JP4501871B2 - フェンダーパネル構造 - Google Patents

フェンダーパネル構造 Download PDF

Info

Publication number
JP4501871B2
JP4501871B2 JP2006047769A JP2006047769A JP4501871B2 JP 4501871 B2 JP4501871 B2 JP 4501871B2 JP 2006047769 A JP2006047769 A JP 2006047769A JP 2006047769 A JP2006047769 A JP 2006047769A JP 4501871 B2 JP4501871 B2 JP 4501871B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fender panel
pillar
clip
front pillar
panel structure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006047769A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007223488A (ja
Inventor
繁 伊藤
靖英 福原
浩二 西村
康之 近藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Motors Corp
Original Assignee
Mitsubishi Motors Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Motors Corp filed Critical Mitsubishi Motors Corp
Priority to JP2006047769A priority Critical patent/JP4501871B2/ja
Publication of JP2007223488A publication Critical patent/JP2007223488A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4501871B2 publication Critical patent/JP4501871B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D21/00Understructures, i.e. chassis frame on which a vehicle body may be mounted
    • B62D21/16Understructures, i.e. chassis frame on which a vehicle body may be mounted having fluid storage compartment
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D25/00Superstructure or monocoque structure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
    • B62D25/08Front or rear portions
    • B62D25/16Mud-guards or wings; Wheel cover panels
    • B62D25/161Mud-guards made of non-conventional material, e.g. rubber, plastics
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D29/00Superstructures, understructures, or sub-units thereof, characterised by the material thereof
    • B62D29/04Superstructures, understructures, or sub-units thereof, characterised by the material thereof predominantly of synthetic material
    • B62D29/048Connections therefor, e.g. joints

Description

本発明は、自動車のフェンダーパネルの構造に関する。
従来、自動車の前タイヤの上方に配置され、前部側面の外板をなすフェンダーパネルとフロントピラーとの分割線は、フロントピラーの下端部に位置している。このように、フロントピラーと車体骨格との境界部である部分で分割することになるが、この部分はフロントピラーを車両後方へ傾斜させる意匠上の都合、又は、強度を確保するために太くなっているため、この部分に分割線が設けられると分割線が長くなり見栄えが悪くなってしまう。
さらに、ユーザの視線が上方から分割線を覗き込む位置となるため、フェンダーパネルの裏面が見え、見栄えが悪くなってしまう。また、フェンダーパネルとフロントピラーとの合わせ面は形状が複雑なため、建て付け精度の確保が困難である。
このため、分割線の長さを短くするために分割線を上方に移動したいが、フェンダーパネルの形状が複雑となり従来の板金での成形は困難である。つまりフェンダーパネルの上端部をフロントピラーに沿って延出させて、フロントピラーの車幅方向外側面と、フロントピラーの前方傾斜面までは覆うことができても、連続してフロントピラーの車幅方向内側面を覆う形状は所謂アンダーカット状態となり、板金での成形は困難である。特に、ウィンドシールドやデッキガーニッシュとの合わせ部が難しく、複数の部品によりフェンダーパネルを形成する構造を取らざるを得なくなり、かえって品質の管理が困難となる。
また、従来、板金により成形しているフェンダーパネルを樹脂により成形することで、複雑な形状のフェンダーパネルを一体成形する技術の一例が下記特許文献1に開示されている。
特開2002−211444号公報
しかしながら、特許文献1に開示されている樹脂フェンダーパネルでは、フェンダーパネルとフロントピラーとの分割線は、フロントピラーの下端部に位置しているので、前述のように分割線が長くなり見栄えが悪くなってしまう。また、ユーザの視線が上方から分割線を覗き込む位置となるため、フェンダーパネルの裏面が見え、見栄えが悪くなってしまう。
これらのことから、本発明は、分割線の長さを短くするために分割線を上方に移動しつつ、見栄えのよいフェンダーパネル構造を提供することを目的とする。
上記の課題を解決するための第1の発明(請求項1に対応)に係るフェンダーパネル構造は、
自動車の前タイヤの上方に配置され、前部側面の外板をなすフェンダーパネル構造において、
前記フェンダーパネルを樹脂により成形し、
前記フェンダーパネルに、フロントピラーの下部の車幅方向外側面と前方傾斜面と車幅方向内側面とを連続して覆うピラー巻き込み部を設け
前記ピラー巻き込み部の裏面で前記フロントピラーと対向する部位に、前記ピラー巻き込み部を前記フロントピラーに固定するクリップを取り付けるクリップ取り付け部を設け、
前記クリップ取り付け部は、前記フロントピラーの前方傾斜面と対向する部位に設け
ことを特徴とする。
上記の課題を解決するための第2の発明(請求項2に対応)に係るフェンダーパネル構造は、第1の発明に係るフェンダーパネル構造において、前記ピラー巻き込み部は、フードパネルと前記フェンダーパネル間とで形成されるオープニングラインよりも車幅方向内側に延出していることを特徴とする。
上記の課題を解決するための第の発明(請求項に対応)に係るフェンダーパネル構造は、第の発明又は第の発明に係るフェンダーパネル構造において、
前記クリップ取り付け部に前記クリップを取り付ける際に取付ガイドとなるスリットを設け、
該スリットに前記クリップをスライドさせてクリップを取り付ける
ことを特徴とする。
上記の課題を解決するための第の発明(請求項に対応)に係るフェンダーパネル構造は、第の発明に係るフェンダーパネル構造において、
前記スリットは、前記フロントピラーの長手方向に沿って延在し、
車両後方側に開口部を設けた
ことを特徴とする。
第1の発明によれば、自動車の前タイヤの上方に配置され、前部側面の外板をなすフェンダーパネル構造において、フェンダーパネルを樹脂により成形し、フェンダーパネルに、フロントピラーの下部の車幅方向外側面と前方傾斜面と車幅方向内側面とを連続して覆うピラー巻き込み部を設けたことにより、フェンダーパネルとフロントピラーとの分割線をフロントピラーの下端部よりも上方に移動することができるため、分割線を短くすることができ、かつユーザの視線がフェンダーパネルの裏側を覗き込める位置ではなくなるため、見栄えを向上することができる。
また、ピラー巻き込み部の裏面でフロントピラーと対向する部位に、ピラー巻き込み部をフロントピラーに固定するクリップを取り付けるクリップ取り付け部を設けたことにより、フェンダーパネルの巻き込み部を確実にフロントピラー下部に固定することができる。
また、クリップ取り付け部は、フロントピラーの前方傾斜面と対向する部位に設けたことにより、フェンダーパネルの取り付け作業性を向上させることができる。
第2の発明によれば、ピラー巻き込み部は、フードパネルとフェンダーパネル間とで形成されるオープニングラインよりも車幅方向内側に延出したことにより、ピラー巻き込み部の弾性変形を利用してフェンダーパネルの脱着性を向上させることができる。
の発明によれば、クリップ取り付け部にクリップを取り付ける際に取付ガイドとなるスリットを設け、このスリットにクリップをスライドさせてクリップを取り付けることにより、車体の塗装工程においてはフェンダーパネルが膨張するためクリップを設置せず、艤装工程においてクリップをクリップ取り付け部に取り付けて、フェンダーパネルとフロントピラーとを結合することができるため、作業性を向上することができる。
の発明によれば、スリットは、フロントピラーの長手方向に沿って延在し、車両後方側に開口部を設けたことにより、クリップの取り付け作業性を向上させることができる。
本発明に係るフェンダーパネルの一実施形態について、図1から図5に基づいて説明する。図1は本発明に係るフェンダーパネルの斜視図、図2は本発明に係るフェンダーパネルの透視側面図、図3はフェンダーパネルとフロントピラーとの接合部の透視斜視図、図4は図3にA−Aで示す断面におけるフェンダーパネルとフロントピラーとを結合する結合部の断面図、図5は自動車の前部側面の斜視図、図6は図2にB−Bで示す断面におけるフェンダーパネルとフロントピラーとを結合する結合部の断面図である。なお、図中、Frは車両前方方向、Inは車室内方向、Upは車両上方をそれぞれ示す。
図5に示すように、自動車の前タイヤの上方には、前部の側面の外板をなすフェンダーパネル10が設置されている。このフェンダーパネル10は、前方はヘッドランプ11及びフロントバンパー12端部付近、後方はフロントドア13の前部付近、上部はフロントピラー14の根元部及びフードパネル15端部付近、下部は前輪16の上部付近まで延び、車体骨格を覆うように設置されている。
図1に示すように、本実施形態においては、フェンダーパネル10を樹脂により成形する。このフェンダーパネル10は、一面が開の閉断面となるような立体構造とすることにより、要求される剛性を確保することができる。
また、フェンダーパネル10の上辺の端部は、内側に巻き込むような形状の巻き込み部17となっており、これにより十分な剛性を確保することができる。このため、この巻き込み部17にフェンダーパネル10を車体骨格に取り付けるための取り付け座(図示省略)を設けることができる。
また、フロントピラー14(図5参照)の下部に対応する部分の巻き込みは特に大きなピラー巻き込み部18となっている。つまり、フードパネル15(図5参照)とフェンダーパネル10とが対向する隙間で形成されるオープニングライン30(図5参照)よりも車幅方向内側に延出している。このピラー巻き込み部18は、力が加わると弾性変形するようになっており、加えていた力を除くと元の形状に復原するようになっている。
図2、及び、図6に示すように、フェンダーパネル10のピラー巻き込み部18は、フロントピラー14の下部14aの車幅方向外側面141と、の前方傾斜面142と、車幅方向内側面143とを連続して覆うように設置される。このピラー巻き込み部18の形状は、フロントピラー14の下部14aの形状に沿った形になっており、フロントピラー14の表面とピラー巻き込み部18の表面とは連続した面を形成している。
図3に示すように、フェンダーパネル10のピラー巻き込み部18とフロントピラー14の下部14aとを結合するクリップ19を、フロントピラー14の前方傾斜面142に対向するフェンダーパネル10のピラー巻き込み部18の裏面に設置する。
なお、本実施形態ではフロントピラー14の前方傾斜面142に対向する面にクリップ19を取り付けた構造を説明するが、これに限られることなく、例えばフロントピラー14の車幅方向外側面141に対向する面、またはフロントピラー14の車幅方向内側面143に対向する面に設置してもよい。
このクリップ19は、ピラー巻き込み部18の裏面に設けたクリップ取り付け部20によりフェンダーパネル10側に保持される。このクリップ取り付け部20にはスリット21が設けられており、このスリット21にクリップ19を矢印Eで示すようにスライドさせて嵌め込むことで、クリップ19はクリップ取り付け部20に固定される。
なお、スリット21の幅は、クリップ19の頭部19a(図4参照)の直径より小さく、かつ、クリップ19の軸部19bの直径と略同じ大きさに(嵌合可能な程度にスリット21の幅のほうが若干大きく)なっているので、クリップ19の取り付けガイドとなる。
図4に示すように、クリップ取り付け部20に保持されたクリップ19は、フロントピラー14の下部14aに設けられたクリップ嵌合孔14bに嵌め込まれることで、フェンダーパネル10のピラー巻き込み部18とフロントピラー14の根元部14aを確実に結合することができる。
本実施形態では、自動車の前部側面に設置されるフェンダーパネルについて説明したが、これ以外の部分に設置される外板に対して本実施形態で説明した構造を適用することも可能である。
本実施例に係るフロントピラー構造によれば、自動車の前輪16の上方に配置され、前部側面の外板をなすフェンダーパネル構造において、フェンダーパネル10を樹脂により成形し、フェンダーパネル10に、フロントピラー14の下部の車幅方向外側面と前方傾斜面と車幅方向内側面とを連続して覆うピラー巻き込み部18を設けたことにより、フェンダーパネル10とフロントピラー14との分割線をフロントピラー14の下端部よりも上方に移動することができるため、分割線を短くすることができ、かつユーザの視線がフェンダーパネルの裏側を覗き込める位置ではなくなるため、見栄えを向上することができる。
また、ピラー巻き込み部18は、フードパネル15とフェンダーパネル10間とで形成されるオープニングライン30よりも車幅方向内側に延出したことにより、ピラー巻き込み部18の弾性変形を利用してフェンダーパネル10の脱着性を向上させることができる。
また、ピラー巻き込み部18の裏面でフロントピラー14と対向する部位に、ピラー巻き込み部18をフロントピラー14に固定するクリップ19を取り付けるクリップ取り付け部20を設けたことにより、フェンダーパネル10の巻き込み部17を確実にフロントピラー下部に固定することができる。
また、クリップ取り付け部20は、フロントピラー14の前方傾斜面と対向する部位に設けたことにより、フェンダーパネル10の取り付け作業性を向上させることができる。
また、クリップ取り付け部20にクリップ19を取り付ける際に取付ガイドとなるスリット21を設け、このスリット21にクリップ19をスライドさせてクリップ19を取り付けることにより、車体の塗装工程においてはフェンダーパネル10が膨張するためクリップ19を設置せず、艤装工程においてクリップ19をクリップ取り付け部20に取り付けて、フェンダーパネル10とフロントピラー14とを結合することができるため、作業性を向上することができる。
また、スリット19は、フロントピラー14の長手方向に沿って延在し、車両後方側に開口部を設けたことにより、クリップ19の取り付け作業性を向上させることができる。
本発明に係るフェンダーパネルの斜視図である。 本発明に係るフェンダーパネルの透視側面図である。 フェンダーパネルとフロントピラーとの接合部の透視斜視図である。 図3にA−Aで示す断面におけるフェンダーパネルとフロントピラーとを結合する結合部の断面図である。 自動車の前部側面の斜視図である。 図2にB−Bで示す断面におけるフェンダーパネルとフロントピラーとを結合する結合部の断面図である。
符号の説明
10 フェンダーパネル
11 ヘッドランプ
12 フロントバンパー
13 フロントドア
14 フロントピラー
14a フロントピラー根元部
14b クリップ設置孔
15 フードパネル
16 前輪
17 巻き込み部
18 ピラー巻き込み部
19 クリップ
20 ブラケット(クリップ取り付け部)
21 スリット
30 オープニングライン
141 フロントピラーの車幅方向外側面
142 フロントピラーの前方傾斜面
143 フロントピラーの車幅方向内側面

Claims (4)

  1. 自動車の前タイヤの上方に配置され、前部側面の外板をなすフェンダーパネル構造において、
    前記フェンダーパネルを樹脂により成形し、
    前記フェンダーパネルに、フロントピラーの下部の車幅方向外側面と前方傾斜面と車幅方向内側面とを連続して覆うピラー巻き込み部を設け
    前記ピラー巻き込み部の裏面で前記フロントピラーと対向する部位に、前記ピラー巻き込み部を前記フロントピラーに固定するクリップを取り付けるクリップ取り付け部を設け、
    前記クリップ取り付け部は、前記フロントピラーの前方傾斜面と対向する部位に設け
    ことを特徴とするフェンダーパネル構造。
  2. 請求項1に記載するフェンダーパネル構造において、
    前記ピラー巻き込み部は、フードパネルと前記フェンダーパネル間とで形成されるオープニングラインよりも車幅方向内側に延出している
    ことを特徴とするフェンダーパネル構造。
  3. 請求項又は請求項に記載するフェンダーパネル構造において、
    前記クリップ取り付け部に前記クリップを取り付ける際に取付ガイドとなるスリットを設け、
    該スリットに前記クリップをスライドさせてクリップを取り付ける
    ことを特徴とするフェンダーパネル構造。
  4. 請求項に記載するフェンダーパネル構造において、
    前記スリットは、前記フロントピラーの長手方向に沿って延在し、
    車両後方側に開口部を設けた
    ことを特徴とするフェンダーパネル構造。
JP2006047769A 2006-02-24 2006-02-24 フェンダーパネル構造 Active JP4501871B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006047769A JP4501871B2 (ja) 2006-02-24 2006-02-24 フェンダーパネル構造

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006047769A JP4501871B2 (ja) 2006-02-24 2006-02-24 フェンダーパネル構造
CNB2007100793588A CN100467331C (zh) 2006-02-24 2007-02-15 翼子板结构
DE200710008778 DE102007008778A1 (de) 2006-02-24 2007-02-22 Aufbau eines Kotflügels

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007223488A JP2007223488A (ja) 2007-09-06
JP4501871B2 true JP4501871B2 (ja) 2010-07-14

Family

ID=38329477

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006047769A Active JP4501871B2 (ja) 2006-02-24 2006-02-24 フェンダーパネル構造

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP4501871B2 (ja)
CN (1) CN100467331C (ja)
DE (1) DE102007008778A1 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102381359B (zh) * 2011-10-14 2013-07-17 奇瑞汽车股份有限公司 一种汽车侧围外板与翼子板分件区域的结构
CN102730073A (zh) * 2012-06-06 2012-10-17 奇瑞汽车股份有限公司 一种汽车侧围外板a柱末端结构
JP6099451B2 (ja) * 2013-03-26 2017-03-22 ダイハツ工業株式会社 車両のフェンダーパネル構造
CN105584535B (zh) * 2016-02-03 2018-03-20 萧冬 车身翼子板安装结构及方法

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5459654U (ja) * 1977-10-03 1979-04-25
JPS6357182U (ja) * 1986-10-02 1988-04-16
JP2001310767A (ja) * 2000-04-27 2001-11-06 Mazda Motor Corp 車両前部の構造
JP2002053075A (ja) * 2000-08-09 2002-02-19 Mazda Motor Corp 車両の前部構造
JP2003341550A (ja) * 2002-05-30 2003-12-03 Stanley Electric Co Ltd 車両用フロントエンドモジュール
JP2004255956A (ja) * 2003-02-25 2004-09-16 Nissan Motor Co Ltd エンジンルームの熱気抜き構造

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5459654U (ja) * 1977-10-03 1979-04-25
JPS6357182U (ja) * 1986-10-02 1988-04-16
JP2001310767A (ja) * 2000-04-27 2001-11-06 Mazda Motor Corp 車両前部の構造
JP2002053075A (ja) * 2000-08-09 2002-02-19 Mazda Motor Corp 車両の前部構造
JP2003341550A (ja) * 2002-05-30 2003-12-03 Stanley Electric Co Ltd 車両用フロントエンドモジュール
JP2004255956A (ja) * 2003-02-25 2004-09-16 Nissan Motor Co Ltd エンジンルームの熱気抜き構造

Also Published As

Publication number Publication date
DE102007008778A1 (de) 2007-09-06
CN101024403A (zh) 2007-08-29
JP2007223488A (ja) 2007-09-06
CN100467331C (zh) 2009-03-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4638926B2 (ja) 自動車の車体側部構造
JP4244558B2 (ja) 車両のフロントピラー構造
JP4715625B2 (ja) 車体構造
JP2007069825A (ja) 自動車の前部車体構造
JP4501871B2 (ja) フェンダーパネル構造
JP4762732B2 (ja) 車両用ウインドシールド構造体
JP2009234336A (ja) 自動車の前部車体構造
JP6170535B2 (ja) 自動車用ドア構造
JP4489722B2 (ja) 車両の側部構造
CN105722747A (zh) 车身侧部构造
JP5472699B2 (ja) 車両のカウル部構造
JP4973998B2 (ja) フェンダートップカバーの取付け構造
JP2008087616A (ja) カウルトップサイドガーニッシュとフェンダパネルとの取付け構造
JP4923724B2 (ja) 車体構造
JP4867469B2 (ja) 車体構造
JP4770352B2 (ja) 車体側部構造
JP2009227188A (ja) 自動車用フロントフェンダの補強構造
JP5131914B2 (ja) 車室前部構造
JP3974097B2 (ja) カウルトップガーニッシュ構造
JP2009107446A (ja) 車両用サイドステップモール
JP4053488B2 (ja) カウルトップガーニッシュ構造
JP2011255800A (ja) 車両のフロントピラー構造
JP4856678B2 (ja) 自動車フード構造
KR20190113221A (ko) 자동차용 필러트림과 루프 접합부의 보강구조
JP2015066961A (ja) 外装樹脂部材の接合構造

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080214

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091030

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091110

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091225

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100330

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100412

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 4501871

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130430

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140430

Year of fee payment: 4

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350