JP4539629B2 - Body cavity insertion medical device - Google Patents

Body cavity insertion medical device Download PDF

Info

Publication number
JP4539629B2
JP4539629B2 JP2006251029A JP2006251029A JP4539629B2 JP 4539629 B2 JP4539629 B2 JP 4539629B2 JP 2006251029 A JP2006251029 A JP 2006251029A JP 2006251029 A JP2006251029 A JP 2006251029A JP 4539629 B2 JP4539629 B2 JP 4539629B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
shaft
medical device
portion
loop structure
body cavity
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006251029A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008067993A (en )
Inventor
浩平 深谷
仁 田原
Original Assignee
株式会社カネカ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、経皮的経管的に体腔内に導入され、診断や治療などに使用される体腔挿入用医療装置に関し、特にループ構造を有する体腔挿入用医療装置に関する。 The present invention is introduced into the percutaneous the body cavity, relates body cavity insertion medical device such as those used in the diagnosis and treatment, and in particular body cavity insertion medical device having a loop structure.

従来、血管などの脈管において狭窄あるいは閉塞が生じた場合、血管の狭窄部位あるいは閉塞部位を拡張して、血管末梢の血流を改善するために行う血管成形術(PTA:Percutaneous Transluminal Angioplasty、PTCA: Percutaneous Transluminal Coronary Angioplastyなど)は、多くの医療機関において多数の術例があり、この種の症例における手術としては一般的になっている。 Conventionally, when stenosis or occlusion in vessels such as blood vessels occurs, to extend the stenosis or occlusion site in the vessel, angioplasty performed in order to improve blood flow in the blood vessel peripheral (PTA: Percutaneous Transluminal Angioplasty, PTCA : such as Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty), there are a number of operative example in many medical institutions, have become commonplace as surgery in cases of this kind. さらに、拡張した狭窄部の状態を保持するためのステントなども、近年多く用いられるようになってきた。 In addition, such a stent for holding the state of the expanded stenosis, have come to be used frequently in recent years.

PTA、PTCAに用いられるバルーンカテーテルは、主に血管の狭窄部位あるいは閉塞部位を拡張するために、ガイドカテーテルとガイドワイヤーとのセットで使用される。 PTA, a balloon catheter used in PTCA, primarily to expand the stenosis or occlusion site in the vessel is used in the set of the guide catheter and the guide wire. このバルーンカテーテルを用いた血管成形術は、まずガイドカテーテルを大腿動脈から挿入して大動脈を経て冠状動脈の入口に先端を位置させた後、バルーンカテーテルを貫通させたガイドワイヤーを血管の狭窄部位あるいは閉塞部位を越えて前進させ、その後バルーンカテーテルをガイドワイヤーに沿って前進させ、バルーンを狭窄部位あるいは閉塞部位に位置させた状態で膨張させて、狭窄部位あるいは閉塞部位を拡張する手順で行い、そしてバルーンを収縮させて体外に除去するのである。 Angioplasty using the balloon catheter, first after the guide catheter to position the distal end is inserted from the femoral artery via the aorta to the inlet of the coronary artery, the guide wire was passed through a balloon catheter or stenosis of the vessel is advanced beyond the occlusion site, then a balloon catheter is advanced along the guide wire performs the balloon is inflated in a state of being positioned in stenosis or occlusion site, the procedure to expand the stenosis or occlusion site, and the balloon is deflated is to remove from the body. このバルーンカテーテルは、血管の狭窄部位あるいは閉塞部位の治療だけに限定されず、血管内への挿入、並びに種々の体腔、管状組織への挿入を含む多くの医療的用途に有用である。 The balloon catheter is not limited to the treatment of stenosis or occlusion site in the vessel, inserted into a blood vessel, as well as various body cavities, it is useful for many medical applications, including insertion into the tubular tissue. しかしながら、これらのPTAやPTCAの問題点として、高度な石灰化病変などにおける拡張不良や血管の解離などが挙げられている。 However, a problem with these PTA and PTCA, have been like extension failure or vascular dissociation in such advanced calcified lesions.

このような拡張不良や血管の解離を防ぐ手段として、通常のバルーンカテーテルのバルーン上に刃やワイヤーなどの細長い要素を装着したカテーテルが使用されることがある。 As means for preventing the dissociation of such extension failure and blood vessels, catheters equipped with elongated elements, such as blades or wire on a balloon of a conventional balloon catheter may be used. これらの細長い要素はバルーン上に直接固定されているものもあるが、特許文献1のように、細長い要素がバルーンの遠位部及び近位部に接合されている構造の方が、カテーテルの柔軟性などの観点から有利である。 These elongated elements are also assumed to be fixed directly on the balloon, as in Patent Document 1, towards the structure elongated element is bonded to the distal portion and proximal portion of the balloon, flexible catheter it is advantageous from the viewpoint of gender. 特許文献1に開示されているカテーテルの細長い要素は、バルーンと直接接合されていないため、バルーンが接合されているカテーテルの中心となる軸と細長い要素の間にループ構造を有する。 Elongate element of the catheter disclosed in Patent Document 1, since the balloon and not bonded directly, with the loop structure between the shaft and the elongate elements balloon is centered in the catheter are joined. このようなループ構造を有する医療装置は、ループ構造を有さない医療装置と比較して、柔軟性などの医療装置の性能をより向上するといった効果がある反面、体腔内の突起物に対する引っかかりや他の医療装置に対する引っかかりといった不具合の発生の可能性、引っかかりが生じた後の危険度が上昇する、といったデメリットも存在する。 Such medical device having a loop structure, as compared to the medical device without a loop structure, while there is effect that to improve the performance of the medical device, such as flexibility, Ya caught against projections in the body cavity possibility of catching such trouble occurrence to other medical devices, the risk of after occurs caught increases, there demerit. 体内でループ構造部分にステント等が引っかかると抜去不能といった事態に陥ることもあり、このような状態で無理に医療装置に力を加えると、体内に留置されたステントを破壊する、医療装置が破断して先端部分が体内に残留してしまう、という可能性もある。 Sometimes fall into situation impossible removal the stent or the like is caught by the loop structure portion in the body, when forcibly applying a force to the medical device in such a state, destroying the stent is detained in the body, the medical device break tip portion and may remain in the body, is also possible that. 特許文献1のカテーテルでは、これらの状況を回避することが不可能であった。 The catheter of Patent Document 1, it is impossible to avoid these situations.

また、特許文献2では、バルーンの外表面に直接接合されていない電極により、病変組織へ切り込みを入れることができるカテーテルが開示されている。 In Patent Document 2, the electrodes that are not bonded directly to the outer surface of the balloon, a catheter can be a cut into diseased tissue is disclosed. このカテーテルは、特許文献1と同様に電極とカテーテルの中心軸との間にループ構造を有する。 The catheter has a loop structure between the center axis of the electrode and the catheter in the same manner as Patent Document 1. しかし、特許文献2のカテーテルでも、前述したループ構造へのひっかかりに伴う問題を回避することが不可能であった。 However, even in the catheter of Patent Document 2, it is impossible to avoid the problems associated with being caught in the loop structure described above.

また、特許文献3では、特許文献1や特許文献2のカテーテルとはやや使用の目的が異なる、心内膜や肺静脈に損傷を与えるためのカテーテルが開示されている。 In Patent Document 3, a little of the intended use the catheter of the Patent Documents 1 and 2 are different, a catheter for damaging the endocardium and pulmonary vein is disclosed. このカテーテルはカテーテル先端にバルーンを有していないが、金属の電極や温度センサーによるループ構造を有している。 The catheter does not have a balloon catheter tip has a loop structure by the metal of the electrode and temperature sensor. このカテーテルについても、先端にループ構造を有していることから前述のようなループ構造へのひっかかりに伴う問題が発生することが考えられるが、それらの状況を回避することが不可能であった。 This catheter also has a problem due to being caught in the loop structure as described above is considered to occur from the fact that a loop structure at the tip, it was not possible to avoid those situations .
特表2005−517474号公報 JP-T 2005-517474 JP 特表平3−510145号公報 Hei 3-510145 JP 特表2003−514605号公報 JP-T 2003-514605 JP

これらの状況を鑑み、本発明が解決しようとする課題は、医療装置上に存在するループ構造部分が特定の解除部位で解除されることにより、より安全に使用することが可能となる体腔挿入用医療装置を提供することにある。 In view of these circumstances, an object of the present invention is to provide, by the loop structure portion present on the medical device is released in a particular release site for body cavity insertion that can be more safely used and to provide a medical device.

本発明は、遠位端と近位端とを有する第一軸と、遠位部及び近位部にて前記第一軸に接合されることによって当該第一軸との間でループ構造を形成するとともに当該第一軸の半径方向に離れる方向に拡張可能な第二軸と、を有する体腔挿入用医療装置であって、特定の解除部位で前記ループ構造が解除可能であることを特徴とする体腔挿入用医療装置である。 The present invention forms a first shaft having a distal end and a proximal end, a loop structure between said first axis by being joined to the first shaft at a distal portion and a proximal portion a second shaft expandable radially away of the first shaft as well as, a body cavity insertion medical device having, characterized in that said loop structure at a particular release site is unlockable it is a body cavity insertion medical device. これらの構造によれば、ループ構造部分が特定の解除部位で解除されることにより、医療装置をより安全に使用することが可能となる。 According to these structures, by the loop structure portion is released at a particular release site, it is possible to more safely use the medical device.

また、前記解除部位は、前記第二軸上に一箇所のみ存在することが好ましく、前記解除部位は、前記第二軸の遠位部近傍であることがさらに好ましい。 Furthermore, the release portion is preferably present only one location on the second axis, the release site, more preferably a distal portion near the second axis. これらの構造によれば、ループ構造が解除されて医療装置を体内から抜去する際に、第二軸が何かに引っかかることなく安全に抜去することが可能となる。 According to these structures, when withdrawing the medical device is released loop structure from the body, the second axis is possible to safely removed without being caught on something.

また、前記解除部位の断面積が、当該解除部位以外の部位の断面積と比較して小さいことが好ましい。 Further, the cross-sectional area of ​​the release site, small it is preferable as compared with the cross-sectional area of ​​the portion other than the release site. この構造によれば、体内でループ構造部分にひっかかりが生じた際に、前記断面積が小さい箇所は他の箇所よりも解除しやすいことから、確実にループ構造解除部位でループ構造を解除することが可能となり、医療装置をより安全に使用することが可能となる。 According to this structure, when generated is caught in the loop structure portion in the body, position the cross-sectional area is small because it tends to cancel than elsewhere to release the loop structure reliably loop structure release site is possible, it is possible to more safely use the medical device.

また、前記解除部位において隣接する前記第二軸のそれぞれの部材が異なる材料で形成されていることが好ましい。 Further, it is preferable that the respective members of the second shaft adjacent in the release sites are formed of different materials. この構造によれば、体内でループ構造部分にひっかかりが生じた際に、前記異なる材料同士で形成されている箇所は他の箇所よりも解除しやすいことから、確実にループ構造解除部位でループ構造を解除することが可能となり、医療装置をより安全に使用することが可能となる。 According to this structure, a loop structure when generated is caught in the loop structure portion in the body, places where the are formed of different materials each other since the easily released than elsewhere in reliably loop structure release site it is possible to release the, it is possible to more safely use the medical device.

また、前記第二軸の遠位部近傍における断面積が、遠位部に近づくに従って徐々に大きくなることが好ましい。 Further, the cross-sectional area at the distal portion near the second shaft, it is preferable to gradually increase toward the distal portion. この構造によれば、ループ構造解除部位に応力を集中させることができ、正確にループ構造解除部位でループを解除することが可能となる。 According to this structure, it is possible to concentrate stress to the loop structure release site, it is possible to release the loop at exactly loop structure release site.

また、前記解除部位は、前記第二軸の遠位部の一箇所のみであることが好ましく、前記解除部位において隣接する前記第一軸と前記第二軸のそれぞれの部材が異なることがさらに好ましい。 Furthermore, the release portion is preferably the only second shaft one position of the distal portion of the further preferred that each member of said second shaft and said first shaft adjacent different in the release site . この構造によれば、ループ構造が解除されて医療装置を体内から抜去する際に、第二軸が何かに引っかかることなく、さらに安全に抜去することが可能となる。 According to this structure, when the loop structure is withdrawn is released medical device from the body, without the second shaft is caught on something, it is possible to more securely removed.

また、前記解除部位において隣接する前記第一軸と前記第二軸のそれぞれの断面積が異なることが好ましい。 Also, that each cross-sectional area of ​​the first shaft and the second shaft adjacent in the release site is different are preferred. この構造によれば、ループ構造に引っかかりが発生した際、第二軸遠位部に応力が集中し、確実に第二軸遠位部でループ構造が解除されることが可能となる。 According to this structure, when caught in the loop structure occurs, stress is concentrated on the second shaft distal portion, it is possible to loop structure is released reliably at the second shaft distal portion.

また、前記第二軸は、ブレードを備えており、前記解除部位が、前記第二軸のブレードより遠位側に存在することが好ましい。 Further, the second shaft is provided with a blade, the release site, it is preferably present in the distal side of the blade of the second shaft. この構造によれば、通常のバルーンカテーテルで拡張不良を引き起こす病変に対して効果的に拡張を実施することができ、さらに、安全に治療を実施することが可能となる。 According to this structure, it is possible to effectively implement the extension to the lesion causing extended defects in conventional balloon catheters, further, it is possible to carry out safely treated.

また、前記第二軸の少なくとも一部に第二軸X線不透過部分が備えられていることが好ましく、前記ループ構造が解除されたことがX線透視下で確認可能なように、前記第二軸X線不透過部分が、前記解除部位の遠位側と近位側とに存在することがより好ましく、前記ループ構造が解除されたことがX線透視下で確認可能なように、前記解除部位近傍の前記第一軸上の少なくとも一部に第一軸X線不透過部分が備えられていることがさらに好ましい。 Further, it is preferable that the second axis X-ray opaque portion provided on at least a portion of said second axis, so that the loop structure is released that can be confirmed under X-ray fluoroscopy, the first biaxial X-ray opaque portion, it is more preferable to present in the distal and proximal side of the release site, so that the loop structure is released that can be confirmed under X-ray fluoroscopy, the it is further preferred that at least a portion the first axis X-ray opaque portion on said first axis of release site near is provided. これらの構造によれば、ループ構造部分の状態をX線透視下で確認することが可能となり、ループ構造部分の異常を検出でき、医療装置をより安全に使用することが可能となる。 According to these structures, it is possible to check the status of the loop structure portion under X-ray fluoroscopy, can detect the abnormality of the loop structure portion, it is possible to more safely use the medical device.

以上の如く、本発明の体腔挿入用医療装置は、第一軸と第二軸との間にループ構造を形成し、このループ構造部分が特定の解除部位で解除されることにより、体腔挿入用医療装置をより安全に使用することが可能となる。 As mentioned above, the body cavity insertion medical device of the present invention, a loop structure is formed between the first shaft and the second shaft, by the loop structure portion is released at a particular release site for body cavity insertion it is possible to more safely use the medical device.

以下に本発明に係る体腔挿入用医療装置について、実施形態に基づいて説明する。 For body cavity insertion medical device according to the present invention will now be described with reference to embodiments. 本発明は、遠位端と近位端とを有する第一軸と、遠位部及び近位部にて前記第一軸に接合されることによって当該第一軸との間でループ構造を形成するとともに当該第一軸の半径方向に離れる方向に拡張可能な第二軸と、を有する体腔挿入用医療装置であって、特定の解除部位で前記ループ構造が解除可能であることを特徴とする体腔挿入用医療装置を提供する。 The present invention forms a first shaft having a distal end and a proximal end, a loop structure between said first axis by being joined to the first shaft at a distal portion and a proximal portion a second shaft expandable radially away of the first shaft as well as, a body cavity insertion medical device having, characterized in that said loop structure at a particular release site is unlockable providing a body cavity insertion medical device. これらの構造によれば、ループ構造部分が特定の解除部位で解除されることにより、体腔挿入用医療装置をより安全に使用することが可能となる。 According to these structures, by the loop structure portion is released at a particular release site, it is possible to more safely use the body cavity insertion medical device.

なお、第一軸とは、医療装置の概ね中心に存在する軸であり、第二軸の遠位部及び近位部と接合されている部分を含む軸のことである。 It should be noted that the first axis is an axis that exists in almost the center of the medical device, is that the shaft includes a portion which is joined to the distal portion and proximal portion of the second shaft. 例えば、第二軸を有するバルーンカテーテルの場合、バルーンを含むカテーテル本体全てが第一軸である。 For example, the case of a balloon catheter having a second axis, all the catheter body including a balloon is first shaft. 詳細については、後述する実施形態において説明する。 Details will be explained in embodiments described later. なお、ループ構造とは、遠位部と近位部を有する第二軸の一部が医療装置の第一軸から半径方向に離れており、その第二軸の一部の近位側及び遠位側で医療装置の第一軸と第二軸が接合されている、第一軸と第二軸で形成された閉じられた部分のことである。 Note that the loop structure portion of the second shaft having a distal portion and a proximal portion is spaced radially from the first axis of the medical device, the proximal and distal part of the second axis position first axis and a second axis of the medical device side is bonded, is that the first shaft and the closed portion formed of a second shaft.

以下で説明する各実施形態における第一軸と第二軸との接合は、当業者に周知の方法を用いることができ、例えば溶着または接着、溶接などが挙げられる。 Joining the first axis and a second axis in each of the embodiments described below may be used methods well known to those skilled in the art, for example welding or gluing, welding and the like. 第一軸と第二軸とは、別種類の部材とする場合のほか、同一部材である両者を一体的に成形してもよい。 The first axis and second axis, in addition to the case where another type of member, they may be molded integrally with the same member.

体腔挿入用医療装置の複数の実施形態として、以下、バルーンカテーテルを例示する。 As a plurality of embodiments of the body cavity insertion medical device, it will be exemplified below balloon catheter. 体腔挿入用医療装置の実施形態は、バルーンカテーテルに限らず、体腔へ挿入するその他の医療器具、例えばフィルターデバイスや温度センサー付きカテーテルなどであってもよい。 Embodiment of the body cavity insertion medical device is not limited to balloon catheters, other medical devices to be inserted into a body cavity, for example may be a filter device and a temperature sensor catheter.

1. 1. 第1実施形態(1)体腔挿入用医療装置 本発明に係る体腔挿入用医療装置の一実施様態(第1実施形態)の先端部を図1〜3に示す。 The distal end portion of an exemplary aspect (first embodiment) of the body cavity insertion medical device according to the first embodiment (1) the body cavity insertion medical device invention shown in FIGS. 医療装置101は、第一軸102、第二軸103、拡張手段としてのバルーン104、X線不透過部分105(105A)、拡張ルーメン106、ガイドワイヤールーメン107を備えているカテーテルである。 Medical device 101 includes a first shaft 102, second shaft 103, balloon 104, X-ray opaque portion 105 of the expansion means (105A), inflation lumen 106, a catheter and a guide wire lumen 107. 第一軸102は第二軸103を除いた、バルーン104、拡張ルーメン106、ガイドワイヤールーメン107を含むカテーテル本体のことである。 The first shaft 102 except for the second shaft 103, balloon 104, inflation lumen 106, is that of the catheter body, including a guide wire lumen 107. 第二軸は複数の用途に使用されるものであり、それらの用途は後述する。 The second axis is intended to be used for multiple applications, their use will be described later. 以下の各実施形態では、説明の便宜上、第二軸を1つのみ備える形態を例示するが、これに限らず、第二軸が2以上備える形態を採用してもよい。 Each of the following embodiments, for convenience of explanation, illustrate the embodiment comprising only one second axis is not limited thereto, may be employed in the form comprising the second shaft 2 or more.

図1〜図3はカテーテルの先端部であり、図1はバルーン104が拡張した状態、図2、図3はバルーン104が収縮した状態である。 1 to 3 is a distal portion of the catheter, FIG. 1 is a state in which the balloon 104 is expanded, FIG. 2, FIG. 3 is a state in which the balloon 104 is deflated. 図3はループ構造がループ構造解除部位110で解除された状態である。 Figure 3 is a state where the loop structure is released by the loop structure releasing site 110.

本実施様態では、第一軸102と第二軸103が、第二軸遠位部108及び第二軸近位部109でそれぞれ接合されており、第一軸102と第二軸103により形成されるループ構造を有している。 In the present exemplary aspect, the first shaft 102 and second shaft 103 are respectively joined with the second shaft distal portion 108 and a second shaft proximal portion 109, it is formed by the first shaft 102 and second shaft 103 the loop structure has that. 医療装置101はガイドワイヤールーメン107を有しているため、体腔内に先に挿入されたガイドワイヤーに沿って簡単に体腔内に挿入することが可能である。 Medical device 101 since it has a guide wire lumen 107 can be inserted easily inside the body cavity along the guide wire inserted previously into the body cavity.
(2)第二軸 医療装置101の第二軸103は、その用途によって種々の構成を有することが可能である。 (2) the second shaft 103 of the second shaft medical device 101 may have a variety of configurations depending on the application. 例えば、通常のバルーンカテーテルによって拡張不良の生じた病変で使用するための、拡張を補助するための機能を求める場合には、第二軸103は金属製のワイヤーであることが好ましい。 For example, for use in extended defects of the resulting lesions by conventional balloon catheter, in the case of obtaining a function for assisting the expansion, it is preferable the second shaft 103 is a metal wire. そのワイヤーの形状は特に問わず、断面が円形である円柱状のワイヤーでもよいし、断面が三角形である三角柱形状のワイヤーでもよい。 The shape of the wire is not particularly limited, may be a cylindrical wire has a circular cross section, may be a wire of triangular prism-shaped cross section is a triangle. さらに、後述の実施様態に示されるように、第二軸103上にブレードを有していてもよい。 Furthermore, as shown in the exemplary aspect will be described later, it may have a blade on the second shaft 103. ブレードは、ブレードに接合されている支持部分を有していてもよく、その場合ブレードと支持部分により第二軸が構成され、支持部分が第一軸と接合される。 Blade may have a support portion is joined to the blade, in which case the second shaft is configured by a blade and the support portion, the support portion is joined to the first axis. また、このように第二軸がブレードと支持部分で構成される場合、第二軸の全長にわたって支持部分が存在し、支持部分の表面にブレードが配置されていてもよいし、第二軸の中央付近はブレードのみで構成され、その両端に支持部分が存在していてもよい。 Also, in this case constituted the second axis with the blade and the support portion, the support portion exists over the entire length of the second shaft, blades may be disposed on the surface of the support portion, the second axis near the center consists only of the blade, it may be present support portion at both ends thereof.

第二軸103に電流を流し、病変部を切断する機能を求める場合には、第二軸103はステンレス製またはタングステン製のワイヤーで構成されていることが好ましい。 Flowing a current to the second shaft 103, when obtaining the function of cutting the lesion, it is preferable the second shaft 103 that is made of stainless steel or tungsten wire. 第二軸103を体腔の内壁に接触させることで体腔内の温度などを計測する機能を求める場合には、第二軸103に温度センサーを有することが好ましい。 When seeking function of measuring such temperature in the body cavity by causing the second shaft 103 to contact the inner wall of the body cavity, preferably have a temperature sensor to the second axis 103.

また、第二軸103の少なくとも一部がゴムやバネのような弾性材料で構成されていることが好ましい。 Further, it is preferable that at least a part of the second shaft 103 is formed of an elastic material such as rubber or a spring. この構造により、バルーン104収縮時のバルーン104表面と第二軸103の間隔が狭くなり、体内へ挿入した医療装置101をより安全に体外へ引き戻すことが可能となる。 This structure, the interval between the balloon 104 surface during the balloon 104 deflated second shaft 103 is narrowed, it is possible to retract the medical device 101 inserted into the body to a more secure body. この場合、弾性材料は第二軸103の遠位部にあってもよいし、近位部にあってもよい。 In this case, the elastic material may be in the distal portion of the second shaft 103 may be in the proximal portion. また、第二軸103の全長が弾性材料により構成されていても構わない。 Also, the total length of the second shaft 103 may be made of a resilient material. 求める機能によっては、第二軸103の少なくとも一部が樹脂により構成されていても構わない。 Depending on the capabilities of obtaining at least a portion of the second shaft 103 may be made of a resin.

(3)ループ構造解除 本発明に係る医療装置のようにループ構造を有するものについては、体内でループ構造部分にステント等が引っかかると抜去不能といった事態に陥る可能性がある。 (3) having a loop structure as a medical device according to the loop structure terminate this invention, there is a possibility of falling into situation impossible removal the stent or the like is caught by the loop structure portion in the body. このような状態で無理に医療装置に力を加えると、体内に留置されたステントを破壊する、医療装置が破断して先端部分が体内に残留してしまう、という可能性もある。 When this state forcedly applying a force to the medical device, destroying the stent is detained in the body, the tip portion the medical device is broken may remain in the body, it is also possible that. このような事態を避けるために、医療装置101は第二軸103上に特定のループ構造解除部位110を備えることを特徴としている(図3参照)。 To avoid such a situation, the medical device 101 is characterized in that it comprises a particular loop structure release site 110 on the second shaft 103 (see FIG. 3). この構造により、もしループ構造部分にステント等が引っかかった場合にも、ループ構造解除部位110でループ構造が解除されるため、ステント等の引っ掛かりを解除することが可能となる。 This structure, if when the stents or the like is caught in the loop structure portion also, since the loop structure is released by the loop structure releasing site 110, it is possible to release the caught such as a stent. このことにより、医療装置101が体内から抜去不能となることがなく、より安全に治療を実施することが可能となる。 Thus, the medical device 101 without becomes impossible withdrawn from the body, it is possible to carry out more safely treated.

ループ構造の「解除」とは、第一軸と第二軸で形成された閉じられた部分が、第一軸上、または第二軸上の特定の解除部位で開かれることである。 The "release" of the loop structure, the first axis and the closed portion formed of a second axis, the first axis, or at open is that in particular release site on the second axis. また、ループ構造の「解除」は、第一軸および/または第二軸が分離する概念を含み、一方または両者が切断によって分離する場合のほか、着脱可能な解除部位が分離する場合もこの「解除」の概念に含まれる。 Further, "release" of the loop structure includes a concept of the first shaft and / or the second axis are separated, in addition to the case where one or both are separated by cutting, even if the removable release sites separated this " It is included in the concept release ". 好適な実施形態では、第一軸および/または第二軸を引っ張る力が、医療装置本体が破断する力よりも小さく、ループ構造部分に引っかかりが生じていない、通常の使用時にかかる力よりも大きい力の時に「解除」される。 In a preferred embodiment, the force to pull the first shaft and / or the second axis is smaller than the force the medical device main body is broken, caught by the loop structure portion is not generated, greater than the force exerted in normal use It is "release" at the time of the force. 解除するループ構造は、実施形態として後述するように所定の力によって解除される材料、または所定の力によって解除される形状(例えば凹凸形状、鍵および鍵穴形状、互いに引っかけられるフック形状、ループ形状とフック形状との組み合わせ)、または材料と形状との組み合わせによって達成される。 Loop structure for releasing the material is released by a predetermined force, as will be described later as an embodiment or shape that is released by a predetermined force (e.g. unevenness, key and keyhole shape, a hook shape to be hooked to each other, and the loop-shaped is achieved by the combination of the combination), or material and shape of the hook-shaped.

また、ループ構造解除部位110は、第二軸103上に一箇所のみ存在することが好ましい。 Also, the loop structure release site 110 are preferably present only one location on the second axis 103. 第一軸102は医療装置101の概ね中心に存在する軸であり、第一軸102でループ構造を解除すると、医療装置101の中心軸が破断されることとなる。 The first shaft 102 is a shaft that exists in almost the center of the medical device 101, when releasing the loop structure at a first shaft 102, so that the central axis of the medical device 101 is broken. そのため、ループ構造を解除後、より安全に体内から医療装置101を抜去するためには、第二軸103上にループ構造解除部位110が存在することが好ましい。 Therefore, after releasing a loop structure, in order to withdrawing the medical device 101 from the body more secure, it is preferable that the loop structure releasing site 110 on the second shaft 103 is present. また、医療装置101は第一軸102上にバルーン104を有しており、バルーン104は一般的な拡張圧に耐える必要があるため、このようなバルーン104付近にループ構造解除部位110を設定することは工程上困難である。 The medical device 101 has a balloon 104 on the first shaft 102, because balloon 104 that must withstand the typical opening pressure, sets a loop structure release site 110 in such a balloon 104 near it is a step on the difficult. そのため、製造容易の観点からも第二軸103上にループ構造解除部位110を有することが好ましい。 Therefore, it is preferable to have a loop structure release site 110 also on the second shaft 103 in view of easy production. さらに、第一軸102は医療装置の概ね中心に存在する軸であるため、術者が医療装置を体内から抜去しようとして体内でループ構造部分に引っかかりが生じた際にも、第二軸103に力がかかりやすい。 Furthermore, since the first shaft 102 is an axis that exists in almost the center of the medical device, even when the cause caught by the loop structure portion in the body the surgeon attempting removal of medical device from the body, the second axis 103 force is susceptible. このことからも、第二軸103上にループ構造解除部位110を有することが好ましい。 This also preferably has a loop structure release site 110 on the second shaft 103. ループ構造が解除されると、ループ構造部分に引っかかっていたステント等に対する引っかかりは解除される。 If the loop structure is released, caught to the stent was caught by the loop structure portion and the like is released. ループ構造解除部位110が一箇所のみ存在することにより、ループ構造が解除された後、第二軸103上の他の部分が切断され、第二軸103の一部が体内に残留することを防止することが可能となる。 By loop structure releasing site 110 exists only one place, after the loop structure is released, other parts of the second shaft 103 is disconnected, prevents the part of the second shaft 103 remains in the body it is possible to become. これらの構成により、医療装置を体内からスムーズに抜去することができ、医療装置をより安全に使用することが可能となる。 These arrangements medical device can be removed smoothly from the body, it is possible to more safely use the medical device.

2. 2. 第2実施形態 本発明に係る体腔挿入用医療装置の別の一実施様態(第2実施形態)の先端部を図4〜5に示す。 The distal end portion of another to one embodiment of the body cavity insertion medical device according to a second embodiment the present invention (second embodiment) shown in FIGS. 4-5. 医療装置201は図1〜3に示した医療装置101と同様に、第一軸202、第二軸203、拡張手段としてのバルーン204、X線不透過部分205(205A)、拡張ルーメン206、ガイドワイヤールーメン207を備えているカテーテルである。 Like the medical device 101 medical device 201 is shown in FIGS. 1-3, the first shaft 202, second shaft 203, balloon 204 as expansion means, X-rays opaque portion 205 (205A), inflation lumen 206, guide a catheter and a wire lumen 207. 第一軸202は第二軸203を除いた、バルーン204、拡張ルーメン206、ガイドワイヤールーメン207を含むカテーテル本体のことであり、第一軸202と第二軸203が、第二軸遠位部208及び第二軸近位部209でそれぞれ接合されている。 The first shaft 202 except for the second shaft 203, balloon 204, inflation lumen 206 is that of the catheter body, including a guide wire lumen 207, first shaft 202 and second shaft 203, second shaft distal portion They are joined respectively at 208 and a second shaft proximal portion 209.

図4はバルーン204が収縮した状態、図5はループ構造がループ構造解除部位210で解除された状態である。 Figure 4 is a state where the balloon 204 is deflated, and FIG. 5 is a state where the loop structure is released by the loop structure releasing site 210. 医療装置201のループ構造解除部位210は、第二軸遠位部209近傍(または、医療装置201を体腔から抜き取る方向の後方側)に存在する。 Loop structure release site 210 of the medical device 201 is present in the second shaft distal portion 209 near (or the rear side in the direction extracting the medical device 201 from the body cavity). 抜去の方向は、図4〜6の場合は例えば医療装置201が図の左へ向かう方向であるものとする(以下の各実施形態も同様)。 Direction of removal, the case of Figures 4-6 it is assumed that a direction, for example toward the medical device 201 to the left in FIG. (Also following embodiments). この構造により、ループ構造が解除されて医療装置201を体内から抜去する際に、第二軸203が何かに引っかかることなく安全に抜去することが可能となる。 This structure, when withdrawing the medical device 201 loop structure is released from the body, the second shaft 203 is able to safely removed without being caught on something. なお、ここで言う「遠位部近傍」とは、冠動脈に使用するカテーテルの場合、第二軸遠位部(第一軸と第二軸の遠位側の接合部)から約5mmまでの範囲であり、これは一般的な医療装置の場合、第二軸遠位部から近位側へ第二軸の全長の1/3ほど移動した位置までの範囲に対応する。 Here, the "distal portion near" when the catheter for use in coronary arteries, the range of the second shaft distal portion (distal joint portion of the first shaft and the second shaft) to about 5mm , and the this case of a general medical devices, corresponding to a range from the second shaft distal portion to a position moved about 1/3 of the total length of the second shaft proximally. ループ構造解除部位210の断面積は、ループ構造解除部位210以外の部分の断面積と比較して小さいことが好ましい。 Sectional area of ​​the loop structure release site 210 is preferably small compared to the cross-sectional area of ​​a portion other than the loop structure releasing site 210. この構造により、体内でループ構造部分にひっかかりが生じた際に、確実にループ構造解除部位210でループ構造を解除することが可能となり、医療装置をより安全に使用することが可能となる。 This structure, when generated is caught in the loop structure portion in the body, it ensures it is possible to release the loop structure in the loop structure releasing site 210, it is possible to more safely use the medical device. 断面積を小さくする方法は特に限定されないが、ループ構造解除部位210付近の第二軸203を樹脂で構成する場合、段差のついた金型を使用して成形する、樹脂を一部だけ引き伸ばす、などの方法により、このようなループ構造解除部位210を作製することが可能となる。 But are not limited to the method particularly to reduce the cross-sectional area, if constituting the second shaft 203 in the vicinity of the loop structure release site 210 with a resin, is molded using the attached mold stepped, stretched only resin part, by a method such as, it is possible to produce such a loop structure releasing site 210. また、ループ構造解除部位210付近の第二軸203を金属で構成する場合、段差のついた部材を使用する、第二軸203の一部を精密な工具で削る、レーザーなどで成形する、などの方法を使用することも可能である。 Further, the second shaft 203 in the vicinity of the loop structure releasing portion 210 when configuring a metal, using a member with a stepped, cut a portion of the second shaft 203 in a precise tool, molding in a laser, etc. it is also possible to use the method.

また、バルーン204を拡張後収縮した際に、ループ構造部分で引っかかりが発生する可能性を低減するために、第二軸203の少なくとも一部に弾性材料を使用することが好ましいことは第1実施形態の項目で前述したとおりである。 Further, upon expansion of after deflate the balloon 204, in order to reduce the likelihood of catching the loop structure portion is generated, it is preferable to use an elastic material to at least a portion of the second shaft 203 is first performed it is as described above in the form of items. この弾性材料をループ構造解除部位210付近、及びその遠位側に使用することで、医療装置201の先端部をより柔軟に構成することが可能となり、医療装置201を体腔内に挿入する際の抵抗が少なく、より安全に治療を実施することが可能となる。 Nearby elastic material loop structure releasing site 210, and by using its distal side, it is possible to configure the front end portion of the medical device 201 more flexibly, when inserting the medical device 201 into a body cavity resistance is small, it is possible to carry out more safely treated. さらに、この構造によれば、ループ構造解除位置210でループ構造が解除された後、ループ構造解除位置210よりも遠位側に残った第二軸が非常に柔軟となるため、医療装置201を体内から抜去する際に、何かに引っかかることなくさらに安全に抜去することが可能となる。 Furthermore, according to this structure, after the loop structure is released by the loop structure release position 210, since the second axis remaining distal than the loop structure release position 210 is very flexible, the medical device 201 when removed from the body, it is possible to further safely removed without being caught in something. 上述した「第二軸203の少なくとも一部に弾性材料を使用する」場合とは、第二軸203全体を弾性材料とする場合のほか、ループ構造解除位置よりも遠位側の第二軸遠位部分のみを弾性部材とし、その他の第二軸部分を金属その他の材料とする場合も含まれる。 Described above with the case of "using a resilient material on at least a portion of the second shaft 203 ', in addition to the case where the entire second shaft 203 and elastic material, the distal second shaft distal than the loop structure release position the position part only and the elastic member, the other of the second shaft portion also includes a case where a metal other materials. 第二軸近位部分を金属とすることで病変の拡張を容易にする一方、ループ構造解除後に残る上記第二軸遠位部分を弾性部材とすることで、医療装置を体内から除去する際の引っかかりを抑制できる。 While the second shaft proximal portion to facilitate expansion of the lesion by a metal, said second shaft distal portion that remains after cancellation loop structure by a resilient member, in removing the medical device from the body the caught can be suppressed.

3. 3. 第3実施形態 本発明に係る体腔挿入用医療装置の別の一実施様態(第3実施形態)の先端部を図6〜7に示す。 The distal end portion of another to one embodiment of the body cavity insertion medical device according to a third embodiment the present invention (third embodiment) shown in FIG. 6-7. 医療装置301は図1〜3に示した医療装置101と同様に、第一軸302、第二軸303、拡張手段としてのバルーン304、X線不透過部分305(305A)、拡張ルーメン306、ガイドワイヤールーメン307を備えているカテーテルである。 Like the medical device 101 medical device 301 shown in FIGS. 1-3, the first shaft 302, second shaft 303, balloon 304 as expansion means, X-rays opaque portion 305 (305A), inflation lumen 306, guide a catheter and a wire lumen 307. 第一軸302は第二軸303を除いた、バルーン304、拡張ルーメン306、ガイドワイヤールーメン307を含むカテーテル本体のことであり、第一軸302と第二軸303が、第二軸遠位部308及び第二軸近位部309でそれぞれ接合されている。 The first shaft 302 except for the second shaft 303, balloon 304, inflation lumen 306 is that of the catheter body, including a guide wire lumen 307, first shaft 302 and second shaft 303, second shaft distal portion They are joined respectively 308 and second shaft proximal portion 309.

図6はバルーン304が収縮した状態、図7はループ構造がループ構造解除部位310で解除された状態である。 Figure 6 is a state where the balloon 304 is deflated, and FIG. 7 is a state where the loop structure is released by the loop structure releasing site 310. 医療装置301のループ構造解除部位310は、第2実施形態と同様に、第二軸遠位部309近傍に存在することで、安全に抜去することが可能となる。 Loop structure release site 310 of medical device 301, as in the second embodiment, the presence in the vicinity of the second shaft distal portion 309, it is possible to safely removed. さらに、医療装置301は、ループ構造解除部位310で隣接している第二軸303のそれぞれの部材が、異なる材料で成形されている。 Furthermore, the medical device 301, each of the members of the second shaft 303 that is adjacent in the loop structure releasing site 310 is molded from different materials. この構造により、体内でループ構造部分にひっかかりが生じた際に、確実にループ構造解除部位310でループ構造を解除することが可能となり、体腔内挿入用医療装置をより安全に使用することが可能となる。 This structure, when generated is caught in the loop structure portion in the body, can be reliably loop structure release site 310 it is possible to release the loop structure, the safer use of the body cavity insertion medical device to become. 異なる材料の接合は当業者に周知の方法を用いることができ、例えば溶着(樹脂同士)または接着(樹脂同士、樹脂と金属、金属同士)、溶接(金属同士)などが挙げられる。 Bonding of different materials can be used methods well known to those skilled in the art, for example welding (between resins) or adhesive (between resins, resin and metal, metal-to-metal), and a weld (between metals). 異なる材料とは、樹脂と金属のように全く異なる材料でもよいし、樹脂同士または金属同士でも、それぞれの構成要素や性質が異なっているものであればよい。 The different material may be a resin and completely different material such as metal, in the resin or between the metal together, as long as it is different components and properties of each. 例えば樹脂同士の場合、ポリアミドエラストマーとポリウレタンのように、モノマーの構造式が異なる樹脂同士でもよく、同じポリアミドエラストマー同士でショア硬度の違うグレード同士でもよい。 For example, in the case between the resins, as the polyamide elastomer and polyurethane, well structure of the monomer even in different resins to each other, may be a grade between different in the same polyamide elastomer between the Shore hardness. モノマーの構造式が異なる樹脂同士を完全に溶着することは通常困難であるが、敢えてこのような樹脂同士を溶着することで、その界面の接合強度をコントロールでき、ループ構造解除部位310を形成することが可能である。 Although the structural formula of the monomers is complete welding different resins to each other is usually difficult, dare by welding such a resin to each other, you can control the bonding strength of the interface to form a loop structure release site 310 It is possible.

また、このときの接合強度は樹脂の素材や性質、組み合わせにより自由に設定可能であり、例えば一方にやや粘着性の高い樹脂を使用することで、異なる樹脂同士でも強固に溶着することも可能となる。 The bonding strength of the resin material and the nature of this case, can be freely set by the combination, the use of somewhat higher sticky resin, for example, in one, and can also be firmly welded in different resins to each other Become. これらは、同じポリアミドエラストマー同士でショア硬度の違うグレード同士を使用するときでも同様のことが言える。 These same is true even when using grade between different in the same polyamide elastomer between the Shore hardness. 例えば、極端にショア硬度の違うグレードを使用することで、その溶着界面の接合強度を意図的に弱くすることも可能であり、最適なループ構造解除部位310を作製することが可能となる。 For example, using grades extremely different in shore hardness, it is also possible to weaken the bonding strength of the weld interface intentionally, it is possible to produce the optimal loop structure releasing site 310. この場合、ショア硬度の低いグレード(柔軟な樹脂)は、ループ構造解除部位310よりも遠位側に存在することが好ましい。 In this case, low Shore hardness grade (flexible resin) is preferably present in the distal side of the loop structure releasing site 310. この構造により、医療装置301を体腔内に挿入する際の抵抗が少なく、より安全に治療を実施することが可能となるとともに、医療装置301を体内から抜去する際に、何かに引っかかることなくさらに安全に抜去することが可能となる。 This structure is less resistance when inserting the medical device 301 into a body cavity, it becomes possible to carry out safer treatment, when withdrawing the medical device 301 from the body, without being caught on something it is possible to further safely removed. また、金属同士の場合、ステンレス鋼とNi−Ti合金のように全く異なる金属同士でもよく、同じステンレス鋼でSUS304とSUS440のように構成要素が異なるステンレス鋼同士でもよい。 In addition, in the case of metal-to-metal, it may be a completely different metals together as stainless steel and Ni-Ti alloy, or components as in the same stainless steel SUS304 and SUS440 have a different stainless steel to each other. 金属同士の場合も樹脂同士の場合と同様に、通常の溶接方法では困難な異なる金属の溶接を敢えて使用することで、最適なループ構造解除部位310を作製することも可能である。 As in the case of the resin between the case of metal-to-metal in normal welding method by dare use welding difficult different metals, it is also possible to produce the optimal loop structure releasing site 310. 異なる材料として樹脂と金属を使用する場合は、接着剤を使用して接着することが可能であるが、この場合も接着剤の種類や量、接着しろ長さなどを設定することで、最適なループ構造解除部位310を作製することが可能となる。 When using the resin and the metal as different materials, it is possible to bond using an adhesive, by setting this kind and amount of even glue, etc. length white adhesive, optimum it is possible to manufacture the loop structure release site 310. 前述した樹脂同士、金属同士の場合にも、このように接着剤を使用して接着することが可能である。 Aforementioned resin together, even if between metals, it is possible to bond using such an adhesive.

また、医療装置301は第二軸303上にブレード311を備えており、通常のバルーンカテーテルによって拡張不良が生じた病変で使用し、拡張不良を解消する機能を有している。 The medical device 301 has a function has a blade 311 on the second shaft 303, which is used in the lesions extended defects caused by a normal balloon catheter, to eliminate the extended defects. ブレード311はどのような材質で構成されていても構わないが、病変部への拡張効果、及び製造方法の容易さの観点からステンレス鋼で構成されていることが好ましい。 Although the blade 311 may be composed of any material, widening effect of the lesion, and it is preferably composed of the viewpoint of ease of production process of stainless steel. ブレードの枚数、位置、長さ等も特に限定されず、病変部の拡張性の観点からブレードは複数存在することが好ましく、3枚以上のブレードが半径方向に均等に配置されていることがさらに好ましい。 Number of blades, the position, length, etc. is not particularly limited, scalability aspect from the blade of the lesion is preferably there are a plurality of further be three or more blades are evenly arranged radially preferable. 第二軸303上のブレード311とその他の部分との接合方法は特に限定されず、当業者に周知の方法(溶着、接着など)により接合される。 Method of joining the blade 311 and the other part on the second shaft 303 is not particularly limited, is joined by methods well known to those skilled in the art (welding, bonding, etc.). また、ブレード311近傍の第二軸303は、ブレード311が病変部に深く入り過ぎないように、または、医療装置301を体腔内で移動させる際に正常な内壁を傷つけないように、保護材としての役割を有していてもよい。 The second shaft 303 of the blade 311 near, as the blade 311 is not too enters deeply into the lesion, or a medical device 301 so as not to damage the normal inner wall when moving within the body cavity, as a protective material it may have a role. この場合、ブレード311近傍の第二軸303は軟らかい樹脂のシートから作製されることが好ましく、さらに好ましくはショア硬度が35D以下の樹脂から作製される。 In this case, it is preferable to be made from a sheet of the second shaft 303 is soft resin blade 311 near, more preferably shore hardness is produced from the following resins 35D.

このようなブレード311を有する医療装置301の場合、ループ構造解除部位310はブレード311より遠位側(または、医療装置301を体腔から抜き取る方向の後方側)に存在することが好ましい。 For medical device 301 having such a blade 311, a loop structure release site 310 distal to the blade 311 (or the medical device 301 the direction of the rear side withdrawing from the body cavity) are preferably present in the. この構造により、ループ構造解除後、ブレード311が何かに引っかかることなく体内から抜去することが可能となる。 This structure, after release loop structure, the blade 311 is made can be removed from the body without being caught on something. さらに、ブレード311の近位側により硬い樹脂や金属を使用することで、ループ構造が解除された後、第二軸303上の他の部分が切断され、第二軸303の一部またはブレード311が体内に残留することを防止することが可能となる。 In addition, the use of hard resin or a metal to the proximal side of the blade 311, after the loop structure is released, other parts of the second shaft 303 is disconnected, some or blade of the second shaft 303 311 There it is possible to prevent the remaining in the body. ループ構造解除部位310は、ブレード311と第二軸303の接合部分に存在しても構わない。 Loop structure release site 310, may be present in the joint portion of the blade 311 and the second shaft 303. ただし、ブレード311より遠位側に樹脂部分を有し、その樹脂部分にループ構造解除部位310を設けることにより、ループ構造解除後、より安全に体内から抜去することが可能となる。 However, a resin portion distal to the blade 311, by providing a loop structure release site 310 in the resin portion after release loop structure, the more safely can be withdrawn from the body.

医療装置301は、第一軸302上に第一軸X線不透過部分305Aを有しているが、第一軸X線不透過部分305Aをブレード311の両端の位置と合わせることにより、X線透視下においてより正確に治療を実施することが可能となる。 The medical device 301 has the first axis X-ray opaque portion 305A on the first shaft 302, by matching the first axis X-ray opaque portion 305A and the position of the ends of the blades 311, X-ray it is possible to carry out more accurate treatment under fluoroscopy.

4. 4. 第4実施形態 本発明に係る体腔挿入用医療装置の別の一実施様態(第4実施形態)の先端部を図8〜10に示す。 The distal end portion of another to one embodiment of the body cavity insertion medical device according to a fourth embodiment the present invention (fourth embodiment) shown in Figures 8-10. 医療装置401は図6〜7に示した医療装置301と同様に、第一軸402、第二軸403、拡張手段としてのバルーン404、X線不透過部分405(405A)、拡張ルーメン406、ガイドワイヤールーメン407、ブレード411を備えているカテーテルである。 Like the medical device 301 medical device 401 shown in FIG. 6-7, the first shaft 402, second shaft 403, balloon 404 as expansion means, X-rays opaque portion 405 (405A), inflation lumen 406, guide wire lumen 407, a catheter is provided with a blade 411. 第一軸402は第二軸403を除いた、バルーン404、拡張ルーメン406、ガイドワイヤールーメン407を含むカテーテル本体のことであり、第一軸402と第二軸403が、第二軸遠位部408及び第二軸近位部409でそれぞれ接合されている。 The first shaft 402 except for the second shaft 403, balloon 404, inflation lumen 406 is that of the catheter body, including a guide wire lumen 407, a first shaft 402 a second shaft 403, the second shaft distal portion They are joined respectively 408 and second shaft proximal portion 409.

図8はバルーン404が収縮した状態であり、図9は図8を第二軸403側から見た図である。 Figure 8 is a state in which the balloon 404 is deflated, FIG. 9 is a view of the FIG. 8 from the second shaft 403 side. 図10はループ構造がループ構造解除部位410で解除された状態である。 Figure 10 is a state where the loop structure is released by the loop structure releasing site 410. 医療装置401のループ構造解除部位410は、第2実施形態と同様に、第二軸遠位部409近傍に存在することで、安全に抜去することが可能となる。 Loop structure release site 410 of the medical device 401, as in the second embodiment, the presence in the vicinity of the second shaft distal portion 409, it is possible to safely removed. さらに、医療装置401は、第二軸403の遠位部近傍における断面積が、遠位部に近づくに従って徐々に大きくなっている。 Furthermore, the medical device 401, the cross-sectional area at the distal portion near the second shaft 403 gradually increases toward the distal portion. この構造により、ループ構造解除部位410に応力を集中させることができ、正確にループ構造解除部位401でループを解除することが可能となる。 This structure can be concentrated stress in the loop structure release site 410, it is possible to release the loop at exactly loop structure release site 401. 特に後述する実施形態(第7実施形態)のような構造で、ループ構造解除部位における意図した接合強度が確保できない場合(第二軸遠位部における樹脂が非常に軟らかい場合など)、本実施形態のような構造とすることで、ループ構造解除部位の接合強度を向上させることが可能となり、より安全に医療装置を使用することが可能となる。 Particularly in structures such as the embodiment described below (the seventh embodiment), (such as when the resin in the second shaft distal portion is extremely soft) if the intended bonding strength in the loop structure releasing site can not be secured, the present embodiment with structures like, it is possible to improve the bonding strength of the loop structure release site, it is possible to more safely use the medical device.

5. 5. 第5実施形態 本発明に係る体腔挿入用医療装置の別の一実施様態(第5実施形態)の先端部を図11〜12に示す。 The distal end portion of another to one embodiment of the body cavity insertion medical device according to a fifth embodiment the present invention (fifth embodiment) shown in FIG. 11-12. 医療装置501は図1〜3に示した医療装置101と同様に、第一軸502、第二軸503、拡張手段としてのバルーン504、X線不透過部分505(505A、505B)、拡張ルーメン506、ガイドワイヤールーメン507を備えているカテーテルである。 Like the medical device 101 medical device 501 shown in FIGS. 1-3, the first shaft 502, second shaft 503, balloon 504 as expansion means, X-rays opaque portions 505 (505A, 505B), inflation lumen 506 a catheter and a guide wire lumen 507. 第一軸502は第二軸503を除いた、バルーン504、拡張ルーメン506、ガイドワイヤールーメン507を含むカテーテル本体のことであり、第一軸502と第二軸503が、第二軸遠位部508及び第二軸近位部509でそれぞれ接合されている。 The first shaft 502 except for the second shaft 503, balloon 504, inflation lumen 506 is that of the catheter body, including a guide wire lumen 507, a first shaft 502 a second shaft 503, the second shaft distal portion They are joined respectively 508 and second shaft proximal portion 509.

図11はバルーン504が収縮した状態、図12はループ構造がループ構造解除部位510で解除された状態である。 Figure 11 is a state in which the balloon 504 is deflated, and FIG. 12 is a state where the loop structure is released by the loop structure releasing site 510. 医療装置501のループ構造解除部位510は、第2実施形態と同様に、第二軸遠位部509近傍に存在することで、安全に抜去することが可能となる。 Loop structure release site 510 of medical device 501, as in the second embodiment, the presence in the vicinity of the second shaft distal portion 509, it is possible to safely removed.

医療装置501は第二軸503上に第二軸X線不透過部分505Bを有する。 The medical device 501 has a second axis X-ray opaque portion 505B on the second shaft 503. この構造により、ループ構造部分の状態をX線透視下で確認することが可能となり、ループ構造部分の異常を検出でき、医療装置501をより安全に使用することが可能となる。 This structure makes it possible to check the condition of the loop structure portion under X-ray fluoroscopy, can detect the abnormality of the loop structure portion, it is possible to more safely use the medical device 501. 医療装置501はバルーン504を有するカテーテルであり、通常体内でバルーン504を拡張する際には造影剤を含む流体を拡張液として使用し、拡張ルーメン506を通じてバルーンに拡張液を注入する。 The medical device 501 is a catheter having a balloon 504, in extending the balloon 504 in the normal body uses a fluid containing a contrast agent as an extended solution, injecting the expanding fluid into the balloon through the inflation lumen 506. そのため、第二軸503上に第二軸X線不透過部分505Bを有することでバルーン504と第二軸503との位置関係を確認することができ、ループ構造部分の状態をX線透視下で確認することが可能となる。 Therefore, the balloon 504 by having a second axis X-ray opaque portion 505B on the second shaft 503 can confirm the positional relationship between the second shaft 503, the state of the loop structure portion under X-ray fluoroscopy it is possible to confirm.

また、医療装置が非常に蛇行した体腔や非常に細い体腔に挿入された場合、体内へ挿入した医療装置を操作する際に大きな抵抗を示すことがある。 Moreover, if the medical device is inserted in a very tortuous body cavities and very thin cavity may show a large resistance when operating the medical device inserted into the body. この場合、ループ構造部分に引っかかりが生じても、術者が気づかない可能性があるため、ループ構造が解除されたことがX線透視下で確認可能であることが好ましい。 In this case, even when caught by the loop structure portion, since the operator may not notice it can preferably be confirmed by the under X-ray fluoroscopy a loop structure is released. X線透視下で確認する方法は特に限定しないが、第二軸503のループ構造解除部位511の遠位側と近位側にそれぞれ第二軸X線不透過部分505Bが存在することが好ましい。 How to check under X-ray fluoroscopy is not particularly limited, it is preferable that each of the second axis X-ray opaque portion 505B on the distal side and proximal side of the loop structure releasing portion 511 of the second axis 503 is present. さらに、ループ構造が解除される前は、遠位側と近位側のそれぞれの第二軸X線不透過部分505Bは隣接していることがより好ましい。 Further, before the loop structure is released, each of the second axis X-ray opaque portion 505B of the distal and proximal is more preferably adjacent. 言い換えると、第二軸X線不透過部分は、ループ構造の解除にともなって当該解除部位において2つに分離することが好ましい。 In other words, the second axis X-ray opaque portion is preferably with the release of the loop structure is separated into two in the release site. この構造により、ループ構造が解除された際に、第二軸X線不透過部分505BがX線透視下で2つに分離し、より確実にループ構造が解除されたことが確認できる。 This structure, when the loop structure is released, the second axis X-ray opaque portion 505B is separated into two under X-ray fluoroscopy, it can be confirmed that more reliably loop structure is released. また、非常に細い体腔内に医療装置が挿入された場合、ループ構造が解除されて生じる第二軸の変化が微小であり、X線透視下でループ構造が解除されたことを確認しにくい場合がある。 Moreover, if the medical device is inserted into very narrow body cavity, the change of the second axis loop structure results is released is very small, if it is difficult to confirm that the loop structure is released under X-ray fluoroscopy there is. そのため、ループ構造が解除された後、第二軸X線不透過部分の少なくとも一部が、医療装置の軸方向に移動することがさらに好ましい。 Therefore, after the loop structure is released, at least part of the second axis X-ray opaque portion, it is more preferable to move in the axial direction of the medical device. この構造により、分離した第二軸X線不透過部分505B間の間隔が広がり、より確実にループ構造が解除されたことがX線透視下で確認できる。 This structure, the distance between the second axis X-ray opaque portion 505B separated spreads, more reliably loop structure that is released can be confirmed under X-ray fluoroscopy. 第二軸X線不透過部分505Bを移動させる方法は特に限定されない。 Method of moving the second axis X-ray opaque portion 505B is not particularly limited. 例えば、第二軸503の少なくとも一部に弾性材料を使用し、その弾性材料が医療装置501の軸方向に常に引き伸ばされた状態とすることで、ループ構造が解除された際に、弾性材料が引き伸ばされる元の状態に戻り、分離した第二軸X線不透過部分505B間の間隔を広げることが可能となる。 For example, by using an elastic material to at least a portion of the second shaft 503, that the elastic material is always stretched in the axial direction of the medical device 501, when the loop structure is released, the elastic material returns to the original state to be stretched, it is possible to increase the distance between the second axis X-ray opaque portion 505B separated.

6. 6. 第6実施形態 本発明に係る体腔挿入用医療装置の別の一実施様態(第6実施形態)の先端部を図13〜14に示す。 The distal end portion of another to one embodiment of the body cavity insertion medical device according to a sixth embodiment the present invention (sixth embodiment) shown in FIG. 13-14. 医療装置601は図6〜7に示した医療装置301と同様に、第一軸602、第二軸603、拡張手段としてのバルーン604、X線不透過部分605(605A、605B)、拡張ルーメン606、ガイドワイヤールーメン607、ブレード611を備えているカテーテルである。 Like the medical device 301 medical apparatus 601 shown in FIG. 6-7, the first shaft 602, second shaft 603, balloon 604 as expansion means, X-rays opaque portions 605 (605A, 605B), inflation lumen 606 the guide wire lumen 607, a catheter is provided with a blade 611. 第一軸602は第二軸603を除いた、バルーン604、拡張ルーメン606、ガイドワイヤールーメン607を含むカテーテル本体のことであり、第一軸602と第二軸603が、第二軸遠位部608及び第二軸近位部609でそれぞれ接合されている。 The first shaft 602 except for the second shaft 603, balloon 604, inflation lumen 606 is that of the catheter body, including a guide wire lumen 607, first shaft 602 and second shaft 603, second shaft distal portion They are joined respectively 608 and second shaft proximal portion 609.

図13はバルーン604が収縮した状態、図14はループ構造がループ構造解除部位610で解除された状態である。 Figure 13 is a state in which the balloon 604 is deflated, and FIG. 14 is a state where the loop structure is released by the loop structure releasing site 610. 医療装置601のループ構造解除部位610は、第二軸遠位部609に存在する。 Loop structure release site 610 of the medical device 601 is present in the second shaft distal portion 609. この構造により、ループ構造が解除されて医療装置601を体内から抜去する際に、第二軸603が何かに引っかかることなく、さらに安全に抜去することが可能となる。 This structure, when withdrawing the medical device 601 loop structure is released from the body without the second shaft 603 is caught on something, it is possible to more securely removed. なお、ここで言う「遠位部」とは、第2実施形態に上述したように、第二軸の第一軸と接合されている遠位側の端部に対応する。 Here, the "distal portion", as described above in the second embodiment, corresponding to the end portion of the distal side is joined to the first axis of the second shaft. また、医療装置601は医療装置501と同様に、第二軸603上に第二軸X線不透過部分605Bを有する。 The medical device 601, like the medical device 501, having a second axis X-ray opaque portion 605B on the second shaft 603. この構造により、ループ構造部分の状態をX線透視下で確認することが可能となり、ループ構造部分の異常を検出でき、医療装置601をより安全に使用することが可能となる。 This structure makes it possible to check the condition of the loop structure portion under X-ray fluoroscopy, can detect the abnormality of the loop structure portion, it is possible to more safely use the medical device 601.

医療装置601は、第一軸602の第二軸遠位部608と接合している部分にも第一軸X線不透過部分605Aを有しており、この構造により、第二軸遠位部608でループ構造が解除されたことを、より確実にX線透視下で確認することが可能となる。 The medical device 601 also part bonded to the second shaft distal portion 608 of the first shaft 602 has a first axis X-ray opaque portion 605A, this structure, the second shaft distal portion that loop structure is released by 608, it is possible to confirm under more reliably X-ray fluoroscopy.

また、第二軸603の一部に弾性材料を使用している場合、ループ構造部分に引っかかりが生じても、弾性材料が抵抗無く伸びると術者が引っかかりに気が付かない可能性がある。 Also, when using an elastic material to a portion of the second shaft 603, even when caught by the loop structure portion, there is a possibility that the elastic material does not notice to the operator is caught when extended without resistance. この場合、第二軸X線不透過部分605Bが、弾性材料を使用している部分の少なくとも一部であることが好ましく、弾性材料の全長にわたって存在することがより好ましい。 In this case, the second axis X-ray opaque portion 605B is preferably at least part of a portion using an elastic material, it is more preferably present over the entire length of an elastic material. これらの構造により、術者の手元で引っかかりを確認できなくても、X線透視下でループ構造部分の引っかかりを確認することができ、より安全に治療を実施することが可能となる。 These structures, even not confirm caught at hand of the operator, can see the caught loop structure portion under X-ray fluoroscopy, it is possible to carry out more safely treated.

7. 7. 第7実施形態 本発明に係る体腔挿入用医療装置の別の一実施様態(第7実施形態)の先端部を図15〜18に示す。 The distal end portion of another to one embodiment of the body cavity insertion medical device according to a seventh embodiment the present invention (seventh embodiment) shown in FIG. 15-18. 医療装置701は図6〜7に示した医療装置301と同様に、第一軸702、第二軸703、拡張手段としてのバルーン704、X線不透過部分705(705A、705B)、拡張ルーメン706、ガイドワイヤールーメン707、ブレード711を備えているカテーテルである。 Like the medical device 301 medical device 701 shown in FIG. 6-7, the first shaft 702, second shaft 703, balloon 704 as expansion means, X-rays opaque portions 705 (705A, 705B), inflation lumen 706 the guide wire lumen 707, a catheter is provided with a blade 711. 第一軸702は第二軸703を除いた、バルーン704、拡張ルーメン706、ガイドワイヤールーメン707を含むカテーテル本体のことであり、第一軸702と第二軸703が、第二軸遠位部708及び第二軸近位部709でそれぞれ接合されている。 The first shaft 702 except for the second shaft 703, balloon 704, inflation lumen 706 is that of the catheter body, including a guide wire lumen 707, first shaft 702 and second shaft 703, second shaft distal portion They are joined respectively 708 and second shaft proximal portion 709.

図15および16はバルーン704が収縮した状態、図17および18はループ構造がループ構造解除部位710で解除された状態である。 15 and 16 state that the balloon 704 is deflated, 17 and 18 shows a state in which loop structure is released by the loop structure releasing site 710. 医療装置701のループ構造解除部位710は、第6実施形態と同様に第二軸遠位部709に存在することで、さらに安全に抜去することが可能となる。 Loop structure release site 710 of medical device 701, the presence to the second shaft distal portion 709 as in the sixth embodiment, it is possible to more securely removed. また、医療装置701は医療装置601と同様に、第二軸703上に第二軸X線不透過部分705B、第一軸702の第二軸遠位部708と接合している部分に第一軸X線不透過部分705Aを有する。 The medical device 701, like the medical device 601, the first to the second axis X-ray opaque portion 705B, the portion bonded to the second shaft distal portion 708 of the first shaft 702 on the second shaft 703 having an axis X-ray opaque portion 705A. この構造により、ループ構造部分の状態をX線透視下で確認することが可能となり、ループ構造部分の異常を検出でき、医療装置701をより安全に使用することが可能となる。 This structure makes it possible to check the condition of the loop structure portion under X-ray fluoroscopy, can detect the abnormality of the loop structure portion, it is possible to more safely use the medical device 701.

医療装置701は、ループ構造解除部位710において隣接する第一軸702と第二軸703の断面積が異なっている(図16、17参照)。 The medical device 701 is different from the cross-sectional area of ​​the first shaft 702 and second shaft 703 adjacent the loop structure release site 710 (see FIGS. 16 and 17). この構造により、ループ構造に引っかかりが発生した際、第二軸遠位部708に応力が集中し、確実に第二軸遠位部708でループ構造が解除されることが可能となる。 This structure, when caught in the loop structure occurs, stress is concentrated to the second shaft distal portion 708 reliably it becomes possible loop structure is released by the second shaft distal portion 708. 第二軸703のブレード711の遠位側部分における断面積は第二軸遠位部708までほぼ一定であり、第二軸703の第二軸遠位部708における断面積と、第二軸遠位部708と隣接する第一軸702における断面積が極端に異なることがさらに好ましい。 Cross-sectional area at the distal end portion of the blade 711 of the second shaft 703 is substantially constant to the second shaft distal portion 708, the cross-sectional area of ​​the second shaft distal portion 708 of the second shaft 703, the distal second axis sectional area of ​​the first shaft 702 adjacent to the position 708 is extremely different and more preferred. この構造により、より確実に第二軸遠位部708でループ構造が解除されることが可能となる。 This structure makes it possible to loop structure is released by the second shaft distal portion 708 more securely.

第二軸遠位部708における第一軸702と第二軸703との接合方法は特に限定されないことは前述の通りである。 A first shaft 702 of the second shaft distal portion 708 joining method of the second shaft 703 is not particularly limited as described above. ただし、接着剤を使用する場合、接着剤は流動性を有しているため、接着剤が硬化する前に流れてしまい、極端な断面積の変化を生じさせるためにやや製造上の困難を伴うことがある。 However, accompanied if an adhesive is used, since the adhesive has fluidity, will flow before the adhesive is cured, slightly to cause a change in the extreme cross-sectional area of ​​the production difficulties Sometimes. よって、このような断面積の極端な変化による応力集中により、ループ構造解除部位710の位置を設定する場合には、樹脂同士を溶着することが好ましい。 Therefore, the stress concentration due to extreme changes of such cross-sectional area, to set the position of the loop structure release site 710, it is preferable to weld the resin together. 樹脂同士の溶着を使用する場合にも、溶着時に樹脂が過剰に流れないように、形状付けされた芯材を使用して溶着するか、形状付けされた金型を使用して一体成形することがさらに好ましい。 Even when using welding between the resins, so that the resin is not excessively flows during welding, or welding using a shape-ordered core, it is integrally molded using a shape-ordered mold but more preferable.

8. 8. 第8実施形態 これまで第二軸を拡張する手段としてのバルーンを有するカテーテルについて説明してきたが、本発明に係る医療装置における拡張手段はこれに限定されるものではない。 Having described a catheter having a balloon as the eighth embodiment heretofore means for expanding the second shaft, expanding means in the medical device according to the present invention is not limited thereto. 本発明に係る体腔挿入用医療装置の別の一実施様態(第8実施形態)の先端部を図19〜22に示す。 The distal end portion of another to one embodiment of the body cavity insertion medical device according to the present invention (eighth embodiment) shown in FIG. 19-22. 医療装置801は、第一軸802、第二軸803、X線不透過部分805(805A、805B)、センサー部分812を有している。 The medical device 801 includes a first shaft 802, second shaft 803, X-ray opaque portion 805 (805A, 805B), and a sensor portion 812. 図19はループ構造部分が拡張した状態、図20及び図21はループ構造部分が収縮した状態、図22はループ構造解除部位810でループ構造が解除された状態であり、第一軸802と第二軸803が、第二軸遠位部808及び第二軸近位部809でそれぞれ接合されている。 Figure 19 is a state where the loop structure portion is expanded, 20 and 21 state that the loop structure portion is contracted, Figure 22 is a state where the loop structure is released by the loop structure releasing site 810, the first shaft 802 a biaxial 803 is joined respectively second shaft distal portion 808 and a second shaft proximal portion 809. 医療装置801のループ構造部分の拡張手段及び収縮手段は特に限定されない。 Expansion means and contraction means of the loop structure portion of the medical device 801 is not particularly limited. 例えば、図19及び図20に示すように、第一軸802と第二軸803の第二軸近位部809が医療装置801本体に対して相対的に移動可能となっていることで、第二軸近位部809を移動させてループ構造部分を拡張、収縮する手段を有していてもよい。 For example, as shown in FIGS. 19 and 20, that the second shaft proximal portion 809 of the first shaft 802 and second shaft 803 is relatively movable with respect to the medical device 801 main body, the moving the biaxial proximal portion 809 extends loop structure portion may have a means for contracting. 第二軸近位部809を移動させる手段は特に問わないが、例えば第二軸近位部809に接合された移動要素813が医療装置801の手元端まで伸びており、その移動要素813を術者が操作することでループ構造部分の拡張、収縮することができる構造となっていてもよい。 Means is not particularly limited for moving the second shaft proximal portion 809, for example, moving elements 813 joined to the second shaft proximal portion 809 extends to the proximal end of the medical device 801, the operator and the moving element 813 who extended the loop structure portion by operating, may be a structure capable of contracting. 移動要素813は、例えば医療装置801本体の外側に被せられ、医療装置801本体に対して相対的に移動可能なチューブから構成されることが可能である。 Moving element 813, for example, overlaid on the outside of the medical device 801 main body, it can be composed of relatively movable tube against the medical device 801 main body. このチューブの遠位端は近位側接合部809と接合され、近位端は医療装置801の手元端まで伸びていることで、ループ構造を拡張、収縮させることが可能となる。 The distal end of the tube is joined to the proximal side bonding portion 809, the proximal end that extends to the proximal end of the medical device 801, expands the loop structure, it is possible to shrink. 移動要素813の別の例としては、近位側接合部809と接合された金属ワイヤーを使用することも可能である。 As another example of the moving element 813, it is also possible to use a metal wire which is joined to the proximal side bonding portion 809. この金属ワイヤーは、医療装置801本体の外側、または内側を通って手元端まで伸びていることで、ループ構造を拡張、収縮させることが可能となる。 The metal wire, by extending to the proximal end through the outer of the medical device 801 main body or the inner, extended loop structure, it is possible to shrink.

また、第二軸803が超弾性金属、または形状記憶金属からなり、ループ構造部分が拡張した状態に形状付けされていてもよい。 The second shaft 803 is made of super elastic metal or shape memory metal, the loop structure portion may be shaped with the expanded state. この場合、図21に示すように、医療装置801を体内に挿入する際、及び医療装置801を体内から抜去する際に、シース814を被せてループ構造部分を収縮状態にすることも可能である。 In this case, as shown in FIG. 21, when inserting the medical device 801 into the body, and when withdrawing the medical device 801 from the body, it is possible to make the loop structure portion in the contracted state covered with a sheath 814 . これらの拡張手段を有する医療装置801の第二軸803には、図19〜22に示すように、体腔内の温度や圧力を計測するセンサー部分812を有していてもよいし、血栓を捕捉するためのフィルター(図示せず)を有していてもよい。 The second shaft 803 of medical device 801 having these expansion means, as shown in FIG. 19 to 22, may have a sensor portion 812 for measuring the temperature and pressure in the body cavity, capturing the thrombus filter (not shown) may have to. センサー部分812およびフィルターは、当業者に周知の部材を採用すればよい。 Sensor portion 812 and filters, may be employed well-known members to those skilled in the art.

医療装置801に備えられたこれらの機能を発現するためには、ループ構造部分の拡張状態をX線透視下で確認できることが好ましい。 To express these functions provided in the medical device 801 is preferably capable of confirming the expanded state of the loop structure portion under X-ray fluoroscopy. 第二軸803が超弾性金属などで形成されている場合には、第二軸803に白金コイルを巻きつける、X線不透過物質を練りこんだ樹脂で覆うなどの方法により、第二軸X線不透過部分805Bを形成することが可能である。 When the second shaft 803 is formed in such a superelastic metal, wound platinum coil into the second shaft 803, by a method such as covering by X-ray resin kneaded with opaque material, the second axis X it is possible to form a line opaque portion 805B.

また、第二軸803の近位側部分に超弾性金属などを使用し、遠位側部分、特に第二軸遠位部808に、X線不透過物質を練りこんだ弾性材料の樹脂を使用して第二軸X線不透過部分805Bを形成することで、ループ構造部分のX線透視下における視認性、及び医療装置801の先端部における柔軟性を向上させることが可能となる。 Further, using, for example, super-elastic metal in the proximal portion of the second shaft 803, the distal portion, in particular the second shaft distal portion 808, a resin of an elastic material kneaded with X-ray opaque material to be to form a second axis X-ray opaque portion 805B, visibility under X-ray fluoroscopy a loop structure portion, and it becomes possible to improve the flexibility at the tip of the medical device 801. さらに、図22に示すように、ループ構造部分にステント等が引っかかった際に、ループ構造解除部位810を第二軸803の遠位側に存在する樹脂部分に有することにより、より安全に治療を実施することが可能となる。 Furthermore, as shown in FIG. 22, when the stent or the like is caught in the loop structure portion, by having a loop structure release site 810 to the resin portion present on the distal side of the second shaft 803, a safer treatment it is possible to carry out. このループ構造解除部位810は、医療装置を体内から抜去する際の安全性の観点から、第二軸遠位部808近傍であることが好ましいことは前述のとおりである。 The loop structure release site 810, from the viewpoint of safety when withdrawing the medical device from the body, it is preferably a second shaft distal portion 808 near are as described above.

以下に本発明に係る医療装置について、バルーンを有するカテーテルの先端部を使用した実施例と比較例について詳説するが、以下の実施例は本発明を何ら限定するものではない。 The medical device according to the present invention will now will be described in detail examples and comparative examples using the tip of a catheter having a balloon, the following examples are not intended to limit the present invention.

実施例1では、解除部位は特に固定していない。 In Example 1, the release site is not particularly fixed. 実施例2では、解除部位として、第二軸遠位部近傍に断面積が小さい部分を有する。 In Example 2, as a release site, it has a portion the cross-sectional area to the second shaft distal portion vicinity is small. 実施例3では、解除部位として、第二軸遠位部近傍に樹脂溶着部を有する。 In Example 3, as a release site, having a resin weld portion to the second shaft distal portion vicinity. 実施例4では、解除部位として、第二軸遠位部に断面積が極端に変化する部分を有する。 In Example 4, as a release site has extension part of the second shaft distal portion greatly differs. 実施例5では、解除部位として、第二軸遠位部近傍に断面積が変化する部分を有し、第二軸遠位部近傍に第二軸X線不透過部分を有する。 In Example 5, as a release site has extension part of the second shaft distal portion vicinity is changed, having a second axis X-ray opaque portion to the second shaft distal portion vicinity. 実施例6では、解除部位として、第二軸遠位部に断面積が極端に変化する部分を有し、第二軸全長に第二軸X線不透過部分を有する。 In Example 6, a release site, the cross-sectional area to the second shaft distal portion has a portion that varies extremely, having a second axis X-ray opaque portion to the second axial length. 比較例1では、解除部位を有さない。 In Comparative Example 1, no release site.

(実施例1) (Example 1)
SUS440製で、厚さが0.1mm、高さが0.3mm、長さが10mmのブレードを使用した。 Made SUS440, thickness of 0.1 mm, is 0.3mm height, length using 10mm blade. ブレードの両端の支持部分として、遠位側支持部分は内径0.30mm、外径0.45mmのポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度40D)を、近位側支持部分は内径0.30mm、外径0.55mmのポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度72D)を使用した。 As blade support portion at both ends of the distal side supporting portion inner diameter 0.30 mm, the polyamide elastomer tube outer diameter 0.45 mm (shore hardness 40D), proximal support portion inner diameter 0.30 mm, outer diameter 0 using .55mm polyamide elastomer tube (Shore hardness 72D). ブレードの両端1mmずつをそれぞれの支持部分に差し込み、接着剤で固定して、ブレードと各支持部分からなるブレード構造体(「第二軸」の概念に含まれる)を作製した。 Plug each blade ends 1mm of the respective support portions, and fixed by adhesive to produce a blade structure comprising a blade and the support portion (included in the concept of the "second axis").

バルーンは直管部の長手方向長さが12mm、拡張時の外径が3.0mm、近位側のスリーブ内径が0.90mm、遠位側のスリーブ内径が0.60mmであるポリアミドエラストマー製のバルーン(「拡張手段」の概念に含まれる)を使用した(ショア硬度72D)。 The balloon is the longitudinal length of the straight pipe portion 12 mm, the outer diameter during expansion 3.0 mm, the sleeve inner diameter of the proximal side 0.90 mm, the sleeve inner diameter of the distal side is made of a polyamide elastomer is 0.60mm using a balloon (included in the concept of "expansion means") (Shore hardness 72D). アウターチューブは内径0.71mm、外径0.88mm、長さ1300mmであるポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度72D)を、インナーチューブは内径0.43mm、外径0.56mm、長さ1335mmであるポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度72D)を使用した。 The outer tube inner diameter 0.71 mm, outer diameter 0.88 mm, the polyamide elastomer tube (Shore hardness 72D) is the length 1300 mm, the inner tube inner diameter 0.43 mm, outer diameter 0.56 mm, the polyamide is the length 1335mm elastomeric tube (Shore hardness 72D) was used. アウターチューブの遠位端とバルーンの近位側スリーブを、インナーチューブの遠位端と拡張体の遠位側スリーブをそれぞれ熱溶着により接合して、バルーン、アウターチューブ、インナーチューブからなるカテーテル本体(「第一軸」の概念に含まれる)を作製した。 A distal end and a proximal sleeve of the balloon of the outer tube, and joined respectively by heat welding the distal sleeve and distal end of the inner tube expansion body, balloon, the outer tube, the catheter body of the inner tube ( It was prepared included) in the concept of the "first axis".

ブレード構造体の遠位側支持部分遠位端をバルーンの遠位側スリーブに、近位側支持部分近位端をバルーンの近位側スリーブに、それぞれ接着剤を使用して接着した。 The distal support portion distal end of the blade structure on the distal side sleeve of the balloon, the proximal sleeve of the balloon proximal side supporting portion proximal end, and respectively bonded using an adhesive. アウターチューブの近位端とインナーチューブの近位端を、それぞれポリカーボネート製のハブに接着して、ブレード構造体とカテーテル本体によるループ構造を有するバルーンカテーテルを3本作製した。 A proximal end and a proximal end of the inner tube of the outer tube, each bonded to polycarbonate hub, to prepare three balloon catheter having a loop structure by the blade structure and the catheter body.

(実施例2) (Example 2)
ブレード遠位側支持部分のポリアミドエラストマー製チューブの一部を、熱収縮チューブを使用して断面積を小さくする以外は、実施例1と同様の方法で、ブレード構造体とカテーテル本体によるループ構造を有するバルーンカテーテルを3本作製した。 A portion of the blade distal support portion of the polyamide elastomer tube, except to reduce the cross-sectional area using heat shrinkable tubing, in the same manner as in Example 1, a loop structure by the blade structure and the catheter body to prepare three balloon catheter having.

(実施例3) (Example 3)
内径0.30mm、外径0.45mmのポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度72D)と、内径0.40mm、外径0.55mmのポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度40D)を、1mmずつ重ねて熱溶着により接合した。 Inner diameter 0.30 mm, the polyamide elastomer tube outer diameter 0.45 mm (shore hardness 72D), an inner diameter of 0.40 mm, the polyamide elastomer tube outer diameter 0.55 mm (shore hardness 40D), heat welding overlapped by 1mm It was joined by. この接合したチューブをブレード遠位側支持部分に使用する(72D側をブレード接合部に使用)以外は、実施例1と同様の方法で、ブレード構造体とカテーテル本体によるループ構造を有するバルーンカテーテルを3本作製した。 Except using (using 72D side to the blade joint) for the blade distal support portion the joined tubes, in the same manner as in Example 1, a balloon catheter having a loop structure by the blade structure and the catheter body three were produced.

(実施例4) (Example 4)
内径0.30mm、外径0.55mmのポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度40D)をブレード遠位側支持部分に使用した。 Inner diameter 0.30 mm, was used polyamide elastomer tube outer diameter 0.55 mm (Shore hardness 40D) to the blade distal support portion. このチューブのブレード接着部以外の部分を、断面が長径0.50mm、短径0.30mmの長方形になるように金型を使用して成形した。 The portion other than the blade bonding portion of the tube cross section is molded by using a mold so that the longer diameter 0.50 mm, rectangular minor 0.30 mm. このブレード遠位側支持部分を、内径0.85mm、外径1.00mmのポリアミドエラストマー製土台用チューブ(ショア硬度40D)に1mm重ねて、熱溶着により接合した。 The blade distal side supporting portion, an inner diameter of 0.85 mm, superimposed 1mm polyamide elastomer base tube having an outer diameter of 1.00 mm (shore hardness 40D), they were joined by thermal welding. この際に、第7実施形態に示すように、ブレード遠位側支持部分は土台用チューブとの接合部までその断面積が変化しないように、金型を使用して溶着した。 At this time, as shown in the seventh embodiment, the blade distal support portion such that its cross-sectional area to the junction of the base tube does not change, and welded using a mold. その他は実施例1と同様の方法でブレード構造体を作製し、土台用チューブをバルーンの遠位側スリーブに被せ、接着剤を使用して接着した。 Others produce a blade structure in the same manner as in Example 1, covered with a foundation tube distal sleeve of the balloon, was adhered using an adhesive. その他は、実施例1と同様の方法で、ブレード構造体とカテーテル本体によるループ構造を有するバルーンカテーテルを3本作製した。 Others, in the same manner as in Example 1 to prepare three balloon catheter having a loop structure by the blade structure and the catheter body.

(実施例5) (Example 5)
X線不透過物質である硫酸バリウムを40重量%含んだ、内径0.30mm、外径0.55mmのポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度40D)をブレード遠位側支持部分に使用した。 X-ray containing 40 wt% barium sulphate is opaque material was used inner diameter 0.30 mm, the polyamide elastomer tube outer diameter 0.55 mm (Shore hardness 40D) to the blade distal support portion. このチューブのブレード接着部以外の部分を、断面が長径0.50mm、短径0.30mmの長方形になるように金型を使用して成形した。 The portion other than the blade bonding portion of the tube cross section is molded by using a mold so that the longer diameter 0.50 mm, rectangular minor 0.30 mm. さらに土台用チューブと接合する部分から2mmの部分を、第4実施形態に示すように、断面積が遠位側に向けて徐々に大きくなるように、金型を使用して成形した。 Further portions of 2mm from the portion to be bonded to the base tube, as shown in the fourth embodiment, the cross-sectional area is to be gradually increased toward the distal, were molded using a mold. このブレード遠位側支持部分を、内径0.85mm、外径1.00mmのポリアミドエラストマー製土台用チューブ(ショア硬度40D)に1mm重ねて、熱溶着により接合した。 The blade distal side supporting portion, an inner diameter of 0.85 mm, superimposed 1mm polyamide elastomer base tube having an outer diameter of 1.00 mm (shore hardness 40D), they were joined by thermal welding. その他は実施例1と同様の方法でブレード構造体を作製し、土台用チューブをバルーンの遠位側スリーブに被せ、接着剤を使用して接着した。 Others produce a blade structure in the same manner as in Example 1, covered with a foundation tube distal sleeve of the balloon, was adhered using an adhesive. その他は、実施例1と同様の方法で、ブレード構造体とカテーテル本体によるループ構造を有するバルーンカテーテルを3本作製した。 Others, in the same manner as in Example 1 to prepare three balloon catheter having a loop structure by the blade structure and the catheter body.

(実施例6) (Example 6)
ブレードの遠位側支持部分、近位側支持部分に使用するチューブを、それぞれ、X線不透過物質である硫酸バリウムを40重量%含んだポリアミドエラストマー製チューブ(ショア硬度72D、40D)とした。 Distal support portion of the blade, the tube used for proximal support portion, respectively, and a polyamide elastomer tubes containing barium sulfate is X-ray opaque substance 40 wt% (shore hardness 72D, 40D). 遠位側支持部分用のチューブのブレード接着部以外の部分を、断面が長径0.50mm、短径0.30mmの長方形になるように金型を使用して成形した。 The portion other than the blade bonding portion of the tube for the distal side supporting portion, cross section is molded using a mold so that the longer diameter 0.50 mm, rectangular minor 0.30 mm. このブレード遠位側支持部分を、実施例4と同様の方法で土台用チューブに溶着した。 The blade distal side supporting portion, and welded to the base tube in the same manner as in Example 4. また、厚さ0.30mm、高さ0.15mm、長さ8mmの、X線不透過物質である硫酸バリウムを40重量%含んだポリアミドエラストマー製シート(ショア硬度40D)をブレードの両側に接着した。 The thickness 0.30 mm, height 0.15 mm, a length of 8 mm, was bonded X-ray polyamide elastomeric sheet containing 40 wt% barium sulphate is opaque material (shore hardness 40D) on each side of the blade . その他は実施例1と同様の方法でブレード構造体を作製し、土台用チューブをバルーンの遠位側スリーブに被せ、接着剤を使用して接着した。 Others produce a blade structure in the same manner as in Example 1, covered with a foundation tube distal sleeve of the balloon, was adhered using an adhesive. その他は、実施例1と同様の方法で、ブレード構造体とカテーテル本体によるループ構造を有するバルーンカテーテルを3本作製した。 Others, in the same manner as in Example 1 to prepare three balloon catheter having a loop structure by the blade structure and the catheter body.

(比較例1) (Comparative Example 1)
実施例1のブレード構造体の代わりに、φ0.30mmのステンレス製ワイヤーを使用した(「第二軸」の概念に含まれる)。 Instead of the blade structure of Example 1, (included in the concept of the "second axis") using a stainless steel wire Fai0.30Mm. 実施例1と同様にしてカテーテル本体(「第一軸」の概念に含まれる)を作製し、ワイヤーの遠位端をバルーンの遠位側スリーブに、近位端をバルーンの近位側スリーブに、それぞれ接着剤を使用して接着した。 To produce a catheter body (included in the concept of the "first axis") in the same manner as in Example 1, the distal end to the distal sleeve of the balloon the wire, the proximal end to the proximal sleeve of the balloon They were respectively bonded using an adhesive. アウターチューブの近位端とインナーチューブの近位端を、それぞれポリカーボネート製のハブに接着して、ワイヤーとカテーテル本体によるループ構造を有するバルーンカテーテルを3本作製した。 A proximal end and a proximal end of the inner tube of the outer tube, respectively adhered to polycarbonate hub, to prepare three balloon catheter having a loop structure by the wire and catheter body.

(評価) (Evaluation)
37℃の生理食塩水中のポリエチレン管に配置したステントによる「ループ構造解除評価」、及びX線透視下における仔ブタの腸骨動脈を使用した「視認性評価」の2種類の評価を実施した。 37 "loop structure release evaluation" by saline stent placed in a polyethylene tube of water at ° C., and two types of evaluation of using iliac arteries piglets "Visibility Evaluation" carried out under X-ray fluoroscopy. 実施例1〜6、比較例1でそれぞれ3本作製したバルーンカテーテルのうち、2本をループ構造解除評価に、1本を視認性評価に使用した。 Examples 1-6, of a balloon catheter manufactured three each in Comparative Example 1, the two loop structures release evaluation was used one visibility evaluation.

(ループ構造解除評価) (Loop structure release evaluation)
まず、カテーテルのハブに造影剤(イオパミロン350)50%生理食塩水の入ったインデフレーターを接続して、6atmでバルーンの拡張収縮を3回繰返し、ループ構造部分が破壊しないことを確認した。 First, the hub contrast agent of the catheter by connecting the (Iopamiron 350) containing in-deflator of 50% saline, repeated 3 times expansion deflation of the balloon at 6 atm, it was confirmed that the loop structure portion does not break.

長さ100mm、外径5mm、内径3mmのポリエチレン管の両端に、長さ5mm、外径6mm、内径5mmのシリコン管をそれぞれ被せた。 Length 100 mm, outer diameter 5mm, across a polyethylene tube having an inner diameter of 3 mm, was covered length 5mm, outer diameter 6 mm, a silicon tube having an inner diameter of 5mm respectively. ポリエチレン管の中央付近に約0.5mmの穴をあけ、外径0.3mmのステントを模擬したステンレス棒をポリエチレン管の内側に1.5mm突き出した状態で、ポリエチレン管とステンレス棒を接着剤で接着した。 A hole of about 0.5mm near the center of the polyethylene tube, a stainless steel rod simulating the stent outer diameter 0.3mm while projecting 1.5mm on the inside of the polyethylene pipe, a polyethylene pipe and stainless rod with adhesive adhered to. ステンレス棒のポリエチレン管の内側に突き出た部分を、ポリエチレン管の終端側にチューブのない表面から約30°曲げた状態とした。 Inside the protruding part of the polyethylene tubing stainless rod was flexed approximately 30 ° from the surface without the tube at the end side of the polyethylene pipe.

37℃の生理食塩水を満たした水槽中に、血管を模擬した直線状の溝(内径6mm)の入ったプレートを配置した。 In a water bath filled with 37 ° C. saline was placed containing the plates of the vessel to simulate the linear grooves (inner diameter 6 mm). この溝にポリエチレン管とシリコン管を配置し、ポリエチレン管の近位端にガイディングカテーテル(6Fr)の先端がくるように配置した。 The polyethylene tube and the silicon tube is placed into the groove, and disposed so that the tip of the guiding catheter to the proximal end of the polyethylene pipe (6 Fr). ポリエチレン管内部のステンレス棒の曲げた部分に、実施例1〜6、比較例1のバルーンカテーテルのループ構造部分を引っかけた状態で、ポリエチレン管をプレートに配置した。 The bent portions of the polyethylene pipes inside the stainless steel rod, Examples 1-6, in a state of hooking the loop structure portion of the balloon catheter of Comparative Example 1, was placed a polyethylene tube plate.

この状態でカテーテル近位端を手前に引き戻し、ループ構造部分の状態を観察した。 Pullback catheter proximal end to the front in this state, it was observed the state of the loop structure portion. ループ構造が解除され、ポリエチレン管やステンレス棒に異常なくカテーテルを抜去できた場合は○、ループ構造が解除されず、ポリエチレン管やステンレス棒に異常を生じた場合は×として、ループ構造解除性を評価した。 Loop structure is released, ○ If you can removed the abnormality without catheter polyethylene pipes and stainless steel rod, not loop structure is released, as × when caused abnormalities in polyethylene pipe and stainless steel rod, the loop structure release properties evaluated. また、ループ構造が解除された場合、そのままガイディングカテーテル内へ引き込んで、スムーズに引き込めた順番に、○、△、×の3段階で評価し、カテーテル抜去性を評価した。 Also, if the loop structure is released, it is pulled into the guiding catheter, the order in which retracted smoothly, ○, △, and evaluated in three stages of ×, were evaluated catheter removal properties.

(視認性評価) (Visibility evaluation)
仔ブタの腸骨動脈を使用し、X線透視下におけるループ構造部分の視認性について評価した。 Using the iliac arteries piglets were evaluated for visibility of the loop structure portion under X-ray fluoroscopy. 仔ブタの腸骨動脈に挿入したガイドワイヤーに沿わせて、実施例1〜6、比較例1のループ構造を有するバルーンカテーテルを挿入し、X線造影装置(OEC Series 9600、OEC MEDICAL SYSTEMS社)を使用して、仔ブタ体内におけるループ構造の状態の確認度合を評価した。 And along a inserted guide wire iliac arteries piglets, Examples 1-6, by inserting a balloon catheter having a loop structure of Comparative Example 1, X-ray contrast device (OEC Series 9600, OEC MEDICAL SYSTEMS, Inc.) It was used to evaluate the confirmation degree of state of the loop structure in the piglets body.

ブレード構造体(第二軸)とカテーテル本体(第一軸)との遠位側接合部分付近で故意に切断した後、腸骨動脈内までカテーテルのバルーン部分を挿入した。 After cutting intentionally distally junction near portion of the blade structure and the (second axis) and catheter body (first shaft), it was inserted a balloon portion of the catheter to the iliac arteries. カテーテルのハブに造影剤(イオパミロン350)50%生理食塩水の入ったインデフレーターを接続して、バルーンの拡張収縮を3回繰返した。 Catheter hub contrast agent (Iopamiron 350) by connecting the entered in-deflator of 50% saline, was repeated 3 times expansion deflation of the balloon. このときのループ構造の状態の確認度合を、よく確認できる方から順番に○、△、×の3段階で評価し、ループ構造解除時の視認性を評価した。 To confirm the degree of the state of the loop structure of this time, ○ in order from the well can be confirmed, △, was evaluated in three stages of ×, it was evaluated the visibility at the time of the loop structure released.

ループ構造解除評価の結果を表1に示す。 The results of the loop structure release evaluation are shown in Table 1.

表1:ループ構造解除評価 Table 1: loop structure release evaluation


視認性評価の結果を表2に示す。 The results of the visibility evaluation are shown in Table 2.

表2:ループ視認性評価 Table 2: loop visibility evaluation


これ以降は便宜上、カテーテル本体を「第一軸」、ブレード構造体またはワイヤーを「第二軸」と表記する。 Thereafter for convenience, the catheter body "first axis", the blade structure or wires is referred to as "second axis."

実施例1〜6、比較例1の全てのバルーンカテーテルにおいて、最初の拡張操作でループ構造部分が破壊されることはなかった。 In all balloon catheters of Examples 1 to 6 and Comparative Example 1, the loop structure portion was not to be destroyed by the first extension operation.

実施例1については、1本目、2本目ともにループ構造が解除され、ステンレス棒に変形を生じることなく、カテーテルをガイディングカテーテル先端部まで引き戻すことが可能であった。 For Example 1, first run, the loop structure into two eyes both is released, without causing deformation stainless steel rod, it was possible to pull back the catheter to the guiding catheter tip. ただし、1本目は第二軸遠位部近傍で遠位側支持部分の破断によりループ構造解除が生じたのに対して、2本目は遠位側支持部分とブレードの接合部で破断した。 However, for the first run is the loop structure released by rupture of the distal side supporting portion in the second shaft distal vicinity caused, second run was broken at the junction of the distal side supporting portion and the blade. カテーテル抜去性については、ガイディングカテーテルの入口部にバルーンカテーテルを引き込む際に、1本目、2本目ともに第二軸遠位部近傍で第二軸がガイディングカテーテル先端部に引っかかりを生じたが、第二軸の破断等は生じず、ガイディングカテーテル内に完全にカテーテルを抜去可能であった。 The catheter removal property, when pulling the balloon catheter to the inlet portion of the guiding catheter, the first run, the two eyes both but the second axis at a second shaft distal portion near yielded caught by the guiding catheter tip, breakage of the second shaft does not occur, it was possible removed completely catheter guiding catheter. 視認性評価については、第二軸上にX線不透過部分を有しておらず、X線透視下でループ構造の状態を確認できなかった。 The visibility evaluation, does not have the X-ray opaque portion on a second axis, can not confirm the state of the loop structure under X-ray fluoroscopy.

実施例2については、1本目、2本目ともにループ構造が解除され、ステンレス棒に変形を生じることなく、カテーテルをガイディングカテーテル先端部まで引き戻すことが可能であった。 For Example 2, the first run, a loop structure 2 knots both is released, without causing deformation stainless steel rod, it was possible to pull back the catheter to the guiding catheter tip. 解除部位は1本目、2本目ともに第二軸遠位部近傍の断面積を小さくした部分で破断しており、意図した解除部位でループ構造を解除することが可能であった。 Release site is the first run, the two eyes both have been broken at the portion of reduced cross-sectional area of ​​the second shaft distal portion near it was possible to release the loop structure in the intended release sites. カテーテル抜去性については、ガイディングカテーテルの入口部にバルーンカテーテルを引き込む際に、1本目、2本目ともに第二軸遠位部近傍で第二軸がガイディングカテーテル先端部に引っかかりを生じたが、第二軸の破断等は生じず、ガイディングカテーテル内に完全にカテーテルを抜去可能であった。 The catheter removal property, when pulling the balloon catheter to the inlet portion of the guiding catheter, the first run, the two eyes both but the second axis at a second shaft distal portion near yielded caught by the guiding catheter tip, breakage of the second shaft does not occur, it was possible removed completely catheter guiding catheter. 視認性評価については、第二軸上にX線不透過部分を有しておらず、X線透視下でループ構造の状態を確認できなかった。 The visibility evaluation, does not have the X-ray opaque portion on a second axis, can not confirm the state of the loop structure under X-ray fluoroscopy.

実施例3については、ループ構造解除評価、視認性評価ともに実施例2と同様の結果であった。 For Example 3, the loop structure release evaluation was the same results as in Example 2 visibility evaluation both. 解除部位は1本目、2本目ともに第二軸遠位部近傍の樹脂溶着部位であった。 Release site is the first run, was a resin sealing spot of the second shaft distal portion near the two eyes both.

実施例4については、1本目、2本目ともにループ構造が解除され、ステンレス棒に変形を生じることなく、カテーテルをガイディングカテーテル先端部まで引き戻すことが可能であった。 For Example 4, the first run, a loop structure 2 knots both is released, without causing deformation stainless steel rod, it was possible to pull back the catheter to the guiding catheter tip. 解除部位は1本目、2本目ともに第二軸遠位部の第一軸との接合部であり、意図した解除部位でループ構造を解除することが可能であった。 Release site is the first run, the two eyes both a junction between the first axis of the second shaft distal section, it was possible to release the loop structure in the intended release sites. カテーテル抜去性については、1本目、2本目ともにガイディングカテーテル先端部でひっかかりが生じることなく、スムーズにガイディングカテーテル内にカテーテルを抜去可能であった。 The catheter removal property, the first run, without catching occurs in two eyes both the guiding catheter tip, the catheter was capable withdrawn smoothly guiding catheter. 視認性評価については、第二軸上にX線不透過部分を有しておらず、X線透視下でループ構造の状態を確認できなかった。 The visibility evaluation, does not have the X-ray opaque portion on a second axis, can not confirm the state of the loop structure under X-ray fluoroscopy.

実施例5については、1本目、2本目ともにループ構造が解除され、ステンレス棒に変形を生じることなく、カテーテルをガイディングカテーテル先端部まで引き戻すことが可能であった。 For Example 5, the first run, a loop structure 2 knots both is released, without causing deformation stainless steel rod, it was possible to pull back the catheter to the guiding catheter tip. 解除部位は1本目、2本目ともに第二軸遠位部近傍の断面積変化部であり、意図した解除部位でループ構造を解除することが可能であった。 Release site is the first run, the two eyes both the cross-sectional area changing portion of the second shaft distal portion near it was possible to release the loop structure in the intended release sites. カテーテル抜去性については、1本目はガイディングカテーテル先端部でひっかかりが生じることなく、スムーズにガイディングカテーテル内にカテーテルを抜去可能であった。 The catheter removal properties without being caught occurs in one second is guiding catheter tip smoothly was possible removal of the catheter into the guiding catheter. 2本目は第二軸遠位部近傍で第二軸がガイディングカテーテル先端部に引っかかりを生じたが、第二軸の破断等は生じず、ガイディングカテーテル内に完全にカテーテルを抜去可能であった。 2 knots is the second axis in the second shaft distal portion near resulted caught by the guiding catheter tip, breakage of the second shaft does not occur, a fully withdrawn catheter guiding catheter It was. 視認性評価については、X線透視下において、ループ構造が解除されていることが第二軸遠位部近傍の動きより確認された。 The visibility evaluation, under X-ray fluoroscopy, it was confirmed from the motion of the second shaft distal portion near the loop structure is released. ただし第二軸のその他の部分に関しては、どのような状態であるか確認できなかった。 However, with respect to the other portion of the second axis, it could not be confirmed what kind of state.

実施例6については、ループ構造解除評価は実施例4と同様の結果となった。 For Example 6, the loop structure release evaluation was the same results as in Example 4. 視認性評価については、X線透視下において、ループ構造が解除されていることが第二軸遠位部近傍の動きより確認された。 The visibility evaluation, under X-ray fluoroscopy, it was confirmed from the motion of the second shaft distal portion near the loop structure is released. また、第二軸のその他の部分に関しても、バルーンの拡張収縮に伴う第二軸の動きが明確に確認できた。 Also, for other portions of the second axis, the movement of the second axis due to the expansion deflation of the balloon it could be confirmed clearly.

比較例1については、1本目、2本目ともにループ構造が解除されず、ステンレス棒が完全に伸ばされてしまった。 For Comparative Example 1, the first run, not released loop structure 2 knots both stainless rod had been fully extended. この評価系におけるステンレス棒はステントを模擬しているが、通常のステントのストラットよりも外径が大きく、かなり硬いステンレス棒である。 Although stainless rods simulates the stent in this evaluation system, larger outer diameter than conventional stent struts, which is quite hard stainless rod. そのため、ステンレス棒がこのように変形させられるということは、通常のステントは大きく変形させられ破断するか、血管内壁からはずれてしまう可能性が高い。 Therefore, the fact that stainless steel rods are deformed in this way, either a normal stent rupture caused to largely deformed, there is a high possibility that deviates from the vessel inner wall. ループ構造が解除されなかったため、カテーテル抜去性については評価できなかった。 Since loop structure is not released, it could not be evaluated for catheter removal properties. 視認性については、第二軸上にX線不透過部分を有しておらず、X線透視下でループ構造の状態を確認できなかった。 For visibility, it does not have the X-ray opaque portion on a second axis, can not confirm the state of the loop structure under X-ray fluoroscopy.

図1は、本発明に係る医療装置の第1実施様態の拡張状態における側面図である。 Figure 1 is a side view in an expanded state of the first embodiment aspect of a medical device according to the present invention. 図2は、第1実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 2 is a side view in the contracted state of the first embodiment aspect. 図3は、第1実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 3 is a side view of the loop structure released state of the first embodiment aspect. 図4は、第2実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 4 is a side view in the contracted state of the second embodiment aspect. 図5は、第2実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 5 is a side view of the loop structure released state of the second embodiment aspect. 図6は、第3実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 6 is a side view in the contracted state of the third embodiment aspect. 図7は、第3実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 7 is a side view of the loop structure released state in the third embodiment aspect. 図8は、第4実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 8 is a side view in the contracted state of the fourth embodiment aspect. 図9は、第4実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 9 is a side view in the contracted state of the fourth embodiment aspect. 図10は、第4実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 10 is a side view of the loop structure released state in the fourth embodiment aspect. 図11は、第5実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 11 is a side view in the contracted state of the fifth aspect. 図12は、第5実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 12 is a side view of the loop structure release state of the fifth aspect. 図13は、第6実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 13 is a side view in the contracted state of the sixth aspect. 図14は、第6実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 14 is a side view of the loop structure release state of the sixth aspect. 図15は、第7実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 15 is a side view in the contracted state of the seventh aspect. 図16は、第7実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 16 is a side view in the contracted state of the seventh aspect. 図17は、第7実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 17 is a side view of the loop structure release state of the seventh aspect. 図18は、第7実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 18 is a side view of the loop structure release state of the seventh aspect. 図19は、第8実施様態の拡張状態における側面図である。 Figure 19 is a side view of the expanded state of the eighth aspect. 図20は、第8実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 20 is a side view in the contracted state of the eighth aspect. 図21は、第8実施様態の収縮状態における側面図である。 Figure 21 is a side view in the contracted state of the eighth aspect. 図22は、第8実施様態のループ構造解除状態における側面図である。 Figure 22 is a side view of the loop structure release state of the eighth aspect.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101 医療装置 102 第一軸 103 第二軸 104 バルーン 105 X線不透過部分 105A 第一軸X線不透過部分 106 拡張ルーメン 107 ガイドワイヤールーメン 108 第二軸遠位部 109 第二軸近位部 110 ループ構造解除部位 201 医療装置 202 第一軸 203 第二軸 204 バルーン 205 X線不透過部分 205A 第一軸X線不透過部分 206 拡張ルーメン 207 ガイドワイヤールーメン 208 第二軸遠位部 209 第二軸近位部 210 ループ構造解除部位 301 医療装置 302 第一軸 303 第二軸 304 バルーン 305 X線不透過部分 305A 第一軸X線不透過部分 306 拡張ルーメン 307 ガイドワイヤールーメン 308 第二軸遠位部 309 第二軸近位部 310 ループ構造解除部位 31 101 medical device 102 first axis 103 second axis 104 balloon 105 X-ray opaque portion 105A first axis X-ray opaque portion 106 inflation lumen 107 guide wire lumen 108 the second shaft distal portion 109 second shaft proximal portion 110 loop structure release site 201 medical device 202 first axis 203 second shaft 204 balloon 205 X-ray opaque portion 205A first axis X-ray opaque portion 206 inflation lumen 207 guide wire lumen 208 the second shaft distal portion 209 second axis The proximal portion 210 loop structure releasing site 301 medical device 302 first axis 303 second shaft 304 balloon 305 X-ray opaque portion 305A first axis X-ray opaque portion 306 inflation lumen 307 guide wire lumen 308 the second shaft distal portion 309 second shaft proximal portion 310 loop structure releasing site 31 ブレード 401 医療装置 402 第一軸 403 第二軸 404 バルーン 405 X線不透過部分 405A 第一軸X線不透過部分 406 拡張ルーメン 407 ガイドワイヤールーメン 408 第二軸遠位部 409 第二軸近位部 410 ループ構造解除部位 411 ブレード 501 医療装置 502 第一軸 503 第二軸 504 バルーン 505 X線不透過部分 505A 第一軸X線不透過部分 505B 第二軸X線不透過部分 506 拡張ルーメン 507 ガイドワイヤールーメン 508 第二軸遠位部 509 第二軸近位部 510 ループ構造解除部位 601 医療装置 602 第一軸 603 第二軸 604 バルーン 605 X線不透過部分 605A 第一軸X線不透過部分 605B 第二軸X線不透過部分 606 拡張ルーメン 607 ガイド Blade 401 medical device 402 first axis 403 second shaft 404 balloon 405 X-ray opaque portion 405A first axis X-ray opaque portion 406 inflation lumen 407 guide wire lumen 408 the second shaft distal portion 409 second shaft proximal portion 410 loop structure releasing site 411 blade 501 medical device 502 first axis 503 second shaft 504 balloon 505 X-ray opaque portion 505A first axis X-ray opaque portion 505B second axis X-ray opaque portion 506 inflation lumen 507 guidewire lumen 508 second shaft distal portion 509 second shaft proximal portion 510 loop structure releasing site 601 medical device 602 first axis 603 second shaft 604 balloon 605 X-ray opaque portion 605A first axis X-ray opaque portion 605B first biaxial X-ray opaque portion 606 inflation lumen 607 Guide イヤールーメン 608 第二軸遠位部 609 第二軸近位部 610 ループ構造解除部位 611 ブレード 701 医療装置 702 第一軸 703 第二軸 704 バルーン 705 X線不透過部分 705A 第一軸X線不透過部分 705B 第二軸X線不透過部分 706 拡張ルーメン 707 ガイドワイヤールーメン 708 第二軸遠位部 709 第二軸近位部 710 ループ構造解除部位 711 ブレード 801 医療装置 802 第一軸 803 第二軸 805 X線不透過部分 805A 第一軸X線不透過部分 805B 第二軸X線不透過部分 808 第二軸遠位部 809 第二軸近位部 810 ループ構造解除部位 812 センサー部分 813 移動要素 814 シース Year lumen 608 second shaft distal portion 609 second shaft proximal portion 610 loop structure releasing site 611 blade 701 medical device 702 first axis 703 second shaft 704 balloon 705 X-ray opaque portion 705A first axis X-ray opaque portion 705B second axis X-ray opaque portion 706 inflation lumen 707 guide wire lumen 708 the second shaft distal portion 709 second shaft proximal portion 710 loop structure releasing site 711 blade 801 medical device 802 first axis 803 second axis 805 X-ray opaque portion 805A first axis X-ray opaque portion 805B second axis X-ray opaque portion 808 second shaft distal portion 809 second shaft proximal portion 810 loop structure releasing site 812 sensor portion 813 moves element 814 sheath

Claims (16)

  1. 遠位端と近位端とを有する第一軸と、遠位部及び近位部にて前記第一軸に接合されることによって当該第一軸との間でループ構造を形成するとともに当該第一軸の半径方向に離れる方向に拡張可能な第二軸と、を有する体腔挿入用医療装置であって、 A first shaft having a distal end and a proximal end, by being joined to the first shaft at the distal portion and proximal portion to form a loop structure between the first shaft the first a second shaft expandable radially away uniaxial, a body cavity insertion medical device having,
    前記第二軸上に一箇所のみ存在する解除部位で、前記第二軸が二つに分離して、前記ループ構造が解除可能であることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Wherein in releasing site present only the second axial in one place, the second axis is separated into two, body cavity insertion medical device wherein the loop structure is releasable.
  2. 遠位端と近位端とを有する第一軸と、遠位部及び近位部にて前記第一軸に接合されることによって当該第一軸との間でループ構造を形成するとともに当該第一軸の半径方向に離れる方向に拡張可能な第二軸と、を有する体腔挿入用医療装置であって、 A first shaft having a distal end and a proximal end, by being joined to the first shaft at the distal portion and proximal portion to form a loop structure between the first shaft the first a second shaft expandable radially away uniaxial, a body cavity insertion medical device having,
    特定の解除部位で切断されて、前記ループ構造が解除可能であることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 It is cleaved at specific release site, a body cavity insertion medical device wherein the loop structure is releasable.
  3. 遠位端と近位端とを有する第一軸と、遠位部及び近位部にて前記第一軸に接合されることによって当該第一軸との間でループ構造を形成するとともに当該第一軸の半径方向に離れる方向に拡張可能な第二軸と、を有する体腔挿入用医療装置であって、 A first shaft having a distal end and a proximal end, by being joined to the first shaft at the distal portion and proximal portion to form a loop structure between the first shaft the first a second shaft expandable radially away uniaxial, a body cavity insertion medical device having,
    前記第二軸は、ブレードを備え、 It said second shaft is provided with a blade,
    前記第二軸のブレードより遠位側に存在する特定の解除部位で前記ループ構造が解除可能であることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Body cavity insertion medical device wherein the loop structure at a particular release site present distal to the blade of the second shaft can be released.
  4. 請求項2の体腔挿入用医療装置において、 In the body cavity insertion medical device according to claim 2,
    前記解除部位において隣接するそれぞれの部材が異なる材料で形成されていることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Body cavity insertion medical device characterized by each of the members adjacent to each other in the release sites are formed of different materials.
  5. 請求項2〜4のいずれかの体腔挿入用医療装置において、 In any of the body cavity insertion medical device of claims 2 to 4,
    前記解除部位は、前記第二軸上に一箇所のみ存在することを特徴とする体腔挿入用医療装置。 The release site, a body cavity insertion medical device characterized by the presence only one location on the second axis.
  6. 請求項1または5の体腔挿入用医療装置において、 In the body cavity insertion medical device according to claim 1 or 5,
    前記解除部位は、前記第二軸の遠位部近傍であることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 The release site, a body cavity insertion medical device which is a distal portion near the second axis.
  7. 請求項1〜 のいずれかの体腔挿入用医療装置において、 In any of the body cavity insertion medical device according to claim 1-6,
    前記解除部位の断面積が、当該解除部位以外の部位の断面積と比較して小さいことを特徴とする体腔挿入用医療装置。 The cross-sectional area of ​​the release site, a body cavity insertion medical apparatus characterized by small compared to the cross-sectional area of ​​the portion other than the release site.
  8. 請求項1〜 のいずれかの体腔挿入用医療装置において、 In any of the body cavity insertion medical device according to claim 1-7,
    前記解除部位において隣接する前記第二軸のそれぞれの部材が異なる材料で形成されていることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Body cavity insertion medical device characterized by each member of the second shaft adjacent are made of different materials in the release site.
  9. 請求項1〜 のいずれかの体腔挿入用医療装置において、 In any of the body cavity insertion medical device according to claim 1-8,
    前記第二軸の遠位部近傍における断面積が、遠位部に近づくに従って徐々に大きくなることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Sectional area at the distal portion near the second shaft, body cavity insertion medical device characterized by gradually increases toward the distal portion.
  10. 請求項2または3の体腔挿入用医療装置において、 In the body cavity insertion medical device according to claim 2 or 3,
    前記解除部位は、前記第二軸の遠位部の一箇所のみであることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 The release site, a body cavity insertion medical device, characterized in that only one portion of the distal portion of the second shaft.
  11. 請求項10の体腔挿入用医療装置において、 In the body cavity insertion medical device of claim 10,
    前記解除部位において隣接する前記第一軸と前記第二軸のそれぞれの部材が異なる材料で形成されていることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Body cavity insertion medical device characterized by each member of the said first shaft adjacent the second shaft are made of different materials in the release site.
  12. 請求項10または11の体腔挿入用医療装置において、 In the body cavity insertion medical device according to claim 10 or 11,
    前記解除部位において隣接する前記第一軸と前記第二軸のそれぞれの断面積が異なることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Body cavity insertion medical device the cross-sectional area of ​​each of said first shaft and said second shaft adjacent in the release site are different from each other.
  13. 請求項1 、2、410のいずれかの体腔挿入用医療装置であって、さらに、 Claim 1, be any body cavity insertion medical device of 2,4 to 10, further
    前記第二軸は、ブレードを備えており、 It said second shaft is provided with a blade,
    前記解除部位が、前記第二軸のブレードより遠位側に存在することを特徴とする体腔挿入用医療装置。 The release site, a body cavity insertion medical device characterized by the presence on the distal side of the blade of the second shaft.
  14. 請求項1〜 13のいずれかの体腔挿入用医療装置であって、さらに、 Be any body cavity insertion medical device according to claim 1 to 13, further
    前記第二軸の少なくとも一部に第二軸X線不透過部分が備えられていることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Body cavity insertion medical device, wherein a second axis X-ray opaque portion is provided on at least a portion of the second shaft.
  15. 請求項14の体腔挿入用医療装置において、 In the body cavity insertion medical device of claim 14,
    前記ループ構造が解除されたことがX線透視下で確認可能なように、前記第二軸X線不透過部分が、前記解除部位の遠位側と近位側とに存在することを特徴とする体腔挿入用医療装置。 Wherein so as to be sure that the loop structure is released under X-ray fluoroscopy, and wherein the second axis X-ray opaque portion is present on the distal side and a proximal side of the release site body cavity insertion medical device to be.
  16. 請求項14の体腔挿入用医療装置であって、さらに、 A body cavity insertion medical device of claim 14, further
    前記ループ構造が解除されたことがX線透視下で確認可能なように、前記解除部位近傍の前記第一軸上の少なくとも一部に第一軸X線不透過部分が備えられていることを特徴とする体腔挿入用医療装置。 The loop structure so as to be confirmed under X-ray fluoroscopy it is released, that the first axis X-ray opaque portion on at least a part of the said first axis of the release site near is provided body cavity insertion medical device according to claim.
JP2006251029A 2006-09-15 2006-09-15 Body cavity insertion medical device Active JP4539629B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006251029A JP4539629B2 (en) 2006-09-15 2006-09-15 Body cavity insertion medical device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006251029A JP4539629B2 (en) 2006-09-15 2006-09-15 Body cavity insertion medical device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008067993A true JP2008067993A (en) 2008-03-27
JP4539629B2 true JP4539629B2 (en) 2010-09-08

Family

ID=39290116

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006251029A Active JP4539629B2 (en) 2006-09-15 2006-09-15 Body cavity insertion medical device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4539629B2 (en)

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4485812A (en) * 1981-12-11 1984-12-04 Kabushiki Kaisha Medos Kenkyusho High frequency incising device
JPS61265137A (en) * 1985-05-20 1986-11-22 Asahi Optical Co Ltd Tissue inciser for endoscope
JPH05506805A (en) * 1990-05-11 1993-10-07
US20050070895A1 (en) * 2003-09-30 2005-03-31 Thomas Ryan Electrosurgical instrument and method for transecting an organ

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4485812A (en) * 1981-12-11 1984-12-04 Kabushiki Kaisha Medos Kenkyusho High frequency incising device
JPS61265137A (en) * 1985-05-20 1986-11-22 Asahi Optical Co Ltd Tissue inciser for endoscope
JPH05506805A (en) * 1990-05-11 1993-10-07
US20050070895A1 (en) * 2003-09-30 2005-03-31 Thomas Ryan Electrosurgical instrument and method for transecting an organ

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2008067993A (en) 2008-03-27 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6019778A (en) Delivery apparatus for a self-expanding stent
US7131986B2 (en) Catheter having exchangeable balloon
US6059814A (en) Filter for filtering fluid in a bodily passageway
US6610046B1 (en) Catheter and guide wire
US8236042B2 (en) System and method for delivering and deploying an occluding device within a vessel
US6264671B1 (en) Stent delivery catheter and method of use
US6425898B1 (en) Delivery apparatus for a self-expanding stent
US7651514B2 (en) Nose rider improvement for filter exchange and methods of use
US8273101B2 (en) System and method for delivering and deploying an occluding device within a vessel
US8088140B2 (en) Blood flow restorative and embolus removal methods
US7662163B2 (en) Stiffened balloon apparatus with increased flexibility
US20030149467A1 (en) Methods, systems and devices for delivering stents
US20030225418A1 (en) Dedicated distal protection guidewires
US20040068314A1 (en) Detachable self -expanding aneurysm cover device
US20040199201A1 (en) Embolectomy devices
US20100114017A1 (en) Systems and methods for removing obstructive matter from body lumens and treating vascular defects
US20030055377A1 (en) Exchangeable catheter
US6036708A (en) Cutting stent with flexible tissue extractor
US20040064179A1 (en) Stent delivery device with embolic protection
US6942688B2 (en) Stent delivery system having delivery catheter member with a clear transition zone
US20040006364A1 (en) Apparatus for trapping emboli
US20070149996A1 (en) Low profile filter
EP0363661A1 (en) Guidewire assembly with steerable adjustable tip
US5180368A (en) Rapidly exchangeable and expandable cage catheter for repairing damaged blood vessels
US8795305B2 (en) Retrieval systems and methods for use thereof

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090722

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100310

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100316

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20100426

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100514

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100601

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100614

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130702

Year of fee payment: 3

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130702

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250