JP4514555B2 - The optical compensation polarizing plate - Google Patents

The optical compensation polarizing plate Download PDF

Info

Publication number
JP4514555B2
JP4514555B2 JP2004239225A JP2004239225A JP4514555B2 JP 4514555 B2 JP4514555 B2 JP 4514555B2 JP 2004239225 A JP2004239225 A JP 2004239225A JP 2004239225 A JP2004239225 A JP 2004239225A JP 4514555 B2 JP4514555 B2 JP 4514555B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
layer
optical compensation
substrate
liquid crystal
dichroic dye
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004239225A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006058517A (en )
Inventor
将人 岡部
直子 猿渡
誠 石川
Original Assignee
大日本印刷株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、液晶表示素子等に用いられる光学補償偏光板に関するものである。 The present invention relates to an optical compensation polarizing plate used in a liquid crystal display device or the like.

近年、液晶表示素子は、各種ディスプレイ用の表示装置として目覚ましい発展を遂げており、この液晶表示素子の薄型化に伴い、液晶表示素子に用いられる偏光板や光学補償板に対しても、薄型化や製造効率の向上等、様々な要求がある。 In recent years, a liquid crystal display device has achieved remarkable development as a display device for various displays, along with the thinning of the liquid crystal display device, even for a polarizing plate or an optical compensation plate for use in a liquid crystal display device, thin improvement of and production efficiency, there are various requirements.

液晶は方向によって屈折率が異なるという屈折異方性を有するため、液晶表示素子を斜め方向から見た場合には表示品位が低下してしまう。 Since the liquid crystal has a refractive anisotropy of refractive index depending on the direction are different, when viewing the liquid crystal display device from an oblique direction and the display quality deteriorates. このような視野角依存性を改善するために、光学補償板が必要となる。 To improve such viewing angle dependence, the optical compensator is required. この光学補償板を液晶表示素子に組み込む際には、光学補償板と偏光板とが貼り合わされて用いられている。 The optical compensation plate in incorporating the liquid crystal display device is used is bonded to the optical compensation plate and polarizing plate.

一般に用いられる偏光板としては、ポリビニルアルコール系樹脂フィルムを一軸延伸し、その表面にヨウ素や二色性染料等を吸着配向させたものが挙げられ、強度の付与や水分からの保護等の目的から、偏光板の両面にはトリアセチルセルロースフィルムのような透明保護フィルムが貼付されている。 The polarizing plate used in general, the polyvinyl alcohol-based resin film was uniaxially stretched, iodine or dichroic dyes include those adsorbed and aligned on the surface thereof, the purpose of protection of the grant and moisture strength , on both surfaces of the polarizing plate is adhered a transparent protective films such as triacetyl cellulose film. このような偏光板においては、通常延伸後のフィルムの厚みが30μm程度であることから薄型化が困難であるという問題があった。 In such a polarizing plate, the thickness of the film after normal stretching has a problem that thin is difficult because it is about 30 [mu] m.

そこで、特許文献1では、基材をラビング処理した後、コロナ処理を施し、その上に二色性染料を塗布し、ラビング方向に二色性染料を配向させてなる偏光板が提案されている。 Therefore, in Patent Document 1, after rubbing a substrate, subjected to corona treatment, thereon was coated the dichroic dye, the polarizing plate has been proposed comprising by orienting a dichroic dye in the rubbing direction . この偏光板では薄型化は可能であるが、偏光性能が不十分であることから実用化には至っていない。 This polarizing plate is thinning possible but not put to practical use because polarization performance is insufficient. また、特許文献2および特許文献3には、リオトロピック液晶性を示す二色性染料を剪断力が加えながら塗布することにより配向させてなる偏光板が提案されている。 Patent Document 2 and Patent Document 3, a polarizing plate formed by orienting is proposed by coating with shear adding a dichroic dye having lyotropic liquid crystal properties. この偏光板は、薄型化できるとともに、製造効率が良いという利点を有する。 This polarizing plate, it is possible to thin has the advantage that the manufacturing efficiency is good.

一方、一般に用いられる光学補償板としては、延伸フィルムや液晶を用いたものが挙げられ、上述したように強度の付与や水分からの保護等の目的から、光学補償板の両面には透明保護フィルムが貼付されている。 On the other hand, as the optical compensation plate for use in general, a stretched film and those using a liquid crystal and the like, the purpose of protection of the intensity of the grant and water as described above, a transparent protective film on both surfaces of the optical compensation plate There has been affixed. 液晶を用いた光学補償板は、延伸フィルムに比べて異方性が大きいため、1/10の薄さで同じ機能が出せるという利点を有するが、液晶を配向させるための配向膜が必要となる。 Optical compensator using a liquid crystal, since the anisotropy is larger than the stretched film has the advantage that the same function as thin as 1/10 put out an alignment film for aligning the liquid crystal is required .

このように、偏光板および光学補償板をそれぞれ薄型化することは可能であるが、これらを液晶表示素子に組み込む際には偏光板および光学補償板を貼り合わせて用いるため、例えば透明保護フィルム/偏光板/透明保護フィルム/透明保護フィルム/光学補償板/透明保護フィルムというように保護フィルムが何層も積層されることになり、液晶表示素子が厚くなってしまう。 Thus, although the polarizing plate and optical compensation plates respectively it is possible to thin, for use in time incorporate them into the liquid crystal display device by bonding a polarizing plate and an optical compensation plate, a transparent protective film / protective film so that a polarizing plate / transparent protective film / transparent protective film / optical compensator / transparent protective film will be is stacked several layers, a liquid crystal display device becomes thicker. さらに、積層数が多いほど層の界面において散乱が生じ、透過率が低下するという問題があった。 Further, the scattering at the interface the more number of lamination layers is caused, transmittance is lowered.

このような問題を解決するため、特許文献4では、リオトロピック液晶性を示す二色性染料を用いた偏光層と、液晶を用いた光学補償層とを直接積層した光学補償偏光板が提案されている。 To solve such a problem, Patent Document 4, the polarizing layer using a dichroic dye having lyotropic liquid crystallinity, and an optical compensation layer using the liquid crystal directly laminated been proposed an optical compensation polarizer there. この方法は、リオトロピック液晶性を示す二色性染料を剪断力が加えながら塗布して配向させることにより偏光層を形成し、この偏光層の配向能を利用して、偏光層上に液晶を配向させて光学補償層を形成するというものである。 This method, a polarizing layer formed by aligning and applying while adding shearing force dichroic dye having lyotropic liquid crystal properties, by using the alignment ability of the polarizing layer, align liquid crystal on the polarizing layer is that to form an optical compensation layer was. この光学補償偏光板では、液晶を配向させるための配向膜が必要なく、また、偏光層および光学補償層を直接積層しているので透明保護フィルムが何層も積層されることがなく、光学補償偏光板の薄型化および軽量化が可能であり、透過率の低下を抑制することができる。 In this optical compensation polarizer, an alignment film is not required for aligning the liquid crystal, The transparent protective film because by laminating the polarizing layer and the optical compensation layer directly without being stacked several layers, the optical compensation are possible thickness and weight of the polarizing plate, it is possible to suppress the decrease in transmittance.

ここで、光学補償偏光板は視野角依存性を改善するために用いられることから、光学補償偏光板を液晶表示素子に組み込む際には、液晶セルの走査線方向と、光学補償偏光板の光学軸とが特定の角度をなすように配置される。 Here, since the optical compensation polarizing plate is used to improve the viewing angle dependence, in incorporating an optical compensation polarizer for a liquid crystal display device includes a scanning line direction of the liquid crystal cell, the optical optical compensation polarizer and the shaft is arranged so as to form a particular angle. このような配置とするには、光学補償偏光板を所定の寸法に切断し、その光学軸を所定の向きに配置して液晶セルに貼付しなければならず、手間がかかる。 To this arrangement, the cutaway of the optical compensation polarizing plate into a predetermined size, must be affixed to the liquid crystal cell by disposing the optical axis in a predetermined direction, it takes time. また、液晶セルに対して例えば斜め45°に光学補償偏光板を貼付した場合は無駄になる部分が発生し、この無駄になる部分は液晶表示素子が大型化するほど増えるため、コスト的に不利であるという問題があった。 Further, since the case of sticking an optical compensation polarizer to the liquid crystal cell, for example, diagonally 45 ° areas of waste generated, the areas of the waste is increased as the liquid crystal display device is increased in size, cost disadvantage there is a problem that is. このような問題から、例えば長尺フィルムの長尺方向に対して特定の角度をなすような光学軸、あるいは、ガラス基板の斜め方向に光学軸を有する光学補償偏光板が求められている。 From such problems, for example, optical axis, such as to form a certain angle with respect to the longitudinal direction of the long film, or optical compensation polarizer having an optical axis in an oblique direction of the glass substrate is required.

上記特許文献4では、上述したように光学補償偏光板の薄型化は可能であるが、光学補償偏光板の光学軸の向きについては述べられていない。 In Patent Document 4, although it is possible thinner optical compensation polarizing plate as described above, it does not describe the orientation of the optical axis of the optical compensation polarizer. また、このような光学補償偏光板は、二色性染料の塗布方向を制御することにより光学軸を任意に設定することは可能であるが、基材に対して角度をもたせて連続的に塗布することは困難であるという問題がある。 Moreover, such an optical compensation polarizer, it is possible to arbitrarily set the optical axis by controlling the coating direction of the dichroic dye, continuously applied remembering angle relative to the substrate there is a problem that it is difficult to.

特開平3-54506号公報 JP 3-54506 discloses 特開2002−180052号公報 JP 2002-180052 JP 特開2002−277636号公報 JP 2002-277636 JP 特開2002−148441号公報 JP 2002-148441 JP

本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであり、光学軸を任意に設定することができる光学補償偏光板を提供することを主目的とするものである。 The present invention has been made in view of the above problems, it is to to provide an optical compensation polarizing plate can be set optical axes arbitrarily mainly intended.

上記目的を達成するために、本発明は、基材と、上記基材上に形成され、パターン状の凹部または凸部を有する樹脂層と、上記樹脂層上に形成され、二色性染料を含有する偏光層と、上記偏光層上に形成され、液晶を固定化してなる光学補償層とを有する光学補償偏光板であって、 To achieve the above object, the present invention comprises a substrate, formed on the base material, and a resin layer having a pattern-shaped concave or convex portions are formed on the resin layer, a dichroic dye a polarizing layer containing, formed on the polarizing layer, an optical compensation polarizing plate having an optical compensation layer formed by fixing a liquid crystal,
上記二色性染料は上記樹脂層の凹部により配向しており、上記偏光層は配向能を有することを特徴とする光学補償偏光板を提供する。 The dichroic dye is oriented by the recess of the resin layer, the polarizing layer to provide an optical compensation polarizing plate characterized by having an aligning ability.

本発明によれば、樹脂層の凹部を利用して二色性染料が配向することにより、偏光性および配向能を有する偏光層とすることができ、この偏光層の配向能を利用することにより液晶が配向するので、光学補償層とすることができる。 According to the present invention, by the dichroic dye using a recess of the resin layer is oriented, it can be a polarizing and polarizing layer having an orientation ability, by utilizing the alignment ability of the polarizing layer since the liquid crystal is oriented may be an optical compensation layer. このように本発明においては、樹脂層の凹部または凸部のパターンを適宜選択することにより、二色性染料の配向方向および液晶の配向方向を制御することが可能であるので、光学補償偏光板の光学軸を任意に設定することができる。 Thus, in the present invention, by selecting the pattern of recesses or protrusions of the resin layer appropriately, since it is possible to control the alignment direction of the alignment direction and the liquid crystal of the dichroic dye, an optical compensation polarizer it is possible to set the optical axis arbitrarily. また、本発明の光学補償偏光板を用いて液晶表示素子を作製する場合、上述したように光学補償偏光板の光学軸を所望の向きに設定することができるので、液晶セルにそのまま貼付することができ、位置合わせによる無駄な部分の発生を回避できる。 In the case of manufacturing a liquid crystal display device using the optical compensation polarizing plate of the present invention, since the optical axis of the optical compensation polarizing plate as described above can be set in a desired orientation, it is directly attached to the liquid crystal cell It can be, it is possible to avoid the occurrence of a useless part by the alignment. さらに、偏光層と光学補償層とが一体に形成されているので、光学補償偏光板の薄型化および軽量化が可能である。 Furthermore, since the polarizing layer and the optical compensation layer is formed integrally, it is possible to thickness and weight reduction of the optical compensation polarizer. また、偏光板および光学補償板を別個に形成し貼り合わせたものと比較して、本発明においては偏光層と光学補償層との間に保護フィルムが介在しないので、保護フィルムによる屈折率変化を考慮する必要がなく、さらに積層数の多さによる透過率の低下を抑制することができる。 Further, as compared with those combined separately formed bond the polarizing plate and optical compensation plate, the protective film is not interposed between the polarizing layer and the optical compensation layer in the present invention, the refractive index change due to the protective film it is not necessary to consider, it is possible to suppress the decrease in transmittance due to more abundance of lamination number.

上記発明においては、上記基材は長尺の基材であり、上記偏光層の吸収軸が、上記長尺の基材の長尺方向に対して任意の角度をなすことが好ましい。 In the above invention, the substrate is a long base material, the absorption axis of the polarizing layer, it is preferable to make an arbitrary angle with respect to the longitudinal direction of the base material of the long. 長尺の基材を用いた場合であっても、樹脂層の凹部または凸部のパターンを適宜選択することにより偏光層の吸収軸を任意に設定することができるので、本発明の光学補償偏光板を用いて液晶表示素子を作製する場合、光学補償偏光板を液晶セルに連続的に貼付することができ、製造効率が向上するからである。 Even in the case of using a long base material, it is possible to arbitrarily set the absorption axis of the polarizing layer by selecting a pattern of recesses or protrusions of the resin layer as appropriate, an optical compensation polarization of the present invention the case of manufacturing a liquid crystal display device using a plate, it is possible to continuously adhered optical compensation polarizer to the liquid crystal cell, are improved production efficiency.

また、本発明においては、上記二色性染料は、上記二色性染料の法線方向が上記基材の一定方向を向いて配列したカラム構造を形成しており、上記カラム構造は、上記樹脂層の凹部に沿って配向していることが好ましい。 In the present invention, the dichroic dye, the normal direction of the dichroic dye forms a column structure arranged facing a certain direction of the substrate, said column structure, the resin it is preferable that the oriented along the concave portion of the layer. 上記樹脂層の凹部に沿って二色性染料からなるカラム構造が配向することにより、容易にカラム構造を一定方向に揃えて配列させることができるからである。 By column structure composed of dichroic dyes along the recess of the resin layer is oriented, because it is possible to arranged easily aligned column structure in a certain direction.

さらに、本発明においては、上記二色性染料は、溶液中でリオトロピック液晶性を示すものであることが好ましい。 Further, in the present invention, the dichroic dye is preferably one showing lyotropic liquid crystallinity in a solution. このような二色性染料は、溶液中でカラム構造を形成し、リオトロピック液晶性を示すので、この二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、二色性染料からなるカラム構造が配向しやすくなるからである。 Such dichroic dyes, form a column structure in solution, exhibits a lyotropic liquid crystalline, by applying a polarizing layer forming coating solution containing the dichroic dye, dichroic dye column structure consisting of is because tends to be oriented.

本発明は、また、上述した光学補償偏光板と、電極層と、配向膜とを有することを特徴とする液晶表示素子用基板を提供する。 The present invention also provides an optical compensation polarizing plate described above, the electrode layer, a substrate for a liquid crystal display device characterized by having an alignment film.

本発明においては、上述した光学補償偏光板を用いることから、光学補償偏光板の光学軸を任意の角度に設定することができるので、所望の光学特性をもつ液晶表示素子用基板を容易に得ることができる。 In the present invention, since the use of the optical compensation polarizing plate described above, it is possible to set the optical axis of the optical compensation polarizing plate at an arbitrary angle, to easily obtain the substrate for a liquid crystal display element having the desired optical properties be able to. また、偏光層と光学補償層とが一体に形成された光学補償偏光板を用いることから、液晶表示素子用基板の薄型化および軽量化が可能であり、積層数の多さによる透過率の低下を抑制することができる。 Further, since the polarizing layer and the optical compensation layer is used an optical compensation polarizer formed integrally, but may be thinner and lighter board for a liquid crystal display device, decrease in transmittance due to abundance of lamination number it is possible to suppress.

さらに、本発明は、上述した光学補償偏光板を用いることを特徴とする液晶表示素子を提供する。 Furthermore, the present invention provides a liquid crystal display element characterized by using an optical compensation polarizing plate described above.

本発明においては、上述したように光学補償偏光板の光学軸を任意に設定することができるので、液晶セルの走査線方向に対して光学軸が所定の角度をなすように光学補償偏光板を配置する際には、位置合わせによる光学補償偏光板の切れ端の無駄を省くことができ、安価で製造効率のよい液晶表示素子とすることが可能である。 In the present invention, it is possible to arbitrarily set the optical axis of the optical compensation polarizing plate as described above, the optical compensation polarizing plate such that the optical axes form a predetermined angle with respect to the scanning line direction of the liquid crystal cell when arrangement can eliminate unnecessary piece of optical compensation polarizer according to the alignment, it is possible to good liquid crystal display device of manufacturing efficiency at low cost. また、上述した光学補償偏光板は、偏光層と光学補償層とが一体に形成されたものであるので、液晶表示素子を薄型化および軽量化することができ、積層数の多さによる透過率の低下を抑制することができる。 The optical compensation polarizer described above, since the polarizing layer and the optical compensation layer is one formed integrally with the liquid crystal display device can be made thinner and lighter, transmittance by abundance of lamination number it is possible to suppress a decrease of.

また、本発明は、基材上またはパターン状の凸部を有する凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程、および、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離してパターン状の凹部を形成する凹部形成工程を行うことにより樹脂層を形成する樹脂層形成工程と、 Further, the present invention is coating step of coating a curable resin composition for forming recesses on a substrate having an on the substrate or pattern-shaped convex portion, the substrate and the recess-forming substrate, the curable resin composition disposing step of superimposing across the object, the curing step of the curable resin by curing the above curable resin composition, and, by peeling off the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin a resin layer forming step of forming a resin layer by performing a recess forming step of forming a patterned recess,
上記樹脂層上に二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記樹脂層の凹部により上記二色性染料を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程、上記塗膜を乾燥する乾燥工程、および、上記二色性染料の配向状態を固定化する固定化工程を行うことにより偏光層を形成する偏光層形成工程と、 The resin layer by coating a polarizing layer forming coating liquid containing a dichroic dye, a coating film formation step by the recess of the resin layer by orienting the dichroic dye to form a coating film, the coating drying step of drying the film, and a polarization layer forming step of forming a polarizing layer by performing a fixing step to fix the alignment state of the dichroic dye,
上記偏光層上に液晶組成物を塗布し、上記偏光層により液晶を配向させ、上記液晶の配向状態を固定化することにより光学補償層を形成する光学補償層形成工程とを有することを特徴とする光学補償偏光板の製造方法を提供する。 The liquid crystal composition is applied to the polarizing layer, to align the liquid crystal by the polarizing layer, and characterized by having an optical compensation layer forming step of forming an optical compensation layer by fixing the alignment state of the liquid crystal to provide a method of manufacturing an optical compensation polarizing plate.

本発明においては、樹脂層の凹部により二色性染料を配向させることにより、偏光性および配向能を有する偏光層が形成されるものであり、また、偏光層の配向能を利用して液晶を配向させることにより光学補償層が形成されるものである。 In the present invention, by aligning the dichroic dye by the recess of the resin layer is intended polarizing layer having polarization and alignment capability is formed, also the liquid crystal by utilizing the alignment ability of the polarizing layer in which the optical compensation layer is formed by orienting. さらに、上記樹脂層は、凹部形成用基板の凸部が複製されることにより形成されるものであることから、本発明においては、凹部形成用基板の凸部のパターンを適宜選択することにより、偏光層を構成する二色性染料の配向方向および光学補償層を構成する液晶の配向方向を制御することができ、任意の方向に光学軸をもつ光学補償偏光板を容易に製造することが可能である。 Further, the resin layer, since it is intended to be formed by the convex portion of the substrate recess formed is replicated, in the present invention, by appropriately selecting the pattern of the convex portion of the substrate recessed portion formed, it is possible to control the alignment direction of the liquid crystal constituting the alignment direction and an optical compensation layer of the dichroic dye constituting the polarizing layer, it is possible to easily produce the optical compensation polarizer having an optical axis in any direction it is. また、凹部形成用基板の原版を一度作製するだけで、任意の方向に光学軸をもつ光学補償偏光板を大量に製造できるため、製造効率が向上するという利点も有する。 Also has just produced an original substrate recess formed once, it is possible to mass-produce an optical compensation polarizing plate having an optical axis in any direction, the advantage of improving the production efficiency. さらに、上述したように所望の向きに光学補償偏光板の光学軸を設定することが可能であるため、本発明により製造された光学補償偏光板を液晶表示素子に組み込む場合、位置合わせによる光学補償偏光板の切れ端の無駄を省くことができ、製造コストの削減および製造工程の簡略化が可能である。 Furthermore, since it is possible to set the optical axis of the optical compensation polarizing plate in a desired orientation as described above, when incorporating the optical compensation polarizing plate produced by the present invention to a liquid crystal display device, an optical compensation by positioning can eliminate unnecessary polarization plate scraps, it is possible to simplify the manufacturing cost reduction and manufacturing process.

上記発明においては、上記基材は長尺の基材であり、上記凹部形成用基板は、上記二色性染料が上記長尺の基材の長尺方向に対して任意の角度をなして配向するような上記樹脂層の凹部を形成するための凸部を有することが好ましい。 In the above invention, the substrate is a long base material, the recess-forming substrate, the dichroic dye at an arbitrary angle to the longitudinal direction of the base of the long alignment it is preferred to have the protrusion for forming the recess portion of the resin layer so as to. 凹部形成用基板の凸部を上述したようなものとすることにより、所望の光学特性を有する光学補償偏光板を容易に安価に製造することができるからである。 With the projections of the recess-forming substrate as described above, it is because it can easily be produced at low cost optical compensation polarizer having the desired optical properties. また、長尺の基材を用いることにより、本発明により製造された光学補償偏光板を用いて液晶表示素子を作製する場合、光学補償偏光板を液晶セルに連続的に貼付することができ、製造効率が向上するからである。 Further, by using a long base material, the case of manufacturing a liquid crystal display device using the optical compensation polarizing plate produced by the present invention, it is possible to continuously adhered optical compensation polarizer to the liquid crystal cell, This is because the production efficiency is improved.

また、本発明においては、上記偏光層形成工程の固定化工程では、上記二色性染料を架橋する方法が用いられることが好ましい。 In the present invention, the step of immobilizing the polarizing layer forming step, a method of crosslinking the dichroic dye is preferably used. これにより、耐熱性に優れた偏光層を形成することができるからである。 This is because it is possible to form the polarizing layer excellent in heat resistance.

さらに、本発明においては、上記偏光層形成工程の塗膜形成工程では、スプレーコート、ディップコート、インクジェット法、またはフレキソ印刷法が用いられることが好ましい。 Further, in the present invention, the film-forming step of the polarizing layer forming step, spray coating, dip coating, ink jet method, or a flexographic printing method is preferably used. このような方法を用いることにより、上記二色性染料を上記樹脂層の凹部により容易に配向させることができるからである。 By using such a method, since the dichroic dye can be easily oriented by the recess of the resin layer.

本発明によれば、樹脂層の凹部または凸部のパターンを適宜選択することにより、光学補償偏光板の光学軸を任意に設定することが可能であり、本発明の光学補償偏光板を用いて液晶表示素子を作製する場合、位置合わせによる無駄な部分の発生を回避できるという効果を奏する。 According to the present invention, by selecting the pattern of recesses or protrusions of the resin layer appropriately, it is possible to arbitrarily set the optical axis of the optical compensation polarizing plate using the optical compensation polarizing plate of the present invention the case of manufacturing a liquid crystal display device, an effect of avoiding the generation of unnecessary portions by positioning. また、偏光層と光学補償層とが一体に形成されているので、光学補償偏光板の薄型化および軽量化が可能であり、積層数の多さによる透過率の低下を抑制することができるという効果を奏する。 Also, since the polarizing layer and the optical compensation layer is formed integrally, but may be thinner and lighter optical compensation polarizer, that it is possible to suppress a decrease in transmittance due to abundance of lamination number an effect.

以下、本発明の光学補償偏光板、これを用いた液晶表示素子用基板および液晶表示素子、ならびに光学補償偏光板の製造方法について詳細に説明する。 Hereinafter, the optical compensation polarizing plate of the present invention, a liquid crystal display device substrate, and a liquid crystal display device using the same, and it will be described in detail a method for manufacturing an optical compensation polarizer.

A. A. 光学補償偏光板 まず、本発明の光学補償偏光板について説明する。 Optical compensation polarizer is explained first optical compensation polarizer of the present invention.
本発明の光学補償偏光板は、基材と、上記基材上に形成され、パターン状の凹部または凸部を有する樹脂層と、上記樹脂層上に形成され、二色性染料を含有する偏光層と、上記偏光層上に形成され、液晶を固定化してなる光学補償層とを有するものであって、上記二色性染料は上記樹脂層の凹部により配向しており、上記偏光層は配向能を有することを特徴とするものである。 The optical compensation polarizing plate of the present invention comprises a substrate, formed on the base material, and a resin layer having a pattern-shaped concave or convex portions are formed on the resin layer, polarization containing a dichroic dye a layer, formed on the polarizing layer, be one having an optical compensation layer formed by fixing a liquid crystal, the dichroic dye is oriented by the recess of the resin layer, the polarizing layer oriented it is characterized in that it has a capability.

本発明の光学補償偏光板について図面を参照しながら説明する。 Will be described with reference to the drawings optical compensation polarizing plate of the present invention. 図1は、本発明の光学補償偏光板の一例を示す概略断面図である。 Figure 1 is a schematic sectional view showing an example of an optical compensation polarizing plate of the present invention. 図1に示すように、本発明の光学補償偏光板11は、基材1と、この基材1上に形成され、パターン状の凹部を有する樹脂層2と、この樹脂層2上に形成され、二色性染料を含有する偏光層3と、この偏光層3上に形成され、液晶を固定化してなる光学補償層4とを有するものである。 As shown in FIG. 1, the optical compensation polarizer 11 of the present invention comprises a substrate 1, it is formed on the substrate 1, a resin layer 2 having a patterned recess is formed on the resin layer 2 , a polarizing layer 3 containing a dichroic dye, formed on the polarization layer 3 and has an optical compensation layer 4 formed by fixing a liquid crystal.

本発明においては、偏光層を形成する際、パターン状の凹部または凸部を有する樹脂層上に例えば二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、樹脂層表面の凹部により二色性染料を配向させることができるので、樹脂層の凹部または凸部のパターンを適宜選択することにより、二色性染料の配向方向を制御することができる。 In the present invention, when forming the polarizing layer, by applying a polarizing layer forming coating solution containing, for example, dichroic dye on the resin layer having a pattern-shaped concave or convex portions, of the resin layer surface it is possible to orient the dichroic dye by the recess, by selecting the pattern of recesses or protrusions of the resin layer can be appropriately controlling the alignment direction of the dichroic dye. また、偏光層上に形成される光学補償層を構成する液晶は、この二色性染料の配向方向に応じて配向することから、樹脂層の凹部または凸部のパターンを適宜選択することにより、光学補償層を構成する液晶の配向方向を制御することが可能である。 Further, the liquid crystal forming the optical compensation layer formed on the polarization layer, since it aligned in accordance with the alignment direction of the dichroic dye, by selecting the pattern of recesses or protrusions of the resin layer as appropriate, it is possible to control the alignment direction of the liquid crystal forming the optical compensation layer. すなわち、偏光層の吸収軸および光学補償層の光学軸を任意に設定することが可能となる。 That is, it is possible to arbitrarily set the optical axis of the absorption axis and the optical compensation layer of the polarizing layer.

また、パターン状の凹部を有する樹脂層は、例えば基材と表面に凸部を有する凹部形成用基板との間に樹脂組成物を挟み込んで樹脂組成物を硬化させ、凹部形成用基板を剥離することにより形成されることから、凹部形成用基板の凸部のパターンを選択することにより、所望の凹部のパターンを容易に形成することが可能である。 Further, the resin layer having a patterned recess, for example, to cure the sandwich the resin composition the resin composition between the recess-forming substrate having a convex portion on the substrate and the surface is peeled off the substrate recess formed from being formed by, by selecting the pattern of the convex portion of the substrate recessed portion formed, it is possible to easily form a desired pattern of recesses. 本発明においては、このような樹脂層を有することにより、簡便な方法で二色性染料の配向方向および液晶の配向方向を制御することができるので、所望の向きの光学軸を有する光学補償偏光板を容易に得ることができる。 In the present invention, by having such a resin layer, simple since it is possible to control the alignment direction of the alignment direction and the liquid crystal of the dichroic dye in a way, an optical compensation polarized light having an optical axis in a desired orientation it is possible to obtain a plate easily.

なお、本発明において、光学補償偏光板の光学軸とは、偏光層の吸収軸あるいは光学補償層の光学軸を示すものである。 In the present invention, the optical axis of the optical compensation polarizing plate shows the optical axis of the absorption axis or optical compensation layer of the polarizing layer.

また一般に、光学補償偏光板を液晶表示素子に組み込む際には、光学補償偏光板の光学軸が液晶セルの走査線方向と特定の角度をなすように配置されるものであるが、本発明においては、光学補償偏光板の光学軸を所望の向きに設定することができるので、液晶セルにそのまま貼付することができ、位置合わせによる無駄な部分の発生を抑制できるという利点を有する。 Also generally, when incorporating an optical compensation polarizer in the liquid crystal display device, but one in which the optical axis of the optical compensation polarizing plate is arranged so as to form a certain angle with the scanning line direction of the liquid crystal cell, in the present invention since it is possible to set the optical axis of the optical compensation polarizing plate in a desired direction, can be directly attached to the liquid crystal cell, it has the advantage that the occurrence of wasteful parts by alignment can be suppressed.

さらに、本発明においては、偏光層と光学補償層とが一体に形成されているので、光学補償偏光板の薄型化および軽量化が可能である。 Further, in the present invention, since the polarizing layer and the optical compensation layer is formed integrally, it is possible to thickness and weight reduction of the optical compensation polarizer. また、従来の偏光板および光学補償板を別個に形成し貼り合わせたものと比較して、本発明においては偏光層と光学補償層との間に保護フィルムが介在しないので、保護フィルムによる屈折率変化を考慮する必要がないという利点を有する。 In comparison with the conventional polarizing plate and optical compensation plate that formed separately adhered, the protective film is not interposed between the polarizing layer and the optical compensation layer in the present invention, the refractive index due to the protective film It has the advantage that it is not necessary to consider the change. さらにまた、従来の偏光板および光学補償板を貼り合わせたものと比較して、本発明においては保護フィルムが何層も積層されることがなく、かつ偏光層が光学補償層の配向膜として機能するので、積層数を少なくすることが可能であり、透過率の低下を抑制することができる。 Furthermore, as compared to those obtained by bonding a conventional polarizing plate and optical compensation plate, without the protective film is laminated multiple layers in the present invention, and functional polarizing layer as an alignment film of the optical compensation layer since, it is possible to reduce the number of laminated layers, it is possible to suppress the decrease in transmittance.
以下、このような光学補償偏光板の各構成部材について説明する。 The following describes the components of such an optical compensation polarizer.

1. 1. 樹脂層 まず、本発明に用いられる樹脂層について説明する。 Resin layer will be described first resin layer used in the present invention. 本発明に用いられる樹脂層は、後述する基材上に形成され、表面にパターン状の凹部または凸部を有しているものである。 Resin layer used in the present invention is formed on a later-described base material, those having a patterned concave portions or convex portions on the surface. このような凹部または凸部のパターンの形状としては、この凹部により二色性染料を配向させ、偏光性および配向能を有する層とすることが可能となる形状であれば特に限定されるものではないが、中でもストライプ状であることが好ましい。 As the shape of the pattern of such recesses or projections, the recesses by to orient the dichroic dye, have a shape which is possible to a layer having a polarization property and alignment capability particular limitation is imposed not, but is preferably Among them stripes. ストライプ状の凹部により容易に二色性染料を配向させることができるからである。 Easily by stripe-shaped recess is because it is possible to orient the dichroic dye.

凹部の幅としては、用いる二色性染料の種類等によっても異なるものであるが、通常0.1μm〜10μmの範囲内、好ましくは0.2μm〜1μmの範囲内、特に0.2μm〜0.4μmの範囲内とすることが好ましい。 The width of the recess, but is different depending on the type of the dichroic dye used in the range of usually 0.1 m to 10 m, preferably in the range of 0.2Myuemu~1myuemu, especially 0.2Myuemu~0. it is preferably in the range of 4 [mu] m. 凹部の幅を上記範囲よりも狭く形成するのは製造法的に困難であり、逆に凹部の幅を広くし過ぎると、後述するように二色性染料がカラム構造を形成している場合にこのカラム構造を配列させることが困難となる場合があるからである。 The width of the recess is the production legally difficult to form smaller than the above range, an excessively large width of the recess in the opposite, if the dichroic dye as will be described later form a column structure it is arranged the column structure is in some cases difficult. ここで、凹部の幅とは、例えば図2のaで示される幅であり、凹状に形成されている部分の幅をいうこととする。 Here, the width of the recess, the width is indicated, for example, by a in FIG. 2, and to refer to the width of a portion which is formed in a concave shape.

また、凹部の深さとしては、二色性染料の種類等によっても異なるものであるが、0.05μm〜1μmの範囲内、中でも0.1μm〜0.2μmの範囲内であることが好ましい。 As the depth of the recess, but it is different depending on the kinds of dichroic dyes in the range of 0.05 to 1 m, preferably in the range of inter alia 0.1Myuemu~0.2Myuemu. 凹部の深さが浅すぎると二色性染料を配向させる機能が低くなり、逆に凹部が深すぎると、後述する光学補償層を構成する液晶の配向に悪影響を及ぼす可能性がある。 Function of aligning the depth is too shallow the dichroic dye of the recess decreases, when the recess in the opposite too deep, can adversely affect the alignment of the liquid crystal constituting the optical compensation layer to be described later. ここで、凹部の深さとは、例えば図2のbで示される深さであり、凹部内の最深部から凹部の端部までの高さをいうこととする。 Here, the depth of the recess, for example, a depth indicated by b in FIG. 2, and that means the height from the deepest recess to the edge of the recess.

さらに、凹部のパターンがストライプ状に形成される際の間隔は、二色性染料の種類等により異なるものではあるが、通常、隣接する凹部の端と凹部の端との間隔、すなわち凸部の幅が可視光の波長の半分以下とされ、好ましくは0.05μm〜2μmの範囲内、より好ましくは0.1μm〜1μmの範囲内、特に0.1μm〜0.2μmの範囲内であることが好ましい。 Further, the interval at which the pattern of recesses are formed in a stripe shape, albeit different from the kind of the dichroic dye, typically, the distance between the end edge and the recess between adjacent concave portions, i.e., the convex portion width is less than half the wavelength of visible light, preferably in the range of 0.05Myuemu~2myuemu, more preferably in the range of 0.1 to 1 m, to be particularly in the range of 0.1μm~0.2μm preferable. 隣接する凹部の間隔を狭く形成するのは製造法的に難しく、一方、広くし過ぎると、二色性染料がカラム構造を形成している場合にこのカラム構造を配列させることが難しくなるからである。 Of being formed narrow spacing between adjacent concave portions is prepared legally difficult, while when too large, since the dichroic dye is difficult to arrange the column structure when forming the column structure is there. また、隣接する凹部の間隔が光の波長に近い値であると、光の回折により、光学的に色付き等の問題がある。 Further, the spacing between adjacent concave portions is a value close to the wavelength of light, by the diffraction of light, there are problems such as colored optically. ここで、隣接する凹部の端と凹部の端との間隔とは、例えば図2のcで示される間隔をいう。 Here, the distance between the end edge and the recess between adjacent concave portions means a distance is indicated, for example, by c in FIG.

また、凹部のピッチとしては、二色性染料の種類等により適宜選択されるものであるが、通常0.1μm〜10μmの範囲内、好ましくは0.2μm〜1μmの範囲内、特に0.2μm〜0.4μmの範囲内とすることが好ましい。 As the pitch of the recesses, but those selected appropriately depending on the kind or the like of the dichroic dye, usually in the range of 0.1 m to 10 m, preferably in the range of 0.2Myuemu~1myuemu, especially 0.2μm it is preferably in the range of ~0.4Myuemu. 凹部のピッチを上記範囲よりも狭く形成するのは製造法的に困難であり、逆に凹部のピッチを広くし過ぎると、二色性染料がカラム構造を形成している場合にこのカラム構造を配列させることが困難となる場合があるからである。 The pitch of the recesses is the production legally difficult to form smaller than the above range, an excessively wide pitch of the recesses in the reverse, the column structure when dichroic dye forms a column structure This is because it may be difficult to arrange. ここで、凹部のピッチとは、例えば図2のdで示される距離であり、隣接する凹部の中心から凹部の中心までの距離をいうこととする。 Here, the pitch of the recesses, for example, a distance indicated by d in FIG. 2, and that refers to the distance to the center of the recess from the center of the adjacent concave portions.

さらに、凹部の断面形状としては、二色性染料を配向させることが可能な形状であれば特に限定されるものではなく、例えば図1に示すように矩形であってもよく、台形等その他の断面形状であってもよいが、中でも、矩形であること好ましい。 Further, as the cross-sectional shape of the recess, it is not particularly limited as long as the shape capable of orienting a dichroic dye may be rectangular as shown in FIG. 1, trapezoid other it may be a cross-sectional shape, among others, it preferably rectangular. これにより、二色性染料を容易に配向させることが可能となるからである。 This is because it is possible to easily orient the dichroic dye.

また、本発明に用いられる樹脂層は、硬化性樹脂からなることが好ましい。 The resin layer used in the present invention is preferably made of a curable resin. 硬化性樹脂からなる樹脂層は、目的とする凹部に対応する凸部を表面に有する凹部形成用基板を準備し、この凹部形成用基板と後述する基材との間に硬化性樹脂組成物を挟んで硬化させることにより、容易に凹部を形成することができるからである。 Resin layer made of a cured resin, the curable resin composition between a substrate to prepare a recess-forming substrate having a convex portion corresponding to the concave portion of interest on the surface, below this recess forming substrate by curing across, it is because it is possible to easily form the recess. また、硬化性樹脂組成物を硬化させた硬化性樹脂からなることにより、凹部の形状を安定化させることができるからである。 Further, by comprising a cured resin obtained by curing the curable resin composition, it is because it is possible to stabilize the shape of the recess.

本発明に用いられる硬化性樹脂組成物としては、エネルギー線の照射により硬化するエネルギー線硬化性樹脂組成物、または熱により硬化する熱硬化性樹脂組成物を挙げることができる。 The curable resin composition for use in the present invention, mention may be made of a thermosetting resin composition which is cured energy ray-curable resin composition is cured by irradiation of energy rays, or by heating. 本発明においては、中でもエネルギー線硬化性樹脂組成物が好ましい。 In the present invention, among them the energy ray-curable resin composition. 上記エネルギー線硬化性樹脂組成物としては、紫外線の照射により硬化するUV硬化性樹脂組成物、電子線の照射により硬化する電子線硬化性樹脂組成物等を挙げることができるが、中でもUV硬化性樹脂組成物が好ましい。 As the energy ray curable resin composition, UV-curable resin composition which is cured by irradiation of ultraviolet rays, there may be mentioned an electron beam-curable resin composition or the like that is curable by irradiation of electron beam, among others UV curable resin composition. エネルギー線として紫外線を用いる方法は、既に確立された技術であることから、本発明への応用が容易であるからである。 A method of using ultraviolet rays as the energy rays is because it is already established technique, because its application to the present invention is easy.

上記UV硬化性樹脂組成物としては、紫外線の照射により硬化するものであれば、特に限定されないが、多官能モノマー成分および/またはオリゴマー成分および/またはポリマー成分が光重合して硬化するものであることが好ましい。 As the UV-curable resin composition, as long as it is cured by irradiation with ultraviolet rays is not particularly limited, the polyfunctional monomer component and / or oligomeric components and / or polymeric component is one that is cured by photopolymerization it is preferable.

上記多官能モノマー成分としては、特に限定されるものではないが、多官能アクリレートモノマーが好適に用いられる。 Examples of the polyfunctional monomer component, is not particularly limited, the polyfunctional acrylate monomer is preferably used. 具体的には、エチレングリコール(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、プロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、ポリエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ポリプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、ヘキサンジ(メタ)アクリレート、ネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート、グリセリンジ(メタ)アクリレート、グリセリントリ(メタ)アクリレート、トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、1,4−ブタンジオールジアクリレート、ペンタエリスリトール(メタ)アクリレート、ペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、ペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリ Specifically, ethylene glycol (meth) acrylate, diethylene glycol di (meth) acrylate, propylene glycol di (meth) acrylate, dipropylene glycol di (meth) acrylate, polyethylene glycol di (meth) acrylate, polypropylene glycol di (meth) acrylate, Hekisanji (meth) acrylate, neopentyl glycol di (meth) acrylate, glycerin di (meth) acrylate, glycerin tri (meth) acrylate, trimethylolpropane tri (meth) acrylate, 1,4-butanediol diacrylate, pentaerythritol erythritol (meth) acrylate, pentaerythritol tri (meth) acrylate, pentaerythritol tetra (meth) acrylate, Jipentaerisuri ールヘキサ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールペンタ(メタ)アクリレート等を例示することができる。 Ruhekisa (meth) acrylate can be exemplified dipentaerythritol penta (meth) acrylate.

上記オリゴマー成分としては、特に限定されるものではないが、例えばウレタンアクリレート、エポキシアクリレート、ポリエステルアクリレート、エポキシ、ビニルエーテル、ポリエン・チオール系等を挙げることができる。 As the oligomer component, is not particularly limited, for example, urethane acrylate, epoxy acrylate, polyester acrylate, epoxy, vinyl ether, a polyene-thiol-based or the like.

また、上記ポリマー成分としては、特に限定されるものではないが、例えば光架橋型ポリマーが挙げられ、具体的には光二量化反応を起こすポリビニルケイ皮酸系樹脂等を使用することができる。 Further, as the polymer component, but are not particularly limited, for example, an optical cross-linked polymer, in particular can be used Poribinirukei cinnamic acid resins undergoing photo-dimerization reaction.

さらに、上記UV硬化性樹脂組成物に添加する光重合開始剤としては、紫外光、例えば365nm以下の紫外光で活性化し得る光ラジカル重合開始剤が用いられる。 Further, as the photopolymerization initiator to be added to the UV-curable resin composition, ultraviolet light, for example, photo-radical polymerization initiator which can be activated by 365nm in the ultraviolet light is used. 具体的には、ベンゾフェノン、o−ベンゾイル安息香酸メチル、4,4−ビス(ジメチルアミン)ベンゾフェノン、4,4−ビス(ジエチルアミン)ベンゾフェノン、α−アミノ・アセトフェノン、4,4−ジクロロベンゾフェノン、4−ベンゾイル−4−メチルジフェニルケトン、ジベンジルケトン、フルオレノン、2,2−ジエトキシアセトフェノン、2,2−ジメトキシ−2−フェニルアセトフェノン、2−ヒドロキシ−2−メチルプロピオフェノン、p−tert−ブチルジクロロアセトフェノン、チオキサントン、2−メチルチオキサントン、2−クロロチオキサントン、2−イソプロピルチオキサントン、ジエチルチオキサントン、ベンジルジメチルケタール、ベンジルメトキシエチルアセタール、ベンゾインメチルエーテル、 Specifically, benzophenone, o- benzoyl benzoic acid methyl, 4,4-bis (dimethylamine) benzophenone, 4,4-bis (diethylamine) benzophenone, alpha-amino-acetophenone, 4,4-dichlorobenzophenone, 4 benzoyl-4-methyl diphenyl ketone, dibenzyl ketone, fluorenone, 2,2-diethoxyacetophenone, 2,2-dimethoxy-2-phenylacetophenone, 2-hydroxy-2-methyl propiophenone, p-tert-butyl dichloro acetophenone, thioxanthone, 2-methyl thioxanthone, 2-chlorothioxanthone, 2-isopropylthioxanthone, diethylthioxanthone, benzyl dimethyl ketal, benzyl methoxyethyl acetal, benzoin methyl ether, ンゾインブチルエーテル、アントラキノン、2−tert−ブチルアントラキノン、2−アミルアントラキノン、β−クロルアントラキノン、アントロン、ベンズアントロン、ジベンズスベロン、メチレンアントロン、4−アジドベンジルアセトフェノン、2,6−ビス(p−アジドベンジリデン)シクロヘキサン、2,6−ビス(p−アジドベンジリデン)−4−メチルシクロヘキサノン、2−フェニル−1,2−ブタジオン−2−(o−メトキシカルボニル)オキシム、1−フェニル−プロパンジオン−2−(o−エトキシカルボニル)オキシム、1,3−ジフェニル−プロパントリオン−2−(o−エトキシカルボニル)オキシム、1−フェニル−3−エトキシ−プロパントリオン−2−(o−ベンゾイル)オキシム、ミヒラーケトン Emission zone in ether, anthraquinone, 2-tert-butyl anthraquinone, 2-amyl anthraquinone, beta-chloro anthraquinone, anthrone, benzanthrone, Jibenzusuberon, methylene anthrone, 4-azido-benzyl acetophenone, 2,6-bis (p- azidobenzylidene ) cyclohexane, 2,6-bis (p- azido benzylidene) -4-methylcyclohexanone, 2-phenyl-1,2-butadione-2- (o-methoxycarbonyl) oxime, 1-phenyl - propane-2- ( o- ethoxycarbonyl) oxime, 1,3-diphenyl - propane trione-2-(o- ethoxycarbonyl) oxime, 1-phenyl-3-ethoxy - propan-trione-2-(o- benzoyl) oxime, Michler's ketone 2−メチル−1[4−(メチルチオ)フェニル]−2−モルフォリノプロパン−1−オン、2−ベンジル−2−ジメチルアミノ−1−(4−モルフォリノフェニル)−ブタノン、ナフタレンスルホニルクロライド、キノリンスルホニルクロライド、n−フェニルチオアクリドン、4,4−アゾビスイソブチロニトリル、ジフェニルジスルフィド、ベンズチアゾールジスルフィド、トリフェニルホスフィン、カンファーキノン、アデカ社製N1717、四臭化炭素、トリブロモフェニルスルホン、過酸化ベンゾイン、エオシン、メチレンブルー等の光還元性色素とアスコルビン酸やトリエタノールアミンのような還元剤との組み合わせ等を例示できる。 2-methyl-1 [4- (methylthio) phenyl] -2-morpholinopropan-1-one, 2-benzyl-2-dimethylamino-1- (4-morpholinophenyl) - butanone, naphthalene sulfonyl chloride, quinoline sulfonyl chloride, n- phenylthio acridone, 4,4-azobisisobutyronitrile, diphenyl disulfide, benzthiazole disulfide, triphenylphosphine, camphorquinone, manufactured by Adeka Corporation N1717, carbon tetrabromide, tribromophenylsulfone, peroxide benzoin, eosin, a combination of a reducing agent such as light reducing dye and ascorbic acid or triethanolamine such as methylene blue and the like. 本発明では、これらの光重合開始剤を1種または2種以上を組み合わせて用いることができる。 In the present invention, it is possible to use these photoinitiators alone or in combination of two or more kinds.

このような光重合開始剤の含有量は、UV硬化性樹脂組成物中に、0.5〜30重量%の範囲内、特に1〜10重量%の範囲内とすることが好ましい。 The photopolymerization initiator content of agent, the UV curable resin composition in the range of 0.5 to 30 wt%, it is particularly preferable to be in the range of 1 to 10 wt%.

また、上記UV硬化性樹脂組成物に使用可能な溶剤としては、例えばメタノール、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール、エチレングリコール、プロピレングリコール等のアルコール類;α−またはβ−テルピネオール等のテルペン類;アセトン、メチルエチルケトン、シクロヘキサノン、N−メチル−2−ピロリドン等のケトン類;トルエン、キシレン、テトラメチルベンゼン等の芳香族炭化水素類;セロソルブ、メチルセロソルブ、エチルセロソルブ、カルビトール、メチルカルビトール、エチルカルビトール、ブチルカルビトール、プロピレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテル、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、ジプロピレングリコールモノエチルエーテル、トリエチ As the solvent usable in the UV-curable resin composition, such as methanol, ethanol, n- propanol, isopropanol, ethylene glycol, alcohols such as propylene glycol; terpenes such as α- or β- terpineol; acetone , methyl ethyl ketone, cyclohexanone, ketones such as N- methyl-2-pyrrolidone; toluene, xylene, aromatic hydrocarbons such as tetramethyl benzene; cellosolve, methyl cellosolve, ethyl cellosolve, carbitol, methyl carbitol, ethyl carbitol , butyl carbitol, propylene glycol monomethyl ether, propylene glycol monoethyl ether, dipropylene glycol monomethyl ether, dipropylene glycol monoethyl ether, triethylene レングリコールモノメチルエーテル、トリエチレングリコールモノエチルエーテル等のグリコールエーテル類;酢酸エチル、酢酸ブチル、セロソルブアセテート、エチルセロソルブアセテート、ブチルセロソルブアセテート、カルビトールアセテート、エチルカルビトールアセテート、ブチルカルビトールアセテート、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、プロピレングリコールモノエチルエーテルアセテート等の酢酸エステル類を例示することができる。 Glycol monomethyl ether, glycol ethers such as triethylene glycol monoethyl ether, ethyl acetate, butyl acetate, cellosolve acetate, ethyl cellosolve acetate, butyl cellosolve acetate, carbitol acetate, ethyl carbitol acetate, butyl carbitol acetate, propylene glycol monomethyl can be exemplified ether acetate, acetic acid esters such as propylene glycol monomethyl ether acetate. また、これらの溶剤の中から1種または2種以上を混合して使用することができる。 It is also possible to use a mixture of one or two or more of these solvents.

本発明においては、UV硬化性樹脂組成物に溶剤を添加せずに塗布する場合もある。 In the present invention, it may be applied without addition of solvent to the UV-curable resin composition. よって、このような溶剤の含有量は、UV硬化性樹脂組成物中に、0〜99.9重量%の範囲内、特に0〜80重量%の範囲内とすることが好ましい。 Thus, the content of such solvents, the UV curable resin composition in the range of 0 to 99.9 wt%, it is particularly preferable to be in the range of 0 to 80 wt%.

上記光重合開始剤、および溶剤を上述した範囲内に設定した理由は、以下の通りである。 Reason for setting the photopolymerization initiator, and a solvent within the range described above is as follows. 本発明においては、上記硬化性樹脂組成物を基材および凸部を有する凹部形成用基板の間に挟んで硬化することにより、凹部を有する樹脂層を形成することができる。 In the present invention, by curing in between the recess-forming substrate having a substrate and a convex portion of the above curable resin composition, it is possible to form a resin layer having a recess. よって、硬化性樹脂組成物は凹部形成用基板の凹凸の隙間に入り込むような所定の粘度を有していることが好ましく、光重合開始剤および溶剤が上述した範囲内であることにより、所望の粘度を有する硬化性樹脂組成物とすることができるのである。 Accordingly, the curable resin composition preferably has a predetermined viscosity such as to enter into the gaps of the irregularities of the substrate recessed portion formed by the photopolymerization initiator and a solvent is in the range described above, the desired it is possible to curable resin composition having a viscosity.

また、上記樹脂層の膜厚としては、通常、凹部が形成されている部分の厚みが1μm以下とされ、好ましくは0.2μm以下とされる。 The film thickness of the resin layer, usually, the thickness of a portion which is concave form is a 1μm or less, and preferably from 0.2μm or less. 凹部が形成されている部分の厚みが厚すぎると、本発明の光学補償偏光板の薄型化が困難となるからである。 If the thickness of a portion which is concave form is too thick, because thinner optical compensation polarizing plate of the present invention becomes difficult. また、光学補償偏光板の薄型化を考慮すると凹部が形成されている部分の厚みは薄い方が好ましいが、薄すぎるものを形成するのは困難であることから、凹部が形成されている部分の厚みは通常0.1μm以上とされる。 Further, although thinner is preferable thickness portion being taken into consideration and the recess is formed in the thickness of the optical compensation polarizer, since to form what is too thin is difficult, parts that are recesses formed the thickness is usually 0.1μm or more. ここで、凹部の厚みとは、例えば図2のeで示される厚みである。 Here, the thickness of the recess, for example, a thickness indicated by e in FIG.

また、本発明に用いられる樹脂層はその表面に凹部または凸部が形成されているため、樹脂層表面は撥水性が高くなり、二色性染料が十分に配向しない場合がある。 The resin layer used in the present invention since the concave or convex portion is formed on the surface thereof, the resin layer surface becomes high water repellency, there is a case where a dichroic dye is not sufficiently oriented. 後述する偏光層は、樹脂層上に偏光層形成用塗工液を塗布することにより形成されることから、樹脂層表面は親水性であることが好ましい。 Described later polarizing layer, since it is formed by coating a polarizing layer forming coating solution on the resin layer, it is preferable resin layer surface is hydrophilic. この場合、樹脂層上に親水性層が設けられていてもよく、また、樹脂層の表面が親水化処理されたものであってもよい。 In this case, it may be the hydrophilic layer is provided on the resin layer, or may be the one surface of the resin layer is hydrophilized. 上記親水性層としては、例えばテトラエトキシシランのゾルゲル法によるシリカ膜等を挙げることができる。 As the hydrophilic layer, it can be, for example, silica film by a sol-gel method of tetraethoxy silane. また、上記樹脂層の表面を親水性となるように表面処理する方法としては、アルゴンや水などを利用したプラズマ処理による親水性表面処理等が挙げられる。 Further, the surface of the resin layer as a method for surface treatment so as to be hydrophilic, a hydrophilic surface treatment by a plasma treatment using such as argon or water.

2. 2. 偏光層 次に、本発明に用いられる偏光層について説明する。 Polarizing layer will be described polarizing layer used in the present invention. 本発明に用いられる偏光層は、上記樹脂層上に形成され、二色性染料を含有する層である。 Polarizing layer used in the present invention is formed in the resin layer is a layer containing a dichroic dye. また、偏光層に含有される二色性染料は、樹脂層の凹部により配向しており、これにより偏光層は偏光性および配向能を有する層となっている。 Further, dichroic dyes contained in the polarizing layer is oriented by the recess of the resin layer, thereby polarizing layer has a layer having a polarizing property and orientability.

本発明に用いられる二色性染料としては、上記樹脂層の凹部により配向するものであり、配向することにより偏光性および配向能を有する層を形成することができるものであれば特に限定されるものではない。 The dichroic dye used in the present invention are those oriented by the recess of the resin layer is particularly limited as long as it can form a layer having a polarizing and alignment ability by orienting not. このような二色性染料としては、例えばアントラキノン系色素、フタロシアニン系色素、ポルフィリン系色素、ナフタロシアニン系色素、キナクリドン系色素、ジオキサジン系色素、インダンスレン系色素、アクリジン系色素、ペリレン系色素、ピラゾロン系色素、アクリドン系色素、ピランスロン系色素、およびイソビオラントロン系色素からなる群より選ばれる色素等が挙げられる。 Examples of such a dichroic dye, for example anthraquinone dyes, phthalocyanine dyes, porphyrin dyes, naphthalocyanine dyes, quinacridone pigments, dioxazine-based dyes, indanthrene dyes, acridine dyes, perylene dyes, pyrazolone dyes, acridone dyes, pyranthrone pigments, and dyes selected from the group consisting of isoviolanthrone-based dyes.

また、本発明における二色性染料は、二色性染料の法線方向が基材の一定方向を向いて配列したカラム構造を形成するものであることが好ましい。 Also, the dichroic dye in the present invention is preferably the normal direction of the dichroic dye is to form a column structure arranged facing a certain direction of the substrate. この二色性染料からなるカラム構造は、上記樹脂層の凹部に沿って容易に配向するため、偏光特性のよい偏光層とすることができるからである。 Column structure composed of the dichroic dye in order to easily oriented along the recess portion of the resin layer, it is because it is possible to good polarizing layer having polarization characteristics. また、二色性染料からなるカラム構造と、後述する光学補償層を構成する液晶との相互作用により、液晶配向を制御する配向力が増すからである。 Further, a columnar structure consisting of a dichroic dye, the interaction with the liquid crystal forming the optical compensation layer to be described later, because the alignment force for controlling liquid crystal orientation increases.

図3(a)は、本発明に用いられる二色性染料のモデル構造および法線方向を示した図であり、図3(b)は、本発明に用いられる偏光層の概略斜視図である。 3 (a) is a diagram showing a model structure and the normal direction of the dichroic dye used in the present invention, and FIG. 3 (b) is a schematic perspective view of a polarizing layer used in the present invention . 図3(b)に示すように、この偏光層においては、二色性染料13は、樹脂層2の凹部に沿って、二色性染料13の法線方向nが基材1の一定方向を向いて配列してカラム構造13´を形成し、このようなカラム構造13´が複数配列して偏光層を構成している。 As shown in FIG. 3 (b), in the polarizing layer, dichroic dye 13, along the recess of the resin layer 2, the normal direction n of the dichroic dye 13 to the fixed direction of the substrate 1 oriented column structures 13 'formed by aligned, such column structure 13' constitute the polarizing layer and arrayed. このように二色性染料13が配列して構成される偏光層においては、複数のカラム構造13´のカラムの軸方向が基材1の一定方向を向いているので、偏光性および配向能を有する偏光層とすることができる。 In this way polarizing layer configured dichroic dyes 13 are arranged, since the axial direction of the column of the plurality of column structure 13 'is oriented a certain direction of the substrate 1, the polarizing and orientability It may be a polarizing layer having.

また、図3(b)における樹脂層2はストライプ状の凹部のパターンを有しており、上述したように二色性染料13からなるカラム構造13´は凹部に沿って配向するので、カラム構造13´の配向方向は、ストライプ状の凹部のパターンの溝方向(紙面の横断方向)と略平行になる。 Further, the resin layer 2 in FIG. 3 (b) has a pattern of stripe-shaped recess, since the column structure 13 'comprising a dichroic dye 13 as described above is oriented along the recess, the column structure the orientation direction of 13 'becomes substantially parallel to the groove direction of the pattern of the stripe-shaped recess (paper transverse). よって、この偏光層の吸収軸の向きは、ストライプ状の凹部のパターンの溝方向と略平行になる。 Therefore, the absorption axis of the polarizing layer orientation will groove direction substantially parallel patterns of stripe-shaped recess.

このように、樹脂層がストライプ状の凹部のパターンを有する場合は、ストライプ状の凹部のパターンの溝方向と、二色性染料からなるカラム構造の配向方向と、偏光層の吸収軸とが、略平行の関係になる。 Thus, when the resin layer has a pattern of stripe-shaped recess is a groove direction of the pattern of the stripe-shaped recess, the orientation direction of the columnar structure consisting of a dichroic dye, the absorption axis of the polarizing layer, It becomes substantially in parallel relationship.

本発明においては、上述したように凹部に沿って二色性染料からなるカラム構造が配列するので、樹脂層の凹部または凸部のパターンを適宜選択することにより、二色性染料の配向方向を任意に設定することができる。 In the present invention, since the column structure composed of dichroic dyes along the recess as described above is arranged, by selecting the pattern of recesses or protrusions of the resin layer as appropriate, the alignment direction of the dichroic dye it can be set to any. これにより、所望の向きに吸収軸を有する偏光層を得ることが可能であり、例えば、長尺の基材を用いた場合には、基材の長尺方向に対して45°や90°方向に吸収軸を設定することができる。 Thus, it is possible to obtain a polarizing layer having an absorption axis in a desired direction, for example, when using a long base material is, 45 ° or 90 ° direction with respect to the longitudinal direction of the base it is possible to set the absorption axis.

一般に、光学補償偏光板を液晶表示素子に貼付する際には、液晶表示素子の走査線方向に対して光学補償偏光板の偏光層の吸収軸が所定の角度、例えば45°となるように配置されることから、偏光層の吸収軸が、基材の長尺方向に対して例えば45°となるように設定されていれば、貼付する際の不要な部分の発生を回避することができる。 Generally, when attaching the optical compensation polarizing plate in the liquid crystal display device, arranged so that the absorption axis of the polarizing layer of the optical compensation polarizer becomes a predetermined angle, for example 45 ° with respect to the scanning line direction of the liquid crystal display device from being the absorption axis of the polarizing layer, if it is set to be for example 45 ° relative to the longitudinal direction of the substrate, it is possible to avoid occurrence of unnecessary portions at the time of sticking.

例えば、偏光層の吸収軸を基材の長尺方向に対して45°方向に設定する場合は、偏光層の吸収軸と基材の長尺方向とのなす角度は45°±2°の範囲であることが好ましく、中でも45°±0.5°の範囲であることが好ましい。 For example, to set the direction of 45 ° to the absorption axis of the polarizing layer with respect to the longitudinal direction of the substrate, an angle in the range of 45 ° ± 2 ° with the longitudinal direction of the absorption axis and the substrate of the polarizing layer is preferably is preferably in the range of inter alia 45 ° ± 0.5 °. また例えば、偏光層の吸収軸を基材の長尺方向に対して直交するように設定する場合は、偏光層の吸収軸と基材の長尺方向とのなす角度は90°±2°の範囲であることが好ましく、より好ましくは90°±0.5°の範囲である。 Further, for example, to set the absorption axis of the polarizing layer so as to be orthogonal to the longitudinal direction of the substrate, the angle between the longitudinal direction of the absorption axis and the substrate of the polarizing layer of 90 ° ± 2 ° preferably in the range, more preferably in the range of 90 ° ± 0.5 °.

本発明に用いられる二色性染料としては、柱状に配列することによりカラム構造を形成することができるものであれば特に限定されるものではない。 The dichroic dye used in the present invention, is not particularly limited as long as it can form a column structure by arranging the columnar. カラム構造を形成する二色性染料としては、例えば、スルホン酸基等の親水性基を有する二色性染料、または長鎖のアルキル基等の疎水性基を有する二色性染料が挙げられる。 The dichroic dye to form a column structure, for example, dichroic dye having a hydrophobic group such as an alkyl group of the dichroic dye or long chain, having a hydrophilic group such as sulfonic acid groups. 中でも、親水性基を有する二色性染料を用いることが好ましい。 Among them, it is preferable to use a dichroic dye having a hydrophilic group. 親水性基を有する二色性染料は、この親水性基が小さく、隣接するカラム構造同士の距離が近いため、容易にカラム構造を配列させることができるからである。 The dichroic dye having a hydrophilic group, the hydrophilic group is small, the distance of the column structure with adjacent short, because it is possible to easily arrange the column structure. また、スルホン酸基等の親水部を中和して水に難溶もしくは不溶とすることで固定化処理が容易となるからである。 Further, because the immobilization process by to neutralize the hydrophilic portion such as a sulfonic acid group in water and poorly soluble or insoluble is facilitated. 上記親水性基としては、スルホン酸基、スルホン酸ナトリウム基、スルホン酸アンモニウム基、スルホン酸リチウム基、スルホン酸カリウム基等のスルホン酸系の親水性基、カルボキシル基、カルボン酸ナトリウム基、カルボン酸アンモニウム基、カルボン酸リチウム基、カルボン酸カリウム基等のカルボン酸系の親水性基、水酸基、アミノ基などが挙げられる。 Examples of the hydrophilic group, a sulfonic acid group, a sulfonic acid sodium group, a sulfonic acid ammonium group, sulfonic acid lithium group, a sulfonic acid type of hydrophilic groups such as sulfonic acid potassium groups, carboxyl groups, sodium carboxylate group, a carboxylic acid ammonium group, a carboxylic acid lithium group, a carboxylic acid type hydrophilic groups such as carboxylic acid potassium groups, hydroxyl group and an amino group. 中でも、スルホン酸系の親水性基であることが好ましい。 Among them, it is preferably a hydrophilic group sulfonic acid.

なお、二色性染料がカラム構造を形成しているとは、X線回折装置を用いて測定することにより確認することがきる。 Note that the dichroic dye to form a column structure, kill be confirmed by measurement using an X-ray diffractometer.

本発明に用いられる二色性染料としては、上記の中でも、溶液中でカラム構造を形成し、リオトロピック液晶性を示すものであることが好ましい。 The dichroic dye used in the present invention, among the above, the column structure is formed in solution, it is preferable that the lyotropic liquid crystallinity. このような二色性染料は自己組織化力が高いからである。 Such dichroic dye is because the self-organizing force is high. 例えば溶液中でリオトロピック液晶性を示す二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、二色性染料の自己組織化を利用してカラム構造を容易に配向させることができる。 For example by applying a polarizing layer forming coating liquid containing a dichroic dye exhibiting lyotropic liquid crystallinity in a solution, it is easily oriented column structures utilizing self-organization of the dichroic dye it can.

このような溶液中でリオトロピック液晶性を示す二色性染料としては、水溶液中でリオトロピック液晶性を示す二色性染料、または有機溶媒中でリオトロピック液晶性を示す二色性染料が挙げられる。 As such a solution a dichroic dye having lyotropic liquid crystallinity in, dichroic dye lyotropic liquid crystallinity or dichroic dye having lyotropic liquid crystallinity in an organic solvent, and in aqueous solution. 上記の溶液の種類は、上記二色性染料の置換基によって異なるものであり、二色性染料がスルホン酸基等の親水性基を有する場合は水溶液が用いられ、長鎖のアルキル基等の疎水性基を有する場合は有機溶媒が用いられる。 Type of the solutions, which varies depending on the substituents of the dichroic dye, the aqueous solution is used if the dichroic dye has a hydrophilic group such as sulfonic acid groups, the long chain such as an alkyl group If having a hydrophobic group organic solvent is used. 本発明においては、中でも、水溶液中でカラム構造を形成し、リオトロピック液晶性を示す二色性染料を用いることが好ましい。 In the present invention, among others, the column structure is formed in an aqueous solution, it is preferable to use a dichroic dye having lyotropic liquid crystal properties. このような二色性染料は、水溶液中で自己組織化によりカラム構造を形成し、リオトロピック液晶性を示すので、この二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、カラム構造を容易に配向させることができるからである。 Such dichroic dye, the column structure formed by self-assembly in aqueous solution, exhibits a lyotropic liquid crystalline, by applying a polarizing layer forming coating solution containing the dichroic dye, This is because it is possible to easily orient the column structure. さらに、上記二色性染料が水溶性であることにより、上記カラム構造を固定化するための固定化処理が容易となるからである。 Further, by the dichroic dye is water-soluble, because immobilization process for immobilizing the column structure is facilitated.

上述したカラム構造を形成し、水溶液中でリオトロピック液晶性を示す二色性染料の具体例としては、下記化学式で示される物質が挙げられる。 Forming the above-mentioned column structure, specific examples of the dichroic dye having lyotropic liquid crystallinity in aqueous solution include materials represented by the following chemical formula.

上記各化学式中のアルキル基は、炭素原子1〜4個を有するものであることが好ましい。 The alkyl groups in the above formula is preferably one having 1 to 4 carbon atoms. また、上記各化学式中のハロゲンとしては、Cl、Brであることが好ましい。 As the halogen in the above formula, Cl, is preferably Br. さらに、上記各化学式中のカチオンとしては、H 、Li 、Na 、K 、Cs またはNH が挙げられる。 Further, as the cation in the above formula, H +, Li +, Na +, K +, Cs + or NH 4 + and the like. これらの物質は単独でも、2種以上を組み合わせて用いることもできる。 Also these substances alone or may be used in combination of two or more.

本発明における二色性染料としては、上記の物質の中でも上記化学式I〜Vで表される物質が好適に用いられる。 The dichroic dye in the present invention, materials represented by Formula I~V Among the above materials is preferably used.

また、上記二色性染料としては、上述したようなリオトロピック液晶性を示すものに限定されるものではなく、サーモトロピック液晶性を示すものであってもよい。 Further, as the dichroic dye is not limited to those having lyotropic liquid crystalline, as described above, it may represent a thermotropic liquid crystallinity.

さらに、本発明に用いられる偏光層としては、上記二色性染料の他に、液晶材料を含有していてもよい。 Further, as the polarizing layer used in the present invention, in addition to the dichroic dye may contain a liquid crystal material. 例えば、二色性染料が樹脂層の凹部により配向しにくい場合でも、液晶材料を凹部に沿って配向させることにより、この液晶材料の配向方向に沿って二色性染料を配向させることができるからである。 For example, even if a dichroic dye is hardly oriented by the recess of the resin layer, by aligning the liquid crystal material along the recess, because it is possible to orient the dichroic dye along the alignment direction of the liquid crystal material it is. 上記液晶材料としては、一般に偏光層に用いることができる液晶材料を使用することができる。 As the liquid crystal material, generally a liquid crystal material which can be used for the polarizing layer can be used. また、上記液晶材料と二色性染料との液晶組成物は、リオトロピック液晶性を示すものであっても、サーモトロピック液晶性を示すものであってもよいが、通常はサーモトロピック性を示すものが用いられる。 The liquid crystal composition of the liquid crystal material and dichroic dye, even those having lyotropic liquid crystallinity, may represent a thermotropic liquid crystalline, but usually show a thermotropic property It is used.

上記偏光層の厚みは、本発明の光学補償偏光板の要求特性に応じて異なるものであるが、通常10nm〜1000nmの範囲内が好ましく、20nm〜500nmの範囲内がより好ましく、50nm〜300nmの範囲内がさらに好ましい。 The thickness of the polarizing layer is one in which different depending on the required characteristics of the optical compensation polarizing plate of the present invention, preferably in the range of usually 10 nm to 1000 nm, more preferably in the range of 20 nm to 500 nm, the 50nm~300nm range is more preferred. 偏光層の厚みが薄すぎると液晶の配向を十分に制御できない場合があり、一方、厚すぎると表面近傍で配向乱れを生じる場合があり、コスト的にも好ましくないからである。 If the thickness of the polarizing layer is too thin may not be controlled sufficiently the alignment of the liquid crystal, while there may occur the alignment disorder in the vicinity of the surface is too thick, it is not preferable in cost.

このような偏光層は、上述したパターン状の凹部または凸部を有する樹脂層上に、上記二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより形成することができる。 Such polarizing layer on the resin layer having a pattern-shaped concave or convex portion as described above, can be formed by coating a polarizing layer forming coating solution containing the dichroic dye. なお、偏光層の形成方法については、後述する「D.光学補償偏光板の製造方法」の項で詳しく説明するので、ここでの記載は省略する。 Note that the formation method of the polarizing layer, so will be described in detail in "manufacturing method of D. optical compensation polarizing plate" which will be described later, the description thereof is omitted here.

3. 3. 光学補償層 次に、本発明に用いられる光学補償層について説明する。 An optical compensation layer will be described optical compensation layer used in the present invention. 本発明に用いられる光学補償層は、液晶を固定化してなるものである。 The optical compensation layer used in the present invention is formed by fixing the liquid crystal.

本発明における光学補償層に用いられる液晶は、上述した偏光層の二色性染料の配向方向に応じて配向するものであり、例えば図3(b)においては二色性染料13からなるカラム構造13´の配向方向に沿って配向する、すなわち二色性染料13の法線方向nに沿って配向する。 Liquid crystal used in an optical compensation layer of the present invention are those aligned in accordance with the alignment direction of the dichroic dye polarizing layer described above, for example, a column structure composed of dichroic dyes 13 in FIG. 3 (b) oriented along the orientation direction of 13 ', i.e., oriented along the normal direction n of the dichroic dye 13. 光学補償層の光学軸の向きは、用いる液晶の屈折率異方性により異なるものではあるが、液晶が二色性染料の法線方向に沿って配向することから、光学補償層の光学軸は、例えば二色性染料の法線方向に対して略平行あるいは略垂直に向くと考えられる。 The orientation of the optical axis of the optical compensation layer, albeit different from the refractive index anisotropy of the liquid crystal to be used, since the liquid crystal is oriented along the normal direction of the dichroic dye, the optical axis of the optical compensation layer believed oriented substantially parallel or substantially perpendicular to the normal direction of for example a dichroic dye.

図3(b)においては、上述したように、二色性染料13からなるカラム構造13´の配向方向は、樹脂層2のストライプ状の凹部のパターンの溝方向と略平行になるので、偏光層の吸収軸の向きは、ストライプ状の凹部のパターンの溝方向と略平行になる。 In FIG. 3 (b), as described above, the alignment direction of the column structure 13 'comprising a dichroic dye 13, since the groove direction substantially patterns of stripe-like recess of the resin layer 2 becomes parallel polarization the orientation of the absorption axis of the layer is substantially parallel to the groove direction of the pattern of the stripe-shaped recess. よって、樹脂層がストライプ状の凹部のパターンを有する場合は、ストライプ状の凹部のパターンの溝方向と、偏光層の吸収軸と、光学補償層の光学軸とが略平行の関係になるか、あるいは、ストライプ状の凹部のパターンの溝方向と偏光層の吸収軸とが略平行になり、かつ、ストライプ状の凹部のパターンの溝方向と光学補償層の光学軸とが略垂直の関係になると考えられる。 Therefore, if the resin layer is in case of having a pattern of stripe-shaped recess, the groove direction of the pattern of the stripe-shaped recess, the absorption axis of the polarizing layer, substantially parallel relationship with the optical axis of the optical compensation layer, Alternatively, the absorption axis of the groove direction and the polarizing layer of the pattern of the stripe-shaped recess is substantially parallel, and, when the optical axis of the groove direction and the optical compensation layer of the pattern of the stripe-shaped recess is substantially perpendicular relationship Conceivable.

このように本発明においては、樹脂層の凹部または凸部のパターンを適宜選択することにより、二色性染料からなるカラム構造の配向方向、および液晶の配向方向を任意に設定することができ、所望の光学特性をもつ光学補償層を容易に得ることができる。 Thus in the present invention, by selecting the pattern of recesses or protrusions of the resin layer appropriately, it is possible to arbitrarily set the orientation direction, and the orientation direction of the liquid crystal of column structure consisting of a dichroic dye, it can be easily obtained optical compensation layer having the desired optical properties. 例えば、長尺の基材を用いた場合には、基材の長尺方向に対して45°や90°方向に光学軸を設定することも可能である。 For example, when using a long base material, it is also possible to set the optical axis at 45 ° and 90 ° direction with respect to the longitudinal direction of the substrate. よって、本発明の光学補償偏光板を液晶表示素子に貼付する際には、液晶表示素子の走査線方向に対して光学補償偏光板の偏光層の吸収軸および光学補償層の光学軸が所定の角度、例えば45°となるように配置することが可能であることから、貼付する際の不要な部分の発生を回避することができる。 Therefore, when attaching the optical compensation polarizing plate of the present invention to a liquid crystal display device, the absorption axis and the optical compensation layer of the polarizing layer of the optical compensation polarizing plate with respect to the scanning line direction of the liquid crystal display element optical axes of the predetermined angle, since it is possible to arrange so as for example a 45 °, it is possible to avoid occurrence of unnecessary portions at the time of sticking.

なお、上記の例は、光学補償層の光学軸が、光学補償層平面に水平な方向に向いている場合であるが、本発明においては、光学補償層の光学軸が、光学補償層の厚み方向に向く場合も考えられる。 Note that the above example, the optical axis of the optical compensation layer is a case that faces in the horizontal direction to the optical compensation layer plane, in the present invention, the optical axis of the optical compensation layer, the thickness of the optical compensation layer when facing in the direction it may be considered.

本発明に用いられる光学補償層は液晶を固定化してなるものであり、液晶の配向状態を固定化することにより形成される。 The optical compensation layer used in the present invention are those obtained by immobilizing a liquid crystal, it is formed by fixing the orientation state of the liquid crystal. この光学補償層に用いられる液晶としては、所定の温度で液晶性を示す材料であれば特に限定されるものではない。 As the liquid crystal used in the optical compensation layer, it is not particularly limited as long as it is a material exhibiting liquid crystallinity at a given temperature. また、重合性をもたない高分子液晶材料であってもよく、また重合性液晶材料であってもよい。 It may also be a polymer liquid crystal material having no polymerizable or may be a polymerizable liquid crystal material.

重合性液晶材料としては、重合性液晶モノマー、重合性液晶オリゴマー、および重合性液晶高分子のいずれかを用いることが可能である。 The polymerizable liquid crystal material, the polymerizable liquid crystal monomer, a polymerizable liquid crystal oligomer, and it is possible to use any of the polymerizable liquid crystal polymer. 一方、重合性をもたない高分子液晶材料としては、液晶の配向状態が光学補償偏光板の保管もしくは使用温度において一定である必要があることから、比較的アイソトロピック相となる温度の高い液晶材料が好適に用いられる。 On the other hand, as the polymer liquid crystal material having no polymerizable, high since the liquid crystal alignment state is required to be constant in storage or use temperature of the optical compensation polarizer, the temperature at which the relatively isotropic phase liquid crystal material is suitably used.

本発明においては、中でも重合性液晶材料を用いることが好ましい。 In the present invention, preferably used among them polymerizable liquid crystal material. 重合性液晶材料は、後述するように活性照射線の照射等により重合させて配向状態を固定化することが可能であるので、液晶の配向を低温状態で容易に行うことが可能であり、かつ使用に際しては配向状態が固定化されているので、温度等の使用条件にかかわらず使用することができるからである。 The polymerizable liquid crystal material, since it is possible to fix the alignment state by polymerizing by irradiation, or the like actinic radiation as will be described later, it is possible to easily perform the alignment of the liquid crystal at a low temperature state, and since the orientation state is immobilized in use, because it can be used regardless of the operating conditions such as temperature.

また、重合性液晶材料の中でも、重合性液晶モノマーが好適に用いられる。 Further, Among the polymerizable liquid crystal material, the polymerizable liquid crystal monomer is preferably used. 重合性液晶モノマーは、重合性液晶オリゴマーや重合性液晶高分子と比較して、より低温で配向が可能であり、かつ配向に際しての感度も高いことから、容易に配向させることができるからである。 Polymerizable liquid crystal monomer, as compared to the polymerizable liquid crystal oligomer and a polymerizable liquid crystal polymer, because more are possible orientation at low temperatures, and since the sensitivity is high for the time alignment can be easily oriented . このような重合性液晶モノマーとしては、一般に光学補償層に用いられるものを使用することができる。 As such a polymerizable liquid crystal monomer can be used those generally used for optical compensation layer.

さらに、本発明に用いられる液晶の液晶性としては特に限定されるものではなく、ネマチック液晶、スメクチック液晶、コレステリック液晶、ディスコチック液晶などが挙げられる。 Further, as the liquid crystal of the liquid crystal used in the present invention is not limited in particular, nematic liquid crystal, smectic liquid crystal, cholesteric liquid crystal, such as discotic liquid crystal and the like.

ネマチック液晶性を示す重合性液晶モノマーとしては、例えば下記化学式で示される化合物が挙げられる。 The polymerizable liquid crystal monomer exhibiting a nematic liquid crystallinity, for example, compounds represented by the following chemical formula can be mentioned.

上記化学式(1)において、Xは、水素、炭素数1〜20のアルキル、炭素数1〜20のアルケニル、炭素数1〜20のアルキルオキシ、炭素数1〜20のアルキルオキシカルボニル、ホルミル、炭素数1〜20のアルキルカルボニル、炭素数1〜20のアルキルカルボニルオキシ、ハロゲン、シアノまたはニトロを表す。 In Chemical Formula (1), X is hydrogen, alkyl having 1 to 20 carbon atoms, alkenyl of 1 to 20 carbon atoms, alkyloxy, alkyloxycarbonyl having 1 to 20 carbon atoms having 1 to 20 carbon atoms, formyl, carbon C1-20 alkylcarbonyl, represents alkylcarbonyloxy having 1 to 20 carbon atoms, halogen, cyano or nitro. また、mは2〜20の範囲内の整数を表す。 Further, m represents an integer in the range of 2-20.

また、コレステリック液晶性を示す重合性液晶モノマーとしては、例えば上述の化学式(1)で示される化合物、あるいは、下記化学式で示される化合物が挙げられる。 As the polymerizable liquid crystal monomer exhibiting a cholesteric liquid crystal, for example, compounds represented by the above formula (1) or, compounds represented by the following chemical formula.

さらに、ディスコチック液晶性を示す重合性液晶材料としては、例えばWVフィルム(商品名、富士写真フィルム社製)の形成に用いられているような重合処理が可能なトリフェニレン系ディスコチック液晶、あるいは、下記化学式で示される化合物が挙げられる。 Further, the polymerizable liquid crystal material exhibiting a discotic liquid crystalline, for example, WV film (trade name, manufactured by Fuji Photo Film Co., Ltd.) can be polymerization treatment as used in the formation of triphenylene discotic liquid crystal or, compound represented by the following chemical formula can be mentioned.

本発明に用いられる重合性液晶材料としては、上記の中でも上記化学式(1)で表される化合物が好適である。 The polymerizable liquid crystal material used in the present invention, the compound represented by Formula among the above-mentioned (1) is preferable. 上記化学式(1)で表される化合物は、上述したようにネマチック液晶性を示すものであり、またコレステリック液晶性を示すものである。 Compounds of Formula (1) are those exhibiting a nematic liquid crystallinity, as described above, also shows a cholesteric liquid crystallinity. 上記化学式(1)において、Xとしては、炭素数1〜20のアルキルオキシカルボニル、メチルまたは塩素であることが好ましく、特にメチルであることが好ましい。 In Chemical Formula (1), the X, alkyloxycarbonyl having 1 to 20 carbon atoms, preferably methyl or chlorine, particularly preferably methyl.

本発明における光学補償層は、必要に応じて光重合開始剤を含有していてもよい。 An optical compensation layer of the present invention may contain a photopolymerization initiator as required. 例えば紫外線(UV)照射により重合性液晶材料を重合させる際には、通常、光重合開始剤が重合促進のために用いられるからである。 For example ultraviolet upon polymerizing the polymerizable liquid crystal material by (UV) radiation is usually because the photopolymerization initiator is used for the polymerization promoter. この光重合開始剤としては、一般に重合性液晶材料を重合させるために用いられるものが使用される。 As the photopolymerization initiator, those commonly used to polymerize the polymerizable liquid crystal material is used. また、光重合開始剤の他に増感剤を、本発明の目的が損なわれない範囲で添加することも可能である。 Further, a sensitizer in addition to the photopolymerization initiator, it is also possible to add the purpose is not impaired scope of the present invention.

本発明に用いられる光学補償層の厚みとしては、必要な光学異方性に準じて決定すればよいが、通常0.1μm〜10μmの範囲内であり、0.3μm〜6μmの範囲内であることが好ましい。 The thickness of the optical compensation layer used in the present invention, may be determined in accordance with required optical anisotropy in the range of usually 0.1 m to 10 m, in the range of from 0.3μm~6μm it is preferable. 光学補償層の厚みが厚すぎると必要以上の光学異方性が生じてしまい、また薄すぎると所定の光学異方性が得られない場合があるからである。 When the thickness of the optical compensation layer is too thick will occur need more optically anisotropic, and because too thin a predetermined optical anisotropy may not be obtained.

4. 4. 基材 次に、本発明に用いられる基材について説明する。 Substrate will be described base material used in the present invention. 本発明に用いられる基材は、基板のみから構成されていてもよく、基板と機能層とから構成されていてもよい。 The substrate used in the present invention may be composed of the substrate alone or may be composed of a substrate and the functional layer. 以下、このような基材の各構成について説明する。 The following describes the structure of such substrates.

(1)基板 本発明に用いられる基板としては、一般に光学補償偏光板に用いられるものであれば特に限定されるものではなく、例えば石英ガラス、パイレックス(登録商標)ガラス、合成石英板等の可撓性のない透明なリジッド材、あるいは、透明樹脂フィルム、光学用樹脂板等の可撓性を有する透明なフレキシブル材を用いることができる。 (1) As the substrate used in the substrate present invention, generally as long as it is used for optical compensation polarizing plate is not particularly limited, for example, quartz glass, Pyrex (registered trademark) glass, and the like of the quartz plate Yes fLEXIBLE no transparent rigid material, or a transparent resin film, a transparent flexible material having flexibility, such as optical resin plates.

また、本発明に用いられる基板としては、長尺の基板であってもよく、ウェブ状の基板であってもよいが、長尺の基板であることが好ましい。 Further, as the substrate used in the present invention may be a substrate of long, it may be a substrate of web-like, but is preferably a substrate elongated. 本発明においては、基材の長尺方向に対して特定の角度をなす光学軸を有する光学補償偏光板とすることが可能であるため、本発明の光学補償偏光板を用いて液晶表示素子を作製する場合、液晶セルにそのまま貼付することができることから、連続的な貼付が可能であり、製造効率が向上するからである。 In the present invention, since it is possible to optically compensate the polarizing plate having an optical axis which forms a certain angle with respect to the longitudinal direction of the substrate, a liquid crystal display device using the optical compensation polarizing plate of the present invention when fabricating, since it can be directly attached to the liquid crystal cell, it is capable of continuous patches, are improved production efficiency.

さらに、長尺の基板の中でも、長尺の透明なフレキシブル材を用いることが好ましい。 Furthermore, among the elongated substrate, it is preferable to use a transparent flexible material long. ロールトゥロールプロセスを経ることにより連続的に光学補償偏光板を作製することができ、製造効率のよい位相差板とすることが可能であるからである。 It is possible to produce a continuous optical compensation polarizer Through the roll-to-roll process, since it is possible to good manufacturing efficiency retarder. このような長尺の透明なフレキシブル材としては、例えばポリカーボネート、ポリエチレンテレフタレート、ポリエチレンナフタレート、ジアセチルセルロース、トリアセチルセルロース、ポリプロピレン等の透明樹脂フィルムを挙げることができる。 Such a transparent flexible material, such long, such as polycarbonate, polyethylene terephthalate, polyethylene naphthalate, may be mentioned diacetyl cellulose, triacetyl cellulose, a transparent resin film such as polypropylene.

本発明おいては特に、TAC(トリアセチルセルロース)フィルムが好ましい。 Keep the present invention in particular, TAC (triacetylcellulose) film is preferred. TACフィルムは、透明性が高く位相差が生じにくいといった光学特性、および汎用性に優れているからである。 TAC film is because the phase difference high transparency is excellent in optical properties, and versatility such unlikely to occur.

(2)機能層 本発明においては、上記基板上に機能層が形成されていてもよい。 (2) In the functional layer present invention may be a functional layer on the substrate is formed. 本発明に用いられる機能層としては、一般に液晶表示素子に用いられるものであれば特に限定されるものではなく、例えばカラーフィルタ層等を挙げることができる。 The functional layer used in the present invention, generally is not particularly limited as long as it is used in a liquid crystal display device, it may include, for example, a color filter layer or the like.

上記カラーフィルタ層としては、一般に液晶表示素子のカラーフィルタ層として用いられているものであれば特に限定されるものではなく、顔料や樹脂を用いたものを使用することができる。 As the color filter layer, generally it is not particularly limited as long as it is used as a color filter layer of the liquid crystal display device, it is possible to use those using pigments and resins. また、各色の間にブラックマトリックスが形成されていてもよい。 It may also have a black matrix is ​​formed between the respective colors.

(3)その他 本発明においては、基材と樹脂層との密着性を向上させるために、基材に表面処理を行ってもよい。 (3) In other present invention, in order to improve the adhesion between the substrate and the resin layer may be subjected to a surface treatment to the substrate. 具体的には、グロー放電処理、コロナ放電処理、UV処理、ケン化処理等を用いることができる。 Specifically, glow discharge treatment, corona discharge treatment, UV treatment, or saponification treatment. また、基材上にプライマー層を形成してもよい。 Further, a primer layer may be formed on the substrate. さらに、硬化性樹脂から基材を保護する目的でプライマー層(バリア層)を設けてもよい。 Furthermore, it is also possible to provide a primer layer (barrier layer) for the purpose of protecting the substrate from the cured resin. このようなプライマー層としては、例えばシラン系、チタン系のカップリング剤等を挙げることができる。 Such primer layers, such as silane-based, and a coupling agent such as titanium-based.

5. 5. 光学補償偏光板 本発明の光学補償偏光板の膜厚は、その光学補償偏光板の用途や種類により適宜選択されるものであるが、通常50μm〜500μmの範囲内とすることができる。 Thickness of the optical compensation polarizer of optical compensation polarizer present invention is intended to be appropriately selected depending on applications and the type of the optical compensation polarizer may be in the range of from 50 microns and 500 microns.

B. B. 液晶表示素子用基板 次に、本発明の液晶表示素子用基板について説明する。 LCD board element will be described substrate for a liquid crystal display device of the present invention.
本発明の液晶表示素子用基板は、上述した光学補償偏光板と、電極層と、配向膜とを有することを特徴とするものである。 Substrate for a liquid crystal display device of the present invention is characterized by having an optical compensation polarizing plate described above, the electrode layer, and an alignment film.

本発明の液晶表示素子用基板について図面を参照しながら説明する。 For the substrate for liquid crystal display device of the present invention will be described with reference to the drawings. 図4は本発明の液晶表示素子用基板の一例を示す概略断面図である。 Figure 4 is a schematic sectional view showing an example of a substrate for a liquid crystal display device of the present invention. 図4に示すように、本発明の液晶表示素子用基板は、基材1、上記基材1上に形成された樹脂層2、上記樹脂層2上に形成された偏光層3、および上記偏光層3上に形成された光学補償層4を有する光学補償偏光板11と、上記光学補償偏光板11の光学補償層4上に形成された電極層5と、上記電極層5上に形成された配向膜6とを有するものである。 Figure 4 As shown, the substrate for a liquid crystal display device of the present invention comprises a substrate 1, the substrate 1 resin layer 2 formed on polarizing layer 3 formed on the resin layer 2, and the polarization an optical compensation polarizer 11 having an optical compensation layer 4 formed on the layer 3, the electrode layer 5 formed on the optical compensation layer 4 of the optical compensation polarizer 11, which is formed on the electrode layer 5 those having an alignment film 6.

上記配向膜は、本発明の液晶表示素子用基板を用いて液晶表示素子を作製する場合、液晶層を構成する液晶を配向させるための配向膜であることから、この配向膜の配向方向と光学補償偏光板の光学軸とを所定の角度とすることにより、光学補償が可能となる。 The alignment film, when manufacturing a liquid crystal display device using a substrate for a liquid crystal display device of the present invention, since it is the orientation film for orienting the liquid crystal constituting the liquid crystal layer, the alignment direction and the optical of the alignment film by the optical axis of the compensation polarizing plate with a predetermined angle, thereby enabling optical compensation. また、上述したように、本発明においては光学補償偏光板の光学軸を任意の角度に設定することができるので、光学補償偏光板および配向膜を容易に上述した配置とすることが可能であり、所望の光学特性をもつ液晶表示素子用基板を容易に得ることができる。 In addition, as described above, since in the present invention can set the optical axis of the optical compensation polarizing plate at any angle, it is possible to easily aforementioned disposed an optical compensation polarizer and alignment layer , it is possible to easily obtain the substrate for a liquid crystal display element having the desired optical properties.

また、本発明の液晶表示素子用基板は、偏光層と光学補償層とが一体に形成された光学補償偏光板を用いることから、液晶表示素子用基板の薄型化および軽量化が可能であり、積層数の多さによる透過率の低下を抑制することができる。 The substrate for a liquid crystal display device of the present invention, since the polarizing layer and the optical compensation layer is used an optical compensation polarizer formed integrally, but may be thinner and lighter board for a liquid crystal display element, a decrease in transmittance due to abundance of lamination number can be suppressed.

さらに、本発明においては、光学補償偏光板の偏光層および光学補償層が、光学補償偏光板の基材よりも配向膜側に形成されている場合、本発明の液晶表示素子用基板を用いて液晶表示素子とした際に、基材の内側に偏光層および光学補償層が形成されることになるので、基材の複屈折による影響を受けることがなく、基材に用いる材料の選択肢が広がるため、液晶表示素子の薄型化および軽量化を図ることができ、さらには製造コストの削減にもつながる。 Further, in the present invention, the polarizing layer and the optical compensation layer of the optical compensation polarizing plate, if it is formed on the orientation film side of the base material of the optical compensation polarizer, using the substrate for a liquid crystal display device of the present invention upon a liquid crystal display element, it means that the polarizing layer and the optical compensation layer is formed inside the substrate, not affected by birefringence of the substrate, spreading the choice of the material used for the substrate Therefore, it is possible to reduce the thickness and weight of the liquid crystal display device, further leads to reduction of manufacturing cost.
以下、このような液晶表示素子用基板の各構成について説明する。 The following describes the structure of such a substrate for a liquid crystal display device. なお、基材、樹脂層、偏光層、光学補償層および光学補償偏光板については、上述した「A.光学補償偏光板」の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Incidentally, the base material, a resin layer, a polarizing layer, the optical compensation layer and the optical compensation polarizer is similar to that described in the section described above "A. optical compensation polarizing plate", explanation here is omitted to.

1. 1. 配向膜 本発明に用いられる配向膜は、本発明の液晶表示素子用基板を用いて液晶表示素子とした際に、液晶を配向させるものであり、液晶表示素子用基板の最表面に形成されるものである。 Alignment layer used in the alignment film present invention, when using a substrate for a liquid crystal display device of the present invention is a liquid crystal display device is intended to align the liquid crystal, it is formed on the outermost surface of the substrate for a liquid crystal display device it is intended.

本発明に用いられる配向膜としては、液晶を配向させることができるものであれば特に限定されるものではなく、例えばラビング膜、光配向膜等を用いることができる。 As the alignment film used in the present invention, as long as it can align the liquid crystal is not particularly limited, and may be, for example, rubbing film, a photo-alignment film and the like. この配向膜の形成位置としては、液晶表示素子用基板の最表面であれば特に限定されるものではなく、例えば図4に示すように光学補償偏光板11の光学補償層4が設けられている側の最表面であってもよく、図示しないが光学補償偏光板の基材が設けられている側の最表面であってもよいが、基材の複屈折による影響を考慮すると、配向膜は光学補償偏光板の光学補償層が設けられている側の最表面に形成されていることが好ましい。 The formation position of the alignment film, but the present invention is not particularly limited as long as the outermost surface of the substrate for a liquid crystal display device, for example, an optical compensation layer 4 of the optical compensation polarizer 11 as shown in FIG 4 is provided it may be the outermost surface of the side and not shown may be a top surface on which the substrate of the optical compensation polarizing plate is provided, but considering the influence of the birefringence of the substrate, the alignment film it is preferable that the optical compensation layer of the optical compensation polarizer is formed on the outermost surface of the provided side.

2. 2. 電極層 本発明に用いられる電極層としては、一般に液晶表示素子の電極層として用いられているものであれば特に限定されるものではなく、例えば酸化インジウム、酸化錫、酸化インジウム錫(ITO)等の透明電極や、クロム、アルミニウム等の金属電極などが挙げられる。 The electrode layer used in the electrode layer present invention, generally is not particularly limited as long as it is used as an electrode layer of a liquid crystal display device, for example indium oxide, tin oxide, indium tin oxide (ITO) or the like transparent electrodes and of chromium, such as a metal electrode of aluminum, and the like.

上記電極層の形成位置としては、上記配向膜と光学補償偏光板の基材との間であって、樹脂層と偏光層との間あるいは偏光層と光学補償層との間以外の位置であれば特に限定されるものではない。 The formation position of the electrode layer, be between the base material of the alignment film and the optical compensation polarizer, there at a position other than between or between polarizing layer and the optical compensation layer between the resin layer and the polarizing layer It is not particularly limited so. 例えば上記配向膜が光学補償偏光板の光学補償層側に形成されている場合、電極層の形成位置としては、図4に示すように光学補償板11の光学補償層4と配向膜6との間であってもよく、また図示しないが、光学補償偏光板の基材と樹脂層との間であってもよい。 For example, when the alignment film is formed on the optical compensation layer side of the optical compensation polarizer, the formation position of the electrode layer, the optical compensation layer 4 of the optical compensation plate 11 as shown in FIG. 4 and the alignment film 6 it may be between, also not shown, may be between the substrate and the resin layer of the optical compensation polarizer. また、基材が基板と機能層とを有する場合は、基板と機能層との間に電極層が形成されていてもよい。 Further, if the substrate has the substrate and the functional layer, the electrode layer may be formed between the substrate and the functional layer. 一方、上記配向膜が光学補償偏光板の基材側に形成されている場合、電極層の形成位置としては、光学補償偏光板の基材と配向膜との間であってもよく、基材が基板と機能層とを有する場合は基板と機能層との間であってもよい。 On the other hand, if the alignment film is formed on the substrate side of the optical compensation polarizer, the formation position of the electrode layer may be between the substrate and the orientation layer of the optical compensation polarizing plate, substrate there may be between the substrate and the functional layer when having the substrate and the functional layer.

C. C. 液晶表示素子 次に、本発明の液晶表示素子について説明する。 The liquid crystal display device Next, description will be given of a liquid crystal display device of the present invention.
本発明の液晶表示素子は、上述した光学補償偏光板を用いることを特徴とするものである。 The liquid crystal display device of the present invention is characterized by using the optical compensation polarizing plate described above.

本発明においては、上述したように光学補償偏光板の光学軸を任意に設定することができるので、液晶セルの走査線方向に対して光学軸が所定の角度をなすように光学補償偏光板を配置する際には、位置合わせによる光学補償偏光板の切れ端の無駄を省くことができ、安価で製造効率のよい液晶表示素子とすることが可能である。 In the present invention, it is possible to arbitrarily set the optical axis of the optical compensation polarizing plate as described above, the optical compensation polarizing plate such that the optical axes form a predetermined angle with respect to the scanning line direction of the liquid crystal cell when arrangement can eliminate unnecessary piece of optical compensation polarizer according to the alignment, it is possible to good liquid crystal display device of manufacturing efficiency at low cost. また、上述した光学補償偏光板は、偏光層と光学補償層とが一体に形成されたものであるので、液晶表示素子を薄型化および軽量化することができ、積層数の多さによる透過率の低下を抑制することができる。 The optical compensation polarizer described above, since the polarizing layer and the optical compensation layer is one formed integrally with the liquid crystal display device can be made thinner and lighter, transmittance by abundance of lamination number it is possible to suppress a decrease of.

本発明の液晶表示素子としては、液晶セルと光学補償偏光板とが積層されたものであれば特に限定されるものではない。 As the liquid crystal display device of the present invention, it is not particularly limited as long as it the liquid crystal cell and the optical compensation polarizing plates are stacked. また、液晶セルとしては、一般に液晶表示素子に用いられるものを使用することができる。 As the liquid crystal cell, generally it can be used those used in a liquid crystal display device.

また、本発明においては、液晶表示素子が上述した液晶表示素子用基板を用いたものであることが好ましい。 In the present invention, it is preferred the liquid crystal display element is one using a substrate for a liquid crystal display element described above. 上記液晶表示素子用基板において、光学補償偏光板の偏光層および光学補償層が、光学補償偏光板の基材よりも配向膜側に形成されている場合、すなわち、本発明の液晶表示素子において、基材の内側に偏光層および光学補償層が形成されている場合は、基材の複屈折による影響を受けないため、基材に用いる材料の選択肢が広がるので、液晶表示素子の薄型化および軽量化を図ることができるからである。 In the substrate for the liquid crystal display device, if the polarizing layer and the optical compensation layer of the optical compensation polarizer is formed on the orientation film side of the base material of the optical compensation polarizer, i.e., in the liquid crystal display device of the present invention, If the polarizing layer and an optical compensation layer on the inner side of the substrate is formed is not influenced by the birefringence of the substrate, the choice of the material is spread to be used for the base material, thickness and weight of the liquid crystal display device This is because it is possible to achieve reduction. これは、製造コストの削減にもつながるものである。 This is what leads to reduced manufacturing cost.

D. D. 光学補償偏光板の製造方法 次に、本発明の光学補償偏光板の製造方法について説明する。 Method of manufacturing an optical compensation polarizing plate Next, a method for manufacturing an optical compensation polarizing plate of the present invention.
本発明の光学補償偏光板の製造方法は、基材上またはパターン状の凸部を有する凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程、および、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離してパターン状の凹部を形成する凹部形成工程を行うことにより樹脂層を形成する樹脂層形成工程と、 Method of manufacturing an optical compensation polarizing plate of the present invention, the coating step of applying the curable resin composition for forming recesses on a substrate having an on the substrate or pattern-shaped convex portion, the substrate and the recess-forming substrate , arrangement step of superimposing across the curable resin composition, curing step of curable resin by curing the above curable resin composition, and, the concave portion formed from the curable resin composition or the curable resin a resin layer forming step of forming a resin layer by the use substrate peeling to perform a recess forming step of forming a patterned recess,
上記樹脂層上に二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記樹脂層の凹部により上記二色性染料を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程、上記塗膜を乾燥する乾燥工程、および、上記二色性染料の配向状態を固定化する固定化工程を行うことにより偏光層を形成する偏光層形成工程と、 The resin layer by coating a polarizing layer forming coating liquid containing a dichroic dye, a coating film formation step by the recess of the resin layer by orienting the dichroic dye to form a coating film, the coating drying step of drying the film, and a polarization layer forming step of forming a polarizing layer by performing a fixing step to fix the alignment state of the dichroic dye,
上記偏光層上に液晶組成物を塗布し、上記偏光層により液晶を配向させ、上記液晶の配向状態を固定化することにより光学補償層を形成する光学補償層形成工程とを有することを特徴とするものである。 The liquid crystal composition is applied to the polarizing layer, to align the liquid crystal by the polarizing layer, and characterized by having an optical compensation layer forming step of forming an optical compensation layer by fixing the alignment state of the liquid crystal it is intended to.

本発明の光学補償偏光板の製造方法について図面を参照しながら説明する。 It will be described with reference to the drawings a method for manufacturing an optical compensation polarizing plate of the present invention. 図5は、本発明の光学補償偏光板の製造方法の一例を示す工程図である。 Figure 5 is a process diagram showing an example of a method of manufacturing an optical compensation polarizing plate of the present invention. 図5に示すように、本発明の光学補償偏光板の製造方法においては、まず、基材1上に硬化性樹脂組成物22を塗布し(図5(a)、塗布工程)、基材1およびパターン状の凸部を有する凹部形成用基板25を硬化性樹脂組成物22を挟んで重ね合わせ、エネルギー26を照射することにより硬化性樹脂組成物22を硬化させる(図5(b)、配置工程および硬化工程)。 As shown in FIG. 5, in the method of manufacturing an optical compensation polarizing plate of the present invention, first, a curable resin composition 22 is coated on the substrate 1 (FIG. 5 (a), the coating process), the substrate 1 and recess-forming substrate 25 having a patterned protrusions superimposed across the curable resin composition 22, to cure the curable resin composition 22 by irradiating energy 26 (FIG. 5 (b), the arrangement step and the curing step). さらに、凹部形成用基板25を剥離することにより、パターン状の凹部を有する樹脂層2が形成される(図5(c)、凹部形成工程)。 Furthermore, by separating the recess-forming substrate 25, a resin layer 2 having a patterned recess is formed (FIG. 5 (c), the concave portion forming step). このようにして樹脂層形成工程が行われる。 In this manner, the resin layer forming step is performed.

次に、上記樹脂層2上に二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液23を塗布し、樹脂層2の凹部により二色性染料を配向させ、塗膜を形成する(図5(d)、塗膜形成工程)。 Then, the polarization layer forming coating solution 23 containing a dichroic dye on the resin layer 2 is applied, by the recess of the resin layer 2 to orient the dichroic dye, to form a coating film (Figure 5 (d), the coating film formation step). さらに、上記塗膜を乾燥させる乾燥工程を行い、この乾燥した塗膜23´上に疎水化処理液27を塗布して疎水化処理し、上記二色性染料の配向状態を固定化する(図5(e)、固定化工程)。 Moreover, subjected to drying step of drying the coating film, the dry and on the coating 23 'a hydrophobic treatment liquid 27 was applied to a hydrophobic treatment, to fix the alignment state of the dichroic dye (Fig. 5 (e), fixing step). 次いで、上記疎水化処理液を洗浄して乾燥することにより、偏光層3を形成する(図5(f))。 Then, by drying by washing the hydrophobic treatment solution to form a polarizing layer 3 (FIG. 5 (f)). このようにして偏光層形成工程が行われる。 In this way, the polarizing layer forming step is performed.

最後に、偏光層3上に液晶組成物24を塗布し、上記液晶組成物24中の液晶が液晶相となるように配向処理して上記偏光層3の配向能を利用して液晶を配向させる(図5(g))。 Finally, by applying a liquid crystal composition 24 on the polarizing layer 3, to orient the liquid crystal in the liquid crystal in the liquid crystal composition 24 are oriented treated to be liquid phase using the alignment ability of the polarizing layer 3 (Fig. 5 (g)). さらに、紫外線28を照射して液晶を重合させ、配向状態を固定化することにより光学補償層4を形成する(図5(h))。 Further, the ultraviolet 28 is irradiated to polymerize the liquid crystal, to form an optical compensation layer 4 by fixing the alignment state (FIG. 5 (h)). このようにして光学補償層形成工程が行われる。 In this way, the optical compensation layer forming step is performed.

本発明においては、樹脂層の凹部によって二色性染料を配向させることにより、偏光性および配向能を有する偏光層が形成され、また、偏光層の配向能を利用して液晶を配向させることにより光学補償層が形成される。 In the present invention, by aligning the dichroic dye by the recess of the resin layer, a polarizing layer is formed having a polarizing and aligning ability, also by aligning the liquid crystal by utilizing the alignment ability of the polarizing layer the optical compensation layer is formed. さらに、上記樹脂層は、凹部形成用基板の凸部が複製されることにより形成されることから、本発明においては、凹部形成用基板の凸部のパターンを適宜選択することにより、偏光層を構成する二色性染料の配向方向および光学補償層を構成する液晶の配向方向を制御することが可能となる。 Further, the resin layer, since it is formed by the convex portion of the substrate recess formed is replicated, in the present invention, by appropriately selecting the pattern of the convex portion of the substrate recessed portion forming a polarizing layer possible to control the alignment direction of the liquid crystal constituting the alignment direction and an optical compensation layer of the dichroic dye constituting become. すなわち、偏光層の吸収軸および光学補償層の光学軸を任意に設定することができるのである。 That is, it is possible to arbitrarily set the optical axis of the absorption axis and the optical compensation layer of the polarizing layer. これにより、例えば長尺の透明樹脂フィルムの長尺方向に対して特定の角度をなす光学軸を有する光学補償偏光板や、ウェブ状のガラス基板の斜め方向に光学軸を有する光学補償偏光板を容易に製造することができる。 Thus, for example, optical compensation polarizing plate having an optical axis which forms a certain angle with respect to the longitudinal direction of the transparent resin film long, the optical compensation polarizer having an optical axis in an oblique direction of the web-like glass substrate it can be easily manufactured. また、このような凹部形成用基板の原版を一度作製するだけで、任意の方向に光学軸をもつ光学補償偏光板を大量に製造できるため、製造効率が向上するという利点も有する。 Also it has the advantage that this is only to produce a precursor of recess-forming substrate once, since it mass-produced optical compensation polarizer having an optical axis in any direction, thereby improving the manufacturing efficiency.

また、本発明により製造された光学補償偏光板は、上述したように所望の向きに光学軸を設定することが可能であるため、液晶表示素子に組み込む際には、位置合わせによる光学補償偏光板の切れ端の無駄を省くことができ、製造コストの削減および製造工程の簡略化が可能である。 The optical compensation polarizer manufactured according to the present invention, since it is possible to set the optical axis to a desired orientation as described above, when incorporated into the liquid crystal display device, an optical compensation polarizer according to the alignment can eliminate unnecessary scraps, it is possible to simplify the manufacturing cost reduction and manufacturing process.

さらに、本発明においては、偏光層と光学補償層とを一体に形成するので、光学補償偏光板の薄型化および軽量化が可能である。 Further, in the present invention, because it forms a polarizing layer and the optical compensation layer together, it is possible to thickness and weight reduction of the optical compensation polarizer. また、従来の偏光板および光学補償板を別個に形成し貼り合わせた場合と比較して、本発明においては偏光層と光学補償層との間に保護フィルムが介在しないので、保護フィルムによる屈折率変化を考慮する必要がないという利点を有する。 Further, as compared with the case of the conventional polarizing plate and optical compensation plate combined separately formed paste, since the protective film is not interposed between the polarizing layer and the optical compensation layer in the present invention, the refractive index due to the protective film It has the advantage that it is not necessary to consider the change. さらにまた、従来の偏光板および光学補償板を貼り合わせた場合と比較して、本発明においては保護フィルムが何層も積層されることがなく、かつ偏光層が光学補償層の配向膜として機能するので、積層数を少なくすることが可能であり、透過率の低下を抑制することができる。 Furthermore, as compared with the case of bonding a conventional polarizing plate and optical compensation plate, without the protective film is laminated multiple layers in the present invention, and functional polarizing layer as an alignment film of the optical compensation layer since, it is possible to reduce the number of laminated layers, it is possible to suppress the decrease in transmittance.
以下、このような光学補償偏光板の製造方法の各工程について説明する。 The following describes each step of the manufacturing method of such an optical compensation polarizer.

1. 1. 樹脂層形成工程 本発明における樹脂層形成工程は、基材上またはパターン状の凸部を有する凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程と、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程と、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程と、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離してパターン状の凹部を形成する凹部形成工程とを有するものである。 The resin layer forming step in the resin layer forming step The present invention includes a coating step of applying the curable resin composition for forming recesses on a substrate having an on the substrate or pattern-shaped convex portions, for the substrate and the recess formed the substrate, the arrangement step of superimposing across the curable resin composition, the curing process and, the curable resin composition or the curable resin to the curable resin by curing the above curable resin composition those having a concave portion forming step of forming a patterned concave portion is peeled off recess-forming substrate.
以下、このような樹脂層形成工程の各工程について説明する。 The following describes each step of such a resin layer forming step.

(1)塗布工程 本発明における樹脂層形成工程においては、まず、基材上またはパターン状の凸部を有する凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程が行われる。 (1) In the resin layer forming step in the coating process the present invention, firstly, coating step of coating a curable resin composition for forming recesses on a substrate having an on the substrate or pattern-shaped convex portion is carried out.
以下、本工程に用いられる凹部形成用基板および硬化性樹脂組成物の塗布方法について説明する。 The following describes the method of applying recess-forming substrate and a curable resin composition used in this step.

(凹部形成用基板) (Substrate recess formed)
まず、本工程に用いられる凹部形成用基板について説明する。 First, it will be described for forming recesses substrate used in the present process. 本工程に用いられる凹部形成用基板は、表面にパターン状の凸部を有するものである。 Recess-forming substrate used in the present process are those having a protrusion pattern on the surface. また、この凸部は、目的とする樹脂層の凹部に対して対称となるように形成されているものである。 Further, the convex portions are those which are formed so as to be symmetrical with respect to the concave portion of the resin layer of interest.

本発明に用いられる凹部形成用基板が有する凸部の形状としては、目的とする樹脂層の凹部を形成することができるようなものであれば、特に限定されるものではない。 The shape of the convex portion having a concave portion for forming a substrate used in the present invention, as long as such can form a concave portion of the resin layer of interest, but is not particularly limited.

また、本発明に用いられる凹部形成用基板は、二色性染料が長尺の基材の長尺方向に対して任意の角度をなして配向するような樹脂層の凹部を形成するための凸部を有することが好ましい。 The recess-forming substrate used in the present invention, a convex for forming the recess of the resin layer, such as oriented at an arbitrary angle to the longitudinal direction of the dichroic dye is elongated substrate it is preferred to have the parts. 凹部形成用基板の凸部を上述したようなものとすることにより、所望の光学特性を有する光学補償偏光板を容易に安価に製造することができるからである。 With the projections of the recess-forming substrate as described above, it is because it can easily be produced at low cost optical compensation polarizer having the desired optical properties.

なお、凸部の幅、高さ、形状およびパターン等は、上述した樹脂層の凹部と対応するものであるので、ここでの説明は省略する。 The width of the protrusion, the height, the shape and pattern, etc., which corresponds with the recess of the above-mentioned resin layer, explanation here is omitted.

また、上記凹部形成用基板としては、可撓性を有するもの、例えば樹脂フィルム等であってもよいし、可撓性を有さないもの、例えばガラス等であってもよい。 Further, as the recess-forming substrate, those having flexibility, for example, may be a resin film, which flexible no, may be, for example, glass or the like. 本発明においては、凹部形成用基板は繰り返し用いられるものであることから、所定の強度を有する材料が好適に用いられる。 In the present invention, since the substrate recess formed is intended to be repeatedly used, a material having a predetermined strength is suitably used. 具体的には、ガラス、セラミック、金属、プラスチック等を挙げることができる。 Specifically, mention may be made of glass, ceramics, metals, plastics and the like. このような材料は、後述する凸部の形成方法により、適宜選択されるものである。 Such materials, the method for forming the convex portion to be described later, is appropriately selected. さらに、上記凹部形成用基板は、後述する硬化工程における硬化性樹脂組成物を硬化させる際のエネルギーの照射方法により適宜選択される。 Furthermore, the recess-forming substrate is appropriately selected depending on the energy irradiation method for curing the curable resin composition in the curing step described below. すなわち、凹部形成用基板側からエネルギー線を照射する場合は、透明な材料であることが必要であるが、基材側からエネルギー線を照射する場合は、特に透明な材料に限定されるものではない。 That is, when irradiating the energy beam from the recess-forming substrate side, it is necessary to be a transparent material, when irradiating an energy beam from the substrate side, to be limited to the particular transparent material Absent.

上記凹部形成用基板は、凹凸用円筒ドラムにより移動していてもよく、さらには凹部形成用基板自体が凹凸用円筒ドラムを構成している、すなわち凹凸用円筒ドラムの表面に凸部が形成されていてもよい。 The recess-forming substrate, which may be moved by concave-convex cylindrical drum, more substrate itself recess formed constitutes the concave-convex cylindrical drum, i.e. convex portion is formed on the surface of the concave-convex cylindrical drum it may be. ロールトゥロールプロセスを経ることにより、基材上に凹部を連続的に複製することができ、製造効率が向上するからである。 Through the roll-to-roll process, it is possible to continuously replicate recess on a substrate, it is improved production efficiency. また、このような凹部形成用基板の原版を一度作製するだけで、任意の方向に光学軸をもつ光学補償偏光板を大量に製造できるため、製造効率をより一層向上させることができる。 Also, just to produce a precursor of such a recess-forming substrate once, since it mass-produced optical compensation polarizer having an optical axis in any direction, it is possible to further improve the manufacturing efficiency.

このような凸部の形成方法としては、例えばガラスや樹脂フィルム等をパターニングする方法、ガラス等の表面に感光性樹脂層等を塗布して、この感光性樹脂層をパターニングする方法などを用いることができる。 As the method for forming the convex portion, for example, a method of patterning a glass or a resin film or the like, by coating the photosensitive resin layer or the like on the surface of glass or the like, the use of a method of patterning the photosensitive resin layer can. パターニング方法としては、一般的な方法を用いることが可能であり、例えばフォトリソグラフィー法、スパッタ法、また機械的に切削する方法等が挙げられる。 The patterning method, it is possible to use a general method, for example, a photolithography method, a sputtering method, also and a method of mechanically cutting. さらに、斜め蒸着法、ラビング法等を用いることもできる。 Further, the oblique deposition method, it is also possible to use a rubbing method or the like.

(硬化性樹脂組成物の塗布方法) (The method of coating the curable resin composition)
本工程においては、硬化性樹脂組成物は、基材上に塗布してもよく、凹部形成用基板上に塗布してもよいものである。 In this step, the curable resin composition may be applied to the substrate, but may also be applied to a substrate recess formed. また、基材と凹部形成用基板とを所定の間隙をおいて固定し、その間に硬化性樹脂組成物を流し込み、塗布するものであってもよい。 Further, a substrate base material and the recess formed was fixed at a predetermined gap, pouring a curable resin composition during, or may be applied.

上記硬化性樹脂組成物の塗布方法としては、スピンコート法、ロールコート法、プリント法、ディップコート法、カーテンコート法(ダイコート法)等が挙げられる。 As a method for coating the curable resin composition, a spin coating method, a roll coating method, a printing method, a dip coating method, a curtain coating method (die coating method).

塗布された硬化性樹脂組成物の膜厚としては、0.1〜30μmの範囲内、中でも0.2〜10μmの範囲内であることが好ましい。 The thickness of the applied curable resin composition, in the range of 0.1 to 30 [mu] m, preferably in the range of inter alia 0.2 to 10 [mu] m. 膜厚が上記範囲より薄すぎると、硬化性樹脂組成物への凹部の複製が十分に行われない可能性があるからである。 If the film thickness is too thin than the above range, the replication of the recess of the curable resin composition there is a possibility that not sufficiently. また、膜厚が厚すぎると、本発明により製造された光学補償偏光板を薄型にすることが困難となるからである。 Further, the film thickness is too thick, because the optical compensation polarizing plate produced by the present invention becomes difficult to thin. また、基材がフィルムである場合、塗布面がカールしやすくなるという不具合が生じる可能性があるからである。 Further, when the substrate is a film, there is a possibility that a problem that the coating surface tends to curl occurs.

また、上記硬化性樹脂組成物が所望の膜厚となるように、塗布量を制御して上述した方法により塗布してもよく、塗布した後に余剰な硬化性樹脂組成物を取り除いてもよい。 Furthermore, as the curable resin composition has a desired thickness, it may be applied by the method described above by controlling the coating amount may be removed excess curable resin composition after application. 余剰な硬化性樹脂組成物を取り除く方法としては、ローラーを用いて取り除く方法、ドクターを用いて掻き取る方法等が挙げられる。 As a method of removing excess curable resin composition, a method of removing by using a roller, and a method of scraping with a doctor and the like. また、このような余剰な硬化性樹脂組成物を取り除く工程は、塗布工程後に行ってもよく、後述する配置工程後に行ってもよい。 The step of removing such excess curable resin composition may be carried out after the coating step may be performed after placement step described below.

なお、基材および硬化性樹脂組成物については、上述した「A.光学補償偏光板」の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Note that the substrate and the curable resin composition is the same as in the item of the above-described "A. optical compensation polarizing plate", explanation here is omitted.

(2)配置工程 次に、本発明における樹脂層形成工程の配置工程について説明する。 (2) arranging step will be described step of arranging the resin layer forming step in the present invention. 本発明における配置工程は、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる工程である。 Arrangement step of the present invention, the substrate and the recess-forming substrate is a step of superimposing across the curable resin composition.

上記基材および凹部形成用基板の配置方法としては、塗布された硬化性樹脂組成物が基材および凹部形成用基板と接するように配置されていれば特に限定されないが、硬化性樹脂組成物が基材と密着するように配置されることが好ましい。 As an arrangement method of the base material and recesses forming substrate is a curable resin composition applied is not particularly limited so long as it is placed in contact with the substrate and recesses forming substrate, the curable resin composition it is preferably arranged to be in close contact with the substrate. 硬化性樹脂組成物を硬化させた硬化性樹脂からなる樹脂層は基材上に形成されるため、硬化性樹脂組成物が基材と密着することが好ましいからである。 Resin layer made of a cured curable resin of the resin composition is cured is because it is preferable to be formed on a substrate, the curable resin composition is in close contact with the substrate. また、上記基材と上記凹部形成用基板とは、硬化性樹脂組成物が目的の膜厚となるように、間隙をおいて配置されることが好ましい。 Further, the above-mentioned substrate and the recess-forming substrate, as the curable resin composition is a thickness of interest, is preferably disposed at a gap.

また、上記基材と上記硬化性樹脂組成物との密着性を向上させるために、基材に表面処理行うことが好ましい。 In order to improve the adhesion between the substrate and the curable resin composition, it is preferable to perform surface treatment on the substrate. 具体的には、グロー放電処理、コロナ放電処理、UV処理、ケン化処理等を用いることができる。 Specifically, glow discharge treatment, corona discharge treatment, UV treatment, or saponification treatment. また、基材上にプライマー層を形成してもよい。 Further, a primer layer may be formed on the substrate. さらに、硬化性樹脂から基材を保護する目的でプライマー層(バリア層)を設けてもよい。 Furthermore, it is also possible to provide a primer layer (barrier layer) for the purpose of protecting the substrate from the cured resin. このようなプライマー層としては、例えばシラン系、チタン系のカップリング剤等を挙げることができる。 Such primer layers, such as silane-based, and a coupling agent such as titanium-based.

(3)硬化工程 本発明における樹脂層形成工程においては、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程が行われる。 (3) In the resin layer forming step in the curing process the present invention, the curing step of the curable resin by curing the above curable resin composition is conducted.

上記硬化性樹脂組成物の硬化方法としては、エネルギー線を照射する方法、加熱する方法等を挙げることができるが、本発明においてはエネルギー線を照射する方法を用いることが好ましい。 As the curing method for the curable resin composition, the method of irradiating the energy beam, there may be mentioned a method in which heating, it is preferable to use a method of irradiating the energy beam in the present invention. 本発明でいうエネルギー線とは、硬化性樹脂組成物に含まれるモノマーおよびポリマーに対して重合を起こさせる能力があるエネルギー線を示すものである。 The energy beam in the present invention shows a energy beam that is capable of causing the polymerization of the monomer and the polymer contained in the curable resin composition.

エネルギー線としては、硬化性樹脂組成物を重合せさることが可能なエネルギー線であれば特に限定されるものではないが、通常は装置の容易性等の観点から紫外光または可視光線が使用され、波長が150〜500nm、好ましくは250〜450nm、さらに好ましくは300〜400nmの照射光が用いられる。 As the energy ray, it is not particularly limited as long as it is a curable resin composition energy ray capable polymerization was Sarukoto the usually ultraviolet light or visible light is used from the viewpoint of ease of device , wavelength 150 to 500 nm, preferably 250 to 450 nm, more preferably the irradiation light of 300~400nm is used.

本発明においては、紫外線(UV)をエネルギー線として照射する方法が好ましい方法であるといえる。 In the present invention, it can be said that a method of irradiating ultraviolet (UV) as the energy beam is the preferred method. 活性放射線としてUVを用いる方法は、既に確立された技術であることから、用いる光重合開始剤を含めて、本発明への応用が容易であるからである。 A method using a UV as the active radiation is because it is already established technique, including a photopolymerization initiator used, because its application to the present invention is easy.

この照射光の光源としては、低圧水銀ランプ(殺菌ランプ、蛍光ケミカルランプ、ブラックライト)、高圧放電ランプ(高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ)、ショートアーク放電ランプ(超高圧水銀ランプ、キセノンランプ、水銀キセノンランプ)などが例示できる。 As the light source of the irradiation light, a low pressure mercury lamp (a germicidal lamp, a fluorescent chemical lamp, black light), a high pressure discharge lamp (high pressure mercury lamp, a metal halide lamp), a short arc discharge lamp (ultra-high pressure mercury lamp, xenon lamp, mercury-xenon lamp), and others. なかでもメタルハライドランプ、キセノンランプ、高圧水銀ランプ灯等の使用が推奨される。 Of these metal halide lamps, xenon lamps, the use of such a high-pressure mercury lamp lamp is recommended. また、照射強度は、硬化性樹脂組成物の組成や光重合開始剤の多寡によって適宜調整されて照射される。 The irradiation intensity is irradiated is adjusted appropriately depending on amount of the composition or a photopolymerization initiator in the curable resin composition.

また、硬化性樹脂組成物を硬化することにより得られる硬化性樹脂の膜厚としては、0.1〜30μmの範囲内、中でも0.2〜10μmの範囲内であることが好ましい。 The film thickness of the cured resin obtained by curing the curable resin composition, in the range of 0.1 to 30 [mu] m, preferably in the range of inter alia 0.2 to 10 [mu] m. 膜厚が厚すぎると、本発明により製造された光学補償偏光板が重厚となる可能性があるからである。 If the thickness is too thick, because the optical compensation polarizing plate produced by the present invention may become a massive. また、膜厚が薄すぎると、強靭性に劣るからである。 Further, the film thickness is too thin, because poor toughness.

本発明において、硬化工程は、上記塗布工程後、上記配置工程後、または凹部形成工程中のいずれに行ってもよいものである。 In the present invention, the curing process after the coating process, but may be made in any of the in after the placement step, or recess forming step. すなわち、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布した後に硬化させる(塗布工程後、第1の態様)、硬化性樹脂組成物を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置した後に硬化させる(配置工程後、第2の態様)、または、硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離した後に硬化させる(凹部形成工程中、第3の態様)のどの場合で行ってもよいものである。 That is, the cured causes (after coating step, the first aspect), the substrate and the recess forming substrate across the curable resin composition superposed curable resin composition was applied onto a substrate or recess-forming substrate (after disposing step, the second aspect) is cured after placement combined, or, (in the recess forming step, the third aspect) is to cure after separating the substrate recess formed from the curable resin composition when the throat it is those that may be carried out in. 以下、各態様について説明する。 The following describes each aspect.

(第1の態様) (The first aspect)
本発明において、硬化工程の第1の態様は、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布し、エネルギーを照射して上記硬化性樹脂組成物を硬化し、硬化して得られる硬化性樹脂を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置し、上記硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離し、凹部を形成するものである。 In the present invention, a first aspect of the curing step, the curable resin composition is applied to a substrate or recesses forming board is irradiated with energy to cure the curable resin composition, and cured to give curable resin by the base material and superposed recesses forming substrate sandwiching arranged to be, peeling the substrate recess formed from the curable resin, thereby forming a recess.

この際、上記硬化性樹脂組成物を硬化させるためのエネルギー線の照射方向としては、基材または凹部形成用基板側からでもよく、硬化性樹脂組成物側からでもよい。 At this time, the irradiation direction of the energy beam for curing the curable resin composition may also from the substrate or recess-forming substrate side, may be from the curable resin composition side. ただし、基材または凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布し、基材または凹部形成用基板側から照射する場合は、基材または凹部形成用基板が透明材料である必要がある。 However, the curable resin composition is applied to a substrate or recesses formed on the substrate for the case of irradiating the substrate or recess-forming substrate side, it is necessary substrate or recess-forming substrate is a transparent material.

また、基材上に硬化性樹脂組成物を塗布して硬化させる場合は、硬化して得られる硬化性樹脂の表面に凹部形成用基板を配置して、凹部を複製することから、硬化後も硬化性樹脂は所定の粘度を有している必要がある。 Also, the case of curing by applying a curable resin composition on a substrate is to place the recess-forming substrate on the surface of the cured resin obtained by curing, since duplicating the recess, after curing curable resin is required to have a predetermined viscosity. よって、硬化性樹脂組成物を完全に硬化させないことが好ましく、硬化性樹脂の表面に凹部形成用基板を配置した後、または硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離した後に、再度硬化させてもよい。 Therefore, it is preferable to not completely cure the curable resin composition, after placing the recess-forming substrate on the surface of the cured resin, or after separating the substrate recess formed of a curable resin, it is cured again good.

(第2の態様) (Second embodiment)
本発明において、硬化工程の第2の態様は、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布し、上記硬化性樹脂組成物を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置し、エネルギーを照射して上記硬化性樹脂組成物を硬化し、硬化して得られる硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離し、凹部を形成するものである。 In the present invention, the second aspect of the curing step, the curable resin composition was applied to a substrate or recesses formed on the substrate for superimposing the substrate and the recess forming substrate by sandwiching the curable resin composition Te was placed, by irradiation with energy to cure the curable resin composition, and separating the substrate recess formed of a curable resin obtained by curing, thereby forming a recess.

この際、上記硬化性樹脂組成物を硬化させるためのエネルギー線の照射方向としては、凹部形成用基板側からでもよく、基材側からでもよい。 At this time, the irradiation direction of the energy beam for curing the curable resin composition may even from recess-forming substrate side, may be from the substrate side. ただし、基材側から照射する場合は、基材が透明材料である必要があり、凹部形成用基板側から照射する場合は、凹部形成用基板が透明材料である必要がある。 However, the case of irradiating from the substrate side, it is necessary substrate is a transparent material, the case of irradiating from the recess-forming substrate side, it is necessary for forming recesses substrate is a transparent material.

(第3の態様) (Third aspect)
本発明において、硬化工程の第3の態様は、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布し、上記硬化性樹脂組成物を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置し、上記硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離し、エネルギーを照射して上記硬化性樹脂組成物を硬化し、凹部を形成するものである。 In the present invention, a third aspect of the curing step, the curable resin composition was applied to a substrate or recesses formed on the substrate for superimposing the substrate and the recess forming substrate by sandwiching the curable resin composition Te was placed, in which peeling off the substrate recess formed from the curable resin composition is irradiated with energy to cure the curable resin composition to form a recess.

この際、上記硬化性樹脂組成物を硬化させるためのエネルギー線の照射方向としては、硬化性樹脂組成物側からでもよく、基材側からでもよい。 At this time, the irradiation direction of the energy beam for curing the curable resin composition may also from the curable resin composition side, may be from the substrate side. ただし、基材側から照射する場合は、基材が透明材料である必要がある。 However, the case of irradiating from the substrate side, it is necessary substrate is a transparent material.

また、硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離した後に、硬化性樹脂組成物を硬化させることから、硬化性樹脂組成物は凹部形成用基板を剥離した後も凹部を維持している必要がある。 Further, after peeling the substrate recess formed from the curable resin composition, the curing the curable resin composition, the curable resin composition is required to maintain the recess even after peeling the substrate recess formed there is. よって、硬化性樹脂組成物が所定の粘度を有するように、硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離する前に、予め半硬化状態とさせてもよい。 Thus, as the curable resin composition has a predetermined viscosity, prior to separating the substrate recess formed from the curable resin composition, it may be previously in a semi-cured state.

(4)凹部形成工程 本発明における樹脂層形成工程においては、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離してパターン状の凹部を形成する凹部形成工程が行われる。 (4) In the resin layer forming step in the recess forming step present invention, the concave portion forming step of forming a patterned concave portion was peeled off the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin is performed .

上記硬化性樹脂組成物もしくは上記硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離する方法としては、硬化性樹脂組成物もしくは硬化性樹脂が凹部形成用基板から剥がれ、基材に密着しており、かつ凹部が形成されていれば、特に限定されるものではない。 As a method for peeling the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin, the curable resin composition or the curable resin is peeled off from the substrate recess formed in close contact to the substrate, and the recess There be formed, it is not particularly limited.

また、本発明においては、凹部形成用基板が凹凸用円筒ドラムにより移動し、基材が基材用円筒ドラムにより移動しており、上記二つの円筒ドラム上で硬化性樹脂組成物または硬化性樹脂を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせ、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離し、上記基材上に連続的に凹部を複製することにより、凹部を有する樹脂層が形成されてもよい。 In the present invention, the recess forming the substrate is moved by concave-convex cylindrical drum, the substrate is moving through the cylindrical drum base, the curable resin composition on said two cylindrical drum or curable resin overlay a substrate and a recess-forming substrate across, was peeled off the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin, by replicating continuously recess on the base material, resin layer may be formed to have a recess. さらに、上記凹部形成用基板が、凹凸用円筒ドラムであってもよい。 Furthermore, the recess-forming substrate may be a cylindrical drum uneven. ロールトゥロールプロセスを経ることにより、基材上に凹部の複製を連続的に行うことができ、製造効率が向上するからである。 Through the roll-to-roll process, a replica of the recess can be continuously performed on the substrate are improved production efficiency. また、このような凹部形成用基板の原版を一度作製するだけで、任意の方向に光学軸をもつ光学補償偏光板を大量に製造できるからである。 Also, just to produce a precursor of such a recess-forming substrate once, because it produced a large amount of optical compensation polarizer having an optical axis in any direction.

(5)その他 本発明においては、上記樹脂層形成工程の後、凹部を有する樹脂層表面を親水化する親水化処理工程が行われることが好ましい。 (5) In other present invention, after the resin layer forming step, a hydrophilic treatment step for hydrophilizing the surface of the resin layer having recesses is preferably performed. 通常、上述した樹脂層形成工程を行うと、形成された樹脂層表面は撥水性が高くなり、二色性染料が十分に配向しない可能性があるからである。 Usually, when the above resin layer forming step, the formed resin layer surface becomes high water repellency, since the dichroic dye may not sufficiently oriented. なお、親水化処理方法に関しては、上述した「A.光学補償偏光板」の樹脂層の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 With respect to the hydrophilic treatment method is the same as in the item of the resin layer of the above-described "A. optical compensation polarizing plate", explanation here is omitted.

2. 2. 偏光層形成工程 次に、本発明における偏光層形成工程について説明する。 Polarizing forming process will now be described polarizing layer forming step in the present invention. 本発明における偏光層形成工程は、上記樹脂層上に二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記樹脂層の凹部により上記二色性染料を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程と、上記塗膜を乾燥する乾燥工程と、上記二色性染料の配向を固定化する固定化工程とを有するものである 以下、このような偏光層形成工程における各工程について説明する。 Polarizing layer forming step in the present invention is coated with a polarizing layer forming coating liquid containing a dichroic dye to the resin layer, a coating film by orienting the dichroic dye by the recess of the resin layer a film forming step of forming, a step of drying the coating film, the following are those having a fixing step of fixing the orientation of the dichroic dye, each step in such a polarization layer forming step It will be described.

(1)塗膜形成工程 本発明における偏光層形成工程においては、まず、上記樹脂層上に二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記樹脂層の凹部により上記二色性染料を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程が行われる。 (1) In the polarizing layer forming step in the coating film forming step present invention, first, by applying a polarizing layer forming coating liquid containing a dichroic dye to the resin layer, the two-by the recess of the resin layer coating film forming step of forming a coating film is performed by orienting the color dye.

本発明用いられる偏光層形成用塗工液は、二色性染料を含有するものであり、この二色性染料を溶媒に分散または溶解させたものである。 Polarizing layer forming coating solution used present invention are those containing a dichroic dye, in which the dichroic dye is dispersed or dissolved in a solvent. なお、二色性染料については、上述した「A.光学補償偏光板」の偏光層の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Note that the dichroic dye is the same as in the item of the polarizing layer of the above-described "A. optical compensation polarizing plate", explanation here is omitted.

上記偏光層形成用塗工液に用いられる溶媒としては、上述した二色性染料に導入された置換基によって適宜選択される。 The solvent used in the polarizing layer forming coating solution is appropriately selected depending on substituents introduced into a dichroic dye as described above. 例えばスルホン酸基等の親水性基が導入されている場合は、溶媒としては水が用いられる。 For example, when a hydrophilic group such as sulfonic acid group is introduced as the solvent water is used. 一方、長鎖のアルキル基等の疎水性基が導入されている場合は、有機溶媒が用いられる。 On the other hand, if the hydrophobic group such as long chain alkyl group is introduced, the organic solvent is used. このような有機溶媒としては、一般的なものを使用することができる。 As such organic solvents, it may be used common. また、上記偏光層形成用塗工液は、必要に応じて例えばポリエチレングリコール等の界面活性剤等の各種添加剤を含有していてもよい。 Also, the polarizing layer forming coating solution may contain various additives such as a surfactant, such as, for example, polyethylene glycol, if necessary.

また、本発明に用いられる偏光層形成用塗工液は、上記の中でも、水系であることが好ましい。 Also, the polarizing layer forming coating solution used in the present invention, among the above, it is preferable that the water-based. 本発明に用いられる二色性染料として、カラム構造を形成し、親水性基を有しており、水溶液中でリオトロピック液晶性を示すものが好適に用いられるからである。 As the dichroic dye used in the present invention, to form a column structure has a hydrophilic group, because is preferably used having lyotropic liquid crystallinity in aqueous solution.

このような偏光層形成用塗工液の塗布方法としては、上記二色性染料の法線方向が一定方向に揃うように配列させることができるものであれば特に限定されるものではないが、中でも、剪断応力が加わらない方法であることが好ましい。 The coating method of such a polarizing layer forming coating solution is not particularly limited as long as it can be normal to the direction of the dichroic dye be arranged so as to be aligned in a predetermined direction, Among them, it is preferred that the shear stress is a method which does not damage it. 剪断応力のかかる方法を用いると、塗布方向に二色性染料の法線方向が揃うように配列し、上記樹脂層の凹部に沿って二色性染料の法線方向が揃うように配列しにくい場合があるからである。 With such methods of shear stress, the normal direction is arranged to align the dichroic dye in the coating direction, hardly sequence as the normal direction of the dichroic dye along the recess of the resin layer is aligned If there is because there. 剪断応力が加わらない塗布方法としては、例えばスプレーコート、ディップコート、インクジェット法、フレキソ印刷法等が挙げられ、これらの中でもインクジェット法が好ましく用いられる。 The coating method of shearing stress is not applied, for example spray coating, dip coating, ink jet method, a flexographic printing method and the like, among these inkjet method is preferably used.

(2)乾燥工程 本発明における偏光層形成工程においては、次に、上記塗膜形成工程にて形成された塗膜を乾燥する乾燥工程が行われる。 (2) In the polarizing layer forming step in the drying process the present invention, then, a drying step of drying the coating film formed by the above coating film forming step is performed. 本発明おける乾燥工程は、上記偏光層形成用塗工液中に含有される溶媒を乾燥させる工程である。 The present invention definitive drying step is a step of drying the solvent contained in the polarizing layer forming coating liquid. 本発明においては、この乾燥工程を設けることにより、後述する固定化工程を円滑に行うようにしている。 In the present invention, by providing the drying step, so that smoothly the fixing step to be described later.

本発明に用いられる乾燥方法としては、二色性染料からなるカラム構造を破壊したり、上記樹脂層の凹部のパターンを変形させたりするものでなければ特に限定されるものではなく、一般的に溶媒の乾燥に用いられている方法、例えば加熱乾燥、常温乾燥、凍結乾燥、遠赤外乾燥等を用いることができる。 The drying method used in the present invention, or destroy the column structure composed of dichroic dye, is not particularly limited as long as it does not to distort the pattern of the recesses of the resin layer, in general the method used in the drying of a solvent, for example heat drying, air drying, freeze-drying, it is possible to use a far-infrared drying.

(3)固定化工程 本発明における偏光層形成工程においては、上記二色性染料の配向状態を固定化する固定化工程が行われる。 (3) In the polarizing layer forming step in the immobilization process the present invention, the immobilization step of fixing the alignment state of the dichroic dye is performed. 本発明においては、このような固定化工程を行うことにより、偏光層に耐水性を付与することができ、空気中の湿気等により二色性染料からなるカラム構造が乱れることなく、後述する光学補償層形成工程にて液晶の配向安定性に優れたものとすることができる。 Optical In the present invention, by performing such fixing step, it is possible to impart water resistance to the polarizing layer, without a column structure comprising a dichroic dye is disturbed by moisture in air or the like, to be described later it can be excellent in alignment stability of liquid crystal in the compensation layer forming step.

本発明に用いられる二色性染料の配向状態の固定化方法としては、二色性染料を架橋させる方法を用いることができる。 As the method for immobilizing orientation of the dichroic dye used in the present invention, it is possible to use a method of crosslinking the dichroic dye. この二色性染料の架橋方法としては、上記二色性染料に導入された置換基によって異なるものである。 As the method of crosslinking the dichroic dye, which varies depending substituents introduced to the dichroic dye.

上記二色性染料がスルホン酸基等の親水性基を有する場合は、この親水性基を疎水化処理する架橋方法が用いられる。 If the dichroic dye has a hydrophilic group such as sulfonic acid groups, crosslinking method of hydrophobic treatment of the hydrophilic group is used. 上記二色性染料の親水性基を疎水化処理すると、隣接する二色性染料間で架橋が形成され、二色性染料の配向状態が固定化されるのである。 When hydrophobized hydrophilic groups of the dichroic dyes, crosslinking between adjacent dichroic dye is formed, is the alignment of the dichroic dye is immobilized. 上記二色性染料が水溶液中でリオトロピック液晶性を示すものであるときは、このような疎水化処理を行わないと、耐水性が悪く、空気中の湿気等により配向状態が乱れ易く、不安定となる場合がある。 When the dichroic dye is an indication lyotropic liquid crystalline in aqueous solution, Without such hydrophobic treatment, poor water resistance, easily disturbed alignment state by moisture in air or the like, unstable there is a case to be.

また、上記疎水化処理の際に用いられる疎水化処理液としては、上記親水性基を疎水化できるものであれば特に限定されるものではなく、用いられる二色性染料の親水性基により異なるものであるが、隣接する二色性染料間で架橋を形成できるものであることが好ましい。 As the hydrophobic treatment solution to be used for the above hydrophobic treatment it is not particularly limited so long as it can hydrophobizing the hydrophilic group varies depending on the hydrophilic group of the dichroic dye used While those, it is preferable that it is capable of forming a crosslinking between adjacent dichroic dye. このような疎水化処理液としては、例えばマグネシウム、カルシウム、バリウム等の2価の金属の塩の水溶液を用いることができる。 Such hydrophobic treatment liquid may be, for example, magnesium, calcium, an aqueous solution of divalent metal salts such as barium. 具体的には、塩化バリウム水溶液、塩化マグネシウム水溶液、塩化カルシウム水溶液等が挙げられる。 Specifically, barium chloride solution, magnesium chloride aqueous solution, calcium chloride aqueous solution, and the like.

隣接する二色性染料が架橋される機構は以下の通りである。 Mechanism adjacent dichroic dye is crosslinked as follows. 例えば、二色性染料がSO Na基を有しており、塩化バリウム水溶液を用いて疎水化処理する場合、二色性染料のSO Na基のSO イオンと、塩化バリウム水溶液中のBaイオンとが結合することにより、隣接する二色性染料が架橋され、配向状態が固定化されるのである。 For example, a dichroic dye having a SO 3 Na group, to hydrophobic treatment with barium chloride solution, and SO 3 ions SO 3 Na group of the dichroic dye, Ba in barium chloride aqueous solution by and the ionic binding, is adjacent dichroic dye is crosslinked, it is the orientation state is immobilized. すなわち、二色性染料の法線方向が一定方向を向いて配列した状態で、隣接する二色性染料が架橋されるので、カラム構造が固定化されるのである。 That is, in a state in which the normal direction of the dichroic dye are aligned toward a certain direction, the adjacent dichroic dye is crosslinked, is the column structure is immobilized.

また、疎水化処理の方法としては、上記親水性の置換基を疎水化できる方法であれば特に限定されるものではなく、上記偏光層形成用塗工液を乾燥させた後、上記疎水化処理液を塗布する方法、上記疎水化処理液に浸漬する方法などが挙げられる。 As a method for hydrophobic treatment it is not particularly limited so long as it is a method capable of hydrophobizing the hydrophilic substituents, After drying the polarizing layer forming coating solution, the hydrophobic treatment method of applying a liquid, or a method of immersing in the hydrophobization processing solution. この疎水化処理液の塗布後または浸漬後は、洗浄および乾燥することにより、偏光層とすることができる。 Or after immersion After the hydrophobic treatment liquid application is by washing and drying can be a polarizing layer.

一方、上記二色性染料が長鎖のアルキル基等の疎水性基を有する場合は、例えば二色性染料のコア部分あるいはアルキル側鎖の一部に重合性基を導入し、この重合性基を重合させることにより、二色性染料を線状または網目状に架橋させ、配向状態を固定化する架橋方法が用いられる。 On the other hand, if the dichroic dye having a hydrophobic group such as an alkyl group of chain introduces part polymerizable group in the core portion or the alkyl side chains, for example dichroic dyes, the polymerizable group by the polymerization, to crosslink the dichroic dye in a linear or mesh, crosslinking method to fix the alignment state is used.

さらに、上記偏光層形成用塗工液が上述した液晶材料を含有する場合は、この液晶材料を重合させることによっても二色性染料の配向状態を固定化することができる。 Furthermore, if the polarizing layer forming coating liquid contains a liquid crystal material described above, it is possible to fix the alignment state of the dichroic dye also by polymerizing the liquid crystal material. この場合、上記液晶材料は重合性基を有している必要がある。 In this case, the liquid crystal material is required to have a polymerizable group.

3. 3. 光学補償層形成工程 次に、本発明における光学補償層形成工程について説明する。 An optical compensation layer formation step Next, a description will be given of an optical compensation layer forming step in the present invention. 本発明における光学補償層形成工程は、上記偏光層上に液晶組成物を塗布し、上記偏光層により液晶を配向させ、上記液晶の配向状態を固定化することにより光学補償層を形成する工程である。 An optical compensation layer forming step in the present invention, the liquid crystal composition is applied to the polarizing layer, to align the liquid crystal by the polarizing layer, in the step of forming the optical compensation layer by fixing the alignment state of the liquid crystal is there.

本発明に用いられる液晶組成物は、上述した「A.光学補償偏光板」の光学補償層の項に記載した液晶を含有するものである。 The liquid crystal composition used in the present invention are those which contain a liquid crystal as described in the section of the optical compensation layer of the above-described "A. optical compensation polarizing plate". また、上記液晶組成物を偏光層上に塗布する際には、液晶組成物を融解させて用いてもよく、また液晶組成物を溶媒に溶解して用いてもよい。 Further, when applying the liquid crystal composition on the polarizing layer may be used to melt the liquid crystal composition, or may be used to dissolve the liquid crystal composition in a solvent.

上記液晶組成物を溶解させるために用いられる溶媒としては、上述した液晶等を溶解することができ、かつ上記偏光層の配向能を阻害しない溶媒であれば特に限定されるものではない。 The solvent used to dissolve the liquid crystal composition, it is possible to dissolve the liquid crystal or the like as described above, and is not particularly limited so long as the solvent does not inhibit the alignment ability of the polarizing layer. 例えば、ベンゼン、トルエン、キシレン、n−ブチルベンゼン、ジエチルベンゼン、テトラリン等の炭化水素類;メトキシベンゼン、1,2−ジメトキシベンゼン、ジエチレングリコールジメチルエーテル等のエーテル類;アセトン、メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトン、シクロヘキサノン、2,4−ペンタンジオン等のケトン類;酢酸エチル、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、プロピレングリコールモノエチルエーテルアセテート、γ−ブチロラクトン等のエステル類;2−ピロリドン、N−メチル−2−ピロリドン、ジメチルホルムアミド、ジメチルアセトアミド等のアミド系溶媒;t−ブチルアルコール、ジアセトンアルコール、グリセリン、モノアセチン、エチレングリコール、トリエチレングリコ For example, benzene, toluene, xylene, n- butylbenzene, diethylbenzene, hydrocarbons such as tetralin, methoxybenzene, 1,2-dimethoxybenzene, ethers such as diethylene glycol dimethyl ether; acetone, methyl ethyl ketone, methyl isobutyl ketone, cyclohexanone, 2 , ketones such as 4-pentanedione, ethyl acetate, propylene glycol monomethyl ether acetate, propylene glycol monoethyl ether acetate, esters such as γ- butyrolactone 2-pyrrolidone, N- methyl-2-pyrrolidone, dimethyl formamide, dimethyl amide solvents acetamide; t-butyl alcohol, diacetone alcohol, glycerin, monoacetin, ethylene glycol, triethylene glycol ル、ヘキシレングリコール等のアルコール類;フェノール、パラクロロフェノール等のフェノール類;メチルセロソルブ、エチルセロソルブ、ブチルセロソルブ、エチレングリコールモノメチルエーテルアセテート等のセロソルブ類等の1種または2種以上が使用可能である。 Le, alcohols such as hexylene glycol; phenols, phenols such as para-chlorophenol; methyl cellosolve, ethyl cellosolve, butyl cellosolve, one such cellosolves such as ethylene glycol monomethyl ether acetate or two or more can be used .

また、単一種の溶媒を使用しただけでは、上記液晶等の溶解性が不十分であったり、上述したように偏光層が侵食されたりする場合があるが、2種以上の溶媒を混合使用することにより、この不都合を回避することができる。 Also, only by using a single kind of solvent, is insufficient or solubility of the liquid crystal or the like, but the polarizing layer as described above in some cases or eroded, mixed use of two or more solvents it is thereby possible to avoid this disadvantage. 上記の溶媒の中にあって、単独溶媒として好ましいものは、炭化水素類およびグリコールモノエーテルアセテート系溶媒であり、混合溶媒として好ましいのは、エーテル類またはケトン類と、グリコール系溶媒との混合系である。 In the inside of the solvents mentioned, preferred as sole solvents are hydrocarbons and glycol monoether acetate based solvents, preferred as mixed solvent, an ether or ketones, mixed system of glycol-based solvent it is. 液晶組成物を溶媒に溶解させた溶液の濃度は、液晶の溶解性や、目的とする光学補償層の厚みに依存するため一概には規定できないが、通常は0.1〜40重量%、好ましくは1〜20重量%の範囲で調製される。 The concentration of the solution of the liquid crystal composition is dissolved in a solvent, liquid solubility or, can not be defined sweepingly because it depends on the thickness of the optical compensation layer of interest, usually 0.1 to 40 wt%, preferably It is prepared in a range of 1 to 20 wt%. 溶液の濃度が低すぎると、液晶が配向しにくくなる可能性があり、逆に溶液の濃度が高すぎると、溶液の粘度が高くなるので均一な塗膜を形成しにくくなる場合があるからである。 By the concentration of the solution is too low, the liquid crystal may become difficult to orientation, when the concentration of the solution Conversely too high, since the viscosity of the solution becomes high sometimes it becomes difficult to form a uniform coating film is there.

さらに、上記液晶組成物には、本発明の目的を損なわない範囲内で、下記に示すような化合物を添加することができる。 Further, the liquid crystal composition, within a range that does not impair the object of the present invention, it is possible to add a compound such as shown below. 添加できる化合物としては、例えば、多価アルコールと1塩基酸または多塩基酸を縮合して得られるポリエステルプレポリマーに、(メタ)アクリル酸を反応させて得られるポリエステル(メタ)アクリレート;ポリオール基と2個のイソシアネート基を持つ化合物を互いに反応させた後、その反応生成物に(メタ)アクリル酸を反応させて得られるポリウレタン(メタ)アクリレート;ビスフェノールA型エポキシ樹脂、ビスフェノールF型エポキシ樹脂、ノボラック型エポキシ樹脂、ポリカルボン酸ポリグリシジルエステル、ポリオールポリグリシジルエーテル、脂肪族または脂環式エポキシ樹脂、アミンエポキシ樹脂、トリフェノールメタン型エポキシ樹脂、ジヒドロキシベンゼン型エポキシ樹脂等のエポキシ樹脂と、(メタ)アクリ The additive can be a compound, for example, a polyhydric alcohol and a monobasic acid or a polyester prepolymer obtained by condensation of polybasic acid, polyester (meth) acrylate obtained by reacting a (meth) acrylate; and polyol groups after a compound having two isocyanate groups are reacted with each other, to the reaction product (meth) polyurethane obtained by reacting acrylic acid (meth) acrylate; bisphenol a type epoxy resin, bisphenol F type epoxy resin, novolac type epoxy resin, polycarboxylic acid polyglycidyl ester, a polyol polyglycidyl ether, an aliphatic or alicyclic epoxy resin, amine epoxy resin, triphenolmethane type epoxy resins, epoxy resins such as dihydroxybenzene type epoxy resin, (meth) acrylate 酸を反応させて得られるエポキシ(メタ)アクリレート等の光重合性化合物;アクリル基やメタクリル基を有する光重合性の液晶性化合物等が挙げられる。 Photopolymerizable compound in epoxy (meth) acrylate obtained by reacting an acid; photopolymerizable liquid crystal compound having an acryl group or methacryl group and the like. 上記液晶組成物に対するこれら化合物の添加量は、本発明の目的が損なわれない範囲で選択される。 The addition amount of these compounds relative to the liquid crystal composition, object of the present invention can be selected from a range not impaired. これらの化合物の添加により、液晶の硬化性が向上し、得られる光学補償層の機械強度が増大し、またその安定性が改善される。 The addition of these compounds, improved curability of the liquid crystal, mechanical strength of the resulting optical compensation layer is increased, and its stability is improved.

このような液晶組成物の塗布方法としては、例えばスピンコート法、ロールコート法、プリント法、浸漬引き上げ法、カーテンコート法(ダイコート法)、キャスティング法、バーコート法、ブレードコート法、スプレーコート法、グラビアコート法、リバースコート法、押し出しコート法等が挙げられる。 As a method for applying such a liquid crystal composition, for example spin coating, roll coating, printing, dipping pulling method, a curtain coating method (die coating method), a casting method, a bar coating method, blade coating method, a spray coating method , gravure coating method, reverse coating method, and an extrusion coating method.

本発明においては、上述したように液晶組成物を偏光層上に塗布することにより塗膜を形成する方法の他に、例えばドライフィルム等を予め形成して、これを偏光層上に積層する方法をとることも可能である。 In the present invention, a method of laminating the other methods of forming a coating film by coating a liquid crystal composition onto the polarizing layer as described above, for example, pre-formed dry film, or the like, it on the polarizing layer that it is also possible to take. 本発明においては、中でも、液晶組成物を溶媒に溶解し、これを偏光層上に塗布し、溶媒を乾燥させる方法が好ましく用いられる。 In the present invention, among others, the liquid crystal composition is dissolved in a solvent, which is applied on the polarizing layer, a method of drying a solvent is preferably used. このような方法は、その他の方法と比較して工程上簡便であるからである。 Such method is because as compared with other methods is the process simple.

溶媒の乾燥方法としては、一般的に溶媒の乾燥に用いられている方法、例えば減圧乾燥もしくは加熱乾燥、さらにはこれらを組み合わせる方法等が挙げられる。 The drying method of the solvent, a method generally used in the drying of the solvent, for example, vacuum drying or heat drying, further methods such as combining thereof.

本発明においては、上述したように偏光層上に液晶組成物を塗布して乾燥させた後、液晶組成物中の液晶を偏光層により配向させる。 In the present invention, after drying by coating the liquid crystal composition on the polarizing layer, as described above, it is oriented by the polarizing layer of the liquid crystal in the liquid crystal composition. 液晶の配向処理は、通常、N−I転移点以下で熱処理する方法等により行われる。 Alignment treatment of the liquid crystal is generally performed by a method such as a heat treatment in the following N-I transition point. ここで、N−I転移点とは、液晶相から等方相へ転移する温度を示すものである。 Here, the N-I transition point, shows the temperature changes into an isotropic phase liquid crystal phase.

また本発明においては、液晶を配向させた後、液晶の配向状態が固定化されるものである。 In the present invention, after aligning the liquid crystal, in which liquid crystal alignment state is fixed. 液晶の配向状態の固定化処理は、用いられる液晶によって異なる方法により行われる。 Fixing treatment of the alignment state of the liquid crystal is performed by different methods of a liquid crystal used. 具体的には、液晶が重合性液晶材料である場合と、重合性をもたない高分子液晶材料である場合とに分かれる。 Specifically, it divided into a case where the liquid crystal and the case where the polymerizable liquid crystal material is a polymeric liquid crystal material having no polymerizable. 以下、重合性液晶材料の場合と、重合性をもたない高分子液晶材料である場合とに分けて説明する。 Hereinafter, the case of the polymerizable liquid crystal material, will be described separately in the case is a polymer liquid crystal material having no polymerizable.

(1)重合性液晶材料 本発明において、重合性液晶材料の配向状態の固定化処理は、重合性液晶材料からなる塗膜に対して、重合を活性化する活性放射線を照射する方法により行われる。 (1) In the polymerizable liquid crystal material the present invention, the immobilization treatment of the alignment state of the polymerizable liquid crystal material, the coating film made of the polymerizable liquid crystal material is performed by a method of irradiating active radiation to activate the polymerization .

本発明でいう活性放射線とは、重合性の材料に対して重合を起こさせる能力がある放射線をいい、必要であれば重合性材料内に光重合開始剤が含まれていてもよい。 An active radiation in the present invention refers to radiation that is capable of causing the polymerization of the polymerizable material, may contain a photopolymerization initiator in the polymerizable within the material if necessary. なお、光重合開始剤については、上述した「A.光学補償偏光板」の光学補償層の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Since the photopolymerization initiator, the same as in the item of the optical compensation layer of the above-described "A. optical compensation polarizing plate", explanation here is omitted.

活性放射線としては、重合性液晶材料を重合せさることが可能な放射線であれば特に限定されるものではないが、通常は装置の容易性等の観点から紫外光または可視光線が使用され、波長が150〜500nm、好ましくは250〜450nm、さらに好ましくは300〜400nmの照射光が用いられる。 The active radiation, but it is not particularly limited as long as the radiation can be Sarukoto not polymerize the polymerizable liquid crystal material, usually ultraviolet light or visible light is used from the viewpoint of easiness of the apparatus, the wavelength but 150 to 500 nm, preferably 250 to 450 nm, more preferably the irradiation light of 300~400nm is used.

本発明においては、光重合開始剤が紫外線(UV)でラジカルを発生し、重合性液晶材料がラジカル重合するような重合性液晶材料に対して、紫外線(UV)を活性放射線として照射する方法が好ましい方法であるといえる。 In the present invention, a method of photopolymerization initiator to generate radicals by ultraviolet (UV), the polymerizable liquid crystal material is the polymerizable liquid crystal material, such as radical polymerization, is irradiated with ultraviolet rays (UV) as the active radiation it can be said that is the preferred method. 活性放射線としてUVを用いる方法は、既に確立された技術であることから、用いる光重合開始剤を含めて、本発明への応用が容易であるからである。 A method using a UV as the active radiation is because it is already established technique, including a photopolymerization initiator used, because its application to the present invention is easy.

この照射光の光源としては、低圧水銀ランプ(殺菌ランプ、蛍光ケミカルランプ、ブラックライト)、高圧放電ランプ(高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ)、ショートアーク放電ランプ(超高圧水銀ランプ、キセノンランプ、水銀キセノンランプ)などが例示できる。 As the light source of the irradiation light, a low pressure mercury lamp (a germicidal lamp, a fluorescent chemical lamp, black light), a high pressure discharge lamp (high pressure mercury lamp, a metal halide lamp), a short arc discharge lamp (ultra-high pressure mercury lamp, xenon lamp, mercury-xenon lamp), and others. 中でも、メタルハライドランプ、キセノンランプ、高圧水銀ランプ灯等の使用が推奨される。 Among them, a metal halide lamp, a xenon lamp, the use of high-pressure mercury lamp lamp or the like is recommended. また、照射強度は、重合性液晶材料の組成や光重合開始剤の多寡によって適宜調整されて照射される。 The irradiation intensity is irradiated is adjusted as appropriate depending on amount of the polymerizable composition of the liquid crystal material and a photopolymerization initiator.

このような活性照射線の照射による固定化処理は、重合性液晶材料が液晶相となる温度条件で行ってもよく、また液晶相となる温度より低い温度で行ってもよい。 Immobilization treatment by irradiation of such active radiation, the polymerizable liquid crystal material may be performed at a temperature which is a liquid crystal phase, or may be carried out at a temperature lower than the temperature at which the liquid crystal phase. 一旦液晶相となった重合性液晶材料は、その後温度を低下させても、配向状態が急に乱れることはないからである。 Once the liquid crystal phase and since the polymerizable liquid crystal material, even if subsequently lowering the temperature, because there is never disturbed suddenly alignment state.

(2)重合性をもたない高分子液晶材料 本発明において、重合性をもたない高分子液晶材料を用いた場合の配向状態の固定化処理は、処理温度を液晶相となる温度から、固相となる温度に低下させる方法により行われる。 (2) In the polymer liquid crystal material the present invention having no polymerizable, fixing treatment of the alignment state of the case of using a liquid crystalline polymer having no polymerizability, the process temperature from the temperature at which the liquid crystal phase, carried out by a method of lowering the temperature at which the solid phase. 高分子液晶材料を偏光層により配向させ、この状態で処理温度をガラス状態となる温度まで下げることにより、光学補償層とすることができるのである。 It is oriented by the polarizing layer polymer liquid crystal material, by lowering the processing temperature in this state to a temperature at which a glassy state, it is possible to optical compensation layer.

4. 4. その他 本発明の光学補償偏光板の製造方法を用いて、液晶表示素子用基板を製造することができる。 Using the method of manufacturing an optical compensation polarizing plate of the other present invention, it is possible to produce a substrate for a liquid crystal display device. 例えば、上述した光学補償偏光板の製造方法により光学補償偏光板を形成する光学補償偏光板形成工程と、上記光学補償偏光板上に電極層を形成する電極層形成工程と、上記電極層上に配向膜を形成する配向膜形成工程とを行うことにより、液晶表示素子用基板を製造することができる。 For example, an optical compensation polarizing plate forming step of forming an optical compensation polarizer by the manufacturing method of the optical compensation polarizing plate described above, the electrode layer forming step of forming an electrode layer on the optical compensation polarizing plate, on the electrode layer by performing an alignment film forming step for forming an alignment film, it is possible to manufacture a substrate for a liquid crystal display device.

電極層の形成方法としては、CVD法、スパッタリング法、イオンプレーティング法等の蒸着方法により形成することができる。 As a method for forming the electrode layer, CVD method, a sputtering method, it can be formed by a deposition method such as ion plating. また、配向膜の形成方法としては、一般的な配向膜の形成方法を用いることができ、例えばラビング処理、光配向処理等が挙げられる。 As a method for forming the alignment film, a method of forming the common alignment film can be used, for example rubbing, photoalignment treatment.

なお、液晶表示素子用基板のその他の点に関しては、上述した「B.液晶表示素子用基板」に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Regarding the other points of the liquid crystal display device substrate are the same as those described in "B. substrate for a liquid crystal display device" described above, and description thereof is omitted here.

また、本発明の光学補償偏光板の製造方法を用いて、液晶表示素子を製造することもできる。 Furthermore, using the method of manufacturing an optical compensation polarizing plate of the present invention, it is also possible to manufacture a liquid crystal display device. この場合、上述した液晶表示素子用基板の製造方法を用いることが好ましい。 In this case, it is preferable to use a method of manufacturing a substrate for a liquid crystal display element described above. 上記液晶表示素子用基板と、基材上に電極層および配向膜を有する対向基板とを、それぞれの配向膜が向かい合うように配置し、その間に液晶層を形成することにより、液晶表示素子を製造することができる。 And the liquid crystal display device substrate, and a counter substrate having an electrode layer and an alignment film on a substrate, and arranged such that the respective alignment films face each other, by forming a liquid crystal layer therebetween, manufacturing a liquid crystal display device can do.

例えば、液晶表示素子用基板の配向膜上にスペーサーとしてビーズを分散させ、周囲にシール剤を塗布して、液晶表示素子用基板および対向基板をそれぞれの配向膜が対向するように貼り合わせ、熱圧着させる。 For example, beads are dispersed as a spacer on the alignment film of the substrate for a liquid crystal display device, by applying a sealant around, bonding the liquid crystal display device substrate and the counter substrate to each of the alignment films face each other, heat to be crimped. そして、注入口からキャピラリー効果を利用して液晶を加熱して等方相またはネマチック相の状態で注入し、注入口を紫外線硬化樹脂等により封鎖する。 Then, from the inlet by utilizing the capillary effect was injected in the state of an isotropic phase or nematic phase by heating the liquid crystal, the injection port is sealed by an ultraviolet curable resin or the like. その後、液晶を徐冷することにより配向させる。 Thereafter, to orient by gradually cooling the liquid crystal. さらに、対向基板の外側に偏光板を貼り合わせることにより、液晶表示素子を得ることができる。 Further, by attaching a polarizing plate on the outer side of the counter substrate, it is possible to obtain a liquid crystal display device.

なお、本発明は、上記実施形態に限定されるものではない。 The present invention is not limited to the above embodiment. 上記実施形態は、例示であり、本発明の特許請求の範囲に記載された技術的思想と実質的に同一な構成を有し、同様な作用効果を奏するものは、いかなるものであっても本発明の技術的範囲に包含される。 The above embodiments are examples, have the technical idea substantially the same configuration described in the claims of the present invention, which achieves the same effects are present be any one It is included in the technical scope of the invention.

以下、本発明について実施例を用いて具体的に説明する。 It will be specifically described below with reference to examples for the present invention.
[実施例] [Example]
(樹脂層の形成) (Formation of resin layer)
洗浄したITO電極付きガラス基板上に、エタノールに溶解した0.1wt%のシランカップリング剤をスピンナーを用いて塗布し、乾燥させて、10nmのアンカー層を形成した。 The cleaned ITO electrode-attached glass substrate, a 0.1 wt% silane coupling agent dissolved in ethanol was applied using a spinner, and dried to form an anchor layer of 10 nm. このアンカー層上に、下記組成のUV硬化性アクリレート系樹脂組成物を塗布し、所望のパターン状の凸部を形成したポリカーボネート製の凹部形成用基板を押し付け、100kg/cm の圧力で1分間プレスしながら、約100mJ/cm の紫外線を照射して、上記UV硬化性アクリレート系樹脂組成物を硬化させた。 This anchor layer is coated with a UV curable acrylate-based resin composition having the following composition, pressing the desired pattern polycarbonate recess-forming substrate formed with convex portions of 1 minute at a pressure of 100 kg / cm 2 while pressing, by irradiating about 100 mJ / cm 2 ultraviolet to cure the UV curable acrylate-based resin composition. さらに、凹部形成用基板を剥離し、3000mJ/cm の紫外線を照射して完全に上記UV硬化性アクリレート系樹脂組成物を硬化させて、パターン状の凹部を形成した。 Further, peeling off the substrate recess formed, completely cured the UV-curable acrylate-based resin composition was irradiated with ultraviolet rays of 3000 mJ / cm 2, to form a patterned recess. このパターン状の凹部は、凹部の幅:0.2μm、凸部の幅:0.2μm、ピッチ:0.4μm、深さ:0.2μmであり、ストライプ形状のパターンであった。 The pattern-like recess, the recess width: 0.2 [mu] m, the convex portion in the width: 0.2 [mu] m, pitch: 0.4 .mu.m, depth: a 0.2 [mu] m, was the pattern of stripes. これにより樹脂層を形成した。 Thus was formed a resin layer.

<UV硬化性アクリレート系樹脂組成物> <UV curable acrylate-based resin composition>
・ゴーセラックUV−7500B(日本合成化薬社製) 40重量部 ・1,6−へキサンジオールアクリレート(日本化薬社製) 35重量部 ・ペンタエリスリトールアクリレート(東亜合成化学社製) 21重量部 ・1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン (チバ・スペシャルティ・ケミカルズ社製) 2重量部 ・ベンゾフェノン(日本化薬社製) 2重量部 · Goserakku UV-7500B (manufactured by Nippon Synthetic reduction Kusurisha) 40 parts by weight of 1,6-hexanediol acrylate (manufactured by Toagosei Co., Ltd.) (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.) 35 parts by weight of pentaerythritol acrylate 21 parts by weight 1-hydroxycyclohexyl phenyl ketone (manufactured by Ciba Specialty Chemicals Inc.) 2 parts by weight of benzophenone (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.) 2 parts by weight

(偏光層の形成) (Formation of the polarizing layer)
よく洗浄した上記樹脂層上に、二色性染料を含有するインキ(Optiva社製、製品名:N015)をインクジェットを用いて塗布し、乾燥させた後、15%の塩化バリウム水溶液に約1秒間浸漬させた。 Well washed the resin layer, the ink (Optiva Inc., product name: N015) containing a dichroic dye was applied using an ink jet and, after drying, about 1 second to 15% barium chloride aqueous solution It was immersed. さらに、これを洗浄して、再度乾燥させて、0.3μm厚の偏光層を形成した。 Furthermore, washed them and dried again to form a polarizing layer of 0.3μm thickness. この偏光層の吸収軸を測定したところ、ストライプ状の凹部に沿って平行方向であった。 Measurement of the absorption axis of the polarizing layer, was parallel direction along the stripe-shaped recess.

(光学補償層の形成) (Formation of optical compensation layer)
下記のネマチック液晶性を示す重合性液晶材料と、光重合開始剤(チバ・スペシャルティ・ケミカルズ社製、商品名:IRG907)とを100:5(重量%比)の割合で混合した粉体を、トルエンに30重量%となるように溶解して、液晶組成物を調製した。 A polymerizable liquid crystal material exhibiting a nematic liquid crystallinity below, a photopolymerization initiator (manufactured by Ciba Specialty Chemicals Inc., trade name: IRG907) and 100: 5 powder were mixed at a ratio of (weight% ratio), dissolved so that 30 wt% in toluene, and the liquid crystal composition was prepared. この液晶組成物を、上記偏光層上にバーコートを用いて塗布した。 The liquid crystal composition was applied using a bar coating on the polarizing layer. さらに、溶媒を蒸発させた後、80℃で3分間配向処理を行って液晶を配向させ、紫外線を照射して液晶を重合させることにより、光学補償層を形成した。 Furthermore, after evaporation of the solvent, performing 3 minutes orientation treatment at 80 ° C. to align the liquid crystal, by polymerizing the liquid crystal by irradiating ultraviolet rays to form an optical compensation layer. この光学補償層の光学軸を測定したところ、ストライプ状の凹部に沿って平行方向であった。 Measurement of the optical axis of the optical compensation layer had a parallel direction along the stripe-shaped recess.

<ネマチック液晶性を示す重合性液晶材料> <Polymerizable liquid crystal material exhibiting a nematic liquid crystallinity>
下記化学式で表され、末端に重合可能な官能基を有し、50℃〜100℃の範囲内でネマチック液晶性を示す重合性液晶モノマーを用いた。 Represented by the following chemical formula, having a polymerizable functional group at the terminal, using a polymerizable liquid crystal monomer exhibiting a nematic liquid crystallinity in the range of 50 ° C. to 100 ° C..

本発明の光学補償偏光板の一例を示す概略断面図である。 It is a schematic sectional view showing an example of an optical compensation polarizing plate of the present invention. 本発明に用いられる樹脂層の凹部を説明するための説明図である。 It is an explanatory diagram for explaining a recess of the resin layer used in the present invention. 本発明に用いられる二色性染料を説明するための説明図である。 It is an explanatory diagram for explaining a dichroic dye used in the present invention. 本発明の液晶表示素子用基板の一例を示す概略断面図である。 Is a schematic sectional view showing an example of a substrate for a liquid crystal display device of the present invention. 本発明の光学補償偏光板の製造方法の一例を示す工程図である。 Is a process diagram showing an example of a method of manufacturing an optical compensation polarizing plate of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 … 基材 2 … 樹脂層 3 … 偏光層 4 … 光学補償層 5 … 電極層 6 … 配向膜 11 …光学補償偏光板 13 … 二色性染料 13´ … カラム構造 n … 法線方向 1 ... base 2 ... resin layer 3 ... polarizing 4 ... optical compensation layer 5 ... electrode layer 6 ... orientation film 11 ... optical compensation polarizer 13 ... dichroic dye 13 '... column structure n ... normal direction

Claims (12)

  1. 基材と、前記基材上に形成され、パターン状の凹部または凸部を有する樹脂層と、前記樹脂層上に形成され、二色性染料を含有する偏光層と、前記偏光層上に形成され、液晶を固定化してなる光学補償層とを有する光学補償偏光板であって、 A substrate, formed on the substrate, a resin layer having a pattern-shaped concave or convex portions are formed on the resin layer, a polarizing layer containing a dichroic dye, formed on the polarizing layer is, an optical compensation polarizing plate and an optical compensation layer formed by fixing a liquid crystal,
    前記樹脂層は硬化性樹脂からなるものであり、その膜厚が0.1μm〜1μmの範囲内であり、 The resin layer is made of a curable resin, its thickness is in the range of 0.1 to 1 m,
    前記樹脂層の凹部または凸部のパターンの形状がストライプ状であり、 Shape of the pattern of recesses or protrusions of the resin layer is a stripe,
    前記二色性染料は前記樹脂層の凹部により配向し、かつ、前記二色性染料は、前記二色性染料の法線方向が前記基材の一定方向を向いて配列したカラム構造を形成しており、前記カラム構造は、前記樹脂層の凹部に沿って配向しており、 The dichroic dye is oriented by the recess of the resin layer, and the dichroic dye to form a column structure in which the normal direction of the dichroic dye are aligned toward a certain direction of the substrate and, the column structure is oriented along the recess of the resin layer,
    前記偏光層は配向能を有することを特徴とする光学補償偏光板。 Optical compensation polarizer the polarizing layer is characterized by having orientation ability.
  2. 前記基材は長尺の基材であり、前記偏光層の吸収軸が、前記長尺の基材の長尺方向に対して任意の角度をなすことを特徴とする請求項1に記載の光学補償偏光板。 It said substrate is a long base material, the absorption axis of the polarizing layer, the optical according to claim 1, characterized in that form any angle relative to the longitudinal direction of the base material of the elongated compensation polarizer.
  3. 前記二色性染料は、溶液中でリオトロピック液晶性を示すものであることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の光学補償偏光板。 The dichroic dyes, optical compensation polarizer according to claim 1 or claim 2, characterized in that the lyotropic liquid crystallinity in a solution.
  4. 前記二色性染料が親水性基を有し、前記二色性染料同士が架橋されていることを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれかの請求項に記載の光学補償偏光板。 The dichroic dye has a hydrophilic group, the optical compensation polarizer according to any one of claims of claims 1 to 3, wherein the dichroic dye each other, characterized in that it is cross-linked .
  5. 請求項1から請求項4までのいずれかの請求項に記載の光学補償偏光板と、電極層と、配向膜とを有することを特徴とする液晶表示素子用基板。 The liquid crystal display device substrate characterized by having an optical compensation polarizer according to any one of claims of claims 1 to 4, and the electrode layer, and an alignment film.
  6. 請求項1から請求項4までのいずれかの請求項に記載の光学補償偏光板を用いることを特徴とする液晶表示素子。 The liquid crystal display element characterized by using an optical compensation polarizing plate according to any one of claims of claims 1 to 4.
  7. 基材上またはパターン状の凸部を有する凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程、前記基材および前記凹部形成用基板を、前記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程、前記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程、および、前記硬化性樹脂組成物または前記硬化性樹脂から前記凹部形成用基板を剥離してパターン状の凹部を形成する凹部形成工程を行うことにより樹脂層を形成する樹脂層形成工程と、 Coating step of coating a curable resin composition for forming recesses on a substrate having an on the substrate or pattern-shaped convex portion, the substrate and the recess-forming substrate, superimposed across the curable resin composition disposing step, curing step of said curable resin composition is cured by curing resin, and, forming a patterned concave portion from said curable resin composition or the curable resin is peeled off the recess-forming substrate a resin layer forming step of forming a resin layer by performing a recess forming step of,
    前記樹脂層上に二色性染料を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、前記樹脂層の凹部により前記二色性染料を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程、前記塗膜を乾燥する乾燥工程、および、前記二色性染料の配向状態を固定化する固定化工程を行うことにより偏光層を形成する偏光層形成工程と、 Applying a polarizing layer forming coating liquid containing a dichroic dye on the resin layer, a coating film forming step of forming a coating film by orienting the dichroic dye by the recess of the resin layer, the coating drying step of drying the film, and a polarization layer forming step of forming a polarizing layer by performing a fixing step to fix the alignment state of the dichroic dye,
    前記偏光層上に液晶組成物を塗布し、前記偏光層により液晶を配向させ、前記液晶の配向状態を固定化することにより光学補償層を形成する光学補償層形成工程と を有し、 The upper polarizing layer by coating a liquid crystal composition, to align the liquid crystal by the polarization layer, and an optical compensation layer forming step of forming an optical compensation layer by fixing the alignment state of the liquid crystal,
    前記樹脂層の凹部のパターンの形状がストライプ状であり、 Shape of the pattern of the recesses of the resin layer is a stripe,
    前記二色性染料は、前記二色性染料の法線方向が前記基材の一定方向を向いて配列したカラム構造を形成しており、前記カラム構造は、前記樹脂層の凹部に沿って配向していることを特徴とする光学補償偏光板の製造方法。 Orientation wherein the dichroic dye, the normal direction of the dichroic dye forms a column structure arranged facing a certain direction of the substrate, wherein the column structure along the concave portion of the resin layer method of manufacturing an optical compensation polarizing plate, characterized in that it is.
  8. 前記基材は長尺の基材であり、前記凹部形成用基板は、前記二色性染料が前記長尺の基材の長尺方向に対して任意の角度をなして配向するような前記樹脂層の凹部を形成するための凸部を有することを特徴とする請求項7に記載の光学補償偏光板の製造方法。 It said substrate is a long base material, the recess-forming substrate, the resin, such as oriented at an arbitrary angle to the longitudinal direction of the dichroic dye is the long base material method of manufacturing an optical compensation polarizing plate according to claim 7, characterized in that it has a convex portion for forming a recess in the layer.
  9. 前記偏光層形成工程の固定化工程では、前記二色性染料を架橋する方法が用いられることを特徴とする請求項7または請求項8に記載の光学補償偏光板の製造方法。 Wherein in the fixing step of the polarizing layer forming step, the manufacturing method of the optical compensation polarizing plate according to claim 7 or claim 8, characterized in that the method for crosslinking the dichroic dye is used.
  10. 前記二色性染料が親水性基を有し、前記二色性染料を架橋する方法が前記親水性基を疎水化処理する方法であることを特徴とする請求項9に記載の光学補償偏光板の製造方法。 The dichroic dye has a hydrophilic group, the optical compensation polarizer according to claim 9, a method of crosslinking the dichroic dye is characterized in that the hydrophilic group is a method for hydrophobic treatment the method of production.
  11. 前記偏光層形成用塗工液は水系であり、前記二色性染料は、前記水系の偏光層形成用塗工液中でリオトロピック液晶性を示すことを特徴とする請求項7から請求項10までのいずれかの請求項に記載の光学補償偏光板の製造方法。 The polarizing layer forming coating solution is aqueous, the dichroic dye, the claims 7 to claim 10, characterized in that lyotropic liquid crystallinity in the polarizing layer forming coating liquid of the aqueous any one of the preceding method of manufacturing an optical compensation polarizing plate according to the section.
  12. 前記偏光層形成工程の塗膜形成工程では、スプレーコート、ディップコート、インクジェット法、またはフレキソ印刷法が用いられることを特徴とする請求項7から請求項11までのいずれかの請求項に記載の光学補償偏光板の製造方法。 Wherein in the coating film forming step of the polarizing layer forming step, spray coating, dip coating, according to any of claims from claim 7, characterized in that an ink-jet method, or a flexographic printing method is used to claim 11 method of manufacturing an optical compensation polarizing plate.
JP2004239225A 2004-08-19 2004-08-19 The optical compensation polarizing plate Expired - Fee Related JP4514555B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004239225A JP4514555B2 (en) 2004-08-19 2004-08-19 The optical compensation polarizing plate

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004239225A JP4514555B2 (en) 2004-08-19 2004-08-19 The optical compensation polarizing plate

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006058517A true JP2006058517A (en) 2006-03-02
JP4514555B2 true JP4514555B2 (en) 2010-07-28

Family

ID=36106034

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004239225A Expired - Fee Related JP4514555B2 (en) 2004-08-19 2004-08-19 The optical compensation polarizing plate

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4514555B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7570331B2 (en) * 2004-06-11 2009-08-04 Dai Nippon Printing Co., Ltd. Liquid crystal display
KR101660290B1 (en) * 2014-12-23 2016-09-27 신화인터텍 주식회사 Optical film having polarizing fuction

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002014232A (en) * 2000-06-29 2002-01-18 Dainippon Printing Co Ltd Color filter, its manufacturing method and liquid crystal display device
JP2002048918A (en) * 1999-11-22 2002-02-15 Fuji Photo Film Co Ltd Polarizing plate and method for manufacturing the same
JP2002148441A (en) * 2000-11-16 2002-05-22 Nitto Denko Corp Multilayer optical element and liquid crystal display
JP2002180052A (en) * 2000-12-14 2002-06-26 Fuji Photo Film Co Ltd Water-soluble dichromatic pigment, optical film, polarizer, method for orientating micelle of dichromatic pigment and method for producing optical film
JP2002311246A (en) * 2001-02-07 2002-10-23 Sumitomo Chem Co Ltd Polarizing plate, method for manufacturing the same and liquid crystal display device
JP2003149439A (en) * 2001-11-12 2003-05-21 Dainippon Printing Co Ltd Method for manufacturing optical element which controls circularly polarized light
WO2003062872A1 (en) * 2002-01-18 2003-07-31 Epigem Limited Method of making a patterned optical element
JP2003255136A (en) * 2001-12-25 2003-09-10 Fuji Photo Film Co Ltd Optical compensation film, method for manufacturing the same and liquid crystal display device

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0921913A (en) * 1995-07-05 1997-01-21 Sharp Corp Axisymmetrical polarizing plate and its production as well as liquid crystal display device
JPH09134013A (en) * 1995-11-09 1997-05-20 Hitachi Ltd Large scale integrated circuit and forming method of liquid crystal oriented film pattern
JPH1010318A (en) * 1996-06-25 1998-01-16 Sumitomo Chem Co Ltd Optically anisotropic material and liquid crystal display device

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002048918A (en) * 1999-11-22 2002-02-15 Fuji Photo Film Co Ltd Polarizing plate and method for manufacturing the same
JP2002014232A (en) * 2000-06-29 2002-01-18 Dainippon Printing Co Ltd Color filter, its manufacturing method and liquid crystal display device
JP2002148441A (en) * 2000-11-16 2002-05-22 Nitto Denko Corp Multilayer optical element and liquid crystal display
JP2002180052A (en) * 2000-12-14 2002-06-26 Fuji Photo Film Co Ltd Water-soluble dichromatic pigment, optical film, polarizer, method for orientating micelle of dichromatic pigment and method for producing optical film
JP2002311246A (en) * 2001-02-07 2002-10-23 Sumitomo Chem Co Ltd Polarizing plate, method for manufacturing the same and liquid crystal display device
JP2003149439A (en) * 2001-11-12 2003-05-21 Dainippon Printing Co Ltd Method for manufacturing optical element which controls circularly polarized light
JP2003255136A (en) * 2001-12-25 2003-09-10 Fuji Photo Film Co Ltd Optical compensation film, method for manufacturing the same and liquid crystal display device
WO2003062872A1 (en) * 2002-01-18 2003-07-31 Epigem Limited Method of making a patterned optical element

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2006058517A (en) 2006-03-02 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7638780B2 (en) UV cure equipment with combined light path
US20100073604A1 (en) Retardation film, method of manufacturing the same, and display
US5474629A (en) Method for manufacturing a liquid crystal device
JP2001330726A (en) Polarizing element and method for manufacturing polarizing element
JP2005292420A (en) Base film for liquid crystal panel, functional film for the liquid crystal panel, manufacturing method for functional film and manufacturing apparatus for the functional film
JP2006030621A (en) Condensing film, liquid crystal panel and backlight, and method for manufacturing condensing film
JP2008052078A (en) Optical film manufacturing method, optical film, polarizing plate, transfer material, liquid crystal display apparatus and polarized uv ray exposure apparatus
JP2004291500A (en) High transmissivity conductive film, its manufacturing method, touch panel and display device with touch panel
US7286199B2 (en) Phase difference control component having columnar material
JP2004206100A (en) Composition for alignment layer, method of manufacturing alignment layer, and method of manufacturing optical element
JP2007156439A (en) Composition for photo-alignment film, optically anisotropic material and method for producing the same
US7342623B2 (en) Optical element and liquid crystal display device using the same
JP2010015045A (en) Elliptically polarizing plate roll and method of manufacturing the same, and liquid crystal substrate roll and display apparatus having elliptically polarizing plate
JPH08209127A (en) Optically anisotropic element, its production and liquid crystal display element
US20070077502A1 (en) Color filter, semi-transmissive semi-reflective liquid-crystal display device, method for forming phase difference control layer, and method for manufacturing color filter
JP2007188033A (en) Elliptically polarizing plate and image display device using the same
JP2009271489A (en) Image display device for image and method for manufacturing the same
US20070054065A1 (en) Method for producing anisotropic film
JP2006268007A (en) Method of producing elliptically polarizing plate and image display device using the elliptically polarizing plate
JP2007156234A (en) Manufacturing method of optical film, optical film, and image display device using the optical film
JP2011048310A (en) Polarizing film, laminated body, and liquid crystal display device
US20070126951A1 (en) Method of producing an electro-optic device and electro-optic device
JP2004226945A (en) Manufacturing method of double refraction film
JP2006276697A (en) Retardation film and liquid crystal display device
JP2007121986A (en) Transfer material, manufacturing method of substrate for liquid crystal cell using the same, color filter and liquid crystal display device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070518

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091005

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091027

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091225

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100209

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100409

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100506

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100511

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130521

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees