JP4493893B2 - Multifunctional curved blades for use with ultrasonic surgical instruments - Google Patents

Multifunctional curved blades for use with ultrasonic surgical instruments Download PDF

Info

Publication number
JP4493893B2
JP4493893B2 JP2001527715A JP2001527715A JP4493893B2 JP 4493893 B2 JP4493893 B2 JP 4493893B2 JP 2001527715 A JP2001527715 A JP 2001527715A JP 2001527715 A JP2001527715 A JP 2001527715A JP 4493893 B2 JP4493893 B2 JP 4493893B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ultrasonic
portion
end
surface portion
clamp
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2001527715A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003527155A (en
Inventor
メサーリー・ジェフリー・ディー
Original Assignee
エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US41322599A priority Critical
Priority to US09/413,225 priority
Application filed by エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc. filed Critical エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
Priority to PCT/US2000/024656 priority patent/WO2001024714A1/en
Publication of JP2003527155A publication Critical patent/JP2003527155A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4493893B2 publication Critical patent/JP4493893B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B17/320068Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic
    • A61B17/320092Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic with additional movable means for clamping or cutting tissue, e.g. with a pivoting jaw

Description

【0001】 [0001]
発明の分野 Field of the invention
本発明は、一般に、超音波外科用のクランプ器具に関し、特に、超音波外科用のクランプ器具のための多機能な湾曲状シャー・ブレードに関する。 The present invention relates generally to clamping device for ultrasound surgery, particularly to multifunctional curved shear blade for clamping the instrument for ultrasonic surgery.
【0002】 [0002]
発明の背景 Background of the Invention
この特許出願は以下の同時係属の特許出願、すなわち、1997年10月10日に出願されている米国特許出願第08/948,625号、1997年10月10日に出願されている同第08/949,133号、1998年6月29日に出願されている同第09/106,686号、1999年6月21日に出願されている同第09/337,077号、同第09/412,557号、同第09/412,996号、および同第09/412,257号に関連しており、これらの文献は本明細書に参考文献として含まれる。 This patent application patent of the following co-pending application, ie, 1997, October 10, in which the United States patent filed application Ser. No. 08 / 948,625, the same 08 that have been filed on October 10, 1997 / No. 949,133, 1998 June 29, the same No. 09 / 106,686, which is filed on days, the same No. 09 / 337,077, which is filed on June 21, 1999, the same 09 / No. 412,557, the No. 09 / 412,996, and is associated with the No. 09 / 412,257, these references are incorporated herein by reference.
【0003】 [0003]
中空コアおよび中実コアの各器具を含む超音波器具は多くの医療状態の安全で効果的な治療のために使用されている。 Ultrasonic instruments, including each appliance of the hollow core and solid core is used for the safe and effective treatment of many medical conditions. 超音波器具、特に中実コアの超音波器具はこれらが超音波周波数において外科エンド−エフェクターに伝達される機械的な振動の形態のエネルギーを用いて有機組織を切断および/または凝固するために使用できる点で有利である。 Ultrasonic instruments, surgical end in the mid ultrasonic instruments these ultrasonic frequencies solid core particularly - used to cut and / or coagulate organic tissue using energy in the mechanical vibration of the form transmitted to the effector in that it can be advantageous. 超音波振動は、適当なエネルギー・レベルで有機組織に伝達されて適当なエンド−エフェクターを使用する場合に、組織を切断、切開、または焼灼するために使用できる。 Ultrasonic vibration is transmitted to the organic tissue at suitable energy levels appropriate end - when using effector, tissue cutting can be used to incision, or cauterize. 中実コア技法を利用している超音波器具はその超音波トランスデューサから導波管を介して外科エンド−エフェクターに伝達できる超音波エネルギーの量の理由により特に有利である。 Ultrasonic instruments in utilizing a solid core technique surgical end through the waveguide from the ultrasonic transducer - is particularly advantageous for the reasons the amount of ultrasonic energy that can be transmitted to the effector. これらの器具は内視鏡または腹腔鏡による各処置を含む最少侵襲性の処置における使用に特に適しており、この場合のエンド−エフェクターはトロカールの中を通して外科部位に到達する。 These instruments are particularly suited for use in minimally invasive procedures including the treatment by endoscopic or laparoscopic, the end of the case - effector to reach the surgical site through in the trocar.
【0004】 [0004]
超音波振動は、例えば、器具のハンド・ピース内において1個以上の圧電変換素子または磁わい素子により構成できるトランスデューサを電気的に励起することにより外科エンド−エフェクターの中において誘発される。 Ultrasonic vibration, for example, a surgical end by electrically exciting a transducer that can be configured by one or more piezoelectric transducer or magnetostrictive elements in the hand piece of the instrument - induced in in the effector. このトランスデューサ部分により発生される振動が当該トランスデューサ部分から外科エンド−エフェクターまで延在している超音波導波管を介して外科エンド−エフェクターに伝達される。 Vibrations generated by the transducer portion from the transducer part surgical end - is transmitted to the effector - surgical end via an ultrasonic waveguide extending to effector.
【0005】 [0005]
中実コアの超音波外科器具は2種類の装置、すなわち、単一要素型のエンド−エフェクター装置および多数個要素型のエンド−エフェクターに分けることができる。 Ultrasonic surgical instruments of solid core is two devices, i.e., a single element type end - effector system and a large number element types end - can be divided into effector. 単一要素のエンド−エフェクター装置は外科用メスおよびボール状凝固装置等の器具を含み、例えば、米国特許第5,263,957号を参照されたい。 End of a single element - the effector apparatus includes a device, such as a scalpel and the ball-shaped coagulation system, e.g., see U.S. Pat. No. 5,263,957. この米国特許第5,263,957号に開示されているような器具は相当に十分であることが知られているが、これらの用法ならびに別の超音波外科器具における用法において幾つかの制限がある。 It is known that this US instrument as disclosed in Patent No. 5,263,957 is fairly enough, several limitations in usage in these usages, as well as other ultrasonic surgical instruments is there. 例えば、単一要素のエンド−エフェクター器具は組織が軟質であり緩やかに支持されている場合にブレードから組織に圧力を加える能力が制限されている。 For example, single-element end - are effector instruments have limited ability to apply pressure from the blade to the tissue when the tissue is soft and loosely supported. 超音波エネルギーを組織に効果的に伝達するためには十分な圧力が必要である。 In order to effectively transfer the ultrasonic energy to the tissue it is required enough pressure. このように組織を確実に捕らえることができなければ、超音波エネルギーの供給中に組織表面に対して完全に接着することができなくなり、不十分な止血および組織の結合の結果に到る。 If you can not catch this way the tissue securely, it is not possible to completely adhere to the tissue surface during the supply of ultrasonic energy, leading to the result of the binding of inadequate hemostasis and tissue.
【0006】 [0006]
クランプ式凝固装置等の多数個要素型エンド−エフェクターの使用は超音波ブレードに対して組織を押し当てるための機構を含み、この機構により上記のような欠点が解消できる。 Large number element type end of such clamp coagulator apparatus - Use of effector includes a mechanism for pressing the tissue against the ultrasonic blade, this mechanism is the above-mentioned drawbacks can be eliminated. 超音波外科装置において有用であるとして開示されているクランプ機構がBalamuthに発行されている米国特許第3,636,943号および同第3,862,630号に記載されている。 It is described in U.S. Pat. No. 3,636,943 and EP 3,862,630 which the disclosed clamping mechanism is issued to Balamuth as useful in ultrasonic surgical device. しかしながら、一般に、これらの特許に開示されているBalamuthの装置は十分な速度で凝固および切断せず、ブレードに対する接近がクランプにより遮られるのでクランプ無しの状態で切断/凝固のために使用できない点で融通性に欠けている。 However, in general, apparatus of Balamuth disclosed in these patents did not solidify and cut with sufficient speed, in terms approach for blades that can not be used for cutting / coagulating in the state without the clamp because blocked by the clamp lacking in flexibility.
【0007】 [0007]
例えば、米国特許第5,322,055号および同第5,893,835号に開示されているような超音波クランプ式の凝固装置は組織、特に、緩やかに支持されているか全く支持されていない組織を切断/凝固するための改善された超音波外科器具を提供しており、この場合に、超音波ブレードは一定の圧縮力またはバイアス力を組織に加えるためのクランプと共に用いられており、これにより、比較的に速い組織の凝固および切断が行なえて、ブレード動作の減衰を比較的に少なくすることができる。 For example, coagulation device of the ultrasonic clamp type such as disclosed in U.S. Patent No. 5,322,055 and the No. 5,893,835 tissue, particularly, not at all or are loosely supported supported tissue provides an improved ultrasonic surgical instrument for cutting / coagulating, in this case, the ultrasonic blade is employed in conjunction with a clamp for applying to tissue a constant compressive force or biasing force, this Accordingly, it can be done coagulation and cutting of the relatively fast tissues, it is possible to reduce the damping of the blade operates relatively.
【0008】 [0008]
既に本明細書に参考文献として含まれている米国特許出願第09/106,686号に記載されているような湾曲状の超音波器具の技法における改善は別の態様の湾曲状のクランプ式凝固装置における改善の必要性を示している。 Already curved clamp coagulator aspect improvement of another in technique curved ultrasonic instruments such as described in U.S. Patent Application Serial No. 09 / 106,686 which is incorporated herein by reference It indicates the need for improvements in devices. 例えば、米国特許第5,873,873号は組織パッドを有するクランプ・アームを含むエンド−エフェクターを備えている超音波クランプ式凝固器具を記載している。 For example, U.S. Pat. No. 5,873,873 end including a clamp arm having a tissue pad - describes an ultrasonic clamp coagulator instrument comprises an effector. この米国特許第5,873,873号に開示されている構成において、上記のクランプ・アームおよび組織パッドは直線状である。 In the configuration disclosed in this U.S. Pat. No. 5,873,873, above the clamp arm and tissue pad are straight.
【0009】 [0009]
クランプ式凝固装置において使用されている超音波外科ブレードすなわちエンド−エフェクターの形状は器具における少なくとも4種類の重要な態様を定める。 Ultrasonic surgical blade or end have been used in clamping coagulator apparatus - the shape of the effector defines at least four important aspects of the instrument. これらは(1)エンド−エフェクターの可視性およびその外科領域内における相対的な位置、(2)エンド−エフェクターの目的とされる組織への接近または進入の能力、(3)超音波エネルギーが切断および凝固のために組織に伝達される様式、および(4)組織が超音波的に不活性なエンド−エフェクターにより操作できる様式である。 These (1) end - relative position in the visibility and the surgical region of the effector, (2) end - approaching or entering the ability to tissues is intended effector, (3) ultrasonic energy cleavage and manner is transmitted to the tissue for coagulation, and (4) tissue ultrasonically inactive end - a manner which can be operated by the effector. それゆえ、上記器具におけるこれら4種類の態様を最適化する改善された超音波クランプ式凝固装置を提供することが有利であると考えられる。 Therefore, it may be advantageous to provide these four ultrasonic clamp coagulator apparatus which is improved to optimize aspects of the above instrument.
【0010】 [0010]
Idemoto他はホーン本体部分および端部プレート部分を備えている外科手術において用いられる外科用超音波ホーンを開示している。 Idemoto Other discloses a surgical ultrasonic horn used in surgery and a horn body portion and an end plate portion. 切断部分が上記の端部部分のエッジ部および端部に備えられている。 Cutting portion is provided in the edge portion and the end portion of the end portion of the. さらに、刺激溶液用の通路がホーン本体部分および端部プレート部分の中に延在している。 Furthermore, passages for stimulation solutions extends into the horn body portion and an end plate portion. 少なくとも1個のボアが上記端部プレート部分の平面に対して5度乃至90度の噴射角度で上記切断部分において開口している。 At least one bore is opened in the cutting portion in the injection angle of 5 degrees to 90 degrees to the plane of the end plate portion. 上記の刺激溶液通路はこのボアと連通しており、これにより、刺激溶液がその中を通して噴霧される。 Additional stimulation solutions passage is communicated with the bore, thereby, stimulating solution is sprayed through therein.
【0011】 [0011]
超音波出力を既存の装置よりも均一にクランプされている組織に対して供給することは有利であると考えられる。 It is supplied to the tissue to be uniformly clamped over existing devices ultrasonic power is considered to be advantageous. また、エンド−エフェクターの改善された可視性を提供してブレードが切断/凝固される構造部分を横切って延在していることを外科医が確認できることも有利であると考えられる。 Further, end - considered surgeon that the blade provides improved visibility effector extends across the structural part to be cut / coagulating it is also advantageous to be confirmed. また、生物学的な各構造部分の湾曲部分にさらに似せているエンド−エフェクターによる改善された組織への接近を提供することも有利であると考えられる。 Moreover, further resembling to that end in a curved portion of the biological respective structural parts - It would also be advantageous to provide access to improved by effector tissue. また、多数の組織作用、すなわち、クランプ状態における凝固、クランプ状態における切断、把持、背部切断、切開、スポット凝固、末端部分の侵入およびスコア処理を提供するために設計されている多数のエッジ部分および表面部分を備えることも有利であると考えられる。 Further, many organizations action, i.e., coagulation in the clamped state, cut in the clamping state, the grasping, back cut, incision, spot coagulation, many edges are designed to provide entry and score processing terminal portion and providing the surface portion also is considered advantageous. また、僅かにフック状のまたは楔状の作用を利用して背部切断中にそれ自体で組織に張力を加えることができる超音波クランプ式凝固装置を提供することも有利であると考えられる。 It would also be advantageous to provide an ultrasonic clamp coagulator apparatus which can apply tension to the tissue itself by utilizing the effect of slightly hook-shaped or wedge-shaped in the back cutting. さらに、クランプ部材に対する相容性、切断用の鋭い特徴部分、接近性および可視性のための湾曲部分、および既存の装置よりもさらに均一な超音波出力の供給を含む特的な形状部分を使用している多機能的な超音波外科ブレードを提供することも有利であると考えられる。 Furthermore, use compatible for clamping members, the sharp characteristic portions of cutting, the curved portion, and in particular shapes portion including a more uniform supply of ultrasonic output than existing devices for accessibility and visibility it would also be advantageous to provide a multi-functional ultrasonic surgical blade that. 本発明はこれらの特徴および改善を以下に説明するように提供する。 The present invention provides these features and improvements as described below.
【0012】 [0012]
発明の概要 Summary of the Invention
本発明はシャー型の構成の多数の機能を最良に実行するためのエンド−エフェクターの形状を組み合わせている超音波外科器具を開示する。 The present invention end for best to perform a number of functions in the configuration of the shear-type - discloses an ultrasonic surgical instrument that combines shape effector. このブレードの形状は湾曲状および潜在的にテーパー状の形状部分を形成するための丸みを付けた切断部分により特徴づけられている。 The shape of the blade is characterized by curved and potentially cut portions rounded to form a tapered shape portion. この切断部分は、実施形態の一例において、凹状の表面部分および凸状の表面部分を含む湾曲状の表面部分を形成している。 The cut portion in one example embodiment, to form a curved surface portion including the surface portion and a convex surface portion of the concave. この凸状の表面部分は短い、直線状の、平坦な表面部分に変化している。 Surface portion of the convex short, straight, is changed to a flat surface portion. この直線状の部分の長さは上記の湾曲状の形状により誘発される横方向の動作の音響学的な平衡化において、部分的に、作用する。 The length of the straight portion in the acoustic equilibrium of lateral action induced by the curved shape of the partially act. 直線状のブレード末端部分に比べて、本発明の設計による末端部分の湾曲形状は横断部位における改善された可視性および目的とされる組織への改善された接近性を提供する。 Compared to straight blade tip, the curved shape of the distal portion according to the design of the present invention provides an improved accessibility to the tissue that is improved visibility and interest in transversal sections. 実施形態の一例において、超音波ブレードが広いエッジ部分および狭いエッジ部分を有して説明されている。 In one example embodiment, it is described ultrasonic blade having a wide edge and a narrow edge portion. この広いエッジ部分は一定の垂直平面に沿って狭いエッジ部分の反対側に存在しており、狭いエッジ部分は第1の表面部分と第2の表面部分との交線により定められていて、この第1の表面部分は凹状である。 This wide edge portion is present on the opposite side of the narrow edge portions along a fixed vertical plane, the narrow edge portions is not defined by intersection of the first surface portion and a second surface portion, the the first surface portion is concave.
【0013】 [0013]
発明の詳細な説明 Detailed Description of the Invention
以下、本発明を本明細書に記載するように超音波器具との組み合わせにおいて説明する。 Hereinafter, as described the invention herein will be described in combination with ultrasonic instruments. この説明は単に例示的であり、本発明の範囲および適用方法を制限することを目的としていない。 This description is illustrative only and not intended to limit the scope and application of the present invention. 例えば、本発明は、米国特許第5,938,633号、同第5,935,144号、同第5,944,737号、同第5,322,055号、同第5,630,420号、および同第5,449,370号において記載されている装置を含む多数の超音波器具との組み合わせにおいて有用である。 For example, the present invention is U.S. Patent No. 5,938,633, the No. 5,935,144, the No. 5,944,737, the No. 5,322,055, the first 5,630,420 Nos, and it is useful in combination with a number of ultrasonic instrument including an apparatus described in the No. 5,449,370.
【0014】 [0014]
図1はサンドイッチ型の超音波トランスデューサ82、ハンド・ピース・ハウジング20、および本発明によるクランプ式凝固装置120と共に超音波信号発生器15を備えている超音波システム10を示している。 Figure 1 shows an ultrasound system 10 which sandwich type ultrasonic transducer 82, hand piece housing 20, and with the clamp coagulator apparatus 120 according to the present invention comprises an ultrasonic signal generator 15. このクランプ式凝固装置120は切開式または腹腔鏡式の手術において使用可能である。 The clamp coagulator apparatus 120 can be used in the incision type or laparoscopic surgery. 超音波トランスデューサ82は「ランジュバァン・スタック(Langevin stack)」として知られており、一般にトランスダクション部分90、第1の共振器またはエンド−ベル92、および第2の共振器またはフォア−ベル94、および補助部品を備えている。 The ultrasonic transducer 82 is known as a "Langevin Baan stack (Langevin stack)" generally transduction portion 90, a first resonator or end - bell 92, and a second resonator or fore - Bell 94, and an auxiliary parts. この超音波トランスデューサ82は後に詳述するようにシステム波長の1/2の整数倍の長さ(nλ/2)であることが好ましい。 It is preferred that the ultrasonic transducer 82 is a half of an integral multiple length of system wavelengths as will be described later (nλ / 2). 音響組立体80は上記の超音波トランスデューサ82、取付部材36、速度トランスフォーマ64および表面部分95を備えている。 Acoustic assembly 80 includes the ultrasonic transducer 82, the mounting member 36, the speed transformer 64 and surface portion 95.
【0015】 [0015]
エンド−ベル92の先端部はトランスダクション部分90の基端部に接続しており、フォア−ベル94の基端部はトランスダクション部分90の先端部に接続している。 End - the tip of the bell 92 is connected to the proximal end of the transduction portion 90, fore - proximal end of the bell 94 is connected to the distal end of transduction portion 90. フォア−ベル94およびエンド−ベル92はトランスダクション部分90の厚さ、エンド−ベル92およびフォア−ベル94を製造するために使用されている材料の密度および弾性率、および超音波トランスデューサ82の共振振動数を含む多数の変数により決定される一定の長さを有している。 Fore - Bell 94 and end - Bell 92 is the thickness of the transduction portion 90, the end - Bell 92 and fore - density and elastic modulus of the material used to manufacture the bell 94, and the resonance of the ultrasonic transducer 82 It has a constant length which is determined by a number of variables including the number of vibrations. フォア−ベル94はその基端部からその先端部にかけて内側にテーパー状にして速度トランスフォーマ64として超音波振動の振幅を増幅可能にすることができ、あるいは、増幅作用を有していなくてもよい。 Fore - Bell 94 can be capable of amplifying amplitude of the ultrasonic vibration as the velocity transformer 64 and tapered inwardly toward its distal end from its proximal end, or may not have the amplifying effect .
【0016】 [0016]
圧電変換素子100は、例えば、ジルコン酸−チタン酸鉛、メタ−ニオブ酸鉛、チタン酸鉛、またはその他の圧電変換性の結晶材料を含む任意の適当な材料により製造できる。 The piezoelectric transducer 100, for example, zirconate - lead titanate, meta - lead niobate, can be prepared by any suitable material including lead titanate, or other piezoelectric transducer of the crystalline material. 正電極96、負電極98、および圧電変換素子100はそれぞれその中心を貫通している中ぐり穴を有している。 Positive electrode 96, negative electrode 98 and the piezoelectric transducer element 100, has a bore hole extending through the center thereof, respectively. さらに、正電極96および負電極98はそれぞれ電線102および電線104に電気的に連結されている。 Further, the positive electrode 96 and negative electrode 98 is electrically connected to the electric wire 102 and the wire 104, respectively. 各電線102および電線104はケーブル25の中に包まれていて、超音波システム10における超音波信号発生器15に電気的に接続可能である。 Each wire 102 and the wire 104 is wrapped in a cable 25, which is electrically connectable to the ultrasonic signal generator 15 in the ultrasound system 10.
【0017】 [0017]
音響組立体80の超音波トランスデューサ82は超音波信号発生器15からの電気的信号を機械的なエネルギーに変換し、このエネルギーが超音波トランスデューサ82およびエンド−エフェクター180の超音波周波数における主に長手方向の振動動作を生じる。 Ultrasonic transducer 82 of the acoustic assembly 80 converts the electrical signal from ultrasonic signal generator 15 into mechanical energy, this energy is ultrasonic transducer 82 and the end - mainly longitudinal in the ultrasonic frequency effector 180 results in a direction of the vibration behavior. この音響組立体80が励起すると、振動動作の定在波が当該音響組立体80の中に発生する。 When the acoustic assembly 80 is energized, the standing wave vibration operation occurs in the acoustic assembly 80. さらに、この音響組立体80に沿う任意点における振動動作の振幅はその振動動作を測定する音響組立体80に沿う場所により決まる。 Furthermore, the amplitude of the oscillating motion at any point along the acoustic assembly 80 depends on the location along the acoustic assembly 80 to measure the vibration behavior. この振動動作の定在波における最小位置またはゼロ交叉位置は節部(node)(すなわち、動作が通常において最小である)として一般的に呼ばれており、この定在波における絶対値の最大位置またはピーク位置は一般に波腹部(anti-node)として呼ばれている。 Minimum position or zero crossing position is node portion of the standing wave of the vibration operation (node) (i.e., operation minimum at which the normal) are commonly referred to as the maximum position of the absolute value of the standing wave or peak position is commonly referred to as a wave abdomen (anti-node). また、波腹部とそのこれに最も近い節部との間の距離は1/4波長(λ/4)である。 The distance between the wave abdomen and its This nearest node portions is 1/4 wavelength (λ / 4).
【0018】 [0018]
各電線102および電線104は電気的な信号を超音波信号発生器15から正電極96および負電極98にそれぞれ伝達する。 Each wire 102 and the wire 104 are respectively for transmitting the electrical signal from ultrasonic signal generator 15 to positive electrodes 96 and negative electrodes 98. 適当な発生器がオハイオ州シンシナティーのETHICON ENDO-SURGERY社からモデル番号GEN01として入手可能である。 Suitable generators are available as model number GEN01 from ETHICON ENDO-SURGERY, Inc. of Cincinnati, Ohio. 圧電変換素子100はフット・スイッチ118に応じて超音波信号発生器15から供給される電気的な信号により励起されて音響学的な定在波を音響組立体80の中に生じる。 The piezoelectric transducer 100 produces an electrical acoustic standing wave is excited by a signal supplied from the ultrasonic signal generator 15 in response to the foot switch 118 in the acoustic assembly 80. すなわち、この電気的な信号は各圧電変換素子100において繰り返し状態の小さな変位の形態で乱動を引き起こすことにより大きな圧縮力をこの材料の中に生じる。 That results in a large compressive force in the material by causing Roil in the form of small displacements of the repeating state the electrical signals in each piezoelectric transducer element 100. つまり、この繰り返し状態の小さな変位により各圧電変換素子100がその電圧勾配の軸に沿って連続的な様式で膨張および収縮することにより、超音波エネルギーの長手方向の波が生じる。 That is, by expansion and contraction in each piezoelectric transducer element 100 is a continuous manner along the axis of the voltage gradient by a small displacement of the repeating state, longitudinal waves of ultrasonic energy occurs. この超音波エネルギーが音響組立体80を介してエンド−エフェクター180に伝達される。 The ultrasonic energy end through the acoustic assembly 80 - is transmitted to the effector 180.
【0019】 [0019]
上記の音響組立体80がエンド−エフェクター180にエネルギーを供給するために、この音響組立体80における全ての部品が上記のクランプ式凝固装置120における超音波的に活性な各部分に音響学的に連結されている必要がある。 Additional acoustic assembly 80 by the end - to supply energy to the effector 180, acoustically ultrasonic active each portion all components in the acoustic assembly 80 is in the clamp coagulator apparatus 120 there is a need to be consolidated. 例えば、超音波トランスデューサ82の先端部をスタッド50等のねじ付きの接続手段により超音波導波管179の基端部に表面部分95において音響学的に連結することが可能である。 For example, it is possible to acoustically coupled at surface portion 95 to the proximal end of the ultrasonic waveguide 179 by a threaded connection means of studs 50 or the like tip of the ultrasonic transducer 82.
【0020】 [0020]
また、上記の音響組立体80における各部品はその任意の組立体の長さが1/2波長の整数倍(nλ/2)であるように音響学的に同調されていることが好ましく、この場合の波長λは所定の波長または音響組立体80の動作用の長手方向に沿う振動の駆動周波数f d Further, it is preferable that are acoustically tuned to each part length of any assembly that is an integer multiple of a half wavelength (nλ / 2) in the acoustic assembly 80 described above, the drive frequency f d of the wavelength λ when vibration along the longitudinal direction for the operation of a predetermined wavelength or acoustic assembly 80 であり、nは正の整数である。 In it, n is a positive integer. なお、上記の音響組立体80は各音響要素の任意の適当な配列構成を含むことが可能である。 Note that the acoustic assembly 80 described above may include any suitable arrangement configuration of each acoustic elements.
【0021】 [0021]
次に図2Aおよび図2Bにおいて、本発明による外科システム10におけるクランプ式凝固装置120が示されている。 Referring now to FIG. 2A and 2B, a clamp coagulator apparatus 120 is shown in the surgical system 10 according to the present invention. 好ましくは、このクランプ式凝固装置120は1個のユニットとして上記の音響組立体80に対して着脱される。 Preferably, the clamp coagulator apparatus 120 is detachable from said acoustic assembly 80 as a single unit. 好ましくは、このクランプ式凝固装置120の基端部は図1に示されているように音響組立体80の先端側表面部分95に音響学的に連結されている。 Preferably, the proximal end of the clamp coagulator apparatus 120 is acoustically coupled to the distal end surface portion 95 of the acoustic assembly 80 as shown in FIG. なお、このクランプ式凝固装置120が任意の適当な手段により音響組立体80に連結可能であることが認識されると考える。 Incidentally, it considered that the clamp coagulator apparatus 120 can be coupled to the acoustic assembly 80 by any suitable means are recognized.
【0022】 [0022]
好ましくは、上記のクランプ凝固装置120は器具ハウジング130、および細長い部材150を備えている。 Preferably, the clamp coagulator 120 includes an instrument housing 130 and elongated member 150. この細長い部材150は以下に詳述するように器具ハウジング130に対して選択的に回転できる。 The elongated member 150 can be selectively rotated relative to the instrument housing 130 as described in detail below. 器具ハウジング130は旋回式のハンドル部分136、および左側シュラウド134および右側シュラウド138にそれぞれ連結されている固定式のハンドル132Aおよびハンドル132Bを備えている。 Instrument housing 130 includes a handle 132A and the handle 132B of stationary that are respectively connected to pivoting handle portion 136 and the left shroud 134 and a right shroud 138,.
【0023】 [0023]
右側シュラウド138は左側シュラウド134においてスナップ嵌めすることに適合している。 Right shroud 138 is adapted to snap fit on the left side shroud 134. 好ましくは、この右側シュラウド138は当該右側シュラウド138に形成されている内側に対向している複数のプロング70により左側シュラウド134に連結されている。 Preferably, the right shroud 138 is coupled to the left shroud 134 by a plurality of prongs 70 facing the inner side which is formed on the right shroud 138. これら複数のプロング70は左側シュラウド134の中に形成されている対応する各穴または孔140の中に係合するように配列されている。 The plurality of prongs 70 are arranged to engage into each hole or holes 140 corresponding are formed in the left shroud 134. 左側シュラウド134を右側シュラウド138に取り付ける際に、これらの間に、後に詳述するような指定機構255等の種々の部品に適合する一定のキャビティが形成される。 When mounting the left shroud 134 to the right shroud 138, between these, certain cavities conform to various parts such as specified mechanism 255 as described in detail later is formed.
【0024】 [0024]
上記のクランプ式凝固装置120における左側シュラウド134および右側シュラウド138はポリカーボネートにより製造されることが好ましい。 The left shroud 134 and a right shroud 138 in the clamp coagulator apparatus 120 is manufactured by polycarbonate is preferred. なお、これらの構成部品は本発明の趣旨および範囲から逸脱することなく任意の適当な材料により作成することが可能であると考えられる。 Incidentally, it is considered that these components can be made of any suitable material without departing from the spirit and scope of the present invention.
【0025】 [0025]
指定機構255は上記の器具ハウジング130におけるキャビティの中に配置されている。 Specifying mechanism 255 is disposed within the cavity in the instrument housing 130. 好ましくは、この指定機構255は内側チューブ170に連結または取り付けられていて、ハンドル部分136の移動を内側チューブ170の線形動作に変換してクランプ・アーム組立体300を開閉する。 Preferably, this designation mechanism 255 have connected or attached to the inner tube 170, and converts the movement of the handle portion 136 to linear operation of the inner tube 170 to open and close the clamp arm assembly 300. すなわち、旋回式のハンドル部分136が固定式のハンドル部分130の方向に移動すると、指定機構255が内側チューブ170を後方に摺動させてクランプ・アーム組立体300を閉じた状態に旋回させる。 That is, when the pivoting handle portion 136 is moved in the direction of the stationary handle portion 130 to pivot to the state specified mechanism 255 closes the clamp arm assembly 300 is slid inside tube 170 backward. また、旋回式のハンドル部分136が上記と反対の方向に移動すると、指定機構255が内側チューブ170を上記と反対の方向、すなわち、前方に移動するように摺動して、クランプ・アーム組立体300をその開口した状態に旋回させる。 Further, the pivoting handle portion 136 is moved in a direction opposite to the above, a direction opposite to the specified mechanism 255 of inner tube 170 as above, i.e., by sliding to move forward, the clamp arm assembly turning the 300 in the opening state.
【0026】 [0026]
上記の指定機構255は細長い部材150を器具ハウジング130に対してその長手軸の回りに回転可能にするためのラチェット機構も備えている。 The above specified mechanism 255 is also provided with a ratchet mechanism for allowing rotation about its longitudinal axis an elongated member 150 with respect to instrument housing 130. この細長い部材150の回転により、クランプ・アーム300が選択された所望の角度位置まで回転可能になる。 The rotation of the elongate member 150, allowing rotation to a desired angular position where the clamp arm 300 has been selected. 上記の指定機構255は好ましくは管状カラー260およびヨーク280を備えている。 The above specified mechanism 255 preferably includes a tubular collar 260 and yoke 280.
【0027】 [0027]
上記の指定機構255の管状カラー260は好ましくは内側チューブ170の基端部上にスナップ嵌めされていて、反対側の開口部168の中にキー係合している。 The tubular collar 260 of the above specified mechanism 255 preferably is snapped onto the proximal end of the inner tube 170, in mesh keyed into the opposite side of the opening 168. この管状カラー260は好ましくはポリエーテルイミドにより製造されている。 The tubular collar 260 are preferably fabricated by polyetherimides. なお、この管状カラー260は任意の適当な材料により構成することができる。 Note that the tubular collar 260 may be constructed of any suitable material.
【0028】 [0028]
上記の管状カラー260は図11乃至図13にさらに詳細に示されている。 It said tubular collar 260 is shown in more detail in FIGS. 11 to 13. 好ましくは、この管状カラー260は拡大部分262、およびその中に貫通しているボア(中ぐり穴)266を有している。 Preferably, the tubular collar 260 has a bore (Chuguriana) 266 extending through enlarged portion 262, and therein. この拡大部分262は好ましくは管状カラー260の周縁部の周囲に形成されていて溝部268を形成しているリング272を備えている。 The enlarged portion 262 preferably includes a ring 272 which forms a groove 268 is formed around the periphery of the tubular collar 260. この溝部268は複数のデテントまたは歯部269を有しており、これらの歯部269は上記の細長い部材150がその長手軸の回りに回転する時に当該細長い部材150を異なる回転位置に保持するために作用する。 The groove 268 has a plurality of detent or tooth 269, since the teeth 269 of the elongated member 150 is held in the elongated member 150 to different rotational positions as it rotates about its longitudinal axis acting on. 好ましくは、溝部268は12個のラチェット歯部を有していて、約30度の12個の等角度の増加分で上記の細長い部分を回転可能にしている。 Preferably, the groove 268 has a rotatable 12 have ratchet teeth, elongated portion of said at increments of 12 equal angle of about 30 degrees. なお、上記の管状カラー260は任意数の歯状の部材を有することができる。 The above tubular collar 260 may have a toothed member of any number. また、これらの歯状の部材が本発明の範囲および趣旨から逸脱することなく管状カラー260の任意の適当な部分に配置可能であることが認識されると考える。 Moreover, it considered that these toothed member can be positioned in any suitable part of the tubular collar 260 without departing from the scope and spirit of the present invention is recognized.
【0029】 [0029]
次に図2A乃至図4に戻り、上記旋回式のハンドル部分136は親指用のループ142、第1の穴124、および第2の穴126を有している。 Then return to FIGS. 2A-4, the handle portion 136 of the pivoting has a loop 142, the first bore 124 and second bore 126, for the thumb. ピボット・ピン153がハンドル部分136の第1の穴124の中に配置されていて、図3において矢印121により示されているような旋回を可能にしている。 Pivot pin 153 has been arranged in the first hole 124 of handle portion 136, which enables the turning as indicated by the arrow 121 in FIG. 3. 旋回式のハンドル部分136の親指用のループ142が器具ハウジング130から離間して矢印121の方向に移動すると、リンク128が前方方向の一定の力をヨーク280に加えることにより、ヨーク280が前方に移動する。 When the loop 142 for the thumb of the pivoting handle portion 136 is moved in the direction of arrow 121 at a distance from the instrument housing 130, by link 128 exerts a constant force in the forward direction to the yoke 280, the yoke 280 is forward Moving. リンク128はピン129により旋回式のハンドル部分136に接続されており、さらに、このリンク128はピン127により基部284に接続されている。 Link 128 is pivotally connected to the handle portion 136 by a pin 129, further, the link 128 is connected to the base 284 by a pin 127.
【0030】 [0030]
次に図2Aに戻り、ヨーク280は一般に保持または支持部材282および基部284を有している。 Then return to Figure 2A, yoke 280 has generally holding or supporting member 282 and the base 284. この支持部材282は好ましくは半円形であり、上記管状カラー260の歯部269に対して係合するために内側に延出している一対の対向している爪286を有している。 The support member 282 is preferably semi-circular, and has a pair of oppositely and pawl 286 extend inwardly for engaging with a tooth portion 269 of the tubular collar 260. なお、これらの爪286は本発明の趣旨および範囲から逸脱することなく管状カラー260の歯部269に対する係合のためにヨーク280の任意の適当な部分に配置可能であると考えられる。 Incidentally, it is considered that these claws 286 can be positioned in any suitable part of the yoke 280 for engagement with teeth 269 of the tubular collar 260 without departing from the spirit and scope of the present invention. また、このヨーク280が任意数のラチェット・アームを有し得ることも認識されると考える。 Also, considered also it recognized that the yoke 280 may have ratchet arms of any number.
【0031】 [0031]
上記のヨーク280は図19乃至図22にさらに詳細に示されている。 Additional yoke 280 is shown in more detail in FIGS. 19 to 22. 旋回式のハンドル部分136は好ましくはヨーク280の基部284におけるスロット147の中に部分的に配置されている。 Pivoting handle portion 136 preferably is partially disposed within the slot 147 at the base 284 of the yoke 280. この基部284は基部開口部287、アクチュエータ移動停止部290、および基部ピン−ホール288を有している。 The base portion 284 is proximal opening 287, an actuator travel stop 290 and the base pins, - has a hole 288. 上記のピボット・ピン153は基部開口部287の中を通して配置されている。 It said pivot pin 153 is disposed through inside the base opening 287. ヨーク280における各爪286は管状カラー260を介して内側チューブ170に開口力を伝達し、これにより、クランプ・アーム組立体300が開口する。 Each pawl 286 in the yoke 280 of the opening force is transmitted to the inner tube 170 via the tubular collar 260, whereby the clamp arm assembly 300 is opened.
【0032】 [0032]
上記のクランプ式凝固装置120におけるヨーク280は好ましくはポリカーボネートにより製造されている。 Yoke 280 in the above clamp coagulator apparatus 120 is preferably fabricated of polycarbonate. また、このヨーク280はABS、ナイロン、またはポリエーテルイミド等の別のプラスチック材料を含む種々の材料により作成することも可能である。 Further, the yoke 280, it is also possible to create a variety of materials, including ABS, nylon or another plastic material such as polyetherimide. さらに、このヨーク280は本発明の趣旨および範囲から逸脱することなく任意の適当な材料により構成可能であると考えられる。 Further, the yoke 280 is believed to be composed of any suitable material without departing from the spirit and scope of the present invention.
【0033】 [0033]
図3および図4に示されているように、ヨーク280は旋回式のハンドル部分136が器具ハウジング130の方向に移動する時にクランプ・アーム組立体300に一定の閉鎖力を伝達する。 As shown in FIGS. 3 and 4, the yoke 280 transmits a constant closing force to clamp arm assembly 300 when the pivoting handle portion 136 is moved in the direction of the instrument housing 130. アクチュエータ移動停止部290は旋回式のハンドル部分136のストロークの底部においてピボット・ピン153に接触することにより、この旋回式のハンドル部分136のさらなる移動、すなわち過剰移動を阻止する。 Actuator travel stop 290 by contacting the pivot pin 153 at the bottom of the stroke of pivoting handle portion 136, further movement of the pivoting handle portion 136, i.e., to prevent excessive movement. ヨーク280の各爪286はワッシャー151、力制限スプリング155、およびカラー・キャップ152を介して管状カラー260に力を伝達する。 Each claw 286 of the yoke 280 transmits the force to the tubular collar 260 through a washer 151, force limiting spring 155 and the collar cap 152,. カラー・キャップ152はワッシャー151および力制限スプリング155が拡大部分262よりも基端側の管状カラー260上に組立てられた後に管状カラー260に強固に取り付けられる。 Color cap 152 is rigidly attached to tubular collar 260 after being assembled on the tubular collar 260 proximal than the washer 151 and force limiting spring 155 is enlarged portion 262. このカラー・キャップ152は図5および図6にさらに詳細に示されている。 The color cap 152 is shown in more detail in FIGS. また、力制限スプリング155は図7および図8にさらに詳細に示されており、ワッシャー151は図9および図10にさらに詳細に示されている。 Further, force limiting spring 155 is shown in more detail in FIGS. 7 and 8, washer 151 is shown in more detail in FIGS. ワッシャー151の厚さはクランプ式凝固装置120の設計または製造中に調節されて、力制限スプリング155の予荷重を変更することができる。 The thickness of the washer 151 is adjusted during design or manufacturing of clamp coagulator apparatus 120 can change the preload force limiting spring 155. カラー・キャップ152は超音波溶接により管状カラー260に取り付けられるが、圧入、スナップ嵌め、または接着剤による取り付けが可能である。 Color cap 152 is attached to tubular collar 260 by ultrasonic welding, press fit, snap fit, or can be mounted by adhesive.
【0034】 [0034]
図5乃至図10において、管状カラー260、ワッシャー151、力制限スプリング155、およびカラー・キャップ152は力制限用の特徴部分をクランプ・アーム組立体300に備えている。 In FIGS. 5 through 10, tubular collar 260, washer 151, force limiting spring 155 and the collar cap 152, has a characteristic portion of a force limiting to the clamp arm assembly 300. 旋回式のハンドル部分136が器具ハウジング130に向かって移動すると、クランプ・アーム組立体300は超音波ブレード88に向かって回転する。 When pivoting handle portion 136 is moved toward the instrument housing 130, clamp arm assembly 300 is rotated toward ultrasonic blade 88. 超音波切断および止血の両方を行うために、クランプ・アーム組立体300の最大力を0.5ポンド乃至3.0ポンド(0.227kg乃至1.362kg)に制限することが望ましい。 To perform both ultrasonic cutting and hemostasis, it is desirable to limit the maximum force of clamp arm assembly 300 to 0.5 lbs to 3.0 lbs (0.227Kg to 1.362kg).
【0035】 [0035]
図5および図6はスプリング表面158を含むカラー・キャップ152を示している。 5 and 6 show the color cap 152 including a spring surface 158. 図7および図8はキャップ表面部分156、ワッシャー表面部分157、および複数のスプリング要素159を含む力制限スプリング155を示している。 7 and 8 show a force limiting spring 155 including a cap surface portion 156, the washer surface portion 157 and a plurality of spring elements 159,. この力制限スプリング155はそのスプリング要素159の形状によりウェーブ・スプリング(wave spring)として当該技術分野において説明されている。 Have been described in the art as a wave spring (wave spring) by the force limiting spring 155 is the shape of the spring element 159. このようなウェーブ・スプリングを力制限スプリング155において使用することは、このスプリングが超音波外科器具の諸用途に良好に適合している小形の物理的寸法において高いばね率を示し、この場合に、その中心領域が超音波導波管179のために開口状態であるという理由により、有利である。 This is to be used in such a wave spring force limiting spring 155, shows a high spring rate in the physical dimensions of the compact that the spring is well suited for various applications of the ultrasonic surgical instrument, in this case, its central region is the reason that it is an open state for the ultrasonic waveguide 179, is advantageous. 力制限スプリング155はカラー・キャップ152のスプリング表面部分とワッシャー151のスプリング面部165との間においてバイアス力を受けている。 Force limiting spring 155 is under a bias force between the spring surface 165 of the spring surface portion and the washer 151 of the collar cap 152. ワッシャー151はクランプ式凝固装置120(図2乃至図4参照)の組み立て後にヨーク280の各爪286に接触する爪面部167(図9および図10)を有している。 Washer 151 has a pawl face 167 in contact with each claw 286 of the yoke 280 after assembly of clamp coagulator 120 (see FIGS. 2 4) (FIGS. 9 and 10).
【0036】 [0036]
次に、図2および図14乃至図18において、回転ノブ190が上記の細長い部材150を回転するために当該細長い部材150に取り付けられていて、管状カラー260がヨーク280に対して回転するようになっている。 Next, in FIG. 2 and FIGS. 14 to 18, rotation knob 190 is attached to the elongated member 150 to rotate the elongated member 150 of the above, as the tubular collar 260 rotates relative to the yoke 280 going on. この回転ノブ190はポリエーテルイミド、ナイロン等の別のプラスチック材料、またはその他の任意の適当な材料を含む種々の材料により作成することも可能である。 The rotation knob 190, it is also possible to create a variety of materials including polyetherimide, another plastics material such as nylon or any other suitable material.
【0037】 [0037]
好ましくは、上記の回転ノブ190は拡大部分または外側ノブ192、内側ノブ194、およびこれらを貫通している軸方向のボア196を有している。 Preferably, the rotary knob 190 is enlarged portion or outer knob 192 has an axial bore 196 which has an inner knob 194, and these through. 内側ノブ194は外側ノブ192のキーウェイ189に協同的に取り付けるためのキー191を有している。 Inner knob 194 has a key 191 for mounting cooperatively in keyway 189 of the outer knob 192. 外側ノブ192は交互に置かれている長手方向に沿う隆起部197および溝部198を有しており、これらは外科医による回転ノブ190および細長い部材150の配向を容易にする。 The outer knob 192 has a raised portion 197 and the groove 198 along the longitudinal direction are placed alternately, they facilitate the orientation of the rotational knob 190 and the elongated member 150 by the surgeon. この回転ノブ190の軸方向のボア196は細長い部材150の基端部上に適当に嵌合するように構成されている。 Is configured to appropriately fit into the axial bore 196 of the rotational knob 190 is elongated member 150 at the proximal end on.
【0038】 [0038]
内側ノブ194は器具ハウジング130の先端部における開口部139の中に延在している。 Inner knob 194 extends into the opening 139 at the distal end of the instrument housing 130. この内側ノブ194は当該内側ノブ194を上記開口部139の中に回転可能に取り付けるためのチャンネル193を有している。 The inner knob 194 is the inner knob 194 includes a channel 193 for mounting rotatably in the opening 139. さらに、上記の回転可能なノブ190の内側ノブ194は一対の対向している穴199を有している。 Further, the inner knob 194 of the rotatable knob 190 has a bore 199 that is a pair of opposed. これらの対向している各穴199は後に説明するような細長い部材150を貫通している通路195の一部分として整合されている。 Each hole 199 that these faces are aligned as part of a passage 195 that extends through the elongated member 150 as will be described later.
【0039】 [0039]
例えば、ピン163等の連結部材を上記通路195における対向している各穴199の中に配置できる。 For example, the connecting member such as a pin 163 can be placed into each bore 199 facing in the passage 195. このピン163は、例えば、ハウジング130内のリブの間に捕捉するか、シリコーンまたはシアノアクリレート等の接着剤を含む任意の適当な手段により細長い部材150の通路195の中に保持できる。 The pin 163 is, for example, be trapped between the ribs in the housing 130 or can be held into the passageway 195 of elongated member 150 by any suitable means, including an adhesive such as a silicone or cyanoacrylate. このピン163は細長い部材150を回転するために回転ノブ190から細長い部材150に回転トルクを供給することを可能にする。 The pin 163 makes it possible to provide rotational torque to the elongate member 150 from rotating knob 190 to rotate the elongated member 150.
【0040】 [0040]
回転ノブ190を回転する場合に、管状カラー260の歯部269がヨーク280の対応する各爪286に係合して僅かに乗り上がる。 When rotating the rotary knob 190, teeth 269 of the tubular collar 260 increases slightly ride engages a corresponding pawls 286 of the yoke 280. これらの爪286が歯部269上に乗り上がると、ヨーク280の支持部材282が外側に偏向して各爪286が管状カラー260の歯部269の上を摺動して通過することを可能にする。 When these pawls 286 rides over teeth 269, to allow each pawl 286 deflects the support member 282 of the yoke 280 to the outside passes to slide over teeth 269 of the tubular collar 260 to.
【0041】 [0041]
実施形態の一例において、管状カラー260の歯部269は傾斜部または隆起部として構成されており、ヨーク280の各爪286はポスト部として構成されている。 In one example embodiment, the teeth 269 of the tubular collar 260 are configured as inclined portions or ridges, each pawl 286 of the yoke 280 are configured as a post portion. また、これらの管状カラー260の歯部269およびヨーク280の各爪286を逆にして、管状カラー260の歯部269をポスト部とし、ヨーク280の各爪286を傾斜部または隆起部とすることもできる。 Moreover, it was the pawls 286 of the teeth 269 and the yoke 280 of the tubular collar 260 Conversely, the teeth 269 of the tubular collar 260 and a post portion, the pawls 286 of the yoke 280 and the inclined portion or ridge It can also be. なお、上記の歯部269を細長い部材150の周縁部に一体に形成するか直接的に連結することも可能であると考えられる。 Incidentally, considered can be directly connected or formed integrally with said toothing 269 on the periphery of the elongated member 150. さらに、上記の歯部269および各爪286は、本発明の趣旨および範囲から逸脱することなく、協同的な突出部分、隆起部分、カム面、ラチェット状の歯部、のこ歯部、隆起部、フランジ、または上記細長い部材150を選択的な角度位置に指定可能にするように協同作用するその他の類似手段にすることができることが認識されると考える。 Furthermore, the teeth 269 and the pawl 286, without departing from the spirit and scope of the invention, cooperative protrusion, raised portions, the cam surface, the ratchet-like teeth, teeth saw, ridges , flanges or think that it can be other similar means for cooperativity to enable designated selective angular position the elongate member 150 is recognized.
【0042】 [0042]
図2に示されているように、上記のクランプ式凝固装置120における細長い部材150は器具ハウジング130から延出している。 As shown in FIG. 2, the elongated member 150 in the clamp coagulator apparatus 120 extends from the instrument housing 130. 図2B乃至図4に示されているように、細長い部材150は好ましくは外側部材または外側チューブ160、内側部材または内側チューブ170、および伝達部品または超音波導波管179を有している。 As shown in Figure 2B to Figure 4, the elongated member 150 preferably includes an outer member or outer tube 160, the inner member or inner tube 170, and a transmission component or ultrasonic waveguide 179.
【0043】 [0043]
上記の細長い部材150の外側チューブ160は好ましくはハブ162、管状部材164、およびこれらを貫通している長手方向の開口部または孔166を有している。 Outer tube 160 of the elongated member 150 preferably includes a hub 162, a tubular member 164, and the longitudinal direction of the opening or hole 166 extending through them. また、この外側チューブ160は好ましくは実質的に円形の断面を有しており、ステンレス・スチールにより製造可能である。 Further, the outer tube 160 is preferably substantially has a circular cross-section, can be manufactured from stainless steel. なお、この外側チューブ160が任意の適当な材料により構成可能であり、任意の適当な断面形状を有し得ることが認識されると考える。 Incidentally, the outer tube 160 may be configured from any suitable material, considered to be recognized that may have any suitable cross-sectional shape.
【0044】 [0044]
上記の外側チューブ160のハブ162は好ましくは管状部材164よりも大きい直径を有している。 Hub 162 of the outer tube 160 preferably has a larger diameter than the tubular member 164. このハブ162はピン163を受容して当該ハブ162を回転ノブ190に対して連結可能にするための一対のチューブ穴161を有している。 The hub 162 has a pair of tube holes 161 in order to the hub 162 by receiving the pin 163 can be coupled with respect to rotation knob 190. この結果、外側チューブ160は回転ノブ190が回転または回動する時に回転する。 As a result, outer tube 160 is rotated when the rotational knob 190 is rotated or pivoted.
【0045】 [0045]
外側チューブ160のハブ162はさらに上記ハブ162の反対側の各面部にレンチ・フラット部169を有している。 Hub 162 of outer tube 160 further has a wrench flats 169 on each face of the opposite side of the hub 162. これらのレンチ・フラット部169は好ましくはハブ162の先端部の近くに形成されている。 These wrench flats 169 are preferably formed near the distal end of the hub 162. また、これらのレンチ・フラット部169はハブ162に対してトルク・レンチによりトルクを供給して超音波導波管179を音響組立体80のスタッド50に固定することを可能にする。 These wrench flats 169 makes it possible to fix the ultrasonic waveguide 179 by supplying torque by the torque wrench to the hub 162 to the stud 50 of the acoustic assembly 80. 例えば、本明細書に参考文献として含まれる米国特許第5,059,210号および同第5,057,119号はハンド・ピース組立体における取付装置に対して伝達部品を着脱するためのトルク・レンチを開示している。 For example, and U.S. Pat. No. 5,059,210 which is incorporated herein by reference the same No. 5,057,119 is torque for detaching the transmitting component to the mounting device in the hand piece assembly It discloses a wrench.
【0046】 [0046]
上記の外側チューブ160における管状部材164の先端部に、例えば、組織の把持、組織の切断等のような種々の作業を行うためのエンド−エフェクター180が配置されている。 The distal end of the tubular member 164 in the outer tube 160, for example, end for performing gripping of the tissue, the various operations such as cutting or the like of the tissue - effector 180 is disposed. なお、このエンド−エフェクター180が任意の適当な構成に形成可能であることが考えられる。 Note that the end - effector 180 is considered to be that can be formed in any suitable configuration.
【0047】 [0047]
上記のエンド−エフェクター180およびその構成部品が図23乃至図33においてさらに詳細に示されている。 Additional end - effector 180 and its components are shown in more detail in FIGS. 23 through 33. このエンド−エフェクター180は一般に、例えば、組織を把持するため、またはブレード88に対して組織を押圧するための非振動性のクランプ・アーム組立体300を備えている。 The end - effector 180 is generally, for example, a non-oscillatory clamp arm assembly 300 for pressing the tissue for grasping tissue, or to the blade 88. また、このエンド−エフェクター180は図23および図26においてクランプ開口状態で示されており、クランプ・アーム組立体300は好ましくは外側チューブ160の先端部に旋回可能に取り付けられている。 Further, the end - effector 180 is shown with the clamp open state in FIG. 23 and FIG. 26, the clamp arm assembly 300 is preferably pivotally attached to the distal end of the outer tube 160.
【0048】 [0048]
先ず、図23乃至図26において、クランプ・アーム組立体300は好ましくはクランプ・アーム202、あご孔204、第1のポスト部206A、第2のポスト部206B、および組織パッド208を有している。 First, in FIGS. 23 through 26, preferably the clamp arm assembly 300 includes a clamp arm 202, Agoana 204, the first post portion 206A, a second post portion 206B, and a tissue pad 208 . クランプ・アーム202はピボット・ピン207Aおよびピボット・ピン207Bに対して旋回可能に取り付けられていて、親指用のループ142が図3において矢印121により示されている方向に移動する時に図3における矢印122の方向に回転する。 Clamp arm 202 is attached pivotably relative to the pivot pin 207A and pivot pin 207B, arrows in FIG. 3 when the loop 142 for the thumb is moved in the direction indicated by the arrow 121 in FIG. 3 122 rotates in the direction of. 旋回式のハンドル部分136を器具ハウジング130に向けて進行させることにより、クランプ・アーム202はピボット・ピン207Aおよびピボット・ピン207Bの回りに旋回して閉鎖状態になる。 By the pivoting of the handle portion 136 is advanced toward the instrument housing 130, clamp arm 202 is in the closed state by pivoting about the pivot pin 207A and pivot pin 207B. また、旋回式のハンドル部分136を後退して器具ハウジング130から離間させることにより、クランプ・アーム202が旋回して開口状態になる。 Further, by separating from the instrument housing 130 to retract the pivoting handle portion 136, the opening state clamp arm 202 is pivoted.
【0049】 [0049]
クランプ・アーム202は超音波ブレード88とクランプ・アーム組立体300との間に組織を挟むために当該クランプ・アーム202に取り付けられている組織パッド208を有している。 Clamp arm 202 has tissue pad 208 attached to the clamp arm 202 to clamp tissue between the ultrasonic blade 88 and clamp arm assembly 300. この組織パッド208は好ましくは高分子またはその他の柔軟な材料により形成されていて、クランプ・アーム202がその閉鎖状態にある時に超音波ブレード88に係合する。 The tissue pad 208 is preferably be formed of a polymer or other flexible material and engages the ultrasonic blade 88 when the clamp arm 202 is in its closed state. 好ましくは、この組織パッド208は、例えば、ポリマー状のポリテトラフルオロエチレン(PTFE)に相当するEI Du Pont de Nemours and Companyの商標名であるTEFLON(R)(テフロン(R))のように、一定の低い摩擦係数を有しているが、組織の把持能力を示すために実質的に剛性である材料により形成されている。 Preferably, the tissue pad 208, for example, as a trade name of EI Du Pont de Nemours and Company, which corresponds to polymeric polytetrafluoroethylene (PTFE) TEFLON (R) (Teflon (R)), Although it has a low coefficient of friction is formed of a material which is substantially rigid in order to show the gripping ability of the tissue. この組織パッド208は接着剤、好ましくは以下に説明するような機械的な固定構造によりクランプ・アーム202に取り付けることができる。 The tissue pad 208 is adhesive, preferably be attached to the clamp arm 202 by the mechanical locking feature as described below.
【0050】 [0050]
図23、図26および図28において示されているように、のこ歯部210が組織パッド208のクランプ表面部に形成されていて、超音波ブレード88の軸に対して垂直に延在して、組織をクランプ・アーム202と超音波ブレード88との間において滑らせることなく組織の把持、操作、凝固および切断を可能にしている。 23, as shown in FIGS. 26 and 28, teeth 210 saw is being formed on the clamping surface of the tissue pad 208 and extend perpendicular to the axis of the ultrasonic blade 88 , grasping the tissue without slipping between the tissue and the clamp arm 202 and the ultrasonic blade 88, which enables the operation, coagulation and cutting.
【0051】 [0051]
組織パッド208は図27乃至図29にさらに詳細に示されている。 Tissue pad 208 is shown in more detail in FIGS. 27 to 29. この組織パッド208はT字形状の突出部212、左側突出面部214、右側突出面部216、上面部218、および下面部219を有している。 The tissue pad 208 T-shaped protrusion 212, left protruding surface portion 214, the right protruding surface portion 216 has an upper surface portion 218 and a lower surface portion 219,. 下面部219は既に説明したのこ歯部210を有している。 The lower surface portion 219 has a saw blade portion 210 of the previously described. さらに、組織パッド208は以下に説明するような組み立て中における挿入を容易にするためのベベル状の前端部209を有している。 Furthermore, the tissue pad 208 has a beveled front end 209 to facilitate insertion during assembly as described below.
【0052】 [0052]
図26において、上記内側チューブ170における管状部材174の先端部は好ましくは当該先端部から延出しているフィンガー部またはフランジ部171を有している。 In Figure 26, the distal end portion of the tubular member 174 in the inner tube 170 preferably has a finger portion or flange portion 171 extending from the distal end. このフランジ部171はクランプ・アーム202の各ポスト部206Aおよびポスト部206Bをそれぞれ受容するための開口部173Aおよび開口部173B(173Bは図示せず)を有している。 The flange portion 171 has an opening 173A and an opening 173B for receiving the respective post portions 206A and the post portion 206B of the clamp arm 202, respectively (173B are not shown). これにより、細長い部材150の内側チューブ170が軸方向に移動する時に、上記のフランジ部171がクランプ・アーム組立体300のポスト部206に係合しながら前方または後方に移動することによりクランプ・アーム202を開閉する。 Thus, when the inner tube 170 of the elongated member 150 moves in the axial direction, the clamp arm by said flange portion 171 is moved forward or backward while engaging the post portion 206 of the clamp arm assembly 300 202 to open and close the.
【0053】 [0053]
次に、図24、図25および図31乃至図33において、エンド−エフェクター180のクランプ・アーム202がさらに詳細に示されている。 Next, FIG. 24, in FIG. 25 and FIGS. 31 to 33, the end - the clamp arm 202 of effector 180 is shown in greater detail. クランプ・アーム202はアーム上部228およびアーム下部230、ならびに、直線状部分235および湾曲状部分236を有している。 Clamp arm 202 the arm top 228 and an arm lower 230, and has a straight portion 235 and a curved portion 236. 直線状部分235は直線状のT字形スロット226を有している。 Straight portion 235 has a straight T-shaped slot 226. また、湾曲状部分236は第1の上部穴231、第2の上部穴232、第3の上部穴233、第4の上部穴234、第1の下部切り欠き部241、第2の下部切り欠き部242、第3の下部切り欠き部243、第4の切り欠き部244、第1の棚部221、第2の棚部222、第3の棚部223、第4の棚部224、および第5の棚部225を有している。 Further, the curved portion 236 first upper hole 231, a second upper hole 232, the third upper hole 233, the fourth upper hole 234, the first lower notch 241 lacks the second lower cut part 242, the third lower notch 243, the fourth notch 244, the first shelf portion 221, a second ledge 222, a third ledge 223, a fourth ledge 224, and a 5 and has a ledge 225.
【0054】 [0054]
上記の穴231はアーム上部228からクランプ・アーム202を介して第2の棚部222まで延在している。 Additional holes 231 extends from the arm top 228 to the second shelf portion 222 via the clamp arm 202. また、上記の穴232はアーム上部228からクランプ・アーム202を介して第3の棚部223まで延在している。 Further, the holes 232 of the extends from the arm top 228 to the third ledge 223 through the clamp arm 202. また、上記の穴233はアーム上部228からクランプ・アーム202を介して第4の棚部224まで延在している。 In addition, the hole 233 extends from arm top 228 to the fourth ledge 224 through the clamp arm 202. さらに、上記の穴234はアーム上部228からクランプ・アーム202を介して第5の棚部225まで延在している。 Further, the hole 234 extends from arm top 228 to the ledge 225 of the fifth through the clamp arm 202. これらの各穴231乃至穴234および各棚部221乃至225棚部の配列構成によりクランプ・アーム202が上記の直線状部分235および湾曲状部分236の両方を備えることが可能になると共に、例えば、金属射出成形(MIM)等の方法により成形可能になる。 Sequence arrangement of the holes 231 to the holes 234 and of Kakutana 221 to 225 ledge with the clamp arm 202 is possible to provide both of the linear portions 235 and curved portions 236, for example, allowing the molding by a method such as metal injection molding (MIM). クランプ・アーム202は上記のMIM法を利用することによりステンレス・スチールまたはその他の適当な金属により作成できる。 Clamp arm 202 may be made from stainless steel or other suitable metal by utilizing the MIM method described above.
【0055】 [0055]
図30および図31において、組織パッド208におけるT字形の突出部212はクランプ・アーム202のT字形スロット226の中に挿入可能である。 In FIGS. 30 and 31, the projecting portion 212 of the T-shaped in tissue pad 208 can be inserted into the T-shaped slot 226 of the clamp arm 202. クランプ・アーム202は、組織パッド208が、例えば、射出成形、機械加工、または押出成形等により直線状の部品として製造可能になるように設計されている。 Clamp arm 202, the tissue pad 208, for example, injection molding, and is designed to be manufactured as a straight component by machining or extrusion molding. クランプ・アーム202においてその直線状のT字形スロット226の中に挿入されて湾曲状部分236の中に進行する時に、ベベル状の前端部209が組織パッド208の屈曲を容易にしてクランプ・アーム202の曲率に一致させる。 When inserted in the clamp arm 202 in its linear T-shaped slot 226 travels in a curved portion 236, the clamp arm 202 beveled front end 209 easily to the bending of tissue pad 208 to match the curvature of. さらに、各穴231乃至穴234および各棚部221乃至棚部225の配列構成により、クランプ・アーム202が組織パッド208を屈曲して保持することが可能になる。 Furthermore, the arrangement structure of each hole 231 or holes 234 and Kakutana portion 221 to shelf 225, clamp arm 202 can be held by bending the tissue pad 208.
【0056】 [0056]
図32および図33はクランプ・アーム202が当該クランプ・アーム202の湾曲状部分236に対して一致している組織パッド208の屈曲状態を維持しながら組織パッド208を保持する方法を示している図である。 FIGS. 32 and 33 are illustrating a method of holding a tissue pad 208 while maintaining a bent state of the tissue pad 208 which clamp arm 202 is matched against the curved portion 236 of the clamp arm 202 it is. 図32に示されているように、第3の棚部223は右側突出面部216に接触して接触エッジ部238を形成しているが、左側の突出面部214はこの位置において支持されていない。 As shown in Figure 32, third ledge 223 is to form a contact edge portion 238 in contact with the right protrusion surface 216, the left protruding surface portion 214 is not supported at this position. 一方、図33に示されている、先端側の位置においては、第4の棚部224が左側突出面部214に接触して接触エッジ部239を形成しているが、右側の突出面部216はこの位置において支持されていない。 On the other hand, is shown in Figure 33, in the position of the tip side and the fourth shelf 224 forms a contact edge portion 239 in contact with the left protrusion surface 214, the right side of the projecting surface portion 216 this unsupported in position.
【0057】 [0057]
次に、図2に戻り、細長い部材150の内側チューブ170は外側チューブ160の開口部166の中に適当に嵌合している。 Next, returning to FIG. 2, the inner tube 170 of the elongated member 150 is engaged properly fitted into the opening 166 of the outer tube 160. この内側チューブ170は好ましくは内側ハブ172、管状部材174、外周溝176、一対の対向している開口部178、一対の対向している開口部168、およびこれらを貫通している長手方向の開口部または孔175を有している。 The inner tube 170 is preferably an inner hub 172, the tubular member 174, the outer peripheral groove 176, a pair of oppositely and opening 178, longitudinal opening that opening 168 has a pair of opposed, and these through and a part or hole 175. この内側チューブ170は好ましくは実質的に円形の断面を有しており、ステンレス・スチールにより製造可能である。 The inner tube 170 is preferably substantially has a circular cross-section, can be manufactured from stainless steel. なお、この内側チューブ170が任意の適当な材料により構成可能であり、任意の適当な形状にできることが認識されると考える。 Incidentally, the inner tube 170 may be configured from any suitable material, considered to be recognized that any suitable shape.
【0058】 [0058]
上記の内側チューブ170における内側ハブ172は好ましくは上記の管状部材174よりも大きい直径を有している。 Inner hub 172 in the inner tube 170 preferably has a larger diameter than the tubular member 174. また、この内側ハブ172における一対の対向している開口部178は内側ハブ172がピン163を受容可能にして、内側チューブ170および超音波導波管179が既に説明したように当該超音波導波管179をスタッド50に取り付けるためのトルクを伝達可能にしている。 The opening 178 has a pair of opposed in the inner hub 172 is the inner hub 172 to allow receiving the pin 163, the ultrasonic wave so that the inner tube 170 and the ultrasonic waveguide 179 previously described torque for mounting the tube 179 to the stud 50 and enables transmission. O−リング220は好ましくは内側ハブ172の外周溝176の中に配置されている。 O- ring 220 is preferably disposed in a peripheral groove 176 of the inner hub 172.
【0059】 [0059]
上記の細長い部材150における超音波導波管179は内側チューブ170の孔175の中に延在している。 Ultrasonic waveguide 179 in the elongate member 150 extends into the bore 175 of the inner tube 170. この超音波導波管179は好ましくは実質的に半柔軟性である。 The ultrasonic waveguide 179 is preferably substantially semi-flexible. なお、この超音波導波管179が実質的に剛性であってもよく、また、柔軟性のワイヤ部材でもよいことが認識されると考える。 Incidentally, the ultrasonic waveguide 179 may be substantially rigid, also considered it may be flexible wire member is recognized. これにより、超音波振動が超音波導波管179に沿って長手方向に伝達されて超音波ブレード88を振動させる。 Thus, it is transmitted to the longitudinal ultrasonic vibration along the ultrasonic waveguide 179 to vibrate the ultrasonic blade 88.
【0060】 [0060]
上記の超音波導波管179は、例えば、システム波長の1/2の整数倍(nλ/2)に実質的に等しい長さを有することができる。 The above ultrasonic waveguide 179 may, for example, may have a length substantially equal to an integral multiple of a half system wavelengths (nλ / 2). この超音波導波管179は好ましくはチタン合金(すなわち、Ti−6Al−4V)またはアルミニウム合金等の超音波エネルギーを効率的に伝搬する材料により構成されている中実コアの軸材により製造できる。 The ultrasonic waveguide 179 preferably can be prepared by a shaft member of the solid core being made of a material that propagates titanium alloy (i.e., Ti-6Al-4V) ultrasonic energy, etc., or an aluminum alloy efficiently . なお、この超音波導波管179は任意の別の適当な材料により製造することも可能であることが考えられる。 Incidentally, the ultrasonic waveguide 179 is considered that it is also possible to manufacture any other suitable material. また、この超音波導波管179は当該技術分野において周知であるように上記の超音波ブレード88に伝達される機械的な振動を増幅することも可能である。 Further, the ultrasonic waveguide 179 may be amplifying the mechanical vibrations transmitted to the ultrasonic blade 88 as is well known in the art.
【0061】 [0061]
図2に示すように、超音波導波管179は当該超音波導波管179の周縁部の周囲における種々の位置に配置されている1個以上の安定化用のシリコーン・リングまたは制振シース110(1個が示されている)を有することができる。 As shown in FIG. 2, silicone rings or damping sheaths for one or more stabilizing disposed at various locations around the ultrasonic waveguide 179 periphery of the ultrasonic waveguide 179 can have 110 (one is shown). この制振シース110は不所望な振動を制振して内側チューブ170からの超音波エネルギーを分離することにより、この超音波エネルギーを最大効率で超音波ブレード88の先端部まで長手方向に確実に伝達する。 The damping sheath 110 by separating the ultrasonic energy from the inner tube 170 to damp the undesired vibration, ensures the ultrasonic energy in a longitudinal direction to the distal end of the ultrasonic blade 88 with maximum efficiency introduce. この減衰シース110は、例えば、本明細書に参考文献として含まれる米国特許出願第08/808,652号に記載されている減衰シースのように締り嵌めにより超音波導波管179に固定できる。 The damping sheath 110 may be secured to the ultrasonic waveguide 179 by an interference fit as the damping sheath described in U.S. Patent Application Serial No. 08 / 808,652 which is incorporated herein by reference.
【0062】 [0062]
さらに、図2において、超音波導波管179は一般に第1の部分182、第2の部分184、および第3の部分186を有している。 Further, in FIG. 2, the ultrasonic waveguide 179 has generally the first portion 182, second portion 184, and a third portion 186. この超音波導波管179の第1の部分182は当該超音波導波管179の基端部から先端側に延在している。 The first portion 182 of the ultrasonic waveguide 179 extends distally from the proximal end of the ultrasonic waveguide 179. この第1の部分182が実質的に連続的な一定の断面寸法を有している。 The first portion 182 has a substantially continuous constant cross-sectional dimensions.
【0063】 [0063]
上記第1の部分182は好ましくはその中を貫通している少なくとも1個の半径方向の穴188を有している。 The first portion 182 is preferably has at least one radial bore 188 extends through therein. この導波管の穴188は超音波導波管179の軸に対して実質的に垂直に延在している。 The hole 188 of the waveguide is extending substantially transversely to the axis of the ultrasonic waveguide 179. この導波管の穴188は好ましくは節部に配置されているが、超音波導波管179に沿う任意のその他の適当な位置に配置することも可能である。 This hole 188 of the waveguide are preferably arranged in the node portions, it is possible to arrange any other suitable position along the ultrasonic waveguide 179. なお、この導波管の穴188が任意の適当な深さを有することができ、任意の適当な形状を有し得ることが認識されると考える。 Incidentally, consider the hole 188 of the waveguide may have any suitable depth is recognized that may have any suitable shape.
【0064】 [0064]
上記の第1の部分182における導波管の穴188はピン163を受容するために上記ハブ172において対向している各開口部178およびハブ162における外側チューブの各穴162に整合されている。 Hole 188 of the waveguide in the first portion 182 of the are aligned with the holes 162 of the outer tube in the hub each opening 178 faces in 172 and the hub 162 for receiving the pin 163. ピン163は細長い部材150を回転するために回転トルクが回転ノブ190から超音波導波管179に加えられることを可能にする。 Pin 163 is the rotational torque to rotate the elongated member 150 to allow the applied from the rotary knob 190 to the ultrasonic waveguide 179. 細長い部材150における通路195は対向している各開口部178、外側チューブの各穴161、導波管の穴188、および対向している各穴199を含む。 Passage 195 in the elongate member 150 comprises a counter to which each of the openings 178, each hole 161 of the outer tube, the hole 188 of the waveguide and opposite each hole 199 is.
【0065】 [0065]
上記の超音波導波管179における第2の部分184は第1の部分182から先端側に延在している。 The second section 184 in the ultrasonic waveguide 179 extends distally from the first portion 182. この第2の部分184は実質的に連続的な一定の断面寸法を有している。 The second portion 184 has a substantially continuous constant cross-sectional dimensions. この第2の部分184の直径は上記第1の部分182の直径よりも小さい。 The diameter of the second portion 184 is smaller than the diameter of the first portion 182. これにより、超音波エネルギーは超音波導波管179における第1の部分182から第2の部分184に伝達され、この第2の部分184において狭められている部分により当該部分を通過する超音波エネルギーの振幅が増幅される。 Thus, ultrasonic energy is transmitted from the first portion 182 of the ultrasonic waveguide 179 to the second section 184, ultrasonic energy passing through the portion by portion is narrowed in the second portion 184 amplitude is amplified.
【0066】 [0066]
さらに、上記の第3の部分186が上記第2の部分184の先端部から先端側に延在している。 Additionally, third portion 186 of the extends distally from the distal end of the second portion 184. この第3の部分186は実質的に連続的な一定の断面寸法を有している。 The third portion 186 has a substantially continuous constant cross-sectional dimensions. また、この第3の部分186はその長さに沿って変化している小さい直径を有することも可能である。 Further, the third portion 186 can also have a smaller diameter that varies along its length. この第3の部分は好ましくは当該第3の部分186の外周縁部の周囲に形成されているシール187を有している。 The third portion is preferably has a seal 187 formed around the outer peripheral edge portion of the third portion 186. これにより、超音波エネルギーは超音波導波管179における第2の部分184から上記第3の部分の中に伝達され、この第3の部分186において狭められている部分により当該部分を通過する超音波エネルギーの振幅が増幅される。 Ultra Thus, ultrasonic energy is transmitted into the second section 184 of ultrasonic waveguide 179 of the third portion, passing through the portion by portion is narrowed in the third portion 186 the amplitude of the sonic energy is amplified.
【0067】 [0067]
上記の第3の部分186はその外周部分に形成されている複数の溝部またはノッチ部(図示せず)を有することができる。 The third portion 186 of the can have a plurality of grooves or notches formed in the outer peripheral portion thereof (not shown). これらの溝部は製造中において制振シース110を備え付けるための整合指示手段として作用するために超音波導波管179の各節部または当該超音波導波管179に沿う任意の別の適当な位置に配置することが可能である。 These grooves are another suitable position any along each knuckle or the ultrasonic waveguide 179 of the ultrasonic waveguide 179 to act as alignment instruction means for equipping the damping sheath 110 during manufacturing It can be disposed.
【0068】 [0068]
さらに、図2において、上記外科器具150における制振シース110は超音波導波管179の少なくとも一部分を囲っている。 Further, in FIG. 2, damping sheath 110 of the surgical instrument 150 surrounds at least a portion of the ultrasonic waveguide 179. この制振シース110は超音波導波管179の周囲に配置されて、動作中における超音波導波管179の横方向の側面から側面に到る振動を制振または制限することができる。 The damping sheath 110 may be placed around the ultrasonic waveguide 179, to dampen or limit lead to side vibration from the lateral side of the ultrasonic waveguide 179 during operation. この制振シース110は好ましくは超音波導波管179の第2の部分184の一部を囲っている。 The damping sheath 110 preferably surrounds part of the second portion 184 of the ultrasonic waveguide 179. なお、この制振シース110が超音波導波管179における任意の適当な部分の周囲に配置可能であることも考えられる。 Incidentally, it is conceivable that the damping sheath 110 can be disposed around any suitable portion of the ultrasonic waveguide 179. また、この制振シース110は好ましくは横方向の振動における少なくとも1個の波腹部、さらに好ましくは横方向の振動における複数の波腹部において延在している。 Further, the damping sheath 110 is preferably at least one wave abdomen in the vibration in the lateral direction, more preferably extends in a plurality of waves abdomen in the vibration in the lateral direction. さらに、この制振シース110は好ましくは実質的に円形の断面を有している。 Further, the damping sheath 110 preferably has a substantially circular cross-section. なお、この制振シース110が超音波導波管179上に嵌合する任意の適当な形状を有することができ、任意の適当な長さを有し得ることが認識されると考える。 Incidentally, consider this damping sheath 110 may have any suitable shape that fits over the ultrasonic waveguide 179, it is recognized that may have any suitable length.
【0069】 [0069]
制振シース110は好ましくは超音波導波管179に軽く接触して超音波導波管179からの不所望な超音波エネルギーを吸収する。 Damping sheath 110 preferably absorb unwanted ultrasonic energy from the ultrasonic waveguide 179 in contact lightly ultrasonic waveguide 179. この制振シース110は55,500Hzの長手方向の周波数ならびにそれ以上およびそれ以下の周波数に付随する不所望な横方向の振動を含む超音波導波管179の軸方向以外の振動の振幅を減少する。 The damping sheath 110 reduces the longitudinal direction of the frequency and amplitude of vibration other than the axis direction of the ultrasonic waveguide 179 including more and less vibration of undesired transverse associated to the frequency of 55,500Hz to.
【0070】 [0070]
上記の制振シース110は超音波導波管179の軸方向の動作すなわち長手方向の振動によるエネルギーの消失を最少にするために、好ましくは一定の低摩擦係数を有する高分子材料により構成されている。 Additional damping sheath 110 in order to minimize the loss of energy due to vibration of the operation, that the longitudinal axis direction of the ultrasonic waveguide 179, preferably formed of a polymeric material having a predetermined low friction coefficient there. この高分子材料は好ましくはフロウラ−エチレン・プロペン(floura-ethylene propene)(FEP)であり、この材料はガンマ放射線による滅菌処理における崩壊に対して耐性を有している。 The polymeric material is preferably Furoura - an ethylene-propene (floura-ethylene propene) (FEP), this material is resistant to disintegration in sterilization by gamma radiation. なお、上記の制振シース110が、例えば、PTFE等の任意の適当な材料により製造可能であることが認識されると考える。 The above damping sheath 110, for example, considered to be can be prepared by any suitable material such as PTFE is recognized.
【0071】 [0071]
上記の制振シース110は好ましくはこれを貫通する開口部、および長手方向のスリット111を有している。 Additional damping sheath 110 is preferably an opening, and the longitudinal direction of the slit 111 extending therethrough. この制振シース110のスリット111は制振シース110がいずれの端部からも超音波導波管179の上に組み合わせられることを可能にしている。 The slit 111 of the damping sheath 110 is to allow the damping sheath 110 is combined on top of either end ultrasonic waveguide from unit 179. なお、この制振シース110が当該制振シース110を超音波導波管179の上に嵌合可能にする任意の適当な構成を有し得ることが認識されると考える。 Incidentally, consider this damping sheath 110 it is recognized that may have any suitable configuration that allows fitting the damping sheath 110 over the ultrasonic waveguide 179. 例えば、この制振シース110はコイルとしてまたは螺旋状に形成することができ、あるいは長手方向および/または外周方向のスリットまたはスロットの種々のパターンを有することができる。 For example, the damping sheath 110 may have various patterns can be formed as a coil or helical, or longitudinal and / or outer peripheral direction of the slit or slot. さらに、この制振シース110がスリット111無しで製造可能であること、および超音波導波管179が制振シース110の中に嵌合するための2個以上の部品により製造可能であることも考えられる。 Further, that the damping sheath 110 can be produced without the slit 111, and it ultrasonic waveguide 179 can be produced by two or more parts to fit within the damping sheath 110 also Conceivable.
【0072】 [0072]
上記の超音波導波管179が任意の適当な断面寸法を有し得ることが認識されると考える。 I think it will be appreciated that the above ultrasonic waveguide 179 may have any suitable cross-sectional dimension. 例えば、この超音波導波管179は実質的に均一な断面を有していてもよく、また、この超音波導波管179は種々の部分においてテーパー状であってもよく、あるいはその全長にわたってテーパー状であってもよい。 For example, the ultrasonic waveguide 179 may have a substantially uniform cross-section, also, the ultrasonic waveguide 179 may be tapered at various sections or over the entire length thereof it may be tapered.
【0073】 [0073]
また、上記の超音波導波管179は当業界において周知のように当該超音波導波管179を介して超音波ブレード88に伝達される機械的な振動を増幅することもできる。 Further, the ultrasonic waveguide 179 may also amplify the mechanical vibrations transmitted through the ultrasonic waveguide 179 to the ultrasonic blade 88 as is well known in the art. さらに、この超音波導波管179は当該超音波導波管179に沿う長手方向の振動の利得を制御するための特徴部分および当該超音波導波管179をシステムの共振振動数に同調するための特徴部分を有することができる。 Moreover, since the ultrasonic waveguide 179 to tune the characteristic portion and the ultrasonic waveguide 179 for controlling the gain of the longitudinal vibration along the ultrasonic waveguide 179 to the resonant frequency of the system It may have features part of.
【0074】 [0074]
上記の超音波導波管179における第3の部分186の基端部は好ましくは波腹部の近くにおいて内部のねじ付き接続手段により上記第2の部分184の先端部に連結することができる。 Proximal end of the third portion 186 in the ultrasonic waveguide 179 can preferably be connected to the distal end portion of the second section 184 by an internal threaded connection means in the vicinity of the wave abdomen. なお、この第3の部分186が溶接接合等の任意の適当な手段により上記第2の部分184に取り付け可能であると考えられる。 Incidentally, the third portion 186 is considered to be attachable to the second section 184 by any suitable means such as welding. この第3の部分186は超音波ブレード88を含む。 The third section 186 includes an ultrasonic blade 88. この超音波ブレード88は超音波導波管179から分離可能にすることができるが、この超音波ブレード88および超音波導波管179は単一ユニットとして形成されていることが好ましい。 This ultrasonic blade 88 may be separable from the ultrasonic waveguide 179, the ultrasonic blade 88 and ultrasonic waveguide 179 are preferably formed as a single unit.
【0075】 [0075]
上記の超音波ブレード88はシステム波長の1/2の整数倍(nλ/2)に実質的に等しい長さを有することができる。 The above ultrasonic blade 88 may have a length substantially equal to an integral multiple of a half system wavelengths (nλ / 2). また、この超音波ブレード88の先端部は当該先端部における最大の長手方向の偏位を行うために波腹部の近くに配置することができる。 The distal tip portion of the ultrasonic blade 88 may be placed near the wave abdomen in order to perform the maximum longitudinal excursion of the distal end portion. これにより、上記のトランスデューサ組立体が励起されると、超音波ブレード88の先端部は所定の振動周波数において、例えば、約10ミクロン乃至500ミクロンのピーク−トゥ−ピーク動作、好ましくは約30ミクロン乃至150ミクロンの範囲内で移動するように構成される。 Thus, when the transducer assembly is energized, the distal end portion of the ultrasonic blade 88 in the predetermined vibration frequency, for example, a peak of about 10 microns to 500 microns - toe - peak operation, to preferably about 30 microns configured to move within the range of 150 microns.
【0076】 [0076]
上記の超音波ブレード88は好ましくはチタン合金(すなわち、Ti−6Al−4V)またはアルミニウム合金等の超音波エネルギーを伝搬する材料により構成されている中実コアの軸材により作成されている。 The above ultrasonic blade 88 is preferably titanium alloy (i.e., Ti-6Al-4V) has been created by the shaft member of the solid core being made of a material that propagates ultrasonic energy, such as or an aluminum alloy. なお、この超音波ブレード88が任意の別の適当な材料により製造できることが認識されると考える。 Incidentally, consider this ultrasonic blade 88 is recognized to be able to manufacture any other suitable material. さらに、この超音波ブレード88がエネルギーの供給および所望の組織作用を改善するための表面処理を有し得ることも考えられる。 Furthermore, it is conceivable that the ultrasonic blade 88 may have a surface treatment for improving the supply and desired tissue effect of energy. 例えば、この超音波ブレード88は凝固性および組織の切断能力を高めるため、および/または、組織および血液のエンド−エフェクターに対する付着性を減少するために、微細仕上げ、コーティング処理、めっき処理、エッチング処理、グリット・ブラスト仕上げ、粗面化またはスコア処理することができる。 For example, to enhance the cutting ability of the ultrasonic blade 88 is solidified and tissue, and / or the end of the tissue and blood - to reduce the adhesion to the effector, fine finishing, coating treatment, plating treatment, an etching treatment You can grit blasted, roughened or score processing. 加えて、この超音波ブレード88はその諸特性を高めるために鋭利化または付形処理することができる。 Additionally, the ultrasonic blade 88 may be treated sharpened or shaping to enhance its properties. 例えば、この超音波ブレード88はブレード形状、フック形状、またはボール形状にすることができる。 For example, the ultrasonic blade 88 may be a blade shape, a hook shape or ball shape.
【0077】 [0077]
図34、図35および図36に示すように、本発明による超音波ブレード88の形状は既存の装置よりもさらに均一にクランプした組織に超音波出力を供給する。 34, as shown in FIGS. 35 and 36, the shape of the ultrasonic blade 88 according to the present invention provides an ultrasonic power to the tissue that is more uniformly clamped over existing devices. エンド−エフェクター180はブレード末端部分の改善された可視性を提供するので、外科医はブレード88が切断または凝固されている構造を横切って延在していることを確認できる。 End - effector 180 so provide improved visibility of the blade tip, the surgeon can confirm that extends across the structure in which the blade 88 is cut or coagulated. このことは特に大血管の縁を確認する場合に重要である。 This is particularly important when confirming the edges of the large blood vessels. また、この形状は生物学的な諸構造の湾曲部分にさらに似せることによりさらに改善された組織への接近能力も提供する。 Further, this shape also provides approaches capacity to further improved tissue by further resemble the curved portion of the biological various structures. このブレード88は多数の組織作用、すなわち、クランプ状態の凝固、クランプ状態の切断、把持、背部切断、切開、スポット凝固、末端部分の浸透および末端部分のスコア処理等を行うように設計されている多数のエッジ部分および表面部分を備えている。 The blade 88 is a large number of tissue effects, i.e., clotting of the clamp state, cutting of the clamped state, the grasping, back cut, incision, is designed to perform a spot coagulation, score processing of penetration and the distal portion of the distal portion and a plurality of edge portions and surface portions.
【0078】 [0078]
ブレード88の最先端部分は接線63、すなわち、当該先端部分における湾曲部分に対して接している線に対して垂直な表面部分54を有している。 Advanced portion of the blade 88 is tangential 63, i.e., has a vertical surface portion 54 relative to a line in contact with respect to the curved portion in the tip portion. また、2個のすみ肉状の特徴部分61Aおよび特徴部分61Bが各表面部分51,52および54を混合するために使用されており、これによりスポット凝固に利用できる鈍い先端部分が形成されている。 Also, two fillet-like features portions 61A and characteristic portion 61B are used to mix the surface portions 51, 52 and 54, thereby being blunt tip portion available for spot coagulation is formed . また、ブレード88の上部は丸み付けまたは鈍化されていて、当該ブレード88とクランプ・アーム組立体300との間に組織をクランプするための広いエッジ部分または表面部分56を形成している。 The upper blades 88 have been rounded or blunted to form a wide edge or surface portion 56 for clamping the tissue between the blade 88 and clamp arm assembly 300. この表面部分56はクランプ状態での切断処理および凝固処理のために使用されると共に、ブレードの不活性時に組織を操作するためにも使用される。 The surface portion 56 while being used for severing and coagulation process in the clamped state, is also used to manipulate tissue when the blade inactive.
【0079】 [0079]
また、下面部はブレード88の底部に沿って狭いエッジ部すなわち鋭いエッジ部55を形成している球面状の切断部分53を有している。 The lower surface portion has a spherical cutting portion 53 which forms a narrow edge portion or sharp edges 55 along the bottom of the blade 88. このような材料の切断は、例えば、半径R1の円弧状に球面端部のミルを掃引した後にブレード88の底面部58に上記の切断部分を混合するさらに狭い第2の半径R2によりこの切断部分を仕上げすることにより達成できる。 Cutting, for example, the cut portion by a narrower second radius R2 of mixing the above-mentioned cut portion to the bottom portion 58 of the blade 88 after sweeping the mill of the spherical end portion in a circular arc shape of radius R1 of such materials It can be achieved by finishing. 上記の半径R1は好ましくは0.5インチ乃至2インチ(1.27cm乃至5.08cm)の範囲内、さらに好ましくは0.9インチ乃至1.1インチ(2.29cm乃至2.79cm)の範囲内、最も好ましくは約1.068インチ(2.713cm)である。 Within the above radius R1 is preferably 0.5 inch to 2 inches (1.27 cm to 5.08 cm), more preferably in the range from 0.9 inches to 1.1 inches (2.29cm to 2.79 cm) among them, most preferably about 1.068 inches (2.713cm). また、上記の半径R2は好ましくは0.125インチ乃至0.5インチ(0.318cm乃至1.27cm)、最も好ましくは約0.25インチ(0.64cm)である。 Also, the radius R2 is preferably 0.125 inches to 0.5 inches (0.318 cm to 1.27 cm), and most preferably about 0.25 inches (0.64 cm). この第2の半径R2およびこれに対応するブレード88の底面部58との混合部分はこの混合部分の無い切断状態で停止する場合に比べてその球面状の切断部分の端部に集中する応力を減少する。 The mixing section of the bottom portion 58 of the second radius R2 and the blade 88 corresponding to this stress concentrated on the ends of the cutting portion of the spherical as compared with the case of stopping with no disconnection state of the mixing section Decrease. 上記の鋭いエッジ部55は脈管の少ない組織の中の切開および非クランプ状態の切断(背部切断)を容易にする。 The sharp edge portion 55 to facilitate cutting of the incision and unclamped in less tissue of vascular (back cut).
【0080】 [0080]
さらに、上記ブレード88の湾曲形状は組織が当該ブレード88に対してクランプされている時にその組織に対して比較的に均一に分布されているエネルギー供給を生じる。 Further, the curved shape of the blade 88 produces the energy supply, which is uniformly distributed relatively with respect to the tissue when the tissue is clamped against the blade 88. このような均一なエネルギー供給はエンド−エフェクター180の長さに沿う一定の組織作用(熱的および横断作用)が達成できる点で望ましい。 Such uniform energy supply end - constant tissue effect (thermal and transverse effect) along the length of the effector 180 is desirable in that it can achieve. ブレード88の最先端の15ミリメートルの部分は作用部分であり、一定の組織作用を達成するために用いられる。 15mm portion of the cutting edge of the blade 88 is working portion, used to achieve a certain tissue effects. この湾曲状のシャー・ブレード88に沿う各位置における変位ベクトルは既存の器具に優る本発明の種々の改善により図34に示すようなx−y平面内に主に存在している各方向を有する。 The displacement vector at each position along the curved shear blade 88 has a respective direction that is mainly present in a variety of x-y plane as shown in FIG. 34 by the improvements of the present invention over existing instruments . それゆえ、ブレード88の動作はクランプ・アーム組立体300からのクランプ力の方向に対して垂直な平面(上記のx−y平面)内に存在している。 Therefore, the operation of the blade 88 is present in a plane perpendicular to the direction of the clamping force from clamp arm assembly 300 (above the x-y plane).
【0081】 [0081]
上記ブレード88の底面部58における球面状の切断部分53は鋭いエッジ部55を形成すると共にブレード88から最小量の材料を除去している。 Spherical cut portion 53 at the bottom portion 58 of the blade 88 is removed a minimal amount of material from the blade 88 to form a sharp edge portion 55. このブレード88の底部における球面状の切断部分53は以下に説明するように一定の角度αを有する鋭いエッジ部55を形成している。 Spherical cut portion 53 at the bottom of the blade 88 forms a sharp edge portion 55 having a constant angle α as described below. この角度αは、例えば、オハイオ州、シンシナティーのEthicon Endo-Surgery社により製造されているLCS-K5のような既存のシャー装置と同様にできる。 This angle α is, for example, OH, may like the existing shear device such as a LCS-K5, manufactured by Ethicon Endo-Surgery, Inc. of Cincinnati. しかしながら、本発明のブレード88はその一般的な供給力に関して上記の角度αの配向により既存の装置よりも速く切断することができる。 However, the blade 88 of the present invention can be cut faster than existing equipment by the orientation of the angle α with respect to its general supply capacity. 既存のシャー装置の場合には、その各エッジ部が対称形であり、その供給力を均等に広げる。 In the case of existing shear device, each of its edges is symmetrical, extending its supply power evenly. 一方、本発明の場合の各エッジ部は非対称であって、このエッジ部の非対称性が組織の分離または切断における速度の高さを示す。 On the other hand, the edge portions of the case of the present invention is an asymmetric, asymmetry of the edge portion indicates the height of the speed in the separation or cutting of tissue. すなわち、この非対称性は鈍化した形状を維持しながら大きな容量の材料を除去することなく超音波により活性化される時に効果的にさらに鋭いエッジ部を提供することにおいて重要である。 That is, the asymmetry is important in providing effective sharper edges when activated by ultrasonic without removing the large capacity material while maintaining blunt shape. また、この非対称形の角度ならびに上記ブレードの湾曲部分は僅かなフック状のまたは楔状の作用により背部切断中にそれ自体で組織に張力を加えるように作用する。 Further, it acts to apply tension to the tissue itself in the dorsal cut by the curved portion of the small hook-shaped or wedge action of the asymmetrical angles and the blade.
【0082】 [0082]
超音波ブレード88の鋭いエッジ部55は表面部分53と底面部58が球面状の切断部分53を受容した後に残された第2の表面部分57との交線により定められる。 Sharp edges 55 of ultrasonic blade 88 is defined by the intersection of the second surface portion 57 of the surface portion 53 and bottom portion 58 is left after receiving the spherical cutting portion 53. クランプ・アーム組立体300は超音波ブレード88に対して旋回移動して当該クランプ・アーム組立体300と超音波ブレード88との間に組織をクランプするために外側チューブ160の先端部に旋回可能に取り付けられている。 Clamp arm assembly 300 is pivotally to the distal end of the outer tube 160 to clamp tissue between the clamp arm assembly 300 and ultrasonic blade 88 to pivot moving relative to the ultrasonic blade 88 It is attached. この結果、内側チューブ170の往復移動によりクランプ・アーム組立体300が円弧状に旋回して垂直平面181が定められる。 As a result, the vertical plane 181 defined clamp arm assembly 300 by the reciprocating movement of the inner tube 170 to pivot in an arc shape. 鋭いエッジ部55における球面状の切断部分53の接線60は図35に示されているように第2の表面部分57の接線62に対して一定の角度αを定めている。 Defines a constant angle α with respect to the tangent 62 of the second surface portion 57 as the tangent 60 of spherical cut portion 53 is shown in Figure 35 at the sharp edge portion 55. この角度αの二等分線59は好ましくは上記の垂直平面181内に存在せずに、角度βだけずれている。 The bisector 59 of the angle α is preferably in the absence within the vertical plane 181, it is offset by an angle beta. 好ましくは、上記球面状の切断部分53の接線60は垂直平面181に対して約5度乃至50度の範囲内で存在しており、最も好ましくは、この球面状の切断部分53の接線は垂直平面181から約38.8度で存在している。 Preferably, the tangent 60 of the spherical cutting portion 53 is present in the range of about 5 to 50 degrees relative to the vertical plane 181, and most preferably, tangential this spherical cut portion 53 vertically It is present in the plane 181 of about 38.8 degrees. 好ましくは、上記角度αは約90度乃至150度の範囲内であり、最も好ましくは、この角度αは約121.6度である。 Preferably, the angle α is in the range of from about 90 degrees to 150 degrees, and most preferably, the angle α is about 121.6 degrees.
【0083】 [0083]
図35Aにおいて、本発明の別の実施形態が非対称な狭いエッジ部を伴って示されている。 In FIG. 35A, another embodiment of the present invention is shown with an asymmetric narrow edge portion. 鋭いエッジ部55Aにおける球面状の切断部分53Aの接線60Aは図35Aに示されているように第2の表面部分57Aの接線62Aに対して一定の角度αAを定めている。 It defines a constant angle αA to the tangent 62A of the second surface portion 57A as a tangent 60A of spherical cut portion 53A is shown in FIG. 35A in the sharp edges 55A. この角度αAの二等分線59Aは好ましくは垂直平面181A内に存在しておらず、一定の角度βAだけずれている。 The bisector 59A angle αA is not preferably present in the vertical plane 181A, it is offset by a certain angle [beta] A.
【0084】 [0084]
次に、図1乃至図4において、上記のクランプ式凝固装置120を音響組立体80に対して着脱するための手順を以下に説明する。 Next, in FIGS. 1 to 4, the procedure for attaching and detaching the clamping coagulator apparatus 120 to the acoustic assembly 80 below. 医者がクランプ式凝固装置120を使用する準備ができると、この医者はそのクランプ式凝固装置120を音響組立体80に単純に取り付ける。 When the physician is ready to use the clamp coagulator apparatus 120, the physician simply attaches the clamp coagulator apparatus 120 to the acoustic assembly 80. このクランプ式凝固装置120を音響組立体80に取り付けるためには、スタッド50の先端部を伝達部品すなわち超音波導波管179の基端部にねじにより接続する。 To attach the clamp coagulator apparatus 120 to the acoustic assembly 80 is connected by screw tip of the stud 50 to the proximal end of the transmitting component i.e. ultrasonic waveguide 179. その後、このクランプ式凝固装置120を慣用的なねじ締め方向に手動で回転して、スタッド50と超音波導波管179との間のねじ接合部分をインターロックする。 Thereafter, the clamp coagulator apparatus 120 is rotated manually conventional screwing direction, the interlocking of screw joint portion between the stud 50 and the ultrasonic waveguide 179.
【0085】 [0085]
超音波導波管179をスタッド50にねじにより接合した後に、例えば、トルク・レンチのような工具をクランプ式凝固装置120の細長い部材150の上に配置して超音波導波管179をスタッド50に対して締め付ける。 After joined by screws ultrasonic waveguide 179 to stud 50, for example, studs ultrasonic waveguide 179 disposed on the elongated member 150 of clamp coagulator apparatus 120 of a tool such as a torque wrench 50 tighten against. この工具は外側チューブ160におけるハブ162のレンチ・フラット部分169に係合して超音波導波管179をスタッド50上に固定するように構成できる。 The tool can be configured wrench flat portion 169 engages the ultrasonic waveguide 179 of the hub 162 in the outer tube 160 so as to fix on the stud 50. この結果、ハブ162の回転により、超音波導波管179が所望且つ所定のトルクでスタッド50に対して固定されるまで細長い部材150が回転される。 As a result, rotation of hub 162, elongated member 150 until the ultrasonic waveguide 179 is fixed to the stud 50 at a desired and predetermined torque is rotated. なお、上記のトルク・レンチがクランプ式凝固装置120の一部分として、または本明細書に参考文献として含まれる米国特許第5,776,155号に記載されているトルク・レンチのように、ハンド・ピース・ハウジング20の一部分として別に製造可能であることが考えられる。 Note that, as a torque wrench in which the torque wrench is described in U.S. Patent No. 5,776,155 which is incorporated by reference as part of the clamp coagulator apparatus 120, or herein, hand considered to be separate from possible manufacturing as part of a piece housing 20.
【0086】 [0086]
クランプ式凝固装置120を音響組立体80に取り付けた後に、外科医は回転ノブ190を回転して細長い部材150を所望の角度位置に調節することができる。 The clamp coagulator apparatus 120 after attaching the acoustic assembly 80, the surgeon may adjust the elongated member 150 by rotating the rotary knob 190 to a desired angular position. 回転ノブ190を回転している時に、管状カラー260の歯部269がヨーク280の各爪286の上を摺動して隣接するノッチ部または谷部の中に入る。 When rotating the rotary knob 190, teeth 269 of the tubular collar 260 enters into the notch or valley adjacent to slide over each claw 286 of the yoke 280. この結果、外科医はエンド−エフェクター180を所望の配向に位置決めできる。 As a result, the surgeon end - be positioned effector 180 in a desired orientation. 回転ノブ190は器具ハウジング130とクランプ・アーム202との間の回転方向の関係を指定するための指定手段を組み込むことができる。 Rotation knob 190 may incorporate designation means for designating the direction of rotation of the relationship between the instrument housing 130 and clamp arm 202. 図17および図18に示されているように、例えば、拡大された隆起部200を利用することにより、回転ノブ190における隆起部197の内の1個を器具ハウジング130に対するクランプ・アーム202の回転方向の位置を指定するために使用できる。 As shown in FIGS. 17 and 18, for example, by utilizing the enlarged ridge 200, the rotation of the clamp arm 202 with respect to one of the instrument housing 130 of the ridges 197 of rotational knob 190 It can be used to specify the direction of the position. なお、拡大された隆起部200の使用と同様に位置を指定するために、色、シンボル、表面模様等の使用を含む別の指定手段を回転ノブ190において用いることも可能であると考えられる。 In order to specify the position like the use of enlarged ridge 200, a color, a symbol, it is contemplated that may be used in the rotating knob 190 to another designating means, including the use of such surface pattern.
【0087】 [0087]
音響組立体80のスタッド50からクランプ式凝固装置120を分離するためには、この外科器具120の細長い部材150上に上記の工具を摺動してこれを反対方向、すなわち、超音波導波管179をスタッド50に対するねじ係合から解除する方向に回転することができる。 Acoustic assembly to separate from the stud 50 of the three-dimensional 80 clamp coagulator apparatus 120, the opposite direction slides the tool on the elongated member 150 of this surgical instrument 120, i.e., the ultrasonic waveguide 179 can be rotated in a direction to release the threaded engagement against the stud 50. この工具を回転すると、外側チューブ160のハブ162はトルクがピン163を介して超音波導波管179に加えられることを可能にして、比較的高い係合解除用のトルクが超音波導波管179をそのねじ係合解除の方向に回転するように加えられる。 When rotating the tool, the hub 162 of outer tube 160 to allow the applied ultrasonic waveguide 179 through the torque pins 163, a relatively high torque for disengagement ultrasonic waveguide 179 is added to rotate in the direction of the screw disengagement. この結果、超音波導波管179はスタッド50から緩み離れる。 As a result, the ultrasonic waveguide 179 away loose from the stud 50. このようにして超音波導波管179がスタッド50から取り外された後に、クランプ式凝固装置全体が放出可能になる。 After this the ultrasonic waveguide 179 in the removed from the stud 50, the entire clamp coagulator apparatus is releasable.
【0088】 [0088]
以上、本発明の好ましい実施形態を本明細書において図示し説明したが、当該技術分野における熟練者においては、これらの各実施形態が例示的な目的のみにより提供されていることが明らかになる。 Although the preferred embodiments of the present invention have been illustrated and described herein, in the skilled in the art, it reveals that each of these embodiments are provided only by illustrative purposes. すなわち、この時点において、多数の変形、変更、および置換が本発明から逸脱することなく当該技術分野における熟練者において考え出されるようになる。 That is, at this point, a number of variations, changes, and substitutions will to be devised to those skilled in the art without departing from the present invention. 従って、本発明は本明細書に記載する特許請求の範囲における趣旨および範囲のみにより制限されるべきであると考える。 Therefore, it considered that the present invention should be limited only by the spirit and scope of the claims set forth herein.
本発明の新規な特徴は特に本明細書における特許請求の範囲において記載されている。 The novel features of the present invention has been particularly described in the claims herein. しかしながら、本発明自体は、その構成および動作方法の両方について、そのさらに別の目的および利点と共に、以下の添付図面と共にその詳細な説明を参考にすることにより最良に理解できる。 The invention itself, however, both as to its organization and method of operation, together with further object and advantages, can be best understood by reference to the detailed description in conjunction with the accompanying drawings.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 超音波発生器の平面図、超音波トランスデューサの断面図、および本発明によるクランプ式凝固装置の部分断面図を含む超音波外科システムを示している。 Figure 1 is a plan view of the ultrasonic generator, is shown an ultrasonic surgical system including a partial cross-sectional view of the clamp coagulator apparatus according to a cross-sectional view of the ultrasonic transducer, and the present invention.
【図2A】 本発明によるクランプ式凝固装置の一部分の分解斜視図である。 It is an exploded perspective view of a portion of the clamp coagulator apparatus in accordance with FIG. 2A invention.
【図2B】 本発明によるクランプ式凝固装置の一部分の分解斜視図である。 Is an exploded perspective view of a portion of the clamp coagulator apparatus in accordance with FIG. 2B present invention.
【図3】 開口状態で示されているクランプ・アーム組立体を伴う本発明によるクランプ式凝固装置の部分断面図である。 3 is a partial cross-sectional view of the clamp coagulator apparatus according to the invention with the clamp arm assembly shown in an open state.
【図4】 閉鎖状態で示されているクランプ・アーム組立体を伴う本発明によるクランプ式凝固装置の部分断面図である。 Is a partial cross-sectional view of the clamp coagulator apparatus in accordance with the present invention; FIG involving clamp arm assembly shown in a closed state.
【図5】 上記クランプ式凝固装置におけるカラー・キャップの側面図である。 5 is a side view of a color cap in the clamp coagulator apparatus.
【図6】 上記クランプ式凝固装置におけるカラー・キャップの正面図である。 6 is a front view of a color cap in the clamp coagulator apparatus.
【図7】 上記クランプ式凝固装置における力制限用スプリングの側面図である。 7 is a side view of a spring for force limiting in the clamp coagulator apparatus.
【図8】 上記クランプ式凝固装置における力制限用スプリングの正面図である。 8 is a front view of a spring for force limiting in the clamp coagulator apparatus.
【図9】 上記クランプ式凝固装置におけるワッシャーの側面図である。 9 is a side view of the washer of the clamp coagulator apparatus.
【図10】 上記クランプ式凝固装置におけるワッシャーの正面図である。 10 is a front view of the washer of the clamp coagulator apparatus.
【図11】 上記クランプ式凝固装置における管状カラーの側面図である。 11 is a side view of a tubular collar of the clamp coagulator apparatus.
【図12】 上記クランプ式凝固装置における管状カラーの後面図である。 12 is a rear view of a tubular collar of the clamp coagulator apparatus.
【図13】 上記クランプ式凝固装置における管状カラーの正面図である。 13 is a front view of the tubular collar in the clamp coagulator apparatus.
【図14】 上記クランプ式凝固装置における内側ノブの側面図である。 14 is a side view of an inner knob of the clamp coagulator apparatus.
【図15】 上記クランプ式凝固装置における内側ノブの正面図である。 15 is a front view of an inner knob of the clamp coagulator apparatus.
【図16】 上記クランプ式凝固装置における内側ノブの下面図である。 16 is a bottom view of an inner knob of the clamp coagulator apparatus.
【図17】 上記クランプ式凝固装置における外側ノブの後面図である。 17 is a rear view of the outer knob in the clamp coagulator apparatus.
【図18】 上記クランプ式凝固装置における外側ノブの上面図である。 18 is a top view of the outer knob in the clamp coagulator apparatus.
【図19】 上記クランプ式凝固装置におけるヨークの上面図である。 19 is a top view of the yoke of the clamp coagulator apparatus.
【図20】 上記クランプ式凝固装置におけるヨークの側面図である。 20 is a side view of the yoke of the clamp coagulator apparatus.
【図21】 上記クランプ式凝固装置におけるヨークの正面図である。 21 is a front view of the yoke of the clamp coagulator apparatus.
【図22】 上記クランプ式凝固装置におけるヨークの斜視図である。 22 is a perspective view of the yoke of the clamp coagulator apparatus.
【図23】 上記クランプ式凝固装置におけるエンド−エフェクターの斜視図である。 Is a perspective view of an effector - Figure 23 The end of the clamp coagulator apparatus.
【図24】 上記クランプ式凝固装置におけるクランプ・アームの上部斜視図である。 FIG. 24 is a top perspective view of a clamp arm in the clamp coagulator apparatus.
【図25】 上記クランプ式凝固装置におけるエンド−エフェクターの上面図である。 Is a top view of effector - Figure 25 The end of the clamp coagulator apparatus.
【図26】 クランプ・アームが開口状態である上記クランプ式凝固装置におけるエンド−エフェクターの側面図である。 [26] The end of the clamp coagulator apparatus clamp arm is in an open state - is a side view of the effector.
【図27】 上記クランプ式凝固装置における組織パッドの上面図である。 Figure 27 is a top view of a tissue pad of the clamp coagulator apparatus.
【図28】 上記クランプ式凝固装置における組織パッドの側面図である。 Figure 28 is a side view of a tissue pad of the clamp coagulator apparatus.
【図29】 上記クランプ式凝固装置における組織パッドの正面図である。 Figure 29 is a front view of a tissue pad of the clamp coagulator apparatus.
【図30】 上記クランプ式凝固装置における組織パッドの斜視図である。 30 is a perspective view of a tissue pad of the clamp coagulator apparatus.
【図31】 上記クランプ式凝固装置におけるクランプ・アームの下部斜視図である。 FIG. 31 is a bottom perspective view of the clamp arm in the clamp coagulator apparatus.
【図32】 図31に示されているクランプ・アームの第1の断面図である。 Figure 32 is a first cross-sectional view of the clamp arm illustrated in Figure 31.
【図33】 図31に示されているクランプ・アームの第2の断面図である。 33 is a second cross-sectional view of the clamp arm illustrated in Figure 31.
【図34】 上記クランプ式凝固装置におけるブレードの下面図である。 Figure 34 is a bottom view of the blade of the clamp coagulator apparatus.
【図35】 上記クランプ式凝固装置におけるブレードの断面図である。 35 is a cross-sectional view of the blade of the clamp coagulator apparatus.
【図35A】 上記クランプ式凝固装置の別の実施形態におけるブレードの断面図である。 Figure 35A is a blade of a cross-sectional view of another embodiment of the clamp coagulator apparatus.
【図36】 上記クランプ式凝固装置におけるエンド−エフェクターの斜視図である。 It is a perspective view of an effector - Figure 36 end of the clamp coagulator apparatus.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
10 超音波システム15 超音波信号発生器20 ハンド・ピース・ハウジング80 音響組立体82 超音波トランスデューサ120 クランプ式凝固装置130 器具ハウジング150 細長い部材179 超音波導波管180 エンド−エフェクター300 クランプ・アーム組立体 10 ultrasound system 15 ultrasonic signal generator 20 the hand piece housing 80 acoustic assembly 82 ultrasonic transducers 120 clamp coagulator apparatus 130 instrument housing 150 elongated member 179 ultrasonic waveguide 180 end - effector 300 clamp arm assembly three-dimensional

Claims (23)

  1. 超音波クランプ式凝固装置において、 The ultrasonic clamp coagulator apparatus,
    アクチュエータを有するハウジングと、 A housing having an actuator,
    前記ハウジングの中に配置されている超音波導波管を備えており、当該超音波導波管が前記ハウジングから先端側に延在している湾曲したエンド−エフェクターを有しており、 Wherein comprises an ultrasonic waveguide is positioned within the housing, end the ultrasonic waveguide is bent and extends distally from the housing - has an effector,
    前記エンド−エフェクターがエッジ部分を有しており、当該エッジ部分が第1の表面部分と第2の表面部分との交線により定められていて、当該第1の表面部分が凹状であり、第2の表面部分が凸状であり、さらに、 The end - effector has an edge portion, the edge portion is not defined by intersection of the first surface portion and a second surface portion, said first surface portion is concave, the second surface portion is a convex, furthermore,
    前記ハウジングに旋回可能に取り付けられている湾曲したクランプ・アームを備えており、このクランプ・アームが当該クランプ・アームと前記エッジ部分に対向している前記エンド−エフェクターの第3の表面部分との間に組織をクランプするために当該エンド−エフェクターに対して旋回可能であり、さらに、 Includes a clamp arm that is curved, which is pivotally attached to said housing, said end clamp arm faces the edge portion and the clamp arm - the third surface portion of the effector the end to clamp tissue therebetween - is pivotable with respect to effector, further,
    前記ハウジング内において作動機構を備えており、当該作動機構が前記クランプ・アームと前記アクチュエータとの間に接続されており、さらに、当該作動機構が前記クランプ・アームを前記エンド−エフェクターに対して旋回可能に作動するように構成されている超音波クランプ式凝固装置。 Comprises an actuation mechanism within said housing, said actuating mechanism is connected between the actuator and the clamp arm, further, the actuating mechanism the clamp arm the end - pivot relative effector possible ultrasonic clamp coagulator apparatus is configured to operate.
  2. 前記第3の表面部分は、凸状である請求項1に記載の超音波クランプ式凝固装置。 It said third surface portion, an ultrasonic clamp coagulator apparatus according to claim 1 is convex.
  3. 前記エンド−エフェクターおよび前記クランプ・アームは、前記クランプ・アームからのクランプ力の向きに垂直な面(X−Y)に沿って湾曲している請求項1に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Wherein the end - effector and the clamp arm, ultrasonic clamp coagulator apparatus according to claim 1 which is curved along a plane perpendicular (X-Y) in the direction of the clamping force from the clamping arm.
  4. 超音波クランプ式凝固装置において、 The ultrasonic clamp coagulator apparatus,
    アクチュエータを有するハウジングと、 A housing having an actuator,
    前記ハウジングに結合している基端部、および先端部を有する外側チューブを備えており、当該外側チューブが長手軸を定めており、さらに、 Proximal end attached to said housing, and includes an outer tube having a distal end, the outer tube has established a long hand shaft, further,
    前記外側チューブの中に往復動可能に配置されている作動要素を備えており、当該作動要素が前記アクチュエータに操作可能に接続しており、さらに、 Wherein comprises a reciprocably disposed in and operating element into the outer tube, and the actuating element is operatively connected to the actuator, furthermore,
    前記外側チューブの中に配置されている超音波導波管を備えており、当該超音波導波管が前記外側チューブの先端部から先端側に延在している湾曲したエンド−エフェクターを有しており、 Wherein comprises an ultrasonic waveguide is positioned within the outer tube, the curved end the ultrasonic waveguide extends distally from the distal end of the outer tube - having effector and,
    当該エンド−エフェクターがエッジ部分を有しており、当該エッジ部分が第1の表面部分と第2の表面部分との交線により定められていて、当該第1の表面部分が凹状であり、第2の表面部分が凸状であり、さらに、 The end - effector has an edge portion and the edge portion is not defined by intersection of the first surface portion and second surface portion is the first surface portion is concave, the second surface portion is a convex, furthermore,
    前記外側チューブの先端部に旋回可能に取り付けられている湾曲したクランプ・アームを備えており、このクランプ・アームが当該クランプ・アームと前記エッジ部分に対向している前記エンド−エフェクターの第3の表面部分との間に組織をクランプするために当該エンド−エフェクターに対して旋回可能であり、当該クランプ・アームが前記作動要素に操作可能に接続していて当該作動要素の往復移動によりクランプ・アームが旋回し、さらに、 The includes a clamp arm curved that is pivotally attached to the distal end of the outer tube, said end clamp arm faces the edge portion and the clamp arm - effector third the to clamp tissue between the surface portion end - is pivotable with respect to effector, clamp arm the clamping arm is not operatively connected to said actuating element by the reciprocal movement of the actuating element but it is turning, further,
    前記ハウジング内において作動機構を備えており、当該作動機構が前記クランプ・アームと前記アクチュエータとの間に接続されており、さらに、当該作動機構が前記クランプ・アームを前記エンド−エフェクターに対して旋回可能に作動するように構成されている超音波クランプ式凝固装置。 Comprises an actuation mechanism within said housing, said actuating mechanism is connected between the actuator and the clamp arm, further, the actuating mechanism the clamp arm the end - pivot relative effector possible ultrasonic clamp coagulator apparatus is configured to operate.
  5. 前記第3の表面部分は、凸状である請求項4に記載の超音波クランプ式凝固装置。 It said third surface portion, an ultrasonic clamp coagulator apparatus according to claim 4 is convex.
  6. 前記エンド−エフェクターおよび前記クランプ・アームは、前記クランプ・アームからのクランプ力の向きに垂直な面(X−Y)に沿って湾曲している請求項4に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Wherein the end - effector and the clamp arm, ultrasonic clamp coagulator apparatus according to claim 4 which is curved along a plane perpendicular (X-Y) in the direction of the clamping force from the clamping arm.
  7. 超音波クランプ式凝固装置において、 The ultrasonic clamp coagulator apparatus,
    ハウジングと、 And housing,
    前記ハウジング内に配置されている超音波導波管を備えており、当該超音波導波管が前記ハウジングから先端側に延在しているエンド−エフェクターを有しており、さらに、 Includes an ultrasonic waveguide is positioned within the housing, end the ultrasonic waveguide extends distally from the housing - has an effector, further,
    組織を切断して湾曲したクランプ・アームとの間に組織をクランプするための湾曲したブレード手段を備えており、当該ブレード手段が第1の表面部分と第2の表面部分との交線により定められるエッジ部分を有しており、当該第1の表面部分が凹状であり、第2の表面部分が凸状であり、前記ブレード手段がさらに前記エッジ部分に対向している第3の表面部分を有し、当該第3の表面部分が前記クランプ・アームに接触することに適合しており、さらに、 Defined by the line of intersection with the tissue includes a curved blade means for clamping, the blade means and the first surface portion second surface portion between the clamp arm is curved cut tissue is has an edge portion, a said first surface portion is concave, the second surface portion is a convex, a third surface portion where the blade means is further opposed to the edge portion a, and the third surface portion adapted to contact the clamp arm, further,
    前記クランプ・アームに接続しているアクチュエータを備えており、当該アクチュエータが前記ブレード手段に対して前記クランプ・アームを移動するように構成されている超音波クランプ式凝固装置。 And an actuator connected to said clamp arm, said actuator Configured ultrasonic clamp coagulator apparatus so as to move said clamp arm with respect to said blade means.
  8. 超音波クランプ式凝固装置において、 The ultrasonic clamp coagulator apparatus,
    アクチュエータを有するハウジングと、 A housing having an actuator,
    前記ハウジングに結合している基端部、および先端部を有する外側チューブを備えており、当該外側チューブが長手軸を定めており、さらに、 Proximal end attached to said housing, and includes an outer tube having a distal end, the outer tube has established a long hand shaft, further,
    前記外側チューブの中に往復動可能に配置されている作動要素を備えており、当該作動要素が前記アクチュエータに操作可能に接続しており、さらに、 Wherein comprises a reciprocably disposed in and operating element into the outer tube, and the actuating element is operatively connected to the actuator, furthermore,
    前記外側チューブの中に配置されている超音波導波管を備えており、当該超音波導波管が前記外側チューブの先端部から先端側に延在している湾曲したエンド−エフェクターを有しており、 Wherein comprises an ultrasonic waveguide is positioned within the outer tube, the curved end the ultrasonic waveguide extends distally from the distal end of the outer tube - having effector and,
    当該エンド−エフェクターが広いエッジ部分および狭いエッジ部分を有しており、当該狭いエッジ部分が第1の表面部分と第2の表面部分との交線により定められていて、当該第1の表面部分が凹状であり、第2の表面部分が凸状であり、さらに、 The end - effector has a wide edge and a narrow edge portion, and the narrow edge portions is not defined by intersection of the first surface portion and a second surface portion, said first surface portion There is concave, the second surface portion is a convex, furthermore,
    前記外側チューブの先端部に旋回可能に取り付けられている湾曲したクランプ・アームを備えており、このクランプ・アームが当該クランプ・アームと前記エンド−エフェクターの広いエッジ部分との間に組織をクランプするために当該エンド−エフェクターに対して旋回可能であり、当該広いエッジ部分が前記狭いエッジ部分に対向しており、当該クランプ・アームの旋回移動の円弧が垂直面を定めており、当該クランプ・アームが前記作動要素に操作可能に接続していて、当該作動要素の往復移動によりクランプ・アームが前記垂直面に沿って旋回する超音波クランプ式凝固装置。 It includes a clamp arm curved which is pivotally attached to the distal end of the outer tube, the clamp arm with the clamping arm the end - to clamp tissue between the wide edge portion of the effector the end in order - is pivotable with respect to effector, the wider edge portion being opposite the narrow edge portions, the arc of pivotal movement of the clamp arm are defining a vertical plane, said clamp arm There said actuating element and are operatively connected, ultrasonic clamp coagulator apparatus clamp arm by the reciprocating movement is pivoted along the vertical plane of the actuating element.
  9. 前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記第2の表面部分の接線に対して角度αを定めており、当該角度αの二等分線が前記垂直面内に存在しない請求項8に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Present in said narrow the at the edge portion tangents of the first concave surface portion and defines an angle of α with respect to a tangent of said second surface portion, the bisector of the angle α is in the vertical plane ultrasonic clamp coagulator apparatus according to claim 8 which is not.
  10. 前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記垂直面から約5度乃至50度の範囲内で存在している請求項9に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Ultrasonic clamp coagulator apparatus according to claim 9, tangent of the first concave surface portion in the narrow edge is present within the range of from about 5 degrees to 50 degrees from the vertical plane.
  11. 前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記垂直面から約38.8度で存在している請求項10に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Ultrasonic clamp coagulator apparatus according to claim 10, tangent to the first concave surface portion in the narrow edge portion is present at about 38.8 degrees from the vertical plane.
  12. 前記角度αが約90度乃至約150度の範囲内である請求項10に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Ultrasonic clamp coagulator apparatus of claim 10 wherein the angle α is in the range of from about 90 degrees to about 150 degrees.
  13. 前記角度αが約121.6度である請求項12に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Ultrasonic clamp coagulator apparatus of claim 12 wherein the angle α is about 121.6 degrees.
  14. 前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記垂直面から約38.8度で存在している請求項13に記載の超音波クランプ式凝固装置。 Ultrasonic clamp coagulator apparatus of claim 13, tangent to the first concave surface portion in the narrow edge portion is present at about 38.8 degrees from the vertical plane.
  15. 湾曲した超音波ブレードにおいて、 In the curved ultrasonic blade,
    広いエッジ部分および狭いエッジ部分を備えており、当該広いエッジ部分が垂直面に沿って前記狭いエッジ部分に対向しており、当該狭いエッジ部分が第1の表面部分と第2の表面部分との交線により定められており、当該第1の表面部分が凹状であり、第2の表面部分が凸状である超音波ブレード。 Includes a broad edge portions and narrow edge portions, the wider edge portion being opposite the narrow edge portion along a vertical plane, the narrow edge portion of the first surface portion and a second surface portion and defined by intersecting lines, said first surface portion and is concave, ultrasonic blade second surface portion is convex.
  16. 前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記第2の表面部分の接線に対して角度αを定めており、当該角度αの二等分線が前記垂直面に対して交差している請求項15に記載の超音波ブレード。 Wherein and tangent of said first concave surface portion in the narrow edge portion defines an angle of α with respect to a tangent of said second surface portion, the bisector of the angle α is relative to the vertical plane ultrasonic blade according to claim 15 intersect.
  17. 前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記垂直面から約5度乃至50度の範囲内で存在している請求項16に記載の超音波ブレード。 Ultrasonic blade according to claim 16, tangent to the first concave surface portion in the narrow edge is present within the range of from about 5 degrees to 50 degrees from the vertical plane.
  18. 前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記垂直面から約38.8度で存在している請求項17に記載の超音波ブレード。 Ultrasonic blade according to claim 17, tangent to the first concave surface portion in the narrow edge portion is present at about 38.8 degrees from the vertical plane.
  19. 前記角度αが約90度乃至150度の範囲内である請求項17に記載の超音波ブレード。 Ultrasonic blade of claim 17 wherein the angle α is in the range of from about 90 degrees to 150 degrees.
  20. 前記角度αが約121.6度である請求項19に記載の超音波ブレード。 Ultrasonic blade of claim 19 wherein the angle α is about 121.6 degrees.
  21. 前記超音波ブレードは、クランプ・アームからのクランプ力の向きに垂直な面(X−Y)に沿って湾曲している請求項15に記載の超音波ブレード。 The ultrasonic blade, the ultrasonic blade according to claim 15 which is curved along a plane perpendicular (X-Y) in the direction of the clamping force from the clamping arm.
  22. 湾曲した超音波ブレードにおいて、 In the curved ultrasonic blade,
    広いエッジ部分および狭いエッジ部分を有しており、当該広いエッジ部分が垂直面に沿って前記狭いエッジ部分に対して対向しており、当該狭いエッジ部分が第1の表面部分と第2の表面部分との交線により定められており、当該第1の表面部分が凹状であり、さらに前記第2の表面部分が凹状であって、前記狭いエッジ部分における前記第1の凹状の表面部分の接線が前記第2の凹状の表面部分の接線に対して角度αを定めており、当該角度αの二等分線が前記垂直面に交差している超音波ブレード。 Has a broad edge portions and narrow edge portions, the wider edge portion faces to the narrow edge portion along a vertical plane, the narrow edge portion the first surface portion and a second surface portions are defined by intersection of the, said first surface portion is concave, a further said second surface portion is concave, the tangent of the first concave surface portion in the narrow edge portion There said to tangent of the second concave surface portions and defining an angle of alpha, ultrasonic blade bisector of the angle alpha intersects the vertical plane.
  23. 前記超音波ブレードは、クランプ・アームからのクランプ力の向きに垂直な面(X−Y)に沿って湾曲している請求項22に記載の超音波ブレード。 The ultrasonic blade, the ultrasonic blade according to claim 22 which is curved along a plane perpendicular (X-Y) in the direction of the clamping force from the clamping arm.
JP2001527715A 1999-10-05 2000-09-08 Multifunctional curved blades for use with ultrasonic surgical instruments Active JP4493893B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US41322599A true 1999-10-05 1999-10-05
US09/413,225 1999-10-05
PCT/US2000/024656 WO2001024714A1 (en) 1999-10-05 2000-09-08 Multifunctional curved blade for use with an ultrasonic surgical instrument

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003527155A JP2003527155A (en) 2003-09-16
JP4493893B2 true JP4493893B2 (en) 2010-06-30

Family

ID=23636376

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001527715A Active JP4493893B2 (en) 1999-10-05 2000-09-08 Multifunctional curved blades for use with ultrasonic surgical instruments

Country Status (7)

Country Link
US (1) US6432118B1 (en)
EP (3) EP2314199B1 (en)
JP (1) JP4493893B2 (en)
AU (1) AU776442B2 (en)
CA (1) CA2386227C (en)
ES (3) ES2375701T3 (en)
WO (1) WO2001024714A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013183714A1 (en) 2012-06-06 2013-12-12 オリンパスメディカルシステムズ株式会社 Ultrasound probe, and ultrasound-probe production method

Families Citing this family (118)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8348880B2 (en) 2001-04-04 2013-01-08 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instrument incorporating fluid management
US6325811B1 (en) * 1999-10-05 2001-12-04 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Blades with functional balance asymmetries for use with ultrasonic surgical instruments
US6679899B2 (en) * 2000-10-20 2004-01-20 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Method for detecting transverse vibrations in an ultrasonic hand piece
US6588277B2 (en) * 2001-05-21 2003-07-08 Ethicon Endo-Surgery Method for detecting transverse mode vibrations in an ultrasonic hand piece/blade
ES2386776T3 (en) 2001-11-07 2012-08-30 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Apparatus with ultrasonic clamp coagulator with the clamping end effector improved
US20030212332A1 (en) * 2002-05-13 2003-11-13 Paul Fenton Disposable ultrasonic soft tissue cutting and coagulation systems
US20030212422A1 (en) * 2002-05-13 2003-11-13 Paul Fenton Ultrasonic soft tissue cutting and coagulation systems with movable vibrating probe and fixed receiving clamp
US20030212392A1 (en) * 2002-05-13 2003-11-13 Paul Fenton Ultrasonic soft tissue cutting and coagulation systems having a curvilinear blade member and clamp
US20030212331A1 (en) * 2002-05-13 2003-11-13 Paul Fenton Ultrasonic soft tissue cutting and coagulation systems having multiple superposed vibrational modes
US7163548B2 (en) * 2003-11-05 2007-01-16 Ethicon Endo-Surgery, Inc Ultrasonic surgical blade and instrument having a gain step
US7297141B2 (en) * 2004-01-20 2007-11-20 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Method for accessing an operative space
US7585290B2 (en) * 2004-01-20 2009-09-08 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Medical device for providing access
US20050192611A1 (en) 2004-02-27 2005-09-01 Houser Kevin L. Ultrasonic surgical instrument, shears and tissue pad, method for sealing a blood vessel and method for transecting patient tissue
US7602103B2 (en) 2004-05-21 2009-10-13 Tadashi Moriya Ultrasonic motor
US7479148B2 (en) * 2004-11-08 2009-01-20 Crescendo Technologies, Llc Ultrasonic shear with asymmetrical motion
US20060195106A1 (en) * 2005-02-02 2006-08-31 Jones Bryan S Ultrasonic cutting device
GB2423931B (en) * 2005-03-03 2009-08-26 Michael John Radley Young Ultrasonic cutting tool
US20060211943A1 (en) * 2005-03-15 2006-09-21 Crescendo Technologies, Llc Ultrasonic blade with terminal end balance features
US9017355B2 (en) 2007-12-03 2015-04-28 Covidien Ag Battery-powered hand-held ultrasonic surgical cautery cutting device
JP4398408B2 (en) * 2005-06-16 2010-01-13 オリンパスメディカルシステムズ株式会社 Ultrasonic treatment apparatus and an ultrasonic treatment device for the probe, and a method for their preparation
US20070016236A1 (en) * 2005-07-18 2007-01-18 Crescendo Technologies, Llc Balanced ultrasonic curved blade
US8025630B2 (en) * 2006-02-22 2011-09-27 Olympus Medical Systems Corp. Treatment apparatus
US7665647B2 (en) * 2006-09-29 2010-02-23 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical cutting and stapling device with closure apparatus for limiting maximum tissue compression force
US20080147092A1 (en) * 2006-10-23 2008-06-19 Michael Rogge Hybrid energy instrument combined with clip application capability
US8911460B2 (en) 2007-03-22 2014-12-16 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments
US8226675B2 (en) 2007-03-22 2012-07-24 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instruments
US20080234709A1 (en) 2007-03-22 2008-09-25 Houser Kevin L Ultrasonic surgical instrument and cartilage and bone shaping blades therefor
US8142461B2 (en) * 2007-03-22 2012-03-27 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instruments
US8257377B2 (en) 2007-07-27 2012-09-04 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Multiple end effectors ultrasonic surgical instruments
US8523889B2 (en) 2007-07-27 2013-09-03 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic end effectors with increased active length
US8808319B2 (en) 2007-07-27 2014-08-19 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instruments
US8348967B2 (en) 2007-07-27 2013-01-08 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments
US8882791B2 (en) 2007-07-27 2014-11-11 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments
US8430898B2 (en) 2007-07-31 2013-04-30 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments
US8252012B2 (en) 2007-07-31 2012-08-28 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instrument with modulator
US9044261B2 (en) 2007-07-31 2015-06-02 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Temperature controlled ultrasonic surgical instruments
US8512365B2 (en) 2007-07-31 2013-08-20 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instruments
USD594983S1 (en) 2007-10-05 2009-06-23 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Handle assembly for surgical instrument
JP2010540186A (en) 2007-10-05 2010-12-24 エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc. Ergonomic surgical instrument
US10010339B2 (en) 2007-11-30 2018-07-03 Ethicon Llc Ultrasonic surgical blades
US8057498B2 (en) * 2007-11-30 2011-11-15 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instrument blades
US7901423B2 (en) 2007-11-30 2011-03-08 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Folded ultrasonic end effectors with increased active length
US8663262B2 (en) 2007-12-03 2014-03-04 Covidien Ag Battery assembly for battery-powered surgical instruments
US9107690B2 (en) 2007-12-03 2015-08-18 Covidien Ag Battery-powered hand-held ultrasonic surgical cautery cutting device
US8425545B2 (en) 2007-12-03 2013-04-23 Covidien Ag Cordless hand-held ultrasonic cautery cutting device and method
US8061014B2 (en) 2007-12-03 2011-11-22 Covidien Ag Method of assembling a cordless hand-held ultrasonic cautery cutting device
US9314261B2 (en) 2007-12-03 2016-04-19 Covidien Ag Battery-powered hand-held ultrasonic surgical cautery cutting device
US9782180B2 (en) 2007-12-03 2017-10-10 Covidien Ag Method of maintaining constant movement of a cutting blade of an ultrasonic waveguide
US20090143800A1 (en) * 2007-12-03 2009-06-04 Derek Dee Deville Cordless Hand-Held Ultrasonic Cautery Cutting Device
US8197502B2 (en) * 2007-12-03 2012-06-12 Covidien Ag Method of maintaining constant movement of a cutting blade on an ultrasonic waveguide
US9861382B2 (en) 2007-12-03 2018-01-09 Covidien Ag Cordless hand-held ultrasonic cautery cutting device
US8497436B2 (en) 2008-11-06 2013-07-30 Covidien Ag Two-stage switch for surgical device
US8403950B2 (en) * 2007-12-03 2013-03-26 Covidien Ag Cordless hand-held ultrasonic cautery cutting device
US8435257B2 (en) * 2007-12-03 2013-05-07 Covidien Ag Cordless hand-held ultrasonic cautery cutting device and method
USD700699S1 (en) 2011-08-23 2014-03-04 Covidien Ag Handle for portable surgical device
US8338726B2 (en) 2009-08-26 2012-12-25 Covidien Ag Two-stage switch for cordless hand-held ultrasonic cautery cutting device
EP2359762B1 (en) 2008-03-31 2013-03-06 Applied Medical Resources Corporation Electrosurgical system selectively configurable for cutting or coagulation
US8058771B2 (en) 2008-08-06 2011-11-15 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic device for cutting and coagulating with stepped output
US9089360B2 (en) 2008-08-06 2015-07-28 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Devices and techniques for cutting and coagulating tissue
US9700339B2 (en) 2009-05-20 2017-07-11 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Coupling arrangements and methods for attaching tools to ultrasonic surgical instruments
US8319400B2 (en) 2009-06-24 2012-11-27 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments
US8623040B2 (en) 2009-07-01 2014-01-07 Alcon Research, Ltd. Phacoemulsification hook tip
US8663220B2 (en) 2009-07-15 2014-03-04 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments
US8461744B2 (en) 2009-07-15 2013-06-11 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Rotating transducer mount for ultrasonic surgical instruments
US9017326B2 (en) 2009-07-15 2015-04-28 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Impedance monitoring apparatus, system, and method for ultrasonic surgical instruments
US10172669B2 (en) 2009-10-09 2019-01-08 Ethicon Llc Surgical instrument comprising an energy trigger lockout
US9168054B2 (en) 2009-10-09 2015-10-27 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical generator for ultrasonic and electrosurgical devices
US8956349B2 (en) 2009-10-09 2015-02-17 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical generator for ultrasonic and electrosurgical devices
US9259234B2 (en) 2010-02-11 2016-02-16 Ethicon Endo-Surgery, Llc Ultrasonic surgical instruments with rotatable blade and hollow sheath arrangements
US8486096B2 (en) * 2010-02-11 2013-07-16 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Dual purpose surgical instrument for cutting and coagulating tissue
US8531064B2 (en) 2010-02-11 2013-09-10 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonically powered surgical instruments with rotating cutting implement
US8961547B2 (en) 2010-02-11 2015-02-24 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments with moving cutting implement
US8579928B2 (en) 2010-02-11 2013-11-12 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Outer sheath and blade arrangements for ultrasonic surgical instruments
US8469981B2 (en) 2010-02-11 2013-06-25 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Rotatable cutting implement arrangements for ultrasonic surgical instruments
US8951272B2 (en) 2010-02-11 2015-02-10 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Seal arrangements for ultrasonically powered surgical instruments
US8382782B2 (en) 2010-02-11 2013-02-26 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instruments with partially rotating blade and fixed pad arrangement
US8419759B2 (en) 2010-02-11 2013-04-16 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical instrument with comb-like tissue trimming device
US8323302B2 (en) 2010-02-11 2012-12-04 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Methods of using ultrasonically powered surgical instruments with rotatable cutting implements
US8409235B2 (en) * 2010-04-30 2013-04-02 Medtronic Xomed, Inc. Rotary cutting tool with improved cutting and reduced clogging on soft tissue and thin bone
GB2480498A (en) 2010-05-21 2011-11-23 Ethicon Endo Surgery Inc Medical device comprising RF circuitry
US10258505B2 (en) 2010-09-17 2019-04-16 Alcon Research, Ltd. Balanced phacoemulsification tip
GB201015998D0 (en) * 2010-09-22 2010-11-03 Orthosonics Ltd Improved femoral implant revision tool
US8979890B2 (en) 2010-10-01 2015-03-17 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument with jaw member
EP2621389B1 (en) 2010-10-01 2015-03-18 Applied Medical Resources Corporation Electrosurgical instrument with jaws and with an electrode
US8888809B2 (en) 2010-10-01 2014-11-18 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument with jaw member
US8968293B2 (en) 2011-04-12 2015-03-03 Covidien Lp Systems and methods for calibrating power measurements in an electrosurgical generator
USD687549S1 (en) 2011-10-24 2013-08-06 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument
WO2013119545A1 (en) 2012-02-10 2013-08-15 Ethicon-Endo Surgery, Inc. Robotically controlled surgical instrument
US9724118B2 (en) 2012-04-09 2017-08-08 Ethicon Endo-Surgery, Llc Techniques for cutting and coagulating tissue for ultrasonic surgical instruments
US9439668B2 (en) 2012-04-09 2016-09-13 Ethicon Endo-Surgery, Llc Switch arrangements for ultrasonic surgical instruments
US9226766B2 (en) 2012-04-09 2016-01-05 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Serial communication protocol for medical device
US9237921B2 (en) 2012-04-09 2016-01-19 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Devices and techniques for cutting and coagulating tissue
US9241731B2 (en) 2012-04-09 2016-01-26 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Rotatable electrical connection for ultrasonic surgical instruments
US9351754B2 (en) 2012-06-29 2016-05-31 Ethicon Endo-Surgery, Llc Ultrasonic surgical instruments with distally positioned jaw assemblies
US9283045B2 (en) 2012-06-29 2016-03-15 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical instruments with fluid management system
US9226767B2 (en) 2012-06-29 2016-01-05 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Closed feedback control for electrosurgical device
US9326788B2 (en) 2012-06-29 2016-05-03 Ethicon Endo-Surgery, Llc Lockout mechanism for use with robotic electrosurgical device
US9393037B2 (en) 2012-06-29 2016-07-19 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical instruments with articulating shafts
US9198714B2 (en) 2012-06-29 2015-12-01 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Haptic feedback devices for surgical robot
US9820768B2 (en) 2012-06-29 2017-11-21 Ethicon Llc Ultrasonic surgical instruments with control mechanisms
US9408622B2 (en) 2012-06-29 2016-08-09 Ethicon Endo-Surgery, Llc Surgical instruments with articulating shafts
US9095367B2 (en) 2012-10-22 2015-08-04 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Flexible harmonic waveguides/blades for surgical instruments
US10201365B2 (en) 2012-10-22 2019-02-12 Ethicon Llc Surgeon feedback sensing and display methods
US10226273B2 (en) 2013-03-14 2019-03-12 Ethicon Llc Mechanical fasteners for use with surgical energy devices
US9241728B2 (en) 2013-03-15 2016-01-26 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical instrument with multiple clamping mechanisms
USD735855S1 (en) * 2013-09-18 2015-08-04 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Torque wrench for a surgical instrument
CA2936453A1 (en) 2014-01-09 2015-07-16 Axiosonic, Llc Systems and methods using ultrasound for treatment
US20170245881A1 (en) * 2014-02-28 2017-08-31 Ligasonix, Inc. Amputator using ultrasonic waves for amputating and ultrasonic surgical apparatus provided with same
JP2017515645A (en) 2014-05-16 2017-06-15 アプライド メディカル リソーシーズ コーポレイション Electrosurgical system
US9700333B2 (en) 2014-06-30 2017-07-11 Ethicon Llc Surgical instrument with variable tissue compression
USD748259S1 (en) 2014-12-29 2016-01-26 Applied Medical Resources Corporation Electrosurgical instrument
US10034684B2 (en) 2015-06-15 2018-07-31 Ethicon Llc Apparatus and method for dissecting and coagulating tissue
US10034704B2 (en) 2015-06-30 2018-07-31 Ethicon Llc Surgical instrument with user adaptable algorithms
US10154852B2 (en) 2015-07-01 2018-12-18 Ethicon Llc Ultrasonic surgical blade with improved cutting and coagulation features
US20170086876A1 (en) 2015-09-30 2017-03-30 Ethicon Endo-Surgery, Llc Method and apparatus for selecting operations of a surgical instrument based on user intention
US10179022B2 (en) 2015-12-30 2019-01-15 Ethicon Llc Jaw position impedance limiter for electrosurgical instrument
US20170202596A1 (en) 2016-01-15 2017-07-20 Ethicon Endo-Surgery, Llc Modular battery powered handheld surgical instrument with energy conservation techniques
US10245064B2 (en) 2016-07-12 2019-04-02 Ethicon Llc Ultrasonic surgical instrument with piezoelectric central lumen transducer

Family Cites Families (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3433226A (en) 1965-07-21 1969-03-18 Aeroprojects Inc Vibratory catheterization apparatus and method of using
US3636943A (en) 1967-10-27 1972-01-25 Ultrasonic Systems Ultrasonic cauterization
US5059210A (en) 1989-12-12 1991-10-22 Ultracision Inc. Apparatus and methods for attaching and detaching an ultrasonic actuated blade/coupler and an acoustical mount therefor
US5057119A (en) 1989-12-12 1991-10-15 Ultracision Inc. Apparatus and methods for attaching and detaching an ultrasonic actuated blade/coupler and an acoustical mount therefor
US5263957A (en) 1990-03-12 1993-11-23 Ultracision Inc. Ultrasonic scalpel blade and methods of application
CA2042006C (en) 1990-05-11 1995-08-29 Morito Idemoto Surgical ultrasonic horn
US5322055B1 (en) * 1993-01-27 1997-10-14 Ultracision Inc Clamp coagulator/cutting system for ultrasonic surgical instruments
US5449370A (en) 1993-05-12 1995-09-12 Ethicon, Inc. Blunt tipped ultrasonic trocar
US5630420A (en) 1995-09-29 1997-05-20 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic instrument for surgical applications
US5800448A (en) * 1996-07-24 1998-09-01 Surgical Design Corporation Ultrasonic surgical instrument
CA2213948C (en) * 1996-09-19 2006-06-06 United States Surgical Corporation Ultrasonic dissector
US5776155A (en) 1996-12-23 1998-07-07 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Methods and devices for attaching and detaching transmission components
US5938633A (en) 1997-07-09 1999-08-17 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic surgical devices
US5873873A (en) * 1997-10-10 1999-02-23 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic clamp coagulator apparatus having improved clamp mechanism
US5893835A (en) * 1997-10-10 1999-04-13 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic clamp coagulator apparatus having dual rotational positioning
US5944737A (en) 1997-10-10 1999-08-31 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Ultrasonic clamp coagulator apparatus having improved waveguide support member
US5947984A (en) * 1997-10-10 1999-09-07 Ethicon Endo-Surger, Inc. Ultrasonic clamp coagulator apparatus having force limiting clamping mechanism
JP3274826B2 (en) * 1997-10-15 2002-04-15 オリンパス光学工業株式会社 Ultrasonic treatment instrument
US5935144A (en) 1998-04-09 1999-08-10 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Double sealed acoustic isolation members for ultrasonic
CA2276313C (en) * 1998-06-29 2008-01-29 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Balanced ultrasonic blade including a plurality of balance asymmetries

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013183714A1 (en) 2012-06-06 2013-12-12 オリンパスメディカルシステムズ株式会社 Ultrasound probe, and ultrasound-probe production method
US9265973B2 (en) 2012-06-06 2016-02-23 Olympus Corporation Ultrasonic treatment probe providing superposed lateral and longitudinal vibration

Also Published As

Publication number Publication date
EP2301452A3 (en) 2013-10-30
JP2003527155A (en) 2003-09-16
EP2314199A3 (en) 2012-03-28
ES2375701T3 (en) 2012-03-05
EP2314199A2 (en) 2011-04-27
EP1223869B1 (en) 2011-12-07
EP1223869A1 (en) 2002-07-24
AU776442B2 (en) 2004-09-09
AU7125900A (en) 2001-05-10
WO2001024714A1 (en) 2001-04-12
EP2301452B1 (en) 2015-11-25
CA2386227C (en) 2009-01-20
ES2548383T3 (en) 2015-10-16
EP1223869A4 (en) 2004-09-15
US6432118B1 (en) 2002-08-13
EP2301452A2 (en) 2011-03-30
CA2386227A1 (en) 2001-04-12
EP2314199B1 (en) 2015-07-01
ES2563315T3 (en) 2016-03-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3999715B2 (en) Ultrasonic treatment device
AU2011215916B2 (en) Rotatable cutting implement arrangements for ultrasonic surgical instruments
JP4402629B2 (en) Ultrasonic coagulation and incision apparatus
CA2702075C (en) Ultrasonic device for cutting and coagulating
JP5450107B2 (en) Surgical instruments
JP5551071B2 (en) Ultrasonic end effector increase the working length
CA2499171C (en) Ultrasonic surgical instrument incorporating fluid management
JP5575490B2 (en) Ultrasonic surgical instrument blade
EP0913125B1 (en) Ultrasonics scalpel blade
AU2011215923B2 (en) Dual purpose surgical instrument for cutting and coagulating tissue
AU2011215909B2 (en) Seal arrangements for ultrasonically powered surgical instruments
US9883884B2 (en) Ultrasonic surgical instruments
JP4727575B2 (en) Energy treatment tool
EP2866698B1 (en) Ultrasonic surgical instruments with distally positioned jaw assemblies
JP5372931B2 (en) Improved surgical instrument
EP1433425B1 (en) Clamp coagulator/cutting system for ultrasonic surgical instruments
CN103442658B (en) Modular surgical instrument having a clamp pad
AU2011215911B2 (en) Ultrasonic surgical instruments with rotatable blade and hollow sheath arrangements
DE69816393T2 (en) Ultraschallkoagulationsvorrichtung with claw and fabric upholstery for
AU2011215904B2 (en) Ultrasonically powered surgical instruments with rotating cutting implement
CN102843981B (en) Ultrasonic surgical instruments with partially rotating blade and fixed pad arrangement
JP4489281B2 (en) Active load control of the ultrasonic surgical device
JP5703360B2 (en) Ultrasonic surgical device
CN103120596B (en) Surgical torque wrench and systems
US7135030B2 (en) Articulating ultrasonic surgical shears

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070904

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080218

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080407

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080415

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20080715

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20080723

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081009

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090421

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090721

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090728

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090821

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090828

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090918

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090930

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091019

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100309

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100407

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140416

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250