS392で非確率変動図柄であると判断したときにはステップS394へ移行し、図6の(c)の非確率変動用のポイントテーブルからポイントカウンタ値Npに応じた大当りポイントPo´を取得する。尚、図6の(b)および(c)のポイントテーブルは表示制御装置39のROM41に予め記録されたものである。
【0099】
表示制御装置39は大当りポイントPo´を取得すると、図6の(a)のステップS395へ移行する。そして、ステップS393またはS394で取得した大当りポイントPo´を大当りポイントPoに加算する(Po+Po´→Po)。この大当りポイントPoは初期化スイッチ80および電源スイッチ81の同時操作に基づいて開店値(13)にリセットされるものであり、表示制御装置39は大当りポイントPoを加算すると、ポイント加算処理を終える。
【0100】
表示制御装置39はポイント加算処理を終えると、図2のステップS43のコスチューム設定処理へ移行する。このコスチューム設定処理は女性事務員のキャラクター図柄Zwに着せるコスチュームを図8のコスチューム1〜5の中から選択するものであり、コスチューム設定処理の詳細は次の通りである。
【0101】
<コスチューム設定処理について>
表示制御装置39は図7の(a)のステップS401で大当りポイントPoを設定値Max(15)と比較する。ここで「Po≧Max」を検出すると、ステップS402で1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームとして図8のコスチューム5を設定する。また、図7の(a)のステップS401で「Po<Max」を検出すると、ステップS403へ移行する。
【0102】
表示制御装置39はステップS403へ移行すると、コスチュームカウンタ値Ncを取得する。このコスチュームカウンタ値Ncは表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて「0」から「99」に加算された後に「0」に戻って加算されるものであり、表示制御装置39はコスチュームカウンタ値Ncを取得すると、ステップS404へ移行する。
【0103】
表示制御装置39のROM41には、図7の(b)に示すように、コスチュームテーブルが記録されている。このコスチュームテーブルはコスチュームカウンタ値Ncとコスチュームとの対応関係を示すものであり、表示制御装置39は図7の(a)のステップS404へ移行すると、コスチュームカウンタ値Ncに応じたコスチュームをコスチュームテーブルから検出し、1回目のコスチュームとして設定する。
【0104】
表示制御装置39は1回目のコスチュームを設定すると、ステップS405へ移行し、コスチュームカウンタ値Ncを取得する。そして、ステップS406でコスチュームカウンタ値Ncに応じたコスチュームをコスチュームテーブルから検出し、ステップS407へ移行する。ここで、ステップS404で設定した1回目のコスチュームとステップS406で検出したコスチュームとが相違していることを検出したときにはステップS408へ移行し、ステップS406で検出したコスチュームを2回目のコスチュームとして設定する。
【0105】
表示制御装置39はステップS404で設定した1回目のコスチュームとステップS406で検出したコスチュームとが同一であることを検出すると、ステップS407からS405に復帰する。そして、ステップS404で設定した1回目のコスチュームと相違するコスチュームを検出するまでステップS405〜S407を繰返し、ステップS408で2回目のコスチュームとして設定する。
【0106】
表示制御装置39は2回目のコスチュームを設定すると、ステップS409でコスチュームカウンタ値Ncを取得し、ステップS410でコスチュームカウンタ値Ncに応じたコスチュームをコスチュームテーブルから検出し、ステップS411へ移行する。ここで、ステップS410で検出したコスチュームがステップS404で設定した1回目のコスチュームおよびステップS408で設定した2回目のコスチュームと相違していることを検出したときにはステップS412へ移行し、ステップS410で検出したコスチュームを3回目のコスチュームとして設定する。
【0107】
表示制御装置39はステップS410で検出したコスチュームがステップS404で設定した1回目のコスチュームまたはステップS408で設定した2回目のコスチュームと同一であることを検出すると、ステップS411からS409に復帰する。そして、ステップS404で設定した1回目のコスチュームおよびステップS408で設定した2回目のコスチュームと相違するコスチュームを検出するまでステップS409〜S411を繰返し、ステップS412で3回目のコスチュームとして設定する。
【0108】
尚、図7の(b)の右列はコスチュームの選択確率を示すものであり、コスチューム1の選択確率は最高の50%に設定され、コスチューム2の選択確率は20%に設定されている。また、コスチューム3の選択確率はコスチューム2と同一の20%に設定され、コスチューム4の選択確率は最低の10%に設定されている。
【0109】
メイン制御装置26は図11のステップS20で図柄確定指令を出力すると、ステップS21の大当り処理を実行する。以下、メイン制御装置26が実行する大当り処理および表示制御装置39が大当り処理に連動して実行する大当り表示処理について説明する。
【0110】
<大当り処理および大当り表示処理について>
メイン制御装置26は図16のステップS181でラウンドカウンタ値Rに「1」をセットし、ステップS182で表示制御装置39にラウンドカウンタ値Rを出力し、ステップS183およびS184へ移行する。そして、VフラグFvおよび入賞個数カウンタ値Nに「0」をセットし、ステップS185へ移行する。ここで、大入賞口ソレノイド51を駆動することに基づいて大入賞口48を開放し、ステップS186へ移行する。
【0111】
表示制御装置39は図9のステップS421でラウンドカウンタ値Rを検出すると、ステップS422へ移行し、入賞個数カウンタ値Nnを「0」にクリアする。そして、ステップS423へ移行し、メイン制御装置26からのラウンドカウンタ値Rを「1」,「6」,「11」と比較する。この場合には「R=1」を検出してステップS424へ移行し、エリアカウンタ値Neに「1」をセットする。次に、ステップS426へ移行し、1R〜5R用のコスチュームとして図7の(a)のステップS404で設定した1回目のコスチュームをセットし、図9のステップS427へ移行する。
【0112】
表示制御装置39のROM41にはエリアテーブルが記録されている。このエリアテーブルは、図10の(a)〜(e)に示すように、コスチューム1〜5の女性事務員のキャラクター図柄Zwを5個の表示エリアに分割し、各表示エリアにエリアコードを付与したものであり、表示制御装置39は図9のステップS427へ移行すると、1R〜5R用のコスチュームの中からエリアカウンタ値Neに応じたエリアコードを選択し、エリアコードに応じた画像データを画像ROM43から検出する。例えば1R〜5R用のコスチュームとして「1」がセットされ、エリアカウンタ値として「1」がセットされているときには図10の(a)のエリアコード1−▲1▼が選択され、エリアコード1−▲1▼の画像データが画像ROM43から検出される。
【0113】
表示制御装置39は画像データを検出すると、図9のステップS428へ移行へ移行し、図1の(a)に示すように、画像データに基づいてラウンド画面を表示する。このラウンド画面は女性事務員のキャラクター図柄Zwのうちエリアコードで確定される一部分を表示したものであり、キャラクター図柄Zwは図9のステップS426でセットしたコスチュームで表示され、キャラクター図柄Zwの左上部にはラウンドカウンタ値Rに応じたラウンド数の文字図柄Zrが表示される。尚、女性事務員のキャラクター図柄Zwは大当り動作の実行中に表示される絵柄に相当するものである。
【0114】
メイン制御装置26は図16のステップS186へ移行すると、パチンコ球Pの大入賞口48に対する入賞の有無を入賞信号に基づいて検出する。ここで、入賞信号を検出したときにはステップS187で入賞個数カウンタ値Nに「1」を加算し、ステップS188で表示制御装置39に入賞信号を出力する。
【0115】
メイン制御装置26は入賞信号を出力すると、ステップS189へ移行し、入賞個数カウンタ値NをROM28に予め記録された上限値Nmax (10個)と比較する。ここで、「入賞個数カウンタ値N<上限値Nmax 」を検出したときにはステップS190へ移行し、Vセンサ56からの出力信号を判断する。そして、Vセンサ56からV信号が出力されていないことを検出したときにはステップS191へ移行し、Vセンサ56からのV信号を検出したときにはステップS192へ移行する。
【0116】
メイン制御装置26はステップS192へ移行すると、表示制御装置39にV信号を出力し、ステップS193へ移行する。ここで、VフラグFvをオンし (1→Fv)、ステップS191へ移行する。
【0117】
メイン制御装置26は大入賞口48の開放時間Toをカウントしており、ステップS191へ移行すると、開放時間ToをROM28に予め記録された上限値Tmax (29.5秒)と比較する。ここで、「開放時間To<上限値Tmax 」を検出したときにはステップS186に復帰し、ステップS186〜S193を繰返す。
【0118】
表示制御装置39は図9のステップS429でメイン制御装置26からの入賞信号を検出すると、ステップS430へ移行し、入賞個数カウンタ値Nnに「1」を加算する。そして、ステップS431へ移行し、図1の(a)に示すように、ラウンド数の右側に入賞個数カウンタ値Nnに応じた個数のパチンコ球Pの絵図柄Zpを表示することに基づいて大入賞口48に対する入賞個数を遊技者に認識させる。
【0119】
表示制御装置39は図9のステップS432でメイン制御装置26からのV信号を検出すると、ステップS433へ移行し、図1の(a)に示すように、ラウンド画面の右下部に「V」の文字図柄Zvを表示することに基づいて特別入賞口55に対するパチンコ球Pの入賞を遊技者に認識させる。
【0120】
メイン制御装置26は図16のステップS189で入賞個数カウンタ値Nが上限値Nmax に達したり、ステップS191で開放時間Toが上限値Tmax に達したことを検出すると、ステップS194へ移行する。ここで、大入賞口ソレノイド51を断電することに基づいて大入賞口48を閉鎖し、ステップS195へ移行する(ラウンド終了)。
【0121】
メイン制御装置26はステップS195へ移行すると、ラウンドカウンタ値Rに「1」を加算することに基づいてラウンドカウンタ値Rを「2」に更新し、ステップS196へ移行する。ここで、ラウンドカウンタ値RをROM28に予め記録された上限値Rmax (16)と比較し、「ラウンドカウンタ値R<上限値Rmax 」を検出してステップS197へ移行する。そして、VフラグFvの状態を判断し、「Fv=1」を検出したときにはステップS182に復帰する。
【0122】
メイン制御装置26はステップS182に復帰すると、表示制御装置39にラウンドカウンタ値R(2)を出力する。すると、表示制御装置39は図9のステップS421からS422およびS423を経てS425へ移行し、エリアカウンタ値Neに「1」を加算することに基づいてエリアカウンタ値Neを「2」に更新する。
【0123】
表示制御装置39はエリアカウンタ値Neを更新すると、ステップS427へ移行する。ここで、1R〜5R用のコスチュームの中からエリアカウンタ値「2」に応じたエリアコードを選択し、エリアコードに応じた画像データを画像ROM43から検出する。
【0124】
表示制御装置39は画像データを検出すると、ステップS428へ移行し、図1の(b)に示すように、画像データに基づいてラウンド画面を表示する。このラウンド画面は、上述したように、女性事務員のキャラクター図柄Zwのうちエリアコードで確定される一部分を表示したものであり、キャラクター図柄Zwは先のステップS426でセットした1回目のコスチュームで表示され、キャラクター図柄Zwの左上部にはラウンドカウンタ値Rに応じたラウンド数の文字図柄Zrが表示される。
【0125】
表示制御装置39は2R用のラウンド画面を表示すると、図9のステップS429およびS432へ移行する。ここで、メイン制御装置26からの入賞信号およびV信号を検出すると、パチンコ球の絵図柄ZpおよびVの文字図柄Zvを表示する。
【0126】
メイン制御装置26は入賞個数カウンタ値Nが上限値Nmax に達したり、開放時間Toが上限値Tmax に達したことを検出すると、図16のステップS194で大入賞口48を閉鎖し、ステップS195でラウンドカウンタ値Rを「3」に更新する。そして、ステップS196で「ラウンドカウンタ値R<上限値Rmax 」を検出し、ステップS197へ移行する。
【0127】
メイン制御装置26はステップS197で「Fv=1」を検出すると、ステップS182に復帰し、表示制御装置39にラウンドカウンタ値「3」を出力する。従って、ラウンドが3R,4R,5Rと進行したときには、図1の(c)および(d)に示すように、女性事務員のキャラクター図柄Zwのうち▲3▼,▲4▼,▲5▼のエリアコードで特定される一部が1回目のコスチュームで表示される。
【0128】
メイン制御装置26は図16のステップS182でラウンドカウンタ値「6」を出力すると、表示制御装置39は図11のステップS421からS422およびS423を経てS424へ移行する。そして、エリアカウンタ値Neに「1」をセットし、ステップS426へ移行する。
【0129】
表示制御装置39はステップS426へ移行すると、6R〜10R用のコスチュームとして図7の(a)のステップS408で設定した2回目のコスチュームをセットする。そして、図9のステップS427でコスチュームおよびエリアカウンタ値(1)に応じたエリアコードを検出し、エリアコードに応じた画像データを検出する。そして、ステップS428で画像データに基づいてラウンド画面を表示し、ステップS429およびS432でパチンコ球Pの絵図柄ZbおよびVの文字図柄Zvを表示する。
【0130】
メイン制御装置26は入賞個数カウンタ値Nが上限値Nmax に達したり、開放時間Toが上限値Tmax に達したことを検出すると、図16のステップS194で大入賞口48を閉鎖する。そして、ステップS195でラウンドカウンタ値Rに「1」を加算し、ステップS196で「ラウンドカウンタ値R<上限値Rax 」を検出する。次に、ステップS197で「Fv=1」を検出すると、ステップS182に復帰し、表示制御装置39にラウンドカウンタ値Rを出力する。従って、ラウンドが7R,8R,9R,10Rと進行したときには女性事務員のキャラクター図柄Zwのうち▲2▼,▲3▼,▲4▼,▲5▼のエリアコードで特定される一部が設定された2回目のコスチュームで表示される。
【0131】
メイン制御装置26は図16のステップS182でラウンドカウンタ値「11」を出力すると、表示制御装置39は図9のステップS421からS422およびS423を経てS424へ移行する。そして、エリアカウンタ値Neに「1」をセットし、ステップS426へ移行する。ここで、11R〜15R用のコスチュームとして図7の(a)のステップS412で設定した3回目のコスチュームをセットし、図9のステップS427へ移行する。
【0132】
表示制御装置39はステップS427へ移行すると、コスチュームおよびエリアカウンタ値Neに応じたエリアコードをセットし、エリアコードに応じた画像データを検出する。そして、ステップS428で画像データに基づいてラウンド画面を表示し、ステップS429およびS432でパチンコ球Pの絵図柄ZpおよびVの文字図柄Zvを表示する。
【0133】
メイン制御装置26は入賞個数カウンタNが上限値Nmax に達したり、開放時間Toが上限値Tmax に達したことを検出すると、図16のステップS194で大入賞口48を閉鎖し、ステップS195でラウンドカウンタ値Rに「1」を加算する。そして、ステップS196で「ラウンドカウンタ値R<上限値Rmax 」を検出し、ステップS197で「Fv=1」を検出すると、ステップS182に復帰し、表示制御装置39にラウンドカウンタ値Rを出力する。従って、ラウンドが12R,13R,14R,15Rと進行したときには▲2▼,▲3▼,▲4▼,▲5▼のエリアコードで特定される女性事務員のキャラクター図柄Zwが設定された3回目のコスチュームで表示される。
【0134】
メイン制御装置26は図16のステップS196で「ラウンドカウンタ値R≧上限値Rmax 」を検出したり、ステップS197で「Fv=1」でないことを検出すると、ステップS198へ移行し、表示制御装置39に終了信号を出力する。すると、表示制御装置39は図9のステップS434で終了信号を検出する。
そして、ステップS435で図柄表示装置21に「大当り終了」を文字で表示し、大当り動作の終了を報知する(終了画面の表示)。
【0135】
表示制御装置39は終了画面を表示すると、ステップS436へ移行し、大当りポイントPoを設定値Maxと比較する。ここで「Po≧Max」を検出したときにはステップS437へ移行し、リセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは「0」から上限値「14」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、リセットカウンタ値Nreの加算動作は表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて行われる。尚、リセットカウンタNreはランダムカウンタに相当するものである。
【0136】
表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS438へ移行し、大当りポイントPoをリセットする。このリセット処理は大当りポイントPoにステップS437で取得したリセットカウンタ値Nreを投入することに基づいて行われるものであり(Nre→Po)、表示制御装置39は大当りポイントPoをリセットすると、大当り表示処理を終える。尚、リセットカウンタ値Nreは累積基準値に相当するものである。
【0137】
メイン制御装置26は大当り処理を終えると、図11のステップS22へ移行する。ここで、大当り図柄が奇数であることを検出したときにはステップS23へ移行し、大当り値に「7」,「57」,「107」,「157」,「207」,「257」を投入することに基づいて大当り確率を高値「6/317」にセットする。また、大当り図柄が偶数であることを検出したときにはステップS24へ移行し、大当り値に「7」を投入することに基づいて大当り確率を通常値「1/317」にセットする。
【0138】
メイン制御装置26は大当り確率を設定すると、ステップS12へ移行する。
ここで、カウンタデータの整理および保留球ランプ33〜36の消灯を行い、ステップS2に復帰する。従って、奇数図柄で大当りが発生したときには次回の大当りが「6/317」の高確率で判定され、偶数図柄で大当りが発生したときには次回の大当りが「1/317」の通常確率で判定される。
【0139】
尚、下記▲1▼および▲2▼はラウンド画面の表示態様を要約したものである。
▲1▼大当りの発生回数が少ないとき
1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームがコスチューム1〜4の中から抽選でランダムに選択される。そして、1R〜5Rには女性事務員のキャラクター図柄Zwが1回目のコスチュームで出現し、6R〜10Rには2回目のコスチュームで出現し、11R〜15Rには3回目のコスチュームで出現する。
【0140】
▲2▼大当りの発生回数が多いとき
1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームとしてコスチューム5が強制的に選択される。そして、全てのラウンド中に女性事務員のキャラクター図柄Zwがコスチューム5で出現し、大当りポイントPoがランダム値にリセットされる。尚、ラウンド画面は大当り動作中であることを表示する大当り画面に相当するものであり、コスチューム5のラウンド画面は大当り動作中に表示される特定画面に相当するものである。
【0141】
上記第1実施例によれば、大当りの発生に基づいて大当りポイントPoを累積し、大当りポイントPoの累積結果が設定値Maxに達することに基づいてコスチューム5の特定のラウンド画面を表示した。このため、遊技の継続時間が長くなれば特定のラウンド画面が必ず出現するので、時間を費やしたにも拘らず特定のラウンド画面を見ることができない不満感が生じることがなくなる。しかも、特定のラウンド画面の表示後に大当りポイントPoの累積結果をリセットしたので、大当りポイントPoが設定値Maxに再び到達するまで大当りを獲得することに基づいて特定のラウンド画面を再び見ることができる。さらに、大当りポイントPoのリセット値を変えたので、大当りポイントPoの累積結果が設定値Maxに再到達する時間に変化ができる。このため、特定のラウンド画面の再出現タイミングにばらつきができるので、総じて、遊技のおもしろさが高まる。
【0142】
また、大当りポイントPoのリセット値をリングカウンタ値に基づいてランダムに変えたので、大当りポイントPoがどのような値にリセットされるのか予想不能になる。このため、特定のラウンド画面の再出現タイミングに法則性が全くなくなり、特定のラウンド画面の出現に意外感ができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0143】
また、大当りポイントPoを予め設定された開店値にリセットする初期化スイッチ80を設けたので、パチンコホールの営業開始前に大当りポイントPoを一定の開店値にリセットし、日々の営業を同条件で開始することができる。しかも、パチンコホールの開店時に大当りポイントPoを設定値Maxに簡単に到達可能な開店値にリセットした。このため、最初の1回だけは特定のラウンド画面が簡単に表示されるので、遊技者の遊技意欲を掻き立てることができる。
また、初期化スイッチ80の操作状態で電源が投入されることに基づいて大当りポイントPoに予め設定された一定の開店値を投入したので、初期化スイッチ80の不用意な操作によって大当りポイントPoが誤ってリセットされることが防止される。
【0144】
また、特定のラウンド画面を1回だけ表示することに基づいて大当りポイントPoの累積結果をリセットしたので、特定のラウンド画面の出現回数が減る。このため、特定のラウンド画面の貴重度が高まり、特定のラウンド画面が出現したことに対する喜びが大きくなるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
また、累積する大当りポイントPo´を抽選でランダムに決めたので、大当りポイントPoの累積結果が設定値Maxに達する時間に一層のばらつきができる。このため、特定のラウンド画面の出現タイミングに一層の意外感ができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0145】
また、大当りの発生に基づいて大当りポイントPoを累積した。このため、大当りの発生回数が増えることに基づいて特定のラウンド画面が表示されるので、特定のラウンド画面の出現を期待しながら遊技を続ける楽しみができる。しかも、大当りを獲得した喜びに加えて特定のラウンド画面の表示時期が近付いた喜びが得られる。
また、特定画面として大当り用のラウンド画面を表示した。このため、特定のラウンド画面を見ることに基づいて多数の大当りを獲得した喜びが助長されるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0146】
また、確率変動図柄で大当りが発生したときには大当りポイントPo´として「2」または「4」を加算し、非確率変動図柄で大当りが発生したときには大当りポイントPo´として「1」または「2」を加算したので、大当りの発生回数だけでなく確率変動の獲得状態によって特定のラウンド画面の出現タイミングに差ができる。このため、確率変動の獲得の有無に対する関心の度合いが大きくなり、画面に対する注目度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0147】
次に本発明の第2実施例を図21ないし図24に基づいて説明する。
<外れリーチ判定時の処理内容について>
表示制御装置39のROM41には、図22に示すように、リーチポイントテーブルが記録されている。このリーチポイントテーブルはリーチパターンとリーチポイントPr´との関係を示すものであり、表示制御装置39は図21のステップS35でリーチパターンを設定すると、ステップS45へ移行し、図22のリーチポイントテーブルからリーチパターンに応じたリーチポイントPr´を取得する。そして、図21のステップS46へ移行し、リーチポイントPrにリーチポイントPr´を加算する(Pr´+Pr→Pr)。尚、リーチポイントPrは初期化スイッチ80および電源スイッチ81の同時操作に基づいて予め設定された一定値(20)にリセットされるものである。
【0148】
表示制御装置39はステップS36でメイン制御装置26からの図柄変動指令を検出すると、ステップS37で図柄表示装置21の各列の数字図柄ZSを変動させる。そして、ステップS38へ移行し、演出画面としてステップS35で設定したリーチパターンを表示する。次に、ステップS39でメイン制御装置26からの図柄確定指令を検出すると、ステップS40で各列の数字図柄ZSを確定させる。
【0149】
<大当り判定時の処理内容について>
表示制御装置39はステップS35でリーチパターンを設定すると、ステップS45へ移行し、図22のリーチポイントテーブルからリーチパターンに応じたリーチポイントPr´を取得し、図21のステップS46でリーチポイントPrを加算する。尚、図22の右列は大当りの信頼度を示している。この大当りの信頼度は「大当りの発生回数/リーチの発生回数」で定義されるものであり、リーチポイントPr´は大当りの信頼度に比例して高く設定されている。
【0150】
表示制御装置39は図21のステップS36でメイン制御装置26からの図柄変動指令を検出すると、ステップS37で図柄表示装置21の各列の数字図柄ZSを変動させる。そして、ステップS38へ移行し、演出画面としてステップS35で設定したリーチパターンを表示する。次に、ステップS39でメイン制御装置26からの図柄確定指令を検出すると、ステップS40で各列の数字図柄ZSを確定させる。
【0151】
表示制御装置39は各列の数字図柄ZSを確定させると、ステップS43のコスチューム設定処理へ移行し、図23のステップS413でリーチポイントの累積値Prを設定値Max(30)と比較する。この設定値Maxは表示制御装置39のROM41に予め記録されたものであり、表示制御装置39は「Pr≧Max」を検出すると、ステップS402で1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームとして図8のコスチューム5を設定する。また、図23のステップS413で「Pr<Max」を検出すると、ステップS403〜S412を実行し、1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームを図8のコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。
【0152】
表示制御装置39はコスチューム設定処理を終えると、図21のステップS44へ移行し、図24の大当り表示処理を行う。この大当り表示処理は、第1実施例で説明したように、1ラウンド,6ラウンド,11ラウンドの開始時に1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームをセットし(ステップS426)、各回のコスチュームの中からエリアカウンタ値Neに応じたエリアコードを選択し(ステップS427)、各エリアコードに応じた画像データに基づいてラウンド画面を表示するものであり(ステップS428)、表示制御装置39はステップS434でメイン制御装置26からの終了信号を検出すると、ステップS435で終了画面を表示する。
【0153】
表示制御装置39は終了画面を表示すると、ステップS439でリセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは「0」から上限値「29」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、リセットカウンタNreの加算動作は表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて行われる。
【0154】
表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS440へ移行し、リーチポイントPrをリセットする。このリセット処理はリーチポイントPrにステップS439で取得したリセットカウンタ値Nreを投入することに基づいて行われるものであり(Nre→Pr)、表示制御装置39はリーチポイントPrをリセットすると、大当り表示処理を終える。
【0155】
尚、下記▲1▼および▲2▼は大当り表示処理を要約したものである。
▲1▼リーチポイントPrが最大値Maxに達する前に大当りが発生したとき
女性事務員のキャラクター図柄Zwがラウンドの経過に応じて異なる3種類のコスチュームで登場し、リーチポイントPrがランダム値にリセットされる。
▲2▼リーチが多発しているにも拘らず大当りが発生せず、リーチポイントPrが最大値Max以上に加算されたとき
女性事務員のキャラクター図柄Zwがコスチューム5で登場し、リーチポイントPrがランダム値にリセットされる。
【0156】
上記第2実施例によれば、リーチの発生に基づいてリーチポイントPrを累積した。このため、リーチの発生回数が増えることに基づいてコスチューム5の特定のラウンド画面が表示されるので、特定のラウンド画面の出現を期待しながら遊技を続ける楽しみができる。しかも、リーチが発生したドキドキ感に加えて特定のラウンド画面の表示時期が近付いた喜びが得られる。
【0157】
また、リーチパターンの種類によって異なるリーチポイントPr´を加算したので、リーチの発生回数だけでなく、リーチパターンの種類によってコスチューム5のラウンド画面の出現タイミングに差ができる。このため、リーチポイントPr´が高いリーチパターンが出現することを期待しながら遊技を続けることができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0158】
また、リーチパターンの信頼度の大きさによって異なるリーチポイントPr´を加算したので、信頼度が高いリーチパターンの出現回数が増えることに基づいてコスチューム5のラウンド画面の出現タイミングが早まる。このため、信頼度が高いリーチパターンが出現することに対する期待度が一層高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0159】
また、リーチポイントPrが設定値Maxに達する前に大当りが発生したときにはリーチポイントPrをリセットした。このため、少数回のリーチで大当りが発生したときには特定のラウンド画面が表示されないので、特定のラウンド画面の表示の有無に基づいてリーチの発生回数の多少が分かるようになる。
【0160】
尚、上記第2実施例においては、コスチューム5のラウンド画面の表示基準となるリーチポイントPrの判定値Maxを「30」に設定したが、これに限定されるものではなく、例えば「60」程度に設定しても良い。
【0161】
次に本発明の第3実施例を図25ないし図27に基づいて説明する。表示制御装置39は図25のステップS37で図柄の変動を開始すると、ステップS47でスタート回数ポイントPsに「1」を加算する。そして、ステップS43のコスチューム設定処理へ移行すると、図26のステップS414でスタート回数ポイントPsを設定値Max(320)と比較する。尚、スタート回数ポイントPsは初期化スイッチ80および電源スイッチ81の同時操作に基づいて予め設定された一定の開店値(150)にリセットされるものである。
【0162】
表示制御装置39はステップS414で「Ps≧Max」を検出すると、ステップS402で1回目のコスチューム〜3回目のコスチュームとして図8のコスチューム5を選択する。また、ステップS414で「Ps<Max」を検出すると、ステップS403〜S412を実行し、1回目のコスチューム〜3回目のコスチュームを図8のコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。
【0163】
表示制御装置39はコスチューム設定処理を終えると、図25のステップS44へ移行し、図27の大当り表示処理を行う。この大当り表示処理は1ラウンド,6ラウンド,11ラウンドの開始時に1回目のコスチューム,2回目のコスチュームをセットし(ステップS426)、各回のコスチュームの中からエリアカウンタ値Neに応じたエリアコードを選択し(ステップS427)、各エリアコードに応じた画像データに基づいてラウンド画面を表示するものであり(ステップS428)、表示制御装置39はステップS435で終了画面を表示すると、ステップS441へ移行する。
【0164】
表示制御装置39はステップS441へ移行すると、リセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは「0」から上限値「309」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、リセットカウンタNreの加算動作は表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて行われる。
【0165】
表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS442へ移行し、スタート回数ポイントPsをリセットする。このリセット処理はスタート回数ポイントPsにステップS441で取得したリセットカウンタ値Nreを投入することに基づいて行われるものであり(Nre→Ps)、表示制御装置39はスタート回数ポイントPsをリセットすると、大当り表示処理を終える。
【0166】
尚、下記▲1▼および▲2▼は大当り表示処理を要約したものである。
▲1▼スタート回数ポイントPsが最大値Maxに達する前に大当りが発生したとき女性事務員のキャラクター図柄Zwがラウンドの経過に応じて異なる3種類のコスチュームで登場し、スタート回数カウンタPsがランダム値にリセットされる。
▲2▼図柄変動が多発しているにも拘らず大当りが発生せず、スタート回数ポイントPsが最大値Max以上に加算されたとき
女性事務員のキャラクター図柄Zwがコスチューム5で登場し、スタート回数カウンタPsがランダム値にリセットされる。
【0167】
上記第3実施例によれば、数字図柄ZSの変動を検出することに基づいてスタート回数ポイントPsを累積した。このため、数字図柄ZSの変動回数が増えることに基づいてコスチューム5のラウンド画面が表示されるので、コスチューム5のラウンド画面の出現を期待しながら遊技を続ける楽しみができる。しかも、図柄が変動開始したドキドキ感に加えて特定のラウンド画面の出現時期が近付いた喜びが得られる。
【0168】
また、スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達する前に大当りが発生したときにはスタート回数ポイントPsをリセットした。このため、少数回の図柄変動で大当りが発生したときにはコスチューム5のラウンド画面が表示されないので、コスチューム5のラウンド画面の表示の有無に基づいて図柄変動回数の多少が分かるようになる。
【0169】
尚、上記第3実施例においては、特定のラウンド画面の表示基準となるスタート回数ポイントPsの判定値Maxを「320回」に設定したが、これに限定されるものではなく、例えば大当り確率の2倍程度の「640回」に設定したり、大当り確率より大幅に小さい「20回」程度に設定しても良い。
【0170】
また、上記第2および第3実施例においては、大当りの発生に基づいてリーチポイントPrおよびスタート回数ポイントPsをリセットしたが、これに限定されるものではなく、例えばリーチポイントPrおよびスタート回数ポイントPsが設定値Maxに達していない状態で大当りが発生したときにはリーチポイントPrおよびスタート回数ポイントPsをリセットせず、リーチポイントPrおよびスタート回数ポイントPsが設定値Max以上に加算された状態で大当りが発生した場合にリーチポイントPrおよびスタート回数ポイントPsをリセットしても良い。
【0171】
また、上記第1ないし第3実施例においては、特定のラウンド画面としてコスチューム5のラウンド画面を表示したが、これに限定されるものではなく、例えば特定の複数のラウンド画面をリングカウンタ値に基づいて選択的に表示しても良い。この場合、特定の複数のラウンド画面のうち予め設定された所定のものが表示されることに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsをランダム値にリセットしても良い。
【0172】
また、上記第1ないし第3実施例においては、特定のラウンド画面を1回表示することに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsをリセットしたが、これに限定されるものではなく、例えば大当りが予め設定された複数回発生することに基づいてリセットしても良い。この場合、特定のラウンド画面が予め設定された複数回表示されるので、特定のラウンド画面の趣向性を楽しむ機会が増え、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0173】
また、上記第1ないし第3実施例においては、特定のラウンド画面を設定回数だけ表示することに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPor,スタート回数ポイントPsをリセットしたが、これに限定されるものではなく、例えば特定のラウンド画面の表示回数をリングカウンタ等のランダム抽選手段によって抽選しても良い。
【0174】
次に本発明の第4実施例を図28ないし図32に基づいて説明する。表示制御装置39は図28のステップS34でリーチパターンカウンタ値Nrを取得すると、ステップS48で大当りポイントPoを設定値Max(15)と比較する。ここで「Po<Max」を検出したときにはステップS49で外れ用のリーチパターンテーブルAおよび大当り用のリーチパターンテーブルAをセットし、「Po≧Max」を検出したときにはステップS50で外れ用のリーチパターンテーブルBおよび大当り用のリーチパターンテーブルBをセットする。
【0175】
図29の(a)および(b)は外れ用のリーチパターンテーブルAおよび大当り用のリーチパターンテーブルAを示し、図29の(c)および(d)は外れ用のリーチパターンテーブルBおよび大当り用のリーチパターンテーブルBを示している。これら各リーチパターンテーブルA,Bは変動パターンNhおよびリーチパターンカウンタ値Nrに基づいてリーチパターンを取得するためのものであり、リーチパターンテーブルA,Bの最大の相違点はリーチパターンFの設定の有無にある。
【0176】
表示制御装置39はリーチパターンテーブルAまたはBをセットすると、図28のステップS35へ移行し、リーチパターンテーブルAまたはBから変動パターンNhおよびリーチパターンカウンタ値Nrに応じたリーチパターンを取得する。そして、ステップS51へ移行し、ステップS35で設定したリーチパターンがリーチパターンFであるか否かを判断する。ここで「YES」と判断すると、ステップS52へ移行する。
【0177】
表示制御装置39はステップS52へ移行すると、リセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは「0」から上限値「10」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、リセットカウンタNreの加算動作は表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて行われる。
【0178】
表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS53へ移行し、大当りポイントPoをリセットする。このリセット処理は大当りポイントPoにステップS52で取得したリセットカウンタ値Nreを投入することに基づいて行われるものであり(Nre→Po)、表示制御装置39はリーチポイントPoをリセットすると、ステップS37で図柄の変動を開始し、ステップS38でリーチパターンを表示する。従って、大当りポイントPoが設定値Maxに達していないときにはリーチパターンFが出現せず、大当りポイントPoが設定値Maxに達したときにはリーチパターンFがリーチパターンテーブルで確定される低確率で出現し、リーチパターンFの発生に基づいて大当りポイントPoがランダム値にリセットされる。尚、リーチパターンFの演出内容は下記の通りである。
【0179】
<リーチパターンFについて>
表示制御装置39は、図30の(a)および(b)に示すように、図柄表示装置21の左列〜右列を左列,右列,中列の順序で仮停止させる。この数字図柄ZSの仮停止は予め設定された外れリーチ図柄「7 3 7」で行われるものであり、表示制御装置39は外れリーチ図柄「7 3 7」を仮表示すると、図30の(c)に示すように、中段に外れリーチ図柄「7 3 7」を縮小表示し、上段および下段にスクラッチ図柄▲1▼〜▲6▼を表示する。
【0180】
表示制御装置39は外れリーチ図柄「7 3 7」およびスクラッチ図柄▲1▼〜▲6▼を表示すると、図30の(d)〜(i)に示すように、スクラッチ図柄▲1▼〜▲6▼が順番に削られて「7」または「3」の数字図柄ZSが現れる様子を演出する。この演出は縦・横・斜めのいずれかに「7」または「3」の数字図柄ZSを揃えたり(大当りの判定時)、縦・横・斜めのいずれにも「7」または「3」の数字図柄ZSを揃えないようにするものであり、表示制御装置39はスクラッチ図柄▲1▼〜▲6▼を全て削ると、図30の(j)および(k)に示すように、数字図柄ZSを横一列に表示することに基づいて図柄を確定させる。
【0181】
表示制御装置39は図28のステップS41で大当りを検出すると、ステップS42のポイント加算処理へ移行し、図6の(a)に示すように、大当りポイントPoを加算する。そして、図28のステップS43のコスチューム設定処理へ移行し、図31に示すように、1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームをコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。
【0182】
表示制御装置39はコスチューム設定処理を終えると、図28のステップS44へ移行し、図32の大当り表示処理を行う。この大当り表示処理は女性事務員のキャラクター図柄Zwをラウンドの経過に応じて異なるコスチュームで登場させるものであり、表示制御装置39は図32のステップS435で終了画面を表示すると、大当り表示処理を終える。
【0183】
上記第4実施例によれば、特定画面として左列,中列,右列の数字図柄ZSの組合わせが決まる様子を演出するリーチパターンFを表示したので、大当りポイントPoが増えることに基づいて見慣れないリーチパターンFが表示される。このため、リーチパターンFの大当りに対する期待度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0184】
尚、上記第4実施例においては、大当りポイントPoが設定値Maxに達することに基づいてリーチパターンテーブルAをリーチパターンテーブルBに切換えたが、これに限定されるものではなく、例えば大当りポイントPoに拘らずリーチパターンテーブルAを常に使用しても良い。この場合、大当りポイントPoが設定値Maxに達した状態で1回目に発生するリーチだけをリーチパターンFで表示する等、予め設定されたタイミングでリーチパターンFを表示して大当りポイントPoをリセットすると良い。
【0185】
次に本発明の第5実施例を図33に基づいて説明する。表示制御装置39はステップS46でリーチポイントPrを加算すると、ステップS54で設定値Max(30)と比較する。このリーチポイントPrの加算処理は図22のリーチポイントテーブルに基づいて行われるものであり、表示制御装置39は図33のステップS54で「Pr≧Max」を検出すると、ステップS55へ移行し、ステップS35で設定したリーチパターンをリーチパターンFに変更する。
【0186】
表示制御装置39はリーチパターンをリーチパターンFに変更すると、ステップS56でリセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは 「0」から上限値「19」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、リセットカウンタNreの加算動作は表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて行われる。
【0187】
表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS57へ移行し、リーチポイントPrをリセットする。このリセット処理はリーチポイントPrにステップS56で取得したリセットカウンタ値Nreを投入することに基づいて行われるものであり(Nre→Pr)、表示制御装置39はリーチポイントPrをリセットすると、ステップS37で図柄の変動を開始し、ステップS38でリーチパターンを表示する。従って、リーチポイントPrが設定値Maxに達していないときにはリーチパターンFが出現せず、リーチポイントPrが設定値Maxに達したときにはリーチパターンFが即座に出現し、リーチポイントPrがランダム値にリセットされる。
【0188】
表示制御装置39はステップS41で大当りを検出すると、ステップS43のコスチューム設定処理へ移行し、図31に示すように、1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームをコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。そして、図33のステップS44へ移行し、図32の大当り表示処理を行う。
【0189】
上記第5実施例によれば、特定画面として左列,中列,右列の数字図柄ZSの組合わせが決まる様子を演出するリーチパターンFを表示したので、リーチポイントPrが増えることに基づいて見慣れないリーチパターンFが表示されるようになる。このため、リーチパターンFの大当りに対する期待度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0190】
尚、上記第5実施例においては、リーチパターンFの表示基準となるリーチポイントPrの判定値Maxを「30」に設定したが、これに限定されるものではなく、例えば「60」程度に設定したり、「5」程度に設定しても良い。
【0191】
次に本発明の第6実施例を図34に基づいて説明する。表示制御装置39はステップS35でリーチパターンを設定すると、ステップS58でスタート回数ポイントPsを設定値Max(640)と比較する。このスタート回数ポイントPsはステップS37で図柄の変動を開始することに基づいてステップS47で加算されるものであり、表示制御装置39は「Ps≧Max」を検出すると、ステップS59へ移行する。そして、ステップS35で設定したリーチパターンをリーチパターンFに変更し、ステップS60へ移行する。
【0192】
表示制御装置39はステップS60へ移行すると、リセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは「0」から上限値「629」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、リセットカウンタNreの加算動作は表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて行われる。
【0193】
表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS61へ移行し、スタート回数ポイントPsをリセットする。このリセット処理はスタート回数ポイントPsにステップS60で取得したリセットカウンタ値Nreを投入することに基づいて行われるものであり(Nre→Ps)、表示制御装置39はスタート回数ポイントPsをリセットすると、ステップS37で図柄の変動を開始し、ステップS38でリーチパターンを表示する。従って、スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達していないときにはリーチパターンFが出現せず、スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達したときにはリーチパターンFが即座に出現し、スタート回数ポイントPsがランダム値にリセットされる。
【0194】
表示制御装置39はステップS41で大当りを検出すると、ステップS43のコスチューム設定処理へ移行し、図31に示すように、1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームをコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。そして、図34のステップS44へ移行し、図32の大当り表示処理を行う。
【0195】
上記第6実施例によれば、スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達することに基づいてリーチパターンFを表示した。このため、特別図柄始動口22内にパチンコ球Pが頻繁に入賞しているにも拘らず大当りが発生しない場合に見慣れないリーチパターンFが表示されるので、リーチパターンFの大当りに対する期待度が高まり、遊技のおもしろさが一層向上する。
【0196】
尚、上記第4ないし第6実施例においては、リーチパターンFを1回表示することに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsをリセットしたが、これに限定されるものではなく、例えばリーチパターンFを予め設定された複数回表示することに基づいてリセットしたり、リーチパターンFの表示回数をランダムカウンタによって抽選したり、次の大当りが発生することに基づいてリセットしたり、次の大当りが普通図柄で発生することに基づいてリセットしても良い。
【0197】
また、上記第4ないし第6実施例においては、特定のリーチパターンとしてリーチパターンFを表示したが、これに限定されるものではなく、例えば特定の複数のリーチパターンをリングカウンタ値に基づいて選択的に表示しても良い。この場合、特定の複数のリーチパターンのうち予め設定された所定のものが表示されることに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsをリセットしても良い。
【0198】
次に本発明の第7実施例を図35および図36に基づいて説明する。表示制御装置39は図35のステップS32でメイン制御装置26からの制御情報をRAM42に記録すると、ステップS62で予告カウンタ値Nyを取得する。この予告カウンタ値Nyは「0」から「19」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、表示制御装置39は予告カウンタ値Nyを取得すると、ステップS33へ移行する。尚、予告カウンタNyは表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて加算されるものである。
【0199】
<完全外れの判定時について>
表示制御装置39はステップS33で変動パターンが「4」であることを検出すると、ステップS63で予告カウンタ値Nyを設定値「7」と比較する。ここで「Ny=7」を検出したときにはステップS64で大当りポイントPoを設定値Max(15)と比較し、「Po<Max」を検出したときにはステップS65で予告パターンAを設定し、「Po≧Max」を検出したときにはステップS66で予告パターンBを設定する。
【0200】
表示制御装置39は予告パターンBを設定すると、ステップS67でリセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタ値Nreは「0」から上限値 「5」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS68へ移行する。そして、大当りポイントPoにステップS67で取得したリセットカウンタ値Nreを投入し(Nre→Po)、大当りポイントPoをランダム値にリセットする。尚、リセットカウンタNreは表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて加算されるものである。
【0201】
表示制御装置39はステップS37で図柄の変動を開始すると、ステップS75へ移行する。ここで予告パターンが設定されていることを検出すると、ステップS76で予告パターンを表示する。図36は予告パターンの表示画面を示すものであり、予告パターンAの設定時には、図36の(a)に示すように、社長のキャラクター図柄Zmが煙草の煙りを吐く演出の動画面が表示され、予告パターンBの設定時には、図36の(b)に示すように、飛行機のキャラクター図柄Zfが右から左に横切る演出の動画面が表示される。
【0202】
表示制御装置39は予告パターンを表示すると、図35のステップS38で各列の数字図柄ZSを制御情報の設定図柄で仮停止させ、ステップS40で各列の数字図柄ZSを仮停止図柄ZSで確定させる。
【0203】
<外れリーチおよび大当りの判定時について>
表示制御装置39はステップS33で変動パターンが「0」〜「3」のいずれかであることを検出すると、ステップS69で予告カウンタ値Nyを設定値「0」〜「9」と比較する。ここで、予告カウンタ値Nyが「0」〜「9」のいずれかであることを検出すると、ステップS70で大当りポイントPoを設定値Max(15)と比較する。
【0204】
表示制御装置39は「Po<Max」を検出すると、ステップS71で予告パターンAを設定する。また、「Po≧Max」を検出したときにはステップS72で予告パターンBを設定し、ステップS73でリセットカウンタ値Nreを取得する。そして、ステップS74へ移行し、大当りポイントPoにステップS73で取得したリセットカウンタ値Nreを投入する(Nre→Po)。
【0205】
表示制御装置39はステップS37で図柄の変動を開始すると、ステップS75で予告パターンの設定の有無を判断する。ここで予告パターンの設定有りを検出したときにはステップS76で予告パターンを表示し、ステップS38でリーチパターンを表示する。
【0206】
表示制御装置39はステップS41で大当りを検出すると、ステップS42のポイント加算処理へ移行し、図6の(a)に示すように、大当りポイントPoを加算する。そして、図35のステップS43のコスチューム設定処理へ移行し、図31に示すように、1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームをコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。次に、図35のステップS44へ移行し、図32の大当り表示処理を行う。
【0207】
尚、下記▲1▼〜▲2▼は予告パターンBの表示態様を要約したものである。
▲1▼大当りポイントPoが設定値Maxに達していないとき
予告パターンBが出現しない。
▲2▼大当りポイントPoが設定値Maxに達したとき
完全外れの判定時には予告パターンBが「1/20」の低確率で出現し、外れリーチまたは大当りの判定時には予告パターンBが「10/20」の高確率で出現し、大当りポイントPoがランダム値にリセットされる。
【0208】
上記第7実施例によれば、特定画面としてリーチの発生を予告する予告パターンBを表示した。このため、見慣れない予告パターンBを見ることに基づいて大当りに対する期待度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0209】
尚、上記第1,4,7実施例においては、大当りポイントPoを確率変動の獲得の有無に応じて相違させたが、これに限定されるものではなく、例えば確率変動の獲得の有無に拘らず一定値に設定しても良い。
また、上記第1,4,7実施例においては、大当りが発生することに基づいて大当りポイントPoを加算したが、これに限定されるものではなく、例えば大当りポイントPoを減算し、大当りポイントPoが設定値に減算されることに基づいて特定画面を表示しても良い。
【0210】
次に本発明の第8実施例を図37に基づいて説明する。
<完全外れの判定時について>
表示制御装置39はステップS63で予告有りと判断すると、ステップS77でリーチポイントPrを設定値Max(30)と比較する。このリーチポイントPrは図22のリーチポイントテーブルに基づいて加算されるものであり、表示制御装置39は「Pr<Max」を検出すると、ステップS65で予告パターンAを設定する。また、「Pr≧Max」を検出すると、ステップS66で予告パターンBを設定し、ステップS78へ移行する。
【0211】
表示制御装置39はステップS78へ移行すると、リセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは「0」から上限値「29」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS79へ移行する。そして、リーチポイントPrにステップS78で取得したリセットカウンタ値Nreを投入し(Nre→Pr)、リーチポイントPrをランダム値にリセットする。尚、リセットカウンタNreは表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて加算されるものである。
【0212】
表示制御装置39はステップS37で図柄の変動を開始すると、ステップS75で予告パターンの設定の有無を判断する。ここで予告パターンの設定が有ることを検出したときにはステップS76へ移行し、予告パターンを表示する。
【0213】
<外れリーチおよび大当りの判定時について>
表示制御装置39はステップS69で予告有りを検出すると、ステップS80でリーチポイントPrを設定値Max(30)と比較し、「Pr<Max」を検出したときにはステップS71で予告パターンAを設定する。また、「Pr≧Max」を検出したときにはステップS72で予告パターンBを設定し、ステップS81でリセットカウンタ値Nreを取得する。そして、ステップS82でリーチポイントPrにリセットカウンタ値Nreを投入し、リーチポイントPrをランダム値にリセットする。
【0214】
表示制御装置39はステップS37で図柄の変動を開始すると、ステップS75で予告パターンの設定の有無を判断する。ここで予告パターンが設定されていることを検出したときにはステップS76で予告パターンを表示し、ステップS38でリーチパターンを表示する。
【0215】
表示制御装置39はステップS41で大当りを検出すると、ステップS43のコスチューム設定処理へ移行し、図31に示すように、1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームをコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。そして、図37のステップS44へ移行し、図24の大当り表示処理を行う。
【0216】
尚、下記▲1▼〜▲2▼は予告パターンBの表示態様を要約したものである。
▲1▼リーチポイントPrが設定値Maxに達していないとき
予告パターンBが出現しない。
▲2▼リーチポイントPrが設定値Maxに達したとき
完全外れの判定時には予告パターンBが「1/20」の低確率で出現し、外れリーチまたは大当りの判定時には予告パターンBが「10/20」の高確率で出現し、リーチポイントPrが予告パターンBが出現に基づいてランダム値にリセットされる。尚、リーチポイントPrは、図24に示すように、大当りが発生した場合にもランダム値にリセットされる。
【0217】
上記第8実施例によれば、リーチポイントPrが設定値Maxに達することに基づいて予告パターンBを表示したので、リーチが多発しているにも拘らず大当りが発生しない場合に見慣れない予告パターンBが出現するようになる。このため、予告パターンBの大当りに対する期待度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0218】
尚、上記第2,5,8実施例においては、リーチポイントPr´をリーチパターンの種類および信頼度に応じて相違させたが、これに限定されるものではなく、例えばリーチパターンの種類および信頼度に拘らず一定値に設定したり、リングカウンタ値に基づいてランダムに設定しても良い。
また、上記第2,5,8実施例においては、リーチが発生することに基づいてリーチポイントPrを加算したが、これに限定されるものではなく、例えばリーチポイントPrを減算し、リーチポイントPrが設定値に減算されることに基づいて特定画面を表示しても良い。
【0219】
また、上記第2,5,8実施例においては、リーチパターンA〜Eのいずれが発生する場合にもリーチポイントPrを加算したが、これに限定されるものではなく、例えばリーチパターンEが発生する場合にのみリーチポイントPrを加算する等、リーチパターンA〜Eのうち4以下の所定のものが発生する場合にのみリーチポイントPrを加算しても良い。この場合、リーチパターンE等の所定のリーチパターンが出現することを期待しながら遊技を続けることができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0220】
次に本発明の第9実施例を図38に基づいて説明する。
<完全外れの判定時について>
表示制御装置39はステップS63で予告有りと判断すると、ステップS83でスタート回数ポイントPsを設定値Max(450)と比較する。このスタート回数ポイントPsはステップS37で図柄の変動を開始することに基づいてステップS47で加算されるものであり、表示制御装置39は「Ps<Max」を検出すると、ステップS65で予告パターンAを設定し、「Ps≧Max」を検出したときにはステップS66で予告パターンBを設定する。
【0221】
表示制御装置39は予告パターンBを設定すると、ステップS84でリセットカウンタ値Nreを取得する。このリセットカウンタNreは「0」から上限値「200」に加算された後に「0」に戻って加算されるリングカウンタからなるものであり、表示制御装置39はリセットカウンタ値Nreを取得すると、ステップS85へ移行する。そして、スタート回数ポイントPsにステップS84で取得したリセットカウンタ値Nreを投入し(Nre→Ps)、スタート回数ポイントPsをランダム値にリセットする。尚、リセットカウンタNreは表示制御装置39の内部クロックパルス信号に基づいて加算されるものである。
【0222】
表示制御装置39はステップS37で図柄の変動を開始すると、ステップS47でスタート回数ポイントPsに「1」を加算する(Ps+1→Ps)。そして、ステップS75で予告パターンが設定されていることを検出すると、ステップS76で予告パターンを表示する。
【0223】
<外れリーチの判定時および大当りの判定時について>
表示制御装置39はステップS69で予告有りを検出すると、ステップS86でスタート回数ポイントPsを設定値Max(450)と比較し、「Ps<Max」を検出したときにはステップS71で予告パターンAを設定する。また、 「Ps≧Max」を検出したときにはステップS72で予告パターンBを設定し、ステップS87でリセットカウンタ値Nreを取得する。そして、ステップS88でスタート回数ポイントPsにリセットカウンタ値Nreを投入し、スタート回数ポイントPsをランダム値にリセットする。
【0224】
表示制御装置39はステップS37で図柄の変動を開始すると、ステップS47でスタート回数ポイントPsに「1」を加算する。そして、ステップS75で予告パターンが設定されていることを検出すると、ステップS76で予告パターンを表示し、ステップS38でリーチパターンを表示する。
【0225】
表示制御装置39はステップS41で大当りを検出すると、ステップS43のコスチューム設定処理へ移行し、図31に示すように、1回目のコスチューム,2回目のコスチューム,3回目のコスチュームをコスチューム1〜4の中からランダムに選択する。そして、図38のステップS44へ移行し、図27の大当り表示処理を行う。
【0226】
尚、下記▲1▼〜▲2▼は予告パターンBの表示態様を要約したものである。
▲1▼スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達していないとき
予告パターンBが出現しない。
▲2▼スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達したとき
完全外れの判定時には予告パターンBが「1/20」の低確率で出現し、外れリーチまたは大当りの判定時には予告パターンBが「10/20」の高確率で出現し、スタート回数ポイントPsが予告パターンBの出現に基づいてランダム値にリセットされる。尚、スタート回数ポイントPsは、図27に示すように、大当りが発生した場合にもランダム値にリセットされる。
【0227】
上記第9実施例によれば、スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達することに基づいて予告パターンBを表示したので、パチンコ球Pが特別図柄始動口22内に頻繁に入賞しているにも拘らず大当りが発生しない場合に見慣れない予告パターンBが出現する。このため、予告パターンBの大当りに対する期待度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0228】
尚、上記第3,6,9実施例においては、図柄の変動が発生することに基づいてスタート回数ポイントPsを加算したが、これに限定されるものではなく、例えばスタート回数ポイントPsを減算し、スタート回数ポイントPsが設定値に減算されることに基づいて特定画面を表示しても良い。
また、上記第7ないし第9実施例においては、特定画面として予告パターンBを表示したが、これに限定されるものではなく、例えば特定の複数の予告パターンをランダムカウンタ値に基づいて選択的に表示しても良い。この構成の場合、特定の複数の予告パターンのうち予め設定された所定のものが表示されることに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsをランダム値にリセットしても良い。
【0229】
また、上記第7ないし第9実施例においては、予告パターンBを1回表示することに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsをランダム値にリセットしたが、これに限定されるものではなく、例えば予告パターンBを予め設定された複数回表示することに基づいてリセットしたり、予告パターンBの表示回数をランダムカウンタによって抽選したり、次の大当りが発生することに基づいてリセットしたり、次の大当りが普通図柄で発生することに基づいてリセットしても良い。
【0230】
また、上記第7ないし9実施例においては、予告パターンAまたはBを表示することに基づいてリーチの発生を非確定的に予告したが、これに限定されるものではなく、例えばリーチの発生を確定的に予告しても良い(予告パターンAまたはBの表示時にはリーチを必ず発生させても良い)。
また、上記第7ないし第9実施例においては、予告パターンAまたはBを表示することに基づいてリーチの発生を予告したが、これに限定されるものではなく、例えば大当りの発生を確定的または非確定的に予告しても良い。この場合、予告パターンAまたはBをリーチパターンの中で表示する等、図柄が変動開始してから図柄が確定するまでの間に表示すると良い。
【0231】
また、上記第7ないし第9実施例においては、予告パターンAまたはBを表示することに基づいてリーチの発生を予告したが、これに限定されるものではなく、例えば確率変動の獲得の有無を確定的または非確定的に予告しても良い。
また、上記第7ないし第9実施例においては、予告パターンAまたはBを表示することに基づいてリーチの発生を予告したが、これに限定されるものではなく、例えばリーチパターンが発展することを確定的または非確定的に予告しても良い。以下、予告パターンAまたはBを表示することに基づいてリーチパターンEの発展を予告する本発明の第10実施例を図39に基づいて説明する。
【0232】
表示制御装置39は左列の数字図柄ZSおよび右列の数字図柄ZSを同一値で仮停止させると、図39の(a)に示すように、画面の左下部に縮小表示し、図39の(a)および(b)に示すように、女性事務員のキャラクター図柄Zwが男性社長のキャラクター図柄Zmをボーリングの球のように転がす演出の動画面を表示する。そして、図39の(c)に示すように、中列の数字図柄ZSを左列の数字図柄ZSおよび右列の数字図柄ZSと異なる値で仮停止させ、外れリーチを仮表示する。このとき、予告パターンAまたはBを表示し、リーチパターンEが発展することを予告する。
【0233】
表示制御装置39は予告パターンAまたはBを表示すると、図39の(d)に示すように、女性事務員のキャラクター図柄Zwが男性社長のキャラクター図柄Zmを転がす演出の動画面を再表示し、左列の数字図柄ZS,中列の数字図柄ZS,右列の数字図柄ZSを制御情報で指定された値で確定表示する。
【0234】
また、上記第3,6,9,10実施例においては、図柄の変動開始に基づいてスタート回数ポイントPsに「1」を加算したが、これに限定されるものではなく、例えば図柄のスタート回数が「1回」〜「150回」であるときには「1」を加算し、「150回」以上であるときには「2」を加算する等、図柄のスタート回数に応じて異なるポイントを加算しても良い。
また、上記第3,6,9,10実施例においては、スタート回数ポイントPsに設定値を加算したが、これに限定されるものではなく、加算値をリングカウンタ値に基づいてランダムに決めても良い。
【0235】
また、上記第1ないし第10実施例においては、大当りポイントPo〜スタート回数ポイントPsのリセット値をリングカウンタからなるリセットカウンタ値Nreに基づいてランダムに設定したが、これに限定されるものではなく、例えば無限に加算動作を続ける無限カウンタ値に基づいて設定しても良い。
【0236】
また、上記第1ないし第10実施例においては、大当りポイントPo〜スタート回数ポイントPsのリセット値をリセットカウンタ値Nreに基づいてランダムに設定したが、これに限定されるものではなく、▲1▼所定タイミングで表示したリーチパターンの種類に応じて決めたり、▲2▼所定の1個または複数個のリーチパターンの出現回数に応じて決めたり、▲3▼数字図柄ZSの変動回数に応じて決めても良い。図40および図41は構成▲1▼を大当りポイントPoのリセットに適用した本発明の第11実施例、図42および図43は構成▲2▼をリーチポイントPrのリセットに適用した本発明の第12実施例、図44および図45は構成▲3▼をリーチポイントPrのリセットに適用した本発明の第13実施例である。以下、本発明の第11実施例〜第13実施例について説明する。
【0237】
<第11実施例について>
表示制御装置39は図40のステップS436で「大当りポイントPo≧設定値Max」を検出すると、ステップS443へ移行する。ここで、どのようなリーチパターンで大当りが発生したかを検出し、ステップS444へ移行する。
【0238】
表示制御装置39のROM41には、図41に示すように、リセットテーブルが記録されている。このリセットテーブルはリーチパターンとリセット値Nreとの関係を示すものであり、表示制御装置39は図40のステップS444へ移行すると、図41のリセットテーブルからステップS443のリーチパターンに応じたリセット値Nreを取得する。そして、図40のステップS445で大当りポイントPoにリセット値Nreを投入し、大当りポイントPoをリセットする。この構成の場合、どのようなリーチパターンが出現するかに興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0239】
<第12実施例について>
表示制御装置39はリーチパターンAの本日の出現回数Nxをカウントしており、図42のステップS55でリーチパターンをリーチパターンFに変更すると、ステップS90でリーチパターンAの出現回数Nxを検出し、ステップS91へ移行する。
【0240】
表示制御装置39のROM41には、図43に示すように、リセットテーブルが記録されている。このリセットテーブルはリーチパターンAの出現回数Nxとリセット値Nreとの関係を示すものであり、表示制御装置39は図42のステップS91へ移行すると、図43のリセットテーブルから出現回数Nxに応じたリセット値Nreを取得する。そして、図42のステップS92でリーチポイントPrにリセット値Nreを投入し、リーチポイントPrをリセットする。この構成の場合、リーチパターンAの出現回数Nxに興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0241】
<第13実施例について>
表示制御装置39は図柄変動画面の本日の表示回数Nzをカウントしており、図44のステップS55でリーチパターンをリーチパターンFに変更すると、ステップS93で図柄変動画面の表示回数Nzを検出し、ステップS94へ移行する。
【0242】
表示制御装置39のROM41には、図45に示すように、リセットテーブルが記録されている。このリセットテーブルは図柄変動画面の表示回数Nzとリセット値Nreとの関係を示すものであり、表示制御装置39は図44のステップS94へ移行すると、図45のリセットテーブルから表示回数Nzに応じたリセット値Nreを取得する。そして、図44のステップS95でリーチポイントPrにリセット値Nreを投入する。この構成の場合、図柄の変動回数Nzに興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0243】
また、上記第7ないし第9実施例においては、大当りポイントPo〜スタート回数ポイントPsが設定値Maxに達する前には唯一の予告パターンAを表示したが、これに限定されるものではなく、例えば複数種の予告パターンの中から予告カウンタ値Nyに応じたものを選択的に表示しても良い。この場合、上記第11実施例のように、大当りポイントPo〜スタート回数ポイントPsのリセット値を所定タイミングで表示した予告パターンの種類に応じて決めたり、上記第12実施例のように、所定の予告パターンの出現回数に応じて決めたり、上記第13実施例のように、数字図柄ZSの変動回数に応じて決めても良い。
【0244】
また、上記第1ないし第13実施例においては、特定画面が表示されたり、大当りが発生することに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsをランダム値にリセットしたが、これに限定されるものではなく、例えば設定値Maxを上回る上限値に達することに基づいてランダム値にリセットしても良い。
【0245】
また、上記第1ないし第13実施例においては、大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsに異なるポイントを累積するにあたって、「2」および「4」等を加算したが、これに限定されるものではなく、例えば「0」および「2」等を加算する等、「0」を加算しても良い。
【0246】
また、上記第1ないし第13実施例においては、特定画面としてラウンド画面やリーチパターンや予告パターンを表示したが、これに限定されるものではなく、例えば男性社長のキャラクター図柄Zmおよび女性事務員Zwを有する背景画面とは別の背景画面を表示したり、数字図柄ZSとは別のアルファベット図柄等の識別図柄を表示しても良い。
【0247】
また、上記第1ないし第13実施例においては、コスチューム1〜4の中から3種類を無作為に選択したが、これに限定されるものではなく、例えば大当り図柄の種類に応じて選択する等、作為的に選択しても良い。
また、上記第1ないし第13実施例においては、コスチューム1〜4のうちコスチューム2および3の選択確率を同一値に設定したが、これに限定されるものではなく、例えばコスチューム1〜4の選択確率を全て異なる値に設定しても良い。
【0248】
また、上記第1ないし第13実施例においては、1R〜5R用のコスチューム,6R〜10R用のコスチューム,11R〜15R用のコスチュームとして同一のものが選択されることを禁止したが、これに限定されるものではなく、例えば同一のコスチュームが選択されることを許容しても良い。
また、上記第1ないし第13実施例においては、ラウンド数に応じてコスチュームを切換えたが、これに限定されるものではなく、例えばパチンコ球Pの大入賞口48に対する入賞個数に応じて同一のラウンド内で切換えても良い。
【0249】
また、上記第1ないし第13実施例においては、ポイント取得処理,コスチューム設定処理,透過パターン設定処理,透過パターン変更処理等を表示制御装置39側で行ったが、これに限定されるものではなく、例えばメイン制御装置26側で行うようにしても良い。
また、上記第1ないし第13実施例においては、大当り動作中の絵柄(ラウンド画面に登場する絵柄)として女性事務員のキャラクター図柄Zwを表示したが、これに限定されるものではなく、例えば社長のキャラクター図柄Zmを表示しても良く、要は大当りの抽選結果を報知する数字図柄ZSとは無関係なキャラクター図柄や背景図柄や文字図柄や記号図柄等であれば良い。
【0250】
また、上記第1ないし第13実施例においては、識別図柄として「1」〜「12」の数字図柄ZSを表示したが、これに限定されるものではなく、例えばアルファベット図柄やカタカナ図柄や平仮名図柄等を表示しても良い。
また、上記第1ないし第13実施例においては、数字図柄ZSを横3列に表示したが、これに限定されるものではなく、例えば横3列×縦3段に表示する等、複数列,複数段に表示することが好ましい。
【0251】
また、上記第1ないし第13実施例においては、数字図柄ZSを左列,中列,右列の順序で変動停止させたが、これに限定されるものではなく、例えば左列,右列,中列の順序で変動停止させても良い。
また、上記第1ないし第13実施例においては、外れリーチの判定時には外れ用のリーチパターンテーブルからリーチパターンを取得し、大当りの判定時には大当り用のリーチパターンテーブルからリーチパターンを取得したが、これに限定されるものではなく、例えば外れリーチおよび大当りの判定結果に拘らず共通のリーチパターンテーブルからリーチパターンを取得しても良い。
【0252】
また、上記第1ないし第13実施例においては、初期化スイッチ80の操作状態で電源が投入されることに基づいて大当りポイントPo,リーチポイントPr,スタート回数ポイントPsを設定値Maxに簡単に到達可能な一定の開店値にリセットしたが、これに限定されるものではなく、例えば一定の「0」にリセットしても良い。
【0253】
また、上記第1ないし第13実施例においては、特定図柄で大当りが発生することに基づいて大当り確率が高まる確率変動形のパチンコ機に本発明を適用したが、これに限定されるものではなく、例えば特定図柄で大当りが発生することに基づいて図柄変動時間が短縮される時間短縮形のパチンコ機に適用したり、大当り図柄の種類に拘らず大当り確率および図柄変動時間が一定な普通形のパチンコ機に適用しても良い。
【0254】
また、上記第1ないし第13実施例においては、大当りの表示に連動して大当り動作が行われる1種のパチンコ機に本発明を適用したが、これに限定されるものではなく、例えば3種のパチンコ機に適用しても良い。このパチンコ機は大当りの表示に連動して特別入賞口が開放されるものであり、特別入賞口の開放時に特別入賞口内にパチンコ球が入賞することに基づいて大当り動作が行われる。上記実施例には特許請求の範囲に記載された発明に加えて次の[発明1]〜[発明23]が記載されている。
[発明1]
図柄表示装置に識別図柄を変動状態および変動停止状態で順に表示し、識別図柄の変動停止時の態様によって大当りの抽選結果を報知する構成のものにおいて、設定状態を検出することに基づいてポイントを累積する累積手段と、前記累積手段の累積結果が設定値に達することに基づいて前記図柄表示装置に特定画面を表示する表示制御手段と、累積基準値を変更する変更手段とを備え、前記累積手段は前記特定画面が表示されることに基づいてポイントの累積結果を前記変更手段の変更結果に応じた値に変更することを特徴とする遊技機。この発明1によれば、設定状態が検出されることに基づいてポイントが累積され、ポイントの累積結果が設定値に達することに基づいて特定画面が表示される。このため、遊技の継続時間が長くなれば特定画面が出現するので、時間を費やしたにも拘らず特定画面を見ることができない不満感が解消される。しかも、特定画面の表示に基づいてポイントの累積結果が戻される。このため、ポイントが再び累積されるので、ポイントの累積結果が設定値に再到達することに基づいて特定画面を再び見ることができる。さらに、ポイントの累積基準となる値が変わるので、ポイントの累積結果が設定値に再到達する時間に変化ができる。このため、特定画面の再出現タイミングにばらつきができるので、総じて、遊技のおもしろさが高まる。
[発明2]
図柄表示装置に識別図柄を変動状態および変動停止状態で順に表示し、識別図柄の変動停止時の態様によって大当りの抽選結果を報知する構成のものにおいて、設定状態を検出することに基づいてポイントを累積する累積手段と、前記累積手段の累積結果が設定値に達することに基づいて前記図柄表示装置に特定画面を表示する表示制御手段と、累積基準値を変更する変更手段とを備え、前記累積手段はポイントの累積結果が設定値とは異なる限度値に達することに基づいてポイントの累積結果を前記変更手段の変更結果に応じた値に変更することを特徴とする遊技機。この発明2によれば、ポイントの累積結果が設定値に達することに基づいて特定画面が表示される。このため、遊技の継続時間が長くなれば特定画面が出現するので、時間を費やしたにも拘らず特定画面を見ることができない不満が解消される。しかも、ポイントの累積結果が限度値に達することに基づいて戻されるので、ポイントの累積結果が設定値に再到達することに基づいて特定画面を再び見ることができる。さらに、ポイントの累積基準となる値が変わるので、ポイントの累積結果が設定値に再到達する時間に変化ができる。このため、特定画面の再出現タイミングにばらつきができるので、総じて、遊技のおもしろさが高まる。
[発明3]
前記累積手段はポイントの累積結果を累積基準値に変更することを特徴とする発明1〜2のいずれかに記載の遊技機。この発明3によれば、ポイントの累積結果が累積基準値そのものに戻される。このため、累積基準値に基づいて累積基準となる値を演算等する処理が不要になるので、ソフトウェア構成が簡単になる。
[発明4]
前記変更手段は累積基準値をランダムカウンタの計測値に応じた値に変更することを特徴とする発明1〜3のいずれかに記載の遊技機。この発明4によれば、累積基準値がランダムカウンタの計測値に基づいて無作為に決められる。このため、ポイントが累積基準値から設定値に累積されるタイミングに法則性が全くなくなり、特定画面の出現に対する意外感が高まるので、遊技のおもしろさが一層向上する。
[発明5]
前記変更手段は累積基準値を所定タイミングで表示されるリーチパターンの種類に応じた値に変更することを特徴とする発明1〜3のいずれかに記載の遊技機。この発明5によれば、所定タイミングで表示されるリーチパターンの種類によって累積基準値が変わる。このため、リーチパターンの種類に興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明6]
前記変更手段は累積基準値を所定のリーチパターンの出現回数に応じた値に変更することを特徴とする発明1〜3のいずれかに記載の遊技機。この発明6によれば、所定のリーチパターンの出現回数によって累積基準値が変わる。このため、所定のリーチパターンの出現回数に興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明7]
前記変更手段は累積基準値を所定タイミングで表示される予告パターンの種類に応じた値に変更することを特徴とする発明1〜3のいずれかに記載の遊技機。この発明7によれば、所定タイミングで表示される予告パターンの種類によって累積基準値が変わる。このため、予告パターンの種類に興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明8]
前記変更手段は累積基準値を所定の予告パターンの出現回数に応じた値に変更することを特徴とする発明1〜3のいずれかに記載の遊技機。この発明8によれば、所定の予告パターンの出現回数によって累積基準値が変わる。このため、所定の予告パターンの出現回数に興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明9]
前記変更手段は累積基準値を識別図柄の変動回数に応じた値に変更することを特徴とする発明1〜3のいずれかに記載の遊技機。この発明9によれば、識別図柄の変動回数に応じて累積基準値が変わる。このため、識別図柄の変動回数に興味を持って画面に注目する楽しみができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明10]
ポイントを予め設定された一定値にリセットするためのリセットスイッチを備えたことを特徴とする発明1〜9のいずれかに記載の遊技機。この発明10によれば、パチンコホールの営業開始前にポイントの累積結果を一定値にリセットし、日々の営業を同条件で開始することができる。
[発明11]
前記変更手段は前記リセットスイッチの操作状態で電源が投入されることに基づいてポイントを予め設定された一定値にリセットすることを特徴とする発明10記載の遊技機。この発明11によれば、リセットスイッチの特殊操作に基づいてポイントの累積結果が一定値にリセットされる。このため、リセットスイッチの不用意な操作によってポイントの累積結果が誤ってリセットされることが防止される。
[発明12]
前記累積手段は累積するポイントをランダムカウンタの計測値に応じた値に設定することを特徴とする発明1〜11のいずれかに記載の遊技機。この発明12によれば、ポイントの累積結果が設定値に達する時間的タイミングにばらつきができる。このため、特定画面の出現に対する意外感が高まるので、遊技のおもしろさが一層向上する。
[発明13]
前記累積手段は大当りの発生を検出することに基づいてポイントを累積することを特徴とする発明1〜12のいずれかに記載の遊技機。この発明13によれば、大当りの発生回数が増えることに基づいて特定画面が表示されるので、大当りを獲得した喜びに加えて特定画面の出現時期が近付いた喜びが得られる。
[発明14]
前記累積手段は大当りが特典付きであるか特典無しであるかによって異なるポイントを累積することを特徴とする発明13記載の遊技機。この発明14によれば、特典の獲得状態によって特定画面の出現タイミングに差ができるので、特典の獲得の有無に対する関心の度合いが大きくなる。このため、画面に対する注目度が高まるので、遊技のおもしろさが一層向上する。
[発明15]
前記累積手段はリーチの発生を検出することに基づいてポイントを累積することを特徴とする発明1〜12のいずれかに記載の遊技機。この発明15によれば、リーチの発生回数が増えることに基づいて特定画面が表示されるので、リーチが発生したドキドキ感に加えて特定画面の出現時期が近付いた喜びが得られる。
[発明16]
前記累積手段はリーチパターンの種類によって異なるポイントを累積することを特徴とする発明15記載の遊技機。この発明16によれば、リーチパターンの種類によって特定画面の出現タイミングに差ができるので、リーチパターンの種類に対する関心の度合いが高まる。このため、画面に対する注目度が高まるので、遊技のおもしろさが一層向上する。
[発明17]
前記累積手段はリーチパターンの信頼度の大きさによって異なるポイントを累積することを特徴とする発明15記載の遊技機。この発明17によれば、信頼度が高いリーチパターンの出現回数が増えることに基づいて特定画面の出現タイミングが早まる。このため、信頼度が高いリーチパターンが出現することに対する期待度が一層高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明18]
前記累積手段は複数のリーチパターンのうち予め設定された所定のリーチパターンの発生を検出することに基づいてポイントを累積することを特徴とする発明1〜12のいずれかに記載の遊技機。この発明18によれば、所定のリーチパターンの出現回数が増えることに基づいて特定画面が表示される。このため、所定のリーチパターンが出現することを期待しながら遊技を続けることができるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明19]
前記累積手段は識別図柄の変動を検出することに基づいてポイントを累積することを特徴とする発明1〜12のいずれかに記載の遊技機。この発明19によれば、図柄変動回数が増えることに基づいて特定画面が表示されるので、図柄が変動したドキドキ感に加えて特定画面の表示時期が近付いた喜びが得られる。
[発明20]
前記累積手段はポイントの累積結果が設定値に達する前に大当りが発生したことを検出したときにはポイントの累積結果を前記変更手段の変更結果に応じた値に変更することを特徴とする発明15〜19のいずれかに記載の遊技機。この発明20によれば、例えば少数のリーチで大当りが発生したり、少数の図柄変動回数で大当りが発生したときには特定画面が表示されず、ポイントの累積結果が累積基準値等に戻されるので、特定画面の表示の有無に基づいてリーチの発生回数や図柄の変動回数の多少が分かるようになる。
[発明21]
前記表示制御手段は特定画面として大当り動作中であることを報知する大当り画面を表示することを特徴とする発明1〜20のいずれかに記載の遊技機。この発明21によれば、例えば大当りの発生回数が増えることに基づいて特定の大当り画面を表示できる。このため、特定の大当り画面を見ることに基づいて多数の大当りを獲得した喜びが助長されるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明22]
前記表示制御手段は特定画面として識別図柄の態様が決まる様子を演出するリーチパターンを表示することを特徴とする発明1〜20のいずれかに記載の遊技機。この発明22によれば、例えばリーチの発生回数や図柄の変動回数が増えることに基づいて特定の見慣れないリーチパターンを表示できる。このため、特定のリーチパターンを見ることに基づいて大当りに対する期待度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
[発明23]
前記表示制御手段は特定画面としてリーチの発生やリーチの発展や大当りの発生を予告する予告パターンを表示することを特徴とする発明1〜20のいずれかに記載の遊技機。この発明23によれば、例えばリーチの発生回数や図柄の変動回数が増えることに基づいて特定の見慣れない予告パターンを表示できる。このため、特定の予告パターンを見ることに基づいて大当りに対する期待度が高まるので、遊技のおもしろさが一層高まる。
【0255】
【発明の効果】
本発明の遊技機によれば、図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せで表示された場合には大当りポイントの値が加算され、大当りポイントの値が設定値に達した場合には大当り処理中に図柄表示装置に特定の絵柄の映像が表示される。このため、遊技の継続時間が長くなれば特定の絵柄の映像が出現する確率が高くなるので、時間を費やしたにも拘らず特定の映像の映像を見ることができない不満感が解消される。しかも、複数の識別図柄が大当りの組合せとなったときの大当りの組合せの種類およびリーチパターンの種類のそれぞれに応じて大当りポイントの値が変動する。このため、特定の絵柄の映像の出現タイミングにばらつきができるので、総じて、遊技のおもしろさが高まる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1実施例を示す図(ラウンド画面を示す図)
【図2】表示制御装置の処理内容を示すフローチャート(メインルーチンを示すフローチャート)
【図3】(a)は外れ用のリーチパターンテーブルを示す図、(b)は大当り用のリーチパターンテーブルを示す図
【図4】リーチパターンBを示す図
【図5】リーチパターンCを示す図
【図6】(a)は表示制御装置のポイント加算処理内容を示すフローチャート、(b)は確率変動用のポイントテーブルを示す図、(c)は普通用のポイントテーブルを示す図
【図7】(a)は表示制御装置のコスチューム設定処理内容を示すフローチャート、 (b)はコスチュームテーブルを示す図
【図8】コスチュームを示す図
【図9】表示制御装置の大当り表示処理内容を示すフローチャート
【図10】エリアコードとコスチュームとの関係を示す図
【図11】メイン制御装置の処理内容を示すフローチャート(メインルーチンを示すフローチャート)
【図12】メイン制御装置のデータ取得処理内容を示すフローチャート
【図13】保留データ記録部と保留球ランプとの対応関係を示す図
【図14】カウンタデータを説明するための図
【図15】メイン制御装置のリーチ処理内容を示すフローチャート
【図16】メイン制御装置の大当り処理内容を示すフローチャート
【図17】電気的構成を示すブロック図(aは全体構成を示す図、bはメイン制御装置の内部構成を示す図、cは表示制御装置の内部構成を示す図、dは賞球制御装置の内部構成を示す図)
【図18】遊技盤を示す前面図
【図19】(a)は全体構成を示す前面図、(b)は全体構成を上皿の除去状態で示す矢印X視図
【図20】全体構成を示す後面図
【図21】本発明の第2実施例を示す図2相当図
【図22】リーチポイントテーブルを示す図
【図23】図7の(a)相当図
【図24】図9相当図
【図25】本発明の第3実施例を示す図2相当図
【図26】図7の(a)相当図
【図27】図9相当図
【図28】本発明の第4実施例を示す図2相当図
【図29】(a)は外れ用のリーチパターンテーブルAを示す図、(b)は大当り用のリーチパターンテーブルAを示す図、(c)は外れ用のリーチパターンテーブルBを示す図、(d)は大当り用のリーチパターンテーブルBを示す図
【図30】リーチパターンFを示す図
【図31】図7の(a)相当図
【図32】図9相当図
【図33】本発明の第5実施例を示す図2相当図
【図34】本発明の第6実施例を示す図2相当図
【図35】本発明の第7実施例を示す図2相当図
【図36】(a)は予告パターンAを示す図、(b)は予告パターンBを示す図
【図37】本発明の第8実施例を示す図2相当図
【図38】本発明の第9実施例を示す図2相当図
【図39】本発明の第10実施例を示す図(リーチパターンEが発展する様子を示す図)
【図40】本発明の第11実施例を示す図9相当図
【図41】リーチパターンの種類とリセット値との関係を示す図
【図42】本発明の第12実施例を示す図2相当図
【図43】リーチパターンの発生回数とリセット値との関係を示す図
【図44】本発明の第13実施例を示す図2相当図
【図45】図柄変動回数とリセット値との関係を示す図
【符号の説明】
ZSは数字図柄(識別図柄)、21は図柄表示装置、40はCPU(累積手段,変更手段,表示制御手段)、80は初期化スイッチ(リセットスイッチ)を示す。
[0001]
BACKGROUND OF THE INVENTION
The present invention relates to a gaming machine having a configuration in which an identification symbol is sequentially displayed on a symbol display device in a variation state and a variation stop state, and a jackpot lottery result is notified according to an aspect at the time of variation stop of the identification symbol.
[0002]
[Problems to be solved by the invention]
Some of the above gaming machines have a configuration that gives a definite notice that a reach will be a big hit based on, for example, displaying a specific reach pattern when a reach occurs. In the case of this configuration, a specific reach pattern is randomly selected from a plurality of reach patterns at the time of lottery. For this reason, a specific reach pattern may not appear even if the game duration is long, so you may feel dissatisfied that you cannot see the specific reach pattern despite spending time. There is still room for improvement.
The present invention has been made in view of the above circumstances, and an object thereof is to provide a gaming machine capable of enhancing the fun of the game.
[0003]
[Means for Solving the Problems]
  The gaming machine according to claim 1 is:A special symbol starting port provided on the game board where a pachinko ball can win, and a state where the pachinko ball provided on the game board can win and a state where it cannot be won When a winning opening, a pachinko ball wins the special symbol start opening, a symbol display device that displays each of the plurality of identification symbols in a varying state and a variable stop state, and a pachinko ball wins the special symbol starting opening In this case, it is determined whether or not the big winning opening is a big hit that makes the pachinko ball ready to win, and the probability variation state is a big hit compared to the non-probability variation state. Means for determining with high probability, means for selecting one of a plurality of predetermined variation patterns when it is determined that the game is a big hit, and a pachinko ball enters the special symbol starting port. In this case, each of the plurality of identification symbols is sequentially displayed in the variation state and the variation stop state on the symbol display device, and when it is determined that it is a big hit, the plurality of identification symbols are mutually displayed in the variation stop state. By displaying the same first jackpot combination or second jackpot combination and displaying a reach pattern image corresponding to the selection result of the variation pattern, a plurality of identification symbols can be combined with the first jackpot combination or the second jackpot combination. When it is visually determined that the combination is a big hit and it is determined that it is not a big hit, the plurality of identification symbols are set to a combination different from both the first big hit combination and the second big hit combination in a variable stop state. And when the plurality of identification symbols are displayed in the first jackpot combination or the second jackpot combination on the symbol display device when it is determined to be a jackpot Means for performing a jackpot process for allowing the pachinko ball to win the big winning opening, and when a plurality of identification symbols are displayed in the first jackpot combination on the symbol display device, A state where a plurality of identification symbols are displayed in a combination of second jackpots on the symbol display device, and a plurality of identification symbols on the symbol display device include a first jackpot Means for selecting one of a plurality of predetermined values for each of the case of being displayed as a combination and the case of being displayed as a second jackpot combination; and one of a plurality of predetermined values Means for adding the selection result of the one value to the value of the big hit point when one is selected, and the addition result of the value of the big hit point is compared with a predetermined set value when the value of the big hit point is added Small A means to determine whether or not, and if the result of adding the value of the jackpot point is determined to be smaller than the set value, select the picture from a plurality of different patterns and add the result of the value of the jackpot point When it is determined that the value is not smaller than the set value, a means for selecting a specific pattern different from any of the plurality of patterns, a case where a pattern is selected from the plurality of patterns, and a specific pattern are selected Means for displaying an image of a picture selection result during the jackpot processing on the symbol display device in each case, and a reach pattern in which a plurality of identification symbols are selected when a specific picture is selected. The symbol display device includes means for detecting whether the jackpot combination or the second jackpot combination has been reached, and resetting the value of the jackpot point to a value corresponding to the detection result of the reach pattern. Another symbols when displayed by a combination of the first jackpot is selected easily set as said one value larger value than when it is displayed by a combination of the second jackpotHowever, it has the characteristics.
  According to the above means,The jackpot point value is added when multiple identification symbols are displayed on the symbol display device in the first jackpot combination or the second jackpot combination, and the jackpot processing is performed when the jackpot point value reaches the set value. An image of a specific pattern is displayed on the symbol display device.Therefore, if the game duration is longSince the probability that a video with a specific pattern will appear is high,Despite spending timeSpecific video imageDissatisfaction that can not be seen is resolved.Moreover, the value of the big hit point varies depending on the type of jackpot combination and the type of reach pattern when a plurality of identification symbols become a jackpot combination. For this reason, since the appearance timing of the video of a specific pattern can be varied, the fun of the game is generally increased.
[0026]
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
Hereinafter, a first embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. As shown in FIG. 20, the outer frame 1 is installed on the Taijima island of the pachinko hall. The outer frame 1 has a rectangular cylindrical shape with front and rear surfaces open, and is located on the left and right sides of the outer frame 1 at the upper and lower ends as shown in FIGS. 19 (a) and 19 (b). A flat plate-like hinge fitting 2 is fixed, and both vertical shafts 4 of the front door 3 are rotatably mounted on both hinge fittings 2.
[0027]
As shown in FIG. 19A, the front door 3 is mounted with a horizontally long rectangular front plate 5 so as to be rotatable about a vertical axis (not shown) on the left side, A cylindrical discharge port 6 whose front and rear surfaces are open is fixed to the left side of the front plate 5. An upper plate 7 is fixed to the front surface of the front plate 5, and pachinko balls P (see FIG. 20) are stored in the upper plate 7.
[0028]
As shown in FIG. 19A, a launch handle 8 is rotatably mounted on the front surface of the front door 3 as shown in FIG. 19A, and the rear surface of the front door 3 is shown in FIG. As described above, the firing motor 9 is mounted behind the firing handle 8. As shown in FIG. 19A, a ball striking rod 10 is connected to the rotation shaft of the firing motor 9 via a striking mechanism (not shown), and the firing handle 8 is connected to the firing handle 8 in FIG. , The driving power is applied to the firing motor 9 and the hitting ball 10 is driven.
[0029]
A ball feeding mechanism 11 is mounted on the rear surface of the front plate 5. The ball feeding mechanism 11 is configured to send the pachinko ball P in the upper plate 7 to the hitting ball rod 10 based on being driven in conjunction with the hitting ball rod 10, and the hitting ball rod 10 is supplied from the ball feeding mechanism 11. Hit the ball P.
[0030]
A rectangular window frame 12 is mounted on the inner peripheral surface of the front door 3 so as to be rotatable about a vertical axis (not shown) on the left side, and transparent on the inner peripheral surface of the window frame 12. A transparent glass window 13 is held. A mechanism panel (not shown) is fixed to the rear surface of the front door 3. As shown in FIG. 18, a game board 14 is held on the mechanism board, and the game board 14 is covered with a glass window 13 from the front.
[0031]
As shown in FIG. 19A, a frame key 15 is attached to the right side of the front door 3, and the frame key 15 locks the front door 3 in a closed state in close contact with the front end surface of the outer frame 1. The window frame 12 is locked in a closed state in which the window frame 12 is fitted to the inner peripheral surface of the front door 3. The frame key 15 is equipped with a key (not shown), and the front door 3 is unlocked when the key is inserted into the frame key 15 and rotated clockwise in FIG. The window frame 12 is unlocked when it is turned counterclockwise.
[0032]
A lock mechanism 16 is mounted on the rear surface of the front plate 5. When the lock mechanism 16 is locked, the front plate 5 is held in a closed state in which the front plate 5 is fitted to the inner peripheral surface of the front door 3. The lock mechanism 16 is operated by inserting a hand from above to the rear of the front plate 5 with the window frame 12 open, and the front plate 5 operates the lock mechanism 16 from the locked state to the unlocked state. Is released based on
[0033]
As shown in FIG. 18, the outer rail 17 and the inner rail 18 are fixed to the front surface of the game board 14, and the pachinko ball P hit by the hitting ball 10 passes between the outer rail 17 and the inner rail 18. Is released in the upper part. In addition, a plurality of obstacle nails 19 are driven into the game board 14, and the pachinko ball P released to the upper part of the game board 14 falls while hitting the obstacle nails 19.
[0034]
A display base plate 20 is fixed to the game board 14, and a rectangular symbol display device 21 made of a color liquid crystal display is held on the display base plate 20. This symbol display device 21 has a display area ZE in which the horizontal dimension is larger than the vertical dimension, and within the display area ZE, as indicated by a two-dot chain line, the left, middle, and right The three rows of symbol variation regions HE are formed. A special symbol start port 22 is disposed below the symbol display device 21. The special symbol starting port 22 is fixed to the game board 14 and has a pocket shape whose upper surface is open.
[0035]
As shown in FIG. 20, a square center cover 23 is fixed to the rear surface of the game board 14, and a main board box 24 is fixed to the rear surface of the center cover 23. A main board 25 is housed in the main board box 24, and a main controller 26 mainly composed of a microcomputer is mounted on the main board 25. As shown in FIG. 17B, the main control device 26 has a CPU 27, a ROM 28, a RAM 29, and an input / output interface 30, and the ROM 28 has a main control program for comprehensively controlling gaming operations. Is recorded.
[0036]
As shown in FIG. 17A, a special symbol start sensor 31 is electrically connected to the input / output interface 30 of the main controller 26. The special symbol start sensor 31 is composed of a proximity switch fixed in the special symbol start port 22. The special symbol start sensor 31 detects that the pachinko ball P has entered the special symbol start port 22 and detects a special symbol start signal (special signal). (Referred to as a start signal).
[0037]
The input / output interface 30 of the main control device 26 is electrically connected to the input / output interface of a lamp control device 75 mainly composed of a microcomputer. The lamp control device 75 has a CPU, ROM, and RAM in addition to the input / output interface, and a lamp control program is recorded in the ROM of the lamp control device 75.
[0038]
The holding ball lamps 33 to 36 are electrically connected to the input / output interface of the lamp control device 75 via the drive circuit 32. As shown in FIG. 18, these holding ball lamps 33 to 36 are made up of LEDs fixed to the upper end portion of the display base plate 20, and the lamp control device 75 controls the display command from the main control device 26. With the processing based on the program, lighting control is performed on the holding ball lamps 33 to 36.
[0039]
As shown in FIG. 20, a display substrate box 37 is fixed to the rear surface of the symbol display device 21, and the display substrate box 37 is covered from behind by the center cover 23. A display substrate 38 is accommodated in the display substrate box 37, and a display control device 39 mainly composed of a microcomputer is mounted on the display substrate 38.
[0040]
As shown in FIG. 17C, the display control device 39 includes a CPU 40, a ROM 41, a RAM 42, an image ROM 43, an image RAM 44, and an input / output interface 45, and the input / output interface 45 of the display control device 39 includes As shown in FIG. 17A, the input / output interface 30 and the drive circuit 46 of the main controller 26 are electrically connected, and the symbol display device 21 is electrically connected to the drive circuit 46. The CPU 40 of the display control device 39 corresponds to accumulating means, changing means, and display control means.
[0041]
A display control program and image data are recorded in the ROM 41 and the image ROM 43 of the display control device 39, and the CPU 40 of the display control device 39 processes the image data of the image ROM 43 based on the display control program of the ROM 41. A screen described later is displayed on the display device 21. This display processing is executed based on detection of a command signal from the main control device 26 by the display control device 39, and the image RAM 44 functions as a work area for processing the image data in the image ROM 43.
[0042]
As shown in FIG. 18, a winning hole base plate 47 is fixed to the front surface of the game board 14 below the special symbol starting port 22, and a big winning hole 48 is formed on the winning hole base plate 47. Has been. The grand prize winning port 48 has a square cylindrical shape with an open front and a closed rear surface, and a flat door 49 can be rotated around both horizontal shafts 50 at the front of the special winning prize port 48. It is attached to.
[0043]
The door 49 is mechanically connected to the plunger of the special winning opening solenoid 51 (see a in FIG. 17). The large winning opening solenoid 51 is fixed to the rear surface of the winning opening base plate 47, and when the large winning opening solenoid 51 is disconnected, the door 49 is rotated vertically as shown in FIG. On the basis of this, the special winning opening 48 is closed, and when the special winning opening solenoid 51 is energized, the special winning opening 48 is opened based on the fact that the door 49 is rotated to the horizontal state in which the door 49 falls forward. As shown in FIG. 17A, the special winning opening solenoid 51 is electrically connected to the input / output interface 30 of the main control device 26 via the drive circuit 52, and the main control device 26 receives the special winning prize. The special winning opening 48 is opened and closed based on the drive control of the opening solenoid 51.
[0044]
A big prize opening sensor 53 is electrically connected to the input / output interface 30 of the main controller 26. The big prize opening sensor 53 is a proximity switch fixed to the entrance of the big prize opening 48, detects that the pachinko ball P has entered the big prize opening 48, and outputs a winning signal.
[0045]
As shown in FIG. 18, the winning hole base plate 47 is provided with a hole-shaped outlet 54 and a hole-shaped special winning hole 55 that are located at the left inner part and the right inner part in the large winning port 48. Thus, the pachinko balls P that have won in the big winning opening 48 are distributed to the losing opening 54 and the special winning opening 55. Further, a V sensor 56 (see a in FIG. 17) is fixed in the special winning opening 55. The V sensor 56 includes a proximity switch that detects that the pachinko ball P has won the special winning opening 55 and outputs a V signal. As shown in FIG. The input / output interface 30 is electrically connected.
[0046]
As shown in FIG. 20, a rectangular frame main set 57 is disposed on the outer periphery of the center cover 23, and the right side of the main set 57 is hinged (not shown) on the rear surface of the front door 3. ) To be able to turn through. The front door 3 and the main set 57 are fitted with hooks and pins (both not shown), and the main set 57 is closed on the outer periphery of the center cover 23 based on hooks hooked on the pins. Locked to state.
[0047]
A ball tank 58 is fixed to the upper end portion of the main set 57. The ball tank 58 has a container shape with an open top surface, and the pachinko balls P are stored in the ball tank 58. In addition, an inclined bowl-shaped tank rail 59 and a ball payout case 60 are fixed to the main set 57, and a ball passage 61 is formed in the ball payout case 60. The ball passage 61 is connected to the ball tank 58 via the tank rail 59, and the ball passage 61 is filled with pachinko balls P in a line from the ball tank 58 through the tank rail 59.
[0048]
A ball payout mechanism is accommodated in the ball payout case 60. This ball payout mechanism uses a ball payout motor 62 as a drive source, and when the ball payout motor 62 is driven, the pachinko balls P in the ball passage 61 are discharged below the ball payout case 60.
[0049]
A lower plate passage 63 is provided in the main set 57. The upper end portion of the lower dish passage 63 is connected to the ball passage 61 of the ball dispensing case 60, and the pachinko balls P released from the ball passage 61 fall in the lower dish passage 63. An upper dish passage 64 is provided in the middle of the lower dish passage 63. The upper plate passage 64 is connected to the discharge port 6 of the front plate 5 in the closed state of the front plate 5, and the pachinko ball P rolls into the upper plate passage 64 from the lower plate passage 63 and passes through the discharge port 6. It is dispensed into the tray 7.
[0050]
As shown in FIG. 19A, the front door 3 has a dispensing port 65 fixed below the upper plate 7. The discharge port 65 has a cylindrical shape whose front and rear surfaces are open, and the rear surface of the discharge port 65 is connected to the lower end of the lower dish passage 63 when the main set 57 is closed. A lower plate 66 is fixed to the front surface of the front door 3 so as to be positioned in front of the payout port 65, and the pachinko ball P overflows from the upper plate 7 and fills the upper plate passage 64. It is discharged into the lower plate 66 through the passage 63 and the discharge port 65.
[0051]
As shown in FIG. 20, a prize ball board box 67 is fixed to the rear surface of the main set 57. A prize ball board 68 is accommodated in the prize ball board box 67, and a prize ball control device 69 mainly composed of a microcomputer is mounted on the prize ball board 68. As shown in FIG. 17D, the prize ball control device 69 has a CPU 70, a ROM 71, a RAM 72, and an input / output interface 73. The ROM 71 has a prize for controlling the payout operation of the pachinko ball P. A ball control program is recorded.
[0052]
As shown in FIG. 17A, the input / output interface 30 of the main control device 26 is electrically connected to the input / output interface 73 of the prize ball control device 69, and the main control device 26 starts a special symbol start. When a special figure starting signal from the sensor 31 or a winning signal from the big winning opening sensor 53 is detected, a payout signal for the pachinko ball P is output to the winning ball control device 69. Then, the CPU 70 of the prize ball control device 69 processes the payout signal based on the prize ball control program, and sets the driving content of the ball payout motor 62.
[0053]
A ball payout motor 62 is electrically connected to the input / output interface 73 of the prize ball control device 69 via a drive circuit 74, and the CPU 70 of the prize ball control device 69 uses the ball payout motor 62 as a result of setting the drive content. Based on this, the pachinko ball P is dispensed into the upper plate 7 or the lower plate 66.
[0054]
As shown in FIG. 19A, the upper plate 7 has a sound output port 76 formed of a plurality of slits. A speaker 77 is fixed behind the sound output port 76, and the speaker 77 is electrically connected to an input / output interface of the speaker control device 79 via a drive circuit 78 as shown in FIG. It is connected. The speaker control device 79 is configured mainly with a microcomputer, and has a CPU, a ROM, and a RAM in addition to an input / output interface.
[0055]
The input / output interface 30 of the main control device 26 is electrically connected to the input / output interface of the speaker control device 79, and the main control device 26 is connected to the speaker when the symbol changes, when reach occurs, when a big hit occurs. A sound effect command is output to the control device 79. A plurality of sound effect data is recorded in the ROM of the speaker control device 79, and the speaker control device 79 reads sound effect data corresponding to the sound effect command from the main control device 26 from the ROM. Then, the speaker 77 is driven and controlled based on the sound effect data, and the sound effect corresponding to the sound effect data is output from the speaker 77.
[0056]
An initialization switch 80 corresponding to a reset switch is electrically connected to the input / output interface 30 of the main controller 26. As shown in FIG. 20, the initialization switch 80 is mounted on the rear side of the front door 3, and a reset signal is output to the main control device 26 when the initialization switch 80 is operated. Further, a power switch 81 is mounted in the vicinity of the initialization switch 80. The power switch 81 is provided for the main control device 26, the display control device 39, the prize ball control device 69, the lamp control device 75, the speaker control device 79, and the like. The drive power is supplied based on the operation.
[0057]
Next, the operation of the above configuration will be described. The following operations are executed by the CPU 27 of the main control device 26 and the CPU 40 of the display control device 39 based on the control programs recorded in the ROM 28 and the ROM 41. When the initialization switch 80 and the power switch 81 are operated simultaneously, the main controller 26 proceeds to step S1 in FIG. Here, the jackpot probability is set to a normal value based on the input of one set value “7” to the jackpot value, and an initial command is output to the display control device 39 (initial processing).
[0058]
When the display control device 39 detects the initial command in step S30 of FIG. 2, the display control device 39 proceeds to step S31. Then, the numerical symbol ZS of “1”, “2”, “3” is displayed in the symbol variation area HE of the symbol display device 21 and behind the numerical symbol ZS of “1”, “2”, “3”. A background having a character design Zm of the male president and a character design Zw of the female clerk (see a in FIG. 4) is displayed. The numerical symbol ZS corresponds to the identification symbol.
[0059]
When the main control device 26 detects the counter data in step S2 of FIG. 11, the main control device 26 proceeds to step S3. The counter data is acquired by the interrupt routine based on the fact that the main control device 26 detects the special symbol start signal from the special symbol start sensor 31. The processing content is as follows.
[0060]
<About data acquisition processing>
When the main control device 26 detects the special symbol start signal from the special symbol start sensor 31, the main control device 26 proceeds to step S 201 in FIG. 12 and refers to the counter data area of the RAM 29. As shown in FIG. 13, this counter data area is composed of reserved data recording sections {circle around (1)} to {circle around (5)}. The reserved data recording portions {circle around (1)} to {circle around (5)} are reserved data recording portions {circle around (1)}. The recording order is set in the order of, on-hold data recording unit (2), on-hold data recording unit (3), on-hold data recording unit (4), and on-hold data recording unit (5).
[0061]
When the main control unit 26 detects in step S201 in FIG. 12 that there are no blanks in the reserved data recording units {circle around (1)} to {circle around (5)}, the process is finished. If it is detected in step S201 that there is a blank in the reserved data recording sections {circle around (1)} to {circle around (5)}, the process proceeds to step S202.
[0062]
When the main control device 26 proceeds to step S202, the big hit counter value No, the reach counter value Nr, the fluctuation pattern counter value Nh, the big hit symbol counter value Noz, and the off symbol counter value Nhz are acquired at the detection timing of the special figure start signal. As shown in FIG. 14, the big hit counter No. to the off symbol counter Nhz are added from “0” to the upper limit value and then returned to “0”, and the main control device 26 adds the big hit counter value. When the No.-out symbol counter value Nhz is acquired, the big hit counter value No.-out symbol counter value Nhz is recorded as one set in the leading blank corresponding to the recording order. The big hit counter No. to the off symbol counter Nhz are added based on the internal clock pulse signal of the main controller 26.
[0063]
When the main control device 26 records the jackpot counter value No. to the off symbol counter value Nhz, the main control device 26 proceeds to step S203 in FIG. 12, and detects the recording state of the reserved data recording units {circle around (2)} to {circle around (5)}. Here, when it is detected that the counter data is not recorded in the reserved data recording sections {circle around (2)} to {circle around (5)}, the processing is ended. When it is detected that the counter data is recorded in the reserved data recording units {circle around (2)} to {circle around (5)}, the process proceeds to step S204.
[0064]
As shown in FIG. 13, holding ball lamps 33 to 36 are assigned to the holding data recording units {circle around (2)} to {circle around (5)}, and when the main control device 26 proceeds to step S204 in FIG. Lighting commands for the holding ball lamps 33 to 36 corresponding to the recorded holding data recording units {circle around (2)} to {circle around (5)} are output to the lamp control device 75.
[0065]
When the lamp control device 75 detects a lighting command from the main control device 26, the lamp control device 75 turns on one of the holding ball lamps 33 to 36 according to the lighting designation. Accordingly, when the pachinko ball P wins in the special symbol start port 22 in a state where the counter data is recorded in the reserved data recording unit (1), the counter data is stored in the reserved data recording units (2) to (5) in this order. Is recorded, and the holding ball lamps 33 to 36 are lit in the order.
[0066]
<Regarding the control contents at the time of removal>
When the main control device 26 proceeds to step S3 in FIG. 11, it detects the counter data of the reserved data recording unit {circle around (1)} and sets the big hit counter value No of the reserved data recording unit {circle around (1)} to the big hit value “7” in step S4. Compare. Here, when it is detected that they are different from each other, it is determined that they are out, and the process proceeds to step S5, and the reach counter value Nr of the reserved data recording section (1) is compared with the reach values “7” and “14”. . These reach values “7” and “14” are recorded in advance in the ROM 28 of the main control device 26. The main control device 26 has a reach counter value Nr different from the reach values “7” and “14”. If this is detected, the process proceeds to step S6.
[0067]
A ROM symbol table is recorded in the ROM 28 of the main controller 26. This out symbol table shows the relationship between the out symbol and the out symbol counter value Nhz, and the out symbol is composed of a combination of a numeric symbol ZS in the left column, a numeric symbol ZS in the middle column, and a numeric symbol ZS in the right column. The numeric symbol ZS in the left column and the numeric symbol ZS in the right column are set to different values. Note that any one of “1” to “12” is recorded as the numerical symbol ZS of each column in the off symbol table.
[0068]
When the main control device 26 proceeds to step S6 in FIG. 11, the main control device 26 obtains an out symbol corresponding to the out symbol counter value Nhz of the reserved data recording section {circle around (1)} from the out symbol table of the ROM 28, and proceeds to step S7. Here, the variation pattern is set to “4”, and the process proceeds to step S8.
[0069]
When the main control device 26 proceeds to step S8, it outputs control information to the display control device 39. This control information has a determination result of detachment, a setting result of detachment symbol, and a variation pattern. When the main control device 26 outputs the control information to the display control device 39, in step S9, the display control device 39 is subjected to symbol variation. Outputs a command.
[0070]
When the display control device 39 detects the control information in step S32 of FIG. 2, the display control device 39 records it in the RAM 42, proceeds to step S33, and compares the variation pattern of the control information with “4”. Here, since “4” is recorded in the RAM 42 as the variation pattern, it is determined as “YES”, the process proceeds to step S 36, and a symbol variation command from the main control device 26 is awaited.
[0071]
When the display control device 39 detects the symbol variation command from the main control device 26 in step S36, the display control device 39 proceeds to step S37 and varies the numerical symbol ZS of each column of the symbol display device 21 from the bottom to the top in the vertical direction. The variation of the numerical symbol ZS of each column is performed in the order recorded in the ROM 41 of the display control device 39 in advance, and the variation sequence of the numerical symbol ZS of each column is “1” → “2”. → “12” → “1” → “2”.
[0072]
When the display control device 39 starts the variation of the symbol, the display control device 39 proceeds to step S38 and displays an effect screen corresponding to the variation pattern on the symbol display device 21. Here, since the variation pattern “4” is set, a state in which each column of the symbol display device 21 temporarily stops at the numeric symbol ZS designated by the control information is displayed as an effect screen. The temporary stop of the numerical symbol ZS is performed in the order of the left column → the right column → the middle column. When the display controller 39 temporarily stops the numerical symbol ZS in each column, the display control device 39 proceeds to step S39 and performs the main control. Wait for a symbol confirmation command from the device 26.
[0073]
When the main controller 26 outputs the symbol variation command in step S9 of FIG. 11, it waits for the effect display time Te to elapse in step S10. This effect display time Te corresponds to the time required for the display control device 39 to display the effect screen in step S38 of FIG. 2, and is set by the main control device 26 based on the variation pattern “4”. is there.
[0074]
When the main control device 26 detects the elapse of the effect display time Te in step S10 in FIG. 11, the main control device 26 outputs a symbol confirmation command to the display control device 39 in step S11. Then, the display control device 39 detects a symbol determination command in step S39 of FIG. 2, and in step S40, the numerical symbol ZS of each column is determined as the temporary stop symbol ZS. In step S41, it is detected that no big hit is recorded as control information, and the process returns to step S32.
[0075]
When the main control device 26 outputs the symbol confirmation command, the process proceeds to step S12 in FIG. 11 and erases the counter data in the reserved data recording unit (1). When the counter data is recorded in the hold data recording units {circle around (2)} to {circle around (5)}, the counter data is moved to the previous hold data recording units {circle around (1)} to {circle around (4)}, and the hold data recording portions {circle around (2)} A command to turn off the holding ball lamps 33 to 36 corresponding to the blank of {circle around (5)} is output to the lamp controller 75. Then, the lamp control device 75 turns off one of the holding ball lamps 33 to 36 according to the turn-off command.
[0076]
<About the control contents at the time of release reach>
When the main control device 26 detects that the reach counter value Nr of the reserved data recording section {circle around (1)} is the reach value “7” or “14” in step S5 of FIG. 11, the main control device 26 proceeds to reach processing in step S13. Then, in step S121 in FIG. 15, the out symbol corresponding to the out symbol counter value Nhz of the reserved data recording unit (1) is acquired from the out symbol table, and the process proceeds to step S122.
[0077]
When the main control device 26 proceeds to step S122, it compares the numeric symbol ZS in the left column of the outlier symbol with the numeric symbol ZS in the middle column. Here, when it is detected that the numeric symbol ZS in the left column is the same as the numeric symbol ZS in the middle column, the process proceeds to step S123, and the numeric symbol ZS in the right column is copied to the left column. For example, when the out symbol is “1 1 2”, the numeric symbol ZS of “2” in the right column is copied to the left column, and the out of reach symbol is set to “2 1 2”.
[0078]
When the main control unit 26 detects in step S122 that the numeric symbol ZS in the left column is different from the numeric symbol ZS in the middle column, the main control unit 26 proceeds to step S124 and copies the numeric symbol ZS in the left column to the right column. . For example, when the out symbol is “1 2 4”, the numeric symbol ZS of “1” in the left column is copied to the right column, and the out of reach symbol is set to “1 2 1”.
[0079]
After completing the reach process, the main control device 26 proceeds to step S14 in FIG. Here, the fluctuation pattern counter value Nh of the reserved data recording unit (1) is detected, and the fluctuation pattern is set to the fluctuation pattern counter value Nh. The fluctuation pattern counter value Nh is acquired by the main control device 26 in the data acquisition process of FIG. 12, and is randomly set from “0” to “3” as shown in FIG.
[0080]
When the variation pattern is set, the main control device 26 outputs control information to the display control device 39 in step S8 of FIG. 11, and outputs a symbol variation command in step S9. This control information includes the determination result of the outreach reach, the set result of the outreach design, and the variation pattern. When the display control device 39 detects the control information in step S32 in FIG. Migrate to
[0081]
When the display control device 39 proceeds to step S33, it compares the fluctuation pattern of the control information with “4”. Here, since any of “0” to “3” is set as the variation pattern, the process proceeds to step S34, and the reach pattern counter value Nr is acquired. This reach pattern counter value Nr is composed of a ring counter that is added from “0” to “99” and then added back to “0”. When the display control device 39 obtains the reach pattern counter value Nr, Control goes to step S35. The reach pattern counter Nr is added based on the internal clock pulse signal of the display control device 39.
[0082]
The ROM 41 of the display control device 39 stores a reach pattern table for detachment reach. As shown in FIG. 3A, this reach pattern table shows the correspondence between the fluctuation pattern and the reach pattern. When the display control device 39 proceeds to step S35 in FIG. A reach pattern corresponding to the variation pattern Nh and the reach pattern counter value Nr is acquired from the reach pattern table of a).
[0083]
When setting the reach pattern, the display control device 39 starts displaying the above-described symbol variation screen in step S37 of FIG. 2, and proceeds to step S38. Here, the left column and the right column of the symbol display device 21 are temporarily stopped at the numerical symbol ZS of the control information, and reach is generated as shown in FIG. Then, the reach patterns A to E set in step S35 of FIG. 2 are selectively displayed. Each of these reach patterns A to E refers to a moving image surface that produces a state in which the combination of the numeric symbols ZS in the left column, the middle column, and the right column is determined (the numeric symbol ZS in the middle column is temporarily stopped) Hereinafter, B and C among the reach patterns A to E will be described.
[0084]
<About reach pattern B>
When the reach is generated, the display control device 39 reduces and displays the left column numeric symbol ZS and the right column numeric symbol ZS in the lower left part of the screen, as shown in FIG. Next, the character design Zw of the female office worker dressed as Miss SM and the character design Zm of the male president who became naked appeared, and the animation of the production that the female office worker character design Zw hangs a candle on the president's character design Zm Display the screen. At this time, the numerical symbol ZS in the middle row is slowly changed at a speed at which the type can be identified, and temporarily stopped at the one designated by the control information. Then, as shown in FIG. 4C, the face of the president's character symbol Zm is displayed on the full screen, and the player is made aware that the middle symbol symbol symbol ZS has been temporarily stopped.
[0085]
<About reach pattern C>
When the reach is generated, the display control device 39 reduces and displays the left column numeric symbol ZS and the right column numeric symbol ZS on the upper left portion of the screen, as shown in FIG. 5B. Then, a high heel reach action symbol Zh is introduced to produce a state in which the middle row of symbol symbols ZS slowly changes from right to left. At this time, as shown in FIG. 5 (c), the high-heel reach action symbol Zh produces a state where the numeric symbol ZS specified by the control information is crushed, and the player is informed that the numeric symbol ZS in the middle row is temporarily stopped. To recognize.
[0086]
When the main controller 26 outputs the symbol variation command in step S9 of FIG. 11, it waits for the effect display time Te to elapse in step S10. The effect display time Te is set by the main control device 26 based on the variation pattern. When the main control device 26 detects the lapse of the effect display time Te, it outputs a symbol confirmation command to the display control device 39 in step S11. To do. Note that the same kind of reach patterns having different variation patterns (for example, the high heel reach of the variation pattern “0” in FIG. 3A and the high heel reach of the variation pattern “1”) have different effect display times Te.
[0087]
When the display control device 39 temporarily stops the numerical symbol ZS in the middle row in the variation patterns A to E, the display control device 39 detects a symbol determination command from the main control device 26 in step S39 of FIG. Then, in step S40, the numerical symbol ZS in the left column, the numeric symbol ZS in the middle column, and the numeric symbol ZS in the right column of the control information are displayed along one virtual effective line YL, and the numeric symbol in each column is displayed. A background having the character design Zm of the president and the character design Zw of the female clerk is displayed behind the ZS (display of the confirmation screen). Next, it is detected in step S41 that no big hit is recorded as control information, and the process returns to step S32. 4 (d) and 5 (d) show a confirmation screen at the time of release reach.
[0088]
<About the control contents at the time of big hit>
A jackpot symbol table is recorded in the ROM 28 of the main controller 26. This jackpot symbol table shows the relationship between the jackpot symbol and the jackpot symbol counter value Noz. The jackpot symbol is composed of a combination of a numeric symbol ZS in the left column, a numeric symbol ZS in the middle column, and a numeric symbol ZS in the right column. The numeric symbol ZS in the left column to the numeric symbol ZS in the right column are set to the same value from “1” to “12”.
[0089]
When the main control device 26 detects in step S4 of FIG. 11 that the big hit counter value No of the reserved data recording section {circle around (1)} is the same as the big hit value “7”, the main control device 26 determines that it is a big hit and proceeds to step S15. Here, the big hit symbol corresponding to the big hit symbol counter value Noz of the reserved data recording section {circle around (1)} is acquired from the big hit symbol table, and the process proceeds to step S16.
[0090]
When the main controller 26 proceeds to step S16, it sets the fluctuation pattern to the fluctuation pattern counter value Nh. Then, control information is output to the display control device 39 in step S17, and a symbol variation command is output to the display control device 39 in step S18. This control information has a jackpot determination result, a jackpot symbol setting result, and a fluctuation pattern. When the display control device 39 detects the control information in step S32 of FIG. 2, it records it in the RAM 42 and proceeds to step S33. To do.
[0091]
When the display control device 39 proceeds to step S33, it compares the fluctuation pattern of the control information with “4”. Here, since any of “0” to “3” is set as the variation pattern, the reach pattern counter value Nr is acquired in step S34, and the process proceeds to step S35.
[0092]
A hit pattern reach pattern table is recorded in the ROM 41 of the display control device 39. As shown in FIG. 3B, this reach pattern table shows the correspondence between the fluctuation pattern and the reach pattern. When the display control device 39 proceeds to step S35 in FIG. A reach pattern is acquired from the reach pattern table of b) based on the variation pattern Nh and the reach pattern counter value Nr.
[0093]
When the display control device 39 detects the symbol variation command from the main control device 26 in step S36 of FIG. 2, the display control device 39 varies the numerical symbol ZS of each column of the symbol display device 21 in step S37. Then, the process proceeds to step S38, and the reach pattern set in step S35 is displayed as an effect screen. 4 (e) and 5 (e) show how the middle row of numerical symbols ZS are temporarily stopped in the reach patterns B and C at the time of jackpot determination.
[0094]
When the main controller 26 outputs the symbol variation command in step S18 of FIG. 11, it waits for the effect display time Te to elapse in step S19. As described above, this effect display time Te corresponds to the reach pattern display time set by the main control device 26 based on the variation pattern, and the main control device 26 detects the progress of the effect display time Te. In step S20, a symbol confirmation command is output to the display control device 39. Note that the same kind of reach patterns having different variation patterns have different effect display times Te.
[0095]
When the display control device 39 temporarily stops the numeric symbol ZS in the middle row in the reach patterns A to E, the display control device 39 detects a symbol determination command from the main control device 26 in step S39 of FIG. Then, in step S40, the left-number numeric symbol ZS, the middle-number numeric symbol ZS, and the right-number numeric symbol ZS of the control information are displayed along one effective line YL, and behind the numeric symbol ZS in each column. The background having the character design Zm of the president and the character design Zw of the female clerk is displayed (display of the confirmation screen). Note that FIG. 4 (f) and FIG. 5 (f) show a confirmation screen at the time of jackpot determination.
[0096]
When the display control device 39 determines the symbol in step S40 of FIG. 2, the process proceeds to step S41. Here, it is detected that the big hit is recorded as the control information, and the process proceeds to the point addition process of step S42. This point addition process adds the big hit points Po cumulatively, and details of the point addition process are as follows.
[0097]
<About point addition processing>
The display control device 39 acquires the point counter value Np in step S391 in FIG. This point counter value Np is counted alternately as “0” and “1” based on the internal clock pulse signal of the display control device 39, and when the display control device 39 obtains the point counter value Np, step S392 is performed. Migrate to
[0098]
When the display control device 39 proceeds to step S392, it determines whether the number symbol ZS in the left column to the right column of the control information is an odd number (probability variation symbol) or an even number (non-probability variation symbol). To do. Here, when it is determined that the symbol is a probability variation symbol, the process proceeds to step S393, and the big hit point Po ′ corresponding to the point counter value Np is obtained from the probability variation point table of FIG. 6B. When it is determined in step S392 in FIG. 6A that the symbol is a non-stochastic fluctuation symbol, the process proceeds to step S394, and the point counter value Np is set according to the point table for non-probability fluctuation in FIG. The big hit point Po ′ is acquired. 6B and 6C are recorded in advance in the ROM 41 of the display control device 39. FIG.
[0099]
When the display control device 39 acquires the big hit point Po ′, the display control device 39 proceeds to step S395 in FIG. Then, the big hit point Po ′ acquired in step S393 or S394 is added to the big hit point Po (Po + Po ′ → Po). The jackpot point Po is reset to the store opening value (13) based on the simultaneous operation of the initialization switch 80 and the power switch 81. When the jackpot point Po is added, the display control device 39 ends the point addition process.
[0100]
When the display control device 39 finishes the point addition processing, the display control device 39 proceeds to the costume setting processing in step S43 in FIG. In this costume setting process, the costume to be worn on the character design Zw of the female clerk is selected from the costumes 1 to 5 in FIG. 8. Details of the costume setting process are as follows.
[0101]
<About the costume setting process>
The display control device 39 compares the big hit point Po with the set value Max (15) in step S401 of FIG. If “Po ≧ Max” is detected, the costume 5 of FIG. 8 is set as the first costume, the second costume, and the third costume in step S402. If “Po <Max” is detected in step S401 of FIG. 7A, the process proceeds to step S403.
[0102]
When the display control apparatus 39 proceeds to step S403, the display control apparatus 39 acquires a costume counter value Nc. The costume counter value Nc is added from “0” to “99” on the basis of the internal clock pulse signal of the display control device 39 and then added back to “0”. When the value Nc is acquired, the process proceeds to step S404.
[0103]
In the ROM 41 of the display control device 39, as shown in FIG. 7B, a costume table is recorded. This costume table shows the correspondence between the costume counter value Nc and the costume. When the display control device 39 proceeds to step S404 in FIG. 7A, the costume according to the costume counter value Nc is transferred from the costume table. Detect and set as the first costume.
[0104]
When the display control device 39 sets the first costume, the display control device 39 proceeds to step S405 and acquires the costume counter value Nc. In step S406, a costume corresponding to the costume counter value Nc is detected from the costume table, and the process proceeds to step S407. If it is detected that the first costume set in step S404 is different from the costume detected in step S406, the process proceeds to step S408, and the costume detected in step S406 is set as the second costume. .
[0105]
When the display control device 39 detects that the first costume set in step S404 and the costume detected in step S406 are the same, the display control device 39 returns from step S407 to S405. Then, steps S405 to S407 are repeated until a costume different from the first costume set in step S404 is detected, and the costume is set as the second costume in step S408.
[0106]
When the second-time costume is set, the display control device 39 acquires a costume counter value Nc in step S409, detects a costume corresponding to the costume counter value Nc from the costume table in step S410, and proceeds to step S411. When it is detected that the costume detected in step S410 is different from the first costume set in step S404 and the second costume set in step S408, the process proceeds to step S412 and detected in step S410. Set the costume as the third costume.
[0107]
When the display control device 39 detects that the costume detected in step S410 is the same as the first costume set in step S404 or the second costume set in step S408, the display control device 39 returns from step S411 to S409. Then, steps S409 to S411 are repeated until the first costume set in step S404 and the costume different from the second costume set in step S408 are detected, and set as the third costume in step S412.
[0108]
The right column of FIG. 7B shows the costume selection probability. The selection probability of the costume 1 is set to 50%, and the selection probability of the costume 2 is set to 20%. The selection probability of the costume 3 is set to 20%, which is the same as the costume 2, and the selection probability of the costume 4 is set to the lowest 10%.
[0109]
When the main control device 26 outputs a symbol confirmation command in step S20 of FIG. 11, the main control device 26 executes a big hit process in step S21. The jackpot process executed by the main controller 26 and the jackpot display process executed by the display controller 39 in conjunction with the jackpot process will be described below.
[0110]
<About jackpot processing and jackpot display processing>
The main controller 26 sets “1” to the round counter value R in step S181 in FIG. 16, outputs the round counter value R to the display controller 39 in step S182, and proceeds to steps S183 and S184. Then, “0” is set in the V flag Fv and the winning number counter value N, and the process proceeds to step S185. Here, the special winning opening 48 is opened based on the driving of the special winning opening solenoid 51, and the process proceeds to step S186.
[0111]
When the display control device 39 detects the round counter value R in step S421 in FIG. 9, the display control device 39 proceeds to step S422 and clears the winning number counter value Nn to “0”. Then, the process proceeds to step S423, and the round counter value R from the main control device 26 is compared with “1”, “6”, and “11”. In this case, “R = 1” is detected, the process proceeds to step S424, and “1” is set to the area counter value Ne. Next, the process proceeds to step S426, and the first costume set in step S404 in FIG. 7A is set as the costume for 1R to 5R, and the process proceeds to step S427 in FIG.
[0112]
An area table is recorded in the ROM 41 of the display control device 39. As shown in FIGS. 10A to 10E, this area table divides the character design Zw of the female clerk in costumes 1 to 5 into five display areas and assigns an area code to each display area. When the display control device 39 proceeds to step S427 in FIG. 9, the display control device 39 selects the area code corresponding to the area counter value Ne from the costumes for 1R to 5R, and the image data corresponding to the area code is displayed as an image. Detect from ROM 43. For example, when “1” is set as the costume for 1R to 5R and “1” is set as the area counter value, the area code 1- (1) in FIG. Image data (1) is detected from the image ROM 43.
[0113]
When the display control device 39 detects the image data, the display control device 39 proceeds to step S428 in FIG. 9, and displays a round screen based on the image data, as shown in FIG. This round screen displays a part of the female clerk character symbol Zw that is determined by the area code. The character symbol Zw is displayed in the costume set in step S426 of FIG. 9, and the upper left part of the character symbol Zw. The character pattern Zr of the number of rounds corresponding to the round counter value R is displayed. The female clerk character design Zw corresponds to the design displayed during the execution of the jackpot motion.
[0114]
When the main control device 26 proceeds to step S186 in FIG. 16, the main control device 26 detects the presence / absence of winning of the pachinko ball P with respect to the big winning opening 48 based on the winning signal. When a winning signal is detected, “1” is added to the winning number counter value N in step S187, and the winning signal is output to the display control device 39 in step S188.
[0115]
When the main control device 26 outputs the winning signal, the process proceeds to step S189, and the winning number counter value N is compared with the upper limit value Nmax (10) recorded in the ROM 28 in advance. Here, when “winning number counter value N <upper limit value Nmax” is detected, the process proceeds to step S190, and an output signal from the V sensor 56 is determined. When it is detected that the V signal is not output from the V sensor 56, the process proceeds to step S191. When the V signal from the V sensor 56 is detected, the process proceeds to step S192.
[0116]
When the main control device 26 proceeds to step S192, it outputs a V signal to the display control device 39 and proceeds to step S193. Here, the V flag Fv is turned on (1 → Fv), and the process proceeds to step S191.
[0117]
The main control device 26 counts the opening time To of the special winning opening 48, and when proceeding to step S191, the opening time To is compared with the upper limit value Tmax (29.5 seconds) recorded in the ROM 28 in advance. Here, when "opening time To <upper limit value Tmax" is detected, the process returns to step S186, and steps S186 to S193 are repeated.
[0118]
When the display control device 39 detects the winning signal from the main control device 26 in step S429 in FIG. 9, the display control device 39 proceeds to step S430 and adds “1” to the winning number counter value Nn. Then, the process proceeds to step S431, and as shown in FIG. 1 (a), a winning prize is displayed based on displaying the pattern Zp of the number of pachinko balls P corresponding to the winning number counter value Nn on the right side of the number of rounds. The player is made to recognize the number of winnings for the mouth 48.
[0119]
When the display control device 39 detects the V signal from the main control device 26 in step S432 of FIG. 9, the display control device 39 proceeds to step S433, and as shown in FIG. Based on the display of the character design Zv, the player is made to recognize the winning of the pachinko ball P with respect to the special winning opening 55.
[0120]
When the main control device 26 detects that the winning number counter value N has reached the upper limit value Nmax in step S189 in FIG. 16 or the opening time To has reached the upper limit value Tmax in step S191, the main control device 26 proceeds to step S194. Here, based on the fact that the special winning opening solenoid 51 is disconnected, the special winning opening 48 is closed, and the process proceeds to step S195 (end of round).
[0121]
When the main controller 26 proceeds to step S195, it updates the round counter value R to “2” based on adding “1” to the round counter value R, and proceeds to step S196. Here, the round counter value R is compared with the upper limit value Rmax (16) recorded in advance in the ROM 28, "round counter value R <upper limit value Rmax" is detected, and the process proceeds to step S197. Then, the state of the V flag Fv is determined, and when “Fv = 1” is detected, the process returns to step S182.
[0122]
When returning to step S182, the main control device 26 outputs the round counter value R (2) to the display control device 39. Then, the display control device 39 proceeds from step S421 of FIG. 9 to S425 through S422 and S423, and updates the area counter value Ne to “2” based on adding “1” to the area counter value Ne.
[0123]
When the display control device 39 updates the area counter value Ne, the display control device 39 proceeds to step S427. Here, an area code corresponding to the area counter value “2” is selected from the costumes for 1R to 5R, and image data corresponding to the area code is detected from the image ROM 43.
[0124]
When the display control device 39 detects the image data, the display control device 39 proceeds to step S428, and displays a round screen based on the image data, as shown in FIG. As described above, this round screen displays a portion determined by the area code of the female clerk's character design Zw, and the character design Zw is displayed in the first costume set in the previous step S426. Then, the character design Zr having the number of rounds corresponding to the round counter value R is displayed in the upper left part of the character design Zw.
[0125]
When the display control device 39 displays the 2R round screen, the display control device 39 proceeds to steps S429 and S432 in FIG. Here, when the winning signal and the V signal from the main control device 26 are detected, the pachinko ball picture design Zp and the V character design Zv are displayed.
[0126]
When the main control device 26 detects that the winning number counter value N has reached the upper limit value Nmax or the opening time To has reached the upper limit value Tmax, the main winning device 48 is closed in step S194 in FIG. 16, and in step S195. The round counter value R is updated to “3”. In step S196, “round counter value R <upper limit value Rmax” is detected, and the process proceeds to step S197.
[0127]
When the main controller 26 detects “Fv = 1” in step S197, the main controller 26 returns to step S182 and outputs the round counter value “3” to the display controller 39. Therefore, when the round progresses to 3R, 4R, and 5R, as shown in (c) and (d) of FIG. 1, among the character designs Zw of the female clerk, (3), (4), (5) A part specified by the area code is displayed in the first costume.
[0128]
When the main control device 26 outputs the round counter value “6” in step S182 in FIG. 16, the display control device 39 proceeds from step S421 in FIG. 11 to S424 through S422 and S423. Then, “1” is set to the area counter value Ne, and the process proceeds to step S426.
[0129]
When proceeding to step S426, the display control device 39 sets the second costume set in step S408 of FIG. 7A as a costume for 6R to 10R. In step S427 in FIG. 9, an area code corresponding to the costume and the area counter value (1) is detected, and image data corresponding to the area code is detected. In step S428, a round screen is displayed based on the image data, and in steps S429 and S432, the picture symbols Zb and V of the pachinko ball P are displayed.
[0130]
When the main control device 26 detects that the winning number counter value N has reached the upper limit value Nmax or the opening time To has reached the upper limit value Tmax, the main winning device 48 is closed in step S194 in FIG. In step S195, “1” is added to the round counter value R, and “round counter value R <upper limit Rax” is detected in step S196. Next, when “Fv = 1” is detected in step S197, the process returns to step S182, and the round counter value R is output to the display control device 39. Therefore, when the round progresses to 7R, 8R, 9R, 10R, a part specified by the area codes (2), (3), (4), and (5) of the female clerk character symbol Zw is set. Is displayed in the second costume.
[0131]
When the main control device 26 outputs the round counter value “11” in step S182 in FIG. 16, the display control device 39 proceeds from step S421 in FIG. 9 to S424 through S422 and S423. Then, “1” is set to the area counter value Ne, and the process proceeds to step S426. Here, the third costume set in step S412 in FIG. 7A is set as the costume for 11R to 15R, and the process proceeds to step S427 in FIG.
[0132]
In step S427, the display control device 39 sets an area code corresponding to the costume and the area counter value Ne, and detects image data corresponding to the area code. In step S428, a round screen is displayed based on the image data, and in steps S429 and S432, the pictorial symbols Zp and V of the pachinko ball P are displayed.
[0133]
When the main control device 26 detects that the winning number counter N has reached the upper limit value Nmax or the opening time To has reached the upper limit value Tmax, the main control unit 26 closes the big winning opening 48 in step S194 in FIG. 16, and rounds in step S195. “1” is added to the counter value R. When “round counter value R <upper limit value Rmax” is detected in step S196 and “Fv = 1” is detected in step S197, the process returns to step S182 to output the round counter value R to the display control device 39. Therefore, when the round progresses to 12R, 13R, 14R, and 15R, the character design Zw of the female clerk specified by the area codes (2), (3), (4), and (5) is set for the third time. Displayed in costumes.
[0134]
When the main control unit 26 detects “round counter value R ≧ upper limit value Rmax” in step S196 of FIG. 16 or detects that “Fv = 1” is not satisfied in step S197, the main control unit 26 proceeds to step S198 and displays the display control unit 39. Output an end signal. Then, the display control device 39 detects an end signal in step S434 in FIG.
In step S435, the symbol display device 21 displays “End of jackpot” in characters, and notifies the end of the jackpot operation (display of the end screen).
[0135]
When displaying the end screen, the display control device 39 proceeds to step S436, and compares the big hit point Po with the set value Max. Here, when “Po ≧ Max” is detected, the process proceeds to step S437, and the reset counter value Nre is acquired. This reset counter Nre is composed of a ring counter which is added from “0” to the upper limit value “14” and then returned to “0”, and the addition operation of the reset counter value Nre is performed inside the display control device 39. This is performed based on the clock pulse signal. The reset counter Nre corresponds to a random counter.
[0136]
When the display control device 39 acquires the reset counter value Nre, the display control device 39 proceeds to step S438 and resets the big hit point Po. This reset process is performed based on inputting the reset counter value Nre acquired in step S437 to the jackpot point Po (Nre → Po). When the display control device 39 resets the jackpot point Po, the jackpot display process is performed. Finish. The reset counter value Nre corresponds to the cumulative reference value.
[0137]
When the main control device 26 finishes the big hit process, the process proceeds to step S22 in FIG. Here, when it is detected that the jackpot symbol is an odd number, the process proceeds to step S23, and “7”, “57”, “107”, “157”, “207”, “257” is input to the jackpot value. Based on the above, the big hit probability is set to the high value “6/317”. When it is detected that the big hit symbol is an even number, the process proceeds to step S24, and the big hit probability is set to the normal value “1/317” based on inputting “7” into the big hit value.
[0138]
After setting the big hit probability, the main control device 26 proceeds to step S12.
Here, the counter data is organized and the holding ball lamps 33 to 36 are turned off, and the process returns to step S2. Therefore, when a big hit occurs in an odd symbol, the next big hit is determined with a high probability of “6/317”, and when a big hit occurs in an even symbol, the next big hit is determined with a normal probability of “1/317”. .
[0139]
The following (1) and (2) summarize the display mode of the round screen.
(1) When the number of big hits is small
The first costume, the second costume, and the third costume are randomly selected from costumes 1 to 4 by lottery. Then, the character design Zw of the female clerk appears in the first costume in 1R to 5R, appears in the second costume in 6R to 10R, and appears in the third costume in 11R to 15R.
[0140]
(2) When the number of jackpots is high
Costume 5 is forcibly selected as the first costume, the second costume, and the third costume. Then, during all the rounds, the female clerk character design Zw appears in the costume 5 and the jackpot point Po is reset to a random value. The round screen corresponds to a jackpot screen that displays that the jackpot operation is being performed, and the round screen of the costume 5 corresponds to a specific screen that is displayed during the jackpot operation.
[0141]
According to the first embodiment, the big hit point Po is accumulated based on the occurrence of the big hit, and the specific round screen of the costume 5 is displayed based on the accumulated result of the big hit point Po reaching the set value Max. For this reason, since the specific round screen will always appear if the game duration is long, there is no discomfort that the specific round screen cannot be seen despite spending time. In addition, since the cumulative result of the jackpot point Po is reset after the specific round screen is displayed, the specific round screen can be viewed again based on acquiring the jackpot until the jackpot point Po reaches the set value Max again. . Further, since the reset value of the big hit point Po is changed, the time required for the cumulative result of the big hit point Po to reach the set value Max can be changed. For this reason, since the reappearance timing of a specific round screen can be varied, the fun of the game is generally increased.
[0142]
Further, since the reset value of the big hit point Po is randomly changed based on the ring counter value, it is impossible to predict what value the big hit point Po will be reset to. For this reason, there is no law in the reappearance timing of the specific round screen, and the appearance of the specific round screen can be surprising, which makes the game more interesting.
[0143]
In addition, since the initialization switch 80 is provided to reset the jackpot point Po to a preset opening value, the jackpot point Po is reset to a certain opening value before the start of pachinko hall operations, and daily sales are performed under the same conditions. Can start. In addition, when the pachinko hall is opened, the big hit point Po is reset to the opening value at which the set value Max can be easily reached. For this reason, a specific round screen is easily displayed only for the first time, and the player's willingness to play can be stimulated.
In addition, since a predetermined store opening value set in advance to the big hit point Po based on the power being turned on in the operation state of the initialization switch 80, the big hit point Po is set by the careless operation of the initialization switch 80. An accidental reset is prevented.
[0144]
Further, since the cumulative result of the big hit point Po is reset based on displaying the specific round screen only once, the number of appearances of the specific round screen is reduced. For this reason, the preciousness of the specific round screen is increased, and the pleasure of the appearance of the specific round screen is increased, so that the fun of the game is further increased.
In addition, since the cumulative big hit point Po ′ is randomly determined by lottery, there is further variation in the time for the cumulative result of the big hit point Po to reach the set value Max. For this reason, since a more unexpected feeling can be given to the appearance timing of a specific round screen, the fun of the game is further enhanced.
[0145]
Further, the jackpot point Po was accumulated based on the occurrence of the jackpot. For this reason, since a specific round screen is displayed based on the increase in the number of jackpot occurrences, it is possible to enjoy the game while expecting the appearance of the specific round screen. Moreover, in addition to the joy of winning the big hit, the joy that the display time of a specific round screen is approaching can be obtained.
In addition, a round screen for big hits was displayed as a specific screen. For this reason, the pleasure of winning a large number of jackpots based on viewing a specific round screen is encouraged, and the fun of the game is further enhanced.
[0146]
Also, when a big hit occurs in the probability variation symbol, “2” or “4” is added as the big hit point Po ′, and when a big hit occurs in the non-probability variation symbol, “1” or “2” is added as the big hit point Po ′. Since the addition is performed, the appearance timing of a specific round screen can be varied depending not only on the number of occurrences of jackpots but also on the acquisition state of the probability variation. For this reason, the degree of interest in the presence or absence of acquisition of probability fluctuations increases, and the degree of attention to the screen increases, making the game more interesting.
[0147]
Next, a second embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS.
<About the processing contents at the time of detachment determination>
In the ROM 41 of the display control device 39, as shown in FIG. 22, a reach point table is recorded. This reach point table shows the relationship between the reach pattern and the reach point Pr '. When the display control device 39 sets the reach pattern in step S35 in FIG. 21, the process proceeds to step S45, and the reach point table in FIG. To obtain a reach point Pr ′ corresponding to the reach pattern. Then, the process proceeds to step S46 in FIG. 21, and the reach point Pr ′ is added to the reach point Pr (Pr ′ + Pr → Pr). The reach point Pr is reset to a preset constant value (20) based on the simultaneous operation of the initialization switch 80 and the power switch 81.
[0148]
When the display control device 39 detects the symbol change command from the main control device 26 in step S36, the display control device 39 changes the numerical symbol ZS of each column of the symbol display device 21 in step S37. Then, the process proceeds to step S38, and the reach pattern set in step S35 is displayed as an effect screen. Next, when a symbol confirmation command from the main control device 26 is detected in step S39, the numerical symbol ZS of each column is confirmed in step S40.
[0149]
<About the details of processing when determining the big hit>
When the display control device 39 sets the reach pattern in step S35, the display control device 39 proceeds to step S45, acquires the reach point Pr ′ corresponding to the reach pattern from the reach point table in FIG. 22, and sets the reach point Pr in step S46 in FIG. to add. Note that the right column of FIG. 22 shows the reliability of the big hit. This jackpot reliability is defined by “number of jackpot occurrences / number of reach occurrences”, and the reach point Pr ′ is set higher in proportion to the jackpot reliability.
[0150]
When the display control device 39 detects the symbol change command from the main control device 26 in step S36 of FIG. 21, the display control device 39 changes the numerical symbol ZS of each column of the symbol display device 21 in step S37. Then, the process proceeds to step S38, and the reach pattern set in step S35 is displayed as an effect screen. Next, when a symbol confirmation command from the main control device 26 is detected in step S39, the numerical symbol ZS of each column is confirmed in step S40.
[0151]
When the display control device 39 determines the numeric symbol ZS of each column, the display control device 39 proceeds to a costume setting process in step S43, and compares the reach point accumulated value Pr with the set value Max (30) in step S413 in FIG. The set value Max is recorded in advance in the ROM 41 of the display control device 39. When the display control device 39 detects “Pr ≧ Max”, the first costume, the second costume, and the third time are detected in step S402. Costume 5 in FIG. 8 is set as the costume. If “Pr <Max” is detected in step S413 in FIG. 23, steps S403 to S412 are executed, and the first costume, the second costume, and the third costume are selected from the costumes 1 to 4 in FIG. Select at random.
[0152]
When finishing the costume setting process, the display control device 39 proceeds to step S44 in FIG. 21, and performs the jackpot display process in FIG. In the jackpot display process, as described in the first embodiment, the first costume, the second costume, and the third costume are set at the start of the first round, the sixth round, and the eleventh round (step S426). The area code corresponding to the area counter value Ne is selected from the costumes (step S427), and a round screen is displayed based on the image data corresponding to each area code (step S428). When an end signal from the main control device 26 is detected in step S434, an end screen is displayed in step S435.
[0153]
When the display control device 39 displays the end screen, it acquires the reset counter value Nre in step S439. The reset counter Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “29” and then returned to “0”, and the addition operation of the reset counter Nre is performed by the internal clock of the display control device 39. This is performed based on the pulse signal.
[0154]
When the display control device 39 acquires the reset counter value Nre, the display control device 39 proceeds to step S440 and resets the reach point Pr. This reset process is performed based on inputting the reset counter value Nre acquired in step S439 to the reach point Pr (Nre → Pr). When the display control device 39 resets the reach point Pr, the jackpot display process is performed. Finish.
[0155]
The following (1) and (2) summarize the jackpot display processing.
(1) When a big hit occurs before the reach point Pr reaches the maximum value Max
The female clerk character design Zw appears in three different costumes as the round progresses, and the reach point Pr is reset to a random value.
(2) When the reach point Pr is added to the maximum value Max or more without a big hit despite the frequent reach
The female clerk character design Zw appears in costume 5, and the reach point Pr is reset to a random value.
[0156]
According to the second embodiment, reach points Pr are accumulated based on the occurrence of reach. For this reason, since the specific round screen of the costume 5 is displayed based on the increase in the number of reach occurrences, it is possible to enjoy the game while expecting the appearance of the specific round screen. Moreover, in addition to the throbbing feeling that the reach has occurred, the joy of approaching the display time of a specific round screen can be obtained.
[0157]
Further, since the reach points Pr ′ that differ depending on the type of reach pattern are added, the appearance timing of the round screen of the costume 5 can be varied depending on the type of reach pattern as well as the number of occurrences of reach. For this reason, the game can be continued while expecting a reach pattern with a high reach point Pr ′ to appear, so that the fun of the game is further increased.
[0158]
Further, since the reach points Pr ′ that differ depending on the reliability of the reach pattern are added, the appearance timing of the round screen of the costume 5 is advanced based on the increase in the number of appearances of the reach pattern with high reliability. For this reason, since the expectation for the appearance of a reach pattern with high reliability is further increased, the fun of the game is further increased.
[0159]
In addition, when the big hit occurs before the reach point Pr reaches the set value Max, the reach point Pr is reset. For this reason, since a specific round screen is not displayed when a big hit occurs in a small number of reach, the number of reach occurrences can be determined based on whether or not a specific round screen is displayed.
[0160]
In the second embodiment, the determination value Max of the reach point Pr, which is the display reference for the round screen of the costume 5, is set to “30”. However, the present invention is not limited to this. For example, about “60”. It may be set to.
[0161]
Next, a third embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. When the display control device 39 starts changing the symbol in step S37 of FIG. 25, it adds “1” to the start number point Ps in step S47. When the process proceeds to the costume setting process in step S43, the start number point Ps is compared with the set value Max (320) in step S414 in FIG. The start point Ps is reset to a predetermined opening value (150) set in advance based on the simultaneous operation of the initialization switch 80 and the power switch 81.
[0162]
When the display control device 39 detects “Ps ≧ Max” in step S414, the costume 5 of FIG. 8 is selected as the first costume to the third costume in step S402. If “Ps <Max” is detected in step S414, steps S403 to S412 are executed, and the first costume to the third costume are randomly selected from the costumes 1 to 4 in FIG.
[0163]
When finishing the costume setting process, the display control device 39 proceeds to step S44 in FIG. 25 and performs the jackpot display process in FIG. In this jackpot display processing, the first costume and the second costume are set at the start of the first round, the sixth round, and the eleventh round (step S426), and an area code corresponding to the area counter value Ne is selected from each costume. (Step S427), a round screen is displayed based on the image data corresponding to each area code (Step S428). When the display control device 39 displays the end screen in Step S435, the process proceeds to Step S441.
[0164]
When the display control device 39 proceeds to step S441, the display control device 39 acquires the reset counter value Nre. The reset counter Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “309” and then added back to “0”. The addition operation of the reset counter Nre is performed by the internal clock of the display control device 39. This is performed based on the pulse signal.
[0165]
When the display control device 39 acquires the reset counter value Nre, the display control device 39 proceeds to step S442 and resets the start number point Ps. This reset process is performed based on inputting the reset counter value Nre acquired in step S441 to the start number point Ps (Nre → Ps). When the display control unit 39 resets the start number point Ps, Finish the display process.
[0166]
The following (1) and (2) summarize the jackpot display processing.
(1) When a big hit occurs before the start number point Ps reaches the maximum value Max, the female clerk character design Zw appears in three different costumes as the round progresses, and the start number counter Ps is a random value. Reset to.
(2) When the number of start points Ps is added to the maximum value Max or more without big hits despite frequent symbol fluctuations
The female clerk character design Zw appears in costume 5 and the start counter Ps is reset to a random value.
[0167]
According to the third embodiment, the start point Ps is accumulated based on detecting the variation of the numerical symbol ZS. For this reason, since the round screen of the costume 5 is displayed based on the increase in the number of fluctuations of the number symbol ZS, the game can be enjoyed while expecting the appearance of the round screen of the costume 5. Moreover, in addition to the throbbing feeling that the pattern starts to fluctuate, the joy that the appearance time of a specific round screen is approaching can be obtained.
[0168]
Further, when a big hit occurs before the start number point Ps reaches the set value Max, the start number point Ps is reset. For this reason, when a big hit occurs due to a small number of symbol variations, the round screen of the costume 5 is not displayed, so that the number of symbol variations can be determined based on whether or not the round screen of the costume 5 is displayed.
[0169]
In the third embodiment, the determination value Max of the start number point Ps, which is a display reference for a specific round screen, is set to “320 times”. However, the present invention is not limited to this. It may be set to “640 times” that is about twice or “20 times” that is significantly smaller than the big hit probability.
[0170]
In the second and third embodiments, the reach point Pr and the start number point Ps are reset based on the occurrence of the big hit. However, the present invention is not limited to this. For example, the reach point Pr and the start number point Ps are reset. When the big hit occurs when the value does not reach the set value Max, the reach point Pr and the start number point Ps are not reset, and the big hit occurs when the reach point Pr and the start number point Ps are added to the set value Max or more. In this case, the reach point Pr and the start frequency point Ps may be reset.
[0171]
In the first to third embodiments, the round screen of the costume 5 is displayed as the specific round screen. However, the present invention is not limited to this. For example, a plurality of specific round screens are based on the ring counter value. May be selectively displayed. In this case, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps may be reset to random values based on the display of a predetermined predetermined one of a plurality of specific round screens.
[0172]
In the first to third embodiments, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps are reset based on displaying a specific round screen once. However, the present invention is not limited to this. For example, it may be reset based on occurrence of a big hit a plurality of times set in advance. In this case, since the specific round screen is displayed a plurality of times set in advance, the opportunity to enjoy the taste of the specific round screen increases, and the fun of the game further increases.
[0173]
In the first to third embodiments, the big hit point Po, the reach point Por, and the start number point Ps are reset based on displaying a specific round screen a set number of times. However, the present invention is not limited to this. Instead, for example, the number of display times of a specific round screen may be drawn by random lottery means such as a ring counter.
[0174]
Next, a fourth embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. When the display control device 39 obtains the reach pattern counter value Nr in step S34 of FIG. 28, the big hit point Po is compared with the set value Max (15) in step S48. Here, when “Po <Max” is detected, the reach reach pattern table A and the hit pattern reach pattern table A are set at step S49, and when “Po ≧ Max” is detected, the reach reach pattern at step S50. Table B and jackpot reach pattern table B are set.
[0175]
29A and 29B show the reach reach pattern table A and the big hit reach pattern table A, and FIGS. 29C and 29D show the reach reach pattern table B and the big hit. The reach pattern table B is shown. Each of these reach pattern tables A and B is for acquiring a reach pattern based on the variation pattern Nh and the reach pattern counter value Nr. The biggest difference between the reach pattern tables A and B is the setting of the reach pattern F. Is there or not.
[0176]
When the reach control table A or B is set, the display control device 39 proceeds to step S35 in FIG. 28, and acquires a reach pattern corresponding to the variation pattern Nh and the reach pattern counter value Nr from the reach pattern table A or B. Then, the process proceeds to step S51, and it is determined whether or not the reach pattern set in step S35 is the reach pattern F. If "YES" is determined here, the process proceeds to step S52.
[0177]
When the display control device 39 proceeds to step S52, the display control device 39 acquires the reset counter value Nre. The reset counter Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “10” and then added back to “0”. The addition operation of the reset counter Nre is performed by the internal clock of the display control device 39. This is performed based on the pulse signal.
[0178]
When the display control device 39 acquires the reset counter value Nre, the display control device 39 proceeds to step S53 and resets the big hit point Po. This reset process is performed based on inputting the reset counter value Nre acquired in step S52 to the big hit point Po (Nre → Po). When the display control device 39 resets the reach point Po, in step S37. The change of the symbol is started, and the reach pattern is displayed in step S38. Therefore, when the big hit point Po has not reached the set value Max, the reach pattern F does not appear, and when the big hit point Po has reached the set value Max, the reach pattern F appears with a low probability determined in the reach pattern table, Based on the occurrence of the reach pattern F, the big hit point Po is reset to a random value. The production contents of the reach pattern F are as follows.
[0179]
<About reach pattern F>
As shown in FIGS. 30A and 30B, the display control device 39 temporarily stops the left column to the right column of the symbol display device 21 in the order of the left column, the right column, and the middle column. The temporary stop of the numerical symbol ZS is performed with the preset reach reach symbol “7 3 7”, and the display control device 39 temporarily displays the release reach symbol “7 3 7” (c in FIG. 30). ), The reach reach symbol “7 3 7” is reduced and displayed in the middle, and the scratch symbols (1) to (6) are displayed in the upper and lower stages.
[0180]
When the display control device 39 displays the disengagement reach symbol “7 3 7” and the scratch symbols (1) to (6), the scratch symbols (1) to (6) as shown in (d) to (i) of FIG. The ▼ is cut in order to produce the appearance of the numerical symbol ZS of “7” or “3”. This effect can be achieved by aligning the numeric symbol ZS of “7” or “3” to either vertical, horizontal, or diagonal (when determining a big hit), or “7” or “3” for vertical, horizontal, or diagonal. The numerical control ZS is not arranged, and when the display control device 39 cuts all the scratch designs (1) to (6), as shown in (j) and (k) of FIG. 30, the numerical design ZS. The symbols are fixed based on the display in a horizontal row.
[0181]
When the display control device 39 detects a big hit in step S41 of FIG. 28, the display control device 39 proceeds to the point addition process of step S42 and adds the big hit point Po as shown in FIG. Then, the process proceeds to the costume setting process in step S43 in FIG. 28, and the first costume, the second costume, and the third costume are randomly selected from the costumes 1 to 4 as shown in FIG.
[0182]
When finishing the costume setting process, the display control device 39 proceeds to step S44 in FIG. 28 and performs the jackpot display process in FIG. This jackpot display process is to make the female clerk character design Zw appear in different costumes according to the progress of the round, and when the display control device 39 displays the end screen in step S435 of FIG. 32, the jackpot display process is completed. .
[0183]
According to the fourth embodiment, since the reach pattern F that displays the combination of the numerical symbols ZS in the left column, the middle column, and the right column is displayed as the specific screen, the big hit point Po is increased. An unfamiliar reach pattern F is displayed. For this reason, since the expectation degree for the big hit of the reach pattern F is increased, the fun of the game is further increased.
[0184]
In the fourth embodiment, the reach pattern table A is switched to the reach pattern table B based on the big hit point Po reaching the set value Max. However, the present invention is not limited to this. For example, the big hit point Po Regardless of this, the reach pattern table A may always be used. In this case, if the reach pattern F is displayed at a preset timing and the jackpot point Po is reset, for example, only the reach that occurs first time is displayed as the reach pattern F when the jackpot point Po reaches the set value Max. good.
[0185]
Next, a fifth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. After adding the reach point Pr in step S46, the display control device 39 compares it with the set value Max (30) in step S54. The addition process of the reach point Pr is performed based on the reach point table of FIG. 22. When the display control device 39 detects “Pr ≧ Max” in step S54 of FIG. 33, the process proceeds to step S55. The reach pattern set in S35 is changed to reach pattern F.
[0186]
When the display control device 39 changes the reach pattern to the reach pattern F, the display control device 39 acquires the reset counter value Nre in step S56. The reset counter Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “19” and then returned to “0”, and the addition operation of the reset counter Nre is an internal clock of the display control device 39. This is performed based on the pulse signal.
[0187]
When the display control device 39 acquires the reset counter value Nre, the display control device 39 proceeds to step S57 and resets the reach point Pr. This reset process is performed based on inputting the reset counter value Nre acquired in step S56 to the reach point Pr (Nre → Pr). When the display control device 39 resets the reach point Pr, in step S37 The change of the symbol is started, and the reach pattern is displayed in step S38. Accordingly, when the reach point Pr has not reached the set value Max, the reach pattern F does not appear. When the reach point Pr has reached the set value Max, the reach pattern F appears immediately, and the reach point Pr is reset to a random value. Is done.
[0188]
When the display control device 39 detects a big hit in step S41, the process proceeds to a costume setting process in step S43. As shown in FIG. 31, the first costume, the second costume, and the third costume are changed to costumes 1 to 4. Select from random. Then, the process proceeds to step S44 in FIG. 33, and the big hit display process in FIG. 32 is performed.
[0189]
According to the fifth embodiment, since the reach pattern F that produces a state in which the combination of the numerical symbols ZS in the left column, the middle column, and the right column is determined as the specific screen is displayed, the reach point Pr is increased. An unfamiliar reach pattern F is displayed. For this reason, since the expectation degree for the big hit of the reach pattern F is increased, the fun of the game is further increased.
[0190]
In the fifth embodiment, the determination value Max of the reach point Pr serving as the display reference for the reach pattern F is set to “30”, but the present invention is not limited to this. For example, it is set to about “60”. Or about “5”.
[0191]
Next, a sixth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. When the reach control pattern is set in step S35, the display control device 39 compares the start number point Ps with the set value Max (640) in step S58. The start count point Ps is added in step S47 based on the start of symbol variation in step S37. When the display control device 39 detects “Ps ≧ Max”, the process proceeds to step S59. Then, the reach pattern set in step S35 is changed to reach pattern F, and the process proceeds to step S60.
[0192]
When the display control device 39 proceeds to step S60, the display control device 39 acquires the reset counter value Nre. The reset counter Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “629” and then returned to “0”, and the addition operation of the reset counter Nre is performed by the internal clock of the display control device 39. This is performed based on the pulse signal.
[0193]
When the display control device 39 acquires the reset counter value Nre, the display control device 39 proceeds to step S61 and resets the start number point Ps. This reset processing is performed based on inputting the reset counter value Nre acquired in step S60 to the start number point Ps (Nre → Ps). When the display control device 39 resets the start number point Ps, In S37, the change of the symbol is started, and a reach pattern is displayed in step S38. Accordingly, the reach pattern F does not appear when the start number point Ps does not reach the set value Max, and the reach pattern F appears immediately when the start number point Ps reaches the set value Max, and the start number point Ps is random. Reset to value.
[0194]
When the display control device 39 detects a big hit in step S41, the process proceeds to a costume setting process in step S43. As shown in FIG. 31, the first costume, the second costume, and the third costume are changed to costumes 1 to 4. Select from random. Then, the process proceeds to step S44 in FIG. 34, and the big hit display process in FIG. 32 is performed.
[0195]
According to the sixth embodiment, the reach pattern F is displayed based on the start number point Ps reaching the set value Max. Therefore, an unfamiliar reach pattern F is displayed when a big hit does not occur in spite of frequent pachinko balls P winning in the special symbol start opening 22, so that the expectation degree for the big hit of the reach pattern F is increased. Increasing and further enhancing the fun of the game.
[0196]
In the fourth to sixth embodiments, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps are reset based on displaying the reach pattern F once. However, the present invention is not limited to this. For example, resetting the reach pattern F based on a preset number of times, resetting the number of times the reach pattern F is displayed by a random counter, resetting the next big hit, The next jackpot may be reset based on the occurrence of a normal symbol.
[0197]
In the fourth to sixth embodiments, the reach pattern F is displayed as the specific reach pattern. However, the present invention is not limited to this. For example, a plurality of specific reach patterns are selected based on the ring counter value. May be displayed. In this case, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps may be reset based on the display of a predetermined predetermined pattern among a plurality of specific reach patterns.
[0198]
Next, a seventh embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. When the display control device 39 records the control information from the main control device 26 in the RAM 42 in step S32 of FIG. 35, the display control device 39 acquires the notice counter value Ny in step S62. This notice counter value Ny is composed of a ring counter which is added from “0” to “19” and then returned to “0”, and when the display control apparatus 39 obtains the notice counter value Ny, step S33 is performed. Migrate to The notice counter Ny is added based on the internal clock pulse signal of the display control device 39.
[0199]
<About judgment of complete losing>
When the display control device 39 detects that the variation pattern is “4” in step S33, it compares the notice counter value Ny with the set value “7” in step S63. When “Ny = 7” is detected, the big hit point Po is compared with the set value Max (15) in step S64. When “Po <Max” is detected, the notice pattern A is set in step S65, and “Po ≧ When "Max" is detected, the notice pattern B is set in step S66.
[0200]
When the notice pattern B is set, the display control device 39 acquires the reset counter value Nre in step S67. This reset counter value Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “5” and then returned to “0”, and when the display control device 39 obtains the reset counter value Nre, Control goes to step S68. Then, the reset counter value Nre acquired in step S67 is input to the big hit point Po (Nre → Po), and the big hit point Po is reset to a random value. The reset counter Nre is added based on the internal clock pulse signal of the display control device 39.
[0201]
When the display control device 39 starts changing the symbol in step S37, the display control device 39 proceeds to step S75. If it is detected that a notice pattern is set, the notice pattern is displayed in step S76. FIG. 36 shows a display screen of the notice pattern. When the notice pattern A is set, as shown in FIG. 36A, a video image of the director's character design Zm producing a cigarette smoke is displayed. When the notice pattern B is set, as shown in FIG. 36 (b), a moving image screen of the effect that the airplane character design Zf crosses from right to left is displayed.
[0202]
When the display control device 39 displays the notice pattern, the numerical symbol ZS in each column is temporarily stopped at the control information setting symbol in step S38 of FIG. 35, and the numeric symbol ZS in each column is determined as the temporary stop symbol ZS in step S40. Let
[0203]
<About judgment of missed reach and jackpot>
When the display control device 39 detects that the variation pattern is any one of “0” to “3” in step S33, it compares the notice counter value Ny with the set values “0” to “9” in step S69. Here, when it is detected that the notice counter value Ny is any one of “0” to “9”, the big hit point Po is compared with the set value Max (15) in step S70.
[0204]
When the display control device 39 detects “Po <Max”, it sets the notice pattern A in step S71. When “Po ≧ Max” is detected, the notice pattern B is set in step S72, and the reset counter value Nre is acquired in step S73. Then, the process proceeds to step S74, and the reset counter value Nre acquired in step S73 is input to the big hit point Po (Nre → Po).
[0205]
When the display control device 39 starts changing the symbol in step S37, the display control device 39 determines whether or not a notice pattern is set in step S75. If it is detected that a notice pattern is set, the notice pattern is displayed in step S76, and the reach pattern is displayed in step S38.
[0206]
When the display control device 39 detects a big hit in step S41, the display control device 39 proceeds to the point addition process in step S42 and adds the big hit point Po as shown in FIG. Then, the process proceeds to the costume setting process in step S43 in FIG. 35, and the first costume, the second costume, and the third costume are randomly selected from the costumes 1 to 4 as shown in FIG. Next, the process proceeds to step S44 in FIG. 35, and the big hit display process in FIG. 32 is performed.
[0207]
The following (1) to (2) summarize the display mode of the notice pattern B.
(1) When the big hit point Po has not reached the set value Max
The notice pattern B does not appear.
(2) When the big hit point Po reaches the set value Max
The notice pattern B appears with a low probability of “1/20” at the time of judgment of complete losing, and the notice pattern B appears with a high probability of “10/20” at the judgment of losing reach or jackpot, and the jackpot point Po is a random value. Reset to.
[0208]
According to the seventh embodiment, the notice pattern B for notifying the occurrence of reach is displayed as the specific screen. For this reason, since the degree of expectation for the big hit is increased based on viewing the unfamiliar notice pattern B, the fun of the game is further increased.
[0209]
In the first, fourth, and seventh embodiments, the jackpot point Po is made different depending on whether or not the probability variation is acquired. However, the present invention is not limited to this, and for example, whether or not the probability variation is acquired. Instead, it may be set to a constant value.
In the first, fourth, and seventh embodiments, the big hit point Po is added based on the occurrence of the big hit. However, the present invention is not limited to this. For example, the big hit point Po is subtracted to obtain the big hit point Po. The specific screen may be displayed based on the fact that is subtracted from the set value.
[0210]
Next, an eighth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG.
<About judgment of complete losing>
If the display control device 39 determines that there is a notice in step S63, it compares the reach point Pr with the set value Max (30) in step S77. This reach point Pr is added based on the reach point table of FIG. 22, and when the display control device 39 detects “Pr <Max”, it sets the notice pattern A in step S65. When “Pr ≧ Max” is detected, the notice pattern B is set in step S66, and the process proceeds to step S78.
[0211]
When the display control device 39 proceeds to step S78, the display control device 39 acquires the reset counter value Nre. The reset counter Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “29” and then returned to “0”, and when the display control device 39 obtains the reset counter value Nre, The process proceeds to S79. Then, the reset counter value Nre acquired in step S78 is input to the reach point Pr (Nre → Pr), and the reach point Pr is reset to a random value. The reset counter Nre is added based on the internal clock pulse signal of the display control device 39.
[0212]
When the display control device 39 starts changing the symbol in step S37, the display control device 39 determines whether or not a notice pattern is set in step S75. If it is detected that a notice pattern is set, the process advances to step S76 to display the notice pattern.
[0213]
<About judgment of missed reach and jackpot>
When the display control device 39 detects the presence of a notice in step S69, it compares the reach point Pr with the set value Max (30) in step S80, and when “Pr <Max” is detected, sets the notice pattern A in step S71. When “Pr ≧ Max” is detected, the notice pattern B is set in step S72, and the reset counter value Nre is acquired in step S81. In step S82, the reset counter value Nre is input to the reach point Pr, and the reach point Pr is reset to a random value.
[0214]
When the display control device 39 starts changing the symbol in step S37, the display control device 39 determines whether or not a notice pattern is set in step S75. When it is detected that a notice pattern is set, the notice pattern is displayed in step S76, and the reach pattern is displayed in step S38.
[0215]
When the display control device 39 detects a big hit in step S41, the process proceeds to a costume setting process in step S43. As shown in FIG. 31, the first costume, the second costume, and the third costume are changed to costumes 1 to 4. Select from random. Then, the process proceeds to step S44 in FIG. 37, and the big hit display process in FIG. 24 is performed.
[0216]
The following (1) to (2) summarize the display mode of the notice pattern B.
(1) When the reach point Pr has not reached the set value Max
The notice pattern B does not appear.
(2) When the reach point Pr reaches the set value Max
The notice pattern B appears with a low probability of “1/20” at the time of determination of complete disengagement, the notice pattern B appears with a high probability of “10/20” at the judgment of out of reach or big hit, and the reach point Pr is a notice pattern. B is reset to a random value based on appearance. As shown in FIG. 24, the reach point Pr is reset to a random value even when a big hit occurs.
[0217]
According to the eighth embodiment, since the notice pattern B is displayed based on the reach point Pr reaching the set value Max, the notice pattern that is unfamiliar when the big hit does not occur despite the frequent reach. B will appear. For this reason, since the expectation degree for the big hit of the notice pattern B is increased, the fun of the game is further increased.
[0218]
In the second, fifth, and eighth embodiments, the reach point Pr ′ is made different according to the type and reliability of the reach pattern, but is not limited to this. For example, the type and reach of the reach pattern are reliable. Regardless of the degree, it may be set to a constant value or may be set randomly based on the ring counter value.
In the second, fifth, and eighth embodiments, the reach point Pr is added based on the occurrence of reach. However, the present invention is not limited to this. For example, the reach point Pr is subtracted and the reach point Pr is calculated. The specific screen may be displayed based on the fact that is subtracted from the set value.
[0219]
In the second, fifth, and eighth embodiments, the reach point Pr is added when any of the reach patterns A to E occurs. However, the present invention is not limited to this. For example, the reach pattern E is generated. The reach point Pr may be added only when a predetermined number of 4 or less among the reach patterns A to E occurs, such as adding the reach point Pr only when In this case, the game can be continued while expecting a predetermined reach pattern such as the reach pattern E to appear, so that the fun of the game is further increased.
[0220]
Next, a ninth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG.
<About judgment of complete losing>
If the display control device 39 determines that there is a notice in step S63, it compares the start number point Ps with the set value Max (450) in step S83. The start count point Ps is added in step S47 based on the start of the change of the symbol in step S37. When the display control device 39 detects “Ps <Max”, the notice pattern A is displayed in step S65. When “Ps ≧ Max” is detected, the notice pattern B is set in step S66.
[0221]
When the notice control pattern B is set, the display control device 39 acquires the reset counter value Nre in step S84. The reset counter Nre is composed of a ring counter that is added from “0” to the upper limit value “200” and then returned to “0”, and when the display control device 39 obtains the reset counter value Nre, The process proceeds to S85. Then, the reset counter value Nre acquired in step S84 is input to the start number point Ps (Nre → Ps), and the start number point Ps is reset to a random value. The reset counter Nre is added based on the internal clock pulse signal of the display control device 39.
[0222]
When the display control device 39 starts changing the symbol in step S37, in step S47, “1” is added to the start number point Ps (Ps + 1 → Ps). If it is detected in step S75 that a notice pattern is set, the notice pattern is displayed in step S76.
[0223]
<About judgment of outreach and judgment of jackpot>
When the display control device 39 detects the presence of a notice in step S69, the start number point Ps is compared with the set value Max (450) in step S86, and when “Ps <Max” is detected, the notice pattern A is set in step S71. . When “Ps ≧ Max” is detected, the notice pattern B is set in step S72, and the reset counter value Nre is acquired in step S87. In step S88, the reset counter value Nre is input to the start number point Ps, and the start number point Ps is reset to a random value.
[0224]
When the display control device 39 starts changing the symbol in step S37, "1" is added to the start number point Ps in step S47. If it is detected in step S75 that a notice pattern is set, the notice pattern is displayed in step S76, and the reach pattern is displayed in step S38.
[0225]
When the display control device 39 detects a big hit in step S41, the process proceeds to a costume setting process in step S43. As shown in FIG. 31, the first costume, the second costume, and the third costume are changed to costumes 1 to 4. Select from random. Then, the process proceeds to step S44 in FIG. 38, and the big hit display process in FIG. 27 is performed.
[0226]
The following (1) to (2) summarize the display mode of the notice pattern B.
(1) When the start count point Ps has not reached the set value Max
The notice pattern B does not appear.
(2) When the start count point Ps reaches the set value Max
The notice pattern B appears with a low probability of “1/20” at the time of judgment of complete losing, and the notice pattern B appears with a high probability of “10/20” at the judgment of losing reach or big hit, and the start number point Ps is noticed. The random value is reset based on the appearance of the pattern B. Note that the start point Ps is also reset to a random value when a big hit occurs, as shown in FIG.
[0227]
According to the ninth embodiment, since the notice pattern B is displayed based on the start number point Ps reaching the set value Max, the pachinko ball P frequently wins in the special symbol start opening 22. Regardless of this, when a big hit does not occur, an unfamiliar notice pattern B appears. For this reason, since the expectation degree for the big hit of the notice pattern B is increased, the fun of the game is further increased.
[0228]
In the third, sixth, and ninth embodiments, the start number point Ps is added on the basis of the occurrence of the variation of the symbol. However, the present invention is not limited to this. For example, the start number point Ps is subtracted. The specific screen may be displayed based on the subtraction of the start number point Ps to the set value.
In the seventh to ninth embodiments, the notice pattern B is displayed as the specific screen. However, the present invention is not limited to this. For example, a plurality of specific notice patterns are selectively selected based on the random counter value. You may display. In the case of this configuration, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps may be reset to random values based on the display of a predetermined predetermined pattern among a plurality of specific notice patterns.
[0229]
In the seventh to ninth embodiments, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps are reset to random values based on displaying the notice pattern B once. However, the present invention is not limited to this. For example, it resets based on displaying the notice pattern B a plurality of times set in advance, or draws the number of times the notice pattern B is displayed by a random counter, or resets based on the next big hit. Or may be reset based on the fact that the next big hit occurs in a normal symbol.
[0230]
In the seventh to ninth embodiments, the occurrence of reach is indeterminately announced based on the display of the notice pattern A or B. However, the present invention is not limited to this. A notice may be given definitely (reach may always be generated when the notice pattern A or B is displayed).
Further, in the seventh to ninth embodiments, the occurrence of the reach is notified based on the display of the notice pattern A or B. However, the present invention is not limited to this. Non-deterministic notice may be given. In this case, the notice pattern A or B may be displayed in the reach pattern, for example, until the symbol is determined after the symbol starts to fluctuate.
[0231]
Further, in the seventh to ninth embodiments, the occurrence of reach has been announced based on the display of the notice pattern A or B. However, the present invention is not limited to this. You may make a preliminary or non-deterministic advance notice.
Further, in the seventh to ninth embodiments, the occurrence of the reach is notified based on the display of the advance notice pattern A or B. However, the present invention is not limited to this. For example, the reach pattern is developed. You may make a preliminary or non-deterministic advance notice. The tenth embodiment of the present invention for notifying the development of the reach pattern E based on displaying the notice pattern A or B will be described with reference to FIG.
[0232]
When the display control device 39 temporarily stops the numeric symbol ZS in the left column and the numeric symbol ZS in the right column at the same value, as shown in FIG. As shown in (a) and (b), the animation screen of the effect that the female employee's character design Zw rolls the male president's character design Zm like a bowling ball is displayed. Then, as shown in FIG. 39 (c), the middle row of numeric symbols ZS is temporarily stopped at a value different from that of the left row of numeric symbols ZS and the right column of numeric symbols ZS, and the outreach reach is temporarily displayed. At this time, the notice pattern A or B is displayed to inform the advancement of the reach pattern E.
[0233]
When the display control device 39 displays the notice pattern A or B, as shown in FIG. 39 (d), the character design Zw of the female clerk re-displays the animation screen of the effect of rolling the character design Zm of the male president, The numeric symbol ZS in the left column, the numeric symbol ZS in the middle column, and the numeric symbol ZS in the right column are fixedly displayed with the values specified by the control information.
[0234]
In the third, sixth, ninth, and tenth embodiments, “1” is added to the start number point Ps based on the start of symbol variation. However, the present invention is not limited to this. Even if different points are added depending on the number of start times of the symbol, such as “1” is added when the value is “1” to “150”, and “2” is added when “150” or more. good.
In the third, sixth, ninth, and tenth embodiments, the set value is added to the start count point Ps. However, the present invention is not limited to this, and the added value is randomly determined based on the ring counter value. Also good.
[0235]
Further, in the first to tenth embodiments, the reset values of the big hit point Po to the start number of times point Ps are randomly set based on the reset counter value Nre made of a ring counter, but the present invention is not limited to this. For example, it may be set based on an infinite counter value that continues the infinite addition operation.
[0236]
In the first to tenth embodiments, the reset values of the big hit point Po to the start number of times point Ps are randomly set based on the reset counter value Nre. However, the present invention is not limited to this. (1) Decided according to the type of reach pattern displayed at a predetermined timing, (2) Decided according to the number of appearances of one or more predetermined reach patterns, or (3) Decided according to the number of fluctuations in the number symbol ZS May be. 40 and 41 show an eleventh embodiment of the present invention in which the configuration (1) is applied to resetting the big hit point Po, and FIGS. 42 and 43 show the configuration of the present invention in which the configuration (2) is applied to reset the reach point Pr. FIG. 44 and FIG. 45 show a twelfth embodiment of the present invention in which the configuration (3) is applied to the reset of the reach point Pr. The eleventh to thirteenth embodiments of the present invention will be described below.
[0237]
<About the eleventh embodiment>
When the display control device 39 detects “big hit point Po ≧ setting value Max” in step S436 of FIG. 40, the display control device 39 proceeds to step S443. Here, it is detected in which reach pattern the big hit has occurred, and the process proceeds to step S444.
[0238]
As shown in FIG. 41, a reset table is recorded in the ROM 41 of the display control device 39. This reset table shows the relationship between the reach pattern and the reset value Nre. When the display control device 39 proceeds to step S444 in FIG. 40, the reset value Nre corresponding to the reach pattern in step S443 from the reset table in FIG. To get. Then, in step S445 of FIG. 40, a reset value Nre is input to the big hit point Po to reset the big hit point Po. In the case of this configuration, it is possible to enjoy watching the screen with an interest in what kind of reach pattern appears, so that the fun of the game is further enhanced.
[0239]
<About the twelfth embodiment>
The display control device 39 counts the number of appearances Nx of the reach pattern A today. When the reach pattern is changed to the reach pattern F in step S55 of FIG. 42, the number of appearances Nx of the reach pattern A is detected in step S90. Control goes to step S91.
[0240]
As shown in FIG. 43, a reset table is recorded in the ROM 41 of the display control device 39. This reset table shows the relationship between the appearance number Nx of the reach pattern A and the reset value Nre. When the display control device 39 proceeds to step S91 in FIG. 42, the display table 39 corresponds to the appearance number Nx from the reset table in FIG. The reset value Nre is acquired. Then, in step S92 in FIG. 42, the reset value Nre is input to the reach point Pr to reset the reach point Pr. In the case of this configuration, it is possible to enjoy watching the screen with interest in the number of appearances Nx of the reach pattern A, so that the fun of the game is further enhanced.
[0241]
<About the thirteenth embodiment>
The display control device 39 counts the number of display times Nz of the design variation screen today, and when the reach pattern is changed to the reach pattern F in step S55 of FIG. 44, the number of display times Nz of the design variation screen is detected in step S93. Control goes to step S94.
[0242]
The ROM 41 of the display control device 39 records a reset table as shown in FIG. This reset table shows the relationship between the display frequency Nz of the symbol variation screen and the reset value Nre. When the display control device 39 proceeds to step S94 in FIG. 44, the display table 39 corresponds to the display frequency Nz from the reset table in FIG. The reset value Nre is acquired. In step S95 in FIG. 44, the reset value Nre is input to the reach point Pr. In the case of this configuration, it is possible to enjoy watching the screen with an interest in the number of symbol variations Nz, so that the game is more interesting.
[0243]
In the seventh to ninth embodiments, the unique notice pattern A is displayed before the big hit point Po to the start number of times point Ps reaches the set value Max. However, the present invention is not limited to this. A pattern corresponding to the notice counter value Ny may be selectively displayed from a plurality of kinds of notice patterns. In this case, as in the eleventh embodiment, the reset value of the big hit point Po to the start number of times point Ps is determined according to the type of the notice pattern displayed at a predetermined timing, or the predetermined value as in the twelfth embodiment. It may be determined according to the number of appearances of the notice pattern, or may be determined according to the number of changes in the number symbol ZS as in the thirteenth embodiment.
[0244]
Further, in the first to thirteenth embodiments, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps are reset to random values based on whether a specific screen is displayed or a big hit occurs. For example, the value may be reset to a random value based on reaching an upper limit value exceeding the set value Max.
[0245]
In the first to thirteenth embodiments, “2” and “4” are added when different points are accumulated in the big hit point Po, the reach point Pr, and the start frequency point Ps. However, the present invention is not limited to this. For example, “0” may be added such as “0” and “2”.
[0246]
In the first to thirteenth embodiments, the round screen, the reach pattern, and the notice pattern are displayed as the specific screen. However, the present invention is not limited to this. For example, the character pattern Zm of the male president and the female office worker Zw A background screen that is different from the background screen having the symbol or an identification symbol such as an alphabet symbol different from the numeric symbol ZS may be displayed.
[0247]
Moreover, in the said 1st thru | or 13th Example, although 3 types were chosen at random from the costumes 1-4, it is not limited to this, For example, it selects according to the kind of jackpot symbol, etc. You may choose artificially.
Moreover, in the said 1st thru | or 13th Example, although the selection probability of the costumes 2 and 3 was set to the same value among the costumes 1-4, it is not limited to this, For example, selection of the costumes 1-4 All probabilities may be set to different values.
[0248]
In the first to thirteenth embodiments, it is prohibited to select the same costumes for 1R to 5R, 6R to 10R, and 11R to 15R. However, the present invention is not limited to this. For example, the same costume may be allowed to be selected.
In the first to thirteenth embodiments, the costume is switched according to the number of rounds. However, the present invention is not limited to this. For example, the same number is selected according to the number of winnings for the pachinko ball P with respect to the big winning opening 48. You may switch within a round.
[0249]
In the first to thirteenth embodiments, the point acquisition process, the costume setting process, the transmission pattern setting process, the transmission pattern changing process, and the like are performed on the display control device 39 side. However, the present invention is not limited to this. For example, it may be performed on the main control device 26 side.
In the first to thirteenth embodiments, the character design Zw of the female clerk is displayed as the design for the big hit (the design that appears on the round screen). However, the present invention is not limited to this. The character design Zm may be displayed. In short, any character design, background design, character design, symbol design, etc. irrelevant to the number design ZS for notifying the jackpot lottery result may be used.
[0250]
In the first to thirteenth embodiments, numerical symbols ZS of “1” to “12” are displayed as identification symbols, but the present invention is not limited to this. For example, alphabet symbols, katakana symbols, hiragana symbols, etc. Etc. may be displayed.
In the first to thirteenth embodiments, the numerical symbols ZS are displayed in three horizontal rows. However, the present invention is not limited to this. For example, a plurality of columns such as three horizontal rows × three vertical columns are displayed. It is preferable to display in a plurality of stages.
[0251]
Further, in the first to thirteenth embodiments, the numerical symbols ZS are suspended in the order of the left column, the middle column, and the right column. However, the present invention is not limited to this. For example, the left column, the right column, The change may be stopped in the middle row order.
In the first to thirteenth embodiments, the reach pattern is acquired from the reach reach pattern table when determining the reach reach, and the reach pattern is acquired from the reach pattern table for the big hit when determining the big hit. For example, the reach pattern may be acquired from the common reach pattern table regardless of the determination result of the outreach reach and the big hit.
[0252]
In the first to thirteenth embodiments, the big hit point Po, the reach point Pr, and the start number point Ps are easily reached to the set value Max based on the fact that the power is turned on in the operation state of the initialization switch 80. However, the present invention is not limited to this, and for example, it may be reset to a constant “0”.
[0253]
In the first to thirteenth embodiments, the present invention is applied to a probability variation pachinko machine in which the jackpot probability is increased based on the occurrence of a jackpot with a specific symbol. However, the present invention is not limited to this. For example, it can be applied to a time-saving pachinko machine where the symbol variation time is shortened based on the occurrence of a jackpot with a specific symbol, or a normal type with a constant jackpot probability and symbol variation time regardless of the type of jackpot symbol You may apply to a pachinko machine.
[0254]
  In the first to thirteenth embodiments, the present invention is applied to one type of pachinko machine in which a big hit operation is performed in conjunction with a big hit display. However, the present invention is not limited to this. It may be applied to other pachinko machines. In this pachinko machine, a special winning opening is opened in conjunction with a jackpot display, and a big hit operation is performed based on the pachinko ball winning in the special winning opening when the special winning opening is opened.In addition to the invention described in the claims, the following [Invention 1] to [Invention 23] are described in the above embodiment.
[Invention 1]
  In the configuration in which the identification symbol is sequentially displayed on the symbol display device in the variation state and the variation stop state, and the lottery result of the big hit is notified according to the variation stop mode of the identification symbol, the point is determined based on detecting the setting state. Accumulating means for accumulating, display control means for displaying a specific screen on the symbol display device based on the accumulation result of the accumulating means reaching a set value, and changing means for changing the accumulative reference value. The means changes the accumulated result of points to a value corresponding to the change result of the changing means based on the display of the specific screen. According to the first aspect of the invention, points are accumulated based on the detection of the set state, and the specific screen is displayed based on the accumulated result of the points reaching the set value. For this reason, since the specific screen appears if the duration of the game becomes long, the dissatisfaction that the specific screen cannot be viewed despite the time spent is eliminated. Moreover, the accumulated points are returned based on the display on the specific screen. For this reason, since the points are accumulated again, the specific screen can be viewed again based on the point accumulation result reaching the set value again. In addition, since the point accumulation reference value changes, the time for the point accumulation result to reach the set value can be changed. For this reason, since the reappearance timing of a specific screen can be varied, the fun of the game is generally increased.
[Invention 2]
  In the configuration in which the identification symbol is sequentially displayed on the symbol display device in the variation state and the variation stop state, and the lottery result of the big hit is notified according to the variation stop mode of the identification symbol, the point is determined based on detecting the setting state. Accumulating means for accumulating, display control means for displaying a specific screen on the symbol display device based on the accumulation result of the accumulating means reaching a set value, and changing means for changing the accumulative reference value. The means changes the point accumulation result to a value corresponding to the change result of the changing means based on the point accumulation result reaching a limit value different from the set value. According to the second aspect, the specific screen is displayed based on the point accumulation result reaching the set value. For this reason, since the specific screen appears if the duration of the game becomes long, the dissatisfaction that the specific screen cannot be seen despite the time spent is eliminated. Moreover, since the point accumulation result is returned based on reaching the limit value, the specific screen can be viewed again based on the point accumulation result reaching the set value again. In addition, since the point accumulation reference value changes, the time for the point accumulation result to reach the set value can be changed. For this reason, since the reappearance timing of a specific screen can be varied, the fun of the game is generally increased.
[Invention 3]
  The gaming machine according to any one of claims 1 and 2, wherein the accumulating means changes the accumulative result of points to an accumulative reference value. According to the third aspect of the present invention, the point accumulation result is returned to the accumulation reference value itself. This eliminates the need for a process for calculating the accumulation reference value based on the accumulation reference value, thereby simplifying the software configuration.
[Invention 4]
  The gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the changing unit changes the cumulative reference value to a value corresponding to a measurement value of a random counter. According to the fourth aspect of the invention, the cumulative reference value is randomly determined based on the measurement value of the random counter. For this reason, there is no law in the timing at which points are accumulated from the accumulated reference value to the set value, and the unexpected feeling of the appearance of the specific screen is enhanced, so that the fun of the game is further improved.
[Invention 5]
  The gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the changing means changes the cumulative reference value to a value corresponding to a type of reach pattern displayed at a predetermined timing. According to the fifth aspect of the invention, the cumulative reference value varies depending on the type of reach pattern displayed at a predetermined timing. For this reason, it is possible to enjoy watching the screen with an interest in the type of reach pattern, and the fun of the game is further enhanced.
[Invention 6]
  The gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the changing means changes the cumulative reference value to a value corresponding to the number of appearances of a predetermined reach pattern. According to the sixth aspect of the invention, the cumulative reference value changes depending on the number of appearances of a predetermined reach pattern. For this reason, it is possible to enjoy watching the screen with interest in the number of appearances of the predetermined reach pattern, so that the fun of the game is further enhanced.
[Invention 7]
  4. The gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the changing means changes the cumulative reference value to a value corresponding to a type of a notice pattern displayed at a predetermined timing. According to the seventh aspect of the invention, the cumulative reference value varies depending on the type of the notice pattern displayed at a predetermined timing. For this reason, it is possible to enjoy watching the screen with interest in the type of the notice pattern, so that the fun of the game is further enhanced.
[Invention 8]
  The gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the changing unit changes the cumulative reference value to a value corresponding to the number of appearances of a predetermined notice pattern. According to the present invention 8, the cumulative reference value varies depending on the number of appearances of the predetermined notice pattern. For this reason, it is possible to enjoy watching the screen with interest in the number of appearances of the predetermined notice pattern, so that the fun of the game is further enhanced.
[Invention 9]
  The gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the changing unit changes the accumulated reference value to a value corresponding to the number of times of change of the identification symbol. According to the ninth aspect of the invention, the cumulative reference value changes according to the number of times of change of the identification symbol. For this reason, it is possible to enjoy watching the screen with an interest in the number of changes in the identification symbol, so that the fun of the game is further enhanced.
[Invention 10]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 9, further comprising a reset switch for resetting the points to a predetermined constant value. According to the tenth aspect of the present invention, the accumulated result of points can be reset to a constant value before starting business of pachinko halls, and daily business can be started under the same conditions.
[Invention 11]
  11. The gaming machine according to claim 10, wherein the changing unit resets the point to a predetermined constant value based on power being turned on in an operation state of the reset switch. According to the eleventh aspect, the accumulated result of points is reset to a constant value based on a special operation of the reset switch. For this reason, it is possible to prevent the point accumulation result from being erroneously reset by an inadvertent operation of the reset switch.
[Invention 12]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 11, wherein the accumulating means sets the accumulated points to a value corresponding to a measured value of a random counter. According to the twelfth aspect of the present invention, the temporal timing at which the point accumulation result reaches the set value can vary. For this reason, since the unexpected feeling with respect to the appearance of a specific screen increases, the fun of a game improves further.
[Invention 13]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 12, wherein the accumulating means accumulates points based on detecting occurrence of a big hit. According to the thirteenth aspect, since the specific screen is displayed based on the increase in the number of occurrences of jackpots, in addition to the joy of winning the jackpot, the joy that the appearance time of the specific screen is approaching can be obtained.
[Invention 14]
  14. The gaming machine according to claim 13, wherein the accumulating means accumulates different points depending on whether the jackpot is with a benefit or not. According to the fourteenth aspect, since the appearance timing of the specific screen can vary depending on the privilege acquisition state, the degree of interest in whether or not the privilege is acquired increases. For this reason, since the degree of attention to the screen increases, the fun of the game is further improved.
[Invention 15]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 12, wherein the accumulating means accumulates points based on detecting the occurrence of reach. According to the fifteenth aspect, since the specific screen is displayed based on the increase in the number of reach occurrences, the joy of approaching the appearance time of the specific screen can be obtained in addition to the pounding feeling that the reach has occurred.
[Invention 16]
  16. A gaming machine according to claim 15, wherein said accumulating means accumulates different points depending on the type of reach pattern. According to the sixteenth aspect, since the appearance timing of the specific screen can be varied depending on the type of reach pattern, the degree of interest in the type of reach pattern is increased. For this reason, since the degree of attention to the screen increases, the fun of the game is further improved.
[Invention 17]
  16. The gaming machine according to claim 15, wherein the accumulating means accumulates different points depending on the reliability of the reach pattern. According to the seventeenth aspect, the appearance timing of the specific screen is advanced based on the increase in the number of appearances of the reach pattern with high reliability. For this reason, since the expectation for the appearance of a reach pattern with high reliability is further increased, the fun of the game is further increased.
[Invention 18]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 12, wherein the accumulating means accumulates points based on detecting the occurrence of a predetermined reach pattern set in advance among a plurality of reach patterns. According to the eighteenth aspect, the specific screen is displayed based on the increase in the number of appearances of the predetermined reach pattern. For this reason, the game can be continued while expecting the appearance of a predetermined reach pattern, so that the fun of the game is further enhanced.
[Invention 19]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 12, wherein the accumulating means accumulates points based on detecting a change in the identification symbol. According to the nineteenth aspect, since the specific screen is displayed based on the increase in the number of symbol fluctuations, the joy that the display time of the specific screen is approaching can be obtained in addition to the pounding feeling that the symbols have fluctuated.
[Invention 20]
  The accumulation means changes the point accumulation result to a value corresponding to the change result of the changing means when detecting that a big hit has occurred before the point accumulation result reaches a set value. 19. The gaming machine according to any one of 19. According to this invention 20, for example, when a big hit occurs with a small number of reach, or when a big hit occurs with a small number of symbol variations, the specific screen is not displayed, and the cumulative result of points is returned to the cumulative reference value etc. Based on the presence / absence of display of a specific screen, the number of reach occurrences and the number of symbol variations can be known.
[Invention 21]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 20, wherein the display control means displays a jackpot screen for notifying that the jackpot operation is being performed as a specific screen. According to the twenty-first aspect, for example, a specific jackpot screen can be displayed based on an increase in the number of jackpot occurrences. For this reason, the pleasure of winning a large number of jackpots based on viewing a specific jackpot screen is encouraged, and the fun of the game is further enhanced.
[Invention 22]
  The game machine according to any one of inventions 1 to 20, wherein the display control means displays a reach pattern that produces a state in which the mode of the identification symbol is determined as the specific screen. According to the twenty-second aspect, a specific unfamiliar reach pattern can be displayed based on, for example, an increase in the number of reach occurrences or the number of symbol variations. For this reason, since the degree of expectation for the big hit is increased based on viewing a specific reach pattern, the fun of the game is further increased.
[Invention 23]
  The gaming machine according to any one of inventions 1 to 20, wherein the display control means displays a notice pattern for notifying the occurrence of reach, the development of reach, or the occurrence of jackpot as a specific screen. According to the twenty-third aspect of the present invention, a specific unfamiliar notice pattern can be displayed based on, for example, an increase in the number of reach occurrences or the number of symbol variations. For this reason, since the expectation degree for a big hit increases based on watching a specific notice pattern, the fun of the game further increases.
[0255]
【The invention's effect】
  According to the gaming machine of the present invention,When a plurality of identification symbols are displayed on the symbol display device in the first jackpot combination or the second jackpot combination, the value of the jackpot point is added, and when the value of the jackpot point reaches the set value During the big hit process, an image of a specific picture is displayed on the symbol display device. For this reason, if the duration of the game becomes longer, the probability that a video with a specific picture will appear increases, so that the dissatisfaction that the video of the specific video cannot be seen despite the time spent is eliminated. Moreover, the value of the big hit point varies depending on the type of jackpot combination and the type of reach pattern when a plurality of identification symbols become a jackpot combination. For this reason, since the appearance timing of the video of a specific pattern can be varied, the fun of the game is generally increased.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a diagram showing a first embodiment of the present invention (a diagram showing a round screen)
FIG. 2 is a flowchart showing the processing contents of the display control device (a flowchart showing a main routine).
FIGS. 3A and 3B are diagrams showing a reach pattern table for disengagement, and FIG. 3B are diagrams showing a reach pattern table for jackpot.
FIG. 4 is a diagram showing reach pattern B
FIG. 5 is a diagram showing a reach pattern C
6A is a flowchart showing the point addition processing contents of the display control apparatus, FIG. 6B is a diagram showing a point table for probability variation, and FIG. 6C is a diagram showing a normal point table.
FIG. 7A is a flowchart showing a costume setting process content of the display control apparatus, and FIG. 7B is a diagram showing a costume table.
FIG. 8 shows a costume
FIG. 9 is a flowchart showing the contents of the jackpot display process of the display control device.
FIG. 10 is a diagram showing a relationship between an area code and a costume.
FIG. 11 is a flowchart showing the processing contents of the main control device (a flowchart showing a main routine);
FIG. 12 is a flowchart showing data acquisition processing contents of the main control device.
FIG. 13 is a diagram showing a correspondence relationship between a holding data recording unit and a holding ball lamp.
FIG. 14 is a diagram for explaining counter data
FIG. 15 is a flowchart showing the reach processing contents of the main control device.
FIG. 16 is a flowchart showing the contents of jackpot processing of the main control device.
FIG. 17 is a block diagram showing an electrical configuration (a is a diagram showing an overall configuration, b is a diagram showing an internal configuration of a main control device, c is a diagram showing an internal configuration of a display control device, and d is a prize ball control device. Figure showing the internal structure of
FIG. 18 is a front view showing a game board.
19A is a front view showing the overall configuration, and FIG. 19B is an arrow X view showing the overall configuration with the upper plate removed.
FIG. 20 is a rear view showing the overall configuration.
FIG. 21 is a view corresponding to FIG. 2, showing a second embodiment of the present invention.
FIG. 22 shows a reach point table.
FIG. 23 is a view corresponding to FIG.
FIG. 24 is equivalent to FIG.
FIG. 25 is a view corresponding to FIG. 2 showing a third embodiment of the present invention.
26 is a view corresponding to (a) of FIG.
FIG. 27 is a view corresponding to FIG.
FIG. 28 is a view corresponding to FIG. 2, showing a fourth embodiment of the present invention.
29A is a diagram showing a reach reach pattern table A, FIG. 29B is a diagram showing a jackpot reach pattern table A, FIG. 29C is a diagram showing a reach reach pattern table B; d) A diagram showing a reach pattern table B for jackpot
30 shows a reach pattern F. FIG.
FIG. 31 is a view corresponding to FIG.
FIG. 32 is a view corresponding to FIG.
33 is a view corresponding to FIG. 2, showing a fifth embodiment of the present invention.
FIG. 34 is a view corresponding to FIG. 2, showing a sixth embodiment of the present invention.
FIG. 35 is a view corresponding to FIG. 2 showing a seventh embodiment of the present invention.
36A is a diagram showing a notice pattern A, and FIG. 36B is a diagram showing a notice pattern B. FIG.
FIG. 37 is a view corresponding to FIG. 2 and showing an eighth embodiment of the present invention.
FIG. 38 is a view corresponding to FIG. 2 showing a ninth embodiment of the present invention.
FIG. 39 is a diagram showing a tenth embodiment of the present invention (a diagram showing how a reach pattern E is developed);
40 is a view corresponding to FIG. 9 and showing an eleventh embodiment of the present invention.
FIG. 41 is a diagram showing the relationship between the type of reach pattern and the reset value
42 is a view corresponding to FIG. 2 and showing a twelfth embodiment of the present invention.
FIG. 43 is a diagram showing the relationship between the number of reach pattern occurrences and the reset value.
44 is a view corresponding to FIG. 2 and showing a thirteenth embodiment of the present invention.
FIG. 45 is a diagram showing the relationship between the number of symbol fluctuations and the reset value.
[Explanation of symbols]
ZS is a numeric symbol (identification symbol), 21 is a symbol display device, 40 is a CPU (accumulating means, changing means, display control means), and 80 is an initialization switch (reset switch).

Claims (1)

遊技盤に設けられ、パチンコ球が入賞することが可能な特別図柄始動口と、
前記遊技盤に設けられ、パチンコ球が入賞することが可能な状態および入賞することが不能な状態相互間で切換えられる大入賞口と、
パチンコ球が前記特別図柄始動口に入賞した場合に複数の識別図柄のそれぞれが変動状態および変動停止状態で順に表示される図柄表示装置と、
パチンコ球が前記特別図柄始動口に入賞した場合に前記大入賞口をパチンコ球が入賞することが可能な状態にする大当りであるか否かを判定するものであって、確率変動の状態では非確率変動の状態に比べて大当りであると高い確率で判定する手段と、
大当りであると判定された場合に予め決められた複数の変動パターンのうちから1つを選択する手段と、
パチンコ球が前記特別図柄始動口に入賞した場合に前記図柄表示装置に複数の識別図柄のそれぞれを変動状態および変動停止状態で順に表示するものであって、大当りであると判定された場合には複数の識別図柄を変動停止状態で相互に同一な第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せにすると共に変動パターンの選択結果に応じたリーチパターンの映像を表示することで複数の識別図柄が第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せとなることを視覚的に演出し、大当りでないと判定された場合には複数の識別図柄を変動停止状態で第1の大当りの組合せおよび第2の大当りの組合せのいずれとも異なる組合せとする手段と、
大当りであると判定された場合には前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せで表示された後に前記大入賞口をパチンコ球が入賞することが可能な状態にする大当り処理を行う手段と、
前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せで表示された場合には確率変動の状態とし、前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第2の大当りの組合せで表示された場合には非確率変動の状態とする手段と、
前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せで表示された場合および第2の大当りの組合せで表示された場合のそれぞれに予め決められた複数の値のうちから1つを選択する手段と、
予め決められた複数の値のうちから1つが選択された場合に大当りポイントの値に当該1つの値の選択結果を加算する手段と、
大当りポイントの値が加算された場合に大当りポイントの値の加算結果が予め決められた設定値に比べて小さいか否かを判断する手段と、
大当りポイントの値の加算結果が設定値に比べて小さいと判断された場合には相互に異なる複数の絵柄のうちから絵柄を選択し、大当りポイントの値の加算結果が設定値に比べて小さくないと判断された場合には当該複数の絵柄のいずれとも異なる特定の絵柄を選択する手段と、
複数の絵柄のうちから絵柄が選択された場合および特定の絵柄が選択された場合のそれぞれに前記図柄表示装置に大当り処理中に絵柄の選択結果の映像を表示する手段と、
特定の絵柄が選択された場合に複数の識別図柄がどのようなリーチパターンで第1の大当りの組合せまたは第2の大当りの組合せになったかを検出し、大当りポイントの値をリーチパターンの検出結果に応じた値にリセットする手段を備え、
前記図柄表示装置に複数の識別図柄が第1の大当りの組合せで表示された場合には、第2の大当りの組合せで表示された場合に比べて大きな値が前記1つの値として選択され易く設定されていることを特徴とする遊技機。
A special symbol starter that is provided on the game board and that allows a pachinko ball to win,
A large winning opening that is provided on the game board and can be switched between a state in which a pachinko ball can win and a state in which it is impossible to win;
When the pachinko ball wins the special symbol start opening, each of the plurality of identification symbols is sequentially displayed in a variation state and a variation stop state,
When the pachinko ball wins the special symbol start opening, it is determined whether or not it is a big hit that makes the pachinko ball ready to win the pachinko ball. Means for determining with a high probability that it is a big hit compared to the state of probability fluctuation,
Means for selecting one of a plurality of predetermined variation patterns when it is determined to be a big hit;
When the pachinko ball wins the special symbol start opening, each of the plurality of identification symbols is sequentially displayed on the symbol display device in a variation state and a variation stop state, and when it is determined that it is a big hit A plurality of identification symbols is displayed by displaying a reach pattern image corresponding to a selection result of the variation pattern while making the plurality of identification symbols the same combination of the first jackpot or the second jackpot in a state where the variation is stopped. Visually produces a combination of the first jackpot or the second jackpot, and if it is determined that the jackpot is not a jackpot, a plurality of identification symbols are displayed in a variable stop state and the first jackpot combination and the second jackpot combination are determined. Means different from any of the two jackpot combinations;
If it is determined that the game is a big win, the pachinko ball may win the big winning port after a plurality of identification symbols are displayed on the symbol display device in the first jackpot combination or the second jackpot combination. Means to perform jackpot processing to make it possible,
When a plurality of identification symbols are displayed on the symbol display device in a first jackpot combination, a probability variation state is assumed, and a plurality of identification symbols are displayed on the symbol display device in a second jackpot combination Means to make the state of non-stochastic fluctuation,
Select one of a plurality of predetermined values for each of the case where a plurality of identification symbols are displayed in the first jackpot combination and the second jackpot combination on the symbol display device. Means to
Means for adding the selection result of the one value to the value of the big hit point when one of a plurality of predetermined values is selected;
Means for determining whether or not the result of adding the value of the jackpot point is smaller than a predetermined set value when the value of the jackpot point is added;
When it is determined that the addition result of the jackpot point value is smaller than the set value, a pattern is selected from a plurality of different patterns, and the addition result of the jackpot point value is not smaller than the set value. A means for selecting a specific pattern different from any of the plurality of patterns when it is determined,
Means for displaying an image of a picture selection result during jackpot processing on the pattern display device when a picture is selected from a plurality of pictures and when a specific picture is selected;
When a specific pattern is selected, it is detected in which reach pattern the plurality of identification symbols have become the first jackpot combination or the second jackpot combination, and the value of the jackpot point is detected as the reach pattern detection result. Means to reset to a value according to
When a plurality of identification symbols are displayed in the first jackpot combination on the symbol display device, a larger value is set to be easily selected as the one value than in the case of being displayed in the second jackpot combination. A gaming machine characterized by being made .
JP2001224827A 2001-07-25 2001-07-25 Game machine Expired - Fee Related JP4547839B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001224827A JP4547839B2 (en) 2001-07-25 2001-07-25 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001224827A JP4547839B2 (en) 2001-07-25 2001-07-25 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003033509A JP2003033509A (en) 2003-02-04
JP4547839B2 true JP4547839B2 (en) 2010-09-22

Family

ID=19057922

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001224827A Expired - Fee Related JP4547839B2 (en) 2001-07-25 2001-07-25 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4547839B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5075698B2 (en) * 2008-03-19 2012-11-21 株式会社ニューギン Game machine
JP5852980B2 (en) * 2013-04-01 2016-02-03 株式会社三共 Game machine

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000051468A (en) * 1999-08-31 2000-02-22 Takao:Kk Ball-shooting game machine
JP2000061070A (en) * 1998-08-18 2000-02-29 Ace Denken:Kk Game machine
JP2000279591A (en) * 1999-03-30 2000-10-10 Sankyo Kk Game machine
JP2000288219A (en) * 1999-04-09 2000-10-17 Takao:Kk Game machine
JP2001046716A (en) * 1999-08-06 2001-02-20 Sanyo Product Co Ltd Game machine

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000061070A (en) * 1998-08-18 2000-02-29 Ace Denken:Kk Game machine
JP2000279591A (en) * 1999-03-30 2000-10-10 Sankyo Kk Game machine
JP2000288219A (en) * 1999-04-09 2000-10-17 Takao:Kk Game machine
JP2001046716A (en) * 1999-08-06 2001-02-20 Sanyo Product Co Ltd Game machine
JP2000051468A (en) * 1999-08-31 2000-02-22 Takao:Kk Ball-shooting game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003033509A (en) 2003-02-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006000568A (en) Game machine
JP4621830B2 (en) Game machine
JP4099832B2 (en) Control device
JP3960863B2 (en) Game machine
JP2003079880A (en) Game machine
JP4547841B2 (en) Game machine
JP4547839B2 (en) Game machine
JP4547838B2 (en) Game machine
JP4487102B2 (en) Game machine
JP2003010476A (en) Game machine
JP2003079872A (en) Game machine
JP4403282B2 (en) Game machine
JP2003052949A (en) Game machine
JP2003052964A (en) Game machine
JP4097887B2 (en) Game machine
JP2003033510A (en) Game machine
JP6959088B2 (en) Pachinko machine
JP2000202103A (en) Game machine
JP2002282466A (en) Game machine
JP2003093651A (en) Game machine
JP2003159420A (en) Game machine
JP2006141565A (en) Game machine
JP2005040339A (en) Game machine
JP2019054957A (en) Game machine
JP3516643B2 (en) Gaming machine

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070426

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100223

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100412

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100615

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100628

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130716

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130716

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130716

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R255 Notification of exclusion from application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R2525

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees