JP4518556B2 - 排ガスの水洗浄装置 - Google Patents

排ガスの水洗浄装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4518556B2
JP4518556B2 JP2004366642A JP2004366642A JP4518556B2 JP 4518556 B2 JP4518556 B2 JP 4518556B2 JP 2004366642 A JP2004366642 A JP 2004366642A JP 2004366642 A JP2004366642 A JP 2004366642A JP 4518556 B2 JP4518556 B2 JP 4518556B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
nozzle
water
exhaust gas
gas introduction
pipe
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004366642A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006167664A5 (ja
JP2006167664A (ja
Inventor
哲也 池奥
Original Assignee
ローム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ローム株式会社 filed Critical ローム株式会社
Priority to JP2004366642A priority Critical patent/JP4518556B2/ja
Publication of JP2006167664A publication Critical patent/JP2006167664A/ja
Publication of JP2006167664A5 publication Critical patent/JP2006167664A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4518556B2 publication Critical patent/JP4518556B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は,半導体製造プロセス等から排出される排ガスを,当該排ガスに含まれる粉塵等の粉末状の固形物及び一部のガスを除去するために,水で洗浄するための装置に関するものである。
従来,この種の排ガスに対する水洗浄装置は,例えば,特許文献1等に記載されているように,排ガスを,縦型容器内に,その頂部から導入して,下部から排出するようにする一方,前記縦型容器の内壁面に,水膜を,上から下向きに流れるように形成し,この水膜に,前記排ガスを直接接触し,次いで,この排ガスにスプレーノズルから水を噴霧することによって,水洗浄するという構成にしている。
特開2000−271421号公報
しかし,この従来の水洗浄装置において,前記縦型容器内への排ガス導入管路の内径が,前記縦型容器の内径とを略同様に可成り大きいことにより,この排ガス導入管路における内壁面が,縦型容器内と同様に水分を多く含む雰囲気になっているから,排ガスが,塵埃等の粉末状固形物を含んでいる場合とか,或いは,水との接触によって粉末状固形物が析出する物質を含んでいる場合において,前記排ガス導入管路における内壁面に,前記粉末状固形物が付着・堆積して,当該排ガス導入管等を詰めることになる。
従って,従来の水洗浄装置においては,前記のように付着・堆積した粉末状固形物を除去するための清掃作業を,短い時間間隔で頻繁に行わなければならないから,これに多大の手数を必要するとするばかりか,稼働率が低いという問題があった。
本発明は,この問題を解消した水洗浄装置を提供することを技術的課題とするものである。
この技術的課題を達成するため本発明の請求項1は,
「縦型容器内における上部に排ガス導入管路から導入した排ガスを,当該縦型容器内において水との直接接触にて洗浄したのち,その下部のガス出口から排出する水洗浄装置において,
前記排ガス導入管路は,下端にノズル部を備えた複数本の小径のガス導入ノズル管にて構成され,この各ガス導入ノズル管の下端におけるノズル部は,前記縦型容器内に,下向きに突出しており,更に,前記ガス導入ノズル管には,当該ガス導入ノズル管の内部を通って,その下端における前記ノズル部内に水又は空気を噴出するようにした詰まり清掃用ノズルが設けられている。」
ことを特徴としている。
また,本発明の請求項2は,
前記請求項1の記載において,前記縦型容器には,前記各ガス導入ノズル管の下端におけるノズル部の外側に向かって水を噴出するように構成された水洗浄用ノズルを備えている。」
ことを特徴としている。
請求項1によると,縦型容器の上部における排ガス導入管路を,下端にノズル部を備えた複数本の小径のガス導入ノズル管に構成して,この各ガス導入ノズル管の下端におけるノズル部を,前記縦型容器内に,下向きに突出することにより,前記各ガス導入ノズル管の内部が,縦型容器内と同じように水分の多い雰囲気になることを,当該ガス導入ノズル管内における排ガスの流れ速度が早くなることと,ノズル部を縦型容器内に突出したこととによって回避できるから,この各ガス導入ノズル管内に粉末状固形物にて詰まりが発生することを確実に低減できる。
しかも,前記ガス導入ノズル管には,当該ガス導入ノズル管の内部を通って,その下端における前記ノズル部内に水又は空気を噴出するようにした詰まり清掃用ノズルが設けられていることにより,前記各排ガス導入管路の内部及びその下端のノズル部内における粉末状固形物による詰まりを,前記詰まり清掃用ノズルからの水又は空気の噴出によって解消(清掃)することができるから,清掃作業を行う間隔を,更に延長できるとともに,前記各ガス導入ノズル管の内部における清掃作業を簡単且つ迅速化できる利点がある。
特に,請求項2の記載によると,前記各ガス導入ノズル管の下端におけるノズル部の外側には,水洗浄用ノズルから噴出する水が吹き付けられていることにより,この各ガス導入ノズル管におけるノズル部の外側に,粉末状固形物が付着・堆積することを確実に低減できる。
従って,本発明によると,付着・堆積した粉末状固形物を除去するための清掃作業を行う時間間隔を大幅に長くできるから,水洗浄における稼働率を向上できる。
削除
以下,本発明の実施の形態を,図1の図面について説明する。
この図1において,符号1は,縦型容器を示し,その上部における天井板2には,上下に延びる小径のガス導入ノズル管3の複数本が,その下端におけるノズル部3aを当該縦型容器1内に突出するようにして固着され,この各ガス導入ノズル管3の上部には,当該ガス導入ノズル管3内への排ガス導入口4が接続されているほか,前記各ガス導入ノズル管3の上端には,空気又は水を当該ガス導入ノズル管3の内部を通って前記ノズル部3aの内部に噴出するようにした詰まり清掃用ノズル5が設けられている。
一方,前記縦型容器1の下部には,ガス出口6が設けられており,更に,この縦型容器1には,前記各ガス導入ノズル管3の下端におけるノズル部3aの外側に対して水を噴出するようにした水洗浄用ノズル7が設けられているほか,当該縦型容器1内の全域にわたって水を噴霧するようにしたスプレーノズル8の多数個が設けられている。
この構成において,排ガスは,小径の各ガス導入ノズル管3内に,排ガス導入口4が流入し,その下端におけるノズル部3aから縦型容器1内に噴出し,この縦型容器1内において,各水洗浄用ノズル7及び各スプレーノズル8から噴出される水と直接接触することにより洗浄されたのち,ガス出口6から排出される。
この場合において,前記ガス導入ノズル管3は,複数本の小径であることにより,その下端のノズル部3aにおける排ガスの流れ速度を,圧力損失の大幅な増大を招来することなく早くでき,しかも,このノズル部3aが,縦型容器1内に下向きに突出していることにより,前記各ガス導入ノズル管3の内部が,縦型容器1と同様に水分を多く含む雰囲気になることを回避できるから,この各ガス導入ノズル管3内に粉末状固形物にて詰まりが発生することを確実に低減できる。
また,前記各ガス導入ノズル管3の下端におけるノズル部3aの外側には,前記水洗浄用ノズル7から水が吹き付けられていることにより,このノズル部3aの外側に,粉末状固形物が付着・堆積することを阻止できる。
そして,前記各ガス導入ノズル管3の内部に,粉末状固形物による詰まりが発生した場合には,その上端における詰まり清掃用ノズル5から空気又は水を高い圧力で噴射することにより,内部に付着・堆積した粉末状固形物を容易に除去することができる。
この場合,前記詰まり清掃用ノズル5からの空気又は水の噴射は,詰まりが発生したときに行うことに限らず,適宜時間ごとの間隔で,一定の時間の間のだけ行うように構成しても良いのである。
本発明の実施の形態を示す縦断正面図である。
1 縦型容器
3 ガス導入ノズル管
3a ノズル部
4 排ガス導入口
詰まり清掃用ノズル
6 ガス出口
水洗浄用ノズル
8 スプレーノズル

Claims (2)

  1. 縦型容器内における上部に排ガス導入管路から導入した排ガスを,当該縦型容器内において水との直接接触にて洗浄したのち,その下部のガス出口から排出する水洗浄装置において,
    前記排ガス導入管路は,下端にノズル部を備えた複数本の小径のガス導入ノズル管にて構成され,この各ガス導入ノズル管の下端におけるノズル部は,前記縦型容器内に,下向きに突出しており,更に,前記ガス導入ノズル管には,当該ガス導入ノズル管の内部を通って,その下端における前記ノズル部内に水又は空気を噴出するようにした詰まり清掃用ノズルが設けられていることを特徴とする排ガスの水洗浄装置。
  2. 前記請求項1の記載において,前記縦型容器には,前記各ガス導入ノズル管の下端におけるノズル部の外側に向かって水を噴出するように構成された水噴出ノズルを備えていることを特徴とする排ガスの水洗浄装置。
JP2004366642A 2004-12-17 2004-12-17 排ガスの水洗浄装置 Expired - Fee Related JP4518556B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004366642A JP4518556B2 (ja) 2004-12-17 2004-12-17 排ガスの水洗浄装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004366642A JP4518556B2 (ja) 2004-12-17 2004-12-17 排ガスの水洗浄装置

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2006167664A JP2006167664A (ja) 2006-06-29
JP2006167664A5 JP2006167664A5 (ja) 2008-02-07
JP4518556B2 true JP4518556B2 (ja) 2010-08-04

Family

ID=36668966

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004366642A Expired - Fee Related JP4518556B2 (ja) 2004-12-17 2004-12-17 排ガスの水洗浄装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4518556B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE202008012958U1 (de) 2007-10-01 2009-05-20 Iseli Umwelt & Heiztechnik Ag Vorrichtung zum Waschen von Rauchgas
CN102213543B (zh) * 2010-12-15 2014-04-30 中国神华能源股份有限公司 一种振动床混流干燥器的除尘装置

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4857278A (ja) * 1971-11-17 1973-08-11
JPH09262433A (ja) * 1996-03-28 1997-10-07 Kureha Chem Ind Co Ltd 高温有害ガスの冷却吸収装置および冷却吸収方法
JP2001259358A (ja) * 2000-03-16 2001-09-25 Sumitomo Seika Chem Co Ltd 排ガス処理装置
JP2002134419A (ja) * 2000-10-24 2002-05-10 Shin Etsu Handotai Co Ltd 排気ガス処理方法及び排気ガス処理装置

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4857278A (ja) * 1971-11-17 1973-08-11
JPH09262433A (ja) * 1996-03-28 1997-10-07 Kureha Chem Ind Co Ltd 高温有害ガスの冷却吸収装置および冷却吸収方法
JP2001259358A (ja) * 2000-03-16 2001-09-25 Sumitomo Seika Chem Co Ltd 排ガス処理装置
JP2002134419A (ja) * 2000-10-24 2002-05-10 Shin Etsu Handotai Co Ltd 排気ガス処理方法及び排気ガス処理装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006167664A (ja) 2006-06-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2009539579A (ja) 湿式静電集塵装置
CN100463106C (zh) 半导体设备及其清洁单元
TWI227035B (en) Substrate processing device of transporting type
KR101561414B1 (ko) 웨트 스크러버
JP5297982B2 (ja) 湿式ベンチュリスクラバー
JP4518556B2 (ja) 排ガスの水洗浄装置
JP2005313122A (ja) 送風機およびこれを用いた排ガス処理装置
JP4936910B2 (ja) 排水管の内部洗浄方法
CN202315598U (zh) 除尘器
JP2004057968A (ja) 霧化塗料等の分離回収装置
US6551368B1 (en) Dust filter
JP2006269517A (ja) 基板の処理装置及び処理方法
JP2013071077A (ja) 塗装ガンの洗浄装置及び塗装ガンの洗浄方法
KR20200041797A (ko) 제해 장치, 제해 장치의 배관부의 교환 방법 및 제해 장치의 배관의 세정 방법
JP2006167637A (ja) 底付きパイプ洗浄装置及び方法
TWI739309B (zh) 廢氣有害物質去除單元
WO2020261518A1 (ja) 排ガス除害ユニット
JPH09270410A (ja) 液吐出ノズル及びこのノズルを備えた洗浄装置
JP6030360B2 (ja) オイルミスト捕集装置
CN213699283U (zh) 一种带有管道冲洗装置的湿式除尘器
JP2006167664A5 (ja)
JP3917812B2 (ja) 排気装置
CN212065629U (zh) 振动去杂机
JP4691887B2 (ja) パターンの形成方法、パターンの形成装置およびプラズマディスプレイ用部材の製造方法
JPH0623582Y2 (ja) 糸条の流体処理装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071214

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071214

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090612

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090701

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090828

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100512

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100517

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4518556

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130528

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees