JP4503489B2 - 既設管の補修構造 - Google Patents

既設管の補修構造 Download PDF

Info

Publication number
JP4503489B2
JP4503489B2 JP2005141259A JP2005141259A JP4503489B2 JP 4503489 B2 JP4503489 B2 JP 4503489B2 JP 2005141259 A JP2005141259 A JP 2005141259A JP 2005141259 A JP2005141259 A JP 2005141259A JP 4503489 B2 JP4503489 B2 JP 4503489B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
synthetic resin
existing pipe
pipe
circumferential
repair
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005141259A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006316539A (ja
Inventor
敏隆 中尾
武治 久保田
昇 小野
Original Assignee
タキロン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by タキロン株式会社 filed Critical タキロン株式会社
Priority to JP2005141259A priority Critical patent/JP4503489B2/ja
Publication of JP2006316539A publication Critical patent/JP2006316539A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4503489B2 publication Critical patent/JP4503489B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、既設管の補修構造に関し、特に、下水道管等の大口径の既設管の補修に適した既設管の補修構造に関するものである。
老朽化した下水道管等の既設管の補修構造として、既設管の内面を内張り材で全面的に覆う既設管の補修構造が数多く提案されている(例えば、特許文献1及び2参照)。
このうち、特許文献1に記載のものは、組み立てることにより管状、角形又は馬蹄形の筒状体を構成するブロック体であって、内周面を構成する内面板と、該内面板の周縁に立設された外周板とをプラスチックによって一体に形成し、周方向寸法Lを幅方向寸法bよりも大きく(L>b)設定してなる流路施設修復用ブロック体を用いて施工される流路施設修復工法であって、流路施設内において、周方向に隣接する流路施設修復用ブロック体同士を、各流路施設修復用ブロック体の周方向両端面に挿通するボルトとこれに螺合するナットによって連結して短管体を形成し、該短管体を長さ方向に連結して流路施設内に流路内径よりも小さな外径の連続した筒状体を形成した後、該筒状体と流路施設との間に形成されるクリアランス空間にグラウト材を注入することを特徴とするものであり、また、特許文献2に記載のものは、既設管路内に、当該既設管路内面に略沿った中空骨組み状補強材が配置され、その補強材の内側に、既設管路の筒長方向並びに周方向にそれぞれ複数の内面部材が連続的に取り付けられて筒状に組み立てられているとともに、既設管路の筒長方向に隣接している内面部材同士は、互いの端面が当接した状態で、双方の内面部材に跨って配置された内面部材連結材により相互に連結されてなり、内面部材と既設管路内面との間に硬化性充填材が充填されてなるものである。
しかしながら、特許文献1に記載のものは、大口径の流路施設に対しても供用水を流しながら所望の修復作業を行うことができる流路施設修復工法であるものの、合成樹脂製のブロック体を使用するために高価な金型を必要とすることから、不経済であり、また、数多くのブロック体の組み立ても多大な手間を要するものであり、また、特許文献2に記載のものは、既設管路の補修長が長くなるに従い、内面部材及び嵌合部材を筒長方向に連続したものを使用しようとする場合の輸送上又は製造設備上、製造現場における設置スペース等の問題を解決するものの、既設管路内に中空骨組み状の補強材を配置するのに補強材が多数の部材からなり補強材を既設管路内で組み立てるのに多大な手間を要し、また、内面部材の数も多くこれを同様に数の多い嵌合部材に係止するのに多大な手間を要するものとなっている。
特開平2003−286742号公報 特開平2002−310378号公報
本発明は、このような実情に鑑みてなされたもので、経済的な部材を用い、その組み立ての手間を省いて設置作業を簡便化し、かつ、作業完了後においても長期に亘って耐久性のある既設管の補修構造を提供することを目的とする。
上記目的を達成するため、本発明の既設管の補修構造は、既設管の内周面の周方向に沿って、管軸方向に所定の間隔をあけて配設した剛性リングと、これら剛性リングの内側に跨るように管軸方向に、剛性リングの周方向に所定の間隔をあけて配設した既設管の中心側に所定の間隔をあけて形成した切欠きを有する剛性直材と、該剛性直材の切欠きに対応する突条を有する帯状の合成樹脂製内面材とからなり、前記合成樹脂製内面材の突条を剛性直材の切欠きに嵌着することにより、合成樹脂製内面材を既設管の内周面の周方向に沿って、かつ、管軸方向に隙間なく順次配設し、既設管と合成樹脂製内面材との間に生じる空隙に硬化性充填材を充填したことを特徴とする。
この場合において、合成樹脂製内面材の突条を、二分割し、その間に空隙部を形成することができる。
また、剛性直材の切欠きの底部の中心位置に、合成樹脂製内面材の突条が当接する規制部を形成することができる。
また、剛性直材を、形鋼製とすることができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、互いに嵌合し面一で係合する係合端部をそれぞれ形成することができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、連結材を介して係合される係合端部をそれぞれ形成することができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、止水材又はシーリング材を配設することができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端面に、止水材又はシーリング材を配設するための凹溝を形成することができる。
本発明の既設管の補修構造は、既設管の内周面の周方向に沿って、管軸方向に所定の間隔をあけて配設した剛性リングと、これら剛性リングの内側に跨るように管軸方向に、剛性リングの周方向に所定の間隔をあけて配設した既設管の中心側に所定の間隔をあけて形成した切欠きを有する剛性直材と、該剛性直材の切欠きに対応する突条を有する帯状の合成樹脂製内面材とからなり、前記合成樹脂製内面材の突条を剛性直材の切欠きに嵌着することにより、合成樹脂製内面材を既設管の内周面の周方向に沿って、かつ、管軸方向に隙間なく順次配設し、既設管と合成樹脂製内面材との間に生じる空隙に硬化性充填材を充填することにより、経済的な部材を用いることができるとともに、その組み立ての手間を省いて設置作業を簡便化し、また、作業完了後においても、長期に亘って耐久性のある管路を構成して、既設管の漏水防止性、構造強度、流水性等を向上させることができる。
また、合成樹脂製内面材の突条を、二分割し、その間に空隙部を形成することにより、突条の弾力性及び可撓性を高め、突条を切欠きに押し込むだけで、合成樹脂製内面材を強固に嵌着することができる。
また、剛性直材の切欠きの底部の中心位置に、合成樹脂製内面材の突条が当接する規制部を形成することにより、突条の動きを規制部で規制して、突条と切欠きとの係合性能を高め、合成樹脂製内面材を一層強固に嵌着することができる。
また、剛性直材を、形鋼製とすることにより、形鋼の平面が利用できることから、切欠き形成の作業性が向上し、経済性を向上することができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、互いに嵌合し面一で係合する係合端部をそれぞれ形成することにより、作業性、漏水防止性、構造強度、流水性等を一層向上することができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、連結材を介して係合される係合端部をそれぞれ形成することにより、作業性、漏水防止性、構造強度、流水性等を一層向上することができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、止水材又はシーリング材を配設することにより、漏水防止性を一層向上することができる。
また、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端面に、止水材又はシーリング材を配設するための凹溝を形成することにより、止水材又はシーリング材の配設する際の作業性を向上することができる。
以下、本発明の既設管の補修構造の実施の形態を図面に基づいて説明する。
図1に、本発明の既設管の補修構造の一実施例を示す。
この既設管の補修構造は、補修対象の既設管Pの内周面の周方向に沿って、既設管Pの管軸方向に所定の間隔をあけて配設した剛性リング2と、これら剛性リング2の内側に跨るように既設管Pの管軸方向に、剛性リング2の周方向に所定の間隔をあけて配設した既設管Pの中心側に所定の間隔をあけて形成した切欠き30を有する剛性直材3と、この剛性直材3の切欠き30に対応する突条10を有する帯状の合成樹脂製内面材1とからなり、合成樹脂製内面材1の突条10を剛性直材3の切欠き30に嵌着することにより、合成樹脂製内面材1を既設管Pの内周面の周方向に沿って、かつ、既設管Pの管軸方向に隙間なく順次配設し、既設管Pと合成樹脂製内面材1との間に生じる空隙4に硬化性充填材を充填したものである。
この既設管の補修構造は、経済的な部材を用いることができるとともに、その組み立ての手間を省いて設置作業を簡便化し、また、作業完了後においても、長期に亘って耐久性のある管路を構成して、既設管の漏水防止性、構造強度、流水性等を向上させることができる。
この場合において、合成樹脂製内面材1は、図2に示すように、裏面に突条10を有する帯状の成形体からなる。
ところで、合成樹脂製内面材1の裏面に形成された突条10は、剛性直材3の切欠き30に嵌着することにより、その後充填される硬化性充填材の重量や硬化性充填材の充填時の注入圧力によって合成樹脂製内面材1が剛性直材3から離脱することを防止するためのものであるが、この突条10の剛性直材3の切欠き30に嵌着される部分以外の箇所が硬化性充填材中に埋設されてアンカーとなり、合成樹脂製内面材1の付着性を向上する作用を併せて奏するものである。
そして、この合成樹脂製内面材1は、成形性等の点から熱可塑性樹脂を好適に使用でき、中でも、経済性、弾力性、可撓性、耐磨耗性等に優れたポリエチレン、ポリプロピレン等のオレフィン系樹脂やこれらの樹脂の共重合体、混合体を最適に使用できる。なお、このほか、接着性で優れた塩化ビニルや酢酸ビニル等のビニル系樹脂、エチレン−酢酸ビニル等のオレフィン系樹脂とビニル系樹脂との共重合体、エラストマ−樹脂や変性ポリオレフィン樹脂とその混合物も好適に使用でき、また、天然、合成を問わずほとんどの公知のゴムも併用して使用することができる。
また、剛性リング2には、鋼製のほか、FRP等の強化樹脂製のものを好適に使用できる。
また、剛性直材3には、鋼製のほか、FRP等の強化樹脂製のものを好適に使用でき、特に、山形鋼(L形鋼)や溝形鋼(コ形鋼)等の形鋼製とすることにより、形鋼の平面部が利用できることから、切欠き形成の作業性が向上し、経済性を向上することができる。
硬化性充填材には、モルタル、レジンコンクリート、ポリマーセメント等、硬化性充填材として一般的に広く知られているものを適宜使用することができる。
図3に、剛性リング2と剛性直材3との取り合いの例を示す。
このうち、図3(a)は剛性直材2に帯形鋼を、図3(b)は剛性直材2に山形鋼(L形鋼)を、図3(c)は剛性直材2に溝形鋼(コ形鋼)を、図3(d)は剛性直材2に溝形鋼(C形鋼)を、それぞれ使用したものである。
一方、剛性リング2には、同様の断面形状のほか、矩形、丸形等、種々の断面形状のものを使用することができ、また、剛性リング2と剛性直材3との接合手段には、ボルト・ナットやビスによる締め付け、相互の打ち込み、針金による縛り付け、溶接、溶着、接着等の公知の手段を採用することができる。
次に、図4〜図6に、合成樹脂製内面材1の突条10を剛性直材3の切欠き30に嵌着する構造の例を示す。
この嵌着構造は、合成樹脂製内面材1の突条10を、二分割し、その間に空隙部10cを形成したもので、図4(a)は空隙部10cを挟んで二分割した突条10aと突条10bを略平行に、図4(b)は二分割した突条10aと突条10bの先端を閉じた形状に、それぞれ形成したものである。
これに対応する、剛性直材3の切欠き30は、図5(a)及び図5(b)に示すように、合成樹脂製内面材1の突条10の係止爪10dが係合する縁部30aを備えている。
さらに、図5(b)に示すものにおいては、切欠き30の底部の中心位置に、合成樹脂製内面材1の二分割した突条10aと突条10bが当接する規制部30bを形成することにより、突条10を切欠き30に押し込むだけで、合成樹脂製内面材1の突条10が有する弾力性及び可撓性により、強固に嵌着することができるようにしている。
これにより、図6に示すように、合成樹脂製内面材1の突条10を剛性直材3の切欠き30に強固に嵌着することができる。
この場合、合成樹脂製内面材1の突条10(二分割した突条10aと突条10b)が有する弾力性及び可撓性により、合成樹脂製内面材1の突条10を剛性直材3の切欠き30に容易に押し込むことができ、押し込んだ後は、突条10の動きは規制部30bで規制され、突条10の係止爪10dと切欠き30の縁部30aとの係合性能が著しく高まり、その後充填される硬化性充填材の重量や硬化性充填材の充填時の注入圧力によって合成樹脂製内面材1が剛性直材3から離脱することを防止することができる。
なお、嵌着構造は、上記のものに限定されず、本発明の既設管の補修構造の目的に適合するもの、すなわち、硬化性充填材の重量や硬化性充填材の充填時の注入圧力によって合成樹脂製内面材1が剛性直材3から離脱することを防止することができ、かつ、組み立ての手間を省いて設置作業を簡便化することができるものである限り、任意の嵌着構造を採用することができる。
図7(a)〜図7(d)に、採用することができる合成樹脂製内面材1の突条10の各種断面形状を示すが、突条10の断面形状は、特にこれらに限定されるものではない。
合成樹脂製内面材1の周方向及び/又は管軸方向の端部には、互いに嵌合し面一で係合する係合端部をそれぞれ形成するようにしたり、連結材を介して係合される係合端部をそれぞれ形成することができ、これにより、作業性、漏水防止性、構造強度、流水性等を一層向上することができる。
より具体的には、図8(a)に示すように、合成樹脂製内面材1の周方向の端部に、互いに嵌合し面一で係合する係合端部11a、11bをそれぞれ形成するようにしたり、図8(b)に示すように、合成樹脂製内面材1の周方向の端部に、連結材13を介して係合される係合端部12a、12bをそれぞれ形成するようにしたり、図8(c)に示すように、合成樹脂製内面材1の既設管Pの管軸方向の端部に、互いに嵌合し面一で係合する係合端部14a、14bをそれぞれ形成するようにしたり、図8(d)に示すように、合成樹脂製内面材1の既設管Pの管軸方向の端部に、連結材16を介して係合される係合端部15a、15bをそれぞれ形成するようにすることができる。
なお、この場合、合成樹脂製内面材1の周方向及び/又は管軸方向の端部での係合については、その係合状態においては内面が面一であることと、十分な係合力とが必要となるが、係合部の構造、形状等は、特に本実施例のものに限定されるものではない。
合成樹脂製内面材1の周方向及び/又は管軸方向の端部に、止水材又はシーリング材を配設することができ、これにより、漏水防止性を一層向上することができる。
また、止水材又はシーリング材を配設するための凹溝を、合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端面に形成することができ、これにより、止水材又はシーリング材の配設する際の作業性を向上することができる。
より具体的には、図9(a)に示すように、合成樹脂製内面材1の周方向の端部(既設管Pの管軸方向の端部)に、互いに嵌合し面一で係合する係合端部11a、11bをそれぞれ形成するとともに、係合部に止水性能に優れた水分膨張性樹脂製止水材5や水分硬化性のシーリング材6を配設するようにしたり、図9(b)に示すように、合成樹脂製内面材1の周方向の端部(既設管Pの管軸方向の端部)に、連結材13を介して係合される係合端部12a、12bをそれぞれ形成するするとともに、係合部に止水性能に優れた水分膨張性樹脂製止水材5や水分硬化性のシーリング材6、さらには、ゴム製パッキンからなる止水材7を配設するようにすることができる。
この場合、図9(b)に示すように、合成樹脂製内面材1の周方向の端面(既設管Pの管軸方向の端面)に、止水材又はシーリング材を配設するための凹溝17を形成することができる。
そして、本発明の既設管の補修構造は、補修対象の既設管Pの長さや大きさ、断面形状等は、特に限定されるものではないが、作業者が既設管Pの管内に入り作業できる直径1000〜2000mm程度の既設管Pの補修に適している。
この場合、合成樹脂製内面材1の大きさは、まず、マンホールを通して既設管P内への引き込みが可能なこと、既設管P内を流れる水量や既設管Pの構造や強度、既設管P内での剛性リング2、剛性直材3等各部材のサイズやその組み立て手間を前もって考慮すること、突条10や切欠き30等を最適な形状や大きさを設計しておくこと、そして、これら各部材がそれぞれ互いに係合、一体化して、既設管Pの内面が平坦な曲面や平面を形成するようになることが重要となることから、各部材の選定に当たっては、上記の点に配慮する必要がある。
以上、本発明の既設管の補修構造について、その実施例に基づいて説明したが、本発明は上記実施例に記載した構成に限定されるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲において適宜その構成を変更することができるものである。
本発明の既設管の補修構造は、経済的な部材を用いることができるとともに、その組み立ての手間を省いて設置作業を簡便化し、また、作業完了後においても、長期に亘って耐久性のある管路を構成して、既設管の漏水防止性、構造強度、流水性等を向上させることができるものであることから、設置の地域や場所が限定されず、下水道管等の大口径の既設管の補修のほか、マンホール、貯水槽等の用途にも好適に用いることができる。
本発明の既設管の補修構造の一実施例を示し、(a)は軸方向の断面図、(b)は周方向の断面図である。 内面材を示し、(a)は背面図、(b)は断面図である。 剛性リング2と剛性直材3との取り合いの例を示す説明図で、左側は周方向の断面図、右側は軸方向の外観図である。 内面材の突条を示す説明図である。 剛性直材の切欠きを示す説明図である。 内面材の突条を剛性直材の切欠きに嵌着する工程を示す説明図である。 内面材の突条を示す説明図である。 内面材の周方向及び管軸方向の端部の係合状態を示す説明図である。 内面材の周方向の端部の係合状態を示す説明図である。
符号の説明
P 既設管
1 内面材
10 突条
10a 突条
10b 突条
10c 空隙部
10d 係止爪
11a 係合端部
11b 係合端部
12a 係合端部
12b 係合端部
13 連結材
14a 係合端部
14b 係合端部
15a 係合端部
15b 係合端部
16 連結材
17 凹溝
2 剛性リング
3 剛性直材
30 切欠き
30a 縁部
30b 規制部
4 空隙
5 水分膨張性樹脂製止水材
6 分硬化性のシーリング材
7 ゴム製パッキンからなる止水材

Claims (8)

  1. 既設管の内周面の周方向に沿って、管軸方向に所定の間隔をあけて配設した剛性リングと、これら剛性リングの内側に跨るように管軸方向に、剛性リングの周方向に所定の間隔をあけて配設した既設管の中心側に所定の間隔をあけて形成した切欠きを有する剛性直材と、該剛性直材の切欠きに対応する突条を有する帯状の合成樹脂製内面材とからなり、前記合成樹脂製内面材の突条を剛性直材の切欠きに嵌着することにより、合成樹脂製内面材を既設管の内周面の周方向に沿って、かつ、管軸方向に隙間なく順次配設し、既設管と合成樹脂製内面材との間に生じる空隙に硬化性充填材を充填したことを特徴とする既設管の補修構造。
  2. 合成樹脂製内面材の突条を、二分割し、その間に空隙部を形成したことを特徴とする請求項1記載の既設管の補修構造。
  3. 剛性直材の切欠きの底部の中心位置に、合成樹脂製内面材の突条が当接する規制部を形成したことを特徴とする請求項1又は2記載の既設管の補修構造。
  4. 剛性直材を、形鋼製としたことを特徴とする請求項1、2又は3記載の既設管の補修構造。
  5. 合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、互いに嵌合し面一で係合する係合端部をそれぞれ形成したことを特徴とする請求項1、2、3又は4記載の既設管の補修構造。
  6. 合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、連結材を介して係合される係合端部をそれぞれ形成したことを特徴とする請求項1、2、3又は4記載の既設管の補修構造。
  7. 合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端部に、止水材又はシーリング材を配設したことを特徴とする請求項1、2、3、4、5又は6記載の既設管の補修構造。
  8. 合成樹脂製内面材の周方向及び/又は管軸方向の端面に、止水材又はシーリング材を配設するための凹溝を形成したことを特徴とする請求項7記載の既設管の補修構造。
JP2005141259A 2005-05-13 2005-05-13 既設管の補修構造 Active JP4503489B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005141259A JP4503489B2 (ja) 2005-05-13 2005-05-13 既設管の補修構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005141259A JP4503489B2 (ja) 2005-05-13 2005-05-13 既設管の補修構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006316539A JP2006316539A (ja) 2006-11-24
JP4503489B2 true JP4503489B2 (ja) 2010-07-14

Family

ID=37537453

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005141259A Active JP4503489B2 (ja) 2005-05-13 2005-05-13 既設管の補修構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4503489B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104718329B (zh) * 2012-09-28 2016-10-12 他喜龙工程株式会社 管内层结构和其中使用的连接构件
JP6018866B2 (ja) * 2012-09-28 2016-11-02 芦森工業株式会社 管路の補修方法
EP2979846B1 (en) * 2013-03-29 2020-03-11 Takiron Engineering Co. Ltd. Slide jig for connection of surface materials, and method for laying surface material using slide jig for connection
JP2015200410A (ja) * 2014-03-31 2015-11-12 タキロン株式会社 内面材押圧装置

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63268832A (en) * 1987-04-27 1988-11-07 Teikoku Hume Pipe Concrete pipe and its production
JPH0834017A (ja) * 1994-07-22 1996-02-06 Showa Sangyo:Kk コンクリート躯体壁面の改修ライニング工法および改修ライニング構造
JPH09119167A (ja) * 1995-08-23 1997-05-06 Nippon Zeon Co Ltd コンクリート躯体面補修方法とそれに用いるパネルおよび取付具
JP2001090173A (ja) * 1999-09-22 2001-04-03 Ashimori Engineering Kk 管路の補修方法
JP2002310378A (ja) * 2001-04-06 2002-10-23 Ashimori Engineering Co Ltd 管路の内張り構造
JP2003314197A (ja) * 2002-04-26 2003-11-06 Iida Kensetsu Kk 管渠の補修方法、及び管渠内補修部構造

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63268832A (en) * 1987-04-27 1988-11-07 Teikoku Hume Pipe Concrete pipe and its production
JPH0834017A (ja) * 1994-07-22 1996-02-06 Showa Sangyo:Kk コンクリート躯体壁面の改修ライニング工法および改修ライニング構造
JPH09119167A (ja) * 1995-08-23 1997-05-06 Nippon Zeon Co Ltd コンクリート躯体面補修方法とそれに用いるパネルおよび取付具
JP2001090173A (ja) * 1999-09-22 2001-04-03 Ashimori Engineering Kk 管路の補修方法
JP2002310378A (ja) * 2001-04-06 2002-10-23 Ashimori Engineering Co Ltd 管路の内張り構造
JP2003314197A (ja) * 2002-04-26 2003-11-06 Iida Kensetsu Kk 管渠の補修方法、及び管渠内補修部構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006316539A (ja) 2006-11-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2392791T3 (es) Un conjunto y un procedimiento para proporcionar un sistema de sellado en una abertura
JP6405559B2 (ja) シール体
AU2014281176B2 (en) Secured in place gasket for sealing pipelines
JP4834552B2 (ja) 管路施設修復用の更生管
US8820801B2 (en) Multi-wall corrugated pipe couplings and methods
TWI324665B (en) Segment for a rehabilitating pipe assembly
EP1384938A1 (en) Method of repairing flow passage
JP5463077B2 (ja) 更生管用セグメント
KR101042715B1 (ko) 내진형 철근콘크리트 수밀관거 및 그 제조 방법
US20040104576A1 (en) Pipe clamp inner seal
US9752711B2 (en) Pipe coupling assembly
MX2015001623A (es) SISMIC CONDUCT UNION CONNECTOR.
CN1434236A (zh) 流路设施修复用块体及流路设施修复施工方法
WO2003012210A2 (en) Concrete manhole connector gasket
US7392989B2 (en) Connector gasket for concrete structures
US8256800B2 (en) Apparatus and method for supporting a pipe coupling
US8007014B2 (en) Axially-tensioned pipe joint
JP4482373B2 (ja) 既設管更生用セグメント部材及びそのセグメント部材を用いた更生管
US7922179B2 (en) Cast-in-place gasket for pipe joints
US7827665B2 (en) Gasket and mandrel assembly for pipe joints
JP2003314197A (ja) 管渠の補修方法、及び管渠内補修部構造
KR101372749B1 (ko) 복합 구조의 다성능 기능 지수판
US7083360B2 (en) Method for rehabilitating an existing pipe
US20100270790A1 (en) Apparatus and method for supporting a pipe coupling
KR101730899B1 (ko) 갱생관용 세그먼트 및 관 갱생 공법

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080422

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100312

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100324

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4503489

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100421

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130430

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130430

Year of fee payment: 3

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130430

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130430

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140430

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250