JP4495875B2 - 給紙装置 - Google Patents

給紙装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4495875B2
JP4495875B2 JP2001076255A JP2001076255A JP4495875B2 JP 4495875 B2 JP4495875 B2 JP 4495875B2 JP 2001076255 A JP2001076255 A JP 2001076255A JP 2001076255 A JP2001076255 A JP 2001076255A JP 4495875 B2 JP4495875 B2 JP 4495875B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
sheet
roller
friction pad
feeding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001076255A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002274679A (ja
Inventor
寿久 中村
Original Assignee
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社リコー filed Critical 株式会社リコー
Priority to JP2001076255A priority Critical patent/JP4495875B2/ja
Publication of JP2002274679A publication Critical patent/JP2002274679A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4495875B2 publication Critical patent/JP4495875B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、複写機及びプリンター、FAX等の電子写真装置に応用できる給紙装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
給紙装置としては、コーナ爪分離方式や給紙コロと分離コロによるコロ対分離方式も一般的であるが、摩擦係数の低い支持部材により支持されたフリクションパッドを給紙コロに押し当てて給紙コロを回転させることにより、給紙コロとフリクションパッド間で積載用紙を1枚ずつ分離して所定方向へ搬送するフリクションパッド分離方式の給紙装置も広く普及している。
【0003】
この方式の従来技術として、特開昭2000-62989号公報が知られている。該公報には、フリクションパッドの幅を給紙コロの幅と同一または給紙コロの幅より小さくした構成の給紙装置が開示されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
この方式の給紙装置においては用紙と給紙コロ間の摩擦係数をμ1 とし、用紙とフリクションパッド間の摩擦係数をμ2 とし、2枚の用紙間の摩擦係数をμ3 とし、μ1 >μ2 >μ3 の関係にすることで、給紙コロに当接している積載用紙を給紙する時に、複数枚の用紙が重なって繰り出されたとしても、複数枚の用紙はこの摩擦係数の差に基づき、給紙コロとフリクションパッド間のニップ部で1枚ずつ分離される。
【0005】
また、給紙コロと接触している用紙を1枚目の用紙、その下の用紙を2枚目の用紙、またその下の用紙を3枚目の用紙とし、1枚目の用紙と2枚目の用紙の摩擦係数をμ4 、2枚目の用紙と3枚目の用紙の摩擦係数をμ5 とすると、μ4 <μ5 の関係の場合には給紙コロによって繰り出される用紙は、1枚目の用紙だけとなり2枚目の用紙は1枚目の用紙と同時に給紙コロとフリクションパッドのニップ部には搬送されない。
【0006】
また、給紙コロは用紙の先端が次のローラに到達すると駆動を停止し、次のローラにより用紙を搬送することになるので、給紙コロは1枚目の用紙の後端が、給紙コロとフリクションパッドのニップ部を通過するまで連れ回り状態になり、1枚目の用紙の後端に続き2枚目の用紙が搬送されるが、給紙コロが連れ回り状態のため2枚目の用紙が給紙コロとフリクションパッドのニップ部に搬送されることはない。
【0007】
このため給紙コロの中心線( 中心から延びる直線) がフリクションパッドに対して垂直に交わる位置から、用紙搬送方向上流側では、給紙コロとフリクションパッドとが接触しながら回転することになり、前にも述べたように重送を防止しているμ2 の摩擦係数を比較的大きく設定しているので、給紙コロとフリクションパッドとのこすれ音(異音)が発生する問題点がある。
【0008】
本発明は、給紙コロとフリクションパッドとのこすれ音(異音)の発生を防止することができる給紙装置を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するために請求項1記載の発明は、摩擦係数の低い支持部材により支持されたフリクションパッドを給紙コロに押し当てて給紙コロを回転させることにより、給紙コロとフリクションパッド間で積載用紙を1枚ずつ分離して所定方向へ搬送する給紙装置において、給紙コロの中心線がフリクションパッド延長面に対して垂直に交わる位置から、用紙搬送方向下流側にフリクションパッドを設け、前記垂直に交わる位置から用紙搬送方向上流側に向けて前記給紙コロから離反する平面による傾斜面を前記支持部材に設け、前記傾斜面は、当該傾斜面の延長面が給紙装置に積載された用紙の下流側端面と交差するように設けられ、前記給紙装置に積載された用紙のうち最上位の用紙のみが乗り越えられ、該最上位の用紙より下の用紙の進行を該傾斜面で停止させることを特徴とする。
【0012】
【発明の実施の形態】
以下本発明の実施形態を図面を参照しつつ説明する。
図1はフリクションパッド分離方式の給紙装置の全体構成図である。
図1に示されているようにフリクションパッド分離方式を用いた給紙装置では、給紙カセット1内の底板3と給紙カセット底面間に介在されたスプリング4により底板3の先端側を上方に付勢することで底板3に積載された用紙2の最上位紙を給紙コロ5に押し当てる。また給紙コロ5の下側には、ガイド部材6により両矢印A方向に摺動自在にガイドされる支持部材7が取り付けてあり、支持部材7の上部にはフリクションパッド8が設けてある。支持部材7とガイド部材6の間のスプリング9により支持部材7は付勢されており、これによりフリクションパッド8を給紙コロ5に押し当てている。
【0013】
そして給紙時に給紙コロ5が時計方向に回転して給紙コロ5と当接している最上位の用紙が繰り出されるが、ここで給紙コロ5と接触している用紙を最上位( 1枚目) の用紙、その下の用紙を2枚目の用紙、またその下の用紙を3枚目の用紙とし、また、最上位の用紙と2枚目の用紙の摩擦係数をμ4 とし、2枚目の用紙と3枚目の用紙の摩擦係数をμ5 とすると、μ4 <μ5 の関係の場合には給紙コロ5によって繰り出される用紙は、最上位の用紙だけとなり2枚目の用紙は最上位の用紙と同時に給紙コロ5とフリクションパッド8のニップ部には搬送されない。
【0014】
また、給紙コロ5は用紙の先端が下流側のセンサー11をONすると駆動を停止し、以降はセンサー11近傍の搬送ローラ10により用紙を搬送することになるので、給紙コロ5は最上位の用紙の後端が、給紙コロ5とフリクションパッド8のニップ部を通過するまで連れ回り状態となる。
【0015】
図2は本発明の第1の実施の形態に係る給紙装置の要部拡大図である。
図2のように最上位の用紙2a の後端に続き2枚目の用紙2b が搬送されるが、2枚目の用紙2b は支持部材7の傾斜部7a を乗り越えることができなく、傾斜部7a で停止してしまう。そして給紙コロ5の中心O から延びる直線がフリクションパッド8に対して垂直に交わる位置Bから上流側は、給紙コロ5と支持部材7とが接触する構成にし、給紙コロ5と用紙間の摩擦係数μよりも小さくなるように、給紙コロ5と支持部材7間の摩擦係数μの材質を設定しているため、給紙コロ5と支持部材7とが接触しながら回転しても、給紙コロ5にブレーキがかかるような状態にはならずスムーズな回転を行うことができる。またこすれ音をなくすことができる。
【0016】
また位置B の下流側にはフリクションパッド8が取り付けてあるため、分離性能に関しても用紙2a と給紙コロ5間の摩擦係数をμ1 とし、用紙2a とフリクションパッド8間の摩擦係数をμ2 とし、2枚の用紙間の摩擦係数をμ3 とし、μ1 >μ2 >μ3 の関係にすれば、給紙コロ5に当接している積載用紙を給紙する時に、複数枚の用紙が重なって繰り出されたとしても、複数枚の用紙はこの摩擦係数の差に基づき、給紙コロ5とフリクションパッド8間のニップ部で1枚ずつ分離することができる。
【0017】
図3は本発明の第2の実施の形態に係る給紙装置の要部拡大図である。
図3の給紙装置は、第1の実施の形態と同じように位置B の下流側にのみフリクションパッドを設けつつ、上流側の支持台7が給紙コロと接触しないように、支持台7に大傾斜部7b を設けたものである。
【0018】
従って、給紙コロ5にブレーキがかかるようなことは起こらずスムーズな回転動作を行うことができる。用紙を1枚ずつ確実に分離することができる点も第1の実施の形態と同じである。
【0019】
【発明の効果】
発明によれば、給紙コロの中心線がフリクションパッド延長面に対して垂直に交わる位置から、用紙搬送方向下流側にのみフリクションパッドを設けたので、給紙コロの回転動作がスムーズになり給紙コロの回転時の異音の発生を防止することができる。
【0020】
本発明によれば、給紙コロは、用紙搬送方向下流側のフリクションパッドと、用紙搬送方向上流側の支持部材とに接触するので、給紙コロの回転動作がスムーズになり給紙コロの回転時の異音の発生を防止することができる。
【0021】
本発明によれば、給紙コロは、用紙搬送方向下流側のフリクションパッドに接触し、用紙搬送方向上流側の支持部材と離反しているので、給紙コロの回転動作がスムーズになり給紙コロの回転時の異音の発生を防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】フリクションパッド分離方式の給紙装置の全体構成図である。
【図2】本発明の第1の実施の形態に係る給紙装置の要部拡大図である。
【図3】本発明の第2の実施の形態に係る給紙装置の要部拡大図である。
【符号の説明】
5 給紙コロ
7 支持台
7b 大傾斜部
8 フリクションパッド

Claims (1)

  1. 摩擦係数の低い支持部材により支持されたフリクションパッドを給紙コロに押し当てて給紙コロを回転させることにより、給紙コロとフリクションパッド間で積載用紙を1枚ずつ分離して所定方向へ搬送する給紙装置において、
    給紙コロの中心線がフリクションパッド延長面に対して垂直に交わる位置から、用紙搬送方向下流側にフリクションパッドを設け
    前記垂直に交わる位置から用紙搬送方向上流側に向けて前記給紙コロから離反する平面による傾斜面を前記支持部材に設け、
    前記傾斜面は、当該傾斜面の延長面が給紙装置に積載された用紙の下流側端面と交差するように設けられ、前記給紙装置に積載された用紙のうち最上位の用紙のみが乗り越えられ、該最上位の用紙より下の用紙の進行を該傾斜面で停止させることを特徴とする給紙装置。
JP2001076255A 2001-03-16 2001-03-16 給紙装置 Expired - Fee Related JP4495875B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001076255A JP4495875B2 (ja) 2001-03-16 2001-03-16 給紙装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001076255A JP4495875B2 (ja) 2001-03-16 2001-03-16 給紙装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002274679A JP2002274679A (ja) 2002-09-25
JP4495875B2 true JP4495875B2 (ja) 2010-07-07

Family

ID=18933227

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001076255A Expired - Fee Related JP4495875B2 (ja) 2001-03-16 2001-03-16 給紙装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4495875B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008308314A (ja) * 2007-06-18 2008-12-25 Canon Inc シート給送装置及び画像形成装置及び画像読取装置

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH038640A (en) * 1989-06-02 1991-01-16 Ricoh Co Ltd Automatic paper supplying device
JPH0379530A (en) * 1989-08-21 1991-04-04 Mita Ind Co Ltd Paper feeding mechanism
JPH0453730U (ja) * 1990-09-14 1992-05-08
JPH0510349U (ja) * 1991-07-17 1993-02-09 カシオ電子工業株式会社 給紙装置
JPH069089A (ja) * 1992-06-29 1994-01-18 Canon Inc シート給送装置
JPH07257770A (ja) * 1994-02-22 1995-10-09 Xerox Corp リタードアセンブリ及びフリクションリタードシート分離装置フィーダ
JPH07309465A (ja) * 1994-05-19 1995-11-28 Brother Ind Ltd 給紙装置
JPH08282868A (ja) * 1995-04-18 1996-10-29 Tohoku Ricoh Co Ltd 給紙分離装置

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH038640A (en) * 1989-06-02 1991-01-16 Ricoh Co Ltd Automatic paper supplying device
JPH0379530A (en) * 1989-08-21 1991-04-04 Mita Ind Co Ltd Paper feeding mechanism
JPH0453730U (ja) * 1990-09-14 1992-05-08
JPH0510349U (ja) * 1991-07-17 1993-02-09 カシオ電子工業株式会社 給紙装置
JPH069089A (ja) * 1992-06-29 1994-01-18 Canon Inc シート給送装置
JPH07257770A (ja) * 1994-02-22 1995-10-09 Xerox Corp リタードアセンブリ及びフリクションリタードシート分離装置フィーダ
JPH07309465A (ja) * 1994-05-19 1995-11-28 Brother Ind Ltd 給紙装置
JPH08282868A (ja) * 1995-04-18 1996-10-29 Tohoku Ricoh Co Ltd 給紙分離装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002274679A (ja) 2002-09-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6331002B1 (en) Sheet feeding apparatus
JP2712308B2 (ja) シート材分離装置
JP4495875B2 (ja) 給紙装置
JPH08143173A (ja) 給紙装置
JP2997603B2 (ja) 給送装置
JP4182820B2 (ja) 給紙装置
JPH1111717A (ja) シート材搬送装置及び画像形成装置
JP2002128304A (ja) 給紙装置
JPH0524664A (ja) 画像形成装置の給紙装置
JP3821716B2 (ja) 給紙装置
JP2542803Y2 (ja) 用紙自動送給装置
JP2849847B2 (ja) 給紙装置
JPH066120Y2 (ja) 厚手用紙供給カセット
JP2001080770A (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP2693633B2 (ja) 給紙装置
JP2001114440A (ja) シート給送装置
JP3027252B2 (ja) 自動給紙搬送装置
JP2002087606A (ja) 給紙装置
JP2592172B2 (ja) 給紙装置
JP2003118861A (ja) 分離給紙装置
JP2560589Y2 (ja) 紙葉搬送装置
JP2004137031A (ja) シート材給送装置及びそれを備えた画像形成装置
JPH1149395A (ja) 分離給紙装置
JP2008074598A (ja) 給紙装置
JPH1179447A (ja) 給紙装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080313

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20080325

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091210

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091215

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100215

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100330

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100412

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140416

Year of fee payment: 4

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees