JP4522364B2 - A sample of body fluid sampling device - Google Patents

A sample of body fluid sampling device Download PDF

Info

Publication number
JP4522364B2
JP4522364B2 JP2005502261A JP2005502261A JP4522364B2 JP 4522364 B2 JP4522364 B2 JP 4522364B2 JP 2005502261 A JP2005502261 A JP 2005502261A JP 2005502261 A JP2005502261 A JP 2005502261A JP 4522364 B2 JP4522364 B2 JP 4522364B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cartridge
member
piercing member
analyte detecting
embodiment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005502261A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006504506A (en
Inventor
ドミニク エム フリーマン
ディルク ベッカー
Original Assignee
ペリカン テクノロジーズ インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US42298802P priority Critical
Priority to US42442902P priority
Priority to US42808402P priority
Priority to US43328602P priority
Priority to US10/323,624 priority patent/US7198606B2/en
Priority to US10/420,535 priority patent/US7258693B2/en
Priority to US10/423,851 priority patent/US7141058B2/en
Priority to US10/429,196 priority patent/US7297151B2/en
Priority to US47308803P priority
Priority to PCT/US2003/035015 priority patent/WO2004041082A1/en
Application filed by ペリカン テクノロジーズ インコーポレイテッド filed Critical ペリカン テクノロジーズ インコーポレイテッド
Publication of JP2006504506A publication Critical patent/JP2006504506A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4522364B2 publication Critical patent/JP4522364B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/157Devices characterised by integrated means for measuring characteristics of blood
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/145Measuring characteristics of blood in vivo, e.g. gas concentration, pH value; Measuring characteristics of body fluids or tissues, e.g. interstitial fluid, cerebral tissue
    • A61B5/14532Measuring characteristics of blood in vivo, e.g. gas concentration, pH value; Measuring characteristics of body fluids or tissues, e.g. interstitial fluid, cerebral tissue for measuring glucose, e.g. by tissue impedance measurement
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/145Measuring characteristics of blood in vivo, e.g. gas concentration, pH value; Measuring characteristics of body fluids or tissues, e.g. interstitial fluid, cerebral tissue
    • A61B5/1455Measuring characteristics of blood in vivo, e.g. gas concentration, pH value; Measuring characteristics of body fluids or tissues, e.g. interstitial fluid, cerebral tissue using optical sensors, e.g. spectral photometrical oximeters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150015Source of blood
    • A61B5/150022Source of blood for capillary blood or interstitial fluid
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150053Details for enhanced collection of blood or interstitial fluid at the sample site, e.g. by applying compression, heat, vibration, ultrasound, suction or vacuum to tissue; for reduction of pain or discomfort; Skin piercing elements, e.g. blades, needles, lancets or canulas, with adjustable piercing speed
    • A61B5/150106Means for reducing pain or discomfort applied before puncturing; desensitising the skin at the location where body is to be pierced
    • A61B5/150152Means for reducing pain or discomfort applied before puncturing; desensitising the skin at the location where body is to be pierced by an adequate mechanical impact on the puncturing location
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150053Details for enhanced collection of blood or interstitial fluid at the sample site, e.g. by applying compression, heat, vibration, ultrasound, suction or vacuum to tissue; for reduction of pain or discomfort; Skin piercing elements, e.g. blades, needles, lancets or canulas, with adjustable piercing speed
    • A61B5/150167Adjustable piercing speed of skin piercing element, e.g. blade, needle, lancet or canula, for example with varying spring force or pneumatic drive
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150175Adjustment of penetration depth
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150206Construction or design features not otherwise provided for; manufacturing or production; packages; sterilisation of piercing element, piercing device or sampling device
    • A61B5/150305Packages specially adapted for piercing devices or blood sampling devices
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150358Strips for collecting blood, e.g. absorbent
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150374Details of piercing elements or protective means for preventing accidental injuries by such piercing elements
    • A61B5/150381Design of piercing elements
    • A61B5/150412Pointed piercing elements, e.g. needles, lancets for piercing the skin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/150007Details
    • A61B5/150801Means for facilitating use, e.g. by people with impaired vision; means for indicating when used correctly or incorrectly; means for alarming
    • A61B5/150824Means for facilitating use, e.g. by people with impaired vision; means for indicating when used correctly or incorrectly; means for alarming by visual feedback
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15101Details
    • A61B5/15103Piercing procedure
    • A61B5/15107Piercing being assisted by a triggering mechanism
    • A61B5/15113Manually triggered, i.e. the triggering requires a deliberate action by the user such as pressing a drive button
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15101Details
    • A61B5/15115Driving means for propelling the piercing element to pierce the skin, e.g. comprising mechanisms based on shape memory alloys, magnetism, solenoids, piezoelectric effect, biased elements, resilient elements, vacuum or compressed fluids
    • A61B5/15123Driving means for propelling the piercing element to pierce the skin, e.g. comprising mechanisms based on shape memory alloys, magnetism, solenoids, piezoelectric effect, biased elements, resilient elements, vacuum or compressed fluids comprising magnets or solenoids
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15146Devices loaded with multiple lancets simultaneously, e.g. for serial firing without reloading, for example by use of stocking means.
    • A61B5/15148Constructional features of stocking means, e.g. strip, roll, disc, cartridge, belt or tube
    • A61B5/15149Arrangement of piercing elements relative to each other
    • A61B5/15151Each piercing element being stocked in a separate isolated compartment
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15146Devices loaded with multiple lancets simultaneously, e.g. for serial firing without reloading, for example by use of stocking means.
    • A61B5/15148Constructional features of stocking means, e.g. strip, roll, disc, cartridge, belt or tube
    • A61B5/15157Geometry of stocking means or arrangement of piercing elements therein
    • A61B5/15159Piercing elements stocked in or on a disc
    • A61B5/15161Characterized by propelling the piercing element in a radial direction relative to the disc
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15146Devices loaded with multiple lancets simultaneously, e.g. for serial firing without reloading, for example by use of stocking means.
    • A61B5/15148Constructional features of stocking means, e.g. strip, roll, disc, cartridge, belt or tube
    • A61B5/15157Geometry of stocking means or arrangement of piercing elements therein
    • A61B5/15165Piercing elements stocked in or on a strip
    • A61B5/15169Characterized by a rolled strip
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15146Devices loaded with multiple lancets simultaneously, e.g. for serial firing without reloading, for example by use of stocking means.
    • A61B5/15148Constructional features of stocking means, e.g. strip, roll, disc, cartridge, belt or tube
    • A61B5/15157Geometry of stocking means or arrangement of piercing elements therein
    • A61B5/15165Piercing elements stocked in or on a strip
    • A61B5/15171Characterized by propelling the piercing element perpendicular to the direction of movement of the strip
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15146Devices loaded with multiple lancets simultaneously, e.g. for serial firing without reloading, for example by use of stocking means.
    • A61B5/15148Constructional features of stocking means, e.g. strip, roll, disc, cartridge, belt or tube
    • A61B5/15176Stocking means comprising cap, cover, sheath or protection for aseptic stocking
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/15Devices for taking samples of blood
    • A61B5/151Devices specially adapted for taking samples of capillary blood, e.g. by lancets, needles or blades
    • A61B5/15146Devices loaded with multiple lancets simultaneously, e.g. for serial firing without reloading, for example by use of stocking means.
    • A61B5/15182Means for keeping track or checking of the total number of piercing elements already used or the number of piercing elements still remaining in the stocking, e.g. by check window, counter, display

Description

分析のための血液を得るために皮膚を穿刺するランセット切開装置が医療健康管理製品業界において知られている。 Lancing device to puncture the skin in order to obtain blood for analysis are known in the medical healthcare products industry. 典型的には、指先に小さな切開部を作って小さな創部を生じさせ、それにより皮膚の表面上に血液の小滴を生じさせることによって、この種の分析のための一滴の血液を得る。 Typically, it causes small wound to make a small incision in the fingertip, whereby by causing a small drop of blood on the surface of the skin to obtain a drop of blood for this type of analysis.

初期のランセット切開方法では、皮膚を針で穿刺し又は剃刀で皮膚をスライスしていた。 Early lancing process, the skin was sliced ​​skin puncture or razor with a needle. 現在の方法は、ランセットを駆動するための多数のばね、カム及び質量アクチュエータを有する切開装置を利用している。 Current methods, a number of springs for driving the lancet utilizes an incision apparatus having a cam and mass actuators. これらとしては、片持ちばね、ダイヤフラム、コイルばね、ランセットを駆動するために用いられる重力下げ振り(plumb)が挙げられる。 These include cantilever springs, diaphragms, coil springs, gravity plumb used to drive the lancet (plumb) and the like. 装置を皮膚に当てて保持でき、これを機械的にトリガするとランセットを弾道学的に発射することができる。 Device can be held against the skin, which mechanically capable of firing when to trigger the lancet ballistic. 残念なこととして、公知の技術を利用する各ランセット切開処置に付きものの痛みの故に患者は検査を受けるのを思い止まる。 As Unfortunately, the patient because of the lancing treatment inherent pain utilizing known technology discouraged from undergoing inspection. ドライバがランチャーストップの端部に衝突した場合の皮膚の振動的刺激に加えて、公知のばね利用装置は、ランセットを出射する恐れがあり、かかるランセットは、患者の皮膚に対して調和振動し、それにより反動に起因して多数回の打撃を生じさせる。 Driver in addition to the vibration stimulation of the skin in the case of collision to the end of the launcher stop, known spring using apparatus, there is a risk that emits lancet, such lancet, and harmonic vibration to the patient's skin, thereby causing a large number of blow due to the recoil. ランセットのこの反動及び多数回の打撃は、構造化されたグルコース監視(モニタリング)方式に関する患者のコンプライアンスに対する1つの大きな支障である。 The recoil and multiple strokes of the lancet is one major obstacle to for patient compliance regarding glucose monitoring (monitoring) system is structured.

患者のコンプライアンスに対するもう1つの支障は、公知のランセット切開技術では自発的な血液の流れが得られないということにある。 Another hindrance to the patient compliance is that the in known lancing techniques not obtained flows voluntary blood. 上述したような痛みに加えて、患者は、血液サンプルを得るには2回以上のランセット切開処置を必要とする場合がある。 In addition to pain, as described above, the patient, in order to obtain a blood sample may require a lancing treatment twice or more. というのは、自発的血液発生は、公知のランセット切開技術を用いた場合には確実ではないからである。 Since spontaneous blood generation is because not certainly in the case of using the known lancing technology. したがって、痛みは、自発的な血液の流れを首尾よく発生させるのに患者に必要な試行回数によって倍化される。 Therefore, the pain is doubled by the number of trials required the patient to generate successfully flow spontaneous blood. 互いに異なる皮膚の厚さは、痛みの知覚、血液の収率及びランセット切開装置のユーザが異なることによる血液を得る上での成功率の違いの観点から異なる結果を生じさせる場合がある。 The different thicknesses of the skin together, may give rise to different results pain perception, in terms of the success rate in obtaining a blood by a user different blood yield and lancing device differences. 公知の装置は、これら皮膚の厚さのばらつきを考慮に入れる度合いが不十分である。 Known apparatus, the degree to take into account the variation in the thickness of the skin is insufficient.

グルコース監視に関するコンプライアンスの向上に対する更にもう1つの支障は、各ランセット切開処置と関連した多くの段階及び不便さである。 Yet another obstacle for improved compliance regarding glucose monitoring are many steps and inconvenience associated with each lancing treatment. インシュリンに依存している多くの糖尿病患者は、毎日5〜6回、血液グルコースレベルについて自己検査する必要がある。 Many diabetics are dependent on insulin, daily 5-6 times, it is necessary to self-test for blood glucose levels. ランセット切開、血液のミルキング、検査ストリップへの血液の塗布及び検査ストリップからの測定値の入手というグルコース検査の従来方法において必要な多くの段階の故に多くの糖尿病患者は、自分の血液グルコースレベルを推奨されるほど頻繁に検査するのを思い止まる。 Lancing, blood milking, because many diabetics many steps required in the conventional method glucose test that obtain measurements from the coating and test strip of blood to the test strip, recommended their blood glucose levels is the more frequently discourage to inspection. 高齢の患者及び運動能力の落ちた患者は、ランセットをランチャー装置内に装填し、血液を検査ストリップ上に移送し、又は薄い検査ストリップをグルコース測定計器に設けられたスロット内へ挿入することに困難さを経験する。 Patients fell elderly patients and exercise capacity is difficult to lancet-loaded into the launcher device, blood was transferred onto the test strip, or a thin test strip inserted into a slot provided in the glucose measurement instrument experience of. 加えて、公知のシステムによって患者に跡形として残る創チャネルは又、自分の手で色々なことができる患者又は自分のグルコースレベルを検査することにより生じる創チャネルの治癒について気掛かりな患者を思い止まらせるほどの大きさのものである場合がある。 In addition, the wound channel remains as a trace to a patient by known systems also discourage the disturbing patient for healing of wounds channel caused by examining the patient or his glucose levels can various in their hands there is a case are those of about the size of.

本発明は、上述の欠点のうちの少なくとも幾つかの解決策を提供する。 The present invention provides at least some solutions of the above-mentioned drawbacks. 具体的に説明すると、本発明の幾つかの実施形態は、体内の分析物レベルの測定に対する多くのランセット解決策を提供する。 More specifically, some embodiments of the present invention provide many lancet solution to measurement of the body analyte level. 本発明は、カートリッジ内の穿刺部材の数に関し、高密度設計を利用できる。 The present invention relates to a number of piercing members in the cartridge, it can be used a high-density design. 本発明は、流体を皮膚からサンプル採取するために用いられるランセット又は穿刺部材の衝撃点の指標を提供できる。 The present invention, fluid can provide an indication of the impact point of the lancet or lancing member is used to sample taken from the skin. 本明細書において説明する上記目的及び他の目的のうち少なくとも幾つかは、本発明の実施形態で達成される。 At least some of the above objects and other objects described herein are achieved by the embodiments of the present invention.

本発明の一実施形態では、体液を解剖学的特徴部から抽出する体液サンプル採取装置に用いられる装置が提供される。 In one embodiment of the present invention, apparatus for use in body fluid sampling device for extracting bodily fluid from the anatomical feature is provided. この装置は、複数のキャビティを備えたカートリッジを有する。 The device has a cartridge with a plurality of cavities. この装置は、カートリッジのキャビティ内に部分的に収納される複数の穿刺部材を有する。 The apparatus comprises a plurality of piercing members which are partially accommodated in the cavity of the cartridge. この装置は、複数の分析物検出部材及び複数のチャンバを更に有するのがよい。 The device may also include a plurality of analyte detecting members and a plurality of chambers. 各チャンバをキャビティの各々にそれぞれ関連させ、チャンバをカートリッジの外周部に沿って位置決めするのがよく、分析物検出部材のうち少なくとも1つは、複数のチャンバのうちの1つの一側壁の一部を形成する。 Each chamber is respectively associated with each of the cavities, the chamber well is to position along the outer peripheral portion of the cartridge, at least one analyte detecting member, a portion of one side wall of the plurality of chambers to form.

一実施形態では、この装置は、流体を分析物検出部材のうちの1つに向かって押すよう分析物検出部材の少なくとも一部上に配置された流体スプレッダを更に有する。 In one embodiment, the apparatus further comprises a fluid spreader disposed on at least a portion of the analyte detecting members to press toward one of the analyte detecting members fluids. 穿刺部材は各々、先端部を有し、少なくとも1つの先端部は、チャンバ内の開始位置を有する。 Piercing member each have a distal end, at least one tip portion, it has a starting position in the chamber. 分析物検出部材は、電気化学式のものであるのがよい。 Analyte detecting member may be of the electrochemical. 一実施形態では、チャンバのうち少なくとも1つは、その表面のうちの1つに設けられた開口部を有し、分析物検出部材のうちの1つは、開口部を通して視認できる。 In one embodiment, at least one of the chambers has an opening provided in one of its surfaces, one of the analyte detecting members, visible through the opening.

別の実施形態では、本発明は、体液を解剖学的特徴部から抽出する体液サンプル採取装置に用いられる装置を提供する。 In another embodiment, the present invention provides an apparatus for use in body fluid sampling device for extracting bodily fluid from the anatomical feature. この装置は、複数のサンプルチャンバを備えたカートリッジと、各々が少なくとも部分的に単一カートリッジのサンプルチャンバ内に収納された複数の穿刺部材とを有し、穿刺部材は、カートリッジに設けられた開口部から外方に伸長して組織を穿刺するよう摺動自在に動くことができる。 This device has a cartridge with a plurality of sample chambers, and a plurality of piercing members, each being at least partially housed within a sample chamber of a single cartridge, the piercing member has an opening provided in the cartridge it can move slidably to puncture tissue and extends outwardly from the part. 複数の分析物検出部材を設けるのがよい。 It may be disposed a plurality of analyte detecting members. チャンバは、実質的にカートリッジの外周部に隣接して配置されるのがよく、分析物検出部材のうちの少なくとも1つは、複数のサンプルチャンバのうちの1つの1つの壁の一部を形成している。 Chamber may have being arranged adjacent to the outer periphery of substantially the cartridge, at least one of the analyte detecting members may form part of a single one wall of the plurality of sample chambers doing.

本発明の特徴及び利点について更に深い理解は、明細書の残りの部分及び図面を参照すると明らかになろう。 A deeper understanding of the features and advantages of the invention will become apparent with reference to the remaining portions of the specification and the drawings.

本発明は、体液サンプル採取のための多数の分析物検出部材を用いた解決策を提供する。 The present invention provides a solution with a large number of analyte detecting members for body fluid sampling. 具体的に説明すると、本発明の幾つかの実施形態は、体内の分析物レベルを測定する上での多数の分析物検出部材及び多数のランセットを用いる解決策を提供する。 More specifically, some embodiments of the present invention provides a solution using multiple analyte detecting members and a number of lancets in measuring an analyte level in the body. これは、公知のランセットよりも小さなサイズのランセットを用いることができるが,例えば直径又は長さには限定されない。 This can be used a small size of the lancet than known lancet, eg the diameter or length is not limited. 装置は、装置から使い捨て部品を取り出す必要なく、多数のランセット切開処置に使用できる。 Device without the need take out the disposable part from the device, can be used in a number of lancing procedure. 本発明は、向上した検出能力を提供できる。 The present invention can provide a detection capability with improved. 本明細書において説明する上記目的及び他の目的のうち少なくとも幾つかは、本発明の実施形態によって達成される。 At least some of the above objects and other objects described herein are achieved by the embodiments of the present invention.

上述の全体的説明と以下の詳細の説明の両方は、例示であって、説明のためだけであり、特許請求の範囲に記載された本発明を限定するものではない。 Both general description and the following detailed description of the above are illustrative merely for illustration, it has been not intended to limit the claimed invention. 注目されなければならないこととして、原文明細書及び特許請求の範囲に用いられている単数形の要素は、もし明示の定めが無ければ、複数形を含む。 It has to be noted, the singular forms used in the range of the original specification and claims elements, if no explicit set comprises a plurality. かくして、例えば、「材料(a material)」という場合、複数の場合を含み、「チャンバ(a chamber )」という場合、多数のチャンバを含む場合があり、その他同様である。 Thus, for example, reference to "a material (a Material)", including the case of multiple, sometimes referred to as "chamber (a chamber)", it may include a number of chambers, and other similar. 本明細書において援用する先行技術文献の記載内容全体をここに参照により援用する。 The description entire contents of the prior art documents incorporated herein incorporated by reference. ただし、これら文献が本明細書に明示した教示と相反する範囲を除く。 However, except for teaching and conflicting range these documents is expressly herein.

以下の明細書及び特許請求の範囲において、以下の意味を有するものと定義された多くの用語を参照されたい。 In the following specification and claims, reference to a number of terms that are defined to have the following meanings.
「任意的な」又は「任意的に」という用語は、以下に記載された状況が、起こる場合があり又は起こらない場合があり、したがって、以下の記載は、状況が生じる場合及び状況が生じない場合を含む。 The term "optional" or "optionally", the situation described below is sometimes can happen with or does not occur, therefore, the following description does not occur when and status situation arises including the case. 例えば、装置が任意的に血液サンプルを分析するための特徴を有する場合、これは、分析特徴が、与えられ又は与えられておらず、かくして、この記載は、装置が分析特徴を備えている構造及び分析特徴が存在していない構造を含む。 For example, if having features for the device to analyze an optional blood sample, which analysis features, not been given, or given, thus, the description, the device is provided with an analysis feature structure and a structure analysis feature is not present.

「分析物検出部材」という用語は、血液サンプルに関する情報を生じさせる化学的検査試薬及び方法、電気的検査回路及び方法、物理的検査コンポーネント及び方法、光学式検査コンポーネント及び方法、及び生物学的検査試薬及び方法の単一又は組み合わせた状態における使用を意味している。 The term "analyte detecting member" chemical test reagents and methods generate information regarding the blood sample, electrical test circuits and methods, physical test components and methods, optical inspection components and methods, and biological testing it means the use in the reagent and a single or combined state methods. これら方法の中には、当該技術分野において周知のものがあり、かかる方法は、例えば、「ティーツ・テキストブック・オブ・クリニカル・ケミストリー(Tietz Textbook of Clinical Chemistry)」,第3版,セクションV,P. Some of these methods, there are those well known in the art, such a method is, for example, "Teats text book of Clinical Chemistry (Tietz Textbook of Clinical Chemistry)", third edition, section V, P. 776〜778)(バーティス及びアッシュウッド(Burtis & Ashwood)編,W.B.サウンダーズ・カンパニー(WB Saunders Company)フィラデルフィア(Philadelphia),1999)、クリスモア等に付与された米国特許第5,997,817号明細書(1999年12月7日)、フィリップス等に付与された米国特許第5,059,394号明細書(1991年10月22日)、ワグナー等に付与された米国特許第5,001,054号明細書(1991年3月19日)、ナカムラ等に付与された米国特許第4,392,933号明細書(1983年7月12日)の教示に基づく場合があり、これらの教示を他のものと同様、ここに参照により援用する。 776-778) (Batisu and Ashwood (Burtis & Ashwood) ed, W.B. Saunders Company (WB Saunders Company) Philadelphia (Philadelphia), 1999), issued to Kurisumoa etc. U.S. Patent No. 5,997, 817 Pat (Dec. 7, 1999), issued to Phillips, etc. U.S. Pat. No. 5,059,394 (Oct. 22, 1991), U.S. Pat. No. 5, issued to Wagner, etc., 001,054 Pat (March 19, 1991), may be based on the teachings of the issued to Nakamura, etc. U.S. Patent No. 4,392,933 (Jul. 12, 1983), these similar to the teachings of others, incorporated by reference herein. 分析物検出部材は、血液の電気的化学的性質を検査するサンプル検査チャンバ内の検査を含む場合があり、又は、これらは、血液の光学的性質(例えば、酸素飽和レベル)を検出する光学手段を含む場合があり、或いは、血液の性質(例えば、抗原の存在)を検出する生物化学試薬(例えば、抗体)を含む場合がある。 Analyte detecting member may comprise a test sample inspection chamber for inspecting electrical and chemical properties of the blood, or they, optical properties of the blood (e.g., oxygen saturation level) optical means for detecting the it may contain, or blood properties (e.g., presence of an antigen) biochemical reagents to detect (e.g., antibody) may include a. 分析物検出部材は、血液中の分析物(例えば、グルコース)又は他の体液と反応して分析物の存在と相互に関連する適当な信号を発生させ、読取り装置により読み取ることができるようにする生体感応物質又は試薬物質を含むのがよい。 Analyte detecting member, the analyte in the blood (e.g., glucose) or react with other bodily fluids by generating a presence and appropriate signals associated with each other analyte to be able to read by the reading device good to include a biological sensitive material or reagent material. 非限定的に一例を挙げると、分析物検出部材は、分析物検出部材が血液サンプルに関する適当な信号を読取り装置に提供する機能に関与する場合、チャンバ又は他の構造体「に関連し」、「内に設けられ」又は「に結合され」る場合がある。 And without limitation, an example, the analyte detecting member, when the analyte detecting members are involved in the ability to provide a suitable signal related to the blood sample to the reader, "associated with" chamber or other structure, sometimes Ru "provided on the inner" or "coupled to". 分析物検出部材は、本明細書で説明するナノワイヤ型分析物検出部材を更に含む場合がある。 Analyte detecting member may further comprise a nanowire-type analyte detection member described herein. 分析物検出部材は、電位差測定法、電量測定法、又は分析物レベルの検出に有用な他の方法を単独で又は組み合わせて用いることができる。 Analyte detecting member, potentiometric methods, coulometric methods, or other methods useful for detecting the analyte level may be used singly or in combination.

添付の図面の図1〜図11は、血液サンプルを得るために皮膚を穿刺するシステムの一実施形態を示している。 FIGS. 1-11 of the accompanying drawings shows an embodiment of a system for puncturing the skin to obtain a blood sample. このシステム10は、交換可能なカートリッジ12及びカートリッジ12を着脱自在に受け入れたりカートリッジ12のコンポーネントを操作する装置14を有するのがよい。 The system 10 can include a device 14 for operating the components of the replaceable cartridge 12 and or the cartridge 12 receiving the cartridge 12 detachably.

図1及び図2を併せて参照すると、カートリッジ12は、複数の穿刺部材18を有するのがよい。 Referring also to FIGS. 1 and 2, cartridge 12 can include a plurality of puncturing members 18. カートリッジ12は、円板又は円形ディスクの形態をしているのがよく、このカートリッジは、円形外面20及び円形内面22を形成する開口部を有している。 Cartridge 12 may be in the form of a disc or circular disc, the cartridge has an opening that forms a circular outer surface 20 and a circular inner surface 22. 複数の溝24が、カートリッジ12の平らな表面26に形成されている。 A plurality of grooves 24 are formed on the flat surface 26 of the cartridge 12. 各溝24は、細長く、カートリッジ12の中心点から半径方向外方に延びている。 Each groove 24 is elongated, it extends radially outwardly from the center point of the cartridge 12. 各溝24は、円形外面20を貫通して形成されている。 Each groove 24 is formed through the circular outer surface 20. 図示していないが、溝24は、平らな表面26の周囲全体に形成される。 Although not shown, the groove 24 is formed on the entire periphery of the flat surface 26. 図3及び図4に示すように、各溝24は、カートリッジ12の中心点に近づくほど比較的幅が狭く、中心点から離れるにつれて僅かに幅が広い。 As shown in FIGS. 3 and 4, each groove 24 has a relatively narrow width closer to the center point of the cartridge 12, a wide slightly width with distance from the center point. これら溝24をカートリッジ12に成形し、カートリッジに機械加工し、鍛造し、プレス加工し又は医用器具の製造に有用な他の方法を用いて形成することができる。 These grooves 24 molded into the cartridge 12, machined into the cartridge, forged, can be formed using other methods useful in the production of press working or medical devices.

本実施形態では、各穿刺部材18は、細長い本体29及び尖った先端部30を備えた鋭利な遠位端部27を有している。 In the present embodiment, the piercing member 18 has a sharpened distal end 27 having an elongated body 29 and pointed tip 30. 穿刺部材18は、この実施形態では直径が約0.315mmの円形断面を有するのがよい。 Piercing member 18 is in this embodiment may have a circular cross-section with a diameter of about 0.315 mm. 穿刺部材18の全ての外面は、同一の摩擦係数を有するのがよい。 All of the outer surface of the piercing member 18 may have the same coefficient of friction. 穿刺部材は、むき出しのランセットであるのがよいが、必ずしもそうである必要はない。 Piercing member is may be between bare lancet, but need not be. ランセットは、これに別の構造体と相補的に係合可能な隆起した構成体又は成形部品が形成されていないという意味において「むき出し」である。 The lancet is a "bare" in the sense of complementary engageable raised structure or molded part and another structure is not formed thereto. 従来型ランセットは、係合を容易にするために用いられる大きなプラスチック成形部品を含む。 Conventional lancet includes a large plastic molded parts used to facilitate engagement. 残念なこととして、かかるアタッチメントにより、寸法及び費用が増大する。 As Unfortunately, by such attachment, size and cost increases. 最も基本的な意味において、むき出しのランセット又はむき出しの穿刺部材は、尖った又は鋭利にされた端部を有する細長いワイヤである。 In the most basic sense, the bare lancet or bare penetrating member is an elongate wire having an end in pointed or sharpened. 先端部は、もし十分に小さな直径のものである場合、鋭利にする必要なく穿刺できる。 Tip, when if it is sufficiently those small diameter, it need not puncture sharp. むき出しのランセットは、曲げられたものであってもよく、依然としてむき出しのランセットであると考えられる。 Bare lancet may be those bent, it is still considered to be the bare lancet. むき出しのランセットは一実施形態では、一材料で作られたものであるのがよい。 The bare lancet In one embodiment, it is preferable wherein the component is made in one material.

本実施形態では、各穿刺部材18は、溝24の各々の中にそれぞれ配置される。 In the present embodiment, the piercing member 18 is arranged in each of the grooves 24. 穿刺部材18は、カートリッジ12の中心点から半径方向外方に向けられた鋭利な遠位端部27を有している。 Piercing member 18 has a sharpened distal end 27 that is directed radially outward from the center point of the cartridge 12. 各穿刺部材15の近位端部は、図3に示すようにそれぞれの溝24の対向した側部と締り嵌め関係をなして係合することができる。 The proximal end of each penetrating member 15 can be engaged at an opposing side with interference fit relationship of the respective groove 24 as shown in FIG. カートリッジ12の他の実施形態は、かかる締り嵌めを用いない場合がある。 Another embodiment of the cartridge 12 may not used such interference fit. 非限定的な例として、これら実施形態は、穿刺部材18をカートリッジ12に解除自在に固定する破断可能な接着剤を利用する場合がある。 As a non-limiting example, these embodiments may utilize an adhesive breakable to releasably secure the piercing member 18 to the cartridge 12. 図4に示すように、穿刺部材18のより遠位側の部分は、側部相互間の間隔が広いので溝24の対向した側部には係合しない。 As shown in FIG. 4, a more distal portion of the piercing member 18 does not engage the opposing sides of the groove 24 since the wide spacing between the sides each other.

カートリッジ12は、 平らな表面26に取り付けられた滅菌バリヤ28を更に有するのがよい。 Cartridge 12 may also include a sterile barrier 28 attached to the flat surface 26. 滅菌バリヤ28は、穿刺部材18上に配置され、穿刺部材18を外部汚染要因物から隔離するのに役立つ。 Sterilization barrier 28 is disposed on the piercing member 18 serves to isolate the piercing member 18 from outside contaminants. 滅菌バリヤ28は、装置の縁部が力をこれに加えたときに、容易に壊れることができる材料で作られる。 Sterilization barrier 28, when the edge of the device applies a force thereto, is made of a material that can be easily broken. 滅菌バリヤ28は、単独で又は他のバリヤと組み合わせて、ランセット切開又は作動に先立って穿刺部材の少なくとも先端部の周りに滅菌環境を作るよう使用できる。 Sterilization barrier 28, alone or in combination with other barriers, can be used to create a sterile environment around at least the tip portion of the piercing member prior to lancing or actuation. 滅菌バリヤ28は、例えば金属箔、アルミニウム箔、紙、ポリマー材料又は上述の任意の組合せとしての積層品のような種々の材料で作られたものであってよく、尚これら構成材料には限定されない。 Sterilization barrier 28, for example, a metal foil, aluminum foil, paper may be made of a variety of materials such as laminates of any combination of polymeric material or above, still these constituent materials are not limited .

本実施形態では、装置14は、ハウジング30、イニシエータボタン32、穿刺部材移動組立部品34、カートリッジ前進組立部品36、電池38、コンデンサ40、マイクロプロセッサコントローラ42及びスイッチ44を有するのがよい。 In this embodiment, apparatus 14 includes a housing 30, an initiator button 32, the puncture member moving assembly 34, the cartridge advancement assembly 36, battery 38, capacitor 40 may have a microprocessor controller 42 and switch 44. ハウジング30は、下方部分46及び蓋48を有するのがよい。 The housing 30 can include a lower portion 46 and the lid 48. 蓋48は、ヒンジ50で下方部分46に固定されている。 The lid 48 is fixed to the lower portion 46 by a hinge 50. 下方部分46は、凹部52を有するのがよい。 The lower portion 46 can include a recess 52. 下方部分46に設けられた円形開口部54は、凹部52の外側境界を定め、下方部分46のレベルプラットホーム56は、凹部52のベース又は底を定める。 Circular opening 54 provided in the lower portion 46 defines an outer boundary of the recess 52, the level platform 56 of the lower portion 46 defines a base or bottom of the recess 52.

使用時には、本実施形態の蓋48を図1に示すような位置に回動させる。 In use, the lid 48 of this embodiment is rotated to the position shown in FIG. 凹部52を覆うようにカートリッジ12をこの中に入れて位置決めする。 The cartridge 12 so as to cover the recess 52 to position placed therein. 平らな表面26は、レベルプラットホーム56に載り、円形開口部54は、円形外面20に接触してその平面内におけるカートリッジ12の運動を阻止する。 Flat surface 26 rests on the level platform 56, a circular opening 54 prevents movement of the cartridge 12 in its plane in contact with the circular outer surface 20. 次に、蓋48を方向60に回動させ、カートリッジ12を閉じる。 Then, by rotating the lid 48 in the direction 60, to close the cartridge 12.

図5に示す実施形態を参照すると、穿刺部材移動組立部品34は、レバー62、穿刺部材加速器64、直線アクチュエータ66及びばね68を有している。 With reference to the embodiment shown in FIG. 5, the piercing member moving assembly 34, the lever 62, the penetrating member accelerator 64, and a linear actuator 66 and spring 68. 他の適当なアクチュエータとしては、2002年4月19日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/127,395号(代理人事件番号:38187−2551)明細書に記載された回転アクチュエータが挙げられるが、これには限定されない。 Other suitable actuators, co-pending commonly assigned, filed on Apr. 19, 2002 U.S. Patent Application Serial No. 10 / 127,395 (Attorney Docket 38187-2551) described herein rotary actuator including but not limited to this. レバー62を下方部分46に回動自在に固定するのがよい。 The lever 62 is better to rotatably secured to the lower portion 46. ボタン32は、下方部分46の外部の接近可能な位置に配置され、下方部分46を貫通したシャフト70によってレバー62の一端部に連結されている。 Button 32 is located outside the accessible position of the lower portion 46 is connected to one end of the lever 62 by a shaft 70 passing through the lower portion 46. 穿刺部材加速器64は、レバー62の反対側の端部に取り付けられている。 Penetrating member accelerator 64 is attached to the opposite end of the lever 62. ユーザは、ボタン32を上向きの方向66に押してシャフト70によりシャフト70が連結されているレバー62の端部を上向きの方向へ回動させるようにする。 User to rotate the end of the lever 62 the shaft 70 is connected to the upward direction by the shaft 70 by pushing the button 32 in an upward direction 66. レバーの反対側の端部は、下向きの方向66に回動する。 The opposite end of the lever is rotated in a downward direction 66. ばね46は、ボタン32とベース40との間に配置され、ボタン32が押されると縮んでボタン32を下方に移動させると共に穿刺部材加速器を方向64と逆の方向に上方に回動させる傾向のある力を生じさせる。 The spring 46 is disposed between the button 32 and the base 40, the tendency to rotate upward the penetrating member accelerator in direction 64 opposite moves the button 32 shrinks and the button 32 is pushed downward It gives rise to a certain power.

図6A及び図6Bを参照すると、この特定の実施形態では、ボタンを図5に示す位置に動かすことにより、シャフト20に取り付けられた端子74と下方部分46に固定された端子70の接触も引き起こされる。 Referring to FIGS. 6A and 6B, in this particular embodiment, by moving the position shown on the button in Figure 5, also caused the contact terminal 70 fixed to the terminal 74 and the lower portion 46 attached to the shaft 20 It is. 端子74,76相互間の接触により、ボタン32が完全に押し下げられたことが分かる。 The contact between the terminals 74 and 76 each other, the button 32 can be seen which is completely depressed. ボタン32が押し下げられた状態で、穿刺部材アクチュエータ64による干渉を受けないでカートリッジ12を回転させることができる。 In a state where the button 32 is depressed, it is possible to rotate the cartridge 12 without being interfered by the piercing member actuator 64. この効果を得るため、カートリッジ前進組立部品36は、ピニオン80及びステップモータ82を有する。 To obtain this effect, the cartridge advancement assembly 36 has a pinion 80 and a step motor 82. ステップモータ82は、下方部分46に固定されている。 Step motor 82 is fixed to the lower portion 46. ピニオン80は、ステップモータ82に固定され、ステップモータ82により回転する。 Pinion 80 is fixed to the step motor 82, it is rotated by a step motor 82. ピニオン80の刃は、カートリッジ12の円形内面22に設けられた刃と噛み合う。 Blade pinions 80 mesh with blades provided on the inner circular surface 22 of the cartridge 12. ピニオン80を回転させることにより、カートリッジ12がその中心点回りに回転する。 By rotating the pinion 80, the cartridge 12 is rotated to its center point around. 端子74,76が互いに接触する度に、ステップモータ82は、穿刺部材18のうちの1つの中心線から隣りの穿刺部材の中心線までの角度間隔に等しい別個の角度にわたりカートリッジ12を回転させるよう動作する。 Each time the terminal 74, 76 contact each other, the step motor 82 to rotate the cartridge 12 over a separate angle equal to the angular spacing to the center line of the puncture member next from one centerline of the penetrating member 18 Operate. 選択穿刺部材18は、図6Bに示すように穿刺部材加速器64上を動かされる。 Selection piercing member 18 is moved over the puncture member accelerator 64 as shown in Figure 6B. 次にボタン32を押し下げると、次の隣り合う穿刺部材18が穿刺部材加速器64上の位置まで回転することになる。 Then depressing the button 32, so that the piercing member 18 adjacent the next rotates to a position on the penetrating member accelerator 64.

ユーザは次に、図7Aに示すように圧力をボタンから除く。 The user then excluded from the button a pressure as shown in Figure 7A. ばね68又は他の弾性部材により生じる力は、ボタン32を下向きの方向76に動かす。 Force generated by a spring 68 or other resilient member moves the button 32 in a downward direction 76. シャフト70は、シャフト70がこれが下に取り付けられているレバー62の端部を動かすようレバー62に回動自在に固定されている。 Shaft 70, the shaft 70 which is rotatably fixed to the lever 62 to move the end of the lever 62 attached to the bottom. レバー62の反対側の端部は、穿刺部材加速器64を方向80に上方に回動させる。 The opposite end of the lever 62 is rotated upward penetrating member accelerator 64 in the direction 80. 図7Bに示すように、穿刺部材加速器64の縁部82は、滅菌バリヤ28の一部を通って壊れ、穿刺部材18の下方側面と物理的に接触する。 As shown in FIG. 7B, the edge 82 of the piercing member accelerator 64 is broken through a portion of the sterile barrier 28, in physical contact with the lower side of the piercing member 18.

図8Aを参照すると、直線アクチュエータ66は、別々の前進コイル86a及び引っ込みコイル86b並びにコイル86a、86b内に設けられた磁化可能なスラグ90を有している。 8A, the linear actuator 66 has separate forward coil 86a and retraction coil 86b and coil 86a, a magnetizable slugs 90 provided in 86b. コイル86a,86bは、下方部分46に固定され、スラグ90は、コイル86a,86b内で動くことができる。 Coils 86a, 86b is secured to the lower portion 46, the slag 90 is movable within the coil 86a, 86b. 穿刺部材加速器64を図7A及び図7Bに示す位置にいったん配置すると、電流が前進コイル86にのみ流れる。 Once placed the piercing member accelerator 64 to the position shown in FIGS. 7A and 7B, current flows only in the forward coil 86. 電流が前進コイル86中を流れることにより、電磁石に関連した従来原理に従ってスラグ90に加わる方向88に向いた力が生じる。 When a current flowing through the forward coil 86, a force directed in the direction 88 acting on the slag 90 occurs according to conventional principles relating to the electromagnet.

軸受91が、レバーに固定され、穿刺部材加速器64は、軸受91上にスロット92を有している。 Bearing 91 is fixed to the lever, the penetrating member accelerator 64 has a slot 92 on the bearing 91. スロット92は、レバー62に対する方向88の穿刺部材加速器64の運動を可能にし、したがってスラグに加わるよう生じる力が穿刺部材加速器64を方向88に動かすようになっている。 Slot 92 allows for movement of the piercing member accelerator 64 in a direction 88 relative to the lever 62, therefore produce a force exerted on the slug so that the movement of the penetrating member accelerator 64 in the direction 88.

ばね68は、完全には弛緩されず、したがってばね68は、レバー62を介して穿刺部材加速器64を力F1で穿刺部材18の下方側面に押し付けるようにする。 The spring 68 is not fully relaxed, therefore the spring 68, so as to press the piercing member accelerator 64 with a force F1 through the lever 62 to the lower side surface of the piercing member 18. 穿刺部材18は、カートリッジ12のベース88に載る。 Piercing member 18 rests on the base 88 of the cartridge 12. 穿刺部材18の上方側面に加わる大きさが等しくて逆向きの力F2がベース88によって生じる。 Force F2 opposite equal magnitude applied to the upper side of the piercing member 18 is caused by the base 88.

穿刺部材加速器64の縁部82は、カートリッジ12のベース88よりも摩擦係数が非常に高い。 Edge of the penetrating member accelerator 64 82 very high coefficient of friction than the base 88 of the cartridge 12. 縁部の高い摩擦係数は、穿刺部材18の下方側面に加わる比較的高い摩擦係数が原因となって、穿刺部材18の下方側面に加わる比較的大きな摩擦力F3が生じる。 High coefficient of friction edge, causing a relatively high coefficient of friction applied to the lower side surface of the piercing member 18, a relatively large frictional force F3 applied to the lower side surface of the piercing member 18 occurs. ベース88の低い摩擦係数により、穿刺部材18の上方側面に加わる比較的小さな摩擦力F4が生じる。 The low friction coefficient of the base 88, a relatively small frictional force F4 applied to the upper side of the piercing member 18 occurs. 力F3と力F4の差による力で、穿刺部材がカートリッジ12に対して方向88に加速する。 The force due to the difference of the force F3 and the force F4, the piercing member is accelerated in the direction 88 relative to the cartridge 12. 穿刺部材は、動かされて図3に示す締り嵌めから外れる。 Piercing member is disengaged from the interference fit wheeled in FIG 3. むき出しの穿刺部材18は、穿刺部材に何ら係合構成体を設ける必要なく、動かされる。 Bare piercing member 18, without any provision of engagement structure to puncture member is moved. これとは対照的に、現行の装置は、穿刺部材を操作するのを助けるために各穿刺部材上に成形されたプラスチック本体を利用する場合が多い。 In contrast, current devices often utilize plastic body which is molded onto the piercing member to assist in operating the piercing member. 穿刺部材18を動かすことにより,その鋭利な端部が下方部分46の側部に設けられた開口部90を通って動く。 By moving the piercing member 18, it moves through the sharp end of the opening 90 provided on the side of the lower portion 46. それにより、穿刺部材18の尖った端部30は、下方部分46内の引っ込み安全位置から、これが開口部90からはみ出る位置に動かされる。 Thus, the pointed end 30 of piercing member 18 from the retracted safety position in the lower portion 46, which is moved to a position protruding from the opening 90. 穿刺部材の加速された高速運動は、尖った先端部30がヒトの皮膚を穿刺するよう用いられる。 Accelerated fast movement of the penetrating member, pointed tip 30 is used to puncture the skin of a human. 次に、血液サンプルを代表的には糖尿病分析のためにヒトから採取することができる。 Then, typically a blood sample can be collected from a human for diabetes analysis.

次に図9A及び図9Bを参照すると、穿刺部材を加速した後(例えば、その後0.25秒未満で、しかしながらこれには限定されない)、加速コイル86aへの電流は止められ、電流は引っ込みコイル86bに与えられる。 Referring now to FIGS. 9A and 9B, after accelerated piercing member (e.g., in a subsequent less than 0.25 seconds, however, is not limited thereto), the current to acceleration coil 86a is stopped, current retracts coils It is given to 86b. スラグ90は、穿刺部材加速器64と一緒に逆方向92に動く。 Slag 90 moves in the opposite direction 92 with the penetrating member accelerator 64. 次に、穿刺部材加速器64は、使用済みの穿刺部材をその元の位置、即ち、図7Bに示す同一位置に戻す。 Then, the penetrating member accelerator 64, the original position of the used piercing member, i.e., returned to the same position shown in Figure 7B.

次いで図5に示すようにボタンを押し下げると、上述のプロセスが隣りの滅菌穿刺部材について1回繰り返される。 Then, when depressing the button, as shown in FIG. 5, the above described process is repeated once for sterilization piercing member adjacent. 次いで、滅菌穿刺部材を全ての穿刺部材が用いられるまで、即ち、カートリッジ12が完全に一回転するまで使用できる。 Then, sterile piercing member until all of the piercing member used, i.e., can be used until the cartridge 12 is complete rotation. この実施形態では、カートリッジ12の2回目の回転は、先の回転で用いられ、汚染状態になっている穿刺部材の使用を阻止するために実施できない。 In this embodiment, the second rotation of the cartridge 12 is used in rotation before, can not be implemented to prevent the use of the piercing member that is a contaminated. ユーザは、図1に示すように蓋48を開き、使用済みのカートリッジ12を取り出し、使用済みのカートリッジを別のカートリッジで置き換えることにより装置14を引き続き使用することができる。 The user opens the lid 48 as shown in FIG. 1, taken out the spent cartridge 12 can continue to use the device 14 by replacing the used cartridge with another cartridge. 検出器(図示せず)が、カートリッジが取り出されて別のカートリッジに置き換えられたときはいつでもこれを検出する。 Detector (not shown) detects this whenever the cartridge is taken out and replaced with another cartridge. かかる検出器は、光センサ、電気接触センサ、バーコードリーダ等であるのがよいが、これらには限定されない。 Such detectors, optical sensors, electrical contact sensors, but may be between the bar code reader or the like, but are not limited to.

図10は、本実施形態の場合に電気的コンポーネントを機能的に相互に接続できるやり方を示している。 Figure 10 shows the manner in which it connects the electrical components functionally mutually in the case of the present embodiment. 電池38は、コンデンサ40及びコントローラ42に電力をもたらす。 Battery 38 provides power to the capacitor 40 and the controller 42. 端子76は、コントローラ42に接続され、コントローラがボタン32を押し下げた時点を認識するようになっている。 Terminal 76 is connected to the controller 42 is adapted to recognize when the controller is depressed the button 32. キャパシタ40は、電力(電位差及び電流)を個々にスイッチ(例えば、電界効果トランジスタ、しかしながらこれには限定されない)を介して前進コイル86aにもたらし、コイル86b及びステップモータ82を引っ込める。 Capacitor 40, a power switch (potential difference and current) individually (e.g., field effect transistor, however, is not limited to this) resulted in the forward coil 86a via a retracting coil 86b and the step motor 82. スイッチ44a,44b,44cは全て、コントローラ42の制御下にある。 Switch 44a, 44b, 44c are all under the control of the controller 42. メモリ100が、コントローラに接続されている。 Memory 100 is connected to the controller. 1組の命令が、メモリ100に記憶されており、コントローラ42によって読み取り可能である。 A set of instructions, are stored in the memory 100, it is readable by the controller 42. 次にコントローラ42を端子76及びスイッチ44a,44b,44cと組み合わせて機能させることは、上述の説明から明らかである。 Then it to function in combination controller 42 terminal 76 and the switch 44a, 44b, and 44c will be apparent from the above description.

図11は、穿刺部材を備えたカートリッジの別の実施形態に関する構成を示している。 Figure 11 shows a configuration for another embodiment of the cartridge with a piercing member. カートリッジ112は、波形形態のものであり、複数の穿刺部材118が、カートリッジ112の互いに反対側の側部に形成された溝124に納められている。 Cartridge 112 is of a waveform form a plurality of puncturing members 118, are housed in a groove 124 formed to opposite sides of the cartridge 112. 滅菌バリヤ126,128が、それぞれ頂部のところの穿刺部材118及び底部のところの穿刺部材118を覆って取り付けられている。 Sterile barrier 126 and 128, are respectively fitted over the piercing member 118 and the bottom piercing member 118 at the place of the top. かかる構成により、滅菌バリヤ126,128の取付けのための広い表面が得られる。 With this configuration, a large surface for attachment of the sterilization barrier 126, 128 can be obtained. 一方の側部の穿刺部材118は全て、先ず最初に使用され、しかる後カートリッジ112が裏返されて他方の側部の穿刺部材118が用いられる。 Piercing member 118 of one side are all are first used initially turned over is thereafter cartridge 112 puncture member 118 of the other side is used. また、かかるカートリッジの別の特徴が図42〜図44に記載されている。 Another feature of such cartridges is described in FIGS. 42 44.

次に図12及び図13を参照して、むき出しのランセット又はむき出しの穿刺部材と結合し、これらを駆動する摩擦を利用した方法について詳細に説明する。 Referring now to FIGS. 12 and 13, combined with bare lancet or bare penetrating member, the method using friction to drive these will be described in detail. 本明細書において開示する本発明のどの実施形態も、これらの方法を利用するよう改造可能である。 Any embodiment of the present invention disclosed herein can also be modified to utilize these methods. 図12で分かるように、表面201は、穿刺部材202と物理的に接触状態にある。 As seen in Figure 12, the surface 201 is in physical contact with the piercing member 202. 表面203も又、穿刺部材202と接触状態にある。 Surface 203 also is in contact with the piercing member 202. 本発明の本実施形態では、表面201は、ステンレス鋼であり、穿刺部材202は、ステンレス鋼であり、表面203は、ポリテトラフルオロエチレン被覆ステンレス鋼である。 In this embodiment of the present invention, surface 201 is a stainless steel, penetrating member 202 is stainless steel, the surface 203 is a polytetrafluoroethylene coated stainless steel.

図13は、使用中における摩擦を利用した結合法の一実施形態を示している。 Figure 13 shows an embodiment of a coupling method using friction during use. 垂直力206を表面201に垂直に加え、これを穿刺部材202に圧接させる。 Applied perpendicular to the normal force 206 to the surface 201, it is pressed against it in penetrating member 202. 穿刺部材202はそれにより表面203に圧接される。 Penetrating member 202 is pressed against it by the surface 203. 垂直力206は、表面201及び穿刺部材202を介して伝えられて穿刺部材202と表面203との間でも作用する。 Normal force 206 transmitted through the surface 201 and the penetrating member 202 also acts between the penetrating member 202 and the surface 203. 表面203は、ランセットの標的に対し剛性に又は静止状態に保持される。 Surface 203 is held in a rigid to a target of the lancet or stationary. 伝統的な静的摩擦モデルを用いると、表面201と穿刺部材202との間の最大摩擦力は、表面201と穿刺部材202との間の摩擦係数に表面201と穿刺部材202との間の垂直力を乗算して得た値に等しい。 With traditional static friction model, the maximum frictional force between the surface 201 and the penetrating member 202 is vertical between the surface 201 and the puncture member 202 to the friction coefficient between the surface 201 and the piercing member 202 equal to value obtained by multiplying the force. この実施形態では、表面203と穿刺部材202との間の最大摩擦力は、表面203と穿刺部材202との間の摩擦係数に表面203と穿刺部材202との間の垂直力を乗算して得られた値に等しい。 In this embodiment, the maximum frictional force between the surface 203 and the penetrating member 202 multiplies the normal force between the surface 203 and the puncture member 202 to the friction coefficient between the surface 203 and the penetrating member 202 to give equal to the value that has been. 表面203と穿刺部材202との間の摩擦係数は、表面201と穿刺部材202との間の摩擦係数よりも小さいので、表面201と穿刺部材202との間のインタフェースは、表面203と穿刺部材202との間のインタフェースの場合よりも高い最大静摩擦力を生じさせることができる。 The friction coefficient between the surface 203 and the penetrating member 202 is smaller than the friction coefficient between the surface 201 and the piercing member 202, the interface between the surface 201 and the piercing member 202, surface 203 and piercing member 202 it can produce the maximum static frictional force greater than that of the interface between the.

矢印207で示された駆動力を垂直力206に垂直に表面201に加える。 Add perpendicularly the surface 201 of the driving force indicated by the arrow 207 in the vertical force 206. 表面201に水平方向に作用する力の和は、駆動力207と、表面201と穿刺部材202とのインタフェースのところに生じ、駆動力207と逆方向に働く摩擦力の和である。 The sum of the forces acting in the horizontal direction to the surface 201, the driving force 207, caused at the interface between the surface 201 and the piercing member 202, which is the sum of the frictional force acting in the opposite direction to the driving force 207. 表面203と穿刺部材202との間の摩擦係数は、表面201と穿刺部材202との間の摩擦係数よりも小さいので、穿刺部材202及び表面201は、互いに対し静止したままであり、駆動力207が表面203と穿刺部材202との間のインタフェースにより支持できる最大摩擦力をちょうど超えたときに一体品として挙動すると考えることができる。 Friction coefficient between the surface 203 and the penetrating member 202 is smaller than the friction coefficient between the surface 201 and the piercing member 202, piercing member 202 and the surface 201 remains stationary relative to each other, the driving force 207 There can be considered to behave as one piece when just beyond the maximum frictional force that can be supported by the interface between the surface 203 and the penetrating member 202. 表面201と穿刺部材202は、表面201と穿刺部材202との間の摩擦係数がこれら2つの間の相対運動を阻止するに足るほど高いので、一体品として考えることができる。 Surface 201 and piercing member 202, the friction coefficient between the surface 201 and the penetrating member 202 is high enough to prevent relative movement between the two can be considered as a single piece.

一実施形態では、表面201と穿刺部材202との間の摩擦係数は、ステンレス鋼の2つの表面相互間の摩擦係数に一致して約0.8であり、表面203と穿刺部材202との間の摩擦係数は、ステンレス鋼の表面とポリテトラフルオロエチレンの表面との間の摩擦係数に一致して約0.04である。 In one embodiment, the coefficient of friction between the surface 201 and the penetrating member 202 is about 0.8 to match the coefficient of friction between the two surfaces of the stainless steel, between the surface 203 and the piercing member 202 coefficient of friction is about 0.04 to match the coefficient of friction between the surface and the polytetrafluoroethylene surface of the stainless steel. 垂直力206は、202ニュートンの値を有する。 Normal force 206 has a 202 Newton value. これら値を用いると、表面202と穿刺部材202との間のインタフェースが支えることができる最大摩擦力は、1.6ニュートンであり、表面203と穿刺部材202との間のインタフェースが支えることができる最大摩擦力は、0.08ニュートンである。 Using these values, the maximum frictional force capable of supporting an interface between the surface 202 and the penetrating member 202 is 1.6 Newtons, can support an interface between the surface 203 and the piercing member 202 maximum friction force is 0.08 newtons. 駆動力207が0.08ニュートンを超えると、表面201及び穿刺部材202は、表面203に対して一緒に加速し始める。 When the driving force 207 exceeds 0.08 Newtons, surface 201 and penetrating member 202 begins to accelerate with respect to the surface 203. これと同様に、駆動力207が1.6ニュートンを超え、穿刺部材が剛性のバリヤに遭遇すると、表面201は、穿刺部材202に対して動く。 Similarly, beyond the driving force 207 1.6 Newtons, the piercing member encounters a barrier rigid surface 201 moves relative to penetrating member 202.

表面201が穿刺部材202に対して動く別の条件は例えば、極端な加速の場合である。 Another condition for the surface 201 moves relative to penetrating member 202 is, for example, the case of extreme acceleration. 一実施形態では、穿刺部材202の質量は、8.24×10 -6 kgである。 In one embodiment, the mass of the piercing member 202 is 8.24 × 10 -6 kg. したがって、穿刺部材202の194.174m/s 2の加速力が、19.800gに一致した穿刺部材202と表面201との間の摩擦力よりも大きいことが必要である。 Accordingly, the acceleration forces of 194.174m / s 2 of the penetrating member 202 is required to be larger than the frictional force between the penetrating member 202 and the surface 201 that matches the 19.800G. 任意特定の実施形態又は動作理論には拘束されないが、摩擦を利用した結合力を加える他の方法も又使用できる。 The optional particular embodiment or theory of operation is not restricted, other methods of applying a coupling force using friction can also be used. 例えば、穿刺部材202を締り嵌めを用いたカプラに係合させると穿刺部材との摩擦係合を生じさせることができる。 For example, the penetrating member 202 can produce a frictional engagement of the engaged to the coupler using an interference fit with the piercing member.

図14は、ステンレス鋼表面203に被着されたポリテトラフルオロエチレン被膜を詳細に示している。 Figure 14 shows a deposited polytetrafluoroethylene coating on the surface of stainless steel 203 in detail. 表面203を他の材料、例えばテフロン(Teflon:登録商標)、シリコン、ポリマー又はガラスで被覆してもよく、これらの材料には限定されない。 The surface 203 of the other materials, for example, Teflon (Teflon: registered trademark), silicon may be coated with a polymer or glass, these materials are not limited. 被膜は、穿刺部材の全て、近位部分のみ、遠位部分のみ、先端部のみ、或る他の部分のみ、又は上述の幾つか又は全ての幾つかの組合せを覆ってもよい。 Coating all of the piercing member, only the proximal portion, only the distal portion, the distal end portion only, some other parts only, or may cover some or all of some combination of the above. 図15は、表面201に施される鉛のドープ法を示しており、これは、穿刺部材に圧接された場合に顕微鏡的に穿刺部材202と同形になる。 Figure 15 shows the doping of lead is applied to the surface 201, which will microscopically penetrating member 202 and the same shape when it is pressed against the piercing member. これら実施形態と穿刺部材の他の被覆実施形態の両方を本明細書において説明する作動方法に用いることができる。 Both other coatings embodiments of these embodiments and the puncture member can be used in the method of operation described herein.

表面201及び表面102の形状及び形態は、図12〜図15に示すもの以外の形態であってよい。 The shape and form of the surface 201 and surface 102 may be in the form other than those shown in FIGS. 12 to 15. 例えば、表面201は、回転時に穿刺部材202が表面203に対して前進し又は引っ込むようにする車輪の表面であってよい。 For example, the surface 201, penetration member 202 may be a surface of the wheel to make forward or retracted relative to the surface 203 during rotation. 表面201を鉛以外の別の順応性材料、例えばプラスチック(これには限定されない)で被覆してもよい。 Another compliant material other than lead surface 201 may be coated with, for example, plastic (not limited to). また、これを粒子、例えばダイヤモンドのダスト(これには限定されない)で被覆してもよく,或いは、これに穿刺部材202に対する表面201の摩擦係数を高める表面模様を与えてもよい。 Moreover, this particle may be covered with e.g. diamond dust (but not limited to), or may be given a surface texture to increase the friction coefficient of the surface 201 to respect penetrating member 202. 表面202は、ダイヤモンド、弗素化エチレンプロピレン、ペルフルオロアルコキシ、エチレン及びテトラフルオロエチレンのコポリマー、エチレン及びクロロトリフルオロエチレンのコポリマー又は表面201に用いられる材料の摩擦係数よりも低い穿刺部材202との摩擦係数を備えた任意の他の材料で作られ又は被覆されたものであってよい。 Surface 202, the friction coefficient of diamond, fluorinated ethylene propylene, perfluoroalkoxy, copolymers of ethylene and tetrafluoroethylene, a low penetrating member 202 than the friction coefficient of the material used in the copolymer or the surface 201 of ethylene and chlorotrifluoroethylene the may be one that is made or coated with any other material with.

図16を参照すると、穿刺部材の実施形態のベースプレート210の一部が、示されており、複数の穿刺部材スロット212が、ベースプレートの頂面214に半径方向に切断形成されている。 Referring to FIG. 16, a portion of the base plate 210 of the embodiment of the piercing member is shown, a plurality of piercing members slot 212 is cut formed radially on the top surface 214 of the base plate. 駆動部材216が示されており、遠位縁部218がベースプレート210の穿刺部材スロット212のうちの1つの中に配置されている。 Drive member 216 is shown, the distal edge 218 is disposed within one of the penetrating member slots 212 of the base plate 210. 駆動部材216の遠位縁部218は、ランセット切開サイクル中、横方向運動を最小限に抑えるよう最小限の摩擦であるが締り嵌め状態で穿刺部材スロット212内を摺動するよう形作られている。 Distal edge 218 of the driving member 216 during lancing cycle, is a minimum friction to restrain lateral movement to a minimum is shaped so as to slide the piercing member slot 212 in a state close fit .

図17は、被覆穿刺部材222の遠位部分220を部分縦断面で示している。 Figure 17 shows the distal portion 220 of the cover penetrating member 222 in partial longitudinal section. 被覆穿刺部材222は、コア部分224、被膜226及びテーパ付き遠位端部228を有している。 Covering the piercing member 222 includes a core portion 224, the film 226 and the tapered distal end 228. 被覆駆動部材230の一部が、穿刺部材接触面236を備えた被膜234を有した状態で示されている。 Some of covering the drive member 230 is shown in a state of having a coating 234 having a piercing member contact surface 236. 穿刺部材接触面236は、被覆穿刺部材222の外面240とのインタフェース238を形成する。 Piercing member contact surface 236 forms an interface 238 with the outer surface 240 of the cover penetrating member 222. インタフェース238は、或る程度は穿刺部材被膜226及び駆動部材被膜234の材料の選択で決まる特徴的な摩擦係数を有している。 Interface 238, to some extent has a characteristic friction coefficient determined by the choice of material of the piercing member coat 226 and the drive member coat 234. 銀を穿刺部材及び駆動部材被膜226,236として用いる場合、これは、約1.3〜約1.5の摩擦係数を生じさせる。 When using silver as piercing member and the drive member coat 226 and 236, which results in a coefficient of friction of about 1.3 to about 1.5. 所望の摩擦係数を得るために被膜226,236に他の材料を用いることができる。 Other materials in the coating 226, 236 in order to obtain the desired coefficient of friction can be used. 例えば、金、プラチナ、ステンレス鋼及び他の材料を被膜226,236に用いることができる。 For example, gold, platinum, stainless steel and other materials can be used in the coating 226, 236. 被膜226,236について互いに異なる材料の組合せを用いることが望ましい場合がある。 It may be desirable to use a combination of different materials for coating 226, 236. 例えば、一実施形態としては、穿刺部材被膜226について銀、駆動部材被膜について金が用いられる。 For example, as one embodiment, silver, gold Driving member coat used for piercing member coat 226. インタフェース238の幾つかの実施形態は、約1.15〜約5.0、特に約1.3〜約2.0の摩擦係数を有するのがよい。 Some embodiments of the interface 238 is from about 1.15 to about 5.0, it is especially having from about 1.3 to about 2.0 of the friction coefficient.

穿刺部材222の実施形態の横方向外寸又は直径は、約200〜400ミクロン、特に約275〜325ミクロンであるのがよい。 Lateral Dimensions or diameter of embodiments of the piercing member 222 is about 200 to 400 microns, the good in particular from about 275 to 325 microns. 穿刺部材222の実施形態の長さは、約10〜30ミリメートル、特に約15〜25ミリメートルであるのがよい。 The length of the embodiment of the piercing member 222 is about 10-30 millimeters, the better is in particular about 15 to 25 mm. 穿刺部材222は、任意適当な高強度合金、例えばステンレス鋼等(これには限定されない)で作られたものであってよい。 Piercing member 222 may be made of a any suitable high strength alloy such as stainless steel or the like (for this is not limited to).

図18は、本発明の特徴を備えたランセット切開装置242の斜視図である。 Figure 18 is a perspective view of a lancing device 242 with the features of the present invention. 穿刺部材カートリッジ244が、カプラロッド250により駆動部材248に結合されたドライバ246の周りに配置されている。 Piercing member cartridge 244 is disposed around the driver 246 which is coupled to the drive member 248 by a coupler rod 250. 穿刺部材カートリッジ244は、穿刺部材カートリッジ244のベースプレート256の頂面254に放射状形態をなして設けられた複数の穿刺部材スロット252を有している。 Piercing member cartridge 244 includes a plurality of puncturing members slot 252 provided at an radial form on the top surface 254 of the base plate 256 of the piercing member cartridge 244. 穿刺部材スロット252の遠位端部253は、ベースプレート246の外面260のところに設けられている。 The distal end 253 of the piercing member slot 252 is provided at the exterior surface 260 of the base plate 246. 部分的に切除された状態で示されている破損しやすい滅菌バリヤ258が、複数の穿刺部材スロット252を覆ってベースプレート256の頂面254上に設けられている。 Partially resected Perishable sterile barrier 258 is shown in a state which is provided on the top surface 254 of the base plate 256 to cover the plurality of puncturing members slot 252. 滅菌バリヤ258も又、穿刺部材スロットをランセット切開サイクル前に密封して汚染から守るためにベースプレート256の外面260上に設けられる。 Sterile barrier 258 is also provided a piercing member slots on the outer surface 260 of the base plate 256 to protect against contamination and sealed before lancing cycle. 穿刺部材262の遠位部分は、穿刺部材カートリッジ244から患者の指264の方向に半径方向に延びた状態で示されている。 The distal portion of the piercing member 262 is shown with radially extending in the direction of the patient's finger 264 from the puncture member cartridge 244.

図19は、ランセット切開装置242に用いられるベースプレート256の一部を詳細に示しており、この場合、滅菌バリヤ258は定位置で示されていない(図示しやすくするため)。 Figure 19 shows a portion of the base plate 256 used in the lancing device 242 in more detail, (for ease of illustration.) In this case, the sterile barrier 258 which is not shown in place. ベースプレート256は、複数の穿刺部材スロット252を有し、これら穿刺部材スロットは、対応関係にある駆動部材スロット266と半径方向位置合わせ状態にある。 The base plate 256 has a plurality of piercing members slot 252, these penetrating member slots is radially aligned state and the driving member slot 266 in the corresponding relationship. 駆動部材スロット266は、駆動部材スロット266及び穿刺部材スロット252内への下方運動中、駆動部材248の位置合わせを容易にすることができる任意的なテーパ付き入力形態を有する。 Driving member slot 266 has in downward movement of the driving member slot 266 and penetrating member slot 252, an optional tapered input form that can facilitate the alignment of the drive member 248. 穿刺部材スロット252は、穿刺部材262を収納状態で受け入れるような寸法形状になっており、かかる穿刺部材スロットにより、実質的に横方向運動を生じることなく穿刺部材スロット252内での穿刺部材262の軸方向運動が可能になる。 Penetrating member slot 252 is shaped and dimensioned to receive the penetrating member 262 in a retracted state, according piercing member slot, the piercing member 262 in the substantially within penetrating member slot 252 without causing lateral movement axial movement is possible.

再び図18を参照すると、使用中、穿刺部材カートリッジ242の本実施形態は、ドライバ246と動作上関連した形態で配置されている。 Referring again to FIG. 18, in use, the embodiment of the piercing member cartridge 242 is disposed in operative association with the forms and the driver 246. ランセット切開サイクルを開始させ、駆動部材248を滅菌バリヤ258を介して穿刺部材スロット252内へ下降させる。 The lancing cycle is started, lowers the drive member 248 through the sterile barrier 258 to the penetrating member slot 252. すると、駆動部材の穿刺部材接触面は、駆動部材262の外面と接触し、図20に記載された実施形態と関連して上述したように患者の指264に向かって遠位側へ駆動される。 Then, the piercing member contact surface of the drive member in contact with the outer surface of the drive member 262, driven distally toward the patient's finger 264 as described above in connection with the embodiments described in FIG. 20 . 駆動部材248の穿刺部材接触面と穿刺部材262との間の摩擦係数は、穿刺部材262と穿刺部材スロット252の内面との間の摩擦係数よりも大きい。 The coefficient of friction between the piercing member contact surface and the piercing member 262 of the drive member 248 is larger than the coefficient of friction between the inner surface of the piercing member 262 and piercing member slot 252. したがって、駆動部材248は、駆動部材248と穿刺部材262の相対運動を全く生じさせず又は実質的な相対運動を生じさせないで滅菌バリヤ258を通って穿刺部材262を患者の指264内に遠位側へ刺入することができる。 Therefore, the driving member 248, distal piercing member 262 into the patient's finger 264 through the driving member 248 and the sterile barrier 258 without causing completely without causing or substantial relative movement relative motion of the piercing member 262 it is possible to penetration to the side.

図20〜図22を参照すると、図23及び図24に示すような穿刺部材カートリッジ244の別の実施形態を備えたランセット切開装置242についてのランセット切開サイクルシーケンスが示されている。 Referring to FIGS. 20 22, there is shown a lancing cycle sequence for lancing device 242 having another embodiment of a penetrating member cartridge 244 as shown in FIGS. 23 and 24. 図23及び図24に示された穿刺部材カートリッジ242のベースプレート256は、ベースプレート256の外面260までは半径方向に延びていない頂部開口部268を備えた複数の穿刺部材スロット252を有している。 23 and the base plate 256 of the piercing member cartridge 242 shown in Figure 24, until the outer surface 260 of the base plate 256 has a plurality of piercing members slot 252 having a top opening 268 does not extend radially. このように、穿刺部材スロット252をベースプレート256の頂面254上に設けられた第1の滅菌バリヤ270及びベースプレート256の外面260上に設けられた第2の滅菌バリヤ272で密封することができる。 Thus, it is possible to seal the puncture member slot 252 in the first sterilization barrier 270 and a second sterilization barrier 272 provided on the outer surface 260 of the base plate 256 provided on the top surface 254 of the base plate 256. 穿刺部材出口ポート274が、穿刺部材スロット252の遠位端部のところに設けられている。 Piercing member exit port 274 is provided at the distal end of the piercing member slot 252.

再び図20を参照すると、穿刺部材262は、穿刺部材スロット252内の起因側へ引っ込められた開始位置で示されている。 Referring again to FIG. 20, the penetrating member 262 is shown in a starting position which is retracted to the resulting side of piercing member slot 252. 穿刺部材276の外面は、駆動部材248の穿刺部材接触面278と接触状態にある。 The outer surface of the piercing member 276 is in contact with the piercing member contact surface 278 of the drive member 248. 駆動部材248の穿刺部材接触面278と穿刺部材262の外面276との間の摩擦係数は、穿刺部材262と穿刺部材スロット252の内面280との間の摩擦係数よりも大きい。 The coefficient of friction between the outer surface 276 of the piercing member contact surface 278 and the puncture member 262 of the drive member 248 is larger than the coefficient of friction between the inner surface 280 of the piercing member 262 and piercing member slot 252. 次に、図10の矢印282で示されている遠位側駆動力を駆動カプラ250を介して駆動部材248に加え、穿刺部材を穿刺部材出口ポート274から押し出して患者の指264中へ刺入させる。 Then, in addition to the drive member 248 to distally drive force indicated by the arrow 282 through the drive coupler 250 of FIG. 10, puncture push the piercing member from the puncture member exit port 274 into the patient's finger 264 make. 次に、図22の矢印284で示されている近位側引っ込み力を駆動部材248に加え、穿刺部材262を患者の指264から引っ込めて穿刺部材スロット252内へ戻す。 Then, in addition to the driving member 248 to proximal retraction force, shown by arrows 284 in FIG. 22 returns the piercing member 262 retract from the patient's finger 264 to the penetrating member slot 252.

図25及び図26は、穿刺部材62による穿刺中における多層滅菌バリヤ258の実施形態を示している。 25 and 26 show an embodiment of a multilayer sterile barrier 258 in the puncture by the puncturing members 62. このバリヤ258は、本発明の任意の実施形態に使用できるよう改造可能である。 The barrier 258 may be modified to be used in any embodiment of the present invention. 図25及び図26に示す滅菌バリヤ258は、穿刺部材262が滅菌バリヤ258を通ってこれを出るときの穿刺部材262の滅菌性を維持しやすくする2層滅菌バリヤ258である。 Sterile barrier 258 shown in FIGS. 25 and 26 has a two-layer sterile barrier 258 to facilitate maintaining the sterility of the penetrating member 262 when the puncture member 262 exits it through the sterile barrier 258. 図25では、穿刺部材262の遠位端部286は、軸方向力を滅菌バリヤ258の第1の層290の内面288に遠位側の方向に加えて滅菌バリヤ258の第1の層290を変形させる。 In Figure 25, the distal end 286 of the piercing member 262, a first layer 290 of the first to the inner surface 288 of the layer 290 in addition to the direction of the distal sterile barrier 258 of the axial force sterile barrier 258 deforming. 第1の層290の変形部291は、変形又は歪力を滅菌バリヤ258の第2の層292に加える。 Deformation portion 291 of the first layer 290 adds a deformation or stress in the second layer 292 of the sterilization barrier 258. 滅菌バリヤの第2の層は、第1の層290よりも低い引張強度を有するよう構成されている。 A second layer of sterile barrier is configured to have a lower tensile strength than the first layer 290. したがって、第2の層292は、図26に示すように穿刺部材262の遠位端部286により第1の層290に加えられた歪に起因して第1の層290よりも前に破損する。 Thus, the second layer 292 is broken before the first layer 290 due to the strain applied to the first layer 290 by the distal end 286 of the piercing member 262 as shown in FIG. 26 . 第2の層292が破損した後、第2の層は、図26の矢印294で示すように第1の層290の変形部分291から引っ込む。 After the second layer 292 is damaged, the second layer, retracts from a deformable portion 291 of the first layer 290 as shown by arrow 294 in FIG. 26. 第1の層290の内面288及び外面296が第2の層292の破損前に滅菌状態である限り、穿刺部材262は、第1の層が最終的にいったん破損して穿刺部材が第1の層290を通過しているときでも滅菌状態のままである。 Unless the inner surface 288 and outer surface 296 of the first layer 290 is sterile before breakage of the second layer 292, the piercing member 262, the first layer is finally once punctured member is first broken it remains sterile even when passing through the layer 290. かかる多層滅菌バリヤ258を本明細書において説明する実施形態のうちの任意のものに用いることができる。 It can be used in any of the embodiments described such multilayer sterile barrier 258 herein. 多層滅菌バリヤ258は又、3以上の層を有してもよい。 Multilayer sterilization barrier 258 may also have three or more layers.

図27及び図28を参照すると、駆動部材300の実施形態がドライバ302に結合されており、駆動部材300は、駆動部材300が穿刺部材に接触するようにするために、ランセット切開サイクル中、穿刺部材スロット252の滅菌バリヤ258を切断するよう構成された鋭利な縁部306を備えた切断部材304を有している。 Referring to FIGS. 27 and 28, an embodiment of the drive member 300 is coupled to a driver 302, drive member 300, to the driving member 300 is brought into contact with the piercing member, during lancing cycle, puncture and a cutting member 304 having a sharp edge 306 that is configured to disconnect the sterile barrier 258 of the member slot 252. 切断部材304に設けられた任意使用の係止ピン308は、ランセット切開サイクル中、駆動部材300と一緒の切断部材304の遠位側への運動を阻止するために、ベースプレートの頂面310に係合するよう形作られたものであるのがよい。 Any use of the engaging pins 308 provided on the cutting member 304 during lancing cycle, to prevent distal movement of the combined cutting member 304 and the driving member 300, engages the top surface 310 of the base plate It may be from which has been shaped to focus.

図29及び図30は、穿刺部材スロットの遠位端部320のところに設けられた傾斜部分318を有する穿刺部材スロット316の実施形態を縦断面で示している。 29 and 30 show an embodiment of a penetrating member slot 316 having inclined portions 318 at the distal end 320 of the piercing member slot in longitudinal section. 駆動部材322が、部分的に穿刺部材スロット316内に位置した状態で示されている。 Drive member 322 is shown in a state of being positioned partially penetrating member slot 316. 駆動部材322の遠位端部326のところに、ランセット切開サイクル中、滅菌バリヤ328を切断する切れ刃324が設けられている。 At the distal end 326 of the drive member 322, in the lancing cycle, the cutting edge 324 is provided for cutting the sterile barrier 328. 図30は、ランセット切開サイクル中、滅菌バリヤ328を切断する切れ刃324を示しており、切断された滅菌バリヤ328は、切れ刃324から剥離する。 Figure 30 during lancing cycle, shows a cutting edge 324 for cutting the sterile barrier 328, a sterile barrier 328 is disconnected, detached from the cutting edge 324.

図31〜図34は、穿刺部材カートリッジのベースプレート330に設けられた駆動部材スロットを示しており、駆動部材スロットの少なくとも一部は、駆動部材スロットの底部のところよりもベースプレートの頂面のところの方が横方向寸法の大きなテーパ付き開口部を有している。 FIGS. 31 34 show a driving member slot provided in the base plate 330 of the piercing member cartridge, the drive member slot at least in part, of the driving member slot bottom where the top surface of the base plate than at the it is has a larger tapered opening of transverse dimension. 図31は、穿刺部材スロット332を備えたベースプレート330を示しており、この穿刺部材スロット332は、穿刺部材スロット332の長さ全体に沿ってベースプレート330の頂面336の入力部334のところがテーパしている。 Figure 31 shows a base plate 330 having a piercing member slot 332, the piercing member slot 332, along the entire length of the piercing member slot 332 is tapered at the input portion 334 of top surface 336 of the base plate 330 ing. かかる形態では、穿刺部材スロットと駆動部材スロット(図示せず)は、スロット332の長さ全体に沿って互いに連通すると共に連続している。 In such form, (not shown) penetrating member slot and the drive member slot is continuous communicated with each other along the entire length of the slot 332. 任意使用の変形例として、図32及び図33に示すようなベースプレート338は、駆動部材スロット340を有するのがよく、この駆動部材スロットは、対応関係にある穿刺部材スロット342から軸方向に分離されている。 As a modification of any use, the base plate 338 as shown in FIGS. 32 and 33, has a driving member slot 340 well, the driving member slot is separated from the puncture member slot 342 in the corresponding relationship in the axial direction ing. この形態では、駆動部材スロット340は、テーパ付き形態を有するのがよく、穿刺部材スロット342は、まっすぐな壁を備えた形態を有するのがよい。 In this embodiment, the driving member slot 340 may have a tapered form, the penetrating member slot 342 can include a form having a straight wall. 加えて、この形態は、図34に示すようにベースプレート346の波形実施形態に使用できる。 In addition, this embodiment can be used in the waveform embodiment of the base plate 346 as shown in FIG. 34. 図34においては、駆動部材348は、駆動部材スロット350内に配置されている。 In Figure 34, the drive member 348 is disposed on the drive member slot 350 within. 穿刺部材接触面352が、駆動部材348上に設けられている。 Piercing member contact surface 352 is provided on the drive member 348. 接触面352は、駆動部材348と駆動部材スロット350の横方向位置合わせを容易にするテーパ付き形態を有する。 The contact surface 352 has a tapered form to facilitate the lateral positioning of the drive member 348 and the driving member slot 350.

図35〜図37は、穿刺部材カートリッジ360及び駆動部材362の実施形態を示しており、かかる実施形態では、駆動部材362は、穿刺部材シャフト366を把持するよう構成された異形ジョー364を有している。 FIGS. 35 37 shows an embodiment of a penetrating member cartridge 360 ​​and the drive member 362, in such an embodiment, the drive member 362 has a profiled jaws 364 configured to grip the piercing member shaft 366 ing. 図35においては、駆動部材362及び穿刺部材シャフト366は、異形ジョー364が穿刺部材シャフト366の周りに配置された状態で横断面で示されている。 In Figure 35, the drive member 362 and the penetrating member shaft 366, profiled jaws 364 are shown in cross section in a state of being disposed around the penetrating member shaft 366. ピボット点368が、異形ジョー364と駆動部材362に設けられたテーパ付き圧縮スロット370との間に設けられている。 Pivot point 368 is provided between the tapered compression slot 370 provided in the profiled jaws 364 and drive member 362. 圧縮ウェッジ372が、テーパ付き圧縮スロット370内に位置した状態で示されている。 Compression wedge 372 is shown in a state of being positioned in tapered compression slot 370. 圧縮ウェッジ372を矢印374で指示するように圧縮スロット370内へ挿入することにより、異形ジョー364は矢印376で指示するように穿刺部材シャフト366の周りに閉じてこれを把持するようになる。 By inserting a compressed wedge 372 into the compression slot 370 as indicated by arrow 374, profiled jaws 364 come to grip it closes around the piercing member shaft 366 as indicated by arrow 376.

図36は、駆動部材362を穿刺部材カートリッジ360に設けられた穿刺部材スロット378内で穿刺部材シャフト366の周りの定位置で示している。 Figure 36 shows in place around the penetrating member shaft 366 to the drive member 362 in the piercing member cartridge within penetrating member slots 378 provided in the 360. 駆動部材を他の駆動部材及びドライバ実施形態に関して上述した方法で作動させることができる。 The driving member can be operated by the other drive member and the method described above with respect to the driver embodiment. 図37は、穿刺部材スロット378内に配置された穿刺部材シャフト366の縦断面立面図である。 Figure 37 is a longitudinal sectional elevational view of the penetrating member shaft 366 which is disposed in the puncture member slot 378. 矢印380,382は、一般的なやり方で、ランセット切開サイクル中における駆動部材362の辿る経路を示している。 Arrows 380, 382 is a common practice, it shows a path followed the driving member 362 during lancing cycle. ランセット切開サイクル中、駆動部材は、任意使用の滅菌バリヤ(図示せず)を通って矢印380で指示されているように穿刺部材スロット387内へ下降する。 During lancing cycle, the drive member is lowered to any use of the sterile barrier within the piercing member slot 387 as through a (not shown) is indicated by arrow 380. 次に、駆動部材の異形ジョーは、穿刺部材シャフト366周りをクランプし、遠位側方向に前方へ動いて穿刺部材を矢印382で指示されているように患者の皮膚中へ駆動する。 Next, variant jaw of the drive member clamps around penetrating member shaft 366, and drives the distal side moves forward into a patient in the skin as indicated piercing member by the arrow 382.

図38及び図39は、使用済み穿刺部材カートリッジ396を取り出して新しい穿刺部材カートリッジ398を挿入できるようにするため、穿刺部材カートリッジキャビティ394を露出させるよう開くことができる蓋392を備えたランセット切開装置390の一部を示している。 38 and 39, in order to take out the used piercing member cartridge 396 to be able to insert a new penetrating member cartridge 398, a lancing device having a lid 392 that can be opened to expose the piercing member cartridge cavity 394 It shows a part of the 390. ボタン400を矢印402で指示された方向に押し下げることにより、駆動部材404がピボット点406周りのレバー動作により穿刺部材カートリッジ396の表面から持ち上げられる。 By depressing button 400 in the direction indicated by arrow 402, the drive member 404 is lifted from the surface of the penetrating member cartridge 396 by the lever motion about pivot point 406. 蓋392を持ち上げることにより、レバーアーム408が矢印410で指示された方向に作動され、それにより引張力が矢印414で指示された方向でケーブル412に加えられる。 By lifting the lid 392 is actuated in the direction in which the lever arm 408 is indicated by arrow 410, whereby tension is applied to the cable 412 in the direction indicated by arrow 414. この動作により、駆動部材が穿刺部材カートリッジ396から引き戻されて穿刺部材カートリッジ396をランセット切開装置390から取り出すことができるようになる。 By this operation, the drive member comes to the penetrating member cartridge 396 is pulled back from the puncture member cartridge 396 can be removed from lancing device 390. 次に、新しい穿刺部材カートリッジ398をランセット切開装置390内へ挿入することができ、そして駆動部材404を穿刺部材カートリッジ398の上方で動作位置に位置決めするために上述の段階を逆の順序で実施する。 Then, a new penetrating member cartridge 398 can be inserted into the lancing device 390, and the steps described above carried out in reverse order to position the operative position the driving member 404 above the puncture member cartridge 398 .

図40及び図41は、穿刺部材カートリッジ420を示しており、この穿刺部材カートリッジ420は、穿刺部材カートリッジ420の頂側部424及び底側部426に穿刺部材スロット424を有している。 40 and 41 shows a piercing member cartridge 420, the puncture member cartridge 420 has a piercing member slots 424 on the top side 424 and bottom side 426 of the piercing member cartridge 420. これにより、直径Dの穿刺部材カートリッジ420は、使用のために、同一直径Dの片面式穿刺部材カートリッジの2倍の数の穿刺部材を貯蔵できる。 Thereby, the piercing member cartridge 420 of diameter D, for use, capable of storing twice the number of piercing members of one side lancing member cartridge of the same diameter D.

図42〜図44は、穿刺部材カートリッジ430の端面図及び斜視図であり、この穿刺部材カートリッジ430は、穿刺部材カートリッジ430の波形面434で形成された複数の穿刺部材スロット432を有している。 FIGS. 42 44, an end view and a perspective view of the penetrating member cartridge 430, the puncture member cartridge 430 includes a plurality of puncturing members slot 432 formed in the corrugated surface 434 of the piercing member cartridge 430 . 穿刺部材430は、穿刺部材カートリッジ430の両面に設けられている。 Piercing member 430 is provided on both sides of the penetrating member cartridge 430. 滅菌バリヤ438が、図44では穿刺部材スロット432を覆って設けられた状態で示されている。 Sterile barrier 438 is shown in a state which is provided to cover the penetrating member slot 432 in FIG. 44.

図45〜図48は、穿刺部材440及び駆動部材442の実施形態を示しており、かかる実施形態では、穿刺部材440は、穿刺部材シャフト446に設けられた横方向スロット444を有し、駆動部材442は、穿刺部材シャフト446の横方向スロット444と嵌合するよう形作られた突起448を有している。 FIGS. 45 48 shows an embodiment of a penetrating member 440 and the drive member 442, in such an embodiment, the piercing member 440 has a transverse slot 444 provided in the piercing member shaft 446, the drive member 442 has a protrusion 448 that is shaped to mate with lateral slots 444 of the piercing member shaft 446. 図45は、穿刺部材シャフト446の横方向スロット444のテーパ付き形態と一致したテーパ付き形態を有する突起448を示している。 Figure 45 shows a protrusion 448 having a tapered form that matches the tapered form of transverse slots 444 of the piercing member shaft 446. 図46は突起が図46に示す横方向スロット444のまっすぐな壁付き側部に一致するよう形作られたまっすぐな壁付き側部を有する任意的な変形実施形態を示している。 Figure 46 shows an optional variant embodiment having a straight walled side that is shaped so that the projections matches the straight walled sides of the transverse slot 444 shown in FIG. 46. 図47は、突起448の端部と穿刺部材シャフト446の横方向スロットの底部との間に端部隙間450を空けるよう形作られたテーパ付き突起448を示している。 Figure 47 shows a tapered protrusion 448 that is shaped so as to free the end gap 450 between the bottom of the transverse slot end and piercing member shaft 446 of the protrusions 448.

図48は、駆動部材442を穿刺部材シャフト446に係止する機構452を示しており、この機構452は、レバーアーム454を有し、このレバーアーム454は、その第1の端部458に設けられていて、駆動部材442の案内スロット459内に位置する任意使用の軸受456を備えている。 Figure 48 is a driving member 442 shows a mechanism 452 for locking the puncture member shaft 446, the mechanism 452 includes a lever arm 454, the lever arm 454 is provided at the first end 458 thereof optionally be provided with an optional use of a bearing 456 located in the guide slot 459 of the drive member 442. レバーアーム454は、レバーアーム454の第1の端部458とレバーアーム454の第2の端部462との間に位置するピボット点460を有する。 Lever arm 454 has a pivot point 460 located between the second end 462 of the first end portion 458 and the lever arm 454 of the lever arm 454. 付勢力が、ばね部材464によってレバーアーム454の第2の端部462に加えられ、このばね部材464は、レバーアーム454の第2の端部462とベースプレート466との間に設けられている。 The biasing force is added to the second end 462 of the lever arm 454 by the spring member 464, the spring member 464 is provided between the second end portion 462 and the base plate 466 of the lever arm 454. 矢印468によって指示された方向における付勢力は、駆動部材442の穿刺部材接触面470を穿刺部材446の外面に押し付け、更に、駆動部材442の突起448を穿刺部材シャフト464の横方向スロット444に押し込む。 Biasing force in the direction indicated by the arrow 468, the piercing member contact surface 470 of the drive member 442 pressed against the outer surface of the piercing member 446 further pushes the projection 448 of the drive member 442 in the transverse slot 444 of the piercing member shaft 464 .

次に図49を参照して、複数の個々に動くことができる穿刺部材(図示せず)を収容するのに適した交換可能なカートリッジ500の別の実施形態を詳細に説明する。 Referring now to FIG. 49, illustrating another embodiment of a replaceable cartridge 500 suitable for accommodating a piercing member (not shown) which can be moved into a plurality of individual detail. カートリッジ500は、面取りされた外周部を備える状態で示されているが、カートリッジ500について面取りの度合いの少ない及び面取りされていない実施形態も又、本明細書において開示する本発明の任意の実施形態に使用可能に改造できる。 Cartridge 500 is shown in a state with a chamfered outer peripheral portion, the embodiment for the cartridge 500 is not less and chamfering of the degree of chamfer also any embodiment of the present invention disclosed herein can be used it can be remodeled to. カートリッジに摺動自在に結合された穿刺部材は、従来型ランセットで見られるような外側成形部品又は本体部品を備えていないむき出しのランセット又はむき出しの細長い部材であるのがよい。 Slidably coupled piercing member cartridge is good is a bare lancet or bare elongate member which is not provided with an outer molded part or body parts, such as found in conventional lancet. むき出し設計により、コストが軽減されると共に本発明に用いられる穿刺部材の製造が簡単になる。 The bare design, manufacture of the piercing member used in the present invention the cost is reduced is simplified. 穿刺部材は、引っ込み自在であり、再使用できないようカートリッジ内に保持できる。 Piercing member can freely retracted, can be held in the cartridge so that can not be reused. カートリッジは、穿刺部材をいったん全て用いると、新しいカートリッジと交換可能である。 Cartridge, using once all piercing member can be replaced with a new cartridge. ランセット又は穿刺部材は、かかる廃棄物と患者との接触の恐れを最小限に抑えるよう使用済みカートリッジ内に完全に収納できる。 Lancet or lancing member can completely accommodated in the used cartridge to reduce the risk of contact with such waste and the patient to a minimum.

図49で理解できるように、カートリッジ500は、穿刺部材を収容する複数のキャビティ501を有するのがよい。 As can be seen in Figure 49, the cartridge 500 can include a plurality of cavities 501 for accommodating the piercing member. この実施形態では、キャビティ501は、キャビティと関連した長手方向開口部502を有するのがよい。 In this embodiment, the cavity 501 may have a longitudinal opening 502 associated with the cavity. キャビティ501は、穿刺部材がカートリッジから半径方向外方に出ることができるようにする側方開口部503を更に有するのがよい。 Cavity 501 may also include a side opening 503 which piercing member to be able to exit radially outwardly from the cartridge. 図49で理解されるように、キャビティの半径方向部分の幅を狭くするのがよい。 As seen in Figure 49, it is preferable to narrow the width of the radial portion of the cavity. この幅の狭い領域の上方部分も又、頂部505を閉鎖して図50に示すように密閉開口部506を画定するよう密封され又はスエージ加工されたものであるのがよい。 The upper portion of the narrow this width region also may be from those that are sealed or swaged to by closing the top 505 defining an enclosed opening 506 as shown in FIG. 50. 幅の狭い領域504は、開口頂部形態を保持するのがよいが、このようにするかどうかは任意である。 Narrow region 504 width is better to hold the open top form, whether this is optional. ただし、幾つかの実施形態では、隙間を覆う箔は壊されず、穿刺部材は持ち上がり又は上方に延びてカートリッジから出るのが阻止される。 However, in some embodiments, the foil covering the gap is not broken, the piercing member is from leaving the cartridge extends lifted or upwardly is prevented. 幅の狭い部分504は、穿刺部材の軸受及び(又は)案内としての役目を果たすことができる。 Narrow portion 504 of the width, can serve as a bearing and (or) guiding the piercing member. 図51は、開口部506が種々の形状、例えば円形、矩形、3角形、6角形、正方形又は上述の形状の任意のもの又は全ての組合せを有することができることを示しているが、これら形状には限定されない。 Figure 51 is a variety of shapes opening 506, for example, circular, rectangular, triangular, hexagonal, and have shown that can have any or all combinations of square or above shape, these shapes It is not limited. 他の超小型流体素子、毛管等の開口部507(想像線で示されている)も又、開口部506のすぐ近くに設けるのがよい。 Other microfluidic devices, opening 507 of the capillary such as (shown in phantom) may also preferably provided in the immediate vicinity of the opening 506. 幾つかの任意的な実施形態では、かかる開口部507は、開口部506を同心状又は他の形態で包囲するよう形作られたものであるのがよい。 In some optional embodiments, such apertures 507 may be between which has been shaped to surround the openings 506 in concentric or other form.

次に図52を参照してカートリッジ500の裏面を詳細に説明する。 Referring now to FIG. 52 illustrating the back surface of the cartridge 500 in detail. この図は、一つのカートリッジ500に設けられた多くの特徴を示している。 This figure shows many of the features provided in one cartridge 500. カートリッジは、これら特徴のうち幾つか又は全てを含んでもよく、或いはこれら特徴を全く含まなくてもよく、これら特徴は、図示しやすいよう図52に示されている。 The cartridge may include some or all of these features, or may not include these features at all, these features are shown in Figure 52 to easily illustrated. 裏面は、カートリッジを適当に位置決めして穿刺部材グリッパに係合すると共に(或いは)前進装置(図56B及び図56Cに示されている)がカートリッジ500を回転することができるようにする目的で内周部の近くに凹み又は穴510を有するのがよい。 Back side, the inner purpose of the cartridge by appropriately positioned with engages the piercing member gripper (or) advancement device (shown in FIG. 56B and FIG. 56C) to be able to rotate the cartridge 500 It may have a recess or hole 510 near the periphery. 凹み又は穴511をカートリッジ500の裏面上の種々の位置に沿って形成するのがよく、これら凹み又は穴は、種々の形状、例えば円形、矩形、3角形、6角形、正方形又は上述の形状のうち任意のもの又は全ての組合せを取ることができる。 Depressions or holes 511 well from forming along various positions on the rear surface of the cartridge 500, these indentations or holes of various shapes, for example circular, rectangular, triangular, hexagonal, square or above shape out any or all combinations can take. また、カートリッジの位置合わせ及び(又は)回転を助けるために切欠き512をカートリッジ500の内面に沿って形成するのがよい。 Further, the alignment of the cartridge and (or) a notch 512 to aid in rotation preferably formed along the inner surface of the cartridge 500. 当然のことながら、これら特徴のうちの幾つかも又、穿刺部材を収容したキャビティ501によって占められていない領域でカートリッジの上側に設けてもよい。 Of course, some of these features may also be provided on the upper side of the cartridge in the area not occupied by the cavity 501 accommodating the piercing member. また、切欠き513をカートリッジの外周部に沿って設けてもよい。 It is also possible to provide a notch 513 along the outer periphery of the cartridge. これら切欠き513を用いると、過剰な材料を滅菌バリヤ28(図示せず)から集めることができ、かかる過剰材料を用いてカートリッジの傾斜部分514を覆うことができる。 With these notches 513, it is possible to collect excess material from the sterile barrier 28 (not shown) can cover the inclined portion 514 of the cartridge using such excess material. 本実施形態では、カートリッジは、平らな頂面及び外部の周りに設けられた傾斜面を有する。 In this embodiment, the cartridge has an inclined surface provided on the flat top surface and external circumference. 箔型滅菌バリヤを傾斜面上に溶着させることにより、箔は、45°の状態にある表面の変化により折り重なる。 By fusing the foil-type sterilization barrier on the inclined surface, the foil folds by changes in the surface in the state of 45 °. これにより、過剰の材料が生じる。 Thus, excess material is produced. 溝又は切欠き513は、その過剰材料の場所として設けられる。 Out groove or notch 513 is provided as the location of the excess material. 箔は、45°の傾斜面を横切って材料をピンと引き伸ばすことができる溝513内へ嵌まり込む。 Foil, fits into the groove 513 can be stretched material pin and across the inclined surface of 45 °. この実施形態では、この表面は45°の角度状態にあるよう示されているが、他の角度も使用できる。 In this embodiment, this surface is shown as in the angular position of 45 °, other angles can be used. 例えば表面は、水平に対し約3°〜90°の間の任意の角度状態であってよい。 For example the surface may be any angular position between about 3 ° to 90 ° to the horizontal. 幾つかの実施形態では、表面を正方形にしてもよい。 In some embodiments, it may be a surface in a square. 表面の面取りを行なわなくてもよい。 The beveled surface may not be performed. 表面は又、湾曲した表面であってもよく、或いは、種々の傾斜面、湾曲した表面及びまっすぐな表面の組合せ或いは上述のうちの幾つか又は全ての任意の全ての組合せであってよい。 Surface also may be a curved surface, or a variety of inclined surfaces or may be a combination or some or all of any all combinations of the aforementioned curved surface and a straight surface.

次に、図53及び図54を参照してカートリッジ500を割出し、穿刺部材を作動させるシーケンスについて以下に説明する。 Next, indexing the cartridge 500 with reference to FIGS. 53 and 54, will be described below the sequence for actuating the piercing member. 本明細書に記載する幾つかの段階を本発明の精神から逸脱することなく互いに組み合わせることができ又は順序を変更することができる。 Can be changed can be or the order be combined with each other without departing from the several steps as described herein from the spirit of the present invention. これら段階のシーケンスは、穿刺部材をドライバ上に装填するよう本発明に用いられる垂直及び水平運動を提供する。 Sequence of these steps provide a vertical and horizontal movement used in the present invention so as to load the piercing member on the driver.

上述したように、カートリッジの各キャビティを個々に箔カバー又は滅菌エンクロージャ材料で密封して使用時点まで又は使用直前まで滅菌性を維持するのがよい。 As described above, it is preferable to maintain the sterility of each cavity of the cartridge or until just before use to seal to the point of use in individual foil cover or sterile enclosure material. 本実施形態では、穿刺部材は、作動直前にこれらの滅菌環境から解放され、使用のためにランチャー機構上に装填される。 In the present embodiment, the piercing member is released from these sterile environment immediately before operation, are loaded onto the launcher mechanism for use. 穿刺部材を発射に先立って滅菌環境から解放することにより、滅菌エンクロージャ材料を穿刺する必要なく本実施形態の穿刺部材を作動させることができる。 By releasing from the sterile environment prior to penetrating member to the firing, it is possible to operate the piercing member without the need embodiment puncturing the sterile enclosure material. なお、滅菌エンクロージャ材料を穿刺すると、それにより穿刺部材の先端部がなまくらになり又は穿刺部材が標的組織に向かって移動しているときに汚染要因物が穿刺部材に付着する場合がある。 Incidentally, when puncturing the sterile enclosure material, whereby there is a case where contaminants may adhere to the puncturing member when the distal end portion becomes dull or the puncture member of the piercing member is moved toward the target tissue. この目的を達成するために種々の方法を利用することができる。 Various ways to achieve this objective can be utilized.

図53Aは、穿刺部材解放装置の一実施形態を示しており、この解放装置は、この実施形態では、説明を容易にするために透視図で示されたパンチプレート520である。 Figure 53A illustrates one embodiment of a penetrating member release device, the release device, in this embodiment, a punch plate 520 shown in phantom for ease of explanation. パンチプレート520は、長手方向開口部502を覆う滅菌材料を穿刺する第1の部分521及び側方開口部503を覆う材料を穿刺する第2の部分522を有するのがよい。 Punch plate 520 can include a second portion 522 to puncture the material covering the first portion 521 and lateral opening 503 to puncture the sterile material covering the longitudinal opening 502. スロット523により、穿刺部材グリッパは、パンチプレート520を通過してカートリッジ500内に収容されている穿刺部材に係合することができる。 The slots 523, penetrating member gripper can engage the piercing member passes through the punch plate 520 are accommodated in the cartridge 500. パンチプレートの第2の部分522は、約45°の勾配で傾斜した滅菌バリヤに係合するよう下へ延びている。 Second portion 522 of the punch plate extends downward to engage the sterile barrier inclined at a gradient of about 45 °. 当然のことながら、バリヤの勾配は様々であってよい。 It will be appreciated that the gradient of the barrier may vary. パンチプレート部分522は先ず最初に、前側ポケット滅菌バリヤの後部に接触し、下に行くにつれて、亀裂が各側部を下って走り、バリヤは、前側キャビティの底部まで押し下げられる。 Punch plate portion 522 First of all, as in contact with the rear of the front pocket sterile barrier, go down, running crack down each side, the barrier is pushed down to the bottom of the front cavity. 最初にパンチ部分522と接触したバリヤの後縁部は、ちぎれてバリヤが押し下げられて、実質的に邪魔にならないところへ離れる。 Rear edge of the first barrier in contact with the punch portion 522 barrier is depressed torn away to a place that does not substantially disturb. これら特徴は、図53Bでより明らかに理解できる。 These features can be more clearly seen in Figure 53B. パンチ部分521は、中心線の下に位置するブレード部分を有するのがよい。 Punch portion 521 can include a blade portion located below the center line. パンチが下降すると、そのブレードは、キャビティの中心と整列し、滅菌バリヤを2つの部分に切断する。 When the punch is lowered, the blade is aligned with the center of the cavity, cutting the sterilized barrier into two parts. すると、パンチ521の幅の広い部分はバリヤを下に押してこれらがキャビティの側部に平行に整列するようになる。 Then, wide portion of the punch 521 by pressing the barrier under these so aligned parallel to the sides of the cavity. これにより、キャビティの長手方向開口部全体にわたるグリッパの完全且つ邪魔の無い経路が得られる。 Thus, complete and without disturbing the path of the gripper across longitudinal opening of the cavity is obtained. 加えて、図53B及び図54Aで理解されるように、複数の突起524が、パンチプレート520及びカートリッジプッシャ525の打抜き及び他の垂直運動を順番付けするカム(図55A)に係合するよう配置されている。 In addition, as seen in Figure 53B and Figure 54A, a plurality of projections 524, to engage the cam (Fig. 55A) for attaching sequentially punching and other vertical movement of the punch plate 520 and the cartridge pusher 525 disposed It is. 駆動シャフト526は、穿刺部材527を作動させるために用いられる力発生器(図示せず)を形成する。 The drive shaft 526 is formed a force generator which is used to actuate the piercing member 527 (not shown).

次に図54A〜図54Fを参照すると、穿刺部材の解放及び装填は、以下の順序で達成される。 Referring now to FIG 54A~ Figure 54F, release and loading of the piercing member is achieved in the following order. 図54Aは、汚れたむき出しの穿刺部材527が穿刺部材グリッパ530内に保持された状態の解放及び装填機構を休止状態で示している。 Figure 54A is a bare penetrating member 527 indicates the release and loading mechanism in a state of being retained within the piercing member gripper 530 dormant dirty. これは、ランセット切開処置相互間の装置の状態である。 This is the state of the device between the lancing action other. 患者が別のランセット切開処置を開始する時間になると、実際のランセット切開処置の直前に、使用済み穿刺部材を取り除き、新しい穿刺部材を装填する。 When it is time for the patient to initiate another lancing treatment, just before the actual lancing treatment removes the spent piercing member, to load a new piercing member. 患者は、プロセスを開始させるよう設定レバー又はスライダを作動させることにより新しい穿刺部材の装填を開始する。 Patients starts loading of a new piercing member by operating the setting lever or slider so as to start the process. 設定レバーは、パンチプレート520及びカートリッジプッシャ525を動かすカム(図55A参照)を回転させるよう機械的に動作することができる。 Setting lever can be operated mechanically to rotate the cam (see FIG. 55A) to move the punch plate 520 and the cartridge pusher 525. スライダを連係させてカートリッジの回転を生じさせるようにするために種々の機構を利用することができる。 Can utilize various mechanisms to cause coordinates the slider to cause rotation of the cartridge. 他の実施形態では、ステップモータ又は他の原動機、例えば空気圧アクチュエータ、油圧アクチュエータ等(これらには限定されない)を用いて装填シーケンスを進める。 In other embodiments, advancing the loading sequence with the step motor or other prime mover, such as a pneumatic actuator, a hydraulic actuator or the like (but not limited to).

図54Bは、穿刺部材グリッパ530の一実施形態を詳細に示している。 Figure 54B shows an embodiment of a penetrating member gripper 530 in detail. 穿刺部材グリッパ530は、穿刺部材に接触する脚部の内側に沿って鋭利な縁部を備えた音叉の形態をしているのがよい。 Penetrating member gripper 530, it is preferable along the inside of the leg portion in contact with the piercing member has a fork form with a sharp edge. 幾つかの実施形態では、穿刺部材に切欠き又は凹部を設け、或いは他の形状にして穿刺部材グリッパを受け入れるようにするのがよい。 In some embodiments, a notch or recess in the puncture member is provided, or it is preferable to accept penetrating member gripper with other shapes. グリッパ530を穿刺部材上に押し下げると、脚部は、弾性的に広がって開き、それにより穿刺部材との摩擦グリップ、例えばアタッチメントが成形されておらず又は取り付けられていないむき出しの細長いワイヤ(これには限定されない)を作る。 Depressing the gripper 530 on the piercing member, the legs, opened spread elastically, whereby the friction grip of the piercing member, bare elongate wire (to, for example, the attachment is not installed or not molded make is not limited). 幾つかの実施形態では、穿刺部材は、追加のアタッチメントが成形されず、くっ付けられず、膠着されず、或いは穿刺部材に追加されていない均質材料で作られる。 In some embodiments, the piercing member, the additional attachment is not formed, not attached Ku is not sticking, or made of a homogeneous material that is not added to the piercing member.

幾つかの実施形態では、グリッパ530は、穿刺部材の側部に切り込むことができる。 In some embodiments, the gripper 530 can be cut into the side of the piercing member. 穿刺部材の一実施形態では、幅が約300ミクロンであるのがよい。 In one embodiment of the piercing member, it is preferable width of about 300 microns. ナイフエッジにより穿刺部材の側部に形成された溝は、深さが約5〜10ミクロンのオーダーのものであり、極めて細い。 Grooves formed on the side of the piercing member by the knife edge is intended depth of the order of about 5-10 microns, very thin. この特定の実施形態では、ナイフエッジにより、装置は、穿刺部材を細長い穿刺部材の長手方向軸線に沿ってグリッパから取り出すための力と比較して、僅かな挿入力でグリッパを穿刺部材上に載せることができる。 In this particular embodiment, the knife edge, the apparatus, as compared with the force for withdrawing from the gripper along the piercing member in the longitudinal axis of the elongate piercing member, placing the gripper onto the piercing member with a small insertion force be able to. かくして、作動中に穿刺部材が離脱する恐れが減少する。 Thus, the piercing member may decrease to disengaged during operation. グリッパ530は、種々の材料、例えば、硬さを増大させるよう熱処理された高強度炭素鋼、セラミック、ダイヤモンド膜を備えた基材、複合強化プラスチック、エラストマー、ポリマー及び焼結金属(これらには限定されない)で作られたものであるのがよい。 Gripper 530, various materials, for example, high strength carbon steel heat treated to increase the hardness, ceramic, substrate with a diamond film, a composite reinforced plastics, elastomers, limited to polymers and sintered metal (these better to those made with non) is. 加えて、鋼を表面処理するのがよい。 In addition, it is preferable to surface treatment steel. グリッパ130は、ソレノイド又は他のドライバに対する摩擦効力が小さな高い把持力を有するのがよい。 Gripper 130 can include a friction effect against the solenoid or other drivers small high gripping force.

図54Cで理解されるように、シーケンスは、パンチプレート520を押し下げることで始まる。 As seen in Figure 54C, the sequence begins with depressing the punch plate 520. この結果、次の滅菌キャビティ532が開く。 As a result, it opens the next sterilization cavity 532. 或る実施形態では、パンチプレート520のこの運動の結果として、汚れた状態の穿刺部材が再び用いられるのを阻止するようかかる汚れた穿刺部材の圧着も又得られる。 In one embodiment, as a result of this movement of the punch plate 520, the piercing member in a state in which dirty is obtained also be crimped in such a dirty piercing member to prevent the used again. この圧着は、パンチプレートに設けられた突起が穿刺部材を曲げ又は穿刺部材をカートリッジに設けられた溝の中に押し込むことに起因して得られ、このカートリッジの溝は、穿刺部材を締り嵌めにより定位置に保持する。 This crimping is projection provided on the punch plate is obtained due to being pushed into the grooves provided for bending or piercing member penetrating member to the cartridge, the groove of the cartridge by the puncturing member interference fit held in place. 図53B及び図54Cで理解されるように、パンチプレート520は、カートリッジに設けられた長手方向開口部502及び側方開口部503に入り込むよう形作られた突起又はパンチを有する。 As seen in Figure 53B and Figure 54C, the punch plate 520 has a projection or punches shaped to enter the longitudinal opening 502 and lateral opening 503 provided in the cartridge. キャビティ532を開放するパンチの第1の部分521は、先ず最初に滅菌バリヤを穿孔し、次に滅菌エンクロージャ材料を長手方向開口部502の側部に向かって押し、圧縮し又は動かす。 The first portion 521 of the punch to open the cavity 532, first puncturing the sterile barrier, then press the sterile enclosure material toward the sides of the longitudinal opening 502, compressed or moved. パンチの第2の部分522は、滅菌バリヤを側方開口部又は穿刺部材出口503のところで押し下げて穿刺部材がこれを組織部位に向かって作動させても材料を穿孔しないようにする。 Second portion 522 of the punch, to avoid piercing member this sterile barrier depress at the side opening or piercing member exit 503 drilled material be actuated toward the tissue site.

次に図54Dを参照すると、カートリッジプッシャ525は、カム550(図示せず)と係合し、カートリッジ500を押し下げ始める。 Referring now to FIG. 54D, the cartridge pusher 525 engages a cam 550 (not shown), starts to push down the cartridge 500. パンチプレート520も又、カートリッジをその最大下向き位置に押し下げるまでカートリッジ500と共に下向きに移動するのがよく、その間、穿刺部材グリッパ530は、垂直方向に静止したままである。 Punch plate 520 also may move the cartridge downward with the cartridge 500 to depress its maximum downward position, during which the penetrating member gripper 530, remains stationary in the vertical direction. 穿刺部材グリッパ530から遠ざかるこの共同的下向き運動により、穿刺部材は、グリッパから取り外されることになる。 This collaborative downward motion away from the penetrating member gripper 530, the piercing member will be removed from the gripper. パンチプレート520は本質的に、突起534(図55A)で穿刺部材を押し、穿刺部材をカートリッジと共に保持し、他方、カートリッジ500及びパンチプレート520を下降させて穿刺部材グリッパ530から離し、この穿刺部材グリッパは、この実施形態では垂直方向静止状態のままである。 Punch plate 520 is essentially press piercing member with protrusions 534 (FIG. 55A), a piercing member retained with the cartridge, while away from the penetrating member gripper 530 lowers the cartridge 500 and the punch plate 520, the piercing member gripper, in this embodiment it remains vertical stationary. これにより、カートリッジがグリッパに対して移動しているときに使用済み穿刺部材がグリッパ530(図54D)から突き出る。 Thus, the used piercing member when the cartridge is moved relative to the gripper protrudes from the gripper 530 (Figure 54D).

この時点で、図54Eに示すように、パンチプレート520は、上方に引っ込み、カートリッジ500は、完全に下に押されてグリッパ530を通過する。 At this point, as shown in FIG. 54E, the punch plate 520 is retracted upwardly, the cartridge 500 is fully pushed down through the gripper 530. 障害物が無く、回転自在な位置において、カートリッジ500は、キャビティ532内の新たに解放された滅菌穿刺部材を図54Fで分かるように穿刺部材グリッパ530に整列させる方向で一つのポケット又はキャビティをインクリメントする。 Increment no obstacle, in the rotatable position, the cartridge 500, the one pocket or cavity in a direction to align the newly freed sterile piercing member in the cavity 532 in the puncture member gripper 530 as seen in FIG. 54F to. カートリッジの回転は、図54Aで分かるように、フィンガがカートリッジの穴又は凹み533と嵌合することにより生じる。 Rotation of the cartridge, as seen in FIG. 54A, caused by the fingers holes or depressions 533 and fitting of the cartridge. 幾つかの実施形態では、この凹み533は、カートリッジ500を完全には通過しない。 In some embodiments, the recess 533 does not pass through completely the cartridge 500. 他の実施形態では、これら凹みは、完全に貫通した穴である。 In other embodiments, these indentations are holes completely through. カートリッジは、カートリッジの中心近くの頂面に内径に沿って複数の小さな凹み533を有している。 Cartridge has a plurality of dimples 533 along the inner diameter on the top surface near the center of the cartridge. 一実施形態では、滅菌バリヤは、これら複数の凹み533を覆うことがないよう短く切断されている。 In one embodiment, the sterile barrier is cut so as not to cover the plurality of indentations 533 short. 当然のことながら、これら穴を底部、側部又は他の接近可能な表面に設けてもよい。 Of course, the bottom of these holes may be provided on the sides or other accessible surface. これら凹み533は、2つの目的を持っている。 These indentations 533, has two purposes. 本装置は、1又は複数本の位置決めピン、静止ピン又は動かない他のキー留め特徴を有するのがよい。 The apparatus 1 or a plurality of positioning pins may have a stationary pin or motionless other keying feature. この実施形態では、カートリッジは、グリッパ530が穿刺部材を把持する位置に下降するに過ぎない。 In this embodiment, the cartridge gripper 530 is only lowered to a position to grip the piercing member. カセットを割り出すため、カートリッジをこれらピン又は他のキー留め特徴から持ち上げ、これらのピンの回りに回転させてこれらピン上に落として次の位置にする。 For determining the cassette, a cartridge lifted from the pins or other keying features, dropped onto these pins by rotating around these pins to the next position. 回転装置は、2つのフィンガを用いることによるものであり、一方のフィンガは、静止ツメであり、他方は、摺動フィンガである。 Rotation device is by using two fingers, one finger is stationary claw, the other is a sliding finger. これらは、穴533と嵌合する。 These are fitted with the holes 533. フィンガは、自動的に作動でき又はユーザにより作動可能なスライダにより駆動される。 Fingers are driven by actuable slide by automatically actuated can or user. これは、機械的に、或いは電気又は他の動力供給装置により生じることができる。 This can be caused by mechanical or electrical or other power supply device. 行程の半分で、フィンガは、カートリッジに係合してこの回りに回転することができる。 In half of the stroke, the fingers can engage the cartridge rotates in this direction. より完全な説明は、図56B及び図56Cと関連した説明で理解できる。 A more complete description can be understood by the description made in connection with FIG. 56B and FIG. 56C.

次に、図54Gを参照すると、滅菌穿刺部材が位置合わせされている状態で、カートリッジ500を矢印540で指示するように解放し、これを穿刺部材グリッパ530に接触するよう戻す。 Referring now to FIG. 54G, in a state in which a sterile puncture member are aligned, and releases to indicate the cartridge 500 in an arrow 540, which returns to contact the penetrating member gripper 530. 新たな穿刺部材541をグリッパ530内に挿入すると、もう一度出射する準備ができている。 Upon insertion of the new piercing member 541 in the gripper 530, it is ready to emit again. 発射後、そして本実施形態についてのランセット切開処置相互間で、むき出しのランセット又は穿刺部材541をグリッパ530によって定位置に保持し、穿刺部材がカートリッジ500から偶発的に突き出たり、或いは滑り出るのを阻止する。 After firing, and between lancing treatment mutual for this embodiment, the bare lancet or penetrating member 541 and held in place by a gripper 530, or protruding accidental piercing member from the cartridge 500, or sliding out stop to.

本発明の精神から逸脱することなく変更を上記実施形態に加えることができる。 Changes without departing from the spirit of the present invention can be added to the above-described embodiment. 例えば、穿刺部材541を発射に先立ってカートリッジ500内の停止位置に配置してもよい。 For example, it may be arranged in the stop position in the cartridge 500 prior to penetrating member 541 to the firing. 図55Aで分かるように、穿刺部材をカートリッジの幅の狭い部分542で保持することができ、それにより穿刺部材の近位端部を挟む締り嵌め状態を生じさせる。 As seen in Figure 55A, it is possible to hold the penetrating member in the narrow portion 542 of the width of the cartridge, thereby causing interference fit sandwiching the proximal end of the piercing member. 成形品又はカートリッジからの摩擦は、休止中、穿刺部材を保持し、穿刺部材が滑って前後に動くのを阻止する。 Friction from the molded article or cartridge, dormant, holding the piercing member, to prevent the movement back and forth sliding puncture member. 当然のことながら、穿刺部材を保持する他の方法も又利用できる。 Of course, other methods of retaining the piercing member can also available. 図55Bで分かるように、発射前に、穿刺部材グリッパ530は、穿刺部材541を部分542から引き出すことができる。 As seen in FIG. 55B, prior to launch, the penetrating member gripper 530 can be drawn piercing member 541 from the portion 542. 穿刺部材541は、穿刺部材グリッパに結合されたソレノイド又は他の力発生器により作動させられるまではこの位置のままでいることができる。 Piercing member 541, until being actuated by a solenoid or other force generator coupled to the penetrating member gripper can remain in this position. カム面544を用いると穿刺部材を部分542から引き出すことができる。 It can be drawn piercing member from the portion 542 With the cam surface 544. この機械的カム面を患者により駆動される機械的スライダに結合するのがよく、患者は、別個の力発生器であると考えることができる。 Good to combine this mechanical cam surfaces on the mechanical slider that is driven by the patient, the patient may be considered to be a separate force generators. かくして、患者からのエネルギにより、穿刺部材が引き出され、これにより、ソレノイド又は電気ドライバが穿刺部材を引き出す場合、装置の電池の消耗度が減少する。 Thus, the energy from the patient, the penetrating member withdrawn, thereby, solenoid or electric driver may elicit piercing member, decreases the consumption degree of the battery of the device. 穿刺部材をその停止位置から僅かな距離(約1mm以下のオーダーで)前方に動かして穿刺部材を休止位置グリッパから引き出すことができる。 Can be drawn piercing member from the rest position the gripper the piercing member from its rest position a small distance (about 1mm in the following order) to move forward. 組織を穿刺した後、穿刺部材をカートリッジに戻し、最終的に停止位置に配置するのがよい。 After puncturing the tissue, returns the puncture member in the cartridge, it is preferable to place the final stop position. これは又、患者により得られる力によって起こるが、必ずしもそうでなくてもよい。 This also takes place by the force obtained by the patient, but not necessarily. 一実施形態では、ランセットを停止位置に配置することは、新しい穿刺部材を装填するプロセスが患者によって開始されるまでは起こらない。 In one embodiment, placing the lancet stop position, it does not occur until the process of loading a new penetrating member is started by the patient. 他の実施形態では、停止位置からの引き出しは、穿刺部材の作動と同一の動作で起こる。 In other embodiments, withdrawal from the stop position occurs in operation the same operation of the piercing member. 停止位置への戻りも又、連続運動であると考えることができる。 Return to the stop position can also be considered a continuous motion.

図55Aは又、パンチプレート520の運動を協調させるために用いられるカム及び他の表面の一実施形態を示している。 Figure 55A also shows an embodiment of a cam and other surfaces used to coordinate the movement of the punch plate 520. 例えば、カム550はこの実施形態では、円形であり、パンチプレート520に設けられた突起524及びカートリッジプッシャ525に係合する。 For example, the cam 550 in this embodiment is circular, to engage the protrusion 524 and the cartridge pusher 525 provided on the punch plate 520. 図55Aは又、相対的に言って穿刺部材グリッパ530が引いて穿刺部材から離れている間、穿刺部材をカートリッジ500内に保持するのを助ける突起534を更に明確に示している。 Figure 55A also while the piercing member gripper 530 relatively speaking is distant from the piercing member by pulling, and the piercing member further clearly shows the protrusion 534 help hold the cartridge 500. カム550と共に回転するラチェット面552を用いるとカムが後方に回転するのを阻止することができる。 With ratchet face 552 which rotates together with the cam 550 can be prevented from cam rotates backward. 穿刺部材を装填したり取り出すために用いられるカートリッジ500及びパンチプレート50の昇降は、当業者によって決定できる種々のカム面、ばね等で機械的に作動できる。 Lifting of the cartridge 500 and the punch plate 50 is used to puncture member in order to extract or loading, the various cam surfaces which can be determined by those skilled in the art, can be mechanically actuated by a spring or the like. また、幾つかの実施形態は、むき出しの穿刺部材の装填、取出し及びリリースを行なうための電気又は磁気装置を用いることができる。 Also, some embodiments, the loading of bare penetrating member can be used an electric or magnetic devices for performing extraction and release. パンチプレート520は、箔又は他の滅菌環境エンクロージャを変位させ、除去し又は移動させるよう下方に打ち抜きしているものとして図示されているが、他の方法、例えばストリッピング、引き抜き、引き裂き又はこれら方法のうちの1以上の幾つかの組合せ(これらには限定されない)を用いると箔又は滅菌エンクロージャを除去できる。 Punch plate 520, displaces the foil or other sterile environment enclosure, are illustrated as being punched downward so as to remove or move, other methods, for example stripping, pulling, tearing, or these methods 1 or more of several combinations of the possible removal of the foil or sterilization enclosure using (but not limited to). 例えば、他の実施形態では、パンチプレート520をカートリッジの裏面上に配置して上方に打ち抜いてもよい。 For example, in other embodiments, it may be punched upward by placing the punch plate 520 on the back surface of the cartridge. 他の実施形態では、カートリッジは、垂直方向に静止したままであってよく、その間、他の部品、例えば穿刺部材グリッパ及びパンチプレート(これらには限定されない)は、滅菌穿刺部材を穿刺部材グリッパ上に装填するよう動く。 In other embodiments, the cartridge may remain stationary in the vertical direction, while the other part, (not in these limited) for example penetrating member gripper and punch plate, sterile piercing member piercing member on the gripper moving to loading in.

図55Bは、本発明に設けることができる他の特徴を更に示している。 Figure 55B illustrates yet another feature that can be provided in the present invention. ユーザが穿刺部材を作動させるために出射ボタン560を設けるのがよい。 Preferably provided an exit button 560 for the user to actuate the piercing member. 患者はランセット切開のために自分の指又は他の標的組織を置くことができるよう前側端部インタフェース561を設けるのがよい。 Patients may be disposed to the front end interface 561 so as to be able to put their fingers or other target tissue for lancing. インタフェース561は、これを清拭し又は交換できるよう着脱自在であるのがよい。 Interface 561, which may be between removable to allow cleaned or replaced. 装置の状態、ランセット切開性能、誤差の報告等を患者に示すために視覚表示装置562を設けるのがよい。 Device status, lancing performance, reporting, etc. of the error may be disposed a visual display device 562 to indicate to the patient.

次に図56Aを参照すると、患者が新しい穿刺部材を装填するために用いられる機械式スライダ564も又、ハウジングに設けるのがよい。 Referring now to FIG. 56A, a mechanical slider 564 to be used for patient loading a new piercing member may also preferably provided on the housing. スライダ564も又、ランセット切開装置に設けられたLCD又は視覚表示装置を作動させるよう結合可能である。 The slider 564 also can be coupled to actuate the LCD or visual display device provided in the lancing device. カートリッジを割り出すためにエネルギ源を設けることに加えて、スライダ564は又、電子回路を切り替えて視覚表示装置の動作を開始させることができる。 In addition to providing an energy source in order to determine the cartridge, the slider 564 may also switch the electronic circuit to start the operation of the visual display device. ユーザは、視覚表示装置を用いてランセット切開深さ又は他の特徴を選択することができる。 The user can select the lancing depth or other characteristics by using a visual display device. 表示装置は、スライダ564の運動により再び作動されるまで再びスリープ状態に戻るのがよい。 Display device, it is back to the sleep state again until again actuated by movement of the slider 564. ハウジング566の裏面も又、装置内へのカートリッジ500の挿入を可能にするようヒンジ止めされ又は着脱自在であるのがよい。 The rear surface of the housing 566 may also be that the hinged or removable to permit insertion of the cartridge 500 into the apparatus. コンパクトディスク又は他のディスクをコンパクトディスクプレーヤに挿入するのに現在用いられている技術を利用してカートリッジ500を挿入することができる。 It can be inserted cartridge 500 by using the techniques currently used to insert a compact disc or other disc in a compact disc player. 一実施形態では、カートリッジを受け入れ又は取り出すために外方に展開されるトレーを設けるのがよい。 In one embodiment, preferably provided a tray that expands outward to retrieve or accept cartridges. トレーを装置内へ引っ込めることができ、ここでトレーを穿刺部材ドライバに使用するために定位置まで上昇させ、下降させ又は運ぶことができる。 You can retract the tray into the device, wherein the raised into position to use the tray piercing member driver can lowered or carry. 他の実施形態では、装置は、カートリッジを部分的に挿入するスロットを有するのがよく、その時点で、機械的装置は、カートリッジの挿入を完了させるのを助け、カートリッジを装置内部の適正な位置に装填する。 In other embodiments, the device may have a slot for inserting a cartridge partially found at that time, mechanical devices may help to complete the insertion of the cartridge, the proper position of the apparatus the cartridge loaded to. かかる装置は、自動車に見られる形式のコンパクトディスクプレーヤに類似している。 Such apparatus is similar to the format compact disc player as seen in an automobile. これらコンパクトディスクプレーヤの挿入/突き出し及び装填装置は、歯車、プーリ、ケーブル、トレー及び(又は)本発明に用いるために改造可能な他の部品を用いている。 Insertion / protrusion and loading apparatus of a compact disc player employs gears, pulleys, cables, trays, and (or) other components that can be modified for use in the present invention.

次に図56Bを参照すると、スライダ564の一実施形態の詳細図が示されている。 Referring now to FIG. 56B, detailed view of an embodiment of a slider 564 is shown. この実施形態では、スライダ564は、最初に矢印567で指示されるように動く。 In this embodiment, the slider 564 moves as indicated by the first arrow 567. サイクルを完了するため、患者は、スライダを矢印568で指示されるようにそのホームポジション又は元の開始位置に戻す。 To complete the cycle, the patient returns to its home position or its original starting position as indicated the slider arrow 568. スライダ564は、カム550を回転させて部分522に係合するようスライダと共に動くアーム569を有する。 The slider 564 has an arm 569 that moves together with the slider to engage the portion 522 to rotate the cam 550. スライダ564の運動も又、フィンガ570に機械的に結合され、このフィンガは、カートリッジ500に設けられた凹み571に係合する。 Movement of the slider 564 is also mechanically coupled to fingers 570, the fingers engage the recesses 571 provided in the cartridge 500. フィンガ570は、カートリッジ500をカートリッジと同一平面内で矢印572によって指示されるように引くことにより回転させるよう同期が行なわれる。 Fingers 570, synchronous to rotate is performed by pulling the cartridge 500 as indicated by arrow 572 in the cartridge flush. 幾つかの実施形態では、フィンガ570は、引く代わりに押してカートリッジを正しい方向に回転させる。 In some embodiments, fingers 570 rotates the cartridge in the correct direction by pushing instead of pulling. フィンガ570も又、図66で分かるようにラチェット面706に係合してカートリッジを回転させるよう改造可能である。 Finger 570 also possible modifications to rotate the cartridge engages the ratchet surface 706 as seen in FIG. 66. フィンガ570も又、カートリッジ500の昇降と協調するよう垂直運動を更に行なうことができる。 Finger 570 can also be further perform vertical movements to cooperate with lifting of the cartridge 500. フィンガ570の運動は又、電気アクチュエータによって動力供給可能であり、かかる電気アクチュエータとしては、ステップモータ又は運動を達成するのに有用な他の装置が挙げられるが、これらには限定されない。 Movement of the finger 570 is also a power can be supplied by the electrical actuator, as such an electric actuator, including but other useful devices to achieve the step motor or movement, but not limited to. 図56Bは又、エンコーダ573の一部を位置検出に用いられている状態で示している。 Figure 56B also shows a state used in the detection position a portion of the encoder 573.

次に図56Cを参照すると、スライダ564及びアーム569の更に別の図が示されている。 Referring now to FIG. 56C, further drawing of the slider 564 and the arm 569 is shown. アーム569は、矢印575で指示されるように部分522に係合するよう動き、これにより、カム550は、矢印577で指示されるように回転する。 Arm 569 moves to engage the portion 522 as indicated by arrow 575, thereby, the cam 550 is rotated as indicated by arrow 577. この特定の実施形態では、カム550は、スライダ564を引く度に約1/8回転する。 In this particular embodiment, the cam 550, 1/8 turn every time pulling the slider 564. スライダ564をそのホームポジション又は開始位置に戻すと、アーム569は、部分522に載る。 Returning the slider 564 to its home position or starting position, the arm 569 rests on a portion 522. また、スライダの運動により、カム面544は、ピボット点579回りに回転する。 Also, the movement of the slider, the cam surface 544 is rotated in the pivot point 579 about. 弾性部材580をカム面544に結合して、アーム569が矢印567の方向に動くと、カム面544が反時計回りに回転するようにするのがよい。 The elastic member 580 attached to the cam surface 544, the arm 569 is moved in the direction of arrow 567, it is preferable to make the cam surface 544 is rotated counterclockwise. ピン580は、アーム569と接触したままである。 Pin 580 remains in contact with the arm 569. カム面544が回転すると、第1の表面582は、グリッパブロック584のピン583に接触し、ピン583を引き戻して穿刺部材を図55Aで分かるようにカートリッジ500の結合部分又は幅の狭い部分542内へ停止させる。 When the cam surface 544 is rotated, the first surface 582, the gripper block in contact with the pin 583 of the 584, the pin 583 of the pull-back by piercing members of the coupling of the cartridge 500 as seen in FIG. 55A portion or narrow portion 542 to be stopped. アーム569をホームポジションに戻すと、カム面544は、後方に回転し、第2の表面586が時計回りに回転して穿刺部材を前方に押してこれを幅の狭い部分542から離脱させ、その結果図55Bで分かるように定位置を取る。 Returning arm 569 to the home position, cam surface 544 rotates backward, the second surface 586 is disengaged from the narrow portion 542 of the width which press piercing member rotates clockwise in front, as a result as seen in Figure 55B take place. 幾つかの実施形態では、部分542からのランセットの解放及び(又は)停止は、カム面544からの機械的補助を用いないでドライバ588により動力供給できる。 In some embodiments, release and (or) stop the lancet from portion 542 may be powered by the driver 588 without the use of mechanical assistance from the cam surface 544.

カートリッジ装置の別の実施形態では、機械的特徴をカートリッジに設けてカートリッジを装置内へ装填するのに1つの方法しかないようにする。 In another embodiment of the cartridge device, provided with a mechanical feature on the cartridge to ensure there is only one way to load the cartridge into the device. 非限定的な例として、50個の穿刺部材を保持する一実施形態では、カートリッジは、51個のポケット又はキャビティを有するのがよい。 As a non-limiting example, in one embodiment for holding 50 of the piercing member, the cartridge can include a 51 amino pockets or cavities. 51番目のポケットは、装置を装填すると出射位置になり、かくして、穿刺部材を滅菌環境から解放しないでグリッパがカートリッジ内に休息する場所が得られる。 51 th pocket becomes the exit position and loading of the device, thus, where to rest gripper in the cartridge without releasing the piercing member from the sterile environment is obtained. グリッパ530は、その0番目の位置では、ポケット又はキャビティ内部に位置し、これは、ポケットのうちの1つが空であるからである。 Gripper 530 is in its 0-th position, located within a pocket or cavity, which is one of the pockets but because it is empty. 当然のことながら、幾つかの実施形態は、カートリッジ500を装置内へ装填すると、穿刺部材を掴むよう位置決めされたグリッパ530を有するのがよく、患者は、その後すぐに自分でランセット切開して穿刺部材が滅菌エンクロージャの外部で長時間露出したことにより汚染されることがないようにする。 Of course, some embodiments, when loading the cartridge 500 into the apparatus may have a gripper 530 that is positioned to grip the piercing member, the patient was subsequently lancing immediately yourself puncture members, not to be contaminated by the prolonged exposure outside the sterile enclosure. この0番目の位置は、開始且つ最終位置であるのがよい。 The 0-th position may be between the start and final position. また、カートリッジは、装置に設けられた突起と嵌合するよう切欠きが設けられるのがよく、かくしてこれ又、穿刺部材を1つの向きでのみ装填し又は取り出すことができる方法が得られる。 The cartridge may that provided as notches for projection and fitting provided in the apparatus, thus it also a method that can be taken out only loaded or piercing member in one orientation can be obtained. 本質的に、カートリッジ500を装置と連携してキー留めし又はこれにスロットを設けるのがよく、従ってカートリッジ500を1つの向きでのみ挿入し又は取り出すことができるようにする。 Essentially, the provision of keying or this slot in cooperation with the cartridge 500 and apparatus well, thus making such a cartridge 500 can only insert or take out a single orientation. 例えば、図56Dで分かるように、カートリッジ592は、突起594の外形に合致するキー付きスロット593を有するのがよく、従ってカートリッジ592を開始又は終了位置にあるときにスロット593と突起594の位置合わせ時にのみ取り出すことができるようになる。 For example, as seen in FIG. 56D, the cartridge 592 may have a keyed slot 593 that matches the contour of the projections 594, thus aligning the slot 593 and protrusion 594 when in the cartridge 592 to the start or end position it is possible to take out only when. 他のキー付き技術を利用し、1つだけの向き又は選択された数の向きからのカートリッジの挿入又は取り出しを可能にする上で有用な仕方でスロット又はキーをカートリッジ592上の外周部又は他の場所に設けることができる。 Utilizing other keyed techniques, the outer peripheral portion or other on the slots or key in a useful manner in enabling the insertion or removal of the cartridge from only one direction, or a selected number of orientations cartridge 592 it can be provided to the location.

次に図57を参照すると、穿刺部材を収容したキャビティ600の別の実施形態の断面が示されている。 Referring now to FIG. 57, the cross-section of another embodiment of a cavity 600 which accommodates the piercing member is shown. キャビティ600は、グリッパ530がキャビティ内へ十分深く侵入して穿刺部材541に摩擦係合できるようにする窪み602を有するのがよい。 Cavity 600, the gripper 530 may have a recess 602 to allow frictional engagement to the puncture member 541 penetrates deep enough into the cavity. また、穿刺部材を溝604内に納めてもよく、この溝は、穿刺部材を作動前後において定位置に保持する。 Also may pay the puncture member in the groove 604, the groove holds the piercing member in position before and after operation. 穿刺部材541を作動の際溝604を通過するよう上方に持ち上げ、この穿刺部材は、開口部506を通って出る。 Lift the piercing member 541 upwardly to pass through the Saimizo 604 operation, the piercing member exits through the opening 506.

次に図58を参照して本発明のシステムの別の変形例を以下に説明する。 Referring now to FIG. 58 illustrates another modification of the system of the present invention are described below. 図58は、穿刺部材が半径方向内方に向けられた尖った又は鋭利な先端部を有するランセット切開システム610を示している。 Figure 58 is a piercing member indicates a lancing system 610 having a pointed or sharp tip directed radially inwards. 患者の指又は他の組織を中央穴611に挿入して部材612によって穿刺する。 Insert the patient's finger or other tissue in the central bore 611 is pierced by member 612. 力発生器613を駆動するよう結合された穿刺部材グリッパ530は、図54A〜図54Gに記載されているのと実質的に同一の仕方で動作する。 Penetrating member gripper 530 which is coupled to drive the power generator 613 operates in substantially the same manner as that described in FIG 54A~ Figure 54G. パンチ部分521,522は、穿刺部材を滅菌エンクロージャから解放するのと実質的に同一の仕方で動作する。 Punch portions 521 and 522 operate in substantially the same manner as to release the piercing member from the sterile enclosure. パンチ部分522を穿刺部材の出口が設けられている装置の内周部に配置するのがよく、従って滅菌エンクロージャ材料は、穿刺部材出口の経路から外れるようになる。 Good to place the punch portion 522 on the inner periphery of the device outlet of the puncture member is provided, thus sterile enclosure material will disengage from the path of the penetrating member exit.

次に図59を参照して本発明のランセット切開システムの更に別の変形例について以下に説明する。 Referring now to FIG. 59 will be described below still another modification of the lancing system of the present invention. 図53及び図54に示す実施形態では、穿刺部材グリッパ530は、上方から穿刺部材に近づき、駆動システムの少なくとも一部は、カートリッジ500の平面とは異なる平面内に配置されている。 In the embodiment shown in FIGS. 53 and 54, the penetrating member gripper 530 approaches from above the puncture member, at least a portion of the drive system is arranged in a different plane from the plane of the cartridge 500. 図59は、穿刺部材ドライバ620が穿刺部材622と実質的に同一平面内にある実施形態を示している。 Figure 59 is a piercing member driver 620 shows an embodiment in penetrating member 622 substantially coplanar. カプラ624が、部材622の曲げ部分又はL字形部分626に係合する。 Coupler 624 engages the bent portion or L-shaped portion 626 of the member 622. カートリッジ628は、カートリッジ又はカプラを垂直方向に移動させる必要なく、新しい穿刺部材をカプラ624に係合させるよう回転することができる。 Cartridge 628, without having to move the cartridge or coupler in a vertical direction, a new penetrating member can be rotated so as to engage the coupler 624. 新しい穿刺部材は、カプラ624によって提供されるスロット内の定位置に回転する。 The new piercing member is rotated into position within the slot provided by the coupler 624. カートリッジの幅の狭い部分は、穿刺部材がカートリッジから出るときに穿刺部材を整列させるよう穿刺部材の遠位端部の近くで穿刺部材案内630として働く。 Narrow portion of the cartridge acts as a piercing member guide 630 near the distal end of the piercing member as the piercing member aligns the penetrating member as it exits from the cartridge.

カプラ624は、種々の形態で提供できる。 Coupler 624 may be provided in various forms. 例えば、図60Aは、曲げ部分又はL字形部分を備えていない穿刺部材633に係合できるカプラ632を示している。 For example, Figure 60A illustrates a coupler 632 that can engage with the piercing member 633 that does not have a bent portion or L-shaped portion. かかる穿刺部材633を支持した半径方向カートリッジは、穿刺部材をカプラ632の溝634内へ摺動させるよう回転することができる。 Radial cartridge support such piercing member 633 may be rotated so as to slide the piercing member into the groove 634 of the coupler 632. 図60Bは、カプラ632が穿刺部材633をスロット634内へ案内するようテーパ付き部分636を有するのがよいことを示す正面図である。 Figure 60B is a front view showing that may have a tapered portion 636 as the coupler 632 guides the piercing member 633 into the slot 634. 図60Cは、T字形穿刺部材を受け入れるスロット638を備えたカプラ637を用いるドライバ620の実施形態を示している。 Figure 60C shows an embodiment of a driver 620 using a coupler 637 having a slot 638 for receiving the T-shaped piercing member. カプラ637は、作動中、駆動シャフトの位置合わせ状態を維持するようオーバーヘッドスロット内で案内可能な突起639を更に有するのがよい。 Coupler 637 is in operation, further may have a protrusion 639 that can be guided in the overhead slot to maintain alignment state of the drive shaft.

次に図61を参照すると、平面内ドライバ620に用いられるカートリッジ640が示されている。 Referring now to FIG. 61, there is shown a cartridge 640 used for plane driver 620. カートリッジ640は、カートリッジをドライバ620と共に定位置に配置できる空のスロット642を有している。 Cartridge 640 has an empty slot 642 that can be placed in position the cartridge with driver 620. この実施形態では、空のスロット642により、カプラ644を未使用の穿刺部材645に係合するよう位置決めすることができ、かかる未使用の穿刺部材645を矢印646で示すように定位置に回転させることができる。 In this embodiment, the empty slots 642 may be positioned to engage the piercing member 645 of the unused coupler 644, is rotated into position as illustrated the piercing member 645 such unused arrow 646 be able to. 図61で分かるように、カートリッジ640は又、滅菌状態のままであることが必要な穿刺部材の部分だけ(即ち、実際に組織に穿刺することができる部分)を包囲するよう設計されたものであるのがよい。 As seen in Figure 61, the cartridge 640 is also only part of the it is necessary piercing member remains in sterile one which is designed to surround (i.e., actual tissue portion that can be punctured) there's good. 図61で分かるように、穿刺部材の近位部分647は露出している。 As seen in Figure 61, the proximal portion 647 of the piercing member is exposed. この露出状態の近位部分は、穿刺部材の約70%であるのがよい。 The proximal portion of the exposed state may be about 70% of the piercing member. 他の実施形態では、これは、穿刺部材の約69%〜約5%である場合がある。 In other embodiments, this may be from about 69% to about 5% of the piercing member. カートリッジ640は、密封突起648を更に有するのがよいが、必ずしもそうではない。 Cartridge 640 is may also include a sealing protrusion 648 is not necessarily so. これら突起648は、カートリッジ640に解放自在に結合され、カートリッジが回転して穿刺部材645を使用中の穿刺部材の位置に配置すると、これら突起は、リムーバ649によりカートリッジ640から取り出される。 These projections 648 are releasably coupled to the cartridge 640, the cartridge is disposed at a position of the piercing member in use penetrating member 645 is rotated, the projections are withdrawn from the cartridge 640 by remover 649. 滅菌環境は、部材645の作動に先立って壊され、この部材は、作動中、穿刺部材の先端部をなまくらにする場合のある滅菌エンクロージャ材料を穿刺しない。 Sterile environment is broken prior to the actuation of the member 645, the member, during operation, do not puncture the sterile enclosure material with the case where the tip portion of the piercing member into dull. 砕けやすい密封材料650を穿刺部材に施してカートリッジの内周部分に密着させるのがよい。 The friable sealing material 650 may have close inner peripheral portion of the cartridge is subjected to the piercing member.

次に図62を参照して、本発明に用いられるカートリッジの更に別の実施形態を説明する。 Referring now to FIG. 62, illustrating a further embodiment of a cartridge for use in the present invention. このカートリッジ652は、カプラ655がキャビティ656に入ることができるようにするテーパ付き部分654を有している。 The cartridge 652, the coupler 655 has a tapered portion 654 to be able to enter the cavity 656. 幅の狭い部分657が、穿刺部材658を案内する。 Narrow portion 657 of the width guides the piercing member 658. カプラ655は、穿刺部材658を掴むよう係合する可動ジョー659を有するのがよいが、必ずしもそうではない。 Coupler 655 is may have a movable jaw 659 which engages so as to grasp the piercing member 658 is not necessarily so. カプラがキャビティ656に入ることができるようにすることにより、穿刺部材の位置合わせを作動中良好に維持できる。 Coupler by to be able to enter the cavity 656, the alignment of the piercing member can be maintained in good working. このテーパ付き部分654は、本明細書において開示するカートリッジの任意の実施形態に使用できるよう改造可能である。 The tapered portion 654 may be modified to be used in any embodiment of the cartridge disclosed herein.

次に図63を参照して、本発明に用いられる直線状カートリッジ660を説明する。 Referring now to FIG. 63, illustrating the linear cartridge 660 used in the present invention. 本発明は、半径方向カートリッジに用いられる状態で示されているが、ランセット切開システムは、他の形状をしたカートリッジに使用できるよう改造可能である。 The present invention has been shown with the use radially cartridge, lancing system can be modified to be used in the cartridges other shapes. 図79〜図83は、本発明に使用できるよう改造可能な様々な形状をした他のカートリッジを示している。 Figure 79 to Figure 83 show another cartridge a retrofittable various shapes so that they can be used in the present invention. 図63は、穿刺部材の滅菌保護を行なう部分662のみを備えたカートリッジ660を示している。 Figure 63 shows a cartridge 660 with only a portion 662 for performing sterilization protection piercing member. しかしながら、カートリッジ660は、穿刺部材665を載せることができるベース664を備えている。 However, the cartridge 660 comprises a base 664 which can be placed a piercing member 665. これは、取扱い中、或る程度の穿刺部材の保護をもたらす。 This, during handling, resulting in the protection of some degree of the piercing member. ベース664も又、穿刺部材667を収納保持できるスロット666を備えるよう形作られたものであるのがよい。 Base 664 also is the good which has been shaped to include a slot 666 can hold retaining a piercing member 667. また、スロット666は、テーパ付き部分668を有するようになっているのがよい。 The slot 666, it is has become to have a tapered portion 668. これら形態は、本明細書において開示する実施形態のうちの任意のもの、例えばカートリッジ652に使用できるよう改造可能である。 These forms, any of the embodiments disclosed herein are possible modified to be used, for example, the cartridge 652.

次に図64A〜図64Cを参照すると、カートリッジ500に設けられた側方開口部503を覆う滅菌シールを解除する多種多様な装置が示されている。 Referring now to FIG 64A~ Figure 64C, a wide variety of devices to release the sterile seal covering the side opening 503 provided in the cartridge 500 is shown. 図64Aは、滅菌バリヤを打ち抜く突起672を有する回転パンチ装置670を示しており、かくして、滅菌バリヤ材料に触れることなく穿刺部材を出すことができる開口部674が作られる。 Figure 64A shows a rotary punching apparatus 670 having a projection 672 for punching a sterile barrier, thus opening 674 is created which can issue a piercing member without touching the sterile barrier material. 図64Bは、滅菌バリヤ679を有効出射位置になるように回転しているときに滅菌バリヤを打ち抜く異形突起678を備えた垂直方向回転装置676を示している。 Figure 64B shows a vertical rotary device 676 with a profiled projection 678 for punching a sterile barrier when rotating to be valid exit position sterile barrier 679. 図64Cは、カートリッジをパンチ上に下降させると、バリヤ682を打ち抜くよう位置決めされたパンチ680を示している。 Figure 64C, when lowering the cartridge on the punch shows a punch 680 which is positioned to punch the barrier 682. カートリッジを回転させると、パンチ680はカートリッジと共に回転する。 Rotation of the cartridge, punch 680 rotates with the cartridge. カートリッジを正しい位置に回転させて持ち上げた後、パンチ680は、次の未使用の穿刺部材を覆う滅菌バリヤに係合する位置に戻るようばね押しされ又は構成されている。 After lifting by rotating the cartridge in the correct position, the punch 680 is spring-loaded to or configured to return to a position engaging the sterile barrier which covers the piercing member of the next unused.

次に図65A及び図65Bを参照して、パンチプレート520に用いられる別のタイプのパンチ機構を説明する。 Referring now to FIG. 65A and FIG. 65B, illustrating another type of punch mechanism used in the punch plate 520. 図53及び図54に示された装置は、まず最初に解放された穿刺部材を打ち抜き、次にこれを定位置に回転させ又は割り出す機構を示している。 The apparatus shown in FIGS. 53 and 54 are first punched first released the piercing member, shows the following or indexing mechanism rotates it in position. 本実施形態では、カートリッジをまず最初に回転させ、次にグリッパとパンチが同時に下降することができる。 In this embodiment, first by first rotating the cartridge, then the gripper and punch can be lowered simultaneously. 図65Aは、第1の部分686及び第2の部分687を備えたパンチ685の一実施形態を示している。 Figure 65A shows an embodiment of a punch 685 having a first portion 686 and second portion 687. 図65Bの断面図で分かるように、穿刺部材グリッパ690は、パンチ685の内部に配置されている。 As can be seen in cross-sectional view of FIG. 65B, the penetrating member gripper 690 is disposed inside of the punch 685. かくして、滅菌バリヤの穿刺は、穿刺部材とグリッパ690の係合段階に組み込まれる。 Thus, the puncture sterile barrier is incorporated into the engaging step of the puncture member and the gripper 690. パンチ685は、グリッパ690の一部694を上方に伸長させることができるスロット692を有するのがよい。 Punch 685 can include a slot 692 which can be extended to a portion 694 of the gripper 690 upwards. 穿刺部材を出すことができる側方開口部695が設けられている。 Side opening 695 which can issue the piercing member. 幾つかの実施形態では、パンチ部分687は、パンチ686には設けられておらず、その代わりに、側方開口部503を覆うバリヤ材料を押し下げる例えば図64A〜図64Cに示された他の或る機構を利用している。 In some embodiments, the punch portion 687 are not provided on the punch 686, but instead depresses the barrier material covering the side opening 503 e.g. FIG 64A~ diagram 64C other certain illustrated in mechanism are using that.

次に図66を参照して、本発明のカートリッジの更に別の実施形態を説明する。 Referring now to FIG. 66, illustrating a further embodiment of the cartridge of the present invention. 図66は、複数のキャビティ702及び個々の撓むことができる部分又はフィンガ704を備えたカートリッジ700を示している。 Figure 66 shows a cartridge 700 with a portion or finger 704 can be a plurality of cavities 702 and flex of the individual. 保護キャビティ702の端部は、ディスクの外周部に設けられた個々のフィンガ(例えば、各キャビティについて1つずつ)に分割されている。 End of the protective cavity 702, each finger provided on the outer peripheral portion of the disc (e.g., one for each cavity) is divided into. 各フィンガ704は、使用時まで滅菌性を維持するよう箔カバー(説明しやすくするために図示せず)で個々に密封されるのがよい。 Each finger 704, it is being sealed individually in foil cover to maintain sterility until use (not shown for ease of illustration). カートリッジ700の内周部に沿って、ラチェットタイプの機構を構成する隆起段部分706が設けられている。 Along the inner periphery of the cartridge 700, the raised stepped portion 706 which constitutes a ratchet-type mechanism. 図67で分かるように、穿刺部材708を各キャビティ内に収容するのがよい。 As seen in Figure 67, it is preferable to accommodate the piercing member 708 into the cavities. 穿刺部材は、隆起部分710に載ることができる。 Piercing member can rest on the raised portion 710. 幅の狭い部分712が、穿刺部材708の近位部分を挟む。 Narrow portion 712 of width, sandwich the proximal portion of the piercing member 708. 各キャビティは、穿刺部材708を使用した後、かかる穿刺部材を押し込むことができる壁部分714を有するのがよい。 Each cavity after using the piercing member 708 may have a wall portion 714 which can be pushed such piercing member. 図68は、穿刺部材708に係合するよう下降させられた穿刺部材グリッパ716を示している。 Figure 68 shows the piercing member gripper 716 is lowered to engage the piercing member 708. 説明を容易にするため、キャビティの各々を覆う滅菌バリヤは図示されていない。 For ease of explanation, sterile barrier covering each of the cavities are not shown.

次に図69A〜図69Lを参照して、カートリッジ700内の穿刺部材を作動させる段階のシーケンスを説明する。 Referring now to FIG. 69A~ Figure 69L, illustrating the sequence of steps of actuating the piercing member in the cartridge 700. 他の実施形態では、本発明の範囲から逸脱することなく段階を組み合わせ又は減少させることができる。 In other embodiments, steps may be combined or reduce without departing from the scope of the present invention. 使用される最後の穿刺部材は、グリッパ716によって捕捉された状態で引っ込み位置に残される場合がある。 The last piercing member used may be left in the retracted position in a state of being caught by the gripper 716. 保護キャビティ704の端部は、先の作動により下方に撓ませることができる。 End of the protective cavity 704 may be bent downward by the operation earlier. ユーザは、新しい穿刺部材720を図69Aで分かるように発射位置に前進させる機構、例えばサムホイール(指動輪)、レバー、クランク、スライダ等を作動させることができる。 User mechanism for advancing the new piercing member 720 to the firing position as seen in FIG. 69A, for example, thumbwheel (thumb wheel), can be actuated lever, crank, the slider or the like. この機構は、保護キャビティがディスクの平面内のその元の位置に戻ることができるようにするバーを持ち上げる。 This mechanism, lift the bar protective cavity to be able to return to its original position in the plane of the disc.

図69Bに示すようなこの実施形態では、穿刺部材案内722は、ポケットの後ろで箔に押し入って穿刺部材を「誘導」し、垂直方向隙間を制御する。 In this embodiment, as shown in FIG. 69B, the penetrating member guide 722, the piercing member "induction" and broke into foil behind the pocket, for controlling the vertical clearance. 説明しやすくするために、穿刺部材案内722及び他の機構を動かす作動装置は図示されていない。 For ease of explanation, actuating device not shown for moving the piercing member guide 722, and other mechanisms. これらは、ばね、カム又はこれらの図に示されたコンポーネントを下降させて動かすことができる他の装置であるのがよい。 These springs may be between other devices can be moved lowers the components shown in the cam or of FIG. 幾つかの実施形態では、カートリッジ700を昇降させて穿刺部材案内722及び他の装置に係合させることができる。 In some embodiments, it is possible to the cartridge 700 by lifting engage the piercing member guide 722 and other devices.

図69Cで分かるように、プラウ又は滅菌エンクロージャ解除装置724は、カートリッジ700に係合するよう下降する。 As seen in Figure 69C, plow or sterile enclosure releasing device 724 is lowered to engage the cartridge 700. 幾つかの実施形態では、ディスク又はカートリッジ700をプラウ又はプラウ刃724が箔覆いであるのがよい滅菌バリヤ726を穿刺するまで上方に途中まで持ち上げることができる。 In some embodiments, it is possible to lift the good sterilization barrier 726 that plow or plows blade 724 a disc or cartridge 700 is foil covered halfway upwardly to puncture.

次に図69Dを参照すると、プラウ724は、箔をポケットの前から取り除き、これをカートリッジ700に取り付けられたままにする。 Referring now to FIG. 69D, plow 724 removes the foil from the front of the pocket, to remain attached to this cartridge 700. プラウ724を半径方向内方に駆動して滅菌バリヤを切断して開き、スクラップをプラウの前のコイル中へ転動させる。 Open the plow 724 is driven radially inwardly by cutting sterile barrier, thereby rolling the scrap into the coil of the previous plow. 箔は自然にカールしてプラウ進み角が水平に対し約55°をなしたときに密なコイルを形成する。 Foil forms a tight coil when the plow lead angle curled naturally has no approximately 55 ° to the horizontal. プラウの角度は、約60°〜40°、好ましくは55°に近い角度であるのがよい。 Angle of plow, about 60 ° to 40 °, and it is preferably an angle close to 55 °. 幾つかの実施形態では、箔を、穿刺部材が発射中どの滅菌エンクロージャ材料も穿刺する必要がないような仕方で除去するのがよい。 In some embodiments, foil, it is preferable to remove in such a way that the penetrating member is not necessary to any sterilization enclosure material also puncture during firing.

次に図69Eを参照すると、グリッパ716を下降させてむき出しの穿刺部材又は穿通部材720に係合させることができる。 Referring now to FIG. 69E, it is possible to the gripper 716 is lowered engage the bare penetrating member or piercing member 720. ディスク又はカートリッジ800を穿刺部材720がしっかりとグリッパ716内へ押し込まれるまで上昇させることができるが、このようにするかどうかは任意である。 Although it is possible to increase the disk or cartridge 800 to the puncturing member 720 is pushed firmly into the gripper 716, whether this is optional. この図には示されていないが、本実施形態の穿刺部材ドライバ又はアクチュエータは、穿刺部材と同一の水平面内に位置したままであるのがよい。 Although not shown in this figure, piercing member driver or actuator of this embodiment is the good remain positioned piercing member within the same horizontal plane and.

図69Fで分かるように、バー730を保護キャビティの外端部732上に押し下げてこれを撓ませてこれが穿刺部材の経路から外れるようにすることができる。 As seen in Figure 69F, which can be made to deviate from the path of the penetrating member to deflect it by depressing the bar 730 on the outer end portion 732 of the protective cavity. 本実施形態では、バー730は、むき出しの穿通部材720を通過させることができるよう形作られている。 In the present embodiment, the bar 730 is shaped to be able to pass the bare penetrating member 720. バーの他の形状及び向き(例えば、端部732の一方の側部又は一部にのみ接触する)が端部732に係合するよう使用できる。 Other shapes and orientations of the bar (e.g., contact only on one side or a portion of the end portion 732) can be used to engage the end portion 732.

次に図69Gを参照すると、電気ソレノイド又は他の電子又はフィードバック制御可能な駆動装置が、グリッパ716を半径方向外方に作動させることができ、それによりむき出しの穿通部材720をこれと共に支持する。 Referring now to FIG. 69G, the electric solenoid or other electronic or feedback controllable drive unit, the gripper 716 can be actuated radially outward, thereby supporting with this bare penetrating member 720. むき出しの穿通部材は、保護ケースから突き出て、アクチュエータ組立体の孔上に配置されている指又は他の組織部位の皮膚に刺入する。 Bare penetrating member, projects from the protective case, piercing the skin of a finger or other tissue sites are located on the bore of the actuator assembly. 適当な穿刺部材ドライバは、2002年4月19日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/127,395号(代理人事件番号:38187−2551)明細書に記載されている。 Suitable penetrating member driver, co-pending commonly assigned, filed on Apr. 19, 2002 U.S. Patent Application Serial No. 10 / 127,395 (Attorney Docket 38187-2551) are described in the specification .

次に図69Hを参照すると、ソレノイド又は他の適当な穿刺部材ドライバは、むき出しの穿刺部材720をこれが次のランセット切開サイクルの開始までに停止している引っ込み位置に引っ込める。 Referring now to FIG. 69H, a solenoid or other suitable piercing member driver retracts in the retracted position where the bare penetrating member 720 which is stopped before the start of the next lancing cycle.

次に図69Iを参照すると、バー730は、端部150がカートリッジ800との平面内形態に戻るよう解放することができる。 Referring now to FIG. 69, bar 730 may end 150 releases to return to plane form of the cartridge 800.

図69Jで分かるように、グリッパ716はむき出しの使用済み穿刺部材を半径方向外方に駆動して、ついには鋭利な先端部がキャビティの外方端部732のところ又はその近くに設けられたプラスチック壁714に埋め込まれ、かくして汚染状態の穿刺部材を動かないようにする。 As seen in FIG. 69J, the plastic gripper 716 drives the bare spent piercing member radially outwardly, eventually sharp tip provided at or near the outer end portion 732 of the cavity embedded in the wall 714, thus to prevent movement of the piercing member of contaminated.

図69K及び図69Lで分かるように、プラウ724、グリッパ716及び穿刺部材案内722は全て、むき出しの穿刺部材720から離脱可能である。 As seen in FIGS. 69K and FIG. 69L, plow 724, the grippers 716 and penetrating member guide 722 are all detachable from the bare penetrating member 720. 前進機構がカートリッジ700をグリッパ716から下降させることができるが、このようにするかどうかは任意である。 While advancing mechanism can be lowered cartridge 700 from the gripper 716, whether this is optional. プラスチック中に埋め込まれた先端部及び反対側の端部のところに位置しているカバー箔により拘束される使用済み穿刺部材をグリッパから抜き取る。 Withdrawn spent piercing member is restrained by a cover foil which is located at the end of the tip is embedded in the plastic and the opposite side from the gripper. ディスク又はカートリッジ700を、新しい密封状態の滅菌穿刺部材が発射機構の下の定位置に至るまで回転させるのがよい。 The disc or cartridge 700, it is preferable sterile piercing member of a new sealed rotates up to the position below the firing mechanism.

次に図70及び図71を参照すると、本発明の幾つかの実施形態の1つの目的は、血液サンプル採取を行ない、この穿刺部材作動装置について検出を行なうことにある。 Referring now to FIGS. 70 and 71, one object of some embodiments of the present invention performs a blood sampling is to perform detection on the piercing member actuator. 本実施形態では、駆動機構(グリッパ738及びソレノイド駆動コイル739)は、穿刺部材を皮膚に刺入し、このランセット切開処置を結合して血液サンプルが指の表面のところに生じると血液サンプルを収集するよう使用できる。 In this embodiment, the drive mechanism (gripper 738 and the solenoid drive coil 739) is a piercing member puncture the skin, collect blood sample when a blood sample by combining the lancing action occurs at the surface of the finger It can be used to. 図70に示す第1の実施形態では、分析物検出部材化学反応及び検出装置742(図71)を支持した超小型流体素子モジュール740が、穿刺部材720のシャフトに結合されている。 In the first embodiment shown in FIG. 70, the analyte detecting members chemical reaction and detection device 742 micro supported (Fig. 71) fluid element module 740 is coupled to the shaft of the penetrating member 720. 上述の駆動サイクルも又、モジュール740を作動させてこれが指の表面のところに載って穿刺部材を創部からいったん引っ込めると血液を収集するようにする。 Above the driving cycle also which actuates the module 740 a piercing member rests at the surface of the finger so as to collect once retracted the blood from the wound. モジュール740は、指又は他の組織部位の表面上に位置したままであるが、ついにはグリッパ738が超小型流体素子モジュール740の後側端部744に到達し、その時点でモジュールも又ケーシング内へ引っ込められる。 Module 740, but remains positioned on the surface of the finger or other tissue site, finally reaches the side end portion 744 after the gripper 738 microfluidic device module 740, also in the casing module at that time retracted to. モジュール740が指の上に位置したままの時間の長さは、この実施形態では、端部744が位置している距離及びグリッパが引っ込み行程でこれに係合するのにかかる時間の長さに応じて様々であってよい。 The length of time while the module 740 is located on the finger, in this embodiment, the length of time taken to engage the now stroke retraction distance and the gripper end 744 is located it may vary depending. 次に、血液で満たされたモジュール740は、穿刺された組織部位上に位置したままの状態で、例えば光学又は電気化学検出(これには限定されない)のような手段により分析物検出を受けるのがよい。 Next, module 740 filled with blood, while still positioned on the punctured tissue site, for example, receive an analyte detected by means such as optical or electrochemical detection (but not limited to) good.

血液は、穿刺部材が入っていた管腔内を満たし又はモジュールは、穿刺部材の管腔の側部にサンプルチャンバを別々に構成することができる。 Blood fills or modules lumen that contained the piercing member can be configured separately sample chamber on the side of the lumen of the penetrating member. 分析物検出部材も又、血液を受け入れるモジュール開口部のすぐ近くで適所に配置され又はこれから僅かに後退して設けられて、少ない血液の量が依然として分析物検出部材に達するようにする。 Analyte detecting member also very close to the module opening for receiving a blood is in place or it from provided slightly retracted, the amount of small blood to still reach the analyte detecting members. 幾つかの実施形態では、分析物検出装置及び視覚的表示装置又は他のインタフェースは、装置に搭載状態であるのがよく、かくして装置又は検査ストリップを別個の読み取り装置にプラグ接続する必要なく、分析物レベルの読みをもたらす。 In some embodiments, the analyte detection device and a visual display device or other interface may that is mounted state device, thus without the need to plug the device or test strip to separate reader, analysis bring the reading of the object level. また、図71で分かるように、カバー746は、光学検出のために光を通過させることができるよう透明であるのがよい。 Moreover, as can be seen in Figure 71, the cover 746 may be between transparent to be able to pass the light for optical detection. 分析物検出部材は、少ない量、例えば約1マイクロリットル以下のサンプル、好ましくは約0.6マイクロリットル、より好ましくは約0.3マイクロリットル、最も好ましくは約0.1マイクロリットル以下のサンプルに使用できる。 Analyte detecting member is less amounts, for example, about 1 microliter or less of the sample, preferably about 0.6 microliters, more preferably about 0.3 microliters, most preferably about 0.1 microliters or less of the sample It can be used.

図72で分かるように別の実施形態では、検出要素760は、向きに応じて、穿刺部材カートリッジ700の底部の頂部に直接印刷され又は形成できる。 In another embodiment as seen in FIG. 72, the detection element 760, depending on the orientation, it can be directly printed or formed on top of the bottom of the piercing member cartridge 700. 次に、むき出しの穿刺部材720をプラスチック表面材に設けられた穴762を通して作動させ、半径方向キャビティ内へ引っ込め、次に血液サンプル中へ引っ込める。 Next, the bare penetrating member 720 is actuated through a hole 762 provided on the plastic surface material, retracted radially within the cavity, then retracted into the blood sample in. 次に、分析物検出のための電気化学検出又は光学検出を実施するのがよい(図72)。 Then, the analyte is better to implement the electrochemical detection or optical detection for detection (Figure 72). この場合も又、キャビティ766は、光学検出のために光を通過させることができる透明な部分を有するのがよい。 Again, the cavity 766 can include a transparent portion capable of passing the light for optical detection. 一実施形態では、多数の小型化分析物検出部材フィールドを図72に示すように半径方向キャビティの床上又は図71に示す超小型流体素子モジュール上に配置して一滴の血液から単一の分析物について多数回の検査を可能にして測定の正確さ及び精度を向上させるのがよい。 In one embodiment, a number of compact analyte detecting member fields of a single analyte from a drop of blood placed on the radial cavity of the floor or microfluidic device module shown in FIG. 71, as shown in FIG. 72 it is preferable to improve the accuracy and precision of the measurement and enables the large number of inspected for. このように限定されないが、追加の分析物検出部材フィールド又は領域を較正又は他の目的のために設けるのがよい。 This not so limited, preferably provided for additional analyte detecting member field or calibration or other purposes region.

次に図73を参照して、本発明のカートリッジの更に別の実施形態を説明する。 Referring now to FIG. 73, illustrating a further embodiment of the cartridge of the present invention. 図73は、穿刺部材を駆動して皮膚又は組織を穿刺するための装置に着脱自在に挿入できるカートリッジ800の一実施形態を示している。 Figure 73 shows an embodiment of a cartridge 800 that can be removably inserted into the apparatus for piercing the skin or tissue by driving the piercing member. カートリッジ800は、複数の穿刺部材802を有し、これら穿刺部材を個々に又は選択的に作動させて穿刺部材802が矢印804で指示するようにカートリッジから外方に伸長して組織を穿刺することができるようになっている。 Cartridge 800 has a plurality of piercing members 802, the piercing member 802 individually or selectively actuates these piercing member to pierce the tissue and extending outwardly from the cartridge as indicated by arrow 804 so that the can. 本実施形態では、カートリッジ800は、平らなディスク上に置かれるのがよく、多数の、例えば25、50、75、100個、…(これらには限定されない)の穿刺部材がディスク又はカートリッジ800上に半径方向に配置されている。 In this embodiment, the cartridge 800 may have from being placed on a flat disk, a number of, for example 25, 50, 75, 100 pieces, ... piercing member is a disk or cartridge 800 above (but not limited to) They are disposed radially. カートリッジ800は円板又は円板形のハウジングとして示されているが、カートリッジの他の形状又は形態も又、穿刺部材ドライバと単独で又は幾つかの組合せ状態で係合する複数の穿刺部材を配置する本発明の精神から逸脱することなく利用可能である。 Cartridge 800 is shown as a disc or disc-shaped housing, other shapes or form of the cartridge also arranged a plurality of piercing members which engages the piercing member driver and alone or some combination state It can be utilized without departing from the spirit of the present invention to be.

各穿刺部材802を穿刺部材の尖った端部が半径方向外方に向いた状態でカートリッジ800内のキャビティ806中に収納するのがよく、かかる穿刺部材は、カートリッジの平面と同一平面内に位置するのがよい。 Each penetrating member 802 well that pointed end of the piercing member is housed in a cavity 806 in the cartridge 800 in a state facing radially outwardly, such piercing member is positioned in the plane and in the same plane of the cartridge it is preferable to. キャビティ806をカートリッジ内に成形し、プレス加工し、鍛造し又は別のやり方で形成することができる。 Shaping the cavity 806 in the cartridge, it is possible to press working to form forging or otherwise. このように限定されないが、キャビティ806の端部をディスクの外周部に個々のフィンガ(例えば、各キャビティについて1つずつ)に分割するのがよい。 This not so limited, the individual fingers the ends of the cavity 806 to the outer periphery of the disc (e.g., one for each cavity) it is preferable to divide into. 各キャビティ806の特定の形状は、この中に収められる穿刺部材の寸法又は形状、或いは分析物検出部材808の配置のために望ましい空間の大きさに合うよう設計されたものであるのがよい。 The particular shape of each cavity 806, the size or shape of the penetrating member to be included in this, or the analyte may be from those that are designed to fit to the size of the desired spatial for placement detection member 808. 例えば、限定しないが、キャビティ806は、V字形断面、U字形断面、C字形断面、マルチレベル断面又は他の断面のものであってよい。 For example, without limitation, the cavity 806, V-shaped cross-section, U-shaped cross-section, C-shaped cross-section, may be of a multi-level cross-section or other cross-section. 組織を穿刺するために穿刺部材802を出すことができる開口部810も又、種々の形状のものであってよく、かかる形状としては、例えば円形開口部、正方形又は矩形開口部、U字形開口部、穿刺部材を通過させることができるに過ぎない幅の狭い開口部、側部により大きな隙間を持つ開口部、スリット、図75に示すような形態又は他の形状が挙げられるが、これらには限定されない。 Opening 810 which can issue the piercing member 802 to pierce the tissue also may be of various shapes, as such shape, for example circular openings, square or rectangular opening, U-shaped opening , narrow opening width, which can only be passed through the piercing member, the opening having a large gap by side, a slit, there may be mentioned form or other shape as shown in FIG. 75, limited to these not.

この実施形態では、作動後、穿刺部材802をカートリッジ内へ戻し、かかる穿刺部材を再び用いることができないような仕方で穿刺部材をカートリッジ800内に保持するのがよい。 In this embodiment, after actuation, the piercing member 802 back into the cartridge, such piercing member in such a way that it can not be used again penetrating member it is preferable to retain the cartridge 800 within. 一例を挙げると、限定しないが、使用済み穿刺部材をカートリッジ内に戻し、次のランセット切開処置までランチャーにより定位置に保持するのがよい。 By way of example, without limitation, back the used piercing member within the cartridge, it is preferable to hold in place by the launcher until the next lancing procedure. 次のランセット切開時に、ランチャーは、カートリッジ800を次の清潔な穿刺部材に向け又は割出した状態で使用済み穿刺部材を外すのがよく、使用済み穿刺部材を保持しているキャビティをこれがユーザにとって接近可能ではないように位置決めする(即ち、穿刺部材出口開口部から遠ざかる方向に向くようにする)。 At the next lancing, launcher, the cartridge 800 well disengage the used piercing member in a state that issued for or assigned to the next clean the piercing member, to which the user a cavity that holds the used piercing member positioned so not accessible (i.e., to face away from the puncture member exit opening). 幾つかの実施形態では、使用済み穿刺部材の先端部を穿刺部材を使用後定位置に保持している保護ストップ内へ押し込むのがよい。 In some embodiments, it is preferable pushed into the used piercing member tip penetrating member was held in place after use are protected within the stop. カートリッジ800は、全ての穿刺部材がいったん用いられると、又はユーザにより望ましいと考えられるかかる他の時点又は状況で新品のカートリッジ800と交換可能である。 Cartridge 800, when all of the piercing member used once, or is interchangeable with the cartridge 800 new in such another time or condition is considered desirable by the user.

図73の実施形態を参照すると、カートリッジ800は、キャビティを密封し、穿刺部材が中で休止するための密閉領域をもたらすために用いられるシール、箔、カバー、ポリマー又はこれに類似した材料により穿刺部材のための滅菌環境を提供することができる。 Referring to the embodiment of FIG. 73, the cartridge 800 is punctured to seal the cavity, the seal used to provide a seal region for resting at medium puncture member, foil, cover, a polymer or similar material to it is possible to provide a sterile environment for the member. 本実施形態では、箔又はシール層820がカートリッジ800の一表面に被着される。 In this embodiment, a foil or sealing layer 820 is deposited on one surface of the cartridge 800. シール層820は、種々の材料、例えば金属箔又は他のシール材料(これらには限定されない)で作られたものであってよく、更にシール層820が密閉された滅菌環境を開くようあらかじめ選択された又は選択された大きさの力をもたらす適当な装置又は穿刺装置により穿刺されるまで密閉された滅菌環境を提供できるほどの引張強度及び他の品質のものであるのがよい。 Sealing layer 820 may be made of a variety of materials, for example metal foil or other sealing materials (but not limited to), are pre-selected to open a further sterile environment in which the sealing layer 820 is sealed It may be of the tensile strength and other quality enough to provide a sealed sterile environment until punctured by a suitable device or puncture device results in the power of another or selected magnitude. 各キャビティ806は、一キャビティの開口部がカートリッジ800内のその隣の又は他のキャビティ内の滅菌性を損なわないような仕方で層820で個々に密封されたものであるのがよい。 Each cavity 806 is good is intended opening one cavity sealed individually in the layer 820 in a manner that does not impair the sterility within the next or other cavities in the cartridge 800. 図73の実施形態で分かるように、シール層820は、カートリッジ800の頂面に接着された平らな材料であるのがよい。 As can be seen in the embodiment of FIG. 73, the sealing layer 820 may be between flat material bonded to the top surface of the cartridge 800.

穿刺部材ドライバ装置内におけるカートリッジ800の向きに応じて、シール層820は、頂面、側面、底面又は他の位置決め表面上に位置するのがよい。 Depending on the orientation of the cartridge 800 in the piercing member driver apparatus, the sealing layer 820, top surface, side surface, it is preferable to position the bottom or other positioning on the surface. 図73の実施形態の図示及び説明を容易にするため、層820は、カートリッジ800の頂面上に被着されている。 For ease of illustration and description of the embodiment of FIG. 73, the layer 820 is deposited on the top surface of the cartridge 800. 穿刺部材802を保持するキャビティ806は、箔層820で密封され、かくして、穿刺部材のための滅菌環境を作っている。 Cavity 806 for holding the piercing member 802 is sealed with a foil layer 820, thus, are making sterile environment for the piercing member. 箔層820は、複数のキャビティ806又は所望に応じて選択された数のキャビティだけを密封することができる。 Foil layer 820 can be sealed by a number of cavities that are selected in accordance with a plurality of cavities 806 or desired.

図73の更に別の特徴では、カートリッジ800は、基板822上に設けられた複数の分析物検出部材808を有するのがよいが、このようにするかどうかは任意であり、基板822は、カートリッジ800の底面に取り付けるのがよい。 In still another aspect of FIG. 73, the cartridge 800 is may have a plurality of analyte detecting members 808 provided on the substrate 822, whether this is optional, the substrate 822, the cartridge It may be attached to the bottom 800. 基板は、例えばポリマー、箔のような材料又はカートリッジへの取付け及び分析物検出部材808の保持に適した他の材料で作られたものであるのがよいが、これらには限定されない。 The substrate, for example a polymer, but other may be from those made of a material suitable to hold the mounting and analyte detecting member 808 into the material or cartridge, such as foil, but is not limited to. 図73で分かるように、基板822は、複数の、例えば約10〜50個、50〜100個(これらには限定されない)の分析物検出部材又は分析物検出部材の他の組合せを保持することができる。 As seen in Figure 73, the substrate 822, a plurality of, for example, about 10 to 50, 50 to 100 to hold the other combinations of analyte detecting members or analyte detecting members (but not limited to) can. これにより、分析物検出部材808とカートリッジ800の組立て及び一体化が容易になる。 Thus, assembly and integration of analyte detecting member 808 and the cartridge 800 is facilitated. これら分析物検出部材808は、穿刺部材802が標的組織中に創路を作り、この創路が体液を圧出し、体液が、分析物検出部材808のうちの少なくとも1つによる分析物検出のためにカートリッジ内へ流入する一体形体液サンプル採取システムの作用を可能にする。 These analyte detecting member 808, the piercing member 802 is made a Itsuji in the target tissue, the Itsuji is extrusion body fluids, body fluids, for analyte detection according to at least one of the analyte detecting members 808 allowing the action of the integral body fluid sampling system that flows into the cartridge. 基板822は、複数のキャビティ806を備えたカートリッジ内での分析物の検出に適した任意の数の分析物検出部材808を有するのがよい。 Substrate 822 may have any number of analyte detecting members 808 suitable for the detection of an analyte in a cartridge having a plurality of cavities 806. 一実施形態では、多くの分析物検出部材808を単一の基板822上に印刷でき、次にこの基板をカートリッジに付着させ、それにより製造が容易になると共に組立てが単純化される。 In one embodiment, to print a number of analyte detecting members 808 on a single substrate 822, then depositing the substrate in the cartridge, thereby assembling the manufacturing is facilitated is simplified. 分析物検出部材808は、性質上、電気化学式であるのがよい。 Analyte detecting member 808, the nature, it may be between electrochemical. 分析物検出部材808は、所望の分析物にさらされると反応する酵素、色素又は他の検出手段を更に含むのがよい。 Analyte detecting member 808, an enzyme that reacts when exposed to the desired analyte, may further comprise a dye or other detection means. 加えて、分析物検出部材808は、光を分析物の分析のために体液中へ通すことができる透明な光学窓を備えるのがよい。 Additionally, the analyte detecting member 808 may be provided with a transparent optical window that can be passed into the body fluids for analysis of optical analyte. 分析物検出部材808の数、配置場所及び種類は、或る程度は、カートリッジの設計、測定されるべき分析物の数、分析物検出部材の較正の必要性、分析物検出部材の感度に基づいて所望に応じて様々であってよい。 The number of analyte detecting members 808, location and type, to some extent, the cartridge design, number of analytes to be measured, the need for calibration of analyte detecting members, based on the sensitivity of the analyte detecting members desired it may vary depending on the. カートリッジ800が、分析物検出部材がカートリッジの底部に取り付けられた基板上に位置する分析物検出部材構造を用いる場合、貫通穴(図76に示されている)、ウィッキング(吸上げ)要素、毛管又は体液がカートリッジから分析のために分析物検出部材808に流れることができるようにする他の装置をカートリッジ800に設けるのがよい。 If the cartridge 800 is used an analyte detection member structure analyte detecting member is positioned on the substrate attached to the bottom of the cartridge (shown in Figure 76) through hole, wicking (wicking) element, it is preferable capillary or body fluid provided another apparatus to be able to flow to the analyte detecting member 808 for analysis from the cartridge to the cartridge 800. 他の形態では、分析物検出部材808を穿刺部材802を収容するキャビティ内又はランセット切開後血液を受け入れるカートリッジ表面上の領域内に直接印刷し、形成し又は違ったやり方で設けてもよい。 In another aspect, the analyte detecting members 808 printed directly on the area on the cartridge surface to receive a puncture member 802 within the cavity housing the or lancing after blood may be provided with formed or otherwise.

シール層820及び基板型分析物検出部材層822を用いることにより、これらカートリッジ10の製造を容易にすることができる。 By using the seal layer 820 and substrate type analyte detection member layer 822 can facilitate the production of these cartridges 10. 例えば、単一のシール層820をカートリッジ800に矢印824で指示するように被着させ、取り付け又は違うやり方で結合すると、キャビティ806のうち多くを一度に密封することができる。 For example, a single sealing layer 820 is applied as indicated in the cartridge 800 by an arrow 824, upon binding with the mounting or different manner, it is possible to seal a number at a time of the cavity 806. 分析物検出部材のシート822も又、カートリッジ800に矢印825で指示するように被着させ、取り付け又は違うやり方で結合すると、カートリッジ上に多くの分析物検出部材を一度に設けることができる。 Sheet 822 of analyte detecting members also is applied as indicated by arrow 825 in the cartridge 800, when coupled with the mounting or different manner, it can be provided a lot of analyte detecting members on the cartridge at a time. 本発明の一実施形態の製造中、カートリッジ800に穿刺部材802を装填し、層820及び基板822が取り付けられる底部に設けられた一時的な層(図示せず)で密封すると、穿刺部材のための密封環境を得ることができる。 During the manufacture of an embodiment of the present invention, the piercing member 802 is installed in the cartridge 800, when sealed with temporary layer provided on the bottom portion of the layer 820 and the substrate 822 is mounted (not shown), for piercing member it can be obtained in the sealing environment. 次に、一時的な底部層とのこの組立体を囲んで滅菌する。 Then, sterilized enclose the assembly of a temporary bottom layer. 滅菌後、組立体をクリーンルームに運び(又は、これが既にクリーンルーム又はこれと同等の環境内に位置している場合がある)、ここで一時的底部層を除去し、基板822を分析物検出部材と共に図7に示すようにカートリッジに結合する。 After sterilization, carries the assembly in a clean room (or, in some cases it is already located in the clean room or equivalent in the environment), wherein removal of the temporary bottom layer, together with the analyte detecting members of the substrate 822 coupled to the cartridge as shown in FIG. このプロセスにより、基板822上の分析物検出部材の精度又は機能性を劣化させる場合のあるプロセス及び(又は)温度を用いて穿刺部材802とのカートリッジの滅菌組立てが可能になる。 This process allows sterilization assembly of the cartridge with the piercing member 802 with a process and (or) temperature when degrading the accuracy or functionality of the analyte detecting members on the substrate 822. 非限定的な例として、次に、カートリッジ800全体を別の密閉容器、例えばパウチ、袋、プラスチック成形容器(これらには限定されない)内に入れて接触を容易にし、頑丈さを向上させると共に(或いは)取扱いを容易にすることができる。 As a non-limiting example, then, another closed container the entire cartridge 800, for example a pouch, a bag, a plastic molded container (These are not limited) to facilitate contact placed in, thereby improving the robustness ( or) the handling can be facilitated.

幾つかの実施形態では、2以上のシール層820を用いてキャビティ806を密封することができる。 In some embodiments, it is possible to seal the cavity 806 using two or more sealing layers 820. 幾つかの実施形態の例として、多数の層を各キャビティ806を覆って配置することができ、キャビティのうち半分又は或る選択された部分を1つの層で密封し、キャビティのもう半分又は選択された部分を別のシート又は層で密封することができ、種々の形状のキャビティは、互いに異なるシール層を利用することができること等が挙げられる。 Examples of some embodiments, multiple layers can be disposed over the respective cavities 806, to seal the half or some selected portion of the cavity in one layer and the other half or selection of the cavity portion to be able to seal with another sheet or layer, cavities of various shapes, and the like that may utilize different sealing layers to each other. シール層820は、互いに異なる物理的性質を有することができ、例えば、カートリッジの端部の近くで穿刺部材802を覆うシール層は、カートリッジを交換する前にユーザが例えば10個、5個又は他の数の穿刺部材を使用したことをユーザに指示するよう(もし視覚的に点検可能であれば)異なる色、例えば赤色(これには限定されない)を有するのがよい。 Sealing layer 820 may have different physical properties from one another, for example, the sealing layer which covers the piercing member 802 near the end of the cartridge, 10 the user for example before replacing a cartridge, 5 or other the number of to indicate that using a penetrating member to the user (if visually inspected if possible) different colors, for example, may have a red (but not limited to).

次に図74及び図75を参照すると、カートリッジ800内の分析物検出部材808に用いられる超小型流体素子の一実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIGS. 74 and 75, an embodiment of a microfluidic device for use in analyte detection member 808 in the cartridge 800 below. 説明を容易にするため、キャビティ806の形状は、単純なウェッジ形状に単純化されている。 For ease of description, the shape of the cavity 806 is simplified to a simple wedge shape. より複雑精巧な形態、例えば図73に示す形態を用いてもよい。 More complex elaborate forms may be used, for example the form shown in Figure 73. 図74は、体液を分析物検出部材808に向かって引き寄せるのを助けるチャネル826を示している。 Figure 74 shows the channel 826 to help draw toward the body fluid analyte detecting member 808. 本実施形態では、キャビティ806内に2つの分析物検出部材808が示されている。 In this embodiment, two analyte detecting member 808 is shown in the cavity 806. これは純粋に例示の目的のためである。 This is purely for illustrative purposes. というのは、キャビティ806は、1つの分析物検出部材又は所望に応じて任意他の数の分析物検出部材を有することができるからである。 Since the cavity 806 is because it is possible to have a analyte detecting members of any other number depending on one analyte detecting member or desired. キャビティ806の一部を満たしながらキャビティ806に流入する体液も又、毛管作用により溝826を通って分析物検出部材808に向かって引き寄せられる。 Body fluid flowing into the cavity 806 while meeting some of the cavities 806 also attracted toward the analyte detecting member 808 through the groove 826 by capillary action. 分析物検出部材808は全て、同一の分析を行うことができ、これら分析物検出部材は各々、互いに異なる種類の分析を行うことができ、或いは、これら2つの或る組合せを使用することができる(同一の分析を行うセンサがあれば、他の分析を行うセンサもある)。 All analyte detecting member 808 can perform the same analysis, each of which analyte detecting member can perform different types of analysis to each other, or may use these two some combination (if any sensor performing the same analysis, there is also a sensor for other analysis).

図75は、キャビティ806の切欠きの斜視図である。 Figure 75 is a cutout perspective view of the cavity 806. 穿刺部材802(想像線で示されている)は、キャビティ806内に収容され、かかる穿刺部材は、矢印832で指示されるように穿刺部材出口開口部830を通って外方に延びることができる。 Piercing member 802 (shown in phantom) is housed in the cavity 806, such penetrating member may extend outwardly through the piercing member exit opening 830 as indicated by arrow 832 . 穿刺部材802の先端部の位置は、様々であってよく、例えば、穿刺部材出口ポートの近くに位置し、又はこの出口から間隔をおいて位置することができる(これらには限定されない)。 Position of the distal end portion of the pricking member 802 may be varied, for example, close to the penetrating member exit port, or can be (but not limited to) be located at a distance from the outlet. 分析物検出部材808に対する先端部の配置場所も又、様々であってよく、例えば、分析物検出部材から間隔をおいて位置し又は遠ざかって位置し或いは分析物検出部材のすぐ近くで並べて配置できる。 Location of the tip to the analyte detection member 808 also may be varied, for example, can be arranged immediately close to the spaced from the analyte detecting members or away located or analyte detecting member . 次に、流体は、キャビティ806に入り、チャネル826によって方向付けられる。 Next, fluid enters the cavity 806 is directed by the channel 826. チャネル826は、図75に示すように、頂部が開口した溝である。 Channel 826, as shown in FIG. 75, a groove top is opened. チャネル826は、全体が開口した頂部を備える溝であってもよく、或いは、ルーメンを形成する密閉頂部を有する一部を有してもよく、或いは更に、溝は、穿刺部材出口開口部830の近くに設けられた開口部を除き閉鎖されたものであってもよい。 Channel 826 may be a groove having an apex which is entirely open, or may have a portion having a sealing top portion forming a lumen, or further, the grooves, the penetrating member exit opening 830 or it may be closed off except for the opening provided in the vicinity. 毛管作用は、一表面が露出した溝を用いて達成できる。 Capillary action can be achieved using the groove and exposed one surface. 幾つかの実施形態では、分析物検出部材808は、穿刺部材出口開口部830の近くに位置決めされて、分析物検出部材808が例えば図78に示す体液を引き込むのに毛管溝又はチャネルを必要としないようにしてもよい。 In some embodiments, the analyte detecting member 808 is positioned near the penetrating member exit opening 830, to the analyte detection member 808 draws fluid shown in FIG. 78 for example need a capillary grooves or channels it may not be.

図75及び図76で分かるように、キャビティ806は、その底面に結合されていて、分析物検出部材808を収容した基板822を有するのがよい。 As seen in FIGS. 75 and 76, the cavity 806 is coupled to the bottom surface may have a substrate 822 containing the analyte detecting member 808. 図76の実施形態で分かるように、カートリッジ800の裏面上に設けられた分析物検出部材808では、カートリッジ800は、体液がキャビティ806から分析物検出部材808に流れるようにするための通路をもたらす少なくとも1つの貫通穴834を有するのがよい。 As it can be seen in the embodiment of FIG. 76, the analyte detecting member 808 provided on the back surface of the cartridge 800, cartridge 800 provides a passageway for fluid to flow to the analyte detecting member 808 from the cavity 806 It may have at least one through hole 834. 貫通穴834の寸法、配置場所、形状及び他の特徴は、キャビティ806及び設けられるべき分析物検出部材808の数に基づいて様々であってよい。 The dimensions of the through holes 834, location, shape and other characteristics may vary based on the number of analyte detecting member 808 to be cavity 806 and provided. 他の実施形態では、ウィッキング要素等が、体液を溝826から1又は複数の貫通穴834を介して分析物検出部材808まで下方に吸い込むために使用できる。 In another embodiment, the wicking element or the like, bodily fluids can be used to suck downward from the groove 826 to analyte detecting member 808 via one or more through holes 834.

次に、図77を参照すると、種々の溝及び分析物検出部材の形態が単一のカートリッジに設けられた状態で示されている。 Referring now to FIG. 77, the form of the various grooves and analyte detecting member is shown in a state which is provided in a single cartridge. これら形態は、例示目的でのみ示されているに過ぎず、単一のカートリッジが、これら形態の各々を備えない場合がある。 These forms are only shown for exemplary purposes only, a single cartridge may not provided with each of these forms. 幾つかの実施形態は、検出部材のうちの任意のものを単独で又は組み合わせて用いることができる。 Some embodiments, any of the detection member can be used alone or in combination. しかしながら、分析物検出部材の形態は、各キャビティについて特注可能であり、例えば、そのキャビティと関連したランセット切開変数、例えばランセット切開処置の時刻、測定されるべき分析物の種類、ランセットで切開されるべき検査部位、角質層の水和状態、又は他のランセット切開パラメータに応じて異なる数及び配置場所の分析物検出部材が用いられる。 However, the form of the analyte detecting members are capable customized for each cavity, for example, lancing variables associated with that cavity, for example, time of lancing treatment, the type of analyte to be measured, is incised with a lancet test site to, hydration state of the stratum corneum, or other lancing parameters analyte detecting members of different number and location depending on the used. 非限定的な例として、検出部材を円板の外縁部寄りに近くに、側壁上により近く、任意の組合せ等の場所に移動させることができる。 As a non-limiting example, near a detection member to the outer edge side of the disc, can be closer to the upper wall, it is moved to a location, such as any combination.

図77は、キャビティ838内の穿刺部材802を示しており、3つの分析物検出部材808がキャビティ内に設けられている。 Figure 77 shows the piercing member 802 in the cavity 838, three analyte detection member 808 is provided in the cavity. 説明を容易にするため、穿刺部材802は、残りのキャビティから省かれており、したがって分析物検出部材の形態を容易に見ることができる。 For ease of explanation, the penetrating member 802 is omitted from the rest of the cavity, thus can see the form of analyte detecting members easily. キャビティ840は、2つの分析物検出部材808を備えたチャネル826を有している。 Cavity 840 has a channel 826 with two analyte detecting member 808. キャビティ842は、単一の分析物検出部材808に結合されたチャネル844を有している。 Cavity 842 has a channel 844 coupled to a single analyte detecting member 808. キャビティ846,848は、それぞれ1つの分析物検出部材808及び2つの分析物検出部材808を有している。 Cavity 846,848 each have one analyte detecting member 808 and two analyte detecting member 808. これらキャビティ内の分析物検出部材808をカートリッジからの穿刺部材出口のところ又は実質的に穿刺部材出口のところに直接設けてもよい。 It may be provided directly at the place or substantially piercing member exit of the piercing member exit of the analyte detecting members 808 in these cavities from the cartridge. 他の分析物検出部材形態も又可能であり、例えば、1以上の分析物検出部材をキャビティの側壁上に配置し、分析物検出部材を特定のアレイ(例えば、直線アレイ、三角形アレイ、正方形アレイ等)をなして側壁又は底面上に配置し、混合した形式の分析物検出部材(例えば、電気化学的及び光学的又は他の或る組合せ)を用い、或いは、分析物検出部材の混合した位置決め(例えば、少なくとも1つの分析物検出部材をカートリッジの下の基板上に配置し、少なくとも1つの分析物検出部材をキャビティ内に配置する)を用いることが挙げられるが、これらには限定されない。 Other analyte detecting member form also also possible, for example, one or more analyte detecting member is disposed on the side wall of the cavity, the analyte detecting member a specific array (e.g., a linear array, triangular array, a square array placed on the side walls or bottom forms etc.), using an analyte detecting members of the mixed format (e.g., electrochemical and optical or some other combination), or mixed positioning of analyte detecting members (e.g., at least one analyte detecting member is disposed on the substrate beneath the cartridge, the placing in the cavity at least one analyte detecting member), but the use of the like, but not limited to.

図78は、分析物検出部材850がキャビティ806の遠位端部の近くに配置されたカートリッジ800の実施形態を示している。 Figure 78 is a analyte detecting member 850 illustrates an embodiment of a cartridge 800 located near the distal end of the cavity 806. 分析物検出部材850をカートリッジ800上に形成し、被着させ又は違ったやり方で取り付けるのがよい。 The analyte detecting member 850 is formed on the cartridge 800, it may be attached in a manner differently or is deposited. 別の実施形態では、分析物検出部材850は、ウェル又は凹みであるのがよく、このウェル又は凹みは、光学分析物検出部材がウェル又は凹み内に入っている流体中の分析物を検出できるのに十分な透明度を備えた底部を有する。 In another embodiment, the analyte detecting member 850 may not less well or depressions, the wells or depressions can detect an analyte in a fluid optical analyte detecting member is within a well or recess It has a bottom having a sufficient transparency to. ウェル又は凹みは、体液をウェル内に入れると、反応する(蛍光を発する、色が変化する、又は他の検出可能な特性を示す)或る分析物試薬を更に有するのがよい。 Wells or indentations, and put the fluid in the well, the reaction is (fluoresces, color changes, or an other detectable property) may also include a certain analyte reagent. 更に別の実施形態では、分析物検出部材850に代えて流体を通過させることができる貫通穴を用いてもよい。 In yet another embodiment, it may be used through holes capable of passing the fluid instead of the analyte detecting members 850. 基板822上の分析物検出部材808をカートリッジ800の裏面に取り付けてもよく、これによりキャビティ806から分析物検出部材808まで流れる流体に接近する。 It may be attached to analyte detecting members 808 on the substrate 822 on the back surface of the cartridge 800, thereby approaching the fluid flowing from the cavity 806 to analyte detecting member 808.

上述したように、分析物検出部材808も又、血液を受け入れるモジュール開口部のすぐ近くで適所に配置され又はこれから僅かに後退して設けられて、少ない血液の量が依然として分析物検出部材に達するようにする。 As described above, analyte detecting member 808 also the immediate vicinity of the module opening for receiving a blood is in place or it from provided slightly retracted, it reached an amount of less blood is still analyte detecting member so as to. 分析物検出部材は、少ない量、例えば約1マイクロリットル以下のサンプル、好ましくは約0.6マイクロリットル、より好ましくは約0.3マイクロリットル、最も好ましくは約0.1マイクロリットル以下のサンプルに使用できる。 Analyte detecting member is less amounts, for example, about 1 microliter or less of the sample, preferably about 0.6 microliters, more preferably about 0.3 microliters, most preferably about 0.1 microliters or less of the sample It can be used. 分析物検出部材808は、穿刺部材カートリッジ800の底部の頂部に直接印刷され又は形成できる。 Analyte detecting member 808 can be directly printed or formed on top of the bottom of the piercing member cartridge 800. 一実施形態では、多数の小型化分析物検出部材フィールドを半径方向キャビティの床上又は超小型流体素子モジュール上に配置して一滴の血液から単一の分析物について多数回の検査を可能にして測定の正確さ及び精度を向上させるのがよい。 In one embodiment, the measurement and enables a large number of times of the test for a large number of miniaturized analyte detecting member field floor or microfluidic devices single analyte from a drop of blood placed on the module in the radial cavity it is preferable to improve the accuracy and precision of. このように限定されることはないが、追加の分析物検出部材フィールド又は領域を較正又は他の目的のために設けるのがよい。 While such are not limited to, preferably provided for additional analyte detecting member field or calibration or other purposes region.

次に図79〜図84を参照して、カートリッジ800の別の実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIG. 79 to FIG 84, illustrating another embodiment of the cartridge 800 below. 図79は、半円形のカートリッジ860を示している。 Figure 79 shows a semicircular cartridge 860. 図80は、部分曲線の形状をしたカートリッジ862を示している。 Figure 80 shows the cartridge 862 in the form of a partial curve. 図80は又、カートリッジ862を種々の形態に、例えば、垂直に、水平に又は他の向きで(これらには限定されない)積み重ねることができることを示している。 Figure 80 also the cartridge 862 into various forms, for example, vertically, shows that can be stacked to a horizontal or other orientation (but not limited to). 図81は、実質的に真っ直ぐで直線状の形態をしたカートリッジ864を示している。 Figure 81 shows the cartridge 864 in which the straight configuration with substantially straight. 図82は、中心866から半径方向外方に延びるよう配置された複数のカートリッジ864を示している。 Figure 82 illustrates a plurality of cartridges 864 arranged to extend radially outward from the center 866. 各カートリッジは、カートリッジ864が穿刺部材ランチャーと整列するよう半径方向外方に摺動できるようにするスライダ(単純化のために図示せず)上に位置することができる。 Each cartridge can cartridge 864 is positioned on the slider (not shown for simplicity) to be able to slide radially outwardly so as to align the puncture member launcher. 使用後、カートリッジ864を摺動させて中心866に向かって戻し、組立体全体を矢印868で指示するように回転させて新しいカートリッジ864を穿刺部材ドライバに用いるための位置に至らせる。 After use, the cartridge 864 is slid back toward the center 866, bringing a new cartridge 864 is rotated so as to direct the entire assembly by the arrow 868 in position for use in penetrating member driver. 図83は、複数のカートリッジ800を穿刺部材ドライバ(図85参照)に用いることができるよう積み重ねることができる更に別の実施形態を示している。 Figure 83 shows a further embodiment may be stacked so that it is possible to use a plurality of cartridges 800 to the piercing member driver (see FIG. 85). ドライバをそれ自体各カートリッジ800と整列するよう移動させることができ、又はカートリッジをそれ自体ドライバと整列するよう移動させることができる。 The driver can be moved to align with itself each cartridge 800, or the cartridge may be moved to align with itself driver. 図84は、複数のカートリッジ864がアレイを構成するよう可撓性支持体と一緒に結合された更に別の実施形態を示している。 Figure 84 shows a further embodiment a plurality of cartridges 864 is coupled with the flexible support so as to form an array. ローラ870を用いると、カートリッジ864を穿刺部材ドライバ872によって作動される位置に動かすことができる。 With roller 870 can move the cartridge 864 in position to be actuated by the piercing member driver 872.

次に、図85を参照すると、穿刺部材ドライバ882を備えた半径方向カートリッジ800を用いる装置880の一実施形態が示されている。 Referring now to FIG. 85, one embodiment of an apparatus 880 using a radial cartridge 800 having a piercing member driver 882 is shown. 異形表面884が、穿刺部材出口ポート886の近くに設けられ、患者が自分の指をランセット切開のための位置に置くことができるようになっている。 Profiled surface 884 is provided near the piercing member exit port 886, the patient is made to be able to put their fingers in position for lancing. 図示していないが、装置880が、状態をユーザに中継するよう人により読み取り可能な又は他形式の視覚表示装置を有するのがよい。 Although not shown, device 880 may include a visual display apparatus capable or other form readable by a person so as to relay to the user state. 表示装置は又、測定された分析レベル又は他の測定値、或いはフィードバックをユーザに示すことができ、この場合、装置880又は別個の検査ストリップを別個の分析物読み取り装置にプラグ接続し又は挿入する必要はない。 The display device also measured analytical level or other measurements, or can indicate a feedback to the user, this case, the device 880 or a separate test strip plugged into separate analyte reader or inserted You need not be. 装置880は、穿刺部材を作動させ又は分析物レベルを測定するプロセッサ又は他の分離回路を有するのがよい。 880 can include a processor or other separation circuit for measuring the or analyte level to actuate the piercing member. カートリッジ800は、底部ハウジングにヒンジ止め又は着脱自在に結合できる装置の頂部ハウジングを開放することにより、カートリッジ800を装置880内へローディングすることができる。 Cartridge 800, by opening the top housing of the bottom housing hinged or removably coupled to the device, it is possible to load the cartridge 800 into the apparatus 880. また、性質上コンパクトディスクプレーヤ等に見られるローディング機構と類似したローディング機構を用いてカートリッジ800を装置880内へ引き入れてもよい。 Further, a loading mechanism similar to the loading mechanism seen in nature compact disc player or the like may be drawn to the cartridge 800 into the apparatus 880 with. かかる実施形態では、この装置は、装置880内へのカートリッジ800の挿入を可能にするスロット(自動車内に設置されたCDプレーヤに類似している)を有するのがよく、次にこのカートリッジ800を装置内で動作できるよう装置内の定位置に自動的にローディングし又は違ったやり方で収納する。 In such embodiments, the device may have a slot (similar to the installed CD player in a car) to allow insertion of the cartridge 800 into the apparatus 880, then the cartridge 800 automatically stored in the loaded or otherwise in a fixed position in the apparatus so that it can operate within system. ローディング機構は、機械的に動力供給され又は電気的に動力供給されるものであるのがよい。 Loading mechanism, it is preferable are those mechanically be powered or electrically powered. 幾つかの実施形態では、ローディング機構は、スロットに加えてローディングトレーを使用するのがよい。 In some embodiments, the loading mechanism, it is preferable to use a loading tray in addition to the slot. スロットをハウジング上の高い位置に配置するのがよく、したがってカートリッジ800が装置内へローディングされ、次に穿刺部材ドライバ882上に落とされるのに十分な隙間を持つようになっている。 Slot better to arrange a high position on the housing, thus the cartridge 800 is loaded into the device, and then began to have sufficient clearance to be dropped onto the piercing member driver 882. カートリッジ800は、カートリッジ800をいったん装置880内に配置すると、カートリッジをローディング機構又は位置合わせ機構により正しく位置合わせできる表示マーク又は割出し装置を有するのがよい。 Cartridge 800, placing once device 880 of the cartridge 800 may include a display mark or indexing device can be correctly aligned by the loading mechanism or alignment mechanism of the cartridge. カートリッジ800は、穿刺部材ドライバ882回りに回転する半径方向プラットホームに載ることができ、かくしてカートリッジを前進させて未使用の穿刺部材を穿刺部材ドライバに係合させる方法を提供する。 Cartridge 800 can rest on the radial platform which rotates 882 about penetrating member driver, thus the unused piercing member is advanced to the cartridge to provide a method for engaging the puncture member driver. カートリッジ800は、その裏面又は他の表面が、カートリッジの取扱い及び(又は)割出しを容易にするよう形作られ又は輪郭付けられたものであるのがよく、例えば、切欠き、溝、トラクター穴、光学的マーカ等を備えるのがよい。 Cartridge 800, the rear surface, or other surface, the handling of the cartridge and (or) is shaped so as to facilitate indexing or contoured those in which the well is, for example, notches, grooves, tractor holes, It may be provided with optical markers, and the like. これら形状又は表面も又、カートリッジ内の未使用の穿刺部材がほぼ無くなっていること、5つの穿刺部材しか残っていないことを指示し又は所望通りに他の或るカートリッジ状態指標を指示するよう様々であってよい。 These shapes or surface may also be unused penetrating member in the cartridge is almost gone, various to direct instructions or certain cartridge status indicator of the other as desired that only remaining five piercing members it may be at.

穿刺部材を装填する適当な方法及び装置が、先に共通譲受人の同時係属米国特許出願(代理人事件番号:38187−2589及び38187−2590)明細書に記載されており、これらを全ての目的に関し参照によりここに援用する。 Piercing member suitable methods and apparatus for loading the copending U.S. patent application of common assignee previously (Attorney Docket 38187-2589 and 38187-2590) herein are described in, for all purposes of these incorporated herein by reference relates to. 穿刺部材に係合し、穿刺部材キャビティと関連した保護材料を除去する適当な装置が、共通譲受人の同時係属米国特許出願(代理人事件番号:38187−2601及び38187−2602)明細書に記載されており、これらを全ての目的に関して参照によりここに援用する。 Engages the piercing member, a suitable device for removing the protective material associated with the piercing member cavity, co-pending U.S. patent application commonly assigned (Attorney Docket 38187-2601 and 38187-2602) described herein It is, incorporated herein by reference those for all purposes. 例えば、図78の実施形態では、箔又はシール層820が、頂面890に沿ってキャビティを横切って延び、そして傾斜面892に沿って下って延びることによりキャビティを覆うのがよく、それにより穿刺部材及び分析物検出部材の密閉滅菌環境を構成する。 For example, in the embodiment of FIG. 78, the foil or the sealing layer 820, extends across the cavity along the top surface 890, and may cover the cavity by extending down along the inclined surface 892, thereby puncture constituting a sealed sterile environment of the members and analyte detecting members. 米国特許出願(代理人事件番号:38187−2602)明細書に記載された穿通要素は、穿通要素及び穿通要素の後ろに設けられていて、箔をキャビティの側部又は他の位置に押して穿刺部材802を作動させることができると共に体液がキャビティ内に流入することができるようにする異形部分を有する。 U.S. Patent Application (Attorney Docket 38187-2602) piercing element described in the specification, the piercing element and provided behind the piercing element, piercing member press foil on the side or at other positions of the cavity body fluid it is possible to operate the 802 has a profiled part to be able to flow into the cavity.

次に図86を参照して本発明のランセット切開システムの更に別の実施形態を説明する。 Referring now to FIG. 86 illustrating a further embodiment of the lancing system of the present invention. 半径方向カートリッジ500を穿刺部材ドライバ882に用いるよう組み込むのがよい。 The radial cartridge 500 better incorporate such use in piercing member driver 882. 穿刺部材を矢印894で指示するように外方に押し進めることができる。 It can be pushed outwardly to direct piercing member by the arrow 894. 複数の分析物検出部材が、穿刺部材出口の近くに配置されたロール895上に設けられている。 A plurality of analyte detecting members are provided on the roll 895 located near the piercing member exit. ロール895を矢印896で指示するように前進させることができ、したがって使用済み分析物検出部材は有効部位から遠ざけられるようにする。 It can be advanced to indicate the roll 895 at the arrow 896, thus spent analyte detecting member is to be moved away from the effective region. また、ロール895に代えて複数の分析物検出部材を保持した円板を用いることができ、この場合、分析物検出部材円板(図示せず)は、カートリッジ500の平面に実質的に垂直な平面内で配向される。 In place of the roll 895 can be used a disc holding a plurality of analyte detecting members, where the analyte detecting member disc (not shown) is substantially perpendicular to the plane of the cartridge 500 It is oriented in the plane. 分析物検出部材円板は又、新しい未使用の分析物検出部材をカートリッジ500の新しい未使用の穿刺部材と共に次々に回転させて提供できるようカートリッジ500の平面に平行ではない他の角度をなしていてもよい。 Analyte detecting members discs also have no other angle not parallel to the plane of the cartridge 500 so that it can provide analyte detecting members of new unused rotate one after another with a new unused penetrating member cartridge 500 it may be.

次に図87Aを参照すると、カートリッジ500は、ランセット切開システム用の高密度包装システムを提供している。 Referring now to FIG. 87A, the cartridge 500 provides a high density packaging system for lancing system. この形状因子により、患者は実質的に手持ち器具を維持した状態で多数の穿刺部材を単一のカートリッジ中へローディングすることができる。 This shape factor, the patient can be loaded multiple piercing member while maintaining a substantially handheld device into a single cartridge. 当然のことながら、かかるカートリッジ500は又、非手持ち装置に用いることもできる。 Of course, such a cartridge 500 may also be used for non-hand-held device. 本カートリッジ500は、単位体積当たり高検査密度の使い捨てカートリッジとなる。 This cartridge 500 is a disposable cartridge of high per unit volume inspection density. 穿刺部材に加えて分析物検出部材を有するカートリッジ、例えばカートリッジ800の実施形態に関し、密度は又、使い捨てカートリッジ内の分析物検出部材及び穿刺部材の密度で測定できる。 Cartridge with analyte detecting members in addition to the piercing member, for example, relates to an embodiment of the cartridge 800, the density can also be measured at a density of analyte detecting members and puncture member in the disposable cartridge. 他の実施形態では、密度は又、使い捨てカートリッジ1つ当たりの分析物検出部材によって表現できる。 In another embodiment, the density may also be expressed by analyte detecting members per disposable cartridge. 例えば、一実施形態の物理的容量又は全エンベロープを測ることにより、この数値を穿刺部材の個数又は検査回数で割ることができる。 For example, by measuring the physical capacity or total envelope of an embodiment, it is possible to divide this number by the number or the number of inspections of the piercing member. この結果は、カセット状の穿刺部材1個当たり又は検査1回当たりの容積である。 The result is a volume per or per inspection once a cassette-like piercing member. 例えば、本発明の一実施形態では、カートリッジ500の総容積は、4.53立方センチメートルであると決定される。 For example, in one embodiment of the present invention, the total volume of the cartridge 500 is determined to be 4.53 cubic centimeter. この実施形態では、カートリッジ500は、50個の穿刺部材を保持する。 In this embodiment, the cartridge 500 holds 50 penetrating member. この容積を50で割ることにより、検査1回当たりの容積は、0.090立方センチメートルに達する。 By dividing this volume by 50, volume per test, reaching 0.090 cm3. 従来型検査装置、例えばドラムは、0.720又は0.670立方センチメートルであり、これは単に、複数の検査ストリップを保持する容積である。 Conventional inspection device, for example a drum is 0.720 or 0.670 cm3, which is simply the volume for holding a plurality of test strips. これは、本実施形態800の場合ほど穿刺部材を含まない。 It does not include a piercing member as in the case of the present embodiment 800. かくして、本実施形態は、実質的に高い密度の状態にある。 Thus, the present embodiment is in a state of substantially higher density. 0.500立方センチメートル範囲で穿刺部材及び分析物検出部材を有する僅かに低密度の装置であっても、これは、公知の装置と比べて飛躍的な技術進歩である。 It is an apparatus of slightly lower density having a piercing member and analyte detecting members in 0.500 cm3 range, which is a dramatic technical progress as compared to known devices. というのは、公知の装置について上記に列記した数は、穿刺部材を含まず、検査ストリップ1つ当たりの包装に過ぎないからである。 Since the number listed above for the known device does not include a piercing member, because only the packaging per one test strip.

各穿刺部材(又は、場合によっては穿刺部材及び分析物検出部材)は、カートリッジ500内に或る充填密度又は占有容積を有するのがよい。 Each piercing member (or, in some cases the piercing member and the analyte detection member) can include a certain packing density or occupancy volume cartridge 500. 種々の実施形態では、カートリッジ500内の各穿刺部材の充填密度又は占有容積は、約0.66cm 3以下、0.05cm 3以下、0.4cm 3以下、0.3cm 3以下、0.2cm 3以下、0.1cm 3以下、0.075cm 3以下、0.05cm 3以下、0.025cm 3以下、0.01cm 3以下、0.090cm 3以下、0.080cm 3以下等であるのがよい。 In various embodiments, the packing density or occupancy volume of each penetrating member in the cartridge 500 is about 0.66 cm 3 or less, 0.05 cm 3 or less, 0.4 cm 3 or less, 0.3 cm 3 or less, 0.2 cm 3 hereinafter, 0.1 cm 3 or less, 0.075 cm 3 or less, 0.05 cm 3 or less, 0.025 cm 3 or less, 0.01 cm 3 or less, 0.090Cm 3 below, may be between 0.080Cm 3 below and the like. これらの数値は、穿刺部材だけ又は穿刺部材と分析物検出部材の組合せのための容積に適用できる。 These values ​​can be applied to the volume for the combination of the piercing member only or piercing member and the analyte detecting members. 換言すると、各穿刺部材に必要な容積は、穿刺部材1つ当たり0.66cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.05cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.4cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.3cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.2cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.1cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.075cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.05cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.025cm 3以下、穿刺部材1つ当た0.01cm 3以下、穿刺部材1つ当たり0.90cm 3以下等である。 In other words, the volume required for each penetrating member, the penetrating member one per 0.66 cm 3 or less, the piercing member one per 0.05 cm 3 or less, the piercing member one per 0.4 cm 3 or less, the piercing member one per 0.3 cm 3 or less, the piercing member one per 0.2 cm 3 or less, the piercing member one per 0.1 cm 3 or less, the piercing member one per 0.075 cm 3 or less, the piercing member one per 0.05 cm 3 or less, piercing members per one 0.025 cm 3 or less, the piercing member one per 0.01 cm 3 or less, a piercing member one per 0.90Cm 3 or less, and the like. したがって、カートリッジの総包装容量をXとし、カートリッジがY個の穿刺部材、穿刺部材及び検査領域、又は他のユニット395を有するとすれば、各ユニットについての容積は、0.66cm 3以下、0.05cm 3以下、0.4cm 3以下、0.3cm 3以下、0.2cm 3以下、0.1cm 3以下、0.075cm 3以下、0.05cm 3以下、0.025cm 3以下、0.01cm 3以下、0.090cm 3以下、0.080cm 3以下等である。 Therefore, the total packing volume of the cartridge and X, if the cartridge has a Y-number of the piercing member, the penetrating member and the inspection area or other unit 395, the volume for each unit, 0.66 cm 3 or less, 0 .05Cm 3 below, 0.4 cm 3 or less, 0.3 cm 3 or less, 0.2 cm 3 or less, 0.1 cm 3 or less, 0.075 cm 3 or less, 0.05 cm 3 or less, 0.025 cm 3 or less, 0.01 cm 3 or less, 0.090cm 3 or less, a 0.080cm 3 below and the like.

次に図87Bを参照して本発明のカートリッジの更に別の実施形態について以下に説明する。 Referring now to FIG 87B will be described below still another embodiment of the cartridge of the present invention. 図87Bは、円錐形のカートリッジの断面を示しており、穿刺部材は、一実施形態では、矢印897で指示されるように半径方向外方に動くよう差し向けられている。 Figure 87B shows a cross section of conical cartridge, penetrating member, in one embodiment, is directed to move radially outwardly as indicated by arrow 897. 別の実施形態では、穿刺部材は、矢印895で指示されるように半径方向内方に動くよう差し向けられるのがよい。 In another embodiment, the puncturing member, it is preferable directed to move radially inward as indicated by arrow 895. グリッパは、穿刺部材をカートリッジの内面又は外面から係合するよう位置決めされるのがよい。 Grippers, it is being positioned to engage the piercing member from the inner or outer surface of the cartridge.

次に、図88を参照すると、ナノワイヤも又、カートリッジ800に用いられる低容量分析物検出部材を形成するよう利用できる。 Referring now to FIG. 88, the nanowires may also be utilized to form a low volume analyte detecting member used in the cartridge 800. ナノワイヤ装置についてのそれ以上の詳細は、2002年12月13日に出願された共通譲受人の同時係属米国仮特許出願第60/433,286号(代理人事件番号:38187−2605)明細書に記載されており、かかる米国仮特許出願明細書の記載内容全体を全ての目的に関しここに参照により援用する。 Further details about the nanowire devices, co-pending commonly assigned, filed on December 13, 2002, US Provisional Patent Application No. 60 / 433,286 (Attorney Docket Number: 38187-2605) in the specification have been described, incorporated by reference herein to described the entire contents of such U.S. provisional patent application relates to all purposes. これらナノワイヤ分析物検出部材898を穿刺部材802を収容したキャビティ806内に組み込むのがよい。 These nanowire analyte detecting member 898 may have incorporate into the cavity 806 which accommodates the piercing member 802. これらは、キャビティ806の床又は底面上、壁上、頂面上又はこれら取り得る部分のうちの幾つか又は全ての任意の組合せ上に配置できる。 These can be placed on the floor or bottom of the cavity 806, top wall, on the top surface or on some or all of any combination of these up to obtain parts. 分析物検出部材898は、かかる分析物検出部材のアレイの全体的感度を高めるよう種々の感度範囲を有するよう設計されたものであるのがよい。 Analyte detecting member 898 is good is one which is designed to have a different sensitivity range to enhance the overall sensitivity of the array of such analyte detecting member. これを達成する方法としては、種々のサイズのナノワイヤを用いること、ナノワイヤの数を変えること又はナノワイヤに被着されるグルコースオキシダーゼ又はグルコース検出物質の量を変えることが挙げられるが、これらには限定されない。 As a method to achieve this, the use of nanowires of various sizes, including but varying the amount of that or glucose oxidase or glucose detection material is deposited on the nanowire changing the number of nanowires, limited to these not. これらナノワイヤ分析物検出部材は、これらのサイズに起因して各サンプルについて少量の体液を用いるよう設計されたものであるのがよい。 These nanowire analyte detecting member may be between those that are designed to use a small amount of fluid for each due to their size samples. 幾つかの実施形態では、分析物検出部材の各々は、約500ナノリットル以下の量の体液サンプルを用いると正確である。 In some embodiments, each of the analyte detecting members are accurate when using the following amounts of body fluid sample from about 500 nanoliters. 幾つかの実施形態では、分析物検出部材の各々は、約300ナノリットル以下の量の体液サンプルを用いると正確である。 In some embodiments, each of the analyte detecting members are accurate when using the following amounts of body fluid sample from about 300 nanoliters. 更に別の実施形態では、各分析物検出部材は、約50ナノリットル以下、約30ナノリットル以下、約10ナノリットル以下、約5ナノリットル以下、約1ナノリットル以下の体液サンプルについて正確である。 In yet another embodiment, the analyte detecting member is about 50 nanoliters or less, about 30 nanoliters or less, about 10 nanoliters or less, about 5 nanoliters or less, is accurate for the following body fluid sample from about 1 nanoliter . 幾つかの実施形態では、分析物検出部材の組合せアレイは、分析物測定を達成するために300ナノリットル未満の体液を用いる。 In some embodiments, the combination array of analyte detecting members, using fluids of less than 300 nanoliters to achieve the analyte measurement.

次に図89を参照して本発明の更に別の実施形態を説明する。 Referring now to FIG. 89 illustrating a further embodiment of the present invention. 図89は、体液サンプルと接触状態になることができる光学分析物検出部材(図91)に用いられる光学照明システム910の一実施形態を示している。 Figure 89 shows an embodiment of an optical illumination system 910 for use in an optical analyte detecting member (91) which can come into contact with the body fluid sample. システム全体は、複数の分析物検出部材を含むのがよく、これら分析物検出部材は、或る光学表示器、分析物検出部材を照らす光をもたらす光源912、少なくとも1つの光検出器914及びプロセッサ(図示せず)を含む。 The whole system may have to include a plurality of analyte detecting members, these analyte detecting members, one optical display unit, the light source 912 to provide light to illuminate the analyte detecting members, at least one photodetector 914 and processor including the (not shown). 1又は複数の分析物検出部材は、未知の組成の流体のサンプルにさらされる。 1 or more analyte detecting member is exposed to a sample of the fluid of unknown composition. 複数の分析物検出部材は、一流体サンプルにさらされる分析物検出部材のアレイの状態に配列されたものであるのがよく、各グループは、特定の分析物を標的にし、分析されるべき他の或る分析物よりも一分析物と特異的に相互作用する分析物に特異的に働く化学物質を含むのがよい。 Other multiple analyte detecting member, and the handle could be arranged in the state of the array of analyte detecting members which are exposed to first fluid sample, each group, a particular analyte in the target to be analyzed good to include chemicals that act specifically on one analyte than a certain analyte specifically analyte interacts. また、各分析物検出部材は、かかる分析物検出部材のアレイの全体的感度を最大に高めるよう互いに異なる感度範囲を有するのがよい。 Further, each analyte detection member may have a different sensitivity range to enhance the overall sensitivity of the array of such analyte detecting member maximized. 光源912は、光を少なくとも1つの分析物検出部材に当てて光の相互作用を生じさせる。 Light source 912, causes the interaction of light against the at least one analyte detecting member light. 分析物検出部材相互間の差に起因して、光の相互作用の差が生じる場合がある。 Due to the difference between the analyte detecting members each other, there are cases where the difference between the interaction of light occurs. 光検出器は、分析物検出部材による光の相互作用を検出する。 The photodetector detects the interaction of light by the analyte detection member. プロセッサは、分析物検出部材による光の相互作用を分析して分析物のうちで光の相互作用の干渉を考慮し、それにより流体中の所望の分析物の濃度を求める。 The processor analyzes the light interaction by the analyte detecting members considering interference of the interaction of light among the analyte, thereby determining the concentration of the desired analyte in the fluid. 依然として、図89の実施形態を参照すると、光源912は、LEDであるのがよいが、これには限定されない。 Still referring to the embodiment of FIG. 89, the light source 912, but may be between LED, and not limited thereto. 別のLED915も又、本発明に使用できる。 Another LED915 can also be used in the present invention. LED912からの光、照明又は励起エネルギは、経路に沿ってピンホール916、フィルタ917及びレンズ918を通って伝搬する。 Light from LED912, illumination or excitation energy, pinhole 916 along a path, propagating through the filter 917 and the lens 918. 次に光は、ビームスプリッタ919、例えばビーム分光に有用なダイクロイックミラー又は他の装置に(これらには限定されない)に接触する。 Light then contacts the beam splitter 919, for example, dichroic mirrors or other devices useful beam splitter for (but not limited to). レンズ920は、光を分析物検出部材(図91)上に合焦させる。 Lens 920 focuses the light onto analyte detecting member (FIG. 91). この励起エネルギにより、分析物検出部材からの検出可能な光インジケータが生じる場合がある。 This excitation energy, there are cases where detectable light indicator from analyte detecting member occurs. 非限定的に一例を挙げると、蛍光エネルギをレンズ920で上方に反射させるのがよい。 And without limitation, an example, it is preferable to reflect upward the fluorescent energy in the lens 920. このエネルギは、ビームスプリッタ919を通ってレンズ922に至り、次に矢印923で指示されるように検出器914によって受け取られる。 This energy reaches the lens 922 through the beam splitter 919, is then received by the detector 914 as indicated by arrow 923. 検出器914は、このエネルギを測定し、この情報は、プロセッサ(図示せず)に送られて分析物レベルが求められる。 Detector 914, the energy is measured, this information analyte levels are determined is sent to a processor (not shown). 照明システム910は、円板表面上に位置した細胞924を更に有するのがよい。 The illumination system 910 may also include a cell 924 positioned at the disk surface. この特定の実施形態では、力発生器926、例えばソレノイド(これには限定されない)により駆動される穿刺部材925は、流体サンプルを得るために使用できる。 In this particular embodiment, the piercing member 925 which is driven by the force generator 926, for example, a solenoid (which is not limited) can be used to obtain a fluid sample. 戻り止め927も又他のむき出しのランセット又は穿刺部材928と一緒に装置に設けるのがよい。 Detent 927 also preferably provided in the apparatus with other bare lancet or penetrating member 928.

次に図90を参照すると、照明システム910の別の実施形態がカートリッジ929に用いられた状態で示されている。 Referring now to FIG. 90, another embodiment of the illumination system 910 is shown in a state of being used in the cartridge 929. カートリッジ929は、カートリッジ800に類似している。 Cartridge 929 is similar to the cartridge 800. カートリッジ929は、複数の穿刺部材及び複数の光学分析物検出部材(図示せず)を有する単一のカートリッジである。 Cartridge 929 is a single cartridge having a plurality of piercing members and a plurality of optical analyte detecting member (not shown). カートリッジ929は、複数の光学的に透明な部分930を更に有し、これら光学的に透明な部分は、LED912からの光がカートリッジ929のキャビティ中を照らすようにする窓等であるのがよいが、これには限定されない。 Cartridge 929 further includes a plurality of optically transparent portion 930, these optically transparent part is better to light a window or the like to illuminate through the cavity of the cartridge 929 from LED912 , the present invention is not limited to this. 一実施形態では、カートリッジ929の各キャビティは、少なくとも1つの透明な部分930を有するのがよい。 In one embodiment, each cavity of the cartridge 929, may have at least one transparent portion 930. これにより、光は、分析物検出部材914によって読み取り可能なエネルギを発生させることができる。 Thus, light can generate energy readable analyte detecting member 914. カートリッジ929は、穿刺部材を作動させるドライバ882を用いるのがよく、カートリッジ929は、矢印931で指示するように回転することができる。 Cartridge 929 may have to use a driver 882 for actuating the piercing member, the cartridge 929 can be rotated as indicated by arrow 931.

次に図91を参照すると、類似した照明システムの実施形態の断面が示されている。 Referring now to FIG. 91, the cross-section of an embodiment of a similar illumination system is shown. このシステム932は、励起フィルタ934付きのレンズ933を備えた光源912を有している。 The system 932 includes a light source 912 having a lens 933 with an excitation filter 934. この励起フィルタ934は、一実施形態では、励起エネルギを通過させることができるに過ぎない。 The excitation filter 934, in one embodiment, can only be passed through the excitation energy. このフィルタ934により、励起エネルギはダイクロイックミラー935に伝搬することができるが、光源912に戻されることはない。 This filter 934, excitation energy can be propagated to the dichroic mirror 935 and is not returned to the light source 912. 励起エネルギは、矢印936で指示するように下に反射される。 Excitation energy is reflected below as indicated by arrow 936. レンズ937は、エネルギを光学分析物検出部材938に合焦させる。 Lens 937, focus the energy on the optical analyte detecting member 938. 蛍光エネルギ939は、ダイクロイックミラー935を通って蛍光フィルタ940に向かって伝搬する。 Fluorescence energy 939 propagates toward the fluorescent filter 940 through the dichroic mirror 935. 一実施形態では、蛍光フィルタ940は、蛍光エネルギをレンズ941に向かって通すことができるに過ぎない。 In one embodiment, the fluorescent filter 940 is only able to pass towards the fluorescent energy to the lens 941. かくして、検出器914は、分析物検出部材938からの蛍光エネルギだけを受け取る。 Thus, the detector 914 receives only the fluorescent energy from the analyte detecting member 938. 当然のことながら、分析物検出部材938により生じた形式のエネルギを通すことができるようフィルタを交換できる。 Of course, you can exchange filter so that it can pass through the energy of the type generated by the analyte detecting member 938. 幾つかの実施形態では、フィルタは用いられない場合がある。 In some embodiments, it may filter is not used. ダイクロイックミラー935は、63×40×8mmのBk7基板であるのがよい。 The dichroic mirror 935 is good is a Bk7 substrate 63 × 40 × 8mm. フィルタは、直径が約40mm、厚さが約6mmのBk7基板であってもよい。 Filter has a diameter of about 40 mm, it may be Bk7 substrate of about 6mm thick. レンズ933,937,941は、bfl=53.6、動作口径38mmのアクロマートであるのがよい。 Lens 933,937,941 is, bfl = 53.6, may be between achromatic behavior diameter 38mm.

次に図92を参照して照明システム942の更に別の実施形態を説明する。 Next with reference to FIG. 92 illustrating a further embodiment of the illumination system 942. このシステムは、ビームスプリッタ又はダイクロイックミラーを用いていない。 This system does not use a beam splitter or a dichroic mirror. その代わり、光源又はLED912と検出器914の両方が、光学分析物検出部材938に向かう方向の視線を有している。 Instead, both the light source or the LED912 and the detector 914 has a direction of line of sight toward the optical analyte detecting member 938. この実施形態では、多数の要素が単一のハウジングの状態に組み合わされている。 In this embodiment, a large number of elements are combined with the state of a single housing. 例えば、レンズ943、レンズ944及びフィルタ945が組み合わされ、レンズ946、レンズ947及びフィルタ948も又組み合わされている。 For example, lens 943, lens 944 and filter 945 are combined, a lens 946, a lens 947 and filter 948 are also combined.

次に図93を参照すると、図89のシステムと類似したシステムの断面がハウジング950内に示されている。 Referring now to FIG. 93, the cross section of the system similar to the system of Figure 89 is shown within the housing 950. LED912が、光をミラー919に送り、そして光路951を通って円板の表面上の細胞924に送る。 LED912 may send light to the mirror 919, and sends the cells 924 on the surface of the disk through the optical path 951. フィンガアクセス952により、サンプルを得て、これが流体通路953に沿って流れて分析されるようになる。 The finger access 952, to obtain a sample which is to be analyzed flows along the fluid passageway 953. プロセッサ954を検出器914に結合して結果を分析するのがよい。 It is preferable to analyze the results couple processor 954 to the detector 914.

次に図94を参照して、図90のシステムに類似したシステムの断面を更に説明する。 Referring now to FIG. 94, further illustrating the cross section of the system similar to the system of Figure 90. これは、ドライバ882に用いられるカートリッジ929を示している。 This indicates cartridge 929 used in driver 882. これにより、穿刺部材が矢印955で指示されるように半径方向外方に延びる半径方向設計が実現可能である。 Thus, it is possible to realize a radial design that extends radially outwardly so piercing member is indicated by arrow 955. ドライバ882は、矢印956で指示されるように往復動するカプラ部分を有するのがよい。 The driver 882 can include a coupler moiety reciprocating as indicated by arrow 956. 図95及び図96は、図89のシステムに類似したシステムの別の図を提供している。 Figure 95 and Figure 96 provides another view of the system similar to the system of Figure 89. 図95及び図96の実施形態は、エネルギ検出を向上させるのに役に立つよう追加のレンズ又はフィルタを有するのがよい。 The embodiment of FIG. 95 and FIG. 96, may have an additional lens or filter to help to improve the energy detection.

次に図97を参照すると、関心のある領域は、ランセットが所定の深さに達するまで指の皮膚層を切断している間、速度プロフィール1000である。 Referring now to FIG. 97, the region of interest, while the lancet is cut the skin layer of the finger to reach a predetermined depth, a velocity profile 1000. 具体的に説明すると、進入軌道の種々の段階を通じたランセット速度のばらつきが図97に示されている。 Specifically, the variation of lancet velocity through the various stages of forward trajectory is shown in Figure 97. この実施形態では、段階Iは、角質層に相当し、段階IIは、表皮に相当し、段階IIIは、真皮に相当している。 In this embodiment, step I corresponds to the stratum corneum, stage II corresponds to the epidermis, stage III corresponds to the dermis. 各段階では(及びかかる段階中)、選択肢は、現在の速度を維持し、現在の速度を増大させ、又は現在の速度を減少させることである。 In each stage (and in such a step), option is to maintain the current speed, to increase the current speed, or is to reduce the current speed. 角質層の厚さに基づいて、この実施形態では、4エッジ検出アルゴリズム及び1インチ当たり360ストリップのエンコーダストリップを用いて角質層中では9箇所、表皮中では6箇所及び真皮中では29箇所で速度をモニタして変更することができる。 Based on the thickness of the horny layer, in this embodiment, the rate at 29 locations in nine, six and dermis is in the epidermis is the stratum corneum using an encoder strip 4 edge detection algorithm and 360 strips per inch it can be changed by monitoring. 本明細書において説明しているドライバの実施形態は所与の変位の場合、上述した数のモニタ箇所をもたらすが、これよりも高い又は低い解像度を与える他のドライバ及び位置センサ実施形態を使用できることは注目されるべきである。 Embodiments of drivers that are described herein for a given displacement, leads to a number of monitor points described above, can be used the other driver and position sensor embodiments provide a higher or lower resolution than this it should be noted.

この非限定的な例についての本明細書の目的上、皮膚は、3つの別々の領域又は組織層、即ち、角質層SC(段階I)、表皮E(段階II)及び真皮D(段階III)を有するものとして見える。 For purposes of this specification for this non-limiting example, the skin, three separate regions or tissue layer, i.e., the stratum corneum SC (step I), epidermal E (step II) and the dermis D (step III) It appears as having. 一実施形態では、ランセット又は穿刺部材10は、第1の所望の速度まで加速される。 In one embodiment, a lancet or lancing member 10 is accelerated to a first desired speed. この速度は、あらかじめ決定されたものであってよく、或いは作動中、プロセッサによって計算してもよい。 This rate may be one that is pre-determined, or during operation, may be calculated by the processor. プロセッサは又、組織中のランセット速度を制御するために用いられる。 The processor is also used to control the lancet speed in the tissue. ランセット10は、この速度で皮膚に当たって角質層の切断を開始する。 The lancet 10 starts cutting the horny layer against the skin at this speed. 角質層は硬く、それ故この実施形態では、穿刺部材10の最大速度を用いてこの層を効率的に切断するのがよく、この速度は、ランセットが層を通過するまで一定に維持されるのがよい。 The stratum corneum is hard, in therefore this embodiment, using the maximum speed of the piercing member 10 may have to cut through this layer effectively, the speed, the lancet is maintained constant so as to pass through a layer good. 第1の速度又は初速を維持するためには、ランセットが角質層を切断している間、動力をランセット駆動装置12に供給する必要性が多分にある。 To maintain the first speed or initial velocity, while the lancet is cutting the stratum corneum, the need to power the lancet drive 12 is perhaps. 角質層の平均厚さは、約225μmである。 The average thickness of stratum corneum is about 225 .mu.m. この実施形態の位置センサ14について4エッジ検出アルゴリズムを用いると、速度情報を確かめてフィードバックする機会を225/17で又は約13箇所で実施できる。 When the position sensor 14 of this embodiment uses four edge detection algorithm, the opportunity to feedback sure velocity information can be carried out in 225/17 or about 13 points. 別の実施形態では、衝撃に続き角質層を通る加速により、切断効率を向上させることができる。 In another embodiment, the acceleration through the stratum corneum Following impact, thereby improving the cutting efficiency. 加速は、ランセットが衝撃前にその標的又は所望の速度に達していない場合に可能である。 Acceleration is possible when the lancet does not reach its target or desired velocity prior to impact. 図4は、組織層の各々についてランセット軌道に関し速度を増大させた((a)矢印)、維持した((b)矢印)又は減少させた((c)矢印)の結果を示している。 Figure 4 shows the results of each of the tissue layers and the speed relates lancet trajectory increases the ((a) an arrow), and maintained ((b) an arrow) or reduced ((c) an arrow).

表皮E(段階II)に達すると、方法の一実施形態は、速度((c)矢印)を第1の速度から減少させて組織圧迫度をこの第2の組織層中で減少させるようにするのがよい。 Upon reaching the epidermis E (step II), and embodiment of the method is to speed reduce tissue compression degree reduces the ((c) an arrow) from a first speed in the second tissue layer good it is. かくして、ランセット10は、この非限定的な例では、第1の速度よりも低い第2の所望の速度を有することができる。 Thus, the lancet 10 is, in this non-limiting example, may have a lower than the first speed the second desired speed. 第2の組織中におけるこの速度減少により、真皮層(第3の組織層)中の機械的受容器神経細胞により受ける痛みが軽減する場合がある。 This velocity reduction in the second tissue, there are cases where pain experienced by mechanoreceptors neurons in the dermis layer (third tissue layer) is reduced. しかしながら、真皮層に対する組織圧迫効果が無ければ、ランセット速度は、効果的な切断が得られるよう一定に維持できる(即ち、第2の速度を第1の速度と同一に維持できる)。 However, if there is no tissue compression effect on the dermal layer, the lancet speed can be maintained constant so that effective cutting is achieved (i.e., holding the second speed identical to the first speed). 別の実施形態では、速度を第2の組織中で第1の速度から増大させることができる。 In another embodiment, it is possible to increase from the first speed the speed in a second tissue.

段階IIIでは、ランセット又は穿刺部材10は、血管に達してこれらを切断して血液を生じさせることができる。 In phase III, the lancet or lancing member 10, reaches the blood vessel by cutting these can give rise to blood. この第3の組織層及びそれ故にランセット切開中における痛みの知覚の神経刺激伝達は、選択された速度プロフィールの影響を受けやすい。 The third tissue layer and neurotransmission of pain perception in therefore in lancing is susceptible to velocity profile that has been selected. 一実施形態では、第3の所望の速度を選択することができる。 In one embodiment, it is possible to select the third desired speed. 速度は、切断効率を維持しながら神経刺激を最小限に抑えるよう選択できる。 Rate may be selected so as to suppress the neural stimulation to a minimum while maintaining cutting efficiency. 一実施形態では、速度を第2の速度から減少させて痛みを最小限に抑えることが行われ、そしてこれを切断されるべき血管の直前で増大させることができる。 In one embodiment, the speed is reduced from the second speed is performed to minimize the pain and which can be increased immediately before the blood vessel to be cut. 真皮中において上述した位置センサについて可能な速度測定段階の数は、約58である。 The number of speed measurement phase can for the position sensor described above in the dermis is about 58. ユーザは、慣例により最善の速度/切断プロフィールを決定する。 The user determines the best rate / cutting profile by convention. ランセット切開時の痛みが最小量であり、首尾良く血液サンプルを生じさせるプロフィールは、装置中へプログラム可能である。 The minimum amount pain during lancing, profile causing successfully blood samples are programmable into the device.

現在、ユーザは、種々の設定値を検査し、慣例により機械的ランチャーに関する深さの設定値を最適化し、ランセット切開上の快適さに基づいて所望の設定値を定めている。 Currently, the user checks various settings, to optimize the depth settings related mechanical launcher by convention, based on the comfort of the lancing defines a desired set point. 本明細書において説明する装置及び方法の実施形態は、種々の速度プロフィール(図97)をもたらし、かかる速度プロフィールは、制御されたランセット切開が得られるようユーザによって最適化でき、かかる速度プロフィールとしては、ランセットが皮膚の中に位置した状態でランセットの切断速度を制御すること、ランセットが皮膚層の組成に基づいて皮膚中にある間にランセットの速度プロフィールを調整すること、皮膚の表面から表皮及び真皮中への細胞タイプのばらつきに基づいて正確な局部速度プロフィールに従ってランセット切開すること、所望の速度で任意の組織層をランセット切開すること、及び各層について速度を変化させることが挙げられる。 Embodiments of the apparatus and method described herein results in a variety of speed profile (Fig. 97), such velocity profile can be optimized by the user so that controlled lancing is obtained, as such speed profile , the lancet to control the cutting speed of the lancet in the state located in the skin, by adjusting the velocity profile of the lancet while the lancet is in the skin, based on the composition of the skin layer, the epidermis and the surface of the skin It is lancing accordance accurate local velocity profile based on the variation of cell types into the dermis, to lancing any tissue layer at a desired speed, and include changing the rate for each layer. これは、角質層中の最高速度、真皮中における痛みセンサへの衝撃波を最小限に抑えるための速度の表皮中への介入、刺激痛み受容器無しに血管の効率的な切断を得るための速度の真皮中への介入を含む。 Speed ​​for this is to obtain the maximum speed of the stratum corneum, the intervention into the velocity of the epidermis to minimize shock waves to pain sensor in the dermis, efficient cleavage of the vessel without stimulating pain receptors including the intervention in the in the dermis. それ以上の詳細は、2003年4月21日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/420,535号(代理人事件番号:38187−2664)明細書に見られ、かかる米国特許出願明細書の内容を参照によりここに援用する。 Further details, co-pending commonly assigned, filed on April 21, 2003, US patent application Ser. No. 10 / 420,535 (Attorney Docket Number: 38187-2664) seen in the specification, take the United States incorporated herein by reference the contents of the patent application.

次に図98を参照して本発明の別の実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIG. 98 illustrates another embodiment of the present invention are described below. 本発明の幾つかの実施形態は、サンプルを採取する身体上の箇所の存在場所を突き止める正確な方法を提供することができる。 Some embodiments of the present invention can provide an accurate method of locating the location of a point on the body taking samples. 非限定的な例として、光ビームを用いるのがよい。 As a non-limiting example, it is preferable to use a light beam. 加えて、ビームは、サンプル採取の容易さを指示するために使用できる。 In addition, the beam can be used to indicate the ease of sample collection. 更に別の実施形態では、反射光ビームは、装置を使用のために作動状態にし、又は装置を実際に作動させるために使用できる。 In yet another embodiment, the reflected light beam may be used to actuate the operating state for using the device, or a device actually. これら実施形態はどれでも、本明細書において説明するカートリッジ及び(又は)ランセット切開システムのどれにも使用できるよう設計可能である。 Any of these embodiments, the cartridge and (or) described herein can be designed so that can be used in any of the lancing system.

図98の実施形態で分かるように、光源1000を用いると、光ビームを皮膚又は組織の表面上に投射することができる。 As can be seen in the embodiment of FIG. 98, when using a light source 1000, a light beam can be projected onto the surface of the skin or tissue. 種々の光源を用いることができる。 It can be used various light sources. 光源としては、白熱灯、発光ダイオード、蛍光、電気蛍光発光又は他形式の光源が挙げられるが、これらには限定されない。 As a light source, an incandescent lamp, a light emitting diode, fluorescent, the electric fluorescence or other forms of light sources include, but are not limited to. 光源1000は、大抵の実施形態では、ヒトの目に見えるスペクトルの放射線を放出する。 Light source 1000 is, in most embodiments, emits radiation of the spectrum visible to the human eye. 光源1000は又、他の波長の放射線、例えば紫外線、赤外線等(これらには限定されない)を放出することができ、別個の検出器装置によって検出される。 Light source 1000 also other wavelengths of radiation, can be released for example ultraviolet radiation, infrared radiation or the like (but not limited to), it is detected by a separate detector device. 一例は、図99の装置に類似しているのがよい。 One example is better to be similar to the apparatus of FIG. 99. 図98の実施形態は、複数の光源1000を用いているが、幾つかの実施形態は単一の光源1000だけを用いてもよい。 The embodiment of FIG. 98, although a plurality of light sources 1000, some embodiments may use only a single light source 1000.

図98の実施形態では、光を身体の標的領域に案内する要素を設けるのがよい。 In the embodiment of FIG. 98, preferably provided an element for guiding the light to the body of the target region. これは、組込み型視準手段、例えばレンズ(これには限定されない)を備えた光源を用いることによって達成できる。 This can be achieved by using a light source with built-collimating means, for example a lens (but not limited to). 光を案内する別の方法は、光が装置に設けられた1以上の孔1002を通って逃げることができるようにすることにある。 Another method of guiding the light, the light is to be able to escape through one or more holes 1002 provided in the apparatus. 指の位置決めを容易にする端キャップ又は前端部103を設けるのがよい。 Preferably provided an end cap or front end 103 to facilitate positioning of the finger. さらに別の方法は、光ビームを身体上に作る或る形態の光ファイバ又は光パイプ技術を用いることである。 Yet another method is to use an optical fiber or light pipe technology some form of making a light beam on the body. 光パイプ技術は、これらに組み込まれたレンズ(例えば、従来型レンズ又はフレネルレンズ(これらには限定されない))を有するのがよい。 Light pipe technology, these built-in lens (e.g., a conventional lens or a Fresnel lens (not limited to)) may have a. 図98で分かるように、ランセット又は穿刺部材1004は、開口部1006を通って出る。 As seen in Figure 98, the lancet or lancing member 1004, it exits through the opening 1006. 装置は、ドライバを穿刺部材1004に取り付けるカプラ1008を有するのがよい。 Device can include a coupler 1008 to attach the driver to penetrating member 1004. 動力を送って光源1000を駆動するためにワイヤ又はリード線110を用いるのがよい。 It is preferable to use a wire or lead 110 to drive the light source 1000 sends power. 光ビームの数は様々であってよい。 The number of light beams may vary. 光ビームは、1、2又は3以上の個々のビーム又は連続リングであってよく、或いは衝撃点をマークする他の形状の光(例えば、円、点、X、アイコン、ロゴ等(これらには限定されない))であってよい。 The light beam may be 1, 2 or 3 more individual beams or continuous ring, or other shapes of light to mark the impact point (e.g., a circle, a point, X, icons, logos, etc. (these are it may be but not limited to)). 光源1000も又、異なる色の光を投射するのがよい。 Light source 1000 may also be to project light of different colors. 非限定的な例として、標的を定めるために第1の色の光を用い、装置に正確に又は所望の標的のところに狙いをつける場合に第2の色の光を用いるのがよい。 As a non-limiting example, a first color of light used to define the target, it is preferable to use light of a second color when put aim at the exact or desired target in the apparatus. 例えば、赤色光を最初に用い、装置を正確に標的にする場合に緑色光を用いるのがよい。 For example, initially using a red light, it is preferable to use a green light when accurately target the device. 2つの互いに異なる光源1000を用いると互いに異なる色の光をもたらすことができる。 Using two different light sources 1000 from each other can bring light of different colors from each other.

次に図99を参照すると、種々の目的のため、例えば装置を作動状態にし、皮膚の特性を決定し又は反射信号を用いてランセット切開手術を開始するために用いることができる追加の特徴により、フォトダイオード又はこれに類似したセンサ1020が、光源1000からの反射光を検出することができる。 Referring now to FIG. 99, for various purposes, for example the device into operation, the additional features using the determined or reflected signal properties of the skin can be used to initiate the lancing operation, sensor 1020 similar photodiodes or which can detect the reflected light from the light source 1000. 図99の実施形態では、光を投射のために光源1000から導く光ファイバ1022を用いるのがよい。 In the embodiment of FIG. 99, it is preferable to use an optical fiber 1022 for guiding the light source 1000 light for projection. 一実施形態では、光ビームをかなり高い周波数で変調するのがよく、かかるかなり高い周波数は、AC結合検出器信号を検出することにより検出プロセスを向上させることができる。 In one embodiment, well-modulate the light beam at a considerably higher frequency, it takes considerably higher frequencies can improve the detection process by detecting the AC coupled detector signal. 位置決め光ビームの反射を用いると、解剖学的特徴の近接度を検出することができる。 With the reflection of the alignment light beam, it is possible to detect the proximity of the anatomical feature. 変調により、解剖学的特徴の近接度を誤って指示する周辺光レベルを除去する一方法が得られる。 The modulation, one method of removing the ambient light level to falsely indicate proximity of the anatomical feature is obtained. 光は、サンプル採取点Sに投射され、ここでもし正確であればランセット又は穿刺部材が創を作ることになる。 Light is projected sampling points S, lancet or lancing member is making wounds if any exact here.

光源1000には追加の用途があり、即ち、装置がいつでもランセット切開を行なうことができる状態にあることを指示する電子アクチュエータに光を用いることができる。 The light source 1000 has additional applications, i.e., it is possible to use light to an electronic actuator for indicating that it is in a state capable device performs always lancing. ランセット切開部位を照明するビームに加えて、光は、信号を用いるためにいつでも見やすいように装置の本体内で見えるのがよい。 In addition to the beams illuminating the lancing site, light, good look at the body of the apparatus as seen easily at any time to use the signals. この場合、スイッチが、光源を入切して装置の状態を指示する。 In this case, switch, and Nyusetsu the light source to indicate the status of the device. 別の実施形態では、装置に設けられた視覚表示器1040が、装置に正しく狙いをつける場合にともり又は色を変化させるのがよい。 In another embodiment, a visual indicator 1040 provided on the apparatus, it is preferable to change the Tomori or color when put properly aim the device. 正しく狙いがつけられているかどうかを指示するために装置に設けられたLCDディスプレイスクリーン上の表示器、画像の変化、黒色と白色のフラッシングを用いることもできる。 Correctly aim indicator on the LCD display screen provided in the apparatus to indicate whether attached is an image change in, it is also possible to use a black and white flushing. 或る状況では、装置に指の隆起部(即ち、指上の隆線と関連していて指紋を作る隆起部)上で狙いをつける場合、光は、装置に隆起部相互間の谷又はトラフ上で狙いをつける場合、1つの色又は第2の色を指示することができる。 In some circumstances, when attaching the aim on ridges of the finger to the device (i.e., the ridges create fingerprints are associated with ridges on the finger), the light, valleys or troughs between ridges mutually device when attaching the aim above, it is possible to instruct the one color or the second color. 幾つかの実施形態では、第2の光ビーム又は第2の像を、装置が所望通りに狙いをつけられた場合に投射する。 In some embodiments, the second light beam or the second image, projecting when the device is attached aim as desired. 光ビームを制御すると、オペレータにとっての供用に関する容易さを指示することができる。 When controlling the light beam, it is possible to instruct the ease regarding serviced for the operator. さらに、ビームは、補助光導通路(光ビーム以外のもの)によって見ることができるようにするのがよい。 Further, the beam, it is preferable to be able to see the auxiliary light conduits (other than the light beam).

次に図100を参照すると、この実施形態では、光源1000がカートリッジ500の前に位置決めされる必要がないことが示されている。 Referring now to FIG. 100, in this embodiment, the light source 1000 is shown that it is not necessary to be positioned in front of the cartridge 500. 光源100は、光源がカートリッジの上、下又は側部に位置している場合、オーバーラップ形態を有してもよい。 Light source 100, the light source is on the cartridge, when located beneath or side, it may have an overlap forms. 光源100は、穿刺部材1004を1つしか収容していない装置又は多数の穿刺部材を収容している装置に用いることができる。 Light source 100 can be used in the apparatus housing the device or multiple piercing member not penetrating member 1004 are accommodated only one. 分析物検出又は測定のために光源912を用いる幾つかの実施形態では、光源912は又、光学トレーン1042、例えば光ファイバ、ミラー又はレンズ(これらには限定されない)により狙いをつける目的で光をもたらすよう使用できる。 In some embodiments using analyte detection or light source 912 for measurement, the light source 912 is also an optical train 1042, for example, an optical fiber, by a mirror or a lens (not limited to) light for the purpose of attaching the aim It can be used so as to provide. 説明を容易にするために、光源912がその分析物測定機能を実施するために用いられる他の光学部品は、図100には示されていない。 For ease of description, other optical components used for the light source 912 to implement the analyte measurement function, not shown in FIG. 100.

次に図100及び図101の実施形態を参照すると、ハウジング1052の一部1050は、指をランセット切開のために位置決めしているときに指を見やすいようにするために透明であるのがよい。 Referring now to the embodiment of FIG. 100 and FIG 101, a portion 1050 of the housing 1052 may be between transparent in order to be easily visible a finger when they are positioned fingers for lancing. 図101の実施形態は、透明であるべき実質的に広い領域をもたらし、図102の実施形態は、ランセット切開場所の近くに丸形、円形、正方形、矩形、多角形、他の形状の窓に透明な領域をもたらす。 The embodiment of FIG. 101 results in a substantially large area should be clear, the embodiment of FIG. 102 is round near the lancing site, circular, square, rectangular, polygonal, the window of another shape result in a clear area. 光ビーム実施形態、透明なハウジング実施形態及び狙いをつけるために用いられる他の特徴のうち任意のものを本明細書に開示した実施形態のうち任意のもの又は参照により援用した技術文献に記載された実施形態と組み合わせることができる。 Light beam embodiment are described in any or art documents incorporated by reference of the embodiments disclosed any herein of the other features used to give a transparent housing embodiments and aim it can be combined with the embodiments.

次に図103を参照して本発明の更に別の実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIG. 103 will be explained a further embodiment of the present invention are described below. 図103は、カートリッジ1100、複数の分析物検出部材1004を備えた層1102及び滅菌バリヤ1106を示す分解図である。 Figure 103 is a cartridge 1100 is an exploded view showing the layer 1102 and sterile barrier 1106 with a plurality of analyte detecting members 1004. 層1102に設けられた分析物検出部材1104は、層1102に沿って延びるリード線又はコネクタ1108を有するのがよい。 Analyte detecting member 1104 provided on the layer 1102 may have a lead or connector 1108 extends along the layer 1102. 幾つかの実施形態では、これらリード線1108は、層1102の内周部までずっと延びている。 In some embodiments, these leads 1108 extend all the way to the inner peripheral portion of the layer 1102. 他の実施形態では、リード線1108は、内周部まではずっと延びていない場合がある。 In another embodiment, the leads 1108 may up inner peripheral portion does not extend all the way. 矢印1110及び矢印1112で指示するように、層1102及び滅菌バリヤ1106をカートリッジ1100に結合してランセット切開装置880に用いられる装置を形成することができる。 As indicated by arrows 1110 and arrows 1112, it is possible to form the apparatus used to bond the layers 1102 and sterile barrier 1106 to the cartridge 1100 to the lancing device 880. 大抵の実施形態では、穿刺部材(図示せず)は、滅菌バリヤ1106をカートリッジ1100に結合する前に、カートリッジ1100内に納められる。 In most embodiments, the piercing member (not shown) prior to combining the sterile barrier 1106 to the cartridge 1100 is placed in the cartridge 1100. 分析物検出部材1104は、例えば国際公開第WO02/02796号パンフレットに記載されている低容量電気化学的分析物検出部材であるのがよく、かかる国際公開パンフレットの記載内容全体をここに参照により援用する。 Analyte detecting member 1104, for example, International Publication No. WO02 / 02 796 pamphlet well that is a low-capacity electrochemical analyte detecting members described in, incorporated by reference, wherein the entire contents of such International Publication Pamphlet here to. 使い捨て分析物検出部材は、電気導体及び対向電極と反応層で作られた作業電極とから成る電極システムが載せられた支持材料と、支持材料及び電気導体を覆う誘電体絶縁層と、ポテンシオスタットユニット及び電極システムのための接点を形成する凹部と、分析物の認識のためのバイオコンポーネントとから成るのがよい。 Disposable analyte detecting member includes a support material on which the electrode system consisting of electrical conductors and the counter electrode and the working electrode made of the reaction layer is placed, a dielectric insulating layer which covers the support material and the electrical conductors, the potentiostat a recess forming a contact for the unit and the electrode system, may comprise a bio components for recognition of the analyte. 使い捨て分析物検出部材の反応層は、電子伝導材料と一緒に昇華度の軽微な電子伝達媒介物質から成る。 The reaction layer of the disposable analyte detecting member comprises a minor electron transfer mediator sublimation degree with electron conducting material. 分析物検出部材の電極システムは、ポリマー保護膜で被覆されている。 Electrode system of the analyte detection member is coated with a polymer protective layer. 本発明は更に、分析物検出部材、酵素から電子伝導材料への電子の伝達のための電気機械的センサ内に電子伝達媒介物としての昇華度が軽微な化合物の使用及び体内又はサンプル流体中の分析物濃度の測定のための分析物検出部材の使用によりサンプル流体中の分析物の測定を行なう方法に関する。 The present invention further relates to analyte detecting members, use and body or sample fluid sublimation degree minor compounds as electron transfer mediators to the electromechanical the sensor for the electron transfer from the enzyme to the electron conducting material the use of analyte detecting members for the determination of analyte concentration to a method for measuring the analyte in a sample fluid. 分析物検出部材は、約600ナノリットル以下、500ナノリットル以下、400ナノリットル以下、300ナノリットル以下、200ナノリットル以下、100ナノリットル以下、50ナノリットル以下、25ナノリットル以下、20ナノリットル以下、15ナノリットル以下、10ナノリットル以下、5ナノリットル以下又はこれよりも少ない量に基づいて十分な読みをもたらすよう設計されたものであるのがよい。 Analyte detecting member is less than about 600 nanoliters, 500 nanoliters or less, 400 nanoliters or less, 300 nanoliters or less, 200 nanoliters or less, 100 nanoliters or less, 50 nanoliters or less, 25 nanoliters or less, 20 nanoliters hereinafter, 15 nanoliters or less, 10 nanoliters or less, it is preferable are those which are designed to provide sufficient reading based on 5 nanoliters or less, or an amount less than this. 非限定的な例として、分析物検出器の寸法は、別の実施形態では、1×1mm又は0.5×0.5mmであるのがよい。 As a non-limiting example, the dimensions of the analyte detector, in another embodiment, the good a 1 × 1 mm or 0.5 × 0.5 mm.

次に図104の実施形態を参照すると、キャビティ1116が長い長さのものであり、穿刺部材グリップ又は停止領域1118を備えたカートリッジ1114が示されている。 Referring now to the embodiment of FIG. 104, is intended cavity 1116 of greater length, the cartridge 1114 is shown having a piercing member grip or stop area 1118. この領域1118は、穿刺部材(図示せず)を作動前に定位置に保持する。 The area 1118 holds the piercing member (not shown) in place prior to actuation. この領域は又、穿刺部材を作動後、定位置に保持するために使用できる。 This region can also be used to puncture member after actuation, in order to hold in place. カートリッジ1114は、カートリッジの内周部に沿って形成された切欠き1120を更に有するのがよい。 Cartridge 1114 may also include a notch 1120 formed along the inner peripheral portion of the cartridge. これら切欠き1120は、位置決め目的、カートリッジを回転する目的又はこれら2つ或いは他の理由の任意の組合せのために使用できる。 These notches 1120 may be used for the purpose, or any combination of these two or other reasons for rotational positioning purposes, the cartridge. 非円形形態に関し、切欠き1120は、非円形カートリッジに設けられた開口部の壁に沿って形成される。 Relates noncircular form, notches 1120 are formed along the walls of the openings provided in the non-circular cartridge.

図105は、カートリッジ1114の一部の拡大図である。 Figure 105 is an enlarged view of a portion of the cartridge 1114. カートリッジ1114の外周部に沿って、チャンバ1122が形成されている。 Along the outer periphery of the cartridge 1114 is formed a chamber 1122. 一実施形態では、ランセット切開により作られた創からの血液又は他の体液は、チャンバ1122内に集まることになる。 In one embodiment, blood or other body fluids from wounds made by lancing would collect in the chamber 1122. チャネル1124は、流体を開口部1126に向かって引き寄せるよう設けられている。 Channel 1124 is provided so as to draw towards the fluid into the opening 1126. 一実施形態では、分析物検出部材(図示せず)は、開口部1126を占めることができる。 In one embodiment, the analyte detecting member (not shown) may occupy an opening 1126. 幾つかの実施形態では、分析物検出部材は、開口部1126を占めないで、開口部1126の底壁を形成する。 In some embodiments, the analyte detecting members, without accounting for opening 1126 to form a bottom wall of the opening 1126. 幾つかの実施形態では、カートリッジ1114の裏面には流体支持構造が設けられていない。 In some embodiments, the back surface of the cartridge 1114 is not fluid bearing structure is provided.

次に図106及び図107の実施形態を参照すると、カートリッジ1114の裏面に関する形態が示されている。 Referring now to the embodiment of FIG. 106 and FIG 107, and form about the rear surface of the cartridge 1114 is shown. この実施形態では、開口部1126は、カートリッジ1114の裏面の流体チャネル1128に通じている。 In this embodiment, the opening 1126 is communicated to the rear surface of the fluid channel 1128 of the cartridge 1114. チャネル1128は、拡張された流体領域1130を実質的に満たすのに十分な量の血液を収容するのに十分な長さのものであるように選択できる。 Channel 1128 may be selected to be of sufficient length to accommodate a sufficient amount of blood an extended fluid region 1130 to fill substantially. 非限定的な例として、チャネル1128は、少なくとも約1.5μl、約1.4μl、約1.3μl、約1.2μl、約1.1μl、約1.0μl、約0.9μl、約0.8μl、約0.7μl、約0.6μl、約0.5μl、約0.4μl、約0.3μl、約0.2μl、約0.1μl、約0.05μl又は約0.01μlを収容するよう形作られたものであるのがよい。 As a non-limiting example, the channel 1128 may be at least about 1.5 [mu] l, about 1.4Myueru, about 1.3Myueru, about 1.2Myueru, about 1.1Myueru, about 1.0 [mu] l, about 0.9Myueru, about 0. 8 [mu] l, about 0.7Myueru, about 0.6 [mu] l, about 0.5 [mu] l, about 0.4 [mu] l, about 0.3 Pl, about 0.2 [mu] l, about 0.1 [mu] l, to accommodate about 0.05μl or about 0.01μl it is the one in which was formed. 別の非限定的な例として、チャネル1128は又、流体が領域1130に入る前に、約1.5μl以下、約1.4μl以下、約1.3μl以下、約1.2μl以下、約1.1μl以下、約1.0μl以下、約0.9μl以下、約0.8μl以下、約0.7μl以下、約0.6μl以下、約0.5μl以下、約0.4μl以下、約0.3μl以下、約0.2μl以下、約0.1μl以下、約0.05μl以下又は約0.01μl以下保持するものとして観察できる。 As another non-limiting example, the channel 1128 is also before the fluid enters the region 1130, about 1.5μl or less, about 1.4μl or less, about 1.3μl or less, about 1.2μl or less, about 1. 1μl or less, about 1.0μl or less, about 0.9μl or less, about 0.8μl or less, about 0.7μl or less, about 0.6μl or less, about 0.5 [mu] l, about 0.4μl or less, about 0.3μl or less , about 0.2μl or less, about 0.1μl or less, it can be observed as holding about 0.05μl or less, or about 0.01μl or less. 更に別の実施形態では、チャネル1128から領域1130内へ流れる流体の量は、種々の検出部材によって望ましい量に応じて、約1.5μl以下、約1.4μl以下、約1.3μl以下、約1.2μl以下、約1.1μl以下、約1.0μl以下、約0.9μl以下、約0.8μl以下、約0.7μl以下、約0.6μl以下、約0.5μl以下、約0.4μl以下、約0.3μl以下、約0.2μl以下、約0.1μl以下、約0.05μl以下又は約0.01μl以下である。 In yet another embodiment, the amount of fluid flowing from the channel 1128 into the area 1130, in accordance with the desired amount by various detection member, about 1.5μl or less, about 1.4μl or less, about 1.3μl or less, about 1.2μl or less, about 1.1μl or less, about 1.0μl or less, about 0.9μl or less, about 0.8μl or less, about 0.7μl or less, about 0.6μl or less, about 0.5 [mu] l, about 0. 4μl less, about 0.3μl or less, about 0.2μl or less, about 0.1μl or less, more than about 0.05μl or less, or about 0.01Myueru. 分析物検出部材(図示せず)は、一実施形態では、領域1130を占め又は配置場所が領域1130に一致する。 Analyte detecting member (not shown), in one embodiment, the accounting or location area 1130 matches the region 1130. 流体が流体チャネル1128を満たして領域1130に流入すると、幅の突然の拡張により、流体は好ましくは領域を実質的に満たすのに十分な量で又は少なくとも分析物検出部材が読みを生じさせるのに十分な量で領域1130内へ突進する。 When the fluid flows into the region 1130 meets the fluid channels 1128, the sudden expansion of the width, although fluid gives preferably occurs readings sufficient amount or at least the analyte detection member to fill a region substantially rush to enough in area 1130. 領域1130は、約1.5μl、約1.4μl、約1.3μl、約1.2μl、約1.1μl、約1.0μl、約0.9μl、約0.8μl、約0.7μl、約0.6μl、約0.5μl、約0.4μl、約0.3μl、約0.2μl、約0.1μl、約0.05μl又は約0.01μlを収容できる。 Region 1130 is about 1.5 [mu] l, about 1.4Myueru, about 1.3Myueru, about 1.2Myueru, about 1.1Myueru, about 1.0 [mu] l, about 0.9Myueru, about 0.8 .mu.l, about 0.7Myueru, about 0.6 [mu] l, about 0.5 [mu] l, about 0.4 [mu] l, about 0.3 Pl, about 0.2 [mu] l, about 0.1 [mu] l, can accommodate about 0.05μl or about 0.01Myueru. 幾つかの実施形態では、領域1130は、流体が領域1130に達する前にチャネル1128内に収容できる量よりも僅かに少ない量を収容するよう設計されている。 In some embodiments, region 1130, the fluid is designed to accommodate a slightly smaller amount than the amount that can be accommodated within the channel 1128 before reaching the region 1130. 非限定的な一例では、これは、約0.01μl、約0.05μl又は約0.1μl以下であるのがよい。 In one non-limiting example, which is about 0.01Myueru, it is equal to or less than about 0.05μl or about 0.1 [mu] l. 流体の過剰流れを取り扱うためにベント1132を拡張状態の流体領域1130に流体結合するのがよい。 It is preferable to fluidly coupled to a fluid area 1130 vents 1132 of the extended state to handle the excess fluid flow. ベント1132は、カートリッジの他方の側でキャビティ1116に再び連結される。 Vent 1132 is connected again to the cavity 1116 on the other side of the cartridge.

図108及び図109は、本発明の更に別の実施形態を示している。 FIG. 108 and FIG 109 shows yet another embodiment of the present invention. 図108は、開口部1134がチャンバ1122の外周部により接近して配置されている実施形態を示している。 Figure 108 is an opening 1134 shows an embodiment which is arranged closer to the outer peripheral portion of the chamber 1122. この場合も又、幾つかの実施形態では、カートリッジ1114は、流体支持チャネル又は構造を備えていなくてもよい。 Again, in some embodiments, the cartridge 1114 may not include the fluid bearing channels or structures. 分析物検出部材は、開口部1134を占めてもよく、開口部1134の裏面を形成してもよく、或いはこれら2つの或る組合せであってもよい。 Analyte detecting member may occupy an opening 1134 may be formed rear surface of the opening 1134, or may be a two some combination. 図108は又、滅菌バリヤ1106から過剰な材料を集める溝1136を示している。 Figure 108 also shows a groove 1136 for collecting excess material from the sterile barrier 1106. 図109は、開口部1134が直接拡張領域1138内へ開口した実施形態を示している。 Figure 109 shows an embodiment in which the opening 1134 is opened directly extended area 1138. 流体を拡張領域1138に運ぶチャネルは設けられていない。 Channel carrying a fluid in the expansion area 1138 is not provided. この実施形態では、3つの分析物検出部材1140,1142,1144が、各領域1138と関連しているのがよい。 In this embodiment, it is preferable that three analyte detecting members 1140,1142,1144, is associated with each region 1138. 本発明の実施形態のいずれにおいても、単一又は複数の分析物検出部材を各領域、例えば領域1138に関連させてもよい。 In any of the embodiments of the present invention, a single or plurality of analyte detecting members may be associated with each region, for example region 1138. 本発明の実施形態のいずれにおいても、分析物検出部材は、同一の分析、異なる分析又はこれらの任意の組合せを行なう。 In any of the embodiments of the present invention, the analyte detecting members, the same analysis, carried out different analysis or any combination thereof.

次に図110の実施形態を参照すると、チャンバ1150の開口部1148を横切ってリブ1146が設けられている。 Referring now to the embodiment of FIG. 110, the rib 1146 is provided across the opening 1148 of the chamber 1150. チャンバ1150は、体液をランセット切開処置により作られた創から受け入れるよう位置決めされている。 Chamber 1150 is positioned to receive the body fluid from the wound created by the lancing action. リブ1146は、種々の材料で作られたものであってよく、かかる材料としては、環状オレフィン又は当該技術分野において周知の他のプラスチックが挙げられるが、これらには限定されない。 Ribs 1146 may be made of a variety of materials, Such materials include but are known other plastics in the cyclic olefin or the art, but are not limited to. 幾つかの実施形態では、リブは、表面処理により親水性に作られたものであるのがよく、或いは周囲領域を疎水性に作ってもよい。 In some embodiments, the ribs, the surface treatment of those made hydrophilic good, or the surrounding area may be made hydrophobic. 一実施形態では、リブ1146は、約100ミクロンのオーダーの非常に薄いものとして作るのがよい。 In one embodiment, the ribs 1146, it is to make a very thin on the order of about 100 microns. リブ1146は又、他の厚さ、例えば約200ミクロン以下又は約300ミクロン以下を有するものであってもよい。 Ribs 1146 also other thicknesses, may have the following example, about 200 microns or less, or about 300 microns. 一実施形態では、リブ1146をカートリッジと一体に形成してもよく、或いはカートリッジの形成後カートリッジに取り付け又は結合してもよい。 In one embodiment, the rib 1146 may be formed on the cartridge integrally, or may be attached or bonded to the cartridge after formation cartridge. 分析物検出部材は、開口部1148を占め、開口部1148の裏面を形成し、或いはこれら2つの或る組合せであってよい。 Analyte detecting member occupies the opening 1148, to form a rear surface of the opening 1148, or may be a two some combination. 分析物検出部材は、リブ1146から広がっている流体を受け入れるよう形成され、構成され又は形作られたものであるのがよい。 Analyte detecting member is formed to receive the fluid is spread from the rib 1146 may be between which has been constructed or shaped. 幾つかの実施形態では、カートリッジの裏面には流体支持構造は設けられていない。 In some embodiments, the back surface of the cartridge fluid bearing structure is not provided.

図111は、カートリッジ1152の一実施形態の裏面を示している。 Figure 111 shows the back surface of an embodiment of the cartridge 1152. 説明を容易にするため、リブ1146は、実際よりも厚く見えるよう記載されている。 For ease of explanation, the ribs 1146 are described such that the actual visible thicker than. 薄くされた領域1154が設けられている。 Attenuated zones 1154 are provided. 分析物検出部材は、リブ1146を備えた開口部1148に対応する領域1154の一部を占めるように形成されたものであってよく、実質的に領域1154を満たすよう形成されたものであってもよく、表面1154に当てて配置されるよう形成されたものであってよく、或いは開口部1146からの流体を受け入れるよう違ったやり方で位置決めされたものであってよい。 Analyte detecting member may be one that is formed so as to occupy a part of the area 1154 corresponding to the opening 1148 with a rib 1146, which has been formed to meet the substantially region 1154 at best, it may be one that is formed so as to be placed against the surface 1154, or the fluid may be one that is positioned in the accepting as different manner from the opening 1146. 幾つかの実施形態では、分析物センサは、チャンバ1150の底面を形成し、チャンバの1つの「壁」であるように見える。 In some embodiments, the analyte sensor forms a bottom surface of the chamber 1150, it appears to be one of the chambers "wall". 分析物検出部材は、カートリッジ1152を組み立てると(そして滅菌バリヤを穴あけすると)開口部1148を介して視認できる。 Analyte detecting member, when assembled cartridge 1152 (and the drilling sterile barrier) visible through the opening 1148. 幾つかの実施形態では、ベントチャネル1156が、過剰の流体を開口部1160経由でベント1158に引き寄せるよう構成されたものであるのがよい。 In some embodiments, the vent channel 1156 may be from one that is configured to draw the vent 1158 Excess fluid via opening 1160. 他の実施形態では、ベントチャネル1156は、設けられておらず、過剰の血液又は流体は単にチャンバ1150を満たし又は幅の狭い部分1162(図110で分かるように)に向かって流れる。 In other embodiments, the vent channel 1156 is not provided, the excess blood or fluid simply flows toward the narrow portion 1162 of the filled or width of the chamber 1150 (as seen in FIG. 110).

図112は、単独又は組み合わせて用いることができる2つの互いに異なる流体構造を備えたカートリッジの裏面を示している。 Figure 112 shows the rear surface of the cartridge with two different fluidic structure that can be used alone or in combination. 右側の実施形態は、開口部1166の寸法の減少により結果的に生じる領域1164を有している。 Right embodiment has a consequent region 1164 by a reduction in size of the opening 1166. 開口部1166の寸法決めは、分析物検出部材がその分析を実施するのに必要な血液又は流体の量に応じて制御できる。 Dimensioning of the opening 1166, the analyte detecting member can be controlled according to the amount of blood or fluid required to perform the analysis. 種々の実施形態では、これは、約1.0μl以下、約0.9μl以下、約0.8μl以下、約0.7μl以下、約0.6μl以下、約0.5μl以下、約0.4μl以下、約0.3μl以下、約0.2μl以下、約0.1μl以下、約0.05μl以下又は約0.01μl以下であるのがよい。 In various embodiments, this is about 1.0μl or less, about 0.9μl or less, about 0.8μl or less, about 0.7μl or less, about 0.6μl or less, about 0.5 [mu] l, about 0.4μl or less , about 0.3μl or less, about 0.2μl or less, about 0.1μl or less, it is equal to or less than about 0.05μl or less, or about 0.01Myueru.

図113は、本発明のカートリッジ1152の一実施形態の平面図である。 Figure 113 is a plan view of one embodiment of a cartridge 1152 of the present invention. 幾つかの構成例では、リブ1146が流体を分析物検出部材1140,1142,1144に向かって塗り広げるためにチャンバ1150内に設けられている。 In some implementations, it is provided in the chamber 1150 to the rib 1146 spread toward the fluid analyte detecting members 1140,1142,1144. 幾つかの実施形態では、カートリッジの裏面には流体支持構造が設けられていない。 In some embodiments, the back surface of the cartridge is not fluid bearing structure is provided. 非限定的な例として、本実施形態で用いられる分析物検出部材は、約1.0μl以下、約0.9μl以下、約0.8μl以下、約0.7μl以下、約0.6μl以下、約0.5μl以下、約0.4μl以下、約0.3μl以下、約0.2μl以下、約0.1μl以下、約0.05μl以下又は約0.01μl以下の流体を用いてその分析を行なうことができる。 As a non-limiting example, the analyte detection member used in the present embodiment, approximately 1.0μl or less, about 0.9μl or less, about 0.8μl or less, about 0.7μl or less, about 0.6μl or less, about 0.5μl or less, about 0.4μl or less, about 0.3μl or less, about 0.2μl or less, about 0.1μl or less, to perform the analysis using about 0.05μl or less, or about 0.01μl less fluid can. 幾つかの実施形態では、分析にあたり各サンプルチャンバ1150と関連した全ての分析物検出部材により用いられる流体の量は、約1.0μl以下、約0.9μl以下、約0.8μl以下、約0.7μl以下、約0.6μl以下、約0.5μl以下、約0.4μl以下、約0.3μl以下、約0.2μl以下、約0.1μl以下、約0.05μl以下又は約0.01μl以下である。 In some embodiments, the amount of fluid used by all analyte detecting member associated with each sample chamber 1150 Upon analysis, approximately 1.0μl or less, about 0.9μl or less, about 0.8μl or less, about 0 .7μl less, about 0.6μl or less, about 0.5μl or less, about 0.4μl or less, about 0.3μl or less, about 0.2μl or less, about 0.1μl or less, about 0.05μl or less, or about 0.01μl less. 例えば国際公開第WO02/022796号パンフレットに記載されているような分析物検出部材では、本実施形態で用いられる分析物検出部材は、約20ナノリットル以下、約15ナノリットル以下、約10ナノリットル以下、約5ナノリットル以下又はこれよりも少ない量を用いてその分析を行なうことができる。 The analyte detecting member as described, for example, in International Publication No. WO02 / 022796 pamphlet, analyte detecting member used in the present embodiment, about 20 nanoliters or less, about 15 nanoliters or less, about 10 nanoliters hereinafter, it is possible to perform the analysis with about 5 nanoliters or less, or which amount less than. これら検出部材、例えば部材1143,1148も又、アレイ1145,1147又は1149の状態に配列されたものであるのがよい。 These detection members, for example members 1143,1148 may also be that those arranged in the state of the array 1145,1147 or 1149. 非限定的な例として、これら分析物検出部材は、電気化学的な原理を利用したものであるのがよく、分析物を測定するのに電流測定技術を使用している。 As a non-limiting example, these analyte detecting members of those using an electrochemical principle is often used, the current measurement technique for measuring the analyte. 分析物検出部材を多数の表面材に印刷してもよく、かかる表面材としては、ガラス、セラミック及びプラスチックが挙げられるが、これらには限定されない。 The analyte detecting member may be printed on a large number of surface material, as such a surface material, glass, ceramics and plastic can be mentioned, but not limited to. これら分析物検出部材は、非常に僅かな血液容量と適合性のある寸法(高さ50〜100ミクロン)の親水性の層を用いる印刷親水性チャネルを有するのがよい。 These analyte detecting member can include a printed hydrophilic channel using a hydrophilic layer of very low blood volume and compatible certain size (50-100 microns high).

図114は、複数の分析物検出部材を有するカートリッジの一実施形態の拡大図である。 Figure 114 is an enlarged view of one embodiment of a cartridge having a plurality of analyte detecting members. この図には、穿刺部材1168が示されている。 In this figure, the piercing member 1168 is shown. 一実施形態では、穿刺部材1168は、ランセット切開前にはチャンバ1150内のこの位置で始まるのがよい。 In one embodiment, the penetrating member 1168, before lancing is better to start with this position in the chamber 1150. 穿刺部材1168は又、ランセット切開後、この位置に戻ることができる。 Piercing member 1168 also may return after lancing, this position. さらに別の実施形態では、穿刺部材1168を図114に示す位置まで非ランセット切開速度で前進させ、停止させ、次にランセット切開速度で作動させて皮膚を穿刺することができる。 In yet another embodiment, the penetrating member 1168 to the position shown in Figure 114 is advanced in a non-lancing speed, is stopped, then it can be operated at a lancing velocity to pierce the skin. サンプルチャンバ1150は、一実施形態では、2つの分析物検出部材1142,1144しか備えていない。 Sample chamber 1150, in one embodiment, comprises only two analyte detecting members 1142 and 1144. 他の実施形態では、他の分析物検出部材1140,1148又は1143(全て想像線で示されている)を設けてもよい。 In another embodiment, (shown in all phantom) other analyte detecting members 1140,1148 or 1143 may be provided.

図115は、カートリッジ1152の裏面の一実施形態を示している。 Figure 115 illustrates an embodiment of a rear surface of the cartridge 1152. この実施形態では、分析物検出部材1140,1142,1143,1144,1148は、これらが領域1154内に位置決めされた状態で示されている。 In this embodiment, the analyte detecting member 1140,1142,1143,1144,1148, it is shown positioned within the region 1154. リード線又はコネクタ1108を分析物検出部材に結合するのがよい。 It is preferable to bond the leads or connectors 1108 to the analyte detecting members. 本明細書に開示し又は当該技術分野において知られている分析物検出部材のうちどれも本発明に用いるよう改造できる。 Which of the analyte detecting members known in the disclosure or the art herein may also modified to be used in the present invention.

次に図116及び図117を参照して本発明の更に別の実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIG. 116 and FIG. 117 will be explained a further embodiment of the present invention are described below. カートリッジのこの実施形態では、流体を種々の開口部1174,1176,1178に押し込むための多数の流体スプレッダ1170,1172が設けられている。 In this embodiment of the cartridge, multiple fluid spreader 1170,1172 for pushing the fluid to the various openings 1174,1176,1178 it is provided. この実施形態では、スプレッダは、カートリッジと一体に形成されたものであるのがよい。 In this embodiment, the spreader may be between one formed in the cartridge integrally. 分析物検出部材1180,1182はこの実施形態では、開口部1174,1176,1178に垂直に差し向けられている。 Analyte detecting members 1180, 1182 in this embodiment is directed perpendicularly to the opening 1174,1176,1178.

次に図118及び図119を参照すると、本発明のカートリッジに用いられるキャビティ及び開口部の種々の形態が示されている。 Referring now to FIGS. 118 and 119, are various forms of cavities and openings used in the cartridge of the present invention is shown. これら形態は、カートリッジに関して単独で又は組み合わせて使用できる。 These forms may be used alone or in combination with respect to the cartridge. キャビティ1116は、図118に示すような配置場所にベント開口部1184を有するのがよい。 Cavity 1116 may have a vent opening 1184 in location as shown in Figure 118. 幾つかの実施形態は、位置番号4と関連した実施形態で分かるように延長した形態のチャンバ1150を有するのがよい。 Some embodiments may have an extended form of the chamber 1150 as seen in the embodiment associated with the position number 4. さらに別の実施形態では、開口部1186は設けられておらず、流体を裏面に運ぶ唯一の方法は、開口部1184のうちの1つを介してであり、この開口部は、キャビティ1116に関して示された配置場所のうち任意のところに位置しているのがよい。 In yet another embodiment, the opening 1186 is not provided, the only way to carry fluid to the back surface, be via one of the openings 1184, the opening is shown with respect to the cavity 1116 it is preferable located any place out of the placement location. さらに別の実施形態では、分析物検出部材は、流体をこれに導く開口部、例えば開口部1184又は1186を用いることに頼らないで、直接キャビティ1116内に配置可能である。 In yet another embodiment, the analyte detecting member has an opening for guiding the fluid to, for example, without resorting to the use of the opening 1184 or 1186, can be disposed directly cavity 1116. 分析物検出部材をキャビティ1116内のどこにでも配置できる(側面上、底面上等)。 The analyte detecting member can be positioned anywhere within the cavity 1116 (on the side, bottom choice).

図119は、裏面の形態を図118に示す対応関係にある各位置についての番号で示している。 Figure 119 shows the number of the respective position in the corresponding relation shown the backside of the form in Figure 118. 位置番号3と関連した形態では、開口部1186は、直接開放領域1188に通じ、この開放領域は、分析物検出部材の配置場所に対応している。 In the embodiment associated with the position number 3, the opening 1186, through direct open area 1188, the open area corresponds to the location of the analyte detecting members.

次に図120を参照して本発明の更に別の実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIG. 120 will be explained a further embodiment of the present invention are described below. この実施形態は、塗り広げ要素1190を有し、この塗り広げ要素は、要素1190の下に位置する少なくとも1つの分析物検出部材と一緒になって、チャンバ1150の底壁を形成している。 This embodiment has the spreadable element 1190, the spreadable element, together with at least one analyte detecting member located below the element 1190 forms a bottom wall of the chamber 1150. 非限定的な例として、要素1190は、メッシュ、ウィーブ又は「鎖帷子(chainmail)」形の形態をしているのがよい。 As a non-limiting example, element 1190, the mesh may take the form of weave or "chain mail (Chainmail)" form. 図120で分かるように、穿刺部材1168は、チャンバ1150内の開始位置を有するのがよい。 As seen in FIG. 120, the penetrating member 1168 may have a starting position in the chamber 1150. 塗り広げ要素1190は、種々の材料で作られたものであってよく、かかる材料としては、ニトロセルロースポリマー、セルロースナイトレート、ナイロン、ポリスルホン及びポリカーボネイトの疎水性多孔質バージョンが挙げられるが、これらには限定されない。 Spreadable element 1190 may be made of a variety of materials, Such materials include nitrocellulose polymer, cellulose nitrate, nylon, including but hydrophobic porous versions of polysulfone and polycarbonate, these It is not limited. これら要素1190は、幾つかの実施形態ではメンブレンであるのがよく、検出領域の頂部に直接塗布された溶液から注型されたものであるのがよい場合が多い。 These elements 1190, well in the range of membrane in some embodiments, and even if there are many good one which is cast from a coated directly on top of the detection region solution. これらは、ランセット切開部位から染み出た血液を吸い上げ、全血又は血漿分の流れをセンサ上に導くような仕方で形態学的に構成されたものであるのがよい。 They suck up stains out blood from the lancing site, it may be between one that is morphologically configured in such a way that directs the flow of whole blood or plasma component on the sensor. 多孔度制御及び表面処理は、流れの速度(横方向又は貫通方向における)又は側方広がり速度を制御するよう様々であってよい。 Porosity control and surface treatment can be varied to control the flow rate (in the horizontal direction or the penetration direction) or lateral spread rate. また、かかる多孔度制御及び表面処理は、粒子、例えば赤血球を濾過するよう加減されたものであるのがよい。 Further, such porosity control, and surface treatment, particles, the good which has been moderated to filtration, for example, erythrocytes. 加えて、要素1190は、検出化学的性質と混合されたポリマー又は検出化学的性質と混合された他の材料であってよい。 In addition, element 1190 may be other material which is mixed with mixed with the detection chemistry polymer or detection chemistry. 要素1190は、分析物センサ上の領域全体、一部、或る幾何学的形状(丸形、矩形、正方形、開口部を備えた形状、8の字形、十字形、格子状等)又はこれら形態のうちの1以上の任意の組合せを占めることができる。 Element 1190, the entire area on the analyte sensor part, certain geometric shapes (round, shape with rectangular, square, openings, figure-8, cross, grid-like, etc.) or their form It may occupy one or more any combination of.

次に図121及び図122を参照して本発明のカートリッジの更に別の実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIG. 121 and FIG. 122 will be explained a further embodiment of the cartridge of the present invention are described below. 図121のカートリッジ1200は、カートリッジに設けられた開口部1204に形成された複数の切欠き1202を有している。 Cartridge 1200 of Figure 121 has a plurality of notches 1202 formed in the opening 1204 provided in the cartridge. これら切欠き1202は、カートリッジ1200をランセット切開装置内に位置決めすること(これには限定されない)を含む種々の目的で又は穿刺部材発射装置と位置合わせされたキャビティ1116の位置を変化させる回転目的で使用できる。 These notches 1202, the cartridge 1200 in rotating the purpose of changing the position of the cavity 1116 which is aligned with the various purposes or piercing member launchers comprising positioning within lancing device (not limited to) It can be used. 開口部1204と嵌合するハブ(図示せず)は、ランチャーに係合可能に位置決めするのがどのキャビティ1116及び穿刺部材であるかを制御するために使用される回転装置であるのがよい。 Opening 1204 and the mating hub (not shown) may be between rotating device is used to control whether any cavities 1116 and puncture member to engage positionable in the launcher.

一実施形態では、カートリッジ1200は、穿刺部材を案内する前側支承領域1208及び後側支承領域1210を有するのがよい。 In one embodiment, the cartridge 1200 may include a front bearing region 1208 and the rear-side bearing region 1210 to guide the piercing member. 後側支承領域1210は、穿刺部材が後側支承領域1210からの接触又は案内を失うことなく、標的組織中に創を作ることができるのに十分な長さのものであるのがよい。 Rear bearing region 1210, without losing contact or guidance from the puncture member rear bearing region 1210, may be of the sufficient length to be able to make a wound in the target tissue. これにより、穿刺部材のとる切断経路の一層の制御が可能になる。 This allows greater control of the cutting path taken by the piercing member. キャビティは、穿刺部材グリッパが穿刺部材を前進させて組織に接触させるためにグリッパにより用いられる動程に適合するのに十分な開放空間を提供する。 Cavity, penetrating member gripper provides sufficient open space to accommodate the more dynamic used by the gripper in order to contact the tissue by advancing the piercing member. 幾つかの実施形態では、中間案内支承体1212を用いるのがよい。 In some embodiments, it may use a middle guide bearing member 1212. かかる実施形態では、グリッパは、穿刺部材の後側部分を掴み、両方の支承体は、グリッパの「前側」に位置したままであり、キャビティ1116の動作領域は、図123の矢印1213で指示するようにカートリッジの少なくとも後側半分(一実施形態では)寄りに移されている。 In such embodiments, the gripper grasps the rear portion of the piercing member, both of the scaffold remains positioned in the "front side" of the gripper, the operation region of the cavity 1116 indicated by arrow 1213 in FIG. 123 at least the rear half of the cartridge (in one embodiment) have been moved to close as. 非限定的な例として、動程は、キャビティ1116の1/2以上、キャビティの1/3未満又は1/4未満を占めるよう所望に応じて調節できる。 As a non-limiting example, throw is 1/2 or more cavities 1116 can be adjusted as desired to account for one-third or less than 1/4 of the cavity. 穿刺部材が作動されていない場合、穿刺部材を保持する幅の狭い部分1218を設けるのがよい。 If the piercing member is not actuated, preferably provided with a narrow portion 1218 of width to hold the piercing member.

図122で分かるように、カートリッジ1200の一部1220は、開放状態にあり又は前側支承体の頂面を閉鎖するようプレス加工されたものであるのがよい(依然として、穿刺部材を通過させることができる開口部を有する状態で)。 As seen in FIG. 122, a portion 1220 of the cartridge 1200 is in an open state or a top surface of the front bearing member may be from one that is pressing to closed (still it is passed through the puncture member while having an opening capable). キャビティ1116の後側は、穿刺部材を定位置に保持するよう幅が狭くなっているのがよい。 The rear side of the cavity 1116, it is the width to hold the piercing member in position is narrowed. 部分1220も又、製造工程と関連したフラッシュを取り扱うために使用できる。 Portion 1220 can also be used to handle a flash associated with the manufacturing process.

次に図124及び図125を参照すると、本発明の実施形態は、穿刺部材アクチュエータ1230のうちいずれかを収納するキットを有するのがよい。 Referring now to FIG. 124 and FIG 125, the embodiment of the present invention can include a kit for accommodating one of the piercing member actuator 1230. キットは、上述の方法のうちのどれかを説明するIFU用の取扱い説明を更に含むのがよい。 Kit further better contain the instruction for IFU describing the any of the methods described above. キットは、複数の穿刺部材を収容したカートリッジを更に有するのがよいが、このようにするかどうかは任意である。 The kit is may further include a cartridge containing a plurality of piercing members, whether this is optional. カートリッジ1232は、本明細書に開示した実施形態のうちのいずれかのものであってよい。 Cartridge 1232 may be of any of the embodiments disclosed herein. 通常、キットコンポーネントは、パウチP又は他の従来型医用器具包装材、例えば、箱、トレー、管等(これらに限定されない)内に一緒に包装される。 Normally, the kit component, a pouch P or other conventional medical device packaging, for example, a box, a tray, are packaged together in a tube or the like (not limited to). 多くの実施形態では、カートリッジは、使い捨てである。 In many embodiments, the cartridge is disposable. カートリッジ1232をそれ自体別個のパウチ又は容器内に入れ、次に容器P内へ挿入してもよい。 The cartridge 1232 placed itself a separate pouch or container, it may be then inserted into the container P. 幾つかの実施形態では、IFUを容器Pに印刷するのがよい。 In some embodiments, it is preferable to print the IFU to the container P. 非限定的な例では、容器Pは、カートリッジ1232を収容しないでアクチュエータ1230だけを収納してもよい。 In a non-limiting example, the container P can be accommodated only actuator 1230 without accommodating the cartridge 1232.

次に図125参照すると、本発明の実施形態は、カートリッジ1232だけを有するキットを有するのがよい。 Turning now Figure 125 reference, an embodiment of the present invention can include a kit having only the cartridge 1232. IFUも又設けるのがよい。 IFU also preferably provided. 幾つかの実施形態では、複数のカートリッジ1232(想像線で示されている)を設けてもよい。 In some embodiments, it may be provided a plurality of cartridges 1232 (shown in phantom). これらの図の要素又は本願において説明されている他の要素のうち任意のものを単独で又は任意の組合せ状態で容器P内に配置することができる。 It can be placed in the container P alone or in any combination state any of the other elements described in these figures elements or application.

代表的な分析物検出部材は、最適範囲の感度を有している。 Representative analyte detecting member has a sensitivity of optimal ranges. 図126は、サンプル流体中のグリコースの濃度に対する代表的なグルコースセンサの感度をプロットしている。 Figure 126 plots the sensitivity of typical glucose sensor to the concentration of glycose in the sample fluid. 図126で分かるように、グルコースセンサは、グルコースレベルを制限された範囲で検出する場合にのみ正確である。 As seen in FIG. 126, the glucose sensor is only accurate when detecting in a limited range of glucose levels. 大抵のセンサの最適感度は、約3mM(ミリモル)又は1mL当たりのマイクロモル又は1リットル当たり3mモル高いグルコースレベル又は高血糖範囲に関し、センサの精度は低い。 Optimum sensitivity of most sensors relates about 3 mM (millimoles) or micromolar or per liter 3m moles high glucose levels or hyperglycemic range per 1 mL, accuracy of the sensor is low. 低いグルコースレベル又は高血糖範囲に関し、センサの精度はこれまた低い。 It relates low glucose levels or hyperglycemic range, accuracy of the sensor which also low. センサ範囲をシフトさせて高いグルコースレベル又は低いグルコースレベルをカバーできるが、これはシフトさせて離れるグルコース範囲の高い精度を犠牲にするので不適切な解決策である。 Shifting the sensor range can cover a high glucose level or low glucose levels, but this is unsuitable solution so at the expense of high glucose Range Accuracy away by shifting. 低感度範囲でのグルコースの読みの不正確さにより結果的に重篤な合併症、例えば患者が自分の体内へのインシュリンの量を過剰に注射することが生じる場合がある。 Which may result in serious complications by inaccuracies in the readings of glucose in the low sensitivity range, for example, that the patient is excessively injected amount of insulin to their body occurs.

次に図127を参照して本発明の一実施形態を以下に説明する。 Referring now to FIG. 127 illustrates an embodiment of the present invention are described below. 図127は、多数のグルコース分析物検出部材1222,1224,1226,1228の感度のグラフ図である。 Figure 127 is a graph of a number of sensitivity of the glucose analyte detecting members 1222,1224,1226,1228. 各分析物検出部材の感度は、種々の分析物濃度に合わせて最適化されている。 Sensitivity of the analyte detecting members are optimized for a variety of analyte concentration. 最適感度のこれら領域を互い違いにするのがよい。 It is preferable to alternately these regions of optimal sensitivity. グルコースの監視では、これは特に有用である。 Monitoring of glucose, which is particularly useful. というのは、この形態により、単一の従来型分析物検出部材の有効範囲と比べて有効範囲を増大させるよう互いに異なる感度を割り当てることができるからである。 Since, by this embodiment, it is because it is possible to assign different sensitivities to increase the effective range in comparison with the scope of a single conventional analyte detecting members. 同一ではない感度範囲を持つ分析物検出部材のアレイは、感度が拡張された濃度範囲をカバーできるので精度を高める。 Array of analyte detecting member having a sensitivity range not identical, increase the accuracy because sensitivity can cover an extended concentration range. したがって、本発明の一実施形態が、互いに異なる感度を有する複数の分析物検出部材を同一の体液サンプルに用いられる。 Thus, one embodiment of the present invention are used a plurality of analyte detecting members having different sensitivities from each other in the same body fluid sample.

図128に示すように種々の感度範囲を備えた分析物検出部材のうち2つだけを有する実施形態であっても、これは、分析物検出部材の性能を向上させるである。 Even embodiment having only two of the various sensitivity range of the analyte detecting member comprising, as shown in FIG. 128, which is to improve the performance of the analyte detecting members. 任意的に、他の実施形態では、群をなす分析物検出部材を用いることができ、この場合、1つの群の分析物検出部材は全て、同一の感度範囲を有するが、別の群の分析物検出部材は、異なる単位を有する。 Optionally, in other embodiments, can be used analyte detecting members forming the group, in this case, all analyte detecting members of one group has the same sensitivity range, the analysis of another group object detection member has a different unit. これにより、万全さが得られると共に統計学的な利点が得られる。 Thus, statistical advantage with the thorough is obtained is obtained. というのは、一範囲にわたる測定値を、グルコースをその同一濃度範囲で測定する同一の群内の別の分析物検出部材と比較できるからである。 Because is the measurements over one range, because glucose can be compared with another analyte detecting members in the same group to be measured at the same concentration range.

次に図129を参照すると、例えば国際公開第WO02/02796号パンフレットに記載されているような分析物検出部材のアレイ1242を、複数のランセット又は穿刺部材1240を有するカートリッジ1229内に用いると共にドライバ1236に用いることができるからである。 Referring now to FIG. 129, the driver 1236 to array 1242 of analyte detecting member as described, for example, in International Publication No. WO02 / 02 796 pamphlet, with use in a cartridge 1229 having a plurality of lancets or piercing member 1240 This is because it is possible to use the. 説明を容易にするため、複数の穿刺部材1240のうち1つだけ示されている。 For ease of explanation, it is shown only one of the piercing member 1240. 分析物検出部材アレイ1242をランセット出口1230の近くに配置して患者から圧出された体液がアレイに容易に達することができるようにするのがよい。 The analyte detecting member array 1242 is better to be able to body fluid that is extrusion from the patient and positioned near the lancet outlet 1230 to reach easily the array. アレイ1242をモジュール1229の底面上、側面上、頂面上に設け、モジュール1229に取り付けられた別個の材料層に取り付け、又はこれら取り得る手段のうちの任意のものの或る組合せであってもよい。 On the bottom of the array 1242 module 1229, on the sides, provided on the top surface, mounted on a separate material layer which is attached to the module 1229, or a certain combination of any of these up obtaining means . アレイ1242は、体液を分析物検出部材まで案内する超小型流体素子チャネル又は管と共に使用できる。 Array 1242 may be used with microfluidic devices channel or tube to guide the body fluid to analyte detecting member. アレイ1242は、グルコース監視の精度を最大にするために有用な種々の形態のものであってよい。 Array 1242 can be of a useful variety of forms in order to maximize the accuracy of the glucose monitoring. 例えば、アレイ1242は、円形形態、矩形形態(N×M、ここでN及びMは、整数である)、3角形形態、同心円形態又は他の設計のものであってよい。 For example, array 1242 can be circular form, rectangular form (N × M, where N and M are integers), triangular form, may be of concentric form or other design. サンプルモジュールに関する適当な設計例は、2002年11月1日に出願された共通譲受人の同時係属米国仮特許出願第60/422,988号(代理人事件番号:38187−2601)明細書、2002年11月6日に出願された共通譲受人の同時係属米国仮特許出願第60/424,429号(代理人事件番号:38187−2602)明細書、2002年11月20日に出願された共通譲受人の同時係属米国仮特許出願第60/428,084号(代理人事件番号:38187−2604)明細書及び2002年12月18日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/323,624号(代理人事件番号:38187−2608)明細書に見出すことができる。 Appropriate design example of a sample module, co-pending commonly assigned, which was filed on November 1, 2002, US Provisional Patent Application No. 60 / 422,988 (Attorney Docket Number: 38187-2601) specification, 2002 November 6, co-pending US provisional Patent application No. 60 / 424,429 of common assignee, filed (Attorney Docket number: 38187-2602) specification, a common, filed on November 20, 2002 co-pending assigned US provisional Patent application No. 60 / 428,084 (Attorney Docket number: 38187-2604) co-pending US patent application Ser. No. 10 of the common assignee, filed in the specification and December 18, 2002 / 323,624 No. (Attorney Docket 38187-2608) can be found in the specification.

多数の分析物検出部材をグルコース監視のために毎日の環境で使用できるようにするため、各分析物検出部材に用いられる体液の量を従来レベルよりも減少させるのが望ましい。 To a large number of analyte detecting members to be used in everyday environments for glucose monitoring, it is desirable to reduce than the conventional level the amount of fluid used for each analyte detecting member. 実用的な観点からは、患者に設けられたランセットによる各創からの自発的血液の量は、制限されている。 From a practical point of view, the amount of spontaneous blood from the wound by a lancet provided in a patient is limited. あまりに多量の血液を吸い込むことは、患者にとって実際的ではなく、患者が一日に提供できる又は進んで提供するサンプルの数を制限する場合がある。 Inhaling too much blood is not practical for the patient, may limit the number of samples to provide advances or patient can be provided per day. したがって、各分析物検出部材について必要な血液又は体液が少なければ少ないほど、現在のランセット切開技術により利用できる血液又は体液サンプルに対して用いることができる分析物検出部材の数がそれだけ一層多くなる。 Therefore, the smaller the required blood or body fluid for the analyte detecting members, the number of analyte detecting members that may be used for blood or body fluid samples which can be used by the current lancing techniques correspondingly becomes even more. 非限定的に一例を挙げると、分析物検出部材のアレイの一実施形態における各グルコース分析物検出部材は、約500ナノリットル以下の血液量を用いることができる。 And not limited to an example, each glucose analyte detecting member in an embodiment of an array of analyte detecting members may be used blood volume of less than about 500 nanoliters. 他の実施形態では、各分析物検出部材は、約300ナノリットル以下を用いる。 In other embodiments, the analyte detecting member is used more than about 300 nanoliters. さらに別の実施形態では、各分析物検出部材は、約50ナノリットル以下、約30ナノリットル以下、約10ナノリットル以下、約5ナノリットル以下、約1ナノリットル以下を用いる。 In yet another embodiment, the analyte detecting member is about 50 nanoliters or less, about 30 nanoliters or less, about 10 nanoliters or less, about 5 nanoliters or less, using no more than about 1 nanoliter. リード線に結合されたこれら分析物検出部材1140のアレイ1238が、図130に示されている。 Array 1238 of analyte detecting member 1140 coupled to the lead wire, is shown in Figure 130. 図131及び図132は、本発明に適した他のアレイ形態を示している。 Figure 131 and Figure 132 show another array form suitable for the present invention.

図133は、単一の穿刺部材を収容するカートリッジ1300が示されている更に別の実施形態を示している。 Figure 133 shows a further embodiment the cartridge 1300 to accommodate a single piercing member are illustrated. 複数の低容量分析物検出部材1140を印刷したプラスチック又は他のオーバーレイシートがカートリッジ1300に取り付けられている。 Plastic or other overlay sheet was printed a plurality of low volume analyte detecting member 1140 is attached to the cartridge 1300. 体液は、サンプルチャンバ1302内へ吸い込まれ、ここで部材1140は、流体中の分析物を検出することになる。 Fluid is drawn into the sample chamber 1302, where member 1140 will detect an analyte in a fluid. 当然のことながら、別の数の分析物検出部材をシート1304に取り付けてもよく、これはこの図133に示された実施形態には限定されない。 Of course, it may be attached to analyte detecting members of another number on the sheet 1304, which is not limited to the embodiment shown in FIG 133.

本発明をその或る特定の実施形態に関して図示すると共に説明したが、当業者であれば、本発明の精神及び範囲から逸脱することなく種々の改造、変更、設計変更、置換、削除又は手順及びプロトコルの追加を想到できることがわかる。 The present invention has been illustrated and described with respect to its certain specific embodiments, those skilled in the art, various modifications without departing from the spirit and scope of the present invention, changes, design changes, substitutions, deletions or procedures and it can be seen that you can envision additional protocol. 例えば、上述の実施形態のいずれの場合でも、穿刺部材駆動装置の配設場所は、穿刺部材又はカートリッジに対して様々であってよい。 For example, either case of the above-described embodiments, installation place of the piercing member driving device can be varied with respect to piercing member or cartridge. 上述の実施形態のうちのいずれの場合でも、穿刺部材の先端部は、作動中露出状態であってよい(即ち、穿刺部材を発射中、穿刺部材エンクロージャ又は保護箔を穿刺しない)。 In either case of the above embodiments, the tip of the piercing member may be exposed state in operation (i.e., not during firing the piercing member, the penetrating member enclosure or protective foil punctured). 上述の実施形態のいずれの場合でも、穿刺部材は、発射中、むき出しの穿刺部材であってよい。 In either case of the above-described embodiments, the piercing member during firing may be a bare penetrating member. 上述の実施形態のうちのいずれの場合でも、穿刺部材は、発射前はむき出しの穿刺部材であってよい。 In either case of the above embodiments, the piercing member is pre-firing may be a bare penetrating member. というのは、これは、穿刺部材の著しく高い密度を考慮に入れることができるからである。 Since this is because it is possible to take into account the significantly higher density of the piercing member. 幾つかの実施形態では、穿刺部材は、アクチュエータによる取扱いを容易にするよう近位端部又は近位領域のところが曲げられ、湾曲し、模様が付けられ、形作られ又は違ったやり方で処理されたものであってもよい。 In some embodiments, the piercing member may have bent at the proximal end or the proximal region so as to facilitate handling by the actuator, curved, pattern attached, treated with shaped or otherwise it may be the one. 穿刺部材は、グリッパへの結合を容易にするよう切欠き又は溝を備えるように形作られたものであってよい。 Piercing member may be one which is shaped to include a notch or groove to facilitate binding to the gripper. 切欠き又は溝を穿刺部材の細長い部分に沿って形成することができる。 A notch or groove may be formed along the elongate portion of the piercing member. 上述の実施形態のいずれの場合でも、キャビティは、カートリッジの底部又は頂部に位置し、グリッパが他方の側に位置してもよい。 In either case of the above-described embodiments, the cavity is located at the bottom or top of the cartridge, the grippers may be situated on the other side. 幾つかの実施形態では、分析物検出部材をキャビティの頂部、底部又は側部に印刷してもよい。 In some embodiments, the analyte detecting members top of the cavity, may be printed on the bottom or side. カートリッジの前側端部は、ランセット切開中、ユーザと接触状態にあってもよい。 Front end of the cartridge, during lancing, may be in contact with the user. 穿刺部材を前進させたり引っ込めるために同一のドライバを使用できる。 The same driver can be used penetrating member to retract or be advanced. 穿刺部材は、本明細書において説明した血液の量を得るのに適した直径及び長さのものであってよい。 Piercing member may be of a diameter and length suitable for obtaining the amount of blood that has been described herein. 穿刺部材のドライバは又、カートリッジと実質的に同一平面内に位置してもよい。 The piercing member driver may also be located in the cartridge substantially coplanar. ドライバは、穿刺部材の近位端部に係合して穿刺部材を経路に沿って作動させて組織に出入りさせるために貫通孔又は他の開口部を用いることができる。 The driver may use a through hole or other opening in order to enter and leave the by operating along the puncture member in the path tissue engages the proximal end of the piercing member.

本願又は本明細書に記載した任意の技術文献に記載された特徴のうち任意のものを本発明の任意の実施形態に使用できるようになっている。 Of the features described herein or any art documents described herein to any it has become available for any embodiment of the present invention. 例えば、本発明の装置は、2002年4月19日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/127,395号(代理人事件番号:38187−2551)明細書に記載されているような注入穿刺部材又は針に用いるよう組み合わせることができる。 For example, the apparatus of the invention, 2002 April 19, copending U.S. patent application Ser. No. 10 / 127,395 of common assignee, filed (Attorney Docket 38187-2551) are described in the specification It may be combined to use in injection puncture member or needle like being. 箔の存在を分析する分析物検出部材をランセット切開装置内に設けてもよい。 The analyte detecting member for analyzing the presence of the foil may be provided in the lancing device. 例えば、キャビティを先に用いた場合、箔又は滅菌バリヤは、打ち抜かれる。 For example, when a cavity above the foil or sterile barrier is punched. 分析物検出部材は、キャビティが新しいか又はバリヤの状態に基づいていないかどうかを検出することができる。 Analyte detecting member can detect whether the cavity is not based on the state of the new or barrier. 任意的な実施形態では、滅菌バリヤは、穿刺部材の先端部をなまくらにしない厚さの滅菌バリヤを穿刺するよう設計されたものであってよい。 In an optional embodiment, the sterilization barrier may be one that is designed to puncture sterile barrier tip thickness not to blunt the puncture member. ランセット切開装置は又、改良型駆動機構を用いることができる。 Lancing device can also be used a modified drive mechanism. 例えば、ソレノイド力発生器を改良して所与の電流の場合にソレノイドが発生させることができる力の大きさを増大させるよう試みることができる。 For example, it is possible to try to increase the amount of force that can be solenoid generates for a given current to improve the solenoid force generator. 本発明に用いられるソレノイドは、5つのコイルを有するのがよく、本実施形態では、スラグは、大雑把に言ってコイル2つ分のサイズである。 Solenoid used in the present invention may have a five coils, in this embodiment, the slag is the size of the two partial coils saying roughly. 1つの変更は、コイルを包囲する外側金属シェル又は巻線の厚さを増大させることである。 One change is to increase the thickness of the outer metal shell or windings surrounding the coil. 厚さを増大させることにより、磁束も又増大する。 By increasing the thickness, the magnetic flux also increases. スラグを分割してもよく、即ち、2つの小さなスラグも又、用いてコイルピッチの1/2だけずらしてもよい。 It may be divided slag, i.e., two small slugs also may be shifted by half the coil pitch using. これにより多くのスラグがコイルの接近することができ、ここで加速できる。 Thus it is possible that many of the slag approaches the coil, it can be accelerated here. これにより、スラグがコイルに近づき、より効率の高いシステムを構成する事象が多く得られる。 Thus, the slag approaches the coil, the event is obtained often constitutes a more efficient system.

別の任意的な変形実施形態では、保護キャビティの内端部内に設けられたグリッパは、移送中及び使用後、穿刺部材を保持することができ、それにより、使用済み穿刺部材を保持するための箔、保護端部又は他の部分を用いるという特徴が不要になる。 In another optional alternative embodiment, the gripper provided in the inner end portion of the protective cavity, during and after transport and use, can hold the piercing member, thereby to hold the used piercing member foil, characterized in that using a protective end or other portion becomes unnecessary. 開示した実施形態の他の幾つかの利点及び追加の実施形態の特徴としては、使用済み穿刺部材を貯蔵領域に運搬するのに同一の機構が用いられること、多くの数、例えば25個、50個、75個、100個、500個(これらには限定されない)の穿刺部材、又はこれよりも多くの穿刺部材を円板又はカートリッジ上に置くことができること、ランセットの周りの成形本体が不要になること、多数の穿刺部材装置の製造がカートリッジの使用により単純化されること、むき出しのロッド又は金属ワイヤを組織中に作動させるための追加の構造的特徴無くこれらの取り扱いが可能であること、案内の際の高い精度(側方に50ミクロン以上且つ垂直に20ミクロン以上の向上)を維持できること、個々のキャビティ/スロットを備えた新しい穿 The characteristics of some other advantages and additional embodiments of the disclosed embodiment, the same mechanism is used to transport the used piercing member to the storage area, large numbers, for example 25, 50 number, 75, 100, piercing member 500 (not limited to), or which number of piercing member than to a can put the disc or on the cartridge, the unnecessary profile body around the lancet becomes possible, the production of a large number of piercing member device is simplified by the use of the cartridge, it is possible to add structural features without these handling for actuating the bare rod or wire into the tissue, you can maintain the high precision in the guiding (lateral to the improvement of the above and vertically over 50 microns 20 microns), new with individual cavities / slots puncture 部材及び使用済み穿刺部材の貯蔵システムが設けられることが挙げられる。 Storage system of members and spent piercing member and the like be provided. ランセット切開装置のハウジングも又、人間工学的に心地よいものであるよう寸法決めできる。 Also the housing of the lancing device also can be sized as those ergonomically pleasing. 一実施形態では、装置の幅は、約56mmであり、長さは約105mmであり、厚さは約15mmである。 In one embodiment, the width of the device is about 56 mm, a length of about 105 mm, a thickness of about 15 mm. 加えて、本発明の幾つかの実施形態は、非電気的力発生器又は駆動機構に使用できる。 In addition, some embodiments of the present invention can be used in non-electrical power generator or drive mechanism. 例えば、パンチ装置及び穿刺部材を滅菌エンクロージャから解放する方法は、ばね押しランチャーに使用できるよう改造できる。 For example, a method of releasing the punch apparatus and the piercing member from the sterile enclosure may modified to be used in spring-loaded launcher. 摩擦結合を利用したグリッパも又、他の駆動技術に使用できるよう改造可能である。 Gripper utilizing frictional coupling also possible modified to be used for other driving methods.

更に別の任意的な特徴を本発明に設けることができる。 It can be further provided in the present invention another optional feature. 例えば、上述の実施形態のうちいずれの場合でも、穿刺部材駆動装置の配設場所は、穿刺部材又はカートリッジに対して様々であってよい。 For example, in any case of the embodiments described above, installation place of the piercing member driving device can be varied with respect to piercing member or cartridge. 上述の実施形態のうちのいずれの場合でも、穿刺部材先端部は、作動中露出状態であってよい(即ち、穿刺部材は、発射中、穿刺部材エンクロージャ又は保護箔を穿刺しない)。 In either case of the above embodiments, the piercing member distal end may be a exposed state in operation (i.e., piercing member during firing, do not pierce the piercing member enclosure or protective foil). 穿刺部材は、発射中、むき出しの穿刺部材であってよい。 Piercing member during firing may be a bare penetrating member. 穿刺部材を前進させたり引っ込めるために同一のドライバを用いることができる。 It is possible to use the same driver penetrating member to retract or be advanced. 種々の範囲のグルコース濃度、種々の分析物等を検出する種々の分析物検出部材を各検出部材に用いるよう組み合わせることができる。 Glucose concentration in the various ranges, a variety of analyte detection member for detecting various analytes, and the like can be combined to use in each detection member. 非電位差測定法も又、分析物検出に使用できる。 Non potentiometric methods may also be used in analyte detection. 例えば、炭素ナノチューブ粉末微小電極に吸着されたグルコースオキシダーゼ分子の直接的な電子伝達を用いるとグルコースレベルを測定することができる。 For example, it is possible to measure the glucose level when using direct electronic transfer of glucose oxidase molecules adsorbed to the carbon nanotube powder microelectrode. 幾つかの実施形態では、分析物検出部材を「ウェル」が形成されないようカートリッジと面一をなして形成可能である。 In some embodiments, it can form a analyte detecting members forms a cartridge flush to "well" is not formed. 他の幾つかの実施形態では、分析物検出部材は、カートリッジ表面と実質的に面一をなすよう(200ミクロン又は100ミクロン以内)形成できる。 In some other embodiments, the analyte detection member, so as to form the cartridge surface is substantially flush (200 microns or less 100 microns) can be formed. 全ての方法において、ナノスコピック(nanoscopic)ワイヤ成長を化学気相成長方法CVD)により実施できる。 In all of the methods can be carried out by nanoscopic (Nanoscopic) chemical vapor deposition method CVD wire growth). 本発明の実施形態の全てにおいて、好ましいナノスコピックワイヤは、ナノチューブであるのがよい。 In all embodiments of the present invention, preferred nanoscopic wire may be between nanotubes. グルコースオキシダーゼ又は他の分析物検出物質をナノワイヤ又はナノチューブに被着させるのに有用な任意の方法を本発明に利用することができる。 Glucose oxidase, or other analyte detection substance can be utilized in the present invention any method useful for depositing the nanowire or nanotube. 加えて、幾つかの実施形態に関し、上述のカートリッジのうちのどれでも、穿刺部材を備えないで構成でき、したがってカートリッジは単に分析物検出装置である。 In addition, relates to some embodiments, any of a above the cartridge, can be configured without including a piercing member, thus the cartridge is simply analyte detection device. さらに、カートリッジの割出しは、隣り合うキャビティが必ずしも連続的に又は順次使用されないようなものであってよい。 Further, indexing of the cartridge, the cavity may be such that not necessarily continuously or sequential use adjacent. 非限定的な例として、2つ置きのキャビティを順次用いてもよく、これは、カートリッジがキャビティのうちどれも又は実質的に全てを用いる前に2回転行なうことを意味している。 As a non-limiting example, it may be sequentially with every third cavity, which cartridge is means to perform two revolutions before using none or substantially all of the cavity. 別の非限定的な例として、キャビティ3つ分離れ、キャビティ4つ分離れ、又はキャビティN個分離れたキャビティは、使用される次のものであってよい。 As another non-limiting example, the cavity 3 min apart, the cavity 4 min apart, or cavities of N min apart cavities may be of the following being used. これにより、ちょうど使用された穿刺部材を収容したキャビティと次に使用されるべき新しい穿刺部材を収容したキャビティとの間の間隔を大きく取ることができる。 Thus, it is possible to just a large spacing between the cavity containing the new piercing member to be used in the cavity and the next accommodating the piercing member used. 本願に関する関連出願としては、2002年12月18日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/323,622号(代理人事件番号:38187−2606)、2002年12月18日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/323,623号(代理人事件番号:38187−2607)、2002年12月18日に出願された共通譲受人の同時係属米国特許出願第10/323,624号(代理人事件番号:38187−2608)が挙げられる。 A related application relating to the present, 2002 December 18, co-pending US patent application Ser. No. 10 / 323,622 of common assignee, filed (Attorney Docket Number: 38187-2606), December 18, 2002 filed in the commonly assigned co-pending US patent application Ser. No. 10 / 323,623 (Attorney Docket number: 38187-2607), co-pending US patent application of common assignee, filed on December 18, 2002 No. 10 / 323,624 (Attorney Docket number: 38187-2608), and the like. 上記において列記した全ての米国特許出願の開示内容全体を全ての目的に関しここに参照に援用する。 Incorporated herein by reference relates to all purposes entire disclosures of all U.S. patent applications listed above. 結果における予想されるばらつき又は差は、本発明の目的又は実施に応じて本発明の範囲に含まれる。 Variations or differences are expected in the results are within the scope of the present invention depending on the purpose or the practice of the present invention. したがって、本発明は、添付の特許請求の範囲の技術的事項によって特定され、かかる特許請求の範囲は、妥当な限り広く解釈されるものである。 Accordingly, the present invention is identified by the technical matters of the appended claims, the scope of such claims are to be interpreted as broadly as is reasonable.

皮膚を穿刺して血液サンプルを得る際に用いられる実施形態のシステムを示す斜視図である。 Puncture the skin is a perspective view showing a system embodiment for use in obtaining a blood sample. このシステムの一部をなす交換可能な穿刺部材カートリッジの一部の平面図である。 It is a plan view of a portion of a replaceable piercing member cartridge forming part of the system. 図2の3−3線に沿った断面端面図である。 A cross-sectional end view taken along line 3-3 in FIG. 図2の4−4線に沿った断面端面図である。 A cross-sectional end view taken along line 4-4 of FIG. システムの一部をなし、カートリッジのコンポーネントを操作するために用いられる装置の斜視図であり、穿刺部材加速器を下向きに回動させている状態を示す図である。 No part of the system, is a perspective view of the apparatus used to operate the components of the cartridge, showing a state that a penetrating member accelerator is rotated downward. 図5に類似した図であり、カートリッジをどのように回転させるか又は漸進させるかを示す図である。 It is a view similar to FIG. 5 is a diagram showing how to rotate it or gradual to the cartridge. 穿刺部材加速器がどのようにカートリッジを漸進させることができるかを示す断面側面図である。 Is a cross-sectional side view showing how it is possible to penetrating member accelerator causes how progressively the cartridge. 図6Aと類似した図であり、カートリッジ内の穿刺部材のうちの選択された1つと係合するよう穿刺部材加速器を逆方向に回動させている状態を示す図である。 A view similar to Figure 6A, a diagram showing a state in which the penetrating member accelerator is rotated in the reverse direction to engage one a selected one of the piercing member in the cartridge. 図6Bと類似した図であり、カートリッジ内の穿刺部材のうちの選択された1つと係合するよう穿刺部材加速器を逆方向に回動させている状態を示す図である。 A view similar to FIG. 6B, illustrates a state in which the penetrating member accelerator is rotated in the reverse direction to engage one a selected one of the piercing member in the cartridge. 図7Aと類似した図であり、穿刺部材加速器が選択された穿刺部材をどのように動かして皮膚を穿刺するかを示す図である。 A view similar to FIG. 7A, a diagram illustrating how to puncture the skin by moving the piercing member that piercing member accelerator is selected. 図7Bと類似した図であり、穿刺部材加速器が選択された穿刺部材をどのように動かして皮膚を穿刺するかを示す図である。 A view similar to FIG. 7B, is a diagram showing how to puncture the skin by moving the piercing member that piercing member accelerator is selected. 図8Aと類似した図であり、穿刺部材加速器が穿刺部材をどのようにその元の位置に戻すかを示す図である。 A view similar to FIG. 8A, a diagram penetrating member accelerator indicate back to how its original position a piercing member. 図8Bと類似した図であり、穿刺部材加速器が穿刺部材をどのようにその元の位置に戻すかを示す図である。 A view similar to FIG. 8B, a diagram penetrating member accelerator indicate back to how its original position a piercing member. 装置の機能的コンポーネントを示すブロック図である。 Is a block diagram showing functional components of the device. 滅菌バリヤの良好な付着を可能にする任意的な実施形態のカートリッジを示す端面図である。 It is an end view of the cartridge of any embodiment that allows for good adhesion of the sterile barrier. 本発明の特徴を有する実施形態の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment having features of the present invention. 作動中の本発明の特徴を有する実施形態の断面図である。 It is a cross-sectional view of an embodiment having features of the present invention in operation. 1つの穿刺部材接触面に被着された低摩擦被膜を示す断面図である。 Is a sectional view showing a low-friction coating is applied to one of the piercing member contact surface. 1つの穿刺部材接触面に被着され、摩擦を増大させると共に穿刺部材と穿刺部材接触部材との間の顕微鏡的接触領域を改善する被膜を示す断面図である。 Is applied to one of the piercing member contact surface, it is a cross-sectional view showing a coating to improve the microscopic area of ​​contact between the piercing member and the piercing member contact member with increased friction. 複数の半径方向に差し向けられた穿刺部材スロットを備えた環状形態の穿刺部材カートリッジの一部及び穿刺部材スロットのうちの1つの中に収納された駆動部材の遠位縁部を示す図である。 Is a diagram illustrating a distal edge of the housing has been driven member in one of a plurality of part and piercing member piercing member cartridge circular form having a directed was piercing member slot radial slots . 被覆された穿刺部材接触面と接触状態にある被覆された穿刺部材の部分縦断面立面図である。 In contact with the coated penetrating member contact surface is a partial vertical sectional elevational view of a coated penetrating member. 本発明の特徴を有するランセット切開装置の実施形態を示す図である。 It illustrates an embodiment of a lancing device having the features of the present invention. 複数の穿刺部材スロット及び穿刺部材スロットの半径方向内方に位置した状態でこれらと整列した駆動部材案内スロットを有する穿刺部材カートリッジベースプレートの一部の斜視図である。 It is a perspective view of a portion of the piercing member cartridge base plate having a drive member guide slot aligned with those in a state of being positioned radially inwardly of a plurality of piercing members slot and penetrating member slot. ランセット切開サイクルの3つの連続した段階のうちの一段階中の穿刺部材カートリッジを断面で示すと共に駆動部材、穿刺部材及び患者の指先を示す図である。 It illustrates the drive member, a fingertip lancing member and the patient with showing a penetrating member cartridge in one stage of the three successive stages of the lancing cycle section. ランセット切開サイクルの3つの連続した段階のうちの一段階中の穿刺部材カートリッジを断面で示すと共に駆動部材、穿刺部材及び患者の指先を示す図である。 It illustrates the drive member, a fingertip lancing member and the patient with showing a penetrating member cartridge in one stage of the three successive stages of the lancing cycle section. ランセット切開サイクルの3つの連続した段階のうちの一段階中の穿刺部材カートリッジを断面で示すと共に駆動部材、穿刺部材及び患者の指先を示す図である。 It illustrates the drive member, a fingertip lancing member and the patient with showing a penetrating member cartridge in one stage of the three successive stages of the lancing cycle section. 本発明の特徴を有する穿刺部材カートリッジの実施形態を示す図である。 It illustrates an embodiment of a penetrating member cartridge having the features of the present invention. 図12の穿刺部材カートリッジの一部の分解図である。 It is an exploded view of a portion of the piercing member cartridge of FIG. ランセット切開サイクル中、穿刺部材スロット上に配置されていて、穿刺部材の遠位端部によって穿刺されている多層滅菌バリヤを示す図である。 During lancing cycle, be located on the penetrating member slot is a diagram showing a multi-layer sterile barrier is pierced by the distal end of the piercing member. ランセット切開サイクル中、穿刺部材スロット上に配置されていて、穿刺部材の遠位端部によって穿刺されている多層滅菌バリヤを示す図である。 During lancing cycle, be located on the penetrating member slot is a diagram showing a multi-layer sterile barrier is pierced by the distal end of the piercing member. ドライバに結合された駆動部材の実施形態を示す図であり、駆動部材が、穿刺部材と接触するために、駆動部材が、ランセット切開サイクル中に穿刺部材スロットの滅菌バリヤを切断するよう形作られた鋭利なエッジを備えた切断部材を有する状態を示す図である。 Is a diagram showing an embodiment of a drive member coupled to the driver, the drive member, in order to contact the penetrating member, the drive member, is shaped so as to disconnect the sterile barrier penetrating member slots during lancing cycle it is a diagram showing a state with a cutting member having a sharp edge. ドライバに結合された駆動部材の実施形態を示す図であり、駆動部材が、穿刺部材と接触するために、駆動部材が、ランセット切開サイクル中に穿刺部材スロットの滅菌バリヤを切断するよう形作られた鋭利なエッジを備えた切断部材を有する状態を示す図である。 Is a diagram showing an embodiment of a drive member coupled to the driver, the drive member, in order to contact the penetrating member, the drive member, is shaped so as to disconnect the sterile barrier penetrating member slots during lancing cycle it is a diagram showing a state with a cutting member having a sharp edge. 穿刺部材スロットの遠位端部のところに位置する傾斜部分を備えた穿刺部材スロットの実施形態を縦断面で示すと共にランセット切開サイクル中、滅菌バリヤを切断する切れ刃を遠位端部に備えた駆動部材の実施形態を示す図である。 Lancing cycle in conjunction illustrates an embodiment of a penetrating member slot with an inclined portion located at the distal end of the piercing member slot in longitudinal section, with a cutting edge for cutting the sterile barrier at the distal end It illustrates an embodiment of the drive member. 穿刺部材スロットの遠位端部のところに位置する傾斜部分を備えた穿刺部材スロットの実施形態を縦断面で示すと共にランセット切開サイクル中、滅菌バリヤを切断する切れ刃を遠位端部に備えた駆動部材の実施形態を示す図である。 Lancing cycle in conjunction illustrates an embodiment of a penetrating member slot with an inclined portion located at the distal end of the piercing member slot in longitudinal section, with a cutting edge for cutting the sterile barrier at the distal end It illustrates an embodiment of the drive member. 穿刺部材カートリッジに設けられた駆動部材スロットを示す図であり、駆動部材スロットの少なくとも一部は、駆動部材スロットの底部のところよりも駆動部材スロットの頂部のところの横方向寸法が大きなテーパ付き開口部を有する状態を示す図である。 Is a diagram showing a driving member slot provided in the puncture member cartridge, at least a portion of the driving member slot, the horizontal dimension is larger tapered opening at the top of the driving member slot than at the bottom of the driving member slot parts is a view showing a state having a. 穿刺部材カートリッジに設けられた駆動部材スロットを示す図であり、駆動部材スロットの少なくとも一部は、駆動部材スロットの底部のところよりも駆動部材スロットの頂部のところの横方向寸法が大きなテーパ付き開口部を有する状態を示す図である。 Is a diagram showing a driving member slot provided in the puncture member cartridge, at least a portion of the driving member slot, the horizontal dimension is larger tapered opening at the top of the driving member slot than at the bottom of the driving member slot parts is a view showing a state having a. 穿刺部材カートリッジに設けられた駆動部材スロットを示す図であり、駆動部材スロットの少なくとも一部は、駆動部材スロットの底部のところよりも駆動部材スロットの頂部のところの横方向寸法が大きなテーパ付き開口部を有する状態を示す図である。 Is a diagram showing a driving member slot provided in the puncture member cartridge, at least a portion of the driving member slot, the horizontal dimension is larger tapered opening at the top of the driving member slot than at the bottom of the driving member slot parts is a view showing a state having a. 穿刺部材カートリッジに設けられた駆動部材スロットを示す図であり、駆動部材スロットの少なくとも一部は、駆動部材スロットの底部のところよりも駆動部材スロットの頂部のところの横方向寸法が大きなテーパ付き開口部を有する状態を示す図である。 Is a diagram showing a driving member slot provided in the puncture member cartridge, at least a portion of the driving member slot, the horizontal dimension is larger tapered opening at the top of the driving member slot than at the bottom of the driving member slot parts is a view showing a state having a. 穿刺部材カートリッジ及び穿刺部材駆動部材の実施形態を示す図であり、穿刺部材駆動部材が穿刺部材シャフトを把持するよう構成された異形ジョーを有する状態を示す図である。 It is a diagram showing an embodiment of a penetrating member cartridge and piercing member drive member, piercing member drive member is a diagram showing a state with a profiled jaws configured to grasp the piercing member shaft. 穿刺部材カートリッジ及び穿刺部材駆動部材の実施形態を示す図であり、穿刺部材駆動部材が穿刺部材シャフトを把持するよう構成された異形ジョーを有する状態を示す図である。 It is a diagram showing an embodiment of a penetrating member cartridge and piercing member drive member, piercing member drive member is a diagram showing a state with a profiled jaws configured to grasp the piercing member shaft. 穿刺部材カートリッジ及び穿刺部材駆動部材の実施形態を示す図であり、穿刺部材駆動部材が穿刺部材シャフトを把持するよう構成された異形ジョーを有する状態を示す図である。 It is a diagram showing an embodiment of a penetrating member cartridge and piercing member drive member, piercing member drive member is a diagram showing a state with a profiled jaws configured to grasp the piercing member shaft. 使用済み穿刺部材の取り出し及び新しい穿刺部材カートリッジの挿入のために穿刺部材カートリッジキャビティを露出させるよう開くことができる蓋を備えたランセット切開装置の一部を示す図である。 It is a diagram showing a part of a lancing device having a lid which can be opened to expose the penetrating member cartridge cavity for insertion of removal and new penetrating member cartridge used penetrating member. 使用済み穿刺部材の取り出し及び新しい穿刺部材カートリッジの挿入のために穿刺部材カートリッジキャビティを露出させるよう開くことができる蓋を備えたランセット切開装置の一部を示す図である。 It is a diagram showing a part of a lancing device having a lid which can be opened to expose the penetrating member cartridge cavity for insertion of removal and new penetrating member cartridge used penetrating member. 両方の側部に穿刺部材スロットを有する穿刺部材カートリッジを示す図である。 Both sides is a diagram illustrating a penetrating member cartridge having a piercing member slot. 両方の側部に穿刺部材スロットを有する穿刺部材カートリッジを示す図である。 Both sides is a diagram illustrating a penetrating member cartridge having a piercing member slot. 穿刺部材カートリッジの波形面で作られた複数の穿刺部材スロットを有する穿刺部材カートリッジの端面図である。 It is an end view of the piercing member cartridge having a plurality of puncturing members slot made in the corrugated surface of the piercing member cartridge. 穿刺部材カートリッジの波形面で作られた複数の穿刺部材スロットを有する穿刺部材カートリッジの斜視図である。 It is a perspective view of the penetrating member cartridge having a plurality of puncturing members slot made in the corrugated surface of the piercing member cartridge. 穿刺部材カートリッジの波形面で作られた複数の穿刺部材スロットを有する穿刺部材カートリッジの端面図である。 It is an end view of the piercing member cartridge having a plurality of puncturing members slot made in the corrugated surface of the piercing member cartridge. 穿刺部材及び駆動部材の実施形態を示す図であり、穿刺部材がスロット付きシャフトを有し、駆動部材が穿刺部材シャフトのスロットと嵌合するよう形作られた突起を有する状態を示す図である。 Piercing member and a diagram showing an embodiment of a drive member, the penetrating member has a slotted shaft, the drive member is a diagram showing a state with a projection that is shaped to slot mate with the penetrating member shaft. 穿刺部材及び駆動部材の実施形態を示す図であり、穿刺部材がスロット付きシャフトを有し、駆動部材が穿刺部材シャフトのスロットと嵌合するよう形作られた突起を有する状態を示す図である。 Piercing member and a diagram showing an embodiment of a drive member, the penetrating member has a slotted shaft, the drive member is a diagram showing a state with a projection that is shaped to slot mate with the penetrating member shaft. 穿刺部材及び駆動部材の実施形態を示す図であり、穿刺部材がスロット付きシャフトを有し、駆動部材が穿刺部材シャフトのスロットと嵌合するよう形作られた突起を有する状態を示す図である。 Piercing member and a diagram showing an embodiment of a drive member, the penetrating member has a slotted shaft, the drive member is a diagram showing a state with a projection that is shaped to slot mate with the penetrating member shaft. 穿刺部材及び駆動部材の実施形態を示す図であり、穿刺部材がスロット付きシャフトを有し、駆動部材が穿刺部材シャフトのスロットと嵌合するよう形作られた突起を有する状態を示す図である。 Piercing member and a diagram showing an embodiment of a drive member, the penetrating member has a slotted shaft, the drive member is a diagram showing a state with a projection that is shaped to slot mate with the penetrating member shaft. 本発明のカートリッジの斜視図である。 It is a perspective view of the cartridge of the present invention. 一カートリッジの外周部のクローズアップを示す図である。 It shows a close-up of the outer peripheral portion of one cartridge. 別のカートリッジの外周部のクローズアップを示す図である。 It shows a close-up of the outer peripheral portion of another cartridge. カートリッジの裏面の斜視図である。 It is a perspective view of the back surface of the cartridge. カートリッジ及びパンチとプッシャから成る装置の下向き平面図である。 A downward plan view of a device comprising a cartridge and a punch and pusher. パンチプレートの一実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of one embodiment of a punch plate. パンチプレート、カートリッジ及びカートリッジプッシャの運動のシーケンスを示す図である。 Punch plate is a diagram showing the sequence of movement of the cartridge and cartridge pusher. パンチプレート、カートリッジ及びカートリッジプッシャの運動のシーケンスを示す図である。 Punch plate is a diagram showing the sequence of movement of the cartridge and cartridge pusher. パンチプレート、カートリッジ及びカートリッジプッシャの運動のシーケンスを示す図である。 Punch plate is a diagram showing the sequence of movement of the cartridge and cartridge pusher. パンチプレート、カートリッジ及びカートリッジプッシャの運動のシーケンスを示す図である。 Punch plate is a diagram showing the sequence of movement of the cartridge and cartridge pusher. パンチプレート、カートリッジ及びカートリッジプッシャの運動のシーケンスを示す図である。 Punch plate is a diagram showing the sequence of movement of the cartridge and cartridge pusher. パンチプレート、カートリッジ及びカートリッジプッシャの運動のシーケンスを示す図である。 Punch plate is a diagram showing the sequence of movement of the cartridge and cartridge pusher. パンチプレート、カートリッジ及びカートリッジプッシャの運動のシーケンスを示す図である。 Punch plate is a diagram showing the sequence of movement of the cartridge and cartridge pusher. 本発明のシステムの断面図である。 It is a cross-sectional view of the system of the present invention. 本発明のシステムの断面図である。 It is a cross-sectional view of the system of the present invention. 本発明のシステムの斜視図である。 It is a perspective view of the system of the present invention. 本発明の内部の機構を示す切除図である。 Is a cut view showing the internal mechanism of the present invention. 本発明の内部の機構を示す切除図である。 Is a cut view showing the internal mechanism of the present invention. 本発明の内部の機構を示す切除図である。 Is a cut view showing the internal mechanism of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明の任意的な実施形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの任意的な実施形態と関連した運動のシーケンスを示す図である。 Is a diagram showing a sequence of optional embodiments and associated with movement of the cartridge present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態に用いられるサンプルモジュールの図である。 It is a further diagram of a sample module used in another embodiment of the cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態に用いられるサンプルモジュールの図である。 It is a further diagram of a sample module used in another embodiment of the cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態に用いられるサンプルモジュールの図である。 It is a further diagram of a sample module used in another embodiment of the cartridge of the present invention. 滅菌バリヤ及び分析物検出部材層を備えたカートリッジを示す図である。 It is a diagram illustrating a cartridge having a sterile barrier and analyte detecting member layer. カートリッジに結合された分析物検出部材の更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the analyte detecting member coupled to the cartridge. カートリッジに結合された分析物検出部材の更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the analyte detecting member coupled to the cartridge. カートリッジに結合された分析物検出部材の更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the analyte detecting member coupled to the cartridge. カートリッジに結合された分析物検出部材の更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the analyte detecting member coupled to the cartridge. カートリッジに結合された分析物検出部材の更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the analyte detecting member coupled to the cartridge. 本発明に用いられるカートリッジについての任意的な形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the cartridge used in the present invention. 本発明に用いられるカートリッジについての任意的な形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the cartridge used in the present invention. 本発明に用いられるカートリッジについての任意的な形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the cartridge used in the present invention. 本発明に用いられるカートリッジについての任意的な形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the cartridge used in the present invention. 本発明に用いられるカートリッジについての任意的な形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the cartridge used in the present invention. 本発明に用いられるカートリッジについての任意的な形態を示す図である。 Is a diagram showing an optional embodiment of the cartridge used in the present invention. 本発明のシステムの一実施形態の透視図である。 It is a perspective view of one embodiment of a system of the present invention. 本発明のシステムの任意的な実施形態の略図である。 It is a schematic representation of optional embodiment of the system of the present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの更に別の実施形態を示す図である。 It is a drawing showing yet another embodiment of the cartridge of the present invention. 分析物検出部材のアレイを有するカートリッジを示す図である。 It is a diagram illustrating a cartridge having an array of analyte detecting members. 本発明に用いられる照明システムの実施形態を示す図である。 It shows an embodiment of an illumination system used in the present invention. 本発明に用いられる照明システムの実施形態を示す図である。 It shows an embodiment of an illumination system used in the present invention. 分析物検出のための任意的な方法を用いる別の実施形態を示す図である。 Any method for analyte detection is a diagram showing another embodiment using. 分析物検出のための任意的な方法を用いる別の実施形態を示す図である。 Any method for analyte detection is a diagram showing another embodiment using. 分析物検出のための任意的な方法を用いる別の実施形態を示す図である。 Any method for analyte detection is a diagram showing another embodiment using. 分析物検出のための任意的な方法を用いる別の実施形態を示す図である。 Any method for analyte detection is a diagram showing another embodiment using. 分析物検出のための任意的な方法を用いる別の実施形態を示す図である。 Any method for analyte detection is a diagram showing another embodiment using. 分析物検出のための任意的な方法を用いる別の実施形態を示す図である。 Any method for analyte detection is a diagram showing another embodiment using. 組織の別々の部分における変化する穿刺部材速度の図表を示す図である。 It is a diagram showing a chart of puncture members varying speeds in different parts of the tissue. ドライバに狙いを定めて用いられる光源の断面図である。 It is a cross-sectional view of a light source used to aim at the driver. ドライバに狙いを用いて定められる光源を有するハウジングの断面図である。 It is a cross-sectional view of a housing having a light source that is determined using the sights on the driver. ドライバに狙いを用いて定められる光源を有するハウジングの断面図である。 It is a cross-sectional view of a housing having a light source that is determined using the sights on the driver. 一部が透明な材料で作られたハウジングを示す図である。 Partially illustrates a housing made of transparent material. 一部が透明な材料で作られたハウジングを示す図である。 Partially illustrates a housing made of transparent material. 本発明のカートリッジ、滅菌バリヤ及び基板を示す図である。 Cartridge of the present invention, showing a sterile barrier and the substrate. 本発明の一実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of one embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of one embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態の裏面の斜視図である。 It is a perspective view of a back surface of an embodiment of the present invention. 本発明の一実施形態の裏面の斜視図である。 It is a perspective view of a back surface of an embodiment of the present invention. 本発明のカートリッジの別の実施形態の平面図である。 It is a plan view of another embodiment of a cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの別の実施形態の底面図である。 It is a bottom view of another embodiment of a cartridge of the present invention. カートリッジの一実施形態の裏面を示す図である。 It is a diagram showing a back surface of an embodiment of a cartridge. カートリッジの一実施形態の裏面を示す図である。 It is a diagram showing a back surface of an embodiment of a cartridge. 本発明に用いられる追加の実施形態を示す図である。 It illustrates additional embodiments for use in the present invention. 本発明のカートリッジ及び分析物検出部材の更に別の実施形態の種々の図である。 Various views of yet another embodiment of the cartridge and the analyte detecting members of the present invention. 本発明のカートリッジ及び分析物検出部材の更に別の実施形態の種々の図である。 Various views of yet another embodiment of the cartridge and the analyte detecting members of the present invention. 本発明のカートリッジ及び分析物検出部材の更に別の実施形態の種々の図である。 Various views of yet another embodiment of the cartridge and the analyte detecting members of the present invention. 本発明のカートリッジの別の実施形態の平面図である。 It is a plan view of another embodiment of a cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの別の実施形態の底面図である。 It is a bottom view of another embodiment of a cartridge of the present invention. 本発明に用いられる追加の実施形態を示す図である。 It illustrates additional embodiments for use in the present invention. 本発明に用いられる追加の実施形態を示す図である。 It illustrates additional embodiments for use in the present invention. 分析物検出部材上に配置された流体スプレッダを用いるカートリッジの下向き図である。 Disposed analyte detecting members on a fluid spreader is downward view of the cartridge used. 本発明のカートリッジの別の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of another embodiment of a cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの別の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of another embodiment of a cartridge of the present invention. 本発明のカートリッジの別の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of another embodiment of a cartridge of the present invention. 本発明のキットを示す図である。 It shows a kit of the present invention. 本発明のキットを示す図である。 It shows a kit of the present invention. 分析物検出部材の感度を示すグラフ図である。 It is a graph showing the sensitivity of the analyte detecting members. 分析物検出部材の感度を示すグラフ図である。 It is a graph showing the sensitivity of the analyte detecting members. 分析物検出部材の感度を示すグラフ図である。 It is a graph showing the sensitivity of the analyte detecting members. 複数の分析物検出部材を備えたカートリッジの実施形態を示す図である。 It illustrates an embodiment of a cartridge with a plurality of analyte detecting members. 分析物検出部材のアレイの一形態を示す図である。 It is a schematic diagram showing another embodiment of an array of analyte detecting members. 分析物検出部材のアレイの別の形態を示す図である。 It is a diagram showing another form of an array of analyte detecting members. 分析物検出部材のアレイの別の形態を示す図である。 It is a diagram showing another form of an array of analyte detecting members. 単一の穿刺部材を収容するのに適していて、複数の分析物検出部材を有するカートリッジを示す図である。 It is suitable to accommodate a single piercing member is a diagram illustrating a cartridge having a plurality of analyte detecting members.

Claims (14)

  1. 解剖学的特徴部から体液を抽出する体液サンプル採取装置に用いられる装置であって、 周方向に配置された複数のキャビティを備えたディスク状のカートリッジと、 An apparatus for use in body fluid sampling device for extracting bodily fluid from the anatomical feature, and a disk-like cartridge having a plurality of cavities arranged in the circumferential direction,
    各々が少なくとも部分的に前記カートリッジのキャビティ内に収納された複数の穿刺部材であって、前記カートリッジに設けられた開口部から周方向外方に延びて組織を穿刺するよう摺動自在に動くことができ、 Each a plurality of puncturing members housed at least partially within the cavity of the cartridge, to move slidably to puncture the tissue extending from an opening provided in the cartridge in the circumferential direction outward It can be,
    複数の分析物検出部材と、 A plurality of analyte detecting members,
    各々が前記キャビティの各々とそれぞれ関連した複数のチャンバであって、前記ディスク状のカートリッジの外縁部に沿って配置されたチャンバとを備え、 A plurality of chambers, each respectively associated with each of said cavities, and a disposed along the outer edge of the disc-shaped cartridge chamber,
    前記分析物検出部材のうち少なくとも1つが、前記複数のチャンバの一のチャンバの一の壁の一部を形成している、 At least one of the analyte detecting members, but forms part of one wall of one chamber of the plurality of chambers,
    ことを特徴としている装置。 Device is characterized in that.
  2. 流体を、前記分析物検出部材のうちの一に向かって付勢するよう前記分析物検出部材の少なくとも一部上に配置された流体スプレッダを更に有する、 Fluid, further comprising a fluid spreader disposed on at least a portion of said analyte detecting members that urges one of said analyte detecting members,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  3. 前記穿刺部材は各々、先端部を有し、少なくとも一の先端部は、前記チャンバ内の開始位置を有する、 Each said piercing member has a distal end portion, at least one tip, has a starting position in said chamber,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  4. 前記分析物検出部材は、電気化学式のものである、 The analyte detecting member is of electrochemical,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  5. 前記分析物検出部材は、サンプル流体に用いられた場合、前記分析物検出部材のアレイの総合的感度範囲を高める互いに異なる感度範囲を有している、 The analyte detecting member, when used in the sample fluid have different sensitivity range in each other to increase the overall sensitivity range of the array of analyte detecting members,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  6. 前記分析物検出部材が実施できる分析において必要とする容量は、次の容量、即ち、20ナノリットル、15ナノリットル、10ナノリットル、5ナノリットルのうちの一以下である、 Capacity required in the analyte detecting members can be performed analysis, following capacity, i.e., 20 nanoliters, 15 nanoliters, 10 nanoliters, is less than one out of five nanoliters,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  7. 前記チャンバのうち少なくとも一は、その一の表面に設けられた開口部を有し、前記分析物検出部材のうちの一は、前記開口部を通して視認可能である、 At least one of the chamber has an opening provided in one surface thereof, one of said analyte detection member is visible through the opening,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  8. 前記チャンバのうち少なくとも一は、その表面のうちの1つに設けられた開口部を有し、前記分析物検出部材のうちの1つは、開口部が分析物検出部材上に直接開口するよう位置決めされている、 At least one of the chamber has an opening provided in one of its surfaces, one of said analyte detection member, such that the opening is directly open to the analyte detecting members on It is positioned,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  9. 前記分析物検出部材上に配置されたメッシュ形態の流体スプレッダを更に有する、 Further comprising a fluid spreader arrangement mesh form the analyte detecting member,
    請求項1に記載の装置。 Apparatus according to claim 1.
  10. 請求項1に記載の装置に用いられる穿刺部材ドライバ。 Piercing member driver for use in apparatus according to claim 1.
  11. 体液を解剖学的特徴部から抽出する体液サンプル採取装置に用いられる装置であって、 複数のサンプルチャンバを備えたディスク状のカートリッジと、 An apparatus for use in body fluid sampling device for extracting bodily fluid from the anatomical feature, and a disk-like cartridge having a plurality of sample chambers,
    各々が少なくとも部分的に単一の前記カートリッジのサンプルチャンバ内に収納された複数の穿刺部材であって、前記カートリッジに設けられた開口部から周方向外方に延びて組織を穿刺するよう摺動自在に動くことができ、 Sliding to each a plurality of puncturing members housed at least partially within the sample chamber of a single said cartridge, piercing the tissue circumferentially extending outward from an opening provided in said cartridge You can move freely,
    複数の分析物検出部材と、を有し、 Includes a plurality of analyte detecting member,
    前記サンプルチャンバは、実質的に前記カートリッジの外縁部に隣接して配置され、 The sample chamber is located adjacent the outer edge of the substantially the cartridge,
    前記分析物検出部材のうちの少なくとも1つは、前記複数のサンプルチャンバのうちの一のサンプルチャンバの一の壁の一部を形成している、 Wherein at least one of the analyte detecting members forms a part of one wall of one sample chamber of the plurality of sample chambers,
    ことを特徴としている装置。 Device is characterized in that.
  12. 前記カートリッジは、複数のリブを更に有し、該リブの各々が前記サンプルチャンバの各々とそれぞれと関連している、 The cartridge further includes a plurality of ribs, each of said ribs is associated with each and each of the sample chamber,
    請求項11に記載の装置。 The apparatus of claim 11.
  13. 体液を解剖学的特徴部から抽出する体液サンプル採取装置に用いられる装置であって、 複数のサンプルチャンバを備えたディスク状のカートリッジと、 An apparatus for use in body fluid sampling device for extracting bodily fluid from the anatomical feature, and a disk-like cartridge having a plurality of sample chambers,
    各々が少なくとも部分的に単一の前記カートリッジのキャビティ内に収納された複数の穿刺部材であって、前記カートリッジに設けられた開口部から周方向外方に延びて組織を穿刺するよう摺動自在に動くことができ、 Each a plurality of piercing members which are at least partially housed in a single of the cartridge cavity, slidably to puncture tissue extends from an opening provided in the cartridge in the circumferential direction outward It can move in,
    複数の分析物検出部材とを有し、 And a plurality of analyte detecting members,
    前記サンプルチャンバは、実質的に前記カートリッジの外縁部に隣接して配置され、 The sample chamber is located adjacent the outer edge of the substantially the cartridge,
    前記複数のサンプルチャンバの一の少なくとも一の開口部は、流体を流体経路に沿って前記分析物検出部材の一に向かって導く、 One at least one opening of the plurality of sample chambers, directing fluid towards one of the analyte detecting members along the fluid path,
    ことを特徴としていうる装置。 Device may have a feature in that.
  14. 前記流体経路は、1マイクロリットル以下を収容するよう寸法決めされたチャネルを有する、 Wherein the fluid path has a dimensioned channels to accommodate more than 1 microliter,
    請求項13に記載の装置。 Apparatus according to claim 13.
JP2005502261A 2002-04-19 2003-11-03 A sample of body fluid sampling device Expired - Fee Related JP4522364B2 (en)

Priority Applications (10)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US42298802P true 2002-11-01 2002-11-01
US42442902P true 2002-11-06 2002-11-06
US42808402P true 2002-11-20 2002-11-20
US43328602P true 2002-12-13 2002-12-13
US10/323,624 US7198606B2 (en) 2002-04-19 2002-12-18 Method and apparatus for a multi-use body fluid sampling device with analyte sensing
US10/420,535 US7258693B2 (en) 2002-04-19 2003-04-21 Device and method for variable speed lancet
US10/423,851 US7141058B2 (en) 2002-04-19 2003-04-24 Method and apparatus for a body fluid sampling device using illumination
US10/429,196 US7297151B2 (en) 2002-04-19 2003-05-02 Method and apparatus for body fluid sampling with improved sensing
US47308803P true 2003-05-23 2003-05-23
PCT/US2003/035015 WO2004041082A1 (en) 2002-11-01 2003-11-03 Method and apparatus for body fluid sampling

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006504506A JP2006504506A (en) 2006-02-09
JP4522364B2 true JP4522364B2 (en) 2010-08-11

Family

ID=32315046

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005502261A Expired - Fee Related JP4522364B2 (en) 2002-04-19 2003-11-03 A sample of body fluid sampling device

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1562470A4 (en)
JP (1) JP4522364B2 (en)
AU (1) AU2003290589A1 (en)
WO (1) WO2004041082A1 (en)

Families Citing this family (41)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8641644B2 (en) 2000-11-21 2014-02-04 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Blood testing apparatus having a rotatable cartridge with multiple lancing elements and testing means
CA2435439A1 (en) 2001-01-22 2002-07-25 F. Hoffmann-La Roche Ag Lancet device having capillary action
US7547287B2 (en) 2002-04-19 2009-06-16 Pelikan Technologies, Inc. Method and apparatus for penetrating tissue
US8784335B2 (en) 2002-04-19 2014-07-22 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Body fluid sampling device with a capacitive sensor
US9226699B2 (en) 2002-04-19 2016-01-05 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Body fluid sampling module with a continuous compression tissue interface surface
US9795334B2 (en) 2002-04-19 2017-10-24 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Method and apparatus for penetrating tissue
US9314194B2 (en) 2002-04-19 2016-04-19 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Tissue penetration device
US8579831B2 (en) 2002-04-19 2013-11-12 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Method and apparatus for penetrating tissue
US7025774B2 (en) 2001-06-12 2006-04-11 Pelikan Technologies, Inc. Tissue penetration device
US9427532B2 (en) 2001-06-12 2016-08-30 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Tissue penetration device
US9248267B2 (en) 2002-04-19 2016-02-02 Sanofi-Aventis Deustchland Gmbh Tissue penetration device
US7708701B2 (en) 2002-04-19 2010-05-04 Pelikan Technologies, Inc. Method and apparatus for a multi-use body fluid sampling device
DE10142232A1 (en) 2001-08-29 2003-03-20 Roche Diagnostics Gmbh Analytical device with the lancet and test element
US8702624B2 (en) 2006-09-29 2014-04-22 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Analyte measurement device with a single shot actuator
US8574895B2 (en) 2002-12-30 2013-11-05 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Method and apparatus using optical techniques to measure analyte levels
US8282576B2 (en) 2003-09-29 2012-10-09 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Method and apparatus for an improved sample capture device
EP1680014A4 (en) 2003-10-14 2009-01-21 Pelikan Technologies Inc Method and apparatus for a variable user interface
WO2005065414A2 (en) 2003-12-31 2005-07-21 Pelikan Technologies, Inc. Method and apparatus for improving fluidic flow and sample capture
WO2006011062A2 (en) 2004-05-20 2006-02-02 Albatros Technologies Gmbh & Co. Kg Printable hydrogel for biosensors
US9820684B2 (en) 2004-06-03 2017-11-21 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Method and apparatus for a fluid sampling device
US9775553B2 (en) 2004-06-03 2017-10-03 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Method and apparatus for a fluid sampling device
WO2006001797A1 (en) 2004-06-14 2006-01-05 Pelikan Technologies, Inc. Low pain penetrating
US7837633B2 (en) * 2004-06-30 2010-11-23 Facet Technologies, Llc Lancing device and multi-lancet cartridge
EP1785085A1 (en) 2005-11-12 2007-05-16 Boehringer Mannheim Gmbh Implantable electrode system, method and device for measuring the concentration of an analyte in a human or animal body
US8940246B2 (en) 2006-03-13 2015-01-27 Nipro Diagnostics, Inc. Method and apparatus for coding diagnostic meters
US8388905B2 (en) 2006-03-13 2013-03-05 Nipro Diagnostics, Inc. Method and apparatus for coding diagnostic meters
US8388906B2 (en) 2006-03-13 2013-03-05 Nipro Diagnostics, Inc. Apparatus for dispensing test strips
US8372015B2 (en) * 2006-08-28 2013-02-12 Intuity Medical, Inc. Body fluid sampling device with pivotable catalyst member
EP2253269B1 (en) 2008-03-18 2013-05-22 Panasonic Corporation Blood collecting puncture device and magazine used for the same
JP2009225934A (en) * 2008-03-21 2009-10-08 Nitto Denko Corp Bodily fluid collecting circuit board and biosensor
JP2009225936A (en) * 2008-03-21 2009-10-08 Nitto Denko Corp Bodily fluid collecting circuit board, method of manufacturing the same, method of using the same, and biosensor
EP2265324B1 (en) 2008-04-11 2015-01-28 Sanofi-Aventis Deutschland GmbH Integrated analyte measurement system
US9375169B2 (en) 2009-01-30 2016-06-28 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Cam drive for managing disposable penetrating member actions with a single motor and motor and control system
EP2218392B1 (en) * 2009-02-16 2016-11-16 Roche Diabetes Care GmbH Piercing system
EP2226008A1 (en) * 2009-02-19 2010-09-08 Roche Diagnostics GmbH Method for producing an analytical magazine
US8965476B2 (en) 2010-04-16 2015-02-24 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Tissue penetration device
US9795747B2 (en) 2010-06-02 2017-10-24 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Methods and apparatus for lancet actuation